ブログパーツ 泳ぐやる夫シアター 彡(゚)(゚)で学ぶ民族紛争 ルワンダ編


















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

彡(゚)(゚)で学ぶ民族紛争 ルワンダ編





事例・ルワンダ



ルワンダでは放牧民のツチ族が財産たる牛を保有し農耕民のフツ族が牛を借りて
農業を営むなど一種の共存関係にあった。

また牛と言う資産を持つツチ族が支配する王国が存在していたがツチ族とフツ族
はそこまで厳密に区別されておらず、民族間の結婚や財を成したフツ族がツチ族
の仲間入りする事もあった。

あの日までは…










4 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/11/09(月)23:50:46 ID:oTB [3/5回]




(*^O^*)「ルワンダを支配するベルギーなんだ」

彡(゚)(゚)「?」

(*^O^*)「お前なんて下品で醜いんだ!フツなんだ!」

彡(゚)(゚)「ファッ!?」

(´・ω・`)「…どうしたの?」

(*^O^*)「お前は肌の色も薄く上品なんだ!ツチなんだ!」



>>1933年、ベルギー当局は植民地のルワンダにて全国的な身体測定を実施。

やせ形、肌の色が薄く、唇が薄い、つまり白人に近い特徴を持つ者をツチ族とし
ずんぐり、肌の色が濃い、唇が厚い、つまり黒人特有の特徴を持つ者をフツ族として身分証を発行、
人種的にルワンダの人々を完全に分断した。




6 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/11/09(月)23:52:20 ID:l2q [2/4回]



白人が最も偉いという観念、まだまだ強い時代だかっらて他民族にまでそれ適応すんのか・・・


7 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/11/09(月)23:53:26 ID:oTB [4/5回]




その後、人種的に優れているとしてツチ族に高等教育や行政の要職を提供した。
一方、フツ族は二級市民として扱われ強制労働と重税に苦しんだ。



彡(。)(;)「ハァ…ハァ…こんな重労働きついわ…」

彡(>)(<)「少し休ましてクレメンス」

J(´-`)し 「きびきび働かんかいゴルァ(ごめんなさいね、これも仕事なの)」

彡()()「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

(´・ω・`)「ベルギー様、今月の分でございます。」

(*^O^*)(憎まれ役はツチ族に押し付けて楽ができるんだ。)



ツチ族とフツ族の共存関係は消え失せ、ベルギーの代行人たるツチ族がフツ族を搾取し
ベルギーに利益を献上する間接的支配体制が確立されたのである。




8 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/11/09(月)23:55:55 ID:l2q [3/4回]



離間の策は、現代でも有効なんやなあ


11 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/11/09(月)23:57:47 ID:lse [1/1回]



ベルギーくんはコンゴでもひどいことしたよね


12 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/11/09(月)23:59:38 ID:l2q [4/4回]



>>11
ダイヤモンド採掘のために、時代的にはあまり容認されなくなっていた、
奴隷を酷使したんだっけか



ベルギーはフランスと共に虐殺中のルワンダで政府軍つまりフツ族側を支援して
たからな、ヨーロッパは基本的にどこも畜生やで



10 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/11/09(月)23:57:12 ID:oTB [5/5回]




1959年



彡(●)(●)「ルワンダはフツ族の国や!ツチ族は皆殺しじゃ!」

(´×ω×`)「ぎゃー」

(*^O^*)「に、逃げるんだ!」



フツ族の怒りが遂に爆発しフツ族を中心とする暴動がルワンダ全土で発生。

さらに植民地維持の困難もありベルギーはルワンダの独立を容認した。

ベルギー人が撤収する事になりツチ族は後ろ楯を失う事になり
1962年の独立後もフツ族によるツチ族への虐殺事件が相次ぐ。




13 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/11/10(火)00:02:20 ID:cwI [1/9回]




1973年



彡(゚)(゚)「ワイが新しい大統領や、フツもツチも仲良くするんやで。」

(´・ω・`)(助かった…)

彡(゚)(゚)「忘れてるもんあるやる…」

(´・ω・`)つ$(仕方ないよね…)



混乱が続く中、フツ族出身のハビャリマナ国防大臣によるクーデターが発生。

ハビャリマナ大統領はツチ族との融和を呼び掛けてツチ族からの支持を得る一方で
腐敗した独裁体制を20年維持した。

ハビャリマナがツチ族を擁護した理由の一つは経済である。
植民地時代、高等教育を受ける機会のあったツチ族には優秀な人材が多い。

今までの騒動の混乱で優秀なツチ族の人材は欧州などに移住した。
彼らからルワンダの親族に送られる仕送りがルワンダの数少ない外貨獲得の手段であった。




15 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/11/10(火)00:04:52 ID:tY8 [1/6回]



教育格差か、現代じゃ、教育の有無は、何をするにも大きい影響あるよなあ


14 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/11/10(火)00:04:39 ID:cwI [2/9回]




1990年代



アメリカ松「民主主義が一番だぞ」

国際世論「Vやねん、民主主義!世界制覇まったなし!」



ソ連崩壊後、勢いに乗る西側はアフリカなど第三世界にも民主化推進を呼び掛け
援助という飴と経済制裁という鞭で民主化を迫った。

ハビャリマナ独裁体制のルワンダも国際社会の圧力から
民主化を受け入れる姿勢を表面的に見せる事にした。

具体的には政治活動の規制緩和や報道の自由の容認である。




16 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/11/10(火)00:07:02 ID:cwI [3/9回]




彡(●)(●)「今度こそルワンダをフツ族の手に取り返すんや!」

新聞社「フツ族は、ツチ族にこれ以上情けをかけてはならない。」

(´・ω・`)(…あかん)



ルワンダの人口比はフツ族約85%、ツチ族約14%とフツ族が圧倒的である。

またハビャリマナ独裁体制をツチ族が支持していた事もあって
フツ族の政治活動はツチ族叩きに向かう。

当然、新聞社やラジオもツチ族叩きを行った。
フツ族のツチ族への不満が民主化を契機に爆発したのである。

さらに民主化を受け入れ始めたハビャリマナ政権は
圧倒的多数のフツ族に媚びるように反ツチ族的な政策を実施し始める。

不穏な状況がルワンダ全土を覆う。




17 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/11/10(火)00:09:36 ID:tY8 [2/6回]



新聞までもが敵に回ったのか
これはまずい



18 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/11/10(火)00:10:41 ID:cwI [4/9回]




1994年



彡(゚)(゚)「ワイはルワンダ大統領のハビャリマナや。」

彡(^)(^)「隣国ブルンジの大統領と同じ飛行機に乗ったろ!」



┏━━━━━┓
┃   / \  ┃
┃ /     \┃
┃ (゚) (゚)ミ  ┃
┃ 丿     ミ ┃
┃ つ   (  ┃
┃   )  (   ┃
┗━━━━━┛




ルワンダとブルンジ両大統領が乗った航空機が何者かに撃墜される事件が発生。

大統領の暗殺は当然、ルワンダ情勢の不安定化を意味した。




19 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/11/10(火)00:12:40 ID:tY8 [3/6回]



ブルンジの大統領、とんだとばっちり


20 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/11/10(火)00:13:35 ID:cwI [5/9回]




彡(゚)(゚)「ラジオでもつけようか。」ッポチ

ラジオ「ツチ族はゴキブリや!駆除せなあかん!」

彡(゚)(゚)「…最近のラジオは過激やな。」

彡(^)(^)「ほなツチ族のカス、殺しに行くか!」

J( 'ー`)し「ムッスコよ!クズのツチ族の首もって帰ってくるのよ。」

彡(^)(^)「任しとき!」



>>94年の春から初夏にかけて
フツ族系のラジオ局がルワンダ全土でツチ族の虐殺を呼び掛けるようになり、
これに呼応して大規模な虐殺がルワンダ全土で発生。

わずか百日でツチ族はもちろんツチ族のシンパとされたフツ族の市民、
約80万人が虐殺されたと言われる。

また虐殺の間、ツチ族の首を売りさばく行為も横行、キャベツ売りと呼ばれた。

これが教科書にも記載されているルワンダ大虐殺である。




21 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/11/10(火)00:15:10 ID:suf [1/1回]



こんな大虐殺が平成に起きてた事実


23 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/11/10(火)00:15:46 ID:tY8 [4/6回]



>>ツチ族の首を売りさばく行為も横行、キャベツ売りと呼ばれた。

キャベツ?なんでキャベツなんやろ
でも売り捌くって、怖すぎやろ
積年の恨みって感じがするわ



人の頭がキャベツみたいに見えるからな。


25 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/11/10(火)00:19:13 ID:tY8 [5/6回]



その理由でええのか
キャベツのように売り買いされるのが、豚や牛の頭でも怖いのに、
人の頭とはなあ・・・
食ったり、ボールのように使ったりしたのかな・・・・



22 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/11/10(火)00:15:35 ID:cwI [6/9回]




この虐殺は隣国ウガンダの支援を受けるツチ族主体の反政府勢力が
首都キガリを制圧するまで頻発する事となる。


虐殺の要因となった航空機撃墜に関してツチ族主体の反政府勢力の犯行説または
フツ族過激派の犯行説があるが犯人は不明なままである。



ルワンダ編~完~





27 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/11/10(火)00:22:34 ID:cwI [9/9回]



実はルワンダ編しか用意してなかったんや

最後まで読んでくれた人ありがとうございました!

ネタができたらまた書き込むで













関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加




[ 84114 ]

や欧糞
[ 2015/11/13 09:24 ] [ 編集 ]

[ 84115 ]

なお、ルワンダ独立後に、ルワンダ中央銀行の立ち上げを行ったのは、日本人。日銀の職員が出向した。
[ 2015/11/13 09:28 ] [ 編集 ]

[ 84124 ]

なお、ルワンダは現在、アフリカ有数の経済成長を果たしている。
理由は、戦争じゃなくて虐殺だったのでインフラが維持されていたことと、
虐殺を逃れ世界中に散った人々からの送金によるもので、アフリカの奇跡とも呼ばれている。
ちなみに、作中には出ていないけれど、
当時のルワンダの人口730万人(フツ620万、ツチ110万)のうち、
フツ族穏健派とツチ族あわせて9人に1人が虐殺され、
残りの650万人のうち、210万人が国外に脱出している。
その理由として、フツ族もツチ族もルワンダ周辺の国々に普通にいることと
虐殺以前にルワンダ内戦で国を離れていた人も多かったためで、
その結果、現在のルワンダ(人口1130万人)には190万人ほどのツチ族がいるとのこと。
[ 2015/11/13 10:39 ] [ 編集 ]

[ 84131 ]

なんでルワンダ中央銀行総裁日記が出てないのこいつモグリだろとか思ったけどコメ欄ですでに出てて安心
[ 2015/11/13 12:40 ] [ 編集 ]

[ 84135 ]

人間って・・・
[ 2015/11/13 13:10 ] [ 編集 ]

[ 84146 ]

この狂気の中でも良心に従い虐殺に対抗したホテル支配人の話ことホテルルワンダを見るともう少し理解が深まるゾ
[ 2015/11/13 14:31 ] [ 編集 ]

[ 84148 ]

始まりがベルギーにされ取るけど、最初に民族や人種を分ける政策を取ったのはドイツやで

ベルギーはドイツの政策を引き継いだ&強化しただけや
まぁ、強化した分だけ畜生なのはベルギーやけどな
[ 2015/11/13 16:03 ] [ 編集 ]

[ 84157 ]

たぶん当事者のフツ&ツチもなんでこんなことになったのかわかってないだろうな
戦乱とはそんなものなんだろけど
[ 2015/11/13 18:56 ] [ 編集 ]

[ 84158 ]

こんな数の虐殺があったらサヨクが南京モーと調子に乗るに違いない
ねつ造ということにしよう!
[ 2015/11/13 19:11 ] [ 編集 ]

[ 84160 ]

もうみんな感覚麻痺してたんやろな…
[ 2015/11/13 20:03 ] [ 編集 ]

[ 84165 ]

ベルギーはアフリカで皇室が率先して虐殺とかやらかしとるからな
どうしょうもない
[ 2015/11/13 20:40 ] [ 編集 ]

[ 84170 ]

ベルギーって第一次第二次世界大戦では被害国というイメージがあるのだか・・・

[ 2015/11/13 21:24 ] [ 編集 ]

[ 84173 ]

ヨーロッパの国々なんぞその時々で力関係が違うだけで概ねキチガ&ゴミクズだ
[ 2015/11/13 22:03 ] [ 編集 ]

[ 84177 ]

南京とルワンダは全くの別物やろ・・・・
今ちょいと考えただけでも

・南京では(日本軍の来る前に)逃げれるがルワンダじゃ無理
・南京では時期が短いがルワンダは長期間
・南京では虐殺があったとしても下手人の区別がつく(日本の軍服来てる奴が犯人)がルワンダでは無理
・南京では日本軍は補給を考えなきゃだめだがルワンダでは考えなくてOK

なんでルワンダであったら南京でもあったことになるんやろ。
[ 2015/11/13 23:55 ] [ 編集 ]

[ 84179 ]

※84170
19世紀のベルギー国王レオポルド2世はコンゴを国家ではなく
個人の所有財産として支配した歴史上まれに見るおにちく
ローマ皇帝がエジプト属州を私有したケースも有るにはあるが
あれはエジプトの特殊事情を考えての例外的措置だし
[ 2015/11/14 00:15 ] [ 編集 ]

[ 84180 ]

当時PKOで派遣されたが虐殺を防げなかったロメオダレール氏の
なぜ、世界はルワンダを救えなかったのかは衝撃的だったな
国連が思った以上に官僚主義的かつアメリカ先住民よろしくの原始民主制(皆の同意が必要という意味
かつ無関心で消極的という状況で出来る限りの手段抑えようとした結果の虐殺だから虚しい…
[ 2015/11/14 00:21 ] [ 編集 ]

[ 84181 ]

コンゴ自由国(住民が自由とはいってない)も
ベルギーでしたね…
[ 2015/11/14 00:25 ] [ 編集 ]

[ 84183 ]

ルワンダ中央銀行総裁日記を読んだ後だと見え方も多少違ってくるね
[ 2015/11/14 00:39 ] [ 編集 ]

[ 84186 ]

この虐殺は隣国ウガンダの支援を受けるツチ族主体の反政府勢力が
首都キガリを制圧するまで頻発する事となる。


フツ族って人口の8割抑えてるのに首都制圧されたんか・・
[ 2015/11/14 03:22 ] [ 編集 ]

[ 84187 ]

独裁制崩壊→民主化で少数民族弾圧のいつものコースですね
[ 2015/11/14 04:22 ] [ 編集 ]

[ 84190 ]

ホテルルワンダ(映画)の元ネタの人が書いたホテルルワンダの男という本があるけど、めっちゃ面白い。ある意味、映画よりこっちの方が面白い。あらゆる手練手管と人間観察を駆使して、なんとかしていく。
あと、これ読むと、たくさん人が死んだ場合のリアリティというのはこういうことやねと思う。南京事件が大分あいまいな話だということが分かる。
[ 2015/11/14 09:12 ] [ 編集 ]

[ 84199 ]

>[ 84186 ]
>フツ族って人口の8割抑えてるのに首都制圧されたんか・・

・ツチ族の方が高等教育を受けられた事
・国外に逃げた同胞からの支援
・虐殺を止めさせるための諸外国からの世論と支援

があったからだと思われる。
ちなみに、南アフリカの初代黒人大統領のネルソン・マンデラは、
「独立しても高度な教育を受けた白人やシンパに出て行かれたら、
経済が成り立たなくなる」
という理由で、旧支配層の白人や白人派にも寛大な政策を取っていた。
まあ周りが前例に事欠かなかったし・・・
[ 2015/11/14 14:56 ] [ 編集 ]

[ 84201 ]

ルワンダ紛争が飛び火したコンゴ戦争がさらに悲惨らしいね。
[ 2015/11/14 15:26 ] [ 編集 ]

[ 84202 ]

ホテル・ルワンダ見に劇場行ったの思い出したなぁ。

ルワンダ虐殺の恐ろしいところは、軍隊や民兵組織による虐殺ではなく、一般市民が昨日までの隣人を虐殺したという異常性なんだよな。
虐殺被害者の大部分は、鉈や包丁や火かき棒などの生活用品で殺害されていた。

ルワンダ虐殺についての本は、既出の「ホテル・ルワンダの男」「なぜ、世界はルワンダを救えなかったのか―PKO司令官の手記」「ルワンダ中央銀行総裁日記」の他にも、「隣人が殺人者に変わる時」や「ジェノサイドの丘」などもある。
映画だと、有名な「ホテル・ルワンダ」以外にも、「ルワンダの涙」という、虐殺当時ルワンダに赴任していたイギリス人教師の視点で描かれた作品(実際に起こった事件や英国人プロデューサーの実体験を基にしたフィクション)もある。
[ 2015/11/14 15:35 ] [ 編集 ]

[ 84207 ]

米84202
普通の人々なんかを読むと戦前ナチス党員やシンパでもない一般人がいる
第101警察予備大隊なんかは率先して虐殺したというのもあるし
一般人でもきっかけが命令であれ扇動であれデマであれ
その手の雰囲気に飲み込まれると率先して関わるからね…
本当に恐ろしい限りだ
[ 2015/11/14 18:36 ] [ 編集 ]

[ 84208 ]

なお日銀から来た総裁は部下の信用できなさにキレて部屋に閉じ込めて働かせるようになったのであった

>[ 84177 ]
いやルワンダも山ほど逃げとるで
都市と国の違いならシンガポールでも日本軍は虐殺やってたわけで
ただ「攻めてきた」じゃなくゾンビアポカリプスよろしく「ある日から周りが一斉に牙をむいた」だけ
[ 2015/11/14 19:13 ] [ 編集 ]

[ 84211 ]

日本で言えば、ツチ族を在テョンに置き換えるとわかりやすいかもしれん
例えば、陛下が在テョンの陰謀で暗殺されて、マスコミが「キムチ野郎はゴキブリだ、駆除しろ!!」って煽りまくったら
そら普段から忌み嫌っとる奴らは嬉々としてやりまくるだろうさ
[ 2015/11/14 20:13 ] [ 編集 ]

[ 84213 ]

ベルギーは弱小国だからこそ植民地の維持に必死だったのよ
[ 2015/11/14 20:53 ] [ 編集 ]

[ 84220 ]

ルワンダ虐殺を貧しく、しかも民族対立の残るアフリカの小国における特殊なケースだと考えない方が良いだろうな。おそらく条件さえ整えば先進国でも同規模の虐殺が起こる可能性はある
[ 2015/11/14 23:55 ] [ 編集 ]

[ 84237 ]

※84211
置き換えるも何も、日本国民が疑心暗鬼になってデマに流されて外国人を殺しまくった例として関東大震災という具体例があるだろうに。
[ 2015/11/15 10:23 ] [ 編集 ]

[ 84267 ]

まるっきりデマか?当時の新聞に不逞鮮人が混乱に乗じて大暴れってあっただろ?
[ 2015/11/15 22:10 ] [ 編集 ]

[ 84273 ]

新聞に書いてある(新聞がデマを流さないとは言ってない)
[ 2015/11/15 23:33 ] [ 編集 ]

[ 84274 ]

独立からハビャリマナクーデターまで空きすぎィ!
ルワンダ中央総裁日記の最初の方に著者服部さんから「ハビ君」とか呼ばれてフツーに出てるからびびったわw
別人かもしれんけどあの頃のあの国インテリ少ないし多分同一人物だろうな…。
[ 2015/11/15 23:40 ] [ 編集 ]

[ 84290 ]

や欧糞
[ 2015/11/16 13:55 ] [ 編集 ]

[ 84330 ]

※84267

あの時日本政府は率先して在日朝鮮人を虐殺行為から守ってたりする。暴れてたという話もあるが、証拠があんまないらしい。
[ 2015/11/18 00:10 ] [ 編集 ]

[ 84353 ]

>一般市民が昨日までの隣人を虐殺したという異常性
別のスレでやってる天狗党の騒乱もそんな感じなんだよな。
歯止めが取り去られ、上などからお墨付きをもらった一般市民がどれだけ残酷になるかは色んな場所と時代で証明されてる
[ 2015/11/19 22:27 ] [ 編集 ]

[ 84381 ]

なんかVIPでやってたブーン系小説を思い出す感じの構成だ
[ 2015/11/23 08:25 ] [ 編集 ]

[ 84447 ]

関東大震災では朝鮮人の集団が陸軍の小隊を襲ったという記事があったね。
政府は激化するのを防ぐためにあらゆる記事を止めに走ったようだが。

どこにでも火種は転がっているようだ。
[ 2015/11/24 16:49 ] [ 編集 ]

[ 84611 ]

植民地の分離政策による内乱と関東大震災での騒乱を同一視するのは無理があると思うで。
正直保導連盟事件でも比較対象にはなりえないと思うし。
白豪主義というものは白豪主義によってしか語れないと思う。
[ 2015/11/28 20:48 ] [ 編集 ]

[ 84666 ]

欧米は天才やな。日本も半島で融和政策なんて取らずにそうしとけば良かったんや。日本人はほんまアホやで。
[ 2015/12/01 19:05 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oyoguyaruo.blog72.fc2.com/tb.php/6611-d7429bc0


アクセスランキング アクセスランキング アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。