ブログパーツ 泳ぐやる夫シアター やる夫は赤い皇帝になるようです 第五十八話 英国本土上空戦 後編


















やる夫は赤い皇帝になるようです 第五十八話 英国本土上空戦 後編






   ――― アメリカ、首都ワシントン。1940年の夏、アメリカは記録的な猛暑に襲われる。



                              t______
                             |   (
                             「 ̄`゙
               _            |             ___
               |ニ|    _,,,,__,...,,⊥,,...,__,,,,__    |ニ|
;  trーrrrrrーrrrrrーrrrrr‐inirrrff「[L|-|┴|‐|゙┴゙|‐|┴|-|=l]ff'rrrini‐rrrrrーrrrrrーrrrrーrァ ,:''
`、 jj二!ニl二lニニl二!ニl二lニニj少‐…¬二二 ̄二二¬…‐心!ニニl二lニl二lニl二lニl二l{,;':.',
:;゙゙ ]竺竺竺竺f´`:.'´ヾ竺竺竺込斗=圷二i圷二i行二代ニぇ以竺竺竺竺竺竺竺竺竺;''゙:.:';:、
:'、 ||.:.||幵||ヾ´:.';.:,'´:.;''´ヾ.||幵||.:.| |ff| |.j幵| ||廾|| |幵l| |云| |:.||幵||:.||幵||:.||幵||:.||幵||.゙;;i;''、:';
;;′||.:.||任|lノ';.';、.: ,:':,':,'´ハ|任||.:.| |エ| |.|任| |l辻l| |任|| |辻| |:.||任||:.||任||:.||任||:.||任||.:.||`;:';:
  ||.:.ァ'ニ,'':ヽ:.、ヾ;' ,:'ヽ:':,.:'iァ'ニミ.:.| |ニ| |ノヽ| |,二_| |/ヽ| |へ| |:ァ'ニミ:.:ァ'ニミ:.ァ'ニミ:.ァ'ニミ.:.|| ;:.:::
  ||.:.|lヲ′、:.';ヽ;''.:.;' ;.' ;'ノi|幵||.:.| |ff| |.|幵| ||廾|| |幵|| |刊| |:.||幵||:.||幵||:.||幵||:.||幵||.:.|| ;:';,:
 ,,_||;''";`';.:';:';.゙:、;';' ; :;';'、';ハ|任||,;,| |エ| |.|任| ||幵|| |任|| |凶| |:.||任||:.||任||:.||任||:.||任||.:.|| ゙';;.:
'´;':;゙`ヽ、:.:'':;;.:ゞ'';;i:゙;;,;;'::;,' ;,:ゞニア''フ辷Lニlニl゙二゙lニlニ辷iヽ、\゙ー'二'ー''二'ー'二'ー''厂|二l"
';゙:.:'ヽ:.;':;;ヾ'゙"`゙l:.:{´rn`'''゙ ̄`| ̄ ̄\i⌒i! ll⌒ll ll⌒l/ ̄ ̄|´;,::''.;'`´;:'':.;`"::;;'';':`ヾ ̄|三|
ー ''‐;;''';;;‐:::''=::;:;':::゙'':'';;'ー''''=;;''";;'';;;‐;;=;;\jl__」| 任||__||,/;;'''::''=;;''';;'''';;''=;;;ー;;=:;;='''ー::;;‐''::''='';;='''
"゙゙゙゙ "゙゙゙゙ ""゙゙゙゙" " "゙゙゙゙ ゙゙゙゙" "゙゙゙ ゙゙゙゙゙" ̄          ̄"" ""゙゙゙゙ ""゙゙゙゙ ""゙゙ "" "" ""゙゙゙゙ ""゙゙



この時代でもすでに連邦議会議事堂および大統領官邸にはエアコンが設置されていたが、
その他の政府庁舎は平時ならば業務を休止せざるを得ないほどの熱波であった。

しかし、この酷暑にも関わらず、多くの人々が国家の運命の舵を握ろうと街頭へと繰り出してたのである。









946 : ◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 18:41:51 ID:Y3vkLvmM0





欧州で戦火が拡大するにつれ、アメリカは国防のために第一次大戦以来大幅に削減された陸軍を再軍備せねばならなかった。
そしてそのために徴兵制が必要なことは、アメリカの軍事に通じた者なら誰もが理解していた。

この夏、合衆国議会には平時としては初となる徴兵制法案が提出されていたのである。



         ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
       <                     >
       <  選抜徴兵制度断固反対! >
       <                     >
         VVVVVVVVVVVVVVVVV

    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
    | 戦争反対  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
    |__| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|平和  |
       ∧|徴兵制断固阻止|.__| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  ザッザッ…
      (´・|_______|||   |  モンロー路線 .|
     / づΦ∧,,∧||(´・ω・)||   |_______| ザッザッ…
          (´・ω・|| / づ Φ    ∧,,∧||
    ̄ ̄ ̄|  / づ Φ ザッザッ…  (´・ω・|| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   れ.| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|        / . づ Φ.|  軍拡NG   .|
   _|  NO WAR   .| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  .|_______|
     |_______|  |若者を戦場に|  ∧,,∧||
       ∧,,∧||     .  |. 送るな!  | (´・ω・||

         ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
       <                     >
       <    戦争法案断固阻止!  >
       <                     >
         VVVVVVVVVVVVVVVVV



しかし、これは激烈な世論の反対運動を巻き起こすこととなった。





947 : ◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 18:42:17 ID:Y3vkLvmM0




                _ _
            ,..:'.:.:.:.:.:. :ヽ、
              /;;;:;:.r─‐-、jlノ\
           |;;;;:;:;{ ,,_   `ヾN
           l;;r、/ rェテ rz< リ     今!合衆国議会でどのような
          r‐j uj.    , _j  「      おぞましい法案が上程されているか!
             〉フ^8、 ' r -, /
 二二二 二_ _,, ィ´/  \ `´ /       それは貴方達の息子を、貴方達の兄弟を、
    , r‐'"´  / lト、    丁´        貴方達の手から奪って戦場に送り込む法案です!
   /⌒ヽ.  /   ハ \__/| ト、
   ,!   ゙、  \ / ',  O ト、! \       いったい、政府に何の権限があって
   |    ',   〈   ,   l ヽ l!      私たちの家族を奪い取ろうと言うのですか!?
   |     ゙i/   ゙、.  ゙、 /  〉| l
   |      !リ   ゙、  V  / ! |      戦争の恐怖を煽り立て、国民の自由を
   |      l!     \ l  /  ,! |      踏みにじろうとする勢力が議会にいるのです!!


\__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__/
 ≫                                             ≪
≪    私は「合衆国の母」として徴兵の野望と正面から戦います!!        ≫
  ≫                                            ≪
/⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\





948 : ◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 18:42:31 ID:Y3vkLvmM0




孤立主義者や平和主義者に限らず、第一次大戦の戦死軍人遺族会や教育者、若者、母親たちの集団が
大規模な連合体となって連日のごとく合衆国議会の前を行進していたのだ。



 \ヽ人_从人__从_人__从_从人__从_人__从_从人_人/
 ≧                             <
 ≧    合衆国の若者を戦場に送るな!!     ≦
 ≧                             ≦
/Y⌒YWW⌒W⌒Y⌒WW⌒W⌒Y⌒W⌒Y⌒WW⌒Y\

                                         f¨゙!
:┐         n /〉               <ヽ          /^〉'
 !         }”/              ,、  <`ヽ        ./:::/.,、
⌒!ィ        f¨゚{             <´ 'ヽ Vハ   |ヽ Y¨! |::::}イ { , -ー 、  _ /¨>  r-‐,、 <⌒!
::〈人_r-ー- 、_r<}| >:::: ̄:`ヽ__, - 、__r 、r=¨>‐-! /:::::}__Vヘ }:::|__}::::{.ィ1.|:.:.:.:.:.:.}_, くノ ̄! ./;;;;;;;;;}_, ヘ⌒',
/:.< /::::::::::::::::Y::/|i /::::::::::::::::::::::Y:.:.:.:.:.YVイ!:::::}::::::::|/::::::/:ァ<! V_::|  ',く/⌒!}:.:.:.:.:ノ/ /:/^V__〈ヽ;;;;;/_!__ノ::::::ヽ
:.:.:.:}|:::::::::::::::::::|:{:. }:!:::::::::::::::::::::::: l:.:.:.:.:.:.|ィ ゝx}:::::: |::::::/:.:/  / > ¨⌒ヽ:'.  V¨¨ヒ{_. V==<:::::`ヾア´:f⌒!ヽ:::::}
\f':!::::::::::::::::::l ハ:.:リ'.:::::::::::::::::::::::∧:.:.:.:./ >イ::! :::: |:::::{Y/' 〈 /:::::::::::::::::}:'   V::::::::::{ .}  .}::::::::::|:.:.:.:.|:.:.:|:.:.}-:'
  ヾ!,、:::::::::__/_/  ヽ::::::::::::::::/|レVWハ/::::::::/:::::: |::::::|ハ   V!::::::::::::::::::!:/  ./:::::::;:::Y  /^!:::::::{:ト、: |:.:.:|:./:::::
    `Y゚ ̄    _/VレvイW:::::`ー-::__/:::::::::/:::::::| ヽ  `!:::::i:::::::::::|'   /:::::::/L_|   ̄⌒¨}>ヘ}:.:.:|”::::::::
、       f´ ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::|   ヽ .|:::::l::::i::::::|  /:::::::::|  >- ._  }}   |:.: |ヽ:::::::

                         \ヽ人_从人__从_人__从_从人__从_人__从_从人_人/
                         ≧                             <
                         ≧   議会にいる戦争主義者を放り出せ!!   ≦
                         ≧                             ≦
                        /Y⌒YWW⌒W⌒Y⌒WW⌒W⌒Y⌒W⌒Y⌒WW⌒Y\



反対運動は勢いを増し続け、徴兵制度関連法案の可決は極めて困難なものとなっていた。





949 : ◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 18:42:43 ID:Y3vkLvmM0




 l   Ⅳ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_――二`
 ハ   {,、n::::::::::::::::::::::::::::≦-:.:≧
イ:::::㍉ミ`:.:.Ⅵト<ミ≧=-::.:.:.::.三
イィ:::f:.:.:.:.:.:.:.',{:.:.:.:,:.:.:.:.:.:.__;:.:.:.:.:.:.-
 }:刈:.:.:.、:.:.:.:.:./:.:.:x≦三=-:.:.:.-≧=-=≦     「合衆国の母」だの「アメリカ非戦維持委員会」だの
   j,.,,,,:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.ミミ'"_ ィ::::::::三:::::-=::
  ミ三≧x:.(:.:x斧'"n  ノ::::::::::≧:::::::ニ ̄     どこの馬の骨ともわからん連中が
   {丁 n_ツ =-:.:`:.:.:.:.:.:.:.:./ ̄ ≧:::::=-
    }ー-/     ̄ ̄     ニ彡       ここぞとばかりに湧いて出て来おって!!
   〈   l  _  -、ー---、   -彡
     ヽ .f     _」  --、 ヽ  =彡   ,    群れることしかできん臆病者どもが!!
     ‘. 、__  _,,"  +'. }   -=≦
     } r‐ 二 __ ノ            どいつもこいつも「正義」の邪魔をする!!
     八 `´
     ,,ヽ、  ̄      ,,      /
  _ノ   /> .._   <_,,     /
      /   /  / |\       / /

アメリカ合衆国大統領 フランクリン・ルーズヴェルト





950 : ◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 18:42:58 ID:Y3vkLvmM0




三三三三三f¨7>、ハ∧jリノ
 ̄ ̄  '=ヨ/´ /,ソ  !´
二_≡三三リ/´三ヽ', !
=二三三ヤ 'ー、`ヽ:ム:|
=ヽ>ミミ,'  ゝ. ーャ、ムj     ・・・と、いくら腸が煮えくり返っておっても、
 フ:ァミミミ  ヽ _二´ '〈
 { !ミミミ  _,...._   ',     間違っても口には出来ん。
、_ミミミ'r,/__  (___  ,〉
   ミミミ,/ /++ヽ._」`ー'     ええい・・・これが民主主義と頭で分かっていても
  ┴┴′`ー‐'´`ヽ
、               i       どうにももどかしい!
ヲ     ,      ,'
ヽヽ  _ノ ` ー一'
;';';ヽ ヾ





951 : ◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 18:43:12 ID:Y3vkLvmM0




この年、ルーズヴェルトの大統領二期目の満了により、11月には大統領選挙を控えていた。

アメリカでは初代大統領ワシントンが3期目を辞退して以来、民主主義の防衛のため
大統領職は2期8年が限界とする不文律が長く存在する。



         _ _ _
      ,.r''´      ; ヽ、
    ,ri'  、r-‐ー―'ー-、'ヽ、
   r;:   r'´        ヽ ヽ
  (,;_ 、  l          ::::i 'i、
 r'´    i'   _,   _,.:_:::i  il!
 ヾ ,r  -';! '''r,.,=,、" ::rrrテ; ::lr ))
  ! ;、 .:::;!    `´'  :::.   ' .::i: ,i'
  `-r,.ィ::i.      :' _ :::;:. .::::!´
     .l:i.     .__`´__,::i:::::l
     r-i.     、_,.: .::/
      !:::;::! ::.、     .:::r,!
     l::::::::ト __` 二..-',r'::::-、
     l;::i' l:     ̄,.rt':::::::/   ` -、
    ,r' ´  ヽr'ヽr'i::::::::;!'´
  r '´    rミl:::::::::;!'` く:」
       i'  `ー'

 合衆国初代大統領・建国の父
    ジョージ・ワシントン





952 : ◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 18:43:23 ID:Y3vkLvmM0




しかし戦争に巻き込まれる危機感が増す中で伝統的保守主義の共和党が支持を拡大しており、
これに対抗できる民主党候補は現職大統領ルーズヴェルトをおいて他になかったのだ。



\\                     //
       ∧_∧ ∧_∧
      ∩´∀` )( ・∀・)  貴方の一票が
      ヽ    .)( つ¶ 9    合衆国の未来を変えます!
      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
      |. ウ ィ ル キ ー .|
      |________|  /
      .||. ∧_∧  ∧∧  ||   共和党大統領候補指名投票には
      .|| ( ´∀` ) ( ゚Д゚) ||   ウィルキーを!
      ||-────────||   大統領選挙にもウィルキーを!
      || _______ .||   ウィルキーに清き一票をお願いします!
     .||__       __|| \
     .|〇〇|≡≡@≡≡.|〇〇|
     .{二二二._[  ]_.二二二}
      凵            凵



確かに、既に不動の大統領として断固たる求心力をモノにしていたルーズヴェルトに
このうえ3期目を託すことは、権威主義的支配へ繋がるのではないかという懸念が存在していた。

だが、ナチによる戦争の脅威が差し迫っているという時勢を鑑み、
「非常措置」としてルーズヴェルトの三期目出馬が支持されたのだった。





953 : ◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 18:43:33 ID:Y3vkLvmM0




【補足】


          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,        1940年大統領選挙において、
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\    ルーズヴェルトは長らく、三期目に出馬するかどうか
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ    はっきりとせず曖昧な態度をとり続けました。
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/
         | |{i t    _     / |    共和党候補の支持拡大と合わせて
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |    このルーズヴェルトの煮え切らない様子は
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |    民主党内に混乱と焦燥感を巻き起こします。
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |





954 : ◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 18:43:45 ID:Y3vkLvmM0




     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \   ルーズヴェルトが長期間に亘って
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/   出馬するかどうかを明言しなかった理由には、
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !     ワシントン以来の2期8年の不文律を守ろうとした、
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||     あるいは既に大統領職の激務によって
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l     体力的な限界を感じ始めていたなどが考えられました。
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|
       l \     _    ,/ |      実際、この時のルーズヴェルトは
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |      非常にやつれたような姿をしていたと言われています。
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !     さらにはっきりと不出馬を宣言したことが
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!     何度かあるのです。





955 : ◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 18:43:55 ID:Y3vkLvmM0




       ,.:-=;1ー;1―;1―;1―;1―;1―;1―,=;:、
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ         ★           ゙ミ
       ミ                     ゙ミ       しかし同時に
       ミ                     ゙ミ       「不出馬宣言を撤回する可能性を否定しない」
       ミ;==============゙ミ       ことを遠回しに匂わせたりするなど、
       〃. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:ヽ     k       3期目出馬への可能性を決して
.       / . : : .:.:|: : : : : : : .:人: : : : : : : : :',     ! :',      無くそうとしなかったことは注目に値します。
     ,'. : : : :.:.:.:.|: : :,':,'.: : / \\_.:.:.:|.: : :.! *|.:|
.    |: : :.:.: :.:.:.|.:.://.:.//  ̄ \\メ、.:.:.:!   |.:.:|      また、歴史的節目において国の舵を取るというのは
.    人 、 :. :.:イ////    ,.-≠ ミ.、!.:,'   ,'.:. |      ルーズヴェルトにとって極めて魅力的な職務であり、
       \\:.:.:.:lYl⌒ヽ    /|  :::::::l! |/   ,': : :|      やはり最初から大統領選には出馬するつもりだった
         l\\八 フ:ノ   ′ フ__ノ' ,'    l.:.:.: :|      可能性は高いでしょう。
        |ハ *ミ ,,`´       '' .イ  *|.:.:. |
.         ノハ  >.....__冖_ <:八     い、ヘ      態度をはっきりさせなかったことは、
      r 彡.:.:.,'     !:.|「≠介トn,、リ≠、.:\    \\\    民主党議員たちに自分の必要性を
    <-=≠:/     ,'.:〈チ_/小.シ〃゙ ト、У.:.ハ.     \<    はっきり自覚させるためだったとも言われています。
   /-=/     /.:f癶=キト込、/:.:.:.〈〉ー-ハ  ※  ∨\
    >-´  ※ //xタミⅩ彡:::ム|:.:.:.:.:.:〉.:.:.:.:.:',      ∨.: \
    ̄|>x、._/-_j斗'"ハ:::ハ:::/|.:.|:.:.:./\ .:.:.:.|___/\.:. /



   ) . .:./.:.::::/              \ \.:.::| |::::::人
.  ( . . .:.:.:::::::/       /        ヽ 入| |/ヽ `ヽ
   \.:.:.:.::::/    / ′  l      |  l 「:::| |:::::::ノ   !
      Y.:.:.′   ,′! l   |       |  }ノ..:.| |:::::ノ    |
.     ゝ┤   |  || l |    l   (. .:://.::∧    |     7月のシカゴ党大会ではルーズヴェルトを出馬させるための
        l !|  _|_Lj、 l | _/|_/ l | )//.::/ l   |     大規模なデモにまで発展したそうね。
        |八 l l l{\|`ヾト、l、/ ̄l/`刈Y北L.,′ |   |
        | ヽヽl ´==''     ==''^ } | ヒシ''′ |   |     党の民主党議員たちはルーズヴェルトが
.      '  l / ∧    '       イ|Y´    |   |     自分たちを焦らして焚き付けることで
      | j l ||丶   ‐    イ`ヽl l      |   |     政治的目的のために利用しているのだと
.     /|  {| ! | ヽ ` rz=.、´ ノ  / lト、   |   |     感づいてはいたようだけど。
     //j/. :| ! |\ l、{{r勿}}〃  //| jj:::::\  |   |
.     /./. .:.::::|   {     `゙T゙´   // l|从::::::::::ヽ.!    |     共和党に勝つためにはルーズヴェルトの思惑通りに
 r‐=ニ´.:::ヽー=≧ト:.r‐⊂ニニニ⊃x/ /j/:::}::::::::::::::ヽ.  |     踊るしかなったのだわ。
  \::::::::::::::ゝ---/´ ミ}厂厂厂厂jr―‐ヘ/.:::j:::\::::::\_j
   \::::::::::::::::::/  ア{ i/ i/ i/ i/jゞ、ヽ`ヽ\{:::::::::\::::::::`ヽ





956 : ◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 18:44:06 ID:Y3vkLvmM0




    つ:::::::::::::::::rー-'三三_ -―――‐-- 、)::::::::\  _
   (:::::::::::::::::::::::) 三= '´/       、  (_:::::::::::::丶<::::::`ー、
    `ー,:::::::: __ノ /  / /    \  \ ム::::::::::: |企;:::::::::::}___
     (_:::::: ヽ/   / /      ヽ  、ヽ(__:::::::::::|三|:::::::::::⌒Yヽ
     r’:::: /      {    |!  | |!  |!ハノ :::::::::|三|:::::::::::::::乂{
     `ァ: :′ /  / !     |!  |! |!  |! |`ー, : :::|三|:::::::::::::::} '.
      ヽ.′ /  /  |!      |!  |! |!  }! | Y:::::::::|三|:::::::::::::/  {
.      | | |!  |!   |!     i}  } |!  /_!_| ゝァ : :|三|::::::::_;ノ|   '.
.       | | |!|  |!、 {! |!   // /}//孑' /イ (_ : :r'--{:::::::) |   |     しかし、本心と違うことを口にし、
.       { | | { 卞ト、ハ!_  //ノノィ≦ケテ| (:::::〈ん)、) 〉´ |   |
       ヽト、 {ヘ、从ィ升=ミノ´   /弋じ:::}| 〉 : ゝニン   |  |     部下や党員を焚き付けることで
         ヽ乂ヘ!ゞ、rゝ':{`      宀'´ |  ∨//    |
          }  |ヘ ^¨´  、          |   {ノ´     |    |     政治的舞台を整えようとする・・・この手法、
          川 | 丶     r‐、       ノ  } !        |    |
          //}  ! _≧-..、 `´ ,∠⌒<}/ 八ヘ      |    |     やる夫の組織操縦術を髣髴とさせるのだわ。
           // j /':.:.:.:.  .:.:.:/>=(:.:.:.:.:.:.  / />ヽヽ     |    |
         ノ ,' / /:.:.:.:.:.:....:.:__}イ夊)=-:.:.: / /:./::::::ヘ∧    |   |     政治の巨人たちって考えることも
       // / />ァー:. :.:.:.:`¨)´:.:.:.:.:./-ー=二二〕\  |   |
       〈≦__,/_/ーャ(:.:.:.:. :.: /\:.:.:.:《__∠⌒ー-、::::::::::::::ヽ |   |     やはり似るものなのかしらね。
      / ̄ ___..==':::\_:-<: : : : :\: :.:ノ:::二> _>::::::::::::{、    |


【補足終わり】





957 : ◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 18:44:16 ID:Y3vkLvmM0




                      _rzzzzzzzx
                  ,   ┴┴┴<メメ}ト、
                 /         \メメヘ
               _/___へ   ___/⌒   u ∨メハ
               {/ , --、{`YY _/, --、\  .}メメハ     目下、選抜徴兵制を巡って
               |ヽ{_@) / { (@__) }=ノメメメ}
               乂__/ .{_____,ノ }メニ、メリ    合衆国民の世論は分断されております。
               {  /   、      / } /  ソ
                /  └一, ---- 、  {   )  }     しかし!大統領閣下!
              (__...イ}__l___l_ \     /
               (⌒>  |   |   } /ーr‐ '      閣下の毅然たる一言さえあれば、
    , へ          {    `>  __,ノ   ト、___
  _厂   \___      人      ,.。ィ    / } \    国民は対立を乗り越え国論は一つに固まるでしょう!
  { \ \ ノ )  ,  -----≧7≦/「し    /   /   >-
 「 \ \ }{__/  /  |    /  { \____/    /    |    民衆は閣下の言葉が欲しいのです!

         合衆国商務長官・ルーズヴェルトの腹心
               ハリー・ホプキンス





958 : ◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 18:44:59 ID:Y3vkLvmM0




アメリカ世論は徴兵制を巡って侃々諤々紛糾しており、
このままでは徴兵制という考えそのものが葬られるのも時間の問題であった。

だが、そもそも議論がここまでこじれたのは
当の大統領が徴兵制の是非について態度を明確にしなかった点にある。



      {{ { {二二二ニニニニ\
     /⌒>-{二二二ニニニニハ
     {l//-、 ∧{\\\ }\\二}
     /\ 〈 //二≧ノ\\二{
     〉t_rァーイfニnラ }≧x  ニ人       確かにそれはそうだろう、ハリー。
     { ー/   ー一  }ニニニ\\{
     } ,{__ }ー   ニニ〉 }ニハ       だが、今は盤石な状況ではない。
     | | ____ ヽ  ニニ  ノニニ}
     { ´_`¨¨` }   ー イニニl}       大統領選に「もしも」のコトがあっては困るのだ。
     人          . <⌒}ニノ
      `¨}¨{¨¨¨¨´. <´  / ̄ ̄}__
      /}  . <´   /      `>、
      // ///   /      /⌒\\
.   / / / /   /    __,. イ     V∧
  / // /イ.   /    /           V∧
. / // /.   /    /            ∨}



ルーズヴェルトは大統領選への影響を恐れてはっきり賛成できず、
その尻込みする姿を見て反対派が勢いづいていたのだ。





959 : ◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 18:45:10 ID:Y3vkLvmM0




          , , , -‐==- ._
            /.//イイ≦三≡=‐=‐-.._
         i .川/〃イ三≧三三二≧、
       , -ゝlllllヘヘヘへミミミミミ、ミミ、、ミ
      イイフジ゙゙'' ヘ. \\`ヾ゙゙三ミミヾヾミ
      ´イ//   / ,イ´ヽ `  ヾ 、`ヾミミミ
       llレ__` { ´ _,,イ二ヽ ヾミミ、 ヽヾミミ
        {三≧ =≦竺o=''  三ミミ、ミミ、ミミミ      ・・・それに、イギリスからの
         .〉ー ゚'   、  ノ   三ミ、ミミ、ミミ、ミ
        .( `_/..    `¨    三三F lミヾミミ      あの要請もある。
        l (  ___)ヽ 、   三-、 .リヽヾヾヾ、
         l/  ̄__ _ `ー、  .三 ' /川川ハハヾ     状況は複雑かつ繊細なのだ。
         l ´ _   `   l   ゝ-イ川 川川ハハ
        l   ¨       ___ ノノノノノ川 l || l i ハ
        ゝ._     __  、二ンノイノノノ川 川 l川
            Т  ̄  // `ーイノノノノハノノハノノ
      r‐‐- - -┴────-==─イイノノハノハ
       jl`ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
      ノj   ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :



さらにこの時、大西洋対岸の自由と民主主義の盟友、
イギリスが直面していた困難もルーズヴェルトを悩ませていた。





960 : ◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 18:45:23 ID:Y3vkLvmM0




当時イギリス海軍はダンケルク撤退作戦の成功と引き換えに大量の駆逐艦を喪失しており、
ドイツの英本土攻撃の可能性が差し迫る中で制海権の維持と商船護衛に支障を来し始めていた。



    /::`':::~   /;;;;;l :::.. : : : : : : ヽ、
   /.::: ト、:::  /;;;;;;;;|  ::..  : : : : : : ヽ
   / ::: |;;\  l;;;;;;;;/   ::.. : :     ヽ
  / :::: |;;;;;;\{;;;;;;/ ,,   ::.      . . :ヽ
  /  : :  |;;;;;;;;;;;;;;;/ l.|ヽ, _   : : : : : : :ヽ         親愛なるルーズヴェルト大統領閣下。
  {     |;:ト'''''''' { 1| /ゝ,,, ::::: ::.     ヽ
 |    ト=、、,  |/ !'r'戈ぐ  ::: :::.  :  ヽ        いま、我がイギリスは欧州でただ一人
  | ::  : | .,-'`'ヽ|;〈     )ヽ ::: :::::::.  ::.  ヽ      ナチズムの脅威と勇敢に戦っています。
.  | ::: : |.{     }i '`、 ,,、‐' ヾ`、:::::::::::. : :::.   ヽ
   | ::: ヽ | ヽ-‐'ノ_,,    Uヽ, :::::::|l::::  :::::.  ヽ     ですが駆逐艦が圧倒的に不足しているのです!
.   | .:::  ::ヾ、ヽ、   、-‐‐'======・~|::::.  :::::::.
   | :::| :: .::lヽ::.` ‐ 、_~   / | .::| .|:::::.  :::::::.      秋の終わりには新造艦建設に着手する予定ですが、
.   |.:::| :::  | l:::. |:::::::::ー ‐'l/| .::|  |:: ::.  ::::::::.     それまで不足分を埋め合わせなければなりません。
    |:::|: :: .::::|::. ::::::: ::: / .| .::|/ |::: :.....
.    | |:: :  .:::|:::: : :. :. :.{ '^l, .| .::| /`-,,:::        閣下!イギリスが戦い続けるためには
    ||::::. _,,--‐‐-‐‐‐⊂,'~i_r| .::|/    ~ ー --     どうしても駆逐艦が必要なのです!
     ||l:::ヾ、     _,,- 'ー―| .::|
     |l |:::_.ヽ  _,,-''~ /  /| .::|
    ノ ,,|~ _,,-''~   / /  .| :::|
  ,,-''~  r'     //    | :::|

    イギリス首相 ウィンストン・チャーチル



チャーチルは50隻の駆逐艦を都合してくれるようルーズヴェルトに懇願し、
またルーズヴェルトはイギリスを支えるために何としてもこの要請に応えるつもりだったのだ。





961 : ◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 18:45:37 ID:Y3vkLvmM0




だが、日本の脅威が太平洋対岸で高まる中、貴重な駆逐艦を他国に譲渡するなど
議会で承認される可能性はゼロに近かった。

このため、ルーズヴェルトは議会を無視して大統領権限によって駆逐艦提供を強行しようとしていた。



   {| |川ニニニニニニニニニニニニニニニ.ハ
   \ 斗{li|llil{ \\ニニニニニニニニニニニ}
    / 人{ト、{   }ニニニニニニニニニニニ{
    ,'// , ---、 /ニニニニニニニニニニニ:}
    {___/ニニニ}〈ニニニニニニニニニニニ∧      駆逐艦の譲渡だけでも
    } ーイ‐‐tテ  }ニニニニニニニニニニニニ∧      凄まじい批判を呼び寄せてしまうだろう。
   /  \ ̄_  {ニニニニニニニニニニニニ:ハ
  _/    、     }ニニニニ }ニニニニニニニ八     下手をすれば議会無視、憲法違反で
 {     }\    }ニニ{ 〈   八ニニニニニニニニト、    弾劾されかねん。
 `¨¨´{ ̄__ ヽ  }ニニ}   /ニニニニニニニニニ{
    {⌒ ー┘ }  }ニニ__, イ\ニニニニニニニニリ    このうえ徴兵制で悪手を打てば
    |      .|  {三.   /  }ニニニニニニニ人    政権を共和党に奪い取られてしまうかも
    |             /  _.}ノlニニニニニニニ}    しれんのだぞ!
   人____     ,。o</ノノ}ニニニニニニ}
          {   /  /::::::::::::}ニニニニニニノ



        n__      __rzzfZzzz___    「} ⊂¨⊃})})
   「l    _| [__   ,xzzメメメメメメメメ\ {{ ⊂ ⊃
   |{   ((]_r┘ノメメメ>-─……-<メハ {_フ((],、)  .ノ}
  人 、___ノ}   ノメメ/  _ U   u  ,、 \}     //
    `¨¨¨´    {メメ{  _ノノ        \> ヽ    └┐}
          /⌒メ〉 `´    .........     }     { しァ
          _{ \}リY´ ̄ ̄`ヽ=ミ/´ ̄∨      `¨´
.    , 一<  /∧ (  {  __ノ  |::::| 、___ /}\ __       し、しかし・・・
   /      /  \_ヽ\___ノ::::: 、___乂    \
.  /     | ,     ∧       r_  ヽ  〈  \    ,    いま、国民に向かって徴兵制を説得できるのは
  {    | {_   V\    `¨¨´   } /     }     大統領閣下しかおられないのですが。
  〉 \.  |   __>  V \ -─-─┬ '/.  |// {
  {   \}  {     ∨{_)>┬┬<   ̄/  |// }



ナチの脅威を前にした合衆国大統領としての立場と、
国内の反戦孤立主義の世論を前にした次期大統領候補としての立場・・・

その間でルーズヴェルトは板挟みとなってもがいていた・・・





962 : ◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 18:45:51 ID:Y3vkLvmM0




が、しかし、夏に行われた合衆国陸軍の大規模演習が、
ルーズヴェルトに早急な軍事改革の必要性を痛感させることとなる



    _ □□    _      ___、、、
  //_   [][]//   ,,-―''':::::::::::::::ヽヾヽ':::::/、  何   あ .   こ
//  \\  //  /::::::::::::::::::::::::::::::i l | l i:::::::ミ   だ   り   の
 ̄      ̄   ̄/ /:::::::::,,,-‐,/i/`''' ̄ ̄ ̄ `i::;|  あ.  さ   陸
―`―--^--、__   /:::::::::=ソ   / ヽ、 /   ,,|/   っ  ま   軍
/f ),fヽ,-、     ノ  | 三 i <ニ`-, ノ /、-ニニ' 」') !!  は   の
  i'/ /^~i f-iノ   |三 彡 t ̄ 。` ソ ハ_゙'、 ̄。,フ | )
,,,     l'ノ j    ノ::i⌒ヽ;;|   ̄ ̄ / _ヽ、 ̄  ゙i )
  ` '' -  /    ノ::| ヽミ   `_,(_  i\_  `i ヽ、 ∧ ∧ ∧ ∧
     ///  |:::| ( ミ   / __ニ'__`i |  Y  Y Y Y Y
   ,-"        ,|:::ヽ  ミ   /-───―-`l  |  //     |
   |  //    l::::::::l\    ||||||||||||||||||||||/  |     // |
  /     ____.|:::::::|    、  `ー-―――┴ /    __,,..-'|
 /゙ー、,-―'''XXXX `''l::,/|    ー- 、__ ̄_,,-"、_,-''XXXXX |
/XX/ XXXXXXXXXX| |         _,  /ノXXXXXXXXXX|



視察に訪れたルーズヴェルトの胸中に飛来したものは、「失望」以外の何物でもなかった。





963 : ◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 18:46:11 ID:Y3vkLvmM0




演習に参加した師団のほとんどが、おおよそ軍隊と呼べる代物ではなかったのだ。

装備が不足していた為に小銃の代わりにホウキを抱えて行進し、戦車の代わりにトラックが走っていた。
兵隊も同じく不足していたため、兵士とは思えないほど肥満した男たちが息切れしながら歩いた。



        / ̄ ̄ ̄\
       | 」」」」」」」」」)            ______( ̄ ̄`´ ̄ ̄) )))川川(((
       |(6ー③-③|ノ   / ̄ ̄ ̄ ̄\(::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/(三三◎三三)(三三三三三)
       |:::|ヽ   .> |  彡彡ノ((((^^)))))|::/ ノ   ー|ミ _  _ ミ(6 ー□-□-|)
       |ミ   (=)/  彡ミ ー○---○ |(6ー[¬]-[ー].|(∴ ` 」´ ∴)|___´ つ )
     / ̄ \;;;;;;;;;/ ̄\ミ(6    ( 。。) |/∪   ^^  |/\ ( へ) /|時刻表| ∀ / ↓FP4700Z
     |  |       ||ミ (∴   (三)∴)  :::: )3 ノ   (___)(⊃   |__/|「| ̄[]
     |  | ガイナックス / ̄ ̄ ̄\,,,,,,,,,,,,,,ノ ̄\__/ ̄ ̄ ̄ ̄\ / ̄ ̄ ̄\ .| ̄|⊃ ⊂|\
    / ̄ ̄ ̄ ̄\ ( ((((((^))))))´ ̄ ̄ ̄ ̄\(# ノノノノノノノノノ)|___A_|.´ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ)
   (  人____).|ミ/ \=/| ノノノノメノナノノ)  ノー◎-◎|ノ川 ノ  ー))/))ナ)))ナ)ヽ,)
    |ミ/  ー◎-◎-)(6ー[¬]-[¬] ノー□-□-|リ(彡ミ)\   っ |ノ川 ー●-●| ノ  ⌒ _ ⌒ |ノ
   (6     (_ _) )|    、」 |川) ∴)`_´(∴)ゝ彡ミ)、 | ∀.ノリ|   (・・) |( ///)  3 (//)
  _|/ ∴ ノ  3 ノ \  (ー)// \___/ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)/:|   (三) |)ヽ____ノ()
 (__/\_____ノ_|  \___/ |_|       | ノ三三三三|/::::::::\___/ヽ.      ヽ()
 / (__))     ))| | スクウェア命.| | ヒカ碁命(6ノー⊂⊃⊂⊃:::::::::::::葉鍵命::::|ノ はるとき命(())
[]______.| | どれみ命ヽ |       | |       |彡    ・・  |:::::::::::::::::::::::::::::::::/|       )|
|]  | |______)_)三三三国(__)____ノ彡   (ー ノヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/_)_____))
 \_.(__)三三三国三) \:::::::::::::::/ . \::::::::Y::::| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|三三[国])、_/)_/)_\
  /(_)\::::::::::::::::::::| ̄ ̄|:::::::|:| ̄ ̄ ̄ ̄|::::|:::(⊃ GGX全国1位 ⊂):::::::::::ヽ;:::(∴)◎∀◎(∴) \
 |Sofmap..|:::::::::/:::::/   .|:::::::|:| まん森 .|::::|:::::|________|´,):::::::/⊂) ̄ ヲタラー ̄(つ ̄
  |____|;;;;;;/;;;;;/.____|;;;;;;;|;|____|;;;;|:::/;;;;;;__.へへ__;;;\/;;;;/;;/(~ ̄ ̄ ̄) ̄ ̄~)
     (___|)__|) ..(___|)__|)..(__|(;;;;;;;;;;;___||__;;;;;;;;;;)_|)_|) (____)___)



第一次大戦後、アメリカは一貫して軍事部門を削減し続けており、
師団の多くは戦闘能力を失い名目だけの訓練のみを業務としていたのだった。

しかもその訓練でさえままならず、演習に参加した戦闘工兵などは
大統領専用列車が通過する線路上にダイナマイトを放置するという離れ業をやってのけていた。





964 : ◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 18:46:37 ID:Y3vkLvmM0




::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i   }!
:::::::::::::/::::::::::::::::::::::;、::l  ノ㍉
=-/イイ/ }Λ::/ `≦、::::::::}
   -     }  ',{    ‘.::::リ
  -  .ィ≧x      xzⅥ       駄目だ!!こんな体たらくで戦争など夢のまた夢だ!
-=≦- /''" ̄ ≧== =≦二l
_::::::::≦  '´ _・イ  ‘.-・イ        アメリカ陸軍の状況は、
-=::::ニ    ー  ,   、  l        ダンケルクで全てを失った英陸軍よりも
 -:::≦ U    イ    〕Ⅳ        遥かに深刻ではないか!
  -=≦ ヽ . '  -  ̄ l !
丁 =≦   i  r ニ==-  l
イ       l  `   -  Vへ
.l      ≧x_______ノ  \
.l            /  |:::l::::::::::::: ̄`ヽ



            __fメメメメ≧ 、
         /´      \メメメ\
        /   '⌒    }メメメメハ
       {`Y´-ミヽ__/メメメメメハ     大統領閣下。
       |__|fリ__ノ } ̄/メメメメメメメ}
      / 、\___ノ {メ/⌒Vメメメメメ}     彼らは全員志願兵なのです。
      ーァ‐┘   / }/ 〈  }メメメメリ
      ノ____ U    ノ /メメメメノ      軍隊以外に食い扶持のない、
       {ノ }:::)  /`¨¨⌒ヾメメノ
       { ̄ ̄      l  ト、         追い詰められた者たちです。
        ー─rュ      / }\
  / ̄ ̄ ̄/ / 〈   ,.イ   /  \     しかし兵士として全く役に立ちません。
 / /    /  ,'  /干<     /   |
./  {    \  ト、/{oニ o\  /      }





965 : ◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 18:47:07 ID:Y3vkLvmM0




                      _rzzzzzzzx
                  ,   ┴┴┴<メメ}ト、
                 /         \メメヘ
               _/___へ   ___/⌒   u ∨メハ
               {/ , --、{`YY _/, --、\  .}メメハ    軍隊には若く、健康な男たちが
               |ヽ{_@) / { (@__) }=ノメメメ}    今すぐにでも大量に必要なのです!
               乂__/ .{_____,ノ }メニ、メリ
               {  /   、      / } /  ソ    しかし、今から待遇を引き上げて
                /  └一, ---- 、  {   )  }     啓発・勧誘をしていては時間が掛かりすぎます!
              (__...イ}__l___l_ \     /
               (⌒>  |   |   } /ーr‐ '      軍の質的問題を速やかに解決するには
    , へ          {    `>  __,ノ   ト、___     徴兵制で健康な男子を大量にかき集める
  _厂   \___      人      ,.。ィ    / } \    他ないのです!
  { \ \ ノ )  ,  -----≧7≦/「し    /   /   >-
 「 \ \ }{__/  /  |    /  { \____/    /    |



       /三彡' ア'⌒ヽV}三三三三}リノムi{く
       }ニ彡イ´   _,ノj厂 ヽ ̄⌒´    }_}
       jレ_,z彡   '⌒ヽ__}    ノ'⌒ E{
        イァ‐にi{ ,≦ニミx_   ヽ 厂 ̄ __ ヒi
       }f7^ヽ三  r―=ミx__ 人__ィf三二}i∧         それは十分に分かった!!
.      {_{   i三 人_nノ'⌒二 {_n_丁モ^}
       }_i (}三 \___//   }ト、_  モ/          だが何だあの貧相な装備は!?
       }人 }三`    _r   ー-- }i    ノ
    /\ノ丁三 // 乂___   ,人___ 「/\         なぜ世界最大の工業国家アメリカの軍隊に
 ̄ ̄/////{|/{ ⌒` ( ∠二\`二_  } {/l//// ̄ ̄)    マトモなト小銃や戦車がこれほどまでに
/////////∧{  \ (_r――――┘ //l// / ̄\   不足しているのだ!?
/////////{/∧   \_     ー‐' ィ///(  (__厂}//
/////////|∧ ',      ̄¨¨ブ¨¨´ /////,〕ー―┐ |//
/////////|/∧ ',__    ̄  / ////____厂}_└┘/
/////////|//∧     `    '´/ /// └ァ ┌‐┘////
/////////|///∧          / / / ̄/  /////////
/////////l////∧ \     / //  ̄ ̄|_{/////////





966 : ◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 18:47:38 ID:Y3vkLvmM0




        n__      __rzzfZzzz___    「} ⊂¨⊃})})
   「l    _| [__   ,xzzメメメメメメメメ\ {{ ⊂ ⊃
   |{   ((]_r┘ノメメメ>-─……-<メハ {_フ((],、)  .ノ}    お恥ずかしながら・・・
  人 、___ノ}   ノメメ/  _ U   u  ,、 \}     //    我が国の莫大な工業力も
    `¨¨¨´    {メメ{  _ノノ        \> ヽ    └┐}     そのほとんどが民需に割かれているのです。
          /⌒メ〉 `´    .........     }     { しァ
          _{ \}リY´ ̄ ̄`ヽ=ミ/´ ̄∨      `¨´    重工各社は軍用トラックや戦車を作るより
.    , 一<  /∧ (  {  __ノ  |::::| 、___ /}\ __         中流家庭向けの自動車や贅沢品を作るのに
   /      /  \_ヽ\___ノ::::: 、___乂    \       生産ラインを振り向けております。
.  /     | ,     ∧       r_  ヽ  〈  \    ,
  {    | {_   V\    `¨¨´   } /     }       軍需品より民需品の方が儲かるので・・・
  〉 \.  |   __>  V \ -─-─┬ '/.  |// {
  {   \}  {     ∨{_)>┬┬<   ̄/  |// }



 l   Ⅳ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_――二`
 ハ   {,、n::::::::::::::::::::::::::::≦-:.:≧
イ:::::㍉ミ`:.:.Ⅵト<ミ≧=-::.:.:.::.三
イィ:::f:.:.:.:.:.:.:.',{:.:.:.:,:.:.:.:.:.:.__;:.:.:.:.:.:.-
 }:刈:.:.:.、:.:.:.:.:./:.:.:x≦三=-:.:.:.-≧=-=≦
   j,.,,,,:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.ミミ'"_ ィ::::::::三:::::-=::      自動車会社も航空会社も
  ミ三≧x:.(:.:x斧'"n  ノ::::::::::≧:::::::ニ ̄     戦車や戦闘機を作るより
   {丁 n_ツ =-:.:`:.:.:.:.:.:.:.:./ ̄ ≧:::::=-      スポーツカーや旅客機に
    }ー-/     ̄ ̄     ニ彡       生産力を費やしているというのか!
   〈   l  _  -、ー---、   -彡
     ヽ .f     _」  --、 ヽ  =彡   ,    くそ!誰も彼も戦争は他人事と考えておる!
     ‘. 、__  _,,"  +'. }   -=≦
     } r‐ 二 __ ノ
     八 `´
     ,,ヽ、  ̄      ,,      /
  _ノ   /> .._   <_,,     /
      /   /  / |\       / /





967 : ◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 18:48:12 ID:Y3vkLvmM0




欧州で起こった世界大戦が全世界に徐々に拡大していくにつれ、
ルーズヴェルトはニューディールよりさらに踏み込んだ国家経済全体の大改造策へと進んでいく。



       }=- f⌒>ィ r=--≦刈ィヘく
      ノ-≦    - 、      .}リ
     「::r-ミ  ミx   `  - ⌒ {'
    ,f:::;  ミ  F―ミx ノ ,_x≦ミ ハ        徴兵制だけではダメだ・・・!
     }::l  ミミ  ー・-ノ .::::::::.〈h二テl .!
    {::、 ミミ    ,    {`ー  从        民間企業の生産力を
__,,へミ ミ /__人_   .〕、  /ハ、       軍需に転換させなければ、
:::::::/::::::::::Λ 、 /r―-、二=-,、l .从:::::ヽ      巨大な軍を再建しても戦う武器がない!
::::::'::::::::::::;::::'. ヽ、 `ー'⌒ ̄二’ /:l:::::::::::l ̄`'ー
:::::'::::::::::::;:::::::'、  ≧=-   _  イ:::l:::::::::::l:::::::::::   何とかして国家経済そのものを
::::;:::::::::::;:::::::::::'、    、__ノ //::::::::l:::::::::::l:::::::::::   戦時用に改造せねばならぬ・・・!!
::;:::::::::::::;::::::::::::::::、       //:::::::::::l::::::::::l::::::::::::
::::::::::::::::;:::::::::::::::::::、    / /::::::::::::::l::::::::::l::::::::::



それはアメリカ産業の大々的な軍需化を目指すものである。

だがそれも、遥かに遠く険しい道のりになるのだった・・・





968 : ◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 18:48:26 ID:Y3vkLvmM0




   ――― ドイツ航空省。



キメ〃〃l'メ〃'"'メ':〃                           /  // ./;:/  |::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
キキk'"メ,,.イ〃k'"'メ':                              __/   // ./;;/.,/' l|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
〃メ,,.イ k'"メ'ゞ                               /|/   // /::/../;;;/..|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
キメ〃〃l'メ〃'"'メ':〃,,,,....                       /   //./::/ /;;;/..,::'|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::||
メ〃メ,,ゞゞキゞゞ k''"'メ':メ,.キキ〃'                  /   //./::/ /::/ .,'' : |::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
〃メ,,.イ〃キキk'"キキ'メ':〃'                    /   .// /:/ /:/ ::, '::,' ::|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
キメ〃〃l'メ〃'"'メ':〃                         /   . // // /:/ .':::,.':: ,:|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
〃メ,,.イ k'"メ'ゞ                           /  ..//.// / / ,.:":, " /::|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
メ〃メ,,.イ〃キキ k'"'メ':メ,.〃'                  /   //.// /:/ ,.:'::,,' /:: /|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
キキ;;:〃キメk"〃キメ,,メ"                 /   l/// /:/ , '::, '/:::/ ,.|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
〃メ,,.イ〃キキk'"'メ':〃'                     | /l  ://,/:/ ,'':,' ./:::/ ./::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
キメ〃k"〃キメキ,'"___ __                 |.//   l///,,.'::, ./:::/ /: /|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
〃メ,,.イ〃k'"'メ':・・・・|::::|                |://l  .//,.'' /::/./::::/ ::|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
〃キメk"〃キ :・・・・・|::::|                |://  :l/' ,,'// /:::/  /::|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
キメ〃〃l'メ" ・・・・・・|::::|                |//l. ::; //./::/ / ; /|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
〃〃k'"メ'・・・・・・・・|::::|   ,,,.II               |//.  /,"/::/ / ;; / ::|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
〃キメゞ・・・・・・・・・・|::::| 〃メメキ:: ̄ ̄|\       |//l:  l,"// / ;; / _,,.-''|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
ゞゞ キ ゞ・・・・・・・・・|::::| 〃メkゞゞゞ :: |\| .       |//:  // /;;;;;/,,-''":l;;;;;;;; |::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
ゞ〃;;ゞ;;;・・・・・・・・・|::::|〃メ〃キゞゞメ:::::\|,,,.....,,,.. ... ,|/l l/ -'';;;;,.''"-''"::::: : |-''''"|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
〃〃ゞ ・・・・・・・・・ 彡メ〃ゞ〃ゞゞゞゞ(〃メメゞキ;;;::;;|. '"  l,,-''",,-'::::::::::|:|::::: |  ::|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|




970 : ◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 18:48:38 ID:Y3vkLvmM0




                   \           {      /  三) ハ/  \      }
 ─┼─ ──┐○        }         {  __,,..-‐''  U . ノノ三三 U`゙''ー-、,___}
  /|       /  ┌┴┐     /        ーニ兀__γ´⌒`ヽ三γ´⌒`ヽ___l/|
/  |     /     /~~~ \    _,.-‐イィ|弌──d    d=b    d───|ハ
                        / ̄_,,..-‐'' / 厶//| ゝ    ヽ __ノ,三 ヽ .__ノ     .|キ}``丶、
_____________/ /    /  { i |        u く.三ゝ       l     .| i.l   | ``丶、
-、_                 /|    /    | r |    し     ^ ^       .し   .トレ'```'|、    ヽ
  `'ー--‐'⌒丶        ./  |_,,..-‐‐|‐ ''"" ゞメ|          .三  ヽ         .|ィキ=-.│.ヽ    .|\
             )      /   ム.    .|     少.|          ィェェエエ |   し    |モニ- .|   \. │ \
            (        /  ./ |    .|     ハ       Z-‐‐‐-ヾ     し  /‐-、. │    \.|   ヽ
`'ー--‐''ー-、   `-、    ./  ./ィ⌒ィー、 ィ⌒i-‐'"/  ヽ し      ̄ ̄ ̄´         / 彡 .}`゙''ー-、,_, ======、
       )     (   .{  .{ .| ノ  l. |  .|  ./  ミ {\        三三         / 彡 .}       |i:.¨ ̄    ̄¨.: i
        (      ⌒`'ー-、__|__|__|│ .| {  .ミ {  > _ー------一_ < ::: 彡 .}      |i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i|
          ⌒`゙ヽ_     (◎)////////|   || {   ミ { f ̄ ̄            ̄ヾ}:: 彡 .}     \:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
               `ー-‐'´ ̄〈"∧ | ̄∨   |⌒i    { `ー――、      ィ――‐'}::    .}    /ヽ`ヽ    i'´冫

                        ドイツ空軍最高司令官・国家元帥 ヘルマン・ゲーリング





971 : ◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 18:49:09 ID:Y3vkLvmM0




                            ,イ三三三三三三三三三三三`丶、     /
                        |三三三三三三三三三三三三三ii/   |       それで?戦況はどうなってんだ。
                         |三三三.r'´⌒ヾ==(      ).}/Wミ   |
                       /三三弋ミ_____ノ冫丑`' ー‐‐' 三トハ=-   |       英国の半魚人どもを丸焼きに
                         /三三ミミ   三  ./ォゥ从 ノ  三|フjミ     \
               _,,...-‐'''"""く三/ ,´V    三ノ /ェエエエ7.` 、三|ソ{/´~"''‐- 、,\    してやってんだろうな?
              {   _,,...-‐'''""  {.(r仆    ノ /ェェ 瓜キニヨ三∥ミ´~"''‐- 、..,,_ `゙''ー-、,_ _______
                  |.  |         彡ゝ、 ト       `丶エエェ′三∥         |  |.    V
                |.. |         丿乂       ≡≡ ノ三/ミ        |  |
                    |  |           ツ 癶、    、____,ノ   メ`゙冫ー-、,_    |  |
                  |. |         _,..-''l'."三\__,, .-‐三''""~三/   /`'ー--‐,~ヽ、
                 |  | ./7ー――'' /  /三三三三三三三三三./   /     /    ` 、__,,..-‐ー-、_
               / ̄//    /. /三三/⌒ハ三三三三三/  / |l     /    /, -'"_,,.-‐''"ー―
                /  //    /  ./三三三)._イ.三三三三ii/   |:::::::!|    ∥    /  , -'"
                /7/  //  /   ./三三三/〈\〉 !三三三三/    |\::|l ◎   ∥     / //
           ,-/ .| /   /◎  ./三三三/    |三三三ii/.     |\l. |i    ∥       ///
         / |  丨   \   /三三三/    |三三三/      |=ヾ|i    ||       /


   __
  γo_⊥
  /_」゚Д゚)      もちろんです元帥閣下。
   / (y) つ     わがドイツ空軍は先の戦闘で英空軍に犠牲を強い、
   ∪/ ゝ      50機以上の敵戦闘機を撃墜しました!
   し"し"




972 : ◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 18:49:20 ID:Y3vkLvmM0




   __
  γo_⊥
  /_」゚Д゚)      さらに勇敢な爆撃機隊にあっては
   / (y) つ     果敢な突撃を行い、敵地上基地に
   ∪/ ゝ      甚大な損害を負わせております!
   し"し"



                     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ミ
                  く:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡
                     \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ニ=-      ほう・・・ど派手にやってるようじゃねえか。
                       ム::/ソ{::/´^{ /ヽ、_,-‐三三`ァィY}/^}./}::/lヾ::::::::::ニ=-
                    ソハ{( |:{/γ込じナ}三三三γ弋ソ"Y=N. |6}:::::::ニ=-       そうそう、こういうのなんだよ俺が求めてたのは。
  /⌒〉               リ丶ィ|キ={ヾ=≡キイσ三∂乂ヾ=≡ノ 三|イ:::::ニ=-
  /   }                /彡|三 ゙'ー--‐''  .三    `  ̄´  三|:::::::ニ=-        陸軍のアシストなんざ飽き飽きだ。
 /  ノ ./⌒〉        /彡ム∧三       〈_三_〉         三|::::::ミ ``丶、
丿  {_/  /        ./  .{/ヽ∧三      ノ .三  ヘ.    .三/∧}/ヽ    \         空軍の空軍による空軍のための戦い、
{   ./  / /⌒i    /      }/∧三 く ー=ニニニニニ=‐'"冫三/::::|   ∧     \
i  /  / ./  /    /         /  ヽ三     三三       ン:::::::|   ∧       ヽ       空軍こそが戦争と国家の未来を決める、
.| /   |___,, -‐‐、 ┌'` 、       /   |:>  ー--------一 <::::::::::|    ∧     / l\
..く   / __ノ /   ` 、    ./   |::::::::: ` ‐ ------ ‐ ":::::::::::::::::::|     ∧    / |  ヽ    そういう新時代を待ってたんだっつーの!
 {_/  ノ    /`゙''ー-、,_    /     .|::::::::::::::::::::ノ ̄ヽ、:::::::::::::::::::::::::::|     ∧  ノ  .|   }
 |   /__-‐‐、.|          ./    .|:::::::::::::::::::ヽ   /::::::::::::::::::::::::::::|ー――<     .|   i`.、
./i/""´´__ノ 〈         /      |::::::::::::::::::::::`ル' |l:::::::::::::::::::::::::::::| ̄ ̄ ̄/       /  |





973 : ◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 18:49:33 ID:Y3vkLvmM0




    /
   /
  ./
/                   ,、     , 、_ ,____,,-‐'´`‐-、,,,-‐、ヽ      今やドイツ空軍は世界の最先端、
           ,、,-‐i.   / { _,, 、-‐'´ 巛| 爪‐-‐弋ヅ´ツ. }==ソ=ヽ
\    ∧{  ,={. i=b  { /. {/  d===b災 `'==≡彡 丿ミ   ' "      レジェンド・オブ・レジェンド!
 //,ゝ /. |{ / {/ 丶  {/  `  丿   // 丶≡≡ --‐   ミ ,, .//i !l
 ' // i /| {/  `   ` ─── ''´   .//   三三         ///      乗るしかない、このビッグウェーブに!
   ' / i i | `                  //iii'`ヽ、, 三三       //|!|l|
   /   i { |               |//W 从         //il|!|      陸海軍のノロマなんぞもう知るか!
  //}八V|             ヾミミ     从        //il ii|
-‐ ´//、  ヽ|                ヾミミミミ从          !il!l|/     ドイツ空軍独力でイギリスを打ち負かし、
  //  ヽ ミ/ヽ                           i| .../
 .//     ミ/:::::ゝ        ヽ==≡≡=≡≡==ツ      i.i. /      俺の手で新しい時代を切り拓いてやるぜ!
. //    ミ/:::::::::ヽ、         ######£#♯#♯      l /
//     ミ/::::::::::::::::ヽ         ヾミミミミミ             /





974 : ◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 18:49:50 ID:Y3vkLvmM0




三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニ= ̄| ヽ
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニニニ}./` 、.} /三|\
三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニニ/ .}/,,__.. --‐‐'''""/}/  iニニニ|
三三三三三三三三三三三三三三三/≡≡≡爪 / 彡≦___゜__/.    |  三|
三三三三三三三三三三ニニニニ/ヽ≡≡≡≡〈   ≠              ,    三|
ニニニ三ニニニニ /           d====b  ~""''' ‐- ...,,__   ,      三|      ケッセルリンクに引き続き
{ /≡{ / ./    ̄ .{ /          , ' ≡≡≡ 丶 ____ __,,..-- ‐        三|
{/={/=♭               / 彡≡≡≡                   /7    三|      総攻撃を実施するように伝えろ!
l| ≡≡≡丶              , '   彡 三三                      /   三|
  .三三  丶 ________, '     三三                 ./  .三|       8月中にイギリス軍にトドメをさすんだ!
  三三                          三                    ゝ /|   三|
    三                       /        ヽ   __,,..-‐'''""ヾ∥  ``/ 三|
   .三                     〈 ヘ __ ~  〉            ∥     .三|
    三                    三三三三                      三|


   __
  γo_⊥
  /_」゚Д゚)      ハッ!
   / (y) つ
   ∪/ ゝ
   し"し"





976 : ◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 18:50:48 ID:Y3vkLvmM0





   ――― イギリス、ロンドン。
                                       i
                                       |
                                       ∧
                                      ノ..λ
                                      /…λ
                                         ====、、
                                      |.|IIII|.|l
                                      /∴∴ヾ、
                                         l,i,i,i,i,i,i,i,i,i,iili;,
                                    _|I I I I I I_|;}、
                                            | |γ⌒ヽ| |ll|
                                            | |,.!、,__,ノ.| |ll|
                                            i''i;;:::;;:::;;:::;i'il|'
                                    =========、
                                        | |'i'i'i'i'i'i'i'| |ll|
           i     i       i      i           | |;|,|,|,|,|,|,| |ll|
          ムi   ムi      ムi    ムi        iⅲⅲⅲⅲill|
          I.Iム,__,I.Iム     I.Iム,__.I.I ム          | |'i'i'i'i'i'i'i'| |ll|
          |l,|I/ i^i |l,|I|     |l,|I/ i^i |l,|I;|         | |;|,|,|,|,|,|,| |ll|
          |_,!__i山i.!_|l.| _ _ _|_,!__i山i.!_|l;|    ム    iⅲⅲⅲⅲill|
i   .i    i   | i"゙∩゙" i |/;;||;;||;;;| i"゙∩゙"i |ll|.l l.i;;_l_l_!______| |'i'i'i'i'i'i'i'| |ll|
|ー―||ー―||ー―|| i__:;l」;:_,!.|凸凸凸| i__;l」;:_,! |;;,|)))))|;||;;;;;;;;;;;;| |;|,|,|,|,|,|,| |ll|
|=ヘ=||=ヘ=||=ヘ=|Iⅲ:冊:_ⅲ|ⅲⅲⅲIⅲ:冊:_ⅲ|-]]]]]];||=∧=.ロⅢⅢⅢロ|i
| ∩ || ∩ || ∩ ||  iⅢi : | iii iii iii..|  iⅢi : | .|:|:|:|:|;||'~|;;| | | | | | :| |ll|
|,.l」,,;||,.l」,,;||,.l」,,;||_|Ⅲ|__:_| lll lll lll..|_|Ⅲ|__:_| .|:|:|:|:|;||l_.l」;__|_| | | |_;| |ll|
I.[iii].,II.[iii],II[iii]_Iⅲ._冊_.ⅲ|ⅲⅲⅲ.Iⅲ:冊:_ⅲIIIllliiiiiii||iニニ[.二二二二]:|;./
| Ⅱ || ∩ || Ⅱ ||  iⅢi : | iii iii iii..|  iⅢi : | |:|:l:l:i_.!_iii_ .| | | | | :| |//
|_Ⅱ_||_Ⅱ_||_Ⅱ_||_|Ⅲ|__:_| lll lll lll..|_|Ⅲ|__:_|_|,|,l,l,i_,l|   l ̄i__| | | //i|
|_門_l|_門_l|_門_l|__!_而___!_|ΠΠΠ|__!_而___!_|__,;:--ー--------- //i|/
 ̄ ̄ ̄i,i ̄ ̄ ̄ ̄;;; ̄ ̄ ̄:; ̄ ̄ ̄:; ̄ ̄:´|;;'i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//i|/
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_;;;l::::!   ;."::: .''.//i|/
 ..     ;' :., ':゙    :" .. "..:' ''.     .;, .'  :;.. ..,//i|/





977 : ◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 18:51:05 ID:Y3vkLvmM0




     .___________
     . ○|≡:(X) :  ○|≡:(X)    司令官閣下!
      (+)∧ ∧ .:  (+) ∧∧    レーダーサイトより通報です!
        ミ,, ゚Дミ :   (Д゚ ,,)∩   海峡を北上する大規模な機影群を補足!
      ─γ⌒丶つ─ γ⌒丶ノ   エセックス、およびケント方面に針路をとっています!
       ::::( _ ):::::::::::( _ )
         ~┴~     .~┴~



         ///////////>.:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.        ///////////.イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
..    /////////////.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>=ミ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:
   //////////////.:.:.:.:.r=ミ{.:.:.:{{えrォリハ:.:.fハ:.:.:.:.:.:.:.:.
  .イ//////////////.:.:.:..:.{{: : :从:.:.ゝ--イ 八.:{ri{.:.:.:.:.:.:.:.:      両カウンティに最厳戒警報を出せ。
 ///////////////.′:.:.:.:从ー〈 乂:乂    }:ハ/.:.:.:.:.:.:.:.:
.////////////////i..:.:.:.:.:.:..∧  ヾソ       从!.:.:.:.:.:.:.:.:.:      特にケント州の航空基地はロンドン防空に不可欠だ。
乂//////////////,|.:.:.:.:.:.:.:.:.∧ r r== ー ヽ 从.:.:.:.:.:.:.:.:.:
  ` ー‐ --------ノi:.:.:.:.:.:.:.fくハ   ̄ ´   イ  }ハ.:.:.:.:.:.:.      第11集団は直ちに迎撃態勢に移るように。
            从∧(乂  .∧     イ  /.i:{乂ハ:.
                   ィ//,ゝ _.ィ"> ´/.i: イニニ`ヽ:
                /,//// ノくf⌒ヾ./イ ./ニニニニ-\
               /.//// }ニニ〉rく  .:/ニニニ=-<ニ
           ,   ´./////  ノニ_イ   .::/ニニニニニニニ.`ヽ

      王立空軍戦闘集団司令部司令官 ヒュー・ダウディング





978 : ◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 18:51:20 ID:Y3vkLvmM0




8月13日のアドラー・ターク以降もドイツ空軍は英本土への攻撃を継続していく。
特に8月18日の攻撃は大規模かつ極めて熾烈なものとなった。



                       ──┐ヽヽ
                           |
                       ──┘ オ オ オ オ オ オ ・ ・ ・
                                             _,._
                            _o;j_             _,。t_  _,._            _,。t_   _,._
                             ̄`´ ̄  ,rェ、j:L_      ̄       _o;j_      ̄ 
                           ‐===(_,) r====一          ̄`´ ̄     _,._
                                 `´     _,._    ,rェ、j:L_.      _,。t_
                                          ‐===(_,) r====一      ̄      _,._
                                         `´         _o;j_
                                                     ̄`´ ̄



この日、ドイツ空軍数百機が12時30分から18時までの間に3波に分かれて英本土上空に突入。
ノースフォアランドとダンジネス間の海岸線を突破しロンドン至近にまで達した。





979 : ◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 18:51:45 ID:Y3vkLvmM0




王立空軍も激しく応戦したものの、ロンドン近郊のケンリー、クロイドンをはじめ多数の航空基地が被害を受ける。



          ィ-,、                                  |     .|
         ゙''ミヽ,、         、                         |     |
           ‘-,\,、      ,/゙]                          |     .l゙
            `'-,‘'-,、   / │                       |     .|
              ゙'-,.`'-,、 / /   .,,―-,                    |     .|
'i、           ゙''=ッ、,,\、゙'l゙  l゙,,,―''ヽ,,,,,,,゙l                 |     .|
: ゙!.     ,lill"     `'-,,"''∨  ノ       |                    |    .|
  `'i、             ゙,,!"   .、,、     ,|                 |    .|
   ヽ、         ,iil丶     ゙゙゙゙̄''ー二,!、,、  '゙-,,,,_               |    ,!
    \      `       : :::::: : : ::^'''''ヲlij,,-、,,,,"''ー-,,,_              |    |
ヽ、   \    : : : : ::,,,,,,,,,iilト:;: :liiillllll″: :   `  `゙゙'''ー-二,~-,,,、      |    .l゙
 \、   `'i、   : :  llll!゙゙ ̄”` iiilllll!.;;: : :              ̄''ーニニニ-,,,,、 |    ,!
   \    \   : : : :  ,,,,,,,,il!゙;: : :            _,,,,,--‐''"゙,゙l、    ~゙''''" |    |
    `'i、   ‘i、  : : : : : ..゙゙゙゙゙゙’     ._,,,,,―‐'''"゙_,,,,,―‐'''"゛ ゙l       ._,,,l゙   .|
     \、  .゙'i、  : : : : : : : :     〔゙_,―‐'''"^       ゙l _,,,,,―''''"^     `'-,、
: : :    : : `'i、   `'i、      ,,iil   ゙|`             〔゙゛            ゙''-,,、
   .;;;;;: :;:   `'i、   \    iiilll!l    │             ゙l               ‘'-、



この日、王立空軍は稼働機706機のうち34機を喪失。
さらに地上で36機が破壊されたうえキャタリック、ハートルプール、フィルトンの各飛行場が一時使用不可能に追い込まれた。

王立空軍の出撃回数はこの1日で900回以上に及び、後に「至難の日(ハーデスト・デイ)」と呼ばれることとなる。




981 : ◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 18:52:05 ID:Y3vkLvmM0




   ∠=∞
    (;゚Д゚)     司令官閣下!我が軍の損害は甚大です!
    (|゙∀゙|つ    戦闘機の損失もさることながら、
    |---|     地上基地の被害が看過しがたく・・・
    し `J



     __ァーヘイィ´        二=ーァ
  .>'’               丶x '´
/                         ヽ、
フ’ /                     \
'7 /                      ヽ
'イ/ /                         ム
ム_/  .ィ´ `i              .ィア    ハ
  _ ̄/ 斤i .l   ,イ  _.>'フ/、./       ハ
=一ハ Ⅵ, l   .イ.ィ'´1!ヽ、 ´ヾ、イ     ィ    |
  _ .ィ".ヽ ` レ'l/ ′  ', j心, (/  ,//   i
   .ィ  ハ         `ー’`/  / ,イ  ,  ∧      これはどう考えても、直接の原因は
. // .イ i     u      7,ィ'、ィ/   / /       敵の爆撃機編隊を阻止できなったことで・・・
/ ,/ / .! ハ             ´ ヽ/  .ィ’ /
.,/ .イ ハ iハ  U    ー 、  r ´ 7/i/         つまり防空体制に穴があるってことで・・・
  / i / i li >\         ‘r、'  ′
, イ!  l' .Yソ@, > 、   .ィ´  \              その穴をなんとかして埋めなきゃいけないわけで・・・
>=ーュ、  》。    `≧´ ト、    \
、 `'・ュソリr'`'<   く / A iハ iヽ   \
 ヽ、 ノノ’`ヽ、 `丶、,.〉/ハ! Ⅵilil`丶. \,

王立空軍第11集団司令官 キース・パーク





982 : ◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 18:52:45 ID:Y3vkLvmM0




   ∠=∞
    (;゚Д゚)         そうは言っても閣下。
    (|゙∀゙|)         隙間を埋めようにも兵力不足で・・・
    |---|
    し `J



 _/  ー-    ̄ o`Yp ___厶斗<三三三三三三三三三三三三三
_}≧==―――=≦三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
二ニ=-      _≧三三三三三三三三三三三三三三二ニ=--   ̄
=-       __三三三三三三三三三三二ニ=-‐:::::: ̄:::::::{
_    -―==ニ三三三三二ニ=-‐_r弌fiリナハ:::::::::::::::イ⌒:::::ハ
     _ ≧三三三二ニ=-‐.::: ̄::介:...二 イ::::::::::::::::{f{ リ::::::::乂           そいつの言う通りだぞパーク。
_____≧三二ニ=-===ミ: :∨::::::::::{ハ::{> -<::::::::::::::::::八j {:::::::::::::::`ヽ
 ̄: : r<::::::::::::ハ::::!    '.f∨::::::∧从    ヽ:::::::::::::{乂イ:::::::::::::::::从        現有の王立戦闘集団700機では
: ::::::::`ヽ}:::::::::::{ }从     }}i!\::::::{{ )).     }:i::::::::::|!り:::::::::::::::::::{:! \
::::::::::::::::}i::::::::ii:乂(     .イ゙i|:  ヾ从      从:::::::::i':::::::::::::::::::::::八   ヽ     とうてい全海岸線を封鎖することはできん。
: ::::::::: 八:::::::j{{  >-=彡" i|:   }::ハ>==≦ i:::::::::,::::::::::::::::::::::::;  `ー-
::::::::::::::::: i::::::ハ f r'   ヽ :{   .イ(  ー-ミ   リ:::::/::::::::::::::::::::::/ \        哨戒網に穴ができるのは無理からぬことだ。
:: ::: ::: :: :从:::::∧ ヾトー-ミ ゝ-イ      ヾ7 .′:':::::::::::::::::::::::イ.   ヽ__
: : : :: : : :::ハ:::::∧   汽坏辷ー-- -r iア´/" .イ.::::::::::::::::::::::::!从.    ∨`ー
:::::::::::::::::::::::::}::::::ハ   ゝハ±±±ハイ . イ /.:::::::::::::::::::::::::::八 .      ∨
:::::::::::::::::::::::::i::::::::::::ヘ  `ー=====-- イ  〃.::::::::::::::::::::::::::(           ∨





983 : ◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 18:53:03 ID:Y3vkLvmM0




           __ .>           `丶、
       .>'  ̄                   `ヽ
    / ___/                    ヽ.
       ̄   /                       ム
          /                         ヽ   ハ         サー。
.        / ,'        i i     i!      ',  ハ
       / /    i  , .i l i      i!Ⅵ /i i  .i i  i        水際防御が不可能なのは分かってます。
        / /     l  /i/レ' l/Ⅵ   l! Y lヘi   l Nヘl
        l/Ⅵ   i  l.ィ仍 抃、Ⅵ  ./ィ 佗.心ヾ、i .i ト、         そして私たちがやるべきことは、サーの言葉を借りれば
        ∨   ハ.ィ' 込 爿 . Ⅵ /ハ 比 升  i _i .リ \
          /∨N/l. ハ. 弋i夕 ’ Y    .之歹 /イ.!.リ   ヽ      「自分自身」を守り、ブリテンの空に在り続けること。
.      / .ィァ  ムヘ ト "" ゙      " ゙゙ ` /ィi7i/ヽ \、`,
     // / フ  ム i      ,i        /ノ  ヽ、ヽ、ヽ,     ですから、第11集団は空軍基地上空に限定して
          ´/    ヘト、      ´      /´ヽ     \ヘl
        7       /  \   ー.一    / .∧ヘ   、ヘ.l      防空・哨戒能力の全てを投入します。
        // 7   /  r≦ \      /i、`i) ∧ 'マム. \
         /´ ,/ ,ィ’  i}ュュ  >    <  iィ’i{! ∧ 'マム\l
           ////7´ト、 {Pi三二二三oi} 人≧ュiヘl
           _.>'’ニ'イi ヽii `ヾニ二ニ ィ'’ii.ィ  ヾ、 `丶、 __ ‐-、
      ,.ィ仁三 >'’ア ヾjiへーニニニニー'’ijヽ   `'・ュ.,二ニi  i lヘ、
   ,.ィ仁三i i >'’     //// il io! l `ヽoヽ     ` ー'’  i   i`ヽ、
 /i i >'’  i /      `ー '’  li.   l! / `ー'1≧rェュ,   i!     i!   ハ



.         ///////////>.:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.        ///////////.イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:      ・・・それすら容易ではあるまい。
..    /////////////.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>=ミ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:
   //////////////.:.:.:.:.r=ミ{.:.:.:{{: : : :リハ:.:.fハ:.:.:.:.:.:.:.:.      現有兵力では24時間の防空体制は無理だ。
  .イ//////////////.:.:.:..:.{{: : :从:.:.ゝ--イ 八.:{ri{.:.:.:.:.:.:.:.:
 ///////////////.′:.:.:.:从ー〈 乂:乂    }:ハ/.:.:.:.:.:.:.:.:      必ず戦闘機のいない「空白」の時間が生まれる。
.////////////////i..:.:.:.:.:.:..∧  ヾソ       从!.:.:.:.:.:.:.:.:.:
乂//////////////,|.:.:.:.:.:.:.:.:.∧ r r== ー ヽ 从.:.:.:.:.:.:.:.:.:      間断なく来襲するドイツ軍機にそこを衝かれ、
  ` ー‐ --------ノi:.:.:.:.:.:.:.fくハ   ̄ ´   イ  }ハ.:.:.:.:.:.:.
            从∧(乂  .∧     イ  /.i:{乂ハ:.      1機でも侵入を許せば甚大な被害をもたらすだろう。
                   ィ//,ゝ _.ィ"> ´/.i: イニニ`ヽ:
                /,//// ノくf⌒ヾ./イ ./ニニニニ-\
               /.//// }ニニ〉rく  .:/ニニニ=-<ニ
           _ -ニ/////  ノニ_イ   .::/ニニニニニニニ.`ヽ





984 : ◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 18:53:17 ID:Y3vkLvmM0




                                                    ._, '   、   ヽ、 ヽ ヽ   \
                                                   ''"7 , {  |ヽ、   .ヽ .ヽ ', ヽ  ミ
                                                    .li | !   i,.>' _,,_ ヽ ',、、'., \ ヽ、
                                                   .i!| ト ヽ、i,'ヾ;ノ ヽ、 'ンヽ',  ヽ ヽ、
.                 サー。                                 '!l, ヽ、,! ;,    i 'i ', ', ヽ ヽ、
.                                                       丶 '‐-、_,;='  | /  _ヽ_ヽミヽ',
                ですので、手持ちの戦力を何とか工夫して                   ヽ、 ,l,,.-''iニ,,,,,,,, i,
                                                            `'~.},,,_ | __,,,,. ',
.                可能な限り「空白」の時間を埋めようと思います。                ,. '-ー‐''~ !---ヽ,
                                                            ,.! ゚,、    ._,!彡ニ',
                                                           ,. ' ,/\ヽ,. r  `'~
.                                                        , '  |___,,/  l  /
.                                                       ,. ' !,,________,.-'~ .l//   ,.--、
                                                       {          { ./ //
                                               .         !      /   .〉'/ ./
                                               .       ヽ、    i,   _,!,,,,,,,,,/



ニニニニニニニニ/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
ニニニニニニニ:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>==ーミ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
ニニニニニニニ′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//: :`ヽ  `ヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
ニニニニニニニi:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.′: : : : ∨ .ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
ニニニニニニニ|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:ィ⌒∨:.:. }} i: : : : : :∨-‐==ヘ:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
ニニニニニニニ|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{{: : ::.∨:.:{{ {: : : : : : .ゞr-‐==}:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
ニニニニニニニ|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{{: : : . ∨ ハ '.: : : : : : :∨   ハ.:.:.:抃:.:.:.:.:.:.:.::.:
ニニニニニニニl.:.:.∧:.:.i:.:ハ: ∧: : : : }}:.:∧ム: : : : : : .i.    ∧:.:.!ハ:.:.:.:.:.:.:.:.       ほう。では具体的に。
ニニ二_三二ニ=ハ.:.:{ 刈:|:{ }: :∧ : : 从:.:.∧ム.: : : : :|    ′!:.:|  }:.:.:.:.:.:.:.:
 ̄ ̄       }:.::! .}:从. !:.:. ∧::/ .ハ :.∧ム: : : : ::!.  /  j.:.:!  !:.:.:.:.:.:.:.:
.           八:!  リ ))!:.:.:乂/   }i∧:!込.___乂イ   从:|  |{.:.:.:.:.:.:.:
                 乂:.( /    八.从:.:.:乂      ノ( :}i: 八.:.:.:.:.:.:
                   )イ/        }:.:iハ汽       乂  }.:.i.:.:.:.
                   /          乂.:{ 从          乂. !:.:.:.:
                 '         j八            }:!:.:.:.:





985 : ◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 18:53:31 ID:Y3vkLvmM0




     __ァーヘイィ´        二=ーァ
  .>'’               丶x '´
/                         ヽ、
フ’ /                     \
'7 /                      ヽ
'イ/ /                         ム
ム_/  .ィ´ `i              .ィア    ハ
  _ ̄/ 斤i .l   ,イ  _.>'フ/、./       ハ        ・・・部隊をより細分化し、
=一ハ Ⅵ, l   .イ.ィ'´1!ヽ、 ´ヾ、イ     ィ    |
  _ .ィ".ヽ ` レ'l/ ′  ', j心, (/  ,//   i        ルーチンワークを組ませることで
   .ィ  ハ         `ー’`/  / ,イ  ,  ∧
. // .イ i     u      7,ィ'、ィ/   / /         常に基地上空に戦闘機が哨戒任務に
/ ,/ / .! ハ             ´ ヽ/  .ィ’ /
.,/ .イ ハ iハ  U    ー 、  r ´ 7/i/           ついている状況を作り出します。
  / i / i li >\         ‘r、'  ′
, イ!  l' .Yソ@, > 、   .ィ´  \               これで「空白」の時間をつぶせるはずです。
>=ーュ、  》。    `≧´ ト、    \
、 `'・ュソリr'`'<   く / A iハ iヽ   \
 ヽ、 ノノ’`ヽ、 `丶、,.〉/ハ! Ⅵilil`丶. \,



            f≪_       _.厶斗==ミfp  ̄ハ_
   _ . . .-‐:=:=:}ー--===≦三___斗<二二ニニ   { : : : ̄ :_:二ニ≡
 ̄. : : : : : : ::厶_ __         __乂f====彡ニ二三三三三三
__: : : : : : : : : : : ̄三三二二三 ̄ : : : : : : : :-===≡ニ三三
三二ニ==-‐ : : : : : : : : : : :______________三三二ニ==-
三三二二ニニ====--‐―    マ.:.:.:.:.:.ィ"    Y.:.:.:.f⌒v:| ̄
         /.:.:.i i.:.:.:i{     :}i:.:.:.: i{       }i.:.:.::}fハ }:!                ほう。
           イ.:i. ∧从 八     八f.:.:八     八.:.:.:'リ ィ.:!
.         乂ハ.:.:.i.{.:.:{ .ゞ=< ハ.:.:.:ハ =彡!i.:.:..:}/.:.::|                小さな部隊を絶え間なく繰り出すことで
         )) }.: 从.:ハ        j|.:.从    从.:.:.{ハ八
          八.:.:.:.:从     .∧:乂    イ.:.:..:..{∧{                 常にどこかの部隊に在空させるわけか
         / :}/ハハ  fr.     ゛   .ィ 7j从!.:.リ :\ー .
    _>. :´ : : : : 乂∧  ゞVrー_‐‐fVア  /八((: : : \ `: : .           良い考えではないか。
ニ二三/ : : : : : {   ∧  ヽ ̄_ ̄__,   .イ(  ∨ : : : .\: : `ー-
三二_イニ=- : : : : ハ.   \        /    .′: : : : :.\: : : :
二ニ/=-_ : : : : : :.∧    `ヽ    . "    ./ : : : : : : ∨: : :





986 : ◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 18:53:49 ID:Y3vkLvmM0




////////: : : :/, ム/` <
!//////,: : : :// //,'     `Y><
|/////,. : : :イム ム/       ハi | }///≧:ュz.
|////|ー-、o イ |i:i!        }}::::j////// / ~""'''iュ‐- ...,,__
|////|: : : : :{ {  |:i|         ,!|::::}///// ,:{     |/| |:!////
|////:i: : : : :! !  从       ム;`´///〃`Y}      !::! }}////
|////ハ、: : : i :.           ,: ,'.://///´ .{{リ     !:, ムァ///
|/ム///!`゙<ゝゝ       //ノ.////.::  {{.      ム' ///////
|/| ム{ヾ! : : ::`:.ミ:.>ュ、 __,.:彡'.:::,イ/j从   :ヘ     ,仏゙,イ/////
|/| マ:.  : : :: :: :::::: ̄ ̄ ̄:::::,.:彡'//   :. . k. ー=チ//////////
ヾ:.、 マ:.  : : :: :: :::::::::::::::::::::,イ//:://   :. ∨//////////////
 `ヽ、 ム}. : :: ::: ::::  ' ´ ///´./´    :.  ∨/////////////
    jハ.: : : ´_____ _ _ /' リ _           ∨////////////      ・・・一度に動かせる数が、
   ´ :::::::::: '          ー==ミ :::...  マ///////////
     :.:::::ム\          ` 、_`゙ 、`.   〉//////////      より少なくなってしまうことを除いてはな。
      :::::::.ハ{ `j: 、____       : : :: : ̄: :`::: ////////////
      ::::: 人´ゝ j ∨  ̄~""''' ‐- ...,,_:: ::::;/////////////
      ::::. 、 \'ヘ  j、, -、,.:、 ,.、 ,  Y/////////////////
       ::::.. \ `ミヘ'_,、_,:、_,:、==zュ,:、ソ//////////////////
       :::...  :::..、             ,イ//////////////////
\       `    :`:.ー=≦三三三///////////////////
.三\         :::::::::'´    }//////////////////////



   ∠=∞
    (;゚Д゚)     閣下!これは前線パイロットに厳しすぎます!
    (|゙∀゙|つ    今でさえ数的に劣勢なのに、さらに部隊の定員を削られては、
    |---|     緊急迎撃班はより不利な状況でドイツ軍と戦うことになります!
    し `J





987 : ◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 18:54:07 ID:Y3vkLvmM0




              /                          \
              /       ;                  ',       ハ
          /   /    l!             ハ    '       ',
            /   ,'     l  i    i    ハ i i     !   i     l
          /.ィ   ;     i  l    i   .i i l  !    i    !   i!
       //l   !     ハ l    ハ   l!ハi≦ヘlハi l!  .i    ト,        で、ですが、隙を作るよりはマシです。
         l  .i      i.l>ィ升卞、',  :l .ィ佗圷、, /.l  .i    /
           l   !     〈 i  弋 夕 ヽ\ト、 叱リ 〉 l  /   /          間断ない防空体制を作り上げるには
           l  .i  ト、ヽ l.〉 ` ‐-  ´ :   ` ‐- ’  //リ ,ィリ
          ∨ ! l!  ! 〈        u.  i           ∧l ./レ'_ _        数的不利を受け入れるしかありません。
.      <  ̄Ⅵl  i  i_∧  u.      ヽ      U  ∧ l/   __   ̄ >
.  <  ̄  ̄  ̄∨ ̄= ―.∧     , ‐‐ - ─、     /   ̄ ̄  ニ=一、
     `>一─ ─ー=‐一  \   l/      ',!   ,.'  ― ――一 ─  \
   <  ̄  ̄ ̄  =ー―   .l >、 ` ー一 '   / iヘ = ─ ─ ─‐一  <
  __/ ̄ 7ー-‐-< // /}≧三 >、      / .ィh、ヽ__  -‐ 二 ̄ iユュ.、
 /   ハ  /三二=ュ   ̄三ユニ} h三≧<> <>'7/リハ、__三三二ニニ=ュ/ /ヽ,
./   ∧ /   `ヽ、, >、ー‐〈リハくノ   `l二二二l 〈〈 〕〕ソ  7 `ヾ>'’ ̄  l7 /  ヽ,




: : : : : : : : : : : : : : : : : : :-‐― .< : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 丶
: : : : : : : : : : : >:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:..:.:.:.\ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
: : : : : : : : : :/.:.:.:.:.:.:>__:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : '
: : : : : : : : : :}:_:.:.:.:.:i{f   .ハ.:.:.:.:ィ==ミ:.:.:ハ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :}
: : : : : : : : : :}゙ メ i:.八_ _乂.:/ {{  j{:.:.:.' : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ,
: : : : : : : : : j! {.:.从    7/ i|ゞ=イ }:.:.:{ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /
: : : : : : : : :八j.:.::{ r   ((` "   ノ.:.:.′: : : : : : : : : : : : : : : :> ´
`  ー-=ァ:.:.:.:.:.:.ハ  ーぇ===vハ 7.:./ . : : : : : : _   -‐  ´
.    /ハ:.:.:.:.:.{ヘ   ゞー-- イ .'/.:fー‐  "                構わん。
       从:.:.八∧   `  ̄´ ,:゙.::::|
   ,. : ´:抃::{.   \     .イハi从                    名案だ。理に適っている。
.  /. : : : ハ八    >-=≦.ノ_
/ ̄: : : : : ::} }\      ハ: :\                     それでやるといい。
: : : : : : : : : / . |   `ー-ミ .}  \: :\
: : : : : : : : : } | o .才⌒ヾオアメ }: : : \
: : : : : : : : :∧ ゝ< \:i:i:i:i:i:ハ {\: : : :.\





988 : ◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 18:54:20 ID:Y3vkLvmM0




 _/  ー-    ̄ o`Yp ___厶斗<三三三三三三三三三三三三三
_}≧==―――=≦三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
二ニ=-      _≧三三三三三三三三三三三三三三二ニ=--   ̄
=-       __三三三三三三三三三三二ニ=-‐:::::: ̄:::::::{
_    -―==ニ三三三三二ニ=-‐_r弌fiリナハ:::::::::::::::イ⌒:::::ハ
     _ ≧三三三二ニ=-‐.::: ̄::介:...二 イ::::::::::::::::{f{ リ::::::::乂
_____≧三二ニ=-===ミ: :∨::::::::::{ハ::{> -<::::::::::::::::::八j {:::::::::::::::`ヽ
 ̄: : r<::::::::::::ハ::::!    '.f∨::::::∧从    ヽ:::::::::::::{乂イ:::::::::::::::::从
: ::::::::`ヽ}:::::::::::{ }从     }}i!\::::::{{ )).     }:i::::::::::|!り:::::::::::::::::::{:! \
::::::::::::::::}i::::::::ii:乂(     .イ゙i|:  ヾ从      从:::::::::i':::::::::::::::::::::::八   ヽ      ・・・パイロットたちからは恨まれるだろうがな。
: ::::::::: 八:::::::j{{  >-=彡" i|:   }::ハ>==≦ i:::::::::,::::::::::::::::::::::::;  `ー-
::::::::::::::::: i::::::ハ f r'   ヽ :{   .イ(  ー-ミ   リ:::::/::::::::::::::::::::::/ \
:: ::: ::: :: :从:::::∧ ヾトー-ミ ゝ-イ      ヾ7 .′:':::::::::::::::::::::::イ.   ヽ__
: : : :: : : :::ハ:::::∧   汽坏辷ー-- -r iア´/" .イ.::::::::::::::::::::::::!从.    ∨`ー
:::::::::::::::::::::::::}::::::ハ   ゝハ±±±ハイ . イ /.:::::::::::::::::::::::::::八 .      ∨
:::::::::::::::::::::::::i::::::::::::ヘ  `ー=====-- イ  〃.::::::::::::::::::::::::::(           ∨



                   ヽ、   ィ    ,
             ,,,-'''~~'''-、 iヽ//, - ‐ 、/ |
            ,,,-'''      `'         / .|ヽ、
         ,,,-'                  /  .|\
.     .,,,-'''_                 {   | ヽ,
        ̄/                !   .!  ヽ
        /       イ          ` ー ' ヽ  ヽ
     / .,,-フ     / |  /|   / イ  \  .  }  N
   ∠ ‐'' /     // | ./ |   |{ | \ .| ヽ   |  |
.         /イ /  ,サ―{/―ゞ  | l|,,,=''ヽ } } .  }  |
.         ' |/{  /. .{━┿━ ヽ、| ━━┿ .リ|  .|_|\ |
        (({ ||  ___・_   ヽ ___・ | /。) ヽ
          ヽ! | {   ̄ ̄ ̄     ̄ ̄|||||  リ_ノ、|
.           V/ヽ         _.....,,    /
             //i -,,  ー===ニニ,,..,,,../   ノ {          ・・・や、やっぱりそうですかね・・・?
           /   - ,,, _  _ ,,, - ''   \
.            //V| /1   Tコ ヒニカ_。\|\|ヽ~
.               |/ W/何 ̄何 \
                  / ム  Y  ム. \。
                 ,「. l〒〒l | l〒〒l iクl
              /   l ,ワ,ノ | l ,ワ,ノ |ニ|
            /   lヽ     |     |  |





989 : ◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 18:54:42 ID:Y3vkLvmM0




                     ___
                   r'´        ̄三二ハ
                   }三ニ=  ー-=三三!
                   }三三ニ   ≧三三{
                   }rー-<__三二ニr<_{
                  ノ ̄  ー<r '"´__彡 ー====≡ニニ≡==ー-ミ
           __ . - '"´三ニ=ー<  ≧三三三二ニ=- '"´ ̄    __ 彡 ゙
  rー_‐=≡ニ三=- _        __ 二ニ=-=才:r=i--― ‐  "   ̄
  `ー-=ニ二三三≧ニ==- -=才f::::{{: : : }メ人: : :从:::::!
          ̄        从从` ´ i|ハ  厂:::乂                   当然だろう。しかし状況が状況だ。
                  /}::::ハ   ヽ_り  .′:::{ \
                 / ∧:::::厶 辷=.ア ' }ハ从  ∨                 どのみち意地を悪くして戦うほかない。
            .  : ´:'  :三fハ从ト ヽ  ̄ .厶イ/ }}=-_  '.: : .
        . : : ´    /  ニ二{   }} .ゝゝ-イ  {{  {:三_  ∨ `: : .            敵に対しても、味方に対しても。
    /⌒f         /  :ニ二{ ,八o /.⌒Yo .リ  }.≦    ∨    `ーrーく
   /ニ_  :{     _:/   =ニ二}   ∨}r--{ヘ/:.  {三__   ∨     }: ハ
    }ニ7  }=ニ二三./   .-=ニ三}   才 i {.∧    {ニ=_   _彡三二ニニ{  ∧
.  /ニリ ∧:{三三三≧=--ぇ :-≧{  /:/ { i| :∧   {≦  <:三三二ニ:リ ハ :∧
.. /:ニ/ /ニ-∨ニニ_> ´  _-ニ三} ..′}/  }  ∧   }二        {三-/ }弍  \
. /:ニ/ 'ニニ_八三三}     ≧三ニ} ,  :{  :}    \:{三ニ_    ∧=/ ハニハ   〉





991 : ◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 18:56:04 ID:Y3vkLvmM0




この時、第11集団が取ったのは基地防空体制の見直しだった。

航空部隊をより細かく再編し、部隊数を増やし、ローテーションを組ませることで
常に上空に友軍機が存在する状況を作り出したのである。


                      ヘ∞∧        <俺は哨戒飛行
                 ))__(´∀` )|ヽ__/ ̄|
                ≪l|_   ̄ ̄=◎= ⊂⊃ノ
                ((  ─__⊆二二⊃ノ

    iii |j
    l三三l
    | | |
    | | |
    | | |
  |二二|二|――;==:‐;==:
 iニニニニiニニlコ;;;;;;;ii  ii;;ii  ii
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                ヘ∞∧        <俺たちは順番待ちだゴルァ!
                            ))__(゚Д゚  )|ヽ__/ ̄|
                           ≪l|_   ̄ ̄=◎= ⊂⊃ノ         ヘ∞∧
                            ((  ─__⊆二二⊃ノ        ))__(゚Д゚  )|ヽ__/ ̄|
                                             ≪l|_   ̄ ̄=◎= ⊂⊃ノ
                                              ((  ─__⊆二二⊃ノ



これには二つの利点があった。一つは無論、基地防空の「空白」の時間帯を無くすこと。
そしてもう一つは緊急即応部隊として利用できる友軍機が常に上空にいることだった。





992 : ◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 18:56:15 ID:Y3vkLvmM0




テンポの速い航空戦は迎撃側にとって、常により有利な位置を敵が到達するまでに確保するという時間との戦いであり、
地上からの緊急発進ではどうしてもこの貴重な時間をロスしてしまう。



__
_/|  ____
._/:|_ __|____|
/o゚/。__(・_ _ )
:/[] |____| ○     会敵予想時刻まで30分!
/,;//(∀・  )ノ      敵機高度は1万5千フィート!
_:/と⊂  ○┛      迎撃班は速やかに離陸後上昇し
゚/l/( __ノ        高度2万フィートに占位せよ!
l/  し'━┯┛



そこで上空哨戒に当たっている部隊を、敵が来襲すればそのまま迎撃に向かわせるというものだった。
そうすれば可能な限り最短時間で迎撃地点へ到達できるはずである。





993 : ◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 18:56:25 ID:Y3vkLvmM0




大部隊の敵に対し大部隊の迎撃部隊をぶつけるというのは到底無理なはずだった。

滑走路から一度に離陸できる機数には限界があり、先に離陸した機は最後尾の機が離陸するまで上空待機せねばならない。
部隊規模を大きくすればするほど編隊を組むのに手間がかかり、何よりも貴重な時間を浪費してしまう。



   ∠=∞
    (#゚Д゚)      あのドイツ空軍の大軍相手に
    (|゙∀゙|つ     俺たち哨戒班だけで戦えってのか!?
    |---|       お上は何考えてやがんだよ!
    し `J



・・・だが、パークの戦術がどれだけ合理的であったとしても、
最前線のパイロットにとってドイツ軍機の大群相手に孤独な迎撃戦を挑まねばならないことは大変不評であった。





994 : ◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 18:56:37 ID:Y3vkLvmM0




       ∧
       ││  /|\
     ―亠亠./_. | _.ヽ
  /    /_. | | | | |._ \
 /    ./  | | | | | | || | _|
./   くV  | | | | | | | | || || |V7
    |ヘ  |_| |_| |_| | |_||_||_| /       ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
    | |―┬―:、 ‐┴,‐:┬i│     <                        >
    | |  `:―┘  └‐' |│     <  何だこの戦略は!?       >
    | | ̄ ̄ ̄ ̄ | ̄ ̄ |│     <  馬鹿々々しい!!        >
    | |.      |    |│     <  パークは航空戦のいろはを   >
    | └ヘ.     |    ハ.j      <  まったくもって理解していない!>
ゝ_/|/\|    |   |∧__    <                        >
    |   \    |   ∧ \  \    VVVVVVVVVVVVVVVVVVVV
    ∧   \ __| / | 〉  |

王立空軍戦闘司令部第12集団司令官
  トラフォード・リー・マロリー





995 : ◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 18:56:49 ID:Y3vkLvmM0




だがこのパークの合理的な戦法に、隣接する中部戦区防空を管轄する第12集団司令官
リー・マロリーは猛烈に批判を加えた。



                 ∧
               /|\⌒`ヽ
              v||.| |||\〃ヽ
              |!‐,‐、,┐| ..::::|__   __
              l|`T ̄~| | :::::|  ̄‐'´(⌒ヽ、
              'λ|__/√ヽ/ {  ゛   ',       いいか!戦いとはすなわち数!
                 ,ノ八ヽ、, -'′  ヽ       ',
             /⌒`''´``〉     \    ∧      戦争は数なのだ!
               /´ /     ヽ        i ヽ イ .}     それは空とて同じ!
           |  '       ヘ.    o !     !
   /`ヽ、      ', へ         ヽ、._ ,,...-ヘ    ',     戦力は小出しにせず常に集中すべし!
   ヽ.  々       i   \o   ,.-‐' 〉´`  ∧  ,  i     逐次投入が愚策であるのは戦の常だ!
    ヽ、人      {    ',`¨´ -‐‐‐'ヽ '⌒v'′ヽ ,ノ  i
     \ `ヽ、..._」    ,ハ、_      .i    ゙v'′ ,ノλ
       \    `ヽ、 、,{ / ` `¨´`〉'⌒''´/  / /´



彼は王立空軍大尉ダグラス・ベイダーによって提唱されていた「ビッグ・ウィング」戦略の熱心な擁護者であり、
パークの少数輪番戦略とはまったく相いれなかったのである。





996 : ◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 18:57:02 ID:Y3vkLvmM0




しかし、「ビッグ・ウィング」戦略は大兵力の集中に時間がかかるため迎撃のタイミングを逃すことが多かった。

また一度に兵力を集中して運用すると各部隊が地上に降りる時間帯が被るため
その間、防空体制に空白の期間が生じてしまうなど、その有効性には多くの疑問符が付いていたのである。



                        |_|
                        / \
                      イ ::: | ::: \
                     ト,「l「l「l::|:「l「l「lヽイ
                    | l_!l_!l_!:|:l_!l_!l_! |              ならば敵の出方を慎重に見極め、
                    | | 辷ソ | 辷ソ | |
                    | |_---イト---イ |              ここぞというタイミングに全てを賭ければいい!
                    | |,イ  |   f´ |         _
.            ___ _   / ヘゝ  |   レヘ _>      | |      一度当たれば成果は大きいのだ!
            //::::::::::\  ̄f´\_|__/ }ト、____   ,| |
         //:::::::::::::::::: Y:i'´ {:   / :/  /: /... / ̄/| |             下手な鉄砲数うちゃ当たるよりも、
           | |::::::::::::____| |  八  / :/  /: /..../ ̄/...| | ̄ `ヽ
           | |::::::/...........マヘ   ∨ /  //、..... ̄ .... | |             一発必中・一撃必殺が大切なんだ!
.           ,| |:::/.........../...マニ二二二二,イ.....∨ ............ |_|        \
        / | |/ ....../| ̄ ̄ ̄\|/ ̄ ̄ ̄|......∨............∧        ',
       ,'   ヽi......./.....| ̄ ̄ ̄\|/ ̄ ̄ ̄|.........∨............∧       人



・・・だが、マロリーはこの戦略に固執し、パークやダウディングらと対立していくのだった。





997 : ◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 18:57:18 ID:Y3vkLvmM0




一方、攻めるドイツ空軍でも戦術の見直しが行われていた。
彼らもまた、この日の戦いで70機ちかい大損害を被っていたのである。



                   ______   ______
                   ,ィ´: : : : : : ::`i´.: : : : : : : :`ヽ、
                /: : : : : : : : : ::ーi: : : : : : : : ::、:: :`ヽ、
             /: : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ、: : :ヘ、
                /: : : : : :/ : : : : : :i::: : : : : : ;.: : : : : :ヘ: : : ハ
            j. . : : : ::|. . : : : : λ:::.: : : : :|、::: : : : : ::|: . . .|
              |. :/. . . .|. . . .|. . .| |. . . . . . .| V . . . . . |.. . . |
                |: :|: :/;ィ'|: : : :ハ;: :|. |::::i: : : : :| ∨:::.:.|: |、:: : :|
            |: :|:;/:;j |::‐-:|-|:、| |:::|i: : : :.:| _|;-‐:|::|:ヘ: : :|      戦果は申し分ないんだけど・・・
              |: :|::i:::::| L: ::」 |:;」ヽ|:」l:」: :.:」'´ L::::」リi:::ヘ:. :|
           j: :|:::i:j::| _,ィチテォ、     ̄,ィチテォ、_  i:ヽ:::i: :|      ちょっと損害が大きすぎるね。
           |: :/`ヽj y' ん:;ハ       ん:;ハ `y j;/´ヽ::.:|
           |:〈 ヘ,λ.` 込zリ       込zリ  ' / ,ィ 〉.:|      70機の損害に、さらにその半分が
           |:,/ヽ_o, ヽ、        '       / _o/ヘ::|
           |;j:::i::::::ヽ、 \    ,--‐v、  u / /::::::::::::V      爆撃機となると戦法を見直した方が
            |::|:::::::i::::ヽ.ノ´ヽ、       /ヽ,/:::i:::::::::|::|
             |:::|:::::::i:::::::::\  `~ ̄ ̄ ̄~´ /:::::::|::: : :|::|      よさそうだ。
            |:::|: : : |::::::::::::::`┬───--‐i'::::::::::::: : : :i::|
               |:::i: : : ::::::::::::::::::|ハ \ / ./ j:::::::/::::: : : |::|
           /ヽ|: : : :λ::::::::::ノ ヘ ☆ / /::::::/:::::::: : :|::|`ヽ、
          / /´ |: : : :::::|:::::::/ヽ、 ヘ   / {::::::::{::::::: : : :|リ\ ハ
           j`ヽ、 .|: : : :::::|:::::{   \ ヘ/ /ヽ、:::|:::: : : : :|'  / |

      ドイツ空軍第二航空艦隊司令官 アルベルト・ケッセルリンク



         l               l
.           ノ                   !、
  .      /   _, -ー<¬=-ー-、   \_,
       く    f{{ ≦・≧}f={≦・≧ム∧__ノ
        ゙ヽf云ハ|ニー‐‐イ「≡、ー一彡ム |f}
        {{Y|三三 u '^- - ヽ, u   .レ           おいこらケッセルリンク!!
       厶ヘ!三三  !|‐'┴'┴|l    u ト、
          ム∧ニニu   ||||||||||||  u   厶ヘ          なんだよこの大損害は!?
            rf戈ニ u |エエエエエエ|   ∧八_
        ./ /厂|ト、_ ー--一 __,. 彳 ヾ、¨\         なんで俺の爆撃機がこんなに
      /  〃  |    ̄ ̄ ̄    |   》   \
    ./    《   |      .ソ叭     |  ぐ   ∧      墜ちてんだよ!?
   /l       `> |     .〈/ハ〉   │  ノ  Ⅳハ」
  .∧ハ  {@} \|     ル' |l    | /   |ハ入
  .厶Yヘ[{momo}]│    .,! |    レ′[{nina}] 小、





998 : ◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 18:57:32 ID:Y3vkLvmM0




                         -‐─―- 、
                     / : : : : : : : : : : :\
                         /:/: : : /:{ : : : ヽ: : : : ヽ
                     /: :| !: : { ∧: : : : } } : : l: :',
          __          ,': : :j_レ-<ノ`ー<⊥_j_| :ハ
          〃 }\_      l: : イl==≠   ≠== ! : : l        囮の戦闘機で迎撃部隊を
         {{,ノ::::..し{^Y\  |/:_:.:} _,⊥=  {  =⊥,_ ∧: :│
          `丶、::::::.‘ーゝ(ヽ /:{ ヘ ::::.      .::: /ヽヘ:│       引き付けておいて、手薄になった隙を
             (>r‐<_ /\{ : ゝ.__>、_ (二つ  〃 }.:ヽ}
         | ̄ ●〉  \:::.八: : : \_  ̄ ̄ ̄ ̄ ノ-く: : /        爆撃隊に突撃させたりしてたからなぁ・・・
        _レ-―┴- 、  |>'ーヘ: : : :ヾー-‐ァー'´: : : :∨
        /       \|    \: : :.\ヽ〔こ\: : : : \        読みが外れて補足されると、
      /          〉    ヘ\: : : ヽ\〉 \: : : : \
      ∨         {       '、ヽ: : : :Y \.<\: : : : ヽ     特にスツーカなんかは目も当てられない
      /          }    \  l  |: : : |___ \>\: : : :}
.     /                \|  レヘ:│ `ヽ、\  Y: :ノ     ことになったね。
.      〈                      〉 厂∨ ̄ ̄| `‐ヽ. ∨



             /                 ヽ
               /                   ヽ
                /                       ヽ
            /                          \        なにアッサリ言ってんだオメー!
            ノ     ___-‐ー‐--、___       \
           /    ム{-=ニ・ニ=-}f={ =ニ三・三ニ= }`NN、    \     スツーカ爆撃隊はウチの象徴なんだよ!
        く      N ーー‐‐‐イ.三ヽ二二二二 '   ヽ/}/i /
           ヽ、 .{(│NV     く'^-三- ヽ__   し  彡)}/       敵にとっては恐怖のシンボルなの!
             ヽ{(│三 し  ∥ヽ- - ´.    \   u  |)ト
               ヽi 三三  i !|‐'┴'‐'┴'┴|          トミ       そのスツーカがバタバタ落とされちゃ
            戈三三.   │|||||||||||||||||│    し  ムミ
             ヽ三三. u │|||||||||||||||||||.|      ∧ミ       最強ドイツ空軍のブランドイメージが
              | \三 し|エエエエエエエエエ|      ,イヽ/}/
                |  |ヽ三  ≡≡≡≡≡    ノ \_        台無しになんだろーが!!
                  |  .| ト三 ー-------一  彳     \、__





999 : ◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 18:57:46 ID:Y3vkLvmM0




             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` ヽ 、
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,、._:::::::::::::::::/
             /::::::::::::::::::::::__,ノ`ヽ'ソ```ヽ'´⌒、、 .}.::/::::::::::::::ゝ       これからは爆撃機には必ず護衛の戦闘機をつけろ!
              /:::::::::::::::__,、/、、 三三 {{ _-‐―ッ .}} }/Ⅴ::.ヽ:::::`ヽ
           /:::::::::::::,‐'r―-、}}r===tヾ `'=='" .∥   }/,::::ヽ::::>     単独飛行なんてぜってーさせんなよ!
          /:::::::::::::イ{{`'==''"∥三三三. ゙===ィ三    }/ .) 二=-
         \:::::::::::V.|ミヾ==ィ ム_三_ゝ  ヘ   三     ム::::>      戦闘機部隊の最優先任務は爆撃部隊を
           \:::::::{ |ミ  三   三三_/\___    ム∨
          }/N.`∧ .三   __/十ナ├──┘  ./  二=-      無傷で帰還させることだ!必ず張り付いてろ!
                { / ∧ 三    ヽナナ ____|       /\  、ゝ
             l| 'ソ\.三     ̄ ̄           /:::::::.\/ヽゝ、     必ずだからな!!
                  彡小、三   ー=-‐'       イ:::::::::::::/  |  ``ヽ、___
                  { / \                ノ:::::::::::::/  │       ``ヽ、
               _,─' ̄ `,ーーー ----‐‐‐ ' ´:::::::::::::::/   │
          __,─' ̄´     /:::::::::,ノ ̄ヽ、::::::::::::::::::::::::::/     |



             /: : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ、: : :ヘ、
                /: : : : : :/ : : : : : :i::: : : : : : ;.: : : : : :ヘ: : : ハ
            j. . : : : ::|. . : : : : λ:::.: : : : :|、::: : : : : ::|: . . .|
              |. :/. . . .|. . . .|. . .| |. . . . . . .| V . . . . . |.. . . |
                |: :|: :/;ィ'|: : : :ハ;: :|. |::::i: : : : :| ∨:::.:.|: |、:: : :|
            |: :|:;/:;j |::‐-:|-|:、| |:::|i: : : :.:| _|;-‐:|::|:ヘ: : :|
              |: :|::i:::::| L: ::」 |:;」ヽ|:」l:」: :.:」'´ L::::」リi:::ヘ:. :|        ちょ、ちょっと待ちなよ!
           j: :|:::i:j::| _,ィチテォ、     ̄,ィチテォ、_  i:ヽ:::i: :|
           |: :/`ヽj y' ん:;ハ       ん:;ハ `y j;/´ヽ::.:|        戦闘機部隊の目標は迎撃に上がった敵機を
           |:〈 ヘ,λ.` 込zリ       込zリ  ' / ,ィ 〉.:|        殲滅して英空軍を壊滅に追いやることだろ?
           |:,/ヽ_o, ヽ、        '       / _o/ヘ::|
           |;j:::i::::::ヽ、 \     ___   u/ /::::::::::::V        爆撃機の護衛に張り付いてちゃ本末転倒じゃないか!
            |::|:::::::i::::ヽ.ノ´ヽ、 l´___,〉 /ヽ,/:::i:::::::::|::|
             |:::|:::::::i:::::::::\  `~ ̄ ̄ ̄~´ /:::::::|::: : :|::|
            |:::|: : : |::::::::::::::`┬───--‐i'::::::::::::: : : :i::|
               |:::i: : : ::::::::::::::::::|ハ \ / ./ j:::::::/::::: : : |::|
           /ヽ|: : : :λ::::::::::ノ ヘ ☆ / /::::::/:::::::: : :|::|`ヽ、
          / /´ |: : : :::::|:::::::/ヽ、 ヘ   / {::::::::{::::::: : : :|リ\ ハ
           j`ヽ、 .|: : : :::::|:::::{   \ ヘ/ /ヽ、:::|:::: : : : :|'  / |





1000 : ◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 18:58:00 ID:Y3vkLvmM0




           ./三三三三三三三三ヽ
         /三三三三三三三三三ヽ、
.           ノ三三三三三三三三三三:\
  .      /三三_, -ー<¬=-ー-、三三三\
      く三三三{{ ‐==‐}三三{‐==‐ム∧:三/
        ゙ヽf云ハ|ニー‐‐イ ..、ー一彡  |f}       うるせー!知るかばーか!
        {{Y|     三三三       レ
       厶ヘ!.    .{ェエエエエェ}     ト、       ドイツ空軍は爆撃の空軍なんだよ!
       ム∧.    i:::::::::::::::::::i     厶ヘ       地上を焼き尽くすから
          ム∧    {ェエエエエェ}   .厶ヘ        敵の迎撃機なんかほっといてもいいの!
            rf戈    三三    ∧八
           /ト、_ ー--一 __,. 彳ハ          最高司令官は俺だぞ!命令だ命令!!
            /三三三 ̄ ̄ ̄三三三ハ         めーーいーーれーーいーー!!
          ./三三三三三三三三三三ハ
        /三三三三三三三三三三三ハ
         /三三三三三三三三三三三三ハ



                         -‐─―- 、
                     / : : : : : : : : : : :\
                         /:/: : : /:{ : : : ヽ: : : : ヽ
                     /: :| !: : { ∧: : : : } } : : l: :',
          __          ,': : :j_レ-<ノ`ー<⊥_j_| :ハ
          〃 }\_      l: : イl==≠   ≠== ! : : l
         {{,ノ::::..し{^Y\  |/:_:.:} _,⊥=  {  =⊥,_ ∧: :│
          `丶、::::::.‘ーゝ(ヽ /:{ ヘ ::::.      .::: /ヽヘ:│     (くそ・・・厄介なことになった・・・)
             (>r‐<_ /\{ : ゝ.__>、_ (二つ  〃 }.:ヽ}
         | ̄ ●〉  \:::.八: : : \_  ̄ ̄ ̄ ̄ ノ-く: : /
        _レ-―┴- 、  |>'ーヘ: : : :ヾー-‐ァー'´: : : :∨
        /       \|    \: : :.\ヽ〔こ\: : : : \
      /          〉    ヘ\: : : ヽ\〉 \: : : : \
      ∨         {       '、ヽ: : : :Y \.<\: : : : ヽ
      /          }    \  l  |: : : |___ \>\: : : :}
.     /                \|  レヘ:│ `ヽ、\  Y: :ノ
.      〈                      〉 厂∨ ̄ ̄| `‐ヽ. ∨




3 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 18:58:52 ID:Y3vkLvmM0




爆撃機部隊の損害の大きさに驚いたゲーリングは、爆撃機の単独行動を原則禁ずるよう命令し、
必ず戦闘機の護衛がついた状況下での作戦行動を要求した。

結果、爆撃部隊の行動裁量は大きく制限されることとなり、その数的優位を十分に生かせなくなる。



       _      _       _
      γ=∞ヽ   γ=∞ヽ   γ=∞ヽ
     /つ,, ゚Д゚彡 /つ,, ゚Д゚彡 ./つ,, ゚Д゚彡    司令官殿!
     ヽ ~|`:´ヽ ヽ ~|`:´ヽ ヽ ~|`:´ヽ     離陸準備は完了しております!
      ゝil,ア'(0)  ゝil,ア'(0)  ゝil,ア'(0)     何故我が小隊には出撃命令を
      く __,ハ,ゝ . く __,ハ,ゝ   く __,ハ,ゝ    出していただけないのでありますか!?
      (,,__l,,__)   (,,__l,,__)    (,,__l,,__)

                                     ____
                                   _|____|
                                    ミ    ミ   護衛の戦闘機が足りんのだ。
                                    /~~~|~~ヽ    理解しろ。
                                    (|.  |  |)   爆撃部隊は護衛なしの出撃を
                                    ノ_,ハ_,ゝ   禁じられておる!
                                     (__)___)



また戦闘機部隊にとっても有り難くない話であった。
「爆撃部隊を餌に英軍戦闘機を誘き出し、殲滅する」という本来の任務から遠ざけられ
爆撃機の護衛に縛り付けられたからである。



                          ,、
             ,、    _    /f:|
            \、_f'´i::::`\  /::l::|
    _______f'::_:::::::::::::,、====;::|==--、  <離れんなよ・・・離れんな。
    `ー--::、、:_:::_::_:::::::`ヽ:[i〉〈i]:::::::ノ'''''""" ̄
             ヾ._.ノ ̄-'─゙'''._.ノ

                                           ,、
                              ,、    _    /f:|
                             \、_f'´i::::`\  /::l::|
                     _______f'::_:::::::::::::,、====;::|==--、    <はぇ~すっごい鈍足・・・
                     `ー--::、、:_:::_::_:::::::`ヽ:[i〉〈i]:::::::ノ'''''""" ̄
                               ̄`ー ̄-'─゙'''"´



重い爆弾を抱え、高度も取れない鈍足な爆撃機に足並みを合わせなければならないというのは、
優秀なドイツ戦闘機部隊の持つ利点を自ら潰すに等しかった。





4 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 18:59:02 ID:Y3vkLvmM0




             /: : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ、: : :ヘ、
                /: : : : : :/ : : : : : :i::: : : : : : ;.: : : : : :ヘ: : : ハ
            j. . : : : ::|. . : : : : λ:::.: : : : :|、::: : : : : ::|: . . .|
              |. :/. . . .|. . . .|. . .| |. . . . . . .| V . . . . . |.. . . |
                |: :|: :/;ィ'|: : : :ハ;: :|. |::::i: : : : :| ∨:::.:.|: |、:: : :|
            |: :|:;/:;j |::‐-:|-|:、| |:::|i: : : :.:| _|;-‐:|::|:ヘ: : :|
              |: :|::i:::::| L: ::」 |:;」ヽ|:」l:」: :.:」'´ L::::」リi:::ヘ:. :|
           j: :|:::i:j::| _,ィチテォ、     ̄,ィチテォ、_  i:ヽ:::i: :|      (ゲーリングのおやっさんは
           |: :/`ヽj y' ん:;ハ       ん:;ハ `y j;/´ヽ::.:|
           |:〈 ヘ,λ.` 込zリ       込zリ  ' / ,ィ 〉.:|      いつも余計なコトしかしないから困るよ・・・)
           |:,/ヽ_o, ヽ、        '       / _o/ヘ::|
           |;j:::i::::::ヽ、 \    ,--‐v、  u / /::::::::::::V      ま、愚痴ってもしょうがないさ。
            |::|:::::::i::::ヽ.ノ´ヽ、       /ヽ,/:::i:::::::::|::|
             |:::|:::::::i:::::::::\  `~ ̄ ̄ ̄~´ /:::::::|::: : :|::|      爆撃機の脆弱性がはっきりしたのも事実だし・・・
            |:::|: : : |::::::::::::::`┬───--‐i'::::::::::::: : : :i::|
               |:::i: : : ::::::::::::::::::|ハ \ / ./ j:::::::/::::: : : |::|
           /ヽ|: : : :λ::::::::::ノ ヘ ☆ / /::::::/:::::::: : :|::|`ヽ、
          / /´ |: : : :::::|:::::::/ヽ、 ヘ   / {::::::::{::::::: : : :|リ\ ハ
           j`ヽ、 .|: : : :::::|:::::{   \ ヘ/ /ヽ、:::|:::: : : : :|'  / |





5 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 18:59:12 ID:Y3vkLvmM0




                                           /l
                                    /;;;;リ
                      _ .. . ,         /;;;;;/
                _ -‐: :¨: : : : : : : : : \      /;;;;;/
               : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .  /;;;;;/
                 /: : : : : : : : : : : : : ::ヽ: : ::ヽ: :‘/;;;;;/
             ,: : ,: :: :: ::l: : : :l: : :: :: ::‘,: : : :‘,: ‘,/
             : : i: : : : ::l: : : :‘,: : :: :: ::‘,: : : :‘,: :ヽ
             ': : :l: : : :l .l、: : : :‘,\: : :: ::lヽ: : : :,ヽ`二'ヽニ==ミx、
.              l: :: :l: : : :l‘l \:: : ‘, '_ . : ´l l‘,: : l: :\ .l .l     `ヾ、
                l l: ::l、: :`l:‘,.. _ \ ‘,´仍少ヾ l_!: :l: : : :_ l .l         }}
               vl、: :l _ヽl´伝リ`   心リ 〃. ヽl: :/‘,‘, ‘ヽ      〃
             ‘,ヽ :l ` ゞノ 丶     〃 ,_’'l: :〉     l、     ′        ・・・それにさ、こっちにも
                  ‘ ,ヽ-、ヾ、   __..rョ 〃/ : : l ‘,      |::\
                    \: :‘, -l ̄ ̄ ̄ ̄l´: :: :: : l: :_ヽ- ¨ ' ‐、:: :\          策がない、ってわけじゃないしね!
              /;;;ヽ ∧´`iー‐‐ァ'"´l: : : : : : l¨|      l: : :: ::\
             /;;;;;/‐: :∧ l  /  .l: : : :: : :l .l_ ,,.. -‐ … : : ヽ: : 丶
        r-、 /;;;;;/, l .|: : :l | ./__,V: :: : :,’〈      ∧: :‘,: : : :ヽ
       r ‘, ‘l _;;;/ l   / : : | .l / .\   V: :: :l  |       〉: : '\: : ‘,
      ,ゝヽ」¨(__ ¨j /  , .|: : :| l   / ̄¨¨l: :: :|  l         |: : ::‘, ヽ : : ,
      ゝ_l¨;/  /`―、 l .|: : :|、 ‘/|    |‘,: :| .j         l、: :: ::l ‘,: ::l
     /;;;;;/‐- ‐´ /   ' .|:: ::| \l .|     | l: l‘, `      /: : : :l  .l: :l
    /;;;;;/ 〉‐-  '     ‘, ,: :l.○l  `‐--‐´  l l: :\       ./: : :: ::l  /:/
. /;;;;;/     `ヽ      〈 ‘, l  .l          l/ .ヽ: ヽ   /: l: :: :://´
 ∨/       ` ─ 、 _ 〉 ヽj l       /   .: :: :¨, : : /l: : /
.  ¨           /: :/     '               >./: : / l: /





6 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 18:59:33 ID:Y3vkLvmM0




  r─────────────────────────────
  │
  │    ・・・今やこの英国に、巨大な危機が降りかかっている。
  │    敵は我々よりも強大な空軍を擁し、
  │    帝国に数多の爆弾を降り注いでいる。
  │
  └─────────────────────────────
                                       i
                                       |
                                       ∧
                                      ノ..λ
                                      /…λ
                                         ====、、
                                      |.|IIII|.|l
                                      /∴∴ヾ、
                                         l,i,i,i,i,i,i,i,i,i,iili;,
                                    _|I I I I I I_|;}、
                                            | |γ⌒ヽ| |ll|
                                            | |,.!、,__,ノ.| |ll|
                                            i''i;;:::;;:::;;:::;i'il|'
                                    =========、
                                        | |'i'i'i'i'i'i'i'| |ll|
           i     i       i      i           | |;|,|,|,|,|,|,| |ll|
          ムi   ムi      ムi    ムi        iⅲⅲⅲⅲill|
          I.Iム,__,I.Iム     I.Iム,__.I.I ム          | |'i'i'i'i'i'i'i'| |ll|
          |l,|I/ i^i |l,|I|     |l,|I/ i^i |l,|I;|         | |;|,|,|,|,|,|,| |ll|
          |_,!__i山i.!_|l.| _ _ _|_,!__i山i.!_|l;|    ム    iⅲⅲⅲⅲill|
i   .i    i   | i"゙∩゙" i |/;;||;;||;;;| i"゙∩゙"i |ll|.l l.i;;_l_l_!______| |'i'i'i'i'i'i'i'| |ll|
|ー―||ー―||ー―|| i__:;l」;:_,!.|凸凸凸| i__;l」;:_,! |;;,|)))))|;||;;;;;;;;;;;;| |;|,|,|,|,|,|,| |ll|
|=ヘ=||=ヘ=||=ヘ=|Iⅲ:冊:_ⅲ|ⅲⅲⅲIⅲ:冊:_ⅲ|-]]]]]];||=∧=.ロⅢⅢⅢロ|i
| ∩ || ∩ || ∩ ||  iⅢi : | iii iii iii..|  iⅢi : | .|:|:|:|:|;||'~|;;| | | | | | :| |ll|
|,.l」,,;||,.l」,,;||,.l」,,;||_|Ⅲ|__:_| lll lll lll..|_|Ⅲ|__:_| .|:|:|:|:|;||l_.l」;__|_| | | |_;| |ll|
I.[iii].,II.[iii],II[iii]_Iⅲ._冊_.ⅲ|ⅲⅲⅲ.Iⅲ:冊:_ⅲIIIllliiiiiii||iニニ[.二二二二]:|;./
| Ⅱ || ∩ || Ⅱ ||  iⅢi : | iii iii iii..|  iⅢi : | |:|:l:l:i_.!_iii_ .| | | | | :| |//
|_Ⅱ_||_Ⅱ_||_Ⅱ_||_|Ⅲ|__:_| lll lll lll..|_|Ⅲ|__:_|_|,|,l,l,i_,l|   l ̄i__| | | //i|
|_門_l|_門_l|_門_l|__!_而___!_|ΠΠΠ|__!_而___!_|__,;:--ー--------- //i|/
 ̄ ̄ ̄i,i ̄ ̄ ̄ ̄;;; ̄ ̄ ̄:; ̄ ̄ ̄:; ̄ ̄:´|;;'i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//i|/
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_;;;l::::!   ;."::: .''.//i|/
 ..     ;' :., ':゙    :" .. "..:' ''.     .;, .'  :;.. ..,//i|/

  r─────────────────────────────
  │
  │    この巨大な脅威からブリテンを守ろうとしているのは、
  │    わずか2000にも満たない王立空軍の戦闘機パイロットたちである。
  │
  └─────────────────────────────





7 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 18:59:44 ID:Y3vkLvmM0




  r─────────────────────────────
  │
  │    彼らは欧州を簒奪したナチとの戦いの最前線にいる。
  │    ナチに抗うすべての人々が、王立空軍の戦いに声援を送るだろう
  │
  └─────────────────────────────


                                      | 、 _,. - ''" ノ
                                     _,」厶´   /
                                 _,. - ''" ', ヽr ' ´
                                て  _,..-‐ヤ. ',
            ,.-=┬=-  、               ̄    l   ',
            ー- 、∧ , -‐ '                     |   ',
              | | |                       |r‐-、 ',
               |||                      |f⌒ ヘz',        , ィ
              _|.o.|_                         |f'⌒ 」 ',    , ィ ´
     _ .. .-‐ ''"l^´|||`^l"'' ‐- ... _               ヤ-‐'´ >、_, ィ ´
    r'´       ム |Α| ム        `ヽ                 |    i ヽリ ∨
     ー――---- {ニ}-|圭|-{ニ}----――一'               ノl    l  l  ∨     ,.
.            -+- ト='| -+-                    , ィ ´| |     | |   ´  ,.'´
                  トlリ                ,. ィ ´    | |    l. |ュ   ,.'´
                 `´            , ィ ´       」 rヤ    |fリ- '´
                        , ィ ´           _ィヨV:⌒ヽリ
                     , ィ ´ /        _ ,.-‐ '´  ヽ: : :.ノ
                    ,ィ´  >く    _。.-‐ '´           `¨´
                  〈  /,.。 -‐ '゚´
                    ` ^ '´
  r─────────────────────────────
  │
  │    英国はここで持ちこたえなければならぬ。
  │    王立空軍兵士の不屈の精神と死を顧みぬその勇気こそが、
  │    この困難な戦争から人類の自由を救い得るのだ。
  │
  └─────────────────────────────





8 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 18:59:55 ID:Y3vkLvmM0




          /  / | | | | .// / ,.|
            /  ∧ | | | |// / /.,|
            /ヾl l l l l|//////|  |
        l   /            |   |
        | /             |  j|.   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────
        |.イ            | .' |    ┃
        小{                l / |
       l|_|__`ヾ、            ノ′ .|
       込__テミ \   〃-一====l=ー      ―――人類の歴史において未だかつて、
       |ー--一ヽ    /´ォ弌__テミ辷
       |      lr==ミイ  ` ー--イ |        かくも多くの人々が、かくも大きな希望を、
       |    ノ.::   |        |
      lt一 ´ .:::   弋       イ j       かくも少なき人々に託したことはないのだ。
      l|    ..:::ノ    ヽ、 ______彡'
      l|    ヾ r          |
      l|、  ー-、 ___       /|                                        ┃
      .小ヽ  ` こ__V7ハア´  // |      ─────━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
      l| ',∧     V/ハ  / /  .|
      l| ',:.:ヽ     V/ハ  /   |
      l|  \:.:` ー--イV/ハ/     |
      l|   \:.:.:.:.:.:. >V/ハ      |
      l|       > /  ⌒      |

   イギリス首相 ウィンストン・チャーチル





9 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:00:07 ID:Y3vkLvmM0




【補足】

          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_       1940年8月20日、
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ      チャーチルは空軍兵士と彼らを見守る
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/      英国民を奮い立たせるために演説します。
         | |{i t    _     / |
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |      これは後に「THE FEW」と呼ばれ、
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ     バトルオブブリテンを象徴するチャーチル屈指の
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |      名演説と評価されることとなります。



     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \    しかしこのとき、「少なき人々」と呼ばれた
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !     英国王立空軍第11集団に、
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l      ケッセルリンク率いるドイツ第二航空艦隊の
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|
       l \     _    ,/ |      熾烈な総攻撃が迫っていました・・・
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!


【補足終わり】





10 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:00:20 ID:Y3vkLvmM0




                                           /l
                                    /;;;;リ
                      _ .. . ,         /;;;;;/
                _ -‐: :¨: : : : : : : : : \      /;;;;;/
               : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .  /;;;;;/
                 /: : : : : : : : : : : : : ::ヽ: : ::ヽ: :‘/;;;;;/
             ,: : ,: :: :: ::l: : : :l: : :: :: ::‘,: : : :‘,: ‘,/
             : : i: : : : ::l: : : :‘,: : :: :: ::‘,: : : :‘,: :ヽ
             ': : :l: : : :l .l、: : : :‘,\: : :: ::lヽ: : : :,ヽ`二'ヽニ==ミx、        敵に余裕がないのは分かってんだ!
.              l: :: :l: : : :l‘l \:: : ‘, '_ . : ´l l‘,: : l: :\ .l .l     `ヾ、
                l l: ::l、: :`l:‘,.. _ \ ‘,´仍少ヾ l_!: :l: : : :_ l .l         }}       今やることは、耐えきれないほどの圧力を
               vl、: :l _ヽl´伝リ`   心リ 〃. ヽl: :/‘,‘, ‘ヽ      〃
             ‘,ヽ :l ` ゞノ 丶     〃 ,_’'l: :〉     l、     ′       敵の防空システムにふっかけてやること・・・
                  ‘ ,ヽ-、ヾ、   __..rョ 〃/ : : l ‘,      |::\
                    \: :‘, -l ̄ ̄ ̄ ̄l´: :: :: : l: :_ヽ- ¨ ' ‐、:: :\         多正面同時攻撃さ!
              /;;;ヽ ∧´`iー‐‐ァ'"´l: : : : : : l¨|      l: : :: ::\
             /;;;;;/‐: :∧ l  /  .l: : : :: : :l .l_ ,,.. -‐ … : : ヽ: : 丶      行くよ第二航空艦隊!根性見せやがれ!!
        r-、 /;;;;;/, l .|: : :l | ./__,V: :: : :,’〈      ∧: :‘,: : : :ヽ
       r ‘, ‘l _;;;/ l   / : : | .l / .\   V: :: :l  |       〉: : '\: : ‘,
      ,ゝヽ」¨(__ ¨j /  , .|: : :| l   / ̄¨¨l: :: :|  l         |: : ::‘, ヽ : : ,
      ゝ_l¨;/  /`―、 l .|: : :|、 ‘/|    |‘,: :| .j         l、: :: ::l ‘,: ::l
     /;;;;;/‐- ‐´ /   ' .|:: ::| \l .|     | l: l‘, `      /: : : :l  .l: :l
    /;;;;;/ 〉‐-  '     ‘, ,: :l.○l  `‐--‐´  l l: :\       ./: : :: ::l  /:/
. /;;;;;/     `ヽ      〈 ‘, l  .l          l/ .ヽ: ヽ   /: l: :: :://´
 ∨/       ` ─ 、 _ 〉 ヽj l       /   .: :: :¨, : : /l: : /
.  ¨           /: :/     '               >./: : / l: /





11 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:00:34 ID:Y3vkLvmM0




1940年9月24日、ついにケッセルリンクによる王立空軍第11集団への猛攻撃が始まった。



                       ──┐ヽヽ
                           |
                       ──┘ オ オ オ オ オ オ ・ ・ ・
                                             _,._
                            _o;j_             _,。t_  _,._            _,。t_   _,._
                             ̄`´ ̄  ,rェ、j:L_      ̄       _o;j_      ̄ 
                           ‐===(_,) r====一          ̄`´ ̄     _,._
                                 `´     _,._    ,rェ、j:L_.      _,。t_
                                          ‐===(_,) r====一      ̄      _,._
                                         `´         _o;j_
                                                     ̄`´ ̄



この日だけでもドイツ軍は6波にわたる大規模な空襲をしかけ、第11集団を引っ掻き回している。
そしてこの熾烈な総攻撃は、これから2週間に渡って続くこととなるのである・・・





12 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:00:46 ID:Y3vkLvmM0




__
_/|  ____
._/:|_ __|____|
/o゚/。__(・_;_  )
:/[] |____| ○     司令官閣下!
/,;//(∀・ ; )ノ      イーストチャーチの飛行場が攻撃を受けています!
_:/と⊂  ○┛      被害甚大!作戦行動不能とのこと!
゚/l/( __ノ        
l/  し'━┯┛



        / /  ,      l  / /    l ハ  l !    \
          |/| / |  i | /| /|/| |、  l | | | l l l |  | l !
          | | |   | | iクlィ=、!ll.  !//z=+ ! .l |  | l/
          l |l ll  | |/、 l|!  ,ゝll |イ  l|! `ゝ/  ハ|     え!?で、でも、
           l l l l l l  `  ̄´  , ヽ! ` ̄ ´l k、 / | !
          ` ヽllヽN      く 、       |l ! ノ  リ      集団司令部からは
                /ヽll  u   ___     |ヘ\
          /7 / l    !|‐'┴'┴|l    j l\\      まだ何も連絡来てないんだけど!?
              / /  l、    lニlニlニlコ  U /  ` \
            ///|  / >、           ,イ\ \





13 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:01:04 ID:Y3vkLvmM0




ドイツ空軍は戦法を変え、2万フィートから数千フィートの間で複数の高度から侵入するようになった。
これはまさに効果覿面となる。



             /: : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ、: : :ヘ、
                /: : : : : :/ : : : : : :i::: : : : : : ;.: : : : : :ヘ: : : ハ
            j. . : : : ::|. . : : : : λ:::.: : : : :|、::: : : : : ::|: . . .|
              |. :/. . . .|. . . .|. . .| |. . . . . . .| V . . . . . |.. . . |
                |: :|: :/;ィ'|: : : :ハ;: :|. |::::i: : : : :| ∨:::.:.|: |、:: : :|
            |: :|:;/:;j |::‐-:|-|:、| |:::|i: : : :.:| _|;-‐:|::|:ヘ: : :|
              |: :|::i:::::| L: ::」 |:;」ヽ|:」l:」: :.:」'´ L::::」リi:::ヘ:. :|       もともと敵は数がないんだ!
           j: :|:::i:j::| _,ィチテォ、     ̄,ィチテォ、_  i:ヽ:::i: :|
           |: :/`ヽj y' ん:;ハ       ん:;ハ `y j;/´ヽ::.:|       全ての高度をカバーすることはできない!
           |:〈 ヘ,λ.` 込zリ       込zリ  ' / ,ィ 〉.:|
           |:,/ヽ_o, ヽ、        '       / _o/ヘ::|       複数の地点で複数の高度を取ることで
           |;j:::i::::::ヽ、 \    r--‐vァ    / /::::::::::::V
            |::|:::::::i::::ヽ.ノ´ヽ、  `‐-‐'  /ヽ,/:::i:::::::::|::|       敵の手が回らないようにしてやるのさ!
             |:::|:::::::i:::::::::\  `~ ̄ ̄ ̄~´ /:::::::|::: : :|::|
            |:::|: : : |::::::::::::::`┬───--‐i'::::::::::::: : : :i::|
               |:::i: : : ::::::::::::::::::|ハ \ / ./ j:::::::/::::: : : |::|
           /ヽ|: : : :λ::::::::::ノ ヘ ☆ / /::::::/:::::::: : :|::|`ヽ、
          / /´ |: : : :::::|:::::::/ヽ、 ヘ   / {::::::::{::::::: : : :|リ\ ハ
           j`ヽ、 .|: : : :::::|:::::{   \ ヘ/ /ヽ、:::|:::: : : : :|'  / |



特に高度1500フィートからの超低空を飛行するドイツ軍機は、英軍の対空レーダーでは補足できず
しばしば甚大な被害を英空軍地上基地にもたらすこととなったのだ。





14 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:01:25 ID:Y3vkLvmM0




.         ///////////>.:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.        ///////////.イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
..    /////////////.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>=ミ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:
   //////////////.:.:.:.:.r=ミ{.:.:.:{{: : : :リハ:.:.fハ:.:.:.:.:.:.:.:.
  .イ//////////////.:.:.:..:.{{: : :从:.:.ゝ--イ 八.:{ri{.:.:.:.:.:.:.:.:      くそ・・・まさか本気で1500フィートの
 ///////////////.′:.:.:.:从ー〈 乂:乂    }:ハ/.:.:.:.:.:.:.:.:      超低空を突破してくるとは。
.////////////////i..:.:.:.:.:.:..∧  ヾソ       从!.:.:.:.:.:.:.:.:.:
乂//////////////,|.:.:.:.:.:.:.:.:.∧ r r== ー ヽ 从.:.:.:.:.:.:.:.:.:      さすがにこればかりは
  ` ー‐ --------ノi:.:.:.:.:.:.:.fくハ   ̄ ´   イ  }ハ.:.:.:.:.:.:.      対空レーダーでも見つけられん。
            从∧(乂  .∧     イ  /.i:{乂ハ:.
                   ィ//,ゝ _.ィ"> ´/.i: イニニ`ヽ:
                /,//// ノくf⌒ヾ./イ ./ニニニニ-\
               /.//// }ニニ〉rく  .:/ニニニ=-<ニ
           _ -ニ/////  ノニ_イ   .::/ニニニニニニニ.`ヽ



        /ィ/   /   ,イ  /        ,、 、      \
        /⌒V /l ' __/ l /l l! ハ    ハ  i  ヘ  :i   ヽ
        |  | ./ l,/ ) l / .| ノ! fヘ   ./ V ト、 :lヘ  :l!    ヘ
   f⌒ヽ  |   |/ /  ム.l/ .|ハ l ∨ ,'  V| `トヘ  l!   i .∧
   ヘ  ヽ」  └‐'  / ̄|l>、=ニVーヘ∨|、_ -ヘl二ニ='V |!   l ∧
    ヽ        ヽ>'´  ノli   ̄ Vl  ̄ li    V|  /|  |
     /         _z≦==彡 ̄    ̄ミ==x_ .| f⌒V l⌒!         て、敵機が基地の頭上にやってきて
      {    , -‐  ,/|__ U     〈:.    uf⌒マ三|:||  l |  |
     人  /      ̄  `)            ' .  ヽ |/|  L!  |         初めて気づく有様ですから・・・
    ノ. `ー-、   >fニT ̄  lニl二匸匸匸匸| ̄l \ マ-′    ヽ
   .|     ` T升-、.ハ.   |         (⌒ヽ  /           ',        レーダーが役に立たないと
   ./\_   __,イ ∠ィ7  ゝ  |         `'<`¨       ̄|   i
  /     ̄/7   レ'l/l/ \l二lニl二匸匸匸匸|  ソヘ  ` 、   |   |        やられっぱなしですよ、サー!
 ./      / 〈    |    \ > 、      , <ノ二ゝ   `ヽ.ノ _厶
 {       `¨ノ     |  i.._  /\ |l. ` ̄ ̄´ fl /ll( __       _/7 〉       すでに複数の飛行場が
 ヽ       ヽ.   /  l ̄ ‐'-=ニ二_‐----‐ ヾミソ|l干l| `7マー<   ∧
    ̄` ――-ゝ、厶ヘl       | 《 ioi }. 「 ̄ ̄ヾノハ / / ト、__/ヘ!       使用不可能になってます!
              ,'\_lOノ_|. ll `´| |   (Oj ノト、/  ∨    ヘ
               {  |  ̄|  ; ll   | |` ┬‐'T´ l.〈   /ヽ     ヘ
              ∨. |   |  i ll ioj.| l  .l  l  }. `ヽ厶        |
              ヽ. ',   、 i ll   | l  j  l  /     `  、__」





15 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:01:41 ID:Y3vkLvmM0




           f≪_       _.厶斗==ミfp  ̄ハ_
   _ . . .-‐:=:=:}ー--===≦三___斗<二二ニニ   { : : : ̄ :_:二ニ≡
 ̄. : : : : : : ::厶_ __         __乂f====彡ニ二三三三三三
__: : : : : : : : : : : ̄三三二二三 ̄ : : : : : : : :-===≡ニ三三
三二ニ==-‐ : : : : : : : : : : :______________三三二ニ==-      基地が回復するまで他の飛行場に移るしかない。
三三二二ニニ====--‐―    マ.:.:.:.:.:.ィ"    Y.:.:.:.f⌒v:| ̄
         /.:.:.i i.:.:.:i{     :}i:.:.:.: i{ .ィfr;メア}i.:.:.::}fハ }:|               民間飛行場を徴用する。
           イ.:i. ∧从 八     八f.:.:八  ̄  八.:.:.:'リ ィ.:!
.         乂ハ.:.:.i.{.:.:{ .ゞ=< ハ.:.:.:ハ =彡!i.:.:..:}/.:.::|               また、低空で侵入する敵機はレーダーでは
         )) }.: 从.:ハ        j|.:.从    从.:.:.{ハ八
          八.:.:.:.:从     .∧:乂    イ.:.:..:..{∧{               補足しようがない。地上監視班と
         / :}/ハハ               从!.:.リ :\ー .
    _>. :´ : : : : 乂∧ f r_ .ィvr===-ミx  ./八((: : : \ `: : .         上空哨戒班でなんとか見つけ出せ。
ニ二三/ : : : : : {   ∧ゞ  ̄二ニニ 二 ̄  イ(  ∨ : : : .\: : `ー-
三二_イニ=- : : : : ハ.   \        /    .′: : : : :.\: : : :
二ニ/=-_ : : : : : :.∧    \      /    ./. : : : : : : \: : :



        / /  ,      l  / /    l ハ  l !    \
          |/| / |  i | /| /|/| |、  l | | | l l l |  | l !
          | | |   | | iクlィ=、!ll.  !//z=+ ! .l |  | l/
          l |l ll  | |/、 l|!  ,ゝll |イ  l|! `ゝ/  ハ|     そ、そんな無茶な・・・
           l l l l l l  `  ̄´  , ヽ! ` ̄ ´l k、 / | !
          ` ヽllヽN      く 、       |l ! ノ  リ      ただでさえ人手が足りないのに・・・
                /ヽll  u   ___     |ヘ\
          /7 / l    !|‐'┴'┴|l    j l\\
              / /  l、    lニlニlニlコ  U /  ` \
            ///|  / >、           ,イ\ \





16 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:02:41 ID:Y3vkLvmM0




さらにドイツ空軍は夜間に選抜された少数の爆撃機を暗闇を縫って送り込む作戦を取り始める。
こうして英国本土防空戦は昼間戦闘から夜間戦闘、24時間の戦いに拡大した。

・・・しかし、重大な事件がこの時に起きる。


                          ,、
             ,、    _    /f:|
            \、_f'´i::::`\  /::l::|
    _______f'::_:::::::::::::,、====;::|==--、
    `ー--::、、:_:::_::_:::::::`ヽ:[i〉〈i]:::::::ノ'''''""" ̄       <やべ、間違えた。
              ̄i:lー ̄-'─゙'''"´ グオーン
              ┘




                                γ ⌒ ⌒ `ヘ
                             イ,,,, ""  ⌒  ヾ ヾ
                          /゛゛゛(   ⌒   . . ,, ヽ,,'' ..ノ )ヽ
                         (   、、   、 ’'',   . . ノ  ヾ )
                      .................ゞ (.    .  .,,,゛゛゛゛ノ. .ノ ) ,,.ノ........... ........
                      :::::::::::::::::::::( ノ( ^ゝ、、ゝ..,,,,, ,'ソノ ) .ソ::::::::::::::.......::::::
          _     _    _::::::::::.:::::(、;''Y ,,ノ.ノ ,,,^ ^,,,;;;ノ)::::::::::::..:::::::::
         「_ <>'> 「_ <>'>「_ <>'>::::::::::.('''yノ (''、,,,ノ)ノ ::::::::::,,,,,::,,:::::
          _l l    _l l   _l l  <> <> <>( ,,,人、..ツ. ノ ) ::::.:::::
         「___」   「___」  「___」,,,,, . . .:::::::::::::'''(, イ")'"´ノ;; :::::
                      . . . . . . ,,,. . ,,,::::::( , ゛゛..(’_''/,,, ..ノ
                      . . . ,, . . ((,⌒ノ,,,.:::::' (   (’''....ノ ソ ::::::: ... . . ,,,,,,,,,::::::::::::
                      . . (’’,,,/(~~ノ(’''''ソ:.:.,、,,,,,(__/:::::::::::::::::,.;ゝ.
                      y(、,,'''ノ(、、...,,,Y),,,ノ:::.:)~~ /:::::::_,.-‐''~ ,、人
                      ::::::::::: .(’’,,,/(~~ノ(’''''ソ /:,.;‐''~ ,.ィ‐'~   |~`―-
                     y(、,,'''ノ(、/ \~~~``ー--ゥ'~ ,.;;-‐''~~ |, :-|   |
                        ミ彡 /::::::::`>  ,.-''~.‐'~~-‐''~~.| .|  |    |
工___                       ミミ|彡ム-''~~ーv'~ ~:::::;;;::   i-‐i |~~|  |   |
\===|                 ミ-‐''~:::::_,.ィ''~~|~  ~~`|~   |T | |~I.|  |   |
  \==|======i__          ミ>,-|~~`i'~I |   |     |   | | |_,.+‐ !┴!―--'



ドイツ空軍の夜間爆撃に出撃した一隊が誤ってロンドン市街地に爆弾を投下してしまったのである。

損害は大したことはなかったものの、夜間に民間人居住区に爆弾を降らせたことは
ロンドン市民そのものへの殺意という極めて重大な印象を持たれてしまった。





17 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:03:03 ID:Y3vkLvmM0




これはヒトラーが最も避けたい思っていたことでもあった。



.                /::::::::::/:>=====<::、::::::::::::::::::::ヘ
             ,:'::::::::::/ '´  ___     ヘ:::::::::::、::::::∧
              _/__'::::::/ ,. =ニ ̄:::::::::::::::::: ̄ニ=ト、 V:::::::::T==-L_
         r<  /:::::::'´::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V::::::::',    〉
.         ヽ ,イ:::::::::::::::::/{:::::::::::::::::::::::::::::',:::::::::::::::::::V::::::::!   ハ
.          ノ i::::::::::::::::::i V:::::::::\:::::::::::::ヘ:::::::::::::::::::V::::::i  r':::i
         /:>、|:::::::::::::::::i   V::::ト、:::::ト、:::::::::ハヽ::::i:::::!::::::::::::} ノ::八
.         '::::::7i::::::::!:::::::'`ヽ、\{ \:ヘ\::::::}ィⅥi:::|V:i:::::::: !::::::::ヘ           誤爆したですって!?
         |::::|:| |:::::::{:::::::| x==ミx__/j ヽト= ,xチ示ミrj }::|:::::::|.|::::::::∧
.        i:::::|:| |:::::::::V:::《 {辷:刈       {辷:刈 } ,':::}::::: | リ:::::::::ト、:{          何てことしてくれてんのよ!
.         |:::::|:|`!:::::::::::Vム,弋z少       ゞ==' ,'::::,':::::::レ::::::::::::| ヾ
.         |:Ⅳ:::::i::::::::::::::ヾ、      l         ,':: ,'::::::::::::::::,:::::::}           あれだけロンドン市街地には
          i:! V:::::',:::::::::::::|ヘ            U i::::'::::::::::::∠_}:::7
.           ゞ、∨斗:::::::::::|´:ヘ u   L二三」   /!/::::::::}:::/    ̄ヽ          爆弾を落とすなって言ったでしょ!
.          /  ∨{::::::|  リ> .        . イ 〃::::::::ル'    i  ハ
           /    ヾV::{  ,' !:ハ >-- <   {i|::::/    r----t∧         こういうのは誤爆とか
      √ ̄ ̄Y | }   ヽ! i .ト、             }/     { ,.:='´  Y、
     〃  ー-ミ, ', T i    i  {  ー 、    , - '´/!    /弌  ,.-'  Yト、      言い訳が通用しないのよ!この馬鹿!!
      ノ   ー--ミ K/{ i    {  |:\   --   /: :.,'      ヽ .几 _,.-  {::::::Υ
.    {  ___ }./.:::i}      i: : : \     ./: : : 7       个i L__,.  |::::::::|
    从   ___) } :::|        ∨: : : : : ー': : : : : /       V:::ト、   i\:::i

               ドイツ総統 アドルフ・ヒトラー



依然として対英講和の可能性を捨てきれなかったヒトラーは、
なるだけイギリス国民の憎悪を掻き立てるような犠牲を出したくはなかったのである。





18 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:03:35 ID:Y3vkLvmM0




・・・しかし、この事態にチャーチルが黙っているはずもない。



        l   /            |   |
        | /             |  j|
        |.イ            | .' |
        小{                l / |
       l|_|__`ヾ、            ノ′ .|
       込__テミ \   〃-一====l=ー
       |ー--一ヽ    /´ォ弌__テミ辷
       |      lr==ミイ  ` ー--イ |      やってくれるじゃないかヒトラー。
       |    ノ.::   |        |
      lt一 ´ .:::   弋       イ j     イギリス国民に、安全な場所など
      l|    ..:::ノ    ヽ、 ______彡'      どこにもないと脅したかったのだろう?
      l|    ヾ r          |
      l|、  ー-、 ___       /|      だが生憎だな。それはドイツも同じだということを
      .小ヽ  ` こ__V7ハア´  // |      わからせてやろう。
      l| ',∧     V/ハ  / /  .|
      l| ',:.:ヽ     V/ハ  /   |      我々が無力だと思ったならば、大間違いだぞ。
      l|  \:.:` ー--イV/ハ/     |
      l|   \:.:.:.:.:.:. >V/ハ      |
      l|       > /  ⌒      |





19 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:03:55 ID:Y3vkLvmM0




イギリス戦時内閣はただちに報復のためのベルリン爆撃を許可する。

1940年8月25日夜、90機の王立爆撃軍団の編隊が
ベルリン中心部のテンペルホーフ空港、およびシーメンシュタットを爆撃。80発近い爆弾を投下した。



          _                                  _.  _   _
         | | ロロ                              | | | | | |
         | |_   __ロロ   _       _     _      _    | | | | | |
         | __|   |   |.  _| |_  _| |_   _| |_   l二l | |   |_| |_| |_|
         | |       ̄| |  l_   _l   l_   _l  l_   _l   __| |     _   _  _
         |_|      | ̄ |.                  ̄ ̄
                                    ‘
                     (⌒`)⌒  ‘、⌒`)) //     ;
                  ((⌒`);`) `)、⌒`)`)  `;`))
                 `)、⌒`   ⌒        (;⌒`
                 ⌒`);`         :::::::::::⌒⌒))
                `)、⌒‘  ⌒     :::::: :::::::::⌒`);`⌒)
                (⌒` `          :::::::::(⌒` (⌒;`
                 ((          ::::::::::::..:::::::::⌒`);`
                 `)、ヾ   :::::::::::::::::..::::::::::::⌒`)⌒))
                    ⌒));`)  ::::::::::::::((⌒`))"‘
                      (⌒ ,;;`)   从 ))゛
                    ‘  ;((  ,;;   7‘
                       ⌒、从 ,;`)))、,;
                    ‘ ∵从 ⌒`)、⌒`);   、   ヾ
                   ‘  ;(⌒));`)从‘ 从
                (⌒`)(从 ‘ ∵从 (⌒);`)从∵从⌒;  ‘  l7
              (__,;;))⌒` ,;;)” ,;(⌒));`)从‘ 从‘  ,;)`   ,;   ________
  ______ ((‘,;[:::::::::::] ∵,;((⌒‘,;)从⌒;,;`:::::::;(⌒));`)_从_ ,;从 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/:::::::::::::::::::::::::::/\. |:::::::|(⌒);`)从∵ ,;(⌒));`)从‘   从‘  ,;))/::::∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::\.|:::::::::|:: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/::\― ィ:::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
――――ィ=ュ::::::::::::::::: |_/ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :/ :::::::::\|:::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::|::::::|:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /_____\__/二二二ヘ______
::日::::::::: E|::::::|::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::: | :::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::|::::::|::::::/::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::! ::::::::::::::::::::::::::::::::





20 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:04:15 ID:Y3vkLvmM0




:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:リ     |:.:.:.}     l:.:/ 、:.:.:.:.:\:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:/    |:.:.:/   ヾ:.:.:. !:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:l:.:/    |:.:./ ヽ  |/  \:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.: ′  ./!:.:'      |:.:.:l|:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:|/       !:/   \       ヽ:.:.:.:|:\:.:.:.: /   / │     │:.:リ:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:l   .ィ斧三三三≧ミ.\     \:|   \/ / x斧三三三≧ミl:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:|  ヾ「 ん芹バN芯ヾ \_, ヘ/  ヽ _/  ィん芹バN芯`了|/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:|      {:::{トじク 刈                   {:::{トじク 刈  ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
:.:.:.:.:.:.:.:|      込ゝ--- .ソ                 込ゝ--- .ソ ./:.:.:.:.:.:.:.:.:./     ベルリン上空に敵爆撃機の侵入を許すなんて
:.:.:.:.:.:.:.:|      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /:.:.:.:.:.:.:.:.:./
:.:.:.:.:.:.:.:|                   . :|                    ′:.:.:.:.:.:. / /     とんでもない大失態よ!
:.:.:.:.:.:.:.:|                     `                    ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.′
:.:.:.:.:.:.:.:|            /⌒ ー────‐一 ⌒ヽ        i:.:.:.:.:.:.:.:.:.,        防空部隊は何をやってるのよ!?
:.:.:.:.:.:.:.:|              /\l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄lノ゚,     |:.:.:.:.:.:.:.:.:i__ ノ
:.:.:.:.:.:.:. ゚,           /  __ _   __ ____           |:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:     イギリス・ベルリン間はドーヴァー海峡の
:.:.:.:.:.:.:.:.∧         /./ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \ !    |:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.: ∧       i/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽi      |:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:     比じゃないくらい距離があるはずでしょ!
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、      { : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }     ,|:.:.:.:.:.:.:.:.:|:l:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\       ゝ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ノ     イ:!:.:.:.:.:.:.:. 从.:.:.:.:.:     なんで途中で気づけなかったのよ!



         l               l
.           ノ                   !、
  .      /   _, -ー<¬=-ー-、   \_,
       く    f{{ ‐=・=‐}f={‐=・=‐ム∧__ノ
        ゙ヽf云ハ|ニー‐‐イ「 、ー一彡  |f}
        {{Y|三三 u  '^ニニ ヽ,  u  .レ         いや・・・その・・・
       厶ヘ!三三  ┌──┐    u ト、
          ム∧ニニu   ||||||||||||   u 厶ヘ         なんせ夜間に飛来したもんで・・・
            rf戈ニ u .└──┘   ∧八_
        ./ /厂|ト、_ ー--一 __,. 彳 ヾ、¨\       どうしても感知できなかっというかそのぉ・・・
      /  〃  |    ̄ ̄ ̄    |   》   \
    ./    《   |      .ソ叭     |  ぐ   ∧
   /l       `> |     .〈/ハ〉   │  ノ  Ⅳハ」
  .∧ハ  {@} \|     ル' |l    | /   |ハ入
  .厶Yヘ[{momo}]│    .,! |    レ′[{nina}] 小、





21 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:04:38 ID:Y3vkLvmM0




         .厶/ l:.:.:/:.:./、:.:.:.:.:.:.:.:':.:.:.:.:/:!:.:.:.: ト:.:ヽ
        /:.:/∧イ:.:.:.{:.:/:.:.X:.:.:.:.:./:.:.:.:.イ./l:.:.|:.:.|\ハ
.       /:.://://:.:.:.:.|/_レ1:.:ヽ:ル':.:.//厶斗|:.:.|ヽ/.:.:.
       i:.:〈/://゙|:.:.:.:.KYf刈` }/ ´_ )/ }:.:.|片.:.:.:i
       |:.i.:.〈/「l|:.:.:.:.| 込ソ     イf刈了/:. 1 l V:.:|
       |:.|:.:.:.:人|:.:.:.:.|    __ 、 込ソ /:.イ:.| |l_|:.:.|     もういいわ!
       |:.|:.:.:.|:.:.:|:.:.:.:.|    /  `7     イ:.:/:.:.!_!:.:.l:.:|
       Ⅵ:.:. ! 从:.:.:.:|、   乂_.′    /:./:.:.:.:/:.:.リ:.:!     ゲーリング!ロンドンを報復爆撃しなさい!
       {ハ:.:.|:.:.:.:.\:{:.〕ト      .イ/:.イ :.:.:/:.:.:/l:.:′
        .∧:!:.:.:.:.:.:.:.ヾ|    ̄ {:.:.:.:.イ:.':.:.:.: /:.:.:/ /      こっちの誤爆と違ってこれは意図的な
           \:.:.:ノ:/ j    /: : 彳:.:.:.: イ):.:./ /
        .イi:i: : : : 厶   _/: : : : /:.:./〕ト:<_        都市爆撃よ!黙ってるわけにはいかないわ!
       / /:i:i: : 厂  \ / : : : : {:イi:i: : /  ハ
      /  i: i:i: : に二二.V/: : : : : : xi:i: /      }__
    イ    .|: i:i: : |     /: : : : : :.xi:i: /   ー─  }
 / `    /|: i:i: : |    ./: : : : : xi:i: :./、    ----  \



          - ―― ――― --- .、
       , '        ヽ       ` : .
     /           :,         \
   , .'゙              :,          ヽ
  /イ        ;          ハ      ':,
   /   ム    ,゙    / .  i      :,       ':,
.  /     :゙ハ.|_|!:___′,  |       i       {
.. /   |ノ  ∧|ム ハ  / 从ム l        ! ト、     |
..彡'   {`ヽ  i{ rrij::::マ=z-ハ|!|    人|:、:\.   !        し、しかし総統閣下。
 //|  r-=}   ヽ{:;;:リ /  N :| |  .〃. } |  \ |
 ´ ム ムゞ,゙   ゝ ー '゙       レ!  /ノノ, ':/     ヾ        ロンドンへの攻撃は
    |ハ}/              |/!:|了 /   i! /
      ヾ -、         u        N }゙    リハ/          イギリス側のさらなる報復を招きます。
      ム`       _-、  し   i:|     {
       ヽ. r-‐- '゛ノ      / !     |            かねてからお望みでらっしゃった
        ∧`二二´,      / :゙ |/i八从
           ∧       , '゙   ,: 三二ニ -+           対英講和にとって悪材料かと・・・
          ∧i | | il; ,.イ    , '´        |__
           `  ̄>へ   / }        」: : .、
            ゝ._  ヽ.//´     ,.イ: : `ヽ. :>
             /ヘ  {´      /: :`ヽ: : : ://>.
            /`ヽ/:, .j:     /__ : : : : : 、, '////へ.
         , . ム __: :,゙ ∨    /. : : : : :、: : :,:゙////////へ.

     ドイツ外相 ヨアヒム・フォン・リッベントロップ





22 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:04:54 ID:Y3vkLvmM0




         r<  /:::::::'´::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V::::::::',    〉
.         ヽ ,イ:::::::::::::::::/{:::::::::::::::::::::::::::::',:::::::::::::::::::V::::::::!   ハ
.          ノ i::::::::::::::::::i V:::::::::\:::::::::::::ヘ:::::::::::::::::::V::::::i  r':::i
         /:>、|:::::::::::::::::i   V::::ト、:::::ト、:::::::::ハヽ::::i:::::!::::::::::::} ノ::八
.         '::::::7i::::::::!:::::::'`ヽ、\{ \:ヘ\::::::}ィⅥi:::|V:i:::::::: !::::::::ヘ
         |::::|:| |:::::::{:::::::| x==ミx__/j ヽト= ,xチ示ミrj }::|:::::::|.|::::::::∧
.        i:::::|:| |:::::::::V:::《 {辷:刈       {辷:刈 } ,':::}::::: | リ:::::::::ト、:{       そんなコト分かってんのよ!
.         |:::::|:|`!:::::::::::Vム,弋z少       ゞ==' ,'::::,':::::::レ::::::::::::| ヾ
.         |:Ⅳ:::::i::::::::::::::ヾ、      l         ,':: ,'::::::::::::::::,:::::::}         でもベルリンの爆弾落とされて
          i:! V:::::',:::::::::::::|ヘ              i::::'::::::::::::∠_}:::7
.           ゞ、∨斗:::::::::::|´:ヘ    L二三」   /!/::::::::}:::/    ̄ヽ        何もしないわけにはいかないでしょうが!
.          /  ∨{::::::|  リ> .        . イ 〃::::::::ル'    i  ハ
           /    ヾV::{  ,' !:ハ >-- <   {i|::::/    r----t∧      メンツの問題よ!やりたくなくても
      √ ̄ ̄Y | }   ヽ! i .ト、             }/     { ,.:='´  Y、
     〃  ー-ミ, ', T i    i  {  ー 、    , - '´/!    /弌  ,.-'  Yト、    やるしかないの!
      ノ   ー--ミ K/{ i    {  |:\   --   /: :.,'      ヽ .几 _,.-  {::::::Υ
.    {  ___ }./.:::i}      i: : : \     ./: : : 7       个i L__,.  |::::::::|
    从   ___) } :::|        ∨: : : : : ー': : : : : /       V:::ト、   i\:::i




24 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:05:10 ID:Y3vkLvmM0




ベルリンへの爆撃もまた損害そのものは軽微だったものの、やはり政治的影響は甚大だった。
報復が報復を呼び、市街地への無差別爆撃は抑制が効かなくなりはじめる。



             // /  / : / /. : : : : l : `ヽ  ヽ: : l: : : : : : : : : :ハ
            / :/ / / /l / l : : : : : l : : : lヽ  !: :! : : : : : :l : : : :l
.             / . :i: l / / !/!: : l : : : : : : ! : : : l: :∨ : ト、: : : : :l : : l: l
           / . : l: :l !/`ヽ! l: : :l : : : : . . .l: : : :l: : l : : ト、 ヽ、|: : : !: !
.           ′: : l: :l !:.:.:.:/厶.: :lヽ : : : : : l: :: : !: : !: : l | ト、   ヽ、 l: !
.           l /. : : l//l. Ⅳ  \! . \: : : :ト、:/. :.__i.:. l:.: lヽ\/ /: : :::!
         l ! : : : :/ : 八,..z=≠≫=- ≧' -‐ "´ : : :l : :_!: ヽ、`>. :!  (これでどっちも後に引けなくなったわ。
         l l : : :/. :/: : ハ ¨弋ツ ¨    -ァ=≠ァ¬.:..:.l. }: : :∨ : : :j
.           ! !: : :l :/: : : : :}.           弋ツ′ リ!: :!ノ.: /:/ : : :/   チャーチル・・・あの戦争狂、
.           l l:: : レ'.:. :. .:.八' ' '    ′   , , ,.    j: 」 : /:/..: : /
        /⌒ヽl /イ:.: {:.:.:::              /:. ノ:./:/.: : :/     まさかコレを狙ってたんじゃないでしょうね・・・?)
.         /      Vム.: : : \ >    ー‐(    ,../ /:./i/.⌒y/
       /       Vム.:. :. .:.\   ア=.-- 爪: : (´:. :/i/  ./}{
.      {.        Vム : : : : :.ヽ        /: : : :i.:.:.:/i/   {
        Λ.       Vム: : : : : : : `ヽ   /.: : : :.i:.:./i/    \



ヒトラーの対英講和のチャンスは、報復合戦が熱を増し続けるにつれますます遠くなってゆくのだった・・・





25 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:05:30 ID:Y3vkLvmM0




              /                          \
              /       ;                  ',       ハ
          /   /    l!             ハ    '       ',
            /   ,'     l  i    i    ハ i i     !   i     l
          /.ィ   ;     i  l    i   .i i l  !    i    !   i!         サー!
       //l   !     ハ l    ハ   l!ハi≦ヘlハi l!  .i    ト,
         l  .i      i.l>ィ升卞、',  :l .ィ佗圷、, /.l  .i    /          み、味方の損害が膨れ上がってます!
           l   !     〈 i  弋 夕 ヽ\ト、 叱リ 〉 l  /   /
           l  .i  ト、ヽ l.〉 ` ‐-  ´ :   ` ‐- ’  //リ ,ィリ           補充用の機体は足りてるんですが、
          ∨ ! l!  ! 〈        u.  i           ∧l ./レ'_ _
.      <  ̄Ⅵl  i  i_∧  u.      ヽ      U  ∧ l/   __   ̄ >    その、今度はそれに乗るパイロットの消耗が
.  <  ̄  ̄  ̄∨ ̄= ―.∧     , ‐‐ - ─、     /   ̄ ̄  ニ=一、
     `>一─ ─ー=‐一  \   l/      ',!   ,.'  ― ――一 ─  \   激しくて・・・
   <  ̄  ̄ ̄  =ー―   .l >、 ` ー一 '   / iヘ = ─ ─ ─‐一  <
  __/ ̄ 7ー-‐-< // /}≧三 >、      / .ィh、ヽ__  -‐ 二 ̄ iユュ.、
 /   ハ  /三二=ュ   ̄三ユニ} h三≧<> <>'7/リハ、__三三二ニニ=ュ/ /ヽ,
./   ∧ /   `ヽ、, >、ー‐〈リハくノ   `l二二二l 〈〈 〕〕ソ  7 `ヾ>'’ ̄  l7 /  ヽ,



.         ///////////>.:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.        ///////////.イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
..    /////////////.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>=ミ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:
   //////////////.:.:.:.:.r=ミ{.:.:.:{{: : : :リハ:.:.fハ:.:.:.:.:.:.:.:.
  .イ//////////////.:.:.:..:.{{: : :从:.:.ゝ--イ 八.:{ri{.:.:.:.:.:.:.:.:        モノがあっても動かす人間がいなければ
 ///////////////.′:.:.:.:从ー〈 乂:乂    }:ハ/.:.:.:.:.:.:.:.:
.////////////////i..:.:.:.:.:.:..∧  ヾソ       从!.:.:.:.:.:.:.:.:.:        意味がないということだな。
乂//////////////,|.:.:.:.:.:.:.:.:.∧ r r== ー ヽ 从.:.:.:.:.:.:.:.:.:
  ` ー‐ --------ノi:.:.:.:.:.:.:.fくハ   ̄ ´   イ  }ハ.:.:.:.:.:.:.        深刻なのは機体よりもパイロットの消耗か。
            从∧(乂  .∧     イ  /.i:{乂ハ:.
                   ィ//,ゝ _.ィ"> ´/.i: イニニ`ヽ:
                /,//// ノくf⌒ヾ./イ ./ニニニニ-\
               /.//// }ニニ〉rく  .:/ニニニ=-<ニ
           _ -ニ/////  ノニ_イ   .::/ニニニニニニニ.`ヽ





26 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:05:42 ID:Y3vkLvmM0




     __ァーヘイィ´        二=ーァ
  .>'’               丶x '´
/                         ヽ、
フ’ /                     \
'7 /                      ヽ
'イ/ /                         ム
ム_/  .ィ´ `i              .ィア    ハ
  _ ̄/ 斤i .l   ,イ  _.>'フ/、./       ハ        例え無傷でもパイロットを機体から降ろして
=一ハ Ⅵ, l   .イ.ィ'´1!ヽ、 ´ヾ、イ     ィ    |
  _ .ィ".ヽ ` レ'l/ ′  ', j心, (/  ,//   i        十分な休息を取らせる必要もあります。
   .ィ  ハ         `ー’`/  / ,イ  ,  ∧
. // .イ i     u      7,ィ'、ィ/   / /         疲労が蓄積した状態で上がらせても
/ ,/ / .! ハ             ´ ヽ/  .ィ’ /
.,/ .イ ハ iハ  U    ー 、  r ´ 7/i/           集中力低下で犠牲者を出すだけですから。
  / i / i li >\         ‘r、'  ′
, イ!  l' .Yソ@, > 、   .ィ´  \               
>=ーュ、  》。    `≧´ ト、    \
、 `'・ュソリr'`'<   く / A iハ iヽ   \
 ヽ、 ノノ’`ヽ、 `丶、,.〉/ハ! Ⅵilil`丶. \,



: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : -====≡ニニ二三三三二ニ==-‐
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : _三二ニ== ァ´マ.:.: ̄.:.:./ ハ ∨.:.:
三三二二ニニ==-: : : : : : : : : : : : : : :_三二ニ=ィく:::fij::チ  j/.  '.:.:.:.:.:.:..lイ  ' :.:.:.:
三二二ニニ=- ̄. : _三二ニ==-‐.:.:.:.:.:.:! ' /   ` "´  .イ   |.:.:.:.:.:..:.!、   {.:.:.:.   しかしこのまま損失が増えれば
: : : :_三二ニ==-‐       }i:}.:.:.:.:.:.:.{i:{ `-‐=ー--<__,    ,i}.:.:.:.:.:.:.{ }   i.:.:.:.:
 ̄.:.:.:.i|∧  i:| i:|       ,.:i/.:.:.:.:.:.八:'. `ー- -   ´  .::ノ.:.:.:.:..:.:.!, .′.:.:.:.:.   小まめな休息も取らせていられる状況では
.:.:.:.: . i从.ヽ i:| i:|      .イ.イハ.:.:.:.:.:.:..\          '/ !:.:.:.:.:.:.:.! ' .′.:.:.
.:.:.:.:.:.:i|:! .>jハ.|:! ___  ..ィ<八 i|从:.:.:.:.::'. >  ---  <  从.:.:.:.:.:.i/ /.:.:.:.:.:.   なくなるだろう。:兎にも角にも損失を抑える他ない。
:.:.:.:.:.:.i|:!  イ !:  ̄ ̄     .:i|  \:.:.:..ヽ     ̄ ̄    .イ }.:.:.:.:.:.:.{ /.:.:.:.:.:.:.:.





27 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:05:55 ID:Y3vkLvmM0




 _/  ー-    ̄ o`Yp ___厶斗<三三三三三三三三三三三三三
_}≧==―――=≦三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
二ニ=-      _≧三三三三三三三三三三三三三三二ニ=--   ̄
=-       __三三三三三三三三三三二ニ=-‐:::::: ̄:::::::{
_    -―==ニ三三三三二ニ=-‐_r弌fiリナハ:::::::::::::::イ⌒:::::ハ              解決策はあるぞ。
     _ ≧三三三二ニ=-‐.::: ̄::介:...二 イ::::::::::::::::{f{ リ::::::::乂
_____≧三二ニ=-===ミ: :∨::::::::::{ハ::{> -<::::::::::::::::::八j {:::::::::::::::`ヽ          手っ取り早いのは戦わないことだ。
 ̄: : r<::::::::::::ハ::::!    '.f∨::::::∧从    ヽ:::::::::::::{乂イ:::::::::::::::::从
: ::::::::`ヽ}:::::::::::{ }从     }}i!\::::::{{ )).     }:i::::::::::|!り:::::::::::::::::::{:! \        ドイツ空軍が来襲しても極力戦うな。
::::::::::::::::}i::::::::ii:乂(     .イ゙i|:  ヾ从      从:::::::::i':::::::::::::::::::::::八   ヽ
: ::::::::: 八:::::::j{{  >-=彡" i|:   }::ハ>==≦ i:::::::::,::::::::::::::::::::::::;  `ー-        各管制官に通達し、敵編隊が地上基地に
::::::::::::::::: i::::::ハ f r'   ヽ :{   .イ(  ー-ミ   リ:::::/::::::::::::::::::::::/ \
:: ::: ::: :: :从:::::∧ ヾトー-ミ ゝ-イ      ヾ7 .′:':::::::::::::::::::::::イ.   ヽ__        直接接近するルートを取らない限り
: : : :: : : :::ハ:::::∧   汽坏辷ー-- -r iア´/" .イ.::::::::::::::::::::::::!从.    ∨`ー
:::::::::::::::::::::::::}::::::ハ   ゝハ±±±ハイ . イ /.:::::::::::::::::::::::::::八 .      ∨       そのまま見逃すようにしろ。
:::::::::::::::::::::::::i::::::::::::ヘ  `ー=====-- イ  〃.::::::::::::::::::::::::::(           ∨



        /ィ/   /   ,イ  /        ,、 、      \
        /⌒V /l ' __/ l /l l! ハ    ハ  i  ヘ  :i   ヽ
        |  | ./ l,/ ) l / .| ノ! fヘ   ./ V ト、 :lヘ  :l!    ヘ
   f⌒ヽ  |   |/ /  ム.l/ .|ハ l ∨ ,'  V| `トヘ  l!   i .∧
   ヘ  ヽ」  └‐'  / ̄|l>、=ニVーヘ∨|、_ -ヘl二ニ='V |!   l ∧
    ヽ        ヽ>'´  ノli   ̄ Vl  ̄ li    V|  /|  |
     /         _z≦==彡 ̄    ̄ミ==x_ .| f⌒V l⌒!
      {    , -‐  ,/|__ U     〈:.    uf⌒マ三|:||  l |  |
     人  /      ̄  `)            ' .  ヽ |/|  L!  |
    ノ. `ー-、   >fニT ̄  lニl二匸匸匸匸| ̄l \ マ-′    ヽ        たっ、戦いを放棄するんですか、サー!?
   .|     ` T升-、.ハ.   |         (⌒ヽ  /           ',
   ./\_   __,イ ∠ィ7  ゝ  |         `'<`¨       ̄|   i
  /     ̄/7   レ'l/l/ \l二lニl二匸匸匸匸|  ソヘ  ` 、   |   |
 ./      / 〈    |    \ > 、      , <ノ二ゝ   `ヽ.ノ _厶
 {       `¨ノ     |  i.._  /\ |l. ` ̄ ̄´ fl /ll( __       _/7 〉
 ヽ       ヽ.   /  l ̄ ‐'-=ニ二_‐----‐ ヾミソ|l干l| `7マー<   ∧
    ̄` ――-ゝ、厶ヘl       | 《 ioi }. 「 ̄ ̄ヾノハ / / ト、__/ヘ!
              ,'\_lOノ_|. ll `´| |   (Oj ノト、/  ∨    ヘ
               {  |  ̄|  ; ll   | |` ┬‐'T´ l.〈   /ヽ     ヘ
              ∨. |   |  i ll ioj.| l  .l  l  }. `ヽ厶        |
              ヽ. ',   、 i ll   | l  j  l  /     `  、__」





28 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:06:09 ID:Y3vkLvmM0




           f≪_       _.厶斗==ミfp  ̄ハ_
   _ . . .-‐:=:=:}ー--===≦三___斗<二二ニニ   { : : : ̄ :_:二ニ≡
 ̄. : : : : : : ::厶_ __         __乂f====彡ニ二三三三三三
__: : : : : : : : : : : ̄三三二二三 ̄ : : : : : : : :-===≡ニ三三
三二ニ==-‐ : : : : : : : : : : :______________三三二ニ==-
三三二二ニニ====--‐―    マ.:.:.:.:.:.ィ"    Y.:.:.:.f⌒v:| ̄
         /.:.:.i i.:.:.:i{     :}i:.:.:.: i{ .ィfr;メア}i.:.:.::}fハ }:|              言っただろう。
           イ.:i. ∧从 八     八f.:.:八  ̄  八.:.:.:'リ ィ.:!              我々は自分自身を守るためにのみ戦う。
.         乂ハ.:.:.i.{.:.:{ .ゞ=< ハ.:.:.:ハ =彡!i.:.:..:}/.:.::|
         )) }.: 从.:ハ        j|.:.从    从.:.:.{ハ八              それが損失を抑える最善の方法なのだ。
          八.:.:.:.:从     .∧:乂    イ.:.:..:..{∧{
         / :}/ハハ               从!.:.リ :\ー .            そして我々のエア・ビーイングが
    _>. :´ : : : : 乂∧ f r_ .ィvr===-ミx  ./八((: : : \ `: : .         イギリスそのものを救うことになる。
ニ二三/ : : : : : {   ∧ゞ  ̄二ニニ 二 ̄  イ(  ∨ : : : .\: : `ー-
三二_イニ=- : : : : ハ.   \        /    .′: : : : :.\: : : :
二ニ/=-_ : : : : : :.∧    \      /    ./. : : : : : : \: : :



              /                          \
              /       ;                  ',       ハ
          /   /    l!             ハ    '       ',
            /   ,'     l  i    i    ハ i i     !   i     l
          /.ィ   ;     i  l    i   .i i l  !    i    !   i!
       //l   !     ハ l    ハ   l!ハi≦ヘlハi l!  .i    ト,
         l  .i      i.l>ィ升卞、',  :l .ィ佗圷、, /.l  .i    /          た、確かに・・・
           l   !     〈 i  弋 夕 ヽ\ト、 叱リ 〉 l  /   /
           l  .i  ト、ヽ l.〉 ` ‐-  ´ :   ` ‐- ’  //リ ,ィリ           私だって理屈が正しいことは
          ∨ ! l!  ! 〈        u.  i           ∧l ./レ'_ _
.      <  ̄Ⅵl  i  i_∧  u.      ヽ      U  ∧ l/   __   ̄ >    痛いほどわかってますけど・・・
.  <  ̄  ̄  ̄∨ ̄= ―.∧     , ‐‐ - ─、     /   ̄ ̄  ニ=一、
     `>一─ ─ー=‐一  \   l/      ',!   ,.'  ― ――一 ─  \   でも・・・
   <  ̄  ̄ ̄  =ー―   .l >、 ` ー一 '   / iヘ = ─ ─ ─‐一  <
  __/ ̄ 7ー-‐-< // /}≧三 >、      / .ィh、ヽ__  -‐ 二 ̄ iユュ.、
 /   ハ  /三二=ュ   ̄三ユニ} h三≧<> <>'7/リハ、__三三二ニニ=ュ/ /ヽ,
./   ∧ /   `ヽ、, >、ー‐〈リハくノ   `l二二二l 〈〈 〕〕ソ  7 `ヾ>'’ ̄  l7 /  ヽ,





30 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:06:35 ID:Y3vkLvmM0




     ._, '   、   ヽ、 ヽ ヽ   \
    ''"7 , {  |ヽ、   .ヽ .ヽ ', ヽ  ミ
     .li | !   i,.>' _,,_ ヽ ',、、'., \ ヽ、
    .i!| ト ヽ、i,'ヾ;ノ ヽ、 'ンヽ',  ヽ ヽ、
.       '!l, ヽ、,! ;,    i 'i ', ', ヽ ヽ、
.        丶 '‐-、_,;='  | /  _ヽ_ヽミヽ',     母国を爆撃してくる敵を前にして、
             ヽ、 ,l,,.-''iニ,,,,,,,, i,
             `'~.},,,_ | __,,,,. ',      黙って見ていろと兵士たちに言うのは・・・
.              ,. '-ー‐''~ !---ヽ,
             ,.! ゚,、    ._,!彡ニ',    その・・・呵責を感じます。
            ,. ' ,/\ヽ,. r  `'~
.         , '  |___,,/  l  /
.        ,. ' !,,________,.-'~ .l//   ,.--、
        {          { ./ //
.         !      /   .〉'/ ./
.       ヽ、    i,   _,!,,,,,,,,,/



                     ___
                   r'´        ̄三二ハ
                   }三ニ=  ー-=三三!
                   }三三ニ   ≧三三{
                   }rー-<__三二ニr<_{
                  ノ ̄  ー<r '"´__彡 ー====≡ニニ≡==ー-ミ
           __ . - '"´三ニ=ー<  ≧三三三二ニ=- '"´ ̄    __ 彡 ゙
  rー_‐=≡ニ三=- _        __ 二ニ=-=才:r=i--― ‐  "   ̄
  `ー-=ニ二三三≧ニ==- -=才f::::{{: : : }メ人: : :从:::::!
          ̄        从从` ´ i|ハ  厂:::乂                   航空戦に感情の付け入る隙はない。
                  /}::::ハ   ヽ_り  .′:::{ \
                 / ∧:::::厶 辷=.ア ' }ハ从  ∨                 そこは数理論とダイアグラムの支配する
            .  : ´:'  :三fハ从ト ヽ  ̄ .厶イ/ }}=-_  '.: : .               完全に冷徹な論理の世界なのだ。
        . : : ´    /  ニ二{   }} .ゝゝ-イ  {{  {:三_  ∨ `: : .
    /⌒f         /  :ニ二{ ,八o /.⌒Yo .リ  }.≦    ∨    `ーrーく       特に我々のような人間は
   /ニ_  :{     _:/   =ニ二}   ∨}r--{ヘ/:.  {三__   ∨     }: ハ      統計学的立場によって物事を俯瞰する責務がある。
    }ニ7  }=ニ二三./   .-=ニ三}   才 i {.∧    {ニ=_   _彡三二ニニ{  ∧
.  /ニリ ∧:{三三三≧=--ぇ :-≧{  /:/ { i| :∧   {≦  <:三三二ニ:リ ハ :∧
.. /:ニ/ /ニ-∨ニニ_> ´  _-ニ三} ..′}/  }  ∧   }二        {三-/ }弍  \
. /:ニ/ 'ニニ_八三三}     ≧三ニ} ,  :{  :}    \:{三ニ_    ∧=/ ハニハ   〉





31 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:06:53 ID:Y3vkLvmM0




         ///////////>.:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.        ///////////.イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
..    /////////////.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>=ミ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:
   //////////////.:.:.:.:.r=ミ{.:.:.:{{えrォリハ:.:.fハ:.:.:.:.:.:.:.:.       今ある条件から最善の答えを
  .イ//////////////.:.:.:..:.{{: : :从:.:.ゝ--イ 八.:{ri{.:.:.:.:.:.:.:.:       数理的に導き出さねばならん。
 ///////////////.′:.:.:.:从ー〈 乂:乂    }:ハ/.:.:.:.:.:.:.:.:
.////////////////i..:.:.:.:.:.:..∧  ヾソ       从!.:.:.:.:.:.:.:.:.:       どれだけ人間離れしていようとそれが答えなのだ。
乂//////////////,|.:.:.:.:.:.:.:.:.∧ r r== ー ヽ 从.:.:.:.:.:.:.:.:.:
  ` ー‐ --------ノi:.:.:.:.:.:.:.fくハ   ̄ ´   イ  }ハ.:.:.:.:.:.:.       戦闘は可能な限り回避せよ。
            从∧(乂  .∧     イ  /.i:{乂ハ:.       それが勝利に近づく最善の方法だ。
                   ィ//,ゝ _.ィ"> ´/.i: イニニ`ヽ:       お前ほど優秀な空軍司令官なら理解できるはずだ。
                /,//// ノくf⌒ヾ./イ ./ニニニニ-\
               /.//// }ニニ〉rく  .:/ニニニ=-<ニ
           ,   ´./////  ノニ_イ   .::/ニニニニニニニ.`ヽ





32 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:07:29 ID:Y3vkLvmM0




:.:/イ三二ニ≡==------‐======彡'"´.:.:.ハ
::′}:.:.:.:.:.:.:.:.r-r云气 ̄:.:.:. ̄ ̄:.:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
八 j:.:.:.:.:.:.:.:.::>==<:.:.乂:.:.:.:.:>-从:.:.:.:.:.:.:.:.:.:'
:.:ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:f   rハ_}:.:.:.:.:.:ハ .(( }:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:八   リハ:.:.:.:.:.弍  刈.:.:.:.:.:.:.:.:.:;
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:! ー<  }:.:.:.:.:.ハー彳.:.:.:.:.:.:.:/
:.:.:.:.:':.:.:.:.:.:.:.:.:!       !:.:ハ从( .乂.:.:.:.:.:.:.:.:,ー-ミ        それに・・・兵から嫌われるのは、
':.:.:.: !:.:.:.:.:.:.:.:.: fr.  ^ヽ!/    ⌒ヾ:.:.:.:.:./   \
ハ:.:.:.|:.:.:.:.!:.:.:.:.' `ヾ:、__ 二 ____彡  八:.:.:..:i:ヽ          私もお前も、もはや慣れっこだろう?
 }:.::ハ:.:.:从:.:ハ  ∨±=±f彡" .イ.:.ハ:.:.::.:.∧
 }:.′}::((:ハ:::::.\ゞー-----=イ. .".:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
 レ /从:_:_:.\_:_:ハ.___:_:_::_゙__/.:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:∧_____




34 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:07:46 ID:Y3vkLvmM0




かけがえのないほど貴重な王立戦闘集団を守るためにダウディングが取った対策はまさに合理的だった。
損失を極限に少なく抑えるために、たとえドイツ軍機が来襲しても、空軍基地を狙わない限り迎撃しないというのだ。

英空軍を誘引することで防空体制を引っ掻き回そうとするドイツ空軍の狙いを的確に見抜いた対応だった。



  ∠=∞
 ⊂(#゚Д゚)       敵が祖国の空を飛びまわってるのに手を出すなだと!?
  /゙∀゙ノ∪       ふざけんな!俺たちは戦闘機パイロットだぞ!!
 / _ /         敵と戦うために国からカネもらってんだ!!
 し-J |l| |
         人ペシッ!!
       __
       \  \
          ̄ ̄



・・・だが、この方針は最前線のパイロットからは不評だった。
敵が母国の空を荒らしまわるのを見逃せというのは、まさにプライドの問題だったのである。





35 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:08:05 ID:Y3vkLvmM0




   ∠=∞
    (#゚Д゚)     マロリー司令官、聞いてくださいよ!
    (|゙∀゙|つ    サー・ダウディングは我々に戦いを放棄して
    |---|     ドイツ軍が故国を爆撃するのを傍観してろってんですよ!
    し `J


               ____|__ハ
               \   〈
                 \\\\ ∠\\     /
                  \\/./ノ  .へ \   /
                   \/) /   \\/
                     {/    | ̄ V        し・・・信じられん・・・!
  /^', .ハ               \    V ̄|    /
|⌒|  | | |  ハ             \     |   /      奴らにはプライドというものがないのか!!
|  |  | | |  | |              \   ハ  /
ヽ. \ \|⌒|」 {^ヽ_              ̄ ./V        それでも王立空軍の一員か!
 \ \ !   \_}_ \             / |
   \ \      ̄`ヽ             / ̄ |
    \        } |          /    |





36 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:08:25 ID:Y3vkLvmM0




                 ∧
          /|\| |
.           / .|  \ ̄ ̄\
       /  :|   \   \
        / ∩∩ | _ .∩ \   ',
      /,_. | | | |/::::::7| | ._. V/7 l      我々はブリテンの空を守る騎士だ!
    V..| | | |∠:_:_:_.イ.| | | | |  /  .|
    〉 .|_|_|_| |_| |  .|_| |_| |_| く  |      決して臆病者などではない!
    | | ̄| ̄\_|_./ ̄| ̄| |   |
    | |_` ―┘ └―‐'  .K.  :|      私はダウディングの方針などには従わないぞ!
    | レ1 `‐‐‐┬‐‐'´ ̄ ̄ | |.  |
    レヘ.|.     │    |\| |__〈      我が第12集団は戦い続ける!!
    / ∧     │    レへ∧  \
    | / ∧.     |     ∧ / \ ノ
/ ̄ /  .∧.   |    /  \  | \_


   ∠=∞
    (,,゚Д゚)     よっ大将!さすがっす!
    (|゙∀゙|つ    俺らマロリーの大将についていきますぜ!
    |---|     
    し `J



ダウディングやパークと対立するマロリーはやはりこの方針に馴染めなかった。
彼は変わらず攻撃的な姿勢を取り続け、二人との対立は決定的となっていく。





37 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:08:39 ID:Y3vkLvmM0




                         -‐─―- 、
                     / : : : : : : : : : : :\
                         /:/: : : /:{ : : : ヽ: : : : ヽ
                     /: :| !: : { ∧: : : : } } : : l: :',
          __          ,': : :j_レ-<ノ`ー<⊥_j_| :ハ       敵がいつまでも同じ手に
          〃 }\_      l: : イl==≠   ≠== ! : : l       引っかかってくれると思ったら
         {{,ノ::::..し{^Y\  |/:_:.:} _,⊥=  {  =⊥,_ ∧: :│      大間違いだよ!
          `丶、::::::.‘ーゝ(ヽ /:{ ヘ ::::.      .::: /ヽヘ:│
             (>r‐<_ /\{ : ゝ.__>、_ (二つ  〃 }.:ヽ}      喧嘩は搦め手奥の手隠し手の戦いだ!
         | ̄ ●〉  \:::.八: : : \_  ̄ ̄ ̄ ̄ ノ-く: : /
        _レ-―┴- 、  |>'ーヘ: : : :ヾー-‐ァー'´: : : :∨       マンネリした方からすっころぶのさ!
        /       \|    \: : :.\ヽ〔こ\: : : : \
      /          〉    ヘ\: : : ヽ\〉 \: : : : \
      ∨         {       '、ヽ: : : :Y \.<\: : : : ヽ
      /          }    \  l  |: : : |___ \>\: : : :}
.     /                \|  レヘ:│ `ヽ、\  Y: :ノ
.      〈                      〉 厂∨ ̄ ̄| `‐ヽ. ∨


       _      _       _
      γ=∞ヽ   γ=∞ヽ   γ=∞ヽ
     /つ,, ゚Д゚彡 /つ,, ゚Д゚彡 ./つ,, ゚Д゚彡   ∧∧∧∧∧∧∧
     ヽ ~|`:´ヽ ヽ ~|`:´ヽ ヽ ~|`:´ヽ  <            >
      ゝil,ア'(0)  ゝil,ア'(0)  ゝil,ア'(0)  <   ハッ!     >
      く __,ハ,ゝ . く __,ハ,ゝ   く __,ハ,ゝ  .<            >
      (,,__l,,__)   (,,__l,,__)    (,,__l,,__)     VVVVVVVVVVV





38 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:08:52 ID:Y3vkLvmM0




             /: : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ、: : :ヘ、
                /: : : : : :/ : : : : : :i::: : : : : : ;.: : : : : :ヘ: : : ハ
            j. . : : : ::|. . : : : : λ:::.: : : : :|、::: : : : : ::|: . . .|
              |. :/. . . .|. . . .|. . .| |. . . . . . .| V . . . . . |.. . . |
                |: :|: :/;ィ'|: : : :ハ;: :|. |::::i: : : : :| ∨:::.:.|: |、:: : :|
            |: :|:;/:;j |::‐-:|-|:、| |:::|i: : : :.:| _|;-‐:|::|:ヘ: : :|      敵はなかなかこっちの「餌」に
              |: :|::i:::::| L: ::」 |:;」ヽ|:」l:」: :.:」'´ L::::」リi:::ヘ:. :|      食いついてくれなくなったようだ。
           j: :|:::i:j::| _,ィチテォ、     ̄,ィチテォ、_  i:ヽ:::i: :|      学習したみたいだね。
           |: :/`ヽj y' ん:;ハ       ん:;ハ `y j;/´ヽ::.:|
           |:〈 ヘ,λ.` 込zリ       込zリ  ' / ,ィ 〉.:|      食いつかないならこっちから食らいつくまでよ!
           |:,/ヽ_o, ヽ、        '       / _o/ヘ::|
           |;j:::i::::::ヽ、 \    r--‐vァ    / /::::::::::::V      戦略目標を迎撃に上がった敵部隊の殲滅から、
            |::|:::::::i::::ヽ.ノ´ヽ、  `‐-‐'  /ヽ,/:::i:::::::::|::|      敵空軍地上基地の撃滅に切り替えるよ!
             |:::|:::::::i:::::::::\  `~ ̄ ̄ ̄~´ /:::::::|::: : :|::|
            |:::|: : : |::::::::::::::`┬───--‐i'::::::::::::: : : :i::|      何が何でも犠牲を強いてやろうじゃないのさ!
               |:::i: : : ::::::::::::::::::|ハ \ / ./ j:::::::/::::: : : |::|
           /ヽ|: : : :λ::::::::::ノ ヘ ☆ / /::::::/:::::::: : :|::|`ヽ、
          / /´ |: : : :::::|:::::::/ヽ、 ヘ   / {::::::::{::::::: : : :|リ\ ハ
           j`ヽ、 .|: : : :::::|:::::{   \ ヘ/ /ヽ、:::|:::: : : : :|'  / |





39 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:09:08 ID:Y3vkLvmM0




8月24日から始まった第11集団に対する猛攻は、30日になると迎撃部隊の殲滅から
地上基地の徹底的な破壊へと目標が切り替えられているのがはっきりした。

ケッセルリンクの第二航空艦隊は常に新たな戦法を取り入れており、
欺瞞行動と偽装飛行を繰り返しては隙をついて爆撃部隊を突入させたりと、イギリス側の管制官たちを翻弄した。



                                 ,.-―- 、,_
                               /: : :/: : : : : : : \
                              /:/: /:/|l:.:.:|: : : : l: : :ヽ
      _    ,.====== 、,_             イ/:.:`K ||:./|: : : : ト、: : i
\_    }仄y'´           `ヽ   ,__       リ:「行ミ`廴|七ヱ:/ !: ト: |
  l|    《//.: . : :      : : : .:Y´:三=\    /:,イ ヒッ   krクハ j|: ト: |    _____
  ||  ,r-// :   .: .:'"⌒ヽ  .:. . :.:lハ:三:三ハ  //j(_.{   '   `ー'  [_:_:ト: |   /|      /
/||>f‐{ {: :    ;、   ノ, 〉 . : :.:|| |三:三l | j/// !:〉、 `¨¨ r==≠=r=}=|====,》<、   /
 rl|三|__| l: .       彡  ..: .:.l| |三三ノノ  //:.:.|:》、_`ー‐ァ/_,イ个ーイ: :.| //    \/
__|三;三∧∨: .        . : : : /fn-<´ ̄ ̄ ̄`v'ミ'勺7/ /人:|: : :.|l: :.|  ̄ ̄ ̄ ̄
___/》=ヘ \: : .      . . :.://|| |¨¨¨了¨「¨¨Y:三:三//¨´ ,. ̄`辻:.:|
辷‐--イ7朮\`<.____,. ' ,∠/|_|以>v,/____| : : {三三/〕}  /   , '   さ、
、   _//__》'⌒ヽ, --―≦〔三三:三:| | ̄ ̄ ̄ ̄l} 下ミ`ヽ、{  /   ,  》,\
l `¨¨/三三{{:.:.:.:.:.:}}三f/⌒ヽV/..|_几,∨二二二二リ |:.:.》>、`ー〈__/ ,/:.]} |
   〉¨¨¨¨'》==<>―:{:.:.:.:.:.}} 「三三Y: . : : . : .\  /,!/| | \ \>イ-彳 |\
  /    /三:三:三:三`ー<〉¨¨¨`ヽ〉: . : . : . : . :∨ / ,/{, \  \_}》′/    ,}
 ./    /三/三三三三三/     /: . : . : . : . : . :∨ /  \ \__〈__,/   ,r'’
../    /三/三三三三三/     /: . : . : . : . : . : . :}/     \       __/



8月30日、ドイツ空軍は11時から18時の間に3回に渡り大規模な空襲を実行。

翌31日には朝から夕方まで、高度1500フィートから20000フィートという幅広い空域で
大規模にイギリス防空圏を突破、ロンドン南郊からケント東部に熾烈な攻撃を加えた。





40 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:09:25 ID:Y3vkLvmM0




英空軍の必死の迎撃にも関わらず、損害は無慈悲にも増え続けた。
特に脅威であったのはドイツ空軍のドルニエ爆撃機による低空侵入爆撃だった。



                   ______                                        _. _
                   |__   /  ___                         _   .__ .|  | |  |
                      /./   | _ `ヽ  _                     |.  \/   | |  | |  |
                    /./     |  ̄  .ノγ´ . `ヽ                     |.         | |  | |  |
                   /   ̄ ̄ ̄| | _ `ヽ |   ||   |                |  |\/|  | |─| |─|
       `:  ``:. ,,,;;;iiilllliii;;;,,, ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `|_ ̄_.ノ| 、.||   |                |  |    |  | |  | |  |
            ,,ilill''''"""゙゙゙'''llil;::,, ``:. ,,,;;;iiilllllllliii;;;,,   ゝ    .ノγ⌒ヽγ⌒ヽγ⌒ヽγ⌒ヽ ̄ .     ̄ . ̄  ̄
       、  .,,illii ‘.'  ,.'   : illl,,   ,,ilill''''"""゙゙゙'''llil:,,,    ̄ ̄.',. | || | | || | .| || | | || |
        '' ,,illii ,  .'       iilli,,,,illii ‘.'  ,.'   : illl,,`:  ``; ; 'ゝ、_ノ. ゝ、_ノ ゝ、_ノ .ゝ、_.ノ
____________ illill''゙  .'         iilli,, ,,,;;;iiilllliii;;;,,,,
                 \゙;  ,,,iillilllii,,,     ::;;li'.,,ilill''''"""゙゙゙'''llil;::,,      , ;
   第2格納庫        \  ,,,ilill''゙"""゙゙'llil   ‘.' ,illii ‘.'  ,.'   : illl,, `;  ´'
_____________\,,illii''゙‘.'  ,.     :;;:: ,  .'     ::;;  ,,,;;;iiilllliii;;;,,,,' ,.
                    \li ,;;;iii;;;,,         ,,,;;;iiilllliii;;;,,,, ,,ilill''''"""゙゙゙'''llil;::,,lii,,
                     |,l''''""         ,,ilill''''"""゙゙゙''.,,illii ‘.'  ,.'   : illl,,lili,
                ∧_∧ |‘.'  ,.      .,,illii ‘.'  ,.'   : illl,,.:;:;;'.,,illii''゙‘. ∧_∧  
                 (´Д` )  .'      ,,illii ,  .'       iilli,,.'illii ,  ∂,/ハ)ヽヽ  /⌒ヽ ̄ ̄/∠(|        ))
                 ⊂  ⊂ )         iilll      ・,       :;;::   |ハ´Д`ノ   〔 -=∋ ̄ ̄?ァ ̄∪ ̄ ̄ ̄|~~|l≫
                 :| Y  人,           ∧_∧           /  (  つ つ= ∂ ̄ ̄`ー―-∠ニニ\∈ー´((
                 |(_) J         ⊂(・∀・; )つ          |:::. 人  Y                Ъ       
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄し (_) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



レーダーに感づかれず侵入し、完全な奇襲を成功させ、高速で飛び去り追撃を振り切る。
これらドイツ爆撃隊の果断な奇襲攻撃は見事と言うほかなく、イギリス側に耐えがたいほどの損害をもたらしていた。





41 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:09:51 ID:Y3vkLvmM0





__
_/|  ____
._/:|_ __|____|
/o゚/。__(・_;_  )       ドイツ軍の爆撃によりどこの飛行場も
:/[] |____| ○       滑走路が穴ぼこだらけで離発着に使えません!
/,;//(∀・ ; )ノ       今、空に上がっている部隊の帰還場所を
_:/と⊂  ○┛       なんとか用意しないことには・・・
゚/l/( __ノ        
l/  し'━┯┛



     __ァーヘイィ´        二=ーァ
  .>'’               丶x '´
/                         ヽ、
フ’ /                     \
'7 /                      ヽ
'イ/ /                         ム
ム_/  .ィ´ `i              .ィア    ハ
  _ ̄/ 斤i .l   ,イ  _.>'フ/、./       ハ        民間飛行場を徴用してるけど、
=一ハ Ⅵ, l   .イ.ィ'´1!ヽ、 ´ヾ、イ     ィ    |
  _ .ィ".ヽ ` レ'l/ ′  ', j心, (/  ,//   i        それでも必要な収容能力に全然足りてない・・・
   .ィ  ハ         `ー’`/  / ,イ  ,  ∧
. // .イ i     u      7,ィ'、ィ/   / /         周辺に障害物のない平地に急造の
/ ,/ / .! ハ             ´ ヽ/  .ィ’ /
.,/ .イ ハ iハ  U    ー 、  r ´ 7/i/           野戦飛行場を設けて、そこに駐機しよう!
  / i / i li >\         ‘r、'  ′
, イ!  l' .Yソ@, > 、   .ィ´  \               
>=ーュ、  》。    `≧´ ト、    \
、 `'・ュソリr'`'<   く / A iハ iヽ   \
 ヽ、 ノノ’`ヽ、 `丶、,.〉/ハ! Ⅵilil`丶. \,





42 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:10:05 ID:Y3vkLvmM0




「敵空軍を地上で撃滅する」ために航空基地を重点的に攻撃するドイツ空軍の戦略は
極めて大きな効果をもたらしていた。



                                       人
                                      _,f´
                                    r'⌒乂_   _,_ノ゙
                                   (⌒′   `γ´
                               (乂_      乂
                                γ⌒ヽ(     /⌒ ー=
                            (゛ ノ゙  `て  ノ   _,. -‐
                              r'⌒ゞ' (_,   `" >'⌒ヾ゛
                           /(`)   ノ,. ~゙  (_    `
                         (. (_,`ヾ 〃'" /`ヽ-‐'
                      r'⌒( ノ)丿{ 、_ ヽ
                      ゝソ )´,. 、γ ヽ ) |i
                      ノ y‐-'ノ'´. ´゙ {ニニニIニニニ}
____               _,ゝ' /⌒) /   ヽiロi∨//
AirPort|          r'⌒ー~'ノ⌒゙ (`´ )゙   y".|:::::|;;;;;||
ニニニニニニニニニニニニニニi   )'~⌒)'´       ) ノ   ( |:::::|;;;;;||
                | γ゙ /       / , '' ̄,r''"´⌒`"'ヽ、|
[] [] [] [] [] [] [] [] [] [|__ノ ,′    /´r'´  r'´_____ ___ ヽ
ニ;ニ;ニ;ニ;ニ;ニ;ニ;ニ;ニ;ニ;ニ;ニ].................................| ̄ ̄:|:    ┌─┐  |
,','| | |,',',',',',',',',','| | |,',',','|卅卅卅卅卅卅卅卅卅ij|:    | :i:. |  .|卅卅
          ̄ ̄´´゜゜'""''´`''""''´´゜゜'""'' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´`''""'"



英空軍が日中使用可能な航空基地は軒並み破壊され、徴用した民間飛行場もすぐに攻撃の標的となったため、
戦闘機部隊は急ごしらえの野戦飛行場を使わざるを得なくなっていく。





43 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:10:20 ID:Y3vkLvmM0




足回りの強い英軍機は草原地帯でも容易に離発着が可能であったが、設備の欠いた野戦飛行場は何よりも
地上勤務班にとって厳しい環境だった。



                               ,.,;:;::、、,,:.:,..
                               ,,;:;:;。;,;:::;::::;,..
                             ,.,:,,:;;:;::;,.,。,.,:,;:;::;,.
                               ''"''yi''""''yi''"
         ,.,., ,      ..,.  .,,.    .,.  .,,.    .,..ili  .,,,.il   .,.  .,,. ,
""'"''"'""''"''"'"'"'"' """'"''"'""' '"''"''"'''"'" ''"''""'"''"'"'"''""'"''"'"''""'"''"""''""'"''"'"''""'"''""

                                  ∠=∞
                                  ,(;゚Д゚)つ        <おいおい、野ざらしかよ!
     """"        ""'"""        ))__ (ノ 、ノ|ヽ__/ ̄|
                           ≪l|_   ̄ ̄=◎= ⊂⊃ノ
                            ((  ─__⊆二二⊃ノ
    l:::::::::i_
   (,,゚Д゚)  <整備班も大変だぞゴルァ!             '""""'"
  ヽ,/つ つ
 と(  _ノ         """'                                    '""""'
   U
              ""                    "'""""
                            """"



コンクリート格納庫も掩蔽壕もなにもない野戦飛行場では、爆撃を受ければ容易に補給備品と
地上の整備要員らに多くの犠牲を出してしまうからである。

次第に、地上スタッフの犠牲も看過できないレベルに達しつつあった。





44 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:10:40 ID:Y3vkLvmM0




                l
              |
                |
    ┌――――――|.   兵
    |! r―――‐=‐|.   が
    |! |`  ボ   '  |   哀
    |! |   ソ `  l   れ
    |! |:  、 ッ  ,  l.  だ
    |i |:::   r‐'`v;;;;7ヽ
    |i::::|::::....:  !ii|;;;;;;;;l|ii.|;;ヽ
    |i::::|:::::::::....ii.i;i、 ,_,,l.| l;;;;;,:`ー--‐
    |i::::|:::::::::::::i'l:i_,)!(_| |i|;;;;;;;;;;ト:r‐{
    |i::::|:_:::;='/!lii、-‐、l!| ト,、;;-‐'´,,,__
    |i::::|〈;;. /,!i.il| `ー'ヾ>i|-'_,r'´lヾ;;;
    |i::/:|(./.:/lli||`スメJl|i|l~;', ゙;{/;;;;
    |ir! :l/.::/;;|ilト,Y!l8ノ!ll|l:::.';', l' l,ミ、
    ゾy'_;;:/;;;;lil|ly:':|lノリ!l|;;!::::';',レ'lミ;;
   / .;ニ!>'/;;;;;|li|l::::;;;l'll.!l|| lー<マl.';;;
  /.:::i'' :::::/;;;;;;;;;;::;:::..:::;;;;;;;!;;;;;l::::: ll'!::';
rイ.::::/! ::::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;:;;;;;;;;;;;;;;i::::. l|:l::;
l:`:ー/,l!:::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,!:::.|li. F
>ー^'l!::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i:: l::! l





45 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:10:50 ID:Y3vkLvmM0




          _ ,,-r'ヽー‐-- - ,,
       ,,-''~  _    : : : : : ヽ、
    /::`':::~   /;;;;;l :::.. : : : : : : ヽ、
   /.::: ト、:::  /;;;;;;;;|  ::..  : : : : : : ヽ
   / ::: |;;\  l;;;;;;;;/   ::.. : :     ヽ
  / :::: |;;;;;;\{;;;;;;/ ,,   ::.      . . :ヽ
  /  : :  |;;;;;;;;;;;;;;;/ l.|ヽ, _   : : : : : : :ヽ
  {     |;:ト'''''''' { 1| /ゝ,,, ::::: ::.     ヽ        ダウディング!
 |    ト=、、,  |/ !'r'戈ぐ  ::: :::.  :  ヽ
  | ::  : | .,-'`'ヽ|;〈     )ヽ ::: :::::::.  ::.  ヽ      もはや黙って見ていられん!
.  | ::: : |.{     }i '`、 ,,、‐' ヾ`、:::::::::::. : :::.   ヽ
   | ::: ヽ | ヽ-‐'ノ_,,     ヽ, :::::::|l::::  :::::.  ヽ     王立空軍・・・特に第11集団の損害は
.   | .:::  ::ヾ、ヽ、   、-‐‐'======・~|::::.  :::::::.
   | :::| :: .::lヽ::.` ‐ 、_~   / | .::| .|:::::.  :::::::.       限界に達している!
.   |.:::| :::  | l:::. |:::::::::ー ‐'l/| .::|  |:: ::.  ::::::::.
    |:::|: :: .::::|::. ::::::: ::: / .| .::|/ |::: :.....        一旦テムズ川以北に部隊を後退させろ!
.    | |:: :  .:::|:::: : :. :. :.{ '^l, .| .::| /`-,,:::
    ||::::. _,,--‐‐-‐‐‐⊂,'~i_r| .::|/    ~ ー --     ドイツ空軍の作戦活動圏外で
     ||l:::ヾ、     _,,- 'ー―| .::|
     |l |:::_.ヽ  _,,-''~ /  /| .::|              傷を癒す時間を与えるのだ!
    ノ ,,|~ _,,-''~   / /  .| :::|
  ,,-''~  r'     //    | :::|





46 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:11:03 ID:Y3vkLvmM0




        l   /            |   |
        | /             |  j|
        |.イ        U   | .' |
        小{                l / |
       l|_|__`ヾ、            ノ′ .|
       込__テミ \   〃-一====l=ー
       |ー--一ヽ    /´ォ弌__テミ辷
       |      lr==ミイ  ` ー--イ |
       |    ノ.::   |        |
      lt一 ´ .:::   弋       イ j       これ以上は本当に全滅してしまうぞ!!
      l|    ..:::ノ    ヽ、 ______彡'
      l| u   ヾ r          |
      l|、  ー-、 ___       /|
      .小ヽ  ` こ__V7ハア´  // |
      l| ',∧     V/ハ  / /  .|
      l| ',:.:ヽ     V/ハ  /   |
      l|  \:.:` ー--イV/ハ/     |
      l|   \:.:.:.:.:.:. >V/ハ      |
      l|       > /  ⌒      |



           f≪_       _.厶斗==ミfp  ̄ハ_
   _ . . .-‐:=:=:}ー--===≦三___斗<二二ニニ   { : : : ̄ :_:二ニ≡
 ̄. : : : : : : ::厶_ __         __乂f====彡ニ二三三三三三
__: : : : : : : : : : : ̄三三二二三 ̄ : : : : : : : :-===≡ニ三三
三二ニ==-‐ : : : : : : : : : : :______________三三二ニ==-
三三二二ニニ====--‐―    マ.:.:.:.:.:.ィ"    Y.:.:.:.f⌒v:| ̄
         /.:.:.i i.:.:.:i{     :}i:.:.:.: i{ .ィfr;メア}i.:.:.::}fハ }:|
           イ.:i. ∧从 八     八f.:.:八  ̄  八.:.:.:'リ ィ.:!            ネガティブだ、チャーチル首相。
.         乂ハ.:.:.i.{.:.:{ .ゞ=< ハ.:.:.:ハ =彡!i.:.:..:}/.:.::|
         )) }.: 从.:ハ        j|.:.从    从.:.:.{ハ八            第11集団には現在地を死守させる。
          八.:.:.:.:从     .∧:乂    イ.:.:..:..{∧{
         / :}/ハハ               从!.:.リ :\ー .          安全地帯への後退などもってのほかだ。
    _>. :´ : : : : 乂∧ f r_ .ィvr===-ミx  ./八((: : : \ `: : .
ニ二三/ : : : : : {   ∧ゞ  ̄二ニニ 二 ̄  イ(  ∨ : : : .\: : `ー-
三二_イニ=- : : : : ハ.   \        /    .′: : : : :.\: : : :
二ニ/=-_ : : : : : :.∧    \      /    ./. : : : : : : \: : :





47 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:11:27 ID:Y3vkLvmM0




    |i |:::   r‐'`v;;;;7ヽ
    |i::::|::::....:  !ii|;;;;;;;;l|ii.|;;ヽ
    |i::::|:::::::::....ii.i;i、 ,_,,l.| l;;;;;,:`
    |i::::|:::::::::::::i'l:i_,)!(_| |i|;;;;;;;;;;ト:r‐{       では、このまま犠牲を出し続けよというのか!?
    |i::::|:_:::;='/!lii、-‐、l!| ト,、;;-‐'´,,,__
    |i::::|〈;;. /,!i.il| `ー'ヾ>i|-'_,r'´lヾ;;;       ようやっと航空機の生産が軌道に乗り始めたが、
    |i::/:|(./.:/lli||`スメJl|i|l~;', ゙;{/;;;;
    |ir! :l/.::/;;|ilト,Y!l8ノ!ll|l:::.';', l' l,ミ、       今度はそれに乗るパイロットがいなくなるぞ!
    ゾy'_;;:/;;;;lil|ly:':|lノリ!l|;;!::::';',レ'lミ;;
   / .;ニ!>'/;;;;;|li|l::::;;;l'll.!l|| lー<マl.';;;
  /.:::i'' :::::/;;;;;;;;;;::;:::..:::;;;;;;;!;;;;;l::::: ll'!::';
rイ.::::/! ::::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;:;;;;;;;;;;;;;;i::::. l|:l::;
l:`:ー/,l!:::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,!:::.|li. F
>ー^'l!::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i:: l::! l



         ///////////>.:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.        ///////////.イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
..    /////////////.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>=ミ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:
   //////////////.:.:.:.:.r=ミ{.:.:.:{{えrォリハ:.:.fハ:.:.:.:.:.:.:.:.    人間も足りない分は補充できる。
  .イ//////////////.:.:.:..:.{{: : :从:.:.ゝ--イ 八.:{ri{.:.:.:.:.:.:.:.:
 ///////////////.′:.:.:.:从ー〈 乂:乂    }:ハ/.:.:.:.:.:.:.:.:    訓練課程中のパイロットを繰り上げ修了させ
.////////////////i..:.:.:.:.:.:..∧  ヾソ       从!.:.:.:.:.:.:.:.:.:
乂//////////////,|.:.:.:.:.:.:.:.:.∧ r r== ー ヽ 从.:.:.:.:.:.:.:.:.:    前線部隊に送り込む。
  ` ー‐ --------ノi:.:.:.:.:.:.:.fくハ   ̄ ´   イ  }ハ.:.:.:.:.:.:.
            从∧(乂  .∧     イ  /.i:{乂ハ:.    また部隊のローテーションを切り詰めれば
                   ィ//,ゝ _.ィ"> ´/.i: イニニ`ヽ:
                /,//// ノくf⌒ヾ./イ ./ニニニニ-\   航空部隊の稼働数は確保できる。
               /.//// }ニニ〉rく  .:/ニニニ=-<ニ
           ,   ´./////  ノニ_イ   .::/ニニニニニニニ.`ヽ





48 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:11:42 ID:Y3vkLvmM0




          _ ,,-r'ヽー‐-- - ,,
       ,,-''~  _    : : : : : ヽ、
    /::`':::~   /;;;;;l :::.. : : : : : : ヽ、
   /.::: ト、:::  /;;;;;;;;|  ::..  : : : : : : ヽ
   / ::: |;;\  l;;;;;;;;/   ::.. : :     ヽ
  / :::: |;;;;;;\{;;;;;;/ ,,   ::.      . . :ヽ
  /  : :  |;;;;;;;;;;;;;;;/ l.|ヽ, _   : : : : : : :ヽ
  {     |;:ト'''''''' { 1| /ゝ,,, ::::: ::.     ヽ       訓練不足のアマチュアと
 |    ト=、、,  |/ !'r'戈ぐ  ::: :::.  :  ヽ
  | ::  : | .,-'`'ヽ|;〈     )ヽ ::: :::::::.  ::.  ヽ     疲れ切った兵士でドイツ軍に勝てるのか?
.  | ::: : |.{     }i '`、 ,,、‐' ヾ`、:::::::::::. : :::.   ヽ
   | ::: ヽ | ヽ-‐'ノ_,,     ヽ, :::::::|l::::  :::::.  ヽ    目先の数字は確保できるが、
.   | .:::  ::ヾ、ヽ、   、-‐‐'======・~|::::.  :::::::.
   | :::| :: .::lヽ::.` ‐ 、_~   / | .::| .|:::::.  :::::::.     結局は質の低下が犠牲を
.   |.:::| :::  | l:::. |:::::::::ー ‐'l/| .::|  |:: ::.  ::::::::.
    |:::|: :: .::::|::. ::::::: ::: / .| .::|/ |::: :.....       増やすだけではないのか!?
.    | |:: :  .:::|:::: : :. :. :.{ '^l, .| .::| /`-,,:::
    ||::::. _,,--‐‐-‐‐‐⊂,'~i_r| .::|/    ~ ー --
     ||l:::ヾ、     _,,- 'ー―| .::|



                     ___
                   r'´        ̄三二ハ
                   }三ニ=  ー-=三三!
                   }三三ニ   ≧三三{
                   }rー-<__三二ニr<_{
                  ノ ̄  ー<r '"´__彡 ー====≡ニニ≡==ー-ミ
           __ . - '"´三ニ=ー<  ≧三三三二ニ=- '"´ ̄    __ 彡 ゙
  rー_‐=≡ニ三=- _        __ 二ニ=-=才:r=i--― ‐  "   ̄
  `ー-=ニ二三三≧ニ==- -=才f::::{{: : : }メ人: : :从:::::!                 その通りだ。
          ̄        从从` ´ i|ハ  厂:::乂
                  /}::::ハ   ヽ_り  .′:::{ \               質の低下が犠牲の増大を招き、
                 / ∧:::::厶 辷=.ア ' }ハ从  ∨
            .  : ´:'  :三fハ从ト ヽ  ̄ .厶イ/ }}=-_  '.: : .            それがさらなる質の低下につながるだろう。
        . : : ´    /  ニ二{   }} .ゝゝ-イ  {{  {:三_  ∨ `: : .
    /⌒f         /  :ニ二{ ,八o /.⌒Yo .リ  }.≦    ∨    `ーrーく    間違いなく最悪の悪循環にハマる。
   /ニ_  :{     _:/   =ニ二}   ∨}r--{ヘ/:.  {三__   ∨     }: ハ
    }ニ7  }=ニ二三./   .-=ニ三}   才 i {.∧    {ニ=_   _彡三二ニニ{  ∧   だが、それでもやらねばならない。
.  /ニリ ∧:{三三三≧=--ぇ :-≧{  /:/ { i| :∧   {≦  <:三三二ニ:リ ハ :∧
.. /:ニ/ /ニ-∨ニニ_> ´  _-ニ三} ..′}/  }  ∧   }二        {三-/ }弍  \
. /:ニ/ 'ニニ_八三三}     ≧三ニ} ,  :{  :}    \:{三ニ_    ∧=/ ハニハ   〉




50 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:12:05 ID:Y3vkLvmM0




        l   /            |   |
        | /             |  j|
        |.イ        U   | .' |
        小{                l / |
       l|_|__`ヾ、            ノ′ .|      ・・・これが貴官の戦い方か、ダウディング。
       込__テミ \   〃-一====l=ー
       |ー--一ヽ    /´ォ弌__テミ辷     故郷の街を爆撃しようとする敵を前にして、
       |      lr==ミイ  ` ー--イ |
       |    ノ.::   |        |      パイロットに戦う許可を与えず基地に縛り付け、
      lt一 ´ .:::   弋       イ j
      l|    ..:::ノ    ヽ、 ______彡'      そうかと思えば、今度は壊滅すると分かり切った
      l| u   ヾ r          |
      l|、  ー-、 ___       /|      薄暗い戦いに彼らを放り込む・・・
      .小ヽ  ` こ__V7ハア´  // |
      l| ',∧     V/ハ  / /  .|      こんな、恥辱と苦痛にだけ塗れた戦い方が・・・
      l| ',:.:ヽ     V/ハ  /   |
      l|  \:.:` ー--イV/ハ/     |      貴様の戦い方なのか!
      l|   \:.:.:.:.:.:. >V/ハ      |
      l|       > /  ⌒      |




:.:/イ三二ニ≡==------‐======彡'"´.:.:.ハ
::′}:.:.:.:.:.:.:.:.r-r云气 ̄:.:.:. ̄ ̄:.:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
八 j:.:.:.:.:.:.:.:.::>==<:.:.乂:.:.:.:.:>-从:.:.:.:.:.:.:.:.:.:'
:.:ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:f   rハ_}:.:.:.:.:.:ハ .(( }:.:.:.:.:.:.:.:.:.}       そうとも首相。これが私の戦い方だ。
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:八   リハ:.:.:.:.:.弍  刈.:.:.:.:.:.:.:.:.:;
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:! ー<  }:.:.:.:.:.ハー彳.:.:.:.:.:.:.:/        合理と打算の産物。
:.:.:.:.:':.:.:.:.:.:.:.:.:!       !:.:ハ从( .乂.:.:.:.:.:.:.:.:,ー-ミ
':.:.:.: !:.:.:.:.:.:.:.:.: fr.  ^ヽ!/    ⌒ヾ:.:.:.:.:./   \     戦場のきらめきや美というものとは
ハ:.:.:.|:.:.:.:.!:.:.:.:.' `ヾ:、__ 二 ____彡  八:.:.:..:i:ヽ
 }:.::ハ:.:.:从:.:ハ  ∨±=±f彡" .イ.:.ハ:.:.::.:.∧       まったく縁遠いものだよ。期待せんでくれ。
 }:.′}::((:ハ:::::.\ゞー-----=イ. .".:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
 レ /从:_:_:.\_:_:ハ.___:_:_::_゙__/.:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:∧





51 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:12:27 ID:Y3vkLvmM0




     __ァーヘイィ´        二=ーァ
  .>'’               丶x '´
/                         ヽ、
フ’ /                     \
'7 /                      ヽ
'イ/ /                         ム
ム_/  .ィ´ `i              .ィア    ハ
  _ ̄/ 斤i .l   ,イ  _.>'フ/、./       ハ        も、申し訳ありませんが首相閣下。
=一ハ Ⅵ, l   .イ.ィ'´1!ヽ、 ´ヾ、イ     ィ    |
  _ .ィ".ヽ ` レ'l/ ′  ', j心, (/  ,//   i        私もダウディング司令官と同意見です。
   .ィ  ハ         `ー’`/  / ,イ  ,  ∧
. // .イ i     u      7,ィ'、ィ/   / /         我が第11集団の戦略目標は、英南部の
/ ,/ / .! ハ             ´ ヽ/  .ィ’ /
.,/ .イ ハ iハ  U    ー 、  r ´ 7/i/           制空権をなんとしても握り続けること。
  / i / i li >\         ‘r、'  ′
, イ!  l' .Yソ@, > 、   .ィ´  \               テムズ川以北では私達の目的は達成できません。
>=ーュ、  》。    `≧´ ト、    \
、 `'・ュソリr'`'<   く / A iハ iヽ   \
 ヽ、 ノノ’`ヽ、 `丶、,.〉/ハ! Ⅵilil`丶. \,





52 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:12:39 ID:Y3vkLvmM0




                            _
            ヽ 、 _       lヽ. / /
            \  ̄ 二ニ丶.l  V.  /
           __ .>           `丶、
       .>'  ̄                   `ヽ
    / ___/                    ヽ.
       ̄   /                       ム
          /                         ヽ   ハ
.        / ,'        i i     i!      ',  ハ         たとえ満身創痍でボロボロであろうとも・・・
       / /    i  , .i l i      i!Ⅵ /i i  .i i  i
        / /     l  /i/レ' l/Ⅵ   l! Y lヘi   l Nヘl         私達がここに存在し続ける限り、
        l/Ⅵ   i  l.ィ仍 抃、Ⅵ  ./ィ 佗.心ヾ、i .i ト、
        ∨   ハ.ィ' 込 爿 . Ⅵ /ハ 比 升  i _i .リ \        敵は英本土上陸に踏み切れないはずです。
          /∨N/l. ハ. 弋i夕 ’ Y    .之歹 /イ.!.リ   ヽ
.      / .ィァ  ムヘ ト "" ゙      " ゙゙ ` /ィi7i/ヽ \、`,      私達の目的は自分自身を守り続けること・・・
     // / フ  ム i      ,i        /ノ  ヽ、ヽ、ヽ,
          ´/    ヘト、      ´    u  /´ヽ     \ヘl    でも、それは、ただ生き残りたいからじゃない
        7       /  \   ー.一    / .∧ヘ   、ヘ.l
        // 7   /  r≦ \      /i、`i) ∧ 'マム. \       それが英国本土を守ることにつながるからです。
         /´ ,/ ,ィ’  i}ュュ  >    <  iィ’i{! ∧ 'マム\l
           ////7´ト、 {Pi三二二三oi} 人≧ュiヘl
           _.>'’ニ'イi ヽii `ヾニ二ニ ィ'’ii.ィ  ヾ、 `丶、 __ ‐-、
      ,.ィ仁三 >'’ア ヾjiへーニニニニー'’ijヽ   `'・ュ.,二ニi  i lヘ、





53 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:12:51 ID:Y3vkLvmM0




              /                          \
              /       ;                  ',       ハ
          /   /    l!             ハ    '       ',
            /   ,'     l  i    i    ハ i i     !   i     l         じ、自分の身を守るために、
          /.ィ   ;     i  l    i   .i i l  !    i    !   i!
       //l   !     ハ l    ハ   l!ハi≦ヘlハi l!  .i    ト,        敵の本土上陸を招くくらいなら、
         l  .i      i.l>ィ升卞、',  :l .ィ佗圷、, /.l  .i    /
           l   !     〈 i  弋 夕 ヽ\ト、 叱リ 〉 l  /   /          わ、私たちは・・・
           l  .i  ト、ヽ l.〉 ` ‐-  ´ :   ` ‐- ’  //リ ,ィリ
          ∨ ! l!  ! 〈        u.  i           ∧l ./レ'_ _        全滅するまでここで戦います!
.      <  ̄Ⅵl  i  i_∧  u.      ヽ      U  ∧ l/   __   ̄ >
.  <  ̄  ̄  ̄∨ ̄= ―.∧     , ‐‐ - ─、     /   ̄ ̄  ニ=一、
     `>一─ ─ー=‐一  \   l/      ',!   ,.'  ― ――一 ─  \
   <  ̄  ̄ ̄  =ー―   .l >、 ` ー一 '   / iヘ = ─ ─ ─‐一  <
  __/ ̄ 7ー-‐-< // /}≧三 >、      / .ィh、ヽ__  -‐ 二 ̄ iユュ.、
 /   ハ  /三二=ュ   ̄三ユニ} h三≧<> <>'7/リハ、__三三二ニニ=ュ/ /ヽ,
./   ∧ /   `ヽ、, >、ー‐〈リハくノ   `l二二二l 〈〈 〕〕ソ  7 `ヾ>'’ ̄  l7 /  ヽ,



                     ___
                   r'´        ̄三二ハ
                   }三ニ=  ー-=三三!
                   }三三ニ   ≧三三{
                   }rー-<__三二ニr<_{
                  ノ ̄  ー<r '"´__彡 ー====≡ニニ≡==ー-ミ
           __ . - '"´三ニ=ー<  ≧三三三二ニ=- '"´ ̄    __ 彡 ゙
  rー_‐=≡ニ三=- _        __ 二ニ=-=才:r=i--― ‐  "   ̄
  `ー-=ニ二三三≧ニ==- -=才f::::{{: : : }メ人: : :从:::::!
          ̄        从从` ´ i|ハ  厂:::乂                 ・・・首相。これがエア・ビーイングだ。
                  /}::::ハ   ヽ_り  .′:::{ \
                 / ∧:::::厶 辷=.ア ' }ハ从  ∨              「存在しない」のでは生き残っても意味がない。
            .  : ´:'  :三fハ从ト ヽ  ̄ .厶イ/ }}=-_  '.: : .
        . : : ´    /  ニ二{   }} .ゝゝ-イ  {{  {:三_  ∨ `: : .          どれほど苦しく惨めでも「存在」し続けねばならん。
    /⌒f         /  :ニ二{ ,八o /.⌒Yo .リ  }.≦    ∨    `ーrーく
   /ニ_  :{     _:/   =ニ二}   ∨}r--{ヘ/:.  {三__   ∨     }: ハ
    }ニ7  }=ニ二三./   .-=ニ三}   才 i {.∧    {ニ=_   _彡三二ニニ{  ∧
.  /ニリ ∧:{三三三≧=--ぇ :-≧{  /:/ { i| :∧   {≦  <:三三二ニ:リ ハ :∧
.. /:ニ/ /ニ-∨ニニ_> ´  _-ニ三} ..′}/  }  ∧   }二        {三-/ }弍  \
. /:ニ/ 'ニニ_八三三}     ≧三ニ} ,  :{  :}    \:{三ニ_    ∧=/ ハニハ   〉





54 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:13:05 ID:Y3vkLvmM0




 _/  ー-    ̄ o`Yp ___厶斗<三三三三三三三三三三三三三
_}≧==―――=≦三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
二ニ=-      _≧三三三三三三三三三三三三三三二ニ=--   ̄
=-       __三三三三三三三三三三二ニ=-‐:::::: ̄:::::::{
_    -―==ニ三三三三二ニ=-‐_r弌fiリナハ:::::::::::::::イ⌒:::::ハ
     _ ≧三三三二ニ=-‐.::: ̄::介:...二 イ::::::::::::::::{f{ リ::::::::乂          これから私とパークは、
_____≧三二ニ=-===ミ: :∨::::::::::{ハ::{> -<::::::::::::::::::八j {:::::::::::::::`ヽ
 ̄: : r<::::::::::::ハ::::!    '.f∨::::::∧从    ヽ:::::::::::::{乂イ:::::::::::::::::从       意地でも「存在」し続けるつもりだ。
: ::::::::`ヽ}:::::::::::{ }从     }}i!\::::::{{ )).     }:i::::::::::|!り:::::::::::::::::::{:! \
::::::::::::::::}i::::::::ii:乂(     .イ゙i|:  ヾ从      从:::::::::i':::::::::::::::::::::::八   ヽ    前途あるパイロットたちを
: ::::::::: 八:::::::j{{  >-=彡" i|:   }::ハ>==≦ i:::::::::,::::::::::::::::::::::::;  `ー-
::::::::::::::::: i::::::ハ f r'   ヽ :{   .イ(  ー-ミ   リ:::::/::::::::::::::::::::::/ \       魔女の釜に放り投げ続けてな。
:: ::: ::: :: :从:::::∧ ヾトー-ミ ゝ-イ      ヾ7 .′:':::::::::::::::::::::::イ.   ヽ__
: : : :: : : :::ハ:::::∧   汽坏辷ー-- -r iア´/" .イ.::::::::::::::::::::::::!从.    ∨`ー  なのでテムズ以北に後退はしない。以上。
:::::::::::::::::::::::::}::::::ハ   ゝハ±±±ハイ . イ /.:::::::::::::::::::::::::::八 .      ∨
:::::::::::::::::::::::::i::::::::::::ヘ  `ー=====-- イ  〃.::::::::::::::::::::::::::(           ∨



    |i |:::   r‐'`v;;;;7ヽ
    |i::::|::::....:  !ii|;;;;;;;;l|ii.|;;ヽ
    |i::::|:::::::::....ii.i;i、 ,_,,l.| l;;;;;,:`
    |i::::|:::::::::::::i'l:i_,)!(_| |i|;;;;;;;;;;ト:r‐{       ・・・もういい、好きにしろ。
    |i::::|:_:::;='/!lii、-‐、l!| ト,、;;-‐'´,,,__
    |i::::|〈;;. /,!i.il| `ー'ヾ>i|-'_,r'´lヾ;;;       もはや貴様らは私の手に負えん。
    |i::/:|(./.:/lli||`スメJl|i|l~;', ゙;{/;;;;
    |ir! :l/.::/;;|ilト,Y!l8ノ!ll|l:::.';', l' l,ミ、       だが、一つだけ言っておく。
    ゾy'_;;:/;;;;lil|ly:':|lノリ!l|;;!::::';',レ'lミ;;
   / .;ニ!>'/;;;;;|li|l::::;;;l'll.!l|| lー<マl.';;;
  /.:::i'' :::::/;;;;;;;;;;::;:::..:::;;;;;;;!;;;;;l::::: ll'!::';
rイ.::::/! ::::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;:;;;;;;;;;;;;;;i::::. l|:l::;
l:`:ー/,l!:::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,!:::.|li. F
>ー^'l!::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i:: l::! l





55 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:13:20 ID:Y3vkLvmM0




        l   /            |   |
        | /             |  j|
        |.イ            | .' |
        小{                l / |
       l|_|__`ヾ、            ノ′ .|
       込__テミ \   〃-一====l=ー
       |ー--一ヽ    /´ォ弌__テミ辷
       |      lr==ミイ  ` ー--イ |
       |    ノ.::   |        |
      lt一 ´ .:::   弋       イ j        貴様ら・・・兵に恨まれるぞ。
      l|    ..:::ノ    ヽ、 ______彡'
      l|    ヾ r          |
      l|、  ー-、 ___       /|
      .小ヽ  ` こ__V7ハア´  // |
      l| ',∧     V/ハ  / /  .|
      l| ',:.:ヽ     V/ハ  /   |
      l|  \:.:` ー--イV/ハ/     |
      l|   \:.:.:.:.:.:. >V/ハ      |
      l|       > /  ⌒      |



                 ̄  7                      \
                  /                        ヾ、ヽ
              ,.イ                         '. `\
.               /        /           /1 ハ     l
           / -‐ァ  ,     /           ,伝!/リ !       |
.            /´  .′ イ    .′            /zテ示ア}     !l
.                i ∧j|    イ     /     /´乏zソ.イ  /}  .'j≧-
              ∧{.イ|  / i  .′〃    /'ー -‐彡j / .′/!′ `丶、
.             _,.ィ´_/|イ/ l ./! / .′ j  /     //}/j/|′ ≦ ̄        ・・・もう、恨まれておりますので。
              ̄ /  l' |从 | ./ |/ i   イ ./i    u /´ / `ヽ   `: .、
.            / .r ´  ̄ ̄ |/ ヘ  |ル' !/ ::!       ∧   \、   \
.           /イ/: : : : : : : : : : : :ヽ  、___   -‐'   イ、 ヘ 、   ヘ  ー-  \
          ,. イ:i: : : : : : : : : : : : : : :ヽ、        / ノ \!、 トミ 、\     ̄`
           /: : :!:::|.:.: : : : : : : : : : : : : :ト、>  _  イ 〆: : :jヽ、` ー-  .,_
.           j.: : :.{:: l: : : : : : : : : : : : : : :|::会ュ。.;_二_:彡イo:}:::ノ::::::ヘく`ぅ: : : : : ̄`≧ー- 、
.         /ヾ: : ヘ:ハ.: : : : : : : : : : : : : :.}、o: : r西ォ.::.: : : ∧:::::/: :` ー―: :‐- ァ ´: : .:.:.::`ー-.
.      _/: : : :\:::::::ヘ.:.:.: : : : : : : : : : : .! へ : : : : : : : : : _:イ/ : : : : : : : : : : :/.:.:.: : : : : : .:.:;:;;
. .___ .ィ´ヾ.: .: : :ヾ、::::::::ヘ: : : : : : : : : : : : :廻_;>ーー‐r≠''´/'´:.: : : : : : : : : : / : : : : -‐''"´.:.:;:;;;
. イ: : : : : : : : : : : : : \::::::::ヾ: : : : : : : : : : : : : : :`¨¨¨´\ : :{: : : ;へ : : : : : : /: : : : : : : : : : : : .:.:;;





56 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:13:35 ID:Y3vkLvmM0




・・・戦闘機部隊をテムズ川以北に一時的に後退させ、戦力回復まで避難させる案が出されたが
ダウディングはこれを拒否した。



                                    __
                                    /|: : :.:::|
                                l   | : : : :|
                                 |   |: : :. .:|
                                 |   |: : : :.:|
  iv'ヘ                                |  |:|l==|
  | ;`;|                            |  |:|》: ::::|        i'1
  | ;'l:|           i'`'i             、       /|  |:|\ : |  .      |;'|       ,、
  !:`l'|  ζ\     |;`;|             ∥       〕 .|  |:|  || | ./\   _.|;'|       /.:〉
-、_|_.;l:|   \';、\  :|':i;;|     .  i'1   ||/>  r┘.:|  |:|  ||::| |  ∥‐┘ .:|';|──へ./.:/_r‐
ー|_}:;|    \';、.\|;';;;|   ./〉 |;|_r//  /| ̄\:|  |:|   ̄ .:〃../>.::|;'|:::::::::::::::/.:/:::::::::::
-|_|`|_r:‐:‐:‐:‐\';、\;| r‐//┐_|:|::::::::;⊥、r/.::| .:::::::|/\/\   《// ..:::|;'|:::::[]::::/.:/]:::::::[]::
ー|_};|::::::::::: : :: : {二l\;i`!、::://:::::::::::::::::::r| .::| /.:::::<\/   〈:::.:... \ 》 ' .::::::::/|\_n::::::::::::::::::::
-|_| ̄/\:::::::/`|_{┬| |;、\::::::::i'|::::::r┴冂、 .:::::|::\\ _____:::::.:..〉″へ:::::/ .| |: : : |:|::::::::l`!へ、
ー|_}::/ 、';';〉.:/ /{_|┴lニニニニニl.r┴、_|_|_|:>:::::___|」__:l;_;_//..::. `〈 :| |: : : |:|::::::::| |: : :
-|_;l'_;_;_∠;/_/___l_,,:;;}┬┴┬┴┬┴┐::| .:::|_rェ┘__;!___;!__;|_;_;:::.:/ : :| |: : : |:|::::::::| | : :
~゛'' ┘⊥ 」_ |  |{_|┴┬┴┬┴┬┴┤ .:|_;!__;!__:l__;!__;|<___;_/\_;_;_;|;|-∠|_|;_;_;
         ~゛'''' ┴'::⊥Λ二\.:|  .:|ー:|__;!__;!__;!__:l__;l:::...\/<>::.  ∠二
 `     , '  .   `   ∨_,,,;;;;/. ~゛`┴ -'⊥ .」_;!__;!__;!__;!_;ト、 r─‐-、   ...:.:.:.::.:
             ,                 ~゛ ┴  ⊥. .,_..:::| ::/ ̄. ̄'"ヽ┴-、_;_;_;_;_;_;_
                     ,,       `            ~゛'' ‐-|\___ト--/.. ...:::::::./|
  `             .,     `    ,.            '     \|__;_;_;_;_;!─l二二二l/



いま、第11集団がイギリス南部から引くことは制空権をドイツ側に譲ることと同義であり、
英本土侵攻の前提条件として現地の制空権確保を掲げているドイツ軍を利するだけと考えたからである。

こうして、すでに危険なほど出血している第11集団は、なおも激戦の最前線に踏みとどまるのだった・・・





57 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:13:48 ID:Y3vkLvmM0




.         ///////////>.:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.        ///////////.イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
..    /////////////.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>=ミ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:
   //////////////.:.:.:.:.r=ミ{.:.:.:{{: : : :リハ:.:.fハ:.:.:.:.:.:.:.:.      パイロットの補充に訓練未達の候補生を充てるが、
  .イ//////////////.:.:.:..:.{{: : :从:.:.ゝ--イ 八.:{ri{.:.:.:.:.:.:.:.:      これに合わせて部隊の編制内容も大幅に改編する。
 ///////////////.′:.:.:.:从ー〈 乂:乂    }:ハ/.:.:.:.:.:.:.:.:
.////////////////i..:.:.:.:.:.:..∧  ヾソ       从!.:.:.:.:.:.:.:.:.:      すべての部隊は新たにパイロットの編成に関して
乂//////////////,|.:.:.:.:.:.:.:.:.∧ r r== ー ヽ 从.:.:.:.:.:.:.:.:.:      A~Cの三つのカテゴリに分ける。
  ` ー‐ --------ノi:.:.:.:.:.:.:.fくハ   ̄ ´   イ  }ハ.:.:.:.:.:.:.
            从∧(乂  .∧     イ  /.i:{乂ハ:.       Aカテゴリは可能な限り熟練パイロットを充足させた部隊。
                   ィ//,ゝ _.ィ"> ´/.i: イニニ`ヽ:      Bカテゴリは50%を熟練者が占める部隊。
                /,//// ノくf⌒ヾ./イ ./ニニニニ-\     そしてCカテゴリはほとんどルーキーが占める部隊だ。
               /.//// }ニニ〉rく  .:/ニニニ=-<ニ
           _ -ニ/////  ノニ_イ   .::/ニニニニニニニ.`ヽ





58 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:14:01 ID:Y3vkLvmM0




深刻なパイロット不足を解消するためにダウディングは訓練不足のルーキーたちを
大量に前線へ投入することとなるが、それに合わせて部隊編成に手を加えた。



: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : -====≡ニニ二三三三二ニ==-‐
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : _三二ニ== ァ´マ.:.: ̄.:.:./ ハ ∨.:.:
三三二二ニニ==-: : : : : : : : : : : : : : :_三二ニ=ィく:::fij::チ  j/.  '.:.:.:.:.:.:..lイ  ' :.:.:.:
三二二ニニ=- ̄. : _三二ニ==-‐.:.:.:.:.:.:! ' /   ` "´  .イ   |.:.:.:.:.:..:.!、   {.:.:.:.    そして最良の部隊は
: : : :_三二ニ==-‐       }i:}.:.:.:.:.:.:.{i:{ `-‐=ー--<__,    ,i}.:.:.:.:.:.:.{ }   i.:.:.:.:
 ̄.:.:.:.i|∧  i:| i:|       ,.:i/.:.:.:.:.:.八:'. `ー- -   ´  .::ノ.:.:.:.:..:.:.!, .′.:.:.:.:.    最大限第11集団に配属させる。
.:.:.:.: . i从.ヽ i:| i:|      .イ.イハ.:.:.:.:.:.:..\          '/ !:.:.:.:.:.:.:.! ' .′.:.:.
.:.:.:.:.:.:i|:! .>jハ.|:! ___  ..ィ<八 i|从:.:.:.:.::'. >  ---  <  从.:.:.:.:.:.i/ /.:.:.:.:.:.    存分に戦え。:
:.:.:.:.:.:.i|:!  イ !:  ̄ ̄     .:i|  \:.:.:..ヽ     ̄ ̄    .イ }.:.:.:.:.:.:.{ /.:.:.:.:.:.:.:.



豊富な戦闘経験を持つパイロットで占められるAカテゴリ部隊、部隊の50%を熟練者が占めるBカテゴリ部隊、
そしてほとんどが戦闘経験のないルーキーが占めるCカテゴリ部隊の3つだった。



     __ァーヘイィ´        二=ーァ
  .>'’               丶x '´
/                         ヽ、
フ’ /                     \
'7 /                      ヽ
'イ/ /                         ム
ム_/  .ィ´ `i              .ィア    ハ
  _ ̄/ 斤i .l   ,イ  _.>'フ/、./       ハ
=一ハ Ⅵ, l   .イ.ィ'´1!ヽ、 ´ヾ、イ     ィ    |
  _ .ィ".ヽ ` レ'l/ ′  ', j心, (/  ,//   i
   .ィ  ハ         `ー’`/  / ,イ  ,  ∧
. // .イ i     u      7,ィ'、ィ/   / /         サ、サー!イエス・サー!
/ ,/ / .! ハ             ´ ヽ/  .ィ’ /
.,/ .イ ハ iハ  U    ー 、  r ´ 7/i/
  / i / i li >\         ‘r、'  ′
, イ!  l' .Yソ@, > 、   .ィ´  \
>=ーュ、  》。    `≧´ ト、    \
、 `'・ュソリr'`'<   く / A iハ iヽ   \
 ヽ、 ノノ’`ヽ、 `丶、,.〉/ハ! Ⅵilil`丶. \,



A部隊のほとんどはドイツ軍との戦いの最前面にいる第11集団に集中され、
C部隊はイギリス北部を守る第13集団に集中された。

第13集団はほとんどドイツ軍の活動範囲外であり、もっぱら消耗した部隊を休息させる
安全地帯の役割を果たしていたためである。





59 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:14:15 ID:Y3vkLvmM0




                 ∧
               /|\⌒`ヽ
              v||.| |||\〃ヽ
              |!‐,‐、,┐| ..::::|__   __
              l|`T ̄~| | :::::|  ̄‐'´(⌒ヽ、
              'λ|__/√ヽ/ {  ゛   ',      なんだと!?
                 ,ノ八ヽ、, -'′  ヽ       ',      なぜ我が集団から熟練パイロットを引き抜いて
             /⌒`''´``〉     \    ∧     第11集団に融通してやらねばならんのだ!
               /´ /     ヽ        i ヽ イ .}
           |  '       ヘ.    o !     !     パークの11集団に・・・あんな、
   /`ヽ、      ', へ         ヽ、._ ,,...-ヘ    ',     戦おうともしない臆病者の集団に!!
   ヽ.  々       i   \o   ,.-‐' 〉´`  ∧  ,  i
    ヽ、人      {    ',`¨´ -‐‐‐'ヽ '⌒v'′ヽ ,ノ  i
     \ `ヽ、..._」    ,ハ、_      .i    ゙v'′ ,ノλ
       \    `ヽ、 、,{ / ` `¨´`〉'⌒''´/  / /´





60 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:14:28 ID:Y3vkLvmM0




                        ∧
                      ∧|∧
                   __∧_|_∧__
                   /   ∧   \
                  /   ,/::|::\__   ヽ
                     / , イ ::::::::|::::/ ::\   ',
                 ト、/ :「l 「l :::| イ「l:i!「l:\,イ               ・・・ダウディングの仕業か。
                 |ヘ「l | |:| |`Y i | | :| | 「l: !
                 | ::l_!:| |:| |∠/::| | :| |::l_!/               おのれ!自分の身内にばかり
                  ハ_ ::::l_!_!,!川:::::l_!:::l_!:::_ハ               甘い措置を取る無能者め!
                   /,イ|>ト、__ :: | :: __, イ<| ト、
                  {〔/ |>` ̄\l/ ̄´ <! !〕}              私の戦略の正しさを認めないばかりか
                 `yi |,イ `>-=-<´ , イ y´              邪魔するような真似さえしおって!
                    / レヘゝ     |    レヘ/ー ‐-  __
            -‐  ̄/  |;;;\     |    /;;;;|        ー―          もう許さんぞ!
        /       |;;;;;;;;;\_,|__/;;;;;;;;;;',               `ヽ      必ず罰を与えてやる!
        /         ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;j                   \
   , イ ` ̄`         ;i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;};;;;;;;;',   -‐―            \





61 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:14:44 ID:Y3vkLvmM0




【補足】


     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||      この時期、英空軍は後方に
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|       膨大な数のパイロット候補を抱えており、
       l \     _    ,/ |
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |       一見すると人材は豊富に見えました。
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!





62 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:14:55 ID:Y3vkLvmM0




          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\     しかし、戦闘の激化によって
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ      教官となる熟練者や航空機が
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ      最前線に縛り付けられていた為、
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/      ほとんど訓練という訓練を受けられず
         | |{i t    _     / |      離陸さえおぼつかない状態だったのです。
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |     彼らはそのまま大急ぎで前線に急遽配属されましたが、
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ    戦力としてはまったくアテになりませんでした。
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |



   ) . .:./.:.::::/              \ \.:.::| |::::::人
.  ( . . .:.:.:::::::/       /        ヽ 入| |/ヽ `ヽ
   \.:.:.:.::::/    / ′  l      |  l 「:::| |:::::::ノ   !
      Y.:.:.′   ,′! l   |       |  }ノ..:.| |:::::ノ    |
.     ゝ┤   |  || l |    l   (. .:://.::∧    |
        l !|  _|_Lj、 l | _/|_/ l | )//.::/ l   |     出撃しても単なる的。
        |八 l l l{\|`ヾト、l、/ ̄l/`刈Y北L.,′ |   |     熟練パイロットも危なっかしい
        | ヽヽl ´==''     ==''^ } | ヒシ''′ |   |     ルーキーの面倒を見るのに
.      '  l / ∧    '       イ|Y´    |   |     手を割かれて戦闘に集中できず・・・
      | j l ||丶   ‐    イ`ヽl l      |   |
.     /|  {| ! | ヽ ` rz=.、´ ノ  / lト、   |   |     ほんと、数合わせ以外は全く
     //j/. :| ! |\ l、{{r勿}}〃  //| jj:::::\  |   |     意味のないことだったのだわ。
.     /./. .:.::::|   {     `゙T゙´   // l|从::::::::::ヽ.!    |
 r‐=ニ´.:::ヽー=≧ト:.r‐⊂ニニニ⊃x/ /j/:::}::::::::::::::ヽ.  |
  \::::::::::::::ゝ---/´ ミ}厂厂厂厂jr―‐ヘ/.:::j:::\::::::\_j
   \::::::::::::::::::/  ア{ i/ i/ i/ i/jゞ、ヽ`ヽ\{:::::::::\::::::::`ヽ





63 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:15:05 ID:Y3vkLvmM0




     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \    それでも、まだ英空軍が
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/    健在であることを
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !      ドイツ空軍に誇示するために、
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||      数合わせは必要だったのです。
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|      ダウディングもまた、
       l \     _    ,/ |      新人を大量に送り込むことが
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |      単に犠牲を増やすだけの
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !      自暴自棄な戦術であることを
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !      痛いほどわかっていました。
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!

【補足終わり】





64 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:15:18 ID:Y3vkLvmM0




英空軍地上基地を集中攻撃するケッセルリンクの戦略は、イギリス側を確実に追い詰めていった。

9月に入ると第11集団の航空基地のほとんどは活動不可能に追い込まれ、
またマトモに戦力になる戦闘機パイロットも完全に底をついていた。



: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : -oァ'o- : : : : : : : : : : : : : : : -oァ'o- : : : : : : : : : : : : : : :
: : : :. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ' , :-oゃ'o-: : : _,._: : : : : : : : : ' : : -oャ'o-: : : :_,._ : : :
:.:.:.:: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ' , : : : ’,: : : : : ' : : : : : : : : : ' , : : : ' , : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : ' : : : : : , : : ' , : :   ’ : : , : : : : : ' , : ' , : '  :
    iii |j. . .   '      '       '   ‘ ,
    l三三l    ,’::::.,'      ,..:'.:::::::.:::::.., '     ,.:.':.::::.:., ,
    | | |   ,.':::::, ' “    , '.:::::’.::::..r'    ,.::'::..:.::, '
    | | | ” ,:'.::::.,'   :  ‘ , '.::::::.、.::..(´   ,..:'..:::::., ' 
    | | |  ,'::::; '      ,'::r‐:.、.:::ゝノ   ,':..:.r:.、,'      ,
  |二二|二|――;==:‐;==: (::..r‐:.、:.:.:.:,'  r-.、.::⌒::.) , '
 iニニニニiニニlコ;;;;;;;ii  ii;;ii  ii:.、(:.:.:.:.:):.:f'  {::.::..:)::.f:.:,' ,
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



英空軍は、本来なら飛行時間経験100時間を前線配備までの条件としていたにも関わらず、
今や数時間程度のまったくの素人をパイロットとして送り出していた。

第11集団にとって見通しはもはや絶望的となっており、
ほとんど破滅的な戦術に乗り出さざるを得なかったのだ。





65 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:15:31 ID:Y3vkLvmM0




ケッセルリンクは的確にイギリス側を苦しめる方法を取り続けた。

分析対応の余裕を与えない最短時間で英本土を空襲できるよう、
戦力のほとんどをドーヴァー海峡最狭部のカレーに集中していた。



                                           /l
                                    /;;;;リ
                      _ .. . ,         /;;;;;/
                _ -‐: :¨: : : : : : : : : \      /;;;;;/
               : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .  /;;;;;/
                 /: : : : : : : : : : : : : ::ヽ: : ::ヽ: :‘/;;;;;/
             ,: : ,: :: :: ::l: : : :l: : :: :: ::‘,: : : :‘,: ‘,/
             : : i: : : : ::l: : : :‘,: : :: :: ::‘,: : : :‘,: :ヽ
             ': : :l: : : :l .l、: : : :‘,\: : :: ::lヽ: : : :,ヽ`二'ヽニ==ミx、    最短距離を最短時間で突破する!
.              l: :: :l: : : :l‘l \:: : ‘, '_ . : ´l l‘,: : l: :\ .l .l     `ヾ、
                l l: ::l、: :`l:‘,.. _ \ ‘,´仍少ヾ l_!: :l: : : :_ l .l         }}   敵に考える暇を与えないよ!
               vl、: :l _ヽl´伝リ`   心リ 〃. ヽl: :/‘,‘, ‘ヽ      〃
             ‘,ヽ :l ` ゞノ 丶     〃 ,_’'l: :〉     l、     ′
                  ‘ ,ヽ-、ヾ、   __..rョ 〃/ : : l ‘,      |::\
                    \: :‘, -l ̄ ̄ ̄ ̄l´: :: :: : l: :_ヽ- ¨ ' ‐、:: :\
              /;;;ヽ ∧´`iー‐‐ァ'"´l: : : : : : l¨|      l: : :: ::\
             /;;;;;/‐: :∧ l  /  .l: : : :: : :l .l_ ,,.. -‐ … : : ヽ: : 丶
        r-、 /;;;;;/, l .|: : :l | ./__,V: :: : :,’〈      ∧: :‘,: : : :ヽ
       r ‘, ‘l _;;;/ l   / : : | .l / .\   V: :: :l  |       〉: : '\: : ‘,
      ,ゝヽ」¨(__ ¨j /  , .|: : :| l   / ̄¨¨l: :: :|  l         |: : ::‘, ヽ : : ,



そして攻撃の対象もまた最も手近にある第11集団の地上基地である。

こうなると英空軍は迎撃までに十分な準備を取れず、より不利な高度と地点で戦うしかなくなった。





66 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:15:44 ID:Y3vkLvmM0




・・・が、しかし、イギリス側が知らなかったことは、ドイツ軍の置かれている状況も英軍に輪をかけて酷いことだった。

ドイツ空軍パイロットの損失と疲労の蓄積は英空軍と大差なかったどころか、
その出撃ローテーションはドイツ側の方がさらに厳しい状態にあったのである。



 ヽ
 γ⌒`=∞ヽ
と⌒ノ、 (;゚Д゚)っ     か・・・閣下・・・みな体力の限界です・・・流石にこれ以上は・・・
  ̄  `ヽ)


                         -‐─―- 、
                     / : : : : : : : : : : :\
                         /:/: : : /:{ : : : ヽ: : : : ヽ
                     /: :| !: : { ∧: : : : } } : : l: :',
          __          ,': : :j_レ-<ノ`ー<⊥_j_| :ハ
          〃 }\_      l: : イl==≠   ≠== ! : : l
         {{,ノ::::..し{^Y\  |/:_:.:} _,⊥=  {  =⊥,_ ∧: :│
          `丶、::::::.‘ーゝ(ヽ /:{ ヘ ::::.      .::: /ヽヘ:│      なに言ってんだ!
             (>r‐<_ /\{ : ゝ.__>、_ (二つ  〃 }.:ヽ}
         | ̄ ●〉  \:::.八: : : \_  ̄ ̄ ̄ ̄ ノ-く: : /       あともう一息なんだよ!
        _レ-―┴- 、  |>'ーヘ: : : :ヾー-‐ァー'´: : : :∨
        /       \|    \: : :.\ヽ〔こ\: : : : \       根性見せな!
      /          〉    ヘ\: : : ヽ\〉 \: : : : \
      ∨         {       '、ヽ: : : :Y \.<\: : : : ヽ
      /          }    \  l  |: : : |___ \>\: : : :}
.     /                \|  レヘ:│ `ヽ、\  Y: :ノ



英国本土上空戦開始以来、英空軍の失ったパイロットは180人に達していたが、
一方のドイツ空軍の損害は何と900人にも上っていた。

ホームで戦う英空軍と違い、海の向こうの敵地上空で撃墜されたドイツ軍パイロットはまず帰還できなかったのだ。





67 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:16:18 ID:Y3vkLvmM0




さらに英空軍の累計損失390機に対し、ドイツ空軍はこの時点で700機を失っていた。

9月に入ったところで英空軍の稼働戦闘機は700機ちかくあったが、
ケッセルリンクの手元にある稼働機は600機にも届いていなかった。



             /: : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ、: : :ヘ、
                /: : : : : :/ : : : : : :i::: : : : : : ;.: : : : : :ヘ: : : ハ
            j. . : : : ::|. . : : : : λ:::.: : : : :|、::: : : : : ::|: . . .|
              |. :/. . . .|. . . .|. . .| |. . . . . . .| V . . . . . |.. . . |
                |: :|: :/;ィ'|: : : :ハ;: :|. |::::i: : : : :| ∨:::.:.|: |、:: : :|
            |: :|:;/:;j |::‐-:|-|:、| |:::|i: : : :.:| _|;-‐:|::|:ヘ: : :|
              |: :|::i:::::| L: ::」 |:;」ヽ|:」l:」: :.:」'´ L::::」リi:::ヘ:. :|
           j: :|:::i:j::| _,ィチテォ、     ̄,ィチテォ、_  i:ヽ:::i: :|
           |: :/`ヽj y' ん:;ハ       ん:;ハ `y j;/´ヽ::.:|     あともう少しだ!
           |:〈 ヘ,λ.` 込zリ       込zリ  ' / ,ィ 〉.:|
           |:,/ヽ_o, ヽ、        '       / _o/ヘ::|     あともう少しで敵空軍を
           |;j:::i::::::ヽ、 \     ___   u/ /::::::::::::V
            |::|:::::::i::::ヽ.ノ´ヽ、 l´___,〉 /ヽ,/:::i:::::::::|::|     殲滅できるんだよ!
             |:::|:::::::i:::::::::\  `~ ̄ ̄ ̄~´ /:::::::|::: : :|::|
            |:::|: : : |::::::::::::::`┬───--‐i'::::::::::::: : : :i::|
               |:::i: : : ::::::::::::::::::|ハ \ / ./ j:::::::/::::: : : |::|
           /ヽ|: : : :λ::::::::::ノ ヘ ☆ / /::::::/:::::::: : :|::|`ヽ、
          / /´ |: : : :::::|:::::::/ヽ、 ヘ   / {::::::::{::::::: : : :|リ\ ハ
           j`ヽ、 .|: : : :::::|:::::{   \ ヘ/ /ヽ、:::|:::: : : : :|'  / |



第二航空艦隊はすでに積み重なった犠牲でフラフラの状況にあったが、
それでもケッセルリンクは勝利は目の前にあると信じていた。





68 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:16:33 ID:Y3vkLvmM0




   ――― ルーマニア、ブカレスト。

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;;:;;;:;;:;::;:::;::::;::::: ::::: ::: :: :: .. ....       ..........................................
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;:::;::::;:;::;::::: ::::: ::: ::     ....::::::::::;;;;;;;;:::::::::::::;;;;;;;;:::::::::::::::...
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;;:;;;:;;:;::;:::;::::;::::: ::::: ::: ::  .......::::::::::::::;;;; ''''          '''''' ;;;;:::
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;;:;;;:;;:;::;:::;::::;::::: ::::: ::: ::        .......:::::::::;;;;;''''
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;;:;;;:;;:;::;:::;::::;::::: ::::: ::: ::  ,,;;⌒Y⌒   ..........:::::::;;;'''
;;;;;;;;;;;;:;;;;:;;;:;;:;::;:::;::::;::::: ::::: ::: :::  ,,,,;;;;  ,;; ,;     .....::::::::;;;'''          ⌒Y⌒
;;;:;;:;::;:::;::::;::::: ::::: ::: ::                   ..:::::::;;''                      ...
;::::;::::: ::::: ::: ::                       ::::::;''                         ... . .
::::: ::: ::                  ∧二二二二ヽ::::;'              _________
  ________ l二.コ     / ヽ二ニ二二ニ\,───冒─A ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/ニ=ニ=ニ=ニ=ニ=ニ/ヽ|::  |____/__丶二ニ二二/___    / ∨:::∧:::::∧:::::∧:::::∧:::::∧
三二三二三二 /   |::  |'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'. .:' .:'     /\─イ i!i!.| ̄|「l ̄|「l ̄|「l ̄|「l ̄|「l
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ , '゙ \ |;:;/;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;' .:' .:'   /   \| i!i! |  |「l  |「l  |「l  |「l  |「l
[日 「lィ==ュ'"     `/.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;',:',:',:',:',:',:' .:'___/____ヽ/'ニニニニヽ________
  , '".ト- イ       /.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;',:',:',:',:',:',:'/.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':' | .:.:::::::::.:. |.'.'.'.'.':':':':':'.'.'.'.'.'.'.'
'"    l::: |      ,:/.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;',:',:',:',:',:',:' /.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':゙| .:.:::::::::.:. |.'.'.'.':':':':':':':':':':'.'.'.'
     l:::.. |    //,:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:':' /.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':':゙:| .:.:::::::::.:. |.'.':':':':':':':':':':':':':':'.'
____.\;;!  /__  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':゙:'゙| .:.:::::::::.:. |.'.':':':':':':':':':':':':':':'.'
',:',:',:',:',:',:',:',:',:'  //ヽ   「i  「i  「i  「i   /.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':':':':'| .:.:::::::::.:. |.'.'.'.':':':':':':':':':'.'.'.'.'
',:',:',:',:',:',:',:',:' //  |  |.l  |.l  |.l  |.l  ./.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':':':':':':':':゙| .:.:::::::::.:. |.'.'.'.':':':':':':':':'.'.'.'.'.'
,:',:',:',:',:',:',   //   .|  |」   |」   |」   |」 /.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':':':':':':':':':':| .:.:::::::::.:. |.'.'.':':':':':':':':'.'.'.'.'.'.'





69 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:16:47 ID:Y3vkLvmM0





第一次大戦で戦勝国となり大きな版図を手に入れ「大ルーマニア」を完成させたルーマニア王国であったが、
枢軸国の台頭以来トランシルヴァニアやベッサラヴィアを失うなど衰退に歯止めがかからなかった。



 ,.――――-、
 ヽ / ̄ ̄ ̄`ヽ、
  | |  (・)。(・)|     領土を外国に奪い取られてたら
  | |@_,.--、_,>     国内情勢が緊張してきたでござる。
  ヽヽ___ノ

ルーマニア首相
    イオン・ギグルツ



無力な政府に対する不満が高まる中、国内では極右勢力が拡大、情勢は緊迫化していく。





70 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:17:02 ID:Y3vkLvmM0




 \ヽ人_从人__从_人__从_从人__从_人__从_从人_人/
 ≧                             <
 ≧   もはや貴様らに任せておいては       <
 ≧   ルーマニアは外国とユダヤによって     ニ=-
 ≧   滅ぼされてしまう!              <
 ≧   これからは我々が国家を指導する!   <
 ≧                             ≦
/Y⌒YWW⌒W⌒Y⌒WW⌒W⌒Y⌒W⌒Y⌒WW⌒Y\



       /:::::::::::::::::/               \
    _/::::::::::::::::/               \
   /::::::::::::::::::::::::/                  ヽ
_/:::::::::::::::::::::::::::::::|        __              |
、:::::::::::::::::::::::::::::::::::|     /   ヽ    / ̄ ヽ  l
ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::l  し  |  rー-、 ゙i   l rー-、 l |
/::::::::::::::::/:::::::::::::::l      l  l::::::::::i l   l l::::::::l l |
::::::::::::::::/::::::::::::::::::l        l  l:::::::::lノ    ヾ_::::l_ノ |            だ、だれでござるっ!
>::::::::::::::::::::::::::::::::|      `  ̄ ´   (⌒)     l
/ ̄ ̄ヾ::::::::::::::::::|                    ヽ
      l::::::::::::::::::|     @   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  ヽ
      l:::::::::::::::::::|   ヽ__/           ヽ  l
     ノ::::::::::::::::::::ヽ                         /
     `ヽ:::::::::::::::::::::ヽ       u          /
        ̄ ̄ヽ::::::::::丶                /
          /:::::::::::::ヽ、_________/





71 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:17:13 ID:Y3vkLvmM0




            / `ヽヽ>ニ─ 、 ヽ.ヘ \゙l///l '//  _-‐ ニヽ
           l  ,-;/、////ヽ//\\-/ Y/i'l≦/ィ''  //  ̄  ヽ
             /''"´   ヾ////\\\,l/゙ |/ハ///  /ィ/\_ ,-、 ,〉
          /∠、   ヽ\/////////l//゙|/'lハ'∠ イ/彡 "l///////,\        ___________
          /、二ニー≧≫\//////////l/l'/|/i l lヽ///-‐ニニ/////_ 、/\     /
      /,, /// ̄   ────  ´∧/'/,|/l l'/ 、` ̄ ̄ ̄ ――  'ヽ//,ヽ  <   ドーモ、ギグルツ=サン・・・
     /'//////'/__   __ __ l/ハ`/,|///  /ヽ ―― ―― ― ヽ //   \
    ///////,/ __  __ __ l//ゞ/,|// ,/ l/l ―― ―― .―  ,///      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ///////l __  __ __ lヽ///,'/ヽ / l//―― ――  ―  ;'///
     //////ゝ __  __ __ 、 ヽ////ヽ///―― ――  ―  ,///
                   、////////////////////,///////
                ヽ////////////////////// /
                 \////////////////   /
                  i\////////// /// /// /l




73 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:17:35 ID:Y3vkLvmM0




              ,、、、、、、,,,,
             /.:.:.::::::::::::::.:.`丶、
            /:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:.`ヽ
           ///⌒ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;',             _  ‐
           iiii!      ``ヾ、;;;;;;;;;;;;;;;jj!             /
              iii!          `ヾjjjjj!          /   _,,.--
              jj!   、、、,,,  ,,,、、、、  jiii!           / _,,   |二二
             ハ  ´,rテ弐  rテェシ  Vハ  /  ̄ ̄ ̄  /i|  |二二
             い     ´  i:.`  ´  i i  .|   /二二二二二二二二
             ぃ    ,.  .l:::;、    ノ ノ   」   `ヽ二二二二二二二
           -`1    jiiiiiiiii!   イ 「<二>――´二二二二二二二
          _| L',   -ゞ''''''‐-   j  .|┐二二二>''―、二二二/ ̄ニ=‐
        /     ト、   ´¨¨`  ノ  ,  ┐ニニニ\   ̄\二二>
       ./  ヾ    ー二二>'"ニ/i  _>-- ̄ ̄ ̄     ̄ ̄
 _,,.―――/`ヽ  `ヽニニ=-  /ニ/ニ/ ̄/ 〃 ̄`ヽ
ニニ.>'" `ヽ ヾ \ \ニニニニニ/ ニ//    i、    ∧∧∧∧∧∧∧∧∧
ニニ|_/j   \ ー、 <二二二>' ニ./!         <              >
ニニ ./〃 、\ }>、 <二二二二>-/ニ| /i_      <  ユダヤスレイヤー     >
ニニ/__/ニニハ__}二二>、i二二二ニ/二二>、└、   <  鉄 衛 団 です  >
ニニニニニ/二二二二二二二二二二二二二二i }   <              >
ニニニ . /二二二二二二二二二二二二二二二>'     VVVVVVVVVVVVV
ニニ /\ 二二二二二二二二二二二二二二|
ニニヘ   `ヽ二二二二二二二>''´ ̄’<` 、「 ̄ ̄            /
ニヾニニニニ }二二二二ニ=‐ ̄ ̄ ̄`ヽ /ニニ>――       ./
ニ}/ー―'"´ {ニ}   ̄        /ニ>'ヾ 、 `ヽ        /
ニ/  {ニ}               _/  {ニ} ヾi   ∨     {
ニj{        _ <>''´   _ </          .レ   |    /
ニj{     _ <>''´  _ <ニ/___           .|     ,
ニヾ  _ <>''´   _ <ニ>''´ニニニニニニニ=‐ _   /`ヽ  |
 ̄ `ヽ>''´  _ <ニ>''´ニ>。.______<`ヽ 'ー ´ /
    ヾ-::‐<ニ>''´二二二二二二二二二二二二二二|  ̄
    | \_>''´二二二二二二二二二二二二二二二/
    |  |ニ| |二二二二二二二二二二二二|     |

      ルーマニア鉄衛団指導者 ホリア・シマ





74 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:18:04 ID:Y3vkLvmM0




              /:::::::::::::::::::::::::\
            /::/ ´  ̄ ̄`ヽ:::::::\_
          /:::::/         \::::::::::::>
          |:::::::/            ヽ::厂
          T:::|  ,. = 、 , = 、  |::|    ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
           |::|  |l n l|  |l n l|    |::|   <                       >
           |::|  || り.l| ._.|l り.l|    |::|   < アイェェエエ!?         >
          /:::|  ` = 'ー'` ='   |::|   < 鉄衛団!?鉄親団ナンデ!? >
          {::::::|  /三三三三\  |::|   <                       >
          ヽ:::| |/      \| /:::/     VVVVVVVVVVVVVVVVVVVV
           /:\______/::::::|
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\



          \ヽ人_从人__从_人__从_从人__从_人__从_从人_人/
          ≧                             <
          ≧       全ユダヤ殺すべし!!        ≦
          ≧                             ≦
         /Y⌒YWW⌒W⌒Y⌒WW⌒W⌒Y⌒W⌒Y⌒WW⌒Y\

                /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.....       ..::丶
             /:::::::::::::r=、::::::::::::::::::::::::::::::::...       ...:::::::::'.
             ,'::::::::::. /  `ー==、_:::::::::::::::::::::....    ...:::::::::::::i
             i:::::::::::::}           ̄`ー=、:::::::..  .....:::::::::::::::|
              {::::::::. /               ̄ ̄`ヽ_::::::::::::::|
             '::::::::/                     `ヽ:::::::|
               |:::::j   '.     '、                ヽ,::|
            __ |:::::|    ゝ、   \    /   .'       }::!
          Y´.:.\:::{   r'´ ̄ `ヽ  ヽ   /, /       /く
           }{: ト-.ソ    >≧三ニミ、_ノイ / L≦ニ=≦ミ、,  {/ }
           ヘ }{: 〈     ,-くでシ`ヾヽ:::::|    ,ィくでシ`ヾヽ  レ′
            Vヾ:{      :  `¨¨´  )  :   ゞ `¨¨´ ゙  Y
            i   '.        :  /         \     {
            ゝ-'ヽ `ヽ `ー一´   ,   |      `ー    /
               }    \     /   |   ト、     .'
               /}        人_ ::!   ) ヽ     '
                /ハ       / >ァ勿Y乍ミ、`ヽ   /
             / { ト、       }彡//ムiト、ミ/〉   /、
            / :. 八 ヽヽ  ヽ  r‐一'二二゙ー‐ヽ  ,:. :. ̄`ー-
          / :. :. :. :. ', 丶 \       r'⌒ヾ    ノ:. :. :. :. :. :.  ̄`:.ー
       :.  ̄:. :. :. :. :. :. ∧ \ ゝ.,    /´      r'|:. :. :. :. :. :. :. :. :. :.
       :. :.\:. :. :. :. :. ::..∧  `>-、           ,イ  | :. :. :. :. :. :. :.



・・・1940年9月4日、ルーマニアで軍と鉄衛団によるクーデターが発生。
以後、同国は急速に枢軸側へ接近していくこととなる。

ファシズムの炎はバルカン半島の伝統的火薬庫にも飛び火しつつあり、
にわかに地政学的な重要性を高まらせつつあった。





75 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:18:19 ID:Y3vkLvmM0




先立ってルーマニアからベッサラヴィアを分捕ったソ連は、
モロトフ・リッベントロップ協定の対象外であったはずのブコヴィナまでも強制的に併合していた。



      ザッ      ザッ      ザッ      ザッ      ザッ      ザッ      ザッ
 ,,,,,,,,,,,,,, ,,,,,  ,,, ,,,,,,,,,,,,,, ,,,,, ,,,  ,,,,,,,,,,,,, ,,,,, ,,,,, ,,,,,,,,,,,,, ,,,,, ,,,,,,,,,,,,,, ,,,,, ,,,,,,,,,,,,, ,,,,,, ,,,,,,,,,,,,,, ,,,,,, ,,,,,,,,,,,,,   ,,,,,,,,,,,,,
./,,,l,,,★,,lミ /,,, /,,,l,,,★,,lミ /,,, /,,,l,,,★,,lミ /,, /,,,l,,,★,,lミ  /,,,l,,,★,,lミ /,,,l,,,★,,lミ /,,,l,,,★,,lミ /,,,l,,,★,,lミ /,,,l,,,★,,lミ
ミ,,ノ,, ゚Д゚iミ, ミ,,. ミ,,ノ,, ゚Д゚iミ, ミ,,. ミ,,ノ,, ゚Д゚iミ, ミ,,. ミ,,ノ,, ゚Д゚iミ, ミ,,ノ,, ゚Д゚iミ, ミ,,ノ,, ゚Д゚iミ, ミ,,ノ,, ゚Д゚iミ, ミ,,ノ,, ゚Д゚iミ, ミ,,ノ,, ゚Д゚iミ
/┌-‐=r‐,='t.・_/┌-‐=r‐,='t.・_/┌-‐=r‐,='t.・_/┌-‐=r‐,='t・ _‐=r‐,='t・ _‐=r‐,='t・ _‐=r‐,='t・ _‐=r‐,='t・ _‐=r‐,='t・ _
ゝ_ア´::`T、 ゝ::..ゝ_ア´::`T、 ゝ::..ゝ_ア´::`T、 ゝ::..ゝ_ア´::`T、 ゝ:: ̄´`T、 ゝ:: ̄´`T、 ゝ:: ̄´`T、 ゝ:: ̄´`T、 ゝ:: ̄´`T、   ̄´
く_::ノ、´ヽ く:: く_::ノ、´ヽ く:: く_::ノ、´ヽ く:: く_::ノ、´ヽ く_::ノ、´ヽ く_::ノ、´ヽ く_::ノ、´ヽ く_::ノ、´ヽ く_::ノ、´ヽ
.(_/  ー' (_  (_/  ー' (_  (_/  ー' (_. (_/  ー' (_/  .ー' (_/  .ー' (_/  .ー' (_/  .ー' (_/  .ー'


           ,,,,,,,,,
           [|,,★,,|]
          ( ゚Д゚)     ここはソヴィエト人民の土地となったのだ!
          / (y) つ    ファシストの指図など知るものか!
          ∪/ |      全ての土地は国有化されるのだ!
          し"し



しかもドイツ側からの厳重な要請にも関わらず現地のドイツ人コミュニティの土地さえも取り上げてしまったのである。





76 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:18:37 ID:Y3vkLvmM0




もとよりルーマニアはドイツにとって石油と穀物の重要な輸入先であり、
ソ連の行動は同国におけるドイツの権益を脅かすもののように映ったのは当然であった。



   >    / ;;:;/.::::::::::::::/:::::|::::i::::::::::::::l::::i::::::::::::::::::::::::\::::ヽ:::::::::::::::::::;;i i\__、\
  λ 冫  /  /    /.......l.....{............'......:'....\...................ヽ  ヽ     |  |     〉
 /  〉/   {  l  .:::::::::::|::::::∧:::::l::::::::::::::'::::::ヾ::::::\:::::::::::::::ヽ:::::::::|:::::::::.....| ;;l   ∧ミ、
  | / \__/l ...:l:::::::::::::::::|:::::/ レ:::: ト::::::::::::::':::::ヽ::::::::::\::::::::::: ヘ::::::::|::::::::::::::}::;; ト,  /::::ヽ |
  {::::::/ /::::l::::::|::::::::\::::|::::/  l.:.ハ:::::::::::::,::::::::\::::::::::\:::::::::ヘ, ー´ ̄::::::|::::::ハ~~\::::ハl
  {::::/ /:::::::l::::::|::::::::::::::\::l   l:::l ヽ::::::::::,::::ハ::ヽ、::::::::::::\/ヘ::::|:::::::::::l::::::::::|   l:::::}
  |::〈 /:::::::::l::::::|::::::::::::::::∧l\  l:::'  \:::::::::::ヘ\ \::::/"::::} ヘ::|:::::::::l::::::::::::|  入:}
  |::::ヽ:::::::::::::l:::::|::::::::::::::/ リ  \,_::i_,、 \:::::::::ヘ ヽ乂 :::::::::::}   〉|::::::::l:::::::::::::レ´:::::::|    あのヒグマども・・・
  l::::∧::::::::::::::l.:| ヽ::::::::i 彡毛三≡ッル     \`ー ィ ≦三毛リミョノ::::::::/::::::::::::::::::::::ハ:::::|
  l:::ハ::::::::::::::::|::::'::\::::i <"弋__案ツゝ      \::::〈弋__案八ィリ::::::::::/:::::::::::::i::::::::/ i:::|    ついに本性を現してきたわね!
  ツノ ヘ::::::::::::::::|::::::::::\li  、 乂彡"        ヽ゛ ≦彡 〟/::::/::::::::::::::i:::::::/  i:|
  リ  \::::::´~|::::::::::::::\   ;;; ;;;;           ;;;; ;;;;   //;;;;::::::::::::,ーi::::::/    il
     / ̄/  l:::::::::::::::.::|ヽ、        .:i         / /;;::::::::::::::::/   `ヽ リ
    i   l  l::::::::::::::::::ト _                    /;;::::::::::::::::/      /
    i   l  从::::::::::::::::::::ゝ_    ⊂=ー....´⊃    ≦/::::::∧::::::/     /|
    人   l  /ヾ::::::::::::::::::::ヽ> ,,, _  、、 _   <  /:::::::/ 乂/        }
   /  \ l    乂 ::::人::::::ヽ    ≧≦       ノ::::::/   リ        l



さらにヒトラーは民族的に近いと信じるフィンランドに対して軍事的支援を始めており、
これがソ連を強く刺激していた。

独ソ両国の利害対立は次第に表面化しつつあり、ヒトラーの関心は東方へと急速に移っていくのだった。





77 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:18:53 ID:Y3vkLvmM0




                     _ ----  _
                   ,. ィ´,   ̄ ` 、::` 、
                  , ':::/::::jz≦ ̄ ̄:::`ヽ、:::゚ ,
                     /= /:::::/:/://:::::/:/|:::::ヘ-L::.
                  ハ∨::::::|:ハ/ト!:/}:::/,リ-',: ムイ:::゚,
                    |::| |::::::::}'x==ミ `ムイx=ミ |:::|:|\::゚,
                     l/ {|::::::::|ゞ沁    , 以 リノ::| V::::i
                 }、_l:|::::::: l         i:::::::lレ:::::::|      ちょっとゲーリング!
                   {:::: :|:::::::人     '⌒  人:::,'::::::: }:|
                    |:|::: |::∨ム::::ト . __ ィ:´:::::::/::/!::リリ      いつになったら制空権が取れるのよ!
                 从::::|:::::\:',-}  ::::::::|¨\/ ==ミ
                 ヾ!--彡ヾ' - _,/. . ..//x'⌒ヽ      私はいつまでもイギリスに
                   γ_| |::|. . /=ニ二/. . ..//, '二ニニ',
                 {ニ| |::| . {. . . . ../. . ..///二>'ニニ}      かかずらっていられないのよ!
                    r'ニニ! l::|. .!. . . . /. . .//y≦二二二l
               }Ⅵニ! l::L_|rハ_ /. . .r チ}二二二二7
              ノ二「二二二ニ≧-∠ィ二二二ニ/:7
               }ニニ{二二二二二二二ニ\ニニ/:7
                 |ニニム二二二二二ニニニニニ/ニ{
                ノ二二ニ≧=- _二二二二ニニ/二:}





78 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:19:06 ID:Y3vkLvmM0




              _/__'::::::/ ,. =ニ ̄:::::::::::::::::: ̄ニ=ト、 V:::::::::T==-L_
         r<  /:::::::'´::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V::::::::',    〉
.         ヽ ,イ:::::::::::::::::/{:::::::::::::::::::::::::::::',:::::::::::::::::::V::::::::!   ハ
.          ノ i::::::::::::::::::i V:::::::::\:::::::::::::ヘ:::::::::::::::::::V::::::i  r':::i
         /:>、|:::::::::::::::::i   V::::ト、:::::ト、:::::::::ハヽ::::i:::::!::::::::::::} ノ::八
.         '::::::7i::::::::!:::::::'`ヽ、\{ \:ヘ\::::::}ィⅥi:::|V:i:::::::: !::::::::ヘ       それに夏から始まった航空戦で
         |::::|:| |:::::::{:::::::| x==ミx__/j ヽト= ,xチ示ミrj }::|:::::::|.|::::::::∧
.        i:::::|:| |:::::::::V:::《 {辷:刈       {辷:刈 } ,':::}::::: | リ:::::::::ト、:{      もう1千機近く損失を出してるじゃない!
.         |:::::|:|`!:::::::::::Vム,弋z少       ゞ==' ,'::::,':::::::レ::::::::::::| ヾ
.         |:Ⅳ:::::i::::::::::::::ヾ、      l         ,':: ,'::::::::::::::::,:::::::}        これで何の成果も出せないってんなら
          i:! V:::::',:::::::::::::|ヘ              i::::'::::::::::::∠_}:::7
.           ゞ、∨斗:::::::::::|´:ヘ    L二三」   /!/::::::::}:::/    ̄ヽ       タダじゃすまないわよ!
.          /  ∨{::::::|  リ> .        . イ 〃::::::::ル'    i  ハ
           /    ヾV::{  ,' !:ハ >-- <   {i|::::/    r----t∧
      √ ̄ ̄Y | }   ヽ! i .ト、             }/     { ,.:='´  Y、
     〃  ー-ミ, ', T i    i  {  ー 、    , - '´/!    /弌  ,.-'  Yト、
      ノ   ー--ミ K/{ i    {  |:\   --   /: :.,'      ヽ .几 _,.-  {::::::Υ
.    {  ___ }./.:::i}      i: : : \     ./: : : 7       个i L__,.  |::::::::|
    从   ___) } :::|        ∨: : : : : ー': : : : : /       V:::ト、   i\:::i



         l               l
.           ノ                   !、
  .      /   _, -ー<¬=-ー-、   \_,
       く    f{{ ‐=・=‐}f={‐=・=‐ム∧__ノ
        ゙ヽf云ハ|ニー‐‐イ「 、ー一彡  |f}
        {{Y|三三 u  '^ニニ ヽ,  u  .レ        ももも、もちろんですッ!
       厶ヘ!三三  ┌──┐    u ト、
          ム∧ニニu   ||||||||||||   u 厶ヘ        かならず勝ちます!
            rf戈ニ u .└──┘   ∧八_
        ./ /厂|ト、_ ー--一 __,. 彳 ヾ、¨\      ぜってー勝ちます!
      /  〃  |    ̄ ̄ ̄    |   》   \
    ./    《   |      .ソ叭     |  ぐ   ∧
   /l       `> |     .〈/ハ〉   │  ノ  Ⅳハ」
  .∧ハ  {@} \|     ル' |l    | /   |ハ入
  .厶Yヘ[{momo}]│    .,! |    レ′[{nina}] 小、





79 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:19:19 ID:Y3vkLvmM0




キメ〃〃l'メ〃'"'メ':〃                           /  // ./;:/  |::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
キキk'"メ,,.イ〃k'"'メ':                              __/   // ./;;/.,/' l|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
〃メ,,.イ k'"メ'ゞ                               /|/   // /::/../;;;/..|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
キメ〃〃l'メ〃'"'メ':〃,,,,....                       /   //./::/ /;;;/..,::'|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::||
メ〃メ,,ゞゞキゞゞ k''"'メ':メ,.キキ〃'                  /   //./::/ /::/ .,'' : |::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
〃メ,,.イ〃キキk'"キキ'メ':〃'                    /   .// /:/ /:/ ::, '::,' ::|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
キメ〃〃l'メ〃'"'メ':〃                         /   . // // /:/ .':::,.':: ,:|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
〃メ,,.イ k'"メ'ゞ                           /  ..//.// / / ,.:":, " /::|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
メ〃メ,,.イ〃キキ k'"'メ':メ,.〃'                  /   //.// /:/ ,.:'::,,' /:: /|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
キキ;;:〃キメk"〃キメ,,メ"                 /   l/// /:/ , '::, '/:::/ ,.|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
〃メ,,.イ〃キキk'"'メ':〃'                     | /l  ://,/:/ ,'':,' ./:::/ ./::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
キメ〃k"〃キメキ,'"___ __                 |.//   l///,,.'::, ./:::/ /: /|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
〃メ,,.イ〃k'"'メ':・・・・|::::|                |://l  .//,.'' /::/./::::/ ::|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
〃キメk"〃キ :・・・・・|::::|                |://  :l/' ,,'// /:::/  /::|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
キメ〃〃l'メ" ・・・・・・|::::|                |//l. ::; //./::/ / ; /|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|

      \__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__/
       ≫                                             ≪
      ≪    おいコラ!ケッセルリンク!いつになったら結果でるんだよ!        ≫
        ≫                                            ≪
      /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\





80 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:19:32 ID:Y3vkLvmM0




  ./:::::::::::::::::::::::\.   /::::::::\.     |:::::::::::::::::::::::::::::\
/::::::::::::::::::::::::::::::::::,'\/ヽ:::::::::::::\..  |ー‐--ー‐--‐´ヾ\
:::::::::::::::::::::::::::::::::/ ∥   \:::::::::/\. |          }}/    ここ2週間、全力でぶったたいてんのに
\::::::::::::::::::::::/   {{   ===.\/ =.\|≡三三三.  /      あの連中一向に降伏する様子ねーじゃねーか!
  \:::::::::::/    {{   ミ      ・       彡/
ヽヽ. \/     {{....:::::::::=====≡≡三三....\       お前の戦略間違ってんじゃねーの!?
 ヽヽ    U    {{Θ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::U∥/
σ} },r=====t、ヾ   U    ∪       ∥//\



              |. :/. . . .|. . . .|. . .| |. . . . . . .| V . . . . . |.. . . |
                |: :|: :/;ィ'|: : : :ハ;: :|. |::::i: : : : :| ∨:::.:.|: |、:: : :|
            |: :|:;/:;j |::‐-:|-|:、| |:::|i: : : :.:| _|;-‐:|::|:ヘ: : :|
              |: :|::i:::::| L: ::」 |:;」ヽ|:」l:」: :.:」'´ L::::」リi:::ヘ:. :|
           j: :|:::i:j::| _,ィチテォ、     ̄,ィチテォ、_  i:ヽ:::i: :|
           |: :/`ヽj y' ん:;ハ       ん:;ハ `y j;/´ヽ::.:|     なに言ってるんだい!
           |:〈 ヘ,λ.` 込zリ       込zリ  ' / ,ィ 〉.:|
           |:,/ヽ_o, ヽ、        '       / _o/ヘ::|     地上基地を攻撃し続けてるおかげで
           |;j:::i::::::ヽ、 \     ___   u/ /::::::::::::V
            |::|:::::::i::::ヽ.ノ´ヽ、 l´___,〉 /ヽ,/:::i:::::::::|::|     敵にこれだけの出血を強いることができるんだよ!
             |:::|:::::::i:::::::::\  `~ ̄ ̄ ̄~´ /:::::::|::: : :|::|
            |:::|: : : |::::::::::::::`┬───--‐i'::::::::::::: : : :i::|      あともう少しで英空軍を全滅させられるんだ!
               |:::i: : : ::::::::::::::::::|ハ \ / ./ j:::::::/::::: : : |::|
           /ヽ|: : : :λ::::::::::ノ ヘ ☆ / /::::::/:::::::: : :|::|`ヽ、





81 :◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:19:43 ID:Y3vkLvmM0




  (     ノ     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 (    (  )     /                ヽ、
  (     )    ノ              \
    )    )  く    , --_三‐--‐-ーⅴノヽ \
   (    (    ゙ヽ云ハ{ -==-}f={ -==-}=}/}/ /      あのさー、そうは言うけどよ、
   `⌒(  )    {Yi三 ー‐‐イ ̄ヽ 一 '  if)N       やれどもやれども連中の迎撃部隊が
     (  (   厶ヘ!三  三 {´    、三   レ\       消滅しそうにねーじゃん。
     (   ⌒) ム|三  三  - - ' 三   |  ̄
     `⌒(  ⌒、ム∧三   /ェエエエェヽ    厶ヘ       聞けばアイツら、損害を受けた部隊を
        ⌒⌒丶、 .ヽ  〆.ェエエエェ/   ∧ヘ        ローテーションにして北部で休息させてる
                `丶〆、 ー--一   イ          みたいじゃねぇか。
             , -‐'"|   ` ー ---‐‐ '´ |`丶、
          , -‐''´/   |    ソ叭      |    |`ヽ、__       これじゃいくら南東部の敵基地を爆撃しても
     , -‐''´   /     |    〈/^ハ〉     i     i   `ヽ、     トドメさせねーじゃんかよ。
   -‐''´      /      |    ル' |l    |.     |     `ヽ、
           └─ー--/    ,! |    ト-、__ゝ



                         -‐─―- 、
                     / : : : : : : : : : : :\
                         /:/: : : /:{ : : : ヽ: : : : ヽ
                     /: :| !: : { ∧: : : : } } : : l: :',
          __          ,': : :j_レ-<ノ`ー<⊥_j_| :ハ     そうは言っても北部までは手が回らないよ。
          〃 }\_      l: : イl==≠   ≠== ! : : l
         {{,ノ::::..し{^Y\  |/:_:.:} _,⊥=  {  =⊥,_ ∧: :│    戦闘機の航続距離圏外だし、
          `丶、::::::.‘ーゝ(ヽ /:{ ヘ ::::.      .::: /ヽヘ:│
             (>r‐<_ /\{ : ゝ.__>、_ (二つ  〃 }.:ヽ}     爆撃隊を護衛機なしで送り込んだら
         | ̄ ●〉  \:::.八: : : \_  ̄ ̄ ̄ ̄ ノ-く: : /
        _レ-―┴- 、  |>'ーヘ: : : :ヾー-‐ァー'´: : : :∨      目も当てらない事態になるのは明白だろ?
        /       \|    \: : :.\ヽ〔こ\: : : : \
      /          〉    ヘ\: : : ヽ\〉 \: : : : \
      ∨         {       '、ヽ: : : :Y \.<\: : : : ヽ





82 : ◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:20:10 ID:Y3vkLvmM0




            ________
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、
           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        く::::,、,'i ./{/Wヽ{/`三`‐´}/W`}. /ト.i:::/
        ム{ i|W=(´ ̄ `)==(´ ̄ `)}/=ト }::>
          {/{ i|.   `―‐'〈 _ _ 〉`―‐'   |フj/
           'ム入   :::::::::::,二、::::::::::::    |ソ        それぐらい分かってるっつーの。
.          厶圦   :::::::::〈.幵.〉::::::::::   /圦
           /:::込  ::::::::::、ェェ/:::::::::::   /\        だからそこでこのゲーリング様から
          /:::::::::::::丶...:::::::::‐---‐:::::::::....ィ::::::::\
        /:::::::::::::::::::::::≧=‐‐-----‐‐=≦::::::::::::::::\     名案が出てくるわけよ。
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
.    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
    |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
     |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|



                   ______   ______
                   ,ィ´: : : : : : ::`i´.: : : : : : : :`ヽ、
                /: : : : : : : : : ::ーi: : : : : : : : ::、:: :`ヽ、
             /: : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ、: : :ヘ、
                /: : : : : :/ : : : : : :i::: : : : : : ;.: : : : : :ヘ: : : ハ
            j. . : : : ::|. . : : : : λ:::.: : : : :|、::: : : : : ::|: . . .|
              |. :/. . . .|. . . .|. . .| |. . . . . . .| V . . . . . |.. . . |
                |: :|: :/;ィ'|: : : :ハ;: :|. |::::i: : : : :| ∨:::.:.|: |、:: : :|
            |: :|:;/:;j |::‐-:|-|:、| |:::|i: : : :.:| _|;-‐:|::|:ヘ: : :|
              |: :|::i:::::| L: ::」 |:;」ヽ|:」l:」: :.:」'´ L::::」リi:::ヘ:. :|
           j: :|:::i:j::| _,ィチテォ、     ̄,ィチテォ、_  i:ヽ:::i: :|      ・・・?
           |: :/`ヽj y' ん:;ハ       ん:;ハ `y j;/´ヽ::.:|
           |:〈 ヘ,λ.` 込zリ       込zリ  ' / ,ィ 〉.:|
           |:,/ヽ_o, ヽ、        '       / _o/ヘ::|
           |;j:::i::::::ヽ、 \    ,--‐v、  u / /::::::::::::V
            |::|:::::::i::::ヽ.ノ´ヽ、       /ヽ,/:::i:::::::::|::|
             |:::|:::::::i:::::::::\  `~ ̄ ̄ ̄~´ /:::::::|::: : :|::|
            |:::|: : : |::::::::::::::`┬───--‐i'::::::::::::: : : :i::|
               |:::i: : : ::::::::::::::::::|ハ \ / ./ j:::::::/::::: : : |::|
           /ヽ|: : : :λ::::::::::ノ ヘ ☆ / /::::::/:::::::: : :|::|`ヽ、
          / /´ |: : : :::::|:::::::/ヽ、 ヘ   / {::::::::{::::::: : : :|リ\ ハ
           j`ヽ、 .|: : : :::::|:::::{   \ ヘ/ /ヽ、:::|:::: : : : :|'  / |





83 : ◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:20:30 ID:Y3vkLvmM0




                 ___ --- ‐‐‐ --- ___
               /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
               /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、
               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            く:::::,、,'i /{/ヽ'{/`三´`}/´}/Wト.i::::::/
            ム{ i|.W=ρ≦≧}={≦≧d==ト }:::::>
             {/{ i| 三 ー-‐ィ,、_,、ー‐‐'.三レ' }/\
           /'ム`ヘ 三   /) ,=、    三/:::ゝ::::::\
          /::::::::::::::::ヽ三 . //)_ llllゝ   三/:::::::::::::::::::::i
        _/::::::::::::::::::::::::::ヽ三{.i.ノ/=".  三/:::::::::::::::::::::::::|       ズバリ!ロンドン大空襲ですよ奥さん!
          i:::::::::::::::::::::::::::::::::::丶=|{.}.‐-‐'_ , .'::::::::::::::::::::::::::::::|
         |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{.{ }.|二|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
         く:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ.  i ̄{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
        |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::、'\丿  }::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\/-‐'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Ο::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
      \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
        \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
           く::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|





84 : ◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:20:46 ID:Y3vkLvmM0




1940年9月3日、一向に英空軍が諦める気配を見せなかいことに業を煮やしたゲーリングは
ロンドンに対する大規模な都市爆撃を決断。



    /
   /
  ./
/                   ,、     , 、_ ,____,,-‐'´`‐-、,,,-‐、ヽ
           ,、,-‐i.   / { _,, 、-‐'´ 巛| 爪‐-‐弋ヅ´ツ. }==ソ=ヽ    ドイツ空軍総力を挙げて大英帝国帝都
\    ∧{  ,={. i=b  { /. {/  d===b災 `'==≡彡 丿ミ   ' "     ロンドンを火の海にしてやるのよ!
 //,ゝ /. |{ / {/ 丶  {/  `  丿   // 丶≡≡ --‐   ミ ,, .//i !l
 ' // i /| {/  `   ` ─── ''´   .//   三三         ///     敵は首都を守るために全空軍兵力を
   ' / i i | `                  //iii'`ヽ、, 三三       //|!|l|     投入してくるはずだろ?
   /   i { |               |//W 从         //il|!|     まんまと出てきたところをぶっ飛ばすって算段だ!
  //}八V|             ヾミミ     从        //il ii|
-‐ ´//、  ヽ|                ヾミミミミ从          !il!l|/    さらに首都を瓦礫の山にしちまえば
  //  ヽ ミ/ヽ                           i| .../     イギリス人の戦意も砕けて
 .//     ミ/:::::ゝ        ヽ==≡≡=≡≡==ツ      i.i. /      講和に応じるって寸法よ!一石二鳥じゃね!?
. //    ミ/:::::::::ヽ、         ######£#♯#♯      l /
//     ミ/::::::::::::::::ヽ         ヾミミミミミ             /



戦略目標を敵地上基地から都市そのものへ切り替えたのだった。




87 : ◆J7qCZtZxmc:2015/09/30(水) 19:30:05 ID:Y3vkLvmM0




この作戦にケッセルリンクは反対したが、決定は押し切られた。



              |. :/. . . .|. . . .|. . .| |. . . . . . .| V . . . . . |.. . . |
                |: :|: :/;ィ'|: : : :ハ;: :|. |::::i: : : : :| ∨:::.:.|: |、:: : :|
            |: :|:;/:;j |::‐-:|-|:、| |:::|i: : : :.:| _|;-‐:|::|:ヘ: : :|
              |: :|::i:::::| L: ::」 |:;」ヽ|:」l:」: :.:」'´ L::::」リi:::ヘ:. :|
           j: :|:::i:j::| _,ィチテォ、     ̄,ィチテォ、_  i:ヽ:::i: :|
           |: :/`ヽj y' ん:;ハ       ん:;ハ `y j;/´ヽ::.:|       何言ってるんだ!
           |:〈 ヘ,λ.` 込zリ       込zリ  ' / ,ィ 〉.:|       そんな餌に釣られる相手じゃないんだよ!
           |:,/ヽ_o, ヽ、        '       / _o/ヘ::|
           |;j:::i::::::ヽ、 \     ___   u/ /::::::::::::V       そもそもロンドンはドイツ戦闘機部隊の
            |::|:::::::i::::ヽ.ノ´ヽ、 l´___,〉 /ヽ,/:::i:::::::::|::|       活動範囲の外縁じゃないか!
             |:::|:::::::i:::::::::\  `~ ̄ ̄ ̄~´ /:::::::|::: : :|::|
            |:::|: : : |::::::::::::::`┬───--‐i'::::::::::::: : : :i::|        パイロットたちをガス欠にさせながら
               |:::i: : : ::::::::::::::::::|ハ \ / ./ j:::::::/::::: : : |::|        戦わせる気かい!?
           /ヽ|: : : :λ::::::::::ノ ヘ ☆ / /::::::/:::::::: : :|::|`ヽ、
          / /´ |: : : :::::|:::::::/ヽ、 ヘ   / {::::::::{::::::: : : :|リ\ ハ
           j`ヽ、 .|: : : :::::|:::::{   \ ヘ/ /ヽ、:::|:::: : : : :|'  / |



作戦目標は首都防空に出撃してくるであろう英空軍全力をここで壊滅させること。
さらに都市爆撃でイギリス国民の戦意を挫き、ロンドン産業地帯を壊滅させることでイギリスの継戦能力を削ぐことにあった。



             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` ヽ 、
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,、._:::::::::::::::::/
             /::::::::::::::::::::::__,ノ`ヽ'ソ```ヽ'´⌒、、 .}.::/::::::::::::::ゝ
              /:::::::::::::::__,、/、、 三三 {{ _-‐―ッ .}} }/Ⅴ::.ヽ:::::`ヽ        うるせぇ奴だな!もう決まったことだ!
           /:::::::::::::,‐'r―-、}}r===tヾ `'=='" .∥   }/,::::ヽ::::>
          /:::::::::::::イ{{`'==''"∥三三三. ゙===ィ三    }/ .) 二=-      そもそも敵は壊滅一歩手前なんだから
         \:::::::::::V.|ミヾ==ィ ム_三_ゝ  ヘ   三     ム::::>
           \:::::::{ |ミ  三   三三_/\___    ム∨          多少の無茶は押し切れるんだよ!
          }/N.`∧ .三   __/十ナ├──┘  ./  二=-
                { / ∧ 三    ヽナナ ____|       /\  、ゝ        戦争ってのは押しだ押し!
             l| 'ソ\.三     ̄ ̄           /:::::::.\/ヽゝ、
                  彡小、三