ブログパーツ 泳ぐやる夫シアター やる夫は赤い皇帝になるようです 第五十一話 獅子の分け前 北方危機


















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

やる夫は赤い皇帝になるようです 第五十一話 獅子の分け前 北方危機






   ――― ポーランド首都、ワルシャワ。



         __
 _    rェェニi_iェェェェェェェェェェェェェェェェ                 ∧            lニl__lニl
 ;';';';'\/X\XXXXXXXXXXXXXX\---lニコ---lニコ-、    _i:.:i_      _ /.:.i[]:.:.:.:i[].:.:\__
 ;';';';';';';'\ XX\XXXXXXXXXXXXXX\::::::::::::::::::::::::::i:::\ /.:.:.:.:.:.:.:.:.:\  /:::∠_____/:::::
 ニニニニニニコXXX\XXXXXXXXXXXXXX\===========ェ  _ ,---------/___ロ__ロ__ロ__l./:::::::::
 i1|i1|i1|i1| XXXXX\XXXXXXXXXXXXXX\ i._H__H_|_H_| ./:::/::::::::::::::::::::::::::::|;;;;|[i .[i .[i∠;;;;;;;;;;;;;;; .
  ̄  ̄  ̄|========コ====================コH__H_|_H_|//:::::::i^i::::::::::::::::: :: |iiii|-------| {i {i {i
  i`!|[]_[].| i「! i「! i「! |_l]__l]__l]__l]__l]__l]__l]__l]__l]_|iH__H_|_H_| ̄|I ̄I  I ̄I ̄I ̄ |iiii|[i .[i .[i |-------
  H |i---|__l」__l」__l」_|====================.!.H__H_|_H_|::|::|I ̄I ̄I ̄I ̄I ̄ |iiii|-------| {i {i {i
  i`!|[]_[].| i「! i「! i「! |_l]__l]__l]__l]__l]__l]__l]__l]__l]_|iH__H_|_H_|::|l:|I ̄I ̄I ̄I ̄I ̄ |iiii|[i .[i .[i |´~"''‐- 、
  H |i---|__l」__l」__l」_|====================.!.H__H_|_H_|::|l├┬┬┬┬┬┬|iiii|-------| {i {i {i
  i`!|[]_[].| i「! i「! i「! |_l]__l]__l]__l]__l]__l]__l]__l]__l]_|iH__H_|_H_|;;|l  :::::::::::::::::::::::::::::::: \|┬┬┬. |.`゙''ー-、,_
  -壬i: ̄|__l」__l」__l」_|====================.!:ヽ∧∧∧!/!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: !\
   i⌒Y⌒i|⌒ii⌒Y⌒ii⌒Y⌒ii⌒Y⌒ii⌒Y⌒ii⌒iI::::||:::||::||:::||::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i\\::::::::::::::::::
   |::::::::::::::i|:::::||::::::|::::::||::::::|::::::||::::::|::::::||::::::|::lli 三三illi三三 i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: lli三三i lli三三
  lli三三i lli三三i lli三三illi三三i lli三三i||----| ||----|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||----| ||----|
  ||----| ||----| ||----| ||----|||----|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::lli 三三illi三
                                                     ||----| ||--



ポーランドにとって戦況が絶望的となるなか首都ワルシャワには大量の市民と難民がごった返していた。
すでにポーランド政府は首都を脱出しており、彼らは途方にくれながらもなおも市内に残る僅かな守備隊に協力して
市内の要塞化に尽力していたのだった。









276 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 19:51:45 ID:.0sAZvi20




9月10日にはユリウス・ロンメルに率いられたポーランド・ウージ軍が
ドイツ軍の追撃に晒されながらなんとかワルシャワ市内に逃げ込んだ。


           _

             |i|
             |i| ∧_∧    ∧_∧                              /」_∧     ∧_∧      
             G(Д  ;)    (Д <<  G      << ;) ___   ∧_∧     ||Д" )    ( ・Д_∧    
              |と    \    /    ヽ   \     G  G´|.XX|  (メД" )    8二  )    (T  (。。 メ)    
            di| ヽ  ,  ヽ   し  ヽ  しし  ヽ      〉   .ヽ.XX|   ∪∪ ヽ    || | ヽ     Y   ∪∪ ヽ  
            ム| (__,/ ヽ__,)   (_,ヽ_(_)ヽ__,)   (_ヽ_) ̄    (_) J      ||_) J    (_) J ヽ___⊃ 
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''^´''"''"`"'`'''"^´''""'"^´''"''"'"'^"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^''"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^



ウージ軍はワルシャワ守備隊と合流した後、ワルシャワ軍と改称されて首都に籠城することとなる。



       ,. -─────- 、
     /  __           ,リ
.     i.  /  `ヽ.、   ノ∨
.     !  l  u   `フリ′ ヽ
    |  L. ─‐- 、  ,. -ー|
    | r,=i.| ==。=.. く=。==!
    |.|に|| u  ̄ u   :l ̄ l
    |.ヾ=ll ┐  r __  :| ,'
   /|  / :l   -----ニ’/      くそ!総司令部も政府も撤退した後だったか・・・
-‐'f.l..l.| /  :i.     --  ./
.l..l.|..l..l.|'     ::!       .ハ`''ー-    これ以上ドイツ軍の追撃を振り切ることもできない・・・
.l..l.|..l..l.|     :::゙ー──ァ'.l..|.l..l..l..
.l..l.|..l..l.|     ::::::::::::::::|.l..l..|.l..l..l.    俺達に残された道は籠城のみ・・・!
.l..l.|..l..l.|─‐- 、   ,. -‐|.l..l..|.l..l..l
.l..l.|..l..l.ト、       ノ|.l..l..|.l..l..l    だが持つのか・・・?英仏の救援が来るまで・・・!?
.l..l.|..l..l.|:::::`::ー----‐:':::::|.l..l..|.l..l..l

ポーランド・ウージ軍司令官
    ユリウス・ロンメル



すでに他のポーランド軍ははるか遠くルーマニア国境まで退却していた。、
ワルシャワ軍は西方で死につつあるポズナニ軍と同じく、敵の巨大な包囲環のまっただなかで孤立しており
彼らの運命は控えめに言っても絶望的であった・・・





282 :名無しのやる夫だお:2014/09/16(火) 19:53:53 ID:jo1OHsnM0



同志>>1の投稿が始まったぞ、Урааааааа!!!

ところで、このウージ軍司令官のユリウス・ロンメル将軍ですが、
エルヴィン・ロンメル将軍とは縁戚関係か何かですか?


おそらくまったく無関係
まぁ、ジューコフって名前のボリシェヴィキ幹部も複数いるし多少(の同姓者)はね?



277 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 19:52:18 ID:.0sAZvi20





     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||    ポーランド軍の運命が終焉に向けて
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l    加速していた頃、東方では
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|    もう一つの脅威が蠢き始めていました・・・
       l \     _    ,/ |
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |    赤いヒグマ、ソ連赤軍が
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !    ついに穴蔵から出てこようとしていたのです。
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!





278 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 19:53:06 ID:.0sAZvi20





   ――― モスクワ。



             ,__
             l_<
             _|_
_           ,ェ._.ュ、
,,,,]||      ,,.-'"゛    ~''ヽ、
ニニニ,,!-z,,,,,,メ--────--丶、          /_|ヽ                 ★
-、,,,,_ .~"'''ニ==ェ,,--'''''''-------ヽ.._        |iiii|゙|.                    |
   `~"'―-,,,,,,|ニニニニニエエエェ,l,,,,|,,,,[ ]、       |;;;;;;|;;|.                 ,!!、
  人   人 `゚゙'''―v,,,,「  .|~゙---->...ュ,ュ__.、 .,i;ロ;ロ|;;|                 iiiii
  彡ミ  彡ミ  人   人゙'''ー-...,,,,_|  `゙''''「゙゙'''''..|∩-|iil.,,,                |||||
彡彡ミミ 彡ミミ  彡ミ  彡ミ  人 `゙"人-i、,,_,,,l;;;;;;;;;;;/;;;/z,,,__.             .|  :|     i
彡彡ミミ彡ミミ ;;彡ミミ.;彡ミミ ;彡ミ  彡ミ  人゙'''┐'| .|''i--zz;;;;;,,,,,.         |AA.|    ∧
彡彡ミミミ彡ミミ 彡ミミ 彡ミミ .彡ミミ 彡ミミ彡ミミ:::| .| .l'''―v,,,,,"'''i   _____ .A l゙| | |.|.A. .|ii|
彡彡ミミミ彡ミミミ;;;;ミミミ彡ミミミ彡ミミミ彡ミミ彡ミミ:::| .! ,|    `~"'ヘ-i、|ロロロロi''i_|ii| |ll,,,,,,,||ii|_./ .ヽ
彡彡ミミミ;;;;ミミミ ミミミ ミミミ;;ミミミ;;ミミミ;ミミミ::::| |  | 人人人  r‐┴── ┴┐゙゙゙゙゙゙゙゙゙ll-----トL,
ニニニニニニニニニニニ===============   |..彡ミ .r‐―┴――─┴-┴─--iL,、:::::::|゙゙゙|----- 
  ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ======ェュyy,|jlll」―――---------u,,|_, !.| .!-ト |  
ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'i ト-   _ ..|.「[l|____,,,..|...............





279 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 19:53:20 ID:.0sAZvi20





ドイツ軍のポーランド侵攻が始まってすぐ、やる夫は最側近のジダーノフとモロトフを呼び出し
来るべき「レコンキスタ」の計画について討議を開始した。




    ∩ _rヘ       / ヽ∩
  . /_ノυ___ιヽ_ \
  / /  /⌒  ⌒\   ヽ \     いよいよドイツ軍がポーランドに侵攻したぞ!
  (  く  /( ①)  (①)\   > )    これに答えて英仏も対独宣戦布告、さしずめ第二次欧州大戦だ。
  \ `/::::::⌒(__人__)⌒:::::\' /
    ヽ|     |r┬-|     |/      大いに結構!連中には是非とも殺しあってもらわなければならん!
      \      `ー'´     /       我々にとっては良い高みの見物だ!

    書記長 やる夫・スターリン



やる夫は独ソ不可侵条約のインクが乾ききらぬうちに、さっそくソ連の取り分を手に入れようとしていたのだ。





280 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 19:53:37 ID:.0sAZvi20




            ____
          ,..-''"´         ヽ
       /             丶
     /                \
    /             斗=ー  ヽ
     i     -=ー     ´ .ィj^ヽ   i
.    .|    ≠fjー-ミ   /  ___    l     そして奴らが塹壕戦にドはまりしているうちに、
    }   /  ____ _     '"´   `   l
    .i    ´                .i      我々は失われた領土を取り戻すのだ!
     l     (    j    )      ,
    .  ',     `ー-‐'′`ー-‐′     ′     ポーランド東部、バルト地域、フィンランド、ベッサラビア!
       .,       ∨. : : :{     .イ
       \     ∨._:_ノ    ィ゙        英仏独は戦争の真っ最中!アメリカは孤立主義の檻の中!
          ≫ ..,_      _,..≠ {、
          /^Y}  7r-r=rえ  八\      我々のレコンキスタを妨害する者は、もはやいないっっ!!
         /.:.:.:.:{  /{__ノ^^廴}V }.:.:.:.:.





281 :名無しのやる夫だお:2014/09/16(火) 19:53:47 ID:mDoBwAcc0



ついに我らが赤軍の実力を示す時が来たか!


283 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 19:54:23 ID:.0sAZvi20





             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ①)  (①)\ )     まずはポーランドに奪われた失地の回復だ!
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
    |    (⌒)|r┬-|     |     同時にバルト三国併合の準備も進めろ!
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/     こいつらはモノの数にも入らん!
    | | | |  __ヽ、    /       フィンランドとベッサラビアは
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |       その後じっくりと料理してくれるわ!!
    `ー---‐一' ̄



                                                             ,,───- 、,
                                                           /_______ ヽ、
                   しかし同志やる夫。                            |/─、 ─、\ |  |
                   英仏が対独開戦に踏み切った以上、                  |   >|・)  |─ |  ./
                   ドイツとのポーランド分割取引は                     |、_ i、 _ !  '⌒i
                   ソ連と英仏連合国との関係悪化を                     |  ^    u  _'ノ
                   招きかねないのではないでしょうか?.                  \└──-  ノ
                                                             `┬--イ__
                                                            / | ̄∧ ̄ // ヽ
                                                            | |  ̄   ̄ |  |

                                                       政治局員・レニングラード第一書記
                                                          アンドレイ・ジダーノフ
      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈 ● ノ\   /\● 〉
      ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
.      )    Y    (
     /γ⌒     ⌒ヽ\      同志ジダーノフの懸念はもっともだ。
.    /  |         |  ヽ
.    |   ヽ__人__ノ   |     この欧州大戦の行く末を見据えるならば、
    \     `ー'´     /     英仏との関係を断ち切るわけにはいかない。
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、   |     ドイツは必ずや将来の脅威となるだろう。
   /     / r─--⊃、  |     英仏と連携してドイツをけん制するのが
   |  ヽ,.イ   `二ニニうヽ.  |     伝統的なロシアの取るべき道だ。

  政治局員・外務人民委員(外相)
    ヴァチェスラフ・モロトフ





284 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 19:56:02 ID:.0sAZvi20







      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈 ー ノ\   /\ー 〉
      ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
.      )    Y    (
     /γ⌒     ⌒ヽ\
.    /  |         |  ヽ     英仏との関係を考えるならば、
.    |   ヽ__人__ノ   |     ドイツとの合意があるとはいえ
    \     `ー'´     /     我々が直接的に軍事介入するのは
    /     ∩ノ ⊃  /       控えるべきだろうね。
    (  \ / _ノ |  |
.    \ “  /__|  |
.      \ /___ /



      ___
   /   ____\
 ゝ/     | ノ/⌒ !
  /     |_|  .|
  |   /^`u ,ヽ_ ノo        確かに僕もそれが得策とは思うけど、
  ヽ  ヽ  /⌒\_つ        ただしこの場合ポーランド分割の履行について
   \/  |              ドイツの誠意のみをアテにすることになるじゃないか。
    ヽ  `──,  ( )二l
     j二二ヽ ̄  / `-ノ     僕はヒトラーをそこまで信用出来ないんだ!
  /⌒     l ̄「  /       最悪、ソ連の中立だけを持ち逃げされるかもしれない!
 /\/    |‐┴-´
./  / |       l





285 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 19:56:35 ID:.0sAZvi20





            ____
   n      /ノ  ⌒\
   | |    /( ①)  (①)\      なに、心配はいらん。
  i「|^|^ト、/::::::⌒(__人__)⌒::::: \     独ソ不可侵条約での取引は確かに旨いが、
 |: ::  ! } |    /| | | | |     |     連中と一蓮托生になるつもりはない。
  ヽ  ,イ \  (、`ー―'´,    /     得るものは多く、与えるものはより少ないほうが好ましい。





286 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 19:57:11 ID:.0sAZvi20





     ,..¨ ̄ ̄¨丶
    /        \       おそらく連中はヴィスワ河を挟んで持久戦となり、
   / ヽ、:::::::::      ヽ,      ポーランド軍は西部で消耗、ワルシャワが落ちて降伏となるだろう。
.  /( ①):::::::::::, -‐    i     さしものドイツ軍も独力でポーランド全土は制圧できまい。
  i     ::::: ( ①)     |     ポーランド政府が降伏後、我々は主のいなくなった
  \ (_,、           /      ポーランド東部に粛々と進駐すればいい。
   \ ` ‐'    __/       ならば英仏も軍事侵略とは看做さないはずだ。
    /         \



       , ──-  、
    ゝ/______\
    /  |  / , - 、 - 、l
     l   |  /     l     l       なるほど!
     l  |─|   ^|^   |
      Y⌒  ` ─  ヘー ヽ       我軍が一部にでも進駐してしまえば
     ヽ_   |`───┘ノ       ヒトラーに対して分割履行の圧力となるでしょう!
  ∩    ヽ、_ヽ__//    ∩
 ┘`ー┬─´\/\/ー┬─´ └-、  無主となった土地への進駐であれば
 _ __|_ ノ     |_|___三  ドイツに肩入れせずに取り分を確保できます!
        |        |



     ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ ))
   ((〈 ● ノ\   /\ ● 〉
     ヽ彡'  ヽ /    ヾ_ノ
       )    Y    (
    f⌒γ⌒  '  ⌒ヽ⌒ヽ      加えてポーランド東部の土地は、
    { :::::.|          | ::::: }      リガ条約(※)によってソ連からポーランドに
    ヽ ヽ__人__ノ  ノ      割譲された土地だ。
      \ .  `ー'´    /
     . /    ∩ノ ⊃ ヽ       当事者たるポーランドが消滅してしまえば
     (  \ / _ノ |  |       同条約は効力を失い土地はもとの所有者に
     ..\ “  /__|  |       戻ると考えることも十分可能!
       \ /___ /        これで英仏相手にも名分がたつというものだ!



※リガ条約・・・ポーランド・ソヴィエト戦争(第十三話参照)の講和条約。
         ただし当時はまだソ連が成立していないので、正確にはポーランド・ロシア=ウクライナ間の講和条約。





287 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 19:57:55 ID:.0sAZvi20





       ____
    //   \\
   /( ①)  (①) \     ぐふふ・・・かの偉大な欧州外交家、ビスマルクでさえ
 /::::::⌒  、_!  ⌒::::: \   ここまで見事な立ち居振る舞いはできなかったろう・・・
 |     'ー三-'     |   見ているがいい諸君。今回の欧州戦役で最大の勝者となるのは
 \              /    我がソ連・・・そしてこの私、スターリンである!!



     ,  ───  、
  ゝ/ ________\
  /  | / ─ 、 ─ 、l
 /   | /    l    l
 |   |─|    (・|<   |  (⌒ヽ
 Y⌒`  ヽ_ ノっ_ ノ 三   )    おっしゃられるとおりです!
  ヽ_    、____つ l  (、_ ノ
    \  \-、-、_/ノ  _   _     現代欧州・・・いや、全世界において、
     /` ー | l |‐ ´  l l//)、   同志やる夫に匹敵する外交専門家は
   /´ \/ `ー´ \   l )  ヽ´ノ   存在しないでしょう!!
    |  ヽ     |/\/  __ /
   ├─┤    | 、



   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈● ノ\   /\ ●〉
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
    )    Y    (
   /γ⌒     ⌒ヽ\      (粛清が終わってから
  /  |         |  ヽ      ますます万能感が強くなってるな・・・
  | U ヽ__人__ノ   |      高転びしなければいいけど)
  \     `ー'´     /





288 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 19:58:40 ID:.0sAZvi20





当初、ソ連の行動は限定的であった。
対英仏関係を考慮して極力軍事介入の気配を見せることを避け、
軍の動員については自衛行動と正当化できる程度の範囲に抑えられたのである。



                    / ̄ ̄\
                  /   ,ノ ヽ、_
              |    ( ●)(●)
             |     (___人__)
                  |        、'              というわけで政治局の決定がくだされた。
                 |       |
                }._\     , |               シャポシニコフ、参謀本部はドイツ・ポーランド戦争が
        .__ __ ,.〈\\>ニニァ´               ソ連領内に波及することを阻止するため、
       /: : < : : : : : : \  /゙i ゙i、              ただちに予防措置を策定・実行しろ。
      , ' .: : : : : : : : : : :l: : : .∨',:::::ト|゙i \_
     .{ : : : : : : : :゙i : : :」 : : ::', Y´゙i. |: : : : .\          ただし常識的に考えた範囲内で、だ。
      |: : : : : : : : :\ : : :\ : ',|::::::i |: : : : ',: : `,
     ', : : : : : : : : : | : : : : : : :.',:::::゙i|: : : : . ',: : }

        政治局員・国防人民委員(国防相)
           クリメント・ヴォロシーロフ


                                                     _ ___
                                                 ,.'"´     ``ヽ、
                                                  /       .:.:.:::::::.:,.>、
                                                  |         .:.:.::<彡ミミ!
                                                  !     ,、、、、,,_.:.::ヾ三ミ!
                 承知しました同志人民委員。                !, ==z、 .:: ,,__   .:.:.:::::::Y
                                                 ヽ ,rェ! .:.::.ー'` .:.:.::::::jリ
                 ではベラルーシとウクライナの               l "´1 .:::::.、   ,.:::i.::L
                 両特別軍管区に警戒態勢を敷かせましょう。       ヽ `"´ _,,、! }.::::l:/.::`L_
                                                   ゙、! "二  ′,!.::/.::::::/.:.:.:.``ヽ、
                 ただし予備役の動員等は見送ります。            \     /.:.:.::/ .:.:.:.:.:.:.:.:::\
                 また必要物資の前方集積も                   /^ヽ--<ハ.:.:/    .:.:.:.:.::::::::ヽ
                 漸次実行することとします。                     ,ハ .:::〈V1:::::V    i   .:.:..:.:.::::::::゙,
                 なるたけ派手にならないように、ですな。          /  ヽ、::リ l/     |    .:.:.:.:::::::::i
                                                     /       リ‐/     !:.. :.::::/.:.:::::::::::|

                                                 赤軍参謀総長 ボリス・シャポシニコフ



つまりは悠長に構え静観する態度を見せていたわけだが・・





289 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:00:10 ID:.0sAZvi20





が、しかし、そうも言っていられない状況となった。



.:.:.:i.:.l ニl '-ll,,´∀) ).:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..|`''-、_j___∇ヽ;::;:;;;;;;;;;;;;;;;|i    |,''; /∇___i_           ...:;;; /∇___i_
i.:.:..:.:l lc)) '`l'ゝ 丿:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i| ;;:.(^(∀・,,ll-`:;::;:;;;;;;;;;;;;;;;|i   |;;;: '-ll,, ・∀)           '-ll,, `∀)
.:.:.:i.:.ゝ__ 串===l]]..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..|   ソ, ヘ`l'ゝ ヽ、._;;;;;;;;;;;;;|i   |:::/^,  、_L_____M   ,, /^,  、_L_____M
i.:.:..:.:.:i.ノ,,__丿,,___〉.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i|   串===l]] ニl=i- -、._|i   串== ゝ⊃┐○‐‐" ̄W^. ,,串== ゝ⊃┐○‐‐" ̄W^
    (__,,,/ヽ __,,)      ___    ノ__,,,ノ-ヽ,,_゙i_l        /,,__丿 __)|ll]        /,,__丿 __)|ll]
               /∇___i_  (,__,,,ノl,,__,,)   進撃!   (____ー`      ___(__)__´ーー`
    ___  進撃!  '-ll,, `∀)       ___       i /∇,,_i_突撃~!   /∇____i_    r´⌒)
   /∇___i_      / /lゝ'l`ヽ      /∇___i_      lニl '-ll,,・∀) )   ,(´⌒   '-ll,, ・∀)   ||  从,;,;,(´⌒)
   '-ll,,´∀)       ソ,,),ニニニ0=i'-    '-ll,,・∀)      l lc)) '`l'ゝ 丿  (´⌒:`≡[〓ニニニニニニニニ||ニニニl': : =-´⌒)
   / _lヘl'ゝヽ     ノ,,___/ ,_Ll〉      / _lヘl'ゝヽ     ゝ__串===l]]   ,(´⌒ '' 串=二0|/0   |   W`'`'´⌒)"''~
 串(,,,)、ニニG====i━  (__,,,/ヽ__,,)   串(,,,)、ニニG====i━ /∇___i_ __〉       /,,___/ __)          "''´
  丿____丿___〉       ___       丿____丿___〉    '-ll,, ´∀),,,)        (__ )    キュヒィィィィィン!
   (__,,ッヽ__,,,)      /∇___i_      (__,,ッヽ__,,,)   /^, lゝ'l LEl      __ M/
              '-ll,, ・∀)  進撃!         串、ヽニ□ニニ0ニニ ニニllコ  =  =  =  =  =
              / /lゝ'l`ヽ                /_0l|≡)_     /|  W \
              ソ,,),ニニニ0=i'-             (__)ー≡'          バババババッッ!!!



.    /」:|:.:.:.|:.|:.:.:.:.:,.イ:.:./|:.:.:.:,!:.:./:.:.l:.:.:|:.:.|:.:.:!:.:.l:.:.! 1
   ノ'´|:.|:.:.:l:.:|:.-rーァx...」:_:.ノ!:.:.ハ:.A ォ-:!:.:.:.|:.:}:.:.| !
      |:.|:.:.:|:.l:|V|;ォf==レ ´ル'  /ィ-ヘ|:./:.:.,!:./|:./
     1l、:.l:.ハl:.:.|` {゚: ::|      {゚: ::ル',!:.:.ィ:/ ,リ
      ゙ ',:.トl、!:.:.|  ゙-┘   、 `ー' /:イ,シ /
.      ヽヽヽ:.l、     _ _    /:.:.!       ・・・ようやく部隊の再編が完了した。
        ` lハ:lヽ、       ,.-1:./
          ヽN |` ‐ 、__,. ィw  '/         これよりポーランド軍戦線を突破する。
           ,r'^,!       「ヽ、'´
        _,.-'  |       ヽl ヽ、.._
    _,. r ´     |   _...._  |   l. `ヽ.._

         ハインツ・グデーリアン



9月5日以降、ドイツ軍は怒涛の進撃をみせポーランド軍を圧倒していったのである。
ポーランド軍戦線の急速な崩壊と、ドイツ軍の急進撃はやる夫たちソ連首脳部の予測を大きく上回っていた。



         ____
        /_ノ  ヽ、_\         ━━┓┃┃
       o゚((①)) ((①))゚o         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \       ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                          ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
         イレ,、       >三  。゚ ・ ゚





290 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:00:49 ID:.0sAZvi20





          ____
        /     \
      /        \       同志やる夫。国家保安総局からの報告では
     /  \    /  \      ドイツ軍は2週間以内にポーランド軍を
    |    (●)   (●)   |      殲滅可能とのことです。
    \      ´   u /      この戦争は短期間で終結する可能性が濃厚です。
    /     ⌒     \

内務人民委員 ラブレンチー・ベリヤ



        , ──-  、
     /)/______\
    /  三) //⌒ヽ - 、! っ
    / ノ |─|   ((|、   |  っ
  /  /⌒ #ヽ、   |))   !      これは大変だ!
  |  ヽ_ /⌒ヽ ̄ ヘー く
(( ヽ/\l |   `~~、__ つ     このままではポーランド全土がドイツ軍の
   \  |ヽ` ─~~、         直接支配下になるかもしれない!
     ヽ \/ (ヽ∩ ̄         そうなれば、ポーランド分割の約束を
     |   三_  \ ))       ヒトラーが反故にする可能性もあります!!
   (( |____\_ )




      / ̄ ̄ ̄\
   γ⌒)   U  (⌒ヽ      (くそっ!!まさかポーランド軍がここまで腑抜けとは・・・!
   / _ノ ノ 三三\  \ `、      ドイツ軍を足止めすることもできんのか!
  (  < (①)  (①) u  |  )     ポーランドを利用してドイツを消耗させるつもりが・・・)
  \ ヽ (__人__)   / /





291 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:01:13 ID:.0sAZvi20





   ,.⌒,ヽ     γ⌒、ヽ
  〈/●ノ\   人● ヽ〉
    ヽ彡'  ヽ /  ヾ_ノ
    )    Y    (        英仏にポーランドを直接支援する気配は
   /γ⌒     ⌒ヽ\       未だ見えないね。
  /  |         |  ヽ     外務人民委員部が掴んでいる限り、
  | U ヽ__人__ノ   |     英仏両国はポーランドの支援要請を
  \     `ー'´     /     無視し続けている。



      ____
    /      \
   /         \       (もしやチェンバレンめ、ポーランドを生贄にして
 /            \      もう一度ドイツと和解しようという気か・・・?
 |   _,   /        |      いや、ミュンヘンであんな失態を演じながら
 \(ー⊂ヽ、∩  u    ノ      もう一度ヒトラーと妥協すれば、
   |  | ゝ_ \ /  )       イギリスはその威信に回復不可能な
   |  |__\  ” /.       ダメージを負うはずだ・・・!英独講和はない!)
   \ ___ \ /





292 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:01:28 ID:.0sAZvi20




       ___
      /     \
    /  ノ '  ー‐ \    まぁ確かに、フランスの国内世論は
   /  (●)  (●)  ヽ   反戦に大きく傾いていますから。
   |         '       |   連中はドイツと直接対決するよりは
   ヽ、    ‐‐-‐    /   外交交渉で決着させたいと思っているかもしれません。
    /             \



               / ̄ ̄\
             /  \    \
            .(●)(● )  u. |
            (__人__)  u   |          おいおい、てことは結局
            .(`⌒ ´     |           ポーランドは捨て駒ってわけかよ。
             {         |
             {      u. /           それじゃあ次はどうなるんだ?
.             __\     /リ 厂`'‐- .._      チェコ、ポーランドと来て
         / :  : :介ーz<__」// |: : : : : : :ヽ    次はどこがヒトラーへの生贄に
          | : : : : ::〈 「`乂/  / 丿: : : : : : : |    されるわけだよ?
         | : : : : : /: | {::::} / `7: : : : : : : :│
.           | : : : 〈: :│ {::::l /. :/. : : : : : : : : |



       ____
     /      \
   / ─    ─ \     (今回の戦争の結果、独ソは直接国境を接する・・・
  / -=・=-   -=・=- \    英仏の狙いはドイツの矛先をソ連に向けることでは・・・?
  |      (__人__)  U  |    あり得る!余勢をかってヒトラーが攻めこんでくることも・・・
  \     ` ⌒´     /    このまま手をこまねいているわけにはいかん・・・!)





293 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:01:52 ID:.0sAZvi20





      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__       クリムっ!!
 /:::::⌒( ①)三(①)\ fつuu       国防人民委員部は直ちに命令を出せ!
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |       ベラルーシとウクライナの両軍管区は
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |       可及的速やかに戦時編成へ移行!!
   ヽ           i    丿       赤軍参謀本部はポーランド東部の
  /(⌒)        / ̄ ̄´         制圧計画を立案し、準備完了次第実行に移すこと!
 / /       /



             / ̄ ̄\
            /   _,.ノ  ヽ、_
            |    ( ○) (○)
           | U  (___人__)
            .|       __ノ__        !?お、おお・・・
            |     _/ ___\ヽ_
               人、   '-/____ ヽ  |
            _,/( ヽ、  __'-〈 、 ヽ  |
   _, 、 -― ''" :l : :.\  ヽ,、.゙,/ヽノ}   ト、
  /. : : : : : : : : : :|_: :.ヽ、 ∧:::〈ヽト{   〈j)、
 丿: : : : : : : : : : : : /: : :.∨ |:::::', |: ゞニニ彡〉,
. i : : : : : : : : |: : : : : \ : : : `、|::::::|,|:〈: : : : : : : ∧
/. : : : : : : : : !: : : : : : : \ : : :.'、:::::| : 〈: : : : : : : ∧





294 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:02:09 ID:.0sAZvi20




        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\       軍事介入だ!!
     /    (__人__)   \      ポーランド東部は我々が占領する!
      |       |::::::|     |      一兵たりともドイツ兵を入れるな!!
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i    _             _
   /          ヽ !l ヽi   | l [l] | ̄| /l    | |
   (   丶- 、       しE |そ  | 二l  ̄/ [][]∧.|_|
    `ー、_ノ      ∑ l、E ノ < |__|  | ̄/ <_/ <>
               レY^V^ヽl       ̄





295 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:02:24 ID:.0sAZvi20





        ____
      /      \
     / ヽ、   _ノ \            シャポシニコフ!
   /   (①)  (①)   \          ドイツ軍はこの戦争にどれだけの
   |      (__人__)     |          戦車と航空機を投入している!?
   \     ` ⌒´     /ヽ
    /              \
    (  ヽγ⌒)        ヘ   \
 ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



 _   ---  .._
'´          丶
             ヽ
___              ',
:::.  ̄´シ  i         ',
::.    イ   l       _ i
::    7   /   _, ='´::ヽ}
:. , =、 l      /,ィi' 〈       赤軍参謀本部の見積では
:::/ ー、"    , - ´/   ',
::{ :::r'   !      ´ ,   ',      戦車2500輌以上、
:ノ\ :}  ヽ       ノ!_, ィ
  ::.ヽ   l    ,  __,丿      各種航空機は約2000機と
   :l:.|       l ' イ
_   :l::ゝ.._      /        試算しております。
 ' ー-、::i:::.l: >ー― '
     `丶イ   〉
、__       `ヽ |
ヽ ` ー- 、  /ノ
  \     \|イゝ





296 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:02:47 ID:.0sAZvi20




             ∩_
             〈〈〈 ヽ
     ____.   〈⊃  }
   /      \    |   |
  / ヽ、   _ノ \  !   !     では我々はそれ以上の兵力を
/   (①)  (①)   \|   l     投入するのだ!!
|  U   (__人__)     .|  /
\    |i||||||i|     //
 / __` ー'       /
 (___)      /



               / ̄ ̄\
             / ノ  \ \      だ、だが、、
             |  (●)(●) |
.             | u.(__人__) .|      ベラルーシとウクライナの軍管区だけで
        r、      |   ` ⌒´  .|
      ,.く\\r、   ヽ      ノ      それほどの大兵力を動員するのは
      \\\ヽ}   ヽ     /
       rヽ `   ヽ  ノ7i:7、/ァ'´ヽ      不可能だろ・・・常識的に考えて。
        └'`{  .   \.|.:i..:::ソ,/:::::::::i
            ヽ、._  ∥ヽ、_,r':::::::::::.|
            `ヽ、:::::::::::/':::::|
               `'ー'´





297 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:03:29 ID:.0sAZvi20




          ____┘(
        /\  / ⌒
      /(①) (①.) \
     /   (__人__)     \       無ければ各軍管区から都合しろ!!
     |      |::::::|      |
     \     l;;;;;;l     ,/       とにかく、是が非でもドイツ軍より
      /ヽ   `ー´   ィ⌒ヽ
      rー'ゝ       〆ヽ .)       巨大な兵力を投入しなければならん!!
    ノヾ ,>      ヾ_ノ,ヽ}
    ヽ ヽ|        ヽ_ノ



             ,.- ‐── ‐- 、
              ,r'´            `ヽ
             ,イ          U   jト、
          /:.:!       j     i.::::゙,
            i:.:.:|    _,,    ,、--、  !:;;;;|         しかし同志・・・そうなりますと短期間での
           |;;;;j ,r''"二ヽ   r'⌒ヽ  !;;;!         軍事介入は不可能です。
         ,ヘ;;i! ,,_r ・,ン.:!  {〈・_,>、,, jヘi!
         〈 j>j、   "´, イ   `ヽ  ,':::〉!         各軍管区からの部隊移動。
          `ゝ.`,     ノ、__,入   j::rソ          また、大規模な機甲戦力を運用するための
             `゙i u / ,r===ュ, `,  '.:〔_          莫大な燃料の集積に2週間以上はかかります。
               }!  ! i.:::::::::::.:! ;!  .!::::j::`` ー----─r- 、
             , イ.:ト、   ゙===='′ ,イ!:::::!::.:.:.:.       ゙,  `ヽ
         _ノ /j.:::!:トヽ、 ´ ̄` ,ノ´ ,リ::::.:!:::.:..      i.    \
       ,.r'´  /.::!:::::::| `ヽ`"""´ /ノ.:.:.:.:.::!:.:.         |     !



           ____
         /     \
       / _,ノ  ⌒ \     ドイツ軍は場所によっては
.     /   (一)  (ー)   \    日に20キロ以上は前進していますからねぇ・・・
.      |        ´    ij  |
     \     ⊂つ     /    2週間の準備期間が命取りにならなければ
     /           \    いいですが。





298 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:03:50 ID:.0sAZvi20




     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
    /: : :             \
  /: : : :            \
/: : : : : :                   \          ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
: :  ___              /   \       <                     >
: : : : : :\_____,ノノ ソ ((,,,/_ _     l       <  うるさい!やれ!        >
: : : :;;((_(|)_))ノ::::ノヽ:::( (_(|)_) );;:::   |      <   舐められたら終わりだ!  >
: : : : :   ⌒ _ノ "''"´     ゙゙     l       <                     >
: : : : : : . . (    j    )       _人_人_      VVVVVVVVVVVVVVVVV
\: : : : : : :. {ー-‐'´`ー-‐/'′   /| ギ |
  ヽ: : : : : :{ソヘノ' ―ー_( : : : :ーイ< リ  {
: ーイ : : : : : :  ̄ ̄ ̄”^       | ッ  ゝ
                    へwへイ





299 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:04:36 ID:.0sAZvi20





分け前の「取りこぼし」を恐れたやる夫は急遽軍事介入を決意する。

9月6日、西部国境地帯での兵役満期者の除隊が中止され、
翌7日にはベラルーシ・ウクライナの両軍管区が戦時編成の
「正面軍」に移行されると同時に部分動員が開始された。



             ,,,,,,,,,,
            /★ニハ ギュラギュラギュラ…!
            (∀´ ,,,)
            と_|: ,")
          __,,---┴―┴―┐              ザッザッザッザッザッ…
    ====ニニ))=( | ★ = △ |             ,,,,,,,,,,,,    ,,,,,,,,,,,,     ____ ____ ____
        ____ヽー ゝ' ==--┬┘=====,,--,,_     [|,,,★,,|,]  [|,★,,,,|,]   |_★_| |_★_| |_★_|
       / _,,-'": ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄(仁)      ミ゚∀゚,,彡  ミД゜,,彡   ( Д ∪( Д ∪ ( Д ∪
   _ O)//-/O)_:_|───┼─---┼─   ┯==∩=⊂ン┯==∩=⊂ン~ )ニヌ ¬=∈ ¬=∈〓〓| |コ
 /=/ i.|__/ /=/ヽ/ ̄~/ ̄~/ ̄ / ̄/\ ̄ ̄   i==|=[]j   i==|=[]j  (∃| |゚⊂(∃| |゚⊂(∃| |゚⊂(_/
 |==| (━|__|━|=:=|ヽ ノ| ||  | | ||  |ヽ 丿 ;:;:;:;'⌒)/_/ヽ___i   /_/ヽ___i   凶| |゚  凶 | |゚  凶 | |゚  |
  \ ヾ \\_\ ヾ_ヽ_ノ ヽ_ノ ヽ_ノ ヽ_ノ / ;:;:;:;'⌒);: し' \)   し' \)    ∪∪  ∪∪  ∪∪



さらに他軍管区からベラルーシ・ウクライナ両正面軍に航空機や戦車が移送され、
それら機甲部隊に必要な莫大な燃料の前方集積も大急ぎで進められていた・・・





300 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:05:25 ID:.0sAZvi20




        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/     同志やる夫、シャポシニコフ赤軍参謀総長から報告です。
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /       やはり作戦準備には2週間ほどかかると。
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃

やる夫の官房長官 アレクサンドル・ポスクリョーヴィシェフ



        .____
     ;/   ノ( \;
    ;/  _ノ 三ヽ、_ \;      くそっ!何をやっとるんだ!!
  ;/ノ(( 。 )三( ゚ )∪\;     こうしている間にもドイツ軍は
 ;.| ⌒  (__人__) ノ(  |.;    ワルシャワに迫っているんだぞ!?
 ..;\ u. . |++++|  ⌒ /;     急がせろ!!





301 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:06:33 ID:.0sAZvi20





【補足】




          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\    ドイツ軍の進撃が続く中、
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ     やる夫は赤軍の介入準備を
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/
         | |{i t    _     / |     急ピッチで進めさせていました。
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |     しかしこの頃、やる夫には
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |     先に片付けるべき大きな懸案が残っていたのです。
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |




【補足終わり】





303 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:06:47 ID:.0sAZvi20





   ――― モンゴル人民共和国・満州国国境地帯、ハルハ河流域。



     .:....   :. :. .... ..                                     ..  . . ..   .. . ...
.,_                  .,.;:;::'''""""''''''''"''''"'''''''''''''''':;:;:'''""''''"":;:;''"'';:;,.,.,    "":::::::::.
'"                  _...:;;:''"                    ,.;:.,..,;:;:;:,.,._, ...,,,...,,,,,,,
.,;: _...                .,.,;:;:;:,.,.,_                ,,,......,,,,,;:;''"''':::..
                 .....,,,,,;:;'''"'''"               ....,,_,,,...;:;::''""''''"
          ,.,;:;:;:;:;'''""""""              ...,,,;:;;:;,,,..;:.;:;;:;;::''""
       .,;:,.'""                            ""'''''''::::;:;:;;,..,,.,.,_   _,,...;:;:;;:'''""'''';:;;:,.,.,
   .....   "''''''""""""''''';:;:;,.,_,.              .....,,,,__...,,;:;'''""''''::;;;;.......,,,,...;:;:;;''''"         ..,
     .,,.,;:;:;:;;:'""''''''''''''''""""    :::::::::;;;;;;;;;;;''''''"""'''""""                      ::;
':.,  …'"   "''':;:,.,,.,..,.,.,.,.  __.,.,.;:'"';:,.__,  ""''''''''':::::......"""''''''"""''''…           ...::::::'''
::'    .,;:'""""""""""'''''""""""      """"''''''''''':::::::::;;;;,,,,,....._             """
    ;:,.,.,.,...._                      、、_....,,__,,,..::::;;;;;;;;;,,,,.....        ....... 、、、、、.,;:'''"""""''

  ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,           ,,,,,,,,            ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
''' :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.彡爻爻乂爻ミx,,,v、:.:.:.:.从从爻爻从从'''''''''.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.从爻彡从从乂爻爻ミ,,,,,从,,,,,,,
刈笠辷沙几; ; 爻; ; ; ; ; ; ; ; ; 爻彡 ― ァミ从爻爻乂廾爻爻爻ミx ̄\'_'_'_'_'_'_'_'_'_'_'_'_'_'_'_'_'_'_'_'_'_'_'_'_'_'_'_'_'_'
; ; ; ; ; [】 ; ; ; ; ; ; ; ; 圭 尢彡彳彡::::::::/; ; ;   ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;
; ; ; ; ; [] ; ; ; ; ; ; ; 彡彳:::::::::::::::::::.[】彳; ; ; ; ;    ' ' ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;
; 乂爻彡''彳´´゛::::::::::::::::::::::::::::::彡彳; ; ; ; ; x      '_'_'_'_'_'_'_'_'_'_'_'_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;
彡 ''´::::::::::::::::::::::::::/〉::::::::::::::::::::::癶 ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;
:::::::::::::::::::::::::::::::::::| |::::::::::::::::::::::::::::::`乂; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;





304 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:07:12 ID:.0sAZvi20





    _  [] []      _  [] []                  _  [] []
   |  |          |  |                          |  |
   |  |          |  |              .         |  |
   |  |\.           |  |\               _       |  |\              _
   |  |\\.         |  |\\        □    / /     |  |\\       □    / /
   |  |  \|.       |  |  \|            / /     |  |  \|           / /
   |  |          |  |         _____/ /    . .|  |        _____/ /  
   |  |          |  |        |_____/        |  |       |_____/
     ̄            ̄                         ̄ 

⌒:;'
  ;:⌒ヽ                    :':;  :;⌒:;ヽ                   
     :;)                  :;,. ,..    ⌒ヽ                 (;  ⌒ :;
(:;    ,;: ::;;)               (:          )                ;,      ⌒ヽ:; 
      ;) :;)                :;;       :;)                :;;(:;        :;)     
;   Oヽ.                  (:;; (:  Oヽ.  ; ;)                 (;;:  Oヽ  ;:); ::)
(:;.  ヽ、.ノヽ                  :(::;  ヽ、.ノヽ                    (:;'  ヽ、.ノヽ  ;:')
      \\                   (;::,.  \\                      (;   \\
        \\                   '" :; \\                        \\
         \\_______           .  \\_______               \\___
            i\,)lヽ、 | | : '_   |    /二ニii         i\,)lヽ、 | | : '_   |      iiニ二ヽ      .i\,)lヽ、
二ニii          .と,.!、ヾ\ ;. !!, . . |ii    (゚Д゚,ィ;        と,.!、ヾ\ ;. !!, . . |二ニii    (,,゚Д゚)       と,.!、ヾ\ ;.
Д゚,,)________     \ ヽ,)>、)   i⌒,)   ( ⊃//と ________   \ ヽ,)>、)   i⌒Д゚,,)    ( つニ)⊃     \ ヽ,)>、)
と )|::::::::;;;;;;|    /,ニi〈二〈,.ィ /,ニ、ヽ;:ヽ  |  `'|  |::::::::;;;;;;|  /,ニi〈二〈,.ィ /,ニ、ヽ ::ヽ   | |::::::::;;;;;;|   /,ニi〈二〈,.ィ /
;----、、、、、、=;i . || ├l-――┤||>|<||ニニニ;;;;;;;;;----、、、、、、=;i || ├l-――┤||>|<||ニニニ;;;;;;;;;----、、、、、、=;i  || ├l-――┤|
 ̄ ̄""""{}-!   ヽ___ , ̄ ̄ ̄ヽ!ニ/       ̄ ̄""""{}-! ヽ___ , ̄ ̄ ̄ヽ!ニ/       ̄ ̄""""{}-!   ヽ___ , ̄ ̄ ̄ヽ  
:;'   .,,    _.,;,           '  _.,  ,,         :;,_       w.,_...





305 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:07:33 ID:.0sAZvi20





     ミ★]::::::ミ    ,,,,,,,,,,,,,,                  ,,,,,,,,,,,,,,,,                   ,,,,,,,,,,,,,
     ミ゚д゚,,ミ    ミ★]::::::ミ      ,,,,,,,,,        ミ★]::::::ミ                   ミ★]::::::ミ      ,,,,,,,,,,,,,
    ━,==と:::)コ   ミ゚д゚,,ミ       ミ:::::::[iミ     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\   ミ゚д゚,,ミ      ミ★]::::::ミ
     ̄ノ::i:::::::::ゝ   ━,==と:::)コ      ( ゚っ)ノシ  < 砲撃で敵は浮き足立ってるぞ。  |  ━,==と:::)コ     ミ゚д゚,,ミ
     (__)J     ̄ノ::i:::::::::ゝ   \, --;-ー;─、    | 立ち直る暇をあたえるな !     |  ̄ノ::i:::::::ヽ    ━,==と:::)コ
                (_,)J __,,,,,/;`;'__i__';_';   | 突撃!!                  |   (_)J      ̄ノ::i::::::::ゝ
                     /,:'__,:';' / ̄ ̄'; ̄ ̄~':,  \_____________/         ,,,,,,,,,,,,,,   (_)_)
      r---、   _ ___/___/    ';_ _ _ _ _':,     ミ★]::::::ミ            ,,,,,,,,,,,,,,   ミ★]::::::ミ
     / ̄ ̄, " ̄ rt、 ̄ ̄_,,...、、-ー''''"" ̄      ':,      ミ゚д゚,,ミ            ミ★]::::::ミ   ミ゚д゚,,ミ
    ;'------';,..、、、=゙=゙:==='=、   :/ ̄ ̄/ ,=======、.':,       l::!:::(:`、      ,i~i!     ミ゚д゚,,ミ ━,==と:::)コ
    'iニニニ;'i::::::::::,",",.-、`、:::';  :/______,/::/:::l,",.-.、`、`;"    ノ::i:::::::;:O==i]ニニ]i!二)ユ    l::l::/::)   ̄ノ::i:::::::::ゝ
     'iL;L;L;L;i,、、-i:::i:::l:O:l:::i:.:.:';ー-------t:::::li:::l:O:l:::i      (__)_)    (_((_,)      ノ::i:,O、ゞ  (_)、_)
    ゙、゙、::::::::::丿  ゙、゙、゙ー':丿'  ゙、゙、:::::::丿  ゙、゙、゙ー'丿                      (__[i__])
     ""'"'"'"   '"'"'"'"    '"'"'"'"   "'"'"'"'"





306 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:08:24 ID:.0sAZvi20





                             ,,,,,,,,,
                              [|,,★,,|]
                             ( ゚Д゚)      同志司令官!
                             / (y) つ     我軍は攻勢両翼において敵を圧倒!
                             ∪/ |       敵後背部へ向け突進を続行中であります!
                             し"し




        三三三三三三三三三三三三三三三三三
        三三三>-‐'''' ̄              `
        -‐  ´         -──────--
             -‐  ´
                _   -──────-  _
           _,,... ≦三三三三三三三三三三三三
        ≦三三三三三三三三三三三三三} }三
        ==、三三三三三三三三三三三三 { {三
        ;:;:;:;:ハ三三三三三三三三三三三三ヽ ヽ
        ;:;:;/  ミ 7¨''''─・─‐t─────t─・─
        ;:;:;{  ミ ヽ      ノ 彡    i  .∧
        ハ/  彡   ゙=='''´   シ    {:. ミ: `''=      よろしい、上出来だ。
           }  三ニ    ニニ  彡   .弋  `
        i .i   三ニ   三    _   〃  ニ       各師団長に伝えるように。
           ハ   キ ミ三彡    /;:;:;:;`Y:/ヾ   三
           ∧     三彡   ヾへ;:;:;:;i/,= ' 三ニ      ハルハ河東岸から敵を一掃後は
          i   # 三ニ彡 ´    ` ´    三ニ
        ゝ:∧  # 三彡''´                    それ以上の深追いを禁ずる。
         \ハ   二ニ >-‐ 二二二二二 ‐-<
        } iヽ ヽ\    ´ ̄           ̄       くれぐれも「国境線」は越えるな。
         } } ヽ  ヽ、_三≡二     ##:;,
        { { / i } T t --->ー--、 三 ,r'⌒ヽ /
         ヾ、 { { / i / / /  /  / //ヽ

   第1ソヴィエト・モンゴル軍集団司令官 ゲオルギー・ジューコフ





307 :名無しのやる夫だお:2014/09/16(火) 20:08:36 ID:ntQuTjPQ0



ジューコフのデビュー戦にして最も苦しんだと言わしめたあの戦いか


308 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:09:30 ID:.0sAZvi20





1939年5月、日本・満洲国軍とソ連・モンゴル軍はノモンハン西方の国境係争地帯で大規模な軍事衝突を起こした。



            (               (;;、(,,,   、       (;; ;;''')) 、
  (;;((  ))      )   ノノ           ,,)    (
            ((   ,,,;)          ( (    ,;;)      (",)ソ;ソ ⌒)
.(;;、(;;⌒'')        )  ノ              ヽヽ  ,,ノ       ('"⌒;; ノ;;
,,,..   ;;⌒'')、    ( _ ⌒)               ) ))       ノ''⌒;;)⌒)..,,,
 (;(、(( .,,;;;;⌒),,     (  (             (,, (     (⌒;;;;,,.⌒)   )));)
::⌒;ソ⌒;;;;''')ノ,)ソ_,,,.....=) ノ--''''""""" ̄ ̄`゙゙ー‐-- ノ、,,,,,,,_,_ (;; `)⌒;;,,.⌒)  )));)
(;(((  (⌒.从从''"""^  )ノ        ....;;;;;;;::..         ""'''''从从,,,,,,'-、,,,  ,,,;;))
'';,,,,)_,'从从,,,,、     .'';;;"   ::::::;;;;;;,,,....               ;;;;;;:::::,,,' 从从,,,, )),)
,,,;;;;;;   ΛΛ   ,、...      ::::;;;;;           / ⌒・~
,,,;;;;   / ⌒  )  ::::;;;;;                  / ;・ ヽ;),、..
    / ;:/ つ.・.                   (   ) ∪:::::::::.
 ~(    )                         V V   ;;;;;;:::::::::,,,
    ~ ⊃



戦場は日本軍の根拠地側にあり、兵站上の問題からソ連側は大軍の意地が難しく苦戦を強いられていた。
そのため当初は日本軍があと一歩のところまで追い詰めようとしていたのだが・・・





309 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:10:08 ID:.0sAZvi20





しかし、ソ連赤軍は「学習する軍隊」だった。

緒戦の敗北から学習した赤軍は遥か1000キロの彼方から長大な補給線を築き上げ、
通信網と規律を立て直すと急速に組織的な弱点を克服していった。



          __
  __    /  ./)          __
/  ./)   三三)/)        /  ./)
三三)/)   ∧,,∧   ∧,,∧   三三)/)
三三)/   (´;ω;)   (;ω;`)  三三)/       <輜重段列組むんよ!
   ∧∧  と  φ)  .( つφノ  ∧,,∧     __
  ( ´;ω)/⌒/⌒/ ̄/⌒/⌒/ ̄(ω;` )  /  ./) <補給路と通信網整備するんよ!
  / _∧,,∧口  ∧,,∧ ⌒   □と_ ヽ  三三)/)
  (/(  ´;)η口(;`  )/⌒/  /_ノ  三三)/)  <兵力集中させるんよ!
 ∥ ̄(l    ノ  ̄(   ノ ̄ ̄ ̄||       三三)/
  __`ー‐'    `ー‐'                  <新兵の速成訓練するんよ!
/  ../)       __
三三)/)     /  ./)
三三)/)     三三)/)
三三)/      三三)/



このとき、赤軍が見せた非常時の際の抜本的組織再構成の底力は、
後の独ソ戦においても大いに発揮されることとなる・・・





311 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:11:40 ID:.0sAZvi20





そしてその最も有名な功労者こそが、この時のソ連・モンゴル軍司令官、ゲオルギー・ジューコフであった。



     ',    i三ヨ| , i--'"   ____
      i     ヽ-i   ;, -ョョョ三三三三三三三≧ョュ、
      、_ _    ,-三l>≦三三三三三三≧ョョ、三三三≧ョュ、
        ヽ  ,〉≦:i三三三三三三三三三三三三≧ョョ、三三≧ョュ、
         j ,-',/三:l三三三三三三三三三三三三三三三≧ョ、◯ョ7
       ,-'; ィ  ≧-;、三三三三三三三三三三三三三三>
     /::::::', f    jヽ,::ヘ,_¨・ニ,ッニニニ斗ニニ。- ' ヘ´::::
    /:::::::::::::i y'  ,-':',:::::::::::`¨¨¨::::i::ヘ:::::::::::ヽ::ヽ、_, イ´:::´
  イ:::::::::::::::::7キ   i 7:::',:::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       前任者のシュテルンは良い仕事をしてくれた。
/:::::::::::::::::::::::i〃   ',i::::::ハ : : : : : ::::ノ    : : :::::::::::::::::::: : :
::::::::::::::::::::::::::::ヽキ   i:::::i:ハ    ':::::ヘ、_ __                彼のおかげで僕は思う存分戦える。
:::::::::::::::::::::::::::::::ヘ’   l::::::i',:ヘ      ヽi -y'
::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ  .i、:::::::ヽヘ>⌒>-、____            今回の戦役最大の功労者は兵站部門の人間たちだ。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::i ヽ i::ヽ:::::/,,,,,<´          ̄`ヽ   ,
:::::::::::::::::::::::::::::::::::i,   ヽフ /',iヽ\          , .<´
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::>、  i::〃:::::::ヽ',ヘ \__     _, ィ



戦闘は4ヶ月続き両軍双方とも多大な損害を出していたが、8月末にはソ連軍優位の状況でようやく終結の目処がつき始める。





312 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:12:19 ID:.0sAZvi20





モスクワでは日ソ間の停戦交渉がなおも継続中であり、やる夫はこの懸案を先に解決する必要があった。



                ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
               〈 ●ノ,\    人 ● 〉
                 ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
                 )    Y    (
                /γ⌒     ⌒ヽ\
               /  |         |  ヽ       やる夫、朗報だよ。
               |   ヽ__人__ノ   |
               \    、`ー'´,    /        どうやら日本軍内部の対ソ強硬派が
               __>          <_        満州地域の管轄外に放逐されたらしい。
          _ー ̄               ヽ
         /   _ー/           /  , }      察するに、連中もようやく
        i   <、/           / /        我々の実力を認める気になったようだね。
         \ /            /- ̄
          {            /


               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /:::\:::/::\.   |   |
   / <①>::::::<①>\  !   !     極東における日本軍国主義の
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l     積年の野心を粉砕するために、
  |     |!!il|!|!l|      |  /     ハルハ河では連中に決定的な
  \     |ェェェェ|     //       敗北を味わわせなければならん!
  / __        /        今回の赤軍の勝利は日本軍に
  (___)       /         強い衝撃を与えただろう!





313 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:12:29 ID:.0sAZvi20




            ____
   n      /ノ  ⌒\
   | |    /( ①)  (①)\      これで奴らも身の程を知ったに違いない!
  i「|^|^ト、/::::::⌒(__人__)⌒::::: \    今後、同地域において我がソ連に楯突こうとは思うまい!
 |: ::  ! } |    /| | | | |     |     今回の我軍の戦功は格別なものだ・・・
  ヽ  ,イ \  (、`ー―'´,    /    で、現地の指揮官は誰だ?
            ̄ ̄ ̄



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●)
 . |     (__人__)     ゲオルギー・ジューコフだろ。
   |     ` ⌒´ノ
 .  |     ∩ ノ ⊃     まだ42歳の若手だ。
  /ヾ.、_  ノヾ、_ノ
 (.:::::::\ /::::./ノ:│    この前まではベラルーシ軍管区の司令官代理だった。
  \:::::..“::::/_|::::::|
   \::/Φ:::::::::::/
      ̄  ̄ ̄





314 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:12:58 ID:.0sAZvi20





                         / ̄ ̄\
                         /_ノ  `⌒ \
              _           | (● ) (⌒ ) .|      確か内戦中はツァリーツィンで騎兵隊として
             | !        | (__人___)   |      従軍してた経歴があったはずだ。
             | !        |  ` ⌒ ´   .|      というわけで俺達と縁もゆかりもある。
             | !   ,.-,    |         |      まぁ俺達があそこを離れた後にだったらしいがな。
           _,ノ ┴、/ ,/       ヽ       r
          r `二ヽ ) i      ヽ _ 、___,   ト      軍事的才能も、政治的忠誠心も文句ない人材だろ。
           |  ー、〉 /     _,,,,ノr  `   /i\,,,,_
            |  r_,j j__,,.. r''''"/::;| \`'/   ,'::;;;r;;;;;;;;;;;;:: r ‐-、
            |   ) ノ ::::::::;;;;;;;/::;;;;|  /\  /::;;; l;;;;;;;;;;:: ::;;;;;;;:: ヽ
          ノニ-、 ,/::;;|:::;;;;;;;;;>::;;|/(::::ノ \/::;;;く;;;;;;;;;;;;:: i::;;;;;;;;;;;:: }
       √..:::;;; ヽ、〉;:;;|::::;;;;;;;;{ ::;;;;;|  "::く  /:::;;;;/;;;;;;;;;;;;:: |::;;;;;;;;;:. ノ }
        /..:::::;;;;;;;;;;;;;;;〉;;;;|::::;;;;;;;;;:{ ::;;;;| |:::::::| /:::;;;:/;;;;;;;;;;;;;:: |::;;;;;;;;;;;;;;;;:: }



             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \       素晴らしい!私はこういう人材を望んでいたんだ!
      /( ①)  (①)\ )
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\       トゥハチェフスキーやヤキールなどという
    |    (⌒)|r┬-|     |       胡散臭い連中を処刑した甲斐があったというものだろう!
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
    | | | |  __ヽ、    /         彼の働きはまさにソ連邦英雄ものである!!
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |          彼にはもっと重大な職を与えるべきだ!
    `ー---‐一' ̄





315 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:13:22 ID:.0sAZvi20




      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈 ー ノ\   /\ー 〉
      ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
.      )    Y    (
     /γ⌒     ⌒ヽ\       ジューコフの働きのおかげで日本も事態の主導権を
.    /  |         |  ヽ      軍部から外務省の文民に移行させたようだ。
.    |   ヽ__人__ノ   |
    \     `ー'´     /      これでまともな交渉ができるね。
    /     ∩ノ ⊃  /
    (  \ / _ノ |  |        だが、日本側の交渉全権者はタフネゴシエーターとして
.    \ “  /__|  |        有名でね、停戦交渉も一筋縄とはいかないだろう。
.      \ /___ /



       ____
     /⌒  ー、\
   /( ①)  (①)\        そんなことはどうとでもなる。何のためにヒトラーと取引したと思ってるんだ?
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\       今や日本は国際社会で孤立している。
  |     |r┬-/ '    |       ドイツとの反共同盟もアテが外れた。
  \      `ー'´     /       どのみち我々と講話するしかないのだ!





316 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:13:46 ID:.0sAZvi20




     ,..¨ ̄ ̄¨丶
    /        \
   / ヽ、:::::::::      ヽ,
.  /( ①):::::::::::, -‐    i     それでクリム。対ポーランド侵攻作戦の準備は
  i     ::::: ( ①)     |
  \ (_,、           /     いつ頃整うんだ?
   \ ` ‐'    __/
    /         \



                   /  ̄ ̄\
                  _ノ 'ヽ、_   \
                   (⌒)(⌒ )    |
                   (__人___)     |      急かしに急かしてるから、
                     '、'ーー´   'J |      なんとか9月15日までには
                   |        |      準備が完了するはずだ。
                  |      .ィ {
                 _`ュ`ーー___´_ノ',      だがさすがにこれ以上は早くできないだろ・・・常識的に考えて。
           _, 、 -ー´. : l : .\  イ::::ハヽ{`、
          /. : : : : : : : : i : : :.∨´〉::::::V: : 、>、
         丿 : : : : : : i : : : :/ :`、 ',::::::: l : : > : : : -、
            r : : : : : : : :| : : :\ : : :`、',:::::::| : :.ヽ : : : : ',





317 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:14:18 ID:.0sAZvi20




        ____
      /      \
     / ヽ、   _ノ \            よろしい。
   /   (①)  (①)   \           では9月15日を対日交渉の最終期限とする。
   |      (__人__)     |
   \     ` ⌒´     /ヽ         日本との戦争を集結させた上で、
    /              \        ポーランドへの軍事作戦を開始するぞ。
    (  ヽγ⌒)        ヘ   \
 ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈 ● ノ\   /\● 〉
      ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
.      )    Y    (
     /γ⌒     ⌒ヽ\
.    /  |         |  ヽ
.    |   ヽ__人__ノ   |     後顧の憂いを断つということだね。
    \     `ー'´     /
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ      了解した。
    /      ,⊆ニ_ヽ、   |
   /     / r─--⊃、  |     それまでには、なんとか日本に
   |  ヽ,.イ   `二ニニうヽ.  |     要求を呑ませることができるだろう。





318 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:14:45 ID:.0sAZvi20





9月12日、ドイツ軍の大攻勢に晒されているポーランド軍参謀本部には、さらなる凶報が舞い込んでいた。
それはフランスはパリに駐在するポーランド大使館付武官からの重要報告であった。



       、--ヽーv─;z.._
     ,≦ , , ..、、 、、 ≧
.     ∠/,. -┬,-、┬‐-ヽ. ゝ
      イ∠-─┴゙ー゙┴─‐-ゝ
     ll∠二二l! u fi二二ヽl l
    __| |  r==   r==、 | |__
    {fニ|.|. し、゚_, // 、゚ 〈 |.|`i }       元帥閣下!
   l.L_||[○]U l l ju ~U´v ||_フ.!       駐仏大使館から緊急報告です・・・!
   `ァ< r一 ヽ|_|/ ー-  |!-イ
    ノ .|「匚匚匚匚匚匚l`i.|  !        フランス政府からの情報によれば、
   イ _ノl‐r‐r‐r‐r‐r‐r‐r ヲ|  ヽ       ソ連が近々ポーランドに対して
.   イ ! u  ̄ ̄二二 ̄ ̄v |\_ ヽ      敵対的軍事行動を取る可能性が高いと・・・っ!!
 _,,./-1ヘ._!__!__!__!__!__!__!_ノ! :|l`''ー-
  -‐''||   | |::::::::::::::::::::::: / |.  ||`'''ー-
     ||.   | ヽ.       / l.   ||
.    ||   |,へ\‐-‐/へ/   ||

  ポーランド軍参謀総長
      ヴァーツラフ・スタヒェヴィツ



          __、--..、、
       _<⌒ヽミヽ ヾ !'⌒≧_
        ,Z´r;=-‐- 、ヾ 〃′≦
      7,"/   __‐ 、`ー-'⌒ヾ.7
       ! l ー‐- 、ヽ._`ー'´, u !
       .l !!L、u __\  ̄ 〆"T
      l.r‐、ヽ 、‐。‐-、V/∠==、|
     ,' |.l´! | u`ミ≡7@ )゚=彡 !
     /,' l.l_|⊥%ニニソ(@ *; )ー-*|      なにぃ・・・?
    ,/〃',ゝ|/>rーrーrゞr<二二フ
  ∠ -:/ ト ヒ'土土土十┼┼ヲ;!
 ̄:::l:::::::|、  !lヽ~U ~  __ ̄ ̄.ノl
::::::::l:::::::| \. ヽ.ll ヽ、 ___'/l/`iー-
::::::::l::::::::ト、. \ \. ll  ll  ll ll /:::::l:::::::
:::::::::l::::::::| \ \ `ヽ、 ll ll/!:::::::!::::::
::::::::::l::::::::|   \ \  /`ヽ'  |:::::::l::::::::
:::::::::::l::::::::|     \. `/  /   |:::::::l::::::::

ポーランド軍元帥・軍総監
     エドヴァルト・リッツ=シミグウィ





319 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:15:17 ID:.0sAZvi20




     ,、,、,、,.、,.、,.、,.
   zヽ  ''     ´ ^ "z.,_
  + ,=-‐、 _ _ , - ‐- ._ <
  ll./        u  i 7
  i/ vヽ. _   _ , - ', -‐ | フ
  .|、.ヽ、     /  _ .,  | z
  .i.、`ヽ.\  φ, ' ´ ./  j.-、
  |ヾ,__o(@ )、o__,ノ ij |.∂|
、.._ !g  ̄(@; * ) ̄'~.* ! ソ!ゝ      ワシはいま忙しいんだ・・・っ!!
.`ヾミ二二ゞ-∠二二ニ=彳~\ヾ
─ .||┴亠亠┴┴┴ ┴')!::::|::::: ̄     いちいち、一人の大使館付武官の報告に
::|::::::|ヒ〒〒.l三i三i三i.ヲ'.ノi:::::|::::::::
::|:::::l ~, ̄ ̄≡     '/ll.l|:::::|::::::::     かまっておれん!!
::|::::::i  `丶ー-─ ' ´ ll / |:::::|::::::::
::|:::::::|`、ll ll ll ll ll / ./i:::::|:::::::.     捨て置けっ!!
::|:::::::|\`、 ll ll ll / / .|:::::|::::::
::|:::::::|  \\ ll // /  |:::::|::::::



      _、-、〃1,.    -'``~〃´Z
     Z.,.      = =.      ´z
.    / '´`ミ    = = 、、ヾ~``` \
   / ,.--  .ミ   = = ミ.    --、 \
.  <  〃-、  ミ  = =  ヽ   ,.-ヽ  >
   ヽ i  l   | |ヽ= = 〃| | u l  i ゝ_
. / ̄u -,´__  | に|= =| l::|/  _`,ー- ,._ ヽ     え、ええ・・・っ!?
 ーz..ヽ___,,...-,-、ヽ.-'=´= = ゝ| ,´,.-,-...,,___ゝー'
    ',=',=,'=,'=|. /ヾ三 三ノ|  |=,'=,'=,'=,'
  ,―'ーーーーー' /.      |  'ーーーー-'--、
  | l ! i ; '  /.       |  i i i ; , |_
  L____/.        |_______l
   /    ヽ        /     ヽ



しかしこの時、ポーランド軍総司令部はちょうど急進するドイツ装甲部隊に追い回されて
各地を転々としている状況にあり、この重要な報告を精査するほどの余裕などまったくなかった。

ソ連の軍事介入という差し迫った懸案は、ついに後回しされてしまった。





320 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:15:43 ID:.0sAZvi20





   ――― 1939年9月14日。



         γ´⌒ヽ
         .(  ○ }γ⌒ヽ
          ト _  _ノ.人 ○ 〉
          l   |/  ヾ_ノ
        , -´    |   {_
      / γ⌒      ヾ               日本軍は、モンゴル政府の主張する
      .|  |         l
      .|  ヽ______人___ノ| _ , -‐ 'フ ̄ ヽ      「正当なる国境線」からただちに退去すべきである!
      .\     `ーー'´///  /    ヽ
     , --,.─ヶ―‐,--‐'´ / /_ノ       |     ソ日間の紛争終結はこれをもって達成される!
    / フ´ /彡'´              /
   /    / /     \   、      /
   |   //       \ー--=―┬‐'´
   |  |   丶     \/ |  |



          _
       ,. ' ´.三`ミヽ、
        /´三Ξミミ、、ミゝミォ
     /彡 '´` ー'´ ̄``´ ̄ 「ヽ、
     ,':;r'           !ミミi
    ,'::!               !ミミi
    |:j  ,.==    ,.ニ=    ヽ:ミi
    リ , '´二ヽ   / ,.--、ヽ   !:ミi
   r├{ '´`'' `}=={  `´ ノ ̄ ̄y´`、         まったく承服できない。
    {〈 ヽ、 _ ノ/   ` -‐ '    〉ヽ }
   }i !    ,イ,、___,、ヾ、       ハ .)),′        モンゴル政府の主張する国境線には
   { !    >ニニ´ `      〃' /
    `┤{´ 彡≡≡ミミ  }    i` ´           なんら正当なる根拠が存在しない。
     ! .i ´ ̄二 ̄ ^`ノ    /
     ヽ           , イ、             そのような条件下の停戦は拒否する。
      `ヽ、      ,.  '´,./ハ
       ,イヽ` ー ' ´, -‐'´ /;;;;;;;\
__,. --‐';;i  `ヽ, '´   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;j  /ミミヽ   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;〉;;;;;;/∧〃ミミミrヘ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;  '´;;;;;;;// /` ソ´ ン;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

日本駐ソ特命全権大使 東郷茂徳





321 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:16:15 ID:.0sAZvi20




          _
       ,. ' ´.三`ミヽ、
        /´三Ξミミ、、ミゝミォ
     /彡 '´` ー'´ ̄``´ ̄ 「ヽ、
     ,':;r'           !ミミi
    ,'::!               !ミミi
    |:j  ,.==    ,.ニ=    ヽ:ミi
    リ , '´二ヽ   / ,.--、ヽ   !:ミi
   r├{ '´`'' `}=={  `´ ノ ̄ ̄y´`、      日本としては、現在両軍が占領する境界線をもって
    {〈 ヽ、 _ ノ/   ` -‐ '    〉ヽ }
   }i !    ,イ,、___,、ヾ、       ハ .)),′     国境線の確定とし、停戦することを提案する。
   { !    >ニニ´ `      〃' /
    `┤{´ 彡≡≡ミミ  }    i` ´        これが、我が国の最終通告と考えてもらいたい。
     ! .i ´ ̄二 ̄ ^`ノ    /
     ヽ           , イ、
      `ヽ、      ,.  '´,./ハ
       ,イヽ` ー ' ´, -‐'´ /;;;;;;;\
__,. --‐';;i  `ヽ, '´   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;j  /ミミヽ   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;〉;;;;;;/∧〃ミミミrヘ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;  '´;;;;;;;// /` ソ´ ン;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;



         ノ L
         ⌒
      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈○ ノ\   /\ ○〉ノ L
       ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ ⌒
       )    Y    (
      /γ⌒     ⌒ヽ\
     /  |         |  ヽ    (くそっ・・・強情張りめ!)
     |   ヽ__人__ノ   |
     \     `ー'´     /
     /     `ー'      \





322 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:16:39 ID:.0sAZvi20





                   / ̄ ̄ \
               _ノ  ヽ、_   \
                (●)(● )   |         まずい知らせだ。
               (__人_)     |
                 '、`⌒ ´   U |         現地軍からの報告によれば、
                |        |         日本軍は満州各地から兵力をかき集めて
                |        {         一大反攻作戦を計画しているらしい。
                ヽr`ー- -=´ i、
             __,. <.ム- 、、___,/ヽ__       ジューコフの手持ちの兵力だけじゃ
        _, 、<¨ : : : : :l : :.ヽ  ∧::〈ヽi :、ヽ、     防ぎきれないかもしれんだろ。
       / : : : : : : : : : : :|_ : :∨ |:Λ | : :、 : >、
      丿 : : : : : :i: : : : : : :/ :.∧__|::∨\、: : : : :.`,
      i : : : : : : : :| : : : : : :\/ ̄ ∨   /;;ヽ : : : :,i
        i : : : : : : : :! : : : : : : :/ ´ ̄ヽ_V /;;/;;;;;ヽ : i∧



       ___
      /     \
    /  ノ '  ー‐ \     ずいぶん聞いていた話と違いますねぇ?
   /  (●)  (●)  ヽ    日本軍にはもはや戦意などないはずでは?
   |         '       |    中国国民党軍と戦いながら、
   ヽ、    ‐‐-‐    /    辺鄙な荒野で一大作戦を展開できるほど
    /             \     余裕があるとは思えませんがね。





323 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:17:09 ID:.0sAZvi20




               _____
             /  ̄  ̄\
           /        \
           |     _,.ノ '(ゞ、_|
           .|    ( ー)ヽ ヽ          狂人どもの考えなど知るか。
           ノ| U   (___人_\\__
       ____-‐./l l|、    `⌒(⌒_   \      ともかく、ハルハ河の日本軍が
    ,,-=ニ_::::::、::l ::::! ヽ.      し「、    \    増強されつつあるのは事実だ。
   / ::::::::::: ヽ::::::)::::::| `ヽ. ___´ノ ヽ ヽ、..,,____i_
  i :::::::::::::::::: ヽく::::::::ヽ  /  ̄ lヽl:::::〉::::Y________l_   奴らはやる気だぞ。
  l :::::::::::::::::::::: ヽ:::y:::::ヽ/、__l  !:: /::::| ::::::::::::::: |
   ! :::::::::::::::::::::::: l::::\::::ヽ l ヽ.l::: l::::: | ::::::::::::::: |
   ヽ :::::::::::::::::::::::: ヽ:::\::::ヽl  l!::: l:::: | ::::::::::::::: |



      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈 ● ノ\   /\● 〉
      ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
.      )    Y    (
     /γ⌒     ⌒ヽ\
.    /  |         |  ヽ    ・・・どうする?やる夫。
.    |   ヽ__人__ノ   |
    \     `ー'´     /    軍事的勝利は完全とは言えないようだ。
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、   |     日本側は現在の双方の占領線を
   /     / r─--⊃、  |     境界線として画定することを提案してるが・・・
   |  ヽ,.イ   `二ニニうヽ.  |



      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (①)  (①)  \
 |      (__人__)    |    ・・・・・・
 \      ` ⌒´   /





324 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:18:13 ID:.0sAZvi20




     ,..¨ ̄ ̄¨丶
    /        \      私は、西方において遥かに偉大な
   / ヽ、:::::::::      ヽ,     領土の回復行動を取らねばならん。
.  /( ①):::::::::::, -‐    i
  i     ::::: ( ①)     |    極東の辺鄙な荒野にこれ以上かかずらっていられるか。
  \ (_,、           /
   \ ` ‐'    __/     日本軍は十分傷めつけた。これで手を打ってやれ。
    /         \





325 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:18:37 ID:.0sAZvi20





9月15日、西部国境地帯のベラルーシ・ウクライナ両正面軍の元には大規模な地上戦力が集結していた。

その戦力は35個狙撃兵師団、12個騎兵師団、16個戦車旅団、1個自動車化旅団と空軍部隊からなり、
兵力約46万、戦車4700輌以上、航空機3300機に達した。



';'
';';,..
 ';;';';;,.,
  ''';;';';;'';;;,.,                  ザッ
   ''';;';'';';''';;'';;;,.,   ザッ
   ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
    ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
      vymyvwymyvymyvy     ザッ
ザッ    n_n,n_n、n_n,n_n、n_n,n_n、
      ∩_∩^-^∩_∩^-^∩_∩^-
  ザッ   ∩__∩ ∩__∩ ∩__∩ ∩__∩
         ∩_ ∩__∩ ∩__∩ _∩ ∩_    ザッ
     ∩___∩    ∩___∩ ∩___∩ ∩___∩
     | ノ      ヽ   | ノ      ヽ | ノ      ヽノ      ヽ
     /  ●   ● | /  ●   ● |  ●   ● | ●   ● |
    |    ( _●_)  ミ |    ( _●_)  ミ  ( _●_)  ミ  ( _●_) ミ
    彡、   |∪|  、` 彡、   |∪|  、`\ |∪|  、`\ |∪| 、`\
   / __  ヽノ / / __  ヽノ /´>  ) ヽノ  / ノ //ヽノ /´>  )
   (___)   / (___)   / (_/_)   / (_/    / (_/



ドイツ軍と比較して動員兵力自体は3分の1程度だったが、戦車は約2000輌、航空機では約1000機以上も上回っている。




327 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:20:46 ID:.0sAZvi20




しかもこれらはソ連赤軍の「一部分」に過ぎなかったが、それだけでドイツ軍の保有する全戦車数を超えており、
航空戦力ではドイツ空軍全体の8割に匹敵する大戦力だった。



 ,,,,,,,,,,,,,, ,,,,,  ,,, ,,,,,,,,,,,,,, ,,,,, ,,,  ,,,,,,,,,,,,, ,,,,, ,,,,, ,,,,,,,,,,,,, ,,,,, ,,,,,,,,,,,,,, ,,,,, ,,,,,,,,,,,,, ,,,,,, ,,,,,,,,,,,,,, ,,,,,, ,,,,,,,,,,,,,   ,,,,,,,,,,,,,
./,,,l,,,★,,lミ /,,, /,,,l,,,★,,lミ /,,, /,,,l,,,★,,lミ /,, /,,,l,,,★,,lミ  /,,,l,,,★,,lミ /,,,l,,,★,,lミ /,,,l,,,★,,lミ /,,,l,,,★,,lミ /,,,l,,,★,,lミ
ミ,,ノ,, ゚Д゚iミ, ミ,,. ミ,,ノ,, ゚Д゚iミ, ミ,,. ミ,,ノ,, ゚Д゚iミ, ミ,,. ミ,,ノ,, ゚Д゚iミ, ミ,,ノ,, ゚Д゚iミ, ミ,,ノ,, ゚Д゚iミ, ミ,,ノ,, ゚Д゚iミ, ミ,,ノ,, ゚Д゚iミ, ミ,,ノ,, ゚Д゚iミ
/┌-‐=r‐,='t.・_/┌-‐=r‐,='t.・_/┌-‐=r‐,='t.・_/┌-‐=r‐,='t・ _‐=r‐,='t・ _‐=r‐,='t・ _‐=r‐,='t・ _‐=r‐,='t・ _‐=r‐,='t・ _
ゝ_ア´::`T、 ゝ::..ゝ_ア´::`T、 ゝ::..ゝ_ア´::`T、 ゝ::..ゝ_ア´::`T、 ゝ:: ̄´`T、 ゝ:: ̄´`T、 ゝ:: ̄´`T、 ゝ:: ̄´`T、 ゝ:: ̄´`T、   ̄´
く_::ノ、´ヽ く:: く_::ノ、´ヽ く:: く_::ノ、´ヽ く:: く_::ノ、´ヽ く_::ノ、´ヽ く_::ノ、´ヽ く_::ノ、´ヽ く_::ノ、´ヽ く_::ノ、´ヽ
.(_/  ー' (_  (_/  ー' (_  (_/  ー' (_. (_/  ー' (_/  .ー' (_/  .ー' (_/  .ー' (_/  .ー' (_/  .ー'



まさに、全世界最大の軍隊である赤軍の威容をドイツ軍に見せつけるには十分な大軍隊であった。





328 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:22:09 ID:.0sAZvi20





9月16日、日ソ両国はモスクワでノモンハン事件に関する停戦協定に調印。
4ヶ月に渡って続いた国境戦争はついに終結した。



                                          _ -―
、_                                   _ -‐
  _ >一ー―――- 、__       , ---―- 、     _ .. -‐
 ̄                }  _ -‐ッ'       `ー--、}
               「 ̄  「   ,.-、        ',
               |     }   /  \       、
                 i     jノ ノ    `丶、    ヽ
              |    `゙´        ヽ     }
              /               ヽ   |
: . . .            /ヽ, -‐-、,r"ヽ         丶 .ィ´:、    . : : : :
: : : : : : : : : : / 〈 ⌒/ ゝ /⌒ヽ    ヽ  ∨ 、: 、. : : : :_ .. -‐  ̄
 ̄ ―-  __: : : : /   `´{  /   ∠、 \  \__ノ  \}_ .. -‐ "
         ̄ ―┘    `¨´、 /- /丶、 >‐'
                    `゙'、__/`--' ̄



これは同時に、ソ連にとって東西両国境における二正面作戦の危険性が取り除かれたことを意味する。

東方における国境問題が解決したいま、次は西方において国境線の「大改定」に着手すべき時が来たのだ・・・





329 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:24:10 ID:.0sAZvi20




                ,.- ───‐- 、
               ,r'´          ヽ
             /:::、               `、
                l;;::::::ヽ .i           l
            /;;;;::::::/ .:}             |
            !;;:::;;:;;:! ′ _,,,,,_         j
               リ^ヾ! . ''"´ ̄``   ‐==-〉
             { い  ゞ ,rェテン;:.  斤ュ,, /         同志人民委員。
            _lハ  i    '~´   ト,、`` !
           /.:1::u '、      ,;:  j!   ,!         ベラルーシ正面軍、
         _/.:::::| 1  ;  ,r''"´`ー-';  /          およびウクライナ正面軍ともに
        ,、‐'´1 .:.:.:::! ゙、   / `ー---' ! ,!′          動発準備整いました。
_,,.、-‐''"´ .:.:.::::|  .:.:.::`、 \    ´ ̄  ,/ヽ、
     .:.:.::::::::::l.:.:.:.::::::::.\  ヽ、 _ _,.イ `ヽ `丶、       両正面軍はただちに行動可能です。
      .:.:.::::::::::l.:.::.:.:.::::::::::ヽ   ノ/1 /.:.:.::::|   `ー、、
゙、       .:.:.:.:::::|.:.:::::::::,r‐r‐ミ、   /.::l /^i::!       ヽ
 ',       .:.:.::l .:.:.::/ .:.::l::o::|    レ1::.: :リ    i   ,ハ
  i         .:::!:::::/ .:.:::|::.:.:|    Hj.:.:.:       |  /  i





330 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:24:23 ID:.0sAZvi20





         ,- 、          /      \                       /   よ     \
          /   !            |  介  な  |                    |          |
        /   /      , - 、    |  入  ら  |                   l      ろ     |
      r‐、ト  l    /  ノ   |     ば  !                   |          |
      !  !  |   /   /     l  だ       .|                       |     し     !       f¨ヽ  r‐ 、
      ノ  l.  | /   /        !   .      |.     , r ' ⌒ ヽ、         l          |        l   ', !  ',
    〈  .l   l./   /,..-‐ ''"´ )\________,.く .  /       ヽ,      |      い      !. _        |   l ',.  ',
    ',  ,!  ,/   /    ,.>'´            /       ,,ヽ、_ヽ   >、________/  ! `ー- 、   !.  | |   l,.-‐ 、
     レ    〈   '    >'´               |     __,ノ 彡(○ )                   ヽ、.._  ヽ、 |   l. |  l. /
      | ヽ          '´ ̄ ̄⌒丶、          ,  |    (○ ) 彡  | `ー- 、                \  ヽi.   lノ  l./
     ',   ` ー  、_ ,ァ‐一ー-、__,!       ,. -‐'"  |         入,__)     ヽ          ___ヽ  ヽ  '   l'
     ',          {           /      |      ゙'ー'´   、      ト、       r‐'´    `  _, -' ´l
      ',        ,!、        /、      ,.  |       ゙ヽ、__ノ ^ヘ     l ト、       `ー ' ´ ̄}  `´       !
      ',        ノ`ハ          ノ ヽ   /  |. ヽ、         /  ハ   !  イ        ,r,=i           !
       くヽ、__ .. -‐'^}/ ',        ,! i   ヽ     |   |. ヽ、       ノl    V , レ' ,ハ       /(. ト          !
         |`ー‐    /   ',      r'   !  V   |    !  l `>rー;<_|     V,イ   l         / `くヽ、      ,'
         ト,____,/     ',    ノ^ヽ  !  V   !   l  l/  ソ叭  `|      ∨ -‐'  !      /    `ヽ、 ー- イ、
.       /八。./       ',  /     、   ヘ  |     ヽ、  〈/^ハ〉  ト-、_____〉.    l     /        ヽtーァヘヽ
      l lii/            ',/         `ヽヘ !     ハ.   ル' |l  /   \ |   ,   ヘ. /            ヾ'|i|!l |
      ノノ/               V            >イ└─ー-/ ヽ, ,! |V      \ ノ     レ'             ヽli;l !
     .///  /´〉        ヽ、 、     /  }ヽー   /    ∨   レ'        /   ,.ィ"               ,、 r、 Yr'
    〈_'_   ー' /゙〉         ヾ ヾ  /     ヽ   /      ヽ/       / |   '´ /            ,、.「儿j U _'」
      `ヽ、 ー'/〉_           ! l ∨        l   ヽ、__ /,. -''"´ ̄丁`ヽ、トv' / l'           Y ,. -‐''"´
          \ "〈/        リ  |       〈ヽ、     // /      !    V { '         ,. -‐





331 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:25:41 ID:.0sAZvi20




1939年9月17日午前2時、モロトフは駐ソ・ドイツ大使シュレンブルクを呼び出しソ連赤軍の軍事介入を通告。



   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈● ノ\   /\ ●〉
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
    )    Y    (       我がソ連政府としては、混乱状態にあるポーランド国内の
   /γ⌒     ⌒ヽ\      ベラルーシ系市民、ウクライナ系市民の「保護」のため
  /  |         |  ヽ    同国東部へ軍事介入することを決定した。
  |   ヽ__人__ノ   |    これはドイツに対する敵対的行動ではないことを明言しておこう。
  \     `ー'´     /




     〃   ii    !|       i ||    | |  │     │  |   |
      {i     ii    !|       i ||    | |  │      |  |   |
      ii     ii    !|     _」L -‐ ニ二 |    i │  |   |
     ii   _」≧ニ二¨ミ ̄_{   ン匀アリ''<|   ii  i  |  |   |
     ` -ヘ {  /杁う`7'⌒ {  、 ゞ-┘ ´ |  ii  i  |  |   |
        l {    ゞ'┘′   ヽ、____   |  ii  i  |  |   |   ・・・承知しました。
        | ` r‐…  7                |  リ  i  |  |   |
        |  l.   /               | 〃  ノ リ  |   ! i|   ただちに本国政府に報告します。
        |  |ヘ  ヽ    ::...、        厶 -r…¬   ,,'  i i|
        |  | |:.   `                |   }}   ''   ii i|
        |  | i i:.   マ二二二二ヾ      |   リ /   ii i|
.          レ⌒| i i ハ   ー─         j  〃≠-‐   ̄
            | i i _,ム  . ...::... . .    ,.イ  ///..::::::::::::::::::::::
            | レ'.:::::::::ト:._:_:..:..:..:..:.:._;..'´''´ //..::::::::::::::::::::::::::::
          /..:::::::::::::|::::|ト、 ̄ ̄ /     /..::::::::::::::::::::::::::::::::::
          /..:::::::::::::::::::|::::|| \/    /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

      ドイツ駐ソ大使 フリードリヒ・フォン・デア・シュレンブルク





332 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:27:49 ID:.0sAZvi20




        /: : : : : : : : i : : : i ヘ : : 丶: : : \: : : : :.∨: : : :廴
      /: : : : /: : : : | : : : ト \ : : \.: : : :. : : : : : : : : :. :.  ̄
     /ィ : : : : ' : : i:. :| : : : |  ` ヽ 厶斗: : :∨: : : :i : : : N
    /   |:.i:. :. :i: : : |:. :|小:. :!    /ヽ 厶ミヽ ∨:. :.:|、: : :.ト
.      |:'|:i: : :|:. :. :! : | { 乂:.     ィ斧:ハ } i`ヽ:. :.| } : i:|
        { |:l: : :|: : i : 斗七 ` ヽ  ハう::ソ  .: / : : ル': :.ハ!
.        |:. :. :|: /|:. : :|,ィf斧ミ       ´  ノイ: :. :.小 /            ・・・なぜ?
        ハ: : 小{:.l:. : :ト、 うソ          |: : / N }
.        ∧:. :! ∧:. :ト:i:ヽ   `   _      |:.:.从{ _            軍の停止命令について説明を要求する。
.           ヽ:.   \∨: : : 、    ´     /!:/ Ⅶ):. :.ヽ
           ヽ    ハ: i : ハ{≧ュ.....  _/  {′ /:. :. :. :. :<_
                八:ト、{       .:´ハ     /:. :. :. :. :. ...:::´::イ`ニ 、
                     } `    /:. :ム}  .イ:. :. :. :. :/::/:. /:::::::::::::ヾ
                        / ― . . .、/:. :. :. :. :. /::::/:. : /::::::::::::::::::: ∧
                       /:/: : : : : : :/:. :. :. :. :. /::::/:. : /:::::::::::::::::::::::::∧



        ,':::: ::::::,'::::::::::::::/:::: ::: :::/!::::::::::' i:::::::::::ヽ:::::::::::::.
       .::::::::::::::!:::::::::::::,':: :::::: ::/ j:::::::::,'  !:::!:: ::: :i:::::::::::::',
.      i::::::::::::::|::!::::::::::!::: :::::::/ j:: ::::,'  |:::!',::::::::!:::: ::::::::i
.       |::: :::::::::|::|::::::::::|: ::: ::/___,':::斗   .!::|、i:::::::|::::::::::::::|
     |::::::::::::::!::|::::::::::|::: ::/  /:::::/    !::! .!::::::|::::::::::::::|
      |::::::::::::::|:::!:: :: ::|ヾ/ _ヽ/    j/__.|::::::!::::::::::::::!
...    |::: :::::::/|:::',:::::::::!ャテチ圷     zセチァヾ/::::::::::,':,'
.     |::::::/:::! |:::::ヽ:::::l 込ン      込ン . /:::::::::::://
.     !/:::::::',.|:::::::::\', " "         " " ,':::::::::::://      今しがた、陸軍総司令部に
.   /::::: ::::::::i::!:::::::::::::i.`         '     ,'::::::lヽ/
   /::::::: ::::::::::::!::!:: :::::::::ト.、          ィ::::::::|         外務省から連絡が入ったそうだ。
.  /:::::::::::::::::::::/:::|:::::::::::::| . ` 、   ´   イ::::::: ::|:|
  i::::_:::: ::::::/::::::|:::::::::::::|\    ィ.ー ´i‐-|::::::::::::|:|
 /´: : :..:` ̄i:::::::::|:::::::::::::|ヽ `7⌒ヽ. ,': : :l::::::::::::',`ヽ
 !: : : : : : : : :ヽ::::::!::::::::::::l: : V /| ト V: : : :|:::::::::::::', :..:',

  ドイツ北方軍集団司令官 フェードア・フォン・ボック





333 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:28:08 ID:.0sAZvi20




               _. --- ._
.         ,..イ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´ ̄`丶、
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
.    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ
  ∠:ィ:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.',:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:\
    /:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:トゝ
.   |:.:':.:.:.:.:.:.:.:|:.:∧:.:.:.:.:!、:.:.!.、:._」',...L:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.N
.   l:.:l:.:.:.:|:.:.:下'ト ヽ:.:.:| x|'´\! ',:l:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.|               .┌┐
    V||:.:.:.V:.:.|,ィ=ミ、\!  ィイ¨'トヽ:.:.:.:.:ハ:.:トソ                | |
      リ、:.:.:.\|:{ ヒ,ハ::::::::::::::::ら、j.| |:.:.:.:.,'ノ〉:|′_______,、∧,、| |_________
        ヽN:.:.:.:| ー‐'::::::::::::::::::ー-' ,!:.:.:./イ/ヾ   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨`'`.| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        l∧:.:.ヽ   '_     /:.:.// '′                .└┘
           \:.|`  _,..__ .ィ ./:.:./ー、                   ┌┐
          `rァ ´ /  l  ,./:.:/  ∧                 .└┘
            /′ /三ミ 、///     ヽ
         / .′ /   `y ´      ヘ.
        ,′|  |   /     .ィ´ ̄ヽ.〉
          /  .|  |  /      ,.'´    |



.       / :: :: :: :: ∧ :: :: :: :: :: :: |:: :: :: :i: :: :: :: :: ',:: :: :: ::',
        ' :: :: :: :: :::! |:: ::i :: :: :: :::|:: :: :: :|:: :: :: :: :: |:: :: :: :::'
      ,' :: :: :: :: :: :|  l:: ::!, :: :: :: :!:: :: :: :|:: :: :: :: :: |:: :: :: :::|
     ,:: :: :: :: :: :i:::|  ' ::| \ :: ::|::i, :: :: |:: :: :: :: :: | :: :: :: :|
    ,':: :: :: :: :::|:l :|    ',|  \/リヽ, :/| :: :: :: :: ::| :: :: :: :!
    ! :: :: :: :: ::|リ',|     、__ - x=V、|:: :: :: :: :: |_:: :: :: :!
    , :: :: :: :: :: :! _`ニ´      ん:::::iヽ!:: :: :: :: :: ! ', :: :: |
    |::i :: :: :: :: ::',{´iテチ,      辷_ノ |:: :: :: :: ::i:! }:: :: :!
    |::!',:: i:: :: :: ::, 弋_ノ         .| :: :: : :: :| / :: :: ::|      ・・・「奴ら」が、来る。
    リ ヽ:|:: :|: :: ヽ            !:: :: :: :: :!´:: :: :: ::|
      '!ヽ,|:: :: :: i     '         |:: :: :: :: :|:: :: :: :: :|
        | :: :: :::!      __,      |:: :: :: :: :! :: :: :: :::|
        |:: :: :: :::\     ̄    ,!:: :: :: :: | :: :: :: :: |
        |:: :: :: : ::: :: ` .. 、   ,  '´ | :: :: :: ::|、:: :: :: :::|
        |:: :: :: i :: :: :: :: :: :>-,.´   /|:: :: :: :: | `.─.┴-─‐ 、
        |:: :: :: |、:: :: :: :/!  ヽ_/  |:: :: :: :: |          '.,
        |:: :: :: |_ヽ-‐/ //f├,.   ! :: :: :: ::!    /      ,





334 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:28:35 ID:.0sAZvi20





/:./::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.::.:.:.:.ヽ        /  .\
:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ::::::.:.:.::::',      /     .',
 l  ..:.:.:.:.:::.:.:.:.:.:.:.::.:.:|ヽ、::::ト、l     /       .l     1921年のポーランドによる侵略以来、
:.:.!:.:.:.:.:.:!:.:.ト、{:::.::.:.:.::ハrfア|::::!}メ´ ̄`丶!        |     祖国から引き離されていた兄弟たちを
ヽl.:.!:.:.:.:!_N__ト、ト::N以' ノ|:ハ     |         ,'     軍国主義者の手から救い出す時が来た!
 ヽ!::::{:ヽK上少 ヽ、   /  j     !        /
 ハト、::!:ヽヽ   r‐‐‐1 /  !        !      /       ソヴィエトの勇敢なる兵士たち!
. {  ヽヽ `ヽ、 弋__ノ,.'  .::|:. :::. /ノ     /
 ヽ    | {ヽ_`_7   ::::!:::.{:::://{      イー‐.、     「西ウクライナ」を取り戻し、
.  \__  `ー―‐〃    :::!::::∨   ヽ   ノノ   └ 、    抑圧された人民を解放せよ!!
   /  L    ノ       ヽノ       ,イ   ./  1
  ノ  ./ヽ     r―― ' ´       Y    /    イ、
f´   {   .\    {     _ - 、    \__.ノ  /  }
    ヽ.    \  `ー‐‐'´    `ー '´`ヽ \__/   ノ

ウクライナ共産党第一書記 ニキータ・フルシチョフ




           ;ミ=、
           ノミ三ミ:、          ,.ィ彡三'
          ;三バ"´'ヘ        /  彡tミ
          },.⊥-‐'''"¨´ ̄ ̄ ̄ ̄`¨''ーく ノミ
.         /                 `ヾ!
.        /     __________     ',
       | ,.-_ニ´‐'',二二二二二臾-、`ー、  |    /
         Y// ,[_巨二二二ニニニニ三ミ、\|   /
        ,|∠ィ彡"´,ィ彡≧=:、_      `ヽ[_    |   全軍進撃だニャー
.       /~ハヾ三   '"丶(@__,ノハ ̄`テ≡≦寸´   \           ノ
      |/¨〉 ミ ヽ{    ヾ三彳ノ ...::〈!@__)ヾ}f|      //´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ___,! 〈jん、  \.___  '"人..__,!ミ彡'  ト、  _/
   /   \二.ィ  !  ,.ィ/ノ川バミミ:、  _,,/!|
  _」ヽ     〈く. {     シ",ィ====、ヾ} ̄´/|人_
イ´  \    ヽ\\      ´` ̄ ̄ ̄ `     /   \
 \  ヽ\   \`¨\  ヽ‐'"´ ̄ ̄´ヾ _,/   彡 \
\  \ ヽ \   L.__ `丶、______,/      ;;彡 ヽ
 \  \ヽ 丶    ``'ー-、___  ||  _,.. 、__,/   /ハ
  \   \         `ー--ミr全Y´      / / /  ,>i

  ウクライナ正面軍司令官 セミョーン・ティモシェンコ





335 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:29:39 ID:.0sAZvi20





介入通告の3時間後、集結したソ連赤軍は一斉に国境を超えポーランド国内へなだれこむ・・・

赤軍の軍事介入はポーランド大使へも伝えられたが、ドイツ軍による大攻勢のさなか、
もはやポーランド政府は機能停止の状態にあり何の対応策も取れなかった。



                             /ニニ「ノ
                        ←   ミ゚∀゚__彡   ←
                       ←  <==|_★_\   ←
                        ←  \Oo o oO/  ←

                             /ニニ「ノ
                        ←   ミ゚∀゚__彡   ←
                       ←  <==|_★_\   ←
                        ←  \Oo o oO/  ←

                             /ニニ「ノ
                        ←   ミ゚∀゚__彡   ←
                       ←  <==|_★_\   ←
                        ←  \Oo o oO/  ←
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 |   ようこそ赤軍   |
 |________|
    ∧∧ ||         \\   ソ連軍ばんじゃーい   //
    ( ゚д゚)||          .\\               //
    / づΦ       ∩( ・ω・)∩ ∩( ・ω・)∩ ∩( ・ω・)∩ ∩( ・ω・)∩



ソ連外務人民委員部の発表ではこれは侵略ではなくウクライナとベラルーシの兄弟たちを助けるための
神聖なる義務であり、現地はポーランド領ではなく「西ウクライナ領」だった。

同時に、現地住民はソ連赤軍を「真の解放者」として歓迎していると主張した。





336 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:30:29 ID:.0sAZvi20





          、-ヽ/|,-=フ__
        -=        ´ ´ ゝ
       ∠-     ,,,,;;; 〃   ヽ
      ∠ミヾ,,,,,,- ̄   ̄`ヾ   ヽ
     /ミー、__,-- ̄´     |ミ  ヽ
    ー-_ミ―、___,--´ ̄ ̄´  |ミ |
.    レ  \ u  ,,===--  |ミ |
    〈===ヽ.iル#,_===、 u /  |
..    |、,,,,゚、/ ,  ゝ゚,,,,,,,_ u く〈う) |          こ、これは・・・援軍だ・・・っ!!
.    | ≡( @ u)ヾ≡= u |:| || |
.    | ,,,,_>  @.{  ヘ__,,-.  |フ| |           英仏がポーランドを助けるために、
,  ー,_|_~(胃 u ).`ー-@`__ |-´ |           ソ連の尻をひっぱたいたに違いないっ!!
  ヾ_  ̄>=<ニニニニニ/||\ f
    /|.liニ|__|__|__|__匚i_i-/ || \`ゝ         ククク・・・これでドイツ軍を撃退できるぞ・・・っ!
    l.|.ト,ー--r--‐-----,/ / i  `ー、__
 ,,,,―|| ヾTTTTTTTT〆  / /            カカカ・・・!コココ・・・!キキキ・・・!
 ̄  || wニニ ̄Wu  /: /|||
   |;;ヽ  ≡    /; / 〃|≡ ≡≡≡≡
   `i  `ー,,,-- ̄;;  /  〃 |≡ ≡≡≡≡
 ≡≡1 ii ;;;; ;; ;;  /  〃  |≡ ≡≡≡≡



       -=ミヽl∨レl イイイイィ
       Z ,vvwvwvwvv、"ミ
      Z /:|:|:|u|:|j:|:u:|:|u:|:ヽ ミ
      Z. \;:|u|:|:|:|j~|:|:|/ _ ミ
     1 l::\ \l:l:l:l:l:/ /::l ト'
      |〈:|u:|::\`!ll !´/:|:U:ノ.|
     r‐'‐〉 ==。=-ソ /=。== 〈.‐、
     | f.ヲ u三三〈 〈 三三|j )〕|
     l ゞゝ 〃〃/ /〃〃〃/ソ.l       ・・・・・・
    ム`''〈 /´ r_(_/_ 、 `ヽ 〉‐ヘ
    /_l´ ̄u ̄ ̄u ̄u ̄ ̄`l._ヾ、
一 '' "|| | 〃〃〃〃〃〃〃〃| ||" '' ー
.   || .| l l l l l l l l l |. ||
   ||  l  |j  u |j |j  u  l ||
.   ||   ̄ ̄ト ̄ ̄ ̄ ,| ̄ ̄  .||
   ||     | `r----/ |      .||



追い詰められ極度の混乱状態にあったポーランド軍の一部には、
ソ連赤軍の侵攻を「英仏がポーランドに援軍を送るようソ連を説得したから」とする言説が出回った。

しかし、もちろんそんな事実があるはずもない。





337 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:31:36 ID:.0sAZvi20




./          , ィ >ィノへ 〈
l    . . : : : :/´        l:ト
l . : : : : :/こV 、    ⌒\   l|
V: : : : : /  〉  `¨`7^5ミ V ノ
 v: : : ∧ l     { ゞ' /マフ
  ヽ: : : : 〉,      ` ー' 〈
   }: :/〈    ,    - ,ノ         チェンバレン首相!
  ノイ   、    ⌒こイ
/^ヽ    \     /´__          ソ連軍が自国系住民の保護を名目に
l    \     \__ /::::::::\        ポーランド東部へ侵攻しましたが、
:l     \   /  /::::::::::::::::::::',       これについてどのような対応を取るおつもりですか!?
:::l         \〈\ {:::::::::::::::::::::::}
:::::l        人 l V| ̄ ̄ ̄ ̄|     ポーランドとの軍事援助条約はソ連に対しても
:::::::l      / ハ / |____|     適応されるべきではありませんか!?
:::::::::l、   /ヘ.__/ l:l /   r ┐ /
:::::::::::l\/  / l l:: ̄/´ ̄ ̄`!
:::::::::::::l     /  | l::::/ ´ ̄ ̄`l



    /                ∨.:.:.:.:ハ
.   . -=ミ _         __   ≧:.:.:.:.{
   ′≠  ヽー- _彡  ´     才.:.:.:.:.}
  {'"⌒ヾ:.、 .l   /        才.:.:._.:.{
.  ∧ ト、  \、i  f{   .斗≠ミ }.:./ }.}
   .゙ヽ弋辷ァハ}ハゞ=彡=三`ヽ  }//ハ.{.{
   }  ー=彳ノ⌒ヾi}>ゞ=才,ハr イ _) .从
  人  ´ .:'′  八 `ー-  }}  ノ. ノ.:′        ・・・この件については
   i ヽ _彡′ _,ハ >--<.{{ r  /.:./
   .ハ fr´ 〈!  _彡ヘ     {{ /爪.:.:.{_          コメントを差し控えさせていただきたい。
   ∧ .r}弌xr'    `Y   {{.′{ .}_:/ }_彡才イ
. _ -‐ヘ ゝ`ー- =ー-' }   {{.  ノ {. {.り.:.:.:.:.-=ミ
二二二.∧  `ー=彡 イ / , ̄ / ∨_.:.:.:.:.:.:.:.:.
ニニニニハ       . イ  /   /   } }≧ー-
ニニニ / }.、     .イ   ./   イ   / .}二ニニ



ソ連軍のポーランド侵攻の気配が感じ取られてからすぐ、英仏両国は将来の対ソ関係改善を見据えて、
ソ連軍の介入があってもこれを黙認することを確認していたのだ。

ポーランドは、もはやはっきりと見捨てられていた。





338 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:32:35 ID:.0sAZvi20




ポーランド東部はなすすべもなく赤軍に制圧された。
僅かな領土に肩を寄せあっていたポーランド軍は軍総司令部とともにルーマニアへ越境、亡命する。



                   、、、 , , _
     ,. -┬i^i、._     ィ`,、,、,、,、,.、'、
.   /    | | .|=ゞ=、 __l/\ v~/!|
   l.    l l l \\{f∥ミゞ, ,ィ≪:lf^i      もういい・・・!
 /ヽ.   ノ「,ト、「.lヘ‐iヾ|rー~r〉〉,こlレ'
/    `ヽ//| ト、ヽlイ| |/|{王王王王}ト、
|      レニ| lニゝ冫! l!L_, , ,ー, , , ,_」シ’、    もう・・・
ヽ    __|ーL|┴^ーヽ>'^ヾ二三シ´\\
 ,ゝ,/  .}二二二二二二二二二lヽ.  ヽ \   休めっ・・・!
l/ |ト、./´\             ||. レ'´ ̄`ヽ
  || !    、\            ||. /      :|
  || |.l l゙!.|i |ヽ)          |l/       /  休めっ・・・!
  || `ヘ)U'J           /-─   ,イ.|
  ||     _           /-─   / ヽ|
  ||  r‐-゙=っ`ヽ,.--r-─ ''"´ ̄`ヽ   /   }
  ||. {三二    | │          /   /
  ||.  ヾ=--一'`ーゝ        _,. く   ノ|



今やポーランド全土は各地に散らばった少数の抵抗拠点と、陸の孤島と化した首都ワルシャワに篭もる部隊を除いて
独ソ両軍によって制圧されてしまっていた・・・





339 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:33:30 ID:.0sAZvi20




             ,,,,,,,,,,
            /★ニハ ギュラギュラギュラ…!
            (∀´ ,,,)
            と_|: ,")
          __,,---┴―┴―┐              ザッザッザッザッザッ…
    ====ニニ))=( | ★ = △ |             ,,,,,,,,,,,,    ,,,,,,,,,,,,     ____ ____ ____
        ____ヽー ゝ' ==--┬┘=====,,--,,_     [|,,,★,,|,]  [|,★,,,,|,]   |_★_| |_★_| |_★_|
       / _,,-'": ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄(仁)      ミ゚∀゚,,彡  ミД゜,,彡   ( Д ∪( Д ∪ ( Д ∪
   _ O)//-/O)_:_|───┼─---┼─   ┯==∩=⊂ン┯==∩=⊂ン~ )ニヌ ¬=∈ ¬=∈〓〓| |コ
 /=/ i.|__/ /=/ヽ/ ̄~/ ̄~/ ̄ / ̄/\ ̄ ̄   i==|=[]j   i==|=[]j  (∃| |゚⊂(∃| |゚⊂(∃| |゚⊂(_/
 |==| (━|__|━|=:=|ヽ ノ| ||  | | ||  |ヽ 丿 ;:;:;:;'⌒)/_/ヽ___i   /_/ヽ___i   凶| |゚  凶 | |゚  凶 | |゚  |
  \ ヾ \\_\ ヾ_ヽ_ノ ヽ_ノ ヽ_ノ ヽ_ノ / ;:;:;:;'⌒);: し' \)   し' \)    ∪∪  ∪∪  ∪∪




          /:.:.:.:/:.:.:/ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\l:.:.:.ヽ:.:.:.:ヽ
            /:.:.:ィ:.:.:.:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:「 `ヾ:゚,
        //.才:.:.:i:.:.:.:.:.:.{!:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.| 、   \
         く  / l|:.:.: |:.:.:.:!/∧:.:.:.:.:. !'\:.:.:.:.:.:.:.:.\:_:j_:.! \..イ
        ':.:.7 ,l:.:.:┼:.‐ト、   、:.:.:.:{  \:.:.:.:.:ィ´l:.:|:.:|__/:.:.:!
          i:.:.ト爪|:.:.:.:{:./ |:l \ \:.:.、    ×:.:.:.. Ⅵ:.:| ヽ:.:.:.!
          |:.:.li│:l:.:.:.:.:゙!.ィんミメ.   \:、 /才ミメ、 !: ト. V:.:.:.|       にしても、ソ連軍もよくここまで戦力を集めたもんね・・・
          l:.: Ⅵ i|:.:.:.:. {{ 代て!         代て! }} !:.:! }_|:.:.:.:|
          |:.:.:.├:|:.:.:.:. |  込刈       込刈  ':.:.|:.:.:|:.:.:.:|       戦車は私達の総保有数以上、航空機は約8割相当・・・
          |:.:.:.:.|:.:l:.:.:.:.:.|.、       !        ム:.:从:.lト く       しかもこれでいち方面軍にすぎないってんだから
        ):,:.从:.l:.:.:.:.:.!ハ U     _       /:.:./:.:.:/: |  \      呆れるわ・・・
         /   ゚,:.:.:. l: :〕ト.     ´      .ィ":.:./i:.:./: : '   ゚,
         .′   ∨:.:.!: : :!  >- 、  /`ヽ´ /:.:./ :|:/ : /         奴ら、この20年間ずっと巨大な軍隊を作るのに費やしたわけね。
       ,       }:.:ハ: ∧ 心、 ./ ノ、 ∨:イ  / : / /    }
        {      V  |: : :|  /  " ー┴‐‐v′  .イ : / /     、
       .八       ヽ |: : :| ./   ー─‐ ノ   /: : / /      \

             ドイツ総統 アドルフ・ヒトラー





340 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:35:14 ID:.0sAZvi20





             /::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : \
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:/ -──ヘ、 : :ヽ
             ,:':.:.:. /: : :...:/   --──‐\..: : :
         /:.:.:.: │:.:.:.:/:.:/: :{: :、 : :ト :.:.:.:.ヽ:.:.:..゙ヽ
         ,':.:.:.:/.| i: : i|:/ ’,:.:ぃ: ヽ:ハ/:. : │:.:. :.:゚,
          }:./ イ. ! i:.:.:i|′  ∨i \: :ハ \:.:|: :.i 〕:.ハ
.         /:.{  /|:.:| i: : i「`¨ ー リ  \:}x㍉ヾ! :.「{:.:.:.i
         ':.:.:.∨/|:.:| i: : i|=元テミ    /fi刈 //i: :.| 〉:.:.|
       i:.:.:.:〈/l |:.:| i: : i|弋zツ       ゞ'″{:.i::. |V:.:.!
       |:.:.:.:〈八|ぃ i: : i|  ̄     、    ':.i:.: |/:.l:.|       ・・・東部に突出している各部隊に伝えなさい。
       lハ:.:.:.:.:.:.|:. ∨:..j|ι      ┐   :′!/.|:.:.:!:′
       |! ゚,:.:.从:.: ∨:j| \   /__ノ /│:.:′!:.:ノ        独ソ勢力境界線以東の占領地は
       |  }:.:/}:.::.:.:. ∨|ィ:} > .,__,ィハ、:.:.:|:./:.:.:レ'         速やかにソ連軍に引き渡すこと。
           ハ:! 乂:.:.:.:.:リ:. ノ.    ト、:.:.:: _j/¨x≪¨ヽ
              ,x≪:--斗'.    /: : : : :r/:/.    \      間違っても「不測の事態」を招かないようにね。
           /i:i: : : : :∠    /: : : :/i/: /  /     i
.          / :i:i : : :/    `ヽ./: : : :/i/: /. { ′.   |
         /i : i:i: : /======ミ/: : : :/i/: /   ∨      ‘,
.          {/l : i:i: /     ./: : : :/i/: /.   |     _ ∧
.        / :l : i:i '   ./: : : : :/i/: イ.    ||  / -- \ 、
.          { :l : i:i{   .イ : : : : : イi/.       |レ:./    \ヾ,



結局、やる夫たちの懸念していた事態は起きなかった。
独ソ境界線より東に出ていたドイツ軍の部隊は、速やかに退去し占領地をソ連軍に引き継いだのだった。




346 :名無しのやる夫だお:2014/09/16(火) 20:36:49 ID:jo1OHsnM0



ドイツはヴェルサイユ条約のせいで、15年間戦車も航空機も大っぴらに
開発配備できなかったからね。

ヒトラー政権下での急激な軍拡とそれによる財政危機も、
軍備のギャップを埋め合わせるために無理をした結果だし。



347 :名無しのやる夫だお:2014/09/16(火) 20:37:25 ID:stx4nlHU0



軍って、こういう虚勢とか必要だと改めて思い知ったなぁ…


342 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:35:36 ID:.0sAZvi20





9月19日、ヒトラーがドイツに復帰したダンツィヒの旧市庁舎にて演説。



             __ __ _
.        _ , '"´  ,. _ ___`丶、
       / ` /  /´-‐ァー-ヽ \
.      / /下7 ..///.:.::/ .:.:ト、 ヽ     ダンツィヒ市民諸君は、過去数百年に渡り
      / └イ_j/ .://;へ、/!.:.::/:.}ヽ ',    ドイツと運命を共にしてきたわ。
     ,'  ///!l .::j.:lイ仔くヽ/,.イ,.ム:.', l
    ,   '〈/f`| l ::l`' ゞゾ '´ rャjノ::.l:. |     ダンツィヒは今まで常にドイツであったし、
    |  l:l :!:{、| l ::|        マソハ: |:: |     そしてこれからも、ドイツ民族が滅ばぬ限り、
    |  l:l::i个| l ::l!     l⌒ヽ′} .:}:.l:: l    未来永劫に渡りドイツであり続けるでしょう!
    |  lハ:l::{::', ::::{、   ヽ.ノ  /.:/::.l:: l
    l !:|:::',::',::ヽ:::ヽ\._    /.:/::::/l::;!
.     ',::{:{、:::ヽ\:\;ゝ `「:フ´!::::/;:::/ 〃
.     ヾハj>''´ ヽ ト、_..上くイ::::{ {::{/              |ヽ |     |_    「 〉
    /⌒ヽ、\ ` \-ー ̄\ヾ                 ⊥ 人_  _|_    |/
   /     ヽ \\    \´ ̄`ヽ、                            O
.   l     ',  \\   \  __| \
.   |      ',   \`ヽ、  ∨n| } ト、



     ┏━━━┓                               ┏┓┏┓
     ┃┏━┓┃                               ┃┃┃┃  ////////
 \   ┗┛  ┃┃┏━━━━━━━━━━━━━┓┏┳┓┏┓  ┃┃┃┃   /////
\\\    ┏┛┃┗━━━━━━━━━━━━━┛┗┻┛┃┃  ┃┃┃┃   //////
\\\  ┏┛┏┛                         .┏┛┃  ┣┫┣┫ ///////
\\\  ┗━┛                          .┗━┛  ┗┛┗┛ ///////
\\\\                                           ////////
\\\   ∧ ∧      ∧ ∧  .  ∧ ∧     ∧ ∧    ∧ ∧  .   ∧ ∧   //////
\\  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ///////
\ ∧ ∧     ∧ ∧    ∧ ∧     ∧ ∧     ∧ ∧    ∧ ∧     ∧ ∧  ////
 ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ////
(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ )) ///
   く  >     く  >     く  >     く  >     く  >     く  >     く  >     //





343 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:35:58 ID:.0sAZvi20





9月25日、大量の市民が残るワルシャワ市内に対して、ドイツ陸空軍による熾烈な砲爆撃が実施された。



                                 |
                                ─||─
                               . ||
                             <──────>
                  \\          /    \          //
      ───━━━(◎)=====((◎))<<==(^ω^)==>>((◎))=====(◎)━━━───
         |         //      (   Luftwaffe   )      \\
――◎-◎-(^ω^)-◎-◎――     ::    \_______/
    ::::    ・    ::::    ━<          /   \         ━<
     ::         :::                /      \
         ・       ━<            |||         ━<  |
                        ::        ___    ――◎-◎-(^ω^)-◎-◎――
                ━<      |       \│/   ::     ━<  ・    ::::
      ::          ――◎-◎-(^ω^)-◎-◎─ | ̄|          :::   ・    :::
               ━<  :::::    ・   :::::    ||||         ━<
    ::                ::     ・   :::     .|||| 
              ━<                  ||   ::     ━<
           γ ⌒ ⌒ `ヘ               |
          イ ""  ⌒  ヾ ヾ    ::             ;;;;;;;;;;;;;;         .....;;;;;;
        / (   ⌒    ヽ  )ヽ         ・      ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;        ....;;;;;;;
        (      、 ,     ヾ )              ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;       ......;;;;;;;;;;;;;;;
         ゞ (.    .  ノ. .ノ .ノ             ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;       ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
          ゝ、、ゝ.....|  |..., , ノソ             :;;;;;;;;;;;;;;;;;;; :        ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  _ _i=n_ ._ [l_ .._....,,. .-ー;''!  i;;;~-ヽ_ii_i=n_ [l h__ 「!=FH=ロ;;;;;;;;;;;;;;;        ::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  /==H=ロロ-.γ ,~ー'''l ! |'''ーヾ  ヾ 「!=FH=ロロ  Γ| ;;;;;;;;;‡∩ΠΠ=_Π「Ⅱ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ¶:::-幵-冂::( (    |l  |    )  )=HロΠ=_Π   :;;;;;;; _=H:::  Γ| ‡∩;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  Π=_Π「Ⅱヾ、 ⌒~"""''''''⌒~'"´ ノ;;'':::日lTΠl:::..  ;;;;Д日lTlロ_Π::::.....;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 Д日lTl,,..:''''"   ""'''ー-┬ーr--~''""   :::Д日;;;;;;;;;;;;;;;lT:::   :-幵-冂:::;:;;;;:;;;;;;;;::;:;;;;;;;;
 FH=n.:::::'            |   |         :::FL;;;;;;;;;;;;日l」::::: 「!=FH=ロロ ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
 ロΠ=:::::.:.        ノ 从 ゝ        :::FL;;;;;;;;;;日l」:::::  Γ| ‡∩Π::..;「 从 「 | |从从()从へ从)



もはや援軍の見込みなく、同盟国からさえも見捨てられたワルシャワ守備隊は
これ以上市民を巻き込んでの抵抗は無意味であると判断し、9月27日、ドイツ軍に降伏。

こうしてついにポーランドにとっての第二次大戦は終結したのだった・・・





344 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:36:32 ID:.0sAZvi20





           ./:./ 才7:.:.:./:./:.:.{!:.:.:.:.:.:.` 、}:.:.:.:ヽ
          /:.:.{  / /:.:.:イ:./lX:ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:゚,
         ./:.:.:.:`7{__イ:.:.:.:ル' _レ_\{:.:.:.:!:.:.:.:.:. !:.:.:.ト.:.:.
          ':.:.:.:.:.// /:|:.:.:.:| 芹ハヽ }\:ト、:.:.:.: !:.:.:.|」:.:i
       i:.:.:.:.〈/ / `!:.:.:.:! 込オノ   \X´:.l:.:.:.;:.:.:.|
       |:.:.:.:.:.::l_{  |:.:.:.:|  ̄`     /ハ V |:.:.イ:.:.:.|
       |:.:.i:.:.:.:.::ゝ .!:.:.: l   ト -- 、ヾソノ ノ:/ !:.:.: !
       |:.:.l:.:.:.:.:.:.:从:.:.:.|   、   ノ  /:.イ:l_j:.:.:.:|      ふんっ・・・ざまーないわね。
       }:.:ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:ト:.:.ト .   ̄    彳:./:.:.:.:.:/リ
       レ' }\:.:.:厂ト \  ー-≦´:.:.:. /:.:.:.:.:/        これで東部国境は片付いたわ。
        r≦´ ̄ヾ: : : : \ {、:\:.:.:/:.:. イ:.:.:. ィ′
       /   `ヽVハ: : : : \ \:.X:/ /:/          あとはソ連と共同でポーランドを
      .′      \ヽ: : : : : V´ ̄`lハ`ヽ           地図上から完璧に「消し去る」のみよ。
       {        ヾiト: : : : :V'⌒│:iハ  ゚,
        .         ヾiト: : : ゚,  |: : i:V {         それから西部国境で英仏軍を始末してやるわ!
       ∨       {.  ヾiト: : :   |: : iハ \
       }、     ー‐≧=ヘ.ヾiト: :ヽ.!: : !ノ}  ノ)-へ、
       |: ヽ           }__r‐<  ̄ ̄`ヾ.    ニ)
       |: : : \         /  ヽヾi:i:}     ` ̄ ̄`ヽ





345 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:36:48 ID:.0sAZvi20




     /                         ヽ
    /                          ヽ
    /                           ヽ
   ,'          /  /|  /\ lヽ        |
   l      i  〃/ l /  | /  _ | l_ヽ /      !
   |     」 /‐/、|/_`ヽ|/ / レ'_-‐ |/l |_   |l l
   |/| |  /イl/ ー--.ニ、 ヽ_| ニニ.- ァ l/ ヽl  | |/
   | | | | | |!  `ー--‐'  l i l `‐--‐'  リ〉 | /
     ヽヽヽヽ|ヽ、_    ノ  | \     ノr / l/      しかしスラブ人どもの出方が気がかりですな総統閣下。
        ヽヽ|ヽ      i 〉     //ノ
          ヽ              /          今回の拙速な軍事介入しかり、
.           \   -=ニニニア´ /           見計らったような日ソ停戦しかり、
            _,ゝ、   -    ,<´            やる夫は欧州を食おうとしているようです。
          / l | \     /l ヽ
         ィ|  `ヽ、 ` ー‐ '  // |、          スラブの蛮族共が具体的にどのような計画を持っているのか、
      _ , ィ´ ヽ    ` ー―‐ ´   / ヽ__        これを見定めねば。
  ,. ィ ´      l   、         │   丶- 、

     親衛隊全国指導者 ハインリヒ・ヒムラー



         .厶/ l:.:.:/:.:./、:.:.:.:.:.:.:.:':.:.:.:.:/:!:.:.:.: ト:.:ヽ
        /:.:/∧イ:.:.:.{:.:/:.:.X:.:.:.:.:./:.:.:.:.イ./l:.:.|:.:.|\ハ
.       /:.://://:.:.:.:.|/_レ1:.:ヽ:ル':.:.//厶斗|:.:.|ヽ/.:.:.
       i:.:〈/://゙|:.:.:.:.KYf刈` }/ ´_ )/ }:.:.|片.:.:.:i
       |:.i.:.〈/「l|:.:.:.:.| 込ソ     イf刈了/:. 1 l V:.:|
       |:.|:.:.:.:人|:.:.:.:.|    __ 、 込ソ /:.イ:.| |l_|:.:.|
       |:.|:.:.:.|:.:.:|:.:.:.:.|    /  `7     イ:.:/:.:.!_!:.:.l:.:|     言われなくたってわかってるわよ。
       Ⅵ:.:. ! 从:.:.:.:|、   乂_.′    /:./:.:.:.:/:.:.リ:.:!
       {ハ:.:.|:.:.:.:.\:{:.〕ト      .イ/:.イ :.:.:/:.:.:/l:.:′    特にやる夫がバルト地域全土を狙ってることもね。
        .∧:!:.:.:.:.:.:.:.ヾ|    ̄ {:.:.:.:.イ:.':.:.:.: /:.:.:/ /
           \:.:.:ノ:/ j    /: : 彳:.:.:.: イ):.:./ /      あいつ、きっと私達のリトアニアまで手に入れようとするわ。
        .イi:i: : : : 厶   _/: : : : /:.:./〕ト:<_
       / /:i:i: : 厂  \ / : : : : {:イi:i: : /  ハ
      /  i: i:i: : に二二.V/: : : : : : xi:i: /      }__
    イ    .|: i:i: : |     /: : : : : :.xi:i: /   ー─  }
 / `    /|: i:i: : |    ./: : : : : xi:i: :./、    ----  \





348 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:37:39 ID:.0sAZvi20




    /:.:./:./:,X∧:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:|:.:.:i:.:.:.:.「メ ヘ:.:.:.:ハ
.   /:.:.イ:.:':.:|:.ハ l:.:、:.:.:.:.:.:l:.:∧l:.|:.:.:.:.ト、  .〉:.:.:.:.
  /:.:.:..:!:.|:.:ハ| __\( \:.:.:l厶斗匕:`:| >く:_:_:.:.:i     リッベントロップ!今すぐモスクワに飛んで
  .':/:.:.:.:!:.|:.:.{イ芯ト 丶  Xィリ=ミΥ:.:.K \_.〕:|     ポーランド分割についての最終協議を行ってきなさい。
  lハ:.:.: 从{:.:.|.込リ     トz仍ア:.:.:.|:..\__〕:.:. !
  |i |:.:.:.:.:|:.:.:.l   '       込り |:.:.:.|`Y:.:.:.:.:.:.:.|     同時に、次の3点についてやる夫から妥協を引き出すこと。
  |l |:.:.:.:.:|:.:.人   「`ヽ      |:.:.:.|.ノ:.:.:i:.:.:.:.:|
  |l |:.i:.:.:.|:./:.:.:\   __}     .ノ:.:.:.「:.:.:.:/:.:.:.i:.|     ひとつ、独ソによる反英同盟の構築。
  |八:!:.:. !':.:.:.:.:.:.:.ヽ     孑七':.:.:.:.:从:./:.:.:.:.:!リ     ふたつ、リトアニアにおけるドイツ権益の維持。
   .)イ777:´: ̄メ厂 /Υ/V:.:/:.:./:.:.:イ:.:/:.//      みっつ、やる夫のバルト地域政策の具体的内容を公開させること。
  /./:///: : : /ヽ  / ノノ:/ヾ:.:./:/:.: /:.//
.ノ   !:i//i: : :./ ̄>' /イ: : : : X仆、:. /:./        以上!
   l.|:l//l: :./ /  、`ヽ--ミ: : ':///\ ′
  ノ !:}//!_ム:′ \\ノ ィ: ////: :ハ
.∠ -─イ:/   ト )ノ´: :////: :/  !
    /i:i: {    /.イ: : ////: :/   |


                              _ -‐― ―--、
                          ,  ' ´         'ー- 、
                         /            l ,   ヽ
                        /           !   l,、,!    ト 、
                       l         !、 !,  i 厂l /  ,' ̄
                       ,'        l AAトトl、. N .A   !
                      ./1     i   N、孑云.ヽ! /rァ! l ト,l
                       レ   l./l   リ  `ゞシ'ィ  ヽ'イl' リ
                       l   l'´ミリ、 l     ´    ヽ'
                       l ,  ヾ.、コヽ.!         イ
                       ' レ'l   `ヘ. `     -―‐ /     承知しました総統閣下!
                         レ、   l>       ̄ .,'
                          .! ィ ,ゝ  `  、i i i i j'      (対英仏工作の失敗を挽回するために、
                           レ' ∨ヾ、   -‐` ̄ 7、      この任務は確実に遂行しなければ!)
                          /´.',λ! /´/    ノ_: :\
                        /    l / -‐┘  / :  ̄: :ヽ、
                         ̄_二ヽ レ'´   -‐'フ--―- 、 /:.:.:.`‐-. 、
                       ,. :'7: ̄ :7<-‐  ̄-‐/ : : : _: : /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄:`‐- 、
                    -‐':´ : /: :_ ├ζ二-‐/-‐ ´ : : : ∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                ,. :'´:.:.:.:.:.:.:.:/' ´: : : :,' ./   ./: : : : _ : : /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l

                     ドイツ外相 ヨアヒム・フォン・リッベントロップ



ワルシャワ守備隊が降伏した同日、ポーランド分割の最終協議のためリッベントロップがモスクワへ出発する。
目的はポーランド分割の履行のためだけではなく、今後、バルト地域でやる夫がどのような手に出るか見極めるためでもあった。





349 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:38:40 ID:.0sAZvi20





   ――― モスクワ。



             ,__
             l_<
             _|_
_           ,ェ._.ュ、
,,,,]||      ,,.-'"゛    ~''ヽ、
ニニニ,,!-z,,,,,,メ--────--丶、          /_|ヽ                 ★
-、,,,,_ .~"'''ニ==ェ,,--'''''''-------ヽ.._        |iiii|゙|.                    |
   `~"'―-,,,,,,|ニニニニニエエエェ,l,,,,|,,,,[ ]、       |;;;;;;|;;|.                 ,!!、
  人   人 `゚゙'''―v,,,,「  .|~゙---->...ュ,ュ__.、 .,i;ロ;ロ|;;|                 iiiii
  彡ミ  彡ミ  人   人゙'''ー-...,,,,_|  `゙''''「゙゙'''''..|∩-|iil.,,,                |||||
彡彡ミミ 彡ミミ  彡ミ  彡ミ  人 `゙"人-i、,,_,,,l;;;;;;;;;;;/;;;/z,,,__.             .|  :|     i
彡彡ミミ彡ミミ ;;彡ミミ.;彡ミミ ;彡ミ  彡ミ  人゙'''┐'| .|''i--zz;;;;;,,,,,.         |AA.|    ∧
彡彡ミミミ彡ミミ 彡ミミ 彡ミミ .彡ミミ 彡ミミ彡ミミ:::| .| .l'''―v,,,,,"'''i   _____ .A l゙| | |.|.A. .|ii|
彡彡ミミミ彡ミミミ;;;;ミミミ彡ミミミ彡ミミミ彡ミミ彡ミミ:::| .! ,|    `~"'ヘ-i、|ロロロロi''i_|ii| |ll,,,,,,,||ii|_./ .ヽ
彡彡ミミミ;;;;ミミミ ミミミ ミミミ;;ミミミ;;ミミミ;ミミミ::::| |  | 人人人  r‐┴── ┴┐゙゙゙゙゙゙゙゙゙ll-----トL,
ニニニニニニニニニニニ===============   |..彡ミ .r‐―┴――─┴-┴─--iL,、:::::::|゙゙゙|----- 
  ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ======ェュyy,|jlll」―――---------u,,|_, !.| .!-ト |  
ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'i ト-   _ ..|.「[l|____,,,..|...............



    / ̄\              / ̄\              / ̄\
   | ;^o^ |              | ;^o^ |              | ;^o^ |
    \_/              \_/              \_/
    _| |_              ._| |_              ._| |_
   |  エ  |             |  ラ  |             |  リ  |

エストニア外務大臣       ラトビア外務大臣       リトアニア外務大臣
 カール・セルター      ヴィルヘルム・ムンタース    ヨーザス・ウルビシス





351 :名無しのやる夫だお:2014/09/16(火) 20:40:08 ID:3nLOx.kw0



量産型外務大臣wwwwwいや、本人たちには笑い事じゃないんだろうけど


352 :名無しのやる夫だお:2014/09/16(火) 20:40:38 ID:stx4nlHU0



なんだこの3人組はwwww


353 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:40:57 ID:.0sAZvi20





   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈● ノ\   /\ ●〉
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
    )    Y    (      今や欧州は二度目の大戦に見舞われ非常に不安定な状況だ。
   /γ⌒     ⌒ヽ\
  /  |         |  ヽ   というわけで、君たちどうしようもなく非力なバルト諸国を守るため、
  |   ヽ__人__ノ   |   心優しきソ連赤軍が同地に進駐することとなった。
  \     `ー'´     /



    / ̄\
   | ;^o^ |    その・・・モロトフ殿。
    \_/    ソ連軍の進駐とは
    _| |_    一体どれほどの規模となるのですか?
   |  エ  |





354 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:42:42 ID:.0sAZvi20





         ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
        〈 ● ノ,\    人 ● 〉
          ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
          )    Y    (
         /γ⌒     ⌒ヽ\
        /  |         |  ヽ
        |   ヽ__人__ノ   |     大したものではない。
        \    、`ー'´,    /      各国にそれぞれ3万5千人規模の部隊を予定している。
 r、     r、/           <       当然、受け入れられるだろう?
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |     もちろん、もっと多いほうが心強いと思うが
   ヘ lノ `'ソ             | |     君たちにあまり負担もかけられないしね。
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |



    / ̄\
   | ;^o^ |      進駐予定部隊だけで
    \_/      人口100万人の我が国の
    _| |_      総兵力を上回っているんですがそれは・・・
   |  エ  |





355 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:44:08 ID:.0sAZvi20




         ノ L
         ⌒
      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈○ ノ\   /\ ○〉ノ L
       ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ ⌒
       )    Y    (         うるさい!!文句があるのか!?
      /γ⌒     ⌒ヽ\
     /  |         |  ヽ      もしも受け入れないならば、
     |   ヽ__人__ノ   |
     \     `ー'´     /      「実力行使」をするしかないぞ!!
     /     `ー'      \ |i.
   /            ヽ !l ヽi    わかっているのか!!
   (   丶- 、         しE |.
    `ー、_ノ         ∑ l、E ノ >  バルト三国など一捻りだっ!!!
                 レY^V^ヽ



                   /l   .,イ,イ .,イ
                   //   レ レ /ム―7
                  / ニニフ  //''''''7/
                  //      /'  // ,イ,イ ,イ
                  、二二フ    //  レレ //
                      /'    /'

    / ̄\              / ̄\              / ̄\
   | ;^o^ |              | ;^o^ |              | ;^o^ |
    \_/              \_/              \_/
    _| |_              ._| |_              ._| |_
   |  エ  |             |  ラ  |             |  リ  |



       ____
     /⌒  ー、\
   /( ①)  (①)\        おいおい、ヴェーチャ。
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\       君は友好国に対して厳しすぎるぞ。
  |     |r┬-/ '    |       見ろw震え上がっているじゃないかwww
  \      `ー'´     /       可哀想にw





356 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:45:24 ID:.0sAZvi20





      / ̄ ̄ ̄ \
    //     \\
   /  ( ≡)   ( ≡) \       よし、わかった。ここは3万5千と言わず、
   | ///  (__人__) /// |
    \__ `ー ' ___/       1万まけてやって2万5千にしておいて
   /    ヾ、 //  \ ヽフ
   ヽ_⌒)ハ //   | レつ||)     やろうではないか。ん?
  i⌒l ミ゚Д゚,,彡⌒)  ヽ_ノ  ̄
  |  | ヽ__"" ヽ_ノ|  |        まったく、しょうがないな。
  ヽ  ̄ ̄ ̄/ ヽ ヽ_ノ
    ̄ ̄ ̄ /  /ヽ__)
       (__ノ



   ,.⌒,ヽ     γ⌒、ヽ
  〈/●ノ\   人● ヽ〉
    ヽ彡'  ヽ /  ヾ_ノ      おお・・・なんと。
    )    Y    (        貴方がそう仰られるのであれば致し方無い。
   /γ⌒     ⌒ヽ\      これほどの寛大さを見せられては、
  /  |         |  ヽ     バルト諸国政府もきっと受け入れるしかないでしょう。
  |   ヽ__人__ノ   |     まったく、同志やる夫のお人好しも困ったものです。
  \     `ー'´     /



    / ̄\              / ̄\              / ̄\
   | ;^o^ |              | ;^o^ |              | ;^o^ |
    \_/              \_/              \_/
    _| |_              ._| |_              ._| |_
   |  エ  |             |  ラ  |             |  リ  |

  __∧____________∧____________∧______
/                                                   \
|   ・・・・・・              ・・・・・・              ・・・・・・         .|





357 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:46:17 ID:.0sAZvi20





リッベントロップがモスクワに到着した時、ちょうどやる夫とモロトフがバルト三国を脅迫している真っ最中だった。
クレムリンの門をくぐるときにリッベントロップは顔面蒼白の三国閣僚らとすれ違っている。



    / ̄\
   | ;^o^ |     <これはもう
    \  /
    / ̄\
   | ;^o^ |     <ダメかも
    \  /
    / ̄\
   | ;^o^ |     <わからんね
    \_/



                        __, ― ――-- 、
                      , ' ´´7         `  、
                     /    /l           \
                   /   , l '」 ,      i 、    ヽ
                   /ィ   l .l`´l l、  l、 l   ! l.    ',
                   ,' l  /l l.  l l ヽ_」寸ト、 !  !.    '、
                    l  l l‐-リ、 ',「´ィ云zァ Ⅵ  !    ト 、
                   /1 ,Ⅵィ'心!  、ゞ孑'´   レ、 ,'  ト、 ヘ',`
                    レ ! ィ.l`´/   `     l / /' !| .|
                     l/ l l 、      U   И l/ィ/ , !  (どうやら、やる夫はすでに
                        、`          i/斤'´ リ`
                        ヽ  ' 二  ̄     イ !.  ,'    バルト地域併合へ向け動き出しているようだな)
                         ヽ , i i i , , 、/  .レ!Ⅳ_
                          ヽ.l ! i イ´  /-‐'  ̄ /、
                          /´.',  /´.!    ノ_: :\
                        /    l / -‐┘  / :  ̄: :ヽ、
                         ̄_二ヽ レ'´   -‐'フ--―- 、 /:.:.:.`‐-. 、
                       ,. :'7: ̄ :7<-‐  ̄-‐/ : : : _: : /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄:`‐- 、
                    -‐':´ : /: :_ ├ζ二-‐/-‐ ´ : : : ∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ





358 :名無しのやる夫だお:2014/09/16(火) 20:46:25 ID:stx4nlHU0



受け入れなければ、ドイツに侵略されるだけだから受け入れるほか無い罠…


359 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:47:01 ID:.0sAZvi20





       ____
     /⌒  ー、\
   /( ①)  (①)\      やぁ、リッベントロップ閣下。
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\     存外に早い再開、
  |     |r┬-/ '    |     喜ばしい限りだよ。
  \      `ー'´     /



           ,.-──- 、
          /        `ヽ、
          /           \
        〃  l.:l  //.l .lヘヘ:l:.1. il ヽ
       〃 , , l:.l //l l:l :lミノ1l:.1. !l l !
      /./ //l l:.l/l/⊥l」l:l  l l: l.:.l:l ! .l
       l/l/l/ :l l:.ト、ト、lヽl リ  lノ十从l ∧
       l l:.:.:.l∧! ,r==ミ  / 二 Vl l/
       l l:入い       ヽ⌒ /ノノ
       N/ l∧         /  /        私もです、やる夫書記長閣下。
          .l/l ∧   r-- ァ /
         l/!. ヽ   `ニ´/          今回の旧ポーランド領の分割履行についても
           r┴- 、`ーrrrく
      _ _」    |\ l ̄`7          両国友好関係に資するよう、全力を尽くすつもりです。
  ,. ィ´.:.:.:.:l `ヽ    ̄l l /_
 ´  .l.:.:.:.:.:.:l   \  l/ んT.:.`ヽ、
    l.:.:.:.:.:.:.l     -孑'´ l.:.:.:.:.:.:.i\
    l.:.:.:.:.:.:.:ヽ       i   l.:.:.:.:.:.:.l  \
    l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\     l  l.:.:.:.:.:.:.:!  /ハ





360 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:47:50 ID:.0sAZvi20




       ___
     /      \
    /   ⌒   ⌒\
  /     ,(①) (①)、\      その件だがねヘル・リッベントロップ。
  |     /// (__人__)/// |
  \      ` ヽ_ノ   /      私は親愛なるヒトラー総統閣下のために
    ヽ    , __ , イ
    /       |_"____    プレゼントを差し上げたいと思っているのだよ。
   |   l..   /l´マルハニチロ`l
   ヽ  丶-.,/  |_________|
   /`ー、_ノ /      /



                        __, ― ――-- 、
                      , ' ´´7         `  、
                     /    /l           \
                   /   , l '」 ,      i 、    ヽ
                   /ィ   l .l`´l l、  l、 l   ! l.    ',
                   ,' l  /l l.  l l ヽ_」寸ト、 !  !.    '、
                    l  l l‐-リ、 ',「´ィ云zァ Ⅵ  !    ト 、
                   /1 ,Ⅵィ'心!  、ゞ孑'´   レ、 ,'  ト、 ヘ',`
                    レ ! ィ.l`´/   `     l / /' !| .|       はぁ・・・?
                     l/ l l 、          И l/ィ/ , !
                        、`          i/斤'´ リ`       と、申されますと・・・
                        ヽ  ' 二  ̄     イ !.  ,'
                         ヽ , i i i , , 、/  .レ!Ⅳ_
                          ヽ.l ! i イ´  /-‐'  ̄ /、
                          /´.',  /´.!    ノ_: :\
                        /    l / -‐┘  / :  ̄: :ヽ、
                         ̄_二ヽ レ'´   -‐'フ--―- 、 /:.:.:.`‐-. 、
                       ,. :'7: ̄ :7<-‐  ̄-‐/ : : : _: : /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄:`‐- 、
                    -‐':´ : /: :_ ├ζ二-‐/-‐ ´ : : : ∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ





361 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:48:15 ID:.0sAZvi20




      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈 ● ノ\   /\● 〉
      ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
.      )    Y    (
     /γ⌒     ⌒ヽ\       ・・・先の独ソ不可侵条約において
.    /  |         |  ヽ      ソ連側の取り分とされていた
.    |   ヽ__人__ノ   |      ブーク河西岸地域をドイツ側に
    \     `ー'´     /      譲与したいのですよ。
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、   |
   /     / r─--⊃、  |
   |  ヽ,.イ   `二ニニうヽ.  |



.       /                |ヾ!厶!::       ヽ
     /           : : : : |    |::  :    :  ',
     ,′        :ハ:∧: / {: : : :|   !: /: : :.} : :  ',
      |   : :  : : : .|_l/,.ィ/∀\.: !‐′ :!、/.|: : :ハ: : :   \
      | : : : :|:   : : : :| /゙二\.ハ:|    |/`_ヒメ/、: : :  ト、_>
.    厶: : : :ト、: : : ト、:| 《 ヒ::リ       ィ゙.二゙\リ:.::. ト、|
      }: : ハ|..}: : : | :}    ̄ /     i 、 ヒ::リ 》.:.ハ:..|
      |: : { 入: :.:|           : { ` ̄ 厶、{ ヽ|
      レヘ,.ヽ ヽ\!           : 〉       ハ!
         |: :\__                 /      //
         |: : : : :ハ                   /'′
         レヘ: : :}∧       , -‐  ̄`ヽ    /       それはっ・・・!?
         }: : |  \.      ̄ ̄ ̄    /
         |ハ::| ヽ \      ̄   /
           リ  ',  \l:l:l:l:|:|:|:|:l:l:l./|
         r┴───ヽ `ー──‐゙/ :|\
         /¨|: : : : : : :/   \    :/ /  \
       //´\: : : : 厶__>、   /___>
__,ィ⌒/::::::::::::::\: : : : : : : : : : : \/   |::ー- 、\
///// ̄::::::::::::::::::::::::ハヽ: : : : : : : : : : ::}  ./\:::::::::::::\ー、





362 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:48:46 ID:.0sAZvi20





      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈 ー ノ\   /\ー 〉
      ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
.      )    Y    (
     /γ⌒     ⌒ヽ\
.    /  |         |  ヽ     具体的には
.    |   ヽ__人__ノ   |     ブーク河からワルシャワ東郊までの
    \     `ー'´     /     広い地域についてだ。
    /     ∩ノ ⊃  /
    (  \ / _ノ |  |        もちろん、断る理由は無いと思うね。
.    \ “  /__|  |
.      \ /___ /



        /     ,        ,       /、
.       /     /       / ィ/ //   イ \
      /    //ィ       / /x!,ィ/,イ  / /ヘ   {
      ,イ /  ハイ' |  j|  /l/ ' ,レ≧x;ィ イ / /   il
     厶‐ァ  ´ i"(ミxリ! / | ,:′  ヾテヌゞレ'l/ /ィ  i !
      / ,イ  ヾ 辷 |,′l/      ゞ'’  :' ,ィfナ ィヾ!
.     /'′| i   ゝ-、"        ´   {;リソ〃リ
       jN    i !  し         ヾ /′
        レ{ , ,ィj li!    丶、     イ       (距離にして実に150kmも
       ___j_レ ヾ\      `ニ ゝ、/′
       j    ̄ `丶 、 \;///,ィ.,;._` /          独ソ境界線が東に前進することになる!
   ___ /           1ヽ `ー:、ゝ{ `ヾ、_
  /:::::::`:ヾ:、.___     !  \ }/´`ー- 、 ヽ        とんでもない棚から牡丹餅だぞ!)
/: : : : /: : : :`丶、ソ:、 L___ゞ(  ;ア´ ̄ `ヽ
:-: : :/: : : : : : : : : :y丶 ゞ:、    };ゝ'  __    ヽ
`:、`ー-:、: : : : : : :/: : : : :\、 ¥{__ .ィ´       ヽ
.:.:.:.:`ヽ、\: :./: : : : : : : : : \ノ;ィ{ 、___,       丶
.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ. ヽ: : : : : : : : : : : : :ヽ、 >一’{`ー      Yヽ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ ヾ: : : : : : : : : : : : ゞ: : : : :ゝ       |⌒V





363 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:49:05 ID:.0sAZvi20





           ,.-──- 、
          /        `ヽ、
          /           \
        〃  l.:l  //.l .lヘヘ:l:.1. il ヽ
       〃 , , l:.l //l l:l :lミノ1l:.1. !l l !
      /./ //l l:.l/l/⊥l」l:l  l l: l.:.l:l ! .l
       l/l/l/ :l l:.ト、ト、lヽl リ  lノ十从l ∧
       l l:.:.:.l∧! ,r==ミ  / 二 Vl l/
       l l:入い       ヽ⌒ /ノノ
       N/ l∧         /  /         実に素晴らしいご提案を頂きました!
          .l/l ∧   r-- ァ /
         l/!. ヽ   `ニ´/           本国政府がこれを拒否するわけがありません!
           r┴- 、`ーrrrく
      _ _」    |\ l ̄`7           ヒトラー総統閣下も大変お喜びになられることでしょう!
  ,. ィ´.:.:.:.:l `ヽ    ̄l l /_
 ´  .l.:.:.:.:.:.:l   \  l/ んT.:.`ヽ、
    l.:.:.:.:.:.:.l     -孑'´ l.:.:.:.:.:.:.i\
    l.:.:.:.:.:.:.:ヽ       i   l.:.:.:.:.:.:.l  \
    l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\     l  l.:.:.:.:.:.:.:!  /ハ
    l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\   l /.:.:.:.:.:.:.:.l  //ハ
    l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ l/.:.:.:.:.:.:.:.:.:l ,′  ',



      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈 ● ノ\   /\ー 〉
      ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
.      )    Y    (
     /γ⌒     ⌒ヽ\        ほう、それは良かった。
.    /  |         |  ヽ
.    |   ヽ__人__ノ   |      ・・・その代わり・・・
    \     `ー'´     /
    /     ∩ノ ⊃  /
    (  \ / _ノ |  |
.    \ “  /__|  |
.      \ /___ /





364 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:49:36 ID:.0sAZvi20




     ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ ))
   ((〈 ○ ノ\   /\ ○ 〉
      ヽ彡'  ヽ /    ヾ_ノ
        )    Y    (
     γ⌒γ⌒     ⌒ヽ⌒ヽ      リトアニア全土をソ連の影響圏と
     |   |          |   .|       認めてもらおうか。
    ヽ ヽ__人__ノ  .ノ
      \ .  `ー'´    /        こっちだってもちろん、断る理由はないよね?
     . /    ∩ノ ⊃ ヽ
     (  \ / _ノ |  |
     ..\ “  /__|  |
       \ /___ /




.       /                |ヾ!厶!::       ヽ
     /           : : : : |    |::  :    :  ',
     ,′        :ハ:∧: / {: : : :|   !: /: : :.} : :  ',
      |   : :  : : : .|_l/,.ィ/∀\.: !‐′ :!、/.|: : :ハ: : :   \
      | : : : :|:   : : : :| /゙二\.ハ:|    |/`_ヒメ/、: : :  ト、_>
.    厶: : : :ト、: : : ト、:| 《. ( ・ )      ィ゙.二゙\リ:.::. ト、|
      }: : ハ|..}: : : | :}    ̄ /     i 、( ・ .) 》.:.ハ:..|
      |: : { 入: :.:|           : { ` ̄ 厶、{ ヽ|
      レヘ,.ヽ ヽ\!           : 〉       ハ!
         |: :\__     し           /      //
         |: : : : :ハ                   /'′       (しまっ・・!?)
         レヘ: : :}∧     / ー―-ー . ヽ   /
         }: : |  \.   ヽ_,, -―-- ,,_/  /           あ、いや、それは・・・
         |ハ::| ヽ \          /
           リ  ',  \l:l:l:l:|:|:|:|:l:l:l./|
         r┴───ヽ `ー──‐゙/ :|\
         /¨|: : : : : : :/   \    :/ /  \
       //´\: : : : 厶__>、   /___>
__,ィ⌒/::::::::::::::\: : : : : : : : : : : \/   |::ー- 、\
///// ̄::::::::::::::::::::::::ハヽ: : : : : : : : : : ::}  ./\:::::::::::::\ー、





365 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:50:08 ID:.0sAZvi20




         ____
       /⌒  ⌒\
      /( ①)  (①)\
    / ::::⌒(__人__)⌒:::: \     我々があなた方に割譲する土地には
    |     |r┬-|     |     約400万もの人々が住んでいる。
    \      `ー'´     /
      >         <       対して、リトアニアには200万ぽっちしか住んでいない。
     ( |        / )
      `|       /'        人間こそが最高の資産だ。
         |   r  /          ならば、これは破格の取引ではないかね?
       ヽ  ヽ/           よく考えていただきたいものだ!
        >__ノ;:::......



              ,  -―-  、
          ∠     _r 、rヽ
          / /   >ヽヽ ヘt
            i i  i iレ`iヽ    !
          レ W巡!厶 _jΔ   」__
          {レ' ‐-  -- ヽ∧ >'⌒ヽ
           ヾ u  |  / ∨::::::::::::::`::..、      う、うーん・・・
            }\ ‐‐ イ   \:::::::::::::::::::\
         _ r 个 弋. イ 卜ー--‐ヽ::::::::::::::::::::::\    (リトアニアの権益を守れと総統閣下は仰っておられた・・
     _....:::::´├―ト、 `∨' ├ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::/     しかしやる夫の言うとおり、今回の取引は破格だ。
   /::::::::::::: ├─ l ``才´├.弋 :::::::::::::::::::::: /       逃すわけには・・・)
   i::::::::::::::::::::├―‐.|   |  ├─ヘ:::::::::::::::::/
   |:::::::::::::::::::└―‐┤  .|   レ―‐┘:::::: /
   !:::::::::::::i:::i:::::::::::::::卜、│ ,,|:::::::::::::::::::Y
  /::::::::::::::::l::l::::::::::::::::::|:::::`|'"::|::::::::::::::::::::|





366 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:50:23 ID:.0sAZvi20





結局、リッベントロップは本国の回答を待ってこの取引に応じることとした。



                                          _ -―
、_                                   _ -‐
  _ >一ー―――- 、__       , ---―- 、     _ .. -‐
 ̄                }  _ -‐ッ'       `ー--、}
               「 ̄  「   ,.-、        ',
               |     }   /  \       、
                 i     jノ ノ    `丶、    ヽ
              |    `゙´        ヽ     }
              /               ヽ   |
: . . .            /ヽ, -‐-、,r"ヽ         丶 .ィ´:、    . : : : :
: : : : : : : : : : / 〈 ⌒/ ゝ /⌒ヽ    ヽ  ∨ 、: 、. : : : :_ .. -‐  ̄
 ̄ ―-  __: : : : /   `´{  /   ∠、 \  \__ノ  \}_ .. -‐ "
         ̄ ―┘    `¨´、 /- /丶、 >‐'
                    `゙'、__/`--' ̄



9月28日、独ソ境界友好条約が正式に締結される。
これによりドイツはワルシャワ東方の広大な土地を、ソ連はリトアニアを手に入れた。




   |   |       |   ∨     /´  \ノ●リガ   :
  .√   .|      /´        |             :
/ 《 ̄》 .|  《 ̄ ̄          .|¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨:     :                 ●モスクワ
   个´  ヽ~´            /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:¨¨¨¨¨¨¨
  <>                _  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; :     :
\_==¨ ̄>     ,,-─¨~》   > ~~~:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:     :
       `\,,,,≠~~ :   `ヽノ´   :¨¨¨¨¨¨      :
             :     :     :::::          : ●ミンスク
            :¨¨     ¨¨¨¨¨¨¨           :
            :          :::::::          :              ソ連
           :  ワルシャワ○ ::::::::::          :
           :          ::::::::::::         :
ドイツ        :          ::::::::::::::::        :
            ¨¨:        :::::::::::::::::       :
              :        :::::::::::::::       :              ●キエフ
              ¨:                :
               :¨¨¨¨¨¨¨¨:          :
          :¨¨¨¨¨       ¨¨¨:        :
          :              ¨¨¨¨¨¨¨:  :¨¨¨¨¨¨:
          :                    ¨:      :
          :¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨:   :      ¨:
          :                :¨¨¨¨¨        ¨¨¨:  オデッサ
¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨:                .:¨               :  ●/ ̄》__ <´ ̄



   :::::::::::・・・ソ連からドイツへ譲渡された土地

   ;;;;;;;;;;・・・新たにソ連の影響圏とされた土地





367 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:50:51 ID:.0sAZvi20




【補足】



     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||    ソ連側からの土地譲渡の申し出は
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l     善意からでも友好の感情からでもありません。
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|
       l \     _    ,/ |     完全な政治的打算の産物でした。
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!





369 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:51:22 ID:.0sAZvi20




          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_      ドイツ側へ譲渡された土地は
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\    ほとんどの住民がポーランド系でした。
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ     新境界線ははっきりと西がポーランド系住民が、
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/    東はベラルーシ・ウクライナ系住民が多数を占める
         | |{i t    _     / |    土地に分けられたのです。
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |    つまり「ベラルーシとウクライナの兄弟たちを解放する」
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ   という自分たちの建前に忠実に沿ったものでした。
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |



            ,. - ' /三三_   /
   _     ,_,.. /  / ̄ ̄ ̄ `ヽ r-ァ― 、
  / ヽ  /..f|    -|         ヽ〔 三  ヽ.
 |   ヽ/....三l    v'           ヽ./   |!
 f   l! .|三三l   f             \  j
 __ゝ,. l. l.三三|   ,'./ /              V,.,__
.7 ゝォ ゝ!三三|  ラ/ /|   l | l   l `!    ヾ三. /
  攸.  |三,r ! Lイ、 j. l ィ l |.il:l  l l ,l    i 〕三 /
   ケヽ  ヽ:::::::ヽ ノ 刈l lメ lv'l |il|l|  / / |l  l !/|\ L
  / 〉'´ヽ 〉rt:ヾ| レ!ヾvrl'ルヽji リ / / !|: ! レ' |ニトv'
 'Y |i ヽヽ√ミfr@jY/, f´Yミ-ァ`lヾ'レ' //__/ノ// rイ`!i       厳密に言えば、今回の軍事介入は
 \ヾ,/¨ヽ ヽヘ`´〃l ヘ ゝ-'     'r'::メ j// /:::L_l!       かつてポーランドに奪われた土地を
   ヾ!l! |-l\'ヘ::ソ  ハ!       t_ク/ |/,_∧::|         取り戻したにすぎないと
  .__ ||、 |:! 'rゞ:|! | ヾ      ,  /if |  f ルヘ        国際社会に正当化する根拠になるわけね。
  \`|| ヽ|:! ,f三::|! ト___i|  -、  /ヘ`ヽ | /∧ \
    | レ  ´`!、三.|! '\.|!   , r ´=ー、j-,. ヽ// f'|`ー,i
    ヽ  l  Vゝミ\  \-r ',== / ヾ'∧  |  l |
    l  l   |八,j- .\ _ヽ\く三= (  v'/ ヽ_ノ  l j
    l    l <´_    ̄ \三  \ レヽ\ \ `
  /⌒l    |` 三三⌒'ー - 、 \   へl |,r--ォ




372 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:52:44 ID:.0sAZvi20





       ,.:-=;1ー;1―;1―;1―;1―;1―;1―,=;:、
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ         ★           ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ;==============゙ミ
       〃. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:ヽ     k
.       / . : : .:.:|: : : : : : : .:人: : : : : : : : :',     ! :',
     ,'. : : : :.:.:.:.|: : :,':,'.: : / \\_.:.:.:|.: : :.! *|.:|     まさにその通りで、
.    |: : :.:.: :.:.:.|.:.://.:.//  ̄ \\メ、.:.:.:!   |.:.:|     しかも新境界線はかつてポーランド・ソヴィエト戦争の際
.    人 、 :. :.:イ////    ,.-≠ ミ.、!.:,'   ,'.:. |     イギリスから提案された両国境界線カーゾン・ライン(第十三話参照)
       \\:.:.:.:lYl⌒ヽ    /|  :::::::l! |/   ,': : :|     にぴたりと重なるものでした。
         l\\八 フ:ノ   ′ フ__ノ' ,'    l.:.:.: :|
        |ハ *ミ ,,`´       '' .イ  *|.:.:. |     やる夫は恩着せがましくしていますが、
.         ノハ  >.....__冖_ <:八     い、ヘ     つまるところポーランド侵攻の罪を
      r 彡.:.:.,'     !:.|「≠介トn,、リ≠、.:\    \\\   すべてドイツにかぶせたかったのですね。
    <-=≠:/     ,'.:〈チ_/小.シ〃゙ ト、У.:.ハ.     \<
   /-=/     /.:f癶=キト込、/:.:.:.〈〉ー-ハ  ※  ∨\
    >-´  ※ //xタミⅩ彡:::ム|:.:.:.:.:.:〉.:.:.:.:.:',      ∨.: \
    ̄|>x、._/-_j斗'"ハ:::ハ:::/|.:.|:.:.:./\ .:.:.:.|___/\.:. /





373 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:53:55 ID:.0sAZvi20




          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\    さらに反英同盟を重ねて提案するリッベントロップに対し
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ     やる夫はのらりくらりと明言を避け続けました。
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/     友好条約にもイギリスに対する厳しい文言を加えようとする
         | |{i t    _     / |     リッベントロップの主張を受け流し続け、
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |     イギリスとの関係改善の可能性を最後まで守り通したのです。
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |



              '     , '"           ゙ヽ     L
             ,′   /                \   ノ
           _ l   j//  /       丶        ヽ /
        ___  (._  |  ノ ,   '  ,         '         ' ヽ
     ___/r_- '  ̄  イ (__/ /  /          |  i 、      V
   r :::__:::: {    /:!   ヽ    ,'  │!.    │ !   V      ',
   |:::|  イ^て  イ::::!   ノ .!  l.  │!     ハ  !   l  !  ハ !
   L/イ  「    |:::::!   (_ | l ハ   | | |!   l | |  ノ| !   ! | |
  .   /!  ハ____. |:::::!    ヽVハ__ヽ__Nヽ|!  l/ j ,.ィl‐j 'T リ イ レ      そのうえ自分は
    /::!   l    ヽヽ:::ヽ  ノヘ´ ヽ==ゝl、 `ヾノ' j/ィ´j::V レイ|
    !:::!  !   (  ヽ,=:Vハ ヽ イiナ:ハ        、'-ノ ' l | ヽ        ちゃっかりリトアニアを
    ゝ!   !    ー-..{@jil!| !   ゝ‐ '            ハ ハ. |
      |  !         ´ゞィ'!| |            _′   / | | ヽ       手に入れてるんだから、
      |  !       `ナ'| ト      U   '-'     ∠_.l  !  \
.      ,|  ::!         /'  l  !_>-_、, ―-、     /⌒Y ,′   lヽ     とんでもないタヌキね。
    /│ ::::!         /   l  ! ' ´ : : : : : : .ヽ-<: : : : :V ハ.    | !
  . /:/  :::::!      /   ,l  !: : : : : : :__ {ゞン}─ - 、:.| ! ノ  / '
   / l ::::i      /    /! i!: : : : /: : : : . Y´: : : : : :L_.! / /


【補足おわり】





368 :名無しのやる夫だお:2014/09/16(火) 20:51:02 ID:3nLOx.kw0



ちょろすぎね?


結局ヒトラーも乗り気だったらしいからしょうがないね。



371 :名無しのやる夫だお:2014/09/16(火) 20:51:36 ID:stx4nlHU0



上手いなぁ…


374 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:55:05 ID:.0sAZvi20




結局、リッベントロップはヒトラーから課せられた3つの使命について、すべて不調に終わった。

独ソ間の反英同盟は実現せず、リトアニアのほぼ全土がソ連側影響圏に落ち、
やる夫のバルト政策についても空虚な欺瞞の言葉しか引き出せなかった。



               -―─- 、
           /         \
         ′ ノ     ‐-   ,
          i  /・\ /・\  i       安心していただきたい。
          |   ⌒(__人__)⌒  l
         、     `⌒´   . '       我々は今のところ、バルト三国について
      ⊂⌒ヽ  >       <_/⌒つ    国家体制を転覆させたりソ連邦領土に組み込む
       \ 丶′             7     つもりはない(大嘘)
        \ ノ           ト、_/



こうして、二度目のリッベントロップの訪ソは終わった。





375 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:55:40 ID:.0sAZvi20




          _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
         ,r'        \
        / ⌒         ヽ,    さて、外交官たちの事務手続きも終わったようだ。
          ( ●)   `―    ..i
        i.      ( ●)    |   いよいよ我々は我々の仕事をするとしよう。
          \ _´___       /
           \`ー'´   __/



        レ//////////ン''´¨¨     .ミ//.//////////////|
           ∨//////;彡           ミ///////////////|
           ∨////             ヾ/////////////|
              Y//ノ     に=ー-- __   .ヾ///f ´ ヽ////|
            V/ ハ,   ゝ、__        ヽ//iィ=、',///|
            |!ノ __,ヽ    ´_===-、     1/ r‐j,,.i///|    ずいぶん楽しそうじゃないか。
            l _-=}   ´、    `       .l|  fヽ .j///|
              l'  ,ィi     ゞ、         !. ヾナ. i///|    それで、仕事というと?
                 i.  ' /                  ノ///|
              l  /                     -='////j
                l /                  |//////
                 k                     V////
              ト`ー '          ,ッ,   /   {///
               ゝ`ー―----‐='''"´イ   /    i//
                  i    ー---‐'         /    |ム__
                    ヽ、             /       |     \
                      ヽ           /        /       /――――---
                     ヽ、    /      /       /:::::::::::::::::::::::::::::::
                       -f`rー‐='      /       /::::::::::::::::::::::::::::::::
                      /:::/ i          /        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::

            内務人民委員部第一次官 フセヴォロド・メルクーロフ





376 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:55:57 ID:.0sAZvi20





        ___
       /     \
     / ⌒   ⌒ \      内務人民委員部の仕事と言ったら決まっているだろう。
    /  (⌒)  (⌒)  \     反ソ分子の摘発だよ。
    |     ___´___     |     新領土における旧ポーランドの知識人・軍人・聖職者・公務員らは
    ヽ、   `ー '´   /     すべて逮捕され、無力化されなければならん。
     ノ          \      さぁ、忙しくなるぞ。





378 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:56:43 ID:.0sAZvi20





                  /    // ./l  ./ |
      ,- ---‐一'"/   / / / .l. /   !     /    _
     {        ’ ‐ "  /./  l ./   .|    // ,, ./ `ヽ、
      ヽ,           //  l /    l  / / ./, ./, -―i. `、    かつてプロイセン・オーストリア・ロシアの各国は
        ',  ‐ 、       "   .l/     .l / ./ /.//f    ', |    第三次ポーランド分割の際、秘密議定書おいて
        )                     l/ .// " .|`ヽ,.   l !    次のとおり取り決めた。
    , ‐-‐'                      "  r‐.'   `  j .|
     !                           `t_,    / /    「各締約国は、ポーランド王国の名を永久に抹殺し、
    \ 、__                       ) "    ノ     彼の国がかつて存在したことを思い出させるすべての物を
     l      ̄`‐ 、___,、-'゛           i   //      消滅させなければならない・・・」
.      \         ∨                し  ' ./i
.        )                               /  .!
      /                      /` 、__,./    l





379 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:57:26 ID:.0sAZvi20





      /                     ヽ
     /                         ヽ
    /                          ヽ
    /                           ヽ
   ,'          /  /|  /\ lヽ        |
   l      i  〃/ l /  | /  _ | l_ヽ /      !
   |     」 /‐/、|/_`ヽ|/ / レ'_-‐ |/l |_   |l l
   |/| |  /イl/ ー--.ニ、 ヽ_| ニニ.- ァ l/ ヽl  | |/
   | | | | | |!  `ー--‐'  l i l `‐--‐'  リ〉 | /      同じだ。
     ヽヽヽヽ|ヽ、_    ノ  | \     ノr / l/       143年前の事業を、現代の我々が完成させるのだ。
        ヽヽ|ヽ      i 〉     //ノ
          ヽ              /           ポーランドという存在そのものを抹殺せよ。
.           \   -=ニニニア´ /           二度と、奴らが我々の領土の中から誕生せぬように。
            _,ゝ、   -    ,<´
          / l | \     /l ヽ            親衛隊員諸君においては、神聖なる祖国に対する義務を
         ィ|  `ヽ、 ` ー‐ '  // |、           完璧に遂行するよう求める!
      _ , ィ´ ヽ    ` ー―‐ ´   / ヽ__
  ,. ィ ´      l   、         │   丶- 、



  、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
  _)                                   (_
  _)     ジークハイル!!!ハイル!ハイル!     (_
  )                                    (
  ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
  廴゚ノ小:::::::::ミー- __弋.     /          /弋 `Yl
   彡'  ハ 弋 ゚ノ}ー=ニ´   / ⌒ヽ.    /   ヽ/j
      ,/∧ ', Y        /    ハ.   /    /          /ナj
     .ィ z >' |       /     ',  /    /      ___ ///
 ト、____  r /      / ====ミ、/    /        从ノ /7
 `ー─--ミ7´/      / <・):::::::::::::::ノ    /- 、    从_____ノ
 .弋ー----/ /      /    ..:_jト゚イ./    /   ヽ.  / ヾ彡′  /リ
   、二二´ /       / } イー- ィ ノ/    /ー=ミ ハ  /   /  /{ルr,
\      /      ∧   弋___ノ//    / L' ::: ,::ヽ〉/    /  /弋Y′
  ヽ、 ___ノ      ∧. \  == //    / ィ -' j´./    /ヽ /  /
   イ        ∧::\ >ー'./     ∧. 弋㍉/ /    /  // ./
、   .|ォ      イ  ヽ:ss::Xヽ イ    ./:::ヽミ辷´ /   /ーr弌. /ヽ
:::::`Y::::|ミヽ、       \/ |∨ミ弌   イ ヽ:::∧} .イ    /ミ7j/  /ーミ
.::::::::|::::| \\    |{    |  .  ヽ  {  .Y ヽ.|   イ トく/  ∧ーァj
:::::::∧::l   \\  |{  o   | ト、  小  ヽ。_}|   }     弋   Y




381 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:58:18 ID:.0sAZvi20




ポーランド国民にとって、塗炭の苦しみが始まった。
独ソ両国の占領者らはまったく同じことを始めた。



         /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
       ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
.       i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
      {::::::::::::::::::::!|:::::l、::::::::::、::::::::::::::::::::::}
.      ',::::::::::::::::::t !:::| ヽ:::::::}リ人:::::::::::ノ
        ` r、ト゛ ̄ `'ヽ/`"´ `Y´ lィf´ / ̄ ̄ ̄
       炊.     八       ノ,リ _/    ポ ・
        ヾ!`  -‐' } `'  -‐'|ノ /  存 | ・
            \   ___  /  !  在 ラ ・
             `(~___")   /   す ン ・
            ト、__/ |   〈     る ド ・
             ,_|    |   |   事 な
          { i フ    Vヘ /   .自 る
  /\     _/j ト、    /人 {    体 モ
‐'    `ー、//_,ノ、_`ヽ ,ィ | _ムj      :  ノ
       \  ` 、 `ー‐ '´  \.    :  が
  間 何   {      _ノ`)     L  !
  違 か    〉  _/ `フ      \____
  い の   ! 〈 {  /,.ヵ /`! r‐ァ
  な      |  マ  マ_,〃 `ア  ! ヘ
  の      l   }:!  Y   /  ノ  !
  だ       .〉  ,'::}  {  _ノ_/   ノ
.   ! !     /  / /  斤:{    /ノ
        {  {    /      ' /



彼らは「ポーランド的なモノ」の破壊を徹底して行ったのだ。
大量の知識人階級と元軍人らが逮捕され、その3割強が処刑されたとも言われる。

第二次大戦が終結するまでに、ポーランドはその文化の多くと全人口の約2割を失う事となった・・・





389 :名無しのやる夫だお:2014/09/16(火) 21:05:01 ID:ntQuTjPQ0



政治信条が全く異なるのにやることは同じという狂気


382 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:59:03 ID:.0sAZvi20




10月初めまでにバルト三国のすべてが脅迫に屈し、ソ連赤軍の国内駐留を認める。
ここまでやる夫の「国土再征服運動」はなんら支障なく進んでいた。



 *o ゚ |+|   。*゚  +゚ } o  |*  o。!    |!
 o○+ | ∨    | {r|! *l:     + |!*l::j o ○。
・+     ,-i| o.+  ___  。*゚}‐ 、゚ + |
゚ |i   | {r|! *l:  /_ノ ' ヽ_\   ノヾ}  |
o。!    |! * .゚ /(≡)::::::(≡)\  レ ノ  ゚|
  。*゚  l ・ / /// (__人__) ///\o  ゚。・ ゚
 *o゚ |   |     |r┬-|      |   *|
。 | ・   o ゚ l\     ` ー'´    /*゚・+゚ ||
 |o   |・゚ ,.‐- .ハ       イ | * ゚   |
* ゚  l| /    、` ニ ´ ノ  ノ   o.+ | ・
 |l + ゚o i     ` -、{! /_   \  ○・ |o゚
 o○ |  | ヽ.     ヾ´    ̄  `ヽ  *。
・| + ゚ o }  }                ヽ O。
 O。 |  | リ、  ..:::        ..   l 。
 o+ |!*。| / `ー::::       , ヘ:::::..  | *
 |・   | ゚・ |/   /  :::... ..   /:::/ | ::..... { |
    |_|\∧∧∧MMMM∧∧∧/|_|
    >
    二キユ 二  ̄| |三 ヽ|  |ヽ  ム ヒ | |
    =壬´  = | ̄-┼─  | ̄| ̄ 月 ヒ | |
    Ε三ヨ 口 |_, レ弋/ | ノ \ ノ L_い o o



そして、その銃口はさらなる北方の大地へと向けられる。





383 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 20:59:35 ID:.0sAZvi20





                                 ,、,;"|ri´`'ヽ, 、
                               ,r-、{  "   ~`´"'‐''‐--、,_,、
                            ,,、{'´        ;;;;;;;;       ヽ
                           ,,-",,         ;;;;;;;;;;;;;         ノ
                           "~7         ;;;;;;;;;;;; "=,‐----´
                           /´         ;;;;;;;;;;;;;;;;  ヽ ,、
                          {        ,、,-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;   ヽ,、ヽ
                         ノ´       {  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;    `
                       ,、/        ,}  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                     ,-" "        / /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                   r‐'~         r'   {;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
             ,r,     {           }    };;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ,;;;;;;;;;;;
          ,、_ `´     {            {、,   ヽ,;;;;;;;;;_,-‐'' `=-
      ,=' r'‐‐=´       {             `}   `'´~,-―-´
     " {´" =´,,           !   ,-"|,      ,ノ   , {、 ,
      }=   /        `'‐‐´  |,     |´    ",´`{
 , ,r‐-、, "r   {,           ,-‐´} ヽ    }, |/  /´ヽ´
,} `~   } r,_,   |          }  ",  }  __//    |
>-   r'   }  ヽ,          } ",i i~,}}_,,,|´      }
    /  r-´    {         {,, ヽ", }_,、,   ,,,-‐-、ノ´



   ――― それこそは、湖と森の国、フィンランドだった。この北方の小国に、大きな危機が迫ろうとしていた。





384 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 21:00:58 ID:.0sAZvi20




フィンランドは1917年にロシアから独立したばかりの若い国家である。
しかし、彼らはロシア帝国の頃から自治を通して民主主義に旺盛であり、今やすでに成熟した独立国家となっていた。



::::::::::::::::::::::::::::::ハ ̄       |::::::ハ::::::::::::::| \i \::::::::::::|:::::::::::::::::::::ハ
::::::::::::::::::::::::::::;:::ハ        |:::/ V::::::::::リ    ィ=ハ:::: |::::::::::::::::::::::::\
:::::::::::::::::::::::::::::iヽ:ヘ      |:/   V::::::/   /イ=フi}ヾ─────'`
ヽ:::::::::::::::::::::::::| \ヽ     |i!    }::/   r''´ゞハi l:ヽ
::::\::::::::::::::::::::|   \   __ニ三イ   ||r j}i| .i lヾ}                  ・・・ソ連がバルト三国に
::::::::::\::::::::::::: |   /::::_,,,ィ彡=''´i/il_,==|.しソハ ノノ-、                   赤軍を進駐させたって。
:::::::::::/ \::::::::::ヾ /:- ''´>''´ -=イ`  ||r'´` ハ彡 y/: : : :\ニニミ-、
::::::::/   `ー- xゝ rィ彡''´イッ:::リ  /i   ミー=´i: : : : : : :`:-:、: : :}ソヽ         独ソ不可侵条約から約1ヶ月後だ。
:::::/::ハ_____/ /  / ヒ:::..ソノ {.リ    }.  l-、: : : : : : : : i: ://: :ハ
 ̄ヽ──────、ハ ヾ  ゞ''´  ノノ    ./  ./: :ノ: : : : : : : : l: i l: : : ハ        やっぱり、ドイツはあの時バルト海周辺を
i ヽ ` -ゝ      ヽヽ ミ=''´ //       /: : i: : : : : : : : : l: i l: : : : :ヽ、      ソ連に差し出したんじゃないのか?
{  ハ         \\__//    , ィ /: : :/: : : : : : : : : : /: : : : : : : : \
 `   廴     し   ー─''´    ir'_´'´ ./: : :/: : : : : : : : : : /: : : : : : : : : : /     だとすれば、次にソ連が標的にするのは・・・
>、_   ー                     /: : :/: : : : : : : : ::/: : : : : : : : : : :/

    フィンランド首相 アイモ・カヤンデル



    〃  /            |~ゝ〃~ーl ヽ     ヽ  ヽ
   〃  イ           !       ! lヽ 、   ヽ ヽ
 〃   イ /       ,ィ l | !      | | ヽ l     ヽ l
 l|   ///  l    / | 」 」 」      |/ ヽ | 、  、 ヽ |
 l  // ! j  !   l ,イ´l |「 !|      ナ=-|、ハ |  |ヽヽ'
   l |  | ||  ト、 彳 ゝ=从ヾ、    ,-二- |/|ト、|  | ヽ|       心配ないわ首相閣下。
.   !|  l | ヽ ヽヽ、| ィ7てうゞ l __ / ,ィ⊂ゞト、 /〉 ,/  リ
    ヽ ヽ  ト、〈 |`ト7 l、`‐'_》 リ' ̄`lj  i| ゞ´》 ゞ/ノ-、 /        所詮はソ連なんて低能ゴキブリ熊ニンゲンもどきの集まり。
.        l ゝへ',  -ニ´ / ,  ヽ  ニニ´ '´ノr^ |/
           〃ヽ、ゝー---‐'  〈l   \_   _,/ヾ、〃         ケモノごときがスオマライネンに敵うわけないわよぉ。
      , - -!|〈\`ーヽ     、― -,    ̄ /_, ィ |l、_
     ヽ、 || ヾ、>ー\    ` ´     /ゝ彡イ|| `ヽ、      一喝してやれば尻尾巻いて逃げ出すに決まってるの。
       | ヾ、  |   `ヽ、  ´   ,.ィ ´ r '   ∥ ,  ,ゝ
     ヽ=ィ  ィ ,― '     | ` ー ' ´  ト、 `ー-、〃 ヽ〈_       熊に尻尾ってあったっけ?
       ヽ〈ヽゝ    , イ´l     / ヽ、  ノイ〉 ノ`ー ′
        ヽ    / /  l    /   / \  ヽ- '
          , -‐/  /   !  /    /   /`-、
      _, -‐'´  /  / _ |r亠ー- 、 /   /   `ヽ 、

        フィンランド外相 エリヤス・エルッコ



フィンランドは独立間もない1918年、国内の共産主義勢力と王党派による内戦を経験する。
この時、共産主義勢力を国外から支援していたのが隣国のボリシェヴィキたちだった。

それ以来、両国は犬猿の仲である。




386 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 21:03:06 ID:.0sAZvi20




1920年に講和条約を締結して以来、ソ連はフィンランド国境付近で目立った行動を取っていなかったが、
1938年になって今まで放置されていた「北方の危険因子」を取り除くべく外交的な圧力と交渉を仕掛けてきた。

そしてフィンランド側は常に断固たる毅然とした態度でこれを拒否し続けてきた。



                   /´ ̄ヾ、
                        }}
             __,.ヘ     丿
          , '"´/ヽ ヽ/ヽフ ̄|´_
       __/- ´/   ∧//ハ   \/ヘ ̄`ヽ、
      /〃     ハム〃ハ   `  ヽ   ヽ
      Y   /   |~´   ̄|       ハ    }
      /    l: .l: |      | .l    ヽハ  ノ
     /  l .:|ハ:.:.ト、. ! ,.、    l:./|:.: |    |
     ! l :.:.l :.:_|__!:」 ィヾ    ゝ/ 1:.レ:.   l: |
     ! l:.:.:.l:.:.:| __ヾ¬     ノ__`メLl_ /|ソ      ぷっ(笑)
     ヽト、:.|:f:l;之i歹` i _i 仍ぇ、 ィ/ノ
      __ムハ  ̄、、、 ソ  p ~´´ ^/ ハ        またモスクワの田舎者どもが必死になって
    /( {{:.`∧ー-‐_´   , 丶、~_,ノノーノ、
    {  .:ヽ:.:.:.:.\  ヽ `_ー_ァ  ..イ  ´(__ ノ      交渉をせっつかんで来やがったわ。
    ノ  :.:.:.:.:.:.:.:〉>、 _r∩- 个:.:.:.:.....  ヾ
   f( . ..:.:.:.:.r "´  }  r| | |〈  `ヽj:.:.:.:.:.:.リ       何度やっても同じことだっての(失笑)
    i/´¨辷ー7´/ /1 !  }\(ノ-‐ァ⌒ヽ
   /      \/ |_ { !   |.〉 ヽ _/O   ヽ
      O   \|__/    /ム/    O  `,
     O      {_ ィァ´/       l  o  |
     o  |:.    / / ´j      .:l:.  o  \
    O  |:l    ノ ´/  7      Y:.:.   /´
    \   |!:.  /     ハ      1:._/|
      \|!:.. |    /  ヽ       }:..   |





387 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 21:04:09 ID:.0sAZvi20




だが、1939年8月の独ソ不可侵条約がにわかにフィンランドを取り巻く情勢を変えていく。

ソ連はフィンランドに対する圧力を強化することに決め、1939年10月、バルト諸国が屈服してまもなく
フィンランド政府に対し外交代表団をモスクワに送るよう要請した。



              ,r ^//Yヘ`ュ、
          '  ル/|||^'^|ハ、 ヽ
          i  ハ,|,_ル ノ,,,|,.i ハ
          ノ  ftigiハ-f:rgiy!h }
        (   `ー '_'`ー ' リ  )
        う  八  ´"`   从   (
         '⌒)乂` .__. イ乂Yノ )`
             |     |、
              _ ノ,,_  __.... ィ ⌒ヽ
            i |     ´  //      .           あまりにもロシア熊がうるさいもんだから
          ノ :!ノ      . へ、
      / .へ   //  ⌒ヾ.    .           しかたなく代表団を送ってやるわ!
      /  r'     Y       .     .
         人     人    ;彡八     .         パーシキヴィ!
.   /    /  ミ>介 ー─ ⌒∧    .
  〈  ⌒ヽ    |   ::     .'       j         モスクワに行って世間知らずのロシア人どもに
  ヽ.        !   ::.          Y   ヽ
    ` .    _ /          i               一発喝を入れてきてちょうだい!
     \   f.)'ヽ    i:    _∧
        Y ヾ)   ≧≦  ̄  ハ      \
         ヾ_y' /..__  \  / '.      \
         / // ∨7   ̄ ∨ |            \
      .     ∨/  / | !          )  }
        { | |  ⌒\__,/   ! !   !        〈 y!、 !
.      '._ノ l、_   }{  _ノ `ー}          レ! }〃
        i        ミ! !      ;           | レ'
                  | |        .         | |
       '.       !|      ;           「 |



              r─────-、、
                |          .:.:.::::.`ヽ,
                |____.:.::.:.:.::::::::::::::/
             _ノ_____  ̄``丶、/
        r'´     _ __ _  ̄``丶〈_
        ヽ,. .:.:.:.::::::::::::::::、::::ー- 、  \
        /.:,.::::::ハ:::::ヽ::.ヽ::.\.::ヽ:::.\/
         /::/.::::::|:::ト、:::::仁ニーミ:::|:::::::::|
          |.::|.:.::|_ノノ´`ヽ` ◯ `1::|::::::l::|
          |.::|:::::K´ ◯      |//::/:/     (人口370万のフィンランドに対して
         ヽト、::::ヘ         /::/:/       ソ連は1億6千万近いんだけど、
            ``1:ヘ  r─っ , イ::/,イ       どう勘違いしたらそんな態度とれるのかな・・・)
           |/|.:::>r‐r<  |/イ´
                |.::/^l/l:/_/⌒ヽ
                |/ , ィ´y'´   ,r=ヘ
              // /介1  ,fj.:.:.:.:::.\
                // //。j/  ,fj.:.:.:.:::::::::::.\

     フィンランド交渉団代表 ユホ・パーシキヴィ





388 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 21:04:46 ID:.0sAZvi20




【補足】



     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||     フィンランドのソ連に対する態度は、
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l     両国の国力関係からすると理解し難いほど
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|      高圧的でした。
       l \     _    ,/ |
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |      これは単なる愛国心からくるものだけではなく、
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !     フィンランド人のロシアに対する偏見と無理解から
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !     くるものでした。
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!





390 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 21:05:09 ID:.0sAZvi20





       ,.:-=;1ー;1―;1―;1―;1―;1―;1―,=;:、
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ         ★           ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ;==============゙ミ
       〃. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:ヽ     k        フィンランドは独立によって
.       / . : : .:.:|: : : : : : : .:人: : : : : : : : :',     ! :',       ロシアとのパイプをすべて断ち切ってしまいました。
     ,'. : : : :.:.:.:.|: : :,':,'.: : / \\_.:.:.:|.: : :.! *|.:|
.    |: : :.:.: :.:.:.|.:.://.:.//  ̄ \\メ、.:.:.:!   |.:.:|       対露関係の専門家はいなくなり、
.    人 、 :. :.:イ////    ,.-≠ ミ.、!.:,'   ,'.:. |       その結果モスクワとの意思疎通は完全に不可能となりました。
       \\:.:.:.:lYl⌒ヽ    /|  :::::::l! |/   ,': : :|
         l\\八 フ:ノ   ′ フ__ノ' ,'    l.:.:.: :|       ソ連の内部事情が一切わからなくなったのです。
        |ハ *ミ ,,`´       '' .イ  *|.:.:. |
.         ノハ  >.....__冖_ <:八     い、ヘ
      r 彡.:.:.,'     !:.|「≠介トn,、リ≠、.:\    \\\
    <-=≠:/     ,'.:〈チ_/小.シ〃゙ ト、У.:.ハ.     \<
   /-=/     /.:f癶=キト込、/:.:.:.〈〉ー-ハ  ※  ∨\
    >-´  ※ //xタミⅩ彡:::ム|:.:.:.:.:.:〉.:.:.:.:.:',      ∨.: \
    ̄|>x、._/-_j斗'"ハ:::ハ:::/|.:.|:.:.:./\ .:.:.:.|___/\.:. /




     |: : : : : : : :/   /        \ `丶ト、:.|:.:.:.:.:.:.:|: : : : :ート、、ヽ
    ヽ.ィ: : : :/   , /    l         'i '"´: : :.:|:.:.:.:.:.:.:!: : : : :_:ハ ',ヽ
      r‐:':::::::/   / / .     |     .l.    | .',: : : :.:|:.:.:.:.:.:.:|: : : : L_l::', ',r
     ',_:、:::/   |||.     |    .|.    | `丶;.:.|:.:.:.:.:.:.:!: : : : : :ハ::ヽ
      ノ:,'   .|l|      \   ト、   | l !´: :.:!:.:.:.:.:.,' : : :r ' `¬
      /:| | .   |十ト 、     |__x ┼‐ヽ- / | .).:: /:.:.:.:./: ::::::::|    |:
.      /:::,! |   .VV_ _\  `丁__ヽ|_____∨ ヽ{: : :/:.:.:.:./::::::;::::ノ|    !:
     /:::::ハ.ト 、 ト下丁丁  ‐-不三丁丁フ  ,ハr'^,-ヘ':::::::::}::! |   .!:     やたら強硬な態度とってるけど、
.    .ヽ|l ',ヽ \| 弋_‐.フ    弋_ー_フ   | .|/j〈ィ'>》_ノ"!::l .!   |:
         |丁|  ,、,、       ,、,、,、l  ! .|:.ヾ ニフ    !::l .|   |:     向こうが引くって明白な根拠があったわけじゃないのね。
.           | l| ′′      ′′′| l| .|/:.:.:.:.⌒ヽ丶|. |:  ..|:
         / / 人             | l| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\|:   |:     どうやったらいいか分かんないから、
          / /| |_  > .._  r_‐_、  _,  l l.! !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\  |:     とりあえず勇壮な態度をとってるだけなのだわ。
       /,イ | |! /:.:.:.::::ハィュヘ: ̄「「ヽ ..,' .,':| |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ|:
      ノ'   | .| ,′/`ヾニンリ:::..:.:.:.:.:./ /:.:.! !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ     今の政治家にもこういうタイプっているわよね。
    ..'"ィ    | ||:.::':.:.:.:.::.:.`¬´:.:.:.:.:.:./ ':.:.:.:.| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:'.
   <._ <   .| ||:.::::::::::::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:! !:.:.:.:.| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|





391 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 21:05:47 ID:.0sAZvi20




            ,.:-=;1―;1―;1―;1,=-;:、
            ミ             ゙ミ
.              ミ      ★      ゙ミ
           /ミ             ゙ミ \
          《  ミ;========゙ミ } 》
.             》/ / / :/ : : : : : : : : : \ ∨《
.            /// : :/ :/ : : : /:/ |: : : : : ∨^:|     そのため、フィンランドのソ連観は
           l∨ : : l :/: : :// / :八 : : : l: l : :|     「ロシアは衰退した大国」という
           | :| : : :|/ :/ //:/ :/  ヽ: : | ハ: :|     時代遅れの認識に留まっていたのです。
           | :| : : :|≧x、/イ//,.ィ≦ハ ノ : l: :|
           } :|八 :代uzノ    弋uzノ仏イノ: :|     もちろん、フィンランド国内にも
.           ′:} 仆⊂⊃     ⊂⊃イ 八 : :|     政府の対ソ外交の無策ぶりに
.        /: : / 八 >  ~~~ .イ}{ : : : |     警鐘を鳴らす人物はいましたが、
.        /: : 〈 // ̄》 》≫=≪《 《V ∧: : :      それでも少数派でした。
.        / : : : : {   》《_》《_》《 〈 /  、: :丶
       /: : : : : : }   《_/八_》      }: : : :\
     /: : : : : : :/    ∨{><}{    {: : : : : : :\


【補足おわり】





392 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 21:07:20 ID:.0sAZvi20




1939年10月12日、クレムリンに招き入れられたフィンランド代表団に突きつけられた言葉は想像を絶するものだった。



         /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        /: : :            \
       /: : : :            \
     /: : : : : :              \       ソ連政府は旧都レニングラードの海軍根拠地を
    / : : : : : : : ..               \     「敵国」の脅威から守るため、貴国との領土調整を要求する。
    |: : : : : :  ,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,        l
    |: : : ::;; ( (・) ) ノヽ ( (・) );;:::    |     貴国政府は赤軍によるハンコ岬の租借、
    |: : : : :  ´"''"        "''"´       l     ヴィボルグを含むカレリア地峡地帯および
   . \ : : : : . .(     j     )      /      北極圏ルイバチー半島周辺の割譲を認められたい。
      \: : :: : >ー-‐'=ー-ー<    /
     /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
     : : : : : : : : :``ー- -‐'"´      \
     : : : : . : : . : : .                \



        _, -‐ ' ´ ̄ ̄ ¨ヽ
     , -'´:. :. :. :. :. :. ___」
   /:. :. :. :. _, - ' ´ ,r'´ ゙̄ヽ
  く:. :. :. :, -' __, -‐ '´____|
   ヽ/_, -'´, -ォi'¨´  \ ヽ \
    ,ゝ':. :./  /|lト、   ヽ \ ヽ ',
   \/    |-!|ー\、  \ ト、! i
     l:::: i:: l┬::cr ヽヽ┬crl| l
     l:::: l:: l l:::::::j     l::::j {!|
     ';:::l ト:⊂⊃‐       ‐⊂: !        ━━┓┃┃
      '、:ヽ:| ヽ|      _   ノ l              ┃   ━━━━━━━━
        ヽ lト、     <._.,,'   ≦ 三         ┃               ┃┃┃
         l ト从 ー┐ r‐ゝ'゚       ≦ 三 ゚。 ゚                     ┛
         ヽ| Vィ´ {X}。≧         三 ==-
            /: i_lil__-ァ,          ≧=- 。
          i: : :l:::::ヒj::l」 イレ,、         >三  。゚ ・ ゚
           /ーイ::::::i::::l|   ≦`Vヾ        ヾ ≧
          /  //ヽハ/li   。゚ /。・イハ 、、     `ミ 。 ゚ 。 ・



それはフィンランド第二の都市ヴィープリ(ヴィボルグ)を含む広さ2700平方キロメートルもの土地の割譲と、
首都ヘルシンキにほど近いハンコ岬の租借であった。

事実上、フィンランド産業の重要部分と政治中枢がソ連の影響下に入ることを意味する。





393 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 21:08:50 ID:.0sAZvi20




      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈 ● ノ\   /\● 〉
      ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
.      )    Y    (
     /γ⌒     ⌒ヽ\
.    /  |         |  ヽ     もちろん、タダでとは言わないよ。
.    |   ヽ__人__ノ   |
    \     `ー'´     /     代わりにカレリア地方のソ連領土5500平方キロメートルを
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ       貴国に割譲しようではないか。
    /      ,⊆ニ_ヽ、   |
   /     / r─--⊃、  |      これほど寛大な精神を持つ大国など世界にソ連しかあるまい?
   |  ヽ,.イ   `二ニニうヽ.  |      さぁ、今すぐ受諾し給え。




        \:::;イ '   、       ヽ `ヾ;:;:;:;:;:;:;.ヽ
        /  , :!:i トヽ、 `ヾ.、 __.. :. V  ::::V;:;:;:;: 〉
         , ' .:' .;' :ハトヽ`ヽ`z≦=ァ  ::::l   :::::V /
.        /イ.:i :/::メ、_! \ ´'トtjハ `Y :::l :. :::::::「
        ' l.::|レ'.:イrft!i    ヽゞ‐'   ! ::;' ::::i::::::}         いやいやいやいや!
          Xイ ::ハ ゞ'、         /,:イ  ::::|:::::j         いくら何でも要求がめちゃくちゃすぎます!
           ヾ V!   r=ニヽ     '´}::! .::::;':::/         フィンランドの産業地帯を寄越せなんて、
          `Tト   Y´::::〉   /;イ .:i::/レ'          しかもハンコ岬なんて首都のすぐ近くじゃないか!
               |i \  ゝ-'    '´7 .:::ル            国境地帯の辺鄙なソ連領を貰ったって
              l :::::>、 __.     ! ::/'´ヽ._ ,ヘ__..ィ、     まったく吊り合わないでしょ!
              リ! ::::i::ハ:!  _! /l:/    r-' /-!/`ヽ
.              ', :::l'   「 レ'   !'    _〉、/ _ノ,:,:,:,:,:    受け入れられません!!
                ハ::::!  ,イ!「jト}!\    !_ / 7,:,:,:,:,:,:;:
             ハjzY/ / { iト、  \  ヘ/ Y´,:,:,:,:,:,:,:;:
               r' V/ / {`i´} ハ   〉 ,'´_j,:,:,:,:,:,:,:,:,:;:
              } ハV/ {`i´}  ヾ='   ! r',:,:,:,:,:,:,:,:,:,:;:





394 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 21:09:21 ID:.0sAZvi20




               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /:::\:::/::\.   |   |    ソ連は1938年からこの懸案を解決しようと
   / <①>::::::<①>\  !   !    粘り強く交渉してきた!
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l    しかしその都度、フィンランドの偏狭な対応によって
  |     |!!il|!|!l|      |  /    問題は先送りされ続けてきたのだ!
  \     |ェェェェ|     //
  / __        /       このような事態が続けば、「偶 発 的 事 態」の
  (___)       /       突発は避けられないだろう!!



          ____
    _.. -=ニニニニニニニニニi
. ∠ニ> '"´ _____|__
.〈ニ/_ -=ニニニニニニニニニニニニ!
  >'ニニニニニニ=-────-='
. <ニニニ/´: : : : : : : : : : : : : : `ヽ     ━━┓┃┃
  `¨7´: :/: : : :/:.:∧: : |: : 、:ヽ: : ‘,        ┃   ━━━━━━━━
    {: : : : : : ://  \|\_:`ニ=‐ノ         ┃               ┃┃┃
.   ‘, : i: : : :i (  ):::::::::(  ) jイ                             ┛
.     }从: : : |  ゝ'゚  ̄ ≦ 三 ゚。 ゚
        `ヽ{≧..。≧      三 ==-
        /:::{{ -ァ,        ≧=- 。
      /:::::::::{{ イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
       `7 T〉:≦`Vヾ       ヾ ≧





395 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 21:10:07 ID:.0sAZvi20




         _ _ ,,,  _ __ ,,, __ ,,
.     r;';;'';;´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
       |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::|
     _|,,,,,,,,,,,,,,,,,===============7
    <三三三三二二三三三三三/
      >七''´: : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
    ,': : : : : : : : : : : :l: : : : : : : : : : : '.,
    ,'.: : : : :,'.: : : : : 斗ト',:\: : ‐-、l: :ハ
   {`'; : : : |: : : /: /|:l lヾ ヾ,ヘ: :.、: l: : :|   (偶発的事態って・・・
   |: : :.l: : |: : :/: / |イ '' \ ゙、 ヽヾl: l: :l    戦争以外考えられないじゃないか!
   l: : :.l: : l: : 'ィ/|r ̄ ̄     ' ̄ r: :l: }
.   l: : :l: :.l: : :l: :.| =≡≡  ≡≡l: :l: l    まさかソ連がここまで直接的な脅迫をしてくるなんて・・・
    ∨:.l: :l: : :l: : ',U     `   ,!:/:/
     ?: :l: : ト, :ト',    _   _,ノ/l/     まずい、なんとか回答を先延ばししないと!)
     ?: l: :.l:',:|>-、 r‐、‐ Tl´:/|/
      厂'7.ヾ|,x、_,--、,-ヽ 'レ
      / /.:.::::::.',x_}゙ー介´ x',
      ヽ/.:.::::::::::.',xゝ ' ` xi



      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈 ● ノ\   /\● 〉
      ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
.      )    Y    (
     /γ⌒     ⌒ヽ\
.    /  |         |  ヽ     さあ、パーシキヴィ代表。
.    |   ヽ__人__ノ   |     もう一度よく考えて
    \     `ー'´     /     返事を聞かせてくれ給え。
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、   |      もちろん、受諾以外の言葉は
   /     / r─--⊃、  |      ないだろう。
   |  ヽ,.イ   `二ニニうヽ.  |





396 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 21:10:45 ID:.0sAZvi20




 \  /    |   ||  ト    \          ',
   Y      |   / /l ヽ   | \    \         |
    ′     ,′ / / ! |\ 、  \ ,. -‐ i\―-|   |  |
   |       /  /_/__', 、 \\ へ、  |  ヽ |   |  |
   |    _, / イ/ /―  \ヽ  \\ ィ 二`ヾ=ハ. |  /  |
   |     / ヽ |〆 二、ヽ  \    〃| 0}  }}∧|  /  |     そ、その、モロトフ外務人民委員殿・・・
    !   / /〃 { 0}      \    ヾ  ノリ  / /  |
   i  /  \ヾ           ヽ   ̄三‐'/ / /   ′    領土の変更等、重大な事柄については
   /  \   、ヾ 三 ̄      i〉       / |     ,′    議会の6分の5の賛成が必要でして・・・
     '.   \   \                 u     / /  /
     '.    ` ー一 し    />―く1       イ /  /       こ、今回の提案については本国に
      ヽ     \       !     !   / //  /        持ち帰らせていただきたいのですが!
      \  \ \   u  ヽ、__.ノ  /  /' / /′
        \  \  > ,._       '  |ノ ヽ / /
         \ ┌:/lヽ/ `ヽー   /    Уく
          _\/ノ'"    / }  /    /   \
            ∧_/\    {   /               \__f⌒ヽ
         / r‐' ( >' ,二.rく ―‐、           <⌒ヽ丿  └┐
           | / Y´  イ /トく ̄\\         ___) /n_厂





398 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 21:11:38 ID:.0sAZvi20




            ____
   n      /ノ  ⌒\
   | |    /( ①)  (①)\      投票だと?
  i「|^|^ト、/::::::⌒(__人__)⌒::::: \    全員賛成するに決まっている!!
 |: ::  ! } |    /| | | | |     |
  ヽ  ,イ \  (、`ー―'´,    /
            ̄ ̄ ̄



     ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ ))
   ((〈 ● ノ\   /\ ● 〉
     ヽ彡'  ヽ /    ヾ_ノ
       )    Y    (        まぁ、それぐらいはいいだろう。
    f⌒γ⌒  '  ⌒ヽ⌒ヽ
    { :::::.|          | ::::: }     ただし代表殿、その賛成票には
    ヽ ヽ__人__ノ  ノ     我々二人の票も付け加えておいてくれ給え!
      \ .  `ー'´    /
     . /    ∩ノ ⊃ ヽ      はっはっは!
     (  \ / _ノ |  |      それでは色よい返事を待っているよ!
     ..\ “  /__|  |
       \ /___ /



         _ _ ,,,  _ __ ,,, __ ,,
.     r;';;'';;´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
       |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::|
     _|,,,,,,,,,,,,,,,,,===============7
    <三三三三二二三三三三三/
      >七''´: : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
    ,': : : : : : : : : : : :l: : : : : : : : : : : '.,
    ,'.: : : : :,'.: : : : : 斗ト',:\: : ‐-、l: :ハ
   {`'; : : : |: : : /: /|:l lヾ ヾ,ヘ: :.、: l: : :|
   |: : :.l: : |: : :/: / |イ '' \ ゙、 ヽヾl: l: :l
   l: : :.l: : l: : 'ィ/|r ̄ ̄     ' ̄ r: :l: }
.   l: : :l: :.l: : :l: :.| =≡≡  ≡≡l: :l: l
    ∨:.l: :l: : :l: : ',U     `   ,!:/:/    (最悪だ・・・)
     Ⅵ: :l: : ト, :ト',    _   _,ノ/l/
     Ⅶ: l: :.l:',:|>-、 r‐、‐ Tl´:/|/
      厂'7.ヾ|,x、_,--、,-ヽ 'レ
      / /.:.::::::.',x_}゙ー介´ x',
      ヽ/.:.::::::::::.',xゝ ' ` xi





399 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 21:12:39 ID:.0sAZvi20





パーシキヴィはさんざん脅迫された後、今回の提案をヘルシンキに持ち帰ったのだが・・・



.      __,.....-‐::´     :. :..  :..  ::::::::::::.\⌒`
       `ーァ.::::::::::     :.  :. ::.  :::::::::.\\
.       _,.ィ;.:::::::       :.:. :. ::. :::..:. :. ::..:::::::.\::.、
.       ´ /.:::::: ..:::i:...::..: .: :.:::::.::. ::::::.. ::::.::..::. :::::::::::.:::.
.     /ィ:::::::/:i:::|::|M::::::::|::::::|:.\:\\::::::::::::::::.ヽ{ヽ
.      _.ムァ/.::: :|:::|::| |:::::::l::::::|:::::::.\:\`ゝ::::::::::::::.`
          /イ.:/.:::|:::|::| ヽ:::::|:::::|、:::::ト.::.\:ヽ ::::::::::::::::|
.          jイ:::::::|::ハ:|≧‐\{、::{ーヾ:≦ヽ:.V.::::::::::::::{、|    どうだったパーシキヴィ。
           |:|:l:::l〃{ュ::::}ヽ ヽヽ,イュ::::}㍉:::lヽ:::|::|、| `
          }从∧ ゞ-' }´ ̄`i ゞ:ツ }ヽト|ハ:l、| `     ソ連側は何を言ってきた?
.         {´  ト∧___ノ  '  ヽ ___ノ ムト:{ヽ`
       /`  |  ヽ    r= ュ   ,イ〉' / `ヽ
.     /     l    >..      . ィ1   /     \
     i      ヽ.    ヾ` ‐ ´ 〃  '      {
     {  \       ヽ \   ´       /  ヽ



      , <三三三三三三三三三三三三三三三7/´
    〈 〈三三三三≧.イ"´ ̄   ヽ.    、   i`Y/
     \、三三>7  i        、  '.   } ハ
       ヽ./  i  ハ \ 、     ヽ  '   ! .ハ
       / /   i/ /i ハ.  ヽ \、   ヽ  .   i i i    どうもこうもない!
        ′  i′' j ' \ ヽ丶、\ ┼f ┼ :! :i i    大変だ!非常事態だよ!
       i  i  / /_/_/__ ヽ \ >x≧f斗}  i i i
       l  |i / イノ∠_云ミ、  \、 イ_ぃハ 癶 / l i    ソ連は本気で領土戦争を仕掛けるつもりだ!
       { ハノ´ 小 {_氿゚}      弋__ノ イ i  l l
       V i  \ ヽ 弋ノ          /i !  | !    首相閣下、ここは多少譲歩してでも
         i i   ハ\_     '      ハ i  li .′   ソ連との衝突を回避しないといけない!
         i l   l ヽ  U  '- ’     ィ .ハi //
         l ト、  ハヽ >  _   _. イ/j/川 / ′
         |l  } ./   ヽ>ヽハ`¨´ _⊥` 、 l′
              i/ , v⌒ -‐' {_.  ´     `丶、   _
             ,孑'"´ /_ノ7ー 、       __>'´j、!
           /) /  // ハ 「ヽ }     /fゝイ丁! ハ



    〃  /            |~ゝ〃~ーl ヽ     ヽ  ヽ
   〃  イ           !       ! lヽ 、   ヽ ヽ
 〃   イ /       ,ィ l | !      | | ヽ l     ヽ l
 l|   ///  l    / | 」 」 」      |/ ヽ | 、  、 ヽ |
 l  // ! j  !   l ,イ´l |「 !| 、   ,-ナ=-|、ハ |  |ヽヽ'
   l |  | ||  ト、"l,_l "-ー:ェェヮ;l __ /;;_-ェェ-ニ ゙レr|  | ヽ|. / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    !|  l | ヽ ヽヽ へ',    ̄´.:リ' ̄`lj `'' ̄   r';' ,/  リ | 久々にワロタ
    ヽ ヽ  ト、〈Nl ::ー---‐';:;:'   l\_  _,/l,フ r^ |/  .| こうやってロシアに怯えてたのが
         〃ヽ、|_i"ヽ;:...:::/ ゙'''=-='''´`ヽ ̄ /i ヾ、〃. < 昔のフィンランドなんだよな 昔のフィンランドは
     , - -!|〈\` | ::゙l  ::´~===' '===''` ,il" .|_, ィ |l、_   | 属国根性が染み付いてるから困る
    ヽ、 || ヾ、>{  ::| 、 :: `::=====::" , il   |彡イ|| `ヽ,\________
      | ヾ、  /ト、 :|. ゙l;:        ,i' ,l' ノトr ' ∥ ,  ,ゝ
    ヽ=ィ  ィ , / | \ゝ、゙l;:      ,,/;;,ノ;r'" :| `ー〃 ヽ〈_
      ヽ〈ヽゝ   |   `''-、`'ー--─'";;-'''"   ,|  ノイ〉 ノ`




401 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 21:13:51 ID:.0sAZvi20





                   /´ ̄ヾ、
                        }}
             __,.ヘ     丿
          , '"´/ヽ ヽ/ヽフ ̄|´_
       __/- ´/   ∧//ハ   \/ヘ ̄`ヽ、
      /〃     ハム〃ハ   `  ヽ   ヽ
      Y   /   |~´   ̄|       ハ    }
      /    l: .l: |      | .l    ヽハ  ノ
     /  l .:|ハ:.:.ト、. ! ,.、    l:./|:.: |    |
     ! l :.:.l :.:_|__!:」 ィヾ    ゝ/ 1:.レ:.   l: |      首相閣下!
     ! l:.:.:.l:.:.:| __ヾ¬     ノ__`メLl_ /|ソ      ソ連ごときに譲歩する必要なんてないわ!
     ヽト、:.|:f:l;之i歹` i _i 仍ぇ、 ィ/ノ
      __ムハ  ̄、、、 ソ  p ~´´ ^/ ハ        どうせいつもどおりの口だけ番長でしょ。
    /( {{:.`∧ー-‐_´   , 丶、~_,ノノーノ、
    {  .:ヽ:.:.:.:.\  ヽ `_ー_ァ  ..イ  ´(__ ノ      パーシキヴィ!
    ノ  :.:.:.:.:.:.:.:〉>、 _r∩- 个:.:.:.:.....  ヾ       さっさとクレムリンに戻って
   f( . ..:.:.:.:.r "´  }  r| | |〈  `ヽj:.:.:.:.:.:.リ       やる夫の顔面に唾を吐きかけてやりなさい!
    i/´¨辷ー7´/ /1 !  }\(ノ-‐ァ⌒ヽ
   /      \/ |_ { !   |.〉 ヽ _/O   ヽ
      O   \|__/    /ム/    O  `,
     O      {_ ィァ´/       l  o  |



        /l
     Λ/ 〈 へ、
   ヘ|        ,>
 ∠  /   〉ヽ   ̄\
 / ノ〈 |^^| /\ト、  ト、l
 |/| .ハ|__ |/___ ヽ  ヽ
   l/  |‐|   |―ヽ_|
    |  ̄ c  ̄   6 l     まぁ、外相もこう言ってるし拒否でFA
.   ヽ (____  ,-′
     ヽ ___ /ヽ     さすがにこの程度で戦争なんか仕掛けてこないだろ。
     / \∨/ l ^ヽ
     | |      |  |    パーシキヴィは焦りすぎ。



        _, -‐ ' ´ ̄ ̄ ¨ヽ
     , -'´:. :. :. :. :. :. ___」
   /:. :. :. :. _, - ' ´ ,r'´ ゙̄ヽ
  く:. :. :. :, -' __, -‐ '´____|
   ヽ/_, -'´, -ォi'¨´  \ ヽ \
    ,ゝ':. :./  /|lト、   ヽ \ ヽ ',
   \/    |-!|ー\、  \ ト、! i
     l:::: i:: l┬::cr ヽヽ┬crl| l
     l:::: l:: l l:::::::j     l::::j {!|
     ';:::l ト:⊂⊃‐       ‐⊂: !        ━━┓┃┃
      '、:ヽ:| ヽ|      _   ノ l              ┃   ━━━━━━━━
        ヽ lト、     <._.,,'   ≦ 三         ┃               ┃┃┃
         l ト从 ー┐ r‐ゝ'゚       ≦ 三 ゚。 ゚                     ┛
         ヽ| Vィ´ {X}。≧         三 ==-
            /: i_lil__-ァ,          ≧=- 。
          i: : :l:::::ヒj::l」 イレ,、         >三  。゚ ・ ゚
           /ーイ::::::i::::l|   ≦`Vヾ        ヾ ≧
          /  //ヽハ/li   。゚ /。・イハ 、、     `ミ 。 ゚ 。 ・





402 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 21:14:48 ID:.0sAZvi20




フィンランド政府の無神経ぶりはこの時も発揮された。

彼らはソ連の脅迫はハッタリだと考えて、一切の譲歩を示さず、
パーシキヴィに交渉の余地をまったく与えなかったのである。




  /:/:/. : : // _!:\/ ヽ::::::::::::ヽ: : : ヽ::::::::::::::::::l
∠/ : /. : ! /  (__ノ: /!ヽ ハ.:::::::::::::!: : : : l::::::::::::::::::l
. /: / /!: :/j/// !/ l/l/: : !:::::::::::::l: : : : l:::::::::::::::::::!
/イ: :i レ′/ /      l : : :!:::::::::::::l: : : : !::::::::::::::::::l
 l: ! l  //\       !: :/:!:::::::::::::!: : : :l:::::::::::::::::::!   (ダメだこいつら・・・
、!/!ハ//  __j  r =、∨! :!:::::::::::::!: : : l:::::::::::::::::::!
 ヽ、∧ ̄__r―┐  ゝ=く l/. :l:::::::::::::l: : : l_:::::::::::/    僕がどうにかしないと・・・)
    ̄Y´ 厂:`ヽ_/_/ イ/:/:ト 、:::::::l ̄     ̄
\   ,ゝく::::::::::::::\: : :/:/:/|: : : ヽj




だが、パーシキヴィ本人はどうにかしてソ連との間に妥協を成立させようと考えていた。
たとえ、フィンランドの領土が多少削り取られたとしても・・・





403 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 21:15:38 ID:.0sAZvi20





10月23日、パーシキヴィはモスクワを再訪。やる夫とモロトフを説得した。



         !      ,.  -‐── ────┴ ─‐┐
         ',  ,.  '´                 /
         > ´                    /
      く         . -‐====== ー-く
          \  ,. . :"´: : : : : : : : : : : : : : l: : : : : : :ヽ
         >'´ .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: ./ハ: :.l: :!: : : : : :l
          i: : : .: : . :. {: : : : : : : :./ /ハ: l.: !: : : : : :}
          |: : |: :.|: : : |::.:.:.:.:.:.`メ、 // V: :l: : : l : ;′
          |: : |: :.|: : : |::|: : :∠イ_〃> Vく: :./}:/       やはり先日の提案は我が国にとり
            \|: :.|: : : |:.|: : :`弋夕ソノ` tり:.:/ l/        受け入れがたいものです。
           \|ヽ: :|.:|: : : :.i.:| ̄    ヽjⅣ
             }ヽ仆ヽ: : : :lN   _ _/: :l          フィンランドは、ソ連の敵性勢力に対して
             / ̄ ̄``ヽ、: レ'´ ̄`): : : :l          一切出撃拠点を提供しないことを約束いたします。
            /        V  `ー ユヽ.:.|
        ,ん子こ`ヽ     |     ユ、l./          これでレニングラードの安全は確保されませんか?
       ,ん'´: : : : `ヽヽ   |     l ハ'′



      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \      君、そんな言葉を我々が信用できるかね?
 /  (①)  (①)  \    もしドイツから強要されれば、フィンランドなどの小国に
 |      (__人__)    |    それを拒否するちからなどないだろう。
 \      ` ⌒´   /





404 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 21:16:09 ID:.0sAZvi20





      /三三三三三=-: :´: : : : : : : 、: `: : ー.、三三三三三ヽ
.      (三三三ニ. :'´: : :|: : : : : : : : : : :\: : : : : `: .、三三三ニ)
      ー</: : : : : : {: : 、\:.:. : : : : :丶: : : : : : :.\ニニ/
       /: : : : :/:.:.:.八: : \: \: _: : : : :ヽ:.:. : : l: : : :ヽ/
.       /://: : :.:7:.卞、 ノヽ:.:.{ \:.:\\:.:.:._」≧: :.|: : : : : ',
      /:/: |: : : :.|:.:/ //\_、:ヽ  \:<,ィ<: :| _V: |: :.|: : : :'
       |:ハ: :|: :{: : |:kメテ=ミ \',   ォ夕テハ}^∧:.}: :.|: : :| |
       {ハ: |: :ハ: :.{ヘうんソ}    \  弋ゞ' ノ ′}/:.:/:. : :}:.!
      {! ヾ!:.:.:ヽ:.', `冖´   {  `  `¨^´  /:.:./:.: :.:/:/
         |:.:|:.:ヽ:.、      _       /:/:.:.:..:/:/    できます!
            }:.:!:.:.:.:ト\     V⌒       /イ:.:.:.:.:.: /:/
          |:∧:.:.:.ヽ.     ‘ _ノ        //:.:.:.:.:/:/     フィンランドは誇り高い独立国です!
          レ ヽ:.:.ト、{>..   ー     . イ:/:.:.:.:.;.':, ′
        , - 、  \{ ` }ヘ`ト __ -‐ 7:.:/:./:.:.:.:/レ'       必ずや中立を守りぬきます!
         /二、_≧ー―‐ ´ ̄ \    {:./|ノ|:,イ/ ′
      /    )_ヽ        \r‐'⌒\_'__
    /       )__ヽ     / ̄ ̄)又\`< )__
   /'          _〕ヘ   / r' ̄ 7イヘ \\ \ )_
 / /            (_ }  \ヽ ノ /|ミ}!  ヽ}  ハア∧



     ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ ))
   ((〈 ● ノ\   /\ ● 〉
     ヽ彡'  ヽ /    ヾ_ノ
       )    Y    (
    f⌒γ⌒  '  ⌒ヽ⌒ヽ
    { :::::.|          | ::::: }   はっはっは!
    ヽ ヽ__人__ノ  ノ
      \ .  `ー'´    /    なんとも口先だけは達者なお人だ!
     . /    ∩ノ ⊃ ヽ
     (  \ / _ノ |  |    さて、あなた方はどれだけ強力な軍隊をお持ちかな?
     ..\ “  /__|  |
       \ /___ /    ポーランドは一ヶ月と経たぬうちに降伏したがね。





405 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 21:16:29 ID:.0sAZvi20




【補足】


     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !    やる夫の信条として、
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||    「小国は大国の庇護なくして独立を維持できない」
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l     と考えていました。
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|
       l \     _    ,/ |     他でもないフィンランドがそれを証明してきたのです。
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!





406 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 21:16:49 ID:.0sAZvi20




          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_     フィランドは独立間もない頃、
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\   ドイツ人君主を招き入れてドイツの庇護を
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ    得ようとしたのです。
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/    この時、フィンランド外務省はドイツに対して
         | |{i t    _     / |    売国的とも言えるような譲歩を示しました。
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |    この話はドイツの敗戦と共に立ち消えましたが、
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ   フィンランドはその後もナチス政権へ接近し
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |    ドイツの潜水艦などがフィンランドを訪問していたのです。
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |



l l   :|  .:::ハ ::l::. .  |l,:.l::.      ::l|: ll:::   :/ l l'  l'  .:l .l
.l l:. . :|, :::l l :::ll,:.:::.. | l::ll::. ::   .:::/l/l:::: .:: .::/ l l:  ./: .:::/:/
..l::l:. :::. :;ll :::l ヽ::l_ヽ,,___l_ llヽ::..:::. .:::://_/;;;:.‐-/、_//::.:.ィ::.:::://
 l::l、.:.;:. :|l -+"´、l ヽ、: l`|l ヽ::::;:..::::/'"/:::::::;::/  //:://::::://
  l:lヽ::l、::l l :::l   ヽ ヾl、l, ` ヾl`l::/ //'l/   // /::/ ヘ
  l ,l`ヾ、ヾ、ヽl       `    "  '´     '´ // l, ィ'l´
.  ll lll,lヽ:::ヘ` ,,,,____;;;;;==       ==;;;;;;___,,_  /::' lゥエ'
  l゛=l  ::::ヽ   ̄"""´           ``` ̄ /l:::: l‐'´     まぁ、確かに、今更他国に土地を貸しません、
  l l'  ::::::;ヘ                    / ,,l:::: |
  l l  ::::::;ハ丶         l         /, '' l:::: l      なんて言われても信用出来ないわよね。
  l ,l' :::::::l',-‐ヽ           __         /‐‐ 、l:::: l
  l l' :::::::l'.....  :ヽ .      ´ `      _/:゛`ー 、l:::. l      ソ連から守ってもらう為にドイツ軍を受け入れる可能性もあるし、
  l/ .:::::/:::::::. ::::::::` 、.    ''     , -'":::::::::' .:::.ll,::: l、
 /l' .:::::/l::::::::::. ::::::::::::::::::` ,,、.   _, ィ"::::::::::::::::' .::::::l l,:: ll' 、    実際あとでそうなってるのだわ。
././ .::::::/ :|::::::::::. ::::::::::::::::::ヽ. /l'A"l`┴;:::::::::::::::.` :::::l' l;::. l ヽ
'./ .::/:/l  l:::::::::::  '..:::::::::::::::lヘ::ヽ>l::::/:::::::::::::::::.` :::::::l  ハ::: l  \





407 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 21:18:00 ID:.0sAZvi20




            ,.:-=;1―;1―;1―;1,=-;:、
            ミ             ゙ミ
.              ミ      ★      ゙ミ
           /ミ             ゙ミ \
          《  ミ;========゙ミ } 》
.             》/ / / :/ : : : : : : : : : \ ∨《
.            /// : :/ :/ : : : /:/ |: : : : : ∨^:|     フィンランド政府はソ連をハリボテと見做していましたが、
           l∨ : : l :/: : :// / :八 : : : l: l : :|     実際はソ連の方がフィンランドをハリボテと見ていました。
           | :| : : :|/ :/ //:/ :/  ヽ: : | ハ: :|
           | :| : : :|≧x、/イ//,.ィ≦ハ ノ : l: :|     フィンランドがどれだけ虚勢を張ろうと、
           } :|八 :代uzノ    弋uzノ仏イノ: :|     他国の強要があった時に跳ね除ける力があると
.           ′:} 仆⊂⊃     ⊂⊃イ 八 : :|     ソ連を信用させることもできず、そういったソ連の不信感に
.        /: : / 八 >  ~~~ .イ}{ : : : |     気づくことも気づこうともしませんでした。
.        /: : 〈 // ̄》 》≫=≪《 《V ∧: : :
.        / : : : : {   》《_》《_》《 〈 /  、: :丶        結果、ヒトラーによる大激動の時代を迎えた欧州において、
       /: : : : : : }   《_/八_》      }: : : :\       これ以上レニングラード北方に「頼りない不安定な小国」を
     /: : : : : : :/    ∨{><}{    {: : : : : : :\     放置しておくことはできないとソ連は決断したのです。
    / : : : : : : /人,___人}><}人__人\ : : : : : :ヽ
   《 : : : : : : // { ̄/∨`¨¨¨´∨\ ̄} \\ : : : : : \
  《 : : : : :/ 《(   } {_人    人_} {  )》 \ : : : : :》
   》: : :/   》)  人人_))   ((_人ノ (《    \: : :《
  《 :/    《(    \        /    )》      \ 》
   `\\    ≫x、    \__/   ,x≪     //


【補足おわり】





408 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 21:19:06 ID:.0sAZvi20




 /::::::::::::::::::::::::::::/::::\:::::|::::::ヽ:::::::::::::::::\::::::::-──
_,,- -ィ::::::::::::::::::::/::::::::::i:::V::::::::::::>:::::::::::::::::: \:::::\
 /::::::::::::::::::::/::::::: : :|:::::V/ ̄ V:::::::::::::::::::::::\::::ヽ
/::::::ィ:::::::::::::::{:::::::::::::::i: | ̄     V::ト:::::::::::ハヽ;;::ゞ:::ヘ
:::/:::::::::::::::::::|::::::::::::::ハ:|        |::i \:::::::}:::::ト-;;::::ハ
/:::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::| リ───''  i:リ ニ彡:::iト、;ヽ \::i
:::::::::::::::::::::::::::::|::::::: :: |_,,,-===ヽ/ _||=__メ:| ||   ヾ
::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::-::|>'' ̄=.ィ-  ||=||{t..:jア ||
::::::::::::::::::::::::::::i>\:: |||マハ廴ソ  ..川 ハ ̄ iノノ       僕らがどこの国の外交使節を招こうが
:::::::::::::::::::::::r-、}''´ \||  ̄    //  ノ ` ̄ |´        ソ連には関係ないじゃないか。
::::/i:::::::::::::::| /ヽ    ヾ==─''´´      /
:/ |::;;::::::::::ヽ  >        `ー -  /          そもそもソ連メディアは騒ぎ過ぎなんだよ。
  レハ:::::/i::::::≧::-:、          /           ドイツ軍の関係者や潜水艦が訪問しただけで
     レ'  ̄ ̄ ̄Yi      ____./ _           ドイツとフィンランドが反ソ陰謀を企ててるとか
     _...-:::'´ ̄ ̄`:-..、    |ー- ∧ }、_        報道してさ。
    i: : : : : : : : : : : : : : : : `::-.┴..、: /: :}: :}: : : ヽ
   /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : ヽ /::/: : : : ∧



フィンランド政府は猜疑心を過度に募らせるソ連指導部の心理を見抜くことも理解することもできなかった。



  /:/:/. : : // _!:\/ ヽ::::::::::::ヽ: : : ヽ::::::::::::::::::l
∠/ : /. : ! /  (__ノ: /!ヽ ハ.:::::::::::::!: : : : l::::::::::::::::::l
. /: / /!: :/j/// !/ l/l/: : !:::::::::::::l: : : : l:::::::::::::::::::!
/イ: :i レ′/ /      l : : :!:::::::::::::l: : : : !::::::::::::::::::l    だから分かってよ・・・
 l: ! l  //\       !: :/:!:::::::::::::!: : : :l:::::::::::::::::::!
、!/!ハ//  __j  r =、∨! :!:::::::::::::!: : : l:::::::::::::::::::!    本当にフィンランドは、ソ連の脅威に
 ヽ、∧ ̄__r―┐  ゝ=く l/. :l:::::::::::::l: : : l_:::::::::::/    なるはずがないんだって。
    ̄Y´ 厂:`ヽ_/_/ イ/:/:ト 、:::::::l ̄     ̄
\   ,ゝく::::::::::::::\: : :/:/:/|: : : ヽj



そしてソ連に対して攻撃の意図を持つ国に国土を利用させはしないと説明したとしても、
いざというときにその種の脅威を退ける軍事力があるかと確信させることもできなかった。

結局、両国の相互不理解と猜疑心によって、外交的解決の可能性は浪費しつくされたのである・・・





409 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 21:19:49 ID:.0sAZvi20




しかし、11月に入ってパーシキヴィの示した妥協案にやる夫が興味を示した。
これこそが、外交的解決の最後の可能性であった。



       _,  ---  .,_
     r'::::   :::::::::::::::´ ー 、
     |:::::   :::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     l; -_―_‐_-- 、:::::::::::::::::/
  ,.:::' ̄:::::::::::::::::¨丶‐-、-、:/
  ヽr ' 下i ̄´¨'ー-、:::::::`ー'-、
   //  l| | \ _ヽ l ̄ ヽ:/
  l l   _lノ、ト-ゝ=、l|  l |      (うう・・・やっぱりだめか・・・)
  l | |/ r‐, \└:イ l/! l l|
  ヽト ヘ. Tj    ヽ〉// ,./      わかりました、なんとか譲歩できるよう本国政府を説得してみます。
   ヽヽ',   ___  ,イ /|
       l ト 二二 .ィ| /レl       ただ、首都にほど近いハンコ岬の租借だけは無理です!
       | l| レヘ|/|_/|'´ \       代わりにいくつか他の島の貸与でどうにかなりませんか?
       }/ , ィ´ォi  l , -‐'\
       l/〈/|l」  /    \
       / //|  ./       l ヽ
       〈__/X l   /    /    l 〉
      / l×l--イ    __, ィ´ ̄
      \_l| |  l__ イ´  |



       ___
     /   ヽ、_ \
    /(① ) (① ) \      ふむ・・・まぁ我々も鬼ではない。
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \
  |  l^l^lnー'´       |    検討しておこうではないか。
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /





410 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 21:20:16 ID:.0sAZvi20




   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈● ノ\   /\ ●〉
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
    )    Y    (
   /γ⌒     ⌒ヽ\     ただし、肝に命じておきたまえ。
  /  |         |  ヽ    これ以上、我々文官による交渉が長引くようなら、
  |   ヽ__人__ノ   |    今後は軍人たちの出番となるだろう。
  \     `ー'´     /



 \  /    |   ||  ト    \          ',
   Y      |   / /l ヽ   | \    \         |
    ′     ,′ / / ! |\ 、  \ ,. -‐ i\―-|   |  |
   |       /  /_/__', 、 \\ へ、  |  ヽ |   |  |
   |    _, / イ/ /―  \ヽ  \\ ィ 二`ヾ=ハ. |  /  |
   |     / ヽ |〆 二、ヽ  \    〃| 0}  }}∧|  /  |
    !   / /〃 { 0}      \    ヾ  ノリ  / /  |
   i  /  \ヾ           ヽ   ̄三‐'/ / /   ′
   /  \   、ヾ 三 ̄      i〉       / |     ,′
     '.   \   \                 u     / /  /      は、はは・・・・・っ
     '.    ` ー一 し    />―く1       イ /  /
      ヽ     \       !     !   / //  /       (ヤバイ!まじでヤバイ!)
      \  \ \   u  ヽ、__.ノ  /  /' / /′
        \  \  > ,._       '  |ノ ヽ / /
         \ ┌:/lヽ/ `ヽー   /    Уく
          _\/ノ'"    / }  /    /   \
            ∧_/\    {   /               \__f⌒ヽ
         / r‐' ( >' ,二.rく ―‐、           <⌒ヽ丿  └┐
           | / Y´  イ /トく ̄\\         ___) /n_厂





411 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 21:20:51 ID:.0sAZvi20




が、結局最後の望みは絶たれることとなる。

フィンランド政府がパーシキヴィの譲歩案を却下したのだ。
そして11月9日、ついに交渉は決裂した。



    / ,ィ´-イ{ ,、 }ヽ`  ̄ヽ、 `  ヽ
   {i  ゝ、ヽ, -/ |ミⅦム   ヽ ヽ\ 小、
   ヽヽ ..{ `マ  ,’|`~´ }.| i.  }、 } } . \
    ` ̄7 , i| i   ,リi.i-┼‐i-’ヌ= _ .}
      /, ,{  iハ、_   //’_」」、} ̄、 }/-、    ソ連に譲歩とか
      ,’,イ i|ヽ / ‐ 、_ ゝ.'´ ̄ .ノ  }〉'、ヽ
     { iハ i{ゝ、ー-ィ'¨ リ ,  `ー''´、 ,i-' i}     却下に決まってんじゃんアゼルバイジャン。
      ヾ ヽゝ{少 _/ `_ -,   ゝニィ 〃
         {i/{. ヽ._ ` ´   .ィ {/.、      お前いままで何きいてたんだよ。
          ヽ、{   ヽ¨ 匕   ` .V } /
         、_ノ/  }.ヒ'  .|    ,, -ヽ、
     _   ̄ { {  イ’ ̄ / 才´∠ ̄ ヽ
     {::::ー ̄ ̄≧-ゝ{ヽ /// /´



  __,冖__ ,、  __冖__   / //          \:::;イ '   、       ヽ `ヾ;:;:;:;:;:;:;.ヽ
 `,-. -、'ヽ' └ァ --'、 〔/ /           /  , :!:i トヽ、 `ヾ.、 __.. :. V  ::::V;:;:;:;: 〉
 ヽ_'_ノ)_ノ    `r=_ノ    /             , ' .:' .;' :ハトヽ`ヽ`z≦=ァ  ::::l   :::::V /
  __,冖__ ,、   ,へ    /  ,ィ          /イ.:i :/::メ、_! \ ´'トtjハ `Y :::l :. :::::::「
 `,-. -、'ヽ'   く <´   7_//         ' l.::|レ'.:イrft!i    ヽゞ‐'   ! ::;' ::::i::::::}
 ヽ_'_ノ)_ノ    \>     /           Xイ ::ハ ゞ'、         /,:イ  ::::|:::::j
   n     「 |      /             ヾ V!   r=ニヽ     '´}::! .::::;':::/
   ll     || .,ヘ   /               `T   l    |    l::! .::: ':::;l
   ll     ヽ二ノ__  {               |l.   |  _. |    l::!  .::,'::/
   l|         _| ゙っ  ̄フ            ト   Y´:::::〉   /;イ :i::/レ'
   |l        (,・_,゙>  /                |i \  ゝ-'    '´7 .:::ル
   ll     __,冖__ ,、  >                l :::::>、 __.     ! ::/'´ヽ._ ,ヘ__..ィ、
   l|     `,-. -、'ヽ'  \               リ! ::::i::ハ:!  _! /l:/    r-' /-!/`ヽ
   |l     ヽ_'_ノ)_ノ   トー .              ', :::l'   「 レ'   !'    _〉、/ _ノ,:,:,:,:,:
   ll     __,冖__ ,、 |                   ハ::::!  ,イ!「jト}!\    !_ / 7,:,:,:,:,:,:;:
   ll     `,-. -、'ヽ' iヾ               ハjzY/ / { iト、  \  ヘ/ Y´,:,:,:,:,:,:,:;:
   |l     ヽ_'_ノ)_ノ  {                  r' V/ / {`i´} ハ   〉 ,'´_j,:,:,:,:,:,:,:,:,:;:
. n. n. n        l                    } ハV/ {`i´}  ヾ='   ! r',:,:,:,:,:,:,:,:,:,:;:
  |!  |!  |!         l
  o  o  o      ,へ l




412 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 21:21:35 ID:.0sAZvi20




こうして、平和のための最後の努力が、失敗に終わったのだった・・・


         !      ,.  -‐── ────┴ ─‐┐
         ',  ,.  '´                 /
         > ´                    /
      く         . -‐====== ー-く
          \  ,. . :"´: : : : : : : : : : : : : : l: : : : : : :ヽ
         >'´ .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: ./ハ: :.l: :!: : : : : :l
          i: : : .: : . :. {: : : : : : : :./ii|l|ハ: l.: !: : : : : :}
          |: : |: :.|: : : |::.:.:.:.:.:.`メ_.|=l||/Vl :l: : : l : ;′
          |: : |: :.|: : : |::|: : :∠イ. |.ソ/ /Vく: :./}:/
            \|: :.|: : : |:.|: : : : : | | / /l||、: :/        なんて愚かなことを・・・!
           \|ヽ: :|.:|: : : :.i.:|.. ´ ヾ/ ,l:/
             }ヽ仆ヽ: : : :lN    /: :l         これで戦争になる!
             / ̄ ̄``ヽ、::|      |: : : :l
            /        |     ノ ヽ.:.|         フィンランドは終わりだ!!
        ,ん子こ`ヽ    | ̄ ̄ ̄ ̄|、l./
       ,ん'´: : : : `ヽヽ   |。     l ハ'



    ./: :://   : : : : : :/へ: /::::::i: : : : : : : : : '.: : i
   / / ./ : : : : i: :__/_ ̄ ¨´ ̄¨|:__: : : | : : : : :}: |
   /イ  /: : :i: : : :才: : :/      ̄| ̄`ヽi!: : i: : :|: |
  ´  /: : : :|: : :::/|: : :/        |: : : :/|: ヽ!: : :|: |
.    .': : : : :|: : / !: :/ _    _  |: : :/ :|: :/: : : |: |
    i: : : : :::|: /! _|:/__ヽ__ ´__!: :/  |:ハ: : ノ:ハ    大丈夫よぉ。
     |: : ∧: |/{ | ´ ̄ ̄` ! ̄|.  ̄T:/`ヾ、!: : : /ハ : :|
    |: />´`V'!.\/\ _ノ __丶_.ヽ./\/ |! :,へ } : :|    どうせソ連はすぐに引っ込むわぁ。
    レ'∧ I} I} N.  ̄ ̄/ ̄: : : : :`.ー― 'イく_.ノ≦
     く ヘ_.,斗};>、.  {: : : : : : : : : :}/`!t―!´ ̄::¨Y
      >: : i: i.!: :/`>ゝ  ._ , イ :ム|: : |: : : : : :|
     _.>:ノ:_i.!_/‐く,イ }`  {_ / ::  ヽ: : : : ゝ: :}.
    `ー-イ:/ f⌒{! {ィ' `´`¨⌒ト-=ヾ イヽ、__ N
          レ 弋 く:> }! : ̄ ̄: : : :!  ̄ {
           マ二ノ` : : ` ´ : i、__ノ



        /l
     Λ/ 〈 へ、
   ヘ|        ,>
 ∠  /   〉ヽ   ̄\
 / ノ〈 |^^| /\ト、  ト、l
 |/| .ハ|__ |/___ ヽ  ヽ    ほんとパーシキヴィは心配性だな。
   l/  |‐|   |―ヽ_|
    |  ̄ c  ̄   6 l     今までだって大丈夫だったじゃないか。
.   ヽ (____  ,-′
     ヽ ___ /ヽ     今回も戦争にはならないって。
     / \∨/ l ^ヽ
     | |      |  |



しかし、それでもフィンランド政府は戦争の可能性について真剣に考慮していなかった。
これから同国を、未曾有の危機が襲うとも知らず・・・





413 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 21:22:20 ID:.0sAZvi20




そして、やる夫たちにとってこの結果は何も意外ではなく、かつ残念でもなかった。
彼らの外交原理は結局のところ軍事力であり、戦争の勝敗こそが問題だったからである。



   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈● ノ\   /\ ●〉
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
    )    Y    (
   /γ⌒     ⌒ヽ\
  /  |         |  ヽ      やる夫、フィンランドが要求を拒絶したよ。
  |   ヽ__人__ノ   |      これで我々の「外交努力」は終わった。
  \     `ー'´     /



       ____
     /⌒  ー、\
   /( ①)  (①)\      なんともまぁ、勇ましく健気な小国ではないか。
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\     ヴェーチャ、あの男を呼べ。
  |     |r┬-/ '    |    フィンランド「解放」作戦にとりかかるぞ。
  \      `ー'´     /



1939年11月中旬、やる夫はフィンランドに対する大攻勢計画を承認、戦争による解決を選ぶ・・・





414 :名無しのやる夫だお:2014/09/16(火) 21:23:13 ID:stx4nlHU0



ああ、これで泥沼確定だな…w


415 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 21:23:32 ID:.0sAZvi20




                  {          / |     | |
                 ヽv  ヽ   /  ハ     , .λ
             ,.,.=i^ヽ.  ',  '  .人 ヽ. / /} ト、
            {/ ゝ.ハ     /  ` 、 ./ /ィノ !!
               ゙  ,. コ┴‐-、  ´,、_`__ / ̄`i "
               レへ、 ./ニl=´ ‐┴〈__ ,. -'^ヽ          くっくっく・・・
               /    `゙<´ ̄ ̄ ̄フ     \
            , '        ゙ ==="  ',     .〉        カヤンデル、エルッコ、愚かな連中・・・!
            r' /                 ハ   l ヽ.
            / ´__     /         ハ  ̄    \     ソ連に楯突いて生き残れると思ってるの・・・?
     __ __,.,/´   ,.、r―‐'´|            ヾ‐^ヽ、    \
   _//´     ,.ィ´    /    ,. -―r'⌒Y´`ヽニ、 | ヽ    ヽ       そしてマンネルヘイム!
 ,/ /      ´ /      ノ ―/    ヽ-ヘ    ).!         ハ、
 ゙} |!       ,'     〉   ,へ    /   ヽ  /`\      ハ `>    内戦の時の恨みは忘れないわ!
 / |!       !     /     \ ./     ゝノ   \      ', ',
 7 .|!       /    ./       `´                \      } |    同志やる夫のお力があれば、貴様などイチコロ!





416 : ◆J7qCZtZxmc:2014/09/16(火) 21:24:21 ID:.0sAZvi20





              /: : :\ヽ、: . :`丶、: : . \( /   _ハ__
             /: : / : :/`丶、 、: . : . `丶: :辷!-‐-<__仁vヽ
             /: : ´: /     `丶 、:`ヽヽ_ム-‐〈 ヘコ〉人
            ,゙: . :l : . /   ノ(     `丶ミ、(∧  ヽ二ノ |〔
     ,-、     l: : :l,、≠ ‐‐ - ⌒         _,, ..ム∧    |ノV     ,-,      積年の恨み今こそ晴らすべし!!
.     l´li        !: : :|/  、ァぅ-`、ヾ      '~,r¬く \ヘ__ノl」ノ      |、,i
.     lー'!      ゙,:l :.{  _メ_ノrッc}`      '{_ノッ゙vド くこヒ/       i l      フィンランドの白衛軍どもが!!
     l  |       ヾ :.!  ヽ辷ン   ,     ヽこ:シ´  !:〃        l |
     |  |      f⌒ハ   ~  ̄´       ` ̄ `   ハ⌒i      _ | | _    この私を祖国から追い出したことを
    _l  L_. __   / (.. ',       | ̄ ̄`、         ,゙..) \   _/ ヽ !´ i_
   / '|  / ヽi ヽ ! \t‐',       |ーー--|      た ノ }}  / ',  | ,|  |`〉  心の底から後悔させてやるかしら!!
 r‐'i  |  |   |  | . ヾ;、_マ ヽ     `―-'´      メ、__ ノ'  |  |  ! `  l |
 |  !   ' !   !  l、 r‐''"´ ̄ ̄`ヽ、          .イ´; ̄ ̄ ̄`ヽ!   '       '  !
 ! ,!            | |: 〕. . . . . : ;;;;;;;;〉|> 、 _,. ‐''|´〈;;;;;;;;; . . .   〔 .}|           |
 | ヽ           |〈_‐ニニニヱヽ/_ノ/={ :::: }=\ズ;;r;;;:二二`_ヽ_〈|        /
. \          |/ ̄フ;;;;;_∠二イ_::::;:イ ̄l\::: \\_;;;;;;;;;;;;、‐''"ヽ!         /
.   \       /   √´    ;;;;;|゙/:::| O |:::ハ、:::/;;; ̄`"' ゞ、    ヽ       /

           フィンランド人共産主義者 オットー・クーシネン




欧州中央において世界大戦が演じられていた頃、北方の片隅の小さな小国において、巨大な戦争が始まろうとしていた・・・







【第五十一話 獅子の分け前 北方危機 終わり】
                                           第五十二話 フィンランド冬戦争 に続く・・・












関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加




[ 74893 ]

フィンランドェ・・・
冬戦争での無双ぶりが目立つけど、外交面では本当にダメだったのか
だからこそ冬戦争と継続戦争で痛い目を見た後に、ソ連より中立という外交バランス重視な政策に戦後移り変わったのね
[ 2014/09/17 04:59 ] [ 編集 ]

[ 74894 ]

ああ、小国の悲哀
[ 2014/09/17 07:22 ] [ 編集 ]

[ 74895 ]

ムーミン(主食:ケワタガモ)の奮戦がはじまるよー!
しかし交渉ルートが全部ぶっちぎれていると本当にやばいのね。
そしていま、交渉ルートを自ら断ち切った国が我が国の隣にいるんだが(ため息)
[ 2014/09/17 08:22 ] [ 編集 ]

[ 74896 ]

>人間こそが最高の資産だ。

おお、どうしすたーりんは、じあいにみちているなあ(棒読)
[ 2014/09/17 08:39 ] [ 編集 ]

[ 74897 ]

???「待たせたな」
[ 2014/09/17 08:52 ] [ 編集 ]

[ 74898 ]

>冬戦争での無双ぶりが目立つ
奮戦はしたけど、結局は人口配分が狂うほどの損害が生じ
領土も取られてるから、外交的には大失敗の戦争だったんだよ。

シモ・ヘイヘの名が広まるにつれ、フィンランドがいかに凄かったかと
拡大解釈されてるけど、紛うことなき敗戦だし。
[ 2014/09/17 09:39 ] [ 編集 ]

[ 74899 ]

>74898
敗戦かなあ?
本文にも語られていたけどエストニア・ラトビア・リトアニアは国ごと無くなったのに対して、独立を保てただけでも大勝利じゃない?
戦争をやったことが外交的敗北と言えるかもしれないが、あのときやる夫はフィンランド併合する気満々だったし、外交で一時的に譲歩されても後でもっときっつい条件出されてアボンじゃないかな。
[ 2014/09/17 09:51 ] [ 編集 ]

[ 74900 ]

冬戦争は完結してる他シリーズがあるし、
動画ではフィンランド戦記があるから、ここでどう書かれるが楽しみ

フィンランド戦記は抜きでた名作だから、またことない人はマジお薦め
[ 2014/09/17 10:19 ] [ 編集 ]

[ 74901 ]

>>74898
ポーランドも国ごと消滅してるし、敗戦とはいえ講和に持ち込めただけでも、国家規模を考えれば万々歳だよ。

当初のソ連要求を受け入れてたら、>>74899が言ってるように後々全部取られるコースになる。この辺はバルト三国と似たような展開になるだろうね。

また持久策によって外交情勢の変化を引き出せたのも大きい。というか、それしか策はなかったけど。
[ 2014/09/17 11:22 ] [ 編集 ]

[ 74902 ]

時代は違うけど、フィンランド戦記同作者のローマの鍵もマジお薦め
[ 2014/09/17 11:26 ] [ 編集 ]

[ 74903 ]

待ってました!やはり面白い
こう見るとスターリンはヒトラー以上の外交家に映るな
とは言え、広大な領土が生む強大な国力があるからこそ強気で有利な外交が出来るのかも知れないけど
[ 2014/09/17 11:49 ] [ 編集 ]

[ 74905 ]

このときのソ連側の外交姿勢は、日本で言うと、京阪神地方くれ、かわりに、サハリンやるから、あ、あと、三浦半島租借させろという感じなので、フィンランドからすると、とてもとても呑める内容ではない。
強硬論になるというのもわからんでもない。

あと、これ呑んだ場合、タダですむかというと、そうでもなく、当然要求はエスカレートするので、打って出るはやむをえないところがある。ハンコ半島租借したら当然そこは軍港、陸軍基地になるわけで、ヘルシンキからバルト海へ出る路が遮断され、砲艦外交が始まるからなあ。

国の存亡にかかわる防衛戦争だから、好きか嫌いかという問題じゃないという話でもあるが。
まあ、どの道、ソ連と話し合いができるほど国力がないので、降伏か戦争かで、戦争を選んだということだと思う。

防衛力は、戦争を抑止するという話だけど。
[ 2014/09/17 16:00 ] [ 編集 ]

[ 74906 ]

作者さん、管理人さん、乙です。
ノモンハンとポーランド戦が密接に関連してるなんて知らなかったので非常に勉強になります。

あとフィンランドも確固たる意志をもって戦争に挑んだのでなく、結構gdgdでなし崩し的に
戦争になってしまったのね。

しかしポーランドは悲しいなあ。独ソの歴史的キチ○イに蹂躙され、英仏からは見捨てられ
これが人間だったら、間違い無く自殺するレベル。

しかもポーランドの悲劇はこれが序章で、これからが本番の始まり。

ネタバレになるけど、ワルシャワ蜂起は涙無しには読めないだろうなあ。
[ 2014/09/17 16:17 ] [ 編集 ]

[ 74907 ]

「かかってこい!相手になってやる!」
[ 2014/09/17 16:37 ] [ 編集 ]

[ 74909 ]

もうすでにやる夫の目が完全に逝っちゃっているのがまた・・・
[ 2014/09/17 17:28 ] [ 編集 ]

[ 74911 ]

そろそろクリムの一世一代の見せ場だな。
[ 2014/09/17 18:42 ] [ 編集 ]

[ 74914 ]

序盤に顔見せだけしてたジューコフ新城さんが台頭してきたか…
ワシレフスキー、チュイコフといった赤軍の新世代組もそろそろ出てくるな

しかしあれだけ無差別に殺しまくってそれでも有能な人材がまだいるってのがすげえわ
[ 2014/09/17 20:01 ] [ 編集 ]

[ 74918 ]


74905>>
そう思う、フィンランドがこれを呑んでいたらバルト三国と全く同じ運命を辿っただろう。

ただ、フィンランドは、バルト三国(最多のリトアニアでも2,575千人)よりは人口は上、自然環境がポーランド、バルト三国よりも厳しく防衛には優位。人口面では1/10以下だが、ポーランドとは違い、隣接するノルウェー、スウェーデン(領土紛争はあったがスウェーデン側に不満が残っているが調停でどうにか解決)は好意的中立で、米英仏からの補給線が確保できている。

74898>>
フィンランド側の戦争目的が領土の保全と見た場合は確かに敗北だけど・・・

人的被害は大きいが、独ソポーランド、バルト三国のように、この後に起こる戦争と平行して行われた大きなジェノサイドが少なかっただけで相当マシな部類なんでは?
[ 2014/09/17 22:00 ] [ 編集 ]

[ 74919 ]

>>74898
「小国フィンランドの精強な国民と人間離れした偉大な英雄たちによって、
 大粛清で骨抜きにされた張りぼてソ連軍はぼこぼこにされました。
 最後は物量に呑み込まれましたが、独立は維持できたんだからも勝ったも同然です」

みたいな極端な捉え方をしてしまう人も中にはいるわけで、
そこにはまらないように「フィンランドの敗戦」ときっちり言っておくのは確かに大事だと思う。

……そう言えば、欧州の大国在住のAさんの判断にも影響あったんだったか


もっとも、結局の所、完全併合コースを避けようと思ったら戦争参加は必至だし、
国がなくなるよりましじゃないの? という意見にも概ね同意できる。
これについては、自分も所詮、第三者だし、人的被害の大きさに実感がわきにくい。
[ 2014/09/17 22:28 ] [ 編集 ]

[ 74922 ]

今は穏便にあしらってても、最終的にはフィンランド全部よこせ!って話になるに違いないからな
ある程度以上の国力を削られたらあとは衰弱死を待つだけも同然になるし、フィンランドは元々HP少ないから誤魔化せるのもたかが知れてる
結局はなんとか突っ張りまくって、潮目が変わるまで持ちこたえるしかない

・・・が、外交に無頓着すぎてそうなったってのは話が別
最終的に独立だけは守れたってのも結果論になっちゃう
[ 2014/09/17 23:44 ] [ 編集 ]

[ 74923 ]

ポーランドの場合この後は
カティンの森事件が起こるわであまりにも悲劇的過ぎるな…
米74907
パパパパパウワードドン!!
www.youtube.com/watch?v=pYwCAaerxDA
[ 2014/09/17 23:59 ] [ 編集 ]

[ 74924 ]

何だかんだで、軍民合わせても日本は「たった」300万人しか死んでないんだから、運が良かったよな。
他の国は、全人口の2割、3割が平気で吹っ飛んでたりするし。
[ 2014/09/18 00:11 ] [ 編集 ]

[ 74925 ]

疑問に思うんだけど、どうして日本軍は泥沼の日中戦争を戦っているときに、わざわざ精鋭を満洲に集めてまでソ連との戦争を拡大させようとしたんだ?
[ 2014/09/18 00:42 ] [ 編集 ]

[ 74926 ]

>>74925
難しい話抜きにすると日本は当時反共の国なので
ソ連に対しても敵視していたからが大体の理由。
[ 2014/09/18 01:23 ] [ 編集 ]

[ 74929 ]  

白い悪魔、モシンナガン(スコープ無し)で武装した殺人ムーミン無双の時間がやってまいりました。
[ 2014/09/18 03:22 ] [ 編集 ]

[ 74930 ]

オットークシネで〆か

本スレに書かれていないがこの領土交換提案は最新の大砲の射程がレニングラードに届くから、その射程分領土を明け渡せ。であって大砲の性能向上分永遠に譲渡を要求される基地外提案だったことを知るべき。

国体を維持し、主権喪失せず独立国家として終戦まで存在した国家が敗戦国家であったら国体解体し主権喪失し領土を分断された国家はいったいなんだ?
[ 2014/09/18 07:41 ] [ 編集 ]

[ 74931 ]

米74925
目的が満州の保全と考えると直接脅威との国境は遠い方が良いから
ただしこれは関東軍の都合であって日本国の利益や国際展望とは一切無関係な事に注意
関東軍的にはソ連国境からの野砲の射程内に主要都市や軍事拠点が入らなければそれで良かったみたい
…日本陸軍はつくづく自分の所要だけで戦争をしていたのが良く判るエピソードではあるかと
[ 2014/09/18 08:00 ] [ 編集 ]

[ 74932 ]

米74930
私もフィンランドは敗戦国ではないと思います
政治で戦略的に敗北した後に戦術で逆転した世界史的にも珍しい勝利の記録ではないでしょうか?
ただしその勝利は現状維持をも許されなかった苦いものになったわけですが、
ソ連共産党の直接支配下に晒されなかったと考えるとお釣りが来たんじゃないかなーと(小波感)
[ 2014/09/18 08:23 ] [ 編集 ]

[ 74934 ]

大国を打ち破る小国という話は、
どうしても軍事だけしか省みられなくなる危険性がある。
本当は、外交や内政、何よりも謀略といった話から始めないと、
冬戦争はともかく、
ベトナム戦争を理解できなくなる。

あわせて、ソ連軍の強さは進軍している最中に軍制改革を成し遂げるところにある。
[ 2014/09/18 08:43 ] [ 編集 ]

[ 74937 ]

プーチンがポーランドけしかけて、西部ウクライナの旧ポーランド領の奪還やらせてれば、ウクライナも随分面白いことになったろうな
[ 2014/09/18 09:50 ] [ 編集 ]

[ 74938 ]

どうみてもフィンランドの負けだろ
ソ連の目標はカレリア地峡地帯の占領、フィンランドはその防衛
結果は歴史の通り占領されてるだから負け
戦争の勝ち負けは目標を達成したかどうかで損害の多寡じゃないからな
[ 2014/09/18 13:01 ] [ 編集 ]

[ 74939 ]

けど、フィンランドの負け=ソ連の勝利とするのは難しい。

何より、スターリンの思い描いた結末ではなかったという点において。
[ 2014/09/18 14:38 ] [ 編集 ]

[ 74945 ]

冬戦争において重要なのは、国土は守りきったけど負け戦は負け戦ということなんだよ。
ムーミン無双とかに気を取られてる人も多いけど、ある程度の損害を許容して致命傷を避けただけに過ぎない。
実際、それで住処を奪われた人も多いわけだし、このあとドイツとソビエトが殴りあう保証もなかったわけだし。
最悪、両者が手を組んだら消滅待ったなしだしな。

結果としてそうならんかった、そういう事。
[ 2014/09/18 21:56 ] [ 編集 ]

[ 74947 ]

楽観的なフィンランド政府高官も前回威勢良くイギリスの正義を叫んでた議会の人たちも、結局自分たちは戦争で死なないんだよな。死ぬのはマンネルヘイムの様に名が知れたでもない無名の兵士や国民。

蒼い子やチェンバレンに同情するね
[ 2014/09/18 22:57 ] [ 編集 ]

[ 74948 ]

※74945
仮定を持ちだして負け戦を規定するのはいくら何でも馬鹿げすぎてると思うが
[ 2014/09/18 23:12 ] [ 編集 ]

[ 74949 ]

ソ連はアフガン侵攻で何を学び結果としてどうなった?
[ 2014/09/18 23:15 ] [ 編集 ]

[ 74951 ]

中立というのは侵されたら力づくで守らないとならないからな。
武装した勢力が越境してきたら武装解除なり無力化しないとならないが
軍隊なしにそれをどうやってやるのかと、非武装中立論者に聞きたい。
[ 2014/09/19 02:08 ] [ 編集 ]

[ 74954 ]

専門的な事はわからないが、独立を守ったという点で
最低限の目標は達成出来たと思う。

最悪の場合、全土をソ連に蹂躙・併合されていても不思議では
無かったし。

ポーランドやバルト3国、ドイツに併合されたチェコスロバキア
などと比較すると、よくやったと思う。

当時の状況を考えると、あれ以上の成果を上げることを
求めるのは、非常に酷なのではないかな。
[ 2014/09/19 09:34 ] [ 編集 ]

[ 74955 ]

>74945
戦争の目的とすれば、本文でもやる夫がうそぶいていたように「大国(ぶっちゃければソビエト)の庇護を受けない小国を確保」が目的である以上、交渉の第一段階に過ぎない、猫の額ほどもない領土しか取れなかったのはソビエトにとって敗北だったんじゃないかな?
むろん、この戦争と継続戦争の結果、フィンランドを半属国化したのは戦略的には勝利だった。
が、損害は馬鹿にならないし、ひいては赤軍は張子の虎とばれたことがやばい。
この戦いを見て某ヨーロッパのAさんによる大侵攻を招いたことを考えると、小国を侮ったツケは高くついたと思うよ。
[ 2014/09/19 09:37 ] [ 編集 ]

[ 74957 ]

>某ヨーロッパのAさんによる大侵攻

まったく関係ないが、「A君(17)の戦争」って続巻はいつ出るんだろう
[ 2014/09/19 11:12 ] [ 編集 ]

[ 74958 ]

>74957
弥勒菩薩が降臨されるころには(死んだ魚の目で)
[ 2014/09/19 16:56 ] [ 編集 ]

[ 74960 ]

>>74925
そもそもこのノモンハン事変を仕掛けてきたのはソ連であって、日本側にはソ連の最終目標が分かっていない。
単なる国境紛争の小競り合いなのか、満州全土の赤化なのか分からない以上、何としても叩き潰さないといけない。

特にソ連がドイツと不可侵結んだとき、日本はソ連が全力で満州に突っ込むためだと判断しただろう。

というか初戦で日本の陸軍航空隊がソ連空軍に圧勝して、ソ連の初手を完全に防いでいなかったら、その可能性もあったわけだ。
フィンランド同様、日本はノモンハンで粘り勝ったと言える。

話がそれるが、この時日本がソ連に見せつけた航空戦力は、ソ連に極東に数千機の航空機を駐留させる必要を生じさせ、
独ソ戦初期にソ連が欧州で壊滅した空軍の穴埋めに使われている。

日本がドイツに呼応して北進したら、ソ連が極東を完全に切り捨てる覚悟をしない限り、数千機規模の航空機が縛られたことで、
ドイツによるモスクワ占領も起こりえた。
[ 2014/09/19 18:19 ] [ 編集 ]

[ 74961 ]

ジューコフがノモンハンが一番苦しい戦いと言ったことが信じられているのは日本だけらしいな
[ 2014/09/19 19:49 ] [ 編集 ]

[ 74962 ]

やる夫がずっと覚醒状態のままだけど、バルバロッサ作戦時のひきこもりで再覚醒して元に戻ると見た
[ 2014/09/19 19:59 ] [ 編集 ]

[ 74966 ]

ムーミンの国力を考えると
独立を守っただけでも大勝利ですかな
[ 2014/09/19 22:17 ] [ 編集 ]

[ 74967 ]

おつおつ
いつまでⅡ板巻き