ブログパーツ 泳ぐやる夫シアター やる夫は赤い皇帝になるようです 第四十九話 モロトフ・リッベントロップ協定


















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

やる夫は赤い皇帝になるようです 第四十九話 モロトフ・リッベントロップ協定








   ――― 1939年8月22日、モスクワ、クレムリン。

             ,__
             l_<
             _|_
_           ,ェ._.ュ、
,,,,]||      ,,.-'"゛    ~''ヽ、
ニニニ,,!-z,,,,,,メ--────--丶、          /_|ヽ                 ★
-、,,,,_ .~"'''ニ==ェ,,--'''''''-------ヽ.._        |iiii|゙|.                    |
   `~"'―-,,,,,,|ニニニニニエエエェ,l,,,,|,,,,[ ]、       |;;;;;;|;;|.                 ,!!、
  人   人 `゚゙'''―v,,,,「  .|~゙---->...ュ,ュ__.、 .,i;ロ;ロ|;;|                 iiiii
  彡ミ  彡ミ  人   人゙'''ー-...,,,,_|  `゙''''「゙゙'''''..|∩-|iil.,,,                |||||
彡彡ミミ 彡ミミ  彡ミ  彡ミ  人 `゙"人-i、,,_,,,l;;;;;;;;;;;/;;;/z,,,__.             .|  :|     i
彡彡ミミ彡ミミ ;;彡ミミ.;彡ミミ ;彡ミ  彡ミ  人゙'''┐'| .|''i--zz;;;;;,,,,,.         |AA.|    ∧
彡彡ミミミ彡ミミ 彡ミミ 彡ミミ .彡ミミ 彡ミミ彡ミミ:::| .| .l'''―v,,,,,"'''i   _____ .A l゙| | |.|.A. .|ii|
彡彡ミミミ彡ミミミ;;;;ミミミ彡ミミミ彡ミミミ彡ミミ彡ミミ:::| .! ,|    `~"'ヘ-i、|ロロロロi''i_|ii| |ll,,,,,,,||ii|_./ .ヽ
彡彡ミミミ;;;;ミミミ ミミミ ミミミ;;ミミミ;;ミミミ;ミミミ::::| |  | 人人人  r‐┴── ┴┐゙゙゙゙゙゙゙゙゙ll-----トL,
ニニニニニニニニニニニ===============   |..彡ミ .r‐―┴――─┴-┴─--iL,、:::::::|゙゙゙|----- 
  ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ======ェュyy,|jlll」―――---------u,,|_, !.| .!-ト |  
ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'i ト-   _ ..|.「[l|____,,,..|...............



          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
         |      諸君に伝えねばならないことがある。      |
          \_____________________/










671 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 19:40:30 ID:yvejGzYk0





     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
    /: : :             \
  /: : : :              \
/: : : : : :                 \
: : : : : : : :.._        _      \
: : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`        l        明日、リッベントロップが、
: : : : ::;;( ① )::::ノヽ::::::( ① );;:::    |
: : : : : : ´"''",       "''"´       l        ここモスクワにやってくる。
: : : : : : . . (    j    )       /
\: : : : : : :.`ー-‐'´`ー-‐'′    /
/ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´        \
: : : : . : : . : : .                   \

  書記長 やる夫・スターリン





672 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 19:41:21 ID:yvejGzYk0




                        ____
                        \    ───___
                        <             ̄ ̄ ̄ ̄|
                        > _________    .|
      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\          ̄ ̄ | /       \ |    |
      /   ,∨∨∨∨∨             | /⌒ヽ   /⌒ヽ  |    |
    /  /  ⌒  ⌒  |            | | ‘ |  i ‘   |  |    |                ____
    |  /    (・)  (・)  |            | ヽ.__ノ  ヽ._ ノ  .レ⌒ヽ               /   u \
     (6       ⊂⊃  |           ノ   o          6 |             /   \   /\
     |  U   __l_,|          /__   \  U   _ノ            / U (○)  (○) \
     |     /    / /               >      u ノ              |    u  __´,_  U |
   /| u    ̄ ̄ ̄/\.             <、___   イ                \u    /__/   /
運輸人民委員               外国貿易人民委員                   内務人民委員
  ラーザリ・カガノーヴィチ           アナスタス・ミコヤン                  ラヴレンチー・ベリヤ
                              ト、._人,.ヘ.__人_,.イ_,.ィ
                           j`‐'┌┐ r‐――‐ 、ーィ
                         、- '   | |  | r--- 、 l   L_
                         _ )    .| | └┘ ノ ノ   く
                         )...   | |    i"´/   (_
                         ´)   └┘   └┘    ,ニ=-
                          )   ┌┐   ┌┐   (_
                          )   └┘   └┘   (
                         ⌒)-、 ,. 、         〈
                             ′ ヽ/⌒'^´ヽ'⌒ヽ「
                          |: /八:. : : : :/ | ゚。 : |:.:.|: : : :                / ̄ ̄\
        , ──-  、           |/  .\ : / l l | ゚:.∧:.| :/: :               /  \    \
     /)/______\               |ll∨.l l l l ノ'  '.|/: : :             .(●)(● )  u. |
    /  三) //⌒ヽ - 、! っ             ,ノ      u.   /: : : :             (__人__)  u   |
    / ノ |─|   ((|、   |  っ         /         u/: : /|             .(`⌒ ´     |
  /  /⌒ #ヽ、   |))   !           {     へ、u.   厶イ  :|              {         |
  |  ヽ_ /⌒ヽ ̄ ヘー く              `¨´   ‘,       .ノ              {      u. /
(( ヽ/\l |   `~~、__ つ                 ‘,     _,,..                __\     /リ 厂`'‐- .._
   \  |ヽ` ─~~、                     ‘, /   `            / :  : :介ーz<__」// |: : : :
     ヽ \/ (ヽ∩ ̄                     /                 | : : : : ::〈 「`乂/  / 丿:
レニングラード第一書記         ウクライナ共産党第一書記         国防人民委員
    アンドレイ・ジダーノフ           ニキータ・フルシチョフ             クリメント・ヴォロシーロフ





673 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 19:41:58 ID:yvejGzYk0




      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      /   ,∨∨∨∨∨
    /  /  /  ⌒  |
    |  /    (・)  (・)  |   リ、リッベントロップつったら
     (6   u   ⊂⊃  |   ナチの狂信的外交官じゃねぇですか!
     |  U   __l_,|
     |     /    / /   そのリッベントロップがモスクワに来るって、
   /|      ̄ ̄ ̄/\.   いったいどうこうことなんです!?





 | /  |              ! !   !!       λ  ! ヘ   }
 |/  !       !    .|!‐= ミト!、 ! !      l !_ ム--ヘ― !
     !.   !   ヘ    .!ヘ Lムミヾミ|ュ!ィ. ノ  ゝムニ|ィ≦ニミ,,!  !
      !   !   ヘ   kィ'ヘ|γ c ヽ ヘ     lγγ c   `ト,/     こんなことは何も聞いてませんよ!
.     !   ヘ    ヽ |.ヾ .乂_リ   ヘ   !.  弋_ リ  〃
.     ヘ    !ゝ    \  ゝz -'"     \ !  ` ト  ィ/       たしか、まだモスクワには
      ヘ   ! \   !.                   /  /    英仏の軍事使節団が滞在してるはずだ!
       ヘ .|ゝ  \  ヘ.           ,       /,,ィ"!
        \! \ ト ト ヘ         l      ''"   /_/    こんな時期に、リッベントロップが
.            ヽ|ヽ ' !\       ____    し /  ィ    なにを目的に来ソするっていうんです?
               ! ハ \    て~  ̄ ̄ ~Y    / /!/
                !  \ ヽ、   ̄ ̄ ̄ ̄  / /        亡命でもしに来るんですか!?
                  ,ヽ| 丶、     ィ .| /.、
                 /  |   ゛ -- '"  |'   !
               /   ./|            | ノ  \





674 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 19:42:46 ID:yvejGzYk0





     ,..¨ ̄ ̄¨丶
    /        \
   / ヽ、:::::::::      ヽ,
.  /( ①):::::::::::, -‐    i    独ソ両国の間で、より包括的かつ具体的な
  i     ::::: ( ①)     |    協力関係を構築するためだ。
  \ (_,、           /
   \ ` ‐'    __/     英仏との軍事協定交渉はすでに破綻した。
    /         \




      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈 ● ノ\   /\● 〉
      ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
.      )    Y    (
     /γ⌒     ⌒ヽ\
.    /  |         |  ヽ    ヴォロシーロフからの経過報告にあるように、
.    |   ヽ__人__ノ   |    ポーランドに関する共同独立保障をめぐる交渉について、
    \     `ー'´     /    英仏には我が国に対して十分な対価を
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ     提供できる状況になく、またその意思も存在しないことが
    /      ,⊆ニ_ヽ、   |     はっきりしたはずだ。
   /     / r─--⊃、  |
   |  ヽ,.イ   `二ニニうヽ.  |

人民委員会議議長(首相)兼外務人民委員
       ヴァチェスラフ・モロトフ






675 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 19:43:43 ID:yvejGzYk0




                                                               / ̄ ̄\
                                                             /  \    \
                                                            .(●)(● )  u. |
                       たしかに、英仏代表団には                     (__人__)  u   |
                                                            .(`⌒ ´     |
                       交渉の打ち切りをすでに通知してるが・・・             {         |
                                                             {      u. /
                                                .             __\     /リ 厂`'‐- .._
                                                         / :  : :介ーz<__」// |: : : : : : :ヽ
                                                          | : : : : ::〈 「`乂/  / 丿: : : : : : : |
                                                         | : : : : : /: | {::::} / `7: : : : : : : :│
                                                .           | : : : 〈: :│ {::::l /. :/. : : : : : : : : |



    ____
    \    ───___
    <             ̄ ̄ ̄ ̄|
    > _________    .|
     ̄ ̄ | /       \ |    |
        | /⌒ヽ   /⌒ヽ  |    |     でも、それが即座にドイツとの協力を
        | | ‘ |  i ‘   |  |    |     意味するわけでもないんじゃないの?
        | ヽ.__ノ  ヽ._ ノ  .レ⌒ヽ
       ノ   o          6 |     同志やる夫、包括的協力とは、
      /__   \  U   _ノ      具体的にどのような内容を意味するんです?
          >        ノ
         <、___   イ
             |───┤
           / |/ \ / \





676 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 19:44:10 ID:yvejGzYk0




       _-―――- 、._
     ,-"´          \
    /              ヽ
    ./       ::::::::::::::::::::::::ヽ
   |      :::::①:::::::::::::::::::::ヽ    詳細については現在検討中だ。
    l       :::::::::::::::::::::::::::::::::;l              ・  ・  ・  ・
   ` 、        (__人_) .;/    だが少なくとも、独 ソ 国 境において
     `ー,、_         /     武力衝突が発生することを防ぐ内容にはなるだろう。
     /  `''ー─‐─''"´\



   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈● ノ\   /\ ●〉
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ     外務人民委員部の観測では、おそらく最短で一週間内に
    )    Y    (       ドイツとポーランドの間で全面戦争が起こる。
   /γ⌒     ⌒ヽ\      この戦争の火花がソ連に飛び移ることを防ぐには
  /  |         |  ヽ    ドイツとの交渉は不可避なものだ。
  |   ヽ__人__ノ   |
  \     `ー'´     /





677 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 19:44:38 ID:yvejGzYk0




       ,. -─=≦=-、
      /:::::::::::::::::::::::::::::::\
.    ∠イ::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::ヽ
   /   i:::i::::::/::|:::i::::|::::|::|::::::::::}
      {:::|:::/‐-レ'|:::j -j┼ |:::/
       Y V下于 ∨ 下于 レヘ       そりゃそうですが、
        ヾ|         |ソ       ナチの侵略を容認するわけには・・・
        ヽ        j /
         ヽ、  ‐-  /         ヒトラーが欧州地図を描き直すのを
      _,. ー> - <-、_        許す気なんですか?
   ,. '´ / /     ,ハ \`ヽ、
 /  /   {      }   \ >、
'´      ̄ ̄\j    /j /´ ̄ /  ヽ
        {ヽ二二ノl{   /
         }.:.:.:.:.:.:/ノ


      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈 ● ノ\   /\● 〉
      ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
.      )    Y    (
     /γ⌒     ⌒ヽ\      もちろんそんなつもりはない。
.    /  |         |  ヽ     交渉の過程でポーランドに関する
.    |   ヽ__人__ノ   |    いくつかの国境再画定は許すことにはなるだろう。
    \     `ー'´     /
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ     だが、そこまでだ。それ以上を容認する気はない。
    /      ,⊆ニ_ヽ、   |
   /     / r─--⊃、  |
   |  ヽ,.イ   `二ニニうヽ.  |





678 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 19:45:15 ID:yvejGzYk0




           ___
           /⌒ ー、\              心配せずとも、そんなことは不可能だ。
          /( ①)  (①)\
.      /::::::⌒(__人__)⌒::::::\           英仏はポーランド側につく。
  cー、   |     |r┬-/ '      |⌒,一っ      双方は西部戦線で長期間に渡る塹壕戦の泥沼にはまり込み、
 ,へ λ \    `ー‐'      / 入  へ、    ドイツはその国力を費やすことになるだろう。
<<</ヽ                     /\>>>



         ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
        〈 ● ノ,\    人 ● 〉
          ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
          )    Y    (
         /γ⌒     ⌒ヽ\
        /  |         |  ヽ      経済封鎖下にはいったドイツにとり、
        |   ヽ__人__ノ   |      唯一の頼みが独ソ経済協定となる。
        \    、`ー'´,    /
 r、     r、/           <        これでソ連の安保は万全というわけだ。
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |      独英仏が欧州西部で縛りつけられている間、
   ヘ lノ `'ソ             | |      行動の自由を持つ我が国は
    /´  /             |. |      キャスティングボートを握ることができるというわけさ。
    \. ィ                |  |
        |                |  |





679 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 19:45:40 ID:yvejGzYk0




           , -──- 、
       ゝ/ ______\
        /   | / - 、 - ヽ!
.        |   |  /     |   |     とにもかくにも、
       ヽ   |─|    ‘|‘   |     仇敵ポーランドを守るために
        /⌒` ` ー   ヘ ー l     わざわざ血を流す必要もないということですね。
   ( \  ヽ_   /⌒ー──つ
    (ヽ ヽ/ ) \ ヽ __//     ポーランドは先の侵略戦争で我が国から
   ( )'   ノ   /` ──く       ベラルーシとウクライナの西部を侵奪しました。
    ` ー、  ` ┬´ \/ \/ヽ      ポーランドを守ったところで、
      \._|_ノ      |_|      これら失われた領土が戻ってくることはないでしょう。
           |         | |


    , r ' ⌒ ヽ、
.  /       ヽ,
  /      ,,ヽ、_ヽ
. |    __,ノ 彡(○ )
  |   (○ ) 彡  |
.  |        入,__)      ポーランドのキチガイ軍国主義者どもだぜ?
  |.     ゙'ー'´
.  |      ゙ヽ、__ノ       それどころか、戦勝したらドイツ東部の
   ヽ、       ノ\.      併合すら主張しかねないだろ、常識的に考えて。
  /::ヽ、_   /ノ:::::|
. /:::::::,::::\ゝ、◇ノ::::i:::|      あんな連中のために戦うなんざ、百害あって一利なしだ。
. |:::::::::|:::::::::\¶/::::::::|:::|
. |:::::::::|::::::::::::::::|::::::::::|:::|
. |:::::::::|::::::::::::::::|::::::::::|:::|





680 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 19:46:07 ID:yvejGzYk0





           / ̄ ̄\
      / 〉 _ノ  ヽ、_ \
     / /' ( ―)(― ) |
    ./ //〉 (__人__)  │      英仏との対ポーランド共同保障交渉も
    .l  ´ イ|   `⌒ ´   |       ドイツの軍事的脅威に対抗するためのもんだった。
    .l    iY           |
   ./   ハ !       /       独ソの間で不可侵条約を締結できて、
   ./  /  ' ヽ      /        さらにドイツの脅威を西部戦線に
   l   /  .〉-r:::┬〈、       縛りつけておけるのなら、もはや選択肢は明白だろ。
 __「 ー‐1  ./Λ 〉.:〈 7//\
 i//7777|/////V::::::V/////\
 |//////|//////∧::://///////}
 |//////| ///////∨/////////{



          _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
         ,r'        \
        / ⌒         ヽ,       たしかに。
          ( ●)   `―    ..i
        i.      ( ●)    |      もっとも、リッベントロップがどんな条件を
          \ _´___       /      出してくるか、ですがね。
           \`ー'´   __/





681 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 19:46:31 ID:yvejGzYk0




         _____
      ,..-''"´           `''-,,
    ./                \
   ./                      ヽ
  /  ___     ____   ',
  ,'   ____        ____    ',       ・・・もういい。みんな異論はないだろう。
  l   l ①   l       .l ①   l    l
  l   ヽ、_ ノ      ヽ、_ ノ     .l       もはや議論の余地はないということだ。
  ',                        ,'
  ',       (__人__)      /       あとは私とモロトフに任せて、諸君は休暇にでも出たまえ。
   ヽ、     └――┘       /
    ._`''-..,,_    ̄ ̄    _,,..-''"_
,..-''"´                    `"''-..、




       ,. -─=≦=-、
      /:::::::::::::::::::::::::::::::\
.    ∠イ::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::ヽ
   /   i:::i::::::/::|:::i::::|::::|::|::::::::::}
      {:::|:::/‐-レ'|:::j -j┼ |:::/
       Y V下于 ∨ 下于 レヘ
        ヾ|         |ソ
        ヽ        j /       しかし同志・・・
         ヽ、  ‐-  /
      _,. ー> - <-、_
   ,. '´ / /     ,ハ \`ヽ、
 /  /   {      }   \ >、
'´      ̄ ̄\j    /j /´ ̄ /  ヽ
        {ヽ二二ノl{   /
         }.:.:.:.:.:.:/ノ





682 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 19:47:11 ID:yvejGzYk0




         /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        /: : :            \
       /: : : :            \
     /: : : : : :              \
    / : : : : : : : ..               \
    |: : : : : :  ,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,        l
    |: : : ::;; ( (・) ) ノヽ ( (・) );;:::    |      ここに残っていても仕事はない!
    |: : : : :  ´"''"        "''"´       l
   . \ : : : : . .(     j     )      /
      \: : :: : >ー-‐'=ー-ー<    /
     /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
     : : : : : : : : :``ー- -‐'"´      \
     : : : : . : : . : : .                \



この日、独ソ不可侵条約締結を目的として、リッベントロップ訪ソすることを党幹部らは初めて知らされた。
ボリシェヴィキにとってナチはイデオロギー的に不倶戴天の敵であったが、
目下の緊迫した国際情勢においては他に選択の余地がないことを、彼らは承知していたのだった。

結局、反対する者などおらず幹部らはやる夫とモロトフに全てを託して休暇に出た。





683 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 19:47:39 ID:yvejGzYk0




   ――― 同日深夜未明、ソ連上空、コンドル総統専用機インメルマンⅢ。


         ┌┐┌┐
          └┘└┘  ┌┐        ┌┐
    ┌───┐ ┌──┘└┐┌──┘└‐┐
    └──┐│ └─ ,.┐┌┘└─  ,.┐┌┘┌─────┐ ┌┐┌┐ _
          ││   / / | |     / / .| |  └─────┘ └┘└┘/ /
    ┌──┘│  / /  |__|     / /   |__|                   / /
    └───┘   ̄         ̄                         / /
                                               ̄
                                            γ'l ̄ ヽ
                   , -- 、                       /. │  .i
                /   \                    ./  │   ..i
         __,,、、__/___ \_______.       ∠    │  │
        ∠                          ̄ ̄ ̄ ゙゙゙̄''¬─-..|__│
     ,..-‐'¨≧コ    .   ロ  ロ  ロ  ロ  ロ  ロ  ロ   冂   □   ____ .ゝ
    (        ii       _ ,,,, ... ... ,,,_..         凵       _`''ー ,,_    `''ー 、
     ´゙゙''''―-..,,,,_iif'~``E'゙゙゙゙゙´、        ´''‐ ,_ _,,, .....--―ー¬''^゙゙ ̄     `' 'ー .,,_   ゝ
            ┤  E|  _ ` '-      <                      ` ̄ ̄
            iiゝ、_..E⊂`゙           ''-.
            ii     `゙゙'''ー..,、        `''..,
                       `''ー.        `' ..
                         `' ー.        `゙' 、、
                             `''ー.      `゙
                                ー..,、     `''..,
                                  `''ー.    .....ゝ
                                     `"'"´





684 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 19:48:04 ID:yvejGzYk0




同日、ドイツ領東プロイセン・ケーニヒスベルクからモスクワへ向けて出発したリッベントロップの訪ソ団は、
総統専用機「インメルマンⅢ」の機内で独ソ不可侵条約の案文を大急ぎで作成していた。



              ,  -―-  、
          ∠     _r 、rヽ
          / /   >ヽヽ ヘt
            i i  i iレ`iヽ    !
          レ W巡!厶 _jΔ   」__
          {レ' ‐-  -- ヽ∧ >'⌒ヽ
           ヾ u  |  / ∨::::::::::::::`::..、
            }\ ‐‐ イ   \:::::::::::::::::::\      あーでもないこーでもない・・・
         _ r 个 弋. イ 卜ー--‐ヽ::::::::::::::::::::::\
     _....:::::´├―ト、 `∨' ├ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::/
   /::::::::::::: ├─ l ``才´├.弋 :::::::::::::::::::::: /
   i::::::::::::::::::::├―‐.|   |  ├─ヘ:::::::::::::::::/
   |:::::::::::::::::::└―‐┤  .|   レ―‐┘:::::: /
   !:::::::::::::i:::i:::::::::::::::卜、│ ,,|:::::::::::::::::::Y
  /::::::::::::::::l::l::::::::::::::::::|:::::`|'"::|::::::::::::::::::::|
 ヘ :::::::::::::::∥:::::::::::::::::|:::::: |:::::| ::::::::::::::::: |
  }:::::::::::::::::|:::::::::::::::::::|:::::: |:::::| ::::::::::::::::: |

ドイツ第三帝国外相 ヨアヒム・フォン・リッベントロップ





685 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 19:48:36 ID:yvejGzYk0




  ムイ   /      /                ヽ
  ./  ,ィ_/ /   !  /            /    ',
  ./ /K//   !  /  /      ./  //И.     ',
 /ィ l 'ゞ! !   l /l  ./!/  /  /  /ィイl !     ./
   ハ ヽ.レl   ィ /`メ、/ !'l  /  /  / ヽ\l ィ ,l ./  .,'
  l. ヽ `' l  /リ !l'  l/.\,l ./! //  /ヽ \`丶l,/ '´l. l
 /l  弋 レ'  .リ 「.心z、!メ l // ! ム \ ` .、 ヽ レ
 l l /レ'.7       `゚辷匁 レl'  '.ヾ\.  ヽ  ヽ ヽ
  .∨ !〈          -‐    ,イャ=ァヽ  ヽ  ヽ ヽ      ポーランドを攻撃した場合、英仏からの直接攻撃はなくとも
  ヽ. iλ             ./、ゞ‐'/ヽ  ヽ    .l       準戦争状態になり経済封鎖に陥る可能性が高い。
   ヾ, ',             ,'   ィ、  ',      ',
    ヽ!. ',           _, -‐' ./  ',  l       l      そうなれば戦略物資のほとんどを輸入に依存する
    lヽ.ヽ    ―- - 、 , イ    .l  l       !      ドイツにとって、ソ連との通商はまさに生命線になる・・・
   ,'  ',. ヽ/,   ー- , <       l  l        !
   ,'  ヽ、丶///, ィ´⌒、ヽ.      ! l        !      今回の交渉で獲得しなければならないものは
.   '―--.ヽ/ ̄´ l:.:.:.:.:.:.ヽ\.     ', ',       .l      ソ連の好意的中立、そして独ソ間の通商保障だ。
\     」 ,ィ、  l:.:.:.:.:.:.:.:l  \.    ヽ.ヽ      l 、
  \  /',イ_,〕\」:.:.:.:.:.:.:.:!   ゝ、.   ヽヽ _ -‐ ┴¬
.\ 、 \ζ孑' /!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!   / ヽ  _ >'        l
  ヽ\ / ./ / l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,'  /    l ヽ          l
   ` ' /  ' ,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,  /     l.  ',          L_
    -'‐  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /     l.   ',   _ -‐' ´   !





686 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 19:49:11 ID:yvejGzYk0




                     _r'´  ̄   ̄``‐- 、
                   ./  l           \
                   ./  /!   l         ヽ
                  /ィ /,' /レ」/! /  l       ',
                  /ィ〈./' ' `l'.レ/.  l  l ,     ',
                   ´ / 、""´ /ィ /ル /レl /    l`
                  .<      ´ .イ'//リ_ハ!    ヽ
                   `       l/r<    /レ'` `
                    ヽ ̄`    ./  l   ./
                     ,'i i i , , __,ノ,  .'レ、 /         そのためには・・・英仏がソ連に渋ったものを
                    .ゝ-==´ ,-'‐――'‐'┐
                      /'/」  ,. .、-‐┬ヽ、       ほぼすべて提供せねばならないだろう。
                     ∠_ >ニ/ヽ: : :ヽ_: '-‐<
                     // ̄:ヽ;/´ ̄:.:.:.:.:.:.:.:ヽ      事実上ソ連の言い値・・・
                   //`丶/´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
                  /./_: :/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l     まさにブレスト・リトフスクの時と逆の立場だ。
                 /./: : :/:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
                 ゝフ`:'´:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.l
                ././/:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
               /://:.:.:.:.:.:.:.::.//:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::l





687 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 19:49:34 ID:yvejGzYk0




         / /  / /      iヽ   :.   } j |:. ..  |:.   !::.   ::  l:::::::::::::ト、ヽ
           ,   ' / .     「´',  ::i.. //  ト、::.:::.. !i::. l:::::.  :|::::.. l::::::::::、{ `
            i∧ !/  i  :::!|  、 :::l〃. :::...l__;:::i、:. H::: |:::::::. :ト、:::::.|::::::/
            !  V  : ::| :. .::!l l   ヽ /厶::::ト、:|__V_∨ l:::l::::i::::..::l、_ヽ:::|:::;′
         |   ', .:. :::l ::.::ト、!_   ハ::「'´ァⅵ芯:リア  |∧ハ:::::!、 }:\:i
               }:∧:.::::}ハ:if卞心.   ヽ   ゞ-'        ';::|ノ /:::::: !
               |'  ',::::ト、:|` `ー'}     `          }i /::::::、|     だが、必ず成功させる!
                、:! };ハ  /                  iイ::::::::::::| `
                ヽ  . '                 j V:{:::::::!      この独ソ交渉が成功すればまさしく国際社会そのものを
                     ヽ \              /  i:;ハ:ト:ト      ひっくり返すことになるのだから!
                       \  -― ''"´       / /  | ル' :|__
                      ヽ  ー '     /   /  /: : {::.::`丶、
                        v ,.小. 、  /    /,. '´. : : >^:ー-::_:`丶、
                           ∨川liい>'   . '"´   . : :/::.: : : : : :`ヽ、::.\
                           ,ィ`7卞´  /\    . :/::.: : : : : : : : : : : :ヽ
                     _,. ァ'"´/_ ! } / _,. -   . /:―-: :._: : : : : : : : : :





688 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 19:50:35 ID:yvejGzYk0





: : : : : : : : : : : 、  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : : : :
: : :':⌒ : モクモク : : . . . ':::::::::::::::::::r:::::::::::~::::::⌒::::::::::::::::::::..: :、: : : : : :
: : : : : : : :  : : : : ⌒)::::ノ:::::'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : :~へ: : .
 : : : : : . .: : : :,.~ '~:::::::::::::::::::.、:::::;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::ノ::⌒:::~':" : .  y: ⌒: .
 : :  . . : ~'~ソ: :,. y'":::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;::_人_:::::::::::::::::::::::::::::,:' :~ { : . .
     y. : : : : : :):y'"~)::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;`Y´ キラン ~''”~: ..、. . : : : : : : .
  . . . : : : : : : : : : : :⌒ソ::::::::::::::::,. : -ー'"~"'"⌒ . ... :ノ ⌒: : . . {,,... : : モクモク : :
  . . . : : : : : :::.::  ,,..': :y'"~~  :-、:: . ⌒: : . .,,. - ⌒: : : .y'" . ..ノ. . : : : ~ : :
: : : : : : : : : : :,, '": : : : : :'": : : . . .: : :~"'y'´. . ... : : : ::: :): : . .r'"~: .: : . . : : : : :





689 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 19:50:49 ID:yvejGzYk0





                                             ┃
                                             ┃
                  ┃    ┃  ┃                     ┃
                  ┃  ━┛━┛     ┃    ┃        ┃
                      ┃       ━━┛    ┃        ┃
    ,,,,;;;iiilllliii;;;,,,       ┏━┛                 ┃    ━━┛
    ,ilill''''"""゙゙゙''';lliili;      ┃                     ┃        ┃
  illii'' ‘.'   ,.'   ''ill'   ━┛           ━━━━━┛    ━━┛
  illii''  .'      ''iilli;
 iilll;,       ・   ,;iilli;                                                    / ̄| ̄ ̄`ヽ
  illii ,  .'        iill;                                                       /   .|      i
  iillil;,  ・,‘    ,;lilii                                                    / .   」_     |
   '''iill;;,,  , .' . ,,;;llii''''       i                                                  /     .|     |
    "゙''''''iliiliillli''''゙"         | ○  r=====- 、                                    /  __|===ッ   .!
               , -=ィェj ̄ ̄ / / ̄ ̄=ヽ ̄、ー――――――――――――――――――――< ´rr ̄ 7  /――.|
      ,′     i  fY=r イ」__/ /      ヽ ヽ____________________>==ff ̄ ̄ ̄「」_ノ
      ,r⌒r、_ ,ィー十≧=イ  |_| / /          ',  \_j |_!| i_i |                           !i   へ/、
     ィム  Ei  !   !/   `Y⌒ー / /         ヘ   \   .i   |                _,. -― ´ ̄ ̄ ̄ ( )
      ム! F ーゝ 」      !  /ー,/           ヘ=ニ∨\ .|__|         _,. -― ´ ̄
     ,′ー==ーA      |  `ー- _            ヽ  ヽ_ \____,. -― ´ ̄
     ,′         { `ーヘ二二tr、<_______,.二ニゝ_∨r‐=´    ∧∧∧∧∧∧∧∧
                }     ゝ==-、 //                 <              >
                   /    `´ く                  <    わぁ!?   >
                     {____r‐ ´                  <              >
                    ゝ、__ノ                      VVVVVVVVVVVV





690 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 19:51:36 ID:yvejGzYk0




.       /                |ヾ!厶!::       ヽ
     /           : : : : |    |::  :    :  ',
     ,′        :ハ:∧: / {: : : :|   !: /: : :.} : :  ',
      |   : :  : : : .|_l/,.ィ/∀\.: !‐′ :!、/.|: : :ハ: : :   \
      | : : : :|:   : : : :| /゙二\.ハ:|    |/`_ヒメ/、: : :  ト、_>
.    厶: : : :ト、: : : ト、:| 《. ( ・ )      ィ゙.二゙\リ:.::. ト、|
      }: : ハ|..}: : : | :}    ̄ /     i 、( ・ .) 》.:.ハ:..|
      |: : { 入: :.:|           : { ` ̄ 厶、{ ヽ|     ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
      レヘ,.ヽ ヽ\!           : 〉       ハ!     <                          >
         |: :\__    U            /      //     <  な、なんだ今の爆音と衝撃は!?  >
         |: : : : :ハ                u  /'′     <                          >
         レヘ: : :}∧     / ー―-ー . ヽ   /        < まさかエンジンが爆発したんじゃ   >
         }: : |  \.   ヽ_,, -―-- ,,_/  /         < ないだろうな!?              >
         |ハ::| ヽ \          /         <                          >
           リ  ',  \l:l:l:l:|:|:|:|:l:l:l./|            VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV
         r┴───ヽ `ー──‐゙/ :|\
         /¨|: : : : : : :/   \    :/ /  \
       //´\: : : : 厶__>、   /___>





                                   ,. -:―‐ -.、
                                 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ-く
                                /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:V
                                 ー=彡.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
                             /.:.:.:/.:ーj=≦、i.:.:.:,r≦.:.:.:.:.:.l
                              /.:.:./.:.:.,イ rモッミ/:.;:イtッチ.:.∧:.:|
                                |.:.:/|.:.八l  /イ/  /イ/yノノ            砲撃ですリッベントロップ閣下!
                            .レ′!/!.:∧   __'_   //:::/:::`}、
                                   ノイ.:.:丶u 〈⌒,E=彳/-‐:´:::〉          地上の赤軍高射砲が撃ってきてます!
                                  ,rく三>:三:‐‐':´:::::::::::::/::\
                                     ,ゝー<:::::::::::::::::_...:::-‐::´:::::::::;:イ
                                    .∧::`::ー-‐::::´ ̄::::::::::::::::::::__/::::`i
                                   〈_/ヽ、::::::::::::::::::::::::_...::-‐_´..-―_'´二´-::―
                             ,rく´:::\:::_:::::::-‐::´_,r<::::::::::: ̄::::::::::::::::::::::::::
                             /   ` ー―-rr―- ´   ` ー---,―-r‐‐iく::::

                       武装親衛隊隊員 リヒャルト・シュルツェ




692 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 19:52:20 ID:yvejGzYk0





リッベントロップらの訪ソが急であったこと、および極秘事項であったために
赤軍防空部隊にインメルマンⅢに関する連絡が行き届いていなかった。




. _//                __     ___
 |/         ____    [,|,,★,|]    [,|,,★,|]
__         [,|,,★,|]    (`д´;) __(´Д` ;)
_/|  ____  (; `Д´)   .__!___!)|\   \,゙:"_)
._/:|_ __|____|  (_ ,, __   |___|__:\.  \  (
/o゚/。__<・_;_ )  ̄ヽ=★==/  (  _;_・)_o。\  \__)
:/[] |____| ○. (゚Д゚ ,, )_< ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
/,;//(Д・ ; )ノ ⊂_Y田_) | 第一高射砲中隊より連隊本部!
_:/と⊂  ○┛  / ,へ ヽ  | 国籍不明機の領空侵犯を確認した!現在交戦中!
゚/l/( __ノ    (_) (__) \______________________
l/  し'━┯┛            ┗┯━し'\l



そのせいでヴェリキエ・ルーキ付近の高射砲部隊が同機を領空侵犯機として砲撃してしまったのだ。
幸いにも、機体に損傷はなかった。

もしも命中していれば独ソ交渉のすべてが文字通り「吹き飛ぶ」ところだったのである。





693 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 19:53:20 ID:yvejGzYk0





   ――― 翌8月23日13時、ついにリッベントロップのドイツ訪ソ団がモスクワに到着する。

     ..     ...... . .... ..,..... .........                  ._
 ....:::,:,,,..   ....... .    .  ::::::::::::`
 ::::: .............     ..
                          _|_
                            〉;;;;;;l        |       _,.,..、.,.._              .-、、
                            | |]:::|:       ┼ ,.,、.、;´"^     `'.ー´`"'''、、.,,,_.,.、-‐"゙´::::::
    ____|____         _   _|_|]:::|_____|_____ ______|_____
    |=========|  |__   __/ |,,,-''''~=========== ~~''--;;;:::::;;;;-''''~ =========== ~~''--,,,::::::::::::::::::
,,,,,,,,, |=========|-=´―´ ̄――ノ|  l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    |::::|   l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l    l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        ` ̄' ̄ ̄ ̄' ̄'''' ''  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



あまりにも急な訪ソであったため歓迎準備も間に合わず、外国外相を迎えるにはあまりにも不釣り合いなほど簡素な有様であった。


                      _
               , -‐ ' ´ ̄  `  、
              /         ―--.ァ
            ./       ,      .ハ、
           /        /    /  ./  トヽ
           /    /    l   !,ィ  /l  ヽ `
          ム'   / . i   レ ィAト<N. l !リ`
          /ィ   .レメ',i  , ∧! '、''¬` .,''`'
           レ、   !爿ヘ l'    ̄ '´ ヽ、          (儀仗隊も軍楽隊も国旗を振るサクラもなしか・・・
             ヽ.  \ゝ、l U       /           手作り感満載の急ごしらえの鍵十字旗が一つあるだけ。
              ヽ,  ,八     , -―, '            しかもよく見たら所々間違えてるし・・・
           _/: ヾ'´  !`> 、  , i i j             身構えてきたのに肩すかしだな)
        _/:.:/-―仆、     フ/iニ´、‐---― ―- 、
    . -‐':.´:.:.:.:.:.:./: : : : l L ヽ.  / 」 l: : :`:',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
   /:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:/'´ ̄:`! 、 ̄V´ ̄ィ !-‐: 、',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ





694 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 19:53:51 ID:yvejGzYk0





                        __, ― ――-- 、
                      , ' ´´7         `  、
                     /    /l           \
                   /   , l '」 ,      i 、    ヽ
                   /ィ   l .l`´l l、  l、 l   ! l.    ',
                   ,' l  /l l.  l l ヽ_」寸ト、 !  !.    '、
                    l  l l‐-リ、 ',「´ィ云zァ Ⅵ  !    ト 、       (準備が間に合わないほど
                   /1 ,Ⅵィ'心!  、ゞ孑'´   レ、 ,'  ト、 ヘ',`        ソ連にとっても急な出来事だったということだ。
                    レ ! ィ.l`´/   `     l / /' !| .|
                     l/ l l 、     u    И l/ィ/ , !          俺たちは連中の掌の上で踊ってるわけじゃない。
                        、`       U  i/斤'´ リ`           連中も俺たちと同じような条件で戦ってる。
                        ヽ  ' 二  ̄     イ !.  ,'
                         ヽ , i i i , , 、/  .レ!Ⅳ_            決して不利な状況じゃないぞ!ここからが勝負だ!)
                          ヽ.l ! i イ´  /-‐'  ̄ /、
                          /´.',  /´.!    ノ_: :\
                        /    l / -‐┘  / :  ̄: :ヽ、
                         ̄_二ヽ レ'´   -‐'フ--―- 、 /:.:.:.`‐-. 、
                       ,. :'7: ̄ :7<-‐  ̄-‐/ : : : _: : /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄:`‐- 、
                    -‐':´ : /: :_ ├ζ二-‐/-‐ ´ : : : ∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                ,. :'´:.:.:.:.:.:.:.:/' ´: : : :,' ./   ./: : : : _ : : /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
                /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ : : _: :l ,'    /-‐': :´ : : `V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
               /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/'´ ̄ : : `! l   /: : : : : : : : : :,':.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:!





695 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 19:54:22 ID:yvejGzYk0




                    ムイ   /      /                ヽ
                    ./  ,ィ_/ /   !  /            /    ',
                    ./ /K//   !  /  /      ./  //И.     ',
                   /ィ l 'ゞ! !   l /l  ./!/  /  /  /ィイl !     ./
                     ハ ヽ.レl   ィ /`メ、/ !'l  /  /  / ヽ\l ィ ,l ./  .,'
                    l. ヽ `' l  /リ !l'  l/.\,l ./! //  /ヽ \`丶l,/ '´l. l
                   /l  弋 レ'  .リ 「.心z、!メ l // ! ム \ ` .、 ヽ レ
----、----  、 _     __ ノ l l /レ'.7       `゚辷匁 レl'  '.ヾ\.  ヽ  ヽ ヽ
    !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ̄:.: ̄/   .∨ !〈          -‐    ,イャ=ァヽ  ヽ  ヽ ヽ
    l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/     ヽ. iλ             ./、ゞ‐'/ヽ  ヽ    .l       (そしてこの勝負に負ければ、
.    l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.! i     ヾ, ',  し          ,'   ィ、  ',      ',
     l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l  !      ヽ!. ',           _, -‐' ./  ',  l       l       俺はくたばるしかないんだからな・・・!)
.    !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l  ',      lヽ.ヽ    ―- - 、 , イ    .l  l       !
',    !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト、 ',     ,'  ',. ヽ/,   ー- , <       l  l        !
. ',    !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',ヽ. ',、.    ,'  ヽ、丶///, ィ´⌒、ヽ.      ! l        !
. ',   l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.トゝ',.ヽ.   '―--.ヽ/ ̄´ l:.:.:.:.:.:.ヽ\.     ', ',       .l
  ',   l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト、. ', \     」 ,ィ、  l:.:.:.:.:.:.:.:l  \.    ヽ.ヽ      l
   ',  l,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.', \ 、 \  /',イ_,〕\」:.:.:.:.:.:.:.:!   ゝ、.   ヽヽ _ -‐ ┴¬
   ',   !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',   \ 、 \ζ孑' /!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!   / ヽ  _ >'        l
    ',  l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',    ヽ\ / ./ / l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,'  /    l ヽ          l
    ', l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',    ` ' /  ' ,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,  /     l.  ',          L_
     ヽl:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.    -'‐  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /     l.   ',   _ -‐' ´   !





696 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 19:55:00 ID:yvejGzYk0




リッベントロップらは一旦ドイツ大使館により軽食を食べ休憩したのち、
15時頃やる夫とモロトフと直接会談するためにクレムリンへと出発する。




            ,. 'ニ二ニ、ニニ =、     ,. 'ニ二ニ、ニニ =、
              l|__j|___|;|___|[__)|    l|__j|___|;|___|[__)|
           , '-- 、 - ‐ '';;',:.:l.:l:;::l_   , '-- 、 - ‐ ''; ;´;; ;⌒) ´゙) ;)
          ,〇;|li{{{iIl|:○r::,.=、、::l,´,:‐、l,〇;|li{{{iIl|(,,;;(´⌒;;(´⌒;;(´⌒;;
       i..:.::;i====i:___;.:,jii´i:l_,j_;ji´!」;; ..;;;;(´⌒;(´⌒;;(´⌒;;(´⌒;;)
        .===========l ,j.,.,., lil ,j(;;(⌒;;(´⌒(´ ;;⌒) (::⌒;;;,,,) ;::⌒)
         `~´::::::::::::::::::::::`~´:::::::`~´ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





698 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 19:55:50 ID:yvejGzYk0





             ,__
             l_<
             _|_
_           ,ェ._.ュ、
,,,,]||      ,,.-'"゛    ~''ヽ、
ニニニ,,!-z,,,,,,メ--────--丶、          /_|ヽ                 ★
-、,,,,_ .~"'''ニ==ェ,,--'''''''-------ヽ.._        |iiii|゙|.                    |
   `~"'―-,,,,,,|ニニニニニエエエェ,l,,,,|,,,,[ ]、       |;;;;;;|;;|.                 ,!!、
  人   人 `゚゙'''―v,,,,「  .|~゙---->...ュ,ュ__.、 .,i;ロ;ロ|;;|                 iiiii
  彡ミ  彡ミ  人   人゙'''ー-...,,,,_|  `゙''''「゙゙'''''..|∩-|iil.,,,                |||||
彡彡ミミ 彡ミミ  彡ミ  彡ミ  人 `゙"人-i、,,_,,,l;;;;;;;;;;;/;;;/z,,,__.             .|  :|     i
彡彡ミミ彡ミミ ;;彡ミミ.;彡ミミ ;彡ミ  彡ミ  人゙'''┐'| .|''i--zz;;;;;,,,,,.         |AA.|    ∧
彡彡ミミミ彡ミミ 彡ミミ 彡ミミ .彡ミミ 彡ミミ彡ミミ:::| .| .l'''―v,,,,,"'''i   _____ .A l゙| | |.|.A. .|ii|
彡彡ミミミ彡ミミミ;;;;ミミミ彡ミミミ彡ミミミ彡ミミ彡ミミ:::| .! ,|    `~"'ヘ-i、|ロロロロi''i_|ii| |ll,,,,,,,||ii|_./ .ヽ
彡彡ミミミ;;;;ミミミ ミミミ ミミミ;;ミミミ;;ミミミ;ミミミ::::| |  | 人人人  r‐┴── ┴┐゙゙゙゙゙゙゙゙゙ll-----トL,
ニニニニニニニニニニニ===============   |..彡ミ .r‐―┴――─┴-┴─--iL,、:::::::|゙゙゙|----- 
  ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ======ェュyy,|jlll」―――---------u,,|_, !.| .!-ト |  
ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'i ト-   _ ..|.「[l|____,,,..|...............



                       /                 `゙'''ー-,
                      /                      /,_
                    /                        l .|
                  /                             l  !
               _, ''´_                    /   ,  l .l
                 ̄ ̄/             ,    ,  /! i、   .i ,' ,|
                 / ィ            , !    l  ,ト!l-! /リ!.,' .,'リ
                 l/ l         , /l. l    ハ /_,l云 .「/lハ/
                   l         ,イ ∧И    ,' .∨ `.|h!ヾ.',
                   !/l     /Vイ、ヽ, !,  ィ/      ¨-  '、        (これがクレムリン・・・実物は初めてだ。
                    ′ l      .ヽ ` !l,  /′        ヽ
                     !,,ィ  ,    /‐-、 `', .!   し     /         巨大で重苦しい。
                   _,/`'‐-<!_ /ヽ〈  , !  ヾ.           /- 、
                /:/`丶 、  `丶ヾ、 ,代        -‐_,'.、 ヽ,       そうか、ここがソヴィエト権力の中枢、
             , -''":/ : : : :/: :`丶,、   \ ` 、      T、,斗―='‐、
           /`ー=ニ二_: :/: : : : : /: :`丶  \  .>'''"´ ̄ ̄´   _,ノ      やる夫の城塞なんだな・・・)
         ,..:'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`--、: :/ : : : : : : \  ト、-'       , -‐''"/
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ー- 、: : : : /: \', ゝ      ´  _,ノ
      ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`‐-〈: : : : :`-<|      , '"





699 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 19:56:26 ID:yvejGzYk0





さきにリッベントロップを出迎えたのはポスクリョーヴィシェフであった。



        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、      ようこそクレムリンへ、リッベントロップ閣下。
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /       この先の執務室で同志やる夫と
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/         モロトフ外務人民委員がお待ちです。
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃

やる夫の官房長官 アレクサンドル・ポスクリョーヴィシェフ






                        __, ― ――-- 、
                      , ' ´´7         `  、
                     /    /l           \
                   /   , l '」 ,      i 、    ヽ
                   /ィ   l .l`´l l、  l、 l   ! l.    ',
                   ,' l  /l l.  l l ヽ_」寸ト、 !  !.    '、
                    l  l l‐-リ、 ',「´ィ云zァ Ⅵ  !    ト 、
                   /1 ,Ⅵィ'心!  、ゞ孑'´   レ、 ,'  ト、 ヘ',`
                    レ ! ィ.l`´/   `     l / /' !| .|
                     l/ l l 、       U  И l/ィ/ , !     ・・・・・・
                        、`          i/斤'´ リ`
                        ヽ  ' 二  ̄     イ !.  ,'
                         ヽ , i i i , , 、/  .レ!Ⅳ_
                          ヽ.l ! i イ´  /-‐'  ̄ /、
                          /´.',  /´.!    ノ_: :\
                        /    l / -‐┘  / :  ̄: :ヽ、
                         ̄_二ヽ レ'´   -‐'フ--―- 、 /:.:.:.`‐-. 、
                       ,. :'7: ̄ :7<-‐  ̄-‐/ : : : _: : /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄:`‐- 、
                    -‐':´ : /: :_ ├ζ二-‐/-‐ ´ : : : ∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ





700 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 19:57:43 ID:yvejGzYk0





   ┌──────────────────────────────── ── ─
   └────────────────────────── ── ─
   ┌──────────────────── ── ─
   └──────────── ── ─
   ┌──────── ── ─
   └── ── ─



     〃   ii    !|       i ||    | |  │     │  |   |
      {i     ii    !|       i ||    | |  │      |  |   |
      ii     ii    !|     _」L -‐ ニ二 |    i │  |   |
     ii   _」≧ニ二¨ミ ̄_{   ン匀アリ''<|   ii  i  |  |   |     ・・・やる夫に会う前に、ポスクリョーヴィシェフが出迎えるでしょう。
     ` -ヘ {  /杁う`7'⌒ {  、 ゞ-┘ ´ |  ii  i  |  |   |     醜い男ですが扱いは丁重に。彼は最高幹部陣の一人です。
        l {    ゞ'┘′   ヽ、____   |  ii  i  |  |   |     やる夫の個人秘書として意思決定に影響力を持っています。
        | ` r‐…  7                |  リ  i  |  |   |
        |  l.   /               | 〃  ノ リ  |   ! i|     しかし、プライベートな話題に触れる場合はご注意ください。
        |  |ヘ  ヽ    ::...、        厶 -r…¬   ,,'  i i|
        |  | |:.   `                |   }}   ''   ii i|     彼の妻は四か月前に逮捕されたと噂されているのです。
        |  | i i:.   マ二二二二ヾ      |   リ /   ii i|     エジョフの妻と近しかったと言われていますし、
.          レ⌒| i i ハ   ー─         j  〃≠-‐   ̄      粛清に巻き込まれた可能性が高いでしょう。
            | i i _,ム  . ...::... . .    ,.イ  ///..::::::::::::::::::::::
            | レ'.:::::::::ト:._:_:..:..:..:..:.:._;..'´''´ //..::::::::::::::::::::::::::::
          /..:::::::::::::|::::|ト、 ̄ ̄ /     /..::::::::::::::::::::::::::::::::::
          /..:::::::::::::::::::|::::|| \/    /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

      ドイツ駐ソ大使 フリードリヒ・フォン・デア・シュレンブルク





701 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 19:58:13 ID:yvejGzYk0





ポスクリョーヴィシェフの最愛の女性にして美しい妻、ブロンカ・ポスクリョーヴィシェワは
前内務人民委員ニコライ・エジョフ逮捕の直後、NKVD当局によって逮捕されていた。



          -――-  、_
      , ´          \_
    /              \ `\
   /   /´,  ,   /   \.:  .:::}::.  ヽ
  / .:: / .:/  .:!  .:l      i_ .:::l:: .   l
  ! .:/ :{   :{, -‐‐{-    ´l__ ` .:|, -‐┘
  !  {__! ィ´!, -‐=ゞ―‐ イZ´!!{´|
  !  .:::!.:`‐|//´{::て    {r1リl::.|
  |  .:::!  .:{ヽゝゞ_ソ    ,`"  ル|
  |  .:::|  :|, ,,     _ ,   "イ:..!
  |  .::::!  :!ト . _     イ::.l:. !
  l  .:::::!  ::! |    ̄!フ:´.:::|::. |::.|
  l  .::::::l  .::::!`\、_,l丶.:::::!::: !::.|
  !  .::::::::l  .::::!、 }`ヽ_!/´}ヽl::. l:: l

  ブロンカ・ポスクリョーヴィシェワ



彼女にとり「致命傷」となったのは、エジョフの妻エヴゲーニャと親しすぎたことである。

夫であるポスクリョーヴィシェフは妻の助命を必死に嘆願していたが、やる夫は冷たく一蹴した。
そして夫は党員として「正しく」あるために、最愛の妻を裏切り者として見捨てたのである。





702 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 19:59:18 ID:yvejGzYk0





                     _r'´  ̄   ̄``‐- 、
                   ./  l           \
                   ./  /!   l         ヽ
                  /ィ /,' /レ」/! /  l       ',
                  /ィ〈./' ' `l'.レ/.  l  l ,     ',
                   ´ / 、""´ /ィ /ル /レl /    l`
                  .<      ´ .イ'//リ_ハ!    ヽ
                   `      ul/r<    /レ'`        (・・・組織としての団結を守るために、`
                    ヽ ̄`  j  ./  l   ./           一体性を乱す分子を始末することは正しい。
                     ,'i i i , , __,ノ,  .'レ、 /
                    .ゝ-==´ ,-'‐――'‐'┐           総統も突撃隊に対して同じことをしたし、
                      /'/」  ,. .、-‐┬ヽ、          そのおかげで帝国はいまも一つの指導者の下で
                     ∠_ >ニ/ヽ: : :ヽ_: '-‐<          一致団結できている。
                     // ̄:ヽ;/´ ̄:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                   //`丶/´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',        間違ってはない)
                  /./_: :/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
                 /./: : :/:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
                 ゝフ`:'´:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.l
                ././/:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
               /://:.:.:.:.:.:.:.::.//:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::l





         / /  / /      iヽ   :.   } j |:. ..  |:.   !::.   ::  l:::::::::::::ト、ヽ
           ,   ' / .     「´',  ::i.. //  ト、::.:::.. !i::. l:::::.  :|::::.. l::::::::::、{ `
            i∧ !/  i  :::!|  、 :::l〃. :::...l__;:::i、:. H::: |:::::::. :ト、:::::.|::::::/
            !  V  : ::| :. .::!l l   ヽ /厶::::ト、:|__V_∨ l:::l::::i::::..::l、_ヽ:::|:::;′
         |   ', .:. :::l ::.::ト、!_   ハ::「'´ァⅵ芯:リア  |∧ハ:::::!、 }:\:i     (だが、それでも忠誠心を試すために
               }:∧:.::::}ハ:if卞心.   ヽ   ゞ-'        ';::|ノ /:::::: !      妻を逮捕したりはしなかった。
               |'  ',::::ト、:|` `ー'}     `          }i /::::::、|
                、:! };ハ  /                  iイ::::::::::::| `      そしてそれを当然のように受け入れることも
                ヽ  . '            U    j V:{:::::::!       なかっただろう。
                     ヽ \              /  i:;ハ:ト:ト
                       \  -― ''"´       / /  | ル' :|__      間違ってはないが、ここの連中は異質だ。
                      ヽ  ー '     /   /  /: : {::.::`丶、  非常措置をまるで日常としている)
                        v ,.小. 、  /    /,. '´. : : >^:ー-::_:`丶、
                           ∨川liい>'   . '"´   . : :/::.: : : : : :`ヽ、::.\
                           ,ィ`7卞´  /\    . :/::.: : : : : : : : : : : :ヽ
                     _,. ァ'"´/_ ! } / _,. -   . /:―-: :._: : : : : : : : : :





703 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:00:16 ID:yvejGzYk0





        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、      同志やる夫の執務室は
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /       この先の会談をあがったところにあります。
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/        ご案内いたしましょう。
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃



                              _ -‐― ―--、
                          ,  ' ´         'ー- 、
                         /            l ,   ヽ
                        /           !   l,、,!    ト 、
                       l         !、 !,  i 厂l /  ,' ̄
                       ,'        l AAトトl、. N .A   !
                      ./1     i   N、孑云.ヽ! /rァ! l ト,l
                       レ   l./l   リ  `ゞシ'ィ  ヽ'イl' リ
                       l   l'´ミリ、 l     ´    ヽ'
                       l ,  ヾ.、コヽ.!         イ       ありがとうございます、ヘル・ポスクリョーヴィシェフ。
                       ' レ'l   `ヘ. ` U   -―‐ /
                         レ、   l>       ̄ .,'
                          .! ィ ,ゝ  `  、i i i i j'
                           レ' ∨ヾ、   -‐` ̄ 7、
                          /´.',λ! /´/    ノ_: :\
                        /    l / -‐┘  / :  ̄: :ヽ、
                         ̄_二ヽ レ'´   -‐'フ--―- 、 /:.:.:.`‐-. 、
                       ,. :'7: ̄ :7<-‐  ̄-‐/ : : : _: : /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄:`‐- 、
                    -‐':´ : /: :_ ├ζ二-‐/-‐ ´ : : : ∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                ,. :'´:.:.:.:.:.:.:.:/' ´: : : :,' ./   ./: : : : _ : : /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
                /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ : : _: :l ,'    /-‐': :´ : : `V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l





704 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:00:55 ID:yvejGzYk0




やる夫の殺戮政策が「公式に」は終結してわずか4か月。
リッベントロップは大粛清の血の残り香が漂うなか、この国の恐怖の中心にいる男のもとへ、
階段を上っていく・・・



                                    \______/ ..::::::::;;;;;;;;;;
                                     . |. ..,,-〒.-、 _.|...:::::::::;;;;;;;;;;
                                .      |. 「:ロ::|::ロ::|::::|.:::::::::;;;;;;;;;;
                                 .     |. |:::::::|:::::::|::::|:::::::::::;;;;;;;;;;;;,,,,,
                           .           |. |::ロ::|::ロ::|::::|:::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,
                               .       |. |:::::::|:::::::|::::|::::::::::::::::;;;;;;;;;;
                                     . |. |::ロ::|::ロ::|::::|:::::::::::::::;;;;;;;;;
                                  .  _l___|_.:::゙|:::::::|:::」:::::::::::;;;;;;;;
                                  /=======:::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;,,,
                            .     /f────‐:::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,
                               .   /ト─────‐:::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;
                                /. |  : : : : :.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;
                            .   /[ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;,,,
                           .     / | . . : : : : : :.:.:.:.:.:::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,
                              /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,
                             ./  . . ... ..:: ::: ::: ::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,





705 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:01:26 ID:yvejGzYk0





:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| ̄|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||  |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| r√入.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| |{ (5).:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||└ヽУ.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||_|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.





706 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:02:35 ID:yvejGzYk0




                    _________________
                    ||                              ||
                    ||           ____            ||
                    ||       _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、     ||
                    ||      /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ      ||
                    ||.     //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ: : ヽ    ||
                    ||    〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ:::::i.   ||
                    ||     i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l l   ||
                    ||     l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:! !   ||
                    ||     li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l;'.  ||
                    ||     !:l!:ト、l::l{`         !  j川/.   ||
                    ||.    ヾト辷N!      ‐ノ  ! /    ||
                    ||     Yl:ト、    ヾ==r  ノ/       ||
                    ||      iN \.   ` ニ′ /}'.       ||
                    ||      丨   丶、   /           ||
                    ||   ノ ̄´"''‐ 、   `¨´¦           ||
                    ||                              ||
                     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





707 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:02:51 ID:yvejGzYk0





             |      |           ┏━━━━┓              |      |
             |      |           ┃ /,⌒'.'ヽ.┃              |      |
             |      |           ┃.!,../ノリハル.┃.              .|      |
             |      |           ┃ `、|、゚ ー゚ノ.┃.              .|      |
             |      |           ┗━━━━┛.              .|      |
             |      |                                    |      |
             |      |                                    |      |
             |      |                                    |      |
             |      |                                    |      |
             |      |                                    |      |
             |      |             - - 、                   |      |
             |      |            ::::::::::::::: ヽ.                 |      |
             |      |               (人__) ノ.                 |      |
             |      |             (ξ)_ノ|               |      |
         ──|___|──── / ̄ ̄ ̄ヽ───´ ̄ ̄ ̄ヽ,─────|___|──
                       / l|||||]         (('=')) ヽ,
                       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
                       |                   |
                       |                   |
                       |                   |
                       (●)  (●) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄::
                        ,))_/(、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                          /     ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                         ゝ(_人_) ノ
                       /    ヽ
.                         (|      |)
                       .し    J





708 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:03:22 ID:yvejGzYk0




             /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
           /: : :             \
          /: : : :            \
        /: : : : : :               \
       / : : : : : : : .._         _    \      γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
       |: : : : : :  ´⌒\,, ;、、、/⌒`        l      |  初めましてリッベントロップ外相。  |
       |: : : ::;; ( ① ) ノヽ ( ① );;:::     |     .|                          |
       |: : : : :  ´"''" ,      "''"´       l        |  私が、スターリンだ。          |
       \ : : : : . . (    j    )、     /       .乂_______________ノ
         \: : : : : `ー-‐'´`ー-‐'′   /
         /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : /\
        / ∧::::::::::::::>、r‐'".::::::::::::::∧   、
        イ   | '::::::::::/ ̄ ̄ヽ::::::::::::::` |   }丶 、
  ,.  '"   /    |  ヽ::∧    /\::/  |     !  ` 、



                            / / :' /   !.   |:、          ト、
                           彡'  '   ! !   ! ,、. !: ':.         ム ヽ
                             i  !. ! !   レ_;ヾム≦\        ハ  :,
                             | 从 |__j   イ ,:>.:::::┬‐チ        i  :,
                             |/}'´; .、〉    ゝ ゙'-' ' ∧|ヽ.  i    | ハ
                               K i:::ぅ'゙    ` ̄       ハ |マ   |  ム
                               |   { - .             |N:ハ !从|   :,
                           ハ  |  ヽ `              ´ ヾ|ノ /i .ハヘ
                            从iヘ             し      }!- ,イ,′ ヾ:,
                               ∧   ,.- ― - 、          ,='゙  !
                                ∧  ゙´ ̄  ̄ `         ;   N
.                                 ∧  ´ ̄             /!  :N
                                  ハ  ノi:| ! !:i 、     ,  ゙  j/!iハ:!
                                  ヘ//, | l l lムヾ ,.  ゙    / |从|
                                   ∨>= '´  ,  ,. =ニニ二三 |
                                    `ー―i― '´ ./ |         |、_
                                      /ヾ}  / , イ     /. : :`ヽ



   ――― 1939年8月23日18時頃・・・リッベントロップはついに、稀代の独裁者と直接対面する・・・





709 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:04:07 ID:yvejGzYk0




          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,         急速に進展する独ソ交渉の動きは
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_      外交暗号電文の解読などで
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\     早くも西側諸国の情報網に引っかかっていました。
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ     すでにこの時、英仏両政府は
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/     ドイツ外相の極秘訪ソの情報を掴んでおり、
         | |{i t    _     / |     急激な独ソ接近に驚愕して緊急閣議を開催していました。
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |





710 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:04:38 ID:yvejGzYk0





                                       i
                                       |
                                       ∧
                                      ノ..λ
                                      /…λ
                                         ====、、
                                      |.|IIII|.|l
   ――― ロンドン。同日現地時間15時頃          /∴∴ヾ、
                                         l,i,i,i,i,i,i,i,i,i,iili;,
                                    _|I I I I I I_|;}、
                                            | |γ⌒ヽ| |ll|
                                            | |,.!、,__,ノ.| |ll|
                                            i''i;;:::;;:::;;:::;i'il|'
                                    =========、
                                        | |'i'i'i'i'i'i'i'| |ll|
           i     i       i      i           | |;|,|,|,|,|,|,| |ll|
          ムi   ムi      ムi    ムi        iⅲⅲⅲⅲill|
          I.Iム,__,I.Iム     I.Iム,__.I.I ム          | |'i'i'i'i'i'i'i'| |ll|
          |l,|I/ i^i |l,|I|     |l,|I/ i^i |l,|I;|         | |;|,|,|,|,|,|,| |ll|
          |_,!__i山i.!_|l.| _ _ _|_,!__i山i.!_|l;|    ム    iⅲⅲⅲⅲill|
i   .i    i   | i"゙∩゙" i |/;;||;;||;;;| i"゙∩゙"i |ll|.l l.i;;:_l_l_!______| |'i'i'i'i'i'i'i'| |ll|
|ー―||ー―||ー―|| i__:;l」;:_,!.|凸凸凸| i__;l」;:_,! |;;,|)))))|;||;;;;;;;;;;;;| |;|,|,|,|,|,|,| |ll|
|=ヘ=||=ヘ=||=ヘ=|Iⅲ:冊:_ⅲ|ⅲⅲⅲIⅲ:冊:_ⅲ|-]]]]]];||=∧=.ロⅢⅢⅢロ|i
| ∩ || ∩ || ∩ ||  iⅢi : | iii iii iii..|  iⅢi : | .|:|:|:|:|;||'~|;;| | | | | | :| |ll|
|,.l」,,;||,.l」,,;||,.l」,,;||_|Ⅲ|__:_| lll lll lll..|_|Ⅲ|__:_| .|:|:|:|:|;||l_.l」;__|_| | | |_;| |ll|
I.[iii].,II.[iii],II[iii]_Iⅲ._冊_.ⅲ|ⅲⅲⅲ.Iⅲ:冊:_ⅲIIIllliiiiiii||iニニ[.二二二二]:|;./ | ̄|
| Ⅱ || ∩ || Ⅱ ||  iⅢi : | iii iii iii..|  iⅢi : | |:|:l:l:i_.!_iii_ .| | | | | :| |//_|_|__
|_Ⅱ_||_Ⅱ_||_Ⅱ_||_|Ⅲ|__:_| lll lll lll..|_|Ⅲ|__:_|_|,|,l,l,i_,l|   l ̄i__| | | //i| (Д゚ )
|_門_l|_門_l|_門_l|__!_而___!_|ΠΠΠ|__!_而___!_|__,;:--ー--------- //i|/ 〈 くV>〉
 ̄ ̄ ̄i,i ̄ ̄ ̄ ̄;;; ̄ ̄ ̄:; ̄ ̄ ̄:; ̄ ̄:´|;;'i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//i|/  ノ__:__|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_;;;l::::!   ;."::: .''.//i|/     U U
 ..     ;' :., ':゙    :" .. "..:' ''.     .;, .'  :;.. ..,//i|/
  ゙゙   ;:'  . ::     :  ..  ;::  ... . .'''     ,:':; .//i|/
::::... . . ....:: ..::   ... ;; :: :.... ,     ""   ,;.:; //i|/



リッベントロップがやる夫対面する直前、
ドイツ外相訪ソの情報に対してイギリス政府はいまだ半信半疑のまま緊急閣議に臨んでいた。





711 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:05:09 ID:yvejGzYk0




          . -―――-  、
        , ´          \
        /      ,  ,、      \
      /  ,   / / / |!   ! ',   ',
     ,'   i  ,', /| /  | ト、 !  |   l
     !   | /!| / !,'   i | ', ト、|   !
     !   ! / ||/ i!     !|. '、 !ヽ! |
      |   |7ー+!- .!_    _!. -キ弋|  l       8月12日から開始された対ソ軍事協定交渉は
      |   !  ,..-=、    ,.=-、  !  !       当初こそ友好的な雰囲気であったものの
      |   !/弋ュノ    弋ュノ \!   !       ソ連側の過大かつ性急な要求のために難航し、
     |   !       ,      |   |        先日22日に無期延期となりました。
       !  |',            ,! !
      |  | ヽ.    _ _     ,.イ| , !        また、つい今しがた入った情報では
        j  !   > , ..._...  <  .| //        ドイツ外相が独ソ協定交渉のために
      //! i | / _zj}     {ュ_ ヽ ,' '∧   ヽ    今日モスクワに入ったとのことですわ。
    /// !.ト、k '´   \._./  `' /,'/_ ヾ、_ ノ)
  . //,'/リ: :\',   /o \  /〃: :\\ー'
   // /: : : : 、: : `¨´〈/八ヽ>`¨´ : :, : : : ', ',
   ! | !: : : : : :\! : : : 〈/!oト.〉: : : /: : : : : ! |
   ヽ!ヾ、: : : :,: :) : : : : {| !} : : :〈: : : : : : :/|ノ

外務大臣・ハリファックス伯 エドワード・ウッド





    ∧,,∧  ∧,,∧        リッベントロップが訪ソってそれマジ?
 ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )      やべえよやべえよ・・・
| U (  ´・) (・`  ) と ノ
 u-u (l    ) (   ノu-u     独ソ同盟きたか?
     `u-u'. `u-u'





712 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:05:40 ID:yvejGzYk0




        _ ____ _
.       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
    /才/⌒^"'゛´⌒ヾヾハ   .イ
    ':// . ′         i  マ:' }Nノ:|
   :.:{_  i        |  }从:.:.:ノ才ノ
   }=:{  !         !二ミ:.:{.:.:.:.:.:.:≦
   ハ:才-==ミ ー=彡 ノィ=ミ从:.:.:.:.:.:.:.才
  ′i/_,.ィ=≠ミx、 ̄ .ィ≠__ i:ハ.:.:.:.:イ
  { :{ xだァ才 ノ /弋辷アハ./.:.:.:.:.:彡      心配は無用だ諸君。
  ∨ハ、ー  .イ  {{     }}.:.:.:.:.:.:く
   ヾ:,ハ.    iゞ≠乂____才ハハ弌斗      これは我々を揺さぶるためのブラフにすぎん。
     i: !  .イ   :|:::..  i |\           やる夫は我々とヒトラーをエサで釣り
.    /' |.fr⌒ヽ   j:/ハ ; i.:.:.:.:.:.<        競い合わせ自らの価値を釣り上げているだけだ。
.>'".:.:.:..\ 廴_.二._,.ィ :} 八:.:.:.:.:.:.:.:.
.:.:.:.:.:.:.:.:.:{iハ `ー=‐彡  イi:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.       独ソは互いに東欧を自らの勢力圏と認識している。
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}\ヘ  ´ ̄` .//,:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:       交渉は成功しえない。
:.:.:.:.:.:.:.:..: }∧\> -=彡.イイ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:. ∧{{   \> '" {{ |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧ゞ≠⌒⌒ヾ=イ:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.

イギリス首相 ネヴィル・チェンバレン




          ゚・ *:  : *・
      *・ ゜゚・ * :  .。. .。.:  *゜
   * ・゜ ゚・ *: . .。.: *・ ゜゚  ・ *  :..
 。. ・ ・*:.。 ∧,,∧  .∧,,∧   .:* ・゜
    ∧∧(´・ω・`)(´・ω・`)∧∧      ですよねー。
   (´・ω・`).∧∧) (∧∧(´・ω・`)
   | U (´・ω・`)(´・ω・`) と ノ     さすがチェンバレン翁、冷静な分析!
    u-u (l    ) (    ノ u-u
         `u-u' `u-u'         リッベ無駄骨乙w





713 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:06:15 ID:yvejGzYk0




                 _,.  -――-   、
              ,. ´             丶
          /                  \
.          /     /        l、       ヽ
         /     /   ,   / l | |、  |     ',
           '     l    /  // / | | l   |l     |
         | |   l   /l / //  | ! l   | l    |
         | |   |  / l / 〃  |i   l  | !  | |
         | |   | /_ j/  /'   |   l |_, l ,  |
        | |   |'  >=、ュ      z=<.|  l/ |   ですが、アメリカ国務省の外交電文を
.          | |   |/|_tッ,|       |_tッ,|\ !   |    解読したところ、彼らはドイツがソ連に対して
.         | |   |--、ー'      ー',--、/|  |    不可侵条約の提案を繰り返していることを
           | |   |ー'      .      ー/ |  l    掴んでいるようですわ・・・
          | l   |、               / |   l
          | l l   l_,>  .._  ,_  _,.  <._ l   l
          |/ ,l   l       ̄        l  l
    , -   / ! l ! l      一'     l , ∧
.   |{   /, | l |l l l             ! /イ /! l



        /.i.:.:.:/.:.://彡.:.:.:.:.:.:才,.:.\
       /.:/ゞイツ才オイ'"´ ̄ ≧==ミ:.、
      ′/            ー=ミ、:.:.ハ
      :.: /              ≠ミ:.:.:.:.{
      |:イ            __   ミx:\.:{
      iイ_-‐ー-ミ_ _ -=ー-ミヽ }.:.>ミ}
      }≠≠ミx.、i{  {! __ィ=≠=ミx、 }.ff⌒ハ        ハリファックス卿、又聞きなど信用できんよ。
     /ハ{ rf≠tァ才__乂/ f云uァハ才从 `ヽ i
     {{ i ー`=彡i⌒ヾ≠ー- ̄  }}  }ヘ ノ.人       なにより口先ではなんとでもいい得るものだ。
     八 !     :i|   ゝ乂   乂   八/(        それこそヒトラーの常套手段ではないか。
      ヽヽ    :i!   __   ̄   /}イ.:.:.:.≠彡イ  ノ
      ハi  / :.|!   ⌒Y      .'.:{≠.:.:.:.:.:.:.:.:才彡"  奴は大声で大げさな芝居をして
        | イ \!__ 才"`ヽ. 、  : : !.:.:.:.:.:.:.:.:.:-=≠    我々をからかっているのだ。
        l {乂_ ____ __ハ }  ノ: 八.:.:.:.:.:.:.:.:≦ー-_
       人 ヽ `ヾ三三三才 ノ   .イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ(气    これ以上、奴の三文芝居に付き合うつもりかね?
.         \ `ー-== イ  /./.|{从:.:.:.:.::Nハ:.}
          iハ        .イイ , {ハハi:.从 り
         _|: :.ゝ..___..イ. : // :}
.        _ { 弌ハ: . . . . : : : >'"  イ:.:\
    _, .. /.:.:.:}  ` < >'"    ´7 }.:.:.:.:.{ ̄  ー-




715 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:06:30 ID:yvejGzYk0




    /                ∨.:.:.:.:ハ
.   . -=ミ _         __   ≧:.:.:.:.{
   ′≠  ヽー- _彡  ´     才.:.:.:.:.}
  {'"⌒ヾ:.、 .l   /        才.:.:._.:.{
.  ∧ ト、  \、i  f{   .斗≠ミ }.:./ }.}
   .゙ヽ弋辷ァハ}ハゞ=彡=三`ヽ  }//ハ.{.{        ともかく、独ソ不可侵条約など絶対にあり得ん。
   }  ー=彳ノ⌒ヾi}>ゞ=才,ハr イ _) .从
  人  ´ .:'′  八 `ー-  }}  ノ. ノ.:′       毅然として放っておけばいいのだ、以上!
   i ヽ _彡′ _,ハ >--<.{{ r  /.:./
   .ハ fr´ 〈!  _彡ヘ     {{ /爪.:.:.{_
   ∧ .r}弌xr'    `Y   {{.′{ .}_:/ }_彡才イ
. _ -‐ヘ ゝ`ー- =ー-' }   {{.  ノ {. {.り.:.:.:.:.-=ミ
二二二.∧  `ー=彡 イ / , ̄ / ∨_.:.:.:.:.:.:.:.:.
ニニニニハ       . イ  /   /   } }≧ー-
ニニニ / }.、     .イ   ./   イ   / .}二ニニ




閣議は信じがたいほど楽観的な結論を出して終了した。
チェンバレンらは独ソの利害の乖離から、不可侵条約などあり得ないと断定。

ドイツ外相の訪ソはヒトラーによる「ブラフ」に過ぎず、
またソ連はドイツの足元をみて過大な要求を突きつけるだろうから交渉は長期化ないしは決裂すると踏んでいた。



           ∧,,∧
    ∧ ∧   (・ω・ ) <結局杞憂じゃん、終わり終わり。
   (ω・ )   日⊂ ノ三
   | U 三  u-u
    u-u
    ∧ ∧               ∧ ∧
   ( ・ω) <どこ飲みに行く? (ω・ )<和民でよくね?
   | U 三            | U 三
    u-u               u-u



しかし彼らはヒトラーの決意とその柔軟性を見くびっていた。

外交使節団ではなく全権を握った外相が直接訪ソすること、そしてそれをソ連が受け入れたという極めて切迫した事実を、
あまりにも無警戒に受け流してしまったのである。





716 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:07:18 ID:yvejGzYk0




一方、ポーランド外務大臣ベックはこの情報に恐慌状態に陥っていた。

ポーランド外務当局は22日にリッベントロップ訪ソの情報をつかんでいたがその反応はイギリスと大差なかった。
ヒトラーの揺さぶりに過ぎないとタカをくくっていた。



         /./                   | |
      _/ /-─'''"~~ ,.二.フ->      ! ,'
    / ./, '-─‐ '" ̄  / '´\\    ,' /
.  / // ニ二u__,/ // u,__ヽ 〉- 、//
  {//-===:、     |.! /  / { | r‐ノ/         /
  /,.イ u   __\、;;;||/ @ 〃,.-;=´イ,ヽ        //
. //ヾ.\ /   @ フ''| |: ミ≡彡' / _\ヽ |       ,' ,'
/ i´r\ヽu`≡==彡v{ .{._,.ノ/u,ノ u_ \!\     / /    そんなっ・・・!
  ヽ.ヽrヽ.} r,ラ',ニニ二´-‐''´、 ̄ ./ヽ/ヽ.ヽ ` ー-/ ./
    \`、レ',.イー' ( __ } | - ’,. ‐ヘ /  ,| |  _//     バカなっ・・・!   バカなっ・・・!
.     `//_| rーrー┬ゝィ‐''1´ ,レ'´  /ン ! /、'´ ̄
     //  ! l‐┴‐┴‐┴‐ '"´  /ヽ/ u |、//  `丶     なんで・・・!  こんなことがっ・・・!
  ,r‐' /   \ヽ.r‐┬‐┬ ''1´.工 -‐'´u  |//\
 / /  /|   \` ┴‐''' ´ ̄ ==''___/// ヽ        独ソ不可侵なんてあってはならんことがっ・・・!
/ /  ̄ ̄|   |    `ー、'''"~~´ ̄ ̄   //
./    |   |      \-───‐- 、//

  ポーランド第二共和国外務大臣 ユゼフ・ベック



だが、ベックだけは事態の深刻さに気付いていた。
祖国存亡の危機に、彼はこの日一睡もできなかったと言われている・・・





717 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:07:35 ID:yvejGzYk0




   ――― クレムリン、やる夫の執務室「角の小部屋」



||[[[[[[[[[[[[[[[ || ||[[[[[[[[[[[[[[[ || ||[[[[[[[[[[[[[[[[[[.||
||==========|| ||==========|| ||============||
||[[[[[[[[[[[[[[[ || ||[[[[[[[[[[[[[[[ || ||[[[[[[[[[[[[[[[[[[.||
||==========|| ||==========|| ||============||
||[[[[[[[[[[[[[[[ || ||[[[[[[[[[[[[[[[ || ||[[[[[[[[[[[[[[[[[[.||
||==========|| ||==========|| ||============||
i⌒⌒⌒⌒⌒i|| ||[[[[[[[[[[[[[[[ || ||[[[[[[[[[[[[[[[[[[.||
i'--、_______, -'、  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
i丶_丶  丶\\          ____     \
」\| |-----ヽ| |          |\       \,.-、  \
 l\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\         |  \      \}    \
 | | .\__________\       |   \      \    \
     | |-----------| |        \    | ̄ ̄ ̄ ̄|      \
       .i~⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒i  \  |        |       \
   .(ヽ~ヽ:i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l    \|____|        \
    ヽ.\ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!ヽ  .                     \
     \ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::)                    \




         / /  / /      iヽ   :.   } j |:. ..  |:.   !::.   ::  l:::::::::::::ト、ヽ
           ,   ' / .     「´',  ::i.. //  ト、::.:::.. !i::. l:::::.  :|::::.. l::::::::::、{ `
            i∧ !/  i  :::!|  、 :::l〃. :::...l__;:::i、:. H::: |:::::::. :ト、:::::.|::::::/
            !  V  : ::| :. .::!l l   ヽ /厶::::ト、:|__V_∨ l:::l::::i::::..::l、_ヽ:::|:::;′
         |   ', .:. :::l ::.::ト、!_   ハ::「'´ァⅵ芯:リア  |∧ハ:::::!、 }:\:i          ・・・目下、欧州情勢は緊迫しています。
               }:∧:.::::}ハ:if卞心.   ヽ   ゞ-'        ';::|ノ /:::::: !          だがその責任はドイツにあるのではない。
               |'  ',::::ト、:|` `ー'}     `          }i /::::::、|
                、:! };ハ  /                  iイ::::::::::::| `          ドイツ政府は正当なドイツ民族の土地の帰属と
                ヽ  . '           U     j V:{:::::::!           そして民族自決の権利を主張しているだけです。
                     ヽ \              /  i:;ハ:ト:ト
                       \  -― ''"´  u    / /  | ル' :|__          ダンツィヒはドイツ人が住むドイツの土地なのです。
                      ヽ  ー '     /   /  /: : {::.::`丶、
                        v ,.小. 、  /    /,. '´. : : >^:ー-::_:`丶、
                           ∨川liい>'   . '"´   . : :/::.: : : : : :`ヽ、::.\
                           ,ィ`7卞´  /\    . :/::.: : : : : : : : : : : :ヽ
                     _,. ァ'"´/_ ! } / _,. -   . /:―-: :._: : : : : : : : : :





718 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:08:15 ID:yvejGzYk0





                     _r'´  ̄   ̄``‐- 、
                   ./  l           \
                   ./  /!   l         ヽ
                  /ィ /,' /レ」/! /  l       ',
                  /ィ〈./' ' `l'.レ/.  l  l ,     ',
                   ´ / 、""´ /ィ /ル /レl /    l`      翻って、ポーランドの軍事政権は
                  .<      ´ .イ'//リ_ハ!    ヽ      その軍国主義的野望から
                   `    u   l/r<    /レ'` `      我々の正当なダンツィヒ返還要求を拒絶している!
                    ヽ ̄`    ./  l   ./
                     ,'i i i , , __,ノ,  .'レ、 /           そして英仏は軽々しくも彼らを甘言により惑わし、
                    .ゝ-==´ ,-'‐――'‐'┐          ドイツへの挑発行為を唆しているのです!
                      /'/」  ,. .、-‐┬ヽ、
                     ∠_ >ニ/ヽ: : :ヽ_: '-‐<         イギリスに至っては独ソ両国民に、
                     // ̄:ヽ;/´ ̄:.:.:.:.:.:.:.:ヽ        互いの国への疑心暗鬼を吹き込み
                   //`丶/´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',        衝突に導こうとしている!
                  /./_: :/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
                 /./: : :/:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
                 ゝフ`:'´:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.l





719 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:08:45 ID:yvejGzYk0




       _i´ ̄  ̄ ̄ ̄  ̄ ` : ,
  _ >'´ ,.i!            \
   ,.イ/ '  ム:i              ヽ
 / / :' /   !.   |:、          ト、
彡'  '   ! !   ! ,、. !: ':.         ム ヽ
  i  !. ! !   レ_;ヾム≦\        ハ  :,
  | 从 |__j   イ ,:>.:::::┬‐チ        i  :,
  |/}'´; .、〉    ゝ ゙'-' ' ∧|ヽ.  i    | ハ       イギリスは我が国を侵略主義だと言うが、
    K i:::ぅ'゙    ` ̄       ハ |マ   |  ム       彼らこそ世界中に植民地を持ち、
    |   { - .             |N:ハ !从|   :,      その支配維持のために周辺諸外国を
ハ  |  ヽ `              ´ ヾ|ノ /i .ハヘ      相争わせようとする扇動者だ!
 从iヘ                    }!- ,イ,′ ヾ:,
    ∧   ,.- ― - 、          ,='゙  !        イギリスはその僭越な世界支配の野望のために
     ∧  ゙´ ̄  ̄ `         ;   N         如何なる時も独ソ関係の発展を妨害してきたのです!
.      ∧  ´ ̄             /!  :N
       ハ  ノi:| ! !:i 、     ,  ゙  j/!iハ:!
       ヘ//, | l l lムヾ ,.  ゙    / |从|
        ∨>= '´  ,  ,. =ニニ二三 |
         `ー―i― '´ ./ |         |、_
           /ヾ}  / , イ     /. : :`ヽ
          ー┬ム  {´         / ̄: :.`ヽ :}.、


     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\
/    (ー)  (ー) \
|       (__人__)    |  ・・・・・・
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /





720 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:09:15 ID:yvejGzYk0




          ____
        /_ノ  ヽ\
      / ( ①) (①)、       ・・・まさに的確な情勢分析だ。
    /::::::::⌒(__人__)⌒\      イギリスは狡猾な方法で他国を争わせようとする。
    |      |r┬-|    |      これは欧州外交史が証明している。
    \       `ー'´  /
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ    ベルリンの友人がイギリスの口先に
  \ ヽ  /         ヽ /      惑わされていないのは幸いである。
   \_,,ノ      |、_ノ



            _ ___ _
            . ≧二二ニ: : :ヽ
          /      _三二 \
       ー≠ -‐=. : : ̄  : : .  `ヾ : .
      / / >  ,     ヽ      : .,
      }//, /  / / ハ}v :i         :.
      7 / .ィ .イ: / /^v;}  ハ ヽ    ハ
      { !:{/ }/:i{/イ  / ハ  {  :i     抃      (ホッ・・・
      从{ frhx从  /ィ,イ__}: {  :!  /  {:7       よかった、反応は上々のようだ)
    _____,: Vハ   二.,__从i }  ; イ   j(
.    /ニニニi   ̄j    Vfr刋 ヾN从/^7 イ        我が国としても、ソ連のように
  _/.ニニニ ∧  〈     ^≠ー ' イ/ソ/ィ(         イギリスの野心を見抜き、その計略の
 /-ニニニニニハ ヽ      U ,ノー'\\         片棒を担ぐことを拒否する大国が、
./ニニニニニニ / -‐≠ミ; ー '  ,. ィ }ニニニ∨_\       なお欧州に存在することに安堵しております。
ニニニニニニ.7 ⌒ <v V≫ '"> ´  {ニニニ-{ニニニ-
ニニニニニ 7 ⌒\ {ヘノ> ´     /ニニニ7ニニニニ-_
ニニニニニ /  ^\ {ノイ.      //ニニニ/ニニニニニニ
ニ> '77  fハ  }ノ{     /.:./ニニニ7ニニニニニニニ
ニニ-/_{   jーく{ ,ノ  ,.. イ.:.:.:7ニニニ-7ニニニニニニニ
ニニ {ニニ>ァハ.:.:.:.:^≠.:.:.:.:.:.:.:. /ニニニニ/ニニニニニニニ
ニニ 乂ニニ /.:.:.:.:/ .:.:.:.:.:.:.:.: /ニニニニ/ニニニニニニニ
ニニニニ-ア/.:.辷-{-rx:.:.:.:.:.:./ニニニニ/ニニニニニニニニ





721 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:09:56 ID:yvejGzYk0




                 /               /ヽ∧     !    !、
                 l      /         !、,、,、,、!     !     !l
                 l      /         l    l     l     !l
                 !     /         l    l    l      !、
                 l     l   ト、     .!    l    .l、    l  トヽ
                ./.ィ     l l  .l__', l、 ト、  .!    ! / /リ l   / ト ', `
              ./'´l     リ、 ∧l_リ.`ヽ寸、l    .l斗ィ/サ‐レ ./!/  .l `\
                 ! ,  !   l.リ<ト,)云示      ィ'孑―z、.レ!  、 !
                 !l.', リ、   !  ゞ―イ ,ィ      、.ゞ.歹, '´ .l /レ .l !
                 リ .N l   l     '´       `  ̄   ,'/   リ     イギリスの計画を阻止し、
                   l ゝリ、.  ',.          l:、       ,'リ        欧州の正義を守るためにも
                   レ′ト、ト、 ',          j:/     ./'         独ソ両国は団結するべきだと
                     l 、ヽヽ!        '´      /          考えています。
                     レヘ .l\.   、--- ---‐ァ   ,イ
                       レ! \   `二二二´  .イリ           ゆえに、我が国は貴国との
                      _,                    ,.:.:':.:.:.:.:! \. ',  \i i i. i. i /  l 7
                 /:.:.:.:.:.:.:.:.」  l`丶、  ` ̄ ´  ./l ./、
               /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l !  l   \    ./   '/:.:.:.:.`:.:....、
             ,..:.'´.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::l 、 └―--.ゝ   /, -‐┘!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:....、
          , -「:.:.:.:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l \      ', /´   .! .l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ 、



               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (ー)  (①)  \
            |      (__人__)     |   ・・・・・・
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \





722 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:10:20 ID:yvejGzYk0




          /              \
       /                 ヽ
.     /                    ハ             この不可侵を以て、両国通商関係の保証、
    /                、      !             そして万が一ドイツとポーランドが開戦した場合は、
    l              /∨.l     !             我が国の正当性を確認していただきたい。
    ,'             ,   !'`´`! ,   , !
   /イ  i    ,    .l.  .!l   !,イ. , 、.!'
   .′|  |    !.,、.ト、 .M.  !l  ィムlィ/! l ' .       r‐ 、     無論、タダでとは言いません。
    l / レ1   ハ|メ‐ヽ厂!ヽ|` 'ニ  ,'/ ,、l.         l  .l
    ' И{.、', i リ ' ‐-‐ニ,   iヽ ̄ ,' .l. '       l  .l     両国の勢力圏確定のために
      l,ヘ_ヾY      ´    !  .ハ/'         .l  .l     最大限の配慮をしましょう。
       l `ー;          /  /          .l  !
       .!ハ l.ヽ        __  /、 .   r‐ 、  _,_ l  |
      ./'l. リ、ヽ\    `''ニ´- ./ヽ`丶、...', ヽ /  `‐-'、
    ,-'"_____',  \ ` 、, i i i i,//`ヽ:.:.:. .l   ソ  __,,  ヽ
 ,..:.'´1l; ; ; ; ; ;',   `丶、 `ーァ‐ヘ: : : :ヽヽ:.:.l .〈  /     .}





723 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:10:47 ID:yvejGzYk0




         / /  / /      iヽ   :.   } j |:. ..  |:.   !::.   ::  l:::::::::::::ト、ヽ
           ,   ' / .     「´',  ::i.. //  ト、::.:::.. !i::. l:::::.  :|::::.. l::::::::::、{ `
            i∧ !/  i  :::!|  、 :::l〃. :::...l__;:::i、:. H::: |:::::::. :ト、:::::.|::::::/
            !  V  : ::| :. .::!l l   ヽ /厶::::ト、:|__V_∨ l:::l::::i::::..::l、_ヽ:::|:::;′
         |   ', .:. :::l ::.::ト、!_   ハ::「'´ァⅵ芯:リア  |∧ハ:::::!、 }:\:i     英仏は独露の国土を分割し
               }:∧:.::::}ハ:if卞心.   ヽ   ゞ-'        ';::|ノ /:::::: !     ポーランドなどという鬼子を生み出した。
               |'  ',::::ト、:|` `ー'}     `          }i /::::::、|
                、:! };ハ  /                  iイ::::::::::::| `     ポーランドは完全に解体され、
                ヽ  . '                 j V:{:::::::!      その土地は独ソのもとに復帰すべきです。
                     ヽ \              /  i:;ハ:ト:ト
                       \  -― ''"´       / /  | ル' :|__
                      ヽ  ー '     /   /  /: : {::.::`丶、
                        v ,.小. 、  /    /,. '´. : : >^:ー-::_:`丶、
                           ∨川liい>'   . '"´   . : :/::.: : : : : :`ヽ、::.\
                           ,ィ`7卞´  /\    . :/::.: : : : : : : : : : : :ヽ
                     _,. ァ'"´/_ ! } / _,. -   . /:―-: :._: : : : : : : : : :



    ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
    〈● ノ\   /\ ●〉
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
.     )    Y    (
   /γ⌒     ⌒ヽヽ
   /  |         |.i     異論ない。
   |   ヽ__人__ノ |     まさにそのとおりだ。
    \     `ー'´  /
    /      ┌─┐      つまりドイツによるポーランド攻撃の後、
    i    丶 ヽ{ .茶 }ヽ     その土地の一部は我が国に割譲されるわけですな?
    r     ヽ、__)一(_丿
    ヽ、_____   ヽ ヽ
     と_____ノ_ノ



英仏はドイツによるポーランド侵攻を阻止するために尽力していたが、
この時すでにソ連政府はドイツ・ポーランド戦争を既定の事実として認識していた。





724 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:11:11 ID:yvejGzYk0




             ,.. -‐=ー- ..,乂
         ,.. : ´          ヾハ{イ
     ー=≠才         \ }Nハ :\
        / ≠ミ:   ヽ      j{ iNiNl  \
.      / /,   V }  ∧  ∨ :, 川!リ  \ヽ
     /イィ/  i {ハ}ハ   ∧  V i   :, :}  : ー     外交的手段が尽き、やむを得ず戦争に至った場合は、
         /   :| {   ∨ハ斗≠えー|   :{/  : !      そういうことになりますモロトフ外務人民委員殿。
      /}:   !=ミx  \≠-‐=ミ ! i  }=v 从
    }ハ }/{  |____j!  乂__frりア, j /{ :f_∧ /       具体的にはサン、およびナレフ両河川に沿って
    i :| }イ∨: i  ̄;   ー  ̄ . /イ :} 7ノ /:{        ワルシャワ以東の土地を貴国に割譲いたしましょう。
    | :!   )从 〈  : .          j/f^.イ :{
    | :!     ヽ ヾ ^  __,       ,:^N }从       ですがポーランドがリトアニアから分捕ったヴィルノだけは
    | :!/^ヽ /⌒i:,∨二二7    イ  }/(        リトアニアに返還させていただきます。
     j./,斗-、V  / ヘ^ォi iハ   イ  ,..斗=ミ
     { ィ ー-ミ  ′ ヾー=≠"  ≠  ./.:.:.:.:.:.:..




   |   |       |   ∨     /´  \ノ●リガ   :
  .√   .|      /´        |             :
/ 《 ̄》 .|  《 ̄ ̄          .|¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨:     :                 ●モスクワ
   个´  ヽ~´            /       :¨¨¨¨¨¨¨
  <>                _  |       ://////:
\_==¨ ̄>     ,,-─¨~》   > ~~~:     :///////:
       `\,,,,≠~~ :   `ヽノ´   :¨¨¨¨¨¨////////:
             :     :     ://////////////: ●ミンスク
            :¨¨     ¨¨¨¨¨¨¨//////////////:
            :         ////////////////:              ソ連
           :  ワルシャワ○/////////////////:
           :          ////////////////:
ドイツ        :          ////////////////:
            ¨¨:        //////////////:
              :        /////////////:              ●キエフ
              ¨:      /////////////:
               :¨¨¨¨¨¨¨¨: ////////////:
          :¨¨¨¨¨       ¨¨¨://///////:
          :              ¨¨¨¨¨¨¨://:¨¨¨¨¨¨:
          :                    ¨:      :
          :¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨:   :      ¨:
          :                :¨¨¨¨¨        ¨¨¨:  オデッサ
¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨:                .:¨               :  ●/ ̄》__ <´ ̄


////・・・ソ連側に分割されるポーランド領


このリッベントロップの提案では、ソ連側は一切の労を払わずにポーランド国土の東半分を獲得できた。
これではポーランド・ソヴィエト戦争で失った土地を取り戻しても釣りがくる。

大戦前の帝政領土に比べれば東方に100km近く後退していたが、それでも申し分ない内容だった。




726 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:12:13 ID:yvejGzYk0




        /     ,        ,       /、
.       /     /       / ィ/ //   イ \
      /    //ィ       / /x!,ィ/,イ  / /ヘ   {
      ,イ /  ハイ' |  j|  /l/ ' ,レ≧x;ィ イ / /   il
     厶‐ァ  ´ i"(ミxリ! / | ,:′  ヾテヌゞレ'l/ /ィ  i !
      / ,イ  ヾ 辷 |,′l/      ゞ'’  :' ,ィfナ ィヾ!
.     /'′| i   ゝ-、"        ´   {;リソ〃リ
       jN    i !            ヾ /′
        レ{ , ,ィj li!      、     イ
       ___j_ムチ ヾ\     ` ̄ ヽ /′          どうです?
       j    ̄ `丶 、 \;///,ィ.,;._` /
   ___ /           1ヽ `ー:、≧{ `ヾ:、            この内容であれば
  /:::::::`:.ァ:、.___     !  \ }/´`ー- 、 ヽ          満足していただけると思いますが。
/: : : : /: : : :`丶ミ≧:、 L___ゞ(  ;ャァ'´ ̄ `ヽ
:-: : :/: : : : : : : : : :_≧ュミ:、    };>'  __    ‘,
`:、`ー-:、: : : : : : :/: : : : :\、 才{__ .ィ´       ヽ
.:.:.:.:`ヽ、\: :./: : : : : : : : : \ノ;ィ{ 、___,       丶
.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ. \: : : : : : : : : : : : :Z、 ≧一’{`ー      Yヽ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:≧ ヾ: : : : : : : : : /: ≦ ゞ: : : ゝ       |⌒V



      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈 ● ノ\   /\● 〉
      ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
.      )    Y    (
     /γ⌒     ⌒ヽ\
.    /  |         |  ヽ
.    |   ヽ__人__ノ   |     ポーランド問題の処理については異論ないね。
    \     `ー'´     /
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ      話を進めよう。
    /      ,⊆ニ_ヽ、   |      貴方が先ほど仰っていた両国の
   /     / r─--⊃、  |     東欧における勢力圏確定についてだ。
   |  ヽ,.イ   `二ニニうヽ.  |





727 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:12:48 ID:yvejGzYk0




              _ノ
       . . -‐: :=: : : : ー-ミ
.     /. : : : : : : : : : : : : : : : : `: ..
     ′. : : : : : : : : : :.、ー-ミ : : : : `ヽ
   乂. : : : : , : : : ォvi. : :\: : : : : : : ハゞ
  .才: :: :: :::/.: ::::// : :i : : :ヾ : : : : : :.∧
.   ′:::: :::/ : : : :.′ 乂:{ : : :ハ: ハ: : : {:!
  /才{:i|!/抖竿ミ、   }八≧≠ミ::!: : 从
 イ }:i :N{才>-=ミ`゙  ノ 斗r-=ミNリ Y:;
   从(ハ{《八:うjノハ   ゞ:りイ 》 }ア}}′
    八 从      :i        .i 八   (いいぞ!思った以上に
     \'.      '        ,/
      ∧     ` ゛      ハ      話が順調に進んでいる)
        \ `ー -- "´ .ィ:、
         fi≫ 、/从ハ, // {
       /} ` :<ー-<イ  {\
      /.:.:_{  .L _ヽ /_ノ   .Vハ
     . イ.:.:.:.:.:.{     V _ -‐  }}.:.:.\
 >.:´.:.:.}:_:_:__∧ ー- }!     ′_:_:_:}`:.<
 .:.:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.:.:.∧    :i    /.:.:.:.:.:.:.:.}.:.:.:.:.:.:.:.`



         ___
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(①)  .(①)\      ヒトラー総統は予てよりヴェルサイユ体制の
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \    不当性を主張してきた。
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |     これは我々も強く同意するものだ。
  . \ ヽ           /





728 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:13:35 ID:yvejGzYk0




               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /:::\:::/::\.   |   |    前大戦の時、フィンランド・バルト地域の分離主義者どもは
   / <①>::::::<①>\  !   !    ロシアの国難に乗じて不当な政府を建てた!
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l    そしてルーマニアに至っては我が国領土であった
  |     |!!il|!|!l|      |  /    ベッサラビア地方を武力で奪い取ったのだ!
  \     |ェェェェ|     //
  / __        /       ヴェルサイユ体制はこれら不当な諸国を承認している!
  (___)       /        まったく受け入れられない!



      ノ L
      ⌒
   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈○ ノ\   /\ ○〉ノ L
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ ⌒
    )    Y    (        ふ、ふふ不当に奪われた土地はっ
   /γ⌒     ⌒ヽ\       正当なる所有者の元に復するべきだ!
  /  |         |  ヽ
  |   ヽ__人__ノ   |     そうではないか!?
  \     `ー'´     /





729 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:14:03 ID:yvejGzYk0





             /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
           /: : :             \
          /: : : :            \
        /: : : : : :               \       我々は失われた土地を取り戻す。
       / : : : : : : : .._         _    \
       |: : : : : :  ´⌒\,, ;、、、/⌒`        l      フィンランド・バルト諸国・ベッサラビア地方は我々のモノだ。
       |: : : ::;; ( ① ) ノヽ ( ① );;:::     |     いかなる手段を用いても取り戻す。
       |: : : : :  ´"''" ,      "''"´       l
       \ : : : : . . (    j    )、     /      ヒトラーはこれらを我が国の勢力圏と認めるか?
         \: : : : : `ー-‐'´`ー-‐'′   /
         /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : /\        我々のレコンキスタを認めるか?
        / ∧::::::::::::::>、r‐'".::::::::::::::∧   、
        イ   | '::::::::::/ ̄ ̄ヽ::::::::::::::` |   }丶 、
  ,.  '"   /    |  ヽ::∧    /\::/  |     !  ` 、



                      _
               , -‐ ' ´ ̄  `  、
              /         ―--.ァ
            ./       ,      .ハ、
           /        /    /  ./  トヽ
           /    /    l   !,ィ  /l  ヽ `
          ム'   / . i   レ ィAト<N. l !リ`
          /ィ   .レメ',i  , ∧! '、''¬` .,''`'
           レ、   !爿ヘ l'    ̄ '´ ヽ、
             ヽ.  \ゝ、l         /         (きたか!)
              ヽ,  ,八  u   , -―, '
           _/: ヾ'´  !`> 、  , i i j
        _/:.:/-―仆、     フ/iニ´、‐---― ―- 、
    . -‐':.´:.:.:.:.:.:./: : : : l L ヽ.  / 」 l: : :`:',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
   /:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:/'´ ̄:`! 、 ̄V´ ̄ィ !-‐: 、',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
  ./:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./: : : : : :!  ゝ`l /  .l : : : : ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
  l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./´: ̄: `:!    l    /!'´;  ̄`ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`-、
  !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〈/: : : : : :!、   l    /;;l: : : : _ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i





730 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:14:56 ID:yvejGzYk0




                        __, ― ――-- 、
                      , ' ´´7         `  、
                     /    /l           \
                   /   , l '」 ,      i 、    ヽ
                   /ィ   l .l`´l l、  l、 l   ! l.    ',
                   ,' l  /l l.  l l ヽ_」寸ト、 !  !.    '、
                    l  l l‐-リ、 ',「´ィ云zァ Ⅵ  !    ト 、
                   /1 ,Ⅵィ'心!  、ゞ孑'´   レ、 ,'  ト、 ヘ',`    (ここが勝負どころだ!)
                    レ ! ィ.l`´/   `     l / /' !| .|
                     l/ l l 、          И l/ィ/ , !      ・・・バルト三国のうち、リトアニアは
                        、`          i/斤'´ リ`      我が国と不可侵条約を締結しています。
                        ヽ  ' 二  ̄     イ !.  ,'
                         ヽ , i i i , , 、/  .レ!Ⅳ_       同国は我が国の勢力圏にあり、
                          ヽ.l ! i イ´  /-‐'  ̄ /、      これのソ連併合は認めがたい。
                          /´.',  /´.!    ノ_: :\
                        /    l / -‐┘  / :  ̄: :ヽ、
                         ̄_二ヽ レ'´   -‐'フ--―- 、 /:.:.:.`‐-. 、
                       ,. :'7: ̄ :7<-‐  ̄-‐/ : : : _: : /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄:`‐- 、
                    -‐':´ : /: :_ ├ζ二-‐/-‐ ´ : : : ∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                ,. :'´:.:.:.:.:.:.:.:/' ´: : : :,' ./   ./: : : : _ : : /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
                /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ : : _: :l ,'    /-‐': :´ : : `V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l





731 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:15:14 ID:yvejGzYk0





       _i´ ̄  ̄ ̄ ̄  ̄ ` : ,
  _ >'´ ,.i!            \
   ,.イ/ '  ム:i              ヽ
 / / :' /   !.   |:、          ト、
彡'  '   ! !   ! ,、. !: ':.         ム ヽ
  i  !. ! !   レ_;ヾム≦\        ハ  :,
  | 从 |__j   イ ,:>.:::::┬‐チ        i  :,
  |/}'´; .、〉    ゝ ゙'-' ' ∧|ヽ.  i    | ハ
    K i:::ぅ'゙    ` ̄       ハ |マ   |  ム      ・・・しかし、それ以外は異存ありません。
    |   { - .             |N:ハ !从|   :,
ハ  |  ヽ `              ´ ヾ|ノ /i .ハヘ     フィンランド・リトアニアを除くバルト地域・ベッサラビア地方・・・
 从iヘ                    }!- ,イ,′ ヾ:,
    ∧   ,.- ― - 、          ,='゙  !       これらの土地におけるソ連の主張に反対しません。
     ∧  ゙´ ̄  ̄ `         ;   N
.      ∧  ´ ̄             /!  :N
       ハ  ノi:| ! !:i 、     ,  ゙  j/!iハ:!
       ヘ//, | l l lムヾ ,.  ゙    / |从|
        ∨>= '´  ,  ,. =ニニ二三 |
         `ー―i― '´ ./ |         |、_
           /ヾ}  / , イ     /. : :`ヽ
          ー┬ム  {´         / ̄: :.`ヽ :}.、
             ∧マム/         / ̄ `ヽ: : : ///へ
          /: ハ∧{:     /. : : : : : : : :::///////>
        イ/.´ ヽリ i!:    / ̄ ' ,: : : : :://////////



      ____
     /\  /\
   /( ①)  (①)\
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\     っ!!
  |     |r┬-|  u    |
  \     ` ー'´     /





732 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:15:47 ID:yvejGzYk0





   ――― 同日18時頃、フランス、パリ。



      ┌I─I─I─I─I─I─I─I─I─I─I─I─I─I─I─I─I─I─I┐
      ヽ二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二/
       | ∩. .∩. .∩. .∩. .∩. .∩. .∩. .∩. .∩. .∩. .∩ |
      | ̄..≡. ̄≡ ̄≡ ̄≡. ̄≡ ̄≡ ̄≡. ̄≡ ̄≡ ̄≡. ̄≡.. ̄|
     |二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二|
     \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
      | 三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三 |
      | _____   ____________  _____  |
      | |¢ ∬ § ξ.|  |   ,-'''゙゙゙゙ ゙゙゙゙̄'''-、.  .|  |.ξ § ∬ ¢| |
      | |. (    ∧∧ |  |  / ,-'''゙゙゙ ゙゙゙̄'''-、 \ |  | ∧∧    ) .| |
      | |⊂、⌒⊃^o^)|  |. ,:' ,,:''.        .'':,, ':, |  |(^o^⊂⌒_.つ| |
      |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   |/ /            ヽヽ|    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |
     |二二二二二二二二二|  ,-''゙゙゙ ゙゙゙̄''-、  |二二二二二二二二二|
     \________|  ,:'' .    . '':,  |________/
      |            | |         | |            |
      |            | |         | |            |
      |    ∧∧.       | |         | |      .∧∧     |
      |    (,,゚Д゚)      .| |         | |     (゚Д゚,,)     |
      |    |⊃|     .| |         | |    ⊂|⊂ |     |
      |   ~|  0     .| |         | |     ⊂,,ノ~  ..|
      |    し'´       | |         | |      ,,∪    ..|
      |  ┌───┐   .| |         | |.   ┌───┐  |
      |  │      │   .| |         | |.   │      │  |
      |  │      │   .| |         | |.   │      │  |
      |  │      │   .|/           \|.   │      │  |
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



クレムリンで独ソ代表団の交渉が進んでいたころ、リッベントロップ訪ソの知らせを聞いた
フランス首相ダラディエは国防関係者を緊急招集していた・・・





733 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:16:06 ID:yvejGzYk0




                  _,,,,..,,_
      , -‐-、   _,,,,..,,_  ,'    ヽ
      l    ヽ,.-''"    `゙''、⌒)  i
     i  (⌒"         `ヽ ノ
      ゙ゝ'' ,-‐-、,' `ー‐‐ー" `、
      ,'    ●     ●     i.    ヴォロシーロフは協定交渉の無期延期を通告してきた。
      !                l    これでポーランドがソ連の支援を手に入れられる望みは
     │      (⌒)    ∪ │    事実上、潰えたというわけだ。
      ',     ,,___人___,,,.     ,'
      丶    レ-‐-、}     /     僕たちはどうするべきか?ポーランドが地図上から消え去るのを傍観すべきか?
       ヽ     ̄ ̄ ̄   ,.'       そうでなければ、僕たちにいったいなにができるんだろうか?
        `'-、_  """ _,.-'´
          `゙''ー-‐'''"

  フランス首相 エドゥアール・ダラディエ





734 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:16:27 ID:yvejGzYk0




         /´ ̄ `ヽ,.   -    ―   、
.        | r'⌒/              __
         、. /               ヾr.、ヽ
.         /      ``ヽ、 ,.         ヾ' ノ
         /    U    ●       ー-一  、   ソ連のポーランド支援の見込みがない以上、
                          ●      ほかの東欧諸国がポーランドの味方をする可能性はない。
                    Y ⌒ヽ    U
        .             ゝ-r. '       |  ポーランドは東欧で孤立している。
        、         __ 人
        ヘ        ´ l´ ̄``ヽ「`         この状況でドイツによる攻撃発生の際、即座に開戦すべきか?
         ヽ        ム- ―-、.!     /    それとも開戦準備のために数か月の猶予を持つべきか?
           ヽ         '⌒      /
          ,.r<>、           ,.ィ



          ,,.。.-vヽ─ー、
        ./゛./'v"^^^^^゚t ^、
        /、r゜       '7.ヽ
        l..l゜      ,,  .l(]
        ヽ( ./,,]]l. /(,,]]ft |
        」゜  ^^^"l. 〈^^^^^ |           え、なにその消極的姿勢は・・・(失望)
        t    (,,,,,,_、   f
        .ヽ   _,,g,,,,,,t  |            ポーランドを見捨てるとか欧州の大国として
         ヽ ヾ゚゚;;[[,,,゚-  」             恥ずかしくないのかよ?(軽蔑)
          t,,、     ,,/、
          ,,llg_^H49f^^^;,;,;;;;;;;;llgg,,,,,,__
       ,,,,g;;;;i.i.i.i.g、gkg:.:.;,;,;,;,;;;;i.i.i.i.i.i.i;i;i;i;llggl.,,,,
    ng;,;,i.i.i.i.i.i.i.i.;;;;;;;;;,;,;,;,:.:.;,;,;,;,;;;;)(ll;;;;;;;;]]^^゛]i.i.lili]
  ..l5;,;,i.i.i.i.i.i.i.i.;;;;i.i.;;;;;;;;]_^;,;,;,;,^[(^゚。__,,;,;,,,]k g,,]lilii;i;
  ,,g;,;,;,;,;;;;;;;;i.i.;,;,;,;,;,;,i.i.;;;;;,;,i.i.;,;,[.l^,,.l](^^^(]llll,,;;;;i.i.lilii;i;
_g;,;,;;;;;,;,;,;,;,;,;;;;;,;,;,;,:.:.;,;,;;;;;,;,(゚l;,;,;,;,l..lg][,,,,gggllll;;;;i.i.lilililii;i;
;,;,;;;;;;;;;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,:.:.:.:.;,;,;;;;gg;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i.i.i;i;lilii;i;
;,;,;,;,;;;;;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;;;;[[ll;,;,;;;;;,;,;;;;;,;,;;;;](,,;;;;;;;;i.i.lilii;i;i;i;

  フランス軍参謀総長 モーリス・ガムラン





735 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:16:49 ID:yvejGzYk0




                 __    _____   _... .、
                 γr‐ミィ ´    u `'" <⌒j i
                { y´  ー-   、..-一 `ゞノ
                  Y    ●    ●     ヽ
                |     ,-‐-、     u  i         しかしガムラン参謀総長。
                |     弋___,ノ      |__
                     i  u  r、_人_..ァ    厂:`ヽ      フランスはこの状況でドイツと戦えるだろうか?
    ,. - 、          >、    ` ニニ " u ,.ィ≦ミ : : L_
   イr=‐:、ヽ   _,..-一く: : \  ,.-―- 、 /"´  `ヽ: `Y
 ,ィ{ {.:.:.:.:.) ゝイ´     ヽ: : : `y' r=‐:.、 Y_.._    _ノ : : ヽ
 {rミ. ゞ-" r'ニミ`ヽ     ,.斗='´  {.:.:.:.:.:.} /r=‐、ヽ /: : : : : : \_
 ヾ:ノ    廴:.ノ i} _.' ´   | {⌒i  `¨彡  {.:.:.:.} Y: : : : : : : : :. ̄7
  \      ̄,ノ'"´     Ⅵ;,;ノ        ゞ=" /: : : : : : : : : :/ヽ



この時ガムランは戦争状況について極めて楽観的な推察を披露した。
彼の見積もりでは連合側が動員し得る兵力は英仏160個師団にポーランド80個師団、
そこにオランダ・ベルギーの30個師団が加わり総兵力270個師団に上る予定であった。

ドイツ軍は総動員したとしても兵力200個師団程度と考えられており、数字上は大きな優位を得られると考えていた。



          ,,.。.-vヽ─ー、
        ./゛./'v"^^^^^゚t ^、
        /、r゜       '7.ヽ
        l..l゜      ,,  .l(]
        ヽ( ./,,]]l. /(,,]]ft |
        」゜  ^^^"l. 〈^^^^^ |            ベストを尽くせば結果は出せる(至言)
        t    (,,,,,,_、   f
        .ヽ   _,,g,,,,,,t  |             フランス共和国の辞書に敗北の二字はないから。
         ヽ ヾ゚゚;;[[,,,゚-  」
          t,,、     ,,/、
          ,,llg_^H49f^^^;,;,;;;;;;;;llgg,,,,,,__
       ,,,,g;;;;i.i.i.i.g、gkg:.:.;,;,;,;,;;;;i.i.i.i.i.i.i;i;i;i;llggl.,,,,
    ng;,;,i.i.i.i.i.i.i.i.;;;;;;;;;,;,;,;,:.:.;,;,;,;,;;;;)(ll;;;;;;;;]]^^゛]i.i.lili]
  ..l5;,;,i.i.i.i.i.i.i.i.;;;;i.i.;;;;;;;;]_^;,;,;,;,^[(^゚。__,,;,;,,,]k g,,]lilii;i;
  ,,g;,;,;,;,;;;;;;;;i.i.;,;,;,;,;,;,i.i.;;;;;,;,i.i.;,;,[.l^,,.l](^^^(]llll,,;;;;i.i.lilii;i;
_g;,;,;;;;;,;,;,;,;,;,;;;;;,;,;,;,:.:.;,;,;;;;;,;,(゚l;,;,;,;,l..lg][,,,,gggllll;;;;i.i.lilililii;i;
;,;,;;;;;;;;;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,:.:.:.:.;,;,;;;;gg;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i.i.i;i;lilii;i;
;,;,;,;,;;;;;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;;;;[[ll;,;,;;;;;,;,;;;;;,;,;;;;](,,;;;;;;;;i.i.lilii;i;i;i;



しかし、連合軍の実態は質的に大きくドイツ軍に劣っており、動員兵力においても事前計画の数値に達することはなかった。
全般的にフランス軍部の予測は自軍の状況を過剰評価しており、連合国の戦略的判断を誤らせてしまう要因となった。





736 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:17:26 ID:yvejGzYk0




結局、会議はポーランド支援の履行あるのみと結論する。



      ,-‐-、
     / ,=、,>-;;,,,_
     .>´    ,ノ `'ヽ<´ヽ
    /    ̄●   \_ヾソ
    i          ●  i
   .{       (´`)    }
   .ヽ    ヾ,,__,入__    /
    \    ヽ_ノ    /    ガムラン参謀総長がそこまで言うなら大丈夫だろう。
     ,衣ヽ,__   ____,,/
   /   `-===ーイ  ヽ,     では独ソ不可侵条約が成立したとしても
   /            i     ポーランド支援の条件に変更はないものとするよ。
  ./ |            i
 /  i        |   .l          それにソ連も本気でドイツと組むつもりはないだろうしね。
 7ヽ、|        l    ゝ
./  /.|        ヽ-=イ┐  ノ⌒ァ-、
  /  |         | └┴ー"   ノ)
 /   |         ヽ、_______ノ´



さらにダラディエはこの期に及んでも独ソ協調の可能性は低いと考えており、
数か月後にはソ連を自陣営に引き込むことができると思っていたのだった。

しかし、この時、モスクワでの独ソ交渉は結論へ向けて急加速していた・・・





737 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:17:51 ID:yvejGzYk0





   ――― 1939年8月23日20時頃、ドイツ。

                                  }ミv彡{
                                 (十)
                                  Υ
                                vぅ  мくKィм   ィv
                                Чミ_ハ|ソムリハ__κ7
                                (ミミ} {ミ(ミ三)ミ} {彡)
                           _{{ Π丘ミ 三彡丘Π }}_
        lニニニニニニニニニニニニニニニT厂|厂|厂|厂厂|厂|厂|厂lTニニニニニニニニニニニニニニl
         \|"""""""""三三三 |┏━━━━━━━━┓|三三三"""""""""|/
         ┌|        三三三三三三三三 |┗━━━━━━━━┛|三三三三三三三三        |┐
     \ 三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三/
      \ ̄Τ ̄Τ ̄T ̄ ̄「  ̄ 「  ̄ 「  ̄ 「  ̄ 「  ̄ 「  ̄ 「 ̄ ̄「 ̄ ̄「  ̄ 「 ̄ 「  ̄ 「  ̄ 「  ̄ 「ヽ/
       _| L ζ _|Lη |Lκ |Lξ |Lщ |Lψ |LΩ |Lκ |Lζ |Lχ |Lψ _|Lζ |Lπ |LΣ |Lα |Lε |L|_
 _     r|__z――― z――z ――― z――z ――――― z――z――――z―‐z ―――― z―┐    _
  ||       Υ⌒Υト\__Υ⌒Υ\ ___Υ⌒Υ_____ Υ⌒Υ___ /Υ⌒Υ_/彡’Υ⌒Y      ||
  ||       |ll l ll| l \r―‐ |ll l l |\r―――|ll l l |〉―――――〈| l l l | ――t |l  |ll l l | ―tイl    |l l l |      ||
_||____,,|ll l ll| | ハ 「   |ll l l |ハ |.      |ll l l ||        || l l l |      | ハl|ll l l |    | ハ l |l l l |___||__
彡彡彡彡/,|ll l ll| |∪ |l    |ll l l l∪|.      |ll l l ||        || l l l |      |∪l!ll l l |    | ∪ l |l l l |\ミミミミミ
鬥鬥鬥鬥l圭|ll l ll| |   |l    |ll l l l  |.      |ll l l ||        || l l l |      |  l|ll l l |    |  t l |l l l |圭|鬥鬥鬥
二二二二|圭| l l l| |「rミ|l    |ll l l l「ミ|.      |ll l l ||        || l l l |      |r「ljll l l |    | 彡」 |l l l |圭|二二二
圭圭;T ;|z|l|「l l l t| |トミ|l    |ll l l ll ミ|.      |ll l l ||        || l l l |      |Lノ|ll l l |    | 彡」 |l l l |ll|z| |圭圭
圭圭;;| |z|l|l l l l t| |   |l    |ll l l l l「|.      |ll l l ||        || l l l |      | zr|ll l l |    |  z |l l l |ll|z| |圭圭
圭圭;;| |z|ll「「「「「| | l「 |l    |ll l l l l|;|.      |ll l l ||        || l l l |      |t「 |ll l l |    | 「 l l |l l l |ll|z| |圭圭





738 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:18:07 ID:yvejGzYk0




            Y、マ`: . 、 _ . . ----: . . .__ ,. .: ´/イ
             ミ \:.:._.>-: : : : : : : :‐:<_: / , {
             }彡: ´: : : : : : : : : : : : : : : : : :\ミ: }
              //: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ゙《
           /:/:    . . . . . . . . . . . . .     : :ハ
           /〃: : : :/: :,: : : : : ,: : : : : : : : : : : : : : . .゙,
             / //:.: :.:/:.:.:.|:. : : :/!;.:.:.:.:|:.: : }:.: ヽ、: : : : :|!             総統。
         / {/:.:.:.:.:|:.:.:.∧:.:.:./ |ト、:.:.:|ヽ:/八:.:}:!:.:.: : : i!             モスクワのリッベントロップから
             ハ:.:.:.:.:|レV≧ト、:{ リ 、:、:| _乂ヘト从: : : : :|!             緊急電報が入ってきておる。
            ト从ル!,ィ' んうミ、  ヽト,ィぅ艾ヌリ:. : : : :|!
            |:.:.: :小 、,辷zソ      マヌ:。ソ'/:.: : : : ハ            独ソ不可侵条約交渉における
            |:.:.:.:. :ハ ´¨¨´     `¨¨~ ,:.:. : : : :ト、 ',            最終合意内容の確認じゃ。
            |:.:.:. : :|ヘ       !      /:.:. : : : :| ム:.',
            |:.:.:. : :| /ヽ  マVニニニ゙ソ   イ:.:.:. : : : :|  }:.ヽ
            ノ!:.:.:.:. :|ゝ、 >,、`ー--‐’ .ィ /|:.:.:.:.:: : : | /:.:.:ト\        ノ
              / |:.:.:.:.:.:.|\\ || ` - ´ /イ/|:.: : : : : :,/}:.:.:∧ ` ー--‐ '´
            ノ |:.:.:. : : |  \ぃ /二二'/´//!:.:.: : : : :|イ:.:.:.:.:.:.:ヽ

       ドイツ外務次官 エルンスト・フォン・ヴァイツゼッカー


                 __ __
              . ´:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.`:..、
           /:.:/ 二二二 \:.、:.:.:\
              /:.:.:.//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:\:.:.:ヽ
          /才:.:i:.:.{:.:.:.:.:.:.:.:. \:.:.:.|:.:.:.「 ヾ:゚,
           くイ7:. |:.∧:ト、:.:.:. l斗匕 |:.:.:.K }:.:.
         i:.:ll |:.:.:Nト {! \:.l.イ芯 |:.:.:.| 爪:.:.i
         |:.:ll |:.:. 芹芯     ヒ汐 |:.:.:.|ヽl」:.:|        ・・・っ!!
         |::.lj |:.:.:| ヒ汐 ,       |:.:.:.| }:.:.:.|
         |:.:.l_j:.:八   y─ 、 U│:.:.lイ:.:.:i:|        ついに来たわね!
         |:i:.从:.:.l:.丶  、_ノ   ィ|:.:.:从:.:.:.l:|
         lハ:.:.:.:\:.:.:.:>─… ´ ̄`ヽ=ミ:イリ        今すぐ読み上げなさい!!
           \:.l:.:./ _  ノ       ` ̄`ヽ
                /           /__    ゚,
          / /´ /´  _{  |/´   l:〕iト--
          / /   イ   /:i:i:|  |     |: :|
         (__.イ  .ィ /   /ー‐|  |  / l: :|
              ゝ彡:/i{__ ./ヽ . 人_.丿イ   .': :.|
         /|:i:|/:/i/       丶   / : : |
          { |:i:{:/i/         l      / : : : |
         圦:.!:イ    i    !    /  ̄ ̄
         / イ芥ト     |     、  ′

       ドイツ第三帝国総統 アドルフ・ヒトラー





739 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:18:37 ID:yvejGzYk0





                   イレ'^!
                x<   ;  /
            _ ,/: : : 〉/;:ハ/ ̄ `丶、 ___
           /, :´ : : : /;:;:;;;':/: : : : : : : : ヽ : : : : :く二ニZ
.       /: : : : : : /'"´:  ̄: : : : : : : : : : : :\;;-‐;;:'"/
.      /: : : : : : / : : : :/:/: : : : : : : : : : : : : : :マ;;'/
.       ,′: : : : :/: : : : : /:: : l: /: : : : : : : :ヽ: : :丶: :〈
.     : : : : : : :/: : : : : /::: :{ |│: :/: : │: : |:: l:: :|:: : :',     「不可侵条約」についての合意内容は次の七点。
     i: : : : : :/ : : : /:/:l::::八! |: : {:: : : j:: : :|:: |:: :|:: l: :|
.    l: : : : .:,':: : : : l: |l::|::::|:::j/|: :,'!:: : /l:: ::,':: j: : |:: j: :|     一、両国間の不可侵。
    j: : : : .:l :: : : : l: |レ∨|:‐ト|: ハ:::.:!│:/_;.イ:: /::/: ,′    二、双方の交戦相手国への支援禁止。
    ,' : : /.::,'!::: : : : l: L二._Ⅵ_V`ヽヽ{ 匕Ⅳ レイ::/} /      三、共同利益に関する諸問題について、
{ ̄ ∨: : /.::/::|::: : : : l: |l代ぅ:歹 ̄`  弋歹^ア/:イ/         将来両国は協議する。
l:::::::├<.::/:::,'|::: : : : l: |   ¨¨^      `¨ ,':: : |        四、両国は互いに一方へ敵対する同盟に加わらない。
l:::::::∧::::::::`ヽ:|::: : : : l: |         〉   :::: : :|        五、両国間の紛争は平和的に解決する。
'::::::::::::}::::::::::::: `l: : : : l: ト、    、   _,   イ::: : : :!        六、条約の有効期間は10年。
:::::::::::,' ::::::::::::::: |: : : : l: | 丶、   ̄   . 个:!::: : : :|        七、条約は直ちに批准し、即座に発効する。
::::::: /::::::::::::::::::::|: : : : l: |   /ヽ、_, ィ升=、| :l:::: : :│
ヽ/::::::::::::::::::::∧: : : :l: |  ハ/   ∨ヽ }:l::::.: : :|
::::::::::::::::::::::::::::::::∧:: : l: |>rK ヽ_/⌒V!.:l::::.: : :|
:::: ::::::::::::::::::::::::::: ∧:: l: |/∨ 〕 `\  /j :j::::.: : :l
::::::::::::::::::::::::::::::::::: ∧ l: |  厂\   ∨V.:,':::.: : /
::::::::::::::::::::::::::::::::: /::/\|  仁 二>、_ノ |,:': .: : /
::::::::::::::::::::::::::::://::::::::\ |/巛〉\/  |:::.: : /
::::::::::::::::::::::://::::::::::::::::::::\〈》》》〉\ j:.: : /





740 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:18:51 ID:yvejGzYk0




                            ,.ヘ-v
                           _x<_,、(
                _   -:―一:'´ : : /:ド7
      } ̄^Z=:ー―-‐'´: : : : : : : : : : : : -<  ;:!│
      '. え=-、: : : : : : : -‐: : : : : : : : : : : : \;.i: |
.       マ ;.  ;>'´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヾ:ト、
          ∨';/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : :V:ヽ
        ∨ / : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : '.        さらに、付帯する議定書として
           ハ/: : : : : : ,': : : : : : : : : : : : : :ヽ : : l : : : :'; |        次の四点について両国は同意する。
.          | l.: : : : : : :l: : : : :/ : : : j: : : : : :}: : :.|: : : : :l l
        | l:/|: : : : : |: { / :{: : {: :ハ: }: :j小 l: |: : : : :|│       一、フィンランドおよびバルト諸国はソ連の勢力圏とし、
         l.:|:l |: : : : : |: l {_从: :ハ:{ j仏斗≦k |: : : : :|:!         リトアニアおよびヴィルノはドイツの勢力圏とする。
.         |: l ! | : : : : :Vレぅテ≧ー    ´込zソイi: : : : :|: :|
        l: :レ: | : : : : :.|ヘ 込zソ       ::::.::: リ : : : :.|:八       二、ポーランドに属する地域はワルシャワを基点に
.        l: : : :│ : : : : |、 :::::::.:   :j     /: : : : : 厂了ヽ        サン、ナレフおよびヴィスワ河に沿って
       |: : : : :|.: : : : :.:|丶     - ‐  ,.': : : : : :∧/:::ハ        西部はドイツの、東部はソ連の勢力圏とする。
        | : : : : l : : : : : 〈::::介:、_   ´  //: : : : :/::::}:::::::::::::|
.       |: : : : :∧ : : : : : Ⅵ「/∧> -</: : : : :/::::: ::::::::::::: |     三、ベッサラビア地方はソ連の勢力圏とする。
.         |: : : : :.:い : : : : : :Ⅵ| L、   _ /: : : : /::::::/:::::::::::!:::|       ドイツはこの地域に関心を持たない。
       |: : : : :.〈∧:l: : : : : |》| l ヽ_ '´__/: : : : /:::/:::::::::::::i::::|
        |: : : : : :{::::|:l: : : : :l:|ヾ{{=气==''/: : : :.:,'〃:::::::::::::::::::i ::|     四、この議定書は厳重に秘密扱いとする。
.      | : : : : : l::::レ!: : : : l/ 弋不勺 l: : : !: :|:{/:::::::::::/ ̄ ̄
.       | : : : : :│::::|: : : : :|::::::〃廿^ヽ| : : | : |ノ:::::::::::/





741 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:19:34 ID:yvejGzYk0





     |.  ヽ、: : : : : _,、-‐'"´ ̄: : : : :  ̄`ー-,,ィ"   |  l!
.     |!    .ゝ'"´: : : : : : : : : : : : : : : :_,,ィ'"     |  |!
      `! ,ィ'´/ : : : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ、      |!ノ!ノ|!
       ゝ´: /: : : / : : : : : : : : : : : : : : : .i: : : :`、     |: : : :|!
    /:/: :./: : :./ : : : : : : : : : : : : : : : : :.|!: : : : :`ヽ   | : : :.|!、
   /:./{: : ./: : ./: : : :.ハ : i: : : : : :: |: : :: : :.|: : : : :: : :`、  | : : : |!:.'、
   // /: :.l!: : :.l!: : l!:..|!.|: :.|: : : : : :/: : :: :|: :| : :.|: : : : : :`、 |!: : : : |!: :'、
.  // |: : :.|: : :.|!: :.|: / |: :|: : : : :./: : : : .| : :|: : .|! : : : : : :`i: : : : : |: : '、
  l/  |: : :.|: : /!: : |:リ  |: :|: : : : /!: : :: : |!: : |: : :.|: : : : : : : :|: : : : :: : : :',
  |  |: :.|:.|ハ|! |从!:リ  |: |: : : .//: : /: : : :.| : : :|: : : :: : : :|:|: : : : : : : :.|     ・・・以上について、本国の了解を求める。
  `  |从!| |!`_| リij  |:/: : :/ /: :/: /: : : /!: : : .|: : : : : : :.|:.| : : : : : : :.l
.     | : : : :|トミョュ、  /レレ´‐//レ´!/: :/!/!: : : | : : : : : : |: | : : :../ : |!|     とのことじゃ。
    | : : : :.|弋Pリ     ィュ、__   .レ´ / |: : : |! : : : : : : |: |: : :./: : /!:|!
    |: : : : :l `ー"/     lト:::又テュャ、 ./ : :.:|! : : : : : : :|:.|!: :./ : :/ |!:|!
     |: : : : :l  .ノ      弋ひ::シ 〃`/: : :.|! : : : : : :./:/: :/ : :./:l  .|:.:|!
.    _|! : : : l ヽ         ̄´´  /: : : :|! : : :/: : /:./:./: : :./!: ゝ、 |: |!
  .,ィ'´ `、: :.:∧             /:/ : :./ : : ./: : /:./:./ : : /!:l: : : :ゝ|:.l!
. l!.............'、 : : ∧ ヽー---ィ     /:/: : :/ : : :./ : :/:./:./ : :_,,-‐'´ ̄ ̄``
 |!................'、: : : ∧. `ー‐'´     /:/: : :/: : : :/ : :/:/_,,-‐'´..............................
 |....................ヘ : : : :.、       _,/:/ /: / : : :/_,、-‐'´............................................
. |!.....................∧ : : : :.ー ‐ ..T .´./:/ 7 :/:,,ィ'´´............................................................
  |..........................ヘ : : : : : : : .:.| .//_,,ィ ''´..........................................................................



                 ─…─-
            :.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
         /. -─…─\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
.         /厶-─‐……─ヽ:.:.:、:.:.:.:.:∧
         ':.:.:.:.:l:.:.:.:.ト、..:.:.:、:.:..:.l:.:.:.f⌒ヽ:∧
       !:.:.:.:. 、X: j:.:.:..:.:..:/斗!:.:.:.! _У:.∧
.       「|:.:.{:.:.:ム=ミ|:.:/}:.厶=ミj/ :.}く \.:.:.:
.        く|:.:.::.从 以     ヒゾ: : :|ヽ:. 、 ヽ.:i
        |:.:.:. ハ   丶    |:.:.:.レ':.l ヽ/:.i|      ・・・ただちに返電しなさい。
        |:.:.:.:.込、  、 _   .|:.:.:从:.!/:.:.:.リ
         乂:.:.:.:.:.心、 __,...イ :|. :/:.:/l:.:.:;/.ル′
         ヽ人ハ:.:: :i{ :..:: :ヽ/ / \! ̄`ヽ
.             `ヽ: 八llハ ̄ . /j    ヽ  └-、
               ´  リ } //i/     \   }
                    {!  /i/r=====、   \∧
                    ∨/i//     >、.__\}
                   ∨イ;{.          ¨ト、





742 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:20:12 ID:yvejGzYk0




                // 7:.:.:.:.:.:. イ:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.V:.:.:.ハ
                 ∨ ./:/:.:.イ:./│:.l:.:.:.:.:.::ハ:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:V:.:.:.i
                厶_/:/:.:./:{:.\|:./∨:.:.:.:! Ⅵィ:.:.:.: !:.:.|く \
               /.イ:.:.: !:.:.':./==ミヽ   、:.:.l/)ハ:.:. ||: イ {__ノ
               く/|_|:.:.:.:|/:.〃ん心    Xィ弍心:.:.:リ:. | .イ│
                  〃 i:.:.:.:.: |:. / レヘツ      レ'刈 ハ:/:.:.:.| {. 《
               |:.i:.:.:.:|:.:.ハ ´ ̄      `刄  }:.:.:.:.| |:∨      答えは「了」よっ!!
               |:.l:.:.:.:.:.:i八   「 ̄ ̄ 1     /|:.:.:.:.|V:.:.|
               |∧:.:.:.:/:.:.:.\  |     リ   .イ:.:|:.:.:.:.|:.:.|!:|
                  ノ ノ:/==ミ:.:.:.〕トゝ -- ’ .イ: l:.:.|:.:.:.:从:Ⅳ      よくやったわリッベントロップ!
                 /´  ⌒ヾ\: ∧  ̄ 厶:.!:.:ハ: !:.:.:.′
              / /      `丶: ト __ ∨〕ド-:メ:.:.ム
                /  ′ __   Vハ    ヽ}: : : : :i:i: 「ヽ
                 { ノ .イi:i:i:i:i:i:i:i:Y⌒'Vハニニニ.|: : : : :i:i:│ \
              / /i:i:/ ̄ ̄ヾl   !: :i    :|: : : : :i:i:│    、
            i⌒ヽ{i:i/       ′  トミ、  |: : : : :i:i:¦    \
             、   \ __   ノ   │  \ j: : : : :jリ: !      ヽ
                \     `     ノ`    ー一'⌒ヽ ´ ̄ ̄    \
            .イ  \       、      、     イー…z_
      r──一 ´      ̄  .< ̄ ̄ ̄「: ̄「: ̄: ̄ツ.ノ    \
     ゝ --─ォ一 ’  .イ         Ⅵ:ム才:./ /       \
           /   厶イ  ヽ.        r===≧≠=彡 ′       丶
        ./  /      ノ  ィ≦三三=一介三ハ く





743 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:20:36 ID:yvejGzYk0





   ――― 23時30分。モスクワ、英仏訪ソ代表団。


                            __
                        ,. ´   `ヽ.
                / ̄`ヽ  /  , ‐ 、 , ‐'.
             /, ⌒ヽ i |U `⌒  ⌒i
                { { 、__ノ ,ノ |^v=「  ̄`H´ ̄}
              い、 __ノ}:ーァ!  ヽ__ハ__,イ‐.、        対ソ交渉が決裂した以上、
             ,ゝ、  ,イ.:|{`┐ ,. -‐~ー〈:.:. :.\       もはや我々がモスクワに留まる理由も
            /. .:.:.`i_}.: :ヽ`ーV : : :, へ.:.::',:.:. :. :.ヽ,     ないじゃろう・・・
            / . : .:.:./´ _}ヽ : `!7 : /.:.::::,ハ.::}.:.:',:.l.:. :.',
          / :, -‐ァ´|  _」丿: : !{/iヽ.:.::/: :l/.:.:.:l/.:. : :′   あとはいつ本国から帰還命令がでるかじゃな。
.         / :/.:.:.:/ / 、 ―j.:. .: .:i―┼‐∨.:. .:. .:.:.:l:. : : : :i
        |: : .:.:.:.i | ,l ̄l:.:. .: .:|__|__|:. :. :. .:.:.:|:. : : : :|
        |: : .:.:.:.l  l/ |  |.:. .: .:|   |   |:. :. :. .:.:.:|:. : : .:/

      イギリス代表 サー・レジナルド・プランケット・ドラックス




                   |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|
                     |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|
                       |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|
                   |_;:_;:_;:_;:_;:_;:_;:_;:_!
                   |;:_;:_;:_;:_|_;:_;:_;:_;:」                 お待ちください、サー・ドラックス提督!
                   fT 、_ `"'''"´ _,.゙!}
      r―、-、          tj、 t苙、 ,ィ苙ア lノ                 いまモスクワにはナチス・ドイツの
      ',  ヽ ヽ         ',':,   ,! l、  ,イ                  リッベントロップ外相が訪れているのです!
       l   !"´!         ヾ! ,.ィ竺t:、 リ                  この状況で我々がモスクワを去るわけにはいきません!
      l   l  l         人.'´三`' /l          f'^i-、__
      |   |  |,. ―- 、_r≦´、、 `'ー' " ト、       {゙ヽ丶ヽヽ     我々はここに留まり、独ソ交渉の障害物になるべきです!
      |   |_|_::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾミ丶、、ヽヽー-、_  ヽヽ丶ヽヽ
      |  /   i\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶.`'=┘::}:::::::`,==、! ,l_.l,..ヽヽ、
      ト、_.|    l / ̄`ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::`'ー-一'::::〈::ヽ ゙',   、_ ',
      ノ  `'ー‐(⌒ヽ ノ l::ヽ:::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:ヽ ゝ -‐ァ
     ,! __,,.. -r-、`'ーr'´ ノ、:::ヽ::::::::l!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾヽ   ;'

             フランス代表 ジョセフ・ドゥーマン





744 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:21:07 ID:yvejGzYk0





 .l     `゙ヾミシ'"´           ゞミミ/^ヾ,
 l, ゙'-、          _,,-‐"      ミ〃./ 、 l
  ', 、,_`ヽ、,    _,x;彡"__,,,〟    ミノ /;:. ,'
  i: ヽ匁ゝミ;,  ヾ'"ィ_ヾ斗'ノ     シ l;;:' 丿          フランス本国のガムラン参謀総長からも
  l   `゙゙"´':l  :  ´   ̄        '´ /            最小限の実行可能な分野において
  l       i  :              r‐7            ただちに対ソ軍事協定を結べしとの訓令が
  ',    /  .:;:.             l l             届いております。
   ',    (  ´_,)             / .l
   ', i' ィ彡'";r-、、ィr'' ,.      /  l             なにより本国外務省からは、
    ', ゙ト‐- _`二ニ彡´ :     /   l.             状況の変化に応じてポーランドが
    ',  ヽ、__,, /        /   ゝ-‐‐‐i _       ソ連軍の自国内通過を承認する可能性が
      '、           /  _,. -''"´ ,. -'"´三i      高いとの連絡も入っているのです!
      ヽ       ,. ‐"´ ,. -"    /;三三三;;ヽ、
       `t--‐‐''"´  ./     /三三三三三三\



この時、祖国が窮地に立たされていることを悟ったポーランド外相ベックは、
フランスに対してソ連軍の自国内通過について容認するそぶりを(一時的に)見せていた。



     ::;..・:. 〈.ヘ〉 」::|    /ニソ/`T 彳|  :  { |、\`Z:デ ..::; ‘
     :゚:::;:..__└⊥-‐¬i匁:仄7ヽ二|/ヽ,}  / } 〈  .::' r~
       ̄;:;・.. ヽ _⊥ ノ 〈二ヽ./|\L、_,」∨  ノ ;:'' _う
,. -─-  _    ::‘...{{ /|  |l l l//|<イ〉::::l从:| 〈  ∠~つ_ノ⌒)
        `r,ニ三ヽ_/ :}.j _」l l i´  ト、____/,|iL._ ,c∞88∞、 ∠ノ
__ノ´ ̄三ンc~ぃ、` i} :〈,ノ└─┤  \__,ノ |‐┘f888888 ´⌒)ノ
 彡 r‐-、彡イ 、 ,ぇ!ノノ       |        |  'Yニi 'ニ レYー- 、
 ニ;フ /´,| `Z二くヽ ,.~''´ ̄ ̄`¬- 、   /  /}´し.` rィ8
 (    `ヾ ̄ ゙ヽヾ))∨/二'''ー--‐'''二゙ぃ , 〈  /(.ヘ⊆ゝノU 8       くぅ~~っ・・・!
 :::)...:、._::>'  人,》,〉l:/三ミ\'ー''/ij三:}}:ヘ 〉 ハ、fiT「!|o∞♀//
二゙_''ー-〈三ニ二´ノY(」:|::r~ベヽ /r~ベ;:|:レ:v′-‐ァl.|.|.!゙ ト- 、L|/∠    いやじゃ・・・
_ノ{ 「フTー-イ( ヾー'〈rj||tヽ、_e_,》ii《_e__,〃|{タ/  / /_人  | l | ヽ\
 ノ|\ ヽ\ い丿   |L||u:===''|.|≡==::||_リ   | { 八 ̄| | |       ソ連軍のポーランド国内通過など
/ /ト、 \二ニイ〈   `T|r,ニ二ヽLレ二ニ、|::| ~…=:ニ¨ ,. -─- 、      絶対に認めたくないっ・・・!
ノ l :lヽ \ー- 、\  _|:|.}十十土士十H.|:リ、__ =ニ二 /,,.、、     ヽ
   〉\\,. -─''´ ̄/|リl`¨ ̄ ー一 ` ̄」:|:ヽ:::: ̄ご/ rf彡)))        一度入ったが最後、あいつら絶対
  /:ト、,ソ:::::::::::::::::::::|::::|::`丁ニ'ー-‐''ニ「::::|!::::|:::::: {:し个ミご人       タダでは出て行かんじゃろっ・・・!
. /::│〈::::::::::::::::::::::::/:::::jルi:{`三(T)三jルリ:::::〈::::::::::`「 {だiニミ彡ト=リ
. |::::::l /:::::::::::::r~'三三ッj((_,イ_|||_,)、う|::::::::::〉::::::: lr:}ラ゚= |ミ|       だがこのままでは東西挟撃っ・・・!
⌒) - = … -,〃~ヾジニ< l((人|||人))|::::::::j;rf.{:::::::::>ヘヒュ 从ミヽ
 ´⌒ヽ~ト-彡=ニソ' <ァく |、r'ニ|||ニ'v‐|-=ニ|.|.|.レ┐ノ i `工'シ´⌒ヽ    認めるべきか・・・?
⌒~   ミ三ニ三ニゝ_ ノぅ'`⌒…~_- |::::::::::|`、 [X゚%, l {::r'ノ8
, r~''⌒ヽ-‐ニア 「 {川'yろ ー=ニ二¨ 〃|::::::::::〉 r:┘8人jイ〉゚゚   }     いや、しかしっ・・・!
      `\   り巛!} -=ニ¨ jフフフ|:::::::%。。d.ノ/:゚うノ ー-イ
ー''ア:     `ヽ ∠} }\   ⌒こ~::::::{  jノ::::::::::_〉‐ト       あ゙~~~っ・・・!?
ー{::         ノ´ / / ノノ -=ニ¨:::::::|::::〈:`ーイ⌒''<::い、__





745 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:21:38 ID:yvejGzYk0




                   , : ´       ` 、
               , '          ゚ ,
                 ,′ し         ゚,
            __ .!  -- 、 、     -  i _
              ,'  ゚ | Y⌒ヽヘ ヽ- ' /x=ミ レ' ヽ
              | ハ|i/⌒ヽ',   , ',. --、i} i,ハ }            しかしドゥーマン将軍・・・
             l  ,.r===ュ、{__j/==ミ-'/:.. ,
        , : ´ヘ {:ヘ:::,'   ::}=:{:,'  ;:::j:イi  /iト .          ヴォロシーロフ国防相は狩りに出て行ったとして
.     __, イ       \ i_` =彡:| ` ==' j-'/    〕iト、       取り次ぎもしないんじゃぞ?
   「        / { ト:|` --'-、 , ----' ミ´ } !      `ー┐
   「  ヘ       {  '/      `′      ヽ' }        ,:  }┐  ソ連にとって我々との交渉は
 , '    :゚,         〃    ,. 今x      ミ       /    {   鴨猟よりも些細なことだと思われとるのに・・・
,       ゚,        {!  _,.r ´ー─一`ヽ   ミ    ,  /
.       ',      | 〃 !    ⌒   /! ヽ i    /  '
.        i .|  ', ',      l゚、.     /|  ヾ  /  i,'
        l |   ヽ\   | ヾ、   , '  !    ./    {



                   |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|
                     |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|
                       |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|
                   |_;:_;:_;:_;:_;:_;:_;:_;:_!
                   |;:_;:_;:_;:_|_;:_;:_;:_;:」
                   fT 、_ `"'''"´ _,.゙!}               ダメです提督!
      r―、-、          tj、 t苙、 ,ィ苙ア lノ
      ',  ヽ ヽ         ',':,   ,! l、  ,イ                我々はここで踏みとどまり続けるのです!
       l   !"´!         ヾ! ,.ィ竺t:、 リ
      l   l  l         人.'´三`' /l          f'^i-、__     我々がここにいる限り、ここが戦線です!
      |   |  |,. ―- 、_r≦´、、 `'ー' " ト、       {゙ヽ丶ヽヽ    だが我々がここを去れば、次は欧州が戦線となる!
      |   |_|_::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾミ丶、、ヽヽー-、_  ヽヽ丶ヽヽ
      |  /   i\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶.`'=┘::}:::::::`,==、! ,l_.l,..ヽヽ、 ここで食い止めるのです!食い止めなければならない!
      ト、_.|    l / ̄`ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::`'ー-一'::::〈::ヽ ゙',   、_ ',
      ノ  `'ー‐(⌒ヽ ノ l::ヽ:::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:ヽ ゝ -‐ァ
     ,! __,,.. -r-、`'ーr'´ ノ、:::ヽ::::::::l!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾヽ   ;'



ソ連側はすでに英仏代表団に対して交渉の決裂を通告していた。

だが、フランス本国のガムランは代表団に対して現地に留まり、対ソ交渉を断固継続するよう訓令。
代表団はモスクワで孤立しながらもなんとかして交渉を再開させようとしていたのだった。





746 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:22:16 ID:yvejGzYk0




            ,.:-=;1―;1―;1―;1,=-;:、
            ミ             ゙ミ
.              ミ      ★      ゙ミ
           /ミ             ゙ミ \
          《  ミ;========゙ミ } 》
.             》/ / / :/ : : : : : : : : : \ ∨《
.            /// : :/ :/ : : : /:/ |: : : : : ∨^:|
           l∨ : : l :/: : :// / :八 : : : l: l : :|
           | :| : : :|/ :/ //:/ :/  ヽ: : | ハ: :|         ダラディエもガムランも、
           | :| : : :|≧x、/イ//,.ィ≦ハ ノ : l: :|         まだソ連とは交渉の余地があると
           } :|八 :代uzノ    弋uzノ仏イノ: :|         哀れにも信じていました。
.           ′:} 仆⊂⊃     ⊂⊃イ 八 : :|
.        /: : / 八 >  ~~~ .イ}{ : : : |         すべては既に手遅れとも知らず・・・
.        /: : 〈 // ̄》 》≫=≪《 《V ∧: : :
.        / : : : : {   》《_》《_》《 〈 /  、: :丶        一旦大使館へ戻り本国から最終確認の電報を
       /: : : : : : }   《_/八_》      }: : : :\       受け取ったのち、リッベントロップは日付の変わった
     /: : : : : : :/    ∨{><}{    {: : : : : : :\     24日深夜未明にクレムリンでの交渉に復帰しました。
    / : : : : : : /人,___人}><}人__人\ : : : : : :ヽ
   《 : : : : : : // { ̄/∨`¨¨¨´∨\ ̄} \\ : : : : : \
  《 : : : : :/ 《(   } {_人    人_} {  )》 \ : : : : :》
   》: : :/   》)  人人_))   ((_人ノ (《    \: : :《
  《 :/    《(    \        /    )》      \ 》



 |   ヽ/....三l    v'           ヽ./   |!
 f   l! .|三三l   f             \  j
 __ゝ,. l. l.三三|   ,'./ /              V,.,__
.7 ゝォ ゝ!三三|  ラ/ /|   l | l   l `!    ヾ三. /
  攸.  |三,r ! Lイ、 j. l ィ l |.il:l  l l ,l    i 〕三 /
   ケヽ  ヽ:::::::ヽ ノ 刈l lメ lv'l |il|l|  / / |l  l !/|\ L
  / 〉'´ヽ 〉rt:ヾ| レ!ヾvrl'ルヽji リ / / !|: ! レ' |ニトv'
 'Y |i ヽヽ√ミfr@jY/, f´Yミ-ァ`lヾ'レ' //__/ノ// rイ`!i
 \ヾ,/¨ヽ ヽヘ`´〃l ヘ ゝ-'     'r'::メ j// /:::L_l!
   ヾ!l! |-l\'ヘ::ソ  ハ!       t_ク/ |/,_∧::|
  .__ ||、 |:! 'rゞ:|! | ヾ      ,  /if |  f ルヘ        運命の条約締結に赴いたわけね・・・
  \`|| ヽ|:! ,f三::|! ト___i|  -、  /ヘ`ヽ | /∧ \
    | レ  ´`!、三.|! '\.|!   , r ´=ー、j-,. ヽ// f'|`ー,i
    ヽ  l  Vゝミ\  \-r ',== / ヾ'∧  |  l |
    l  l   |八,j- .\ _ヽ\く三= (  v'/ ヽ_ノ  l j
    l    l <´_    ̄ \三  \ レヽ\ \ `
  /⌒l    |` 三三⌒'ー - 、 \   へl |,r--ォ





747 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:22:54 ID:yvejGzYk0




                         , ―- 、
          ,  -――┐        /、    \ __        /´ ̄` 丶、
           | /二二二|      <^\丶-----〉   ヽ    _,/\     \
          lィ, ニニニニア      /,ニ丶._  ̄ ̄〈二二二.L_   \\ \___/
         〈イ:::::/__,二. ,ニl        〉l   }/ニl¬-'ィ:ァ:ァt:tァイ   厶\丶 ___〈
          ‘i{ i} └‐'. }┘     く ,,,,_, l r-く::/1{ ,ニ、 ,ニ.{´   ノl  }:/ヘー――ァ┘
          `T L_ '''--'i'      ‘T´   _人ニ!_}   , ) |}  く ,,,,,  //:::::::::::/
          /(丶-ヽリリ'          ̄)'´/∧ノl_ ` こ´人  〈ー  ノ´ ニニ 〈
      , -‐'´ | \ /\l\_      /}/ / ヽ \ 天 /、|` ー∟、/´ ̄ ̄\_
      /  ̄`ヽ  ̄ / \〉ヘ〉  |     /´l ̄ /⌒ 〉/ヘ〉〈l  〉   l∠ -‐ '´ ̄ ̄` \
      |    |  \  \| | |     //l  l    / \∨∠l∠/ \          ヽ
      | /  j     ̄ヽlム| |     / /l/| l |   '    /'´  〃    ヽ         |
     /-― //     o /|   '   ̄ 〈   |    o  /{ }      !  /    リ
     |  //         l |  /      }    |      / V       | /     /l
    /    /         l |  |     /|   |     ,  /      |      / !
    / 、  /ヽ         o l |  |      /    |    o/  |     ,'       /  |
    〈  ヽ 〈 /         〈 |  |  , -‐/   /    /   |      /         |   |
    ヽ   }          l |  |/  /´  /(     /  ノ    /        |   |



日付の変わった頃、リッベントロップは再び「角の小部屋」と呼ばれるやる夫の執務室に戻った。
この時彼は大使館から撮影係などを含む大勢の「代表団」を引き連れていた。

もはや、交渉の合意はほぼ確実だったというわけである。





748 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:23:09 ID:yvejGzYk0




         / /  / /      iヽ   :.   } j |:. ..  |:.   !::.   ::  l:::::::::::::ト、ヽ
           ,   ' / .     「´',  ::i.. //  ト、::.:::.. !i::. l:::::.  :|::::.. l::::::::::、{ `
            i∧ !/  i  :::!|  、 :::l〃. :::...l__;:::i、:. H::: |:::::::. :ト、:::::.|::::::/
            !  V  : ::| :. .::!l l   ヽ /厶::::ト、:|__V_∨ l:::l::::i::::..::l、_ヽ:::|:::;′
         |   ', .:. :::l ::.::ト、!_   ハ::「'´ァⅵ芯:リア  |∧ハ:::::!、 }:\:i
               }:∧:.::::}ハ:if卞心.   ヽ   ゞ-'        ';::|ノ /:::::: !
               |'  ',::::ト、:|` `ー'}     `          }i /::::::、|
                、:! };ハ  /                  iイ::::::::::::| `        ・・・ヒトラー総統の返答をお伝えします。
                ヽ  . '                 j V:{:::::::!
                     ヽ \              /  i:;ハ:ト:ト
                       \  -― ''"´       / /  | ル' :|__
                      ヽ  ー '     /   /  /: : {::.::`丶、
                        v ,.小. 、  /    /,. '´. : : >^:ー-::_:`丶、
                           ∨川liい>'   . '"´   . : :/::.: : : : : :`ヽ、::.\
                           ,ィ`7卞´  /\    . :/::.: : : : : : : : : : : :ヽ
                     _,. ァ'"´/_ ! } / _,. -   . /:―-: :._: : : : : : : : : :





749 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:23:27 ID:yvejGzYk0




                        __, ― ――-- 、
                      , ' ´´7         `  、
                     /    /l           \
                   /   , l '」 ,      i 、    ヽ
                   /ィ   l .l`´l l、  l、 l   ! l.    ',
                   ,' l  /l l.  l l ヽ_」寸ト、 !  !.    '、
                    l  l l‐-リ、 ',「´ィ云zァ Ⅵ  !    ト 、
                   /1 ,Ⅵィ'心!  、ゞ孑'´   レ、 ,'  ト、 ヘ',`
                    レ ! ィ.l`´/   `     l / /' !| .|
                     l/ l l 、          И l/ィ/ , !         「条約調印に合意する」
                        、`          i/斤'´ リ`
                        ヽ  ' 二  ̄     イ !.  ,'           やる夫書記長閣下、モロトフ外相閣下、
                         ヽ , i i i , , 、/  .レ!Ⅳ_           これで独ソ不可侵条約は成立です!!
                          ヽ.l ! i イ´  /-‐'  ̄ /、
                          /´.',  /´.!    ノ_: :\
                        /    l / -‐┘  / :  ̄: :ヽ、
                         ̄_二ヽ レ'´   -‐'フ--―- 、 /:.:.:.`‐-. 、
                       ,. :'7: ̄ :7<-‐  ̄-‐/ : : : _: : /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄:`‐- 、
                    -‐':´ : /: :_ ├ζ二-‐/-‐ ´ : : : ∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                ,. :'´:.:.:.:.:.:.:.:/' ´: : : :,' ./   ./: : : : _ : : /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
                /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ : : _: :l ,'    /-‐': :´ : : `V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
               /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/'´ ̄ : : `! l   /: : : : : : : : : :,':.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:!
               /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l/: : : : : : : ! !  /: : : : : : : : : : /:.ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l




         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (①)  (①)\
    /   ///(__人__)///\   っ!!!
     |   u.   `Y⌒y'´    |
      \       ゙ー ′  ,/
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |





750 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:24:02 ID:yvejGzYk0




・・・リッベントロップの返答を聞いたとき、やる夫の全身に突然震えが走ったように見え、
その後、しばらくの間硬直していたという。

明らかにこの時、この男は、勝利を噛みしめていたのだった。



                 ´  ̄ ̄ ̄ `  、
               /           \
               /                  \
            /    ー―       ー―    \
              / u                  ヽ
          /    ,ニ===ミ     ,ニ===ミ      ヽ
            /    (  ①  )   (  ①  )      l!
        /       ≧==彡    ≧==彡       l!     ・・・素晴らしい!
         |                    U    |!
         {  し      (__人__)          }
        ,\         ヽエエエエエ/       /
          (   \        ̄ ̄           /⌒Y
        \___人>  ー‐  ー―   ―一 </  イ
      /    Y .\  >         < ,/T¨  \
      /      ∧   \     ≫≪     /  ,'      \
.   /          ∧   \/ 〉 〈 \/   /         `  、_
                ∧      }  l!       /           ヽ
              ∧      .|   |    /
                \    .|   |   ,/
                \ |   |  ,/
                      \!   !/
                      \/





751 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:24:25 ID:yvejGzYk0





          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_     独ソ不可侵条約・・・俗に言うモロトフ・リッベントロップ協定は
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\   明らかに「逆ブレスト・リトフスク条約」でした。
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ    ドイツはソ連からの合意を引き出すために
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/    巨大な手土産を提供することとなったのです。
         | |{i t    _     / |
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |   それは土地だけの問題ではありませんでした。
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |



        _)≫:::::::::::._ ''"         ` 丶、:::::::::::::.(_
    __(::::::::::::::::::::::/               \::::::::::::::::├─x
   ./ r─.≧:::::::./                 ヽ:::::::::::≪ニ7》
   に二三彡::::.∧                    ハ:::::::::.|\Y《
   仁{_/つ::::∧                    :ハ:::::::) . ) )
  . 廴__,.イて ,'.l                 j | |  |  }::ム辷彡'
   .ハ ; (::::.| |  { | | ハ V     .l   イ.∧ l  | :!.|::::/. | |:|
   .ハ ,: l| 辷| l  .V.L | ハ.ヽ    | / ,/7 .Ⅵ jl !.}:::}  .| |:|
   ハ:/ :!l  .|!ト{  .ヘlV>>zリ,,,. ハ  l/./ィ-七7.l ∧リノ|::lハ  | |:|     ポーランドを攻撃し英仏と戦争状態になれば、
  .ハ/ ::l|  .|::|ヘ\         `\V/7    .Ⅵ从ンj .|:| .l.  |:|     ドイツは経済封鎖を受ける。
   /  !|   |::ト叮アト、ー-一=      二___,、 7イ |ソ}l::| .l   |     戦略物資の多くを輸入に頼るドイツにとって、
  ,'   |   |::|.  | .l∧              ̄´./ ! .|'  川 :l:   i|     ソ連との通商こそが生命線となるわけね。
  .′  :|   川  .l .|.`ヘ.     ,-、     / /l .|    |:   i|
  ;    :l      / リl.  >、.   / ノ   .イ.  |..|..    |::   |     挙句、西部戦線で英仏と対峙する間は
  |   ::|    / .∧}./´.::.:./)/ )/ /,ニ、.`ーzxノ八.   |::   |     背中をソ連に預けることになるのだわ・・・
  |   ::|    ./ /´::マ.:.::.:.:,.ィ´二二)  (__,.(_}://::Vム  |::   |
  |   |  .//>、::マ: _,j /´ ̄二) ._ゝ=-、ヽ/::〈 .Vム .|::   l
  |   ::l .《∠≪:::::::へ.マ {. /´二)  ゝ─、`ヽ|:::::::\Vム,!|    |





752 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:25:15 ID:yvejGzYk0




: /_  ト、 l ト、\l l       l      '; : く__
:ゝ':/  ,' ,ム斗=ヽ、l`ヽ      //       !: : :./
:./!  ,   1 {:ゝ‐:ハj  ',`    //l      ,'r‐-'
//l   ,   '弋z:::ノ '  ヽ  /、 / /  l  /´
/ ,'  ,′  ´  `     ヽ'ィュ、 /X   / /
:l/  /               ん:リ / _ / /
:l  l            ' ゞく /'´///      つまりソ連は経済と軍事の両面で
:l  l三心     fニヽ、_     /l   l        ドイツの首根っこを掴めるのだわ。
:l  l三三',       `′  ,ィ'l l   l
}l  l三三ミ;        /l l l ',   ',       英仏は勝つためにますますソ連を引き込もうとするでしょうね。
ミ!  '三三ミ;     , ィ.´__. l  l ∨  ∧      不可侵条約を結ぼうが、ソ連が英仏と縁を切るわけない。
ミ!  ',三三≧‐-.升三三ミ l   l ∨  ∧     英仏独を天秤にかけられる美味しい立場を捨てるわけないのだわ。
`ヽ、  ∨ー'´ ー 寸三三三}   l  ∨  ∧



            ,.:-=;1―;1―;1―;1,=-;:、
            ミ             ゙ミ
.              ミ      ★      ゙ミ
           /ミ             ゙ミ \
          《  ミ;========゙ミ } 》
.             》/ / / :/ : : : : : : : : : \ ∨《
.            /// : :/ :/ : : : /:/ |: : : : : ∨^:|
           l∨ : : l :/: : :// / :八 : : : l: l : :|          これはやる夫の巨大な罠でした。
           | :| : : :|/ :/ //:/ :/  ヽ: : | ハ: :|          そしてやる夫はヒトラーを高く評価していました。
           | :| : : :|≧x、/イ//,.ィ≦ハ ノ : l: :|          鮮やかに英仏を翻弄していたことから、
           } :|八 :代uzノ    弋uzノ仏イノ: :|          鉄血宰相ビスマルクの再来とも捉えていました。
.           ′:} 仆⊂⊃     ⊂⊃イ 八 : :|
.        /: : / 八 >  ~~~ .イ}{ : : : |          そのヒトラーが、この罠に気づかないはずがない。
.        /: : 〈 // ̄》 》≫=≪《 《V ∧: : :
.        / : : : : {   》《_》《_》《 〈 /  、: :丶         やる夫はそう分かっていながら勝負を仕掛けたのです。
       /: : : : : : }   《_/八_》      }: : : :\
     /: : : : : : :/    ∨{><}{    {: : : : : : :\





753 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:26:02 ID:yvejGzYk0




          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\      ・・・そしてヒトラーは、ついにこの罠に乗ってきました。
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ      そうする以外に方法がなかったのです。
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/
         | |{i t    _     / |      この瞬間、欧州外交ゲームの特等席を、ソ連が勝ち取ったのです。
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |



     |: : : : : : : :/   /        \ `丶ト、:.|:.:.:.:.:.:.:|: : : : :ート、、ヽ
    ヽ.ィ: : : :/   , /    l         'i '"´: : :.:|:.:.:.:.:.:.:!: : : : :_:ハ ',ヽ
      r‐:':::::::/   / / .     |     .l.    | .',: : : :.:|:.:.:.:.:.:.:|: : : : L_l::', ',r
     ',_:、:::/   |||.     |    .|.    | `丶;.:.|:.:.:.:.:.:.:!: : : : : :ハ::ヽ
      ノ:,'   .|l|      \   ト、   | l !´: :.:!:.:.:.:.:.,' : : :r ' `¬
      /:| | .   |十ト 、     |__x ┼‐ヽ- / | .).:: /:.:.:.:./: ::::::::|    |:      英仏をさんざん引っ掻き回してるヒトラーが
.      /:::,! |   .VV_ _\  `丁__ヽ|_____∨ ヽ{: : :/:.:.:.:./::::::;::::ノ|    !:
     /:::::ハ.ト 、 ト下丁丁  ‐-不三丁丁フ  ,ハr'^,-ヘ':::::::::}::! |   .!:      膝を屈したのだから、自分こそが欧州政治の
.    .ヽ|l ',ヽ \| 弋_‐.フ    弋_ー_フ   | .|/j〈ィ'>》_ノ"!::l .!   |:
         |丁|  ,、,、       ,、,、,、l  ! .|:.ヾ ニフ    !::l .|   |:      勝利者だと思ったのも無理からぬことなのだわ。
.           | l| ′′      ′′′| l| .|/:.:.:.:.⌒ヽ丶|. |:  ..|:
         / / 人             | l| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\|:   |:      欧州そのものを手玉にとったロシアの指導者なんて
          / /| |_  > .._  r_‐_、  _,  l l.! !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\  |:
       /,イ | |! /:.:.:.::::ハィュヘ: ̄「「ヽ ..,' .,':| |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ|:      それこそやる夫が初めてじゃない?
      ノ'   | .| ,′/`ヾニンリ:::..:.:.:.:.:./ /:.:.! !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
    ..'"ィ    | ||:.::':.:.:.:.::.:.`¬´:.:.:.:.:.:./ ':.:.:.:.| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:'.
   <._ <   .| ||:.::::::::::::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:! !:.:.:.:.| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|





754 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:26:29 ID:yvejGzYk0




     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l     同時に、やる夫は独ソ不可侵条約で
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|
       l \     _    ,/ |     ロシアが失ったフィンランド・バルト諸国などの失地を
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !     奪還するチャンスをようやく手に入れました。
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!



思えば、これは長い長い道のりでした。
第一次大戦と屈辱的な内戦の結果、ロシアはズタズタに引き裂かれ廃墟と化しました。



                                    __
                                    /|: : :.:::|
                                l   | : : : :|
                                 |   |: : :. .:|
                                 |   |: : : :.:|
  iv'ヘ                                |  |:|l==|
  | ;`;|                            |  |:|》: ::::|        i'1
  | ;'l:|           i'`'i             、       /|  |:|\ : |  .      |;'|       ,、
  !:`l'|  ζ\     |;`;|             ∥       〕 .|  |:|  || | ./\   _.|;'|       /.:〉
-、_|_.;l:|   \';、\  :|':i;;|     .  i'1   ||/>  r┘.:|  |:|  ||::| |  ∥‐┘ .:|';|──へ./.:/_r‐
ー|_}:;|    \';、.\|;';;;|   ./〉 |;|_r//  /| ̄\:|  |:|   ̄ .:〃../>.::|;'|:::::::::::::::/.:/:::::::::::
-|_|`|_r:‐:‐:‐:‐\';、\;| r‐//┐_|:|::::::::;⊥、r/.::| .:::::::|/\/\   《// ..:::|;'|:::::[]::::/.:/]:::::::[]::
ー|_};|::::::::::: : :: : {二l\;i`!、::://:::::::::::::::::::r| .::| /.:::::<\/   〈:::.:... \ 》 ' .::::::::/|\_n::::::::::::::::::::
-|_| ̄/\:::::::/`|_{┬| |;、\::::::::i'|::::::r┴冂、 .:::::|::\\ _____:::::.:..〉″へ:::::/ .| |: : : |:|::::::::l`!へ、
ー|_}::/ 、';';〉.:/ /{_|┴lニニニニニl.r┴、_|_|_|:>:::::___|」__:l;_;_//..::. `〈 :| |: : : |:|::::::::| |: : :
-|_;l'_;_;_∠;/_/___l_,,:;;}┬┴┬┴┬┴┐::| .:::|_rェ┘__;!___;!__;|_;_;:::.:/ : :| |: : : |:|::::::::| | : :
~゛'' ┘⊥ 」_ |  |{_|┴┬┴┬┴┬┴┤ .:|_;!__;!__:l__;!__;|<___;_/\_;_;_;|;|-∠|_|;_;_;
         ~゛'''' ┴'::⊥Λ二\.:|  .:|ー:|__;!__;!__;!__:l__;l:::...\/<>::.  ∠二
 `     , '  .   `   ∨_,,,;;;;/. ~゛`┴ -'⊥ .」_;!__;!__;!__;!_;ト、 r─‐-、   ...:.:.:.::.:
             ,                 ~゛ ┴  ⊥. .,_..:::| ::/ ̄. ̄'"ヽ┴-、_;_;_;_;_;_;_
                     ,,       `            ~゛'' ‐-|\___ト--/.. ...:::::::./|
  `             .,     `    ,.            '     \|__;_;_;_;_;!─l二二二l/
.        `                                 `



広大な領土が失われ、ようやく大国にのし上がったロシアは再び辺境の荒廃国と化し、歴史の隅へと追いやられました。




756 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:27:24 ID:yvejGzYk0




元来、大ロシア主義者であったやる夫が、失地回復の決意を固めたのは彼が権力を握った1929年かそれ以前にまで遡れるでしょう。
しかし、傷つき世界の孤児と化したロシアは再起の機会に恵まれず、長い雌伏の時を余儀なくされました。



                       ___
                         /\:::::::::/\.
                        /:::<①>:::<①>:::\          旧ロシアの歴史はその後進性の故に
                       /::::::::⌒(__人__)⌒::::::\         間断なく打倒された歴史だった・・・
                       |     ` ー'´      |
                       \      :::::     /           我々は先進国に50年か100年遅れている!
                       /    :::::::::::::::::::    \           この懸隔を10年のうちに埋めなければならない!
                     /                 \  〈〈〈 ヽ
                                    (〈⊃  } }



その間、ロシアは用心深く、そして忍耐強くもその牙と野心を隠し、
バルト諸国のような小国にさえ手を付けず、反戦平和主義を謳いながら工業化に勤しみました。



/:::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<
r:::::::::::::::::::;|!::::::ハ:::::ハ:::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
{:::イ:|::::::::::::|=|:/=|;:/=!::ハ:::::::::::::::/::::;イ:::::::::::::::::::::::ヾ 、::::ヽ
|::{:r'|:::::::::::|rィ='うミy'  !::::::::::;イ::::/=}:::::::::::::::::::::::::::\ヽ、ヽ
.!:::{{ |::::::::::|、ゞ-'´,.ノ    |::::::/_/∠ !::/::::::|::::::::::::::::::::ヽ ヾヽ
..|::ヽ |:::::::ト、`゙='‐'    |:::/k"´うヾy'::::/:i::::::::::::::::ト、:::ヽ  `ヽ
. !ハヽ|::::::|      ..::::: ,リ' ゞニ'ノ イ::/:::イ::::::::::ト:::::| ヽ::ヽ
. ! }::::;!:::::|      ::::::: !  ` ̄´ノ;イ::::;ハ:::::::::| i::::i   ヾヽ
.  ル、|::::ト、     ___ .. '     '/ノ:::;:::| |:::::::::! |::!    ``
.  | !::|``\    `‐-`'   ,/}:;イイ::! !::::::|  y
.  } i::! ``ヽ \  ゙゙゙ , ‐' ´y' !' !/ル'  |::::!       我がソ連邦は二度と世界大戦の悲劇を繰り返さないために、
.  /  !'    ```'‐<´ォ        ′    リ
-へ       ヾ| ///7'                   全世界に全軍備の即時全廃を提案します!
   `ヽ     メト////
     `ヽ  ゝ'////、
       ``'‐、{_{_{_ゝ``'‐-.._

前外務人民委員 マクシム・リトヴィノフ



しかし今、ついに待ちに待ったその時がやってきたのです。ロシアは再び歴史の灰の中から立ち上がる機会を手に入れたのです。





757 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:28:09 ID:yvejGzYk0




          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\    内戦終結から17年、やる夫の権力掌握から10年。
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ     やる夫とロシアはずっとこの時を待ち続けていました。
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/     この男はただの権力の亡者ではありません。
         | |{i t    _     / |     ロシアを大国にしようとするその恐ろしいまでの決意こそが、
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |    そして17年間をじっと耐え忍べるその執念こそが、
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |     この男の国家指導者としての本質でした。
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |



   r‐く二ニ:/i:i:i:i:i:i/  V^’
.  /:i/[_: :|i:i:i:i:/、yz'′              マ: :_: - :ヲ
 /:i/ lしんく|i:i:i:Yrュヲ                ヽ Ⅶ :: : :己
.〈:i〈  || 己 {i:i:i:i|′   l |    l!   l|   l| ', ' .Ⅵ : : :.__7
 \\!!   し|i:i:i:i|   | l l |  l!   l| | l i!  | !  |: : :_:∠,
    ̄|L__ムスi:i:i:i:{l  | | | |  l!   l| | i i!  i | l  }: : _く    ヒトラーは野望のために
    | ̄|i:|i:|マi:r=Ⅶ  i 士十i l!  l| | ルl_」L リ| .!.   |__ノ    ギャンブルと奇襲で状況を変えていったけど、
    |  |i:|i:|ミ.ム泌リ l|r‐rテi〒i/!ノ ‐rテi〒r|  .トミx7     やる夫はずっと機会が訪れるのを
    | /i:{ゞ\ゞ=イ| l| 弋.(ソ      弋(ソ 从ノマヘⅣ     待ち続けたのね。
    | : ̄|  ̄ゞ≠ l| 、、、       .    、、 l.| | l |.|
    | :  |    |  |             八| l |.|      まさに「泣かぬなら鳴くまで待とう時鳥」なのだわ。
    | i  |   x≧|  |          _     イ  | l |.|
    | l. 八  《ミく  |ゝ、      ´    イ |.  i l |.|      10年20年越しに野心を叶えようとする人間こそが
    | | | ヘ ∨i:l  |≦三三r≠くヘ≦ 三 ∧. ', .| l.|      一番厄介なのかもしれないわね・・・
    | | | ',./ ヾ|  |三三三いゞソメ《 三三.∧ ゝ l.|





758 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:28:41 ID:yvejGzYk0





                       。 ゚。
                       ((,.)´)´)´))
                        |~U~゚ ̄.|゚o
      ____           .「ニ| u    | O
     /\  /\       , っΞl!.    |     私はドイツ国民がどれほどヒトラー総統を
   /( ⌒)  (⌒)\   /   i L| ____ .|      敬愛しているか理解できる!
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\/  ノ . ̄''──┘
  |     |r┬-|       |  /             総統はまさに愛すべき人物だ!
  \     ` ー'´     //
  / __        /                 ヒトラー総統の健康のために乾杯しよう!
  (___)      /



   .⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈● ノ\   /\ ●〉
   ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
    )    Y    (
  /γ⌒     ⌒ヽ\
 /  |         |  ヽ
 |   ヽ__人__ノ  (,;'";,"`;,;,、      同じく我らが友人リッベントロップ外相のために!
 \     `ー'´      | ̄ ̄ ̄|,;
  /           \||'゚。 "o ||ー、
 / ヽ、           || o゚。 ゚||ニ、i
/   ヽ          ||。_0_o_||ー_ノ\
l     ヽ         |___|`-' _ノ



              _ノ
       . . -‐: :=: : : : ー-ミ
.     /. : : : : : : : : : : : : : : : : `: ..    丶、/
     ′. : : : : : : : : : :.、ー-ミ : : : : `ヽ    /ヽ/
   乂. : : : : , : : : ォvi. : :\: : : : : : : ハゞ   / ヘ.
  .才: :: :: :::/.: ::::// : :i : : :ヾ : : : : : :.∧       "´i ̄
.   ′:::: :::/ : : : :.′ 乂:{ : : :ハ: ハ: : : {:!
  /才{:i|!/抖竿ミ、   }/≧≠ミ: !:: ::从
 イ }:i :N{才 ___`゙  ノ  __ .Nリ Y::;
   从(ハ{ ´ ̄ ̄`.ハ   ´ ̄ ̄` :}ア}}′
    八 从 , , , ,  :!   , , , ,   i 八    そしてソ連人民の偉大なる指導者、
     \'.      '        ,/
      ∧     ` ゛      ハ       同志やる夫のためにも!
        \ 弋二二二ア ィ:、
         fi≫ 、/从ハ, // {
       /} ` :<ー-<イ  {\
      /.:.:_{  .L _ヽ /_ノ   .Vハ
     . イ.:.:.:.:.:.{     V _ -‐  }}.:.:.\





759 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:29:14 ID:yvejGzYk0




                  ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
             <                                    >
             <             乾杯ッ!!!             >
             <                                    >
                  ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨



.                                    ,. -‐==、、
.                       ,. ===、、 o   ○o.  i       :::ト、
.                     _,/      `ヾ´´`ヽ、 ゚ .l       :::ト、\
.                     //      .::::/  :::::!===l      :::|ス. ',
.                       /./       .::::/   ::::l    |  __ ..... _::::|} ヽ l-、
.          .           ,ィク ,'..__    .::::/    ::::l    :l '´    `)'`ヽ ヾ;\
.                 /::{゙ ヽ、 ``丶、;/‐‐- 、::::l     `'::┬‐--<_   } ./;:::::\
.               /::::::::!   ,>---‐'゙ー- ...__)イ ,. -‐‐-、ト、   |l::ヽ /;';';';';::::\
..               /|::::::;';';'\/} (ヽ、  _/|   (´    _,.ィ!::ヽ.  ヾー'´;';';';';';';';';:: /ヽ、
.             / ,ノ:::;';';';';';';';';'/  /ヽ、二ニ-イ   ヾT ¨´ ,/;';';::`、. \';';';';';';';';';';〈::...
.           /  i::;';';';';';';';';';'/ ,イ.:::::::::::::::::: !    ヽ`ー‐'";';';';';';';ヽ   \';';';';';';';';';!:::::


不可侵条約調印の合意が決まると、喜んだやる夫は執務室に酒とグラスを持ってこさせた。
友好ムードのなか両国の代表団はお互いの指導者のためにグラスを掲げ、幾度も乾杯を重ねたのである。





760 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:29:45 ID:yvejGzYk0





日付が変わって24日午前2時、興奮冷めやらぬ中、リッベントロップとモロトフが条約最終案文と付属議定書に署名。



                               _,.. -‐''"~ ̄ノ
                             ,、‐'''"´_,,.、-‐ァ''"~)
                          / ,ィ孑'´,、-‐'乙-‐イ
                        / / j''_,.ィ_,∠-<イ
                          / ノ-‐づ、'´_ノ-'"_,/
                           / , ‐フ´ -ノ´ _>‐'ノ
                         / _,. - '´/ ,∠-''"
                   / ,jノ/´ 'フ_,/ ア
                      / /´,っ‐、/´‐'_xく
                       / / 人) イ -‐ _ノ
                     / /う_,'ぅ 丿- '"ソ
                / ,ノ、,) -'--┬ '"´
               ム、ヾ,-‐'゙,ニ-<
                    ,ゝ/\ヽヽ、ゾ
                ,ノ〈、_入_,ト、ノ
             ,イタ弋 J´^゙''''ー-.._
             , ‐',イタ  、  ..     `゙'ー ,,,
         ,/ ,イタ   |______l,,..-'゛       .`'''ー ..,,,,、
        /  , ‐‐'~´
          !  (  !
          l .//ヽ___ _.ノ┬―-、.. ;;ン'
         ゙ //   ヽ .,,゙_''く   |''ー .._
        //`ゝ⊥_,l‐、.( 八.  |   . ̄^゙''''''"゛
         〃    `''、 l_)ー'ーー- ..,,___,   _,,..
         ′                        ̄ ̄



ついに独ソ不可侵条約・・・俗に言われる「モロトフ・リッベントロップ協定」が成立したのだった。
この瞬間、ポーランドの運命はもはや決した。





761 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:30:21 ID:yvejGzYk0




        /     ,        ,       /、
.       /     /       / ィ/ //   イ \
      /    //ィ       / /x!,ィ/,イ  / /ヘ   {
      ,イ /  ハイ' |  j|  /l/ ' ,レ≧x;ィ イ / /   il
     厶‐ァ  ´ i"(ミxリ! / | ,:′  ヾテヌゞレ'l/ /ィ  i !
      / ,イ  ヾ 辷 |,′l/      ゞ'’  :' ,ィfナ ィヾ!
.     /'′| i   ゝ-、"    :::::::::::   ´   {;リソ〃リ
       jN    i !   u         ヾ /′  \\ | l i 川 | l i川 | l i 川 | | l i川| l i 川//
        レ{ , ,ィj li! U    、     イ      三                         三
       ___j_ムチ ヾ\     ` ̄ ヽ /′      三    勝った!俺の勝ちだ!       三
       j    ̄ `丶 、 \;///,ィ.,;._` /         三    欧州を手玉に取ってやったぞ!  三
   ___ /           1ヽ `ー:、≧{ `ヾ:、        三                         三
  /:::::::`:.ァ:、.___     !  \ }/´`ー- 、 ヽ     // | l i 川 | l i川 | l i 川 l i川 | l i 川 |\\
/: : : : /: : : :`丶ミ≧:、 L___ゞ(  ;ャァ'´ ̄ `ヽ
:-: : :/: : : : : : : : : :_≧ュミ:、    };>'  __    ‘,
`:、`ー-:、: : : : : : :/: : : : :\、 才{__ .ィ´       ヽ
.:.:.:.:`ヽ、\: :./: : : : : : : : : \ノ;ィ{ 、___,       丶
.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ. \: : : : : : : : : : : : :Z、 ≧一’{`ー      Yヽ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:≧ ヾ: : : : : : : : : /: ≦ ゞ: : : ゝ       |⌒V



一方、予想外にも迅速な条約締結はリッベントロップを歓喜させる。

宿敵だったソ連側の友好的態度に接した彼は、独ソ関係を恒久的なものと見做し、
貴重な同盟国と強力な外交カードを手に入れたと判断した。





762 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:30:52 ID:yvejGzYk0




同時に、今回の政治的大成功をもってすれば、全面戦争の棄権を冒さずとも
外交交渉の主導権を握って欧州支配の野望を達成できると考えてもいた。



          /              \
       /                 ヽ
.     /                    ハ
    /                、      !
    l              /∨.l     !
    ,'             ,   !'`´`! ,   , !
   /イ  i    ,    .l.  .!l   !,イ. , 、.!'
   .′|  |    !.,、.ト、 .M.  !l  ィムlィ/! l ' .       r‐ 、     独ソの協調は欧州に新たな秩序をもたらすでしょう。
    l / レ1   ハ|メ‐ヽ厂!ヽ|` 'ニ  ,'/ ,、l.         l  .l     今後は我々のみが欧州の未来を担い得るのです!
    ' И{.、', i リ ' ‐-‐ニ,   iヽ ̄ ,' .l. '       l  .l
      l,ヘ_ヾY      ´    !  .ハ/'         .l  .l      我が国は決して戦争など望みません。
       l `ー;          /  /          .l  !      ポーランドとの「問題」についても
       .!ハ l.ヽ        __  /、 .   r‐ 、  _,_ l  |      極力外交交渉による解決を目指しております。
      ./'l. リ、ヽ\    `''ニ´- ./ヽ`丶、...', ヽ /  `‐-'、
    ,-'"_____',  \ ` 、, i i i i,//`ヽ:.:.:. .l   ソ  __,,  ヽ     私は帰国次第、総統閣下に「欧州会議」の
 ,..:.'´1l; ; ; ; ; ;',   `丶、 `ーァ‐ヘ: : : :ヽヽ:.:.l .〈  /     .}     開催を進言するつもりです!



19世紀後半、ビスマルクが戦争を駆使することなく外交を以て欧州を采配したように。



      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈 ● ノ\   /\● 〉
      ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
.      )    Y    (
     /γ⌒     ⌒ヽ\
.    /  |         |  ヽ     ・・・それは結構なことだ。
.    |   ヽ__人__ノ   |
    \     `ー'´     /     (戦争になってくれたほうが有難いけどね)
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、   |
   /     / r─--⊃、  |
   |  ヽ,.イ   `二ニニうヽ.  |





763 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:31:41 ID:yvejGzYk0




           ,.-──- 、
          /        `ヽ、
          /           \
        〃  l.:l  //.l .lヘヘ:l:.1. il ヽ
       〃 , , l:.l //l l:l :lミノ1l:.1. !l l !
      /./ //l l:.l/l/⊥l」l:l  l l: l.:.l:l ! .l
       l/l/l/ :l l:.ト、ト、lヽl リ  lノ十从l ∧
       l l:.:.:.l∧! ,r==ミ  / 二 Vl l/
       l l:入い       ヽ⌒ /ノノ
       N/ l∧         /  /             これで独ソは不可分の友好国となりましょう。
          .l/l ∧   r-- ァ /
         l/!. ヽ   `ニ´/               条約締結にあたり両国の偉大な友好関係を祝福する
           r┴- 、`ーrrrく
      _ _」    |\ l ̄`7               共同声明を発表しましょう!
  ,. ィ´.:.:.:.:l `ヽ    ̄l l /_
 ´  .l.:.:.:.:.:.:l   \  l/ んT.:.`ヽ、
    l.:.:.:.:.:.:.l     -孑'´ l.:.:.:.:.:.:.i\
    l.:.:.:.:.:.:.:ヽ       i   l.:.:.:.:.:.:.l  \
    l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\     l  l.:.:.:.:.:.:.:!  /ハ
    l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\   l /.:.:.:.:.:.:.:.l  //ハ
    l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ l/.:.:.:.:.:.:.:.:.:l ,′  ',
    l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!      i


          ____
        /_ノ  ヽ\
      / ( ①) (①)、
    /::::::::⌒(__人__)⌒\       ・・・まことに嬉しいご提案だが、今回は見送らせていただきたい。
    |      |r┬-|    |
    \       `ー'´  /       我々は今までずっといがみ合ってきたのだ。
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ     突然そんなことを言われてもドイツ人もロシア人も困惑するだろう。
  \ ヽ  /         ヽ /       両国の国内世論に配慮してみてはどうかね?
   \_,,ノ      |、_ノ





764 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:32:04 ID:yvejGzYk0





       ____
     /⌒  ー、\
   /( ①)  (①)\       だがこの場だからこそ断言させていただく・・・
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\      ソ連人民の名誉にかけ、我が国がパートナーを
  |     |r┬-/ '    |      裏切ることなど決してない、と。
  \      `ー'´     /



              _ノ
       . . -‐: :=: : : : ー-ミ
.     /. : : : : : : : : : : : : : : : : `: ..
     ′. : : : : : : : : : :.、ー-ミ : : : : `ヽ
   乂. : : : : , : : : ォvi. : :\: : : : : : : ハゞ
  .才: :: :: :::/.: ::::// : :i : : :ヾ : : : : : :.∧
.   ′:::: :::/ : : : :.′ 乂:{ : : :ハ: ハ: : : {:!
  /才{:i|!/抖竿ミ、   }八≧≠ミ::!: : 从
 イ }:i :N{才>-=ミ`゙  ノ 斗r-=ミNリ Y:;
   从(ハ{《八:うjノハ   ゞ:りイ 》 }ア}}′
    八 从      :i        .i 八
     \'.      '        ,/
      ∧     ` ゛      ハ         ・・・そのお言葉だけで十分です、やる夫書記長!
        \ `ー -- "´ .ィ:、
         fi≫ 、/从ハ, // {
       /} ` :<ー-<イ  {\
      /.:.:_{  .L _ヽ /_ノ   .Vハ
     . イ.:.:.:.:.:.{     V _ -‐  }}.:.:.\
 >.:´.:.:.}:_:_:__∧ ー- }!     ′_:_:_:}`:.<
 .:.:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.:.:.∧    :i    /.:.:.:.:.:.:.:.}.:.:.:.:.:.:.:.`



深夜午前3時、調印を終えたリッベントロップはクレムリンを出てドイツ大使館へと戻っていった。





765 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:32:54 ID:yvejGzYk0




        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/    お疲れ様です同志やる夫。
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /     不可侵条約調印おめでとうございます。
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/      さっそくプラウダ等の紙面発表の
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\     確認作業を・・・
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃



       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( ①)  (①)\     ハッハッハ!素晴らしい会談だった!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   聞かせてやろうポスクリョーヴィシェフ、
  |     |r┬-/      |   ドイツ外相ときたら「不可分の友好国」と
  \     ` ̄'´     /   のたまったぞ!まったく馬鹿馬鹿しい!




767 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:33:38 ID:yvejGzYk0




      / ̄ ̄ ̄ \
    / _ノ    ヽ_\         友好なぞ誰が信じるものか!
   /  ( ①)   ( ①) \        外交交渉だと?くだらない!
   | ///  (__人__) /// |       あの連中は必ず戦争を起こすに決まってる!
    \__ `ー ' ___/
   /    ヾ、 //  \ ヽフ     不可侵条約などまやかしだ!
   ヽ_⌒)ハ //   | レつ||)     こんなものはタヌキとキツネの化かしあいにすぎん!
  i⌒l ミ゚Д゚,,彡⌒)  ヽ_ノ  ̄
  |  | ヽ__"" ヽ_ノ|  |        我々を上手く騙したつもりだろうが、
  ヽ  ̄ ̄ ̄/ ヽ ヽ_ノ        残念だな、騙したのは我々のほうだ!!
    ̄ ̄ ̄ /  /ヽ__)
       (__ノ





768 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:34:31 ID:yvejGzYk0




やる夫はドイツとの取引には大変満足していたようだが、リッベントロップのいう「友好関係」には
まったく何の幻想も抱いておらず、将来の独ソ衝突を確実視していた。



       . … .
       :____:
     :/_ノ  ー、\:
   :/( ①) (①)。 \:       ヒトラーめ・・・お前の考えなど御見通しだぞ。
  :/:::::: r(__人__) 、 :::::\:     英仏のボンクラどもにはうまく通用したかもしれんが、
  :|    { l/⌒ヽ    |:     小手先のイカサマなどボリシェヴィキには無意味なのだ!
  :\   /   /    /:



やる夫はリッベントロップよりも遥かにビスマルク外交史に通じていた。
独ソ友好の声明に反対し、さらに今なお仏ソ相互援助条約をカードとして残していた。

ドイツとの同盟など、守るつもりはサラサラなかった。





769 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:35:22 ID:yvejGzYk0





24日朝、独ソ両国による電撃的な不可侵条約締結をプラウダなどソ連各誌が朝刊で一切に報道。
犬猿の仲であったナチズムとボリシェヴィズムの妥協は世界中を驚愕させた。



_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_
|            1939年8月24日(木)    |
| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄| |
| |   ソ・独不可侵条約締結される | |. プ | |
| |______________| |. ラ | |
|                       __ |. ウ | |
|. 24日午前2時頃調印      | 独 | |. ダ | |
| ________     モ .| 外 | |__| |
| |   \ | /    .|  両 ロ .| 相 | .___ |
| |   ─(゚∀゚)─   |  国 ト | 緊 | |紙面| |
| |    / | \ ∧∧ |  非 フ .| 急 | |: : : : | |
| |. ∧∧  ∩(゚∀゚ )|  敵 外 | 来 | |: : : : | |
| |( ゚∀゚)∩ \|  | .|  対 務 | ソ .| |: : : : | |
|  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄. .を .人. ̄ ̄ . |: : : : | |
| クレムリン執務室で .宣 民     |: : : : | |
| 条文調印するモ外委 言 委       ̄ ̄ |



      ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
     <                                         >
     <   ナ ゝ   ナ ゝ /    十_"    ー;=‐         |! |!    >
     <    cト    cト /^、_ノ  | 、.__ つ  (.__    ̄ ̄ ̄ ̄   ・ ・   >
     <                                         >
      ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨
            ,. -─- 、._               ,. -─v─- 、       _
            ,. ‐'´      `‐、        __, ‐'´           ヽ, ‐''´~   `´ ̄`‐、
       /           ヽ、_/)ノ   ≦         ヽ‐'´            `‐、
      /     / ̄~`'''‐- 、.._   ノ   ≦         ≦               ヽ
      i.    /          ̄l 7    1  イ/l/|ヘ ヽヘ ≦   , ,ヘ 、           i
      ,!ヘ. / ‐- 、._   u    |/..  / ̄l |/ ! ! | ヾ ヾ ヽ_、l イ/l/|/ヽlヘト、      │
.      |〃、!ミ:   -─ゝ、    __ .l  /     レ二ヽ、 、__∠´_ |/ | ! |  | ヾ ヾヘト、    !
      !_ヒ;    L(.:)_ `ー'"〈:)_,` / .|\  .riヽ_(:)_i  '_(:)_/ ! ‐;-、   、__,._-─‐ヽ. ,.-i、
      /`゙i u       ´    ヽ  ! |(・)   !{   ,!   `   ( } ' (:)〉  ´(:.)~ヽ  |//ニ !
    _/:::::::!             ,,..ゝ! .|⊂⌒. ゙!   ヽ '      i゙!  7     ̄     | トy'/
_,,. -‐ヘ::::::::::::::ヽ、    r'´~`''‐、  /  .| |||||||||..!、  ‐=ニ⊃    /!  `ヽ"    u    i-‐i´
 !    \::::::::::::::ヽ   `ー─ ' /    \ ヘ_  ヽ  ‐-   / ヽ  ` ̄二)      /ヽト、
 i、     \:::::::::::::::..、  ~" /         \__. ヽ.___,./  //ヽ、 ー         / ゝ
 .! \     `‐、.    `ー:--'´         /     .//イ;;:::::    //〃 \   __,. ‐' ./ / \





770 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:36:10 ID:yvejGzYk0





         /´ ̄ `ヽ,.   -    ―   、
.        | r'⌒/              __
         、. /               ヾr.、ヽ
.         /      ``ヽ、 ,.         ヾ' ノ
         /    U    ●       ー-一  、
                          ●
                    Y ⌒ヽ    U
        .             ゝ-r. '       |     独ソが不可侵なんて・・・そんな馬鹿な!?
        、         __ 人
        ヘ        ´ l´ ̄``ヽ「`            やる夫め、ポーランドを売ったな!!
         ヽ        ム- ―-、.!     /
           ヽ         '⌒      /
          ,.r<>、           ,.ィ



    /                ∨.:.:.:.:ハ
.   . -=ミ _         __   ≧:.:.:.:.{
   ′≠  ヽー- _彡  ´     才.:.:.:.:.}
  {'"⌒ヾ:.、 .l   /        才.:.:._.:.{
.  ∧ ト、  \、i  f{   .斗≠ミ }.:./ }.}
   .゙ヽ弋辷ァハ}ハゞ=彡=三`ヽ  }//ハ.{.{        我々との交渉を長引かせて、
   }  ー=彳ノ⌒ヾi}>ゞ=才,ハr イ _) .从
  人  ´ .:'′  八 `ー-  }}  ノ. ノ.:′       ドイツと取引する時間を稼いでいたということか!?
   i ヽ _彡′ _,ハ >--<.{{ r  /.:./
   .ハ fr´ 〈!  _彡ヘ     {{ /爪.:.:.{_         おのれ卑怯者のアカどもめがっ!!!
   ∧ .r}弌xr'    `Y   {{.′{ .}_:/ }_彡才イ
. _ -‐ヘ ゝ`ー- =ー-' }   {{.  ノ {. {.り.:.:.:.:.-=ミ
二二二.∧  `ー=彡 イ / , ̄ / ∨_.:.:.:.:.:.:.:.:.
ニニニニハ       . イ  /   /   } }≧ー-
ニニニ / }.、     .イ   ./   イ   / .}二ニニ





771 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:36:35 ID:yvejGzYk0




                 __    _____   _... .、
                 γr‐ミィ ´    u `'" <⌒j i
                { y´  ー-   、..-一 `ゞノ
                  Y    ●    ●     ヽ
                |     ,-‐-、     u  i           まずいよチェンバレン首相・・・!
                |     弋___,ノ      |__
                     i  u  r、_人_..ァ    厂:`ヽ        これでヒトラーは戦争を始めてしまう!
    ,. - 、          >、    ` ニニ " u ,.ィ≦ミ : : L_
   イr=‐:、ヽ   _,..-一く: : \  ,.-―- 、 /"´  `ヽ: `Y
 ,ィ{ {.:.:.:.:.) ゝイ´     ヽ: : : `y' r=‐:.、 Y_.._    _ノ : : ヽ
 {rミ. ゞ-" r'ニミ`ヽ     ,.斗='´  {.:.:.:.:.:.} /r=‐、ヽ /: : : : : : \_
 ヾ:ノ    廴:.ノ i} _.' ´   | {⌒i  `¨彡  {.:.:.:.} Y: : : : : : : : :. ̄7
  \      ̄,ノ'"´     Ⅵ;,;ノ        ゞ=" /: : : : : : : : : :/ヽ



ヽ       lヽヽ              ,イ三三三三三三三三三ヽ
 ゙ .      ! ,! .}              /ニ;-‐'/ ̄"''‐=-―=ニニニヽ
  !     !  !               ,'ニ/,  /          | `ヾ=ニi
  ∧   l''   {        .-、   lニ' ;  .'          l.!  l!=ニ!
,   ∧  .l   l       i.  ゙  lニ! l  ! 、 __    __,..l !-= _!ヾニi
,.'  ∧  l,.:   !         !    i .l=l. l  ー- ..__ ̄ __,./ -―-!! ゙ニl
∨  ∧ .!   .!        !    | l=! , -―- 、 ー―一/ . '"´/ l !il!
 V   .∧l__!         .} '´  ゙、 lil ,..、   \    /  ,.-‐、  !, ‐、
  ∨,.z/,「////l         | :___゙,ヾil ⌒\、  ヽ   / ,. '"- 、 ヽ '/: l        黙ってみているつもりはない。
/∧///!////,{         !////∧ l!::::、、 tッ` ー 、l  l-'/    ヽ ,: l. !  ノ}
.∨∧///!'///∧_      l//////l {::::..丶  ̄-‐/,.=ニゝ{      } :} !/-≦/     見ておれボリシェヴィキの風見鶏ども。
. ヽ∧//l///////`ー- 、,...ノ//////,! l:::::::.    ´::::::l  !i人      ノ ,.' /ニニ/ ,ィ
.  Vl'/∧///////////\//////∧、l:::::::     ::::::l  !   `ー‐ ´ !/ ,;'ニニ='"_     我々の決意を示してやる!
    V///ヽ////////////ヽ.'////∧.!:::::   .:;:':::::!   ヽ    ,':し'二二二二ニ=-、
.   ヽ\//ヽ////////////丶'///∧::::,. / 、::::l  l!  '\     !ニニニニニニニ=-、
      \,\'/∨///////////∧////!//   `ー‐'´    丶、 .l二二ニ<_ ̄ ,
.       \'////////////////,!',-、'/l{ !{  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'ノ}l! ゙i二二二く ̄´
       ヽ////////////////{ ,.ゝヽ__ー- ̄二二,. ̄   ノ/} l二二ニニヽ
           ヽ'/////////////∧ !:.      ̄ ゙̄V/∧77ヽ., ´,!'゙ ト、、ー-=ニ__゙;
           ヽ//////////_,.'-‐/::: 、    .....:::,-zzz,、'/∧/,'  ! !ニニニニニ=- _




773 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:37:03 ID:yvejGzYk0





24日13時、リッベントロップはインメルマンⅢに乗りモスクワから帰国の途に就く。



                                            γ'l ̄ ヽ
                   , -- 、                       /. │  .i
                /   \                    ./  │   ..i
         __,,、、__/___ \_______.       ∠    │  │
        ∠                          ̄ ̄ ̄ ゙゙゙̄''¬─-..|__│
     ,..-‐'¨≧コ    .   ロ  ロ  ロ  ロ  ロ  ロ  ロ   冂   □   ____ .ゝ
    (        ii       _ ,,,, ... ... ,,,_..         凵       _`''ー ,,_    `''ー 、
     ´゙゙''''―-..,,,,_iif'~``E'゙゙゙゙゙´、        ´''‐ ,_ _,,, .....--―ー¬''^゙゙ ̄     `' 'ー .,,_   ゝ
            ┤  E|  _ ` '-      <                      ` ̄ ̄
            iiゝ、_..E⊂`゙           ''-.
            ii     `゙゙'''ー..,、        `''..,
                       `''ー.        `' ..
                         `' ー.        `゙' 、、
                             `''ー.      `゙
                                ー..,、     `''..,
                                  `''ー.    .....ゝ
                                     `"'"´
            _ ___ _
            . ≧二二ニ: : :ヽ
          /      _三二 \
       ー≠ -‐=. : : ̄  : : .  `ヾ : .
      / / >  ,     ヽ      : .,
      }//, /  / / ハ}v :i         :.
      7 / .ィ .イ: / /^v;}  ハ ヽ    ハ
      { !:{/ }/:i{/イ  / ハ  {  :i     抃
      从{ frhx从  /ィ,イ__}: {  :!  /  {:7
    _____,: Vハ   二.,__从i }  ; イ   j(        (ソ連を味方に引き込めたならば、
.    /ニニニi   ̄j    Vfr刋 ヾN从/^7 イ          いかにポーランドの軍国主義者と言えども
  _/.ニニニ ∧  〈     ^≠ー ' イ/ソ/ィ(           状況の不利を悟るだろう。
 /-ニニニニニハ ヽ        ,ノー'\\
./ニニニニニニ / -‐≠ミ; ー '  ,. ィ }ニニニ∨_\        武力を使わずダンツィヒを取り戻せるかもしれない。
ニニニニニニ.7 ⌒ <v V≫ '"> ´  {ニニニ-{ニニニ-
ニニニニニ 7 ⌒\ {ヘノ> ´     /ニニニ7ニニニニ-_      戦争ではなく外交によって欧州を支配できれば・・・
ニニニニニ /  ^\ {ノイ.      //ニニニ/ニニニニニニ      帝国における我が外務省の立場はより盤石になるぞ!
ニ> '77  fハ  }ノ{     /.:./ニニニ7ニニニニニニニ
ニニ-/_{   jーく{ ,ノ  ,.. イ.:.:.:7ニニニ-7ニニニニニニニ      ヒムラーやゲッベルスなんかすぐ追い落としてやる!)
ニニ {ニニ>ァハ.:.:.:.:^≠.:.:.:.:.:.:.:. /ニニニニ/ニニニニニニニ
ニニ 乂ニニ /.:.:.:.:/ .:.:.:.:.:.:.:.: /ニニニニ/ニニニニニニニ
ニニニニ-ア/.:.辷-{-rx:.:.:.:.:.:./ニニニニ/ニニニニニニニニ





774 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:37:40 ID:yvejGzYk0




同じころ、休暇から戻ったヴォロシーロフはいまだモスクワに残る英仏代表団に対して交渉の完全な打ち切りを通告した。



                   |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|
                     |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|
                       |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|
                   |_;:_;:_;:_;:_;:_;:_;:_;:_!
                   |;:_;:_;:_;:_|_;:_;:_;:_;:」
                   fT 、_ `"'''"´ _,.゙!}
      r―、-、          tj、 t苙、 ,ィ苙ア lノ
      ',  ヽ ヽ         ',':,   ,! l、  ,イ                  ヴォロシーロフ国防相!
       l   !"´!         ヾ! ,.ィ竺t:、 リ                  今回の独ソ不可侵条約は
      l   l  l         人.'´三`' /l          f'^i-、__      明らかに信義にもとる行為ですぞ!
      |   |  |,. ―- 、_r≦´、、 `'ー' " ト、       {゙ヽ丶ヽヽ
      |   |_|_::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾミ丶、、ヽヽー-、_  ヽヽ丶ヽヽ
      |  /   i\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶.`'=┘::}:::::::`,==、! ,l_.l,..ヽヽ、
      ト、_.|    l / ̄`ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::`'ー-一'::::〈::ヽ ゙',   、_ ',
      ノ  `'ー‐(⌒ヽ ノ l::ヽ:::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:ヽ ゝ -‐ァ
     ,! __,,.. -r-、`'ーr'´ ノ、:::ヽ::::::::l!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾヽ   ;'



                / ̄ ̄\
               _,ノ ヽ、_   \
               (●)(● )    |
               (__人___)     |
                    '、        |
                |       |
               | ,     /_.{
               `ァニニ<//〉、__ __
               ,./ /\  / : : : : : : > : :\
            _/ /|イ:::::/∨. : : :l: : : : : : : : : : :.丶      いいからはやく帰れよ。
          /. : : : :| ./`Y / : : : 」: : : /: : : : : : : : }
         ,´ : :/: : : :| i::::::|/ : :/: : : /: : : : : : : : :|
          { : :/. : : : :|/:::::/ : : : : : : : | : : : : : : : : : ,'
        / : :,' : : : : : |::::/ : : : : : r---く´ニ\: ヽ:ノ
       、'ーr,_| : : : : : :|:/ : : : : :_/二ヽ V: : : : ` :´
      / :./ ̄>< :./ : : : : :/ 二 ヽ_」┘: : : ∨}
     / : : :ム / : : : : ̄ ̄ ̄ ̄~゙''-ゝ.」: : : : : ∨ :}
    { : : : : : :\、 : : : : : : : : : : : : : : : :\. : : :∨ : :l
    ヽ: : : : : : : : ̄"\ : : : : : : : : : : : : : : : / : : :{





775 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:38:17 ID:yvejGzYk0




翌25日、リッベントロップがドイツに帰国。
だが、この時すでにヒトラーは対ポーランド戦の断行を決意していた。



               /    //  /‐───- 、   \
              /r‐─‐ァーf/    /-────-、 \\ ヽ
               / ∨三/'¨7   /   / /      \厶 ハ ',
.              /  \/__,/   /  ,イ l  |       il V∧ハ
            /  _//〉‐/    /\/ |i |l | 丶    i|  l ト、 ',
             ,′ f⌒∨ /    /ハ {\! |l !{   \  i|  | トく l
            / ハ.  V    /ィfテミ、 ヽ八 ヽ    ヽ_|  l |/ |
             l l 〈_∧   ',   ハ{_f::j:リヾ    ヽ∧>七 j  ! |_  |
             | l   _ム _ ゝへ| V;之_        _ ヽハ ,' /  | \|     よくやったわリッベントロップ!
             | l  >'´     ヽ           ィ≡气 / /  l\/!
             | l  |   -ー―一ヘ   , 、__  ヽ    〃:/|   ∧ |     これで後顧の憂いは断たれたわね!
          j八 |       __}  {  `ア    ,ムイ /  ,イ__j│
         ,r≦三ヘ   ̄    ト、 ` ー'  ,. イl│ Ⅳ  / | jlリ     そんじゃ、さっそくポーランドを叩き潰すわ!
        /  /  ハ   _,  --‐〈. >‐r<  /l│ 〃  / j /
          // /   | ハ     , イ1  /   ヽ./ ∧/   / /'        誰かカイテルに電話を繋いでちょうだい!
.        〆 /    い \ -<  }}/ ̄ ̄`ヽ>ーイ 、 /
      〈  /     ∨ 代\   ハ、 , -―‐- 丶 //丁fヽ
      ∧/       ∨   `三彡' \    __ ∨´  |│ l



.       /                |ヾ!厶!::       ヽ
     /           : : : : |    |::  :    :  ',
     ,′        :ハ:∧: / {: : : :|   !: /: : :.} : :  ',
      |   : :  : : : .|_l/,.ィ/∀\.: !‐′ :!、/.|: : :ハ: : :   \
      | : : : :|:   : : : :| /゙二\.ハ:|    |/`_ヒメ/、: : :  ト、_>
.    厶: : : :ト、: : : ト、:| 《 ヒ::リ       ィ゙.二゙\リ:.::. ト、|
      }: : ハ|..}: : : | :}    ̄ /     i 、 ヒ::リ 》.:.ハ:..|
      |: : { 入: :.:|           : { ` ̄ 厶、{ ヽ|
      レヘ,.ヽ ヽ\!           : 〉       ハ!
         |: :\__     U           /      //
         |: : : : :ハ                 u /'′         えっ!?ちょ・・・
         レヘ: : :}∧     / ー―-ー . ヽ   /
         }: : |  \.   ヽ_,, -―-- ,,_/  /            そ、総統閣下!すこしお待ちください!
         |ハ::| ヽ \          /
           リ  ',  \l:l:l:l:|:|:|:|:l:l:l./|
         r┴───ヽ `ー──‐゙/ :|\
         /¨|: : : : : : :/   \    :/ /  \
       //´\: : : : 厶__>、   /___>
__,ィ⌒/::::::::::::::\: : : : : : : : : : : \/   |::ー- 、\





776 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:38:49 ID:yvejGzYk0




                        __, ― ――-- 、
                      , ' ´´7         `  、
                     /    /l           \
                   /   , l '」 ,      i 、    ヽ
                   /ィ   l .l`´l l、  l、 l   ! l.    ',
                   ,' l  /l l.  l l ヽ_」寸ト、 !  !.    '、
                    l  l l‐-リ、 ',「´ィ云zァ Ⅵ  !    ト 、
                   /1 ,Ⅵィ'心!  、ゞ孑'´   レ、 ,'  ト、 ヘ',`     ソ連の支持を獲得した現状ならば、
                    レ ! ィ.l`´/   `     l / /' !| .|       回廊問題は外交的に解決できます。
                     l/ l l 、       U И l/ィ/ , !
                        、`          i/斤'´ リ`       なにも今すぐ戦争手段に訴えなくとも・・・
                        ヽ  ' 二  ̄     イ !.  ,'
                         ヽ , i i i , , 、/  .レ!Ⅳ_
                          ヽ.l ! i イ´  /-‐'  ̄ /、
                          /´.',  /´.!    ノ_: :\
                        /    l / -‐┘  / :  ̄: :ヽ、
                         ̄_二ヽ レ'´   -‐'フ--―- 、 /:.:.:.`‐-. 、
                       ,. :'7: ̄ :7<-‐  ̄-‐/ : : : _: : /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄:`‐- 、



                  __ _
              . ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:..、
             /:.:.:.:/ ニニニ \:.:.:.:.:.\
             /:.:.:/:.//:.:.:.:.:.:.:.:.:\}:.:.:._:_:.:.ヽ
           〃':.:.イ:.:.:.:/!:.:.、:.:.:.:.:.:}:.:.|:.:.:V \:.゚,
        ─/‐|:.〈_|:.:.`ト、 lハ{\:.:厶斗:.:.:.!  /:.:!  ──‐ミ
       {   ヽ|:.:l:.ハ:.:.:y=z  \´ィ==v:.:.: |卞 ヽ|´        ゚,
.        ゚,   Ⅵ:l_|:.:V'以     以リ|:.:.:.:| ) Ⅵ=/      }
        ヽ /: :==|:.:.{   '__     |:.:.:.:|ハ /: :!       ′
         /: /i/: :∧:.:\   `     ,l:.:.:.从'|: i:i: |    /
.         /: :.:/i/:/  \{: 〕ト    .イ/:.:.:/:/ |: i:i:∧  ,.イ
       ヽ:./i/イ  //i/:ヽ:/ } /:.イ:/{:/  Vi:ハ: :\' : i      はぁ?なに言ってんのよアンタ。
        \{  ,:'/i/: :/ ̄` /: : : /i/: /  .ハヾi:トx : У
             ヽ {:i:i' : :′  /: : : /i/: /    \:_:_/       外交手段って、なんのためにわざわざ
           }. Vi: : i   ./ : : イ /: イ       /         アンタをモスクワくんだりまで行かせたと思ってんのよ。
           | }ム: :|m/: :/イ/       /
           ! ヾハ.j ./: 彡.:/   、  /





777 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:39:02 ID:yvejGzYk0




         /:::://-――‐-..`\::: :ヽ
        r'‐_=/:/´/|::::.:.:.:.:.:.:、.:.:.:`:lヽォ┴、
       /く_,イ:/:::/:ハ::::.:.\::.ヽ::.:.l:.:l:.:l\イ
      〈//:::||:.ト/!::|、::ト、::.:.ヽ::.:ト、:斗:.ト._∧
      ハ/:.:.j:|:.|:ハ_トヽ|  \:.ト∠}:ハハ:.ト、〉ヘ
      i:::/::::小::トKf.:心トト  、.イチ::.ト〉|A:|:.:.:.:.:!
      |::|:::::::l::ハトハぅ_リ   ,  !ぅ_リ レ |:|:.:.:.:.|
       |::|:::::::l!::.|ハ.  ̄ ,.-―- 、 ̄  ハ´|:|:.:.|:.:|       もう一週間前から100万人の国防軍部隊が
       |::l!::|::|:l:.l:.:/:\ {    } /::::|::|ハ:.:|:.:|       攻撃開始命令を待って臨戦状態にあるのよ!
      l:ハ::|::|::!:|:.|_:/{j ` 三 ´イト::_j::.:ハ:|!/
      | ィヘト::l|:.|  /__    __|   |:/77ヽ        いまさら戦争計画を白紙撤回するわけないでしょ!!
      ハ |:.トト:|  |-‐ `二 ´‐-!   ノl:.:! !  l
      ハ ヽ !:!   |‐二 - 、`7    !:l l / !       それに英仏が介入しない以上、外交手段も戦争手段も
       } ヽ | l:.!    「     `7   // l/ |       大差ないわ!
       |   ヽヾ、   |      j   ///   j|
       !   _L、> -┴-く`ヽ/  //r‐ュ' |
       |  / {{//     ` ー-く∠´‐チ′|



                      _
               , -‐ ' ´ ̄  `  、
              /         ―--.ァ
            ./       ,      .ハ、
           /        /    /  ./  トヽ
           /    /    l   !,ィ  /l  ヽ `
          ム'   / . i   レ ィAト<N. l !リ`
          /ィ   .レメ',i  , ∧! '、''¬` .,''`'
           レ、   !爿ヘ l'    ̄ '´ ヽ、
             ヽ.  \ゝ、l U       /      し、しかし閣下・・・
              ヽ,  ,八     , -―, '
           _/: ヾ'´  !`> 、  , i i j
        _/:.:/-―仆、     フ/iニ´、‐---― ―- 、
    . -‐':.´:.:.:.:.:.:./: : : : l L ヽ.  / 」 l: : :`:',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
   /:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:/'´ ̄:`! 、 ̄V´ ̄ィ !-‐: 、',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
  ./:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./: : : : : :!  ゝ`l /  .l : : : : ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ





778 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:39:18 ID:yvejGzYk0





ヒトラーを説得することは難しかった。

25日14時、ヒトラーは秘匿作戦名称「白の場合」と呼ばれる作戦命令書に署名。
これにより、翌26日早朝をもってついに対ポーランド侵攻作戦が発動されることとなる。



                                         ,、
                                      ixi
                                i卅i.       ixi  ,r-、
                               ||'       iXi=iコ二{!
                            r―ェ、,!!:    r―ェi'Xi-‐'i__!ー-r:、,_,_,
   ___                  ___    | ̄´i゙!||   ,、 | ̄`j'Xロ二i´li二Lェェェェl|
  |;;卍:| 、,、,              r'jiロ_ロ゙ji、,r'^i三ニ!jニl、メ幵|li三ニ!'X'i] ̄`ー‐' ̄|‐'´i´ [| ̄`j=━ [| ̄`j=━
  r|'´ ̄,rlj'lj'ュ,r。、━=i'´ ̄|],、,ィ'干i三i干,i」二二iニL三li==、!!二二二i,、-‐' ゚̄ ゚̄ ゚̄ ゚̄ ゚̄ ゚̄ ゚̄ ゚̄ ゚̄ ゚̄ ゚̄ ゚̄冫
 i ̄´ ̄ ̄" ̄ ̄"` ̄ ̄ ̄ ̄"` ̄ ̄ ̄ ̄"` ̄ ̄ ̄ ̄"` ̄ ̄ ̄ ̄"` ̄ ̄ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ ̄" ̄ ゙̄` ̄ ̄ ̄又
::::"゙::´゙ ';;~゙::`ー-::'~゙"゙^';;,-―'"::゙゙;;"゙´::゙"゙:;^'゙;:'゙`ー -::'~;;,-'"'―'"゙゙;;"゙´゙"゙^'゙::'゙`ー-::'~;;,-―'"゙゙"゙´;;゙"゙^'゙'゙`ー-::'~;;,-



まさにそのころダンツィヒ港に、前大戦戦没艦「マグデブルク」の追悼式典に参加する名目で、
ドイツ海軍の旧式戦艦シュレスヴィヒ=ホルシュタインが入港した。

追悼式典参加はただの名目であり、実際は翌日の開戦に合わせダンツィヒのポーランド軍兵営を先制砲撃する予定であった。





779 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:39:43 ID:yvejGzYk0




          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\      1939年8月25日、
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ       戦争はもはや目前に差し迫っていました。
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/       しかし、まさにその時、
         | |{i t    _     / |       ヒトラーのもとに電撃的な報せが舞い込みます。
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |





780 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:40:01 ID:yvejGzYk0





 ((;;;;゜;;:::(;;:  ∧__,∧ '';:;;;):;:::))゜))  ::)))
 (((; ;;:: ;:::;;⊂(;´・ω・`) ;:;;;,,))...)))))) ::::)     報告!!
  ((;;;:;;;:,,,." ヽ ⊂ ) ;:;;))):...,),)):;:::::))))      外務省より緊急報告ー!!
   ("((;:;;;  (⌒) |どどどどど……
         三 `J



         .∧__,,∧
       ⊂(;・ω・`)⊃
    ☆   ノ   丿 キキーッ
      ヽ .ノ  (⌒) 彡
       と_丿=.⌒





781 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:40:50 ID:yvejGzYk0




       /フフ         ム`ヽ
      / ノ)   ∧∧     ) ヽ    ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
     ゙/ |  (;・ω・`)ノ⌒(ゝ._,ノ   <                                >
     / ノ⌒7⌒ヽーく  \ /    < イギリスとポーランドが自動参戦義務をもった >
     丶_ ノ 。   ノ、  。|/      < 相互軍事援助条約を締結したとのこと!!   >
        `ヽ `ー-'_人`ーノ       < たった今、両国外務省が発表しました!!   >
         丶  ̄ _人'彡ノ        <                                >
         ノ  r'十ヽ/          VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV
       /`ヽ _/ 十∨



     . ':.:.:.:.:.:.:.:./:.: ム ´  _.  -――- ._  ` 、:.:.:.:`
     ./ :.:.:.:.:.:.:. /:.:.:/ .  f゚:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ` 、',:.',:.:.:、
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:′:.:' ´:.:.:.:.!:.:.:.∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ゙',:.:',:.:.:.,
    .′ :.:.:.:. /i:.:.:.:i:.:.:.:.i:.:.:.:. ,′', :.:.:.:.:.:.:. i:.:.:.:.:.:.:.:. ',:.:',:.:.:,
   .′:.:.:. / ./|:.:.: |:.:.:. |:.:.:._;′ ', :.:.:.:.:.:. | :.:. i:.:.:.:.:.:',:.:'xォ:. ,
  .′:.:.:.:.:\/'|:.: |:.:ァ'T:.:.:/ `  ',:.:.:.:.:.:.:|ィ:.:T:.ミ、:.:.:i:.:.:.i_」:.:.:,  ___
  i:.:.:. i:.:.:.:|,廴_j:.:.:.:|:.:i |:.:/     ',:.:.:.:.:.:|',: |',:.:.:. |:.:.:.| i:.川  {     }
  l:.: i:.|:.:.: | | | :.:.: |:.:|,x====ミ、  ',:.:.:.:.:|. ',|._',:.:.:|:.:.:,| |':.:l:|   }  :  {
  |:.:.|:.|:.:.: | | | :.:.: |:.〃           \:.:. |〃⌒゙ミ、:.,': /:| |:.:.l:|  {   :   }
  l : |:.|:.:.: | | | :.:.: |:.{{    l|i|l     \| :i|i   》/:.∧:! !:. l:|   }  :  {
.  ‘,: |:.|:.:.: |_| |:.:.:.:.Ⅳ    _        _  ":.:./:.:.゙|_|:.:.l:|  {.  マ  }
   Ⅵ |:.:.:.:l | | :.:.: |      ̄´         ` ̄ .ハ/i :.:. |!:.:. l:|   }. ジ {
    マ|:.:.:.‘.廴l :.:.: |             ヽ      i :. |:.:.:.:|! ト、リ  {.  で  }
     ゙:.:.:.:.:.`ト|:.:.:.:.|                     ′,'!:.:.: |l:.l /   } ? {
       ゙:.:.:.:.:|ハ:.:.:.:|、       ___      イ: / |:.:.:.八|     L_   ,}
        ゙ :. |∧:.:.:| `      '――′   イ:.:!/ .|:.: ′        } 厂´
       ゙:.:|:i∧:.:|.   `          イ:.: |:.:/   |:.:′    -=彡′
.         ⅥVハ |      ` .._.. <:,イ !:.:.: /   .|/
         ‘| 厂〉、       /、:.:/|:.:. /





782 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:41:27 ID:yvejGzYk0




8月25日17時35分、イギリス・ポーランド両国は相互軍事援助条約を締結。

条文は両国の脅威としてドイツを名指しこそしていなかったが、付属する秘密議定書には
この条約が常にドイツを敵性国家としていることが明記されてあった。



            ,,..、--―――--、..,,
          r'" ,.,.,.        ,.,., `' 、
         | .i´ _`'-、___.、-'´_ `i  l
            | l u _ `'-、__、-'´ _ l .|
         | .l    `'-、____、-'´ u l |
         | |-====、、  ,、====-| |
.       r‐'、ヽu,、-三- ゛|j~´-三-、u /r-、           締約国の一方が「ある一国」からの攻撃に晒された場合、
       | r‐| | <´ o 》ノi i、《 o `> .| |`i |           もう一方の締約国は即座に全力を挙げて
       | に| | ゛ミ≡彡 | |uミ ≡彡 .| |.コ |           一切の支持および援助を与えるものとする・・・!
.        | ゝ.|.| ト、ヽu__ | .| u、_ /,ィ |.|ノ l
.        ゝ-|| | |ヽ u ゝ!__!ノ u ,ィ'|.| ||‐'´|           ひひっ・・・まさに九死に一生を得たり・・・!!
       /  | ト'、|`T.T T T.T´レ1| .|  |
       7/| .| \|`「`「`「`「´| |/ |  |ヾ
  ,.、 -‐ '' "|';';| .| しu`U二二二 ̄u .|  |';';'|" '' ‐- 、..,
'' "';';';';';';';';';'|;';';'|  `'i 、    ̄ ̄  ,、-i´  .|';';';'|;';';';';';';';';';';" ''
';';';';';';';';';';';';|';';';';|   | `'-、___,、-'´  |   |';';';';'|;';';';';';';';';';';';';'
';';';';';';';';';';';'|;';';';';'|   ト、      .ノ|   |';';';';';';|';';';';';';';';';';';';



                   , ィ ´::::::::::::::` ー、
                  /::::::;-z、;;;;---;;;、::ヽ
                 ;::::/  | i    i |ヾ;::i
                 |::i --、_  ,--  {::|
.                 |:::|   ≧三≦,-- j::| ト、
.                 |:::j __,ノノハi、__,--、{::レ':ノi ,
                 r、|'´_r。ミ.ヽY ./  `', j-彡レレ'j              もはや是非もない。
                 |f j,,ゝ='ノ f⌒i、_,ノイ)i::::::::く
                 ', i ト,   , | | 、   / j::::::::::::≧             ドイツがポーランドを攻撃した場合、
                 ヽj ' ,.イ_.| |_.,)、 トイ:::::::::::::く              我がイギリスは自動的に参戦せざるを得ん。
                _/:{ イ,_ゝ-'_ミ^,j`::::::r、r‐、|
              /三;/三トミ、- ̄ ̄- ///|::::::::ヘ三≧=r、__          覚悟を決めようではないか。
         _, イ三三三三ミ| \  ̄  // |ヾ::r、::i三三:i i 二二ヽ、__
. ,_,---- ≦彡   |三三三三 |  ヽ_,ノ_,ノ | |;リ;;;;ソ三三ミ}     `ヽ、  ヽ
.{ヽ,-──'    i  |三三三三| 、| ><  ,. | |三三三三ミ|       | iイ
..{ \       ', |三三三三|i Oイ//∧ヽ o j |三三三三ミ|    i   i / |
. i´         | .|三三三三j|_/ ∨/j \_,ノ .|三三三三ミ|i l  .|  .// .|



英仏の決意を見くびり、両国がポーランド戦に参戦することはないとタカをくくっていたヒトラーの思惑は、この時完全に破たんした。





783 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:42:32 ID:yvejGzYk0




さらにこの直後、入れ替わるように同盟国イタリアから予想外の報せが入る。




    r´¨¨¨¨ヽ
    |  (W) |
    |___|     人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人
   / \ /\   < すごい厭戦感を感じる。今までにない何か熱い士気低迷を。      >
  |  (゚)=(゚) |   < やる気・・・なんだろう削がれてる確実に、着実に、反戦のほうに。.  >
  |  ●_●  |   < 戦争はやめよう、とにかく話し合いで解決してやろうじゃん。      >
 /        ヽ  < 王立軍の準備も全然整ってない。やる気もない。            >
 | 〃 ------ ヾ | < もうやめよう。そしてともに平和に尽力しよう。               >
 \__二__ノ  < ヒトラーさん、イタリアは参戦しないけど、あとは一人で何とかしてね。>
              YYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY
イタリア王国統領
  ベニート・ムッソリーニ




イタリアのムッソリーニは英仏が介入する場合、イタリアは「ドイツが必要な物資を提供する場合」を除き参戦できないと通告してきたのだ。
そして「必要な物資」として合計1700万トンもの戦略物資リストを突き出してきたが、とてもではないがドイツが提供できる量ではなかった

ムッソリーニはわざと無理やりな要求を出して参戦を回避したのである。





784 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:43:15 ID:yvejGzYk0





土壇場になってイギリスとイタリアから舞い込んできた衝撃的な報せはヒトラーを激しく動揺させた。



                               -── - 、
                           .ィi〔:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
                      ィ/)‐ァ':.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..、
                          // / /レ1:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ rt─ 、
                     i / ' /:_:_:_:./:.:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ. にヽ
                     |   i:.:>ォ 7:.:.:/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` 、:.:.ハ } Vヽ Y
                    _|   K/〈/:.:.:/----------- 、|:.:.:.:.i′  │
                 __ ィi:i:\ │V ':.:.:/:./:.:.l:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ:.:.:. |     /
                 /   {:i:i:i:i:i:i:\!:.:.ヽ|:.:.:|:.ハ:.:.:|:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:|    ム
                /    ヾ:i:i:i:i:i:iイ:.:.:.:.:|:.:.:l:{ _゙トヽ{ 厶斗:.:.:.:!:.:.:.才==彡i:ト、
              イ          ¨「:i∧:.:.:.:.|:.:.:N  ̄`   ' ̄从:.:.:/:.:.://ヾ:i:i:i:iシ ¦   ふ・・・ふざけんじゃないわよ!!
            ィi〔           |l:i:iハ:.:从:.:.:.|、--- ' . イ:.:.:.l//l:.:./_{         |
          ./            イ|:i:i: : V: :l:.:.:.|___「 ̄i:iⅥ:.:.:.ノ  |:/  ヽ      ハ   なんでよりにもよってこんな時にィ~!!
        |            ィi〔   |:i:i : : : : ト :.:!二|: : :i:i:| !/  ,/   人     |
        |        / __     |:i:i : : : : | ヾ. |: : :i:i:| __             |
        人_____´/ |   .∧:ト: : : :.:|   /: : :i:i:「      `  ____ __.ノ
                    |    ヾi:ト: : :|  ./: : :/iリ
                  ノ     \≧:!ffハ': :イ:/
                     {          \さ才: :イ
                    ト . _ _____>=厶 |



25日18時頃、戦略の立て直しを迫られたヒトラーは、「白の場合」作戦の一時延期を緊急決定する。





785 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:44:04 ID:yvejGzYk0




        / : : ; : : /_..-───- ._: :\
.      / : ; : :/: : /´ ______\: ヽ
     /: : _/: :/: : 厶 '´: : : : : : : : : : : : : :`ヽ: ヘ
     /:/ ,.'7: : :/: : : :|: : : : : : : : : : : : : : : : ヘ: ',
    /' , '/ i: : : :|: : : ∧ : : : : : : : : |: : : |: : : : i: |
.     ハ厶i. |: : : :|: :.|:.l ',: : | : : : : : |: : : レ': : :|: |
    |:.7 /トr|: : : :∟」_|  \|\ : : : | x'´ハ: : : ;' ハ    イギリスの明確な後ろ盾を得たポーランドが
    |:.' /: | r{ : : : |: ∧「`ヽ、.___,.\: イ__V_,|: :rf:/| |    このさき強硬姿勢を強めるのは確実だわ。
    |:| |: :.| | |: : : :N 'Tに叮    ヾ hィ}r〈 { 'j.ト'|
    |:ヽ: :.| |、|: : : :|   ゞ-‐’       ̄´l | | l': :!    リッベントロップ、これでアンタの言う
    l: : : └ : ヘ: : :|、         '   ノ } リ : |    外交交渉とやらの芽も潰えたわね。
    ∨: : : : : :|ヘ: :.l \     r─ャ _.  '´   l: ,l: |
   ,.、ヘ\ : : | ト: l  `   ._  ,r´       イ、 j/
  ,〈 ', ', ヽ: } | ヽ     / 「|    ィ ´|||',
  / ',. ', ',  V  |          ム -‐ ´ } ||| |



              _ノ
       . . -‐: :=: : : : ー-ミ
.     /. : : : : : : : : : : : : : : : : `: ..  
     ′. : : : : : : : : : :.、ー-ミ : : : : `ヽ
   乂. : : : : , : : : ォvi. : :\: : : : : : : ハゞ
  .才: :: :: :::/.: ::::// : :i : : :ヾ : : : : : :.∧
.   ′:::: :::/ : : : :.′ 乂:{ : : :ハ: ハ: : : {:!
  /才{:i|!/抖竿ミ、   }八≧≠ミ::!: : 从
 イ }:i :N{才>-=ミ`゙  ノ 斗r-=ミNリ Y:;
   从(ハ{《....  ノハ   ゞ:..... 》 }ア}}′
   八 从 ||i    .i        .i 八
     \'.  |     .'        ,/
      ∧     ` ゛      ハ    ・・・・・・返す言葉もありません。
        \  fニニニユ  ィ:、
         fi≫ 、/从ハ, // {
       /} ` :<ー-<イ  {\
      /.:.:_{  .L _ヽ /_ノ   .Vハ
     . イ.:.:.:.:.:.{     V _ -‐  }}.:.:.\
 >.:´.:.:.}:_:_:__∧ ー- }!     ′_:_:_:}`:.<
 .:.:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.:.:.∧    :i    /.:.:.:.:.:.:.:.}.:.:.:.:.:.:.:.`





786 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:44:31 ID:yvejGzYk0




             // /  / : / /. : : : : l : `ヽ  ヽ: : l: : : : : : : : : :ハ
            / :/ / / /l / l : : : : : l : : : lヽ  !: :! : : : : : :l : : : :l
.             / . :i: l / / !/!: : l : : : : : : ! : : : l: :∨ : ト、: : : : :l : : l: l
           / . : l: :l !/`ヽ! l: : :l : : : : . . .l: : : :l: : l : : ト、 ヽ、|: : : !: !
.           ′: : l: :l !:.:.:.:/厶.: :lヽ : : : : : l: :: : !: : !: : l | ト、   ヽ、 l: !   (いま英仏と戦争になるのはマズイわ。
.           l /. : : l//l. Ⅳ  \! . \: : : :ト、:/. :.__i.:. l:.: lヽ\/ /: : :::!    腐っても欧州の二大国。
         l ! : : : :/ : 八,..z=≠≫=- ≧' -‐ "´ : : :l : :_!: ヽ、`>. :!    戦争になれば手間がかかる。
         l l : : :/. :/: : ハ ¨弋ツ ¨    -ァ=≠ァ¬.:..:.l. }: : :∨ : : :j     反戦的な英仏の国内世論を利用しながら
.           ! !: : :l :/: : : : :}.           弋ツ′ リ!: :!ノ.: /:/ : : :/     軍事的圧力と交渉で譲歩を強いるのが
.           l l:: : レ'.:. :. .:.八' ' '    ′   , , ,.    j: 」 : /:/..: : /      最上作なのに・・・)
        /⌒ヽl /イ:.: {:.:.:::              /:. ノ:./:/.: : :/
.         /      Vム.: : : \ >    ー‐(    ,../ /:./i/.⌒y/
       /       Vム.:. :. .:.\   ア=.-- 爪: : (´:. :/i/  ./}{
.      {.        Vム : : : : :.ヽ        /: : : :i.:.:.:/i/   {
        Λ.       Vム: : : : : : : `ヽ   /.: : : :.i:.:./i/    \




      /.:} ,. '´,'.:.:.:.:/:.:.:.:.:.{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\\.:.:.:.:',`丶.:.:.:{ \
.   _, '.:.:__ァ'  /i:.:.:.:./:.:.:.:.:.∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.∧.:.:.:.i\ \ :.:.:.\
  '´.ィ¨¨アく. //!:.:.:./:.:.:.|」_.' ',:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.: \.:.:.:',:.:.:.i\\  > ̄`ヽ
  ´/.:.:/'.:.:.:.ヽイ /|:.:.:.:!:.:.:|'⌒丶、...:.:.:| { 、_,:.:.:-‐ :\.:j.:.:.|  \〉'.:.:.ヽ
  /.:., ' /:.:.:.:.::.:厶.'.:|:.:.:.ム:.:.|::トニ二V^ .! \ア二ニ斗.:.:.}':.:. |:.:', 〉.:.:.:.:.:.:.:.\
  :.:,.' ムヤ7.:./.:.:.:.|:.:.:.l ヘ:.: { 廴ツゝ    ィ廴ツ }ム.:.::!  :|.:.:.:.:',.:.:',ト、}´ヽ
  // /.:/.:./.:.:.:.:.:l:.:.:.|:、 ヽ:、` ̄       ̄´イ /.:.:|:.:.: |.:.:.:.:.:',.:.::}
  '  /|:.:./|:./|:.:.:.:, ';l:.:.:|.:`ヽ-', U   '      `ー´ |.:.:. |.:.:.:.:.:.:iヽ|         (東西二正面作戦じゃ
  ‐'  |:.:,. l' |:.:./ /ヘ.:.:.v:.:.:.:.:.:ゝ ._  ‐ -   イ:.:.:.:.:.:/:.:.::八.:.:.:.:.| j          前大戦と同じ轍を踏むだけよ。
      ∨.. -‐|:/ヽーヘ:.:',‐' ´  l 〕---‐'{´| `丶/.:./`ーハ . :|
  ,. ' ´     ′ '.  \、   |´!   !.|   イ/ `丶..ノ:.:.|           あのビスマルクだって
         , '´!       |  ',     ,' .l        !`丶ノ           ドイツは二正面作戦を回避すべきと
       /   ∨       |       |      ∨   \          言及していたわ。
  ___/      ∨        | _. -‐-:、 |.     ∨.     \__
  '´l>'        ∨       l´     |      ∨        `<`ヽ    だけど、これ以上ポーランド戦は先送りできない!)
.    '.            /ヽ.     l       i     ∧          ヽ
   ∧           i   \    ',       '     /  i.           ∧
     \      /|    \    ',.     /  /     ト       /





787 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:45:16 ID:yvejGzYk0





ギャンブラーであったヒトラーは、今になって後戻りするつもりはなくなっていた。
彼の戦争計画はすでに切羽詰りはじめており、先立つ22日にベルヒテスガーデンの山荘で心中を軍首脳部に吐露している。



:.、     . ;': :.. ;, ,, " "  " ''  __;': ;.;、'''" .,,,..,; :;. ..:;''"
. ;.  "' .;': : ...  ;,__,,,, -- ''''' __.,;'::; :. ;、'"~ .;:: . : . ;, "   "  .
: .゙;' ,ィ,,: : :. .. .  ;,--― ,'''''"" ̄ '';'; .;: :. ;,   .,;:: : .. ...;, '''   "
. ; ';/ /;': :: .. . .., . :,  ,;':.'、" 、 ".;': :. . .   ;: ,; ::. :.. . :;;   ;;   "
:;  ;:  ''''';:',,:,.''il''''''  .;: . . .;,   ,;':: : .. .: .   ;  ''''''ll!;!l''''  "   " ,
; ;  ;:、:. ..;'.. ゙;.,'_  .;.:::..  _ . ;:' :: . . :.    ;;,   l!l;,l  "" ''  、
;; : . ;.  :;': ;. ';'l」 |___| lェ|_____  ;、;;. :; "'' "  "  ,
: . .  ':、;:' : ; ,. ';、/ / / / / / / / / / / / /ヽ'''゙..   "  ::'':;,,  "
;: :. :  '、 :: : ;.  ;, / / / / / / / / / / / /三ヽ;::,、";   ;;  :;,    "
: ; ; . . .:;, : :... ...   ;,/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/l三.ヨヽ .;;、:: ; : ;; .:;,'''::: ..;;';、
"゙''::;'':;,,'  ;; :: : . . ;ニ∠ニニム三三三三|; l l;|:: .. .;;、: .. . :: :;., . ;. . ;,
; :. , : ; .."':,,;,,..;; ''' .;,三|田田| l三三三三;|; l l;|、 , . ;;、 :..::: .. ..:;, .;':: . .;,
; ; : ., .,  :.  :._  ';三|田田|_l三三三三;|エエエィ ,,,;;;;:::'''':::;;;;  ;, ,; : :. . .;,
;; :. .. .". ..  ゙ ,, " ;.;ェェェェェェェェェェェ,,,;;::::'''::;;'''::ll|;,;;;::.';.:: .  '':;; ,; :: . : . ;,
; ;:. .゙ ;: : : . .   . '';' ''::::;;;、、l;;'''"; . .:::; ..  "''::;'''": : ..: :   ゙;; ::: .. .  ;,
; ;; ;:.. ,,  "  ''  ;   :  ::::;;  :  ;;  "  ;; ::: : .. .  ;; :::: .   ;,


                     _ ----  _
                   ,. ィ´,   ̄ ` 、::` 、
                  , ':::/::::jz≦ ̄ ̄:::`ヽ、:::゚ ,
                     /= /:::::/:/://:::::/:/|:::::ヘ-L::.
                  ハ∨::::::|:ハ/ト!:/}:::/,リ-',: ムイ:::゚,
                    |::| |::::::::}'x==ミ `ムイx=ミ |:::|:|\::゚,
                     l/ {|::::::::|ゞ沁    , 以 リノ::| V::::i
                 }、_l:|::::::: l         i:::::::lレ:::::::|
                   {:::: :|:::::::人     '⌒  人:::,'::::::: }:|     ・・・すでに状況は切迫しているわ。
                    |:|::: |::∨ム::::ト . __ ィ:´:::::::/::/!::リリ
                 从::::|:::::\:',-}  ::::::::|¨\/ ==ミ
                 ヾ!--彡ヾ' - _,/. . ..//x'⌒ヽ
                   γ_| |::|. . /=ニ二/. . ..//, '二ニニ',
                 {ニ| |::| . {. . . . ../. . ..///二>'ニニ}
                    r'ニニ! l::|. .!. . . . /. . .//y≦二二二l
               }Ⅵニ! l::L_|rハ_ /. . .r チ}二二二二7
              ノ二「二二二ニ≧-∠ィ二二二ニ/:7
               }ニニ{二二二二二二二ニ\ニニ/:7
                 |ニニム二二二二二ニニニニニ/ニ{





788 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:45:59 ID:yvejGzYk0




                      __ ___
                 __ ィ:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:...、
               ..:.:.:./:.:.:.:.`:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
              /:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:./ .二二二 \:.:.\
              ./:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:/:.:.:.:./ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:丶!:.:.:.:.ヽ
             /:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:/:.:.:.:.:′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\〉:.∧
           ':.:.:.:.:.:.:.:.:. ィl}:.:.:.:.:.:|:..:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.ヽ:.:.:.
          i:.:.:.:.:.:.:./ 7:.:.:.:.:.i:{:.:.:.:.:.:!:.ト :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:|:.:. Y.:.:.
          |:.:.:.:.:.:〈   /|:.:.:.:.:.:l:.!ヽ:.:.:.|、| \:.:.:.:.:.:/:.}:.:.: |:.:.:i
          }:.:.:.:.:.:.:.`X !:.:.:.:.:_l_|_\! \  ';.:.:.:.ムイ:.:.:ヌ|ヾ:|
          |:.:.i:.:.:.:.:///゙|:.:.:.:.:.:N  ` ー一 ∨/ ノ}:.イ.!:! !!     経済計画担当者のゲーリングが
          |:.:.|:.:.:.///ヽ|:.:.:.:.:.:|          ==彳:.レ|:| ||     よく知っている通り、
          l:.: !:.:〈/八 「|:.:.:.:.:.:|\==≠’   、   从:| |:| リ     我がドイツの経済はもう数年以上は
          l:从:.:.:.〈/:.:.:.|:.:.:.:.:i:|  }    ___,  /:.l:.:| |:|       持ちこたえられない状態にある。
          ){ l:.:.i:.:.:.:.:从:.:.:.:.l《 乂___ (_V イ:.:.l:.リ |′
            x=ヘ:.ト :.:.:.:.厶:.:.:|       `ヽ /:.:.l:.:ノ:′        このまま時が過ぎれば、ドイツは自然と朽ち果て
           ′   \\:.:.:!:ヽ:ト--z====ミ }ヘ:.:.:∧ \         フランスとポーランドによる東西からの脅威に
         /      ヽ: Ⅵ: : :\| |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i〉:ヾ{:¦ ハ        太刀打ちできなくなってしまうわ。
         .′   、  }: :i:i:i: : : /ゝ-----く: :.:i:i: | '  i
         {      \ ゚,i:i:i: :./         V:i:i: l′.∧
            ゚,     丶 ヽ:i:i: :}          V//!  .∧





789 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:46:42 ID:yvejGzYk0




     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:..、 ∨:.:.:.:.:.:.:.\
.     /:.:./:.:.:.: イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\}:.:.:∨:.:.:.:.:.:ヽ
    /:.:./:./:,X∧:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:|:.:.:i:.:.:.:.「メ ヘ:.:.:.:ハ
.   /:.:.イ:.:':.:|:.ハ l:.:、:.:.:.:.:.:l:.:∧l:.|:.:.:.:.ト、  .〉:.:.:.:.
  /:.:.:..:!:.|:.:ハ| __\( \:.:.:l厶斗匕:`:| >く:_:_:.:.:i
  .':/:.:.:.:!:.|:.:.{イ芯ト 丶  Xィリ=ミΥ:.:.K \_.〕:|     従って、我々には「行動」以外に取るべき道はない!
  lハ:.:.: 从{:.:.|.込リ     トz仍ア:.:.:.|:..\__〕:.:. !
  |i |:.:.:.:.:|:.:.:.l   '       込り |:.:.:.|`Y:.:.:.:.:.:.:.|     英仏は前大戦で消耗している。そのうえ幸いにも
  |l |:.:.:.:.:|:.:.人   「`ヽ      |:.:.:.|.ノ:.:.:i:.:.:.:.:|     日伊がそれぞれ極東と地中海で緊張を生み出しており、
  |l |:.i:.:.:.|:./:.:.:\   __}     .ノ:.:.:.「:.:.:.:/:.:.:.i:.|     英仏はポーランド問題に専念できない。
  |八:!:.:. !':.:.:.:.:.:.:.ヽ     孑七':.:.:.:.:从:./:.:.:.:.:!リ
   .)イ777:´: ̄メ厂 /Υ/V:.:/:.:./:.:.:イ:.:/:.//      このような有利な国際情勢はもう2年と続かないわ。
  /./:///: : : /ヽ  / ノノ:/ヾ:.:./:/:.: /:.//       ソ連もいつ心変わりするかわからない。
.ノ   !:i//i: : :./ ̄>' /イ: : : : X仆、:. /:./
   l.|:l//l: :./ /  、`ヽ--ミ: : ':///\ ′       だから、ポーランド戦をするなら今しかないのよ!!
  ノ !:}//!_ム:′ \\ノ ィ: ////: :ハ
.∠ -─イ:/   ト )ノ´: :////: :/  !
    /i:i: {    /.イ: : ////: :/   |





791 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:47:25 ID:yvejGzYk0





ヒトラーは1933年から経済政策と軍拡の巨大な財源として「メフォ手形」と呼ばれる信用(つまりツケ)手形を大量発行させていた。
これは金属調査会社(メフォ)と呼ばれる会社が発行する手形だったが、ライヒスバンク(中央銀行)が保証と現金による割引をしていた。



..________
│.._______|_
│..| ________|_
│..| |  ________|_
│..| | .| ________|_
└┤..| . | | _________|_
  └┤..| | | __________|_
    └┤ | | | _________|_
      └┤ | | |  _________|_
        └┤ | | .│ __________|__
          └┤..|..│ |10000        10000|
            └┤│ |          ∧_∧ |
              └┤ | 壱万Rマルク .(´∀` )|
                └┤    ◎  子供銀行券|
                  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



手形は最終的に現金化されるため、インフレを起こさないためにメフォ手形の発行は厳格に統制される必要があった。
しかし、無軌道な軍拡の資金源とされたメフォ手形は乱発され1938年には発行高が「デッド・ライン」に達した。



.        /.壱//万:/|
         |≡≡|__|≡≡|彡|____
.. / ̄//|≡≡|__|≡≡|/.壱//万:/|
 |≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡|
 |≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡|
 |≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡|
 |≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|/





792 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:48:17 ID:yvejGzYk0





政府はメフォ手形の発行を打ち切るが、今や軍費は国家予算の50%を超えておりこのままでは賄えなくなってしまう。
軍拡をやめればそれで済む話なのだがそうはいかなかった。



 γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
<   お刺身食べたいなぁ・・・         |
  ゝ________________,ノ
             ,,,、、、、、、、、、、、、
          , ;;;;゙゙;:;;'';';';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::.`;,,,、
        ,.:;'゙.:;;';::';;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;,,
       ,;;;';;';;';;';;;';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'';';';',
       ,',;;',;;',';′ `゙゙゙゙'''''''''''''''''''''''゙゙゙゙´;;;;ヾ;;;;;;,
      ,';;';;';';';' ':,     、、、     . : : :',;;;;i
      ,:;;;';;';;';'  ;;  ..,,,,,、、、、,,,``  '゙゙´ . : : :;;:;;i
      ;;';;';;';'′ /   _...,,`ヾ彡'  ィテ;;=‐' ,:′;i
      ;;':;;';'  」 ーrrェ式シ :L__ _ ,´_仁,,_``.:;;;;;
      ;;;;:;:ィ´ {   ´ ̄~゙゙´.::i}´¨`i{''ー'='゙゙゙´::};;;′
   /⌒ヾ;;;i   ヽ  _ __,' リ  リ  . :.:.:.:ノ,ハ′   あっそ、軍拡やめたらお刺身食べられるよ。
   { い ;;;、        ノ    )`¨¨¨¨´:/ ノ
    ヽヽ ) ,::}':、       ` ''' ニ,,´  . : . : ′
     \ _,ハ : 、     ,, _ ニ..ニ、ヽ. : . : ,′
       `i ', . : ,    、 二_二, . : . ,′
        '. ヽ : . ,    `゙゙¨¨゙゙゙´ . :,′
         i  \.  ,  ,,,,,,,、、、、、,,,,.イ: .
         }   `ヾ,,ィイjiiiiiiiiiiiiiiiiツ′',、: :..
       /´`ヽ、  ';;`ヾji州州川'レ'゙゙´ '、: ;:;:,.
      /`ヽ、  \ ';;.  `゙゙゙゙'''''゙゙,′.:.:;;;:.:.::ユ;:;, 、、
   `¨¨¨¨¨´{:i \  `ヽ   .: ; ,/ .:.::.,r'´ , ニニ ニニユ_
         リ  \  `ヽ. : ;: / .:;r'´ ィレ'´   `¨¨ `ヾヽ
       ';、 ヽ`ヽ  \  .:. / .:/  //´

 γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
< 軍拡やめたら退屈で死んじゃうよぉ!|
  ゝ________________,ノ



結局、政府はメフォ手形に代わるツケ払いの手段として「納入者国庫証券」を導入。
償還期限は遥かに短い6か月とされ、乱発による破綻を回避するため発行高は月額3億5千万ライヒスマルクまでとされた。

さらに赤字財政を抑え込むため38年度国家支出は前年度比15%切り詰め、軍予算は110億ライヒスマルクが限度とした。





793 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:49:04 ID:yvejGzYk0





が、しかし、もはやナチの放蕩財政は制御不能であり、38年度の軍支出は上限を軽く上回る驚きの194億ライヒスマルクに達する。
件の納入者国庫証券の発行高も平均月額5億ライヒスマルクを超える有様であった。



                                                  , -‐ー''"フ
                                                   /  __,,ィ′
                            .   ノ~ヽ、                 / __,,ィ′
                             ./,/,/ `ゝ,,_          ノ _,ノ
.                            ム,イ,イ,イ,ノ__,,. ~r-‐‐‐riー ''""~|l '´
                            .           l  $ |:| $   ||  アディオース
                                     l_ _....l_!__ ..__,」!
                                    ( ( ` ̄  ̄ ̄   ̄



もちろん誤魔化せるわけもなく、1938年秋には財政危機に突入。
債務不履行(デフォルト)を回避するために新たなツケ払いの方法を考えなければならず、もはや国家財政は自転車操業と化していた。

しかもその自転車は、遠からず転倒する可能性が極めて高かったのである。





796 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:50:37 ID:yvejGzYk0





企業と個人に対する増税はすでに限界に達しており、打開策は事実上尽きていた。
もはや専門家らの財政状況に関する考察は絶望的論調になり始めていたのだった。



       /   /  / / / / / ハ ヽ ヾ、ヾ、ヽ,
     /   r'' /   /  /  ,,イ   /./ /  i ゝ、ヾ、 ヽ、\
     // / /   /  /  / /  / / /   i. i ヽヽ ヽヽ \
   _,,,ム‐‐/ /   /  / ./ ./  / / ,'     i i  i i ヽ!   ヽ、
‐'''´ イ //  /イ  /  / ./ /  / / .i     i  i i iヽ、 i    ヽ
   /i iヽ、,ィ'´}  レ'' / ./ /  / i  i    i  i i i. `ト、    ゙、
   ノ .リゝ、\i i  レ','  /_,,ィ-‐‐''''゙゙i  '、     ‐--、_ }.  i ヾ、
  /i. i i リ゙\l i  i_,リ‐'7,,,-;==、__         _,,,,,,_`゙''v゙ }   i
  ,' i i 川/゙`、i  i  ,,-rイ゚:..::.:;'i          ,ィ''::.::.:;'ヾ/ ノ    i
  ; '、i ', { ∧i i  i.   ゙'r''ー''゙ ゙         "ゞ‐‐゙ ./,'/    !   実を言うとドイツ財政はもうだめです。
  ',  ゙iゞiヽ てl   i  ....`´:::::::::_      .:::i     /,'/     ノ   突然こんなこと言ってごめんね。
  '、 ', ', ゙ヽ、i   i、_,-r‐''"}~__)        ...::::/,'/        でも本当です。
     ヽ '、 '、 ゙、 ',゙ヽ,t-‐''゙´              ///
        ヽ,ヾ, ヾ、.l`''‐、       ~`  ,. '゙〃/         2、3か月後に物凄い額の
          ヽ、ヽ_,,,}    `'‐-、_     ,. '´             手形・国庫証券の償還が始まります。
           /.::::L       `゙''-t'´
        ト、ト、ノ..::::::',`'‐、         ト,               それが終わりの合図です。
  '、_     トト、ゞ゙';::::::::::'、  `''‐-、_    |::'、゙、
   ヾ;_,,J;゙、:ヽ;::::';:::::::::::'、     `゙'‐-t、::ゞ゙'ー、
_,,,-‐‐゙;;;;ト; ジ'、入::i:::::::::::::'、     /i´:::`i` ̄ ̄`゙''‐、_
;⌒y; ; ; ;ヾ;、ィメ;}:::::゙:l:::::::::::::::ヾ、,  /   ヒーテヽ、、_::::::::::::::::`''‐---t_

第三帝国財務大臣 ルートヴィヒ・シュヴェリン・フォン・クロージク



このままでは1939年は乗り越えられないかもしれない。ヒトラーは急がなければならなかった・・・




798 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:51:44 ID:yvejGzYk0





【補足】


   r‐く二ニ:/i:i:i:i:i:i/  V^’
.  /:i/[_: :|i:i:i:i:/、yz'′              マ: :_: - :ヲ
 /:i/ lしんく|i:i:i:Yrュヲ                ヽ Ⅶ :: : :己
.〈:i〈  || 己 {i:i:i:i|′   l |    l!   l|   l| ', ' .Ⅵ : : :.__7
 \\!!   し|i:i:i:i|   | l l |  l!   l| | l i!  | !  |: : :_:∠,
    ̄|L__ムスi:i:i:i:{l  | | | |  l!   l| | i i!  i | l  }: : _く
    | ̄|i:|i:|マi:r=Ⅶ  i 士十i l!  l| | ルl_」L リ| .!.   |__ノ    なんかすっごい危機感を煽る説明だけど、
    |  |i:|i:|ミ.ム泌リ l|r‐rテi〒i/!ノ ‐rテi〒r|  .トミx7      38年度時点でドイツ国家予算に占める
    | /i:{ゞ\ゞ=イ| l| 弋.(ソ      弋(ソ 从ノマヘⅣ      公債や手形の発行高って40%ぐらいなのよね。
    | : ̄|  ̄ゞ≠ l| 、、、       .    、、 l.| | l |.|
    | :  |    |  |             八| l |.|       これって実は日本の国債割合とほぼ同じなのだわ。
    | i  |   x≧|  |          _     イ  | l |.|
    | l. 八  《ミく  |ゝ、      ´    イ |.  i l |.|      この程度で対外戦争に逃げるなんて、
    | | | ヘ ∨i:l  |≦三三r≠くヘ≦ 三 ∧. ', .| l.|      ヒトラーも肝っ玉がちっさいわね。
    | | | ',./ ヾ|  |三三三いゞソメ《 三三.∧ ゝ l.|



          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\       国家財政を多額の短期債務に依存する
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ        ドイツと日本を簡単に比較することはできないんですけどね。
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/       特に日本は長期的なデフレでしたが
         | |{i t    _     / |       この時ドイツはすでにインフレの兆しを見せていましたし、
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |       諸事情から財政的に取り得る手段は
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |       かなり限られていました。
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |





799 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:53:07 ID:yvejGzYk0




     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \      借金以外にも当時ドイツの国内経済は
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/      多くの問題を抱えていました。
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||        ナチ政権下の賃金抑制と価格統制により
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l        国民生活は決して向上したとは言えませんでした。
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|
       l \     _    ,/ |        GDPの上昇は軍拡と失業者減少に伴う部分が大きく、
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |        33年から38年までの間に国家予算は三倍まで膨れ上がった一方、
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !        GNPは1.5倍にとどまりました。
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!





800 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:53:47 ID:yvejGzYk0





            ,.:-=;1―;1―;1―;1,=-;:、
            ミ             ゙ミ
.              ミ      ★      ゙ミ
           /ミ             ゙ミ \
          《  ミ;========゙ミ } 》
.             》/ / / :/ : : : : : : : : : \ ∨《
.            /// : :/ :/ : : : /:/ |: : : : : ∨^:|         そのうえナチの異常な軍拡政策によって
           l∨ : : l :/: : :// / :八 : : : l: l : :|         ドイツ企業は国内の軍需生産に縛りつけられてしまい、
           | :| : : :|/ :/ //:/ :/  ヽ: : | ハ: :|         国際市場における競争力を喪失してしまいます。
           | :| : : :|≧x、/イ//,.ィ≦ハ ノ : l: :|
           } :|八 :代uzノ    弋uzノ仏イノ: :|         そのため輸出は低下、軍拡に必要な原材料輸入の
.           ′:} 仆⊂⊃     ⊂⊃イ 八 : :|         急増のために貿易赤字は急拡大、
.        /: : / 八 >  ~~~ .イ}{ : : : |         38年末になると外貨準備は底をつき始めました。
.        /: : 〈 // ̄》 》≫=≪《 《V ∧: : :         もはや原材料の輸入もままならない状況だったのです。
.        / : : : : {   》《_》《_》《 〈 /  、: :丶
       /: : : : : : }   《_/八_》      }: : : :\      さらに異常な生産力の軍需集中は民間需要を押しのけてしまい
     /: : : : : : :/    ∨{><}{    {: : : : : : :\    国民生活は混乱をきたしつつありました。
    / : : : : : : /人,___人}><}人__人\ : : : : : :ヽ
   《 : : : : : : // { ̄/∨`¨¨¨´∨\ ̄} \\ : : : : : \



                  _/´:: :: :: :: :: :: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
                 イ:: :: :: :: :: :: イ''´ ̄`''ー- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::\
              /: : :i:: :: :: :: :: ::/        ヽ、:::::::::::::::::::::::::::|
             /: : : : :|:: :: :: :: ::/           \:::::::::::::::::::ノ
            i: : : : : : :l:: :: :: :: <              \::::::::::/
          /::|: : : : : : |:: :: :: :: ゝ   i    ',   i     ヽ:::::ノ
         /:: :: :|: : : : : ::|:: :: :: :ノ i  |    .|   |      V
       {´:: :: :: :: :|: : : : : :|:: ::::il´ \|   |    .|   |      ',
       廴:: :: /:: i: : : : : i:: :::ノ  ナ\ |、   ハ.i  ,' ./     |   i       ヒトラーの経済政策は成功したとか言われるけど、
        >┐:: :: :∧: : : : |:::::丁下ヌヽ/X´/ソ | /_厶 i   .| ィ .|
     ┌=ィ∧:: :: :: ∧:_:_:_:|ノ八.弋:.:ノソ      ≦  '、   ./ /  |       こうしてみると全然めっちゃくちゃね・・・
       >彡/ハ`ー、::::Xrtjヘ},   ー '      丁下ヌy  ./ .} ハ/
      ゞ//  ', i  廴_t及ン::| ',            弋ツノイハ┌、/ン         それも全部むりやりな軍拡のせいなんだろうけど。
      /イ/   i i i  iヽ:\::ヽ ヽ  u      '   ¨  } .i i \´
.     //i l   l l l l .l  \ゞハ ヽ     _      人 l lヘ \        再軍備のための無茶のせいで
     レ i l    l l l l .l    コ>ヘ ト、   ´’   イ V弌 i \ \
       `   | | | .l }v´ ̄: : : : ) ヽ: ` - ' ´`ー 、_」 V ヽ、 ヾ \     ドイツ経済の内実はガタガタになりつつあったのね。
          |  | .| ili: : : : : : :/: i `,Vハカ: : : : : : : : :入 ヽ \ \ \
          |   | ムl: : : ::/: : }  iンィソ: : : : : : :/  ヽ `v、ヽ  /ソ
          | ,-'''´:::::::>=: : : : :ノ  ノ∧: : : : : : :イ ヘ、  .V  ) ).//




802 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:55:22 ID:yvejGzYk0





          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_        実は国民賃金や国民消費財の増加も
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\      ヒトラーが政権を握った後もさほど増加していません。
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ      すべて膨張した軍需が食いつぶしていたんですね。
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/
         | |{i t    _     / |      ヒトラーは破綻すると分かり切ってる軍拡財政に
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |      ドイツを引きずり込みました。
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ     結局、最期は戦争ですべてひっくり返すしかなかったのです。
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |



     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !      確かに1933年にヒトラーが政権を執ったとき、
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||      失業者は減り経済は上向きました。
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l       しかしそれは、死に至る劇薬の、微かに甘い副作用だったのです。
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|
       l \     _    ,/ |       ヒトラーはドイツにとって、
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |      「今日の救世主」であり「明日の墓掘り人」でした。
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!




【補足終わり】





803 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:56:27 ID:yvejGzYk0





┌───────────────────────── ─ -‐‐

└────────────────────── ─ -‐‐
┌───────────────────
└─────────────── ─ -‐‐

┌───────────── ─ -‐‐
└───────── ─ -‐‐


                , -=ニ ̄ ̄::ヽ-=====ミ
           /::::::: x===ミ:::::::r=::::::::::::::::\
           /::::::::/:::::::::::_ ====ミ::::::\:::::::::ヘ
         , '::::::::::::/::::::::/       \:::ヘ::::::Vム
       /::::::::::::::/::::::::/...-=====- _ ∨∧::::',∧
.      /:::T ̄ }::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::ヘ:::\:::ハ- ̄ T
      /::/::| rニ7::::::/::::::,:::!:::::::::',:::::::::::、::∨::ヘ::::ト、 {ハ
     i:::/:::/フ i::::::::i::::::/|::|V:::::::ム、::::::::ヘ::_',-::::',| Y:ヘi
      |/ V: | {Y|:::::::{::::7、 i:| ∨::::::ム\:/Ⅵ::::::::{_,イ::::∧
      { /::::{ Vノ:::: |.Y:ix=ミト、_,<:::ム'x=ミ:i::|_::i:::l| V::V:!      ・・・ポーランド攻撃の予定に変更はないわ。
      ∨:ハ::::/ハヾiノ /}i∨以     ヾb以r、!.iTi:::|:} i,∨i:|      攻撃延期は一時的措置にすぎない。
      {::i V」|::V', 〈 {  `¨′ ,    `¨´! Y 〉i:::|くi├' リ
.     ',|  ∨::::{ヽ:.  `ヽ、  ,  -、  _/ .i { /:!:iヾ        5日よ。5日だけ。
          /. .i::::i. .\     ヽL__ノ:'    ,イ}:/リ./ヽ       5日以上の攻撃延期は無理!
         i V..Vム. . ..>、   ト-=i    /./:/}', ' , }
        {  ヽ.\ヽ.|. ト、  {、  ,.i  _ イ. i/:/., ' / {       5日間のうちにイギリス参戦の
          ',  \/ト、:、.-='..ト-{.  ̄. イ._j.\/  リ       可能性を取り除くのよ!
.        }  .Y   \ヾ==:チ--}==チ/   |  _,: /
        〈   |    ヽ_/ jー7 ー'     |ニ__/i


              _ノ
       . . -‐: :=: : : : ー-ミ
    :/. : : : : : : : : : : : : : : : : `: .. :
     ′. : : : : : : : : : :.、ー-ミ : : : : `ヽ
   乂. : : : : , : : : ォvi. : :\: : : : : : : ハゞ :
  .才: :: :: :::/.: ::::// : :i : : :ヾ : : : : : :.∧
.   ′:::: :::/ : : : :.′ 乂:{ : : :ハ: ハ: : : {:! :
. :/才{:i|!/抖竿ミ、   }八≧≠ミ::!: : 从
 イ }:i :N{才>-=ミ`゙  ノ 斗r-=ミNリ Y:;
   从(ハ{《八 ・ ノハ   ゞ( ・ )》}ア}}′
   八 从 ||i    :i        .i 八
     \'.  |     .'        ,/ :      し、しかし、そんなことどうやって・・・
      ∧     ` ゛      ハ
        \  ⊂==⊃....ィ:、
         fi≫ 、/从ハ, // {
.      :/} ` :<ー-<イ  {\ :
      /.:.:_{  .L _ヽ /_ノ   .Vハ





804 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:56:46 ID:yvejGzYk0





.                /::::::::::/:>=====<::、::::::::::::::::::::ヘ
             ,:'::::::::::/ '´  ___     ヘ:::::::::::、::::::∧
              _/__'::::::/ ,. =ニ ̄:::::::::::::::::: ̄ニ=ト、 V:::::::::T==-L_
         r<  /:::::::'´::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V::::::::',    〉
.         ヽ ,イ:::::::::::::::::/{:::::::::::::::::::::::::::::',:::::::::::::::::::V::::::::!   ハ
.          ノ i::::::::::::::::::i V:::::::::\:::::::::::::ヘ:::::::::::::::::::V::::::i  r':::i
         /:>、|:::::::::::::::::i   V::::ト、:::::ト、:::::::::ハヽ::::i:::::!::::::::::::} ノ::八
.         '::::::7i::::::::!:::::::'`ヽ、\{ \:ヘ\::::::}ィⅥi:::|V:i:::::::: !::::::::ヘ
         |::::|:| |:::::::{:::::::| x==ミx__/j ヽト= ,xチ示ミrj }::|:::::::|.|::::::::∧        外交的茶番をデッチ上げて
.        i:::::|:| |:::::::::V:::《 {辷:刈       {辷:刈 } ,':::}::::: | リ:::::::::ト、:{        開戦責任をポーランドに負わせばいいわ!
.         |:::::|:|`!:::::::::::Vム,弋z少       ゞ==' ,'::::,':::::::レ::::::::::::| ヾ
.         |:Ⅳ:::::i::::::::::::::ヾ、      l         ,':: ,'::::::::::::::::,:::::::}         イギリス世論はまだ戦争に躊躇してる・・・
          i:! V:::::',:::::::::::::|ヘ              i::::'::::::::::::∠_}:::7
.           ゞ、∨斗:::::::::::|´:ヘ    L二三」   /!/::::::::}:::/    ̄ヽ        ドイツが外交交渉に尽力したアリバイを作り、
.          /  ∨{::::::|  リ> .        . イ 〃::::::::ル'    i  ハ       ポーランドが交渉を決裂させたように偽装できれば、
           /    ヾV::{  ,' !:ハ >-- <   {i|::::/    r----t∧      イギリスは世論を説得できず参戦しないはずよ!!
      √ ̄ ̄Y | }   ヽ! i .ト、             }/     { ,.:='´  Y、
     〃  ー-ミ, ', T i    i  {  ー 、    , - '´/!    /弌  ,.-'  Yト、
      ノ   ー--ミ K/{ i    {  |:\   --   /: :.,'      ヽ .几 _,.-  {::::::Υ
.    {  ___ }./.:::i}      i: : : \     ./: : : 7       个i L__,.  |::::::::|
    从   ___) } :::|        ∨: : : : : ー': : : : : /       V:::ト、   i\:::i



              _ノ
       . . -‐: :=: : : : ー-ミ
.     /. : : : : : : : : : : : : : : : : `: ..  
     ′. : : : : : : : : : :.、ー-ミ : : : : `ヽ
   乂. : : : : , : : : ォvi. : :\: : : : : : : ハゞ
  .才: :: :: :::/.: ::::// : :i : : :ヾ : : : : : :.∧
.   ′:::: :::/ : : : :.′ 乂:{ : : :ハ: ハ: : : {:!
  /才{:i|!/抖竿ミ、   }八≧≠ミ::!: : 从
 イ }:i :N{才>-=ミ`゙  ノ 斗r-=ミNリ Y:;
   从(ハ{《....  ノハ   ゞ:..... 》 }ア}}′
   八 从 ||i    .i        .i 八
     \'.  |     .'        ,/       わ、わかりました・・・
      ∧     ` ゛      ハ
        \  fニニニユ  ィ:、         (たった5日間で、そんな大がかりなトリックを
         fi≫ 、/从ハ, // {          完成させられるのか!?
       /} ` :<ー-<イ  {\
      /.:.:_{  .L _ヽ /_ノ   .Vハ        だが「出来ません」とは言えない・・・)
     . イ.:.:.:.:.:.{     V _ -‐  }}.:.:.\
 >.:´.:.:.}:_:_:__∧ ー- }!     ′_:_:_:}`:.<
 .:.:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.:.:.∧    :i    /.:.:.:.:.:.:.:.}.:.:.:.:.:.:.:.`





805 : ◆J7qCZtZxmc:2014/06/18(水) 20:57:18 ID:yvejGzYk0





   ――― 同日、ヒトラーは駐独イギリス大使ヘンダーソンと会談。



                  -─== ==ミ
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:. \
                  ,:':.:.:.:.:/ 二二二 \:.:.:.:.:.ヽ
              r'7:.:.:.:./:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.l:.:.:.:.|`了
               /〃:.:.:.:.:.:.:/ ヽ:.:.:.:.:.、:.:ハ:.:.:.:.:|\}
           /廴!:.:.:.:.:.:N\ ハ:.:.:.l:.Χ从:.:.:.:|イ:|
            | l:/|:.:.:.:l:.:.芹ミ、\:l ィ笊Υ:.:.|∧|
            l //:.:.:从│匕リ    匕リ |:.:.:.| |ハ        ポーランドの挑発をこれ以上無視はできないわ!
            〈//:.:.:.:i:.:ハ    ′     ム:.:.:| |:V
             V |:.:.:.:|:.:.:.:ヽ  ´ `  イ:.|:.:.:从ハ!        我がドイツは欧州平和のために回廊問題を「解決」するつもりよ!
            八:.:.:ハ:.:.:.:.:.:≧= =≦{:.:/:.:イ:./ /
              V┬‐:=Vノ      V≧x __          イギリスがこれに介入するつもりなら、戦争になるわね・・・
              / |:i:i: : : : |ー   --/: : : : :./iト.
            ,r ’   |:i:i: : : : |=====ミ:' : : : : :/i// ヽ      イギ