ブログパーツ 泳ぐやる夫シアター やる夫達で辿る”太平洋戦争の軌跡” 最終話 太平の世を開かん  ~日本降伏~


















やる夫達で辿る”太平洋戦争の軌跡” 最終話 太平の世を開かん  ~日本降伏~





      /ニニニニニニニニニニニニニヽ
      ’ニニニニニニニニニニニニニニ ハ
     iニニニニニニニニニニ}ヽィニニニニi|
     |ニニニニニニニニ /}/ /∨ヽニニニ|               まさか沖縄の上陸を許すとは…
.     ト.!ニニニニニニ==─…ミx 0 /》ニニニ│
    Ⅳ≧ー…ャ77//--。-ォ///l} 0 彳ニニニ|
     》 f77ハ  ∨/≧==彡//ノ   《ニニニl|      ト      さすがに責任を取らなきゃならねえな……
     `7 V//}  ∨////厶イ==ミ   iニニニ|      |∧
       ⌒i ̄ __ ̄ ̄´   》//∧ lヽニニニl|      |/∧
   ト     ∨ .//| ト. {7∧ ∨///i| ∨\ニゝ __   |  ∧
   |∧    ∨//| |∧ ∨∧ ∨//l|  i}///777{厂三{  |  /∧
   |/∧    }ヽ/| |/∧ ∨∧ ∨/l|  リ  }////|∧三≧|    ∧.=
   |  ∧  、|__i/| |//∧ 》/∧仆ー=彡' '/// l|/∧三 i|    三
   |  /∧  ≧彡. 》====≦///   l i '//三|  ∧三|    三      ───────────
\ |    ∧イ三/三》 ∨////    j l //三 i|  /∧ .乂__ノ三      総理大臣 小磯国昭 大将
/∧.|    /∧./三 ィ/∧∨///    / '//三三|  //∧三三三三      ───────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「捷号作戦」に先立って行われた政権交代こそが、日本が早期に戦争を終結させる絶好の機会であった。
しかし新たに発足した小磯内閣は戦争続行を決定し、日本は勝ち目のない戦いを続けることとなった。

だがレイテの敗退、硫黄島玉砕に続いて、ついに日本本土である沖縄に上陸されるに至って、
小磯内閣は求心力を失い、米軍の沖縄上陸二日後の4月3日、責任を取って総辞職することとなった。










393 : ◆4OQ2y8t9EE:2014/02/02(日) 20:46:55 ID:qs19jfLc0





  |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_;:;」
 ├r―――┴――一 ''' ""三 ̄´::::::ヾ
 /::{  ィ'三)   (三ヽ   ,ッミ::::::::::::::::ヽ
 {:::シ ~´           `ヾ、:::::::::::::::::l      麿は次期首相には
 l:::l ,. ニ 、 :.  .: ,r ニ 、   ミ:::::::::::::ム、
 l:::! 'イでiン、 : :. ,イでiンゞ:.:.  ミ::::::::::/^い    鈴木貫太郎氏が妥当だと思うのだが
. l::l :.`^"´ノ.:  :. ヽ`~´ノ:.:.:.  ミ:::::::イ  リl
. ヾ! ` " ´ /  ::. ` ´     ミ:::::/ム_ノ/    各々方の意見はどうでおじゃるか?
  'i,     ,'  '^ヽ       ミ::::l 'ー' /
   'i    ヾ'ー ''"く、      j::::クーf′
   l        `ヽ     {:::リlミ:::ヽ、
   ヽヽ ,ィニニ丶、_ ゙:      "´fミ≧ゞ
     ヽ ^ヾ二´ノ´ _,ィ ,.ッ  //イぅ-、
     丶 `"   "´  ,/ ,.ィ" , -‐'",ノヽ        ───────
      `ト、 ___,, ィ"彡,r'´ , -'":.:.:.:.ヽ        重臣 近衛文麿
       l    =ニ彡,ァ'",-'":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:L..、、     ───────
       ハ ヾ    / /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,, -''"  )
     , ィ'l l ヽ  / /:.:.:.:.:,, - '"´  , - ''"丶、




                  ,. -─-  、
                  /:::::::::::::::::::::::::\      そうですな…
                /::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
      .          l:::::::::◯:::::::::::::::◯:::::::l     私も鈴木氏がふさわしいと
      .          l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
      .           、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     考えております
                    \::::::::::::::::::::::::::/
                    __` ー-   -‐´___
               ,:;':' | |''_ -',/.  ',:::::::`'''ー--;;、
              /,' /, |゙  ,:;''-、,.-´:::::::::./ ´::::`:、
             _,.:!ヽ!ヽ,! lヽ!/./  `-,:::::::/::::::::::::::::::::i
           / _,i゙-, l-:、_i"| /    ,.:':::::::i:::::::::::::::::::::::|
           i ./.| (ヽ Ti |:i _| ,'   ,:'::::::::::::|:::::::::::::::::::::::|
            |.,'::::| .|´'i'゙`,‐/ ,'  ./:::::::::::::、i:::::::::::::::::::::::|
             |.|::::.| | `、!'/  .i  /::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::|      ────────
.           | !::::.| |  |O   |  ,':::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::i     重臣 若槻礼次郎
          | |.:::::l ! .|    | ,'::::::::::::::::::::::::',::::::::::::::::::::::|     ────────
.            | |:::::::i.| .|O   | ,':::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::|

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
これを受けて5日、政府の重臣が集まり、後継首班を決める会議が急遽開かれることとなった。
この会議に先立ち、一部の重臣たちは密かに連絡を取り合い、
今度こそ戦争終結に導ける内閣を築かねばならないという共通認識の下、
新首相に”鈴木貫太郎”を選出することで意見の一致を見た。





394 : ◆4OQ2y8t9EE:2014/02/02(日) 20:47:16 ID:qs19jfLc0





          , ィ〃〃〃〃〃〃,,)))
        ,r≦三〃〃〃〃〃〃,)))ゝ、
       /彡三〃彡彡//////-'''''' Yミ、
       .{イメ彡///ノ /イ 〃リ.ヽ _ _ ミヾ    できれば辞退したいところだが
       .彡三三ニ{    ̄` _  {´ ,,,,ゝ
       ,彡彡三ニ;} ∠三二ヽ`ヽ}∠≦ノ    日本のためだと言うのであれば引き受けよう
       彡メ彡三{   fニヒノj'''  、fニヒノヽ
      ,彡ソf-三ニ{  ‐-‐'   _ ヽ、ー' {    何としてでも日本を戦争終結に導かなければ…
      彡ニl   三{{      _,t _____ )、 l
      /l/l,ハ ` 三}  ./     _ ヽl
      !l/l/l/l`t-イ       ` ̄ - ` j             ──────────
       ヾj/T(\    、      __ ,イ\____      総理大臣 鈴木貫太郎
     __ノ:;:;:;:ヽ\\     ̄ ̄ ̄ノ   i!lヽ:;:;:;:;\:;:;:;:;:;: ̄    ──────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
彼らの目論見通り、鈴木の首相就任は決定し、戦争終結に向けての新内閣が発足した。
一方、戦場では「大和」の特攻が実施され、戦況は悪化の一途を辿り、一刻の猶予もならない状況であった。

──1945(昭和20)年4月7日、鈴木内閣は和平の道を探るべく、始動した。





395 : ◆4OQ2y8t9EE:2014/02/02(日) 20:47:37 ID:qs19jfLc0







                ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ
                Ν                                       Ν
                Ν      最終話 【太平の世を開かん  ~日本降伏~】     Ν
                Ν                                       Ν
                ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ







.

396 : ◆4OQ2y8t9EE:2014/02/02(日) 20:47:58 ID:qs19jfLc0





:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ツ
::::::::::_,,彡三三::::} ̄从从ノ`ヽ
:::::彡三三三三::ヽ      |
彡三三三彡三::/ 彡三ミ.、  |
彡三彡''"´::::::::::l __`ヾゝl      無条件降伏は国の存亡に関わるやもしれん
彡":::::::::::::::::::::::::|   ヽ-┴' {
::::::::::::r―.、::::::::::|  ヽ-‐'  ヽ     何とか条件降伏で折り合いをつけたいところだが…
::::::::::::l   }jヽ::::|.     ,.  ヽ
::::::::::::ヽ  ヽ |::::|   ,.-‐' ゝ┬‐'
:::::::::::::::::〉--' 彡   / ,.-=ニ
:::::::::::::::::', l      l     |
:::::::::,、::、ヽ、ヽ.         l
:::lヽ:| ヽl`"''`    ‐-,-..,,__ノ
:::ゝ           ノ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
戦争終結と一口に言っても、新政府にとって、それは簡単なことではなかった。
当事国である米国なりに降伏を申し出れば即座に終結するのは間違いないが、それでは無条件降伏は免れなかった。
鈴木内閣としてはひとまず無条件降伏は避け、中立国を介した条件降伏を目指すこととした。





397 : ◆4OQ2y8t9EE:2014/02/02(日) 20:48:19 ID:qs19jfLc0





               ,.、-rァァァァァ‐-,.、
               ハシ'"`''ー‐''"`ヾ;ハ
            lミ'   _ 、__,. _   ゙ミl
            || へ、_`ー '_,._へ ||             連合国と交渉したいのだ
               rョl ,.=。=゙ '=。=、 h
               |ヒ|. `二} {二´ :|j.|          交渉実現のため、仲介役として
.             ,ゞ|   人__人   |く
     _,,. -‐''"´| : lヽ、{. ̄- ̄.},.イ: :|``'''‐- 、.._    調整をお願いできないだろうか?
   /´l : : : : : : : :|: : |.\`'' ‐-‐''´/|: : l: : : : : : : : 「ヽ
   /: : l : : : : : : : |: : :|.  \  /  |: : :| : : : : : : : |: : l
  ハ : : |: : : : : : :│: : |     ><   | : :│: : : : : : :| : : 〉      ─────────
.  {: : : : | : : : : : :│: : :|  /| /|\. |: : :│: : : : : : | : / }      外務大臣 東郷茂徳
  ハ : : :│: : : : : : \;ノレ'´  〉〈.  ヽlヽ;/ : : : : : : |: : : ;ハ     ─────────
  〉:\ :│: : : : : :./: :│  |/ |   | : :\: : : : : : :|: : :/:〈




       r====:.:.:.:.:.:.:. 丶 \\∧ ; //{___
      r==ミ: : : : : : : :. \ \ 〉// /L
.      八__:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..ヾ\ヽ\::///∠__ __{
      {{:.:.:.:.:.:.:.:.: : /   `ヽ //// __ //_{
       {{:.:.:.:.:.:.:.:.: /      }八小`ヽ|///     なるほど…
       {{:.:.:.:.:.:.:.::,' -‐=::...  ,,  乂  |//
       {{:.:.:.:.:.:.r'' -‐―辷㌻´_ -‐=::...|/      貴国の要望はわかりました
.       Y⌒i:.::.:ヽ ´´ ̄ ̄'' .:::`; 代刈
        { じ小.:.: i      .:..::::::::i  ``|        ですが事は国家レベルの話ですし
.       ハ._ _|:i ヽ{      .:..::::::::|    |
     {:.:.:.((从          、_ノ   ノ        何より今は状況が悪いですからね
     {:.:.:.:{  `.     -‐== =ァ  ,
     ___丶:.{___       ニ二´  ´―――┐   我々が話したところで、彼等が応じるかどうか……
.  {//// / /////|\       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |
.  |// / ///////|  \       /:.:.:.:.:.:.:.:..:.:. : |
.  |/ / ////////|    ` ー―‐'__:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |
.  | / /////////| ̄ ̄} ̄ ̄ ̄ ̄}:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:\
.  |__//////////| : : : :}: : . .     {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./        ────────────
.  | / /////////| : : : :{: : : . . .   }:.:.:.:.:.:.:.:./‐=ミ        駐日大使 ジャコブ・マリク
.  |/ / ////////i\ : :}: : : : . .   {:.:.:.:.:./ :  :: :        ────────────
: : :  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ \{::: : : : .   }:.:./ : :.    : :
::.: : : : : : : : : : : : : : : :.:\ \: : : .   {/: : :.../: : : : :..:

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
連合国に対して大きな影響力を持つ中立国といえば、ソ連を置いて他になかった。
東郷茂徳外相はソ連政府と交渉すべく、駐日大使ジャコブ・マリクに会談を打診した。





398 : ◆4OQ2y8t9EE:2014/02/02(日) 20:48:39 ID:qs19jfLc0





       .... ,,、__
       /ィ彡'三三≧、
     , 'ィ///ィ彡'三三ミ≧、
    ,!ノイィノハf/r''^`ミミヾミ'、_'、
    /!/fwリ八   ヾミ'、メミ、_ヽ、
   {i |l|W小f    l|l{{トミヾミゝ、__,
   )!l|l|fリfモリミ;ゝ:ィ'tiテ!lトトミソ}} ヽ``ヽ     …では我が国も参戦する、ということでよろしいな?
    ,川h{i洲{´ l:{:`~尢',l|l|巛  \ '、
    リノノ八イ   ':,:.:.ハミリ!ト、ミヽ、  ヽ
   ノィシイ卞ミ}_ー_',:./ハ}}l{ ヾミ'、
   ,.彳{{/リトミ'`ニニ,´ィi{l{lト't'、 `',リ
,. '´:/:::::|jツ リ}}iliリt洲Wjリツ}}リト、',ミヽ
::::::::/:o::::|{ヾハリハ{ゞ'、' 'fシ'、//{{!ヾミミ',       ────────────────
:::::/:o:::::::|:.:.:`メ'、(ヽ丶 j入::ヾリゞ,ノリヾj        ソ連邦最高指導者 ヨシフ・スターリン
::/:o::::::::::|:.:.:.:{:.八} | )〈:.:ヽ:/o、fツ'リト、\       ────────────────
/:o::::::::::::|:.:.:.:V、_リ |::.  ヾ:.ヽ:::::{il、::::::::::::::ヽ
ヽ:::::::::::::::|:.:.:.:.:∨|`` ‐::、.:}:..:'、::jリoヽ:::::::::::ゝ




       /    ∠_      `丶、
      /      ∠     丶    \
  __/    ィ / ̄   ‐¬ミ、 \   ヽ
/(:::/_ /:::::/イ      ヾニ三≧\ ヽli  |     ああ、よろしく頼む
  \::::::::::::::::::::〈      ヽ、弋ッミメ;;ヽ }|  l、
    ` ー- _::::::ハ、        ` 二^彡ヘル'厶〉    これで我々の勝利は間違いないだろう
        >- 、ヽ            〈テ7
\        /::::::::::::l }         _,,.ィ  __Ⅵ
  ` ー- 、 ::: |::::::::::::::| |  ,,..   ''´ ー ¬;;/ '
   /⌒Vヘ:::::::::::/  〃z‐__,,,,,,......、´ /
、  /:::::::::::::ト-`ー</| ´  z.,,__   `7/
:::∨:::::::::::::::|      >┐  `ヾ三三≧'' /__ ̄>、
:::::|:::::::::::::::/    / ィ´|/l____/|  /|  {:::::∨::::::::}     ─────────────────────
:::::|、::::::/   //:: | ト、:::....   └ ′ヽ/|::::::|::::::::/     合衆国第32代大統領 フランクリン・ルーズベルト
:::/  ̄  //::::::::::| |/\::::....::.:......::.:... ト-^ーく      ─────────────────────
/    // :::::::::::::::| |ヽ:::|:::::::::::::::::::::::::::::|::::/ fl|

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
しかし日本政府の与り知らぬことであったが、ソ連は20年2月の「ヤルタ会談」において、
連合国に対して対日参戦をすでに約束していたのである。
このためマリクは曖昧な態度で対応し、日本の要求をかわし続けた。





399 : ◆4OQ2y8t9EE:2014/02/02(日) 20:49:00 ID:qs19jfLc0





 l   Ⅳ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_――二`
 ハ   {,、n::::::::::::::::::::::::::::≦-:.:≧
イ:::::㍉ミ`:.:.Ⅵト<ミ≧=-::.:.:.::.三
イィ:::f:.:.:.:.:.:.:.',{:.:.:.:,:.:.:.:.:.:.__;:.:.:.:.:.:.-          ソ連との交渉はまだまとまらんのか!
 }:刈:.:.:.、:.:.:.:.:./:.:.:x≦三=-:.:.:.-≧=-=≦
   j,.,,,,:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.ミミ'"_ ィ::::::::三:::::-=::      こうしてる間にも状況は悪化し続けているというのに…
  ミ三≧x:.(:.:x斧'"n  ノ::::::::::≧:::::::ニ ̄
   {丁 n_ツ =-:.:`:.:.:.:.:.:.:.:./ ̄ ≧:::::=-        こうなったら、直接ソ連政府と交渉するしかない
    }ー-/     ̄ ̄     ニ彡
   〈   l  _  -、ー---、   -彡        近衛氏を特使に任命する!
     ヽ .f     _」  --、 ヽ  =彡   ,
     ‘. 、__  _,,"  +'. }   -=≦     何としてもソ連と会談の席を設けるのだ!!
     } r‐ 二 __ ノ
     八 `´
     ,,ヽ、  ̄      ,,      /
  _ノ   /> .._   <_,,     /
      /   /  / |\       / /




    /、;:;:;:;:;:;:;:;:;ー-:;、_;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l
   ./ミミミミミ、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ー-;:;、;:_;:;_:;::-‐'"´i
   lミミミミミミミミミー-::、;;;;_;:;:;:;:;:;i;:;:;:;:;:;:;:;:i
  ,!ミミミミミミミミミ   _;`-、;;;!:-‐'''´|ミi
 //`,ヾミミミミシ‐'″  'ー‐'  :  'ニフ' i;/
 l l ,rヾミミミ      _,,,,,   ノ  _,,_ l     承知したでおじゃる
 ',ヽヾ、ヾミミ     ィで)ヽ、   r';ィび、.ノ
  ヽ、__,, ミミ      `゙゙'''"フ`  | `゙'''フ'i       調整がつき次第、ソ連に向かうでおじゃる
  〃 i l ミミ      /´    | `ー'´l
  /ヾ.l ミミ       /'    |  /
. /:::::',ヽヽ`       / ` `゙ー-' /
r/::::::::::',ヽヽ           i:i ', /
/::::::::::::::ヽヽ\    '"ー===-'/
ヽ:::::::::::::::::ヾ、 ` 、   ゙'一''ー'ノ′
、 \:::::::::::::::ヽ  ` ー‐-t't::i´゙ー-、
.`-、 `ー-:、::::::ヾ'、     //:::l ヽ `゙ー- 、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
6月22日、沖縄においては摩文仁に立てこもる日本軍が玉砕を遂げ、組織的抵抗は失われつつあった。
交渉は相変わらず暖簾に腕押しであり、業を煮やした鈴木内閣は、ソ連に特使を派遣して状況を打開しようと企図し、
近衛文麿を特使として選出し、事に当たらせようとした。





400 : ◆4OQ2y8t9EE:2014/02/02(日) 20:49:21 ID:qs19jfLc0





                ________
         , -―‐'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 丶
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/\::::::::::::::::::/::.
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::\:::::::::/:::::::::.
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::ハ |:::::::::::i
     /:::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::/:::::V│::::::::::!
    //::::::::::::::::::::/:::::::/ヽ/::::/::::/```"│::::::::::l
     │:::::::::::::::/:::::::/:::::/ \  /   /:::::::::::|      モロトフ氏は今日もお忙しいのですか?
     {:::::::::::/:::∠ /.r====\ハ / |::::::::::::.|
     ∧::::/:::::::- イ     ◎   r ◎ ̄フ:::人:|       あまり時間は取らせません、少しだけでもいいのです
     │::人::::│rT::| \   ,,ィ   ゝ_ソハ:::::/
     │/ :::::::∧∨::|   ̄ ̄   (   .│/∨         なんとか会っていただけないでしょうか…?
      レ |::::::::::::::¨:::! u      , >  │
          |:::::::::::::::::::ヽ           /
          |::::::::::::::::::::::|.丶 ⊂ニ==ー /
          |:::::::::::::::::::.│  `   ー  ∠
          |:::::::.∧:::::::∧.   ` ><::|
          |::::::::::ハ:::::∨ ̄´│  │:::::ト _
        /:::::::::ヘ.∧::│  .h   ヽ::::| .ト
    ,,,,∠´´王三 !.∧│ ./∧  ∧.ト .|三!ー--、_             ─────────
. 三三三三三王三ニi . ヽ /:::::::──:::∧ .|三ニ!三三三三ニ、        駐ソ大使 佐藤尚武
. 三三三三三王三三二     ヘ::::::::: / |三三三!三三三三ニ        ─────────
. 三三三三三王三三三ニ     .|:::::::∨ .|三三三ニ!三三三三|
. 三三三三三王三三三三 !    |:::::::::∨|三三三三!三三三三i
. 三三三三三/三三三三三!   /:::::::::::::∨三三三三!三三三三|




                __///イ//
              /イ: : : : : : : : : :イl//
               rイ: : : : : : : : : : : : : : :/_
            /: : : : : : : : : : : : : : : : :/    …申し訳ありませんが
              ハ: : : : l ̄ ̄ヽ>‐、: : ミ
            {: : : /_      |/      氏のスケジュールはずっと埋まっておりまして
            fヽ: l ‐ヤミヽ 〉rテ l
           弋ヽ|        | ̄ l        面会の時間を取るのは難しいのです
               ヽ.       」  /
           _| \  ─-  /        いずれは時間が取れるでしょうが、今しばらくは無理でしょうな
             / く\ \     /、
           /    \ >、 ー イ┐\
     ,. z≦|        ヽ ∧  .| |  ヽ
  ,. z≦/////!        \ヽ | |    \ー、
rイ //////// |         \ヽ/ ヽ    ∨ヽ
|//////////∧          ∨\∧    ∨∧





401 : ◆4OQ2y8t9EE:2014/02/02(日) 20:49:42 ID:qs19jfLc0





     _   , -─- 、
   / ニ `′二_`ヽ.\
  / / ヘヽ  -‐、 \  ヽ
 / / , l f'``"" | ト  l l |
 ! | 〃 , |     l | l |、 | |.|     わかりました…
 | l /イノー-、  rヽ!'ヽ!ヽ  |
. | /l''==a= , =a==''|r、!      日を改めて、またお伺いします
  |,イ| ` ̄ 〈|    ̄´ ||'イ
.  トl.|   _ ヽ _   l'イ|      それでは失礼します……
  l l.ト、.‘'''" ̄ ̄`'''’,イ l |
-‐'''l ! l.\   ̄  / | l |`:ー-
::::::::::l,ル ト、 ` ー '´ ./!ル':::::::::::
:::::::::::::::N \  /  |':::::::::::::::
::::::::::::::::|    ,><    |:::::::::::::::::


――――――――――――――――――――z____________________


         _. --― ――--、
       _/ ̄`:´ ̄ ̄`ヽ.  \
       /     ィy、   、、、ゝ、゛ ヽ
     〈  ""  | |       |  |
     ノ_/ riル'  ゝ.ト、ト、ト、ルjノ  〈      …ようやく帰ったか
    .  |ル| ̄`‐´ ̄| ̄`i__ィ-、 〉
       ノi、__/~ゝ、_|___ノ|  |r、| |      やれやれ、なかなかしつこいな、彼も
       Z| 〈-,   リ Z´_ |‐'´ /
        ミ.i  ―-   了_,ノ|  /
         ヽ. ゛   /  ルjノ                 ──────────
          .r┴┬‐' ´  _,..イ~`ヽ                  ソ連邦 外務人民委員
 , ---――'''/  /}`'ー-―'''´ |:l  |'''ー――---- 、       ヴャチェスラフ・モロトフ
/'"""""""∠___/::}`=- _,.....=;:;/ミ  Y゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛ヽ.      ──────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
この調整を駐ソ大使:佐藤尚武に任じ、早速ソ連の外務人民委員:ヴャチェスラフ・モロトフとの接触が図られたが、
モロトフは多忙を理由に面会を許さず、日本の要求はまたしてもかわされてしまう。
こうして日本政府の交渉が難航している間に、情勢は最悪のものへと変わっていくのである。





402 : ◆4OQ2y8t9EE:2014/02/02(日) 20:50:03 ID:qs19jfLc0





               /    /   /  `V  \
              ,   ,    / /i ,fV ハ ヽ.  ヽ
               ,′/   /  /   l {ハ/ ',   ,  ',
            / / /  /  //  } f`'ヘ }  ',   }
                {  i /  /  // ,' /八{  l!  i ,'、       ここに「ポツダム宣言」を発表する!
            」 !i′ // /i/}ムイ/ ___j/!   }/ミ、ヽ、
          / 乂j  { i リ云ミく` 'ーァ云ミv , /{   ヽヘ、    日本政府はよくその意味を理解し
          /     仆、 Ⅳ`^~`    ´~^ア / / ,′    vハ
         {{     从 ヽ {__,     {    彡'/イ /     } }    最善と思う行動を取られよ
        vヘ     ヘ、 iト、      ′   {///     /〃
         ヽヘ.     ノi iト、  -‐一‐-  ,イ {      /,イ
           lヽヘ、   rヘjト、\  ´ ̄  /ノイハ.     //!
           l  vハ r‐┤  ヽ、_ヽ.__∠ __/  ト、  //  l           ───────────────────
         ノ ∧ }j  '、  / /     ',  ',  ノ  V'/ 「i {            合衆国第33代大統領 ハリー・S・トルーマン
    _.. -‐¬ 〈/vハ  ヽ/  {     }   }/  //   L! 〉‐-  .._     ───────────────────
二二 _ .. -‐¬、    vハ.   l    ',     j  l    //    /‐-   .._ 二二二
f!  ̄        l    } }  l     '.     ハ   !   i ト、   ,′      ̄ ̄ ̄f!
|!          l 辷」 l l\ l     ,   ,′   !   ,{ {\> ′           ||
|!         }    } }  f!    V⌒{   f!/ l l   {             ||


――――――――――――――――――――z____________________


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i   }!
:::::::::::::/::::::::::::::::::::::;、::l  ノ㍉
=-/イイ/ }Λ::/ `≦、::::::::}
   -     }  ',{    ‘.::::リ     これは…さすがに受け入れ難いが
  -  .ィ≧x      xzⅥ
-=≦- /''" ̄ ≧== =≦二l      もはやそれもやむ無し、か…?
_::::::::≦  '´ _・イ  ‘.-・イ
-=::::ニ    ー  ,   、  l
 -:::≦ U    イ    〕Ⅳ      ──いや、まだソ連を介した道が残っている
  -=≦ ヽ . '  -  ̄ l !
丁 =≦   i  r ニ==-  l      宣言受諾はそれからでも遅くはなかろう
イ       l  `   -  Vへ
.l      ≧x_______ノ  \
.l            /  |:::l::::::::::::: ̄`ヽ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
7月26日、連合国は日本に対し、最後通告とでも言うべき「ポツダム宣言」を発表した。
事実上の無条件降伏を勧告するものだったが、鈴木内閣はこの宣言を仔細に検分し、
受け入れるのも止むを得ないとの意見が大勢を占めていた。

しかし一方で、ソ連を介した条件降伏を捨てきれない政府は、
ソ連との交渉結果が出てから決めても遅くはないとの認識を持っていたのである。





403 : ◆4OQ2y8t9EE:2014/02/02(日) 20:50:24 ID:qs19jfLc0





                                         \、人/
           ノ:三=--三-=≦ィ三ニ./ ⌒"^ Yミ、      `):.  て  パシャパシャッ!
          {三=- f⌒ア/,イ:/}:::/      Ⅵハ     //Y^\
           }-   {     }/ .}/  i     l刈
          「   _j  ィ≧x   、  ,ノ  xミ、 | }
          j _-二f  ⌒''<ミx   x≦壬_ ノ     ──先の共同宣言は
          ノ'":rくニl  t―‐u、     ' ┴'-〈
         /ィ f|  Ⅵ 、  ̄ ,     l 、__,, l     ”カイロ宣言”の焼き直しであると考えている
         }/.刈  :ミ    ̄       {    ,爪
         Ⅳ:ll人  `     ノ^l    〉、  lノ.ハ    従って政府としては、何ら重大な価値があるとは考えておりません
  \、人/   }|イ/リ,:,>r'     r'   ー― '   l|l,川
  `):.  て   {川:l:|;l;lハ     l ⊆ニ二二⊃  .l|:.州
  //Y^\  }:l:l:|::州{'、         ー    爪川、
         Ⅵ:l:l|;l:l:l:lミ、    ______ノ;,j:|Ⅳ
パシャパシャッ!  }|l|l州|lF⌒        }   .|リ|lい|{




      (ヽ、00  ∩
    ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
     ,, -‐- \   | |/⌒ヽ
    ( ⊂ニニ   / /⌒) )   (ヽ、00  ∩
     `ー――'′ し∪  (ノ  ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
/ ̄ー―‐ 、            ,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇
:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ           ( ⊂ニニ   / /⌒) )
:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ         `ー――'′ し∪  (ノ
:::::::::::::::::::::::::::::::::ハ::::i   ., -―- 、   ___           γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
:::::::::::::::::::___ノ、/〉'  /::::::::::::::::::て/::_:::ヽ            | 宣言を無視するって言うのか…? |
:::::::::::::::/ u  て;/7 /::::::::::::::::::;ァ、、:::「ェ ヽ::〉 __        乂______________ノ
::::::::::::/     /〈  i::::::::r、::/=ミ `く.u J/:::::::::\
:::::::::::j u   、 ´_}ヽ.|::::::iオ/u ニi < iヽァ/:::::r----J   .r:´二ニヽ
::::::::::i   (二7´_.L., 、ハ 〉  _ _マ/ン::::r ' ;tr /;j   i::/r-、r-|  r一ー、
::::::::::|、   .r ' c /、:.:.:ヽ ヽ  ー」: : : : ii ヽu.___、/  _ん' `´ム.'  |:::r―┤
:::::::::/ ̄ ´」ー/:.:.:.:.\:.:.\\__j: : : : : ヽ ヽフ`ヽ´  | | ヽ'ーン、 _/ハu.'_' |
i:i i:::i:iヽi ´ !':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.',:.:i: : : : : : : :「=| : : : |: !  7!`:´|<  7マ.ヽー'

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
そうした認識の下、「宣言」に対する回答を延期する一方で、鈴木首相は27日に開かれた定例記者会見で、
”宣言の黙殺”と受け取れる失言をしてしまう。

この”黙殺談義”は大きくクローズアップして報道され、
各国メディアを通じて連合国に伝わる頃には、”宣言の拒否”へと変貌していた。
日本政府の意図を誤解した米国は、ついに恐るべき攻撃を実行した。





404 : ◆4OQ2y8t9EE:2014/02/02(日) 20:51:04 ID:qs19jfLc0





──8月6日 広島上空



;;;;;:::;;;;;:::;;;;;:::;;;;;:::;;;;;:::;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    :::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;:::;;;;;:::;;;;;:::;;
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;:::::  ....................::::::::::.....       ......:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;:::::
;;;;;:::;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::........         ....................::::::::::...........::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  ::::::::::::::::::::::::: :::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;:::::    ....................::::::::::.....     ......:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;:::::
;;;;;:::;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::........       ....................::::::::::...........:::::::::::::::::::::::::::::::::::::    ::::::  ::::::::::::::::::::::::::;;;,,
                                        ,ィ ‐ - 、 _
                                       /      ヽ
                                     /       /
                                       /  _    /
                                  /  ,//   ./
                    ミ .ミ             /  (´☆,)  ./            __
                    ミ ミ__       /   //´  ./            /´_.._-ヽ.
                    ミ  ミミ!!   ̄i` ` ー/.     ̄   /               /,r'_`i 、 ',
                 ミ  (ニリ   j     ̄`ー 、_    /             ノ;' |_)| _゙; i
     ________r-ミ- ‐''ミハ、__ノ____, - '´  /              _,r'´ '、 | `ヽ!_ ,' ヽ、 _ _
.  , ィニロロロ  ロ       ⊂!!  ミ   / _       ∠-、______, , -‐'´     ` _ー_, '=-‐'´  , -'
 (ニ|  ENOLA        ミリ、_ ミ    ̄   i ̄ ̄i`ー-<_            ̄ ` ー --=( , _ _ _ _ , r='´
  `゙、_82  GAY         ミ  ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ( ) E(☆)ョ 82        _____`)=--
     ` ー -----v--、_                           ____, , ---、ニ- ‐ ' ' ' ´
           ̄`´ ミ`ー--------,=------‐' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            ∠ミ` ̄ ̄ ̄ ̄´ノ´
              ミ ''''''''''''''''''''"´
;;;;;:::;;;;;:::;;;;;:::;;;;;:::;;;;;:::;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   ::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;:::;;;;;:::;;;;;:::;;
                  〃
;;;;;:::;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::........;;;;:::;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::........      ....................::::::::::...........::::::::::::::::::::::
                 )
                (
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;:::::  ....................::::::::::.....     ......:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;:::::
           _____
          ( Little Boy |ヨ
            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ヒュルルル…





405 : ◆4OQ2y8t9EE:2014/02/02(日) 20:51:24 ID:qs19jfLc0





  :.:.;;.;.;i :::.;::.;:;i.::;;:;/〆 .:,.;::;.;:i .;::.;::;.::;;  .;;.::.;:;i|liiiiiii|::; ,;:::::;; ;;;;;;;;;;;;;;;;ii .:.:;;:.;i :.:,.;::;.;:i .;::.;::;.::;;
  :,.::;.;:;i .;::.;::;.:;;;/〆.;:; :.:,.i.:;.;:; :.:,.;:;;.;.;i  :.;:.:,;::;|liiiiiii|::; ::;;;::;; ;;;;;;;;;;;;;;;;ii .::;;:;;:; :.:,.i::;.;:i :.:,.;:;;.;.;i
  .:,;.:i.:;i .;.:;;:;:.;/lii|:.;;i..:;i :.:,.;::;.;:i :.:,.i::;.;:;i  :.;:.:.;;:;|liiiiiii|::; ;;;::::;; ;;;;;;;;i;;;;;;;ii :.;;i..:;i :.:,.;::;.;:i :.:,.i::;.;:;i
  :.;::;.::;; .:,.;::;.;|liiii|:.:;::.;;i ::.::.;:.::;i ;::.:,;.:i.:;i  ,:.;;.:i:;;|liiiiiii|::; :;;;:;:;; ;;:;ii品;;:;ii :.:;::.;;i ::.::.::.::;i ;::.:,;.:i.:;;i
 '' ´' '  ''''''´ニニ´''''''  ':" '' ''  ''' ''´' '  '´":''二~二"  ':'' ''' ''''''':''''':''  ''´' ''  ':" '' ''  ''' ''´' '
  :.:.;;.;.;; .::;;.::;;|liiii|.;.;..:;; ;::.:.;:.:::; ,:.;::.:;::.:i  ,:;.:.:,::;|!!!| |!!!|,:.;::.:;::.i .;:.:::;,:.;::.:;:i .;.;..:;;i ;::.:.;:.:::;  ,:.;::.:;::.:i
 :,.::;.;:;i :::;.::;:.ヾii|:;.:;.,:,i :..;.;:i:.;;i  ;::.:,;.:i.:;l .:;i.:;.:///. ヾ;ヽ;::::;;:::i .::;::.:,;.:i.:;;:i :;.:;.,:,i :..;.;:i:.;;i  ;::.:,;.:i.:;l
 .:,;.:i.:;i ::::,;;.:;.,|ii|::;:.:;:;i :.:,.;::;.;:;  .:::.::.:::::: ::.::::///::i ;;ヾ;;> _ .......:::.::..;;;::;:;:;i ::;:.:;:;i :.:,.;::;.;:; .;;i.::.::;:;;
 :.;::;.::;; :::;;i.::;::|ii|;.;i:.::;i ::,;;.:;.,:,i | ̄| ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ .;;.:;l :;.;i:.::;i ::,;;.:;.,:,i ;.::.;;:;.:;;i
  .........., ..... ;....|ii|..;......,, .:, .., .., |  | (ニ(::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::| ;i.:;l .:.;;i..:;i :.:,.;::;.;:i :.:,.i::;.;:;i
 .::;;:;;:;; .::;:..:;;:;|ii|:;:;:.:;:;i .,::.;;i.:;l |_|_/\________/.,;:.;,i :;:;:.:;:;i .,::.;;i.:;;i .:.:;:::;i:::;
  :.:.;;.;.;i :::;.::;:.;|ii|;:.;;:.::;i :,;:.,;:..;,i .;;;.::.::;:;; :///::.::.;;.; ,;:;:..;//;/::;;.:;;.;:;;.;;.;;,;:;;i .:,:;:.:;:;;  .,::.;;i.:;:l .:.:;:::;i:::;
 :,.::;.;:;i ;:.,i:..;;|iii|,....,...,,  ..,,.... .., ..,....,...,,, ,--,, ,,.,..,;:::;/;〆,....,...,.,  ..,,.... .., ::.;;:.::;i :,;:.,;:..;,i .;;i.::.::;:;i
 .:,;.:i.:;i  :,:.,;:..;|iii|;.:;i.:;:;i .;;i.::.::;:i .;;i.::,;:;:;///,:  .;:.;;.:,///.:;:.:;:.:,.;::;.;:i .;;i.::.::;:; :;.:;i.:;:;i  .;;i.::.::;:; .,;:;;i.::;:;;
 :.;::;.::;; .:;::;;;/ii/;:.;;:.::;;i  :.:,:;::;.;;l ::;; :;,;i///.::i :;:.;::///.::;.;i:.::;:;.:;;,;,i ;.::.;;:;.:;;i :.;;:.::;;i  :.:,:;::;.;;l ::;; :;,::;;i
 .::;;.;;:;; ;;:;ノii/.:;,:i;::.::;;  .;;:;i:;..;,i :,;.;:.:;///,:,:;;; .:;;///.:.::..;......, .;.,.... .., ..,..,...,.;,:i;:.::;; .;;:;i:;..;,i :,;.;:.:;,::;i
  .:;::;:;::,_<ii〆;;.;;,;;:.;;;;i ::,;;.:;;,;;i .;:;;.:;|ii:/::;::;;i  ;:,;|iii|::::::::;:;:.:;:;i :,::.;;i.:;l .:.:;:::;i::;.;;.::;;i  ::,;;.:;:,:;i .::;;.:;:,:;;i
 .;.:;;/ll>....,. ;.,.... .., ..,..,......:, :;:,:;;|《〈:.:,:;::;.;,.,,..,--; ....,...,,....,, ,;:,;:.,;:..;,i .;;i.::.::;:;i.:;;::; :,;:.,;:..;,; .;;i.::.::;:;i
 /iii〆.:;;;.::;i :;.::;:.:;:;i .;;i.::.::;:i .:;.:;;ヾiiヽ::;.::;:.:;:;|iiii|,:.;::.:;::.;;:.:::;,:.;;;::.:;:;i  .;.;.;:;;;::.:;:.:;;i ,:.;::.:;:.:i .:.:;:::;i:::;





406 : ◆4OQ2y8t9EE:2014/02/02(日) 20:51:44 ID:qs19jfLc0





::. ..,, ,, ,;:: ;; .,;::. ..,, ,, ,;:: ;; .,;::. ..,, ,, ,;:: ;; .,;::..,, ,, . ,;   `;; ::.. ,, ,;  ,;: :: ::;; ::,,  ,,;:: :: ::;; ::..,, ,, ,;::
iヨiヨiヨiヨiヨiヨiヨ iヨiヨiヨiヨiヨiヨiヨiヨiヨiヨlヨiヨ;ヨiヨi' lラiラ;ラ!ヨ;ヨ",.., ;ラiヨ;ラiラiラ ;ラ;ラ;ラ!ヨlヨ   ,lラiヨiヨ!ヨ;ヨlヨlヨiヨiヨll
iヨiヨiヨiヨiヨ;iヨ iヨiヨiヨiヨiヨiヨiヨiヨiヨヨlラlヨiラ;ラiラi: !ラ。';'_,,;;'':: -‐‐ ‐''‐''‐-:::''::';;;,__゙'、s';',  ;ヲiヨiヨiヨiヨlヨlヨiヨlヨll
i ヨiヨiヨiヨiヨ iヨiヨiヨiヨiヨiヨiヨiヨiヨiヨlラiヨiラiヲ;z"~,'..‐''゙' ..::::::::::´::::`:::::::::::´、:::::ゝ::::::.`''‐...~ ;ラiラ;ラ!ヨ;ヨlヨlヨiヨiヨ lll::
iヨiヨiヨ;iヨ iヨiヨiヨiヨiヨiヨiヨiヨiヨiヨiヨiヨiヨlZi ,.‐´.,:::: '   ゙             ` :::::,.`‐..~ 、:;ラiラ;ラiヨiヨlヨiヨll
iヨiヨiヨiヨ iヨiヨiヨiヨiヨiヨiヨiヨiiヨlヨiラiヲ;~,.''´ .;;: :::                    ::::::;,.゙`::、~ ,; ラlヨ;iヨilヨll
iヨiヨi; ;   iヨiヨiヨiヨiヨiヨiヨiヨiヨiヲ ,;3´ .;;:: ::                       :::::::;,. ヽ、)ソ3iヨlヨiヨll
:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ~'':: '',;' .;;:: ::                           ´  :::::;;. ヽ ~,,:: :: ::
iヨ;iヨ; ;   iヨiヨiヨiヨiヨiヨiヨiヨゝ'' 3 .;;:: ::                                :::::;;. ゙:,~ iiiヨiヨll
iヨ;iヨ;iヨ iヨiヨiヨiヨiヨiヨiヨiヨ;: ソ;'゙ .;;:: ::                             ` :::::;;. ゙;.i3iヨiヨll
iヨ;iヨ;iヨ ヨiヨiヨiヨiヨiヨiヨi3 ;ソ;i;  ;;:: :::                                  ...:::::;;:. il;ゝiヨlヨ
iヨ;iヨ;iヨ ヨiヨiヨiヨiヨiヨiラ;i ((i;゙  ;;::: :::                               ::::::;;;: ;|》;iヨiヨ
iヨ;iヨ;iヨ iヨiヨiヨiヨiヨiラiz (il;;  ;;::: :::                                   ::::::::;;;: i|ヾiヨl!
iヨiヨiヨ; iヨiヨiヨiヨiヨiヨiョ(;;ノi|i; .;;;、:::::.                             ..:::::`:;,;´::,il|i)yィl
iヨiヨiヨ; iヨiヨiヨiヨiヨlヨ;3( 《il|l; :i::;;;:::::::::...                            .::::::::::::;,; :i;:il|i 3iヨ
iヨiヨiヨ; iヨiヨヨiラ;ヨiラ;ラ゙ /゙||l; .,:::;;;::::::::::::...  ' ; .                    ...::::::::::::::,;; : ;;il|l|;(゙(i3;
iヨiヨiヨ iヨiラlヨiヨ;ョ o'';:《 i||l , ::::;;::::::::::::::::.....                  '.....:::::::::::::::::::::;;;:i:´.;i;il|i;)),;3lヨ
i ヨ;iヨ iヨlヨlヨiヨiラiヲ;zヽ`;;il|lil;, .i´,.;,;;;::::::::::::::::::::::::........`        ,.......:::::::::::::::::::::::::::::::;;;;`, l;;:il|i|li゙ゝ"iヨi
..,, ,, ,;:: :: ::;; ~:: ;;  ,;:ゞヾi||li;|l i;, :、;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;:  , ;.:;il||il|l|;("' ,; ::
iヨlヨ lヨlラiヨiラiヲ;. ゚ 。~・´`-;il|||i|li,.i;.,'::::;;;;;;`;;;;;;:;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:;;;;;;:;;,:;, ;:i:,;i;;ii|l|i|li゙ノ`゙ノソiヨiヨ
ヨlヨ iヨiヨiヨlヨiラ;;. ., iヨ⇔、 ~ゞゝli||llillii;; 、..:'':;;;;;;;;;;:;;;;;:;;;;::;:::::::::::::;::::;;;;;;:;;;;;;;;;`'':.;...;i;;.;iiilil|l|ili゙ゝノソン ィiヨlヨii
ヨiヨ lヨlヨiヨiラiヲ;z.  ;;¶iヨ。~・ヾヽ,`-;il|||il|lii'i;.',..,;i...;..,:..::::';;::;;::::;: :::,i......; .,:.,.,l;;ii|liil|ii|lil゙ソゾ;;' ヲiラ iラiヨiヨlヨ
ヨlヨ lヨiヨiヨ;ヨiヨi; ィィ iヨiラiヨiィラゝ´`‰ヾ`゙ゞili;ill|||lli|llii;゙|lii||li||||l||lii|ilil||i|llilli|ilii''J"''ソソ~;;ノラ;ラlヨ;ヨlヨlヨiヨヨ
ヨヨ iヨ!ヨ;ヨlヨlヨiヨ o"ノヘヘ、lヨlヨiラiヨiィヾミ゙~=ヾ゙゙゙""='========="=゙"''r"r"ソ~;;;ラィヨ;ィヨlヨlヨiヨlヨ





407 : ◆4OQ2y8t9EE:2014/02/02(日) 20:52:05 ID:qs19jfLc0





三三三ニ:::;:::::::....
三三三ニ;:::::::::::::.                             / ̄` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄7/ ̄// ̄/
三三三ニ;::::::::::::..                     。__      /___,_____,_        ノ/_//_/
三三二ニ;;;;::::::::::....                                          /      /
三三三ニ;:::::::::::::.   :.. ........                  e -        ゜     >      /
三三三二;:::::::::::::.....                                       /       /
三三二ニ;:::::::::::::.         "                            /       /
三三三二;;:::::::::::::,.                ゚                     /      <
三三三二;;;::::::::::::::,.   =                "   / ̄` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄      /
三三三三ニ;;;;:::;::::::::::........ :::........      。       _ /____,_______,___/
三三三三三二ニ;;;:::::::::,  ::......        е              二三li;、 /: 、 _    "
三三三三三三二;;;;;::::::::::;::::.      ゙   _二/;:/: _       二三三(;;:::.... ;三ヾ;;..`,
三三三三三二三二ニ;;:::::::::::........     ニ三li;`(;;;;;:::::, ̄     二(;;;;;;;:::::;;;ii;;;:.   ;;;::.....,,..:'
三三三三三三三二;;;::::::::::;::::::::...       ~ニ三li;;;;;;::,:丶_      ̄二三三ii;;;::..   :.
三三三三三三三三二;;;::::::::::::o:::...       二三li;;;::::i;:丶        二三三ii;;: 、;: 丶
三三三三三三二三三二;;:::::::::::::::::;::...      ~~三li;;:) i;::;_        二三三ii;:. ;ヾ;;. 丶
三三三三三三三二三三二;;;:::::::::::::::::::....。o_   ~~  ̄   ̄          二三/'' ;三/'' ;'
三三三三三三三三二三三三二;;;;;::::::::::::::::.....` ~~ 、 。  ~、         ニ三/:;' 二/;; ,'
三三三三三三三三三三二三三三二;;;;;:::::::::::::::::......,..   ~~ 。     二三/:. '三/.: ,'

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
8月6日、広島上空に飛来した長距離爆撃機「B-29」から原子爆弾が投下された。
このたった一発の爆弾によって、広島市街一帯は一瞬にして吹き飛び、10万人を超える死傷者を出す大惨事となったのである。

米国の原爆による攻撃に、鈴木内閣は驚愕したが、さらに追い討ちをかけるようにソ連が動く。
8日、佐藤大使はモロトフに呼び出され、「9日を期して日本に対して宣戦布告する」旨を伝えられたのだった。





408 : ◆4OQ2y8t9EE:2014/02/02(日) 20:52:26 ID:qs19jfLc0





             ノム      r<二>t        ノム
              rt┼┼┬┬┬┼ 干 ┼┬┬┬┼┼‐r、
              |r==〒|:立立立立立立立立:|r==〒| | r=- 、
     叭       |辷テ十| r ‐┬┬┬┬┬ 、 .|辷テ十| | Yミ彡ゞ
.     | |       | rHt | ||圷圷圷圷圷圷|| | rHt | | シヾヽ彡
 r 、,, 仁ゴ、     | |百| | ||折折折折折折|| | |百| | | ミヾゞゝゞ
ミヾゞtソ|l l | |ィレグイ| |  | | ヒェェェェェェェェェェェヨ|| | |_| | |  }ミソゞ
,シミ^ゞ彡|l l | |ィkミ彡「五五五五五五五五五五五カ |白| r<シゞミゞミ
彡ゞヾハj|l_l | |ソヾtゞ|                    | r-√ミヾ彡ゞゝゞヽ
,.イj;i!i:ト |  | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  `丶、¬ー- 、
ノjiljiハ 八八仁入                       ヽ    \
.    <二rうT.| | }                        }
─|f¬|r⌒|  | レ'                       /
_|_ L ┴ '´                         /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最後の望みが絶たれた鈴木内閣は、
「ポツダム宣言」受諾の意思決定に関する閣議を急遽開催することが決定し、
関係閣僚が集まっての閣議が始まった。





409 : ◆4OQ2y8t9EE:2014/02/02(日) 20:52:47 ID:qs19jfLc0





            /.::.:.:::::::::::::::::::::::::::.:.``ヽ
         /.:.:::::::::::::::::::::::::rァ.:::::::::::::::::.ヽ
        /.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::,. -‐= -、.:::ノ
          /.:.:.::::::::::::::::::::::;.'"´ ̄``ヽミミミミ
       〈.:.:.:::::::::::::::::;.'´ .._      `ヾj i!!
       `T''ー--‐イ  ´--、,,_``  ,,,、レノ     降伏するにしても、無条件降伏というのは…
        レイ 彡ノノ   ィtェテ   jィェ''リ′
        〈 {⌒ミ! ':,   ` ゙゙´ '′1` ´ !     まだ我々には戦う力が残されているのですぞ!?
           ゙;.:い ミ!  ;.    ,.ィ _ ....}  /
          ノノノ_ノi        ゙゙´  j
       /.:Vハ  i ヽ  ' -rニニアノ ; ,′
      _ノ.:.::::ヽ、 :.  \   `ー   /
    "´.:.:::::::::::::::.\;   ヽ、.     /
    .:.:::::::::::::::::::::::::::.\    `ー‐ くヽ、、        ─────────────
    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ-- 、  j.::i.:.::::``丶、      参謀総長 梅津美治郎 大将
    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i   ぃV.::::l.::::::::::::::::::.\    ─────────────
    ===.:.:::::::::::::::::::::::::::L ___ノ.::::::l.::::::::::::::::::::::::.ヽ




                ,.イ  ...::_=-
               /.:/.::´::::'――:::ァ=‐'
                  /       ::::::::::.`:::.―-..、
.      __,.....-‐::´     :. :..  :..  ::::::::::::.\⌒`
       `ーァ.::::::::::     :.  :. ::.  :::::::::.\\
.       _,.ィ;.:::::::       :.:. :. ::. :::..:. :. ::..:::::::.\::.、
.       ´ /.:::::: ..:::i:...::..: .: :.:::::.::. ::::::.. ::::.::..::. :::::::::::.:::.
.     /ィ:::::::/:i:::|::|M::::::::|::::::|:.\:\\::::::::::::::::.ヽ{ヽ   最後に軍の総力を挙げて逆撃し
.      _.ムァ/.::: :|:::|::| |:::::::l::::::|:::::::.\:\`ゝ::::::::::::::.`
          /イ.:/.:::|:::|::| ヽ:::::|:::::|、:::::ト.::.\:ヽ ::::::::::::::::|    大打撃を与えて、我が国の力は健在であることを示し
.          jイ:::::::|::ハ:|≧‐\{、::{ーヾ:≦ヽ:.V.::::::::::::::{、|
           |:|:l:::l〃{ュ::::}ヽ ヽヽ,イュ::::}㍉:::lヽ:::|::|、| `   少しでも有利な条件を引き出した上で降伏すべきだ!
          }从∧ ゞ-' }´ ̄`i ゞ:ツ }ヽト|ハ:l、| `
.         {´  ト∧___ノ  '  ヽ ___ノ ムト:{ヽ`
       /`  |  ヽ    r= ュ   ,イ〉' / `ヽ
.     /     l    >..      . ィ1   /     \        ─────────────
     i      ヽ.    ヾ` ‐ ´ 〃  '      {        軍令部総長 豊田副武 大将
     {  \       ヽ \   ´       /  ヽ       ─────────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
閣議において軍部の阿南陸相、梅津参謀総長、豊田軍令部総長の三人は、
「受諾するにしても条件を要求すべきだ」と主張し、無条件降伏に難色を示していた。
最後に一戦し、敵に大打撃を与えて少しでも有利な条件で降伏すべきである、というのが彼らの考えであった。





410 : ◆4OQ2y8t9EE:2014/02/02(日) 20:53:08 ID:qs19jfLc0





.       ┌r┬r┬r┬r┬r┐
      ドミヾ>冖┴冖く'/
      |ニ/ __ ̄ニニニヽ          事ここに至って、条件を要求しては
      |=〈 /ベ≧zz jzzヘ
      |Ft| ==。=:::/=。=〈        交渉決裂を招きかねません!
      |{(|| `ニニ´ ヽ`ご.|
      ト=|  , -‐ '- _}`ヽ|        …もしそうなったら、先の新型爆弾による攻撃で
     /|シ'l / (二ニニニ⊃|、
-一''¨´|  ト、`丶、  ≡  ハ`'ー-、_   再び市街が焼き払われるやもしれないのですぞ!?
-‐ ¨´|   | \ `'ー--‐''´! |`'ー-、_ ̄
   |   |   \    /|  |




                    '‐‐‐‐‐――‐- 、.._
                    ‐ニ`、`  ̄ `ミヽ 、!,.ヽ-ァ
                    二´`ミ_` ‐,.. -、、' l/ {
                     `ヽ/'ヽ'l/'´-、_  `'´r'     外相の言う通りだ
                      ,|ゝ-''´  i'Tj'‐' .ノ
                  __,....i-/Y ´l.        |      これ以上、犠牲者を出すわけにはいかない…
         , -‐‐''、''    '´  / | 丶 ゝ  __.._´.‐'
        ノ    ヽ .    /  !  ゝ \___ /、         断腸の思いではあるが、宣言を受諾すべきである
       /      ;l    <..__ |!  ./ニl´ノ`l \_
      /       ;;    _,.. -'´ト,.イ;  ノ!/、_」   ヽ
     /        i    丶   |  .〉.イ 'ノ .\   ;.ヽ
    ノ        /     .ヽ  | / |/  ゚/   ノ ヽ
   /        /´      l,  |./  .|/ ./´   y  丶        ───────────
  /        ./         `! |  / /、___ /    ヽ        海軍大臣 米内光政 大将
          '、          ヽ | .ノ/    /     ゝ-,      ───────────
            \          Y,- '     イ       ゝ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
一方、東郷外相は「条件付の降伏では交渉が決裂する恐れがある」と主張し、
これに多くの閣僚が賛同したが、意見は平行線を辿り、ずるずると議論は続いた。





411 : ◆4OQ2y8t9EE:2014/02/02(日) 20:54:00 ID:qs19jfLc0





:::::::::::::::::::::::......   ........::::::::::::::::::::::::::: ;;;;;;;::::::::::::::::::
           γ ⌒ ⌒ `ヘ
        イ,,,, ""  ⌒  ヾ ヾ
     /゛゛゛(   ⌒   . . ,, ヽ,,'' ..ノ )ヽ
    (   、、   、 ’'',   . . ノ  ヾ )
 .................ゞ (.    .  .,,,゛゛゛゛ノ. .ノ ) ,,.ノ........... ........
 :::::::::::::::::::::( ノ( ^ゝ、、ゝ..,,,,, ,'ソノ ) .ソ::::::::::::::.......::::::
:::::::::::::::::::.:::::(、;''Y ,,ノ.ノ ,,,^ ^,,,;;;ノ)::::::::::::..::::::::::::::::... ,,,,:::::::::::
  . . . . :::::::::::::.('''yノ (''、,,,ノ)ノ ::::::::::,,,,,::,,::::: ̄ ̄7〃  ̄ ̄ ̄|〃  ̄ ̄ ̄|〃
  ,, . . . . . ::::::::::::( ( ,,,人、..ツ. ノ ) ::::.:::::   /\ .       |.      | ・・・・・・
  . . . ,,,,, . . .:::::::::::::'''(, イ")'"´ノ;; :::::     /   \.___|   ___|
 . . . . . . ,,,. . ,,,::::::( , ゛゛..(’_''/,,, ..ノ
 . . . ,, . . ((,⌒ノ,,,.:::::' (   (’''....ノ ソ ::::::: ... . . ,,,,,,,,,::::::::::::
 . . (’’,,,/(~~ノ(’''''ソ:.:.,、,,,,,(   .:: ノ..)
 y(、,,'''ノ(、、...,,,Y),,,ノ:::.:)~~ノノ)”),,, . ,,,ソ                  .::::::::
 ::::::::::: . . . . . . . ::::::::::
  . . . . :::::::::::::::::::::: :::::::::::::


――――――――――――――――――――z____________________


                 ,、
                   //
           ,、 r_t //
  /"      r=┴二!_!=tt_  _
/"    ,,..、、└‐_ -----‐'‐'''"".:`>""~"~"~/)"'"'"''
 ,,..、、-‐i二f'/_.:;_.:;__f二f'"|,..、、 -─/    ,//
      ヾ:ヽ|二i二|ヾ:ヽ:::|O、'-'‐'"   / >'
,.>              |   [凹[_]] /
              r‐t[} __r't==_{_
        _,.、-‐ ┴─┘f二t     `-i、||
        | f´!:::r─r_tr_tr_tr_tr:.:.:.:.:::「]ニ!::」(、
    __└'┘_|______;;;::::、、、、-'   ‐-- 、、、
 ,/ ̄ ̄ ̄""''‐- 、、二二二二二r==t==t二二二二___`ヽ
_〈─┬ ┬┬ ┬┬‐~"r──‐t── '''"""" ̄ ̄ ̄`ヽ| .:.:.:.:.:.|
 i\_l_l_l_l_l___|    __|___,,..、、----─''"´|_,、-‐┘   キュラキュラキュラ…
 ヾ_ノ|:r,|:r,|:r,|:r,|:r,|:r,└‐''"´ニ|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:三三:|
  \ゞ人人人人人,ノ /三三/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-'"===='"
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本政府が逡巡している間にも時は流れ、9日、今度は長崎に対して二発目の原爆が投下され、
再び甚大な被害を出すこととなった。
また同日、ソ連軍が満州国に侵入を開始し、対ソ戦も開始されてしまうのであった。





412 : ◆4OQ2y8t9EE:2014/02/02(日) 20:54:33 ID:qs19jfLc0





                _____
           rァ'フ"´::::::::::::::::::::::`ヽ
          {f〃::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          ヾ ;::、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ
          /- l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l    事態は一刻の猶予もありません
            l、_ l三ミ、:::::::::::::::::::::::::::::::::l
          〉ァ l::::ミミミ:::::::::::::::::::::::::::::    ここは可能な限り迅速に決着するため
         r'`ー jl´`,::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          〔__ヽ i!ー'::::::::::::::::::::::::::::::::::::     次回の会議は陛下の御前で行いたいと思うのですが
          l ヽl::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          ゝ  リルラリルハ -‐リlハノヽ     よろしいでしょうか…?
            -──-<._x x x x x
        /x x x x x x x x x x x x x
       .l  x x x x x x x x x x x x x
       .l  x x x x x x x x x x x x x




      γ   ,z=ミ " ⌒ヽ./              /イ
       /   〃 /  r=ミ! / /              } .|
       }     /  f  V ./               {
      ノ       リ   ∨ / 、           ./!
   _. <       /_.    ∨  丶         / /    …わかった
   ヾx      >彡=ミ、_j ヾミ---ー 三>---<  /
    \`ー--< ,}  ミ=≠  :i  ミ=≠  }     /ア     内閣は早急に準備を進めるように
     .ト、_ イ/}.       :|       ドー-=≠ /
      ヽ   .|イハ    }_   _,     ,.ィ ハ___/
       \   从{   z"^⌒ ー ⌒^"x f }イ   /
        `¨¨ヲィ }  }  , v≠z、_  { .爪ミー''"
         . イレ |.、.〈 /  zzx  }  }_ノ } ハ              ───────────
      . イ:.:/: :|‘| `}.〈      } ./   }イ: :`ト、           第124代天皇 裕仁天皇
   _ ィ´:.:.:.:.:/: : :| !  ⌒:、    厂   //: : : :l:.:.:>x         ───────────
‐:.´:.:.:./:.:.:.:.:.:.′: : l l    `¨¨¨´    //: : : : : l:.:.:.:.:.:.:.>- ._
:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:. l: : : : :l l              //: : : : : : :l:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
事態に窮した鈴木首相は東郷外相と共に天皇に拝謁し、御前会議の開催を上奏した。
これを受けて急遽御前会議の開催が決定し、2350時、宮中防空壕内の一室において御前会議が開かれた。





413 : ◆4OQ2y8t9EE:2014/02/02(日) 20:54:55 ID:qs19jfLc0




 |   | |                                            |   | |
 |   | |                                            |   | |
 |   | |                                      |   | |
 |   | |                                      |   | |
 |   | |                                      |   | |
 |   | |                                      | ,,、、、!、、
 |.:.:.::| |     _                               ,r'.:;:;;:;:;:;:;:;;`ヽ
_ __ __,r'"´.:.::.:;:.:`ヽ __                           ,f;;;;;;;;;;:;:;:;:;;;:;:;:;;}
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:  .:ノィイ^ヾ:!::.l                r── ───‐{;:;:;:;;! ,,,,,_ _,,,;;;!
.:.:.:::::::::::::::::::::|;:. ,、,ィィ´ ,,,リ::::|                  |::::::::i       ヾハ! ''ー' j‐' リ
.:.:::::::::::::::::::::::jハ;/''rtr ,rtrj!::::|                 |:::::::::l        >!',  ,.ム ,j
.:.:.,,,、、--‐'".:::ト、',.  J ,::ー-、、                   |::::::::::| ,、-──''".:::ト.、 'ニ' ,jL_
::/.:.:::::::::::::::::::::.、:'、 _ ー' /.:::::::::::::..:ヽ                |::::::::::レ.:.:::::::::::::::::::::::::::::1`ー /.:.:::::::::::::::::::::::::::::: 「`瓜!::::r─-ュ:::::::!               |.:::::::/.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::L_ノ::::::::::::::::::::!
::::::::::::::::::::::::::::::::::::. ー-'::::::::::::::::::::::::::|                |:::::::i.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
.:.:::::::::::::::::::::::::::::::r─r- 、:::rュ::::::::,r‐1             |:::::::|.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 「 ̄!
:::::::::::::::::::::::::::::::,.ヘ ィ‐っ !::::::::::::::j  1               |:::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.|   |
::::::::::::::::::::::::::::/  彡‐ミ !::::::::::/ _」.             |:::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::L__」
::::::::::::::::::::::::::::L,、 -─-、ノ:::::::::::.:":::::::l               |:::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|             |:::::::|::::::::::::::::::::::::::::::,r''" ̄`ミヽ:::::::::::::::::::l
、::::::.:.,,、-‐''"´ ̄ ̄ ̄ ̄``ヽ.:.:.::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヾ::::::::::::::::::::::::::l   ``ニつj!:::::::::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                 ``"´                 ``'''ー----'ヽ、_彡'ス----‐'''

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会議冒頭、東郷外相は開催事由の説明に続いて、もはや無条件降伏もやむを得ないことを主張した。
これに賛成する米内光政海相らの意見が続き、次いで条件降伏を主張する阿南陸相らが発言した。
会議はまたしても難航し、午前二時を過ぎても決着を見なかった。





414 : ◆4OQ2y8t9EE:2014/02/02(日) 20:55:17 ID:qs19jfLc0





::::-::::二::::::::::::::::::::::::::::ミ::::::ハ ‘.
:::=-:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i|   l
:=-:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::リ 厶
≧ア了厂⌒7////}/ ㍉く_ノ:::::ミx
-  /'  xzzミ、/      ヽ::::ミ、ヾ
.-   ィf//////>x    {   Ⅵ }リ    …このままではどれだけ議論を尽くしても
 ニ  ''" ̄ ̄`''<//ミ、     Ⅵ
=≦-   =====- z≦ミ  !  ィミ      決着することはないだろう
-三    、__r┐ 〕    r≦リ
::::-    、    ̄     くh_/      かくなる上は、陛下の御聖断を以って
::::=      -       ‘. ヽ
:::::ニ         ィ      ┐ノ     本会議の決定としたい
:::::=     / ̄  、_    ノ l
::::三     /         ̄  l
ニ:::-   ./   / / ̄ ̄  ┐ l      一同、よろしいな?
-三         ´ ̄ ̄ ̄´  l
      l        ー-     l
  :.                 ./
  :.    ` =-   __ __ イ
   :.      、   /  l
   :.      ミ=-'   {




            /:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ|:.:.\
        _ - ' ´:.:.::.:.:.:.:.:.:.:_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ:.:.::\   ,
       ヾ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::、:.:.:.:/ //
         >:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:./:.:.:.:.:.:.:.:レ:.:.:/
         /:.:.:.:.:.:./:.:.:.:._;,;,-‐''''´:.:.:.:.:./:.:.:./:.:.:.:.-='´
        ` -、:.:.:/:.// ゞ:.x 、-ー ''´|:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.\
          レ、:レ´∧ / `  \ .ヾ|:.:/|:.:.:.:.:.|:.:.:r、_::ゝ
            ミ,;,;:.::|       `>ミ_.|:.:.∧|:.:.:.:}
     ,__ r‐─ v'´  ヽ     /ヾ∠.|:/|:./:.:.:.:.|     ・・・・・・・・・
    /.: : : : : : \: : : :\   、   _ ヽ '´ |'' ´ レハ:.:./
  //\: : : : : : \: : :: :>v \  ヾ_ , -―
 .//: : : : :\: : : : : : V/: : K: : : ミ'´
../: : : : : : : : :\: : |: : V: ∨: V: 入
/: : : : : : : :: ::: : :V: : : : : : \//: :/ヽ





415 : ◆4OQ2y8t9EE:2014/02/02(日) 20:55:43 ID:qs19jfLc0





          , ィ〃〃〃〃〃〃,,)))
        ,r≦三〃〃〃〃〃〃,)))ゝ、
       /彡三〃彡彡//////-'''''' Yミ、
       .{イメ彡///ノ /イ 〃リ.ヽ _ _ ミヾ
       .彡三三ニ{    ̄` _  {´ ,,,,ゝ
       ,彡彡三ニ;} ∠三二ヽ`ヽ}∠≦ノ
       彡メ彡三{   fニヒノj'''  、fニヒノヽ    陛下…お願い致します
      ,彡ソf-三ニ{  ‐-‐'   _ ヽ、ー' {
      彡ニl   三{{      _,t _____ )、 l
      /l/l,ハ ` 三}  ./     _ ヽl
      !l/l/l/l`t-イ       ` ̄ - ` j
       ヾj/T(\    、      __ ,イ\____
     __ノ:;:;:;:ヽ\\     ̄ ̄ ̄ノ   i!lヽ:;:;:;:;\:;:;:;:;:;: ̄




                           rー=≦¨¨  ̄ ¨  、
                        }⌒ヽ       、  `≧ー
                        _/ ' /r从 、'. ヽ     `¨7
                      { 、_ー= 、 \ ; _、从、_ _,イ 〉
                      乂、__,.ィ 「`tォ、}/イィォ 'ア }≧=-'     …では答える
                      ≦=/〈 ` ̄/:l 、 ̄´ 〈-_.ィ
                       ー={、l `,--〈 ,..:--、 イ }イ/     朕は”外相案”に同意である
                           从_| { i ,---- 、i } ;イ=イ
                        {/ |Ⅵ l | ー  |l | イ、「
                          l从| 从{、___,从' l|从
                            /|从  :.    ,  /: ト、
                      __.....:::::/:::|: : \ :.   , /: :/:l|:::::\、__
        ,...............:::―::::::::::::::::::::/:::::/:::::{,: : : : \ / : : / : |:::::|:::::::::::::::::::::::::::―:::::..........__
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::∧: : : : / : : : / : : |:::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
      /:::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:::::::::{: : :、: :/ : : : : / : : : |:::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::ヽ
      ,::::,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{:::::::::| : : ∨ : : : : / : : : : !:::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::
     /::/:::::::::::::::::::::::::::/   ,::::::::::::|:::::::::| : : / : : : : /: : : : :...|:::::|::::::::::::::,. ⌒ ヽ:::::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::
.     /:::,::::::::::::::::::::::::::::::{    }::::::::::::|:::::::::| : / : : : : /: : : : : :...|:::::|:::::::::::::{     }:::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::
    /:::/:::::::::::::::::::::::::::::::::、__ノ ::::::::: |:::::::::|: ,' : : : : /: : : : : : : :|:::::|:::::::::::::乂__ノ:::::::::::::::::::::::,::::::::::::::::::

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
なんとしてでも決着を図りたい鈴木首相は、「かくなる上は陛下の御聖断を以って本会議の決定としたい」と述べ、
閣僚一同は天皇の決断を待った。
これに対して昭和天皇は静かな口調で「外相案に同意である」と答え、宣言受諾が決定したのであった。





416 : ◆4OQ2y8t9EE:2014/02/02(日) 20:56:06 ID:qs19jfLc0





   / / / / / ムV/}       ヽヽ ヽ.  ヽ
  / /   / /  {斗‐宀イ     i   ', ',  ',   '.
  {/ /  / / / / }    }    |     i i   i   i
  i / /, / / /jノ  _」    }    l l   }  }i     降伏の時より、天皇及び日本国政府の国家統治の権限は
  {/ / / / /-‐. ニ = 、}     ,′   } }  i |  {l
  / , / ′/l/‐ ´_」.斗込}」  , /   / ,ハ  l |  |{    降伏条項の実施のため、その必要と認める措置をとる
 i // /トfム {  ´ -‐┴ ¬ / /   / /⌒ } ! !  !}
 {/ ハ 小l ト7       ノ //   ノ ム  / } {  l 〉    連合軍最高司令官の制限の下に置かれるものとする
 { l iトl V     ー=彡'"´ァ‐‐イ/   ,イ ハ } //
 `l {、 V j`ト `     ノ⌒´   ̄´  f゙7イレi/ トイi//-‐ ──‐ ‐‐-  、
  \トメ/レハ ーrー__、__       / , l l |  {,」/」-‐ ¬ 二  -‐ ァ′
    ー=彡ハ  ー‐一      ノ / 」/」斗 二 -‐ ,二     /7 ′
        }         ∠/.斗  -‐ ´     / /   / //
        l、__ -‐ 二 ニ ´,ニ        / /   / / ′
     ,  .二 -─ァ」斗‐ ´      .||         ./ /   / 〃
.   // . -‐ァ´/         .||        / /   / 〃
 // /   //ヘ          ||     ,' ′  / 〃
/ /. ィ´   //  vハ           ||     l {   / 〃
//  , ' , '    vハ         L」      L/  { ,/′
.:/   / /       vハ       厂 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ` 'ー- 、_

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
10日、日本政府は宣言受諾の意思を一刻も早く連合国に知らせる必要があるとして、
放送局を通じて密かに発信を行った。
これに対する連合国側の回答は、

「降伏の時より、天皇及び日本国政府の国家統治の権限は、降伏条項の実施のため、
その必要と認める措置をとる連合軍最高司令官の制限の下に置かれるものとする」

というものであった。





417 : ◆4OQ2y8t9EE:2014/02/02(日) 20:56:27 ID:qs19jfLc0





                  __
              , ィ´     ̄``''ー-、
               /             ヽ
              /  イbン             j
           /       ,,.、-‐──- ゞー〈
             /        /        ゙lミ、i
          l      /     ,、 _ ,,.  ij ヽl     …なんだ、この回答はっ!
          `、  _, ィ'ヽ`''ー‐ '´ '´ ,,_  !ヾ !
             `T´ー==、,``ー_,,.、zィ'⌒ヾ iV^ヽ    これでは”日本”という国自体が
            ト  ,ィOンゞ  ` ゞOンゝ、  カノ、 l
            l/ `''ー'´/  .;;::.`''ー '´  リlル ,!    無くなりかねないではないか!
            ゙i    i′ .;:::, 、      〉 /
            |     ゞ、、,, ィ^ヽ    イ Y/
            j   ,'   _,,、、_ _ `ヽ  ;,ノト、      これは到底、受け入れられるものではないわ!!
           ,ィ´i  ! <=ー‐一> ,!  / イ \
、、____, 、-一'"´i  ゝ   `ー--‐   / / j    |ヽ
     !       ,|   `ヽ、     , ィ ´ / /    |  `''ー-、        ────────────────
 ̄``ー‐'─‐‐--- |   /^i、`''ー ''"´-‐'ゝ^ ,|'^ヽ、  |``''ー-、         陸軍大臣 阿南惟畿(これちか) 大将
`ヽ,            |  /  .| `,   `ヽ、 j  _」   \!    `      ────────────────
  ヽ          | /    ! l      久,ィ´ ,|

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
この回答に条件降伏を主張していた阿南陸相らは即座に反発した。
発言を解釈すれば国体の護持すらも危ういと判断できたからであり、一旦は賛成した宣言受諾を撤回し、
実力に訴えてでも拒否しようという動きを見せ始めたのである。





418 : ◆4OQ2y8t9EE:2014/02/02(日) 20:56:47 ID:qs19jfLc0





                    ,..---- 、
                 r―  ´      `ヽ、
                 {     、  、 -  __ ≧=-'
            r-∨、   :. \ ヽ          7
            } / {从 、 l ; 、    _/  イ    …よかろう
           /イ / ム、__ }/ lト、__,.ィム=- '  /イ
           、≧ハ 乂 tォミ{ 从イ tォノ }イ=-'  /    それでは最高会議を開催する
             ー=〈  ` ̄ /   ̄´  〉、}=-イ
           ヾ= }ト  _〈 _,.___ /| ノ=- 〈     閣僚は全員参加することを命じる
             ーl| イl l_,.`___i il|  |ノ-、_彡'
              ー=乂 | }| :.ー:: | il| イ}从ハ}
              イ/| l{    | イ/|}〉、
              /:|`ー 、_,. イ´ //: :}:\____
           _//||  l    // ' : /|:::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::――――-
       _......::::´::::/::::/: |l  :.   /:'/: : /: |:::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:
    /:::::::::::::::::::::::: /::::/|: :{l|  :.  //: : : /: : |:::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::
  ,::::::::::::::::::::::::::::/::::/: |: :| :.    //: : : /: : : |:::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::
  /:::::::::::::, ⌒}:::/::::/: : :マ:ム } / ': : : /: : : : |:::::::|:::::::/ ̄`ヽ:::::::::::::::::::::::::/::::::::::
 ,::::::::::::::::{  ノ:/::::/: : : : :、: :∨/: : : : /: : : : :..|:::::::|::::::乂__ノ:::::::::::::::::::::::/::::::::::::

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こうした反対派の動きに危機感を覚えた鈴木首相らは、機先を制して即時停戦に持ち込むべく、
再び御前会議を開いて決着をつけようと企図した。
しかし反対派がこれを妨害し、開催を遅らせようとしていたため、
鈴木首相は最後の手段として「陛下直々の召集しかない」と考え、木戸内大臣を通じて天皇に召集の意を伝えた。

これに昭和天皇は同意し、16年12月の開戦決定以来、
二度目となる天皇直々の召集による御前会議が開催されることとなったのである。





419 : ◆4OQ2y8t9EE:2014/02/02(日) 20:57:08 ID:qs19jfLc0





   /     {、/_  -ミ、              ム
   .′      テ     .}ト              ヽ
   !      ./      リ V\  、  ヽ      ',
  リ     /__、__, ′、__>-ミヽ }、、     `     …これ以上戦えば
.. イ    イ テ====≦   ` 三二=ミ 入 `\
ミ、  -ィ.刋  "_む_〉 ) 〈 廴む__゙  { \    /    我が国の滅亡を招きかねない
、 ヾ==イ| .}    z'  .|  ; 、    |> 、`¨¨¨´ /
.ト、    Vハ      r }  〈      .ハ} }    イ     それだけは断じて避けなければならないのだ……
.ヽ\   ムハ  厂 ̄`ー ´ ̄ ヽ  .イ リム_   /
  ト ミzzzzイ  ノi   _.ィ入、    V |イ     . イ
  `丶   __| T  /    ヾ  {  |トー--イ/
    ゝ..__}.、 } イ `゙⌒゙゙´ }  〉ノ |  > ´
      /ル| ヾ、 .}       | ル!  |丁K
      .八| }  ヘ!      レ'  / |/}/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
13日1050時、会議の席上において賛成・反対それぞれの閣僚が各々意見を述べ、
それが終わったのち鈴木内閣の閣僚らは、天皇の判断を待った。

これに対して昭和天皇は後に宣された”詔書”と同意の内容を述べ、ここに日本の無条件降伏が確定したのであった。





420 : ◆4OQ2y8t9EE:2014/02/02(日) 20:57:28 ID:qs19jfLc0





                   ______
                  /:::::::::::::::::::::::::::ヾヽ
                  i:::::::://///⌒⌒;:::::|
                     |::::::/ ::////   i::::ノ    明日正午より
                  |:::/ ヘ    ヘ |::|
                 ,⊥|-(=・)-(・=)-|⊥    陛下直々の放送があるので
                 l  !:;  ⌒´⊃`⌒  ;:| l
                 .ゝ_.|   __    |ィ    全国民は必ず拝聴するように…
               __,. -‐ヘ  <二二>  /─- __
          _ -‐ ''"   / \     /!\    ゙̄ー- 、
         ハ       /   |ヽ ̄ ̄//  ヽ        ハ
         |  ヽ      く     ! .>ーく /     >      / !
           |   |     _>  レ'-、 r‐/   <_      /  !
          .∧   !    ヽ     | 厂L/     /     i  .∧
       / \  |     \   ∨  !    /      | / ハ
       ハ   ヽ |      ヽ    !  |   /      |   /ヽ
      /  \   |      ヽ.  | ./  /       |   // \
     /     \ |       \ ∨  /          | /- '    ヽ
     /, -──‐-ミ」        , ‐''二二⊃、       |/  / ̄ ̄`ヽ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
8月14日、東京中央放送局は、
「明日15日正午に重大な発表があるので、全国民はもれなく聞くように」と繰り返し発信した。

本土決戦に備えていた国民たちは、何事かと訝しんだが、
ともかく言われた通り、翌日の放送を待つこととした。





421 : ◆4OQ2y8t9EE:2014/02/02(日) 20:57:49 ID:qs19jfLc0





i    /    / |  \|/
|       /   \/        ┼┐
   /   / ,へ      _--    ││ l l                     (
\   /   Υ  -─  ̄              /              (´~
  ヽ    -‐  ̄                            (´⌒´"
.  |   ── ──── ─ ─── ‐‐ ‐         ゝ-'´⌒´ ( (,,,,,
  /    へ、                      (´⌒''´`´   (,,,,,´(⌒ヽ
/   ゝ   ヽ    ヘ                (´~' (´( (⌒` (´⌒´
  *\  \    ヾ        ヘ            ̄ ̄`ー─── ─- - ---
  ヾ *    \     ヽ        ヘ
l   \ △     \     ヽ           ヘ
|   、     .,へ             ヽ              丶
    t     Υ  \     \       丶
.|    ヽ     .,ゝ、          \     ゝへ、
.|     \   l   l  \       \  l   l
 |    \   ` ´ /\\       ヽヽ /
 |            | / |\\         丶     /\ /\
 |      \    \|/  |  \         /  /\  \
 |       \   ヾ \ /     \       |    |   |   |
  |        \      `´         \     \   !         !






                  >              |_|    /
          >        <                |_|   <
        <           >               |_|  /
          _______________|_|__
          | 【-i工!-------】       , -┬- 、   |
          |┌┬┬┬┬┬┬┐   /\ | ,/ ヽ;' |
      _「 ̄  |├┼┼┼┼┼┼┤   /ヽ/´ ̄`ヽ<'i   |   ジジ……
          |├┼┼┼┼┼┼┤   |,-l【121Ghz】l┤::| ̄Z_
          |├┼┼┼┼┼┼┤   ヽ,ゝ___X/  |
          |└┴┴┴┴┴┴┘     `ー--┴ ‐'    .|
          ┴───────────────‐ー┴ \l\

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
──1945(昭和20)年8月15日。
空は晴れ渡り、夏特有の、抜けるような青空が広がっていた。

正午になり、ラジオから玉音放送が流れ出した。





422 : ◆4OQ2y8t9EE:2014/02/02(日) 20:58:18 ID:qs19jfLc0





      γ   ,z=ミ " ⌒ヽ./              /イ
       /   〃 /  r=ミ! / /              } .|
       }     /  f  V ./               {
      ノ       リ   ∨ / 、           ./!
   _. <       /_.    ∨  丶         / /    朕深く、世界の大勢と、帝国の現状とに鑑み
   ヾx      >彡=ミ、_j ヾミ---ー 三>---<  /
    \`ー--< ,}  ミ=≠  :i  ミ=≠  }     /ア      非常の措置を以って時局を収拾せんと欲し
     .ト、_ イ/}.       :|       ドー-=≠ /
      ヽ   .|イハ    }_   _,     ,.ィ ハ___/      ここに、忠良なる汝臣民に告ぐ
       \   从{   z"^⌒ ー ⌒^"x f }イ   /
        `¨¨ヲィ }  }  , v≠z、_  { .爪ミー''"
         . イレ |.、.〈 /  zzx  }  }_ノ } ハ
      . イ:.:/: :|‘| `}.〈      } ./   }イ: :`ト、
   _ ィ´:.:.:.:.:/: : :| !  ⌒:、    厂   //: : : :l:.:.:>x
‐:.´:.:.:./:.:.:.:.:.:.′: : l l    `¨¨¨´    //: : : : : l:.:.:.:.:.:.:.>- ._
:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:. l: : : : :l l              //: : : : : : :l:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.




   /     {、/_  -ミ、              ム
   .′      テ     .}ト              ヽ
   !      ./      リ V\  、  ヽ      ',
  リ     /__、__, ′、__>-ミヽ }、、     `
.. イ    イ テ====≦   ` 三二=ミ 入 `\         朕は帝国政府をして、米英支蘇四国に対し、
ミ、  -ィ.刋  "_む_〉 ) 〈 廴む__゙  { \    /
、 ヾ==イ| .}    z'  .|  ; 、    |> 、`¨¨¨´ /     その共同宣言を受諾する旨通告せしめたり
.ト、    Vハ      r }  〈      .ハ} }    イ
.ヽ\   ムハ  厂 ̄`ー ´ ̄ ヽ  .イ リム_   /
  ト ミzzzzイ  ノi   _.ィ入、    V |イ     . イ
  `丶   __| T  /    ヾ  {  |トー--イ/
    ゝ..__}.、 } イ `゙⌒゙゙´ }  〉ノ |  > ´
      /ル| ヾ、 .}       | ル!  |丁K
      .八| }  ヘ!      レ'  / |/}/





423 : ◆4OQ2y8t9EE:2014/02/02(日) 20:58:38 ID:qs19jfLc0





            ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
            ┃ そもそも帝国臣民の康寧を図り、万邦共栄の楽しみを共にするは ┃
            ┃ 皇祖皇宗の遺範にして、朕の眷々おかざる所                ┃
            ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━

                             __|_|!__
                            =j三l。=
                             [エl工lエl] +-+=ゥ "  ̄ ̄ ̄ ,. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `!――+
                           __ojrュ| r' |! 、,. ''´       /           ,'`i}=‐―+
                               : : l _ j l |/       ,. '              ,'r-'、___
                              : : l__|___!ノ         , '           /_ユ!/ ̄
                                :y'‐、7´         , '            /_t+」
                          y'‐、/       /            __/ r‐ュ' :; :,.',.
                               l二:/       /          /,r''r'‐x/ ,.,. .,;:;'.,..
                               `/______',,'/______/ _"_ r'‐xコ ,.ノ ''
                            .;' : .ri「:r…ュ:::r…ュ::::r…ュ::::7r'´|  '-ァ」ニj二l ! ;:;: .,,.;:
                          r' :: ャ|r‐、.r--l三i--ゥ‐ュ‐:::/r' ___l__/_/ /  |ッ'''´ :,.;;
                             :, ,:;;:, .:;::|l、:||:::::::||::||:::::||: ||:::/r'  /' /_/   ,/′r;;ノ
                              .:: ; jL::|Lr_rgュlr:、|l_,jj/r'_,. .-‐''''´  ,/´ノ . .. :::;;
                              r'::;:\   `´ヮ`'              _,/´ : : : : :,.;;''
                            '',. ┐ .,''rヽ!  |         ,.r''ソ_r'''⌒`'-''"
                    ,.-、-、、、     / : |  ``´ヽ  |        ,.r''`'´ : : : : : : : :
             _,. -'..-、l!_,l_l_l_>、_/   i |    r::::', |   ,. ‐、'⌒''" : : : : : : : : : ,.,.,.::;:;'、
            /´⌒'::,::::ヽ :       _,二ニ== `ヾミ!ソ'''´ ヾミ'´ヾ,,_;;;r-::;:,:,..,.'''
 r―――――― {::(´ ,)::l:::::::! : _,. -‐ ー'────―── 、
  `'''' ――--- .ヽ..ニ; ';::;:;:;ノ__''__-_-__ェァ___,,,,,,. . ----―'′
             ` ´´ (__)__,,,...)

__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━





424 : ◆4OQ2y8t9EE:2014/02/02(日) 20:58:58 ID:qs19jfLc0





                 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                 ┃ 先に米英二国に宣戦せる所以もまた           ┃
                 ┃ 実に帝国の自存と、東亜の安定とを庶幾するに出で ┃
                 ┃ 他国の主権を排し、領土を侵すが如きは        ┃
                 ┃ もとより朕が志にあらず                       ┃
                 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━

                       _______
                   ,.イ゙;:;:;:;:;:;:;:;:~∨
                 /;:;:;:;:.≦ ̄ ̄ ̄|__ァ彳 ̄\
                 .|:;:/.....:;:.,ィ゙マ| ̄∨イ/;!/;:;:「
                 `'.;:;:ィ。)   //;:;:/;:;:;:;:.;::\
                 ./ィノ_.'" ,ィニヾ/;:;:;:;:∠;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:.\
                   `.、.<゙イ゙/-'">マ;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:.\
                   ,..、`''゙~;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\
             ,,___,-' ̄「ヽ ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\
        ,,.-‐'' ̄;:;:;:;:;:;:;:;:;:丶ヾ;:\;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_ュ=─-;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:.\
、__ェュニィーニ゛\;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_ョ=-┬‐< ̄;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/ \
丶-、二___ュ__ ィヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,_,,.-‐''" ̄   {;:\/ ̄]─‐--=三__z.ィ'   /
         \_冫ェ=゛ ̄          \;:゙ ̄;:≧ョE__/    )    {
                            >┐  /|      \   ∨
                              / ゙̄゛イ ゙゛ ̄ ̄ ̄ ̄「\  ∨
                           __/;:;:;:;:;:;:.|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\ ∨
                      _,.-‐''" ̄;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:∨;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:\,′

__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━





425 : ◆4OQ2y8t9EE:2014/02/02(日) 20:59:20 ID:qs19jfLc0





                 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                 ┃ 然るに交戦己に四歳を閲(けみ)し、朕が陸海将兵の勇戦 ┃
                 ┃ 朕が百僚有司の励精、朕が一億衆庶の奉公         ┃
                 ┃ 各々最善を尽くせるに拘らず、戦局必ずしも好転せず    ┃
                 ┃ 世界の大勢また我に利あらず                       ┃
                 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━

                                                 ,.    /~\
                                               , '.    /..:... :'|
                                              ,. '′    /.. ......: |
                         l` ' '' ' ‐ - 、 、, ,.        ,. '′      /    : |
                         |        ()  ,_  `l   ,. '.        /     :':|
      ,..                  ,_|r=_-、ー_--_|、〆Fiヽ、|_ ;r''′         /     ;..:|
    _、" 、         , -`,      /i/|~/冫lヽLヽLヽ^ー"_r',;:~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`; ̄`~`゛`' ー-y、:L、_
   ,.', ´゛ 、、      , '`"    _,r-‐"^´|ヾ~/|~lL|L|_,l__},/,.;:'       , '`" . . . . . . . . . . . (仁三二ニニ' '' '=ー-
  ',′´´,;゛ ,;、  _,__,;',",_   ,_r';く,   ,. -'`゙'"´ ̄ ̄      .. . . . _,,.;-;- 、,、、.. . . . . . . . . . . : : :;;li)
`~`゙ '`' 'ー ‐ - ,r'〔 `   ヽ``/L〃_il、''′コ コ:.           __,r'〔"  ,r‐ ´⌒゛~`ヽ 、_,_,,._ , 、、:;/-ー ‐ー '' '' 'ニ"^~´ ̄
゛`' '‐-、-_、_、,_/ヽ、_` ヾ   〈{」》=}=_l|;;..          /~; ̄ ,{ ,r'‐ ヾ   (_ ̄__ _ ., ; - ーー ― ,_ ニニ ー‐'' "^~´
       ~`l く )) 、_,;l_  ヾ_メ、,r' '' : : . . . . . . . . .......,:'ヽ二ニニl_{く )),}‐-}- `ー--ーーr‐'' '' ' "^~´ ̄
         、 ー" ノ    ̄  ゛,'‐、.、_               、 ー;,"  ノ      _ , '
       , ; ' ゙ ''ー"-、-ー‐''"´   |` ゙ ' '' ' ‐‐ー‐ー ‐ー‐ー'ー ;'"゙' 、、、;,.;'_ __ ,,. .-ー''"´
    , ; ' `"      、`_、 ,     」             , `      、、`、 _、
   ," ´   ,"      ,   ゙                ,. ",´   ,;     ゙、   ;,゛ 、
   、゛、_´ ,./       、   、;,゛ 、             ゛、_´ _,. 、      、、   、; ,`
    `  ''        、、; _,;'、; `               ` - '"       、_ ,-,

__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━





426 : ◆4OQ2y8t9EE:2014/02/02(日) 20:59:40 ID:qs19jfLc0





__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━

                                   ,ー
                                    ,r'  ::::`,
                                   (   ::::i_
                                    ト  ..:::::::}-、
..,.,.,.,.,.,,,.......,,.,.,.,.,,,,,,,,,,....................,,..,.,.,.,.,,,,,,,,.....................................j  .:: .::: .::⌒)
    ..,,.,.,.,.,,,....    ┼    ...,.,..,,,.,,,,,.    ,.,.,.,.,,,.,r'⌒`:::.__..::.   .::´ ̄`)
 ..,.,.,.,.. ______, | ___       .....,.,.,..,,,....,.,.,- _)  :::r: : :.ヾゝ⌒'r:: :ノ
――=ヽ, __;:o__ __;:_r'ュj__ ゙ '' -、,=―+    :.:.:;'(,  ::..:: :::!、  ..::::::.. ::Y
+―‐= ・ ,  __;:o_}';iェェェ{__;:o___"'- 、=―+  メ --ー´  ::  _:::;,ノ
;:;';':';i, .;"t_匸 i。 - 、.} !`ー'i ``     `゙''- 从"、 ;  --ー´'r-、_ノ´ . .
"`",,i: " 。 'i;i . _ニヽ, ' 冖    ゙   ヾ(( ;  ;"、; :、))/ `''  ,,    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
,,、 "` ,;.、 ! |’i¨ ・。 j`'',ーニ 、      ((;".  ;  ";.;")),   "    ┃ しかのみならず、敵は新たに残虐なる爆弾を使用して ┃
"'' ,,、;. :. i | l .  ・  ._ "'- 、   /((; ;";   .;"))ヽ 、''  ,,   ┃ しきりに無辜(むこ)を殺傷し、惨害の及ぶ所       ┃
"`",,、 "`iリ  ',° ,  ° ヽ辷j_ li "'- 、      ゙       "'- 、  ,, ┃ 真に測るべからざるに至る                   ┃
 ,,"'',,、., 'i`   'i !’ ,' 。 ヽ:,``丶、 li `"ー‐:―――――‐:‐―'   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
’  。 :|   .l ,' ′’ー、      丶、 i.,ー-|jヽ_,,r'''ュ riュ r'''ュ、  "'',,、
'',,、    、|     ,′イ,':, :.  "'- 、     "'''- .._ ' ̄  ー=' ̄.)   "``
       |    ,'  |    °  "'- 、       ッ~"'' ー‐-o‐.'"  ,,、 ,.
  ’.:, .ivi ,   , .|           o 、          γ´  "`,.,.、
` ・;:',、___!  !     , 」__          ・ `'"'- 、     i  ';
≦二=-j__,     ,、≧二弐ラュ,_ _  :;';ー-''"`ヽ"''-ー:'⌒ヾ'´`; "`",,、
   ´' ----__-ニ-==ニニ´ '',,、       "`",,、  "'',,、`''ヽ ´ ,,、 "'',,、
     ̄   ̄ ―  ̄

__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━





427 : ◆4OQ2y8t9EE:2014/02/02(日) 21:00:01 ID:qs19jfLc0





__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━

                                         ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
,.:,; ' ''.. .,;.'..:⌒`;,: .  ..;;.,  . .  :..: ........: .. .   . .. . . .. .... .... .. ..┃ しかもなお交戦を継続せんが           ┃
 ,,.;. ; :.,   .. .''... .. '   ..;,):.,,  :. .:.: .. . .   .: .... .. .. . ...    :. .  ┃ ついに我が民族の滅亡を招来するのみならず ┃
        ''  '.': ;,::. .  ..., ;)                      ┃ ひいて人類の文明をも破却すべし         ┃
 .''.:.:´⌒`.: .: ...    . ...,. . , (:::::::::::::::::::  ..  . .:.  . . .   . .. ..  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
.''':. .;;,'''.:;. .:;;: .'''.;, ,.:, ; '',,.,; '' . ):::::::::::ノノ . :.:.. ..  . . .. .. .. . . . .          .    .     .
'' ' '     ''   ''' ''    ((::::::::::::;)                  (:::::::::::::::::::   : .: ..,,;.,
. . . . .    .: ..  . .      )::::::ノ . . .    .: ....      .: ...:::⌒` ):::::::::::ノノ       '.':. .,.; ,..;,..
   .:.:.:..... .. .... .. .. . ...    ( :::::::::::) . .... .. .. . ...    :. .:.:.,,(    .: ((::::::::::::;) : .:,⌒` .: ..:.: .: ... .'';' .:.:.
                      (::::::(     (:::::::::::::::::::  (., .: ...'..::;,: .'''.)::::::ノ',..,;;::: ....::..;;,: .'''.;, .:;.... .. . ..
―ー――ー――ー―――ー  )::::ノ ―ー  ):::::::::::ノノ ――.―ー..  ( :::::::::::) ―.―:ーー.ー―..―ー―
━ .. .::: :..:.:.::.:: :: ...:..:::::.. . .:: .::: . . )ノ ::...:::.. ..((::::::::::::;):.. . .. .:.:::... ..::.:::. ::::. (::::::(.::::::. .:::..: :. .. . .::: :: : .....:::. . .
.. .. . ... .::::.. . . .:: : :.. . ... ━ :::.. ... .. .. )::::::ノ.. ..::. .. . .. . .. .::::: )::::ノ ... .::::: :... . .:::: .. ━
. .. ..     . .. ..     . .. ..    .: ....  ( :::::::::::) :.: . : .: ....  .. .. . ... )ノ    ... :. .:.: :. .  : .: ... . ...
... .. .. . .:.:.:. . .:.  :: .: ...    ... .. . . . . . (::::::( .: ....    .. . .: .... .. ━ . :. .: ..    .. .. . .: ..  ... .. .
.: .: ... .. ..  .:. :.. .. .. .. .: .: ...  . . :. :.: . .. .  . )::::ノ .. . . :. :.: . .. . . .. ... . . .  . . .:.:. . ... . . .. :..: :.:. . .
. .. ..     . .. . ━    . .. ..    .: ....  ... :.)ノ . :.: . : .: ....  .. .. . ...     ... :. .:.: :. .  : .: ... . ...
.: .: ... .. ..  .:. :.. .. .. .. .: .: ...  . . :. :.: . .. .  . ━ . .. . . :. :.: . .. . . .. ... . . .  . . .:.:. . ... . . .. :..: :.:. . .

__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━





428 : ◆4OQ2y8t9EE:2014/02/02(日) 21:00:22 ID:qs19jfLc0





            ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
            ┃ かくの如くむば、朕何を以ってか億兆の赤子を保し           ┃
            ┃ 皇祖皇宗の神霊に謝せんや                           ┃
            ┃ これ朕が帝国政府をして、共同宣言に応ぜしむるに至れる所以なり ┃
            ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━

                                              γ⌒`ヽ,
              ii                                      / ├   l
     ii         ||    _____                        /   │  ...l
     ii _,......,,,_   .|| , イ/|‐┼‐┼‐┬┼ () _,v,,..ェ;-            _,. ノ´   ├  .「 l
     ii .r‐ '=t''"""  ̄ ̄L⊥__⊥_,⊥⊥/_允ク ̄`~"`'' ―-― ''_"´__     └i  l .l
    ,.ii,_|   .E|  I    ,.. -――-- 、              _∧_     ‐=====- ̄}
   (、 ,l_|   .E|  I ―フ -=====-ヾ、\、            (> <)         __,,,..ノ
    .`ii .|  ゅ.|    ,./        \:::..\¬―――-,,ァ_,,..^±-――¬ ̄ ̄^'ヾ◎
     ii ゝ-±⊥___(´ヽ--______\::::...,>-―¬' ´ ̄
     ii       ┗━━(━━  >[_]
     ii             ̄ ̄ ̄


                    `     '
                      、   ノヾ     '
                      )ヽ/  ヽ、ノ|ノ´
――---―z_------- ―== ニ ニ二       二ニ ニ ==――---―z______
                       )     (
                     , '´⌒`Y´⌒` 、
                          ,     \


             i
           ―┼o‐
         ,' ,' tji/j_
         ,'_,'__riニiェェェi!                     ,
        ,:'_,:'__,,〕ニlニij_|_      ___________l|_______
        `""t_ニニr'" 、_、、匕辷,―,.,――――――‐l|――‐,.,ー_,-"`ー'
        _,,ー-|r゚-ュ、!、-`迂ー┘" ', .';'; :::::::::::::::::::::::::::::::l| ::::::::://ー'}jニ="
        }--ヽ,、ヽ,、辷{ニ|: : `iニiニi_; ',  ';';::::::::::::_,,:rっ';‐´O‐';-'、;_ji"
       ,辷{ニニj_´,ィ,_jェ、j: : : {ニj_i_,,.. .-、‐';'""、.,   --―;――-;'~´;
 ‐┼―┼干ヘ,_|_,,.j二,:-―:、;```゙''ー`゙'';';'` `ヾ;゙``ヾ`ゞ、、., .,、 ,:'´ : :;'´゙;'´
...,.,.,,,.. ̄ ̄}_二、}__,,..:i:ヽ:.:.ヾ;` : :`゙;、 ヾ  `゙;、: :. :、.,,.ン`ヾ、.: `;': : ;'_,.,´,ノ,´..,.,.,,,...,.
;::;;:;;:;:;;;:;:;:;::;:;:;.ヽ_:ヽ__,,..-‐ゞ`  ':,,:.:.. . , -'"``ヾ . : . : . . .` 、:, -'´_,,.-‐''",.;:;::;:;:;:;;:::
~""''';';ー-;:'ー:;'';'`'ー '"~:... .`ヾ..,,_,:-ー'' ''" ,,""`'',,、  `"`,,、 "`,,.,.、´"''´`''  ""''
、,;_;'`;,,、_,..;;、-,`、ー;:,''ー'';:''゜"´´''" ,,"""'',,、  "`",,、 "`,,.,.、`''""'   '´`''""''  "
--ー''''~~_,,-ー'~- ' '´'゛゛''" ,,"""'',,、  "`",,、 "`,,.,.、`''""    '''""''""    ''´`''

__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━





429 : ◆4OQ2y8t9EE:2014/02/02(日) 21:00:43 ID:qs19jfLc0





__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━

. ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ .. .   . ... . . ....  . .  .. .
┃ 朕は帝国と共に、終始東亜の解放に協力せる諸盟邦に対し ┃ .. . . . .. .. ..:. ... . .. .. . .
┃ 遺憾の意を表せざるを得ず                     ┃
,.: ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ ..  ... .    .. .. .  .  .
  ,,.;. ; :.,   .. .''... .. '   ..;,):.,,  :. .:.: .. . .   .: .... .. .. . ...    :. . : .  .: . .. .:.. . .. .. .... . .. .. . .
        ''  '.': ;,::. .  ..., ;)
 .''.:.:´⌒`.: .: ...    . ...,. . ,;  . .. .. . ...  ..  . .:.  . . .   . .. ..   . . :.  . .    .   .  .
.''':. .;;,'''.:;. .:;;: .'''.;, ,.:, ; '',,.,; '' .  . :.  .. . :.:.. ..  . . .. .. .. . . . .          .    .     .
'' ' '     ''   ''' ''                            .:: ..'...:⌒`  : .: ..,,;.,
. . . . .    .: ..  . .      -・- .-・- -・- -・- .. -・- -・- .: ...:::⌒` ''           '.':. .,.; ,..;,..
   .:.:.:..... .. .... .. .. . ...    :. .:.:.::.....-・- . -・- .. -・- -・- :.,,(    .: .....:   ...:.: .:,⌒` .: ..:.: .: ... .'';' .:.:.
                     -・- -・- -・- -・- -・- .: ...'..::;,: .'''.;, .:; .''',..,;;::: ....::..;;,: .'''.;, .:;.... .. . ..
―ー――ー――ー―――ーーー――ー――ーー―――.―ー..―――.ー―.―:ーー.ー―..―ー―
  ... .. .::: :..:.:.::.:: :: ...:..:::::.. . .:: .::: . -・- : -・- .-・- : -・- . -・- .-・- ... ..::.:::. ::::. : .:::. .::::::. .:::..: :. .. . .::: :: : .....:::. . .
.. .. . ... .::::.. . . .:: : :.. . ... ::: :::.. ... .. .. . ... ... ..::. .. . .. ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. .. ..     . .. ..     . .. ..    .: ....  ... :. .: . :.: . : .: ..┃ 帝国臣民にして、戦陣に死し、職域に殉じ、非命に倒れたる者  ┃
... .. .. . .:.:.:. . .:.  :: .: ...    ... .. . . . . .     .: ....    . ┃ 及びその遺族に想いを致せば、五内(ごない)為に裂く       ┃
                                     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━





430 : ◆4OQ2y8t9EE:2014/02/02(日) 21:01:04 ID:qs19jfLc0





         ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         ┃ 且つ戦傷を負い、災禍を被り、家業を失いたる者の厚生に至りては ┃
         ┃ 朕の深く軫念(しんねん)する所なり                       ┃
         ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━

.:.:.:.:::... . . . .
                              ヽ.(,.(⌒;);,⌒ヽ /
             __,rュ、,__/^j:. . . .       (,.(,;( ; ,.)'.'.;';.'.)'';,ノ
            i!{_j,,_r―:、,_,,...ー'          ,.,(;,  ;:;',.'.)'',',;,.'.ノ´.,
                ̄ ̄              /'ー''' '' ヾ
      __,rュ、,__/^j                   ノ
     i!{_j,,_r―:、,_,,...ー'.:.:::... .. :.: :. . . .         γ
         ̄ ̄                    ノ
 .: .:...:.:.:.:.:.........:.:.:.:::... . . . . .       .: .:...:.:.:......:.:.:.:::... . . . .

                           .: .:...:.:.:.:.:.........:.:.:.:::... .. :.: :. . . .
                        ___________
                      _/ / j┼┼┼┼┼┤     _`""''' ‐-'
        _______,,...-‐i ''i""~i!i`ヽー ┴┴┴┴┴┘ー /´ ̄ ̄ ̄``丶、
           , -'"|::|┼─┼┤  |i!.rー―――‐,ー――,,/  ‐===‐
         ―( : |::|┼─┼┤ ,,,i!l | :   i ‐|  :   `''ー- ,,,______
             ヽ、|::|‐- ...i,,_j (,_..:i!| :   i ‐|  :   :      :  ノ
             ~ 'ー ..,,,_    '|i!゙l :   i ‐|  :   :     _,,..‐''
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━





431 : ◆4OQ2y8t9EE:2014/02/02(日) 21:01:25 ID:qs19jfLc0





__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ ,,、
┃ 思うに今後、帝国の受くべき苦難はもとより尋常にあらず  ┃ `
┃ 汝臣民の衷情も朕よくこれを知る                 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛     ,r'`
     ´`,.;  `、, ,'           ,、, ,'                   ' ,´
                              +            ,、
        ,                      ,;|,};=n、         '"
       '_,`                     ,,:;|r'-ー}
、、      ,.r-ーーt '' 'ニ ^ "二"" ""´ "~"~"~ ̄ ̄~ーf~^ ̄ ~`,;;''" ^` ''' ー;‐;-,,- .、 、.、.,. _
~ゞ,ヾー、、 /____       '―'"                  ,;:      '::::::::;:         ̄^~/
゙'' ‐-、ー ;,^v-|IXl「 ̄~Tt7t7t7ff=r_y''ー=r_y=r_yーtー---、-r_t==r_t=ー―rー'ーー‐――、,ー―,ー'
,;:,,,;- 、、_;,-;``゙'' ‐-,、、.,--ーーーー[------「----「;:::,{rョョョッ7'´‘ー'I I゛ー'^”~~ ̄}}____/ |I-┴^ニフ
,r;(   _゙'',、、~^''"" "゛"' ゙'' ‐''-,,.,.;;、-,,、、.;;-,;-;,_;_;:-;-,、-,,、、.,.;;、-,,、、.;;-,;-;,_;_;:-;;;,,、、..;;、-,、-ー;:,ー,,;'y;'´
_, ;:\ (::::::::: `ァ,、.--ー''''~~_,,-ー'~,. - ' '′'"" ~" "" "''"'''' '"" ''""" "´,,     "´ ;:
   \ ̄ヽ::::::::) ゙'-.、                /
     \ ,iヘ、    .゙'‐、             /                ,´,'`、、.、.,.
      `yヾ \     ゙''‐、.        ,_,.ィ=<~'^ヽ、     ,r'ゝ   ,. '′ ,´,'
      ;<::: \;:.\     ゙''‐、_   ,ィ=ュ、~>"i!| },ヾ`i     ヽ,ゞ    ``、,´"         ,
       `ヽ::::\:::.\ ,r:、 _, -;;>-r=、,r'i~ i|,r'}  }, iI }                       `、´,'
          \::::\:::,7 :! i, ';;;;;;;;;;;,r'´ヽ、} ,i!,r'   ;7 ,/    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 . ,, 、,_       \:,,:y' i !;;;;;;;,. '"   ^     ,.;'/     ┃ 然れども朕は時運の赴く所、堪え難きを堪え          ┃
(`  、.``` ' - 、.、., `;/. ; `ー'"    ,yiヽ    `゙''‐、.、   ┃ 忍び難きを忍び、以って万世の為に太平を開かんと欲す ┃
 ゙''‐、_  ` - 、,  ~^/.  :  ,.-'    ':`kノ ,.'' /   ",r''‐>-、┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
    `゙''‐、._     /   :i,. '' _'く、  ,r' ,.::,'',/   ,/     ``''ー-.、,_
        `゙'' -、y' ,   ,_  ゛^<~゙`''`-'、_ ー-,r'='-、、,        ``'ー-、,,_
           /_,,ゝy、 ` 、   `' 、_   `''-r'";:::::::::...`゛:゛`:''‐-、.、__、  (::::::゙'、;‐,.、
           `6r'´ ゙`''-.、;'`    `-.、  "-,、.、_:,:::::::::::::::....... ..:;/  :::::::::::::::ノ  `ヽ
                  `゙''-.、  ,_  ヽ       ``^'' ‐- :、;、:,_/^``'''‐ -:、、.__,  _,ノ
                     ゙''-'、_ヽ ,ノ                      `~´
                        ~^

__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━





432 : ◆4OQ2y8t9EE:2014/02/02(日) 21:01:45 ID:qs19jfLc0





        ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        ┃ 朕はここに国体を護持し得て、忠良なる汝臣民の赤誠に信倚(しんい)し  ┃
        ┃ 常に汝臣民と共に在り                                 ┃
        ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━

             、  、、 、
           ト、 l \__ゝヽヽ/l,
           ゝ、` `  ` ´ ' 'ヽ イ
        -=二_`         レ'〃!
        / ̄           ノ‐- _
        ''7 ,              ヽ ̄
       、=ニ   // /         、ヽ
       >`  l/ ,//   l      ヽ
       ´フ,  ,メ_1レ ,   l .l      フ
        レ'l/ハltテ! //, , ∨ヽ!ヽ、、 ニ‐
           l ノ`'l lミノモァ!   l、 `` ヘl
.           ',ゝ  `` ̄レフ/ l l ト、l
            、r- 、   ' r'´! lWミ`
             二` ==彡_.l !⌒ヽ
           /, '´:::::,: '´∠!  ! ̄、ヽ
           ヾヾ::::/<-‐y:l  lヽ、l. ',      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
           /〃'人/ヽl.l:::l  l::l ト.l l      ┃ もしそれ情の激する所、みだりに事端を滋(しげ)くし            ┃
           //<`ノ: : : :/:::l   l// !l l      ┃ 或いは同胞排擠(どうほうはいさい)、互いに時局を乱り       ┃
          /' /)/: :rニノ::::::l  !ノ::l l l      ┃ 為に大道を誤り、信義を世界に失うが如きは、朕最もこれを戒む  ┃
          / ./ _爿: : l:::::::::::l  l`彡l /      ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
         / ハ(_ヽ: : l:::::::::::l  l彡ィl/
         / /  `iヽ : !::::::::/  lノノ:::ll
        / / l  l`ゝト:::::::/   l l::/!
        / /  !  ll  l l::::/   !リレイ、
       /./   !. !l ll ` '    !l∨トヽ
       レ    l  l l ll     lゞ/l y´
       !l     l  l レ.!     !:::/.l'
.       リ     ! l__∧    ハ:l l
       /        l /ヽ   ハ l. ノ
     <         ∨/ `ー-':::::ll /
      \        l/ l::::l l::::::::y
        \    -‐k' !:::l ゝ-イ
             、  、、 、

__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━





433 : ◆4OQ2y8t9EE:2014/02/02(日) 21:02:06 ID:qs19jfLc0





__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━

          :::;:;:::;:::;::::.   ,--、 ri            :::;:::;:::::;:::  ::::;::::;      ;;;,,,,''''..::::
           :::::;:::;:::;;:::: (ニにニニニ⊃   _Å_   |    ..::;;::   :::;;::    ..;;:';';'  ::;;:;:,:::
          ::';::;;'':::;;::::::       「IIIIIIII {´Y´ } 「IIIIIIIIl   ''',,,;;:::   ::: ;;';';';';';; ....,,,'''
         ..::;;::::::;;'::::;:''::      [ニ==ニニロ ロ )ー---r_j ::::;::: ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        ;:::;::::;:::::;:;;:;::;;:::     ヒ__n_rjェェェェユテ ̄     ;:┃ 宜しく挙国一家子孫相伝え、固く神州の不滅を信じ      ┃
        ;::::;;;;::;:;::'::;';::;:::        ヒ>-----=ユニ=-----  ┃ 任重くして道遠きを思い、総力を将来の建設に傾け     ┃
        ::::;:::::;::;;:::::;::::;:::.       ヒゝレ'_'_'_'_' リヲ_________/..: ┃ 道義を篤くし、志操を固くして、誓って国体の精華を発揚し ┃
        ;:::::;::':i::::__ュ::rm_:_     r‐iヒ|/|n_ : ヲ\  /   ┃ 世界の進運に遅れざらんことを期すべし            ┃
        ;::::::::::{´ ヽ⌒\ *`ー‐‐‐' =jハ r ュ-子)  /  :::;;:: ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
       ,:;::::;::::::'`:::ー::-..-..-.‐=-‐‐‐‐'、yェェェェェヲ二フ  ::::;;::::::;::::::;;';';';';';   ::::            r‐ュ
         :::::;;:::::::;::::;::、 、::::;:::;::;:    /こii二二二jrU)ト、:::::;::;::;;::::;;;;::;;:';';';';';ii r-ュー-≦多三ヲハー─--/  [|
        :::;:::::;:::;:::::;::\ 、::;::::.    `ヽ「「ヽレ i)アヽ ノノ-;; ''''':::::;;:;:;:;:;:;:;::;;{|  j  レー---、_ (★)   __ノ
        :;:、ー、、ー、::::::\ 、:;:.   ..::/ /|\ 「_-_ト、 ::;;;;:::;:::::;;:::;;;';';';';';';jヽ--、_[|__,、_ノ-‐─ ─ '´
      ;:::::;::;:'::;:'`ー、_ `ー、、:\ 、v/r=に)ー‐‐----‐ァ=====-、_, :::::;;::';';';';';';';';::::::;::     ,';';:;;
    ー::-::、::_:::::;:::;::;:::`ー、 ー、_ー、>;;;;-、_ノ___r巡_ノ≡三彡巡// ;';';';';';';:;;:;;:;:::::;;::::;:   ';';';';
   ー::-::、::_ `ー:-:、:_:::;:::;:`ー<ヽ ';;;;;;;;)ノ ー、-    ``ー-、三ンュ∠_////  :::;;:::;:::: ::;:;';';';';'; ::;:;;:
    _ , -、__`_ー、`ー、_` ァー,-、=---‐‐‐ェ‐‐‐---、_____Lコニニj巡、---=彳__:::;;:::::;: :::;;:::;  ,..,.,,
r '´ッ´....(*) .... ッ`ー-、_,、`;;;;;ノ;;/ ヽ   H    r ‐‐,-i-、} 仁ヽ-ィ'ニ巡v-イ巛=ー、    :::;;:::;;
ゝ_         ,、_ `ー-、_,_,_,_,          L '-'-'-《ィ'巡ニ巡ヒ三二三ヲ 刀 リ:::;;:::;;;::;
  '´ヽ,     ´  ァ        ``ー ‐ - - - - - - -jニュ- - ‐ ' ´        :::;:::;;;;;::
:::;:::;:::::;:i 、 , ´                                  ...,,,:::;;;::; '''
';';';';';';';'{ Y                      ......,,,....,,....  ...,,,..;;;;;:::;:::;     ::;;:::;;
;:::;;::::;;:;;;;:;::;;;::;;;::;;::;;;;::;;::;;::::;;;;:;:;::;:;;;:;:::;;:;:;;:::::;;;;:......,,,::::::;;;,,,.....:::;;,,,,::::::.....,,,,;;;;::::,,...::::;;;,,::::;;;::
:::::::::;;;;;;;;::::::::::::::;:::;;::::;;:;;;;:::::::.......:;::;:;:;::;:;;;:;:::;;:;:;;:::::;;;;:......,,,::::::;;;,,,.....:::;;,,,,::::::.....,,,,;;;;::::,,...::::;;;,,::::;;;::

__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━





434 : ◆4OQ2y8t9EE:2014/02/02(日) 21:02:27 ID:qs19jfLc0





                           rー=≦¨¨  ̄ ¨  、
                        }⌒ヽ       、  `≧ー
                        _/ ' /r从 、'. ヽ     `¨7
                      { 、_ー= 、 \ ; _、从、_ _,イ 〉   ──汝臣民
                      乂、__,.ィ 「`tォ、}/イィォ 'ア }≧=-'
                      ≦=/〈 ` ̄/:l 、 ̄´ 〈-_.ィ     それよく朕が意を体せよ
                       ー={、l `,--〈 ,..:--、 イ }イ/
                           从_| { i ,---- 、i } ;イ=イ
                        {/ |Ⅵ l | ー  |l | イ、「
                          l从| 从{、___,从' l|从
                            /|从  :.    ,  /: ト、
                      __.....:::::/:::|: : \ :.   , /: :/:l|:::::\、__
        ,...............:::―::::::::::::::::::::/:::::/:::::{,: : : : \ / : : / : |:::::|:::::::::::::::::::::::::::―:::::..........__
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::∧: : : : / : : : / : : |:::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
      /:::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:::::::::{: : :、: :/ : : : : / : : : |:::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::ヽ
      ,::::,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{:::::::::| : : ∨ : : : : / : : : : !:::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::
     /::/:::::::::::::::::::::::::::/   ,::::::::::::|:::::::::| : : / : : : : /: : : : :...|:::::|::::::::::::::,. ⌒ ヽ:::::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::
.     /:::,::::::::::::::::::::::::::::::{    }::::::::::::|:::::::::| : / : : : : /: : : : : :...|:::::|:::::::::::::{     }:::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::
    /:::/:::::::::::::::::::::::::::::::::、__ノ ::::::::: |:::::::::|: ,' : : : : /: : : : : : : :|:::::|:::::::::::::乂__ノ:::::::::::::::::::::::,::::::::::::::::::





435 : ◆4OQ2y8t9EE:2014/02/02(日) 21:02:48 ID:qs19jfLc0





                   ゞ、ノノ
                冫´;;;;;;;;;;;;;;ヽ
           , ・ ' テ=、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ト-'  うっ…うぅ……
          /: : :./.: : : :. ̄ ̄⌒ヽ从
        /: : :./: : : : : : : : /: : : ::
       /: : :./: : : : : : : : /: : : : : :.|
     /: : :./ : : : : : : : : : {.: : : : :. :. :.|
     / <ナ 、.: : : :. :. :. :.\>-‐ 、: : : |
    ./: : :./ ̄: : : : : : : : : : : :〉   |.: : :.|
   /: : :.∧: : : : : : : : : : : : :/\   }: : : |
   ト─': :`─ 、_____/\./: : :./
  Y⌒): : :./⌒,、 : : : : : : : : : :ヽ: :∠ニニ/
   〉=ヘ: :/\/ l_,: :<二ニニ‐'、ニ_〉
  .l  ト'  //: :\,、二ニニ‐
   \人_,/  ̄ ̄ ̄




                  _,.. -‐―‐-- .. __
                /´   .      `ヽ 、
               / 、、: ヘ :::::::.....      \
              ./ ‐-_ヽ!:...__>;::;;;;;;;::::::::...._   \       f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
             /   /  \!´   \::::::::! ̄ ヽ、 ヽ,      | うああああああああ…
             `‐rt-'....,,,___」     \::!    .ソ_,ノ      乂_________ノ
               !:.\::::..  ヽ      >、:.、../_,、!、
     , --v‐- 、 _   ヽ::.ヽ::::..  `、    /  ニ,:',.':::::::(´
   , - ';;/::ノ.:::// l ̄`―`-:;;\::..  ヽ   /   /jヽ:::::::::::)-‐'チ、
 //.:::;ィ'":;∠;_/.:::!::::::.............  トr-;;_ `、 / ,.-=';`-- -‐ii'   ミ!ユ、
..:ヽ-'⌒/::;;-‐'´ └‐┴‐-----=;;:.ヽ;:::::..:;ノ::.::.ヽ;:::::::....... .. .oo!!_,,..-"-┘
     `┘             ´ ̄       ̄  ̄  ̄ ´

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
かくして1941(昭和16)年12月8日以来、3年8ヶ月余りに及んだ太平洋戦争は、
日本の無条件降伏を以って終結した。

軍民合わせて約230万人という膨大な数の犠牲者を出して、
ようやく日本は平和への道を歩み始めたのである。





436 : ◆4OQ2y8t9EE:2014/02/02(日) 21:03:09 ID:qs19jfLc0





         ◯                 _____
        //           ____/       \_________
        // |\_____/                    /
       // │                              /
       // │         ,. -─-  、              /
      //  │        /::::::::::::::::::::::::::\            /
      //  /       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、         /
     //  /        l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l          /
     //  /        l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l        │
    //  /          、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/        /
    //  /          \::::::::::::::::::::::::::/         /
   // /               ` ー-   -‐´            (
   //<                         _____>
  //  \__            ______/
  //       \________/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
その後日本はGHQの統治下に置かれ、長らくその主権を失っていたが、
1952(昭和27)年4月28日、ついに主権を回復。
焼け野原から高度経済成長を経て、69年──今日まで続く「日本国」として再出発するのであった。





437 : ◆4OQ2y8t9EE:2014/02/02(日) 21:03:30 ID:qs19jfLc0









                   ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ
                   Ν     _n_,、   .           _ n_             n n    Ν
                   Ν    └i rヘ〉           l リ r┐|              l」 l l    Ν
                   Ν    (才P_)           └1」 L」             rリ    Ν
                   ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ







.





関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加




[ 70261 ]

なんだこの終わり方
[ 2014/02/25 03:56 ] [ 編集 ]

[ 70265 ]

マンガで見たほうが早いなw
[ 2014/02/25 10:02 ] [ 編集 ]

[ 70266 ]

なんでこんな糞スレまとめたん?
[ 2014/02/25 10:24 ] [ 編集 ]

[ 70267 ]

作者の言葉通りなら、第一話の反応を見て
キャラを動かすのを止めたみたい。
その結果、単にAAに文章貼っ付けただけの
大味な作品になっちまったがな。
[ 2014/02/25 10:55 ] [ 編集 ]

[ 70269 ]

さくっと終わってくれてありがたい。
敷居低く読めて個人的には非常に助かった。
[ 2014/02/25 11:11 ] [ 編集 ]

[ 70270 ]

AAにしてやる価値のない面白みのない糞スレだったな
[ 2014/02/25 11:36 ] [ 編集 ]

[ 70271 ]

最後駆け足過ぎてナニコレ状態。
硫黄島・本土空襲・沖縄戦はある程度詳細にやって欲しかったし、触れられていないところだと日中戦争後半とかアッツ島・キスカ島関連とか明号作戦とかも…

ま、おおまかにサクッと流れを見ようとする分にはいいのかもしれんが。
[ 2014/02/25 11:55 ] [ 編集 ]

[ 70272 ]

右寄り戦争ブームに乗ってみました~って感じ。
[ 2014/02/25 12:25 ] [ 編集 ]

[ 70273 ]

いや本当、wiki流し読みして作ったような感じ
とは言ったものの1つの戦いでも真面目に作るとパート10超えるとか普通にありえるからなぁ
[ 2014/02/25 14:25 ] [ 編集 ]

[ 70274 ]

右寄りだったら大陸での快進撃載せるだろ、菊兵団とか
[ 2014/02/25 14:52 ] [ 編集 ]

[ 70275 ]

終戦工作ひとつにしてもスイスでの米英直接交渉とかポーランド亡命政府からのヤルタ会談情報のタレこみとか色々あるだろうに

まあこれから歴史物やる夫スレやりたい人の良い反面教師に出来るなこれは
[ 2014/02/25 15:27 ] [ 編集 ]

[ 70281 ]

歴史スレはハードルが高すぎるんだよね、いろんな意味で。
[ 2014/02/25 16:53 ] [ 編集 ]

[ 70282 ]

せめて、ミズーリでの降伏調印式くらいは触れようぜ。
まあ、お疲れ様でした。
[ 2014/02/25 17:07 ] [ 編集 ]

[ 70284 ]

完走したかったんだろうけど終わりのやっつけ感がなんとも・・・
やる夫スレとしては下の下
[ 2014/02/25 18:05 ] [ 編集 ]

[ 70285 ]

それでもエターされるよりはいいわ
どんなに面白くても途中で終わるとめちゃくちゃ萎える

この分野は全然知らないから、個人的にはいい窓口となってくれる作品だった
[ 2014/02/25 18:38 ] [ 編集 ]

[ 70287 ]

このスレってみゆき先生がやる夫達に映像つきで
近代史の授業やるって話だったよな
[ 2014/02/25 20:32 ] [ 編集 ]

[ 70290 ]

最後駆け足の展開って言うより手抜きだね
エターよりはマシだけど
[ 2014/02/25 22:23 ] [ 編集 ]

[ 70293 ]

お疲れ様でした
[ 2014/02/25 22:59 ] [ 編集 ]

[ 70297 ]

WW1の人が超密度だったからどうしても比較しちゃうな
[ 2014/02/25 23:34 ] [ 編集 ]

[ 70298 ]

やる夫が浅井家で出世するようですに比べればまだマシだと思う。
あっちは説得力が全編通して0だから
[ 2014/02/26 00:10 ] [ 編集 ]

[ 70302 ]

最後まで完走お疲れ様でした
簡素すぎるという点は仕方ないかもしれませんが
入り口としては良かったと思います

批判でなく中傷しかしない輩には「お前がやってみろや」
と言ってやればよいとも思います
[ 2014/02/26 03:13 ] [ 編集 ]

[ 70303 ]  

久しぶりの更新乙です

しかしホント、偉そうなヤツばっかや…
[ 2014/02/26 04:32 ] [ 編集 ]

[ 70304 ]

最初からこんな感じで淡々とやってりゃここまで批判もつかんかったと思うよ
ただ、最初に何年前の結論を元にしたんだ? 見たいなストーリー入れたからカチンと来る人間が多かったんだろうね
[ 2014/02/26 07:01 ] [ 編集 ]

[ 70306 ]

いや、最初からこんな感じだったら
「AAスレでやる必要あんの?」とか
言われてたと思う。せいぜいWebで
確認できる程度の情報しかないし。
完走した所は立派だけどね。
[ 2014/02/26 10:08 ] [ 編集 ]

[ 70307 ]

最初はみwikiさんの解説でやる夫達に説明するという
テンプレ的な歴史スレだったけど
内容が内容だけに粘着が大量に湧いて出て作者が尻込みしたっぽいのよね。
だからやっつけ仕事で片付けるような感じになったんじゃないかな。

作者も荒れるのは最初から分かってたみたいだけど、
実際にやってみると、想像以上に辛かったんだろうな。

エターにしなかったことは評価する。次回作に期待。




ところで去年完結したやる夫李登輝スレの作者が、次回作は3種類の候補があって、
モハメド・アリ、ヨーロッパ探訪記、戦後韓国史から選ぶって言ってたな。
個人的にはぜひ3つ目を選択して欲しいw
[ 2014/02/26 11:06 ] [ 編集 ]

[ 70325 ]

太平洋戦争を扱うだけで荒れやすいのに
一話からあれはアメリカにはめられて開戦させられた
みたいなこと言ってんだからそりゃ荒れない方が不思議だわな
[ 2014/02/26 21:26 ] [ 編集 ]

[ 70326 ]

まぁでもこういう媒体で改めて太平洋戦争を見直す意味では
悪くない作品だったかもしれん。
最近は偏った作品も多いからな、どうでもいいが個人的には
本土決戦やってたら泥沼化してベトナム状態になっただろうから
日本は勝ってたかもしれないという可能性もあるんですよね。
まぁそのかわり日本は焦土になって国民はほとんど死んで今の
ような発展した国にはなれなかっただろうけどな。
[ 2014/02/26 21:30 ] [ 編集 ]

[ 70330 ]

本土決戦は知れば知るほど徹底抗戦を叫んでた連中の脳天に鉛玉をシュゥゥゥゥゥト! したくなるからな。
火縄銃とか石弓とか。相手は近代軍隊なんですよ(白目)
しかもアメリカは本土決戦やるなら核で主要都市を全部更地にする気だったから勝ち目も無し……
[ 2014/02/26 22:13 ] [ 編集 ]

[ 70331 ]

※70307
戦後韓国史って、一応、ある種のタブーのようになってるからなあ

ヴィシー政権の官僚が戦後にEUの基礎を築いたとか、
ポーランドでは戦後もユダヤの抹殺政策に乗り気だったとか、
事実は事実としても、大きな声で言うのが許されない話題ってのはある

日本はヨーロッパのタブーに関しては部外者だからはっきり言及しても問題ないけど、
戦後韓国史となると・・・?
李登輝の人ならうまく料理してくれるとは思うけども
[ 2014/02/26 22:21 ] [ 編集 ]

[ 70332 ]

核の危険性がわかってなかった45年の段階だと
ベトナムみたいにはならずに主要都市に核爆弾落とされて終わりだった。ベトナムは時期がよかった。
[ 2014/02/26 22:21 ] [ 編集 ]

[ 70334 ]

戦後の韓国と言えば、
ここでまとめられてる日本国憲法スレがほぼ完結して
それで終わるかと思ったら新展開に突入して
今度は朝鮮戦争を扱うスレになってたんで期待してる。
[ 2014/02/26 23:28 ] [ 編集 ]

[ 70335 ]

まあ1話のままだったらデタラメを垂れ流すマイナス作品だった訳で、
それ以降の作る価値の特にない0点作品でも1話よりはマシだよね。
[ 2014/02/26 23:54 ] [ 編集 ]

[ 70339 ]

WW1のやつと比べてやるなよ
やっつけ感バリバリだけど
まあ完遂したようでお疲れ
[ 2014/02/27 01:32 ] [ 編集 ]

[ 70345 ]

本土決戦すればベトナムみたいに勝てるって思ってる人がいるみたいだけどソ連や中国といった大国が武器・資金面でべトナムを援助してたのに対して日本は決戦する時点で味方がまったくいないんだよなあ
[ 2014/02/27 13:39 ] [ 編集 ]

[ 70346 ]

粘着されたからとか言ってる奴いるけど、本スレ見る限り>>!を批判してるのは作品の出来と資料の問題にしか言及してない。
その辺りの批判が済んだらそれ以降全く批判者出てきてないし。
[ 2014/02/27 16:34 ] [ 編集 ]

[ 70361 ]

なんで最後までまとめないのかね。
ラストに作者の言い訳が入ってたからそれ入れておかんとなんてこういう構成になったのかわからんでしょ。
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/12973/1390169447/

まぁ、いずれにせよ何がいしたいのかわからん話だった
[ 2014/02/28 16:45 ] [ 編集 ]

[ 70376 ]

近代史は右と左がダンスを踊ってちっとも進まないなぁ
それでいて近代史をちゃんと教えろとか言ってるんだから始末に負えん
[ 2014/03/01 17:39 ] [ 編集 ]

[ 70388 ]

つまんなかったよ
こんなの見て太平洋戦争に興味持つ人間なんて出てこないよ
初心者向けには無駄に細かく、知ってる人には物足りない、物語や娯楽としての価値はゼロ

さらっとやるなら「艦これで学ぶ日本海軍」みたいに簡潔にやらないと

題材にされたものが可哀想すぎる。
歴史レイプっつーよりもネグレクト
[ 2014/03/02 18:42 ] [ 編集 ]

[ 70390 ]

批判する意見もわかるけれど選んだ題材がハードル高すぎたな
現代でも台湾史だと興味もつひと少ないのはやはり「自分の国」は違うんだね
そして終戦詔書がなに言っているのか70年後にはさっぱりわからないのが改めて面白い

作者さん&まとめお疲れ様でした 
[ 2014/03/02 19:56 ] [ 編集 ]

[ 70470 ]

お疲れ様でした。
艦これで興味もったけど難しすぎてさっぱりわからなかったのが
これのお陰でうっすら全体像が見えるようになったよ
[ 2014/03/06 02:24 ] [ 編集 ]

[ 71476 ]

最初の言説がまったくもってウソってわけではないが、その前の日本の外交ミスを説明しなかったらアメリカが悪い、しか学べない。
日本外交の問題点の指摘なくして太平洋戦争は語れないと思うんです。
[ 2014/04/03 18:42 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oyoguyaruo.blog72.fc2.com/tb.php/6248-b0a7d028


アクセスランキング アクセスランキング アクセスランキング