ブログパーツ 泳ぐやる夫シアター やる夫は赤い皇帝になるようです 第四十四話 破滅 前編


















やる夫は赤い皇帝になるようです 第四十四話 破滅 前編






           ||    ||
           ||    ||
          目    目

  ┃      .| ̄ ̄ ̄ ̄ | .      ┃
  ┗━┳┳  | ̄ ̄ ̄ ̄|, .━┳┳┛
      ┃┃   |_____,,|   ┃┃











35 :名無しのやる夫だお:2013/12/26(木) 21:01:04 ID:g4vWE1Q20



いつもの二人が粛清されとるwww


34 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:00:52 ID:0vsnIIrU0




   ――― 政治局会議室。


                               、 ☆
                           /  ヽ
                            \  |
                        /\ _,×
                                `




                           ¶¶
                     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|                    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




36 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:01:19 ID:0vsnIIrU0




                 ,  ´       `   、
             /              \
            /                \
              /                   ヽ
          /   /   / /           |  ∧
            '    l    / /,  -―    / /|  ∧
.           |   l |  |´/        ィ ,.l||| ∧
.           |   l |  K_  、―‐'´//|||| | トヽ
.           |    ヽ.|  | 沁tx、\‐ 彡 ´_/イ/||v|
.           |      \ V弋z^ヽヽ l  ィケアテへ,' ,' ハ|     右翼トロツキスト裁判の成功により、
.           |       ト\__,rッ={i≦ィ/`ソ./l/ ノ     我々は国内の右派とトロツキスト細胞に
.           || |   |   |  `      ゝ=/=イl//       甚大なる打撃を与えることに成功しました。
.           || |   |  |      ´/ /  {
.           リ |   | |  l、   ¨二 ` /  |        これは党と人民の偉大なる勝利であります。
          `ヽ  | |  |、> .   イ | | |
               /\| |  ヽ\ 厂\{ { | |
            /\ ヽ|、 l | 〈| |    \  | l.|
       _  ´     \ 丶N 八ト、    /lVl N
       /          \  ∧└、ヽ. ムト l /
.     /           ヽヘ ∧ l V 〉 ヽl' ー 、
.   /                 V∧ L..j∧ヘ    \

          内務人民委員 ニコライ・エジョフ





38 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:02:00 ID:0vsnIIrU0




               /::::::::::::::::::::::::_::::::::::::;xヘ:::::::::::::..、
               /::::::::::::::::;:::::::/::::::::/::::::::::!::::::::::::::ヽ
             /::::::::::::::::/::/:::::::::/::::::::::::::::}::::、:::: ヘ::::ヘ
             .i:::::::::::/::/;イ:::::::::/:::::::::::::::ノ::∧:::ヘ:::i::ヘ::::ヘ
             l:::::::::::l:::l/:::::::/:::::::::::::::; /::/ V::::l:::l::::l:::::::i
             |!:::::::::|:/:::/::::::::_:: - '´,.イ/   ヽ:|:::!:::|::::::::l
             |!:::::::l::!|::ムr‐'=z-x.._,ィイ ,.....z‐'''"リ!:j:::|::::::|l:|
             |ヘ:::::ヘ:V´、で妁ミくヽ  /´x'iチ妁'7'|:::/:::::リ |!    我々はトロツキスト、左派、右派の
             |:::ヘ::::::::ヘ ` ̄   ,レ勹i{,  ` ̄ノ ノ/::::::/./     反ソ分子との戦いに勝利を収めてきました。
             |:::::::ゝ、:::::ゝ、..ノ _ノ'   ! ヽ_  ...ィ///イ
             .!:::|:::|::::::|`ヽ     r /   `  /リ}:::/:::|      しかし、この勝利に浮かれ油断することなく、
             !::|:::|::::::ヘ      __ _      {//:|::|::|::|      間断ない新たなる攻勢にでることを提案いたします!
             |::|:::|::::::|_:ヽ     ´ ‐ `   .イ´|::|::|::|::|
             |::|:::|::::::|:|:::::|ヽ        イ:|:::::|::|::|::|::|      NKVDの捜査によれば、ソ連国内には
             .!:|:::|::::::|:|::r:t.._ ` 、__ イ  |、|_::ノイ:|::|::|      ポーランドのスパイが大量に潜伏していることが
              !:|::::::::::|:|::!:.:.:.:`¨:.:.:.:TT:::::¨´::|´:.:.:.:|::|::::::!      判明しております!
              |::!:::i::l::|::|:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|::|:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:|::|::::::|
              t::|:::!::!::!:V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|::|:.:.:.:.:.:.:ri:.:.:.:|::|:::::ノ
       __,.......-―::: ニゝ:|::|::|:::|:.`:.:.:.、:.:.:.:|::|:.:.:.:;r::::::ヽ:j::j:::/ ニ:_―-.......__
  __,.....‐:: ニ´-‐:.:.:.:. ̄:.:.:.:.:.:.:`ヽ、!::ヽ:.:.:`¨''=}:}:.:.´:.:.:.:.:.:.|/ <:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:.:.:.‐:`:::::‐-....





39 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:02:34 ID:0vsnIIrU0




             _ -―……―- _
.         .  ´          ` 、
.      /                \
..     /       /        、  ヽ        /ヽ、  /\   /\    /\
.      /        / //    /  ヽ ∧     /   \/   \/   \/   \/
    /         /'´/  /  /  . | ∨ ∧   .ノ
.    ′    .  //  /   /  | |  |   ',  ヽ     ポーランドは我々からベラルーシとウクライナの
    |   /  /  l'  /   // . // . /| ||    \    一部を強奪した憎むべき大敵!
    |  ' ' | | |//   // / ィ /| /┤ ||    /    この脅威を見過ごすことはできません!
    |//  | | |/ /∠、 彡 ´///∠イ l, V   /     ポーランドスパイに対する大規模な公開裁判を
    l//  / | | |/代汀ヘ≧='彡ィfjアノ/ .イv |  /      行うべきです!
    | l  / | ト l|`{  ̄   ´}__,_{ ̄イイ l| ,l |  ̄ ̄|_     /ヽ、  /\   /\    /
    | | ′| ∨ゝゝ    rソ⌒V` / イ|l|/   (ヽ、//\/   \/   \/   \/
    l || | ヘヘ\   ̄  - / イ /l/l/ノ     ヽ´ヽ、ヽ
    `l|| {   ヘヽ   ,. __¬/| | |/ ノ   (,ゝ、 \ ヽ l、
    | | |  ヘ ||ヽl> .   / |!||     ヽ、 ヽ、 | | ! l
    | | |   ∧∧ヘ \/  ̄l   | lヽ|       ヽ ヽ/  l | l
     ゝv∨  ∧ ヘヘ ∧  |   | | ト        〉  `ヽ  l/
     Vv V  ∧ トヽ{   |   | | /       /     ,!





40 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:03:03 ID:0vsnIIrU0




           /: : : : :/: : : : : ://: : : : : : : : : : : : :\
          ,' : : | : ': : : :///: : : _: : -―: : : : ヽ: ヽ\
             ': : : :|: :|: : : l´/: : : /: : : : : : :/ : : }: : :\
         / :l : : l: :l: : : l´ニニニ: :-: : : : :/: : :/ / : l: :
         /: :l: : : :ヽl: : : |二_:―――: : ´: : /: /: : :|: :
        /:/: l: : : : : ゝ: :l:|ヤッ≧==、―‐ァ:/: :イ : : /: :     すでに容疑者の目星はついております。
.        / / /: l : : : : : : ヽトト弐  jトヽ=彡'_ ,r≦メ: : / l: :
      /:イ / : |: : :l: : : : : : :ゝ-  -=テ¬元ソ/: ∨:/l /     同志やる夫、ご裁可をいただきたい。
.     |:l l: |:l: :|:l: : |: : : : : : : :\---‐ ⌒i{ 彡 : : /l///
.     l|l l: |:l: :| l: : | : : : : : : : ヽ ヽ、 、  冫メ --彳´/´      ご命令さえいただければ、ジノヴィエフやブハーリンのように
.     'リ l: |:l: :| l: : ヽ: : :ヽ: : : : :vl-`、、´/: : : : :l|
       _∧l」 -ゝ……―- 、: :i: :lリ` ィヽ : : : : : l l'\        ポーランドのスパイどもを殲滅してご覧に入れます!
    /. ´  ______`" ‐<lム: l : : : : l|:|
.   /l/  /         `  、 \>: : :/: :l.l:|
. / /  /                \ \/l //ノ'




                                    ___
                                  /     \
                                 /  _ノ '' 'ー \
                               /  ( ―)三(― ) \
                               |      (__人__)    |   ・・・・・・
                               \      ` ⌒´   /

                              書記長 やる夫・スターリン





41 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:03:22 ID:0vsnIIrU0




                              ______
                             r' ,v^v^v^v^v^il
   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ             l / ─  ─ |
  〈● ノ\   /\ ●〉           i~^'   (・)   ・ |)
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ            ヽr u   ⊂⊃   ヽ
    )    Y    (               .l  u    |    |
   /γ⌒     ⌒ヽ\         __,.r-‐人      3   ノ_
  /  |         |  ヽ       ノ   ! !  ゙ー‐------‐'"ハ ~^i
  |   ヽ__人__ノ   |        ヽ ! ヽ、_     _.ノ  i  \
  \     `ー'´     /       ヾV /              ! / .入

人民委員会議議長(首相)      運輸人民委員 ラーザリ・カガノーヴィチ
 ヴァチェスラフ・モロトフ



               / ̄ ̄\.                                .、___________
             /  \    \                ____          、>                 |
            .(●)(● )  u. |             /´       `\レ       >________   .|
            (__人__)  u   |            /_______  ヽ        ̄   .|./_   _\ |   |
            .(`⌒ ´     |            |ノ─ 、 ─ \  |  ヽ          | /  ヽ/  ヽ |  |
             {         |              |   ・|・     l_|    !.          | |   ・ | ・  |  V⌒i
             {      u. /            .,|     |    | Ul´⌒Y       ._  |.\  人__ノ   6 |
.             __\     /リ 厂`'‐- .._.        l/`ー ヘ ` ─  ′  ( |        \ ̄  ○    u    /
         / :  : :介ーz<__」// |: : : : : : :ヽ     l__            _ ノ- 、.       \     u    厂
          | : : : : ::〈 「`乂/  / 丿: : : : : : : |     (_/⌒ヽ_/⌒ //    l       ./  _____/
         | : : : : : /: | {::::} / `7: : : : : : : :│       ` ─┬─┬ /ヽ/    /|        ̄ ̄, -/へ/\/`- 、
.           | : : : 〈: :│ {::::l /. :/. : : : : : : : : |          |___| `  /\ / |         /./  ./op    i. \

        国防人民委員               レニングラード第一書記      外国貿易人民委員
           クリメント・ヴォロシーロフ           アンドレイ・ジダーノフ        アナスタス・ミコヤン





42 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:03:55 ID:0vsnIIrU0




      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (①)  (●)  \    ・・・無論、スパイは殲滅せねばならない。
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /





43 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:04:24 ID:0vsnIIrU0




         ___
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\       しかし、スパイとの闘争は浮かれた馬鹿騒ぎに転化されるべきではない。
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \      巷ではまぐれ当たりを期待してやみくもな粛清を実施している
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |      党機関もあるそうだが、これは敵を利するだけだろう。
  . \ ヽ           /      粛清はもっと確実な方法で遂行されるべきだ。



      /                \
.     /       /        、  ヽ
.      /        / //    /  ヽ ∧
    /         /'´/  /  /  . | ∨ ∧
.    ′    .  //  /   /  | |  |   ',
    |   /  /  l'  /   // . // . /| ||
    |  ' ' | | |//   // / ィ /| /┤ ||
    |//  | | |/ /∠、 彡 ´///∠イ l, V
    l//  / | | |/代汀ヘ≧='彡ィfjアノ/ .イv |     そ、それは・・・
    | l  / | ト l|`{  ̄ u  ´}__,_{ ̄イイ l| ,l |     すべて同志やる夫のおっしゃられるとおりです!
    | | ′| ∨ゝゝ    rソ⌒V` / イ|l|/
    l || | ヘヘ\   ̄  - / イ /l/l/ノ      もちろん我がNKVDはこのポーランドスパイに関しても
    `l|| {   ヘヽ U ,. __¬/| | |/ ノ        敵の中枢に正確な打撃を与えるため、
    | | |  ヘ ||ヽl> .   / |!||         慎重で確実な捜査を進めております!
    | | |   ∧∧ヘ \/  ̄l   | lヽ|
     ゝv∨  ∧ ヘヘ ∧  |   | | ト
     Vv V  ∧ トヽ{   |   | | /





44 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:04:47 ID:0vsnIIrU0




       _-―――- 、._
     ,-"´          \
    /              ヽ
    ./       ::::::::::::::::::::::::ヽ
   |      :::::::::::::::::::::::①:::ヽ     ならば焦る必要はない。
    l       :::::::::::::::::::::::::::::::::;l
   ` 、        (__人_) .;/      時期が来るのを待てばよいだろう。
     `ー,、_         /
     /  `''ー─‐─''"´\



             /::::::::::::::::/::/:::::::::/::::::::::::::::}::::、:::: ヘ::::ヘ
             .i:::::::::::/::/;イ:::::::::/:::::::::::::::ノ::∧:::ヘ:::i::ヘ::::ヘ
             l:::::::::::l:::l/:::::::/:::::::::::::::; /::/ V::::l:::l::::l:::::::i
             |!:::::::::|:/:::/::::::::_:: - '´,.イ/   ヽ:|:::!:::|::::::::l
             |!:::::::l::!|::ムr‐'=z-x.._,ィイ ,.....z‐'''"リ!:j:::|::::::|l:|
             |ヘ:::::ヘ:V´、で妁ミくヽ  /´x'iチ妁'7'|:::/:::::リ |!
             |:::ヘ::::::::ヘ ` ̄   ,レ勹i{,  ` ̄ノ ノ/::::::/./
             |:::::::ゝ、:::::ゝ、..ノ _ノ'   ! ヽ_  ...ィ///イ
             .!:::|:::|::::::|`ヽ  u   r /   `  /リ}:::/:::|
             !::|:::|::::::ヘ      __ _  u.   {//:|::|::|::|      と言いますと・・・延期ということですか?
             |::|:::|::::::|_:ヽ U   ´ ‐ `   .イ´|::|::|::|::|
             |::|:::|::::::|:|:::::|ヽ        イ:|:::::|::|::|::|::|      すでにNKVDはポーランドスパイについて
             .!:|:::|::::::|:|::r:t.._ ` 、__ イ  |、|_::ノイ:|::|::|
              !:|::::::::::|:|::!:.:.:.:`¨:.:.:.:TT:::::¨´::|´:.:.:.:|::|::::::!      重大な証拠を掴んでおりますが・・・
              |::!:::i::l::|::|:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|::|:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:|::|::::::|
              t::|:::!::!::!:V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|::|:.:.:.:.:.:.:ri:.:.:.:|::|:::::ノ
       __,.......-―::: ニゝ:|::|::|:::|:.`:.:.:.、:.:.:.:|::|:.:.:.:;r::::::ヽ:j::j:::/ ニ:_―-.......__
  __,.....‐:: ニ´-‐:.:.:.:. ̄:.:.:.:.:.:.:`ヽ、!::ヽ:.:.:`¨''=}:}:.:.´:.:.:.:.:.:.|/ <:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:.:.:.‐:`:::::‐-....





45 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:05:03 ID:0vsnIIrU0




     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\
/    (①)  (●) \      ・・・急がなくてもいい。
|       (__人__)    |      要は状況が整うかだ。
/     ∩ノ ⊃  /       総体的に物事をみる必要がある。
(  \ / _ノ |  |        スパイは容赦しない、
.\ “  /__|  |        だがこれはより大きな政策のために
  \ /___ /         行われなければならない。





46 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:05:38 ID:0vsnIIrU0




                /: :/: : : : : /: : |: l: : l : : : : : : : : ヽ
               ,.' : : /: : :/ : /: : /|: V: :ゝ: : ヽ: : : : :∧
                / : : /: :/: : :イ: / _>、ト、: :ヽ\ l : : : : ∧
.              / / : |/ : /, ', '.ィ≦zャ¬ヘヽ:\\: : : : : ',
            |: |: : :|: :r≦彡'´{ケィヤ乏ノ }|: :` ‐\ ニ=‐: |      ・・・?
            |: |:l : レ沁厂i}==ゝュ__/ | | : : : : : : : : :|
            |: |:ゝ ゝ二.ノ         | l: : : : : : : : : : |      ・・・では裁判の準備だけは進めておきます。
            ヽ|\\三ゝ 、        | |: : : |: : : : : |: |
               ト ム  `,........._  U   | |: : :|: : : : :|: |      NKVDとしては必要な証拠は全て十分に
               , ‐''´\  ‐       | l: : : :|: : : : : :|: |      入手しておりますので、いつでも裁判を実施できます。
              / , \ ヽ      /| |: : : l|: : : : |: l: :|
            / _、ヽ  ) }ゝ_ .  ´ / |: : : ||: : : : |: |: :|      ポーランドスパイの殲滅はわが国の
          /    lノ / /イiノ∠┤   //||: : : ||: : : : |: |: :|      外交安保にも大きな効果をもたらすかと思うのですが・・・
           , '    ノ'‐f´ァ'´l_/   | // ||: :|||: |: : :|: j∠
        r<  `T7 _  イ    / ,| l/l : | : :| :|| l|_ 斗 彡¬__
       / \_'_/_」/  」  〃"´j |レ|: :|: : l_」l斗z彡' / /`ー、
        /     // /  <   / ┌一|' |:/L:ィ  / -‐/
      ,     // ∠  イム  {`ヽ |   l′ l/ / / /
    /     ' '     ' ∧| 丿/   / /     /     /



       ____
     /   ノ( \
   /  _ノ  ヽ、_ \
  / ノ( ●━━●   \    イラッ
  |  ⌒ (__人__) ノ(  |
  \     ` ⌒´   ⌒/





47 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:05:54 ID:0vsnIIrU0




        ,. -'"´`¨`¨`¨¨  ー、
      /    ,___     ヽ、
    /__,     _,,.-=-ヽ       ヽ、
   /___ ヽ    ( (◎)ノ _,,      ヽ       ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
  ./ ( (◎)     ⌒   ̄           ヽ    <                          >
 / . -‐´''"      ヽ   ノ(         i   <  この話はいま終わっただろう!!   >
./    i   人__ ノ   ⌒         |   <                          >
,'    ' ,_,,ノ_____)_人__ト          |     VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV
i      (..,        ). チ (        |
',              |  ッ(        /
 'ヽ、           へwへ       (_
   ヽ、_                       \
     ノ
    ノ



             / ,    / /    ィ   !l l 、 \  ヽ lヽ
          / /  ,   / / /  // |  ノ| l | v|| | ヽ  | ! |       /l   .,イ,イ .,イ
            / / / /_/ / 〃 彳  丿/ !ノノ 」l-‐|| | ! |      //   レ レ /ム―7
        / / // / 〃≫≦´ 、j__/ァー=ナ≦_j{、ハ ! |  ′! |     / ニニフ  //''''''7/
          / / -/―一||汀卞、 、 レ /-≠ンf卞、¨j{》!、\! / ||     //      /'  // ,イ,イ ,イ
.        / / /l l l| ||、V{_)ヽVi'´   /  Viノ ィ!'ll >、 メ、 |l     、二二フ    //  レレ //
      / / / j| ! | liミ=i‐‐/ヘi /  ミ=キ¨´|ノレ' / ̄` | {            /'    /'
.      i / / .!ノ ! ゝぃ  レ'゙  ノ丶    ーヘニ ィ /{  || | !
.      レ '   ! `iー‐t<_,  、   u  |||||-ャ彳 | l  || l !、
.      l  l /l  || il|| ミ=-    ヽ `    し    Ⅵ  ! ! { | l ! \__
.      | ノ'  j  || |l||  i\U  、__   u  /v //!  } } い  { `‐-、_
      ,| {  .{  |V.l||  | { l\  こ二¨`    ' ∧/ ゙ , !{ {、ヽ丿    `丶、
    ィ´j !  ‘ 八 }!!   | | {  ヽ        ィ// ヘ// / ̄ ̄`く          ヽ、
   「 〈  ヽi    V  `}}{   い{   丶 __ < // /// /         ヽ
.   〉 \ |  ∧ 、小、  、 丶      \  // /// /          |





48 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:06:39 ID:0vsnIIrU0




          ____
        /ノ   ヽ、_\
      /( ○)}liil{(○)\        政府も政治局も膨大な案件を抱えている!
     /    (__人__)   \       いちいちお前の言うこと全てに関わっておれんのだ!
     |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
     \    |ェェェェ|     /       NKVDは、政府が自分たちの下部組織だとでも
     /     `ー'    \ |i       思っているのか!?
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <


                                    ,.' : : /: : :/ : /: : /|: V: :ゝ: : ヽ: : : : :∧
                                     / : : /: :/: : :イ: / _>、ト、: :ヽ\ l : : : : ∧
.                                   / / : |/ : /, ', '.ィ≦zャ¬ヘヽ:\\: : : : : ',
                                 |: |: : :|: :r≦彡'´{ケィヤ乏ノ }|: :` ‐\ ニ=‐: |
                                 |: |:l : レ沁厂i}==ゝュ__/ | | : : : : : : : : :|
                                 |: |:ゝ ゝ二.ノ     ||||||  | l: : : : : : : : : : |   め、滅相もございません!
                                 ヽ|\\三ゝ 、     し | |: : : |: : : : : |: |
                                    ト ム  `,........._      | |: : :|: : : : :|: |
                                    , ‐''´\  ‐    u  | l: : : :|: : : : : :|: |
                                   / , \ ヽ      /| |: : : l|: : : : |: l: :|
                                 / _、ヽ  ) }ゝ_ .  ´ / |: : : ||: : : : |: |: :|
                               /    lノ / /イiノ∠┤   //||: : : ||: : : : |: |: :|





49 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:06:56 ID:0vsnIIrU0




       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \
  /(①)三(①))   .\
  |   (__人__)      |      だったらこの話は終わりだ!
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \



・・・この頃、やる夫は大粛清による大量弾圧政策を軌道修正する機会を探り始めていた。

1938年3月、ブハーリンら元右派の処刑直後にエジョフから提案された
ポーランドスパイを裁く第四次モスクワ裁判の構想はあえなく却下されてしまう。



             / ,    / /    ィ   !l l 、 \  ヽ lヽ
          / /  ,   / / /  // |  ノ| l | v|| | ヽ  | ! |
            / / / /_/ / 〃 彳  丿/ !ノノ 」l-‐|| | ! |
        / / // / 〃≫≦´ 、j__/ァー=ナ≦_j{、ハ ! |  ′! |
          / / -/―一||汀卞、 、 レ /-≠ンf卞、¨j{》!、\! / ||
.        / / /l l l| ||、V{_)ヽVi'´   /  Viノ ィ!'ll >、 メ、 |l       ど、同志・・・お許しください。
      / / / j| ! | liミ=i‐‐/ヘi /  ミ=キ¨´|ノレ' / ̄` | {
.      i / / .!ノ ! ゝぃ  レ'゙  ノ丶    ーヘニ ィ /{  || | !       議事の進行を邪魔してしまい・・・
.      レ '   ! `iー‐t<_,  、   u  |||||-ャ彳 | l  || l !、
.      l  l /l  || il|| ミ=-    ヽ `    し    Ⅵ  ! ! { | l ! \__
.      | ノ'  j  || |l||  i\U  、__   u  /v //!  } } い  { `‐-、_
      ,| {  .{  |V.l||  | { l\  こ二¨`    ' ∧/ ゙ , !{ {、ヽ丿    `丶、
    ィ´j !  ‘ 八 }!!   | | {  ヽ        ィ// ヘ// / ̄ ̄`く          ヽ、
   「 〈  ヽi    V  `}}{   い{   丶 __ < // /// /         ヽ
.   〉 \ |  ∧ 、小、  、 丶      \  // /// /          |



大粛清を踏み台に出世してきたエジョフにとって、自らの立場を維持するためには絶え間ない弾圧政策を掲げる必要があった。
だが、「テロの申し子」エジョフの存在は、軌道修正を図るやる夫にとって徐々に邪魔な存在となりつつあったのだ。





50 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:07:29 ID:0vsnIIrU0




    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)
   |     `⌒´ノ    ・・・・・・
   |   ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|



自己保身にだけは目敏い最高幹部たちが、このようなやる夫の微妙な態度の変化を見逃さないはずがなかった。




    , r ' ⌒ ヽ、
.  /       ヽ,
  /      ,,ヽ、_ヽ
. |    __,ノ 彡(○ )
  |   (○ ) 彡  |
.  |        入,__)      やる夫・・・最近のエジョフはもっぱら酒に溺れてるそうだぜ。
  |.     ゙'ー'´
.  |      ゙ヽ、__ノ       なんたって職務中にも呑んだくれてるらしいんだからな。
   ヽ、       ノ\.
  /::ヽ、_   /ノ:::::|      あいつは党の粛清政策も片手間でやってるんじゃねえか?
. /:::::::,::::\ゝ、◇ノ::::i:::|
. |:::::::::|:::::::::\¶/::::::::|:::|      いやまぁ、俺はまさかそんなことはないと思うがなぁ・・・
. |:::::::::|::::::::::::::::|::::::::::|:::|
. |:::::::::|::::::::::::::::|::::::::::|:::|





51 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:07:57 ID:0vsnIIrU0




               ___
         .-‐ '''""~     `゙''ー-、 
       /                \V
     /                   \
     /                      ヽ
    / __,,.. .-‐ '''""~;;;;;へ`゙''ー-、,       |
    ´. |;;;;;;;_\し ノ(;;;;;/---;;;;;;;;;;;;;;;|      |
      ;;;;/   ヽi;;;;;/´     \;;;;;|      /  ))
     __|/    ┰ V  ( ・ ). . |;;;;;ヽ / ̄ヽ
    /  | .      i      .  | ̄ ̄´    |         ・・・同志やる夫。
    ヽ ヽ     ∧     .  / し    6 |
     \/ \__ /  \ __ /        丿         是非とも二人だけで、
      |     (⌒  `゙''ー-、       /´__
      ヽ              U  /  |  / ヽ      個人的にお話したいことがあるのですが・・・
     ヽ \;⌒  _,,..-‐ー-、_      /  | /   |
         ー―´___    _/   //     ヽ
               ヽ\   /\   /ヽ      \





52 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:08:15 ID:0vsnIIrU0




        _____
       /´           `\
   ゝ/  _________ヽ
   /    |    ヘ、    ノ⌒ |
   |   |  /  ̄`ヽ /  ̄`ヽl
   l    |  l     lj | lj    l
   ヽ  |_|        |     |
   /⌒`  ヽ       l     ノ、    どうにもここ最近のNKVDの業務には
   | )     ` ー─ ´ っー ´ l    誠実さに欠ける部分があると思うのです。
   ヽ__   /⌒\____つ ノ
       \ ( ______ ノ /     彼らは党の求める闘争の水準を満たせていません。
       >ー───、─ ´       僕たちは粛清の質的問題を論じるべきだと思います!
        / \ / \/ \
      l   l      |/\
      ├─┤      |、



今まで寵臣として傍らに置かれていたエジョフとやる夫が距離を置き始めると、
さっそく他の幹部たちが若手のエジョフに奪われた立場を取り戻そうと動き始めた。





53 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:08:41 ID:0vsnIIrU0




最高幹部たちの中にもエジョフの推進する大粛清に消極的な人物がいたと言われている。
特にジダーノフは乱暴で野蛮な政策に好意的ではなかった。

彼はエジョフがいない隙を狙ってやる夫に直接談判することさえあったという。



          ____
        /     \
      / _ノ   ヽ、. \
     / (―)  (― )  \
    n|i 7   (__人__)    n|       ・・・ジダーノフ。
  l^l | | l ,/)  ` ⌒´    l^l.| | /)
  ', U ! レ' /   ー‐     | U レ'//)    お前の懸念ももっともだと思うお。
  {    〈         ノ    /
  ..i,    ."⊃    rニ     /
   ."'""⌒´       `''""''''





54 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:08:59 ID:0vsnIIrU0




     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\
/    (―)  (―) \     だけれども、目下の情勢が依然として
|       (__人__)    |     予断を許さない状況にあるのであれば、
/     ∩ノ ⊃  /      エジョフはまだ適任であると考えるお。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /





55 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:09:50 ID:0vsnIIrU0




     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\      無論、NKVDの業務に問題がないとは言わない。
/    (―)  (①) \     だがエジョフは熱心で有能な党員だ。
|       (__人__)    |     無条件に委任するわけではないが、
/     ∩ノ ⊃  /      今は彼に託そうじゃないか。
(  \ / _ノ |  |       それが党のためになるのであれば・・・
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



       ____
    ゝ/____ヽ
   / | , ─ w-、!
   | __|-|   +|+  |
    ( u `ー  oー |
   /ヽ、/^\__/ ノ     同志やる夫がそこまで仰られるのでしたら・・・
   l、(uu ー,─ 、´
    l \ __/┬ ′





56 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:10:05 ID:0vsnIIrU0




  ||  ||¨ '! ‐-  . :: _::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  ||  ||   ||  ||  ||  ||  |:::::::::::┌- ::: :_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  ||  ||   ||  ||  ||  ||  |:::::::::::::| l| l| || l| ll¨ '! : ‐-::::.:::_:::::::::::::::::::::
  ||  ||   ||  ||  ||  ||  |:::::::::::::| l| l|_|| l| l| || l| l| || || |::::::::::┌-
  ||  ||   ||  ||  ||  ||  |:::::::::::::| l| l|::::] |j || || l| l| || || |::::::::::|||:...
_||_||   ||  ||  ||  ||  |:::::::::::::| l| l|゙「 || l| || l| l| || || |::::::::::|||:...
  || ̄||  ̄||  ||冖||¬||=|:::::::::::::|i=l|'=l| ||:-l| l| ..|l....l|,,_l|_||_||_|::::::::::|||:...
  ||  ||   ||  ||  ||  ||  |:::::::::::::| l| l| || l| l| || l| l| || || |::::::::::|||:...
  ||  ||   ||  ||  ||  ||  |:::::::::::::| l| l| || l| l| || l| l| || || |::::::::::|||:...
  ||  ||   ||  ||  ||  ||  |:::::::::::::| l| l| || l| l| || l| l| || || |::::::::::|||:...
_||_||__||_||_||_||  |:::::::::::::|__||__|| ||__||__||_,」|__||__||_||_||_|::::::::::|||:...
゚::::::::::::||  ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|:::::::::::::| ̄!¨「 || ll  ̄  ̄|l::::::::|| || |::::::::::|||:...
゚::::::::::::||__||_||_||_||_|:::::::::::::|_!_,|| ||__||_ ___|l::::::::||_||_|::::::::::|||:...
 ̄|| ̄||  ̄|| ̄|| ̄|| ̄||  |:::::::::::::| l| l| || l| l| || l| ̄「|| || |::::::::::|||:...
  ||  ||   ||  ||  ||  ||  |:::::::::::::| l| l| || l| l| || l| l| || || |::::::::::|||:...
  ||  ||   ||  ||  ||  ||  |:::::::::::::| l| l| || l| l| || l| l| || || |::::::::::|||:...
  ||  ||   ||  ||  ||  ||  |:::::::::::::|__||__|| ||,, l|.. l| ||=:l|-:l| || || |::::::::::|||:...
  ||_||__||_||  ||==||=|:::::::::::::| l| l| || l| l| || l| l| || || |::::::::::::l.......
 ̄|| ̄||  ̄||  ||  ||  ||  |:::::::::::::| l| l|::::] |j || || l| l| || || |::::::::..
  ||  ||   ||  ||  ||  ||  |:::::::::::::| l| l| || l| l| || l| ,」! !! ''¨
  ||  ||   ||  ||  ||  ||  |:::::::::::::| l| l| || 」 l! '' ¨
  ||  ||   ||  ||  ||  ||  |:::::::::::::|_, j.- ^






           γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
            |                                  |
            |        さ~て、気分はどうかな~?          |
            |                                  |
            乂_____________________ノ





57 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:10:24 ID:0vsnIIrU0




                   i\
                    l::::::\
                l::::::::::::ゝ-‐‐''''''''‐‐-、_
                l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙'‐、. r;
          r-------'::::::::::::::;ィ::;r、:::::::r、:::::::r、::::::゙´L__
           \::::::::::::::::::;/レ' レ' ヽ;;/ \/ ';::::::::::r‐'゙
            \::::::::::/_,,----、     ,,----、';::::::::i
             ,‐'゙''、/´       ゙、 /     ゙'、:::;;;i_
      r''‐,  ,,..,, f r'、i        i,'       ゙',,-i ゙r'''''i ,ィ´゙',         栄光から転げ落ちる気分はさぁ・・・
   r‐‐,. ト、_,).ヘ  ii i l   <●>  ll  <●>  l l (__ノl ゝ、,イ .,r‐、
    i、  i, i  Li 'i''゙ '、 ゝi        ,ハ        // / l ゙U゙ ィ_/i. /      同志エゴロフ「元」参謀総長?
    f‐'゙ `    l )) ヽ_,,'、-、____,,-t-‘-’t、_.  _,,/_,,/ l      `i´   ))
(( r''''´ ,   ___ ', _,,,,,,,_  \,    '、____,ノ ` ̄ノ:;ニr--、_ ノ      ´``',
  ノ )‐'     `゙'´   ))) _,>i‐-、______,,,.-ィ<、 レ.(_,,,_  ゙   ゙',  `゙'i、 ゙ァ
 ゝ‐'゙'、   {    / ̄  /:::::::::ゝ`'''i::::i'´:;ノ:::::::::゙'‐,   ヽ,    ノ    / `"
  ((  ゝ、_ィゝ--,ィ´   r'゙::::::::::::::::::`゙''l::::l'´:::::::::::::::::::::ヽ,(( `ゝi''´゙'ーt-´ ノノ

            国防人民委員部次官 レフ・メフリス



              , --、
                /   ,. --─--  .._;;
       '⌒ヽ、 {  / : : : : : : : : : : : : : :`丶、
           ≫゙'´/ : : : : : : : : : : \: : : : : `:二ニ=‐
            /: : / : : : : : : : : / : : : : : ヽ : : : :\;
         /: : :, ' : /: : : : : : : :/|: : / : :|: ', : : : : :ヽ
         .′ /: : : !: /: : : /:_厶l/|: : : :| |l }、: : : : : :'.;;
         |: : :|/|: : |/: : : /:,≠=ミヽ}: : :/ ハ|ム: : :! ト|;
          |: : : : l: :/: : : /|/{{  rらい/|/ 工⌒l|: :||;;
          }: : : : |/イ : /     `ニ′::|||: '゙_f]`刈 ∧|;
       ノイ: : /, 、l: ∧      :::::::::::::  }、{ハ/
        |: l { rヘ:ハ{ ∪           }
        |ハlヽ \        ___   /;
           l: : `¬、     ,,《-----/ , ′;;      メフリス・・・お前ぇ・・・っ!!
           |ハ:∧|       ̄⌒ /;
         ┌‐┴-、__          ̄, ′;
.          ノ , -‐…` ¬< ̄ ̄´;;
           {_/         `ヽ;
         , '′              }

   元赤軍参謀総長・サカフカース軍管区司令官
          アレクサンドル・エゴロフ





58 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:10:48 ID:0vsnIIrU0




1938年3月3日、赤軍元帥エゴロフ逮捕。

トゥハチェフスキーに続き、元帥からでた2人目の逮捕者であった。
エゴロフはソ連・ポーランド戦争のとき、やる夫やヴォロシーロフらと親密な関係を築いたがそれは身を助ける保険にはならなかった。



.        , ´ ... -――--...、` .、
.       / /´.. - ―― --、ヘ.  ヽ
.     /   /´    | i    :.ハ   ',
.     ,'   |   !   | |  i|  .:.:|    :.
    i    i:.: ∧,-‐'  ̄ `ヽ! : :!   .!
    |:   |/´  ノ     ゝ `ヽ|  !  |ヘ.
.  .へ..|i   !               |: |.| |  >
. く   || : | __、     ,_ |; | ノ ! /
  ` ー|l_i N ,〃⌒     ´ ̄`メイハ、 i´
    | {`ト! :::::::::::   '  :::::::::  / ノ |
    |:.:.ヽ、_    、__ ... __,     ,'イ∧.|
    |:.:.:.:i {ヘ          / .!:.:.:.:|
    |:.:.:.ハ__∨`ト...    ..イ:::.}___|:.:.:.:.!
    |:.:.:.ハ ∨.:.:) `  _ .{ !::.,'  ,'.:.:.:.:|
   /へ ̄`i  {7´,.く`ー'。∨`7 / ̄ ̄ト、
.  /   ヽ ! /´三ミ、===彡三∨    ,' ヽ
  {    ∨!|  i´川メメメ7  /    /   !
  |     |.:i.!  ノ:メメメメメメ{  .!   ./   |

        ガーリャ・エゴロワ



華麗で奔放なエゴロフの妻、ガーリャ・エゴロワは外国人らとの派手な付き合いが災いして
「外国スパイの手先」としてすでに逮捕されていた。





59 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:11:22 ID:0vsnIIrU0




しかもエゴロフには元帝政軍将校という経歴上の傷があったのだ。



   ,、__
  |!   l!     _   ___}} ̄l!_ ,、_ __
  l|   }!  l[]l![]l   |!二_ ̄   ̄ ̄ ⌒ ̄l!
  |l   l!        `  ̄l!  .r==…┐ .l!
  }!  .ゞ-==-ォ  :,:     {!  i|     }!  |!  __
  |l   __」!  /⌒''⌒) |!  l!     l!  |l  |[]|![]l!!   _
  l|    i厂 ̄  (:::::::::::::::!'  リ  |!   _{}  !!    _,、 彡 }!
  |!    |!    ヽ::::::::';''' 《  ,ツ   j厂__j|   |!_   .彡
  }!   l{     τ'::/ .;:                        ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
  |廴_|l      )/                        <                     >
         。            '  、       ;: 。  .<     ぎゃぁっ!!        >
                               `'''`~''・  <                     >
     f''`⌒(     ,,,,               !:(',,,,、      VVVVVVVVVVVVVVVVV
     ,!,,,、(     /::τ             ノ:::::::::::::::::)          。  !::::::::::`! 、
 :.、          !:::(     ノ::`!   o   (::::::::::::::::::τ            (:::,,;,;,、; 。
       ゜     (/      ⌒・ .   ・、;::::::::::::;;.;`` ''
     ,,、..   //   ノ'          //'''`'`'` `       ..,,.. _,,,.、 ・         ,, ...:・..
  π /;::::::::(,.,.(;;;::::(   ,,.,  ・っ          _     __   ;,;;( ):::::;.    c::── '`'''::::::::::;''
   ):::::::::::::::::::::::::::/  '''''`   `        '`┌ ┐ ┌ ┐|┌ ┬┐ ┌-     ⌒ ` !.:::τ'' ``
 τ !::::::::::::::::::::::::::::)/,,,,, γ           │ │ |  | └ ┴┘__| ̄l__‐┐         __
   (::::::::::::::::::::::::::::冫 `'`'    、,:'::::::`:::,,,,   ./ /  l  ヽ_   ̄ |__  __|     _┐   |   ||
 :::':'::::::::::::::::::::::::::::;(,,,,,,,、:::::::-ー''''`'`''''''''  .!l | ̄ __/  ヽ\__   | |   ‐┘ └―i l ̄| |_l _. | |
      ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧    ̄         ̄    └┐ ┌‐┘  ̄  / /  .|_|
     <                     >                    | |_l        / ///
     <       ひっ!?        >                           ̄     | ̄|
     <                     >                                ̄ ┘
      VVVVVVVVVVVVVVVVV




逮捕されたエゴロフは、「取調べ」に耐えられなかった。
ベラベラとあることないことを喋り結局赤軍幹部60名ほどを破滅の道連れに密告した。




60 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:11:57 ID:0vsnIIrU0




       _ ―― _   /|
    _∧/       ―/ | _
  <                ̄/
  /     /∨\/\∧/\ /
 |  ∧/ _    _  ∨
  |_ |  /   \/   \/      これで新しい燃料を補給できたね。
 /  ∨  |  -  |  -   |       当分の間は赤軍粛清を継続できそうだ。
 | 6 |  \ _ /\ _ /|
 \_/ ヽ     ___    |       最近、同志やる夫がまぐれ当りを期待しての
  /_-\   \_/  /        乱雑な粛清をするなってお怒りなんだよね・・・
        \       /
          ̄  ̄  ̄





61 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:12:21 ID:0vsnIIrU0




              ,,,,vzzgggzzzza、、
   k、        ,yiill|||||||||||||||||||||||lliibn、
   |||in、,,    ,rl|||||||||||||||||||||||||||||||||||||lin、   ,i|
   1||||||llihgs、,d|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||lhr,di!
   ゙'!l||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||iggァ
    >|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||<
   /|||||||||||||||||||!'゙"!||!"^゙!|||||!'"^゙゚!|||!'^ヤ|||!!!||||||||||ii
  ,ィ|||||||||||||||||!'"  ゙"   ゙'i!/   ゙'''  "''^ ヤ|||||||||i     正当な「証拠」があれば
  <llllll||||||||||||||!,ィ''''゚゚゚゙゙゙゙゙'''ー、、   ,,ィ''゚゚゚゙゙゙゙゙゙゙'''ー、 ゙'!llllllllli     乱雑な粛清には当たらないだろう?
   `゙`''=!!|!!||!'/        `i、,/          `'!!||||||!
      / ゙Y    ,,,、、、    Y   ,,、、、、    ゙;レ'`ャ、    ボクの粛清は同志やる夫が望んでおられる
     /r⌒|   < ●,,>  │  <、● ,>   レ、、 )    「正確性」を満たした全うなものなんだ。
     (.(  ゙!    `゙゙"´   ,l、   `゙´    ノ  ) ,)
     \\\        人           ノ´ ノ ノ     ま、功名心に走ったNKVDのとこは
       \\`ャ、   ,,,,,,ノ´ `'っ、、   ,,,/レ=''´/      どうやら違うようだけどね。
        \`'!、 `''''''゙゙´ ┌─┐ `゙゙'''''''''´ /   ノ
          `''\    │  │     ノ||iiiiii|||iin、
               `'、   └─┘  ,,ッ'''´ `'ヤll!''''''''''
             `ーェ、,,,,.   ,,,ュ''´    `"
                  |゙゙''''''゙゙゚|
              ,yiill||||lliiiiiiill||||lliin、
             ,,yiill|||||||||||||||||||||||||||||lliin、





62 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:12:33 ID:0vsnIIrU0




        i\
        l::::::\
       l::::::::::::ゝ-‐‐''''''''‐‐-、_
       l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙'‐、. r;
 r-------'::::::::::::::;ィ::;r、:::::::r、:::::::r、::::::゙´L__
 \::::::::::::::::::;/レ' レ' ヽ;;/ \/ ';::::::::::r‐'゙
   \::::::::::/_,,----、     ,,----、';::::::::i
   .,‐'゙''、/´       ゙、 /     ゙'、:::;;;i_
  .f r'、i        i,'       ゙',,-i ゙r   (同志エジョフ・・・
   i i l   ━━━  ll  ━━━  l l i    君はスパイと戦う同志だけど、手助けはしないよ。
   '、 ゝi        ,ハ        // /
    ヽ_,,'、-、____,,-t-‘-’t、_.  _,,/_,,/     党の利益を害するものは全て「スパイ」と同罪なんだからね。
      .\,    '、____,ノ ` ̄ノ:;ニr
       _,>i‐-、______,,,.-ィ<、 レ.        自分の振るった鎌に、自分自身の首を取られないよう
      /:::::::::ゝ`'''i::::i'´:;ノ:::::::::゙'‐,        せいぜい気をつけなよ)
    .r'゙::::::::::::::::::`゙''l::::l'´:::::::::::::::::::::ヽ





63 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:13:01 ID:0vsnIIrU0




1938年4月、エジョフが水運人民委員に指名される。内務人民委員との兼任であった。



               /::::::::::::::::::::::::_::::::::::::;xヘ:::::::::::::..、
               /::::::::::::::::;:::::::/::::::::/::::::::::!::::::::::::::ヽ
             /::::::::::::::::/::/:::::::::/::::::::::::::::}::::、:::: ヘ::::ヘ
             .i:::::::::::/::/;イ:::::::::/:::::::::::::::ノ::∧:::ヘ:::i::ヘ::::ヘ
             l:::::::::::l:::l/:::::::/:::::::::::::::; /::/ V::::l:::l::::l:::::::i
             |!:::::::::|:/:::/::::::::_:: - '´,.イ/   ヽ:|:::!:::|::::::::l
             |!:::::::l::!|::ムr‐'=z-x.._,ィイ ,.....z‐'''"リ!:j:::|::::::|l:|
             |ヘ:::::ヘ:V´、で妁ミくヽ  /´x'iチ妁'7'|:::/:::::リ |!
             |:::ヘ::::::::ヘ ` ̄   ,レ勹i{,  ` ̄ノ ノ/::::::/./
             |:::::::ゝ、:::::ゝ、..ノ _ノ'   ! ヽ_  ...ィ///イ
             .!:::|:::|::::::|`ヽ     r /   `  /リ}:::/:::|
             !::|:::|::::::ヘ      __ _      {//:|::|::|::|
             |::|:::|::::::|_:ヽ     ´ ‐ `   .イ´|::|::|::|::|
             |::|:::|::::::|:|:::::|ヽ        イ:|:::::|::|::|::|::|
             .!:|:::|::::::|:|::r:t.._ ` 、__ イ  |、|_::ノイ:|::|::|
              !:|::::::::::|:|::!:.:.:.:`¨:.:.:.:TT:::::¨´::|´:.:.:.:|::|::::::!
              |::!:::i::l::|::|:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|::|:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:|::|::::::|
              t::|:::!::!::!:V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|::|:.:.:.:.:.:.:ri:.:.:.:|::|:::::ノ
       __,.......-―::: ニゝ:|::|::|:::|:.`:.:.:.、:.:.:.:|::|:.:.:.:;r::::::ヽ:j::j:::/ ニ:_―-.......__
  __,.....‐:: ニ´-‐:.:.:.:. ̄:.:.:.:.:.:.:`ヽ、!::ヽ:.:.:`¨''=}:}:.:.´:.:.:.:.:.:.|/ <:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:.:.:.‐:`:::::‐-....



これで二つの人民委員部がエジョフの掌中に収められたがこれは特段異例のことではなかった。
NKVDの管轄する大量の囚人は、無限の奴隷労働力として水運人民委員部が必要とするものだったからだ。





64 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:13:17 ID:0vsnIIrU0




   ――― クレムリン内のアパート、エジョフの自宅。


                               /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                            /  | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                          /    | |          |||||||  |||||||
                          |    | |
                , ――――――┴――――――――――――――――――
              / .|
             /  .|     llllllllll          llllllllll
           /    .|    ______   ________
          /        |   |:::::::::::::::::... .. .i|   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц  γ |~ヽ
        /    /|  |   |:::::::::... ... . ' ..|   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |  |  |
       /    /:::: |  |   |::::... .. . ''    |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||    |  |  |
     /    /...........|  |   |__..,        |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |_|_|
    /     , 1.|..,;;;, .,;;;,|  |   |;;.i|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||
  /    /:::| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; | ;;;;;;;;;||
  |.  ,,;   |......i| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц  γ |~ヽ
  |  /|  .| . ...| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |  |  |  ヾ;ゞ
ヽミゞ;;  |  .| . .| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||    |  |  ヾゞ:;ヾ
ミ ゞ;;ミゞ;;.. ;. |  ..| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |_|_| ヾ;/ゞ
ゞソミゝミゞ;;ヾ;:;;: . | | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||        ;ヾ ゞ;
ヾ;:;;:ヽミゞ;;ソゝミゞ;;. | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||      ヾ;;;ゞ ;;ゞ
ヾ;:;ミヽミゞ;;ヾ;:;   | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц   ヾ;;; ;;ゞゞ:;ヾ
;ゞゝヽミ;ソミゝミゞ;;,| | | ̄ ̄.|  |   |~''|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||     ヾゞ:;ヾ ::ソゞ
ミゞ;;;:;ソソミヾ;:;;:   | | ̄ ̄.|  |   |~''|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| ゞ:;ヾ  ゞゞ:;ゞ:;ヾソ




66 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:14:04 ID:0vsnIIrU0




   〈 /  /  メ                 | ハ
   / V   ,    l |   l      _,ノ刈 レ!
   l |  /     l l    ヽ      _ ∠レ'丿
   | l | l  ー―-、\   \ . -―一   /|
   | 八Vハ  y==ミ 丶--彡==z--rイ   l|        水運人民委員就任、おめでとうございますわ。
  ノ  卜l `Y ffc介     ffc介 Y l/ l   |
./   八ハ   辷ツ  }   辷ツ ハ ノ    ゝ       さすがエジョフさんですわね。
    /  `ニl     〈!       /イ      \      二つの人民委員部を統括するなんて、
   / /  込_ ` ー一 ´   イ j       } }     よほど優れた行政手腕をお持ちの人でなければ
  { _ノ. -―-、  \     / ノ ノ       ノノ     到底手に余るものですもの。
  厂//  / \ |>ー<り⌒\{      { {
 / / /   /   ∧ \  /⌒\ ヘ     ) )
ー{ 」 |     l    l |   V{     V└┐   //
                    , ト、 、

 やる夫の亡妻ナージャの姉
            アンナ・アリルーエワ



       /  /, "          ヾ-t- 、
       ./   //    ,            \
      /   ィ/      !             ヽ
      /    /       !  /!  ./   i      ヽ
     /    !      ! / "|ヽ,./|   !      Y
     !    | !   !  レ、  ! ∧ !  / .!    i     !
     !    | λ  ゝ  ! ゛=-'  ! /|-.x / |    !
     !    |∧ヘ  |ゝ .!       " , !/ !/  / ヽ  !
     .!ヽ    ヾ,ゝ ! \   ,    ' `ー,/  /  ∧ !
     ! ! 、 !   ヽヽ|       !゛'' ,   ! / ,i  / |!   おーっほっほっほ!
      ! ヽ|ヘ /|,. Y  、     ゛''"  ンッ ,γ' | /  /
         ,r _ 'レ/   丶、   , , ',〆y /  /       それほどでもございませんわ!
        y'  ''<、    /゛'' 〆     /
    ,_ ''"= ミ 、   ヽ、 |'x'"     /          我が夫として当然のこと・・・
   /゛ . . . .゛. .ト 、 ミ 、 ヽ./    , '"
  !!. . . . . . . . . . . ヾ 、ヽ ./   y' ゝ、             同志やる夫の多大なご信任を頂戴するに
  ! .!. . . . . . . . . . . . ヽ ゛ン   /'" ィ".'ト.、
 .! ヘ . . . . . . . . . . . . ン    y '" ノ. . . . ヽ          足る器はこうでなければ勤まりませんの!

  エジョフの妻 エヴゲーニャ・エジョワ





67 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:14:36 ID:0vsnIIrU0




        //: : .:.:.:.:./:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.l:.|:.:、:.:.ヽ: : ヽ
        ' ': :. .:.:.:.:/:/:.:.:.:.:.:./:.:, ィ:.:.:l|:.|:.:.ヽ:.:.l.: : : !
.         |:.l: :.:.:.:.:.:l:/:.:.:.:.:.:./:.:/, ':.:.; ' !:.l:.:.:.l:.:.:|:.: : :|
.         |:.l: :.:.:.:.:.:|'.:.:.:.:./:_//:./  ヽlヽ:.l:.:.:|:.:. : |
.         |:.|l.:.:.:.:.:.:|-=≦三`ンr<`テ三弐=N:.l/.:. : :|
       ヽ!、:、:.:.l:.l 弋戉不ミヽ) 〃7広示テl:/:.:.:.: :{     いや、それほどでもないよアンナ。
         { ハ:ヽヽヽ  ̄ ̄ ,r}==、{、  ̄ ̄ リ.:.:.:.: :|
         l: :ゝ:.\:.:ミ、__/ノi   \__ ィ:.:.:.:.:. :|     僕の非才と微力には過ぎた大任だが、
         |: :.:.:.:.`i:ド=-   ヽl '       /l:.:.:.:.:. : :l
         |: : :.:.:.:.l:|:.:\   ‐=-  u イ:.l:.:.:.:.:.: : :!     同志やる夫のご期待を裏切るわけにはいかない。
        |: :.:.:.:.:!l:>l 丶、  ̄   . ´{<_l:.:.:.l:.:.:|: |
            l l: :.:.:.:.(  l   ` - ´   !  ,l:.:.:.l:.:.j|: !     尽力させてもらうつもりだ。
         l l: :.:.:.:.|\_l         / l/,|:.:.:.l:./:|/
            い: :.:.:.|  ヽ       /  l:.:.:.:l/:./
        ,. 一トl: :.:.:.| 卩〉      /ハ j:.:.:.:l:.:/ー- 、



    i′ /,'        ,′   ,′                  ! ,ィ′
.   l  | !    〃  ,'    ,|/                    l' |
  │  | !    /   /    / !    |         、ノ    |│ 丿
   |  |i′  ,′ /′   _′l _,, |          `ー- -ー‐ '' ~/
   |  .|!   i / _, -ー '' ~i'' ̄i ̄  l    、_           /
   |   |!  ,/!.       l  ゝ   | 、    ̄''ー- ,,_  _,, =''_/_,,ノ
   |    !ハ':::| ゙、 _,,,, -ー ニi ,,_ ヽ  トヽ  ヽ、    `   ̄  /
  │    〉';::|  ミ-_=エ二ニ,=!=、  \ ヽヽ‐- ,,,,_     _,,= ''′
  │   i  ゞ  "~ /ゝ=イ i ヽ    `ー =ニエミ、く -''7~ /
   }    { \ |   ヒ_i::U:i_ノ   ヽ    /ー=イ ! ``/ } i′
  ノ    ゝ、 ヽl   ~ ̄ ~         t_i:U::!/ // ノ |       なんというご謙遜。
,/      / \_ l           i    ~ ̄` /  /  l
      /::::::::::`' ,          `'      /_/    |       素敵ですわ。賢人ほど驕らないものですもの。
    /::::::::::::::::::::::\     `、ー- -ァ     /:::!      |
   r':::::::::::::::::::::::::::::::| 丶、   ` ‐ ´   _/:::::::::l       }     同志やる夫からのご期待も当然ですわね。
  〈:::::::::::::::::::::::::::,__ }   ` 、,,_  _,,. - '' ´::::::::::::::::ヽ     /
   ',::::::::::::::::::::::/  ̄ '' ‐- .,_  ̄  /:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ    /
    ',:::::::::, - .ノ        ''‐、__ {_>、:::::::::::::::::::::::::ヘ  ,'
    l_/   `'' - ., ┌- .,_ / Oヽ |::::_::::::::::::::::::::::::〉 {





68 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:15:00 ID:0vsnIIrU0




         /ヽ、_.. -‐'' ´ ̄ ̄ ̄/
  _ .. -‐‐ ''' `7,.ヘニ==ニ二 ̄   /
 i   ..-‐r''‐',       `丶、 ム
  l   / /l          \.ィ
  \ / ,/  ! ,ィ'     」└  ヽi
   とi  ,!  ∨!      ┐「   レ,l
   l   ,i   l ト、        / 'ノl
    l、 !\   !l \      _...  ∠. !
   l ! l -‐-..丶_ `' ‐ .,ィ_´__.. ィ_i´ l
   i \ ! ______.. `   '"_ェ==F、l'、ヽ i        (それに比べて・・・
   丶 r'_!┬‐ 'て,    ゝ ,, `シムノ !
    '、ゝ_i ゝ''...ノ     ゛''''".イ ' \        やる夫の親戚のくせに
    ノ   ゝ.     、   /! '、   ヽ
   /   ,.ノ ` '' ‐-ュ─т" __く  _)   ノ      出世し損ねてるあんたは
  /    {__....., _...ィ´く   メ´"/-i く   /
  `ー-‐,   (/  >' ,ニr‐-く  l   /         なんなのよ!?)
      /   r┘ ケ  !,'、 ィ゛ L..._`)
    '-‐''´と..ヘ !.__ノli`-ィ 、,、ヾ '
        i `! i ハ  ヽ l'`i "
          i  i  'ヘ'  ∨'` l !



                ,、 '"´ ̄ ̄´"' 、
                   /:::::/ヽ:::::::::::::::::::ヽ
               /:::::/n  |ト:l_、:::::::::::::゙,
              ,'::::://_l  リィ|_ヾ;:::::::::::|
              !::::f ´・  / |・ `!::::::::::l
              l::::l `ー′ `ー ' l::::::::/
              ヾトト、 △  u ,从jy'     (うう・・・)
                 `'ーr::T´
                 rf「fレグヽ、
                   /|り:!/::::::::::ヽ.
               /::止:::::::::::::::::::::::l
                  j::::l|0l|:::::::::::::::::::::::l
              /:::::::l|0l|:::::::::::::::::::::::l
              ノ::::::::::::l|0l|:::::::::::::::::::::l
                j::::::::::::::::l|0l|::::::::::::::::::::l
             j:::::{::::::::::::::l|0l|;/:::::::::::l

      アンナの夫・NKVD高官 スタニスラス・レーデンス




70 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:15:21 ID:0vsnIIrU0





   /   へ  ヘ へ、        zノ  /
  ./ ∧    \  \ ` _        イ
  ∧ / 厶     > <¨ ̄_____/ Y
 |  l  、 ゝー― ‐=笊=气、   {i    i
 |  ,'  > 、     爪!z:つノ    |彡、  、
 、 l '¨ 爪Y: : : : : : ー⌒ ¨     ./ : l   ゝ          ごめんなさいね、
  .\l  ハ茄リ ,               ./   \         今日はわざわざ晩餐に招待していただいて。
     ; ー'       .,       。ィ      `\
     ;      _  ノ       / l         ヽ、    本当ならこちらから祝いの席を設けておくところなのに。
      ;               | l ノ           }
       、             .|    ;        |    二つの人民委員に就任なさるなんて、
      l \        ,    .|     ;       |    まったく珍しいことですのにね。
      / ;    >  _.イ   .    |_ √>、        \
     l /         |    <¨____>、       、
     l ;       ;  . |  , ⌒' <       ヽ入
     ヘ       ;   l ィ' / .::     :'::    ∨
      .l       ィ< /'::    :::;       '::l
      / ‐、_ _ > /...   :::::'    :::   :::. |



              , -' ̄ ̄ ̄``ヽ
              /  / l\    `、
           /   /,-、 | |\    ヽ
           |  /,┬   |┬ 、   |
           |  | 、___     ,'   |
           |  l/  l 、 `ー' /  |
              |  |    l |   /  /     あれ?そういえば・・・
            " ',   ,,/__,,-' / /
              |   |i 人
             r''l   |ソ  \
            / ,-‐'' ヽ  ,  \
           //     Υ    l`、
          //       l    ,l ヽ
         ,イ<            |  |
        /  ヽ、          /l   |
      /     ヽ、       / |   !
     /     |   ヽ、__/   ! _,-''
    /  _____r'――――――-二Г





71 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:15:50 ID:0vsnIIrU0




          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /::::::::::::::::::/ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
        /:::::::::::::::イ:/   ',::.ヘ::::::::\::::::\::::::::'.,
          /:::::::::::::::/_!i__    ',:', \::::::::\::::::\:::::',
       {:::::::::::::::/ |! \  !| ̄`\:::::::::::::::::::::::::',
       i:::::::::::::::i  iヘヽ   i:! , ヘ. ',:::::::::::::::::::::::::i
       |ヘ:::::::::::K  i!!.    !i′i!!  ',::::::::::::::::::::::::|    ヤゴダも逮捕される前は
       i .',:::::::::.! ---′  i! ー-′',::::::|:::::::::::::::!
         ',:::::::.ト.、    i|  !     ',.:::i:::::::::ヘ:::ゝ   内務人民委員と通信人民委員を
         ',:::::::!       `        /:::::i',::::}',!/
          ',:::::ヘ     r--、    .イ:イ::/ !/ .!      兼任していましたね。
           !::i.:::::\     ̄   /|/ .i/  !
            レヘ!Nヽ `l: 、 ,. ィ: : : :ト i
                /|: : : : : : : : ://:::\
              /::!i       //::::::::::::\





72 :名無しのやる夫だお:2013/12/26(木) 21:16:06 ID:KMW3gLn.0



あっ(察し)


73 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:16:10 ID:0vsnIIrU0




.      / /     |        /      ヾ  ヽ
     / /   i  ハ      | /  |      ',  ',
     , /i    | |‐-|__ |   /_/-|‐ハ |    i  i
     l .ハ    ヽ|  ヽハ  /.l/. |/ | ./  .  |  |
     ∨ ',.    |  ○  ∨   ○  |/    | |  !
        ヽ| \ヽ           /   / | /  ,'
         |ヽ r-        u ∠ イ /| /|/  /     ・・・・・・
         |  ト     r‐、    //,/'ィ /l/
         ヽハ、 ` ー-  二 _ -イ-、/|/'´
               / /  /   | ヽ、
            ,,‐'' ||/ヽ  | ヽ  |  /ヽ
           /   |   \/   \| {!  V



                 /: : : : : : : : : :,: : : : : : : : : : :\
                /: :/: : : : : /: : |: l: : l : : : : : : : : ヽ
               ,.' : : /: : :/ : /: : /|: V: :ゝ: : ヽ: : : : :∧
                / : : /: :/: : :イ: / _>、ト、: :ヽ\ l : : : : ∧
.              / / : |/ : /, ', '.ィ≦zャ¬ヘヽ:\\: : : : : ',
            |: |: : :|: :r≦彡'´{ケィヤ乏ノ }|: :` ‐\ ニ=‐: |
            |: |:l : レ沁厂i}==ゝュ__/ | | : : : : : : : : :|
            |: |:ゝ ゝ二.ノ         | l: : : : : : : : : : |
            ヽ|\\三ゝ 、        | |: : : |: : : : : |: |   ・・・・・・
               ト ム  `,........._   U | |: : :|: : : : :|: |
               , ‐''´\  ‐       | l: : : :|: : : : : :|: |
              / , \ ヽ      /| |: : : l|: : : : |: l: :|
            / _、ヽ  ) }ゝ_ .  ´ / |: : : ||: : : : |: |: :|
          /    lノ / /イiノ∠┤   //||: : : ||: : : : |: |: :|
           , '    ノ'‐f´ァ'´l_/   | // ||: :|||: |: : :|: j∠
        r<  `T7 _  イ    / ,| l/l : | : :| :|| l|_ 斗 彡¬__
       / \_'_/_」/  」  〃"´j |レ|: :|: : l_」l斗z彡' / /`ー、
        /     // /  <   / ┌一|' |:/L:ィ  / -‐/
      ,     // ∠  イム  {`ヽ |   l′ l/ / / /
    /     ' '     ' ∧| 丿/   / /     /     /
   /{      | | /   l { ム.|//   / /       /    /





74 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:16:37 ID:0vsnIIrU0




  / 、  l|;|   ||   ̄Tー;;::::::::::::::|i::::|:   ::::::::|  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
  .l r'|  !    |\ ___l_ .゙`ヾ、::::||:::::|:  :::::::|| ::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l   |
  | |:::|       ユ__ヽ_|_ _``丶]ト.、:|::  :::::|:| ::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   ,i
_| :::::|         ./ヽ,___,,ノ゙`゙、::||べ.ト、: :::::|::| ::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'‐┴-‐';'
/゙ l, ::.        _.|つ;(●);;⊂i `'ト.、:ヾヽユ::i:ヽ、::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  l、        ::....``-、;;;_;;./ .::l.:::::::::`ヽ;:::i ::ヽ、::ヽ、:::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::/"
   ヽ   し   ::::::::::::::::::::`゙::`:::::::::ヽ:::::::::::::`-`/゙i二コニ―-、ヽ;;;_:::::_;;;;;;;;‐''"
:  ::l゙lヽ、     :::::::::::::::::..    :::::::::::`:::::::::::::::::/゙T゙"'シッ,ミニ、::::`:::::::::゙゙゙,ン'
:: ::::/::l ::l     :::::::::::::::::::::::.... ::::::::::::::::::::::::::::::::i`(●)";;/ヾヽT――ー'"
;;/::/ヾ、:|     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::`゙-.、;;_;;/ .:/
;;;;;;;/"'' ̄" ̄ー-,,, ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  |:::::::::::::::::::`:/
  \\ | l i 川 | l i川 | l i川 | l i 川 | | l i川| l i 川//
   三                               三
   三 アホ!縁起でもない名前を出すんじゃないわよ! 三
   三                               三
  // | l i 川 | l i川 | l i川 | l i 川 l i川 | l i 川 |\\



                ,、 '"´ ̄ ̄´"' 、
                   /:::::/ヽ:::::::::::::::::::ヽ
               /:::::/n  |ト:l_、:::::::::::::゙,
              ,'::::://_l  リィ|_ヾ;:::::::::::|
              !::::f ´・  / |・ `!::::::::::l
              l::::l `ー′ `ー ' l::::::::/
              ヾトト、 △  u ,从jy'     (あ!ご、ごめん・・・)
                 `'ーr::T´
                 rf「fレグヽ、
                   /|り:!/::::::::::ヽ.
               /::止:::::::::::::::::::::::l
                  j::::l|0l|:::::::::::::::::::::::l
              /:::::::l|0l|:::::::::::::::::::::::l
              ノ::::::::::::l|0l|:::::::::::::::::::::l
                j::::::::::::::::l|0l|::::::::::::::::::::l
             j:::::{::::::::::::::l|0l|;/:::::::::::l





75 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:17:11 ID:0vsnIIrU0




     ,z‐- __      __ -‐=、
     l     >,ヘ<     l
     !  _,. -‐ ー' = 、   l
     〉i '´ ,ュ         ヽ イ、
    / / / l          ヽハ
    i ,/ /  ∧   \   \ i !
    l l  | , -‐‐ ヽ、  >‐-、 >l
    | i. |        ̄ `ー-‐ ´!l. |       あはは!
   ノ 〉-l ,z==、   ,==、 /ノ l       そういえばそんな男もいましたわ!
   / /ゝ、l    _'_     / )〈
  んl  l `!    |'´  ! U /-1 ヽ、      まぁ、ヤゴダは結局やる夫のご期待に
   〉j   ) `> _ `ー'_ ,. イ  ヽ  ハ      答えられずくたばっただけですもの!
  /〈  (/⌒,ヽ- |  ̄|=-r'⌒ヽ )〈 l
  ((  / /:::::::`i‐v=!´:::::ヽ  ヽj )j      ニコライさんならきっと
    'ーz__〉:::::::-{:::::ノ-=:::::イ __ >        やる夫のご期待に応えられるはずよ!
       ト_イ!::::::::::;个、::::::::ノ!レ|
      ト_/`7:::::| |::::::ヽ   lメ!
      レ'  ヽ、| レ '´  iノ
     / lニ=z!    iェ=ニl ハ
     //ー- 、    _z-、ヘ



            / /イ ! : : : : / : : : : : /: : : : : : : /: :/   ! {: : :'、 : :!: 、 : : : : i: : : : : : : i
         / / { : j: : : : : j: : : : :/ : : : : : , ';´: , ´     ぃ: : : ヽ: : : :、: `、 : : !: : : : : : !
           |: i !: |: : : : : }: : :, ' : : : : : _//:/    _ -ヘ:\: : 丶: : \ ヽ: : :!: : : : : : :'、
         V!  |: : ! : : : : | : /: : :_:x≪._/: '´  , _-‐ ニ-‐¬二≫ヽ: : :\: : ヽ、\}: : : :丶 : ヽ
         `\j: :∧: : : : ! /:_/!`トfミy' 〈   ´, ´ _f汽_モ无[ ̄´ム≫xヘ:ヽ、: :`: `二ニ=-ヘ : : 、
               |: :| \ : :l/:/ユ:个近土ハヽ   j  ^' 弋仁ヅ-‐' }r'⌒¨7く: :` ¬`=-: : : : i:ヽ: `、
           j /}  _厶: V'´ j: !  !{rル'^ヽ {_     |i|i|i|i|i ,    , ハ}: : : : |: : : : : : : :!: : `、:ヽ
          __厶`二、__ヽ\{ : : !   ‘7゙}  `い        . ′  //. : : : : : :l : : : : : : : !: : : ぃ :',   ・・・ああ。
         , -'-‐ ´,  }  }`トjミーヘ-‐ ´ /    ` ー----‐ '´  /:/,: : : : : : !: : : : : : : !: : : :!:ハi
          } \ 、__{   {  ' j !: : : :∧  〈        し   ー=イ://. : : : : : : : : : : : : : : :|: : : イ l }   応えられるよう
.       !  _`ニ^}  j  / ,´ { : : /: : >、 `丶 ^        u    /:/ ' : : : : : : : : : : : : : : : : !:/´:!: ! ′  全力を尽くすよ・・・
       j  -‐ 7  / , ' ハ }: :/: :/ : : \  ー. - 、__       ':/ .イ: :/: : : : : :, : : : : : : : :i: : : : !: }
         {     ぃ{_,′'^ー'   !:/: : ': : : : /゙ヽ `ー- `     /:/'´/: /: : : : : : '  . : : : : : : i: : : :_jノ
         !     { `ー'    ,: : : :j: : : 〃 : : _:_〉、        イ:/ /: /: : : : : : :′. : : : : : : : !: : : /
.        !    ヽ     / : : : {: : /厶イ/   `ー-‐¬'´ !{  ' : ': : : : : : /. : : : : : : : : :!:/
       j        }     /: : : : _j/ , '´        ハ l:| }: :i: : : : : :/: : /: : : : : : : :ル{__
      ,{      ノ    イ{: : /    {rヘ      /  !V`V: : |: : : : :/: : / : : : : :_:/ / } `ヽ





76 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:17:36 ID:0vsnIIrU0




           ___
       ,.  '´: : : : :\三二ニ=- 、_
      /: : : : : : : : : : /⌒ヽ=- 、-、`ヽ、
    /: : : : : : : :/: : :/: : : : : : : : : : \\:\
   /: :/: : : : : :/: : :/: : : : : : : : : : : : : ヽ::\:ヽ
.  /: /: : : : : : :./: : :/: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ:::}: :i
  /: /: : : : : : :./: : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : V: : |
 ,′: : : : : : : イ: : :/: : : : : : : : :.!: : : : }: : : : : : i: : |
 !/!: : : : : : : !:|: ,ハ: : : : :.i: : :./:,ハ: :/: : : : : : :.|: :.|
  |: : : : :i: : :∨\ハ: : : :|: :./∨ ∨i: : : : : : :.:|: :.!
  |: :/: : |: : :|卞Zミ.ヽ: : :レ' -=≦´|: : : : : : : |: ,′
  ∨ |: :.ト、:.:|弋z少′∨  下化 } }: : : : : : //
    \|:/V            `ー '/: : : : :|: /: i      (よりにもよってあのヤゴダと
     |: /: :.ヽ、    ─(    厶イ:.:.:/レ': : |       同列に扱われるなんて・・・
     レ'\: : :.`  .       ,. イ: : /!: : /V
       ∨∨∨ >‐¬ 7´,ハ レ' レ'         なんて失礼な殿方なのかしら!
          r ∧:.|   /=、:.:./ニ=- 、          そんなだから出世できないのよ)
       / ̄j:.:レ'リ_/:.:.:.:∨:.:.:.:.:./ヽ
      /   /:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,′ .i
    /   ./:.:.:.:.:.:.:{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.j   |
   /     ,/:.:.:.:.:.:.:.:.} :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. {   |



  l   / /l          \.ィ
  \ / ,/  ! ,ィ'     」└  ヽi
   とi  ,!  ∨!      ┐「   レ,l
   l   ,i   l ト、        / 'ノl
    l、 !\   !l \      _...  ∠. !
   l ! l -‐-..丶_ `' ‐ .,ィ_´__.. ィ_i´ l
   i \ ! ______.. `   '"_ェ==F、l'、ヽ i
   丶 r'_!┬‐ 'て,    ゝ ,, `シムノ !     (くっそ・・・変な空気になっちまったわ。
    '、ゝ_i ゝ''...ノ     ゛''''".イ ' \
    ノ   ゝ.     、   /! '、   ヽ    これも全部あほレオニードのせいよ!)
   /   ,.ノ ` '' ‐-ュ─т" __く  _)   ノ
  /    {__....., _...ィ´く   メ´"/-i く   /
  `ー-‐,   (/  >' ,ニr‐-く  l   /
      /   r┘ ケ  !,'、 ィ゛ L..._`)





77 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:17:59 ID:0vsnIIrU0




三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一


       巛彡ミミミ彡彡
       巛巛巛巛巛彡彡
       |:::::::::        |
       |::::::::  ___、 ,_,l       たとえどんな汚い仕事をしても
       |:::::::   ___、 , 〔__、{       やる夫からは賞賛の言葉しか与えられなかった・・・
       |(6  `   _ 」 }
       | l  ┃' ー-=-'┃       だが、神の戒律を何千回と破ったがために、
       |  、  ┃ ⌒┃!        私はこの世を去るのだ。
      |`ヽ、 ヽ、 ━━/
    /ト、     フ.7:`ヽ、_
  /::::::::| ~''x‐''''~~ /::::::::::::::`ー
/::::::::::::::::| ,,イ;;;;>、 /::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::| /:::::| /:::::::::::::::::::::::::::::::

 前内務人民委員
       ゲンリフ・ヤゴダ



       巛彡ミミミ彡彡
       巛巛巛巛巛彡彡
       |:::::::::        |
       |::::::::  ___、 ,_,l
       |:::::::   =・ニ , 〔・={      エジョフ。
       |(6  `   _ 」 }      君もいつか、神の存在を「知る」ときがくるだろう。
       | l  ┃' ー-=-'┃
       |  、  ┃ ⌒┃!      先に地獄で待っているよ。
      |`ヽ、 ヽ、 ━━/
    /ト、     フ.7:`ヽ、_    社会主義の勝利万歳、党の団結万歳・・・
  /::::::::| ~''x‐''''~~ /::::::::::::::`ー
/::::::::::::::::| ,,イ;;;;>、 /::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::| /:::::| /:::::::::::::::::::::::::::::::


一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三





78 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:18:35 ID:0vsnIIrU0




                 /: : : : : : : : : :,: : : : : : : : : : :\
                /: :/: : : : : /: : |: l: : l : : : : : : : : ヽ
               ,.' : : /: : :/ : /: : /|: V: :ゝ: : ヽ: : : : :∧
                / : : /: :/: : :イ: / _>、ト、: :ヽ\ l : : : : ∧
.              / / : |/ : /, ', '.ィ≦zャ¬ヘヽ:\\: : : : : ',
            |: |: : :|: :r≦彡'´{ケィヤ乏ノ }|: :` ‐\ ニ=‐: |
            |: |:l : レ沁厂i}==ゝュ__/ | | : : : : : : : : :|
            |: |:ゝ ゝ二.ノ         | l: : : : : : : : : : |      (・・・この世に天国も地獄もあるものか。
            ヽ|\\三ゝ 、        | |: : : |: : : : : |: |
               ト ム  `,........._  U   | |: : :|: : : : :|: |       我欲に溺れて破滅し、非科学的な妄想に
               , ‐''´\  ‐       | l: : : :|: : : : : :|: |      逃げた負け犬の裏切り者め。
              / , \ ヽ      /| |: : : l|: : : : |: l: :|
            / _、ヽ  ) }ゝ_ .  ´ / |: : : ||: : : : |: |: :|      お前なんかと一緒にするな。
          /    lノ / /イiノ∠┤   //||: : : ||: : : : |: |: :|      党は僕を必要としている)
           , '    ノ'‐f´ァ'´l_/   | // ||: :|||: |: : :|: j∠
        r<  `T7 _  イ    / ,| l/l : | : :| :|| l|_ 斗 彡¬__
       / \_'_/_」/  」  〃"´j |レ|: :|: : l_」l斗z彡' / /`ー、
        /     // /  <   / ┌一|' |:/L:ィ  / -‐/
      ,     // ∠  イム  {`ヽ |   l′ l/ / / /
    /     ' '     ' ∧| 丿/   / /     /     /
   /{      | | /   l { ム.|//   / /       /    /





79 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:19:06 ID:0vsnIIrU0




           /: : : : :/: : : : : ://: : : : : : : : : : : : :\
          ,' : : | : ': : : :///: : : _: : -―: : : : ヽ: ヽ\
             ': : : :|: :|: : : l´/: : : /: : : : : : :/ : : }: : :\
         / :l : : l: :l: : : l´ニニニ: :-: : : : :/: : :/ / : l: :
         /: :l: : : :ヽl: : : |二_:―――: : ´: : /: /: : :|: :
        /:/: l: : : : : ゝ: :l:|ヤッ≧==、―‐ァ:/: :イ : : /: :
.        / / /: l : : : : : : ヽトト弐  jトヽ=彡'_ ,r≦メ: : / l: :
      /:イ / : |: : :l: : : : : : :ゝ-  -=テ¬元ソ/: ∨:/l /
.     |:l l: |:l: :|:l: : |: : : : : : : :\---‐ ⌒i{ 彡 : : /l///
.     l|l l: |:l: :| l: : | : : : : : : : ヽ ヽ、 、  冫メ --彳´/´    (大丈夫だ・・・大丈夫さ)
.     'リ l: |:l: :| l: : ヽ: : :ヽ: : : : :vl-`、、´/: : : : :l|
       _∧l」 -ゝ……―- 、: :i: :lリ` ィヽ : : : : : l l'\
    /. ´  ______`" ‐<lム: l : : : : l|:|
.   /l/  /         `  、 \>: : :/: :l.l:|
. / /  /                \ \/l //ノ'





80 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:19:43 ID:0vsnIIrU0




                              ______
                         /           \
                       /              \
                      /  ――     ――  \
                    /   ,.-‐-、     ,.-‐-、    .\
                   /     (┃)       .(┃)     \
                     |        `ー一     ー一′     |
                     |.       /     i     ヽ       |
                   \.     ヽ.__人__ ノ      ./
                    \                  /

                  ________∧_________
               /                           \
               |                              |
               |       大丈夫だ。心配するな。        |
               |                              |
               \                           /
                  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




82 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:20:20 ID:0vsnIIrU0




                       ________________
                      /
                    <       エイヘ。
                      \
                        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


              _
           ,. ''´. . . . .`. .、::
         ,. -'‐.、;; : : : . . . . . .`ヽ:
         :/: : : : : ,ヽ;;. : : . . . . . . ー 、
      ::,ノ: : : : . : : : v'': . .、 . . . . .`.ー 、 ::
       /: : : : : : : : r‐''"゙i. .ミ . . . . . . .ヽヽ :
       :{. . ー'彡. .ノリ    !. .ミ . . .ミ . . .ヾソ :
      :,}: : : : : :ソ   u  ヽ八 . . ヾ. . . . )
        f : /゙ヾ / ,.-、_ ノ' ,)ノン=). . .i'::
     ::V l iヘ.リ ´- =・=ー'、 k=・=, {ソ.ノ :
      ノ, ヘヽ 、  `""´〈 : l `" ノ        ・・・・・・
       :{f /{Kーi ヽ U  ,  , l ,  ,! ;;
   ,,. - 'l.l  ヘヽ 、 i  /_´__`.ー', /'' ー- へ , 、_ ,、
‐''"    ',',   ヽヽ\ ゝーニ ̄‐ .イ!     ヽヽヽヽ ヾ.、'ヽ.、
       ヾ.、  ` ` ミ.、     ノ,リ      ヽヽヽヽヽ.、 } i
        `'\   ',r‐ミー─''//        i i__i_i,,..' '‐'ノ

 農業人民委員・政治局員 ロベルト・エイヘ





83 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:21:04 ID:0vsnIIrU0




                 __
              ,.. . ''´,,,. ー''´ ̄`ヽ、:
        ,. -': :─-: :'',,''";;.. . . . . .  ̄ ヽ
       /: : : :'':'':',.─--ヽ: : . . . . . . . . . i::
        :i : : : : : : |     |:i: i. . i. . .i! . . . ゝ:
      ::} ノノノノ , ‐- |:| |!. .i!. . .i! . . . . .}
.      :/: :´:´:´:l ,, - .,,_ヾ:{ゝ.{ゝ. . . . .. .V::
      /: :/⌒i :/ ;; z≧。-=ァ' j-`ニヽ. i . }
.    ::{: : !i.λl/i   ー--,'' i. {=。-=ソ , ノ:  し、しかし同志・・・
     :ヽ∧ヽ  ゝ  U  i  : ! ー イノ´::
      ノ: :ゝ_i   ヽ   ,   ; |  ,ノ      恐ろしい野蛮な噂が跋扈しているのです!
     ::〉: : :{ | u  !  /  ̄`ー'、u./:      わ、私が党を裏切ったなどと・・・
      : l从从 、   / _ --= 、 ; /::
        V ヘ  \     ̄二¨ '/        今一度私の個人的な問題をお聞きください!
  __ n/   ヽ\  ヽ. u    /:        私は今までなんら一切二心なく誠実に働いてきました!
 ̄    l l.    ヽ\ ゝ、 __,,ノ::
     ヽヽ   (,,.-、ヽ 、_,厶イィ          ま、ましてや同志やる夫の教えに違えたことなど一度も・・・っ
        ヽヽ.    } } i. f r‐-i'::        私にまつわるあらゆる噂は何の根拠もないでまかせなのです!
       ヽ` ー- '',ノ i i! { ノ`!,,_:
,,_       ヽヽ ̄  //lゝ-ァ/   ヾー'ヽ,,-、





84 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:22:03 ID:0vsnIIrU0




           ___
           /⌒ ー、\
          /( ①)  (①)\          ならば何も怯える必要などないではないか。
.      /::::::⌒(__人__)⌒::::::\         エイヘ、私が党員を不当に評価したことなどあったかね?
  cー、   |     |r┬-/ '      |⌒,一っ    何を心配しているか知らないが、杞憂というものだ。
 ,へ λ \    `ー‐'      / 入  へ、  さぁ、安心して職務に戻りたまえ。
<<</ヽ                     /\>>>



              _
           ,. ''´. . . . .`. .、::
         ,. -'‐.、;; : : : . . . . . .`ヽ:
         :/: : : : : ,ヽ;;. : : . . . . . . ー 、
      ::,ノ: : : : . : : : v'': . .、 . . . . .`.ー 、 ::
       /: : : : : : : : r‐''"゙i. .ミ . . . . . . .ヽヽ :
       :{. . ー'彡. .ノリ    !. .ミ . . .ミ . . .ヾソ :
      :,}: : : : : :ソ   u  ヽ八 . . ヾ. . . . )
        f : /゙ヾ / ,.-、_ ノ' ,)ノン=). . .i'::    同志やる夫・・・
     ::V l iヘ.リ ´- =・=ー'、 k=・=, {ソ.ノ :
      ノ, ヘヽ 、  `""´〈 : l `" ノ        し、信じてください・・・私は何も・・・
       :{f /{Kーi ヽ U  ,  , l ,  ,! ;;
   ,,. - 'l.l  ヘヽ 、 i  /_´__`.ー', /'' ー- へ , 、_ ,、
‐''"    ',',   ヽヽ\ ゝーニ ̄‐ .イ!     ヽヽヽヽ ヾ.、'ヽ.、
       ヾ.、  ` ` ミ.、     ノ,リ      ヽヽヽヽヽ.、 } i
        `'\   ',r‐ミー─''//        i i__i_i,,..' '‐'ノ





85 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:22:51 ID:0vsnIIrU0




ロベルト・エイヘは最高幹部の一人であり、大粛清の実行者の一員であった。

経済機構に対する猛烈な粛清に辣腕を振るい、さらに西シベリアにおいて未曾有の大弾圧を引き起こした。
党の方針を信じ、忠誠心を示すために・・・



               __
            /`´: : : :\  _ ........._                         r- '⌒ヽ
          , -イ:.:.:/{{`ヽ-: : :ヽ .ア:__,.へ:::`ヾ                _ノ゙ヾ、   .j ,___ぅ^′
__     /:.:.:.:ゞ/rx__r廾>ヽ: }ア::ノ,zz  __ヽ<, -へ__     , --- 、-{:.:.:; -'ー 、 / l
: : : : :>-- '´_:.:.:.:.:.:.:.:.L..」└‐┘!/}:_/ ゚-  ゚ ' ハ:.:.:.:.:.:.:.:ゞ´ ̄>´::::::::::::::::::::ヽ/:.:.:.:.:.:.:.:.:\__l   __
    }:.:, ´: : :`丶: : : \ー`,. イ:.:il:.:ゝ!  [二l ハi:.i:.:.:.:.:.//<__::::::::,、::::::ヽ:::l:.:.:.:i:.:.:.:.:.ト、:.:.:l ア ̄r---
^~`ヽレ′: : : : : : :厂`Lア二,イ:V ヾ__ヽ  .._ イlr.ヽ>`. . . . . . .く/V xz-↑L:.:.:ト,__/二_/   /
:::::::::::l: : : : : : : : : /  </ヽ/`ヽ/     ゝ..__/. . . . ,、. ,、_ト. .ミ __゚- .r '::::}:.:「 x. -゚イ_ /
:::::::::::ハi,、,、i: : : /         .l   i      Ⅵ. . ノ-イ r. Lト'ー 'イ⌒ヽヽ-< rっ':.:.:.:.ド、
Aヘ::::j__Lヽ_r-ァ'        ./ j   i      ヽVr┘・` _ー レヘ V⌒′'. ト、!:.:.:ト¨´:.:.:.:.:.ヾ:.:.`l
.゚ ' r ':::::}  ア       /}  Y⌒ヽl        >- 、.ー'イ´`ヽ L_.ノ! ! ハ:.:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ┴- 、
-‐'´:::/:::| ∠_      ∠、 丁]  .厂      r ⌒7:.:/:.`¨´:.:.:.:.:.:`ヽ__l .l  厂ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
::::::::::):::/:.:.:.:.`丶__  j.  ヽ !/  ,l        ヽ  !V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'.:,/l`\! l  /r‐┴ 、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:::::::> '::::::::::::::::::::::::::::V- 、   './  / !  , -=  ̄ ̄^\ `!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ ヽ-l .//ノ:.:.:.:.:.:.:. ̄`ヽ- ...._
::/::::::::::::::/:::::::::::::::: {   ヽ  l ./| }/:::::::::::::::::::::::::::::ヽ `ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.L_ヽL) /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}: : : :/:



しかし、結局は彼自身もまた「肉挽き器」の中に放り込まれることとなる。

1938年4月29日、ロベルト・エイヘ逮捕。ルズタークに続く現役政治局員からでた2人目の犠牲者となった。





86 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:23:44 ID:0vsnIIrU0




着実に、死刑執行人の側にも粛清は加速していた。



           /: : : : :/: : : : : ://: : : : : : : : : : : : :\
          ,' : : | : ': : : :///: : : _: : -―: : : : ヽ: ヽ\
             ': : : :|: :|: : : l´/: : : /: : : : : : :/ : : }: : :\
         / :l : : l: :l: : : l´ニニニ: :-: : : : :/: : :/ / : l: :
         /: :l: : : :ヽl: : : |二_:―――: : ´: : /: /: : :|: :
        /:/: l: : : : : ゝ: :l:|ヤッ≧==、―‐ァ:/: :イ : : /: :
.        / / /: l : : : : : : ヽトト弐  jトヽ=彡'_ ,r≦メ: : / l: :
      /:イ / : |: : :l: : : : : : :ゝ-  -=テ¬元ソ/: ∨:/l /
.     |:l l: |:l: :|:l: : |: : : : : : : :\---‐ ⌒i{ 彡 : : /l///   同志やる夫。
.     l|l l: |:l: :| l: : | : : : : : : : ヽ ヽ、 、  冫メ --彳´/´
.     'リ l: |:l: :| l: : ヽ: : :ヽ: : : : :vl-`、、´/: : : : :l|      お望みであった通りエイヘは逮捕されました。
       _∧l」 -ゝ……―- 、: :i: :lリ` ィヽ : : : : : l l'\
    /. ´  ______`" ‐<lム: l : : : : l|:|      これで状況はさらに好転することでしょう。
.   /l/  /         `  、 \>: : :/: :l.l:|
. / /  /                \ \/l //ノ'



          ____
        /      \
       / ─   ─   \
      /( ●)  ( ●)    \     ん?それじゃまるでやる夫が命令したから
      |  (__人__)       |     エイヘが始末されたみたいじゃないかお?
       \ ` ⌒´       /     なにか勘違いしてるかもしれないけど、
        /  ー‐      ヽ      やる夫は何もしてないお。
       /            `





87 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:24:14 ID:0vsnIIrU0





             ____
           /   ― \
           /   (● )  ヘ\
        |   (⌒   (● ) |    この結果は奴自身の所業のしからしめるところだお。
         ヘ     ̄`、__)  |
           ヽ           |    奴は結局のところ、党の方針を利己的に利用したんだお。
         , へ、      _/     乱雑な党員の弾圧を実施し、無闇に損害を積み、
            |          ^ヽ      党の利益を害したんだお。だから逮捕されたんだお。
            |      1   |





88 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:24:53 ID:0vsnIIrU0




       _-―――- 、._
     ,-"´          \
    /              ヽ      同志諸君も肝に銘じておけ。
    ./       ::::::::::::::::::::::::ヽ     党の裁きはいかなる立場の者であろうと差別しない。
   |      :::::①:::::::::::::::::::::ヽ
    l       :::::::::::::::::::::::::::::::::;l    責任ある党員は、党の要求する職務を完璧に遂行せねばならない。
   ` 、        (__人_) .;/    それができぬ者を党は必要としない。
     `ー,、_         /
     /  `''ー─‐─''"´\





89 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:25:13 ID:0vsnIIrU0





         /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        /: : :            \
       /: : : :            \
     /: : : : : :              \
    / : : : : : : : ..               \    そして、党を離れて人は正しくあれない。
    |: : : : : :  ,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,        l
    |: : : ::;; ( (・) ) ノヽ ( (・) );;:::    |    あのトロツキーでさえこの本質を理解していたのだ。
    |: : : : :  ´"''"        "''"´       l
   . \ : : : : . .(     j     )      /    役に立たない者は裏切り者とおなじだ!!
      \: : :: : >ー-‐'=ー-ー<    /      党の権威を借る者は、完璧に職務を遂行しなければならない!!
     /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
     : : : : : : : : :``ー- -‐'"´      \
     : : : : . : : . : : .                \





90 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:25:58 ID:0vsnIIrU0





             人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人
            <                                           >
            <   職務を遂行しろ!!役立たずは殺せ!!              >
            <                                           >
            <   無能な幹部は不要だ!!                       >
            <                                           >
            <   そいつが言い訳をする前に頭を撃ちぬけ!!           >
            <                                           >
              YYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY

             / ,    / /    ィ   !l l 、 \  ヽ lヽ
          / /  ,   / / /  // |  ノ| l | v|| | ヽ  | ! |
            / / / /_/ / 〃 彳  丿/ !ノノ 」l-‐|| | ! |
        / / // / 〃≫≦´ 、j__/ァー=ナ≦_j{、ハ ! |  ′! |
          / / -/―一||汀卞、 、 レ /-≠ンf卞、¨j{》!、\! / ||
.        / / /l l l| ||、V{_)ヽVi'´   /  Viノ ィ!'ll >、 メ、 |l       ・・・・・・
      / / / j| ! | liミ=i‐‐/ヘi /  ミ=キ¨´|ノレ' / ̄` | {
.      i / / .!ノ ! ゝぃ  レ'゙  ノ丶    ーヘニ ィ /{  || | !
.      レ '   ! `iー‐t<_,  、   u  |||||-ャ彳 | l  || l !、
.      l  l /l  || il|| ミ=-    ヽ `    し    Ⅵ  ! ! { | l ! \__
.      | ノ'  j  || |l||  i\U  、__   u  /v //!  } } い  { `‐-、_
      ,| {  .{  |V.l||  | { l\  こ二¨`    ' ∧/ ゙ , !{ {、ヽ丿    `丶、
    ィ´j !  ‘ 八 }!!   | | {  ヽ        ィ// ヘ// / ̄ ̄`く          ヽ、
   「 〈  ヽi    V  `}}{   い{   丶 __ < // /// /         ヽ
.   〉 \ |  ∧ 、小、  、 丶      \  // /// /          |



         ______
        r' ,v^v^v^v^v^il
        l / ─  ─ |
       i~^'   (・)   ・ |)
       ヽr    ⊂⊃   ヽ
        l      |    |      ・・・・・・
    __,.r-‐人      3   ノ_
   ノ   ! !  ゙ー‐------‐'"ハ ~^i
    ヽ ! ヽ、_     _.ノ  i  \
   ヾV /              ! / .入





91 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:26:19 ID:0vsnIIrU0




1938年5月3日、人民委員会議副議長(副首相)であったスタニスラフ・コシオールが逮捕される。

かつて農業集団化期にウクライナの飢餓地獄をモスクワに直談判した経歴があった彼も、
その後は忠実なやる夫主義者として大粛清に協力していた。



::::::::::::: /  l:::::l  ヽ:::::::::::>  ',::::ハN:::::::::::,
:::::::::::/____ハ/   }ハ/    ∨l ll 〉::::::::::, .
:::::::::/          `ー― l l ,::::::::::::::,
:::::::::l  --―一 '       ニ,. -┬、.::::::::::::::::|
:::::::::l    _. 二      衣c:::} ,::::::::ト、:::l
:::::::::l  仆:::::d       ゞ= ム:::::::| V\__
::::::::::、 弋h::ノ           ' l:::ハ:! \    \
::::::::::::\__       `      ,' .j:/ リ  ヽ     \
::::::::::::::く ̄           U / .イ     ,      ヽ
:::::::::::::::::ヽ      t:   フ   /  j       ハ       ヽ
::::/\ト:::::::ト 、.        /   /       l         ',
:、   \ト l >   .イ     ./          l       }
 \     \\ / /       /        l        |
   \     \>' /       /            l        l
    \     >'     /     /      /   ,'
      \ /     /      イ      /    /
        /     /     / / _____ /     /
      /     /     / /      ___/

人民委員会議副議長 スタニスラフ・コシオール



しかしウクライナに基盤を持つ大物党員であるコシオールの存在をやる夫は放置しておかなかった。
翌年2月、銃殺。





92 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:27:03 ID:0vsnIIrU0




                    .,..::´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                  ,..:::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                 ´. ̄ ̄ 7::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                     ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
                     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/l::::::::::l
                    ,':::::; イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ィ::::::::::::::::::/-‐,'::::::::,'
                   l/ ./:::::::::::::::::::.;:-ァ':::::::::://::::::::;:: </ィ=ァ::::::::/
                     ./::::::::::ィ::::::::ハム.ァ//:;-<ヽ_Lイソ'/:::::::/
                    /;: <´/:::::::;' ', ./イ/'´`‐---イ l、 /'´)::/ (ポストゥイシェフに続いて
                     ´   /:::::ィ:;'  ヽ         ┘フ:´:/   同志コシオールまで・・・
                       /:/ l/   ヽ  U _    ノ::/
                      /'  .,'     \    `, ァ´/      ウクライナに基盤を持つ幹部が
                       ._/       ,ヘ ,  ´ ./イ        次々と粛清されているのは偶然ですか?
                      /.__/       ,'- 、
                    / ,',ノ       ,l,>、_>¬         そうだとしても、私にはかつてコシオールと一緒に
                   /   l'       /o三    !         モスクワに直談判した経歴がある・・・)
                 .,/    l      /.´川     !
                //     l     /         l

                政治局員 ヴラス・チュバーリ





93 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:28:02 ID:0vsnIIrU0




:::::::::: ト;::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
::::::::::l ヽ:::::l\::::::::::::::::::::::::::::: ト、::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
:::::::::「`ヽ::::!  \::::::::::::::::::::::::! ヽ::::::',ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
:::::::::l.  ヽ::ト` .、ヽ::::::::::::::::::::',  ヽ::::',>:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
:::::::::!‐-  ヾ_>、 ヽ、::::::::::::::::l.-'´'ヘ::',  \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',     (それでも私はずっとやる夫に協力してきた。
;:::::::ト、  {i::;o::ヽ \ヽ:::::::::::::l´ r―ヾr=o<>;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',      今回の大粛清にだってそうです。
ヽ:::::! `ー-`=イ`_  \:::::::::', 'ニ‐  ゞニУ \::::::::::::::::::::::::ト ;::::::::::::',
l ヽ::l  {´ ̄  ̄  ヾァ‐-ヽ:::::::',   ̄ 丶   / \:::::::::::::::::l` ヽ`>、:',    だが、ウクライナで1万人を処刑した
.', ヾ  .ゝ、   _ノ」  ゝ,\:::',    ノ   ./ イ >::::::::::::::!  ヽ、      コシオールでさえ失脚してしまった・・・)
-ヘ      ̄ ̄    !    \', ̄ ̄  u /´ _ノ:::::::::ト ;::::l  /ヽ丶、
::::ゞ、    U     .l      `\    /<::::::;:::::::::::::l  ヾ     ヽ.>、
::::/ヾ 、          ゝ -         イハ:;::::::l ヽ:::::::::l X´    /ヽ  \
::/.  \\             し  .// λ:::::l  \:::::!   ヽ ,      、 \
/    \ \    ― ‐-     / /  / ヽ:::l  X.ヽ:::l    X      .><  \
      \ ` 、       , ' /   /  ヾ!.    ヾl   '  \.    '  `   \
        \ >     イ /    /





94 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:28:41 ID:0vsnIIrU0




           ,.ィチ三三三三ミt、
         /三三三三三三三ミt、
        /三三三三三三スfヾミミハ
      / 三三三三三/ヾニ゙jt、Yミハ
     /三三三三ミアlミ/   /ミ/ゞ'ニヽ、
   /三三三三三〈 レ'、  u  //  " .∧_)   同志ペトロフスキー!
  /_,,..-三三三三三「ヘ   '"   -、  ,!     NKVDは我々ウクライナ・グループを
   ̄    l三三三三ミミ| ヽ._   U     /     破滅させようとしているのかもしれません!
       lミ/l三,ミ|ヾミ|   `ヽ、    /
       レ゙ .|ア゙ヾj ヾ!   r――‐ '.       なにか・・・なにか打つ手はないんですか!?
          r-‐'ー------'=-、
          l:::::::_,,.. -―゙ヘ
         ノ::,,.ィ''"´::::::: l
       ,-='ニ"_____,,..--゙'-、
       L_:::::::::::::_,....__ヘ、
      ィ'三三三ニf ̄ヾ ̄ ̄´マ三ミム. `ヽ、
    /ニ三三三三| :: マ :: :マ三三ヽ、 \



             ,i /WN\
           /!/:::'::::::.:::::::::\、
        /::::::.:.:.:.::.:.:.:.:::::::.::::`ヽ.、
.       /!/:::::::::.:.:.:.::.:.:.:.::::.:.:::::::::::::::',
      /::::::::::;:--、:::::::::::::::::;へ::::::::::::',!、
     ト::::::/   \M/    ゝ:::::::::|
     |::::::彡           ミ::::::::::!
     |::::::l' _,.==、 ,.==,._ ';::::::::|
     /!:::/ ーニ・ニ>   :::.<ニ・=‐ ';:::ハ
     ト';:::l    '"´  ::::.``ー    !:レl !
     ヽ',::l:.       ::::     .:::!:!,'/        ・・・我々にできることはただひとつ。
      ',l::l::.    ヽ __,r    ::::l:レ'
      ';ト';::.  _____  ::::;'/l!         党の前に跪くことだけだ、同志チュバーリ。
       |! ';、 ´   二二ニ  ` :;';' |
       |  ';ヽ           /;'!           党はいつ、いかなる時でも正しいのだからな。
       /|j、 \     , '::::/ ト、
 __,. -‐/;', \   ヽ、_/:::::::/ !;:`ー-、
´:;:;:;:;:;::;:;:;:/;:;:;',  `ヽ、__ :::_,. -'´  /;:;:;:;:;:';:::`ー-- 、_
;:;:;:;:;:;:;:;:;:〈;:;:;:;:_',   /二ゝ、   /;:;:;:_;:;:;::';::::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:>'´;:;:',  ,ヘ     ハ、_/;:;:;:;:;:;`ーく::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:/;:;:;:;:;:;:;∨  〉ー‐〈  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ /    l /;:;:;:;:;:;:;:;/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;

全ウクライナ中央執行委員会議長
           グリゴリー・ペトロフスキー





95 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:29:25 ID:0vsnIIrU0




  l::::::::::::::::::|_!::lヽ::::::::: ハ::::::::::::::::::::::::::::::::i、::! ノ
  !:::::::::::::::::l-‐ェ!;ト ヽ:::::l ´!:::::::::::::::::::::::::::::l ` ヽ   幺ク 亡 月 |  ┼‐ .|] |]
  l:::::::::::::::::「(;;;)ヽ、__、::レ'´l:::::::::/l、:::::::::::::l   /   小巴 三l三. ヽ_ノ / こ o o
  !:::::::::/l:::l__,,,rタ"゙、;!)、__!::::/ノ 〉、::::::::l   \
   l::::/ lヽ!    _ _   l;/´u ! >、::l   /  自らの絶望的状況に絶望した!!
  ノノlヽ、_! U  r――‐┐   /_ノ:::|  /
    l::::::>、   レ,二二ェ! u /i:::::::::::l   ̄ ̄|_     /ヽ、  /\   /\    /
    l:::/ /::ヽ、 `ー-―-' ,ィ'::::!\:::::l    (ヽ、//\/   \/   \/   \/
    レ' ム-''´lヽ、  _,,./! ゙ヾ!__ヽ!    ヽ´ヽ、ヽ
            !   ̄     レ;'´  |  (,ゝ、 \ ヽ l、
        /| _,,.-/´  ;; .,,,-!  ヽ、 ヽ、 | | ! l
       / 斤'"〇 /´    ,;;:''" _,l_   ヽ ヽ/  l | l
      /; l、」_,,/     '' ゙;;/  ヽ、   〉  `ヽ  l/
      /!,r''´!/  /     ';,/"゙''':;,,,,;;'' \ /     ,!
    / l ,;;  |l  /`'';, ,,   /   ,;;''"゙''   l     /



1938年6月、同じくウクライナ出身の大物党員チュバーリが全役職を解任されて失脚、数ヵ月後に逮捕され、翌年銃殺される。



r‐┬‐‐,, ,,,、                    ,r,!r‐i、   ,,,-、--┬-┬-┬┬┐
|  l   | ゙│ヽ_       _,,,,,,,,,,,,,,,,----:-r,''i,|-、゙l''''''"゙″ .,,|  |  │ l゙ ,!  |
|  .|  |, `―‐'''''''''''''''"゙"゛          ||゙i、`'i、'-,.\,,_,,,、-┤ l゙  .|  l   | . |
|  l  |_\,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,ュ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,||,,,,,|,,,,,゙l,,,,,,,,,,,,,,,,,,,| |  l゙ .,,!  ,!  .|
|   l ハI I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I|  l  l | | |   |
|  ∥ .l|I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I | .l゙  ゙l ゙l|   | |
|   |.|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|l .l l ゙| l゙ .|  | |



大粛清の方針転換が探られている状況にも関わらず、本格的に粛清は党最高幹部らに波及しておりむしろ激しさをましつつあった。





96 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:30:14 ID:0vsnIIrU0




1938年は大局的に見て潮の変わり目である。
この年の粛清激化は終結へ向けたラストスパートであったのかもしれない。

だが、潮の変わり目において、粛清の緩和と激化の二重方針を課されたエジョフは強烈なプレッシャーに晒されていた。



                                                              ___
                   ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧               /\  / \
                 <                              >           /(①) (①.) \
                 <   NKVDの業務はまったく不適切だ!     >           /   (__人__)     \
                 <   乱雑な捜査で数多の無実の党員を    >          |      |::::::|  ノ(  |
                 <   粛清するのは、スパイに手を貸すのと   >          \     l;;;;;;l   ⌒ ,/
                 <   同罪だ!!                  >           /ヽ   `ー´   ィ⌒ヽ
                 <                              >           rー'ゝ       〆ヽ .)
                   VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV           ノヾ ,>      ヾ_ノ,ヽ}
                                                        ヽ ヽ|        ヽ_ノ



          ____
        /ノ   ヽ、_\          ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
      /( ①)}liil{(①)\       <                              >
     /    (__人__)   \      <  NKVDの業務はまったく不十分だ!     >
     |   ヽ |!!il|!|!l| /   |      <  例え無実の者が犠牲になっても       >
     \    |ェェェェ|     /      <  スパイを逮捕すべきだ!捜査の手を    >
     /     `ー'    \ |i      <  緩めるのはスパイを庇うのと同罪だ!   >
   /          ヽ !l ヽi     <                              >
   (   丶- 、       しE |そ     VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <



             / ,    / /    ィ   !l l 、 \  ヽ lヽ
          / /  ,   / / /  // |  ノ| l | v|| | ヽ  | ! |
            / / / /_/ / 〃 彳  丿/ !ノノ 」l-‐|| | ! |
        / / // / 〃≫≦´ 、j__/ァー=ナ≦_j{、ハ ! |  ′! |
          / / -/―一||汀卞、 、 レ /-≠ンf卞、¨j{》!、\! / ||
.        / / /l l l| ||、V{_)ヽVi'´   /  Viノ ィ!'ll >、 メ、 |l       ど、同、同志・・・
      / / / j| ! | liミ=i‐‐/ヘi /  ミ=キ¨´|ノレ' / ̄` | {
.      i / / .!ノ ! ゝぃ  レ'゙  ノ丶    ーヘニ ィ /{  || | !
.      レ '   ! `iー‐t<_,  、   u  |||||-ャ彳 | l  || l !、
.      l  l /l  || il|| ミ=-    ヽ `    し    Ⅵ  ! ! { | l ! \__
.      | ノ'  j  || |l||  i\U  、__   u  /v //!  } } い  { `‐-、_
      ,| {  .{  |V.l||  | { l\  こ二¨`    ' ∧/ ゙ , !{ {、ヽ丿    `丶、
    ィ´j !  ‘ 八 }!!   | | {  ヽ        ィ// ヘ// / ̄ ̄`く          ヽ、
   「 〈  ヽi    V  `}}{   い{   丶 __ < // /// /         ヽ
.   〉 \ |  ∧ 、小、  、 丶      \  // /// /          |





97 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:31:04 ID:0vsnIIrU0




   ――― クレムリン内のアパート、エジョフの自宅。


                               /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                            /  | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                          /    | |          |||||||  |||||||
                          |    | |
                , ――――――┴――――――――――――――――――
              / .|
             /  .|     llllllllll          llllllllll
           /    .|    ______   ________
          /        |   |:::::::::::::::::... .. .i|   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц  γ |~ヽ
        /    /|  |   |:::::::::... ... . ' ..|   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |  |  |
       /    /:::: |  |   |::::... .. . ''    |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||    |  |  |
     /    /...........|  |   |__..,        |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |_|_|
    /     , 1.|..,;;;, .,;;;,|  |   |;;.i|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||
  /    /:::| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; | ;;;;;;;;;||
  |.  ,,;   |......i| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц  γ |~ヽ
  |  /|  .| . ...| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |  |  |  ヾ;ゞ
ヽミゞ;;  |  .| . .| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||    |  |  ヾゞ:;ヾ
ミ ゞ;;ミゞ;;.. ;. |  ..| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |_|_| ヾ;/ゞ
ゞソミゝミゞ;;ヾ;:;;: . | | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||        ;ヾ ゞ;
ヾ;:;;:ヽミゞ;;ソゝミゞ;;. | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||      ヾ;;;ゞ ;;ゞ
ヾ;:;ミヽミゞ;;ヾ;:;   | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц   ヾ;;; ;;ゞゞ:;ヾ
;ゞゝヽミ;ソミゝミゞ;;,| | | ̄ ̄.|  |   |~''|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||     ヾゞ:;ヾ ::ソゞ
ミゞ;;;:;ソソミヾ;:;;:   | | ̄ ̄.|  |   |~''|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| ゞ:;ヾ  ゞゞ:;ゞ:;ヾソ





98 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:31:47 ID:0vsnIIrU0




    /       /         ノ |    \:ヽヽ
    ,′       ,′||  |    /|  ハ  |   V ',
   ,′ '     | ∧|ヽ _L |   、」._/ ヽハ     |
    |  {       レ1T二´、ヽ.| /|/|/二Tヽ|/ |   |
    | ∧ | ⅰ ト、レ○三ヾV|/ ´○三ヾ/ , ,′レ/
   レ'  '、ⅰ ∧ V レ{::::::リ     レ{::::ノ| レ / /くヽ
      ∧ V{ >\.ゝ─'     ヽ─'/  //  ∧     おかえりなさい・・・って・・・
      |イ\Vヽ ヘ      '    ∠ ィ /  | ハ|
        ヽ∧  ∧|ヽ、     ̄    ノ ノイ  /|/
          \{ { /|ァ  、 _,.  イ/|/}∧/´
             V    |       |



                         ______
                    .  ´.:.:.:.:.:.:.:.:.``丶、
                     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.
                  /.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.}
                     i:.:.:.:.:.:.:.:{.:.:.:/.:.:厶二、:.:.:_:.ハ
                     |:.:.:.:.:.:.:.:ゝ:.{:.:.i「{^]テ〒テ:.:.!}       、. ,
                     |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧:l:ド- ノ^{:.:.:.:リ       。
                     |:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.トリ::;;;:::  .,>.:/    ~~~
                     |:.:.:!:.:.!:.:.:.:.:.:.:!   `_,Y.从|
                   \|:.:.|:.:.:.:.:.:.:|    /.:.:!:!   ヒック・・・ウィ~・・・
                     }ヽ|:.:.:.:.:.:i:| { ̄´:.:.:.|:|                              ,、
                  _ノ  `^>、:.l」 /^ヽ:.:.:.:.:リ                            /i'/}
             __, ‐{ |   ノ {二 {_} rヘ\:.|__                          _,////
              ,. ´  | |i.└ く\ ハ. / ハ `「   `丶、                      }/// { /}
            /     | |{∧  ヽ   V´  } |      \__                   /    ' /
         /       }.∧Vヘ  ヽ.  |   ,'  }          `> 、 __              _,  ¬'、   /
        .     // | | ヽ   \_}゚  /  ,'       ∠    _ノー'⌒ー,-‐─‐'´     }  /
         { /   } }  | |   \ o \,/  /      /                      __ノ"´





99 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:32:10 ID:0vsnIIrU0




  ::|:::::::::::::::::/:::/:::::::::::::::::/::::::::::::::::::i::::|::::i:::::::::::l::iヽ
 ::|::::::::::::::::l:::/:::::::::::::::/::::::::::::::::/::ィ:::: ハ::::l:::::::::::l::l:l
 :::l::::::::::::::l::/::::::::::/::::::::::::::::::/://:::/ ヽ::|::::::::l:l::|:|
 ::::l::::::::::::|:l:::::::/::::::::::::_;:r:::´::/ /::/   ヽ|::::::::|:|::|i|
 :i:::l::::::l:::::|::::/:::::::;:r::'_´__'''´  ./::/_, -‐''ヽ:::::::j:j::l l|
 ::\、::ヽ:::V:::/=,ニニ,=ミ、   /ィチァ‐:r‐''7::::://::/ j
 ::::::::ヽ:::ヽ::〈{ ヽ戈__,j ` _,ィ´___| 辷ノr /::::// /
 :l:::::::::::\:ヽ:ヽ._    ''´fフ''´ ヾi     ノ::://,/
 :|::::::::::::::::::ヽ:ヽミ、..  ‐'゙    ヽ `ー ツ:1:::l
 ::|::::::::::::i:::::| ヽ :::::;;;;;;;;;;;;::::  /:::;;;;:::,/:::|:::|
 :::|:::::::|:::|:::::|ヽ  u   _   __,   /:|::::|::|      や、やぁエヴゲーニャ・・・いま帰ったよ。
 |::|:::::::|:::|:::::|  ヽ、  u   ̄-   /|:::::l::::|::|
  、|:::::::|:::|:::::ト .._ ` 、    , イ::::|:|::::::::::|:|      いま何時だい?
   \::|::::|:::::|、_ `'''''''''`'' ー' ノ|ヽ:|:::::l:::|::|
    \:::|:::::| ` '''''r――f''´ | l  ヽ:::|:::|::ト、__
       ヽ|::::::|   |   .|  .|/、   ヽ!::|:| ヽ  ` ''
      ヽ|:::::l..__  |   .j  ノ/ ヽ   i::|:|  ヽ
    __,..、 ヽ、:::l ''ーキ..._|.  l   l   l|j ,...._  l
  f'´   \ヽ ヽ    l   l  l    !  |' l  ヽ |




     /     /    /                     ヽ:ヽ   \
      /       ′   ,′          ヽ   ヽ   ヽ  ヽ:ヽ
.     /  /   /    /             l    !   !     }::|
    |   /   ,′    l            ト   |   l   ヽ}::|
    | /|   |   |  l    !         :| ハ  !   |    ',:|
    | , |   |   |  l    !     /  | /  | :∧  |    ヽ'|
    l | |   ∧.   ヽ |≧ 斗   /l`/ ト/-―∨ ', /     ! }       深夜1時ですわよ。
     ヽ ヽ   ! ',    ヾ   \ :{ 1' ノ  u    }/   }/| ′ /
         ヽ |  ヽ    { z≦彡 ヾ    弍ニ彡 /' .ィ   /'     /      ・・・また呑んでらっしゃったの?
.         \   ト- へ.     ,        // | / ,   /
              .| ハ 人        _,  U ノ´ .ィ/' }  ハ /      私も人のことは言えませんし、
                  \≧‐   . _ ̄ `  . <  ├―'、  '
                  _/ ≧‐i´      ',/   ヽ         呑むなとも遊ぶなとも言いませんわ。
                    /| |    /       /   /\
                /|  | l    |ヽ  , ―/   //   \
                /   !  ! !   :| ̄ ̄`∠   //    / ヽ





100 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:32:40 ID:0vsnIIrU0




                    /                 \
               /   /  /         ヽ     ヽ
              /    /   /             |  ヽ   ヽ
           /   / ,'   /  |            |    |    ',
           ,'  '   l  .|   | ト     / /.! |  l     |   誰かのお家で呑んで来るのも結構!
             l  /   l  .l  ∧ | ヽ.   /イ / } ∧_ l     |   だけど、あなたまさか職場で
             l ハ   .|   .|  |` ≧=‐、/ .ノ-‐=≦´l /     |   お酒をひっかけてらっしゃるんじゃありませんわよね!?
             Ⅳ ヘ ∧  ヽ.〃ん:ハ       ん:ハ7'    / |
                  \ l\ {. 弋ニノ       マニノ }  /,′|   最近NKVDからあなたがどこにいるか
.            r― 、 | ヽl.r‐ヽド     _' _  ⊂_/ィ_ノ∨  |   問い合わせる電話が昼間にでもかかってきますわよ!?
             \   ヽl∧. |   V      └ ┘  , <´ / /}/
               ヽ  ', V   ト、 ハ> . __ . ィl/| /|/     あなた最近お酒の量が多くありませんこと?
               ',  ∨   ム  ̄ 入 ヽ ___ハ> ―‐ 、     いったい職場でどうなっていますの!?
             |  ,'   /_ ノ /   `ー一 ' ヽ     ヽ
             |      ム-‐、          \    ',
             ∧      r┴、          ∨   ト、
                {  ',       /    ,'         |      }
               ヽ ∧        ,'     l 、        |/二二!



.        //: : .:.:.:.:./:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.l:.|:.:、:.:.ヽ: : ヽ
        ' ': :. .:.:.:.:/:/:.:.:.:.:.:./:.:, ィ:.:.:l|:.|:.:.ヽ:.:.l.: : : !
.         |:.l: :.:.:.:.:.:l:/:.:.:.:.:.:./:.:/, ':.:.; ' !:.l:.:.:.l:.:.:|:.: : :|
.         |:.l: :.:.:.:.:.:|'.:.:.:.:./:_//:./  ヽlヽ:.l:.:.:|:.:. : |
.         |:.|l.:.:.:.:.:.:|-=≦三`ンr<`テ三弐=N:.l/.:. : :|
       ヽ!、:、:.:.l:.l 弋戉不ミヽ) 〃7広示テl:/:.:.:.: :{
         { ハ:ヽヽヽ  ̄ ̄ ,r}==、{、  ̄ ̄ リ.:.:.:.: :|
         l: :ゝ:.\:.:ミ、::;;;:::/ノi   \:::;;;;::: ィ:.:.:.:.:. :|
         |: :.:.:.:.`i:ド=-:::::  ヽl '    :::::::/l:.:.:.:.:. : :l    ・・・・・・・・
         |: : :.:.:.:.l:|:.:\   ‐=- u   イ:.l:.:.:.:.:.: : :!
        |: :.:.:.:.:!l:>l 丶、  ̄   . ´{<_l:.:.:.l:.:.:|: |
            l l: :.:.:.:.(  l   ` - ´   !  ,l:.:.:.l:.:.j|: !
         l l: :.:.:.:.|\_l         / l/,|:.:.:.l:./:|/
            い: :.:.:.|  ヽ       /  l:.:.:.:l/:./
        ,. 一トl: :.:.:.| 卩〉      /ハ j:.:.:.:l:.:/ー- 、





101 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:33:07 ID:0vsnIIrU0




      {    {:::::::::/         /              l      l   l  l ヽ  l
     |    |::::::/         /    /          l   }  l  l  l  ', |
       ,     !:::,'   /   / j / ! ハ   l    l   /  ,   !   l   l !
       i/   ∨   /    7‐-,トL,_j / l   i    l  /| / ! /  ,'   l|
      /   /   ,/   / / | L、{,--トハ }  ! /斗/~ } /   /   ∧|
     '     /  / |    { /,;彳う::∧`ヽ リ ∨  //x≠ミ、,'/  , '|   / 八
     { ,!   i /{ f.|   {ヾ{`‐':::::ハ}    | /∠)::/〃/  / ,'  / /  `ヽ
    i/ l  i / ヽ ー|    ヽ.弋ー‐'ノ      }/ /!::// / / l / / '
        ',  リ / ` ┤  ,ヾ ヽ  ̄  U    ゝ-‐'∠ ィ    !'/
       ∧  /|ハ   |l  { \} u          ,    / /  / !       まさか・・・そのような痴態を
         \{  ヽ/ |!\! ヽ.     ( ̄ フ    ノ     /! }
               /:. :.l    `ヽ..,     _ ,..  ´}/|  / i/        同志やる夫の面前に晒してらっしゃらないでしょうね!?
             厂i: : : :ヽ、       ∧` ー '´: : :}`ヽ´//
           /: : :ヽ: : : : :`ヽ、    }: : :/: : : :{   } {'            名折れですわよ!!
         /: : : : : : \: : : : : : `ヽ  l: :/: : : : :.l /



            /                \
              /                   ヽ
          /   /   / /           |  ∧
            '    l    / /,  -―    / /|  ∧
.           |   l |  |´/        ィ ,.l||| ∧
.           |   l |  K_  、―‐'´//|||| | トヽ
.           |    ヽ.|  | 沁tx、\‐ 彡 ´_/イ/||v|
.           |      \ V弋z^ヽヽ l  ィケアテへ,' ,' ハ|
.           |       ト\__,rッ={i≦ィ/`ソ./l/ ノ
.           || |   |   | ::::;;;;;::::    ゝ=/=イl//
.           || |   |  |      ´/ /  {
.           リ |   | |  l、 u  ¨二 ` /  |     ・・・・・・君まで僕を非難するのか。
          `ヽ  | |  |、> .   イ | | |
               /\| |  ヽ\ 厂\{ { | |
            /\ ヽ|、 l | 〈| |    \  | l.|
       _  ´     \ 丶N 八ト、    /lVl N
       /          \  ∧└、ヽ. ムト l /
.     /           ヽヘ ∧ l V 〉 ヽl' ー 、
.   /                 V∧ L..j∧ヘ    \





102 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:33:26 ID:0vsnIIrU0





    ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
  <                               >
  <   僕はちゃんと働いてるじゃないか!!    >
  <                               >
    VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV


    ィ :/: : : : : :l :l: : : : : : : : : :l: : : : : : : :ヘ: :ハ
  /: :/: : : : : : l: :!: : i: : : : l : :,': :!: : : : : : :ヘ: ハ
  ,': ;イ: : : : :l : A、ト、_;!: : :、ィ_:ムl A: : !: : : : : i: : l
  i ;' l: : : : : ヽ:l  `ヽl、: / レ' l/ !:/: : : : : :l: : l
  V ! :! :、: : l ` ○   `′  ○ l/: : : : :l: :l: : !
    ヽト、:\:⊂⊃     ⊂⊃': :,: : ィ:/!:/: :,'
      lヽヘi`ー     u .∠ ィ: : /レ':レ';ィ:ノ   びくっ!
        '; `i:ヽ、   △    ,ィ:/: ;ィノ '
      ヽ! '\ト`ーz----‐ Z¨く'´レ'
          ,, ィ/ヘ〈!  f、  l`ヽ,、
        / ll/ヾ、  ノ ヽ .l / `ヽ





103 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:33:52 ID:0vsnIIrU0




   /: : :/: : : : l: : : :/ l: : ィ: : : : : : : : : i: : l : ∧: : : :l: : : : : : !: !
  ./: : ;イ: : : : : l: :._;' l: :,' l: : : : : : : : : l: /!: / '; : : l: : : : : : l: l
  i: : / l : : : : : '; : i``.トl、 '; : : : : : : :/l://∠_-十‐/: : : : : : :V
  l :/ /:! : l: : : : トィz'び`ミヾ=、、 : 、/≠ォび::::ハ`ト/l: : : : : '; : lヽ
  l/ .,': :'; :.ト、: : :.lヾ. { {:::::ト}` ヾ、 /   { {::::リ`} レ/: : : :i: :ハ: :! l
    .l l: :' ;ヘ:\: ヘ 弋二ノ   `'    弋二ノ ./: : : :,ィ /: レ N
    lll : : :、ヽヾ、ー`       ,      , ィ: : ,/:/イ : : /
      !ヽ; ;/l`ヾ二ヽ__.    ,ィー― 'ヽ   ーチ´:∧: ハ: /
      `,i  ̄`/`ヽ. ) 、  {{'  ̄ ̄`}}   , イ/ レ' /'V`ヽ′    ちょっと・・・なんですの、いきなり大声なんて出して!
       /.l  /  /`ヽァ、`ー゛== "ィ ヘ  !   /    ',
        l !    ./  , '-、 〉ー 、 ,-./!  \! ./     i
      l. '、     '  ノ、 \. / ノ      l/     /




                                    ,.' : : /: : :/ : /: : /|: V: :ゝ: : ヽ: : : : :∧
                                     / : : /: :/: : :イ: / _>、ト、: :ヽ\ l : : : : ∧
.                                   / / : |/ : /, ', '.ィ≦zャ¬ヘヽ:\\: : : : : ',
                                 |: |: : :|: :r≦彡'´{ケィヤ乏ノ }|: :` ‐\ ニ=‐: |
                                 |: |:l : レ沁厂i}==ゝュ__/ | | : : : : : : : : :|
                                 |: |:ゝ ゝ二.ノ     ||||||  | l: : : : : : : : : : |   ・・・くそっ、くそ・・・
                                 ヽ|\\三ゝ 、     し | |: : : |: : : : : |: |
                                    ト ム  `,........._      | |: : :|: : : : :|: |
                                    , ‐''´\  ‐    u  | l: : : :|: : : : : :|: |
                                   / , \ ヽ      /| |: : : l|: : : : |: l: :|
                                 / _、ヽ  ) }ゝ_ .  ´ / |: : : ||: : : : |: |: :|
                               /    lノ / /イiノ∠┤   //||: : : ||: : : : |: |: :|





104 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:34:28 ID:0vsnIIrU0





              ,. -─────────‐- .、
\\          // \   :::::;;;;;;;;;;;;;::::  /  \
三  不十分だ!! 三   \ ::::::;;;;;;;;;;;;;::::: /     \
//         \\ ::::: _ ::::::::::::::::::::::::   __ _.   \\          //
        /イ/:/ /::::::\\ヽ':,;;;;;;;;;;;;/,ィ//::::::\ ヽ', .三 なぜ殺した!? 三
       /  i:::|  |::::::・:::::::| | i i==i i | |::::::・:::::::| | ノ///          \\
     /    ヽ';:\ \:::::://.//::::::::::::ヽ.\\::::::////    \
    /     ヽ ー=== ̄===´´::::|:::::::::::::、ー==='イ      ,\
   /         :::::      |      |      |       :::::      ヽ
\\             //     |      |              |
 三  なぜ殺さない!? 三\__/\__/  \\              //
//             \\ヽエエエエエエエエイ|    三  なにをしている!! 三
  |                             //              \\
  ヽ  \\           //                 ^  /
    \ 三 無能者は死ね! 三                    /
     //            \\                /



          ,' : : | : ': : : :///: : : _: : -―: : : : ヽ: ヽ\
             ': : : :|: :|: : : l´/: : : /: : : : : : :/ : : }: : :\
         / :l : : l: :l: : : l´ニニニ: :-: : : : :/: : :/ / : l: :
         /: :l: : : :ヽl: : : |二_:―――: : ´: : /: /: : :|: :
        /:/: l: : : : : ゝ: :l:|ヤッ≧==、―‐ァ:/: :イ : : /: :
.        / / /: l : : : : : : ヽトト弐  jトヽ=彡'_ ,r≦メ: : / l: :   ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
      /:イ / : |: : :l: : : : : : :ゝ-  -=テ¬元ソ/: ∨:/l / <                                      >
.     |:l l: |:l: :|:l: : |: : : : : : : :\---‐ ⌒i{ 彡 : : /l/// <   僕は・・・僕は命令どおりに・・・党のために・・・!!    >
.     l|l l: |:l: :| l: : | : : : : : : : ヽ ヽ、 、  冫メ --彳´/´   <                                      >
.     'リ l: |:l: :| l: : ヽ: : :ヽ: : : : :vl-`、、´/: : : : :l|       VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV
       _∧l」 -ゝ……―- 、: :i: :lリ` ィヽ : : : : : l l'\
    /. ´  ______`" ‐<lム: l : : : : l|:|
.   /l/  /         `  、 \>: : :/: :l.l:|





105 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:35:07 ID:0vsnIIrU0




           人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人
          <                                           >
          <        僕はやっているじゃないですか!!!            >
          <                                           >
          <      いったい何が気に食わないんですか同志!!         >
          <                                           >
            YYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY



    /       /         ノ |    \:ヽヽ
    ,′       ,′||  |    /|  ハ  |   V ',
   ,′ '     | ∧|ヽ _L |   、」._/ ヽハ     |
    |  {       レ1T二´、ヽ.| /|/|/二Tヽ|/ |   |
    | ∧ | ⅰ ト、レ○三ヾV|/ ´○三ヾ/ , ,′レ/
   レ'  '、ⅰ ∧ V レ{::::::リ     レ{::::ノ| レ / /くヽ    ちょっ・・・何もそこまで・・・
      ∧ V{ >\.ゝ─'     ヽ─'/  //  ∧
      |イ\Vヽ ヘ      '    ∠ ィ /  | ハ|
        ヽ∧  ∧|ヽ、u     ̄    ノ ノイ  /|/
          \{ { /|ァ  、 _,.  イ/|/}∧/´
             V    |       |





106 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:35:43 ID:0vsnIIrU0




  /           |         |  ∧ ヽ       l   l
. /        l   ∧      , |─┼ト  l       l   l
 i /     /   !   ! |___    / /|r‐ィぅニミ、 |    |  l   |
 i /.|   / i   l  レ' r=ぅ、/l/ l/ 「::::o} )/  ./ |  l   |
 |  l   | !   V´ | /「:::oV      弋:::ソ l  /  .|  l   |ヽ
 |  l   | ヽ  ヽ、j 弋::ソ          /ヽ/  / │l l`ヽ
 |  l   |   \   \       ,    U / / l | / ./ l /    ・・・疲れているようですわね。
 l  ヽ  .!\   \   ヽ       . ,    / | |/ ./| //
 ヽ  ヽ.l   ヽ-、  ヽ `ト、        イ .|   / !/      今夜はもう早くお休みになられて。
           | ∧     ` =‐─r<   _..| / 〈
           |/  l ∧/ヽ、‐ヘム_}-‐ ´  レ'  〉
             レ′  ./  } l|      . -‐'ヽ
                    /_ノ/ l|    /    `、
                 ̄j/  l|  .//       `、
                      /   |/ /         `、





107 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:36:06 ID:0vsnIIrU0




【補足】

     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/   エジョフとNKVDは異常なほど重大な業務を
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !    背負い込まされていました。
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l     彼らは無尽蔵な密告を受け付け、
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|      人々を逮捕し連日連夜尋問し、そして処刑していました。
       l \     _    ,/ |
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |      しかし、このような狂った馬鹿騒ぎを
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !     延々と続けられるほどの体力は彼らにもなかったのです。
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!



     (_:::::: ヽ/   / /      ヽ  、ヽ(__:::::::::::|三|:::::::::::⌒Yヽ
     r’:::: /      {    |!  | |!  |!ハノ :::::::::|三|:::::::::::::::乂{
     `ァ: :′ /  / !     |!  |! |!  |! |`ー, : :::|三|:::::::::::::::} '.
      ヽ.′ /  /  |!      |!  |! |!  }! | Y:::::::::|三|:::::::::::::/  {
.      | | |!  |!   |!     i}  } |!  /_!_| ゝァ : :|三|::::::::_;ノ|   '.
.       | | |!|  |!、 {! |!   // /}//孑' /イ (_ : :r'--{:::::::) |   |
.       { | | { 卞ト、ハ!_  //ノノィ≦ケテ| (:::::〈ん)、) 〉´ |   |
       ヽト、 {ヘ、从ィ升=ミノ´   /弋じ:::}| 〉 : ゝニン   |  |   結局、死刑執行人たちも
         ヽ乂ヘ!ゞ、rゝ':{`      宀'´ |  ∨//    |
          }  |ヘ ^¨´  、          |   {ノ´     |    |    血の通った同じ人間だったというわけね。
          川 | 丶     r‐、       ノ  } !        |    |
          //}  ! _≧-..、 `´ ,∠⌒<}/ 八ヘ      |    |
           // j /':.:.:.:.  .:.:.:/>=(:.:.:.:.:.:.  / />ヽヽ     |    |
         ノ ,' / /:.:.:.:.:.:....:.:__}イ夊)=-:.:.: / /:./::::::ヘ∧    |   |
       // / />ァー:. :.:.:.:`¨)´:.:.:.:.:./-ー=二二〕\  |   |
       〈≦__,/_/ーャ(:.:.:.:. :.: /\:.:.:.:《__∠⌒ー-、::::::::::::::ヽ |   |





108 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:36:35 ID:0vsnIIrU0




          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ   過労と良心の呵責から彼らの精神は
       /  ,='  _  ∧_ _,,        自己崩壊の瀬戸際にまで追い詰められていました。
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\   それでもやる夫は死刑執行人たちをせきたて続けており、
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ   エジョフはプレッシャーから逃れるため酒に溺れ始めます。
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/   しかし、職務中でも酒に潰れるエジョフの醜態は
         | |{i t    _     / |   きっちりとやる夫に密告されていたのです。
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |



.:.:.:.:.:.:.:.:.//:.:.:.;ノ               \
.:.:.:.:.:.:. / /:.:.:./  /   ,     `、        ヽ
.:.:.:.:.:.:/ /:.:.:.く /  |    | l     ヽ     、 ヽ、
:.:.:.:.ノ /:.:.:.:.:.∥  |l l  | l    `、`ヽ    l ヽト、
:.:.:.:{  !:.:.:.::.:;ハ  |l |l  ! |  \   ヽ、\  l|  l| |
::.:.: l  |:::.:.:.::) ト、|ト、|l  } ト、ヽ ヽ、 | l|ヽ ヽ |ヽ l|ノ
::..::.:l  |:.:.:爪,斗七|廾ト-|‐1ヽ }`ヽム-l¬ ∧ノ/ }リ
ヽ.:.:ヽ. ヽ::.}| l ハ/,ィ´うハVl/|   リ ん:::ハ. l |        粛清の方針転換を探ってる時期に
  ):.:rへ_}|/ l| {l い:::j.      い:::ノ ハ        エジョフの醜態が顕になるって、
  ヽ、!{レ' ///   ゞ-'′      ` ´ ∧ |        嫌な予感しかしないのだわ・・・
   ///人 U ゙゙゙゙゙     '  ゙゙゙゙ 八l |
 // /_>ト、_r个、.   ⊂⊃_/| ヽ\
// / /: /::..::..::{::..:ヽ.  ´ ./::..l`'┴:-:ヘ \
´ /   _工l::..::..::..::..ヾ::..::トァ=く::..::..:l::..::..::..::..::}ヽ、\
ノ   / : : {::..::..::..::..::..:∨{リ廻lト、::.l::..::..::..::./  ヽ、ヾーr- 、
  /: : : : : `ヽ、::..:;:-'´丁ヾニシ::..`T:ー::-:r'′     `l /  ∧
. /: : : : : : : : : : /´::..::..::.l!::..:| |::..::../::..::..::.\       レ' | / /





109 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:37:00 ID:0vsnIIrU0




            ,.:-=;1―;1―;1―;1,=-;:、
            ミ             ゙ミ
.              ミ      ★      ゙ミ
           /ミ             ゙ミ \
          《  ミ;========゙ミ } 》
.             》/ / / :/ : : : : : : : : : \ ∨《
.            /// : :/ :/ : : : /:/ |: : : : : ∨^:|
           l∨ : : l :/: : :// / :八 : : : l: l : :|
           | :| : : :|/ :/ //:/ :/  ヽ: : | ハ: :|
           | :| : : :|≧x、/イ//,.ィ≦ハ ノ : l: :|
           } :|八 :代uzノ    弋uzノ仏イノ: :|       やる夫の元にはエジョフに不利な情報が
.           ′:} 仆⊂⊃     ⊂⊃イ 八 : :|       着々と蓄積されつつありました。
.        /: : / 八 >  ~~~ .イ}{ : : : |
.        /: : 〈 // ̄》 》≫=≪《 《V ∧: : :        そして、エジョフの運命は暗転します・・・
.        / : : : : {   》《_》《_》《 〈 /  、: :丶
       /: : : : : : }   《_/八_》      }: : : :\
     /: : : : : : :/    ∨{><}{    {: : : : : : :\
    / : : : : : : /人,___人}><}人__人\ : : : : : :ヽ
   《 : : : : : : // { ̄/∨`¨¨¨´∨\ ̄} \\ : : : : : \
  《 : : : : :/ 《(   } {_人    人_} {  )》 \ : : : : :》
   》: : :/   》)  人人_))   ((_人ノ (《    \: : :《
  《 :/    《(    \        /    )》      \ 》
   `\\    ≫x、    \__/   ,x≪     //


【補足終わり】





110 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:37:30 ID:0vsnIIrU0




   ――― やる夫の執務室。



   ,=============,
   | r──、 r──、 |                         ______
   | | / / | |/∇ /| |                             /7i          |
   | |==== | |==== | |                          //:::|           |
   | | ∀  | | / / | |                       //::::::|           |
   /ニニニニニニニニニニゝ     〉~ア c「l               「|::::::::|           |
   │r──、 r──、 |     (  ) 〈;;;;〉            |:l::::::::|           |
   |│':.:.:.:.:|│:.:.:.:.│|     (二二二二二)             |:|O::::|           |
   |│:..:.:.:.:|│:.:.,:.:│|     | |     |│           |:|::::::::l           |
 ̄ ̄|└──' ゙──┘l ̄ ̄ ̄(.< ̄ ̄ ̄>.) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:|::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                      |:|:::/
                                       |」/

                    ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)
                        l i   +   +   +   l l:::|
                    / /;:__,,__,,___,_,___,__,__,,___,___,,/ /:::|
                      ( i,;'_ __ ___ _ ___ __ ___ __ __ _;l )::/
                  | l                l |/
                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|
                /                     //|
            ___/___________//| |
              (_______________),‐─┬i' ゝ)
             l:::          .   ..::::::::::| l^) .l│
             |:::    ;.             ..::::::::::| ´|  ゝ)
              |:::           ;  ..::::::::::| /
              l:::.            .   ..::::::::::|/





111 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:37:42 ID:0vsnIIrU0




        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\      ・・・エジョフ。
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      最近、NKVDの業務には
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、       問題があるのではないか。
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ


                                    ,.' : : /: : :/ : /: : /|: V: :ゝ: : ヽ: : : : :∧
                                     / : : /: :/: : :イ: / _>、ト、: :ヽ\ l : : : : ∧
.                                   / / : |/ : /, ', '.ィ≦zャ¬ヘヽ:\\: : : : : ',
                                 |: |: : :|: :r≦彡'´{ケィヤ乏ノ }|: :` ‐\ ニ=‐: |
                                 |: |:l : レ沁厂i}==ゝュ__/ | | : : : : : : : : :|
                                 |: |:ゝ ゝ二.ノ     ||||||  | l: : : : : : : : : : |   っ!?
                                 ヽ|\\三ゝ 、     し | |: : : |: : : : : |: |
                                    ト ム  `,........._      | |: : :|: : : : :|: |
                                    , ‐''´\  ‐    u  | l: : : :|: : : : : :|: |
                                   / , \ ヽ      /| |: : : l|: : : : |: l: :|
                                 / _、ヽ  ) }ゝ_ .  ´ / |: : : ||: : : : |: |: :|
                               /    lノ / /イiノ∠┤   //||: : : ||: : : : |: |: :|





112 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:38:26 ID:0vsnIIrU0




    , r ' ⌒ ヽ、
.  /       ヽ,
  /      ,,ヽ、_ヽ
. |    __,ノ 彡(○ )
  |   (○ ) 彡  |
.  |        入,__)     各部署からNKVDの怠慢と弛緩を指摘する
  |.     ゙'ー'´         告発が届いているぞ!
.  |      ゙ヽ、__ノ
   ヽ、       ノ\.     なんでもNKVDはスパイの摘発について
  /::ヽ、_   /ノ:::::|     まともに捜査もせず、一般党員を気分次第で
. /:::::::,::::\ゝ、◇ノ::::i:::|     逮捕してるそうじゃねえか!
. |:::::::::|:::::::::\¶/::::::::|:::|
. |:::::::::|::::::::::::::::|::::::::::|:::|     これは明らかに不当捜査だろ、常識的に考えて!
. |:::::::::|::::::::::::::::|::::::::::|:::|



             / ,    / /    ィ   !l l 、 \  ヽ lヽ
          / /  ,   / / /  // |  ノ| l | v|| | ヽ  | ! |
            / / / /_/ / 〃 彳  丿/ !ノノ 」l-‐|| | ! |
        / / // / 〃≫≦´ 、j__/ァー=ナ≦_j{、ハ ! |  ′! |
          / / -/―一||汀卞、 、 レ /-≠ンf卞、¨j{》!、\! / ||
.        / / /l l l| ||、V{_)ヽVi'´   /  Viノ ィ!'ll >、 メ、 |l       そんな・・・ありえない!
      / / / j| ! | liミ=i‐‐/ヘi /  ミ=キ¨´|ノレ' / ̄` | {
.      i / / .!ノ ! ゝぃ  レ'゙  ノ丶    ーヘニ ィ /{  || | !       我々はちゃんと手続きにのっとって逮捕している!
.      レ '   ! `iー‐t<_,  、   u  |||||-ャ彳 | l  || l !、      証拠の自白調書だってあるじゃないか!
.      l  l /l  || il|| ミ=-    ヽ `    し    Ⅵ  ! ! { | l ! \__    こんな批判は正当じゃない!的外れだ!
.      | ノ'  j  || |l||  i\U  、__   u  /v //!  } } い  { `‐-、_
      ,| {  .{  |V.l||  | { l\  こ二¨`    ' ∧/ ゙ , !{ {、ヽ丿    `丶、
    ィ´j !  ‘ 八 }!!   | | {  ヽ        ィ// ヘ// / ̄ ̄`く          ヽ、
   「 〈  ヽi    V  `}}{   い{   丶 __ < // /// /         ヽ
.   〉 \ |  ∧ 、小、  、 丶      \  // /// /          |





113 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:38:43 ID:0vsnIIrU0




:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.ヽ:.:.:.ヽ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:\:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.ヽ__:.ヽ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.ヽヽ:.ヽ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.!:、:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:ヽヽ:l
:.:.:.:.,:.:.:.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!ヽ:.:.:.! .!:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.l `:!
:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.! ヽ:.l_ .!:.:.:.:!:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:l
:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.l',:.:.:.:.:.:!、:.:.:.:.:.:.:.:.:.l .,.ヽ!-‐.!、_:l:.:.:.:.:.l:.:l,:.:.:.:.l
:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.l `.、:.:.:.:.!`、:.:.:.:.:._,l' .,'"。`, !:,:l、:.:.:.:.l:.:l .!:.:.:l      エジョフ、NKVDは以前ウクライナの集団農場で
:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.l  ` 、:.:.!_`、:.:.:.:.:l ヽ- ' .,.!:!.l:.:.:.イ:.:l .!:.:l      家畜の馬を毒殺した破壊工作容疑で学者2人を逮捕したな。
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!-:.l=二=='´、 `、:.:.:l.ヽ-‐‐‐'  l:.:/ l:.:l  .!,'
ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.l,'.,:l .。',  ,   .`、:!       //  !:'  '       だが、俺が確認させたところ馬の死骸から
:.:.ヽ:.、:.:.:.:< .'`‐-'./    `!、     /'i             毒物は検出されなかったそうだ・・・
、:.i.:ヽ.ヽ、:.:\‐'"´       .ヽ     /
ヽ:.i .ヽ.:ヽ‐-、\         ' ,   /
  `、`.ヽ.:.:!ヽ_        ,-‐'´  . /__,--‐‐'´,、ヽ
   ` 、.` 、ヽ:.ヽ _          /´     l  .ヽ
        `ヽ.', ` ‐-: 、. . ___/: ',     l   ヽ‐-----――― 、
         ., -、',: : : : : : : : ',、  、  .l___ヽ         .\
         l   .',: : : : : : : : ', `‐ヽ .ヽ                \

  ウクライナ共産党第一書記 ニキータ・フルシチョフ





114 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:39:17 ID:0vsnIIrU0




/:./::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.::.:.:.:.ヽ        /  .\
:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ::::::.:.:.::::',      /     .',
 l  ..:.:.:.:.:::.:.:.:.:.:.:.::.:.:|ヽ、::::ト、l     /       .l
:.:.!:.:.:.:.:.:!:.:.ト、{:::.::.:.:.::ハrfア|::::!}メ´ ̄`丶!        |
ヽl.:.!:.:.:.:!_N__ト、ト::N以' ノ|:ハ     |         ,'
 ヽ!::::{:ヽK上少 ヽ、   /  j     !        /        NKVDが事件を捏造してたってことだ!
 ハト、::!:ヽヽ   r‐‐‐1 /  !        !      /
. {  ヽヽ `ヽ、 弋__ノ,.'  .::|:. :::. /ノ     /          これが不当捜査じゃないってんなら
 ヽ    | {ヽ_`_7   ::::!:::.{:::://{      イー‐.、
.  \__  `ー―‐〃    :::!::::∨   ヽ   ノノ   └ 、      いったいなんなんだ!?
   /  L    ノ       ヽノ       ,イ   ./  1
  ノ  ./ヽ     r―― ' ´       Y    /    イ、
f´   {   .\    {     _ - 、    \__.ノ  /  }
    ヽ.    \  `ー‐‐'´    `ー '´`ヽ \__/   ノ



                                    ,.' : : /: : :/ : /: : /|: V: :ゝ: : ヽ: : : : :∧
                                     / : : /: :/: : :イ: / _>、ト、: :ヽ\ l : : : : ∧
.                                   / / : |/ : /, ', '.ィ≦zャ¬ヘヽ:\\: : : : : ',
                                 |: |: : :|: :r≦彡'´{ケィヤ乏ノ }|: :` ‐\ ニ=‐: |
                                 |: |:l : レ沁厂i}==ゝュ__/ | | : : : : : : : : :|
         そ、それは・・・               |: |:ゝ ゝ二.ノ     ||||||  | l: : : : : : : : : : |
                                 ヽ|\\三ゝ 、     し | |: : : |: : : : : |: |
                                    ト ム  `,........._      | |: : :|: : : : :|: |
                                    , ‐''´\  ‐    u  | l: : : :|: : : : : :|: |
                                   / , \ ヽ      /| |: : : l|: : : : |: l: :|
                                 / _、ヽ  ) }ゝ_ .  ´ / |: : : ||: : : : |: |: :|
                               /    lノ / /イiノ∠┤   //||: : : ||: : : : |: |: :|



   \  /:\  /ヽ     /|
 !,:::::::..\|:::::::::..\|:::::::..\_/::,!
  !,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ,!
  !,:::::::_;;;;;;___;;;;___;;;;;;:::::|
   !,:::「 /._|乂X/ ヽ |::::|
   」:::| |  | ・ i f´./   | |::::j 、     NKVDは実績を水増しするために
  r⌒i  |   ̄| | /   /. |f┐|
  | f´'i  ヽ___|,,⊥__ノ j´`'/      こんなことをしてたんだろ!
  ヽ/     `ー´   く/
 ∠_________二}       ほんとはスパイなんて逮捕してないんじゃないか!?
   ` 、_      _,,,一'′
       ̄ ̄ ̄ ̄





115 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:40:15 ID:0vsnIIrU0




             / ,    / /    ィ   !l l 、 \  ヽ lヽ
          / /  ,   / / /  // |  ノ| l | v|| | ヽ  | ! |
            / / / /_/ / 〃 彳  丿/ !ノノ 」l-‐|| | ! |
        / / // / 〃≫≦´ 、j__/ァー=ナ≦_j{、ハ ! |  ′! |
          / / -/―一||汀卞、 、 レ /-≠ンf卞、¨j{》!、\! / ||
.        / / /l l l| ||、V{_)ヽVi'´   /  Viノ ィ!'ll >、 メ、 |l       ・・・なぜ・・・なぜなんだ!?
      / / / j| ! | liミ=i‐‐/ヘi /  ミ=キ¨´|ノレ' / ̄` | {
.      i / / .!ノ ! ゝぃ  レ'゙  ノ丶    ーヘニ ィ /{  || | !       僕は党の方針に従って
.      レ '   ! `iー‐t<_,  、   u  |||||-ャ彳 | l  || l !、      粛清を実施してるだけじゃないか!?
.      l  l /l  || il|| ミ=-    ヽ `    し    Ⅵ  ! ! { | l ! \__
.      | ノ'  j  || |l||  i\U  、__   u  /v //!  } } い  { `‐-、_     なぜみんな僕を非難するんだっ!!
      ,| {  .{  |V.l||  | { l\  こ二¨`    ' ∧/ ゙ , !{ {、ヽ丿    `丶、
    ィ´j !  ‘ 八 }!!   | | {  ヽ        ィ// ヘ// / ̄ ̄`く          ヽ、ちゃんとやってるじゃないかっ!!!
   「 〈  ヽi    V  `}}{   い{   丶 __ < // /// /         ヽ
.   〉 \ |  ∧ 、小、  、 丶      \  // /// /          |



                       ._-───-、
.                     /:::::::ト、i\/\::::\
                    {ヾ/>v、/:::::::::\r‐
                      .〉  { 0}::::|//::::::::::::
                      ゝ   ,=}==、:::::::::::::::::
                   ./  `ーァ‐':::::::::::::::::::::     うるせぇ!!
                     |  r‐  }::::::;::::::::::::::::::::     今度は開き直るつもりか!?
.            _r──、   \ゝ-< ̄\__>:::::     ここをどこだと思ってんだ!
           │ ─i⌒ヽ    \   ( ̄::::::::::/:     党の前において何人も逃げることは許されねえ!
           │ ─|_ハ    /  ̄ニ二 ̄:::::::::     責任を取れ責任を!自己批判しろ!
           │ ─、i   .}   / |     {::::::::::::::
              \ ー'   /\/  |     ヽ:::::::::::
             ヽ-<      |      ヽ:::::::





116 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:41:01 ID:0vsnIIrU0





      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈 ● ノ\   /\● 〉
      ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
.      )    Y    (
     /γ⌒     ⌒ヽ\       待て待て諸君、早まってはいけない。
.    /  |         |  ヽ      我々が分裂することこそ党の敵が望むことなのだ。
.    |   ヽ__人__ノ   |
    \     `ー'´     /      エジョフは熱心な党員だ。これはみな知っているはず。
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ       なら、なぜNKVDの業務に問題が発生する?
    /      ,⊆ニ_ヽ、   |       なぜこんなことになった?
   /     / r─--⊃、  |
   |  ヽ,.イ   `二ニニうヽ.  |





117 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:41:50 ID:0vsnIIrU0




         γ´⌒ヽ
         .(  ○ }γ⌒ヽ
          ト _  _ノ.人 ○ 〉
          l   |/  ヾ_ノ
        , -´    |   {_
      / γ⌒      ヾ
      .|  |         l             それは・・・NKVD内部にスパイがいるからに違いない!
      .|  ヽ______人___ノ| _ , -‐ 'フ ̄ ヽ
      .\     `ーー'´///  /    ヽ    そうではないか!?そうだろう!そのはずだ!
     , --,.─ヶ―‐,--‐'´ / /_ノ       |
    / フ´ /彡'´              /
   /    / /     \   、      /
   |   //       \ー--=―┬‐'´
   |  |   丶     \/ |  |



           /: : : : :/: : : : : ://: : : : : : : : : : : : :\
          ,' : : | : ': : : :///: : : _: : -―: : : : ヽ: ヽ\
             ': : : :|: :|: : : l´/: : : /: : : : : : :/ : : }: : :\
         / :l : : l: :l: : : l´ニニニ: :-: : : : :/: : :/ / : l: :
         /: :l: : : :ヽl: : : |二_:―――: : ´: : /: /: : :|: :
        /:/: l: : : : : ゝ: :l:|ヤッ≧==、―‐ァ:/: :イ : : /: :
.        / / /: l : : : : : : ヽトト弐  jトヽ=彡'_ ,r≦メ: : / l: :
      /:イ / : |: : :l: : : : : : :ゝ-  -=テ¬元ソ/: ∨:/l /
.     |:l l: |:l: :|:l: : |: : : : : : : :\---‐ ⌒i{ 彡 : : /l///
.     l|l l: |:l: :| l: : | : : : : : : : ヽ ヽ、 、  冫メ --彳´/´      っ!?
.     'リ l: |:l: :| l: : ヽ: : :ヽ: : : : :vl-`、、´/: : : : :l|
       _∧l」 -ゝ……―- 、: :i: :lリ` ィヽ : : : : : l l'\
    /. ´  ______`" ‐<lム: l : : : : l|:|
.   /l/  /         `  、 \>: : :/: :l.l:|
. / /  /                \ \/l //ノ'





118 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:42:15 ID:0vsnIIrU0




        _____
      / , へへヘ∧ヽ
     |  |     \l l/ |
      /⌒    ( . ∠ l
    ヽ_       (二) ヽ    おうおうおう!それなら合点がいくぜ!
     l   ______つ !    そうだ!スパイがNKVDの業務を妨害してんだ!
      >、 \|_|_|_/ /    破壊工作をしてるに違いねぇ!
    / l ヽ、 ____ /、
   /   ` ー──‐─ ´   \   敵の攻撃だ!さぁ内務人民委員殿の腕の見せ所じゃねえか!
  / |   __(^|      /⌒ ヽ
 /ヽ| (二   ヽ    /    |
       l     \ /\   /
      `ー 、       ヽ /



              _
          > ´   `  <
         /          \
        /    ,          ∨
         /    \         ',     ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
         i _>ィ三=‐、 _      i   <                     >
       ム マ。 ソ三二  。`i    .i   <   NKVDを粛清しろ!!   >
        i   `´´    ヽ‐<    i   <                     >
        i  (  ィ、   )      i     VVVVVVVVVVVVVVVVV
          .i   マ三三=三!      i
          i    i三三ニニニi      ,     何のことはねぇ!
        i   ∨    ソ    ./      ヤゴダのときにやったことだ!
           i    ヽ_/    /
            i           .::::l      責任を取れよエジョフ!!
         ∧        /:::::::l ィ    自分の部下を告発しろよ!!
          \___/:> ´  i
           ィ:::: マ::::/     ト         出来るだろ!?それともスパイを庇うのか!?
        イ ̄ ゝ/     > ´ / ` 、      殺せ!それ以外にない!殺せ!
  ノ` ̄>'´ i´  /   l /  / /    `>
        i.   l /三i/   // /    /   \
         i / l/三i/   / / /   /





119 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:43:16 ID:0vsnIIrU0




    ヽ、_,人_,ノ、_,从,人.ィj、ノv1人.ィj、ノv1人.ィj、ノv1人.ィj、ノv1
     )
  ‐=、´    やれ!!自分の部下を密告しろ!!
    )
   , '⌒r‐v'ヽィ'⌒Yソ、ト、!yヘ!ソ、ト、!yヘ!ソ、ト、!yヘ!ソ、ト、!yヘ!ソ
.       /                 ヽ
      /                     i
      |  二二二二 三 二二二二    i
      |   ― ― ― == ― ― ― ‐  |
      l   ___ ノ     ^ー―-   |
        l   /     ヾ≧=≦Y    ヽ   l  ヽ、_,人_,ノ、_,从,人.ィj、ノv1人.ィj、ノv1人.ィj、ノv1人.ィj、ノv1
      !  | {:::::::} | }llllllll{ | {::::::} |   l    )
      l.  ヽ ,  彡!!!!!!ゞミ、    /   '  ‐=、´  スパイは人間じゃねえ!畜生以下の虫けらだ!
        ',   /    |    ヽ    /  ‐=、´   正しい党員なら戸惑いなんて感じないはずだろ!
       ヽ  ゝ _ /\ _ ノ     /     )
        ヽ   ` ー―― ´    ∧__   , '⌒r‐v'ヽィ'⌒Yソ、ト、!yヘ!ソ、ト、!yヘ!ソ、ト、!yヘ!ソ、ト、!yヘ!ソ
         \            / / 〉::`丶、
         /\         /  / /::::::::::::::丶、
        /:::::l  ー――‐ ´  / /:::::::::::::::::::::::`丶 _
     -‐::::::::::::::l        /  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::



        ⊂ニニ⊃
                                                   ⊂ニニ⊃
         ⊂ニニニ⊃
                                                    ⊂ニニニ⊃
          //\\               _______
         (__へ //             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::\                     ∩
              //                /::/∨\/\/\/\:}                 | !
              (/             /Y::j / ,‐-、      \ }ト、                | !
  ⊂ニニ⊃                 { N:/ ' ノ┴ ゝ二 ⌒ヽ,  |) }                   | !
          ∩ ∩          _し'       (    )     ∨_                   | !
 ⊂ニニニ⊃  ∪ j |       / ̄ //  {      ̄l ̄    }  ト、\                ∪
            / j     /     | {  \             /   l }  \
  //\\     し    j        ヘ   l\       ,イ  //     `ヽ       ∩∩ r‐、
 (__へ //          /    /    V\  \l ̄T‐┬‐T /  .//        )       ∪∪ //
   //          /    /      \ \_` ┴ ┴ ┴' //    |   〈          '´
  (/              /    /          `-、_ `ー一´  ̄_/     |    ヘ
               /\  /               ∧    ̄        |     }
  ∩ ∩        /   Y     γ  ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∪ j |          .{     !      |  へっへっへ・・・急かし過ぎだぜ同志ヴォロシーロフ。
    / j          {   j      |  言われるまでもねぇ、熱心な党員である同志エジョフなら
    し             \  j      |  怪しい部下の10人20人すでに心当たりがあるはずだぜ。
                       |  そうだよなぁエジョフ?熱心なら気づいてなきゃおかしいだろ?
                       |  もったいぶらずに言ってくれよ。ほら。誰なんだよ?ん?





121 :名無しのやる夫だお:2013/12/26(木) 21:44:06 ID:2XM/1Jqw0



なんということだ、NKVDにもスパイがいたなんて……(棒)


120 :名無しのやる夫だお:2013/12/26(木) 21:43:49 ID:g4vWE1Q20



狂ってる・・・・もろに山岳ベース事件を国家規模に拡大させたようなものじゃないか


123 :名無しのやる夫だお:2013/12/26(木) 21:45:46 ID:KMW3gLn.0



連合赤軍の連中は皮肉なことに反スターリンを掲げてなかったか


122 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:44:46 ID:0vsnIIrU0




    /         /'´/  /  /  . | ∨ ∧
.    ′    .  //  /   /  | |  |   ',
    |   /  /  l'  /   // . // . /| ||
    |  ' ' | | |//   // / ィ /| /┤ ||
    |//  | | |/ /∠、 彡 ´///∠イ l, V
    l//  / | | |/代汀ヘ≧='彡ィfjアノ/ .イv |
    | l  / | ト l|`{ |i|i|i   ´}__,_{ ̄イイ l| ,l |    ど、同志やる夫!
    | | ′| ∨ゝゝ   urソ⌒V` / イ|l|/
    l || | ヘヘ\u  ̄  - / イ /l/l/ノ    この問題については今一度精査させてください!
    `l|| {   ヘヽ  u ,. __¬/| | |/ ノ
    | | |  ヘ ||ヽl> .   / |!||       どうか・・・どうかご猶予を・・・・!
    | | |   ∧∧ヘ \/  ̄l   | lヽ|
     ゝv∨  ∧ ヘヘ ∧  |   | | ト
     Vv V  ∧ トヽ{   |   | | /



        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ





124 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:46:05 ID:0vsnIIrU0




              ,. -─────────‐- .、
             // ̄ ̄\      / ̄ ̄\\
           /                     \
          /        ::::::::::::::::::::::::::::::::       \
        /   / / ̄\\::::;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::// ̄\\  \
       /    |  |. ┃ .| | ::::;;;;;;;;;;;;;::::| |. ┃ .| |    \
     /      \ \_// :::::::::::::::::: \\_//      \
    /     ../ ̄ ̄\ /   ::|::   \ / ̄ ̄\..     \
   /         :::::      |      |      |       :::::      ヽ
  |               |      |      |              |
  |               \__/\__/                |       だ め だ 。
  |                 エエエエエ                      |
  |                    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\                   |
  ヽ                  ::::::::::::                    /
    \                                     /
     \               ̄ ̄ ̄ ̄             /



             / ,    / /    ィ   !l l 、 \  ヽ lヽ
          / /  ,   / / /  // |  ノ| l | v|| | ヽ  | ! |                 .,イ,イ .,イ
            / / / /_/ / 〃 彳  丿/ !ノノ 」l-‐|| | ! |       ト、   ,イレ レ /ム―7
        / / // / 〃≫≦´ 、j__/ァー=ナ≦_j{、ハ ! |  ′! |       ヽ」  //   //''''''7/
          / / -/―一||汀卞、 、 レ /-≠ンf卞、¨j{》!、\! / ||              //    /'  // ,イ,イ ,イ
.        / / /l l l| ||、V{_)ヽVi'´   /  Viノ ィ!'ll >、 メ、 |l          //      //  レレ /
      / / / j| ! | liミ=i‐‐/ヘi /  ミ=キ¨´|ノレ' / ̄` | {          /'       ,/'    /'
.      i / / .!ノ ! ゝぃ  レ'゙  ノ丶    ーヘニ ィ /{  || | !
.      レ '   ! `iー‐t<_,  、   u  |||||-ャ彳 | l  || l !、
.      l  l /l  || il|| ミ=-    ヽ `    し    Ⅵ  ! ! { | l ! \__
.      | ノ'  j  || |l||  i\U  、__   u  /v //!  } } い  { `‐-、_
      ,| {  .{  |V.l||  | { l\  こ二¨`    ' ∧/ ゙ , !{ {、ヽ丿    `丶、
    ィ´j !  ‘ 八 }!!   | | {  ヽ        ィ// ヘ// / ̄ ̄`く          ヽ、
   「 〈  ヽi    V  `}}{   い{   丶 __ < // /// /         ヽ
.   〉 \ |  ∧ 、小、  、 丶      \  // /// /          |





125 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:46:41 ID:0vsnIIrU0




1938年春ごろ、エジョフの部下から逮捕者が出始める。

明らかにエジョフはやる夫からの信任を失い始めていた。風向きは完全に変わりつつあった。



           ,,,,,,,,,,,,          ,,,,,,,,,,,,
           [,|,,,★,,|]          [,|,,,★,,|]
           ( ´Д`)         ( ´Д`)
         ( ニニニニニニニニニニ_ア  /::::::::::::;\
          |:::::::::::: l |       //´|:::::::::::: l |
          |:::::::::::: | |       | | |:::::::::::: | |
         /::::::::::::/| |      // /::::::::::::/| |
         |::::::::::/ Uヽ    /U |::::::::::/ | |
         |::::||:::|  | | ,,,,,,,,,,,,| |  |::::||:::|  U
         |::::||::|   | [,|,,,★,,|]   |::::||::|
          | / | |   (; ´Д`)  | / | |
         // | |   |   /   // .| |
        //  | |   | /| |   //  .| |
       //   | |   // | |   //   | |
       U    U  U  .U  .U     U
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





126 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:48:21 ID:0vsnIIrU0




           ,〃.:.:.     - == ‐- y'´. :.: .: : .:. :.ヽ
          ,〃.::.:   '"´   ̄二ニミV   .:. :. :.: .: .:.::.',
          ,j〃.:.:.     .:.:.:. :.:. :.:.:.; ハ    、 .:. :.: .: .:',
            lN';:;:.:.:.,r'´.:.:.:.:.::..::..:;/  ', ミヾ;:; 、 `、 .:. :.:.:.:::!
           !1!.;r'´:. ..:;..:.:; ィ イ    ヾミミヽ;:;:;;;;;;;;;;;;;;:;:;;:!
          ',V.:::;,.‐''"´  }  '、     `ヾミミミヽ;:;;;;;;;;;;;,!
           ヾミヽ、、,,  ,,,,,、、z==''' ``   `〒ミ ハ;;;;;;;;,′
           `it-ァテ  ' '''"‐tテテァ ,_ - ´,   ミ'  !;:;;;,′   同志スルツキー(※)が粛清されたのは
               l`"´i   `ニ ト、  <      ハ ,!;;;/     驚きでした。
            l   l      '、  <  :′ )イ ノ;;/
               ',  !   )、   Vヽ  Y´  、_ ノ V       同志人民委員殿、党指導部には
              ', `ー '"´      `Y  /    ',      NKVDの業務に批判的な人物がいるとの
               i '''゙ - _`'''' '    ,′ / /  ノヽ     情報もあります。
               ヽ _´ ̄``''ー,,  ,ノ /.::;/ /  i
                丁  ̄``"´  /.:;.:;:;/ '´    !    我々は攻撃を受けているのでは?
               L _ _ __ , イ. ‐'´      ノト、    だとすれば反撃の準備をするべきかと・・・
               `コ´. :. :.: .: .:.         //.:.:.丶、
          , .-‐ '"´.:.:.i. :.: .: .:       //.:.:.:.    丶、

          NKVD中将・極東局長 ゲンリフ・リュシコフ


※アブラム・スルツキー・・・NKVD大将。実際には毒殺された。



                         ______
                    .  ´.:.:.:.:.:.:.:.:.``丶、
                     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.
                  /.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.}
                     i:.:.:.:.:.:.:.:{.:.:.:/.:.:厶二、:.:.:_:.ハ
                     |:.:.:.:.:.:.:.:ゝ:.{:.:.i「{^]テ〒テ:.:.!}       、. ,
                     |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧:l:ド- ノ^{:.:.:.:リ       。
                     |:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.トリ::;;;:::  .,>.:/    ~~~
                     |:.:.:!:.:.!:.:.:.:.:.:.:!   `_,Y.从|
                   \|:.:.|:.:.:.:.:.:.:|    /.:.:!:!   ヒック・・・ウィ~・・・
                     }ヽ|:.:.:.:.:.:i:| { ̄´:.:.:.|:|
                  _ノ  `^>、:.l」 /^ヽ:.:.:.:.:リ
             __, ‐{ |   ノ {二 {_} rヘ\:.|__
              ,. ´  | |i.└ く\ ハ. / ハ `「   `丶、





127 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:48:53 ID:0vsnIIrU0




  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_::::::::::::::::::::::::::、::::::::::\
 ::::::::::::::::::::::::::/:::::::::/´:::::::::::::: /::::::::::::::i::::::::::::::ヽ
  ::l::::::::::::::::::::/:::::/::::::::::::::::::/::::::::::::::::::|::::::::::::::::ヽ
  ::|:::::::::::::::::/:::/:::::::::::::::::/::::::::::::::::::i::::|::::i:::::::::::l::iヽ
 ::|::::::::::::::::l:::/:::::::::::::::/::::::::::::::::/::ィ:::: ハ::::l:::::::::::l::l:l
 :::l::::::::::::::l::/::::::::::/::::::::::::::::::/://:::/ ヽ::|::::::::l:l::|:|
 ::::l::::::::::::|:l:::::::/::::::::::::_;:r:::´::/ /::/   ヽ|::::::::|:|::|i|
 :i:::l::::::l:::::|::::/:::::::;:r::'_´__'''´  ./::/_, -‐''ヽ:::::::j:j::l l|
 ::\、::ヽ:::V:::/=,ニニ,=ミ、  ||/ィチァ‐:r‐''7::::://::/ j
 ::::::::ヽ:::ヽ::〈{ ヽ戈__,j ` _,ィ´___| 辷ノr /::::// /       ・・・反撃か。
 :l:::::::::::\:ヽ:ヽ._    ''´fフ''´ ヾi     ノ::://,/
 :|::::::::::::::::::ヽ:ヽミ、..  ‐'゙    ヽ `ー ツ:1:::l          それは無理だ、リュシコフ。
 ::|::::::::::::i:::::| ヽ :::::;;;;;;;;;;;;::::  /:::;;;;:::,/:::|:::|
 :::|:::::::|:::|:::::|ヽ  u      .__ ,  /:|::::|::|         我々を攻撃しているのは党政治局そのもの・・・
 |::|:::::::|:::|:::::|  ヽ、  u ´ ̄   /|:::::l::::|::|
  、|:::::::|:::|:::::ト .._ ` 、    , イ::::|:|::::::::::|:|          そしてなにより、やる夫その人なのだからな。
   \::|::::|:::::|、_ `'''''''''`'' ー' ノ|ヽ:|:::::l:::|::|
    \:::|:::::| ` '''''r――f''´ | l  ヽ:::|:::|::ト、__
       ヽ|::::::|   |   .|  .|/、   ヽ!::|:| ヽ  ` ''



                     _  ¨,.ニニ= 、、_
                       ,  ´  /     _>、\
                 /      ,  ´   ∧ ∧
                    /      /     ィ ∧ ∧
                |   /       ///  V |
                | || 〃/ //   . ィ \ V
                V || | ///  _/  V≦zム
                 Ⅵv/´∠. ≦__)、 」イ刋アヘl、_
                 _>「\l ミ ィ立アソ  〈'ーヘ 、 |  ` ー―  、       っ!?なんですと!?
              .  ´ /ヘ (_ {    /  ,. ヽ  Vソ        \
          -‐ ´  /| | >、_ヽ U  ノ{ _ ,__〉ヽ l             \
       /           VV∧ ∧ヽ   / r=彡ッァヽ |           丶
      /            V∨ \ ヽ\ 〃f=彡く ′     _ / ̄ ̄`ヽ
.      /             ゝゝ  >、丶、  /   ノ     __ノム∠. ̄    \
     /                \\| |  ̄>―‐<7    〃 ̄ `⌒ヽ\      \
.   /                 >>l____/ヘV  /   /   ` ニ  、_  ニニヽ





128 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:49:36 ID:0vsnIIrU0




            /                \
              /                   ヽ
          /   /   / /           |  ∧
            '    l    / /,  -―    / /|  ∧
.           |   l |  |´/        ィ ,.l||| ∧
.           |   l |  K_  、―‐'´//|||| | トヽ
.           |    ヽ.|  | 沁tx、\‐ 彡 ´_/イ/||v|
.           |      \ V弋z^ヽヽ l  ィケアテへ,' ,' ハ|    やる夫は我々を疑っている・・・
.           |       ト\__,rッ={i≦ィ/`ソ./l/ ノ
.           || |   |   | ::::;;;;;::::    ゝ=/=イl//      我々には今後更なる圧力が加えられるだろう。
.           || |   |  |      ´/ /  {
.           リ |   | |  l、 u  ¨二 ` /  |       リュシコフ、今のうちに用心しておけ。
          `ヽ  | |  |、> .   イ | | |
               /\| |  ヽ\ 厂\{ { | |        これ以上身内からスパイを出しては僕の立つ瀬もなくなる・・・
            /\ ヽ|、 l | 〈| |    \  | l.|
       _  ´     \ 丶N 八ト、    /lVl N
       /          \  ∧└、ヽ. ムト l / 



         /               /\ `ヽ
.         /  /    ´ ̄ ̄ ̄ ̄`メ、   ヽ  ヽ
       / /      _    /      、 '.
      , / /  .  ´   _ ィヽ       ヽ ,
      l' /.  ´   -‐ ´ /|         | !
      v/       _ .ィ ´  ! ヽ         l |
        T云≧―… ´l, `、  ヽヽ. \     l /
         ノ└く`{  rt_j___>‐zゝ\ \,. 、 /
       {   ノ 〉 ノ`フ乙方¬テz- \/r l /    (疑っているなどと・・・そのような生半可なものではない。
.       '   /    ヽ ̄「 ̄” 、ヽ  ' ハ>〃
        '.  ノ    、     \ 、 _ノ ィ //      ヤゴダが逮捕されるときもNKVDが粛清されたではないか!
        l Z__,,. 人__ U ノ /ヽr‐ ´{ /
        'l t こ_` ‐-、_、   '  ,.′  v       よもや、状況はそれほどまでに悪化しているのか?)
          L 辷‐ミ=-y } / / ′  !
         }  `ーz´_  ,.  ´  /   |
         ゝ _     <     /     {
          /ヽ`¨¨´      /      丶
             {      /         \





129 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:50:19 ID:0vsnIIrU0




                         ,.. -‐''::: ̄ ̄` 丶.、
                    /::::::::::::::::::::::::::─--ヽ\
                       /::::::::::::::::::::::::;:::-:::::::::::‐;::};::ヽ
                   /:;::::::/::::::::;/::::::::::::::;::::':::/iヽ::l
                    |::i:::/::::::/:::::::::_;;::-::::::;ィ´ ヽ:::::!
                ,. -‐!:::/:::/:;::-:__;::: -‐''"´i ヽ, |::::l
             , -' ´  /ヘ::l:::/ィ'ニ二、_     ! _i__∨
           /      // 〉ヘ:;i´ 、=ーtュミゞヽ r='rュ"ヘ〈、
         /     /| ! { r) '   ` ̄`ノ   iヘ¬" |ノ \
       /         /  l | ヾ`i ! u      | !rヘソ    \      (・・・もしや同志エジョフは
     /        /   l l  Yl, ヽ u  ,r〈 、 _ソ ′/     ヽ      政治局から信任を失っているのではないか。
    /             ヽヽ ヽi ヽ _,, - ''__''ヽ、 /         \
   /               \  >、. ヽ ',´ --、` /          ヽ   今まで粛清に尽力してきた我々NKVDさえ
  /          ヽ      ヽヽ/ >、     ´/′     ,    l   排除するつもりなのかやる夫は。
  {            ヽ  /   //>'´  ,ゝ --‐ '~\     /       l
  |  ヽ         | /  ,r'"´     `ー'ニニヽ、`'ー-、 /      l   いったいどこまでがあの男にとっての「敵」なのだ?)
  !   \           |,/ ,r〈r- 、 ヽ    /_,rー、ヽノ-、  ヽ、   ,  |
  ト、     \      〃/  \ ヽ '>='^ー-- 、 ` ー ' >`ノト、 /  /ヽ
  {ヽ\    丶    / /    \〉ソ       `¬ニ,ニ-' ´ / ∨ / ,ノ





132 :名無しのやる夫だお:2013/12/26(木) 21:51:15 ID:4hyJZ7So0



この桁外れの地獄を巧みに泳ぎ抜けるやる夫側近連中の精神が理解できない


131 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:50:50 ID:0vsnIIrU0




          ,′                   ノ ヽ
           亅            _ -‐    _/^V {
         {     / . -──'-‐── ¬{  | }|
         | /, く//   ⌒ヽ 、_   , { ヽ  }/リ
         ∨/,、〈 _ノ  、t_泛-_ミヽV__,」..⊥.._ }/
          `{ ] 〉′ { u   `__二´′ `v竺ゴ_, v′
           い{   ヽ           ||{ ´[ 丨    (・・・もう無理だ。
             .ヽ〉 u  !    _/   _」い  {,′
           }〉1   | U  ,,`二..__く^′{ ,′     これ以上こんな地獄の沙汰に
            } 八    | _,,ッ''´_..二、_'' ミ,, }/
          _」   {\  、__‘二¨こニ、ヽ "'v       付き合っていられない!!)
─- ..___,.  ´ {    \ヽ ̄´     ヽ/
    、              ヽ\      ノ′
    \ ヽ         i     ヾー---rく
        \      {       ,  ノ  >





133 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:51:50 ID:0vsnIIrU0




1938年6月13日、エジョフ側近のNKVD極東局長ゲンリフ・リュシコフがモスクワへの召喚命令を無視し逃亡、
満州国境を越えて、よりにもよってソ連最大の仮想敵である日本へと亡命する事件が発生する。



      ┌―――――――――――┐
     |   ,.-‐-、              |
     |    l   l          |
     |   `‐-‐'           |
     |    / ̄ ̄ ̄ ̄\      |
     |__/      \ ヽ、\     |
      ____/\    \ \ \  |
     |      \     \ ー‐ |
     |       /     l    |
     |       /   /^l   |    |
     |       /   / |  ー――‐、        ┌─┐┌┐┌┐┌┐┌──┐
     |       /   /  ゝ _____ヽ,       | l二  \∨/ .| │└┐┌┘
     |       /__/          |          │ l二  /∧\ .| │  ││
     \     ____             \          └─┘└┘└┘└┘  └┘
       \   \ \             \
        \   \ \             \



エジョフにとって最大最悪の失態であった。事前にリュシコフに危険情報を漏らしてしまっていたのだ。
リュシコフが亡命したのはエジョフが口を滑らせてしまったからだと疑われることとなった。



  Y゙ 「: : : :/: : :___ニ=- 、_|_ 、-=´ ̄ム: l、 : / |:ヽ ヽ
 _」__j: : : /, ≪≧=- 、 ヽ  /: /, , =≦zいミv |: :|__j|
  ぃ ヽ : 「  , :=:. 、\`ソ/: / 〈〃/ , :=:.、\j  ! / 〃
  |l  |: :|\{_゙:::'__i,  / , く u     __j_'::::'_j__/  ' ′l|
  |l  |: :'、  ̄三三/:/        三三三 ̄/  /:|  l|     う、うわあぁあああ!!!
  |l  |: ヽ\_   // u   ,!     _`二フ  :': :|  l|
  |l/ヽ:\`<  〃    ノ|  U ´ ̄> /  ': :/\j|
 ‐く    \_≧ミ、l{ U  l:::! ,、   /´//____//   >‐
    \    / ヽl     ヽ|    〃 〃 \    /
     \ ′   l    , -―‐- 、 {  /    丶 /
      \     ヽ.  ´ ̄ ̄ ̄`  ハ   /




149 :名無しのやる夫だお:2013/12/26(木) 22:02:51 ID:2XM/1Jqw0



リュシコフって日本亡命後どうなったんだ?
存在自体初めて知った



134 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:52:51 ID:0vsnIIrU0




さらに1938年7月、西側諸国で暗躍していたNKVDのスパイマスターであるアレクサンドル・オルロフが
粛清の危険を察知しアメリカへと亡命する。



           __, -――-  _
           /          ヽ、
.        /             \
        /       /  __\     ヽ
.       /     ||、    \\|  .∧
     /      . || 丶、____`|     ∧
      |   ,  | || , ==―   V  /  |
      |    |  | l. l/ィ‐tiツア  _」 ム  |
      ||  |  | /V|  ´ ̄  〃! /、ハ.|
     | |  |  トl` ゙l        /l/)ノ ノ |
.      v|  V ヽ′       / _,/  ,{
      vlV  V | ヽ `        // l 〈 \
        ゙l ∨ V | ‘´_ ̄`    /   V V  ̄
.       | Ⅵ v|lヽ       /, ' ,/  |  `<
        `l\'l′ゝ__  ´ /__l/|  /  \__
       、___ノl ィ f┴‐ `” ̄ l'|/l /ソ⌒
       ゝ三 ア | { l  /    l/,r‐'/
,  ´ ̄` ー…‐--‐へ| /        '/ ´
           \ /  _ -―  ′

        アレクサンドル・オルロフ



もはや、エジョフの権威崩壊は止められようもなかった・・・





135 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:53:26 ID:0vsnIIrU0




    ヽ、_,人_,ノ、_,从,人.ィj、ノv1人.ィj、ノv1人.ィj、ノv1人.ィj、ノv1
     )
  ‐=、´     くそっ!!くそぉっ!!!
    )
   , '⌒r‐v'ヽィ'⌒Yソ、ト、!yヘ!ソ、ト、!yヘ!ソ、ト、!yヘ!ソ、ト、!yヘ!ソ

.      /三二ニ冖¬==―--  ...,,,_             |::{i ,..:::::...i: }:::|::::::::|
    /                  `~" : : : ::;; ;; ;; ;;;;;;'ァ/`;;;;;;;;;jイ:::::|::/⊂,,._
  ./                   . : ∵ _ r~’:、;;;;丶ニ三- '^  ̄´;;r~'    ̄三二7
/                 ⊂=ニ二;; ;; ;; ;;;;;;;丶::;;;丶---- ;; ;; ;; ;;;;;;::}・‘:       /
      / ̄ 二 --   _   r~;; ;; ;; ;; ;; ;; ;;;;;;;;; --- - ;;;;;;;;;(⌒’: .・:    /
    ./     (;;;;::::二ニ===≠::::;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;;;;;;ノ∵∴       /
  ../     _,.  -―---‐=ニ¨´.:::;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;;;;;r_、/´;;;: .:     /
.../   _,...:::"´...;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;;;;;;/;;;;/ : ::;  ∵;;.-.   /
  ,..::"´..;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;;;;;;:〃;;;;;j  ‘  ;;: ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
  ;:::::::::;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;::::ノ´/::;;;;:/  ・   <                             >
八:::::;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;;;;;;;;} ・{::;;;ノ-- ,  <  どいつもこいつも自分勝手にっ・・・!!  >
  丶::、::::;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;;;::: :ノ  `¨    ./   < 僕の気も知らないで!!           >
   \ヽ::;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;;;;;::::::::/         /   <                             >
     丶` ー::ニ::_::::::;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;;;;;;;;::::::::::/       /      VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV
       `丶- 二 _ ----::::::‐::::::::_彡 '´        /       /
 \ヽ人_从人__从_人__从_从人__从_人__从_从人_人/
 ≧                             <
 ≧   お前等も僕と同じ苦しみを・・・っ!!     ≦
 ≧                             ≦
/Y⌒YWW⌒W⌒Y⌒WW⌒W⌒Y⌒W⌒Y⌒WW⌒Y\





136 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:54:07 ID:0vsnIIrU0




   ヽ :.:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:/ ○ヽ、::::::::::_:::::ヘ ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
    ヽ :. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:./     ,/ ,>'、二_:ヘ  ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.
     , 、' .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:./   ,/ ,/\ノノ ヽ:::::ヽ  \:.:.:.:.:/:
    /:  \ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,/:.:/| _,.r:'´,rく..ィ._'-'´  ○:::::`r―-f―':.:.:
 ./:.:.    \ :.:.:.:.:.:.;/:.:./:::|´ :::: l .ノ‐',、 o   |:|::::::|   |:.:.:.:.:.:
 :.:.:.:.:      `ヽ、,/:.:.:/ |::|       ` O   |!|::i::|   |:.:.:.:.:.:
 :.:.:.;ィ―------‐'''_,.... =、-|:〈            / l/||   |:.:.:.:.:.:.   なんで・・・なんで僕だけこんな思いを・・・!!
 :.:.;ィ:―――‐z'/´,,.r=:‐ l/             /_ノ   |:.:.:.:.:.:.:
 f'l::::::::::ヽ:|:::::::l´_/ ,.>''´/    ヽ          r'´- 、  |:.:.:.:.:.:.:.   誠実に党のために働いてきたのに・・・!!
 :ヽ;:::::::::::ヽ:::::r'ヾ,r'ノ´        ヽ   ,        |   `/ヽ:./〉:.:
  \:、:::::::、:\|ゝ'´    ○      `ー     ,.ィ',ヲ  |    /:.:.:.`〈:.:/   くそぉ!!
 :.:.:ヽヽ、:::::`-:`ー.、.....ノ o|        _,/ '´    ,〉  /:.:.:.:.:.:.:.:〉:
  _.. `ヽ ー 、__::::'ー'/       〈iノ´ /´ / | ./:.:.:.:.:.:.:.:/::::
 ´     \   `゙ '''´- 、._ , 、_       /  ,ノ /:.:.:.:.:.:.:.:/::::::



         __
         [|,,,★,,|]
        (´・ω・`)   ・・・・・・
         (つ□と)
         `u―u´





137 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:54:32 ID:0vsnIIrU0




【NKVD職員のみなさん】


    ,,,,,,,,   ,,,,,,,,,,
 ,,,,,,,,,[|,,★,,|] [|,,★,,|] ,,,,,,,,,    (なんか同志エジョフ旗色悪いらしいじゃん。
[|,,,★|]´・ω・) (・ω・` [|★,,|]     このままついていって大丈夫なんかな?)
( ´・ω[|,,,,,,,,|] [|,,,,,,,,|]ω・` )
| U (  ´・) (・`  ) と ノ   (大丈夫なワケないだろ。巻き添えになるだけだっつの)
 u-u (l    ) (   ノu-u
     `u-u'. `u-u'        (捨て駒に自分の部下を密告してるらしいしな・・・たまったもんじゃないよ)





138 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:55:14 ID:0vsnIIrU0




    ,,,,,,,,   ,,,,,,,,,,
 ,,,,,,,,,[|,,★,,|] [|,,★,,|] ,,,,,,,,,
[|,,,★|]:::::ω:::) (::ω::::: [|★,,|]
( :::::ω[|,,,,,,,,|] [|,,,,,,,,|]ω:::::: )    ((( とっとと密告しちまうか・・・ )))
| U (  ::::::) (::::::  ) と ノ
 u-u (l    ) (   ノu-u
     `u-u'. `u-u'





139 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:55:48 ID:0vsnIIrU0




        _____
       /´           `\
   ゝ/  _________ヽ
   /    |    ヘ、    ノ⌒ |
   |   |  /  ̄`ヽ /  ̄`ヽl
   l    |  l     lj | lj    l     同志やる夫。
   ヽ  |_|        |     |     NKVD職員からエジョフを非難する告発が届いております。
   /⌒`  ヽ       l     ノ、
   | )     ` ー─ ´ っー ´ l    なんでも日がな一日酒に溺れ、
   ヽ__   /⌒\____つ ノ     自分の不始末を部下の責任にしていると・・・
       \ ( ______ ノ /
       >ー───、─ ´
        / \ / \/ \
      l   l      |/\
      ├─┤      |、





140 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:56:11 ID:0vsnIIrU0




       ____
    ゝ/____ヽ
   / | , ─ w-、!
   | __|-|   +|+  |    ・・・差し出がましいようですが、
    ( u `ー  oー |    もはや内務人民委員の職責は
   /ヽ、/^\__/ ノ     エジョフの身に余るのではないでしょうか?
   l、(uu ー,─ 、´
    l \ __/┬ ′



        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |   ・・・・・・
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ





141 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:56:48 ID:0vsnIIrU0




         __
         [|,,,★,,|]
        (´・ω・`)   同志エジョフ。
         (つ□と)   同志やる夫から出頭するよう電話が来ておりますが。
         `u―u´



             / ,    / /    ィ   !l l 、 \  ヽ lヽ
          / /  ,   / / /  // |  ノ| l | v|| | ヽ  | ! |       /l   .,イ,イ .,イ
            / / / /_/ / 〃 彳  丿/ !ノノ 」l-‐|| | ! |      //   レ レ /ム―7
        / / // / 〃≫≦´ 、j__/ァー=ナ≦_j{、ハ ! |  ′! |     / ニニフ  //''''''7/
          / / -/―一||汀卞、 、 レ /-≠ンf卞、¨j{》!、\! / ||     //      /'  // ,イ,イ ,イ
.        / / /l l l| ||、V{_)ヽVi'´   /  Viノ ィ!'ll >、 メ、 |l     、二二フ    //  レレ //
      / / / j| ! | liミ=i‐‐/ヘi /  ミ=キ¨´|ノレ' / ̄` | {            /'    /'
.      i / / .!ノ ! ゝぃ  レ'゙  ノ丶    ーヘニ ィ /{  || | !
.      レ '   ! `iー‐t<_,  、   u  |||||-ャ彳 | l  || l !、
.      l  l /l  || il|| ミ=-    ヽ `    し    Ⅵ  ! ! { | l ! \__
.      | ノ'  j  || |l||  i\U  、__   u  /v //!  } } い  { `‐-、_       ひぃっ!
      ,| {  .{  |V.l||  | { l\  こ二¨`    ' ∧/ ゙ , !{ {、ヽ丿    `丶、
    ィ´j !  ‘ 八 }!!   | | {  ヽ        ィ// ヘ// / ̄ ̄`く          ヽ、
   「 〈  ヽi    V  `}}{   い{   丶 __ < // /// /         ヽ
.   〉 \ |  ∧ 、小、  、 丶      \  // /// /          |





142 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:57:16 ID:0vsnIIrU0




   ――― やる夫の執務室。



   ,=============,
   | r──、 r──、 |                         ______
   | | / / | |/∇ /| |                             /7i          |
   | |==== | |==== | |                          //:::|           |
   | | ∀  | | / / | |                       //::::::|           |
   /ニニニニニニニニニニゝ     〉~ア c「l               「|::::::::|           |
   │r──、 r──、 |     (  ) 〈;;;;〉            |:l::::::::|           |
   |│':.:.:.:.:|│:.:.:.:.│|     (二二二二二)             |:|O::::|           |
   |│:..:.:.:.:|│:.:.,:.:│|     | |     |│           |:|::::::::l           |
 ̄ ̄|└──' ゙──┘l ̄ ̄ ̄(.< ̄ ̄ ̄>.) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:|::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                      |:|:::/
                                       |」/

                    ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)
                        l i   +   +   +   l l:::|
                    / /;:__,,__,,___,_,___,__,__,,___,___,,/ /:::|
                      ( i,;'_ __ ___ _ ___ __ ___ __ __ _;l )::/
                  | l                l |/
                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|
                /                     //|
            ___/___________//| |
              (_______________),‐─┬i' ゝ)
             l:::          .   ..::::::::::| l^) .l│
             |:::    ;.             ..::::::::::| ´|  ゝ)
              |:::           ;  ..::::::::::| /
              l:::.            .   ..::::::::::|/





143 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:57:42 ID:0vsnIIrU0




                         /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
                       /: : :             \
  ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ       /: : : :            \
  〈● ノ\   人 ● 〉    /: : : : : :               \
   ヽ彡'  ヽ /  ヾ___ノ    / : : : : : : :            _    \
    )    Y    (      |: : : : : :  _ ノ゛,, ;、、、/⌒`        l
  /γ⌒     ⌒ヽ\     |: : : ::;; ( ① ) ノヽ ( ① );;:::     |
 /  |         |  ヽ    |: : : : :  ´"''" ,      "''"´       l   ・・・・・・
 |   ヽ__人__ノ  |    \ : : : : . . (    j    )、     /
 \     `ー'´     /      \: : : : : `ー-‐'´`ー-‐'′   /
  /           く       /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : /\
  |            |      / ∧::::::::::::::>、r‐'".::::::::::::::∧   、
                    イ   | '::::::::::/ ̄ ̄ヽ::::::::::::::` |   }丶 、
              ,.  '"   /    |  ヽ::∧    /\::/  |     !  ` 、




                                  : ,.' : : /: : :/ : /: : /|: V: :ゝ: : ヽ: : : : :∧
                                   : / : : /: :/: : :イ: / _>、ト、: :ヽ\ l : : : : ∧
.                                  :/ / : |/ : /, ', '.ィ≦zャ¬ヘヽ:\\: : : : : ',:
                                 |: |: : :|: :r≦彡'´{ケィヤ乏ノ }|: :` ‐\ ニ=‐: |::
                                 |: |:l : レ沁厂i}==ゝュ__/ | | : : : : : : : : :|:
         ど、同志・・・                 |: |:ゝ ゝ二.ノ     ||||||  | l: : : : : : : : : : |::
         リュシコフとオルロフの件については  ヽ|\\三ゝ 、     し | |: : : |: : : : : |: |
         どのように謝罪すればよいのか・・・      ト ム  `,........._ u     | |: : :|: : : : :|: |:
                                  : , ‐''´\  ‐    u  | l: : : :|: : : : : :|: |::
                                 : / , \ ヽ  u    /| |: : : l|: : : : |: l: :|:
                                 / _、ヽ  ) }ゝ_ .  ´ / |: : : ||: : : : |: |: :|:
                               /    lノ / /イiノ∠┤   //||: : : ||: : : : |: |: :|





144 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:58:27 ID:0vsnIIrU0




               ____
             /      \
           /        \
          /            \
            |                |
          \            ,/
          /           \




              ____
            /       \
           /          ヽ
         /           (!
         |              (_)    ・・・大丈夫だ、心配するな、エジョフ
         \_           ヽ'
         /           \





145 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 21:59:07 ID:0vsnIIrU0




         ____
        /― ― \
      /(①)  (①) \    内務人民委員、水運人民委員、党統制委員会議長・・・
     /   (__人__)     \   お前にはあまりに多くの職務を負わせ、
      |    ` ⌒´      |   本当に申し訳なく思っている。
      \           /
        /         \



             / ,    / /    ィ   !l l 、 \  ヽ lヽ
          / /  ,   / / /  // |  ノ| l | v|| | ヽ  | ! |
            / / / /_/ / 〃 彳  丿/ !ノノ 」l-‐|| | ! |
        / / // / 〃≫≦´ 、j__/ァー=ナ≦_j{、ハ ! |  ′! |
          / / -/―一||汀卞、 、 レ /-≠ンf卞、¨j{》!、\! / ||
.        / / /l l l| ||、V{_)ヽVi'´   /  Viノ ィ!'ll >、 メ、 |l
      / / / j| ! | liミ=i‐‐/ヘi /  ミ=キ¨´|ノレ' / ̄` | {
.      i / / .!ノ ! ゝぃ  レ'゙  ノ丶    ーヘニ ィ /{  || | !
.      レ '   ! `iー‐t<_,  、   u  |||||-ャ彳 | l  || l !、
.      l  l /l  || il|| ミ=-    ヽ `    し    Ⅵ  ! ! { | l ! \__
.      | ノ'  j  || |l||  i\U  、__   u  /v //!  } } い  { `‐-、_
      ,| {  .{  |V.l||  | { l\  こ二¨`    ' ∧/ ゙ , !{ {、ヽ丿    `丶、
    ィ´j !  ‘ 八 }!!   | | {  ヽ        ィ// ヘ// / ̄ ̄`く          ヽ、
   「 〈  ヽi    V  `}}{   い{   丶 __ < // /// /         ヽ
.   〉 \ |  ∧ 、小、  、 丶      \  // /// /          |





146 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 22:00:00 ID:0vsnIIrU0




     _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
   ,r'        \
   /_,ノ  ,,        ヽ,
  ( ①) ミ ヽ、,,,_    ..i   三役を同時にこなすなど不可能だ。
  i.   ミミ( ①)    .|   全てに手が回らないのは当然だろう。
 . \(_入_ノ      /
    \______/    最近は酒で健康を崩していると聞いた。
    ./ゝ/ノ:::::::::::::::::\
    |ノ//::::::::::ヽ,::::::::::|     疲れを忘れるのに酒の一杯でも必要だろう。
    |^::::::::::::::::::::::|:::::::::|     君の不健康は私の責任でもある・・・本当にすまない。
    |^::::::::::::::::::::::|:::::::::|





147 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 22:00:50 ID:0vsnIIrU0




                 ´  ̄ ̄ ̄ `  、
               /         三\
               /            三三三\
            /    ー―       ー―三三\
              /             三三三三三三ヽ
          /    ,        ,ニ===ミ三三三 ヽ    我々は君個人にあまりに多くのものを背負わせ過ぎた。
            /    (  ①  )   (  ①  )三三三 l!
        /                 ≧==彡⌒三三三l!    同志エジョフ・・・独りというのは孤独だったろう。
         |                  三三三三三三三|!
         {         (__人__) )三三三三 }    今まで良く頑張ってくれた。
        ,\         ヽ     /三三三三三/
          (   \        ̄ ̄ 三三三三三/⌒Y    感謝している。君は、素晴らしい党員だった。
        \___人>  ー‐  ー―   ―一 </  イ
      /    Y .\  >         < ,/T¨  \   リュシコフの裏切りなど、気にする必要はもうない。
      /      ∧   \     ≫≪     /  ,'      \
.   /          ∧   \/ 〉 〈 \/   /         `  、_



      \       /        / /   \\___: : :∨∧        |_
      ヽ   /         / /     /` ≧=-ヽ: :∨∧       ィ//\
         /         / /   / ィ≦く_」O V: :\ \   ////\
         \           / /|  /z彳ラr~う  |:| : >―ヽ/ .///
    /    \      / /: |= ´〃ナ )ぅ~'゙´     |:|: :|   | .///
   /         、   / /l : |     ゚     o     l:/|: l |   |///    //
. /   _______>ヘ ∠ l: /             l |/l |   l//ヘ.   //
    / _____ =≦三` !∧              〃 り   vV   ヽ//
  //: : : : : :l: : :/´ /てrっ〃               ┌‐く    //     /
_//ム: : : : ヽ |: : |z彳フ_r'ン゚ /     \         |     、//  /〉 /      ど、同志・・・!
‐く \vム: : : 、 :ヽ: 「c~ン´  o     {{_ r   __ ヽ.     //丶// /
  \\ム: : \ : ゝ     ,  イ        ̄`  // )  ヽ   //   \/
     ン\\: : ヽ 二ニ≦_ノ/         r 彡  /  /! //     ∧
         \>   __ :/           ヒ  彡´ /  l //    /ニム
\       \      `''‐-,,,___r┬ 、       /  ///    /三Ⅳ





148 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 22:02:22 ID:0vsnIIrU0




   ヽ :.:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:/ ○ヽ、::::::::::_:::::ヘ ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
    ヽ :. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:./     ,/ ,>'、二_:ヘ  ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.
     , 、' .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:./   ,/ ,/\ノノ ヽ:::::ヽ  \:.:.:.:.:/:
    /:  \ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,/:.:/| _,.r:'´,rく..ィ._'-'´  ○:::::`r―-f―':.:.:
 ./:.:.    \ :.:.:.:.:.:.;/:.:./:::|´ :::: l .ノ‐',、 o   |:|::::::|   |:.:.:.:.:.:
 :.:.:.:.:      `ヽ、,/:.:.:/ |::|       ` O   |!|::i::|   |:.:.:.:.:.:
 :.:.:.;ィ―------‐'''_,.... =、-|:〈            / l/||   |:.:.:.:.:.:.
 :.:.;ィ:―――‐z'/´,,.r=:‐ l/             /_ノ   |:.:.:.:.:.:.:   私は今まで・・・っ!
 f'l::::::::::ヽ:|:::::::l´_/ ,.>''´/    ヽ          r'´- 、  |:.:.:.:.:.:.:.
 :ヽ;:::::::::::ヽ:::::r'ヾ,r'ノ´        ヽ   ,        |   `/ヽ:./〉:.:   ご期待に沿えぬこともありました。ですが今後は!
  \:、:::::::、:\|ゝ'´    ○      `ー     ,.ィ',ヲ  |    /:.:.:.`〈:.:/
 :.:.:ヽヽ、:::::`-:`ー.、.....ノ o|        _,/ '´    ,〉  /:.:.:.:.:.:.:.:〉:   必ずや完璧にNKVDの職務を全うします!
  _.. `ヽ ー 、__::::'ー'/       〈iノ´ /´ / | ./:.:.:.:.:.:.:.:/::::
 ´     \   `゙ '''´- 、._ , 、_       /  ,ノ /:.:.:.:.:.:.:.:/::::::   ご心配をおかけして申し訳ありませんでした・・・!




       ____
     /⌒  ー、\
   /( ①)  (①)\     ・・・君の負担を軽減するために補佐役を付けたいと思う。
  /  ⌒(__人__)⌒  \    希望の人物がいるなら、遠慮なく言いなさい。
  |     |r┬-/ '    |    独りで抱え込む必要などないのだからね。
  \      `ー'´     /





150 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 22:03:15 ID:0vsnIIrU0




           ,.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
        ,.':::::::::/::::::/::::::::/:::∧l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
      /:/::::::::l::::::/:::::::::/:::/ l::、::::: {::::l::::::::::::|::::::::::|
      /:/:::::::::l::::/:::::::::/.::/  ゙、:_:::::、:::、:::::::::}:::::::::::!
      l/!::::::::::l:/::::::://,r‐__ニ_;⊥、ヽ::ヽ::::/:::::::::::|
      |! !:::::、:::l:::_∠X´ r "バ_;メ_ノ |`ヽ`:/::::::::::::::!
      | 、、:::ヽ:i、ゞノ`,L.l    ̄  /::::::/:::::::::::::::|    ありがとうございます!
       ヽヽ::::::ゝ _ノ  ` ー一 ´/ィ:´::::::|:::::::::::::!
           ト:::T`´ヽ 、   :::::::: ´ !:::::::::|:::::::::::::!    それでは、よろしければ
           !::::::ヘ   ____.,      !:::::::::|:::::::::::l:|    同志スタニスラス・レーデンスを
         l:::::::::::l:.、 `ー_ ''´    ,.ィ:::::::::|!::::::::::|:|    補佐役にいただければ幸いです。
         !:::::::::::|:!:\      , ´ |:::::l:::|l::::::::::|::|
         !:::::::::::|:|::|:::ヽ.... ‐ ´   _」:::::|:::|l::l::::::l!::!    彼は誠実ですし、熱心な職員ですから・・・
         !:::::l::::::l:l;>,..r=ヲ__,....-ィ ノ:::::l:::|j::|:::::/!:|--  ..._
         |::|:::、:::f {::::了::::::::「 //:::/::/::/::ノ.ノ     `  、



       ___
     /   ヽ、_ \
    /(① ) (① ) \
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \      ふむ・・・レーデンスかね?
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /





151 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 22:03:58 ID:0vsnIIrU0




          ____
        /     \
      / _ノ   ヽ、. \
     / (―)  (― )  \      ・・・いや、やめておきたまえ。
    n|i 7   (__人__)    n|
  l^l | | l ,/)  ` ⌒´    l^l.| | /)    彼は確かに人格的には優れているが、
  ', U ! レ' /   ー‐     | U レ'//)   体力面で問題がある。
  {    〈         ノ    /    重責には耐えがたいだろう。
  ..i,    ."⊃    rニ     /
   ."'""⌒´       `''""''''





152 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 22:04:33 ID:0vsnIIrU0




        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\
   /..::::::①:::::::::::::::::::::::::.\    この職務には屈強な人間が必要だ。
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/    どんな大木でも切り倒せるほどの、な。
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ



               /::::::::::::::::::::::::_::::::::::::;xヘ:::::::::::::..、
               /::::::::::::::::;:::::::/::::::::/::::::::::!::::::::::::::ヽ
             /::::::::::::::::/::/:::::::::/::::::::::::::::}::::、:::: ヘ::::ヘ
             .i:::::::::::/::/;イ:::::::::/:::::::::::::::ノ::∧:::ヘ:::i::ヘ::::ヘ
             l:::::::::::l:::l/:::::::/:::::::::::::::; /::/ V::::l:::l::::l:::::::i
             |!:::::::::|:/:::/::::::::_:: - '´,.イ/   ヽ:|:::!:::|::::::::l
             |!:::::::l::!|::ムr‐'=z-x.._,ィイ ,.....z‐'''"リ!:j:::|::::::|l:|
             |ヘ:::::ヘ:V´、で妁ミくヽ  /´x'iチ妁'7'|:::/:::::リ |!
             |:::ヘ::::::::ヘ ` ̄   ,レ勹i{,  ` ̄ノ ノ/::::::/./
             |:::::::ゝ、:::::ゝ、..ノ _ノ'   ! ヽ_  ...ィ///イ
             .!:::|:::|::::::|`ヽ     r /   `  /リ}:::/:::|
             !::|:::|::::::ヘ      __ _      {//:|::|::|::|    は、はぁ・・・それでは・・・
             |::|:::|::::::|_:ヽ     ´ ‐ `   .イ´|::|::|::|::|
             |::|:::|::::::|:|:::::|ヽ        イ:|:::::|::|::|::|::|
             .!:|:::|::::::|:|::r:t.._ ` 、__ イ  |、|_::ノイ:|::|::|
              !:|::::::::::|:|::!:.:.:.:`¨:.:.:.:TT:::::¨´::|´:.:.:.:|::|::::::!





153 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 22:05:19 ID:0vsnIIrU0




          ____
        /      \
       ─   ─    \
      ( ①)  ( ①)     \  ・・・チラッ
      | (_人__)        |
       \` ⌒´       /
        / ー‐       ヽ
       /            `


                               ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
                              〈 ●ノ,\    人 ● 〉
                                ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
                                )    Y    (
                               /γ⌒     ⌒ヽ\
                              /  |         |  ヽ
                        !     |   ヽ__人__ノ   |
                              \    、`ー'´,    /
                              __>          <_
                         _ー ̄               ヽ
                        /   _ー/           /  , }
                       i   <、/           / /
                        \ /            /- ̄
                         {            /
                          {           {





154 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 22:05:57 ID:0vsnIIrU0




      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈 ● ノ\   /\● 〉
      ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
.      )    Y    (
     /γ⌒     ⌒ヽ\
.    /  |         |  ヽ     ・・・やる夫。
.    |   ヽ__人__ノ   |
    \     `ー'´     /     それなら一人、心当たりがある。
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、   |      一週間不眠で働けるほどパワフルな人間だ。
   /     / r─--⊃、  |
   |  ヽ,.イ   `二ニニうヽ.  |



       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( ①)( ①)\
  /  ⌒(__人__)⌒  \      ほう。それなら適任だ。
  |     (  (      |      ヴェーチャ、いったいそいつは誰なんだ?
  \     `ー'      /



                 /: : : : : : : : : :,: : : : : : : : : : :\
                /: :/: : : : : /: : |: l: : l : : : : : : : : ヽ
               ,.' : : /: : :/ : /: : /|: V: :ゝ: : ヽ: : : : :∧
                / : : /: :/: : :イ: / _>、ト、: :ヽ\ l : : : : ∧
.              / / : |/ : /, ', '.ィ≦zャ¬ヘヽ:\\: : : : : ',
            |: |: : :|: :r≦彡'´{ケィヤ乏ノ }|: :` ‐\ ニ=‐: |
            |: |:l : レ沁厂i}==ゝュ__/ | | : : : : : : : : :|
            |: |:ゝ ゝ二.ノ         | l: : : : : : : : : : |
            ヽ|\\三ゝ 、        | |: : : |: : : : : |: |     ?
               ト ム  `,........._      | |: : :|: : : : :|: |
               , ‐''´\  ‐       | l: : : :|: : : : : :|: |
              / , \ ヽ      /| |: : : l|: : : : |: l: :|
            / _、ヽ  ) }ゝ_ .  ´ / |: : : ||: : : : |: |: :|
          /    lノ / /イiノ∠┤   //||: : : ||: : : : |: |: :|
           , '    ノ'‐f´ァ'´l_/   | // ||: :|||: |: : :|: j∠
        r<  `T7 _  イ    / ,| l/l : | : :| :|| l|_ 斗 彡¬__
       / \_'_/_」/  」  〃"´j |レ|: :|: : l_」l斗z彡' / /`ー、
        /     // /  <   / ┌一|' |:/L:ィ  / -‐/
      ,     // ∠  イム  {`ヽ |   l′ l/ / / /





155 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 22:06:56 ID:0vsnIIrU0




   ,.⌒ヽ     γ⌒ ヽ
  〈 ●.ノ\   人 ● 〉
    ヽ彡'  ヽ /  ヾ___ノ
    )    Y    (
   /γ⌒     ⌒ヽ\
  /  |         |  ヽ      やる夫と同じグルジア出身だよ。
  |   ヽ__人__ノ   |
  \     `ー'´     /      彼ならどんな大木でも切り倒すだろう・・・
 ,,.....イ.ヽヽ、       -、.
 :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i       同志エジョフも楽になるはずさ。
     |  \/゙(__)\,|  i |
     >   ヽ. ハ  |   ||





156 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 22:07:16 ID:0vsnIIrU0




   ――― ザカフカース連邦、グルジア共和国。





_,,.--ー''''''"゙゙ ̄~゙"'ー-、
..'"゙~゙'ー、、 : : : :  :  `'~゙"'ー-、
  : : .: `゙ヽ.,_、:    : : : :     ゙゙̄"'''''―-、
: : : : : : : : : : `'i、               : : `、,、    ,.ィ''''"'"~''゙''ー-
: : : : : : : : : : : `ヽ:      : : : : :   : : : : : : : : : `゙''‐'"゛: : : : : : : :    :~゙"'ー-'i,  :
: .`" : : : : : : : : ゙、:゙lヽ、、: : : .: : : : : : : :    `''''',,,,,、 : :  : : : : : : :,,,,-‐'゛`゙''ー-
   .``'ヽ‐.i、 _、,,.:`゙"" ゙̄'--、..ー―---、、,__: : `゙''、   : : : : : 、、、,、::;.:".:;.:'"゙:.:゙,
 .,Y、: へ,、'``" :": : 、,`'`: : : : : : `゙^'--、、---"'゙‐'"   : : : : 丶     `': :~゙"'ー




158 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 22:08:13 ID:0vsnIIrU0




           ∨//////;彡           ミ///////////////|
           ∨////             ヾ/////////////|
              Y//ノ     に=ー-- __   .ヾ///f ´ ヽ////|    同志やる夫からついにお声が掛かった。
            V/ ハ,   ゝ、__        ヽ//iィ=、',///|
            |!ノ __,ヽ    ´_===-、     1/ r‐j,,.i///|    来月頭にも政治局決定で君は
            l _-=}   ´、    `       .l|  fヽ .j///|
              l'  ,ィi     ゞ、         !. ヾナ. i///|    内務人民委員部第一次官に任命される。
                 i.  ' /                  ノ///|
              l  /                     -='////j    NKVDのナンバー2だよ。
                l /                  |//////
                 k                     V////     ついにここまできたな。
              ト`ー '          ,ッ,   /   {///
               ゝ`ー―----‐='''"´イ   /    i//      友人としても元部下としても嬉しい限りだ。
                  i    ー---‐'         /    |ム__
                    ヽ、             /       |     \
                      ヽ           /        /       /――――---
                     ヽ、    /      /       /:::::::::::::::::::::::::::::::
                       -f`rー‐='      /       /::::::::::::::::::::::::::::::::

                 フセヴォロド・メルクーロフ



                            ///)
                            ////           /|
                       /////           /^´;,;,;,!ィ
                       / /     レ´)\  ,ィrw、イ/;,;,;,;,;,;,;,;,i
                   /´  ノ    / /;,;,;,;ζ, , , , , ,ィ. `ヾt;,;,;,;i
                   /           /l;,;,;z´._ミ,、/`^´ ヾ, . . .`z;,;i
                    /     ,-‐―'"´   ∨. ア    ,、/ヾミ、. . .∨
               ,  '"      /          `i./zxwッ ヾイrッ> }. i__ノ
             , '"       /          }.i"ィrッ ,!    ̄   `´ )|     や!これはめでたい!
        /         /               Yi   ヽ        `'/      まさにめでたいことだ!
        , '"´       /              `ヽ,   ==v7  /T
      /          ̄` ヽ、             ヽ, `´ ̄ ./ |       ボ ス
      !         /     `< ̄⌒`ヽt-、   ,、厂|ヽ,_/   |      ホゼーニ、ご栄転ですね!
    /     _,.-"、         ヽ,   ヽ,i!`∨/i!i!\      .ト、     おめでとうございます!
   ヽ,_         `'ー- 、__    ヽ,   |i!i!i!/i!i!i!_i!iii\     .ト、ヽ,
     `ー―-、             `          .|i!i!iレ'´`Z_i!i!i\    /i!i!i\      あなたはザカフカースの首長で
             `ー-           . 、    !  |i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i` ヽ!!\/_i`´\     収まる器ではありませんから!
               ー _     `ヽ  i. .|i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i! ̄T ̄i!i!i!i!i!i!i!i!`ト、
                    ー、_   `  ヽ, |i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!/Oi!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i| `ヽ、

                              ボグダン・コブロフ





159 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 22:08:59 ID:0vsnIIrU0






:::::::::::::::::::::::::::::,,.-/::l ≧  __  ≦ /::::ヽ-..,,_
::::::::::::::::_,,.-'":::::/:::::|\  ヽ__/  /|:::::::∧::::::`"''-..,,_    二人ともありがとう。僕も恐悦至極だよ。
:::::::,.-'":::::::::::::/:::::::::|  \/::::ヽ、/ .|:::::::::∧:::::::::::::::::::::ヽ   慣れ親しんだ故郷を去るのは惜しいが、
:::::i::::::::::::::::::::::ヽ:::/|   ヽ_::_/   |\:::/:::::::::::::::::::::::::l   党が与えてくれた使命とは比較できない。
:::::|:::::::::::::::::::::::/::::::|   |:::::|   |::::::\::::::::::::::::::::::::::::l   モスクワに移っても君たちの力は必要だ。
:::::|:::::::::::::::::::::::∨::::::|    |::::::l    |:::::::::/::::::::::::::::::::::::::::|  副官に指名したいと思っている。協力してくれるかい?





160 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 22:09:47 ID:0vsnIIrU0




              |;,;,;,;,;,;,;      、;,;,;,;,|
                  |;,;,;,ゾ, , , , ,_, , , , , ,ヾ;,;|
               ド, , , , ,ア゛´"゙',ーz, , , ヾ,
              レ'.r'゙~"  /Wスヾ, ,ゝチ           もちろんですホゼーニ!
                `i.i!yx、 '" i"あヽ i, i´`i
                  i iィ ぁ}         ~) ,!           僕の拷問テクを最も活用できるのは
               ヾ   ヽ      ,_/            ホゼーニ以外に存在しません!
                  ヽ,  、‐_フ  / .|
                  ヽ,        i .|             地獄の底までお供します!
                    >、__/    !i\           地獄の鬼さえ自白させてやりますよ!
                 /::::i ヽ  / ./:::::|`ー,..-‐- 、
                /:::::/i  / /:::::::|::/       ヽ
          ,..-,--‐/:::::::/、   ,ィ‐/::::::::::::|::|        ヽ,
        /  /:::::::/:::::::::|  ,.ィ'"´::::::::::::::::/::|             }
       /    /:::::::/::::/⌒\:::::::::::::::::::/:::/ イ        i
       ./     /:::::::::レ'´:::::〇::::::\:_:/   i/           i



;       ヾ洲/:.:.:、,_:.:.:.:.:         ゙i,,ィ.ノト,wト,
;     ,イし、ヾ;;l:.:.:.:.rZミ、、:.          l;;;;;ヾト州l
;;   ,/⌒ヾミ、ヾ!:.:.:.:. ̄`゙`''ー-        l;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;  ´   ,ィェ、ヾ l,:.:.:.:.:.:,rz‐彡'':         l;;;;;;;;-‐-
;;;    _,,=、_ | l:.:.:.:.:.:,ィ===ミェ、       l;;;;/ ,r‐
;;;, ,ィシ´ ̄ン` l! l:.:.:.:.:.:=、、:.:.: `゙′        l;;;l/'⌒     君がモスクワに来たとなれば
;;;;,    彡'′ l  l:.:.:.:fミミ`^:.:.           lリ '⌒      とんでもない騒ぎが引き起こされるはずだ。
;;;;;        ,!  l:.:.:.:ヾ:.:.:.:.:.:           '′ト;
;;;;;,      /   l:.:.:.:.丶:.:.:.             レ'      この騒ぎを特等席で見物できるとあれば
;;;;;;,     /    l::.:.:.:.:.:.:.:.:             _,ノ     断る理由はないな。
;;;;;;;,    /     l:.:.:.:.:.:.:.:.:            ハ;;;;
;;;;;;;;,   /      l:.:.:.:.:.:.:.:.           /  l;;;     さぁ、モスクワの腑抜けた連中に
;;;;;;;;;;,  丶、...,,,,_,   l,:.:.:.:.:.:.:.:.:.            /  V     カフカース式を教えてやろう。
;;;;;;;;;;;;,,   ``'''"    l,:.:.:.:.:.:.:.:.z、       /   〈
;;;;;;;;;;;;;;;;, ,イ´ 、,,_   丶:.:.:.:.:,.ノリ}       /     l     きっと、面白いことになるぞ。
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,' f`ー-==--‐ゞ''"´:.:.'ツ       ノ     }
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,  ーェ-;;;;;;;-‐ァ't:.:.:.:.:.     /      ノ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,   `'='"´  ヾ:.:.:.:.:.:... ,.ィ'´       /
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,         /`r-‐''"       /
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,       /! l:.:.:〈     ,〃/
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,  ,,,//  l:.:.:ヾ!    lレ'





161 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 22:10:25 ID:0vsnIIrU0






   __./:::::i  \     / " !:::::::`:、._
-''"´::/:::::::::::i    /´;;`ヘ.    i::::::::::::ヘ;:.:::..`:..:::....、
:::::::::/::::::::::/!   ∧;。;;。ヘ  iヘ:::::::/::::::::::::::::::::::`:.:..、_      喜んでくれて何よりだ。
:::::::::::ヽ/:::::::i / ∨;;;/  \i::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:ヽ.
:::::::::/::::::::::::::!   /;;。;;'.    !:::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,':;:::i   ではさっそくモスクワ行きの準備をしよう。
:::::::ヘ::::::::::::::::::i  ,';;。;。;;'.  i:::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::i
::::::::::ヽ:::::::::::::::i   ,';;;。;;;。;;',  i:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::!   同志やる夫を、お待たせするわけにはいかないからな。





162 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 22:11:00 ID:0vsnIIrU0






                    \ ___ /
                      /:::::::::::::::::::ト,
                    /  ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ;,、_
                __,,./"" :::::::::::::: ' ,:::::::::::::ヽ,、
           / ..::\ ..:::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::: !:::ヽ      あれから5年か。案外長かった。
          / .::::::::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::: i::::::.`
          l ;ノ:::::::::::::::: l:::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::: !::::::::::i     だから言ったじゃないですか、同志やる夫。
         く  :::::::::::::::::::: !:::::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::: イ::::::: {
            l ::::::::::::::::ヽ;;|:::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::: |:::::::::
          l  ::::::::::::::::::: 〉::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::: |:::::::: i
            l| ::::::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::: |::::::::: |
          l ::::::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::::::i.:::::::::::: |:::::::::: i





163 : ◆J7qCZtZxmc:2013/12/26(木) 22:11:32 ID:0vsnIIrU0





                            , '  ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
              ....:            /             \
              ::; ;:;:;:             /              ヽ
              ;  ;;;、      :::::::  /  '´ ̄`   " ̄`     ヽ
              ;  ;:;.:  .............. :::: |   ( ⌒)    ( ⌒)        |
              .; ;:;; ;´´;:;:;:;:;:;:;:;``; i  ´""     ""゛       j
              ; ;:; ;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;; ´ ゝ       '           /
              :; ;; ;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.: ;:  \   ' 二  ̄      ヾ
              :...;..: ヾ、;;;;;;;;;;;.:´.;´     ,`         ,.ィ´ /::\...─────────┐ 、
             :;  .`` -‐--、..; ;:::::  , ´  ゙'ーイシ″/   /:.:.:.l:.:.`:.:.....///////////////}||ll\
              ::..、............ ;:;:;. ;;; ,..'´    \ ヽ,.イ   /:.:.:.:.:.: l .:.:.:.:.:.:.:.:` ー- 、///////:}||ll|ll|}
               `;  ;;:;ヽ;;  .`/     ノト_,ノ┘.∧  /、:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.ヽ///// }||ll|ll|}
                :; .;.;;.;.;:;.;.. / ̄ ̄ヽイ:l: :イ!ハ///  ヽ./:.: \:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,':.:.:.:.:.:.:.:. '/////}||ll|ll|}
                   ; ヾヾ;、 / ̄ ̄`ヽ/:.:./:.:.:i:l//i:   /: : :.:.:.:.\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,':.:.:.:.:.:.:.:.: :.:'////:}||ll|ll|}
                ;   /.:.            ∧                     //}||ll|ll|}
                       /:.:.:γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ //}||ll|ll|{
                    /:.:.:.:|         あなたには、僕が必要だと。        |  /||ll|ll|{
                  /:.:.:.:.:.:ヽ、______________________,ノ.:.∨||ll|ll|{
                   ,.:′:.:.:.:.:.:.:                                :.:.:.: 'l||ll|ll|{
                   :′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.j:..:..:/ !:.:.:.:.:.:.:.:.〈:O : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :l|l|ll|{
                :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;'.:.:; ′}.:.:.:.:.:.:.:.:.:}.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : ':.://///ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: 'l||ll|{
                  ‘.:.:.:.:.:.:..:..:.://   }.:.:.:.:.:.:.:.:'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'´..:.://///// ヘ:.:.:__ : :.:.:.:'l|l|{
                     } ..:.:.:.:∠  .....-─} .:.:.:.:.:.i:O.:.:.:.:.:.:.:.:.:}.:.:.:.:.:.:.:.:.: : ///////,.. ´  `ヽ : :.:'l|l{
     ,.. . _       r─… `ー‐匕.     ..-─,.:.:.:.:.:.:.:.:}:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::_;厶 -‐:.''"´: : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:'l{
  /.:.:.:.:.:.:.:.`:.':.:.. . .L._::{f¨ ̄三三三三三三,′:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:./  `ヽヽ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:j
  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:` <こ三三三三ン:.:.:.:.:.:.:.:./:O.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : , ′   .}ノノ...-──…… ' 二二|

                  グルジア共産党第一書記 ラヴレンチー・ベリヤ




   ――― 1938年8月22日。ベリヤ、内務人民委員部第一次官に任命される。







【第四十四話 破滅 前編 終わり】
                                           第四十五話 破滅 後編 に続く・・・








関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加




[ 68587 ]

いよいよロリコ……真打ち登場ってわけか
[ 2013/12/27 09:19 ] [ 編集 ]

[ 68590 ]

人間の悪性のみを抽出したような男がついに来るのか
[ 2013/12/27 10:14 ] [ 編集 ]

[ 68596 ]

ttp://figure1-35.blogspot.jp/2013/01/135_4.html

フィギュアになったベリヤ
[ 2013/12/27 11:55 ] [ 編集 ]

[ 68598 ]

キチガイと無能しかいない世界にとっておきのキチガイがやって来たか
[ 2013/12/27 12:07 ] [ 編集 ]

[ 68602 ]

なんでこのやる夫スレには胸糞悪い奴か、とても胸糞悪い奴ばかりしかいないんだ..,

それにしてもボリシェヴィキがブラック企業過ぎてワロエナイ
[ 2013/12/27 12:42 ] [ 編集 ]

[ 68608 ]

スターリンの政治手腕ならブラック企業さえ掌握できるな!
[ 2013/12/27 13:51 ] [ 編集 ]

[ 68612 ]

史上最悪のロリコンキター
[ 2013/12/27 14:09 ] [ 編集 ]

[ 68615 ]

スーパー有能かつキチガイな史上最悪の仕事人キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
[ 2013/12/27 15:02 ] [ 編集 ]

[ 68619 ]

んで、その裏切りの亡命者はどうなった
[ 2013/12/27 16:16 ] [ 編集 ]

[ 68620 ]

結局、スターリンの猜疑心を補うには戦争を起こすしかなかった。
が、戦争中でも普通に粛清は続けられた。
[ 2013/12/27 16:50 ] [ 編集 ]

[ 68621 ]

※68619

満州で行方不明になりました。
[ 2013/12/27 17:02 ] [ 編集 ]

[ 68624 ]

スレ全体が狂気と破滅に満ちている、いやそれしかない
[ 2013/12/27 18:16 ] [ 編集 ]

[ 68627 ]

亡命した奴がどうなったか気になるならwikipediaでも行ってこい
[ 2013/12/27 18:59 ] [ 編集 ]

[ 68632 ]  

ベリヤ登場か。ここまで本当にに長かった。
生ぬるい展開ももう終わりだ。いよいよ地獄が始まるぞ。
[ 2013/12/27 20:14 ] [ 編集 ]

[ 68634 ]

ゲンフリリュシコフ

日本に亡命した後の残された家族が悲惨だな。

亡命に先立ち娘が治療を受ける目的で妻インナと11歳の娘の出国を画策していた。妻から事前に打ち合わせておいた暗号電報を受け取ると、数日後家族は安全だと信じて亡命したが、実際は跡形もなく消え去っていた。後に知らされたところでは、妻はルビャンカ刑務所で拷問され射殺され、両親と家族全員がシベリアに送られたという。母と兄弟は死亡したが、姉妹はシベリアの収容所で生き残った。娘のその後は分かっていない。
[ 2013/12/27 20:16 ] [ 編集 ]

[ 68635 ]

何しろこの時点でスペイン内戦に関与し、共和派を援助している最中だもんな。
スターリンは民主主義の守護者として世界中の賞賛を受けているんだぜ。

内情の悲惨さとはあまりにも対照的だ。
[ 2013/12/27 20:22 ] [ 編集 ]

[ 68638 ]

>>68632
なんということだ、まだ地獄は終わらないのか・・・
[ 2013/12/27 20:30 ] [ 編集 ]

[ 68641 ]

というか今までですらまだまだ地獄じゃなかったっていうのがヤバい
[ 2013/12/27 21:10 ] [ 編集 ]

[ 68642 ]

ベリヤはこの時点でまだ30代なのにソ連の中枢まで駆け上がったわけだからな
能力に関しては間違いなく物凄く有能よ

ただ人格に関しては多分このスレで今まで出てきたクズと基地外揃いの登場人物の中でも多分ぶっちぎりでクズだけどw
[ 2013/12/27 21:11 ] [ 編集 ]

[ 68644 ]

極めて有能で抜け目のない秘密警察の元締めにも関わらず、ロリコン世界代表としてその名が轟いている自業自得なお方。鬼畜系エロゲーの主人公を地で行く人生を全うした英雄。
[ 2013/12/27 21:31 ] [ 編集 ]

[ 68645 ]

これでまで出てきたような人間味や甘さを残している連中と完全一線を画す、24時間365日アクセスフルスロットルの完全無欠の鬼畜外道、それが我らがベリヤ様。
[ 2013/12/27 21:36 ] [ 編集 ]

[ 68647 ]

アレクサンドル・オルロフは、妻子とともに亡命して、1973年まで生きた。
ついていたな。
[ 2013/12/27 21:47 ] [ 編集 ]

[ 68649 ]

本スレに変なのが常駐してるのがな・・・。
[ 2013/12/27 22:35 ] [ 編集 ]

[ 68656 ]

ピオネールの密告の話とか、スターリン自身への
民間からの個人崇拝の「自発的」な推奨とか
民間の異常な日常も描いて欲しい


[ 2013/12/28 01:31 ] [ 編集 ]

[ 68657 ]

人殺しをリリースして悪魔を召喚
史上最悪のアドバンス召喚や・・・
[ 2013/12/28 02:15 ] [ 編集 ]

[ 68660 ]

この状態であと一年で第2次世界大戦だからな。
そのあとはいよいよ冬戦争に
[ 2013/12/28 04:55 ] [ 編集 ]

[ 68666 ]

今の所、せいぜい数十万人~百万人程度の犠牲者だけど、あと1年もすれば第二次大戦始まって千万人単位で地獄行きになるしな。まだ平和だというのが恐ろしい。
[ 2013/12/28 11:15 ] [ 編集 ]

[ 68677 ]

ナチ時代のドイツとどっちがマシなん?
[ 2013/12/28 16:49 ] [ 編集 ]

[ 68679 ]

どこまでも深まりゆく素晴らしい地獄
[ 2013/12/28 18:12 ] [ 編集 ]

[ 68685 ]

地獄の釜の中そのものだな・・・
[ 2013/12/28 21:38 ] [ 編集 ]

[ 68686 ]

というかベリヤがNKVD長官になった時はもう粛清の大部分は終わっててそれを受け継いだに過ぎなかったはずだけど
[ 2013/12/28 21:46 ] [ 編集 ]

[ 68688 ]

ベリヤを題材にしたエロゲーが発売しても驚かないレベルの鬼畜外道だからな。
[ 2013/12/28 22:54 ] [ 編集 ]

[ 68692 ]

これで平和なのか…
[ 2013/12/29 00:02 ] [ 編集 ]

[ 68693 ]

ベリヤって街で気に入った女の子を見ると拉致って犯したらしいからな
そんで権力使って、もみ消し
もうリアル鬼畜ゲー主人公だよこいつは・・・
[ 2013/12/29 00:14 ] [ 編集 ]

[ 68695 ]

拉致ってレイプして事が終わったら全裸のまま車からポイ。抗議してきた両親を強制収容所送り。素敵すぎますベリヤ様。
[ 2013/12/29 00:32 ] [ 編集 ]

[ 68711 ]

WWⅡまで後一年か
[ 2013/12/29 12:13 ] [ 編集 ]

[ 68737 ]

ヴォロシーロフもエジョフも加害者側に属するんだろうけど…
被害者でもあるんだろうな
[ 2013/12/30 19:39 ] [ 編集 ]

[ 68738 ]

ラストの登場の仕方w
クロサギの標的みたいだなw
[ 2013/12/30 22:07 ] [ 編集 ]

[ 68741 ]

これはフィクションだよな
そうだといってくれよおい
[ 2013/12/31 00:48 ] [ 編集 ]

[ 68744 ]

むしろこんなんフィクションで考え付かれても困る
[ 2013/12/31 04:57 ] [ 編集 ]

[ 68748 ]

※68632
>生ぬるい展開ももう終わりだ。いよいよ地獄が始まるぞ。

えっ、今までの地獄と悲劇は何だったんですか?
[ 2013/12/31 16:11 ] [ 編集 ]

[ 68749 ]

米68677
ナチはユダヤ人とか敵対者に対して苛烈だったけどソビエトは権力者であろうがなかろうが、どれだけ国家に尽くしていようが、何をしていようとルーレットが自分の所に止まれば死ぬ感じ。
ある意味差別なく平等に不条理。
[ 2013/12/31 16:12 ] [ 編集 ]

[ 68750 ]  

ドイツ人はなんだかんだ言って身内には優しかったしな。
突撃隊だってレーム以下主要幹部が殺された位で、他は無罪放免だったしな。
[ 2013/12/31 16:53 ] [ 編集 ]

[ 68757 ]

まだこれから大戦が控えてるとか、本当にソ連は地獄やでぇ……
[ 2014/01/01 00:20 ] [ 編集 ]

[ 68759 ]

逃げ込まれた日本もビビっただろうな。何もしてないのに、勝手にそれなりの大物が来てくれたんだから。
[ 2014/01/01 00:30 ] [ 編集 ]

[ 68761 ]

※68748

まだ中盤だぜ!、これからいよいよ本番なんだぜ!。
[ 2014/01/01 06:08 ] [ 編集 ]

[ 68768 ]

ようやく山を越えたか
まだベリヤがハジケたりするイベントがあるが、粛清は収束過程が見えてきた
[ 2014/01/01 12:28 ] [ 編集 ]

[ 68772 ]

ベリヤにレイプされるのは基本モスクワの女たちだけだから
[ 2014/01/02 07:23 ] [ 編集 ]

[ 68774 ]   

粛清の死者は減る代わりに、第2次世界大戦で無茶苦茶人命軽視の戦術を連発して、もう一桁死者は増えるからな。
[ 2014/01/02 11:50 ] [ 編集 ]

[ 68797 ]

>>68750
ドイツ人だって自国民の精神障害者やユダヤ人と決めつけられた奴は皆殺しだぜ。
しかし、ソ連と比べると優しく見えるのは同意。
[ 2014/01/03 23:04 ] [ 編集 ]

[ 68829 ]

>>68797

確か精神障害患った患者の家族から凄まじい抗議
が来て、さすがのヒトラーもこれはアカンと思っ
たのか中止させてるんだよな。ちなみに中止後は
絶滅収容所にT4組織を編入させて安楽死政策がタ
ダの虐殺作戦になってしまうけれども…。
[ 2014/01/06 22:50 ] [ 編集 ]

[ 68830 ]

ボグダン・コブロフって誰だよ、と思ってググったら真性のサディストで拷問大好き糞野郎だった・・・。
[ 2014/01/06 23:28 ] [ 編集 ]

[ 68838 ]

>なんでこのやる夫スレには胸糞悪い奴か、とても胸糞悪い奴ばかりしかいないんだ

「類は友を呼ぶ」
「人を推し量るにはその友をもってせよ」
[ 2014/01/07 15:19 ] [ 編集 ]

[ 68839 ]

>68774
「スターリングラード」で衝撃受けた
「お前らは1銭5厘でいくらでも集められる」よりひどい世界があったとは
[ 2014/01/07 17:39 ] [ 編集 ]

[ 68882 ]

更新がないが、ここの管理人って
もしかしてシューマッハなんじゃね?
[ 2014/01/11 12:19 ] [ 編集 ]

[ 68998 ]

スレ内だとノリノリのやる夫の側近たちも、家族や友人が犠牲になってるんだよな。(やる夫自身もそうだといえば、そうだけど)
モロトフなんかは一旦は粛清リストに名前が載ったみたいだし。
『赤いツァーリ』でニコライ二世一家を処刑した連中が殺されるところはシュールだった。
[ 2014/01/13 13:57 ] [ 編集 ]

[ 69989 ]

まあ、エジョフざまあ
[ 2014/01/31 16:55 ] [ 編集 ]

[ 70969 ]  

やる夫の晩年は、モロトフとミコヤンは
徹底的に糾弾されて逮捕間近
カガノーヴィチ、ヴォロシーロフも遠ざけられていて
いずれは・・・・ッて感じだったらしい。



[ 2014/03/16 14:33 ] [ 編集 ]

[ 72787 ]

このスレ本当に面白いな
人間の本性ってヤツをこれ異常なく教えてくれるフィクションだ
・・・フィクションなんだよね?
[ 2014/06/01 02:33 ] [ 編集 ]

[ 75131 ]

>>68749
殺戮する側だった奴も因果応報に殺されるという意味では変な意味でちょっと救いがあるかなあ・・・?

話は違うけど、日本軍の牟田口みたいに死ぬべき罪がある人間がのうのうと生き残ったりするのは胸くそ悪い。
[ 2014/10/06 09:53 ] [ 編集 ]

[ 75436 ]

135が何を表示しているのかわからん。。。
[ 2014/11/03 23:22 ] [ 編集 ]

[ 77072 ]

農民も労働者も共産党員にもこの世の地獄だからな
とっとと国を出た金持ちが勝ち組だったわけだ

全くユダヤの連中は家畜と見下す連中以外の身内まで使い潰して容赦ねぇな
[ 2014/12/25 14:13 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oyoguyaruo.blog72.fc2.com/tb.php/6132-793765f2


アクセスランキング アクセスランキング アクセスランキング