ブログパーツ 泳ぐやる夫シアター やる夫は赤い皇帝になるようです 第四十二話 肉挽き器 前編


















やる夫は赤い皇帝になるようです 第四十二話 肉挽き器 前編







トゥハチェフスキー処刑!
赤軍幹部への粛清が始まり、
ついに大粛清の幕が開ける!
___  __________
      ∨
    ,,,,,,,,,,,    ||    ||   ,,,,,,,,,
   [,,|,,,★,|,]   ||    ||   [,|,★,,,|,]    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ( ´∀`)  目    目  (・∀・ ) <  ついに「赤い皇帝」の
   ( つ  )つ       ⊂ NKVD,)  | 本番が始まった!
  ┃レ __   | ̄ ̄ ̄ ̄ | ___,ノ┃ | 狂気の流血の宴・・・
  ┗━┳┳\ | ̄ ̄ ̄ ̄|,/━┳┳┛ | 数百単位でミンチになっていく人々・・・
      ┃┃   |_____,,|   ┃┃   | それはまさに皆殺しの肉挽き器なのだ。











350 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:01:17 ID:zXaJ7Fpk0




  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.............................................:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...:              :..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....:                 :..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:                :::;:;: :.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.;´::;;         ::::::::    ::::::::;:;:;: `;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; ;:;:;:        :::::::;:;   :::::::::.;:;:;:;:; ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;  ;;;、      ::::::::::::::;:;  ;:;:;:;:;:;:..:;:;:  .;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.;  ;:;.:  ..............  :::::::::::.................. ヾ;;  ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.; ;:;; ;´´;:;:;:;:;:;:;:;``; ;: ;´;:;:;:;:;:;:;:;:;ヾ ;;  ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; ;:; ;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;; ´`;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;; ;:; ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; ;; ;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:  ;:;ヾ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;; .;; ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...;..: ヾ、;;;;;;;;;;;.:´.;´;;`;;`ヾ、;;;;;;;;;;...::、..:、..;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;  .`` -‐--、..; ;:::::::::;ヾ、,-‐--、´;;  ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..、............ ;:;:;.  ;;;:;、;:; ;:;   ...............;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`;  ;;:;ヽ;;  .`´;`’ ;:;:;  .:;:.:; ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;  .;.;;.;.;:;.;..;、..;、..;、;..,、..;..;..;.;.::.; : ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.; ヾヾ;、;...;..;....;....;、;..;..:、..:´::: ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;   ``;..;..;..;..;..;..;..;...;...:: ::::: ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヾ、  .`´`´`;´`´`´;:::::: . ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...        ..:;;:;:; ....:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::           ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ┃                                              ┃
  ┃       ――― 1937年6月、大粛清始まる。        .         ┃
  ┃                                              ┃
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛





351 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:01:55 ID:zXaJ7Fpk0




やる夫独裁体制の暴走を食い止められる最後の可能性であったソ連赤軍は、
1937年6月トゥハチェフスキーらの一斉処刑を期に電撃的に虐殺され、あっというまに崩壊した。



   .i}′        / Ⅳ .,      /圭圭Ⅳ   .l″            ,ν         /Ⅳ_ィ幺圭圭圭圭
   `           i"Ⅳ /      /圭圭Ⅳ                il l′         ィ幺圭圭圭圭圭才㌢
           lⅣ  ."、    /圭圭Ⅳ             _    ,,i!!″     . ィ幺圭圭圭才㌢ー'″
          /./    l「    ../圭圭Ⅳ             ,,il″   .´      ィ幺圭圭圭才'"
     .,i''l   .,〃    .〃 /  ./圭圭Ⅳ     .,.     _ /″           ィ幺圭圭圭才 ´        _ン'
    ,lⅣ  〃   .,〃 ./  ,/圭圭/     ./     ,r'./     .,    ィ幺圭圭圭才゛        . _,,-へ.iii
   .〃   ./l   、〃 ,ir /圭圭/    .,〃    .,ノン′  .,,ir'"  ィ幺圭圭Ⅳ'″      ィ幺圭圭㌢''圭圭
   〃  .,ノ~;/  .,/./ .,ノ/ /圭圭Ⅳ .,.. |″    ,i'ン"   ,ii'" .,..-'イ圭圭Ⅳ゛   ___i才"       `'''″
  .il″ /圭Ⅳ ,ィ彰i彡'゙i/'"圭圭圭込才Ⅳ    ,-/'" ,.. ;;/!"._.刈圭圭圭Ⅳ_..-、.,才㌢'"゛
. ,i|′ ,/圭圭レ圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭|  ,il!ン''/...-彡 '',゙..ィ幺圭圭圭,ィ幺圭才"'"
// 幺圭圭レ゙圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭Ⅳ. |/‐才ンィ幺゙‐'゙圭圭圭圭才゙‐'''^゙゙''″         _..i
/幺;圭圭〃圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭込ィ幺,iテア´圭圭圭圭圭圭才"      _,,,...i;;;;iv=ゞ´
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才  __..;;メ`-ー'"゛            _,,..ィ幺圭圭圭圭λ
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭i彡ィ幺圭才               ィ幺圭圭圭圭圭圭圭圭
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才'´             _..- _ィ刈圭圭Ⅳ   .゙'''゙゙゙´ ,,-''"
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才″_____.圭圭彡''彡丞'"゛        ‐‐‐'"
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才_,,ィ幺圭圭圭圭才 ゙゙゙̄‐'"゛
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才'"
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才㌢ ̄,,
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才 '" ̄゛ . _..yrー''“''''"    . _,,.. -;;ニニコニ;;r‐
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭_.-‐'' 二ニ  ―ニニ`-'”'"゛     .,_iiir=`-''''"´




最後の脅威の排除に成功すると、やる夫は速やかに次なる「攻勢」を開始する。





352 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:02:27 ID:zXaJ7Fpk0




【補足】


     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/    世紀末的な国家的大量虐殺は
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !      一切ひるむことなく発動されました。
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l      1936年12月に制定された
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|       世界で最も(文面上は)先進的なソ連新憲法・・・
       l \     _    ,/ |       いわゆる「やる夫憲法」は国権の最高機関たる
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |       「最高会議」を頂いており、これを構成する
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !       代議員たちの総選挙を37年末に実施することが
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !       決められていました。
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!





353 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:02:54 ID:zXaJ7Fpk0




          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ    「やる夫憲法」は全成年住民に対する
       /  ,='  _  ∧_ _,,         普通選挙を定めており、年末の総選挙では
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_      元白衛軍支持者や元メンシェヴィキなどの
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\    経歴を持つ者たちにさえ選挙権が与えられたのです。
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ    そのため、ボリシェヴィキ党は
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/    総選挙までに国内の「政治的に好ましくない」分子の
         | |{i t    _     / |    殲滅を全党機関に指令しました。
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |    これが大粛清を一層煽り立てる「言い訳」となります。
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |



                /      _ .. - 、--──- 、    \
              '     , '"           ゙ヽ     L
             ,′   /                \   ノ
           _ l   j//  /       丶        ヽ /
        ___  (._  |  ノ ,   '  ,         '         ' ヽ
     ___/r_- '  ̄  イ (__/ /  /          |  i 、      V
   r :::__:::: {    /:!   ヽ    ,'  │!.    │ !   V      ',
   |:::|  イ^て  イ::::!   ノ .!  l.  │!     ハ  !   l  !  ハ !
   L/イ  「    |:::::!   (_ | l ハ   | | |!   l | |  ノ| !   ! | |    そんなに国内体制に自信が無ければ
  .   /!  ハ____. |:::::!    ヽVハ__ヽ__Nヽ|!  l/ j ,.ィl‐j 'T リ イ レ     普通選挙なんて導入しなければよかったのに・・・
    /::!   l    ヽヽ:::ヽ  ノヘ´ ヽ==ゝl、 `ヾノ' j/ィ´j::V レイ|
    !:::!  !   (  ヽ,=:Vハ ヽ イiナ:ハ        、'-ノ ' l | ヽ       立派な憲法でも、そのために
    ゝ!   !    ー-..{@jil!| !   ゝ‐ '            ハ ハ. |      汚い流血が必要なのなら何の意味も無いのだわ。
      |  !         ´ゞィ'!| |            _′   / | | ヽ
      |  !       `ナ'| ト    U     '-'     ∠_.l  !  \
.      ,|  ::!         /'  l  !_>-_、, ―-、     /⌒Y ,′   lヽ
    /│ ::::!         /   l  ! ' ´ : : : : : : .ヽ-<: : : : :V ハ.    | !
  . /:/  :::::!      /   ,l  !: : : : : : :__ {ゞン}─ - 、:.| ! ノ  / '
   / l ::::i      /    /! i!: : : : /: : : : . Y´: : : : : :L_.! / /
  :/.  | ::::!       \ ,.'   ! i!:__:/: : : : : : :.:.| : : : : : ::_.ゝ-─── ァ
  '   | ::::l       ゝ ノ ノ: イ: : : : : : : : :ノiヽ: : : : : ゝ_.. -─r─/





354 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:03:20 ID:zXaJ7Fpk0




        _)≫:::::::::::._ ''"         ` 丶、:::::::::::::.(_
    __(::::::::::::::::::::::/               \::::::::::::::::├─x
   ./ r─.≧:::::::./                 ヽ:::::::::::≪ニ7》
   に二三彡::::.∧                    ハ:::::::::.|\Y《
   仁{_/つ::::∧                    :ハ:::::::) . ) )
  . 廴__,.イて ,'.l                 j | |  |  }::ム辷彡'
   .ハ ; (::::.| |  { | | ハ V     .l   イ.∧ l  | :!.|::::/. | |:|
   .ハ ,: l| 辷| l  .V.L | ハ.ヽ    | / ,/7 .Ⅵ jl !.}:::}  .| |:|
   ハ:/ :!l  .|!ト{  .ヘlV>>zリ,,,. ハ  l/./ィ-七7.l ∧リノ|::lハ  | |:|
  .ハ/ ::l|  .|::|ヘ\         `\V/7    .Ⅵ从ンj .|:| .l.  |:|     ソ連なんて抑圧独裁体制の無法国家だと思ってたから、
   /  !|   |::ト叮アト、ー-一=      二___,、 7イ |ソ}l::| .l   |     「やる夫憲法」の中身があれだけ先進的なものだと
  ,'   |   |::|.  | .l∧              ̄´./ ! .|'  川 :l:   i|      知ったときはとても信じられなかったけど・・・
  .′  :|   川  .l .|.`ヘ.     ,-、     / /l .|    |:   i|
  ;    :l      / リl.  >、.   / ノ   .イ.  |..|..    |::   |     どれだけ崇高で清廉な法律があっても
  |   ::|    / .∧}./´.::.:./)/ )/ /,ニ、.`ーzxノ八.   |::   |     それを運用する人間が公正公明に勤めなければ
  |   ::|    ./ /´::マ.:.::.:.:,.ィ´二二)  (__,.(_}://::Vム  |::   |     まったく意味をなさないのね。
  |   |  .//>、::マ: _,j /´ ̄二) ._ゝ=-、ヽ/::〈 .Vム .|::   l
  |   ::l .《∠≪:::::::へ.マ {. /´二)  ゝ─、`ヽ|:::::::\Vム,!|    |
  |   ::|::: ヽこ二ニミへマ | ィ´-‐、   (二`ヽ ,イニニ三彡'l::   |
  |   r上≦三ニy__ > マj  ,ィ'¨´   (` くヽ /ィ≪<::::::入.l    |


【補足終わり】





355 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:03:46 ID:zXaJ7Fpk0




   ――― 1937年7月20日、ヤーコフ・アグラーノフ逮捕。



         ,.;;;;;;;;;;;;;;;;;:、.  ・ ∴.'
       ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、∴.'∴.
       /;;;;;;;'''''''''''''''''''V'''''':;∴.'
      i;;;;;;;;」::::::::::::::::::::::::::::::::!  ブチッ
      !;;;;;;|:::::::::::━:、:::::,:━::i
      iヽ'||::::::: 《;・,;》, '《・;》,|
      | >|;!;      ,;:' 'i,.  .,'      おどりゃエジョフ!!
      ノー.i:::::..U,/' ._`ー '゙';, .!
   , イ | i | |:::::::{{:::ノVョヨコョ:ii:;'       ワシを利用するだけ利用して始末するんか!?
  /   | |.ヾt::::::!!::{.-r-、./:::;'
/    ヽヽ,ヽヽ,.:::::ヽニニソ./\       この人でなしが・・・いずれお前も俺と同じように
  、     ヽヽ、ヽ ':、:::;;;;;::/|   \     捨てられるにきまっとるわ!!
.  \r‐-‐-‐/⌒ヽ_ _ノノ    ヽ
ヽ、  |_,|_,|_,h( ̄.ノヽ Y ビシッ     i   この恨み忘れんぞ!!
ー-ヽノ| `~`".`´ ´"⌒⌒)       |   地獄でお前の墓穴をほっとるからなあ!!
ノ^ //人  入_ノ´~ ̄        |

NKVD次官 ヤーコフ・アグラーノフ



かつてヤゴダの副官であり、そのヤゴダを売って保身を図った彼も、結局は大粛清を生き残ることはできなかった。





356 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:04:24 ID:zXaJ7Fpk0




そして、ついに7月30日、
悪名高い内務人民委員命令第447号「元クラーク、刑事犯罪人その他の反ソ分子の抑圧について」が発令される。



          / //: :' : : : : : /: : : : : : : / : : : : : : , ': : ,  |: ! : {: : : : :!: :!: : : : : :! : : : : : :!
            / /イ ! : : : : / : : : : : /: : : : : : : /: :/   ! {: : :'、 : :!: 、 : : : : i: : : : : : : i
         / / { : j: : : : : j: : : : :/ : : : : : , ';´: , ´     ぃ: : : ヽ: : : :、: `、 : : !: : : : : : !
           |: i !: |: : : : : }: : :, ' : : : : : _//:/    _ -ヘ:\: : 丶: : \ ヽ: : :!: : : : : : :'、
         V!  |: : ! : : : : | : /: : :_:x≪._/: '´  , _-‐ ニ-‐¬二≫ヽ: : :\: : ヽ、\}: : : :丶 : ヽ
         `\j: :∧: : : : ! /:_/!`トfミy' 〈   ´, ´ _f汽_モ无[ ̄´ム≫xヘ:ヽ、: :`: `二ニ=-ヘ : : 、
               |: :| \ : :l/:/ユ:个近土ハヽ   j  ^' 弋仁ヅ-‐' }r'⌒¨7く: :` ¬`=-: : : : i:ヽ: `、
           j /}  _厶: V'´ j: !  !{rル'^ヽ {_           ,    , ハ}: : : : |: : : : : : : :!: : `、:ヽ
          __厶`二、__ヽ\{ : : !   ‘7゙}  `い        . ′  //. : : : : : :l : : : : : : : !: : : ぃ :',
         , -'-‐ ´,  }  }`トjミーヘ-‐ ´ /    ` ー----‐ '´  /:/,: : : : : : !: : : : : : : !: : : :!:ハi
          } \ 、__{   {  ' j !: : : :∧  〈            ー=イ://. : : : : : : : : : : : : : : :|: : : イ l }
.       !  _`ニ^}  j  / ,´ { : : /: : >、 `丶 ^             /:/ ' : : : : : : : : : : : : : : : : !:/´:!: ! ′
       j  -‐ 7  / , ' ハ }: :/: :/ : : \  ー. - 、__       ':/ .イ: :/: : : : : :, : : : : : : : :i: : : : !: }
         {     ぃ{_,′'^ー'   !:/: : ': : : : /゙ヽ `ー- `     /:/'´/: /: : : : : : '  . : : : : : : i: : : :_jノ
         !     { `ー'    ,: : : :j: : : 〃 : : _:_〉、        イ:/ /: /: : : : : : :′. : : : : : : : !: : : /
.        !    ヽ     / : : : {: : /厶イ/   `ー-‐¬'´ !{  ' : ': : : : : : /. : : : : : : : : :!:/
       j        }     /: : : : _j/ , '´        ハ l:| }: :i: : : : : :/: : /: : : : : : : :ル{__
      ,{      ノ    イ{: : /    {rヘ      /  !V`V: : |: : : : :/: : / : : : : :_:/ / } `ヽ

                      内務人民委員 ニコライ・エジョフ

     ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
    <                                                                  >
    <   内務人民委員部は全ての共和国、地方、州において元クラーク、刑事犯罪人、反ソ分子に対して  >
    <   「抑制業務」を開始するように命令する!!                                  >
    <                                                                  >
    <   抑圧対象となる集団については、全て二つのカテゴリーに分類せよ!                  >
    <   第一は最も敵対的な者について、即刻逮捕しトロイカによる審査の後速やかに銃殺!        >
    <   第二は上記以外の全て者である!これは8年ないし10年の強制収容所行きである!         >
    <                                                                  >
     VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV





357 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:04:56 ID:zXaJ7Fpk0




                 /: : : : : : : : : :,: : : : : : : : : : :\
                /: :/: : : : : /: : |: l: : l : : : : : : : : ヽ
               ,.' : : /: : :/ : /: : /|: V: :ゝ: : ヽ: : : : :∧
                / : : /: :/: : :イ: / _>、ト、: :ヽ\ l : : : : ∧
.              / / : |/ : /, ', '.ィ≦zャ¬ヘヽ:\\: : : : : ',
            |: |: : :|: :r≦彡'´{ケィヤ乏ノ }|: :` ‐\ ニ=‐: |     ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
            |: |:l : レ沁厂i}==ゝュ__/ | | : : : : : : : : :|   <                                      >
            |: |:ゝ ゝ二.ノ         | l: : : : : : : : : : |   <  なお、抑圧対象者の数は下記のとおりに定める!!   >
            ヽ|\\三ゝ 、        | |: : : |: : : : : |: |   <                                      >
               ト ム  `,........._      | |: : :|: : : : :|: |     VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV
               , ‐''´\  ‐       | l: : : :|: : : : : :|: |
              / , \ ヽ      /| |: : : l|: : : : |: l: :|
            / _、ヽ  ) }ゝ_ .  ´ / |: : : ||: : : : |: |: :|
          /    lノ / /イiノ∠┤   //||: : : ||: : : : |: |: :|
           , '    ノ'‐f´ァ'´l_/   | // ||: :|||: |: : :|: j∠
        r<  `T7 _  イ    / ,| l/l : | : :| :|| l|_ 斗 彡¬__
       / \_'_/_」/  」  〃"´j |レ|: :|: : l_」l斗z彡' / /`ー、
        /     // /  <   / ┌一|' |:/L:ィ  / -‐/
      ,     // ∠  イム  {`ヽ |   l′ l/ / / /


       アゼルバイジャン共和国  5250人
       アルメニア共和国      1500人
       ベラルーシ共和国      12000人
       グルジア共和国        5000人
       アゾフ・黒海地方      13000人
       西シベリア地方       17000人
       レニングラード州      14000人
       モスクワ州          35000人
                ・
                ・
                ・
       合計              72000人以上



これはかつて曲がりなりにも「法治的アプローチ」をとったソ連が、完全に無法な殺戮国家に変貌した瞬間であった。

一体どこの世界に逮捕すべき集団を、弾圧すべき集団を、この世から抹消されるべき集団を、
組織や個人を具体的に特定せずに、ただ「数値」だけで表す国家があるだろうか?





358 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:05:33 ID:zXaJ7Fpk0




これは権力側の無能ぶりと錯乱ぶりを明確に示していた。

彼らは漠然とした敵意と恐怖心(ほとんど被害妄想として言い換えられる)に駆られて、
弾圧すべき敵を特定することも見つけ出すことも出来ないまま大粛清を発動してしまったのだ。



               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /:::\:::/::\.   |   |
   / <●>::::::<●>\  !   !    敵は国家機関の中に、党組織の中に、
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l    群集の中に潜り込んでいる!!
  |     |!!il|!|!l|      |  /
  \     |ェェェェ|     //      奴等を、その「ねぐら」ごと叩き潰せ!!
  / __        /
  (___)       /

 書記長 やる夫・スターリン



やる夫は排除すべき古参党員や地方幹部までは特定していたが、それ以下の末端分子までは見つけられなかったのである。

だから、「誰でもかまわないから、手当たり次第に○○○人殺せ」などという命令を平気で出した。
それ以外に方法が無かった。ともかくそれらしいセクションを見つければそれでいい。
あとはそのセクションで100人殺せば1人くらいは「当たり」がいるだろう。





359 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:06:15 ID:zXaJ7Fpk0




弾圧側がこのような心理状況では、「怪しいと思われること」自体がその人にとって重大な失態であり過失となる。
この時代、大粛清に加担した幹部らが後世平然とそう言ってのけるのを見れば、当時のソ異常な空気が分かるだろう。



   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈● ノ\   /\ ●〉
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ      確かに全ての人々が有罪だったわけではない。
    )    Y    (        無実の人々も大勢いたかもしれない。
   /γ⌒     ⌒ヽ\       だが、彼らの多くはスパイと関係があったか
  /  |         |  ヽ     親しく付き合っていた。だから信用したくてもできなかった。
  |   ヽ__人__ノ   |     戦争が迫っているあの時代に、信用できないというのは重大だった。
  \     `ー'´     /     だから殺すしかなかった。

人民委員会議議長(首相)
   ヴァチェスラフ・モロトフ





360 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:06:51 ID:zXaJ7Fpk0




内務人民委員命令第447号に基づいて手当たりしだいの大量弾圧がはじまった。
元白衛軍支持者や元クラーク、元メンシェヴィキ、前科のある者、帝政時代企業に勤めていた者・・・



                               人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人
                              <                              >
                             < オラァ!!天下の大正義ボリシェビキ様だ!! >
                             < 反ソ分子がお天道様の下を歩くんじゃねえ!! >
                              <                              >
                               Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`
                                               ,,,,,,,,,,,,
                                      ,,,,,,,,,,,,,     [|,,★,,,|] ≡ ≡
"''"~~~''"'"''"~~~''"'  "''"''"''"''"''"/''⌒\              [|,,★,,,|]   (・∀・ )≡ ≡,,,,,,,,,,,,,
                   ,,..' -‐==''"フ            (・∀・ ) ≡ ≡3_ノ ○≡  [|,,★,,,|]
     えぇ!?反ソ分子!?(;´д`)           ━と_ノ ○ ≡ ≡3  人 ≡ (・∀・ )
   ∧η∧            (    )             ノ ノ、_⌒) ≡3_)ノ  ━と_ノ ○、
   (,,・д・)  ハnハ        | | |             (__)   ̄≡ ≡3      / /`ー-J
  (u,,,u)  (,,・o・),,)       .(__)_)                            (_ノ



     ,,,,,,,,,,,,,           ,,,,,,,,,,,,,
    [,,,|,,★,|,,]          [,,,|,,★,|,,]
    (  ・∀・)  γ ⌒ミヽ .(  ´∀`)    来い!
    ( ” :|”フO( ;´ω` )Oと ” :|”〉    裏切り者のスパイ野郎!
    /___:|__|   )rヽ/ イ/ /__:|_|
     し(__)  ( / (_/´   し(__)

              え・・スパイって・・・私は外国の切手を集めてただけだ!



それだけに留まらず、ソ連在住の外国人、エスペラント語を話せるもの、果てには外国切手の収集家など、
外国と接点を持つ(スパイの可能性がある)人間も全て逮捕された。





361 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:07:32 ID:zXaJ7Fpk0




さらに1937年8月11日、ボリシェヴィキは外国人に対する野蛮な本性をむき出しにし、
内務人民委員命令第485号「ボーランド人分離主義者とスパイ集団について」を発令。



: : : | : : | : : : : :/: : : /: : : : : : : : : : : _, : :':´: : /   /: : : : : :/   __」: : : /: : : : : l
: : : | : :|: : : /: : ∠: :-‐: : : _: : -‐: ´_ ..  ' ´  /: : : : :∠ -‐ ¬′:〃: : : : : |
: : :|: : |: : :/: /_: :-‐:_: 二 : -‐≪´        /: : : : :_;斗孑≠テ': : :く:} : : l : :!
: : : : : : :l: :/: 厶斗¬二托恭トミ丶`ミ==-‐'/: : _.. イ廴笊{′/ : :/ヘヽ: :|: : |
: : : : : : :∨ / ∨ 、 い込{‐ワ   \  ヽ /:,  '´  / 辷_ク / :,〃: : / }: : | : :,′
: : : : :l : : ヽ{ヘ._」  丶`二ニ´ -‐    ∠:イ   __/ -‐‥ ¬'//: l: :/ /: : :|: /  ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
\: : : ヽ: : :ト-┤                 _」___/ __7⌒ヽ     / : :レ' イ/ : /}/  <                                   >
: : :ヽ: : :丶 {   、            / 厶 -‐ ]┴、  }   /:_/ィ: 〃/ '′ <  ポーランド共産党内部は                  >
: : : :l:\ : :い   \            〉'′   /   廴'┐_厶.イ: :l:/イ     <  ポーランドの独裁政権のスパイによって         >
: : : :l: : :\: :\    丶、      _/      {  -‐{  ∨: } !:| :|: :|     <  のっとられている!!                    >
: : : :l: : : : :l:ト- `=-     ̄ ̄ ̄          `、  `、  ∨厶{ :|: :|     <                                   >
: : : :|: : : : :!{                 -  , ヘ   \_ _ヽ `ヽl: :|     <  ソ連国内にいるすべてのポーランド人スパイ、   >
: : : :|: : : : :い、                       '′ }  ‐ ¬  `}  \{     <  およびそれと協力している集団を殲滅せよ!! >
: : : :l: :l : : :|: :|\            _ -‐ ¬   /    }   廴 -‐ヘ    <                                   >
: : : :|: :| : :| |   丶、   , ⌒ヽ   '´-‐ …'´  ,〃     ,    {、      }     VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV
: : : :|: :l: : : |: :|    丶、{    ヽ -‐‥   / /    ,′  l }    ム
: : : :|: :|: : : |: :l`丶     `、   `、   /{ /    {    ∪    {  ヽ
: : : :|: :|: : : |: :ト、  \____」    ├-< /∨      }    {    |   }
: : : :|: :|: : : |: :| \  \  }      {   V  {   {  {      }     {   {



ポーランドは伝統的にロシアの脅威だった。

ボリシェヴィキは共産主義的な国際主義のタテマエを放り投げて、ポーランド人に対する猜疑心を爆発させた。





362 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:08:04 ID:zXaJ7Fpk0




内務人民委員命令第485号によって最終的にポーランド人14万人を含む35万人が逮捕され、
そのうちポーランド人11万人を含む24万7千人が銃殺されることとなる・・・



               __
            /`´: : : :\  _ ........._                         r- '⌒ヽ
          , -イ:.:.:/{{`ヽ-: : :ヽ .ア:__,.へ:::`ヾ                _ノ゙ヾ、   .j ,___ぅ^′
__     /:.:.:.:ゞ/rx__r廾>ヽ: }ア::ノ,zz  __ヽ<, -へ__     , --- 、-{:.:.:; -'ー 、 / l
: : : : :>-- '´_:.:.:.:.:.:.:.:.L..」└‐┘!/}:_/ ゚-  ゚ ' ハ:.:.:.:.:.:.:.:ゞ´ ̄>´::::::::::::::::::::ヽ/:.:.:.:.:.:.:.:.:\__l   __
    }:.:, ´: : :`丶: : : \ー`,. イ:.:il:.:ゝ!  [二l ハi:.i:.:.:.:.:.//<__::::::::,、::::::ヽ:::l:.:.:.:i:.:.:.:.:.ト、:.:.:l ア ̄r---
^~`ヽレ′: : : : : : :厂`Lア二,イ:V ヾ__ヽ  .._ イlr.ヽ>`. . . . . . .く/V xz-↑L:.:.:ト,__/二_/   /
:::::::::::l: : : : : : : : : /  </ヽ/`ヽ/     ゝ..__/. . . . ,、. ,、_ト. .ミ __゚- .r '::::}:.:「 x. -゚イ_ /
:::::::::::ハi,、,、i: : : /         .l   i      Ⅵ. . ノ-イ r. Lト'ー 'イ⌒ヽヽ-< rっ':.:.:.:.ド、
Aヘ::::j__Lヽ_r-ァ'        ./ j   i      ヽVr┘・` _ー レヘ V⌒′'. ト、!:.:.:ト¨´:.:.:.:.:.ヾ:.:.`l
.゚ ' r ':::::}  ア       /}  Y⌒ヽl        >- 、.ー'イ´`ヽ L_.ノ! ! ハ:.:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ┴- 、
-‐'´:::/:::| ∠_      ∠、 丁]  .厂      r ⌒7:.:/:.`¨´:.:.:.:.:.:`ヽ__l .l  厂ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
::::::::::):::/:.:.:.:.`丶__  j.  ヽ !/  ,l        ヽ  !V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'.:,/l`\! l  /r‐┴ 、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:::::::> '::::::::::::::::::::::::::::V- 、   './  / !  , -=  ̄ ̄^\ `!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ ヽ-l .//ノ:.:.:.:.:.:.:. ̄`ヽ- ...._
::/::::::::::::::/:::::::::::::::: {   ヽ  l ./| }/:::::::::::::::::::::::::::::ヽ `ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.L_ヽL) /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}: : : :/:





363 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:08:38 ID:zXaJ7Fpk0




続いて1937年8月15日、内務人民委員命令第486号「祖国の裏切り者の妻子に対する抑圧措置」を発令。



          _,. -'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
    ー=ニ二:__;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ハ
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;l::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ハ
       /::/:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::/:: ハ:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.ハ
.      /:〃::.:.::::::/:::::::::::::.:::::::::::::::::/::/  ヽ:.:ヽ:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.ハ          ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
.        ///::.:.:.:::::/:.:.:::.:.:::::::::::.:.:.:.;.ィ:.:/ ,  =‐\\、:ヽ、:.:.:.ヽ、:.ヽ:.:.:.\       <                                 >
      i/ ':.:.:.:.:.:::.!:::::.:.:.:.::::._、-‐ ´ノィ≦彡ァztゥ芥ド=-ヽ‐-ヽ:、l:.:.:.:.:.:\     < 有罪判決を受けた者の家族については     >
       { |:.:.:.:,l:.:.:l:.:.:..:.:::.:ィヤ心/ 〃ナア弋多ノ | ̄!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :ヽヽ    <  登録され常時監視下に置かれねばならない! >
.        |:.:.:.ハ:.:!:.:.:.:.:.:ハ弐zハ  {__   ´ ̄    l  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : :. : :l`\  <                                 >
         V:.:{ ゝ!:.:.:.:./:.:ハ  /}=ゝ )     / , ':.:. :/.:.:. : : :.:.: : :. : : l     < 特にその子どもについては隔離し、        >
        V:l   ヽ:.:.:{ー‐ャ ´ソ     ̄ ̄  /: : /:.:. : : : .: :. : :. : !|    <  国家の「保護下」に置くべきである!!      >
        い   jヽ|:.:.:.:.:.ゝ 丶、 '      ‐ァ'_ -ァ:.:.: : : : : : / /: :/: j|/     <                                 >
           /: .:.:.:.:.:.:.:.:.:丶、 tz‐ュ   /´ ィ:/: /: :/:〃/: :ィ//       VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV
          ,.': : :.: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>、 ー    /〃lィ:_: イ ィ:ッ'/ {
            /イ: :. : : :. :. : :.::_/  \_ ィ´ / rく  / ノ"´   \
         〃 !l /!: : /:. : イヽ     ハ     |  ヽ        个 、_
         {′lヘl |/|:.//  \   { ハ     |   l       / /  / `ー‐-、__
            `′ !' ィ  , 、 ^ゝ   l′ }   j    \     V  /       `ー- 、__
              / / /  ! 〈   |     /   / 丶、  | /             `ヽ
            /  / ´   l  l\  ト、  rノ  -‐      /\ レ



残された家族たちが不平不満をばら撒くことを警戒したボリシェヴィキは、
家族たちを連座させて収容所に送るか強制的に移住させることを決定した。

そして幼い子ども(主に3歳程度までの幼児)は家族から隔離されて施設に収容され「正しく」育てられることになる。





364 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:09:34 ID:zXaJ7Fpk0




1937年の大粛清は、まさに支離滅裂な無差別殺戮だった。



;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,|!;;;;| !;";;;;;;i゙、;;;;;;.!!;;/.!;;;;;;‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;l|;;;;;;;;;;;;l.|;;;;;;|,!;;;;;;;;;;;;;;!.l゙;;;;!!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i、;;;;;;
!;;;|l;;;;;;;;; ケ;;;;;;;;;;;;;;;;;.! .!;;;;;;;;;;;;;;;;;,!|;;;;;|:!;;;;;;;;;;.!.!;;;;;;;l|;;;| l;;;;;;;;;;;.;;;;;;;;;|!;;;;,!;;;;;;;;;;;;|.|;;;;;;;;;;;;';.;;;;;;;;!l;;;;;;|!;;,l|;;;;;;;;;;、;;; ネ;;;;;;;
;;;;;|.!;;;;;;|l;;;;;;;;;;;;;;;;i、! l;;;;;;r‐i;;;;;;! !;;;;゙|;;;;;;;;;;/ |;;l゙};|!;;;! !;;;;;;;;;;||;;;;;;;;ll;;;;;li;;;;;∥;.!,!;;;;;;;;;;;;i!|;;;;;; ネ;;;;;;"/.|;;;;;;;;ili.!;;;";i;;;;
;;;;;}l;;;;/.|;;;;;;;;;;;;;;;|i.!  .!;;;;;| l;;;;;;! l;;;;;|!ノ.!;;;;.! |;/,!;|.!;;.l|;;;;;;;;;;| !;;;;;;l゙|;;;.!|;;;;l゙|;;;;!.!;;;;;;;;;;;.! |;;;;;;;";;;;;;;l゙ .l;;;;;;iリ;||;;;;;;l!;;;
;;;;;.!.l;;;l゙ |;;;;;;;;;;;;;/.|;.l .|;;;;| .|;;;;;;!.|;;;;;;! .|;;;;;} !;|,!;;;l !;;;lv、;;;;;l !;;;,! .!;l|/;;;;|:!;;;|.l;;;;;;;;;;;;| .|;;;;;;;;;;;;.;;;;|, ,!;;;;;|.!;||;;;;;;ミ;;;
;;;;;/.l;;,! .|;;;;;/l,;;;{ .!;;.! !;;;.! |;;;;;;| |;;;;;;l  ,!;;;! !;l.!;;;;}!;;.! .|;;;;;l゙ !;l  '".|;;;;;[|!;;l |;;;;;;;;;;;;.! .l;;;;|L;;;l|;;;;'ヘ;;;/!;,l!;;;;;;;;;;;;
;;;/  l;;l .:!;;r;{ .!;;.! |_;l゙|;;;;} |;;;;;l゙.l;;;;;;;.! !;;;;{ .゙.!;;;;;l l;;;} |;;;;;| .!,!   l;;;;;;;|:ゞ .!;;;;;;、;;;;} l;;;|.|;;;;.!.!;;;;;;;;;;;l゙|;;l";;;;;;;;;l
;;;| .|;;} |;;;;;} .!;;.!  !;;;;| .|;;;/ .!;;;;;;;;.l..!;;;;} !;;;;;.!.!;;;} .!;;;;;.! /.!   !;;;,;;;;|  .|;;;;/ .!;;".!;;.! !;;;;.! l;;;;;;;;;l |;;./ ;;;;;;;;|
;;;! |";| |;;;;;;.! |;;;;!  .|;;;;;|  l;;l゙ /;;;;;;;]、゙";;;;! |;;;;;;.!.!;;;l ,!.!!;;}/;;.!  !;;;l゙''"  .|;;;} !;;! !;;;! |;;;;;}/.i|;;;;| .!;,ll;、;;_;;;;}
;;;.! l;;;;l.!;;;;;;;! |;;;|  .ト;;;;;.!  !.! .!;;;;;;;;;! l;;;;;;;! l;;;;;;゙l.|;;;.!l;.!.!;;|.l;;;;;|  !;;;!   l;;;;|  l;;.!.!;;,! .!;;;;|l゙/l;;;;,! :!;.!T` !;;;.!
;;;;.! !;;;||;;;;;;;| ,!;;l  l;;;;;;;} !;! l;;;;;;;;;;! l;;;;;l゙ ゝ./ .l;;;,!!;! l;;.!|;;;;;.!  |;;;;|   !;;;l゙  .!;;|`゛ .l;;;;;;/ .!;;;;! .|;;{  .!;;;;|
;;;、| l;;; 〔;;;;;;;! |;;,!  |;;;;;;;| l;,!.!;;;;;;;;;;|  !;;;;.!    `. l;}.|;;;゙;;;;;;} .|;;;;!   .|;;;;|  |;;;|  !;;;;;| l;;;;,! .|;;.!  .l゙;;;;|
;;;;゙;| !;;;;;;;;;;;! .!;;l  .!;;;;;;l ,!,!.|;;;;;;;;;;.!  !;;;;;.!     .彳|;;;;;;;;;;;l  .!; !   .|;;;;}  .|;;;.!  .|;;;;;;l !;;;} .|;;}  |;;;;;l
、;;;;;| :!;;;;;;;;;;;l .|;;.l  ヽノ゛./.! .l;;;;;;;;;;}  |;;;;;|      !;| |;;;i.l;;;;;}  ″   |;;;;|  l;;;;,!  |;;;;;;;| .ゞゞ |;;;l  .|;;;;;|
l;;;;;/ l、;;;;;;;;}.!;;.!    .l゙;.! |;;;;;;;;;;|  .|;;;;.!      !;| |;;;| `'"      .|;;;;|  |;;;;l゙  !;;;;;;.!   l;;;,!  .!;;;;;!
.゙‐'  l、;;;;;|゛.|;;;.!    .i!;;l゙ .|;;;;;;;;;,!  .|,,/      .|;;! l;;;|        ヽ!  l;;;;.!  l;;;;;;;l゙   /;;;,!  ゙ー'゙
     !;;;;;l l;;;;l    l;;;l゙  .l.;;;;;;;,!          l;;! .!;/              !;;;;l  .!;;;;;;}   ,!;;;;l
     .゙'i;;.! l;;/   .l;;;;l   `'''″          !;|                |;;;;|  l゙;;;;;;;!   .l;;;;,!
      `'゙ .!;;.!、  l;;;;|                |;.!                ゙''"  .!;;;;;;;l   `"
        l;;;;l   ゙''"                  l;;;!                 l;;;;;l゙
        `'"                   :!;;.!                 `''"
                             !./




多くの無実の人々が、なんら正式な法的手続きを経ることなく(起訴さえもされず)
ただ当局の目に留まったというだけで「肉挽き器」の中に放り込まれていったのである。





365 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:11:46 ID:zXaJ7Fpk0




地方幹部と地方NKVD長官、そして地方検察官の三名で構成される各地の「殺人トロイカ」は、
「自由に好きな人間を好きなだけ殺戮できる特権」に酔いしれて、際限の無い「血の宴」にのめり込んでいった。


                                                          /
                                                \,       _ノ し 7
                                                _fて ヘ ノレ´     弋 _
                                                )三ヘ             ̄ス
                                                 ≠7        ま     Z/
                                                ,毛1        .だ       了(
                                                 三!;    も    だ        }そ
                                                 7Zz    っ     !       |!' "´
     )                  ,イ 彡'::::::::::::::::::|ハl、Ⅵ  ヽ、              二{    と              |l
二ニ=彡イ               j彡',ィ⌒ヽ、:::::::ノ斗、|ヽ ヽ:i:゙Y           __ ノ'    逮             |l!
,   /  ヽ                {_f´犲” ̄¨Y___r‐l|‐リ-l| l| i:i:i{         __f´  7 z   捕            ゝ´
彡'     ゙Y             {ミ i{    /ニミ{    ||ハ li:i:}       f´  {   |Z   を         √
       }、              f^ト/乂__ノ,'n n丶___乂ノノi:i:}       {    l   jN   !        Z
       | ≧s。、.         | i{ r‐' _______゙゙゙゙゙ ノ'リf^Y      ,イ    ',   /三ヘM≠z _ ,.z=≠1 /
       |   Ⅵ≧s。       l i:| {`Y´r───‐、`Y)〉  |):}   ,イ⌒ /       て(´    /´
        l     }}==ミ、゙ーォ、  乂|   l ':::::::::::::::::::::::`/   |'ノ__  //   {
         l    }   ゙ // \  {   {:n⌒ー‐'⌒n/   ,'´  
       ,'     j    //  ,イ¨¨圦  込ミニニニニ彡'   /.
          /   ノ/ ./    ゝ  '´¨¨¨¨¨¨`   ノ:}         ム         クィビシェフ州第一書記
          __ム_/ /       / > _____ 。s≦  {ヽ、       ム、
    _,斗匕  ,斗'” ̄     /  ./⌒ー⌒\     Ⅵ:ム      ム       パーヴェル・ポストゥイシェフ
    (    ,イ          // /⌒Y:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i>、    Ⅵ::ム       ム
    Ⅵ   /          ./::://::::::.  }:i:i:i:i:i:i:i:/ ::\ 0 }:::::::ム ___    ム
.     Ⅵ /   _____  //、:::” \:::: ノ:iroォ:i:i(  .:::/::` ̄´::::::/:ム/㍉ミ、  ム  
\     Ⅵ  ,イ”⌒Y} ノ /:::. \::.  `ー{彡へ \}_ノ ..:::::::::::/:::::::}   \、゙ー'
  ゙寸 __≧彡'   / 〈:::::::.  \  /:i:i:i:i:i:i:i:〈   ..:::::::::/::::::::,イ  
s≦ ̄ f´  {    f´:  \ヽ人_从人__从_人__从_从人__从_人__从_从人_人/
    {    {    {:::.... ≧                             </
               ≧         もっと処刑を!!!         ≦
               ≧                             ≦
              /Y⌒YWW⌒W⌒Y⌒WW⌒W⌒Y⌒W⌒Y⌒WW⌒Y\



彼らはこの大量処刑の波を厄介な反対派や敵対派閥の一掃に利用しようと考えていた。
こういった地方幹部の多くは勢いあまって粛清にはまり込み、中央の命令以上の処刑数をこなしてしまった。





366 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:13:08 ID:zXaJ7Fpk0




しかし、権力を独占する地方幹部に対して不満を持つ一般党員は一矢を報いようと
中央に対して地方幹部の権力濫用を密告し、反対集会を開いたりして一部の者は反撃に成功していた。



           \__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__/
            ≫                                             ≪
           ≪      不当弾圧だ!!腐敗人事だ!!組織を改編しろ!!           ≫
             ≫                                            ≪
           /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\


    ∧ ∧    ∧ ∧    ∧ ∧   ∧ ∧    ∧ ∧    ∧ ∧    ∧ ∧    ∧ ∧   ∧ ∧    ∧ ∧
 ∧(`・ω・´)  (`・ω・´)  (`・ω・´)  (`・ω・´)  (`・ω・´)  (`・ω・´)  (`・ω・´)  (`・ω・´)  (`・ω・´)  (`・ω・´)
(`・ω・´) (`・ω・´) (`・ω・´) (`・ω・´) (`・ω・´) (`・ω・´) (`・ω・´) (`・ω・´) (`・ω・´) (`・ω・´) (`・ω・´) (`・ω・´)



  ,.:-=;;1―;1―,=;:、
  =         ゙ミ
  ミ      ★  ゙ミ   【地方幹部】
  ミ          ゙ミ
, ミ;=====.:::゙ミ
  /  ●   ● |       うるさい!黙れ!
  |    ( _●_)  ミ
 彡、U  |∪|  、`\     党の権威に逆らうなら、
/ __  ヽノ /´>  )     お前たちもトロツキストだ!!
(___)   / (_/
 |       /



幹部は密告される前に目障りな一般党員を逮捕しようとし、一般党員はやられるまえに幹部を失脚させようと密告する・・・
まさに万人の万人に対する闘争であった。状況はほとんど制御不可能になりつつあった。





367 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:13:55 ID:zXaJ7Fpk0




【補足】

     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !     地方幹部たちはほとんど例外なく
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||     一般党員や部下の下級党員らから敵視されていました。
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|      右も左も敵に囲まれた彼らは、
       l \     _    ,/ |      中央の権威を利用して自分たちの身を守ることしか
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |      考えていませんでした。
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!



          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\    一方の一般党員たちも、目障りな幹部を失脚させるには
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ     中央に密告してその権威を味方につけるしかないと考えていました。
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/    つまり鋭く対立する両者の間で、やる夫はバランスよく
         | |{i t    _     / |    自分の権威を守ることができたのです。
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |





368 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:14:22 ID:zXaJ7Fpk0




     |: : : : : : : :/   /        \ `丶ト、:.|:.:.:.:.:.:.:|: : : : :ート、、ヽ
    ヽ.ィ: : : :/   , /    l         'i '"´: : :.:|:.:.:.:.:.:.:!: : : : :_:ハ ',ヽ
      r‐:':::::::/   / / .     |     .l.    | .',: : : :.:|:.:.:.:.:.:.:|: : : : L_l::', ',r
     ',_:、:::/   |||.     |    .|.    | `丶;.:.|:.:.:.:.:.:.:!: : : : : :ハ::ヽ
      ノ:,'   .|l|      \   ト、   | l !´: :.:!:.:.:.:.:.,' : : :r ' `¬
      /:| | .   |十ト 、     |__x ┼‐ヽ- / | .).:: /:.:.:.:./: ::::::::|    |:
.      /:::,! |   .VV_ _\  `丁__ヽ|_____∨ ヽ{: : :/:.:.:.:./::::::;::::ノ|    !:     何も知らない人は、
     /:::::ハ.ト 、 ト下丁丁  ‐-不三丁丁フ  ,ハr'^,-ヘ':::::::::}::! |   .!:     なぜ誰もやる夫を止めなかったのかと
.    .ヽ|l ',ヽ \| 弋_‐.フ    弋_ー_フ   | .|/j〈ィ'>》_ノ"!::l .!   |:     疑問に思うでしょうけど、
         |丁|  ,、,、       ,、,、,、l  ! .|:.ヾ ニフ    !::l .|   |:     やっぱりこうやって見ると
.           | l| ′′      ′′′| l| .|/:.:.:.:.⌒ヽ丶|. |:  ..|:     大粛清のメカニズムってボリシェヴィキの
         / / 人             | l| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\|:   |:     組織的な問題だったんじゃないかと思うわね。
          / /| |_  > .._  r_‐_、  _,  l l.! !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\  |:
       /,イ | |! /:.:.:.::::ハィュヘ: ̄「「ヽ ..,' .,':| |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ|:
      ノ'   | .| ,′/`ヾニンリ:::..:.:.:.:.:./ /:.:.! !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ



           ,.:-=;1―;1―;1―;1―;1,=;:、
           ミ              ゙ミ
           ミ      ★       ゙ミ \
         / ミ              ゙ミ   \
        V/::ミ;=========゙ミヽ   \
       //:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :',  `、ヽ ム>
.      /:i:: :: /:: :: :: :: /:: :: :: :: :∧:: :: :: :: :::i  } >/i´
      ,'::i:: :: i:: :: :: :: /:: :: :: :: :/ ∨:: i:: :: ::l  V/:: l
      ,':: l:: :: l:: _:: :: /:: :: :: :: :ム--+::-l―:: |   |:: :: |       そして注目すべきは、
.     i:: ::l:: :: |:: :`''フ:: :: :: ,:: /    ',:: |:: :: :|   |:: :: |       やる夫が地方幹部への粛清を進めている時に、
.     l:: i:.|::..::|::_:: /:: :: : //     v|:: :: :|   |:: :: |       トロイカの一員として地方幹部らに無制限な
.     |::.l::.|:: ::|::/ニ_;; ;//  ====V:: ::,'   |:: :: :|       弾圧の権限が与えられたことです。
     |::∧:',:: ::V弋.:.:テ    ´ て:::::::o|:: ::,'   .|:: :: ::|
     |::i ',:',:: :∧廴::ソ      こ .ン|::/,'   i:: :: ::.|      一見おかしな話です。
     ',.i  }::ト:: : ヽ゛゛  ` _   ゜゜イ|/:,'   ,':: :: :: |      地方幹部たちはやる夫に粛清される最も危険な時期に、
      ',' .ハ::iヽ:: ::>ァ-------<´<:: /:,'   /:: :: :: ::|      皮肉にも今までに無い巨大な権力を
       ∧ヾV>、:V/ | (ニxニ)  |: :',:: /_ -'''´:: :: :: :: ::|      そのやる夫本人から与えられたのです。
       /:: L_i VX|: :|  ∧   |: : |:: :: :: :: :: :: :: :: :: ::ヽ
       /:: :: :: :: :: :: :|: └ ┘└ ┘: :.|:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::\





369 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:15:13 ID:zXaJ7Fpk0




            ,.:-=;1―;1―;1―;1,=-;:、
            ミ             ゙ミ
.              ミ      ★      ゙ミ
           /ミ             ゙ミ \
          《  ミ;========゙ミ } 》
.             》/ / / :/ : : : : : : : : : \ ∨《
.            /// : :/ :/ : : : /:/ |: : : : : ∨^:|       崖っぷちに経たされた地方幹部たちは、
           l∨ : : l :/: : :// / :八 : : : l: l : :|       一か八か、その権力を利用してこの波を乗り切ることを選びました。
           | :| : : :|/ :/ //:/ :/  ヽ: : | ハ: :|
           | :| : : :|≧x、/イ//,.ィ≦ハ ノ : l: :|       自分の首に縄をかけられた状態で、
           } :|八 :代uzノ    弋uzノ仏イノ: :|       無類の権力者として大量殺戮を謳歌する・・・
.           ′:} 仆⊂⊃     ⊂⊃イ 八 : :|       いつ殺される側になるやもしれない大量殺人鬼の立場・・・
.        /: : / 八 >  ~~~ .イ}{ : : : |
.        /: : 〈 // ̄》 》≫=≪《 《V ∧: : :        まさに彼らは破滅と絶頂を同時に味わっていました。
.        / : : : : {   》《_》《_》《 〈 /  、: :丶
       /: : : : : : }   《_/八_》      }: : : :\     理解不可能なトランス状態です。
     /: : : : : : :/    ∨{><}{    {: : : : : : :\
    / : : : : : : /人,___人}><}人__人\ : : : : : :ヽ
   《 : : : : : : // { ̄/∨`¨¨¨´∨\ ̄} \\ : : : : : \
  《 : : : : :/ 《(   } {_人    人_} {  )》 \ : : : : :》
   》: : :/   》)  人人_))   ((_人ノ (《    \: : :《
  《 :/    《(    \        /    )》      \ 》
   `\\    ≫x、    \__/   ,x≪     //


【補足終わり】




371 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:16:03 ID:zXaJ7Fpk0




血の味を愉しんでいるまさにその頃、党中央ではやる夫による最高幹部の大量処刑の嵐が吹き荒れていた。

1937年10月11日、同年6月に続いて二回目の党中央委員会の大量粛清が発動された。



  ヽ
   /\              _ 三二ニ=≦-=≡ニ二三.' i {
.  /  .\≧7777777777三 ̄>-气t ァ チヾ  ≧ニ=/, | |   i
 /   /⌒ .\///////⌒ヾ:::,´ ⌒≧==彡    ≧彡イr } i i , {
./  /   i.  \////  : : :`            彡 りソ ' ,: | | リ
  ./   , 人 //〃  .: : : :              r' .ノ イi | i/
  /   / `Y////  : : : : :        し    r=彡/{ .!{ ! {
 ,{:   /   /.///   ` : : .    U      .ん=彡ハり从(
./ー-:. '   / ∨}、  _                     ∨ ヽ
 ー /::..  /  ハ=彡ベハハミx、   _     イ     ./  /
   , .   / _  .∨拆`≠ミz-`ヾァァ '゙  /       /   .{_
.  / .  /´    ) . ∨`ー -  ̄      /: : : .. .  > ゙     }ハ
 く::.. /   /.   i            .イ: : : : . > ´       /
`ー―― ミ /     ゝ       .≪::::::::.> ´           .イ
       リ       >-=<.:::.::> ´           ,
´ ̄ ̄`ヽ/        } {:::::_> ´             /

           中央委員 メンデル・ハタエーヴィチ



農業集団化を強行に支持した古参幹部であるメンデル・ハタエーヴィチを含む24名の幹部が中央委員会から追放された。
6月の粛清とあわせると中央委員会の幹部党員52名がすでに粛清されたことになる



      ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,           ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,
     ミ:::[★]ミミ:::[★]ミ.ミ:::[★]ミ        ..ミ:::[★]ミミ:::[★]ミ
    ( ;゚Д゚).( ;゚Д゚).( ;゚Д゚)         ( ;゚Д゚) ( ;゚Д゚)
    (”:::”)(”:::”)(”::”)         (”:::”)(”:::”)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
     ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,      ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,, 
     ミ:::[★]ミミ:::[★]ミ ミ:::[★]ミ.    ミ:::[★]ミミ:::[★]ミ..ミ:::[★]ミ
     ( ;゚Д゚) ( ;゚Д゚) ( ;゚Д゚)     ( ;゚Д゚) ( ;゚Д゚) ( ;゚Д゚)
     (”:::”)(”:::”)(”:::”)     (”::”)(”:::”)(”:::”)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
        ,,,,,,,,,,,      ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,
       ミ:::[★]ミ     ミ:::[★]ミミ:::[★]ミ.ミ:::[★]ミ
       ( ;゚Д゚)     ( ;゚Д゚).( ;゚Д゚).( ;゚Д゚)
       (”:::”)    (”:::”)(”:::”)(”::”)
      | ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|



同僚が次から次へと姿を消していく光景は、当時の幹部たちにとってどのようなものだったのだろうか・・・?





372 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:16:51 ID:zXaJ7Fpk0




翌10月12日、エジョフが政治局員候補に選出される。明らかにやる夫の大粛清に献身的に協力した見返りであった。
1936年からやる夫に試され続けてきたエジョフは、ついにその寵愛を勝ち取ったのである。



               /::::::::::::::::::::::::_::::::::::::;xヘ:::::::::::::..、
               /::::::::::::::::;:::::::/::::::::/::::::::::!::::::::::::::ヽ
             /::::::::::::::::/::/:::::::::/::::::::::::::::}::::、:::: ヘ::::ヘ
             .i:::::::::::/::/;イ:::::::::/:::::::::::::::ノ::∧:::ヘ:::i::ヘ::::ヘ
             l:::::::::::l:::l/:::::::/:::::::::::::::; /::/ V::::l:::l::::l:::::::i
             |!:::::::::|:/:::/::::::::_:: - '´,.イ/   ヽ:|:::!:::|::::::::l
             |!:::::::l::!|::ムr‐'=z-x.._,ィイ ,.....z‐'''"リ!:j:::|::::::|l:|
             |ヘ:::::ヘ:V´、で妁ミくヽ  /´x'iチ妁'7'|:::/:::::リ |!
             |:::ヘ::::::::ヘ ` ̄   ,レ勹i{,  ` ̄ノ ノ/::::::/./
             |:::::::ゝ、:::::ゝ、..ノ _ノ'   ! ヽ_  ...ィ///イ
             .!:::|:::|::::::|`ヽ     r /   `  /リ}:::/:::|
             !::|:::|::::::ヘ      __ _      {//:|::|::|::|
             |::|:::|::::::|_:ヽ     ´ ‐ `   .イ´|::|::|::|::|
             |::|:::|::::::|:|:::::|ヽ        イ:|:::::|::|::|::|::|
             .!:|:::|::::::|:|::r:t.._ ` 、__ イ  |、|_::ノイ:|::|::|
              !:|::::::::::|:|::!:.:.:.:`¨:.:.:.:TT:::::¨´::|´:.:.:.:|::|::::::!
              |::!:::i::l::|::|:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|::|:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:|::|::::::|
              t::|:::!::!::!:V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|::|:.:.:.:.:.:.:ri:.:.:.:|::|:::::ノ
       __,.......-―::: ニゝ:|::|::|:::|:.`:.:.:.、:.:.:.:|::|:.:.:.:;r::::::ヽ:j::j:::/ ニ:_―-.......__
  __,.....‐:: ニ´-‐:.:.:.:. ̄:.:.:.:.:.:.:`ヽ、!::ヽ:.:.:`¨''=}:}:.:.´:.:.:.:.:.:.|/ <:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:.:.:.‐:`:::::‐-....



赤軍粛清を成功させた7月にはすでにレーニン勲章を授与されてもいた。
今や彼はやる夫が最も信頼と期待を寄せる側近であり、
最古参のモロトフやカガノーヴィチでさえ不用意に扱うことの出来ない大幹部となっていたのだ。



     ___
    / vvvvvvvヽ
   | |   ノ  ヽ|
   |__|    ^__^ ヽ              よ、よぉエジョフ!
   (d     ⊂⊃ ヽ
   !  U    l   !              調子はどうだ?今日もいい男前じゃねえか!
   (\ ___ 3_./    /^.l
  / ` ────'ヽ__ /)ヽ |        お前の働きっぷりは俺の周りでも評判だぜ!
  /          ヽ   |  ノ
  | |   |/\/\/\|-─┘´          じゃ、同志やる夫にもよろしく言っといてくれよな!
  | |   |.        |

運輸人民委員 ラーザリ・カガノーヴィチ




374 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:17:45 ID:zXaJ7Fpk0





   ――― やる夫の執務室。



   ,=============,
   | r──、 r──、 |                         ______
   | | / / | |/∇ /| |                             /7i          |
   | |==== | |==== | |                          //:::|           |
   | | ∀  | | / / | |                       //::::::|           |
   /ニニニニニニニニニニゝ     〉~ア c「l               「|::::::::|           |
   │r──、 r──、 |     (  ) 〈;;;;〉            |:l::::::::|           |
   |│':.:.:.:.:|│:.:.:.:.│|     (二二二二二)             |:|O::::|           |
   |│:..:.:.:.:|│:.:.,:.:│|     | |     |│           |:|::::::::l           |
 ̄ ̄|└──' ゙──┘l ̄ ̄ ̄(.< ̄ ̄ ̄>.) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:|::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                      |:|:::/
                                       |」/

                    ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)
                        l i   +   +   +   l l:::|
                    / /;:__,,__,,___,_,___,__,__,,___,___,,/ /:::|
                      ( i,;'_ __ ___ _ ___ __ ___ __ __ _;l )::/
                  | l                l |/
                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|
                /                     //|
            ___/___________//| |
              (_______________),‐─┬i' ゝ)
             l:::          .   ..::::::::::| l^) .l│
             |:::    ;.             ..::::::::::| ´|  ゝ)
              |:::           ;  ..::::::::::| /
              l:::.            .   ..::::::::::|/
               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





375 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:18:42 ID:zXaJ7Fpk0




               /::::::::::::::::;:::::::/::::::::/::::::::::!::::::::::::::ヽ
             /::::::::::::::::/::/:::::::::/::::::::::::::::}::::、:::: ヘ::::ヘ
             .i:::::::::::/::/;イ:::::::::/:::::::::::::::ノ::∧:::ヘ:::i::ヘ::::ヘ
             l:::::::::::l:::l/:::::::/:::::::::::::::; /::/ V::::l:::l::::l:::::::i
             |!:::::::::|:/:::/::::::::_:: - '´,.イ/   ヽ:|:::!:::|::::::::l
             |!:::::::l::!|::ムr‐'=z-x.._,ィイ ,.....z‐'''"リ!:j:::|::::::|l:|
             |ヘ:::::ヘ:V´、で妁ミくヽ  /´x'iチ妁'7'|:::/:::::リ |!
             |:::ヘ::::::::ヘ ` ̄   ,レ勹i{,  ` ̄ノ ノ/::::::/./
             |:::::::ゝ、:::::ゝ、..ノ _ノ'   ! ヽ_  ...ィ///イ     やぁ、こんにちわ、
             .!:::|:::|::::::|`ヽ     r /   `  /リ}:::/:::|     同志ポスクリョーヴィシェフ。
             !::|:::|::::::ヘ      __ _      {//:|::|::|::|
             |::|:::|::::::|_:ヽ     ´ ‐ `   .イ´|::|::|::|::|     同志やる夫は中に
             |::|:::|::::::|:|:::::|ヽ        イ:|:::::|::|::|::|::|     いらっしゃるかな?
             .!:|:::|::::::|:|::r:t.._ ` 、__ イ  |、|_::ノイ:|::|::|
              !:|::::::::::|:|::!:.:.:.:`¨:.:.:.:TT:::::¨´::|´:.:.:.:|::|::::::!
              |::!:::i::l::|::|:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|::|:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:|::|::::::|
              t::|:::!::!::!:V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|::|:.:.:.:.:.:.:ri:.:.:.:|::|:::::ノ




        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、    こんにちわ同志エジョフ。
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /     あいにくだが同志やる夫は休憩中で席を外している。
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /      たぶんクレムリンの庭を散歩中じゃないかね?
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\      なにか仕事のお話でも?
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃

やる夫の官房長官 アレクサンドル・ポスクリョーヴィシェフ





376 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:19:23 ID:zXaJ7Fpk0




                /: :/: : : : : /: : |: l: : l : : : : : : : : ヽ
               ,.' : : /: : :/ : /: : /|: V: :ゝ: : ヽ: : : : :∧
                / : : /: :/: : :イ: / _>、ト、: :ヽ\ l : : : : ∧
.              / / : |/ : /, ', '.ィ≦zャ¬ヘヽ:\\: : : : : ',
            |: |: : :|: :r≦彡'´{ケィヤ乏ノ }|: :` ‐\ ニ=‐: |
            |: |:l : レ沁厂i}==ゝュ__/ | | : : : : : : : : :|      ああ・・・NKVDの業務報告についてね。
            |: |:ゝ ゝ二.ノ         | l: : : : : : : : : : |
            ヽ|\\三ゝ 、        | |: : : |: : : : : |: |       各州・地方の反ソ分子の逮捕数報告について
               ト ム  `,........._      | |: : :|: : : : :|: |       同志やる夫の確認と指示を頂きたかったのだが、
               , ‐''´\  ‐       | l: : : :|: : : : : :|: |      不在であれば致し方ない。出直すとするよ。
              / , \ ヽ      /| |: : : l|: : : : |: l: :|
            / _、ヽ  ) }ゝ_ .  ´ / |: : : ||: : : : |: |: :|      ところで、今日の同志やる夫は
          /    lノ / /イiノ∠┤   //||: : : ||: : : : |: |: :|      どんな具合かな?
           , '    ノ'‐f´ァ'´l_/   | // ||: :|||: |: : :|: j∠
        r<  `T7 _  イ    / ,| l/l : | : :| :|| l|_ 斗 彡¬__
       / \_'_/_」/  」  〃"´j |レ|: :|: : l_」l斗z彡' / /`ー、
        /     // /  <   / ┌一|' |:/L:ィ  / -‐/
      ,     // ∠  イム  {`ヽ |   l′ l/ / / /



        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、     仕事に精が出て何よりだが、
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/     あいにく今はオススメできないよ。
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /       なにか気に食わないことがあったのか
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/       あまりご機嫌が振るわないようだ。
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ     少し時間を置くとよろしい。
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃





377 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:20:03 ID:zXaJ7Fpk0




            /                \
              /                   ヽ
          /   /   / /           |  ∧
            '    l    / /,  -―    / /|  ∧
.           |   l |  |´/        ィ ,.l||| ∧
.           |   l |  K_  、―‐'´//|||| | トヽ
.           |    ヽ.|  | 沁tx、\‐ 彡 ´_/イ/||v|
.           |      \ V弋z^ヽヽ l  ィケアテへ,' ,' ハ|
.           |       ト\__,rッ={i≦ィ/`ソ./l/ ノ
.           || |   |   |  `      ゝ=/=イl//
.           || |   |  |      ´/ /  {        ありがとう。
.           リ |   | |  l、   ¨二 ` /  |
          `ヽ  | |  |、> .   イ | | |        君のアドバイスは実に役に立つ。
               /\| |  ヽ\ 厂\{ { | |
            /\ ヽ|、 l | 〈| |    \  | l.|        機嫌が直った頃にまた来るよ。
       _  ´     \ 丶N 八ト、    /lVl N
       /          \  ∧└、ヽ. ムト l /
.     /           ヽヘ ∧ l V 〉 ヽl' ー 、
.   /                 V∧ L..j∧ヘ    \



        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/      お役に立てて何よりだよ。
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /        君の細君に僕の妻も世話になっているからね。
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\       奥さんによろしくと伝えておいてくれ。
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃



やる夫の官房長官であったポスクリョーヴィシェフは、他の幹部たちからやる夫の機嫌を尋ねられるのが常であったという。




379 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:20:49 ID:zXaJ7Fpk0




しかしその幹部たちのなかでも、最近ぬきんでてやる夫との面会の回数が増えていたエジョフとは自然と接点も増えていき
いまや二人は幹部たちのなかでも最も親しい友人同士になっていた。



.        //: : .:.:.:.:./:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.l:.|:.:、:.:.ヽ: : ヽ
        ' ': :. .:.:.:.:/:/:.:.:.:.:.:./:.:, ィ:.:.:l|:.|:.:.ヽ:.:.l.: : : !
.         |:.l: :.:.:.:.:.:l:/:.:.:.:.:.:./:.:/, ':.:.; ' !:.l:.:.:.l:.:.:|:.: : :|
.         |:.l: :.:.:.:.:.:|'.:.:.:.:./:_//:./  ヽlヽ:.l:.:.:|:.:. : |
.         |:.|l.:.:.:.:.:.:|-=≦三`ンr<`テ三弐=N:.l/.:. : :|
       ヽ!、:、:.:.l:.l 弋戉不ミヽ) 〃7広示テl:/:.:.:.: :{     そうだ、ポスクリョーヴィシェフ。
         { ハ:ヽヽヽ  ̄ ̄ ,r}==、{、  ̄ ̄ リ.:.:.:.: :|
         l: :ゝ:.\:.:ミ、__/ノi   \__ ィ:.:.:.:.:. :|     また今度妻たちと一緒に休暇にでもいかないか。
         |: :.:.:.:.`i:ド=-   ヽl '       /l:.:.:.:.:. : :l
         |: : :.:.:.:.l:|:.:\   ‐=-    イ:.l:.:.:.:.:.: : :!      この仕事がひと段落でもしたら・・・
        |: :.:.:.:.:!l:>l 丶、  ̄   . ´{<_l:.:.:.l:.:.:|: |
            l l: :.:.:.:.(  l   ` - ´   !  ,l:.:.:.l:.:.j|: !
         l l: :.:.:.:.|\_l         / l/,|:.:.:.l:./:|/
            い: :.:.:.|  ヽ       /  l:.:.:.:l/:./
        ,. 一トl: :.:.:.| 卩〉      /ハ j:.:.:.:l:.:/ー- 、



家族ぐるみで付き合い、よく二人で釣りに出かけていったという・・・





380 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:21:16 ID:zXaJ7Fpk0




   ――― クレムリン内のアパート、エジョフの自宅。


                               /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                            /  | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                          /    | |          |||||||  |||||||
                          |    | |
                , ――――――┴――――――――――――――――――
              / .|
             /  .|     llllllllll          llllllllll
           /    .|    ______   ________
          /        |   |:::::::::::::::::... .. .i|   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц  γ |~ヽ
        /    /|  |   |:::::::::... ... . ' ..|   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |  |  |
       /    /:::: |  |   |::::... .. . ''    |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||    |  |  |
     /    /...........|  |   |__..,        |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |_|_|
    /     , 1.|..,;;;, .,;;;,|  |   |;;.i|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||
  /    /:::| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; | ;;;;;;;;;||
  |.  ,,;   |......i| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц  γ |~ヽ
  |  /|  .| . ...| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |  |  |  ヾ;ゞ
ヽミゞ;;  |  .| . .| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||    |  |  ヾゞ:;ヾ
ミ ゞ;;ミゞ;;.. ;. |  ..| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |_|_| ヾ;/ゞ
ゞソミゝミゞ;;ヾ;:;;: . | | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||        ;ヾ ゞ;
ヾ;:;;:ヽミゞ;;ソゝミゞ;;. | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||      ヾ;;;ゞ ;;ゞ
ヾ;:;ミヽミゞ;;ヾ;:;   | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц   ヾ;;; ;;ゞゞ:;ヾ
;ゞゝヽミ;ソミゝミゞ;;,| | | ̄ ̄.|  |   |~''|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||     ヾゞ:;ヾ ::ソゞ
ミゞ;;;:;ソソミヾ;:;;:   | | ̄ ̄.|  |   |~''|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| ゞ:;ヾ  ゞゞ:;ゞ:;ヾソ

              \ヽ人_从人__从_人__从_从人__从_人__从_从人_人/
              ≧                             <
              ≧      おーっほっほっほっほ!!       ≦
              ≧                             ≦
             /Y⌒YWW⌒W⌒Y⌒WW⌒W⌒Y⌒W⌒Y⌒WW⌒Y\





381 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:22:18 ID:zXaJ7Fpk0




   /  / /   ! .::! .:!  .::     . ::. :!: |   ヽハ
    ! 〃 /   :| :::| ::| :::::.   .::: /:: ィ::: !     ! 1
    ! イ  |  :. :l ::::ハ ::ハ :::イ:::. ..::/::,イ:::/ l:::: j::    ヽ|    ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
    !ハ :::l  :::l..::トートN、_',::||::::::..:〃//ノ少|::;イ:: .:: :、{j   <                               >
   ヽヽ ヽ :::ヽ:| fト示う心ミゝ::〃/rf乍示トミ!:..:::|:: .::ハ.|   <  苦節6年!                      >
     ヽ::{入 :::::ヽ、弋_ソ  ∨'´ 弋ー '.ノ イ::::::;!::::〈 l   <  今や我が夫は政治局員候補!          >
       ヽィ゙ート-iゝ`¨¨´   ,   `¨¨¨/ィ ´イ/:: | ノ   <                               >
       / !::::::`弋    ト----ヘ  ー' ´ /´::ノ'::ト、.|    <  そのうえ同志やる夫に               >
        ヽ::/レ'1丶、 _{ヽ  __ノィ _ イイ:ト::::::/ ノ    <  最も信頼される最側近!              >
         `   ∨ノヽ_| レ,´-‐'´八ヽノ リ レ'      <   もはや押しも押されぬ大幹部ですわ!    .>
         , ― 、-べ.  j// イ壬j___ ト、          <  これぞ我が夫にふさわしい地位!         >
           /   .ヽ .l {  / .r‐ォ'´ゝ} 丶、       <                               >
        l     l ∨.ヽ   ∨   .|   '         VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV
        l     |l    ヽ  |   j |  |

       エジョフの妻 エヴゲーニャ・エジョワ





382 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:23:08 ID:zXaJ7Fpk0




       /  /, "          ヾ-t- 、
       ./   //    ,            \
      /   ィ/      !             ヽ
      /    /       !  /!  ./   i      ヽ
     /    !      ! / "|ヽ,./|   !      Y
     !    | !   !  レ、  ! ∧ !  / .!    i     !
     !    | λ  ゝ  ! ゛=-'  ! /|-.x / |    !     ソ連広といえども
     !    |∧ヘ  |ゝ .!       " , !/ !/  / ヽ  !     この短期間にこれほど急激に
     .!ヽ    ヾ,ゝ ! \   ,    ' `ー,/  /  ∧ !      出世したのは我が夫ニコライくらいでは
     ! ! 、 !   ヽヽ|       !゛'' ,   ! / ,i  / |!      ないかしら。
      ! ヽ|ヘ /|,. Y  、     ゛''"  ンッ ,γ' | /  /
         ,r _ 'レ/   丶、   , , ',〆y /  /          いまや我が家にはソ連中の有名作家や
        y'  ''<、    /゛'' 〆     /             セレブたちが尋ねてきますのよ?
    ,_ ''"= ミ 、   ヽ、 |'x'"     /
   /゛ . . . .゛. .ト 、 ミ 、 ヽ./    , '"               貴方のお家にはいったいどなたが
  !!. . . . . . . . . . . ヾ 、ヽ ./   y' ゝ、                来られるのかしら?
  ! .!. . . . . . . . . . . . ヽ ゛ン   /'" ィ".'ト.、
 .! ヘ . . . . . . . . . . . . ン    y '" ノ. . . . ヽ



          -――-  、_
      , ´          \_
    /              \ `\
   /   /´,  ,   /   \.:  .:::}::.  ヽ
  / .:: / .:/  .:!  .:l      i_ .:::l:: .   l
  ! .:/ :{   :{, -‐‐{-    ´l__ ` .:|, -‐┘
  !  {__! ィ´!, -‐=ゞ―‐ イZ´!!{´|
  !  .:::!.:`‐|//´{::て    {r1リl::.|        ボクのおうちには同志やる夫が
  |  .:::!  .:{ヽゝゞ_ソ    ,`"  ル|        よく夕食を召し上がりに来られるのですよ。
  |  .:::|  :|, ,,     _ ,   "イ:..!
  |  .::::!  :!ト . _     イ::.l:. !        一緒にご飯を食べた後は、
  l  .:::::!  ::! |    ̄!フ:´.:::|::. |::.|        一緒に歌を歌ったりダンスを踊ったりするのです。
  l  .::::::l  .::::!`\、_,l丶.:::::!::: !::.|
  !  .::::::::l  .::::!、 }`ヽ_!/´}ヽl::. l:: l

ポスクリョーヴィシェフの妻
      ブロンカ・ポスクリョーヴィシェワ





383 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:23:53 ID:zXaJ7Fpk0




  l  |:::/    !  /1 /i  !      l | l    l   ヽ`l
 レ  .|::| .,    | ‐ソ-| _L l .|、 .    , ./イ !    |     !、l
./   `' |   ├/,ニコ,|-=.、|l |   ././,.'L .|    |.l   |
|    l'! |     Yl゙-役'」`. '.y  /'壬"l ./,    | |   |     ふふん・・・
! ,   | | l、    |、辻'.'/.'  ノ-."' び::Fヽ ./   | !   |
Vl   ,`N_、  ヽ ヘ  ̄´      l.も.'/'ク./   / |  /      まぁまぁその程度が関の山でしょうね。
  、 / |、l ヽ.l、 l\ヽ、     , `ー' /'   ,/' イ /
  `'ヽ| ヽ N 、.ヘ `-`.i´ `‐ⅴ  _∠土 -/イ  // /       同志やる夫がわざわざお越しになれるのは
         /`-l l"ヽ`- ‐´ __. イ_〒V |/| /|/         確かに箔がつきますけれど、
      厂ニ-~ニ、ヽ 丶-‐"  ̄,ニ.⊃    ´            ボリシェヴィキ最高幹部のファーストレディーとしては
      レ'    ヽ .l     ノ                   まだまだ芋くっさい自慢話ですわ!
      7       l乂   /
      |l       l ヽ   l
      、|       l  l   l





384 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:24:17 ID:zXaJ7Fpk0





                     ___
                 , . . ´. . . . . . . . `. . 、
                /. . _z 三三三三>へ..\
              /. / ̄` . . . . . . . . . . . . \.\
             /. /. . . . ./. . . . . . .ヽ . . . . . . \.'.,
               /. . /. . . . . . j. . . . . . . . l..ヽ . . . . \.\
           /. . /. . / . . ../l. . l. . . . ./l . |ヽ . . . . . ',. ヽ
              j. . /. . /. . / / Vl_,.ィ. .乂ム斗‐',‐. . . . .|',. .|ヽ
              |. イ. . .j. . イィ' 二i..ハi . |  クi云㍉ . .:..:.lハ. | j〉
              V |.l. . |. .|.|.|/.ん心 ヽj  トj;刋 〉 .:.:/. .|..|        ファーストレディーたるもの流行の最先端と中心地に
               N. ..|ヽl.l.ハ弋_:斗   ,  ー'' / ./l . ハノ        いなければなりませんの!
             | . ヽ. ヽ⊂⊃  .r‐ v1 ⊂⊃ノ ..ハ./
             ヽ. . i\ハ   ヽ __ .ノ   イ. ../ !'          我が家には文学作家のバーベリやショーロホフ、
               ヽj ハ .> .._ ___, イ_j∠._          最先端音楽スタイルであるジャズ界のスター
               _r-=<´ /    _ \―‐'          ウチョーノフも毎日のように訪れますのよ?
              /   \   V   / ̄r‐'l.\_〉、
                l    ヽ l     lヽ _.)i l ヽヽ \         権力など出世すれば当然に手に入れられる・・・
               l      }}.l     |、   Y  ヽ ', \        だけど文学や芸術はちがう。
              l       l .l     | \ /     ',}   \      それを手に入れるものこそ本物のセレブですの!
                 l     l j.     |  ヽ.      ヽ   \
                   l      l!     !   o|     .}    \
               l    l.     !     !     j\      ヽ
                l    l     l     d     /  ヽ     〉
                l   !    l    |      l   /    /
                 l      ./      !    j   /    /



            . .- :.:‐:.:‐.-. .
       __ .イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`.:..、
    /:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、
.   /:.:./:.:.:.:.:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
.  /:.:./:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
  /:.:./:.:.:.:.:.:/:.:.:.:i:.:.:.:.:.| :.:.:.:.| :.:.:i:.:.:.:.:.:i :.:.i:.:.i
. L.:.:i.:.:.:.:.:.:i :.:.:.:.|:.:.:.:. | :.:.:.:.| :.:.:l:.:.:.:.:.:| :.:.i:.:.i
.   |:.:.:.:..:il :.:.:.:.l::i:.:.:.:|j.:.:.:.:ll:.:.:.l:.i:.:.:.:.| :.:.|:.:.|
.   └‐┬ij_:.:..:.:|エ:.:.」i_:.:.:_lL:.:エト.:.:.:|:.:.イ:.:.|
      |:.:.:.:Τ/{ i l     l i lヽ「 ̄:.::|:.:.|       みぃ・・・
      |:.:.:.:.:|  ヒzソ    ヒzソ .l .:.:.:.:.l::..|
      |:.:.:.;小  :.:.:.  _ _   :.:.: 小.:.:.|:.|:..:l       やっぱりエヴゲーニャはすごいのです。
      i .:.:.:.:i:i:`: .        イ:..|:.:.:.:|:.|:.:.|       本物のセレブなのです。
      i:.:.i:.:.:i:|:.:..l.:.:.т ‐ т:.:.i.|:.:.|:.:.:.:|:.l:. :i
       |:i::l:.:.:l:|:.:.:l:.:.:.ノ   、:.:.l:|:.:.|.:.:.:.|.:|:.:.:i       ボクでは到底かなわないのです。
.     |:i:.| :.:リ ィ ´      ` iト.:|:.:.:.:|.:| :.:.!
     l |:.l:.:.:l:.l l          |:.:.|`ヽ::.:l:.:.:.i
     | |:.| :.:l:.| i           |:.:.|   '.:.l:.:.:.i
     |:.|:.| i:.l:.| | ──--── |:.:.|  i:.:i:.:.::i





385 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:24:55 ID:zXaJ7Fpk0




  /   /       l   |   |.     ハ  、     \
 l   ,         ト、  .l  .l: .   :i. ハ  ハ  ヽ   ヽ
 l   {        l ̄ヽ. ト.  l、: : .   l: : . l  l    `< - \
 |  : ハ       x |r;≠ト、トヽ トヽ: :  :ト、: : !  !    ヽ   `
 l   : ハ .| : .    V /`^:::::j`ド  \_ l_ ヽ:l   j \、   \
. l   : : l | : : : .  l 弋r-ィ:/     ムト、>! /   ヽ - _ \
  l   : :Ⅵ : : l: : . ト、 ト='-     /~::ハl l! {    ヽ   ヽ}   ・・・でもまぁ。
  '、  |: : :ヽ : : ト、: . :l ヽ       弋7'イ ´ハ l  ヽ   ヽ
   \ト、: :i、: \l: ヽ/ l  「~^ ー、、 ``ー /: /: ヘ!   ト、  `、      貴方なら特別に、
     ` ヘ:!ヽ_ - ´   ハ. ヽ : : l/  /:ノ_.ィ  、  l \  '.     ソ連最高である私の文学サロンに
       / - ──  、 ト. `´ _ < ̄ ハ: : / ヽ l   ヽ }     招待して差し上げてもよろしいのよ?
     , ' ´        ` ` <7\: :l!: :/ l: /   \!   `
    / /             `  、ヽド  V              無教養な貴方も少しくらいは
   / ,                 `  _                都会的になれるのじゃないかしら。
   l  {                    `  、
   /  ハ      _ - _               ` ー  .._




                                                            .  / /     /....::::::::/::::::::::::li:::::::::::::l:::::::::::::ヘヘ
                                                            . / ./:::::/::::::::::i:::::::::::::/::::::::::::::l i:::::::::::::l:::::::::l:::ヘ::i
                                                              i:::/::::::i::::::::::::l::::::::::::_i__:::::::::::::l_l_::::::::l:::::::::l::::::l:l
                                                            . l::::l:::::::l::::::::::::l::::-''ニ┴ ----┘L_`丶::|:::::::::l:::::l:l
                                                            └-L_:::l:::::::::;┼ ' ´ _     __ ̄¨`i丶:」__」:l
                          文学のことはよく分からないけど、                 l`'ヘ':´:::::l  z===  ,  ==ミ、 l::::::/::l::::l
                          エヴゲーニャとなら                          i:::::::ヘ:::::::::l、   、____,    イ:::::/::::l:l::l
                          きっととても楽しいはずなのです。                 l:::l:::::ヘ::::::::lヽ   ヽ、 ノ   /l::::/:::::l::l::l
                                                            .   l:::l::::::::ヘ:::::::l::`i 、 .   ̄ ,, ::'l:::::l:::::/::::::l::l::l
                                                               l:::il:::::::::ヘ:::::::l:/::::rーL` ''' ´jヽ::::l:::/:::/:::::::l:::l::l
                                                            .  l:::ll::::::::;::-l:::::::V¨, --三Mニ--=-/:::::/、:::_l:::l:::l
                                                              l:::ll:::::/  .l:::::::l { ー┤|=   }/:::::/   ヽl:::l





386 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:25:28 ID:zXaJ7Fpk0




・・・夫たちがそうであったように、エジョフとポスクリョーヴィシェフの妻であるエヴゲーニャとブロンカもまた、親友同士であった。



     '´     /::/        ` :::::::::::::: /
   /    /::/            \::::/ , ─‐ r ⌒ ヽ
:::─────ァ               \ |<   > |     \     ____ _   / ⌒ヽ
::::::::::::::::::::::::::/          \  \     V:.:.:V .:. | fゝ   _..>‐'─── -- 、 `'./    .|
.\:::::::::ー-/            ヽ , ─- ヽ  ト:_:.:.:|  ゞ∠_):.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._/ヽ__:. ヽ/    |
  \ ::::::/  ′    |     ヽ.  ||   |\ |  | _<:::ゝ'´   /    ̄ ̄ ¨ ヽ   <:.:./       |
    ゝ'′ |::     レ ⌒  │  ||_,≧、V|  |/:::/     .'          \`:./      |\
      |  |:    /|     _|_..-'  イァ::Vヾ`T´ /   /  i             V   /    |  ヽ
          |     | , =<´      f::_ハ | |:. ′  / _,_!        |!        '. /   │  ハ
    |    |     イj:::::ヽ`     弋:ン | |r_i//  ' / / |`       ∥   |   |/     /    |
    |    |  / | l| l∧ノ!        │ | .:i/  Nィ==| !     ' ⌒ ヽ /   . |` 一 r'     |
    |    l`´  |  ゝ ノ       `  ハ.l⌒   个1:r ゞハ  // |   イヽ /  ト-:.:.:.:/     !
    |    i    ヽ        _  '  イ  |\!  / トV   j/j/ ニ<、| /   !〈::.: /     V
    |    |     \        / | │ !  .′ ` ´       イ:::::::rヾi|,イ   |:.:. /      /
    |   人       ヽ ー┬‐ '    | │ !  l    ,       !ゝ-ハ ii/ /  |: /      /
    |     :\ `ー─ \ー─ ァ   人 |  i 八            ` - ′/ ,.   j/      /
    |     ::::: 人 _    `-〈  / |  |  |/   .   r‐、        //   ' |    ,. '
    |     ::::/: : : : :  ̄ ̄::¨: .ーゝ/   l │ ___  \ ` ′     イ   /ー ′ j/
    |     ::::|: : : : : : : : : : : : : : : : ヽ ノ :リ, ´    >--`.r──  ∠_...イ  __ j/
    |     ::::|: : : : : : : : : :V´  ̄ `Y´ ::::/    . イ    |!  __...-─── !/´
   .′    :::ノ: : : : : : : : :./      │ ::/    / │/⌒ Y |        │
  /    ::::/: : : : : : : : :..:.|      |:::/    /   / >ー V |    ,. -──\
 , :::::  /: : : : : : : : : : : :│      │'   / '"   /: : :.:.│|   / , ─― 、 ヽ
, ::::::::::/: : : : : : : : : : : : : : :|      |  /      j: : : ./´| /   /     ヽ |



文学界の支配者を夢見る見栄っ張りのエヴゲーニャと少し天然な愛嬌のあるブロンカは
互いに外国にルーツを持つユダヤ人であり、容姿も雰囲気も赤の他人とは思えないほど似通っていた。

傍から見ればまるで仲の良い姉妹にしか見えない二人は常に笑みを絶やさず、本物の家族のように通じ合っていたという。





387 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:26:22 ID:zXaJ7Fpk0




        , - ― - 、
     , . ´: : : : : : : : : : : : ヽ、
    /: /: /: : : : : : : : : :\: ヽ
  /; /:/:i: :i: :l: :|: |: :|: :i: : ヽ:ヽ: l
  /i/:/: |: l: :l: :|: :|: |: :|: ::|: i: :l: :l: :|
  イ|: |: :|: 」,-‐-|_」|」-‐‐-_:|: :|: 」: |
   ``「`´|rf´::`i  ´「:::`iヽト‐t´: : |    でも最近はトロツキストの破壊工作が
    |: i::| ヾ- '   ヾ-' |i: :|:i :: : |    文学界でも起きていると聞いているのです。
.    |: :|::ト、´´  _  ´´,l: : :l::i: : : |
.    |: :|: l: >ー, - イ_i:l: ::|: i: : : |    いまはどこもかしこもスパイ狩りでてんやわんやで・・・
    l:i: |:i::l: i_,<ニロニフ |:i: :|: : i: : :|
   l::i: ::li: |.//レイ|ヽlイ/:i: :」`ヽi: : |   夫のアレクサンドルの複数の友人も実はスパイだったのです。
   l: i: : | ヾl |  i i レイ/: /r´ l: :i: l   スパイは国中にいるのです。エヴゲーニャの友人は大丈夫なのですか?
   |:i: ::/ || |  i i  イイ  |  ヽ: |::|
   レ: i:ヽt.|| |  i i  | |  |__ゝ:||:|



           ___
       ,.  '´: : : : :\三二ニ=- 、_
      /: : : : : : : : : : /⌒ヽ=- 、-、`ヽ、
    /: : : : : : : :/: : :/: : : : : : : : : : \\:\
   /: :/: : : : : :/: : :/: : : : : : : : : : : : : ヽ::\:ヽ
.  /: /: : : : : : :./: : :/: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ:::}: :i
  /: /: : : : : : :./: : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : V: : |
 ,′: : : : : : : イ: : :/: : : : : : : : :.!: : : : }: : : : : : i: : |
 !/!: : : : : : : !:|: ,ハ: : : : :.i: : :./:,ハ: :/: : : : : : :.|: :.|
  |: : : : :i: : :∨\ハ: : : :|: :./∨ ∨i: : : : : : :.:|: :.!
  |: :/: : |: : :|卞Zミ.ヽ: : :レ' -=≦´|: : : : : : : |: ,′     あら?
  ∨ |: :.ト、:.:|弋z少′∨  下化 } }: : : : : : //       よもや私の目がペテン師も見抜けないような
    \|:/V            `ー '/: : : : :|: /: i        節穴だと思って?
     |: /: :.ヽ、    ─(    厶イ:.:.:/レ': : |
     レ'\: : :.`  .       ,. イ: : /!: : /V        ご心配せずとも私のサロンには
       ∨∨∨ >‐¬ 7´,ハ レ' レ'          信用の出来る一流の作家しか出入りしておりませんわ。
          r ∧:.|   /=、:.:./ニ=- 、
       / ̄j:.:レ'リ_/:.:.:.:∨:.:.:.:.:./ヽ
      /   /:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,′ .i





388 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:26:54 ID:zXaJ7Fpk0




       /  /, "          ヾ-t- 、
       ./   //    ,            \
      /   ィ/      !             ヽ
      /    /       !  /!  ./   i      ヽ
     /    !      ! / "|ヽ,./|   !      Y
     !    | !   !  レ、  ! ∧ !  / .!    i     !
     !    | λ  ゝ  ! ゛=-'  ! /|-.x / |    !
     !    |∧ヘ  |ゝ .!       " , !/ !/  / ヽ  !    それに・・・
     .!ヽ    ヾ,ゝ ! \   ,    ' `ー,/  /  ∧ !
     ! ! 、 !   ヽヽ|       !゛'' ,   ! / ,i  / |!     我が夫は当のスパイ狩りの張本人、
      ! ヽ|ヘ /|,. Y  、     ゛''"  ンッ ,γ' | /  /     内務人民委員ですのよ?
         ,r _ 'レ/   丶、   , , ',〆y /  /
        y'  ''<、    /゛'' 〆     /           ウチに限ってはそのような心配は無用!
    ,_ ''"= ミ 、   ヽ、 |'x'"     /
   /゛ . . . .゛. .ト 、 ミ 、 ヽ./    , '"             ソ連国内でもっとも安全な場所と
  !!. . . . . . . . . . . ヾ 、ヽ ./   y' ゝ、              断言できますわ!
  ! .!. . . . . . . . . . . . ヽ ゛ン   /'" ィ".'ト.、
 .! ヘ . . . . . . . . . . . . ン    y '" ノ. . . . ヽ



            . .- :.:‐:.:‐.-. .
       __ .イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`.:..、
    /:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、
.   /:.:./:.:.:.:.:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
.  /:.:./:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
  /:.:./:.:.:.:.:.:/:.:.:.:i:.:.:.:.:.| :.:.:.:.| :.:.:i:.:.:.:.:.:i :.:.i:.:.i
. L.:.:i.:.:.:.:.:.:i :.:.:.:.|:.:.:.:. | :.:.:.:.| :.:.:l:.:.:.:.:.:| :.:.i:.:.i
.   |:.:.:.:..:il :.:.:.:.l::i:.:.:.:|j.:.:.:.:ll:.:.:.l:.i:.:.:.:.| :.:.|:.:.|
.   └‐┬ij_:.:..:.:|エ:.:.」i_:.:.:_lL:.:エト.:.:.:|:.:.イ:.:.|
      |:.:.:.:Τ/{ i l     l i lヽ「 ̄:.::|:.:.|
      |:.:.:.:.:|  ヒzソ    ヒzソ .l .:.:.:.:.l::..|      なら安心なのです。
      |:.:.:.;小  :.:.:.  _ _   :.:.: 小.:.:.|:.|:..:l
      i .:.:.:.:i:i:`: .        イ:..|:.:.:.:|:.|:.:.|      やっぱりエヴゲーニャはすごいのです。
      i:.:.i:.:.:i:|:.:..l.:.:.т ‐ т:.:.i.|:.:.|:.:.:.:|:.l:. :i
       |:i::l:.:.:l:|:.:.:l:.:.:.ノ   、:.:.l:|:.:.|.:.:.:.|.:|:.:.:i
.     |:i:.| :.:リ ィ ´      ` iト.:|:.:.:.:|.:| :.:.!
     l |:.l:.:.:l:.l l          |:.:.|`ヽ::.:l:.:.:.i
     | |:.| :.:l:.| i           |:.:.|   '.:.l:.:.:.i
     |:.|:.| i:.l:.| | ──--── |:.:.|  i:.:i:.:.::i





389 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:27:30 ID:zXaJ7Fpk0




・・・しかし、実際のところそのような保証はどこにもなかった。



              ,. -─────────‐- .、
             // ̄ ̄\      / ̄ ̄\\
           /                     \
          /        ::::::::::::::::::::::::::::::::       \
        /   / / ̄\\::::;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::// ̄\\  \
       /    |  |. ┃ .| | ::::;;;;;;;;;;;;;::::| |. ┃ .| |    \
     /      \ \_// :::::::::::::::::: \\_//      \
    /     ../ ̄ ̄\ /   ::|::   \ / ̄ ̄\..     \
   /         :::::      |      |      |       :::::      ヽ
  |               |      |      |              |
  |               \__/\__/               |
  |                |       |               |
  |                |r─‐┬──、|                |
  ヽ                |/   |    |              /
    \              \      /             /
     \               ̄ ̄ ̄ ̄             /



やる夫の大粛清は、全ての人々の頭上に平等に降りかかりうるということを、
後に彼女たちはその身をもって思い知ることとなる。




392 :名無しのやる夫だお:2013/10/27(日) 21:29:02 ID:Og02wmXo0



やる夫はある意味人類史上もっとも万人に対して平等だった政治家だからな


390 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:28:05 ID:zXaJ7Fpk0







           \__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__/
            ≫                                             ≪
           ≪               判決を言い渡す!!!                      ≫
             ≫                                            ≪
           /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\









391 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:28:53 ID:zXaJ7Fpk0



    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |  被告人イワン某はトラクター・ステーションにおいてソ連産業の妨害を目的とした破壊工作を試みた。
    |  また同僚であり友人のニコライ某は英国のスパイであり、ニコライの勧誘により被告人は英国のスパイとなった。
   | 被告人は資本主義のために国家転覆を狙った英国スパイであり、矯正不可能な人民の敵であると
   | 断言せざるを得ない。よってソ連刑法が定めるところの最高刑(銃殺)に処する。
   \_____  ________________
              ∨
─────┐  ,,,,,,,,,,,,,    ____
   ∧_∧ |   [,|,,★,,|]   ヽ==★ソ、
  ( ´∀`) |   (´ー`)    (  ゚Д゚)       _______________
  ,丿~,  ~ヽ│  丿~, ~ヾ  丿~,  ~.ヾ、    /
 ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  | そんな・・・トラクターの不調はボクの破壊工作じゃなくて
    |                              |  | 機械的な欠陥によるものだ!ボクはなにも∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
    |.         A_A.           |  \                       <                         >
    |         (  ・w・)         |    ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ < 人民の判決に対する異議は       >
    |          ノ~,   iO)、          |   ∧_∧                   < 一切認められない!!          >
    |  | ̄ ̄|~. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.| (∀・ ; ,)                   < 刑は直ちに執行される!!       >
  ∧|_∧     |               ┌─┬┴⊂  〇 ) ,,,,,,,,,,,,,              <                         >
 (   `)    |               │  │  │ |  │[,|,,★,,|]               VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV
┏━┳┓ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄|   │  │  (__)__,) (´∀`  ) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄
┃  ┃┗┓        |      |   │  │ ̄ ̄ ̄| ̄~i ( =|=,~ ),,        |
┗━╋━┛        |      |   │  │ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄|⌒(⌒,,_,)          |
  ┏┻┓_         │,   │   │  │ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄|(__) ̄ ̄ ̄| ̄|、  │
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





393 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:29:51 ID:zXaJ7Fpk0




「死は全てを解決する。人間がいなければ問題は起こらない」・・・その言葉のとおり、ソ連全土で問題は「解決」されつつあった。

杜撰なソ連産業界は年間に数え切れないほどの不祥事を起していたが、
ソ連製機械の質的問題・欠陥、非効率的な産業構造、未熟な管理体制の問題は、
そのすべてが「スパイによる破壊工作」と断定され、関係者を無制限に銃殺していった。



       .l;;i′      /     .!圭/ .イ、圭圭圭/ |圭/       ィ幺才     ,イ゙ .,〃      ィ幺才
       .|/       ノ      .l圭!  l圭圭圭ゝ !Ⅳ           ,,ilr'"     ,i'./        ,ィ幺才 .,.
       :l゙                 | !  /圭圭Ⅳ  /Ⅳ         '″      .,l./        ,,ノ才  ィ幺圭
              _,,          !゙.,,.,i圭圭Ⅳ  .iУ                             ,i'㌢ rィ幺圭圭
   .i}′        / Ⅳ .,      /圭圭Ⅳ   .l″            ,ν         /Ⅳ_ィ幺圭圭圭圭
   `           i"Ⅳ /      /圭圭Ⅳ                il l′         ィ幺圭圭圭圭圭才㌢
           lⅣ  ."、    /圭圭Ⅳ             _    ,,i!!″     . ィ幺圭圭圭才㌢ー'″
          /./    l「    ../圭圭Ⅳ             ,,il″   .´      ィ幺圭圭圭才'"
     .,i''l   .,〃    .〃 /  ./圭圭Ⅳ     .,.     _ /″           ィ幺圭圭圭才 ´        _ン'
    ,lⅣ  〃   .,〃 ./  ,/圭圭/     ./     ,r'./     .,    ィ幺圭圭圭才゛        . _,,-へ.iii
   .〃   ./l   、〃 ,ir /圭圭/    .,〃    .,ノン′  .,,ir'"  ィ幺圭圭Ⅳ'″      ィ幺圭圭㌢''圭圭
   〃  .,ノ~;/  .,/./ .,ノ/ /圭圭Ⅳ .,.. |″    ,i'ン"   ,ii'" .,..-'イ圭圭Ⅳ゛   ___i才"       `'''″
  .il″ /圭Ⅳ ,ィ彰i彡'゙i/'"圭圭圭込才Ⅳ    ,-/'" ,.. ;;/!"._.刈圭圭圭Ⅳ_..-、.,才㌢'"゛
. ,i|′ ,/圭圭レ圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭|  ,il!ン''/...-彡 '',゙..ィ幺圭圭圭,ィ幺圭才"'"
// 幺圭圭レ゙圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭Ⅳ. |/‐才ンィ幺゙‐'゙圭圭圭圭才゙‐'''^゙゙''″         _..i
/幺;圭圭〃圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭込ィ幺,iテア´圭圭圭圭圭圭才"      _,,,...i;;;;iv=ゞ´
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才  __..;;メ`-ー'"゛            _,,..ィ幺圭圭圭圭λ
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭i彡ィ幺圭才               ィ幺圭圭圭圭圭圭圭圭
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才'´             _..- _ィ刈圭圭Ⅳ   .゙'''゙゙゙´ ,,-''"
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才″_____.圭圭彡''彡丞'"゛        ‐‐‐'"
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才_,,ィ幺圭圭圭圭才 ゙゙゙̄‐'"゛
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才'"
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才㌢ ̄,,




正しい労働者の国家において問題があるとするならば、それは外部の敵による破壊工作に違いないのである。
そうして、社会主義の「正しさ」の純潔さが保たれていった。無数の流血と引き換えに・・・




395 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:31:13 ID:zXaJ7Fpk0




今や業務上の失敗は「破壊工作」と見做され、銃殺される十分な理由とされた。

産業のあらゆる現場で責任回避のための密告合戦が行われ、
上司が部下を、部下が上司を、そして同僚が同僚を生き残るために密告していた。



                    ∧_∧
       ________.(゚Д゚;)__________
                _| ̄ ̄|:::::)__
                / .|__r,,-,-,-i /|
               /      | l | l|/ /./|
               | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|/-'
               |_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |_|
      ∧_∧  _ /|_______/|_  ∧,,,∧
     r( ;゚Д) /_| .|      /    | |_ ミД゚ ;彡
     | l   つ .品_|/ ___  /     |/_品⊂   .ミ l
     | (_ ./ /二/三三/| / /三三/|   / / __,l .|
     |_r― ./    /三三/lll / /三三/lll   /|./_-―、_l
        /    |___ll/./ |___ll/  / /
        /―――――― /―――――‐/ /
    ∧_∧  /|       /   / /|三/|∧_∧
   (;;;゚д)_| .| /二/   / ./二/|_| |_l/(д゚;)_
   r(#;;;;;;;つ,_|/      ./  /二/|/品 ⊂  =l l
   | (_ / /三/|     /       ̄ //  __,l l
   |_r―/ |_,|/     /     /二/ // /,--、l



職場の人間は密告と逮捕によって次から次へと入れ替わり、それがますます人間不信と密告を増長させていった。
生き残るためには誰かを破滅させなければならなかったのだ。





396 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:32:14 ID:zXaJ7Fpk0




     ____
   /      \
  /  ─   ─\      ソ連全土で粛清を開始したけど、
/    (●)  (●) \     地方都市でちゃんとスパイ狩りが行われているか不安だお・・・
|       (__人__)    |     もしかしたら書類上の数字だけで逮捕を済ませて
/     ∩ノ ⊃  /     サボってる党組織もあるかもしれないお・・・
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /





397 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:32:57 ID:zXaJ7Fpk0




          ____
        /⌒  ⌒\
      /( ●)  (●)\           つーわけで中央から地方査察のために
     /::::::⌒(__人__)⌒::::: \         幹部を送り込むお!!
     |     |r┬-|     |
     \      `ー'´     (⌒)         アンドレーエフ!中央委員会を代表して
      >          ノ ~.レ-r┐、     地方組織を巡察して回れお!
     /          ノ__  | .| | |
      |          〈 ̄   `-Lλ_レレ     サボってる奴がいたら処刑しちまって構わんお!
      |          ̄`ー┬--‐‐´     お前の好きなようにやれお!




        〉      ,ィ'三ミヾリイツィニ三==/     \
   ー‐ァ  l    /彡==ミ、;;;ィ''"⌒`>'′      ヽ
    ヽ´   l   ィ';/   ,.-ミ;Yシ=:、  ヽ    ヽ    ヽ
   ニ /〃 l  /;/   ,イ;;ィWヾ::/ィルゝ、 丶   ーァ    l
   ―'    l, /ィ' ,ル;;;;/'~´   `~ヾ;;ぃ,〉  /L,、   l
        ヽ.'´,! //;;;;/       u ゙i,;;;/         l
    ツ    ,>l! l;/;;/         ヾ'´l_       l
   _    ,/ l !;;;/ _,二ヾ    、_,.:z' ヾ;;トi;;ヽ、     _」
   _,ノ、   > ll;;/ z'テoミ;、   rテoミヾ',i;;!l>''"^   'ヾ´
    _l__ 、   「 /l;ハ. `.辻ツ     弋::ノ_,'´リヽ      ヽ
   /、)    lr'´ノj,ク、    ,          }  は   〉
         〉',rく/∧   〈{,        ,ィ′ い   /
   |'゙)    /,ノ //HH>、 ト:::ァ―‐┐┌─'-'      lヽ-、
    ・ ・__  l/ /^ll{}H/,.,`i、ヾ´   ,ノ ,/     'r-ト/:.:.:.:.`ヽ
ヽ   ,:ケ´:.:.``l l ! ll i /  ,l! `ヾ三"´ィ′ 〉十  l:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.
 `"/:.:.:.:.:.:.:.:l t,L.ll,/  ,'   ヽ  〈  { (ナヽ ヽ:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.
  くミ、:.:.:.:.:.:.:.:.{  ヽT´   /   ヽ、 ,ィ!  l  ヽ  l:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.
  「:ヾミ、:.:.:.:.:.:.l   ゙i  ,/    ,ィt_,ん   ヽ ′  !:.:.l:.:.:.:.:.:..:.:

      政治局員 アンドレイ・アンドレーエフ




399 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:34:13 ID:zXaJ7Fpk0




1930年代から一貫してやる夫の忠実な手先であったアンドレーエフは、
やる夫から「殺戮の白紙小切手」を与えられ地方に送り込まれた。



                   , --</::, =ニ、、`ヾ::::≦-‐ァ
                  /: .:::,.-、}:::::,、:. ヽ:.. :.、、 ::::∠.,    , へ、
                 ,': .:::/:fミ>彡ヘ::.. ',:.、 ヽ::::...::::/  /   丶、
                 |: ::::|:/     ヾ::. ;::. :、',-、::::ゞ厂      └-
                 |:.:::j|l‐- 、  r'´_',:::|ヽ::ト:|^il:::::>|
                 |:::,イk=ミ    '´ ̄、! ヾ`ぅ|::く/  ざ  お
              /\∨li   /        ´ノミ}   ゃ  ァ
             '´:.:.:.:.:.ヾ '、  _`___    / ヾソ   |    ッ
             :.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ/ヽ ヾ::シ´  |   , '∠二,   |
             :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|   \ヾ.__ノ /  / /     |
             :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|――ァ>、ー_,.イ:::  / ⌒!  す
             :.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:./:.:.:.:「丁'、:::: /   |   ! !
             ヽ:.:.:∠へ、_/_,、:.:.:.:| \:ヾ:/,、   ノィTヽ  ,.. -┬-、
               ̄       `丶!  ,イ`゙´:::ヽ   / | |∠_-‐┘:.:.:`
              同 大 今 い {  / 、:::::::::::∧  / |:.:.:.:.:.:.`>:.:.:.:.:.:.
              志 粛 日 や └‐ァ ヽ:::::/ ヽ/  ,':.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.
              諸 清  も あ  (__   「´ヽ    ,':.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.
              君 日 絶  |   「´  |::::::::',   ,':.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
              .! ! 和 好  |   ト、.  |::::::::::', /:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
                 で の |  |:丶  |:::::::::::∨:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                 す       〉:::ヽ. |:::::::::::/:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                 ね         /::::::::ヽ|:::::::::/:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:



それはさながら、豚小屋に飢えたヒグマを放り込むような所業であった・・・





400 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:34:52 ID:zXaJ7Fpk0




やる夫から絶大な生殺与奪の権限を与えられたアンドレーエフは、神に等しいその権力を存分に味わい尽くそうとしたからである。

彼は手始めにサラトフの党機関を粛清、現地の共和国首相まで逮捕した。
その後ウラルを通過し中央アジアへ向かい、その途中にある都市・州の幹部組織を根絶やしにしていった。



   ⊂.:;;...∨ ∨  ⊂(;:゚-。メ)     .,,.∧ .. .':''"'''(*゜-; V V::.,;:,⊃∧..,, _,,..  l∪∪   l∪';;;   l:: ∪
    (ノ(ノ ,,,._.,, _      ∧_,,_(;::(,゚:;..:;;゚)っ   '"'''":,'::∴(;;)゚。(:;:(;:゚o;。メ)っっ∪''''∧,,. "'∪'  '"'"
     ∧∧:;。;-(:)∧∧_ (:;。;-ζ  ⊂.;;.: ;⊃  /)  ヾ V V ::'.':''"'''"     (;:゚o;(:)ヽ~
     (;;゚-:;::)⌒'(。;-;゚;;)っ l:: ∪  ,,,_∧ヽ;,::.;'ヽ⊂:;; ;:. ,,,∧⌒ヽ  ,,,._.,,..:';..,,  (;::。-:)゚::)∧_∧
    ‥∵∪:;∪''.': ,:,':: '"'"''"(';;;(:;);-゚:)ι(;::。-:)⊂ζ;;:-゚;;)-;。;;) (:。-;。*)::ヽ⊃⊃V⊂(;;。;-;゚)⊃
   ,:,'::∴'.':  ∧_∧  ∧_∧  ,:,'::∴'.':   '''V   ,':::'.'V V,,,._... V V  ̄   ∧∧ノっ∴::,
   ∧_,,,.  (*゚ o゚;;メ;;::.(,,'-`*) ∧_∧  (ヽ_ ,,..: ;...,∧     (*。Ο゚;;) ヽ~ ,,,.(;-:;゚::)っ 
..  ( ゚;;-;゚;)つ ''"⊂,:,'::∴'つ∧ (;;)゚。(:;:)⊂,:,':(:::)(;;。;-;゚)     ∪∪'''"∪   (メ;。-:: ,,,._.,,
   ∧_∧      ∧_∧∵.:;;゚) ⊂;,::.;';っ  ∧     ∧/)/)   ∧_,,,.;:::っ∨∨(。;σ>    す
   (;´;-(::)⌒⊃ (メ;。-;。)_ ノ   (ノ:;..:;   (:;。;ζ,'::∴'.'。*):.:;;..)~ (:;´;-`;)つ∧_∧∨''''>    げ
    ι''J"''','::,:,'::⊃ヽっっ  っ*,':::'.':ゝ‥  ,,,._.,,.      _::_ ∧_∧   ( ゚;;-;゚;) ,..:';..>    l
              ':''"'' :',::;;;-;。;;)::::∵  (;:゚o;。(;;)っ  ⊂..,,,(*,。;o゚;)   '"'''"⊂_,,.._>  !!

                                            ,,, :::=ニ;;;;;;;;>フ_/∨∨∨
                                          ,;;彡,,='''メ;;;;;;;:,、l::l ;:::: ::::>
                                            ,/メ,;;;:'u ''l;: .;/i..l::>    オ
                                            〆' ,.!' ., }; /::;i i::>  カ レ
                                              ,ノ .、 `ー/;/::::レ ':>  .ッ
                                         , -‐: ''′ ,o';';、i::メl::,:::::i::;>  .コ
                                         ヽ    /。;;;メ'l::;' l:l:::,、:::l:>  イ
                                         .冫   `ヽ  .l/ !'i;' i::::}、> イ
                                         ヽ、        ' .l;::;!::;!>!!
                                            ソ       /l;/ / フ_/∨∨v
                                          、‐ '  u  u    ,,.ヘ
                                           l     ___,,,,イ    ヽ、
                                           `ー─''''ヽ/ /     ,,ゞ''::ヽ
                                                ヽ '_,,.--'''~:::::::::::::::: ゝ-



不幸にもアンドレーエフの「殺戮の旅路」に出くわしてしまった幹部党員らは、収容所に送られるか銃殺された。
アンドレーエフは誇らしげに「当地に幹部組織はもはや存在しない」とやる夫に電報を打った。

幹部たちは全員アンドレーエフに粛清されてしまったのである。




404 :名無しのやる夫だお:2013/10/27(日) 21:36:18 ID:AqHfIxZI0



酷すぎてギャグにしか思えない…


401 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:35:24 ID:zXaJ7Fpk0




・・・だが、すべての最高幹部がアンドレーエフのように殺戮の宴を謳歌できたわけではない。


. 、___________
  、>                 |
  >________   .|
   ̄   .|./_   _\ |   |
      | /  ヽ/  ヽ |  |
.      | |   ・ | ・  |  V⌒i
   _  |.\  人__ノ   6 |
   \ ̄  ○        /
.     \        U 厂
     /  _____/
      ̄ ̄, -/へ/\/`- 、
       /./  ./op    i. \

  外国貿易人民委員 アナスタス・ミコヤン





402 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:35:41 ID:zXaJ7Fpk0





        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\       ミコヤン、遺憾ながらすべての地方党機関が
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\      中央委員会の命令に忠実なワケではないお。
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |      一部の機関では我々の眼が届かないことをいいことに
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      人民の敵に温情をかけ、身内の不正に
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、      目をつぶっているお・・・
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ





403 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:35:56 ID:zXaJ7Fpk0





     ,..¨ ̄ ̄¨丶
    /        \      特にカフカースの「空気」は看過できない。
   / ヽ、:::::::::      ヽ,     あそこの反ソ分子に対する闘争は不十分である。
.  /( ①):::::::::::, -‐    i
  i     ::::: ( ①)     |    ミコヤン、アルメニアに飛び現地の反ソ的空気を
  \ (_,、           /     徹底的に粛清せよ。
   \ ` ‐'    __/
    /         \      これはお前の仕事だ。



. 、___________
  、>                 |
  >________   .|
   ̄   .|./_   _\ |   |
      | /  ヽ/  ヽ |  |
.      | | / | \  |  V⌒i     しょ、承知しました同志やる夫・・・
       |.\  人__ノ u  6 |
     /  ○        /
.   ε         U  厂
    \    _____/
      ̄ ̄, -/へ/\/`- 、
       /./  ./op    i. \





405 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:36:36 ID:zXaJ7Fpk0




   ――― ザカフカース連邦、アルメニア社会主義共和国。


           .. .. . ... .::::.. . . .:: : :.. . ... ::: :::.. ... ..
.. . ... ... ..::. .. . .. . .. .::::: :: :. ... .:::::
 :... . .:::: .. . .

          .. .. . ... .::::.. . . .:: : :..
                    . ... ::: :::.. ... .. .. . ...
                             ... ..::. .. . .. . .. .:::
                :: :: :. ... .::::: :... .
              .::::
          .. . .
                  ,,-‐''"´'':、,,                ,,_,__
_,,.--ー''''''"゙゙ ゙゙̄"'''''―--.,,,,,,-‐'゛.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:  _,,.;:--''"´`゙''ー、/ヽヾ\
::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"';,_,,.-ー'''"゙゙:,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,:゙',`:;,':,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,~゙"'ー-:;、,"'.:
":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; ":;;;: :;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; ":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :
'' ;~ ; ::; : ;:; '',;''゚  ; ::; : ;:; ;~'',;'' ;~'',;''  ; ::; : ;:; ;~ ; ::; : ;:; '',;'' ; ; ::; : ;:; '',;''゚ ;~'',;
":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; : ;:; ;~'',;'' ;~'',;''  ; ::; : ;:; ;~ ; ::; : ;:; ': ;:; ;~'',;'' ;~'',;''゚  ; ::
:::....::::::........  . .::::::... .... ..::::::::::::::::....::::::........ . .::::::... .... ..::::::::::::::::....::::::........ . .::::::... ....::::::::::
.. .. . ... .::::.. . . .:: : :.. . ... ::: :::.. ... .. .. . ... ... ..::. .. . .. . .. .::::: :: :. ... .::::: :...





406 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:37:23 ID:zXaJ7Fpk0




     ,,,,,,,,,,
     [|,,,★,,|,]∩ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ミ;゚Д゚彡/<  我々がトロツキストだなんてそんな!正気ですか同志ミコヤン!?
 _ ミ ミ   ミ   \ いったい何の証拠があるというんです!?
\⊂ノ ̄ ̄ ̄ ̄\ \_______________
 ||\        \
 ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
 ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
    .||          ||



   \  /:\  /ヽ     /|
 !,:::::::..\|:::::::::..\|:::::::..\_/::,!
  !,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ,!
  !,:::::::_;;;;;;___;;;;___;;;;;;:::::|
   !,:::「 /._|乂X/ ヽ |::::|      う、うるさい!
   」:::| |  | ・ i f´./   | |::::j 、     自らの犯罪行為を認めないことこそが
  r⌒i  |   ̄| | /   /. |f┐|     お前たちがトロツキストである証拠だ!
  | f´'i  ヽ___|,,⊥__ノ j´`'/     本当にボリシェヴィキなら
  ヽ/U    `ー´   く/       黙って党に従い罪を認めろ!!
 ∠_________二}
   ` 、_      _,,,一'′
       ̄ ̄ ̄ ̄





407 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:37:50 ID:zXaJ7Fpk0





     ,.:-=;1ー;1ー;1ー;1―-,=;:、
      ミ              ゙ミ
      ミ       ★      ゙ミ
      ミ              ゙ミ
      ミ;=========:゙ミ      我々は無実だ!
       |  __,ゝ lil ノ__   |
       |  |  |      |  |  |       同志やる夫に伝えてください!
       |  o゚  ´      `  il  |       我々にかけられた嫌疑は
        、    r―――-、 j , ′      すべて濡れ衣だと!
       _\  | - __ ー_| /_
      > `_ー、   ,. 一_´ <       党を裏切ったことなど一度もないのに!!
     /    `ヽヽ.__//´    \
   /       ヽ l l./         \



. 、___________
  、>                 |
  >________   .|
   ̄   .|./_   _\ |   |
      | /  ヽ/  ヽ |  |
.      | | / | \  |  V⌒i    (そのやる夫が、
       |.\  人__ノ   6 |     お前たちを始末しようとしてる
     /  ○        /     張本人なんだよ・・・!)
.   ε         U   厂
    \    _____/
      ̄ ̄, -/へ/\/`- 、
       /./  ./op    i. \



 \ヽ人_从人__从_人__从_从人__从_人__从_从人_人/
 ≧                             <
 ≧  こんな作り話認めないぞ!冤罪だ!!    ≦
 ≧                             ≦
/Y⌒YWW⌒W⌒Y⌒WW⌒W⌒Y⌒W⌒Y⌒WW⌒Y\





408 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:38:40 ID:zXaJ7Fpk0




結局、現地政治局員9名中7名を含む1000人が逮捕され、アルメニア共産党は壊滅的な打撃を被った。



  \
:::::  \
\:::::  \
 \::::: _ヽ __   _
  ヽ/,  /_ ヽ/、 ヽ_
   // /<  __) l -,|__) >
   || | <  __)_ゝJ_)_>
\ ||.| <  ___)_(_)_ >
  \| |  <____ノ_(_)_ )
   ヾヽニニ/ー--'/
    |_|_t_|_♀__|
      9   ∂
       6  ∂
       (9_∂



ミコヤンはやる夫からその忠誠心を試されたのである。
彼は故郷アルメニアで、やる夫の犯罪行為の決定的な共犯となった・・・





409 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:40:06 ID:zXaJ7Fpk0




大粛清は全ての人にとって悲劇であったわけではない。



         ____
        /⌒  ⌒\
    (ヽ /( ●)  (●)\   /)
   (((i ):::::: ⌒(__人__)⌒::::\ ( i)))      無能な古参幹部どもが
  /∠ |     |r┬-|    |_ゝ\     何万人くたばろうが問題ないお!
  (___     `ー'´   ____ )     実力のある若手が後継につけばいいんだお!
       |        /            やる気のある若者なんてくさるほどいるんだから
       |       /             そいつらにやらせてやればいいんだお!
         |   r  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......



銃殺された幹部の穴は必ず誰かが埋めなければならない。
だがやる夫は人材不足の心配など何も抱いてはいなかった。

優秀な若い人材がすぐさま粛清の穴を埋めると考えていたからだ。



       ____
     /⌒  ⌒\
   /( >)  (<)\     スパイと一緒に老害どもも始末して
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   組織の若返りもできるお!
  |    /| | | | |     |   まさに一石二鳥だお!
  \  (、`ー―'´,    /
       ̄ ̄ ̄




411 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:40:40 ID:zXaJ7Fpk0




野心に溢れる若手にとって、これほど理想的な状況などなかった。
幹部は次々と逮捕・処刑され、自分たちは二段跳び、三段跳びに出世できたのである。




                     /■\
                 (_´∀`)_     わっしょい!
               /,/-_-_-_-_-_\     わっしょい!
        ( (   /,, /― ((神輿))―\    粛清わっしょい!! //
             (。'。、。@,。,。,。,。,。,。,。,。,。,。,。@  ) )
             ∩ヽヽ∩ヽXXXXXXXX/ .∩
             i||i ∩i||i:||::::¥_][_¥::::||. i||i
             †人=†††¶┌┐¶††††
  /■\/■/■\[/■ /■\/■\]  /■\■\/■\
 ( ´∀(´∀(□二二( ´∀( ´∀( ´∀`).□´∀` )Д´)□∀`)
 ( |つ⊂|_ | | ノつつ|祭)~| |祭) ̄||祭) ̄|つ ⊂|_((|祭)~ノ | ) )つ
  〓_| |__〓」 〓_|=|_ 〓__ノ 〓二ノ〓二ノ) ( / (L〓|〓二|〓=〓ヽ
  し'し' (_(_ し(_) (_)_)し(_)し(_)(_(_,(_)(_)し'  (_)



やる気と能力さえあれば、たとえ田舎の労働者であっても党組織の幹部になることができた。

彼らにとって大粛清は殺戮と出世の興奮で彩られており、後に忘れがたき栄光の時代として記憶される。




416 :名無しのやる夫だお:2013/10/27(日) 21:42:52 ID:Og02wmXo0



超ブラック企業みたいに過労死する奴もいるが能力がある奴はガンガン抜擢されたからな


412 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:41:33 ID:zXaJ7Fpk0




だが、彼らの上昇志向が粛清に拍車をかけることにもなった。

野心に駆られる彼らは進んで上司やライバルを密告したため、粛清は歯止めがかけられなくなっていったのである。




       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       |                    |
       |                    |
       /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____
       /              /ヽ__//
     / 中央委員に選出する /  /   /
     /              /  /   /
    /   ____     /  /   /
   /             /  /   /
 /             /    /   /
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /   /

    ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
  <                          >
  < やった!ついにボクも中央委員だ! >
  <                          >
    VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV





413 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:41:56 ID:zXaJ7Fpk0




\__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__/
 ≫                                             ≪
≪    これでボクも党幹部の仲間入りだ!下っ端じゃなくなるぞ!          ≫
  ≫                                            ≪
/⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\

                   i\
                    l::::::\
                l::::::::::::ゝ-‐‐''''''''‐‐-、_
                l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙'‐、. r;
          r-------'::::::::::::::;ィ::;r、:::::::r、:::::::r、::::::゙´L__
           \::::::::::::::::::;/レ' レ' ヽ;;/ \/ ';::::::::::r‐'゙
            \::::::::::/_,,----、     ,,----、';::::::::i
             ,‐'゙''、/´       ゙、 /     ゙'、:::;;;i_
      r''‐,  ,,..,, f r'、i        i,'       ゙',,-i ゙r'''''i ,ィ´゙',
   r‐‐,. ト、_,).ヘ  ii i l   <●>  ll  <●>  l l (__ノl ゝ、,イ .,r‐、
    i、  i, i  Li 'i''゙ '、 ゝi        ,ハ        // / l ゙U゙ ィ_/i. /
    f‐'゙ `    l )) ヽ_,,'、-、____,,-t-‘-’t、_.  _,,/_,,/ l      `i´   ))
(( r''''´ ,   ___ ', _,,,,,,,_  \,    '、____,ノ ` ̄ノ:;ニr--、_ ノ      ´``',
  ノ )‐'     `゙'´   ))) _,>i‐-、______,,,.-ィ<、 レ.(_,,,_  ゙   ゙',  `゙'i、 ゙ァ
 ゝ‐'゙'、   {    / ̄  /:::::::::ゝ`'''i::::i'´:;ノ:::::::::゙'‐,   ヽ,    ノ    / `"
  ((  ゝ、_ィゝ--,ィ´   r'゙::::::::::::::::::`゙''l::::l'´:::::::::::::::::::::ヽ,(( `ゝi''´゙'ーt-´ ノノ

               中央委員 レフ・メフリス





414 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:42:25 ID:zXaJ7Fpk0




レフ・メフリスはまさにそのような野心組の典型だった。

プラウダの編集長であった彼はやる夫の大粛清方針を徹底的に賛美するプロパガンダ報道を展開し、
流血と疑心暗鬼の世論の火に油を注いだ。



                      |
   ,.、    ,イ`ト,          |______
  ,イi l`ト,  イ ! l .lヽ  ,'\           /
,イl .l l l ヽ,イ!. l .! .!  \i   ヽ         /
ー、! .l l | l !,ィ-'!‐l ''''' ' ヽ, ',       /     ユダヤ人だからってどいつもこいつも俺を馬鹿にしやがって!
  ヽ,  | jイi ' .l !      \',     /
   ヽ, | /!            ',   /_        こうなったら俺より不幸な奴等を増やして
     Y     ,. - .,     .'!,/  ヽ
      !    <  ( ,)  >    i ,.イ  ',      相対的に俺の地位を上げてやる!
    ,i,    i | l トーi 1 l |     !イ !   }
    ,ハ,      l ! ! .! ! ' '     /  /   ,'      スパイがいるぞ!ファシストが攻めてくるぞ!
   , '  ヽ、           / ,.ノ   /
,..イrェェェェiヽ、      ,. イ/'"   /        大粛清が必要だ!みんな不幸になれ!
  | ̄ ̄ ̄'|   ` ''' '' ´ ,イ_   ,,./
  |     .!     , '    ̄             みんな俺より不幸になれぇえい!!
  hェェェェェェ!   ,  '





417 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:43:04 ID:zXaJ7Fpk0




そんな彼の功績(?)がやる夫に認められ1937年10月には粛清された幹部らの穴埋めに中央委員に選出、
さらに国防人民委員部次官にまで任命された。



                   i\
                    l::::::\
                l::::::::::::ゝ-‐‐''''''''‐‐-、_
                l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙'‐、. r;
          r-------'::::::::::::::;ィ::;r、:::::::r、:::::::r、::::::゙´L__
           \::::::::::::::::::;/レ' レ' ヽ;;/ \/ ';::::::::::r‐'゙             しかも人民委員部次官(副大臣)にまで
            \::::::::::/_,,----、     ,,----、';::::::::i               任命されちゃったよ!
             ,‐'゙''、/´       ゙、 /     ゙'、:::;;;i_              やる夫同志さまさまだね。
      r''‐,  ,,..,, f r'、i        i,'       ゙',,-i ゙r'''''i ,ィ´゙',
   r‐‐,. ト、_,).ヘ  ii i l   ━━━  ll  ━━━  l l (__ノl ゝ、,イ .,r‐、     もう誰にも下っ端のユダヤなんて
    i、  i, i  Li 'i''゙ '、 ゝi        ,ハ        // / l ゙U゙ ィ_/i. /     言わせない!
    f‐'゙ `    l )) ヽ_,,'、-、____,,-t-‘-’t、_.  _,,/_,,/ l      `i´   ))
(( r''''´ ,   ___ ', _,,,,,,,_  \,    '、____,ノ ` ̄ノ:;ニr--、_ ノ      ´``',
  ノ )‐'     `゙'´   ))) _,>i‐-、______,,,.-ィ<、 レ.(_,,,_  ゙   ゙',  `゙'i、 ゙ァ
 ゝ‐'゙'、   {    / ̄  /:::::::::ゝ`'''i::::i'´:;ノ:::::::::゙'‐,   ヽ,    ノ    / `"
  ((  ゝ、_ィゝ--,ィ´   r'゙::::::::::::::::::`゙''l::::l'´:::::::::::::::::::::ヽ,(( `ゝi''´゙'ーt-´ ノノ





418 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:43:33 ID:zXaJ7Fpk0




       _ ―― _   /|
    _∧/       ―/ | _
  <                ̄/
  /     /∨\/\∧/\ /
 |  ∧/ _    _  ∨
  |_ |  /   \/   \/     しかし赤軍なんて懐かしいなぁ・・・
 /  ∨  |  -  |  -   |      軍人として働いたのなんてロシア内戦以来だよ。
 | 6 |  \ _ /\ _ /|      あの頃は良かったね・・・何もかも荒廃して
 \_/ ヽ     ___    |      ボクより惨めな奴等が大勢いたし。
  /_-\   \_/  /       鼻っ柱の高い将校どももたくさん処刑されて楽しかったなぁ。
        \       /
          ̄  ̄  ̄





419 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:44:06 ID:zXaJ7Fpk0




              ,,,,vzzgggzzzza、、
   k、        ,yiill|||||||||||||||||||||||lliibn、
   |||in、,,    ,rl|||||||||||||||||||||||||||||||||||||lin、   ,i|
   1||||||llihgs、,d|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||lhr,di!
   ゙'!l||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||iggァ
    >|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||<
   /|||||||||||||||||||!'゙"!||!"^゙!|||||!'"^゙゚!|||!'^ヤ|||!!!||||||||||ii
  ,ィ|||||||||||||||||!'"  ゙"   ゙'i!/   ゙'''  "''^ ヤ|||||||||i
  くllllll||||||||||||||!,ィ''''゚゚゚゙゙゙゙゙'''ー、、   ,,ィ''゚゚゚゙゙゙゙゙゙゙'''ー、 ゙'!llllllllli
   `゙`''=!!|!!||!'/        `i、,/          `'!!||||||!      ・・・じゃ、なつかしの赤軍に戻ってきたことだし、
      / ゙Y    ,,,、、、    Y   ,,、、、、    ゙;レ'`ャ、
     /r⌒|   < ●,,>  │  <、● ,>   レ、、 )     軍人どもにはもう一度たくさん死んでもらおうかな。
     (.(  ゙!    `゙゙"´   ,l、   `゙´    ノ  ) ,)
     \\\        人           ノ´ ノ ノ
       \\`ャ、   ,,,,,,ノ´ `'っ、、   ,,,/レ=''´/
        \`'!、 `''''''゙゙´ ┌─┐ `゙゙'''''''''´ /   ノ
          `''\    │  │     ノ||iiiiii|||iin、
               `'、   └─┘  ,,ッ'''´ `'ヤll!''''''''''
             `ーェ、,,,,.   ,,,ュ''´    `"
                  |゙゙''''''゙゙゚|
              ,yiill||||lliiiiiiill||||lliin、
             ,,yiill|||||||||||||||||||||||||||||lliin、





421 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:45:18 ID:zXaJ7Fpk0




メフリスの帰還は、すべての赤軍兵士たちにとって不幸以外のなにものでもなかった。

メフリスはやる夫から与えられた信任と権力を誇示するがごとく国防人民委員部で殺戮を働き死と破滅をばら撒いたからである。
彼の仮借のない粛清によって、メフリスは「沈鬱な悪魔」と呼ばれるようになる。



                                             ___________
                                                ( ((    ((     ((
                                              ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄
                             ・~                   |      |        |
               ∧_∧                  ~・          |      |        |
      .,,.::.;';  _.,,::: (:;。;ζ∧_∧,,..,     .,,,,..    ,,,._.,,.          ,,,._|.,,   .,,,|_∧  ∧_|,,
    _.,, (*。;-;。)⊂  :;...,,∧ (;。д(::)っ;::,..  l∪∪∧,,..(:;。;-(:)ヽ,       (:;。;-(:)   (:;);-゚:)  (:;。;-ζ
   ⊂.:;;...∨ ∨  ⊂(;:゚-。メ)     .,,.∧ .. .':''"'''(*゜-; V V::.,;:,⊃∧..,, _,,..  l∪∪   l∪';;;   l:: ∪
    (ノ(ノ ,,,._.,, _      ∧_,,_(;::(,゚:;..:;;゚)っ   '"'''":,'::∴(;;)゚。(:;:(;:゚o;。メ)っっ∪''''∧,,. "'∪'  '"'"
     ∧∧:;。;-(:)∧∧_ (:;。;-ζ  ⊂.;;.: ;⊃  /)  ヾ V V ::'.':''"'''"     (;:゚o;(:)ヽ~
     (;;゚-:;::)⌒'(。;-;゚;;)っ l:: ∪  ,,,_∧ヽ;,::.;'ヽ⊂:;; ;:. ,,,∧⌒ヽ  ,,,._.,,..:';..,,  (;::。-:)゚::)∧_∧
    ‥∵∪:;∪''.': ,:,':: '"'"''"(';;;(:;);-゚:)ι(;::。-:)⊂ζ;;:-゚;;)-;。;;) (:。-;。*)::ヽ⊃⊃V⊂(;;。;-;゚)⊃
   ,:,'::∴'.':  ∧_∧  ∧_∧  ,:,'::∴'.':   '''V   ,':::'.'V V,,,._... V V  ̄   ∧∧ノっ∴::,
   ∧_,,,.  (*゚ o゚;;メ;;::.(,,'-`*) ∧_∧  (ヽ_ ,,..: ;...,∧     (*。Ο゚;;) ヽ~ ,,,.(;-:;゚::)っ ,::',,,∧っ
..  ( ゚;;-;゚;)つ ''"⊂,:,'::∴'つ∧ (;;)゚。(:;:)⊂,:,':(:::)(;;。;-;゚)     ∪∪'''"∪   (メ;。-:: ,,,._.,, ;(:;);-゚:)っ
   ∧_∧      ∧_∧∵.:;;゚) ⊂;,::.;';っ  ∧     ∧/)/)   ∧_,,,.;:::っ∨∨(。;σ゚*)ヽ⊃
   (;´;-(::)⌒⊃ (メ;。-;。)_ ノ   (ノ:;..:;   (:;。;ζ,'::∴'.'。*):.:;;..)~ (:;´;-`;)つ∧_∧∨''''  ._.,,..:';..,
    ι''J"''','::,:,'::⊃ヽっっ  っ*,':::'.':ゝ‥  ,,,._.,,.      _::_ ∧_∧   ( ゚;;-;゚;) ,..:';.. (;:゚-。メ)ヽ
              ':''"'' :',::;;;-;。;;)::::∵  (;:゚o;。(;;)っ  ⊂..,,,(*,。;o゚;)   '"'''"⊂_,,.._っ V Vノヽ)



  |      /         \     |
  |    /~ ̄ ̄~\  / ̄ ̄~\    |
  |    | <●> | | <●> |   |   ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
  |    \____/  \____/   |  <  ああ、どんどん死んでいく!  >
   \   | ////  ロロロ ////   |  /   <  ボクより不幸な奴等が      >
     \ |      |   |     | /    <  量産されていくぅ!!        >
      \\    ロロロ   //       VVVVVVVVVVVVVVVVVVVV
         ̄ \____/ ̄





422 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:45:57 ID:zXaJ7Fpk0




               ,                                 ,/"、
               l:::ヽ、      _,.、、、、、、.,.__       r-、,        ,/  ヽ,
      ,.、,        l:::::::::::"-、,、-''''"::::::::::::::::::::::::::"'‐、,  ,.;i  '、  "‐、,    ,-"    '、 ,、-
    ,/ . l        .l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::""::l  ヽ    "'‐-"       "
'‐、/    .l   ,..    l::::::::::::::::::::::,ヘ::::::::ヘ,::::::::;;::::::::::::::::::::::::::"";='''、
       .l,.、-'" /__,..、、-t::::::::::/l::::/  ',,/  \/\:::::/、:::.:::::::::::''、  '、
          ',,"       / V   ' 、    /  ''" ヽ"ヽ,:::::::::'、  ',    金   だ
          lヽ,:::::::::::::::::::,' ,、-‐'''""''‐、ヽ .,' ,-''"""""'-、',::::::::::l  ,,>
   バ      !  .ヽ、::::::::::レ"       ヽ, /        ヽ::::,、、!, '-、 .   く    か
          l    ,、ゝ、:l    _,,_    v'   ,......,_   r"  ヽ∠,
   バ     t-z i"--、 l   <,●'>  ..i  <_●.、ゝ  レ" i  .i '   れ  . ら
          <  .!  .! '、         /.'、        ,' ,ノ . ノ,/
   ア      '、  ヽ '、, .ヽ、       ノ,.,..,..'、      ,ノ''''"  ,ノ /    .よ
           "、  ヽ、 "''.、"'''''''''''''" l'''''''''''''l "''‐-‐'" ,/....、<" ,'
    !!      -‐‐-ゝ  "'''''" ヽ,    lエエエエl    ,、<-、r'''",..、./ ___ .  !
          ヽ       ,、-‐"'、..,_     __、-‐("'ヽ,::.>'"  "'"  "、_
           '、     /:::::::::::::::::::ヽ、_"'''""-''"::::::'、  ''、         "''''ヽ.
----------------ゝ   /::::::::::::::::::::::::::::::::::"'"~:::::::::::::::::::ヽ、 ,.       r''''‐、,__)---------
                                  /  ,.-y  r-、 '、
                                 /  ,'  / ./ .、 . ',
                                 .'、-"  .i  ,'   ', .i
                                     '-.'    ''''"



そしてその薄汚い野心はとどまることを知らず、国防人民委員として赤軍の頂点に君臨することまで夢見だした。
メフリスはヴォロシーロフをはじめとする赤軍軍人のほぼ全てから例外なく嫌悪されることとなる。



        :    / ̄ ̄\
        :  /ノ(iiiiii_ノiii \ :
         : | ⌒ (●)iiii(●)
         : |     (__人__)::     (ブンヤあがりが調子に乗りくさって・・・
           :  |     ⌒⌒ノ
            : |  ノ(      } :       どうしてやる夫はあんな告げ口以外に能のない
            :: ヽ ⌒     }        馬鹿を取り立てる気になったんだ)
         ::  ヽ、.,__ __ノ :
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::

 国防人民委員 クリメント・ヴォロシーロフ





423 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:46:14 ID:zXaJ7Fpk0




      /\Y/ヽ
    / ( 0) (0)ヽ
.  /::::⌒`  ´⌒\         メフリスは内戦時代の俺たちの戦友まで
  |::::::::::-) __ (-|         粛清してるっていう!
  l:::::::  ヽ|!!il|i|!l|. l |
.  \::   lェェェェ| /         クリム!いつまであの軍人モドキに
.   /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ    好きなようにやらせるつもりだっていう!
   |  ,___゙___、rヾイソ⊃     止めるべきだっていう!
   |            `l ̄
   |          |

赤軍騎兵監 セミョーン・ブジョンヌイ



               _____
             /  ̄  ̄\
           /        \
           |     _,.ノ '(ゞ、_|
           .|    ( ー)ヽ ヽ           俺だってあんな屑野郎に自分の国防人民委員部を
           ノ| U   (___人_\\__         好き勝手に荒らされてたまったもんじゃねえよ。
       ____-‐./l l|、    `⌒(⌒_   \
    ,,-=ニ_::::::、::l ::::! ヽ.      し「、    \     今すぐ八つ裂きにしてやりたいくらいだ。
   / ::::::::::: ヽ::::::)::::::| `ヽ. ___´ノ ヽ ヽ、..,,____i_
  i :::::::::::::::::: ヽく::::::::ヽ  /  ̄ lヽl:::::〉::::Y________l_    だが、あの屑はやる夫のお気に入りなんだよ・・・
  l :::::::::::::::::::::: ヽ:::y:::::ヽ/、__l  !:: /::::| ::::::::::::::: |
   ! :::::::::::::::::::::::: l::::\::::ヽ l ヽ.l::: l::::: | ::::::::::::::: |
   ヽ :::::::::::::::::::::::: ヽ:::\::::ヽl  l!::: l:::: | ::::::::::::::: |




425 :名無しのやる夫だお:2013/10/27(日) 21:47:27 ID:Og02wmXo0



脳筋二人がこのスレの良心に見えるのが恐ろしいw


424 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:46:50 ID:zXaJ7Fpk0




                                                (⌒)    cっ \_  /
                                                C ⌒)  C_ 3  i゙a 「≠ヽ
                                                ゙ーヘi     .|「  | /L,e| |
                                                   ヽ,「 ̄|「 ̄ ̄ヽ ̄ヽ_|_
                 だったら二人でやる夫に                    / ц凵         \
                 文句を言いに行くっていう!                  |              |
                                                   (         (_    |
                 さすがに俺たち二人の抗議なら                `ー、____/jー-  |
                 やる夫も聞く耳を持つはずだっていう!              |ヽ/ ̄ ̄/"   |
                                                       `ー ̄ ̄  ――'
           ト、
          | ヽ  /|
        ト、j.  `¨´ .i  ト、
        |      ヽ-'
     ト、j`
      N.   ___
.      /       \
      /           ',
       |-、_j ヽ._/` .l
       || | | | | | | | | | .|     ばばっ馬鹿なことを言うんじゃねえ!
       || | | | | | | | |  |
       |  (__人__) u |     文句を言いたいなら自分一人で行け!
..     ',  |::::::::::| u .|
      ', |::::::::::|   ノ     俺は知らんぞ!何も知らん!俺は関係ないからな!
      ,ヽ_ ̄ ̄_,,-''、
       / | ヽ ̄/.| ヽ
     ./  .| /‐<  |  ヽ
.      l   |/〉-〈 ヽ|   .l
.      |     |  .|     |





426 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:47:31 ID:zXaJ7Fpk0




      /\Y/ヽ
    / ( 0) (0)ヽ
.  /::::⌒`  ´⌒\
  |::::::::::-) __ (-|           いつからそんな腰抜けになったんだっていう!
  l:::::::  ヽ|!!il|i|!l|. l |
.  \::   lェェェェ| /           内戦時代の戦友が殺されても、
.   /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ      お前はなにも感じないのかっていう!?
   |  ,___゙___、rヾイソ⊃
   |            `l ̄         もういい!一人で行くっていう!!
   |          |




429 :名無しのやる夫だお:2013/10/27(日) 21:47:54 ID:w6Lrk6k.0



死んだな・・・


430 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:48:26 ID:zXaJ7Fpk0




             / ̄ ̄\
            /   _,.ノ  ヽ、_
            |    ( ○) (○)
           | U  (___人__)           (馬鹿が!NKVDは次の標的を探してるんだぞ!
            .|       __ノ__           元帥級から必ずもう一人か二人犠牲者がでる・・・
            |     _/ ___\ヽ_
               人、   '-/____ ヽ  |         お前だって標的候補なんだ!
            _,/( ヽ、  __'-〈 、 ヽ  |
   _, 、 -― ''" :l : :.\  ヽ,、.゙,/ヽノ}   ト、        くそっ、くたばるなら一人でくたばってくれよブジョンヌイ・・・
  /. : : : : : : : : : :|_: :.ヽ、 ∧:::〈ヽト{   〈j)、
 丿: : : : : : : : : : : : /: : :.∨ |:::::', |: ゞニニ彡〉,       俺まで巻き込むんじゃねえぞ!)
. i : : : : : : : : |: : : : : \ : : : `、|::::::|,|:〈: : : : : : : ∧
/. : : : : : : : : !: : : : : : : \ : : :.'、:::::| : 〈: : : : : : : ∧
: : : : : : : : : : |: : : : : : : : : \: : :'.,:::|: ;∧: : : : : : : ∧
: : : : : : : : : 丿: : : : : : : : : : :.\: :V:./-∧: : : : : : : : v
: : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : レ : : : ∧: : : : : : : :}



                          __r┐
                       /    { iヽr、
                      , ´ u ( ヽ   } | ,} }ヽ
                     ヽ、__ `:、 ヽ. j V ,{j, |
                     /〉○ )  `、 `Y    ´ ノ、
                   _ノ(  ´)   〉      〈 〉         (ああ、いや!やっぱり止めるべきだったか!?
                     __/   `==く  J {       /
               / : :\ヽ  }r┬}   ゝ    /           奴が「スパイだった」ら俺も破滅するだろ
             ,.ィ'゙ : : : : : :ヽ`八⌒´   「 ̄ ̄ ̄ ] _         常識的に考えて!
           /. : : : : : : : : : : У}``   「 ̄ ̄ ̄ ̄「: : : :`ヽ       俺は内戦時代からアイツのダチなんだ!
         /´ : : : : : : : : : : :y'´: :`┬ュニム| : : : : : : : : | : : : : : : :、
       r'´ : : : : : : : : : : : : :/`ヽ、 :/:::ヽ/| : : : : : : : : | : :ヽ : : : :|     エジョフがアイツに目をつけたら・・・
      / : : : : : : : : : : : : :/ : : : : : :/{:::// :| : : : : : : : : | : : : : : : : l
     / : : : : : : : : : : : : :/ : : : : : : : :{/::{ / : :| : : : : : : : : |、 : :r‐-、: :|     メフリスがブジョンヌイの失脚を利用して
     '、. : : : : : : : : : :イヽ: : : : : : : :{:::::{ / .:/| : : : : : : : : :! : : : : : :/|     俺を追い落とそうと考えたらどうする!?
       ヽ : : : : : : : : : : : : :/: : : : : :.|::::::/ : : : : | : : : : : : : : :|ヽ: : : : : :!
          ̄``''ー‐'´ ̄ヽ{: : : : : : : |:::/ : : : : : :| : : : : : : : : : : : :| : : ノ     いや、絶対にそうなる!そうなったら手遅れだ!)
                  | : : : : : : :|/ : : : : : : : | : : : : : : : : : : : |ィ´
                 | : : : : : : : : : : : : : : : :.| : : : : : : : ://´:|
                      | : : : : : : : : : : : : : : : : \__/: : : : :|
                    } : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |





432 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:49:49 ID:zXaJ7Fpk0




              , -‐― ‐- 、
.               /    u   ヽ
.             _'  u        i
           < _ \          i
          <__ \ \     u  i
.      <__ \ \ ヘ /⌒/  ./
       └--ミ ヽ、\ - \ |  ./
         /   丶  -       〉/           (――― そうなる前に、俺がブジョンヌイを密告すれば・・・)
     ,.-/|     ( \   u  !
   / | \ヽ    \_ヽ     {
 ̄<   !  `\   、ヘ   u ..> 、
_ \   !    > ー-- イ\  .∠/ヽヘ
!  ̄ ̄ ヽ /{  )\ | ..\(⌒)   ノ \
       \ /⌒\ 〉   ヾ、 /     \
         \ い /    \/ \(
          \ /     / \





434 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:50:35 ID:zXaJ7Fpk0




   ――― やる夫の執務室。



   ,=============,
   | r──、 r──、 |                         ______
   | | / / | |/∇ /| |                             /7i          |
   | |==== | |==== | |                          //:::|           |
   | | ∀  | | / / | |                       //::::::|           |
   /ニニニニニニニニニニゝ     〉~ア c「l               「|::::::::|           |
   │r──、 r──、 |     (  ) 〈;;;;〉            |:l::::::::|           |
   |│':.:.:.:.:|│:.:.:.:.│|     (二二二二二)             |:|O::::|           |
   |│:..:.:.:.:|│:.:.,:.:│|     | |     |│           |:|::::::::l           |
 ̄ ̄|└──' ゙──┘l ̄ ̄ ̄(.< ̄ ̄ ̄>.) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:|::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                      |:|:::/
                                       |」/

                    ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)
                        l i   +   +   +   l l:::|
                    / /;:__,,__,,___,_,___,__,__,,___,___,,/ /:::|
                      ( i,;'_ __ ___ _ ___ __ ___ __ __ _;l )::/
                  | l                l |/
                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|
                /                     //|
            ___/___________//| |
              (_______________),‐─┬i' ゝ)
             l:::          .   ..::::::::::| l^) .l│
             |:::    ;.             ..::::::::::| ´|  ゝ)
              |:::           ;  ..::::::::::| /
              l:::.            .   ..::::::::::|/




.       /ニYニヽ
      / (0)(0)ヽ
     /  ̄`´ ̄ \     ・・・これが正しいことなのかっていう。
    | ,-)    (-、.|
    | l ____ l |     やる夫、スパイを皆殺しにするお前の計画そのものは
    \  ` ⌒´  /     大賛成だっていう。
   ,、-='l \_,ン g< \
 / \ └〆\ i=i|\' \   でも、それを野心のために利用してるならず者どもが
丿   i  \ \=i| /  i|   俺たちの戦友を不当に逮捕してるっていう。





435 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:51:16 ID:zXaJ7Fpk0




      /\Y/ヽ
    / ( 0) (0)ヽ
.  /::::⌒`  ´⌒\           いつまでメフリスみたいな連中を野放しにしておくつもりだっていう!
  |::::::::::-) __ (-|
  l:::::::  ヽ|!!il|i|!l|. l |           奴が闇雲に逮捕してる戦友たちが本当にスパイなら、
.  \::   lェェェェ| /           俺たちはどうやって白衛軍との内戦を勝ち抜けたんだっていう!?
.   /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
   |  ,___゙___、rヾイソ⊃
   |            `l ̄
   |          |



        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\      ・・・口が達者だな、ブジョンヌイ。
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ





436 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:51:50 ID:zXaJ7Fpk0




      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \     だがそこまで言うなら、おまえ自身が「正しい人間」であることを証明しろ。
 /  (①)  (①)  \
 |      (__人__)    |   お前の妻の周辺からはなにやら怪しい噂が聞こえてくるぞ。
 \      ` ⌒´   /   お前の妻は本当に「信用できる人間」なのか?




.       /ニYニヽ
      / (0)(0)ヽ
     /  ̄`´ ̄ \      な、なんで俺の妻の話が今でてくるんだっていう・・・
    | ,-)   U(-、.|
    | l ____ l |      妻の不出来は政治的な話題とは無関係のはずだっていう。
    \  ` ⌒´  /
   ,、-='l \_,ン g< \
 / \ └〆\ i=i|\' \
丿   i  \ \=i| /  i|





437 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:52:32 ID:zXaJ7Fpk0




     ,..¨ ̄ ̄¨丶
    /        \       NKVDにそんな屁理屈は通用しないぞ・・・
   / ヽ、:::::::::      ヽ,
.  /( ①):::::::::::, -‐    i     自分の妻から目を離すな。
  i     ::::: ( ①)     |
  \ (_,、           /     私だって古い仲間を手にかけるようなことはしたくないからな。
   \ ` ‐'    __/
    /         \



               /⌒Y⌒ヽ
           /(○) (○ヽ
             /::::⌒`´⌒:::u\
          | ,-)     (-、|           ・・・!しょ、正気かっていう・・・
          | l  ヽ__ノ l. |
             \/⌒)⌒)⌒) /   /⌒)⌒)⌒)
        ノ ̄ .| / / /   (⌒) ./ / /
      /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
     |    l  |     ノ  /  )  /
     ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
      ヽ __     /   /   /





438 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:53:11 ID:zXaJ7Fpk0




        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\       これ以上話すことはなにもない。
   /..::::::①:::::::::::::::::::::::::.\
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |      職務にもどれブジョンヌイ。
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、      そしてせいぜい妻の周辺には気をつけろ・・・
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ





439 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:53:56 ID:zXaJ7Fpk0




                       /
                           |
 \                  ..::::|
   \             /| ̄ ̄ |
    \          /  | : ::::::::|
  | \   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   :| : ::::::::|
  |::: : |  |::::| ̄ ̄| ̄ ̄| :|   :| : ::::::::|
  |::: : |  |::::|._____゙|._____゙| :|   :| : ::::::::|
  |::: : |  |;;::|!iiiiiiii!|!iiiiiiii!| :|   :| : ::::::::|
  | )::::| /         \  | : ::::::::|
  |::: : |/            \|__ |
  |:::./:::..                ..::::::::::|
  |/:::::::...                   ..::|
  /::::::::::::......                \


.       /ニYニヽ
      / (0)(0)ヽ
     /u  ̄`´ ̄ \     (これが・・・いまのボリシェヴィキなのかっていう。
    | ,-) U  (-、.|
    | l ____ l |      あれだけ一緒に内戦を戦い抜いた俺に対する
    \  ` ⌒´  /      仕打ちが、あんな言葉なのかっていう。
   ,、-='l \_,ン g< \
 / \ └〆\ i=i|\' \    もう昔とは違うのかっていう。なんでこんなことになったんだっていう・・・)
丿   i  \ \=i| /  i|




                         / ̄ ̄ \
                      _,ノ ヽ、,__   \
                      (●)(● )    |
                        (_人___)   U  |        本当にやる夫と話したようだなブジョンヌイ。
                         '、       │
                  <二ニヽ        |        これで無駄だって分かったろうが。
                     /-‐   `i 、 ___,. イ i
                     {/´、     ',┐__>ーメ ┴ュ       ・・・あのな、言わせてもらうぞ。
                 しrヽ    V:::Λ  / : : :>、_
                   ,.<ハ、_/ ̄ V ∨ : : / : : : : :_>-.、
                     「 : : : :〈 : : : : : : ヽ/ : : :/ : : : /: : : : : `、
                 /. : : : : ∧ : : : : : : :ヽ : : : : : :/ : : : : : : : : }
                    / y : : : : : Λ : : : : : : : \ : : / : : : : : : : : : }
                 / : :.i : : : : : : Λ : : : : : : : : :ヽ:ノ/ : : : : : : : :j
             ノ. : : :| : : : : : : :.∧ : : : : : : : : : :ヽ : : : : : : : : :ィ





440 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:54:35 ID:zXaJ7Fpk0




                ____
              /         \
             /              .\
              |                |
              | \         /  |
              |  γ.―― 、  /     |      自分が特別だと思うな!
              | / / // / `ヽ、    |
              |./ /  / /  /  i     ..!      今、党はスパイとの全面的な闘争の
            〈          ./ }    l      最中にあるんだ!
            },  -- 、  .,に_ノ    /_
       .___r=-t―- 、   ノ_     ///ヘ     党に向かってわがままを言える人間など一人もいない!
    γ´三三三├― - 、 \r´ +-+-} //////     誰もが党に自分の潔白を証明する義務があるんだ!
   ./三三三三.∧/////\ \二二////////
   li三三三三∧////////气 }   //////////    お前だってトゥハチェフスキー裁判のとき、
   li三三三 .∧//////////孑´ .Y´∧////////     少しでも死刑賛成を躊躇ったら逮捕される予定だったんだぞ!
   li三三三.∧/////////∨.廴_/.V /////////
   li三.三 .∧/////////∨ マililiア.V////////
   li三三..∧/////////∨   }ilill{  V///////





442 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:55:32 ID:zXaJ7Fpk0




                 / ̄ ̄ \
                ヽ  _,.ノ ノL\
                (○)(○ ) ⌒ |           _
                (__人_)    |     _,. ー : : : : : : :ヽ         だからもう二度と余計なことをするな馬鹿野郎!
                 }ト┬r}     |  _/ : : : : : : : : : : : : : : :\
                '、`⌒ ´     |< : : : : : : : : : : : : : l :/ : : : : :.\      わかったかブジョンヌイ!
                 |      ィ {、 : : : : : : : : : : : : : : :}/ : : : : : : : :.\
               ,.<`ュ`ー─_´_ノ ト、_: : : : : : :./.:/¬<_/ : : : : : : : 〉    俺はお前を庇わないからな!!
             / : : : :> ̄Λ:::::}\ }: : : : : : : :{//    \ : : : : : : 人
           ,.< : : : : : : : : :.\V:::::ヽ |.: : : : : : : }        ヽ : : :/  ヽ、
          /  : : ヽ : : : : : : : : :.\:::::::ヽi : : : : : : :i         `¬´     〉
         / / : : : : : : : : : : : : : : : .\:::::| : : : : : : :|            Λ 、_  、`〉
         } / : : : : : : ∨: : : : : : : : : ∧| : : : : : : :}           ヽ Y`  /
         V} : : : : : : : : : :.\ : : : : : : : : :/ : : : : : : :'            └´ ̄
          ゝ : : : : : : : : : : : \ : : : : : : : : : : : : : イ
           ヽ : : : : : : : : : : : :.\ : : : : : : : : : : : {



   /ノYヽヽ
   /(0)(0):::ヽ
 ./ ⌒`´⌒ ::\
 | )ノ(、_, )ヽ,U(::::|     クリム・・・
 |.l ,;‐=‐ヽ  l :::|
 \ `ニニ´ ::::/
 /`ー---―´\




445 :名無しのやる夫だお:2013/10/27(日) 21:57:46 ID:Og02wmXo0



庇わないがギリギリのところでの助言だな、これ


441 :名無しのやる夫だお:2013/10/27(日) 21:55:10 ID:uWIiWnwI0



これは一種のチキンレースだな…
誰よりも冷酷で卑劣になり切れた人間が生き残れるって感じの。
下手に良心という名のブレーキをかけた人間から破滅していくって感じだな。



443 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:56:38 ID:zXaJ7Fpk0




メフリスの暴走によって赤軍の死は決定的となった。



  ∧_____________∧
/ _______________ \
| /       \ |
||/ ̄\  / ̄\||
|(<○>) (<○>)|      きょきょきょ!
||\_/  \_/||      死ね死ね!みんな死ね!
||    _______||||||| ||      俺よりえらい奴もえらくない奴も
||    |_|_|_|_|   ||      みんな死ねぇー!!
 \  |   |   ノ
   ̄  ̄ ̄  ̄



将校たちが次々と逮捕・処刑されてしまったため、兵士たちはいつ始末されるか分からない上官に敬意を持たず、
規律違反や上官に対する脅迫行為、そして軍務拒否と脱走が蔓延しかつての鉄の規律は崩壊した。



                ,,,,,,,,,
                 [|,,★,,|]
                (;゚Д゚)     全員きりーっつ・・・・・
                / (y) つ
                ∪/ |
                し"し

  ,,          ,    ,,,,    ,,、,、,,,       ,,、,、,,,
,,,,,    ∧_∧ うまいモナー,,,,,   、 ,,,,,,   ,,,,,,,,    ,,,,,
 ,,,   ( ´∀`)___,,,,___ ,, ∧_∧ ゲンキニ シテルカナ・・・___,,
  / ̄ ( つ日ヽ   ∧_∧    (    )               /
/    (__))   (´∀` )   (    )    ∧_∧∧_∧ / マターリモナー
 ∧_∧∧_∧ドーゾ (日ノ )  | | |    ( ´∀`) ´∀`)
 ( ´∀`) ´∀`)    ((__)  ,(_(_) (○)⊂   ) つ日⊂ ) モーナー
―(つ⊂  ) つ⊂ )―――――――――――ヽ|〃(⌒)(⌒) (⌒)(⌒)
   (⌒)(⌒) (⌒)(⌒)グーグー





446 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:57:52 ID:zXaJ7Fpk0




指揮系統の荒廃ぶりはもはや目を覆うばかりの惨状であり、部隊を指揮すべき高級将校が抹殺されてしまったため
致命的な指揮官不足の様相を呈していた。

もっともひどいところでは、200人以上の兵隊を指揮したことのない下級将校が師団長に就任しなければならない有様であった。



  ,,,,,,,,,,,
  [|,,★,,|]
 ( ;´∀`)   こんなたくさんの兵隊
 (    )   指揮したことないモナ・・・
 | | |
 (__)_)

     ∧,,∧  ∧,,∧         ∧,,∧  ∧,,∧
  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
 ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
 | U (  ´・) (・`  ) と ノ | U (  ´・) (・`  ) と ノ
  u-u (l     ∧,,∧  ∧,,∧ u-u (l    ) (∧,,∧ /⌒ヽ
      `u-∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧`u-∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
       ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
       | U (  ´・) (・`  ) と ノ| U (  ´・) (・`  )と ノ
    ∧,,∧u-∧,,∧   ) (   ノu ∧,,∧-u∧,,∧  ) (   ノu ∧,,∧  ∧,,∧
  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧-u'∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
 ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` ) ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
 | U (  ´・) (・`  ) と ノ | U (  ´・) (・`  ) と ノ | U (  ´・) (・`  ) と ノ
  u-u (l     ∧,,∧  ∧,,∧ u-u (l    ) (∩,,∩  /⌒ヽu-u (l    ) (    ノu-u
      `u-∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧`u-∧ (´・ x ・) (・ω・`) ∧∧u-u'  `u-u'
       ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
       | U (  ´・) (・`  ) と ノ| U (  ´・) (・`  ) と ノ
    ∧,,∧u-∧,,∧   ) (   ノu ∧,,∧-u∧,,∧  ) (   ノu-u
  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧-u'
 ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
 | U (  ´・) (・`  ) と ノ | U (  ´・) (・`  ) と ノ
  u-u (l    ) (   ノu-u  u-u (l    ) (   ノu-u
      `u-u'. `u-u'         `u-u'. `u-u'





447 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:58:46 ID:zXaJ7Fpk0




特に司令官を補佐する参謀たちの極度の人材不足が部隊間の連携に異常な困難をきたしていた。
師団は各部隊の連携がまったく揃わず移動するだけでちりぢりに散ってしまい、たちまち行動不能に陥った。



                        ,,,,,,,,,
                        [|,,★,,|]   ___
                       ( ;´∀`) / |     第一連隊は目的地より東に30kmずれてます。
                        / ̄(つ__/  |     第二連隊は隷下部隊の足並みが揃わず
                        | __ ̄{ニ  |     出発地点からほとんど移動していません。
                        ゝ_| ̄| ̄ ̄ ̄    第三連隊は地図を読み間違えて現在地不明だそうでつ。
                          || | ̄| ̄ ̄ ̄   第四連隊とは1時間前から通信途絶。



           ,,,,,,,,,
           [|,,★,,|]
          (;゚Д゚)     (マトモに行軍することすらできないとは・・・
          / (y) )      でもこんなことを上に報告すれば
          ∪/ |       俺が粛清されちまう)
          し"し





448 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:59:27 ID:zXaJ7Fpk0




やる夫は将校を大量処刑しても若い人材をあてれば欠乏する指揮官層を補充できると考えていた。
これは支離滅裂なばかげた発想だった。まともな士官を育成するのに最低でも7年~9年は必要だったからである。

国防人民委員部はやる夫の実現不可能な要求に答えるべく、若手の急速な繰上げ昇級を断行した。



     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     | 卒業証書!
     \
       ∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       [|,,★,,|]
      ( ・∀・)_      ∧∧
      ( つ/__/     (゚Д゚;) (あと一年残ってんだけど・・・)
      | |  |   | ̄ ̄|. (: ∪)          //
      (__)_) |    | |  |         //|_
     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.    | し`J        //   /|_
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄           //|_/  /|_
                        //    |_/



軍学校の生徒たちは大急ぎで卒業させられ、少佐たちは3つの階級と必要な10年間の経験をすっ飛ばして師団司令官に登用された。
そうしでもしなければ赤軍を維持できなかったのだ。

ひどいところでは、師団の司令官、政治委員、参謀長、先任参謀の全員が逮捕・処刑されて空席となってしまっている有様だった。





449 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 21:59:49 ID:zXaJ7Fpk0




大粛清は赤軍のみならず、国中のあらゆる機関に甚大な損害を与えていた。
にも関わらず、やる夫は相変わらず処刑の波の拡大を強硬に推し進めていた。



               ∩_     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────
              〈〈〈 ヽ    ┃
      ____   〈⊃  }
     /:::\:::/::\.   |   |     我々はソ連人民の不倶戴天の敵を
   / <①>::::::<①>\  !   !     古参党員であろうとお構いなしに絶滅する!
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l     その血族、その家族を絶滅する!
  |     |!!il|!|!l|      |  /      全ての敵を一人残らず、その血族、
  \     |ェェェェ|     //       その家族をも絶滅させよ!
  / __        /
  (___)       /            ――― 1937年、10月革命20周年晩餐会席上において。

                                                                 ┃
                               ─────━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛





450 :名無しのやる夫だお:2013/10/27(日) 22:00:25 ID:udomya120



余りの酷さに目も当てられない
マンガ感覚で読まないと気が狂いそう



451 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 22:00:37 ID:zXaJ7Fpk0




       _ ―― _   /|
    _∧/       ―/ | _
  <                ̄/
  /     /∨\/\∧/\ /
 |  ∧/ _    _  ∨
  |_ |  /   \/   \/
 /  ∨  |  -  |  -   |      同志やる夫の仰られるとおり!
 | 6 |  \ _ /\ _ /|      まだまだ敵のスパイは赤軍内部にも巣くっていますから、
 \_/ ヽ     ___    |      これは徹底的に絶滅させなきゃね。
  /_-\   \_/  /
        \       /
          ̄  ̄  ̄



         / ̄ ̄\
       /   ヽ_  \
       |    (⌒ )(⌒)
      . |     (__人__)       まったくやる夫の言うとおりだろ!
        | し   ` ⌒´ノ
      .  |         }       栄光あるソ連のどこにもスパイどもの
      .  ヽ        }        息をする場所なんてないんだからな!
         ヽ      ノ
      _,,,,ノ|、 ̄//// \、
  _,,..r''''"/ | \`'/  /  |  ̄`''ー-、
  /     /  |  /\  / /    / ヽ
 ノ |  > |/)::::/\/ \   ノ /}
 {   | {   | ,r":::ヽ /   /  / // ハ




454 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 22:01:39 ID:zXaJ7Fpk0




                   i\
                    l::::::\
                l::::::::::::ゝ-‐‐''''''''‐‐-、_
                l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙'‐、. r;
          r-------'::::::::::::::;ィ::;r、:::::::r、:::::::r、::::::゙´L__
           \::::::::::::::::::;/レ' レ' ヽ;;/ \/ ';::::::::::r‐'゙              ・・・同志ヴォロシーロフ。
            \::::::::::/_,,----、     ,,----、';::::::::i                そう言う割には最近密告の数が少ないんじゃないの~?
             ,‐'゙''、/´       ゙、 /     ゙'、:::;;;i_
      r''‐,  ,,..,, f r'、i        i,'       ゙',,-i ゙r'''''i ,ィ´゙',         規律を守るために国防人民委員が率先して
   r‐‐,. ト、_,).ヘ  ii i l   <●>  ll  <●>  l l (__ノl ゝ、,イ .,r‐、      敵のスパイを探し出して告発すべきだと思うけど?
    i、  i, i  Li 'i''゙ '、 ゝi        ,ハ        // / l ゙U゙ ィ_/i. /
    f‐'゙ `    l )) ヽ_,,'、-、____,,-t-‘-’t、_.  _,,/_,,/ l      `i´   ))   人民委員の責が重いなら僕が代わってあげても
(( r''''´ ,   ___ ', _,,,,,,,_  \,    '、____,ノ ` ̄ノ:;ニr--、_ ノ      ´``',     いいけどね。
  ノ )‐'     `゙'´   ))) _,>i‐-、______,,,.-ィ<、 レ.(_,,,_  ゙   ゙',  `゙'i、 ゙ァ
 ゝ‐'゙'、   {    / ̄  /:::::::::ゝ`'''i::::i'´:;ノ:::::::::゙'‐,   ヽ,    ノ    / `"
  ((  ゝ、_ィゝ--,ィ´   r'゙::::::::::::::::::`゙''l::::l'´:::::::::::::::::::::ヽ,(( `ゝi''´゙'ーt-´ ノノ



        :    / ̄ ̄\
        :  /ノ(iiiiii_ノiii \ :
         : | ⌒ (●)iiii(●)
         : |     (__人__)::
           :  |     ⌒⌒ノ      (糞野郎が!)
            : |  ノ(      } :
            :: ヽ ⌒     }       は、はは・・・恥ずかしい限りだろ・・・
         ::  ヽ、.,__ __ノ :
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::





455 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 22:02:30 ID:zXaJ7Fpk0




               /::::::::::::::::::::::::_::::::::::::;xヘ:::::::::::::..、
               /::::::::::::::::;:::::::/::::::::/::::::::::!::::::::::::::ヽ
             /::::::::::::::::/::/:::::::::/::::::::::::::::}::::、:::: ヘ::::ヘ
             .i:::::::::::/::/;イ:::::::::/:::::::::::::::ノ::∧:::ヘ:::i::ヘ::::ヘ
             l:::::::::::l:::l/:::::::/:::::::::::::::; /::/ V::::l:::l::::l:::::::i
             |!:::::::::|:/:::/::::::::_:: - '´,.イ/   ヽ:|:::!:::|::::::::l      鉄道部門の破壊工作の多さは目に余ります。
             |!:::::::l::!|::ムr‐'=z-x.._,ィイ ,.....z‐'''"リ!:j:::|::::::|l:|      運輸人民委員部内部の再点検が必要でしょう。
             |ヘ:::::ヘ:V´、で妁ミくヽ  /´x'iチ妁'7'|:::/:::::リ |!      これほどまでにスパイがのさばっている
             |:::ヘ::::::::ヘ ` ̄   ,レ勹i{,  ` ̄ノ ノ/::::::/./      部門も他にはない。
             |:::::::ゝ、:::::ゝ、..ノ _ノ'   ! ヽ_  ...ィ///イ
             .!:::|:::|::::::|`ヽ     r /   `  /リ}:::/:::|
             !::|:::|::::::ヘ      __ _      {//:|::|::|::|       また、外国貿易人民委員部も
             |::|:::|::::::|_:ヽ     ´ ‐ `   .イ´|::|::|::|::|       外国スパイの潜入の可能性が極めて高い。
             |::|:::|::::::|:|:::::|ヽ        イ:|:::::|::|::|::|::|       最高度の警戒が必要です。
             .!:|:::|::::::|:|::r:t.._ ` 、__ イ  |、|_::ノイ:|::|::|
              !:|::::::::::|:|::!:.:.:.:`¨:.:.:.:TT:::::¨´::|´:.:.:.:|::|::::::!
              |::!:::i::l::|::|:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|::|:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:|::|::::::|
              t::|:::!::!::!:V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|::|:.:.:.:.:.:.:ri:.:.:.:|::|:::::ノ
       __,.......-―::: ニゝ:|::|::|:::|:.`:.:.:.、:.:.:.:|::|:.:.:.:;r::::::ヽ:j::j:::/ ニ:_―-.......__
  __,.....‐:: ニ´-‐:.:.:.:. ̄:.:.:.:.:.:.:`ヽ、!::ヽ:.:.:`¨''=}:}:.:.´:.:.:.:.:.:.|/ <:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:.:.:.‐:`:::::‐-....



. 、___________
  、>                 |
  >________   .|
   ̄   .|./_   _\ |   |
      | /  ヽ/  ヽ |  |
.      | |   ・ | ・  |  V⌒i     そ、そりゃあウチは外国との折衝が一番多い
   _  |.\  人__ノ   6 |     人民委員部だけどさ・・・
   \ ̄  ○        /
.     \       U   厂      わかったよ、職員の点検を再度行うよ。
     /  _____/
      ̄ ̄, -/へ/\/`- 、
       /./  ./op    i. \



     ___
    / vvvvvvvヽ
   | |   ノ  ヽ|
   |__|    ^__^ ヽ            鉄道部門で年間数万件の破壊工作が
   (d     ⊂⊃ ヽ           起きているのは否定できねぇ事実だ。
   !  U    l   !
   (\ ___ 3_./    /^.l      スパイどもを放置しておくつもりはねぇ。
  / ` ────'ヽ__ /)ヽ |     職員のなかから敵を徹底的にあぶりだして
  /          ヽ   |  ノ      告発するつもりだよ。
  | |   |/\/\/\|-─┘´
  | |   |.        |





456 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 22:02:59 ID:zXaJ7Fpk0




             /              \
            /                \
              /                   ヽ
          /   /   / /           |  ∧
            '    l    / /,  -―    / /|  ∧
.           |   l |  |´/        ィ ,.l||| ∧
.           |   l |  K_  、―‐'´//|||| | トヽ
.           |    ヽ.|  | 沁tx、\‐ 彡 ´_/イ/||v|
.           |      \ V弋z^ヽヽ l  ィケアテへ,' ,' ハ|
.           |       ト\__,rッ={i≦ィ/`ソ./l/ ノ
.           || |   |   |  `      ゝ=/=イl//         ならば結構です。
.           || |   |  |      ´/ /  {
.           リ |   | |  l、   ¨二 ` /  |           ですがNKVDは引き続き各省庁の
          `ヽ  | |  |、> .   イ | | |           内部調査を進めておりますので、
               /\| |  ヽ\ 厂\{ { | |           スパイの摘発は我々が主導するものと
            /\ ヽ|、 l | 〈| |    \  | l.|           なるでしょうね。
       _  ´     \ 丶N 八ト、    /lVl N
       /          \  ∧└、ヽ. ムト l /
.     /           ヽヘ ∧ l V 〉 ヽl' ー 、
.   /                 V∧ L..j∧ヘ    \





457 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 22:03:40 ID:zXaJ7Fpk0




   \  /:\  /ヽ     /|
 !,:::::::..\|:::::::::..\|:::::::..\_/::,!
  !,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ,!
  !,:::::::_;;;;;;___;;;;___;;;;;;:::::|
   !,:::「 /._|乂X/ ヽ |::::|
   」:::| |  | ・ i f´./   | |::::j 、
  r⌒i  |   ̄| | /   /. |f┐|       (くそっ!
  | f´'i  ヽ___|,,⊥__ノ j´`'/        やる夫に信任されて調子に乗ってるか知らないが、
  ヽ/ U   `ー´   く/         僕たちを脅迫する気か!?)
 ∠_________二}
   ` 、_      _,,,一'′
       ̄ ̄ ̄ ̄



        / ̄ ̄ ̄ ̄\
        l ∨∨∨∨∨ l
        |   \()/   |
        (| ((・) (<) |)
        | U   ⊂⊃   |     (この野郎ども、最近増長してやがるな・・・)
       | .| ⌒ \.l/ ⌒ | |
     / |. l + + + + ノ |\
    /   \_____/  \
  /                  \



幹部たちの間にはにわかに憎悪と亀裂が出来始めていた。

大粛清を踏み台にして出世したエジョフたちは、政治局員候補の資格さえないのに今や国政に深く関与しており
既存の古参幹部らと水面下で衝突していたのである・・・





458 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 22:04:42 ID:zXaJ7Fpk0




1937年12月4日、やる夫は引き続き中央委員会の粛清を断行。
この日さらに中央委員9名の逮捕・除名追放が発表された。



      ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,
     ミ:::[★]ミミ:::[★]ミ.ミ:::[★]ミ
    ( ;゚Д゚).( ;゚Д゚).( ;゚Д゚)
    (”:::”)(”:::”)(”::”)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                        ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,, 
                        ミ:::[★]ミミ:::[★]ミ..ミ:::[★]ミ
                       ( ;゚Д゚) ( ;゚Д゚) ( ;゚Д゚)
                        (”::”)(”:::”)(”:::”)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
        ,,,,,,,,,,,      ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,
       ミ:::[★]ミ     ミ:::[★]ミミ:::[★]ミ.ミ:::[★]ミ
       ( ;゚Д゚)     ( ;゚Д゚).( ;゚Д゚).( ;゚Д゚)
       (”:::”)    (”:::”)(”:::”)(”::”)
      | ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|



                              ,,,,,,,,,,,,,           ,,,,,,,,,,,,,
                             [,,,|,,★,|,,]   ,,,,,,,,,,,    [,,,|,,★,|,,]
                             (  ・∀・)  ミ:::[★]ミ  (  ´∀`)
                             ( NKVD フO( li゚Д゚ ) Oと NKVD〉
                             /___:|__|   )   / /__:|_|
                              し(__)  ( / (_/´   し(__)



この時点ですでに中央委員会の犠牲者は60名を超えていた。
だが幹部党員の粛清は収まる気配を一向に見せず、状況はますます悪化しつつあった・・・




460 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 22:05:17 ID:zXaJ7Fpk0




【補足】

     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ         ★  ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミ
    /  ./ /      l ト、\
   \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',
     l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !     中央委員会の粛清は、当時のボリシェヴィキ上層部の
     l | l | ┬::cr / / ┬c」 |     異様な空気を端的に説明しています。
      l | l !  l:::::::j  '   l::::j.! /
      l | l l⊂⊃‐       ‐⊂/      この粛清過程を端的に表すと、100人のうち20人の処刑を他の80人が賛成し、
      ! | |ヽ|        -   リ      その後残った80人のうち15人の処刑を他の65人が賛成し、
      ! | lゝ、          /|       さらに生き残った65人のうち10人の処刑を他の55人が・・・
      ! | |::::::::::ー┐ r‐:::イ:l. |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !       といった具合に進んだのです。





461 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 22:06:35 ID:zXaJ7Fpk0




          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\      後世、やる夫の元側近らが大粛清を
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ       厚顔無恥にも正当化したのは
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ       この流れがあったからでした。
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/
         | |{i t    _     / |       つまり、同僚を処刑する手続きは
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |       まったく民主的に行われたのです。
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ      形式的には独裁的な手法は使われませんでした。
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |



    `ー,:::::::: __ノ /  / /    \  \ ム::::::::::: |企;:::::::::::}___
     (_:::::: ヽ/   / /      ヽ  、ヽ(__:::::::::::|三|:::::::::::⌒Yヽ
     r’:::: /      {    |!  | |!  |!ハノ :::::::::|三|:::::::::::::::乂{
     `ァ: :′ /  / !     |!  |! |!  |! |`ー, : :::|三|:::::::::::::::} '.
      ヽ.′ /  /  |!      |!  |! |!  }! | Y:::::::::|三|:::::::::::::/  {
.      | | |!  |!   |!     i}  } |!  /_!_| ゝァ : :|三|::::::::_;ノ|   '.
.       | | |!|  |!、 {! |!   // /}//孑' /イ (_ : :r'--{:::::::) |   |     従うしかなかったということは
.       { | | { 卞ト、ハ!_  //ノノィ≦ケテ| (:::::〈ん)、) 〉´ |   |      分かるけど、どうしても理解できないのだわ。
       ヽト、 {ヘ、从ィ升=ミノ´   /弋じ:::}| 〉 : ゝニン   |  |
         ヽ乂ヘ!ゞ、rゝ':{`      宀'´ |  ∨//    |         いずれ自分たちを殺すことになる
          }  |ヘ ^¨´  、          |   {ノ´     |    |     流れに粛々と協力するなんて。
          川 | 丶     r‐、    U ノ  } !        |    |
          //}  ! _≧-..、 `´ ,∠⌒<}/ 八ヘ      |    |     どういう気分だったのかしら?
           // j /':.:.:.:.  .:.:.:/>=(:.:.:.:.:.:.  / />ヽヽ     |    |     自分だけは助かると信じていたのかしら?
         ノ ,' / /:.:.:.:.:.:....:.:__}イ夊)=-:.:.: / /:./::::::ヘ∧    |   |
       // / />ァー:. :.:.:.:`¨)´:.:.:.:.:./-ー=二二〕\  |   |




463 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 22:07:26 ID:zXaJ7Fpk0





            ,.:-=;1―;1―;1―;1,=-;:、
            ミ             ゙ミ
.              ミ      ★      ゙ミ
           /ミ             ゙ミ \
          《  ミ;========゙ミ } 》
.             》/ / / :/ : : : : : : : : : \ ∨《
.            /// : :/ :/ : : : /:/ |: : : : : ∨^:|       やる夫は「敵」を特定しませんでした。
           l∨ : : l :/: : :// / :八 : : : l: l : :|       本物のスパイや、その協力者、あるいは単なる知り合い、
           | :| : : :|/ :/ //:/ :/  ヽ: : | ハ: :|       反体制派やただの怠け者の労働者、そして無実の市民・・・
           | :| : : :|≧x、/イ//,.ィ≦ハ ノ : l: :|
           } :|八 :代uzノ    弋uzノ仏イノ: :|       やる夫は絶滅すべき敵を区分する境界線を設けなかったため、
.           ′:} 仆⊂⊃     ⊂⊃イ 八 : :|       いったいどこまでが裏切り者と見做されるかが
.        /: : / 八 >  ~~~ .イ}{ : : : |       幹部たちにすらわからなかったのです。
.        /: : 〈 // ̄》 》≫=≪《 《V ∧: : :
.        / : : : : {   》《_》《_》《 〈 /  、: :丶
       /: : : : : : }   《_/八_》      }: : : :\
     /: : : : : : :/    ∨{><}{    {: : : : : : :\
    / : : : : : : /人,___人}><}人__人\ : : : : : :ヽ
   《 : : : : : : // { ̄/∨`¨¨¨´∨\ ̄} \\ : : : : : \
  《 : : : : :/ 《(   } {_人    人_} {  )》 \ : : : : :》
   》: : :/   》)  人人_))   ((_人ノ (《    \: : :《
  《 :/    《(    \        /    )》      \ 》
   `\\    ≫x、    \__/   ,x≪     //




          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ      幹部党員らも粛清の方針には賛成していました。
       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_       しかし、どこまでやれば自分たちはスパイを絶滅できたと安心できるのか?
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\     それが分からなかったのです。
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ      だからこそ、彼らはずるずると処刑に協力し続けました。
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/
         | |{i t    _     / |      最初はジノヴィエフたちを処刑した。しかしどうやらそれでは不十分らしい・・・
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |      なので次はラデックたちを処刑したが、それでもやはりなにやら満足できない。
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |      じゃあ今度は誰を処刑すべきか・・・
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |





464 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 22:08:08 ID:zXaJ7Fpk0




     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||      逮捕と粛清の波は拡大していましたが、
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l       時の中央委員たちはそれがどこまで及ぶのか
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|       誰にも皆目見当がつきませんでした。
       l \     _    ,/ |
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |       自分は敵ではないからきっと大丈夫だろうと思っていました。
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !       1975年のモロトフ証言は極めて興味深いものです。
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!





465 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 22:08:46 ID:zXaJ7Fpk0




   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈● ノ\   /\ ●〉
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ      ・・・あなたがたは何か勘違いされているか知らないが、
    )    Y    (        第一に全ては民主集中制によって進められた。
   /γ⌒     ⌒ヽ\       少数派が多数派を追放するということはなかった。
  /  |         |  ヽ     すべて正式な手続きにのっとって段階的に進んだんだ。
  |   ヽ__人__ノ   |
  \     `ー'´     /





466 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 22:09:26 ID:zXaJ7Fpk0




./          , ィ >ィノへ 〈
l    . . : : : :/´        l:ト
l . : : : : :/こV 、    ⌒\   l|
V: : : : : /  〉  `¨`7^5ミ V ノ
 v: : : ∧ l     { ゞ' /マフ       それは大粛清を進める優れた戦術だという
  ヽ: : : : 〉,      ` ー' 〈
   }: :/〈    ,    - ,ノ        証明にはなりますが、
  ノイ   、    ⌒こイ
/^ヽ    \     /´__         大粛清そのものが正しかったという証明には
l    \     \__ /::::::::\
:l     \   /  /::::::::::::::::::::',      なりませんね?
:::l         \〈\ {:::::::::::::::::::::::}
:::::l        人 l V| ̄ ̄ ̄ ̄|
:::::::l      / ハ / |____|
:::::::::l、   /ヘ.__/ l:l /   r ┐ /
:::::::::::l\/  / l l:: ̄/´ ̄ ̄`!
:::::::::::::l     /  | l::::/ ´ ̄ ̄`l

インタビュアー フェリックス・チューエフ



      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈 ● ノ\   /\● 〉
      ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ       だが一言言わせてもらいたい。
.      )    Y    (         当時はあらゆる部署で激烈な闘争が行われていた。
     /γ⌒     ⌒ヽ\        混沌とした状況の中で少しずつ事態が
.    /  |         |  ヽ       明らかとなってきたんだ。
.    |   ヽ__人__ノ   |
    \     `ー'´     /       そこで段階的にルールに従って粛清は行われた。
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、   |       あのカオスのなかで、これから何がどうなるか
   /     / r─--⊃、  |       分からなかった状況下では、これは重要なことだった。
   |  ヽ,.イ   `二ニニうヽ.  |




468 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 22:10:54 ID:zXaJ7Fpk0




          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_     これはモロトフたちにも「敵」の範囲が
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\   把握できていなかったことを示しています。
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ    だから、NKVDによって「敵」として摘発された
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/    人々をその都度に対症療法的に処刑していった。
         | |{i t    _     / |    自分たちがこれから膨大な数の人間を
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |    処刑していくことになるとも知らず・・・
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |



  「`ー'′/    /   ヽ、 \ \  ヽl}::.:)、 \
  l_,ィ  / /   l      l 、  l `、 {:|}く\ヽ/
  ノ  ,′ !    {      | l|   |   l ):|} ノ|:「´
.  ヽ∧| , |   | l      | l|  |  l| {:|!::)|:|      モロトフの発言もとても正気のものとは思えないわね。
   |::l| | |  l  、    | l | _,厶| j| {::|}::} |」
   l:::| `、!|   \ ヽ、 |,.イ,斗予 | |{K!j |      長期的な展望と目標が不明であれば、
   〈:;小、ヽヽ、T,Zニミヽj  ^ヾrシ | |ァ1 |      形式的手続きだけが正しさの尺度になるのかしら?
    |  \ヽN {ヾtク         | ト |_|  |
.   |  |   l \    `-   /!| |::..::.`:┴-、
.     |  |  |  | > 、 __ /::..::|| |::..::..::..::..::..:ト、
    |  j  /|  l/::..::..::..::..rクニミ::../| |::..::..::..::..::./::..`ヽ、
.   l   ! //l  l::..::..::..::/;ハミZシ//| |::..::..::..::..:/::..::.`ー┴―-ォ
   j   レ'∧! ,'::..::..::.〃::..::..::.レ'/::| |::..::..::..::r'::..::..::..::..::..::..::/::|




470 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 22:12:37 ID:zXaJ7Fpk0





.   /      ,           ヘ   ヾ:.:.ヘi:i:i:iヘ:.:.:.:.:(_
  /      {        ', ',ハ   ! ┌┘:.:.:|i:i:i:i:i|:.:.:.:.:.:.〕
. /    ,' ,  l|      ,} ! |    |  {:.:.:.:.:.:.:}i:i:i:i:i|:.:.:.:.:く
 j   ! {_ l|  ハ     j | l.ノ   人 L_:_:.:.:.:|i:i:i:i:|:.:.:.:.:.:.}
 |l!  :| ヘl| トヘ ゝ、   {ノ/ 「  / /ハ _〕:./i:i:i:i:i|:.r―イ
 ',ヘ :|   l|| /_\ l|レ'了  | >ミト、  (:.:.:r=ミ、iノ:_:] .l |     組織の理性と思考が麻痺した状況で、
 ハ ヘ ト、 l|ハ伐心 ヘ{  ,斗rそか㍉l// : }:.{薔リ ./ | |
  マ {\メ\K弋ツ      弋_ソ ノ ./ ハ ∨ゞイ./  j ハ     ただ形式的な手続きのみが生き残り
   ヾゝ./ l| ハ             / /:i:i| |:i://  /イ '.
    l /  :l| ハ    '         ! |:i:i/ j/ノ  / /  l    無機質に人々を処理していく。
    K  :l|  .入   ー―     | |:i/ ,l|/   / /
    l    l| イ .才`;=x、  ,x≡三| |/ / |   { {       なるほど、まさに「肉挽き器」ということね・・・
    |   |  !∧三三三ミ/三三三l ! / j   .| |
    |   | ,j三∨三r=彳ヘ三三∧ .|/ ./   | |
    |   | /三ミ∧三{均{フ三≫三ヘ   |    ! !


【補足終わり】




473 :名無しのやる夫だお:2013/10/27(日) 22:15:47 ID:pkSXTYp20



これは現実なのか……?
何か性格の悪い喜劇作家が書いた笑えない喜劇じゃないのか……?



471 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 22:13:21 ID:zXaJ7Fpk0




   ――― 1937年12月、ルビヤンカの監獄。


  __                       ______
   :||                        ||┌────┐|| .φ
   :||           θ           ||│ ____,,│||::ミ
   :||                        ||│[∥∥∥]│|| ∞
   :||::   :;  ; ,,       ::     :||│.  ̄ ̄ ̄ ;│||  ::
   :||::   :;           :    ..;||◎ニニニニニ ||
   :||;::: #   ..:            ,, ;;....;:||│        │||;;:..::
   :||;:::      ..:   ..:   . ,,, ;;#....;:||│        │||;;;k、,,,
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:





474 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 22:16:22 ID:321cCa9w0




                        __,...-=≠=_,...-=≠=,...-=≠=,...-=≠=,,...,...-=≠=-,...-=≠==≠,...-=≠==x、_
                    /´ ̄        ¨                                                     ̄¨ハ
                     |I     どうしたの?ニコライ・・・なんでそんな薄暗い牢獄の中にいるの?.         I|
                     ゞx、_     __,,..     __,,..    __,,..    __,,..        __,,..    __,,.. _   __,,.._,,...ィⅣ
                      ` =≠彳⌒¨ヾ=≠彳⌒¨=≠彳⌒¨=≠彳⌒¨ー=≠=≠彳⌒¨=≠彳⌒¨彳=≠彳⌒¨⌒¨ ̄


              : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :_|_: ___: _|_: : : :: : : : : : :: : : : : :
              : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: _|___: :____|_: : : :: : : : : :: :: : : :
              : : : : : : : : : : : : : : : : : : _|: : __:____: :_|_ : : : : : : : : :: :: . :.
              : : : : : : : : : : : : : : : : : _|__ . _::___ :: :::_:|_: : : :: : : : :: : : : :
              : : : : : : : : : : : : : : : : _|____ .____:___|_: : : :: : :: : : :: : ::
              : : : : : : : : : : : : : : _|_: : : ::_______: : :_|_ : :: : : :: : : : :: :
              : : : : : : : : : : : : __:|:________: : __: : _|_ :: : ::: : : : :: : :
              : : : : : : : ...:::::::::|...::: : : :: : : : :: : :: : :::.: : : : : : : : : : :: :::: : |: : : : : : :: : : : : ..


  __,...-=≠=_,...-=≠=,...-=≠=,...-=≠=,,...,...-=≠=-,...-=≠==≠,...-=≠==x、_
/´ ̄        ¨                                                     ̄¨ハ
|I        あなたが逮捕されるなんて、絶対なにかの間違いだわ・・・           I|
ゞx、_     __,,..     __,,..    __,,..    __,,..        __,,..    __,,.. _   __,,.._,,...ィⅣ
  ` =≠彳⌒¨ヾ=≠彳⌒¨=≠彳⌒¨=≠彳⌒¨ー=≠=≠彳⌒¨=≠彳⌒¨彳=≠彳⌒¨⌒¨ ̄




476 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 22:17:04 ID:321cCa9w0




  __,...-=≠=_,...-=≠=,...-=≠=,...-=≠=,,...,...-=≠=-,...-=≠==≠,...-=≠==x、_
/´ ̄        ¨                                                     ̄¨ハ
|I        やる夫はいつもこうなのよ・・・                            I|
|I        よく考えもせず、早とちりで部下に命令してしまうの。              I|
ゞx、_     __,,..     __,,..    __,,..    __,,..        __,,..    __,,.. _   __,,.._,,...ィⅣ
  ` =≠彳⌒¨ヾ=≠彳⌒¨=≠彳⌒¨=≠彳⌒¨ー=≠=≠彳⌒¨=≠彳⌒¨彳=≠彳⌒¨⌒¨ ̄



           /∧ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l  /  l/
          // ゝ |   マ~ ⌒ヽ     ハイ    |
           | |   人   !    |   イ |     | /
         { | | /   `ト、 丶   ノ  /| 丶---キ
         `T"´ __ ノ  ≧ェ― イマー‐r'´ ̄ ヽ \__ ノ|
       |   l /    `T´ |」  /    /     \    /|
       ト---' /   r――-rヌrぅィ1-――┐     | -‐  /
       ヽ /」    |   {7,こ,こ,ヌ7   |     |\ /
         く      |   ー{ {   } }-ー   |      _/´
         }_ \||   ゞ\/イ    | |  / /
          |廴_」 ∟ -‐ァ  Υ  ト--  ┘ jー' |/



  __,...-=≠=_,...-=≠=,...-=≠=,...-=≠=,,...,...-=≠=-,...-=≠==≠,...-=≠==x、_
/´ ̄        ¨                                                     ̄¨ハ
|I     私がやる夫に今すぐそこから出してもらうように言ってくるわ。            I|
|I     感謝なんていらないわニコライ。夫の不出来は妻の責任だし、それに・・・    I|
ゞx、_     __,,..     __,,..    __,,..    __,,..        __,,..    __,,.. _   __,,.._,,...ィⅣ
  ` =≠彳⌒¨ヾ=≠彳⌒¨=≠彳⌒¨=≠彳⌒¨ー=≠=≠彳⌒¨=≠彳⌒¨彳=≠彳⌒¨⌒¨ ̄





477 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 22:17:44 ID:321cCa9w0




      /  /   /     /ミ メヘ     \
    /   /   /     /    i      l  \
     |    !     !   __ ,'     ,'     l.    \
     |    !  l  | '´  ̄ !    //、-..、 //      ト
    ',   .l  ',. ヽ __、、_l    //   ̄/\     ,'
     ヽ. 人 ヽ ≧≠ミ:ト    `ーi- ト 、       / /ヽ
       ̄`  フl〝んノ::}      =ミ≦レ   ,     }
.          { |  r。U:リ        ん ノ:jヾニ', //   ,'
          ヽ! - ー'         r-'U。ナ '┘!彡    /
.            "   ::ノ       辷' ノ    ´ ヽ   /ー - __     間違った行いを正すのは、
          人            ""  , r'´/  r':::::::::::::ヽ
           丶   `  ー-        /_ イ.  |:::::::::::::::::}        ボリシェヴィキとしての義務だもの。
             \          ィ´人     l_ / ̄
               | ヽ _... ..::::´  l   \   ',       }
              ,'  /   }       !__    \ __ヽ     , '/
        ヽ _ ././ .//_ !    ∠:::≧、    `ー - ≦彡'
      lヽ _`フ ー' _ //::::|  /::::::::::::::::::>       `ー─ --
      ヽ    /、/   /::::://:::::::::::::::::/   ` ヽ





479 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 22:18:51 ID:321cCa9w0




                        |\     /\     / |   //  /
                      _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
                      \                     /
                      ∠       ナージャ!?       >
                      /_                 _ \
                       ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
                        //   |/     \/     \|

.
. : . : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. __, ,_____, ,__, ,__,, ,__, ,__.. : .. : .. : .. : .. : .. : ..
. : . : . ... : .. : .. : .. : .. : .. : .. : . . : . : . . ||::|: | |    | |    | |    | |    | |   ||.. : .. : .. : .. : .. : .. : ..
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ||::|: | |    | |    | |  / :| |    | |   ||: : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ||::|: | |   .: | | : .  | |: /  | |    | |   ||: : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ||::|: | | ./  | |    | |    | |    | |   ||: : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ||::|: | |// .: | |:.:.. ::| |    | |    | |   ||: : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ||/ ̄| | ̄ ̄| | ̄ ̄| | ̄ ̄| | ̄ ̄| | ̄ ||: : : : : : : : : : : : : : : :
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:
::::::::::::::::::::::::.  ´     ` : .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::/           ` : .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::/                 ` ,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::i                  i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::|    u              Y::::::::γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ::::::::::::::::::::::::::::
::::::!             し       ノ:::::::|   ハァ・・・ハァ・・・     |::::::::::::::::::::::::::
::::::::、               U } (:::::::::::::乂__________ノ::::::::::::::::::::::
::::::::::Y            乂乂:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::〈       U   イY´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::У           Уノミ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::ミ彡       _乂从リ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::/:{      ソ´::::::::::::::> ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::∨:乂((  乂ミ=-::::::::::::::::::::::ソ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





480 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 22:19:40 ID:321cCa9w0




   i                   ゙i
   ,i     u             l
  ./        i           (
 ,i /    ノ,ノノi i i         )
 ! ,ヽ, ∧ニ'レ'ー' !、j、 、 し     i
 ヽ\ソ,ノ''ミェf、  ,__二ミ      j       (幻覚まで・・・情けない。
  "Yヽ.ト   )  ''ミェァ,;゙) '"   )
   リゞ.l _ /      ~i //,\        私の精神力もここまでか)
.   ゙ヽ!トl ,\ヽ   U  j !, (/i゙`' \
   __,j,ハL!ヽ.゙y‐'" ゙̄ヽ'"j j. ,r┴‐‐'゙7i!
  (~r' ! ヽ./__,r=~ヽイ「「`^~  ((  !
  !.l  ) ,f~  _,,ィ、\,i !j! ,.へ    )/
  | | ( /      ヽ./,// /゙^ヽ.__/
_,..-.! !  i   -==ー//j、,、))   /)
   !ヽ j        )ー'Y ("   //
   \V    !i~_/   トー゙  //‐-r'" ̄~ヽ、
   /     ,j~__ _,.ノ!.   //        \_
  _j'~     /      ,八  //          i.

 元右翼反対派 ニコライ・ブハーリン




482 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 22:20:26 ID:321cCa9w0




かつて、ボリシェヴィキ党の寵児として、最大の理論家として崇敬の念を集めていたブハーリンは、
極刑を待つ監獄のなかで苦しみに呻いていた。



     /                       !      !
    /     /  /                 、l , -     ',
   l     l   !,ィ               ノ'       ',
   ヽ     !  !l!             , , ノ        /
    ヽ    ト、 ヽ  ! /, _,.-_ ,ノノ ,ィノl'ヽ/,       ,'
   ,...ノ'   | ヘーヽヽl(/ l'´ ≧ミ、_ ,ノ' ! リ! l       ト!_
 r'´イノ    ヽ リ   r'`    ヽヾ歹、=、ヽ ,_リ=、  l  ノ l `
 !( ゞ,.     ´r、 r'     U ̄` ヽ  /ゞクイノ /ノ ノノ       ・・・私はもう死を覚悟しているつもりだ。
 }ヽ、`` ー- _i´, ノ'.lヘゝ  し 。     /  /ー '´_, '´
 l   ̄` ー- 、`ヽ、l,_        _   l  / ,(´           願わくば、私の家族を、
 !        ` ー-、ヽ       ヾ=-' ,.', ィ、丶、          この災厄から守ってくれ、ナージャ・・・
_,ゝ          _レ'-―- ..,'' ―=- ,イ(   `ヽ\
           `iーrヘ ̄`ヽ、` ー, - '一ー- 、   ヽ.ヽ
                l lー-ヽ _, -`´ , --‐_レ‐- `)  /∠、
                | | ヽ./ r=ー'―‐'´-、  ̄ `ヽ///ニ,
              ! ト.ノ   , ―---=、_ヽ l / \ ヽ
            ヽ〉′      , - 、 `i.| !/   〃,.、!
               /        '   ヽ_!!l'    ヽ'へ\



それでも彼は才能を捨てることなく、監獄の中で数篇の詩と論文を綴った。
死を覚悟しても受け入れようとはせず、この世界に自分の生きた証を刻み込もうとしていた。

12月10日、彼は生涯最後のメッセージとなる手紙を、やる夫に宛てて送っている・・・




484 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 22:21:20 ID:321cCa9w0




                   / ,jノ/´ 'フ_,/ ア
                      / /´,っ‐、/´‐'_xく
                       / / 人) イ -‐ _ノ          【親展】
                     / /う_,'ぅ 丿- '"ソ            やる夫の許可なしに他見を禁止するよう願います。
                / ,ノ、,) -'--┬ '"´
               ム、ヾ,-‐'゙,ニ-<                いま、私のドラマの最期の1ページが捲られようとしている・・・
                    ,ゝ/\ヽヽ、ゾ
                ,ノ〈、_入_,ト、ノ                 いま、全身は興奮におののき、心は千々に乱れ、
             ,イタ弋 J´^゙''''ー-.._               自分を抑えることができない。
             , ‐',イタ  、  ..     `゙'ー ,,,
         ,/ ,イタ   |______l,,..-'゛       .`'''ー ..,,,,、    手遅れにならないうちに、私の手がまだ書けるうちに、
        /  , ‐‐'~´                         目がまだ開いているうちに、頭脳がまだなんとか
          !  (  !                          働いているうちに、君に「別れの言葉」を言いたい。
          l .//ヽ___ _.ノ┬―-、.. ;;ン'
         ゙ //   ヽ .,,゙_''く   |''ー .._
        //`ゝ⊥_,l‐、.( 八.  |   . ̄^゙''''''"゛
         〃    `''、 l_)ー'ーー- ..,,___,   _,,..





485 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 22:21:54 ID:321cCa9w0




    /    ハ |  、
    /     | | |   ヽ
   |    いl ヽ,l\_ \   \
    | /     ト'  __ , --`ー `ー、 __ゝ  l l               嘘偽りのないことを、はっきりと言っておきたい。
   |!   ,-=、__f´::,.- =‐'´:.:.:.:.:.:.::::::)  ノノ               取調べで言ったような罪を、私は犯していない。
    l   |:::::::::::::::::::::::´ ,‐tァ‐=-  `r‐イ    /
    ヽヽ|:::::::::::厂ヽ:::::. : ̄:.:.:.:.:.:.:.:::/ {      ト、           全面粛清には何か大きな政治的構想が含まれている。
     \!::::::::/   \:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   ヽ     | \          粛清されるべき人間は様々だったが、
        l::::/       ヽ---一 '   、_ノノ   ト、 ハ l        私もそれに一枚加わらなければならなかった。
       ヾヽ、_ -          、_フ′/ / _/ヽ!
            ', __             ヽ_∠ノ /  ヒ´ノ       お願いだから私が密かに文句をつけているなどと思わないでくれ。
            ', ,-―‐--               /`l
            ', --     ____    /  ヽ、
           l      | r――- ニニニニニヽ
              l        | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ ノ |
   r,――‐ ´ ̄ヽ__ ‐┤l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::―‐/ ハ
    {{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|   l ||:::::::::::::┌────‐┐ヽ! ヽ、
   ヾ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_ノ   l  | |::::::::::::: |=<>ニ<>ニ<>=|::::::::::::ノ  ,
     ヾ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ_,.r┴┤|::::::::::::└――――‐┘:::::::ヽ__ハ




487 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 22:22:33 ID:321cCa9w0




    /     /  /                 、l , -     ',
   l     l   !,ィ               ノ'       ',
   ヽ     !  !l!             , , ノ        /
    ヽ    ト、 ヽ  ! /, _,.-_ ,ノノ ,ィノl'ヽ/,       ,'
   ,...ノ'   | ヘーヽヽl(/ l'´ ≧ミ、_ ,ノ' ! リ! l       ト!_        偉大な計画、偉大な構想、、偉大な利益が全てに優先すること、
 r'´イノ    ヽ リ   r'`    ヽヾ歹、=、ヽ ,_リ=、  l  ノ l `                     ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 !( ゞ,.     ´r、 r'       ̄` ヽ  /ゞクイノ /ノ ノノ          私の個人的問題を、君の世界史的事業と同列に置くことは、
 }ヽ、`` ー- _i´, ノ'.lヘゝ          /  /ー '´_, '´
 l   ̄` ー- 、`ヽ、l,_        _   l  / ,(´              些末なこだわりに過ぎないということを、
 !        ` ー-、ヽ       ヾ=-' ,.', ィ、丶、
_,ゝ          _レ'-―- ..,'' ―=- ,イ(   `ヽ\           知りすぎるほどよく知っている。
           `iーrヘ ̄`ヽ、` ー, - '一ー- 、   ヽ.ヽ
                l lー-ヽ _, -`´ , --‐_レ‐- `)  /∠、
                | | ヽ./ r=ー'―‐'´-、  ̄ `ヽ///ニ,
              ! ト.ノ   , ―---=、_ヽ l / \ ヽ
            ヽ〉′      , - 、 `i.| !/   〃,.、!
               /        '   ヽ_!!l'    ヽ'へ\
            /              `ヽ      ヽヽ





488 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 22:23:08 ID:321cCa9w0




                    _ ........ _
                    .  ´     ` : .
                  /           ` : .
                 /                ` ,
              i                 i
              |                   Y       私はこの世を去る心の準備を整えた。
                   !                     ノ
                :、                 } (        君たちみんなに対しても、党に対しても、「事業」全体に対しても、
                  Y            乂乂        「大きな無限の愛」以外のどんな感情も抱いていない。
                〈           イY´
                У           Уノミ         でも、今は頭痛がして、目には涙が溢れているが、
               ミ彡       _乂从リ          ともかくこれを書いている・・・
               /:{      ソ´::::::::::::::> ..
                ∨:乂((  乂ミ=-::::::::::::::::::::::ソ       永久にさようなら。君の不幸な友を悪く思わないでくれ。
                  \::::乂__У::::\:::::::::::::::::::/
               __〉ミ三二ニ=\::::::::::く、
      xーヘvーr.:.:: ̄:::::::::::三二ニ=ニ二 ̄ ̄`ヾ__     ,へヘ、
     /:::::::::Y´ ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::___:::::::::::::::::::: ̄ ̄::/:::`ヽ
     Y::::::∨.:.:.:.:.:.:. ̄ ̄∨:::::::!::::::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ̄ ̄ ̄ ̄`jУ::::/ ハ
     ハ:::::i:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨::::l:::::/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//:::∨    i
    . i  ∨ij:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨:i:::/ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::∨:./     ;





489 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 22:24:00 ID:321cCa9w0




ブハーリンの手紙には、自らの運命に対する悲しみと、動揺と、怒りと、
そしてやる夫に対する卑屈で惨めなほど心にもない「友人」としての語りかけに満ちている。




             ∠二二二二二二二二二二二二二二二二二二.二.二ヽ
             |../   .,' |  O   (fi二二!     .| ',   ヘ O !Oミ彡ヾi,
.___           |.'    ,' i._____l.l_____| ',     ヘ ! ̄ ̄ ̄'!i,
__/i           /    .,'  !i圭圭圭圭圭圭圭圭㌢.li .',    .ヘ|      .ヾi,    ___
i:i:i:i  i         /    ,'.... il圭圭圭圭圭圭㌢   . _,,,:li  ',    ..ヘ     .ヾi,   .i\__
i:i:i:i  i       /      ,'. ...il圭圭圭㌢   _,, :rー''¨´  .i  ',    . .ヘ    .ヾi,   i  i:i:i:i:i:i:
:i:i:i:i. ...i      /      .,'......i㌢  _,, :rー''¨´         .i  .',    . ヘ     ヾi,....i  i:i:i:i:i:i:i
:i:i:i:i. ...i       ./      ,' . irー''¨´              .i   ',     ..ヘ    ヾi,..i  i:i:i:i:i:i:i
:i:i:i:i......i     . /      .,' .....i                  ..i  ',       ヘ .  ヾi!.....i:i:i:i:i:i:i:
i:i:i:i:i......i    ./      ..,'   i                    i ....',        ヘ    i ..i:i:i:i:i:i:i:
i:i:i:i:i  .i   ./      .,'  i                      i  .',       . ヘ   i  i:i:i:i:i:i:i:
i:i:i:i:i  .i ./      ,' ....i                     .i   ',        ヘ  i ..i:i:i:i:i:i:i:i
:i:i:i:i:i. ....i./      .,'   .i                       .i .   ',      . ヘ.i......i:i:i:i:i:i:i:i



だが、文中でブハーリンはやる夫の大粛清を単なる独裁者の乱心ではなく、計画的な「世界史的事業」と表現している。

これは、何も分からないまま哀れに巻き込まれた他の一般党員とは違い、
長年最高幹部としてやる夫と肩を並べていた彼が、やる夫の「見ている世界」をよく理解していることを物語っていた。





490 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 22:24:35 ID:321cCa9w0




                        ナラティブ
ブハーリンはやる夫たちが作り上げる「物 語」の本当の姿を知っていたのである。



          _ ,、-―- 、_
       , - ゙´       `ヽ、
      , '            `ヽ、
     ,'               ヽ
     i                 ',
     ノ          ノノ八 ,)  ヘ
     (     (( ノノ∠イ_ ノハ_リリソ
     `)     Y<;;::;;;;;:::;;;;`´;;;;;;;;;!ノ
     フ   ,ヘ |ヽ;;;::;;;;;:::/ヘ;;;;;;;ノ
     ヽ  {Kノ ゝ`'''ー''′ , 〉 i
      ))  ヾト ヾ         /
     ラ ( (ノレ \   ´  ̄ /
    ,イルゝトミtr、. >  __/
   ノ::::::::::::::::/:.:.:.ヾクハ_入くヽヽ_,,、-ーー-.,、
,、-<::: ̄:`ヽ;/:.:.:.:.:.:.:.ヾtfー┬イ:.|ヽ;:ヽ:::::::::::/ヘ、



それは、権力の悦に浸り無邪気にも「敵との闘争」にはまり込んでいったエジョフやメフリスたちが
本当のところでは理解できていないことだった・・・




494 :名無しのやる夫だお:2013/10/27(日) 22:26:22 ID:.81JsGDQ0



なんだかんだでブハーリンは最期までやる夫の「友人」だったということか


502 :名無しのやる夫だお:2013/10/27(日) 22:30:17 ID:SOiU1/3I0



でもやる夫って物語でさえ、自分の都合のよいように利用するからなぁ。
果たしてやる夫にとって彼は友人だったのか。



492 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 22:25:23 ID:321cCa9w0




   ――― クレムリン内のアパート、エジョフの自宅。


                               /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                            /  | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                          /    | |          |||||||  |||||||
                          |    | |
                , ――――――┴――――――――――――――――――
              / .|
             /  .|     llllllllll          llllllllll
           /    .|    ______   ________
          /        |   |:::::::::::::::::... .. .i|   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц  γ |~ヽ
        /    /|  |   |:::::::::... ... . ' ..|   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |  |  |
       /    /:::: |  |   |::::... .. . ''    |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||    |  |  |
     /    /...........|  |   |__..,        |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |_|_|
    /     , 1.|..,;;;, .,;;;,|  |   |;;.i|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||
  /    /:::| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; | ;;;;;;;;;||
  |.  ,,;   |......i| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц  γ |~ヽ
  |  /|  .| . ...| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |  |  |  ヾ;ゞ
ヽミゞ;;  |  .| . .| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||    |  |  ヾゞ:;ヾ
ミ ゞ;;ミゞ;;.. ;. |  ..| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |_|_| ヾ;/ゞ
ゞソミゝミゞ;;ヾ;:;;: . | | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||        ;ヾ ゞ;
ヾ;:;;:ヽミゞ;;ソゝミゞ;;. | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||      ヾ;;;ゞ ;;ゞ
ヾ;:;ミヽミゞ;;ヾ;:;   | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц   ヾ;;; ;;ゞゞ:;ヾ
;ゞゝヽミ;ソミゝミゞ;;,| | | ̄ ̄.|  |   |~''|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||     ヾゞ:;ヾ ::ソゞ
ミゞ;;;:;ソソミヾ;:;;:   | | ̄ ̄.|  |   |~''|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| ゞ:;ヾ  ゞゞ:;ゞ:;ヾソ





493 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 22:25:59 ID:321cCa9w0




                                           ___
                                  _,,,,,,,,,_     {n_}
                      ,,,x-─''''''''''''''''ー-─く,,,,:..:.:::..;~゙''',二区い}つ
                     ,z'~:; 彡;:. : .::.;'':::.. ,,:.:;''..:.,~ミt、:::;;t~   {こ} __
                   ,,,イ~ .;:`メ:;;...,'',:::..:::,:..;::::..;:. __,,,,,;;;;,二ュ,,,,,,,,,,__{n_}_
                 ン~;: ,,:' ,,,:::,':,;'::゙;;';;:...:::.'';::.,;:: ,r'~ `". ;:... .::::;;,;::,:'.:,,,;;;}い,}二)
   __,,,,,,,,,,,,,,,,,,,__      A彡ノ,''. :: ' ;,:.::, :::,Zx,,:::';;`,:;  ,::,;..゙:: ';: ..;;::..,;:: ::;r''~,,__ 込}
  i<___>!    ∧,、{米ミ,,:.: ;:;.`::.;,'':...::'';''::,,ノヤ; 炎';;,.:. ::::,:.. :.;;:...;;;;/Y,,, i巛),
;;;;;;;;k,,;;;;;;;;;;;;;;;;;,,-'|__ ノYて){ミ;爻i;;;.::;`:.:;;:.;;r‐'''~ ,,;ジ::,: ::,;; "::,,::';;;;;;;ッぎテ~..';;;ア(')}心ュ,,___________
..:. .|: ;::.. ; :::l:::.:|  メヾW个`=ベ-ェ、,,;.:{;,,. ;=~~'''ュ,,,;,_:::.:,':...::,;===''~.:::;;;ソViYY)K)Ei゙ヾ,、 .. :.. :::...:  :  ..:....
. .: .|: L::. j ::|;;:::|.  .いYソヽ/A(Yい)V台、>-、,,,,. ,:::,:..,;;~ヱ;;;,,,:::::.、、=X〆()のr、iミ}Tノル/゙j   .. :    ::..
 :. . {・;;;;.::,,;;..;;.....}   i`ヾ、、i^rひMべTノ のl'*=z=爻m≡'∧ひ,六俎ミどヾ)メ2ノハ)=ィ",ノ  _,,,-‐'''"tュ~r-ミニ'‐-、,,,
..:. ::.人,;;__;;;ソ;;;..:_ `-、`ヾ、ッニ士t),;豆ZY)亘ミメX)rYt川广}ハir、tわ&YO,,=-'~,,-''~  i'  (,_ 々(コ/´ ::;}J  ,; .゙i
 . ; .`''''':; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;,::. .~`-=,二二二二二二二二二二二二二二二二二二,=-''~ ...... .. .`-、,,_   `゙'"~  __,,,-´
                                                              ̄~~~~~~~ ̄:



   〈 /  /  メ                 | ハ
   / V   ,    l |   l      _,ノ刈 レ!
   l |  /     l l    ヽ      _ ∠レ'丿
   | l | l  ー―-、\   \ . -―一   /|
   | 八Vハ  y==ミ 丶--彡==z--rイ   l|
  ノ  卜l `Y ffc介     ffc介 Y l/ l   |         まぁ、なんて立派なお料理なのかしら。
./   八ハ   辷ツ  }   辷ツ ハ ノ    ゝ
    /  `ニl ||||   〈!       /イ      \       さすがですわエジョワさん。
   / /  込_ ` ー一 ´ U イ j       } }
  { _ノ. -―-、  \     / ノ ノ       ノノ      こんな素敵なディナーが出るようなおうちは
  厂//  / \ |>ー<り⌒\{      { {
 / / /   /   ∧ \  /⌒\ ヘ     ) )       ソ連中を探し回ってもそうそうないでしょうね。
ー{ 」 |     l    l |   V{     V└┐   //

   やる夫の亡妻ナジェージダの姉
       アンナ・アリルーエワ




495 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 22:26:37 ID:321cCa9w0




       /  /, "          ヾ-t- 、
       ./   //    ,            \
      /   ィ/      !             ヽ
      /    /       !  /!  ./   i      ヽ
     /    !      ! / "|ヽ,./|   !      Y
     !    | !   !  レ、  ! ∧ !  / .!    i     !
     !    | λ  ゝ  ! ゛=-'  ! /|-.x / |    !
     !    |∧ヘ  |ゝ .!       " , !/ !/  / ヽ  !     あらあら、お褒めに預かり光栄ですわぁ。
     .!ヽ    ヾ,ゝ ! \   ,    ' `ー,/  /  ∧ !
     ! ! 、 !   ヽヽ|       !゛'' ,   ! / ,i  / |!      ま、自慢できるほどではありませんけれど。
      ! ヽ|ヘ /|,. Y  、     ゛''"  ンッ ,γ' | /  /
         ,r _ 'レ/   丶、   , , ',〆y /  /         同志やる夫のご親戚に恥ずかしい
        y'  ''<、    /゛'' 〆     /
    ,_ ''"= ミ 、   ヽ、 |'x'"     /             お料理は出せませんもの。
   /゛ . . . .゛. .ト 、 ミ 、 ヽ./    , '"
  !!. . . . . . . . . . . ヾ 、ヽ ./   y' ゝ、
  ! .!. . . . . . . . . . . . ヽ ゛ン   /'" ィ".'ト.、
 .! ヘ . . . . . . . . . . . . ン    y '" ノ. . . . ヽ



  / 、  l|;|   ||   ̄Tー;;::::::::::::::|i::::|:   ::::::::|  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
  .l r'|  !    |\ ___l_ .゙`ヾ、::::||:::::|:  :::::::|| ::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l   |
  | |:::|       ユ__ヽ_|_ _``丶]ト.、:|::  :::::|:| ::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   ,i
_| :::::|         ./ヽ,___,,ノ゙`゙、::||べ.ト、: :::::|::| ::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'‐┴-‐';'
/゙ l, ::.        _.|つ;(●);;⊂i `'ト.、:ヾヽユ::i:ヽ、::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  l、        ::....``-、;;;_;;./ .::l.:::::::::`ヽ;:::i ::ヽ、::ヽ、:::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::/"
   ヽ     し ::::::::::::::::::::`゙::`:::::::::ヽ:::::::::::::`-`/゙i二コニ―-、ヽ;;;_:::::_;;;;;;;;‐''"      (ちっ。
:  ::l゙lヽ、     :::::::::::::::::..    :::::::::::`:::::::::::::::::/゙T゙"'シッ,ミニ、::::`:::::::::゙゙゙,ン'         悔しいけれどウチの夕食より
:: ::::/::l ::l     :::::::::::::::::::::::.... ::::::::::::::::::::::::::::::::i`(●)";;/ヾヽT――ー'"          やっぱりワンランク上だわ。
;;/::/ヾ、:|     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::`゙-.、;;_;;/ .:/                人民委員の家庭ともなれば
;;;;;;;/"'' ̄" ̄ー-,,, ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  |:::::::::::::::::::`:/                  これほどは当然というわけね・・・)





496 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 22:27:25 ID:321cCa9w0




                                                    ,、 '"´ ̄ ̄´"' 、
                                                       /:::::/ヽ:::::::::::::::::::ヽ
                                                   /:::::/n  |ト:l_、:::::::::::::゙,
                いやぁ申し訳ないなぁ、                    ,'::::://_l  リィ|_ヾ;:::::::::::|
                こんな豪勢な夕食に誘われてしまって・・・         !::::f ´・  / |・ `!::::::::::l
                                                  l::::l `ー′ `ー ' l::::::::/
                僕の家じゃこんな高そうなもの                ヾトト、 △    ,从jy'
                食べられませんよ。                         `'ーr::T´
                                                     rf「fレグヽ、
                                                       /|り:!/::::::::::ヽ.
                                                   /::止:::::::::::::::::::::::l
                                                      j::::l|0l|:::::::::::::::::::::::l

                                             アンナの夫・NKVD職員
                                                   スタニスラス・レーデンス


.        //: : .:.:.:.:./:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.l:.|:.:、:.:.ヽ: : ヽ
        ' ': :. .:.:.:.:/:/:.:.:.:.:.:./:.:, ィ:.:.:l|:.|:.:.ヽ:.:.l.: : : !
.         |:.l: :.:.:.:.:.:l:/:.:.:.:.:.:./:.:/, ':.:.; ' !:.l:.:.:.l:.:.:|:.: : :|
.         |:.l: :.:.:.:.:.:|'.:.:.:.:./:_//:./  ヽlヽ:.l:.:.:|:.:. : |
.         |:.|l.:.:.:.:.:.:|-=≦三`ンr<`テ三弐=N:.l/.:. : :|
       ヽ!、:、:.:.l:.l 弋戉不ミヽ) 〃7広示テl:/:.:.:.: :{    遠慮はいらない。
         { ハ:ヽヽヽ  ̄ ̄ ,r}==、{、  ̄ ̄ リ.:.:.:.: :|    どうぞ召し上がってくれ。
         l: :ゝ:.\:.:ミ、__/ノi   \__ ィ:.:.:.:.:. :|
         |: :.:.:.:.`i:ド=-   ヽl '       /l:.:.:.:.:. : :l     レーデンスは良く仕事をこなしてくれて
         |: : :.:.:.:.l:|:.:\   ‐=-    イ:.l:.:.:.:.:.: : :!     いつも助かっているよ。
        |: :.:.:.:.:!l:>l 丶、  ̄   . ´{<_l:.:.:.l:.:.:|: |
            l l: :.:.:.:.(  l   ` - ´   !  ,l:.:.:.l:.:.j|: !
         l l: :.:.:.:.|\_l         / l/,|:.:.:.l:./:|/
            い: :.:.:.|  ヽ       /  l:.:.:.:l/:./
        ,. 一トl: :.:.:.| 卩〉      /ハ j:.:.:.:l:.:/ー- 、





497 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 22:28:18 ID:321cCa9w0




         /ヽ、_.. -‐'' ´ ̄ ̄ ̄/
  _ .. -‐‐ ''' `7,.ヘニ==ニ二 ̄   /
 i   ..-‐r''‐',       `丶、 ム
  l   / /l          \.ィ
  \ / ,/  ! ,ィ'     」└  ヽi
   とi  ,!  ∨!      ┐「   レ,l
   l   ,i   l ト、        / 'ノl
    l、 !\   !l \      _...  ∠. !       (なにみっともないことほざいてんのよ!
   l ! l -‐-..丶_ `' ‐ .,ィ_´__.. ィ_i´ l        恥ずかしいわねこの馬鹿亭主!
   i \ ! ______.. `   '"_ェ==F、l'、ヽ i
   丶 r'_!┬‐ 'て,    ゝ ,, `シムノ !        だいたいやる夫の縁戚たる
    '、ゝ_i ゝ''...ノ     ゛''''".イ ' \        やる夫ファミリーの私たちが、
    ノ   ゝ.     、   /! '、   ヽ      こんなぽっと出の連中に先を抜かされてんのは
   /   ,.ノ ` '' ‐-ュ─т" __く  _)   ノ      仕事でポカやらかしたアンタの責任でしょうが!!
  /    {__....., _...ィ´く   メ´"/-i く   /
  `ー-‐,   (/  >' ,ニr‐-く  l   /         なんで私の夫がこんな優男の部下なのよ!!)
      /   r┘ ケ  !,'、 ィ゛ L..._`)
    '-‐''´と..ヘ !.__ノli`-ィ 、,、ヾ '
        i `! i ハ  ヽ l'`i "


.                                      /      ,-'" !、         ヽ
.                                     /     /   ヾ | 、      ヽ
.                                    /     /へ    | |  |ヽ     ヽ
.                                    /    / ,へ     |  lへ、ヽ、    |
.                                    |   / /--‐'    丿 -|---、 |     |
.                                    |   |    ・        ・  ヽ     |
.          (そ、そんなこと言われても・・・)       |   |              /     !
.                                    |   |  `ー'´      \__/|   /
.                                     |  ',               l   /
.                                     ヽノノヽ._  ,へ、   U    / / //
.                                          \ `--.`   ___/
.                                            ̄~厂 ̄ |
 .                                          _,,-r |  /,へ、





498 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 22:28:59 ID:321cCa9w0




: l            丶l      : : : : : i: : : : .        : : :ヽ: : : : : : .
: !       __    リ、      : : : : : i、: 、: : . .       : : : :ヽ: : : : : : :
: i   ‐"´ ̄   ゙```‐-+ヽ..._    : : : : : :iヽ:ヽ: : : : . . __... -==: :ヾ :=-: : :
: :!             :::|::ヽ: .` ‐  : : : : : !:ヽ:ヾ、-‐": : . .     : : :ヽ: : : : :
: :i              l ::::ヽ: : .    : : : : :',::::'、:ヾ'、: : : : : : : . . .  : : :ヽ、 : :
`、.!             l   `、: : : .  : : : : :',::::::ヽ:ヽ`::、: : : : : : : : : : : : : :ヾミ、
  l             l    \: : : : . : : : :';::::::::ヽヽ::::`:-、: : : : : : : : : : : : :`
  ',     _.................._ l     \: : : : : : : ',:::::::::::ヽヽ::::::::`ー::、:_: : : : : : :     (まぁいいわ・・・
:、  ',    "_....====.......__``ト-、.    `::-、: : : : ヽ:::::::::::_`メヽ-―---ニ=_-----
::ヽ. ',   彡彡Tフ""フr―ッニキ-、`     ::`::-、: ヽ, ‐"_...==`<二ニニT-ミ:::::::::::     幸いエジョフは私たちのことを
::::::ヽ:..',  ''"   !"T゙.∪_!__l!`ヽミ、      :::::::`::-ゝt又Tヘニ゙,イ`r-!、lヒ`-、ミ      気にかけているようだし。
 ::::::ヽ;',     ヽ.ヾ....`ァ--メ ヽ.`        ::::::"ヘ ヽ「”!  `"⊂フヽ..:::::::`ー
ヽ  :::::',     テ--ソ-ラ=   ヽ             ゝ..`ニニ..ノ.. .::::::::::::::::::     そりゃそうよ。なんたって私たちは
  ` 、.  ',                           ' ̄' ̄` ̄`:::::::::::::::::::::      皇室たるやる夫ファミリーの一員なのよ?
   `ー-、                               ..::::::::::::::::::::::::
   . : : ノ'.,                , .:::::::.....         ....::::::::::::::::::::::::::/      ぽっと出の新興幹部であるエジョフのことを
  . : : /: : ヽ               〈i.::::::::::::::::::::....   ......:::::::::::::::::::::::::::::::/:      よく思っていない幹部も多いはず・・・
_.::-‐": : : : : :ヽ               ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/: :
. : : : : : : : : : : :!`. 、              :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/: : : :      私たちを味方につけたいと考えてるはずよ!)
  . : : : : : : : : : ! : lヽ.         ー、-----ッ一::::::::::::::::::::::::::::::::::::/!: : : : : :
 . : : : : : : : : : :!: : :ヽ:`!-、        ``'''""::::::::::::::::::::::::::::::::_:::ィ"´!: l: : : : : :
. : : : : : : : :: : :ノ: : : : !: :!: :`:-、        ...:::::::::::::::::::::::::::::::::-"::::!: : ! :l: : : : : : :





499 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 22:29:36 ID:321cCa9w0




 .:::/      /゙,/ヽ .| .::::::::::|| /::‐|‐-、    ,l゙::::l゙  ::::.      ヽ   .|
..::::i´     .| ` ::::| ゙l :::::::::::| | ,i:::::::::|   ゙ヽ   |゙::::|  ::::::::.     `、   l゙
.::::/        |  /  |:::::::::::|_V_ー‐-、   \|゙:::::|   ::::::::::.     ヽ. X __
:::::|       ゙|  l゙   入:::::::=-‐-ミミ、 、`;メ |、 :::|、  ::::::::::::.     `‐二,_,, ノ
:::;i|       ヽ、`  ::.\::::| i;、_丿l::リヾ i  | :`=ヽ   ::::::::::::::::.         /
|゙:l         ゙''ー-、,,、  `ヾ ~'ーi;ン/ `ト .| ::::::::\ __::;;;;;:::::::::::. 、,   ._,,/
|:::!、             `ヽ、   ``:::.    ..  _二ニ\,;:::::ヽ:::::::::::....`"'''┴''ソ   (いいわ!
゙|:::::\             \           /、ノ;;:リ::iヽ、::::::::::::::::::::::::::::;;/     エジョフを利用して夫を出世させてやる!
|:::::::::::ヽ、             ヽ         ::く;゚;_〃:!:;;-へ,,,,_;;;; -‐''"
:::ヽ、::::::::::`''''‐-、,,,,,_        ゙l  ┐      i::. ``'.::,:イ、               しかもNKVDは今や巨大な権力を手中に収めているわ!
ー┴ー--;;;_:::::::`‐-,,,"'‐、;::.      |   `i.、 ::::..-‐::'':::::::::/:. `'i、
 : : : : : ゙゙゙''ー-;;:::`ヽ、::`、:   !  `ヽ`~::::::::::::::::::::.,/:::::.  ゙l              いつの日か必ず私の夫を内務人民委員にして、
: : : : : : : : : `'-;;:::|::::i::  /   ::::::::::::::;;;;;;;;;;-‐'゙l::::::::  ,|              ソ連のファーストレディーになるのよ!)
: : : : : : : : : : `'!;;/:::. ,べヽ,,_;;-ー'''',フ¬yイベ┴'ヾ、 /  _
: : : :ー--、;;;_;;;;;;_::::::::::::::゙'く゛-‐‐y┴┴┴.、;;i´:::::_::〉::F=i,,,t,゙'i、r':::゙,!
 : : : : : : : : ``゙゙'ーi、:::::ヽ、 :::;l゙::i、;;ヘヽ、:〔:::{:'゙::/:::〈::,::゙l.,/::':::::゙:゙'i,、




501 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 22:30:10 ID:321cCa9w0




    /  //        '-ー''ー-,'                  ',  !
    i′ /,'        ,′   ,′                  ! ,ィ′
.   l  | !    〃  ,'    ,|/                    l' |
  │  | !    /   /    / !    |         、ノ    |│ 丿
   |  |i′  ,′ /′   _′l _,, |          `ー- -ー‐ '' ~/
   |  .|!   i / _, -ー '' ~i'' ̄i ̄  l    、_           /
   |   |!  ,/!.       l  ゝ   | 、    ̄''ー- ,,_  _,, =''_/_,,ノ
   |    !ハ':::| ゙、 _,,,, -ー ニi ,,_ ヽ  トヽ  ヽ、    `   ̄  /     ところでニコライさん。
  │    〉';::|  ミ-_=エ二ニ,=!=、  \ ヽヽ‐- ,,,,_     _,,= ''′      お仕事のほうは最近どうなのかしら?
  │   i  ゞ  "~ /ゝ=イ i ヽ    `ー =ニエミ、く -''7~ /
   }    { \ |   ヒ_i::U:i_ノ   ヽ    /ー=イ ! ``/ } i′         NKVDってスパイ摘発機関でしょう?
  ノ    ゝ、 ヽl   ~ ̄ ~         t_i:U::!/ // ノ |          今はとてもお忙しいのじゃないかしら。
,/      / \_ l           i    ~ ̄` /  /  l
      /::::::::::`' ,          `'      /_/    |         私の夫もてんてこ舞なの。
    /::::::::::::::::::::::\     `、ー- -ァ     /:::!      |         国中でスパイ狩りだものね。
   r':::::::::::::::::::::::::::::::| 丶、   ` ‐ ´   _/:::::::::l       }
  〈:::::::::::::::::::::::::::,__ }   ` 、,,_  _,,. - '' ´::::::::::::::::ヽ     /
   ',::::::::::::::::::::::/  ̄ '' ‐- .,_  ̄  /:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ    /



: : : | : : | : : : : :/: : : /: : : : : : : : : : : _, : :':´: : /   /: : : : : :/   __」: : : /: : : : : l
: : : | : :|: : : /: : ∠: :-‐: : : _: : -‐: ´_ ..  ' ´  /: : : : :∠ -‐ ¬′:〃: : : : : |
: : :|: : |: : :/: /_: :-‐:_: 二 : -‐≪´        /: : : : :_;斗孑≠テ': : :く:} : : l : :!
: : : : : : :l: :/: 厶斗¬二托恭トミ丶`ミ==-‐'/: : _.. イ廴笊{′/ : :/ヘヽ: :|: : |
: : : : : : :∨ / ∨ 、 い込{‐ワ   \  ヽ /:,  '´  / 辷_ク / :,〃: : / }: : | : :,′
: : : : :l : : ヽ{ヘ._」  丶`二ニ´ -‐    ∠:イ   __/ -‐‥ ¬'//: l: :/ /: : :|: /
\: : : ヽ: : :ト-┤                 _」___/ __7⌒ヽ     / : :レ' イ/ : /}/
: : :ヽ: : :丶 {   、            / 厶 -‐ ]┴、  }   /:_/ィ: 〃/ '′
: : : :l:\ : :い   \            〉'′   /   廴'┐_厶.イ: :l:/イ      ご心配には及びませんよ。
: : : :l: : :\: :\    丶、      _/      {  -‐{  ∨: } !:| :|: :|
: : : :l: : : : :l:ト- `=-     ̄ ̄ ̄          `、  `、  ∨厶{ :|: :|      夏先からの粛清で国内のスパイ網には
: : : :|: : : : :!{                 -  , ヘ   \_ _ヽ `ヽl: :|      大きな打撃を与えられました。
: : : :|: : : : :い、                       '′ }  ‐ ¬  `}  \{
: : : :l: :l : : :|: :|\            _ -‐ ¬   /    }   廴 -‐ヘ     私も朝から晩まで仕事尽くめですが、
: : : :|: :| : :| |   丶、   , ⌒ヽ   '´-‐ …'´  ,〃     ,    {、      }     早晩国内には平穏が戻ってくるでしょう。
: : : :|: :l: : : |: :|    丶、{    ヽ -‐‥   / /    ,′  l }    ム
: : : :|: :|: : : |: :l`丶     `、   `、   /{ /    {    ∪    {  ヽ
: : : :|: :|: : : |: :ト、  \____」    ├-< /∨      }    {    |   }
: : : :|: :|: : : |: :| \  \  }      {   V  {   {  {      }     {   {




503 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 22:30:49 ID:321cCa9w0




  l  |:::/    !  /1 /i  !      l | l    l   ヽ`l
 レ  .|::| .,    | ‐ソ-| _L l .|、 .    , ./イ !    |     !、l
./   `' |   ├/,ニコ,|-=.、|l |   ././,.'L .|    |.l   |
|    l'! |     Yl゙-役'」`. '.y  /'壬"l ./,    | |   |     もう年末ですわ。
! ,   | | l、    |、辻'.'/.'  ノ-."' び::Fヽ ./   | !   |
Vl   ,`N_、  ヽ ヘ  ̄´      l.も.'/'ク./   / |  /      本年中のNKVDのスパイ摘発の実績を
  、 / |、l ヽ.l、 l\ヽ、     , `ー' /'   ,/' イ /       同志やる夫に報告する仕事のツメで
  `'ヽ| ヽ N 、.ヘ `-`.i´ `‐ⅴ  _∠土 -/イ  // /       ニコライも缶詰状態ですの。
         /`-l l"ヽ`- ‐´ __. イ_〒V |/| /|/
      厂ニ-~ニ、ヽ 丶-‐"  ̄,ニ.⊃    ´           今日は良い気分転換になったのでは
      レ'    ヽ .l     ノ                  ないかしら?
      7       l乂   /
      |l       l ヽ   l
      、|       l  l   l




   /   へ  ヘ へ、        zノ  /
  ./ ∧    \  \ ` _        イ
  ∧ / 厶     > <¨ ̄_____/ Y
 |  l  、 ゝー― ‐=笊=气、   {i    i
 |  ,'  > 、     爪!z:つノ    |彡、  、
 、 l '¨ 爪Y: : : : : : ー⌒ ¨     ./ : l   ゝ            あら、それはなにより。
  .\l  ハ茄リ ,               ./   \
     ; ー'       .,       。ィ      `\         何かあれば私の夫が力になりますので、
     ;      _  ノ       / l         ヽ、      なんでも言いつけてくださいね。
      ;               | l ノ           }
       、             .|    ;        |      ああ、それと、その報告書には夫の尽力が
      l \        ,    .|     ;       |      あったことも添えていただけると助かりますわ・・・
      / ;    >  _.イ   .    |_ √>、        \
     l /         |    <¨____>、       、
     l ;       ;  . |  , ⌒' <       ヽ入
     ヘ       ;   l ィ' / .::     :'::    ∨
      .l       ィ< /'::    :::;       '::l
      / ‐、_ _ > /...   :::::'    :::   :::. |




505 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 22:31:40 ID:321cCa9w0




.        //: : .:.:.:.:./:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.l:.|:.:、:.:.ヽ: : ヽ
        ' ': :. .:.:.:.:/:/:.:.:.:.:.:./:.:, ィ:.:.:l|:.|:.:.ヽ:.:.l.: : : !
.         |:.l: :.:.:.:.:.:l:/:.:.:.:.:.:./:.:/, ':.:.; ' !:.l:.:.:.l:.:.:|:.: : :|
.         |:.l: :.:.:.:.:.:|'.:.:.:.:./:_//:./  ヽlヽ:.l:.:.:|:.:. : |
.         |:.|l.:.:.:.:.:.:|-=≦三`ンr<`テ三弐=N:.l/.:. : :|
       ヽ!、:、:.:.l:.l 弋戉不ミヽ) 〃7広示テl:/:.:.:.: :{    (そうだ・・・朝から晩まで
         { ハ:ヽヽヽ  ̄ ̄ ,r}==、{、  ̄ ̄ リ.:.:.:.: :|     逮捕の命令と処刑の命令、
         l: :ゝ:.\:.:ミ、__/ノi   \__ ィ:.:.:.:.:. :|     囚人の尋問と各地方NKVDからの
         |: :.:.:.:.`i:ド=-   ヽl '       /l:.:.:.:.:. : :l     報告書を捌くので手一杯だ・・・
         |: : :.:.:.:.l:|:.:\   ‐=-  u イ:.l:.:.:.:.:.: : :!
        |: :.:.:.:.:!l:>l 丶、  ̄   . ´{<_l:.:.:.l:.:.:|: |     もうマトモに休日を愉しんだこともほとんどない)
            l l: :.:.:.:.(  l   ` - ´   !  ,l:.:.:.l:.:.j|: !
         l l: :.:.:.:.|\_l         / l/,|:.:.:.l:./:|/
            い: :.:.:.|  ヽ       /  l:.:.:.:l/:./
        ,. 一トl: :.:.:.| 卩〉      /ハ j:.:.:.:l:.:/ー- 、



                 /: : : : : : : : : :,: : : : : : : : : : :\
                /: :/: : : : : /: : |: l: : l : : : : : : : : ヽ
               ,.' : : /: : :/ : /: : /|: V: :ゝ: : ヽ: : : : :∧
                / : : /: :/: : :イ: / _>、ト、: :ヽ\ l : : : : ∧
.              / / : |/ : /, ', '.ィ≦zャ¬ヘヽ:\\: : : : : ',
            |: |: : :|: :r≦彡'´{ケィヤ乏ノ }|: :` ‐\ ニ=‐: |
            |: |:l : レ沁厂i}==ゝュ__/ | | : : : : : : : : :|    (だが、これだけの打撃を
            |: |:ゝ ゝ二.ノ         | l: : : : : : : : : : |      スパイ組織に与えられたんだ。
            ヽ|\\三ゝ 、        | |: : : |: : : : : |: |
               ト ム  `,........._      | |: : :|: : : : :|: |     同志やる夫もお喜びに
               , ‐''´\  ‐       | l: : : :|: : : : : :|: |     なられるに違いない)
              / , \ ヽ      /| |: : : l|: : : : |: l: :|
            / _、ヽ  ) }ゝ_ .  ´ / |: : : ||: : : : |: |: :|
          /    lノ / /イiノ∠┤   //||: : : ||: : : : |: |: :|
           , '    ノ'‐f´ァ'´l_/   | // ||: :|||: |: : :|: j∠
        r<  `T7 _  イ    / ,| l/l : | : :| :|| l|_ 斗 彡¬__
       / \_'_/_」/  」  〃"´j |レ|: :|: : l_」l斗z彡' / /`ー、
        /     // /  <   / ┌一|' |:/L:ィ  / -‐/
      ,     // ∠  イム  {`ヽ |   l′ l/ / / /





506 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 22:32:24 ID:321cCa9w0




   ――― やる夫の執務室。



   ,=============,
   | r──、 r──、 |                         ______
   | | / / | |/∇ /| |                             /7i          |
   | |==== | |==== | |                          //:::|           |
   | | ∀  | | / / | |                       //::::::|           |
   /ニニニニニニニニニニゝ     〉~ア c「l               「|::::::::|           |
   │r──、 r──、 |     (  ) 〈;;;;〉            |:l::::::::|           |
   |│':.:.:.:.:|│:.:.:.:.│|     (二二二二二)             |:|O::::|           |
   |│:..:.:.:.:|│:.:.,:.:│|     | |     |│           |:|::::::::l           |
 ̄ ̄|└──' ゙──┘l ̄ ̄ ̄(.< ̄ ̄ ̄>.) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:|::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                      |:|:::/
                                       |」/

                    ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)
                        l i   +   +   +   l l:::|
                    / /;:__,,__,,___,_,___,__,__,,___,___,,/ /:::|
                      ( i,;'_ __ ___ _ ___ __ ___ __ __ _;l )::/
                  | l                l |/
                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|
                /                     //|
            ___/___________//| |
              (_______________),‐─┬i' ゝ)
             l:::          .   ..::::::::::| l^) .l│
             |:::    ;.             ..::::::::::| ´|  ゝ)
              |:::           ;  ..::::::::::| /
              l:::.            .   ..::::::::::|/





507 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 22:32:52 ID:321cCa9w0




: : : | : : | : : : : :/: : : /: : : : : : : : : : : _, : :':´: : /   /: : : : : :/   __」: : : /: : : : : l
: : : | : :|: : : /: : ∠: :-‐: : : _: : -‐: ´_ ..  ' ´  /: : : : :∠ -‐ ¬′:〃: : : : : |
: : :|: : |: : :/: /_: :-‐:_: 二 : -‐≪´        /: : : : :_;斗孑≠テ': : :く:} : : l : :!
: : : : : : :l: :/: 厶斗¬二托恭トミ丶`ミ==-‐'/: : _.. イ廴笊{′/ : :/ヘヽ: :|: : |
: : : : : : :∨ / ∨ 、 い込{‐ワ   \  ヽ /:,  '´  / 辷_ク / :,〃: : / }: : | : :,′
: : : : :l : : ヽ{ヘ._」  丶`二ニ´ -‐    ∠:イ   __/ -‐‥ ¬'//: l: :/ /: : :|: /
\: : : ヽ: : :ト-┤                 _」___/ __7⌒ヽ     / : :レ' イ/ : /}/     ・・・夏からの反ソ分子に対する抑圧措置によって、
: : :ヽ: : :丶 {   、            / 厶 -‐ ]┴、  }   /:_/ィ: 〃/ '′     地方幹部80名を含む93万6350名を逮捕、
: : : :l:\ : :い   \            〉'′   /   廴'┐_厶.イ: :l:/イ         うち35万3000名を銃殺、42万9000名を
: : : :l: : :\: :\    丶、      _/      {  -‐{  ∨: } !:| :|: :|         強制収容所送りとしました。
: : : :l: : : : :l:ト- `=-     ̄ ̄ ̄          `、  `、  ∨厶{ :|: :|
: : : :|: : : : :!{                 -  , ヘ   \_ _ヽ `ヽl: :|         これにより国内のスパイ組織に甚大な打撃を与えた
: : : :|: : : : :い、                       '′ }  ‐ ¬  `}  \{         と判断できますが、NKVD当局はこの成果に慢心せず
: : : :l: :l : : :|: :|\            _ -‐ ¬   /    }   廴 -‐ヘ        今後もスパイ摘発に全力を尽くすものであります!
: : : :|: :| : :| |   丶、   , ⌒ヽ   '´-‐ …'´  ,〃     ,    {、      }
: : : :|: :l: : : |: :|    丶、{    ヽ -‐‥   / /    ,′  l }    ム
: : : :|: :|: : : |: :l`丶     `、   `、   /{ /    {    ∪    {  ヽ
: : : :|: :|: : : |: :ト、  \____」    ├-< /∨      }    {    |   }
: : : :|: :|: : : |: :| \  \  }      {   V  {   {  {      }     {   {



      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \    ・・・・・・
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /





509 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 22:33:49 ID:321cCa9w0




                                                    ,.-''" ̄ "''-.、
                                                  ./,-、ノ (_   .ヽ
                                                 /. ,.-‐、   ,.-.、    '.,
                                                 .l  ┴   ┴ `    ',
                          ・・・不十分だ。              .l  (  、  )     l
                                                 ',.   `¨´`¨¨´    /
                                                  ヽ._ _,.--、_,,..........,,_/
                                                  /く/::::::::|::::::::::_,,-''"ヽ-..,,_
                                                ,.-/ ./::::::::::|-‐''"/    ',   ̄ヽ
                                              //  ,'::::::::::::::|  ,'  ,..-''"
                                               ..> l::::::::::::::::|  ,'   \
                                                |  |:::::::::::::::::| |   /



             / ,    / /    ィ   !l l 、 \  ヽ lヽ
          / /  ,   / / /  // |  ノ| l | v|| | ヽ  | ! |
            / / / /_/ / 〃 彳  丿/ !ノノ 」l-‐|| | ! |
        / / // / 〃≫≦´ 、j__/ァー=ナ≦_j{、ハ ! |  ′! |
          / / -/―一||汀卞、 、 レ /-≠ンf卞、¨j{》!、\! / ||
.        / / /l l l| ||、V{_)ヽVi'´   /  Viノ ィ!'ll >、 メ、 |l
      / / / j| ! | liミ=i‐‐/ヘi /  ミ=キ¨´|ノレ' / ̄` | {      はっ・・・?
.      i / / .!ノ ! ゝぃ  レ'゙  ノ丶    ーヘニ ィ /{  || | !
.      レ '   ! `iー‐t<_,  、       -ャ彳 | l  || l !、
.      l  l /l  || il|| ミ=-    ヽ `         Ⅵ  ! ! { | l ! \__
.      | ノ'  j  || |l||  i\   、__      /v //!  } } い  { `‐-、_
      ,| {  .{  |V.l||  | { l\  こ二¨`    ' ∧/ ゙ , !{ {、ヽ丿    `丶、
    ィ´j !  ‘ 八 }!!   | | {  ヽ        ィ// ヘ// / ̄ ̄`く          ヽ、
   「 〈  ヽi    V  `}}{   い{   丶 __ < // /// /         ヽ
.   〉 \ |  ∧ 、小、  、 丶      \  // /// /          |





510 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 22:35:07 ID:321cCa9w0




               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /:::\:::/::\.   |   |
   / <①>::::::<①>\  !   !     NKVDの職務遂行は不十分だ!
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l     これはまったくもって正確性を欠く!
  |     |!!il|!|!l|      |  /     数も不十分だし、精度も不十分だ!
  \     |ェェェェ|     //       スパイの数は全然減っていないぞ!!
  / __        /
  (___)       /



                /: :/: : : : : /: : |: l: : l : : : : : : : : ヽ
               ,.' : : /: : :/ : /: : /|: V: :ゝ: : ヽ: : : : :∧
                / : : /: :/: : :イ: / _>、ト、: :ヽ\ l : : : : ∧
.              / / : |/ : /, ', '.ィ≦zャ¬ヘヽ:\\: : : : : ',
            |: |: : :|: :r≦彡'´{ケィヤ乏ノ }|: :` ‐\ ニ=‐: |
            |: |:l : レ沁厂i}==ゝュ__/ | | : : : : : : : : :|     ど、同志・・・!
            |: |:ゝ ゝ二.ノ         | l: : : : : : : : : : |      これほど大規模な粛清作業を全国的に遂行するには、
            ヽ|\\三ゝ 、        | |: : : |: : : : : |: |      どうしても精度については多少のばらつきが
               ト ム  `,........._  し   | |: : :|: : : : :|: |     発生してしまいます・・・
               , ‐''´\  ‐       | l: : : :|: : : : : :|: |
              / , \ ヽ      /| |: : : l|: : : : |: l: :|     それでも我々は出来る限り多くのスパイを
            / _、ヽ  ) }ゝ_ .  ´ / |: : : ||: : : : |: |: :|     摘発すべく尽力しております!
          /    lノ / /イiノ∠┤   //||: : : ||: : : : |: |: :|
           , '    ノ'‐f´ァ'´l_/   | // ||: :|||: |: : :|: j∠     至らぬ点があったことは・・・
        r<  `T7 _  イ    / ,| l/l : | : :| :|| l|_ 斗 彡¬__
       / \_'_/_」/  」  〃"´j |レ|: :|: : l_」l斗z彡' / /`ー、
        /     // /  <   / ┌一|' |:/L:ィ  / -‐/
      ,     // ∠  イム  {`ヽ |   l′ l/ / / /
    /     ' '     ' ∧| 丿/   / /     /     /





514 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 22:36:42 ID:321cCa9w0




           ______
          / ,,,)!、,,,    \
        /   `´⌒゛'     \
       /   ‐-、三三三三,.-‐   \       \_WWWWWWWWWWWWWWWWWWWW/
     / 三三, ーヽ三|三,'. ー-三三 \     ≫                       ≪
    /    三(   i!三三i!    )三   \   ≫   不十分だと言っているんだ!!  ≪
    |     三三`=ノ三||三ヽ.= '三三     |   ≫                       ≪
    | ,,,,,,,,,,,  三(____人____)三    }.i   .|   /MMMMMMMMMMMMMMMMMMMMM、\
    \i r゙    (i++++++++++i)   ,,,ノ(,,,,/
      \      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      ̄/
       /                 〈



             / ,    / /    ィ   !l l 、 \  ヽ lヽ
          / /  ,   / / /  // |  ノ| l | v|| | ヽ  | ! |
            / / / /_/ / 〃 彳  丿/ !ノノ 」l-‐|| | ! |
        / / // / 〃≫≦´ 、j__/ァー=ナ≦_j{、ハ ! |  ′! |
          / / -/―一||汀卞、 、 レ /-≠ンf卞、¨j{》!、\! / ||
.        / / /l l l| ||、V{_)ヽVi'´   /  Viノ ィ!'ll >、 メ、 |l       ・・・・・・
      / / / j| ! | liミ=i‐‐/ヘi /  ミ=キ¨´|ノレ' / ̄` | {
.      i / / .!ノ ! ゝぃ  レ'゙  ノ丶    ーヘニ ィ /{  || | !
.      レ '   ! `iー‐t<_,  、   u  |||||-ャ彳 | l  || l !、
.      l  l /l  || il|| ミ=-    ヽ `    し    Ⅵ  ! ! { | l ! \__
.      | ノ'  j  || |l||  i\U  、__   u  /v //!  } } い  { `‐-、_
      ,| {  .{  |V.l||  | { l\  こ二¨`    ' ∧/ ゙ , !{ {、ヽ丿    `丶、
    ィ´j !  ‘ 八 }!!   | | {  ヽ        ィ// ヘ// / ̄ ̄`く          ヽ、
   「 〈  ヽi    V  `}}{   い{   丶 __ < // /// /         ヽ
.   〉 \ |  ∧ 、小、  、 丶      \  // /// /          |




516 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 22:37:39 ID:321cCa9w0




        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (①) (①)\       なんだこの報告書は!?
     /    (__人__)   \      そこらへんに転がっている犯罪者を処刑する程度なら
      |       |::::::|     |      誰でもできるだろうが!そうではない!
     \       l;;;;;;l    /l!| !    スパイを殺せといっているんだ!
     /     `ー'    \ |i    _             _
   /          ヽ !l ヽi   | l [l] | ̄| /l    | |
   (   丶- 、       しE |そ  | 二l  ̄/ [][]∧.|_|
    `ー、_ノ      ∑ l、E ノ < |__|  | ̄/ <_/ <>
               レY^V^ヽl 




      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__     スパイが「私はスパイです」などと
 /:::::⌒( ①)三(①)\ fつuu     札をぶら下げていると思っとるのかお前等は!?
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |     スパイはお前等の身内に潜んでいるんだ!
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |     もっと身内を粛清せんか身内を!!
   ヽ           i    丿
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /




518 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 22:38:35 ID:321cCa9w0




         '、                                       /
            \                    ./               /
            \                       〈             / ,.ィ´
      ,.rァ'" `丶、 `ヽ、             ',   l   〉           /  _,.,'仁'’`丶、
     ,イ: : : : ,/  `'ーュ 、`ヽ、        ヘ   i  /         _,.イ>'¨’  ヽ,: : : : : : i〉
     l : : : : i'  仁i i !`丶,`'ーャ、     〉 / ,〈       ,. r 仁'’: :,i ' .ィャ i l : : : : : リ
.     ,: : : : ム ! l リ   l: : : ∨;:;,`´`丶,/     ヽ ヽイ `´;;:;:;:/: : : : i  マリ ! リ: : : : : ノ
    ';;;;;丶 : : 人    .ノ: : : 丿 ;:;;:;;;:;;:;;:;:〈;:;:<;:;:;:;:;:>;:;:〉;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ム: : : : : ',  ー  ノ: : : /_
     ';;;;;;;;;`'ー-≧=-ィ -一'’;;;:;:;;;;;:;;;:;',   ゙ヾ、,,, ,ィ;イ    ,.ィ;:;:;:;:;:;:;`'ー=: : ゝ -‐ィ'_ ,.ィ',’.;';:;' ヾ、
     ';;;;;;;;;;;;;二三三;;;;:;;;;;;;;;;;;;; '"゙  ヘヾ、        //   ´゙ヾ;:;:;:;:;:二三三ニ;:;:;:;:;:;:ノ  ゞメ
       ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;; '/                        ヽヾ;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:ィソ’   /'
                  /           i、           }
                  {           /ヽ           /
                  ヽ、        /  ヽ、       /
                  │ "ーーーー''"        "'ーーー''"
                  ヽ、l   人 ( |l _」∟ニ二」,L.、ノ


 人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人

          この自白調書もなんだ!?これでは何も書いてないのと同じだ!
       スパイどもの持っている情報を、口から内臓が飛び出るまで吐き出させろ!!
         なにもかもだ!奴等の独り言から心の中の声まで、全部自白させろ!

           もっと奴等を殴りつけろ!本音を自白するまで痛めつけろ!!
              スパイと闘うということはそういうことなのだ!!

 YYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY




522 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 22:40:21 ID:321cCa9w0





 人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人
<                                           >
<   殺されるべき人間が殺されていない!これでは不十分だ!    >
<                                           >
  YYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY

                  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                 /:.ノ(          \           ,,              ,,.    ,.
                /: : : ⌒             \        / |   /| /|     _,,.r':/  /::|
                / : : : : ._          _    \     /:::::i  /::i |:::::i  ./'''"´:::::/ ./:::::::|
               | : : : :   ´⌒\,, ;、  、、/⌒`.  l     /::::::::i  |::::! .i::::::i /::::::::::,,.//:::::::/
.                  |: : : ::;  ( ① ) ノヽ ( ① ).;;:: |    i::::::::::i  i::::i i:::::::i/:::;.r''" /:::::::/
               |: : : : :   ´"''" ,      "''"´  l     i:::::::::i. i::::i,/i:::::/'"´ ./:::::::/
                \ : : :     (    j    )  /      i:::::::::i. i:::/::::i:::/  /:::::::/
               ,r''"\: :   .`ー-‐'´`ー-‐'′/         i:::::::::i i/:::::::i/:| /::::::::/
              f!: : : : :: : :           ト、        i:::::::::"::::::::::/ |:::::::/
              i!: : : !: : : : :             ヽ.       i:::::::::::::::/  i::/
           ! i ./: : .i i: : : : :: : ;!ii:::i:      :i:i  i       i:::::::::/     i/
            | i!i/: : : : !l|r"-'"-i| i`i|‐、     :i'   i,        i::::::::i
            |,イ|,,..r''"!l|  i!  |ヽi  `i    :,./.   ',     / .  i:::::::i
           ,r'''! |i!       ii |  | |`i  i: :// ',   ヽ.,.r"/.    i:::::::i
    i、     /  !       ,,,,.i! l-ー|--i!、 .i:/ ./ :'i,'.,.,,,.r'" /    .i:::::::i
\   i \  /i     ,,..r''"  i! i.   !  i! l .i  ./:: ;;ir''"  /ヽ  .   i::::/
  \ !  .\/ .:i.              |   i ヾ、./:r''"    /  ヽ.   i/
   `'    / .::/             .!|,,.rヾ、,,ノ       /ヽ.   ヽ、

                                     / : : /: :/: : :イ: / _>、ト、: :ヽ\ l : : : : ∧
.                                   / / : |/ : /, ', '.ィ≦zャ¬ヘヽ:\\: : : : : ',
                                 |: |: : :|: :r≦彡'´{ケィヤ乏ノ }|: :` ‐\ ニ=‐: |
                                 |: |:l : レ沁厂i}==ゝュ__/ | | : : : : : : : : :|
                                 |: |:ゝ ゝ二.ノ     ||||||  | l: : : : : : : : : : |   も、申し訳ありません・・・
                                 ヽ|\\三ゝ 、     し | |: : : |: : : : : |: |
                                    ト ム  `,........._      | |: : :|: : : : :|: |
                                    , ‐''´\  ‐    u  | l: : : :|: : : : : :|: |
                                   / , \ ヽ      /| |: : : l|: : : : |: l: :|
                                 / _、ヽ  ) }ゝ_ .  ´ / |: : : ||: : : : |: |: :|





524 : ◆J7qCZtZxmc:2013/10/27(日) 22:42:06 ID:321cCa9w0




やる夫の凶悪な猜疑心は悪化していた。

エジョフとNKVDは、ますます肥大化するやる夫の疑心暗鬼と要求に答えきれなくなりつつあった。



              ,. -─────────‐- .、
             /  \   :::::;;;;;;;;;;;;;::::  /  \
           /     \ ::::::;;;;;;;;;;;;;::::: /     \
          /  __::::: _ ::::::::::::::::::::::::   __ _.  \
        /イ/:/ /::::::\\ヽ':,;;;;;;;;;;;;/,ィ//::::::\ ヽ', .\
       /  i:::|  |:::: |::::| | i i==i i | |:::: |:::::| | ノ/= \
     /    ヽ';:\ \:::::://.//::::::::::::ヽ.\\::::::////    \
    /     ヽ ー=== ̄===´´::::|:::::::::::::、ー==='イ      ,\
   /         :::::      |      |      |       :::::      ヽ
  |               |      |      |              |
  |               \__/\__/               |
  |                ヽエエエエエエエエイ|                |
  |                                     ハ   |
  ヽ                                     ^  /
    \                                     /
     \                                  /



NKVDの死刑執行人たちの頭上にはやる夫からの絶え間ない要求と圧力が降りかかり、
自分たちもまた大粛清の災禍に巻き込まれてしまった人々の一人にすぎないことを、思い知ることとなるのである・・・





【第四十二話 肉挽き器 前編 終わり】
                                           第四十二話 肉挽き器 後編 に続く・・・







関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加




[ 65700 ]

……  うへぇ…
[ 2013/10/30 00:01 ] [ 編集 ]

[ 65710 ]

すげえな・・・
登場人物の殆どが屑かキ○ガイか無能ってどんなスレだよ・・・
しかもこれが史実に起こった出来事だから救いがない

以前の登場人物紹介の感想欄で>>1の表現が口汚いとか書き出す読者がいたけれど、ぶっちゃけあの表現ですら相当マイルドに感じてきた
[ 2013/10/30 00:37 ] [ 編集 ]

[ 65714 ]

読んでて頭が痛くなる…

果てしない内戦を実現させたって事なのか
そうまでしないと新しい権威は作れなかったのだろうか
理解に苦しむぜ
[ 2013/10/30 00:49 ] [ 編集 ]

[ 65718 ]

流石人類史に残る3大殺戮者の一人w
[ 2013/10/30 01:37 ] [ 編集 ]

[ 65719 ]

凄まじいとかそういうもんじゃないよな。
事実は小説より奇なりってやつだ
[ 2013/10/30 01:40 ] [ 編集 ]

[ 65720 ]

お腹いっぱい

処刑のさまが一人ひとりねっとり描写されたわけじゃないのにどっかおかしくなりそうだ
[ 2013/10/30 01:52 ] [ 編集 ]

[ 65726 ]

やる夫が歴史上トップクラスのガイキチなのは間違いないけど、ソビエト特殊論みたいになるのも違うと思う。
外部に敵しかいない密閉されたサークルでトップに文句が言えないってルールを与えたらどこでも起こりうることなのでは。
[ 2013/10/30 03:08 ] [ 編集 ]

[ 65730 ]

化け物どころか魔王だなこりゃ
[ 2013/10/30 04:46 ] [ 編集 ]

[ 65731 ]

みんながやる夫を利用した結果
[ 2013/10/30 04:49 ] [ 編集 ]

[ 65735 ]

やる夫のAAってこんなに怖くなるのか…
[ 2013/10/30 06:07 ] [ 編集 ]

[ 65739 ]

まるでネトウヨの在日がーみたいだな
[ 2013/10/30 07:18 ] [ 編集 ]

[ 65740 ]

人類史上、もっとも汚職のない世界がそこにある。
けれど、その反動はすさまじい。
[ 2013/10/30 07:21 ] [ 編集 ]

[ 65742 ]

こんな事してて世界的には”大国”だったっていうのがすごいね
[ 2013/10/30 08:09 ] [ 編集 ]

[ 65743 ]

歴史というよりSF・・・なんか次元が違う。
[ 2013/10/30 08:18 ] [ 編集 ]

[ 65744 ]

事実じゃなくイデオロギーが出発点だと、現実を狂わせて辻褄をあわせようとするからな
だから、全て主義者は信用できねえ
[ 2013/10/30 08:48 ] [ 編集 ]

[ 65754 ]

>>65726
やる夫は山岳ベース事件を国家規模でやってのけたというわけか
[ 2013/10/30 10:22 ] [ 編集 ]

[ 65755 ]

>正しい労働者の国家において問題があるとするならば、それは外部の敵による破壊工作に違いないのである。
>そうして、社会主義の「正しさ」の純潔さが保たれていった。無数の流血と引き換えに・・・

パラノイアっていうTRPGがあるが、まさにこれの戯画化だったわけだな
[ 2013/10/30 10:51 ]