ブログパーツ 泳ぐやる夫シアター やる夫と学ぶ野村克也 第19話 「失くすモノ、失われるモノ」


















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

やる夫と学ぶ野村克也 第19話 「失くすモノ、失われるモノ」






                          ::::::::::::::::::::::::::
                       ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                   ::::::::::::::::::::::::          :::::::::::::::::::::::
                 :::::::::::::::                   :::::::::::::::
               :::::::::::::::         J('ー`)し         :::::::::::::::
              :::::::::::::::           (  )           :::::::::::::::
               :::::::::::::::          ||           :::::::::::::::
                 :::::::::::::::                    :::::::::::::::
                    ::::::::::::::::::::::::         ::::::::::::::::::::::::
                     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                        :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                           ::::::::::::::::::::::::::


                            ○

                                 ○


                              ○  。



       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

          やる夫と学ぶ野村克也               第19話「失くすモノ、失われるモノ」

       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━










206 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 21:31:49 ID:45inBSuk0




           _-─―─- 、._
         ,-"´          \
        /              ヽ
         /       _/::::::\_ヽ
       |         ::::::::::::::  ヽ   親分と決別して、蔭山さんと死別して‥‥
        l  u    ( ●)::::::::::( ●)
       ` 、        (__人_)  /   それだけでもきっついのに‥‥
         `ー,、_         /
         /  `''ー─‐─''"´\




        _,. -┬ fニト、
      r'´ 、r | | ,.L |
      |   (_ノ j {. '、\
      |    }‐イ-上 〉. \
      |    ノ´     /)゚o |   今度はカーチャンとか‥‥
     i      r‐‐人__) .|
     ヽ   .ノ ` ⌒´ . |
      i  !,       ノ
      .',  ヽ、 .   /
        \  .     ヽ、
         \      |.i
           |    .   | |




209 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 21:32:31 ID:45inBSuk0




      / ̄ ̄\
    /   _ノ  \   \      いくらなんでもあんまりだろ!
    |    ( ○)(○) \ \
   . |   o゚ (__人__)  __    ノムさんが何をやったっていうんだ!!
     |  0   `ー'´ノ´ ̄    ̄\
   .  |     /  }         \
   .  ヽ   /   }          }て・,‥¨
      ヽ     ノ ___   _ノ そ¨・:‘ .
      /    く  \  YY ̄ ̄YY\
      |     \   \    ・; ∵ ..\
       |    |ヽ、二⌒)、       .  \




           ____
         /   ∪  \
       γ⌒) ノ三三三ゞ(⌒ヽ    流石にやる夫もこれはないと思うお
      / _ノ (>)三(<) \ `、
     (  <:::∪:::::(__人__):::::∪|  )  考えただけで胸が痛くなってくるお
      \ ヽ ::∪::::` ⌒´∪:://





210 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 21:33:16 ID:45inBSuk0




      / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |   (○) (O)    そりゃあ、いつかは親御さんと別れる時はくるだろ
   . |.   .|| (__人__)
     |    ノi  !   | }   でも、いくらなんでもこんなタイミングで‥‥
   .  |   し' ` ⌒´ノ
   .  ヽ        }
      ヽ     ノ
      /    く
      |     \
       |    |ヽ、二⌒)




          ____
        /_ノ  ヽ、\
      /( ○)  (○).\        まったくだお‥‥
     /   (__人__)  u. \
     |ni 7   ` ⌒´    . |n     ここまで連続して不幸なことばかり起こるとか
   l^l | | l ,/)      U  l^l.| | /)   本当に信じられないお
   ', U ! レ' /      . . | U レ'//)
   {    〈         ノ    /
   ..i,    ."⊃    rニ     /
    ."'""⌒´       `''""''''





211 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 21:34:06 ID:45inBSuk0




            {∨///////|   |////////////////////////|
            ∨///////∧   ∨//////////////////////l|
           '⌒>//////⌒ヾ、  ∨///////////'´ヾ`¨゙゙ヾ///l|
            ////'´ /    `ヽ、{∠'l//////∧   ',   `¨ヾ}
           / //   /  ̄`ヽ、   i  |∧∨{ヾ`ヾ;、 ノ____  {
             l/|  /  ,、_   `ー+-┤ ';l{ ヾ>ィヶュ、∨///∧ヽ_l
             l ',/', f圭王℡、_,.l | /,、_,ィエ系㌢´~ ∨//////∧
              ∨ヾ〉、`三=ヾニ' i_, 〈ミ圭㌢--─    |/´ヾ////入     つかぬことを聞くが‥‥
              }/´ / ヽ.` ̄ン ,「 l  ヽ` ̄ ̄´,   |l f` ∨///∧
                 /∧.〈   `ー'´  .|  |   `ー-‐'´   .リノ  //////∧   2人とも、両親は達者か?
               ///∧∧      ,イ'  丶 ト、       | レ' ////////∧
            ////////l   /´ ヽ、__,r‐'´  `ヽ、   ト、ノ////////}ヾ〉
            レ'l/////∧ l | ,r========ュ、_  | l   | |//////////}
             {//////∧ { | `ー -- ─ ' ´ .| }  /人//////////}
              {///////ハ  l    ‐--‐     l   // /ヾ////////ノ
            _,,,>'´ ̄~゙7介、              ,r‐'/ /  | ̄ ̄ ̄ ̄`ー、_
  _ ,,, ─ '''  ̄        / | | ヽ、_    _ , ' / /   |            ̄
                /   | |     \¨¨ ̄      / /    |
                 |   | |           / /    /
                    |   | |         / /     /




       _-─―─- 、._
     ,-"´          \                                     / ̄ ̄\
    /              ヽ                                  / ヽ、_    \
    /       _/::::::\_ヽ                                (○)(○ )    |
   |         ::::::::::::::  ヽ   幸い、ピンピンしてるお               (__人__)゚o    │
    l  u    ( ○)::::::::::( ○)                       うちもだろ    (,`⌒ ´      |
   ` 、        (__人_)  /                                . {        |
     `ー,、_         /                                  {        ..:/
     /  `''ー─‐─''"´\                                   ` ー     \





212 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 21:34:51 ID:45inBSuk0




        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |    雄山さん‥‥こいつ、偉いんですよ
     . |:::::::::::     |
       |::::::::::::::    |   初めてのバイトの初任給で
     .  |::::::::::::::    }    両親をご飯に連れて行ってるんですよ
     .  ヽ::::::::::::::    }              
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´




          ____
        /_ノ  ヽ、\
      /( ●)  (●).\        それは今やる話じゃねーお
     /   (__人__)  u. \
     |ni 7   ` ⌒´    . |n     大体、今まで迷惑かけてきたんだから
   l^l | | l ,/)      U  l^l.| | /)   恩を返すのは当たり前だお
   ', U ! レ' /      . . | U レ'//)
   {    〈         ノ    /
   ..i,    ."⊃    rニ     /
    ."'""⌒´       `''""''''




          , ィ〃〃〃〃〃〃,,)))
        ,r≦三〃〃〃〃〃〃,)))ゝ、
       /彡三〃彡彡//////-'''''' Yミ、
       .{イメ彡///ノ /イ 〃リ.ヽ _ _ ミヾ
       .彡三三ニ{    ̄` _  {´ ,,,,ゝ
       ,彡彡三ニ;} ∠三二ヽ`ヽ}∠≦ノ    ほう
       彡メ彡三{   fニヒノj'''  、fニヒノヽ
      ,彡ソf-三ニ{  ‐-‐'   _ ヽ、ー' {    やる夫にそんな面があったとはな
      彡ニl   三{{      _,t _____ )、 l
      /l/l,ハ ` 三}  ./     _ ヽl
      !l/l/l/l`t-イ       ` ̄ - ` j
       ヾj/T(\    、      __ ,イ\____
     __ノ:;:;:;:ヽ\\     ̄ ̄ ̄ノ   i!lヽ:;:;:;:;\:;:;:;:;:;: ̄




214 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 21:35:43 ID:45inBSuk0




              ____
            /      \
           /         \
         / U  _ノ    ヽ_  \    それ以外の金は好き勝手使ってるし
         |     (一)|lil|(ー)  |    別に褒められるような話でもないお
         /     ∩ノ ⊃_) /
         (  \ / _ノ |  |     やらない夫だって、やる夫がニートになっても
         .\ “  /__|  |     付き合い続けてくれたことは感謝してるお
           \ /___ /




              / ̄ ̄\
            / _ノ  .ヽ、\
            |  (○)(○) |    そりゃあ、お前がそういう奴だってことが
            |  (__人__) .|
             |   ` ⌒´  ノ    分かってたからな
      r─一'´ ̄`<ヽ      }
      `ー‐ァ   ,    )     , -'~⌒ヽ、
       ノ   {.   ,ヘ    ,l. ゝ、_ .'ヽ).
      /, 、 _   /. |    . ',  . ..  .ヽ、
     (/ / // / / ...|      ...|\..\\ \_)
        / // / /         . . \_\_)、_)
        ー' {_/ノ              ."´




        , -‐……‐―- . .、
.      r'r'r'         `ヽ
      __}川            `ヽ
      //,r‐'' ヘ\\\ ̄ ̄ミ=-、 ヽ
.    l'i !    | \\ ヽ  ミ=-、  ヽ
    从 トー‐x | r―‐‐ 、   ミ=-、  ヽ    見かけによらんとはまさにこのことか
     ハ〈 竺。ァゝ Y竺。テ  }      ミ
       〈、  ,ィ   、 _    j      ミ
        l   j           ミ'⌒Y   `ヽ
        |  {、__,..へ、   ミ  ノ   ノ ハ
        ,'|  /,こ二、  ヽ   Y        ',
      从   ー‐      厶イノ八八八{`ヽ
      ( j` r‐----一'   //   `ヾー‐-- 、
    _/}/j  ゝ     / /         /





215 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 21:36:27 ID:45inBSuk0




          ,-'´''''" `''`''``'' ̄`''''''''''''=ー'--、
         r'^r'^r'^                `''--、
         | | | |                    `''--、
       ,- l、 | | |                       ヽ、
      / ,ヽ、  /ヽ、ヽ、\ \ヽ、ーーーー--- ミ      ゙;
     l   -- ,-'´   ヽ、ヽ、 \\      ミ      ヽ、
     シ  |           ヽ、 ヽ、\    ミ`''--、   ヽ
     l   ,|        |    \       ミ`''--、    ヽ
     彡  |        |      _,_    ミ`''‐-、     ヽ、
     //  |ヘ'‐---、   | _,,,.-ー''"   ヽ、  ミ `''‐-、     ヽ、
     ((从 |/へ---,,,|   |、 ヽ、,,,_,,,.-―''''"   ミ          ミ    ならば今一度、改めて振り返ってみる
        〈  ===''、-、    i ===''、フこ,    ミ          ミ
        /   ̄ ̄ ̄                ミ           ヽ   良い機会なのかもしれんな
        ゙;  ヽ、.___,.ノ/    `''‐-.-―      ミ           ミ
         !      /               ミ _,,,.―        ヽ、
         |      /               ミミ   |        ヽ、
         |      i゜ ""   、         ミミ   |         i
         'i      、___,,,.-゜ ヽ、      ミミ   /         lヽ
          |    /          ヽ、      ヽ、,‐'´          |
          |    | '´^^^ ̄ ̄`````  `、     /             ヽ
         /|        ‐-ーー          /  /l | i | ヽ ヽ、|
        ,'´/|                     / / ノ`ヽ、 | i | v、リ
        レ ヽ、                 /ヘ-       `ヽ、
        〈   `''‐-ー.-―――''''"    // /          冖ー--、_
         ヽ|、/|    ゝ、,       // /                   `''-
          / 、            //  /                     /
 _,,,.-―''''" ̄ ̄  /          //    /




217 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 21:37:16 ID:45inBSuk0




            {∨///////|   |////////////////////////|
            ∨///////∧   ∨//////////////////////l|
           '⌒>//////⌒ヾ、  ∨///////////'´ヾ`¨゙゙ヾ///l|
            ////'´ /    `ヽ、{∠'l//////∧   ',   `¨ヾ}
           / //   /  ̄`ヽ、   i  |∧∨{ヾ`ヾ;、 ノ____  {
             l/|  /  ,、_   `ー+-┤ ';l{ ヾ>ィヶュ、∨///∧ヽ_l
             l ',/', f圭王℡、_,.l | /,、_,ィエ系㌢´~ ∨//////∧     己の大切な‥‥
              ∨ヾ〉、`三=ヾニ' i_, 〈ミ圭㌢--─    |/´ヾ////入
              }/´ / ヽ.` ̄ン ,「 l  ヽ` ̄ ̄´,   |l f` ∨///∧   親という存在のありがたみをな
                 /∧.〈   `ー'´  .|  |   `ー-‐'´   .リノ  //////∧
               ///∧∧      ,イ'  丶 ト、       | レ' ////////∧
            ////////l   /´ ヽ、__,r‐'´  `ヽ、   ト、ノ////////}ヾ〉
            レ'l/////∧ l | ,r========ュ、_  | l   | |//////////}
             {//////∧ { | `ー -- ─ ' ´ .| }  /人//////////}
              {///////ハ  l    ‐--‐     l   // /ヾ////////ノ
            _,,,>'´ ̄~゙7介、              ,r‐'/ /  | ̄ ̄ ̄ ̄`ー、_
  _ ,,, ─ '''  ̄        / | | ヽ、_    _ , ' / /   |            ̄
                /   | |     \¨¨ ̄      / /    |
                 |   | |           / /    /
                    |   | |         / /     /




            ____
          /     \                           / ̄ ̄\
   .    /       \                        / ヽ、_    \
   .  / /) ノ '  ヽ、 \      「「‥‥‥‥」」       (●)(● )    |
     | / .イ '(ー) (ー) u|                      (__人__)゚o    │
   .   /,'才.ミ). (__人__)  /                       (,`⌒ ´      |
   .   | ≧シ'  ` ⌒´   \                       . {        |
    /\ ヽ          ヽ                      {        ..:/
                                          ` ー     \
                                          /    _    l
                                         /  ̄`Y´   ヾ;/  |
                                        ,|    |    |´  ハ
                                        |    |    |-‐'i′l
                                        |__ |   _|   7'′
                                       (   (  ̄ノ `ー-'′





218 :名無しのやる夫だお:2013/10/07(月) 21:38:08 ID:bk1RDkWA0



「親孝行 したいときには 親はなし」


219 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 21:38:00 ID:45inBSuk0





  京都府竹野郡網野町(現:京丹後市)。



  :::....::::::........ . .::::::... .... ..::::::::::::::::....::::::........ . .::::::... .... ..::::::::::::::::....::::::........     . .::::::... ....:::::::::::::....::::::........    . .::::::..  . .... ..:
   :::::... .... ..::::::::::::::::....::::::........ . .::::::... ....::::::::::.. .. . ... .::::.. . . .:: : :.. . ... ::: :::.. ... .. .. . ... ... ..::. .. . ..           . .. .:
   .:::: .. . .... .. ..   . ... ...    ..::   . .. . ..   ...       .. ..   . ... ...    ..::   . .. . .. ... .. ..      . ... ...    ..::
  ... ...    ..::     . .. . ..
   .:::: .. . .... .. ..   . ...  ...    ..::          . .. . .. ..   . .           . ..     . ...    ..::   . .. . .. .
    .. .. ..   . ...                       . .. .            .. :... ..
  ..   .
  ... ...    ..:  :      . .. .
   .::  :: .. . .... .. ..   . ...     ...    ..  ::          .    .. .  .. ..   . .. ..     . ...    ..::
    .. .. ..   . ...                 ...     . .. .            .. :... ..
  ..   .
  ... ...    ..:  :      . .. . ..
                                                      ,,,
                                               _,,.-ー''''"゙゙"´゙''``'‐.、、.
  ___________________________________,,.--ー''''''"゙゙''"´``'''"´``'‐''"´ ... .. ..   . ... ...  ``'‐.、,,
  .. .. . ... .::::.. . . .:: : :.. . ... :::,,,,-‐'゛``'、,,-‐'゛  ... .. ..   . ... ...    ..::   . .. . .. ... .. ..   . ... ... ゙゙゙゙''''''''''‐-- 、 ,,,,,__
  _,,.--ー''''"゙゙`゙''ー-、_,,.--庁ー ''''''"゙゙":;;;: : ;:.............;;;;; ; ::; : ;:; :; :  :: :;... .. ..   . ... ...  .、丶"''':、丶、`丶.'.;';':;:';'::;:';'..::.;';':;:';'::;:'":;;;: :;
   i;;ii:i;;i ̄|rニユ l |l i: i:二i, .;';':;:';'::;:';'; ,. '':';;:::;:;;:爿|:::.:....;';':;:';'::;:';'; ,. '':';;:::;:;:;;::::.:....;';':;:';'::;:';'; ,. '':';;:::;:;:;;::::.:....;';':;:';'`,,,,-‐'゛::;:';'; ,.
  二.ll.| . 二 ̄ ̄|=,ィ'⌒ニニエニニil]1lー-il]|_三rーilil ̄|─r‐┬||irr-、v冖v":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; ":;;;: : ;: ;: ;: ;: ;: ;:  ; ::;
   ::;...;;.;;ii:i;;:; :;..; |l巫||、_,|斤il]il]|_三rーilil ̄|─r‐┬|i、 _r-lT┐┬il]il]|_三rーilil ̄|─r‐┬r'⌒ヽ'' ,. ,. '' ;';':;:';'::;:';';゙゙゙゙'''‐- 、 ,,,,,__
  韭|  |:::.. ..  |巫|il]il]|_三‐┬ lil「l ̄|i、_r lil「l韭l《fニニll ̄'' ;~'',;''゚ ;~'',;'', ;~,;''゚ ;~゚''゚ ;~'',;'',;''゚ ;~,;, ‐''"~ ̄~`''‐ ,.、t''T叮 i¬-、
  韭|  |l::;...;;.;.;ii:i韭lllll":;;;: : ;|韭韭|ニニエニニエニニエ : ;:;;';':;:';'::;:';'; ,. '':,.ィ;| ̄冂ilrーilil┬ li┬;:::;:;:;;::::,.‐':;ニ´ィ:爿ヱ;'::;|I|:・:|I-lT┐┬



   野村の生まれ故郷であり、高校時代まで、野村が過ごした地域である。





221 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 21:39:35 ID:45inBSuk0





  秋から冬にかけて、日本海から吹いてくる北西の季節風を、地元の人々はウラニシと呼ぶ。



                                         |~l
                                          | .ヽ
                                      _  ノ  .\    _
                                       |ヽ_/.    `‐._//
                                     √_  ._    . __.(
                                     ) (.ヽ' \  ./  . ̄
                                     ⌒_   .\/
                                    .ノし~|
                                    .i    |
                                    |,.   .|
                                    /.    |
                    \               /   ./
                \     \│            /   .(
                  \     │          _ノ   i `
                    \   |    ._   _/     |
                   ───┘   .l (,,.-‐´     .|
                     .,,____  ,.ノ        ./´
              _,,. -‐'´     'ー┘         |
             __!.,,__ ,,__,.,..__,...,_     _       /フ ..i´
           <´~ し、 _.ノヽ- \ つ   (└‐-'´!ノ⌒ |,..i´
            )  .く .~| .,,.-‐.v´ .! ,.-‐'
    .          /   ./   `  .   `´
           .ヽ∩,!



  1年の半分以上雨が降ることも多く、ウラニシが吹き暗くどんよりとじめついた天気と、
 地元の名産丹後ちりめんを織り上げる音が、この時代の京丹後の風景である。





222 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 21:40:13 ID:45inBSuk0





  野村の母であるふみは、元は京都府伏見市内の病院で働いていた看護婦だ。








        ┌─────────┐
        │ 食料品店 野要   │
        └─────────┘
         │  J('ー`)し     |  カーチャン、頑張るからね
         │   (  )    ┌─|
         │   ||    │ i|
         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





  その病院に怪我でかつぎこまれたのが、父の要市。
  これが縁で結婚した2人は、網野町に移り住む。要市は食料品店「野要」を開業し、
 ふみは店を手伝いながら産婆としても働き家計を支えていた。





223 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 21:40:59 ID:45inBSuk0





  しかし要市はやがて日中戦争で召集され、それから半年後に36歳で戦病死。
  ふみはたった1人で、嘉明、克也の2人の息子を育てていかなくてはならなくなった。




                       J('A` )し  トーチャン‥‥もう帰ってこないんだって
                        (  )
                        ||




         _, -z- __
       〃三ニ==ミ=ニくi_
       {V´  __` ≪彡'}
       {{ __  rッァ  }vく}   ‥‥‥             ____
       ∧rテ|  i´  : r.)ノ                 / .,-、 ,-、  ヽ.
         ', ヽ'__   : }く}                 / , -i ・ii・ i- 、 l   カーチャン
         ヽ.´ご   イ |`:,                   | , 三 ー ●‐' 三ヽ |..
           _ー< }ィ } ∨、_                  l i 、_   |    , l |   オナカスイタ
     、_/ i::::「:に:::ノ | , \:                   ヽ.(_)‐┴― '  !/
    :::/   i⌒ ¨ ̄_|ο /                /  ノ____ /'
    :::\ο |ー、  ′ | ∠::::::                 ノ-(〒)―

        野村 嘉明



  この時、ふみ34歳、嘉明6歳、克也3歳。





224 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 21:41:37 ID:45inBSuk0





  ふみはとても働き者だった。地元の新聞に写真つきで、その働き振りを
 記事にされたこともある。





        ┌─────────┐
        │  売  り  物  件  .│
        └─────────┘
         │            |           ┌─────────┐
         │             ┌─|            │ 食料品店 野要   │
         │             │ i|           └─────────┘
         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





              トーチャン‥‥形見の店‥‥
       J(;'Д`)し               
         (  )   守れなくてごめんねぇ
         ||



  しかし時代は統制経済下にあり、女手1つでは物資の調達もままならない。
  夫の残した食料品店は、やがて閉店に追い込まれた。





225 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 21:42:16 ID:45inBSuk0





  追い打ちをかけるように、ふみの身体にも病魔が襲い掛かる。






              J('A`)し
           /⌒⌒⌒⌒⌒ヽ
          // ̄ ̄ ̄フ /
        / (___/ /
        (______ノ









  身体に異変が走り、子宮がんを患った。看護婦の知識が役立ちすぐ手術を受けたことで
 病気は癒えるが、翌年にはその手術の放射線治療の後遺症で腸閉塞にかかる。
  一命はとりとめたものの、これでふみの身体は立ち仕事が出来ないほど弱りきってしまった。




227 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 21:43:16 ID:45inBSuk0





  野村克也の幼き日の記憶は、そんな最愛の母が寝込んでいる姿を
 見つめているところから始まる。





                J('A`)し    身体弱くて、ごめんねぇ‥‥
             /⌒⌒⌒⌒⌒ヽ
            // ̄ ̄ ̄フ /
          / (___/ /
          (______ノ





          ,  ────- 、
        /     /⌒ ヽ ⌒ヽ\
       /    , -|/ ・|・ \| 、 ヽ
      /   /    ` ─ ●ー ′ ヽヽ   母ちゃん、むりしないで
     l    /  ──   |   ─  |
     |  /   ──   |   ─  |   ぼく達ががんばるから
     |  l    ──   |   ─   l
      l  |    / ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ   /
      ヽ ヽ   (_____ノ /
        >━━━━━ O━━─( _ )
       /   /       ヽ  /



  6畳1間のボロ屋に住み、明日の食事すらままならない困窮生活。
  小学4年生、まだ10歳になるかならないかの頃に、家計を助けようと野村は
 兄の嘉明と共に新聞配達のアルバイトを始めだした。





228 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 21:44:01 ID:45inBSuk0





  そんな年でよくぞ働いた、ではない。
  そんな年で働かなければならない環境で、野村は育った。




                 ___
                / ̄    ̄`ヽ.__
            _,.ィ'  _
              / _| |/ ____   `ー
          / __l l// / ̄ ̄`ヽ._
           レ' ,二N'  /        ̄
            { (  `ー┴'"´ ゙̄''ー--===
          ,-、|./ /            /
       / 、 | くヽ             {
        Vハ.| _\ヽ         _ノ    あの頃は、今よりももっと雪も多くてな、
          ∨ヽ! ,ヽfソヽ〉  ,r‐ __七´ 〈   新雪が股まで積もった
        人__|l ´ ̄ }ー / くfツ ノ´
  ___,.イ::::/ |l    / / ノ  ̄`      そんな中を、自転車を押して配達しなきゃならない
   ::::::::::::::::/ /ハ.   〈   !      //し
  :::::::::::/  /:::!∧ -、ー__'    , ' /     あの辛さは、今の人にはちょっと想像してもらえないと思うな
  :::::/   |:::::| ∧ 、`┴'‐   /\
  /     |::::ハ. ∧ ` ̄  ィ /}
  、_     |:::::::\ `ー‐‐<  //
    :::::::`ヽ  |::::::::::::`7ー‐┐ /:/|



  雪が積もれば足元もおぼつかない。足をとられ溝に落ちた回数も、片手では足りなかった。
  同世代の子供達がよく眠り、よく遊ぶ中、野村の幼少時代はひもじく惨めなことばかりが続いた。





229 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 21:44:50 ID:45inBSuk0





  だが、ふみはもっと惨めだったに違いない。
  元は隣県滋賀の出身であり、余所者である。夫とは死別。周りに頼れる人間はほとんどいなかった。




    ヽJ(`Д´)しノ  いいとこの子に引けを取るな、母ちゃんが恥ずかしいから





          ___ _
         // / /,ヘ    ,.. -─-- ...、
         〈〈 ヽr''  l ,.;::',斤テ、l::::;;ェイ;::`丶
         〉〉  _..ノ/j lふl ・}/Y,ゎら l:::ryヽヽ
         // /  /''ゝ三个人tゝゲク/てィ <:::ヽ   負けてなるものか!
        ,r'.'―'、 .l とブ丱,● ゞ土き _.. ヽ!:::::::ヽ
       __,l     !_屮任イ l  丁_入ヤヽ| ヽ '.;::::r┴ 、
        〃 _ゝ-<:::::', lノ.Tヽ|/''f-''-1l   |  l l:::'、  ノ
      《 / 》  / ヽ:ヽヽ十┼‐‐十‐''十‐┼ .」 l::/::::T´
      `´ ゝ-'   \ヽ j |   l   |  |  | .j/:::::::|
               `ヾ、二─-'- .._|__|_ノノ:::::::::::j
                  T7-rz、___.. -、''´::::::::::::l
              ,r ⌒ヾl ゞ-''      ';::::くYヽ:|,...._
              {     } 、 .._<>Kュ  }:::ヽイソj.、  `ヽ
              ヽ    人ヽ、_ ヽィ〃 .ノ:::::::::::::::::::}   }
               `ー''''' -=三z-'''´::::::::::::::;; -'ー '´
                        ` ー─ ''´



  せめて子供にはそんな思いをさせたくないと、心には錦を飾っていて欲しいと、
 ふみは野村を強く育てた。
  そしてふみの願い通り、野村は心身共に強く育つ。





230 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 21:45:38 ID:45inBSuk0





  しかし時には、野村自身も悔しい思いを噛み締め続けた。
  母子家庭というだけで言われない中傷に遭う。まして野村家には財産がない。



           し!     _  -── ‐-   、  , -─-、 -‐─_ノ  し  片 え
    小 貧    // ̄> ´  ̄    ̄  `ヽ  Y  ,  ´     )   か .親  |
    学 乏    L_ /                /        ヽ   も  !?  マ
    生 が    / '                '           i  貧     ジ
    ま 許    /                 /           く  乏
    で さ    l           ,ィ/!    /    /l/!,l     /厶, !?
    だ れ   i   ,.lrH‐|'|     /‐!-Lハ_  l    /-!'|/l   /`'メ、_iヽ
    よ る   l  | |_|_|_|/|    / /__!__ |/!トi   i/-- 、 レ!/   / ,-- レ、⌒Y⌒ヽ
    ね の   _ゝ|/'/⌒ヽ ヽト、|/ '/ ̄`ヾ 、ヽト、N'/⌒ヾ      ,イ ̄`ヾ,ノ!
     l は  「  l ′ 「1       /てヽ′| | |  「L!     ' i'ひ}   リ
          ヽ  | ヽ__U,      、ヽ シノ ノ! ! |ヽ_、ソ,      ヾシ _ノ _ノ
  -┐    ,√   !            ̄   リ l   !  ̄        ̄   7/
    レ'⌒ヽ/ !    |   〈       _人__人ノ_  i  く            //!
  人_,、ノL_,iノ!  /! ヽ   r─‐- 、   「      L_ヽ   r─‐- 、   u  ノ/
        /  / lト、 \ ヽ, -‐┤  ノ  キ    了\  ヽ, -‐┤     //
  ハ キ  {  /   ヽ,ト、ヽ/!`hノ  )  モ    |/! 「ヽ, `ー /)   _ ‐'
  ハ ャ   ヽ/   r-、‐' // / |-‐ く    |     > / / `'//-‐、    /
  ハ ハ    > /\\// / /ヽ_  !   イ    (  / / //  / `ァ-‐ '
  ハ ハ   / /!   ヽ    レ'/ ノ        >  ' ∠  -‐  ̄ノヽ   /
         {  i l    !    /  フ       /     -‐ / ̄/〉 〈 \ /!









       . /  ̄ ̄ ̄ ̄ `\
       / ,=\/ヽ       ヽ    フン、言ってろ
      / || +li+  |- 、=「l= ヽ
      l/ヾー●ー ′  ヾ   |   必ず見返してやるからな!
      | =|_|= | ~∽_  |   !
      ヽ ゙゙~ | ~⌒ヾ  |  /
       ヽ / ̄ ̄\   l/ヽ
        | ` ━O━━━ ´



  ふるさとは、野村家を冷たくあしらい続ける。

  野村にとって故郷は決して心を許せる場所ではなかった。
  見返さなければならない、認めてもらいたい存在でもあったのだ。





231 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 21:46:24 ID:45inBSuk0





  貧乏から抜け出し、母親に楽をさせてあげたい。
  その一心でプロ野球の世界に飛び込み、野村は大成していく。



                      .
            /!     ,,.rァ .       __
         /::::l゙  ,,、r'´ /        |:::|___
          |:::::::l_,.r''´:::::::::::/      匚二::::r‐一'´
          |   ::::,.、r'!  /      ┌一':::::`二コ        /)
          ,,l   ,,r'’  l  /       `ー┐::|         ./;:::|
       ./   .l゙    l ./          |::::|          ̄ |::|
      / ./!:::: l!    l゙/             |__,|           V       ,.-┐
    r'´  ./ .|:::::|                                  _,.:::'´:r'´    . , '⌒ 、
    |   ./  |:::::|                                 {_/l::::!     /(;;;::... j
    | ./   |:::::|                                    !:::!    /  `:ー/
    レ'     |::::/              _ -=: : : ̄: : :ト _                   /    /  /〉
          |./            x.:´: : :/' ¬、: : : : : : `:.、            /   /   '´::::「
                       ,.:´:./¬ミ{/  .r , }--y- _: : ヘ          /  /   └'´|:::|
                    /: : :.{  0i、  ゝ'ノ ≠ / ヽ: ハ         /:::: /        凵
        .             7: : /ヽ __k::::ヽ¬ ' ./     ',: .}     /:::;;/
                   {: 7 ト _   ゞ=r'     -=ニ    }: : :i    /::;;/
                   |: {----     ',            i: : ノ  /::;;/                  ∧
                   ',:i _ -=      , _ --‐‐--   γ⌒ヽ;/              r‐‐-、   /::: 〉
                     ',! γ    , - '       ,-' x== 、ノ                `ー一'./::/
                     ヘ.人____/       ._,-' : : {   }.:.ヽ                  /::/
                      \       ∠ : : : : : (_`j=イ: :.:ノ                /::/
            {              >_.../ : : : : : : : イ=ミ: /ハ´           .     〈_/
      \    |l|w/L ,r_/         (: : : : : : :ノ '´Yノイ : : :ハ
        \\{w└ ¨ ´ /           |: :7 ___7==ハ¬ : : : : |
         \´     彡x           r!: {ハ  弋♀ノ ̄ フ 7: :|
          >  ; ’  ∠─       γ7|: : ヽ \__   _,//: : :!
         /      }|             `{ ヽ: __,.ニー: :.'´>' ´ ̄ヽ
       /´ヾ,  r、r‐|^`          ヽ__ ノ   \/       }
          //  }´                     |        ノ
          /                          ヽ ___ イ



  プロ入り3年目にレギュラーの座をつかみ、4年目にはホームラン王。
  京都の片田舎で生まれた青年は、やがて球史に名を残す大打者へと成長する。





234 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 21:47:10 ID:45inBSuk0





  そして1959年、野村が属する南海ホークスは宿敵巨人を下し、見事日本一の栄冠に輝く。



                                                     _r‐-、  ー
                                                 __ <_ >、}<ヽ
         .イ               __,, i、_                      /く _、 ̄!¬、,、 `′
      ヽ人_从人__从_从人_从人_人| l.__!‐┐   〈ヽ      /丶、        ._  ̄丁_,ヘVヽ
   ,. ‐<                 > l  {     ∨       /  /         l. l    /  〉
  ./ /<                  >             ヽ. /         l__ !   /  /   ;¬    ト、r┐
 ー-'  <                 >            _,.ィ                \/〉     L..{     }  ヽ、
       Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒YW⌒Yl l      r┐     !  ノ⌒ヽ_ ,.へ          ト、          L..._ i
   〈ヽ   ヽ. /    |  ,{ ∨   | 〉 _ノ⌒~'⌒⌒ー=彡: : : : : : :\   \     l´l   |  `!
    ∨          ー'´      ∨/: : : : : : : : : : :「:}: : : : : : /⌒V⌒ソ`ヽ/       V   l  l       ,.イ
         ヽ. /      .イ      ノ⌒ソ⌒ヽ:_:_:_:<:人 : :_:_:く::::::::::::::::::`ヽ           `ヽ.|  <> / _{  r┐
        .イ           i´ |   __)::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`´:::::::::::::::::::::人::::ノ                  /,/   L..!
        i´ |     / !   l   !  ノ::::::::::::::::::::::::::::::::ノ^^ヽ:::::::::::::::::::::::ノ  Vヽ    見ているか、文子よ
 ,. ‐ァ   l   !    l l   .     {::::::::::: -r=ミ::::::从(rヶ、 ,ィrァ;;;:::/⌒V   }/∧
./ /    l/       | 〉        >'´ { |  ヽ:人;   } ,  レく  /  /,///\  この光景が‥‥お前への手向けだ
ー-'  r1        ∨        ////∧ \. \∧ r==y /  } /  ///////\
i´{    !,l   _       / ̄ /く _///////┐ \ \\⌒ ./-‐//  ///////  ト、      __,, i、_
`ー      |_,!     /   /   .〈_/ ̄./ /    \ \ ̄  /´   //////≠   ヽ       | | l.__!‐┐
    __,, i、_       |__  .    // ̄ } \   fヽ\ \|l/   ∠)//`<__  l   |  / !  |. !  l  {
     | | l.__!‐┐     .´ヽ` / l_{    ム^Y^7Y^i/   ̄ ̄{ __///    \   \  | l l   ー'´  `ー-    ,ィ
    |. !  l  {       ..   '.   〈__,/_/_/ノ\_.. -‐/ _////___    ⌒'r==='ヽ | 〉      !     l l r¬
 ̄l   ー'´  `ー-     r¬    \_/  >////∧-─ {  .///ト、N_}___L{   }∨            '´  L..l
  l ;¬     ト、r┐   L..l   ,.へ      {\////∧ ./ ̄7 ̄__//∧:::〈〉:::〈〉:::{] \〈 /        | 〉
‐-' L..{  ,、   }  ヽ、      、   \  /\  ̄ ̄ ̄〈_/<二二二彡」 ̄ ̄ ̄   レ′        ∨
                         /////777777/∧. |l /////////|
                 .        //////////////∧|//////////|                ※第9話参照
                       //////////\//////////////.|            

                              鶴岡 一人



  指揮官・鶴岡一人が本懐を遂げ、エース杉浦忠の4連投4連勝で御堂筋が涙雨に濡れた大パレード。
  野村も優勝メンバーの一員として、オープンカーに乗りファンに向かって手を振った。





235 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 21:47:58 ID:45inBSuk0





  しかしこの年、実は野村はもう1つのパレードを体験していた。



      ___.                     ∩゛     ∧空∧    ((( ))) /\
     /. ――┤. -=・=-    -=・=-    | |  ∧ ∧{´ ◎ `}____( ´∀`)\ 奥 \
    ./(.  = ,= |      ∧∧    ∧_∧  | | ( ´ー`) ):::/´∀` ;:::: \ヽ(`Д´)ノ゛\ 丹\
    |||\┏┓/∫    (=゚ω゚)ノ~ ( ´Д`)//  \ < .∧|∧   /::::::::::| .¶_¶.    \の\
    V/ ∧,,∧ ∬  ~(  x)  /       /   ,一-、(´ー`)  /:::::|::::::| (ΦдΦ)/~   \星\
     || ミ,,゚Д゚ノ,っ━~~ U U   / /|    /   / ̄ l⊂ヽ \/|:::::::::|::::::|  γ__  ∧w∧ 旦∬
    人 ミ ,,,  ~,,,ノ  .n   野村 克也     ■■-っ ┌───────┐  \ ( ゚Д゚ )∩゛
   ( ゚ー゚)と..ミ,,,/~),ヽ(凸)ノ              ´∀`/. | ●        ● |     ヽ    ノ
     / ̄ ̄し'J\[Y]    我らが英雄         /| .┌▽▽▽▽┐. |____|__||_| ))
    /     ●  ●、ヽ                    (. ┤ .|        |. |□━□ ) (゚Д゚)?
    |Y  Y       \   優勝おめでとう      \.  └△△△△┘. |  J  |)∧_∧
    |.|   |       .▼ |∀゚)               |\や\       | ∀ ノ " ,  、 ミ
    | \ /■\  _人 |∧∧∩゛∧_∧∩゛∧_∧  |   \っ.\     | - Å′ ゝ∀ く
    |  ( ´∀`)___/( ゚Д゚.)'/ ( ´∀` )/ (・∀・ ),. |.   \た\.    |  ). \  Λ_Λ
    \ ( O   )  冫、 U  /  (     / ⊂  ⊂.)ヽ(´ー`)ノ゛ \ぜ.. ∧_∧/(´Д`;)<丶`∀´>
     |││ │   `   |   |   ∪ |  |  ( ( (  (  へ (゚д゚)~⌒(゚ー゚*) (-_-) (・ω・` )
     (_(__(__)(・∀・) ∪~∪  (_(__) (_(_) く ⊂⌒~⊃。Д。)⊃⊃⊃(∩∩)(∩ ∩)



        _____
      /   /⌒ヽ⌒ヽ\
      /   , ┤  (|)  |- ヽ    うわあ           | /    \ j冫`ヽ        /
    /  /   `ー ●ー′ ヽ                   | |   ヽ / | 卜  |        /
   i  /    二   | 二   l、   凄い人だかり       ||  /\ ヾー'  | /     /      フッ
    |  |     ─   | ─ __)                 |  |/´     ∨/     ´' -,,,_
    |  |  /´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ / /                  |  ||\     _ム,,,,,,,,、__──'''''´   大人気じゃないか
    !   ! i  /⌒ヽ⌒ヽ / /                   |、_| / ,,         ヽ、
     ヽ ヽ/⌒ヽ___/ /                     ) ` ´       〉     ヽ
    ┝/ \_ノ━━6━━、                     /,,  /| ,    /:    !  ヽ、
    /    / ___ ヽ  \_                    `~'''‐'、   /;;     !   \
    |    | ヽ    ノ |   (__)                        ̄

                                            杉浦 忠



   翌月、親友である杉浦と、公私共に世話になっていたブルペン捕手の先輩を伴って
  帰郷した野村を待っていたのは、母親の知り合いや自らの友人が催してくれた
  町全体をあげての凱旋パレードだった。




238 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 21:48:55 ID:45inBSuk0





  日本シリーズで4連投4連勝を成し遂げた杉浦も、さすがにこの時は脇役だった。
  にわか仕立てのオープンカーの先頭に主賓の野村が乗り、2台目に杉浦と先輩のブルペンキャッチャーが、
 そして3台目には55歳となっていたふみが乗る。



               ヽ、 !     | /         ,.イ          ヽ、 !     | /         ,.イ
              `′     ′    ヽ、 !             `′     ′    ヽ、 !
      〈ヽ     /丶、           `′     〈ヽ     /丶、           `′ ,.イ         _,.ィ
       ∨      /  /     〈ヽ     /丶、     ∨      /  /     〈ヽ     .<> / _{.  r┐     !   Kヽ
            ヽ. /     ∨      /  /           ヽ. /     ∨      /  //,/   L..!    |  ,{ ∨
           .イ                  ヽ. /           .イ                  ヽ. / {/      _r‐-、  ー'´
           i´ |     / !      .イ            i´ |     / !      .イ     ._  __ <_ >、}<ヽ
    ,. ‐ァ   l   !    l l     i´ |     / ! ,. ‐ァ   l   !    l l     i´ |  / ̄ /く _、 ̄!¬、,、 `′
   ./ /    l/       | ,. ‐ァ   l   !    l ./ /    l/       | ,. ‐ァ   l   !./   /   ._  ̄丁_,ヘVヽ
   ー-'  r1        ./ /    l/       | ー-'  r1        ./ /    l/ .|__   {ヽ l. l    /  〉
   i´{    !,l   _     ー-'  r1         i´{    !,l   _     ー-'  r1     ´ヽ` / l__ !   /  /
   `ー      |_,!    i´{    !,l   _      `ー      |_,!    i´{    !,l   _    .V       \/〉     ∧
       __,, i、_      `ー      |_,!         __,, i、_      `ー      |_,!             ^      V


           ____ 
 .         /´ /⌒ヽ ⌒ヽ`\
       /   , -|  >|< |-、 ヽ          | /    \ j冫`ヽ        /
      / /   `ー ●ー ′  ヽ ヽ         | |   ヽ / | 卜  |        /
      l /  .二    |    二  ヽ l         ||  /\ ヾー'  | /     /
  /⌒ヽ| l l  ─   |   ─  | | |         |  |/´     ∨/     ´' -,,,_           J('∀`)し
  〉、__ノl |  \      |       ノ   l         |  ||\     _ム,,,,,,,,、__──'''''´                 (  )
  |   ヽヽ   ヽ、   |     /   /`ヽ        |、_| / ,,         ヽ、                   ||
  ヽ   ヽ       ̄ ̄ ̄ ̄   /   l        ) ` ´       〉     ヽ
   ヽ    \ _______ /⌒ヽ  ノ        /,,  /| ,    /:    !  ヽ、
 .    〉    `ー──◯──‐ヽ_ノイ         `~'''‐'、   /;;     !   \
    l    /         \    |               ̄


  のむ_convert_20131009042449


  (1959年11月に行われた網野町パレード)

  一個人のために開いたものとは思えないほど、大変な盛況ぶりだった。
  あちこちでテープや紙ふぶきが舞う。野村克也が故郷に錦を飾り、地元の英雄となった瞬間だった。





239 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 21:49:45 ID:45inBSuk0





  これでやっと、母に親孝行が出来た。
  そう満足しながら、先頭車両に乗る野村が振り返り、3台目の車に乗るふみを見つめる。



                    . __ ----   _
                 ,. : ´:/  Y:, --、: : : ` : 、
                 /< ´ {   9 /     Y: : : : : :\
              /ヽ  ヘ  〉'::::::<{   9 ': : : : : : : : ヽ
           〃⌒ヽ \  弋::::::ノヽ  ノヽ: : : : : : : : : ヘ
   , .-─‐    {  `ヽ、      /  ──----\: : : : : : :ハ
  .(゙  ( ,,__  _   ∧        ./   `ー  _      V: : : : : : :.',
   ` '' ー- ニ ~"ニ = - ‐     ,'   - 、   `ヽ.   ',: : : : : : :.}
   , .-─‐        ' \    ′      \        }: : : : : : :.!
  .(゙  ( ,,__  _    ',   ヽ、,'          _, :'  i: : : : : : :7
   ` '' ー- ニ ~"ニ = - ‐   `ー-------  '     ,': : : : : :./
              ヘ                 / : : : : : /
                  \             ,:': : : : : :./
                  , -{ニニニニニニ=- '-----z≠
              弋ニ{ ̄ヽ ̄ ̄: : :T: : : : -----.リ:
                 |__|: : : : : :.!: : : : : : : : : : ∨




             '_
       J('∀`)し  、
        (  )
        ||



  すると‥‥




242 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 21:50:27 ID:45inBSuk0





                                   っ
                          ヽJ('∀`)しノ    っ
                          (( ノ(  )ヽ ))  っ
                            ││





        , --───-  、
      /    / ⌒ヽ./⌒ヽ\
     /   , -{  / ハヽ  } 、 ヽ     ふふふ
    /  /  ゝ _ ノ, ‐ヽ-'  \ヽ
    / ‐┼──-   ゝ ノ  - ‐一!|‐   あんなに手を振っちゃって
    |   l.、, -一    |  ー─- lL_
    |  / \./     |  ー-./ !
    、 ' l. /\_   | _/ /\
    ヽ  X        ̄ ̄   /
     /、二二二二二二二二 く
    /      /  ( 〒)\ ヽ
    !  /  /         }   !



  身体が弱く、小さなふみが嬉しそうに、はにかみながら両手をぶんぶん振って応えてくる。
  その様子は野村にとっても、たまらなく嬉しいものだった。





243 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 21:51:16 ID:45inBSuk0





  しかし一方で、故郷に対する複雑な思いはそれでも拭い去れなかった。




              _____
             / \/ ヽ   `\
           / |  .|.  |- 、   ヽ       高校生になっても、ポケットに10円もない日も珍しくなかったよ
         //`ー ●ー ′   \   ヽ
         __l  三 |  三     ヽ   l     おふくろも親戚に頭を下げて、1000円、2000円の借金を
       .\______|__/ ̄`ヽ  l  |     申し入れては断られていてね
         .   l          |   | /⌒ヽ
            |   / ⌒ヽ⌒ヽ |   |ヽ_ノ
     .     、ー┴─────┘ /   / ノノ
           >━━O━━━━/  /
        /⌒ヽ  /    \     |




         . /  ̄ ̄ ̄ ̄ `\
         / ,=\/ヽ       ヽ     あの、屈辱感
        / || +li+  |- 、=「l= ヽ
        l/ヾー●ー ′  ヾ   |   おふくろが、彼らに対して抱いていた怨念は、
        | =|_|= | ~∽_  |   !   僕にもよく分かったよ
        ヽ ゙゙~ | ~⌒ヾ  |  /
         ヽ / ̄ ̄\   l/ヽ
          | ` ━O━━━ ´



  やっと網野の町で一人前の顔をして歩くことができる。
  そう思えば思うほど、脳裏に浮かんでくるのは幼少期に味わった屈辱の記憶だった。





245 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 21:52:04 ID:45inBSuk0





  かつては自分達を冷たくあしらい続けた故郷が、今は両手を広げ、諸手を上げて近寄ってくる。




              _,ノ‐''''''^^^¨¨¨⌒ ̄⌒^^''¬-、,_
          ._v-''¨`   .,,vー─-、    .,,vー─-、 .¨'ーu_
        _ノ'″     ./′    ¨┐ ./     ゙┐  .゙'┐
       ,/′      ./ ̄''''-¬,,,,__.ミ .i |,,,,___ ..)   ゙\
      ,/′     λ  |     ( ・ )| } .¨'ーu,,  |     \
     ./′      八,、-ミ.ノ‐''''''^^ ̄./¨レ       .人,_     ミ
    .,ノ′     ._ノU'   \_   ._,rlト冖へy   _/  ¨'‐u   .゙lr    そのくせ、僕が有名になった途端‥‥!
   .,i′     /ー-v、.,,_   ¨^^¨´〔    〕.¨^^¨′  __.,、 ゙\.  {
   〕      ./′    .⌒'''''    \,,,,,,ノ′  v-ー'''¨ .λ  ゙┐ }
   |      ノ  .λ───ー      }      __,,.,、v;(_)ー''  {..]
   |     :|   | |            .!      `         .}}
   }     .|   .U-:;:冖^ ̄       .|      ¨¨¨¨¨ ̄¨¨′ ミ}
   .|     .}       _,,,,,vvl''''¨¨|^^⌒|¨¨''''lvv,_         }
    ). .   〕    ,,、-v~|   .|   |   |   |''T^i-,,_      /
    .{     ). ., r'z::''''~゙(~~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~~~`^^^^''''¬;;;_   ノ
     ミ.    `i,                         , `'' /
     ゙).    `i,                           .,ノ  λ
      \    },     ′               .  /   | |
       . \  \                   .  ,/     ∪
         (¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨゙ソ冖干ア^^^^^^^^^^^^^r'′
        /~~~~~~~~i¬冖'''''7′   ∨¬ーーz─-―「\
       /      _ノ     厂¨丁¨¨フ    .ミ、     ゙\



  そんな地元の空気を、野村はどんな心境で受け止め群衆に手を振り続けたのか。
  また、その光景は後に野村の中でどう生き続けたのだろうか。





246 :名無しのやる夫だお:2013/10/07(月) 21:52:22 ID:Upbm3Zh60



本当にコンプレックスの塊なんだなあノムさんって


247 :名無しのやる夫だお:2013/10/07(月) 21:52:39 ID:oWhRuGlU0



それでも忘れられないのが故郷というやつなんだろうね


248 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 21:52:48 ID:45inBSuk0





  しかし、町の住人にとって野村の存在は紛れもなく大きな“誇り”であり、
 暗くどんよりとした土地柄を照らす一条の“光”だったことは間違いない。




                   ,r=ヽ、            r';;;:;:;;:::;;;;;;;;;;;;ヽ、
  .     ,r=ヽ、      j。 。゙L゙i     rニ二`ヽ.   Y",,..、ーt;;;;;;;ヽ人_从人__从_从人__从人_人_从人_从
  .    j。 。゙L゙i......r-=、 l≦ ノ6)_   l_,.、ヾ;r、゙t   lヲ '・=  );;<                       >
  .r-=、 l≦ ノ6)_`゙ゝヽ、`ー! ノ::::::`ヽ、 L、゚゙ tノ`ゾ`ー ゙iー'   <   野村ー!! 頑張れーー!!   >
  .`゙ゝヽ、`.rfニ、ヽ.  にー `ヾヽ'":::::::::::: ィ"^゙iフ  _,,ノ ,  ゙tフ  ヾ;<                       >
  . にー `...l。 。 f9i ,.、 `~iヽ、. `~`''"´ ゙t (,, ̄, frノ   ゝ-‐―イーY⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒Y⌒WY⌒
  .,.、 `~i t≦_ノゝ、..ヽ、__l::::ヽ`iー- '''"..゙,,....,,,,__. ,/   /       t_゙゙   _,,.. :: "
  .ゝヽ、__l::::.`ブ´,,:: -- ::、 ::::,->ヽi''"´゙,r''"''''''ヽ:::`ヾ‐テ-/ i      `ユ゙"
  .W..,,」:::::::゙,rニュf::r-‐t::::::::ヽ.ミ__ィ'{-...f´,,..、 r"::::::::::i. ,/`ヽl : :` : : ,.r‐(´::::〉   ,.ィ
  .  ̄r=./,,, Y.. -‐ ヾ::::::::l / f´.ノ゙ f・=  7:::::::::::l゙''"  ,:イ`i : : ,f´:::,::ヽfト--テ:::ヽ人_从人__从_从人__从人_人_从人__从_从
  .   lミ、.゙ム゚゙゙' く、'゚`  ゙'"):::l.゙il  l..ヽ''    ゙'⌒リ:ノ  ,:rニテ三ミゝ、::::::ゝ!r7/ー<                         >
  .   !   l=,,;;:. l=、  ..::" ,)ヽ、.  l j⌒    ト'"fノ ,r"彡彡三ミミ`ヽ、゙/://::<  今年もホームラン王、三冠王や!!   >
     l. /`ゝ-''^ヽ''"  ,/: : : :\..゙l...ヽ、: : : '" ノ^i,  ゙ゞ''"´   ゙ifrミソヘ, ://:::::::<                         >
      /rf´ i′  ,f^ヽノ:,. - - 、 ヽ,,. -テ) ,/  `ヽ:,i ,,.,...、  ヾミく::::::l.゙/:::::::::::::::Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒Y⌒WY⌒⌒W
  . r'": ゙'゙  l   l: : j :f´: : : : : ヽ,/   '''"´  ,,.: -  lヲ ェ。、   〉:,r-、::リ.゙::::::::::::::::::::
  . ` ̄´... !   /: :ノ l: : : : : : : ノ,      ,:'"   / ,, 、   '"fっ)ノ::l..'::::::::::::::::::::::
        /-‐-/: :/: l: : : : : : ,/ /     /       `i- 、ヽ  ,.:゙''" )'^`''ー- :、
  . _,,..::-,テ   /`7: :(: : : : : //'´ミ)ゝ^) 〃      i、ヺi .:" ,,. /;;;;;;;;;;;;;ヽ人_从人__从_从人__从人_人_从人__从
  `_,:ィ''"  _,r''" f: : :ト---ヲ ト、つノ,ノ fノ       ノ゙i  ,,.:ィ'" /;;;;;;;;;;;;<                       >
  -‐-‐'''フ"  ,.ノ,:::::」、,:r'"  i _,,.:イ  /      ,r''";;;;;;`゙゙" ヽ_,,ノ;;;;;;;;;;;;<   網野の意地、見せてくれぇ!!   >
  、..、く´_,,∠"ィ''"´ /    ,ヽ  ゙:、 /\、   /;;;;;;;;;;;;;;;;;r-'"´`i,;;;;;;;;;;;;;;;;;;<                       >
  ´  ,ヘr:、-、=---/    ,:イ ヽ  \  `ヽ〃_;;;;;;;;;;;;f´'     ll;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒Y⌒WY⌒
  ーフ´ > ヽ`ー、/    /く _,,..ヽ   ヽ ,/  `゙''ーハ.     l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  / / ,,ゝヽ, )  ,./ ィ'"   ゙t    `'     /^t;\  ,,.ゝ;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;



  野村の活躍に一喜一憂し、打てば喜び、凡退すれば嘆いた。
  野村克也のように、頑張り続けよう。それが口には出さずとも、京丹後の合言葉となった。
  当時最も熱狂的に野村を応援したのも、故郷・網野の人達だったのである。




250 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 21:53:30 ID:45inBSuk0





  そして、その野村の活躍の源となった最愛の母、ふみ。










                             J('ー`)し
                              (  )
                              ||











  息子達が立派に成長し、共に住もうと声を掛けられてもふみは、決して亡夫の眠る土地から
 動こうとはしなかった。




252 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 21:54:07 ID:45inBSuk0





  身体が思うように動かなくなり、外出を嫌がるようになった側面もあった。
  英雄の母親として、手厚く遇してくれる周りの友人達に対する感謝もあった。





                                 J('∀`)し
                                  (  )
                                  ||





                                               __.. --- 、
             ______                   .        ∠二 ̄ 、_\
            / / ̄ヽ ̄ヽ\                       ∠二 ̄ヽ、__二トo
          / _|  / |ヽ |_\                     /レ=ミー- `二ニ彡'i}-──.、
         /  /  `ー ● -   ヽ                    {lレ'⌒ヽ==ニニ彡/,ニ、l{::::::::ヽ::∧
         | / , 二   |   二、ヽ                    |      Vノ_| 〈l |::::::::::∧::::}
         | | | ─    |   ─ ||                    、__、 、_ノ二   r'_ノ\:::::::::l::/-.、
         ヽヽ .\    |    //                   /:::tッぅ ´反ノ l  | |:}  ヽ::::l/:::::::
          \ヽ `'ー─┴─‐''" /                .    /:::::::∨-、!   | ノ /∧/::/::::::::::
           (二二二(〒)二二)                   :::::::::::::‘ーr'__ァ   /イ::/ |─-=<:::::
           /  /     \|ヽ                   :::::::::::::::\ヽ_/::{:::j/   |  /  `



  しかしこの場所はいつしかふみにとって、離れていても息子達の息吹を感じ取ることのできる、
 唯一の場所にもなっていたのである。





253 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 21:54:44 ID:45inBSuk0





  そしてまた、京丹後の土地に冬がやってくる。



  :::....::::::........ . .::::::... .... ..::::::::::::::::....::::::........ . .::::::... .... ..::::::::::::::::....::::::........     . .::::::... ....:::::::::::::....::::::........    . .::::::..  . .... ..:
  :::::... .... ..::::::::::::::::....::::::........ . .::::::... ....::::::::::.. .. . ... .::::.. . . .:: : :.. . ... ::: :::.. ... .. .. . ... ... ..::. .. . ..           . .. .:
  .:::: .. . .... .. ..   . ... ...    ..::   . .. . ..   ...       .. ..   . ... ...    ..::   . .. . .. ... .. ..      . ... ...    ..::
 ... ...    ..::     . .. . ..
  .:::: .. . .... .. ..   . ...  ...    ..::          . .. . .. ..   . .           . ..     . ...    ..::   . .. . .. .
   .. .. ..   . ...                       . .. .            .. :... ..
 ..   .
 ... ...    ..:  :      . .. .
  .::  :: .. . .... .. ..   . ...     ...    ..  ::          .    .. .  .. ..   . .. ..     . ...    ..::
   .. .. ..   . ...                 ...     . .. .            .. :... ..
 ..   .
 ... ...    ..:  :      . .. . ..
                                                     ,,,
                                              _,,.-ー''''"゙゙"´゙''``'‐.、、.
 ___________________________________,,.--ー''''''"゙゙''"´``'''"´``'‐''"´ ... .. ..   . ... ...  ``'‐.、,,
  .. .. . ... .::::.. . . .:: : :.. . ... :::,,,,-‐'゛``'、,,-‐'゛  ... .. ..   . ... ...    ..::   . .. . .. ... .. ..   . ... ... ゙゙゙゙''''''''''‐-- 、 ,,,,,__
 _,,.--ー''''"゙゙`゙''ー-、_,,.--庁ー''''''"゙゙":;;;: : ;:.............;;;;; ; ::; : ;:; :; :  :: :;... .. ..   . ... ...  .、丶"''':、丶、`丶.'.;';':;:';'::;:';'..::.;';':;:';'::;:'":;;;: :;
  i;;ii:i;;i ̄|rニユ l |l i: i:二i, .;';':;:';'::;:';'; ,. '':';;:::;:;;:爿|:::.:....;';':;:';'::;:';'; ,. '':';;:::;:;:;;::::.:....;';':;:';'::;:';'; ,. '':';;:::;:;:;;::::.:....;';':;:';'`,,,,-‐'゛::;:';'; ,.
 二.ll.| . 二 ̄ ̄|=,ィ'⌒ニニエニニil]1lー-il]|_三rーilil ̄|─r‐┬||irr-、v冖v":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; ":;;;: : ;: ;: ;: ;: ;: ;:  ; ::;
  ::;...;;.;;ii:i;;:; :;..; |l巫||、_,|斤il]il]|_三rーilil ̄|─r‐┬|i、 _r-lT┐┬il]il]|_三rーilil ̄|─r‐┬r'⌒ヽ'' ,. ,. '' ;';':;:';'::;:';';゙゙゙゙'''‐- 、 ,,,,,__
 韭|  |:::.. ..  |巫|il]il]|_三‐┬ lil「l ̄|i、_r lil「l韭l《fニニll ̄'' ;~'',;''゚ ;~'',;'', ;~,;''゚ ;~゚''゚ ;~'',;'',;''゚ ;~,;, ‐''"~ ̄~`''‐ ,.、t''T叮 i¬-、
 韭|  |l::;...;;.;.;ii:i韭lllll":;;;: : ;|韭韭|ニニエニニエニニエ : ;:;;';':;:';'::;:';'; ,. '':,.ィ;| ̄冂ilrーilil┬ li┬;:::;:;:;;::::,.‐':;ニ´ィ:爿ヱ;'::;|I|:・:|I-lT┐┬



  暗くどんよりとした空に響く、丹後ちりめんを織り続ける音。
  日本海には今年も、ウラニシの風が吹く――――――――





254 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 21:55:11 ID:45inBSuk0





         ____
      /        ヽ::
     /           |
     |_____毛__|_
     |    )_ = ー=┐
     | ヘノ  i = .人.=.ノ
      し      ̄/、__> |
     ヽ人  ー ( __i_ )ノ
     / \ヽ、 ´   ノ /
   /    \\ー- ' `ヽ
  /     ゙ヽ   、::::::/   ゙l
  l/"⌒ヽ,  \  ヽ _  _l


   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

          やる夫と学ぶ野村克也

                                  第19話「失くすモノ、失われるモノ」

   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                                                    ,  ───  、
                                                  /   /⌒ヽ⌒ヽ\
                                                 /     , ┤  ‘|‘  |、 ヽ.
                                             .   /   /  `ー ●ー´  ヽ
                                                l   /   二   |  二  |
                                                |  l     ─   |  ─  l
                                                l  |        |   ) /
                                                 ヽヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄ /
                                                  〉━━,-、━━━━く
                                                 / / ヽフ    \.   ヽ




256 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 21:55:49 ID:45inBSuk0





  1968年12月。
  テレビの仕事のために東京にいた野村は、兄・嘉明からふみが危篤状態にあると知らされ
 急遽仕事をキャンセルし、大阪へ飛んで帰った。




                          つ
               _____
             /- -、    `ヽ、       つ
            / !|/・|・\|─-- 、 \          母ちゃんが‥‥母ちゃんが‥‥!
            i / ゙- ●-っ /^ヽ\ ヽ  つ
          ~|~.= | ~ /|  |  l ヽ i
          .  ! |\__|___/  |  |  |  | /⌒ヽ  ___
            ヽ\|  |  |  |  |  |/⌒ヽ _/^ヽ ───
             \\_|_|_|_| /\ノ \ヽ、ノ
               `i──── ´  /   \_O
             .   ヽ._____../ \     ヽ
                /⌒ヽ 、───┐ ヽ   !^ヽ ───
                |   |ヽヽ、_ ノ  丿   /   | ───
                ヽ._ノ───────ヽ、__ノ  ─




.

258 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 21:56:25 ID:45inBSuk0





  野村にとってふみは、誰よりも大切な存在だった。




                        J('∀`)し
                         (  )
                         ||






                   ,. -‐: フ¬、‐- _
                 ,≦_'´ ̄i  r9 }. -‐ 、:. 、
              γ´ニ.. _  ヽ ヽr-:.Y '´)   !: : ヽ
             γ', _,.......__    ゞ:::ノヽ ,. <: : : :.ハ
             〈  .ト、_     /   --  _ヘ: : : : :',
             V:.i i: : :>:.、 i    -- 、   Y: : : :',
              .Vi |: : : : : : >、   -、  \ .}: : : : }
              .'j |: : : : : : : : : : : >.、\  i: : : :7
            / ハ ∨ ̄`└-: :._: : : : :./   /: : :./
            { /: ::ヽ ヽ       ヽ, '  /: : :, '
            ヾ: : :マrニ:Y`ー--- ' ´   , ': :./
              ヽ{ヘ ゞ-'ヾニ=-z___γ´ ̄`ヽ
              ∧! \     Y: : T:.7     }
               ∧   ーz .}: :./:∧      j
                }>z-≦イ: / ヘ__: >-- '
                7ヽ: : : : : : :{
                ヽ  ー─ フ
                 ー─ '



  2度の大病に侵されながらも、兄と自分を育て上げてくれたのだ。
  それでなくても無償の愛を注ぎ続けてくれた母親である。
  プロ入りして別々に住むようになっても、その存在はずっと気にかけていた。




260 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 21:57:03 ID:45inBSuk0





  例えば、野村が一軍への切符を手にした1956年のハワイキャンプ。




                                  メ、
                                   ',
                          ヽJ('∀`)しノ  ┼    こんなに美味しいもの初めてだよ!
                          (( ノ(  )ヽ ))  
                            ││         ありがとうね! 克也!




          ______
        / / ̄ヽ ̄ヽ\
       / _|  / |ヽ |_\    ふふふ
      /  /  `ー ● -   ヽ
      | / , 二   |   二、ヽ   どういたしまして
      | | | ─    |   ─ ||
      ヽヽ .\    |    //
       \ヽ `'ー─┴─‐''" /
        (二二二(〒)二二)
        /  /     \|ヽ



  日々支給される日当を貯め、当時まだ珍しかったパイナップルを母親の土産として
 買って帰ったことがあった。
  子供のように喜んでくれる母親の顔を見て、思わず野村の顔も綻んだものだ。




262 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 21:57:39 ID:45inBSuk0





  喜ぶ母親の顔が見たくて、仕送りも年ごとにどんどん増やした。



       ____
    /   - 、- 、 \
 .  / , -|   ^|^  |- 、 ヽ   母ちゃん! これからもっともっと仕送り増やすからね!
  / _/   `-●-′ \ヽ
  |(_ 三   |  三 _) |
  | | |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | | |
  ヽヽヽ   (^U^)   ///
   \ヽヽ(二二二)ノ ヘ
     ━━, ─、━/○^
     ,┴ 、二○= / ノ
    |   |ヽ_ ノ  /
     ` ─´ ─、_ /
          ( __ ノ




       J( 'ー`)し  ありがとうね、克也
         ( )
          | |




  離れているからこんなことくらいしか出来ないが、母親が何一つ不自由ない暮らしができるなら
 なんでもやってあげたかった。




265 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 21:58:18 ID:45inBSuk0





  一方で、ふみがその目で野村の勇姿を、ユニフォーム姿を見届けることはほとんどなかった。



           ,  ─── 、
         /   /⌒  ⌒ヽ\
        / U  .┤  ・|・  |-、ヽ     母ちゃん、いつまでもこんなとこ住んでないで
        l  /   ー ●ー    ヽ    僕か兄ちゃんと一緒に住もうよ
       . |  /  三   |  三  | _
        | |  /⌒\ __|_/^ヽ l(__)  その方がずっと楽だよ?
        ヽヽ ( ______ / / /
         >━━━━,-、━━イ /
        /    /    ヽフ  ヽ  l/
       ( _)  |  ____ | |
         l  ヽ ヽ _____ ノ ノ l



              ___,ィニ=‐- 、
             /-─  ̄fー--ミ\
         ,. ⊥ ニ二 ノ ̄_   \ハ
        / r_} }__フ´ ,.二ハ  __ }ハ
  .     〈 l ハ.   /  ^'戎| V::::/___| l|
         ∧__,ノ U /    ` ミ/ ノ::ノハ l|    俺も克也の意見に賛成だ
  .     /  ./  /    ,. -‐、 ∠ー、 }リ
    __,ノ|  |   /  _ 「  _,ノ::戒}:/     心配なんだよ
   :::/|::::l  ∧     l:ヽヽ´:::::::::::/
  ./ ,ハ::∧  ∧  人`ー‐'::::::::/^!
    / ∧::::ヽ ハ 〈::/ ̄::::::/、_/
   |\____V::::::\_` ー---<___
   |   ̄ \/:::::::} ̄ ̄:::::ノ / ̄
   |    | ̄`ー┴ = テ'´ /:::::::::::
   |    |       /|/:::::::::::::::::







          J('ー`)し   ‥‥あんた達の気持ちはわかるよ
           (  )
           ||




  病気を患い、引っ込み思案になっていたこともあるのだろう。
  見知らぬ人ばかりの場所を嫌がり、誘っても強烈な拒否反応を示した。
  兄か自分のどちらかと一緒に住もうと声をかけても、頑として首を縦に振らなかった。





266 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 21:58:56 ID:45inBSuk0





        J('∀`)し   でも、親のやりたいようにさせてくれるのも、親孝行だよ
         (  )
         ||





        _____
      /   /⌒ヽ⌒ヽ\
      /   , ┤  (|)  |- ヽ    母ちゃん‥‥
    /  /   `ー ●ー′ ヽ
   i  /    二   | 二   l、
    |  |     ─   | ─ __)
    |  |  /´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ / /
    !   ! i  /⌒ヽ⌒ヽ / /
     ヽ ヽ/⌒ヽ___/ /
    ┝/ \_ノ━━6━━、
    /    / ___ ヽ  \_
    |    | ヽ    ノ |   (__)



  それならばと、野村は母が望んだことなら何でもやってあげた。
  すぐに連絡がとれるようにと家に電話をとりつけ、一人暮らしに見合った新しい家も購入した。
  これまでずっと苦労を重ね続けてきたのだ。これからは何一つ不自由ない暮らしをさせてあげたかった。





267 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 21:59:41 ID:45inBSuk0





  代わりにふみは、顔を見せに来た息子に地元・金刀比羅神社のお守りを手渡す。
  それが毎年、親子の間で行われる恒例行事だった。




          J('∀`)し はい、身体は大事にするんだよ
           (  )
           ||




            ____
  .         /´ /⌒ヽ ⌒ヽ`\
         /   , -|  >|< |-、 ヽ     うん、ありがとう!
        / /   `ー ●ー ′  ヽ ヽ
       l /  .二    |    二  ヽ l
   /⌒ヽ| l l  ─   |   ─  | | |
   〉、__ノl |  \      |       ノ   l
   |   ヽヽ   ヽ、   |     /   /`ヽ
   ヽ   ヽ       ̄ ̄ ̄ ̄   /   l
    ヽ    \ _______ /⌒ヽ  ノ
  .    〉    `ー──◯──‐ヽ_ノイ                        ※第10話参照
     l    /         \    |



  身体の弱いふみが、わざわざ長い階段を上り取ってきてくれるこのお守りを、野村はとても大事にした。
  風呂に入る時以外は、試合中でも就寝時にも身につけた。
  野村にとってこのお守りこそが、遠く離れていても母の存在を感じ取れるものだったのだ。




270 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:00:17 ID:45inBSuk0





  また、これは決して口には出さなかったが、母親には大きな負い目もあった。



                                                ,/     ,イ ,イ
                                             /〈    ////
                                              / /  /| レ レ
                                        / /   l |
                                           / /   l |
                                            / /    l l     ,イ ,イ
                    _ -=ニニニ= _            //    Y    .//// , イ
                       , : ´: : : : : : : : : : : : : : :ト 、     /            レ レ //
                    , ': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 丶                 //
                 /: : :.冫  ̄ヽ: : / ̄`ヽ: : : : : ∧               /'"
                  ,': : : /\    .Y   / .ト、: : : : : ',
                    i: : :从  `゙ o-j! -o'´  ./  ヽ : : : !
             _,. {: : / ヽ __, (:::::) __/  _ ---: : i
       . -‐,,. 、 ⌒ヽ; i: -- 、      i       ´ ---- : ,
  (((  ,ヘ  i! i   }:.',- ‐二      !         `ヽ、i: /_
      i.ノ  ヾノ _ノ´:ヘ:.i'´ r-     l     ,.ィ´  //:ハ    彡
       ` ─ '       \、 ー  - ;;i、,, .__、__  ,.イ:∠: :∧ 彡
                   ` r /´_ _   `'<チ'´: : : : : : : i  彡
                  >/ ' 〉、__ ` 丶. ヽ:∠-: : : ; : |_  彡
                   ∨',/〃:::::::::::ヽ.   \. ∨: :./: : |::::Y
                  ''i_Li_il::::::::::::::::::::::\  ヽ. i゙´: : : j- '
                   〈ヽ ` 、::::::::::::::::::::::\ i |: : : :7
                   .∧. 、  \:::::::::::::::::::::丶ノ!}: : : /
                   \\   ̄ ̄ ̄`''<::;! : :,′
                     >,二__-─_二,;<: イハ
                              ̄    i       ,'
                                ヘ、   冫
                                  ̄



  プロ野球選手である野村を語る際に引き出される大きな長所が、生半可な怪我では
 決して試合を休まない意識の強さと、それを支えた身体の頑丈さである。





271 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:00:56 ID:45inBSuk0





  試合を休んでしまうとレギュラーを取られてしまうという強迫観念もあったが、
 指や頭を裂傷しても、時には骨折をしても野村は試合に出続けることを渇望した。






          ___ _
         // / /,ヘ    ,.. -─-- ...、
         〈〈 ヽr''  l ,.;::',斤テ、l::::;;ェイ;::`丶
         〉〉  _..ノ/j lふl ・}/Y,ゎら l:::ryヽヽ      クソッタレが!
         // /  /''ゝ三个人tゝゲク/てィ <:::ヽ
        ,r'.'―'、 .l とブ丱,● ゞ土き _.. ヽ!:::::::ヽ    指一本折れたくらいでレギュラー奪われてたまるか!
       __,l     !_屮任イ l  丁_入ヤヽ| ヽ '.;::::r┴ 、
        〃 _ゝ-<:::::', lノ.Tヽ|/''f-''-1l   |  l l:::'、  ノ  僕は絶対に諦めないぞ!!
      《 / 》  / ヽ:ヽヽ十┼‐‐十‐''十‐┼ .」 l::/::::T´
      `´ ゝ-'   \ヽ j |   l   |  |  | .j/:::::::|
               `ヾ、二─-'- .._|__|_ノノ:::::::::::j
                  T7-rz、___.. -、''´::::::::::::l
              ,r ⌒ヾl ゞ-''      ';::::くYヽ:|,...._
              {     } 、 .._<>Kュ  }:::ヽイソj.、  `ヽ
              ヽ    人ヽ、_ ヽィ〃 .ノ:::::::::::::::::::}   }
               `ー''''' -=三z-'''´::::::::::::::;; -'ー '´
                        ` ー─ ''´



  そうして得た評価が、「野村の身体は人並み外れて、とても頑丈だ」というものだったのだが‥‥




274 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:01:32 ID:45inBSuk0





  この評判を聞くたびに野村の脳裏には、布団で寝込む母親の姿が浮かんできた。



                J('A`)し   
             /⌒⌒⌒⌒⌒ヽ
            // ̄ ̄ ̄フ /
          / (___/ /
          (______ノ





        ______
      /    / ⌒ヽ ⌒ヽヽ
     /     , ┤ /・|・\ |、 \
    /   /   ` ー ● ー ′\ヽ
   l    /  ──  |  ──  ヽ
   |  /    ──  |  ──  |
   l  |    ──  |  ー─  l
    l   |        |        /
    ヽ ヽ   / ̄ ̄ ̄\   /
     >━━━━━O━━━く
    /    /      ヽ  ヽ



  もしかしたら自分がここまで丈夫なのは、母親の分の健康まで奪っているからなのかもしれない。
  他人が聞いたら何を馬鹿なと笑うことなのかもしれなかったが、この時野村は本気でそう思っていた。
  それほどまでに、ふみが大切だったのだ。





275 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:02:14 ID:45inBSuk0





  そして地元の凱旋パレードから2年後の、野村が捕手として開眼しはじめた1961年。
  オフにふみから電話がかかってくる。





                J('A`)し     カーチャンね
             /⌒⌒⌒⌒⌒ヽ   なんだか足が痛いの
            // ̄ ̄ ̄フ /
          / (___/ /     歩けないくらい辛いの
          (______ノ




            //_
              ,", ‐=、:7,=ニー-- ,,_
   大変だ!!   /〃 o l,〃o. l.l: : : : : :`ヽ、
               /::,.-l.゙-゙ムl ゙ー゙-"'''ー、: : : : ::ヽ
           l>ゞ、,,ヽ〈;;;;;ノ==二二  ` U: : :
,,-"|   ∧  〈 ̄ 二二 ` ./ 二-二"、   ヽ: : :
.  ! ./  ヽ、ヽ、__,,__  /__ , ―'─  `ヽ、  !: :
   レ'       ∨   `y'"  , -、 r― 、  !  l: :
                |  /   l l   ヽ  l  l: :
              ,.l、,,!,   り,,,,,,, ノ ./ /: :
           rー 、_l_  `ー' ̄   `l_/ /: : :
            \   ̄ ` ー----‐‐'  /: : : :



  2度の大手術の後遺症は、それからもふみの体を蝕み続けてきたのだろう。
  寝返りを打つだけで股関節が痛いと訴えてきた母の言葉に、野村は大きく動揺した。





276 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:03:10 ID:45inBSuk0





  この頃には既に、球界最高の選手としての階段を上り始めていた野村である。
  球団を通じて医療関係者を紹介してもらい、そこへ母親を連れて行った。



                      , -‐ニ二>ー-...._-'´'
              ○、/:::::/才´:::::::::::::::::::>..、 '
              / /   /::::::::/ 厶,,_::::::::::::::::::::::::::::ヽ ヽヽ   お願いです! 母ちゃんの身体を診てください!!
           { {   ./:::::::::ゞ<_「ヽ ヽ、::::::::::::::::::::ハ. }. }
           ゝ ゝ _」:::::::::::::::::::::>'ミ、ハ_,,,、::::::::::::::::}. '    この通りです! どうか‥‥どうかお願いします!
             / ∨:::::ーt- 、____/  ):::::::::::::::′
               {  {:::::::::::ゝ、{ ヒミ_、`‐,-'、ィ⌒ヽ/
             ゝ,,_>:、::::::::ノ`ー- 、 ヽ ,ゝ-'、_ノ
                     ̄  ` ー-'- ゝハヘヾ>
                           ̄´



               ,. -──-  、
              /.:..:._:.:.:.:_.:.:.:.:\
             /.:.:.:∧ハ∨//∧.:.:.:.:丶
             /.:.:./  ̄ ̄ ̄ ̄`l.:.:.:.:.:.l
            _//.:/_   , = 、 l.:.:l.:.:.:|
            7:l.:l´辷fj)-、l 弋fj>l.:.:l.:.:.:l   わ、分かりました
            l|:l.:ll`- ' / ヽ - ' /l.:.l.:.,イ
            l.:l.:lヽ  、─‐, u//l.:ll.:/ !   分かりましたから頭を上げてください
             Ⅵ 丶 ` ´ / l/ l/
              _ , -`>‐_'´─- 「 ̄l
           , - '´/ /Vl: ∧:::::/  .ト 、_
         / l /   /:::/∨::::∨     | /⌒ヽ
        /  /   /:::/: :/::::::/     l l    '.
        / ∠ - フ /:V: :./_ -/  ト- 、  ll      i
       /   「´  /:::::::∨::::::/┌┴─ \l   /  l
      「 ̄ ̄` l   l::::::::o:::::::::l |____| l  /   l
     /__     l、  l:::::::::::::::::::l   /    l //  ̄ \
      7 `ー、__l l l:::::::o::::::::::| /    / ∨    ─-l
     /⌒   / / ∨:::::::::::::::::::| /    l   |  _ , -┬ l
  .   l   __l/  |:::::::::o::::::::::l′    l    Lく   l/
     l_./ /   l::::::∧:::::::::::|       丶   /     l



  母の病状を話し、他にも優れた腕を持つ医者がいると聞けば、その都度病院に連れて行き診察を受けさせた。
  時には巨人関係者の診察しか受けないという医師の元へも連れて行き、何度も頭を下げ
 どうにか特別に母親の身体を診てもらったこともあった。





279 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:03:51 ID:45inBSuk0





  しかし、野村が思っていた以上にふみの身体は限界だった。



        /: : : : : : ハ: :/∧: :l: : : : : : : : :ヽ: : :ヽ.
.       / : : : : : /ヽ:∨/:/:l :lヽ : : : : : : : : ', : : :ハ
      / : : : : : /-゛``´ ´ l:.l ヽ : : : : : : : :',: : : :',
      ,': : : : : : ,'         .l l  ',: : : : : : : : ! : : : i
      ! : : : l: :l_l__ --、   ,コ lニ二エ _: : : : : :l: : : : !
      l: : : : !:「!:!rテ示 lr‐┤ !l´ビリ !` l: : : : : l : : : :!    お母さん
      l: : : : !:!:!:! `ー'_j  L.!l___!_ j : : : : :l : : : l
.       !: :i: : l:`T!¨ ̄ l    リ    l: : : : : : :,': : : ,'     触ってやりたいけれども、
        l:/l: : :', N     ヽ.      Ul : : : : : ,': : : ,'     この病気はもうどうしようもない
      ' ! : : ',l: ヽ.    ___     l: : : : :./: : :./
        ',: i: : : : : ヽ、 ` ー ′   l:/!: : /: :,イ/
         ヽト、: :ト、: : :ヽ、 `  _ / ' l/'1イ ′
           ヽ! `!∧ハ  ̄     /::::ヽ-、
              , ィ´:i    _.. - ':::::::::::::::l ヽ、
            _.. ''  !:::::レ<´:::::::::::::::::::::::::::!   `iー 、
        _.. - イ   /:/´ ̄`ヽ:::::::::::::::::::::::/    l   `ヽ





        J('A` )し  ‥‥そうですか
         (  )
         ||





     (\   _____   /
       /´   // ヽ⌒ヽヽ  /
      /    , -|  (・|∠ |-ヽ  _
     /   /   ` ー ●ー′ |_
      l   /   二二  | 二   /     そんな!
.      |   l /⌒\─  | ー /
     |   | /      ̄ ̄ ̄/ ̄       なんとか治療してください!
      |  | |         /
  /⌒ヽ  | | /⌒ヽ⌒ヽ  |
  ヽ_ノ\ ヽ` ー────┴ フ
  //\  `━━━━6━━ ´─/⌒ヽ
  /⌒ヽ ̄   /      ヽ  ヽ_ノ
  ヽ__ノ ┐  / ┌───┐| | ̄ //





282 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:04:30 ID:45inBSuk0




     l        l      ヽ  /    .l           l
     |        L_=ー-ヽ、ヽ/ // -=―|           |
     |       l   `   ` ´       |  |      |  l
    l       l                l  l      l  l
    l       l                l  l      l   l
    l       l                l  l      l. /
    |     i,,,=|三三三ニ’   `ニ=---l  /l      l. /
    l     |.<l 弋ゝ'丈` i― -/フ〒==|ミ/; |     l /   しても一緒なのです
    l.     |. |  ̄ ̄_ノ   !、  ゞ-ィ| /ゝ      l /    お母さんの身体は、子宮がんの後遺症でもう治らない
    l     li¨l¨¨ ̄ ̄   |   ` ー -l ,,/-'l     l /
     l      l !|       l       l / l l    /|/     むしろ手術をしては、余計に身体に負担がかかってしまう
     l  l  l  l l i|      ノ       l / ll    /
      l ト  l  lヽ      `    U i/  |l    ∧ヽ、
  ,, ・ '' l l l  l  l ヽ    ヽ―― 丶    /l  / / i  ヽ
     /ヽ| l i l l  lヽ、    ̄ ̄   // l  イ /  l   ` ・ 、
    /    lヽl i l  ヽ ヽ、     ./ / l 〃 /   l      ` 、
    /      l |ヽ|  \  `ー-- '´ /   l / l/    l        ` 、





             ______
          ;-‐''  ,-‐-、  ___`ヽ
         /-‐‐c'´/ ゙i/\ ヽ \
        /' \⊂_´≧.ノ((・))゙:、i   \     そんな‥‥
        \`ー、ヽ、し'● ゝ ,、 <´ヽ   ゙:、
         /\ \ / ニ二し' `ヽ ) ゙i    ゙i    そんな‥‥!
         /  \/ ヽ、_二_  l    |
        /      '´ ̄ \    ヽ |    |
     (^ヽノ i⌒:、  ___     .| |   |
      \ \ ヽ、 _   `i    .| |   |
        ヽ、 ``ー--、``''''''´   / /  /



  日々の生活だけで精一杯なのだ。
  後遺症の重さも一因だったが、もうふみの身体には、手術に耐え切れるだけの体力が
 残されていなかった。





284 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:05:12 ID:45inBSuk0




  i       ├''  `´     i
  l     l  l       , -_二l―+
  l     l _l---、   ' ',-r‐。i‐-l、 i
  l     .i´ l__ニ=ヽ., -、i  `ー''l  l" ノ      せっかく息子さんが稼いでらっしゃるんですから、お母さん
  l     l l/l (_゚ノ }  ヽ、__.....i-十
.  l     !、_l_...- 'l       l i        温泉でも行ってのんびりなさい
  i      i、 l    l       l /l     /
   l l    l 、i    ` __ ... - ァ l/l     /   静養するにはもってこいですよ
   i i、    .ト、ヽ  ヽ'', - '' ¨ / / i  ,  /
    il ヽ   l ヽ、  ヽ--‐ ''   l イ  /、イ/
    ! ヽ  li  ` 、   ー '   , l /l  /::ヘ
      ヽ  lV、 lヽ`i 、    / l/ .l /::::::::ヘ
.       ヽ .l ヽ l ヽ/rヽ'' ¨   /,, '/::::::::::::::::
        ヽl  `  ヽ:::ー ― '':::::::::::::::::::::::::::
             イフ:: : : . :::::::::::::::::::::::::::::/
           /{ {'::::: : : : : : : ::::::::::::::::://





      J('ー`)し   じゃあ、そうしようかね
       (  )
       ||





            . . --- . . \
        . . ´ : : : : : /\∨/ヽ 、
     /:. : : : : : :._|  才ヘ |_:ヽ
    /: : : : : : :/とこ.、弋゚}゚∠ノ 二   分かりました!!
    |: : : : : / 二ニ/ / ー '{;;;;;;;ノ´, ―
    |: : : : /   _ー 二二 丁  ニ |
    |: : : / /   `>  _|__ ノ
    ∨: :| |/⌒ヽ/⌒ヽ    / /
     ヽ:∧ ヽ _____} / /
     7 三二 ー_-______/
     /: : : : : : : : : : : : : : /   ヽ
   /: : : : : :____ 人 _ ノ
   |: : : : : : / | ̄ ̄ ̄ 7/



  そしてこの言葉に従い、野村は京丹後から近場の城崎や岩崎などの温泉街にふみを連れて行き
 そこで静養させることにした。





285 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:05:59 ID:45inBSuk0





  温泉に浸かっている間、ふみの病状は不思議と緩やかになった。








      /~~ヘ/⌒⌒ヽ/~~~⌒ヽ/~~ヽ/⌒⌒ゝ /~~⌒⌒ヽ/~⌒`〃⌒~ヾ/⌒⌒
      /    ( ミ ミ   ヽ ソ 〃/ ゞ ( 彡  ミ V ヾ ゝ  ヽ〃  ) ヘ ミ ( ヾ ゝ
    /~~⌒ヽ ) / ̄~ ̄~~ ̄~ ̄⌒~ ̄ ̄~~~~⌒~~ ̄ ̄ ̄ ̄~~ ̄ ̄ ̄~ ̄ ̄ ̄ ̄~ ̄
   ( 〃ヾ ) / ∬   ∬            ∬
   /~~ヽ  /                            いいお湯だねぇ‥‥
   / 〃ヾ ./                     J('∀`)し   
   ( /~~ヽ / ∬                 (( ー----‐ )) )  でも、家のことも心配だねぇ‥‥
   / ヾ  l/
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄






  しかし、ふみの居場所は夫が眠り、息子たちの息吹が聞こえてくる網野の町にしかなかった。
  周りに知り合いがいない寂しさも募り、しばらくすると故郷へと舞い戻った。





286 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:06:39 ID:45inBSuk0





  すると、また痛くなる。この繰り返しだった。
  温泉街と故郷を行き来する日々。





                J('A`)し  
             /⌒⌒⌒⌒⌒ヽ
            // ̄ ̄ ̄フ / 
          / (___/ /  
          (______ノ





        ,  ───  、
      /          \  っ
     / ヽ            ヽ っ
     l’\|─‐ U 、         ヽ     どうしたらいいんだろう‥‥
     l  ノ     \         l
    ●´ ──      ヽ         |    何か良い方法はないのかな
    ノ  ──      ヽ      l
   . (   ──        l    /
    ` ー、── 、     |     /
       ` ー,-、━━━━━━ヽ
         .ヽフ `ヽ



  年を重ねるにつれ、その移動にすら疲れを見せ始める母の姿を見ると、胸が痛む思いだった。




288 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:07:19 ID:45inBSuk0





  叶わない願いなのはわかっている。それでも、母親にはこれからもずっと幸せな余生を
 送って欲しいというのが正直な気持ちだった。








                 , -──- 、
               /     __  \
          ___ / ____/_ヽ  ヽ    うーん‥‥何かないかな
       o_ /    //   、( ./ ヽ  i
       /      ┃ \\ヽ ● .|ノ  |
      ./    /|   ┃_   / ` -へ  ! ___
   ,-/^|    | ヽ   ヽ   ̄ヽ ヽ\ヽ  j /  \    \
    ! | ヽ、_/ \ ヽ、 _b\   | `   / )  /`===!
    `-` ー ´  ̄ ̄ 、-( __)-` ── 、- ´ ̄  !===/
               \    \    \           ___    __
                  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄          /    | ̄ ̄ \
          __                      ,|三三三ヽ|/三三三|
        ./_/)
        ΞΞ)/ 



  新聞やコラム、時間が空いた時には医術書まで読み、なんとか母の身体を治す手段は
 ないものかと頭を悩ませた。





291 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:08:00 ID:45inBSuk0





  そんなある日、ふと見た見出しが目に留まる。








   ::::::::::::::::::::::   ____,;' ,;- i
   ::::::::::::::::::   ,;;'"  i i ・i;    ‥‥ん!?
   :::::::::::::::  ,;'":;;,,,,,, ;!, `'''i;
   :::::::::::  ,/'"   '''',,,,''''--i    この記事は、ひょっとしたらいけるんじゃないか!?
   :::::::::  ;/  .,,,,,,,,,,,,,,,,,   ;i'"`i;
   :::::::  i;"     ___,,,,,,,  `i"
   ::::::: i;    ,,;'""" `';,,,  "`i
   ::::::: |  ''''''i ,,,,,,,,,,  `'--''''"
   ::::::: |.    i'"   ";|
   ::::::: |;    `-、.,;''" |
   ::::::::  i;     `'-----j



  新しい麻酔を使った新治療が開発されたという記事だった。
  新種の薬なら痛みを和らげることが出来、今の母親の身体でも
 手術を受けられるかもしれない。




293 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:08:36 ID:45inBSuk0





  早速病院を尋ね相談してみると、医師からは力強い言葉が返ってきた。



                _、
           _、-、_)\
        ≦ ̄     ヽ  >-、
      < ̄     __≦ヽ<`\
     -≦       /:::::::::::::::::::::::::::::::\
     /       ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    / /      、'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
  '´ フ      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i ノ/i /l     とにかく、連れてきなさい
   / /     /:::::::::::::::::::ハ:::/|::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::://:/ /
  Ⅶ /    ノ:::::::::::::::::i:/ .|/ .i < レ´|:::::r-、::::::::::::::::///    痛みぐらいはとれるでしょう
   / イ    /イ::::::::::::::::レ ニ三' 、 ̄ノ:::/ j i:::::::::::::::::::::://
   V | /  ,  |:::::::::::::::|`、´、ヱソ ./::::.i i} /::::::::::::::::::/ノ
    |∧  i  |:::::::::::Ⅳ  X    {::::/ ノ:::::::::::::::::::彡
    V∧ .ハ i:::::::ハ:i/   X    V ノ /r―- --<
.      Vハ ハ;:::|、Vヽ__ , X  ///::::::::::::::::::::::::::\
        Xハ/レ:::::::ヽ、     </ゝ/::::::::::::::::::::::::::::::::::
      /:::::::::::::::::::::::::::::ト- イ//ハ/::::::::::::::::::::::::::::::::::::



             ____
   .         /´ /⌒ヽ ⌒ヽ`\
         /   , -|  >|< |-、 ヽ    本当ですか!?
        / /   `ー ●ー ′  ヽ ヽ
        l /  .二    |    二  ヽ l
    /⌒ヽ| l l  ─   |   ─  | | |
    〉、__ノl |  \      |       ノ   l
    |   ヽヽ   ヽ、   |     /   /`ヽ
    ヽ   ヽ       ̄ ̄ ̄ ̄   /   l
     ヽ    \ _______ /⌒ヽ  ノ
   .    〉    `ー──◯──‐ヽ_ノイ
      l    /         \    |





294 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:09:18 ID:45inBSuk0





  野村はその足で故郷・網野に戻り母親にそのことを伝えた。





            J('ー`)し   そうかい
             (  )
             ||     痛みが取れるならありがたいけどねぇ





          ____
       /     - 、 -、\
       /   ,  -|   ・|・  |- ヽ    決まりだ!
     / /    `- ●- ′  |
     | |    二二  | 二二. |   すぐ行こう! 支度をして!
     | | |\ -─  | ─___)
    _ ! | !   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ / /_
   ( __)\ヽ \(二二二)//(__)
    \   ━━━━6━━  /
      |   /___ヽ |/
      |   | ヽ__ノ ノ |
      |   ` ─── ′ |



  身支度を整え、再び病院へとUターン。
  病院に連れて行くと、そのままふみは入院することになった。




299 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:10:19 ID:45inBSuk0




           ,  ────  、
       /    / ⌒ヽ ⌒ヽ   \
      /    , -|   ・|・  |- 、  ヽ     そろそろ僕は仕事があるから
       /  /   `ー ●ー ´  \ ヽ
      l  /   ─    |   ─   ヽ  l    終わったら、すぐ戻ってくるからね!
 .     |  l   ─   |   ─    l  |
   , ─ 、l     ─    |   ─    |  !
   l    l     , ─┴─ 、      l /
   ヽ、__ ノヽ  /        \   l/
     ヽ   ヽ━━━,-、━━━━く
     \    /   ヽフ   \   ヽ





            J('∀`)し   はい、はい
             (  )
             ||     行ってらっしゃい





  そして東京でテレビ出演の仕事があるということで、病院を後にしたのだが‥‥





300 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:10:57 ID:45inBSuk0





  その直後に、嘉明から母・危篤の電話を受けたのである。




      _/ヽ,   _ ,.. -―――- .__
     f 二ニヽ`fイ,/〃∠/ _´", - ‐ ``_ ‐_ 、
     辷三lニ/ -‐ ニ,,_‐- `‐-ァ`<_ニ二 --_ヽ
     `l-冖'"/ _     _ /   /  `゙‐-、 \
    二ァ-―/ ̄、-==‐- _ /   /       `,`i}
    _ニl/-、/ ‐-、ヽ―--/  {‐-==_-、     ,  ∨       ヽ人_从人__从_从人__从人_人_从人__从
     均 ヽ (乙入ヽ-'" U  ヽエェ_ヽヽ、, ./   |      <                       >
    三ィ)、二〉{冫       />、ニ=、ヽイノ   /l     <   おふくろの容態がおかしい!!   >
     { ミ-人_/]ヽ U   /   '_`ニ='´ !、   / j      <                       >
      ,∨ , ィ ´ , }    |    i/´"   !`rジヲ´        Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒Y⌒WY⌒
    ./ '  i.   ¦    !    ヾ     -'/'´
        {   ¦    |      ,  '" ∨
       /   l、   U {       〈_ -‐ , ´
    . 、 /       l\     -=::;==,ニ,⌒/               ヽ人_从人__从_从人__从人_人_从人
     \    /!  \    、`‐-ィ/                <                    >
       \   `i` 、   \    ̄`/                <   すぐに戻って来れるか!?    >
        \,,ノ    `>、ヽ  /                  <                    >
        /-ヽ-、  /:ヽ  ̄ ̄_                    Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒Y⌒WY
       /仁(9}/::::〉_/:::::::/ ̄´  {
      / ヒシ/ヽ/:::::::::∨     `、




  ::::::::::::::::::::::   ____,;' ,;- i
  ::::::::::::::::::   ,;;'"  i i ・i;
  :::::::::::::::  ,;'":;;,,,,,, ;!, `'''i;
  :::::::::::  ,/'"   '''',,,,''''--i
  :::::::::  ;/  .,,,,,,,,,,,,,,,,,   ;i'"`i;
  :::::::  i;",,,,,,,,,,,,,,,,      `i"
  ::::::: i;   ,,,,,,,,,,,,,,,,   ,  "`i
  ::::::: |  '      __,,,,'--''''"
  ::::::: |.     ,,;'""" `│
  ::::::: |;    '''i ,,,,,,,,,, │
  ::::::::  i;     `'-----j



  信じられない思いだった。
  ようやく母親の身体が治るかもしれない、そう思った矢先の出来事だったのだ。





301 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:11:34 ID:45inBSuk0





  大慌てで病院へ赴き飛び込むように病室に入ると、ベッドに横たわる
 ふみの姿が目に飛び込んでくる。嘉明も既に傍に来ていた。




        ________
       |    ___    |
       |  [|J( '-`)し|] .  |
       | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| .|
       | |         .|.|
       | |         .|.|
       | |         .|.|
       | |         .|.|
       | |         .|.|
       | |______|.|
       |________..|




                      /
                    /
    母ちゃん!!       ー―――
                       /
                       /
      母ちゃん!!       \
                          \
                  - ―――
            . . --- . . \
        . . ´ : : : : : /\∨/ヽ 、
      /:. : : : : : :._|  才ヘ |_:ヽ
    /: : : : : : :/とこ.、弋゚}゚∠ノ 二
    |: : : : : / 二ニ/ / ー '{;;;;;;;ノ´, ―
    |: : : : /   _ー 二二 丁  ニ |
    |: : : / /   `>  _|__ ノ
    ∨: :| |/⌒ヽ/⌒ヽ    / /
     ヽ:∧ ヽ _____} / /
     7 三二 ー_-______/
     /: : : : : : : : : : : : : : /   ヽ
   /: : : : : :____ 人 _ ノ
   |: : : : : : / | ̄ ̄ ̄ 7/




      _/ヽ,   _ ,.. -―――- .__
     f 二ニヽ`fイ,/〃∠/ _´", - ‐ ``_ ‐_ 、
     辷三lニ/ -‐ ニ,,_‐- `‐-ァ`<_ニ二 --_ヽ
     `l-冖'"/ _     _ /   /  `゙‐-、 \
    二ァ-―/ ̄、-==‐- _ /   /       `,`i}
    _ニl/-、/ ‐-、ヽ―--/  {‐-==_-、     ,  ∨
     均 ヽ (乙入ヽ-'"    ヽエェ_ヽヽ、, ./   |
    三ィ)、二〉{冫       />、ニ=、ヽイノ   /l
     { ミ-人_/]ヽ U   /   '_`ニ='´ !、   / j    克也‥‥
      ,∨ , ィ ´ , }    |    i/´"   !`rジヲ´
    ./ '  i.   ¦    !    ヾ     -'/'´
        {   ¦    |      ,  '" ∨
       /   l、     {       〈_ -‐ , ´
    . 、 /       l\     -=::;==,ニ,⌒/
     \    /!  \    、`‐-ィ/
       \   `i` 、   \    ̄`/
        \,,ノ    `>、ヽ  /
        /-ヽ-、  /:ヽ  ̄ ̄_
       /仁(9}/::::〉_/:::::::/ ̄´  {
      / ヒシ/ヽ/:::::::::∨     `、



  悲鳴に近い声を何度もかけるが、返事は無い。
  血圧が異常に下がり、既にふみの意識は無い状態だった。




306 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:12:31 ID:45inBSuk0





  野村は涙目になり、半狂乱になってなおも叫び声を上げる。




               ______
             ;-‐''  ,-‐-、  ___`ヽ
           /-‐‐c'´/ ゙i/\ ヽ \
           /' \⊂_´≧.ノ((・))゙:、i   \    せ‥‥先生! お願いです
           \`ー、ヽ、し'● ゝ ,、 <´ヽ   ゙:、
            /\ \ / ニ二し' `ヽ ) ゙i    ゙i   母を‥‥母ちゃんを助けてください!
           /  \/ ヽ、_二_  l    |
           /      '´ ̄ \    ヽ |    |   お願いします!!
        (^ヽノ i⌒:、  ___     .| |   |
         \ \ ヽ、 _   `i    .| |   |
          ヽ、 ``ー--、``''''''´   / /  /




           /               Vミ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
           {                ヾ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽヘ
           |             i    V:::::::i::::::ヾ::::::::::::::::::::::::::::ハ:::∧i
       _,ィニニ|          /  ハ   }:::::::::ハ:::::::}}:::::::::::::::::::::::、::i |::|
    _,ィ壬ニニニ.Vi      /  |   / .|   }::::::/ i:::/ノ:::/i:::イ:::::::::::::ヾ|レ-、
   <ニニニニニ|:v:i   |  |  . |  |  }  |::/_///∠/ノ::/::::::ハ:::::/二二二
   二二二二二ニ|::::r 、| |  |  . |  |  |  /イ彡'ニ='´ ̄Уイ:::::::|/:::ハ二二二   勿論
   二二二ヾ\ハ/::/  |ヽ|  |   ||  .| / / /<弋ン>  /:::::::::/ i/二二二ニ
   二二二\:::::::::::i  | ヽゝ |   ||  | /./ ∧   ̄ ̄  /:ハ::::/ハ|二二二二   全力を尽くします
   二二 ヾ\:::::::::∧  | |ヽ∨ヽ .||  | レ |    \    イ/::::/二二二二二二
   二二ニ≦ヾ:::::::::::::\_ヾ  V  ||  |  .|     \ U /ハ::/二二二二二二ニ
   二二二≦=、_:::::::::::≧、 ヽハ ヽ .|  |      ヾ ハ二二二二二二二二
   二二二二ニフ/ ̄|´  \    \ハ.|  ー'      レ' |二二二二二二二二
   二二二二二ニ|  |   ∧     ̄` ´ ̄     /  |二二二二二二二二
   二二二二二ニ|  |    \\   ` ̄     <     |二二二二二二二二
   >、二二二二.|  |       >      //     |二二二二二二二二
   二ニ>、二二ニ|  |        >──イ/     ∧二二二二二二<
   二二二 >、ニゝ  |         >=-=<     / /二二二二 <二二



  ふみが幸せを噛み締められる時間はこれからなのだ。
  なのになぜ、こんなことになってしまうのか‥‥そんなことばかりが頭に浮かんでくる。




309 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:13:07 ID:45inBSuk0




             . . --- . . \
         . . ´ : : : : : /\∨/ヽ 、
       /:. : : : : : :._|  才ヘ |_:ヽ     僕も母ちゃんの意識が戻るまで、
     /: : : : : : :/とこ.、弋゚}゚∠ノ 二
     |: : : : : / 二ニ/ / ー '{;;;;;;;ノ´, ―    ここにいます!!
     |: : : : /   _ー 二二 丁  ニ |
     |: : : / /   `>  _|__ ノ
     ∨: :| |/⌒ヽ/⌒ヽ    / /
      ヽ:∧ ヽ _____} / /
      7 三二 ー_-______/
      /: : : : : : : : : : : : : : /   ヽ
    /: : : : : :____ 人 _ ノ
    |: : : : : : / | ̄ ̄ ̄ 7/




                 ___
                / ̄    ̄`ヽ.__
            _,.ィ'  _
              / _| |/ ____   `ー
          / __l l// / ̄ ̄`ヽ._
           レ' ,二N'  /        ̄
            { (  `ー┴'"´ ゙̄''ー--===
          ,-、|./ /            /
       / 、 | くヽ           U {
        Vハ.| _\ヽ         _ノ    
          ∨ヽ! ,ヽfソヽ〉  ,r‐ __七´ 〈    無論、俺もだ!
        人__|l ´ ̄ }ー / くfツ ノ´
  ___,.イ::::/ |l    / / ノ  ̄`
   ::::::::::::::::/ /ハ.   〈   !      //し
  :::::::::::/  /:::!∧ -、ー__'    , ' /
  :::::/   |:::::| ∧ 、`┴'‐   /\
  /     |::::ハ. ∧ ` ̄  ィ /}
  、_     |:::::::\ `ー‐‐<  //
    :::::::`ヽ  |::::::::::::`7ー‐┐ /:/|



  野村と嘉明の兄弟2人は、その後の仕事も予定も全てキャンセルし、ふみの傍らで
 容態が回復するのを待つことにした。




311 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:13:44 ID:45inBSuk0





  しかし、1日経っても、2日、3日経ってもふみが目覚める様子はなかった。





        ________
       |    ___    |
       |  [|J( '-`)し|] .  |
       | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| .|
       | |         .|.|
       | |         .|.|
       | |         .|.|
       | |         .|.|
       | |         .|.|
       | |______|.|
       |________..|






             , -‐ニ二>ー-...._
      ○、/:::::/才´:::::::::::::::::::>..、
        /::::::::/ 厶,,_::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       ./:::::::::ゞ<_「ヽ ヽ、::::::::::::::::::::ハ.   母ちゃん‥‥
      _」:::::::::::::::::::::>'ミ、ハ_,,,、::::::::::::::::}
     / ∨:::::ーt- 、____/  ):::::::::::::::′   かあ‥‥ちゃん‥‥
      {  {:::::::::::ゝ、{ ヒミ_、`‐,-'、ィ⌒ヽ/
     ゝ,,_>:、::::::::ノ`ー- 、 ヽ ,ゝ-'、_ノ
             ̄  ` ー-'- ゝハヘヾ>
                   ̄´


  やがて野村の疲れもピークに達し、母の枕元でうとうとと眠り込んでしまう。




313 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:14:11 ID:45inBSuk0






















           , -‐ニ二>ー-...._
       ○、/:::::/才´:::::::::::::::::::>..、
         /::::::::/ 厶,,_::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        ./:::::::::ゞ<_「ヽ ヽ、::::::::::::::::::::ハ.    ‥‥‥Zzzzz
       _」:::::::::::::::::::::>'ミ、ハ_,,,、::::::::::::::::}
      / ∨:::::ーt- 、____/  ):::::::::::::::′      
      {  {:::::::::::ゝ、{ ヒミ_、`‐,-'、ィ⌒ヽ/
      ゝ,,_>:、::::::::ノ`ー- 、 ヽ ,ゝ-'、_ノ
            ̄  ` ー-'- ゝハヘヾ>
                    ̄´
.




315 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:14:38 ID:45inBSuk0






















           , -‐ニ二>ー-...._
       ○、/:::::/才´:::::::::::::::::::>..、
         /::::::::/ 厶,,_::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        ./:::::::::ゞ<_「ヽ ヽ、::::::::::::::::::::ハ.    ‥‥‥Zzzzz
       _」:::::::::::::::::::::>'ミ、ハ_,,,、::::::::::::::::}
      / ∨:::::ーt- 、____/  ):::::::::::::::′      ‥‥‥Zzzzz
      {  {:::::::::::ゝ、{ ヒミ_、`‐,-'、ィ⌒ヽ/
      ゝ,,_>:、::::::::ノ`ー- 、 ヽ ,ゝ-'、_ノ
            ̄  ` ー-'- ゝハヘヾ>
                    ̄´
.



316 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:15:04 ID:45inBSuk0





                              :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                            :::::::::::            :::::::::::
                          :::::::::::                ::::::::::
                            :::::::::::            :::::::::::
                              :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::













           , -‐ニ二>ー-...._
       ○、/:::::/才´:::::::::::::::::::>..、
         /::::::::/ 厶,,_::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        ./:::::::::ゞ<_「ヽ ヽ、::::::::::::::::::::ハ.
       _」:::::::::::::::::::::>'ミ、ハ_,,,、::::::::::::::::}
      / ∨:::::ーt- 、____/  ):::::::::::::::′
      {  {:::::::::::ゝ、{ ヒミ_、`‐,-'、ィ⌒ヽ/
      ゝ,,_>:、::::::::ノ`ー- 、 ヽ ,ゝ-'、_ノ
            ̄  ` ー-'- ゝハヘヾ>
                    ̄´





317 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:15:31 ID:45inBSuk0




                              :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                            :::::::::::            :::::::::::
                          :::::::::::    ‥‥也―――   :::::::::::
                            :::::::::::            :::::::::::
                              :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::













           , -‐ニ二>ー-...._
       ○、/:::::/才´:::::::::::::::::::>..、
         /::::::::/ 厶,,_::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        ./:::::::::ゞ<_「ヽ ヽ、::::::::::::::::::::ハ.
       _」:::::::::::::::::::::>'ミ、ハ_,,,、::::::::::::::::}
      / ∨:::::ーt- 、____/  ):::::::::::::::′
      {  {:::::::::::ゝ、{ ヒミ_、`‐,-'、ィ⌒ヽ/
      ゝ,,_>:、::::::::ノ`ー- 、 ヽ ,ゝ-'、_ノ
            ̄  ` ー-'- ゝハヘヾ>
                    ̄´





318 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:15:57 ID:45inBSuk0




                          :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                        :::::::::::                  :::::::::::
                      :::::::::::   克也――   克也―――   :::::::::::
                        :::::::::::                  :::::::::::
                          :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::













           , -‐ニ二>ー-...._
       ○、/:::::/才´:::::::::::::::::::>..、
         /::::::::/ 厶,,_::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        ./:::::::::ゞ<_「ヽ ヽ、::::::::::::::::::::ハ.   ‥‥‥ん‥
       _」:::::::::::::::::::::>'ミ、ハ_,,,、::::::::::::::::}
      / ∨:::::ーt- 、____/  ):::::::::::::::′
      {  {:::::::::::ゝ、{ ヒミ_、`‐,-'、ィ⌒ヽ/
      ゝ,,_>:、::::::::ノ`ー- 、 ヽ ,ゝ-'、_ノ
            ̄  ` ー-'- ゝハヘヾ>
                    ̄´





319 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:16:24 ID:45inBSuk0














            , -────- 、
  .      /       /⌒ヽ⌒ヽヽ
      /     , -| /+|+\| \     うーん‥‥
      /    /  ヽ、  .l、__ ノ\ヽ
  .   /    /       ̄ ●   ヽl    いつの間にか寝ちゃってたのか
     i    /      ̄ ̄   | ── |
     |.   l      ̄ ̄   | ── !
     |.   !       ̄ ̄   |   ⌒ヽ
     |.    |           __|___ノ
     ヽ   |   / ̄ ̄     /
      >━━━━━━,-、━━く 
     /   /       '、フ  ヽ ヽ   ムクッ





320 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:16:50 ID:45inBSuk0





                           J('ー`)し 
                            (  )   
                            ||   








         _____
       /   /⌒ヽ⌒ヽ\
      /   , ┤  (|)  |- ヽ   ‥‥あっ!
     /  /   `ー ●ー′ ヽ
    i  /    二   | 二   l、
    |  |     ─   | ─ __)
    |  |  /´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ / /
     !   ! i  /⌒ヽ⌒ヽ / /
     ヽ ヽ/⌒ヽ___/ /
     ┝/ \_ノ━━6━━、
     /    / ___ ヽ  \_
     |    | ヽ    ノ |   (__)





321 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:17:20 ID:45inBSuk0





                           J('ー`)し 
                            (  )   
                            ||   







            ____
  .         /´ /⌒ヽ ⌒ヽ`\
        /   , -|  >|< |-、 ヽ    母ちゃん! 良かった!
       / /   `ー ●ー ′  ヽ ヽ
       l /  .二    |    二  ヽ l   意識を取り戻したんだね!
   /⌒ヽ| l l  ─   |   ─  | | |
   〉、__ノl |  \      |       ノ   l
   |   ヽヽ   ヽ、   |     /   /`ヽ
   ヽ   ヽ       ̄ ̄ ̄ ̄   /   l
    ヽ    \ _______ /⌒ヽ  ノ
  .    〉    `ー──◯──‐ヽ_ノイ
     l    /         \    |




324 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:17:43 ID:45inBSuk0





                           J('ー`)し 
                            (  )   
                            ||   







            ____
         /     - 、 -、\
        /   ,  -|   ^|^  |- ヽ    一時はどうなるかと思ったよ
       / /    `- ●- ′  |
       | |    二二  | 二二. |   でも良かった、本当に良かった!
       | | |\ -─  | ─___)
      _ ! | !   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ / /_
     ( __)\ヽ \(二二二)//(__)
      \   ━━━━6━━  /
        |   /___ヽ |/
        |   | ヽ__ノ ノ |
        |   ` ─── ′ |





325 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:18:09 ID:45inBSuk0





                           J('ー`)し 
                            (  )   
                            ||   







            ____
  .         /´ /⌒ヽ ⌒ヽ`\
        /   , -|  >|< |-、 ヽ    身体は大丈夫? 問題ない?
       / /   `ー ●ー ′  ヽ ヽ
       l /  .二    |    二  ヽ l   何かあるならなんでも言ってよ!
   /⌒ヽ| l l  ─   |   ─  | | |
   〉、__ノl |  \      |       ノ   l
   |   ヽヽ   ヽ、   |     /   /`ヽ
   ヽ   ヽ       ̄ ̄ ̄ ̄   /   l
    ヽ    \ _______ /⌒ヽ  ノ
  .    〉    `ー──◯──‐ヽ_ノイ
     l    /         \    |





326 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:18:40 ID:45inBSuk0





                           J('ー`)し
                            (  )
                            ||







            ____
  .         /´ /⌒ヽ ⌒ヽ`\
        /   , -|  >|< |-、 ヽ    ‥‥‥
       / /   `ー ●ー ′  ヽ ヽ
       l /  .二    |    二  ヽ l
   /⌒ヽ| l l  ─   |   ─  | | |
   〉、__ノl |  \      |       ノ   l
   |   ヽヽ   ヽ、   |     /   /`ヽ
   ヽ   ヽ       ̄ ̄ ̄ ̄   /   l
    ヽ    \ _______ /⌒ヽ  ノ
  .    〉    `ー──◯──‐ヽ_ノイ
     l    /         \    |





327 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:19:06 ID:45inBSuk0





                           J('ー`)し
                            (  )
                            ||







          _____
        /   /⌒ヽ⌒ヽ\
       /   , ┤  (|)  |- ヽ    母ちゃん?
      /  /   `ー ●ー′ ヽ
      i  /    二   | 二   l、   どうかしたの?
      |  |     ─   | ─ __)
      |  |  /´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ / /
      !   ! i  /⌒ヽ⌒ヽ / /
       ヽ ヽ/⌒ヽ___/ /
       ┝/ \_ノ━━6━━、
       /    / ___ ヽ  \_
       |    | ヽ    ノ |   (__)




330 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:19:40 ID:45inBSuk0




                           ::::::::::::::::::::::::::
                        ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                      ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                    ::::::::::::::::::::::::          :::::::::::::::::::::::
                  :::::::::::::::                   :::::::::::::::
                :::::::::::::::         J('ー`)し         :::::::::::::::
               :::::::::::::::           (  )           :::::::::::::::
                :::::::::::::::          ||           :::::::::::::::
                  :::::::::::::::                    :::::::::::::::
                     ::::::::::::::::::::::::         ::::::::::::::::::::::::
                      ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                         :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                            ::::::::::::::::::::::::::






          _____          ヽ人_从人_
        /   /⌒ヽ⌒ヽ\      <      >
       / U , ┤  (|)  |- ヽ    <  !?    >
      /  /   `ー ●ー′ ヽ     <      >
      i  /    二   | 二   l、     Y⌒YW⌒
      |  |     ─   | ─ __)
      |  |  /´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ / /
      !   ! i  /⌒ヽ⌒ヽ / /
       ヽ ヽ/⌒ヽ___/ /
       ┝/ \_ノ━━6━━、
       /    / ___ ヽ  \_
       |    | ヽ    ノ |   (__)




334 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:20:10 ID:45inBSuk0




                          ::::::::::::::::::::::::::
                       ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                   ::::::::::::::::::::::::          :::::::::::::::::::::::
                 :::::::::::::::                   :::::::::::::::
               :::::::::::::::         J('ー`)し         :::::::::::::::
              :::::::::::::::           (  )           :::::::::::::::
               :::::::::::::::          ||           :::::::::::::::
                 :::::::::::::::                    :::::::::::::::
                    ::::::::::::::::::::::::         ::::::::::::::::::::::::
                     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                        :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                           ::::::::::::::::::::::::::


                            ○

                                 ○


                              ○  。








                ───  、
            /::::::::::::::::/フヽ _\
           /:::U ::::: ─|/ G| {∠::::',     母ちゃん‥‥!?
    〃⌒ヽ.   /:::::::::/_\ヽ__ノ⌒ヽノ-ヽ
    {     }   l::::::::/  ──   ヽ__彡∠ |    母ちゃん、どこに行くんだよ!
     ヽー彡::ヽ |:::::::|  / ̄ ̄\_| ─ ノ!
       \:::::::\::::!. |/⌒⌒ヽ    ̄T´/⌒ヽ
        ヽ:::::::::::::.  \___}__,ノへ_ノ
         \:::::::::::ミ==========≦:::::/





335 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:20:38 ID:45inBSuk0





                            ::::::::::::::::::::::::::
                         ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                       ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                     ::::::::::::::::::::::::          :::::::::::::::::::::::
                   :::::::::::::::                   :::::::::::::::
                 :::::::::::::::         J('ー`)し         :::::::::::::::
                :::::::::::::::           (  )           :::::::::::::::
                 :::::::::::::::          ||           :::::::::::::::
                   :::::::::::::::                    :::::::::::::::
                      ::::::::::::::::::::::::         ::::::::::::::::::::::::
                       ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                          :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                             ::::::::::::::::::::::::::


                              ○

                                   ○
                             。

                                ○  。

                            ○     。

                               ○







        (\   _____   /
          /´   // ヽ⌒ヽヽ  /
         / U  , -|  (・|∠ |-ヽ  _    待ってよ! ねえ、母ちゃん!
        /   /   ` ー ●ー′ |_
        l   /   二二  | 二   /     母ちゃんったら!!
   .     |   l /⌒\─  | ー /
       |   | /      ̄ ̄ ̄/ ̄
        |  | |         /
     /⌒ヽ  | | /⌒ヽ⌒ヽ  |
     ヽ_ノ\ ヽ` ー────┴ フ
     //\  `━━━━6━━ ´─/⌒ヽ
    /⌒ヽ ̄   /      ヽ  ヽ_ノ
    ヽ__ノ ┐  / ┌───┐| | ̄ //





336 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:21:06 ID:45inBSuk0






                               /
                             /
                                ` ー
                                _,.>
                               r "
              母ちゃん!!       \    _
                                  _ r-''ニl::::/,ニ二 ーー-- __
                              .,/: :// o l !/ /o l.}: : : : : : :`:ヽ 、     
                            /:,.-ーl { ゙-"ノノl l. ゙ ‐゙ノノ,,,_: : : : : : : : : :ヽ、
                        __l>ゝ、,,ヽ /;;;;;;;;;;リ゙‐'ー=" _゛ =、: : : : : : : :ヽ、
                       /  _________`゙ `'-- ヾ_____--⌒     `-: : : : : : : :
         ...-''"│    ∧  .ヽ.  ________   /   ____ ---‐‐‐ーー    \: : : : :
             !   /   .ヽ  ゙,ゝ、      /  ________rー''" ̄''ー、    `、: : :
             .l./     V   `'''ー-、__/__r-‐''"゛     ̄ ̄   \   ゙l: : :
                            l     .,.. -、、 _ ‐''''''''-、    l   !: :
                           |   /    .| .!     `'、  |   l: :
                               l   |     .l,,ノ     |  !   !: :
                                / '゙‐'''''ヽ、 .,,,.. -''''''''^^'''-、/  l   !: :
                      r―- ..__l___    `´            l   /   /: :
                         \      `゙^''''''―- ..______/_/   /: : :   ガバッ!!
                         `




338 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:21:33 ID:45inBSuk0











                                  _
                                  _ r-''ニl::::/,ニ二 ーー-- __
                              .,/: :// o l !/ /o l.}: : : : : : :`:ヽ 、
               ‥‥‥‥      /:,.-ーl { ゙-"ノノl l. ゙ ‐゙ノノ,,,_: : : : : : : : : :ヽ、
                        __l>ゝ、,,ヽ /;;;;;;;;;;リ゙‐'ー=" _゛ =、: : : : : : : :ヽ、
                       /  _________`゙ `'-- ヾ_____--⌒     `-: : : : : : : :
                    .ヽ.  ________   /   ____ ---‐‐‐ーー    \: : : : :
                      ゙,ゝ、      /  ________rー''" ̄''ー、    `、: : :
                        `'''ー-、__/__r-‐''"゛     ̄ ̄   \   ゙l: : :
                            l     .,.. -、、 _ ‐''''''''-、    l   !: :
                           |   /    .| .!     `'、  |   l: :
                               l   |     .l,,ノ     |  !   !: :
                                / '゙‐'''''ヽ、 .,,,.. -''''''''^^'''-、/  l   !: :
                      r―- ..__l___    `´            l   /   /: :
                         \      `゙^''''''―- ..______/_/   /: : :
                         `




340 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:21:59 ID:45inBSuk0






                                        ヽ人_从人__从_从人__从人
                                       <               >
                                      <   ‥‥‥‥‥‥‥!   >
                                       <               >
                                        Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW


                                                         ヽ人_从人__从_从人__从人
               ____                                     <               >
             /       \                                  <   ‥‥‥‥‥‥‥!   >
            /    ノ -、 -ヽ ヽ                                  <               >
           / U , -|/‘|< |-、 |   なんだ‥‥夢か                      Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW
           ○/   ` - ●-′ |
         .  | |  三   | 三 /   びっくりした
          |  |  /⌒\_|/^/                           ヽ人_从人__从_从人__从人
          |  |━━━(t)━━、                           <               >
          |   /__ ヽ |_|                          <   ‥‥‥‥‥‥‥!   >
         .  i   l ヽ___/ノ j_)                           <               >
           ヽ  ` ── ′/                              Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW
            ⊂二⊃⊂二⊃




342 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:22:28 ID:45inBSuk0




                   |:i:! .〃                    |:| |:|                |:|
                   | |!〃          .ix=x     !:! !:!                 |:|
         ヽ人_从人__从_从人_从人:┐        |. \\  ./:' ./:'                    |:|
        <               >         | |\\\////                |:|
       <  血圧、さらに低下!   >       | | ヽ人_从人__从_从人__从人_人_从人__从|
        <               >        | <                       >
         Y⌒W⌒Y⌒WW⌒⌒YW‐┘        <   心拍数も下がり続けています!   >
                   Ⅵ/         _| \<                      >
                      | |!          .|\\. Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒Y⌒WY⌒|:|
             =ニ二三三ェ三三二ニ=    .|:. \\. \ | :|  |    \      .___  .!:!
                    `YY´           .|.   \\  |  |      \ _,∠_      `/:'  .
                     | |       ヽ人_从人__从_从人__从人_人_从人__从人从  //
                     | |      <                          >/ /
                     | |     <  心臓マッサージの準備を! 早く!!   >/-=
                     /:∧  .    <                          > -=ニ
                    .///:∧      Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒Y⌒WY⌒⌒Y⌒’-:=ニ
                   //ムムム________ ,r='¨´       ji    Y  /-=ニ三三三
           ___   〃¨Tl¨Ti¨Ti¨Ti¨Ti¨Ti¨Ti¨:ア        〃    }./-=ニ三三三三
     __ , ・´    `マ/  | ! :| ! :| ! :| ! :| ! ∠二又        /’    /-=ニ三三三三三
            _   `'ー=¬冖¨ ̄¨冖r:f:f:TK ヾx、     .<     /-=ニ三三三三三三
     ー==ニ二_                   L|_|_j」`゙  `ir--==イ\  /-=ニ三三三三三三三
              ̄冖¬=ェ、__ ,            L_ ___ >'-=ニ三三三三三三三三
          ,r========================x -=ニ三三三三三三三
         /〃¨T l¨T i¨T i¨T i¨T i¨T i¨T i¨T i¨T i¨T i¨T i¨T i¨T i¨ヾ;ム - = ニ三三三三三三
                           ____
                        ,. : ´: : : : : : : : : : :` : 、
                      /.: : : : : : : : : : : : : : : : : :.\
                    , '.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :. :.ヘ
                    /.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ハ
                   '.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.i
                   |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |
                   i.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :. :. :.}!
                   .V.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :. :. :. :.,:'
                   ハ.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :. :. :./
                     ヽ.: : : : : : : : : : : : : : : :. :. :. :./
                      弋二二二二二二二ニニニ}
                      : 7: : : : : : : : : : : : : : : : : : :j:





343 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:23:09 ID:45inBSuk0




                   {
                   )  早    急
                  {    く     い
             ,. -==ニア}  !    で
           /      (       !
          ,イ          ヽ
         /:,′            \_
      ハ ハj:::}    レ'へ.    /\  )
      !::V::::::::::レ-、 /二>l i /∠二ヽ \  __
    ト、j:::::::::::::/ァ、 レ' 、_少 | |レ' rァ、 ,.| | 厶 '´
    \:::::::::::::{ し' u     レハ キ `´/ | |
    <:::::::::/ー!キ r'二二ヽ、._〉キ / レ'
    ─一く   丶 ヽ    \}  キ/
        \   \`ー一'  /
    '´ ̄`\ \   `>一' ´
    .     ヽ  \_<
    ー- 、   i    }
    .   \ |    {




      _/ヽ,   _ ,.. -―――- .__
     f 二ニヽ`fイ,/〃∠/ _´", - ‐ ``_ ‐_ 、
     辷三lニ/ -‐ ニ,,_‐- `‐-ァ`<_ニ二 --_ヽ
     `l-冖'"/ _     _ /   /  `゙‐-、 \
    二ァ-―/ ̄、-==‐- _ /   /       `,`i}
    _ニl/-、/ ‐-、ヽ―--/  {‐-==_-、     ,  ∨     ヽ人_从人__从_从人__从人_人_从人__从人
     均 ヽ (乙入ヽ-'" U  ヽエェ_ヽヽ、, ./   |     <                        >
    三ィ)、二〉{冫       />、ニ=、ヽイノ   /l    <   おふくろ! 目を開けてくれ!!   >
     { ミ-人_/]ヽ U   /   '_`ニ='´ !、   / j     <                        >
      ,∨ , ィ ´ , }    |    i/´"   !`rジヲ´       Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒Y⌒WY⌒⌒Y
    ./ '  i.   ¦    !    ヾ     -'/'´
        {   ¦    |      ,  '" ∨
       /   l、   U {       〈_ -‐ , ´
    . 、 /       l\     -=::;==,ニ,⌒/
     \    /!  \    、`‐-ィ/
       \   `i` 、   \    ̄`/
        \,,ノ    `>、ヽ  /
        /-ヽ-、  /:ヽ  ̄ ̄_
       /仁(9}/::::〉_/:::::::/ ̄´  {
      / ヒシ/ヽ/:::::::::∨     `、




            _ _ __
       ,.  ´ , - 、, -、 `丶、
      /  , -{  ollo }‐- 、 ヽ   え‥‥?
     /  /U  `ー/⌒V   ヽ. }
    ,′/  ─‐   `T ´ 二  ∨
    ! l  二二   |   ─   ′
    l |     ,.  -┴-、   /
.    l l      `ー─-'   /
     ヽ >──────く
     / ̄ ̄ ̄ラ⌒く ̄  ハ




345 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:23:45 ID:45inBSuk0





        ________
       |    ___    |
       |  [|J( 'A`)し|] .  |
       | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| .|
       | |         .|.|
       | |         .|.|
       | |         .|.|
       | |         .|.|
       | |         .|.|
       | |______|.|
       |________..|






            _ _ __
       ,.  ´ , - 、, -、 `丶、
      /  , -{  ollo }‐- 、 ヽ
     /  /U  `ー/⌒V   ヽ. }   母ちゃん‥‥? 母ちゃん‥‥!!
    ,′/  ─‐   `T ´ 二  ∨
    ! l  二二   |   ─   ′
    l |     ,.  -┴-、   /
.    l l      `ー─-'   /
     ヽ >──────く
     / ̄ ̄ ̄ラ⌒く ̄  ハ





346 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:24:20 ID:45inBSuk0







      ┌───────────────┐
      │┌─────────────┐│        ハ   /⌒)
      ││0                      ││       //  弋彡'
      ││_____________││       / ニニニ===ー
      ││0                      ││      //          ....r‐、,,,-----――-、
      ││_____________││     ムニニニ===─     .`――''''''''''''''''''''′
      ││                    ││
      ││                    ││
      ││ HEART BEAT           .││
      │└─────────────┘│
      │                        │
      │┌─────────────┐│
      ││0001 / 1000     △▽△▽▲.││
      ││      40            ││
      │└─────────────┘│
      │                       ( l )│
      │ O  O  O                │
      └───────────────┘




349 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:25:01 ID:45inBSuk0




                                                ハ   /⌒)
                                               //  弋彡'
                                               / ニニニ===ー
                                              //          ....r‐、,,,-----――-、
             ヽ人_从人__从_从人__                    ムニニニ===─     .`――''''''''''''''''''''′
            <            >
           <   心拍、停止!   >
            <            >
             Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒                   ヽ人_从人__从_从人__从人
                                          <               >
                                         <   心臓マッサージ!    >
                                          <               >
                                            Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW


                ヽ人_从人__从_从人__从
               <              >
              <   分かりました!!  >
               <              >
                Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒Y





      _/ヽ,   _ ,.. -―――- .__
     f 二ニヽ`fイ,/〃∠/ _´", - ‐ ``_ ‐_ 、
     辷三lニ/ -‐ ニ,,_‐- `‐-ァ`<_ニ二 --_ヽ
     `l-冖'"/ _     _ /   /  `゙‐-、 \
    二ァ-―/ ̄、-==‐- _ /   /       `,`i}
    _ニl/-、/ ‐-、ヽ―--/  {‐-==_-、     ,  ∨     ヽ人_从人__从_从人__从人_人_从人__从人
     均 ヽ (乙入ヽ-'" U  ヽエェ_ヽヽ、, ./   |     <                         >
    三ィ)、二〉{冫       ⊂、ニ=、ヽイノ   /l      <   おふくろ! おふくろーーー!!!  >   
     { ミ-人_/]ヽ U   /   '_`ニ='´ !、   / j     <                         >
      ,∨ , ィ ´ , }    |    i/´"   !`rジヲ´       Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒Y⌒WY⌒⌒Y
    ./ '  i.   ¦    !    ヾ     -'/'´
        {   ¦    |      ,  '" ∨
       /   l、   U {       〈_ -‐ , ´
    . 、 /       l\     -=::;==,ニ,⌒/
     \    /!  \    、`‐-ィ/
       \   `i` 、   \    ̄`/
        \,,ノ    `>、ヽ  /
        /-ヽ-、  /:ヽ  ̄ ̄_
       /仁(9}/::::〉_/:::::::/ ̄´  {
      / ヒシ/ヽ/:::::::::∨     `、









            _ _ __
       ,.  ´ , - 、, -、 `丶、
      /  , -{  ollo }‐- 、 ヽ
     /  /   `ー/⌒V   ヽ. }
    ,′/  ─‐   `T ´ 二  ∨
    ! l  二二   |   ─   ′
    l |     ,.  -┴-、   /
.    l l      `ー─-'   /
     ヽ >──────く
     / ̄ ̄ ̄ラ⌒く ̄  ハ




352 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:25:39 ID:45inBSuk0




                                                ハ   /⌒)
                                               //  弋彡'
                                               / ニニニ===ー
                                              //          ....r‐、,,,-----――-、
             ヽ人_从人__从_从人__                    ムニニニ===─     .`――''''''''''''''''''''′
            <            >
           <   反応は!?   >
            <            >
             Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒                   ヽ人_从人__从从从人
                                          <            >
                                         <   ありません!    >
                                          <            >
                                            Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒   





      _/ヽ,   _ ,.. -―――- .__
     f 二ニヽ`fイ,/〃∠/ _´", - ‐ ``_ ‐_ 、
     辷三lニ/ -‐ ニ,,_‐- `‐-ァ`<_ニ二 --_ヽ
     `l-冖'"/ _     _ /   /  `゙‐-、 \
    二ァ-―/ ̄、-==‐- _ /   /       `,`i}
    _ニl/-、/ ‐-、ヽ―--/  {‐-==_-、     ,  ∨     ヽ人_从人__从_从人__从人_人_从人__从人
     均 ヽ (乙入ヽ-'" U  ヽエェ_ヽヽ、, ./   |     <                         >
    三ィ)、二〉{冫       ⊂、ニ=、ヽイノ   /l     <   頼む! 目を開けてくれぇーー!!    >   
     { ミ-人_/]ヽ U   /   '_`ニ='´ !、   / j     <                         >
      ,∨ , ィ ´ , }    |    i/´"   !`rジヲ´       Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒Y⌒WY⌒⌒Y
    ./ '  i.   ¦    !    ヾ     -'/'´
        {   ¦    |      ,  '" ∨
       /   l、   U {       〈_ -‐ , ´
    . 、 /       l\     -=::;==,ニ,⌒/
     \    /!  \    、`‐-ィ/
       \   `i` 、   \    ̄`/
        \,,ノ    `>、ヽ  /
        /-ヽ-、  /:ヽ  ̄ ̄_
       /仁(9}/::::〉_/:::::::/ ̄´  {
      / ヒシ/ヽ/:::::::::∨     `、





            _ _ __
       ,.  ´ , - 、, -、 `丶、
      /  , -{  ollo }‐- 、 ヽ
     /  /   `ー/⌒V   ヽ. }
    ,′/  ─‐   `T ´ 二  ∨
    ! l  二二   |   ─   ′
    l |     ,.  -┴-、   /
.    l l      `ー─-'   /
     ヽ >──────く
     / ̄ ̄ ̄ラ⌒く ̄  ハ




354 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:26:16 ID:45inBSuk0





  しばらくの間、部屋には心拍計の機械音と、心臓マッサージの音と、兄嘉明の叫び声が響いた。




                                                ハ   /⌒)
                                               //  弋彡'
                                               / ニニニ===ー
                                              //          ....r‐、,,,-----――-、
             ヽ人_从人__从_从人__                    ムニニニ===─     .`――''''''''''''''''''''′
            <            >
           <   ‥‥‥‥!   >
            <            >
             Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒                   ヽ人_从人__从_从人__从人
                                          <               >
                                         <   ‥‥‥‥‥‥!    >
                                          <               >
                                            Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW


                ヽ人_从人__从_从人__从
               <              >
              <  ‥‥‥‥‥‥!!  >
               <              >
                Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒Y



.


357 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:26:53 ID:45inBSuk0





  やがて‥‥



                     ヽ'ー 、 _
                      ゝ\:::::`'' - 、
                  , - ‐ ''´   >::::::::::::::ヽ、 i.',
               . /     <,:::::::::::::::::::::::::::::V::::',
              ,/´     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
            /      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          / /     / -'/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         '--ィ      ´'´ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
          /         ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
         ./         i::::::::::::::::::::::::::/i::::∧::::::::::::::::::::::::::::::i
        / i         l:/::::::::::::::::::::::i .|:/ i∧:::::::::::::::::::::::::l
        ,'  l         l/|:::::::::::::::::∧| _´-''''´;;i:::::.,:::::::::::::::::l
       / /',         |:::::::::::,、::,'-'''´;;;=-ニ'''|:∧::::::::r-、ノ     ‥‥‥っ
       '´´  ',       i |::::::::::∧/ ̄ィ弋tソj)ァ|,' |::::::ハ i/ , ァ
           ヽ   i   ∧ ',:::∧| \  ー-= ィ  /:::::/ ノ'''´/,  _, -
            ∨、 .ト  |∧.':::| .` | .\     |\::::/-'´:::::::::::-:''' /
            ',|ヽ |ヽ |、 ヽ.|  {i   \ u  ',:::::\_::::::::::::::::::/
         、-――‐.Vー', |:ヽ `   __   ヽ 入::::::::::::`''- 、,/
          \:::::::::::::::::::::::',i::::::>、  ´ _ `    イ  |::::::::::::::::::::::::>-、
           ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`>- -<´ /./|::::::::::::::::::::::::::::::/
            '、:::::::::::::::::::::::::::::::::/´<  _ =-''´ -''´::::::::::::::::::::::::::;/
             \:::::::r´ニニ 、_|´ __` ̄  |´::::::::::::::::::::::::::::::::/
              >::| |   `'-ヲ´フニニニニニi''┐:::::::::::::::\





358 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:27:35 ID:45inBSuk0





  必死に心臓マッサージを施していた、医師の手が止まった。




             イ彡イイへ、_ ``ヽ、_ヽ、  ヽ
            / 彡´    `ヽ、  ``ヽ  ヽ
            / 彡       彡``ヽ、_  .ヘ
           .{  リ_,,、_       _,,,,ィ"ヽミ  .| 
           ヘ  ソミ  >ミミヾ  ィ彡イマ、ィ Y .ノ   先生、どうして手を止めるんだ‥‥!?
            ヾ〃:::::<ヾツ>`   ``ヾ='' lr-
            ./`ヘ''´ ´´      ''     {  }  頼むから、マッサージを続けてくれ‥‥!
             ヽ ヘ       ィ_ゝ    U //
              ヽ_.ヘ    ∠ .=彡ゝ.  ノ
                ヽ    ` -- ''´  /{
                 .}\      / |
                  }ヽ >、 __. イ;;..;; |
              ハ─イ ヽ  ;;   ;;.   |
      r────ィ´::ヽ .\   `、    ;;  {``ヽ、
      / ___:::::::::::::::ヘ  ヽ  \   '  ヽ、 ヘヽ、
    /:::::::::::::::::::::::\::::::::::',   ヽ‐-、.\    〉_,,', ヽ::::\
    /:::::::::::::::::::::::::::::::\::::::',    ヽ ```ヽ、_ イ ,,,,',  ヽ:::::::\
    ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::',    ヽ         ',  ヽ:::::::ヘ
    }:::/:::::::::::::::::::|ll;;:::::::::|:::::',     ヽ        ;  . ',::::::::/
    ∨:::::::::::::::::::::::::ヽ::::::|::::::',  ,ィー、 \      ;  ___',::::/




     / //::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       /./ イ::::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::/::::::ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.       /./ //:::::::::::::::::::::::::::::/ |:::::/::::::/ i::::::::::::::::::::::::: _ _ :::::::::::::::
      |/ //::::::/:::::::::::::::::ハ:::| ./:::/三≧///::::::::::::::/ _ ヾ:::::::::::
      | / .i:::::/i::::::::::::::::::| 升彡イニ ̄   //i::::::::::| /  ) i:::::::::::
.       i .l::/ ィ::::::::::::::::::| ヾテr j /     ./::::::::::| ) / .|::,:::::-    ‥‥‥
.       | .| ハ i:::::::::::::::::::ミ、 )‐'´      /::::::::::::| / - ' ´三三
.       |  | |.レi::::::::::::::,、:ヽ\      U ./:::_::::-:::'::´三三三三
.        ヽ  | | |:::::::::::/ `ミ、_ \   _ - ' ´三三三三三三三
         Ⅶ Ⅵ::::::::/_  -    Y´三三三三三三三三三三
         ヽ  V:::ハ:::::::>、  _ .\三三三三三三三三三三
          /ヾハ:::/三 >' ̄    ヽ三三三三三三三三三
          /三三三/三三ニ} ̄    V三三三三三三三三三
         /三三三三三三三::i、   _ ィ ト三三三三三三三三
       <三三三三三三三三三三三三ニ.| ヽ三三三三三三三
        ` - 、三三三三三三三三三≧/:::\三三三三三三
           ` - 、三三三三三 ///):::::::::人三三三三三三
              \三三ニ.///.//::::::::/ | |三三三三三三





359 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:28:15 ID:45inBSuk0




  ::::::::ィ           .-ゝ
  :::::i´            `ヽ、
  ::::::レr-、         `ヽ、ヽ
  :::::/ i |     ,      、ヽノ
  :::::! i」/  i   i   i  ヽ i!.|
  :::::>ィ'  / / i .| i |i !| |ヽ!    申し訳、ありません
  i!  ヽ-'ヽ'v-'/ / / l' | i! i
  ;`ヽ、キ  //7 /'1  i /|/      誠に残念ですが‥‥
  ;;;;;;;;;;;;゙;;;7 '´/ノ"i./ ノ! / i!
  ;;;;;;;;;;;;;;/ ヽ、  ィ'/ レ'
  ;;;;;;;;;;;;{   ,r‐ ´
  ;;;;;;;;;;;;|`ヽ,;;'-、
  ;;;;;;;;;;;;`;;;;;rュ;;;;L_
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;}








                                         __.. --- 、
            _ _ __                 .        ∠二 ̄ 、_\
       ,.  ´ , - 、, -、 `丶、                  ∠二 ̄ヽ、__二トo
      /  , -{  ollo }‐- 、 ヽ                /レ=ミー- `二ニ彡'i}-──.、
     /  /   `ー/⌒V   ヽ. }                {lレ'⌒ヽ==ニニ彡/,ニ、l{::::::::ヽ::∧
    ,′/  ─‐   `T ´ 二  ∨                 |      Vノ_| 〈l |::::::::::∧::::}
    ! l  二二   |   ─   ′                 、__、 、_ノ二   r'_ノ\:::::::::l::/-.、
    l |     ,.  -┴-、   /                 /:::tッぅ ´反ノ lU | |:}  ヽ::::l/:::::::::>.._
.    l l      `ー─-'   /              .    /:::::::∨-、!   | ノ /∧/::/::::::::::::::::::::::>.._
     ヽ >──────く                  :::::::::::::‘ーr'__ァ   /イ::/ |─-=<::::::::::::::::::::::::
     / ̄ ̄ ̄ラ⌒く ̄  ハ                 :::::::::::::::\ヽ_/::{:::j/   |  /  ` <::::::::::::





360 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:28:58 ID:45inBSuk0





                          ::::::::::::::::::::::::::
                       ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                   ::::::::::::::::::::::::          :::::::::::::::::::::::
                 :::::::::::::::                   :::::::::::::::
               :::::::::::::::         J('ー`)し         :::::::::::::::
              :::::::::::::::           (  )           :::::::::::::::
               :::::::::::::::          ||           :::::::::::::::
                 :::::::::::::::                    :::::::::::::::
                    ::::::::::::::::::::::::         ::::::::::::::::::::::::
                     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                        :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                           ::::::::::::::::::::::::::


                            ○

                                 ○


                              ○  。



  1968年、12月某日。
  入院から5日後、ふみは最愛の息子たちに看取られて、64年の生涯を閉じた。





361 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:29:42 ID:45inBSuk0





  ふみの葬儀は、故郷・網野で行われた。




  :::....::::::........ . .::::::... .... ..::::::::::::::::....::::::........ . .::::::... .... ..::::::::::::::::....::::::........     . .::::::... ....:::::::::::::....::::::........    . .::::::..  . .... ..:
   :::::... .... ..::::::::::::::::....::::::........ . .::::::... ....::::::::::.. .. . ... .::::.. . . .:: : :.. . ... ::: :::.. ... .. .. . ... ... ..::. .. . ..           . .. .:
   .:::: .. . .... .. ..   . ... ...    ..::   . .. . ..   ...       .. ..   . ... ...    ..::   . .. . .. ... .. ..      . ... ...    ..::
  ... ...    ..::     . .. . ..
   .:::: .. . .... .. ..   . ...  ...    ..::          . .. . .. ..   . .           . ..     . ...    ..::   . .. . .. .
    .. .. ..   . ...                       . .. .            .. :... ..
  ..   .
  ... ...    ..:  :      . .. .
   .::  :: .. . .... .. ..   . ...     ...    ..  ::          .    .. .  .. ..   . .. ..     . ...    ..::
    .. .. ..   . ...                 ...     . .. .            .. :... ..
  ..   .
  ... ...    ..:  :      . .. . ..
                                                      ,,,
                                               _,,.-ー''''"゙゙"´゙''``'‐.、、.
  ___________________________________,,.--ー''''''"゙゙''"´``'''"´``'‐''"´ ... .. ..   . ... ...  ``'‐.、,,
  .. .. . ... .::::.. . . .:: : :.. . ... :::,,,,-‐'゛``'、,,-‐'゛  ... .. ..   . ... ...    ..::   . .. . .. ... .. ..   . ... ... ゙゙゙゙''''''''''‐-- 、 ,,,,,__
  _,,.--ー''''"゙゙`゙''ー-、_,,.--庁ー ''''''"゙゙":;;;: : ;:.............;;;;; ; ::; : ;:; :; :  :: :;... .. ..   . ... ...  .、丶"''':、丶、`丶.'.;';':;:';'::;:';'..::.;';':;:';'::;:'":;;;: :;
   i;;ii:i;;i ̄|rニユ l |l i: i:二i, .;';':;:';'::;:';'; ,. '':';;:::;:;;:爿|:::.:....;';':;:';'::;:';'; ,. '':';;:::;:;:;;::::.:....;';':;:';'::;:';'; ,. '':';;:::;:;:;;::::.:....;';':;:';'`,,,,-‐'゛::;:';'; ,.
  二.ll.| . 二 ̄ ̄|=,ィ'⌒ニニエニニil]1lー-il]|_三rーilil ̄|─r‐┬||irr-、v冖v":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; ":;;;: : ;: ;: ;: ;: ;: ;:  ; ::;
   ::;...;;.;;ii:i;;:; :;..; |l巫||、_,|斤il]il]|_三rーilil ̄|─r‐┬|i、 _r-lT┐┬il]il]|_三rーilil ̄|─r‐┬r'⌒ヽ'' ,. ,. '' ;';':;:';'::;:';';゙゙゙゙'''‐- 、 ,,,,,__
  韭|  |:::.. ..  |巫|il]il]|_三‐┬ lil「l ̄|i、_r lil「l韭l《fニニll ̄'' ;~'',;''゚ ;~'',;'', ;~,;''゚ ;~゚''゚ ;~'',;'',;''゚ ;~,;, ‐''"~ ̄~`''‐ ,.、t''T叮 i¬-、
  韭|  |l::;...;;.;.;ii:i韭lllll":;;;: : ;|韭韭|ニニエニニエニニエ : ;:;;';':;:';'::;:';'; ,. '':,.ィ;| ̄冂ilrーilil┬ li┬;:::;:;:;;::::,.‐':;ニ´ィ:爿ヱ;'::;|I|:・:|I-lT┐┬



  網野に光を注ぎ込んだ英雄を産んだ母親に最大限の弔意を表し、ふみの遺体は町葬として葬られ、
 弔辞は町長が読み上げることとなった。




364 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:30:25 ID:45inBSuk0





  弔辞の中で、ふみの苦難続きの人生が読み上げられていく。



  \\====||===/==========================//
  //                          \\
  | |   ふみさんは2度の大病を患いながらも  | |
  | |                              | |
  | |  2人のお子さんを立派に育てげました     | |
  \\                          //
  //============||======================\\
                   t≦_ノゝ、            ,,....,,,,__        ,rrテ≡==-、
                    `ブ´,,:: -- ::、       ,r''"''''''ヽ:::`ヽ.     (〃彡三ミミ::`ヽ
                   ,rニュf::r-‐t::::::::ヽ     f´,,..、 r"::::::::::i      /"~´   i三ミ::::i,
                   /,,, Y.. -‐ ヾ::::::::l      ノ゙ f・=  7:::::::::::l.    f:、 ‐-:、 (ミミ:::::::l
                   ム゚゙゙' く、'゚`  u'"):::l    ヽ''    u゙'⌒リ:ノ    ノ゚ヲ ''・=  リ::r-、リ
                   l=,,;;:. l=、  ..::" ,)ヽ、   j⌒    ト'"fノ     l (-、ヽ'"  u ゙'´ノ),)
                 /`ゝ-''^ヽ''"  ,/: : : :\  ヽ、: : : '" ノ^i,     lィー-、    ノ-イ
                 /rf´ i′  ,f^ヽノ:,. - - 、 ヽ,,. -テ) ,/  `ヽ、   t_゙゙   _,,.. :: "  l、
                 ゙'゙  l   l: : j :f´: : : : : ヽ,/   '''"´  ,,.: -  ヽ    `ユ゙"    ,ノ::ゝ、
                   !   /: :ノ l: : : : : : : ノ,      ,:'"   ゙ヽ i,.r‐(´::::〉   ,.ィ":::::/::::::
                   /-‐-/: :/: l: : : : : : ,/ /     /      ,f´:::,::ヽfト--テ:::::::::ノ:::::::::
              . _,,..::-,テ   /`7: :(: : : : : /ヽ/     〃       リ:::,'::::::ゝ!r7/ー一'":::::::::::::
              `_,:ィ''"  _,r''" f: : :ト---ヲ /      fノ       /::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::
              -‐-‐'''フ"  ,.ノ,:::::」、,:r'"  ,i     /   \\====||===/==========================//
              、..、く´_,,∠"ィ''"´ /   ,>     /\、 //                          \\
              ´  ,ヘr:、-、=---/    ,:イ    ,ノ   `゙ヽ| |  若い時分に夫・要次さんを亡くしながら、  | |
              ーフ´ > ヽ`ー、/    /く _,,..ィ''"゙'  _,,:ィf| |                                | |
              / / ,,ゝヽ, )  ,./ ィ'"   r-‐ ''",.,  | |  まさに、まさに立派の一言に尽きます     | |
                                       \\                          //
                                       //============||======================\\





365 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:31:03 ID:45inBSuk0





                            \\====||===/==========================//
                            //                          \\
                            | |  兄・嘉明君は島津製作所に就職し、     | |
           ,,,、、、、、、,,,,            | |                                 | |
         ,r,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,           | |  実直で、社内で強い信頼もあるそうです  | |
         f;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,`          \\                          //
        ノ;,;,;,;〃;,;,;,;,;,;,;,;,;r乍          //============||======================\\
        {;ハ〃r'´``シシノ  N
        {.:いリ  >;:;;;''  ,,,,, リ!
        ルシ'', `;. ´~  ノ‐'r'′,,、、、、、,,
         7   '、:;  _ ー'  / ,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、   ,,、、、、、,,,        \\====||===/==========================//
   _,.- イ〈   `、  ``/,r.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`Yィイ彡ニニミミヽ       //                          \\
   .::::::',::::::::i \    `ーく  ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:./⌒ヾ.:.:.!ィイ彡ヲ ⌒ヾ!       | |  弟・克也君は南海ホークスの選手      | |
   .::::::::i::::::::l   \ /l:::::ト、{.:.:.:.:.シシシノノ  ヾ.:.:.:', r、  } --、 !       | |                             | |
   :::::::::l:::::::::ト、  /:ヽ |::::|:::.\.::{ ,rュ  `rュ 1.:.:ノiい リ  "´〈   _ _   | |  網野の町で、彼を知らない者はいません  | |
   :::::::::|:::::::::l ヽ〈.:.:.::Vi::::|:::::::::l.:.i   ,、、  ,!,;,;(.:.:.ノ 、  _r‐','´   ``ヽ \\                          //
   ::::::::::\:::::|   〉::〈 !::」:::::::::|::ハ r'_ __ヽ ノ.:.ノく   ヽ__,」 !      } //============||======================\\
   ::::::::::::::./|   |:::::| |\::::::::|  ト.、_, イル'.:::ヽ\  厂  ゙、   uVシ
   :::::::::/.:::::|   |:::::| |:::::|:::::::ト、 \  ハ.::::::::::::ヽ Vトト、   },,,,,,,,ィ  }
   :::::::::i.:.::::::::|   !:::::! |::::|:::::::| ``⌒´ヽ_ノ``ヽ、:::::レ⌒!::::', 〒、  、_/
   ::::::::::l.:.:::::::|   !:::::! |::::|:::::::|          ト、|  ',:::::i ',:: V爪
   :::::::::::l.:.::::::|   !:::::! |::::|:::::::|          V:l   i:::::|  !   ! `ヽ
   ::::::::::::l.:.:::::|   !:::::! |::::!:::::::|              '、   l::::l  |   |l /!




367 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:31:46 ID:45inBSuk0





  その最中‥‥



                                             うぐっ‥‥ぐっ‥ううううっ‥‥‥ >





                            \\====||===/==========================//
                            //                          \\
                            | |  それも全ては、ふみさんの教育が      | |
           ,,,、、、、、、,,,,               | |                                 | |
         ,r,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,   l  /      | |  あったからと言えるでしょう             | |
         f;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,`    ′/    \\                             //
        ノ;,;,;,;〃;,;,;,;,;,;,;,;,;r乍          //============||======================\\
        {;ハ〃r'´``シシノ  N
        {.:いリ  >;:;;;''  ,,,,, リ!       l  /
        ルシ'', `;. ´~  ノ‐'r'′,,、、、、、,,    ′/
         7   '、:;  _ ー'  / ,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、   ,,、、、、、,,,   l  /
   _,.- イ〈   `、  ``/,r.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`Yィイ彡ニニミミヽ   ′/               
   .::::::',::::::::i \    `ーく  ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:./⌒ヾ.:.:.!ィイ彡ヲ ⌒ヾ!
   .::::::::i::::::::l   \ /l:::::ト、{.:.:.:.:.シシシノノ  ヾ.:.:.:', r、  } --、 !        l  /
   :::::::::l:::::::::ト、  /:ヽ |::::|:::.\.::{ ,rュ  `rュ 1.:.:ノiい リ  "´〈   _ _     ′/
   :::::::::|:::::::::l ヽ〈.:.:.::Vi::::|:::::::::l.:.i   ,、、  ,!,;,;(.:.:.ノ 、  _r‐','´   ``ヽ
   ::::::::::\:::::|   〉::〈 !::」:::::::::|::ハ r'_ __ヽ ノ.:.ノく   ヽ__,」 !      }
   ::::::::::::::./|   |:::::| |\::::::::|  ト.、_, イル'.:::ヽ\  厂  ゙、   uVシ
   :::::::::/.:::::|   |:::::| |:::::|:::::::ト、 \  ハ.::::::::::::ヽ Vトト、   },,,,,,,,ィ  }
   :::::::::i.:.::::::::|   !:::::! |::::|:::::::| ``⌒´ヽ_ノ``ヽ、:::::レ⌒!::::', 〒、  、_/
   ::::::::::l.:.:::::::|   !:::::! |::::|:::::::|          ト、|  ',:::::i ',:: V爪
   :::::::::::l.:.::::::|   !:::::! |::::|:::::::|          V:l   i:::::|  !   ! `ヽ
   ::::::::::::l.:.:::::|   !:::::! |::::!:::::::|              '、   l::::l  |   |l /!





368 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:32:28 ID:45inBSuk0







                                  .,,..、v------v、.,,,_
                              ._,-‐'^⌒         .¨'-、
                            .,/                \
                           /                   \
                           /⌒li                   ゙)
     母ちゃん‥‥母ちゃん‥‥    ノ  .〕--v、、.,_              ゙!
                          |:ny }    .⌒7nz''           !
     うううっ‥‥ぐっ‥‥うぅ‥‥!  (_ .,「^'┐._.v‐'′ ゙\_, ..        |
                         ._,,、||'''(  ,,rミニ、,,v-ー'''^¨゙゙'<_        .}
                         厂 .( ゙‐r ‐''''゙/ .________  '<       .ノ
                         .゙>'′ l}  ‐''^゙゙「[,/ . ̄ .)、    ._/
                         \_   .´}  _,,./|}     _,|v-ー''¨゙`〕
                           .¨'''¬=i厂″ .__.,エ-''''''^゙二、r-‐''''''゙}
                               `^'l(ニミァ''个¨ ̄       .}
                                 (;;;l!メ  .┐ v       〔
                               ._v-:厂  __  レ″       |
                              .,/′,,|,,ニ⌒,.|、r(    .,、    .|
                              .〔../′ ._フi|′ .`\_,/     〕,(^^'l
                              .゙|′ / .゙'ーv、vr″      八_ ._}
                               .7.,,,,,|y.            ../′. ̄
                                 、 .¨^'‐-v、.,_,,,____,,,、vー'′




371 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:33:08 ID:45inBSuk0





  母親を失った悲しさは、息子にとめどない大粒の涙を流させた。






                                            ヽ人_从人__从_从人__从人_
                         _                <               >
                         _ r-''ニ :::: ,ニ二 ーー-- __        <  うああああっ‥‥!   >
                     .,/: :/    !/    }: : : : : : :`:ヽ 、     <               >
                   /.-ー⊆   ≧ノl ≦  ノノ,,,_: : : : : : : : : :ヽ、    Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW
               __l>ゝ、,,ヽし;;;;;i .jリゝ ,、 <´ヽ゛ =、: : : : : : : :ヽ、
              /  _________`゙ `'--uヾ_し' `ヽ つ     `-: : : : : : : :
           .ヽ.  ________   /   ____ -│j-‐‐‐ーー    \: : : : :
             ゙,ゝ、      /  ________ ijー''" ̄''ー、    `、: : : ヽ人_从人__从_从人__从人_人_从人__从人__从人
              `'''ー-、__/__r-‐''"゛     ̄ ̄   \   ゙l: : : <                            >
                   l     .,.. -、、 _ ‐''''''''-、    l   !:<   ああああああああ~~~~~~っ!!   >
                  |   /    .| .!     `'、  |   l: : <                            >
                      l   |     .l,,ノ     |  !   !: :  Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒Y⌒WY⌒⌒Y⌒WY
                       / '゙‐'''''ヽ、 .,,,.. -''''''''^^'''-、/  l   !: :
             r―- ..__l___    `´            l   /   /: :
                \      `゙^''''''―- ..______/_/   /: : :
                `



  厳粛な静けさを引き裂くような、激しい慟哭が式場に響く。




373 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:33:52 ID:45inBSuk0





  もっともっと、たくさん色んなことをしてあげたかった。
  もっともっと、楽をさせてあげたかった。




                                   ヽ人_从人__从_从人__从人_人_从人__从人__从人
                                  <                            >
                                 <   母ちゃん‥‥! 母ちゃん‥‥!        >
                                 <                              >
                                 <   うああぁぁぁああぁーーーっ!!        >
                                  <                            >
                                   Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒Y⌒WY⌒⌒Y⌒WY
                   , -‐ニ二>ー-...._-'´'
               ○、/:::::/才´:::::::::::::::::::>..
            / /   /::::::::/ 厶,,_::::::::::::::::::::::::::::ヽ ヽヽ
            { {   ./:::::::::ゞ<_「ヽ ヽ、::::::::::::::::::::ハ. }. }
            ゝ ゝ _」:::::::::::::::::::::>'ミ、ハ_,,,、::::::::::::::::}. '
              / ∨:::::ーt- 、____/  ):::::::::::::::′
             {  {:::::::::::ゝ、{ ヒミ_、`‐,-'、ィ⌒ヽ/
              ゝ,,_>:、::::::::ノ`ー- 、 ヽ ,ゝ-'、_ノ
                   ̄  ` ー-'- ゝハヘヾ>
                            ̄´



  何一つ恩返しできなかった。残ったのは後悔ばかりだった。
  亡き母がどのような思いで自分たちを育てたか、そこにどれほどの苦労があったのか。
  それを聞き野村はたまらなくなり、胸がはちきれそうになるくらい号泣したのだった。





374 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:34:42 ID:45inBSuk0





  やがて式も終わり、後日、ふみが住んでいた家の整理を嘉明と2人でしていた時である。



     _/ヽ,   _ ,.. -―――- .__
    f 二ニヽ`fイ,/〃∠/ _´", - ‐ ``_ ‐_ 、
    辷三lニ/ -‐ ニ,,_‐- `‐-ァ`<_ニ二 --_ヽ
    `l-冖'"/ _     _ /   /  `゙‐-、 \
   二ァ-―/ ̄、-==‐- _ /   /       `,`i}
   _ニl/-、/ ‐-、ヽ―--/  {‐-==_-、     ,  ∨
    均 ヽ (乙入ヽ-'"    ヽエェ_ヽヽ、, ./   |
   三ィ)、二〉{冫       />、ニ=、ヽイノ   /l
    { ミ-人_/]ヽ     /   '_`ニ='´ !、   / j   克也‥‥
     ,∨ , ィ ´ , }    |    i/´"   !`rジヲ´
   ./ '  i.   ¦    !    ヾ     -'/'´    これをお前に返しておく
       {   ¦    |      ,  '" ∨
      /   l、     {       〈_ -‐ , ´
   . 、 /       l\     -=::;==,ニ,⌒/
    \    /!  \    、`‐-ィ/
      \   `i` 、   \    ̄`/
       \,,ノ    `>、ヽ  /
       /-ヽ-、  /:ヽ  ̄ ̄_
      /仁(9}/::::〉_/:::::::/ ̄´  {
     / ヒシ/ヽ/:::::::::∨     `、



        ,  ────- 、
      /     /⌒ ヽ ⌒ヽ\
     /    , -|/ ・|・ \| 、 ヽ
    /   /    ` ─ ●ー ′ ヽヽ   一体なんだい?
   l    /  ──   |   ─  |
   |  /   ──   |   ─  |
   |  l    ──   |   ─   l
    l  |    / ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ   /
    ヽ ヽ   (_____ノ /
      >━━━━━ O━━─( _ )
     /   /       ヽ  /



  嘉明が、野村にあるものを差し出した。




376 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:35:28 ID:45inBSuk0




                イ彡イイへ、_ ``ヽ、_ヽ、  ヽ
               / 彡´    `ヽ、  ``ヽ  ヽ
               / 彡       彡``ヽ、_  .ヘ
              .{  リ_,,、_       _,,,,ィ"ヽミ  .|
              ヘ  ソミ  >ミミヾ  ィ彡イマ、ィ Y .ノ   お前がプロ入りしてから15年間‥‥
               ヾ〃:::::<ヾツ>`   ``ヾ='' lr-
               ./`ヘ''´ ´´      ''     {  }   毎月欠かさずおふくろに送っていた
                ヽ ヘ       ィ_ゝ      //   仕送りの通帳だ
                 ヽ_.ヘ    ∠ .=彡ゝ.  ノ
                   ヽ    ` -- ''´  /{      引き出されたことは、1度もないがな
                    .}\      / |
                     }ヽ >、 __. イ;;..;; |
                 ハ─イ ヽ  ;;   ;;.   |
         r────ィ´::ヽ .\   `、    ;;  {``ヽ、
         / ___:::::::::::::::ヘ  ヽ  \   '  ヽ、 ヘヽ、
       /:::::::::::::::::::::::\::::::::::',   ヽ‐-、.\    〉_,,', ヽ::::\
       /:::::::::::::::::::::::::::::::\::::::',    ヽ ```ヽ、_ イ ,,,,',  ヽ:::::::\
       ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::',    ヽ         ',  ヽ:::::::ヘ
       }:::/:::::::::::::::::::|ll;;:::::::::|:::::',     ヽ        ;  . ',::::::::/
       ∨:::::::::::::::::::::::::ヽ::::::|::::::',  ,ィー、 \      ;  ___',::::/
       /:::::::::::::::::::::::::: :::ヽ:::|:::::::`'´:::::::::::::::>  \     Y<::::::::::/
       |:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl::::::::::::::::::::::::ノ    ヽ    |  \:/
       |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\;;;:::::::::::::∠、____   ヘ  ;;;;|  /{
       |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Y::::::::::::::::::::::::::::::::\  ','''ヾ } }:::::|




  ::::::::::::::::::::::   ____,;' ,;- i
  ::::::::::::::::::   ,;;'"  i i ・i;
  :::::::::::::::  ,;'":;;,,,,,, ;!, `'''i;     えっ‥‥!
  :::::::::::  ,/'"   '''',,,,''''--i
  :::::::::  ;/  .,,,,,,,,,,,,,,,,,   ;i'"`i;
  :::::::  i;",,,,,,,,,,,,,,,,      `i"
  ::::::: i;   ,,,,,,,,,,,,,,,,   ,  "`i
  ::::::: |  '      __,,,,'--''''"
  ::::::: |.     ,,;'""" `│
  ::::::: |;    '''i ,,,,,,,,,, │
  ::::::::  i;     `'-----j




379 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:36:14 ID:45inBSuk0





  実はふみは生前、野村からの仕送りに1度も手をつけることはなかった。
  それを野村は、この時まで知らなかった。




       (\   _____   /
         /´   // ヽ⌒ヽヽ  /
        /    , -|  (・|∠ |-ヽ  _   どうして!?
       /   /   ` ー ●ー′ |_
        l   /   二二  | 二   /    どうして母ちゃんは、僕が送ったお金を
  .      |   l /⌒\─  | ー /    使ってくれなかったの!?
       |   | /      ̄ ̄ ̄/ ̄
        |  | |         /
    /⌒ヽ  | | /⌒ヽ⌒ヽ  |
    ヽ_ノ\ ヽ` ー────┴ フ
    //\  `━━━━6━━ ´─/⌒ヽ
    /⌒ヽ ̄   /      ヽ  ヽ_ノ
    ヽ__ノ ┐  / ┌───┐| | ̄ //




                 ___
                / ̄    ̄`ヽ.__
            _,.ィ'  _
              / _| |/ ____   `ー
          / __l l// / ̄ ̄`ヽ._
           レ' ,二N'  /        ̄
            { (  `ー┴'"´ ゙̄''ー--===
          ,-、|./ /            /
       / 、 | くヽ             {
        Vハ.| _\ヽ         _ノ    お前は知らんだろうが‥‥
          ∨ヽ! ,ヽfソヽ〉  ,r‐ __七´ 〈
        人__|l ´ ̄ }ー / くfツ ノ´     おふくろは、お前がプロ野球の世界に飛び込むことを
  ___,.イ::::/ |l    / / ノ  ̄`     心の底から心配していたんだ
   ::::::::::::::::/ /ハ.   〈   !      //し
  :::::::::::/  /:::!∧ -、ー__'    , ' /      だからな‥‥
  :::::/   |:::::| ∧ 、`┴'‐   /\
  /     |::::ハ. ∧ ` ̄  ィ /}
  、_     |:::::::\ `ー‐‐<  //
    :::::::`ヽ  |::::::::::::`7ー‐┐ /:/|




384 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:36:58 ID:45inBSuk0





  ふみが仕送りに手を付けなかったのは、他ならぬ我が子のためだった。


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




                ねえ、嘉明
       J( 'ー`)し    プロ野球って、すごく厳しい世界なんでしょう?
         ( )
          | |      その中であの克也が、頑張れるのかねぇ







       J( 'ー`)し   もし結果出せても、そんなに長く野球はできないんでしょう?
         ( )
          | |     だったらこのお金は、克也がいつか困った時のために
               置いとかないといけないねぇ





 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




386 :名無しのやる夫だお:2013/10/07(月) 22:37:17 ID:tK6V3Efs0



カーチャン・・・


388 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:37:39 ID:45inBSuk0





 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




    _/ヽ,   _ ,.. -―――- .__
    f 二ニヽ`fイ,/〃∠/ _´", - ‐ ``_ ‐_ 、
   辷三lニ/ -‐ ニ,,_‐- `‐-ァ`<_ニ二 --_ヽ
   `l-冖'"/ _     _ /   /  `゙‐-、 \
  二ァ-―/ ̄、-==‐- _ /   /       `,`i}
  _ニl/-、/ ‐-、ヽ―--/  {‐-==_-、     ,  ∨
   均 ヽ (乙入ヽ-'"    ヽエェ_ヽヽ、, ./   |
  三ィ)、二〉{冫       />、ニ=、ヽイノ   /l    でも、おふくろ
    { ミ-人_/]ヽ     /   '_`ニ='´ !、   / j
    ,∨ , ィ ´ , }    |    i/´"   !`rジヲ´     克也は、おふくろがその金を使ったほうが
  ./ '  i.   ¦    !    ヾ     -'/'´     きっと喜ぶぜ
        {   ¦    |      ,  '" ∨
     /   l、     {       〈_ -‐ , ´
  . 、 /       l\     -=::;==,ニ,⌒/
    \    /!  \    、`‐-ィ/
     \   `i` 、   \    ̄`/
       \,,ノ    `>、ヽ  /
       /-ヽ-、  /:ヽ  ̄ ̄_
      /仁(9}/::::〉_/:::::::/ ̄´  {
    / ヒシ/ヽ/:::::::::∨     `、





               はいはい、ありがとう
        J( '∀`)し
         ( )    でもね、親にとっての1番の幸せは
          | |    子供が元気でいることなんだよ





 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





391 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:38:22 ID:45inBSuk0





 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                 ___
                / ̄    ̄`ヽ.__
            _,.ィ'  _
              / _| |/ ____   `ー
          / __l l// / ̄ ̄`ヽ._
           レ' ,二N'  /        ̄
            { (  `ー┴'"´ ゙̄''ー--===
          ,-、|./ /            /
       / 、 | くヽ             {
        Vハ.| _\ヽ         _ノ
          ∨ヽ! ,ヽfソヽ〉  ,r‐ __七´ 〈   ‥‥‥
        人__|l ´ ̄ }ー / くfツ ノ´
  ___,.イ::::/ |l    / / ノ  ̄`
   ::::::::::::::::/ /ハ.   〈   !      //し
  :::::::::::/  /:::!∧ -、ー__'    , ' /
  :::::/   |:::::| ∧ 、`┴'‐   /\
  /     |::::ハ. ∧ ` ̄  ィ /}
  、_     |:::::::\ `ー‐‐<  //
    :::::::`ヽ  |::::::::::::`7ー‐┐ /:/|





                    あの子は、あんたと違って危なっかしいところがあるからね
           J( '∀`)し
            ( )      もし子供が職もお金も失った時に困らないよう、
             | |      蓄えを残しておくのも親のつとめだよ





 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




395 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:39:07 ID:45inBSuk0





  それを聞き、野村は再びボロボロと大粒の涙を流した。



                             .,,..、v------v、.,,,_
                         ._,-‐'^⌒         .¨'-、
                       .,/                \
                      /                   \
                      /⌒li                   ゙)
        母ちゃん‥‥     ノ  .〕--v、、.,_              ゙!
                     |:ny }    .⌒7nz''           !
                     (_ .,「^'┐._.v‐'′ ゙\_, ..        |
                    ._,,、||'''(  ,,rミニ、,,v-ー'''^¨゙゙'<_        .}
                    厂 .( ゙‐r ‐''''゙/ .________  '<       .ノ
                    .゙>'′ l}  ‐''^゙゙「[,/ . ̄ .)、    ._/
                    \_   .´}  _,,./|}     _,|v-ー''¨゙`〕
                      .¨'''¬=i厂″ .__.,エ-''''''^゙二、r-‐''''''゙}
                          `^'l(ニミァ''个¨ ̄       .}
                            (;;;l!メ  .┐ v       〔
                          ._v-:厂  __  レ″       |
                         .,/′,,|,,ニ⌒,.|、r(    .,、    .|
                         .〔../′ ._フi|′ .`\_,/     〕,(^^'l
                         .゙|′ / .゙'ーv、vr″      八_ ._}
                          .7.,,,,,|y.            ../′. ̄
                            、 .¨^'‐-v、.,_,,,____,,,、vー'′




    _/ヽ,   _ ,.. -―――- .__
    f 二ニヽ`fイ,/〃∠/ _´", - ‐ ``_ ‐_ 、
   辷三lニ/ -‐ ニ,,_‐- `‐-ァ`<_ニ二 --_ヽ
   `l-冖'"/ _     _ /   /  `゙‐-、 \
  二ァ-―/ ̄、-==‐- _ /   /       `,`i}
  _ニl/-、/ ‐-、ヽ―--/  {‐-==_-、     ,  ∨
   均 ヽ (乙入ヽ-'"    ヽエェ_ヽヽ、, ./   |
  三ィ)、二〉{冫       />、ニ=、ヽイノ   /l
    { ミ-人_/]ヽ     /   '_`ニ='´ !、   / j    もう会うことはできねぇが‥‥
    ,∨ , ィ ´ , }    |    i/´"   !`rジヲ´
  ./ '  i.   ¦    !    ヾ     -'/'´     おふくろはきっと、ずっとお前を
        {   ¦    |      ,  '" ∨      見守ってくれてる
     /   l、     {       〈_ -‐ , ´
  . 、 /       l\     -=::;==,ニ,⌒/        忘れるんじゃないぞ
    \    /!  \    、`‐-ィ/
     \   `i` 、   \    ̄`/
       \,,ノ    `>、ヽ  /
       /-ヽ-、  /:ヽ  ̄ ̄_
      /仁(9}/::::〉_/:::::::/ ̄´  {
    / ヒシ/ヽ/:::::::::∨     `、



  いなくなっても、貯金通帳を通じて伝わってくる母親の愛情。
  それを野村は、涙の中でしっかりと心に刻み込んだのだった―――――




398 :名無しのやる夫だお:2013/10/07(月) 22:39:52 ID:4GyQS.Dc0



いなくなり はじめて気づく 母の愛


399 :名無しのやる夫だお:2013/10/07(月) 22:39:55 ID:h63SZpac0



このタイミングまで黙ってた兄貴の男気もかっこいい


400 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:40:01 ID:45inBSuk0




        ____
      /      \
    /  _ノ  ヽ、_  \     カーチャンが‥‥ノムさんのカーチャンが‥‥
   /  /⌒)   ⌒゚o  \
   |  / /(__人__)      |
   \/ /   ` ⌒´     /




        _,. -┬ fニト、
      r'´ 、r | | ,.L |
      |   (_ノ j {. '、\
      |    }‐イ-上 〉. \   孝行息子だったノムさんにこれは辛すぎるだろ‥‥
      |    ノ´     /)゚o |
     i      r‐‐人__) .|
     ヽ   .ノ ` ⌒´ . |
      i  !,       ノ
      .',  ヽ、 .   /
        \  .     ヽ、
         \      |.i
           |    .   | |





401 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:40:46 ID:45inBSuk0





        {∨///////|   |////////////////////////|
        ∨///////∧   ∨//////////////////////l|
       '⌒>//////⌒ヾ、  ∨///////////'´ヾ`¨゙゙ヾ///l|
        ////'´ /    `ヽ、{∠'l//////∧   ',   `¨ヾ}
       / //   /  ̄`ヽ、   i  |∧∨{ヾ`ヾ;、 ノ____  {
         l/|  /  ,、_   `ー+-┤ ';l{ ヾ>ィヶュ、∨///∧ヽ_l
         l ',/', f圭王℡、_,.l | /,、_,ィエ系㌢´~ ∨//////∧      野村にとって、母・ふみの存在は全ての原動力だった
          ∨ヾ〉、`三=ヾニ' i_, 〈ミ圭㌢--─    |/´ヾ////入
          }/´ / ヽ.` ̄ン ,「 l  ヽ` ̄ ̄´,   |l f` ∨///∧     野球選手になりたいという夢を描いたのも、成功したいという
            /∧.〈   `ー'´  .|  |   `ー-‐'´   .リノ  //////∧   強い思いを抱いたのも、全てはふみのためだった
           ///∧∧      ,イ'  丶 ト、       | レ' ////////∧
        ////////l   /´ ヽ、__,r‐'´  `ヽ、   ト、ノ////////}ヾ〉
        レ'l/////∧ l | ,r========ュ、_  | l   | |//////////}
         {//////∧ { | `ー -- ─ ' ´ .| }  /人//////////}
          {///////ハ  l    ‐--‐     l   // /ヾ////////ノ
        _,,,>'´ ̄~゙7介、              ,r‐'/ /  | ̄ ̄ ̄ ̄`ー、_
 ─ '''  ̄        / | | ヽ、_    _ , ' / /   |            ̄
            /   | |     \¨¨ ̄      / /    |
             |   | |           / /    /
               |   | |         / /     /




403 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:41:27 ID:45inBSuk0




          , ィ〃〃〃〃〃〃,,)))
        ,r≦三〃〃〃〃〃〃,)))ゝ、
       /彡三〃彡彡//////-'''''' Yミ、
       .{イメ彡///ノ /イ 〃リ.ヽ _ _ ミヾ
       .彡三三ニ{    ̄` _  {´ ,,,,ゝ
       ,彡彡三ニ;} ∠三二ヽ`ヽ}∠≦ノ    時が経ち、野球そのものが持つ魅力に取り付かれても
       彡メ彡三{   fニヒノj'''  、fニヒノヽ    母親のためにという思いは不変だった
      ,彡ソf-三ニ{  ‐-‐'   _ ヽ、ー' {
      彡ニl   三{{      _,t _____ )、 l    苦労させた分、幸せになってもらいたい‥‥
      /l/l,ハ ` 三}  ./     _ ヽl    それが子としての野村の思いだったのだ
      !l/l/l/l`t-イ       ` ̄ - ` j
       ヾj/T(\    、      __ ,イ\____
     __ノ:;:;:;:ヽ\\     ̄ ̄ ̄ノ   i!lヽ:;:;:;:;\:;:;:;:;:;: ̄




       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \     それじゃあ‥‥ノムさんが大成してからの
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \    カーチャンはどうだったんだお
  |     (__人__)    |   
  \     ` ⌒´     /    幸せだったのかお?





404 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:42:06 ID:45inBSuk0




       ∟_-ニ 二l   __∠ //  〃 ::::::::::::Yハヾヽ
        /=二三l∠三三ミヽ /ハ ::::::::::::::|| lNハj
        L ニ三/ 、__`ヾミミ∨ {ヽ l::::::::;;、」ハj リ
        /ミミミl   ヽ、__辷rヾミゝ `リ:r彡三ミ//
       /ミミlミミ|  \   ̄´ノ::'⌒ヾ:ニtテ‐y′    残念ながら、本人の談話は
         >リミミl    `ー‐'´     ト、: ̄〈     残っておらん
        /(´jミミ|          __  __ |::::Y´/
  ⌒レ^ヽ∧ `lミミl   ,r─-く:::(    ` Y l      しかし、晩年のふみの周りにいた
  〃/l/l l/l「T^ー'   // ,仁二¬ーニ‐-_イ  |、    人達の言葉なら残っている
  //l / l l l !::::.     / {⌒ヽ  ̄`¬─--7 トハ
  l/l/l j j l/|::::::.     ヽ二ニニ-ー---ノ 川l|
  /j l/l ハ l/l:::::::.             こ二 ̄  ,lリリ





      __
     /ノ ヽ\
   /.(○)(○)\    どうだったんですか?
   |.  ij (__人__) | 
  . |        |    お母さんは幸せだったんでしょうか?
    |        |
  .  ヽ      ノ
     ヽ     /
     /    ヽ
     |     |
      |    .   |





405 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:42:43 ID:45inBSuk0





  高校時代の野村の恩師であり、野村をプロの世界へと導いた清水先生は
 晩年のふみの様子を語っている。



             /: : : : : : : : : : :.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::\
            /: : : : :,: : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::\
           ./:.:.:.:.,. イ: : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          /::.:.:.:∧ |: : : : : : : : : :.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /::::::::,.ヘ N:.:.:.:.:.:.:.:.∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         .|,.-、:::! fr Ⅵ:::::::::::::::|_」::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         .|{ ∧ゝじ |::::::::i::::::| ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\   間違いなく、幸せでしたよ
         iⅨ _ソ=r+―ト、├テヘヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::「 ̄ ̄ ̄
          |:::!「  tヘヽ::::iハ:::|ヽゞ_ ソ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|        それは断言できます
          !∧`ヽ   `ヽ|‐ヽ!   ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
          |:::ハ      `         \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
          .!ハ ヽー- 、_        /\:::::::::::::::::::::::::::::::::|
           .∧   ̄         /`ーァ:`:::::::::::::::::::ト、::::::/
             ゝ _ _ -‐ ´   ∧:::::::::::::::::::::::| ヽ/
                  |            ヽ:::::::::::|\|
                  |          ヽ|\:|_,. -‐┐
                  .l      ,. -― ¨  ̄       |
                   .ヽ  / l |l           |
                    .} /l ||||| l        l |l l l |
                    .ノ            l ||  ||lヽ

                 清水 義一




407 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:43:23 ID:45inBSuk0





  野村の活躍とは対照的に、この頃網野の町には長きに渡る不況の波が押し寄せていた。
  61年には町ぐるみでストライキが起こるなど、景気は低迷していくばかりだった。



                   _
                     `ヾ、≧:::: .‐-...... _
                        >:::::::::::::::::::::::::::::ミ..... 、
                 ...<:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
               ,..:´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
             ∠_;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ォ:::::::::::::::::::::::::::::::
               /::::::::::::::::::::::::::::_><´/::::::::::> 7:::::::::::::::}
              /:::::::_: -‐ ≠ 込ハ /:::::> ´  /:::::::::::::::::i!
.              ̄ ̄./:| | ,' (   ,.イ;> ´ -―‐/:::::::::::::::::::;′
                  /:::乂{   ` ‐-タ⌒v‐ f圷オ:::::::::::::::::::;′   網野のパレード以降、
              ///:::!       ヘ.  `≠:::::::::::::::::::/    ふみさんの周りには笑顔が絶えなかった
             '´/:::::ハ.  lヽ      ` ∠ ィ≠ ミ::::::; ′
             /> ´/∧ ヽ ` ァ     /_ノ ノ::/      ご本人も、僕たちも、野村君の活躍に一喜一憂しながら
             , 、 ̄  / .′. ._ ̄ _ ... イゝ‐ 彡 ´       全ての感情をみんなで分かち合っていました
                ヽ / : : : : : ;〃ク///
           ,′      ヽ     /
.         l        \. /
        _」          ヽ
       /  `  、       ∧
      /      ヽ        ∧




                        __
                    ,...‐::::::::::::::::::::: ̄:::::: . 、
                  ,ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<´
               /::::::;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
               ,;::::::/ {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                |::::;ム_、::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::f´ ̄
              !:ゝ、__);:::::f´‐;:::::::::::::::::::::::::ハ     野村くんが傍にいれないなら、代わりに僕たちが
             ';::|',,. ,ハ::;ゝ-ヘ::::::λ::::::::::::::::,
                ∧| ` __ヾ`'` ハ::::iノ>::::|゙<:ハ    ふみさんに何一つ不自由がない暮らしをさせてあげようと
             ハ:::, !  ソ   ,.ィ:::;、:::::;    `
                  'ハ _,, r. ´ {.V \:!       みんなで思いあってましたよ
                        ', _., -―┐
                     r‐/      |
                   /   , -‐.|
                 /  , イ     ハ
                / r ´        ∧
                ∨ /          ∧
             ∨ /      /    ∧
.


  76年には外国絹織物の輸入が急増し、地元の特産品だった
 丹後ちりめんはやがて姿を消していく。





408 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:44:11 ID:45inBSuk0





  そんな網野を照らし続けてくれた野村の存在を、地元の人たちはふみに誠心誠意奉仕することで
 恩返しをしていたのかもしれん。




          /.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.::.::.:.:.:..:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.::::.:.:.:.
         /.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.::.::.::.::.:.:..:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.::::.:
        ,'.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.::.::.::.:.:..:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:.:
        ,'.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.::.::.::.:.:.:.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:.:
       ,:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.::.::.::.:.:.:.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:.:
       l.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.::.::.::.:.:.:.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:.:.
 .        l.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.::.::.::.:.:.:.:..:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:.:.
        l.:::.:::.:::.::lヽ:::.:::.:::.:::.:::.:::.::.::.::.::.:.:.:.:.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:.:.::.::     あのパレードは、一生忘れられません
        l.:::.:::.:::.::',._\:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::、:::.:::.:::.::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.::.::.::.:::.:
        、:::.:::.:::.::', ` ヽ.、:::.:::.:::.:::.:::.::\_、:::.:::.:::.:::.:::.::ヽ、:::.:::.:::.:::    本当に、本当に‥‥忘れられませんよ
        、:::.:::.:::.::',ニ二.._`'<:::.:::.:::.:::.:\`゙ '<:::.:::.:::.:::.',` 7'<::
         、:::.:::.:::.:'.,マバ¨ヽ l,≧t.、:::.:::.:::\_,.ノ`゙'<._', ,イ´:::
          、:::.:::.::>',`゙ ̄`ヾ´ `ー'`゙'ー-‐'" ヽ ヽ   ,' l:::::/
           \:::ヽム__,. ィ゙      ヽ         /  l:::;'
            ヽ、:::.ム   'ー-、           /  .l:;'
              `ヽ、ミt、      __二ア´   /    .l
                `ヽミ=‐z..、         /
                   `ヾミミ'"´`  、_  _/`ヽ、
                  ,.ィ'"´`ヽ     ̄.     `、



  球界最高の選手でありながら、陽の光を浴びることがなかった1人の選手。
  その選手を光り輝く存在として捉えたのは、網野の町だけだったのだ。





409 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:44:54 ID:45inBSuk0




        / ̄ ̄\
       / ヽ、_    \
      (●)(● )    |    そうですか‥‥少しは気が晴れます
      (__人__)゚o    │
       (,`⌒ ´      |
      . {        |
        {        ..:/
        ` ー     \
        /    _    l
       /  ̄`Y´   ヾ;/  |
      ,|    |    |´  ハ
      |    |    |-‐'i′l
      |__ |   _|   7'′
     (   (  ̄ノ `ー-'′




         ____
         /_ノ ヽ、_ \
      o゚((●)) ((●))゚o     カーチャンは幸せだったのは、本当に救いになるお
     /::::::⌒(__人__)⌒::::::\
     |       |r┬-|     |
     \     `ー'´     /





410 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:45:37 ID:45inBSuk0




        _,. -┬ fニト、
      r'´ 、r | | ,.L |
      |   (_ノ j {. '、\
      |    }‐イ-上 〉. \   まったくだろ‥‥
      |    ノ´     /)゚o |
     i      r‐‐人__) .|   故郷で母親の場所を作ってあげるなんて
     ヽ   .ノ ` ⌒´ . |   最高の親孝行だろ
      i  !,       ノ
      .',  ヽ、 .   /
        \  .     ヽ、
         \      |.i
           |    .   | |




          ____
         /      \
       /  _ノ  ヽ、_  \     やる夫も、かーちゃんが元気なうちに
      /  /⌒)   ⌒゚o  \
      |  / /(__人__)      |   もっと孝行するお‥‥
      \/ /   ` ⌒´     /




412 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:46:13 ID:45inBSuk0




        _,. -┬ fニト、
      r'´ 、r | | ,.L |
      |   (_ノ j {. '、\
      |    }‐イ-上 〉. \
      |    ノ´     /)゚o |    ‥‥‥
     i      r‐‐人__) .|
     ヽ   .ノ ` ⌒´ . |
      i  !,       ノ
      .',  ヽ、 .   /
        \  .     ヽ、
         \      |.i
           |    .   | |




          ____
         /      \
       /  _ノ  ヽ、_  \     ‥‥‥
      /  /⌒)   ⌒゚o  \
      |  / /(__人__)      |
      \/ /   ` ⌒´     /





413 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:46:49 ID:45inBSuk0




      メ ,, -──- 、._\
    メ/ u    ゚ 。 \\
  / /    ノ  ヽ、   \\    でも‥‥カーチャンまでいなくなって‥‥
   ! |  o゚((●)) ((●))゚o  |
  \\    (__人__)   /く<
   ノ メ/   ` ⌒´   ヽヽヾ




        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |    ノムさんは一体どうなるんだろうな‥‥
     . |:::::::::::     |
       |::::::::::::::    |
     .  |::::::::::::::    }
     .  ヽ::::::::::::::    }
        ヽ::::::::::  ノ
        /:::::::::::: く
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)




416 :名無しのやる夫だお:2013/10/07(月) 22:47:06 ID:XTuiuxHQ0



それだよな……


418 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:47:34 ID:45inBSuk0




          , , , -‐==- ._
            /.//イイ≦三≡=‐=‐-.._
         i .川/〃イ三≧三三二≧、
       , -ゝlllllヘヘヘへミミミミミ、ミミ、、ミ
      イイフジ゙゙'' ヘ. \\`ヾ゙゙三ミミヾヾミ
      ´イ//   / ,イ´ヽ `  ヾ 、`ヾミミミ
       llレ__` { ´ _,,イ二ヽ ヾミミ、 ヽヾミミ
        {三≧ =≦竺o=''  三ミミ、ミミ、ミミミ    ‥‥野村はこれまで心の中心に
         .〉ー ゚'   、  ノ   三ミ、ミミ、ミミ、ミ
        .( `_/..    `¨    三三F lミヾミミ   据え続けてきた母親の存在を失ってしまった
        l (  ___)ヽ 、   三-、 .リヽヾヾヾ、
         l/  ̄__ _ `ー、  .三 ' /川川ハハヾ
         l ´ _   `   l   ゝ-イ川 川川ハハ
        l   ¨       ___ ノノノノノ川 l || l i ハ
        ゝ._     __  、二ンノイノノノ川 川 l川
            Т  ̄  // `ーイノノノノハノノハノノ
      r‐‐- - -┴────-==─イイノノハノハ
       jl`ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
      ノj   ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :





        ∟_-ニ 二l   __∠ //  〃 ::::::::::::Yハヾヽ
         /=二三l∠三三ミヽ /ハ ::::::::::::::|| lNハj
        L ニ三/ 、__`ヾミミ∨ {ヽ l::::::::;;、」ハj リ
         /ミミミl   ヽ、__辷rヾミゝ `リ:r彡三ミ//
        /ミミlミミ|  \   ̄´ノ::'⌒ヾ:ニtテ‐y′     ましてや孝行息子
        >リミミl    `ー‐'´     ト、: ̄〈 
        /(´jミミ|          __  __ |::::Y´/      野球を通して知り合った恩人達との別れがあっても
   ⌒レ^ヽ∧ `lミミl   ,r─-く:::(    ` Y l      活躍できたのは、間違いなく母親の存在があったからだ
   〃/l/l l/l「T^ー'   // ,仁二¬ーニ‐-_イ  |、
   //l / l l l !::::.     / {⌒ヽ  ̄`¬─--7 トハ
   l/l/l j j l/|::::::.     ヽ二ニニ-ー---ノ 川l|
   /j l/l ハ l/l:::::::.             こ二 ̄  ,lリリ





424 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:48:16 ID:45inBSuk0




            {∨///////|   |////////////////////////|
            ∨///////∧   ∨//////////////////////l|
           '⌒>//////⌒ヾ、  ∨///////////'´ヾ`¨゙゙ヾ///l|
            ////'´ /    `ヽ、{∠'l//////∧   ',   `¨ヾ}
           / //   /  ̄`ヽ、   i  |∧∨{ヾ`ヾ;、 ノ____  {
             l/|  /  ,、_   `ー+-┤ ';l{ ヾ>ィヶュ、∨///∧ヽ_l
             l ',/', f圭王℡、_,.l | /,、_,ィエ系㌢´~ ∨//////∧     その存在を失ってしまったらどうなるか‥‥
              ∨ヾ〉、`三=ヾニ' i_, 〈ミ圭㌢--─    |/´ヾ////入
              }/´ / ヽ.` ̄ン ,「 l  ヽ` ̄ ̄´,   |l f` ∨///∧    その想像が決して難しくないことは
                 /∧.〈   `ー'´  .|  |   `ー-‐'´   .リノ  //////∧   分かっていような?
               ///∧∧      ,イ'  丶 ト、       | レ' ////////∧
            ////////l   /´ ヽ、__,r‐'´  `ヽ、   ト、ノ////////}ヾ〉
            レ'l/////∧ l | ,r========ュ、_  | l   | |//////////}
             {//////∧ { | `ー -- ─ ' ´ .| }  /人//////////}
              {///////ハ  l    ‐--‐     l   // /ヾ////////ノ
            _,,,>'´ ̄~゙7介、              ,r‐'/ /  | ̄ ̄ ̄ ̄`ー、_
  _ ,,, ─ '''  ̄        / | | ヽ、_    _ , ' / /   |            ̄
                /   | |     \¨¨ ̄      / /    |
                 |   | |           / /    /
                    |   | |         / /     /





        _,. -┬ fニト、
      r'´ 、r | | ,.L |
      |   (_ノ j {. '、\
      |    }‐イ-上 〉. \
      |    ノ´     /)゚o |                      ____
     i      r‐‐人__) .|                    / _ノ ヽ_\
     ヽ   .ノ ` ⌒´ . |                   / ∩l^l^lnnl^l^|\
      i  !,       ノ                  /  。ヽ   ∥  ノ \
      .',  ヽ、 .   /                  |   /   人   l   |
        \  .     ヽ、                 \ /   /|ii!i!|\ \/
         \      |.i            .      |    /. |;;;;;;|  \ |
           |    .   | |                        `ー´





425 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:49:15 ID:45inBSuk0





  1958年、人生で初のタイトルとなるホームラン王を獲得して以来、
 野村は数々のタイトルを獲得してきた。



                                                              . , '⌒ 、
                                                          /(;;;::... j
                                                             /  `:ー/
                              _ -=: : : ̄: : :ト _              /    /
                           x.:´: : :/' ¬、: : : : : : `:.、                /   /
                         ,.:´:./¬ミ{/  .r , }--y- _: : ヘ          /  /
                         /: : :.{  0i、 ゝ' ノ ≠ / ヽ: ハ       /::: /
             .             7: : /ヽ __k::::ヽ¬ ' ./     ',: .}      /:::;;/
                        {: 7 ト _   ゞ=r'     -=ニ    }: : :i    /::;;/
                             |: {----     ',            i: : ノ  /::;;/
                           ',:i _ -=      , _ --‐‐--   γ⌒ヽ;/
                          ',! γ    , - '       ,-' x== 、ノ
                          ヘ.人____/       ._,-' : : {   }.:.ヽ
                             \       ∠ : : : : : (_`j=イ: :.:ノ
                 {              >_.../ : : : : : : : イ=ミ: /ハ´
           \    |l|w/L ,r_/         (: : : : : : :ノ '´Yノイ : : :ハ
             \\{w└ ¨ ´ /           |: :7 ___7==ハ¬ : : : : |
              \´     彡x           r!: {ハ  弋♀ノ ̄ フ 7: :|
               >  ; ’  ∠─       γ7|: : ヽ \__   _,//: : :!
              /      }|             `{ ヽ: __,.ニー: :.'´>' ´ ̄ヽ
            /´ヾ,  r、r‐|^`          ヽ__ ノ   \/       }
               //  }´                     |        ノ
               /                          ヽ ___ イ



  戦後初の三冠王、6年連続二冠王、13年連続パ・リーグベストナイン。
  枚挙に暇がないその栄冠の数々は、野村が史上最高の打者である何よりの証だった。




428 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:50:11 ID:45inBSuk0





  しかし全盛期とは、衰えが始まる前段階でもある。
  野村も、もう34歳になっていた。




                           ,.. - ‐ … - ミ
                         。: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :。
                      . : ゜: : : : : : : _.: : : : : : : : : : : : : : : : ゜
                      . : : : : : , '  \ `ヽ  __: : : : : : : : : : : : : ゜
                    ゜: : : : : :./    \// _ ,>、.: : : : : : : : : : :’
        .             /: : :.,r ⌒.|.      /  ̄.      ',.: : : : : : :. :. :. : :,
                    ′/.    ',.   {;;;ハ {;;;}    /< : : : : : : : : : ::’    まだまだ!
                  //   \.   ` . _ ノ. ゝ.    /    ` 、: : : : : : : :,
                 ′_    \      r'..¨`ヽ`ー. '゜        \: : : : : ::’   負けないぞ!
                 {     ̄`>     {::::::::: : }    ___   ヽ: : : : :.
                     .'´         ゝ- . '           U ',: : : :'
                  。              ,'       ―- 、.      }: : :。
              .    ゜         /\     \    ヽ    ,': : :゜
                   V.         /   \     \.     /.:,’
                    ' ,     /       \.            '/
        .         ┌ 、  _ _ >             \       -―、r = 、
                」/,ゝ.´///`ヽ≧x、               イ: : : : : :}.   ',
              ,rf´二ミx'/////,'} `: :ヽミ㍉x。、.,,, ,, _.。x彡: :_.._ ノ    ,
              { {.   }...}///,>' ノ: :/    ¨゛¨rf千ヾ   ',..}     ゝ _ ノ
        .      Vゝ、ノ. ノ>´.: : : :. :.{ {`ー- - {、__}-=ア} }
               `ー '゛.   |.: : : : :.', ',     ゝ、_oノ  ///
                     |.: : : : : :.ヽミx、.       /' ノ
                     人.: : : : : :. :.`ヾミ三二=彡': : }
                     {  > 、: :_/ {ヽ: : : : : : : : :.リ
                     、       }. ', `ー-―=彡}
                      ` ー――- '.  ` o。 __ ノ



  肩書きが中堅からベテランになり、老境に差し掛かる年齢である。
  三冠王を獲得した65年を最後に年間ホームラン数は40本を超えなくなった。
  打点もどうにか100を超える程度となり、数字は僅かずつだが、下降線を描き始めていた。





429 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:50:54 ID:45inBSuk0





  この頃には既に、野村は肉体的な衰えを僅かずつだが自覚し始めていた。



                        /
                      /
                     ー―――
                         /
    うおおおおおおおおお!!  /
                      \
                            \
                    - ―――
              . . --- . . \
          . . ´ : : : : : /\∨/ヽ 、
        /:. : : : : : :._|  才ヘ |_:ヽ
      /: : : : : : :/   |.、弋゚}゚∠ノ 二
      |: : : : : / 二ニ  ー '{;;;;;;;ノ´, ―
      |: : : : /   _ー 二二 丁  ニ |   、ハ,
      |: : : / /   `>  _|__ ノ  ^<  て                          ,..、
      ∨: :| |/⌒ヽ/⌒ヽ    / /  ./'Y''~ヾ                .__,,,.  一二三() ()
       ヽ:∧ ヽ _____} / /               _,,,,.... --ー'''“^゙´._,,,,...      .`´
  , .-─‐ 7 三二 ー_-______/        ._,,,,.... --ー''''''゙  _,,,,.... --ー''''''
 .(゙  ( ,,__  _: : : : : : : : : : : : : /   ヽ  ''''''^ ̄_,,.. -―'''''''}~/
  ` '' ー- ニ ~"ニ = - ‐_ 人 _ ノ
     |: : : : : : / | ̄ ̄ ̄ 7/



  特に顕著だったのが肩である。
  元来弱肩だった野村は、何度も遠投を行うことで瞬足ランナーを刺せる肩の強さを手に入れたものの、
 その送球が山なりの軌道を描くようになってきたのである。




430 :名無しのやる夫だお:2013/10/07(月) 22:51:08 ID:h63SZpac0



今の34歳でも衰えが出てくる時期なのにこの時期だとなぁ……


431 :名無しのやる夫だお:2013/10/07(月) 22:51:25 ID:tj07mI3Q0



どんな大選手でもいずれは衰えるからなあ…


432 :名無しのやる夫だお:2013/10/07(月) 22:51:27 ID:/v7tMbgY0



この頃は選手寿命も今よりずっと短いもんなあ…


435 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:51:42 ID:45inBSuk0





  それでも南海ホークスは、特に打撃陣は主軸の野村と、核弾頭の広瀬の2人にばかり
 負担を強いる打線となっているのが現状である。



            ____                               , -;´;;;;;;;;;;;;;;`丶――--、
         ,イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>、                          /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\__
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:\                       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\`丶
      ∠:.:.:.:.:./ ̄``ヽ:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ                     /;;;; ;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
     /:.:.:,==、,|i'  ◎ i! /-/:,:.:-'.--‐‐ヤ                 /: : : : : : ;;;;;: : : ;;: : : :ll: : : :l: : :;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;;;ヽ
     7:.:.:.i Oj_i、,   ノ ,//, -'\∨::::::::∧               ,イ';;;;;;:;;;;;;;;;;イ;l|、;;;;;ト i;;;;;;;||;;;: ;;;|;;: : : : : : : : : ;;;;;;;ヽ
    -!、_/ヽr':::::::::テ ̄     、  .ヘ∨:::::-ヽ-- 、            |l|;;;;;;;;;;;;;;;;;;l|;l┼l_;トト;;;;;|| |;;;;;;;||;|、;;ヾ;;;;;ヽ :ヾ丶、;|
  ---=、__ ヾ;;;;;ノ         ノ\ , イ _,------- 、>、          |||;;;;;;;ll;;;;;;;;レ|;lラ。ド、丶|| l丶;;|┼、;;;;ヾ;;;;、;;;:ヾ: : l丶
  ---=‐‐'    ',     /ヽ //\:::ヤ::i::::7:::/:::>、\         |l;ト;;/,l;;;;;||、ド'--'   丶lX >!ラ;ヾ、;;丶;;;ヾ;;;;;;l;;;;|
     ヽ,       ',   , イヽ / /_,\,ィ圭圭≧、/:::::>,.ヘ        ヾ ト、!l;;;;\丶      ,l  ゝ、゚ノ 〉'ヽ!;;;;;ヾ;;;;||ノ
     ヘ、 __, . -‐'" \,.ィ'7 7:::_::7圭圭圭圭圭ヤ:::_;::ヤヤ         |;;;\ト、;\     ノ丿    ̄'''/;;;;;;/l;;ll;;|||
      ¨ヽ>、\\-ヘ_, -'i .i::::::::i圭圭圭圭圭圭:::::::::::i |          l;;;;;;;ヽ`  ̄  、 _ `      /;;;;;/ノノ;l||;;;l|
         > 、_ ̄ __,,...i .i::::::::i圭圭圭圭圭ヲ--、:::j i         ヽ;イ;;丶      =  ̄   /;;;//;;;| |;;/l'
         , -'":7==、---‐'ヘ .ヘ::/ヽ圭圭圭圭≠\:::/.7          llヽ;;;;ト          -彳l ̄;;;;;ノ|' l/
       /:.:.:.:.(¨--、 /    _ヘ .ヽ/::/::7:テヤく::::\/≠           l ヽ;| \        /;;;/;;// ' '
       ヽ_フ-‐'"ヽ--'¨ ̄ ̄   >、>、:7::::i::::ヤ::, イ /             __l| ヾ;\  _ ,イll|;;/l/
            /:.:.:\_ _____, ノ-‐'>-、________,>'"           ___  /::/〈   \ ̄;;;;;;;;ll'__ '       __
            i:.:.:.:.:.:.:.:.:.〃:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./               __///´::::::::|l  \  \;;;;;/ l:::ヽ    / ̄`ヽ'
            \:.:.:.,//〉:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./               ///|::::::::::::ト l   `>_- '´   /l:::::l  /     l
              ¨¨¨´ i \____;:-‐/                // |::::::::::::|ヽl  / l`ヽ  /;;;;|:::::::l\ /    |
                 ヽ    /                 /  |::::::::::::|-ヽ´丶_丿 ;;;V   |:::::::|  \
                   ̄ ̄
                                                  広瀬 叔功


  その広瀬も腱鞘炎を患い、成績は野村と同じく下降気味。
  とても弱音を吐けるような立場ではなかった。




437 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:52:30 ID:45inBSuk0





  そんな中で迎えた、翌1969年のシーズン。
  南海ホークスは最悪のスタートを切った。



          {
     \    |l|w/L ,r_/
      \\{w└ ¨ ´ /
        \´     彡x                _,,,,--―":::::/
         >  ; ’  ∠─          , --""::::::::::::::::::::::::::::::: ̄_フ
       /      }|    r‐、       |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<
      /´ヾ,  r、r‐|^`  〈 \ ∨ 7    |:::::::/`¨"フ ―‐ュ=z,‐----`ー
         //  }´    <`ヽ  ' /    へ::/  /   ∨  !
        /         f‐-    ト   | i     |   >} f‐ |   /)   ぐあぁっ!?
                    ̄ゝ_ノ  \ !    .--、`ー‐ '´ ゝ‐〈__//7
                     \   ゝ`ー、/   ゚~'''…、    /  ∠__
                       \__ノ   | l⌒⌒l  {__`ー''  ‐=、‐'
                         ヽ     \ニ==--′/ ̄ ̄`ー'
                          }        Y  /
                         /        }_/
                     /⌒`ー"\      /
                    {     ヽ; ; `ー‐  ∠___
                     \    \; ;; ;; ;; ;; ;; ; /ヽ
                      \   丶; ;; ;; ;; ;; /  }
                        \__  ヽ`――く  /
                        / ̄ ̄`}/  /
                        (___.ノ   /

                        皆川 睦雄



  前年30勝を上げ、杉浦に代わりエースの座を射止めた皆川が、オープン戦でバントをした際に
 ボールを右手に当て指を骨折してしまう。全治2ヶ月の重症だった。





439 :名無しのやる夫だお:2013/10/07(月) 22:52:51 ID:h63SZpac0



うわエースが故障とか


443 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:53:15 ID:45inBSuk0





  しかしそれ以上に痛かったのが、皆川の故障箇所が利き腕の指だったということだ。




            |.\
            l:::::::\
       、 __ l:::::::::::::\___
       \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
          ̄>::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       ∠ ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          ̄ ̄|'' ̄ ヽr‐ !::::::::::::::::::::::/    あれ‥‥僕ってこんなにコントロール
            | ◎  l  |::::::::::::::::::::/
        ──Ο、_ノ、_j::::::::::::::::::/     悪かったかな‥‥?
          \      \__/ ̄l
           \        /三ヾ
             |      //  、\
             |   _//        \
             ゝ/  (          \
                 |   i    /  ̄`ヽ\__
                 |  i\ /     厂 ζ
                 |  i  \     /



  怪我が治って投球練習を再開しても、皆川にこれまでのような精密なコントロールは帰ってこなかった。
  元来ボールを微妙に動かし打たせて取るタイプだっただけに、細かいコントロールを失ってしまったことは
 とてつもない痛手だった。





447 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:54:16 ID:45inBSuk0





  同時に、前年必死の思いで習得したカットボールの精度も悪化してしまう。





     ____
     \    ───___
     <             ̄ ̄ ̄ ̄|
     > _________    .|
      ̄ ̄ | /       \ |    |
         | /⌒ヽ   /⌒ヽ  |    |    簡単に打ち返されるんだけど‥‥
         | | ‘ |  i ‘   |  |    |
         | ヽ.__ノ  ヽ._ ノ  .レ⌒ヽ
        ノ   o          6 |
       /__   \   U  _ノ
           >        ノ
          <、___   イ
              |───┤
            / |/ \ / \





  指の細かな扱いができなくなり、更に故障の影響で過度な負担もかけられなくなったため、
 連投が出来なくなってしまう。





448 :名無しのやる夫だお:2013/10/07(月) 22:54:24 ID:ZSMHb2C60



ピッチャーが怪我する可能性が減るので、やっぱDHは正しいと思う。


449 :名無しのやる夫だお:2013/10/07(月) 22:54:32 ID:XTuiuxHQ0



急激に衰えたと思ったらそういうことだったのか……>皆川さん


451 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:54:59 ID:45inBSuk0





  他の主力投手も次々と倒れた。
  この年、南海ホークス投手陣で40試合以上登板した投手は1人もおらず、200イニング以上投げた投手も
 1人だけという有様だった。



                              _ _
                            ィ´.::::::ハ
                             ノゝ::::::≦≧ュ
                       ..  ⌒ヾゞ´ 7 ̄
                     "        `ー '
                 _,ィ´             ト、ヽ
               /  \         ≫、|::::::::.\
              /       ヾー   //.:::::l \:::::::.\
               |       >-一 く:::=-'   ` .:::::.ヽ           r:::.:..:....、
               |     ,.イ       ヽ       ヾノ\         ノ::::::::::::::i
                l     / ̄ ̄`  、_,  ∧       `ヾ_}       ,ィ≦三ハ:::::!
                /    .′      Ⅵi  ∧                ̄Ⅶ  Yフ  ̄`ヽ
     .へ. __ -一 i    /           Ⅵi  ∧               /ゞ、 _/l|    _/:::::.. 、
   /          乂_,イ          Ⅵi  ∧              ′ 弋三ソ /.:::::i:::::::∧
  /_/`ー=≠  -一 " ̄              Ⅵi  ∧              ト-=≠<  / ..::::::∧:::::::∧
                              ト-イ 弋__            Ⅵ:::::::::::::≧}:::::才  }≧::圦
                            ー───┘            `寺:::::::::::::.`ー= (::::::::::::ノ
                                                ̄〉ー=::::::::::::::::::::::::::::ト、
                                               /     ̄フ=- 一”ー'
                       __                      /     /.::::::      ̄ ̄ ̄〉ー= 、
                      /    L.                    l     /`ヾ:::::L.. . . ___/_/Ⅷ:::圦
                     _ト、r一' T`                   |     {     ̄ ̄         Ⅵ::::::|
                   ノ 人”   j                    |    |                 `寺ノ
                 . '     ゝ-=1                    |    |
               /      {:.:.:.:.:.ノ                     |    |
             /{        !  ゞ=''                     ト、   |
             i\ `ー- _ _人  弋                     _|  ー=}
             |    (  ) ヽゞ= く 、\                 /.::::.`ヾ ノ
            弋    :¨   . \ \\\\             { .:::::::::才"
              \: : : : . 、   ハ `ヽ `ー=1ヽ丶              ̄
               \:.:.:.:.:..   :   `ーァ.ノ } :
                 }:::::::::|    |
               r'7:::::::/|   .
               ゞ、::-イ::|、 /
                  ̄`:ト- 1
                   /〉〈 :|
                   ー= "



  信頼できる投手も少なく、ロングリリーフの継投でどうにかやりくりしなければならなくなり、
 非常に苦しい台所事情が開幕当初から続いた。




453 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:55:39 ID:45inBSuk0





  野手陣も精彩を欠いた。
  3割打者が1人も誕生せず、チーム本塁打数85本はこの年12球団で最少であり、唯一2桁の数字だった。



       'vハ
        ∨i__        ___                                __
         ヽ;、ソー、    ,'::::::ui::`';                            _/´   `.
          〉;ト、:`::.、 }::,=テ=、_::i                           く_r一ァ=- .ィ \____,, .. . …━─- 、
          ヽ::ヽ`、::`-ヘ!~ ! ~ i::;!                           〈_  r=}  }_/j=-   -   -   -───=''
           ゙;::::ヽ_`ゝ、」!`ヽく"                            |/`7 _/ ̄ ̄` .
            V:::::::》 〉'^|!:..  ` 、                          /    ハ \     i
             `ーム nifi`u、::、 i                          .イ   /  .  \ ,イ
               i V!l:.:.:.:ハ、ノ                          | `ー'     .    ) |
               ; ..、!レ:.:.\/                           `ー=x:::..   ゝ- '彡1
               ノ:.:〈〈ヽ:.:.:.{                               Ⅶ:.      {_
               ヽエー-t-、冫                              Ⅵ:.    .  -{
               /  `i~「` ハ                               Ⅵ:. 才"   ハ
              ,'  `ヽ、 ', ,. i                                〉”       .
              i.    `Y:.:. l                              /           }
              i     i:.:.:. i                            /         .イ
               ',    i:.:.:.: l                          /          .ィ::::::|
               ヽ,,.   !:.:.:.. ;                         /       . . く;;;;;;;;;:::::人
                ヾ!   i:.:.:...ヽ                       /    .     `寺;;;;;::::::..、
                 ',   ト、:.:.:.:.:〉              .          /    /       `寺::::::::::..ー- .
                  、==! ヽ彡';、                    /    /            ヾ:::::.:.:.:.:.:.. . .
                  ヽ彡'!  ヒ彡i                   /    /            ` .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. . .
                   ',Y^;  .iヘ::!                  _}  _,イ
                    ヽ,ヘ  ト'::{                 //     〉'
                     v^‐-、:::〉               ,__/___/
                     l_:_;: -'~



  世代交代に完全に失敗し、若手の台頭も乏しく、完全に手詰まり状態に陥ってしまう。




455 :名無しのやる夫だお:2013/10/07(月) 22:56:09 ID:4GyQS.Dc0



いくら成績残してるからといってベテランに頼り続けるのは暗黒への第一歩


456 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:56:20 ID:45inBSuk0





  肝心の主砲である、野村のバットも火を吹かなかった。







                __,n◎
               └┐r┘   __
               <フLK゙>  └‐┐ |            ____      / ̄:三}
                     ┌‐┘ |  [][]「l      / -、-、   \  /   ,.=j
                       ̄ ̄    くノ     / -| >|< |- 、 U ./   _,ノ
          \ ,,_人、ノヽ                 i   `-●-′  \ /{.  /
           )ヽ    (                 | 二  |  二  ., '::::::::ヽ、/
        - <       >               (_─ |  ─ / :::::::::::::::/
           )     て                 ヽ ̄ ̄ ̄ ,‐'´::::::::::::::;/ (_ノ)‐-、
          /^⌒`Y´^\                  >━o ノ::::::::::::::::: ;∠.   ヽ_}  ゙ヽ
                (´ ニ=‐-           .r` "´  /:::::::::::::::::::ィ´  `ゝ  !、  /
                 `ー- ..,,_           /       / :::::::::::::::: ; '´   /´\ /   r'\
                 ` ー- ..,,_~゛''‐- ..,, __ ___     ! ::::::::::::::/    | .!::::::::/ヽ、.._!ヽ. ヽ、
                      `~"' ー‐ ‐― - ニ===‐―――――  ∥i:::::::/:::::::::::::/  \ . \
                              ヽ       ヽ,.ァ‐'´ /ヽ 二 ,/`ヽ、::::::::: /    \  \



  例年開幕直後、春先は低調で、5月6月になるとエンジンがかかってくるのが野村の特徴だったが、
 この年はいつまで経っても本来の打撃を発揮できなかった。




460 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:57:06 ID:45inBSuk0





  その証拠が、南海がこの年6月に記録した、引き分けを挟んでの15連敗という不名誉な記録である。



   1969年6月4日~26日における南海ホークスの戦績
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ┃
  ┃  4日 ロッテ ● 0-2
  ┃  5日 ロッテ ● 2-14
  ┃  6日 東映.  ● 2-4
  ┃  8日 東映.  ● 3-4
  ┃  8日 東映.  ● 6-8
  ┃ 10日 近鉄.  ● 1-7
  ┃ 11日 近鉄.  ● 1-2
  ┃ 13日 西鉄.  ● 1-2
  ┃ 14日 西鉄.  ● 4-7
  ┃ 14日 西鉄.  △ 2-2
  ┃ 15日 西鉄.  ● 1-2
  ┃ 18日 近鉄.  ● 0-6
  ┃ 20日 ロッテ ● 0-6
  ┃ 21日 ロッテ ● 2-9
  ┃ 24日 東映.  ● 3-15
  ┃ 26日 東映.  ● 1-3
  ┃
  ┃         人
  ┃         <。 .>
  ┃    ∧∧  /Vミ バシ!!
  ┗━━(´・ω・`)/ ミ━━━━━━━━━━━━━━━━
      /) y )つ
   |~ ̄] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|



  約1ヶ月間も勝ち星に見放され、6月終了時点で首位阪急とは16.5ゲーム、
 5位の西鉄にも7ゲームも離され早々に最下位を独走する。
  この連敗記録は1998年にロッテマリーンズが更新するまで、長らくパ・リーグ記録であった。




465 :名無しのやる夫だお:2013/10/07(月) 22:57:58 ID:qVMYnzK20



ほぼひと月勝ちなしって


467 :名無しのやる夫だお:2013/10/07(月) 22:57:47 ID:IxqErDl20



俺の知ってる南海のイメージに近くなってきた


464 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:57:53 ID:45inBSuk0





  そんな野村に、更なる災難が降りかかる。



                      | ̄|
              / ̄〉 |_| 口
            /   /
           /    /
          〈      /   〈\
           \__/     \〉

                        `
                         \ ,,_人、ノヽ
                          )ヽ    (
                       - <       >─       .__,,,,,,、
                          )     て          [   |
                         /^⌒`Y´^\          ゙l   l,,,,,,,,,--i、
                                      .r‐ー'''''''″       |
                                      │       ,,,,,,,---┘
                                       ―¬''"゙゙l  .|   __,,,,,,、
                                       _,,,,,,,,,-7  ."'"゙゙゙`  .|
                                      |~゛         _,,,,,,,│
                                      |_,,,,,,,,,,---┐  .〔゙゙^
                                            |   |           _ノ ̄/
                                            ゙l  .|        / ̄  /  .
                                            │  ゙l         ̄/ /   _,,、,,r、,ーjl'
                                             ←ー'"        /__/    {-!ト''゙l゙,i´
                                                                ,レ"
                                                                l"




470 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:58:39 ID:45inBSuk0





  7月12日の近鉄戦、クロスプレーの際に左肩でブロックにいったところ、ランナーから
 右肩からのタックルを受け負傷。


       、. ,
        。
         )
       (`メ、
          )
        (`メ、
           ヽ
          (`_メ         _,,,-ー'''''''"゙゙゙''''''''ー-,,_
             )     .,,/′::::::_,,,,,----,,,,_::::::::`\,、   .,,,--,,、   あいたたた‥‥
                 ,,ッ―-,,,,-'"^ .    `|''ー、,、:`'i、 ,i´   `',
                ,/l゙ ヽi,! ゙l   .,i´ ,/   .ヽ  `''-,:::\|、   ,l゙
               ,/__ヽ, ゜_,,,,"   l  丿  ,,. `i、  .\::゙i,'r-,,,-,i´   _,,,,,,,,,,,,、
              .,リ",,,,"''广 `', " /  ,/   .|_   .゙i、:゙ト:::::::::゙l  /`   `゙'-,,
             : l゙゙l .|.l,!) ゙l_  _/     .‐′   ,l゙  ̄''''-,,│|::::::::::::|  ゙l      `'i、
             │:゙'、,_,,/`"″‘'-,,、     _,/゙゙''‐   .`|゙゙)v---ム,,_ |'i、      │
             .|::::::::l゙   _,.   ‘'-,,_,,-‐'" ゙''-,,_   ._, l,,二,,,,,,,,,,_:::::`゜::`-,、    丿
             l゙:::::: |  .,/ .,‐    ,i´      `フ''゙/`     `ヽ、::::::::::`''―r''"
             .|::::::::| -′ .,/` ./  .|       ,/゙lゥく、   .,/゙\ ヽ::::::::::::::::::亅
             │::::::゙l  .,/`  丿   |      .,イl/,ハ,,!   /   │ ゙l:::::::::::::: |
             : ゙l、::::ヽ `   │   ,l゙     / /―'"  ,/`    ,} /::::::::::::::::l゙
               \:::::\、   ._,,-'′    /.,〔    ./     ,/ 丿:::::::::::::::,i´
                `-,、:::゙'‐,ニ'"^       ,/.l゙::゙l    l゙     / ノ:::::::::::::::::/ ,―i、
                  ゙''-_:::`゙'''―ー¬''''"゙,,l`|:::::ヽ   ゙l,,___,,,,-'"`.,/::::::::::::::::::,l,,,,,ミ、 丿
                     ゙゙ツ'―---r‐''''"`:`゙ヽ、:`-,,、  `  ,,-":::::::::::::::::,/`  `"`
                        |,    ,!:_,,,/゙゙゙゛⌒゙'''ー、,"''''''''''''"`:::::::::::::::::,/
                      `ー---'"^ .l゙        \:::::::::::::::::::::::_,/゜
                            ヽ、       │:::::_,,,―'''″
                             ‘'-,,_    _,┴''"`
                                `"'ー''"



  左肩の脱臼、並びに鎖骨骨折という全治2ヶ月の重症を負ってしまう。





471 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 22:59:28 ID:45inBSuk0





  1週間後にはオールスターを控えていたが、この怪我では出場することは到底不可能である。
  連続出場12回目を目前に、野村はとうとう自身初の出場辞退に追い込まれた。





             ____
          , -‐'"´::::::::::::::::::::::`ヽ、
        //二ヽ/⌒ヽ;:::::::::::::::::\
        /::ハP_/P ̄ヽ/ー-:、::::::::::::\   痛みは我慢できるよ
       / ヽ、(::::::)ー‐'    U:::::::::::::::i
       十―-  Y  -‐'" ̄ ̄ ̄ !:::::::::::|  でも、肩が動かなくて高めの球を捕球できないんだ
       _|__  .|    ̄ ̄ ̄`   |:::::::::::|
       (´    .|    ̄`ヽ、_ _  |:::::::::::!  
        ヽ-ー‐┴―--- 、r―-:、!:::::::::/
        /\       /´   }/:::::::/
        ヽ、`丶、___{    ノニニ!
          `T"´トーr-::,-トー‐'i"::::::::::::|
           }--< `"" .|__::::::::::::::::::::::|
          l´::::::::| ̄`フ´:::: ̄「´:::::::::/
         _|::_:::_::トー;'"::::::::::::::`:::::::::/ヽ、
        (___.」`ゞー-:、_:::::::::::;/  ●
              `‐ 、_ノ ̄ ̄



  タイトル争いでも水を空けられ、9年連続の打点王、2年ぶりのホームラン王も
 絶望的となった。





475 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 23:00:22 ID:45inBSuk0





  それでも、ランナーだった選手が試合後に謝罪に訪れると、野村はそれを笑って許した。



                  ______,,,,,,,,,,,,,,,,______
             ,,,,:::::::゙゙゙゙、-‐‐-、:::::: -‐‐-、゙゙゙゙:::::::,,,,
           ,,::"::::::::::::::/    ヽ/    ヽ:::::::::::::"::,,
          /::::::::::::::::;;;;l    ●|<    l;;;;::::::::::::::::\
        /:::::::::::: ''"   ヽ.   ,.-‐-、   ノ  "'' ::::::::::::\     真剣勝負した結果じゃないか
       /::::::::::/  ー-、,,,_   ̄´l::::::::::::l` ̄  _,,,、-‐ \:::::::::ヽ
       i':::::,、-‐-、.     `'''‐- `‐-‐' -‐'''´    ,.-‐-、::::::::i,    気にしてないよ、わざわざありがとう
       i'::::/      ──-----  |  -----──     ヽ:::::::i,
      i':::::{.     -----‐‐‐‐‐  │  ‐‐‐‐‐-----    }::::::::i
     .|:::::i ヽ.,         _____,,,,,,,,|,,,,,,,_____         ,ノ i:::::::|
     .|::::|   `'t‐----‐''''''´         `''''''‐---‐t''´  |::::::i
      i::::i    i                      i    i:::::i'
      .'i:::i    i                      i    i::::i'
  , -‐‐- 、::i,    ヽ.                     /   /::i'
 /     ヽi,    ヽ   /゙゙゙゙゙゙゙"'‐--‐'"゙゙゙゙゙\  /    /:i'
 {      } ヽ     \ /             i/    ./'´
 ヽ     ノ:::::::\     `''‐-、,,,,,,,,,_______,,,,,,,、-‐'´    /
  `'''''''''t":::::::::::::::::\,,,,__               __,,,,,/
       \::::::::::::::/;,,,,,,,,"""'''''''''''''ゝ‐-、''''''''''''''""",,,,,,,}
        \::::::/:::::::::::"""'''''''''''''{===}'''''''''''''""":::::::ヽ
         \:::::::::::::::::::/   `ー゙‐"    \:::::::::::::::\



  その選手が自らと同じく母子家庭で育ち、幼い頃は新聞配達で母親を助けたと聞いて、
 自分と重なったのだろう。
  それどころかこの時、アドバイスを送り、何度も強く激励したという。




480 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 23:01:16 ID:45inBSuk0





  その後野村は、全治2ヶ月の診断の声を振り切って8月3日の東映フライヤーズ戦から復帰する。
  怪我をしてからわずか半月強であった。


                                                ,/     ,イ ,イ
                                             /〈    ////
                                              / /  /| レ レ
                                        / /   l |
                                           / /   l |
                                            / /    l l     ,イ ,イ
                    _ -=ニニニ= _            //    Y    .//// , イ
                       , : ´: : : : : : : : : : : : : : :ト 、     /            レ レ //
                    , ': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 丶                 //
                 /: : :.冫  ̄ヽ: : / ̄`ヽ: : : : : ∧               /'"
                  ,': : : /\    .Y   / .ト、: : : : : ',
                    i: : :从  `゙ o-j! -o'´  ./  ヽ : : : !  
             _,. {: : / ヽ __, (:::::) __/  _ ---: : i
       . -‐,,. 、 ⌒ヽ; i: -- 、      i       ´ ---- : ,  
  (((  ,ヘ  i! i   }:.',- ‐二       !         `ヽ、i: /_
      i.ノ  ヾノ _ノ´:ヘ:.i'´ r-       l        //:ハ    彡
       ` ─ '       \、 ー  - ;;i、,, .__、__  ,.イ:∠: :∧ 彡
                   ` r /´_ _   `'<チ'´: : : : : : : i  彡 
                  >/ ' 〉、__ ` 丶. ヽ:∠-: : : ; : |_  彡
                   ∨',/〃:::::::::::ヽ.   \. ∨: :./: : |::::Y
                  ''i_Li_il::::::::::::::::::::::\  ヽ. i゙´: : : j- '
                   〈ヽ ` 、::::::::::::::::::::::\ i |: : : :7
                   .∧. 、  \:::::::::::::::::::::丶ノ!}: : : /
                   \\   ̄ ̄ ̄`''<::;! : :,′
                     >,二__-─_二,;<: イハ
                              ̄    i       ,'
                                ヘ、   冫
                                  ̄



  最下位に低迷するチーム状況を憂いての強行出場だったが‥‥




487 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 23:02:01 ID:45inBSuk0





  しかし、それが実ることはなかった。



                       /77
       ─==ニニ二 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄////
                〉       / //ノ
             /     /            /{
               /   /           / ̄   ̄ ̄/    yイ  /〉
            /  /           /´ ̄ ̄7  /     | | //
              / /                 / /       り //
          //                 /イ          //
                                        ./ノ

                                     ____      / ̄:三}
                                    / -、-、   \  /   ,.=j
                                   / -| >|<  |- 、 U ./   _,ノ
                                  i   `-●-′  \ /{.  /
                                  | 二  |  二  ., '::::::::ヽ、/
                                  (_─ |  ─ / :::::::::::::::/
                                   ヽ ̄ ̄ ̄ ,‐'´::::::::::::::;/ (_ノ)‐-、
                                    >━o ノ::::::::::::::::: ;∠.   ヽ_}  ゙ヽ
                (´ ニ=‐-           .r` "´  /:::::::::::::::::::ィ´  `ゝ  !、  /
                 `ー- ..,,_           /       / :::::::::::::::: ; '´   /´\ /   r'\
                 ` ー- ..,,_~゛''‐- ..,, __ ___     ! ::::::::::::::/    | .!::::::::/ヽ、.._!ヽ. ヽ、
                      `~"' ー‐ ‐― - ニ===‐―――――  ∥i:::::::/:::::::::::::/  \ . \
                              ヽ       ヽ,.ァ‐'´ /ヽ 二 ,/`ヽ、::::::::: /    \  \



  結局、その後も野村の打撃が復調することはなく、チームも脱出することはなかった。
  この年、打率.245 本塁打22 52打点とレギュラー定着後最低の数字を記録する。




491 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 23:03:03 ID:45inBSuk0





  やはり母親を失った喪失感が、大きかったのだろうか。







               _ ____
             ,,-´     _ _` ヽ、
           /      / /|\\ \
          /    ,,,-|/ /|ヽ ` |- 、 ヽ.    ‥‥そうだよね
         /   /    ヽ _ | _./   \ヽ
         |   /         ●        ||   もう、母ちゃんがいないんだよね
        |    |    /     |  ヽ    |
        |   |   / /    |    \  |
         |  |    /  /   |   \  /
        / \ |       /    |  \   /
       /   \ヽ  / ̄\_|__/ヽ /
       |     ヽ━━━━━┯イ ´
    .   |   i\  \   (T) ノ ノ
       |  |  _\  \ _ / /
        |  | \ \(  )/|



  これまでずっと続けて獲得し続けてきたタイトルを、手放してしまう虚しさ。
  これまでずっと張り詰めてさせてきたものが、パチンと音を立て切れてしまったような寂しさ。
  表現しきれない虚脱感が、野村を襲い続けた。




498 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 23:03:49 ID:45inBSuk0





  これではいけないと、何度も自らを奮い立たせようとするが、
 どうしても気持ちが散らばってしまう。







       ,.>‐'::::::::::, - ,;::::::,ニ、'‐-::、
     ,.;'"::::::::::::::::/‐- 、l/   ';:::::::::\
    /::::::::::::,;::::::/  .( ・)| |--- .|:::::::::::::\
  /:::::::::::::::/:|-'へ、/⌒,.!、`ヽ ./ ̄\:::::::::l    ‥‥‥
  :::::::::::/ し'    ' ‐-イ::::::::)‐'"    \:::|
  :::::::::/    ̄  ̄ ' -  '‐r''" ' ̄ ̄ ̄  ',:!
  :::::::/  ∧ー――-   .|   ――∧-  l|
  :::::::|  し'     _    |   ー- し'_  l|
  :::::::l  ―― '´  ,r ┬个┬-、     ./
  ::::::::l    -‐='"┴┴┴┴ ┴=:、   /
  ::::::::' 、                 ̄ /   ,
  \::::::\___________/  / |
    >------------r―-:、------ゝ、  し'
  /::::::::::::::::::;;-‐'"´ ̄ト‐┬‐l ̄\:::::::::::\
  ::::::::::::::::::::/      ヽ -‐'   `:,:::::::::::l



  頭では結果を出さなければいけないのだと分かっていても、
 執着心が薄れ、打ち負かされてしまう日が続いた。




501 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 23:04:38 ID:45inBSuk0





  2年ぶりのホームラン王のタイトルを奪回するどころか、8年間保持し続けてきた
 打点王の座も明け渡してしまう。
  レギュラー定着以来、13年連続で獲得し続けてきたベストナインの座も明け渡した。








          __
       /  ̄    ̄ \
      /          ヽ    怪我があったしさ‥‥
     /              |
     |     , -===- 、i    しょうがないよ‥‥
     |   /         ヽ
      ヽ /          | |
       |_|           |_|
       (.__.)        |_)
        │     -● |
         |     |   |
        ⊂二二⊃⊂二⊃



  野村の元には、僅かに13年連続20本塁打の勲章が残っただけとなった。




509 :名無しのやる夫だお:2013/10/07(月) 23:05:49 ID:PtuRPV/s0



捕手としてはともかく、4番としてはきついわな


505 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 23:05:24 ID:45inBSuk0





  しかし、話はそれで終わらない。








       ____________________
      /..|二┌──────────────┐二|
    . /  |二|                      |二|
    |  |二|                      |二|
    |  |二|                      |二|
    |  |二|                      |二|   < 続いてのニュースです
    |  |二|                      |二|
    |  |二|                      |二|
    |  |二|                      |二|
    |  |二|                      |二|
    |  |二|                      |二|
    |  |二└──────────────┘二|
     \_|         ┌────┐         |
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



  この年のシーズンが終わろうとしていた10月8日、球界を巡って大事件が起こる。

.



510 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 23:05:56 ID:45inBSuk0




                    ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
                   /::::::::::::::::::::::::ヾヽ
                  .i:::::::://///::::::::::::::::::|
                 .|::::::/ ::////⌒⌒ i.:::::ノ
                .|:::::/         |::::|
                 |::/.  .ヘ    ヘ.  |::|      プロ野球、西鉄ライオンズに所属する永易将之投手が
                 .⊥|.-(=・).-.(・=)-.|⊥
                l .!:;  ⌒´.し.`⌒  ::|. l      暴力団関係者から持ちかけられた八百長行為に加担し、
                 ゝ.ヘ       U /ィ      敗退行為を行っていたことが明らかになりました
               __,. -‐ヘ  <ニ二ニ>  /─- __     
          _ -‐ ''"   / !\  ̄ /!\     ゙̄ー- 、
         ハ       /.  |ヽ  ̄ ̄ /|  ヽ        ハ
         |  ヽ      く     ! . ̄ ̄  !    .>      / !
           |   |     _>  .|.    .|   <_      /  !
          .∧   !    ヽ     |    |    /     i  .∧
       / \  |     ヽ    i    i   /      | / ハ
       ハ   ヽ |     ヽ    !    !   /      |    /ヽ
      /  \   |      ヽ.  | .  |  /       |   // \
     /     \ |      .ヽ  i   i /         | /- '    ヽ
     /, -──‐-ミ」        , ‐''二二⊃、       |/  / ̄ ̄`ヽ!
    レ′   ̄ ̄ ̄`ー─---、_/ ′二ニヽ' \--──┴'' ̄ ̄ ヽ   |





511 :名無しのやる夫だお:2013/10/07(月) 23:05:56 ID:oWhRuGlU0



来たか…


513 :名無しのやる夫だお:2013/10/07(月) 23:06:23 ID:q.FJt5sE0



ああこれもこの年なんか


518 :名無しのやる夫だお:2013/10/07(月) 23:06:35 ID:h63SZpac0



ここで黒い霧か


519 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 23:06:37 ID:45inBSuk0





  プロ野球史上最低最悪の事件、「黒い霧事件」の勃発である‥‥





  : : : : : :':⌒ : :: : : : :':⌒ : : : : : : . . . ':::::::::::::::::::r:::::::::::~::::::⌒:::  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
  : : :':⌒ : : : : :':⌒ : : : : : : . . . ':::::::::::::::::::r:::::::::::~::::::⌒:::  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
  : : : : : : : : : : : : : : :  : : : : ⌒):::: ノ:::::'":::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
   : : : : : . .: : : : : : . .: : : :,.~ '~:::::::::::::::::::.、::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::..:  :、: : : : : :
   : :  . . : ~'~: :  . . : ~'~ソ: :,. y'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::: : : :~へ: : .
       y. : : : : : :):y'"~)::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::.、:::::::::::::::::::::::::::::::::::: ノ::⌒:::~':" : .  y: ⌒: .
    . . . : : : : : : : : : : :⌒ ソ:::::::::::::::::::::r:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:'  :~ { : . .
    . . . : : : : : :::.::  ,,..': :y'"~: ノ:::::'"::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::r.:~.. :~''”~: ..、. . : : : : : : .
  : : : : : : : : : : :,, '": : : : :  :::::::::::.、:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::,. : -ー'"~"'"⌒ . ... :ノ ⌒: : . . {,,... : : . :.. . . : :
  : : : : : :  : : : : : 、   :::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:-、:: . ⌒: : . .,,. - ⌒: : : .y'" . ..ノ. . : : : ~ : :
  : : :':⌒ : : : :  : : . . . ':::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::..:  :、: : '": : : . . .: : :~"'y'´. . ... : : : ::: :): : . .r'"~: .: : . . : : : : :
  : : : : : : : :  : : : : ⌒)::::ノ::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::: : : :~へ: :ノ ⌒: : . . {,,... : : . :.. .⌒:::~':" : .  y: ⌒: .
   : :  : : : . .: : : :,.~ '~:::::::::::::::::::.、::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ::⌒:::~':" :  .  y: : : : .y'" . ..ノ. . : : : ~ ::::::::::,:' :~ { : . .
   : :  . . : ~'~ソ: :,. y'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:'  :~ { : . : : : ::: :): : . .r'"~: .: : . . ''”~: ..、. . : : : : : : .
       y. : : : : : :):y'"~)::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r.:~.. :~''”~: ..、. . : : : : : : . .. :ノ ⌒: : .:ノ ⌒: : . . {,,... : : . :.. . . : :
    . . . : : : : : : : : : : :⌒ソ::::::::::::::::,. : -ー'"~"'"⌒ . ... :ノ ⌒: : . . {,,... : : . :.. . . : ⌒: : : .y'"⌒: : : .y'" . ..ノ. . : : : ~ : :
    . . . : : : : : :::.::  ,,..': :y'"~~  :-、:: . ⌒: : . .,,. - ⌒: : : .y'" . ..ノ. . : : : ~ : :  ... : : : ::: :):. : : : ::: :): : . .r'"~: .: : . . : : : : :




.

526 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 23:07:21 ID:45inBSuk0




                   _>≧\     \ \ 、ハ |\ /リ イノ/ア' テ    /,
                 ≦´ ̄ ̄   `   丶、 \ヽ\\ヽ、 //j '∠=' !7'     'フ
                  丶≧、     _ ̄Σ=r─  ─   ̄      } ̄7  ∠_
                   `¨<、     >、 /               弋ニ==   √≧
                   -=ニ三 ̄  -=ニ二'ヽ              _... } ̄≡ア ∠´
                <´¨≡      `ーナ / _____     _,..=¨-___, |/フ 彡/
                  ` ー≦、  _=ニ三こ|  __-ニ二__ `ヽ  / rt,ソフ´ |≧  ヲ´   ちっ
                     ─テ-`ー≦_、  `ヽ =゙’'= ` ノ   |丶` ̄¨  Zヲ/´
                      彡, ,  ,ィ、{≦ニ      ̄      |:::     レ'ス       バレちまったか
                     ムノ==ア  \匕ハ               |:::.    ,! リ丶
                    _  ̄  //   ー‐、         、_rソ    /\ ト、
         _    r=、    /´`〉   イ //´!,   | 、      __=_,.ァ  ./ |  ヽヌ
      f ̄∨´ ノ}  /  ノ}  /'  ' }   レ' | / /  |  \      --‐‐'  ,イ ト'   `
      \ /  / /   /  /   /  /'´`}  |' レ'| /}|   \         /|VI
       /   ∧/   / , '   /  /  /    斤フ     >、     /: |¨ヽ.
        /   ム/   く j   /  /  /     / レ'         丶---'  | 、 \
      ム//X   /`/¨===j /´  /.    /  弋            /  レュ |  ヽ.
.     //  〈   /、 |xXxxx}/   /   /   、\_              ソノ |    \___
   // \ ヽ.   V`¨¨¨¨'   ./_,. イ |     \クタァ、 ___,.ァイケタ | __  \ヽ._
  //    >、           イ \   |       \`¨´='ケクスクスクソ' _ レ'    \  \ `¨ー―
 忽'  / ̄ ̄`\ \  ',      .|  `} |       厂`ヽ──--、  _,.イ   ト、    ``¨ヽ
    /       \ \          /  |      /   jリ            |       `

                                    永易 将之



  西鉄ライオンズに所属する永易将之投手が、暴力団にそそのかされ八百長行為を
 行っていたことが判明したのだ。




529 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 23:08:07 ID:45inBSuk0





  野村がこの一報を耳にしたのは、西鉄戦のために九州へ向かっている真っ最中だった。







  ::::::::::::::::::::::   ____,;' ,;- i
  ::::::::::::::::::   ,;;'"  i i ・i;    
  :::::::::::::::  ,;'":;;,,,,,, ;!, `'''i;    プロ野球で‥‥八百長行為だって‥‥?
  :::::::::::  ,/'"   '''',,,,''''--i
  :::::::::  ;/  .,,,,,,,,,,,,,,,,,   ;i'"`i;
  :::::::  i;",,,,,,,,,,,,,,,,      `i"
  ::::::: i;   ,,,,,,,,,,,,,,,,   ,  "`i
  ::::::: |  '      __,,,,'--''''"
  ::::::: |.     ,,;'""" `│
  ::::::: |;    '''i ,,,,,,,,,, │
  ::::::::  i;     `'-----j



  にわかには信じられなかった。
  自らが全てを賭け、全てを注ぎ込んできた野球界に、八百長行為が蔓延していたことなど、
 パ・リーグを引っ張り続けてきた自負があった野村には到底受け入れられない事実だった。





530 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 23:08:48 ID:45inBSuk0





  しかし思い当たるフシが無いわけではなかった。




                    _
                   .´ /`.
                    kー 'r'ノ
                     ̄
                   _,;iK     ,. -‐..、
                   _ノ::X`:.、  _」='Yk:::i
                   ヽ_:::〈`'ー-ぇi- -ス!
                      ̄` ‐x `i='く
                        , ´ {!V,' 、 !
                       k'_トi!kヒリ  ,
                       ム-1 |ト、 ゝ/
                       / ,/、 ヾ/
                         /`}「 ̄ y
                      /   !l   i
                      ,.  ヽヒ!/ .!
                         i   ./|   i
                      /  / !.  ,'
                       /  V  |  i
                    }  ,/.   〉 {
                    〉ミ!    i__〉
                   ,トミ,!    |三|
                   ,ヘミ{    i≡!
                   ,マミ/     }‐、!
                   (ニシ     {三シ



  例えば、それまで絶好調だった投手が急に四球を連発し始め自滅し始めたり、
 内野手がゴロを捌きファーストへ送球した際、その球が大きく逸れスタンドに飛び込んでしまったりと
 信じられないプレーを目の当たりすることがしばしばあったのだ。




535 : ◆GqgSsEltUc:2013/10/07(月) 23:09:37 ID:45inBSuk0





  なんとも言えない、暗澹たる気持ちに襲われる。










         __
     /  ̄    ̄ \
     /          ヽ    嘘でしょ‥‥
   /              |
   |     , -===- 、i
    |   /         ヽ
    ヽ /          | |
      |_|           |_|
      (.__.)        |_)
       │     -● |
       |     |   |
      ⊂二二⊃⊂二⊃



  幸い、野村の元へ八百長の依