ブログパーツ 泳ぐやる夫シアター やる夫は赤い皇帝になるようです 第四十話 嵐への道 第二次モスクワ見せしめ裁判


















やる夫は赤い皇帝になるようです 第四十話 嵐への道 第二次モスクワ見せしめ裁判





ジノヴィエフ、カーメネフの処刑。
拡大する逮捕の波。
___  __________
      ∨
    ,,,,,,,,,,,    ||    ||   ,,,,,,,,,
   [,,|,,,★,|,]   ||    ||   [,|,★,,,|,]    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ( ´∀`)  目    目  (・∀・ ) <  どうしてこうなったのか?
   ( つ  )つ       ⊂ NKVD,)  | 粛清は加速していく・・・
  ┃レ __   | ̄ ̄ ̄ ̄ | ___,ノ┃ | ついに矛先を自らの
  ┗━┳┳\ | ̄ ̄ ̄ ̄|,/━┳┳┛ | 同志たちに向け始めた党。
      ┃┃   |_____,,|   ┃┃   | 歴史は血の1937年を迎えるのだった。










954 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 21:02:13 ID:fID/Dd2.0




1936年8月。「トロツキー=ジノヴィエフ合同本部陰謀事件」裁判・・・
いわゆる「第一次モスクワ見せしめ裁判」によりジノヴィエフ、カーメネフら旧党幹部16人がテロリストとして処刑される。



                                                .: ::゛;.゛; r劣}
                                              ュ升 r劣弋  ̄
            _ __  __.  __       _ヽ          ´..;.∴;.`:'寸㌢.: ::゛;.゛;
        _,,..-| || |...|   | .|  .| | ̄|  ..>            ,..xュュ圭ヽ:゛∴;.゛;.: ::゛;.f心
      ,,..-''"   .| || | .|   | .|  .| |  |   .Z__          ィ升少⌒  ュニニ
 _,,..-''"  .,、  /-┤ | |   |..|  .| |  |   ,.-∠ .,.-、   ,..。x≦圭才″ ィ升圭(
..l    //  ./  └┘ |   |.  ̄   ̄_   ├‐|‐//lヽ    ㍉㌢ ∴   )少
..|  /  /  /       |   |__ <´ ヽ  `"} | | /|          /
..|/    / .,、\    |        | ヽ  ヽ   l .`  ヽ          ,'
     ./ / \ \  .|   | ̄ ̄  .ヽ/ /',  l  l、       r'´//
 ト、,、/ /|   ヽ/  |   |       ././.l  |   ヽ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,リ
 | .__`^´_ .>     .└‐‐┘      / /  ヽ_|______|
ζ |:::| |:::| |              /./    /           |
  .|:::| |:::|. `"''ゝ          l/  _,,-''´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
、 .|::| .|::|  /             ,,-''´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-――┴┐
..l  `´ `´  ζ          _,,-''"´ ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` ̄     元左翼反対派
..|  .[::] .[::]./ ̄    __/‐-∠__:::::::::::::ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::      グリゴリー・ジノヴィエフ
/-‐┐へ. /__,,..-‐''"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'.,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::         -― ̄ ̄ ` ―--
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,'::::::::::::::::::::::::::::::::       , ´  ......... . .   ,    ~  ̄" ー  _
                                    _/...........::::::::::::::::: : : :/ ,r:::::::::::.:::::::::.:: :::.........` 、
                                   , ´ : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /:::::::::::::: : ,ヘ ::::::::::::::::::::::: : ヽ
                                ,/:::;;;;;;;| : ::::::::::::::::::::::::::::::/ /::::::::::::::::::: | ::::::::::::::::: : : :,/
                               と,-‐ ´ ̄: ::::::::::::::::::::::::::::::/ /:::::::::::r(:::::::::`'::::::::::::::::::::::く
                              (´__  : : :;;:::::::::::::::::::::::::::/ /:::::::::::`(::::::::: ,ヘ:::::::::::::::::::::: ヽ
          元左翼反対派                 ̄ ̄`ヾ_::::::::::::::::::::::し ::::::::::::::::::::::: :|::::::::::::::::::::::: : : :_>
          レフ・カーメネフ                   ,_  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: `' __:::::::::-‐ ´
                                    (__  ̄~" __ , --‐一~∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵・…
                                              ∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵・






955 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 21:03:02 ID:fID/Dd2.0




彼等の処刑は、やる夫の攻撃が党の身内に拡大しつつあるワーニングサインであったが、
党幹部たちのほとんどはこのサインを意に介さなかった。



         / ̄ ̄ ̄\
       /         \         ジノヴィエフとカーメネフは厚かましい負け犬だった。
      /:  /ヽ   /ヽ  \
      |::     ) /       |       とうの昔に失脚していたくせに、
      \::    (/      /       分をわきまえずに党内に居座っていやがった。
      /;;.          `ヽ
      /;:: γ        ::ヽ、`、      あの死にぞこないどもがくたばったのは
      /:::  /;;:::...      :::: l、|     自業自得だ。
     (;:. ( :::::.....      :::::: i  i
     .`、 `、:::...         i  i

    政治局員 ヤン・ルズターク



:::::::::: ト;::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
::::::::::l ヽ:::::l\::::::::::::::::::::::::::::: ト、::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',         たしかに、近年やる夫が党内の「弛緩」に
:::::::::「`ヽ::::!  \::::::::::::::::::::::::! ヽ::::::',ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',        苛立っているのは事実です。
:::::::::l.  ヽ::ト` .、ヽ::::::::::::::::::::',  ヽ::::',>:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
:::::::::!‐-  ヾ_>、 ヽ、::::::::::::::::l.-'´'ヘ::',  \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',       しかし遅かれ早かれジノヴィエフたちは破滅しました。
;:::::::ト、  {i::;o::ヽ \ヽ:::::::::::::l´ r―ヾr=o<>;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',       今年でなくともいずれあの「信用できない元反対派」は
ヽ:::::! `ー-`=イ`_  \:::::::::', 'ニ‐  ゞニУ \::::::::::::::::::::::::ト ;::::::::::::',      党内から追い出さなければなりませんでした。
l ヽ::l  {´ ̄  ̄  ヾァ‐-ヽ:::::::',   ̄ 丶   / \:::::::::::::::::l` ヽ`>、:',
.', ヾ  .ゝ、   _ノ」  ゝ,\:::',    ノ   ./ イ >::::::::::::::!  ヽ、        今回の裁判は避けては通れない「浄化」だったのです。
-ヘ      ̄ ̄    !    \', ̄ ̄    /´ _ノ:::::::::ト ;::::l  /ヽ丶、     生きていくための当然の「新陳代謝」にすぎない。
::::ゞ、          .l      `\    /<::::::;:::::::::::::l  ヾ     ヽ.>、
::::/ヾ 、          ゝ -         イハ:;::::::l ヽ:::::::::l X´    /ヽ  \
::/.  \\                .// λ:::::l  \:::::!   ヽ ,      、 \
/    \ \    ― ‐-     / /  / ヽ:::l  X.ヽ:::l    X      .><  \
      \ ` 、       , ' /   /  ヾ!.    ヾl   '  \.    '  `   \
        \ >     イ /    /

  政治局員・ウクライナの実力者
          スタニスラス・コシオール





956 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 21:04:18 ID:fID/Dd2.0




           ,.ィチ三三三三ミt、
         /三三三三三三三ミt、
        /三三三三三三スfヾミミハ
      / 三三三三三/ヾニ゙jt、Yミハ
     /三三三三ミアlミ/   /ミ/ゞ'ニヽ、
   /三三三三三〈 レ'、     //  " .∧_)
  /_,,..-三三三三三「ヘ   '"   -、  ,!        つまるところ
   ̄    l三三三三ミミ| ヽ._         /         粛清されるべき人間が粛清されたということ!
       lミ/l三,ミ|ヾミ|   `ヽ、    /
       レ゙ .|ア゙ヾj ヾ!   r――‐ '.           我々は当然のことをやったにすぎないのです!
          r-‐'ー------'=-、
          l:::::::_,,.. -―゙ヘ
         ノ::,,.ィ''"´::::::: l
       ,-='ニ"_____,,..--゙'-、
       L_:::::::::::::_,....__ヘ、
      ィ'三三三ニf ̄ヾ ̄ ̄´マ三ミム. `ヽ、
    /ニ三三三三| :: マ :: :マ三三ヽ、 \



            (\___/)
          ( ̄l▼      ̄)     (   )
           /  ●   ● |     (  )
        __|   l ___\l__   ( )
        (_. ▲  (  。--。 )`__ )─┛      そうだモ~!
      /  / ヽ   (( ̄))/_/:::::/          くたばったのは「奴ら」であって「我々」ではないモ~!
      |::::::::::| / ( ̄ ̄ ̄ヽ  |:::::::| ̄
      |::::::::::| |   ̄ ̄ヽ .ノ |:::::::| /           俺たちには関係ないことだモ~!
    / ̄ ̄旦 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|/
  /__________/ | |
  | |-------------------| |

 アゾフ・黒海地方委員会第一書記
    ボリス・ペトロヴィッチ・シャボルダーエフ





957 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 21:05:07 ID:fID/Dd2.0




【補足】


   (:::::::::::::::::::::::) 三= '´/       、  (_:::::::::::::丶<::::::`ー、
    `ー,:::::::: __ノ /  / /    \  \ ム::::::::::: |企;:::::::::::}___
     (_:::::: ヽ/   / /      ヽ  、ヽ(__:::::::::::|三|:::::::::::⌒Yヽ
     r’:::: /      {    |!  | |!  |!ハノ :::::::::|三|:::::::::::::::乂{
     `ァ: :′ /  / !     |!  |! |!  |! |`ー, : :::|三|:::::::::::::::} '.
      ヽ.′ /  /  |!      |!  |! |!  }! | Y:::::::::|三|:::::::::::::/  {
.      | | |!  |!   |!     i}  } |!  /_!_| ゝァ : :|三|::::::::_;ノ|   '.
.       | | |!|  |!、 {! |!   // /}//孑' /イ (_ : :r'--{:::::::) |   |      ・・・・よくもまぁ、悠長に言ってられるわね。
.       { | | { 卞ト、ハ!_  //ノノィ≦ケテ| (:::::〈ん)、) 〉´ |   |
       ヽト、 {ヘ、从ィ升=ミノ´   /弋じ:::}| 〉 : ゝニン   |  |      自分たちに火の粉が降りかかるとは
         ヽ乂ヘ!ゞ、rゝ':{`      宀'´ |  ∨//    |
          }  |ヘ ^¨´  、        U |   {ノ´     |    |       思ってもいなかったのかしら?
          川 | 丶     r‐、       ノ  } !        |    |
          //}  ! _≧-..、 `´ ,∠⌒<}/ 八ヘ      |    |
           // j /':.:.:.:.  .:.:.:/>=(:.:.:.:.:.:.  / />ヽヽ     |    |
         ノ ,' / /:.:.:.:.:.:....:.:__}イ夊)=-:.:.: / /:./::::::ヘ∧    |   |
       // / />ァー:. :.:.:.:`¨)´:.:.:.:.:./-ー=二二〕\  |   |



           ,.:-=;1―;1―;1―;1―;1,=;:、
           ミ              ゙ミ
           ミ      ★       ゙ミ \
         / ミ              ゙ミ   \
        V/::ミ;=========゙ミヽ   \
       //:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :',  `、ヽ ム>
.      /:i:: :: /:: :: :: :: /:: :: :: :: :∧:: :: :: :: :::i  } >/i´        今や幹部となった古参党員たち・・・
      ,'::i:: :: i:: :: :: :: /:: :: :: :: :/ ∨:: i:: :: ::l  V/:: l         いわゆる「オールド・ボリシェヴィキ」と言われる
      ,':: l:: :: l:: _:: :: /:: :: :: :: :ム--+::-l―:: |   |:: :: |         幹部党員たちはいまなお固く結束していると信じていました。
.     i:: ::l:: :: |:: :`''フ:: :: :: ,:: /    ',:: |:: :: :|   |:: :: |
.     l:: i:.|::..::|::_:: /:: :: : //     v|:: :: :|   |:: :: |         彼らはメンシェヴィキたちとの政争、
.     |::.l::.|:: ::|::/ニ_;; ;//  ====V:: ::,'   |:: :: :|         白衛軍や干渉軍とのロシア内戦、そして農業集団化において
     |::∧:',:: ::V弋.:.:テ    ´ て:::::::o|:: ::,'   .|:: :: ::|        ともにあらゆる血なまぐさい犯罪に協力してきた「同志」たちでした。
     |::i ',:',:: :∧廴::ソ      こ .ン|::/,'   i:: :: ::.|
     ',.i  }::ト:: : ヽ゛゛  ` _   ゜゜イ|/:,'   ,':: :: :: |        そんな彼らにとって、負け犬たちの処刑など
      ',' .ハ::iヽ:: ::>ァ-------<´<:: /:,'   /:: :: :: ::|        今まで手を染めてきたことに比べれば
       ∧ヾV>、:V/ | (ニxニ)  |: :',:: /_ -'''´:: :: :: :: ::|        さして特別なことではなかったのです。
       /:: L_i VX|: :|  ∧   |: : |:: :: :: :: :: :: :: :: :: ::ヽ
       /:: :: :: :: :: :: :|: └ ┘└ ┘: :.|:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::\





958 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 21:06:09 ID:fID/Dd2.0




          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ      たしかに元幹部党員の処刑など今までになかったことです。
        / ,=          ヽ      幹部たちは自分たちの権力を守るためになんでもやる人間でしたが、
       /  ,='  _  ∧_ _,,          党に忠実なポーズを取ること、そしてその代金が
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_       みじめな旧反対派の負け犬どもの命にすぎないことを考えれば
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\     党の決定に従ったほうが自分には得だと判断したのです。
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ      結局のところ彼らは実に合理的な判断をしたのでした。
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/      ・・・短期的には、ですが。
         | |{i t    _     / |
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |



              r::::::::::::::::::::/       /    ,          i _ノ::::::|  K_::::: |    |
              \:::::::::: /     /  ,       i          l |_::::_:: |  |:::::::ノ;    |
                ):::: .'      ,'   l      l        i    | ソ:::::::|  l:::::L     |
                  ( .:::::i ,     l    |       |        l!   i/´:::::::/ /:::::丿     |
                   ̄| i!    |    ト、!    |     ィ     ヘ:::::::/ /::::∧      |
                    | |     ,j__l_ |    |!    _/_j_ /  / j:::/ /::::/ |     |
                   レヾ   !ト、 ̄|`ヾ|! i  l!  ´/ ̄j/ ̄lメヽ(_::ノ_ /::::/.  |     |   ジノヴィエフたち16人の命も、
                  |  \i、! ヽ,\! _ ヾ\|ヽ/ _     レ' Y !7_ヽ:ノ   .|     |   自分たちの権力を守るためなら
                     |  |  〉ゝj! =='        == ' | i ;lヒ ノ     |     |   安いものだったわけね。
                     '  | ,'  ∧       .;           ィ .| Y´       .|     |
                      i  │ !  i. | \       _ _       ./ | | |       |     |   まったくずる賢い人たちなのだわ。
                      |   | |  |i |‐ ´、iヽ..         .. ィj´ヽ.! | |       |      |
                 /i   | |  || |   ヾ   >_-.,<    j  /  ト、_.      |      |
                   //|   |ィ|  || |      {〈.Zjィji      / ./ |/ヽ    |.    │
                 j/ .!/:  |  || | \   i、 ゞt;_ソ  〃  / /| │::::::::゙;、  │     .|
                    / ./::::::::::::|  ヽi!          |!   ,   / / .| ∧::::::::::: ヽ  |.     |





959 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 21:06:44 ID:fID/Dd2.0




              r::::::::::::::::::::/       /    ,          i _ノ::::::|  K_::::: |    |
              \:::::::::: /     /  ,       i          l |_::::_:: |  |:::::::ノ;    |
                ):::: .'      ,'   l      l        i    | ソ:::::::|  l:::::L     |
                  ( .:::::i ,     l    |       |        l!   i/´:::::::/ /:::::丿     |
   .                   ̄| i!    |    ト、!    |     ィ     ヘ:::::::/ /::::∧      |
                    | |     ,j__l_ |    |!    _/_j_ /  / j:::/ /::::/ |     |
                   レヾ   !ト、 ̄|`ヾ|! i  l!  ´/ ̄j/ ̄lメヽ(_::ノ_ /::::/.  |     |   ・・・でも、目先のことしか見ないそのずる賢さが、
                  |  \i、! ヽ, r---ト、\|ヽ/ ィ---- レ' Y !7_ヽ:ノ   .|     |
                     |  |  〉ゝj! ヽ____,,!:::::::::::::::::::::ゝ____ノ | i ;lヒ ノ     |     |   いずれ彼らの身を滅ぼすことになるのだわ。
                     '  | ,'  ∧ ::::::::::::´::::::::::::::::::`::::::::::::: ィ .| Y´       .|     |
                      i  │ !  i. | \        !       ./ | | |       |     |
                      |   | |  |i |‐ ´、iヽ..         .. ィj´ヽ.! | |       |      |
                 /i   | |  || |   ヾ   >_-.,<    j  /  ト、_.      |      |



            ,.:-=;1―;1―;1―;1,=-;:、
            ミ             ゙ミ
.              ミ      ★      ゙ミ
           /ミ             ゙ミ \
          《  ミ;========゙ミ } 》
.             》/ / / :/ : : : : : : : : : \ ∨《
.            /// : :/ :/ : : : /:/ |: : : : : ∨^:|
           l∨ : : l :/: : :// / :八 : : : l: l : :|          よく「やる夫が粛清を始めたとき、なぜ誰も反対せず協力したのか?」
           | :| : : :|/ :/ //:/ :/  ヽ: : | ハ: :|          と言われることがあります。
           | :| : : :|≧x、/イ//,.ィ≦ハ ノ : l: :|
           } :|八 :代uzノ    弋uzノ仏イノ: :|          彼らは合理的に判断していたのです。
.           ′:} 仆⊂⊃     ⊂⊃イ 八 : :|          粛清に協力することが、自分たちの権力を守る術だと・・・
.        /: : / 八 >  ~~~ .イ}{ : : : |
.        /: : 〈 // ̄》 》≫=≪《 《V ∧: : :           幹部たちの権力は共犯者としてやる夫の独裁と強く結びついていました。
.        / : : : : {   》《_》《_》《 〈 /  、: :丶         だから、やる夫の独裁権力が身内を攻撃し始めたとき、
       /: : : : : : }   《_/八_》      }: : : :\        彼らは自然とその暴力に合流していったのです。
     /: : : : : : :/    ∨{><}{    {: : : : : : :\
    / : : : : : : /人,___人}><}人__人\ : : : : : :ヽ
   《 : : : : : : // { ̄/∨`¨¨¨´∨\ ̄} \\ : : : : : \
  《 : : : : :/ 《(   } {_人    人_} {  )》 \ : : : : :》
   》: : :/   》)  人人_))   ((_人ノ (《    \: : :《
  《 :/    《(    \        /    )》      \ 》
   `\\    ≫x、    \__/   ,x≪     //


【補足終わり】





960 : 怖~い夏のホラー短編祭り、八月二十四日から開催だお :2013/08/16(金) 21:07:03 ID:NbaUD1mA0



そもそもボルシェヴィキの倫理観自体がアレだったからさほど気にしなかったんだな


961 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 21:07:43 ID:fID/Dd2.0




     , ' ⌒ ヽ.        |§|:.    , ' ⌒ ヽ..     |§|:.    , ' ⌒ ヽ..     |§|:.
     ||: : |: : ||        |§|:.    ||: : |: : ||.     |§|:.    ||: : |: : ||.     |§|:.
     ||―|―||        |§|:.    ||―|―||.     |§|:.    ||―|―||.     |§|:.
     ||: : |: : ||        |§|:.    ||: : |: : ||.     |§|:.    ||: : |: : ||.     |§|:.
     ||―|―||        |§|:.    ||―|―||.     |§|:.    ||―|―||.     |§|:.
     ||: : |: : ||        |§|:.    ||: : |: : ||.     |§|:.    ||: : |: : ||.     |§|:.
         ̄ガヤガヤ.   |§|:.        ̄ ̄         |§|:.        ̄ ̄         |§|:.
 ====================|§|====================|§|====================|§|======: :
 圖圖圖圖圖圖圖圖圖圖|§|圖圖圖圖圖圖圖圖圖圖|§|圖圖圖圖圖圖圖圖圖圖|§|圖圖圖
 ====================|§|====================|§|======ガヤガヤ======|§|=====: :

                .____________
               /―∞    Ψ ⊂oO⊃  \
               / ―∞ ̄ ̄ ||  ◇⌒:θ:目 \
              ./ / ○ ∞.⊂⊃ \△三@\.  .\..
                 /日 _..○○_   '''***  ̄ ̄ . 日\::...
             / '''/\_/_<****>  ⊂oO⊃\:::::.....
            ./  _ __ '''''_ _:__:__ _ _ __ _ \::::::::.....
            | ̄.:  ::.  ̄:  .:  . :. . :. . :.  :.  :  :. . :. ̄|::::::::::::::.....
           /  ;::i i::.  .::;i .::i   i;::. .i;:.  i;::. i;:.  i::. .i::. i;::. .|:::::::::::::::::::::::::::::...


                ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
           <                                    >
           <     裏切り者の殲滅を祝して・・・              >
           <                                    >
           <             乾杯ッ!!!             >
           <                                    >
                ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨
                                  ,. -‐==、、
                     ,. ===、、 o   ○o.  i       :::ト、
                   _,/      `ヾ´´`ヽ、 ゚ .l       :::ト、\
                   //      .::::/  :::::!===l      :::|ス. ',
                     /./       .::::/   ::::l    |  __ ..... _::::|} ヽ l-、
        .           ,ィク ,'..__    .::::/    ::::l    :l '´    `)'`ヽ ヾ;\
               /::{゙ ヽ、 ``丶、;/‐‐- 、::::l     `'::┬‐--<_   } ./;:::::\
             /::::::::!   ,>---‐'゙ー- ...__)イ ,. -‐‐-、ト、   |l::ヽ /;';';';';::::\
        .     /|::::::;';';'\/} (ヽ、  _/|   (´    _,.ィ!::ヽ.  ヾー'´;';';';';';';';';:: /ヽ、
           / ,ノ:::;';';';';';';';';'/  /ヽ、二ニ-イ   ヾT ¨´ ,/;';';::`、. \';';';';';';';';';';〈::...
        . /  i::;';';';';';';';';';'/ ,イ.:::::::::::::::::: !    ヽ`ー‐'";';';';';';';ヽ   \';';';';';';';';';!:::::





962 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 21:08:34 ID:fID/Dd2.0




                   ( ヽ、
                __\ \
                <__ \ \
             /<__ \ \ ヘ /⌒/
            ./  └--ミ ヽ、\ - \ |
.          , '′ ⌒ヽ,__ノ丶  -     〉           今回の裁判の味は格別だったろ!
          /  ( ● >、  、( \        !
        /   , `'''"   _, \_ヽ     {           ジノヴィエフども薄汚い犯罪者連中が
       ./    {   ,   ( \)、ヘ      > 、
       |    ゝ-イ    `''" ./ \   ∠/ヽヘ       始末されて、ようやく美味く酒も呑めるってもんだ!
     ,.-/|     ゞニ>一′  ./    \(⌒)   ノ \
   / | \ヽ          ./       .ヾ、 /    \
 ̄<   !  `\      /___    \/ \(
_ \   !    > ー-- イ  \_    ̄ ̄\_\
!  ̄ ̄ ヽ /{  )\ |   ∠       ノ)ヽ、
       \ /⌒\ 〉   ̄ /       / >\
         \ い /     /       //ノ
          \ /     /       / / ̄

国防人民委員 クリメント・ヴォロシーロフ



                       ._-───-、
.                     /:::::::ト、i\/\::::\
                    {ヾ/>v、/:::::::::\r‐
                      .〉  { 0}::::|//::::::::::::
                      ゝ   ,=}==、:::::::::::::::::      まだ国内に潜伏してる
                   ./  `ーァ‐':::::::::::/|::
                     |  r‐  }::::::;:<\ j:::       裏切り者のトロツキストどもも
.            _r──、   \ゝ-< ̄\__>:::::
           │ ─i⌒ヽ    \   ( ̄::::::::::/:      震え上がってるに違いないぜ!
           │ ─|_ハ    /  ̄ニ二 ̄:::::::::
           │ ─、i   .}   / |     {::::::::::::::      次は奴等の番なんだからな!
              \ ー'   /\/  |     ヽ:::::::::::
             ヽ-<      |      ヽ:::::::

              やる夫の忠臣・運輸人民委員
                ラーザリ・カガノーヴィチ





963 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 21:09:27 ID:fID/Dd2.0




       , ──-  、
    ゝ/______\
    /  |  / , - 、 - 、l
     l   |  /     l     l
     l  |─|   ^|^   |         人民と祖国の敵が一掃されたことで
      Y⌒  ` ─  ヘー ヽ         市井の人民たちも喜んでいるでしょう!
     ヽ_   |`───┘ノ
  ∩    ヽ、_ヽ__//    ∩     これで同志キーロフの無念も晴らされるに
 ┘`ー┬─´\/\/ー┬─´ └-、    違いありません!
 _ __|_ ノ     |_|___三
        |        |

  レニングラード第一書記
   アンドレイ・ジダーノフ



               ____
             /      \
           / ─    ─ \      キーロフ・・・。
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |     そう、キーロフも報われるはずだお。
          \     `⌒´    ,/     それでも、我々はキーロフという掛け替えのない同志を
          /     ー‐    \     失ったんだお・・・

        書記長 やる夫・スターリン





964 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 21:10:24 ID:fID/Dd2.0




       / ̄ ̄ ̄ \
     /       . \
    /  _ ノ   ヽ、_   \
   .|   (ー)  (ー) .  |      ショボーン・・・
    \    (__人__) .  /
     /    `⌒´    ヽ
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ



      ___
   /   ____\
 ゝ/     | ノ/⌒ !
  /     |_|  .|
  |   /^`u ,ヽ_ ノo         あっ・・・
  ヽ  ヽ  /⌒\_つ
   \/  |               す、すいません同志やる夫・・・
    ヽ  `──,  ( )二l
     j二二ヽ ̄  / `-ノ
  /⌒     l ̄「  /
 /\/    |‐┴-´
./  / |       l



   ,.⌒,ヽ     γ⌒、ヽ
  〈/●ノ\   人● ヽ〉
    ヽ彡'  ヽ /  ヾ_ノ       元気を出しなよ、やる夫。
    )    Y    (
   /γ⌒     ⌒ヽ\       キーロフは生き返らない。
  /  |         |  ヽ      今は、党の勝利を祝うことで
  |   ヽ__人__ノ   |      その無念に答える時さ。
  \     `ー'´     /

人民委員会議議長(首相)
   ヴァチェスラフ・モロトフ





965 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 21:11:21 ID:fID/Dd2.0




           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆     \ \ ヽ     (同志やる夫っち元気ないっすねぇ・・・
          〃 ハ   _ノ   ―\ l  |
         ル从§ (●) (●) ヾ  |      ここはちょっくらムードメイカーとして
             乂§   (__人__)   从イ      俺っちが一肌脱いでやるっすか)
            \   `ー´   /
            /           \

        NKVD高官・やる夫の警護官
            カール・パウケル





966 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 21:11:52 ID:fID/Dd2.0




  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \        はいはい!!暗い暗い暗い暗いDon't cry!!
   //, '〆     )  \ ヽ
  〃 {_{    ノ    ─ │i|        こんな辛気臭いと党と人民の勝利も
  レ!小§  (>)  (<) | イ ━      逃げちまうっすよ!!
   レ § ::::⌒(__人__)⌒ |ノ ┃┃
  /   ゜。   | | | || 。゜ ∩ノ ⊃    ここらでいっちょ一発芸でもお披露目っす!
  (受\  ∞ `ー‐' ∞ /_ノ     はいはいみんなパウケルっちにちゅ~も~く!
.  \ “  _∞∞_ノ∞/
    \。____  /





967 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 21:12:47 ID:fID/Dd2.0




  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、         ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
  </ /"" \ .ノヽ. \      <                               >
   //, '〆     )  \ ヽ     <  一発ネタ!殺されるジノヴィエフのまね!   >
  〃 {_{    ノ    ─ │i|      <                               >
  レ!小§  /・\ ./・\| イ ━     VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV
   レ §  ⌒(__人__)⌒|ノ ┃┃
  /   ゜。  `ー'´ 。゜ ∩ノ ⊃
  (受\  ∞   ∞  /_ノ
  .\ “  _∞∞_ノ∞/
    \。____  /





968 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 21:14:25 ID:fID/Dd2.0





         NNNNNN\          ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
         \ゝゝゝゝゝゝ\       <                             >
         < ノ"ヽヽ〆ヽ`ヽ、     <     嫌だぁ~                   >
          /ノ"ノ⌒  ⌒\ て    <     死にたくなぁ~い            >
         ノレルノ /・\ ./・\\ヽ   <                            >
       〃レノ§:⌒(__人__)⌒:  \`、 <     同志やる夫は              >
        レノノ§   トェェェイ     | i  <     私を助けると言ったんだぁ~     >
         レ.\   `ー'´    /ノ   <                            >
                           VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV



         ____
        /_ノ  ヽ、_\         ━━┓┃┃
       o゚((●)) ((●))゚o         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \       ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                          ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
         イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。 ・





969 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 21:15:08 ID:fID/Dd2.0





         NNNNNN\          ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
         \ゝゝゝゝゝゝ\       <                             >
         < ノ"ヽヽ〆ヽ`ヽ、     <     助けてくれぇ~               >
          /ノ"ノ⌒  ⌒\ て    <     なんでこんなことにぃ~        >
         ノレルノ /・\ ./・\\ヽ   <                            >
       〃レノ§:⌒(__人__)⌒:  \`、 <     同志やる夫は              >
        レノノ§   トェェェイ     | i  <     私を助けると言ったんだぁ~     >
         レ.\   `ー'´    /ノ   <                            >
                           VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV



         ____
         / _ノ ヽ、\
      /o゚((>)) ((<))゚o      ぶははははは!!!!
     /    .:゚~(__人__)~゚:\
     |         |r┬-|    |      ちょwwwwwwwwwwwwwwwwww
     \、     i⌒i‐'  ,;/       やめろおパウケルwwwwwwwww
    /  ⌒ヽ.ノ ノ  く         やりすぎwwwwwwっうぇwwwwwwwwwwwwwwっうぇ
   / ,_ \ l||l 从\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.
         ベシベシベシ





971 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 21:15:46 ID:fID/Dd2.0





         NNNNNN\          ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
         \ゝゝゝゝゝゝ\       <                             >
         < ノ"ヽヽ〆ヽ`ヽ、     <     なんで私がぁ~               >
          /ノ"ノ⌒  ⌒\ て    <     幹部の私がぁ~            >
         ノレルノ /・\ ./・\\ヽ   <                            >
       〃レノ§:⌒(__人__)⌒:  \`、 <     中央委員会はどこだぁ~?      >
        レノノ§   トェェェイ     | i  <     私を助けてくれぇ~           >
         レ.\   `ー'´    /ノ   <                            >
                           VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV


           ,, -──- 、._
        .-"´         \.
       :/    _ノ    ヽ、_ ヽ.:
        :/   o゚((●)) ((●))゚oヽ:    ひーっwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
      :|       (__人__)    |:
      :l        )  (      l:    ひーっwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
      :` 、       `ー'     /:
       :, -‐ (_).        /      くwwwwwるwwwwwしwwwww
       :l_j_j_j と)丶─‐┬.''´
          :ヽ   :i |:
             :/  :⊂ノ|:


 ※実話




970 : 怖~い夏のホラー短編祭り、八月二十四日から開催だお :2013/08/16(金) 21:15:21 ID:NbaUD1mA0



まさに下衆の所業だな


972 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 21:17:41 ID:fID/Dd2.0




                                イスラエルよ~私を助けてぇ~>

                           ちょwwwwwwユダヤwwwwwwwww窒息するwwwおwww>

. 、___________
  、>                 |
  >________   .|
   ̄   .|./_   _\ |   |
      | /  ヽ/  ヽ |  |
.      | | / | \  |  V⌒i
       |.\  人__ノ   6 |      パウケルのお調子者め・・・
     /  ○        /
.   ε         U   厂
    \    _____/
      ̄ ̄, -/へ/\/`- 、
       /./  ./op    i. \

 貿易人民委員 アナスタス・ミコヤン



   乂___乂   ヽ' / },γヽ
   -======、    Y  / | 、__}==、
=': : : :γ⌒゙\\   ヽ/ /|ニ=、‘,‘,
: : : : :.人    \\  ∨/}: : :ヽ|} ‘,
: : : : : :.f \    \\. ¨/:.:./¨ヽ. ‘,
=、   |  \    \ゝ-'/、  /-─‐
  ヽ   .    \.   }.r'  { }/
ヽ ‘, 乂__rtァ__≧、_ノノ_≦彡'乂
 ‘,  ,   γ´¨ ̄ ̄¨  、⌒ヽヽ`ー─
  ヽ/ | ,  :::..  , -‐……- 、}`ー─      (敵の殲滅、か・・・・・・)
.   {:. / |   :::....   _  -‐…‐ 、:: ::
   `ー{::..__」  、  , r'¨       .::|:. \
::.       `ー= _/ {  、     |  , /
            L_人  ヽ    / / /
 ̄`             `  ----- ´ }、
   、   、   ヽ   __    =--‐''/|
\  \   \   _二>-,=─ ´///////
三==─── ¨ ̄ /  /////////////

重工業人民委員・やる夫最強の盟友
      セルゴ・オルジョニキーゼ





973 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 21:18:23 ID:fID/Dd2.0




.    >‐ 斗 ¨: : / /: :{:     \<ミt
  /  //: : γ¨7,//: : :.:Y⌒\  ‘,: :`寸            (やる夫の目的が旧反対派を一掃することなら、
 /   / /: : : : /`ー´//: : __ :.{.    \ ‘,: : __\            慌てることはない。今のところ奴の考えは
./   | |: : : ノ   〈〈 -‐ `: ゝ._tァ__ゞ='-' };} .)           俺の利益と合致している。
    | |: :Y´ ̄Y、 } }__   , ィ ,,   >'¨¨≧ェ__
.    Ⅵ {   } }γ´   \/ |' .{.    ,γ´   , \      党が団結を維持するために反対派を放逐するのは正しい)
\    Ⅵ ゞニ彡'::{   ij    ̄¨¨^ ─Y_.」_ヽ / ィ }           /ヽ
、__}   ‘,',l    !:::!                ¨ ‐- 、′      /   }
」-'¨\  \\__/  \_〟-‐       `ー‐- _   ノ    / ̄〉'_>´ ̄У ̄\
    \  \\         _         / ̄_ ェェ/_/       {_   〉
.       \  \\  \ \ゝ_ 三二≡=-─ ´仁}三三三三三三三≧ェ.    ̄¨ヽ





974 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 21:19:02 ID:fID/Dd2.0




       {  ノ \ \{{: /ニ=-  ヽ、      }`{  {
.          Y /アヽ\_ノ :/ニニ/    }:   ,  ⌒ヽ、
         ri//⌒ヽ __ノニニ/     ノ  /    ,.:⌒
.     ,ィ从{ff/⌒ <三三/    /   {ixー=:<
   ‐=f′ / 〈    /  ヽ{{i  ,ィ尨。o   __`ヽ \
 f´ 〃  ,:   {`㍉{、   .ハ{i尨',ィ≦ O  \ `ヽ ノ         (だが嫌な予感はする。
,ィ{   i{ ,  f     》ム斧ミxィ三三ニ   _人_   〉 _ノ
/ハ  {{ {  { ,ォ=ミ{ }/:::: /=ニ三三ニ  ヽf  _,イア´            今までこれほど党が強硬な意思を示すことはなかった。
i/ハ Ⅵi才"   Ⅵ::::::;イ=ニ三三ニ _ノ{_   /V     ,ィニ三     これが、やる夫が意図して煽っているのだとすれば・・・
////≧ィ'      }ム:::{=ニ三三ニ=:`Y   /{/     ノ三二ニ
//////{、   __ノミji人:{ ニ三ニ=-   ̄`ヾf`ヽ.    ,ィ三二ニ      奴はこれに満足して矛を収めるのか?
//////ム__  ̄ _.ノ   》'"´      /7 :}  ノ {/三二       それとも、まだ別の標的を狙っているのか?)
//////ハ    ̄  ,ィ示{     \   //  ノ⌒  ノ三二ニ
///////ハ     ,ィ劣/人 `㍉、 ヽ  /  ‐=彡三二
////////ハ.   ff//////ミ ー=ミ_ ,イ  ,.イヽ辷三彡'´
/////////ハ,  {{///////ヾミ=-' ー==彡'
////////彡'  マ////////////////≧=x   r=ニ三三





975 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 21:19:35 ID:fID/Dd2.0




            , =-‐ニニニミヽ、
          ,ィ´ィ,ィ'"´_=-‐-=、`ヾヽ
       .,r‐‐=///´r''´⌒、_∧_⌒,=、ヽヽ、____
ー<´ ̄~¨7  .///f´`,ィゝ‐''.〈ハ〉 ̄ゝ‐'、ヾヽ`ヽ\r‐-、
ヽ  ヽ _/ .///r‐f´     〈ハ〉    f`Y:l‐-、. }  l‐-、
 ゙v''"´  `ヽ{ i l`/'"//⌒ヽ. 〈_〉 ./⌒ヾ、 l l、  `ヽ ノ´`,、´ヾ
  }ゝ、 __, ィ'"l l: Y`i l l (⌒ヽヽ__/´,ィ'⌒) l l_l_l、ゝ ___)´` ⌒
  .l`ー---'''"l l:..l rf⌒ l`x、 ` v ´)ヽ,ィ' ff´ ハ `ー-‐'i ´` ,,、
  l       l l八ノl ヽri゙ゞニ゙、_|_,∠´、",r`Y ノ    l
  l    _ ヘ∨ゝ. /.f´l:.'´-三-`゙l`iヾ ハ'"     l         (だとすれば、
  .ハ,ィ'"´:::ヘ //ヽ,,`ゝ{ ,>=< }‐'"rヘ l.      l
 .ノ //////∧'"ヽ、゙ ゝ ハ'´ヾ  ,イハ ノ,ィヘl /⌒ヽ l          俺たちはどこまで奴の方針に
:./ l///////,`>-、 八_,,` ー‐‐'__ノ´ ,,ィ'"/////} l          協力すべきなのか・・・)
/  ゝ///////////`ー=i `ー―'  ,ィ'´////////ノ l
   ` 、////////////l l7777l l´/////八 ̄   /
  _ =-‐'"///////>'"_ ヾ//ノ l////////`>. /





976 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 21:20:32 ID:fID/Dd2.0




   ――― 1936年8月、西アジア、パミール高原


                                                          _y-、_
                                                    _....-―一' ;:;:;:
                                                ,,....--'´    _;:;:;:′
                                _、             ..-‐'´     ィ  ,,';:;:;:广
                        ..-..,,_   _,〃 ,  ''''-...._,,_     _/’    ,,/     _i;:;:;:「
                     __..r'′ '' ̄"''";:;:;:;:;:     ` ̄ ̄''''''゙廴 、 ''ゝ 丿     _u;:;:;:
                    /´ _ ,,、      ;:;:;:;:;:          t_,];:;:;:;:;:;:;:    .. ャ;j;:;:;:′   ゝ
                  _/   ゙ 〕      l;:;:;:;:;:       ゙'、  ;:;:;:;:;:;:~~  _、  ,j;:;:;:;:l′
〃              _/'''''´  ..;:;:;:;:;:;:     .._ ;:;:;:;:;:         丶 ゙;:;:;:;:’    ニ、_u;:;:;:;:;:-
 ヽ           ..-''´     ;:;:;:;:;:      ;;:;:;:′    、   ''   ;:;:;:;:;:;:    ..ィ' ゙/;:;:;:;:;:;:;:′    、
′ r ゙''ー.... __  _ __..r''´      ,_;:;:;:;:;:      ;:;:;:;:      丶    ";:;:;:;:;:      u;:;:;:;:;:;:;:′
′丶  、  ´  ̄´       u‐^ ;:;:;:;:;:;:;:;:  、              '、''、        _n-  ;:;:;:;:厂 ′
  、 _ ′           _..ィ;:;:;:;:;:;:!                 ''''l{lゞ -        _,jl;:;:;:;:;:
   `ー-      ,,  '''   ....-';:レ´   ;:;:;:          ムfョョ广       _、 ニ;:;:;:;:′
          ''ゝ、_ __l广   ''ll′    ;:;:、          `jr]「        '''´'t;:;:;:;:厂
     ‐ ′   _;:;:;:`           ;:;:;:、         .. ‐゙ヽ、       _u;:;:;:;:;:l′
     _''     '';:;:;:            l;::;:;:∟       -   ゙゙、_  ,,. ___u;:;:;:;:l广フ
     ’ ′   :∟            '';:;:;:;:;:l' ヽ          ゙リllレ1;l;:;:;:;:;:;:;:冖 _ょ


             ,r‐―‐-、
           /      \
          /   ,ィ       ヽ
         i'   _.j_,j,rj_j,:、_ 、 l
         iト、._j'ji !! ァ-、 !j !;l! トヽ
          ( .`t.!!/ _!.ヽ='イi ,'  )            見ろ、アンナ。
          ヽヽ,j   ,--、  j r ィ~\
           )ヽヽ. ゙=' /l  )ーi l           パミール高原最高峰の山だ。
           ゙t j `ー‐'  」  iト-'~i !
           l  フ┬┬i'~二'iノ二ソノ           今は偉大な指導者の名を関して
           liブ ,i i !└┘!__//_
        _,.:ヴー、j__j__jr-‐‐'''ー----`エー、_      「やる夫峰」と呼ばれているが・・・
      _/ /   i' i' i'        /  \ ヽ
     / ト-'"   ,i' i' i'       /    ヽ. )
     i'  l!     !  ! !       j ,il   ,.r'~ヽ
    ,ト、 l     !  ! ,!       / i  / i  ノ
    ! ヽ,!     ! ! ゙i      ,i  レ'   ヽ ヽ
   ( j  '!     ! !  !       j   ,「  ,.:='',T゙イ

     元右翼反対派 ニコライ・ブハーリン





977 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 21:21:54 ID:fID/Dd2.0




          _ ,、-―- 、_
       , - ゙´       `ヽ、
      , '            `ヽ、
     ,'               ヽ
     i                 ',
     ノ          ノノ八 ,)  ヘ
     (     (( ノノ∠イ_ ノハ_リリソ
     `)     Y<;;::;;;;;:::;;;;`´;;;;;;;;;!ノ
     フ   ,ヘ |ヽ;;;::;;;;;:::/ヘ;;;;;;;ノ           太古の商人たちはタクラマカン砂漠を渡り、
     ヽ  {Kノ ゝ`'''ー''′ , 〉 i
      ))  ヾト ヾ         /            このパミール高原を抜けて西へとシルクを運んだそうだ。
     ラ ( (ノレ \   ´  ̄ /
    ,イルゝトミtr、. >  __/              彼らも私たちと同じ光景を見たのだろう。
   ノ::::::::::::::::/:.:.:.ヾクハ_入くヽヽ_,,、-ーー-.,、
,、-<::: ̄:`ヽ;/:.:.:.:.:.:.:.ヾtfー┬イ:.|ヽ;:ヽ:::::::::::/ヘ、     その時もあの峰は彼らを見下ろしていたはずだ。
、:.:.:.:.:.:`ヽ;::/:.:`ヽ;.:.:.:.:.||:.:.:.:|.:.:|.::|トヽ:.:ヘ:::::/:.:.:.ヘ
:::ヽ:.:.:.:.:.:.:.y:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、;.li:.:.:.:i:.:.:!ノ`ヽゝ:.::∨:.:.:.:.:.:.:ヽ   今、我々を見下ろしているように。
;;;;;;ゝ-ー:':':′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:イiー-十イ:.:..:.:.:.:.:.:.:.il!:.:.:.:.___ノ))
:.:.:.:.:|i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:!:.:.:.:.|:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i!:.:.ノノ´「ソ



;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;, 、;;;;;;;;;;;ヽ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ´.!;;;;;;;;;;}
;;;;;;;;;__;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_;;_;;;;、,、、 -‐'′゜´    .!;;;;;;;;;/
;;;/ ヽ;;;;;;;;;r-‐'′゜´-- 、            .!;;;;;;;;}
/  /! !;;/         ゜ヽ     ○    !;;;;;;;;!
  /  !;/   ゞ;'"゛゛ ゜i゜ヽ、´         .!;;;;;/
  ! /!;;;!    \  _ , '  i          !;;;;;/      それでも、有史以来誰も頂点に立てなかった
  ) !;;;!      ゜、 _ , '       -‐‐‐/;;;/
    !;!                r ‐ 、 ./;;;;/        あの山を我々の同志エフゲニー・アバラコフが
ヽ   !!               / _ ノ //;;;/
;;;Y  /              l  ヽ- ' /_/         1933年に初登頂に成功した・・・
;;;;!                  .!   i'
;;;;;!                 !  ./             まさに社会主義の勝利ですね、同志。
;;;;;;! \              >' ./
;;;;;;!  \        ' 、 _ ,    ./
;;;/   \            /
/     \         /

ブハーリンの妻 アンナ・ラーリナ





978 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 21:22:51 ID:fID/Dd2.0




                     . - -=-- 、_
                . : ´             `ヽ.
               /                     ',
                 j                     ',
                  /           i | !     ',
              .:      {{彡イノノノ ハソ ハ  i
                 {    {   从////////ハィ//ハリ }
                i    乂У ∨//////∨////ソノ
                 乂    い Y `ー "´   ∨/イ′         ふふふ。
              彡   Y从ミ        '"´ 7           まてまて、分からんぞ。
              八   ミ、      ⊂ニ7 /ミ
              い   У ヽ     ー  /ハ           大昔の商人や中央アジア人たちが
                ゞ==リノ、、  > 、   /ノ            我々のように登山に対して文明的な
               /:::::::::/:.:.:.:.:.:.≧x、、_ ̄彡、、           意義を見出していたとすれば、
                 /:::::::::/:.:/  ` '・<: : |!:.:.:.:|:.:.|           彼らもあの峰を征服しようとしたはずだ・・・
  _ ...... _     ..<`::::::、/:.:/ ☆ ☆ ☆ 〉:|!.:.:.:.|:.:.|
/::::::::::::: `Y ̄`ヾ::::::::::::::/:.`:.:.> .   /:.:.|!:.:.:.:|.:..|、、_     _
::::::::::::::::::::::∧___:j>.:"´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:.:.:.>.:.:.:.:|!.:.:.:.|:.:.|:::::::|``:y':::::::::`ヽ.
::::::::::::::::::::::/∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`.:.、j!__j/i!`ー:.:、:j::::::::::::::::::ヘ



         __
         [|,,,★,,|]
        (´・ω・`)    同志ブハーリン、ここにいたんですか。
         (つ□と)    早く山荘に戻られたほうがいいですよ、
         `u―u´     大変なことになってるんです。





979 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 21:24:01 ID:fID/Dd2.0




           _,、 -‐''''""~~""''''‐- 、_
        ,.-'"             ゙ヽ,
       ,r"                    ゙、
     _,/                       ゙、
.   ,r'"                       ゙、
   {     {                      ヽ           どうした?
    {     {     ..,,_              ヽ
.   ノ     ,'゙'、ヾ、レ‐---、ヾ゙)ノ)   -、         ゙,         今日はいい登山日和だ。
  /     {  ,、-:::::..  :. :::ツ ノ     ゙、゙'、       }
  ,"      _!,,ソ:::::::::::::::.. :. :::::ノ{     } }      ノ         山の天気は移り変わりやすいが、
  {     r'':::::::::r-、;_::::::::  :. :/ ゙'‐-、,   }.ノ      {          今のところ心配する必要もないだろう。
  ゙、    { ::::::::;'   `''ー-‐'"     ノ  リ       ゙ヽ
.  ゙'‐-、 ゙'、 ::::/           、,クノハ         }        急いで戻る必要もないと思うが・・・
     ゙'‐`'{'゙iヽ、'   __,,,.、    ,.,.,.,,,_/_ハ       {
        `'ヽ  r,"-''"     | ┌ー-゙-ニっ     ヽ、
         {ヽ  r"      | .|      } ト)    ヒ`ゝ
         `~}ヽ      /.| |      -‐"  ヽ、 マ
     l'''ニニニニ{、、,゙'、.,__-‐"  | |            ヽ'
.      | i     ノ     l,.、-'"| |
      | i     `つ   ζ   .| |
      ヽ,ヽ     `''ー'l
.       ヽ,゙、         !



         __
         [|,,,★,,|]
        (´・ω・`)      山のことじゃないんですよ。
         (つ□と)      モスクワで大変なことになってるようですよ。
         `u―u´





980 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 21:24:59 ID:fID/Dd2.0




       /                         |
.       /        π                  |
      |      ノ {               |
      l i   从(´__  `ヽ_                {
      ヽヽ .{/////`ー´77777ノ丿  /       |       モスクワ・・・
       `ヽ i/////r-、//////ヽ─´  /,    |
         _ノ ∨/_ノ/  ヽ////>/   //  _/        ジノヴィエフとカーメネフの裁判のことか。
        て ',  ヽ   ` ̄  z  /´  /_
         -=>  ',  ニ=      レイ    く         残念だが、彼らは助かるまい。
       |::::::::::::|/ ヽ  `    / /   ヽ ト--= _
       |:::::::::::{{ ,|_`ー- - ´  / |_   ノ:. :. :. :. 〉 〉    私には他人の破滅を楽しむ趣味はない。
       |:::::::::::|| |`ー------ イ _(:. :. :. :. : //
       └:::::::::|| イ            }t-:. :. :. :. :. //      今は妻と登山を楽しんでいるのだ。
-=ニ二三三::::::::::}}              |/:. :. :. :. :. //



         __
         [|,,,★,,|]
        (´・ω・`)      それだけじゃないんですよ、
         (つ□と)      この新聞を見てください。
         `u―u´





981 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 21:25:51 ID:fID/Dd2.0




         _ _ _ _
        , ': :. .:|:.  .:`ヽ,
       /::. ,;;_;, 人_;.  .:i
       l:. /      \ .:l
       l:.| ,,_ __, 。,,__ _,, |.:l
       (6!,,(i::::!. , `!:::j)、!6)         同志、なにかあったのですか?
   γ:.⌒:ヽ, "" `  "" γ:⌒:ヽ
   (;.   .:;)\ ー  /(;.   .:;)
    ヽ;;..,_;;丿.,,ノ` --,' i、,_ヽ;,._.;;丿
      ,:".l|::l. ,,,,_   _,,, l::|l`ヽ,
     i:. l:.ヽヽ、' '  //.:l. .::i
     l:. l:::::::::: '' --''~.::::::l .:|



   i                   ゙i
   ,i                  l
  ./        i           (
 ,i /    ノ,ノノi i i         )
 ! ,ヽ, ∧ニ'レ'ー' !、j、 、       i
 ヽ\ソ,ノ''ミェf、  ,__二ミ      j           まてアンナ、私にもよく分からん。
  "Yヽ.ト   )  ''ミェァ,;゙) '"   )
   リゞ.l _ /      ~i //,\           (もっとも、昨今の情勢下では
.   ゙ヽ!トl ,\ヽ      j !, (/i゙`' \
   __,j,ハL!ヽ.゙y‐'" ゙̄ヽ'"j j. ,r┴‐‐'゙7i!         一体何が起こるかわからんものだが・・・)
  (~r' ! ヽ./__,r=~ヽイ「「`^~  ((  !
  !.l  ) ,f~  _,,ィ、\,i !j! ,.へ    )/         きみ、新聞を見せてくれ。
  | | ( /      ヽ./,// /゙^ヽ.__/
_,..-.! !  i   -==ー//j、,、))   /)
   !ヽ j        )ー'Y ("   //
   \V    !i~_/   トー゙  //‐-r'" ̄~ヽ、
   /     ,j~__ _,.ノ!.   //        \_
  _j'~     /      ,八  //          i.





982 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 21:26:24 ID:fID/Dd2.0




,,_________,,___________,,________
| (1)  16版      1936年8月23日  プラウダ
| ────────────────────────────
|          事 .ヴ┃
| | | | | | | | 実 .ィ┃  ┌──────────────┐
| | | | | | | | 糾...シ.┃  │          /l     、    .│ | | | | ブカ
| ────..明 ン┃  │         / |,,_   / l    .│ | | | | ハ|
| | | | | | | | を ス.┃  │        /   :::::::~-'  l    │ | | | | |メ
| | | | | | | | 宣. キ.┃  │       /   ::::::::::::    l    .│ | | | | リネ
| ──── 言 .|┃  │      /  「●」::::::::::::::  |    .│ | | | | ンフ
| | | | | | | |   .検┃  │      l   :::::::::::::「●」  |    │ | | | | を 、
| | | | | | | |   事.┃  │     |   ::::::::lゝ::::::::::  |    │ | | | | 告
| ────   総.┃  │     l   ::::::::::::::::::::::::::  |   .│ | | | | 発
| | | | | | | |    長.┃  │    |  ::::::::::::::::::::::::::::::::  |   │ | | | | 
| | | | | | | |      .┃  └──────────────┘
| ────── . ┃    ブハーリン、ルイコフ、トムスキーの裏切り
| | | | | | | | 新. | | |┃| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |
| | | | | | | | 事. | | |┃| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |
| ────実─ . ┃───────────────────
| | | | | | | | の. | | |┃| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |   反いと ト
| | | | | | | | 判. | | |┃| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |   対た共ロ
| ────明─ . ┃─────────────  派元某ツ
| | | | | | | | |. | | |┃| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |   !右しキ
| | | | | | | | |. | | |┃| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |     翼て|
| .───────╂────────── ────────
| ペイン内戦 .   ┃| | | | | | | | | | | | 及 右 | | | | | | | | | | | | | | | |
| .独伊が軍事干渉┃| | | | | | | | | | | | 始 派 | | | | | | | | | | | | | | | |
| | | | | | | | | | | | |..┃| | | | | | | | | | | | ま へ. | | | | | | | | | | | | | | | |
| | | | | | | | | | | | |..┃| | | | | | | | | | | | る 追. | | | | | | | | | | | | | | | |
| ───────────────────────────





983 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 21:27:30 ID:fID/Dd2.0




     /                       !      !
    /     /  /                 、l , -     ',
   l     l   !,ィ               ノ'       ',
   ヽ     !  !l!             , , ノ        /
    ヽ    ト、 ヽ  ! /, _,.-_ ,ノノ ,ィノl'ヽ/,       ,'
   ,...ノ'   | ヘーヽヽl(/ l'´ ≧ミ、_ ,ノ' ! リ! l       ト!_
 r'´イノ    ヽ リ   r'`    ヽヾ歹、=、ヽ ,_リ=、  l  ノ l `
 !( ゞ,.     ´r、 r'       ̄` ヽ  /ゞクイノ /ノ ノノ        カーメネフが元右派を
 }ヽ、`` ー- _i´, ノ'.lヘゝ          /  /ー '´_, '´          トロツキストと告発だと!?
 l   ̄` ー- 、`ヽ、l,_   U    _   l  / ,(´
 !        ` ー-、ヽ       ヾ=-' ,.', ィ、丶、            なんだこれは!!
_,ゝ          _レ'-―- ..,'' ―=- ,イ(   `ヽ\
           `iーrヘ ̄`ヽ、` ー, - '一ー- 、   ヽ.ヽ
                l lー-ヽ _, -`´ , --‐_レ‐- `)  /∠、
                | | ヽ./ r=ー'―‐'´-、  ̄ `ヽ///ニ,
              ! ト.ノ   , ―---=、_ヽ l / \ ヽ
            ヽ〉′      , - 、 `i.| !/   〃,.、!
               /        '   ヽ_!!l'    ヽ'へ\
            /              `ヽ      ヽヽ



         __
         [|,,,★,,|]
        (´・ω・`)      ヴィシンスキー検事総長が
         (つ□と)      あなたがたを追及すると宣言してますよ。
         `u―u´       大丈夫なんですか?





984 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 21:27:54 ID:fID/Dd2.0




      ――― 、
    /       ヽ
   /  __ノ `。´ \|)
   |  /  __  _ ||
   〉 ノ ゙((ノ ~ ((ノ~リ
   (6リ   ´  〉´ |        同志・・・!
  /⌒`゚ヽ u  σ ノ
 (    _|   ´イ)
  >―\__ __へ
 /  \  ̄ ̄V ̄ ̄ | \
/     \  <>   |  \




             ,r‐―‐-、
           /      \
          /   ,ィ       ヽ
         i'   _.j_,j,rj_j,:、_ 、 l
         iト、._j'ji !! ァ-、 !j !;l! トヽ
          ( .`t.!!/ _!.ヽ='イi ,'  )            大丈夫なワケがない!
          ヽヽ,j   ,--、  j r ィ~\
           )ヽヽ. ゙=' /l  )ーi l           アンナ、私は先にモスクワに戻り
           ゙t j `ー‐'  」  iト-'~i !
           l  フ┬┬i'~二'iノ二ソノ           やる夫に面会してくる!
           liブ ,i i !└┘!__//_
        _,.:ヴー、j__j__jr-‐‐'''ー----`エー、_      君は後からついてきたまえ!
      _/ /   i' i' i'        /  \ ヽ
     / ト-'"   ,i' i' i'       /    ヽ. )
     i'  l!     !  ! !       j ,il   ,.r'~ヽ
    ,ト、 l     !  ! ,!       / i  / i  ノ
    ! ヽ,!     ! ! ゙i      ,i  レ'   ヽ ヽ
   ( j  '!     ! !  !       j   ,「  ,.:='',T゙イ




985 : 怖~い夏のホラー短編祭り、八月二十四日から開催だお :2013/08/16(金) 21:28:32 ID:NbaUD1mA0



左翼反対派に続いて右翼反対派か
ボルシェヴィキ内には敵がいっぱいですな(棒)



986 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 21:28:51 ID:fID/Dd2.0




  ,.*。 ,.  ゚   ο    o     ,.  ゚   ο
  (;;;;;::;;:::::::::;;;;) ,.。 ο     。 ο    ,.。 ο
 (;;;:;;::::;;;;;;;;)   ο    。   ゚ οο ο  .* 。
  (;;;;;::: )      ,,,,,,,,,,,,,,   ,,,,,,,,,,,,,,,    ,,,,,,,,,,,,,,
   [::::]  __  ミ:;;,._,.;;;:゙ミ  [,.,★,,,,,|,]  ミ:;;:;,._,.;;;:゙ミ
   l :l  |.l0l| .(・ω・` )   (・ω・` )  .(・ω・` )
   (ニニニl l|-l ̄ ̄ ̄l---l ̄ ̄ ̄l---l ̄ ̄ ̄l
  ytlo-O-◎ ◎---◎  ◎---◎  ◎---◎
゚;;:゙''"':: ゜ '゚';; ' "' ;:;'' '゙' ; '' '';;:' ''゚;:;:''"'';"'' :"' '゚  ''゚;:;:'



          _ ,、-―- 、_
       , - ゙´       `ヽ、
      , '            `ヽ、
     ,'               ヽ
     i                 ',
     ノ          ノノ八 ,)  ヘ
     (     (( ノノ∠イ_ ノハ_リリソ
     `)     Y<;;::;;;;;:::;;;;`´;;;;;;;;;!ノ         (どういうつもりだ、やる夫・・・
     フ   ,ヘ |ヽ;;;::;;;;;:::/ヘ;;;;;;;ノ
     ヽ  {Kノ ゝ`'''ー''′ , 〉 i            これは君が書いたシナリオなのか?
      ))  ヾト ヾ U       /
     ラ ( (ノレ \   ´  ̄ /             私たちは和解したはずではなかったのか?)
    ,イルゝトミtr、. >  __/
   ノ::::::::::::::::/:.:.:.ヾクハ_入くヽヽ_,,、-ーー-.,、
,、-<::: ̄:`ヽ;/:.:.:.:.:.:.:.ヾtfー┬イ:.|ヽ;:ヽ:::::::::::/ヘ、
、:.:.:.:.:.:`ヽ;::/:.:`ヽ;.:.:.:.:.||:.:.:.:|.:.:|.::|トヽ:.:ヘ:::::/:.:.:.ヘ
:::ヽ:.:.:.:.:.:.:.y:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、;.li:.:.:.:i:.:.:!ノ`ヽゝ:.::∨:.:.:.:.:.:.:ヽ
;;;;;;ゝ-ー:':':′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:イiー-十イ:.:..:.:.:.:.:.:.:.il!:.:.:.:.___ノ))
:.:.:.:.:|i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:!:.:.:.:.|:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i!:.:.ノノ´「ソ
:.:.:.:.:.i|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!|:.:.:.:.:i:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.li:/ノ:.:.:.:i:.ヽ




987 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 21:30:56 ID:fID/Dd2.0




反対派の粛清はケリがついたとは考えられなかった。
やる夫は「第一次モスクワみせしめ裁判」において次なる粛清の導火線を巧みに仕込ませておいたのである。

死刑判決が下される前に、カーメネフがブハーリン、ルイコフ、トムスキーら元右翼反対派を告発したのだ。




          、--ニニ二´ ̄ヽ`ヽ、
         ヽニニ二二ニニ(-、,、,ノ,`7
           Z-―--,-/`. -、  `Y)                     _, -‐-- 、 ___
           `ヽ-l ミノ`'.  i'Tj`' ,ノ                   , -'´ 、 ____ 、_  `  ‐、
             lミ!'`i      . ヽ                _ /フ´   '-、ミli`´`、'' '―'’
            .l'   、.  ,ィ'ニア/´               , -  l i 、      ヽ__..ノ
            ノ     ヽ、!=-'/_, -テ- 、_   __.......  'フ/   、\`>ニ二=、_イ...ノ
          _,ノl_〉,.... -‐フ´.`/'´  /    `'''´            ゝミ_-シ//
      _, -'´//l' `'l  ./  .l   /                   `''-ニ/   カーメネフによれば
     ./ /  /_,-l 〉_ノ| /-、_, - '   l                  _, - ' ´ ̄    ジノヴィエフ=トロツキー合同センターには
     / /  フ' l'./ .l .y   。`、   |              __, - '´         かつての右翼反対派も合流していたという。
   / .l  .〈.  |'  l/   /    l         __, --' ´            我々ソ連検察庁はこの事実を
  .ノ  l'   l  | /  _,/,----、  ヽ     , - '´                  徹底的に糾明します!!
  /   |   | .|./ _/         ゝ_ _/

    検事総長 アンドレイ・ヴィシンスキー


ブハーリンは旅行先のパミール高原で登山を楽しんでいる時に、
新聞でこの事実を知り自分たちが粛清に巻き込まれようとしていることを知ったのだった。





988 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 21:32:10 ID:fID/Dd2.0




   ――― モスクワ


             ,__
             l_<
             _|_
_           ,ェ._.ュ、
,,,,]||      ,,.-'"゛    ~''ヽ、
ニニニ,,!-z,,,,,,メ--────--丶、          /_|ヽ                 ★
-、,,,,_ .~"'''ニ==ェ,,--'''''''-------ヽ.._        |iiii|゙|.                    |
   `~"'―-,,,,,,|ニニニニニエエエェ,l,,,,|,,,,[ ]、       |;;;;;;|;;|.                 ,!!、
  人   人 `゚゙'''―v,,,,「  .|~゙---->...ュ,ュ__.、 .,i;ロ;ロ|;;|                 iiiii
  彡ミ  彡ミ  人   人゙'''ー-...,,,,_|  `゙''''「゙゙'''''..|∩-|iil.,,,                |||||
彡彡ミミ 彡ミミ  彡ミ  彡ミ  人 `゙"人-i、,,_,,,l;;;;;;;;;;;/;;;/z,,,__.             .|  :|     i
彡彡ミミ彡ミミ ;;彡ミミ.;彡ミミ ;彡ミ  彡ミ  人゙'''┐'| .|''i--zz;;;;;,,,,,.         |AA.|    ∧
彡彡ミミミ彡ミミ 彡ミミ 彡ミミ .彡ミミ 彡ミミ彡ミミ:::| .| .l'''―v,,,,,"'''i   _____ .A l゙| | |.|.A. .|ii|
彡彡ミミミ彡ミミミ;;;;ミミミ彡ミミミ彡ミミミ彡ミミ彡ミミ:::| .! ,|    `~"'ヘ-i、|ロロロロi''i_|ii| |ll,,,,,,,||ii|_./ .ヽ
彡彡ミミミ;;;;ミミミ ミミミ ミミミ;;ミミミ;;ミミミ;ミミミ::::| |  | 人人人  r‐┴── ┴┐゙゙゙゙゙゙゙゙゙ll-----トL,
ニニニニニニニニニニニ===============   |..彡ミ .r‐―┴――─┴-┴─--iL,、:::::::|゙゙゙|----- 
  ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ======ェュyy,|jlll」―――---------u,,|_, !.| .!-ト |  
ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'i ト-   _ ..|.「[l|____,,,..|...............





989 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 21:33:28 ID:fID/Dd2.0




             /. : : : `ヽ: : /: : : :\
                / . : : : `ヽヽ:l://. : : : : :ヽ
            / . : : : : : : : : Y : : : : : : : : : :.
            .: : :/⌒\: : : : l: : : :/⌒ヽ: :.:i
            | : :|    ::....、: l :, .'     '.: :|
           : : :|     ::::`´      ': : |
           '. : |_    ...:::::::.  '" ̄   |: :'      久方ぶりだなブハーリン。
                〉, { ー―u‐ァ.::ィ r―u‐ァ |/、
             {う l / ̄::/ | ヽ ̄`ヽ |う}      君に会おうとしていたんだが
               V∧ .:::::::〈 |      リ /      旅行に行ったと聞いてやきもきしていたことだ。
               ヽJ.   ::::::ー、l_,.   U ,ィ′
                 Y:.、 ::::::. __,    /|       ともかく、拘束される前に
              l  \:::::.` こ´   / ,|        君にあえてよかった。
               _/|\  \::. l    イ/卜_
          _,. -‐<_} |::人>=.≧ー≦=人::::| {_>‐- .、_
    _,. -‐<_>  ´   乂:::::::三V} | {V三:::::乂  `  <_>‐- .、_

     通信人民委員・元右翼反対派 アレクセイ・ルイコフ



      /
      /    l
    /    ハ |  、
    /     | | |   ヽ
   |    いl ヽ,l\_ \   \
    | /     ト'  __ , --`ー `ー、 __ゝ  l l
   |!   ,-=、__f´::,.- =‐'´:.:.:.:.:.:.::::::)  ノノ
    l   |:::::::::::::::::::::::´ ,‐tァ‐=-  `r‐イ    /           同志ルイコフ・・・
    ヽヽ|:::::::::::厂ヽ:::::. : ̄:.:.:.:.:.:.:.:::/ {      ト、          どうやら我々はとんでもないことに
     \!::::::::/   \:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   ヽ     | \          巻き込まれてしまったようですね。
        l::::/       ヽ---一 '   、_ノノ   ト、 ハ l
       ヾヽ、_ -          、_フ′/ / _/ヽ!       カーメネフが我々を告発したと新聞で見ました。
            ', __         し   ヽ_∠ノ /  ヒ´ノ      そしてそのカーメネフはすでに処刑された・・・
            ', ,-―‐--               /`l
            ', --     ____    /  ヽ、         真実を問いただすべき相手はもうこの世にいない。
           l      | r――- ニニニニニヽ        彼の証言だけが一人歩きすれば恐ろしいことになる。
              l        | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ ノ |
   r,――‐ ´ ̄ヽ__ ‐┤l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::―‐/ ハ
    {{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|   l ||:::::::::::::┌────‐┐ヽ! ヽ、
   ヾ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_ノ   l  | |::::::::::::: |=<>ニ<>ニ<>=|::::::::::::ノ  ,




991 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 21:36:01 ID:fID/Dd2.0




       /                         |
.       /        π                  |
      |      ノ {               |
      l i   从(´__  `ヽ_                {
      ヽヽ .{/////`ー´77777ノ丿  /       |       我々はすでにやる夫と和解したものと思っておりました。
       `ヽ i/////r-、//////ヽ─´  /,    |
         _ノ ∨/_ノ/  ヽ////>/   //  _/        私は来る新憲法の草案作成に招請されていたし、
        て ',  ヽ   ` ̄  z  /´  /_
         -=>  ',  ニ=      レイ    く         貴方に至っては人民委員会議(内閣)のメンバーだ。
       |::::::::::::|/ ヽ  `    / /   ヽ ト--= _
       |:::::::::::{{ ,|_`ー- - ´  / |_   ノ:. :. :. :. 〉 〉     もしこのシナリオをやる夫が書いているとすれば・・・
       |:::::::::::|| |`ー------ イ _(:. :. :. :. : //
       └:::::::::|| イ            }t-:. :. :. :. :. //
-=ニ二三三::::::::::}}              |/:. :. :. :. :. //



             /. : : : `ヽ: : /: : : :\
                / . : : : `ヽヽ:l://. : : : : :ヽ
            / . : : : : : : : : Y : : : : : : : : : :.
            .: : :/⌒\: : : : l: : : :/⌒ヽ: :.:i
            | : :|    ::....、: l :, .'     '.: :|
           : : :|     ::::`´      ': : |
           '. : |_    ...:::::::.  '" ̄   |: :'      ブハーリン、
                〉, { ー―u‐ァ.::ィ r―u‐ァ |/、
             {う l / ̄::/ | ヽ ̄`ヽ |う}      すでに事態は新たな段階に進んでいる。
               V∧ .:::::::〈 |      リ /
               ヽJ.   ::::::ー、l_,.   U ,ィ′      元財務人民委員のソコリニコフが君を告発したそうだ。
                 Y:.、 ::::::. __,    /|
              l  \:::::.` こ´   / ,|
               _/|\  \::. l    イ/卜_
          _,. -‐<_} |::人>=.≧ー≦=人::::| {_>‐- .、_
    _,. -‐<_>  ´   乂:::::::三V} | {V三:::::乂  `  <_>‐- .、_





992 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 21:36:37 ID:fID/Dd2.0




                 /         /          `ヽ、
                   /       /           |  ヽ
                 /      '              |   '
              /      / 〃 〃 ィィ      |  ′
               |         {  {,.ヘ 仏ィ´~`'<,ノノ  ノイj   }
               |        人,イ   {:::::...::::::::::::`ヽ/ 川  ハ
              |       八ト从:::::::::::::::::::::::::;=v彡イ    }
                   |          `ヽ `   __;;;ノ⌒{:::`く}   ノ
              /|           ノ   `゙゙゙     乂:::::Уノ′
            _ ノ              ゝ U       - ノ::::/´
             _`斗…=≡ニニ=¬^    <⌒丶_  ヽィ         ソコリニコフが私を!?
            [  -‐=ニニニニニニニニl |        ` ァ′ 人ゝ
              |ニニニニニニニニニニニ7 /、       ゙   / ノ^         馬鹿な、彼に限ってそんなことが・・・
           _,|=ニニニニニニニニニ7 /  丶、     /i⌒^
        _/ニニニニニニニニニニニ7 /``丶、:::..___/ィ汽二二ニ7
        ニニニニニニニニニニニニ7 /       〔,ィノ)仏ィニニニニニ/ /
         ,ニニニニニニニニニニニ7 /        〉ニニニニニニニニ/ /



         ∠.//        ミヽ
        ,イ/ニヽヽ、        ミハ
       /'_| ,´  }.| >=;z、_      ミハ
       ハ_j l乂_ノ | {  ノ|>〒 =-;z、 ミハ
      l⊥土二二'ニ==z'⊥( _)| 夫zl.}
      Y __..  ,z- ..___ tミ|l` ┼z、|( ^!
        |', =r〉 '  >=..__、` `l!|  l|L|l氷j」
      l! `^7/   ´ーゞ'`   |||_ ノ トl|l|i|l|l!
        l  ,' l        ゝrァシ l|l|i|l|l|!
      | ヽ=>    ,.::.:,ィl|.。/fヘlハYヘ
        ,| 「Z_ミミミヽ.    'il|l|l|7!ヘ|||||l|l|i|l|ll}
     /i|Y -ァォ ``ヾ、 ,i|l|l|l|l|Ll W|l|l|i|r'′
.      {l|!|l|ivill|||l|li、 ,.,,ィi|l|||l|l|lシ'   ゞ='´         元財務人民委員・ブハーリンの旧友
      l|l|i|l|i|i|i|l|i|i|l|i|i|l|l|i|l|l|シ'    |              グリゴリー・ソコリニコフ
      ゞヘ|l|l|i|l|l|i|l|l|i|l|;シ'´     _..ノヽ
        `^~ヘ^7^~j /  _.. -ニ-'_. ヘ ヽ
        ,ィ´{┴-┴二 -; z-ヘ_>='´ ヘヘ
       ,イ(:::::::_ ..z二ィ'´_L..zl彡=  ̄ ̄ヘヘ
      //7^T^T  | ,ィイl / _. -  ̄ ̄ ヽヘ





993 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 21:37:29 ID:fID/Dd2.0




...........................,..:--――‐--.、_
::::::::::::::::::,.:r'"/        ゙ヽ、_
:::::::::::::/ iill /          \
::::::::::/,∧ N / "  _,.r―ヽ、  ‐:、  \
::::::::,i!" i! il゙ _,.;r'"     ヽ   ミ、  ゙i.
::::::,i   V;/         i!   ヾ、  !
:::::i    "      ヽ   ,ゝ   ヾi  l
::::ノ  、 i  ノ      ゙、 ヾ、   i゙  .!
:(、_ .ソ "   __     〕 .,r‐、   !
::::l ゙ヽ-ツーヽ=<___。>‐'  \r",:タ.! /
::::l   .:!   \_        l レへ !./      彼は君の幼馴染だったな。
::::ヽ .::j  ::.  ゙ー:.      l レ'///
::::::゙:. Y__..._. ::.         ,り//Y        NKVDの尋問に耐え切れず
:::::::::゙:. ヽ‐"          ト、ノ i l!        君を巻き添えにしたのか、
::::::::::::゙:. ヽ二ニ=      /   i .l        ヤゴダに自白を強要されたのか・・・
:::::::::::::::i!  ゞ:::       ノ   i! l
:::::::::::::::::i! /      _/〃   ;! .l
::::::::::::::::r゙、___,.∠/.:/   __,.-‐ト、
:::::::::::::::l.「 ,  ┌-===―‐‐tTr-―‐ニ┐!
:::::::::::::::l゙ーj  ト--  ゙l  l l l 「 ̄ .」 l



      !                    `ヽ     l
     /                       !      !
    /     /  /                 、l , -     ',
   l     l   !,ィ               ノ'       ',
   ヽ     !  !l!             , , ノ        /
    ヽ    ト、 ヽ  ! /, _,.-_ ,ノノ ,ィノl'ヽ/,       ,'
   ,...ノ'   | ヘーヽヽl(/ l'´ ≧ミ、_ ,ノ' ! リ! l       ト!_
 r'´イノ    ヽ リ   r'`    ヽヾ歹、=、ヽ ,_リ=、  l  ノ l `
 !( ゞ,.     ´r、 r'       ̄` ヽ  /ゞクイノ /ノ ノノ        ともかく、この状況は異常です!
 }ヽ、`` ー- _i´, ノ'.lヘゝ          /  /ー '´_, '´
 l   ̄` ー- 、`ヽ、l,_   し    _   l  / ,(´            同志ルイコフ、我々はこの非常事態において
 !        ` ー-、ヽ       ヾ=-' ,.', ィ、丶、           緊密に協力して動くべきでしょう。
_,ゝ          _レ'-―- ..,'' ―=- ,イ(   `ヽ\
           `iーrヘ ̄`ヽ、` ー, - '一ー- 、   ヽ.ヽ        同志トムスキーはどこにおられるのですか?
                l lー-ヽ _, -`´ , --‐_レ‐- `)  /∠、       彼もこの件に巻き込まれているはずだ。
                | | ヽ./ r=ー'―‐'´-、  ̄ `ヽ///ニ,        一緒に会って話をしたいのですが。
              ! ト.ノ   , ―---=、_ヽ l / \ ヽ
            ヽ〉′      , - 、 `i.| !/   〃,.、!
               /        '   ヽ_!!l'    ヽ'へ\





994 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 21:39:53 ID:fID/Dd2.0




                 :.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.::.:.:.:|
                  :.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨:.:.:|
               `´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.|
                .:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、|.:.:.:.|
                   :.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.}
                 :.:.:.:.:.:.:.:, -――..r:.:t‐  |.:.:/
                   .:.:.:l.:.:.:.:`"'''ー----゙´   |:|⌒ヽ
                   .:.:.:|  ヽ:.:.: ̄ ̄`゙ヽ  |:i   |
                   .:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙   |i(ヾ  |       ・・・・・・トムスキーは自殺したよ。
                   .:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i':i  j  |
                   .:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!j (/  /       カーメネフたちのように醜態を
                  .:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::ハ   /        晒したくはなかったのだろう。
                .:.:}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/|-´
                ____.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:/:.:|
                   ̄ ̄ ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:|
                    :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:|
                 ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:|
              :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト、
              :.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   , -''´  /|
              `ー―‐' -―''´, -‐'⌒ヽヽ|



                                '.
                 ハ 八      、     i
               ノリノ j/  \j八  \   |
          '" __彡'  ノ'    ノ'  \  ∨  }
        ,′ __`≧z、 `    ィ≠‐》 ノ  ,′
        / ノゞ't逎艾ゞ `   /f逎フ`jノjノ |
  f⌒ヽ   {   `~`   ゙`   ( ¨ ゙` ノ(  j
  |   }   }             ∨/   |   ノ
 ,八  ,′ ,′            _∨   ハ /
    ヽ{   (_,   U        r‐´   ,' Y
      \__彡         _ _ u  / 乂_
        |      し  〈 ̄::::::ァ  /  彡′       そんな・・・・・
       } \          一   / `Y
       ノ}   丶.            /   ノ
      从         __, イ  ′
     ノ(              ̄|   (   )y
  _彡(¬…ー-    ___|___ `ー彡
       ....:::::::::::::::::::::::::::::::/゙\:::∨//\
    //\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/⌒ヽ\∨///¨>ー-
   ////\:::::::::::::::::::::::::::::/   ∨//////////////ヽ
   //////\:::::::::::::::::::::∧    》///////////////∧





995 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 21:40:25 ID:fID/Dd2.0




かつて労働者反対派としてトロツキーと対立し、その後はやる夫の急進的な組合政策に反発して
ブハーリンとともに右翼反対派に加わったトムスキーは、ヴィシンスキーの声明が発表された翌日に自殺した。



                   _/ ̄´
         〈\__ _∠二 ̄/三ニ=- 、
         >‐'´: : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ.
.       /: : :./: : : : |ヽ : : : : : : : 、: : : : : :.\
.     `ーナ:/: : ∧: : : :.l/\: : : : : : :\__: :.ヽ
.       /:/: : : !∧: : : :\ニ≧=、: : \: : :.<´: : : : ヽ
      /イ: : : :l:| ム : ト、:、:.≧ャ  ヽ: : :ト、_\: : : : :',
       l: l: : :l Y芥ヽ!  ̄じリ  ノ ヽ:!: : : : : :ヽ.: : : i
        ゝ|: l∧{ り     ¨て_つ ○、: : \_:\ヾ.
        ヽjこン〈                ヽ: : : : : : : : : :\
       /: ;'   ∠フヽ.     o  ょ>、: : : : : : : : :\
   ○  /: : : {  〈:::::/⌒ヽ     _r、__ノ:::\: : : : : : : : :\
  ゚  //7:::::::ヽ.  ゝ{    ノ (¨´/⌒ヽ:::::::::::ヽ : !\: : ヾヽ〉
   (r'゙ /:::::>:「ヽ.  `¨ ̄  . :/⌒ヽ!   {⌒ヽ::ト、} ト√⌒ヽ\
     {:::://⌒` \ __._:_: :/⌒ヽ    ヽ   \.リ     \〉
.     ∨ 〈/¨  ⌒):::::::\/^ヽ   _ノ    \
     O ヽ/ / ノ 〈^下木こ__ノー        ヽ
         \ /  ノ\} |   ノノ人   ヽ      ヽ
         ゙7ヽ._ノ  ヽ.  _//}   ヽ       i
           / {ヽ)    .∧二 / /\  ヽ        !
.          { /\\   /::::〉V_/       ヽ

             ミハイル・トムスキー



NKVDに逮捕されることを絶望しての自殺だったと思われる。





996 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 21:41:22 ID:fID/Dd2.0




   ――― クレムリン



:::::::::::::_______________:::::
::::::::::::|\\        .|:::::::::::::::::::::::::::::::: |::::
::::::::::::|:::::\\ノノノ    ! :::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::|::::
::::::::::::|:::,、::::\\      |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::||\:::::\\    !:::::!:::::::::::::::::::::!:::::!::::
::::::::::::|:::||:::::\:::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::||::::::::::|::::|lll|     ||]::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::||::::::::::|〔 !lll!     !:::::!:::::::::::::::::::::!:::::!::::
::::::::::::|:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|______|:::::|::::
::::::::::::|:::\:: :: |::::|lll|     |:::::::::::::::::::::::::::::::: |::::
 ̄  ̄:\:::\::|::::|lll|       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
::::::::::::::::::\::::`:::::!lll!     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::: \:::: !lll!     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::\|lll|       ::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       ::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::        :::::::::::::::





997 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 21:41:47 ID:fID/Dd2.0





         /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        /: : :            \
       /: : : :            \
     /: : : : : :              \
    / : : : : : : : ..               \
    |: : : : : :  ,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,        l     やぁ、ブハーリチク。
    |: : : ::;; ( (・) ) ノヽ ( (・) );;:::    |
    |: : : : :  ´"''"        "''"´       l     パミールでの登山はどうだったかね、楽しめたかな?
   . \ : : : : . .(     j     )      /
      \: : :: : >ー-‐'=ー-ー<    /       君が中央アジアで遊んでいるとき、
     /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\        モスクワでは君の話で持ちきりだったんだがね。
     : : : : : : : : :``ー- -‐'"´      \
     : : : : . : : . : : .                \



                   /       /           |  ヽ
                 /      '              |   '
              /      / 〃 〃 ィィ      |  ′
               |         {  {,.ヘ 仏ィ´~`'<,ノノ  ノイj   }
               |        人,イ   {:::::...::::::::::::`ヽ/ 川  ハ
              |       八ト从:::::::::::::::::::::::::;=v彡イ    }
                   |          `ヽ `   __;;;ノ⌒{:::`く}   ノ      やる夫!聞いてくれ!
              /|           ノ   `゙゙゙     乂:::::Уノ′
            _ ノ              ゝ U       - ノ::::/´         今回の出来事には私も困惑している!
             _`斗…=≡ニニ=¬^    <⌒丶_  ヽィ
            [  -‐=ニニニニニニニニl |        ` ァ′ 人ゝ         なぜなら一切のことに対して
              |ニニニニニニニニニニニ7 /、       ゙   / ノ^          身に覚えがないからだ!
           _,|=ニニニニニニニニニ7 /  丶、     /i⌒^
        _/ニニニニニニニニニニニ7 /``丶、:::..___/ィ汽二二ニ7       私に対する告発の真実を明らかにしたい!
        ニニニニニニニニニニニニ7 /       〔,ィノ)仏ィニニニニニ/ /        これらの告発はすべて信憑性に乏しいものだ!
         ,ニニニニニニニニニニニ7 /        〉ニニニニニニニニ/ /
          ニニニニニニニニニニニ〈 〈 丶、     /ニニニニニニニ;;//





998 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 21:42:32 ID:fID/Dd2.0




                       _  -‐-  、
                         , ´       ` 、
                    /               \
     ,. -‐'fフフ           7                `、
     /   r‐´ r‐、         /                 ヽ
   ノ  _/_ 」  .l      |   ー‐-‐'   `ー‐-─     !
   i   _ _ .) ,'       |   ( ー‐) '" ( ー‐ )   !
   !     `{ ノ        ヽ     ,    !          /      まてまてまてまて、待ておブハーリン。
   |  ー ― 、}´; ̄ ̄;` ー‐-/;:;\  ヽ_人__,ノ`   /,.,.,.
   l   ,.-r /;:ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;/:;:;:;ヽ_ ` ー     __, イ:;ヽ:;:;:;      そう一気にまくし立てられても困るんだお。
 /i!    〕〈:;:;:;:;:i:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;/:;:;:;:;:;!  \ _ー‐_,./  i:;::;:ヽ:;:;
´:;:;:!ヽ _∠);;',|:;:;:;!:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/:;:;:;:;:;:;ト、 /!;;;;;;;;;;〉、 ,,.イ:;:;:;:;:;:ヽ
:;:;:;:;:ゝ、_  /;;;;ノヽ:;:;!:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;:;:;:;:;ト.`'  ヾ--〈  V  !:;:;:;:;:;:;:;
:;:;:;:;:;O /`:;´/;:;;:;:|:;:;l:;:;:;:;:;:;/└-、:;_:;」    !;;;;;;;!     |ヾ、:;.-‐
:;:;:;:;O:;':;:;:;:;/:;:;:;:;:;l:;:;:!:;:;:;:;/:;:;:;,.-‐´:;:;:|    |;;;;;;;;|     !:;:;\_:;:
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/ 、:;_:;_:;:;:;:;:;:;:;/:;:;;:;:ヾ:;:;:;:;:;:;:!   !;;;;;;;;;!   /:;:;:;:;:;:;:;7



     ___
    / vvvvvvvヽ
   | |   ノ  ヽ|
   |__|    ^__^ ヽ           落ち着けよブハーリン、そう焦らなくても大丈夫だぜ。
   (d     ⊂⊃ ヽ
   !       l   !          なにも俺たちは今すぐアンタを逮捕して裁判にかけようってワケでもねえ。
   (\ ___ 3_./    /^.l     ヴィシンスキーが事実関係を調査中だ。
  / ` ────'ヽ__ /)ヽ |     中央委員会はソ連検察庁の最終的判断を待って行動する。
  /          ヽ   |  ノ
  | |   |/\/\/\|-─┘´      中世の魔女裁判じゃねえんだ、ソ連は法治国家だぜ?
  | |   |.        |           所定の手続きなしにコトは進めねえよ。





999 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 21:43:21 ID:fID/Dd2.0





                       ._-───-、
.                     /:::::::ト、i\/\::::\
                    {ヾ/>v、/:::::::::\r‐
                      .〉  { 0}::::|//::::::::::::     今日来てもらったのは他でもねえ。
                      ゝ   ,=}==、:::::::::::::::::
                   ./  `ーァ‐':::::::::::/|::     ブハーリン、どうしても
                     |  r‐  }::::::;:<\ j:::     アンタとお話したいってお友達がいるのさ。
.            _r──、   \ゝ-< ̄\__>:::::
           │ ─i⌒ヽ    \   ( ̄::::::::::/:     話させてやろうじゃねえか。
           │ ─|_ハ    /  ̄ニ二 ̄:::::::::     アンタも話がしたいだろ?
           │ ─、i   .}   / |     {::::::::::::::
              \ ー'   /\/  |     ヽ:::::::::::     おい、入ってきな!
             ヽ-<      |      ヽ:::::::





1000 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 21:43:50 ID:fID/Dd2.0




         ∠.//        ミヽ
        ,イ/ニヽヽ、        ミハ
       /'_| ,´  }.| >=;z、_      ミハ
       ハ_j l乂_ノ | {  ノ|>〒 =-;z、 ミハ
      l⊥土二二'ニ==z'⊥( _)| 夫zl.}
      Y __..  ,z- ..___ tミ|l` ┼z、|( ^!
        |', =r〉 '  >=..__、` `l!|  l|L|l氷j」
      l! `^7/   ´ーゞ'`   |||_ ノ トl|l|i|l|l!
        l  ,' l        ゝrァシ l|l|i|l|l|!        ・・・・・・
      | ヽ=>    ,.::.:,ィl|.。/fヘlハYヘ
        ,| 「Z_ミミミヽ.    'il|l|l|7!ヘ|||||l|l|i|l|ll}
     /i|Y -ァォ ``ヾ、 ,i|l|l|l|l|Ll W|l|l|i|r'′
.      {l|!|l|ivill|||l|li、 ,.,,ィi|l|||l|l|lシ'   ゞ='´
      l|l|i|l|i|i|i|l|i|i|l|i|i|l|l|i|l|l|シ'    |
      ゞヘ|l|l|i|l|l|i|l|l|i|l|;シ'´     _..ノヽ
        `^~ヘ^7^~j /  _.. -ニ-'_. ヘ ヽ
        ,ィ´{┴-┴二 -; z-ヘ_>='´ ヘヘ
       ,イ(:::::::_ ..z二ィ'´_L..zl彡=  ̄ ̄ヘヘ
      //7^T^T  | ,ィイl / _. -  ̄ ̄ ヽヘ



      !                    `ヽ     l
     /                       !      !
    /     /  /                 、l , -     ',
   l     l   !,ィ               ノ'       ',
   ヽ     !  !l!             , , ノ        /
    ヽ    ト、 ヽ  ! /, _,.-_ ,ノノ ,ィノl'ヽ/,       ,'
   ,...ノ'   | ヘーヽヽl(/ l'´ ≧ミ、_ ,ノ' ! リ! l       ト!_
 r'´イノ    ヽ リ   r'`    ヽヾ歹、=、ヽ ,_リ=、  l  ノ l `
 !( ゞ,.     ´r、 r'       ̄` ヽ  /ゞクイノ /ノ ノノ
 }ヽ、`` ー- _i´, ノ'.lヘゝ  U       /  /ー '´_, '´
 l   ̄` ー- 、`ヽ、l,_     u   _   l  / ,(´             ソコリニコフ・・・!!
 !        ` ー-、ヽ       ヾ=-' ,.', ィ、丶、
_,ゝ          _レ'-―- ..,'' ―=- ,イ(   `ヽ\
           `iーrヘ ̄`ヽ、` ー, - '一ー- 、   ヽ.ヽ
                l lー-ヽ _, -`´ , --‐_レ‐- `)  /∠、
                | | ヽ./ r=ー'―‐'´-、  ̄ `ヽ///ニ,
              ! ト.ノ   , ―---=、_ヽ l / \ ヽ
            ヽ〉′      , - 、 `i.| !/   〃,.、!
               /        '   ヽ_!!l'    ヽ'へ\
            /              `ヽ      ヽヽ




2 : ◆J7qCZtZxmc :2013/08/16(金) 21:44:54 ID:fID/Dd2.0




      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \        話したいことがあるのなら、
 /  (●)  (●)  \      そいつと話せばいい。
 |      (__人__)    |      事実を知っているそうだお。
 \      ` ⌒´   /





3 : ◆J7qCZtZxmc :2013/08/16(金) 21:45:27 ID:fID/Dd2.0




    /、 _        ミ
   ,イ__ Y´二. ┬ ‐ r‐--ミ
.  /i{、 j ( _). ( .)l  r-
 /イj _ニ └ = ‐┴‐=ニト、 ゝ
. レ' /,二 ̄ ̄ ̄  ̄tイ r‐-
. V、 ' Fニ三rニfァニ  ゙| |:. .::       ・・・俺が聞いた話じゃあ、
 |ノ>、   '゙ミ二´  | |:.:.:        ブハーリンやルイコフの元右翼反対派は
 Vイソ         .::\二        30年代前半にトロツキー=ジノヴィエフ合同センターと
  | / '  、- 、    .::.::,ィi|' ノ       緊密な協力関係にあった。
  | ゝヶ`fミミミヾ、   ,イ|i|ifj'
  ヽliぇ‐.二二ミ\  |||lil||,「1       ソ連首脳部の抹殺計画にも、
   |i V´::.::.::/   トill|i|i|ilLl       むろん関わっていたと思う。
   |i! `二´,,   ノi|il||l|l|li{
  ,イli、,ィオ|i|lトililll1|i|i|l|l|l{ソ
  {l||i|i|i|l|i|l|i|l|i|l|i|l|l|!|ljr'′
  ヾ|il||i|i||l|i|i|l|l|l|l|l!イ
   (ヘi川i|l|i|f'"^~ ノ   ,
    ト`ー  ^j     /, イ



    /    ハ |  、
    /     | | |   ヽ
   |    いl ヽ,l\_ \   \
    | /     ト'  __ , --`ー `ー、 __ゝ  l l
   |!   ,-=、__f´::,.- =‐'´:.:.:.:.:.:.::::::)  ノノ
    l   |:::::::::::::::::::::::´ ,‐tァ‐=-  `r‐イ    /           ありえない!!
    ヽヽ|:::::::::::厂ヽ:::::. : ̄:.:.:.:.:.:.:.:::/ {      ト、
     \!::::::::/   \:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   ヽ     | \          私たちは20年代を通して
        l::::/       ヽ---一 '   、_ノノ   ト、 ハ l        トロツキストやジノヴィエフら左派と対立していた!
       ヾヽ、_ -          、_フ′/ / _/ヽ!        彼等と共謀関係になったことなど一度たりともない!
            ', __         し   ヽ_∠ノ /  ヒ´ノ
            ', ,-―‐--      u        /`l           何を言っているんだソコリニコフ!
            ', --     ____    /  ヽ、         君は正気を失ってしまったのか!?
           l      | r――- ニニニニニヽ
              l        | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ ノ |
   r,――‐ ´ ̄ヽ__ ‐┤l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::―‐/ ハ
    {{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|   l ||:::::::::::::┌────‐┐ヽ! ヽ、
   ヾ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_ノ   l  | |::::::::::::: |=<>ニ<>ニ<>=|::::::::::::ノ  ,
     ヾ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ_,.r┴┤|::::::::::::└――――‐┘:::::::ヽ__ハ
     ヾ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ!  ', ',::::::::::::::::::::::::::::, -――::::::::::::::::::::::´<
      ヾ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|   〉〉:::::::::::::::::, -'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l





4 : ◆J7qCZtZxmc :2013/08/16(金) 21:46:17 ID:fID/Dd2.0




                    /        /     丶、
                 /         /          `ヽ、
                   /       /           |  ヽ
                 /      '              |   '
              /      / 〃 〃 ィィ      |  ′
               |         {  {,.ヘ 仏ィ´~`'<,ノノ  ノイj   }
               |        人,イ   {:::::...::::::::::::`ヽ/ 川  ハ
              |       八ト从:::::::::::::::::::::::::;=v彡イ    }
                   |          `ヽ `   __;;;ノ⌒{:::`く}   ノ     そもそも一体なんの証拠があって私を告発するんだ!?
              /|           ノ   `゙゙゙     乂:::::Уノ′
            _ ノ              ゝ         - ノ::::/´        私は君が卑怯な嘘をつく人間と思ったことはない・・・
             _`斗…=≡ニニ=¬^    <⌒丶_  ヽィ         私たちは昔からお互いを知ったなかだ。
            [  -‐=ニニニニニニニニl |  U     ` ァ′ 人ゝ        今の君は本当の君ではない!
              |ニニニニニニニニニニニ7 /、       ゙   / ノ^
           _,|=ニニニニニニニニニ7 /  丶、     /i⌒^          頼む、真実を語ってくれソコリニコフ!
        _/ニニニニニニニニニニニ7 /``丶、:::..___/ィ汽二二ニ7
        ニニニニニニニニニニニニ7 /       〔,ィノ)仏ィニニニニニ/ /
         ,ニニニニニニニニニニニ7 /        〉ニニニニニニニニ/ /
          ニニニニニニニニニニニ〈 〈 丶、     /ニニニニニニニ;;//


         ∠.//        ミヽ
        ,イ/ニヽヽ、        ミハ
       /'_| ,´  }.| >=;z、_      ミハ
       ハ_j l乂_ノ | {  ノ|>〒 =-;z、 ミハ
      l⊥土二二'ニ==z'⊥( _)| 夫zl.}
      Y __..  ,z- ..___ tミ|l` ┼z、|( ^!
        |', =r〉 '  >=..__、` `l!|  l|L|l氷j」
      l! `^7/   ´ーゞ'`   |||_ ノ トl|l|i|l|l!
        l  ,' l  u     u ゝrァシ l|l|i|l|l|!          ・・・・・・
      | ヽ=>   U,.::.:,ィl|.。/fヘlハYヘ
        ,| 「Z_ミミミヽ.    'il|l|l|7!ヘ|||||l|l|i|l|ll}         お、俺は・・・
     /i|Y -ァォ ``ヾ、 ,i|l|l|l|l|Ll W|l|l|i|r'′
.      {l|!|l|ivill|||l|li、 ,.,,ィi|l|||l|l|lシ'   ゞ='´
      l|l|i|l|i|i|i|l|i|i|l|i|i|l|l|i|l|l|シ'    |
      ゞヘ|l|l|i|l|l|i|l|l|i|l|;シ'´     _..ノヽ
        `^~ヘ^7^~j /  _.. -ニ-'_. ヘ ヽ
        ,ィ´{┴-┴二 -; z-ヘ_>='´ ヘヘ





5 : ◆J7qCZtZxmc :2013/08/16(金) 21:46:57 ID:fID/Dd2.0




            /{⌒>、,_
          /f‐、ヘr‐、N=->、_         ・・・俺は、ブハーリンを告発する確たる証拠を持っていない。
          ,イト-彡ヒ=ナ=、V_ヘ
        Yッr/ ー‐z-、 ヾヌッ〉、       1933年にカーメネフがブハーリンは仲間だと言っているのを聞いたんだ。
      〈//ノ\ , ^z゚ヌ、_ 七Y!
         Y ノj・7 i  `^ヾx `》' _)、      でもあれは、俺を仲間に引き込むための嘘だったかもしれない・・・
.         ヘ ]i´!ト、 ,ン=-、_}j {l|lヌ
         トlj lj r' r,ニニヌ j巛ト-リ     だから俺はブハーリンを罪人だと断定できない・・・
         )Yfイ彳r‐、,,+-ヌ巛リY
         }j|li>ェイi|l|lトミミ毛ノ  \,-ァ-、_
         巛巛((卅ナ' ̄ :;' _,-彡<_/
          ̄`丁 ´ :::)_,-彡
         / ̄`ー' ̄



   /       ( l 、            ',
   l      ,i、/ 〉ヽ!ヽ、ヽヾ   `ヽi   l
   l    i , ノ ハ( 、 ,-‐..'´`ソ'`ヽ i リ   /
  │  i、l=‐':´`"゙:::::::::::::.  : ノノ/、  /
   | i i |/::` :: ::::::::,i ヽ ;::::::..  .:: l l  l   ヽ
   l ヽゝ l::: ::: :::/ |  `' 、::: -'´j l' /   )
   ヽ、ヽ ` 、、:::/  !、-     ゝ,l '   /        ・・・・・・
    ゙''- 、ミ ',   _, - ‐- U /r, 、 `( _
       _ノヽ\    -    , '// \   )
       `ヲ.  \      / //    `''‐'-,
    , ==l ,  l ` - ‐ '  //   ,---、 /
  , , ' '´   !li  lL.   , - ' 7/   |=000| )
//      `゙゙゙_)| `' '´   l(    ゙ー ' ´く
ヽ.ヽ、        l      ヽ >      l



      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      /   ,∨∨∨∨∨
    /  /   /   \ |
    |  /    ,(・) (・) |
     (6        ⊂⊃ |      ・・・どうやらコレで決まったみたいだな。
     |    ___l_,|
     |     \__/ /
   /|         /\





6 : ◆J7qCZtZxmc :2013/08/16(金) 21:47:43 ID:fID/Dd2.0




       /ミミ,、ミミミ,.ヘ.ミミ,.ヘミミミ,ミミミi、
       ,ヘミ/ \/   ヽ/  ∨/ ∨ミi.
.     .″ >ヘ             >ヘ ∨ミ.
     i ./  \        /   〉. ∨ミ
    , ┤     , ‐\  | |  ./ ヽ     ! , ー 、
.   / .|     !  ・ \! !.イ ・   i    レ   .ィ i            ソコリニコフ!!
___i hj    、   ノ:::::::::::::、  .ノ       ,{:  i__
   ∨´   ::::::::::::::〃 ̄ ̄ `ヽ:::::::::::::      ij: リ            てめぇはわが身可愛さに
   ′       、      リ     /{    /            無実の同志を告発した卑怯者だ!
    ! / ̄ヽ      `ーt一 ´    . <   !   ,ノ             大うそつきだ!!
   !{          _ .  -= ´    リ   } !
   、 `ー-- -‐ =_´    . -‐= ‐ 、 .′ ′!            この恥知らずの糞野郎め!
    i 、 \   .<   >´      〉'   / /
   ∧\  ` (                /  / /             こいつをとっとと連行しろ!!
     ヽ \  ` <         > ´  /   /
      \ >  . _` ¨¨¨¨ ´ _ . <  /
       > .    ̄ ¨  ̄    _ . <
           ` ‐- ---一 ´



            /{⌒>、,_
          /f‐、ヘr‐、N=->、_
          ,イト-彡ヒ=ナ=、V_ヘ
        Yッr/ ー‐z-、 ヾヌッ〉、
      〈//ノ\ , ^z゚ヌ、_ 七Y!
         Y ノj・7 i  `^ヾx `》' _)、         うぅ・・・・・・
.         ヘ ]i´!ト、 ,ン=-、_}j {l|lヌ
         トlj lj r' r,ニニヌ j巛ト-リ
         )Yfイ彳r‐、,,+-ヌ巛リY
         }j|li>ェイi|l|lトミミ毛ノ  \,-ァ-、_
         巛巛((卅ナ' ̄ :;' _,-彡<_/
          ̄`丁 ´ :::)_,-彡
         / ̄`ー' ̄





7 : ◆J7qCZtZxmc :2013/08/16(金) 21:48:20 ID:fID/Dd2.0




       ____
     /⌒  ー、\
   /( ●)  (●)\      ・・・よかったお、ブハーリン。
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\     これで君の無実が証明されたも同然だお。
  |     |r┬-/ '    |    こんな体たらくでは、ヴィシンスキーも
  \      `ー'´     /    君の有罪を立証できないと思うお。



      /    l
    /    ハ |  、
    /     | | |   ヽ
   |    いl ヽ,l\_ \   \
    | /     ト'  __ , --`ー `ー、 __ゝ  l l
   |!   ,-=、__f´::,.- =‐'´:.:.:.:.:.:.::::::)  ノノ
    l   |:::::::::::::::::::::::´ ,‐tァ‐=-  `r‐イ    /        やる夫・・・ソコリニコフもトロツキスト容疑で逮捕されているそうだな。
    ヽヽ|:::::::::::厂ヽ:::::. : ̄:.:.:.:.:.:.:.:::/ {      ト、
     \!::::::::/   \:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   ヽ     | \       だが、たとえトロツキストだったとしても、
        l::::/       ヽ---一 '   、_ノノ   ト、 ハ l     私の知る彼はこんな何の意味もない嘘をつくような男ではなかった。
       ヾヽ、_ -          、_フ′/ / _/ヽ!
            ', __         し   ヽ_∠ノ /  ヒ´ノ    なぜ彼はありもしない事実を捏造して
            ', ,-―‐--      u        /`l        私を告発したのだろうか?
            ', --     ____    /  ヽ、
           l      | r――- ニニニニニヽ
              l        | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ ノ |
   r,――‐ ´ ̄ヽ__ ‐┤l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::―‐/ ハ
    {{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|   l ||:::::::::::::┌────‐┐ヽ! ヽ、
   ヾ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_ノ   l  | |::::::::::::: |=<>ニ<>ニ<>=|::::::::::::ノ  ,
     ヾ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ_,.r┴┤|::::::::::::└――――‐┘:::::::ヽ__ハ
     ヾ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ!  ', ',::::::::::::::::::::::::::::, -――::::::::::::::::::::::´<
      ヾ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|   〉〉:::::::::::::::::, -'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l





8 : ◆J7qCZtZxmc :2013/08/16(金) 21:49:07 ID:fID/Dd2.0




           ___
           /⌒ ー、\
          /( ●)  (●)\            さぁ?やる夫には分からんお。
.      /::::::⌒(__人__)⌒::::::\          馬鹿なトロツキストの考えることなんて。
  cー、   |     |r┬-/ '      |⌒,一っ      今日は時間を取らせて悪かったお。
 ,へ λ \    `ー‐'      / 入  へ、    いつもどおり、仕事に戻ってくれお。
<<</ヽ                     /\>>>





10 : ◆J7qCZtZxmc :2013/08/16(金) 21:49:41 ID:fID/Dd2.0




ブハーリンと旧友ソコリニコフの対面から2日後、
ソ連検察総長ヴィシンスキーはブハーリンとルイコフに対する捜査を中止すると発表した



                ―ヽ|||||||||||||||||ヽ,,,,
                 ̄|||//||||ゞゞ|ヾ||//
                 ̄`|δ|/ ー、  |
               _  ;;・'   'ー` γ         カーメネフとソコリニコフの
        , --、―― '  / | | ヽ  . 丶┘         ブハーリンらに対する告発は
      /;;;;;;;;;;:::ヽ:::::::::;;;;/;;;;;| \ ヽ _ ̄'           具体的信憑性に著しく欠けると
     /;;;;;;;;;;;;;;;::::|;;;::::::::く;;;;:::|、 /=|´|::|:::\          結論しなければなりません。
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::;;;:::::::::、・´ヽ' |::::/|/:,┘::::::ヽ
   ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::/::::::::::::ヽ::::::|  |:::| /:::。>::::::;:::丶       厳正なる捜査の結果、
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;'::;;;;;::::::::::::丶:::| /::::|/::::/:::::::::/;;::::|       ソ連検察庁はブハーリン、ルイコフ二名の
 /;;;;;;;;;;;;-、;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::ヽ:::|'::::::|:::/_:::::::::/::::::::丶      罪状について、証拠不十分によりこれを取り下げます。
/;;;;;;;;;;;;;;;;:::::`::、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;|:::/;・';;;;;; ̄;/;;;;;;;;;;::::`.、
\;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>'‐';;;;;;;;;;;;;/ヽ;;;;;;;;;';;::::'''ヽ
  \;;;;;;;;;;;;-,‐'' '`、、;;;;/;;;;;;;;;;;;/0;;;;;;;;;;;;;;'  ヽ;;;;;;;;;:::::::::::::・、
-   _''_'__|_;;_;_`・、;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;/;;;|   \;;;;;;;;;;;;;:::,--‐-、、_
--  __ _     ̄   ''''''''''''''''''''---   、;;;;;;;/___-、`-- 、ヽ
          ̄  ̄ ― --      、__      ̄ '''''''` ― ;
                               ̄   ― --- '



これは粛清を推し進めようとするやる夫が一旦足踏みしたことを示すものだった。
ブハーリンとルイコフへの追及中止は当時の最高幹部の間にあったひとつの躊躇と葛藤を滲ませている。





11 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 21:50:53 ID:fID/Dd2.0




ジノヴィエフとカーメネフの裁判に先立って「トロツキストの脅威」を発表した「7月書簡」(※第三十九話参照)以来、
党の多くの階層において「密告」の数が激増した。



           / ̄\
             |    |
           \_/
  ________|_______
 │ ::::::::::::::::::lllllllllllllllllllllllllllllllllll::::::::::::::::::::│
 │ :::::::::::::::llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll::::::::::::::::│
 │ :::::::::::lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll:::::::::::│< 経済セクションのG.Pさん(イニシャル)は
 │ :::::::lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll:::::::│   むかしトロツキストとして活動していたんですよ。
 │ ::::::::::::::::lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll::::::::::::::::│   職務上もいい噂は聞かないなぁ・・・
  | ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ |
  |  |   ワ    .ゴ    ン     |   |
  |  |                  |   |
  |  . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .....|   ※党事情に詳しいOさん
 ◎                     ◎





12 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 21:51:30 ID:fID/Dd2.0




原因は簡単だった。

荒っぽい五カ年計画の結果、大雑把で欠陥だらけの国内産業は多くの失敗を抱え込んでいた。
そして党機関は幹部の「貴族化」が進み出世コースから追放された下級党員の不満も溜まっていた。



_人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人_
>                                                  <
>  経済部門で失敗が起きるのも、機関車やトラクターが欠陥品だらけなのも、  <
>  君が出世できないのも「全員平等」の思想がタテマエだけになっているのも   <
>  全部全部ぜーんぶトロツキストの破壊工作と陰謀のせいだったんだよ!!   <
>                                                  <
 ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

         ナ ゝ   ナ ゝ /    十_"    ー;=‐         |! |!
          cト    cト /^、_ノ  | 、.__ つ  (.__    ̄ ̄ ̄ ̄   ・ ・
.
         _       /i  /ヽ \/'i,/ /i  iヽ
       /::/゙i,     ./:. i, /:: .| (;,ツ: . 'i;;,)/:: i, /:: |
      /::/ u゙i,     i;: : `´ ,/ /::   'i, i;: . ` /
    /::/u   ゙i,     \:: / /.::    'i, ┌───────‐┬─┐
   /::/____゙i,      'i,i, /.:::       'i .| \,,       ,,/  .|   |
     ̄,r'";:::::::::::"'';,        i,i, |:::::        |,| ● ト-─-イ ●  .|   |
   /i;;;;;;;::::::::::::::::::'!        i,i,|::::.        |'i|   |    .|   u | \|
.. / |::;;;;;;;:::::::::::::::::::l          '|::::::         |',i|   'i   ,!     |   |\



業務上の過失や産業構造の欠陥、党機関における腐敗・・・
絶対に間違いを認めることのできない独裁国家において、こういった失敗を清算するには
「敵の仕業」とすることが最も手っ取り早い方法だったのである。





13 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 21:52:48 ID:fID/Dd2.0




NKVDと党機関は困惑にぶちあたった。
現在の不満からくる密告のほとんどが、現役の党機関や職員に対するものだったからだ。

つまり、ジノヴィエフたちのような失墜した負け犬ならともかくも、
現役の幹部や高級職員を攻撃の標的とすべきなのか?



           /: : : : :/: : : : : ://: : : : : : : : : : : : :\
          ,' : : | : ': : : :///: : : _: : -―: : : : ヽ: ヽ\
             ': : : :|: :|: : : l´/: : : /: : : : : : :/ : : }: : :\
         / :l : : l: :l: : : l´ニニニ: :-: : : : :/: : :/ / : l: :
         /: :l: : : :ヽl: : : |二_:―――: : ´: : /: /: : :|: :
        /:/: l: : : : : ゝ: :l:|ヤッ≧==、―‐ァ:/: :イ : : /: :
.        / / /: l : : : : : : ヽトト弐  jトヽ=彡'_ ,r≦メ: : / l: :
      /:イ / : |: : :l: : : : : : :ゝ-  -=テ¬元ソ/: ∨:/l /      告発を無視するわけにはいかない!
.     |:l l: |:l: :|:l: : |: : : : : : : :\---‐ ⌒i{ 彡 : : /l///
.     l|l l: |:l: :| l: : | : : : : : : : ヽ ヽ、 、  冫メ --彳´/´        トロツキストとその仲間が産業部門や党機関に
.     'リ l: |:l: :| l: : ヽ: : :ヽ: : : : :vl-`、、´/: : : : :l|          紛れ込んでいるのは周知の事実だ!
       _∧l」 -ゝ……―- 、: :i: :lリ` ィヽ : : : : : l l'\
    /. ´  ______`" ‐<lム: l : : : : l|:|          更なる捜査を進めなければならない!
.   /l/  /         `  、 \>: : :/: :l.l:|
. / /  /                \ \/l //ノ'

      党統制委員会議長 ニコライ・エジョフ




       巛彡彡ミミミミミ彡彡
       巛巛巛巛巛巛巛彡彡
   r、r.r 、|:::::           |
  r |_,|_,|_,||::::::     /'  '\ |
  |_,|_,|_,|/⌒      (・ )  (・ )|
  |_,|_,|_人そ(^i U  ⌒ ) ・・)'⌒ヽ        (冗談やないで・・・
  | )   ヽノ |.   ┏━━━┓|
  |  `".`´  ノ   ┃ ノ ̄i ┃|         捜査を現役幹部にまで拡大してみぃ、
  人  入_ノ´   ┃ヽニニノ┃ノ\        際限のない魔女狩りの始まりや。
/  \_/\\   ┗━━┛/|\\
      /   \ ト ───イ/   ヽヽ     党機構そのものを攻撃することになるで)
     /      ` ─┬─ イ     i i
    /          |      Y  |

  内務人民委員 ゲンリフ・ヤゴダ





14 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 21:53:24 ID:fID/Dd2.0




          ミミミミミ彡彡ミミミ
          ミ巛巛巛彡ミミ巛巛
          |::  ___ ___  ::|
          |::  -・=, 、=・- ::|      (そもそも過去のささいな経歴が問題になるなら、
         (6  ⌒ )(・_・)( ⌒  6)      ワイの身内や知り合い、NKVDの職員さえ
          | U ┃ノ三ヽ┃  |       密告の対象になりかねへん・・・
          ヽ   ┗━┛   /       これはパンドラの箱や!)
         /\ `ー-一´ /
        /    `ー--一'´ ヽ
        /        |     ヘ





15 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 21:53:46 ID:fID/Dd2.0




   巛彡彡ミミミミミ彡彡
  巛巛巛巛巛巛巛彡彡
  |:::::::          i
  |::::::::     /' '\ |
  |:::::    --- , (----        ・・・こんなもん、取るに足らん悪口の集まりやないか。
  | (6    u ) ・ ・)( ^ヽ
  | |    ┃ノヨョヨコョヨi┃ |      そもそもこんな告発を取り上げたら、それこそ一大事や。
  ∧ |    ┃ |コュユコュ|┃ |      全政府機関、党機構で告発と粛清の嵐や。
/\\ヽ  ┃ヽニニニソ┃ ノ
/  \ \ヽ. ┗━━┛/ \     内戦と集団化以来の大騒ぎになってまうやないか。
.    ‐-‐-‐------ーイ   `、



               /::::::::::::::::;:::::::/::::::::/::::::::::!::::::::::::::ヽ
             /::::::::::::::::/::/:::::::::/::::::::::::::::}::::、:::: ヘ::::ヘ
             .i:::::::::::/::/;イ:::::::::/:::::::::::::::ノ::∧:::ヘ:::i::ヘ::::ヘ
             l:::::::::::l:::l/:::::::/:::::::::::::::; /::/ V::::l:::l::::l:::::::i
             |!:::::::::|:/:::/::::::::_:: - '´,.イ/   ヽ:|:::!:::|::::::::l
             |!:::::::l::!|::ムr‐'=z-x.._,ィイ ,.....z‐'''"リ!:j:::|::::::|l:|
             |ヘ:::::ヘ:V´、で妁ミくヽ  /´x'iチ妁'7'|:::/:::::リ |!
             |:::ヘ::::::::ヘ ` ̄   ,レ勹i{,  ` ̄ノ ノ/::::::/./
             |:::::::ゝ、:::::ゝ、..ノ _ノ'   ! ヽ_  ...ィ///イ
             .!:::|:::|::::::|`ヽ     r /   `  /リ}:::/:::|
             !::|:::|::::::ヘ      __ _      {//:|::|::|::|    ・・・・・・
             |::|:::|::::::|_:ヽ     ´ ‐ `   .イ´|::|::|::|::|
             |::|:::|::::::|:|:::::|ヽ        イ:|:::::|::|::|::|::|
             .!:|:::|::::::|:|::r:t.._ ` 、__ イ  |、|_::ノイ:|::|::|
              !:|::::::::::|:|::!:.:.:.:`¨:.:.:.:TT:::::¨´::|´:.:.:.:|::|::::::!
              |::!:::i::l::|::|:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|::|:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:|::|::::::|



ヤゴダとエジョフの意見の相違は次第に修復不可能なものとなっていった。
党内で粛清を加速させようとするエジョフと、身内の幹部を攻撃することにしり込みするヤゴダは
もはや捜査続行の路線について一致することはできなかった・・・・





16 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 21:54:36 ID:fID/Dd2.0




                   , '´ : : : : : : : : : : /: : : : : : / : : : : : :j : : : : : i : : : : : !: : : : : : : :!
                 /: / : : : : : : : : / : : : : : : : ': : : : :/. :,{: : : : : : i : : : : : : i: : : : : : : !
     {         / :// : : : : : : / : : : : : : : , ': : : : :,:': : :!|: : : : : : :! : : : : : : !: : : : : : : :i
       \、_ _,/ : '´/ :/ : : : / : : : : : : : / : : : : :/: : :イ !: : : : : : :! : : : : : :! : : : : : !
         ` ー--‐'´,〃 /: : : : , ': : : : : : : : /: : : : : : /: : :/ ! i : :i: : : : :!: i : : : : : !: : : : : : : !
          / //: :' : : : : : /: : : : : : : / : : : : : : , ': : ,  |: ! : {: : : : :!: :!: : : : : :! : : : : : :!
            / /イ ! : : : : / : : : : : /: : : : : : : /: :/   ! {: : :'、 : :!: 、 : : : : i: : : : : : : i
         / / { : j: : : : : j: : : : :/ : : : : : , ';´: , ´     ぃ: : : ヽ: : : :、: `、 : : !: : : : : : !
           |: i !: |: : : : : }: : :, ' : : : : : _//:/    _ -ヘ:\: : 丶: : \ ヽ: : :!: : : : : : :'、
         V!  |: : ! : : : : | : /: : :_:x≪._/: '´  , _-‐ ニ-‐¬二≫ヽ: : :\: : ヽ、\}: : : :丶 : ヽ
         `\j: :∧: : : : ! /:_/!`トfミy' 〈   ´, ´ _f汽_モ无[ ̄´ム≫xヘ:ヽ、: :`: `二ニ=-ヘ : : 、
               |: :| \ : :l/:/ユ:个近土ハヽ   j  ^' 弋仁ヅ-‐' }r'⌒¨7く: :` ¬`=-: : : : i:ヽ: `、
           j /}  _厶: V'´ j: !  !{rル'^ヽ {_           ,    , ハ}: : : : |: : : : : : : :!: : `、:ヽ
          __厶`二、__ヽ\{ : : !   ‘7゙}  `い        . ′  //. : : : : : :l : : : : : : : !: : : ぃ :',
         , -'-‐ ´,  }  }`トjミーヘ-‐ ´ /    ` ー----‐ '´  /:/,: : : : : : !: : : : : : : !: : : :!:ハi
          } \ 、__{   {  ' j !: : : :∧  〈            ー=イ://. : : : : : : : : : : : : : : :|: : : イ l }
.       !  _`ニ^}  j  / ,´ { : : /: : >、 `丶 ^             /:/ ' : : : : : : : : : : : : : : : : !:/´:!: ! ′
       j  -‐ 7  / , ' ハ }: :/: :/ : : \  ー. - 、__       ':/ .イ: :/: : : : : :, : : : : : : : :i: : : : !: }
         {     ぃ{_,′'^ー'   !:/: : ': : : : /゙ヽ `ー- `     /:/'´/: /: : : : : : '  . : : : : : : i: : : :_jノ
         !     { `ー'    ,: : : :j: : : 〃 : : _:_〉、        イ:/ /: /: : : : : : :′. : : : : : : : !: : : /
.        !    ヽ     / : : : {: : /厶イ/   `ー-‐¬'´ !{  ' : ': : : : : : /. : : : : : : : : :!:/
       j        }     /: : : : _j/ , '´        ハ l:| }: :i: : : : : :/: : /: : : : : : : :ル{__
      ,{      ノ    イ{: : /    {rヘ      /  !V`V: : |: : : : :/: : / : : : : :_:/ / } `ヽ


                (今までヤゴダと捜査を行ってきてわかったことだが・・・
               NKVDは腐敗した古参幹部たちの巣窟となってしまっている。

        内部はポーランド人、ラトビア人、ユダヤのいかがわしい連中によって占拠されている。
                        NKVDはもはや信用できない!)





17 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 21:55:17 ID:fID/Dd2.0




   ――― 中央委員会組織局



                                                 |
           从从w!                                    |
           ,ハvVvwリ                                    |
          /ルwwV.ヽ                                    |
           WwwW            ___________           |
_______|   :::|_______/              /|_______.|
          ヽ_,ノ            [ニニニニニニニニニ/ I          丶
                       Ⅱ::::...         Ⅱ  I            \
                       Ⅱ:::::::::....         Ⅱ/


                         _________            , '⌒ i
  , '⌒i                /           /|      ( ̄ / / |
/ /  ̄ ̄ ̄`)           /           /  |    / / /    |
i'⌒i  / ̄ ̄~, 1         /           /      / / /     |
|  . ̄ ̄ `)/ |       /           /       /  i'⌒i     /
|        |  /      /             /     (´ ̄ ̄ ̄   |    /
|____|/       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|      |         |  /
    γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ _|/
     |  なるほど・・・それでこの私に協力要請を。       |
     乂_____________________ノ





18 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 21:56:03 ID:fID/Dd2.0




       _,,:-ー''" ̄ ̄ ̄ `ヽ、
     ,r'"           `ヽ.
 __,,::r'7" ::.              ヽ_
 ゙l  |  ::              ゙) 7
  | ヽ`l ::              /ノ )
 .| ヾミ,l _;;-==ェ;、   ,,,,,,,,,,,,,,,_ ヒ-彡|
  〉"l,_l "-ー:ェェヮ;::)  f';;_-ェェ-ニ ゙レr-{   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  | ヽ"::::''   ̄´.::;i,  i `'' ̄    r';' }   | 久々に武者震い。
 . ゙N l ::.  ....:;イ;:'  l 、      ,l,フ ノ   .| こういう聖域なき粛清こそが今の
 . |_i"ヽ;:...:::/ ゙'''=-='''´`ヽ.  /i l"   < ボリシェヴィキに必要なことなんだよな。
   .| ::゙l  ::´~===' '===''` ,il" .|'".    | 昔の幹部どもは新情勢を理解しないから困る。
    .{  ::| 、 :: `::=====::" , il   |     \________
   /ト、 :|. ゙l;:        ,i' ,l' ノト、
 / .| \ゝ、゙l;:      ,,/;;,ノ;r'" :| \
'"   |   `''-、`'ー--─'";;-'''"   ,|   \_
    :|     `'7"""""ヽ       |

中央委員会組織部人事部長
           ゲオルギー・マレンコフ





19 : 怖~い夏のホラー短編祭り、八月二十四日から開催だお :2013/08/16(金) 21:56:53 ID:NbaUD1mA0



あんたがマ○ンコフかいwww


20 : 怖~い夏のホラー短編祭り、八月二十四日から開催だお :2013/08/16(金) 21:57:34 ID:ku9FPDu20



マレさんあんたかよw


21 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 21:57:57 ID:fID/Dd2.0




ゲオルギー・マレンコフはエジョフやフルシチョフと並ぶ新進気鋭の若手幹部であった。

帝政時代の名門貴族の出身であり、幹部党員のなかではジダーノフと並ぶ知識人階級だった。



        ヽミ;'''"´ニ 二三三! : .:. :     ``丶、
        ノノニ二三三三三{ : .:. :.         `ヽ
        ,ハニ二三三三三ヲ: .: .:.:.           ゙、
        ,ハヾミミ,r'⌒ヾ云ヲ:. :. :. :.               ',
       ,ハミミミ/   lヲ´. :. :. :.:.:.:. ‐-、、,,,,        !
        〈 ミミミ! 〈 〈. :.: .: .: .: .:.    :. .:.``ヾミ;、,,   1
       V ミミミ゙、 い.::.:;.        ``ヾrテ式㍊'′,,、1
       V.:.ミシ入_/.:.:.:..:'、          ̄´.:.;;  ,成シ′
         `y''"´.:.:/.:.:.:.:.:..:;i           ...:.:.:;:;  i::Y
        /.;;;;;.:..:;′.:.:.:.:.:.;: 、    ,,,,,,. ィ´,,, .:;, _,」 !
        ./;:;;;;;;;.:.::;..:.:.:.:.:.:.:.:  ';. '" ・-、、,,. ``' 了/
     /.:::. ``ヽ、';:.:.:.:.:.:.:.:.  l.       `` < /
   __/.:;:;;;;;;:.`丶、 `ヽ、:.:.:.:.   |     ー,.;;;;;'  /
 .:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:.、  ヽ、:.:.:::;:,          /
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;.、  `ヾ.:.゙.、.     ,r'
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;、   `ヾ;;;;:.:、,.;彡
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::.、     /⌒ヽ〈
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.ヽ  /.:.:.:.:.:.:い



洗練された美しいロシア語を話し、謹厳実直な人物で荒くれ者揃いの幹部党員の中において温和で上品な人物である。
職務においては恐ろしいほど冷徹冷酷であったが、
家庭ではどんなに疲れていても子どもに詩を聞かせてやるよき夫、よき父であった。





22 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 21:59:13 ID:fID/Dd2.0





このとき、マレンコフは党員登録セクションの責任者となっていたが、
NKVDに対する不信感を募らせていたエジョフはマレンコフと密接に協力するようになっていった。



       _,,:-ー''" ̄ ̄ ̄ `ヽ、
     ,r'"           `ヽ.
 __,,::r'7" ::.              ヽ_
 ゙l  |  ::              ゙) 7
  | ヽ`l ::              /ノ )
 .| ヾミ,l _;;-==ェ;、   ,,,,,,,,,,,,,,,_ ヒ-彡|
  〉"l,_l "-ー:ェェヮ;::)  f';;_-ェェ-ニ ゙レr-{       トロツキストの摘発は党と国家の治安秩序を守るために
  | ヽ"::::''   ̄´.::;i,  i `'' ̄    r';' }       必要不可欠・・・中央委員として協力を拒否するわけにはいきません。
 . ゙N l ::.  ....:;イ;:'  l 、      ,l,フ ノ
 . |_i"ヽ;:...:::/ ゙'''=-='''´`ヽ.  /i l"       この不詳マレンコフ、微力ながらお手伝いいたしましょう。
   .| ::゙l  ::´~===' '===''` ,il" .|'"
    .{  ::| 、 :: `::=====::" , il   |         それで、具体的な敵の「目星」はついておいでなのかな?同志エジョフ。
   /ト、 :|. ゙l;:        ,i' ,l' ノト、
 / .| \ゝ、゙l;:      ,,/;;,ノ;r'" :| \
'"   |   `''-、`'ー--─'";;-'''"   ,|   \_
    :|     `'7"""""ヽ       |



            /                \
              /                   ヽ
          /   /   / /           |  ∧
            '    l    / /,  -―    / /|  ∧
.           |   l |  |´/        ィ ,.l||| ∧
.           |   l |  K_  、―‐'´//|||| | トヽ
.           |    ヽ.|  | 沁tx、\‐ 彡 ´_/イ/||v|
.           |      \ V弋z^ヽヽ l  ィケアテへ,' ,' ハ|
.           |       ト\__,rッ={i≦ィ/`ソ./l/ ノ
.           || |   |   |  `      ゝ=/=イl//        次の標的はすでに決まっている。
.           || |   |  |      ´/ /  {
.           リ |   | |  l、   ¨二 ` /  |         ブハーリンたち右派への追及は中止されてしまったが、
          `ヽ  | |  |、> .   イ | | |          平行して左派への更なる捜査を決定している。
               /\| |  ヽ\ 厂\{ { | |
            /\ ヽ|、 l | 〈| |    \  | l.|
       _  ´     \ 丶N 八ト、    /lVl N
       /          \  ∧└、ヽ. ムト l /
.     /           ヽヘ ∧ l V 〉 ヽl' ー 、





24 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:00:14 ID:fID/Dd2.0




               /::::::::::::::::::::::::_::::::::::::;xヘ:::::::::::::..、
               /::::::::::::::::;:::::::/::::::::/::::::::::!::::::::::::::ヽ
             /::::::::::::::::/::/:::::::::/::::::::::::::::}::::、:::: ヘ::::ヘ
             .i:::::::::::/::/;イ:::::::::/:::::::::::::::ノ::∧:::ヘ:::i::ヘ::::ヘ
             l:::::::::::l:::l/:::::::/:::::::::::::::; /::/ V::::l:::l::::l:::::::i
             |!:::::::::|:/:::/::::::::_:: - '´,.イ/   ヽ:|:::!:::|::::::::l
             |!:::::::l::!|::ムr‐'=z-x.._,ィイ ,.....z‐'''"リ!:j:::|::::::|l:|
             |ヘ:::::ヘ:V´、で妁ミくヽ  /´x'iチ妁'7'|:::/:::::リ |!
             |:::ヘ::::::::ヘ ` ̄   ,レ勹i{,  ` ̄ノ ノ/::::::/./       その舞台は・・・
             |:::::::ゝ、:::::ゝ、..ノ _ノ'   ! ヽ_  ...ィ///イ
             .!:::|:::|::::::|`ヽ     r /   `  /リ}:::/:::|        政府の経済・産業部門だ。
             !::|:::|::::::ヘ      __ _      {//:|::|::|::|
             |::|:::|::::::|_:ヽ     ´ ‐ `   .イ´|::|::|::|::|        君には我々があげるトロツキスト容疑者の
             |::|:::|::::::|:|:::::|ヽ        イ:|:::::|::|::|::|::|        捜査と処分について協力してほしい。
             .!:|:::|::::::|:|::r:t.._ ` 、__ イ  |、|_::ノイ:|::|::|
              !:|::::::::::|:|::!:.:.:.:`¨:.:.:.:TT:::::¨´::|´:.:.:.:|::|::::::!



       iソ!             iミ;!
      iミ!  ,.==、、_  ,__,,,..、、、 i;;リ
      i^iト.  _ィェァ了 (ェoヮ、 /!7
       Yl.|    ´!| |!`    ! ! }      ・・・っ!
       レl     /u__,ゝ     i:l‐'
        li   / _二' _、〉  i l        ほぅ・・・それはなかなか・・・
______-ー;;;;;;;;;;;;ヽ   ´  ̄  `  i/;`''ー-、,,,,,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;゙ヽゝ、   ,  ノ// ;ヽ;;;;;;;;;;;;;;"''





25 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:00:57 ID:fID/Dd2.0




: : : | : : | : : : : :/: : : /: : : : : : : : : : : _, : :':´: : /   /: : : : : :/   __」: : : /: : : : : l
: : : | : :|: : : /: : ∠: :-‐: : : _: : -‐: ´_ ..  ' ´  /: : : : :∠ -‐ ¬′:〃: : : : : |
: : :|: : |: : :/: /_: :-‐:_: 二 : -‐≪´        /: : : : :_;斗孑≠テ': : :く:} : : l : :!
: : : : : : :l: :/: 厶斗¬二托恭トミ丶`ミ==-‐'/: : _.. イ廴笊{′/ : :/ヘヽ: :|: : |
: : : : : : :∨ / ∨ 、 い込{‐ワ   \  ヽ /:,  '´  / 辷_ク / :,〃: : / }: : | : :,′
: : : : :l : : ヽ{ヘ._」  丶`二ニ´ -‐    ∠:イ   __/ -‐‥ ¬'//: l: :/ /: : :|: /
\: : : ヽ: : :ト-┤                 _」___/ __7⌒ヽ     / : :レ' イ/ : /}/
: : :ヽ: : :丶 {   、            / 厶 -‐ ]┴、  }   /:_/ィ: 〃/ '′       どうした同志マレンコフ。
: : : :l:\ : :い   \            〉'′   /   廴'┐_厶.イ: :l:/イ
: : : :l: : :\: :\    丶、      _/      {  -‐{  ∨: } !:| :|: :|           存外そうだな。
: : : :l: : : : :l:ト- `=-     ̄ ̄ ̄          `、  `、  ∨厶{ :|: :|
: : : :|: : : : :!{                 -  , ヘ   \_ _ヽ `ヽl: :|           協力するんだろうな?
: : : :|: : : : :い、                       '′ }  ‐ ¬  `}  \{
: : : :l: :l : : :|: :|\            _ -‐ ¬   /    }   廴 -‐ヘ
: : : :|: :| : :| |   丶、   , ⌒ヽ   '´-‐ …'´  ,〃     ,    {、      }
: : : :|: :l: : : |: :|    丶、{    ヽ -‐‥   / /    ,′  l }    ム
: : : :|: :|: : : |: :l`丶     `、   `、   /{ /    {    ∪    {  ヽ
: : : :|: :|: : : |: :ト、  \____」    ├-< /∨      }    {    |   }
: : : :|: :|: : : |: :| \  \  }      {   V  {   {  {      }     {   {





26 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:01:35 ID:fID/Dd2.0




          _ ,, -ー- ,, _
       , - ',"-ー '" ̄ ̄"ー-、-、、
     / ./           ヽ、\
   ヽ-' /              ヽ `ー,
   ./ /.: ::               i  /
   j i /  ::                l 'k
  j .l〈   ::                i  l              いえいえ、同志エジョフの慧眼に驚きを禁じえませんでした。
  l| | 丶  ::                ノ .l
  .!l川 !  ::               /ノ j              なるほど、かつてトロツキーと接触を持っていた
ー"〉、ミ ヽ ::  ::..        ..   /ノノ/ー-、            左翼反対派の多くが五カ年計画時に自己批判し
;;;;;;;!入ミミ/ :  ::..: :      : ::    く彡/ .j;;;;;;;;;;`ー、        党内に復帰した・・・
;;;;;;;;!l !ヽ/ __   ::   :   ._  !ミ/ ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ー
;;;;;;;;;ヽヽj  ,,__  ̄_',-、  ,-__ ̄ __,,`  y//;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;      そして彼らは工業論者として政府・党の経済部門に
;;;;;;;;;;;;i`u     ̄'"ノ ヽ /  "' ̄    j l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;      入り込んでいきましたな。
;;;;;;;;;;;;;ーj丶、  .:: , / i;;  ,,  .::ノ  l/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;/!  ヽ ,-ー'、 j  ! )ー-、  .イ ./l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;      自然、それらの部門にはトロツキストが
;;;;;;;;;;;;;;j .\ .!   ー-ヽ__ノ-,ァ   .j ./ .|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;      潜伏している可能性が高くなる、と・・・
;;;;;;;;;;;;;;k  \ i  `ー─ '  ./ ノ/  l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;ト    .\l `ー--ー'  //   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;      いやはや、まったく御見それいたしました。
;;;;;;;;;;;;;;l !      >ー─--─<    /j;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;





27 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:01:55 ID:fID/Dd2.0




        ヽミ;'''"´ニ 二三三! : .:. :     ``丶、
        ノノニ二三三三三{ : .:. :.         `ヽ
        ,ハニ二三三三三ヲ: .: .:.:.           ゙、
        ,ハヾミミ,r'⌒ヾ云ヲ:. :. :. :.               ',
       ,ハミミミ/   lヲ´. :. :. :.:.:.:. ‐-、、,,,,        !
        〈 ミミミ! 〈 〈. :.: .: .: .: .:.    :. .:.``ヾミ;、,,   1
       V ミミミ゙、 い.::.:;.        ``ヾrテ式㍊'′,,、1
       V.:.ミシ入_/.:.:.:..:'、          ̄´.:.;;  ,成シ′    (面白くなってきたじゃないか。
         `y''"´.:.:/.:.:.:.:.:..:;i           ...:.:.:;:;  i::Y
        /.;;;;;.:..:;′.:.:.:.:.:.;: 、    ,,,,,,. ィ´,,, .:;, _,」 !       エジョフ、君にはしっかりと
        ./;:;;;;;;;.:.::;..:.:.:.:.:.:.:.:  ';. '" ・-、、,,. ``' 了/
     /.:::. ``ヽ、';:.:.:.:.:.:.:.:.  l.       `` < /         働いてもらわなければいけないようだな・・・)
   __/.:;:;;;;;;:.`丶、 `ヽ、:.:.:.:.   |     ー,.;;;;;'  /
 .:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:.、  ヽ、:.:.:::;:,          /
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;.、  `ヾ.:.゙.、.     ,r'
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;、   `ヾ;;;;:.:、,.;彡
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::.、     /⌒ヽ〈
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.ヽ  /.:.:.:.:.:.:い





28 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:02:25 ID:fID/Dd2.0




          ┌┬┐        ┌┬┐        ┌┬┐        ┌┬┐        ┌┬┐        ┌┬┐
    ┌─―┤│|  ┌─―┤│|  ┌─―┤│|  ┌─―┤│|  ┌─―┤│|  ┌─―┤│|
    | □ ├┴┘  | □ ├┴┘  | □ ├┴┘  | □ ├┴┘  | □ ├┴┘  | □ ├┴┘
    |┌┐│      |┌┐│      |┌┐│      |┌┐│      |┌┐│      |┌┐│
    └┘││      └┘││      └┘││      └┘││      └┘││      └┘││
        └┘          └┘          └┘          └┘          └┘          └┘
                                       i ||
                                       : ||
___________________________________________________________________________________《笊》i
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二 ∨∧               :
辷ア⌒辷ア⌒辷ア⌒辷ア⌒辷ア⌒辷ア⌒辷ア⌒辷ア⌒辷ア⌒\i|∨∧             :|
^}i{     }i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{   .}i| .∨∧           : } |
^}i{     }i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{   .}i| :l ∨∧             i } |
^}i{     }i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{   .}i| :|:i:.∨∧         i } |
^}i{     }i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{   .}i| :|:i i∨∧_______j } |
^}i{     }i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{   .}i| :|:i i: ∨∧============
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三∨∧ !: ∨∧: : : : : : : : : : : : .
竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺_.∨∧.!: |:∨∧=============
     ^辷主ア^            ^辷主ア^          }主o ∨∧ . |:. ∨∧: : : : : : : : : : : : : .








.   \      \ \     | ,,,--''''' ̄  | //_,,,,,,--┐ ..| /  _,,,...---
.       || ̄ /l‐|、-/l...\┌' ̄|    _,,,,-ゥ/i`ヽ、   .|ィ-ァ| | 「 ̄   .|
.       ||  ./,' | | |、| ̄''''ー-____,,--''''',,,-'''~/  \|.. .// | | |    |
.       || //==| |=|/ー-< ̄__,--''  ̄   /.     //.|  | | |    |
―--,,,___||_// ┌| |‐---,,,,__ ̄| | |    .     //  |  | | |    |
___ .||l /| | 'l |     | | |         /'''~.     |  | | |_,,,,--|--''''
====┐ .||/ .| | |l.      | | |               |  | | |    |
    ||  ||/ .| | '!      .| | |               |  | | |    |
    ||  ||  | |         | | |               |  | | |    |
――||―||  | |         | | |               |'.―|‐.| |-,,,,,__ |_,,,,
    ||  ||  | |         | | |               |  | | |--'''' ̄|'''''--
    ||  ||  | |         | | |               |  | | |‐-,_____|
    ||  ロ(()==|       .| | |             \|  | | |    |`''--
    ||  ||  | |.      / .| | |               |\..| | |    |
    ||  ||  | |./  /   .| | |             \|  \ |,,,,....--- |----
    ||  ||  |/  /..   .| | |               |\..| \   ___|,,,,,,,,,,





29 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:02:54 ID:fID/Dd2.0





乂乂乂乂乂乂f'⌒ヽ乂乂乂メ/ ト/l                )   \人/
乂乂乂>  ̄人  ノ ̄ ̄ ̄`(_/ |, ヘ      \  ̄ ̄ ̄
乂f'⌒ヽ    <二=─――=ミ ヘ /  | /|       \
V人  ノ //  ⌒Yf"¨¨¨¨¨¨¨ミ、ヘ   / .|         \
     // ⌒   i!  _     ミヾー/  ト、      _)
   / /   ⌒   )}r''⌒iヾ、   Vヘ  / /   -=ニ_.
.  / / ⌒     〃   ^ ヾ、   i!、\_/ミヽ         ヽ    やる夫っ!!!
  / ⌒     U i!`      i!   i!Y7/u⌒ヽ       ノ
. /{          ヾi!,ヘ      i!   V/' 、、  ./     /
 /´ ̄ ̄   ̄`ヽ iト、     Ⅵ  羊  }} /   _      これは一体どういうことだ!!?
       、     ゙ミr  ,  ・ Ⅵミシ彡,.イ{     /
    ⌒ヾ/∧!     ミ≧=─=≦_-=二-_ヾL_      ̄)
      V//{、           _ _-=二-_ `ヽ   /⌒7
        }/|(\            _-=二-_ }⌒Y   ./
   u  /  .| `^(\           ──=二 ̄=─ _ ⌒ヽ            \ ̄
     /  /´|   `^(\__    (    r 、    ,    `Y//ヽ           \
.      `ヽ/  ト、     ̄`^ーヘ`=- 、     V !   / /〉 ノ ̄ ̄ | /⌒ヽ i⌒ヽ{ ̄ ̄
      、l_ ハ )        Y`ーイ ヽ     V  / /´/ 。     |.    |
 ー=<      } 〕      |   `Yヘ`ー┬=二厶 イ /        |
   \ ヽ     |´〕        |    | 〕 V::::`¨´`ー:::::レ'      二=┴ 、
. \   \     V´!       ヘ'_  ! 〕::::::::::::::::::::::::::::|   。 (        )
..\ \   ヽ   V⌒i     ̄\ ヾヘ::::::::::::::::::::::::/       二=─ '



                                __
                              /..::::::::::::::..\
                            /..:::::::::::::::::::::::::.\
                           /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\    ・・・・・・
                           | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
                           \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                          ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
                          ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ





30 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:03:48 ID:fID/Dd2.0




ヴィシンスキーによる声明の二日後、1936年9月11日、セルゴ・オルジョニキーゼが長官を務める重工業人民委員部のナンバー2、
ゲオルギー・ピャタコフがテロリスト容疑で党追放・逮捕された。


                              ____
                        /:::/
                       /::::::::i
                        ,イ  /::::::::::::::i
                    /::! /:::::::::::::::::ヽ-:::¬::-..、,_      i、
              i、      {:::ヘ i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ    i:ヘ
               |::\ _     ヽ::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ  /::::j
               ∨::::::::`:>ー-..ゝ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::::/
              ∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                 ∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>、:::ヽ、
              ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::/!::::::::/!::::::::/''"´ ̄   _jヽ::j
                  ``'<::::::::::::::::::::/ !:::::/ l::::::/ __..,,,,、γ`ヾ
                  /:::::::::::::::::/ー//ー/::::/´_,∠_ヽ::://こ }
             ___/::::::/ラ/ヘ`メ、  /:∠イにヾ j:/ }ソ /
                  ̄ ´ノ/  イヘ 弋) ′  _ゞ=イ      /
                 /  .イ  ト ̄         /ヽイ;ゝ
                  /  / /  / ヘ `_       ′ トゝ
                 く  /  /  /   ヽ   `   /     |
               ヽ´   /  /      ヽ __,.イ--ー─‐┴-、
                   ヽ/      /  /´     _ <` ー―イ7´ ̄`ヽ
                               /  /   _ ,.、<::::::::::::::::::::7//`ヽ    \
                  __,,,、r──‐<::`ヽ/´::::::::::::::::::::::::::::::::///    ',     i
                ///´::::::::::::::::::::::`//:::::::::::::::__:::___::::::::::://イ      ヾ 、    l
                  {イ//::::_、::::::::::::::::::://::::::::::::///:::::::::/∧ j       } }   l

               重工業人民委員部次官 ゲオルギー・ピャタコフ



彼は内戦中オルジョニキーゼと共に戦い、その後左派としてトロツキーと行動を共にしたが政争に敗北、
しかしオルジョニキーゼの取り計らいで党幹部として復帰、以後一貫して経済部門で辣腕を振るった人物であった。





31 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:04:30 ID:fID/Dd2.0





       {  ノ \ \{{: /ニ=-  ヽ、      }`{  {
.          Y /アヽ\_ノ :/ニニ/    }:   ,  ⌒ヽ、
         ri//⌒ヽ __ノニニ/     ノ  /    ,.:⌒
.     ,ィ从{ff/⌒ <三三/    /   {ixー=:<
   ‐=f′ / 〈    /  ヽ{{i  ,ィ尨。o   __`ヽ \
 f´ 〃  ,:   {`㍉{、   .ハ{i尨',ィ≦ O  \ `ヽ ノ           なぜピャタコフが逮捕されねばならん!?
,ィ{   i{ ,  f     》ム斧ミxィ三三ニ   _人_   〉 _ノ
/ハ  {{ {  { ,ォ=ミ{ }/:::: /=ニ三三ニ  ヽf  _,イア´             奴は無実だ!
i/ハ Ⅵi才"   Ⅵ::::::;イ=ニ三三ニ _ノ{_   /V     ,ィニ三
////≧ィ'      }ム:::{=ニ三三ニ=:`Y   /{/     ノ三二ニ      この俺が保証すると言っているのだ!!
//////{、   __ノミji人:{ ニ三ニ=-   ̄`ヾf`ヽ.    ,ィ三二ニ
//////ム__  ̄ _.ノ   》'"´      /7 :}  ノ {/三二
//////ハ    ̄  ,ィ示{     \   //  ノ⌒  ノ三二ニ
///////ハ     ,ィ劣/人 `㍉、 ヽ  /  ‐=彡三二
////////ハ.   ff//////ミ ー=ミ_ ,イ  ,.イヽ辷三彡'´
/////////ハ,  {{///////ヾミ=-' ー==彡'
////////彡'  マ////////////////≧=x   r=ニ三三



     ,..¨ ̄ ̄¨丶
    /        \
   / ノ '':::::::::      ヽ,
.  /( ①):::::::::::,'ー    i     個人の保証など無意味だ。
  i     ::::: ( ①)     |
  \ (_,、           /     狡猾な悪意の前では
   \ ` ‐'    __/      個人的な信頼などアテにならん。
    /         \





32 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:04:56 ID:fID/Dd2.0




      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \     それにピャタコフ自身は
 /  (●)  (●)  \    自らの容疑を認めていると
 |      (__人__)    |   NKVDから報告が入っているお。
 \      ` ⌒´   /



            , =-‐ニニニミヽ、
          ,ィ´ィ,ィ'"´_=-‐-=、`ヾヽ
       .,r‐‐=///´r''´⌒、_∧_⌒,=、ヽヽ、____
ー<´ ̄~¨7  .///f´`,ィゝ‐''.〈ハ〉 ̄ゝ‐'、ヾヽ`ヽ\r‐-、
ヽ  ヽ _/ .///r‐f´     〈ハ〉    f`Y:l‐-、. }  l‐-、
 ゙v''"´  `ヽ{ i l`/'"//⌒ヽ. 〈_〉 ./⌒ヾ、 l l、  `ヽ ノ´`,、´ヾ
  }ゝ、 __, ィ'"l l: Y`i l l (⌒ヽヽ__/´,ィ'⌒) l l_l_l、ゝ ___)´` ⌒
  .l`ー---'''"l l:..l rf⌒ l`x、 ` v ´)ヽ,ィ' ff´ ハ `ー-‐'i ´` ,,、
  l       l l八ノl ヽri゙ゞニ゙、_|_,∠´、",r`Y ノ    l
  l    _ ヘ∨ゝ. /.f´l:.'´-三-`゙l`iヾ ハ'"     l       そんなはずはない!!!
  .ハ,ィ'"´:::ヘ //ヽ,,`ゝ{ ,>=< }‐'"rヘ l.      l
 .ノ //////∧'"ヽ、゙ ゝ ハ'´ヾ  ,イハ ノ,ィヘl /⌒ヽ l       奴が裏切りなどするものか!!!
:./ l///////,`>-、 八_,,` ー‐‐'__ノ´ ,,ィ'"/////} l
/  ゝ///////////`ー=i `ー―'  ,ィ'´////////ノ l
   ` 、////////////l l7777l l´/////八 ̄   /
  _ =-‐'"///////>'"_ ヾ//ノ l////////`>. /





33 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:05:29 ID:fID/Dd2.0





         /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        /: : :            \
       /: : : :            \
     /: : : : : :              \
    / : : : : : : : ..               \
    |: : : : : :  ,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,        l       では、
    |: : : ::;; ( (・) ) ノヽ ( (・) );;:::    |
    |: : : : :  ´"''"        "''"´       l       自分の目と耳で確かめるといいお。
   . \ : : : : . .(     j     )      /
      \: : :: : >ー-‐'=ー-ー<    /
     /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
     : : : : : : : : :``ー- -‐'"´      \
     : : : : . : : . : : .                \





34 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:06:21 ID:fID/Dd2.0




自らの部下であり友人であるピャタコフの罪を認めようとしないオルジョニキーゼは、逮捕された当のピャタコフの対審に召還された。

対審の場で、信じがたいことにピャタコフはつらつらと自らの容疑を認めていった。


                /!    ,.ィ/
              /:::::ヘ   ,イ::::::{___
                /::::::::::::ヘ/::::::::::::::::::::`>:..._ヽ、
                 {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:ヘ ,}
                V:::::::::::::::::::::::_______::::::::::レ:ノ
          ト、、__∨::::::>''"´ _______ `"<:く
         ヾ:::::::::::::::::/  , <:::::::::::::::::::::::::::`>.、∧!
              \:::::::::〈 /( ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::! j
           __>:::ノヘ∨ノ }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::;'       そうだ・・・間違いねぇ。
             ̄´j  i {_ノ∨::::::::::::::::::::::::::::::::/
                l    ヾ::::::::::::::::::::::::::У        俺は20年代はじめにトロツキーと行動を共にし、
                ヽ   j∨ヾ∧:ト、::::トゝ         その後も改心したふりをしてトロツキストとして
                  \..イ.___∨-ヘ!-ヘjL          ひそかに行動していた。
              __.......,,,,,,,,,,/_________ j
           _..ノ=ー 、  ,、:<三三三三三≧x、、_      ジノヴィエフ派との合同の陰謀にも、参加していた・・・
          /⌒ヽ / ヘ Ⅵ三三三三三三三≧x、`i
          ,'    ∧   l Ⅶ三三三三三三三三l|! l7



                                   |ヽ|ヽ}ヽ.ト、 ト、
                    ___   γ⌒ヽニ| レ-'-、| ',| ヽ
                  >''<>':::::::::=ーァ'´ ¨¨´/㍉イ. -==、 ヽ|   |
               ´//::::::ィ'' ∵.,Y⌒ヽ//,, ∵ ./ ヽ  ヽ Yミ|
   -一 ⌒ヽ.    /  / ./:::r'¨ ゚ ∴./ ト- イ/∴   ト{    o ハ |'',,ヾ、_
   `ヽ    \/  ./ ./。・ :  '' /   /:/     U  \~~   _j._彡  >''¨¨¨'' 、
     }.  | /     / ./o。    〃⌒ヽ ヾY  ´ ̄`ヽ .ミー'´   ´   (  ヾ /  ヽ
    _ノ  |′    ′′  o  {    ノノ j/             z-一T¨777rt、 ノ /
  (   \ |      ' ' . .    {ゝ-=彡' /  u ./三三三トアアアy'トハルレ'ニニニニ=Y 7′    ・・・・・・!!??
   \    )     | | 。゚    弋_____彡イ u   ./彡ー,イ--≦三三ニニニニニニニニY7レ′
  \ `¨¨/.      | |     .,,;;lllllili|   / |   、_〈'   / レイ `ヽ  `ヾ三ニレレレjノ'        馬鹿な!ありえない!
    `¨¨´',.      | {  ,;;l州    | / .人     `¨弋/  |ィ   \  Vハ            ピャタコフ、お前がいつの間にそんなことを
        ',      ' '州       |/    \     弋_ノヾ小ィ,,   ,ィ ヽイィィ         __ していたというのだ!?
        ',    ', ',                ` ー─     `ヽ{_Y |ハyyyyイ  ./ヽ  /  `l
        ',    V∧                           `ー┴──┴y'  -┴/    j
         ',    V∧                     弋____ __.ノ三ヽ.  ー---〈,>'⌒V
  ニニニミヽ.   ' ,    V∧      ヽ、             イ三三三三三三三ニヽ.    /     〉





35 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:07:06 ID:fID/Dd2.0




       {  ノ \ \{{: /ニ=-  ヽ、      }`{  {
.          Y /アヽ\_ノ :/ニニ/    }:   ,  ⌒ヽ、
         ri//⌒ヽ __ノニニ/     ノ  /    ,.:⌒
.     ,ィ从{ff/⌒ <三三/    /   {ixー=:<
   ‐=f′ / 〈    /  ヽ{{i  ,ィ尨。o   __`ヽ \
 f´ 〃  ,:   {`㍉{、   .ハ{i尨',ィ≦ O  \ `ヽ ノ
,ィ{   i{ ,  f     》ム斧ミxィ三三ニ   _人_   〉 _ノ
/ハ  {{ {  { ,ォ=ミ{ }/:::: /=ニ三三ニ  ヽf  _,イア´  U          それは本当にお前の言葉なのか?
i/ハ Ⅵi才"   Ⅵ::::::;イ=ニ三三ニ _ノ{_   /V     ,ィニ三
////≧ィ'      }ム:::{=ニ三三ニ=:`Y   /{/     ノ三二ニ      お前は、お前の意思で証言しているのか?
//////{、   __ノミji人:{ ニ三ニ=-   ̄`ヾf`ヽ.    ,ィ三二ニ
//////ム__  ̄ _.ノ   》'"´      /7 :}  ノ {/三二
//////ハ    ̄  ,ィ示{     \   //  ノ⌒  ノ三二ニ
///////ハ     ,ィ劣/人 `㍉、 ヽ  /  ‐=彡三二
////////ハ.   ff//////ミ ー=ミ_ ,イ  ,.イヽ辷三彡'´
/////////ハ,  {{///////ヾミ=-' ー==彡'
////////彡'  マ////////////////≧=x   r=ニ三三



                /!    ,.ィ/
              /:::::ヘ   ,イ::::::{___
                /::::::::::::ヘ/::::::::::::::::::::`>:..._ヽ、
                 {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:ヘ ,}
                V:::::::::::::::::::::::_______::::::::::レ:ノ
          ト、、__∨::::::>''"´ _______ `"<:く
         ヾ:::::::::::::::::/  , <:::::::::::::::::::::::::::`>.、∧!
              \:::::::::〈 /( ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::! j
           __>:::ノヘ∨ノ }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::;'
             ̄´j  i {_ノ∨::::::::::::::::::::::::::::::::/        ・・・・・・・
                l    ヾ::::::::::::::::::::::::::У
                ヽ   j∨ヾ∧:ト、::::トゝ
                  \..イ.___∨-ヘ!-ヘjL
              __.......,,,,,,,,,,/_________ j
           _..ノ=ー 、  ,、:<三三三三三≧x、、_
          /⌒ヽ / ヘ Ⅵ三三三三三三三≧x、`i
          ,'    ∧   l Ⅶ三三三三三三三三l|! l7
            i    ,' ヽ  l i三三三三三三三三三i イ!
.           l   ノ;/ ヘ l 弌三三三三三三三三l/! !





36 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:07:40 ID:fID/Dd2.0




               ;/:::::::::::::::/  /::::::::::::::::::ヽ  __
            :/::::::::::::: /  /::::::::::::::::::::.斗‐> ´//
             : /::::::::::::::/  /:::::::::::::::::/¨>.、\////
          : |:::::::::::::/  /:::::::::::::::::/ /    ヽ .\//
         ;/{:::::::::::/  /::::::::::::::::/ ̄.|| ̄` 、  \ .\
     __/:::::::::::::::: ! ,' _!-… 、:::::l ,,; ||     \  \     .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────
    ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::|!i〈_ rッ、 ヽ|.  ||      \  ヽ    ┃
    : ` _::::::::::::::!::::: ヽ.l!. 「:::::::::` _j   ||       ヽ
.         : ̄ ̄|:::::::::::ハ. | ̄ヽ_} l   ||   /               ・・・私は自分の意思で証言している。
          ; |:::::::::::::::'..」__ ` Y  .||. /     ヾ
          : |:::::::::::}::::|:::::| ij ` 、|   ィ´   /                 ―――オルジョニキーゼへの返答
          ;/::::::/ハ:::ト、::'.    ! /|l   /
           : /:::/|:/ }/ ヽ!  :/ ..|| ./     、                                            ┃
         ://  .!′     :/   /        |          ─────━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
        ; '           : {   /||         |
                    : >´  ||        i! |





37 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:09:41 ID:fID/Dd2.0





               ___
         .-‐ '''""~     `゙''ー-、
       /                \V
     /                   \
     /                      ヽ
    / __,,.. .-‐ '''""~;;;;;へ`゙''ー-、,       |
    ´. |;;;;;;;_\し ノ(;;;;;/---;;;;;;;;;;;;;;;|      |
      ;;;;/   ヽi;;;;;/´     \;;;;;|      /
     __|/    ┰ V  ( ・ ). . |;;;;;ヽ / ̄ヽ     ・・・同志オルジョニキーゼ。
    /  | .      i      .  | ̄ ̄´    |
    ヽ ヽ     ∧     .  /      6 |     君は自分の責任を一体どう考えているんだい?
     \/ \__ /  \ __ /        丿
      |     (⌒  `゙''ー-、       /´__
      ヽ                 /  |  / ヽ
     ヽ \;⌒  _,,..-‐ー-、_      /  | /   |
         ー―´___    _/   //     ヽ
               ヽ\   /\   /ヽ      \
                |  \/   \/  \      \
                |   |         \      |





39 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:10:06 ID:fID/Dd2.0




        _____
       /´           `\
   ゝ/  _________ヽ
   /    |    ヘ、    ノ⌒ |
   |   |  /  ̄`ヽ /  ̄`ヽl
   l    |  l     lj | lj    l       君の次官は第一級の犯罪者だったのだ!!!
   ヽ  |_|        |     |
   /⌒`  ヽ       l     ノ、       君は自分に最も近い部下の裏切りを見破れなかった!!
   | )     ` ー─ ´ っー ´ l
   ヽ__   /⌒\____つ ノ       それとも、君はこの恐ろしい事実を知りながら
       \ ( ______ ノ /
       >ー───、─ ´         お目こぼししてやっていたのかね!?釈明したまえ!!
        / \ / \/ \
      l   l      |/\
      ├─┤      |、



       {  ノ \ \{{: /ニ=-  ヽ、      }`{  {
.          Y /アヽ\_ノ :/ニニ/    }:   ,  ⌒ヽ、
         ri//⌒ヽ __ノニニ/     ノ  /    ,.:⌒
.     ,ィ从{ff/⌒ <三三/    /   {ixー=:<
   ‐=f′ / 〈    /  ヽ{{i  ,ィ尨。o   __`ヽ \
 f´ 〃  ,:   {`㍉{、   .ハ{i尨',ィ≦ O  \ `ヽ ノ
,ィ{   i{ ,  f     》ム斧ミxィ三三ニ   _人_   〉 _ノ   U
/ハ  {{ {  { ,ォ=ミ{ }/:::: /=ニ三三ニ  ヽf  _,イア´
i/ハ Ⅵi才"   Ⅵ::::::;イ=ニ三三ニ _ノ{_   /V U   ,ィニ三      ぐうぅ・・・・・・っ!!
////≧ィ'      }ム:::{=ニ三三ニ=:`Y   /{/   u  ノ三二ニ
//////{、   __ノミji人:{ ニ三ニ=-   ̄`ヾf`ヽ.    ,ィ三二ニ
//////ム__  ̄ _.ノ   》'"´      /7 :}  ノ {/三二
//////ハ    ̄  ,ィ示{     \   //  ノ⌒  ノ三二ニ
///////ハ     ,ィ劣/人 `㍉、 ヽ  /  ‐=彡三二
////////ハ.   ff//////ミ ー=ミ_ ,イ  ,.イヽ辷三彡'´
/////////ハ,  {{///////ヾミ=-' ー==彡'
////////彡'  マ////////////////≧=x   r=ニ三三





40 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:10:41 ID:fID/Dd2.0




   ――― 重工業人民委員部会議


                ,,,,,,,,,    ,,,,,,,,,,,
                [|,,,★,,|]   [|,,★,,|]     ,,,,,,,,,,,
               ( ・∀・)  ( ゚Д゚,,)    [|,,★,,,,,|]
             ,,,,i^i ̄(iノ '^:^')  /~^:^~ヽ   (∀` __)\
            [|,,,,★,,|] |  ,l/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\l:`´ [|,,★,,,,,|]
        /(,  ・∀) _/            \ (∀` __)\
       [|,,,,★,,|] `´:l/                  \l:`´ [|,,★,,,,,|]
     ,/(,  ・∀) ,/                      \ (∀` __)\
   [|,,,,★,,|] `´:l/                      \l:`´ [|,,★,,,,,|]
 ,/(,  ・∀)⌒/                            \ (∀` __)\
 i^i (  `´:l/                                 \l:`´ ~,) i^i
 | | (   ⌒ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |⌒   ,),,| |
 | | ̄ ̄(__|                               l_ ) ̄ ̄| |



            , =-‐ニニニミヽ、
          ,ィ´ィ,ィ'"´_=-‐-=、`ヾヽ
       .,r‐‐=///´r''´⌒、_∧_⌒,=、ヽヽ、____
ー<´ ̄~¨7  .///f´`,ィゝ‐''.〈ハ〉 ̄ゝ‐'、ヾヽ`ヽ\r‐-、
ヽ  ヽ _/ .///r‐f´     〈ハ〉    f`Y:l‐-、. }  l‐-、
 ゙v''"´  `ヽ{ i l`/'"//⌒ヽ. 〈_〉 ./⌒ヾ、 l l、  `ヽ ノ´`,、´ヾ
  }ゝ、 __, ィ'"l l: Y`i l l (⌒ヽヽ__/´,ィ'⌒) l l_l_l、ゝ ___)´` ⌒
  .l`ー---'''"l l:..l rf⌒ l`x、 ` v ´)ヽ,ィ' ff´ ハ `ー-‐'i ´` ,,、
  l       l l八ノl ヽri゙ゞニ゙、_|_,∠´、",r`Y ノ    l        お前たちに伝えておくことがある。
  l    _ ヘ∨ゝ. /.f´l:.'´-三-`゙l`iヾ ハ'"     l
  .ハ,ィ'"´:::ヘ //ヽ,,`ゝ{ ,>=< }‐'"rヘ l.      l        我が重工業人民委員部次官である
 .ノ //////∧'"ヽ、゙ ゝ ハ'´ヾ  ,イハ ノ,ィヘl /⌒ヽ l
:./ l///////,`>-、 八_,,` ー‐‐'__ノ´ ,,ィ'"/////} l        ゲオルギー・ピャタコフは裏切り者のトロツキストだった。
/  ゝ///////////`ー=i `ー―'  ,ィ'´////////ノ l
   ` 、////////////l l7777l l´/////八 ̄   /        奴は逮捕され、容疑を認めた。
  _ =-‐'"///////>'"_ ヾ//ノ l////////`>. /





41 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:12:07 ID:fID/Dd2.0




                               , - ─ -
                           ,/,.: : : : : : : . `'<
                          ,/: : : : : : : : : : : : : : .ヽ'`ヽ
                        _/ / ̄i} ̄ ̄`ヽ: : : : : : }  \
             __      _/  {7 ,、 i}  , -、 ∨: : : :!    | .\
       .__ /   /三三三三i    i´ i i} /   ヽ ∨⌒ヽ .   | ./
     /`ヽ/     {{三三三三/i   {`ヾー‐'     {   l   | .|       俺は・・・俺は自分が憎くて恥ずかしくてしょうがない。
    /   /       寸三三三,' ゙ー─ゝ ト。、 / }ヽ   ⌒i.ソ   リ  |
  /|   /  ,ィ⌒ヽ、   寸三三}    {  `7-‐-.、=彳_   人   ,/  |       ピャタコフのような裏切り者が、
 /  .|   | /   ,-‐'    弋三}     ゝ、/'二.,_ヽ ,イ}  / /  /   |       自分の横で堂々と働いていたこと、
./`¨´j   .レ'   ./ ,-、        i ........、  {、│/ `)'x/  ,イ     _  .\      それを見破れずに野放しにしてしまっていたこと・・・!
{         //  }       .| i::::::::::ヽ {vvvzイ,// ̄     /::::::`ヽ  \
ヽ         `   / `丶、   | |:::::::::::::ゝ ̄ ̄ ̄´     ,/::::::::::::::::::}   i    それはお前たちも同じだ!
 \          r'     .`¨'T′゙ー─ァ::::::::::゙ー┐r─‐┐ r'´:::::::::::::r─ '   .│   俺たちは裏切り者の侵入を許してしまった!
   .\        .|         ∧.  <:::::::::::::::::::|..|::::::::: | |::::::::::::::::::弋      |    二度と繰り返してはならん!!!
     \       丿‐-、     ∧  -=ニ::::::::::::::/,..-、─',.-、ゝ::::::::::::‐ニ二    リ
    {           ヽ     .∧   `ヽ:::::::::::::::::::Y´::::::::::::::::::::::::∠._    /
    {           ∧     人 ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}  /
    {            .}    /  `ヽ r< ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`> 、' ,/




     ,,,,,,,,,,
     [|,,,★,,|,]∩
    ( ;´∀`)/       信じられません同志オルジョニキーゼ。
 _ / /   /
\⊂ノ ̄ ̄ ̄ ̄\      同志ピャタコフが裏切り者であったなど、本気でおっしゃっておられるのですか?
 ||\        \
 ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
 ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
    .||          ||





42 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:12:29 ID:fID/Dd2.0




       {  ノ \ \{{: /ニ=-  ヽ、      }`{  {
.          Y /アヽ\_ノ :/ニニ/    }:   ,  ⌒ヽ、
         ri//⌒ヽ __ノニニ/     ノ  /    ,.:⌒
.     ,ィ从{ff/⌒ <三三/    /   {ixー=:<
   ‐=f′ / 〈    /  ヽ{{i  ,ィ尨。o   __`ヽ \
 f´ 〃  ,:   {`㍉{、   .ハ{i尨',ィ≦ O  \ `ヽ ノ
,ィ{   i{ ,  f     》ム斧ミxィ三三ニ   _人_   〉 _ノ            奴は裏切り者だった・・・
/ハ  {{ {  { ,ォ=ミ{ }/:::: /=ニ三三ニ  ヽf  _,イア´
i/ハ Ⅵi才"   Ⅵ::::::;イ=ニ三三ニ _ノ{_   /V     ,ィニ三      裏切り者だったのだ!!
////≧ィ'      }ム:::{=ニ三三ニ=:`Y   /{/     ノ三二ニ
//////{、   __ノミji人:{ ニ三ニ=-   ̄`ヾf`ヽ.    ,ィ三二ニ
//////ム__  ̄ _.ノ   》'"´      /7 :}  ノ {/三二
//////ハ    ̄  ,ィ示{     \   //  ノ⌒  ノ三二ニ
///////ハ     ,ィ劣/人 `㍉、 ヽ  /  ‐=彡三二
////////ハ.   ff//////ミ ー=ミ_ ,イ  ,.イヽ辷三彡'´
/////////ハ,  {{///////ヾミ=-' ー==彡'
////////彡'  マ////////////////≧=x   r=ニ三三





43 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:13:17 ID:fID/Dd2.0




   ――― 1936年10月11日




             ,__
             l_<
             _|_
_           ,ェ._.ュ、
,,,,]||      ,,.-'"゛    ~''ヽ、
ニニニ,,!-z,,,,,,メ--────--丶、          /_|ヽ                 ★
-、,,,,_ .~"'''ニ==ェ,,--'''''''-------ヽ.._        |iiii|゙|.                    |
   `~"'―-,,,,,,|ニニニニニエエエェ,l,,,,|,,,,[ ]、       |;;;;;;|;;|.                 ,!!、
  人   人 `゚゙'''―v,,,,「  .|~゙---->...ュ,ュ__.、 .,i;ロ;ロ|;;|                 iiiii
  彡ミ  彡ミ  人   人゙'''ー-...,,,,_|  `゙''''「゙゙'''''..|∩-|iil.,,,                |||||
彡彡ミミ 彡ミミ  彡ミ  彡ミ  人 `゙"人-i、,,_,,,l;;;;;;;;;;;/;;;/z,,,__.             .|  :|     i
彡彡ミミ彡ミミ ;;彡ミミ.;彡ミミ ;彡ミ  彡ミ  人゙'''┐'| .|''i--zz;;;;;,,,,,.         |AA.|    ∧
彡彡ミミミ彡ミミ 彡ミミ 彡ミミ .彡ミミ 彡ミミ彡ミミ:::| .| .l'''―v,,,,,"'''i   _____ .A l゙| | |.|.A. .|ii|
彡彡ミミミ彡ミミミ;;;;ミミミ彡ミミミ彡ミミミ彡ミミ彡ミミ:::| .! ,|    `~"'ヘ-i、|ロロロロi''i_|ii| |ll,,,,,,,||ii|_./ .ヽ
彡彡ミミミ;;;;ミミミ ミミミ ミミミ;;ミミミ;;ミミミ;ミミミ::::| |  | 人人人  r‐┴── ┴┐゙゙゙゙゙゙゙゙゙ll-----トL,
ニニニニニニニニニニニ===============   |..彡ミ .r‐―┴――─┴-┴─--iL,、:::::::|゙゙゙|----- 
  ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ======ェュyy,|jlll」―――---------u,,|_, !.| .!-ト |  
ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'i ト-   _ ..|.「[l|____,,,..|...............




       巛彡彡ミミミミミ彡彡
       巛巛巛巛巛巛巛彡彡
   r、r.r 、|:::::           |
  r |_,|_,|_,||::::::     /'  '\ |
  |_,|_,|_,|/⌒      (・ )  (・ )|
  |_,|_,|_人そ(^i U  ⌒ ) ・・)'⌒ヽ        な、なんやて・・・
  | )   ヽノ |.   ┏━━━┓|
  |  `".`´  ノ   ┃ ノ ̄i ┃|         よ、よぉ聞こえへんかったわ・・・
  人  入_ノ´   ┃ヽニニノ┃ノ\
/  \_/\\   ┗━━┛/|\\
      /   \ ト ───イ/   ヽヽ
     /      ` ─┬─ イ     i i
    /          |      Y  |





44 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:14:08 ID:fID/Dd2.0




               ___
         .-‐ '''""~     `゙''ー-、
       /                \V
     /                   \
     /                      ヽ
    / __,,.. .-‐ '''""~;;;;;へ`゙''ー-、,       |
    ´. |;;;;;;;_\し ノ(;;;;;/---;;;;;;;;;;;;;;;|      |
      ;;;;/   ヽi;;;;;/´     \;;;;;|      /         同志ヤゴダ・・・君はしくじりすぎた。
     __|/    ┰ V  ( ・ ). . |;;;;;ヽ / ̄ヽ
    /  | .      i      .  | ̄ ̄´    |         ジノヴィエフたちの陰謀を放置し、
    ヽ ヽ     ∧     .  /      6 |         ピャタコフの裏切りについても
     \/ \__ /  \ __ /        丿         同志エジョフの忠告がなければ見過ごすことろだった。
      |     (⌒  `゙''ー-、       /´__
      ヽ                 /  |  / ヽ      君は自己の慢心と警戒心の欠如によって、
     ヽ \;⌒  _,,..-‐ー-、_      /  | /   |      反対派の捜査に四年もの月日を無為に浪費した。
         ー―´___    _/   //     ヽ
               ヽ\   /\   /ヽ      \
                |  \/   \/  \      \
                |   |         \      |





45 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:14:55 ID:fID/Dd2.0




        _____
       /´           `\
   ゝ/  _________ヽ
   /    |    ヘ、    ノ⌒ |
   |   |  /  ̄`ヽ /  ̄`ヽl
   l    |  l     lj | lj    l     中央委員会政治局の決定を伝える!!
   ヽ  |_|        |     |
   /⌒`  ヽ       l     ノ、    君は本日を以って内務人民委員から解任だ!!
   | )     ` ー─ ´ っー ´ l
   ヽ__   /⌒\____つ ノ
       \ ( ______ ノ /
       >ー───、─ ´
        / \ / \/ \
      l   l      |/\
      ├─┤      |、



i|!| |i┏┓! i!┏┳┓| |||i|!i| ||!i|| |||ii| ||| ||| |i||!|i│!i!i!┏┓i!|
|i|┏┛┗━╋┻┛|i!||!|ii|| i|!i||i|||┏━┓||┏┓i|i| i┃┃i!|
i||┗┓┏┓┃||i┏━━━━┓||┗━┛||┃┃|i||!i┃┃i!|
|i |!|i┃┃┃┃i||┗━━━━┛|i|| || ||||!||:┃┃i|i| i┗┛!i|
i||i ||┃┃┃┃|! |||i ||i    !|||!| ┏━━┛┃|i||!i┏┓i|!
|i!i |!┗┛┗┛巛彡ミミミミミミ彡:::┗━━━┛i|i| i┗┛i!|
i| |||i|!i| ||!|i||i! 巛巛巛巛彡彡彡彡     |!i| ||| |i||!|i|i||||||i|i|i
|i|| ||i!i||    |::.   \、 ,/   |      ! | |!i||!|ii||!|ii||i|i
i|ii       |::  《;.・;》 《;・;.》. :.|         i|i!|i||i|i
|i       (6.  ⌒ ) ・・)'⌒ヽ 6)   そ、そんな・・・
!.        :.|  ┃iuUuui.┃ |
i:::      :. |  ┃|,-v-、|┃:: |   なんでワシがぁ・・・!
           \  ヽニニノ :/
         :.ヽー---ーイ





47 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:15:27 ID:fID/Dd2.0




エジョフは幹部の粛清に消極的なヤゴダと、彼の息が掛かったNKVDを掘り崩すべく手を打った。

アグラーノフをはじめとするヤゴダの配下を切り取ることに成功し、やる夫らにヤゴダの怠慢と失策を讒言すると
1936年10月にはすでに数々の失敗(?)で信頼を失っていたヤゴダを失脚させることに成功した。



         ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
       /;;;;;;;;''''''''''''''''''''V''''''':;
      i;;;;;;;;;」:::::::::::::::::::::::::::::: !
      !;;;;;|::::::::::::::━'ソ:i:i:'━:i
      iヽ.||:::::::, <・>ン ,'<・ >
      | >|.}   `  '  i,. ' ,'      悪く思うなやヤゴダ・・・
      ノー.i;;;;;::.. ..:::::_`ー::'゙:. .!
   , イ| i i;;;;;;::、;'./Vョヨコョi::;;'       これも無能なお前が悪いんや。
., - '  || | ゙t;;;;;;;:::..i-r-、./::;;'
     !! `、 ヽ,;;;;::ヽニニソ./\
     ヾ、、ヽ、. ':、;;;;;;;;;;;;/||  \
.    r‐-‐-‐/⌒ヽ-ーイ //    `、
ヽ、  |_,|_,|_,h( ̄.ノヽY ビシッ     ヽ
ー-ヽノ| `~`".`´ ´"⌒⌒)    ヽ   i
ノ^ //人  入_ノ´~| ̄      i   |
   \_ //__/   |       ノ   |

内務人民委員部次官 ヤーコフ・アグラーノフ





そして、ヤゴダの後任にはエジョフが指名された。


            /                \
              /                   ヽ
          /   /   / /           |  ∧
            '    l    / /,  -―    / /|  ∧
.           |   l |  |´/        ィ ,.l||| ∧
.           |   l |  K_  、―‐'´//|||| | トヽ
.           |    ヽ.|  | 沁tx、\‐ 彡 ´_/イ/||v|
.           |      \ V弋z^ヽヽ l  ィケアテへ,' ,' ハ|
.           |       ト\__,rッ={i≦ィ/`ソ./l/ ノ
.           || |   |   |  `      ゝ=/=イl//
.           || |   |  |      ´/ /  {
.           リ |   | |  l、   ¨二 ` /  |
          `ヽ  | |  |、> .   イ | | |
               /\| |  ヽ\ 厂\{ { | |
            /\ ヽ|、 l | 〈| |    \  | l.|
       _  ´     \ 丶N 八ト、    /lVl N
       /          \  ∧└、ヽ. ムト l /
.     /           ヽヘ ∧ l V 〉 ヽl' ー 、



この時点で、エジョフには粛清を進めるうえで必要なほぼ全ての権限が与えられたのである。




46 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:16:26 ID:fID/Dd2.0




【補足】


          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_      ヤゴダの失脚とエジョフの後継は
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\     粛清の方針を巡る上層部の困惑と躊躇が
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ     一掃されたことを示しました。
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/     ヤゴダは現役幹部への攻撃の拡大に
         | |{i t    _     / |     消極的で、ピャタコフの逮捕・尋問にも反対していたと
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |     言われています。
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ    彼がいなくなったことで、やる夫とエジョフは
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |     幹部への攻撃を本格化させることができました。
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |





50 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:19:16 ID:fID/Dd2.0




     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/     しかし、以外にも幹部たちはこの動きに
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !      胸をなでおろしました。
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l       出世主義者として評判の悪かったヤゴダと違い、
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|       エジョフは党に献身的で誠実・実直な人物と
       l \     _    ,/ |       評価されていたからです。
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!



く \_r‐Jト:..:..:../                  、\ ヽ   ゙:,:::.:::.:ト   \\\\
 `ー/|::.::.::.::.::.::,′                  \ ヽ     V:下ヽ\   ヽ \ヽ
冫ーイ  ̄ト::.::.,′    |  i   |     ヽ  \  ヽ   ', ヽ ':┴┐ Y   ト、 \
′ ;′┌┴ ::.:|      |  |   |     ゙ト   \  |i::r┘::::r┘ i   .i \
 :/|   しヘー::.| |i | ||∥       | |,,,;;ィ=≦≠ハ|i |リ::¬  ¦  |
  |   r┴‐::|  || | ム⊥从ヽ   i |l≧'´     .|川;:下┘ |  |      すべて結果を知ってる
  |   |::.::.::.::|  l| イ|  ,,,ィ≦ヾ\,ハノ        | jノ!:::::}   |   |       後世の立場から語るのも
  | |└ヘ::.:∧  l'   | |ィゞ"               u  | lj,√ィオ  |  | |       不公平だとは思うけど、
  | | | く::.::.:ヘ l:、\ ヽ    ,            ∧ ∨:フ{{i〉 l  ||       まったく信じられないのだわ。
  ∥ | |  ヾ勹ヘ い ::ヽ\ u      l~`丶     仏  \ゞ'  j|   |∥
  八 | |    \ィr=ミl::.ハ \ ー 、     ^ ___/ユ\  \ /ヘ.  l八
 ′  | ',    弋ゞソ}7ノ /,ニ≧、 ヽー--,.ゝ- 、 ̄`< ̄ハ__  \  λ 、 \
/   ∧  ,    `マ'´ /:':::.:::.:::.〉 ∨ィ/{f㍉Y三ヽ  ` <ー┐  \/|\ \
   / ヽ \   /   イ ̄ ー ' |  | { トゞど..二二.._    `弌:.   ヽ l  \
  ./    \ >'   /...:\  ..:::.:| /:/>允≠‐-‐'     ___}ハ_   \
 / ┌一<    / ...:..:::/::>  // .:.:::./::卞ニニ -‐__,.___  }ヽ |!:..:ト    ヽ
./   \    /′...:.:::.{::.... /..:::.:::.:/:::.:::|:::. ̄匸A::::::::ルソ.:.i:..:..:. | ヽ    Y




52 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:20:06 ID:fID/Dd2.0




       ,.:-=;1ー;1―;1―;1―;1―;1―;1―,=;:、
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ         ★           ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ;==============゙ミ
       〃. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:ヽ     k
.       / . : : .:.:|: : : : : : : .:人: : : : : : : : :',     ! :',
     ,'. : : : :.:.:.:.|: : :,':,'.: : / \\_.:.:.:|.: : :.! *|.:|     ヤゴダの失脚はしかし、パニックを引き起こさないように
.    |: : :.:.: :.:.:.|.:.://.:.//  ̄ \\メ、.:.:.:!   |.:.:|     細心の注意を払って行われました。
.    人 、 :. :.:イ////    ,.-≠ ミ.、!.:,'   ,'.:. |
       \\:.:.:.:lYl⌒ヽ    /|  :::::::l! |/   ,': : :|     国家秩序の保安を司る内務人民委員が間違ったことを
         l\\八 フ:ノ   ′ フ__ノ' ,'    l.:.:.: :|     行っていたのなら、それは深刻な党批判を招きかねないからです。
        |ハ *ミ ,,`´       '' .イ  *|.:.:. |
.         ノハ  >.....__冖_ <:八     い、ヘ     ヤゴダは内務人民委員を解任されましたが、
      r 彡.:.:.,'     !:.|「≠介トn,、リ≠、.:\    \\\   すぐに別のポストを与えられました。
    <-=≠:/     ,'.:〈チ_/小.シ〃゙ ト、У.:.ハ.     \<
   /-=/     /.:f癶=キト込、/:.:.:.〈〉ー-ハ  ※  ∨\
    >-´  ※ //xタミⅩ彡:::ム|:.:.:.:.:.:〉.:.:.:.:.:',      ∨.: \
    ̄|>x、._/-_j斗'"ハ:::ハ:::/|.:.|:.:.:./\ .:.:.:.|___/\.:. /


【補足終わり】





53 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:20:46 ID:fID/Dd2.0




      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      /   ,∨∨∨∨∨
    /  /   /   \ |     同志セルゴ、ピャタコフの件は災難でしたね・・・
    |  /    ,(・) (・) |
     (6        ⊂⊃ |     でもご心配なく。俗物のヤゴダがいなくなり、
     |  U ___l_,|     エジョフが後任についたのなら事態は好転するでしょう。
     |     \__/ /
   /|         /\



       {  ノ \ \{{: /ニ=-  ヽ、      }`{  {
.          Y /アヽ\_ノ :/ニニ/    }:   ,  ⌒ヽ、
         ri//⌒ヽ __ノニニ/     ノ  /    ,.:⌒
.     ,ィ从{ff/⌒ <三三/    /   {ixー=:<
   ‐=f′ / 〈    /  ヽ{{i  ,ィ尨。o   __`ヽ \
 f´ 〃  ,:   {`㍉{、   .ハ{i尨',ィ≦ O  \ `ヽ ノ
,ィ{   i{ ,  f     》ム斧ミxィ三三ニ   _人_   〉 _ノ
/ハ  {{ {  { ,ォ=ミ{ }/:::: /=ニ三三ニ  ヽf  _,イア´  U        そうであればいいのだがな・・・
i/ハ Ⅵi才"   Ⅵ::::::;イ=ニ三三ニ _ノ{_   /V     ,ィニ三
////≧ィ'      }ム:::{=ニ三三ニ=:`Y   /{/  u   ノ三二ニ
//////{、   __ノミji人:{ ニ三ニ=-   ̄`ヾf`ヽ.    ,ィ三二ニ
//////ム__  ̄ _.ノ   》'"´      /7 :}  ノ {/三二
//////ハ    ̄  ,ィ示{     \   //  ノ⌒  ノ三二ニ
///////ハ     ,ィ劣/人 `㍉、 ヽ  /  ‐=彡三二
////////ハ.   ff//////ミ ー=ミ_ ,イ  ,.イヽ辷三彡'´
/////////ハ,  {{///////ヾミ=-' ー==彡'
////////彡'  マ////////////////≧=x   r=ニ三三





55 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:21:31 ID:fID/Dd2.0




好転するはずがなかった。
内務人民委員に就任したエジョフはマレンコフとの連携を強化して経済部門への粛清を拡大していった。



       _,,:-ー''" ̄ ̄ ̄ `ヽ、
     ,r'"           `ヽ.
 __,,::r'7" ::.              ヽ_
 ゙l  |  ::              ゙) 7
  | ヽ`l ::              /ノ )
 .| ヾミ,l _;;-==ェ;、   ,,,,,,,,,,,,,,,_ ヒ-彡|
  〉"l,_l "-ー:ェェヮ;::)  f';;_-ェェ-ニ ゙レr-{     経済部門における高級職員のうち
  | ヽ"::::''   ̄´.::;i,  i `'' ̄    r';' }     約2000名に経歴上の「汚点」を確認。
 . ゙N l ::.  ....:;イ;:'  l 、      ,l,フ ノ     すでに1000名以上が逮捕されているが、
 . |_i"ヽ;:...:::/ ゙'''=-='''´`ヽ.  /i l"     これではまだまだ不十分か・・・
   .| ::゙l  ::´~===' '===''` ,il" .|'"
    .{  ::| 、 :: `::=====::" , il   |       敵はもっともっといるはずなのだからな。
   /ト、 :|. ゙l;:        ,i' ,l' ノト、
 / .| \ゝ、゙l;:      ,,/;;,ノ;r'" :| \
'"   |   `''-、`'ー--─'";;-'''"   ,|   \_
    :|     `'7"""""ヽ       |



さらに逮捕されていたピャタコフ、ソコリニコフ、カール・ラデックら元左翼反対派残党をひとくくりに
「反国家トロツキスト並行本部陰謀事件」をでっちあげ、二回目の「モスクワ見せしめ裁判」の開催を決めていた。





56 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:21:57 ID:fID/Dd2.0




そしてやる夫は、ブハーリンとルイコフへの罪状を一時は取り下げながらも
エジョフらに二人への密告と捜査を進めさせることで、元右翼反対派への憎悪世論を煽り立てた。



            /                \
              /                   ヽ
          /   /   / /           |  ∧
            '    l    / /,  -―    / /|  ∧
.           |   l |  |´/        ィ ,.l||| ∧
.           |   l |  K_  、―‐'´//|||| | トヽ
.           |    ヽ.|  | 沁tx、\‐ 彡 ´_/イ/||v|
.           |      \ V弋z^ヽヽ l  ィケアテへ,' ,' ハ|
.           |       ト\__,rッ={i≦ィ/`ソ./l/ ノ    ブハーリンとルイコフが
.           || |   |   |  `      ゝ=/=イl//
.           || |   |  |      ´/ /  {        トロツキストと協力関係にあった
.           リ |   | |  l、   ¨二 ` /  |
          `ヽ  | |  |、> .   イ | | |        というのは限りなく事実に近い。
               /\| |  ヽ\ 厂\{ { | |
            /\ ヽ|、 l | 〈| |    \  | l.|        証拠を固めなければ・・・
       _  ´     \ 丶N 八ト、    /lVl N
       /          \  ∧└、ヽ. ムト l /
.     /           ヽヘ ∧ l V 〉 ヽl' ー 、
.   /                 V∧ L..j∧ヘ    \





57 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:22:37 ID:fID/Dd2.0




   ――― 1936年12月4日、中央委員会総会

                                            /   ./
                                             /   /
‐-、_                                            /  ./
      ̄"''ー-、_                               /  /
__         ̄`ー 、                           / /
__`―----、_━     ̄"'ー- 、______________/ ./
 [二] ̄゛ ̄`―‐ニニニニ==―--、_━ `ー‐ ┌―――――――┐||||/__
          (ニ)   (ニ) ̄ ̄  ̄| ̄llll|||||              ||||||||   |
                 「 T~|  |  ||||||||              ||||||||   |
                 | | |__|_|||||||└―――――――┘|||||||___|_
――――― '" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~| |,-|~~~ニ二二二二二二二二二二二l、  |
-、,-、 ,Y  =========================
 |   二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二
   [   ] [   ] [   ] [   ] [   ] [   ] [   ] [   ] [   ]
  ,,,,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,, ,,,,,,,,,,, ,,,,,,,,,, ,,,,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,,,,,, ,,,,,,,,,,,,,
  [,|,,,,,,,,,,|,,] [|,,,,,,,,,|,,] [|,,,,,,,,,|,] [,|,,,,,,,,|,,[|,,,,,,,,,,|,,][|,,,,,,,,,[,,|,,,,,,,,,,|,] [,,|,,,,,,,,,,|,][,,|,,,,,,,,,|]
  (    )(    )(    )(    (    )    (    ) (    )(   )
::l´ ̄ ̄ ̄`l l´ ̄ ̄ ̄`l l´ ̄ ̄ ̄`l l´ ̄ ̄ ̄`l l´ ̄ ̄ ̄`l l´ ̄ ̄ ̄`l l´ ̄ ̄ ̄`l::
::|::..    ..::| |::...   ...::| |::..    .:| |::.    ..:| |::.    .::| |::..    ..::| |::..    ..::|::




               /::::::::::::::::::::::::_::::::::::::;xヘ:::::::::::::..、
               /::::::::::::::::;:::::::/::::::::/::::::::::!::::::::::::::ヽ
             /::::::::::::::::/::/:::::::::/::::::::::::::::}::::、:::: ヘ::::ヘ
             .i:::::::::::/::/;イ:::::::::/:::::::::::::::ノ::∧:::ヘ:::i::ヘ::::ヘ
             l:::::::::::l:::l/:::::::/:::::::::::::::; /::/ V::::l:::l::::l:::::::i
             |!:::::::::|:/:::/::::::::_:: - '´,.イ/   ヽ:|:::!:::|::::::::l
             |!:::::::l::!|::ムr‐'=z-x.._,ィイ ,.....z‐'''"リ!:j:::|::::::|l:|
             |ヘ:::::ヘ:V´、で妁ミくヽ  /´x'iチ妁'7'|:::/:::::リ |!
             |:::ヘ::::::::ヘ ` ̄   ,レ勹i{,  ` ̄ノ ノ/::::::/./    先の裁判で処刑されたジノヴィエフ、カーメネフらの
             |:::::::ゝ、:::::ゝ、..ノ _ノ'   ! ヽ_  ...ィ///イ     トロツキスト=ジノヴィエフ合同本部事件に次いで、
             .!:::|:::|::::::|`ヽ     r /   `  /リ}:::/:::|     我々の捜査により新たな陰謀が暴露されました。
             !::|:::|::::::ヘ      __ _      {//:|::|::|::|
             |::|:::|::::::|_:ヽ     ´ ‐ `   .イ´|::|::|::|::|     それはジノヴィエフら「合同センター」の他に
             |::|:::|::::::|:|:::::|ヽ        イ:|:::::|::|::|::|::|     ピャタコフ、ソコリニコフ、ラデックらからなる
             .!:|:::|::::::|:|::r:t.._ ` 、__ イ  |、|_::ノイ:|::|::|     「予備センター」が活動していたという事実です!
              !:|::::::::::|:|::!:.:.:.:`¨:.:.:.:TT:::::¨´::|´:.:.:.:|::|::::::!
              |::!:::i::l::|::|:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|::|:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:|::|::::::|
              t::|:::!::!::!:V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|::|:.:.:.:.:.:.:ri:.:.:.:|::|:::::ノ





58 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:23:53 ID:fID/Dd2.0




             _ -―……―- _
.         .  ´          ` 、
      /                \
.     /       /        、  ヽ
.      /        / //    /  ヽ ∧
    /         /'´/  /  /  . | ∨ ∧
.    ′    .  //  /   /  | |  |   ',
    |   /  /  l'  /   // . // . /| ||     これは合同センターよりも遥かに危険なテロ組織でした!
    |  ' ' | | |//   // / ィ /| /┤ ||
    |//  | | |/ /∠、 彡 ´///∠イ l, V     この予備センターの構成員たちはピャタコフを初めとして
    l//  / | | |/代汀ヘ≧='彡ィfjアノ/ .イv |      経済・産業部門の現役高官らからなり、
    | l  / | ト l|`{  ̄   ´}__,_{ ̄イイ l| ,l |      実際的に多くの破壊工作を産業分野の現場で行っていたからです!
    | | ′| ∨ゝゝ    rソ⌒V` / イ|l|/
    l || | ヘヘ\   ̄  - / イ /l/l/ノ      ピャタコフは攻撃の標的とした労働者を
    `l|| {   ヘヽ   ,. __¬/| | |/ ノ       「羊の群れ」などと軽蔑していました!
    | | |  ヘ ||ヽl> .   / |!||
    | | |   ∧∧ヘ \/  ̄l   | lヽ|
     ゝv∨  ∧ ヘヘ ∧  |   | | ト
     Vv V  ∧ トヽ{   |   | | /





    (⌒⌒)      (⌒⌒)
     川        川
    (Д´) ∧_∧ ∧_∧        ひでぇ野郎だ!
    ─ノ⊂(Д・ #)、(Д`∧ ∧
    ┌ <   (^ニ  /l  .(Д゚# )   人間のクズどもめ!
         (_┌ (_ 凸ニ ○v
          し  l l  l \       殺してしまえ!銃殺だ!





59 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:24:36 ID:fID/Dd2.0




    , r ' ⌒ ヽ、
.  /       ヽ,
  /      ,,ヽ、_ヽ
. |    __,ノ 彡(○ )
  |   (○ ) 彡  |
.  |        入,__)     ピャタコフだけじゃねえぞ!
  |.     ゙'ー'´
.  |      ゙ヽ、__ノ      ブハーリンたちはどうするんだ!?
   ヽ、       ノ\.
  /::ヽ、_   /ノ:::::|
. /:::::::,::::\ゝ、◇ノ::::i:::|
. |:::::::::|:::::::::\¶/::::::::|:::|
. |:::::::::|::::::::::::::::|::::::::::|:::|
. |:::::::::|::::::::::::::::|::::::::::|:::|




: : : | : : | : : : : :/: : : /: : : : : : : : : : : _, : :':´: : /   /: : : : : :/   __」: : : /: : : : : l
: : : | : :|: : : /: : ∠: :-‐: : : _: : -‐: ´_ ..  ' ´  /: : : : :∠ -‐ ¬′:〃: : : : : |
: : :|: : |: : :/: /_: :-‐:_: 二 : -‐≪´        /: : : : :_;斗孑≠テ': : :く:} : : l : :!
: : : : : : :l: :/: 厶斗¬二托恭トミ丶`ミ==-‐'/: : _.. イ廴笊{′/ : :/ヘヽ: :|: : |
: : : : : : :∨ / ∨ 、 い込{‐ワ   \  ヽ /:,  '´  / 辷_ク / :,〃: : / }: : | : :,′
: : : : :l : : ヽ{ヘ._」  丶`二ニ´ -‐    ∠:イ   __/ -‐‥ ¬'//: l: :/ /: : :|: /
\: : : ヽ: : :ト-┤                 _」___/ __7⌒ヽ     / : :レ' イ/ : /}/
: : :ヽ: : :丶 {   、            / 厶 -‐ ]┴、  }   /:_/ィ: 〃/ '′      ブハーリンとルイコフら右派も同罪です!!
: : : :l:\ : :い   \            〉'′   /   廴'┐_厶.イ: :l:/イ
: : : :l: : :\: :\    丶、      _/      {  -‐{  ∨: } !:| :|: :|          奴らはソ連の社会主義経済を
: : : :l: : : : :l:ト- `=-     ̄ ̄ ̄          `、  `、  ∨厶{ :|: :|          イギリス・フランスらの企業に
: : : :|: : : : :!{                 -  , ヘ   \_ _ヽ `ヽl: :|          売り渡すことを計画していた!
: : : :|: : : : :い、                       '′ }  ‐ ¬  `}  \{
: : : :l: :l : : :|: :|\            _ -‐ ¬   /    }   廴 -‐ヘ         合同センターと結託して政権を簒奪し、
: : : :|: :| : :| |   丶、   , ⌒ヽ   '´-‐ …'´  ,〃     ,    {、      }         その後英仏に対して門戸を開くことで
: : : :|: :l: : : |: :|    丶、{    ヽ -‐‥   / /    ,′  l }    ム        外国資本を招きいれようとしたのです!!
: : : :|: :|: : : |: :l`丶     `、   `、   /{ /    {    ∪    {  ヽ
: : : :|: :|: : : |: :ト、  \____」    ├-< /∨      }    {    |   }
: : : :|: :|: : : |: :| \  \  }      {   V  {   {  {      }     {   {





60 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:25:09 ID:fID/Dd2.0




                 /: : : : : : : : : :,: : : : : : : : : : :\
                /: :/: : : : : /: : |: l: : l : : : : : : : : ヽ
               ,.' : : /: : :/ : /: : /|: V: :ゝ: : ヽ: : : : :∧
                / : : /: :/: : :イ: / _>、ト、: :ヽ\ l : : : : ∧
.              / / : |/ : /, ', '.ィ≦zャ¬ヘヽ:\\: : : : : ',
            |: |: : :|: :r≦彡'´{ケィヤ乏ノ }|: :` ‐\ ニ=‐: |       中央委員会の同志諸君に
            |: |:l : レ沁厂i}==ゝュ__/ | | : : : : : : : : :|       私が明言できることはただひとつ、
            |: |:ゝ ゝ二.ノ         | l: : : : : : : : : : |       反革命のトロツキストは
            ヽ|\\三ゝ 、        | |: : : |: : : : : |: |       根こそぎ取り払い、肉体的にも
               ト ム  `,........._      | |: : :|: : : : :|: |       全員絶滅させねばらないということです!!
               , ‐''´\  ‐       | l: : : :|: : : : : :|: |
              / , \ ヽ      /| |: : : l|: : : : |: l: :|
            / _、ヽ  ) }ゝ_ .  ´ / |: : : ||: : : : |: |: :|
          /    lノ / /イiノ∠┤   //||: : : ||: : : : |: |: :|
           , '    ノ'‐f´ァ'´l_/   | // ||: :|||: |: : :|: j∠
        r<  `T7 _  イ    / ,| l/l : | : :| :|| l|_ 斗 彡¬__
       / \_'_/_」/  」  〃"´j |レ|: :|: : l_」l斗z彡' / /`ー、
        /     // /  <   / ┌一|' |:/L:ィ  / -‐/
      ,     // ∠  イム  {`ヽ |   l′ l/ / / /
    /     ' '     ' ∧| 丿/   / /     /     /
   /{      | | /   l { ム.|//   / /       /    /



     ┏━━━┓                               ┏┓┏┓
     ┃┏━┓┃                               ┃┃┃┃  ////////
 \   ┗┛  ┃┃┏━━━━━━━━━━━━━┓┏┳┓┏┓  ┃┃┃┃   /////
\\\    ┏┛┃┗━━━━━━━━━━━━━┛┗┻┛┃┃  ┃┃┃┃   //////
\\\  ┏┛┏┛                         .┏┛┃  ┣┫┣┫ ///////
\\\  ┗━┛                          .┗━┛  ┗┛┗┛ ///////
\\\\                                           ////////
\\\   [|,,★,,|]    [|,,★,,|]  . [|,,★,,|]    [|,,★,,|]    [|,,★,,|]  .  [|,,★,,|]   //////
\\  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ///////
\ [|,,★,,|]    [|,,★,,|]    [|,,★,,|]    [|,,★,,|]    [|,,★,,|]    [|,,★,,|]    [|,,★,,|]  ////
 ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ////
(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ )) ///
   く  >     く  >     く  >     く  >     く  >     く  >     く  >     //





61 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:25:51 ID:fID/Dd2.0




                           ____
                        ´        >―- 、
                    /        /     丶、
                 /         /          `ヽ、
                   /       /           |  ヽ
                 /      '              |   '
              /      / 〃 〃 ィィ      |  ′
               |         {  {,.ヘ 仏ィ´~`'<,ノノ  ノイj   }      私はかつて党の方針に反対した事実を
               |        人,イ   {:::::...::::::::::::`ヽ/ 川  ハ     否定はしない・・・それは真実だからだ。
              |       八ト从:::::::::::::::::::::::::;=v彡イ    }
                   |          `ヽ `   __;;;ノ⌒{:::`く}   ノ     だが、合同センターや予備センターのような
              /|           ノ   `゙゙゙     乂:::::Уノ′     反ソ的テロ組織、破壊工作者と関係があったと
            _ ノ              ゝ し       - ノ::::/´        みなされるようなことは一切していない!
             _`斗…=≡ニニ=¬^    <⌒丶_  ヽィ
            [  -‐=ニニニニニニニニl |        ` ァ′ 人ゝ        どうしてあんな連中と私を同一視できるのだ!?
              |ニニニニニニニニニニニ7 /、       ゙   / ノ^
           _,|=ニニニニニニニニニ7 /  丶、     /i⌒^          私はずっと党内にいて、貴方がたの横で
        _/ニニニニニニニニニニニ7 /``丶、:::..___/ィ汽二二ニ7      働いていたじゃないか!
        ニニニニニニニニニニニニ7 /       〔,ィノ)仏ィニニニニニ/ /       正気の沙汰とは思えない!
         ,ニニニニニニニニニニニ7 /        〉ニニニニニニニニ/ /
          ニニニニニニニニニニニ〈 〈 丶、     /ニニニニニニニ;;//



     ( ⌒ )
    ( \\       /
          , ─── 、  /
      ゝ/_____\ _
     /  |  / ⌒\/⌒ l
      l  |─|    ・|∠ |
     Y⌒  ` ー  ヘー ヽ        わからないぞ!
     ヽ_   /⌒ヽ___つ
        l |    /    _       ジノヴィエフたちだって同志面して
         >、 二二二)   | )
   (( /  \/\|──/  二)    党に居座っていただろう!
    /  l       |__|、 (_ノ
  /⌒ヽ/|      |





62 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:26:25 ID:fID/Dd2.0




     /                   _      `,
      !                    `ヽ     l
     /                       !      !
    /     /  /                 、l , -     ',
   l     l   !,ィ               ノ'       ',
   ヽ     !  !l!             , , ノ        /
    ヽ    ト、 ヽ  ! /, _,.-_ ,ノノ ,ィノl'ヽ/,       ,'
   ,...ノ'   | ヘーヽヽl(/ l'´ ≧ミ、_ ,ノ' ! リ! l       ト!_      私に対する非難には
 r'´イノ    ヽ リ   r'`    ヽヾ歹、=、ヽ ,_リ=、  l  ノ l `
 !( ゞ,.     ´r、 r'       ̄` ヽ  /ゞクイノ /ノ ノノ        一言の真実さえ存在しない!
 }ヽ、`` ー- _i´, ノ'.lヘゝ          /  /ー '´_, '´
 l   ̄` ー- 、`ヽ、l,_   U    _   l  / ,(´            エジョフは、カーメネフが私と会っていたと
 !        ` ー-、ヽ       ヾ=-' ,.', ィ、丶、           言うが、その時間と場所を特定するように
_,ゝ          _レ'-―- ..,'' ―=- ,イ(   `ヽ\          言ってもなにもできなかった。
           `iーrヘ ̄`ヽ、` ー, - '一ー- 、   ヽ.ヽ
                l lー-ヽ _, -`´ , --‐_レ‐- `)  /∠、       そして今はカーメネフに聞くことすらできない・・・
                | | ヽ./ r=ー'―‐'´-、  ̄ `ヽ///ニ,
              ! ト.ノ   , ―---=、_ヽ l / \ ヽ
            ヽ〉′      , - 、 `i.| !/   〃,.、!
               /        '   ヽ_!!l'    ヽ'へ\
            /              `ヽ      ヽヽ



                 >   ̄  <
                /         \
               ′ , 、     , 、   ',
                    ′ /  \ | /  ヽ  |
               l 〈     ` ´     〉 |
               | /   、       ゙l l
                  r、 l 、_-ッ 、ヽ〈 ,r ッ-ァ l r、
                  l.Ν    ̄´'1 ー ̄  レ .リ       そうだ。
              ヽ ハ      |     | ./
               `l l   `ー '    /|´        君たちがかれを
                   | 、  ー一   /|
                  f|  \     , ′ト,        銃殺してしまった!
                 |ミ≧、_ヽ __/,ィ#彡|
              _ イ ┌゙ミミtzrィ彡ラ'7 ト、
       _ > 7 ̄ |〈  lニ `l l.| |/´_フ  .l l`ー‐、





63 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:28:15 ID:fID/Dd2.0




        _____
      / , へへヘ∧ヽ
     |  |     \l l/ |
      /⌒    ( . ∠ l       ブハーリンたちはジノヴィエフとの関係など
    ヽ_       (二) ヽ      身に覚えがないと言ってるが、そうは問屋が卸さねえ。
     l   ______つ !      右派とジノヴィエフの結びつきを示す証拠があるんだ。
      >、 \|_|_|_/ /
    / l ヽ、 ____ /、       1934年、右派でブハーリンの仲間だったトムスキーは
   /   ` ー──‐─ ´   \     ジノヴィエフの別荘を訪れた。
  / |   __(^|      /⌒ ヽ
 /ヽ| (二   ヽ    /    |    茶を楽しんだ後、二人はペットにする犬を選びにいったらしい。
       l     \ /\   /    たいした友情じゃねえか?
      `ー 、       ヽ /





64 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:28:39 ID:fID/Dd2.0




       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( ●)( ●)\      ほぅ?面白い話だお。
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     (  (      |    どんな犬を探しにいったんだお?
  \     `ー'      /    番犬?猟犬かお?



     ___
    / vvvvvvvヽ
   | |   ノ  ヽ|
   |__|    ^__^ ヽ          さぁ?そこまでは分かりませんでした。
   (d     ⊂⊃ ヽ
   !       l   !         どんな犬でもよかったんじゃねぇですかね?
   (\ ___ 3_./    /^.l
  / ` ────'ヽ__ /)ヽ |   なにはともあれ、奴らは四つ足のペットが欲しかったようで。
  /          ヽ   |  ノ
  | |   |/\/\/\|-─┘´
  | |   |.        |





65 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:28:59 ID:fID/Dd2.0




       /ミミ,、ミミミ,.ヘ.ミミ,.ヘミミミ,ミミミi、
       ,ヘミ/ \/   ヽ/  ∨/ ∨ミi.
.     .″ >ヘ             >ヘ ∨ミ.
     i ./  \        /   〉. ∨ミ
    , ┤     , ‐\  | |  ./ ヽ     ! , ー 、
.   / .|     !  ・ \! !.イ ・   i    レ   .ィ i
___i hj    、   ノ:::::::::::::、  .ノ       ,{:  i__
   ∨´   ::::::::::::::〃 ̄ ̄ `ヽ:::::::::::::      ij: リ
   ′       、      リ     /{    /
    ! / ̄ヽ      `ーt一 ´    . <   !   ,ノ        きっと・・・
   !{          _ .  -= ´    リ   } !
   、 `ー-- -‐ =_´    . -‐= ‐ 、 .′ ′!        自分たちのお仲間だと思ったんでしょうなぁ。
    i 、 \   .<   >´      〉'   / /
   ∧\  ` (                /  / /
     ヽ \  ` <         > ´  /   /
      \ >  . _` ¨¨¨¨ ´ _ . <  /
       > .    ̄ ¨  ̄    _ . <
           ` ‐- ---一 ´



   \ どっ!!  /   \ ワハハ! /
     \     /      \    ∞
 l|||||||||||||| ∩,,∩ ∩,,∩  ∩,,∩ ミ∩ハ∩彡
 (,    )(,,    )    ,,)(    )(    )





66 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:31:50 ID:fID/Dd2.0




ブハーリンとルイコフに対する非難は加熱していった。
彼らの運命はすでに暗転しつつあり、逮捕が間近に迫っていることを匂わせていた。



      /
      /    l
    /    ハ |  、
    /     | | |   ヽ
   |    いl ヽ,l\_ \   \
    | /     ト'  __ , --`ー `ー、 __ゝ  l l
   |!   ,-=、__f´::,.- =‐'´:.:.:.:.:.:.::::::)  ノノ
    l   |:::::::::::::::::::::::´ ,‐tァ‐=-  `r‐イ    /
    ヽヽ|:::::::::::厂ヽ:::::. : ̄:.:.:.:.:.:.:.:::/ {      ト、
     \!::::::::/   \:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   ヽ     | \          (私はジノヴィエフとは違う・・・
        l::::/       ヽ---一 '   、_ノノ   ト、 ハ l
       ヾヽ、_ -          、_フ′/ / _/ヽ!        虚偽の罪など絶対に認めないぞ!)
            ', __          U  ヽ_∠ノ /  ヒ´ノ
            ', ,-―‐--  し           /`l
            ', --     ____    /  ヽ、
           l      | r――- ニニニニニヽ
              l        | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ ノ |
   r,――‐ ´ ̄ヽ__ ‐┤l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::―‐/ ハ
    {{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|   l ||:::::::::::::┌────‐┐ヽ! ヽ、
   ヾ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_ノ   l  | |::::::::::::: |=<>ニ<>ニ<>=|::::::::::::ノ  ,
     ヾ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ_,.r┴┤|::::::::::::└――――‐┘:::::::ヽ__ハ
     ヾ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ!  ', ',::::::::::::::::::::::::::::, -――::::::::::::::::::::::´<
      ヾ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|   〉〉:::::::::::::::::, -'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l





67 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:32:23 ID:fID/Dd2.0




1936年12月、ブハーリンへの批判が危険な高まりを見せる中で、中央委員会は新憲法草案を採択。
                ス タ ー リ ン
1936年憲法・・・いわゆる「や る 夫憲法」が成立した。



        / ̄ ̄ ̄\
        /        \
     /   ─   ─  ヽ
      |   (●)  (●)  |
     \   (__人__) __,/
     /   ` ⌒´   \
   _/((┃))______i | キュッキュッ
.. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
/  /_________ヽ..  \
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



           / ̄ ̄ ̄\
         / ─    ─ \
       /  (●)  (●) ヽ
        |    (__人__)    |
        \   ` ⌒´  __,/
        /            \
       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  トン
    _(,,)   新 憲 法   (,,)_
    /  |            |  \
  /    |__________」   \



普通直接選挙、労働権、信教の自由を謳い、当時世界で最も先進的な憲法のひとつであった。
しかし、自由と平等の憲法は、流血の時代の布告となってしまう・・・





68 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:32:48 ID:fID/Dd2.0




   ――― 1936年12月27日、グルジア首都チフリス。



                .____________
               /―∞    Ψ ⊂oO⊃  \
               / ―∞ ̄ ̄ ||  ◇⌒:θ:目 \
              ./ / ○ ∞.⊂⊃ \△三@\.  .\..
                 /日 _..○○_   '''***  ̄ ̄ . 日\::...
             / '''/\_/_<****>  ⊂oO⊃\:::::.....
            ./  _ __ '''''_ _:__:__ _ _ __ _ \::::::::.....
            | ̄.:  ::.  ̄:  .:  . :. . :. . :.  :.  :  :. . :. ̄|::::::::::::::.....
           /  ;::i i::.  .::;i .::i   i;::. .i;:.  i;::. i;:.  i::. .i::. i;::. .|:::::::::::::::::::::::::::::...





69 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:33:17 ID:fID/Dd2.0





          ____
        /     \
      / ⌒   ⌒ \
     /   (⌒)  (⌒)  \
    |      __´___     |         こうやって一緒にランチを囲むのも
    \      `ー'´    /
    /            ヽ          久しぶりですねぇ、同志ラコバ。
   / ア ̄~〉==ニ⊃      ヽ
  // `‐‐r´           マ  ヽ
 /   /           マ   ヽ
 |___/    _ _ _       l    }
  | , - rイ〕:.:: .: .:.:.r久=、- 、} r=、ァ/
 ̄ ̄〈 く:.:.:....:tァ:.:.::.:..c:.:ヘ _フ し Y  ̄ ̄ ̄
     >- 二二二二二 -く._.ノ

グルジア共産党第一書記
      ラヴレンチー・ベリヤ

                                                         ヽ 、________ ヽヽ. 、
                                                       _,, ..≧::::::::::::::::::::::::::ヽV::ヽl
                                                       ,.イ::;ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`=イ/
                                                       //::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<
                                                      〃::::::::::::;イ//リ|:/|:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                                     ∠::::::::从(     l/ !::::::::::::::::::::::::::::::: ヾヽ
                                                      /イ∧` 、,,ィ≦=rヽl/ル::::::::::::::::::::::::ヾ、
                   ・・・どういう風の吹き回しだ。                    〈_≧r=!:::::::ノ    リ:::/ヽ:::::::::::::lヽ
                                                        !:::::/   ̄       lん) !::::::::::ル
                   お前が俺をしつこく飯に誘うなんて。               `l〈 _       ,..  ( ,.イ:::::::::::(
                                                         ヽr__      /  l´ !::::::::从ヽ
                                                    ___ ,....,..._ ト-`¨      ノ  ルリ人ヾヽ
                                                  r‐"_l_辷〕_}illi、   ,, -   ,,..::::"::::.. | __
                                                  f,! └‐r‐‐/ / ^vllllllr''"  ,,...::''::::::::::::::::::::/´  /`!
                                                  H__ノ__ノ__ノ /   r=`-''::::::::::::::::::::::::::::/  /   ヽ
                                                 {   ∨   l    ヽ:::::::::::::::::::::::::::::/  / ,. "   \
                                                 l、   l   /    / l::::::::::::::::::::::/  / /
                                                 /`'ー― /     / /:::::::::::::::::/  / /
                                                /     / / ̄/  /:::::::::::::/     /

                                                       アブハジアの支配者 ネストル・ラコバ





70 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:33:57 ID:fID/Dd2.0




      / ̄ ̄ ̄\
    / _,ノ  ⌒ \
   /  (●)  (●) \     なにをおっしゃいます。
  |       、 ´      |     今の私があるのは貴方のおかげ・・・
  \      ̄ ̄    /     恩人と食卓を囲みたいというのが
   ノ           \     なにやら珍しいことですかねぇ?





              、_刈从WWWW从从≦二ィ_,_
              、_x≧W从从从WWi{从从从i从ア
                ィW洲从从}i州从ハ从从}Wkく :.
             、_j从WWW{i从{     , 、_  `}从 :.
             洲W从从リ{ィ=≦壬r示≧=代 :
             刈洲W{iレ'´ 込Z弐シ {Z弐近{ :.
              イ洲r=i{|        _ 冫    } :.
                 }从{ V|i 、_       ′   .' :.       今まで散々俺を冷遇してきたお前が
                 从 {_  `     .ィこ>   ,'  :.
                }ト、_         `二   /   ::.       恩人と飯を食いたいだぁ・・・?
                    从汽     ,ィi斥仆v   :.:
                 洲 ` ー‐- {i」从」シ{   .:.       ・・・明日は大雨だぜ。
                ノ]}           |   .:
               /.::i」   、         j\_ : .
           _  -‐ {::::::::{、   、     / {ヽ::ヾヽ、
         _/    |::::::::| \   、   {  ハ::.:.:.. `丶、
    _  -‐ ´        |::::::::|  `ヽ、__     /  ',:.:.:.. i   ``丶、
  /            |::::::::|      `ヽ.  {_    ',:.:.:. i      ヽ、
 /                 |::::::::|       l |  ||!   }:.:.:.::!        \





71 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:34:28 ID:fID/Dd2.0




          _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
         ,r'        \
        / ⌒         ヽ,      ・・・・・・まぁまぁ、
          ( ●)   `―    ..i      過去の不幸な通過点については
        i.      ( ●)    |      この際水に流しませんか。
          \ _´___       /      ああ、そう言えば。
           \`ー'´   __/





72 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:35:06 ID:fID/Dd2.0




         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \     同志ラコバ、
    |     ___'___      |     われ等が最高指導者同志やる夫から
     \    `ー'´    ,/     なにやらモスクワへお誘いがあったらしいですねぇ・・・
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ       いや、風の便りに聞いたのですがね。
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |      どうにもヤゴダがいなくなるNKVDの
   /    / r─--⊃、  |      高官ポストに誘われたとかなんとか。
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



                  、_,ヽ\汁|ヽヾ_,_,
                `久匕卅从W勹災七
                    乂从W仆幵卞从Wミ
                    YヾlVlN从マ大W从ダミ
                      ノ   ∨r 、卞卅从从
                r}-―==ヽ)}从オミ仆匕     (けっ・・・
                `l    |i/ 'W从卅冫
                 ',       W从彡'       もう知ってやがんのか)
                  ',     ,  ,r'´ ̄
                   """"ヾ//´///
                          l/´//////
                     /////////
                       //////////
                    {/////,r'´
                    ヘ//,r'´ ,r'´
                      )'´ ,r'





74 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:35:40 ID:fID/Dd2.0





                                     、_ト、\ 、
                                   ‐=.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ/l_
                                   、_ /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〈
                                 ,.イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                                ミ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ミ    ・・・ああ、そうだ。
                                     ).:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l    だが断ったよ。どうにも俺には向いてない。
                                    彡./|∧∧/ \∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}
                                  l         Ⅵ.:.:.:.:.:.:..イ     俺はアブハジアのちっぽけな
                                  `ヽ x-‐    . イ.:ハ./      土地を管理してるほうがお似合いさ。
                                  l三}={三7´  |/ }.八
                              _r‐、┐∨         / ヽ.:.ヽ _____
                              '  | | |⌒ヽ__       .     /:∧        > .
                                .:  |ゝ、」_lイ/ゝ‐   /    :/:::::::リ           \ _
                           /|   l   rイ/:::ゝ=イ     /::::::::/             /  `ヽ
                          /〃´    / /:::::::/‐ 、   ─/::::::::/           /       \
                         l /     /  ./:::::::/     ´  :/::::::::/                    ∧
                ______ l/     /   /:::::::::l      :/::::::::/          .  ´ ̄ \     ∧__
               /           . ´    /   .:::::::::::::|       :/::::::::/       .  ´          丶    ∧
                 /      __ /      /    |::::::::::::::!       /::::::::/   .   ´             ∨    :|
.                /       /〃      /     !∠三三≧ュ、 /::::::::/> ´        __ .  ──‐イ      :|
               /   r<   イ      /    //      \::::/./ ´      r<    /      \      |
.              /    :|      {      /   ://         / //  l     /     /        \   /
      ___ /     |    ∧    /   //           弋 / /:| /  /     :/           ヽ /
  / ̄       > .   /      \_/ //                 乂ノ ーl_/      :/



       / ̄ ̄ ̄ \
     / ノ    ヽ \     お、ほほほ。
    /   (ー)  (ー)  \    これはこれはご謙遜を。
    |      __´ _      |   いやしかし、同志ラコバほどの優れた管理者がおられれば、
    \        ̄    /    アブハジアの発展はまさに格別なものとなるでしょうね。
    ノ           \





75 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:36:20 ID:fID/Dd2.0




             ____
           /     \
         /  _ノ;::::::::⌒ \     美しい山並みと砂浜、まるで地中海都市のように
        / ;;;(◯)::::::(◯);;; \   豪華に整備された街並み、労働の汗水と無縁のようなリゾート・・・
       |      ,__´___ ⌒   |   そう、まさにソ連のなかに存在する別世界。
       \      `ー'´     /   貴方の卓越した管理能力により、アブハジアは貴方の「領地」となった。
        /          \    さしずめ「ラコビスタン」と言ったところか。




          、_/N从マ大W从\l ヘ卅从W勹災七災七
          乂;从l勹|\| \l    ヘW从ダミ从オミ仆匕
           ̄Y毛l\l  ヽ       \W勹災七卅从
               ヘl\l            , r '´
               ', ;;  /    , r ' ´
                ',;;; / , r ';;´''                   ・・・っ!
               j ,イ、'´
                  l //ハ                       てめぇ・・・
                 `lヽ//i
               `| ` '                       何を言いたい。
                    l
                l
                 l__r‐
                       `i
           _____ヽ==‐―            /
            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ l           /
                          `ヽ       /
                         弋ilililililililiツ
                       `'''''''''''´ .`ヽ
                                   ',
                                   ',





76 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:36:42 ID:fID/Dd2.0




             ____
           /::::::::::::::::::\
         /:::::::::::::::::::::::::::::\       モスクワで党のためにトロツキストを尋問するより
        / (:::::::::::::::::::::::::::::: \
       |    :::::::__´___::::::   |     浮世離れしたリゾートでワインを嗜む方がお望みかということだよ。
         \    :::::::: ̄:::::::  /
           / ::::::::::::::: :::::::::::: \      ネストル・ラコバ・・・・・
        |::::::::::::::::::::: :::::::::::::::::: |





77 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:37:25 ID:fID/Dd2.0




                   ―――――――― 、
             /::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :\
           /:::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : : : : :\
          /::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : : : : : : : : : \
           ./:::::::.:.:.:.:.:. : : : : : : : : : :             ヽ
        /::.:.:.:.: : : : : : :                   :.
         |.:.: :   ≧ニ=ミ ノ               |
         |:. :  / __  `V,                 |
         |:   /´  ( 0 )  Ⅵ :i|i:i|i: 廴≦幺=ニ二¨   .|       ・・・同志やる夫はアンタにたいそうご失望だそうだ。
         |   i{         川 li|il 从 ( 0 )    }i   |
         |    ≧=― ‐=彡       ミ´¨¨`=≦'゙  :::|
          .:.              ;;l              /
            ヽ.                        /
          /\.    ,_,.ィ≦三三三三≧ュ、_,    /\
        /          `~´          `~´.: : : : :.:.:.:.:.\





78 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:38:14 ID:fID/Dd2.0




1936年12月27日16時20分。チフリスでベリヤと食事を取った後、ラコバは突然の「心臓発作」により死亡。



         ,,..、._,ii、 -,,..-'';,i'   |;;;;;;;;;;;;;.;v―ーi;;,,v-ー'"          ,,-- 、
         ヽ./   `゙ヽ,;;;;__ゝ,, ..,,l゙;;;;;;;;;;./              _,,iiiニソ一'" : ii、
、             _,,ミ/゛  ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;゙‐'―― .... r;;;;ッr‐'''''"゛  .y、_
;ヽ、  .,ノ7       ヽ‐゛   ,r''゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,i‐'"         ヽ;.|
'''-、゙゙ア'"             {,゙二、,,-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r‐┘ : :lニ;;.         ゛
  ...l′   :l";二゙''''┐       ,l´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ-'''''-、           ['l、
._...   _.  ´ ,〉;;;;;;゙'ー、,  . _,._..ミ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;7            `゙"
;;;l゙   .ヽ;; ̄ ̄;;;;;;;;;;;;;;;;;.!  .l、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!                     _,,
.、!、   .,i┘;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ^'''"   ,|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,..;>ー'゙゙゙゙゙ヽ             ゙‐' |.l
..l;;;;゙ゝy レ;;;;广'L;;_..コ    l;;;;ン'ッ;;;;;;;;;;.,,.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;./  `''、_;;;;;;;;|        .,,,     . l、;゙¬.
. ゙'''''″ .ミ、;;;;゙''''l:゙'"  ` .、  `''" : l.;;;;;;;;;;l゙ ゙'<;,v、;;;;;;;;;;/'    .`''''"        !;;゙''┐    .゙'ー'"
    ,-シ、;;_ノ   . _, `    .tナ‐' ̄″ ∥ .`'―ー!llt;;. .'          !、;;;丿
;/  ,r./  l;/    '!┘            リ'i                       ´   ,,、   ,、
,! ./  ,i";;{_                  =!.!.l               ,i''';     .|;;;;゙゙''''''";;.l、
!     ゙L;;;;;゙>                    マ , 、,,,           `''".ィ;;-一'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
..,i¬―''>.l..、/゙    i'゙゙~゙゙゙'-|!!ゝ         i'''j  .!、,,;l,゙,,r‐ー、        `''-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ィ
: };;;;;;;;;;;'\_ ゛   .〈;;i ゝ、;;;;;;;;;.ア   ,......、   ,iミ;;/  ,r'''";;;;;;;;;;;;;} ._.. ;;i       .};;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
.l゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!     .,ン-. : '!''L,l゙    l.;;;;;;゙ゝ、,i''";;;;; ! !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; l!´二..,,,_,..--'''";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゛
.;;‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  l゙;l ,!;;;;/   .|'ヘ,    `''''''i_;;;;;;;;;i;;,゙  l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,! ゙'―'''''''^゙゙゙゙゙゙'l,,_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
..!、_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙!-゙;|,`''″  .,/;;;;;ゝ..r‐┐   i";;;;;;;;i┘  ゝ、;____,,/´        : ,ii;;,゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  .ィ";;;;;;;;;;;;;;;;;,,、;;;;;.! ---'''゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; !   .〔;;;;;;;;;;;;ヽ :lニ二'゙'';;.    .,.. -ニ=''"゛ ./;/''''i;;;;;;;;;;;;;;;;
.ー'゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∨;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    l;;;;;;;;;;;;;;;ヽ,  ヽ!      "'"     ..   . l-x,;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.;v ..,,,,、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙'―- -ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;゙'---、                "  .'|゙゙''、
.l´|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.ン- /     ゝ-..、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;¬';;ナ'             l7   l
;;;;;;.,,_.;;;;;;;;;;;;;/             |;;;;;;;;;;i¬ー-,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;{´                    !



ベリヤはラコバの体内から全ての臓器を取り除いた後、からっぽになった遺体をアブハジアに送り返した。





79 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:38:59 ID:fID/Dd2.0




あくる1937年1月、やる夫は地方幹部への攻撃を徐々に進めることを決め、
アゾフ・黒海地方の支配者シャボルダーエフとウクライナの大物ポストゥイシェフへの攻撃を開始する。



         ノ L
         ⌒
      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈○ ノ\   /\ ○〉ノ L
       ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ ⌒
       )    Y    (
      /γ⌒     ⌒ヽ\      同志シャボルダーエフと同志ポストゥイシェフの
     /  |         |  ヽ     一般党員に対するずずっ、杜撰さは看過できない!
     |   ヽ__人__ノ   |
     \     `ー'´     /     きき君たちは一般党員を不当に抑圧し、
     /     `ー'      \ |i.   その意見を封殺しているのであある!!!
   /            ヽ !l ヽi
   (   丶- 、         しE |.
    `ー、_ノ         ∑ l、E ノ >
                 レY^V^ヽ



     ( ⌒ )
    ( \\       /
          , ─── 、  /
      ゝ/_____\ _
     /  |  / ⌒\/⌒ l
      l  |─|    ・|∠ |        これは党内民主主義の
     Y⌒  ` ー  ヘー ヽ       著しい侵犯行為である!!
     ヽ_   /⌒ヽ___つ
        l |    /    _      二人とも自己批判したまえ!!
         >、 二二二)   | )
   (( /  \/\|──/  二)
    /  l       |__|、 (_ノ
  /⌒ヽ/|      |





81 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:39:22 ID:fID/Dd2.0





   (\___/)
 ( ̄l▼/   ヽ ̄)
  /  ●   ● |
  / U l ___\l        わ、悪かったモ~・・・
 /▲  (  。--。 )`\
 /■__ (( ̄)) >▲)     俺が間違ってたモ~・・・
 (___) (___/
  |. / ヽ   / ヽ        (予想以上に反応してきたモ~)
  |. |■|  |▲|
  ヽ |  |  | |



           _  /^ ̄ ̄¨¨¨ーrm,,
           i ^^´ \ \   \ ̄\
          _人ヾ\  \ \   \  `i
         ヘ   i \  \  `i    ヾ  i
        |三ミ   ||||\   i  |    |   |
        レ   ミ/:::::::::i    |  | | |  |  |
       〈   ;^::::::::::::::::::|| |  ||  ||||| | | | |       私は秩序を守るために、
        .レ/i::::__x≠x v | レ^,-三=テヽ//,/        党の権威を維持するために
        l(\ r´r´_土ヾ示~^|≦ミゞ"  || ノ        必要な措置を取ったまでだ。
        ヾヽ\rヘニゞ゚"` }t‐ー´\;;__/ |/
         \::|::\_:::::::_,/^|::: ::::::::: _ヘ .| \,,,...,,     このような批判は私には当たらない。
          ゝ.|:::::::::二:::::::;;;;;___;/_,,,ェヲ  .|\ \:::::
          /.∧:::::`ヾ-=;;;ー二二ノ´ /||\\\
     _┌ー¨¨/ ;;`\;;::::::::- ̄:::::"  /´;;;;;;| .;i:::::::::
ーー¨¨¨/;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;|;;;;;||||`"ー;;;;;;;_;;;;;;-"´:::   ||  \
__,,,../;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:::|:::::::::ヘ||||::::::::::::::,ヘ \::::::   :|;;;;;;::::::

ウクライナの大物党員・キエフの支配者
            パーヴェル・ポストゥイシェフ





82 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:40:16 ID:fID/Dd2.0




【補足】


          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_      シャボルダーエフもポストゥイシェフも
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\    やる夫が「封建領主」と批判する
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ     腐敗幹部の典型的な例でした。
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/     彼らは自らの権力を守るために
         | |{i t    _     / |     一般党員を党機関中枢から排斥し
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |     身内で高官ポストを独占していたのです。
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |



           ,.:-=;1―;1―;1―;1―;1,=;:、
           ミ              ゙ミ
           ミ      ★       ゙ミ \
         / ミ              ゙ミ   \
        V/::ミ;=========゙ミヽ   \
       //:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :',  `、ヽ ム>
.      /:i:: :: /:: :: :: :: /:: :: :: :: :∧:: :: :: :: :::i  } >/i´
      ,'::i:: :: i:: :: :: :: /:: :: :: :: :/ ∨:: i:: :: ::l  V/:: l
      ,':: l:: :: l:: _:: :: /:: :: :: :: :ム--+::-l―:: |   |:: :: |      結局、二人ともその地位を剥奪されました。
.     i:: ::l:: :: |:: :`''フ:: :: :: ,:: /    ',:: |:: :: :|   |:: :: |
.     l:: i:.|::..::|::_:: /:: :: : //     v|:: :: :|   |:: :: |      しかし、ヤゴダの処遇がそうであったように、
.     |::.l::.|:: ::|::/ニ_;; ;//  ====V:: ::,'   |:: :: :|      今まで指導者として賛美されていた幹部を
     |::∧:',:: ::V弋.:.:テ    ´ て:::::::o|:: ::,'   .|:: :: ::|      突然失脚させることの影響は極めて
     |::i ',:',:: :∧廴::ソ      こ .ン|::/,'   i:: :: ::.|     危険なものと考えられていたので、
     ',.i  }::ト:: : ヽ゛゛  ` _   ゜゜イ|/:,'   ,':: :: :: |     彼等にはすぐに別地方の高官ポストが与えられました。
      ',' .ハ::iヽ:: ::>ァ-------<´<:: /:,'   /:: :: :: ::|
       ∧ヾV>、:V/ | (ニxニ)  |: :',:: /_ -'''´:: :: :: :: ::|
       /:: L_i VX|: :|  ∧   |: : |:: :: :: :: :: :: :: :: :: ::ヽ
       /:: :: :: :: :: :: :|: └ ┘└ ┘: :.|:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::\

【補足おわり】





83 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:41:06 ID:fID/Dd2.0




   ――― 1937年1月23日。


 、_    、  、     _、-                             -、_   ,、  ,、
、, `'-、 `'-、゙'-,、-'´              ,、- '  ̄`' -、             `' -i'゙ ,、-'´  ,、-'´、-
 `'-、 `'-、 `i-'               /   、 ─ 、  \              ゙-i  ,、-'´,、 '´
   `'-─゙-┘               i゙  // ̄\\ ゙:              └-゙─'´
`' -、                        !  ;  | ´','','` |  ;  !                    _ ,、-
、  `' -、                    └-┘ \_/ .└-┘                 ,、- ' ゙  _
 `' -、.  `'>              | ̄ ̄`!     i´ ̄ ̄|                <゙   ,、- '´
,-、   i`' T゙              ├─┬''''''''''''''''''┬─┤              ゙T '´!_,.,_ ,、.,,
i/ソi~'),!-、.i_               | ;;  | ̄ ̄ ̄ ̄|  ;; |             ,...,,.-,!c,=!i_・i.!_;,ノ
⌒'`ヽゝソ ! ')i゙;ゝ     _ _ _ _ | ;;  |  _ O _ .|  ;; | _ _ _ _       (・.)(゚ノ゙ゝ ' ' ' ´
~` ' ' - 、 , _` ’      \┌ ─ ─-'';─ ┼ '-'-'-' ┼ ─ -─ ─ ┐/      `_ , 、 、 -  ' ' ~
 ̄i ` ' ' -, 、 ,`,'_' '_- 、 ,、| i::::::::::::::::::::i i   ̄  ̄  ̄  i i::::::::::::::::::::i |、, _- '_'__´、 、 、、- ' '゛ i  ̄
  i     !   i ;iミ,;ヾT´! i i┌ ─ ─ ! i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i i ─ ─ ┐i i ,゙-、,ナヽζ!   !     !
  i     !   i 丿 く i i i ! !- ┬ - ┤i- ∩ ┐┌ ∩ -i├ - ┬ -! i !゙(マi i゙T''゙ヽi.   i    i
  i     !   i .i~i ゙',゙.!    ! !  .i.  i二二二二二二二二!   !  i .! !' '/./  i!.
  i     !   i (|─´──┬ ' ´  ! !            ! !.  ` ' ┬─ ─ .┤!.   i    i
┌‐────┐ | i~!    .!i    i└-───────┘!.     !    i~! | i   !    !
│        .|  | i i.    .!i    /              \.   i     ! i | i    !    !



反国家的トロツキスト並行本部陰謀事件・・・ピャタコフ、ソコリニコフ、ラデックらを裁く二度目のモスクワ裁判が開催される。
これは経済・産業界を標的にしたものであり、粛清の範囲が過去の反対派ではなく現役の党幹部に拡大することを意味していた。





84 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:41:43 ID:fID/Dd2.0




         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
           /:::/::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
        |:::/::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::\:::::::::::::::::::::,
        |::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::|::::\::::::::::::::\::::::::::::\:::::::::::::::::.
        |:::::::::::::::::::::l::|::::::',::::::|::::::::::\::、::::::::ヽ::::::::::::::ヽ::::::::::::::|
         |:::::::::::::|:::::ハト、::.',、::|\>、:::ヽヽ:::::::|::::::::::::::::|::::::::::::::|       巷では、我々被告人に対する
          |.:|.:.:.:.:.:|.:.:.|≠ミヽ:.V:トく代少ヽ!´ ヽ:ト、::::::::::::}\:::::::::!       暴力的な取調べが行われているとの噂が
         ';:|.:.:.:.:.:|.:.:.|`  l ヽ{  \  !  |!  ヽ:::::::| / 〉::::::|        一部流れているようなので、ひとつ断っておこう・・・
        ∧!ヽ.:.:.:!.:ト|     |! \        /   |::|// /::::::::|
        / ´  \:!::ヽ                  l/l_ イ::::|::::::ト、      我々に対する暴力的な取調べなど行われていない。
       ./ --、  リ ヽ    、_:::::.          //   !::::!::::::ヽ
     _ /´   ヽ  } .ト、   ___ -- 、         //   ';/ `ヽ!
     {  _,. へ   ',  !_|:::\ ヽ----‐ '       / .!   ト、
    |    /:::,  } |Y:::::::へ  --       /   |  . <  ヽ-..、
    |   {::{:::ヽ .∨::/::/ | ヽ      -‐     . <     /:::::::::`:..、
    |   {::ヽ::::`-:':::::::/ .|   `ー-‐     . <      /::::::::::::::::::::::`::....._
    |    ヽ::\:::::::イ  ./   ,イ  }  ,. <          /::::::::::::::::::::::/::::::::::::::
    |     `¨´  |  ./ ,..イ::/  -_Yく_          /:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::
    |         | /:::::::::::/ /:::::::|:::::::,      /:::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::

         元左翼反対派・やる夫のドイツ政策アドバイザー
                       カール・ラデック





85 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:42:21 ID:fID/Dd2.0




  ::::::::;ッ::::::::::::::::::::::::::::\
   ::::ッッ::::::::::::::: :::::::::::: ゙i::'、
   ::、ッ::::::::::::: :::: ::::::::::::: ';::::'、
   :ッ:::::::::::::::: :::リ : :::::::::::: i::::::゙,.
   ::::::::::::::ッ::;':::::i : ::::::: ::: !:::. :゙i
   ::::::::、ッ::::;'::::::!::: .:: :::: i:::,':::::::: ::',      いやむしろ非難されるべきなのは我々被告人だ。
   :::::"::::::ッ::::::::!,ッ:::::::: ::ッ::::::::::::!i
   ::::::::::::::::::::::、ッ!::::::ッ、y;::::::::::::::!       自らの背信と反逆、裏切りの真実を隠し、
   ::::_:::__:::__::、 イ::::::、゙ィ!ッイ:::::::::::::ト.ー´
   :::i゙!、(,_゙(ンー,r'ッ'ッ二ッ!;イ:::::::::、ー'`     数ヶ月間にわたってNKVDの捜査を妨害してしまった・・・
  ト,:(,    ,r':i゙     `!,イ:::::〈
    '    .::!.      `,ッ厂 '       本当に申し訳ないと思っている。
  ゙i     ツ,_ ,r'   、イ゙i.,
   ゙i.   _____  __  ,.'::! ';゛゙i.,
       ゛'-ー´ ,.,r' 、i. !::::::゙i::゛''‐-. ,.,




==ァ:::::: :::::::::::... :::::::::::::::::::::::::::::::. :::::::::.ヽ,
=,ア: ::.';:::::ハ:ヾ;::::ヾ、:::::::::ヾ、::::` 、:::ヽ,:::::::..',
シ::::: :::::';:::!::ヾ::ヾ、:::: ヾ、:::::::ヾ,:::. ::. ::::';::::::::i
:::: :::. :::::ヾヾ:: : ヾ、 ::::::::`ー::::.;:Yヤ::::::i::::::::'
:::::. :::ヾ::::::ヾ,:::.. ::ヾ、ヾ、::::::::::::リ:::i::::::::::::::::::      断言しよう!
::::!:::ヾ、:ヾ、:::ヾ、:: :::::::ヾ,:::::::::::::::i!:::!::::::::::::::::,      我々は恥ずべき裏切り者だ!
::::!:::::::::`ヽ::`::::::ヾ、ヾ、::ヾi::::::::::::!:::!:::::::::::/"!
:::::::;::ト、:::.::::ト、ヾ、ヾ、_ヾ__ヽ、::::::::!:::!:::::::::/ ハ      トロツキーの甘言に乗り、
i、:. ::::!アヾ、::i ,ァ'ィiテーャ゙ヾi::`ヽヾ;:::::/ //::      邪な野心を抱いて祖国と人民に対する
ヾ;::. :、ヽ ̄iヾ、  ゙  ̄  ,リ ヾ::::::, - ゥ '゙^ヽ      破壊工作に手を貸してしまった!
=.ヾヾ〉`ヾ |  `      ,/ u /イ/ ,----、
===ソ::::ヽ, ヽ_ -        / /" _         ソ連指導部に対する暗殺計画、
./:::::::::::::ヽ -   _    ,ノ! ./ ,.イ `ー       産業現場におけるサボタージュ、
::::::::::::::::::::::.jヽ   ̄   ィ´:ノ /  ,ァー--、      そして外国資本への売国行為・・・
::::::::::::::::::::::::!:::ヽ,、__ ,./::  `゙! ,!  ::::::::!ヽ      これらが真実だ!我々の姿だ!
ヾ;::::::::::::::::::::!::::::::ヽ,  `ヽ、___ ,!ノ   ゙゙ /
=゙i:::::::::::::::::::::!::::::::::::ヽ, ヾ、ヾ--r'`ヽ,  !
=シ:::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::ヽ、! `ヽ::::::::::! ヽト、
==、:::::::::::::::::::i::::::::::::::::__::::ヽ,__ `ヽ::::!  ヾ;゙
===ヾ:::::::::::::::!ィ´ ̄;/::::: : ヽ, ̄ ヾ;:`ヽ ヾ
====ヾ、::::::::::::::::::::::ヾ、:::: : : .:ヽ,  i::::::::::ヽ、





86 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:43:06 ID:fID/Dd2.0




         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
           /:::/::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
        |:::/::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::\:::::::::::::::::::::,
        |::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::|::::\::::::::::::::\::::::::::::\:::::::::::::::::.
        |:::::::::::::::::::::l::|::::::',::::::|::::::::::\::、::::::::ヽ::::::::::::::ヽ::::::::::::::|    だがしかし、わが国には
         |:::::::::::::|:::::ハト、::.',、::|\>、:::ヽヽ:::::::|::::::::::::::::|::::::::::::::|    半トロツキスト、二分の一トロツキスト、
          |.:|.:.:.:.:.:|.:.:.|≠ミヽ:.V:トく代少ヽ!´ ヽ:ト、::::::::::::}\:::::::::!    四分の一トロツキスト、八分の一トロツキストがいて
         ';:|.:.:.:.:.:|.:.:.|`  l ヽ{  \  !  |!  ヽ:::::::| / 〉::::::|    我々本物のトロツキストを支援している!
        ∧!ヽ.:.:.:!.:ト|     |! \        /   |::|// /::::::::|
        / ´  \:!::ヽ               u   l/l_ イ::::|::::::ト、   彼らはテロ組織のことについては何も知らず、
       ./ --、  リ ヽ    、_:::::.          //   !::::!::::::ヽ    ただ我々に同情している・・・
     _ /´   ヽ  } .ト、   ___ -- 、         //   ';/ `ヽ!    我々はそういう人々を利用して活動しているのだ!
     {  _,. へ   ',  !_|:::\ ヽ----‐ '       / .!   ト、
    |    /:::,  } |Y:::::::へ  --       /   |  . <  ヽ-..、
    |   {::{:::ヽ .∨::/::/ | ヽ      -‐     . <     /:::::::::`:..、
    |   {::ヽ::::`-:':::::::/ .|   `ー-‐     . <      /::::::::::::::::::::::`::....._
    |    ヽ::\:::::::イ  ./   ,イ  }  ,. <          /::::::::::::::::::::::/::::::::::::::
    |     `¨´  |  ./ ,..イ::/  -_Yく_          /:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::
    |         | /:::::::::::/ /:::::::|:::::::,      /:::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::





87 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:43:47 ID:fID/Dd2.0




ラデックの発言は意味深長なものであった。
それは、盲目的にやる夫の粛清を支持する人間以外は、すべて敵と見做されることを示していたからである。


           _,、 -‐''''""~~""''''‐- 、_
        ,.-'"             ゙ヽ,
       ,r"                    ゙、
     _,/                       ゙、
.   ,r'"                       ゙、
   {     {                      ヽ
    {     {     ..,,_              ヽ      (よくもそんなことを言えるなラデック。
.   ノ     ,'゙'、ヾ、レ‐---、ヾ゙)ノ)   -、         ゙,
  /     {  ,、-:::::..  :. :::ツ ノ     ゙、゙'、       }      助命を取引にやる夫の裁判に協力する気か?
  ,"      _!,,ソ:::::::::::::::.. :. :::::ノ{     } }      ノ
  {     r'':::::::::r-、;_::::::::  :. :/ ゙'‐-、,   }.ノ      {       私を告発する証言をも吐いておいて・・・)
  ゙、    { ::::::::;'   `''ー-‐'"     ノ  リ       ゙ヽ
.  ゙'‐-、 ゙'、 ::::/         U 、,クノハ         }
     ゙'‐`'{'゙iヽ、'   __,,,      ,.,.,.,,,_/_ハ       {
        `'ヽ  r"       .| ┌ー-゙-ニっ     ヽ、
         {ヽ  "      | .|      } ト)    ヒ`ゝ
         `~}ヽ      /.| |      -‐"  ヽ、 マ
     l'''ニニニニ{、、,゙'、.,__-‐"  | |            ヽ'
.      | i     ノ     l,.、-'"| |
      | i     `つ   ζ   .| |
      ヽ,ヽ     `''ー'l
.       ヽ,゙、         !





88 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:44:30 ID:fID/Dd2.0




1937年1月30日、被告人全員に有罪判決。
うち13人に死刑が宣告され、ソコリニコフと積極的に裁判に協力したラデックは禁固刑に処された。


                      , -──‐‐-、
                     / ,-─==-‐‐、\
                    / ,,---、  ,,,---、ヽ
                    i ''"フ-ァ'ハ ,r‐< i
                    |   '`ー゚ 」  L`゚‐'^ |
                   __| ,,、--└Li┘---、 |___
                  { ti/   /\   \iァ }
                   Y    ./´ ̄`\   Y´
                  ノ  ∠__/\_ヾ、  ヽ
                 / /  /  i  ヽ ヽ   \
                i  /   ,'    i   ヽ ヽ   !
                | i   i     i    i  }    }
            ,.、-‐‐┤ :   !     !    }  ! ノ ノ‐--、,_
         ,、-''"    ヽ ヽ  ヽ丶   !   ノ ノ  /    `‐-、,_
      ,、-'"         \ \ ヽヽ  !  /    //         `'‐、,_
     /            \ヽ、,,__ ヽ、,, i/ //  /            \
    / \             ヽ  `r-、,  _/ /   /            / i





89 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:44:47 ID:fID/Dd2.0




               /\     /|  /゙i
       \ \、_ハノ  ヽ、|/ |ノ   (,ハ_、//
         \)'                    '(
         /                     \
       ヽ,)                       (,,r'
       /       裁判所の判決は       \
       ヽ                         ,r'
       _)      人民の判決だ!!     (_
       ,)                          (,
       /-、                      、-\
         /ヘ '"                   ヘ
       /  //7/ヘ /l ト、 |\、 /\ /\゙i
             /   V | ,l ヽ|   V   ゙i





90 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:45:05 ID:fID/Dd2.0




      .′ .:.: / .:.:.:./ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. / .:.:.:.:./ .:.:.:.:.:.:.:.:.: ‘,:.:.:.:.:.:.:.‘,:.:.:. ‘,.:.:.:.‘,
.      i :.:.:.:.:/ .:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.; .:.:. / .:.:.:.:./ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ‘,:.:.:.:.:.:.:.‘,:.:.:. ‘,:.:.:. ‘,
     i| .:.:.:/ .:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:. / .:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.‘:. ‘.:.:.:.:.:.:.:.‘,:.:.:. ‘,:.:.:. ‘,
      i| :.:.:′ : / :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ′.:.:′:.:.:.:.′ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.‘:.:.:.: ‘ヽ.:. ‘
      i|:.:.:i:.:.:.:.:′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.′: : i :.:.:.:.:i|:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.: i.:.:.:.:.:i ‘;.:.:.i
      i|:.:.:|:.:.:.:i:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:i :.:.:/ | :.:.:.:.:i|:.:.:.:.:.:.:| .:.:.:.:.:.:. ;.:.:/i.:.:.:.:.:.:.:.:.:|i:.:.:.:.:| ‘:.:.|
      i|:.:.:| : /|:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:| .:/ 八:.:.:.:.八 :.:.:.:.:.| .:.:.:.:.:.:/}:/´|.:.:.:.:.:.:.:.:.:|i:.:.:.:.:|:  Ⅴ
    八:. | / i|:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:|:/ー‐-\:{_\:.:.:.|:.:.:.:.:.:/ィ刈》|:.:.:.:.:.:.:.:.:八 :.: ;
      Ⅵ′i|:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:|′ ィ斤テ笊=ミ:、\| .: /ヒこツ'│:.:.:.:.:.:./  }: /
.      ‘:.i: 八:.:. ト、:.:.:.:.:.:八. ヾ .戈辷夕   }/  ¨¨´ /:.:.:/.:/  .ノイ
.       从:.:.:.:\{ \.:.:.:.:.:.:、  `¨¨¨´          厶イ .:.:/         同志やる夫に歯向かうことは・・・
.        \八{iゝ-ヘ\ト、:. \             :}   ,丶|.:.:/
.         /  |:i| :.│ヽ  `¨⌒                 イ  :l /           全人類の成果に歯向かうことだ!
       ィ   |八:.:.|   \       rー‐--- ア /: :  ノ' ‘,
      / |     ヽ{    `  .    ー─ ´ / 、.: ::      ‘,         やる夫は希望であり、旗であり、
.   /  ∧      ‘.        `  .    /.: .: : \       i
.        ‘,       、         ァ‐ ´|'.    ∧      :|        意志であり、勝利の印だからだ!
          ‘,          .      /   :i i   /.: :i     |i
         ‘,        `ー 、   {    .'.::|  ./.: : :|     |i

         モスクワ第一書記 ニキータ・フルシチョフ





91 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:45:23 ID:fID/Dd2.0




/:./::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.::.:.:.:.ヽ        /  .\
:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ::::::.:.:.::::',      /     .',
 l  ..:.:.:.:.:::.:.:.:.:.:.:.::.:.:|ヽ、::::ト、l     /       .l
:.:.!:.:.:.:.:.:!:.:.ト、{:::.::.:.:.::ハrfア|::::!}メ´ ̄`丶!        |
ヽl.:.!:.:.:.:!_N__ト、ト::N以' ノ|:ハ     |         ,'        トロツキーはユダだ!
 ヽ!::::{:ヽK上少 ヽ、   /  j     !        /
 ハト、::!:ヽヽ   r‐‐‐1 /  !        !      /          裏切り者に粛清を!
. {  ヽヽ `ヽ、 弋__ノ,.'  .::|:. :::. /ノ     /
 ヽ    | {ヽ_`_7   ::::!:::.{:::://{      イー‐.、
.  \__  `ー―‐〃    :::!::::∨   ヽ   ノノ   └ 、
   /  L    ノ       ヽノ       ,イ   ./  1
  ノ  ./ヽ     r―― ' ´       Y    /    イ、
f´   {   .\    {     _ - 、    \__.ノ  /  }
    ヽ.    \  `ー‐‐'´    `ー '´`ヽ \__/   ノ



     ┏━━━┓                               ┏┓┏┓
     ┃┏━┓┃                               ┃┃┃┃  ////////
 \   ┗┛  ┃┃┏━━━━━━━━━━━━━┓┏┳┓┏┓  ┃┃┃┃   /////
\\\    ┏┛┃┗━━━━━━━━━━━━━┛┗┻┛┃┃  ┃┃┃┃   //////
\\\  ┏┛┏┛                         .┏┛┃  ┣┫┣┫ ///////
\\\  ┗━┛                          .┗━┛  ┗┛┗┛ ///////
\\\\                                           ////////
\\\   [|,,★,,|]    [|,,★,,|]  . [|,,★,,|]    [|,,★,,|]    [|,,★,,|]  .  [|,,★,,|]   //////
\\  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ///////
\ [|,,★,,|]    [|,,★,,|]    [|,,★,,|]    [|,,★,,|]    [|,,★,,|]    [|,,★,,|]    [|,,★,,|]  ////
 ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ////
(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ )) ///
   く  >     く  >     く  >     く  >     く  >     く  >     く  >     //





92 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:45:40 ID:fID/Dd2.0




このとき、モスクワの赤の広場にはプロパガンダを信じ込んだ20万人の市民が
反対派への憎悪をむき出しにしながら集結していた。




 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|           ぞろぞろ・・・・・
 |反ソ分子に死を | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 |__| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|夫万歳! !
. . .∧| 人民の判決  |____.| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|     ぞろぞろ・・・・・
. . ( ゚ |_______| || . .   |  裏切り者!. |
  / づΦ∧∧ ||  ( ゚д゚)||   . . |_______|ぞろぞろ・・・・・
..        ( ゚д゚)||  / づΦ     ∧∧.||
 ̄ ̄ ̄|  / づΦ  ぞろぞろ・・・・・ .( ゚д゚)||     .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
ケ..| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|           ./ づΦ      | 外国の手先! |
__| トロ厨は死ね |    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|.     |_______|
.......|_______|    | 敵に鉄槌を! .|      ∧∧ ||
.    ∧∧ ||            .|_______|  .   ( ゚д゚)||
   ( ゚д゚)||      .       ∧∧ ||      .      / づΦ
   / づΦ               ( ゚д゚)||
         ぞろぞろ・・・・・ ./ づΦ



フルシチョフは彼らの前で演説し煽り立てた。
国内世論は危険なまでに凶暴化していたが、止める手立てはどこにもなかった。





93 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:46:39 ID:fID/Dd2.0




   ――― クレムリン内のアパート、ブハーリンの自宅(旧やる夫邸)


       ______________________________
        l___________________________________________l
        ∧三|:Ll:|二二二二二|:Ll:|二二二二二|:Ll:|二二二二|Llノ二二二:|├i─. < ´
        ∧.ミl  .|_|_|_|_|| || |___|:ロ:|::::::::::::|  .| :::::::::::::::::: | ||.|:::::::::::::::::|  |  |
           ' ,|  .l ̄| ̄| ̄| ̄|| || |7/ ̄||::::::::::::|  .| :::::::::::::::::: | ||.|:::::::::::::::::|_|  |
          iォ |....「|TTTTTTTTTT「|TTTTTTTTTT「|TTTTTTTTTT「|TTTTTTT「| . |____________________
          |:| |..::|.| 二二二二二 |:| 二二二二二 |:| 二二二二二 |:|二二二二l:l .|;;;;; :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          |:| |...:ト..─────‐|:|─────‐.l:|────‐| .ソ____..// .|─|二二二二::i. 尸二二二二::尸三三三三尸三
      __|:|_..| .Y 二二二二二l .|二二二二二l ..|二二二二|  |::::||::::::|::::::レ.... |  |:::::::::::ll :::::::::| |:::::::::::|::::::::::::|:| |:::::::::::::::::::::| |:::::
、    |       |  |_||_||_||_l .|__.||___|  |_||_||_|  |二|二:|::::::|   |  |:::::::::::ll :::::::::| |:::::::::::|::::::::::::|:| |:::::::::::::::::::::| |:::::
  ヾ、、.|____|  | ̄|| ̄|| ̄|| ̄l .| ̄ ̄.|| ̄ ̄ |  | ̄|| ̄|| ̄|  |_|_:|::::::|_ |  「|TTTTTTTTT「|TTTTTTTTTT「|TTTTTTTTT「|T
ミ::ミ::ミ::ヾ     | 「|TTTTTTTTTT.「|TTTTTTTTTT「|TTTTTTTT.「|TTTTTTTTT| |..|  |:|二二二二二l |.二.二二二二.l |二二二二二|:|
::ミ::ミ::ミ::ミ ヾ   | |:|.二.二二二.二.ヒ|.二.二.二二二ヒ| 二二二二_ヒ|.二.二.二.二 | |..| F+────i l r───l l f´ ̄ ̄ ̄ ̄| | ̄
ミ::: ミ:::ミ::ミ::ミ::ミ:ヾ | |:|   γ⌒ 、 「 _____  ____  |::|l:::::|l:::::::| .| |..| | .|::::::::::::::::::::::| l l:::::::::::::::::l |  |:::::::::::::::::::::: | |:::::
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧ Y⌒Y´;;;;;乂 ;;;ト | |:::::|:ロ:|::::::::::::|  |_||_||_l ..|::|l三||三.| .| |..| | .|::::::::::::::::::::::| | |::::::::::::::::| | | ::::::::::::::::::::::| |::::::
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.Λ;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;,,,,, ;;;;;;〉、.| ̄| ̄:|::::::::::::|  | ̄|| ̄|| ̄l ..|::|  .||  .| .| |..| | .|::::::::::::::::::::::| | |::::::::::::::::| |  l::::::::::::::::::::::::| |::::::





94 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:46:51 ID:fID/Dd2.0




                    _ ........ _
                 . : ´       ` 、
               . : ´            \
                , ´              ヽ
.               i                 i
                ノ                  |
              (                     j
               ) {                  :′
            乂乂                 ノ      アンナ、よく聞いてくれ。
              `Y`ヾ              く
                  彡イУ          У       私は近いうちに逮捕されるだろう。
                 リ从乂        ミ彡
              . イ::::::::::::::`ソ      }::ヘ       おそらく一ヶ月以内にはそうなるはずだ。
             く::::::::::::::::::::::-=彡イ   ))ノ:::/
             \:::::::::::::::::/::: 乂__У:::_/
                〃::::::::/=ニ二三ミ〈__



      ――― 、
    /       ヽ
   /  __ノ `。´ \|)
   |  /  __  _ ||
   〉 ノ ゙((ノ ~ ((ノ~リ     同志、いけません。
   (6リ   ´  〉´ |
  /⌒`゚ヽ u  σ ノ      そんな悲観的なこと・・・
 (    _|   ´イ)
  >―\__ __へ
 /  \  ̄ ̄V ̄ ̄ | \
/     \  <>   |  \





95 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:47:11 ID:fID/Dd2.0




     /                       !      !
    /     /  /                 、l , -     ',
   l     l   !,ィ               ノ'       ',
   ヽ     !  !l!             , , ノ        /
    ヽ    ト、 ヽ  ! /, _,.-_ ,ノノ ,ィノl'ヽ/,       ,'
   ,...ノ'   | ヘーヽヽl(/ l'´ ≧ミ、_ ,ノ' ! リ! l       ト!_     右を見ても左を見ても私の悪口ばかりだ。
 r'´イノ    ヽ リ   r'`    ヽヾ歹、=、ヽ ,_リ=、  l  ノ l `
 !( ゞ,.     ´r、 r'       ̄` ヽ  /ゞクイノ /ノ ノノ       私の友人たちすら私を逮捕しろと言っている。
 }ヽ、`` ー- _i´, ノ'.lヘゝ          /  /ー '´_, '´
 l   ̄` ー- 、`ヽ、l,_  U     _   l  / ,(´           NKVDは存在しない証拠を元に私を告発している。
 !        ` ー-、ヽ       ヾ=-' ,.', ィ、丶、
_,ゝ          _レ'-―- ..,'' ―=- ,イ(   `ヽ\         誰も彼も、やる夫の言いなりになって
           `iーrヘ ̄`ヽ、` ー, - '一ー- 、   ヽ.ヽ
                l lー-ヽ _, -`´ , --‐_レ‐- `)  /∠、      友人を、仲間を裏切り殺そうとしている。
                | | ヽ./ r=ー'―‐'´-、  ̄ `ヽ///ニ,
              ! ト.ノ   , ―---=、_ヽ l / \ ヽ      一般市民は憂さ晴らしのために我々の血を見たがっている。
            ヽ〉′      , - 、 `i.| !/   〃,.、!
               /        '   ヽ_!!l'    ヽ'へ\
            /              `ヽ      ヽヽ





96 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:47:50 ID:fID/Dd2.0




                           ____
                        ´        >―- 、
                    /        /     丶、
                 /         /          `ヽ、
                   /       /           |  ヽ
                 /      '              |   '
              /      / 〃 〃 ィィ      |  ′
               |         {  {,.ヘ 仏ィ´~`'<,ノノ  ノイj   }
               |        人,イ   {:::::...::::::::::::`ヽ/ 川  ハ
              |       八ト从:::::::::::::::::::::::::;=v彡イ    }
                   |          `ヽ `   __;;;ノ⌒{:::`く}   ノ    もはや国中が理性を失った。
              /|           ノ   `゙゙゙     乂:::::Уノ′
            _ ノ              ゝ         - ノ::::/´       次に肉挽き器に放り込まれるのは
             _`斗…=≡ニニ=¬^    <⌒丶_  ヽィ
            [  -‐=ニニニニニニニニl |        ` ァ′ 人ゝ       私とルイコフだろう。
              |ニニニニニニニニニニニ7 /、       ゙   / ノ^
           _,|=ニニニニニニニニニ7 /  丶、     /i⌒^         だが国中の誰もがみんな私を敵と見做しても、
        _/ニニニニニニニニニニニ7 /``丶、:::..___/ィ汽二二ニ7
        ニニニニニニニニニニニニ7 /       〔,ィノ)仏ィニニニニニ/ /      アンナ、君だけは真実を信じて欲しい・・・
         ,ニニニニニニニニニニニ7 /        〉ニニニニニニニニ/ /
          ニニニニニニニニニニニ〈 〈 丶、     /ニニニニニニニ;;//



      ――― 、
    /       ヽ
   /  __ノ `。´ \|)
   |  /  __  _ ||
   〉 ノ ゙((ノ ~ ((ノ~リ
   (6リ   ´  〉´ |     同志・・・・・・
  /⌒`゚ヽ u  σ ノ
 (    _|   ´イ)
  >―\__ __へ
 /  \  ̄ ̄V ̄ ̄ | \
/     \  <>   |  \





97 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:48:20 ID:fID/Dd2.0




   ――― 1937年1月31日、クレムリン。



:::::::::::::_______________:::::
::::::::::::|\\        .|:::::::::::::::::::::::::::::::: |::::
::::::::::::|:::::\\       ! :::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::|::::
::::::::::::|:::,、::::\\      |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::||\:::::\\    !:::::!:::::::::::::::::::::!:::::!::::
::::::::::::|:::||:::::\:::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::||::::::::::|::::|lll|     ||]::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::||::::::::::|〔 !lll!     !:::::!:::::::::::::::::::::!:::::!::::
::::::::::::|:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|______|:::::|::::
::::::::::::|:::\:: :: |::::|lll|     |:::::::::::::::::::::::::::::::: |::::
 ̄  ̄:\:::\::|::::|lll|       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
::::::::::::::::::\::::`:::::!lll!     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::: \:::: !lll!     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::\|lll|       ::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       ::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::        :::::::::::::::





        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\       平行本部陰謀事件でより大きな真実が明らかになったお。
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |      敵は経済・産業界の広範囲に侵入し、
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      破壊工作を行っていたお。
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ     これを見抜けなかったのは、重大な過失だお・・・





98 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:48:51 ID:fID/Dd2.0





         /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        /: : :            \
       /: : : :            \
     /: : : : : :              \       カガノーヴィチ、セルゴ、お前たち二人の責任だお。
    / : : : : : : : ..               \
    |: : : : : :  ,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,        l     重工業人民委員部と運輸人民委員部・・・
    |: : : ::;; ( (・) ) ノヽ ( (・) );;:::    |
    |: : : : :  ´"''"        "''"´       l     特に鉄道部門については不自然な事故が多すぎるお。
   . \ : : : : . .(     j     )      /
      \: : :: : >ー-‐'=ー-ー<    /       今すぐ所掌分野における破壊工作の実態を報告し、
     /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
     : : : : : : : : :``ー- -‐'"´      \      敵の活動を調べ上げろお!!!
     : : : : . : : . : : .                \





99 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:49:24 ID:fID/Dd2.0





      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      /   ,∨∨∨∨∨
    /  /  /   \ |     しょ、承知しました同志やる夫。
    |  /    (・)  (・)  |
     (6       ⊂⊃  |     敵の侵入を許したのは俺の責任です・・・
     |  U   __l_,|
     |     /    / /     いますぐ人民委員部内の破壊工作を調査します。
   /|      ̄ ̄ ̄/\.



            , =-‐ニニニミヽ、
          ,ィ´ィ,ィ'"´_=-‐-=、`ヾヽ
       .,r‐‐=///´r''´⌒、_∧_⌒,=、ヽヽ、____
ー<´ ̄~¨7  .///f´`,ィゝ‐''.〈ハ〉 ̄ゝ‐'、ヾヽ`ヽ\r‐-、
ヽ  ヽ _/ .///r‐f´     〈ハ〉    f`Y:l‐-、. }  l‐-、
 ゙v''"´  `ヽ{ i l`/'"//⌒ヽ. 〈_〉 ./⌒ヾ、 l l、  `ヽ ノ´`,、´ヾ
  }ゝ、 __, ィ'"l l: Y`i l l (⌒ヽヽ__/´,ィ'⌒) l l_l_l、ゝ ___)´` ⌒
  .l`ー---'''"l l:..l rf⌒ l`x、 ` v ´)ヽ,ィ' ff´ ハ `ー-‐'i ´` ,,、    ・・・・・・たしかに敵は排除されるべきだ。
  l       l l八ノl ヽri゙ゞニ゙、_|_,∠´、",r`Y ノ    l
  l    _ ヘ∨ゝ. /.f´l:.'´-三-`゙l`iヾ ハ'"     l       だが、すでに破壊工作の犯人は全員捕まっている。
  .ハ,ィ'"´:::ヘ //ヽ,,`ゝ{ ,>=< }‐'"rヘ l.      l
 .ノ //////∧'"ヽ、゙ ゝ ハ'´ヾ  ,イハ ノ,ィヘl /⌒ヽ l       追加の捜査も逮捕も必要ないはずだ。
:./ l///////,`>-、 八_,,` ー‐‐'__ノ´ ,,ィ'"/////} l
/  ゝ///////////`ー=i `ー―'  ,ィ'´////////ノ l
   ` 、////////////l l7777l l´/////八 ̄   /
  _ =-‐'"///////>'"_ ヾ//ノ l////////`>. /





100 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:49:41 ID:fID/Dd2.0




        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\        自分だけは関係ないとでも言いたいのか!?
     /    (__人__)   \
      |       |::::::|     |       NKVDが敵がいると言ってるんだ!
     \       l;;;;;;l    /l!| !     さっさと調査しろ!!!
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
               レY^V^ヽl



       {  ノ \ \{{: /ニ=-  ヽ、      }`{  {
.          Y /アヽ\_ノ :/ニニ/    }:   ,  ⌒ヽ、
         ri//⌒ヽ __ノニニ/     ノ  /    ,.:⌒
.     ,ィ从{ff/⌒ <三三/    /   {ixー=:<
   ‐=f′ / 〈    /  ヽ{{i  ,ィ尨。o   __`ヽ \
 f´ 〃  ,:   {`㍉{、   .ハ{i尨',ィ≦ O  \ `ヽ ノ
,ィ{   i{ ,  f     》ム斧ミxィ三三ニ   _人_   〉 _ノ           ・・・・・・
/ハ  {{ {  { ,ォ=ミ{ }/:::: /=ニ三三ニ  ヽf  _,イア´
i/ハ Ⅵi才"   Ⅵ::::::;イ=ニ三三ニ _ノ{_   /V     ,ィニ三
////≧ィ'      }ム:::{=ニ三三ニ=:`Y   /{/     ノ三二ニ
//////{、   __ノミji人:{ ニ三ニ=-   ̄`ヾf`ヽ.    ,ィ三二ニ
//////ム__  ̄ _.ノ   》'"´      /7 :}  ノ {/三二
//////ハ    ̄  ,ィ示{     \   //  ノ⌒  ノ三二ニ
///////ハ     ,ィ劣/人 `㍉、 ヽ  /  ‐=彡三二
////////ハ.   ff//////ミ ー=ミ_ ,イ  ,.イヽ辷三彡'´
/////////ハ,  {{///////ヾミ=-' ー==彡'
////////彡'  マ////////////////≧=x   r=ニ三三





101 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:50:23 ID:fID/Dd2.0




 o ° 。゚ o  。 o  ゚ o  。゚ o  。  。 o o ° o  。゚ o  。  。 o  o ° o o °
 。゚ o  。 。゚ o  。  。゚  。  o o ° 。゚ o  。 。゚ o  。  。  o o ° o  。゚
 。   。  。 o   ,__ 。゚ o  。 o  ゚ o  。゚ o  。  。 o o ° o  。゚ o o ° o  。
 。゚ o  。 。゚ o  l_<  o  ゚ o  。゚ o  。  。 o o ° o  。゚ o  。  。 o    。 
 。  。  。 o   _|_  o  。 o  ゚ o  。゚ o  。  。 o o ° o  。゚ o o  。゚ o  。
_  o  ゚      ,ェ._.ュ、 o  ゚ o  。゚ o  。  。 o o ° o  。゚ o  。  。 o  。゚ o
,,,,]||      ,,.-'"゛    ~''ヽ、 。 o  ゚ o  。. ! o  。 o  ゚ o  。゚ o  。  。 o o ° o
ニニニ,,!-z,,,,,,メ--────--丶、  ° o  。゚ /_|ヽ  。 o  o ° o  。゚ o ★。  。    。゚
-、,,,,_ .~"'''ニ==ェ,,--'''''''-------ヽ.._  。 o  。|iiii|゙|. o  。 o  ゚ o  。゚ o  .|。 。 o o ° o
   `~"'―-,,,,,,|ニニニニニエエエェ,l,,,,|,,,,[ ]、       |;;;;;;|;;|. o o ° o  。 ゚ o   ,!!、  。   。゚ 
  人   人 `゚゙'''―v,,,,「  .|~゙---->...ュ,ュ__.、 .,i;ロ;ロ|;;|    。 o  ゚ o  。゚ o iiiii   。 o o ° o
  彡ミ  彡ミ  人   人゙'''ー-...,,,,_|  `゙''''「゙゙'''''..|∩-|iil.,,, o ° o  。 ゚ o    |||||   。 o  。゚
彡彡ミミ 彡ミミ  彡ミ  彡ミ  人 `゙"人-i、,,_,,,l;;;;;;;;;;;/;;;/z,,,__.  。 o  ゚ o     |  :|. 。 。 i  °
彡彡ミミ彡ミミ ;;彡ミミ.;彡ミミ ;彡ミ  彡ミ  人゙'''┐'| .|''i--zz;;;;;,,,,,.  o  。 ゚  |AA.|    ∧  。  o
彡彡ミミミ彡ミミ 彡ミミ 彡ミミ .彡ミミ 彡ミミ彡ミミ:::| .| .l'''―v,,,,,"'''i   _____ .A l゙| | |.|.A. .|ii|  。 o
彡彡ミミミ彡ミミミ;;;;ミミミ彡ミミミ彡ミミミ彡ミミ彡ミミ:::| .! ,|    `~"'ヘ-i、|ロロロロi''i_|ii| |ll,,,,,,,||ii|_./ .ヽ   。 o



       {  ノ \ \{{: /ニ=-  ヽ、      }`{  {
.          Y /アヽ\_ノ :/ニニ/    }:   ,  ⌒ヽ、
         ri//⌒ヽ __ノニニ/     ノ  /    ,.:⌒
.     ,ィ从{ff/⌒ <三三/    /   {ixー=:<
   ‐=f′ / 〈    /  ヽ{{i  ,ィ尨。o   __`ヽ \
 f´ 〃  ,:   {`㍉{、   .ハ{i尨',ィ≦ O  \ `ヽ ノ
,ィ{   i{ ,  f     》ム斧ミxィ三三ニ   _人_   〉 _ノ
/ハ  {{ {  { ,ォ=ミ{ }/:::: /=ニ三三ニ  ヽf  _,イア´            ・・・なぜやる夫は俺を信用しないのだ。
i/ハ Ⅵi才"   Ⅵ::::::;イ=ニ三三ニ _ノ{_   /V     ,ィニ三
////≧ィ'      }ム:::{=ニ三三ニ=:`Y   /{/     ノ三二ニ
//////{、   __ノミji人:{ ニ三ニ=-   ̄`ヾf`ヽ.    ,ィ三二ニ
//////ム__  ̄ _.ノ   》'"´      /7 :}  ノ {/三二
//////ハ    ̄  ,ィ示{     \   //  ノ⌒  ノ三二ニ
///////ハ     ,ィ劣/人 `㍉、 ヽ  /  ‐=彡三二
////////ハ.   ff//////ミ ー=ミ_ ,イ  ,.イヽ辷三彡'´
/////////ハ,  {{///////ヾミ=-' ー==彡'



. 、___________
  、>                 |
  >________   .|
   ̄   .|./_   _\ |   |
      | /  ヽ/  ヽ |  |
.      | | / | \  |  V⌒i     平行本部裁判の後だから気が立ってるのさ。
       |.\  人__ノ   6 |
     /  ○        /     今じゃどこもかしこもテロリスト狩りで大忙しだよ。
.   ε         U   厂
    \    _____/       セルゴ、君だけが大変なんじゃない。思いつめちゃだめだよ。
      ̄ ̄, -/へ/\/`- 、
       /./  ./op    i. \





102 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:50:46 ID:fID/Dd2.0




:::::;;;;/ヽ_.ノ       \   }__  \
: ;/    ィ=ミヽ      \_ル'| ̄`ヽ\
Y⌒ヽ  // 仁ニ二二二二二}∴. /¨\.            / ̄ ̄`ヽ
|____丿 //   /. ̄ ̄ ̄`ヽ ∵ /、   |___.      / / ̄ヽ
|   //∴ Y_          \ 〈.   }ヽ/|\   \__{/      \
||   //∵   \ ` ー-==、 .   ) )__ノ,ィ彡'}‐-丶   \三三三三三三三
|ト、 ヾY     ヽ\    O ==' ̄ ̄`ヽ==ケ  \    \三三三三三三       奴と俺は昔から仲間だった。
|| l } y'⌒==ュ` ー===イ    -‐ "¨¨¨ヽ _}  ̄ ̄ ̄}三三三三三三       一緒に敵と戦ってきた親友だった。
|| l ./     `ヽ    /  .../    , '"¨¨ヽ ¨¨ヽ  ノ三三三三三三
||ノ /    _                 ,,/       |  ノ7/二7ヽ三三三三三三      だがもう、今は奴のことを信用できない。
||彡イ   ⌒ヽ ̄`.,イ㌦_ヽ     { ヾゝ   ノ .〃/    \三三三三三
|. /| |        \/ |. |∨∨「ノィy-rケヽ___,ィレ′       \三三三三      いったいどうやったら無実の誠実な仲間を
|/ .|人:::::...    廴ノ__ノ勹ィヽ,ィュ ,イレ'ヽィy′レイイ}___   ヽ 三三三      逮捕して銃殺などできるのだ!?
|  |  \::::::::...      ` ー─‐-Y |勹Yl`ヽハ-‐─j:三三三\    \三三
|\     \             ` ー '  ̄  __ノ:三三三三:\    ヽ三三
|\\    ` ー─-  ヽ:::..   ` ー───イ三三三三三三三三\    }三三





103 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:51:08 ID:fID/Dd2.0




       {  ノ \ \{{: /ニ=-  ヽ、      }`{  {
.          Y /アヽ\_ノ :/ニニ/    }:   ,  ⌒ヽ、
         ri//⌒ヽ __ノニニ/     ノ  /    ,.:⌒
.     ,ィ从{ff/⌒ <三三/    /   {ixー=:<
   ‐=f′ / 〈    /  ヽ{{i  ,ィ尨。o   __`ヽ \
 f´ 〃  ,:   {`㍉{、   .ハ{i尨',ィ≦ O  \ `ヽ ノ
,ィ{   i{ ,  f     》ム斧ミxィ三三ニ   _人_   〉 _ノ           奴のやっていることは間違っている!!
/ハ  {{ {  { ,ォ=ミ{ }/:::: /=ニ三三ニ  ヽf  _,イア´
i/ハ Ⅵi才"   Ⅵ::::::;イ=ニ三三ニ _ノ{_   /V     ,ィニ三
////≧ィ'      }ム:::{=ニ三三ニ=:`Y   /{/     ノ三二ニ
//////{、   __ノミji人:{ ニ三ニ=-   ̄`ヾf`ヽ.    ,ィ三二ニ
//////ム__  ̄ _.ノ   》'"´      /7 :}  ノ {/三二
//////ハ    ̄  ,ィ示{     \   //  ノ⌒  ノ三二ニ
///////ハ     ,ィ劣/人 `㍉、 ヽ  /  ‐=彡三二
////////ハ.   ff//////ミ ー=ミ_ ,イ  ,.イヽ辷三彡'´
/////////ハ,  {{///////ヾミ=-' ー==彡'
////////彡'  マ////////////////≧=x   r=ニ三三



    ____
    \    ───___
    <             ̄ ̄ ̄ ̄|
    > _________    .|
     ̄ ̄ | /       \ |    |
        | /⌒ヽ   /⌒ヽ  |    |
        | | ‘ |  i ‘   |  |    |     まずいよセルゴ。
        | ヽ.__ノ  ヽ._ ノ  .レ⌒ヽ
       ノ   o          6 |     そういう発言は・・・
      /__   \  U   _ノ
          >        ノ
         <、___   イ
             |───┤
           / |/ \ / \





104 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:51:55 ID:fID/Dd2.0




:::::::::::::_______________:::::
::::::::::::|\\        .|:::::::::::::::::::::::::::::::: |::::
::::::::::::|:::::\\       ! :::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::|::::
::::::::::::|:::,、::::\\      |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::||\:::::\\    !:::::!:::::::::::::::::::::!:::::!::::
::::::::::::|:::||:::::\:::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::||::::::::::|::::|lll|     ||]::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::||::::::::::|〔 !lll!     !:::::!:::::::::::::::::::::!:::::!::::
::::::::::::|:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|______|:::::|::::
::::::::::::|:::\:: :: |::::|lll|     |:::::::::::::::::::::::::::::::: |::::
 ̄  ̄:\:::\::|::::|lll|       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
::::::::::::::::::\::::`:::::!lll!     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::: \:::: !lll!     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::\|lll|       ::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       ::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::        :::::::::::::::






      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      /   ,∨∨∨∨∨
    /  /   /   \ |
    |  /    ,(・) (・) |
     (6        ⊂⊃ |     ど、どうぞやる夫。
     |  U ___l_,|     部門内部における破壊活動の実態の
     |     \__/ /     調査報告書です・・・
   /|         /\




      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \       エジョフ、どう思うお。
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /





105 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:52:28 ID:fID/Dd2.0




: : : | : : | : : : : :/: : : /: : : : : : : : : : : _, : :':´: : /   /: : : : : :/   __」: : : /: : : : : l
: : : | : :|: : : /: : ∠: :-‐: : : _: : -‐: ´_ ..  ' ´  /: : : : :∠ -‐ ¬′:〃: : : : : |
: : :|: : |: : :/: /_: :-‐:_: 二 : -‐≪´        /: : : : :_;斗孑≠テ': : :く:} : : l : :!
: : : : : : :l: :/: 厶斗¬二托恭トミ丶`ミ==-‐'/: : _.. イ廴笊{′/ : :/ヘヽ: :|: : |
: : : : : : :∨ / ∨ 、 い込{‐ワ   \  ヽ /:,  '´  / 辷_ク / :,〃: : / }: : | : :,′
: : : : :l : : ヽ{ヘ._」  丶`二ニ´ -‐    ∠:イ   __/ -‐‥ ¬'//: l: :/ /: : :|: /
\: : : ヽ: : :ト-┤                 _」___/ __7⌒ヽ     / : :レ' イ/ : /}/     ・・・不十分ですね。
: : :ヽ: : :丶 {   、            / 厶 -‐ ]┴、  }   /:_/ィ: 〃/ '′
: : : :l:\ : :い   \            〉'′   /   廴'┐_厶.イ: :l:/イ         我々NKVDのところへ上がっている
: : : :l: : :\: :\    丶、      _/      {  -‐{  ∨: } !:| :|: :|         事故統計と囚人の証言に比べて
: : : :l: : : : :l:ト- `=-     ̄ ̄ ̄          `、  `、  ∨厶{ :|: :|         あまりにも破壊活動とその影響を
: : : :|: : : : :!{                 -  , ヘ   \_ _ヽ `ヽl: :|         過小評価しているといわざるを得ません。
: : : :|: : : : :い、                       '′ }  ‐ ¬  `}  \{
: : : :l: :l : : :|: :|\            _ -‐ ¬   /    }   廴 -‐ヘ        敵の活動はもっと大規模で、
: : : :|: :| : :| |   丶、   , ⌒ヽ   '´-‐ …'´  ,〃     ,    {、      }        広範囲のはずです。
: : : :|: :l: : : |: :|    丶、{    ヽ -‐‥   / /    ,′  l }    ム
: : : :|: :|: : : |: :l`丶     `、   `、   /{ /    {    ∪    {  ヽ
: : : :|: :|: : : |: :ト、  \____」    ├-< /∨      }    {    |   }
: : : :|: :|: : : |: :| \  \  }      {   V  {   {  {      }     {   {





106 : ◆J7qCZtZxmc:2013/08/16(金) 22:53:01 ID:fID/Dd2.0




       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \      エジョフの言うとおりだお!!
  /(●)三(●))   .\
  |   (__人__)      |     カガノーヴィチ、セルゴ!
  \ ヽ|r┬-| /   /     今すぐ報告書を再検討し修正しろお!
  /   `ー'´      \



      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      /   ,∨∨∨∨∨
    /  /  /   \ |
    |  /    (・)  (・)  |
     (6       ⊂⊃  |     そ、そんな・・・
     |  U   __l_,|
     |     /    / /
   /|      ̄ ̄ ̄/\.



.    >‐ 斗 ¨: : / /: :{:     \<ミt
  /  //: : γ¨7,//: : :.:Y⌒\  ‘,: :`寸
 /   / /: : : : /`ー´//: : __ :.{.    \