ブログパーツ 泳ぐやる夫シアター やる夫は赤い皇帝になるようです 第三十七話 嵐への道 嵐の前の不穏な静けさ


















やる夫は赤い皇帝になるようです 第三十七話 嵐への道 嵐の前の不穏な静けさ






衝撃のキーロフ暗殺から
にわかに動き出す党内粛清計画!
しかしその矢先、ジノヴィエフらを
事件に連座させる計画はとん挫してしまう・・・
___  __________
      ∨
    ,,,,,,,,,,,    ||    ||   ,,,,,,,,,
   [,,|,,,★,|,]   ||    ||   [,|,★,,,|,]    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ( ´∀`)  目    目  (・∀・ ) <  躓いた粛清計画。
   ( つ  )つ       ⊂ NKVD,)  | 肩すかしのサスペンス。
  ┃レ __   | ̄ ̄ ̄ ̄ | ___,ノ┃ | 大粛清への道はひどく
  ┗━┳┳\ | ̄ ̄ ̄ ̄|,/━┳┳┛ | 紆余曲折しているようだ。
      ┃┃   |_____,,|   ┃┃   | 果たして、前途は如何に?










358 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:01:10 ID:GZJY6dZY0




1935年1月25日、人民委員会議副議長(副首相)ヴァレリアン・クィビシェフ死去。
死因は心不全であった。



          _ __
         /─二__─_
        //\二| / | |二 \
       / | <~ゝ 二二 ∠~> |
     _// _T|  ┐ l_ |T_,  |_
  _─|  |  `U-  / ) U  | |-、
 <_|  |  | 、   / ~   \  | | | >
   ─/_/ |  / ̄~\ __/~|  |_|-'
      |  |  | ,───-_ |  |
      |  | |/       | |  |
      |  | |     ___| /|  |
      |  | | _ ──     7   |
       |    |_/ ̄ ̄\_/   /
       |              /
       |              /
    ─/ ̄|_          _/\
       /|  ──────-/ λ


依存症とも言えるほどの酒好きであった彼は、
「飲んだくれ」として既にやる夫からかつての信頼を失っていた人物でもある。

彼の死はやる夫にとってはさほどの損害ではなかったかもしれない・・・





359 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:01:56 ID:GZJY6dZY0




     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/    1935年1月、キーロフ暗殺事件に連座した
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !      ジノヴィエフとカーメネフの裁判が
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||      不発に終わったことにより、
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l      大粛清への急激な舵取りは停止します。
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|
       l \     _    ,/ |
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!




          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_     しかし、党内の目障りな「腐敗幹部」を
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\   排除しようとする試み自体を放棄した
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ    わけではありませんでした。
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/    やる夫は別の方法を用いて
         | |{i t    _     / |    突破口を探ることになります・・・
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |





360 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:02:24 ID:GZJY6dZY0




翌2月、やる夫は政府人事を動かし、
「200%のやる夫主義者」として有名なカガノーヴィチを鉄道人民委員に、
さらに期待の若手であるフルシチョフをモスクワ市第一書記に任命した。


                       ._-───-、
.                     /:::::::ト、i\/\::::\
                    {ヾ/>v、/:::::::::\r‐
                      .〉  { 0}::::|//::::::::::::
                      ゝ   ,=}==、:::::::::::::::::   やる夫の忠臣
                   ./  `ーァ‐':::::::::::/|::
                     |  r‐  }::::::;:<\ j:::    ラーザリ・カガノーヴィチ
.            _r──、   \ゝ-< ̄\__>:::::
           │ ─i⌒ヽ    \   ( ̄::::::::::/:
           │ ─|_ハ    /  ̄ニ二 ̄:::::::::
           │ ─、i   .}   / |     {::::::::::::::
              \ ー'   /\/  |     ヽ:::::::::::
             ヽ-<      |      ヽ:::::::



                  /::::/::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::i::::::´ ̄ヽー、
                     /:::::::/::::::::::::::/:::::/::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::ハ::ヘ
             /⌒ヽ   ,':::::::/::::::::::::::/::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::|::::|::::::::::::ハ::::',
          |   .}   !::::,イ::::::::::::::/:/::::/:::::::::::::::::::::::::::::::,'::::|::::::::::::::::!::::|
         ノ    ,'   |:::/.|::::::::/::::l、l:::/|/|::::::::::::::::::l::l::::/::::::|:::::::::::::::::|::::|
        / , -‐く   |/ |:::::::{::::::l/lヘ  |::::::::::::::://::/ |:::::,'::::::::::::::::::|:::|
      , -‐ '´     \    l::::::ハ:::::| ‐-、\!:::::::::::/__!/_l_:/_::::::::::::::::::|/
       /     _    \  ヽ::|::lヽ:|   ` Ⅵ:::/´ ィぅZマく|:::::::::::::::/::,'
    /  -ニ_´__`ヽ,    }   ヽN`:ト!      !∨   `ヾン '|/::::::::::/::/
    i          ̄ヽ、./     |:::|     ノ       /::::::::::/;|/
   ノ   、___   `〈 ̄`ヽ  Vト、  、_`  __,  ∠...イ:::// ′
   !        `ヽ、 / ヽ  ヽ ̄ ̄ ̄イ、:.:.: ̄:.:.:.}  /-'l;イ:/
   ,'   ____    Y  ヘ    \  /| ` ー‐_'.. ィ´:::::/l/      若手幹部
.  /        `ヽ、_.ノ     ヘ    ヽ'  |` ー‐ ´  /イ:/      ニキータ・フルシチョフ
./     ___ノ=‐-     ヘ     ヽ !     /`ー--,、
       ,イ /            ヘ    ヘ ヽ、  ./    / |





361 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:02:55 ID:GZJY6dZY0




無教養で小生意気で、底抜けの楽天家である若手のフルシチョフはしかし、
その疲れ知らずのエネルギッシュさとやる夫への忠誠心、そして野心では他の幹部に引けをとらなかった。


      i|:.:.:i:.:.:.:.:′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.′: : i :.:.:.:.:i|:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.: i.:.:.:.:.:i ‘;.:.:.i
      i|:.:.:|:.:.:.:i:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:i :.:.:/ | :.:.:.:.:i|:.:.:.:.:.:.:| .:.:.:.:.:.:. ;.:.:/i.:.:.:.:.:.:.:.:.:|i:.:.:.:.:| ‘:.:.|
      i|:.:.:| : /|:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:| .:/ 八:.:.:.:.八 :.:.:.:.:.| .:.:.:.:.:.:/}:/´|.:.:.:.:.:.:.:.:.:|i:.:.:.:.:|:  Ⅴ
    八:. | / i|:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:|:/ー‐-\:{_\:.:.:.|:.:.:.:.:.:/ィ刈》|:.:.:.:.:.:.:.:.:八 :.: ;
      Ⅵ′i|:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:|′ ィ斤テ笊=ミ:、\| .: /ヒこツ'│:.:.:.:.:.:./  }: /
.      ‘:.i: 八:.:. ト、:.:.:.:.:.:八. ヾ .戈辷夕   }/  ¨¨´ /:.:.:/.:/  .ノイ
.       从:.:.:.:\{ \.:.:.:.:.:.:、  `¨¨¨´          厶イ .:.:/
.        \八{iゝ-ヘ\ト、:. \             :}   ,丶|.:.:/       (鉛管工の身から
.         /  |:i| :.│ヽ  `¨⌒                 イ  :l /
       ィ   |八:.:.|   \       rー‐--- ア /: :  ノ' ‘,       今や首都の支配者だ!
      / |     ヽ{    `  .    ー─ ´ / 、.: ::      ‘,
.   /  ∧      ‘.        `  .    /.: .: : \       i      俺の名前をモスクワの大地に
.        ‘,       、         ァ‐ ´|'.    ∧      :|
          ‘,          .      /   :i i   /.: :i     |i      刻み込んでやる!)
         ‘,        `ー 、   {    .'.::|  ./.: : :|     |i
.           ‘,        f⌒ i      / : :!  /.: : : :|     .八





362 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:03:28 ID:GZJY6dZY0




彼は「やる夫のモスクワ」を作り上げるべく大いにまい進していく・・・


        /_     ,          \
      ,. ′__ 二 7ニ=-   i       ヽ
     / ̄/   . /' .i:   :i.  ト、: .     ハ           古臭い教会を吹き飛ばせ!
.     / . :/    . :/ | . ハ: .  :l: . .ィ 、: . =;   }           地面を掘り返して鉄道を通せ!
    /:/'   :i . / .!:/ ハ: : . :|,X: |'´\: : .| : . !
    l/ .,'    :|: 7=≠ 、 ヽ\|/`   ヽノ: : :i:{.     ,      モスクワの地下に
     |: .i: : :l /     ,\`'、  ’  _ノ }: : : :|、:'、 / ∟_    ロンドンと匹敵する地下鉄を
     |: : i:、: : { ヽ、__ノ _ >r'"´  ノ: : : :l \'    /    築いてソヴィエトの威信を
   、 ヘ: :|_ム、:' 、       世界中に示すんだ!!
   _j \ V ヽ {.ト`-   V  ̄ ̄:1   ´ .イ´    (   r'′
r‐ ´   }'′   ゝヘ    '.: : : : : :!  / i    ノヘ`¨ 〈
¨7    `、   ハ  `> - ハ: : : :_:j <j   ト- ‐<  ヽ  '.
. ゝァ , /ハ    '、 |/´|_ゝ<7__j    /     ` 、  }
  ゝiィ  ヽ\__ ヘ      ̄¨´     ヘ       `¨´
    \  /   {`            ヽ


そしてこの時、フルシチョフと同じく抜擢された人物がいた。




364 :安価スレッドはEXへ!纏めて落とします:2013/05/24(金) 21:04:53 ID:8jWV8A9g0



フルシチョフさんやる夫以上の無神論者だからな


363 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:04:12 ID:GZJY6dZY0




ニコライ・エジョフである。


               /::::::::::::::::::::::::_::::::::::::;xヘ:::::::::::::..、
               /::::::::::::::::;:::::::/::::::::/::::::::::!::::::::::::::ヽ
             /::::::::::::::::/::/:::::::::/::::::::::::::::}::::、:::: ヘ::::ヘ
             .i:::::::::::/::/;イ:::::::::/:::::::::::::::ノ::∧:::ヘ:::i::ヘ::::ヘ
             l:::::::::::l:::l/:::::::/:::::::::::::::; /::/ V::::l:::l::::l:::::::i
             |!:::::::::|:/:::/::::::::_:: - '´,.イ/   ヽ:|:::!:::|::::::::l
             |!:::::::l::!|::ムr‐'=z-x.._,ィイ ,.....z‐'''"リ!:j:::|::::::|l:|
             |ヘ:::::ヘ:V´、で妁ミくヽ  /´x'iチ妁'7'|:::/:::::リ |!
             |:::ヘ::::::::ヘ ` ̄   ,レ勹i{,  ` ̄ノ ノ/::::::/./
             |:::::::ゝ、:::::ゝ、..ノ _ノ'   ! ヽ_  ...ィ///イ
             .!:::|:::|::::::|`ヽ     r /   `  /リ}:::/:::|
             !::|:::|::::::ヘ      __ _      {//:|::|::|::|
             |::|:::|::::::|_:ヽ     ´ ‐ `   .イ´|::|::|::|::|
             |::|:::|::::::|:|:::::|ヽ        イ:|:::::|::|::|::|::|
             .!:|:::|::::::|:|::r:t.._ ` 、__ イ  |、|_::ノイ:|::|::|
              !:|::::::::::|:|::!:.:.:.:`¨:.:.:.:TT:::::¨´::|´:.:.:.:|::|::::::!
              |::!:::i::l::|::|:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|::|:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:|::|::::::|
              t::|:::!::!::!:V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|::|:.:.:.:.:.:.:ri:.:.:.:|::|:::::ノ
       __,.......-―::: ニゝ:|::|::|:::|:.`:.:.:.、:.:.:.:|::|:.:.:.:;r::::::ヽ:j::j:::/ ニ:_―-.......__
  __,.....‐:: ニ´-‐:.:.:.:. ̄:.:.:.:.:.:.:`ヽ、!::ヽ:.:.:`¨''=}:}:.:.´:.:.:.:.:.:.|/ <:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:.:.:.‐:`:::::‐-....

                    ニコライ・エジョフ


レニングラードでキーロフ暗殺事件の捜査を担当していた彼は、
この時、中央委員会書記・・・そして党統制委員会議長に任命された。





365 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:05:14 ID:GZJY6dZY0




        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\        同志エジョフ・・・
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\       今現在、我が党は革命以来の
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |      危機的状況にあると言えるお・・・
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、       この意味が分かるかお?
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ

 書記長 やる夫・スターリン



: : : | : : | : : : : :/: : : /: : : : : : : : : : : _, : :':´: : /   /: : : : : :/   __」: : : /: : : : : l
: : : | : :|: : : /: : ∠: :-‐: : : _: : -‐: ´_ ..  ' ´  /: : : : :∠ -‐ ¬′:〃: : : : : |
: : :|: : |: : :/: /_: :-‐:_: 二 : -‐≪´        /: : : : :_;斗孑≠テ': : :く:} : : l : :!
: : : : : : :l: :/: 厶斗¬二托恭トミ丶`ミ==-‐'/: : _.. イ廴笊{′/ : :/ヘヽ: :|: : |
: : : : : : :∨ / ∨ 、 い込{‐ワ   \  ヽ /:,  '´  / 辷_ク / :,〃: : / }: : | : :,′
: : : : :l : : ヽ{ヘ._」  丶`二ニ´ -‐    ∠:イ   __/ -‐‥ ¬'//: l: :/ /: : :|: /
\: : : ヽ: : :ト-┤                 _」___/ __7⌒ヽ     / : :レ' イ/ : /}/
: : :ヽ: : :丶 {   、            / 厶 -‐ ]┴、  }   /:_/ィ: 〃/ '′
: : : :l:\ : :い   \            〉'′   /   廴'┐_厶.イ: :l:/イ      明白であります同志やる夫。
: : : :l: : :\: :\    丶、      _/      {  -‐{  ∨: } !:| :|: :|
: : : :l: : : : :l:ト- `=-     ̄ ̄ ̄          `、  `、  ∨厶{ :|: :|      現在、党内にはジノヴィエフ・カーメネフらの
: : : :|: : : : :!{                 -  , ヘ   \_ _ヽ `ヽl: :|      反ソ組織が潜伏しており、党幹部の殺害、
: : : :|: : : : :い、                       '′ }  ‐ ¬  `}  \{      ひいては外国勢力と共謀して
: : : :l: :l : : :|: :|\            _ -‐ ¬   /    }   廴 -‐ヘ     党とソ連国家の転覆の陰謀を
: : : :|: :| : :| |   丶、   , ⌒ヽ   '´-‐ …'´  ,〃     ,    {、      }     推進しているからです。
: : : :|: :l: : : |: :|    丶、{    ヽ -‐‥   / /    ,′  l }    ム
: : : :|: :|: : : |: :l`丶     `、   `、   /{ /    {    ∪    {  ヽ
: : : :|: :|: : : |: :ト、  \____」    ├-< /∨      }    {    |   }
: : : :|: :|: : : |: :| \  \  }      {   V  {   {  {      }     {   {





366 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:05:47 ID:GZJY6dZY0




               /::::::::::::::::::::::::_::::::::::::;xヘ:::::::::::::..、
               /::::::::::::::::;:::::::/::::::::/::::::::::!::::::::::::::ヽ
             /::::::::::::::::/::/:::::::::/::::::::::::::::}::::、:::: ヘ::::ヘ
             .i:::::::::::/::/;イ:::::::::/:::::::::::::::ノ::∧:::ヘ:::i::ヘ::::ヘ
             l:::::::::::l:::l/:::::::/:::::::::::::::; /::/ V::::l:::l::::l:::::::i
             |!:::::::::|:/:::/::::::::_:: - '´,.イ/   ヽ:|:::!:::|::::::::l
             |!:::::::l::!|::ムr‐'=z-x.._,ィイ ,.....z‐'''"リ!:j:::|::::::|l:|    これら反ソ組織を摘発し、
             |ヘ:::::ヘ:V´、で妁ミくヽ  /´x'iチ妁'7'|:::/:::::リ |!
             |:::ヘ::::::::ヘ ` ̄   ,レ勹i{,  ` ̄ノ ノ/::::::/./    その陰謀を完膚なきまでに
             |:::::::ゝ、:::::ゝ、..ノ _ノ'   ! ヽ_  ...ィ///イ
             .!:::|:::|::::::|`ヽ     r /   `  /リ}:::/:::|     粉砕せねばなりません!
             !::|:::|::::::ヘ      __ _      {//:|::|::|::|
             |::|:::|::::::|_:ヽ     ´ ‐ `   .イ´|::|::|::|::|     そのためには党全体を洗い直す
             |::|:::|::::::|:|:::::|ヽ        イ:|:::::|::|::|::|::|
             .!:|:::|::::::|:|::r:t.._ ` 、__ イ  |、|_::ノイ:|::|::|     必要があるのです!
              !:|::::::::::|:|::!:.:.:.:`¨:.:.:.:TT:::::¨´::|´:.:.:.:|::|::::::!
              |::!:::i::l::|::|:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|::|:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:|::|::::::|



         ___
        /     \
      / \ , , /  \     その通り・・・その通りだお。
    /  (●)  (●)   \    奴らの手先はありとあらゆるところにいるお。
     |     (__人__)     |    そして何よりも、地方幹部らの
    \     ` ⌒ ´    ,/    油断と怠慢が奴らに付け入る隙を与えている・・・





367 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:06:40 ID:GZJY6dZY0




              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:\
            _,  ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
          _,. -'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
    ー=ニ二:__;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ハ
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;l::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ハ
       /::/:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::/:: ハ:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.ハ       おっしゃる通りです同志やる夫。
.      /:〃::.:.::::::/:::::::::::::.:::::::::::::::::/::/  ヽ:.:ヽ:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.ハ
.       ///::.:.:.:::::/:.:.:::.:.:::::::::::.:.:.:.;.ィ:.:/ ,  =‐\\、:ヽ、:.:.:.ヽ、:.ヽ:.:.:.\      我々共産党員の義務は
      i/ ':.:.:.:.:.:::.!:::::.:.:.:.::::._、-‐ ´ノィ≦彡ァztゥ芥ド=-ヽ‐-ヽ:、l:.:.:.:.:.:\    敵に対する警戒心であり、
       { |:.:.:.:,l:.:.:l:.:.:..:.:::.:ィヤ心/ 〃ナア弋多ノ | ̄!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :ヽヽ   敵が党内に入り込んでいる以上、
.       |:.:.:.ハ:.:!:.:.:.:.:.:ハ弐zハ  {__   ´ ̄    l  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : :. : :l`\ 無警戒であること自体が党員としての過失です。
         V:.:{ ゝ!:.:.:.:./:.:ハ  /}=ゝ )     / , ':.:. :/.:.:. : : :.:.: : :. : : l
        V:l   ヽ:.:.:{ー‐ャ ´ソ     ̄ ̄  /: : /:.:. : : : .: :. : :. : !|   そういった惰弱した姿勢は
        い   jヽ|:.:.:.:.:.ゝ 丶、 '      ‐ァ'_ -ァ:.:.: : : : : : / /: :/: j|/    腐敗した気風を生み、反ソ分子に
           /: .:.:.:.:.:.:.:.:.:丶、 tz‐ュ   /´ ィ:/: /: :/:〃/: :ィ//     温床を提供しているのです。
          ,.': : :.: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>、 ー    /〃lィ:_: イ ィ:ッ'/ {
            /イ: :. : : :. :. : :.::_/  \_ ィ´ / rく  / ノ"´   \
         〃 !l /!: : /:. : イヽ     ハ     |  ヽ        个 、_
         {′lヘl |/|:.//  \   { ハ     |   l       / /  / `ー‐-、__
            `′ !' ィ  , 、 ^ゝ   l′ }   j    \     V  /       `ー- 、__





368 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:07:27 ID:GZJY6dZY0




                 /: : : : : : : : : :,: : : : : : : : : : :\
                /: :/: : : : : /: : |: l: : l : : : : : : : : ヽ
               ,.' : : /: : :/ : /: : /|: V: :ゝ: : ヽ: : : : :∧
                / : : /: :/: : :イ: / _>、ト、: :ヽ\ l : : : : ∧
.              / / : |/ : /, ', '.ィ≦zャ¬ヘヽ:\\: : : : : ',   我々は反ソ分子を摘発すると共に、
            |: |: : :|: :r≦彡'´{ケィヤ乏ノ }|: :` ‐\ ニ=‐: |
            |: |:l : レ沁厂i}==ゝュ__/ | | : : : : : : : : :|   こういった「無警戒」とそこから培養される
            |: |:ゝ ゝ二.ノ         | l: : : : : : : : : : |
            ヽ|\\三ゝ 、        | |: : : |: : : : : |: |   「反ソ気分」をも摘発しなければなりません!
               ト ム  `,........._      | |: : :|: : : : :|: |
               , ‐''´\  ‐       | l: : : :|: : : : : :|: |   怠慢は罪であり、敵を利するスパイ行為と同義です!
              / , \ ヽ      /| |: : : l|: : : : |: l: :|
            / _、ヽ  ) }ゝ_ .  ´ / |: : : ||: : : : |: |: :|
          /    lノ / /イiノ∠┤   //||: : : ||: : : : |: |: :|
           , '    ノ'‐f´ァ'´l_/   | // ||: :|||: |: : :|: j∠
        r<  `T7 _  イ    / ,| l/l : | : :| :|| l|_ 斗 彡¬__
       / \_'_/_」/  」  〃"´j |レ|: :|: : l_」l斗z彡' / /`ー、
        /     // /  <   / ┌一|' |:/L:ィ  / -‐/
      ,     // ∠  イム  {`ヽ |   l′ l/ / / /


         /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        /: : :            \
       /: : : :            \
     /: : : : : :              \
    / : : : : : : : ..               \
    |: : : : : :  ,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,        l
    |: : : ::;; ( (・) ) ノヽ ( (・) );;:::    |   ・・・・・・
    |: : : : :  ´"''"        "''"´       l
   . \ : : : : . .(     j     )      /
      \: : :: : >ー-‐'=ー-ー<    /
     /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
     : : : : : : : : :``ー- -‐'"´      \
     : : : : . : : . : : .                \





369 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:08:09 ID:GZJY6dZY0




キーロフ暗殺に端を発する一連の大事件と犯人捜しは、
ジノヴィエフとカーメネフに単なる禁固刑が下された時点でケリがついたと党内では受け止められていた。


     i';i
    /__Y
     ||真||                   /⌒彡
  _ ||露||         /⌒\     /冫、 ) ・・・・・・。
  \ ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ `./⌒ i `  /ゝ    _,,..,,,,_
  ||\`~~´  (キムチ)       \( >     ('\\  ./ ,' 3 `ヽーっ ・・・・・・。
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄\`つ    ⌒ _) l   ⊃ ⌒_つ
     .|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||                `'ー---‐
( 'A) ・・・。 〃∩ ∧_∧        <⌒/ヽ___
/(ヘ)ヘ    ⊂⌒(  ・ω・) ・・・。  <_/____/ zzzz・・・
         `ヽ_っ⌒/⌒c


事件を契機に党内に「見えない敵」を作り出し緊張を一気に引き上げようとする
やる夫の計画はあっけなく失敗したかに見えたのだが・・・





370 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:08:42 ID:GZJY6dZY0




そんな党内において、人事問題のプロフェッショナルであるエジョフは
依然として反ソ陰謀の危機を声高に主張していた。


                 ,  ´       `   、
             /              \
            /                \
              /                   ヽ
          /   /   / /           |  ∧
            '    l    / /,  -―    / /|  ∧
.           |   l |  |´/        ィ ,.l||| ∧
.           |   l |  K_  、―‐'´//|||| | トヽ
.           |    ヽ.|  | 沁tx、\‐ 彡 ´_/イ/||v|
.           |      \ V弋z^ヽヽ l  ィケアテへ,' ,' ハ|
.           |       ト\__,rッ={i≦ィ/`ソ./l/ ノ
.           || |   |   |  `      ゝ=/=イl//
.           || |   |  |      ´/ /  {
.           リ |   | |  l、   ¨二 ` /  |
          `ヽ  | |  |、> .   イ | | |
               /\| |  ヽ\ 厂\{ { | |
            /\ ヽ|、 l | 〈| |    \  | l.|
       _  ´     \ 丶N 八ト、    /lVl N
       /          \  ∧└、ヽ. ムト l /
.     /           ヽヘ ∧ l V 〉 ヽl' ー 、


その彼が、党員問題を取り扱う党統制委員会の責任者に任命されたことは、
やる夫がこの問題をまだ終わらせるつもりでないことを示していたのだった。





371 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:09:35 ID:GZJY6dZY0




やる夫がエジョフに直接明確な意図を示し、計画を打ち明けたかどうかはわからない。

だが、エジョフのように急速に台頭する若手幹部にとって、やる夫の信任は最大の武器であった。
彼らはどのような手段をもってしても、やる夫の望みを探り当て、それに答えようとした。


        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\
   /..::::::○:::::::::::::::::::::::::.\
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ


                 /: : : : : : : : : :,: : : : : : : : : : :\
                /: :/: : : : : /: : |: l: : l : : : : : : : : ヽ
               ,.' : : /: : :/ : /: : /|: V: :ゝ: : ヽ: : : : :∧
                / : : /: :/: : :イ: / _>、ト、: :ヽ\ l : : : : ∧
.              / / : |/ : /, ', '.ィ≦zャ¬ヘヽ:\\: : : : : ',
            |: |: : :|: :r≦彡'´{ケィヤ乏ノ }|: :` ‐\ ニ=‐: |
            |: |:l : レ沁厂i}==ゝュ__/ | | : : : : : : : : :|
            |: |:ゝ ゝ二.ノ         | l: : : : : : : : : : |
            ヽ|\\三ゝ 、        | |: : : |: : : : : |: |
               ト ム  `,........._      | |: : :|: : : : :|: |
               , ‐''´\  ‐       | l: : : :|: : : : : :|: |
              / , \ ヽ      /| |: : : l|: : : : |: l: :|
            / _、ヽ  ) }ゝ_ .  ´ / |: : : ||: : : : |: |: :|
          /    lノ / /イiノ∠┤   //||: : : ||: : : : |: |: :|
           , '    ノ'‐f´ァ'´l_/   | // ||: :|||: |: : :|: j∠
        r<  `T7 _  イ    / ,| l/l : | : :| :|| l|_ 斗 彡¬__
       / \_'_/_」/  」  〃"´j |レ|: :|: : l_」l斗z彡' / /`ー、
        /     // /  <   / ┌一|' |:/L:ィ  / -‐/
      ,     // ∠  イム  {`ヽ |   l′ l/ / / /


そういう点で、エジョフは極めて純真な党員であった。

彼の一直線な忠誠心と職務に対する熱烈さは、やる夫にって代えがたい財産となり、
そして多くの人にとって致命的な危険要素となるのである・・・





372 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:10:52 ID:GZJY6dZY0




エジョフ・・・稀代の「悪魔」

党の為に想像を絶する悪事に染まり、そして皮肉にも、自らが尽くした党自身によって
世界から文字通り「抹消」されたこの男の実像は、いまや歴史のページにおぼろげな痕跡を残すのみである。



: : : | : : | : : : : :/: : : /: : : : : : : : : : : _, : :':´: : /   /: : : : : :/   __」: : : /: : : : : l
: : : | : :|: : : /: : ∠: :-‐: : : _: : -‐: ´_ ..  ' ´  /: : : : :∠ -‐ ¬′:〃: : : : : |
: : :|: : |: : :/: /_: :-‐:_: 二 : -‐≪´        /: : : : :_;斗孑≠テ': : :く:} : : l : :!
: : : : : : :l: :/: 厶斗¬二托恭トミ丶`ミ==-‐'/: : _.. イ廴笊{′/ : :/ヘヽ: :|: : |
: : : : : : :∨ / ∨ 、 い込{‐ワ   \  ヽ /:,  '´  / 辷_ク / :,〃: : / }: : | : :,′
: : : : :l : : ヽ{ヘ._」  丶`二ニ´ -‐    ∠:イ   __/ -‐‥ ¬'//: l: :/ /: : :|: /
\: : : ヽ: : :ト-┤                 _」___/ __7⌒ヽ     / : :レ' イ/ : /}/
: : :ヽ: : :丶 {   、            / 厶 -‐ ]┴、  }   /:_/ィ: 〃/ '′
: : : :l:\ : :い   \            〉'′   /   廴'┐_厶.イ: :l:/イ
: : : :l: : :\: :\    丶、      _/      {  -‐{  ∨: } !:| :|: :|
: : : :l: : : : :l:ト- `=-     ̄ ̄ ̄          `、  `、  ∨厶{ :|: :|
: : : :|: : : : :!{                 -  , ヘ   \_ _ヽ `ヽl: :|
: : : :|: : : : :い、                       '′ }  ‐ ¬  `}  \{
: : : :l: :l : : :|: :|\            _ -‐ ¬   /    }   廴 -‐ヘ
: : : :|: :| : :| |   丶、   , ⌒ヽ   '´-‐ …'´  ,〃     ,    {、      }
: : : :|: :l: : : |: :|    丶、{    ヽ -‐‥   / /    ,′  l }    ム
: : : :|: :|: : : |: :l`丶     `、   `、   /{ /    {    ∪    {  ヽ
: : : :|: :|: : : |: :ト、  \____」    ├-< /∨      }    {    |   }
: : : :|: :|: : : |: :| \  \  }      {   V  {   {  {      }     {   {



歴史の動きにきわめて深く関与しながら、歴史からその存在を「消されて」しまった極めて不気味な存在であるエジョフは、
大粛清期ボリシェヴィキの犯罪性と異常性、そしてその悲劇を一身に体現する人物だった。





373 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:11:37 ID:GZJY6dZY0




【補足】


     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ         ★  ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミ
    /  ./ /      l ト、\
   \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',     大粛清のもう一人の主人公、
     l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !     ニコライ・エジョフは生真面目で熱心な党員でした。
     l | l | ┬::cr / / ┬c」 |
      l | l !  l:::::::j  '   l::::j.! /     病弱な体にも関わらず相当な仕事中毒だったようで、
      l | l l⊂⊃‐       ‐⊂/     政治局はわざわざ彼がちゃんと休暇をとっているか
      ! | |ヽ|        -   リ      確認する必要すらあったほどです。
      ! | lゝ、          /|
      ! | |::::::::::ー┐ r‐:::イ:l. |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !





374 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:12:49 ID:GZJY6dZY0




          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ    彼のような若手幹部にとって、
       /  ,='  _  ∧_ _,,        ともかく熱心に、忠実に職務に励むことが
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_     出世への近道でありました。
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ    最高権力者であるやる夫が、
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ    権力の上に安住している古参幹部を軽蔑し
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/    エジョフのような熱心な若手を必要としていたからです。
         | |{i t    _     / |
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |

              '     , '"           ゙ヽ     L
             ,′   /                \   ノ
           _ l   j//  /       丶        ヽ /
        ___  (._  |  ノ ,   '  ,         '         ' ヽ
     ___/r_- '  ̄  イ (__/ /  /          |  i 、      V
   r :::__:::: {    /:!   ヽ    ,'  │!.    │ !   V      ',
   |:::|  イ^て  イ::::!   ノ .!  l.  │!     ハ  !   l  !  ハ !
   L/イ  「    |:::::!   (_ | l ハ   | | |!   l | |  ノ| !   ! | |    職務に忠実に励んでいる限り、
  .   /!  ハ____. |:::::!    ヽVハ__ヽ__Nヽ|!  l/ j ,.ィl‐j 'T リ イ レ    出世の道は拓かれる・・・
    /::!   l    ヽヽ:::ヽ  ノヘ´ ヽ==ゝl、 `ヾノ' j/ィ´j::V レイ|
    !:::!  !   (  ヽ,=:Vハ ヽ イiナ:ハ        、'-ノ ' l | ヽ       そこだけ見ればまだ
    ゝ!   !    ー-..{@jil!| !   ゝ‐ '            ハ ハ. |      組織として健全な状態ではあったのね。
      |  !         ´ゞィ'!| |            _′   / | | ヽ
      |  !       `ナ'| ト          '-'     ∠_.l  !  \
.      ,|  ::!         /'  l  !_>-_、, ―-、     /⌒Y ,′   lヽ
    /│ ::::!         /   l  ! ' ´ : : : : : : .ヽ-<: : : : :V ハ.    | !
  . /:/  :::::!      /   ,l  !: : : : : : :__ {ゞン}─ - 、:.| ! ノ  / '





375 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:13:41 ID:GZJY6dZY0




        ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
        =            ゙ミ
        ミ     ★      ゙ミ
       r―ミ             ゙ミ
      l  ミ;=======.:::゙ミ
       ヽ /  ※   ※   ※ ∧
.      /   r―_‐_'i:¨:¨´:l ̄:`ヽ}     キーロフ暗殺事件を機に、
      { ※ /: ´/: :/`:./;ハ:`: :l: l     やる夫が古参幹部や地方幹部の
      }   f: /fてハヾ´ /f'云ヾハ:}     既得権益の破壊を目論んだことは、
.      { ※ }:{ 弋__ノ   弋::リ j//     エジョフのような若手幹部に大きな
      ハ   {:ヾゝ''''   ,、  ''',イ ヽ     チャンスを与えようとしていました。
.     /: } ※. }: : ;>‐‐--‐<ヽ  }_
    /: :.{    l:/{i{ (ニニXニニ)} :.{ ※ ヘ    党内の大規模な人事入れ替えは
   ,.イ: : :/ ※ l:ヾ}i}  〃{i  {i: :ヽ  ヽ   出世へのまたとない機会だったからです。
.  {:ヽ: :.く   /: :j:ヾx、_ノノゞ≠'j : :.} ※ }
.r<:ヽ:`:ー`ヽ,/f'"::`ーt‐f´:t‐r‐':ヘ:-'`¨¨:}´



          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_     そしてやる夫は
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\   自分に忠実で、有能な者には
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ    必ず利益の配当を行ったため、
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ    若手幹部はやる夫の歓心を買うために
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/    進んで「敵への攻撃」に加担しました。
         | |{i t    _     / |
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |    これが後に極めて暴力的な
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |    循環機能を作り出してしまうのです・・・
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |

【補足終わり】





376 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:14:47 ID:GZJY6dZY0




エジョフが抜擢された影響はすぐさま現れた。

1935年初頭からソ連の政治的中枢であるクレムリンの職員が次々と逮捕され始めたのだ。


        ,,,,,,,,,,,,          
        [|,,,★,,|,]
       ( ・∀・)
  -=≡  /NKVD ヽ
.      /| |   |. |     
 -=≡ /. \ヽ/\\_  
    /    ヽ⌒)==ヽ_)=   [|,,,★,|] 
-=   / /⌒\.\ ||  ||  ( ;´Д`)
  / /    > ) ||   ||  ( ∪ ∪   
 / /     / /_||_ ||  と_)_) _.
 し'     (_つ ̄(_)) ̄ (.)) ̄ (_)) ̄(.))


これは、やる夫が打ち上げた「党内に潜む面従腹背の敵」という言説を裏付けようとする試みであった。





377 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:15:20 ID:GZJY6dZY0




そして、ついにはクレムリン逮捕者の一人、「公爵夫人」なる者が「やる夫暗殺計画」を自白。


              ,,,,,,,,,,,,
              [|,,,★,,|,]  〔^^〕
               _,( # ゚Д゚)⌒ i  |
          (⌒ ー  一 r.、!  〉  
           ヽ弋 NKVD イ(` ー'       
           〔勿\     ヽ        
               )  r⌒丶 )  ドカ
     ドカ   ドカ  /   !  |'´
       ドカ    /   /|  |∥ ドカ
             (    く  !  ||∥  ドカ
           ドカ   \  i   | ∥|∥|
            __>  ヽヽ从/∧∧
            ⊂⌒ヽ从/ つ*>0⊂ヽ ワ、ワタシハアンサツヲケイカクシマシタ・・・


これはエジョフが手に入れた最初の大きな成果であった。
これをもって、レニングラードの暗殺事件をモスクワに飛び火させることに成功したからである。


           /: : : : :/: : : : : ://: : : : : : : : : : : : :\
          ,' : : | : ': : : :///: : : _: : -―: : : : ヽ: ヽ\
             ': : : :|: :|: : : l´/: : : /: : : : : : :/ : : }: : :\
         / :l : : l: :l: : : l´ニニニ: :-: : : : :/: : :/ / : l: :
         /: :l: : : :ヽl: : : |二_:―――: : ´: : /: /: : :|: :
        /:/: l: : : : : ゝ: :l:|ヤッ≧==、―‐ァ:/: :イ : : /: :
.        / / /: l : : : : : : ヽトト弐  jトヽ=彡'_ ,r≦メ: : / l: :
      /:イ / : |: : :l: : : : : : :ゝ-  -=テ¬元ソ/: ∨:/l /
.     |:l l: |:l: :|:l: : |: : : : : : : :\---‐ ⌒i{ 彡 : : /l///
.     l|l l: |:l: :| l: : | : : : : : : : ヽ ヽ、 、  冫メ --彳´/´
.     'リ l: |:l: :| l: : ヽ: : :ヽ: : : : :vl-`、、´/: : : : :l|
       _∧l」 -ゝ……―- 、: :i: :lリ` ィヽ : : : : : l l'\
    /. ´  ______`" ‐<lム: l : : : : l|:|
.   /l/  /         `  、 \>: : :/: :l.l:|
. / /  /                \ \/l //ノ'





378 :安価スレッドはEXへ!纏めて落とします:2013/05/24(金) 21:16:09 ID:8jWV8A9g0



自白(拷問)


379 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:16:32 ID:GZJY6dZY0




クレムリン内部において進行していた「やる夫暗殺計画」がついに暴かれ、
クレムリン職員の逮捕者数は最終的に110人にまで上った。


: :: :::: ::::: ::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    : : ::: :::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    : : : :: ::: :::::::::::::::::::::: Λ_Λ . . . .: : : ::: : ::
      : : : :: ::::::: :: :/:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : :
    ∧ _∧::::::::::::::::/ :::/:: ヽ、ヽ、 ::i     ∧ _∧
::::::::/⌒ ̄⌒ヽ)'ヽ::::::/ :::/;;:  ヽ ヽ ::l::::::::/⌒ ̄⌒ヽ)'ヽ:
 ̄/;;;;;;;;;::   ::::ヽ;; |::::(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄/;;;;;;;;;::   ::::ヽ;; |
::::::|;;;;;;;;;::  ノヽ__ノ: : :::::::: :: :: : ::::::::::::::::::::::|;;;;;;;;;::  ノヽ__ノ
 ̄l;;;;;;:::  /::: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l;;;;;;:::  /


うち二人に死刑判決、残りは自由剥奪か収容所送りとなる。





380 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:17:49 ID:GZJY6dZY0




この事件は党内に、にわかに緊迫を与えた。

クレムリンにさえ敵がいるのであれば、もはや敵が忍び込んでいない場所などないのではないか?


                                   -- 、
                                  /´      \
                               厶---  、
                              ,ィ≦__ ´ ̄`ヽ\
                           tf´ /__, ≧t、   \>-
                            ____`¨{tテッ `ー,tテッv┬v
                      ,ィ==≦、 、   `}`¨f^ヽ `ー宀│
              ト((ィー'^</ /    \ヽ、  j;; ^__`_  ;;;u j Y
.       , --- 、  ,r'      ∨ __,tッー¬fっ=r-ヘ r'===ヘィ   '^'__
      .イ廴__   ー≦f(乂从儿 ヽ!てテ  てテYヽ ヽ` ̄ ̄´;;u , ' /
     〃__,{ ヽ、 、({ ≦   ≧zヽ, } こ'⌒ヽ ¨´u |Y^ヘヽ、___ _, イ/
   、」:ftッ,ヽ、 ハ ミニ! /⌒ヽ ;;ト┘{ ;ヽ弋iつ7´,'└〉_ノ^f^ヽ、´/
    ヾ_| 〈_、 |  |   〈';;r===-イ 气,ハ `¨こ´u;;; _/ヽノ| ,ァ=r- 、
     「! fニぇj  j   入`¨こ¨´ u  /f≧ー一 '´  ,/ 厶八_ノ   \__
.     ヽ、 `¨7 ,イ/>rr--r≦´  jf`=--    /   ,r-、


これは党指導部が、今後すべての党・政府の部署において「聖域なき粛清」を行うメッセージの一つなのではないか?





381 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:18:48 ID:GZJY6dZY0




この時すでにテロリストの侵入を効果的に阻止できず「やる夫暗殺計画」を野放しにしたとして、
古参幹部でありやる夫の旧友であるアヴェル・エヌキゼが批判のやり玉に挙がっていた。


.     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
     /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : : : : : ヽ
.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : 」_: : / 〈  {} |/  レ  {} }|:./ヽ: : |
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|
   厶ヘ ハ         、     {ハ/ V
      \_! U    _ '     !
        ヽ    /   `t u /
      ___,r| \  {    / /
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、
::::::::::::::/:::::::::∧    /二\ |::::::ヽ::::::::::::\
::::::::::::/::::::::::::::∧ヽ  /: : : : :}ヽ!::::::::::〉:::::::::::::::

クレムリン管理責任者 アヴェル・エヌキゼ


これは、粛清の流れがジノヴィエフたちのような哀れな負け組だけにとどまらず、
現役の党幹部に拡大する気配を感じさせるものだった。





382 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:19:40 ID:GZJY6dZY0




党員たちは戸惑いと警戒とともに、現役幹部として最初の犠牲者になるかもしれないエヌキゼの行く末・・・
事件直後に開かれたエヌキゼの管理責任を追及する中央委員会総会を見守ることとなる。


               /::::::::::::::::::::::::_::::::::::::;xヘ:::::::::::::..、
               /::::::::::::::::;:::::::/::::::::/::::::::::!::::::::::::::ヽ
             /::::::::::::::::/::/:::::::::/::::::::::::::::}::::、:::: ヘ::::ヘ
             .i:::::::::::/::/;イ:::::::::/:::::::::::::::ノ::∧:::ヘ:::i::ヘ::::ヘ
             l:::::::::::l:::l/:::::::/:::::::::::::::; /::/ V::::l:::l::::l:::::::i
             |!:::::::::|:/:::/::::::::_:: - '´,.イ/   ヽ:|:::!:::|::::::::l
             |!:::::::l::!|::ムr‐'=z-x.._,ィイ ,.....z‐'''"リ!:j:::|::::::|l:|
             |ヘ:::::ヘ:V´、で妁ミくヽ  /´x'iチ妁'7'|:::/:::::リ |!
             |:::ヘ::::::::ヘ ` ̄   ,レ勹i{,  ` ̄ノ ノ/::::::/./
             |:::::::ゝ、:::::ゝ、..ノ _ノ'   ! ヽ_  ...ィ///イ
             .!:::|:::|::::::|`ヽ     r /   `  /リ}:::/:::|
             !::|:::|::::::ヘ      __ _      {//:|::|::|::|
             |::|:::|::::::|_:ヽ     ´ ‐ `   .イ´|::|::|::|::|
             |::|:::|::::::|:|:::::|ヽ        イ:|:::::|::|::|::|::|
             .!:|:::|::::::|:|::r:t.._ ` 、__ イ  |、|_::ノイ:|::|::|
              !:|::::::::::|:|::!:.:.:.:`¨:.:.:.:TT:::::¨´::|´:.:.:.:|::|::::::!
              |::!:::i::l::|::|:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|::|:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:|::|::::::|


だがエジョフは、この総会で大方の人々の推測や想定を裏切る行動を取ろうとしていたのだ。





383 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:20:17 ID:GZJY6dZY0




   ――― 1935年6月、中央委員会総会。

                                            /   ./
                                             /   /
‐-、_                                            /  ./
      ̄"''ー-、_                               /  /
__         ̄`ー 、                           / /
__`―----、_━     ̄"'ー- 、______________/ ./
 [二] ̄゛ ̄`―‐ニニニニ==―--、_━ `ー‐ ┌―――――――┐||||/__
          (ニ)   (ニ) ̄ ̄  ̄| ̄llll|||||              ||||||||   |
                 「 T~|  |  ||||||||              ||||||||   |
                 | | |__|_|||||||└―――――――┘|||||||___|_
――――― '" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~| |,-|~~~ニ二二二二二二二二二二二l、  |
-、,-、 ,Y  =========================
 |   二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二
   [   ] [   ] [   ] [   ] [   ] [   ] [   ] [   ] [   ]
  ,,,,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,, ,,,,,,,,,,, ,,,,,,,,,, ,,,,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,,,,,, ,,,,,,,,,,,,,
  [,|,,,,,,,,,,|,,] [|,,,,,,,,,|,,] [|,,,,,,,,,|,] [,|,,,,,,,,|,,[|,,,,,,,,,,|,,][|,,,,,,,,,[,,|,,,,,,,,,,|,] [,,|,,,,,,,,,,|,][,,|,,,,,,,,,|]
  (    )(    )(    )(    (    )    (    ) (    )(   )
::l´ ̄ ̄ ̄`l l´ ̄ ̄ ̄`l l´ ̄ ̄ ̄`l l´ ̄ ̄ ̄`l l´ ̄ ̄ ̄`l l´ ̄ ̄ ̄`l l´ ̄ ̄ ̄`l::
::|::..    ..::| |::...   ...::| |::..    .:| |::.    ..:| |::.    .::| |::..    ..::| |::..    ..::|::





384 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:20:39 ID:GZJY6dZY0



                 ,  ´       `   、
             /              \
            /                \
              /                   ヽ
          /   /   / /           |  ∧
            '    l    / /,  -―    / /|  ∧
.           |   l |  |´/        ィ ,.l||| ∧   同志諸君。
.           |   l |  K_  、―‐'´//|||| | トヽ  私はこの場で同志エヌキゼの
.           |    ヽ.|  | 沁tx、\‐ 彡 ´_/イ/||v|    「クレムリン事件」における責任を
.           |      \ V弋z^ヽヽ l  ィケアテへ,' ,' ハ|    追及することとなっているが、
.           |       ト\__,rッ={i≦ィ/`ソ./l/ ノ    その前に「同志キーロフ暗殺事件」について
.           || |   |   |  `      ゝ=/=イl//      触れておかなければなりません。
.           || |   |  |      ´/ /  {
.           リ |   | |  l、   ¨二 ` /  |       なぜなら、この二つの事件には
          `ヽ  | |  |、> .   イ | | |        直接的な関係性があるからです。
               /\| |  ヽ\ 厂\{ { | |
            /\ ヽ|、 l | 〈| |    \  | l.|
       _  ´     \ 丶N 八ト、    /lVl N
       /          \  ∧└、ヽ. ムト l /
.     /           ヽヘ ∧ l V 〉 ヽl' ー 、





385 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:21:12 ID:GZJY6dZY0




               /::::::::::::::::;:::::::/::::::::/::::::::::!::::::::::::::ヽ
             /::::::::::::::::/::/:::::::::/::::::::::::::::}::::、:::: ヘ::::ヘ
             .i:::::::::::/::/;イ:::::::::/:::::::::::::::ノ::∧:::ヘ:::i::ヘ::::ヘ
             l:::::::::::l:::l/:::::::/:::::::::::::::; /::/ V::::l:::l::::l:::::::i
             |!:::::::::|:/:::/::::::::_:: - '´,.イ/   ヽ:|:::!:::|::::::::l
             |!:::::::l::!|::ムr‐'=z-x.._,ィイ ,.....z‐'''"リ!:j:::|::::::|l:|
             |ヘ:::::ヘ:V´、で妁ミくヽ  /´x'iチ妁'7'|:::/:::::リ |!   同志キーロフ暗殺に係る政治的評価については、
             |:::ヘ::::::::ヘ ` ̄   ,レ勹i{,  ` ̄ノ ノ/::::::/./    すでに中央委員会において明らかにされています。
             |:::::::ゝ、:::::ゝ、..ノ _ノ'   ! ヽ_  ...ィ///イ
             .!:::|:::|::::::|`ヽ     r /   `  /リ}:::/:::|     私の発言はこの評価を覆そうとするものではなく、
             !::|:::|::::::ヘ      __ _      {//:|::|::|::|     ただ、明らかにされていなかった「真実」を
             |::|:::|::::::|_:ヽ     ´ ‐ `   .イ´|::|::|::|::|     付け加えるだけであります。
             |::|:::|::::::|:|:::::|ヽ        イ:|:::::|::|::|::|::|
             .!:|:::|::::::|:|::r:t.._ ` 、__ イ  |、|_::ノイ:|::|::|
              !:|::::::::::|:|::!:.:.:.:`¨:.:.:.:TT:::::¨´::|´:.:.:.:|::|::::::!
              |::!:::i::l::|::|:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|::|:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:|::|::::::|
              t::|:::!::!::!:V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|::|:.:.:.:.:.:.:ri:.:.:.:|::|:::::ノ
       __,.......-―::: ニゝ:|::|::|:::|:.`:.:.:.、:.:.:.:|::|:.:.:.:;r::::::ヽ:j::j:::/ ニ:_―-.......__





386 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:21:37 ID:GZJY6dZY0




             _ -―……―- _
.         .  ´          ` 、
.      /                \
..     /       /        、  ヽ        /ヽ、  /\   /\    /\
.      /        / //    /  ヽ ∧     /   \/   \/   \/   \/
    /         /'´/  /  /  . | ∨ ∧   .ノ
.    ′    .  //  /   /  | |  |   ',  ヽ   その「真実」とは・・・
    |   /  /  l'  /   // . // . /| ||    \
    |  ' ' | | |//   // / ィ /| /┤ ||    /  新たに「ジノヴィエフ=カーメネフ=トロツキーの
    |//  | | |/ /∠、 彡 ´///∠イ l, V   /   テロ細胞網」が明るみに出たということです!!
    l//  / | | |/代汀ヘ≧='彡ィfjアノ/ .イv |  /
    | l  / | ト l|`{  ̄   ´}__,_{ ̄イイ l| ,l |  ̄ ̄|_     /ヽ、  /\   /\    /
    | | ′| ∨ゝゝ    rソ⌒V` / イ|l|/   (ヽ、//\/   \/   \/   \/
    l || | ヘヘ\   ̄  - / イ /l/l/ノ     ヽ´ヽ、ヽ
    `l|| {   ヘヽ   ,. __¬/| | |/ ノ   (,ゝ、 \ ヽ l、
    | | |  ヘ ||ヽl> .   / |!||     ヽ、 ヽ、 | | ! l
    | | |   ∧∧ヘ \/  ̄l   | lヽ|       ヽ ヽ/  l | l
     ゝv∨  ∧ ヘヘ ∧  |   | | ト        〉  `ヽ  l/
     Vv V  ∧ トヽ{   |   | | /       /     ,!




      _人人人人人人人人人人人人人人人_
        >      な、なんだってー!!    <
        ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄
   ∩___∩              ∩____∩
   | ノ     u ヽ            / u     u └|  ∩____∩
  / # ●   ● |           | ●   ● # .ヽ/  u    └|
  | u   ( _●_)  ミ          彡   (_●_ ) u  |●   ● # ヽ
 彡、   |∪|  、`\        /     |∪|    彡  (_●_) u   |
/ __  ヽノ /´>  )       (  く   ヽ ノ   / u   |∪|    ミ
(___)   / (_/        \_ )      (  く   ヽ ノ     ヽ





387 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:21:55 ID:GZJY6dZY0




              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:\
            _,  ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
          _,. -'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
    ー=ニ二:__;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ハ
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;l::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ハ       このテロ細胞網は
       /::/:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::/:: ハ:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.ハ       それぞれモスクワとレニングラードに
.      /:〃::.:.::::::/:::::::::::::.:::::::::::::::::/::/  ヽ:.:ヽ:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.ハ       組織基盤を持ち、
.       ///::.:.:.:::::/:.:.:::.:.:::::::::::.:.:.:.;.ィ:.:/ ,  =‐\\、:ヽ、:.:.:.ヽ、:.ヽ:.:.:.\     レニングラードでは同志キーロフの暗殺を
      i/ ':.:.:.:.:.:::.!:::::.:.:.:.::::._、-‐ ´ノィ≦彡ァztゥ芥ド=-ヽ‐-ヽ:、l:.:.:.:.:.:\    モスクワでは同志やる夫の暗殺を計画したのです!
       { |:.:.:.:,l:.:.:l:.:.:..:.:::.:ィヤ心/ 〃ナア弋多ノ | ̄!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :ヽヽ
.       |:.:.:.ハ:.:!:.:.:.:.:.:ハ弐zハ  {__   ´ ̄    l  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : :. : :l`\
         V:.:{ ゝ!:.:.:.:./:.:ハ  /}=ゝ )     / , ':.:. :/.:.:. : : :.:.: : :. : : l
        V:l   ヽ:.:.:{ー‐ャ ´ソ     ̄ ̄  /: : /:.:. : : : .: :. : :. : !|
        い   jヽ|:.:.:.:.:.ゝ 丶、 '      ‐ァ'_ -ァ:.:.: : : : : : / /: :/: j|/
           /: .:.:.:.:.:.:.:.:.:丶、 tz‐ュ   /´ ィ:/: /: :/:〃/: :ィ//
          ,.': : :.: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>、 ー    /〃lィ:_: イ ィ:ッ'/ {
            /イ: :. : : :. :. : :.::_/  \_ ィ´ / rく  / ノ"´   \
         〃 !l /!: : /:. : イヽ     ハ     |  ヽ        个 、_
         {′lヘl |/|:.//  \   { ハ     |   l       / /  / `ー‐-、__
            `′ !' ィ  , 、 ^ゝ   l′ }   j    \     V  /       `ー- 、__
              / / /  ! 〈   |     /   / 丶、  | /             `ヽ
            /  / ´   l  l\  ト、  rノ  -‐      /\ レ





388 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:23:17 ID:GZJY6dZY0




                 /: : : : : : : : : :,: : : : : : : : : : :\
                /: :/: : : : : /: : |: l: : l : : : : : : : : ヽ
               ,.' : : /: : :/ : /: : /|: V: :ゝ: : ヽ: : : : :∧
                / : : /: :/: : :イ: / _>、ト、: :ヽ\ l : : : : ∧
.              / / : |/ : /, ', '.ィ≦zャ¬ヘヽ:\\: : : : : ',   ジノヴィエフとカーメネフは
            |: |: : :|: :r≦彡'´{ケィヤ乏ノ }|: :` ‐\ ニ=‐: |   両暗殺計画を直接命令し、
            |: |:l : レ沁厂i}==ゝュ__/ | | : : : : : : : : :|   国外にいるトロツキーは
            |: |:ゝ ゝ二.ノ         | l: : : : : : : : : : |   ソ連内外の反ソ分子を糾合して
            ヽ|\\三ゝ 、        | |: : : |: : : : : |: |   テロを呼びかけジノヴィエフたちを
               ト ム  `,........._      | |: : :|: : : : :|: |   支援していました!
               , ‐''´\  ‐       | l: : : :|: : : : : :|: |
              / , \ ヽ      /| |: : : l|: : : : |: l: :|   党幹部の命を狙うテロの黒幕はトロツキー・・・
            / _、ヽ  ) }ゝ_ .  ´ / |: : : ||: : : : |: |: :|  邪な嫉妬と野心に堕ちたジノヴィエフとカーメネフは
          /    lノ / /イiノ∠┤   //||: : : ||: : : : |: |: :|  その手先と成り下がっていたのです!!
           , '    ノ'‐f´ァ'´l_/   | // ||: :|||: |: : :|: j∠
        r<  `T7 _  イ    / ,| l/l : | : :| :|| l|_ 斗 彡¬__
       / \_'_/_」/  」  〃"´j |レ|: :|: : l_」l斗z彡' / /`ー、
        /     // /  <   / ┌一|' |:/L:ィ  / -‐/
      ,     // ∠  イム  {`ヽ |   l′ l/ / / /





389 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:23:59 ID:GZJY6dZY0




: : : | : : | : : : : :/: : : /: : : : : : : : : : : _, : :':´: : /   /: : : : : :/   __」: : : /: : : : : l
: : : | : :|: : : /: : ∠: :-‐: : : _: : -‐: ´_ ..  ' ´  /: : : : :∠ -‐ ¬′:〃: : : : : |
: : :|: : |: : :/: /_: :-‐:_: 二 : -‐≪´        /: : : : :_;斗孑≠テ': : :く:} : : l : :!
: : : : : : :l: :/: 厶斗¬二托恭トミ丶`ミ==-‐'/: : _.. イ廴笊{′/ : :/ヘヽ: :|: : |
: : : : : : :∨ / ∨ 、 い込{‐ワ   \  ヽ /:,  '´  / 辷_ク / :,〃: : / }: : | : :,′  同志エヌキゼは本来これらの陰謀が
: : : : :l : : ヽ{ヘ._」  丶`二ニ´ -‐    ∠:イ   __/ -‐‥ ¬'//: l: :/ /: : :|: /    クレムリンに入り込むのを阻止する役目でした。
\: : : ヽ: : :ト-┤                 _」___/ __7⌒ヽ     / : :レ' イ/ : /}/
: : :ヽ: : :丶 {   、            / 厶 -‐ ]┴、  }   /:_/ィ: 〃/ '′    しかし、彼の無警戒と怠慢がトロツキーの陰謀の
: : : :l:\ : :い   \            〉'′   /   廴'┐_厶.イ: :l:/イ        侵入を許してしまった!
: : : :l: : :\: :\    丶、      _/      {  -‐{  ∨: } !:| :|: :|
: : : :l: : : : :l:ト- `=-     ̄ ̄ ̄          `、  `、  ∨厶{ :|: :|        階級敵の警戒を怠り、
: : : :|: : : : :!{                 -  , ヘ   \_ _ヽ `ヽl: :|       無意識のうちにその共犯者となる・・・
: : : :|: : : : :い、                       '′ }  ‐ ¬  `}  \{
: : : :l: :l : : :|: :|\            _ -‐ ¬   /    }   廴 -‐ヘ       腐敗した安逸を貪る党員の最たる典型者、
: : : :|: :| : :| |   丶、   , ⌒ヽ   '´-‐ …'´  ,〃     ,    {、      }      それが同志エヌキゼの負う政治的責任なのです!
: : : :|: :l: : : |: :|    丶、{    ヽ -‐‥   / /    ,′  l }    ム
: : : :|: :|: : : |: :l`丶     `、   `、   /{ /    {    ∪    {  ヽ
: : : :|: :|: : : |: :ト、  \____」    ├-< /∨      }    {    |   }
: : : :|: :|: : : |: :| \  \  }      {   V  {   {  {      }     {   {





390 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:25:17 ID:GZJY6dZY0




エジョフの発言は衝撃的だった。

「陰謀の黒幕はトロツキーであり、ジノヴィエフとカーメネフがキーロフ暗殺を直接命令した」
この「新事実」は、あまりに突拍子のないものであったからである。



ミミ:::;,!      u       `゙"~´   ヾ彡::l/VvVw、 ,yvヾNヽ  ゞヾ  ,. ,. ,. 、、ヾゝヽr=ヾ
ミ::::;/   ゙̄`ー-.、     u  ;,,;   j   ヾk'! ' l / 'レ ^ヽヘ\   ,r゙ゞ゙-"、ノ / l! !ヽ 、、 |
ミ/    J   ゙`ー、   " ;, ;;; ,;; ゙  u ヾi    ,,./ , ,、ヾヾ   | '-- 、..,,ヽ  j  ! | Nヾ|
'"       _,,.. -─ゝ.、   ;, " ;;   _,,..._ゞイ__//〃 i.! ilヾゞヽ  | 、  .r. ヾ-、;;ノ,.:-一'"i
  j    /   ,.- 、  ヾヽ、 ;; ;; _,-<  //_,,\' "' !| :l ゙i !_,,ヽ.l `ー─--  エィ' (. 7 /
      :    ' ・丿   ̄≠Ξイ´,-、 ヽ /イ´ r. `ー-'メ ,.-´、  i     u  ヾ``ー' イ
       \_    _,,......::   ´゙i、 `¨ / i ヽ.__,,... '  u ゙l´.i・j.冫,イ゙l  / ``-、..- ノ :u l
   u      ̄ ̄  彡"   、ヾ ̄``ミ::.l  u   j  i、`ー' .i / /、._    `'y   /
              u      `ヽ  ゙:l   ,.::- 、,, ,. ノ ゙ u ! /_   ̄ ー/ u /
           _,,..,,_    ,.ィ、  /   |  /__   ``- 、_    l l  ``ーt、_ /  /
  ゙   u  ,./´ "  ``- 、_J r'´  u 丿 .l,... `ー一''/   ノ  ト 、,,_____ ゙/ /
        ./__        ー7    /、 l   '゙ ヽ/  ,. '"  \`ー--- ",.::く、
       /;;;''"  ̄ ̄ ───/  ゙  ,::'  \ヾニ==='"/ `- 、   ゙ー┬ '´ / \..,,__
、      .i:⌒`─-、_,....    l   /     `ー┬一'      ヽ    :l  /  , ' `ソヽ
ヾヽ     l      `  `ヽ、 l  ./  ヽ      l         )  ,; /   ,'    '^i


キーロフ暗殺について、年頭の裁判でジノヴィエフとカーメネフの直接関与は認められていなかったし、
この事件はすでにケリがついたものだと誰もが結論していた。

エジョフは冒頭で「評価を覆すつもりはない」と明言していたが、事実上、今までの流れをひっくり返してしまったのだ。





391 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:26:07 ID:GZJY6dZY0




そして彼の発言はほとんどが「ジノヴィエフ=カーメネフ=トロツキーのテロ細胞網」という「新事実」に重点を置いており、
本来の主目標であるエヌキゼについては目新しさの無い責任論に終始してしまっていた。


               /::::::::::::::::::::::::_::::::::::::;xヘ:::::::::::::..、
               /::::::::::::::::;:::::::/::::::::/::::::::::!::::::::::::::ヽ
             /::::::::::::::::/::/:::::::::/::::::::::::::::}::::、:::: ヘ::::ヘ
             .i:::::::::::/::/;イ:::::::::/:::::::::::::::ノ::∧:::ヘ:::i::ヘ::::ヘ
             l:::::::::::l:::l/:::::::/:::::::::::::::; /::/ V::::l:::l::::l:::::::i
             |!:::::::::|:/:::/::::::::_:: - '´,.イ/   ヽ:|:::!:::|::::::::l
             |!:::::::l::!|::ムr‐'=z-x.._,ィイ ,.....z‐'''"リ!:j:::|::::::|l:|
             |ヘ:::::ヘ:V´、で妁ミくヽ  /´x'iチ妁'7'|:::/:::::リ |!
             |:::ヘ::::::::ヘ ` ̄   ,レ勹i{,  ` ̄ノ ノ/::::::/./
             |:::::::ゝ、:::::ゝ、..ノ _ノ'   ! ヽ_  ...ィ///イ
             .!:::|:::|::::::|`ヽ     r /   `  /リ}:::/:::|
             !::|:::|::::::ヘ      __ _      {//:|::|::|::|
             |::|:::|::::::|_:ヽ     ´ ‐ `   .イ´|::|::|::|::|
             |::|:::|::::::|:|:::::|ヽ        イ:|:::::|::|::|::|::|
             .!:|:::|::::::|:|::r:t.._ ` 、__ イ  |、|_::ノイ:|::|::|
              !:|::::::::::|:|::!:.:.:.:`¨:.:.:.:TT:::::¨´::|´:.:.:.:|::|::::::!
              |::!:::i::l::|::|:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|::|:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:|::|::::::|
              t::|:::!::!::!:V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|::|:.:.:.:.:.:.:ri:.:.:.:|::|:::::ノ
       __,.......-―::: ニゝ:|::|::|:::|:.`:.:.:.、:.:.:.:|::|:.:.:.:;r::::::ヽ:j::j:::/ ニ:_―-.......__


これではまるで、エヌキゼなど副次的な目的でしかなく、
「キーロフ暗殺事件」の蒸し返しこそが本来の目的であったかのように・・・





392 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:26:49 ID:GZJY6dZY0




エジョフの登場はその発言内容もあって、総会出席者や観察者らにとってまさに衝撃的であった。


               . -―- .      やったッ!! さすがエジョフ!
             /       ヽ
          //         ',      おれたちにできない発言を
            | { _____  |        平然とやってのけるッ!
        (⌒ヽ7´        ``ヒニ¨ヽ
        ヽ、..二二二二二二二. -r‐''′     そこにシビれる!
        /´ 〉'">、、,,.ィ二¨' {.  ヽ     _ _      あこがれ・・・・・・
         `r、| ゙._(9,)Y´_(9_l′ )  (  , -'′ `¨¨´ ̄`ヽ、
         {(,| `'''7、,. 、 ⌒  |/ニY {               \
           ヾ|   ^'^ ′-、 ,ノr')リ  ,ゝ、ー`――-'- ∠,_  ノ
           |   「匸匸匚| '"|ィ'( (,ノ,r'゙へ. ̄ ̄,二ニ、゙}了
    , ヘー‐- 、 l  | /^''⌒|  | | ,ゝ )、,>(_9,`!i!}i!ィ_9,) |人
  -‐ノ .ヘー‐-ィ ヽ  !‐}__,..ノ  || /-‐ヽ|   -イ,__,.>‐  ハ }
 ''"//ヽー、  ノヽ∧ `ー一'´ / |′ 丿!  , -===- 、  }くー- ..._
  //^\  ヾ-、 :| ハ   ̄ / ノ |.  { {ハ.  V'二'二ソ  ノ| |    `ヽ
,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)ノ:l 'ーー<.  /  |.  ヽヽヽ._ `二¨´ /ノ ノ
/    <^_,.イ `r‐'゙ :::ヽ  \ `丶、  |、   \\'ー--‐''"//
\___,/|  !  ::::::l、  \  \| \   \ヽ   / ノ


流星のごとく現れた「真実の告発者」は、総会の運命を支配するかに見えた。





393 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:28:01 ID:GZJY6dZY0




              ;'⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ 、_
             /                        ヽ
             (                              )
             )        ・・・・・・・は?           (
             (                         )
             )                        ノ
             ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒~
                          O
                         o

________________________________________________________________________________________________________________
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
=====================================
┐┌┐┌┐┌┐┌┐┌┐┌┐┌┐┌┐┌┐┌┐┌┐┌┐┌┐┌┐┌┐┌┐┌┐┌┐┌┐
[ * ] [ * ] [ * ] [ * ] [ * ] [ * ] [ * ] [ * ] [ * ] [ * ] [ * ] [ * ] [ * ] [ * ]
,,,,★,|]   [|,,,,★,|]   [|,,,,★,|]   [|,,,,★,|]   [|,,,,★,|]   [|,,,,★,|]   [|,,,,★,|]   [|,,,,★,|]   [|,,,,★,|]
´ー`)  ( ^×^)  ( ´m`)  ( `∀´)  ( ・Д・)  ( ´W` )  ( ´・ω・)  ( ´^ω^)  ( ゝω・)
  [|,,,,★,|]   [|,,,,★,|]   [|,,,,★,|]   [|,,,,★,|]   [|,,,,★,|]   [|,,,,★,|]   [|,,,,★,|]   [|,,,,★,|]   [|,,,,★,|]
 ( ・∀・)  .( ´Д`)   ( ゚Д゚)   (-@∀@)  ( ´∀`)   ( ゚ー゚)   ( ^ω^)   ( ・3・)   ミ,,゚Д゚彡
/´~ V:V~ヽ/´~ V:V~ヽ/´~ V:V~ヽ/´~ V:V~ヽ/´~ V:V~ヽ/´~ V:V~ヽ/´~ V:V~ヽ/´~ V:V~ヽ/´~ V:V~ヽ


             / ,    / /    ィ   !l l 、 \  ヽ lヽ
          / /  ,   / / /  // |  ノ| l | v|| | ヽ  | ! |
            / / / /_/ / 〃 彳  丿/ !ノノ 」l-‐|| | ! |
        / / // / 〃≫≦´ 、j__/ァー=ナ≦_j{、ハ ! |  ′! |
          / / -/―一||汀卞、 、 レ /-≠ンf卞、¨j{》!、\! / ||
.        / / /l l l| ||、V{_)ヽVi'´   /  Viノ ィ!'ll >、 メ、 |l        (あ・・・あれ?)
      / / / j| ! | liミ=i‐‐/ヘi /  ミ=キ¨´|ノレ' / ̄` | {
.      i / / .!ノ ! ゝぃ  レ'゙  ノ丶    ーヘニ ィ /{  || | !
.      レ '   ! `iー‐t<_,  、       -ャ彳 | l  || l !、
.      l  l /l  || il|| ミ=-    ヽ `         Ⅵ  ! ! { | l ! \__
.      | ノ'  j  || |l||  i\   、__      /v //!  } } い  { `‐-、_
      ,| {  .{  |V.l||  | { l\  こ二¨`    ' ∧/ ゙ , !{ {、ヽ丿    `丶、
    ィ´j !  ‘ 八 }!!   | | {  ヽ        ィ// ヘ// / ̄ ̄`く          ヽ、
   「 〈  ヽi    V  `}}{   い{   丶 __ < // /// /         ヽ
.   〉 \ |  ∧ 、小、  、 丶      \  // /// /          |





395 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:28:55 ID:GZJY6dZY0





・・・・・が、しかし、実際のところ、エジョフは総会で孤立してしまっていた。

エジョフの言う「新事実」は極端すぎて、すでにジノヴィエフとカーメネフの問題に関心のない
総会出席者らから賛同を手に入れることができなかったからである。



      rfニ、ヽ
      l。 。 f9i
      t≦_ノゝ、            ,,....,,,,__        ,rrテ≡==-、
      `ブ´,,:: -- ::、       ,r''"''''''ヽ:::`ヽ.     (〃彡三ミミ::`ヽ
      ,rニュf::r-‐t::::::::ヽ     f´,,..、 r"::::::::::i      /"~´   i三ミ::::i,
     /,,, Y.. -‐ ヾ::::::::l      ノ゙ f・=  7:::::::::::l.    f:、 ‐-:、 (ミミ:::::::l
      ム゚゙゙' く、'゚`  ゙'"):::l    ヽ''    ゙'⌒リ:ノ    ノ゚ヲ ''・=  リ::r-、リ
     l=,,;;:. l=、  ..::" ,)ヽ、   j⌒    ト'"fノ     l (-、ヽ'"   ゙'´ノ),)
    /`ゝ-''^ヽ''"  ,/: : : :\  ヽ、: : : '" ノ^i,     lィー-、    ノ-イ
    /rf´ i′  ,f^ヽノ:,. - - 、 ヽ,,. -テ) ,/  `ヽ、   t_゙゙   _,,.. :: "  l、
   ゙'゙  l   l: : j :f´: : : : : ヽ,/   '''"´  ,,.: -  ヽ    `ユ゙"    ,ノ::ゝ、
      !   /: :ノ l: : : : : : : ノ,      ,:'"   ゙ヽ i,.r‐(´::::〉   ,.ィ":::::/::::::
      /-‐-/: :/: l: : : : : : ,/ /     /      ,f´:::,::ヽfト--テ:::::::::ノ:::::::::
. _,,..::-,テ   /`7: :(: : : : : /ヽ/     〃       リ:::,'::::::ゝ!r7/ー一'":::::::::::::
`_,:ィ''"  _,r''" f: : :ト---ヲ /      fノ       /::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::
-‐-‐'''フ"  ,.ノ,:::::」、,:r'"  ,i     /       /::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::::
、..、く´_,,∠"ィ''"´ /   ,>     /\、   ,ノ:::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::::::
´  ,ヘr:、-、=---/    ,:イ    ,ノ   `゙ヽ、/:::::i':::::://:://::::::::::::::::::::::::::::::::::
ーフ´ > ヽ`ー、/    /く _,,..ィ''"゙'  _,,:ィf-:、::::::!::/`゙゙ブ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/ / ,,ゝヽ, )  ,./ ィ'"   r-‐ ''",.,    ヾ:l:/ f"´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        /    l    ./  _,,:ィf-:、::::::!::/`゙゙ブ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::




394 :安価スレッドはEXへ!纏めて落とします:2013/05/24(金) 21:28:48 ID:QwzdreZ.0



やってることが小学校の帰りの会じみてきてるなw


396 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:29:44 ID:GZJY6dZY0




今までやる夫の党内引き締めに積極的に協力してきたルズタークや、
同じく党統制員会の一員であるシキリャートフらの同調さえ得られなかった。


           ;'⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ 、_
          /                        ヽ
          (                              )
          )     なに言ってんだこいつ        (
          (                         )
          )                        ノ
          ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒~
                       O  O
                      o    o
         / ̄ ̄ ̄\                  ~〈/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       /         \                 〃::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      /:  /ヽ   /ヽ  \             ~そ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      |::     ) /       |          、_ ,, /::::::::::::::::::::::::、,ゝ===く:::::::,:::::::::::::::
      \::    (/      /            `V::::::::::::::::::::、_γ      `ヾ,_ :::::::::::
      /;;.          `ヽ              l::::::::::::::::::::::く(   r,J三;ヾ   )>,::::::::::
      /;:: γ        ::ヽ、`、        ~v,ん:::::::::::::::´:::::::=; {三●;= }  ,=ニ :::::::::::
      /:::  /;;:::...      :::: l、|           l:::::::::::::::::::::::::::::ゝ≡三=イ ´::::゙::::::::::::::
     (;:. ( :::::.....      :::::: i  i       、m,.. ,ゞ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     .`、 `、:::...         i  i       ´ " ~ ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

     政治局員 ヤン・ルズターク         党統制委員 マトヴェイ・シキリャートフ



彼らは何かあればやる夫派の方針に声を荒げて「賛成」だの「その通り」だの合いの手を入れたものだが、
エジョフの提案に対しては一貫して沈黙を貫いていたのである。





397 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:30:47 ID:GZJY6dZY0




そして何より、最高権力者のやる夫が、一切エジョフの肩を持とうとしなかった。


             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \    ・・・・・・
        |      (__人__)     |
        \     ` ⌒´    ,/



エジョフがやる夫から積極的な同意を得られていないと察したのか、
中央委員会は「新事実」を無視することに決めたようである。



    ∧∧     ∧∧     ∧∧     ∧∧     ∧∧     ∧∧
   /⌒ヽ)    /⌒ヽ)    /⌒ヽ)    /⌒ヽ)    /⌒ヽ)    /⌒ヽ)
   i三 ∪    i三 ∪    i三 ∪    i三 ∪    i三 ∪    i三 ∪
   〇三 |    〇三 |    〇三 |    〇三 |    〇三 |    〇三 |
   (/~∪    (/~∪    (/~∪    (/~∪    (/~∪    (/~∪
   三三     三三     三三     三三     三三     三三
  三三     三三     三三     三三     三三     三三
  三三三   三三三   三三三   三三三   三三三   三三三





398 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:31:34 ID:GZJY6dZY0




結局、「新事実」が発見されたにも関わらずジノヴィエフとカーメネフに対する訴追も再逮捕も行われることはなかった。


             / ,    / /    ィ   !l l 、 \  ヽ lヽ
          / /  ,   / / /  // |  ノ| l | v|| | ヽ  | ! |
            / / / /_/ / 〃 彳  丿/ !ノノ 」l-‐|| | ! |
        / / // / 〃≫≦´ 、j__/ァー=ナ≦_j{、ハ ! |  ′! |
          / / -/―一||汀卞、 、 レ /-≠ンf卞、¨j{》!、\! / ||    幺 ク 亡月  |     ┼ _
.        / / /l l l| ||、V{_)ヽVi'´   /  Viノ ィ!'ll >、 メ、 |l   小 巴  王  .し   j  ―  ・ ・ ・
      / / / j| ! | liミ=i‐‐/ヘi /  ミ=キ¨´|ノレ' / ̄` | {
.      i / / .!ノ ! ゝぃ  レ'゙  ノ丶    ーヘニ ィ /{  || | !
.      レ '   ! `iー‐t<_,  、       -ャ彳 | l  || l !、
.      l  l /l  || il|| ミ=-    ヽ `         Ⅵ  ! ! { | l ! \__
.      | ノ'  j  || |l||  i\   、__      /v //!  } } い  { `‐-、_
      ,| {  .{  |V.l||  | { l\  こ二¨`    ' ∧/ ゙ , !{ {、ヽ丿    `丶、
    ィ´j !  ‘ 八 }!!   | | {  ヽ        ィ// ヘ// / ̄ ̄`く          ヽ、
   「 〈  ヽi    V  `}}{   い{   丶 __ < // /// /         ヽ
.   〉 \ |  ∧ 、小、  、 丶      \  // /// /          |


エジョフによる告発は、惨憺たる失敗に終わったのだった。





399 :安価スレッドはEXへ!纏めて落とします:2013/05/24(金) 21:32:04 ID:8BhETBlk0



いくらなんでもねーよ!って感じだろうなぁ


400 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:33:33 ID:GZJY6dZY0




【補足】


 `ー/|::.::.::.::.::.::,′                  \ ヽ     V:下ヽ\   ヽ \ヽ
冫ーイ  ̄ト::.::.,′    |  i   |     ヽ  \  ヽ   ', ヽ ':┴┐ Y   ト、 \
′ ;′┌┴ ::.:|      |  |   |     ゙ト   \  |i::r┘::::r┘ i   .i \
 :/|   しヘー::.| |i | ||∥       | |,,,;;ィ=≦≠ハ|i |リ::¬  ¦  |
  |   r┴‐::|  || | ム⊥从ヽ   i |l≧'´     .|川;:下┘ |  |      えぇ・・・・・・
  |   |::.::.::.::|  l| イ|  ,,,ィ≦ヾ\,ハノ        | jノ!:::::}   |   |
  | |└ヘ::.:∧  l'   | |ィゞ"               u  | lj,√ィオ  |  | |       なんだか肩すかしな結果ねぇ。
  | | | く::.::.:ヘ l:、\ ヽ    ,            ∧ ∨:フ{{i〉 l  ||
  ∥ | |  ヾ勹ヘ い ::ヽ\ u      l~`丶     仏  \ゞ'  j|   |∥      ここから一気に怒涛の展開って
  八 | |    \ィr=ミl::.ハ \ ー 、     ^ ___/ユ\  \ /ヘ.  l八      なるんじゃないの普通。
 ′  | ',    弋ゞソ}7ノ /,ニ≧、 ヽー--,.ゝ- 、 ̄`< ̄ハ__  \  λ 、 \     やる夫は党内粛清を計画していたのでしょう?
/   ∧  ,    `マ'´ /:':::.:::.:::.〉 ∨ィ/{f㍉Y三ヽ  ` <ー┐  \/|\ \   エジョフをもっとバックアップしても
   / ヽ \   /   イ ̄ ー ' |  | { トゞど..二二.._    `弌:.   ヽ l  \    よかったと思うのだけど・・・
  ./    \ >'   /...:\  ..:::.:| /:/>允≠‐-‐'     ___}ハ_   \
 / ┌一<    / ...:..:::/::>  // .:.:::./::卞ニニ -‐__,.___  }ヽ |!:..:ト    ヽ


     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \   このエジョフによる告発の失敗は実に興味深い事例です。
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !    中央委員会が積極的に同調しなかったのはさておき、
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l     やる夫がそういった空気を変えるための手段を
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|
       l \     _    ,/ |     なんら一切講じなかったというのは注目に値します。
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!





401 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:34:49 ID:GZJY6dZY0




          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_      深謀遠慮な謀略家であったやる夫が、
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\    これほど劇的な「新事実」の告発に当たって
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ     なぜ事前の根回しもしなかったのか?
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/     年頭のジノヴィエフ・カーメネフ裁判の不発といい、
         | |{i t    _     / |     なぜやる夫のような老獪な政治家が
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |     策略を小出しにして無駄にしてしまったのか?
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |


    ): : : : :./ミ, '                 `ヽ: : : : :て: :(
   ノ: : : : :.ヾ/    /  l  l  l  l   ヽ: : : ::て: :.ヽ
  (: : : : : : :. '  /  /  '  '   '  ' , '     ハ: : : :.て: : )
   ヽ: : : :.:,'  /  /   ',  ',   ' ,  ヽ ヽ   ' : : : :て(
   ノ: : :.:/  /  / //   \ \   \ \ \   ',: : : :てノ
.   (: : : :.:i i i i i i :/ // ハ ヽ ヽ \ ヽ \ ヽ ヽ从:.:.てノ',     確かにやる夫らしくないわのだわ・・・
   (: : : :.l l l l l l/ヽl l ! | l ill l l il ヽヽ\ \ l:.:.て: ) ヽ
   `て: ,l l l l l l  .l l l l l ill l l il  l、l lハヽヽl:.:て(   ハ    キーロフ暗殺事件から一連の流れを
.   / `て',l ll l l l.ーl‐l‐l-'| |i !l-l-|-|一|ハ  ! ト、! l:.:て: )      あらかじめやる夫が計画していたのなら、
  /::  /ヽ l从ハレllr斤 テc从从 芹 テcハ7  トミ从ノ::てノヽ、     こんなまどろっこしい展開は
. /::  /  てノ7 ,Λ` 乂ツ     .乂ツノ .l   ;: :てノ'´ //\    許さなかったと思うのだわ。
ミ/::  /    / /彡',__      ,         /!  l´   //
.::   /    /'´:ミ/`ヽ)          イミ', ,  //
::  /    /:: /  _ノノ::.....  ⌒   ,__´___l  ヽ/ /
 ./    //ィ'"´_/////≧ェェ≦///////ミ、  `ー=ミ
../    ,彡' ,_彡'´><////《薔》///////>'ゝ--   ヽ
     `フ/'"´ ̄_  _`>//////<´ ̄____二二`ー=ミ





402 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:35:30 ID:GZJY6dZY0




    つ:::::::::::::::::rー-'三三_ -―――‐-- 、)::::::::\  _
   (:::::::::::::::::::::::) 三= '´/       、  (_:::::::::::::丶<::::::`ー、
    `ー,:::::::: __ノ /  / /    \  \ ム::::::::::: |企;:::::::::::}___
     (_:::::: ヽ/   / /      ヽ  、ヽ(__:::::::::::|三|:::::::::::⌒Yヽ
     r’:::: /      {    |!  | |!  |!ハノ :::::::::|三|:::::::::::::::乂{
     `ァ: :′ /  / !     |!  |! |!  |! |`ー, : :::|三|:::::::::::::::} '.
      ヽ.′ /  /  |!      |!  |! |!  }! | Y:::::::::|三|:::::::::::::/  {
.      | | |!  |!   |!     i}  } |!  /_!_| ゝァ : :|三|::::::::_;ノ|   '.   ・・・もしかして、
.       | | |!|  |!、 {! |!   // /}//孑' /イ (_ : :r'--{:::::::) |   |   やる夫にとってキーロフ暗殺は
.       { | | { 卞ト、ハ!_  //ノノィ≦ケテ| (:::::〈ん)、) 〉´ |   |   本当に偶発的な事件だったのじゃないかしら?
       ヽト、 {ヘ、从ィ升=ミノ´   /弋じ:::}| 〉 : ゝニン   |  |
         ヽ乂ヘ!ゞ、rゝ':{`      宀'´ |  ∨//    |      すかさず事件を利用することに決めたけど、
          }  |ヘ ^¨´  、          |   {ノ´     |    |   具体的なプランについては
          川 | 丶     r‐、       ノ  } !        |    |   何も練っていなかった・・・
          //}  ! _≧-..、 `´ ,∠⌒<}/ 八ヘ      |    |
           // j /':.:.:.:.  .:.:.:/>=(:.:.:.:.:.:.  / />ヽヽ     |    |   だから、暗殺事件をどう扱うか
         ノ ,' / /:.:.:.:.:.:....:.:__}イ夊)=-:.:.: / /:./::::::ヘ∧    |   |   やる夫は決めかねていたのじゃない?
       // / />ァー:. :.:.:.:`¨)´:.:.:.:.:./-ー=二二〕\  |   |
       〈≦__,/_/ーャ(:.:.:.:. :.: /\:.:.:.:《__∠⌒ー-、::::::::::::::ヽ |   |
      / ̄ ___..==':::\_:-<: : : : :\: :.:ノ:::二> _>::::::::::::{、    |
.    〈__∠二=、::::::::::::::::::::}: : : : : : : : : :{´:::::::: ̄ミ<::::::::::::::::::::::::\ |


     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/    その「気」はあります。
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||      もしかしたら1935年6月の総会は
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l       ジノヴィエフ・カーメネフらとキーロフ事件の
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|       有用性を探る「試験」だったのかもしれません。
       l \     _    ,/ |
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |       だとすれば、エジョフの失敗という結末は
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !       同事件の有用性に重大な疑問符を突き付けました。
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!





403 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:36:16 ID:GZJY6dZY0





            ,.:-=;1―;1―;1―;1,=-;:、
            ミ             ゙ミ
.              ミ      ★      ゙ミ
           /ミ             ゙ミ \
          《  ミ;========゙ミ } 》
.             》/ / / :/ : : : : : : : : : \ ∨《
.            /// : :/ :/ : : : /:/ |: : : : : ∨^:|      ・・・もっと言うと、
           l∨ : : l :/: : :// / :八 : : : l: l : :|      やる夫には党内のライバルと
           | :| : : :|/ :/ //:/ :/  ヽ: : | ハ: :|      目障りな古参幹部・地方幹部を
           | :| : : :|≧x、/イ//,.ィ≦ハ ノ : l: :|      排除するという大まかな目的以外、
           } :|八 :代uzノ    弋uzノ仏イノ: :|      その手段についてはかなり
.           ′:} 仆⊂⊃     ⊂⊃イ 八 : :|      ノープランだったのかもしれません。
.        /: : / 八 >  ~~~ .イ}{ : : : |
.        /: : 〈 // ̄》 》≫=≪《 《V ∧: : :           大粛清へ向けた「嵐への道」は、
.        / : : : : {   》《_》《_》《 〈 /  、: :丶         やる夫にとってもまさに一寸先は闇
       /: : : : : : }   《_/八_》      }: : : :\        という状況で、現場対応を繰り返して
     /: : : : : : :/    ∨{><}{    {: : : : : : :\      いた可能性もあります。
    / : : : : : : /人,___人}><}人__人\ : : : : : :ヽ
   《 : : : : : : // { ̄/∨`¨¨¨´∨\ ̄} \\ : : : : : \
  《 : : : : :/ 《(   } {_人    人_} {  )》 \ : : : : :》
   》: : :/   》)  人人_))   ((_人ノ (《    \: : :《
  《 :/    《(    \        /    )》      \ 》
   `\\    ≫x、    \__/   ,x≪     //



  . 廴__,.イて ,'.l                 j | |  |  }::ム辷彡'
   .ハ ; (::::.| |  { | | ハ V     .l   イ.∧ l  | :!.|::::/. | |:|
   .ハ ,: l| 辷| l  .V.L | ハ.ヽ    | / ,/7 .Ⅵ jl !.}:::}  .| |:|   つまり、やる夫もこの先
   ハ:/ :!l  .|!ト{  .ヘlV>>zリ,,,. ハ  l/./ィ-七7.l ∧リノ|::lハ  | |:|   何がどう転ぶか分からなかったというわけね。
  .ハ/ ::l|  .|::|ヘ\         `\V/7    .Ⅵ从ンj .|:| .l.  |:|
   /  !|   |::ト叮アト、ー-一=      二___,、 7イ |ソ}l::| .l   |   やる夫は盤上からすべてを見下ろす
  ,'   |   |::|.  | .l∧              ̄´./ ! .|'  川 :l:   i|    支配者なんかじゃなくて、
  .′  :|   川  .l .|.`ヘ.     ,-、     / /l .|    |:   i|    やる夫自身が盤上の一人のプレーヤーだった・・・
  ;    :l      / リl.  >、.   / ノ   .イ.  |..|..    |::   |
  |   ::|    / .∧}./´.::.:./)/ )/ /,ニ、.`ーzxノ八.   |::   |    ただ配役が違うだけで、
  |   ::|    ./ /´::マ.:.::.:.:,.ィ´二二)  (__,.(_}://::Vム  |::   |   彼も周囲の状況に束縛され、
  |   |  .//>、::マ: _,j /´ ̄二) ._ゝ=-、ヽ/::〈 .Vム .|::   l    そして視界を制限されていたのね。
  |   ::l .《∠≪:::::::へ.マ {. /´二)  ゝ─、`ヽ|:::::::\Vム,!|    |
  |   ::|::: ヽこ二ニミへマ | ィ´-‐、   (二`ヽ ,イニニ三彡'l::   |





404 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:37:01 ID:GZJY6dZY0




       ,.:-=;1ー;1―;1―;1―;1―;1―;1―,=;:、
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ         ★           ゙ミ
       ミ                     ゙ミ      やる夫は自分の計画を決して外に漏らさず、
       ミ                     ゙ミ      発言内容が記録される公式会議でも
       ミ;==============゙ミ      めったに自分の意見を率先して発言しませんでした。
       〃. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:ヽ     k
.       / . : : .:.:|: : : : : : : .:人: : : : : : : : :',     ! :',     彼が何を考えていたのかは決して
     ,'. : : : :.:.:.:.|: : :,':,'.: : / \\_.:.:.:|.: : :.! *|.:|     表の歴史書物に記されることはなく、
.    |: : :.:.: :.:.:.|.:.://.:.//  ̄ \\メ、.:.:.:!   |.:.:|     だからこそ後世の歴史家は
.    人 、 :. :.:イ////    ,.-≠ ミ.、!.:,'   ,'.:. |     
       \\:.:.:.:lYl⌒ヽ    /|  :::::::l! |/   ,': : :|     「やる夫は黒幕で、全ての糸を操っていた」
         l\\八 フ:ノ   ′ フ__ノ' ,'    l.:.:.: :|
        |ハ *ミ ,,`´       '' .イ  *|.:.:. |     というわかりやすい結論に落ち着いてしまいがちでした。
.         ノハ  >.....__冖_ <:八     い、ヘ
      r 彡.:.:.,'     !:.|「≠介トn,、リ≠、.:\    \\\
    <-=≠:/     ,'.:〈チ_/小.シ〃゙ ト、У.:.ハ.     \<
   /-=/     /.:f癶=キト込、/:.:.:.〈〉ー-ハ  ※  ∨\
    >-´  ※ //xタミⅩ彡:::ム|:.:.:.:.:.:〉.:.:.:.:.:',      ∨.: \
    ̄|>x、._/-_j斗'"ハ:::ハ:::/|.:.|:.:.:./\ .:.:.:.|___/\.:. /





405 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:37:23 ID:GZJY6dZY0




          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ    しかし、残された公式資料から見ると、
       /  ,='  _  ∧_ _,,        やる夫は実際のところ
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_     舞台裏ですべてを操っていたわけではなく、
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\    最前線で必死に頭を張り巡らしながら
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ    伸るか反るかの駆け引きを演じていたように
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ    思えます。
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/
         | |{i t    _     / |    もっとも、注意深く表に出ることは避けていたので
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |    黒幕のようには見えていたでしょうが・・・
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |


【補足終わり】




407 :安価スレッドはEXへ!纏めて落とします:2013/05/24(金) 21:38:12 ID:8jWV8A9g0



大粛清なんて馬鹿でかい計画はそれこそ周到に準備してから実行しないと
行く末は自らの破滅だからなぁ



406 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:38:05 ID:GZJY6dZY0




中央委員会総会はエジョフの告発を退けた一方で、エヌキゼの責任問題については容赦しなかった。



          _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
         ,r'        \
        / ⌒         ヽ,      同志エヌキゼについては、
          ( ●)   `―    ..i      党員として持つべき警戒心を放棄し
        i.      ( ●)    |      敵を野放しにしていたという「罪過」があります。
          \ _´___       /      敵の口車に乗せられ、まんまと城門を開き
           \`ー'´   __/       招き入れてしまった・・・

    中央委員 ラヴレンチー・ベリヤ



         ___
       /     \
      /   \ , , /\        同志エヌキゼの過失を示す具体的な証拠もあります!
    /    (●):::::(●) \
     |       ___´__    |       同志エヌキゼは、かつてソヴィエトの敵と断罪された
      \      |r┬-|  ,/、      者たちに、国庫から金を支給していた!
     , -‐ (_).ヽ`ー'´   ィヽ
      l_j_j_j と)         i      貴方は党の敵に援助を与え、養分を補給していたのだ!
       ̄`ヽ        | l





408 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:38:51 ID:GZJY6dZY0




             ___
           ..::´::::::::::::::::〃⌒ヽ、
        _ /::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::\
           j/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ        まっ・・・待て待て、待ってくれ!
         /:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          i::::::/::::::i::::::::!:::::::::::::、::::::::::::::::::::::::::',       確かに俺は党の敵の前科があった人間に
        .|:::/::::::::i::::::∧:::::::::::::ト、::::::::::::::::::i、::l       金銭を支給したが、そもそもソヴィエトの扶助制度に
      、__Ⅳ::::/:::i:::::メ__!::::::::::::匕ヽ:::::::::::::ハ:|       則ってだな・・・
       フ::l::r'l:::/!::/セミl::::::ハ:::尨_ハ::::::i:::ト、`!
      ´ ̄]八!/i」:i  ̄ !/ Ⅳ   小ハl  -、_    扶助の対象が広範に渡って適用されていたから、
        / j、八i U´  j〉   爪i:::::::::::::::::::::::::ハ   個々の事案については精査できなかったこともある。
       /:::::::ハ::::jヽ、  t =ヽ ィ:::::::!:::::::::::::::〉:::::,:: !
      /:::::::::::::::|:::::{ > __/ ,!:::::::!:::::::::::〈:::::::/::::{   その点については俺にも過失があると思うが・・・
     , :::::::::::::::〈::::l::::::::t/ ∨;;;;/ヽ !:::::::i:::::::::::::::v::/:::::{
.    /::::::::::::::::::::::::,:::、:::::\ {::::::}  ':::::::::!:::::::::::::::レ゙:::::::::i



       , (⌒      ⌒)
     (⌒  (      )  ⌒)
    (             )  )
      (_ヽ_ハ从人_ノ_ノ
            | || | |
         ノ L,l ,|| |、l、
         ⌒::::\:::::、ノ\
        /:::(○)三(○)\         言い訳するな!
       /)し   __'_    \
        | ⌒    |: :::|  ノ( |       例えば、ドゥンバーゼという男に援助したろう!
       \       l;;; ;l  ⌒/l!| !      奴は反ソ分子として7年の追放刑に処された身だぞ!
       /     `ー '    \ |i
     /          ヽ !l ヽi       明らかに敵を援助しているじゃないか!
     (   丶- 、       しE |そ     どうしたら気づかなかったと言い訳できるんだ!?
      `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
                 レY^V^ヽl





409 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:39:24 ID:GZJY6dZY0




              ̄ヽ、
          _ ,-─ 、,〉ゝ--::... 、
        ,..::´:::::ヽ:::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::`\_
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
     , ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    /:::./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   ,/::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.l
    l::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
    |/|:::::::::::::/:::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l      本人を援助したわけじゃない!
    |::::::::::::::::::::::::_:::/ l:::::::::::::::::::|\:::::::::::::::::::::::::::l:::::::::|
    |:::::::::::::::::::::::::/≧、l:::::::::::::::::::|  \斗::::::::::::::::l:::::::::l      奴の娘が、流刑中の父に会いに行く
    |:::::::::|:::::::::/l::/イ⌒゙`メ::::::|\::lィ千代`:::::|:::::::::l:::::l〉リ      ための旅費が必要だと言うから、
    |::::::::/|:: / リ弋、 _ノl ヽ|  ヽレ; __ソ l j|人:::::::l:::::|       援助してやったんだ!
.    |::::/ |:::fzll ^ー‐'´     ^ ‐-'´ jlノ:::::l::l::て
     |/  ヽ.:::|ヘ       i       /ィ<"j メ_/      父親との面会許可も得ていた、
         ゝ;八 U  /二二ヽ    /イ            ソヴィエトの権力が認めていたんだぞ!
           x > 、  {    }   イゝ:::`>-、
         〆::::;//ハ` ヽ--- '′ <´/  l):::}:::::::::::::::` 、
        //::::://  \  `‘´   /  /::::7::::::::::::::::::::ハ::l
       ノ::::/::::::《〈 ヽ/ヘヽ    /  /::::/::::::::::::::::::::::/::::l




              __
            -´   ``ヽ
          /::::::::::|::::::    `ヽ        ほう?
         /:::\::::::::<● >   `ヽ
    ((   / <●>::::::::::⌒      )       じゃあ、コンドラーチェフの妻や
        |    ___'__        ノ | |     リャザノフに送った金はなんだ?
        ヽ    )vvノ:      / ノノ
          ヽ (__ン       人        アンタはあちらこちらの犯罪者に
           ヽ          \       金を送ってるじゃないか。





410 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:40:11 ID:GZJY6dZY0




.     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
     /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : : : : : ヽ
.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : 」_: : / 〈  {} |/  レ  {} }|:./ヽ: : |     それは・・・
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|
   厶ヘ ハ         、     {ハ/ V     コンドラーチェフやリャザノフの妻たちが、
      \_! U    _ '     !         夫が逮捕されて食うものにも事欠いてると
        ヽ    /   `t u /         言うから・・・
      ___,r| \  {    / /
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´            奥さんたちが再三嘆願に来たから、
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、           扶助金を支給しただけで・・・
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、
::::::::::::::/:::::::::∧    /二\ |::::::ヽ::::::::::::\
::::::::::::/::::::::::::::∧ヽ  /: : : : :}ヽ!::::::::::〉:::::::::::::::



.    >‐ 斗 ¨: : / /: :{:     \<ミt
  /  //: : γ¨7,//: : :.:Y⌒\  ‘,: :`寸           夫が逮捕されて飢えていた?だからなんだ?
 /   / /: : : : /`ー´//: : __ :.{.    \ ‘,: : __\
./   | |: : : ノ   〈〈 -‐ `: ゝ._tァ__ゞ='-' };} .)         奴らが飢えようがくたばろうが、あんたに何の関係がある。
    | |: :Y´ ̄Y、 } }__   , ィ ,,   >'¨¨≧ェ__
.    Ⅵ {   } }γ´   \/ |' .{.    ,γ´   , \     奴らが働けばいいだけのことだろう。
\    Ⅵ ゞニ彡'::{   ij    ̄¨¨^ ─Y_.」_ヽ / ィ }           /ヽ
、__}   ‘,',l    !:::!                ¨ ‐- 、′      /   }
」-'¨\  \\__/  \_〟-‐       `ー‐- _   ノ    / ̄〉'_>´ ̄У ̄\
    \  \\         _         / ̄_ ェェ/_/       {_   〉
.       \  \\  \ \ゝ_ 三二≡=-─ ´仁}三三三三三三三≧ェ.    ̄¨ヽ

重工業人民委員・やる夫最強の盟友 セルゴ・オルジョニキーゼ





411 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:40:47 ID:GZJY6dZY0




            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)
          |     (__人__)       なんだ、エヌキゼよ、子供じゃあるまいし。
             |     ` ⌒´ノ
              |         }       気の毒に思うならあんたが自分の金を、
              ヽ        }        自分の懐から出して支給してやりゃあ
            ヽ、.,__ __ノ        よかったんだ。
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_    国家の金を使う必要なんてなかっただろうが。
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::! それとも何か?あんたは常日頃、国家の金を
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::| 「私的な援助」に使ってたのか?
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::

 国防人民委員 クリメント・ヴォロシーロフ



.     /: : : :u: : : : : : : : : : : : : : : : : : \
     /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : :u: : : ヽ
.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ | :/. |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : 」_: : / 〈 (・) |/:::::::レ(・) }|:./ヽ : |
  <:: |. 小{   _,,.. - :::::::::::、-.,_  レ{: :.|ヽ:|
   厶ヘ ハ   ::::::::::::::::::::、::::::::::::::: {ハ/ V
      \_! u     _ '     !       そ、それは・・・・・・
        ヽ    /   `t u /
      ___,r| \  {    / /
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´
  /::::::/::::::|  \u  ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、
::::::::::::::/:::::::::∧    /二\ |::::::ヽ::::::::::::\
::::::::::::/::::::::::::::∧ヽ  /: : : : :}ヽ!::::::::::〉:::::::::::::::!



エヌキゼは権力のうえに胡坐をかき、警戒心と牙を失ったふ抜けた幹部党員の代表であった。

彼は旧反対派・・・前科者とその家族たちにあまりにも寛大であり、
寄る辺を失った敗北者たちに生活資金を援助していたのである。





413 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:41:20 ID:GZJY6dZY0




だがそれ以上に、エヌキゼは党上層部における「緊張の緩み」の根源でもあった。

女好きであり友人関係の広いこの「人気者」は、10代の少女たちを漁りまわっては侍らせ、
自分の執務室に数多くの女性を出入りさせていたのだ。


             , ' ´  ̄ ̄ ` ヽ.,
          /           _i__
.          /   ,....-:.:ニ:. ̄:.>:ノィ!:.:.`:....、
            /:.:.:;.:.':.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:|:.:ヽ:.:.:.:.ヽ
          ,..:'//:.:.:/:.:.:/:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.∧
          // /:.:.:/:./:.:/:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.i:.:.:∧:.:.:ハ        /: : /:: : :./: : : :.!:: : : !: : : !: : : ヽ:: : : : : ',
.        i/ /:.:.:/:.:.i:.:/i:./i:.:.:.:.:.:.:.:i:.:i:.:.i:.:.:.:.:i:.:.:.:.:!       /: : /: : : : |: : : : :|: : : :|: : : | ,: : : ',: : ::ヽ : !
          i:.:.:/!:.:.:i:/ _少:.:.:.:、:.//.|:.:i:.:.:.:.:i:.:i:.:.:|       |: : |: : : : : ,,=''".\: : /|"''=:;,ヽ: : :.|.: : : ト、:|
.            |:./ .!:.:.i≦ i i:.:.;/ノ>之!:/i:.:.:/Ⅳ:.:.:!       |: : |: : : : /" _,=、 | :/ |:./,=、 V: ..|:.: : : | V
.           |:i  V:.i. 乍ハ.V   /ォzx、>:./:.i:.:.:.:.:|      < : _: : : /  ((;・.,;)|/  レ((・.,;) |:./ ヽ: : |
.           ヽ!  ヾ! ヒ:ツ     |r';沁 i:/};/:.:.:.:.:|      <:: |. 小{     ̄      ̄  レ{: :.|ヽ:|
             /八 xx. ,    ゞ:シ / ./:.:.:.:.:.∧       厶ヘ ハ          、     {ハ/  /⌒ヽ_ノ) ) )
               /:.i:.:.:\  、   xx ..ィ:ー':.:.:.:.:.:.:.:∧         \_!      _ '     !!   ,' ;'⌒'ー''´
               ,':/.|:.:.:.:.:.:.:..、 _ ,. イ i :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧          ヽ  \ーェェェェァt   /   | i|     (⌒)
.             {/ V:.:, -ノ,. i゙// ̄\-.、 ::.:.:..:./:リ         ___,r| \  、\_ `ヽ /    ノ ,'.!    ノ ~.レ-r┐、
               _ {.: :/ _/ノ      V人: :/,:'       /:/::::| \ ::::: \_`\ \'、 ./ //、  ノ__  | .| | |
             / ‐-、.Yノ/ /i        i: : ヽ        /::::::/::::::|  \   ´ ∧.\、_>'´ ノ'´ 〈 ̄   `-Lλ_レレ
            / ヽ ヽノ/iノ. !        i: :: : !     /:::::::::::/::::::::|    \  /"''-  `ー一''´      ̄`ー‐---‐‐´
         /. ノ/ゝ/_r' 、!      / i r‐'゙
           {. /: : : : :./   i!       ′ i:.ヽ、
         Y: : : : : :.:.:,′   i     ,′ .,:.r‐'
.          ′: : : : :.:.i    i      ,  ,′)
         {: : : : : : : ::.  , .i.    ′ ,'r'´
.          ヽ: : : : : : :ヽ.ノ !.    ′ .′


エヌキゼは腐敗した「赤き貴族階級」の代表格であり、党内の堕落した平和ボケの象徴であり、
新たな緊張を醸成して党内引き締めを目論むやる夫にとっては、まっさきに締め上げるべき対象だった。





414 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:42:08 ID:GZJY6dZY0




だがしかし、エヌキゼは往生際が悪かった。

袋小路に追いつめられると、ヤゴダのNKVDを批判して自分の責任を拒否しようとしたのだ。


    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ -=o=-| :/ .|:/  V: |.: : : | V
  < : _: : : /       |/  レ-=o=-|:./ヽ: : |     敵の侵入を許したとエジョフは俺を非難したが、
  <:: |. 小{                   レ{: :|ヽ:|
   厶ヘ ハ  U      、       {ハ/ V      そもそもクレムリンの職員は
      \_!      _ '  u  !
        ヽ    /  `t   /          NKVD諸機関の事前点検をクリアしたはずだろ!
      ___,r| \  {    / /
    /:/::::| \ ヽ `_⌒ ィ ´             奴らの侵入を許した責任はNKVDにあるはずだ!
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、


          巛彡彡ミミミミミ彡彡
         巛巛巛巛巛巛巛彡彡
         |::::::: u   u   u i
         |:::::::: u  ⌒u  ⌒ |
         |:::::   -・=- , (-・=-      なっ・・・!!
         | (6 u  ⌒ ) ・ ・)( ^ヽ
         | |. u u ┏━━┓ |     苦し紛れにウソを言うなウソを!!
         人 |   u  ┃ヽ三ノ┃ノ
       / \ヽ u u ┗━┛ 人
     /     \ \ . ─── イ|   \
             \ 、`ー--ー' ノ    \
         _ ,,,,_  /\  ̄ ̄l ̄

      内務人民委員 ゲンリフ・ヤゴダ





415 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:43:03 ID:GZJY6dZY0




確かに、エヌキゼの言っていることは正しかったのかもしれない。

「クレムリン事件」などというでっち上げが認められるなら、その責任はヤゴダにあるべきだ・・・
自分を粛清しようなどというシナリオには無理があるぞ、という主張は確かに筋が通る。



.     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
     /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : : : : : ヽ
.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : 」_: : / 〈  ゚ |/  レ  ゚ ..}|:./ヽ: : |      ウソじゃない!
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|
   厶ヘ ハ         、     {ハ/ V      テロリストとして摘発された
      \_!      _ '     !          クレムリンの職員は、その全員が
        ヽ    /   `t   /          ヤゴダとNKVDが身元を保証していたじゃねえか!
      ___,r| \  {    / /
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、
::::::::::::::/:::::::::∧    /二\ |::::::ヽ::::::::::::\
::::::::::::/::::::::::::::∧ヽ  /: : : : :}ヽ!::::::::::〉:::::::::::::::!


     巛彡ミミミミミミ彡
     巛巛巛彡彡彡彡
     |::.   \、 ,/  #|
     |::  《;.・;》 《;・;.》. .|     そ、そいつの言っていることは
     (6.  ⌒ ) ・・)'⌒ヽ6)
     |  ┃iuUuui.┃ ..|     すべて俗物根性の塊や!!!
     |  ┃|,-v-、|┃ |
     \  ヽニニノ  /      嘘八百や!!
        ヽlー--ーイ



だが、シナリオライターのやる夫が望んでいたのは、筋の通った責任論などではなく
堕落したエヌキゼが自らの腐敗を認め、処罰を受けることで他の幹部党員らの反面教師となる・・・ことだった。


      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \    ・・・・・・
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /





416 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:44:31 ID:GZJY6dZY0



                               ナラティブ
さらに言えば、中央委員会は党が「事実」と認めた「物 語」をエヌキゼが受け入れることも要求していた。

絶対的権力である党が黒と言えば白でも黒なのだ。
党の公表した物語を支持しないことは党を否定することになる。それは絶対に許されないことだった。


                     .    /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
                         /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : : : : : ヽ
                    .    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
                       /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
                 ⊂     |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:| ⊃
                       |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
                 ⊂    < : 」_: : / 〈  {} |/  レ  {} }|:./ヽ: : |   ⊃
                      <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|
                       厶ヘ ハ         、     {ハ/ V
                          \_! u    _ '  u   !
                            ヽ    /   `t   /
                             \  {    / /
                                ヽ `_⌒ ィ ´
                               ⊂    ⊃
                                ( ヽノ
                                ノ>ノ
                            三  レレ



だが、破滅から逃れようと夢中のエヌキゼはこれが理解できなかった。
そして結局、自分に課せられた「役目」を演じることもできずに、総会からの失望をかったのである。





417 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:45:06 ID:GZJY6dZY0




          (⌒ヾ`
       ゝ´ ,))
  (( ⌒ゝ   lij
     ー" ミ  ___
        ノ(_     \
      /"\,, 、/"`` \     (エヌキゼは何をチンタラやってんだお!
    / ( ●)´`(● )  \
     |   '" (__人__) "'    |    さっさと降伏して自己批判すればいいんだお!
      \  ` ⌒ ´     /
      / ゝ  ``     ィヽ     なのに議論を長引かせてやがって・・・)





418 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:45:26 ID:GZJY6dZY0




   \\  なぜ罪を認めない!?  //   \\  自己批判しろ!!  //
________________________________________________________________________________________________________________
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
=====================================
┐┌┐┌┐┌┐┌┐┌┐┌┐┌┐┌┐┌┐┌┐┌┐┌┐┌┐┌┐┌┐┌┐┌┐┌┐┌┐
[ * ] [ * ] [ * ] [ * ] [ * ] [ * ] [ * ] [ * ] [ * ] [ * ] [ * ] [ * ] [ * ] [ * ]
,,,,★,|]   [|,,,,★,|]   [|,,,,★,|]   [|,,,,★,|]   [|,,,,★,|]   [|,,,,★,|]   [|,,,,★,|]   [|,,,,★,|]   [|,,,,★,|]
´ー`)  ( ^×^)  ( ´m`)  ( `∀´)  ( ・Д・)  ( ´W` )  ( ´・ω・)  ( ´^ω^)  ( ゝω・)
  [|,,,,★,|]   [|,,,,★,|]   [|,,,,★,|]   [|,,,,★,|]   [|,,,,★,|]   [|,,,,★,|]   [|,,,,★,|]   [|,,,,★,|]   [|,,,,★,|]
 ( ・∀・)  .( ´Д`)   ( ゚Д゚)   (-@∀@)  ( ´∀`)   ( ゚ー゚)   ( ^ω^)   ( ・3・)   ミ,,゚Д゚彡
/´~ V:V~ヽ/´~ V:V~ヽ/´~ V:V~ヽ/´~ V:V~ヽ/´~ V:V~ヽ/´~ V:V~ヽ/´~ V:V~ヽ/´~ V:V~ヽ/´~ V:V~ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \     (総会の空気も微妙に加熱してきたお・・・
 /  (●)  (●)  \    余計な混乱を生み出す前に、
 |  U   (__人__)    |    さっさと幕引きをしないとまずいかもだお)
 \      ` ⌒´   /





419 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:45:46 ID:GZJY6dZY0




総会の席上で(おそらくやる夫の意向を受けた)エジョフは、エヌキゼの処分として
中央委員会からの追放を提案した。


             _ -―……―- _
.         .  ´          ` 、
      /                \
.     /       /        、  ヽ
.      /        / //    /  ヽ ∧
    /         /'´/  /  /  . | ∨ ∧
.    ′    .  //  /   /  | |  |   ',
    |   /  /  l'  /   // . // . /| ||
    |  ' ' | | |//   // / ィ /| /┤ ||
    |//  | | |/ /∠、 彡 ´///∠イ l, V    私は中央委員会書記として、同志エヌキゼを
    l//  / | | |/代汀ヘ≧='彡ィfjアノ/ .イv |
    | l  / | ト l|`{  ̄   ´}__,_{ ̄イイ l| ,l |    中央委員会の構成から除外することを提起し、
    | | ′| ∨ゝゝ    rソ⌒V` / イ|l|/
    l || | ヘヘ\   ̄  - / イ /l/l/ノ     これを以て中央委員会総会の判断を仰ぐものであります!
    `l|| {   ヘヽ   ,. __¬/| | |/ ノ
    | | |  ヘ ||ヽl> .   / |!||
    | | |   ∧∧ヘ \/  ̄l   | lヽ|
     ゝv∨  ∧ ヘヘ ∧  |   | | ト
     Vv V  ∧ トヽ{   |   | | /


エヌキゼは党幹部としての地位を喪失するが、それでも党員としての地位は保持する。
これは首の皮一枚がつながったことを意味していた。





420 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:46:40 ID:GZJY6dZY0




が、しかし、加熱した総会はシナリオどおりには運ばなかった。

まず、エヌキゼの巻き添えを食ってしまったヤゴダが、
自らの身を守るためにエヌキゼの罪を大幅に引き上げようとしたのである。


   巛彡彡ミミミミミ彡彡
  巛巛巛巛巛巛巛彡彡
  |:::::::          i
  |:::::::: U   \' '/ |
  |:::::    -・=- , (-・=-     _人从∧从人从/\
  | (6    ⌒ ) ・ ・)( ^ヽ   ヽ
  | | u  ┃ノヨョヨコョョi.┃ |  <  中央委員会諸君!エヌキゼはもはや
  ∧ |    ┃.ト-r--、| ┃ |   ヽ  その無責任な発言によって自らを党の外に置いた!
/\\ヽ  ┃ヽニニニソ┃ ノ    ノ この男を党から追放すべきやっ!!!!
/  \ \ヽ. ┗━━┛/ \   VWvVWvVWWV
.    r‐-‐-‐/⌒ヽ-ーイ   `、
ヽ、  |_,|_,|_,h( ̄.ノヽ  ビシッ  ヽ
ー-ヽノ| `~`".`´ ´"⌒⌒)     ヽ  .
ノ^ //人  入_ノ´~ ̄       )


ヤゴダはエジョフの提案よりも一歩進んで党員資格のはく奪まで主張した。





421 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:47:14 ID:GZJY6dZY0




議論はヒートアップし、エヌキゼの党追放案が正式に提案され、
エジョフの限定的追放案と同時に採決にかけられた。


    ∧,,∧  ∧,,∧
 ∧ (´`д´) (`Д´ ) ∧∧
( `・Д) U) ( つと ノ(ヘ・´ )
| U (  `・) (・´  ) と ノ
 u-u (l    ) (   ノu-u
     `u-u'. `u-u'





422 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:47:29 ID:GZJY6dZY0




より軽いエジョフの中央委員会追放・党員資格保持は全会一致で賛成。



パッ   パッ   パッ    パッ   パッ    パッ
 [賛成]  [賛成]  [賛成]  [賛成]  [賛成]  [賛成]
  ∥∧∧  ∥∧∧ ∥∧,,∧ ∥∧,,∧ ∥∧∧  ∥,∧∧
  ∩・ω・`)∩・ω・`)∩・ω・`)∩・ω・`)∩・ω・`)∩・ω・`)
   (    ). (    ). (    ) (    ) (    ) (    )
   `u-u´  `u-u´   `u-u´  `u-u´  `u-u´  `u-u



より厳しい党追放処分は、極めて珍しいことに反対意見が出たため「賛成多数」で採択された。


パッ   パッ   パッ    パッ   パッ    パッ
 [賛成]  [賛成]  [賛成]  [賛成]  [賛成]  [反対]
  ∥∧∧  ∥∧∧ ∥∧,,∧ ∥∧,,∧ ∥∧∧  ∥,∧∧
  ∩・ω・`)∩・ω・`)∩・ω・`)∩・ω・`)∩・ω・`)∩・ω・`)
   (    ). (    ). (    ) (    ) (    ) (    )
   `u-u´  `u-u´   `u-u´  `u-u´  `u-u´  `u-u





423 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:48:09 ID:GZJY6dZY0




結局、二つの提案が同時に採択されたが、
総会は最終的にエジョフ提案を退けより厳しい党追放処分を採用する。


.     /: : : :u: : : : : : : : : : : : : : : : : : \
     /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : :u: : : ヽ
.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ | :/. |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : 」_: : / 〈 (・) |/:::::::レ(・) }|:./ヽ : |
  <:: |. 小{   _,,.. - :::::::::::、-.,_  レ{: :.|ヽ:|    そ、そんな・・・
   厶ヘ ハ   ::::::::::::::::::::、::::::::::::::: {ハ/ V
      \_! u     _ '     !        この俺が追放されるなんて・・・
        ヽ    /   `t u /
      ___,r| \  {    / /          なにもかも失っちまうなんて・・・!
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´
  /::::::/::::::|  \u  ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、
::::::::::::::/:::::::::∧    /二\ |::::::ヽ::::::::::::\
::::::::::::/::::::::::::::∧ヽ  /: : : : :}ヽ!::::::::::〉:::::::::::::::!





424 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:48:26 ID:GZJY6dZY0




エヌキゼの破滅が決まった一方、巻き添えを食らったヤゴダも
内務人民委員としての適格さに対する信用を失ってしまった。


       巛彡彡ミミミミミ彡彡
       巛巛巛巛巛巛巛彡彡
   r、r.r 、|:::::           |
  r |_,|_,|_,||::::::     /'  '\ |
  |_,|_,|_,|/⌒  U   (・ )  (・ )|      せ、せやから、
  |_,|_,|_人そ(^i    ⌒ ) ・・)'⌒ヽ     テロリストの侵入を阻止できんかったんは
  | )   ヽノ |.   ┏━━━┓|     エヌキゼが我々のエージェントを
  |  `".`´  ノ  u┃ ノ ̄i ┃|     次々と追放してしまったからなんや・・・
  人  入_ノ´   ┃ヽニニノ┃ノ\
/  \_/\\   ┗━━┛/|\\
      /   \ ト ───イ/   ヽヽ
     /      ` ─┬─ イ     i i
    /          |      Y  |


彼は言い訳の中で、思わず自身のNKVDの脆弱ぶりを暴露してしまったのである。

結果ヤゴダとNKVDはその能力を大いに疑われるようになった。





425 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:49:20 ID:GZJY6dZY0




【補足】


          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\     「新事実の告発」に続いて、
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ      自身のエヌキゼの処罰案まで
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ      退けられたエジョフ・・・
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/
         | |{i t    _     / |      そしてエヌキゼとヤゴダの
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |      場外乱闘と共倒れと言う顛末は
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |      1935年の中央委員会総会が
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ      どれだけ特殊なものであったかを
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |       示しています。
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |





426 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:49:36 ID:GZJY6dZY0




.:.:.:.:.:.:.:.:.//:.:.:.;ノ               \
.:.:.:.:.:.:. / /:.:.:./  /   ,     `、        ヽ
.:.:.:.:.:.:/ /:.:.:.く /  |    | l     ヽ     、 ヽ、
:.:.:.:.ノ /:.:.:.:.:.∥  |l l  | l    `、`ヽ    l ヽト、       こう見てみると、本当にやる夫の
:.:.:.:{  !:.:.:.::.:;ハ  |l |l  ! |  \   ヽ、\  l|  l| |       「筋書」があったのか疑わしいわね。
::.:.: l  |:::.:.:.::) ト、|ト、|l  } ト、ヽ ヽ、 | l|ヽ ヽ |ヽ l|ノ
::..::.:l  |:.:.:爪,斗七|廾ト-|‐1ヽ }`ヽム-l¬ ∧ノ/ }リ        総会の議論がやる夫の手を離れて
ヽ.:.:ヽ. ヽ::.}| l ハ/,ィ´うハVl/|   リ ん:::ハ. l |             勝手に加熱して、エヌキゼを
  ):.:rへ_}|/ l| {l い:::j.      い:::ノ ハ             追放してしまったのじゃないかしら?
  ヽ、!{レ' ///   ゞ-'′      ` ´ ∧ |
   ///人 U ゙゙゙゙゙     '  ゙゙゙゙ 八l |            それにヤゴダが巻き添えを食ったことだって
 // /_>ト、_r个、.   ⊂⊃_/| ヽ\           筋書にないアクシデントだったろうし・・・
// / /: /::..::..::{::..:ヽ.  ´ ./::..l`'┴:-:ヘ \
´ /   _工l::..::..::..::..ヾ::..::トァ=く::..::..:l::..::..::..::..::}ヽ、\
ノ   / : : {::..::..::..::..::..:∨{リ廻lト、::.l::..::..::..::./  ヽ、ヾーr- 、
  /: : : : : `ヽ、::..:;:-'´丁ヾニシ::..`T:ー::-:r'′     `l /  ∧
. /: : : : : : : : : : /´::..::..::.l!::..:| |::..::../::..::..::.\       レ' | / /



     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !     しかし、この時エヌキゼの罪としてエジョフが
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||     上げたもののなかに、
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l      のちの大粛清に繋がる極めて
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|      重要な伏線を見つけることができます。
       l \     _    ,/ |
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |      それこそが、「党員としての警戒心」の欠如です。
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!





427 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:50:29 ID:GZJY6dZY0




           ,.:-=;1―;1―;1―;1―;1,=;:、
           ミ              ゙ミ
           ミ      ★       ゙ミ \
         / ミ              ゙ミ   \
        V/::ミ;=========゙ミヽ   \
       //:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :',  `、ヽ ム>
.      /:i:: :: /:: :: :: :: /:: :: :: :: :∧:: :: :: :: :::i  } >/i´
      ,'::i:: :: i:: :: :: :: /:: :: :: :: :/ ∨:: i:: :: ::l  V/:: l
      ,':: l:: :: l:: _:: :: /:: :: :: :: :ム--+::-l―:: |   |:: :: |     やる夫は幹部から末端に至る
.     i:: ::l:: :: |:: :`''フ:: :: :: ,:: /    ',:: |:: :: :|   |:: :: |     すべての党員に対して、
.     l:: i:.|::..::|::_:: /:: :: : //     v|:: :: :|   |:: :: |     党内外に存在する敵の脅威に対して
.     |::.l::.|:: ::|::/ニ_;; ;//  ====V:: ::,'   |:: :: :|     常に強い警戒心を持つよう
     |::∧:',:: ::V弋.:.:テ    ´ て:::::::o|:: ::,'   .|:: :: ::|     口を酸っぱくして呼びかけていました。
     |::i ',:',:: :∧廴::ソ      こ .ン|::/,'   i:: :: ::.|
     ',.i  }::ト:: : ヽ゛゛  ` _   ゜゜イ|/:,'   ,':: :: :: |     これにはいくつかの目的があります。
      ',' .ハ::iヽ:: ::>ァ-------<´<:: /:,'   /:: :: :: ::|
       ∧ヾV>、:V/ | (ニxニ)  |: :',:: /_ -'''´:: :: :: :: ::|
       /:: L_i VX|: :|  ∧   |: : |:: :: :: :: :: :: :: :: :: ::ヽ
       /:: :: :: :: :: :: :|: └ ┘└ ┘: :.|:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::\



            ,.:-=;1―;1―;1―;1,=-;:、
            ミ             ゙ミ
.              ミ      ★      ゙ミ
           /ミ             ゙ミ \
          《  ミ;========゙ミ } 》
.             》/ / / :/ : : : : : : : : : \ ∨《
.            /// : :/ :/ : : : /:/ |: : : : : ∨^:|         一つは党内に敵が潜んでいる
           l∨ : : l :/: : :// / :八 : : : l: l : :|         という事実を党員らに受け入れさせること、
           | :| : : :|/ :/ //:/ :/  ヽ: : | ハ: :|         それによって、身内を攻撃することを
           | :| : : :|≧x、/イ//,.ィ≦ハ ノ : l: :|         躊躇させなくすること。
           } :|八 :代uzノ    弋uzノ仏イノ: :|
.           ′:} 仆⊂⊃     ⊂⊃イ 八 : :|         そしてもう一つは、党内の疑心暗鬼と
.        /: : / 八 >  ~~~ .イ}{ : : : |         緊張を高め、次の「事件」を
.        /: : 〈 // ̄》 》≫=≪《 《V ∧: : :          引き起こす環境を整えることでした。
.        / : : : : {   》《_》《_》《 〈 /  、: :丶
       /: : : : : : }   《_/八_》      }: : : :\       このどちらも、後の大粛清に繋がる
     /: : : : : : :/    ∨{><}{    {: : : : : : :\     重要な布石だったのです。
    / : : : : : : /人,___人}><}人__人\ : : : : : :ヽ
   《 : : : : : : // { ̄/∨`¨¨¨´∨\ ̄} \\ : : : : : \
  《 : : : : :/ 《(   } {_人    人_} {  )》 \ : : : : :》
   》: : :/   》)  人人_))   ((_人ノ (《    \: : :《
  《 :/    《(    \        /    )》      \ 》
   `\\    ≫x、    \__/   ,x≪     //





428 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:51:17 ID:GZJY6dZY0




       ,.:-=;1ー;1―;1―;1―;1―;1―;1―,=;:、
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ         ★           ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ;==============゙ミ
       〃. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:ヽ     k      しかし、もう一方の見方をすれば、
.       / . : : .:.:|: : : : : : : .:人: : : : : : : : :',     ! :',     「警戒心」の呼びかけは
     ,'. : : : :.:.:.:.|: : :,':,'.: : / \\_.:.:.:|.: : :.! *|.:|     腐敗した党幹部らに対して
.    |: : :.:.: :.:.:.|.:.://.:.//  ̄ \\メ、.:.:.:!   |.:.:|     更生の機会を与えていたと解釈できるかもしれません。
.    人 、 :. :.:イ////    ,.-≠ ミ.、!.:,'   ,'.:. |
       \\:.:.:.:lYl⌒ヽ    /|  :::::::l! |/   ,': : :|     エジョフが当初、エヌキゼに党籍保持の
         l\\八 フ:ノ   ′ フ__ノ' ,'    l.:.:.: :|     可能性を与えていたように、
        |ハ *ミ ,,`´       '' .イ  *|.:.:. |     腐敗幹部たちが身の振り方を改める
.         ノハ  >.....__冖_ <:八     い、ヘ     チャンスを作っていたのかもしれないと。
      r 彡.:.:.,'     !:.|「≠介トn,、リ≠、.:\    \\\
    <-=≠:/     ,'.:〈チ_/小.シ〃゙ ト、У.:.ハ.     \<
   /-=/     /.:f癶=キト込、/:.:.:.〈〉ー-ハ  ※  ∨\
    >-´  ※ //xタミⅩ彡:::ム|:.:.:.:.:.:〉.:.:.:.:.:',      ∨.: \
    ̄|>x、._/-_j斗'"ハ:::ハ:::/|.:.|:.:.:./\ .:.:.:.|___/\.:. /



          /   , ' ´     r 、_ ノ 三三レ!
         r    〆     __ト、;;三三〃´ ¦
\    __, イ        ,〆;:三三! `` 、    f
ヾ 二 / ,,三/         r==、_ 丿    \  ノ
    / 三/      _ / ⌒'!          Y
`ー=,!三三l      /三;::j l! |::: !     ヾ  |
   |三三|    ∠ ーr-イ |! │:::! ,!   iヽ  ! i|       こうも解釈できるんじゃない?
   |三三|      __,/ / | |\ト、:! .lト、  l:::i l !l
   |三三|  , 三三:: イト、|-十=',ニリ.'ヽ,/:/,/レリ       大粛清の準備を進める一方、
    ゞ.三_:|_/ 三三イ│| ヽ弋テハヾ' ヽi_イ|
    rイrーt,,ヽ.三ノl!  |│|    ` ´    t;f !         党幹部らに更生のチャンスを与えて
ー-テ| l!kt〃,ij  / l   |│|            ノ!ハ
    ゞ、ニイハ,/,.イ !  | ヽヽ         __ ハ r、\      油断させておいた・・・ともね。
,、.   `ー-く三\| !  |  ヽヽ     ´-' /::! ヽヽ、\
| \      \三| !  |    ヽヽ __  ∧!:f |/ | ト、\
   `ーr--、_ ゞ| !  |_, -―- l |´三1l_ノー-| i   ' ' |:ヽ,ヽ.
 |!     |   _,.>'| i  | 三三 ゝ\:: |トrj`!::ノ       |、::: l  、
      く.    |,  | 三三三; ) ) |ハン} |       / \   \
  \、    ノ!   |;  | 三三三/ /三Lyノ_ゝ-r、 rー 、_  ヽ   i





429 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:51:48 ID:GZJY6dZY0




     |: : : : : : : :/   /        \ `丶ト、:.|:.:.:.:.:.:.:|: : : : :ート、、ヽ
    ヽ.ィ: : : :/   , /    l         'i '"´: : :.:|:.:.:.:.:.:.:!: : : : :_:ハ ',ヽ
      r‐:':::::::/   / / .     |     .l.    | .',: : : :.:|:.:.:.:.:.:.:|: : : : L_l::', ',r
     ',_:、:::/   |||.     |    .|.    | `丶;.:.|:.:.:.:.:.:.:!: : : : : :ハ::ヽ
      ノ:,'   .|l|      \   ト、   | l !´: :.:!:.:.:.:.:.,' : : :r ' `¬
      /:| | .   |十ト 、     |__x ┼‐ヽ- / | .).:: /:.:.:.:./: ::::::::|    |:
.      /:::,! |   .VV_ _\  `丁__ヽ|_____∨ ヽ{: : :/:.:.:.:./::::::;::::ノ|    !:
     /:::::ハ.ト 、 ト下丁丁  ‐-不三丁丁フ  ,ハr'^,-ヘ':::::::::}::! |   .!:    ・・・でもまぁ、
.    .ヽ|l ',ヽ \| 弋_‐.フ    弋_ー_フ   | .|/j〈ィ'>》_ノ"!::l .!   |:
         |丁|  ,、,、       ,、,、,、l  ! .|:.ヾ ニフ    !::l .|   |:    そこまで深く計画していたなら、
.           | l| ′′      ′′′| l| .|/:.:.:.:.⌒ヽ丶|. |:  ..|:
         / / 人             | l| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\|:   |:    もう少し手際のいい総会にするわよねぇ。
          / /| |_  > .._  r_‐_、  _,  l l.! !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\  |:
       /,イ | |! /:.:.:.::::ハィュヘ: ̄「「ヽ ..,' .,':| |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ|:
      ノ'   | .| ,′/`ヾニンリ:::..:.:.:.:.:./ /:.:.! !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
    ..'"ィ    | ||:.::':.:.:.:.::.:.`¬´:.:.:.:.:.:./ ':.:.:.:.| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:'.



          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_     もしかしたら、
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ    まだ手探り状態のやる夫は
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/    いつでも舵を切れるよう、
         | |{i t    _     / |
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |    選択肢の幅を広げるために
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ   使っていたのかもしれませんね。
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |





430 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:52:40 ID:GZJY6dZY0




           ,.:-=;1―;1―;1―;1―;1,=;:、
           ミ              ゙ミ
           ミ      ★       ゙ミ \
         / ミ              ゙ミ   \
        V/::ミ;=========゙ミヽ   \
       //:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :',  `、ヽ ム>
.      /:i:: :: /:: :: :: :: /:: :: :: :: :∧:: :: :: :: :::i  } >/i´
      ,'::i:: :: i:: :: :: :: /:: :: :: :: :/ ∨:: i:: :: ::l  V/:: l
      ,':: l:: :: l:: _:: :: /:: :: :: :: :ム--+::-l―:: |   |:: :: |      しかし、この総会が
.     i:: ::l:: :: |:: :`''フ:: :: :: ,:: /    ',:: |:: :: :|   |:: :: |      手際の悪いものであったのは
.     l:: i:.|::..::|::_:: /:: :: : //     v|:: :: :|   |:: :: |      確かだったかもしれません。
.     |::.l::.|:: ::|::/ニ_;; ;//  ====V:: ::,'   |:: :: :|
     |::∧:',:: ::V弋.:.:テ    ´ て:::::::o|:: ::,'   .|:: :: ::|      それは、総会後の展開を見ても
     |::i ',:',:: :∧廴::ソ      こ .ン|::/,'   i:: :: ::.|      わかります。
     ',.i  }::ト:: : ヽ゛゛  ` _   ゜゜イ|/:,'   ,':: :: :: |
      ',' .ハ::iヽ:: ::>ァ-------<´<:: /:,'   /:: :: :: ::|     総会が閉幕してもなお、
       ∧ヾV>、:V/ | (ニxニ)  |: :',:: /_ -'''´:: :: :: :: ::|     やる夫は弾圧の加速を行いませんでした・・・
       /:: L_i VX|: :|  ∧   |: : |:: :: :: :: :: :: :: :: :: ::ヽ
       /:: :: :: :: :: :: :|: └ ┘└ ┘: :.|:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::\   まるで、まだ試行錯誤の段階であるかのように。


【補足終わり】





431 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:53:01 ID:GZJY6dZY0




1935年初夏、やる夫の旧友(今は亡き妻ナジェージダの名付け親)であるエヌキゼの失脚は、
たとえ最高幹部の一員でもその地位を保証されないという「新情勢」を党員たちに知らしめることになった。


      (ヽ、00  ∩
    ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
     ,, -‐- \   | |/⌒ヽ
    ( ⊂ニニ   / /⌒) )   (ヽ、00  ∩
     `ー――'′ し∪  (ノ  ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
/ ̄ー―‐ 、            ,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇
:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ           ( ⊂ニニ   / /⌒) )
:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ         `ー――'′ し∪  (ノ
:::::::::::::::::::::::::::::::::ハ::::i   ., -―- 、   ___
:::::::::::::::::::___ノ、/〉'  /::::::::::::::::::て/::_:::ヽ
:::::::::::::::/ u  て;/7 /::::::::::::::::::;ァ、、:::「ェ ヽ::〉 __
::::::::::::/     /〈  i::::::::r、::/=ミ `く.u J/:::::::::\
:::::::::::j u   、 ´_}ヽ.|::::::iオ/u ニi < iヽァ/:::::r----J   .r:´二ニヽ
::::::::::i   (二7´_.L., 、ハ 〉  _ _マ/ン::::r ' ;tr /;j   i::/r-、r-|  r一ー、
::::::::::|、   .r ' c /、:.:.:ヽ ヽ  ー」: : : : ii ヽu.___、/  _ん' `´ム.'  |:::r―┤
:::::::::/ ̄ ´」ー/:.:.:.:.\:.:.\\__j: : : : : ヽ ヽフ`ヽ´  | | ヽ'ーン、 _/ハu.'_' |
i:i i:::i:iヽi ´ !':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.',:.:i: : : : : : : :「=| : : : |: !  7!`:´|<  7マ.ヽー'



新たな緊張がにわかに党内に漂い始めた一方で、
ここに至ってもやる夫は状況を一切動かそうとはしなかったのである。


                        ____
                        /     \
                       /三三二.    \
                      /三三二        \
                 |三三二          |
                 \三三二         /





432 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:53:56 ID:GZJY6dZY0




1934年からはじまった「法治主義アプローチ」と弾圧緩和はキーロフ暗殺事件を経てもなお継続されていた。

逮捕者数は農業集団化終結以降最低を記録しており、
しかも逮捕者減の傾向は時を経るほど加速しつつあったのである。



  |:.:.:.:.:.; :.|三三三三三三三ミi|i::_:_:_ | |. : . : . : |: |i   i   :|. : . : . : |: |. :|: :'''`',:'';;,;ヽ`',:'';;';;';;'`',:''''''' ...,,,,,,,
  |:.:.:.:.:.;  ://ll|//ll|//ll|//ll|//!| i::|l!ll| | |. : . : . : |: |i\ i \:|. : . : . : |: |: :|: :|: :|: :|   `y;/ノ  `;'`;'`;';`;'`;'
 ______| ̄| ̄| ../ |] i::|l!ll| | |. : . : . : |: |i.. | ̄|二|_________________
  . : . : . : . : . : . :|. : |  | ''' ̄ ̄ ̄ ̄~''''''''''''''''''''': : |N |i: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  . : . : . : . : . : . :|: : |  |"""'''''''''' - ,, : : . :  : ..|K |i: : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  . : . : . : . : . : . :|: : |  |,,,,,,,,,- - -'''".  .   .  .   |V..|i: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  . : . : . : . : . : . :|: : |  |. .  .  .   . . .  .   .. |D..|i: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  . : . : . : . : . : . :|:_:_|,, -  .  . . .  .  .   .  [,|,★,,|,,] ¶: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄               (´Д` )||  ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄
         ∧_∧∧_∧           ( :l .《L|
        (  ;∀(∀;  )          /__,:|_,/」
       / ⌒`')と   ヽ          (_(__)
        )  ) ( (  (
       (__)__(_(_)



そのうえ、政治局は逮捕手続きの厳格化をすすめており、
やる夫が「スパイへの警戒と告発」を進める一方、党機関は無暗な党員粛清を防止する手はずを打っていた。





433 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:54:43 ID:GZJY6dZY0




この相反する基準と硬軟混ざり合ったメッセージは、やる夫がまだ態度を決めかねている証拠でもあった・・・



           \三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
            \三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三/
  '''- ,,_           | i| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|i |
  ||i;i;i;i; |          .| i|      _____     ____                 |i |
  ||i;i;i;i; |      ,    | i|    ロロ:|::::::::::::::::::::::::::|    |; ∧))∧ :|:               |i |
  ||i;i;i;i; | ,         | i|   _□ |::::::::::::::::::::::::::|    | §´ー`; :|:  ,____ 、      |i |
  ==== |     ,-、゙ .| i|:  | ゚ |: .|:::::::::::::::::::   |    |: /)::H::): |:  |`ll ̄ ̄ ̄l |l____________、|
  ||i;i;i;i;i;⌒Y⌒| ii ) | i|    ̄   |::::::::::      |     ̄ ̄ ̄ ̄   |、|___:,|、|| ̄ ̄ ̄||
  ||i;i;i;i; |. ||  `-'   | i|____|_____...|゙_________.|`||ニニニニ|||l[「「[[[「「l|
  ||i;i;i;i; |. ||     /:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: γー――――― 、__'. .,: .:'. .,:...゙ヽ||____________||||ニニニ,|| ,_
  ||i;_,-'"' ||   ./. .,: .:'. .,: .:'. .,: .:'. i i__         __i_i i:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: ..:::~''-
  '"    || /'. .,: .:'. ._,--、:'. .,: .:'. .i___| ̄  ̄ ̄ ̄ ̄\ i.. ..:'. .,: .:'. .,:,-- ,,:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: .;__|~;|_
       ||:'. .,: .:'. .,: .:'.| .:\.:`ー 、:'. .,:|          \.:.:'. .,, ー' /.: |:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: |`- , |__|
      //|\,'. .,: .:'. .,;;;i',',',',',',',',') i:'. .,:iニニニニニニニニ i:'. .,:i (',',',',',',',','i;;. .,: .:'. .,: .:'. .,: | |`- ,
    ./. .,: .:'. .,: .:'. .,: .:';;;;;|______,,j/:'. .,:|il:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|i|.::'. .ヽ|______,,j;;;;;: .,: .:'. .,: .:'. .: ̄: .;;;;;`- ,
        ____
      /     \
    /        _ノ′
   /        :::(●
   |         "`(__)    ・・・・・・
   \、          /´ヽ
     )       ィ ("_ノ
      / /⌒ヽ    ヽ ) |
      i l   |     |  |
      | |   |      |-‐'





434 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:55:15 ID:GZJY6dZY0




            /                \
              /                   ヽ
          /   /   / /           |  ∧
            '    l    / /,  -―    / /|  ∧
.           |   l |  |´/        ィ ,.l||| ∧
.           |   l |  K_  、―‐'´//|||| | トヽ
.           |    ヽ.|  | 沁tx、\‐ 彡 ´_/イ/||v|
.           |      \ V弋z^ヽヽ l  ィケアテへ,' ,' ハ|
.           |       ト\__,rッ={i≦ィ/`ソ./l/ ノ
.           || |   |   |  `      ゝ=/=イl//     同志やる夫。
.           || |   |  |      ´/ /  {
.           リ |   | |  l、   ¨二 ` /  |      党内に潜む敵の駆逐は
          `ヽ  | |  |、> .   イ | | |       喫緊の急務であります。
               /\| |  ヽ\ 厂\{ { | |
            /\ ヽ|、 l | 〈| |    \  | l.|       我々は党内の人事粛清について
       _  ´     \ 丶N 八ト、    /lVl N       大胆な決断を下すべきです!
       /          \  ∧└、ヽ. ムト l /
.     /           ヽヘ ∧ l V 〉 ヽl' ー 、





435 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:55:40 ID:GZJY6dZY0




        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\      そうだお・・・
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\     やる夫もそう思うお。
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     だけどエジョフ、
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、      お前はジノヴィエフとカーメネフらの陰謀について
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ     中央委員会を説得できなかったお。



               /::::::::::::::::::::::::_::::::::::::;xヘ:::::::::::::..、
               /::::::::::::::::;:::::::/::::::::/::::::::::!::::::::::::::ヽ
             /::::::::::::::::/::/:::::::::/::::::::::::::::}::::、:::: ヘ::::ヘ
             .i:::::::::::/::/;イ:::::::::/:::::::::::::::ノ::∧:::ヘ:::i::ヘ::::ヘ
             l:::::::::::l:::l/:::::::/:::::::::::::::; /::/ V::::l:::l::::l:::::::i
             |!:::::::::|:/:::/::::::::_:: - '´,.イ/   ヽ:|:::!:::|::::::::l
             |!:::::::l::!|::ムr‐'=z-x.._,ィイ ,.....z‐'''"リ!:j:::|::::::|l:|    そ、それは・・・
             |ヘ:::::ヘ:V´、で妁ミくヽ  /´x'iチ妁'7'|:::/:::::リ |!
             |:::ヘ::::::::ヘ ` ̄   ,レ勹i{,  ` ̄ノ ノ/::::::/./     しかし、敵が党内に入り込んでいるのは
             |:::::::ゝ、:::::ゝ、..ノ _ノ'   ! ヽ_  ...ィ///イ      確かです同志!
             .!:::|:::|::::::|`ヽ     r /   `  /リ}:::/:::|
             !::|:::|::::::ヘ      __ _   U {//:|::|::|::|      トロツキストは、
             |::|:::|::::::|_:ヽ     ´ ‐ `   .イ´|::|::|::|::|      必ずソ連国内のどこかに
             |::|:::|::::::|:|:::::|ヽ        イ:|:::::|::|::|::|::|      センターを構築しているはずなのです!
             .!:|:::|::::::|:|::r:t.._ ` 、__ イ  |、|_::ノイ:|::|::|
              !:|::::::::::|:|::!:.:.:.:`¨:.:.:.:TT:::::¨´::|´:.:.:.:|::|::::::!
              |::!:::i::l::|::|:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|::|:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:|::|::::::|
              t::|:::!::!::!:V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|::|:.:.:.:.:.:.:ri:.:.:.:|::|:::::ノ





436 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:57:37 ID:GZJY6dZY0




         /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        /: : :            \
       /: : : :            \
     /: : : : : :              \      「はずだ」では話にならん。
    / : : : : : : : ..               \     そんなことはやる夫もわかっているし、
    |: : : : : :  ,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,        l     口先だけならお前でなくとも誰でも言える。
    |: : : ::;; ( (・) ) ノヽ ( (・) );;:::    |
    |: : : : :  ´"''"        "''"´       l     重要なのは、全員を説得できることだ。
   . \ : : : : . .(     j     )      /
      \: : :: : >ー-‐'=ー-ー<    /       お前の「新事実の告発」は何の役にも立たなかった。
     /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
     : : : : : : : : :``ー- -‐'"´      \      敵はほくそ笑んでいるぞ・・・!!
     : : : : . : : . : : .                \



             / ,    / /    ィ   !l l 、 \  ヽ lヽ
          / /  ,   / / /  // |  ノ| l | v|| | ヽ  | ! |    ど、同志っ・・・
            / / / /_/ / 〃 彳  丿/ !ノノ 」l-‐|| | ! |
        / / // / 〃≫≦´ 、j__/ァー=ナ≦_j{、ハ ! |  ′! |    確かに十分に立証できなかったのは
          / / -/―一||汀卞、 、 レ /-≠ンf卞、¨j{》!、\! / ||    私の努力が足りなかったからです。
.        / / /l l l| ||、V{_)ヽVi'´   /  Viノ ィ!'ll >、 メ、 |l
      / / / j| ! | liミ=i‐‐/ヘi /  ミ=キ¨´|ノレ' / ̄` | {    し、しかし、例えあの事実がなかったとしても、
.      i / / .!ノ ! ゝぃ  レ'゙  ノ丶 u   ーヘニ ィ /{  || | !    党内の粛清は、敵を駆逐することは
.      レ '   ! `iー‐t<_,  、       -ャ彳 | l  || l !、   可能です!!
.      l  l /l  || il|| ミ=-    ヽ `    U   Ⅵ  ! ! { | l ! \__
.      | ノ'  j  || |l||  i\u   、__      /v //!  } } い  { `‐-、_
      ,| {  .{  |V.l||  | { l\  こ二¨`    ' ∧/ ゙ , !{ {、ヽ丿    `丶、
    ィ´j !  ‘ 八 }!!   | | {  ヽ        ィ// ヘ// / ̄ ̄`く          ヽ、
   「 〈  ヽi    V  `}}{   い{   丶 __ < // /// /         ヽ
.   〉 \ |  ∧ 、小、  、 丶      \  // /// /          |





437 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:57:52 ID:GZJY6dZY0




    !                                       l
    .!      `'ー ,,_                  _,,,___       !
    |     -.、   `''ー ..,、   | |   ...ーー''"´   ._,-       !
    l         と,,,,,,,____,,,,,‐.   ゛    'i,,,,,,,____,,,,,,,,ソ        i!     どうやって?
 ,..-'".l      ヽ,、.ゝ-'゙ _./         ヽ_.゙ー'" ./         ,l
´    ヽ       .`゙゙゙゙゙./            ヾ゙゙゙゙゙゙゙          /
     .\       │                l              /
       .`'-、,     ゝ..____,..-ー .____イ



: : : | : : | : : : : :/: : : /: : : : : : : : : : : _, : :':´: : /   /: : : : : :/   __」: : : /: : : : : l
: : : | : :|: : : /: : ∠: :-‐: : : _: : -‐: ´_ ..  ' ´  /: : : : :∠ -‐ ¬′:〃: : : : : |
: : :|: : |: : :/: /_: :-‐:_: 二 : -‐≪´        /: : : : :_;斗孑≠テ': : :く:} : : l : :!
: : : : : : :l: :/: 厶斗¬二托恭トミ丶`ミ==-‐'/: : _.. イ廴笊{′/ : :/ヘヽ: :|: : |   全党規模の党員資格点検であります。
: : : : : : :∨ / ∨ 、 い込{‐ワ   \  ヽ /:,  '´  / 辷_ク / :,〃: : / }: : | : :,′
: : : : :l : : ヽ{ヘ._」  丶`二ニ´ -‐    ∠:イ   __/ -‐‥ ¬'//: l: :/ /: : :|: /    農業集団化期の党勢拡大キャンペーンの結果、
\: : : ヽ: : :ト-┤                 _」___/ __7⌒ヽ     / : :レ' イ/ : /}/     極めて質的に疑わしい連中が党内に
: : :ヽ: : :丶 {   、            / 厶 -‐ ]┴、  }   /:_/ィ: 〃/ '′     入り込みました。
: : : :l:\ : :い   \            〉'′   /   廴'┐_厶.イ: :l:/イ
: : : :l: : :\: :\    丶、      _/      {  -‐{  ∨: } !:| :|: :|         これら党員資格目当ての日和見主義者を
: : : :l: : : : :l:ト- `=-     ̄ ̄ ̄          `、  `、  ∨厶{ :|: :|         党から追放することを目的とした
: : : :|: : : : :!{                 -  , ヘ   \_ _ヽ `ヽl: :|        党員資格点検は、同志キーロフ暗殺以前から
: : : :|: : : : :い、                       '′ }  ‐ ¬  `}  \{         予定されていたものです。
: : : :l: :l : : :|: :|\            _ -‐ ¬   /    }   廴 -‐ヘ
: : : :|: :| : :| |   丶、   , ⌒ヽ   '´-‐ …'´  ,〃     ,    {、      }       これを活用するのです。
: : : :|: :l: : : |: :|    丶、{    ヽ -‐‥   / /    ,′  l }    ム
: : : :|: :|: : : |: :l`丶     `、   `、   /{ /    {    ∪    {  ヽ
: : : :|: :|: : : |: :ト、  \____」    ├-< /∨      }    {    |   }
: : : :|: :|: : : |: :| \  \  }      {   V  {   {  {      }     {   {





438 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:58:21 ID:GZJY6dZY0




              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:\
            _,  ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
          _,. -'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
    ー=ニ二:__;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ハ
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;l::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ハ         此度の党員資格点検は、
       /::/:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::/:: ハ:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.ハ         幽霊党員や違法資格者の追放を
.      /:〃::.:.::::::/:::::::::::::.:::::::::::::::::/::/  ヽ:.:ヽ:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.ハ         目的としたものではなく、
.       ///::.:.:.:::::/:.:.:::.:.:::::::::::.:.:.:.;.ィ:.:/ ,  =‐\\、:ヽ、:.:.:.ヽ、:.ヽ:.:.:.\       党内に入り込んだトロツキストの
      i/ ':.:.:.:.:.:::.!:::::.:.:.:.::::._、-‐ ´ノィ≦彡ァztゥ芥ド=-ヽ‐-ヽ:、l:.:.:.:.:.:\      駆逐を目的としたものにすべきなのです!
       { |:.:.:.:,l:.:.:l:.:.:..:.:::.:ィヤ心/ 〃ナア弋多ノ | ̄!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :ヽヽ
.       |:.:.:.ハ:.:!:.:.:.:.:.:ハ弐zハ  {__   ´ ̄    l  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : :. : :l`\   「敵への警戒」の必要はすでに中央委員会でも
         V:.:{ ゝ!:.:.:.:./:.:ハ  /}=ゝ )     / , ':.:. :/.:.:. : : :.:.: : :. : : l     確認されている事項であります。
        V:l   ヽ:.:.:{ー‐ャ ´ソ     ̄ ̄  /: : /:.:. : : : .: :. : :. : !|
        い   jヽ|:.:.:.:.:.ゝ 丶、 '      ‐ァ'_ -ァ:.:.: : : : : : / /: :/: j|/      ならば、これは党の方針を実行するにすぎない!
           /: .:.:.:.:.:.:.:.:.:丶、 tz‐ュ   /´ ィ:/: /: :/:〃/: :ィ//
          ,.': : :.: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>、 ー    /〃lィ:_: イ ィ:ッ'/ {         我々は大手を振るって党内を粛清できます!
            /イ: :. : : :. :. : :.::_/  \_ ィ´ / rく  / ノ"´   \
         〃 !l /!: : /:. : イヽ     ハ     |  ヽ        个 、_
         {′lヘl |/|:.//  \   { ハ     |   l       / /  /
            `′ !' ィ  , 、 ^ゝ   l′ }   j    \     V  /
              / / /  ! 〈   |     /   / 丶、  | /
            /  / ´   l  l\  ト、  rノ  -‐      /\ レ



        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |    ・・・・・・
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ





439 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 21:58:50 ID:GZJY6dZY0




      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \     (たしかに・・・その方法なら
 /  (●)  (●)  \    党内に不用な動揺を起こさず、
 |      (__人__)    |    自然に粛清を発動できる・・・)
 \      ` ⌒´   /



     ____
   /      \
  /_、 ,,/"  \      (しかし、あまりにも付け焼刃じゃないかお?
/ (●) ゙(●) U \
|    (__人__)      |     粛清を行うにはお題目が弱すぎる・・・
\   ⊂ ヽ∩     <     キーロフ事件にケリがついたと思っている党機関が、
  |  |  '、_ \ /  )     この程度の言い分に本気を出して取り組むかお?)
  |  |__\  “  /
  \ ___\_/





440 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 22:00:08 ID:GZJY6dZY0




     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\     (そもそもこの程度の作戦で、
/    (●)  (●) \    地方幹部の頑強な権力基盤を掘り崩せるのかお?
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /     やる夫の目的は、地方で既得権益をほしいままにする
(  \ / _ノ |  |      幹部どもの引き締めだお・・・
.\ “  /__|  |      百戦錬磨の古参政治家どもが、こんなやり方で
  \ /___ /       根を上げるかお・・・?)




       _-―――- 、._
     ,-"´          \
    /              ヽ     (いや・・・しかし、
    ./       ::::::::::::::::::::::::ヽ     これ以上時間をかければ、
   |      :::::::::::::::::::::::::::::::ヽ    キーロフ事件の余波が完全に終息する。
    l       :::::::::::::::::::::::::::::::::;l
   ` 、        (__人_) .;/    そうなれば粛清を行う最低限の口実さえ得難くなる。
     `ー,、_         /
     /  `''ー─‐─''"´\     現状維持では後退する一方・・・たしかにそうだお)





441 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 22:00:22 ID:GZJY6dZY0




         _____
      ,..-''"´   二三三iiiiiii`''-,,
    ./        二三三iiiiiiii\
   ./           二三三iiiiiiiiiiiiiヽ
  /  ___ ノノ   二三三iiiiiiiiiiiiiii',  \\ | l i 川 | l i川 | l i 川 | 川 | l i川 | l i 川 | | l i川| l i 川//
  ,'   ____       二三三iiiiiiiiiiiii ',  三                                       三
  l   l ①   l       .l ①   iiiiiiiiiiiiii  三     これ以上、手をこまねいているわけにはいかない!    三
  l   ヽ、_ ノノ     ヽ、_ iiiiiiiiiiiiiiiiiil  三                                       三
  ',    =`        二三三iiiiiiiiiiii,' // | l i 川 | l i川 | l i 川 | l i川 | l i 川 | l 川 l i川 | l i 川 |\\
  ',       (__人__二三三iiiiiiiii/
   ヽ、     └――┘二三三iiii/
    ._`''-..,,_    ̄ ̄ 二三_,,..-''"_
,..-''"´            二三三iiiiii`"''-..、





442 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 22:00:41 ID:GZJY6dZY0




         ___
       /     \
      /   \ , , /\       ・・・わかったお、エジョフ。
    /    (●)  (●) \
     |       (__人__)   |     今回の党員資格点検作業、
      \      ` ⌒ ´  ,/     お前が総責任者として指揮をとれお!
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃    お前の思うようにやるんだお!
     |            `l ̄
.      |          |



                 /: : : : : : : : : :,: : : : : : : : : : :\
                /: :/: : : : : /: : |: l: : l : : : : : : : : ヽ
               ,.' : : /: : :/ : /: : /|: V: :ゝ: : ヽ: : : : :∧
                / : : /: :/: : :イ: / _>、ト、: :ヽ\ l : : : : ∧
.              / / : |/ : /, ', '.ィ≦zャ¬ヘヽ:\\: : : : : ',
            |: |: : :|: :r≦彡'´{ケィヤ乏ノ }|: :` ‐\ ニ=‐: |
            |: |:l : レ沁厂i}==ゝュ__/ | | : : : : : : : : :|     っ!!!
            |: |:ゝ ゝ二.ノ         | l: : : : : : : : : : |
            ヽ|\\三ゝ 、        | |: : : |: : : : : |: |      お任せください、同志やる夫!
               ト ム  `,........._      | |: : :|: : : : :|: |
               , ‐''´\  ‐       | l: : : :|: : : : : :|: |     必ずや敵を締め出して
              / , \ ヽ      /| |: : : l|: : : : |: l: :|     御覧に入れます!
            / _、ヽ  ) }ゝ_ .  ´ / |: : : ||: : : : |: |: :|
          /    lノ / /イiノ∠┤   //||: : : ||: : : : |: |: :|
           , '    ノ'‐f´ァ'´l_/   | // ||: :|||: |: : :|: j∠
        r<  `T7 _  イ    / ,| l/l : | : :| :|| l|_ 斗 彡¬__
       / \_'_/_」/  」  〃"´j |レ|: :|: : l_」l斗z彡' / /`ー、
        /     // /  <   / ┌一|' |:/L:ィ  / -‐/





443 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 22:01:06 ID:GZJY6dZY0




1935年なかば、エジョフは党員資格の総点検を開始。
同時に、党内のトロツキスト摘発を配下の党機関幹部らにせっついた。


           /: : : : :/: : : : : ://: : : : : : : : : : : : :\
          ,' : : | : ': : : :///: : : _: : -―: : : : ヽ: ヽ\
             ': : : :|: :|: : : l´/: : : /: : : : : : :/ : : }: : :\
         / :l : : l: :l: : : l´ニニニ: :-: : : : :/: : :/ / : l: :
         /: :l: : : :ヽl: : : |二_:―――: : ´: : /: /: : :|: :
        /:/: l: : : : : ゝ: :l:|ヤッ≧==、―‐ァ:/: :イ : : /: :
.        / / /: l : : : : : : ヽトト弐  jトヽ=彡'_ ,r≦メ: : / l: :
      /:イ / : |: : :l: : : : : : :ゝ-  -=テ¬元ソ/: ∨:/l /
.     |:l l: |:l: :|:l: : |: : : : : : : :\---‐ ⌒i{ 彡 : : /l///
.     l|l l: |:l: :| l: : | : : : : : : : ヽ ヽ、 、  冫メ --彳´/´
.     'リ l: |:l: :| l: : ヽ: : :ヽ: : : : :vl-`、、´/: : : : :l|
       _∧l」 -ゝ……―- 、: :i: :lリ` ィヽ : : : : : l l'\
    /. ´  ______`" ‐<lム: l : : : : l|:|
.   /l/  /         `  、 \>: : :/: :l.l:|
. / /  /                \ \/l //ノ'


キーロフ暗殺以前から計画されていたこの一大党員チェックは本来、
偽造資格やねつ造資格をもつ違法党員の洗い出しを目的としたものだった。

エジョフはこれを政治的色彩の強い者にし、党内の信用ならない政敵の殲滅に利用しようとしたのである。





444 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 22:01:35 ID:GZJY6dZY0




だが、やる夫がエジョフの作戦にどこまで関わっていたかは分からない。
果たしてやる夫は全面的にエジョフを支持していたのか?
エジョフはやる夫の積極的な介入を受けて作戦を開始したのだろうか?



          / ̄ ̄ ̄ \
        /       . \
       /   \   /   \
      .|   (ー)  (①) .  |
       \    (__人__) .  /
        /    `⌒´    ヽ



しかし実際のところ、ソ連の各政府機関・党機関ともエジョフの意向に合わせようとはしなかった。

弾圧を強めようとするエジョフの足を引っ張るように、
ソ連司法は証拠不十分を理由にテロ容疑を却下することもあったのだ。


 、_    、  、     _、-                             -、_   ,、  ,、    
、, `'-、 `'-、゙'-,、-'´              ,、- '  ̄`' -、             `' -i'゙ ,、-'´  ,、-'´、-
 `'-、 `'-、 `i-'               /   、 ─ 、  \              ゙-i  ,、-'´,、 '´
   `'-─゙-┘               i゙  // ̄\\ ゙:              └-゙─'´
`' -、                        !  ;  | ´','','` |  ;  !                    _ ,、-
、  `' -、                    └-┘ \_/ .└-┘                 ,、- ' ゙  _
 `' -、.  `'>              | ̄ ̄`!     i´ ̄ ̄|                <゙   ,、- '´
,-、   i`' T゙              ├─┬''''''''''''''''''┬─┤              ゙T '´!_,.,_ ,、.,,
i/ソi~'),!-、.i_               | ;;  | ̄ ̄ ̄ ̄|  ;; |             ,...,,.-,!c,=!i_・i.!_;,ノ
⌒'`ヽゝソ ! ')i゙;ゝ     _ _ _ _ | ;;  |  _ O _ .|  ;; | _ _ _ _       (・.)(゚ノ゙ゝ ' ' ' ´ 
~` ' ' - 、 , _` ’      \┌ ─ ─-'';─ ┼ '-'-'-' ┼ ─ -─ ─ ┐/      `_ , 、 、 -  ' ' ~
 ̄i ` ' ' -, 、 ,`,'_' '_- 、 ,、| i::::::::::::::::::::i i   ̄  ̄  ̄  i i::::::::::::::::::::i |、, _- '_'__´、 、 、、- ' '゛ i  ̄
  i     !   i   厂`'-----へ ─ ! i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i i ─ 「`ー---一'^ヽ.   !   !     ! 
  i     !   i  /ィ l  l  l lニ、- ┤i- ∩ ┐┌ ∩ -i├ - l.  l  l  l _l’  i.   i    i 
  i     !   i  └! , ., .,┌┘ i二二二二二二二二!. ┌=' ̄7 ̄'=へ       !.    i 
  i     !   i  ┌'__,!___!___!___ヘ ├ ─ ── ── ─ ┤Fニニ  ||  ,ニ^ヽ  !.   i    i 
  i     !   i   フ´}´ヽ'´ヽ'´ヾ´  |            | 「 ̄,. ノ|  ,ニ二}  |.   i    i 
  i     !   i  ‘-'´‘-'’`-'’`-'’    ` ' ┬─ ─ .┤!.   `Z_/ l、__,l 


弾圧の緩和はなおも継続されており、しかも翌1936年はさらに逮捕者が減ることになるのである。



445 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 22:02:26 ID:GZJY6dZY0




――― たしかに、平和は続いていた。


    ,:;''`.:.;;:.":.;;.. .:.;;:.":.;;.''`.:.;;:."
     :.;;:":.;;.''`.:.;;:."//.:.;;:":.;;.''`          ⊂⊃
   ,:,"'`',:'':'`:::;..,."'`',:'':'`:::;..," ⊂⊃
   :;ヾ、;..,",,ノ''"ヾ:;..,"'`',:'':'`                  ⊂⊃
     /:/''ヾ,:;`//"'`',:'':'':'
   ;:;/:/:;;:;:i",:;゙,:;`,,ノ''"_ ,.,,.,_ ___,_ __ ,.,_ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    '':;,:;;:;:'|//''" .,;..          |  今日は暖かいモナね…
    .;,:;;:;:'':i/                  \__  _______
   :((.,,);:'':;:|         ソウデスナァ…    |/
     ,:;:'':;:;,i           .∧ ∧  ∧_∧
    .;:'':;:;,:;;|       [ ̄ ̄ (,*゚A゚) ̄( ´∀`) ̄ ̄ ̄]
   :'':;:;,:;;:;:'':i        _|:|l ̄ /つと  ̄(    ,つ  ̄l|;|_
   ;;:;:'':;ヾ:;,:`ヽ、.   /_  ̄ .(  ヽ ̄ ヽ. ヽ ヽ. ̄ ̄._\
   ''´''"`''´゙''"`''    ̄| l| ̄ ̄ し'し'  ̄ (_)_) ̄ ̄| l| ̄  .,;.、
              .^~'                 ^~




エヌキゼが失脚したことで党内に衝撃が走ったけれども、それは党中央の幹部以外にはさほど関係はない。


     _____________
   /|:: ┌──────┐ ::|
  /.  |:: | エヌキゼ   | ::|
  |.... |:: | 終わるぜ   .| ::|
  |.... |:: |         | ::|
  |.... |:: └──────┘ ::|
  \_|    ┌────┐   .|     ∧∧
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     (  _)     ヘー
             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄旦 ̄(_,   )
            /             \  `
           | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|、_)
             ̄| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| ̄


党員資格の点検に合わせて大規模な反体制派の洗い出しが行われていたけれども、
それが大きな弾圧の波を作り上げるほどの勢いはなさそうである・・・





446 : ◆J7qCZtZxmc:2013/05/24(金) 22:03:26 ID:GZJY6dZY0




やる夫が何を考えていたのか、我々にはわからない。
果たして本当に「計画」なるものが存在していたのかさえわからないのだ。

なぜエジョフをそそのかしておきながら、エジョフをバックアップしようとしないのか?


                -‐‐-
               /       \
            / .:.:.::::::::::::::::.:.:.  ゙
           ; .:.:.:::::::::::::::::::::.:.:.
             { :.:.:::::::::::::::::::::::.:.:  }
            \ :.:::::::::::::::::::::.  /
                > :::::::::::::::::: <
               / .:.::::::::::::::::::::.: ヽ
            /  .:.::::::::::::::::::::::.:  '
          ./  .:.:.::::::::::::::::::::::::.:.  、


やる夫は試していたのか?
だとすれば、なにを試していたのだろうか?

エジョフか、党か、それとも、自分自身か・・・





【第三十七話 嵐への道 嵐の前の不穏な静けさ 終わり】
                                           第三十八話 嵐への道 暗雲迫る に続く・・・






関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加




[ 56583 ]

丸投げして責任だけ取らせて成果だけ吸い上げて処分する、っていう典型的な嫌な上司の手口だな、今思うと。
[ 2013/05/25 12:11 ] [ 編集 ]

[ 56584 ]

なにこの不気味な展開
まさに嵐の前の静けさだな・・・
[ 2013/05/25 12:12 ] [ 編集 ]

[ 56585 ]

党員の情報でも収集していたのかな?
[ 2013/05/25 12:33 ] [ 編集 ]

[ 56589 ]

やる夫の空気を読む能力の高さは本当に凄いな

エジョフはこの件でフラストレーションが溜まって、後のあの凶行に及んだのか
[ 2013/05/25 13:45 ] [ 編集 ]

[ 56598 ]

>エジョフはこの件でフラストレーションが溜まって、後のあの凶行に及んだのか

あ、それがやる夫の狙いか
[ 2013/05/25 18:27 ] [ 編集 ]

[ 56608 ]

※56583
>丸投げして責任だけ取らせて成果だけ吸い上げて処分する、
>っていう典型的な嫌な上司の手口だな、今思うと。

いつの時代も、どこの国でもいるだなあ。

ただキーロフ暗殺後、一気に怒濤のように
大粛正がくるのかと思っていたので、
その点が意外であり、不思議でもあった。

ただこれからの展開は読むのが怖いな。
しかもSFでも何でも無く、実話なのが何とも
やりきれない。

今までも悲惨な話が多かったのに、
それらがただの前フリだったとは。(絶句)

ロシアには神も仏もいないのか?
あまりにも酷すぎる、悲惨すぎる。
[ 2013/05/25 22:49 ] [ 編集 ]

[ 56610 ]

嵐の前がエラい長いのね・・・
そのおかげで嵐の恐ろしさが際立つのだが
[ 2013/05/25 23:13 ] [ 編集 ]

[ 56614 ]

いきなり暴風雨なら対策も立てやすいけど
気が付いたら手におえない状態までエスカレートしてたというのは
自然災害でも大惨事を招くパターンだよねえ・・・
[ 2013/05/26 01:02 ] [ 編集 ]

[ 56640 ]

エジョフはどうやって秘密警察を掌握したんだろ?

ヤゴダやベリヤならもともとその部署の役職に就いていた人間だが、
彼は違うもんな

警察官の党員の割合ってどのくらいだったんだ?
ナチス・ドイツなら警察官全員SS隊員だったのだが、
ソ連共産党員は社会のエリートないし幹部。

党内規律担当のエジョフに側近の抜擢できたのが不思議。
[ 2013/05/26 20:23 ] [ 編集 ]

[ 56641 ]

>エヌキゼは腐敗した「赤き貴族階級」の代表格であり、党内の堕落した平和ボケの象徴であり、
>新たな緊張を醸成して党内引き締めを目論むやる夫にとっては、まっさきに締め上げるべき対象だった。

親戚だったから、その辺の事情は秘密警察以外からも聞いていたろうね。

[ 2013/05/26 20:32 ] [ 編集 ]

[ 56747 ]

嵐の前の静けさに過ぎないわけだが、今までが今までなせいでかなり平和に見えてしまうのが何とも
[ 2013/05/29 15:12 ] [ 編集 ]

[ 75120 ]

>常に強い警戒心を持つよう口を酸っぱくして呼びかけていました。

自分の見ている世界を他人と共有したいというのは、
割と人間が持つ根源的な欲求だと思うんだ。
同志閣下は人間性の溢れるお方です。
[ 2014/10/05 04:32 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oyoguyaruo.blog72.fc2.com/tb.php/5634-fd7896c2


アクセスランキング アクセスランキング アクセスランキング