ブログパーツ 泳ぐやる夫シアター やる夫で学ぶ(考察する?)ファンタジー世界 第九話 「ファンタジー世界の作り方 魔法・ガジェット編」


















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

やる夫で学ぶ(考察する?)ファンタジー世界 第九話 「ファンタジー世界の作り方 魔法・ガジェット編」





                                        
                                        
                                        
                                        
━━━━━━━━━・━━━━━━…━━━━━━━━━━━━…━━━━━━━━・━━━━━…━━━━━                                        
                                        
                                        
                                        
                  タイトル:やる夫で学ぶ(考察する)ファンタジー世界                                        
                                        
                                        
                  第9話「ファンタジー世界の作り方 魔法・ガジェット編」                                        
                                        
                                        
                                        
                                        
━━━━━━━━・━━━━━━…━━━━━━━━━━━━…━━━━━━━━・━━━━━…━━━━━









640 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/29(金) 23:02:08 ID:IaMB6ODM0




               /7 
                 //     
             //   
       __    //    
.    /ノ ヽ\ .//     
.   / (●)(●〉/      
  l    (__人_,//l      さて、魔法を設定するならその世界での認知度を決めておくべきだろ。
.  |    `⌒// ノ                                        
   l       // ./                                        
.   ヽ r-‐''7/)/                                        
    / と'_{'´ヽ                                        
    /  _.、__〉 ト,                                        
    {  、__}  |.i                                        
    ヽ _,.フ  .|.|                                        
                                        
                                        
                                        
     ____                                        
   /      \   認知度? どうしてだお?                                        
  /   _ノ ヽ、_.\                                        
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /





641 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/29(金) 23:02:49 ID:IaMB6ODM0




   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \   前にも行ったがどんな重症も一瞬で治療でき死者も組成できる魔法が一般的なら
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │  傷害や殺人は必要経費と慰謝料と謝罪だけですむ社会になってしまう。
  |   `⌒ ´   |
.  |           |   そんな社会ならどうせ治るからと言って暴力が蔓延するかもしれない。
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |



   / ̄ ̄\
  / ヽ、_   \   一人で天変地異を引き起こし、巨大な都市を一瞬で跡形も無く破壊可能だとしたら
. ( (● )    |
. (人__)      |   たった一人のテロリストな魔法使いの存在にあっけなく社会は崩壊する。
  |⌒´       |
.  |        |   結果、社会は不安定か高度な社会は築けない。
.  ヽ      /
   ヽ     /    暴力で訴えるのが有効なら社会の発展は低いだろ。
   .>    <
   |     |
    |     |





642 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/29(金) 23:03:15 ID:IaMB6ODM0




     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \    強力な治癒魔法の存在は医療技術の発展を抑制し、
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)   強力な破壊魔法の存在はさまざまな技術の発展を防ぐだろ
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃  結果として強力な魔法が誰でも使える世界なら技術発展はせず
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │  原始時代に近い社会になるかもしれない。
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \   そんな時代だと、より強力な魔法が使える人物が社会的地位も高いだろ。
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)  逆に魔法の威力が低い、手品程度の事しかできないなら
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }   社会に与える影響は無きに等しくなり、さまざま技術も発展するであろう。
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄




644 :安価スレッドはEXへ!纏めて落とします:2013/03/29(金) 23:04:47 ID:vUmfjPIw0



そういう意味ではFFの世界設定は秀逸だったな

6は一旦魔法が滅びた世界で、科学技術が発展した後に魔法が再復活した世界
FF8の場合は、魔法を使えるのが極一部



643 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/29(金) 23:04:22 ID:IaMB6ODM0




      ___
    /ノ  ヽ、_ \    なるほど。
   /(●) (●.) \
 /  (__人_,)    \
 |  l^l^ln ⌒ ´        |
 \ヽ   L         ,/
    ゝ  ノ
  /   /



   / ̄ ̄\
 /    _ノ \   次は魔法が使える人物の割合。これで魔法使いの地位も決まる。
 |     ( ●) )
. |      (__ノ、_) 数が多ければ安定した地位につく。少なければ最悪魔女狩りのような扱いを受けるかもしれない。
  |      ` ⌒ノ
.  |         }  多くの人が魔法が使えれる世界では、高度な魔法が使える人物は尊敬の対象で
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  地位も高いか、会に必要不可欠な存在として機構の中に組み入れられているかもしれない。
   .>    <
   |     |   
    |





645 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/29(金) 23:05:12 ID:IaMB6ODM0





       / ̄ ̄\
     /  ヽ、_  \   逆に魔法を使える人物が少数派の世界では畏怖の対象ともなり、
    (●)(● )   |
    (__人__)     ||  場合によっては迫害されるかもしれない。
    (          |
.    {          |  社会的地位があったり無かったり、
    ⊂ ヽ∩     く
     | '、_ \ /  )  ある時は便利な存在、あるときは社会の不安定要素として爪弾きにされるだろう
     |  |_\  “ ./
     ヽ、 __\_/



         ___
      /)/ノ ' ヽ、\  世界観によっては魔法が使えないと障害者や奴隷として扱われる世界も考えられるお。
     / .イ '(●)  .(●)\
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /




647 :安価スレッドはEXへ!纏めて落とします:2013/03/29(金) 23:06:25 ID:o19uqxM.0



ゼロの使い魔だな
アニメじゃただのエロ萌えアニメだったけど、原作は世界観が練り込まれてて好きだったんだよなあ・・・



648 :安価スレッドはEXへ!纏めて落とします:2013/03/29(金) 23:06:32 ID:vUmfjPIw0



魔法が使えない奴がその世界最初の科学者になる話もいいかもな


646 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/29(金) 23:06:17 ID:IaMB6ODM0




        / ̄ ̄\    そうだな。魔法使いの多い世界なら魔法が使えない人は迫害対象になるかもしれない。
     /  ヽ、_  \
    (―)(― )   |  同様にこれは魔法の存在の社会的認知度と影響力に関係する。
    (__人__)     |
     (`⌒ ´     |  魔法を使える人物の数が多ければ魔法の存在は当たり前であり、逆なら珍しい。
   .l^l^ln       |
   .ヽ   L       ノ  極端な場合はそれこそ架空の存在と思われているだろう。
     ゝ  ノ    ノ
   /   /     ヽ
  /   /      |



   / ̄ ̄\
 /   __ノ ヽ     魔法が当たり前の世界では魔法に関する法律や教育課程が細かく規定されるに違いない。
 |    ( ●) )
 .|       (__人)    魔法が強力な力を持つならなおさらである。
  |         rつ
  .|        ((三)   強力な破壊魔法などは一般には修得を厳しく制限されるだろうし、
  ヽ       ( <
   ヽ    /∧ ∨   そもそも魔法を学ぶにあたって詳細で執拗な人格調査などがおこなわれるだろう。
   ∠    /⌒ ∧ ヽ
  (  \ /  / ___)
  |\  ''  /|
  |  \_/  |




650 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/29(金) 23:07:21 ID:IaMB6ODM0



   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \   治療魔法の使い手などは積極的に養成されているかもしれない。
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │  その一方で魔法が学問として成立し教育課程も行き届いている可能性もある。
  |   `⌒ ´   |
.  |           |
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \   魔法使いが少ない世界では規制する法律も無く、教育なども特には無いだろう。
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)  ただし、魔法の存在が少数ではあっても確実視される世界では、
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃  数少ない魔法使いは厳重な管理下におかれ日常的に監視されているかもしれない。
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │  
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /




651 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/29(金) 23:08:10 ID:IaMB6ODM0




               /7
                 //
             //  ゲーム::ドラゴンエイジでは教会が魔法使いを管理している。
       __    //
.    /ノ ヽ\ .//   魔法の素質が発覚すれば強制的に教会の管理下に置かれ
.   / (●)(●〉/
  l    (__人_,//l    魔法制御を覚え、そして一生教会の管理下に置かれる。
.  |    `⌒// ノ
   l       // ./    このように魔法使いは貴重な存在かモルモットとして支配されるかもしれない。
.   ヽ r-‐''7/)/
    / と'_{'´ヽ
    /  _.、__〉 ト,
    {  、__}  |.i
    ヽ _,.フ  .|.|



            ___    ━┓
         /   ― \   ┏┛   その世界で教会の庇護を受けてない魔法使いがいたらどうなるお?
       |     (●) ヽ\ ・
       l   (⌒  (●) |
        〉    ̄ヽ__)  │
.     /´     ___/
     |        ヽ
     |        |




652 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/29(金) 23:09:11 ID:IaMB6ODM0




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)    対魔法使いに特化したテンプルナイトが異端として処理する。
. |    (__人__)
  |     ` ⌒´ノ    ドラゴンエイジの魔法使いは魔法が制御出来なかったり
.  |         }
.  ヽ        }    過剰に使うと悪魔に肉体を奪われる設定で危険視されているからな
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |



       ___
     /   ヽ、_ \    魔法一つでこんなに変わるなんて思わなかったお。
    /(● ) (● ) \
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /




655 :安価スレッドはEXへ!纏めて落とします:2013/03/29(金) 23:10:50 ID:WI7bstTE0



「魔」法だからねぇ
悪魔とか魔物とか、そういう危険な存在の業みたいな面があっても不思議は無いね



653 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/29(金) 23:09:55 ID:IaMB6ODM0




          / ̄ ̄\
        /   ⌒  \  また魔法が当たり前の世界では魔法で簡単にできる事に関する技術は発達し難いだろう。
      |    (● )(● )
      |.      (__人__)  治療魔法が誰でも使える世界では医療技術が未発達だろうし、
      |      ` ⌒´l
      |          }  火を点ける魔法が誰でも使える世界ではマッチやライターは存在し得ない。
      | _        }
     ,l(  ゙)    ,ノ ) 逆に魔法使いが稀な世界では魔法に頼れない分、技術が発展するに違いない。
     |/   |`ー一"  |
      ヽ  /    ヽ ノ
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



     ., ──‐、
    /     \         魔法が存在するとして、次に問題になるのは、扱いやすいかどうか。
    |     _ノ  ヽ
   |     ( ●) (●)       言い換えれば実用的かどうかという事も重要である。
   |       (__人__) , -―ーっ
    |     ` ⌒´ノ ( ゝ彡 ̄  例えば火を点けるのにマッチやライターで火を点けるのと
   . ン         }  |. |
  /⌒        ノ  .|,  |     変わらない容易さであれば普及するか。、
 /   ノ   _ィ ´ー‐ィ'  |
../   /    r_____ ノ     あるいは持ち歩かなくても済む分かえって普及するかもしれない。
/   /      |i





656 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/29(金) 23:10:51 ID:IaMB6ODM0




         / ̄ ̄\
       / ヽ、. _ノ \  でもその魔法をかけるのにすりこぎ棒で火を点けるよりはるかに時間がかかるようだと、
       |  (●)(●) |
       |  (__人__) | どうだろうか。人々は見向きもしないに違いないだろ。
          |   ` ⌒´  |
        |        }
        ヽ       }
        人_____ノ"⌒ヽ
      /           \
      /   {;;;;;;;}    \  \
      (  ヽγ⌒)         ゝ   i
   ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄(⌒)__ノ ̄ ̄ ̄ ̄



     __
   /::::::::::::\
 /   __ノ::::ヽ    ライターの魔法使うのに数十種類の触媒を用意して
 |    (;;;;;;)::::)
 .|      ::(;;;人)   一定の踊りや詠唱がいるとなれば廃れていくだろ。
  |      :::::::::rつ
  .|      :::::::((三)  魔法が『使える手段』として普及するには効果に見合った手間である必要があり、
  ヽ    ::::::::::(::::<
   ヽ  ::::::::::/∧::::∨
   ∠::::::::::::/⌒ ∧:::ヽ それが日常に用いるものであれば簡便さが要求される。
  (:::::\ /:::::::/;;;;;;;;;;)
  |\::::::::::::/|
  |:::::\_/:::::|





657 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/29(金) 23:12:03 ID:IaMB6ODM0




              / ̄ ̄\
         rヽ  / ノ  \ \  魔法にあまりに手間がかかる世界、
         i !  |  (●)(●) |
      r;r‐r/ |   |  (__人__)  | あるいは必要条件が煩雑な世界では
      〈_L (`ヽ .}  |   ` ⌒´  ノ
     l` ( ``/ .  |        }  魔法は廃れて行くかもしれない。
     ヽ   l  .  ヽ       }
      |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ それは学習面でも同様である。



   / ̄ ̄\  ( ;;;;(  火を点ける程度で10年以上も修練が必要なものに人々は関心を示さないだろう。
 / _ノ  ヽ\ ) ;;;;)
 |  ( ─) (─)/;;/  逆に時間はかかっても隠密裏に事を運ぶ事ができ、
. |   (__人__) l;;,
  |    ∩ ノ)━・'   効果に充分な期待が持てるのであれば、場合や目的いかんでは使われるかもしれない。
.  |   /  ノ´ }
.  ヽ  / /    }   同様に魔法が使える場面が稀であったり、何らかの理由で限られている場合は
   ヽ/ /   ノ   代替手段に取って代われる可能性がある。





660 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/29(金) 23:12:58 ID:IaMB6ODM0




   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \  逆に魔法が非常に使い勝手の良い世界では、
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │ 魔法以外の手段が発達せず技術が未発達に終わるだろう。
  |   `⌒ ´   |
.  |           |  結果として使い勝手の良い魔法ははさまざまな技術の発展を抑制するかもしれない。
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |



      ___
    /ノ  ヽ、_ \   ふーむ、なるほど。
   /(●) (●.) \
 /  (__人_,)    \
 |  l^l^ln ⌒ ´        |
 \ヽ   L         ,/
    ゝ  ノ
  /   /




662 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/29(金) 23:13:59 ID:IaMB6ODM0




               /7
                 //   ダンジョンズ&ドラゴンズの世界の一つ「エベロンワールド」では
             //
       __    //     魔法が科学技術の変わりになっており、ドラゴンマークと言う特別な紋章を
.    /ノ ヽ\ .//
.   / (●)(●〉/      宿した一族が様々な産業をほぼ独占している。
  l    (__人_,//l
.  |    `⌒// ノ      エベロンワールドは魔法が存在する世界で魔法による産業革命が起きた世界と思っている。
   l       // ./
.   ヽ r-‐''7/)/       魔法で動く列車もあり、発表当時は列車でダンジョン前まで向うのかと思っていただろ。
    / と'_{'´ヽ
    /  _.、__〉 ト,
    {  、__}  |.i
    ヽ _,.フ  .|.|



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \   さて魔法を設定するなら現実に伝えられている
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)  魔法モデルを紹介するだろ。
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /





664 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/29(金) 23:15:26 ID:IaMB6ODM0




 ルーン。北欧神話のオーディンが片目と引き換えに手に入れた魔法

 魔力を持つ文字を刻む事で効果を得る。



―-   `  `゙'ヾ''' ー.-、, 、,
ー-    ー    \、  ヾ゙i,
―― ー 、,   ヽ ゙i,゙i,  ゙i,゙iヽ ,
三ニ _  ヽヽ、 ヽ ゙゙!  .i.ノ レi
―― ― ー 、 \ ヽ ゙i  ノ,,、!i゙ 
ニ― -=- ミ,=―-ヾ-ン\/' !,|,
―彡 ̄ ̄  ゙''   //∧゙'i, ,i゙|
=‐―ー''''' ''ヽ、,   \ヾ//、/,i{,
二二二ニ>.、,' 、ヘ,/ノノ゙=ニミi´ヽ
,、- 彡:::::    ゙'ヽ、,,ン'" 〈〉、,∠';!
 彡:::::::::   ,、-====、/ ,/'-''`i,
 〈;:::::::  ='" ,∠(ソヾ.>  'i,゙'''  |
ヽ ヽ:::::::     :::;、-'゙::::  .゙i  i
 ゙=::::::::::::::::   ゙   ::::   ヽ i,
:::::___,、-.、:::::::::::      ''‐/ .|
/ /   ゙'''ヽ,::::::   _,,、-'゙ i ̄"^''' ―- _
         ミ、,:::ー''" 、-‐'!、 .,!::::::::::::::::::::::::::::;|
       ; 、 !i,゙i  ::::::::::    i::::::::::::::::::::;/"|
      :::ヽ,゙'!/ ゙| :::::::::::::: :::: ,ノ:::::::::::::::::::ヽ ヽ,|
     ::::: ,<''ブ'',ノ ̄'ーこ,''"i,゙i,ヽ,,、ニ=、;;:::::::゙i, ゙|
゙ヽ  ::::::/-、゙'"~ ヾ、i  ::: ゙いヽ;;:::::::"'ヽ-ヽヽ ヾ ̄^ー― ― 、,
 !ヽ,-‐'"::::::::::゙'''i  i゙|  .i゙  ゙i !,  ヽ;;::/,、,::::::::〉 .〉\\:::::::::::::::::::::゙ヽ
、ト,/::::::::::::::::::::::::|  .i゙/ /|   ヾ`  ./゙´ \/ .〈  ヽヽ\:::::::::::::::::::゙ヽ





665 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/29(金) 23:16:06 ID:IaMB6ODM0




 俺のアイデアだが、オーズドライバーみたいなガジェットにルーン文字を刻んだ石やコインを入れて

 魔法を発動させるなんてどうだろうか?

 文字の組み合わせで降下が変わるとか。

                              ___r========z__
                             / _x-────-x_  \
         __y──z          x-─-z'"r-─z,x≦二二二≧z_y-─‐zニ─‐z_          y──z__
       |__{    `ー‐───一i"     .|:::|.    `iー─--─一i'"    |::|      iー‐───一'"     .|___|
    __i´ ___{____| :::::::::::::::::::::::: |___|:::|____|::::::::::::::::::::::::::|___|::|___|:::::::::::::::::::::::::::|_____|__ `i__
  /____/:::::::::::::::::::::::::: | :::::::::::::::::::::::: |:::://:://:::_|::::::::::::::::::::::::::|__::\\::\\:::i| :::::::::::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::::::\___入
... |_   /::::::::::::::: >'"¨ | :::::::::::::::::::::::: |:/i /:://:::r'" ,ィ| ::::::::::::::::::::::: |─、\ \\ \ヽ| :::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ__}
  r’__,/::::::::::::_y'"  .>'"| :::::::::::::::::::::::: |\| /∠,__//イ|::::::::::::::::::::::::::|\. \\ \\/| :::::::::::::::::::::::: |\:::_>─-z__入一ヘ
  |:::::/i>ー'"_>'"/ .1 ::::::::::::::::::::: │ \ィt_//´ |::::::::::::::::::::::::::| :.\. ', ∧ ./ │ :::::::::::::::::::::: |ーz\   ___/`ーz|
  |:::,'_>一 '"::::::::::: /!   | :::::::::::::::::::::::: |   ∧___/_ ,,,|::::::::::::::::::::::::::|   ∧ヘ  /__| :::::::::::::::::::::::: |   ∧ヘ | :::::::::::::::::::i :::|
   |::i:::::::::::::::::::::::::::::i__,,| :::::::::::::::::::::::: | ̄ ̄`}  i    |::::::::::::::::::::::::::| ̄ ̄`} ̄¨|     | :::::::::::::::::::::::: |‐一'"│Lゞ ::::::::::::::::|!:::|
   |::|::::::::::::::::::::tz!:::|___,, | :::::::::::::::::::::::: |___,}_,,|___|::::::::::::::::::::::::::|___,}__,|___| :::::::::::::::::::::::: |__,,,| ::::::::::::::::::::::: |!:::|
  |: ヘ::::::::::::::::::::} |__|.  イ弋:::::::::::::::::::::::/    ./ | | | ̄ ̄代::::::::::::::::::::::/    .| |  | ̄ ̄弋:::::::::::::::::::::::/   ./:::::::::::::::::::::::::::|!:::|
  ∨乂:::::_/  \/   `ー─一''"   / i | ヽ\    `ー─一'"    ./ ,ト─\    `ー‐─一"    ./::::::::::::::::>'"::::,':ノ
  /`ー∨ _/\_,ノ\         /\\ヾ、\\         / ./rーz /\           / ::::::> '" <::/ ̄`!
  |   ∨:::::::::::::::::::::::::::`ー───一'"\\.\\ \\`ー───一'" //.// /::`ー───一'" >'" <´: :::/   ノ
  `ー─z\ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \\.\\ ヽ、二二二二二二ソ´// /::::::::::::::::::::::>'" >'" <´ :::::::: /| ̄ ̄´
      `Y´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`¨Y l.i´
       | ○                                                     ○ |_,ソ
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





667 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/29(金) 23:16:58 ID:IaMB6ODM0




 五行。木・火・土・金・水の5つの属性があり、相生と相克がある。

 相生はある要素から別要素を生み出す関係。木が燃えて火を生む「木生火」など。

 相克は相生と違いある要素が別要素を滅ぼす。火が水を消す「水克火」など。

 炎系のモンスターは水魔法に弱いといった設定は五行が元になっているとも言われる。

 日本の陰陽道も五行が元になっていると思われる。


.   \       \_      _____/___」___
.    \       ⌒>―- . 一=ァ'´.:.:.:.:.:::::::::<
        \  /  /.:.:.:.:.:.:::::::::\/.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::...
         \{{/.:.:.:.:.:::::::::::::::::::i::::::::::.:.:::::::::::\:::::::::::\
         ∠.:.:.:.:/ :::::::::/::::/|::::::::::.:.i::::::::::::::::ヽ ::::::::::\
        /://::::::::::::::/::::/ :|::::::::::.:.|:::::::::::::::::::::.. :::::::::::::ヽ
.      ー=彡イ / :::::::::::::::::::/  l:| :::::::∧i::::::::::::::::.:.:.i\::::::i\
         ∨.:.:::::::::::/|::/=ミメ|::::::厶斗ヘ:::}:::::.:.:.:|  \|  )
           i..:.:.::::::::〃 {_,ハ  |:::/{,ハ ヽV::::::::::::,    ノ
          | .:.:.:::::/ヽ Vソ  |/`¨7ソ ノ:|\:::::/
.            | .:.:: ∧          /    |) }:/
.           | .:.:∧__,        ⌒l     {イ|/
             |.:./ー=:込、    {  ノ   /\j
           /」/  {__∨|\      イ__)  \
.          /   〈‐-=ニL__     -<|:ノ┐    \
         /___,/∧       ‐-=ニ⊥ |ー-----一
     ____/ .:.::/∧」>-‐          く|ヽ\ー-、_____ _
   ...:..:.:.:.::.::.::.::::/〈/^i\          〈/∧. \::::::::::::.::.:.:.:.:..:..
  ..:..:..:.:.:.::.::.::.::: { { |  \________/| | }   |::::::::::::::.:.:.:.:..:..:..:..




669 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/29(金) 23:17:52 ID:IaMB6ODM0




 4大元素。 昨今のRPGの魔法の属性の元にもなったといわれている元素

 古代ギリシャの自然学者エンペドクレスと錬金術師パラケルススが提唱した。

 精霊魔法として扱うのもいいかも。



      , ー=ヽ,/|ノー、
    / ` ,ヘVハ、 `ヽ、                    /  、\
. ,、 // /  人  ヽ ヽ ./l                /    ヽ \
  l \l、/   /⌒ヽ  ヽ/ /                /       ヽ-i´ `,
  ヽ Yi  ノヽ  ノヽ  l  /             __  l ̄ ̄  ー─.| `ー'
   <ー-,レ (i;;;)`´(;;iノヽlー->             ヽ`'l_____ 」ー フ
    ヽイ入  ー _,,,ノヽ,/              ,入,ri、 0  0 J、人
  , -ィー' rー` Y ´'ー、` ・、_             / Vイ `ー-''ー- '´, ヘ, ヘ
.Ej l:8:l,,,ィl       l、,,,,_つ    ー-、      'ーrイ        i!ヽ、_,,l
.  ` ´ /リiヽ、    ,イlリ!            l、 .     l ヽ        li   l
    ル彡/ /ヽ- イ  ヽリ   _,,_     ノ .l      ヽ  \   ノソ  .ノ
     リil ./、__,,イ   ヽー´, - ミヽ- '  ノ      _,,}`ーィーV、ノー-t ' }、_
      l l、   ,入   /    ヽ ,/   ,、-ー ´   ___」       L,, ___ `' 、
      ヽi `'''''´  ノヽt '      l  l     ̄ ̄ ̄             ¨ ー--'
       `ー=ニ二. -'´     ___,ノ ノ
                 `ー- '




670 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/29(金) 23:18:47 ID:IaMB6ODM0




 黒魔法、白魔法。西洋魔術やファイナルファンタジーに出てくる魔法。

 黒魔法は主に攻撃や呪いを与える魔法。白魔法は治癒、防御を得意とする魔法。



    「 ̄ ̄ ̄ ̄ヘ
    i -ゝ      \
    i   -i_     _|
   /  -i         _i
   !  -i          _i
  i  -i_        }
  |  -i         !
.  i  -〈三三三三三三〉
  i   -,!         ヽ,
. i  /  , -- ‐´ ̄ヽ-、ヽ,
. i /  /:::::::()::::::()::i\ /
. ∠___/i´'=-──-、,-='フ
      ,\     i/ /、
    /      ∞  \
   /  `i     XX   |




671 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/29(金) 23:19:50 ID:IaMB6ODM0




 錬金術。18世紀ヨーロッパで大流行。世界中のあらゆる物質の本質を知り

 宇宙生成の秘密を知るのが目的。金を作ろうとしたのは金属の中で

 金こそ完璧な物として、錬金術師達はこれを作り上げる事で知識の照明をしようとした。



       /"  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::
         /,,ラ::::::::::::::::::::;:::::::::::::/ |:::::;::::::::::::::::::::::
        ///::::::::::::::::::イ:/!::/  l::::/|:::::、:::::::::::::::::::::
       -" ./::::;イ:::::::/>:/ //   !:::i .l::::|ヾ::::::::::::::::::::::::::::::
         /:/ l::::://'^X"    l:::/ |:::| ヾ::::::;:::::::::::lヾ::::::::
         /  /::イ  _ ヽ丶    l::i  |:::| i::::::::|ヽ::::::i,、
           レ|/ "⌒ヾ,,     |:l 一|::|ー-i::::::| ヽ::::::::::ヽ>::::
  _,,,,__       /     ~     i/ =--l:|  ヾ:::l^`ヾ::::::::::::::::::::
''". .'' .<三` =-.,,_/             | _,,-┿=、 ヾ:|  ヽ::::::::::::::::::::
ヽ.. . . .\ ゙゙̄'''=i     ,             ヾヾl   !:::::::::::::::::::::::::::::
 ゙. . . . .\ . .{     r"               |  i:::ヘ::::::::::::::::::::::
 . . . . . .). . ',   、_                     |;/ ヾ|)::::::::::
   . . . ./,-"  .',    ゙''-,,_               ノ  〉ノ::::::::
  . . . /" /. .'、     ゙゙'' ー- ,,_         ,/_//:::::/
  . . / /. . .//:'.、                ,=-- <:::::k"
   / /. . . //:: : ' 、       _,,,,,,, --─'''''"" ̄ ̄
    /. . . /// :.| l.ン- ,,_/⌒). . . . . . . . . .
  /: . . . ( ノ . . :.:i::t.K | /./::7 /. . :/'''""" ̄⌒
 /: . . . . . .  . :.:.l:) ) `// // /. ./. . . . . . . .




672 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/29(金) 23:20:33 ID:IaMB6ODM0




 作品に出すなら鋼の錬金術師のような戦闘方法や

 アトリエシリーズのようなアイテムを作って主人公をサポートするとか。



              ` - \, < / ,、            \
              /ミヽヽ  ' /∧              \、
            /   .ト、ヾ、 | /,彡ヘ    |.  ‘,.         ‘,ミ
              /    |ミ\ヽ'"    ',.  |、  ',',           ‘,ヽ
          /     ', ̄゛       '., │',   ','.,.          ‘/⌒ヽ
            /     i ',         ', | ',   ', ',          V^  !
         i     ハ ',    ν i   ', l  ',  l-、           '!ヽ. |
         | .ハ   l }、',      |   ',} /'ヘ.  ', ∨       、 | j;│
         | |. |    ', ', ',      l   ィ' ・ }   | .} ,        |',.|, ,'
         | | ‘     ハ\}__   、{.、〃|`ー' ', レ′',.      | ',| /
         |/  ',    ハ {. {`・ミ.  `       ̄', |   ',.      | |i
         |!   ',.    ヽヽ`_´ノ!         .',|   '、     | |!
         |!..   ', i!   .ハ    ′           }!    ',     | }!/
               Ⅵ     }-‐ {__         |   ,.-.,',    | .,'
              Ⅵ,:::>、! {__{ r‐',       _ - " / ',.   |/
                 _|::l {___l  ',`¨ ', _  -  _ - ´    .|   |
              f:::フ≧. ',.  ',.  ', `ー   ´     __|   |
                  |::| 'ー1  ',   i  ',          f千 、.|∧/
                  }-!.  ',  , i.  ',.  i、      _ ヘ'   ',.     /
               j ::|  ,,i. " ',.  ',  l `ー  ¨´\. |.  ',.     ,'三
               }ー1   ',  i.  ヽ.  ',      } ',.   ',   ,'三=
            ___|:::::|   l  ` 、   }Y\   / ∨   |.  │三
           /三=∧__},   } ヽ  ゛ {   |  \ ./  /   /\ │三
<≧==-- 、_, -'_>=i{::「{:::‘, ヽ        :  ‘,  .}| r'′ ノ´ / \|三=
三三三三三/,'三三三}〉}}!::::::|              ‘,_/三≧==---、三三三=
三三三三ノノ三三三=「{::|l:::::::|              //三三三三三三三三三





673 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/29(金) 23:21:06 ID:IaMB6ODM0




 呪術。シャーマニズムを元に相手を呪ったりする魔法。

 呪術の基本的な考えは「接触した物同士は、何らかの相互作用がある」としていた。

 この基本法則は2種類に整理される。

 感染の法:片方に起きた事は他方にも影響を当たる。対象の髪や衣服を燃やす事で

 対象に苦しみを与える。

 類似の法則:似た物は似たものを生む。敵に似せて作った人形に杭や針で刺すことで苦痛を与える。


             l;;;;/ ヽ   l   /    /;;;;;;;/   〉、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; }
            ';;;i  | r;;;、 ヽ、 /   ,,ノ;;;;;;;/   ,,......_ `-、;;;/´ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;' ,'
             `', | l;;;;;;;;>、 `'' ー -=- ''"  ,,.<;;;;;;;;;;;`ヽ,/:.:/7:.:.:!;;;;;;;;;;;;;;;;;' /´
              ', | |;;/":.:.:.ヽ、、_  _ ,,. -''":.:.:.:.:.>;;;;;;;;;;;;i:.:.!:,'/`::|;;;;
                  `! |`.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.::.:.:.:;;;;;:.:.:.:.:.:.:.`ヾ;;;;;;;;|:.:./:.:/:/;;;;
               ヽ!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;;.:-''"´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:';;;;;;i:.:':`"ノ;;;
                   `;:.:.:.:.:.:.:.:.;;-'"´ ̄``;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|;;シ:r=K゛;;;r-''ii  l  /ヽ、
                  `;.:`ヾ'´`ヽ;,;,;::.=''":.:.:.:.:.:.:.:.´`'.:.:.:.彡/:.:.:.:/ ii  !!  l/  ヽ
                  ヽ、:.:.:.:.:ー``'、 ,':.:.:.:.:;; -"´`!:.:.:.:./:.::/  ii  ii  l;  ,r''"´
                    ,.-''"::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;ヽ -''"    /:.:/:.:.:/   ,'  / ./;; /
               (:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./` ''"   ,, =''"  //-r:/    ,' / /;;;; /
                 ヽ、:.:.:.:.:.:ノ `''ーr''"   /´ / l/      /  /;;;;;;/





674 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/29(金) 23:21:59 ID:IaMB6ODM0




 交霊術。 高位の霊を体に呼び込んで知識や予言を得たり霊の能力を使役した。



                   ,,,,,....................,,,
            ,,...-‐''''‐"´         ´"'' 、
          ,.r''´                    ヽ.
         /   ,. ,. '',.r'' ,, ',   ,          ヽ.
       /   ////  ii i   i.   i    、    ヽ.
      ,/   ////    ii .i   i.   i、   i 、   ヽ.
      /   / / 〃. /    ,,..ii-i‐   i   トi    i ト,  ヽ、ヽ
      /   / / 〃. イ  ,,.ィ',,__'iトi   i i  .|ミi    i i '    ヽ.ヽ,
.      i   / /.〃/  |   ゝ;,ァ-ミ,  i !  lミii    i i. ',    ' , ' ヽ,
     i   i ./ / / `フ    /ノ,. iiリ.  i i  l .iii    i ト, ',    ヽ ` `‐-;''"~
.    |   i./ / /_,.ン   '""´ ii'   i i  i ,ィ'"ヽ i ト,', ' ,   ' , ' ,-;''"
.    l.  i / イ ヽ         .リ   //  i/イ"〉i  i トミ', ' ,   ' , ' ,ヽ,
     l  i ,' ,'i.i.  '、 ,..._     /   //  /'/シ .ノ.  i ト、',  ヽ   ヽ .' ,ヽ.
.     l.  i i , i.i   ゝ''''`     /   //  /、_,,..ィ´   i .l ,' ',      ' ,ヽ ヽ
     l  i i//ii  i  iヽ.    ./,.. / ./'/ i i 'i   i | ', ヽ,       ', i i
.     l  ソ ii. i,  i `''''"i/ / /  l i ii i   i l. ', ', ヽ, ヽ,   ', i/
.     i  /  .ii iヽ i   ./ / ,.イi',   ! ! i.i i   .i |、', ',  ',  ' , ' , i
.     l /   ii i. ヽ i ///,イ".',   ヽ,i .i ト、i  .i .l''''‐-、   ,  ,ヽ,ヽ,
     l. /    i i ヽレ'/イ'i i  :::',   ヽ.', iヽ.i  ヾ.   '''''‐-,,  iヽヽi
      ソ      ', i /,.ィ'´ i i ,イ  :::/',    /ヽ.i ヽ、_ ヽi      ヽ.i  リ
.    /'       ',// ii   i// .::/    / /ヽi /./ `ヽ ヽ,    /  ヽ
           /イ  i ,イ /  :/ ヽ.   ./  i  ヽ./  i. ヽ. ',  Y 〃 ヽ
           /' i   i /i ./  /    ./  i   /   i  iヽ、 i/
               i/ .i/  /    /     ./   i   i   i




676 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/29(金) 23:22:46 ID:IaMB6ODM0




 死霊術。 ブードューのように死者を使役する魔法。

 大体の作品では忌み嫌われ禁忌とされていることが多い。



   /     /  ..イ/  /  /::人: : : \: : : : : : : : : ヽ.  ∨
 /     /   /::/ハ  { ./::/ .∧: : : : `ー―:、: : : :∧  ∨
./        /    /:://::!  | ./::/ /二.>--- 、_:_:_: : : : : :∧  ∨
       .//   ./ |.{::::{   .!/::,'/ノ           |`ヽ:./二二二二
      { {  /圭:!.iヽ|  .!::/::. 之二二二二二テ| .// x――――
      | |   K¨ヘ!.|¨メ:.  乂::   r、__ゝ___゚__ イノ ヽ. Y´
     ./| | ./圭ミ|.|彡、/.{  ., ヾ圭圭圭圭圭|  ト.ヽ
:.    / .| l .∧三ミ:|.|:::/ヘ  |  ⌒ー-- `¨¨¨¨/  ./ ハ レ'⌒ー―――
      { .| | .{.:ヘ::::::乂/  ∨.!          ./  ./ ./ し'" ̄ ̄ ̄ ̄ ∨
     | 八.! .! .∧:::: /    Ⅵ           /  ./イ /∧  :::|  | ヽ .∨
::∧  .ハ ∧ {./ .ハ:/_    \         .ノ / ./ ./ ./ }  :::!  |  } }
. ∧  { ∨ ∧ヽ. ハ::::ヽ               /  /イ / .ノ!  ::|   .|  | |
.   \ヽ Ⅵ! .ヽ}  ∧::::.              //} / '  |  ::|  .|  | |



 主人公がこの魔法使うなら、太鼓の英雄の墓を暴いて英雄のゾンビを率いて

 戦う話なんてどうだろう? 蘇った英雄は時代とのギャップに戸惑ったり

 稀代の軍師を蘇らせたら、脳が腐ってておばかになっていたり

 正義の為に戦ってるのに死霊魔術と言う事で迫害されたり、追いかけられたりとか。



     _ i'i,,,/7-、,_
     ヾ、゙ヽ ゙' '/彡
     =ミ ,、、_i i,L,_'゙=i-、
   ./'゙彡r|, ニt /-ミ'  ゙l    カユ・・・・・・ウマ・・・・,
  ,,/  .,゙''i、l'=''(・)j)ノ゙ i  i、_
  '1--、| l,゙l'rェェ,.l゙j゙./゙⌒ヽミ
  l゙i i .n i;ヽヾ'=|'゙/゙/i゙/!j゙!ji゙
  Yt'‐リ゙'゙´ ゙ヽ‐|'゙ ´゙゙.i、,_ノ
  .|N'゙rエニニlニコニニ'l、,
  r'゙´`゙'=;、,,、,、---、ゞ'゙ ゙ゝ
  ヽ,_r゙'L,_     `゙'>゙`〉
  r‐'''゙ _,)     i‐'゙ ぐ_
  .゙ヾ-'゙       ゙\ 、ろ




678 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/29(金) 23:23:58 ID:IaMB6ODM0




    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \    他にも色々あるかもしれないがここら辺で止めておくだろ。
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)   次はどのように魔法が使われているか。
   |     `⌒´ノ
   |   ,.<))/´二⊃  TRPGの魔法だと媒体が必要だったり、詠唱、動作まで必要だったりする。
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉   また魔法の力の源が外か内かで話も変わるだろ。
    ,-/    __人〉
   / ./.   /    \
   | /   /     i \
   |"  /       | >  )
   ヽ/      とヽ /
    |       そ ノ



         ___
      /)/ノ ' ヽ、\  内と外? どういうことだお?
     / .イ '(●)  .(●)\
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /




681 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/29(金) 23:25:02 ID:IaMB6ODM0




   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \   例えば神官が癒しの呪文を使うときに紙の慈悲を願ったり
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │  魔法使いが悪魔を呼んで代償と引き換えに願いを叶えたり
  |   `⌒ ´   |
.  |           |   精霊に声をかけて精霊の力を発動させたり。
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \   この手の力を使う場合は回数制限や
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)  力を借りる事で何らかの代償を払うなど
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }  使いすぎると危険な事が起きるなどある。
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄





683 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/29(金) 23:25:53 ID:IaMB6ODM0




          / ̄ ̄\
        /   ⌒  \   ダークファンタジーっぽくなるけど、元々人間は魔法を使えない。
      |    (● )(● )
      |.      (__人__)  魔法を使えるモンスターの血肉を食したり、器管を命がけで移植する事で
      |      ` ⌒´l
      |          }  魔法が使えるようになる。ただし使えば使うほどに魔物に体を蝕まれていくとか
      | _        }
     ,l(  ゙)    ,ノ )
     |/   |`ー一"  |
      ヽ  /    ヽ ノ
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \   
   |    ( ー)(ー)
.   |     (__人__)
    |     ` ⌒´ノ   ゲーム:幻想水滸伝なら紋章を体に宿す事で魔法を使えるようになった。
   .l^l^ln      }
.   ヽ   L     }   マジックアイテムを次々と使って魔法使いの真似をしているとか。
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ





690 :安価スレッドはEXへ!纏めて落とします:2013/03/29(金) 23:28:57 ID:FytKGmpg0



罰紋は命懸けな割りにガッカリ性能w


684 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/29(金) 23:26:46 ID:IaMB6ODM0




    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \   小説:ストレイトジャケットの場合
  |    ( ●)(●)
  |     (__人__)  モールドと呼ばれる拘束鎧を着て魔法を使う。
  |         ノ
  |     ∩ノ ⊃ }   鎧なしで魔法を使うと魔族化する危険がある。
  /ヽ   / _ノ }
 ( ヽ  /  / ノ 
  ヽ “  /_|  |
   \__/__ /



      ___
    /ノ  ヽ、_ \   命がけで魔法を使うんだお。
   /(●) (●.) \
 /  (__人_,)    \
 |  l^l^ln ⌒ ´        |
 \ヽ   L         ,/
    ゝ  ノ
  /   /




686 :安価スレッドはEXへ!纏めて落とします:2013/03/29(金) 23:27:39 ID:eXoURMMI0



ヒーロー物で魂や肉体がむしばまれるのは鉄板だよね


685 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/29(金) 23:27:29 ID:IaMB6ODM0




         / ̄ ̄\
      / _ノ  .ヽ、\  TRPG「ダンジョンズ&ドラゴンズ」なら1日に使える呪文が
      |  (●)(●) |
.      |  (__人__) .|  レベルごとに設定されていた。
       |  . '´n`'  .ノ
       .ヽ .  | |  }   外から力を借りるなら呪文や身振り、アイテムの扱いなどが重要になるだろ。
        ヽ.. ノ .ュノ
        / { ..ニj、
        |. | "ツ \
        |. | .l  |ヽ、二⌒)



          ____
        /_ノ  ヽ\   普通の人なら使えない言語、決められた順番で儀式を行うとか
      / ( ●) (●)、
    /::::::::⌒(__人__)⌒\ そういう設定なら、魔術師ギルドが管理していそうだお。
    |      |r┬-|    |
    \       `ー'´  /
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ





687 :安価スレッドはEXへ!纏めて落とします:2013/03/29(金) 23:28:10 ID:WI7bstTE0



魔法が便利すぎる性能の時は、こういう形でのリスクを付けると普及に制限がかけられそうね


688 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/29(金) 23:28:29 ID:IaMB6ODM0




       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \    逆に内側の力を使うなら
    (⊃   ( ●)(●)
     |     (__人__)    ゲーム的に言えばMPを消費して魔法を発動
     |     ` ⌒´ノ
       |         } \  イメージや感覚で撃ち出していたりするだろ。
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     )  呪文や媒体は出来ると信じ込む為の補助具みたいなものとか
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)



        ____
       /    \   極端に言えばシャーマンの刺青とか儀式で炊くお香などが
.    /          \
.  /    ―   ー  \ 自己暗示を強める為の手段とか。
  |    (●)  (●)  |
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ



   / ̄ ̄\
  /   _ノ  \    ネット小説のファンタジー物ではイメージで魔法を発動させてる事が多いだろ。
  |    ( ●)(●)
  |     (__人__)  異世界トリップでやってきた主人公が科学知識や現代人の妄想力で
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }   現地の人よりより強力な魔法や、伝説と呼ばれた魔法を使った話が多い。
.  ヽ        }
   ヽ (\    ノ、
   /  \\く} j
   |  〈 ̄ ゙ヽ ヽ
   |  .に    }
   |   (___,ノ




691 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/29(金) 23:29:18 ID:IaMB6ODM0




               /7
                 //  簡単に纏めるぞ。 外の力を借りるなら
             //
       __    //   人間の体の外に魔法の力があり、そこから力を借りたり、働きかける事で魔法が発動。
.    /ノ ヽ\ .//
.   / (●)(●〉/    神や悪魔、精霊の力を借りる/大気に漂う魔力を使う/道具や材料を組み合わせる。
  l    (__人_,//l
.  |    `⌒// ノ   しばしば正確な呪文や魔法の道具が必要となる。
   l       // ./
.   ヽ r-‐''7/)/   制限があり、制限を越えると命の危険や悪魔にとり憑かれたりする。
    / と'_{'´ヽ
    /  _.、__〉 ト,
    {  、__}  |.i
    ヽ _,.フ  .|.|



         |
    / ̄ ̄\    内の場合
   /   _ノ  \.
   |    ( >)(<)  人間の体内、心や魂が魔法の力の源になっている。
.   |  ::::::⌒(__人__)
   |     ` ⌒´ノ  信じるからこそ発動できる魔法。
.   |         }.    。
.   ヽ        }    /  呪文や道具は自己暗示の一種。
    ヽ     ノ   ./
     / lヽ介/lヽ、 ,rE)   薬や怪物など取り込んで魔法機能を植えつける。
.     | | ~ヾ/~ |. ソ◇'
    | |  ゚|  |\/____E[]ヨ___________
  _ | |  ゚|  |__
  |\  ̄ヽ⌒ヽ⌒ヽ \
  |\\  ⌒  ⌒ 甘 \
  |  \| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|




692 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/29(金) 23:30:04 ID:IaMB6ODM0




       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \   あとは内と外のあわせ技で
    (⊃   ( ●)(●)
     |     (__人__)   手のひらから炎が噴出すと信じていたら
     |     ` ⌒´ノ
       |         } \  無意識のうちに外の力に働きかけて使えるようになったとか。
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)



    / ̄ ̄ ̄\
  /        \   内と外だけで色々設定が浮かぶお。
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \






694 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/29(金) 23:30:54 ID:IaMB6ODM0




    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \    外と内両方が存在する世界もいいんじゃないか?
  |    ( ●)(●)
  |     (__人__)   神官の治癒魔法は神という外の力
  |         ノ
  |     ∩ノ ⊃ }   魔法使いの魔法は内の力とか。
  /ヽ   / _ノ }
 ( ヽ  /  / ノ
  ヽ “  /_|  |
   \__/__ /



   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \   後は魔法を系統分けするとか。
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │  火属性だったり、攻撃魔法だったり
  |   `⌒ ´   |
.  |           |   種族限定魔法や一部の人間にしか使えない血族・一族魔法
.  ヽ       /
   ヽ      /   一定の神の信者のみ限定の信仰魔法とか。
   >     <
   |      |
    |      |





695 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/29(金) 23:31:45 ID:IaMB6ODM0




     ____
   /      \
  /  ─    ─\ 血族・一族魔法なんて聞くと、なんだか、ナルトを連想するお。
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \   さて、ファンタジーなら魔法のアイテムも欠かせないだろ。
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)  王を選定する剣、消えないたいまつ、空飛ぶ絨毯など。
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄





696 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/29(金) 23:33:35 ID:IaMB6ODM0




     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \   魔法の道具でなくても
   |    ( ●)(●
   |      (__人__) エキゾチックなアイテム、火薬や銃。
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃ 色々想像できるだろ。
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /



               ___
              /      \    でも銃を出すとこのスレでも時折でてるけど
            /   ⌒   ⌒\
         /   ( ●) ( ●)\ 騎士の時代が終ったり、ファンタジーでなくなったりしないかお?
          |      ⌒(__人__)⌒ |
        \     ` ⌒´   /
          /⌒           ヽ
       |   ヽ__     _ ',
          :、_     )  ( ̄ _丿
          |   /  ̄`i  / ̄  `i
          |      |     ,    |
         ∧ |     |__/     /
        `ーヽ _ |   |  _/
          (__)  、__)



               / ̄ ̄\
              _ノ  ヽ、  \   そこは作者のさじ加減だろ。
            ( ●)( ●)   |
            (__人__)      | ../}  俺なら銃や火薬、爆弾を出すならこう設定するだろ
      _       ヽ`⌒ ´     | / /    __
   (^ヽ{ ヽ      {        ./ /  . / .ノ
 ( ̄ ヽ ヽ i      ヽ      / 厶- ´ /
.(二 ヽ i i |,r‐i    ノ.   ヽ /     /
  ヽ   /  ノ  /    r一'´ ー 、   ̄ ̄ ̄)
   i   {   イ―イ /   .`ー―. 、__ .〈 ̄ ̄
   ヽ. `ー '/   /           /\ \
      `ー '  ̄ ̄!           |  ヽノ





698 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/29(金) 23:34:21 ID:IaMB6ODM0




               ケース1 

 リアルなら鉄の鎧を撃ち抜くことで騎士が廃れていったが

 ファンタジー世界の場合、銃弾にも耐えれるファンタジー金属で作られた鎧が存在したり

 発砲時に大きな音が鳴るため、冒険には向かないなど。

 最近開発されたばかりでその利便性に気づいていない。



            / \二二二r< 二二  ゝ、
         /    ̄ ̄ ̄ ヽ \ _  \ヽ\             }ヽ
       /l           マニイ|      \          ノ |   
        ' /              ∨i!|   { ト、  ≧=‐-----‐=彡イ 、  
      | |             メ〉  } |   ` ミ\   ̄ ̄ ̄ ̄  ノ  \_ 
      | |      xz=≦く  厂 ̄}    ヽ 二二二二二 彡ヘ     >=─‐-
       ∟z====彳    z‐ァ=く _rく\               ` ─< く⌒ヽ
      ヽ         / /r≦ /〉 ヽ\  /  ̄ ̄l     ____  ヾ\  \
        \       / // //   } Ⅳ     iト、_ /    /{    \ ヽ
     ,/⌒ヽ 、_ /,////     / l/     /   /    /        } }
 ̄ \_/     Ⅵ └ ≦彡仏イ     /   ,     '   ,/    '   i|     | |
   /      ,/ |     r─く」   /   /|      |   |    |    |    ノ ,ノ
   /    厂トiレ'⌒ヽii|    /     / i|      |   |    |    |    {f´
   |    l  | {   Ⅵ   /      ,/  |      |   |    |     、    i'
   |    |  |ノ     { L/     /  リ       {    、     |     \  \
  〈    ∧ ト、    iトく     /   /        〉   >   |      >く二フ
   |i   /  Ⅵ_{⌒}_ム }!  /    ,∧     /|  /    \   _rく}
 /}  ∧  \     / /      /  |    イ .L/     __/}
〈   L ./ |  /    '<       ,/  .i|  /.∧    _/|    i|
 「 ̄l∧ L/≧=f⌒r=≦ \__ /    L /  / ∧_/    ∧  .iト、
 |  / ,∧. \       __/        //  |     | \ .i|/}
 |i  / ∧ __ト、{⌒}__\_____ / /             |   ヽ/





699 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/29(金) 23:35:15 ID:IaMB6ODM0




           ケース2 

 銃はドワーフなどの特定種族限定で運用されており

 門外不出の武器である。もしくはその世界の宗教や国家が

 銃の生産や取り扱いを制限している、

 製造が難しい、火薬が希少である。

                _
          , r‐‐‐/: : : : : :\
         ,r'´   /: :{{:i´`ヽト、: :i
          {  {`i  |: : i...、 ,r:::ⅵ::|      _-< }
       乂___ノ  乂}|ニノ´__テ} }: i_ < >‐ ¨
               |ト、`^-‐'ノ:i: {>‐'´
        _____  _ ィ j;rヘ¨〉く 7|:ト、ヽ
       i´{ レ< >‐'//∧ }‐{/ }:i//}
    rュ{k´〉ン‐く/∧{///|//{  }/i///|
   r(_ ,ィ'´i   \/i//::j//〈X///:}/ |
   |  |ー‐'     `´j: /O/∨O/i:|//i、
   |  |      /:://O///O/!:}//|:∧
 __/  |     /: : :///.O///O/∧/_|: :∧
 ∨   /   /: :/i: :7、//////////∧コ:ト、∧
  .∨/   {/ {: : i////7¨∨//「_フ: : : }`ヽ、
   `        ∨:i////i/´}i//∧´ }: /   }
           ';:j////i{ i: }//.∧ .|/
              |////i! レ' i///.i .{
                |///i!、ト、  i///i!
             j/// | ヽi   i///|
           「77777z} ノ  ト‐‐┴┐
        r‐‐‐=ュ‐‐┌'    └‐‐‐‐r__
        {    ヽ〈  |      | レ'´   }
        ー―‐'`ー‐'      ¬====''





700 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/29(金) 23:36:05 ID:IaMB6ODM0




               ケース3 

 その世界では重い剣や分厚い鎧を着るより

 銃士のような軽装を好み、受けるよりも避けるといった防御方法が前提とした戦術が組まれている。



                                   . .  -―‥…‥=ァ
                          . :               ん-‐‥・‥=ァ
                          . : ´             . . .     . : : :/  ___
                     /   .. : : : :/      . : : :/   . : : .:/ ̄   /
                    /   . : : : : : :/      . : : : /  . : : : :/     /
                   ∠  . : : : : : : /     /: : : :/  . : : : :/     /
                  ァ=≦ニアニニニニ≠     ∠: : : :∠二ニニ=‐       /\
              / /∠二ニ=-                         /ヽ   ヽ
                //∠二ニ=-        _  . .   -‐==ニア  xく丶 ‘, ‘
             幺ィ   _  . .   -‐=≦厂`'く/        / /V;ハ ‘, ,  '
       ___      -‐=≦ア⌒ア       /‐-  \、   /  ’   〈iiii '    ⅰ
.          `¨⌒アニニ7/   幺ィ^    /'で¨ ㍉ミ \.、/         Ⅶ ⅰ ⅰ  |
                //ニ7∧   /イ   1Ⅳ  ` <_   /, /  -‐‐  、 }i| | |  |
           /,仁 7/i∧  仁|  ⅰ |ⅱ      /  // -=ミ  イll| | |  |
.              |=ァ〈ⅵ:i:V毯〕|  ⅱ |ⅰ     /     ′ゝ-く  /::i|ll| | |  |
             ⅳ  vi:i|i::`TZ{  ⅱ ||          j      .::::リll| | |  |
            j′  ⅶi::::::L八 ⅱ |¦         ノ       /.::::/lllリ | ¦  |
                j{Ⅵ:::i从\}k {                  .:::::::/㌻′ | ⅰ  |
              、    、   }Ν{=丶  \    -‐‐  、    . イ:::/ ′.、 |i ik.  |
             j\、 __ )\_,}ヽ(ヾー⇒、              //::〃  i :/7 八 リ \j
      \ー‐うで⌒'うぅ¬、. :i|    ー=⇒.、         . イ/K{::/{ _  |//,/
..     ⌒ぅえ     ,:' ,:' . : : :\リ      -=ニe.     ∠ア^′〈__ ノ;_, |´
    フ^: :          . : :         -=ニ三≧ 一^^ : :   ー==彡J__ ,ノ
  メ⌒: :             ;_;/        -=ニニ二{⌒: :       : :-=≪_, ;ソ
ア^: : : :        : :〃/          ‐=ニ{\j: : .           : :^ー=彳




703 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/29(金) 23:36:59 ID:IaMB6ODM0




            ケース4 

 その時、不思議な事が起きて、誰も疑問に思わなかった。

 だってファンタジーだし。


                          、      ,
                             ヽ     /
                            ,ヽ-;‐;-i!.、
                         , '⌒i!| |/!⌒`'、
              /)          /:.:.:.:。|!| |:|!:.:.:.:.:.:ヽ
            ///)        i:.:.:.:.:/|!| |:|'、:.:.:.:.:.:.!
          /,.=゙''"/         l、_;ノ┘| |└ヽ、_;;ィ 不思議なことで
    /     i:::::,.r='"-‐'つ        ト'´;:、 -‐- 、`‐-! いいんだよ!!
   /      /:::::::::::_,.-‐'´        ヽ、\. : | /`>::.!
      /   ,i:::::::::::,二ニ⊃        ,:=ノ、ヽ _,/-'/ト、
    /     ノ:::::::::::::il゙フ          lヾ、:::`::─::::':´::./:::.ヽ
         「ト、:::::::,!,!     _,. ;-‐'::"´\:ヽ:::::.::::::::::::/;':::::::.``‐-、___
       /::::::::::::ィ|     /::::::::/|:::,::::-‐'´::ヽ\_;::::-‐´::``‐-:、::.∧:::::::.``' 、
      /::::::::::::::::丨  /::::::::::::/'´::::::::::::::::::::::::`'Y'´::::::__::::::::::::::::``ヽ:::::::::::::::.ヽ





707 :安価スレッドはEXへ!纏めて落とします:2013/03/29(金) 23:38:49 ID:XcjuU3hA0



>だってファンタジーだし

魔法の言葉だよな、これw



706 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/29(金) 23:37:58 ID:IaMB6ODM0




          ( ⌒ )
        γ⌒   ⌒ヽ
        ゝ      ノ   ポッポー
          | l |
            ____
            /      \   うぉぉぉぉいっ! ケース4!
         / 一 ノ  ゝー ヽ
        /  (●) }lil{ (●) ',  舐めとんのかおっ!!
     __|  ノ(  (__人__)    |
   (´  .\ ⌒   | /     /
    ``゙''ー、 >ー- `´ --‐ '’
          }         ヘ
         .{       j、   }
       }        :! `ー'    ペシッ!!
       /  / ヽ   }  |l!il|
        (  /    ヽ  ! γ `゚´ ヽ て
        `ー'      `ー'  {___jzz, て
              )          て
              ゝ⌒ ヘ/⌒ヽて



         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \    最後のはジョークだろ。
       |    ( ⌒)(⌒)
          |     (__人__)
        |      ` ⌒´ノ
          ,|         }
       / ヽ       }
     く  く ヽ     ノ
       \ `'     く
        ヽ、      |
            |       |




709 :安価スレッドはEXへ!纏めて落とします:2013/03/29(金) 23:39:21 ID:vUmfjPIw0



古代文明の遺産はケース2の亜種かな
ケース4はライトファンタジー的な考えだw



715 :安価スレッドはEXへ!纏めて落とします:2013/03/29(金) 23:41:59 ID:OJc0rf/s0



なお、吸血鬼ハンターDや魔界都市ブルースの超一流どころは銃火器以外の武器使うのが多い。
なぜって、その方が強いから。



708 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/29(金) 23:38:56 ID:IaMB6ODM0




     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  こんな感じでアイテムも色々設定できるだろ。
   |    ( ●)(●
   |      (__人__) 主人公には関係なくても世界や一般人の生活向上に繋がるもの。
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \    エキゾチックアイテムで、刀を手に入れたが
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)   西洋剣と同じ叩き斬る戦い方で使って折って
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l  刀を売った商人とトラブルになったり
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く    用途がわからずとりあえず使っていたら間違っていたとか。
   /     ヽ \





710 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/29(金) 23:39:37 ID:IaMB6ODM0




          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\  マジックアイテムを出すなら
          |  (●)(●) .|
        !  (__人__)  |  グレード設定するのもいいだろ。
          , っ  `⌒´   |
       / ミ)      /
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |



            _. -─‐-
            /      ─ \   グレード設定?
          /  /   (● ) \
         /   ( ●)  、_)   ⊂ヾ、
       |      (__ノ         |E ) コリコリ
       ヽ            _ノゝ ヽ
        >      ̄     `  ノ




711 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/29(金) 23:40:40 ID:IaMB6ODM0




 下級 比較的最近の物で、現代の魔法使いでも製作できるアイテム。
 魔法強化で切れ味が増した剣など。


    ∧
    | .|
    | .|
    | .|
    | .|
    | .|
 l二二二l
   | |
   └




714 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/29(金) 23:41:26 ID:IaMB6ODM0





 上級 太古の魔法文明の遺跡から発掘されたり、高名な魔術師が数人がかりで作り上げるアイテム。

 切れ味だけでなく炎が噴出したり、ドラゴンスレイヤーのように特定の怪物にとって致命傷を与える。。



         ∧
           /∧ .
        | |:」| |
        | |:<| |
        | |:/| |
        | |:〔| |
        | |:「| |
        | |:<| |
        | |:」| |
        | |:/| |
        | |:〔| |
        | |:<| |
        | |:」| |
        | |:/| |
        | |:」| |
        | |:〔| |
        |,x-.、|
      [ ,二´.《Y》.`二、]
        `゙iミi゙´
         |ミ|
         |ミ|
         |ミ|
         |ミ|
          (0)




716 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/29(金) 23:42:32 ID:IaMB6ODM0




 神話級 大聖堂に奉納されていたり、王家の家宝だったり

 神話時代の神々が作ったと言われるマジックアイテム。

 物によっては戦術戦略兵器のような威力を持つ。



            | l |  | l |
            | l |  | l |
            | l |  | l |
          ノ ' |  | 八
         < < |  | > >
            ヽ:. |  | :'Y
            | l |  | l |
            | l |  | l |
            | l |  | l |
            | l |  | l |
            | l |  | l |
            | l |  | l |
            | l |  | l |
            | l |  | l |
            | l |  | l |
            | l |  | l |
            | l |  | l |
            | l |  | l |
   〔三ニ‐. _  ノ l |:∩:| 八  _ .-ニ三〕
     {〕iぃ.三Y´___l |:冂:| l___゙Y三 ぃi〔}
    〔三三二、::::::::大][大:::::::ノ二三三〕
     Ⅵ心二ニ=(二ニ二)=ニ二(ニⅣ
        <二、二ニ((:::.))ニ二 ,二>
       `⌒Y≧x=  =x≦Y⌒´
           Ⅵ}}] ∩ [{{Ⅳ
               〕U U〔
             }三三{
                |-=ニ|
                |ニ=-|
                |-=ニ|
                |ニ=-|
                |-=ニ|
                |ニ=-|
                |-=ニ|
                |ニ=-|
                |-=ニ|
                |ニ=-|
                |-=ニ|
             {三三}
             {三三}
            ((:::::.))
               ̄




718 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/29(金) 23:44:00 ID:IaMB6ODM0




   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \  ここいらへんのグレードやマジックアイテム、銃を使って
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │ 俺がサンプルを作るならこんな感じになるだろ。
  |   `⌒ ´   |
.  |           |
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |





719 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/29(金) 23:44:40 ID:IaMB6ODM0




                  古代の遺産 

 神話の次代に神々が使っていたとされる武具や、「魔法帝国」時代に作られた武具が

 それぞれこの世界には残されている。

 それらの多くは現代では想像できない威力を秘めている。

 特に神の武器の中には実際に使われ「大陸が沈んでしまった」と言う記録を持つ物さえ存在する。



      │  ::│   ││   /:::| |    │   │   │   |   ....:::::::::::
      │  ::│    j /| │  ノ:::| |    || |  |   |   |   /...:::::::
      |_::|   ソ | ハ  t;;:: 、|;、 |  || ト  ||    |    ├- '' ,,....:::::::
    /入;;;) ̄ ̄\  ヽi i ノ;:.. _ヽ;;,、 ト―| ┼\ |ヽ__ |     |,,,,,...../ /::::   ご飯をくれないと大陸を沈めます。
    「>_ノ\::)`丶l┤    Y丶| ̄i丶 .:::ヽj-l _v_;::_l;;\l |    |_ ,,.../:::::::
   ノ冫、___\┬〟\》    |:::;;|  l ()|  ...\ノ ̄ / r┐ヽ|ゝ|     | 丶/...:::::::::/
/ ̄''フvヘ__\;;) \,ll   |.::;;| : っノ         |  ソ .ノ|:'/    | ヘ |::::::::::::/
-イ ;| ヽ∟>;;) ̄_\ヽ、))|  |.::;;|   '        Ρ_ノ.. |::i     レ〆 /:::::/|;;;;,
 \|  Y`レ 、_丿\`l  |..::;;,、 、            l::j     | /../|;;;;|;;;,,
、 ├;;;;<丶'"""" :;;\ ノ/  |...::;;;;,、              .l::l   ;: |´..//;;;j;;;;;|;;,,
ヽ  \_Y| ∧ |_ / ̄|...|::;;;;;;;\ 丶_,          ,.|:l  :/| l/ /;;;;;;;|;;;;;l;;,,
/´´´   /♀\  `` ̄ヽlノl:::;;;;;;;,,l丶       ,....::.;;;;レj  /;;| | く、,,,;;;|;;;;;l;;,,
;;;;;;::'''':::...;;;..  /、...:::..::''''''';;;;;;.....` \├-丶 ............::::::::::;;;;;/  /;;;;l l  丶,,/;;;;;|;;,,,
彡へ 、\レ V / -j丶 、'''' .... \ ´\「 ̄ ̄ ̄,/  / ̄ ..||)    /,;;;;;;;|;;,,
   丶 ヽ> |  | <:;;' /    /`丶 _ '''':::; /_ |} | ̄´/  / ノ ̄ ヽ   |;;;;;;;;;;|;;,,
    | /;;; 、/ ;;; |    人(⌒'  \/::..  ∥  / / ̄ ̄弋 ̄ ̄ \ ..;;;;|;;;
    |丶> <;;/|    /丶∂/ ̄,ー=  |   /'''     \\   ..\,,;|;/
`\_|∧ ◯ ∧ |  /l______,/⌒、/         \\....:::::..\
      | ◇;/ヽ;;◇ | / /''''''''''''''''''''''''''''''''ゝ ノ/           \\:::::::::...ヽ





721 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/29(金) 23:45:22 ID:IaMB6ODM0





                   現代の武具 

 神の武器にも魔法帝国時代の武器にも及ばないが

 現代でも魔法の力を秘めた武器や防具を作る技術は残されていて、ある程度の量は量産されている。

 効果としては切れ味が鋭い、刃こぼれしにくい、落としても戻ってくるなどあくまで普通の武器の延長線上程度。

 大量生産技術があるわけではないので、ベースになる武具を職人が生産し、一つ一つ魔法使いが魔力を込める。

 古代の遺産にはかなわないものの高価で取引され、岸や貴族は所持する事がステイタスになっている。



                  _...| :::::|...._
                   . ' ´    ::::    `ヽ
                  . '              丶
 ____,..=--、____    ,,‐'''"´)        ヽ_
´     、 .{  i: / `}‐'''"´ _.,ゝ'  ●         j;;;;;ヽ    趣味で集めてマース。
      У _/'´  / ,,.ゝ'´ _ :.   .:__     {;;;;;;;;;゙)
     ( 、イ,ゝ-、' =二..._`ー゚‐' _    ゙‐゚‐'    !;;;;;;;;;;;)
二=――`´、/ /`7} __     ̄ ̄_.)         ゞ;;;;;;;;j
      ,イ  `´/´{..  ̄ ̄ ̄ ̄(.._......_..)       .!;;;;;;ノ
ヽ.    /    ノ´`'{           __ __       j:"´゙;,
  \____/,,"  人      <ィニニニ゙>       .ノ:  ゛、
     ,ゝ‐フ"  ::::||ヽ.     ヾ--゚‐'      ,';::   ゙、‐-、
    /.:.:.:;"   :::::!! i::ヽ.            .,ィ::!.!;::    ゙、:.:.:.`ヽ
  /.:.:.:.:.:;''    ::::::!! l::! ` ---ヽ.___.ィ--‐'´ !::!.!::     ゙、:.:.:.:.:.:.ヽ
../.:.:.:.:.:.:.;'"    :::::!! l::! ,.ゝ===\/===.、  /.:!.l:::      ゙、:.:.:.:.:.:.:.丶
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;"     :::::;゙! l::'/ / ̄ ̄ ̄ ̄\ヽ'.::://:::      ゙、:.:.:.:.:.:.:.:.:.
.:.:.:.:.:.:.:.:.;"     ::::::;l!//: : : : -=◯=‐: : :.\ヽ'/::::       メ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.;''      :::::;゙!/: : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ':::::::      ;;゙:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:;''"      :::::;: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :;:::::     ;゙:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:





722 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/29(金) 23:46:03 ID:IaMB6ODM0




                     交通手段 

 普通は徒歩、大きな荷物を運ぶならロバや馬を使う。荷物の運搬に最も使われるのは馬車

 国内ならかなり幅広く街道が整備されているので馬車は使いやすい。

 普通の人が使える交通手段で最も速いのは船。川や海を通って都市同士を繋ぐ。

 鐘を出せるなら魔法による瞬間移動や、ペガサスなど飛行動物による空中輸送がある。

   ,r^ヽ
  ./.r ノ
  ./ `'、
 .i    \     _
 .|     \,,-=二-、`''-.、          、
 .|.      ゙ヒニ",,,、、-`─=`─------、、,,  )、
  'i   ,,、、  j`・-─"" ̄/      `''⌒У ')
  !. /  )  ,!   〃 /          ノ::::::j、  ト,
  Λ"  ノ  .ノ  ,,、〃-、     ,,、-─-::''"::::::::ノヽ, .ノ::l
_ .i. ヽ    ,、',、・' ∠:::::,二>、,,、・":::::::::::::::::::::::::∠゙__,,、':::::j
、\ ヽ、_,,,ノ''" /三'(ヽi"::::::;/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ   ペガサスでーす。
::\\'''"   ./'" r⌒`、::::::/(:::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ
⌒ヾ, '、,   \.、ヽ,`"ノ、:::i:、 ヾ;::::::l:::::::、::::::::::::::::-=ニ、,,,,
   ..゙、 ヽ、   \ \/\|シ" \:::l:::::::'i:::::::::::::::::::::::::::::::`、
    'i .l'l     >    _,,,r''^`):j:::::::::j::::::::::::::_;r-''"⌒ヾ
    l l ト、_,,/,、  _、、,!Pλフノ:::::::::/::::::::─二ニ-、  `
     l .l |.   ト、. \ ゙,,/.>'";'"::::、::'"::::::::::::::;;r"⌒゙゙`
     ∥/、   "、ゝ、, > 〃.:::::ヾ:::::::::\;;;;r'''''"
   i :::l l" '、  、`-''" ,r'ツ、;;;;;;、::ヽ、:::::;;;;;二─
   .|::::l |l /\_,、、-'''"    ``''''' ̄
    l::::U.V:::::::::::::::\_ノ





724 :安価スレッドはEXへ!纏めて落とします:2013/03/29(金) 23:47:01 ID:82pI3T4U0



ペガサスつっても輸送能力ないだろお前w


723 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/29(金) 23:46:53 ID:IaMB6ODM0




                      魔法の道具 

 武具だけでなく魔法の力を直接発揮したり強化するアイテムも多数存在する。

 魔法使い達が自分の力を高める為に使う杖や魔道諸、普通の人でも使える用に魔法を込めている巻物(使い捨て)など

 これらは遺跡から発掘されたり、現代でも生産されている物もある。

 特に使い捨ての巻物は魔術師ギルドが積極的に生産し、売り上げを運営費や楽員の教育費に当てている。

 犯罪などに使われると危険な為、王国やギルドは生産販売に監視を強めている。



           ;;二`-゙‐';;二二二二二二,゙;;'''ーニ ミ;;、.'
        ゙!''゙彡-‐''''“゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙'ナ.,-、゙!゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙冖ー  ,゙”'!!
     ,/゙_..‐'゙ゝ -''"コl二;;;;ッ=Z゙.,i`-!ヘ.゙'コ=t;;ii、ニ"ニ;;、 `''-、`'-、.〟   マホウジーン
    / ,r'" `''''~!リイ゙‐'゙゛= / ,i′゙¨' ヽ.ヽ... r'"'''ニ> ゙‐'~"  `'、. ゙゙゙l
  / ,i!ニ ̄巛`-`-`-`-`-√.,i liレll l l l巛;;、``-`-`-`-`-三 ̄`-、 .ヽ
  .{ i′ , `゙''ァ二;;- ..″ / ,.|~r'"゛ - .`゙';;`L.ヽ ゙,゙ ‐二ィ''",,.  .! .'l
  l .|ヽ、!ニl、 .l..l.  _,゙¬./ .,ヽ.li\二___,,゙..-二ノ'. `./ ''レ l./ .ノ`゙''ヽ/  l
  ヽ !l>\"-・゙〈>、’ . / ./ .`゙''ー二`-ア゙ン‐'',゙_.ヽ..ヽ._ ヅイ)'''..-/i″./
    .\ ゙'〈ヽ\-`'' !/゙.,i,゙ . 彡-'二-'',゙¬二;;-ニ,,,,.i|i、.゙く .゙ンンシ゛., ''
      ゙ヽ、"' li.\. / '!二ン;;'!'==rrri=jjjllリ!“'''ー二′゙'l彡!'゙_..-'゙
         `'ー-二'‐=ミ、,,_;;′'!´.`''← " ゝ l|;;,,,,.. -‐',゙,゙ -'"´
            ゙゙マ'=―`-ニニ二二ニニニ―ー;;l'フ″





725 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/29(金) 23:47:41 ID:IaMB6ODM0




 火薬武器 

 近年、ドワーフによって燃える土(黒色火薬)を利用した兵器が発明され、少しずつ広まっている。

 兵器は三種類あり、小さな鉛の弾を飛ばす銃、大きな砲弾を飛ばす大砲、手で投げて爆発させる爆弾。

 まだ命中精度が悪く、燃える土自体生産量が少なく高価でポピュラーではないが

 一部の冒険者や貴族は次世代兵器として目をつけている。


              __j| , 、
           j,、l!尓,_〉
            }イ_,lハ‐ヘ    ろっとーん
             `ー〉 ,!  〉
               / /  /
           ,'/ /j
             /    ヽ
          /       ',
        /        |
        /        ∧
      く  /         / i
        `ー'ヽ、   _, -'、__」
          / /`ー'´    l !
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二l 、
                             l  \\
                             l    \\
                             l     \\
        _______             l       ├┘
      |┌─────┐|           l       |
      ||          ||           l       |
      ||          ||           l       |
      ||          ||           l       |
      ||          ||           l       |





726 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/29(金) 23:48:57 ID:IaMB6ODM0




                   魔法科学

 この世界には時々異世界と思われる遺物が現れる。

 その中に科学と言う物があり、それを魔法理論で理解しようとス魔法科学がという学問が生まれた。

 魔法科学によって空を飛ぶ船、人の力を強化する鎧など魔法のアイテム、あるいはそれ以上の効果を

 持った発明品が完成している。

.    、           |!         .l|           ,
    | \          | !    r-    | |         / |
    |   \.        ! !   ,_! .l、  | .l        /  |
    |     \         ! ヽ ィ_ー‐‐'_-,/ !       ./     .|
     ヽ.    \.  ,-、  y.i´!、 □  ,l`iく.  ,-、 /     /
      ヽ       \. ヽ ヽ '、.l lヽニj iニ/.! | l / //     /
      ヽ      .\Yー'、 ゝl ヽ/><ヽ/!ィ´_rーi       /   俺がっ!
       ヽ   , ‐ヽ ̄`ー'ヘ i'\ '┴' // /ー' ̄lー- 、 /
        ヽ/   ヽ.   'iニヽ/ 二 ヽ/-./   l   ヾ  、  俺がガンガルだっ!!
         !    i,.    'iニニニニニ./    l     ! Nヽ
         !    l.l,   ヽニニニニ/     l    /、i  ',
       Nヽレ=‐=、| l, , 、  ヽニニニ/ , 、  /    / ヽ  !
       l  i    lヘ l l rヽ   .|    l rヽ/` ー 'ヽ    ヽ |
       ヽ/. -__-、 .l .l l,`^゙'    |   `^゙'l     ヽ  _,.ヽ!
       ,._'´_ ヽ_`ゝヽ .', ヽ     _|_.    ,.ヘ     V´,-ー ヽ
      (_(_(_)__,)ー ! l` ー -, '、-^ー,ヽ-'´  l      V ,_--_ヽ
      (_(_.(_)__,)、_j ,ゝ、  ll /_ _ヽ i   ノヽ     /Y (_)_ヽ!
      (_(_.(_)__,) .ノ /   ̄ l `ー`'‐ '´! ̄   ヽ   に!'_(_)_ ).l
      (_(_(_)__ノ´ lヽ、   l       l    , ‐l.    ー!_.(_)_)_)
             ,ヘ、. `ヽ、 !    l  // ヽ    ヽ,(_)_)ノ
             /  `ヽ、 ヽl __.l //    ヽ
              /     `/    ` く      ヽ
.            /      ./       ヽ.      ヽ
           /        /        ヽ    __ ヽ  ト、、
          ,.へ     ,ィ          ヽr'´  __, ヽ/ .lハ
.       /Vレ^ヽ、 ` ー '´_ノ           l_,. ‐'´   ヽ   |
      / /   ` ー '´/           l.      ヽ  !
      ! ./       ,'            .|        ヽ  !
      V        .l            .l        ヽ !
      l         !            .!        ヽl
      !           !             !         l
       !          !             l         l
     ,. へ、        l             !  _,,.. --― く
  , <    >ー-┬‐'                 レ'´ ヽ     ヽ
  ヽ、 `ヽ/  ,. ‐'´                ヽ   ヽ____ヽ
    `ヽ!,. ‐'´                    ヽ  /      ',
                               ` ' ー――――'




729 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/29(金) 23:50:01 ID:IaMB6ODM0




    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \   こんな感じでどうだ?
  |    ( ●)(●)
  |     (__人__)
  |         ノ
  |     ∩ノ ⊃ }
  /ヽ   / _ノ }
 ( ヽ  /  / ノ
  ヽ “  /_|  |
   \__/__ /



     ____
   /      \
  /  ─    ─\    なんかファイナルファンタジーっぽいお
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |  否定はしないだろ>
/     ∩ノ ⊃  // ∩ノ ⊃
(  \ / _ノ    \/ _ノ
.\ “  /  . \ “  /
  \ /      /\/
    \       \
     \    \  \
       >     >   >
       /    /  /




731 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/29(金) 23:50:55 ID:IaMB6ODM0




               /7
                 //   ガジェットの纏めとして、マジックアイテム
             //
       __    //   多種多様な魔法の力を発揮するアイテムはファンタジーの雰囲気を出すのに使える要素。
.    /ノ ヽ\ .//
.   / (●)(●〉/    使い手の戦闘能力を高める武器防具
  l    (__人_,//l
.  |    `⌒// ノ    絶大な威力を発揮する神話級武具
   l       // ./
.   ヽ r-‐''7/)/     魔法の力を強化するアイテム
    / と'_{'´ヽ
    /  _.、__〉 ト,     その他、多様な効果を発揮するアイテム類
    {  、__}  |.i
    ヽ _,.フ  .|.|     魔法と科学が融合した世界も面白い




         |       魔法的でなくても多種多様な道具類もその世界ならではの雰囲気を作る。
    / ̄ ̄\
   /   _ノ  \.     エキゾチックなアイテム、銃器も世界を面白くする。
   |    ( >)(<)
.   |  ::::::⌒(__人__)    特殊な事情を抱えている世界ならその世界に相応しいアイテムもある。
   |     ` ⌒´ノ
.   |         }.    。
.   ヽ        }    /
    ヽ     ノ   ./
     / lヽ介/lヽ、 ,rE)
.     | | ~ヾ/~ |. ソ◇'
    | |  ゚|  |\/____E[]ヨ___________
  _ | |  ゚|  |__
  |\  ̄ヽ⌒ヽ⌒ヽ \
  |\\  ⌒  ⌒ 甘 \
  |  \| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|





732 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/29(金) 23:51:40 ID:IaMB6ODM0




         ,.-、
.        /゙(_ )、       ___
.        ( _ノ" i     /       \
         ゝ、 〈  /   ―   ― \    かなりやる夫が作りたかった世界がイメージできてきたお。
      ,〃 ヘ   ト/   ( ●) ( ●) ヽ
      7 , 弋 │     (__人__)   |
     i !  \ \        し′   /
     ヽ ゝ、   .>         _/
.        `>`- ,_   ,.-、       \
.         〈       ̄  ´)       |   ハ
          ゝ--― -、__.ノ        |>  !
           |        /`''" _/
            |        `く__, ィ"



      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)    それじゃあ、魔法・ガジェットはこれくらいにして
    |  (●)(●)/;;/
    |  (__人__)l;;,´|      次は異種族について設定してみようか。
    | ./´ニト━・' .l
    | .l _ニソ    }
     /ヽ、_ノ    /
    __/  /    ノ__
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /





733 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/29(金) 23:52:27 ID:IaMB6ODM0






━━━━━━━━━・━━━━━━…━━━━━━━━━━━━…━━━━━━━━・━━━━━…━━━━━



                  タイトル:やる夫で学ぶ(考察する)ファンタジー世界


                  第10話「ファンタジー世界の作り方 異種族編」

                            続く


━━━━━━━━・━━━━━━…━━━━━━━━━━━━…━━━━━━━━・━━━━━…━━━━━





 ___________|\
[|[||  To Be Continued....!    >
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/













          魔法!!
          ワクワクするよな
    __
   /   \
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)             ____
. |     (__人__)           /     \
  |     ` ⌒´ノ          /―   ―   \      とりあえずあれだ
.  |         }         / (● ) (● )    \     オリジナルの呪文をつけると
.  ヽ        }     \     |   (__人__)       |    ワクワク度が倍増
   ヽ     ノ       \  \            _/
   /    く. \         \  ノ          \
   |     \  \    (⌒二                |
    |    |ヽ、二⌒)、        \ 泳ぐ管理人|  |




                ドラグ・スレイブ
        スレイヤーズの竜破斬とか、バスタードのハーロ・イーンは、男の子ならみんな唱えられるよな









関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加




[ 54292 ]

メタ的には魔法の自由度ってのもあるかも。
基本的に(ボスや主人公以外は)オリジナルやアレンジは許されずに
教会やギルドから教えてもらえるテンプレ魔法しか無いよ的世界。
魔法にいちいち名前がある世界と言ってもいいかも。
ドラクエとかコンピューターRPG世界はこの世界観より。

反対に各個人自由に自由な形で魔力を使用している世界。
吟遊詩人は歌で鳥を呼び、羊飼いは白い小石を投げて羊を集め、
貴婦人は扇で仰いで手紙を離れた場所に控える従者にわたし、庭師が親指を花壇に挿すと花が咲くような。
そもそもこっちの世界観だと魔法に名前はなく例えば"メラ"なんてものはない。
いろんな形で火の玉を作って相手に投げる魔法使いは居るだろうけど。
[ 2013/03/31 02:52 ] [ 編集 ]

[ 54306 ]

魔法って九分九厘は科学の範疇だよね、科学的ではない魔法を登場させるのは大変だということかな。
[ 2013/03/31 04:18 ] [ 編集 ]

[ 54311 ]

魔法や「ふしぎな力」関係の設定の練り方はファンタジーものの腕の見せ所だな
さぁみんな格好いい詠唱を考えるんだ
なんだかんだいってお前ら好きなんだろ?
[ 2013/03/31 06:52 ] [ 編集 ]

[ 54315 ]

我は放つ光の白刃!!!
オーフェンの世界観の練り方は凄く好きだったな
人間で魔法を使えるのはドラゴン種族との混血血統のみとかそこまで万能でもないから戦闘訓練とかもしてるし
使える人種と使えない人種がはっきり割れてるから科学技術も産業革命期くらい発達してたり

富士見ファンタジアは俺の青春だったが角川に吸収という形で消滅してしまうのは本当にかなしい
[ 2013/03/31 07:27 ] [ 編集 ]

[ 54335 ]

>>男の子

おっさんの間違いだろ!
[ 2013/03/31 10:17 ] [ 編集 ]

[ 54358 ]

ベルセルクは魔法が出てきて世界観が軽いというか安っぽくなちゃったね
[ 2013/03/31 15:21 ] [ 編集 ]

[ 54361 ] かなづち

ここの本筋とは無関係なのだが、海外で言う「ダーク・ファンタジー」にはとんでもない意味もあるので注意。

余り詳しく書く気はないが、殺人嗜好なドS魔法使いの妄想とか、カニバリズム風味のエロ・ファンタジーとか……

うんと軽くなるけれど夢枕獏作品の一部が近い。「荒野に獣 慟哭す」とか、普通は伝奇小説というのかも知れんが。
[ 2013/03/31 15:47 ] [ 編集 ]

[ 54375 ]

ダーク・ファンタジーでは信ぜざるものコブナントが好きだった。
らい病患者が主人公ってのは他にないんじゃないか。
[ 2013/03/31 19:38 ] [ 編集 ]

[ 54379 ]

ベルセルクの魔法理論は神秘学からもってきたものみたいだけど、話が悪い意味で理屈っぽくなったと思う。
[ 2013/03/31 21:31 ] [ 編集 ]

[ 54430 ]

途中から読んでいてまだ全読破はしていなけど、このスレ本当に興味深い意味で面白い。
自分(初心者厨二)今までファンタジー世界を想像する時は、これがしたい!最優先で、
後からor他人から見ると突っ込み所多すぎだなって感じだったけど、
そこからもう一歩進んだ、現実と理に即した、しっかりとした整合性のある必要なことのレクチャー。
色々「そういえばそうだよな」っていう目からうろこみたいなところもあるし。

魔法の手間と、普及するか廃れるか云々の話を読んで、魔法の技術革新?産業革命的なもの?を成し遂げる主人公の一代記みたいのも面白いかなあと思った。
[ 2013/04/02 00:13 ] [ 編集 ]

[ 54431 ]

騎士が銃弾より早く動ける世界なら銃があっても問題ないな
ウィザーズブレインとか
[ 2013/04/02 00:31 ] [ 編集 ]

[ 54450 ]

魔法の存在が前提となってる作品といえばサガフロンティア2だな
なんせ魔法(作品内では術)を使えないやつは障害者扱いで差別されるぐらいなんだし
[ 2013/04/02 20:27 ] [ 編集 ]

[ 54547 ]

※54431
ファンタジーじゃなくておとぎ話だけどFSSがそうだね
騎士相手だとレーザー打っても打ち落されるので、騎士同士で接近戦で仕留めるか範囲攻撃で巻き込むしかない
[ 2013/04/03 17:16 ] [ 編集 ]

[ 54587 ]

魔法の才能がある事が分かったら管理下に置かる、と言えば封神演義だな
[ 2013/04/04 00:55 ] [ 編集 ]

[ 54925 ]

>銃を出すことで騎士の時代が終ったり

そんな史実はこの世のどこにもないけどな。
投射兵器+障害物(障害は歩兵の肉壁でもよい)戦術が確立された結果として、騎兵は正面突破戦力として無力化された。この時、投射兵器は銃である必要はない。長弓でも合成弓でも機械弓でもいい。
側面背面攻撃や追撃戦での必要性から騎兵そのものは存在しつづけたが、やっぱりそれは銃とは無関係の事象。
[ 2013/04/12 23:38 ] [ 編集 ]

[ 55311 ]

魔法がある世界ならその対抗策も発展してるだろ、MTGの青魔法とか
[ 2013/04/22 00:15 ] [ 編集 ]

[ 72930 ]

ファンタジーって本来ここで書かれてるように、深くて論理的な世界観設定が重要なんだけど、最近は何でもかんでも厨2扱いする奴ばっかになって困る。
[ 2014/06/21 04:58 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oyoguyaruo.blog72.fc2.com/tb.php/5481-5f080d4a


アクセスランキング アクセスランキング アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。