ブログパーツ 泳ぐやる夫シアター やる夫は赤い皇帝になるようです 第三十四話 我が友人、キーリチの裏切り 中編


















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

やる夫は赤い皇帝になるようです 第三十四話 我が友人、キーリチの裏切り 中編







加熱するキーロフ人気、
深まる同志やる夫の猜疑心・・・
___  __________
      ∨
    ,,,,,,,,,,,    ||    ||   ,,,,,,,,,
   [,,|,,,★,|,]   ||    ||   [,|,★,,,|,]    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ( ´∀`)  目    目  (・∀・ ) <  さらに中央と地方幹部の
   ( つ  )つ       ⊂ NKVD,)  | 対立も深まり
  ┃レ __   | ̄ ̄ ̄ ̄ | ___,ノ┃ | 1930年代前半のソ連情勢は
  ┗━┳┳\ | ̄ ̄ ̄ ̄|,/━┳┳┛ | 暗雲が垂れ込める。
      ┃┃   |_____,,|   ┃┃   | 人々の運命やいかに・・・!?








742 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 20:47:04 ID:ICBlf/A20




1934年1月、第17回党大会は地方幹部らの間におけるキーロフ人気の危険すぎる膨張を露わにした。
これによりやる夫の地方幹部とキーロフに対する警戒は決定的となる・・・



|:::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::| \::::::::::::::..\::::::;ー'´    _.メ:::::ハ..∨::::l!::::::::::::!::::::::::;::::::::::
l::リ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::l-―.\:::::\::::::::::::',   _.,ィ"´ _\ミ ∨:::::::::::::::;::::::::/:|:::::::::
|:l{:::::::::::::::::::::::::::::::::';::::', __三≧、::::::、:::::::::',   〃  〈   .ハ ヘ〉 ∨::::::::::::;::::〃::;!:::::;:::
|:l!:::::::::::::::::::::::::::::::::::Ⅳ〃 .,イ`', \〉\::::::',   :: .|:\イl! ;    }/.::::::::;:::/.:::::;'::::;'|:::
|ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::',ヽ〉, :{\.ハ     \ハ  :. 弋:::::;リ.ノ   ,'::::::::::::;イ:::::::;::::;'::|:::
l ∨::::::::::::::::::::::::::::::::',.}ハ ∨.::::',      ̄   ´ ̄ ̄   ..,'::::::::::/} |::::::;'::/::::|::/
.   ヽ:::::::::::::::::::::::::::::ハ!  ヽ '>'´                ,':::::::〃.イ!::::;':/:::::::!':::
    \::.\:::::::::::::::::::ヘ         ,!           lj   ,'::::/ /.:::/イ:::::::::::ハ
     \:::::ト、:::::::、::::::.ヽ   u    ヽ                /イ_z<::::::::::::::::::::::::::|
      ..\ヽ` ::、:ヽー::、:\       ___  U     / l:::::::::::::::::::::::::::::::::|
          .\〉  `ー`ハ ̄       <___ .ノ        .,.'  l:::::ハ:::::::::;>┴ ┴   レニングラードの支配者
                  ヽ                  ,イ ___.〉;:l <´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:   セルゲイ・キーロフ
     ┏━━━┓                               ┏┓┏┓
     ┃┏━┓┃                               ┃┃┃┃
 \   ┗┛  ┃┃┏━━━━━━━━━━━━━┓┏┳┓┏┓  ┃┃┃┃
\\\    ┏┛┃┗━━━━━━━━━━━━━┛┗┻┛┃┃  ┃┃┃┃
\\\  ┏┛┏┛                         .┏┛┃  ┣┫┣┫ ///////
\\\  ┗━┛                          .┗━┛  ┗┛┗┛ ///////
\\\\                                           ////////
\\\   [|,,★,,|]    [|,,★,,|]  . [|,,★,,|]    [|,,★,,|]    [|,,★,,|]  .  [|,,★,,|]   //////
\\  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ///////
\ [|,,★,,|]    [|,,★,,|]    [|,,★,,|]    [|,,★,,|]    [|,,★,,|]    [|,,★,,|]    [|,,★,,|]  ////
 ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ////
(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ )) ///


                                漏れら極悪非道のageブラザーズ!
                                今日も本人にその気がないのに
                                後継者に祀り上げてやるからな!
        .____                     ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ;/   ノ( \;                    [|,,,★,,,,|] [|,,,,★,,,|]
    ;/  _ノ 三ヽ、_ \;                   (・∀・∩)(∩・∀・)    age  【地方幹部】
  ;/ノ(( 。 )三( ゚ )∪\;                 (つ  丿 (   ⊂) age
 ;.| ⌒  (__人__) ノ(  |.;                 ( ヽノ   ヽ/  )   age
 ..;\ u. . |++++|  ⌒ /;                  し(_)   (_)J

 書記長 やる夫・スターリン





743 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 20:47:54 ID:ICBlf/A20





        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/   地方幹部らの間に
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /    キーロフを同志やる夫に
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /     取って代わらせる動きがある以上、
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/      この問題はこれ以上放置できませんよ。
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃

       やる夫の官房長官
   アレクサンドル・ポスクリョーヴィシェフ




                                               ,.⌒ヽ     γ⌒ ヽ
                 この際、彼本人にその気が             〈ー ノ\   /\ー 〉
                 あるかどうかは問題じゃないね。            ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
                                                )    Y    (
                 彼の存在そのものが                 /γ⌒     ⌒ヽ \
                 体制に脅威を与えているという           /  |       γ/^ヽ|
                 事実が重要だ。                   | U ヽ__人__/   〉|
                                              \     `ー'´  〈 / ⌒^ヽ
                                            ―――――――― \ _ _ _ )

                                          人民委員会議議長(首相)
                                               ヴァチェスラフ・モロトフ


                       ._-───-、
.                     /:::::::ト、i\/\::::\
                    {ヾ/>v、/:::::::::\r‐
                      .〉  { 0}::::|//::::::::::::
                      ゝ   ,=}==、:::::::::::::::::      さっさとキーロフを
                   ./  `ーァ‐':::::::::::u:::::::      失脚させるなり、反対派から
                     |  r‐  }::::::;::__::::::::       切り離すなり対策を講じねえと、
.            _r──、   \ゝ-< ̄\__>:::::      取り返しのつかないことに
           │ ─i⌒ヽ    \   ( ̄::::::::::/:      なりかねねぇぜ!
           │ ─|_ハ    /  ̄ニ二 ̄:::::::::
           │ ─、i   .}   / |     {::::::::::::::
              \ ー'   /\/  |     ヽ:::::::::::
             ヽ-<      |      ヽ:::::::

             やる夫の忠臣 ラーザリ・カガノーヴィチ





744 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 20:49:06 ID:ICBlf/A20




         ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
        〈 ● ノ,\    人 ● 〉
          ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
          )    Y    (
         /γ⌒     ⌒ヽ\
        /  |         |  ヽ     キーロフを失脚させることは
        |   ヽ__人__ノ   |     簡単じゃないよ。
        \    、`ー'´,    /
 r、     r、/           <       彼はソ連第二の都市レニングラードの指導者だし、
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ      政治局の一員だ。
  \>ヽ/ |` }            | |      最高幹部の身内である彼を攻撃すれば
   ヘ lノ `'ソ             | |      ボリシェヴィキ党そのものの権威を傷つける。
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |



        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、    そしてキーロフは
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/    同志オルジョニキーゼの親友でもあります。
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /     手を出せば事態はより複雑になる可能性も・・・
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/      なによりも、同志やる夫ご自身が
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\     キーロフをまだ友人とお考えなのです。
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃





745 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 20:49:24 ID:ICBlf/A20




        _____
      / , へへヘ∧ヽ
     |  |     \l l/ |
      /⌒    ( . ∠ l
    ヽ_   u   (二) ヽ       となると、キーロフを説得して
     l     _____つ !       懐柔するしかなくなるな。
      >、 ∠|_|_|_/ /
    / l ヽ、 ____ /、       だが、そうそう上手くいくとは
   /   ` ー──‐─ ´   \      思えねぇぜ・・・
  / |   __(^|      /⌒ ヽ
 /ヽ| (二   ヽ    /    |     同志やる夫のお考えはよく分からねぇが、
       l     \ /\   /     キーロフは重大な党の不安要因だ。
      `ー 、       ヽ /



      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈 ー ノ\   /\ー 〉
      ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
.      )    Y    (        地方幹部の腐敗と、
     /γ⌒     ⌒ヽ\       中央集権体制の危機・・・
.    /  |         |  ヽ
.    | U ヽ__人__ノ   |      この問題、キーロフ個人の進退問題では
    \     `ー'´     /     収まらないかもね。
    /     ∩ノ ⊃  /
    (  \ / _ノ |  |
.    \ “  /__|  |
.      \ /___ /





746 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 20:49:49 ID:ICBlf/A20




1934年、やる夫を取り巻く緊張は悪化していた。
地方幹部たちは現地の司法・行政・経済・警察を牛耳り、封建領主のように自分たちの王国を支配していた。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::o:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::°::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::o::::0::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::O::::o:::::::::::o:::o:::::::::::::::::::::::::::::::::::o:::o::::::::::::::::::::::::o:::o::::::::::::::::::::::::::::゚:::゚::::::
:::: /o:::o:'、::/.::.::.::.::.j.::.人゚:::゚::::゚:::゚:::〉.::.::.j:.:ノ゚::゚ /::::::::::'、:/∨::゚:::::゚::∨:::::::::::::〉:゚:::゚::゚:::゚: /::::::::::::::::::/:::::::::::::〈:::::::::::::
:::/::::::::::::::∨.::.::.::.::.::.::i.::.::.::.\::::::/ー=.::.:}.::\::〉.::.:j::. 〈/::::::ノ:.:..:{::.:/.::.::j-=:.:\__::::::::::〉.::.j.::.〈/.::. /:.::.::.::.:ヽ:::::::::
:::::::::::::::::::/:\.::.::.::.::. 人:.::.::.::.::∨::.::.::.::.::.::.::.::.:: 〉:.::.:::.::/::F:::'、.::.:Y.::.::.::.:/::.::〃ヘ爪フ/.::.:人.:/:.::.:: /.::.::.::.::.::.::∨::::
:::::::::::::::::,'.:.:.:.: \:/.:.:.:\:_/:.|\.:.:.:./:.\_∧ :.:. :/::::::::::::'、:.: |\/i.:.<_゚ノノ.:.:ト、/.:.:.:∧:/\:.:.:.:.:.:.:/\::
:::::::::::::::,′: : :/ : : : : : : : : : : j: : :}/ : : : : / 〈: : :/::O::::O::'、::|: : : : |: : : 〈彡' : : | : : : .:/ :〈 : : : : \_/::::::::::::::
::::::::::::/ : : : 人 : : : : : : : : : : : :|: :〈: : : : : ┌──〈: : : : : : : : 〉┴ー ┴i : : |ミl: : : :| :::.::.::.i: : :| : : : : : : : : : ::::::::::::
:::::::::::i : : : ,' : ::::. : : : : : : : : : :│: :|::. : : : :.|:::::::::::::::〉: : : }ー=:〈::::::::::::::::::::| : : |,」 : : :.| :::.::.::.|: : :i : : : : : : : : : : ::::::::::
:::::::::::|: : : : : : : :ヽ : : : : : . : : : |: : ヽ : : : : |:::::::::/: : : : {: : : : \ ::::::::::: | : : |│ : : |: :: : : |: : :| : : : : : : : : : : : ::::::::
:::::::::::|: : /: : : : : :::\ : : : \ :│ : :i{\: : :| : :人 : : : : 人 : : : : :入 ::::::::| : : |│ : : l : : : ::j : : ! : : : : : : : : : : : ::::::::
:::::::::::|:.:/: : : : : : : ::/::\ : : : : :i: : :八 : ヽ |: /イ)\:/ : :\:_/ :∧:::::::| : : |│ : : | : : : /: .:八: : : : : : : : : : : : :::::::
:::::::::::|/: : : : : : :::::/: : : : ヽ : : :ヽ : : : ヽ : :j/ 「 ̄| 〈: : :丶: : : : : : :_.:ヽ:::| : : |│ : : |: :/: : /: ハ: : : : : : : : : : : :::::::
:::::::: /: : : : : : :::::/: : : : : : :ヽ : : :∨: : : :∨{(l [] | :\ : : :y<⌒ヽ:ヽベ、 : |│ : : ∨: : : : : : : : ', : : : : : : : : : : :::::::
:::::: ;′: : : : ..::::/: : : 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|: : : :i : : : : : : : : : : :::::::
::::::::: : : : : : ::::/: : : : `丁 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄丁: : : ::| : : : : : : : : : .:::::::::


かつてやる夫の強硬政策の支持者たちであった地方幹部らはしかし、
一党独裁体制につきものの弊害・・・つまり幹部らの「腐敗貴族化」の症状を表し始めていたのである。





747 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 20:50:24 ID:ICBlf/A20




キーロフ人気は、こういった封建領主化した地方幹部の代弁者として自然発生的に浮かび上がってきたものだった。



.       /.:::::;::::イ/____.../....-‐/―‐-..`.._ 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ\
     /./r' /;!.,'::::::::::::::::;イ:::::::::;l::::::::::::::::::::::::::``:::....、::_::::::::::::::::::::::::',``
...   〈/ . |l:::::|.;::::::::::::::::/ |_:/ ';:::::::::::::::::::::::lⅣ:::::::::::`::...、`ー:、__:::::::',
       ||::: |;:::::::::::::::; ̄l:::/¨¨`;::::::::::::::::::::::l|_∨.:::::::::::::::::::::::...、.`∨,
       |.リ:::l|l::/|:::::::;'.,>≧ミ_ ';::::::Ⅳ:::::::: l|=-';::::::;:::::::::::::::::::::::`ー.、.',
        .ノ' /ll:;::ハ:::::;:イ |ハ .>∨:|!∨:::::::l|__';::::|.V::::::::::::::::::::::::::::::',
      .//  l|::l|ハ::iハ .|l:::`´:!.  Ⅵ. ∨:::::l|7{. Ⅵヽ';:::::::::::::::::::::::lト ∧
      ′   ||从 Ⅵ `.ゞー''   `  ∨:::l|:::ゝイリ./`;:::::::::::::::::::::l| ヽ〉
          Ⅵハ .l       /l    \ト、:ノ  ,イ::::::::::::::;::::::::|
           Ⅵ }::;        ヽノ            /!.l:::/::::::/∨::::!
            从:.、     、     ,     / ソ::::/.::;′.∨:{
         r―‐-..../、_.V:\         ̄     .イ'::::::/}::/    ヽ〉
         ';::::::::::::::::::::::::::三≧=-...、        .イ::::;::〃 ,'/
       .V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`>x-<::::__/レ'_ 〃
       ,イ`:、:_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〃::::::::::::::::::::::::::::::>,
   .___く_:::::::::::::`:ー--‐:::::::::::::::::::::::::::::〃::::::::::::::::::::::::::::::::::/
    /////`ヽ_、:‐-、`:::、:::::::::::::::::::::::::::〃:::::::::::::::::::::::::::::::/



           ____
         /   ∪  \
       γ⌒) ノ三三三ゞ(⌒ヽ
      / _ノ (>)三(<) \ `、
     (  <:::∪:::::(__人__):::::∪|  )
      \ ヽ ::∪::::` ⌒´∪:://



ソ連の中央集権体制に公然と挑戦するような地方幹部の動きを、しかしやる夫は叩き潰すことができなかった。





748 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 20:51:06 ID:ICBlf/A20




【補足】


     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ         ★  ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミ
    /  ./ /      l ト、\
   \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',    地方幹部とやる夫の間に
     l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !    大きな溝ができ始めていたのは確かでした。
     l | l | ┬::cr / / ┬c」 |
      l | l !  l:::::::j  '   l::::j.! /    しかし、やる夫は意図的にこのような
      l | l l⊂⊃‐       ‐⊂/    潜在的対立要因を隠し通そうとし、
      ! | |ヽ|        -   リ     地方幹部との直接的な対決を避けました。
      ! | lゝ、          /|
      ! | |::::::::::ー┐ r‐:::イ:l. |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !





749 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 20:51:48 ID:ICBlf/A20




       ,.:-=;1ー;1―;1―;1―;1―;1―;1―,=;:、
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ         ★           ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ;==============゙ミ       先ほど説明した通り、
       〃. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:ヽ     k       地方幹部はやる夫の強硬政策の
.       / . : : .:.:|: : : : : : : .:人: : : : : : : : :',     ! :',      現地執行責任者でもありました。
     ,'. : : : :.:.:.:.|: : :,':,'.: : / \\_.:.:.:|.: : :.! *|.:|
.    |: : :.:.: :.:.:.|.:.://.:.//  ̄ \\メ、.:.:.:!   |.:.:|      彼らを攻撃することは、
.    人 、 :. :.:イ////    ,.-≠ ミ.、!.:,'   ,'.:. |      彼らのもとで行われた今までの政策を
       \\:.:.:.:lYl⌒ヽ    /|  :::::::l! |/   ,': : :|      否定することにもつながり、
         l\\八 フ:ノ   ′ フ__ノ' ,'    l.:.:.: :|      ひいてはボリシェヴィキ党の政策そのものが
        |ハ *ミ ,,`´       '' .イ  *|.:.:. |      間違っていたことをも示唆してしまうからです。
.         ノハ  >.....__冖_ <:八     い、ヘ
      r 彡.:.:.,'     !:.|「≠介トn,、リ≠、.:\    \\\
    <-=≠:/     ,'.:〈チ_/小.シ〃゙ ト、У.:.ハ.     \<
   /-=/     /.:f癶=キト込、/:.:.:.〈〉ー-ハ  ※  ∨\
    >-´  ※ //xタミⅩ彡:::ム|:.:.:.:.:.:〉.:.:.:.:.:',      ∨.: \
    ̄|>x、._/-_j斗'"ハ:::ハ:::/|.:.|:.:.:./\ .:.:.:.|___/\.:. /



     |: : : : : : : :/   /        \ `丶ト、:.|:.:.:.:.:.:.:|: : : : :ート、、ヽ
    ヽ.ィ: : : :/   , /    l         'i '"´: : :.:|:.:.:.:.:.:.:!: : : : :_:ハ ',ヽ
      r‐:':::::::/   / / .     |     .l.    | .',: : : :.:|:.:.:.:.:.:.:|: : : : L_l::', ',r
     ',_:、:::/   |||.     |    .|.    | `丶;.:.|:.:.:.:.:.:.:!: : : : : :ハ::ヽ
      ノ:,'   .|l|      \   ト、   | l !´: :.:!:.:.:.:.:.,' : : :r ' `¬
      /:| | .   |十ト 、     |__x ┼‐ヽ- / | .).:: /:.:.:.:./: ::::::::|    |:    ちょっとまえ、日本の政界でも
.      /:::,! |   .VV_ _\  `丁__ヽ|_____∨ ヽ{: : :/:.:.:.:./::::::;::::ノ|    !:    流行語大賞になりかけた
     /:::::ハ.ト 、 ト下丁丁  ‐-不三丁丁フ  ,ハr'^,-ヘ':::::::::}::! |   .!:    「任命責任」というのも似てるわね。
.    .ヽ|l ',ヽ \| 弋_‐.フ    弋_ー_フ   | .|/j〈ィ'>》_ノ"!::l .!   |:
         |丁|  ,、,、       ,、,、,、l  ! .|:.ヾ ニフ    !::l .|   |:    部下の失態を追求すれば
.           | l| ′′      ′′′| l| .|/:.:.:.:.⌒ヽ丶|. |:  ..|:    自分の評価まで下がってしまう・・・
         / / 人             | l| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\|:   |:    そうやってズルズルと損失を
          / /| |_  > .._  r_‐_、  _,  l l.! !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\  |:    貯めこんで行ってしまう企業(役所)
       /,イ | |! /:.:.:.::::ハィュヘ: ̄「「ヽ ..,' .,':| |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ|:    リアルな話なのだわ。
      ノ'   | .| ,′/`ヾニンリ:::..:.:.:.:.:./ /:.:.! !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
    ..'"ィ    | ||:.::':.:.:.:.::.:.`¬´:.:.:.:.:.:./ ':.:.:.:.| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:'.





750 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 20:52:41 ID:ICBlf/A20




            ,.:-=;1―;1―;1―;1,=-;:、
            ミ             ゙ミ
.              ミ      ★      ゙ミ
           /ミ             ゙ミ \
          《  ミ;========゙ミ } 》
.             》/ / / :/ : : : : : : : : : \ ∨《
.            /// : :/ :/ : : : /:/ |: : : : : ∨^:|     地方幹部らの腐敗化は
           l∨ : : l :/: : :// / :八 : : : l: l : :|     やる夫にとって痛し痒しの問題でした。
           | :| : : :|/ :/ //:/ :/  ヽ: : | ハ: :|
           | :| : : :|≧x、/イ//,.ィ≦ハ ノ : l: :|     地方幹部は党体制の柱です。
           } :|八 :代uzノ    弋uzノ仏イノ: :|     腐った柱は交換しなければならないが、
.           ′:} 仆⊂⊃     ⊂⊃イ 八 : :|     下手に取り除けば家そのものが倒れかねない・・・
.        /: : / 八 >  ~~~ .イ}{ : : : |
.        /: : 〈 // ̄》 》≫=≪《 《V ∧: : :      手を出したくても出せない目の上のたん瘤だったのです。
.        / : : : : {   》《_》《_》《 〈 /  、: :丶
       /: : : : : : }   《_/八_》      }: : : :\
     /: : : : : : :/    ∨{><}{    {: : : : : : :\
    / : : : : : : /人,___人}><}人__人\ : : : : : :ヽ
   《 : : : : : : // { ̄/∨`¨¨¨´∨\ ̄} \\ : : : : : \
  《 : : : : :/ 《(   } {_人    人_} {  )》 \ : : : : :》
   》: : :/   》)  人人_))   ((_人ノ (《    \: : :《
  《 :/    《(    \        /    )》      \ 》
   `\\    ≫x、    \__/   ,x≪     //


【補足終わり】





751 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 20:53:33 ID:ICBlf/A20




とはいえ、この頃のやる夫は説得によって党の団結を維持できると考えていたようである。
彼はキーロフを攻撃せずにこの危機を乗り越える妙案を思いついた。



         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \    (地方幹部どもを攻撃するには
  | / .イ '(ー) (ー) u|    まだ時期尚早だお・・・
.   /,'才.ミ). (__人__)  /    ここは平和的な手段で対立を乗り越えるしかないお)
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ



         |
     \  __  /
     _ (m) _
        |ミ|
      /  `´  \
       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\      お、ちょうどいい方法が
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-|     |    あったお!
  \      `ー'´     /





752 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 20:54:11 ID:ICBlf/A20




             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )      キーリチ!いい話があるお!
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
    |    (⌒)|r┬-|     |      これまでの功績を鑑みて、
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/      レニングラード書記から
    | | | |  __ヽ、    /        ボリシェヴィキ党書記局第三書記に栄転だお!
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄



|:::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::| \::::::::::::::..\::::::;ー'´    _.メ:::::ハ..∨::::l!::::::::::::!::::::::::;::::::::::
l::リ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::l-―.\:::::\::::::::::::',   _.,ィ"´ _\ミ ∨:::::::::::::::;::::::::/:|:::::::::
|:l{:::::::::::::::::::::::::::::::::';::::', __三≧、::::::、:::::::::',   〃  〈   .ハ ヘ〉 ∨::::::::::::;::::〃::;!:::::;:::
|:l!:::::::::::::::::::::::::::::::::::Ⅳ〃 .,イ`', \〉\::::::',   :: .|:\イl! ;    }/.::::::::;:::/.:::::;'::::;'|:::
|ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::',ヽ〉, :{\.ハ     \ハ  :. 弋:::::;リ.ノ   ,'::::::::::::;イ:::::::;::::;'::|:::
l ∨::::::::::::::::::::::::::::::::',.}ハ ∨.::::',      ̄   ´ ̄ ̄   ..,'::::::::::/} |::::::;'::/::::|::/
.   ヽ:::::::::::::::::::::::::::::ハ!  ヽ '>'´                ,':::::::〃.イ!::::;':/:::::::!':::     !?
    \::.\:::::::::::::::::::ヘ         ,!           lj   ,'::::/ /.:::/イ:::::::::::ハ
     \:::::ト、:::::::、::::::.ヽ        ヽ                /イ_z<::::::::::::::::::::::::::|
      ..\ヽ` ::、:ヽー::、:\       ___        / l:::::::::::::::::::::::::::::::::|
          .\〉  `ー`ハ ̄       <___ .ノ        .,.'  l:::::ハ:::::::::;>┴ ┴
                  ヽ                  ,イ ___.〉;:l <´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
                 >         _,....-―≠ニ|::;ィ≦___:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:
                       .>-=ニ:: ̄:::::::::::::::::::;::/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.
                     ,...<:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/〃.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:





753 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 20:56:41 ID:ICBlf/A20




やる夫はキーロフに書記局第三書記の座を提示した。
つまりキーロフが地方指導者から中央の最高権力者の仲間入りすることであり、破格の大出世であった。



       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\     (さすがやる夫だお・・・
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\     これで対立を悪化させずに
  |             |    問題を解決できるお)
  \              /



これはキーロフを最高権力グループの一員に出世させることで彼を支持する勢力を満足させる一方、
地盤のレニングラードから切り離し自身の監視下におくという計画だった。





754 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 20:57:12 ID:ICBlf/A20




     ____
    / ⌒  ⌒  \
  ./( ―) ( ●)  \          さぁ、キーリチ、返事を聞かせてくれお。
  /::⌒(_人_)⌒:::::  | チラッ
  |    ー       .|          もちろん、断る理由なんてないとは思うけど・・・?
  \          /



                  ィ≦:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::><
            /::/..:::::::::::::::::::::::::::=ニニニニニミヽ
           ⌒〃::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::`ヽ';
            ,イ.::::::::::::::::::::::::::::::;::::Ⅵ::::::::::::;::::;:::::::::::::::::|l
           /.:/.::::;:::::::::::/l::::::::/.:::/ .|::::::::::;'::;'._';::';:::';:::::||
           ,'.イ/.:/:;':::::::;':l|::::_/厶'__,,|::::::;イ;:イ__l:::i::::l:::::リ
           .|:l::;':::i::::::::i::ll::;ィテ=ミ、|::// イ〈ノ!}:ハ:::l:::;′
               l::;:l::::|:::: ::|::|lハ 〈\ノl |;/   l::::リ /:/:l:|
             ,':ハ::::|ハ::::l|.  ヾ-'   ヽ  ̄ /イ:! リ
           .l;'  ';:::l  ヽ:| U            从      ・・・・・・・・
              ';:Ⅳ、__ヽ.   , ~~~‐っ.-イ―-、
              l|.∨ト、:::ハ、 `~~ .:<二>=-┴ミ.、
                    ∨:.\トハ ><ニニニ/二二二二ニヽ\
                   ,.イ;イ二二二ニ/ニニニニニニニニヘ '.,
                   /ィ二二二二ニ〃二二二二二二二ハ.∨
                 ヽ'∧∨ニニニニ.ィ仁ニニィ=ニニニニニニli .';
                      ヽzヽ\=/iニニニ/=ニニニニニニニl  ;
                  /\=イリ |ニ<ニニニニニニニニニ|! ',
                  /   リl|/ <二二二二二二二二二ニ|  l





755 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 20:58:06 ID:ICBlf/A20




だが、キーロフはこの話を断ってしまった。



.        /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :``ヽ
.       . /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 〃: : : : : : :: : : : :: ヽ
        ``ヽ. : : : : : : : : : : : : : : /〃: : : : :: :/:/: : : : ::ト、|
      /. : : : : : :/: : :/ : : ::/:/  /: : : :/.://:/: : : : :ト、|
     /. : /: : : :/: : : :/: : /:/   /: : /  /ハ/.:.:.:.:.:.:.:.| !
.     /.:.:.:/.:.:.:.:./.:.:.:.:./.:.イ ー--- /:./≠テト、.:.:.:.:.:.:.:.:.|
.   /.:.:.:/.:.:.:.:./.:.:.:. : :: :ィく{::::::ト`   i/ /{::::::ト ハ.:.:.:.ハ.:.l
.     ̄/.:.:.:.:./.:.:.:.:.l:: :: :| ゝ‐'         ̄  ハ::.:.:./  V
      //.:.:.:: ⌒ヽ::|: :l {、        ’ .   ハレ':|          す、すまない。
        /ハ___ : : : ll{  U         / : :l|:/
           ヽ:: i:、:: :: ヽ:ゝ      -一   ヘ.:: :ハ           まだレニングラードの仕事が
        / ヽ| ヽ:: ::∧: 、        /} }:/: : ヽ          山積状態で離れられないんだ。
       /: : : : : : : \::ハ、: : : >-一:7//: : /: : : :ハ:⌒ヽ
.      〈: : : : : : : : : : : }ヽハ三三三三彡/: : : : : : : /: : : : ヽ     だから申し訳ないけど
    , ィ⌒丶: : : : : : : : jニ∨三三三三7ハ: : : : : /-‐' ´> 、丶    今回の昇進の話はなかったことに
  / : : : : : : : \: :/i: 人三三三三三リ}/ヽ: :/ : : : : : : : : : : `丶、  してくれないか?



         ____
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                            ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
         イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。 ・





756 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 20:59:01 ID:ICBlf/A20




中央への昇進はキーロフのような地方幹部にとって「ありがたくもあり、ありがたくもなし」なことだったのだ。



               ,..イ〉
              r<:::::;' ,...--..、___
             _|::::::::::'´::::::::::::::::::::::::: ̄二ア
         ,.ィ⌒`::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く_
        ムァ':::::::::::u..::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::ヽ`ヽ、
         ,!/ 、___:::::::::::/.::::::::::::___;:: _,.',:\ハ:\ハ、
        ..リ:{l、....__./ ___.,l...-l、':::ト、::';::::.\ト-`:'ト、
        厶;}l::;::: |::jl:::ハ::::::::::|l∨:lⅣ::';::::::::::::::ハ‐'⌒ヽ〉       (冗談じゃない・・・
        _./_';ハ::l:バ' V}i::::::'.`卅‐∨::U:::::/`ヽ〉'´ ̄`ヽ
       ._仁ヽ`ヽ Ⅵ弋歹Ⅵ:、::',弋歹¨ヽ:l|;/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ、     モスクワでやる夫と一緒に働くなんて
      ノ‐ 、   V:{.       `ー__   .}リ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l|∧
     ,r‐ゝ-、__ ,ィ´.人     /  _.〉   イ:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:リ ハ    神経がどれだけあっても足りないよ)
      リ:.:.:´:.:.:;-=-'ミ;__:>..._/   .、_〉イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〃  ',
     .ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ .l   __ 〉_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.>'    .',
    |::.>::.::._._:_:.::.::.::.::.::;′,'   .,ィ_ノ:.:.:`ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;:イ       .人、
     >ミ、_:_::.::.:::>-::.:_l  {ー</ ::.:::.:::.:::.:::.::.:::.:::./ .__..,...<::.:::.::.\
         ¨ヽ::.:::.:::.::ハ |::.:::.:::>::.:::.:::.:::.:::.>'´ ̄`ヽ、::::::::::::::::::::::::::::



彼らは自分が自由に振る舞える地元が気に入っていた。
そこなら中央の目も届かず、好きなように国王として振る舞えたからである。。





757 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 20:59:48 ID:ICBlf/A20




昇進の話を断ったのはキーロフが初めてでもなかったが、
キーロフの拒絶はやる夫にとっては特別な意味合いを持っていた。



           ____
         /:::     \
       /::::::::::     \
      /::::::::::         \
     |:::::::::::::::         |    な、なんでだお・・・
    /⌒:::::::::      ⌒ヽ/
  ;/::::::::::::            \;
  ;/::::::::::::::          \ ヽ;





758 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 21:00:19 ID:ICBlf/A20




        .____
     ;/   ノ( \;      ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
    ;/  _ノ 三ヽ、_ \;    <  なんでダメなんだお!?           >
  ;/ノ(( 。 )三( ゚ )∪\;  <  やる夫がここまで言ってるのに、     >
 ;.| ⌒  (__人__) ノ(  |.;  <  一体なにが気に食わないんだお!?  >
 ..;\ u. . |++++|  ⌒ /;   VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV



     /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :``ヽ
    /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 〃: : : : : : :: : : : : : ヽ
    ``ヽ. : : : : : : : : : : : : : : /〃: : : : :: :/:/: : : : :ト、|
     /. : : : : : :/ : : ::/:/  /: : : :/.://.:.:.:.:.:.:.:.| !
      /. : /: : : :/: : /:/   /: : /  /ハ.:.:.:.:.:.:.:.:.|
    /.:.:.:/.:.:.:.:./.:.イ ー--- /:./   /イハ.:.:.:.ハ.:.l
  /.:.:.:/.:.:.:.:./.:.:.:.:l  ┯┯z=    ┏┯ .:.:./  V
    ̄/.:.:.:.:./.:.:.:.:. |   Lりノ     りノ レ'.
    //.:.:.::/⌒ヽ::| u         ,    |        い、いや・・・
     /.::ハヽ ___         _ ,      ノ
   ,r─……┴‐- 、      「 __ノ   /         だから仕事が・・・
  !: : : : : : : : : : : : :\ 、       /
  !: : : : : : : : : : : : : : :.\` ー r‐く.
  ノ. : : : : : : : : : : : : : : : : .\ _」: : : l
 /. :,. -─- 、: : : : : : : : : : : : 7: __」
 レ'´      \: : : : : : : : :/´: : : ∧
/            \: : : : : !: : : /ヾ \
/ ̄ ̄ ̄`ヽ     \: : : !: /  l   ヽ
: : : : : : : : : : : \      \: 」: ,'   l    `ヽ
: : : : : : : : : : : : : :\     V    i



自身の対抗馬として有力であったキーロフの拒絶は、書記局の権威に対する重大な挑戦と受け止められたのである。





759 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 21:01:42 ID:ICBlf/A20




.    >‐ 斗 ¨: : / /: :{:     \<ミt
  /  //: : γ¨7,//: : :.:Y⌒\  ‘,: :`寸
 /   / /: : : : /`ー´//: : __ :.{.    \ ‘,: : __\
./   | |: : : ノ   〈〈 -‐ `: ゝ._tァ__ゞ='-' };} .)           まぁ、待てやる夫。
    | |: :Y´ ̄Y、 } }__   , ィ ,,   >'¨¨≧ェ__         今回の話も唐突すぎる。
.    Ⅵ {   } }γ´   \/ |' .{.    ,γ´   , \       少しくらい猶予を与えてやってもいいのではないか?
\    Ⅵ ゞニ彡'::{   ij    ̄¨¨^ ─Y_.」_ヽ / ィ }           /ヽ
、__}   ‘,',l    !:::!                ¨ ‐- 、′      /   }
」-'¨\  \\__/  \_〟-‐       `ー‐- _   ノ    / ̄〉'_>´ ̄У ̄\
    \  \\         _         / ̄_ ェェ/_/       {_   〉
.       \  \\  \ \ゝ_ 三二≡=-─ ´仁}三三三三三三三≧ェ.    ̄¨ヽ

   やる夫最強の盟友・キーロフの親友
       セルゴ・オルジョニキーゼ



                      O
                      |
                   ,. - ―┴‐-,、
                /―――‐ '´  ヽ
               /,rニ二!    /O7 ヽ
               ,! ヽOヽ    ヽ ̄/ i
               ! ヽ ̄/         |_
            くI´「|     /`ヽ      |」_I>    セルゴの言う通りじゃ。
             ``| ヽ  / ー'`J ヽ  / |´
                 !  | |      ヽ  | |      キーロフの事情を勘案して、
              |   | r'⌒ヽ_/⌒ヽi、 | |
                 l   | |  ,rー ‐''^ヽ | | |      ここはレニングラード書記職を
               ヽ  | ,レ-‐--、」 ,!   !
               ヽ  ヽ _ ノ⌒ー-'/   /      当面維持ということでよかろう?
                ヽ_         /
                 |[口]ヽー――i'´

      最高国民経済会議議長 ヴァレリアン・クィヴィシェフ



          ___
        ノ(_     \
      /"\,, 、/"`` \
    / ( ●)´`(● )  \    ・・・っ!!
     |   '" (__人__) "'    |
      \  ` ⌒ ´     /
      / ゝ  ``     ィヽ





760 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 21:02:48 ID:ICBlf/A20




        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\     チッ・・・
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |    そうかお。
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ



  |:::l|::::::::::::::::::::::::::::::::::!丶::::::::::::::::.\:::::::::',    _,>\::::::::ハヽ:::::::::l:!::::::::::::!:::::::::::;:::::::::
  |:::リl:::::::::::::::::::::::::::::::::;  \:::::::::::::::..\::::::,ー '"´-'  ___メ_:_:'_.V:::::リ::::::::::::;:::::::::/:!::::::::
  |:;イj::::::::::::::::::::::::::::::::::';.ー―\:::::\::::::`ー:',   ' ィ/イ ̄.ヽメ;:}ハ::::;!:::::::::::;!:::::;:'::;'::::::::::
  |l |:!::::::::::::::::::::::::::::::::::::', ___三ミ、:.\:::::::∧   ゙.:  l,\_.ノ! }ハ〉.∨!::::::::::;'::;::'::::;':::::::;::::
  || l:|::::::::::::::::::::::::::::::::::l;:〃'¨//.Y`\〉`<∧  :: l|::::::::l|! ;   .,'::::l|:::::l:/:::::::;::::::/|::::
  リ.:l:';:::::::::::::::::::::::::::::::::{ヾ〉 Ⅵ、_,ハ     `ヽ〉  ::...乂'/;ソ/   ,':::::リ::::::/!::::::;::::/::;!::/
  l ヘ::.\::::::::::::::::::::::::::::';:.\ ∨:::::l}  U             ;:::::/:::::イ.l|:::::;:::/:::::レ'::
  .  `ヽ::\:::::::::::::::::::::ハ. `ー`¨´             u   ,::::::::〃_ノl::::;':/:::::::::::::;
     .\:.\、:::::::::::::::::ヘ       ノ             ,'.:::〃 ./:::〃:::::::::::::::i
        \ハ\::::::::::::::ヽ        ヽ        U   ,'::;:イ-イ:::::::::/:::::::::::::::::::|
          \〉 .`ヽ;:::>、:\  し                  /イ./ V|::}!::::::::::::::::l::::::::リ
                 ∧ ̄`     tニニ=          ., '   ハ:::|∨;::::-‐'ニ二二
                    :..、                _/__..,>'<:::::::::::::::::::::::::::
                   > 、   _,....-‐:::':: ̄::::::::::/-:‐:-:ミ::::::::::::::::::::::::
                     ィ.≧':´:::::::::::::::::::::::::;: '/:::::::::::::::::::::::..`ヽ::::::::::::::::





761 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 21:03:09 ID:ICBlf/A20




オルジョニキーゼとクィビシェフはキーロフに助け舟を出したが、このころには両名ともやる夫から失望を買っていた。
二人が口出しするとやる夫はあからさまに不機嫌な顔をして部屋を出て行ってしまったという。



       {  ノ \ \{{: /ニ=-  ヽ、      }`{  {
.          Y /アヽ\_ノ :/ニニ/    }:   ,  ⌒ヽ、
         ri//⌒ヽ __ノニニ/     ノ  /    ,.:⌒
.     ,ィ从{ff/⌒ <三三/    /   {ixー=:<
   ‐=f′ / 〈    /  ヽ{{i  ,ィ尨。o   __`ヽ \         (まずいな・・・
 f´ 〃  ,:   {`㍉{、   .ハ{i尨',ィ≦ O  \ `ヽ ノ
,ィ{   i{ ,  f     》ム斧ミxィ三三ニ   _人_   〉 _ノ           俺も思った以上にやる夫から
/ハ  {{ {  { ,ォ=ミ{ }/:::: /=ニ三三ニ  ヽf  _,イア´
i/ハ Ⅵi才"   Ⅵ::::::;イ=ニ三三ニ _ノ{_   /V     ,ィニ三     不興を買っているようだ)
////≧ィ'      }ム:::{=ニ三三ニ=:`Y   /{/     ノ三二ニ
//////{、   __ノミji人:{ ニ三ニ=-   ̄`ヾf`ヽ.    ,ィ三二ニ
//////ム__  ̄ _.ノ   》'"´      /7 :}  ノ {/三二
//////ハ    ̄  ,ィ示{     \   //  ノ⌒  ノ三二ニ
///////ハ     ,ィ劣/人 `㍉、 ヽ  /  ‐=彡三二
////////ハ.   ff//////ミ ー=ミ_ ,イ  ,.イヽ辷三彡'´
/////////ハ,  {{///////ヾミ=-' ー==彡'
////////彡'  マ////////////////≧=x   r=ニ三三





762 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 21:03:47 ID:ICBlf/A20




             __  _
          ,. -''_´、__  ``__ヽ、
         /‐-、__l   ` ̄┌ー 、ヽ
       /l ー、_ュ、     ´二二_ヽヽ
      / | 、`ー―      /`ー'´ ,r |ヽ
     _,.|/  ` ー''´      ヽ ̄ ̄,  | l
 ,. r:'T::|      / n n   `ー'´    ヽ|       (そういえばワシも最近
 ヽ、|::::|::|  U  ./      ヽ       |、_
   `''ー|     /        ヽ  u    .|:::|:::l::ヽ    やる夫から陰口を叩かれていると
     |::ヽ   レ‐-、__,,. -‐-、ヽ     |:::|;::l;-'′
     |:::::ヽ  |  ,. -::::::::::-ュ、 ヽ  /  |´       聞いたんじゃよ。
      l::::::l  | /::::::::::::::::::::::::ヽ l  |  .|
      ヽ::::. ヽ'-''´ ̄    ̄`` |  l  /        よもやワシの地位まで危険に晒されることは・・・?)
      ヽ::::. ヽ、__,.r‐-- 、_ ノ   /
       ヽ:::::.           ....:/
        ヽ::::::....       ...::::::/
         ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/


やる夫はオルジョニキーゼの権力欲を疑い、クィヴィシェフに至っては呑んだくれの役立たずと吐き捨てていた。





763 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 21:04:58 ID:ICBlf/A20




これ以上やる夫と対立することを望まなかった二人はキーロフに妥協を提案する。



            , =-‐ニニニミヽ、
          ,ィ´ィ,ィ'"´_=-‐-=、`ヾヽ
       .,r‐‐=///´r''´⌒、_∧_⌒,=、ヽヽ、____
ー<´ ̄~¨7  .///f´`,ィゝ‐''.〈ハ〉 ̄ゝ‐'、ヾヽ`ヽ\r‐-、
ヽ  ヽ _/ .///r‐f´     〈ハ〉    f`Y:l‐-、. }  l‐-、
 ゙v''"´  `ヽ{ i l`/'"//⌒ヽ. 〈_〉 ./⌒ヾ、 l l、  `ヽ ノ´`,、´ヾ
  }ゝ、 __, ィ'"l l: Y`i l l (⌒ヽヽ__/´,ィ'⌒) l l_l_l、ゝ ___)´` ⌒
  .l`ー---'''"l l:..l rf⌒ l`x、 ` v ´)ヽ,ィ' ff´ ハ `ー-‐'i ´` ,,、      キーロフ、悪いことは言わん。
  l       l l八ノl ヽri゙ゞニ゙、_|_,∠´、",r`Y ノ    l
  l    _ ヘ∨ゝ. /.f´l:.'´-三-`゙l`iヾ ハ'"     l         やる夫と妥協しろ。
  .ハ,ィ'"´:::ヘ //ヽ,,`ゝ{ ,>=< }‐'"rヘ l.      l
 .ノ //////∧'"ヽ、゙ ゝ ハ'´ヾ  ,イハ ノ,ィヘl /⌒ヽ l         書記局入りを受け入れるんだ。
:./ l///////,`>-、 八_,,` ー‐‐'__ノ´ ,,ィ'"/////} l
/  ゝ///////////`ー=i `ー―'  ,ィ'´////////ノ l         ただの先延ばしでは限界がある。
   ` 、////////////l l7777l l´/////八 ̄   /
  _ =-‐'"///////>'"_ ヾ//ノ l////////`>. /



       l                 |
      |┌─-______──~|  |
      |/               J  |  |
      |   -─_       _─-、 |  |
      | /\__/|   | |___∠ヽ \|                  ワシもオルジョニキーゼに
  __ ─|  「`--' _l __ /_`--' /   |─__               賛成なんじゃよ!
 (_ | |  | \ヽ ̄_/ ┐┌  \ ̄/ / | | | _)
   ̄ ─|  l  ̄            ̄  l  |─ ̄   ___        同志やる夫との対立が
        | | ┐ ,─     ─、  |  |_   / ヽ___ 入       深まれば、その地位すら怪しくなるぞ!
     //|∩ |┐_ ヽ r _  l  |  |::: ─_|       l
   /::/::/ /| /~  ───  \|   |   |\:::::::::|       /─、
   /::/::| 〈 | |┌──── ̄ 7|     l\\::::::\___//  \
  l:::l::::| ヽ  | ~| _____/ |   /|:::|::::::\:/     /    /─、
   \:::|  ) / /        丿  /:l::::|:::::::::/ \   /    /   l
   | \|__//~─- ̄ ̄──'  /::/::::l:::::/   l  /    /   /~l
   |  |   |─______─ ':::::/::/:∠_   |/   /   / /
   |  |─-|:::::::::\::::::::::::/:::::::://:::|   7\  l _/ |__/ /
   |  |   |─__ `──':::::::::::/::::::─\__l_ /        \/
   |/|   |  \:::: ̄ ̄ :::::::::/ ̄ ̄::::::::::::::|\       /|
   |/|   |    \::::::::::::::/\:::::::::::::::──| `───-/::::::|





764 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 21:05:58 ID:ICBlf/A20




                  __
                 /:::::/
                 /::::::::厶ィ::::::::::::-....__
             _{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
              /:::::::/:::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::\
          /:::;イ::i::i:i:::::::!::::::::::::::::::::\:::::::::::::i:::::::::i
            i:::/ l:::l::|:ト、:::ト、:::::::::::::::::::::::}:::|i::::リ::::::Ⅵ
            i/  Ⅵ:|:i,ィ芹ミx::::::i:::::::::::::i:::リ::/:::::::::i:|
              Ⅵiト ヒリ  \!::::::::::: !/::::::::::::::/リ
                 ‘iリ      Ⅳ:::::::::::::::::::::::::/     (たしかに、
                  .    U , i从:::::::::::::::::::/
               \ ̄   /___}ルリ从:::/       これ以上やる夫に疑われると
                `r‐<二二二二二>、
                 「 ̄`ヽ二二二二二二ニニ\     まずいよなぁ・・・)
               ∨二二二二二二二二ニニ/
                   ノ二二/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Vニ{
                  〉少'´      __,  Vニ}
              / //     /二二}二二リ
                / //  /  /二二//二二/
             / //  / /二二ニ//二二/





765 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 21:06:21 ID:ICBlf/A20




     /.::::l:::::::::::::::::::::/.|::::::::::/.::/.:::::;ィ:::::..._l_        ';   .l     __}::::∧
    ./.::::::;!::::::::/l::::::/.::;!:::::::/.::;'.:::/.:|:::::::/|:::: ̄::::::::::::::T…ハー‐|…::::::l::::::::::::l }
   /.:ィ::;':|l:::::;':::|:::/.::::l::::::/.:::;:::/  .|::::/ !::::::::::::::::::::::リ::::,' ';::::|::::::::::l|::::::::::::l::,′
  ./'⌒|::l::|l:::::l::::l:/::::::::!::/.:/ >..、 .|:/  .|::::::::::::::::::::/.:::/ __,ミノl::::::::;':!:::;::::::リ,'
     .|:ハ::l:::::|:::::'::::::::::::/_>イ示>ミ:.、  .l|:::::::::::::::/ /:/ィ´.ノ }》.!:::::/::l::;'::::::;:′
     .l:|._';::::::|ハ:::::::::::ハ:〉《 .:|'人___>ト.メ}::::::::::〃 /イミ=イ / .ノ.::::::/.:|l::::;′
    .,.イ:::::i:::〈l} |:::::::::!.:l|   弋///Yリ / ,'::::::/    乂'ノ  /.:::::::/.::ノl::/    (だけど、やる夫の目的が
   .i′::::::::乂:::ヽ〉:: 从 l   、_`-二ノ /.:/  u   ー‐'  ハ:::::;'.:/.:l|リ
   .|::..::..::..::..::.\:ハ::::::ハ         〈;/            .;  ∨l〈`ヽl|      俺の飼い殺しだとしたら!?
  .ノ〉::..::..::..::..::..::\〉:ハ :::.、     u       ゞ   し .从 ∨ .\:.\
  〈〈::..::..::..::..::..::..::..::.`l从  丶 U                .イ:::::|     ヽハ    レニングラードを奪われたら俺は丸裸だ!
 イ/\::..::..::..::..::..::..::..::..::.\  ` 、     .∠二二ア    ..イ:::::::::l|      ∨'.,
 '////,\::..::..::..::..::..::..::..::..::.\   >..、       ...イ.::::::::::::::: リ         ';ハ   だがこのまま歯向かい続けばいずれ・・・
 l//////,\::..::..::..::..::..::..::..::..::.>..、_  >....__ ..<::::::::::::::::::::イ:/       ll:::li
 /////////\::..::..::..::..::..::..::..::..::..::..::..:>i=<__::::::::::::::::/..:::/           |l:..:|ト、 くそっ!どうする!?)





766 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 21:07:22 ID:ICBlf/A20




結局、キーロフは妥協した。やる夫との全面対決を決意する勇気は彼にはなかった。



|:::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ト、::::::::::::::..\::::::::::', .   _,... -‐ヘ::::::::::::'ハ::::::';:|::::::::::::|:::::::::::::::::::::
|:::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::| \::::::::::::::..\::::::;ー'´    _.メ:::::ハ..∨::::l!::::::::::::!::::::::::;::::::::::
l::リ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::l-―.\:::::\::::::::::::',   _.,ィ"´ _\ミ ∨:::::::::::::::;::::::::/:|:::::::::
|:l{:::::::::::::::::::::::::::::::::';::::', __三≧、::::::、:::::::::',   〃  〈   .ハ ヘ〉 ∨::::::::::::;::::〃::;!:::::;:::   わかった!
|:l!:::::::::::::::::::::::::::::::::::Ⅳ〃 .,イ`', \〉\::::::',   :: .|:\イl! ;    }/.::::::::;:::/.:::::;'::::;'|:::
|ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::',ヽ〉, :{\.ハ     \ハ  :. 弋:::::;リ.ノ   ,'::::::::::::;イ:::::::;::::;'::|:::   さっきの人事案を受け入れるよ。
l ∨::::::::::::::::::::::::::::::::',.}ハ ∨.::::',      ̄   ´ ̄ ̄   ..,'::::::::::/} |::::::;'::/::::|::/
.   ヽ:::::::::::::::::::::::::::::ハ!  ヽ '>'´                ,':::::::〃.イ!::::;':/:::::::!':::   でもモスクワに移るのは
    \::.\:::::::::::::::::::ヘ         ,!           lj   ,'::::/ /.:::/イ:::::::::::ハ
     \:::::ト、:::::::、::::::.ヽ   u    ヽ                /イ_z<::::::::::::::::::::::::::|    レニングラードの雑務を処理し終えて
      ..\ヽ` ::、:ヽー::、:\       ___  U     / l:::::::::::::::::::::::::::::::::|
          .\〉  `ー`ハ ̄       <___ .ノ        .,.'  l:::::ハ:::::::::;>┴ ┴    からにさせてくれないか?
                  ヽ                  ,イ ___.〉;:l <´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
                 >         _,....-―≠ニ|::;ィ≦___:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:
                       .>-=ニ:: ̄:::::::::::::::::::;::/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.



         ____
        /⌒  ⌒\
      / (⌒) (⌒)\
     /  ::⌒(__人__)⌒::: \    そうかお!
     |       |::::::|   ,---、
     \       `ー'   しE |    決意してくれてうれしいお!
     /           l、E ノ
   /            | |    準備が整い次第モスクワに来てくれお!
   (   丶- 、       ヽ_/
    `ー、_ノ





767 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 21:08:30 ID:ICBlf/A20




しかし、キーロフは何かと理由をつけてレニングラードを動こうとせず、なかなかモスクワに現れなかった。



.        /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :``ヽ
.       . /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 〃: : : : : : :: : : : :: ヽ
        ``ヽ. : : : : : : : : : : : : : : /〃: : : : :: :/:/: : : : ::ト、|
      /. : : : : : :/: : :/ : : ::/:/  /: : : :/.://:/: : : : :ト、|
     /. : /: : : :/: : : :/: : /:/   /: : /  /ハ/.:.:.:.:.:.:.:.| !
.     /.:.:.:/.:.:.:.:./.:.:.:.:./.:.イ ー--  /:./―- ト、.:.:.:.:.:.:.:.:.|
.   /.:.:.:/.:.:.:.:./.:.:.:. : :: :ィ≡三三   i/ 三三 ハ.:.:.:.ハ.:.l     い、いや~
.     ̄/.:.:.:.:./.:.:.:.:.l:: :: :|::::::::::::::::      :::::::::::  ハ::.:.:./
      //.:.:.:: ⌒ヽ::|: :l {、        ’ .   ハレ':|       仕事が溜まっちゃってさ~
        /ハ___ : : : ll{  U         / : :l|:/
           ヽ:: i:、:: :: ヽ:ゝ   ァ-、_,  u :ハ          なかなかレニングラードを離れられないんだ!
        / ヽ| ヽ:: ::∧: 、 ヽ、 -  ノ /} }:/: : ヽ
       /: : : : : : : \::ハ、: : : >-一:7//: : /: : : :ハ:⌒ヽ   来月、いや、再来月にはそっちに顔を出せると思うよ!
.      〈: : : : : : : : : : : }ヽハ三三三三彡/: : : : : : : /: : : : ヽ
    , ィ⌒丶: : : : : : : : jニ∨三三三三7ハ: : : : : /-‐' ´> 、丶
  / : : : : : : : \: :/i: 人三三三三三リ}/ヽ: :/ : : : : : : : : : : `丶、
/ : : : : : : : : : : : Y: : |:/三三三三三三Ⅳo:У: : : : : : : : : : : : : : : : :\



      / ̄ ̄ ̄\
    / /     \ \
   /  (●)  (●)  \      ・・・そうかお、
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    /      なるべく早くしてほしいお。
   /              \





768 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 21:09:37 ID:ICBlf/A20




.     /.:::::::::/.:::; ' ..イ:::::::::::::::::::::::..\::::::::::::::::::::::';:::ヽ;、::::::::::::::::::::::::::::::l::ハ
...  /.:::::::イ:: ..イ:::::::l::::::::::::、::::::::::::::';\::::::::::::::::::;:::::::::`:..、::::::::::、::::::::::::|::::ハ
  〃´  ,' .イ;':::::::::::::';\:::::/';::>:、:::';::::\:::::::::::::'::::::::::::::::.\:::::';\::::::|:::::::∧
       {.;'::l|:i::::::::::::::::',  .メ、::ヽ;:、::\::;:ト、:.\::::';:::';::::::::::::::::::..\:';:::.\:!:Ⅳ::::
      ∨::|:|:ハ:::::::::::::';. / __` ハ.ヽ:::::::';、ヽi::\:'; l:::::::::::::::::::::::::`:::::::::::::l ヽ::
      ∨l:l:! .';:::::::::::::/./,⌒';.\〉 \∧l Ⅳ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{
         ヾ:!|  \::::::: 〈:'ハ ::     ヽ〉.|.ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';:: l|         (くそ・・・
         ヾ〉  ` 、:::∧';} .:      U.:.:.:';:::ト、:::::::::::::::::::::::::::::::ハ:l|
             l l` .、リ'       ::.:.:.:.:.';:|.:.リ、:::\;::<´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       なんとか引き伸ばして
              乂  `       u  :.:.:.:.:.:.:l|.:.:.:У´
              .∧.             .:.:.:.:.:.:.:.:./                    モスクワいきを有耶無耶にしないと・・・!)
              ヽ         ..:.:.:.:.:.:./  /
              .ゝ、ぐ>    ..:.:.:.:.:.〃  /
               .人、    ..:.:.:.:.:.:/  ./
                 ハ  ,.: ,: <V .〃      ,   ' ´  ̄ ̄ ̄
                     `¨¨´   /  /  __≦__
                        __..,/-‐ '´ ̄ ___.二ニ=‐
                    /  _  ̄ ̄
                    ,'.ィ≦ニニ>..、
                   ,仁二二二二二>.、



     ____
   /     \
  /  ─    ─\
/   ‐=・=‐ ‐=・= \   ・・・・・・
|       (__人__)    |
\     ` ⌒´   ,/



しかし、キーロフの忠誠心を疑い始めていたやる夫は、
信用ならない古参幹部に取って代わるべき有望な若手幹部らを登用し始めていた。





769 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 21:10:41 ID:ICBlf/A20




やる夫お気に入りのフルシチョフやベリヤはその代表格であったが、
もう一人、破格の期待を受けて抜擢された人材がいる。



        /´ ̄`ヽ丶、
     /`ヽ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:ヽ
     /:::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:ハ
.    /::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:......:.:.:.:.ハ
.   ノ::::::::::::::::.:{!.:.:.:.:}、:.:.:.:.:.:.:.:ハ
   i!:::;::::::::::::::.:{:.:.:.:.:! ヽ:.ト:.:.:.:.:i:!   _
   |:::j!::::::::::::{!:i!:.:ハ:|/`}.}!.:.:.:.}!  { .{
   {:::!{:::::::::::::E}ミ{! リ./´` j._:.:.:リ /´ ̄ヽ
   i!:ハ::::::::::::{!ヒ}   __ ´ 〉::! Y´  .i!                  ____
    ヽ ヽ:ト、:トゝ  {./ .!  !:!j! {' ̄`  }                /     \
      ヽ `ヽヽ、ヽ._ ノ  Yrゥ ( ̄` /               /  _ノ;::::::::⌒ \
           i>- ' / ヽ,.ヘ  ト、             / ;;;(◯)::::::(◯);;; \
           __.∧ {ヘ  / ri  ',ハ             |      ,__´___ ⌒   |
          /、 :_:∧ .} ヽ./  i!:|  ∨}             \      `ー'´     /
          /ノ} !__ノィ/     .{! :!   .ヽ             /          \
         ノ: : { :!:.:.:./: .   .{! :!    .ハ 
.       /: : : :.ヽi:.:./ノ: : .   {!: i!     j!            ラヴレンチー・ベリヤ
.      {: : !: : : : :ヾ/´: : : : .  `ヾ、  ./
      i!: : {!: : : : : : : : : : : : .`丶、_ハ j!

     新興幹部 ニキータ・フルシチョフ




770 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 21:11:28 ID:ICBlf/A20




  ――― ヴォルガ河中流域 ゴーリキー市


:: :: :: :`ヽ           : : : : : : : : : .   : .   : : : : : :   : : : ; -; : : : : : : : : : : : : : : r' - :: :: :.:.:.:.:.:
: :: :: :: :: ::`゙ 、         : : : : : : : : : .  : : .   : : : : :   : :ノ イ: : : : : _ : : : :_:_: : : : { j :: :: :: :.:.:.:.:.:.
:: :: :: :: :: :: :: ノ           : : : : : : : : : .  : : .   : : :   _ -' {: ; -; r': :: :ヽj:: :: イ: :/ ' :: :: ::.:.:.:.:.:.:.:.
: :: :: :: :: :: ::`: :ソ. .          : : : : : : : : : .  : : .  : ノr ,、_; : { イ: : :: :: :: :: :: ::j:: '´:: :: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:: :: :: :: :: :: :: ::`ヽ_: : : . .        : : : : : : : : : .  : : .  : :r、: : :/: :: :: :: :: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::
: :: :: :: :: :: :: :: :: ::j: ヽ; : : : : . . .      : : : : : : : : .  : : , 、j _: :-´:: :: :: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::
:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::Y: : : : : : : : : : . .      -'._ ノ‐' シ ァ ; ':: :: :: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::
: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :ヽ: : : : : : : : : : : : : , -、'   ハ ィ :: :: :: :: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::
:: :: :: :: :: :ュ:: :: :: :: :: :: :ハ: :r::ヽ: : : : : : ;-':: :: :: ::丶-::ヾ:、 ー,、´:: :: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
: :: :: :: :: :: `ゝ:: :: :: :: ::- ヽ;:::::::`:::ー:::、j:: :: :: :: :: :: :: :: r ::Y ヽ:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: `ゝ {:::::::::::::::::::::::ヽ:: :: :: :: :: :: :: :: :: `ヾ:: :: :: :: :.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::-、::::::::::::::::::::::::::::':; :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::`::ヽ::::::::::::::::::::::::::::ヽ;: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :'; -: : : : :::::::::::::::::::::: :: :: :: :: :: :: :: :: ::::::::::::::::::::.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::{ : : : : : : : :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::ハ: : : : : : : : : : :、: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: : { ` ~ヽ ´  r': :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ' ´            {、:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
: :: ' ´  ` :: : : : ''                `  - : : : : : :: :: :: : :- : 、:: :: :: :: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                         ` : : :    :: : : :: :: :: :: :::::...

        ,   r--ュ r--ュ「77!                                     rュ
777777l  ./l|  l///| !//////|―ュ         r-‐ュ_  j               r-ュ   」/l
//////|////! __ |///| _l//////|///|        j7////77|       !777ェ   r='7//l|   l//|l
///////////lイ/ト|///|l///////////lェ「77ヽ==='////////トt-=-=-l////ト=-'7/////l|-==イ///-=
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////





771 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 21:12:35 ID:ICBlf/A20




       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       |                    |
       |                    |
       /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____
       /  中央委員会書記局 /ヽ__//
     /   第四書記に      /  /   /
     /   任命する      /  /   /
    /   ____     /  /   /
   /             /  /   /
 /             /    /   /
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /   /



 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
  |  す、すごい!                        |
  |  書記局、同志やる夫から直々の任命だ!       |
  乂_____________________ノ





772 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 21:13:23 ID:ICBlf/A20




                   ,  ───  、
                ゝ/ ________\
                /  | / ─ 、 ─ 、l          ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
               /   | /    l    l         <                     >
               |   |─|    (・|<   |  (⌒ヽ   <  この僕が同志やる夫の.    >
               Y⌒`  ヽ_ ノっ_ ノ 三   )   <   傍で働けるなんて!      >
                ヽ_    、____つ l  (、_ ノ   <                      >
                  \  \-、-、_/ノ  _   _    <  こんな名誉なことはないぞ!.>
                   /` ー | l |‐ ´  l l//)、  <                      >
                 /´ \/ `ー´ \   l )  ヽ´ノ   VVVVVVVVVVVVVVVVVVV
                  |  ヽ     |/\/  __ /
                 ├─┤    | 、

            ゴーリキー市第一書記
                   アンドレイ・ジダーノフ





773 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 21:13:51 ID:ICBlf/A20




アンドレイ・ジダーノフは貴族の家系に生まれ、その後「労働者の楽園」を建設する事業に参画した筋金入りの共産主義者だった。
ボリシェヴィキ党上級幹部のなかで唯一、教養的な中流階級の代表者でありやる夫に匹敵する知識人でもあった。



                           ___
                     .-‐ '''""~     `゙''ー-、
                   /                \V
                 /                   \
                 /                      ヽ
                / __,,.. .-‐ '''""~;;;;;へ`゙''ー-、,       |
                ´. |;;;;;;;_\し ノ(;;;;;/---;;;;;;;;;;;;;;;|      |
                  ;;;;/   ヽi;;;;;/´     \;;;;;|      /  ))
                 __|/    ┰ V  ( ・ ). . |;;;;;ヽ / ̄ヽ
                /  | .      i      .  | ̄ ̄´    |
                ヽ ヽ     ∧     .  /      6 |
                 \/ \__ /  \ __ /        丿
                  |     (⌒  `゙''ー-、       /´__
                  ヽ                 /  |  / ヽ
                 ヽ \;⌒  _,,..-‐ー-、_      /  | /   |
                     ー―´___    _/   //     ヽ
                           ヽ\   /\   /ヽ      \
                            |  \/   \/  \      \
                            |   |         \      |



モロトフ並かそれ以上の頑固者、報告書のミスを決して見逃さない完璧主義者で、必ず予備知識を習得してから仕事にあたった。
一方でピアニストだった母親の影響からか巧みにピアノを弾くことができたという。





774 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 21:14:54 ID:ICBlf/A20




その能力を評価されキーロフに次ぐ第四書記として抜擢されたジダーノフは、キーロフと違って心の底からこの人事を喜んだ。
彼は新進気鋭の若手幹部に共通して本物のやる夫崇拝者だったのである。



     ,  ───  、
  ゝ/ ________\
  /  | / ─ 、 ─ 、l
 /   | /    l    l            ど、同志やる夫!
 |   |─|    (・|<   |  (⌒ヽ       この度は僕を選出していただき
 Y⌒`  ヽ_ ノっ_ ノ 三   )       恐悦至極であります!
  ヽ_    、____つ l  (、_ ノ
    \  \-、-、_/ノ  _   _       必ずご期待に沿うこと心からお約束し、
     /` ー | l |‐ ´  l l//)、     粉骨砕身して働かせていただく所存であります!!
   /´ \/ `ー´ \   l )  ヽ´ノ
    |  ヽ     |/\/  __ /
   ├─┤    | 、



         / ̄ ̄ ̄ \
        /  ::\:::/::  \
      /   ⌒   ⌒   \      気合いが入っていてよろしい!
      |    (__人__)     |
      \    ` ⌒´    /      同志ジダーノフ、党は君の働きに
       /,,― -ー  、 , -‐ 、
      (   , -‐ '"      )     期待しているお!
       `;ー" ` ー-ー -ー'
       l           l





775 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 21:16:15 ID:ICBlf/A20




ジダーノフはやる夫の期待通りの人物であった。

イデオロギストであり、知識人であり、謹厳居士であり、狂信的やる夫主義者だった彼は、
つねに自らの首領に陶酔しており、会議を始めるときは必ずと言っていいほどやる夫を持ち出した。



        _____
       /´           `\
   ゝ/  _________ヽ
   /    |    ヘ、    ノ⌒ |
   |   |  /  ̄`ヽ /  ̄`ヽl
   l    |  l     lj | lj    l       では諸君、ただいまより
   ヽ  |_|        |     |
   /⌒`  ヽ       l     ノ、       定例会議を始める。
   | )     ` ー─ ´ っー ´ l
   ヽ__   /⌒\____つ ノ       まず、同志やる夫と僕の考えでは・・・
       \ ( ______ ノ /
       >ー───、─ ´
        / \ / \/ \
      l   l      |/\
      ├─┤      |、





776 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 21:16:43 ID:ICBlf/A20




そしてなにより、やる夫の歴史・文学オタぶりに唯一ついていける党幹部でもあったのだ。



         ____
       /⌒  ⌒\
      /( ●)  (●)\
    / ::::⌒(__人__)⌒:::: \     ジダーノフ!
    |     |r┬-|     |
    \      `ー'´     /     アレクセイ・トルストイの新作を観たかお?
      >         <
     ( |        / )
      `|       /'
         |   r  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......



       , ──-  、
    ゝ/______\
    /  |  / , - 、 - 、l
     l   |  /     l     l
     l  |─|   ^|^   |
      Y⌒  ` ─  ヘー ヽ
     ヽ_   |`───┘ノ          もちろん観させていただきました!
  ∩    ヽ、_ヽ__//    ∩
 ┘`ー┬─´\/\/ー┬─´ └-、
 _ __|_ ノ     |_|___三
        |        |





777 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 21:17:09 ID:ICBlf/A20




         ____
       /´       `\レ
     /_______  ヽ
      |ノ─ 、 ─ \  |  ヽ
       |   v|・     l_|    !        トルストイは「健全な」作家です。
     ,|     |    | Ul´⌒Y
      l/`ー ヘ ` ─  ′  ( |         あの作品も決して悪くはありませんでしたが、
     l__            _ ノ- 、
     (_/⌒ヽ_/⌒ //    l       いかんせんピョートル大帝の描き方が過小でした。
       ` ─┬─┬ /ヽ/    /|
          |___| `  /\ / |



       ____
     /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\        おお!
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\       やる夫もまったく同じことを
  |     |r┬-|     |       思っていたお!
  \      `ー'´     /       さすがジダーノフだお!





778 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 21:17:51 ID:ICBlf/A20




      ___
    /ノ  ヽ、_ \
   /(●) (●.) \        ピョートル大帝は偉大なるロシア国家の
 /  (__人_,)    \       礎を築いたとも言える偉人だお。
 |  l^l^ln ⌒ ´        |      正しい教育のためにも、
 \ヽ   L         ,/       国家・歴史上の偉人に対してこのような
    ゝ  ノ               過小評価が横行跋扈しているのは
  /   /               まったく好ましくないお・・・



        _____
       /´           `\
   ゝ/  _________ヽ
   /    |    ヘ、    ノ⌒ |
   |   |  /  ̄`ヽ /  ̄`ヽl
   l    |  l     lj | lj    l      まったく同感です同志やる夫。
   ヽ  |_|        |     |
   /⌒`  ヽ       l     ノ、     このような文学界・歴史界における
   | )     ` ー─ ´ っー ´ l     不純で怠惰な後進的歴史解釈は
   ヽ__   /⌒\____つ ノ     人民を思想教養的に去勢する
       \ ( ______ ノ /      危険要因であります!
       >ー───、─ ´
        / \ / \/ \
      l   l      |/\
      ├─┤      |、





779 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 21:18:59 ID:ICBlf/A20




        .,,ー''''''''''''''丶、
      ∠____、  ` 、
      !〆\, ノ ¬.ミ    !.     同志やる夫!
      ._|  ミ||0~  ).!  . }     今まで我々は歴史に対して無頓着で
  .-、  ( \__人._..ノ三''Y゙/ )     ありすぎました!
  | .l゙  ( C__..イ~゙ノ    ソ
  .|.,ゝ,...∩\\.L レ゚__ ノ ̄       僕は芸術に限らず歴史・文学においても
  .| --,,)/  .>n--''" ,ト-、、       社会主義リアリズムが必要だと愚考します!
  .! ⌒'),! /( .レ~\ / (  \.
   ヽ`'".ヘv.ヘ   ゙   ヽ  ゙z'



       ____
     /⌒  ⌒\
   / 《;・;》  《;・;》 \        そうだお!いいこと言ったおジダーノフ!
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\       やる夫やジダーノフのような
  |     トェェェイ     |      「真の歴史解釈」を知る真の知識人が歴史を綴るべきだお!
  \    ヽニニソ    /





780 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 21:20:41 ID:ICBlf/A20




ジダーノフはやる夫好にとって満点に近い人材であった。
二人はことあるごとに歴史や文学について狂信的な意見を交わした。



               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |       歴史学における社会主義革命を達成するお!
   /< ①>  <①>\  !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l      ソ連国内にある全ての歴史書物を
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //        社会主義リアリズムにのっとって再編集するんだお!!
  / __        /
  (___)      /



同好の士の存在は大きい・・・たちまちジダーノフはやる夫お気に入りの最高幹部として台頭した。



  〃                   ヾ、
  |!       し バ い な      }}
  ゞ、     た ラ い ん     〃
   >     い バ .か で    ≪
  〃      ぞ .ラ ら も     ヾ,
  |!        に           }}
  ゞ.、    _    _. ‐:::::: ̄::::::: 、  .〃
    ゙ミ、__〈 〉   Tア二 ーミ:::::::::::ヾ"
       ̄|| ̄ ̄ ,]/  l〃 ̄ヾ、:::::::::マ
        ||.   ( j! /./! ヽ  .l }〉::::::::!
       共   〈 `ニと ヽ._ノ¨|=-v′
     厂`ヾ. 、  ヾーr―― ァ    :l
    ,' 二/  l    \ 、_/  ,、__ノ
     l ーT´〈    rイ>ヤ ¨チ
    `寸ル '^ヽ- ' |  ヽ_//ヽ
       \     , |     .{   \
         `¨¨¨´ |     ヽ    l



もっとも、このアマチュア二人の思いつきが後にソ連芸術・文化界に大きな災いをもたらすこととなるのだが・・・





781 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 21:21:48 ID:ICBlf/A20




しかし、その一方で、もう一人のお気に入り、キーロフはいまだやる夫の意に沿おうとしない。



          / ̄ ̄ ̄\
        /  ノ  ヽ、_ \_
       /   (●)  (●) \|l(^)    キーリチ、そろそろモスクワに・・・
       |     (__人__)   l(_ )
       \     ` ⌒´   /⊂)
       /             ヽ ノ




             _ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ:_>
          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\: : :\
            l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ: : l
            | /l: : : : : \ : : : : : : : : /´ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ、
          ∧!: :',ヽ: : : : : : : : : :./           `ヽ、
.            jハ: :}ベヽ: : : : __,ノ    . : : : : : : : : : : : : : : ノ     すまないやる夫。
               ヽ| ゝ ン∠ ___ _: : : : : : : : : : : : : : : : {‐ヽ、
                  { ̄ ̄ ̄    \  ̄ ̄`ヽ、: : : : : : : : : : (    まだやり残したことがたくさんあるんだ。
                 l>‐- _            ヽ: :
              , - ‐′     ヽ ̄ : .                    もう少しレニングラードに留まりたい。
          /              ヽ: : : .
       /           .: : : : : :.\: : : .                 モスクワ行きはまだ待ってもらえないか?
       |  \     . : : : : : : : : : : : `ー- 、: : : . .       /:
        |    .\ . : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : . .     /: :
        l     . : \: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : .: : : : :/: : :
       l    : : : : :.\: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :  ̄ ̄ヽ_ノ: : : :
       |    : : : : : : :.\: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :





782 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 21:23:07 ID:ICBlf/A20




このころ、キーロフはインフルエンザに罹っていた。
病状は徐々に悪化しておりモスクワに出向けるはずもなかったのだが、やる夫からの催促は強化されていた。



  :::::::::::|l///,ヽ ./////////,>..、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  ::、:::::::l|l/////}i//////,' //////,:>..、:::::::::::::::::::::::::::::..ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  ::l/>∨//////////;///,、'////////;<::::::::::::::::::::::::::.∨.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  ::∨//≧//////////////\` i<l//ハ ヽ<::::::::::::::::::::丶:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 \:∨///,`'//////i|l///////ヽ|  `ヽ/∧     <::::::::::::::.ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   くそ・・・っ
   `< ̄,ィ,'//////i|'//=ミl///バヽ.:}l  ヾl|  u     <:::::::.\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.     〈/////////l||'////ヽ ヾ/ハ__l|i        ,、  .;:::::::::::<:.ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::   なんで俺だけこんな目に・・・!
     ';///i|'////l||'//ト'Vハムヾ|  `   U  l::|  |:::::::::::::::::::`:ヽ::::::::::::::::::::::::::::::
       l//ノ|l////l||//∧zヽハ―‐....、       |ノ .イ::::::::::::::::::::::::::::ヘ::::::::::::::::::::::::;
       |,'/ `ヾ'/,l|リ'//∧'|从|::::::::::::::ヽ   _ ....:<::::l|::::::::::::::::::::::::::::::| \::::::::::::::〃
      リ′   V,|`ミl///ヘl  ` .、:::_:<´:::::::::::__l|::::::::::::::::::::::::::::::|!.. \::::/
             ,リ  `∨//,\.     ` ̄<:::::::::::: |::::::::::::::::::::::_::::::|l   ∧丶
                 Ⅵ`ー‐`.          ̄`ー|>--=≦ヘ`ー||    丶 `ー
                                        `ー->l|     \
                                        ||       `





783 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 21:24:04 ID:ICBlf/A20




キーロフにとってはやる夫と話しても疲労するだけであり、本当に話し合いたいのは
昔からの親友であったオルジョニキーゼだった。



.    >‐ 斗 ¨: : / /: :{:     \<ミt
  /  //: : γ¨7,//: : :.:Y⌒\  ‘,: :`寸           キーロフ、今は休め。
 /   / /: : : : /`ー´//: : __ :.{.    \ ‘,: : __\
./   | |: : : ノ   〈〈 -‐ `: ゝ._tァ__ゞ='-' };} .)         やる夫はお前がいつでも健康だとでも
    | |: :Y´ ̄Y、 } }__   , ィ ,,   >'¨¨≧ェ__       思っているのだろう。
.    Ⅵ {   } }γ´   \/ |' .{.    ,γ´   , \
\    Ⅵ ゞニ彡'::{   ij    ̄¨¨^ ─Y_.」_ヽ / ィ }           /ヽ
、__}   ‘,',l    !:::!                ¨ ‐- 、′      /   }
」-'¨\  \\__/  \_〟-‐       `ー‐- _   ノ    / ̄〉'_>´ ̄У ̄\
    \  \\         _         / ̄_ ェェ/_/       {_   〉
.       \  \\  \ \ゝ_ 三二≡=-─ ´仁}三三三三三三三≧ェ.    ̄¨ヽ



しかし、一向にモスクワに来ないキーロフに対するやる夫の不信は深まっていく。



      / ̄ ̄ ̄\
    / _, 、_ \
   /  (●)  (●)  \    ・・・・・・
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    /





784 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 21:25:07 ID:ICBlf/A20




水面下での政治的緊張とは裏腹に、1934年は民衆にとって満更悪い年ではなかった。

飢餓地獄は最悪の状況を脱したし、弾圧政策の緩和は尚も継続され収監者のさらなる釈放が実施されていた。



                      ___       ___
                         |. : . : . : |\.    |. : . : . : |\.
                         |. : . : . : |:  \. . |. : . : . : |: | \
                         |. : . : . : |: | ̄: ̄ ̄|. : . : . : |: | | .\               :
                         |. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | | | \         :
    :::::::::::::::::::::: : . .      :      |. : . : . : |: |:. :. :. |. : . : . : |: | | | | |           :::::::::::::::::::
    :::::::::::::::::::::: : : : :    ::::::::: . .  |. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | | | | |  ..............   :::::::::::::::::::
    :::::::::::::::::::::: : : : :    ::::::::: : :  |. : . : . : |: |:. :. :. |. : . : . : |: | | | | | :::::::::::::::: : :  :::::::::::::::::::
       .i =i、___.i =i、___i =i、___.i;;|. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | | | | | :::::::::::::::: : :  :::::::::::::::::::
 ____!|: :|i: : : : |: :|i: : : : |: :|i: : : : | |. : . : . : |: |:. :. :. |. : . : . : |: | | | | ,, ,,"''..;'';.";;.,.,".,,.... :::::::::::
 |:.:.:.:.:.; :.:|: :|i l⌒l:|: :|i l⌒l:|: :|i l⌒l:| |. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | | | ,;"":;";;;;'`:,:'.. : .:" ".`: ::::::::
 |:.:.:.:.:.; :.:|: :|i: : : : |: :|i: : : : |: :|i: : : : | |. : . : . : |: |:. :. :. |. : . : . : |: | | ;;";'':,:'. ;;':,'..''''''' ''''': .'''''".';
  |:.:.:.:.:.; :.:|: :|i l⌒l:|: :|i l⌒l:|: :|i l⌒l:| |. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | ;;',;;';";"'''''ヽ`,:"'.` ,:'. : .  : .";`
  |:.:.:.:.:.; :.:|: :|i: : : : |: :|i: : : : |: :|i: : : : | |. : . : . : |: |:_:_:__|. : . : . : |: | '';;,;;':,:'."''''';:,``'''''ノ:'`:,:'''''';";`
 |:.:.:.:.:.; :.|三三三三三三三ミi|i::_:_:_ | |. : . : . : |: |i   i   :|. : . : . : |: |. :|: :'''`',:'';;,;ヽ`',:'';;';;';;'`',:''''''' ...,,,,,,,
 |:.:.:.:.:.;  ://ll|//ll|//ll|//ll|//!| i::|l!ll| | |. : . : . : |: |i\ i \:|. : . : . : |: |: :|: :|: :|: :|   `y;/ノ  `;'`;'`;';`;'`;'
 ______| ̄| ̄| ../ |] i::|l!ll| | |. : . : . : |: |i.. | ̄|二|_________________
  . : . : . : . : . : . :|. : |  | ''' ̄ ̄ ̄ ̄~''''''''''''''''''''': : |O |i: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  . : . : . : . : . : . :|: : |  |"""'''''''''' - ,, : : . :  : ..|G |i: : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  . : . : . : . : . : . :|: : |  |,,,,,,,,,- - -'''".  .   .  .   |P..|i: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  . : . : . : . : . : . :|: : |  |. .  .  .   . . .  .   .. |U..|i: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  . : . : . : . : . : . :|:_:_|,, -  .  . . .  .  .   .  [,|,★,,|,,] ¶: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄               (´Д` )||  ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄
         ∧_∧∧_∧           ( :l .《L|
        (  ;∀(∀;  )          /__,:|_,/」
       / ⌒`')と   ヽ          (_(__)
        )  ) ( (  (
       (__)__(_(_)



逮捕者総数は1930年来最低を記録。有罪判決件数は最悪期の25%にまで低下した。





785 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 21:26:12 ID:ICBlf/A20




さらに政治局は逮捕から取り調べ、死刑判決、死刑執行までを自己完結できるOGPUの巨大な権限を制限することにした。



                _
              //.|
             //./|
           //./| |
          //./ /|. |
        //./|/::/| |          _______________
        □/ / // | |.          |
        | |/.;;;;//.  | ||           | じゃあ、モナスキーは死刑という事で・・・。
        | | ;;;;;;//   | |||         |_
        | |.;;;//    | |.||     ∧ ∧  |/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        | |//..    | | ||.    ( ・∀・)
        | |/.     | |. ||    (    )           ワイワイ  ガヤガヤ
______.| |___//| ||__ / | | |__
        | |   //  |. ̄∠/(__(__) /|          ∧_∧ ∧_∧ ∧ ∧.
..∧_∧   .(| |⌒/. ∧ ∧⊃イヤァァァ.    //|         (´-`;)(@・ )(;´∀)(
( ・∀・) (⌒| |//(;´Д`)        //  |        ∧∧ ∧ ∧  ∧_∧. ∧∧
(    )  ̄| |/ (⊃ /  ⊂.⊃.   //   |       (∀・ )( ´,_ゝ)(   )(´∀`
| | |.   | |    /   └─┘ //   /.      ∧_∧ ∧ ∧ ∧ ∧. ∧_∧
(__)_)   | |  /          //   /       <_`  )(´・ω)(д゚` )(
        | |/          //   /.       ∧_∧ ∧ ∧ ∧_∧. ∧_∧ ∧
        ~~           //   /        (   )( ゚∀゚)(`   )(   )(゚д
.                   //   /        ∧_∧ ∧_∧  ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧
.                 //   /         (д- )(   )( ´,_ゝ)(TдT)(∀` )





786 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 21:27:23 ID:ICBlf/A20





死刑判決を下したり、収容所行きの短期刑を下すような法的権限は地方の裁判所に移された。
今まで秘密警察の管轄であった反逆事件でさえ、通常の刑事事件として裁判所の管轄とされた。



 、_    、  、     _、-                             -、_   ,、  ,、
、, `'-、 `'-、゙'-,、-'´              ,、- '  ̄`' -、             `' -i'゙ ,、-'´  ,、-'´、-
 `'-、 `'-、 `i-'               /   、 ─ 、  \              ゙-i  ,、-'´,、 '´
   `'-─゙-┘               i゙  // ̄\\ ゙:              └-゙─'´
`' -、                        !  ;  | ´','','` |  ;  !                    _ ,、-
、  `' -、                    └-┘ \_/ .└-┘                 ,、- ' ゙  _
 `' -、.  `'>              | ̄ ̄`!     i´ ̄ ̄|                <゙   ,、- '´
,-、   i`' T゙              ├─┬''''''''''''''''''┬─┤              ゙T '´!_,.,_ ,、.,,
i/ソi~'),!-、.i_               | ;;  | ̄ ̄ ̄ ̄|  ;; |             ,...,,.-,!c,=!i_・i.!_;,ノ
⌒'`ヽゝソ ! ')i゙;ゝ     _ _ _ _ | ;;  |  _ O _ .|  ;; | _ _ _ _       (・.)(゚ノ゙ゝ ' ' ' ´
~` ' ' - 、 , _` ’      \┌ ─ ─-'';─ ┼ '-'-'-' ┼ ─ -─ ─ ┐/      `_ , 、 、 -  ' ' ~
 ̄i ` ' ' -, 、 ,`,'_' '_- 、 ,、| i::::::::::::::::::::i i   ̄  ̄  ̄  i i::::::::::::::::::::i |、, _- '_'__´、 、 、、- ' '゛ i  ̄
  i     !   i ;iミ,;ヾT´! i i┌ ─ ─ ! i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i i ─ ─ ┐i i ,゙-、,ナヽζ!   !     !
  i     !   i 丿 く i i i ! !- ┬ - ┤i- ∩ ┐┌ ∩ -i├ - ┬ -! i !゙(マi i゙T''゙ヽi.   i    i
  i     !   i .i~i ゙',゙.!    ! !  .i.  i二二二二二二二二!   !  i .! !' '/./  i!.
  i     !   i (|─´──┬ ' ´  ! !            ! !.  ` ' ┬─ ─ .┤!.   i    i
┌‐────┐ | i~!    .!i    i└-───────┘!.     !    i~! | i   !    !
│        .|  | i i.    .!i    /              \.   i     ! i | i    !    !



好き放題に暴れまわっていたOGPUもその超法規的権限をはく奪されることとなる。





787 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 21:28:19 ID:ICBlf/A20




【補足】


     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ         ★  ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミ
    /  ./ /      l ト、\
   \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',     これら前年から引き続く明白な弾圧緩和の傾向について、
     l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !     二つの大まかな推測ができます。
     l | l | ┬::cr / / ┬c」 |
      l | l !  l:::::::j  '   l::::j.! /     ひとつは、オルジョニキーゼやキーロフのような
      l | l l⊂⊃‐       ‐⊂/     党内穏健派がやる夫の弾圧政策を修正したという説。
      ! | |ヽ|        -   リ
      ! | lゝ、          /|       もうひとつは、これは将来の大弾圧へ向けた
      ! | |::::::::::ー┐ r‐:::イ:l. |       警察・司法組織の再編成であり、弾圧の準備段階に過ぎないという説。
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !





788 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 21:29:26 ID:ICBlf/A20




     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !     前者については、グラスノスチの結果おそらく事実でないだろうと言われています。
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||     議事録を見てもどうやら政治局で意見対立があったわけでもなく、
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l      指導部の合意に基づいて弾圧は緩和されたとみられています。
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|
       l \     _    ,/ |      後者には大きな説得力があります。
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |      やる夫は将来の弾圧と自分の独裁権力強化のために
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !      より効率的な警察組織を必要としており、
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !      実際に後に大弾圧を再開しているからです。
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!



        ___  (._  |  ノ ,   '  ,         '         ' ヽ
     ___/r_- '  ̄  イ (__/ /  /          |  i 、      V
   r :::__:::: {    /:!   ヽ    ,'  │!.    │ !   V      ',
   |:::|  イ^て  イ::::!   ノ .!  l.  │!     ハ  !   l  !  ハ !
   L/イ  「    |:::::!   (_ | l ハ   | | |!   l | |  ノ| !   ! | |
  .   /!  ハ____. |:::::!    ヽVハ__ヽ__Nヽ|!  l/ j ,.ィl‐j 'T リ イ レ
    /::!   l    ヽヽ:::ヽ  ノヘ´ ヽ==ゝl、 `ヾノ' j/ィ´j::V レイ|           この物語でもある程度後者の説を採用してるわね。
    !:::!  !   (  ヽ,=:Vハ ヽ イiナ:ハ        、'-ノ ' l | ヽ          (※第三十二話参照)
    ゝ!   !    ー-..{@jil!| !   ゝ‐ '            ハ ハ. |
      |  !         ´ゞィ'!| |            _′   / | | ヽ         やる夫は地方幹部の権力を制限するために
      |  !       `ナ'| ト          '-'     ∠_.l  !  \        弾圧を緩和していた・・・
.      ,|  ::!         /'  l  !_>-_、, ―-、     /⌒Y ,′   lヽ
    /│ ::::!         /   l  ! ' ´ : : : : : : .ヽ-<: : : : :V ハ.    | !      そして無軌道に振りまかれていた弾圧を
  . /:/  :::::!      /   ,l  !: : : : : : :__ {ゞン}─ - 、:.| ! ノ  / '       中央集権化する試みだった、と。
   / l ::::i      /    /! i!: : : : /: : : : . Y´: : : : : :L_.! / /
  :/.  | ::::!       \ ,.'   ! i!:__:/: : : : : : :.:.| : : : : : ::_.ゝ-─── ァ





789 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 21:30:51 ID:ICBlf/A20




          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\     しかし、ここにもうひとつの推測が成り立ちます。
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ      それは、「やる夫は本気で弾圧の緩和を目的としていたのではないか?」
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/
         | |{i t    _     / |      ということです。
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |



           rーイ¨ ̄¨ト、-┐
         ,r::┘、」;;;;;;;;;;;:::j/:::::/入
.       _i -、_>------- <:::::┴i
      〈:::::::i i ||Vlリk i|i ,l||ソ ヽ::::::::〉
       ┐'レ' ⊂⊃    ⊂⊃!Ni_イ、
.      イ| u         |!l lハ ヽ      ??
      /ハ              u.|| .\ ヽ
      || `、   {_ ̄ ヽ    '||  / /      つまりどういうことかしら?
      ||  ヽ、    ̄   . イ |,'  ヽヽ
      `    `iTァv'T爪      //
            |く|真| >|      `ヽ
             |〈| || | 〉|





790 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 21:31:20 ID:ICBlf/A20




           ,.:-=;1―;1―;1―;1―;1,=;:、
           ミ              ゙ミ
           ミ      ★       ゙ミ \
         / ミ              ゙ミ   \
        V/::ミ;=========゙ミヽ   \
       //:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :',  `、ヽ ム>
.      /:i:: :: /:: :: :: :: /:: :: :: :: :∧:: :: :: :: :::i  } >/i´
      ,'::i:: :: i:: :: :: :: /:: :: :: :: :/ ∨:: i:: :: ::l  V/:: l
      ,':: l:: :: l:: _:: :: /:: :: :: :: :ム--+::-l―:: |   |:: :: |     ボリシェヴィキ党のような少数派の独裁体制は
.     i:: ::l:: :: |:: :`''フ:: :: :: ,:: /    ',:: |:: :: :|   |:: :: |     常に人民を弾圧しなければ自己の政策を実現できません。
.     l:: i:.|::..::|::_:: /:: :: : //     v|:: :: :|   |:: :: |
.     |::.l::.|:: ::|::/ニ_;; ;//  ====V:: ::,'   |:: :: :|     しかし、農業集団化の時に見られたような大量弾圧は
     |::∧:',:: ::V弋.:.:テ    ´ て:::::::o|:: ::,'   .|:: :: ::|     一時的には効果的であっても長期に亘った場合、
     |::i ',:',:: :∧廴::ソ      こ .ン|::/,'   i:: :: ::.|     国家システムに過度の負荷をかけ
     ',.i  }::ト:: : ヽ゛゛  ` _   ゜゜イ|/:,'   ,':: :: :: |     結局は体制にとって不利益と考えた・・・
      ',' .ハ::iヽ:: ::>ァ-------<´<:: /:,'   /:: :: :: ::|
       ∧ヾV>、:V/ | (ニxニ)  |: :',:: /_ -'''´:: :: :: :: ::|
       /:: L_i VX|: :|  ∧   |: : |:: :: :: :: :: :: :: :: :: ::ヽ
       /:: :: :: :: :: :: :|: └ ┘└ ┘: :.|:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::\



                               く        /
人_人_人_人_     /二二ニニ===ー―‐‐'   ノ  働  お >
       (.     //´                  ヽ   け  ら  \   _____
 な  手   (    //                      〉 働  |  / /       \
  |  を  (.  //        ___r冖‐、__.   }  け  |   ゝ         ヽ
  |  休  (  //    _∠-―‐く_/二ゝ―'  ノ  ぇ   |  /      ,人/    ヽ
  |  め   (. ヽニニr彡_,ィ_ミ、    {!__}   く   //  っ  〉    、フ /  /\ Yヘ
  っ  る  (    {V∠ノム}ミ=-  }!  }    ヽ  ・・     /.', 、 Z r'  , \/  ヾ.ヽ
       /    `コ匸e] L)ミ    j}´ ̄}     )        (  ', ミ _} (、 { 爪_ / /}i }
⌒Y⌒Y⌒´ ,r=ニ二¨ \=イ/_{=ァ\∠ゝ- イ      ⌒V⌒Y\/⌒ トミ _} {_\{_(イ_。7∠ィilノ-
        ィ三/´  `ヽ、\三彡'  ヽ    }        {  {.: .:::::::::::∧kー-<。≧⌒ミ   {l|l!ニ,
   _r‐ノ⌒´ ̄  _ミ} } `丁´   / / / ―==rニ)  \,ゝヘ.::::::{ ヽゝ 彡^ r_j__ィ  ィ ,l|||三!
  ,イ/´        ノミ}{  {   厶ノ-‐' ,,    辷}    ーr‐' .:::::ヽ   }ト、 ヽ‐--= ´/ ,i|l|l三|
_,イ{l{  ヽ― ´_,≦三ミゝ\__廴__/    .r{{‐y‐ァ' /       ヽ .:::::::::}   l|i!  弋三- ´/ ,|l|l|!厂}
/_圦,ゝ-―¬}丁´   ` ̄ ̄/ヽ=イ    rゝイ {_ ィ'        /^) .:::|  `l|il、,ヽ‐ ⌒´i|l||liィ /
       厶}_,. -r-i_  /  /   /{彡廴彡{.        ̄ヽ.:::::|    ヾi|l|i|l||i|l|i|l|r'//
       _//_廴} \_  /     (_ィヘ/^}___}          ∧.::{   ミミ'弍二二二/ /
      r仁二) =-、〈\_Y      { イ∨ { ̄^\_       ーヘ>.  ミミミ|彡彡´ /_
    /二X^\ ヽ |    }        ー' } -r‐-イー\_r¬―=rっ   `ヽ、ミミミ}彡彡 /:::::\
   /ー=イ\\    }    |         / ー/   \=‐} ィー{ //ミ)     `ミミ{彡   /:::::::::..





791 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 21:32:36 ID:ICBlf/A20




        ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
        =            ゙ミ
        ミ     ★      ゙ミ
       r―ミ             ゙ミ
      l  ミ;=======.:::゙ミ       だからこそ、やる夫は弾圧を緩和し、
       ヽ /  ※   ※   ※ ∧       今までの暴力に依存する不安定な国家体制から
.      /   r―_‐_'i:¨:¨´:l ̄:`ヽ}       法治主義によって安定的に運営される
      { ※ /: ´/: :/`:./;ハ:`: :l: l       国家体制への移行を目指したのではないか?
      }   f: /fてハヾ´ /f'云ヾハ:}
.      { ※ }:{ 弋__ノ   弋::リ j//       弾圧の緩和はさらなる弾圧のためではなく、
      ハ   {:ヾゝ''''   ,、  ''',イ ヽ       本当に恐怖支配を終わらせるつもりだったのでは?
.     /: } ※. }: : ;>‐‐--‐<ヽ  }_
    /: :.{    l:/{i{ (ニニXニニ)} :.{ ※ ヘ
   ,.イ: : :/ ※ l:ヾ}i}  〃{i  {i: :ヽ  ヽ
.  {:ヽ: :.く   /: :j:ヾx、_ノノゞ≠'j : :.} ※ }
.r<:ヽ:`:ー`ヽ,/f'"::`ーt‐f´:t‐r‐':ヘ:-'`¨¨:}´



     |: : : : : : : :/   /        \ `丶ト、:.|:.:.:.:.:.:.:|: : : : :ート、、ヽ
    ヽ.ィ: : : :/   , /    l         'i '"´: : :.:|:.:.:.:.:.:.:!: : : : :_:ハ ',ヽ
      r‐:':::::::/   / / .     |     .l.    | .',: : : :.:|:.:.:.:.:.:.:|: : : : L_l::', ',r
     ',_:、:::/   |||.     |    .|.    | `丶;.:.|:.:.:.:.:.:.:!: : : : : :ハ::ヽ
      ノ:,'   .|l|      \   ト、   | l !´: :.:!:.:.:.:.:.,' : : :r ' `¬
      /:| | .   |十ト 、     |__x ┼‐ヽ- / | .).:: /:.:.:.:./: ::::::::|    |:
.      /:::,! |   .VV_ _\  `丁__ヽ|_____∨ ヽ{: : :/:.:.:.:./::::::;::::ノ|    !:    ちょっと待って。
     /:::::ハ.ト 、 ト下丁丁  ‐-不三丁丁フ  ,ハr'^,-ヘ':::::::::}::! |   .!:
.    .ヽ|l ',ヽ \| 弋_‐.フ    弋_ー_フ   | .|/j〈ィ'>》_ノ"!::l .!   |:    じゃあ何でやる夫はこの後に
         |丁|  ,、,、       ,、,、,、l  ! .|:.ヾ ニフ    !::l .|   |:
.           | l| ′′      ′′′| l| .|/:.:.:.:.⌒ヽ丶|. |:  ..|:    大粛清を行ったの?
         / / 人             | l| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\|:   |:
          / /| |_  > .._  r_‐_、  _,  l l.! !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\  |:     あれだけの規模の弾圧なら長期の準備が
       /,イ | |! /:.:.:.::::ハィュヘ: ̄「「ヽ ..,' .,':| |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ|:
      ノ'   | .| ,′/`ヾニンリ:::..:.:.:.:.:./ /:.:.! !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ    必要だったはずなのだわ。
    ..'"ィ    | ||:.::':.:.:.:.::.:.`¬´:.:.:.:.:.:./ ':.:.:.:.| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:'.
   <._ <   .| ||:.::::::::::::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:! !:.:.:.:.|  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|    その場の思いつきで出来ることじゃないと思うけど?





792 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 21:34:14 ID:ICBlf/A20




          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,        その「なぜ?」をどうにかして紐解こうというのが
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_     この物語の趣旨ですよ。
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ    ですが、なぜ結局は大粛清を行ったのかという質問には
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ    この段階である程度答えることができます。
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/
         | |{i t    _     / |    それはつまり、やる夫が手段を「相対化」させることのできる
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |    徹底的な現実主義者であったということです。
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |





793 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 21:35:05 ID:ICBlf/A20




       ,.:-=;1ー;1―;1―;1―;1―;1―;1―,=;:、
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ         ★           ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ                テ ロ
       ミ;==============゙ミ     やる夫にとって、暴力と法治主義は
       〃. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:ヽ     k     どちらも国家運営に必要な手段でした。
.       / . : : .:.:|: : : : : : : .:人: : : : : : : : :',     ! :',
     ,'. : : : :.:.:.:.|: : :,':,'.: : / \\_.:.:.:|.: : :.! *|.:|    暴力政策が軋み始めたと思えば法治主義に訴え、
.    |: : :.:.: :.:.:.|.:.://.:.//  ̄ \\メ、.:.:.:!   |.:.:|    法治主義が体制を弱体化させるとみれば暴力に訴えました。
.    人 、 :. :.:イ////    ,.-≠ ミ.、!.:,'   ,'.:. |
       \\:.:.:.:lYl⌒ヽ    /|  :::::::l! |/   ,': : :|    やる夫体制下において暴力と法治は矛盾するものではなく
         l\\八 フ:ノ   ′ フ__ノ' ,'    l.:.:.: :|    互いに補完しあう統治メカニズムであったのです。
        |ハ *ミ ,,`´       '' .イ  *|.:.:. |
.         ノハ  >.....__冖_ <:八     い、ヘ
      r 彡.:.:.,'     !:.|「≠介トn,、リ≠、.:\    \\\
    <-=≠:/     ,'.:〈チ_/小.シ〃゙ ト、У.:.ハ.     \<
   /-=/     /.:f癶=キト込、/:.:.:.〈〉ー-ハ  ※  ∨\
    >-´  ※ //xタミⅩ彡:::ム|:.:.:.:.:.:〉.:.:.:.:.:',      ∨.: \
    ̄|>x、._/-_j斗'"ハ:::ハ:::/|.:.|:.:.:./\ .:.:.:.|___/\.:. /





794 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 21:36:26 ID:ICBlf/A20




     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/      やる夫は国家の運営には秩序だった
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !       現代的行政システムが必要だと理解していました。
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l        しかし、ソ連の複雑な独裁体制下では
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|        自己矛盾を乗り越えるために無差別大量破壊的な
       l \     _    ,/ |        狂信的暴力政策も必要だと信じていたのです。
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !        やる夫体制は理性と狂気の間を行ったり来たりして
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !        体制の崩壊をギリギリのラインで防ごうとしていました。
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!



        / ̄\             〕 \
        └┐         _   -―-\  ヽー、
        ┌┘        ,.   /  ヽ \ 了   ト ∠ム / ヽ
        廴     /   /       ヽ`つ  ∨Y   ̄〕マ7_
         r┘   /              |  |└┐ | |  rヘ´ \ j!   _
         `つ   ./            |  |  | | 〔. ||<_ム__>  ̄__
         〔_ .′           |  | || |i `)|| 〔 ヘ\ <       暴力と法治主義を使い分けたり、
           ヽ| | :  |  |    |  | ||  レハ 弋 |r= 、r┘ | \ `      時には重複させたりしていたのね。
            | | |  |||    |  川ィチレ,_| ({ヘ參〉)  !   \
            | | |  |⊥从_| /j//ィi´うハ「| |广7_ハ   ヽ         人類初の「理性と科学だけ」で支配される
             \\ヽ7了7ヾ     ゞ- '| |∨/   \  \       独裁国家のあるべき体制を、
               \| ヽ ゞン       | | ∨     \  \      手探りで模索していたのかもしれないのだわ・・・
                 | ∧    ` . -    __| ハヘ      \  \
                 | l| >_    / j / ̄ヽ.マ_     \  \
                 /∧|/   __ア=ミく入`マ" ̄ ̄ /        \
              // ヘ   /-ゞ參r' _≧ \ ̄/___〉         \
          ___/∠ ヽ_\イ   `T1く, ―‐  ∨  ヘ,__
          \   _...ニニニ>    」 K_,/ ̄ヽ 〉¬   \_
             ̄  _/ __〔  /  | ゝィ厂ト  Ⅴ | |  廴 厂 ヽ
            <二、≦二._ヽイ    |  「 广ヽ.ノ |/   \   /





795 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 21:37:20 ID:ICBlf/A20




       ,.:-=;1ー;1―;1―;1―;1―;1―;1―,=;:、
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ         ★           ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ;==============゙ミ
       〃. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:ヽ     k
.       / . : : .:.:|: : : : : : : .:人: : : : : : : : :',     ! :',
     ,'. : : : :.:.:.:.|: : :,':,'.: : / \\_.:.:.:|.: : :.! *|.:|    後世の研究者はやる夫体制を
.    |: : :.:.: :.:.:.|.:.://.:.//  ̄ \\メ、.:.:.:!   |.:.:|    「一体化した二つのモデル」と分析しました。
.    人 、 :. :.:イ////    ,.-≠ ミ.、!.:,'   ,'.:. |
       \\:.:.:.:lYl⌒ヽ    /|  :::::::l! |/   ,': : :|    二つの政策の緊張状態がやる夫時代の
         l\\八 フ:ノ   ′ フ__ノ' ,'    l.:.:.: :|    統治原理だったのです。
        |ハ *ミ ,,`´       '' .イ  *|.:.:. |
.         ノハ  >.....__冖_ <:八     い、ヘ
      r 彡.:.:.,'     !:.|「≠介トn,、リ≠、.:\    \\\
    <-=≠:/     ,'.:〈チ_/小.シ〃゙ ト、У.:.ハ.     \<
   /-=/     /.:f癶=キト込、/:.:.:.〈〉ー-ハ  ※  ∨\
    >-´  ※ //xタミⅩ彡:::ム|:.:.:.:.:.:〉.:.:.:.:.:',      ∨.: \
    ̄|>x、._/-_j斗'"ハ:::ハ:::/|.:.|:.:.:./\ .:.:.:.|___/\.:. /



                 イ:: :: :: :: :: :: イ''´ ̄`''ー- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::\
              /: : :i:: :: :: :: :: ::/        ヽ、:::::::::::::::::::::::::::|
             /: : : : :|:: :: :: :: ::/           \:::::::::::::::::::ノ
            i: : : : : : :l:: :: :: :: <              \::::::::::/
          /::|: : : : : : |:: :: :: :: ゝ   i    ',   i     ヽ:::::ノ
         /:: :: :|: : : : : ::|:: :: :: :ノ i  |    .|   |      V
       {´:: :: :: :: :|: : : : : :|:: ::::il´ \|   |    .|   |      ',
       廴:: :: /:: i: : : : : i:: :::ノ  ナ\ |、   ハ.i  ,' ./     |   i     つまりやる夫は既得権益化した
        >┐:: :: :∧: : : : |:::::丁下ヌヽ/X´/ソ | /_厶 i   .| ィ .|     地方幹部らと戦うためにも法治主義を取った。
     ┌=ィ∧:: :: :: ∧:_:_:_:|ノ八.弋:.:ノソ      ≦  '、   ./ /  |
       >彡/ハ`ー、::::Xrtjヘ},   ー '      丁下ヌy  ./ .} ハ/     そしてこの「法治主義アプローチ」が限界に達した時、
      ゞ//  ', i  廴_t及ン::| ',            弋ツノイハ┌、/ン        再び巨大な大量弾圧政策に訴えた・・・
      /イ/   i i i  iヽ:\::ヽ ヽ        '   ¨  } .i i \´
.     //i l   l l l l .l  \ゞハ ヽ     _      人 l lヘ \      問題はこのアプローチがどうして、
     レ i l    l l l l .l    コ>ヘ ト、   ´’   イ V弌 i \ \     そしていつ限界を迎えたか、ということね。
       `   | | | .l }v´ ̄: : : : ) ヽ: ` - ' ´`ー 、_」 V ヽ、 ヾ \
          |  | .| ili: : : : : : :/: i `,Vハカ: : : : : : : : :入 ヽ \ \ \
          |   | ムl: : : ::/: : }  iンィソ: : : : : : :/  ヽ `v、ヽ  /ソ
          | ,-'''´:::::::>=: : : : :ノ  ノ∧: : : : : : :イ ヘ、  .V  ) ).//
          /:::::::::::::::/// ̄ -'''´::/:::::ヽ: : : : : :l: : : : : > ノ/ ノ

【補足おわり】





796 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 21:37:57 ID:ICBlf/A20




やる夫は今まで党独裁体制の大黒柱であったOGPUに対しても失望していた。



      / ̄ ̄ ̄\
    / _, 、_ \
   /  (●)  (●)  \     ・・・・・・
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    /





797 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 21:38:44 ID:ICBlf/A20




やる夫は地方の腐敗幹部への引き締めを強化しようとしていたのに、
「党の剣」であるOGPUはと言うと一般農民をひっ捕らえて牢屋送りにすることだけに熱心で
肝心の腐敗幹部の摘発にはまったくの無能ぶりを晒していたからである。



              ,,,,,,,,,,,,
              [|,,,★,,|,]  〔^^〕
               _,( # ゚Д゚)⌒ i  |
          (⌒ ー  一 r.、!  〉  
           ヽ弋 OGPU イ(` ー'       
           〔勿\     ヽ        
               )  r⌒丶 )  ドカ
     ドカ   ドカ  /   !  |'´
       ドカ    /   /|  |∥ ドカ
             (    く  !  ||∥  ドカ
           ドカ   \  i   | ∥|∥|
            __>  ヽヽ从/∧∧
            ⊂⌒ヽ从/ つ XдXつ
   ,,,,,,,,,,,,  ∫
   [|,,,★,|,] ∬
   ミ,,゚Д゚ ノ,っ━~
_と~,,,  ~,,,ノ_. ∀
    .ミ,,,/~),  .| ┷┳━
 ̄ ̄ ̄ .し'J ̄ ̄|... ┃
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   .┻


               [,|,,,★,,,|,]
                ( ・∀・)     だって農民いじめるほうが
                (|゚゚  :  |)    楽ですしおすし。
              / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
             |二二二二二二二|
             |        |





798 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 21:39:51 ID:ICBlf/A20




次第にやる夫は、OGPUは無実の農民を罪人に仕立て上げることで実績を水増しし、
その一方で地方幹部の腐敗・汚職を見逃していると考えるようになった。



     ____
   /     \
  /  ─    ─\    (OGPUの連中、適当に農民を犯人に仕立ててるだけで
/   ‐=・=‐ ‐=・= \    本当は仕事なんてしてないんじゃないかお?
|       (__人__)    |   やる夫の目をだましてサボってるんじゃ・・・)
\     ` ⌒´   ,/





799 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 21:40:55 ID:ICBlf/A20




1934年に入ってやる夫はOGPUに対して直接的な攻撃を開始する。



               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /:::\:::/::\.   |   |     やる夫が見るところ、
   / <●>::::::<●>\  !   !     OGPUの職権乱用は深刻である!
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |!!il|!|!l|      |  /     直ちに無実の者は釈放し、
  \     |ェェェェ|     //       不当捜査を行った職員はその役職に関わらず
  / __        /        厳罰に処すべきである!!
  (___)       /



これはOGPUのあり方に極めて重大な影響を与えようとしていた・・・





800 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 21:42:00 ID:ICBlf/A20




          O G P U
   ――― 統合国家政治局


               ┼                                ┼
             /⌒ヽ                            /⌒ヽ
              (;!___!_)              /\            (;!___!_)
             (;;_i____i__)_____________________.//\\ _____________________(;;i____i__)
                !XXXXX| ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ::://三三\\; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;;;|XXXXX|
    ___________________[三三三] ; ; ; ; ; ; ; ; ; //:i |:::iニ|:::i |;\\; ; ; ; ; ; ; ; ; ;;;[三三三]___________________
  /; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;!|;;;;;;;;;;;;;/_;_;_;_;_;_;_;_//::::::i_|:::i__|:::i_|::::;;\\;_;_;_;_;_;_;_;;;;\;;;;;;;;;;;;|; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; \
/ ;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_|;;:::::::::::::::!::::::::::::::::::;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::::::::;;i;;::::::::::::: i;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_\
.. ̄|:::::::::::::::::;:::::::::::::::: |;;:::i ニ|::::::i:::::::∧:::::::;;|::::∧::::∧::::;::::;:::∧::::∧::::|:::::::∧::::::::;;!;;:::i ニ|:::: |:::::::::::::::::;:::::::::::::::: ! ̄
  |::iニ|::iニ|::;::i ニ|::iニ|::|;;:::i__|::::::i::::: i_i_|::::::;;|::::i_i_|::i_i_|:::;::::;:::i_i_|::i_i_|::::!::::::i_i_|:::::::;;i;;::::!_,|:::: i::iニ|::iニ|::;::iニ|::iニ|::|
   |::i__|::i__|::;::i__|::i__|::|;;:::::::::::::::!::::::i_i_|::::::;;|::::i_i_|::i_i_|:::;::::;:::i_i_|::i_i_|::::!::::::i_i_|:::::::;;i;;:::::::::::::::| i__|::i__|::;::i__|::i__|::|
  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; [三三三]三三三三[ 三三三三三三三三三]三三三三:[三三三];;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; |
  |:::::::::::::::::;:::::::::::::::: |;;:::::::::::::::!:::::::::::::::::::;;|:::::::::::::::::::::::;::::;:::::::::::::::::::: |::::::::::::::::::::;;i;;::::::::::::: |:::::::::::::::::;:::::::::::::::::|
  |::iニ|::iニ|::;::iニ|::i ニ|::|;;::::iニ|:::::i::::i |::::i | ::;;|::::iニ|::::iニ|::::;::::;:::iニ|::::iニ|:::|::::i |::::i |::::;;i;;::::iニ|:::::|::iニ|::iニ|::;::iニ|::iニ|::!
   |::i__|::i__|::;::i__|::i__|::|;;::::i__|:::::i::::i_|::::i_| ::;;|::::i__|::::i__|::::;::::;:::i__|::::i__|:::|::::i_|::::i_|::::;;i;;::::i__|:::::|::i__|::i__|::;::i__|::i__|::!
  |:::::::::::::::::;:::::::::::::::: |;;:::::::::::::::!:::::::::::::::::::;;|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::::::::::::::::::::;;i;;::::::::::::: |:::::::::::::::::;:::::::::::::::: |
'''''';'''''''';''''''''''''''''''''';'''''''''''''''';'''';'''''''''';;'''''''''''''''''';'''''''''';;'''''''''''''''''''''';''''''''''''''';;'''''''';'''''''''''''''''';'''''''''''''''';;''''''''';'''''''''''';''''''''';''''''''''''





801 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 21:42:25 ID:ICBlf/A20




  ノ /      ,. '´ l_|_ll
ニ彡'"       ,. '´   ̄|_',. -――
'´      /      ,.|:'´:::::::::::::::::
     ,/+十¨   ,ィ'´|:::::::::::::::::::::
_,.-‐ラ'′ l_  ,ィ'´.:.:.:.:|.:::::::::::::::::::::
_,.ィ'′    l /  .:.:.:.:|.:.:::::::::::::::::::
/    ,.ィ | :.:..   .:.:.|.:.:.:.:::::::_,.:
   _,ィ,.イ|:.:.:.:..    っ:,ッ'´ll´ / /
__,z彡ィ':::.:.|:.:.:.:.:.:...  /   ll, /,ィ'
_,. '´,/::::::::|:::.:.:.:.:.:.. /ヽ、   ,l!'// ,
ι /:::::::::::|:::::::.:.,ィi´ __,}li i  //|/ /
 /::::::::::::::::っ::,イ 'li,,'´::ri|l! l /イ/l!ノ
,/:::::::::::::::,.ィ:/l|  ',ゞミニl}li l ィノl| /:
::::::::::::://:/  |l u ヾ',、,jリノノ リイ!'.: .:
:::::::/ //  ,l!          /:::::/
::::/   /l'′  l ι     ,.ィ':::::,. '´_,_
::/ι           ,.ィ':::_;ッ',. '"´:.:
,'、    u      _,.ィ‐'"´/ヾ'、:.:.:.:.:          巛彡彡ミミミミミ彡彡
゙、ヽ          ι /li ,ィfriヘ,:.:.:.:          巛巛巛巛巛巛巛彡彡
 '、ヽ            /uti`'=',リ.:イ!      r、r.r 、|:::::           |
.  ', ヽ ι  、    /  u≧テ'´ / l     r |_,|_,|_,||::::::     /'  '\ |
'、 ヽ ゙:、    、丶、_ / ‐ '´ /// /l l     |_,|_,|_,|/⌒      (・ )  (・ )|     おやおや、メンジンスキーはん、
:.ヽ  ヽ. i,    >-‐'  、、/// /l l l     |_,|_,|_人そ(^i    ⌒ ) ・・)'⌒ヽ    ずいぶんと苦しそうでんなぁ。
:::::丶.. `,"_,. - "´/| +十 / /l j /l l l l     | )   ヽノ |.   ┏━━━┓|
_,.  ''"´/ / / //l | l 'ー / //l/ / } l/     .|  `".`´  ノ   ┃ ノ ̄i ┃|     もうお年なんやさかい、
l l l l /l// / / / l l l/ |r'⌒'ー、 //      人  入_ノ´   ┃ヽニニノ┃ノ\   無理したらあきまへんでぇ?
lL_/ ̄У`'-―、 l/ |{_,    )/     /  \_/\\   ┗━━┛/|\\
          )/ ,| 'ヘ_,_ノ/           /   \ ト ───イ/   ヽヽ
          〈// っ ///
                             OGPU長官代理 ゲンリフ・ヤゴダ
OGPU長官
ヴァチェスラフ・メンジンスキー




802 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 21:43:19 ID:ICBlf/A20




   巛彡彡ミミミミミ彡彡
  巛巛巛巛巛巛巛彡彡
  |:::::::           i
  |::::::::    ⌒   ⌒ |          重大な職務の複数兼任のうえに、
  |:::::    -・=- , (-・=-          同志やる夫からのきつ~いご指摘。
  | (6    ⌒ ) ・ ・)( ^ヽ
  | |.     ┏━━┓ |         あげく育て上げたOGPUは
  ∧ |      ┃ヽ三ノ ┃ |         新設のソ連検察庁や裁判所に権力を切り取られる一方・・・
/\\ヽ     ┗━┛ ノ
/  \ \ヽ.  ─── /|\     ノ7_,,, 、    気に病むお気持ちはよ~く分かりまっさかい、
    (⌒、"⌒ソ⌒ヽ- イノ  `、  ( ィ⌒ -'"",う   ここはひとつワイに任せて
    ~''(_)(_)(_)(_)ソ-ィ     ヽノ   ,イ^    ゆっくりと休養をとられてはいかがでっしゃろ?
  _ヽ /`、_, ィ/   ヽ      ヽ─/
/,ィ'"/     /    `、     ) /



        ,. __=ニ二ニー-__-―- 、、
       ,:ィ':::::`丶,.、 , ,=ニr‐、 ,..、\
      /:::::::::::::::::/:::V:::::ヽ:;:ヽ:;ヾ、::\
.      /:.:.:.::::::::::r-/:.:/twィi::ヽ:;:ヽ:;:;!ヾ:;:
    /:.   :./ l:.:/   ',:.: l:;:;:l|:;:l }:;
    |::.:.... .:/、__ |::!    |:...|:;:;lj:;:;l/:;:;
    |:::::.:.:/__、_.:`|::!    __!:/:;:;:;:;:;:;:;:;:;
    |::::::/'、 l:::i`' |:|  ,.ニ゙,..,l/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
    ',:::::l !  ̄´  リ  ー'-ツ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;イ    ・・・ヤゴダ。
      ヾ:;:、'、u .::/′   /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/l|l
      ',:;l| '、 `     ,!:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_Ll|_
      !:!l__l>ヽニニヽ  、:;:;:;:;:/´:.:.:.:.:.
       l:l▽ リヽ.二.. ィ^ヽ:;/:.:.:.:.:.:.:.:.:
      ▽  ,. -f: -、_,、/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
        //>'′ く:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.





803 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 21:44:15 ID:ICBlf/A20




   |l | /:::::::::::::::::::::::::/          !: ::!       ヽ:::::::::::::::::::ヽ ヽ ',
   !l l !:.:.:.:.:.:.::::::::::::/___     l:.:/      __',::::::::::::.:.:.:.:.',  ヽ',
   ノ | l:   :.:.:.:.:.:/   、__`゙ミ=ュ ,':/, ノィz,ィ'"´__,.   ',:.:.:.:.:   :|  ',
.  /!| l l:...:.     /_,,..;ァ==ミ、`' // ゙'Y:::'´: '_´,. ===ミt,     |  ト'、
 / リ ! |:::::.:.:....:.. / '´ |{ift:チj}Lン ,'/  |::::   、{{ft:チリ} `l、:..  ...:.:|、 ', |
,/ // | |:::::::::::::::/   ` ̄ ̄ ̄´  !'   l:::::..   ` ̄ ̄ ̄´!i:.:.:.:.:.:.:.:.| ', ',j
 // | ',::::::::::::/!           〈    |::::::::..       ,'l|:::::::::::::::l ¦リ!    貴様・・・
ノイ! ,!i l',:::::::::ハl、                |::::::::::.   u   //|:::::::::::::/  ! ト'、
    リ ハ::::::::{トミ'!                |:::::::::      ,'i/ |:::::::::::/  l |     やる夫と何を話した?
   /! //!:::::::トトッ    U         ノ:::::       // ,!::::::::/ / ,.N
  / ,!/イ l::::::::トi,ヽ                    ノ'′ノ:::::::/  l /|l '、
   / /| リ!::::::| jゝ.'、    _,.ィ≦三三三三≧ュ、_  ,'   /:::::,イ / lj l! ヽ
.  // l/ l:::::::l//下ゝ、  `~´          `~´ /  /:::/l| j|i |l ヽ
 /´  ,ノ ,ノ:::::ノ/ /| l|/l\      `~""'''''""~´    | ,.イ:::/l リ/!ト、 l!
    /;::ィ´/ /,ィ! l| li| \             / |::/ l /l/ ルヘ」
  /ヾシ'´/V/!イィ!」-'ァリ!   丶、        ,. ' _」:L..,>イ リ




804 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 21:45:03 ID:ICBlf/A20




   巛彡彡ミミミミミ彡彡
  巛巛巛巛巛巛巛彡彡
  |:::::::          i  キャッ
  |::::::::     /' '\ |
  |:::::    -・=- , (-・=-
  | (6    "" ) ・ ・)(""ヽ          ブハハハ!
  | |    ┃トェェェェェイ┃ |          おお、怖い怖い!
  ∧ |    ┃ヾェェェ/ ┃ |
/\ノノノヽ ┃  ⌒  ┃ノノヽ        流石は腐ってもスパイマスター、
/  ヽヽヽ ソ⌒ ヽ━┛r ⌒ '`ノ`、       隠し事はできまへんなぁ!
ヽ、   `- 、_   ノヽ   _,/  ヽ
  ヽ   人   /  |、  ,ヽ   |
,ノ _,ニ/    ̄/   .|  ̄  \ニ |
/ /     /    |     ヽ|




   巛彡彡ミミミミミ彡彡
  巛巛巛巛巛巛巛彡彡
  |:::::::          i  ホジホジ
  |::::::::     /' '\ |
  |:::::    -・=- , (-・=-
  | (6    ⌒ ) ・ と'⌒^^ヽ、        まぁ、何と言うか、メンジンスキーはん。
  | |    ┃ _ノョヨコョヽ   ヽ
  ∧ |     ┃ ヽニニソ ト、   \      あんたのやり方は古いってことですわ。
/\\ヽ   ┗━━┛ ノ`、/ ̄\
/  \ \ヽ.   __ / \ |    ヽ   後のことはワイに任せて
.    r‐-‐-‐/⌒ヽ-ーイ   `、     i
ヽ、  |_,|_,|_,h( ̄.ノヽ  ビシッ  ヽ    |  ゆっくり往生してくださいな!
ー-ヽノ| `~`".`´ ´"⌒⌒)     ヽ  /
ノ^ //人  入_ノ´~ ̄       )-'





805 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 21:46:06 ID:ICBlf/A20




/    ,.ィ | :.:..   .:.:.|.:.:.:.:::::::_,.:
   _,ィ,.イ|:.:.:.:..    っ:,ッ'´ll´ / /
__,z彡ィ':::.:.|:.:.:.:.:.:...  /   ll, /,ィ'
_,. '´,/::::::::|:::.:.:.:.:.:.. /ヽ、   ,l!'// ,
ι /:::::::::::|:::::::.:.,ィi´ __,}li i  //|/ /
 /::::::::::::::::っ::,イ 'li,,'´::ri|l! l /イ/l!ノ
,/:::::::::::::::,.ィ:/l|  ',ゞミニl}li l ィノl| /:
::::::::::::://:/  |l u ヾ',、,jリノノ リイ!'.: .:
:::::::/ //  ,l!          /:::::/      ・・・薄汚いダニどもめ・・・
::::/   /l'′  l ι     ,.ィ':::::,. '´_,_
::/ι           ,.ィ':::_;ッ',. '"´:.:      お前も、やる夫も・・・
,'、    u      _,.ィ‐'"´/ヾ'、:.:.:.:.:
゙、ヽ          ι /li ,ィfriヘ,:.:.:.:
 '、ヽ            /uti`'=',リ.:イ!
.  ', ヽ ι  、    /  u≧テ'´ / l
'、 ヽ ゙:、    、丶、_ / ‐ '´ /// /l l
:.ヽ  ヽ. i,    >-‐'  、、/// /l l l
:::::丶.. `,"_,. - "´/| +十 / /l j /l l l l
_,.  ''"´/ / / //l | l 'ー / //l/ / } l/
l l l l /l// / / / l l l/ |r'⌒'ー、 //
lL_/ ̄У`'-―、 l/ |{_,    )/





806 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 21:46:24 ID:ICBlf/A20




1934年5月10日、OGPU長官であり人民にとって恐怖の象徴であったヴァチェスラフ・メンジンスキーが死去。
死因は狭心症だったと言われる。



                 __ __
          , -‐''"´    `´    二二≧:、
       ,//;;;;;;;;;;;;\,ヘ、 /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
      / /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;Ⅴ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
     // /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_、ト、|;;;;;;;;;∨、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ハ、
   // ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;/´   |;;;;/´  ヾ;;;;;;; ;;;;;;; ;;;;;;;;|ヾ
  .〃' /;; ; ;;; ;;;;;;;/    !;;;′    V;; ;; ;; ; ; ;;;|、ハ
   |/〃; ;; ; ; ;;;;/     .|;;|      ミ、;;     ;;!\V
   |/.|;    ;/.     |;;|    _,ィミ'、    ト、Ⅵ
  .リ .|;;,   / ̄¨≧ミ、 |;|  才彡,  ミ| . ; ; .. ,ヘ\ヾ
  V//|;;; ; ; ; !>=ミヾ  |;! /彡ィ>=ミ|;;;;;;; ;;;ハ>`ヾ、
  /'イ.ヘ;;;;;;;;;;;|:、_ ○ _,ィ  .|l..|彡<,,_ ○ ,,イ;;;;;;;;;;ハ |ヽ ヽ`
. /イハ|:∧;;;;;;;;|:ゞ≠=彡'     |彡`゙'==彡|;;;;;;;;;ハ∧∨`\
   .|l λ;;;;;;|          |彡     .彡!;;;;;;;//, .ト |
   .リ/!ハ;;;;;;!           |彡    彡|;;;;;///| | リ
   .レ|ハ;;;;|,        j彡'    彡:|;;;;ハN..▽
     ▽ハ;;;|\ ヽ、,,,,__ __,,,ィ彡'|;;;|、|.  リ
      リ |;;;!  \`丶;::::::::::::::::::;;イ,,∠,ハ;;|▽
      . ▽ >'"`ト, -`ニニ´イイ |、 ▽、
      /.|!/   ヾ、 >‐-‐<彡:/  〃L`丶、



彼の死に合わせて超法規的弾圧組織OGPUの解体が決定された。
農業集団化において死と破滅をばら撒いた魔人メンジンスキーの死に、多くの市民は胸をなでおろしたという。

きっとこれで、弾圧の恐怖は本当に過去のものになるだろうと・・・





807 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 21:47:25 ID:ICBlf/A20




解体されたOGPUの機構は新設の内務部局に吸収合併されることとなった。

それこそが、内務人民委員部、NKVDである。



              ┏┓  ┓  ┏┓┏┓  ┏┓┏┓  ┏┳┓
              ┃┣┓┃  ┃┃┣┛  ┃┃┃┃  ┃┃┣┓
              ┣┫┣┫  ┣╋┫    ┗╋╋┛  ┣┫┃┃
              ┃┗┫┃  ┃┃┣┓    ┃┃    ┃┃┣┛
              ┗  ┗┛  ┗┛┗┛    ┗┛    ┗┻┛ 
                Narodnyi Komissariat Vnutrennikh Del


   巛彡彡ミミミミミ彡彡
  巛巛巛巛巛巛巛彡彡
  |:::::::          i
  |::::::::     ノ' 'ヽ、 |
  |:::::    -="- , (-=", ( ( )
  | (6    "" ) ・ ・)(""ヽ ) )
  |       ┃ ノ^_^)┃ | ((
  ∧      ┃ `ー‐' ! ̄ ̄ ̄|(^)
//\     ┗━━| ''..,,''::;;⊂ニヽ
/ / \    ` ー- '! .,,:: ;;;;;ン=- )
 / / ゙iヽ、`゙゙゙゙,,r'"⌒^,つ;;;;ヽニノ ヽ,
 \ ヽノ |  |`/ヽ、 _  `'_ニ⊃、 ヽ : : ヽ
\ \ \!  !/: : : : : : Y'| ̄| ̄| !ヽ: : : |
  \/⌒\ / : : : : : : : | ',[ ★ ] | ', : :ノ
ヽ、,/ : : : : : :": : : : : : : : ノ NKVD !  Y"



初代内務人民委員にはかつてOGPU長官を暫定的に務めたこともあるヤゴダが就任したが、
NKVDは弾圧のための超法規的権限を持たず、観測者らはこれを弾圧緩和のさらなる進展と見なして歓迎した。





808 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 21:48:27 ID:ICBlf/A20




ヤゴダはまさに稀代の俗物であったが、後任の獣たちに比べれば遥かに「マトモ」な人間であった。



   巛彡彡ミミミミミ彡彡
  巛巛巛巛巛巛巛彡彡
  |:::::::           i
  |::::::::    ⌒   ⌒ |
  |:::::    -・=- , (-・=-
  | (6    ⌒ ) ・ ・)( ^ヽ
  | |.     ┏━━┓ |
  ∧ |      ┃ヽ三ノ ┃ |
/\\ヽ     ┗━┛ ノ
/  \ \ヽ.  ─── /|\     ノ7_,,, 、
    (⌒、"⌒ソ⌒ヽ- イノ  `、  ( ィ⌒ -'"",う
    ~''(_)(_)(_)(_)ソ-ィ     ヽノ   ,イ^
  _ヽ /`、_, ィ/   ヽ      ヽ─/
/,ィ'"/     /    `、     ) /
           /ミ N K V D 彡 i
\       ノ       |      |
  \__ /       ノ    99 ノ
                     ______
                   /壱 / /万:/|
               ___|≡≡|  |≡≡|彡|_____
             /壱//|≡≡| ̄ |≡≡|/壱//万 :/|
            |≡≡| |≡|≡≡| ̄:|≡≡|≡≡| |≡≡|彡|
            |≡≡| |≡|≡≡| ̄:|≡≡|≡≡| |≡≡|彡|
            |≡≡| |≡|≡≡| ̄:|≡≡|≡≡| |≡≡|彡|
            |≡≡| |≡|≡≡| ̄:|≡≡|≡≡| |≡≡|/



やる夫の法治主義アプローチは魔女の釜の底状態だったソ連の公安体制を確実に生まれ変わらせつつある。
まさに新時代の幕開けであった。





812 :名無しのやる夫だお:2013/03/09(土) 21:50:57 ID:uImWczgw0



俗物や小物ほどマトモだよね。
妥協できるといいけど



809 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 21:49:17 ID:ICBlf/A20




「堕落した資本主義文化」であるアメリカ生まれのジャズも解禁された。



      ______
       \|        (___
   ♪人  |\            `ヽ、          ♪        ♪
    (__)| \       ♪      \     ☆     人       ♪
   (__)|   \              〉 ♪  ヽ  (__)
   (・∀・).| ♪  \          /  =≡= (__)     ☆  人     ♪
 ∥ / つ| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.人 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ノ    / 〃(・∀・ )    /  (__)   ∬
 ∥( 匚_____(__)ー―ーrー´  〆  ┌\と\と.ヾ ∈≡∋.(__)  |⊂
  〓〓UU ∥    (__)    ||     ||  γ ⌒ヽヽコ ノ    ||   ( ・∀・)ノ ∥ヘ
 ∥    ∥. ∥)  ( ・∀-┓   ||     || ΣΣ  .|:::|∪〓   ||   |   .(   ∥ )
        ◎    l  つ.|‡   ◎   ./|\人 _.ノノ _||_  ./|\. |つ━)━╋(━
              ヽ  | ¶.@   ♪                       (__ (__(  ∬ .)
                UU し′                              ⌒†⌒



「自由と解放の時代」・・・暗く息の詰まるような抑圧の過去から、
希望の未来へと運命が切り開かれつつあるのだと、最悪の時代はもう終わったのだと
多くの人々が信じ始めていた・・・





810 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 21:50:09 ID:ICBlf/A20




しかし、その一方で水面下においてやる夫と地方幹部との対立はますます悪化していく。

やる夫は秘密警察の権限を縮小して地方幹部の警察権力を取り上げる一方、
幹部らに談合政治から法治主義への移行を頻繁に訓戒していたが、依然として地方では中央の目を盗んで派閥政治が横行していた。



      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__     政策や能力を無視して
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu     縁故人事や派閥政治を行うんじゃないお!
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |     これからは身内ルールじゃなくて
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |     中央の制定した法規範に従えお!
   ヽ           i    丿
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /
                                      ∩___∩            ∩___∩
                                      |ノ      ヽ            |ノ      ヽ
                                     /  (゚)   (゚) |          /  (゚)   (゚) |
                        知りませ~ん。    |    ( _●_)  ミ         |    ( _●_)  ミ
                                    彡、   |∪|  、` ̄ ̄ヽ    /彡、   |∪|  ミ  聞こえませ~ん。
                                   / __  ヽノ   Y ̄)  |   (  (/     ヽノ_  |
                                   (___)       Y_ノ    ヽ/     (___ノ
                                        \      |       |      /
                                         |  /\ \     / /\  |
                                         | /    )  )    (  (    ヽ |
                                         ∪    (  \   /  )    ∪
                                               \_)  (_/





811 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 21:50:32 ID:ICBlf/A20




さらに彼らは身内の不正行為や失策に直面すると、それがバレる前に
責任を下っ端党員に押し付けて知らぬ存ぜぬを押し通すことが常だった。



   ,,,,,,,,,,,,  ∫
   [|,,,★,|,] ∬
   ミ,,゚Д゚ ノ,っ━~                      ,,,,,,,,,,,,
_と~,,,  ~,,,ノ_. ∀                    [|,,,,,,,,,|,]     フサスキー同志書記殿。
    .ミ,,,/~),  .| ┷┳━                 (    )     配給用のパンを中抜きしていることに
 ̄ ̄ ̄ .し'J ̄ ̄|... ┃                  と.、   i     検察庁の連中が気づき始めたようです。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   .┻                   しーJ
 ちっ・・・厄介だな。
 とりあえず配給担当部署の
 管理体制に問題があったってことで、
 適当に要領の悪い奴を犯人にして処罰しておけ。





813 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 21:51:52 ID:ICBlf/A20




        .____
     ;/   ノ( \;
    ;/  _ノ 三ヽ、_ \;       地方からの報告書はデタラメばかりだお!
  ;/ノ(( 。 )三( ゚ )∪\;
 ;.| ⌒  (__人__) ノ(  |.;     奴らは真実を隠して身内の不正を庇っているお!
 ..;\ u. . |++++|  ⌒ /;



実際のところ、これは独裁体制の避けられぬ弊害であった。

巨大な排他的権力組織には、必ず崇高な社会的義務を果たさない卑怯な「フリーライダー」が生じる。
やる夫はそれを排除するチェック体制を構築しようとしていたが、なかなかうまくいかなかった。





819 :名無しのやる夫だお:2013/03/09(土) 21:56:12 ID:F4zujpS.0



中共とまったくかわらんなあ


814 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 21:52:52 ID:ICBlf/A20




やる夫と地方幹部らは、ボリシェヴィキの独裁体制を維持するために今のところは手を組んでいた。

しかし、己の利益を優先させる地方幹部らに対して、やる夫の敵意は確実に高まっていく・・・



       ___
     / \,三_ノ\.
    /:::<●>:::<○>:::\      かの偉大なイヴァン雷帝だって
  /::::::::⌒(__人__)⌒::::::\
  |     ` ー'´  u   |    反動的な大貴族と戦って排除したんだお!
  \     :::::     /
  /   :::::::::::::::::::  :巛 ̄ヽ   やる夫を甘く見てると必ずいつか痛い目に合わせてやるお・・・!
  /  ,        :〈⊃ ̄( .}:





815 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 21:53:35 ID:ICBlf/A20




敵意はいつか殺意に変わっていくが、しかし地方幹部らを打倒する方法はいまのところなかった。
強烈なジレンマが、やる夫を苛立たせていた。



           ____
         /   ∪  \
       γ⌒) ノ三三三ゞ(⌒ヽ
      / _ノ (>)三(<) \ `、    くそ!!やる夫に絶対権力があれば
     (  <:::∪:::::(__人__):::::∪|  )    あんな連中全員始末してやるのに!
      \ ヽ ::∪::::` ⌒´∪:://     でもそんなことはできないお・・・!!





816 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 21:54:02 ID:ICBlf/A20




         ____
       /   u \       (身内の地方幹部を攻撃すれば党内は混乱するお・・・
      /  \    /\      そうすれば党の団結は崩れ、反対派に機会を与え、
    /  し (>)  (<) \     下手をすれば内戦になるかも・・・)
     | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /



           _-─―─- 、._
         ,-"´          \
        /              ヽ     (トロツキー達やブハーリンは党員から孤立していたお。
         /       _/::::::\_ヽ     だから攻撃できた。
       |         ::::::::::::::  ヽ
        l  u    ( ●)::::::::::( ●)    でも、地方幹部はあくまでやる夫の部下だお。
       ` 、        (__人_)  /    奴らを攻撃すればやる夫自身の権威も傷つくかも・・・)
         `ー,、_         /
         /  `''ー─‐─''"´\





817 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 21:54:50 ID:ICBlf/A20




     ____
   /      \
  /         \      (ともかくここは、
/           \
|     \   ,_   |      法治主義を徹底して地方幹部の「過失」を
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |       是正しながら引き締めを強化するお。
.\ “  /__|  |
  \ /___ /       歯がゆいけど、コトは慎重に運ばないと・・・)





818 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 21:55:41 ID:ICBlf/A20




  ――― ドイツ、バイエルン


                     ∧二二二二ヽ            ______
  ________ l二ニi     / ヽ二ニ二二ニ\,───冒─A ./::::::::::::::::::::::::::::::::
/ニ=ニ=ニ=ニ=ニ=ニ/ヽ|::  |____/__丶二ニ二二/___    / ∨:::∧:::::∧:::::∧:::::
三二三二三二 /   |::  |'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'. .:' .:'     /\─イ i!i!.| ̄|「l ̄|「l ̄|「l ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ , -'゙´\ |;:;/;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;' .:' .:'   /   \| i!i! |  |「l  |「l  |「l
[日 「l.ィ=ュ.'´     `/.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;',:',:',:',:',:',:' .:'___/____ヽ_/'ニニニニ'i________
  , '".ト- イ       /.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;',:',:',:',:',:',:'/.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':' |     |.'.'.'.'.':':':':':'.'.'.'.'.'.'.'
'"    l::: |      ,:/.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;',:',:',:',:',:',:' /.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':゙|      |.'.'.'.':':':':':':':':':':'.'.'.'
     l:::.. |    //,:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:':' /.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':':゙:|      |.'.':':':':':':':':':':':':':':'.'
____.\;;!  /__  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':゙:'゙|     |.'.':':':':':':':':':':':':':':'.'
',:',:',:',:',:',:',:',:',:'  //ヽ   「i  「i  「i  「i   /.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':':':':'|      |.'.'.'.':':':':':':':':':'.'.'.'.'
',:',:',:',:',:',:',:',:' //  |  |.l  |.l  |.l  |.l  ./.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':':':':':':':':゙|      |.'.'.'.':':':':':':':':'.'.'.'.'.'
,:',:',:',:',:',:',   //   .|  |」   |」   |」   |」 /.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':':':':':':':':':':|      |.'.'.':':':':':':':':'.'.'.'.'.'.'





820 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 21:56:18 ID:ICBlf/A20




     人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人
    <                                           >
    <                                           >
    <     反乱だと!?ふざけるな!何かの間違いだ!!         >
    <                                           >
    <                                           >
      YYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY





822 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 21:57:10 ID:ICBlf/A20




    /::::::::::<      \ィ,:::::::::::::;N ヘ
    i:::::::::::::::ン、       `ヽル/  ヽ
.    l:::::::::::::::l ̄  一- = ., - ,___   i
   /ニヽ:::::::l      U    r`,==- 、 !
   ,| /'l l:::::l   く二''‐- ,,_     u   l     俺は反乱など一度も計画したことはない!
  -| { ( l:::!   _、=;ニ,ァ-ニッヽ、 --ーJ
   ヽ、)ノ::{    ´,,,ニ'=゙ー   ´、yr゛7'¨ッ     これは陰謀だ!
    ミ:::::::i, u      、.,,,;;;;,l'  ̄゛ `!      あのデブとネガネが仕組んだんだ!
     ミ::::::::リi,,  、ゝニ´(__   }_'r 、イ
    , ゙;::::::::::::::゛`:::::、,-ッ-ー`ニ`ッ;`'V:::l      こんなことがあってたまるか!
  \\ ヽ::::::::::::::::::i.,,ン、`ニ二´.,ッ::::、゙ .
    \ \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/



        _,,,,___
      /     ` 、
      /          ヽ
    /             l
    l   , -'" ~ ヽ,   |
    l , ノ‐ェ .._,..ェ'ヘ、 l
   ノ .,イ‐ ィ'・> 'l <・>`Tトヽ、       もう決まったことだ。
  /ノ l'~l  "  .|    |〈 `ーァ      総統閣下は貴様に死刑を宣告された。
  ヽ、 ヽ l   、_,    lノ  ノ
   `ーヽi 、  -‐‐ ,/ー''"         刑は直ちに執行される。
       ,} \ ___ ノ|
      |`二ー-ェ-‐'"|
       | ヽヨニ|ニミノ|、_
 _,..-'''" "'''-、._|_,..-'  "'''- .





823 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 21:57:53 ID:ICBlf/A20




二二二二二二 .!   〃〃        _,,;i;i;iiii;i;i;,,_        |{lllllllllllllllll
.------,レ, ' 〃〃  ) ,   ,;;iillllllllllllllllllllllililミ、       {{llllllllllllllll
二二二二二 /' v j ((   ソ ,,;;;;iiilllllllllll;'''''''''''''';;llllllllili;;,      lミミillllllllll
.-----ム,,,,,,_ ,,、ヽ ャillliillllllll;llえ二、__          ゙、   'ミ;i;illllllll
二二二二 {lllllllllllllミゞ、ニェ- ''''¨¨'"イi芒i!ー-ニー-==、、、     )几  ¨':llllllll    突撃隊は裏切ってなどいない!
---- ゙'lll{゙ fン゙¨  `ヾミ; ー-二 ̄ ̄二ニ、、、、三=   (ノ      }llll
.二二二二二,r''"`  ミュ、_ .:::. `  、 ,.、 ,   ̄``' ``-ニ、          |ll    俺は無実だ!
---- /  )(    ` ̄`ヽ, ':、 lj ~    -、         )    }ll
二二二二 !、(ノ  ;r=ー-〟  ) ヾ':、       ヽ∩_ノ  ∪   )   ,illll    一度でいい!もう一度アイツと話をさせてくれ!
-----,(ヾュ,,,;;!;;iilllllllllllllllllllllllllll|lllii;i;i;,,     ノ|        / r'′ ,illllll
.二二二二 ;illlllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllili;i;i;;,,  (ノ        〈 ノ  ,illllllll    アイツと・・・
---- |||lllllハ、lllllllllllll;;'''''''¨¨「¨¨''''f'';lllllllllllllllililii;,          ,;lllllllllllil
二二二二 }}}lll|L__ノ!¨ _j、__,, -'ー─'^'ー-ヾllllllllllilillii;,     , , ,;、i,i;ilillllllllllilil
---- `':llllli,^ーfー'゙ .....:.:.:.::::::;:;:;:;:;;;;;;;;;;;,゙ヾ llllllllililil;l;l,i,i,i,i ; i,i,;i;i;iilililllllllllllllil         .マインフューラー
.二二二二二 jlハli, {,............:.:.:.:.:.::::::;:;:;:;:;:;:;;;;;;;;;} ゙'lllllllllilill;l;l;l;l;l,i,i,i;i;ililililllllllllllllllll     ――― 我が総統と・・・!!!
------jljll; ゙i, .........:.:.:.:.:::::::;:;:;:;:;:;:;;;;;;i゙  ゙'lllllllllllilil;i;i;i;i;ililililllllllllllllllllllllll
二二二二二二クlllli, ゙! ........:.;,:.:.:_:_:::;:;:;:;:;:;;;;;;i゙ 'i,,;lllllllllilililili;i;i;i;ililililllllllllllllllllllll
------ツlllllレ┴i⌒Y´ `「  丁二ネ゙ ィッjlllllllllilililililililillllllllllllllllllllllllllllll
二二二二二 {||lllllll、.-┴'''"¨´ ̄ ̄ ̄-、ノ`’ ソツlllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll

        ナチス突撃隊参謀長 エルンスト・レーム




             //: : : : : : : : ヽ\
           /: :/: : : : : : : : : : :ヽヽ
          /: : :l : : : : : : : : : : : : :}: i
             !: : : :!: : : : : : : : : : : : :': 人
          l: : : ノ,`ー‐、: : : : :__,,イ: : : \
             !: /: :l: : : :ノ三ニ。ヾ: : : : : : : :ノ        もう少し早くその言葉を言うべきだったな、
          }j、__l_,,ィ´` `ー ' }ヽ: : : : :/
          j/ハ  :|      リ' ヽ/           レーム突撃隊参謀長。
          イ///ヘ 、 '     /''ソ ハ、__
           ̄ ̄ ヘ ―- //  /::::::::::::::: ̄ ̄7
          rイ7 ̄ ̄::ヽ_ ,イ  /::::::::::::::::::::::::::::{/    やれ。
         j//::::::::::::::::::ヾ_ _彡''::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
         //l::::::::ヾ、:::::::::::|i|:::::::::::::::::://:::::::::::::::::::::
        { / |::::::::::i `ー-‐|i|――--´/:::::::::::::::::::::::
         )i ト:::::::::::: ̄ ̄:|i| ̄ ̄ ̄¨:::::::::::::::::::::::::::::
       // }:::::::::::::::::::::::::|i|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





824 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 21:58:49 ID:ICBlf/A20




1934年7月1日。
ナチ党の準軍事組織である突撃隊の参謀長エルンスト・レームが処刑される。



       .l;;i′      /     .!圭/ .イ、圭圭圭/ |圭/       ィ幺才     ,イ゙ .,〃      ィ幺才
       .|/       ノ      .l圭!  l圭圭圭ゝ !Ⅳ           ,,ilr'"     ,i'./        ,ィ幺才 .,.
       :l゙                 | !  /圭圭Ⅳ  /Ⅳ         '″      .,l./        ,,ノ才  ィ幺圭
              _,,          !゙.,,.,i圭圭Ⅳ  .iУ                             ,i'㌢ rィ幺圭圭
   .i}′        / Ⅳ .,      /圭圭Ⅳ   .l″            ,ν         /Ⅳ_ィ幺圭圭圭圭
   `           i"Ⅳ /      /圭圭Ⅳ                il l′         ィ幺圭圭圭圭圭才㌢
           lⅣ  ."、    /圭圭Ⅳ             _    ,,i!!″     . ィ幺圭圭圭才㌢ー'″
          /./    l「    ../圭圭Ⅳ             ,,il″   .´      ィ幺圭圭圭才'"
     .,i''l   .,〃    .〃 /  ./圭圭Ⅳ     .,.     _ /″           ィ幺圭圭圭才 ´        _ン'
    ,lⅣ  〃   .,〃 ./  ,/圭圭/     ./     ,r'./     .,    ィ幺圭圭圭才゛        . _,,-へ.iii
   .〃   ./l   、〃 ,ir /圭圭/    .,〃    .,ノン′  .,,ir'"  ィ幺圭圭Ⅳ'″      ィ幺圭圭㌢''圭圭
   〃  .,ノ~;/  .,/./ .,ノ/ /圭圭Ⅳ .,.. |″    ,i'ン"   ,ii'" .,..-'イ圭圭Ⅳ゛   ___i才"       `'''″
  .il″ /圭Ⅳ ,ィ彰i彡'゙i/'"圭圭圭込才Ⅳ    ,-/'" ,.. ;;/!"._.刈圭圭圭Ⅳ_..-、.,才㌢'"゛
. ,i|′ ,/圭圭レ圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭|  ,il!ン''/...-彡 '',゙..ィ幺圭圭圭,ィ幺圭才"'"
// 幺圭圭レ゙圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭Ⅳ. |/‐才ンィ幺゙‐'゙圭圭圭圭才゙‐'''^゙゙''″         _..i
/幺;圭圭〃圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭込ィ幺,iテア´圭圭圭圭圭圭才"      _,,,...i;;;;iv=ゞ´
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才  __..;;メ`-ー'"゛            _,,..ィ幺圭圭圭圭λ
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭i彡ィ幺圭才               ィ幺圭圭圭圭圭圭圭圭
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才'´             _..- _ィ刈圭圭Ⅳ   .゙'''゙゙゙´ ,,-''"
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才″_____.圭圭彡''彡丞'"゛        ‐‐‐'"
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才_,,ィ幺圭圭圭圭才 ゙゙゙̄‐'"゛




レームの処刑に合わせて、党内外のナチ党権力に対する脅威とみなされた人々100名以上が一挙に暗殺された。
これはヒトラーの独裁権力構築へ向けた重大な一歩であり、後に「長いナイフの夜」と呼ばれることになる。





825 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 21:59:31 ID:ICBlf/A20




                 __ __
               /:::::::::::::::ヽ
                _/       ヘ-、
             〈/:::::::::::::::::::::::::::::V/
               /l::::/:::::,'::::::::i:::::l::!:ハ
               ~|::::l:::::/:::::::::l:::::l::i:!」        貴方が悪いのよ、レーム。
             ヽ:{::::{:::::::::/:::/:::リ
             , ィ ト{八::::/リj/V-、        素直に従わないから・・・
             {{ | |  `''   | l }}
             {:',|└─‐‐─┘|//
             {ヘ  ̄ ̄ ̄ ̄ / :}
          , -―-ゝヘ  _ノ  {_/ ___
         {   >=入_、____人=<  ヽ
         ヽ 〃   `┴‐┴'´   ヽ   /
          \|   /      ',   | /.∧
            ヾ_ {       }   レ′/総',
            `ーゝ ____」L=‐'  /_統__',





826 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 22:00:16 ID:ICBlf/A20




                    ィi〔:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:..、
                     /:.:.:.:.:./……─=ミ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
                ,厶ィ:.:.:.:/____ __ 、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                / ,イ:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:゚,               ド ゥ
                  }___//:.:.:.:,:.:.:.{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :.:.:.:.:.:.:. 「`   、:.ハ   (貴方は私のことをお前と呼んでいたけど、
                /:.く/:.:.:.:ィ:.:.:ハ:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.| 、   ヽ:.:.
            /:.:.:/:.:.:.:.:.|:.:/  !:.l:.:.:.:.: ト 、:.:.: |:.:|:.:.:.:.:.:.:.:リ \/.:.:.:.   今の私は総統。
            ,:.:.:./:1:.:.:.:.l`ト--}ハ:.:.: ┼‐ヘ‐┼:l:.:.:.:.:.:. |′ / {:.:.:.:.:i
           .:.:.:〈_|:.l:.:.:.::.N=ミ   \:.:|  }:./ |:.l:.:.:.:.:.|-イi「:| {:.:.:.:.:|   ドイツ民族を指導すべき人間なの。
            i:.:/:.:くハ:.:.:. 芹スト      .ィ笊芥`V:.:.:.:.:.:j- ! !:.lィ:.:.:.:.:.|
            l:.:i:.:.:.:.:.:.:.\:{.匕リ       !ji刈 /:.:.:.:.:.Y  | |:.:}!:.:.:.:.:.|   もう昔の友人じゃなかったのよ・・・)
            |/|:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:|          ゞ ン.':.:.:.:.:.:.:′ | |:.:ム:.:.:.:.:|
            | 、:.:.|!:.:.:.:.:八   ′       ,:.:.:.:.:.:.:ム イ:.!_!:.:.:.:.:.:.:.ハ
             {!  Ⅵi:.:.:.:.:.:.:.:丶  --     i:.:.:.:.:.:.:{=ォ:.:.:.:.:./:.:.:.:i:.:.}
           ゝ  乂:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.\      ィ|:.i:.:.:.:./У }:.:.:.:.':.:.:.:/|:.:′
                }i:.:.:.:.:ハ:.:.:.:个 ─<   :|:.|:.:.:.'.イ: : ,:.:.:./l:.:.:/ ,l/
                ゚,:./ィi〔 : : |: : : : :|   jハ:.:|: : : /:.:.イ:\:′
                /)/: : : : : : :!: : : : :!  /: V : :イ才: : : : :\
                  イ: : : : : : : : :.|: : : : :| /: : : : : : /: : : : : : : : :\

             国家社会主義ドイツ労働者党党首・ドイツ首相
                      アドルフ・ヒトラー





827 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 22:01:23 ID:ICBlf/A20




ヒトラーは現代国家において、信じがたいほどに非常識で野蛮な方法を用いて政敵を抹殺することに成功した。

外国メディアは当初、野蛮な暴力革命家レームが排除されたことに好意的な姿勢だったが、
数日のうちに事件の残酷な全容が明らかになるにつれヒトラーの行為に失望する。



./          , ィ >ィノへ 〈
l    . . : : : :/´        l:ト
l . : : : : :/こV 、    ⌒\   l|
V: : : : : /  〉  `¨`7^5ミ V ノ       今やドイツ国民に法による身体と生命の保障はない。
 v: : : ∧ l     { ゞ' /マフ
  ヽ: : : : 〉,      ` ー' 〈         ヒトラーは好きな時に、好きなだけ暴力を振るうことができる。
   }: :/〈    ,    - ,ノ
  ノイ   、    ⌒こイ          しかし、レームの処刑はヒトラー独裁における
/^ヽ    \     /´__
l    \     \__ /::::::::\        権力闘争の始まりに過ぎない。
:l     \   /  /::::::::::::::::::::',
:::l         \〈\ {:::::::::::::::::::::::}       これから激しく、長い混乱が始まるだろう。
:::::l        人 l V| ̄ ̄ ̄ ̄|
:::::::l      / ハ / |____|
:::::::::l、   /ヘ.__/ l:l /   r ┐ /
:::::::::::l\/  / l l:: ̄/´ ̄ ̄`!
:::::::::::::l     /  | l::::/ ´ ̄ ̄`l



外信のほとんどがヒトラーを「シカゴのマフィアの方がまだマシ」「文明への脅威」と非難した。





828 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 22:02:18 ID:ICBlf/A20




それまでヒトラーは人種差別的発言の騒がしい、スタンドプレーが好みの大衆扇動家だが、
それでもムッソリーニと並んで秩序の崩壊した国家をまとめ上げられる新しいタイプの政治家として見られていた。

しかし、この事件を機に「人類の平和と民主主義に危害を及ぼしかねない危険な独裁者」と見なされることになる。



         /:::://-――‐-..`\::: :ヽ
        r'‐_=/:/´/|::::.:.:.:.:.:.:、.:.:.:`:lヽォ┴、
       /く_,イ:/:::/:ハ::::.:.\::.ヽ::.:.l:.:l:.:l\イ
      〈//:::||:.ト/!::|、::ト、::.:.ヽ::.:ト、:斗:.ト._∧
      ハ/:.:.j:|:.|:ハ_トヽ|  \:.ト∠}:ハハ:.ト、〉ヘ
      i:::/::::小::トKf.:心トト  、.イチ::.ト〉|A:|:.:.:.:.:!      ふん!
      |::|:::::::l::ハトハぅ_リ   ,  !ぅ_リ レ |:|:.:.:.:.|      西側メディアの馬鹿どもに
       |::|:::::::l!::.|ハ.  ̄ ,.-―- 、 ̄  ハ´|:|:.:.|:.:|      私の戦略的な判断を理解できるはずがないわ!
       |::l!::|::|:l:.l:.:/:\ {    } /::::|::|ハ:.:|:.:|
      l:ハ::|::|::!:|:.|_:/{j ` 三 ´イト::_j::.:ハ:|!/      レームのような危険な暴力革命家を
      | ィヘト::l|:.|  /__    __|   |:/77ヽ       話し合いや説得でどうにかできると思ってるの?
      ハ |:.トト:|  |-‐ `二 ´‐-!   ノl:.:! !  l
      ハ ヽ !:!   |‐二 - 、`7    !:l l / !      理性やルールなんて一欠けらの悪意で
       } ヽ | l:.!    「     `7   // l/ |      消し飛んでしまうのよ。
       |   ヽヾ、   |      j   ///   j|
       !   _L、> -┴-く`ヽ/  //r‐ュ' |
       |  / {{//     ` ー-く∠´‐チ′|





829 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 22:02:51 ID:ICBlf/A20





             - ─‐
         . ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:..、
.      /:.:./:.:/ 二二二 、:.:.:.:\
.      ,:':.:.://:.:/:.:.:{!:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ:.:!:.::゚,
     ///Z:.:.:.:.X/\:.:.:.:.:.:.ト:.:.:ハ| }:.:.
    ':.:V廴j:.:.:.' l:|\ \:.:斗匕:.:|ノ、:.:.!        国家と民族の存亡よりも、議会や司法の手続きが
    i:.:.:.| ! l:|:.:.:{ィf心    .ィ心Y:.l  {:.:|        優先されるなんてことがあってはならないわ。
    |:.:.:.l_l_(.|:.:.:|弋zリ    , 弋リ |:.|:Ⅵ:.:|
    |:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:|     ‐v   ':.:|:.:.:|:.:|        民主主義なんてものが国民の苦難に同情すらしない
    |:.:.:i:.:.:从:.込、  {_.ノ  .イ:.:从:.|:.:l        低劣なものだってことを、私たちは戦後の10年間で
    |:.:.:|:.:.l:.:.:ヾ:.l:.:〕ト     イ:.:.!/:.:.:.:.!:リ        嫌というほど味わった。
    Ⅵ:ト:.:ト:.:.:.:|/: :ノ   ̄ト、:.:.:':./:.:.ノ/
    ヾ x≦\{: : ヽー  __≧:〕iド.          国家に必要なのは無責任な議会ではなく、
     /: :`ヾiト: : : : :\´ --- |: :i:i:ト.         確固たる意志と信念を持った「指導者」よ!
.     ′⌒ヽ: ヾiト : : : : ∨ ̄ ̄|: :i:i:|
    {       \:ヾiト: : : :゚,   |: :i:i:|ヽ ゚,
    ∨       \:ヾiト: :∧  .!: i:iリ Ⅵ
    }/     |   ヽ: ヾiト:ヘ m|: i:/   } 、
    ′   ¦     \: ヾハ. !:イ   ′ \
   /     :|、      \: :Ⅵ{′ /      ヽ





830 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 22:03:42 ID:ICBlf/A20




                      __ ___
                 __ ィ:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:...、
               ..:.:.:./:.:.:.:.`:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
              /:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:./ .二二二 \:.:.\
              ./:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:/:.:.:.:./ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:丶!:.:.:.:.ヽ
             /:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:/:.:.:.:.:′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\〉:.∧
           ':.:.:.:.:.:.:.:.:. ィl}:.:.:.:.:.:|:..:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.ヽ:.:.:.
          i:.:.:.:.:.:.:./ 7:.:.:.:.:.i:{:.:.:.:.:.:!:.ト :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:|:.:. Y.:.:.     一人の正しい「指導者」がいれば、
          |:.:.:.:.:.:〈   /|:.:.:.:.:.:l:.!ヽ:.:.:.|、| \:.:.:.:.:.:/:.}:.:.: |:.:.:i
          }:.:.:.:.:.:.:.`X !:.:.:.:.:_l_|_\! \  ';.:.:.:.ムイ:.:.:ヌ|ヾ:|     司法なんてもので正義を代替する必要などないわ!
          |:.:.i:.:.:.:.:///゙|:.:.:.:.:.:N  ` ー一 ∨/ ノ}:.イ.!:! !!
          |:.:.|:.:.:.///ヽ|:.:.:.:.:.:|          ==彳:.レ|:| ||     「指導者」の「決定」はすべてを超越して正しいのだから!
          l:.: !:.:〈/八 「|:.:.:.:.:.:|\==≠’   、   从:| |:| リ
          l:从:.:.:.〈/:.:.:.|:.:.:.:.:i:|  }    ___,  /:.l:.:| |:|       だから私は、「指導者」としてレームの処刑を「決定」したの。
          ){ l:.:.i:.:.:.:.:从:.:.:.:.l《 乂___ (_V イ:.:.l:.リ |′
            x=ヘ:.ト :.:.:.:.厶:.:.:|       `ヽ /:.:.l:.:ノ:′
           ′   \\:.:.:!:ヽ:ト--z====ミ }ヘ:.:.:∧ \
         /      ヽ: Ⅵ: : :\| |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i〉:ヾ{:¦ ハ
         .′   、  }: :i:i:i: : : /ゝ-----く: :.:i:i: | '  i
         {      \ ゚,i:i:i: :./         V:i:i: l′.∧
            ゚,     丶 ヽ:i:i: :}          V//!  .∧





831 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 22:04:28 ID:ICBlf/A20





             - ── -
             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:..、
         ,:':.:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
          _厶/:.:/二二二二 \:.:、:_:_:_:゚,
       {_..イ:.:/:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.: !:.:.:V__}:.i      確かに他にやり方はあったかもしれない。
       ./イ:!:.:{:.:/ム:.:.:.:\:.:.:.:_:.l:.:.:.:| l}\
       〈/:./.:|:.:Ⅳトli\:.:、:.:X´:N:.:.: |イ 朴〉     今回のことを受け入れられない人も多いかもしれない。
      |:〈/:.|:.: ィtzミ \ .ィtzミ:.:.:.:ト:.V:.:!
      |ハ:.ム:.: !匕リ    匕リ |:.:.:.|=ミ:.:.|ヽ    それでも私は責任を持てると断言できるわ。
       /   |:圦   ′     ,|:.:.:从 バ
       .′  ゚;.:.:.〕ト  ⌒   イ/:.:/   _ヽ     6000万のドイツ国民の未来に対して、
      ./     \{: : |- ̄ --l:〈:.:イ /     \
    _/___ \ |i: : |ニニニl: : /  __  }   そしてこの事件で死んだレームと突撃隊員の死に対しても。
   /=========ミi: :∧    / : {   /: : : : :ヽ.!
    {:r‐:┬─ 、: : /i: : :∧  /: : ∧ /========|
.    ゞ:_:_|  __l∧:!: : : : m': : イ/ ヽf´ ̄ ̄l`ヽl
.       | ´   ` ≒ミ: |/:∠イ '⌒ヽ   「 ̄





832 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 22:05:01 ID:ICBlf/A20




                  -─== ==ミ
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:. \
                  ,:':.:.:.:.:/ 二二二 \:.:.:.:.:.ヽ
              r'7:.:.:.:./:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.l:.:.:.:.|`了
               /〃:.:.:.:.:.:.:/ ヽ:.:.:.:.:.、:.:ハ:.:.:.:.:|\}      私はたった一人になっても、
           /廴!:.:.:.:.:.:N\ ハ:.:.:.l:.Χ从:.:.:.:|イ:|
            | l:/|:.:.:.:l:.:.芹ミ、\:l ィ笊Υ:.:.|∧|      歴史に対して全ての責任を負うと誓える。
            l //:.:.:从│匕リ    匕リ |:.:.:.| |ハ
            〈//:.:.:.:i:.:ハ    ′     ム:.:.:| |:V      この崇高な使命を理解できるのが
             V |:.:.:.:|:.:.:.:ヽ  ´ `  イ:.|:.:.:从ハ!
            八:.:.:ハ:.:.:.:.:.:≧= =≦{:.:/:.:イ:./ /      この世で私一人だけだとしても・・・
              V┬‐:=Vノ      V≧x __
              / |:i:i: : : : |ー   --/: : : : :./iト.      これが「指導者」としての、独裁者としての私の決意なのよ。
            ,r ’   |:i:i: : : : |=====ミ:' : : : : :/i// ヽ
           /    |:i:i: : : : |    / : : : : /i//
        ./      :!八: : : :|   ./ : : : : /i//     i
     /     i     ,ト、 ハ: : :| fハ ./ : : : : イ才   ___|__
     .′    ゝ/ { \ヽ l   /: : :ィi〔/r‐f{´     {
      {     '⌒Y   、  ヽム .イ=彡 .イ !          〉





833 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 22:05:20 ID:ICBlf/A20




                 __ _
              . ´:.:.:.:.:.:.:.:.〕iト .
              /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:...、
              ,:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. -──‐ミ:.:.:.:.ヽ
          /:.:.:.:.:.:.:/:.:./   _____ ` 、:.゚,
            /:.:.:.:.:.:.:/:.:./ イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\}:.rヘ
         ':.:.:.:.:.:. ':.:.:/":.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:∨{
        i:.:./ /!:.:.:.{:.:.ハ:.:.:| ゚,:.:.:.:.:.:.:.}、:.:.:l:.:.:.}イ
        l:.: ヽ/ :!:.:.:.:V.__ヾ:!  }:\:.:.:.斗匕:j:.:.:.l:ハ
        |:.:. //^|:.:.:.:.:|  `ト    ヾィ芯Vノ:.:./'|:.|
        |:.:.:| |ト |:.:.:.:.:.Y仡芯`    ヒソ l:.:イ |」:.!
        |:.:.:|/| |ハ:.:.:.:.{ 乂zメ        .小:.:V:.:.リ
        .ハ:.:.:.:.|_l从:.:.:.|       __, ` イ:.:.:./:.:ル′    ・・・こんなこと、凡人どもには理解できないでしょうけど。
           }:.:.:.:ハ:.:.∧:.ト      ‘´ イ:.:.!:. イ:./ ′
        .イヾ:Ⅳ: :}/:{ ヽ   `7壬{: : Vハi:i :|ハ
        ハ: : V∧: : ∧ー─   ‐一|: : : : : i:i :| !
       '  ゚,: :V∧: : : :V´ ̄ ̄ ̄`|: : : : : i:i :l \
       { / ヽ : V∧: : : ゚,------¦: : : : j:j:/  ヽ
      /   \ヾiハ: : : ヽ.    |: : : : /iイ   、ノ
        {     ヽ:ヾi:ト : : : :\  ノ: : : /i/    {





834 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 22:06:31 ID:ICBlf/A20




   ――― モスクワ、クレムリン



             ,__
             l_<
             _|_
_           ,ェ._.ュ、
,,,,]||      ,,.-'"゛    ~''ヽ、
ニニニ,,!-z,,,,,,メ--────--丶、          /_|ヽ                 ★
-、,,,,_ .~"'''ニ==ェ,,--'''''''-------ヽ.._        |iiii|゙|.                    |
   `~"'―-,,,,,,|ニニニニニエエエェ,l,,,,|,,,,[ ]、       |;;;;;;|;;|.                 ,!!、
  人   人 `゚゙'''―v,,,,「  .|~゙---->...ュ,ュ__.、 .,i;ロ;ロ|;;|                 iiiii
  彡ミ  彡ミ  人   人゙'''ー-...,,,,_|  `゙''''「゙゙'''''..|∩-|iil.,,,                |||||
彡彡ミミ 彡ミミ  彡ミ  彡ミ  人 `゙"人-i、,,_,,,l;;;;;;;;;;;/;;;/z,,,__.             .|  :|     i
彡彡ミミ彡ミミ ;;彡ミミ.;彡ミミ ;彡ミ  彡ミ  人゙'''┐'| .|''i--zz;;;;;,,,,,.         |AA.|    ∧
彡彡ミミミ彡ミミ 彡ミミ 彡ミミ .彡ミミ 彡ミミ彡ミミ:::| .| .l'''―v,,,,,"'''i   _____ .A l゙| | |.|.A. .|ii|
彡彡ミミミ彡ミミミ;;;;ミミミ彡ミミミ彡ミミミ彡ミミ彡ミミ:::| .! ,|    `~"'ヘ-i、|ロロロロi''i_|ii| |ll,,,,,,,||ii|_./ .ヽ
彡彡ミミミ;;;;ミミミ ミミミ ミミミ;;ミミミ;;ミミミ;ミミミ::::| |  | 人人人  r‐┴── ┴┐゙゙゙゙゙゙゙゙゙ll-----トL,
ニニニニニニニニニニニ===============   |..彡ミ .r‐―┴――─┴-┴─--iL,、:::::::|゙゙゙|----- 
  ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ======ェュyy,|jlll」―――---------u,,|_, !.| .!-ト |  
ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'i ト-   _ ..|.「[l|____,,,..|...............




       人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人
      <                                           >
      <                                           >
      <            すごい!!すごいぞ!!                >
      <                                           >
      <                                           >
        YYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY





835 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 22:07:05 ID:ICBlf/A20




             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /< ①>  <①>\ )     おい!ミコヤン!
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
    |    (⌒)|r┬-|  u  |     ドイツからのニュースを聞いたか!?
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
    | | | |  __ヽ、  U /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄


. 、___________
  、>                 |
  >________   .|
   ̄   .|./_   _\ |   |
      | /  ヽ/  ヽ |  |      ああ、聞いたよ。
.      | |   ・ | ・  |  V⌒i
   _  |.\  人__ノ   6 |      ヒトラーがレームと突撃隊を大量処刑したってニュースだろ。
   \ ̄  ○        /
.     \          厂
     /  _____/
      ̄ ̄, -/へ/\/`- 、
       /./  ./op    i. \

   政治局員 アナスタス・ミコヤン






837 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 22:07:34 ID:ICBlf/A20





. 、___________
  、>                 |
  >________   .|
   ̄   .|./_   _\ |   |      日ごろから目障りだった政敵を始末するのは
      | /  ヽ/  ヽ |  |      簡単に予測できたけどさ、
.      | | / | \  |  V⌒i      対立していたとは言え党の武力だった
       |.\  人__ノ   6 |      突撃隊を粛清するなんて予想外だったね。
     /  ○        /
.   ε             厂
    \    _____/        今回の形振り構わないやり方は
      ̄ ̄, -/へ/\/`- 、       ヒトラーの余裕の無さを晒してるよ。
       /./  ./op    i. \




838 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 22:08:07 ID:ICBlf/A20




                  ___
                    /\:::::::::/\.
                   /:::<◎>:::<◎>:::\       いや、違う!
                  /::::::::⌒(__人__)⌒::::::\      すごいぞ!
                  |     ` ー'´  u   |
                  \  u   :::::     /     ヒトラーという奴は大したもんだ!!
                  /    :::::::::::::::::::    \
                /                 \  〈〈〈 ヽ
                               (〈⊃  } }



    ____
    \    ───___
    <             ̄ ̄ ̄ ̄|
    > _________    .|
     ̄ ̄ | /       \ |    |
        | /⌒ヽ   /⌒ヽ  |    |
        | | ‘ |  i ‘   |  |    |      !?
        | ヽ.__ノ  ヽ._ ノ  .レ⌒ヽ
       ノ   o          6 |
      /__   \   U  _ノ
          >        ノ
         <、___   イ
             |───┤
           / |/ \ / \




839 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 22:08:52 ID:ICBlf/A20




               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |    一切の反撃を許さず、
   /< ①>  <①>\  !   !    わずか数日のうちに敵を殲滅した!
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|   u   |  /   素晴らしい!実に鮮やかな手口だ!
  \     ` ー'´     //
  / __        /       奴は我々に「手本」を見せてくれた!
  (___)      /




この時、やる夫の口から共産党を弾圧する不倶戴天の敵であるナチス党首を賞賛する言葉を聞いて、ミコヤンは驚愕した。

おそらく、やる夫はかつて大貴族を粛清したイワン雷帝の行いと、ヒトラーの粛清を同じものと見なしたのだろう。




840 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 22:10:30 ID:ICBlf/A20




やる夫は理解していた。

西側民主主義の偽善と欠陥を、そして独裁者が負うべき崇高な使命を・・・



              ,. -─────────‐- .、
             // ̄ ̄\      / ̄ ̄\\
           /                     \
          /        ::::::::::::::::::::::::::::::::       \
        /   / / ̄\\::::;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::// ̄\\  \
       /    |  |. ┃ .| | ::::;;;;;;;;;;;;;::::| |. ┃ .| |    \
     /      \ \_// :::::::::::::::::: \\_//      \
    /     ../ ̄ ̄\ /   ::|::   \ / ̄ ̄\..     \
   /         :::::      |      |      |       :::::      ヽ
  |               |      |      |              |
  |               \__/\__/               |
  |                |       |               |
  |                |r─‐┬──、|                |
  ヽ                |/   |    |              /
    \              \      /             /
     \               ̄ ̄ ̄ ̄             /



やる夫はヒトラーにとって数少ない理解者だったのかもしれない。

だが、その凶暴性は、ヒトラーとは桁が一つ違っていた。





841 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 22:11:42 ID:ICBlf/A20





やる夫がいつ大粛清を決意したのか、との問いに答えるのは難しい。

だが少なくともその必要性を本格的に考え始めたのはヒトラーの蛮行の少し前くらいだろうと思われる。



        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
   | :::::::::::::(__人__)::::::::::::::: |
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ



ヒトラーの行いと同じことを考えていたからこそ、やる夫は「長いナイフの夜」に激しく反応したのかもしれない。

だが、状況が実行に移ることを許さなかった。
やる夫の粛清計画は、ヒトラーのそれと比べて遥かに壮大で、深刻なものだったからである。




836 :名無しのやる夫だお:2013/03/09(土) 22:07:12 ID:ftHPj4.U0



ヒトラーは最悪の時期に最悪な事をやっちゃったわけか


842 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 22:11:56 ID:ICBlf/A20




だが、このころから、やる夫は「コト」を動かそうと思い始めた。



        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\
   /..::::::::①:::::::::::::::::::::::.\
   | :::::::::::::(__人__)::::::::::::::: |
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ


ストイックだが臆病な現実主義者であるこの男は、長い長い時間をかけて策略を練り始めるのである・・・





843 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 22:12:52 ID:ICBlf/A20




   ――― そしてその最初の標的は・・・



     /.::::l:::::::::::::::::::::/.|::::::::::/.::/.:::::;ィ:::::..._l_        ';   .l     __}::::∧
    ./.::::::;!::::::::/l::::::/.::;!:::::::/.::;'.:::/.:|:::::::/|:::: ̄::::::::::::::T…ハー‐|…::::::l::::::::::::l }
   /.:ィ::;':|l:::::;':::|:::/.::::l::::::/.:::;:::/  .|::::/ !::::::::::::::::::::::リ::::,' ';::::|::::::::::l|::::::::::::l::,′
  ./'⌒|::l::|l:::::l::::l:/::::::::!::/.:/ >..、 .|:/  .|::::::::::::::::::::/.:::/ __,ミノl::::::::;':!:::;::::::リ,'
     .|:ハ::l:::::|:::::'::::::::::::/_>イ示>ミ:.、  .l|:::::::::::::::/ /:/ィ´.ノ }》.!:::::/::l::;'::::::;:′
     .l:|._';::::::|ハ:::::::::::ハ:〉《 .:|'人___>ト.メ}::::::::::〃 /イミ=イ / .ノ.::::::/.:|l::::;′
    .,.イ:::::i:::〈l} |:::::::::!.:l|   弋///Yリ / ,'::::::/    乂'ノ  /.:::::::/.::ノl::/
   .i′::::::::乂:::ヽ〉:: 从 l   、_`-二ノ /.:/  u   ー‐'  ハ:::::;'.:/.:l|リ
   .|::..::..::..::..::.\:ハ::::::ハ         〈;/            .;  ∨l〈`ヽl|
  .ノ〉::..::..::..::..::..::\〉:ハ :::.、     u       ゞ   し .从 ∨ .\:.\
  〈〈::..::..::..::..::..::..::..::.`l从  丶 U                .イ:::::|     ヽハ
 イ/\::..::..::..::..::..::..::..::..::.\  ` 、     .∠二二ア    ..イ:::::::::l|      ∨'.,
 '////,\::..::..::..::..::..::..::..::..::.\   >..、       ...イ.::::::::::::::: リ         ';ハ
 l//////,\::..::..::..::..::..::..::..::..::.>..、_  >....__ ..<::::::::::::::::::::イ:/       ll:::li
 /////////\::..::..::..::..::..::..::..::..::..::..::..:>i=<__::::::::::::::::/..:::/           |l:..:|ト、





845 : ◆J7qCZtZxmc:2013/03/09(土) 22:14:51 ID:ICBlf/A20




時は1934年の7月、弾圧の緩和はなお続く。



ゞヾ .,,.ゞヾ::ゞヾゞ:ヾ ゞ:.y.ノヾゞ ヾ .ゞ,'ヾ#:   ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
ゞヾ;ゞ;ゞゞヾゞ;ゞ iiiiii;;;;::::: イ.ヾゞ, .,;  ゞヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  : :::::::::::::::::/:ヽ,.ゞ:,,ヾゞヾゞ__;::/ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   :::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::: /...............................................................................................................................................................................................
  ::::/...................;;⌒  、................................................................................................................................................................
  /...  .(;;; ,,;;    ヽ、 _,,,...:-‐‐=-..,,,_...  ..... .... .. .. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . ....  ..... .... .. .. . . .
  :|. . . . . (_,,,  ;;ノ,r'";; :::;;: :::  ::\,,.....,  . . . . . . . . .  . . . . . .. . ....... . . . 
 ::|          ,,r'";; ;; ;... :;;: ::: ::: . ::;  .`'::.、     
 ::|        ,:r;;;; ;; .;;; ;; :;;;: :::  ::::    :;   .:: `':.、      _,..-――-:..、
 ::|      ,r'";;;.. ..;; ..;;;. .... :;;;: :::  :   :::    ::.  `'::、_   /.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::.\
 ::|    ,r'":;;:  ..;;;; :...::: :: ;,,, - '''' ''':‐-,, ,,         `'::、/ .::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::..ヽ,, - ''""
 :::|  ,r'"..;;;;;..;;;....;;;;;   :::  ::         " ''''‐- ,..,,,...  __,, -‐- ,... .-‐‐''''"
 ::::|,r'":::,,,,,, :::::......:;;;;; ... :::  ::  ::         _,, - ''" ""'''"" `'' -,..
i:::::::|  :::;;;..       ::: .:..           -‐"             "'' -‐‐‐-,..,,.
ii:::::::|   ...:::::;;:::::::::::;;;;,::::::::::::::::::::://::::,,;∧ ∧::;;;;:::::::: :::::;;;;;凸::::::::: /:;;;;:::;;::;::::://:::::::.::::;;:.......
iii::::::|───― 、_:∧,,∧:::::::::: ∧∧::.( *゚ー),:;;;;;::;;;;;;;;;;:::::: :::::::::::/;;;;;;;;;;;; :::://:;::::::::::;;;::::::;;::::::::...,,,
iiii:::::::丶 ''"`   ミ,,*゚Дミ ̄`(*゚ o゚)‐.|  U∧_;;;:::: :::::::::::;;;:::::::::;;;   ∧_∧ :;::::::::::;;;::::::;;::::::::...,,,
iiiii::::::::::ヽ    @ミ,,,,,,,,ミ ~(ouuっ~'  (;;;;;;#゚) ∧_∧-、_ ∧∧ (∀・ii) :;::::::::::;;;::::::;;::::::::...,,,
iiiiii::::::::::::::ヽ  :::;;;;;;::::    ::;;;;;::::  U U|;; U| ( ´∀)')  (*゚∀゚)と(と )``'──― 、_
iiiiiii::::::::::::::::::ヾ. ::::::  ''"` ::::::::   . :::;;;~|;.;;.;;|o(   )' ~(._っっ (/∪  ''"`    ``'─―‐--、
iiiiiiii :::::::::::::::::::\        ''":::::::   U U  U U   ::;;;:::  :;: :;:



いまのところやる夫は「法治主義」アプローチを見限っていないようである。

平穏はいつまで続くのか、今はまだ誰にもわからない・・・





【第三十四話 我が友人、キーリチの裏切り 中編 終わり】
                                           第三十五話 我が友人、キーリチの裏切り 後編 に続く・・・









関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加




[ 53305 ]

>>魔人メンジンスキーの死に、多くの市民は胸をなでおろしたという。
そして後に現れる二人のキ○ガイに市民達はどん底に突き落とされるわけか

これ程明るい未来が見えないやる夫歴史シリーズは初めてですたい
[ 2013/03/10 13:52 ] [ 編集 ]

[ 53306 ]  

桁が一つ違うどころの話しじゃねえわw
ゼロが5個ぐらい違うじゃねえかw
[ 2013/03/10 14:01 ] [ 編集 ]

[ 53308 ]

ヒトラーの行動がスターリンのヤルキスイッチを動かしていたとは…
歴史の繋がりというのはかくも恐ろしいものか
[ 2013/03/10 14:21 ] [ 編集 ]

[ 53320 ]

まだ嵐の中でたまたま目に入っているだけの状態なのがなあ…
のび太AAのアンドレイ・ジダーノフがすごくフィットしてたし、
これほどヤバいと思えたのは始めてかも。
>魔人メンジンスキーの死に、多くの市民は胸をなでおろしたという。
共産国の法則だと…((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
[ 2013/03/10 16:02 ] [ 編集 ]

[ 53321 ]

秘密警察長官は最期には人柱になる

これがなくなるのは、単なる官僚になたときだけ
[ 2013/03/10 16:25 ] [ 編集 ]

[ 53335 ]

やっぱりレームの配役は阿部さんとか熊先生とかだよな(尻をおさえつつ)
[ 2013/03/10 19:49 ] [ 編集 ]

[ 53341 ]

>ヒトラーの行動がスターリンのヤルキスイッチを動かしていたとは…
ヤルキスイッチの文字が普通と違うように聞こえるw

>多くの市民は胸をなでおろしたという。
地獄の釜の底はまだ見えてないと気付いた人なんか当時はいなかったんだろうなぁ・・・
[ 2013/03/10 21:09 ] [ 編集 ]

[ 53349 ]

既に地獄は味わったからねえ
そこから抜け出してもう戻らないと思うだろうし、思いたいだろう

にしても、この当時のロシアとドイツにだけは暮らしたくないな…
[ 2013/03/10 23:28 ] [ 編集 ]

[ 53356 ]

後から思えば、ヒトラーの自己正当化の言い分が全部自分に跳ね返ってくるのが凄まじい皮肉だ
[ 2013/03/11 00:52 ] [ 編集 ]

[ 53364 ]

信頼関係がみるみるうちに崩壊していく様は胃が痛くなる…
こんなんでも昔は男同士の友情ってやつと仲間同士の信頼で固く結ばれていたんだよなぁ
権力欲と保身ってのはつくづく恐ろしい
[ 2013/03/11 09:22 ] [ 編集 ]

[ 53367 ]  

スターリンはヒトラーを評価してたからな
実際、バルバロッサ作戦が始まるまではドイツと蜜月だった
だからこそ、バルバロッサの奇襲を許して大損害をこうむるはめになったわけだが
[ 2013/03/11 10:48 ] [ 編集 ]

[ 53368 ]

ああ、最後のところはやる夫フュ‐ラーと逆の視点なのね。
[ 2013/03/11 10:50 ] [ 編集 ]

[ 53388 ]

キーロフもアホだな。徹底的な反逆か従属のどちらかしか許されないだろうに
ずるずると抵抗するだけとは。殺してくれと言っているようなものだ
桁は1つじゃ済まんだろうw
[ 2013/03/11 23:58 ] [ 編集 ]

[ 53396 ]

MADで有名なヒトラー最後の12日間で、ヒトラーが「大粛清を行っていればよかった、スターリンのように!」と叫んでいたけれど、ヒトラーとスターリンは敵対しながらも影響し合って、互いに気にし合っていたんだろうね。ラブコメのヒロインと主人公みたく。
もしヒトラーが芸術家になって、スターリンが聖職者になって、たまたまバーかなんかで隣り合っていたら、意外と意気投合して親密な関係になったかもしれない。
[ 2013/03/12 04:44 ] [ 編集 ]

[ 53401 ]

そういえば中国の一地方でテスト中のコンピュータで量刑決める人民法院の制度、その後成果はどうなったんだろうか?

人間は私心と私欲の生き物だからなあ
[ 2013/03/12 12:02 ] [ 編集 ]

[ 53403 ]

※53401
こ、幸福は中国人民の義務です、コンピューター様
[ 2013/03/12 12:56 ] [ 編集 ]

[ 53485 ]

※53396
あのMADにでてくる「スターリン!」ってそういう意味だったのかw
元ネタ見たことないんだよなあ…借りてくるか。
[ 2013/03/17 06:36 ] [ 編集 ]

[ 53489 ]

※53485
借りてこなくてもニコニコで見れるよ(有料だけど)
[ 2013/03/17 15:44 ] [ 編集 ]

[ 53490 ]

>さらに彼らは身内の不正行為や失策に直面すると、それがバレる前に
>責任を下っ端党員に押し付けて知らぬ存ぜぬを押し通すことが常だった。

これは、日本の現状でも変わらんよね。
日本に限らず、中国やらあちこちの国である現象なんだろうけど。

オリンパス事件、アメリカで火を噴くかな?
[ 2013/03/17 15:54 ] [ 編集 ]

[ 53646 ]

>53396
スターリンの元通訳が言うところの「残酷なロマンス」だな
[ 2013/03/19 11:50 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oyoguyaruo.blog72.fc2.com/tb.php/5427-66ce310c


アクセスランキング アクセスランキング アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。