ブログパーツ 泳ぐやる夫シアター やる夫で学ぶ食卓の歴史 こぼれ話 Fatal Manner


















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

やる夫で学ぶ食卓の歴史 こぼれ話 Fatal Manner







┌────────────────┐
│文化人類学者の石毛直道氏曰く──. │ ∧ ∧    .  ┌─────────────────┐
└────────────────┘ ∨ }/ |    .│ マナーの出発点とは、『お互いに    │
       }\      \ \ /}/  |   |     ∧/{  / │ 食べ物を取り合いしないこと』だという . │
       { ∧      \ }//   |    |\    / / 八/{  └─────────────────┘
       ∨ ∧    /⌒V {   ∧  И  |  :/ / /  /{/  ̄ \
       ∨ ∧  /: : :://{    / |  |   | / / /  /从   /⌒\
.         ∨ ∧/: : : :{/八ハ /^~∨\    V  :/ /{/{/ /    ∠}ィY⌒V⌒V⌒\
.        ∨ /: :: : ,/}/ { ∨ /⌒ / \  j  :// / ム /   /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  、 ⌒} /(
.          V{_彡 /\_乂  |\\   \|_ /_/ / フ  /        \ \ \ムィ⌒{ 厂 ̄}
.           _∨∧: : / : : : : l  乂{_\ヽ    ̄ ) )//  |/⌒           ‘, ‘,ハ⌒}: : }/: : : /
.       /{{: ∨∧ : : : : : :八   ≧='   _ ィ7/⌒八  |        l|      }  八 |ト7: :./: : :イ
       /: : {{ : :∨∧ : : : : : :∧ }\    乂/   /  \{ |       l|   {  ∧/  \/: :./:./  ̄\
       |: : :.{{ : : ∨∧ : : : : : }_ \ミ≧=- /        .|  :| \∧ 八 从 / \     \/ ̄\  \
       | :⌒\: :.[∨∧ : : : : : : :/ `ー=≦ |          | 八,从/ \ \{< /⌒、  \ ≧=-  \   \
       | : : : :ハ: :.:∨∧: : : :.:/| 、   ⌒/         ∨  <     >  ∨ 厂 ̄\{\{\>l   l   l|
       ∨: : : :∧_∨∧: :/ ∧ \_/         ./    |\/  __/) : : : : : :.:.|    :|    |  :j|
       ∨: : : : |: : :.∨∧′ /: :\|/           | :/ /「\__厂__,/{: : : : : : : :}     :|    ′ .:|
.         }___.ノ: : : :.∨∧  ′: : /                |/{/  \: : : : {__/ ̄\___ノ    j|  /   /
         / : : : :.:/ ∨∧/ : : :./                       [ ̄ \ ./ ̄\/   /{。__。l/__。/_/
         }_:_:彡´    ∨∧: : :/                     / ̄\ |/ ̄\/_彡: : : : : ̄⌒>
                 ∨∧ノ                       | ̄\∧/\/   } : : : : : : : : /
                 ∨∧_ /  ̄ ̄ ̄ ̄   、     / \  j|/ }/}/}廴__ /
.                   _∨ /               \  // })/|__|      |ニニ7
                厂 /l /              _ -≦厂)l /  ̄ ̄ ̄ \ 乂ノ
                 {  {∨      ___ -=≦ /  ̄⌒¨¨         '.
                  (⌒V       / /      /                 ハ
.              /  ′       \\___ /                   . : : |
              {  .:l: ::.         ̄. : /                . : /⌒ヽ
              乂_ノ|: : :: . ,ZZZZZZZZZZZZZZZZZ       _ /     }
                 八: : : : :Ν                Ν   .: : :{____    }
                   . : : Ν  失格なヒトタチ  Ν           \_ノ
                        \Ν                 Ν          . : :/
                          .ZZZZZZZZZZZZZZZZZ: : : : : : : : : :._ノ










860 : ◆ePj4HRjxK.:2013/02/14(木) 20:01:06 ID:BuTRT8Lg0





┌───────────────────┐
│ 黎明期のテーブルマナーは、まずそのような │            ∧
│ 本能的、あるいは動物的な行動を戒める .....│             /=∧
│ ために生まれたものと言ってよい .        │          ./ニニ_∧
└───────────────────┘          〈ニニニ=/
                                       /ニニ=/
                             /  ̄ ̄ ̄ ̄ \   〈ニニ=〈
                          /     ____\   )ニニ=〉
                             /      /⌒ヽ ′ニ/
                             |   ′        /:: :: :::{〈ニ/八
                       /⌒\ _/| / \       {:: :: :: ::}′:: :: ::〉
                厂 /       ∨  ̄ ̄    、  \ :: /ニ/:: :::/
               厂// /⌒               \ ⌒〈ニニ〈:: {   /]
            /厂/ニ/ /                    ∨ニハ∧/::/
           /⌒V厂/二/                          }_}ニニ}:∧:::「
.           |///〈/ ′={  |    /⌒        /⌒   |/[「{/ニ_//:: }V
.           |///〈/{ニニ{  |   :|   |  | |  | /  |  |ニ厂ニ// :: :}二二(_ノ
.           |///〈/|ニニ{  |   :|\ |  | |  |/}/} .′ |/厂 ̄{/:: ::/\
          | ̄/〈/∨=八     |ノ芹芥冗八  |孑芥/ /ィ=7⌒} \/\/\_ノ}
.      | ̄/[__\V(⌒V \ , | |::...:::|  \l |:::.:|// |:: |:〈  /〉     \__ノ
.      | / :: :: :: ::/八)7 ∨   ∧乂__汐    乂ノ |  |:: ∨イ〈
      /| :: :: :: :〈_/ 厂⌒{\  :ハ"" _,_,  "" ,イ   l| :: {::::|/
      \|:.:: :: :: :: :: ::.从乂从 ::\{ ∧────=彡 V  |\{_ノ{
..    /∠|: :: :: :: :: ::.::.{:: :: :: :: :: :: ::∨ |/    ∨  l} ∨/
   〈_ /}___::_:::乂::_::_::/⌒::_:}/⌒フ _人_ノ }/    .┌─────────────┐
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    八/::: :::/ 。厂⌒) ̄ ̄       │過去のマナー本を紐解けば、 │
                    \_/ 厂_,ノ           │そのことがよくわかる      │
                       ̄               └─────────────┘





862 : ◆ePj4HRjxK.:2013/02/14(木) 20:02:07 ID:BuTRT8Lg0




                              _____
┌─────────────────┐/    `‐-、_
│      ・ ・ ・ ・                │        :.`:‐-、_
│ あまりに獣じみたがぶ飲みをしないこと .│       :.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ____
└─────────────────┘        :.:.:.:.:.:.:.:.::.. ヽ   `ヽ
             _,-‐-'´..:.:.:.:.:.:.:.`‐-、_l:.:.:.:.           .:.:.:.:.:...  ヽ   ヽ
      ____,--'´       ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.          .:.:.:.:.:.:.:.:.:... ヽ   ヽ
  ,イ ̄´´              ..┌───────────────┐:.:.. ヽ   ヽ
/i:l                  │ ・ ・ ・ ・ ・              . │.:.:.; ヽ   ヽ
:i:i:i:l                   │ 豚のように音を立てて食べないこと.│:.:.:.:..: ヽ   ヽ
:i:i:i:l                   └───────────────┘.:.:.:.:.:.:  ヽ   ヽ
l:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.           :.:.:.  :.:.:.:  ヽ   ヽ
li:i:i:il                   ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:          :.:.:.:.:  :.:.:.:.:.  ヽ   ヽ
.li:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.        :.:.:.:.:.:.:.  :.:.:.:.:..  ヽ   ヽ
..li:i:i:il                    ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:          ,-‐--、_ :.:.:.:.:.:.   ヽ   ヽ
. li:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:       /;,;,;,;,;,;,;,;,;,;`-‐--、___ヽ   ヽ
 li:i:i:il                   ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.     ./;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,__,--'´三三=ゝ
 .li:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:   ./;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;__,--'´三三‐'´
  li:i:i:il                        ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.. /;,;,;,;,;,;,;,;,;,__,--'´三三 ‐-'´
  .li:i:i:il        ┌─────────────────────┐-'´
  li:i:i:il           │動物になぞらえた文句の背景には、            │
  .li:i:i:il        │『本能に突き動かされる獣とは違う存在』としての │
   li:i:i:il          │人間の姿を理想とした態度が見て取れる   .    |
   .li:i:i:il       └─────────────────────┘
   li:i:i:il     _,-‐'´三三三三-‐'´ ̄
   .li:i:i:il _,-‐'´三三三三-‐'´
    li:i:l/三三三三-‐'´
    .li:/三_,-‐'´ ̄
    .`´ ̄





863 : ◆ePj4HRjxK.:2013/02/14(木) 20:03:19 ID:BuTRT8Lg0




                           ┌──────┐
                           │しかし、である.│
                           └──────┘


                                               
                  ┌────────────────────┐
                  │そうやって『文明化の過程』を辿ってきた訳だが、|
                  │結局のところ我々人間も動物なのだ    .    │
                  └────────────────────┘




                   ┌───────────────────┐
                   │生理的な欲求については、マナーを守るにも .│
                   │限界があるのではなかろうか───?     .│
                   └───────────────────┘



.

865 : ◆ePj4HRjxK.:2013/02/14(木) 20:04:21 ID:BuTRT8Lg0






              ┏━                            ━┓
            ┏┛| ̄                                ̄|┗┓
            ┃| ̄  礼儀作法は、人が行儀よいことを望むが、    ̄|┃
            ┃|                                       |┃
            ┃|_      自殺せよとは言っていない         _|┃
            ┗┓|_                                _|┏┛
              ┗━                                 ━┛
            
            
                    ──アントワーヌ・ド・クルタン 『新礼儀作法論』(1672)



.

866 : ◆ePj4HRjxK.:2013/02/14(木) 20:05:23 ID:BuTRT8Lg0





                                                         ____
                                                       /      \
                                                     /_ノ   ヽ、_ \
                                                    / (●)  (●)   \
                ・・・いやいやいや、最後の1文はおかしいお         |     (__人__)   u   |
                                             r、     r、\    ` ⌒´     ,/
                  守ったら死ぬマナーってなんなんだお?   ヽヾ 三 |:l1 >   ー‐     ヘ
                                              \>ヽ/ |` }             ヽ
                                                ヘ lノ `'ソ イ            |  |
                                                 /´  / ./ |         |  |
                                                 \. ィ_ノ .|         |  |
                                                      |         |  |



                      /)
               _,. イ;;;;;;;;:〈
        l.`ー-┬┬イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;j
        〉;;;;;;;|iiiii|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r'ヽ
        γゝ、;;;;|lllll|;;;;;;;;、;;;;;;;;;ノ i l
      l/`〉、r=ォ、;;;;;;;;`メ‐ l i ノリ
        | `'//kゞ=イーイ'===リノ ´.   原文では、『熱いスープで火傷しそうになったら
      li  /l| |ヾll l| u   ',
       |l  /l| | /l ||     ,ノ    こっそり皿に戻して召使いに渡しなさい』、という
.      |l  /l| | /l ||≧ー ´
      || / l| l/;|l l|≦;'i       マナーに続いているわ
     | ! / l| /;;;ミ、.l|;;;;;;;,i
     〉、/、l|、 |`_l`ミミ t―゙
      ミミヾリ/;;;;|;;;;((i';;\





867 : ◆ePj4HRjxK.:2013/02/14(木) 20:06:27 ID:BuTRT8Lg0




         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \     ・・・冷めるまで我慢すれば
  | / .イ '=・=  =・= u|
    /,'才.ミ) (__人__) /     .  いいじゃないかお
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ

                                                ヽ:::::::::::::::::::::::._ニ=-‐辷ノ}:.ヽ:.:.:\:/:.:.:.:廴
                                             (:::::::::::::::   ´      乂辷}`ヽ:.:\三ミゞ:.
                                                ):::::::/    /   ´   辷ノ⌒7: :}三}:.:.:.
                                               (::::::: ' /  イ /      ヽ   廴:.}三}:.:.
                                                  ヽ::i,イ /´ // /         トミ   }}三}
                                                   `{|{  // 八      l | }i:i}
                                                  ヽヽヽl トミーミ 、   ノ ノ}/ }:i}  /
             料理なら、ね                             \{ヽ|{ィヒゝヽ辷彡' ノ、 l/ /
                                                    }/ノ|゙~^yヘ,ィヒゝヽイ /  ' /
                   ・ ・ ・ ・ ・ ・                         /( 人    ゛ー‐'7//  イ
             けれど、我慢できないことが    ..トヘ ト、         / /,川\ヽ  u -く/彡//
                                  |\ヽヽ ーヘ      / / 人ノ乃ミ辷Y´ー 、\ノ_ノ
             マナーで禁じられていたら?     |  `ー~へY´三三三二ニニ=-、ノノ〈_辷_ 、  ヽミ
                                  |        |////          |//廴:::ヽ ヽ  }く:.ヽ
                                  |        |///     ~ァ   |/i:i:ヽ:.:廴;;ノ⌒ヽノ}:.ム
                                  |        |//こY゙ '~{  廴{   |i:i:i:i:i:i:};辷;辷;辷彡Y´{
                                     \      ィ|/ (,ノ  ん i i i   |i:i:i:i:i/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./、ー:}
                                     \   ノ |              |=彡{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. イ、:ノヽ)
                                          }\r、「l_ノ77   1 8    |=彡ヽ:.ー=彡'"´ :|ノし'
                                      {:.:{:.ヽ、 〈_______|Y(ノノi\:.:.:.:.:.:.:.:.:.}:.ノ
                                         \:`辷辷彡'ー':.:./i:i:i:i:i:i:i:i:i:ー彡'"´ ヽ:.:.:.:.:.:.:.lノ
                                        厂 ̄}ゝー=ミー=ミ ノー――=ミi:i:i{:.//    ー=彡'}
                                厂 ̄`ヽ:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.`ヽ:.:.:.:.:.:.:.: :}彡' /心 j抃、 Y ヽ





870 : ◆ePj4HRjxK.:2013/02/14(木) 20:07:34 ID:BuTRT8Lg0





                                                        / ̄ ̄ ̄\
                                                      / _, 、_ \
                                        ・・・んんっ??    /  (●)  (●)  \
                                                     |    (__人__) u  |
                                                     \    ` ⌒´    /


  ヽ    /                 \
     /   /         \       ヘ      {
 \ ./   /           ヽ       ∨       〉
   .′  /           \  、       }     /
    i   .′ / , ,. /   ヽ   l ヽ      l     「
    |  / i!  i! .! .! .′    l} 、 iヽi、 l!     l!   |
   ! i! |! .ハ!_l!_l!_{!    .ri! i !¨l;!キ ト、l!   l!   f′
 、  '.. {! l!/!ヘ ハl! l!、   j W  l! V l!l!   j!   i
 ノ  ! i! lヘ l! _l!_l!_ l!ヘ   ! | l!j!x==t、l!} l! .ハ  ノ     今夜は、そんなマナーが生んだ
 `ーァ ヘ!キ {iヾf .{_fY_iヾ'.  l!リ イ!l!{_fY_i l! ハ!.lj  f
  〈  ll '. ト.  弋zノ   ∨    弋zノ l! ! | リ/       喜劇のような悲劇のお話を
   て  l!キ!ヽ!                 j!  l!
    ` ̄ヘ. ∧、 ""   ′  "" u オ   .′         ご紹介するわ
        キ .∧\    ⌒     /l!  l!_
      r‐ヘ .∧―≧:、    ≦  ̄l!  l!   }
      {   キ ∧   r仁Z`iヽ   l!  l!  /
      .ハ   '. ∧   ヒンニュウ′  l!   l! .'≧、
      _ヽ  l  ト、  /〉¨^ー __ノ   ノ__j    \
     /  \_! .! ヘ´ /     / -≦‐ァ       ヽ
     ノ      ム‐≧三}′    ノ´三三/
  /       {三三三リ       〉―ラ´
./        ヾ-ァ ´     /`=´7




872 : ◆ePj4HRjxK.:2013/02/14(木) 20:08:36 ID:BuTRT8Lg0





【1601年 プラハ】

                 iョ                                    iョ
                 |                     i                  |
            〃"ヽ                   ,l,                   〃"ヽ
                frxrxi                    F!                崟山, |
               || || ||               /ハ                   | ̄| | |
          ,.へ   ||_||_||  fli           F三ヨ  i嵓i              |  | | |
       ∧!「゙il:  「「 :| |   |||  , _.       || || |l  |平|   __ ,△  |  | | |    i|;ヘ
       「l| |!L L../|:| | ∧f.二ヾ7''「/|',  _  八ニ八 |○| x. /不 ∧| |合l|崟|l|l|八  __非|:|
      /゙il上__ア|:k>| 「 ̄| [] l  | |∧ 「i Fコ_/ ,八 ハ:||. || lF7゙,峇   | | | |二|ニl'Y''¨|V V|
      | | |  / |:| | | [| |l  l∧k>| ./亢il |_|「¨「¨「 ¨l|l山l| |/ V非V | | |f|  | l| |:l| | ̄ ̄|
      | | |l /  l|:| | | [| |V  「¨゙| | 「 ゙̄|l | |∧| |∧l|l ̄l|/ :l| ̄ ̄l | |,/ l|  | l|∧| | 「「| l|
      { | |/  「 「 ll「 ̄|l V l| 「l| | | 「l :|',| |l冊冊冊l|l㊦/ :l| |干|l| ! !  l|  | /゙ ∧| [.l] _|
      | |∠二二ヽ∠「 日|二Ⅵ}L|二|「ニニ|∧:l|l二二二l| /  l|二二| ! /_ |  |,/___∧「「| l「|
    「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「L ―┤「l├‐Y| i^i i^i | 「 ̄ ̄| |┼| _「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「|
    Ⅵ刕刕刕刕刕刕刕刕刕刕刕[l三三三三三三三三三三三三三l]刕刕刕刕刕刕刕刕刕刕刕Ⅳ
     l「]「 ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄|| ̄|| |'⌒゙Yi ⌒Yi'⌒゙Yi'⌒Yi⌒Y  ̄ ̄ ̄ i|| ̄|| ̄ ̄|| ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| | _∠二
  ¨不¨ | ||  l||    ||    |「l l|  || |   |l   ||l┼l ||l┼l||┼||  「」 「 !l||  ||    ||  ||    || 「l ||_| ̄! fl
 __.旦.__| ||二「|二二||二二||二||二|| L__||___||l土l ||l土l||土||_「」 L 」 ||二||二二||二||二二||二二||_|__[|==
  圧! | || ̄l||    ||    |「l l| ̄|| | ̄ ||  ̄ ||:. ̄><.. ̄ ||   | |  「 ̄||    ||  ||    || ̄ ̄|| |  ! fl
 [[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[> ´     `  <]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]
 刕刕刕刕刕刕刕刕刕刕刕刕刕刕|モモモFコ=Fコ=叩=Fコ=:Fコモモモ|刕刕刕刕刕刕刕刕刕刕刕刕刕刕
  l干l  ̄ ̄Fコ l干l lFコ ̄Fコ l干l Fコ l干l l| |  | |,.ィ三℡| |  l| | l干l Fコ ̄ ̄l干l  ̄ Fコ l干l Fコ  ̄ ̄ ̄
  l┼l     | | l┼l l| |  | | l┼l | | l┼l l| |  | |三三三| |  l| | l┼l | |    l┼l  l| | l┼l | |
  l土l     | | l土l l| |  | | l土l | | l土l l| |  | |三三三| |  l| | l土l | |    l土l  l| | l土l | |
 ____| |__l| |_| |__| |__l| |_| |三三三| |_l| |__| |_____| |__| |____
 二二二二「..」二二「..」二「..」二二「..」二二「..」二「..」三三三「..」二「..」二二「..」二二二二二「..」二二「..」二二二二




874 :名無しのやる夫だお:2013/02/14(木) 20:09:46 ID:.oec6/fE0



支配者は神聖ローマ皇帝ルドルフ2世だっけ、錬金術大好きだけど結構粛清もやらかした。


879 :名無しのやる夫だお:2013/02/14(木) 20:13:08 ID:.oec6/fE0



プラハはガラス工芸にも優れていて、欧州でも豊かな都市だったなあ。


873 : ◆ePj4HRjxK.:2013/02/14(木) 20:08:58 ID:BuTRT8Lg0




─────────────────────────────────────────
  ┌──┬──┐                            . ,、
  ..|. ̄. ̄..||  ̄ ̄i|   __                    _〈 i、
  ..|._._..||__ l|__|┌┐|  /               _、シ从ヾ、
  ..|,r:'´丨`ヽ.   .|   __ └┘`7           _  _,,シ:'「|ヽ.・ヽヽ
  / \ ! /ヽ  .|/ ,>:' ´l`゙'ヽ、         /⌒  ̄||    |.|_ へ.、。_)
  i'__ x __i_.|_/ \ ..|.. /ヽ         .,イ{   ノ ||(   ,U
  !   , '.i 、   !三三 l__ x __i三ニニニニニニニニ0ニコ/
 .ヘ /  | \ ノ.    !  /.|.\  ,!       /| |    } j{
   ゝ、_ !_ , r'      \ _..|.._ /         《_,ヒ}   《_,/_}
─────────────────────────────────────────

     ∨ニニニニニニニニニニニニニニニ-/
.       ∨> '"´    ̄ ̄ ̄    ー-=ニ二_′              _,n_00
  _____}                        {  ____           └l n | 
  \三二ニ≡====ー----―==≡ニ二三三三:/            U U 
    \三三三三三三三三三三三三三三三三三/              ___ 
      7: : :/. : :/. : {:∨∧: : : : : `ヾ: : :ヽ: :ヽハ才               く,ニ !
     ,: i : :{:: ::/. : :∧:∨∧: : : : : : .∨: : :': : i: :{                 くノ 
      {: |: : }: /_才/:ハ:.∨∧: : : :斗弌: : : : : : ::!     ふむ・・・
      j八: :{/彡,:イ云ー: :乂ハ=彳ハ: {ハ: :/ ,: : :!
     从: 乂ハ    ``ヾ   '"  }リ }'. / : : ;
      ∨: : 爻_ゞ==-     r===彡彳.: ::.′     天体観測のデータも
.        ∨: : 八            イ. : : : .'
.       ∨: {: :≫.     _'_     乂: ,.: :/        膨大になってきたし、
         ∨从ハハ> . -‐ミ.. . .イハ.: :/: /                             _ 00
.        乂{   . ィf -‐:._}ヽ(  .イ乂::.′        そろそろ記録にまとめないとね  └‐┐ |
       rfー--‐ " ィ{ .二二}=ミ` <从(___                      .      ┌‐┘ |
      /:フ {   //:. -‐ ヲ   \   } }                              ̄ ̄ 
.     /. :} i}  { i{才:ハ  fハ\___ノi}  ′ハ                             ___  
..    /. : 乙{   ゞ=ミf }  j〈 ヾ==彡  ′{∧                           | ∟ 
    .゙. : : フi}    /乙′⌒Y{ }i:{    ′乙 ∧                            |_厂 
   ,.: : : : :廴ハ  ./ {__  乂气{i:{   .゙⌒(: : :.∧





875 : ◆ePj4HRjxK.:2013/02/14(木) 20:10:05 ID:BuTRT8Lg0




                                   _,n_00
               ,. -- ―― -- 、          └l n | 
                   ハ           `ヽ         U U 
            ,.ヘ!       、   、  \        ___ 
               /,   ,、  、    \ ハ   ヽ      く,ニ !
      \   / |. ! ._ハ、ゝ、`ー、-―- ',   ハ       くノ 
      ─    1 レヘ.´i| ̄_`ー= フ==、,. り   |     __   
      /     マ  ヽ.{/伝ヽ   ヘ辷リ !/ !    }    └┘/7 
             У  ゙  辷リ     `¨´/ /   /     <ノ 
           / ,ィ ト圦   `    / /  ィ /
             レ^{从|、i>  ` ̄ ´〃ァ / l/
                  ヽ! ヽi>-t   レ,/ "          ん、着いたか
                   ,.イ1 ,/  i `ー- 、
                 ハ´::{l r1ト、     l}: : : : : `ヽ、      楽しみだね
               i: : : {l 7.|´    l}: : : : : : : : ハ
               !: : : {l l}{l     l}: : : : : : : : : ハ
                .ハ: : :.{l l}{l     l}: : : : : : : : : :.ム
                 ハ: : : :゙='゙===′: : : : : : : : : :ハ
                  `ァ~~^~~~^~~~~~~.ハ
                  ,' |三三|∨i三三三三ニ/゙ヽ、   ム
               ハ !三三!∧i三三三三:i′  }    ハ
              ハ./三三.!∨i三三三三:|   /     ノ
               〈 〈ニ三三!∧i三三三三:!  ./   .o /ソ
              /y゙>、 三冂三三三三/ ,/   .o /ソ
               └/: : : :|三|: :|三三/ ̄У`ヽ.  .o /ソ
                ./: : : : :.\|: :.!ニ/: : :く    `ヽ./ソ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 彼の名はティコ・ブラーエ。 デンマークの天文学者で、
 「ケプラーの法則」で有名なヨハネス・ケプラーの師です。

 1601年10月13日、彼はボヘミア公ローゼンベルク伯爵の
 招きに応じ、晩餐会へ出席しました。




878 :名無しのやる夫だお:2013/02/14(木) 20:12:26 ID:UfMO9aIM0



年周視差を観測できず、地動説ではなく太陽の周辺を他惑星が回るという天動説を唱えた人か。


876 : ◆ePj4HRjxK.:2013/02/14(木) 20:11:07 ID:BuTRT8Lg0





       |§|:.                             ::|  |:::::∧,,/
       |§|:.                             ::|  |::ミ   ,,
       |§|:.                             ::|  |:::<二二
       |§|:.                             ::|  |:::/ j
       |§|:.                             ::|/ ̄ ̄ ̄
       |§|:.         r───‐┐    r───‐┐   r───‐┐  ̄r───‐┐
      _|§|:.         |        |    |        |   |        |   |        |
     /,ハ: |:    /´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
======// /|=====/
圖圖圖| レ |圖圖/
======| |  |===/
      | | / ̄ | ̄「 ̄ 厂| ̄ ̄ ̄ ̄|/ ̄i ̄| ̄ ̄ ̄ ̄| ̄i ̄| ̄ ̄ ̄ ̄| ̄i ̄| ̄ ̄ ̄ ̄| ̄
      | レ'   ノ .:| i / :.ノ|        ト、 ヽ. : |        |:. ヽ.: |        |:. ヽ: :|        |:.
      | |ニニ/ .::/ j | :/:人____,,ノ}.:.\ :.|        |  |:: .|        |  |:: .|        | 
      | |  〈 .::/ :/ :レ :{  | |─‐| | ノ .:/::} /[二二二二]ヽ:} /[二二二二]ヽ:} /[二二二二]ヽ



       ∠Y/7               ヽ |:l:|  \\
        //  /   !       | |     l:ハ ∨   \
.     //   .′  |    _| .:|  l |   | |
      /    |   .|    {f^)} .:|:. .:!从  l! !
   / /      .l    !\:. \l|7 >‐十士| /| |
.  / /       !   l├-ミ:..  l|lf::::rくトミィ、/レ}从
 / /       |从从ト{テミ、:. l| \ヽ_Y,./ノl/ /     /    ようこそ
./    ̄ ‐ 、     | .:∧弋ツ ヽl!   ヾ==く7 ∧:..    / /
. ̄ ̄ ̄ ̄ヽ\   | /.:ハ    、     、_ノ| l ヽ:.  / /     さ、席におつきになって
       } /  l'.:/ ヽ   -_-     __| |:..   / ム
        //   ′_  >      (: : : | |∧    ̄¨
        〃  / /: : : ̄ ̄:.ヽ⌒V⌒ヽ: :.| l:./ヽ
     /´   /  {_ : : : : : _:_V7)_r~’ ∧ 丶_,\
    /    /  / : : ): : : : /く:>イィ:)7: : / : ヽ.___





877 : ◆ePj4HRjxK.:2013/02/14(木) 20:12:11 ID:BuTRT8Lg0




                                           ___
                                  _,,,,,,,,,_     {n_}
             _人_       ,,,x-─''''''''''''''''ー-─く,,,,:..:.:::..;~゙''',二区い}つ
             `Y´      ,z'~:; 彡;:. : .::.;'':::.. ,,:.:;''..:.,~ミt、:::;;t~   {こ} __
                   ,,,イ~ .;:`メ:;;...,'',:::..:::,:..;::::..;:. __,,,,,;;;;,二ュ,,,,,,,,,,__{n_}_
                 ン~;: ,,:' ,,,:::,':,;'::゙;;';;:...:::.'';::.,;:: ,r'~ `". ;:... .::::;;,;::,:'.:,,,;;;}い,}二)
   __,,,,,,,,,,,,,,,,,,,__      A彡ノ,''. :: ' ;,:.::, :::,Zx,,:::';;`,:;  ,::,;..゙:: ';: ..;;::..,;:: ::;r''~,,__ 込}     _人_
  i<___>!    ∧,、{米ミ,,:.: ;:;.`::.;,'':...::'';''::,,ノヤ; 炎';;,.:. ::::,:.. :.;;:...;;;;/Y,,, i巛),.      `Y´
;;;;;;;;k,,;;;;;;;;;;;;;;;;;,,-'|__ ノYて){ミ;爻i;;;.::;`:.:;;:.;;r‐'''~ ,,;ジ::,: ::,;; "::,,::';;;;;;;ッぎテ~..';;;ア(')}心ュ,,___________
..:. .|: ;::.. ; :::l:::.:|  メヾW个`=ベ-ェ、,,;.:{;,,. ;=~~'''ュ,,,;,_:::.:,':...::,;===''~.:::;;;ソViYY)K)Ei゙ヾ,、 .. :.. :::...:  :  ..:....
. .: .|: L::. j ::|;;:::|.  .いYソヽ/A(Yい)V台、>-、,,,,. ,:::,:..,;;~ヱ;;;,,,:::::.、、=X〆()のr、iミ}Tノル/゙j   .. :    ::..
 :. . {・;;;;.::,,;;..;;.....}   i`ヾ、、i^rひMべTノ のl'*=z=爻m≡'∧ひ,六俎ミどヾ)メ2ノハ)=ィ",ノ  _,,,-‐'''"tュ~r-ミニ'‐-、,,,
..:. ::.人,;;__;;;ソ;;;..:_ `-、`ヾ、ッニ士t),;豆ZY)亘ミメX)rYt川广}ハir、tわ&YO,,=-'~,,-''~  i'  (,_ 々(コ/´ ::;}J  ,; .゙i
 . ; .`''''':; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;,::. .~`-=,二二二二二二二二二二二二二二二二二二,=-''~ ...... .. .`-、,,_   `゙'"~  __,,,-´




/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
;::::::/.:::::::::::/::::::;::{::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::ハ
|:::::{:::{:::::::/:::::::/八::::::::\:::\:::::::::::::::::::::::|
|:::::::::::::::/::::/-―丶:::::::::\‐-::::::::::::::::::::|
!::::::::::∨/{_,斗=ミト\:::、::|\::ゝ:::::::::::::|
';:::::::/ヘ::::::` Vし:::/ ` ヽ斗=ミ辷=-::::::'
..';:::::::::::::::\:トヾー゙'       ヒ:::ツ/:::::::::::/.         おお、素晴らしい!
.. }ヘ:::::::\:::iヽ ''     ,  ,, /::::::::/
    ヽ:::::::込   ┌‐-,    仏ィ"┌──┐
      ⅥVヘ`ト   ` ‐ イ:::::/ノ/77´}:::::::|       料理も見事ですが、なによりこの
      ノ┴-ミ   〕≦  |//)゙ / / /゙h::::|
..    ∠z―-ミ `圦え__   //   し / j:丿       ワインの美味なこと!
  _/        `ヽ介ト辷/        ク1
 辷^辷^辷^辷㍉ {:l:|::{ 辷^辷z  /. ′
〃.:::::::::::::::::::::::::辷㍉V::/´ ̄ `ヽ.えィ゙イ
i{:::::::::::::::::::::::::::/::::辷^V      V辷フ}





880 : ◆ePj4HRjxK.:2013/02/14(木) 20:13:12 ID:BuTRT8Lg0





    /:::::::::::::::::.:.:., .-────‐-、|
   .〈:::::::::::.:.:,r'"´  _   -─‐─‐-L_
    ヽ::::.:/ , -'"´              \
     .Vr'´.:::::::::::::.:.:.,   - ─‐──‐‐- 、/
    /.::::::::.:.:.:.:., ィ_,.. - ''': ´ ̄: : : : :`ヽ : : ヽ
    \.::::::::::,ィ'"´: .|: : l : : i: : : :'; : : : : : ヽ.: ::ヘ
      \,::イ: .!: : : :ハ : :!: : '; : : : \: : : : : ';ヽ : !
.         |:.:.:i:.:.:.:.:.:.∧|  ヽト、:.:.:lノ x=ミ、| : : l !:|
..      ';.:.:l:.:.:.:.:./ ,x=ミ、\l ″,,,,,, } l: :/ リ
          v:{:.:.:.:イ 〃      '    /イ:|/;/
          .l:/ .「|_「| """   }_,ノ   /.:.ト|
        |∧.:ゝ ノ_、    ノ    /:::/|'⌒⌒ヽ
          .ヽf'⌒ヽ)>   __ .. イ⌒;─LLノノノ
          ∧  `}{ヘi´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`i
    ._____  { {ヘ_,ノfー{             }
    |     .|ヘ vヘ、_,小∧             /
    |    {リ ∨__}/i{厶_________厶_
──┤   '|─┘┴‐└\              /
    ` ー一 ´          ` ー─────一 ´

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 晩餐会のもてなしは、それは素晴らしいものでした。

 ティコは大いに食べ、好物だったワインもたくさん飲みました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





881 : ◆ePj4HRjxK.:2013/02/14(木) 20:14:14 ID:BuTRT8Lg0







            ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                              ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
               ───そう。 たくさん飲んでしまったのです。
            

            ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






.

883 :名無しのやる夫だお:2013/02/14(木) 20:14:37 ID:zcnpj01E0



まさか・・・?


884 : ◆ePj4HRjxK.:2013/02/14(木) 20:15:19 ID:BuTRT8Lg0





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 晩餐会も半ばに差し掛かったところで・・・
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                                                   _____ _イヘ) __
                                              _ - フ ̄  、 ヽ   、_{_<_  _>
                                             /  /  {   !    ∨∧ \ ̄丶、
                                           イ,′  {   |   }    | |   \ ヽー、→
                                         ∠__/ /|  | ヘ、!   |   ||    \{ \
                                           ノ| | |__ |{  }}  /|_|__|_| }      ',  ヾ
                                         /メ{ | |V卞ト、又_/レ==}_/从/|      ',   }
                    ブラーエ殿?             //  {从仆≧、{乂乂ー(薇ソ/ | |        ',  /
                                         //   ヽ∧《{ ! j   \__У  | |        ∨/
                                     、  ( (     ハ,ヘ ¨´ 〈    ノ   | |  {     / .'
                    顔色が優れませんが    -    ヾ、   } ∧     _ _       | {  |     ( ヽ
                                      ′    })  ,′ /ヽ.        ∠大、__ヽ     `ー
                    お体の具合でも?           /'  ,′ ,    }>、 __r―' /⌒{_∠ヘ丶
                                        /   /  /   |  << _/}   ノ \>――
                                        〃   /  /    | <⌒Y  /  ≦== ”  ___/
                                    .  //   /  /     j  _ケい           /
                                    .  //   /  // ̄`>‐'《薔)'〈    ___ _,/
                                      (〈   /  >ャー―'    _/   /             /
                                      \ /  / {\__ィ、__入ノ`ーソ     \    >、
                                        ))'  /  ヽ   /  廴 ゞ、/       く    { |
                                       /ソ  /   /   /    } ノ          }!   |
                                    .  //  /    リ  { :::::::::...ヾ、_  ::::::::::::::    八   .レ'




886 : ◆ePj4HRjxK.:2013/02/14(木) 20:16:22 ID:BuTRT8Lg0





   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::|
  _|,,,,,,,,,,,,,,,,,===============7/>
 <三三三三二二三三三三三/ `'´ / /\
..  >七''´: : : : : : : : : : : : : : : : ヽ   ' /  /
 ,': : : : : : : : : : : :l: : : : : : : : : : : '.,   ヽ/
..,'.: : : : :,'.: : : : : 斗|-',:\: :-‐-::l: :ハ       ・・・えっ?
{`'; : : : |: : : /: /|:l lヾ ヾ,ヘ: :.、: l: : :|
|: : :.l: : |: : :/: / |イ '' \ ゙、 ヽヾl: l: :l      い、いえ とんでもない
l: : :.l: : l: : 'ィ/|  ┃     | r: :l: :}
.l: : :l: :.l: : :l: :.|  ┃     | l: :l: :l
..∨:.l: :l: : :l: : ',    ___   !:/:/      ロウソクの光の加減で
  Ⅵ: :l: : ト, :ト',    !__ノ ._,ノ/l/
  Ⅶ: l: :.l:',:|>-、 r‐、‐ Tl´:/|/        そうお見えになっただけでしょう
   厂'7.ヾ|,x、_,--、,-ヽ 'レ
   / /.:.::::::.',x_}゙ー介´ x',
   ヽ/.:.::::::::::.',xゝ ' ` xi
                                                 _____ _イヘ) __
                                            _ - フ ̄  、 ヽ   、_{_<_  _>
                                           /  /  {   !    ∨∧ \ ̄丶、
                                         イ,′  {   |   }    | |   \ ヽー、
                                       ∠__/ /|  | ヘ、!   |   ||    \{
                                         ノ| | |__ |{  }}  /|_|__|_| }      ',
                                       /メ{ | |V卞ト、又_/レ==}_/从/|      ',
                                       //  {从仆≧、{乂乂ー(薇ソ/ | |
                           そうですか     //   ヽ∧ -=ミ、.  \__У  | |
                                      ( (     ハ,ヘ ¨´ 〈    ノ   | |  {
                           これは失礼     .ヾ、   } ∧     _ _       | {  |
                                        })  ,′ /ヽ.        ∠大、__ヽ
                                        /'  ,′ ,    }>、 __r―' /⌒{_∠ヘ丶
                                      /   /  /   |  << _/}   ノ \>
                                     〃   /  /    | <⌒Y  /  ≦== ”  _
                                  .  //   /  /     j  _ケい           /





887 : ◆ePj4HRjxK.:2013/02/14(木) 20:17:24 ID:BuTRT8Lg0





   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::|
  _|,,,,,,,,,,,,,,,,,===============7
 <三三三三二二三三三三三/                             ,l
..  >七''´: : : : : : : : : : : : : : : : ヽ                            V´         ++-
 ,': : : : : : : : : : : :l: : : : : : : : : : : '.,                          `7
..,'.: : : : :,'.: : : : : 斗|-',:\: :-‐-::l: :ハ                         _」      v
{`'; : : : |: : : /: /|:l lヾ ヾ,ヘ: :.、: l: : :|                         ,ゝ   7
|: : :.l: : |: : :/: / |イ '' \ ゙、 ヽヾl: l: :l                             ヘ
l: : :.l: : l: : 'ィ/|  ┃     | r: :l: :}
.l: : :l: :.l: : :l: :.|  ┃     | l: :l: :l   ・・・・・・
..∨:.l: :l: : :l: : ', u   ___   !:/:/
  Ⅵ: :l: : ト, :ト',    !__ノ ._,ノ/l/
  Ⅶ: l: :.l:',:|>-、 r‐、‐ Tl´:/|/
   厂'7.ヾ|,x、_,--、,-ヽ 'レ
   / /.:.::::::.',x_}゙ー介´ x',
   ヽ/.:.::::::::::.',xゝ ' ` xi





   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::|
  _|,,,,,,,,,,,,,,,,,===============7
 <三三三三二二三三三三三/
  >七''´: : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
 ,': : : : : : : : : : : :l: : : : : : : : : : : '.,
..,'.: : : : :,'.: : : : : 斗ト',:\: : ‐-、l: :ハ
{`'; : : : |: U /: /|:l lヾ ヾ,ヘ: :.、: l: : :|
|: : :.l: : |: : :/: / |イ '' \ ゙、 ヽヾl: l: :l    \\ | l i 川 |  川 | | l i川| l i 川//
l: : :.l: : l: : 'ィ/|r ̄ ̄     ' ̄ r: :l: }    三                    三
l: : :l: :.l: : :l: :.| =≡≡  ≡≡l: :l: l     三   ううう・・・ もう限界だ!   三
.∨:.l: :l: : :l: : ',U     `  u ,!:/:/     三                    三
  Ⅵ: :l: : ト, :ト', u   X   _,ノ/l/     // | l i 川 | l  川 l i川 | l i 川 |\\
  Ⅶ: l: :.l:',:|>-、 r‐、‐ Tl´:/|/
   厂'7.ヾ|,x、_,--、,-ヽ 'レ   ジワッ
   / /.:.::::::.',x_}゙ー介´ x',
   ヽ/.:.::::::::::.',xゝ ' ` xi




889 : ◆ePj4HRjxK.:2013/02/14(木) 20:18:33 ID:BuTRT8Lg0




        / ./  , -ー―― ー 、 _l        \ヽ l|l|l|l //
        ヽ/ /: : : : : : : : : : : : : ::ヽ ;      \         /
         / ./.: :l i、/=、: :ヽ:: U : : ::}  :     二      ト  二
           >: : : Ⅳ f_テd: : ::l: : :: :: ::ノ        ―  行   イ  ―
         レ'l: : ::lr,   |: : ::} .}/: /_       二  き   レ  二
             Vi: :',´ -‐ .|: : /./, <ク:::::::::ヽ ;    ―  た   に  ―
              l: : >,   | ://ヒユ::::::::::::::::i {    二  い      二
             キ: ::l> -|/   ヒユ:::::::::::::::::{ ;    ―  っ       ―
            l: :ll /Ⅹ~} . ふ::::::::::::::::::{  }   二.  ! !       二
                Ⅳヽレ'れノ∩リ.::::::::::::::::::::キ     //        \
               ノ:::::::::ヽll {:::::::::::::::::::::::::::::::l      // l|l|l|l ヽ\
         {  /__::::::::::::|、リ~., -=-z,:::::_,. ーツ
           } ゝ,i ゛==y'  ´  ./ 二 l/
         :;  |  /    ./´////lli
         ; };    i ./   , .ノ///// |{  プル
              |./   ∠_,. =ー=、,_',
             ,/   /´::::::::::::::::::::::::::ヽ   プル
            , '/ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::| {
           ./: :',./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ; }
          /: :/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| .;
        {: : {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
        |: : |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  :

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そう。 ワインをいささか飲みすぎ、さらに悪いことに
 食事の前に用を足しておくのを怠ったせいもあって、

 この時、ティコを激しい尿意が襲っていました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





890 :名無しのやる夫だお:2013/02/14(木) 20:18:34 ID:UfMO9aIM0



フランスの庭師の時といい、またしても不憫な役・・・


892 : ◆ePj4HRjxK.:2013/02/14(木) 20:19:35 ID:BuTRT8Lg0





          _z==ニ三三三ニミュx、_
        i三三三三三三三三三ミx、
       ;.i三ニ=====ニ三三三三ミx
        |'´__zzzzz__   `ミニ三三〉
     rz=ニ三三三三三三三ニ=zzx、 \_i
      |三三三三三三三三三三三三ミx_/
    ; .|三ニ====ニ三三三三三三三ミx、
.     ,.': : : : : :i{: :i: :、: : : 、:/: : :i :ミ三三三三〉 ;  \\ | l i 川 | l i川 | l i川 | l i川 | i| l i 川//
   / : : :\ :ハ: :|\ヾ_ィ{\: : : i: i : : : :寸三//    三                           三
    ,.: : : : : : トヾ;{il ヾ _zニ三刃: :}: : : : : : ∨     三  でも、晩餐会の最中に席を立つなんて  三 
... ; i:/!::i : : zム=≡:::::::::      〉:U: :j: : : ii     三                            三
   リ !:ハ: : :ヘ    ::::::::::: __, i: u : :,': : : ,'' ;    三  無作法なマネは絶対できない!       三 
    ヘ! 〉:: : :!_彡':::::::::::::::::::::u:::i: : : :/: :i :/        三                            三
       {: : : :i u    ×   r 、u レi: :/!: :ル'      三                           三
.    ; .',:i{:.:i、 _/`i    u l、ノヽイ|/`ヽ<         三  お願い、保ってくれ僕の膀胱・・・・・・!   三 
      }ハ::ハ:`レヘゝー≠i〈 。 \:::::::::::`ー'´)     三                            三 
          リ 〈゙}゚  ir、<彡ヘゝ、。 , \:::::::::::/     // | l i | l i川 川 | l i川 | l i川 | l i 川 |\\
            〈゙i゚。 ,_i::}i |ii||ii\>。/`ーi'´ ;
        ; ゞ=彡{`ゞト' ト'_ _》´三三',ゝ
             i三ゞ'´三三三三iヘニ'., ;
             |三三三三三三ニ/::\i
            ;.|三三/\ニ三三/:::::::::ヘ
             iヘ三/::::::::\三/::::::::::::::::i
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 当時の宮廷社会のエチケットとして、晩餐会の途中で
 席を外すのは不躾なこととされていました。
 
 ティコはそれを忠実に守ろうとしたため、
 長い晩餐会 ―数時間に及ぶことも― の間、椅子の上で耐え続けたのです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





893 : ◆ePj4HRjxK.:2013/02/14(木) 20:20:06 ID:BuTRT8Lg0





 ┌─────────────────────────────────────┐
 └─────────────────────────────────────┘
 ┌───────────────┐
 └───────────────┘
 ┌───┐
 └───┘


                                 _ || _
                                (⌒)=(⌒)
                                ヾ´||`,イ
                                  .}}_||_{{
                                / .λ ,\
                      λ        (( )vνし ))         λ
                 λ   ν          .。゚\ゞvソ/゚。        ν    λ
                 .ν   .l~!       λ。゚  ((<>))  .゚。 λ      l~!.   ν
                 .l~!  rnhhnュ=ァ oν   . /∧\   ゚.ν  ,r=rnhhnュ ..l~!
               .rnnhhnュ ゝ三彡'-'゚''゚ l~! /V/__∨\ .l~! ゚ '' ゚ーゝ三彡' rnhhnュ
               ゝ三彡'   .ゞー_rnhhnュ /二二ム _.rnhhnュ-_ー_ノ   ゝ三彡'
                 ゞ_ー_-_≦.;。  .゚ゝ三彡'/ゝ_)).;.((_,ヘゝ三彡'゚ 。  ,;≧_-_-_ノ
                   ;゚。    ,《》゚。,,゚<> `ー'' .<> ; <>  `ー'' .<>゚o '《》。   ,゚;
                 《》 ゚ 。 ,,o゚ .;   .〈〉  ;゚。 ..〈〉.<>.〈〉   。゚;  〈〉   .; ゚ o.。゚.《》
                   ;       {i}   {i} .《》.゚。o.{i} ; {i}゚o ゚ .《》. {i}   .{i}     ;
                 {i}      .;   .〈〉  ;   〈〉 .;. 〈〉  ...;  〈〉   .;      {i}
                   ;      .◇   ◇ .{i}  .◇ 《》 ◇   {i}  ◇   ◇    ;
                 ◇            .;.    .;     ;            ◇
                             .◇     ◇    ◇

.


895 : ◆ePj4HRjxK.:2013/02/14(木) 20:20:37 ID:BuTRT8Lg0




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ──結論から言うと、晩餐会での粗相は
    せずにすみました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

─────────────────────────────────────────
  ┌──┬──┐                            . ,、
  ..|. ̄. ̄..||  ̄ ̄i|   __                    _〈 i、
  ..|._._..||__ l|__|┌┐|  /               _、シ从ヾ、
  ..|,r:'´丨`ヽ.   .|   __ └┘`7           _  _,,シ:'「|ヽ.・ヽヽ
  / \ ! /ヽ  .|/ ,>:' ´l`゙'ヽ、         /⌒  ̄||    |.|_ へ.、。_)
  i'__ x __i_.|_/ \ ..|.. /ヽ         .,イ{   ノ ||(   ,U
  !   , '.i 、   !三三 l__ x __i三ニニニニニニニニ0ニコ/
 .ヘ /  | \ ノ.    !  /.|.\  ,!       /| |    } j{
   ゝ、_ !_ , r'      \ _..|.._ /         《_,ヒ}   《_,/_}
─────────────────────────────────────────

  /:/:/. : : // _!:\/ ヽ::::::::::::ヽ: : : ヽ::::::::::::::::::l
∠/ : /. : ! /  (__ノ: /!ヽ ハ.:::::::::::::!: : : : l::::::::::::::::::l
. /: / /!: :/j/// !/ l/l/: : !:::::::::::::l: : : : l:::::::::::::::::::!
/イ: :i レ′/ /      l : : :!:::::::::::::l: : : : !::::::::::::::::::l
 l: ! l  //\       !: :/:!:::::::::::::!: : : :l:::::::::::::::::::!   ・・・・・・
、!/!ハ//  __j  r =、∨! :!:::::::::::::!: : : l:::::::::::::::::::!
 ヽ、∧ ̄__r―┐  ゝ=く l/. :l:::::::::::::l: : : l_:::::::::::/
    ̄Y´ 厂:`ヽ_/_/ イ/:/:ト 、:::::::l ̄     ̄
\   ,ゝく::::::::::::::\: : :/:/:/|: : : ヽj

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 しかしその代償として、家に帰る馬車の中で
 彼の膀胱はついに力尽きたのです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





896 : ◆ePj4HRjxK.:2013/02/14(木) 20:21:39 ID:BuTRT8Lg0





           ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

              晩餐会から11日後、1601年10月24日

                ティコ・ブラーエ 永眠  享年54


                  死因:膀胱破裂による尿毒症

           ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




.

898 :名無しのやる夫だお:2013/02/14(木) 20:22:05 ID:zcnpj01E0



え???


900 :名無しのやる夫だお:2013/02/14(木) 20:22:51 ID:bnmQJaEI0



なんと・・・


901 :名無しのやる夫だお:2013/02/14(木) 20:22:55 ID:37MekB420



おおう…


899 : ◆ePj4HRjxK.:2013/02/14(木) 20:22:41 ID:BuTRT8Lg0




―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
=================================================================
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



         ____
       /      \
      /三_',!`zx二 \
    / ´ー¨‐` ´ー¨‐'' \
    |      (__人__)  u  |  ・・・・・・
     \    ´ニニ`    ,/
     /⌒ヽ    ー‐   ィヽ



                                                      ノ`ヽ⌒ー-'ヽ.
                                                     /`        `ヽー、
                                                    _}  > ´ ̄ ̄` ::.  (  .ヽ
                                                   {   /        ヽ. Y  {
                                                   て_ ,'          !{  介
                                                   え. i |!!|l!| | ! |!| i | |i l }ソ /
                   ・・・恐ろしい話よね                      てハi |l lー'| l|`ー-ミ 、{{ /|
                                                     ゞz:、┬i┬ ┬i┬ {@}i !
                                                       ||!ゝ;;'   ゝ;;' u〃 ||
                   さすがにこの死因については疑問に思う学者も多くて、   | ゝ_∧_,.イ/||| ||
                                                       | |///,:{{@}}//,:!|ハ !|
                   1991年に法医学的調査が行われたわ            |∧//∧j |>'゙.|| ∨
                                                     ,イソ `´ヾ'  ヾソ rj   ゝ
                                                     `ミ、ー、      彡/|
                                                      ソ ノ`ー----'´{  !




903 :名無しのやる夫だお:2013/02/14(木) 20:23:59 ID:zcnpj01E0



再調査できるほど資料が残っているのか?


                         ・ ・
この人、若いころに決闘で鼻をそがれて金属の義鼻をつけていたので、
遺体を取り違えることもなく無事に本人の骨や髪の調査ができたのだそうです



902 : ◆ePj4HRjxK.:2013/02/14(木) 20:23:43 ID:BuTRT8Lg0




  _   _    ,. 、 ,       、      ,
  f:i_::v`┴`ー::´:7  ー,  /   '`ー‐ 、 ‐|´
 /::::!‐イー、.  /::::/  r‐'  ,イ  !  \ ヽ└ 、
 ! '::::,ィ!    |::::′ _7  '/l         ` ヽ(
  ̄´ lト ニ   !:::|  、 !、 !_i_l! レ|:    ハ| .i レ’
    ,イ | カ  !:::l'  〃 トl` ヽ!、|、!:  レ' / | !
   ,l::! ! ^__、l::」  / i! |. ー‐'  ヽ'^レ /!リ    その結果、彼の髪と髭から
  i l::! ,| l::! 、ゞjif / \ 、     、Yィ´ '/
  / ゙"/l `   `ア|,/、 __ ゙i!   _  ' ! |        水銀が検出されたの
 i  .〃′   i⌒: !´ ::::ヽ||   ‐ン //r‐、= 、
 | i〃/   _/ l:. |:::::::::::ノ!=v‐.:`V// ニ、\\
 |〃/  /  ,>‐`ー∠::::ノ}_:::::ノ///  \ \\
, '/!i   ´    ゝ――‐-、ヽ':::::ト' //.     \ \\





                                                           ____
                                                         /ノ ヽ、_\
                        つーことは、中毒死? 毒殺かも?          (●) (● ) \
                                                     /⌒(__人__)⌒   \
                                                     |    )  )    u.   |
                        ・・・やっぱり小便我慢して死んだなんて     \   `ー'´      /
                                                 ⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
                          ガセだったんじゃないかお         \ ヽ           ヽ /
                                                    \_,,ノ|      、_ノ





904 :名無しのやる夫だお:2013/02/14(木) 20:24:44 ID:.oec6/fE0



水銀は当時の理系学者関係だったら普通に使うし、
ダイレクトな死因にならんと思うけど。



905 : ◆ePj4HRjxK.:2013/02/14(木) 20:24:44 ID:BuTRT8Lg0





   ./ r─.≧:::::::./                 ヽ:::::::::::≪ニ7》
   に二三彡::::.∧                    ハ:::::::::.|\Y《
   仁{_/つ::::∧                    :ハ:::::::) . ) )     ・・・ところがどっこい
  . 廴__,.イて ,'.l                 j | |  |  }::ム辷彡'
   .ハ ; (::::.| |  { | | ハ V     .l   イ.∧ l  | :!.|::::/. | |:|
   .ハ ,:l| 辷| l  .V.L | ハ.ヽ    | / ,/7| | Ⅵ jl !.}:::}  .| |:|      2010年に更に詳細な分析がされたところ、
   ハ:/ :!l  |!ト{  .ヘlV_V_zリ,,,. ハ  l/./_レ_イ.l ∧リノ|::lハ  | |:|  
  .ハ/ ::l|  .|::|ヘ\    _  `\V/7´_    从ンj .|:| .l.  |:|     検出された水銀は致死量には遠く、
   /  !|   |::ト叮アト、 =='       == ' 7イ |ソ}l::| .l   | 
  ,'   |   |::|.  | .l∧         ,     u. / ! .|'  川 :l:   i|      毛の表面にしかないことがわかったの
 三三三三三三三三三三三三≧≦三三三三三三三三三三三三
 |                 {| ̄ ̄|}                  |
 |                 ||    |}                 |   彼は錬金術師でもあったから、実験で使う
 |                 ||    |}                 |
 |                 ||    |}                 |   水銀が髪や髭に付着しただけらしいのよね
 |                 ||    |}                    .|




                                                             ____
                                                           /ヽ  /\
                                                          /(●) (●)丶
                                                         /::⌒(__人__)⌒:::uヽ
                                       あれ? ってことは・・・?  .l    |r┬-|     l
                                                         \   `ー'´   /
                                                         /         ヽ
                                                         し、       ト、ノ
                                                           |   _    l
                                                           !___/´ ヽ___l




907 : ◆ePj4HRjxK.:2013/02/14(木) 20:25:50 ID:BuTRT8Lg0





  /::::::::::::/      _   /::_i_ノ'ヽ:::::::::::::::: _:::ノ
 /::::::::::::/ :::::::::::::::::〆__  ヽ    \::::::::::し、
'.:::::::::::::::l__,:: - ── ハ ノ      ヽ::::::__ノ
|:::::::::::::: |      _ ヽー ' ヾ.      ゙:::ヽ
|:::::::::::::: |    フ_j ノ     ,.      レ′
|:::::::::::::: | ::::::::::"j ´ T′    |   ,   l
|:::__ :::::: |   _ノ ,ヽヾ.     ,ハj_   // ,
γr、ヽ::::| _ノ‐!- !-!、l!   ィリイi/ ノ .ヘ,/
ゝメjク:::::|ノlハ'____ヽノ_/ l/ j/
..`ー".::::| ヽハi:::ノ ̄ ̄  {:厂从 !    ・・・『礼儀作法は、人が行儀よいことを望むが、』
 ヽ \::::! ハ ゙、、、   、、i | |
  ,|` ーゝ | |u        ,! .ハ.|
  ヽノ^゙ .| | | ___‐__... ィノ_j | !|
ヽ /ゝ  .| ト\!:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ ̄"| l!ヾ.、
ノ     L \ヽ ヽ:.:.:.:.:.:. l ,,リ  !l
 イ   ハ ヽ.\\\.:.:.::| ノ、._ l|




                                                          ____
                                                        /      \
                                                       /         \
                                                     /            \
                                『自殺せよとは言っていない』    |   _,   /        |
                                                     \(ー⊂ヽ、∩  u    ノ
                                                       |  | ゝ_ \ /  )
                                 ・・・至言かも知れんお         .|  |__\  ” /.
                                                       .\ ___ \ /


 【おしまい】















               ____
             /      \
           / ─    ─ \      ところでさあ、学校とか電車とかで
          /   (●)  (●)  \     急にウンコとかおしっこしたくなる時あるじゃん
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \
            泳ぐ管理人






               ____
             /      \
           / ─    ─ \      それで我慢できずに
          /   (●)  (●)  \     おパンツの中にぶちまけちゃった……
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/     誰もがそんな経験ありますよね
          /     ー‐    \
            泳ぐ管理人






               ____
             /      \        恥ずかしいけど……いつもより気持ちよさ倍増っつーか
           / ─    ─ \      抑圧からの開放っつーんスか
          /   (●)  (●)  \     常識からの解脱っつーんすか
            |      (__人__)     |     カタルシスがハンパないッスね
          \     `⌒´    ,/     
          /     ー‐    \
            泳ぐ管理人





               ____
             /      \
           / ─    ─ \      その後臭いで気づいた周囲の視線に
          /   (●)  (●)  \     どきどきしたあのスリル……
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/     今ではいい思い出ッス
          /     ー‐    \
            泳ぐ管理人



                   トラウマ
                   青春の1ページだね









関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加




[ 52514 ]

ちょっと管理人さんになんと声をかけていいかわかりませんねw
[ 2013/02/15 09:38 ] [ 編集 ]

[ 52516 ]

おお……もう……
[ 2013/02/15 10:05 ] [ 編集 ]

[ 52517 ]

お、おう…
[ 2013/02/15 10:05 ] [ 編集 ]

[ 52520 ]

せ……せやな
[ 2013/02/15 10:28 ] [ 編集 ]

[ 52521 ]

もういい…!もう…休めっ…!
休めっ…管理人…!
[ 2013/02/15 10:28 ] [ 編集 ]

[ 52523 ]

漏らしたのかと思ったら…
そこまで我慢できた事に驚きだよ
[ 2013/02/15 10:41 ] [ 編集 ]

[ 52525 ]

>誰もがそんな経験ありますよね

そ、そうだな(目をそらしつつ)
[ 2013/02/15 10:59 ] [ 編集 ]

[ 52530 ]

管理人が全部持ってったwww
[ 2013/02/15 11:19 ] [ 編集 ]

[ 52531 ]

最近は学校のトイレを新しく綺麗なものに変える動きが活発化してて大変結構なことだと思う。
学校(小中学生くらいだと特に)だと中々大きい方に行かないからね……
[ 2013/02/15 11:32 ] [ 編集 ]

[ 52537 ]

しかし人間って排泄を数時間我慢した程度で死ぬのか?
後、生命に危機が及ぶぐらい我慢してたんなら、意思とは関係無く自然に漏れると思うんだが。
[ 2013/02/15 13:07 ] [ 編集 ]

[ 52542 ]

ここの管理人は時折後書きで全部持っていくから大好きだw
[ 2013/02/15 15:18 ] [ 編集 ]

[ 52551 ]

膀胱破裂なんてそんな簡単に起きるもんなのか?
破裂は別件としても、尿毒症はもともと持ってた可能性があるんじゃない

そして管理人、イキロ
[ 2013/02/15 18:03 ] [ 編集 ]

[ 52552 ]

聞いた話だけど、阪神大震災や東日本大震災で水や紙がなくてトイレ我慢し続けた結果……って人が結構いたとか
[ 2013/02/15 18:15 ] [ 編集 ]

[ 52554 ]

※52537
死ぬかどうかは不明だが、満員に近い電車で小を1時間半ぐらい我慢してて今まで掻いた事が無い汗を掻いた事がある
でもその時は漏れなかったぜ
[ 2013/02/15 18:46 ] [ 編集 ]

[ 52555 ]

排泄物ってさ、
パンツの中に出たのだけは
「実」とか「具」って呼んでもらえるんだよな。
だからなんだって話なんだけどさ。
[ 2013/02/15 19:18 ] [ 編集 ]

[ 52558 ]

すぽるとの汗だくマサトを思い出す・・・
[ 2013/02/15 20:00 ] [ 編集 ]

[ 52563 ]

(あれ、このスレなんか臭くねぇ?だれか漏らしたんじゃry)
[ 2013/02/15 22:30 ] [ 編集 ]

[ 52567 ]

安心しろ
電車の中でウンコもらしたことあるけど、意外にバレない
[ 2013/02/15 23:17 ] [ 編集 ]

[ 52568 ]

膀胱パンパンのときに転んで膀胱破裂した人が現代にもいるからな
過度の我慢は禁物
[ 2013/02/15 23:21 ] [ 編集 ]

[ 52572 ]

満員の快速電車の中で襲い来る強烈な腹痛……!
管理人さん、青春は忘れていくものだと思うよw
[ 2013/02/15 23:54 ] [ 編集 ]

[ 52577 ]

*52567
………………そうだなっ。
[ 2013/02/16 01:19 ] [ 編集 ]

[ 52579 ]

今日、電車の中で目的の駅まで小便を我慢し続けた俺にはタイムリーなネタすぎるw
[ 2013/02/16 01:40 ] [ 編集 ]

[ 52585 ]

我慢してるときって、犬だったらここでしても問題ないよなとか、考え出して、人間の尊厳を問われている気がする。
[ 2013/02/16 11:14 ] [ 編集 ]

[ 52587 ]

管理人に続いてkonozamaアフィで腹筋持ってかれたwwwwwwwww
[ 2013/02/16 12:03 ] [ 編集 ]

[ 52592 ]

お、おう・・・
[ 2013/02/16 14:06 ] [ 編集 ]

[ 52593 ]

アフィ・・・ そうか!普段から大人用オ○ツを装着しておけばいいんだな
こいつぁ盲点だ!
[ 2013/02/16 14:33 ] [ 編集 ]

[ 52596 ]

なんだっけ、たしかローマ軍か何かの式典で整列してる兵士の一人が尿を我慢して同じように死んだって話を聞いたことあるけど、よくある死に方なんだろうか?
[ 2013/02/16 15:29 ] [ 編集 ]

[ 52599 ]

http://www.tokyo-kinikai.com/toukatsu/ifou/pdf/p30-p33.pdf
「35歳男性、多量飲酒後に発症した膀胱破裂の1例」
> 一方では膀胱自然破裂は、外力と思えない軽微な
> 外力でも起こる。一般的に腹膜内破裂となる。
> 膀胱の疾患(膀胱癌など)や膀胱壁が脆弱な
> 高齢者に神経因性膀胱や前立腺肥大症の合併例
> または、多量の飲酒でも起こりうる。

高齢の男性が酒を飲んで尿を我慢するのはヤバイらしい。
尿の出が悪くなってきたおっさんだから気をつけるわ。
[ 2013/02/16 18:52 ] [ 編集 ]

[ 52601 ]

旅客機で屁を我慢しすぎて着陸即搬送された、という話を思い出した。

人間の三大欲求は睡眠、食、性(排泄含む)
寝ないと死ぬ。
食わないと死ぬ。
ならば排泄しないと死ぬのもおかしくない、か?
[ 2013/02/16 20:16 ] [ 編集 ]

[ 52609 ]

蒼の子のおもらしが見られると思ったのに!のに!!
[ 2013/02/16 22:52 ] [ 編集 ]

[ 52612 ]

52609
トイレの歴史を参照のこと。
[ 2013/02/16 23:54 ] [ 編集 ]

[ 52621 ]

大人用おむつは、おもらし対策で、本格的な放尿は吸収しきれないよ。
[ 2013/02/17 10:25 ] [ 編集 ]

[ 52765 ]

小学校で漏らして以来、屋外では機会あればしておく癖がつきましたね。
逆に屋内とかいつでもできる環境だと限界まで我慢して、耐性を付けてます。
[ 2013/02/20 02:29 ] [ 編集 ]

[ 52858 ]

膀胱破裂死・・
そんな死に方だけはしたくないなw
[ 2013/02/22 15:01 ] [ 編集 ]

[ 58623 ]

大なら緩くなければ膝を曲げずにあるくとか思慮ができるけど
小はズボンを濡らした挙句に液体が溢れるからな
我慢しろとか無理っす
[ 2013/07/06 00:28 ] [ 編集 ]

[ 62490 ]

この作者は蒼の子とセイバーに何か恨みでもあるのか?w
[ 2013/09/03 23:25 ] [ 編集 ]

[ 75665 ]

腹ン中がパンパンだぜ(違
[ 2014/11/23 13:26 ] [ 編集 ]

[ 87889 ]

作家にして劇作家の久保田万太郎氏が亡くなったのも、宴席で赤貝が喉に詰まったのをその場では吐き出さず耐え、厠で吐こうとそっと席を抜けてたどり着けなかったとか…。

のちにその旧友が
『その気遣いは君らしい、それでも周りが汚れようがその場で吐けば良かったんだ、君は君らしさに殺されてしまった。』
みたいなことを語っていたとか。
[ 2016/07/08 03:06 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oyoguyaruo.blog72.fc2.com/tb.php/5372-880be983


アクセスランキング アクセスランキング アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。