ブログパーツ 泳ぐやる夫シアター やる夫は赤い皇帝になるようです 第三十三話 我が友人、キーリチの裏切り 前編


















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

やる夫は赤い皇帝になるようです 第三十三話 我が友人、キーリチの裏切り 前編







五か年計画が成功裏に終わり
ピークを越えた弾圧政策。
収監者の釈放が始まり世は新情勢を迎える。
___  __________
      ∨
    ,,,,,,,,,,,    ||    ||   ,,,,,,,,,
   [,,|,,,★,|,]   ||    ||   [,|,★,,,|,]    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ( ´∀`)  目    目  (・∀・ ) <  妻を失った孤独な皇帝の
   ( つ  )つ       ⊂ NKVD,)  | 友人として支えとなった同志キーロフ。
  ┃レ __   | ̄ ̄ ̄ ̄ | ___,ノ┃ | しかし、やる夫と地方幹部の
  ┗━┳┳\ | ̄ ̄ ̄ ̄|,/━┳┳┛ | 間で生まれた軋轢は、
      ┃┃   |_____,,|   ┃┃   | 彼の運命を暗転させてゆく・・・








536 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:01:24 ID:XikyBAmA0




1933年、第一次五ヵ年計画が成功を収め集団化の圧力がピークを越えたこのころ、
全能の皇帝やる夫・スターリンと少年のような鉄の共産党員セルゲイ・キーロフは
特別な友人関係にあった。


        ___
      /      \
   /          \
  /   ⌒   ⌒   \
  |  /// (__人__) ///   |     ボリシェヴィキ党書記長
. (⌒)              (⌒)     やる夫・スターリン
./ i\            /i ヽ



.       /.:::::;::::イ/____.../....-‐/―‐-..`.._ 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ\
     /./r' /;!.,'::::::::::::::::;イ:::::::::;l::::::::::::::::::::::::::``:::....、::_::::::::::::::::::::::::',``
...   〈/ . |l:::::|.;::::::::::::::::/ |_:/ ';:::::::::::::::::::::::lⅣ:::::::::::`::...、`ー:、__:::::::',
       ||::: |;:::::::::::::::; ̄l:::/¨¨`;::::::::::::::::::::::l|_∨.:::::::::::::::::::::::...、.`∨,
       |.リ:::l|l::/|:::::::;'.,>≧ミ_ ';::::::Ⅳ:::::::: l|=-';::::::;:::::::::::::::::::::::`ー.、.',
        .ノ' /ll:;::ハ:::::;:イ |ハ .>∨:|!∨:::::::l|__';::::|.V::::::::::::::::::::::::::::::',
      .//  l|::l|ハ::iハ .|l:::`´:!.  Ⅵ. ∨:::::l|7{. Ⅵヽ';:::::::::::::::::::::::lト ∧
      ′   ||从 Ⅵ `.ゞー''   `  ∨:::l|:::ゝイリ./`;:::::::::::::::::::::l| ヽ〉
          Ⅵハ .l       /l    \ト、:ノ  ,イ::::::::::::::;::::::::|
           Ⅵ }::;        ヽノ            /!.l:::/::::::/∨::::!
            从:.、     、     ,     / ソ::::/.::;′.∨:{
         r―‐-..../、_.V:\         ̄     .イ'::::::/}::/    ヽ〉
         ';::::::::::::::::::::::::::三≧=-...、        .イ::::;::〃 ,'/
       .V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`>x-<::::__/レ'_ 〃
       ,イ`:、:_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〃::::::::::::::::::::::::::::::>,     レニングラードの支配者・政治局員
   .___く_:::::::::::::`:ー--‐:::::::::::::::::::::::::::::〃::::::::::::::::::::::::::::::::::/           セルゲイ・キーロフ
    /////`ヽ_、:‐-、`:::、:::::::::::::::::::::::::::〃:::::::::::::::::::::::::::::::/
     //////////>ミ、::::`ー::::::::::::::::::〈_::::::::::::::::::::::::::::::く


キーロフは明るく天真爛漫、裏表のない性格で誰からも好かれる存在であった。





537 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:02:02 ID:XikyBAmA0




彼はたびたびやる夫から夕食に招待されるようになり、
やる夫の愛娘であるスヴェトラーナにもよく懐かれたという。



                                    ____
            ほら、スヴェトラーナ!         /⌒  ⌒\
            キーリチが来てくれたお!     /( ●)  (●)\
      r 、.     ,、                /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
      l ヽ,,, -ー -', l                 |     |r┬-|     |
      /  @ o  @ ヽ                \      `ー'´     /
     Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ
     l γ::..:::::..:::...ヘ、: : : ハ j
     `ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::)
     リ::::::( ( ●) (●)::(     キーロフおじたん!
.     ハ::::ハ "  l マ i )
       Y ヽ  ` イ' y

やる夫の愛娘 スヴェトラーナ・スターリナ


                /
              /'
             /::/-――――‐-...ー―ァ
            ,..--':::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\´
          /‐ァ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         ⌒7:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::.
          .〃::::::::::::!:::::/:::::::|:::::|:::::::ト::::::::ヽ:::::::::::.
         /'|:::::::|::::-!::/_{:::::::{:::::i\::i-\::::::!::::::!:::!
          i:::::::|l:::::i/_\:::ヽ::::. _)'__‘::::|i:::::|l::|
          {:::::::|l:::::「丐心 \i\{ 丐刃 }i::リ∨:!リ     こんばんはスヴェトラーナ。
            ヽ:::|i:::::i ヒz少      ヒz少 i/ }:::i′
           )八从     ,       厶イi::リ      また背が大きくなったかな?
                `ヘ    __,   ..イ:::::リル'
                 )ト .       .ィルリノレ
              r―――}` ー‐  {i/---- 、
            }: : : : : : :\_. -: : : : : : : :.\
           __人: : : : : : i i: : : : : : : : : : : --〈_
         〃    \: : : : i i: : : : : : : /      ` .
         /:i        `介: リ:_:i´i:_:/         /⌒丶
         ,: :.|        // //  i i|          /: : : : : :
       i: : :!     // //   .i i|       /: : : : : : :i





538 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:02:53 ID:XikyBAmA0




やる夫とキーロフの友情は、少年たちの純粋なじゃれ合いにも似ていた。
二人は他愛もない雑談や猥談をとばしては、笑い合っていた。


       ____
     /⌒  ⌒\
   /( >)  (<)\     キーリチは相変わらず若くてうらやましいお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |    /| | | | |     |   奥さんとはしっぽりやってるお?
  \  (、`ー―'´,    /   若いうちは楽しまないといけないお!
       ̄ ̄ ̄


.        /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :``ヽ
.       . /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 〃: : : : : : :: : : : :: ヽ
        ``ヽ. : : : : : : : : : : : : : : /〃: : : : :: :/:/: : : : ::ト、|
      /. : : : : : :/: : :/ : : ::/:/  /: : : :/.://:/: : : : :ト、|
     /. : /: : : :/: : : :/: : /:/   /: : /  /ハ/.:.:.:.:.:.:.:.| !
.     /.:.:.:/.:.:.:.:./.:.:.:.:./.:.イ ー--  /:./―- ト、.:.:.:.:.:.:.:.:.|
.   /.:.:.:/.:.:.:.:./.:.:.:. : :: :ィ≡三三   i/ 三三 ハ.:.:.:.ハ.:.l
.     ̄/.:.:.:.:./.:.:.:.:.l:: :: :|::::::::::::::::      :::::::::::  ハ::.:.:./     やる夫・・・
      //.:.:.:: ⌒ヽ::|: :l {、        ’ .   ハレ':|
        /ハ___ : : : ll{  し         / : :l|:/       俺ももうすぐ50だ。
           ヽ:: i:、:: :: ヽ:ゝ   ァ-、_,    :ハ          若くはないよ。
        / ヽ| ヽ:: ::∧: 、 ヽ、 -  ノ /} }:/: : ヽ
       /: : : : : : : \::ハ、: : : >-一:7//: : /: : : :ハ:⌒ヽ
.      〈: : : : : : : : : : : }ヽハ三三三三彡/: : : : : : : /: : : : ヽ
    , ィ⌒丶: : : : : : : : jニ∨三三三三7ハ: : : : : /-‐' ´> 、丶
  / : : : : : : : \: :/i: 人三三三三三リ}/ヽ: :/ : : : : : : : : : : `丶、
/ : : : : : : : : : : : Y: : |:/三三三三三三Ⅳo:У: : : : : : : : : : : : : : : : :\





539 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:03:11 ID:XikyBAmA0




              x.≦:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
              ,イ::::::::::::::::::::::::;::--:、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'≦ハ
          /.>/..::::::;::<::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
         // ,.' ̄¨7ー--::::::::_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';::::::::::::::::::::\:::∧
         .′ ,.' -ィ‐:/:――----....`ニ;ィ::::::::;ィ|::::::::::::::::';::::::::::::::::::::::::ヽ:ハ
           //.:l/;';ィ::::::::::::::::;ィ::::::::/ ,'.:::/l:|:|:::::::::::::::::i--―=ニ二_l::::.ヽ
          .,':':;;/./.:i/:l:::::::::::::/.::|// /.:/  .l::!:!:::::;l:::::::/:l::::lハ::::::::::::l:::::::|ヽ::::.\
         .;//.〈::::l::::|:/|::::/.::::::::/-./メ- 、ノ::::|::/::!:::/-l|::/:ハ::::;::::|:::::::!  `ヽ:.\
           i|:::::::::;イ|':::|:/.::::::::/  ′   ,'.:::::::'::::::〃 l|;':;;:::ハ:ハ::!l:::::l
           ||:;:::::;'.::|:|::::l'.:::::::::/ィz==ミ /.:::;:イ:/ィz==l!/l|:::::::l::::;'.j::::;'
           |/l::::l . l:::::::::::,'lリハ l/ト..イ .// /   /ト.イ リlノ!:::::;::::リ '::/
         _,...<从:ヽム:::::::;' l':   `  ̄´      .l、 ` ̄ ´.| i:/l:/ ,'/       それに最近は体調も悪い。
        i´::.::.::.::.::.:ゝ-...、::i 、            ゞ'    |/\:/ ′
        ∨.::.::.::.::.::.::.::.::.:Yヽ \             _     , '  `ヽ          動悸もするし、時々めまいで倒れそうになる。
      r≦ミ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::∧:..> 、         ´ __...イしヘー .|          忌まわしい老いって奴だな。
     .,.:ト、::.::.::.::.::._::.::.::.::.::.::.::ヽ:..:..:..:>...   /     `´    人
    / /|:.:.` ̄:.:´.:.:.:..ヽ::.::.::.::.::.::.丶:..:..:..:..:..≧/          /  ` .、      もう昔のようには働けない。
 ./  〈:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\::.::.::.::.::.:..\:..:..:..:..:l、        .<       i
../    ` <.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.::.::.::.::.::...:>:../.|::\  ‐チヘ          :|



       ____
     /_ノ  ヽ、\
   /( ●)  (●).\         な、なに言ってるんだお。
  /   (__人__)  u. \
  |ni 7   ` ⌒´    . |n      やる夫にしてみれば
l^l | | l ,/)      U  l^l.| | /)     キーリチはまだまだ若いお!
', U ! レ' /      . . | U レ'//)
{    〈         ノ    /    体調なんてすぐよくなるお。
..i,    ."⊃    rニ     /
 ."'""⌒´       `''""''''





540 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:04:14 ID:XikyBAmA0




五ヵ年計画の激烈な重圧と激務に耐えて、幹部たちの健康は軒並み悪化していた。


               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !      そうだお!
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  | u    |r┬-|       |  /      政治局決定で
  \     ` ー'´     //        キーリチに特別休暇を出させるお!
  / __        /
  (___)      /          ゆっくり体を休めるといいお!



キーロフも例外ではなく、彼は心臓の不調と過敏症、不眠に悩んでいたのだった。





541 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:05:05 ID:XikyBAmA0




キーロフはもはや、やる夫家の一員と言って良かった。
やる夫宅のシーツや衣服の保管場所まで把握しており、自分で寝具を用意してソファーで寝るのだった。


    |   .::/::   .:::::::::〃ー/-、/ :::..    N:::_ !\:::::::::|::...   :l: ヽ ヽ
    |  .:::/|:::  .:::::::::::/ | ::/  {ヽ .::::::..   |´ヽ::: | ̄\::::l:::: :   ::::|: !  !
    |  .:::/│  .:::::::::: / レ'_  V:::::::::::::::...  ! _\!   V::::::::  :::::j: l │
    l .::/ .│..::::::::::::::::レ'" ̄二ニ、丶::::::::::::::::::::::イ ニ二 ̄`ヾ!::::::::: :::::ハ ト、│
    ', ::/  l :::::::::::::::::::!  〃   i} ヽ\::::::::::::::l〃  `i}  リ::::::::: :::/ V │l
    V   }::ヘ::::::::::::::|  {ヘ::ーイj  ∨ \:::::::::|{ヘ::ーイj   |:::::::::::/‐-、 j/
       /ヾ::∧:::::::::::!   V_三_;i       \::::!i_三_V   l:::::::::∧  \
.      〈 _>ヽ\:::::::ヽ ´           `    `   ,'::::/ノ    }     こ・・・これはスヴェトラーナの・・・
      _,ノ/     \`ト、:::::ゝ .:::::::::::   }   ::::::::::::::::::.. //./⌒ヽ、 /
  , イ / 、/\  (゙ヽヽ                      /__/   __  `ヽ 、
./ /    ` ̄¨`ーt‐'ー-ゝ、___(/`ー―一'つ    ∠(ヽ‐___/_`ヽ  ヽ\
  /      `ヽ、  /\____ 二><二 ̄ ̄ ̄ ̄彡二  /´   _    l \
  /        `V   \   ll  <_ハ_>   ̄llー―/  `ヾr-‐'¨     l
 l       \  /      \  {{         }}. /     ヘ_ -―   k
 l      、_  ヽ/         \ヾ        〃/        ヾ{        |
 l    ノト ノ       ||   ヽ、 _ _,,  イ   ||        { 不    |




子供たちもキーロフのことが大好きだった。
やる夫は「我が友人キーリチ」を帰さないために、執拗に泊っていくことをせがんだ。


         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒)\
    /   ///(__人__)///\
     |   u.   `Y⌒y'´    |     今日はもう遅いお!
      \       ゙ー ′  ,/
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ      止まってけお!
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |





542 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:05:48 ID:XikyBAmA0




しかし・・・・・・


         ____
       /      \
     /   _ノ  ヽへ\
    /   ( ―) (―) ヽ
   .l  .u   ⌒(__人__)⌒ |
    \     ` ⌒r'.二ヽ<
    /        i^Y゙ r─ ゝ、
  /   ,     ヽ._H゙ f゙ニ、|
  {   {         \`7ー┘!


そんな純粋な友情も、心配の種がないわけではなかった。





543 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:06:40 ID:XikyBAmA0




  ,,,,,,,,,,,,
  [|,,,★,,|,]
 ミ;゚Д゚彡     同志キーロフ!助けてください!
  ミ つ つ     俺の部下のイヴァンが仕事で
~ミ  ミ       しくじっちまったらしくて・・・
  (/"J       このままじゃ責任を取らされるんです!


                                           ,,,,,,,,,,,,
                                         ∩[|,,★,,|,]
            同志キーロフ!                    ヽ(;゚Д゚)
            集団化の圧力で俺の地元が・・・・・          \⊂\
            これ以上穀物の割り当てはこなせません!      O-、 )~
            中央に陳情を届けてください!               ∪





544 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:07:32 ID:XikyBAmA0




   l::::::,:::::::::::::::::::/::::ハ::::::::::::::::::::::l::::::::::l、:::::::::',::::::::::::::',:::::l
   |:::::l:::/:::::::::::::l::::/ ヽ:::、:::::::::::::l\:::::', ヽ:::::l:::::::::::l::l::::::l
   l:::/!:l:::::::、:::-|l:/――、::`、::::::::::l―\‐!‐、::l:::::::::/:/:l、::l
   l/ !:l::::::::l:::::l━┯┯━、ヽ、::::::',┯┯━レ'!:::::::/:::::::lヾ!
     l lヽ:::::l、:|  |::::|   \ ヽ、:',.!::::!   ,':::/!l::::::/
      ヽヽ::':,   `゙´      ```゙´  // /:,::/
       ',\l        '         ,'::´::/l/      あーはいはい。
       ',::::::.       __         ,ハ:::/
        ∨ ',`::._,.. - ―´ニ`―‐- 、,ィ::::/ l/        わかったわかった。
      _,.. -'' " ´: : : : : : : | |: : : : : : : : ̄` 丶 、
     <: : : : : : : : : : : : : : :.| |: : : : : : : : : : : : : : :>      たくしょうがないな・・・
       \: : : : : : : : : : : :.:.| |: : : : : : : : : : : : : /



やる夫に言わせれば、そしてヴォロシーロフが中央総会でブハーリンを喝破したように、
キーロフは「思いやり」が過ぎるのである。

彼は多くの党員を助けるのに手を割いていた。



    , r ' ⌒ ヽ、
.  /       ヽ,
  /      ,,ヽ、_ヽ      だが、それでも俺はブハーリンのことを心配している。
. |    __,ノ 彡(○ )
  |   (○ ) 彡  |      なぜなら、ブハーリンは「思いやり」が過ぎるからだ。
.  |        入,__)      ブハーリンはある時は学者に、ある時は技術者に
  |.     ゙'ー'´        「思いやり」を施している。
.  |      ゙ヽ、__ノ
   ヽ、       ノ\.     はっきり言って、そんな慈悲や情けなど不要だ!
  /::ヽ、_   /ノ:::::|
. /:::::::,::::\ゝ、◇ノ::::i:::|     無意識のうちの同情が、党を窮地に追い込むからだ!
. |:::::::::|:::::::::\¶/::::::::|:::|
. |:::::::::|::::::::::::::::|::::::::::|:::|
. |:::::::::|::::::::::::::::|::::::::::|:::|

軍事人民委員・やる夫の盟友
 クリメント・ヴォロシーロフ





545 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:08:27 ID:XikyBAmA0




反やる夫派であったリューチンが逮捕されると、キーロフは彼を処刑しようとするやる夫に反対した。


             _,,_、,,
         ,, -ー''゙"    ` ..、
       /::::::::::::        ヽ
       /::::::::::::::::         ヽ
     /::::::/::::   人:::::::..     |
      |/ノ ノ  _,-'_,,-ヽ::::::::..    |
     ('ヽ' _-┬'_tl.   ー_ゥ, ヽ、::::   |
    _,-l-'( i  |  ノ,,       i::::  |
  ._,i' し i | |  、       /::   |
 /_ノヽ'    | ヘ   =一'  ノノノ   ゝ
   l /   ,| ) ヽ ^   ./ 'ヽ_/
    ヽ   /  `ー` -__''__|_'
   _|__l_   ,「=|||,-''ヲ ノ7|
   |l_)v(  l|_,,.|_-|||ニ'__,,..:::::|..,,,___ _,,
   /;;;;;;;;;;;;;;;;|_ (-ヘ ,-――-,   __フ;;;;(((ヘ
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|ニ ヽ;;| |;;;;;;;;;;;;;;/   ニフ;;;;;;;|_L| | |ヽ

       マルテミアン・リューチン



グルジアの共産党幹部が集団化の行き過ぎを非難して処分されそうになると、彼をかばった。


  ∧,,∧
 ミ#゚Д゚彡         これ以上の集団化は自殺行為だ!
  ミ つ つ          すでに農村部は飢餓に陥ってるんだぞ!
~ミ  ミ
  (/"J





546 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:09:24 ID:XikyBAmA0




たしかに、キーロフは無慈悲で筋金入りのボリシェヴィキ党員であった。

内戦中は中央アジアでブルジョワと見做した数千人を処刑した。
やる夫の対農民絶滅戦争を鼓舞し、積極的に協力した。


                              ,イ////////////////////////,ヘ
                              ./>く////////////////////////,ハ
          _                        i/ハ////////ハ'/////////////////トミ、
        l :|l                      ∨//////;:::.∨//∧ヾ'/////////,|
        | :||.     ,-r‐<⌒i:.、             Ⅵl///lミー-、///∧_>'A//////|
         l_||,-r‐イ,、_〉、_〉._}._r'‐.、________Ⅵ∨,|弋ミニィ::ヽlヾ∧ィニナァヽ'///|______
       ,'  l!l.┴‐  、      `   、:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾl.Ⅵ!  ̄   ヽ   ̄:::::;' .〉∧'!:::::::::::::::::::::::::::
r‐r‐rr‐rr―i   :|     ` .       ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::_}从.       ′...:::::::::::;'ィl|li!:`l:::::::::::::::::::::::::::
|__|__l,|__l,|.___|l: |      .リ         リ:::::::::::::::::::::::::::::〈<:::丶    ‐‐::::::::::::,イ从リ-;:::::::::::::::::::::::::::::::
       ;  :!    _....イ         ,..:':::::::::::::::::::::::::::::::::::〉::::::::::::>...、 ::::::::::<::::::::::::/.::::::::::::::::::::::::::::::::
       .i―|L工..........................-=≦l:::::::_ ,ィ==r―/::丶::::::::::::::::::::il::::::::::::::::::::::;ィ>-z===―-ミ_
          l  ||..'::::::::::::::::/.:il        〃..:..:`:ー:::、j .   \:::::.`::::、::::::::::l|:::::::::;::::::'::::::::>' _,∨ニ=‐'::::::::::
         | :|l i:::::::::::::;:':::::リr.:..: ̄:..:¨ヽ ..:..:..:`ヽ..:;′`  ._`.<:::::::`::ミl}-‐'::::::::> ' <  V::_::-‐::::::::
         . ̄´.|:::::::/.::/l::}ト.、:..:..:..:..:..:\:..:..:..:..; `  .、     ` <:ム___::ィ ' ´          .'/.::::::::::::::::
          :::::/.::::::::/.::リ::::..\::..:..:..:..:..ヽ:..:..;′           :}l  |l ||           l:::::::::::::::::::
            i/.:::::/..:::::::::::::::::::::`:::、::::::::....\i          ||  l| ||          l/..:::::::::::
            |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::::::、_:::lト、             }l  |! l|         /:}:::::::::::::::::
            ゝ、___:::::::::::::::::::- ‐ ' ´ ̄``:; ヽ         :}〉 l| }〉          ,'::::::::::::::::::
                                i               |!             /|´ ̄ ̄ ̄
                             ヽ、           .l|           ./.:;!


彼の手は無実の農民たちの血で汚れていた。

けれども、同志である党員たちの苦難には、手を差し伸べてきたのだ。





547 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:10:37 ID:XikyBAmA0




勇猛果敢で、若々しく、自信に溢れ、そして面倒見の良い「ロシア人」・・・
そんな彼が人気者にならないわけがなかった。


/|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:./ ';.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヘヽ:.:.:.:ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
. !:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ll:.:.:!-‐ '、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ¨ヽ:.:.:トヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
. ';.:.:.:!:.l:.:.:.:.:.:.:.:.l´';.:!   ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ  \!  ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
 |:.:/!∧:.:.:.:.:.:.:.| ';|.=== \:.ト、:.:.:.:.:.:.:ヘ―-   ヾ、:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.
 l:/ ハ:.:.';.:.:.:.:.:.:.',   {:h::: ト ヾ、`ヽ、:.:.:.:.!三三ミ  |:.:.:.:.:/、:.:.:.:.:.
 /  ';.:.:ト、:.:.:.:',ヘ  |V:::r}      \:.|トハ:::r }  /:.:.:, '‐、 Y:.:/
.     ';:.| \:.:',ヾ、 ゝ‐'  ′     ヾ∨こソ /:.:/}  /:.:.{
      リ  ヽヽヘ ヽ```  丶      ' ' '   // ノ  ,イ:ハ!
        `| ``                 ´ /ー- ':.:/リ
          ヽ、     -―‐‐'        /:.:.〃:/
          ';.:i_丶、          _ ... ∠:.:.:_/i/
      r '' ¨ ̄ ` ヽ:.:` t- ...__-,, -‐ ¨       ¨ヽ
      l  `ヽ    ヽ-‐ ''て(              {


キーロフ人気はやる夫ファミリーだけでなく、
いまや幹部党員から中堅~下級党員まで幅広く浸透し始めており、大衆的なものになりつつあった。





548 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:11:29 ID:XikyBAmA0




そんな彼が党内の反対派に対して寛容であり、分け隔てなく接しているという事実が、
やる夫にとって不安なものでないはずがなかった。



       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( ●)( ●)\     ところでキーリチ・・・
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   最近レニングラードの党組織が
  |  U  (  (      |   元右派やトロツキストを受け入れてると
  \     `ー'      /   噂がたっているお・・・





549 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:12:21 ID:XikyBAmA0




          ____
        /ノ ヽ、_\
       (●) (● ) \     も、もちろんやる夫は
    /⌒(__人__)⌒   \    キーリチがそんなことしてると思わないお?
    |    )  )    u.   |
    \   `ー'´      /    でも、そういう噂がたつのは良くないことだお・・・
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ  だから一度党機関の人事を確認してみるのも
  \ ヽ           ヽ /    いいことだと・・・
   \_,,ノ|      、_ノ



.        /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :``ヽ
.       . /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 〃: : : : : : :: : : : :: ヽ
        ``ヽ. : : : : : : : : : : : : : : /〃: : : : :: :/:/: : : : ::ト、|
      /. : : : : : :/: : :/ : : ::/:/  /: : : :/.://:/: : : : :ト、|
     /. : /: : : :/: : : :/: : /:/   /: : /  /ハ/.:.:.:.:.:.:.:.| !
.     /.:.:.:/.:.:.:.:./.:.:.:.:./.:.イ ー--- /:./≠テト、.:.:.:.:.:.:.:.:.|
.   /.:.:.:/.:.:.:.:./.:.:.:. : :: :ィく{::::::ト`   i/ /{::::::ト ハ.:.:.:.ハ.:.l
.     ̄/.:.:.:.:./.:.:.:.:.l:: :: :| ゝ‐'         ̄  ハ::.:.:./  V
      //.:.:.:: ⌒ヽ::|: :l {、        ’ .   ハレ':|
        /ハ___ : : : ll{            / : :l|:/          やる夫。
           ヽ:: i:、:: :: ヽ:ゝ      -一   ヘ.:: :ハ
        / ヽ| ヽ:: ::∧: 、        /} }:/: : ヽ
       /: : : : : : : \::ハ、: : : >-一:7//: : /: : : :ハ:⌒ヽ
.      〈: : : : : : : : : : : }ヽハ三三三三彡/: : : : : : : /: : : : ヽ
    , ィ⌒丶: : : : : : : : jニ∨三三三三7ハ: : : : : /-‐' ´> 、丶
  / : : : : : : : \: :/i: 人三三三三三リ}/ヽ: :/ : : : : : : : : : : `丶、
/ : : : : : : : : : : : Y: : |:/三三三三三三Ⅳo:У: : : : : : : : : : : : : : : : :\





550 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:12:58 ID:XikyBAmA0




  |::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::Ⅳ.::::::::::::::::::::::::::::::::|      \::::::_:メ:::::::::::::l:|::::::::::::l::::::::::::::::::::::
  |:::l|::::::::::::::::::::::::::::::::::!丶::::::::::::::::.\:::::::::',    _,>\::::::::ハヽ:::::::::l:!::::::::::::!:::::::::::;:::::::::
  |:::リl:::::::::::::::::::::::::::::::::;  \:::::::::::::::..\::::::,ー '"´-'  ___メ_:_:'_.V:::::リ::::::::::::;:::::::::/:!::::::::  俺は小さい頃に親を亡くして
  |:;イj::::::::::::::::::::::::::::::::::';.ー―\:::::\::::::`ー:',   ' ィ/イ ̄.ヽメ;:}ハ::::;!:::::::::::;!:::::;:'::;'::::::::::  孤児になった。
  |l |:!::::::::::::::::::::::::::::::::::::', ___三ミ、:.\:::::::∧   ゙.:  l,\_.ノ! }ハ〉.∨!::::::::::;'::;::'::::;':::::::;::::
  || l:|::::::::::::::::::::::::::::::::::l;:〃'¨//.Y`\〉`<∧  :: l|::::::::l|! ;   .,'::::l|:::::l:/:::::::;::::::/|::::  そのことを引きずるつもりはない。
  リ.:l:';:::::::::::::::::::::::::::::::::{ヾ〉 Ⅵ、_,ハ     `ヽ〉  ::...乂'/;ソ/   ,':::::リ::::::/!::::::;::::/::;!::/
  l ヘ::.\::::::::::::::::::::::::::::';:.\ ∨:::::l}                ;:::::/:::::イ.l|:::::;:::/:::::レ'::  俺には党こそが「家族」だからだ。
  .  `ヽ::\:::::::::::::::::::::ハ. `ー`¨´                 ,::::::::〃_ノl::::;':/:::::::::::::;
     .\:.\、:::::::::::::::::ヘ       ノ             ,'.:::〃 ./:::〃:::::::::::::::i  でも、「家族」が困っているなら
        \ハ\::::::::::::::ヽ        ヽ            ,'::;:イ-イ:::::::::/:::::::::::::::::::|  それは見過ごせない。
          \〉 .`ヽ;:::>、:\                     /イ./ V|::}!::::::::::::::::l::::::::リ
                 ∧ ̄`     tニニ=          ., '   ハ:::|∨;::::-‐'ニ二二  俺はもう一度孤児にはなりたくないんだ。
                    :..、                _/__..,>'<:::::::::::::::::::::::::::
                   > 、   _,....-‐:::':: ̄::::::::::/-:‐:-:ミ::::::::::::::::::::::::
                     ィ.≧':´:::::::::::::::::::::::::;: '/:::::::::::::::::::::::..`ヽ::::::::::::::::
                   ,..<::::::::::::::::::::::::::::::::::::/...〃::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\::::::::::



               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (○)  (○)  \    !!!
            |  u   (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \





551 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:13:37 ID:XikyBAmA0




/|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:./ ';.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヘヽ:.:.:.:ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
. !:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ll:.:.:!-‐ '、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ¨ヽ:.:.:トヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
. ';.:.:.:!:.l:.:.:.:.:.:.:.:.l´';.:!   ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ  \!  ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
 |:.:/!∧:.:.:.:.:.:.:.| ';|.=== \:.ト、:.:.:.:.:.:.:ヘ―-   ヾ、:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.
 l:/ ハ:.:.';.:.:.:.:.:.:.',   {:h::: ト ヾ、`ヽ、:.:.:.:.!三三ミ  |:.:.:.:.:/、:.:.:.:.:.
 /  ';.:.:ト、:.:.:.:',ヘ  |V:::r}      \:.|トハ:::r }  /:.:.:, '‐、 Y:.:/     それに、アイツらは
.     ';:.| \:.:',ヾ、 ゝ‐'  ′     ヾ∨こソ /:.:/}  /:.:.{      もうすっかり改心してる。
      リ  ヽヽヘ ヽ```  丶      ' ' '   // ノ  ,イ:ハ!
        `| ``                 ´ /ー- ':.:/リ       以前みたいに党の足は引っ張らないさ。
          ヽ、     -―‐‐'        /:.:.〃:/
          ';.:i_丶、          _ ... ∠:.:.:_/i/          反省した「家族」は許してやらなきゃ。
      r '' ¨ ̄ ` ヽ:.:` t- ...__-,, -‐ ¨       ¨ヽ
      l  `ヽ    ヽ-‐ ''て(              {




       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\
  /    (__人__) u  \    ・・・・・・・・・
  | U ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /





552 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:14:25 ID:XikyBAmA0




たしかに弾圧は緩和されていた。いまや収監者が続々と釈放されていた。
だがそれは、反対派を赦すこととはまったく違った。



          釈放ワッショイ!!
       \\  新情勢ワッショイ!! //
   +   + \\ 釈放ワッショイ!! /+
                              +
.     +   /■\  /■\  /■\  +
        ( ´∀`∩(´∀`∩)( ´∀`)
   +  (( (つ   ノ(つ  丿(つ  つ ))  +
         ヽ  ( ノ ( ヽノ  ) ) )
         (_)し' し(_)  (_)_)



これはソ連の統治(弾圧)システムをより洗練されたモデルに刷新するための
非常にデリケートで緻密な作業の一環であり、弾圧統治を崩壊させずに弾圧を緩和するという
細心の注意を要するものであった。



       ____
     /_ノ  ヽ、\
   /( ●)  (●).\
  /   (__人__)  u. \        そ、そうかお・・・
  |ni 7   ` ⌒´    . |n
l^l | | l ,/)      U  l^l.| | /)     でも信用し過ぎるのもどうかと思うお・・・
', U ! レ' /      . . | U レ'//)
{    〈         ノ    /
..i,    ."⊃    rニ     /
 ."'""⌒´       `''""''''



そのような状況下で、キーロフが反対派に親しくし過ぎるのは、やる夫にとっては気が気でなかったろう。





553 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:14:59 ID:XikyBAmA0




だがそれでも、やる夫はキーロフを切ろうとはしなかった。
キーロフの党員としての忠誠心は本物だったからだ。



            _,..-`‐:::::::::::::::::::::\l:::ヽ
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
        /::,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-‐:.、
       / /:::::/:::::::::::::l:::::::::::l:::::ヽ::::',\:::',
        /::::/:::::::::/:::::/ l:::::::::::l、:::::l::::::',::、`ヽ
        /:::::l:::l:::::/⌒/ヽl::::::/´!´、゙!:::::::l:::::l
  ___     l::/!::l:::::l,ィl,‐v /://t,.l`,',:::::l、:::|
 ∨∧    l  l::l´、! 込j '´   込j /!::/ V     じゃあ俺はそろそろ
.  ∨∧     l::,ヽ、、     '    .k'!/       レニングラードに戻るよ。
   ∨∧     l' ヽ::::::..  ー ‐   ,.ハ_'
   ∨∧     }-レ、::`l  _ ,..イ:/: :,-`!       向こうで仕事がたまっているからな。
.    ∨∧    /ヽ:  ̄`丶、_,..-''"´: /!
     ∨∧  /:.ヽ、: : : : : : : ll: : : : : : :,-'、
     ∨_,/、:.:.:.:.:.:.`丶、: : :.:ll: : :,..-'´   `丶、
     / /: :ヽヽ:.:.:.:.:.:.:∧`| ̄| ̄|        /:',
    < /': : : : ',|∨:.:.:.:.:.:∧l  |  |      l /: : l
       l: : : : :.l ∨:.:.:.:.:.:∧ |  |     |/: : : :l
       |: : : : :.|  ∨:.:.:.:.:.:∧ !  !     l: : : : :.!



         ____
        /⌒  ⌒\
      / (⌒) (⌒)\
     /  ::⌒(__人__)⌒::: \      そうかお!
     |  u    |::::::|   ,---、
     \       `ー'   しE |     また今度いっしょにご飯を
     /           l、E ノ     食べるお!
   /            | |
   (   丶- 、       ヽ_/
    `ー、_ノ





554 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:15:35 ID:XikyBAmA0




しかしそれと同時に、やる夫はキーロフを完全に信じ切ることも、なかったのである。



     ____
   /     \
  /  ─    ─\
/   ‐=・=‐ ‐=・= \    ・・・・・・
|       (__人__)    |
\     ` ⌒´   ,/



友情と憎しみ、信頼と猜疑心が混在する不気味な関係であった・・・





555 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:16:47 ID:XikyBAmA0




【補足】


     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !     さて、前回でもお話していたとおり
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||     この頃はやる夫と地方幹部の
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l      潜在的な対立が始まっていました。
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|
       l \     _    ,/ |      やる夫は地方幹部の警察権を
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |      取り上げる為、重要な一手を打ちます。
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !      それが、ソ連検察庁の設置です。
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!



 `ー/|::.::.::.::.::.::,′                  \ ヽ     V:下ヽ\   ヽ
冫ーイ  ̄ト::.::.,′    |  i   |     ヽ  \  ヽ   ', ヽ ':┴┐ Y   ト、 
′ ;′┌┴ ::.:|      |  |   |     ゙, ト  ;. 斗-+ | |i::r┘ '.   i
 :/|   しヘー::.| |i | ||∥       | |メ、_从ハ|i |  |リ::¬  ¦   |   さしずめ、
  |   r┴‐::|  || | ム⊥从ヽ   i |lィf<.ヾ ー|川  ;::下┘ |  |   いままで地方の党組織が
  |   |::.::.::.::|  l| イ| 斗=ミヾ\,ハノj八ゞ 'リ,.. | jノ! /::::::}    |   |   好き勝手に逮捕・起訴していたのを
  | |└ヘ::.:∧  l'   | |/{-ィ::j }        ̄゛  | lj,√ィオ     |  ||   中央のソ連検察庁が
  | | | く::.::.:ヘ l:、\ ヽ >‐ ´    ,       ∧ ∨:フ{{i〉    l  ||   統制・指揮するというものかしら?
  ∥ | |  ヾ勹ヘ い ::ヽ\       _       仏ヘ \ゞ'     j|   |∥
  八 | |    \ィr=ミl::.ハ \ ー 、    ` __/ユ二 \ \   /ヘ.  l八
 ′  | ',    弋ゞソ}7ノ /,ニ≧、 ヽー--,.ゝ- 、 ̄`< ̄ハ__ \/' λ 、 \
/   ∧  ,    `マ'´ /:':::.:::.:::.〉 ∨ィ/{f㍉Y三ヽ  ` <ー┐ \/| \ \
   / ヽ \   /   イ ̄ ー ' |  | { トゞど..二二.._    `弌:.   ヽ l   \
  ./    \ >'   /...:\  ..:::.:| /:/>允≠‐-‐'     ___}ハ_ \
 / ┌一<    / ...:..:::/::>  // .:.:::./::卞ニニ -‐__,.___  }ヽ |!:..:ト  ヽ





556 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:17:06 ID:XikyBAmA0




       ,.:-=;1ー;1―;1―;1―;1―;1―;1―,=;:、
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ         ★           ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ;==============゙ミ
       〃. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:ヽ     k
.       / . : : .:.:|: : : : : : : .:人: : : : : : : : :',     ! :',     それもありますが、より具体的に言いますと
     ,'. : : : :.:.:.:.|: : :,':,'.: : / \\_.:.:.:|.: : :.! *|.:|     ソ連検察庁は「監督機関」でした。
.    |: : :.:.: :.:.:.|.:.://.:.//  ̄ \\メ、.:.:.:!   |.:.:|
.    人 、 :. :.:イ////    ,.-≠ ミ.、!.:,'   ,'.:. |     ピョートル大帝以来、ロシアの検察官は
       \\:.:.:.:lYl⌒ヽ    /|  :::::::l! |/   ,': : :|     司法官と行政官の二つの性格を持ち、
         l\\八 フ:ノ   ′ フ__ノ' ,'    l.:.:.: :|     国家機関が命令を適法に実施しているか
        |ハ *ミ ,,`´       '' .イ  *|.:.:. |     監督する任務もあったのです。
.         ノハ  >.....__冖_ <:八     い、ヘ
      r 彡.:.:.,'     !:.|「≠介トn,、リ≠、.:\    \\\
    <-=≠:/     ,'.:〈チ_/小.シ〃゙ ト、У.:.ハ.     \<
   /-=/     /.:f癶=キト込、/:.:.:.〈〉ー-ハ  ※  ∨\
    >-´  ※ //xタミⅩ彡:::ム|:.:.:.:.:.:〉.:.:.:.:.:',      ∨.: \
    ̄|>x、._/-_j斗'"ハ:::ハ:::/|.:.|:.:.:./\ .:.:.:.|___/\.:. /



   ./ r─.≧:::::::./                 ヽ:::::::::::≪ニ7》
   に二三彡::::.∧                    ハ:::::::::.|\Y《
   仁{_/つ::::∧                    :ハ:::::::) . ) )
  . 廴__,.イて ,'.l                 j | |  |  }::ム辷彡'
   .ハ ; (::::.| |  { | | ハ V     .l   イ.∧ l  | :!.|::::/. | |:|
   .ハ ,: l| 辷| l  .V.L | ハ.ヽ    | / ,/7 .Ⅵ jl !.}:::}  .| |:|
   ハ:/ :!l  .|!ト{  .ヘlV>>zリ,,,. ハ  l/./ィ-七7.l ∧リノ|::lハ  | |:|     つまり、地方幹部が
  .ハ/ ::l|  .|::|ヘ\         `\V/7    .Ⅵ从ンj .|:| .l.  |:|
   /  !|   |::ト叮アト、ー-一=      二___,、 7イ |ソ}l::| .l   |     権限を私的に濫用していないか、
  ,'   |   |::|.  | .l∧              ̄´./ ! .|'  川 :l:   i|
  .′  :|   川  .l .|.`ヘ.     ,-、     / /l .|    |:   i|     あるいは中央の命令を
  ;    :l      / リl.  >、.   / ノ   .イ.  |..|..    |::   |
  |   ::|    / .∧}./´.::.:./)/ )/ /,ニ、.`ーzxノ八.   |::   |     ちゃんと実施しているかを
  |   ::|    ./ /´::マ.:.::.:.:,.ィ´二二)  (__,.(_}://::Vム  |::   |
  |   |  .//>、::マ: _,j /´ ̄二) ._ゝ=-、ヽ/::〈 .Vム .|::   l     監視する組織だったのね。
  |   ::l .《∠≪:::::::へ.マ {. /´二)  ゝ─、`ヽ|:::::::\Vム,!|    |
  |   ::|::: ヽこ二ニミへマ | ィ´-‐、   (二`ヽ ,イニニ三彡'l::   |
  |   r上≦三ニy__ > マj  ,ィ'¨´   (` くヽ /ィ≪<::::::入.l    |

【補足終わり】





557 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:18:35 ID:XikyBAmA0




1933年7月、ソ連検察庁設置が決定される。
検事総長にはイヴァン・アクーロフが、検事総長代理にはアンドレイ・ヴィシンスキーが就任した。


                         r== 、  -=-
                         V ヘ ` ー    ヽ
                     F¨¨`ゝ >へ   ヽ   ヽ
                     j、 /     _V   ',   Y
                  /ノ  { 、、,ィ´rォV  レ^ト、{
                     _//} ! ヘ ri  ` ¨ V ん) ノ{        検事総長
               / ヾヽ ソ.l V ヘj _     V/ r‐《 {        イヴァン・アクーロフ
              / ヽj j j ! リ Vヘ __,   リ /  Ⅵ
                /   r_」  /    ヽ ヘ     , 个   ヘ
         ,ィ'"/   ___ノ       ト , イ=v=y'" ̄ヘ
        / `======7       /7  / i |二ニ/ヘ
         /:: :: :: :: :: :: :: ::/ ______//  /  j |ー-/:: :: :|` ー- __
         /:: :: :: :: :: :: :: :/ /:: ,:' :: :: :: {⌒Y⌒Y⌒Y  | /:: :: ::.」:: :: :: :: :: :: ::.>- 、
.      /:: :: :: :: :: :: :: / /:: :: :: :: :: : 人_,人_,人__人__,|:: :: :: :: >:: :: :: :: :: :: /:: ::ヽ
.       /:: :: :: :: :: :: :: /イ:: :: :: :: :: ::/⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y_|:: :: :::: ::/:: :: :: :: :: ::/:: :: :: ::..l
     /:: :: :: :: :: :: :: /:: :: ::i.:..:: :: ::人__,人__人__人__人|:: :: :: :/:: :: :: :: :: ::/:: :: :: :: :: l
     /:: :: :: :: :: :: :: :l:: :: :: :: :: :: :: /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒:: :: ::./:: :: :: :: :: ::/:: :: :: :: :: ::ト、
.    /:: :: :: :: :: :: :: :.ノ:: :: :: ::i :: ::.人/∧ j   / ,ィ//:: :: :: ::/:: :: :: :: :: :: j:: :: :: :: :: :: ::: ::ヽ
    i:: :: :: :: :: :: :: :: :: ー- 、l:: ::./,///∧ i /イ///:: :: :: ::./:: :: :: :: :: :: ::: :: :: :: :: :: :: :: :: ::',



                __ーニ、 ''' ― ...,,__
                 `、ー、_` - 、 ._  ヽヽ、
                 、ニ_、 `ー- 、 ` ,、、ヽ `ー,
                 `ヽ` ,.‐、 、ゝ´`  `ヽi_, '>
                     i l ゝ' !´  ヽ、   !´
                   ! ,!、'    iT;r.ー' ノ
                     _/'  !          |          検事総長代理
                  ノ人  ヽ  !゛=-, _r‐'          アンドレイ・ヴィシンスキー
       _____ _ _ ,-'i´ i´  ヽ、.\ ` ー'/
      ./   ヽ       ノ   \   `ヽ`ー<
   __/      .ヽ    ヽ、   ヽ、  /´.`i.`ヽ、_
  /         ',     >' ´ .ヽ./ヽ,-!',ヽ、> ` ̄ヽ
../          i    ´ヽ      ヽ ! ',',. ヽ,   '., .ヽ
            :       \     ヽ|  ',.i ゚ i   ',  ヽ
                    \   ヽ  '.| !    ',   .\



ソ連検察庁は、腐敗し既得権益層と化した地方幹部を統制・監視する重要な機関となるはずであった。





558 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:20:20 ID:XikyBAmA0




アンドレイ・ヴィシンスキー・・・ポーランド人の家庭に生まれ、法曹の道を歩んできた彼には、
かつてメンシェヴィキに所属していたという致命的な経歴があった。


     `ー-、_-- ,,`ー--    `ー-、_ `‐-、ヽヽ.`-、_
     ,,___`''‐、 ` - _      、_ ` ‐、 `ヽ ' l .i 'ー'"i   -------------
     `''‐、_ ̄ ` - _ - --   ` - ` 、`:、ヽ  | ,' ' .,'
------- -、,,,ニ、`ー- _ ニ _  .("`''ー、=-,_、-:、ヽノ //ノフ______________
       `ー、 `, '"_`':、- >''''      `  `ー" '.i/
   -------.,r'-/ ´.`i ':, ,!.   _,,         i"      ________________
         `i ! r‐-,.! `l     ""ヽ、     .l_______
__________________ ,:r', '、'(__|       i'".l":';i`ー ノ ,,r'
       _r‐'/ i-、'、__       ` -`"' .::   .|i
.    __/" ,' l゙ `  |.              |!
__,.:-''" ./  .l  .',     |.           __   i        ---------------
     /   .|.   ',  l |         _,,,,_   .i'''''´
.   /    |   ヽ l. ヽ     r'"'ー-"==r"
.   /    |    `'、.  \   ヽ=,,_r',i_           -----------------
  /       i       `-、  `:、_   ....-r' `:、
/       |       `'=--、=‐-,--:'i    `'‐:、_
`ー-、_      .l、      /-‐-:、,|  ,'.  ',      `-、----------
    `‐-、_ -.|ヽ    /    |. !   ',        `‐、


このころ、まだソ連検察官として国家機関と適法性の監督に励む一役人に過ぎない彼が、
将来、自身の過去に怯え破滅から逃避するために、底なし沼に溺れるがごとく
狂気の首切り検事へと化していくことになるとは、まさに歴史の悲喜劇と言わざるを得ない・・・





559 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:20:43 ID:XikyBAmA0




しかし、それもまだ先の話である。
1933年8月19日、ソ連検察庁設置の仕事を終えたやる夫ら党幹部は一斉に休暇に入った。


                                    __________
          ┌─┐ .|   /⌒ヽ   /⌒\        、|___________|_∴∵∴___
              |i  | []゙   |    |  |     |.  ||  ||゙  _| _____、 |    |        |
       ロ__|i  |_|__|∥∥|_|     |_____||_||_|_| |  |      | |    |____|_
      _|__===;==;======;;=;;=;====================| |_|___| |    |         |
     /     ヽ         \  _________________|          |    |         |
   /       | ] ]          \|               |      □  |    |         |
   |:          | ] ]  __       |     赤い特急     .| ||.        |    |         |
   |:    ___|___|_|_________|               |_____________|    |_____|
   |:  / |:   :|================|_______________|W╋━‡|__|..|__|_____|
   |:/  [|: O :|] ./⌒.へ======/⌒==〓〓〓〓=./┗━┻┓+|__|..|__|_____|
    +━━[|_____,|]¶《_◎〓〓〓〓〓◎_》____《>◎<》|┗《>◎<》├┤《>◎<》
   《◎》       \____/     .\____/  ̄ ̄ ̄ ̄ .\____/.   \____/    \____/


やる夫は盟友のヴォロシーロフと一緒に南部の保養地ソチへと出発する。


                                    ./ ̄ ̄\
             (ヽ三/) ))              /   _ノ  \
         __  ( i)))                 |    ( ⌒)(⌒)
        /⌒  ⌒\ \                 l     (__人__)
      /( ●)  (●)\ )               l     ` ⌒´ノ
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\               |           |
    |    (⌒)|r┬-|     |               ヽ       l
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/                ゝ、   _,ノ
    | | | |  __ヽ、    /               ,、-='l \_,ン g<\
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |              / \ └〆\ i=i|\'\
    `ー---‐一' ̄





560 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:21:55 ID:XikyBAmA0




現地では毎回の如く、アブハジアの陽気な支配者、ラコバとともに食ったり、呑んだり、踊ったりして過ごした。



/イ_i}:;./_, ;._ |i ̄|| ̄i|    | [.,_,.] | _, ; _ ;.\__,,,... -ー''''"~Π ;.、';.、';.、';.、';.、';.、';.、';.、';.、';.、';.、';.、\
/.:| i/_ _; ;_, |i_||_i|    |   .::;.|:.     ,.;|:|;.、';.、';.、';.、' i | ';.、';.、';.、';.、';.、';.、';.、';.、';.、';.、';.、';.、';.、\
;;;;[肖]i============================================![肖]三三三三三三三三三三三三三/
;;i;i|:::;;:i:i⌒i:::;;:i:i⌒i:::;;:ii⌒ii:::;;:i⌒i:i:::;;:i⌒i:i:::;;:i⌒i::i:::;;:i⌒i::i:::;;:i⌒i::i:::;;:|::: ::: :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |/
;;i;i|:::;;:i:i  i:::;;:i:i  i:::;;:ii  ii:::;;:i  i:i:::;;:i  i:i:::;;:i  i::i:::;;:i  i::i:::;;:i  i::i:::;;:| i}□l□l□   i}□l□l□    {i
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|_____________|
 .::   .: .:.::.  .: .::.      . .:;::  .: :.          :. .:. ; |======================== |
__;,______;.,_,;__________;,;,_;_;__,:;| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
::::[ |,_,]::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{i○:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.▽"'[ |;_;]   ..::;.:...      .: .   . : .:.|
:::::|:|: | : : : : : :: :: :: :: :: :: :: :: : : :γ⌒i⌒i⌒ヽ: : : : :: :: : : : : : |  i|:|: |                       |
:: {|:|: | }| ̄i| ̄i| ̄i| ̄|    {|i;;;i;;;i::|::i;;;i;;;i|}  .;_,   ,_,:_: |  i|:i:: --‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐-、   :|
: :{|:|: | }| /|  i|  i| /'|:,.   .:|i;;;i;;;i::|::i;;;i;;;i|;._,. _;,_ _     :|  //~~~~) ,// ̄ ̄~|i|~ ̄ ̄\\ |
:: {|:|: | }| /|  i|  i| /'|: .   {|i;;;i;;;i::|::i;;;i;;;i|}        _,:,| ,/ /;::.   / / ((~~")):: {|i|=={i◎:;:;;)  ヽ
: :{|:|: | }|_i|_i|_i|_|:,.  [:]!|i;;;i}:.0|0.:{i;;;i|:.,_ _ _,      :i/  ̄ ̄ ̄γ'"~~"i~ ̄ ̄~|~ ̄ ̄~i"~~"'ヽ ̄]
:: {|:|: |ゞ@ミ;ノ      ':       {|i;;;i;;;i::|::i;;;i;;;i|} [;;=;;]   : γ。,  ^   ,。ヾγ'⌒ヽヽ = i!|i! =ii γ'⌒ヽノ==i}
: :{|:|: | i~ ̄~i;.:,.           :|i;;;i;;;i::|::i;;;i;;;i|          ({i◎[二]l◎ii})_,i i O i :i、,_|__,/i i O :i i、,_[{l
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄[\三三三三三三\ ̄ ̄ ̄ゝー-----ー丶ゝ,__,ノー-----ー丶ゝ,__,ノ-ー'
~~"'~`'"""'~`'"`~"`'"~"'~`'"'~`"~~"~`'"'~""""~"'"~`~"~"~"'``"~"~""~`'"~`~"`'~"`'`"~'`"~'`~"'`~"
 ノ_,、_ノノ,,孑 / ノ
彡从毛乂乍リソミヾ壬ミ
从彳川少匕从彳ミ川少<
毛仆卅从ミ从毛仆卅从彡
W从匕ミ弋幵W从匕弋乂
从乂lヽlミ\卅从乂lヽl\Wミ
从W毛彡厂''V'\ '    .∨
W从匕乂         ',
从卞弋V'      ',    , -',
災什人.        ', ii/少ミ}
升入    `゙ー-=_ノ_,t壬昨ノ
ミミ______ _, -壬少ノ rx゙".rxl
W    .`弋匕ミ少' { .', { .∨       アブハジアの支配者
/'     ` ̄´  _.', .',.', ',        ネストル・ラコバ
∧        rx  .`', .',.', ',
. ∧.      r゙x X--‐'', .',l  ',
  `ー- ,_.   \\ \/', .',  lヽ
      `ー- .._ヽ ヽ `ー'   l ハ
          Y´ ヽ ヽ     l \





561 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:22:15 ID:XikyBAmA0





   !、.:::::::::....,,........::.......;;;;;;;;.........;;;;........::::::::::::::........;;;;.........;;;;;;;;.......::........,,....:::::::::. ノ
(::::::::....;;;;.....:......   ::";;;;;;;;....::::.....::::!、........::........ ノ::::.....::::....;;;;;;;;゛::  ......:.....;;;;....::::::::)
 ノ:::::::::......... ,..::::.  ..........:::::::::.....:,',;;;;;;;;ヽヽ;;;;;;;;,',:.....:::::::::..........  .::::.., .........:::::::::ノ
  ソ ''r....:........::::....::....;;;;;;;;.;;;;........;;;;;;;;....::::..::::....;;;;;;;;........;;;;.;;;;;;;;....::....::::........:....r'' ソ
 jWw.....;;;;...........゙i゙''';:,ノ.y;wリ゙W゛jリ从jwwj从リj"W゙リw;y.ノ,:;'''゙/...........;;;;.....wWj
 ~''r::::::....;;;;;;;;;;;;;,.,!、i;:''::゙i........ト ;i:iii;::iii::iiiiii::;iii:i;wj从リjイ/::'':;iノ,.,;;;;;;;;;;;;;....::::::r''~
  ``Wj゙ハ'w,.......,,...゙i:;i::.゙゙ヽ(. | ..;;;ii;:''::;;:;;:;;::'':;ii;;;.. | .)ヾ゙.::i;:/...,,.......,w'バjW´`
     ソ:リハw;::;;;j;;;;wi゙i;iiii;:ソ,゙゙゙:;i;:゙゙゙゙::iiii::゙゙゙゙:;i;:゙゙゙,ソ:;iiii;/iw;;;;j;;;::;wハリ:ソ
       ``Wj゙ハ'w,゙i:i;;i ;;゙゙゙:;;;;::.;;::;;;::;;;::;;.::;;;;:゙゙゙;; i;;i:/,w'バjW´`
              ゙i;ii:ii:;i::.゙;;゙゙..;i;::::;i;..゙゙;;゙.::i;:ii:ii;/
              ''r゙゙゙''';:,;;.:;:.:;ii;;ii;:.:;:.;;,:;'''゙゙゙r''
               |;;;;..:;;;::゙゙゙... :: ...゙゙゙::;;;:..ヾ|
                |. :;ii;::.゙゙,゙゙::;ii;;ii;::゙゙,゙゙.::;ii;:.|
               |.ii゙:;''゙;.:ii.;::;i_i;::;.ii:.; ヾii.;;|、
               ,〉;.li;;;::.;ii;.. ; ;; ; ..;ii;.::;il.;|l
               `l゙゙゙゙, ; i;,,;ii;;iiii;,,;i i;::゙゙,; ,゙〈
               .ノ;;゙゙゙:;i;;;i::iii;;i;;i;;iii::i;;;i;:゙゙゙;;ヾ.
            ..,ヽ ;ヘ..::i;i;;;;;;iiノ;;ii;;ノiiii;;;;;;i;i::..ヘ; ヽ,..





562 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:22:27 ID:XikyBAmA0




   !、.:::::::::....,,........::.......;;;;;;;;.........;;;;........::::::::::::::........;;;;.........;;;;;;;;.......::........,,....:::::::::. ノ
(::::::::....;;;;.....:......   ::";;;;;;;;....::::.....::::!、........::........ ノ::::.....::::....;;;;;;;;゛::  ......:.....;;;;....::::::::)
 ノ:::::::::......... ,..::::.  ..........:::::::::.....:,',;;;;;;;;ヽヽ;;;;;;;;,',:.....:::::::::..........  .::::.., .........:::::::::ノ
  ソ ''r....:........::::....::....;;;;;;;;.;;;;........;;;;;;;;....::::..::::....;;;;;;;;........;;;;.;;;;;;;;....::....::::........:....r'' ソ
 jWw.....;;;;...........゙i゙''';:,ノ.y;wリ゙W゛jリ从jwwj从リj"W゙リw;y.ノ,:;'''゙/...........;;;;.....wWj
 ~''r::::::....;;;;;;;;;;;;;,.,!、i;:''::゙i........ト ;i:iii;::iii::iiiiii::;iii:i;wj从リjイ/::'':;iノ,.,;;;;;;;;;;;;;....::::::r''~
  ``Wj゙ハ'w,.......,,...゙i:;i::.゙゙ヽ(. | ..;;;ii;:''::;;:;;:;;::'':;ii;;;.. | .)ヾ゙.::i;:/...,,.......,w'バjW´`
     ソ:リハw;::;;;j;;;;wi゙i;iiii;:ソ,゙゙゙:;i;:゙゙゙゙::iiii::゙゙゙゙:;i;:゙゙゙,ソ:;iiii;/iw;;;;j;;;::;wハリ:ソ
       ``Wj゙ハ'w,゙i:i;;i ;;゙゙゙:;;;;::.;;::;;;::;;;::;;.::;;;;:゙゙゙;; i;;i:/,w'バjW´`
              ゙i;ii:ii:;i::.゙;;゙゙..;i;::::;i;..゙゙;;゙.::i;:ii:ii;/ _
              ''r゙゙゙''';:,;;.:;:.:;ii;;ii;:.:;:.;;,:;'''゙゙゙r''   \
               |;;;;..:;;;::゙゙゙... :: ...゙゙゙::;;;:..ヾ|   ⌒::::\
                |. :;ii;::.゙゙,゙゙::;ii;;ii;::゙゙,゙゙.::;ii;:.|}ili{(●)::::::\     ニュッ
               |.ii゙:;''゙;.:ii.;::;i_i;::;.ii:.; ヾii.;;| ´___   :::::::|
               ,〉;.li;;;::.;ii;.. ; ;; ; ..;ii;.::;il.;|l ー'´  ...:::::/
               `l゙゙゙゙, ; i;,,;ii;;iiii;,,;i i;::゙゙,; (゙_)   :::<    グルジア党書記
               .ノ;;゙゙゙:;i;;;i::iii;;i;;i;;iii::i;;;i;:゙゙゙;;ヾ_    ノ    ラヴレンチー・ベリヤ
            ..,ヽ ;ヘ..::i;i;;;;;;iiノ;;ii;;ノiiii;;;;;;i;i::..ヘ; ヽ,..





563 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:23:29 ID:XikyBAmA0




もちろん、そこにはグルジアの支配者ベリヤも加わった。

ベリヤはやる夫の庭いじりに参加すると、どこからか斧を持ってきて雑木を切り倒した。


                                        _______
                                         |il!i|ii!|li|il|!iii|!lii|l!i|ii|!l
                        _,,..-一=ー-、              |il!i|ii!|li|il|!iii|!lii|l!i|ii|!l
                 /        \          |il!i|ii!|li|il|!iii|!lii|l!i|ii|!l|
                /  ノ_,,        ヽ`ー-、il!i|i|i!l|iil|!ii|i!li|il!i|ii!|li|il|!iii|!lii|l!i|i
           i|irくYヾニヾ / ( ○ )}liil ヽ、    l    \il!|ii|i!l|iil|!ii|i!li|il!|iii|!li|il!|iii!|liil|
  __r '´ ̄ヽli|il!iil|i|!ii|!(   |         ( ○ ) __l      ヽ   |il!i|ii!|li|il|!iii|!lii|l!i|ii|!li
 !|i!{     ヾ   ヽ    ヽ.\    '       ,;;;:; lノ       l   |il!i|ii!|li|il|!iii|!lii|l!i|ii|!l|
   ∨    ヽ   l    ヽ \ {l!il!iii!llili〉 /    /|        |   |il!i|ii!|li|il|!iii|!lii|l!i|ii|!l|
    \    ー--ゝ──‐`ー':≧ - '___/         |   `¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨´
     {       \            丶、                l
     \      `                          |
       \                 人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人
        \_____      <  ┌┴┐┌┴┐┌┴┐ -┼-  ̄Tフ ̄Tフ __ / /   >
                  `丶、   <    _ノ   _ノ   _ノ ヽ/|    ノ    ノ       。。     >
                         YYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY


そして、やる夫に振り向いて言うのであった。





564 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:24:22 ID:XikyBAmA0




     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
    /: : :             \        ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────
  /: : : :              \       ┃
/: : : : : :                 \
: : : : : : : :.._        _      \           同志やる夫。
: : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`       l
: : : : ::;;( ○ )::::ノヽ::::::( ○ );;:::    |          いま貴方にお見せしたとおり、
: : : : : : ´"''",       "''"´       l
: : : : : : . .      ゝ         /           私に切り倒せない木はありません。
\: : : : : : :.  ー--- ‐'       /.
/ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\                                         .┃
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´        \      ─────━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
: : : : . : : . : : .                   \



無論、その言葉に庭いじり以上の意味があったのは、確かである。





565 :名無しのやる夫だお:2013/02/10(日) 21:24:38 ID:HK.c4YsU0



どう見てもマジキチwwwwwwwwwwwww


566 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:25:14 ID:XikyBAmA0




                   、_,、_ ,、_,__,_
              _洲WW从W斥k
                刈州州从从込iト
              仆W^__、_ ,__V[,
                洲「{弐]刊卉」i{`
              {」i` ̄〈|` ̄ り      ..      おうおう。
                }l、  ‐_,‐' /{     ...:..
                 ∧\iWi{レ'{リ`   ....:..        相変わらず張り切ってんなぁベリヤ。
                 _/.::::',_r三く斗ヘ、...:...
           , -<:::::::::::::`r一^㍉,.:、.``丶、        今度は庭師の仕事にも手を出す気か?
          /  ヽ:::::::::::::`マヽ、  ヽ、  `ヽ.
.          /      `、::::::::::::::∨.\_  `、   ',      なんつってなw
          /  \     `、::::::::::/.:::::::::}   ',    }
       /    ヽ    `、::::/.:::::::::/l    ト、  |
        〈   、   、    ∨.:::::::::/ {    | V^廴
       }    、  }    /.:::::::::/ ∧  |  }  }



          ____
        /     \
       ‐   、__     \
       (  ( ●)     \
         l '              |     ・・・・・・
          ̄          /
       `l          \
        l           \





567 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:26:24 ID:XikyBAmA0




 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
  |  誰に向かって・・・話しかけてるんです?        |
  乂_____________________ノ
            }i|ハi从}i{{l|W从川{ {从i|{  i !        {_
            V   }ハハ{V   Vハ{{i{ハ :{i|!       {{`′
       、       }            |W从小j!i !i|  ,  、_≧ァ
      -      ム              |/}イ小j}}_} }!}W¦ 「广
       ′    」__\、    _  -‐    |/}/从从从i{ハ {
           { f≧メ}、_,)≦二 __         |/ムi7'⌒V小!|W
           ‘斥沙′`} ]三三ミF¬==≠f/   }仆{ハ!
            { /  ‘弐三三ヲ      }小/  从}Ⅵド    は?
             ∨     ` ̄´       l/ノ__//从Wバ
             }〉--、              _ イ/}|V/
         :       く_、__        U   /  厂´}i||V|ト|{
         :      /∠}厶_       /   /  |ハ|」{i
        :   // }>r‐ `        _/    |从{了
         :. //    }i|l}ト、_    _  -‐          / {_
        `゙´       ゙ー≠≧=≠             /   {ヘ._
              _/    l           /      ,′ \_
             ´ ハ      |        /       /     }\
             /   { ‘.    」     /       /    ,′
.         /       !  }i  /     ハ      , '      /





568 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:26:40 ID:XikyBAmA0




          ,..¨ ̄ ̄¨丶
.         /        \     私はザカフカースOGPU秘密警察長官にして
        / `ヽ        ヽ,
         /( ○)    ´ ̄        グルジア共産党第一書記ですよ?
.        i       ( ○) (   |
       \  ´       )丿 /   立場をわきまえて接して欲しいですねぇ・・・
            \ ` =━ ・ ´__/
          /        \    アブハジアの小役人であるラコバさん?



         ヽ 、________ ヽヽ. 、
       _,, ..≧::::::::::::::::::::::::::ヽV::ヽl
       ,.イ::;ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`=イ/
       //::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<
      〃::::::::::::;イ//リ|:/|:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     ∠::::::::从(     l/ !::::::::::::::::::::::::::::::: ヾヽ
      /イ∧` 、,,ィ≦=rヽl/ル::::::::::::::::::::::::ヾ、
        〈_≧r=!:::::::ノ    リ:::/ヽ:::::::::::::lヽ
        !:::::/   ̄       lん) !::::::::::ル       なっ・・・・・!!
        `l〈 _    し  ,..  ( ,.イ:::::::::::(
         ヽr__      /  l´ !::::::::从ヽ
    ___ ,....,..._ ト-`¨      ノ  ルリ人ヾヽ
  r‐"_l_辷〕_}illi、   ,, -   ,,..::::"::::.. | __
  f,! └‐r‐‐/ / ^vllllllr''"  ,,...::''::::::::::::::::::::/´  /`!
  H__ノ__ノ__ノ /   r=`-''::::::::::::::::::::::::::::/  /   ヽ
 {   ∨   l    ヽ:::::::::::::::::::::::::::::/  / ,. "   \
 l、   l   /    / l::::::::::::::::::::::/  / /
 /`'ー― /     / /:::::::::::::::::/  / /
/     / / ̄/  /:::::::::::::/     /





569 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:27:19 ID:XikyBAmA0




           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`-、
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       \
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::           ヽ
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::__,         i
         }:::::::::::::::::::::::::::::::::__ ,,             }
           }:::::::::::::::::::::::::::::'``'(;;;;;)ヾ\     \ |     、
           |:::::::::::::::::::::::::     ' ̄´    ..,,_=ミ、 i
         }:::::::::::::::::::::::::::::            ̄`V l
            }:::::::::::::::::::::ヽ      '´ ’/'_,.     !
         !:::::::::::::::::::::::::..          ..   _   |
            }:::::::::::::::::::::::::::‘ー-‐==ニ=:、__j:)  l
           人:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー、 `'''´   /
           /::::... ...::::::::::::::::::::::::::::/ ̄´     /
         / :::::::::::\::::::::::::::::::::::{        /
           ::::::::::::::\::::::::::::::::::}     ,./
               :::::::::\__:::::::::`'-‐::"/ 
                「`''''''''"´:::::::;;:" 人
                        .:.::::::::;;″ /' \
                  .:.:::::::::::::i' .:/'"´
  \ヽ l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l //
  \                                    /
  二         なんて不愉快な男だ!!         二
  //                                   \
   // l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l ヽ\



かつてラコバの庇護を受けていたベリヤにとって、
グルジアの実権とザカフカースでの確固たる権力基盤を手に入れた今、
すでにラコバは用済みの存在であった。

このころから二人は公然と憎しみ合うようになる。





570 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:29:03 ID:XikyBAmA0




1933年8月29日、設置されたばかりのソ連検察庁に関して休暇中のやる夫を激怒させる事件が起こる。


      ノ L
      ⌒
   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈○ ノ\   /\ ○〉ノ L
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ ⌒
    )    Y    (        ウクライナのザポロージェ工場で
   /γ⌒     ⌒ヽ\      生産されたコンバインに欠陥が見つかった!
  /  |         |  ヽ     これは現地でサボタージュが横行している証拠だ!
  |   ヽ__人__ノ   |     ヴィシンスキー!現地党機関の責任を追及しろ!
  \     `ー'´     /

人民委員会議議長(首相)
  ヴァチェスラフ・モロトフ



          、--ニニ二´ ̄ヽ`ヽ、
         ヽニニ二二ニニ(-、,、,ノ,`7
           Z-―--,-/`. - 、 `Y)                     _, -‐-- 、 ___
           `ヽ-l ミノ`'.  i'Tj`' ,ノ                   , -'´ 、 ____ 、_  `  ‐、
             lミ!'`i      . ヽ                _ /フ´   '-、ミli`´`、'' '―'’
            .l'   !、.   ― 、l´              , -  l i 、      ヽ__..ノ
            ノ    ` 、..__.ノ_, -テ- 、_   __.......  'フ/   、\`>ニ二=、_イ...ノ
          _,ノl_〉,.... -‐フ´.`/'´  /    `'''´            ゝミ_-シ//
      _, -'´//l' `'l  ./  .l   /                   `''-ニ/
     ./ /  /_,-l 〉_ノ| /-、_, - '   l                  _, - ' ´ ̄
     / /  フ' l'./ .l .y   。`、   |              __, - '´
   / .l  .〈.  |'  l/   /    l         __, --' ´
  .ノ  l'   l  | /  _,/,----、  ヽ     , - '´
  /   |   | .|./ _/         ゝ_ _/
┌‐────┐ ./             7'
│ヴィシンスキー |o              /
├───‐─┴────────────────────────
|ザポロージェのコンバイン刈入脱穀機に欠陥が生じた責任は
|現地ウクライナの管理責任者、および重工業人民委員部職員にある!
└─────────────────────────────‐





571 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:30:15 ID:XikyBAmA0




地方幹部を監督する役割を与えられたソ連検察庁にとり、まさにその真価を発揮する時であった。



【ウクライナ地方幹部】

   ∩___∩
   | ノ    u ヽ
  /  ●   ● |
  | u  ( _●_)  ミ     やべえクマ!
 彡、   |∪|  、`\
/ __  ヽノ /´>  )    このままじゃクマたちが
(___)   / (_/    中央の役人どもに吊し上げられるクマ!
 |       /
 |  /\ \        なんとかしないと・・・
 | /    )  )
 ∪    (  \
       \_)



      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈 ー ノ\   /\ー 〉
      ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
.      )    Y    (
     /γ⌒     ⌒ヽ\
.    /  |         |  ヽ     (フフフ・・・もともとソ連検察庁設置の狙いは
.    |   ヽ__人__ノ   |      地方幹部の実権を切り崩すことにある。
    \     `ー'´     /
    /     ∩ノ ⊃  /        この事件を利用してまずは
    (  \ / _ノ |  |         ウクライナでソ連検察庁の実績を作ろう。
.    \ “  /__|  |         うまく軌道に乗せればソ連全土で
.      \ /___ /          新たな中央集権システムを構築できる・・・)





572 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:31:47 ID:XikyBAmA0




だが、そうは運ばなかった。
ソ連検察庁の責任追及に、やる夫最強の盟友であるセルゴ・オルジョニキーゼが反発したのである。


       {  ノ \ \{{: /ニ=-  ヽ、      }`{  {
.          Y /アヽ\_ノ :/ニニ/    }:   ,  ⌒ヽ、
         ri//⌒ヽ __ノニニ/     ノ  /    ,.:⌒
.     ,ィ从{ff/⌒ <三三/    /   {ixー=:<
   ‐=f′ / 〈    /  ヽ{{i  ,ィ尨。o   __`ヽ \
 f´ 〃  ,:   {`㍉{、   .ハ{i尨',ィ≦ O  \ `ヽ ノ        検察庁だか何だか知らんが、
,ィ{   i{ ,  f     》ム斧ミxィ三三ニ   _人_   〉 _ノ
/ハ  {{ {  { ,ォ=ミ{ }/:::: /=ニ三三ニ  ヽf  _,イア´          貴様らのような木端役人ごときが
i/ハ Ⅵi才"   Ⅵ::::::;イ=ニ三三ニ _ノ{_   /V     ,ィニ三
////≧ィ'      }ム:::{=ニ三三ニ=:`Y   /{/     ノ三二ニ   重工業人民委員部が所管とする
//////{、   __ノミji人:{ ニ三ニ=-   ̄`ヾf`ヽ.    ,ィ三二ニ
//////ム__  ̄ _.ノ   》'"´      /7 :}  ノ {/三二      領域に口出しするなど笑止千万!
//////ハ    ̄  ,ィ示{     \   //  ノ⌒  ノ三二ニ
///////ハ     ,ィ劣/人 `㍉、 ヽ  /  ‐=彡三二        引っ込んでいろ!
////////ハ.   ff//////ミ ー=ミ_ ,イ  ,.イヽ辷三彡'´
/////////ハ,  {{///////ヾミ=-' ー==彡'

        やる夫最強の盟友・重工業人民委員
            セルゴ・オルジョニキーゼ



                    ___,,,,----- 、__
              _____,.. -‐''''´‐‐''´___Z ヽ\`Tー-1
              `ー-.ュ____,    ̄コ-、_i- 、丶 /└!
             -=´、ニ----ァ  (_     `''ー'ヒ「
              -=ュニラ´,rニヽ ,「 .u'''ー-、_ 、 |'
               ̄'ー、_ __」⌒!.V'    ー┬「'´∠!
                  ゙iN゙i ユ;. ゚    ̄   tf
                 ,r.ァx-ー┐  。 .     ' rク       なっ・・・
               _/ ! ゙t i ヽ   r___ー─‐イ
          _,,.. -‐'´ /  l  ヽ|   ゚ 、.   ` ̄了        そんな滅茶苦茶な!
      _,,,. -''´      /   .゙i,   \   `ーァ、....ノ
  ._,r‐''''~`ヽ、      ,'    ',   .ゝ--ァ'''!^!
 /        .ヽ     ''''ー-=- ト、  / ̄`゙i | t'、
..l         ',    ,.-''´   い,/ヽ  .∧ |. ヽ\
.j         ;.    ヽ、     ',   〉‐イ ''|\-'  \
|             ,      \    .゙,  !  ゙! .| oヽ,   \、
|             |      ゙ヽ   ', .j  .! j  ./    ! ヽ
|          j        \  .', ,'   | /  ./    ,' .!
゙!            /           \ .Y    y   /    .,'  |





573 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:33:11 ID:XikyBAmA0




                          ,-'"´ ̄ ̄`'‐、
                     __ r‐"‐‐、''ヽ-‐-:、‐:`、
                     / ``:、ヽ ヽ i`i _,,ヽ`‐',
                       | .|  r'.\', ヽヽi´i''`i‐-.|
                        ヽ|', !、,rヽ', i  |`i',:i、` |
                     ` ',ヽ| '"' .',l ./ |'゙:、_ ヽ
                       ヽ,'ー、__,,,.|/ ,.:!  "`i               笑止千万ですと?
                          ヽ  / _,.-‐')ヽ
                           `'r,''i"゙i"i‐-"-./ ',-、,,,_          お言葉ですが、
                               _// | | ',--=/  .',  .`',:=‐‐ー-:、    それはこちらのセリフですな、
                      __,,,.-‐'/ ,:',  .i___:::', ,:,:'_  /  /     .i    同志オルジョニキーゼ。
                    ,.:' /  ,...!'..' .ヽ,_l゙ .!,'__!./ `">   .i        |
                   ,:' /.  ,' r'r‐:、 |''i,__r:|:/  /    l        ',   我々ソ連検察庁は先の政治局決定に
                   r'  .,'  l `/、 Y.| ,-l,.|'  /     |        l   基づき、地方権力機関が
                 /   i   i. ,', i-:' ,:'ー';::./  ,'     l        i   適法に活動しているか照応する
                ,:'   l   .| i .i | .// .,'  ,'        ヽ      __|   職務を遂行しているだけではないか。
    ,-、          ノ    .|   | | `i/"   ,'  /        |     ./ .)',
    !,__`'''‐:、__  _,..:'"      .|   | .|  |o   i. ,'    ___,,,,,,r''=‐---、,,!_ ,:',,_.',
.    ,.:-'-、  `i,"   ヽ     |   | l  .|    .|. ,'    (-i:':、,_`ー'-::、 、 ./,  ',
.  / ,  `‐ .li`i   ヽ    ,|   | |   .|o   |.,'     `゙、'_ `゙-、_ 、`' ` ノ,.l   i
. / /、 _,,,_、 ._,l | |        /|.   ',|  .|    .|i         ヽ':、_  `‐  ノノノ   l
.(__,:'i゙ )'r'i',_.)-'r、)' i      _,r'  |    |  .|o   |      __ヽ、ニニ,,,-='ニ/--―‐
   `‐゙ .`-:'、_,,r"r''゙  ___,,r:'__!,,,.... -'---'---――'''''''' ̄ ̄



            、-`=- `_`'''‐--:、,_
            -=_- 、,,__`''‐-、 ヽ`‐、_
            `=,‐- _- r‐-`‐-、 ! r'
                 'i i´)`r'".-、,_  `'i‐'
              |,!、'!.   lT;j'‐ ,r'
              /" |      ._|               その通り!
           ,.-'/ '、 ヽ `''‐-r'
    r―,――‐:''"| ヽ. `‐:、` ,-'"                 そして我々にはソ連全土の
  ,r'゙   ヽ    !_.  \  `/-i`,、_                あらゆる裁判所で刑事訴訟手続きを
'"´      ',      `ニ=-\./、,, !',.ヽ`''ー,-:、            開始する独自権限がある!
.         i    く.    ヽ .! .',`i".、  ヽ ヽ
          |     `:.、.   ':! .',.| ゚.l   ヽ `':、         たとえ政治局員である貴方であろうと
          i       `:.、.  ',. '| .,'    i   ヽ        我々の職務を阻止することは不可能だ!
        ,'         \. ', |.,' _______ i    \
ニ-、  __  ノ           ヽ'、/     |     \
  `く´ `:<              |O     .|、  _.-  \





574 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:34:16 ID:XikyBAmA0




            , =-‐ニニニミヽ、
          ,ィ´ィ,ィ'"´_=-‐-=、`ヾヽ
       .,r‐‐=///´r''´⌒、_∧_⌒,=、ヽヽ、____
ー<´ ̄~¨7  .///f´`,ィゝ‐''.〈ハ〉 ̄ゝ‐'、ヾヽ`ヽ\r‐-、
ヽ  ヽ _/ .///r‐f´     〈ハ〉    f`Y:l‐-、. }  l‐-、
 ゙v''"´  `ヽ{ i l`/'"//⌒ヽ. 〈_〉 ./⌒ヾ、 l l、  `ヽ ノ´`,、´ヾ
  }ゝ、 __, ィ'"l l: Y`i l l (⌒ヽヽ__/´,ィ'⌒) l l_l_l、ゝ ___)´` ⌒
  .l`ー---'''"l l:..l rf⌒ l`x、 ` v ´)ヽ,ィ' ff´ ハ `ー-‐'i ´` ,,、
  l       l l八ノl ヽri゙ゞニ゙、_|_,∠´、",r`Y ノ    l
  l    _ ヘ∨ゝ. /.f´l:.'´-三-`゙l`iヾ ハ'"     l        ほう?
  .ハ,ィ'"´:::ヘ //ヽ,,`ゝ{ ,>=< }‐'"rヘ l.      l        では本当に不可能か試してやろう。
 .ノ //////∧'"ヽ、゙ ゝ ハ'´ヾ  ,イハ ノ,ィヘl /⌒ヽ l
:./ l///////,`>-、 八_,,` ー‐‐'__ノ´ ,,ィ'"/////} l
/  ゝ///////////`ー=i `ー―'  ,ィ'´////////ノ l
   ` 、////////////l l7777l l´/////八 ̄   /
  _ =-‐'"///////>'"_ ヾ//ノ l////////`>. /





575 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:35:10 ID:XikyBAmA0




           ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
          〈○ ノ\   /\ ○〉
           ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
           `)、,:/,';;}: ;\  /
        \ /、,:',. -‐‐-、 ; , ( ,  / ┃・・
          /` ;ヽ|:::: ::   |ノ ,'\    ┣━  ━━┓・・
、_    ‐ ― | ',`冫|::::: :: :   |イ'; 、| --┃        ┃
ーニニ==i=┬r===| ,. -―- 、|`;、'(⌒).       ━━┛ ┃┃┃
.._:::::::::_,. -┴一″   (      ) /i ヽ                 ━┛
   ̄     l___ノ // `ー,,-一' ノノ ヽ___i



      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      /   ,∨∨∨∨ノ ̄ ̄`ヽ、―ニ 二   ┃   ┃・・
    /  /  ⌒::::/ ´`ヽ _  三,:三ー二   .┃   ┃
    |  /    >ノヽ--/ ̄ ,             ┃   ┃
     (6    ミ }  ...|  /!                   ━━┓・・
     |     .」_}`ー‐し'ゝL _                      .┃
     |     /,:ヘr--‐‐'´}    ;ー------           ━━┛ ┃┃┃
   /|      ̄ノ`ヾ:::-‐'ーr‐'"==-                     ━┛





576 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:35:35 ID:XikyBAmA0




セルゴはやる夫の留守の間政府を預かっていたモロトフとカガノーヴィチを説き伏せると
ソ連検察庁の論告を無効にする政治局決定を押し通してしまった。



:::::;;;;/ヽ_.ノ       \   }__  \
: ;/    ィ=ミヽ      \_ル'| ̄`ヽ\
Y⌒ヽ  // 仁ニ二二二二二}∴. /¨\.            / ̄ ̄`ヽ
|____丿 //   /. ̄ ̄ ̄`ヽ ∵ /、   |___.      / / ̄ヽ
|   //∴ Y_          \ 〈.   }ヽ/|\   \__{/      \
||   //∵   \ ` ー-==、 .   ) )__ノ,ィ彡'}‐-丶   \三三三三三三三
|ト、 ヾY     ヽ\    O ==' ̄ ̄`ヽ==ケ  \    \三三三三三三    貴様らが俺の言うことをきかないのであれば、
|| l } y'⌒==ュ` ー===イ    -‐ "¨¨¨ヽ _}  ̄ ̄ ̄}三三三三三三
|| l ./     `ヽ    /  .../    , '"¨¨ヽ ¨¨ヽ  ノ三三三三三三    党の最高機関である政治局の力を使うまで!
||ノ /    _                 ,,/       |  ノ7/二7ヽ三三三三三三
||彡イ   ⌒ヽ ̄`.,イ㌦_ヽ     { ヾゝ   ノ .〃/    \三三三三三    ヴィシンスキーの論告を無効にする!
|. /| |        \/ |. |∨∨「ノィy-rケヽ___,ィレ′       \三三三三
|/ .|人:::::...    廴ノ__ノ勹ィヽ,ィュ ,イレ'ヽィy′レイイ}___   ヽ 三三三
|  |  \::::::::...      ` ー─‐-Y |勹Yl`ヽハ-‐─j:三三三\    \三三
|\     \             ` ー '  ̄  __ノ:三三三三:\    ヽ三三
|\\    ` ー─-  ヽ:::..   ` ー───イ三三三三三三三三\    }三三



   ,。⌒ヽ     γ⌒。ヽ             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  〈   ノ,\    人   〉            /   ,∨∨∨∨∨
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ            ./  /   ,..::'! .: {i,  |
    )    Y    (              |  /  _, 。ィ' li:.、ヒァ'|
   / _, 。ィ' li:.、ヒァ'  \             (6   `ヾ、.:'.::`ミ/゙'、|
  /   `ヾ、.:'.::`ミ/゙'、 |  ヽ            |   ⌒';,゙i, ri:.:i .::' メ|
  |   ⌒';,゙i, ri:.:i .::' メ    |            |     :' /,';;;}:.ヾ:./
  \  ,:' /,';;;}:.ヾ:.     /          /|      ' {;!゙' /\

                       やる夫の忠臣 ラーザリ・カガノーヴィチ
  __∧__________________∧______
/                                          \
|             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                 |
\____________________________/





577 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:36:21 ID:XikyBAmA0




              _,,.-;;;;;;;;;;-、_
           ___,.|;!!!'、`'-、!!!!!!!!\
              i ,ヾヾ!;!!!!!!!'、ヽヾ!!!!!<''ヽ
           i i||ヾ!;!!!!!!!!!! ,、 ゙ヽ.!!!゙ヽ.____, ....-、,.-、_ _ _ , ...... _ __
           .| i|||i    __ | ! ! i ,.ヽi、::ヽ::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
            | 从.L...ヽ<・ )i i /6.ノ.! i、::::\:::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::::::::::::i     なんという無茶苦茶な!
            |! ヽヾ┤ `´i |/ `´`i !、::::::::>::::::::::!:::::::::::::::::::::::::/!::::::::::::::::::::::::::i
             /゙└ ' __......、 //!./ !ー<.;;;:::::::::::!:::::::::::::::::::::゙:::i::::::::::::::::::::::::::|      とうてい道理の通らぬものを、
           _/:::::::::`ヾニ ̄/´ i iノ  !i:::::::::::゙゙',:::::ヽ::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::!
          ,-::::i::::::::::::::::::i::`- ''´i i i i`i  !|!::::::::::::i::::::::`、::::::::::::::::;;::!::::::::::::::::::::::::i       ましてやこのような理不尽極まる
        /:::::::::!:::::::::::::::::::`!:゙|i  i ! .i `ヽ !||!::::::::::!:::::::::::`-,-'! ̄ i::::::::::::::::::::::::::|
        /:::::::::::|::::::::::::::::::/:::i|||i    i `、`,|||!:::::::::|:::::::::::/:::::|   !::::::::::::::::::::::::::i     手法で押し通すなど!
        /::::::::::::::i:::::::::::::::::゙、::::i|||    i ,.、_i !i|||!::::::::!:::::::::::::::::::::!   |::::::::::::::::::::::::::i



     、_ ー- - 、      、_   、 、ヽ. i.、
       ー 、 ニ _ ̄      、` ー 、 ヽ. ; !.`;ー-‐ァ
    ー 、_¬‐' ̄、 ー- _    ` ー_-.、ヽ. ゙;.  |  } /
     __ー_、ー- 、_ - 、- 、.r‐- 、- 、_、- 、ヽ ,! .ノ /-ァ
     ` - 、 ー ,. ‐.、   r-'   `  `  ヽ., .'^ァ /
        ) /./ `i.゙ . ,.r'             ト'
        ヽ. { r‐、ァ ∨    ̄ ー.、         l
        _ノキ !- ,;        r‐rテ-;゙、_, ィ ,.r''       同志オルジョニキーゼ、
        /,.'}.、.ゝ`ー         ヽ. ー' ,;;  ' fi!        貴方は今、ソ連検察のみならず
    _,r'´ / ! `  ̄i            ̄      |!         ソ連政府、ひいてはボリシェヴィキ体制そのものを
_,. - '",/  .l  {    |    U      _   )         危険にさらす暴挙を働いていると言わざるを得ない。
   ./   |  ゙.   i.                 r‐'
   /   .|   ヽ;  ヽ.     --――¬'           この件は同志やる夫に報告させていただく!
           ヽ.   \       -‐f´
             \   ` 、___ノ ヽ.





578 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:37:17 ID:XikyBAmA0




この一件は、休暇中のやる夫を驚愕させる。


         ____
        /_ノ  ヽ、_\         ━━┓┃┃
       o゚((●)) ((●))゚o         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \       ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                          ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
         イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。 ・





579 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:38:30 ID:XikyBAmA0




【補足】

          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_        この事件は
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\      重工業人民委員部の責任者であったセルゴが、
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ       自分の縄張りを守る為に介入したと考えられます。
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/       しかし、おそらく、
         | |{i t    _     / |       裏でウクライナの地方幹部が一枚かんでいたと
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |       やる夫が推測してもおかしくありませんでした。
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |



   ∩___∩
   | ノ      ヽ
  /  >   < |
  | //// ( _●_) ミ     やったクマ!
 彡、     l⌒l  ノ      これで事件をうやむやに
 / __  \ \ヽ     できたクマ!
. (___)   \__)





580 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:38:41 ID:XikyBAmA0




            ,.:-=;1―;1―;1―;1,=-;:、
            ミ             ゙ミ
.              ミ      ★      ゙ミ
           /ミ             ゙ミ \
          《  ミ;========゙ミ } 》
.             》/ / / :/ : : : : : : : : : \ ∨《
.            /// : :/ :/ : : : /:/ |: : : : : ∨^:|    セルゴの行為は、自身の部下を庇う以上に、
           l∨ : : l :/: : :// / :八 : : : l: l : :|    中央のソ連検察庁を疎ましく思う
           | :| : : :|/ :/ //:/ :/  ヽ: : | ハ: :|    地方幹部にとってこの上ない援護射撃だったのです。
           | :| : : :|≧x、/イ//,.ィ≦ハ ノ : l: :|
           } :|八 :代uzノ    弋uzノ仏イノ: :|    セルゴはソ連検察庁を牽制したことで、
.           ′:} 仆⊂⊃     ⊂⊃イ 八 : :|    地方への引き締めを強めるやる夫の思惑を台無しに
.        /: : / 八 >  ~~~ .イ}{ : : : |    してしまいました。
.        /: : 〈 // ̄》 》≫=≪《 《V ∧: : :
.        / : : : : {   》《_》《_》《 〈 /  、: :丶   これは、既得権益を守りたい地方幹部に
       /: : : : : : }   《_/八_》      }: : : :\  中央の能力不足を晒す大失態だったのです。
     /: : : : : : :/    ∨{><}{    {: : : : : : :\
    / : : : : : : /人,___人}><}人__人\ : : : : : :ヽ
   《 : : : : : : // { ̄/∨`¨¨¨´∨\ ̄} \\ : : : : : \
  《 : : : : :/ 《(   } {_人    人_} {  )》 \ : : : : :》
   》: : :/   》)  人人_))   ((_人ノ (《    \: : :《
  《 :/    《(    \        /    )》      \ 》
   `\\    ≫x、    \__/   ,x≪     //



   _     ,_,.. /  / ̄ ̄ ̄ `ヽ r-ァ― 、
  / ヽ  /..f|    -|         ヽ〔 三  ヽ.
 |   ヽ/....三l    v'           ヽ./   |!
 f   l! .|三三l   f             \  j
 __ゝ,. l. l.三三|   ,'./ /              V,.,__
.7 ゝォ ゝ!三三|  ラ/ /|   l | l   l `!    ヾ三. /
  攸.  |三,r ! Lイ、 j. l ィ l |.il:l  l l ,l    i 〕三 /
   ケヽ  ヽ:::::::ヽ ノ 刈l lメ lv'l |il|l|  / / |l  l !/|\ L
  / 〉'´ヽ 〉rt:ヾ| レ!ヾvrl'ルヽji リ / / !|: ! レ' |ニトv'    中央の幹部たちの足並みが
 'Y |i ヽヽ√ミfr@jY/, f´Yミ-ァ`lヾ'レ' //__/ノ// rイ`!i      揃っていない以上、
 \ヾ,/¨ヽ ヽヘ`´〃l ヘ ゝ-'     'r'::メ j// /:::L_l!      地方幹部に付け入る隙は大いにあるものね。
   ヾ!l! |-l\'ヘ::ソ  ハ!       t_ク/ |/,_∧::|
  .__ ||、 |:! 'rゞ:|! | ヾ      ,  /if |  f ルヘ       たしかに誤ったメッセージになるのだわ。
  \`|| ヽ|:! ,f三::|! ト___i|  -、  /ヘ`ヽ | /∧ \
    | レ  ´`!、三.|! '\.|!   , r ´=ー、j-,. ヽ// f'|`ー,i
    ヽ  l  Vゝミ\  \-r ',== / ヾ'∧  |  l |
    l  l   |八,j- .\ _ヽ\く三= (  v'/ ヽ_ノ  l j

【補足終わり】





581 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:39:54 ID:XikyBAmA0




       / ̄ ̄\
      /  \    \
    .(●)(● )  u. |
     (__人__)  u   |    おいおいどうしたやる夫、
     .(`⌒ ´     |     いきなり噴出して。
     {         |
      {      u. /     なにかあったのか?
      \     /
      ノ     \
     /´        ヽ


      ____
      /_ノ ヽ、_ \
   o゚((●)) ((●))゚o      なにかあったのかじゃねーお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::::\
  |       |r┬-|     |    やる夫がいないとすぐこれだお!
  \     `ー'´     /





582 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:40:10 ID:XikyBAmA0




暴力癖で冷酷非道なオルジョニキーゼも、自分の子分に対しては情の厚い男であった。

だが、そのような「田舎やくざの親分」的な派閥先行の行為が、より大きな組織指針に優先することが
あってはならない、ということを十分に理解していなかったのである。



        .____           ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────
     ;/   ノ( \;          ┃
    ;/  _ノ 三ヽ、_ \;               セルゴの行いは、ごろつきのやることだ!
  ;/ノ(( 。 )三( ゚ )∪\;                                            ┃
 ;.| ⌒  (__人__) ノ(  |.;         ─────━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 ..;\ u. . |++++|  ⌒ /;


やる夫が激怒したのも無理はない。





583 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:41:10 ID:XikyBAmA0




        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\          ヴェーチャとカガノーヴィチが
     /    (__人__)   \         ついていながら、
      |       |::::::|     |         なんであんな不当行為を許したんだお!
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i    _             _
   /          ヽ !l ヽi   | l [l] | ̄| /l    | |
   (   丶- 、       しE |そ  | 二l  ̄/ [][]∧.|_|
    `ー、_ノ      ∑ l、E ノ < |__|  | ̄/ <_/ <>
               レY^V^ヽl       ̄



   ,.⌒,ヽ     γ⌒、ヽ
  〈/●ノ\   人● ヽ〉
    ヽ彡'  ヽ /  ヾ_ノ
    )    Y    (       ご、ごめんよ・・・
   /γ⌒     ⌒ヽ\
  /  |         |  ヽ    あの剣幕に押されて
  | し ヽ__人__ノ   |    止められなかったんだ・・・
  \     `ー'´     /





584 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:42:08 ID:XikyBAmA0




       ____
     /   ノ( \
   /  _ノ  ヽ、_ \      セルゴはまるで自分が
  / ノ( ●━━●   \     最高権力者のように振る舞っているお!
  |  ⌒ (__人__) ノ(  |     いったいいつから政治局は
  \     ` ⌒´   ⌒/     セルゴの私物になったんだお!?



      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      /   ,∨∨∨∨∨
    /  //      \.|
    |  /   ,>  < |     すいません・・・
     (6       ⊂⊃ .|
     |  U  __l_,.|     どうしても同志セルゴが
     |    /    / /     引かなくて・・・押し通されちまいました。
   /|     ̄ ̄ ̄/\





585 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:42:20 ID:XikyBAmA0




しかし、オルジョニキーゼの行為以上にやる夫にとってショックだったのは
側近中の側近であったモロトフとカガノーヴィチがオルジョニキーゼに屈服したことであった。



     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\     (とは言ったものの、
/ u  (●)  (●) \
|   U   (__人__)    |     この二人で止められないなら
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |      どうすれば・・・)
.\ “  /__|  |
  \ /___ /





586 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:43:09 ID:XikyBAmA0




     ____
   /      \
  /         \      (ていうかちょっと待てお。
/           \
|     \   ,_   |      今回の件、セルゴが政府の方針も
/  u  ∩ノ ⊃―)/      党の方針もやる夫を通さないで
(  \ / _ノ |  |        手を加えられるってことじゃないかお?)
.\ “  /__|  |
  \ /___ /




             ____
           /      \
         /           \      (それじゃあ、やる夫の権威って・・・
        /   _ノ ::::::: ゝ、  \      書記局の力ってなんなんだお?
          |   (○)  (○)  u |     やる夫が今まで築き上げてきた
        \   (__人__)   ,/      党の体制そのものがあやふやに
        /    `⌒´    \     なっちまうお!!)





587 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:44:06 ID:XikyBAmA0




「最強の盟友」オルジョニキーゼの権威増長は見過ごせない域に達していた。

彼は配下の重工業人民委員部を「小やる夫」のごとく支配しており、
そのカリスマは同僚たちにまで及ぼうとしていたのだ。


.    >‐ 斗 ¨: : / /: :{:     \<ミt
  /  //: : γ¨7,//: : :.:Y⌒\  ‘,: :`寸            俺は当然のことをしたまでだ。
 /   / /: : : : /`ー´//: : __ :.{.    \ ‘,: : __\           不当行為などと誹りを受けるいわれはない。
./   | |: : : ノ   〈〈 -‐ `: ゝ._tァ__ゞ='-' };} .)
    | |: :Y´ ̄Y、 } }__   , ィ ,,   >'¨¨≧ェ__        間違っているのはモロトフと
.    Ⅵ {   } }γ´   \/ |' .{.    ,γ´   , \      検察庁の小役人どもだ!
\    Ⅵ ゞニ彡'::{   ij    ̄¨¨^ ─Y_.」_ヽ / ィ }           /ヽ
、__}   ‘,',l    !:::!                ¨ ‐- 、′      /   }
」-'¨\  \\__/  \_〟-‐       `ー‐- _   ノ    / ̄〉'_>´ ̄У ̄\
    \  \\         _         / ̄_ ェェ/_/       {_   〉
.       \  \\  \ \ゝ_ 三二≡=-─ ´仁}三三三三三三三≧ェ.    ̄¨ヽ


今回の事件は、オルジョニキーゼに匹敵する人物がやる夫以外に存在しないことを示していた。
その後もオルジョニキーゼは悪びれるどころか、やる夫の顔色をうかがうことすらしなかった。





588 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:44:23 ID:XikyBAmA0




いまやセルゴ・オルジョニキーゼは党内第二位の指導者であり、
重工業人民委員としてソ連産業界を牛耳る権力者であった。


            , =-‐ニニニミヽ、
          ,ィ´ィ,ィ'"´_=-‐-=、`ヾヽ
       .,r‐‐=///´r''´⌒、_∧_⌒,=、ヽヽ、____
ー<´ ̄~¨7  .///f´`,ィゝ‐''.〈ハ〉 ̄ゝ‐'、ヾヽ`ヽ\r‐-、
ヽ  ヽ _/ .///r‐f´     〈ハ〉    f`Y:l‐-、. }  l‐-、
 ゙v''"´  `ヽ{ i l`/'"//⌒ヽ. 〈_〉 ./⌒ヾ、 l l、  `ヽ ノ´`,、´ヾ
  }ゝ、 __, ィ'"l l: Y`i l l (⌒ヽヽ__/´,ィ'⌒) l l_l_l、ゝ ___)´` ⌒
  .l`ー---'''"l l:..l rf⌒ l`x、 ` v ´)ヽ,ィ' ff´ ハ `ー-‐'i ´` ,,、
  l       l l八ノl ヽri゙ゞニ゙、_|_,∠´、",r`Y ノ    l
  l    _ ヘ∨ゝ. /.f´l:.'´-三-`゙l`iヾ ハ'"     l
  .ハ,ィ'"´:::ヘ //ヽ,,`ゝ{ ,>=< }‐'"rヘ l.      l
 .ノ //////∧'"ヽ、゙ ゝ ハ'´ヾ  ,イハ ノ,ィヘl /⌒ヽ l
:./ l///////,`>-、 八_,,` ー‐‐'__ノ´ ,,ィ'"/////} l
/  ゝ///////////`ー=i `ー―'  ,ィ'´////////ノ l
   ` 、////////////l l7777l l´/////八 ̄   /
  _ =-‐'"///////>'"_ ヾ//ノ l////////`>. /


党中央において唯一やる夫に飼いならされていない人物であり、
唯一やる夫に対して何も恐れずに命令口調を取る大男でもある。





589 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:45:37 ID:XikyBAmA0




         /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        /: : :            \
       /: : : :            \
     /: : : : : :              \
    / : : : : : : : ..               \     (危険だお・・・
    |: : : : : :  ,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,        l
    |: : : ::;; ( (・) ) ノヽ ( (・) );;:::    |     セルゴをこのまま
    |: : : : :  ´"''"        "''"´       l
   . \ : : : : . .(     j     )      /      放っておくわけには
      \: : :: : >ー-‐'=ー-ー<    /
     /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\        いかないお!)
     : : : : : : : : :``ー- -‐'"´      \





590 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:46:43 ID:XikyBAmA0




「最強の皇帝」と「最強の廷臣」・・・二人はもはや対立せずにはいられなかった。

両者のかわす手紙には、いまや必ずと言っていいほど相手への非難の言葉が並べられていた・・・


      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |
   ヽ           i    丿
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /
                               , - ─ -
                           ,/,.: : : : : : : . `'<
                          ,/: : : : : : : : : : : : : : .ヽ'`ヽ
                        _/ / ̄i} ̄ ̄`ヽ: : : : : : }  \
             __      _/  {7 ,、 i}  , -、 ∨: : : :!    | .\
       .__ /   /三三三三i    i´ i i} /   ヽ ∨⌒ヽ .   | ./
     /`ヽ/     {{三三三三/i   {`ヾー‐'     {   l   | .|
    /   /       寸三三三,' ゙ー─ゝ ト。、 / }ヽ   ⌒i.ソ   リ  |
  /|   /  ,ィ⌒ヽ、   寸三三}    {  `7-‐-.、=彳_   人   ,/  |
 /  .|   | /   ,-‐'    弋三}     ゝ、/'二.,_ヽ ,イ}  / /  /   |
./`¨´j   .レ'   ./ ,-、        i ........、  {、│/ `)'x/  ,イ     _  .\
{         //  }       .| i::::::::::ヽ {vvvzイ,// ̄     /::::::`ヽ  \
ヽ         `   / `丶、   | |:::::::::::::ゝ ̄ ̄ ̄´     ,/::::::::::::::::::}   i
 \          r'     .`¨'T′゙ー─ァ::::::::::゙ー┐r─‐┐ r'´:::::::::::::r─ '   .│
   .\        .|         ∧.  <:::::::::::::::::::|..|::::::::: | |::::::::::::::::::弋      |



やる夫にとり、このように厄介な障害人物は実にトロツキー以来である。





591 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:47:28 ID:XikyBAmA0




だがトロツキーと違って、オルジョニキーゼはおいそれと排除できない。

彼はモロトフやカガノーヴィチさえ屈服させてしまえるほどの実力を持ち、
敵に回すには危険すぎた。


                           .-‐…… .、
                            /。o゚oO ハ。о\
           , ‐…==-==、<¨ Y¨ヽ-,'/。o゚ _. `ハ  _. \______
           / , ─ 、  ヽ^ ^\ヽ八 l//o /(  ヽ. l_l / ヽ ヽヾ/////////| ̄
        | /   /   |^ ^^ (二) l l /  人  ',ニ/   ) l(二)///////|
   ___/Y    / /  |^^ ^^ l   | | >  l`´\ Y ヽ∠l l、 ∨//////|
 /      ̄\ ./ ̄   .}.、 ^^^!   | |Y ニヽ__゚__ヽl≦キ¨ ̄ヽ) ∨////./
/彡三       ヽ`ミ三  / \_/    l l.l  /l/i  三三  ハ) |   |////
|     ヽ/    入___     `─ 、 ヽヽ _`´!/( ヽ l / /.¨/.l.  !- ´
|彡     |彡_/            ヽ-、\ヽ `i!ヽvwwv-}  |-i/.  |     /
|  / ̄ヽ/─、               i \`-`、 ヽヽ_l._)/. / /\ |     / \
ヽ」    !   l                   \_ \ l ∧nnn∧ l/.///ヽヽ__/  ゚。 \
  ヽ   /、  /  /        /  , -  \ ¨/`7──f ̄|///////| | ゚o
  /\/ l_/‐‐==  (     ,l_/       !/ ////∨  !///////! !。 ゚
../ ==ミ 、/ ` .___, -ヽ ___/  Y⌒ヽ   /─ 、\/./ヽ二ミ///  l   ゚o。
..!     l ′、_, 、_, 、_,`-'、_,-'`-'、 /   l__////∧ ///////l ̄   l゚。oO
. l / ̄`<>、  、_,  、_, `-'、_`-' /  .<////////|////////.∧.   /о゚。oO
 ヾ    |  { 、 、_, `-' _、_,/_二¨///////////////////////|  .へo゚oO゜゚
   `─‐´    ̄`…‐ t…'   \////////////////////////// /.  \oΟ





592 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:48:24 ID:XikyBAmA0




     ____
   /      \
  /         \      (ホントにあのトカゲ野郎の
/           \      わがままには困ったモンだお・・・
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/      ヴェーチャもカガノーヴィチも役に立たないし、
(  \ / _ノ |  |       もっと有望な人間を登用しないと・・・)
.\ “  /__|  |
  \ /___ /





593 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:48:35 ID:XikyBAmA0






     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
    /: : :             \        ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────
  /: : : :              \       ┃
/: : : : : :                 \
: : : : : : : :.._        _      \           同志やる夫。
: : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`       l
: : : : ::;;( ○ )::::ノヽ::::::( ○ );;:::    |          いま貴方にお見せしたとおり、
: : : : : : ´"''",       "''"´       l
: : : : : : . .      ゝ         /           私に切り倒せない木はありません。
\: : : : : : :.  ー--- ‐'       /.
/ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\                                         .┃
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´        \      ─────━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
: : : : . : : . : : .                   \





594 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:48:48 ID:XikyBAmA0





     ____
   /─  ─\
  /< ○>三<○>\
/   (__人__)   \
|              |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /





595 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:49:01 ID:XikyBAmA0




        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\      ・・・ポスクリョーヴィシェフ。
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |     党内諸機関において、昨今功績著しい
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     献身的な党員をいくつかピックアップしておいて
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、     欲しいお。党は彼らに相応の評価を与えるべきだお・・・
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ



        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /       承知しました同志やる夫。
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃

   やる夫の官房長官
      アレクサンドル・ポストゥイシェフ





596 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:50:03 ID:XikyBAmA0




この頃・・・やる夫は頼りない古参幹部らを信用しなくなりはじめた。



         /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        /: : :            \
       /: : : :            \
     /: : : : : :              \
    / : : : : : : : ..               \
    |: : : : : :  ,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,        l
    |: : : ::;; ( (・) ) ノヽ ( (・) );;:::    |
    |: : : : :  ´"''"        "''"´       l
   . \ : : : : . .(     j     )      /
      \: : :: : >ー-‐'=ー-ー<    /
     /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
     : : : : : : : : :``ー- -‐'"´      \
     : : : : . : : . : : .                \


自らの中央集権化構想を実現するために、そして邪魔な「盟友」に対抗するために、
より献身的で、より忠実で、そしてより無慈悲で冷血な若手エリートを探していたのである・・・





597 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:51:13 ID:XikyBAmA0




          ____
        /_ノ  ヽ\
      / ( ●) (●)、     ・・・というわけで、
    /::::::::⌒(__人__)⌒\    最近のセルゴには迷惑を掛けられっぱなしだお。
    |      |r┬-|    |
    \       `ー'´  /    まったくアイツは自分の権力に凝り固まって
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ  昔の献身さを無くしてしまったお・・・
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ    もちろん、キーリチもそう思うお?



       ,.. - '/
      /:::::/-――-- - 、_
     l:::::/´::::::::::::::::::::::::::::ヽ、二ニ-'
   / ̄:::'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
 /,..::‐:::::  ...l.....:::::l::::::::::::::::::::::::::\ヽ
./,イ/ /..:::::::::::/!::::::::::l:::::l:::::::::::::::::::::::::', \
  /:::/::::::::::l::::ハ::::::::::::、:::、ヽ:::::::',::::::',:::',
  l:/l:::::::::ーl::/_,、::::::::::l-、:l´_、-:l::::::::l::::l
  l l::::l:::::::lリ____ヽ:\::',-t‐,┐::!:::l::::lヾ!
   l::::l:::::::イ∨、/! \\:、^ハ! ',!:/l::::!
   ヽ::l、:::::l 弋>     ` ̄  /,イ::::l     ・・・・・・
    ヾ!\ゝ    '      ハ'/:l'/
        ハ、   _    ,.イ::/ リ
       _,...-゙ヽ- ‐,-`-- ´、l/
      <: : : : : : : : :||: : : : : : :`丶、
      ゙}: : : : : :.:.:.:||: : : : : : : : : /





598 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:52:01 ID:XikyBAmA0




.       /.:::::;::::イ/____.../....-‐/―‐-..`.._ 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ\
     /./r' /;!.,'::::::::::::::::;イ:::::::::;l::::::::::::::::::::::::::``:::....、::_::::::::::::::::::::::::',``
...   〈/ . |l:::::|.;::::::::::::::::/ |_:/ ';:::::::::::::::::::::::lⅣ:::::::::::`::...、`ー:、__:::::::',
       ||::: |;:::::::::::::::; ̄l:::/¨¨`;::::::::::::::::::::::l|_∨.:::::::::::::::::::::::...、.`∨,
       |.リ:::l|l::/|:::::::;'.,>≧ミ_ ';::::::Ⅳ:::::::: l|=-';::::::;:::::::::::::::::::::::`ー.、.',
        .ノ' /ll:;::ハ:::::;:イ |ハ .>∨:|!∨:::::::l|__';::::|.V::::::::::::::::::::::::::::::',
      .//  l|::l|ハ::iハ .|l:::`´:!.  Ⅵ. ∨:::::l|7{. Ⅵヽ';:::::::::::::::::::::::lト ∧
      ′   ||从 Ⅵ `.ゞー''   `  ∨:::l|:::ゝイリ./`;:::::::::::::::::::::l| ヽ〉   いや、アイツはいい奴だよ。
          Ⅵハ .l       /l    \ト、:ノ  ,イ::::::::::::::;::::::::|
           Ⅵ }::;        ヽノ            /!.l:::/::::::/∨::::!      誰よりも強くて、仲間想いで、
            从:.、     、     ,     / ソ::::/.::;′.∨:{      そして騎士のように勇敢だ。
         r―‐-..../、_.V:\         ̄     .イ'::::::/}::/    ヽ〉
         ';::::::::::::::::::::::::::三≧=-...、        .イ::::;::〃 ,'/           それこそ昔のままのようにな。
       .V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`>x-<::::__/レ'_ 〃
       ,イ`:、:_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〃::::::::::::::::::::::::::::::>,           一緒にカフカースで闘った時のことを、
   .___く_:::::::::::::`:ー--‐:::::::::::::::::::::::::::::〃::::::::::::::::::::::::::::::::::/            昨日のように思い出すよ。
    /////`ヽ_、:‐-、`:::、:::::::::::::::::::::::::::〃:::::::::::::::::::::::::::::::/
     //////////>ミ、::::`ー::::::::::::::::::〈_::::::::::::::::::::::::::::::く              あいつは、良い奴だ。
      </////////ヽ <:::::::::::::::::::::〉::::::::::::::::::::::::::_:::}
        \/////////\  }} >-:/__:::;::r‐≦´ ̄ .\



      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \
 |  U   (__人__)    |    ・・・・・・
 \      ` ⌒´   /





599 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:53:14 ID:XikyBAmA0




       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \       そ、それでも最近のセルゴは
  /(●)三(●))   .\      調子に乗り過ぎだお!
  |   (__人__)   U  |      今回の件だって、検察庁をないがしろにして・・・
  \ ヽ|r┬-| /   /       検察庁の設置は政治局の決定だったはず・・・
  /   `ー'´      \





600 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:53:39 ID:XikyBAmA0




              /////  ,..-―――――‐z-
                 〈/////,.<///////////≦zzz,、
            _.∨/イ'////////////////////,\
              ///////////////////////////////\
            .//////////////////////////////ハー`
           /,イ/////////////////,ミ、///////////トハ
         /イ//////l、/|ヽ///,ト、/////ヽ////|,ヽ'//,|ハ∧
             .l'/|/从l/|,∨l‐∨/,|/,ヽ'//,l/|/,ヽ'/|/∧',|∨,トハ      たしかにセルゴの行いは
            .VⅣ///,| ヾヘ ∨,|//ハ'/ハ!///////////| ヽハ     控えめには程遠い。
           ヾ| ヾ//|    ,ィ.∨l∨////l|、V/////////l|
                  ヾ;! ィミ彡'  ヽ|∨//l |! |'///////.ハハ       ただ、あれは自分の部下を
                  / `       '/,'リ_,イ///////.|/ ヽ|       守ろうとしてのことだ。
                ヽ         |'/ .〉//////// '′       /
                    ゝ-         ′,!>'´ ̄ ̄ ̄ ≧:..、  /`   上司は部下を庇ってこそ・・・
                 ヽ       ,...<:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..`ヽ'ミ、
                   ー‐<:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.:.:.:.:./.:::::
                     イ:::.:.:.:.:.:.:.::.:.:.::.:.:.::.:.:.:_.:.:.:.:.:.:.:.:..:く:::::::::
                 〈::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.> ´ __  ` <:.:.:.:`ヽ-
                 ∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:..>'´ ,.<:.:.:.:>..、   ヽ:.:.:.|::
                    \:.:.:.:.:./  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>、 l:.:l|::




        / ̄ ̄ ̄ \
       ノし ゙\, .,、,/"u\     ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
     / ⌒ (◎)ヾ'(◎)u \  <                        >
      | u  ⌒゙(__人__)"⌒ u |  <  だからその思いやりが        >
       \ u   `ヾ,┬、/` ,/   <  余計だと言っとるんだっ!!   >
.       /⌒/^ヽ、 )__( ,ィヽ、    <                        >
      /  ,ゞ ,ノ ゙⌒" ,  ゝ、    VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV
     l /  /      ト/.\\





601 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:54:31 ID:XikyBAmA0




.        /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :``ヽ
.       . /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 〃: : : : : : :: : : : :: ヽ
        ``ヽ. : : : : : : : : : : : : : : /〃: : : : :: :/:/: : : : ::ト、|
      /. : : : : : :/: : :/ : : ::/:/  /: : : :/.://:/: : : : :ト、|
     /. : /: : : :/: : : :/: : /:/   /: : /  /ハ/.:.:.:.:.:.:.:.| !
.     /.:.:.:/.:.:.:.:./.:.:.:.:./.:.イ ー--- /:./≠テト、.:.:.:.:.:.:.:.:.|
.   /.:.:.:/.:.:.:.:./.:.:.:. : :: :ィく{::::::ト`   i/ /{::::::ト ハ.:.:.:.ハ.:.l
.     ̄/.:.:.:.:./.:.:.:.:.l:: :: :| ゝ‐'         ̄  ハ::.:.:./  V
      //.:.:.:: ⌒ヽ::|: :l {、        ’ .   ハレ':|
        /ハ___ : : : ll{            / : :l|:/      ・・・・・・・・・・
           ヽ:: i:、:: :: ヽ:ゝ      -一   ヘ.:: :ハ
        / ヽ| ヽ:: ::∧: 、        /} }:/: : ヽ
       /: : : : : : : \::ハ、: : : >-一:7//: : /: : : :ハ:⌒ヽ
.      〈: : : : : : : : : : : }ヽハ三三三三彡/: : : : : : : /: : : : ヽ
    , ィ⌒丶: : : : : : : : jニ∨三三三三7ハ: : : : : /-‐' ´> 、丶
  / : : : : : : : \: :/i: 人三三三三三リ}/ヽ: :/ : : : : : : : : : : `丶、
/ : : : : : : : : : : : Y: : |:/三三三三三三Ⅳo:У: : : : : : : : : : : : : : : : :\



         ____
       /   u \
      /  /    \\       !
    /  し (○)  (○) \     (あっ・・・)
     | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /





602 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:55:29 ID:XikyBAmA0




       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( ●)( ー)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    い、いきなり怒鳴って悪かったお・・・
  |  U  (  (      |    どうか怒らないで欲しいお。
  \   u `ー'     /    キーリチに怒ったわけじゃなくて・・・




          ____
        /ノ ヽ、_\
       (●) (● ) \
    /⌒(__人__)⌒   \     とにもかくにも、
    |    )  )    u.   |     セルゴの行いはよくないお。
    \   `ー'´      /
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ   熱心なのはいいことだけど、
  \ ヽ           ヽ /     党をないがしろにしてしまっては
   \_,,ノ|      、_ノ      元も子もないとだけ言いたいんだお。





603 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:56:36 ID:XikyBAmA0




         ____
        /⌒  ⌒\
      / (⌒) (⌒)\       そ、そうだ!
     /  ::⌒(__人__)⌒::: \      今日は泊まっていくお!?
     |       |::::::|   ,---、
     \ U     `ー'   しE |     明日もモスクワで仕事があるだろうし、
     /           l、E ノ     やる夫の家に泊まっていくのがいいと思うお!
   /            | |
   (   丶- 、       ヽ_/
    `ー、_ノ





604 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:57:01 ID:XikyBAmA0




        / , -―''´/
       ;::::l/:::::::::::::::`ヽ、
      _,」::::::::::::::::::::::::::::、:::::\
     /   .l  l  l :::::::\::\、
     l:イ::::::-ハ_::::l 、:l、::∨:::::\!
     |::l::::::::ltミ、:::l_二_、∨:::::lヾ、
     ヾ! 、:::| f;j  込j 'ヽ!´):|
        l,ハ  '     リ'´/!       いや、先にセルゴから誘われてる。
        _ヽ、 ̄ _, イ::/-、
        ',く_, l` ´ ̄´: : : : ヽ      今夜はセルゴの家に泊まっていくよ。
      _,.-' \l}: : :,.. -'"´`ヽノ
     !l   / /"!´       \     ごめんな。
      !l  / / .l     /´`:|
     l:.l_,.. -/- 、.|    ,/: : : : : l
    l:/: : : /: : : : `丶、 l: : : : : : :|
    l./: : : ,': : : : : : : : :.`!:/: : : : :l
   /': : : /: : : : : : : : : : l: : : : : : l
  l: /: : :./: : : : : : : : : : /: : : : : |
  /: l: : : :l: : : : : : : : :./: : : : : : :/
 /: :ヘ /: : : : : : : ./: : : : : : :/
 !: : \j- '"´: : ,-、、ヽ: : : : :/
 l: : : : l: : : : : : : : :ヾ、ヽ: /!



       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\
  /    (__人__)   \    !?
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /





605 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:57:48 ID:XikyBAmA0





さらにやる夫を狼狽させたのが、キーロフとオルジョニキーゼの親密さであった。



.    >‐ 斗 ¨: : / /: :{:     \<ミt
  /  //: : γ¨7,//: : :.:Y⌒\  ‘,: :`寸
 /   / /: : : : /`ー´//: : __ :.{.    \ ‘,: : __\
./   | |: : : ノ   〈〈 -‐ `: ゝ._tァ__ゞ='-' };} .)
    | |: :Y´ ̄Y、 } }__   , ィ ,,   >'¨¨≧ェ__
.    Ⅵ {   } }γ´   \/ |' .{.    ,γ´   , \
\    Ⅵ ゞニ彡'::{   ij    ̄¨¨^ ─Y_.」_ヽ / ィ }           /ヽ
、__}   ‘,',l    !:::!                ¨ ‐- 、′      /   }
」-'¨\  \\__/  \_〟-‐       `ー‐- _   ノ    / ̄〉'_>´ ̄У ̄\
    \  \\         _         / ̄_ ェェ/_/       {_   〉



             ,ィミ、|'/,'/////≧=-、
           /ィ//'/////////,ミ、
          _ /イ'//,ハ///NN//ハ∧
         ∨l'Vl'/,仁、l'/,|.イrv;V∧lヘ、
             VハリVl`ヒリ ヽ| :ヒY从ィ'/|
           Vハ.:}l   ′    リ'イ/lヘ
              ∨ハ \ ^_......イlリヘl′
              ∨〈. ̄l{´:..::::::::::::::::>
             |/{、 l|ィー>-―く〉
           _/イ| |' Y7/´     ,`ヽ、
            (.イ| : |:| | ,' ,′   ./ ./:..:..:.il
            リ.|i Vヘi__l!___./ /.ィ:..:.:.:リ
          l'.:.Y´:.ヘ∧j!:..:..:..:} l/.:..:..:../


二人はコミッサール時代からの親友であり、たびたび二人で会っては密談を交わしていたという。



       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\
  /    (__人__)  u\    ・・・っ!!
  | U ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /    (そうかお!やる夫よりセルゴの方が大事かお!)



党内最強のオルジョニキーゼと、党内で随一の人気を誇るキーロフ・・・
この二人の接近は、やる夫の権威にとって最大の脅威であった。





606 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 21:58:40 ID:XikyBAmA0




一方で地方幹部の専横もますます目に余るようになっていく。

彼らは中世時代の封建領主さながらに地方の経済・司法・労働・警察を支配し、
大小さまざまな中央の命令を握り潰しており、地方幹部の個人崇拝さえ行われていた。



             .,∧、         ∧
     ∧      .r-‐i''''''i'''‐-、      | |
    | |    o| o! .o i o ! o.    | |
    | |    .|\_|`‐´`‐/|_/|.     | |
    | |     /  ●  く.● |     | |
    | |  / |    ,r ●,,>、 ミ   | |     キングクマ!
    | | i ,/ 彡、´゚ 彡‐∪‐ミ、`\_∞∞
   ∞∞ / /i     ヽノ /:.\__三),‐ -、 アゾフ地方はクマのものだクマー!
   (三___/ .|   (王)  /:::::  .   |.|    >
  ノ |.|   ::::|       /:::::..  ..  ..   ヽ/ キングクマを崇めよ!
  ヾ   .. :::/  /\  ヽ    .:::... .. /゙
 /  ....... (  (  ..:':'.:. ヽ i   .::::    \
 ヽーv 、-/  ) へ⌒-ー∪∧_,...   rー 、<
       (_/           ヽノ

  ∩     ∩     ∩     ∩    ∩     ∩ /⌒)
  |   ̄ ̄ ̄ ヽ/⌒)  |   ̄ ̄ ̄ ヽ   |   ̄ ̄ ̄ ヽ /∩     ∩
  /        | /  /        | ∩     ∩   ,/ |   ̄ ̄ ̄ ヽ
  |        ノ /   |        ノ |   ̄ ̄ ̄ ヽ,/⌒) /        |  クマー!!
 彡、∩     ∩  ∩、     ∩ ヽ/        | /  |         |
   |   ̄ ̄ ̄ ヽ  |   ̄ ̄ ̄ ヽ  |         ノ/  彡、       ノ



          ____
        /ノ   ヽ、_\
      /( ○)}liil{(○)\      いったい何様のつもりだ!
     /    (__人__)   \
     |   ヽ |!!il|!|!l| /   |     党中央を無視し、政府を無視し、
     \    |ェェェェ|     /     あたかも王侯貴族のように振る舞うあいつらは、
     /     `ー'    \ |i     ブルジョワでなければなんなのだ!
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <





607 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 22:00:09 ID:XikyBAmA0




さらにこういった地方幹部らは、
自分達の縄張りである地元経済を疲弊させる党の強硬政策に否定的だったのである。




   ∩[,,|,,,★,,|,]
   ヾミ ゚Д゚彡     急進的な農業集団化に断固反対!
    ヾ ⊂ ヾ      我々地方党機関はもうすでに十分な量の穀物を
     O-、 )~    中央に提供しているはずである!
       U



        .____
     ;/   ノ( \;
    ;/  _ノ 三ヽ、_ \;      既得権益を欲しいままにするだけでは
  ;/ノ(( 。 )三( ゚ )∪\;     飽きたらず、集団化の方針にまで
 ;.| ⌒  (__人__) ノ(  |.;    反対するとは・・・!!
 ..;\ u. . |++++|  ⌒ /;





608 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 22:01:09 ID:XikyBAmA0




   ,,,,,,,,,,,,,  ∫
   [,,|,,★,|,] ∬         農業集団化で俺の地元が被った打撃も馬鹿にならねえ。
   ミ,,゜Д゜ノ,っ━~
_と~,,,  ~,,,ノ_. ∀     そのうえ中央の連中は地方政治にまで
    .ミ,,,/~),  .| ┷┳━  口を出そうとしていやがる。
 ̄ ̄ ̄ .し'J ̄ ̄|... ┃
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   .┻


     ∩___ ∩
    /       ヽ |
    | ●   ●  丶       地方の党基盤は五ヵ年計画の激しい闘争の中で
   ミ  (_●_ )    |       クマたちが苦労してようやく築き上げたんだクマー!
  /´、  |∪|   、彡
  ( <`丶 ヽノ  __\      それを後から美味しいとこどりだなんて
  \_) 丶   (___)      自分勝手すぎるクマ!
      丶       |
      / /\  |       クマたちにもしかるべき配当があるべきクマ!
      (  (    丶 |
      /  )    ∪
     (_/





609 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 22:02:31 ID:XikyBAmA0




             ,.:-=;;1―;1―;1―;1―,=;:、
              ミ              ゙ミ
              ミ       ★     ゙ミ
              ミ              ゙ミ
             ミ;=========゙ミ     (⌒)      俺達をないがしろにする
            彡;:;:             ミ,    (  ヽ      やる夫にはもうウンザリだ・・・
         ~三;:;:::::              彡~  ノ  ノ      こっちがいつまでも
         ~~三:;:;:;:::::  -=・=-   -=・=- 三~~ ヽ (       黙っていると思ってんのか?
         ~~彡::;:;:;:;:::..     ___     ,三~~ ( ノ ,,,,,  :      ;;
          ~~彡;:;:;:;:;:;:;:.    |┴┴|    ,ミ~~ ノノ ;'" ,,ノ―、     ,;'
          ~~彡:;:;:;:;:;:;:;:;.  ノ――| ---==ニノ ,;'′ >=ニ(二二二()
     ,...-''''""~~,::;:;::;::;::;::;'            ミ,,  ,;'′  ゝ--〈
____,;";;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;            i! ミ,,,,;'′   `ー‐'
           ::::ミミミ:;:;:;:           ミ::      ,;' ̄ ̄ ̄ ̄|



                           / ̄^\
            / ̄^\,______/       \
              / xf^\〆              < ̄\ }
          人 \./                 `\/ /
            \/                  ∨       古今東西、地方の有力者の協力なくして
              / ,x            ):x     ヽ       大国はなりたたないクマ!
           イ イ:::\        ,ノ::::ノ      ll
             |: 乂::::ノ   _     ̄´       `ヽ    クマたちは党員としての義務を果たしてるクマ!
           リ    ,   Y::::::Y   ヽ         /
            .〃   (___,乂_乂___丿          ゝ     だからこそ、「自治」の権限は
           厶ィ        | |     | |        /      与えられてしかるべきクマ!
              ⌒㌧'x     乂,___乂        V        中央はクマたちの功績を認めるべきクマ!
              Ⅵ     ̄ ̄ ̄         人        誰のおかげで農民戦争を闘いぬけたと思ってるクマ!





610 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 22:02:50 ID:XikyBAmA0




やる夫と地方幹部らの潜在的な対立は、1933年末には決定的なものになりつつあった・・・


          (⌒ヾ`
       ゝ´ ,))
  (( ⌒ゝ   lij
     ー" ミ  ___
        ノ(_     \
      /"\,, 、/"`` \
    / ( ●)´`(● )  \
     |   '" (__人__) "'    |
      \  ` ⌒ ´     /
      / ゝ  ``     ィヽ


   ∩___∩
   | ノ       ヽ
  / ●   ●  |               ,,,,,,,,,,,,,,
  |   ( _●_)   ミ              [,,|,★,,|,]
 彡、   |∪|  、`\             ミ゚Д゚∩
/ __ ヽノ  /´>  )             (ミ   ,,ノ
(___)   / (_/              ミ  ミ~
 |       /                  し`J





611 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 22:04:05 ID:XikyBAmA0




が、それと比例してやる夫の後継者と目されたキーロフの人気はますます拡大していたのである。


.       /.:::::;::::イ/____.../....-‐/―‐-..`.._ 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ\
     /./r' /;!.,'::::::::::::::::;イ:::::::::;l::::::::::::::::::::::::::``:::....、::_::::::::::::::::::::::::',``
...   〈/ . |l:::::|.;::::::::::::::::/ |_:/ ';:::::::::::::::::::::::lⅣ:::::::::::`::...、`ー:、__:::::::',
       ||::: |;:::::::::::::::; ̄l:::/¨¨`;::::::::::::::::::::::l|_∨.:::::::::::::::::::::::...、.`∨,
       |.リ:::l|l::/|:::::::;'.,>≧ミ_ ';::::::Ⅳ:::::::: l|=-';::::::;:::::::::::::::::::::::`ー.、.',
        .ノ' /ll:;::ハ:::::;:イ |ハ .>∨:|!∨:::::::l|__';::::|.V::::::::::::::::::::::::::::::',
      .//  l|::l|ハ::iハ .|l:::`´:!.  Ⅵ. ∨:::::l|7{. Ⅵヽ';:::::::::::::::::::::::lト ∧
      ′   ||从 Ⅵ `.ゞー''   `  ∨:::l|:::ゝイリ./`;:::::::::::::::::::::l| ヽ〉
          Ⅵハ .l       /l    \ト、:ノ  ,イ::::::::::::::;::::::::|
           Ⅵ }::;        ヽノ            /!.l:::/::::::/∨::::!
            从:.、     、     ,     / ソ::::/.::;′.∨:{
         r―‐-..../、_.V:\         ̄     .イ'::::::/}::/    ヽ〉
         ';::::::::::::::::::::::::::三≧=-...、        .イ::::;::〃 ,'/
       .V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`>x-<::::__/レ'_ 〃
       ,イ`:、:_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〃::::::::::::::::::::::::::::::>,
   .___く_:::::::::::::`:ー--‐:::::::::::::::::::::::::::::〃::::::::::::::::::::::::::::::::::/


     ┏━━━┓                               ┏┓┏┓
     ┃┏━┓┃                               ┃┃┃┃  ////////
 \   ┗┛  ┃┃┏━━━━━━━━━━━━━┓┏┳┓┏┓  ┃┃┃┃   /////
\\\    ┏┛┃┗━━━━━━━━━━━━━┛┗┻┛┃┃  ┃┃┃┃   //////
\\\  ┏┛┏┛                         .┏┛┃  ┣┫┣┫ ///////
\\\  ┗━┛                          .┗━┛  ┗┛┗┛ ///////
\\\\                                           ////////
\\\   [|,,★,,|]    [|,,★,,|]  . [|,,★,,|]    [|,,★,,|]    [|,,★,,|]  .  [|,,★,,|]   //////
\\  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ///////
\ [|,,★,,|]    [|,,★,,|]    [|,,★,,|]    [|,,★,,|]    [|,,★,,|]    [|,,★,,|]    [|,,★,,|]  ////
 ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ////
(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ )) ///
   く  >     く  >     く  >     く  >     く  >     く  >     く  >     //



それは、やる夫に対する地方の不満の裏返しでもあった。





612 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 22:04:26 ID:XikyBAmA0




//::::::::::::::::::'''ー-、ヽ、
/::::::::::::::::::::::::::::∧:::ヽ ヽ
::::::::::::::::::::::::::___/  Yヘv、 ヽ
 ⌒>(___ )  ゝ-イ | 'yヘ
 ⌒Y .r=======、. `弋/  |
弋_ノ.// 。 ^  、ミヽ、__ー'ヽ、               キーロフ、今やお前の評判を聞かない日はないぞ。
   // o r  l ̄ ̄ `ヽヽニjy ヽ     /ヽ
   | | -ー           Y  .}、. )ー‐く y< ̄ ̄ヽ  どいつもこいつもお前が書記局の一員になるべきだと思ってる。
           `ニ=ー-- j __jミ}ノ::::::::::::::ヾ        j___
          r   =ニ三ニ ヘ:::::::::::::::::::ヽ    {    ヽ
      ⌒ヽ /|/|     >'''´ ̄ ̄`ヽ::::::::::}    弋    〉   レニングラードの地方書記で終わる器でないとさ。
       イ_/ .|     (  ヘ   ,.'  / l::::::::j     >一'
        ヽ.ノスケフ「ノ ゝ、 .ゝ ,' ノ_ノ::::::/     r一-- 、j    みな、お前がいずれ党の指導者になると
   \_   ヽイゝヘ,ィy'| `テテテテテノ:::::::/    |     〉    期待しているようだな。
            `¨弋/. |YYYYY}ノ|::::::ノ     、   /
              ¨¨¨¨¨¨¨¨`´)        ー<



               ,..イ〉
              r<:::::;' ,...--..、___
             _|::::::::::'´::::::::::::::::::::::::: ̄二ア
         ,.ィ⌒`::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く_
        ムァ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::ヽ`ヽ、
         ,!/ 、___:::::::::::/.::::::::::::___;:: _,.',:\ハ:\ハ、
        ..リ:{l、....__./ ___.,l...-l、':::ト、::';::::.\ト-`:'ト、
        厶;}l::;::: |::jl:::ハ::::::::::|l∨:lⅣ::';::::::::::::::ハ‐'⌒ヽ〉      勘弁してくれよセルゴ・・・
        _./_';ハ::l:バ' V}i::::::'.`卅‐∨::::::::::/`ヽ〉'´ ̄`ヽ
       ._仁ヽ`ヽ Ⅵ弋歹Ⅵ:、::',弋歹¨ヽ:l|;/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ、    俺はレニングラードが気に入ってるんだ。
      ノ‐ 、   V:{.       `ー__   .}リ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l|∧
     ,r‐ゝ-、__ ,ィ´.人     /  _.〉   イ:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:リ ハ   書記局入りなんてお断りさ。
      リ:.:.:´:.:.:;-=-'ミ;__:>..._/   .、_〉イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〃  ',
     .ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ .l   __ 〉_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.>'    .',
    |::.>::.::._._:_:.::.::.::.::.::;′,'   .,ィ_ノ:.:.:`ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;:イ       .人、
     >ミ、_:_::.::.:::>-::.:_l  {ー</ ::.:::.:::.:::.:::.::.:::.:::./ .__..,...<::.:::.::.\
         ¨ヽ::.:::.:::.::ハ |::.:::.:::>::.:::.:::.:::.:::.>'´ ̄`ヽ、::::::::::::::::::::::::::::





613 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 22:04:45 ID:XikyBAmA0




                        |ヽ|ヽ}ヽ.ト、 ト、
         ___   γ⌒ヽニ| レ-'-、| ',| ヽ
      >''<>':::::::::=ーァ'´ ¨¨´/㍉イ. -==、 ヽ|   |
    ´//::::::ィ'' ∵.,Y⌒ヽ//,, ∵     ヽ Yミ|
/  / ./:::r'¨ ゚ ∴./ ト- イ/∴  ,,''   ⌒ヽ、. |'',,ヾ、_
  ./ ./。・ :  '' /   /:/    ''        _j._彡  >''¨¨¨'' 、      はっはっは!
  / ./o。    〃⌒ヽ ヾY  ´ ̄`ヽ  =ー'´  ´   (  ヾ /  ヽ
  ′′  o  {    ノノ j/            z-一T¨777rt、 ノ /    そうはいくまい!
  ' ' . .    {ゝ-=彡' /    /三三三トアアアy'トハルレ'ニニニニ=Y 7′
  | | 。゚    弋_____彡イ     /彡ー,イ--≦三三ニニニニニニニニY7レ′    やる夫はお前を気にっているからな!
  | |     .,,;;lllllili|   / |   、_〈'   / レイ `ヽ  `ヾ三ニレレレjノ'
  | {  ,;;l州    | / .人     `¨弋/  |ィ   \  Vハ           手元に置こうとするだろう!
  ' '州       |/    \     弋_ノヾ小ィ,,   ,ィ ヽイィィ         __
  ', ',                ` ー─     `ヽ{_Y |ハyyyyイ  ./ヽ  /  `l
   V∧                           `ー┴──┴y'  -┴/    j
   V∧                     弋____ __.ノ三ヽ.  ー---〈,>'⌒V
,    V∧      ヽ、             イ三三三三三三三ニヽ.    /     〉
' ,   V∧        ミー-------一<三三三三三三三三三三三ヽ.  、___ /、
 ' ,.   V∧               } } l三三三三三三三三三三三ニll        ヽ





614 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 22:05:28 ID:XikyBAmA0




            , =-‐ニニニミヽ、
          ,ィ´ィ,ィ'"´_=-‐-=、`ヾヽ
       .,r‐‐=///´r''´⌒、_∧_⌒,=、ヽヽ、____
ー<´ ̄~¨7  .///f´`,ィゝ‐''.〈ハ〉 ̄ゝ‐'、ヾヽ`ヽ\r‐-、
ヽ  ヽ _/ .///r‐f´     〈ハ〉    f`Y:l‐-、. }  l‐-、
 ゙v''"´  `ヽ{ i l`/'"//⌒ヽ. 〈_〉 ./⌒ヾ、 l l、  `ヽ ノ´`,、´ヾ    ・・・そして、お前を怖れてもいる。
  }ゝ、 __, ィ'"l l: Y`i l l (⌒ヽヽ__/´,ィ'⌒) l l_l_l、ゝ ___)´` ⌒
  .l`ー---'''"l l:..l rf⌒ l`x、 ` v ´)ヽ,ィ' ff´ ハ `ー-‐'i ´` ,,、      お前の影響力と求心力が、
  l       l l八ノl ヽri゙ゞニ゙、_|_,∠´、",r`Y ノ    l         自分の座を脅かすのではないかとな。
  l    _ ヘ∨ゝ. /.f´l:.'´-三-`゙l`iヾ ハ'"     l
  .ハ,ィ'"´:::ヘ //ヽ,,`ゝ{ ,>=< }‐'"rヘ l.      l         やる夫はいずれ何か「コト」を起こすだろう。
 .ノ //////∧'"ヽ、゙ ゝ ハ'´ヾ  ,イハ ノ,ィヘl /⌒ヽ l
:./ l///////,`>-、 八_,,` ー‐‐'__ノ´ ,,ィ'"/////} l         やる夫とはそういう男だ。
/  ゝ///////////`ー=i `ー―'  ,ィ'´////////ノ l
   ` 、////////////l l7777l l´/////八 ̄   /         用心しておけよキーロフ。
  _ =-‐'"///////>'"_ ヾ//ノ l////////`>. /



  |:::l|::::::::::::::::::::::::::::::::::!丶::::::::::::::::.\:::::::::',    _,>\::::::::ハヽ:::::::::l:!::::::::::::!:::::::::::;:::::::::
  |:::リl:::::::::::::::::::::::::::::::::;  \:::::::::::::::..\::::::,ー '"´-'  ___メ_:_:'_.V:::::リ::::::::::::;:::::::::/:!::::::::
  |:;イj::::::::::::::::::::::::::::::::::';.ー―\:::::\::::::`ー:',   ' ィ/イ ̄.ヽメ;:}ハ::::;!:::::::::::;!:::::;:'::;'::::::::::
  |l |:!::::::::::::::::::::::::::::::::::::', ___三ミ、:.\:::::::∧   ゙.:  l,\_.ノ! }ハ〉.∨!::::::::::;'::;::'::::;':::::::;::::   それを言うならお前もな、セルゴ。
  || l:|::::::::::::::::::::::::::::::::::l;:〃'¨//.Y`\〉`<∧  :: l|::::::::l|! ;   .,'::::l|:::::l:/:::::::;::::::/|::::
  リ.:l:';:::::::::::::::::::::::::::::::::{ヾ〉 Ⅵ、_,ハ     `ヽ〉  ::...乂'/;ソ/   ,':::::リ::::::/!::::::;::::/::;!::/   やる夫はお前のことを
  l ヘ::.\::::::::::::::::::::::::::::';:.\ ∨:::::l}                ;:::::/:::::イ.l|:::::;:::/:::::レ'::   本気で憎んでいるぞ。
  .  `ヽ::\:::::::::::::::::::::ハ. `ー`¨´                 ,::::::::〃_ノl::::;':/:::::::::::::;
     .\:.\、:::::::::::::::::ヘ       ノ             ,'.:::〃 ./:::〃:::::::::::::::i   部下を守るのもいいけど、
        \ハ\::::::::::::::ヽ        ヽ            ,'::;:イ-イ:::::::::/:::::::::::::::::::|   もうすこし控えめに動けよ。
          \〉 .`ヽ;:::>、:\                     /イ./ V|::}!::::::::::::::::l::::::::リ
                 ∧ ̄`     tニニ=          ., '   ハ:::|∨;::::-‐'ニ二二   やる夫を刺激し過ぎだ。
                    :..、                _/__..,>'<:::::::::::::::::::::::::::
                   > 、   _,....-‐:::':: ̄::::::::::/-:‐:-:ミ::::::::::::::::::::::::
                     ィ.≧':´:::::::::::::::::::::::::;: '/:::::::::::::::::::::::..`ヽ::::::::::::::::





615 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 22:06:38 ID:XikyBAmA0




                        |ヽ|ヽ}ヽ.ト、 ト、
         ___   γ⌒ヽニ| レ-'-、| ',| ヽ
      >''<>':::::::::=ーァ'´ ¨¨´/㍉イ. -==、 ヽ|   |
    ´//::::::ィ'' ∵.,Y⌒ヽ//,, ∵     ヽ Yミ|
/  / ./:::r'¨ ゚ ∴./ ト- イ/∴  ,,''   ⌒ヽ、. |'',,ヾ、_
  ./ ./。・ :  '' /   /:/    ''        _j._彡  >''¨¨¨'' 、
  / ./o。    〃⌒ヽ ヾY  ´ ̄`ヽ  =ー'´  ´   (  ヾ /  ヽ      なに!俺は煮ても焼いても死なん男だ!
  ′′  o  {    ノノ j/            z-一T¨777rt、 ノ /
  ' ' . .    {ゝ-=彡' /    /三三三トアアアy'トハルレ'ニニニニ=Y 7′     騙し合い化かし合い殴り合いも
  | | 。゚    弋_____彡イ     /彡ー,イ--≦三三ニニニニニニニニY7レ′      腐るほど経験してきた。
  | |     .,,;;lllllili|   / |   、_〈'   / レイ `ヽ  `ヾ三ニレレレjノ'
  | {  ,;;l州    | / .人     `¨弋/  |ィ   \  Vハ            そしてなにより、やる夫のことなら
  ' '州       |/    \     弋_ノヾ小ィ,,   ,ィ ヽイィィ         __  お前よりも詳しい!心配無用だ。
  ', ',                ` ー─     `ヽ{_Y |ハyyyyイ  ./ヽ  /  `l
   V∧                           `ー┴──┴y'  -┴/    j
   V∧                     弋____ __.ノ三ヽ.  ー---〈,>'⌒V
,    V∧      ヽ、             イ三三三三三三三ニヽ.    /     〉
' ,   V∧        ミー-------一<三三三三三三三三三三三ヽ.  、___ /、
 ' ,.   V∧               } } l三三三三三三三三三三三ニll        ヽ





616 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 22:07:00 ID:XikyBAmA0




:::::;;;;/ヽ_.ノ       \   }__  \
: ;/    ィ=ミヽ      \_ル'| ̄`ヽ\
Y⌒ヽ  // 仁ニ二二二二二}∴. /¨\.            / ̄ ̄`ヽ
|____丿 //   /. ̄ ̄ ̄`ヽ ∵ /、   |___.      / / ̄ヽ
|   //∴ Y_          \ 〈.   }ヽ/|\   \__{/      \
||   //∵   \ ` ー-==、 .   ) )__ノ,ィ彡'}‐-丶   \三三三三三三三
|ト、 ヾY     ヽ\    O ==' ̄ ̄`ヽ==ケ  \    \三三三三三三   ・・・あの男も、
|| l } y'⌒==ュ` ー===イ    -‐ "¨¨¨ヽ _}  ̄ ̄ ̄}三三三三三三   昔は素晴らしい組織人だった。
|| l ./     `ヽ    /  .../    , '"¨¨ヽ ¨¨ヽ  ノ三三三三三三
||ノ /    _                 ,,/       |  ノ7/二7ヽ三三三三三    だが今はただの凶暴な独裁者だ。
||彡イ   ⌒ヽ ̄`.,イ㌦_ヽ     { ヾゝ   ノ .〃/    \三三三三
|. /| |        \/ |. |∨∨「ノィy-rケヽ___,ィレ′       \三三三   気をつけろキーロフ。
|/ .|人:::::...    廴ノ__ノ勹ィヽ,ィュ ,イレ'ヽィy′レイイ}___   ヽ 三三   奴と喧嘩するのは俺だけでいい。
|  |  \::::::::...      ` ー─‐-Y |勹Yl`ヽハ-‐─j:三三三\    \三   やる夫から恨みを買うな。
|\     \             ` ー '  ̄  __ノ:三三三三:\    ヽ    後が厄介だぞ・・・
|\\    ` ー─-  ヽ:::..   ` ー───イ三三三三三三三三\    }



   |:::::::/::: ...::::::/::::::::::::::::、ヽ、::::::::::::::∨::::::::::::::::::::::::::::
   l:::::/ ..:::::l::::::ハ、:::、::::::::::ヽ_,..-ヽ、:::::::',::::::::',::::::::::::::::::
  /::イ .l::::::::::l:::::l_ヽ:ヽ:::::::::丶/!´\:::∨、:::',::::::::::::::::
  / !::l::::::::::l、:::l _,..-、、:\::::::::ヽ トヘ.ハ\! ':,::l:::,.、::::::::
    |/!:::::::::l ,/!、_/! \`ヽ::::、ゞ-‐'‐    !:l:l,- ヽ::::      分かってるさ。
     ヽ:::\ ` ∨_l      \      /' ヾ! l .l:::/
       |ヽ:::ハ     /            / ノ ノ:/       でも、一人で気張り過ぎるなよセルゴ。
       vイ::::;                 ´,/:l:|
        |:::ハ     ‐    ̄       l |`´:::::l::!l       俺達は仲間なんだからな。
          ´ ヽ              ,イ l:::::::/リ ヾ,
          , -`─── - 、 _ ,.イ   !:::l:{
        /: : : : : : : : : : : : : : : :  ̄` ‐┴'、`ゝ
      /: :,.. - 、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ̄`、-
     /"´     ` 丶 、: : : : : : : : : : : : : : : : //: : `
/´/二二二二ニ ヽ、    ` 丶 、: : : : : : : : /': : : :





617 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 22:08:04 ID:XikyBAmA0




        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、      同志やる夫。
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /       地方党機関から
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/        幾人か有望な若手を
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ      リストアップしておきました。
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃




        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\        ご苦労だったお。
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |       後で目を通しておくお。
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、       そこに置いといてくれお。
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ





618 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 22:08:22 ID:XikyBAmA0




          ___ _
       . /  >‐-、\
     . /~ヾ, j|  。 } \        (薄汚い、面従腹背の裏切り者どもめ・・・
      /|_ ゚ .,.〉 .ゞー≠  ...\,       いずれ引導を渡してやるお!)
     ./ ヾ≦'(_人__)      .\
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





619 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 22:08:45 ID:XikyBAmA0





あくる1934年1月、第17回党大会が開催される。



          /´           ヽ   l  _ 〈 ____ /  l_ ヽヽ __l|l  |l |l   ` ─---─ '´ ̄    `l| |
        /                〉  l: ∧ |` ̄ ̄´l l   l  ̄  l| |l  |l |l            __ | |
       /         __,-'´   l/ /  |l    `l /   /、 |l -- l´l|          | \  ||l |
      /       ,-'´ ̄        l 〈   |      |/   イ  V   | l| _____   | 、 ` | | |
     /     /   __          ヽヽ    ̄ ̄ ̄´    l  /   l| |/´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ| `‐-| | |
    /     /   | /ヽ   __ / 〉' /二/ /二/   l| ∨ l    l|  |_         |    l| | |
   /       /   l'´   >/´ ̄ ̄/ / _          _l| |l  |    | | |l            |    l| | |
  /      /    \ / 丶   / / ヽli、 _   _   /イ | l| |    | | l| | П     Пl|`‐-、l| | |
 /      /       丶    丶_〈´〈 l |  `i[、 ヽl //  l/ l| |     | | l| |_ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ` ‐-、l| | |
/      /          ヽ   / >、\\____//  /  l| |    | | l| |     l       | |l |
      /            \ /   `、────、´   / |、   l|      | | l|l __________ l _____________l| l l
\     /           /      ヽ____ヽ/  |`、  l/  ̄ ̄Y、l|l」      l         | l l
  \ /               /----‐─ ─‐ ∧      ヽ  |l `、 l   _/ l|        l       | l l
   /             /         l ヽヽ      ヽ |l `、〈 ̄´l__ヽ、 |       l        || |
  /               /         」 ´、ヽ \     ヽ|l  `、 〉二_ ´、\、    _______l| l| |
 /             /       /´,─、、 `、 \___ >、 _/l´ / |l  \l|l  / |         | | |l|
/             ヽ ̄ ̄ ̄ ̄/ ///// 〉 `/∧    |l 二、_ l| / |l|    l||/   |         | l||l |
              `、    / / /___// /  / / |l ┌ l|l  ̄  lL_」l|  /イl    l|  _      _  l|  | |
               /`、 _ 〈 〈   ヽ_∨ //l l|、- - |\、  ヽ--`'// |l   l| 冂     冂 _l|  l| |
              ∧  ヽ_ヽヽヽ ___//   l | l  ,-, \`───´/  イ|l|  / ̄  ̄ ̄ ̄  ̄l|   | |
              / `、 /  ̄ `───‐ <  / >─、、 _ \l「 ̄ ̄ ̄ | / l| l /          |   l| |
              /   _∨    \___ / /| / l|l、 \ ヽ───'l   | l              |   | |
           ∧  //       `、   / 〉'  | /  | |   l| |l       l    レ            |   l| |
           / `、 /           `、 |l l   l〉_〈 l|  /| | l     l  /               |    | |
           /   ∨     __     `、ヽ l    ヽ二_∨ /イ | l     l /      __       l|   |
          ∧  //    / _ヽ   `、ヽ\____// 〉'  | ──‐ ´    / | _ |        |    l|
          / `、/    / /、  ヽ     、`────‐< / ヽ l|        / /|    |        |     |



党大会は規約上、党の最高意思決定機関であり、1000人以上の代議員達が議事に参加することになっていた。

しかし党の拡大とともにあまりにも巨大化した大会は形骸化が進み、現在では次の党大会が開催されるまで、
大会に代わって党の運営を行う最高機関「中央委員会」のメンバーを選出するだけの存在になっていた。





620 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 22:10:13 ID:XikyBAmA0




それでも党大会は広大な「労働者の楽園」の各地から名だたる地方幹部らが集結する
超巨大な政治集会として格段の意味合いがあった。


     ∧,,∧  ∧,,∧         ∧,,∧  ∧,,∧
  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
 ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
 | U (  ´・) (・`  ) と ノ | U (  ´・) (・`  ) と ノ
  u-u (l     ∧,,∧  ∧,,∧ u-u (l    ) (∧,,∧ /⌒ヽ
      `u-∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧`u-∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
       ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
       | U (  ´・) (・`  ) と ノ| U (  ´・) (・`  )と ノ
    ∧,,∧u-∧,,∧   ) (   ノu ∧,,∧-u∧,,∧  ) (   ノu ∧,,∧  ∧,,∧
  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧-u'∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
 ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` ) ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
 | U (  ´・) (・`  ) と ノ | U (  ´・) (・`  ) と ノ | U (  ´・) (・`  ) と ノ
  u-u (l     ∧,,∧  ∧,,∧ u-u (l    ) (∩,,∩  /⌒ヽu-u (l    ) (    ノu-u
      `u-∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧`u-∧ (´・ x ・) (・ω・`) ∧∧u-u'  `u-u'
       ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
       | U (  ´・) (・`  ) と ノ| U (  ´・) (・`  ) と ノ
    ∧,,∧u-∧,,∧   ) (   ノu ∧,,∧-u∧,,∧  ) (   ノu-u
  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧-u'
 ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
 | U (  ´・) (・`  ) と ノ | U (  ´・) (・`  ) と ノ
  u-u (l    ) (   ノu-u  u-u (l    ) (   ノu-u
      `u-u'. `u-u'         `u-u'. `u-u'





621 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 22:10:51 ID:XikyBAmA0




ソ連全土からあつまった総勢1966人の地方幹部たちは、ここぞとばかりに自分の人脈を強化しようと蠢いていた・・・


 ,、‐'"´ ̄`ヽ,                          ,、-‐- 、
´ ,r'"``ー- Y  _ _                  r'"´ ,,、-、 ``ヽ    ,r'゙´ ̄ ̄``ヽ,
. ,!´      レ'´  ,、-'´ヽ, -‐- 、            },r'゙´    `ヾ ,!.  /´ ̄`ヾ     ヽ
/  == 斤/    /   _,i    ゙`ヽ、         i! -‐、 ,ィニ、 i ,イ  /     `、    ゙i
 、  ,:; ,」,/     ヽ   ,ヽ     ,!         ヾ '゙~`,    ,!イj  !,ィ=-    V、   l
   , 、   ,〉   ,r、 /  ,ィェY、-‐''"´V          `、  」 - ヽ ``j / ;:.´     ソ  ,!
ヽ、 '   ̄Λゞ-─‐- 、    リ -‐、 ソ            ヽ,' ー-‐ ,! /ト、,、 ゝ、    Yゞ イ
`, `ヽ、‐'フ´       ヽ  ー{ '"´:;V!ト、            `、    // !\丁`,   ,i  ,人
..:ヽ ,ィ`7          `, /   ,:;;;:;! ,!          , ィ´ゝ-‐'´/  !.;.;.;`i    / ,ィ/ヽ
.:.:.:i\ヽ〉             iノ `、 '´  i 〉        ,、‐'/.;.;,! `ゝ<´  ,!.;.;.;.;.;``ー, -‐'´: : : : : `、
.:.:.:.:\,! i          ,イイヽ `、   !人     ,、‐'´.;.;/.;.;.;.;ト、/} ,/`ー//.;.;.;.;.;.;./: : : : : : : : : : : `、
\.:.:.:.:i /        / ! l ゝ- ゝイヽ `ヽ、  /.;.;.;.;.;.;.;.;\ /i /^i   /  ̄!.;.;.;.;./: : : : : : : : : : : : : ,i
.:.:.:\.:.:i        /`V | /\/、/    ト、!.;.;.;.;.;.;.;.;.;i ̄.;.l /  |  /.;.;.;.;/.;.;.;,/: : : : :,、-─- 、、: : ,|
.:.:.:.:.:.:.:.:〉-‐─- 、 _ ,ィ  /\!'´   ,!  ̄/   i }.;.;.;.;.;.;.;.;.;!.;.;.;.;,リ  | ,/.;.;.;.;/.;.;.;./: : : /: : : : : : : : ヽ、!
.:.:.:.:,r'´二二ニヽー- 、! /  ,カ   ,!  /     | i.;.;.;.;.;.;.;.;.;ヽ.;.;.;\  i/.;.;.;.;/.;.;.;./: : : /: : : : : : : : : : ,!: :,!
'"´::::::::::::::::::::::`` 丶、 Y´  d |   ! /      ,! |.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;\.;.;.;ヽ/.;.;./.;.;.;./: : : /: : : : : : : : : : : |: : |
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`''ー、  |   ,! /     ,!, i.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;\.;.;/.;.;.;.;.;.;!: : : :i: : : : : : : : : : : :.|: : ,!
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\,!   レ      ,! !.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;/.;.;.;.;.;.;.;.;/: : : : .|: : : : : : : : : : : .|: : .|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ /       !  l.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;,/.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;/: : : : : .l: : : : : : : : : : : ,!: : ,!
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 久        ,! |.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;/.;.;.;.;.;.;.;.;.;,イ: : : : : : :.|: : : : : : : : : : : !: : ,!
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉       | |.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.:/.;.;.;.;.;.;.;.;/: : |: : : : : :.|: : : : : : : : : : :,!: : ,!
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|         | ヽ、.;.;.;.;.;.;.;/.;.;.;.;.;.;/: : : : ,!: : : : : /: : : : : : : : : : /: : ,!


これら幹部党員らは書記局の人事権が強くおよぶ範囲ではあったが、
その多くがレーニン時代から古参党員であり一筋縄ではいかない古狸である。


      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /



やる夫にとってみれば、封建領主化した地方幹部の横のつながりが強化されるなど
うれしい話なはずがなかった。





622 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 22:11:07 ID:XikyBAmA0




【補足】


       ,.:-=;1ー;1―;1―;1―;1―;1―;1―,=;:、
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ         ★           ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ;==============゙ミ
       〃. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:ヽ     k
.       / . : : .:.:|: : : : : : : .:人: : : : : : : : :',     ! :',     第17回党大会は、
     ,'. : : : :.:.:.:.|: : :,':,'.: : / \\_.:.:.:|.: : :.! *|.:|     集団化の弾圧の緩和と
.    |: : :.:.: :.:.:.|.:.://.:.//  ̄ \\メ、.:.:.:!   |.:.:|     統治体制の近代化という
.    人 、 :. :.:イ////    ,.-≠ ミ.、!.:,'   ,'.:. |     複雑な転換期の幕開けを
       \\:.:.:.:lYl⌒ヽ    /|  :::::::l! |/   ,': : :|     宣言する大会として
         l\\八 フ:ノ   ′ フ__ノ' ,'    l.:.:.: :|     重要な意味を持っています。
        |ハ *ミ ,,`´       '' .イ  *|.:.:. |
.         ノハ  >.....__冖_ <:八     い、ヘ
      r 彡.:.:.,'     !:.|「≠介トn,、リ≠、.:\    \\\
    <-=≠:/     ,'.:〈チ_/小.シ〃゙ ト、У.:.ハ.     \<
   /-=/     /.:f癶=キト込、/:.:.:.〈〉ー-ハ  ※  ∨\
    >-´  ※ //xタミⅩ彡:::ム|:.:.:.:.:.:〉.:.:.:.:.:',      ∨.: \
    ̄|>x、._/-_j斗'"ハ:::ハ:::/|.:.|:.:.:./\ .:.:.:.|___/\.:. /





623 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 22:11:50 ID:XikyBAmA0




            ,.:-=;1―;1―;1―;1,=-;:、
            ミ             ゙ミ
.              ミ      ★      ゙ミ
           /ミ             ゙ミ \
          《  ミ;========゙ミ } 》
.             》/ / / :/ : : : : : : : : : \ ∨《
.            /// : :/ :/ : : : /:/ |: : : : : ∨^:|
           l∨ : : l :/: : :// / :八 : : : l: l : :|       この大会は里程標でした。
           | :| : : :|/ :/ //:/ :/  ヽ: : | ハ: :|
           | :| : : :|≧x、/イ//,.ィ≦ハ ノ : l: :|       これを機に、
           } :|八 :代uzノ    弋uzノ仏イノ: :|       やる夫は農民との戦いから
.           ′:} 仆⊂⊃     ⊂⊃イ 八 : :|       「新たな敵」との戦いへと
.        /: : / 八 >  ~~~ .イ}{ : : : |       その身を投ずることとなるのです・・
.        /: : 〈 // ̄》 》≫=≪《 《V ∧: : :
.        / : : : : {   》《_》《_》《 〈 /  、: :丶
       /: : : : : : }   《_/八_》      }: : : :\
     /: : : : : : :/    ∨{><}{    {: : : : : : :\
    / : : : : : : /人,___人}><}人__人\ : : : : : :ヽ
   《 : : : : : : // { ̄/∨`¨¨¨´∨\ ̄} \\ : : : : : \
  《 : : : : :/ 《(   } {_人    人_} {  )》 \ : : : : :》
   》: : :/   》)  人人_))   ((_人ノ (《    \: : :《
  《 :/    《(    \        /    )》      \ 》
   `\\    ≫x、    \__/   ,x≪     //


【補足終わり】





624 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 22:12:50 ID:XikyBAmA0






              ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
              ┃                                              ┃
              ┃        第17回党大会におけるやる夫の演説(要約)           ┃
              ┃                                              ┃
              ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋





625 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 22:13:04 ID:XikyBAmA0




         ___
       /      \
      /  \   / \
    /    (●) (●) \            この大会はレーニン主義完全勝利の
    .|      (__人__)   |    __      旗印のもとに行われている。
     \     ` ⌒/ ̄ ̄⌒/⌒   /
    (⌒      /     /     /
    i\  \ ,(つ     /   ⊂)
    |  \   y(つ__./,__⊆)
    |   ヽ_ノ    |





626 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 22:13:53 ID:XikyBAmA0




 γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
  | 右翼偏向は粉砕され、その組織者たちは党に対して犯した罪過を償うために努力している。 >
  ゝ_______________________________________,ノ


   /       ,_,              ',
   /       ( l 、            ',
   l      ,i、/ 〉ヽ!ヽ、ヽヾ   `ヽi   l
   l    i , ノ ハ( 、 ,-‐..'´`ソ'`ヽ i リ   /
  │  i、l=‐':´`"゙:::::::::::::.  : ノノ/、  /
   | i i |/::` :: ::::::::,i ヽ ;::::::..  .:: l l  l   ヽ
   l ヽゝ l::: ::: :::/ |  `' 、::: -'´j l' /   )    ・・・・・・
   ヽ、ヽ ` 、、:::/  !、-     ゝ,l '   /
    ゙''- 、ミ ',   _, - ‐- U /r, 、 `( _
       _ノヽ\    -    , '// \   )
       `ヲ.  \      / //    `''‐'-,
    , ==l ,  l ` - ‐ '  //   ,---、 /
  , , ' '´   !li  lL.   , - ' 7/   |=000| )
//      `゙゙゙_)| `' '´   l(    ゙ー ' ´く
ヽ.ヽ、        l      ヽ >      l

    元右翼反対派指導者
        ニコライ・ブハーリン





 γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
< 民族主義偏向は粉砕され、その組織者たちは懺悔した。  |
  ゝ_________________________,ノ

  ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧
  ミ,,゚Д゚彡 ミ,,゚Д゚彡 ミ,,゚Д゚彡 ミ,,゚Д゚彡    ・・・・・・・(けっ)
  (ミ   ミ) (ミ   ミ) (ミ   ミ) (ミ   ミ)
  ミ   ミ  ミ   ミ  ミ   ミ  ミ   ミ
  ∪ ∪   ∪ ∪   ∪ ∪  ∪ ∪

        グルジア共産党





627 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 22:14:09 ID:XikyBAmA0




      ,.-''" ̄ "''-.、
    ./,-、ノ (_   .ヽ
   /. ,.-‐、   ,.-.、    '.,       これら反革命的グループの多数は党の正しさを認めざるを得ず、
   .l  ┴   ┴ `    ',       党の前に降伏した。
   .l  (  、  )     l
   ',.   `¨´`¨¨´    /       今までは一定の反レーニン主義グループとの闘争を行い
    ヽ._ _,.--、_,,..........,,_/       党の正しさを証明する必要があったが、
    /   ,.-/ ./::::::::::|-‐''"/    ',   ̄ヽ 誰かを打ちのめすべき必要もないだろう。
//  ,'::::::::::::::|  ,'  ,..-''"
 ..> l::::::::::::::::|  ,'   \
  |  |:::::::::::::::::| |   /





628 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 22:15:10 ID:XikyBAmA0




 γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
  | 国家の工業化政策は勝利した。富農の絶滅政策は勝利した。 |
  ゝ____________  ______________,ノ
                    ∨
                                            /   ./
                                             /   /
‐-、_                                            /  ./
      ̄"''ー-、_                               /  /
__         ̄`ー 、                           / /
__`―----、_━     ̄"'ー- 、______________/ ./
 [二] ̄゛ ̄`―‐ニニニニ==―--、_━ `ー‐ ┌―――――――┐||||/__
          (ニ)   (ニ) ̄ ̄  ̄| ̄llll|||||              ||||||||   |
                 「 T~|  |  ||||||||              ||||||||   |
                 | | |__|_|||||||└―――――――┘|||||||___|_
――――― '" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~| |,-|~~~ニ二二二二二二二二二二二l、  |
-、,-、 ,Y  =========================
 |   二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二
   [   ] [   ] [   ] [   ] [   ] [   ] [   ] [   ] [   ]
  ,,,,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,, ,,,,,,,,,,, ,,,,,,,,,, ,,,,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,,,,,, ,,,,,,,,,,,,,
  [,|,,,,,,,,,,|,,] [|,,,,,,,,,|,,] [|,,,,,,,,,|,] [,|,,,,,,,,|,,[|,,,,,,,,,,|,,][|,,,,,,,,,[,,|,,,,,,,,,,|,] [,,|,,,,,,,,,,|,][,,|,,,,,,,,,|]
  (    )(    )(    )(    (    )    (    ) (    )(   )
::l´ ̄ ̄ ̄`l l´ ̄ ̄ ̄`l l´ ̄ ̄ ̄`l l´ ̄ ̄ ̄`l l´ ̄ ̄ ̄`l l´ ̄ ̄ ̄`l l´ ̄ ̄ ̄`l::
::|::..    ..::| |::...   ...::| |::..    .:| |::.    ..:| |::.    .::| |::..    ..::| |::..    ..::|::

                         ∧
 γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
  | これらすべての成功が、反対派を意気消沈させ粉砕してしまったのは明らかだ。|
  ゝ__________________________________,ノ





629 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 22:15:25 ID:XikyBAmA0




                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
                /             \
              /                \      だがこれは闘争の終了を意味しない!
            /                    \
           /    \          /    \   なぜなら、人々の中にある資本主義の残存物を
              l       \        /       l   復活させようとする資本主義的包囲が
              |     ( ● ) 丿ヽ ( ● )     |   いまなお残存しているからである!
              l                         l
           \      (____人____)      /   我々はつねにこれに対して
            \.      |,/⌒'⌒ヽ|     /     闘争の準備を怠ってはならない!
             ,ィl\.      l     j    .ィ
         ,....:::::'´::;':::::::`iヽ.   `ー--‐''´  ,ノ i´::::;::`':::::....,
       /::::::::::::::::;'::::::::::::l \      / l::::::::::::';::::::::::::::\
      /::::::::::::::::::::::l:::::::::::::!   `丶_,ィ   /l::::::::::l::::::::::::::::::::::\





630 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 22:15:43 ID:XikyBAmA0




      / ̄ ̄ ̄\
    ../ _, 、_.  \      だがしかし・・・一部の人間はこう考えている。
   / (● ) (● )  \
   |    (__人__)     |    「党の方針を宣言し、決議にかけて
   \   ` ⌒´     /     満場一致で承認すれば、勝利は独りでにやってくる」と
   〆~\       /ヽ
 /:::;;;、:::::::i::ヽ`介´/::::i::::::::::ヽ
<:::::::::::<|:::::::l::::ヽ| | i::::::7;;;;;;:l::::}
. \::::::::\:::::\;;;i,,/:/:::::::::i:::::{



        /´ ̄ ̄`ヽ
.    /  \  _ノ' ,
    /   ( ●) (●).!          こんなことを考えるのは
    |.     (__人__).|          度し難い官僚主義者や
   ,..-'ヽ    |r┬|  !          役人根性の連中だけだ!
  ./::"::::`ヽ、.,_,`.ニ´_/
 /::i::::::::::::"'弋'!ー',イ>|'_ノ´`ー -,,_ _    成功と勝利は独りでにやってこない、
. }:::゙|::::::::::::::::::::~゙:_戈;f"  、    イ/ `i   激しい闘争によって得られるのだ!
/:::::::!;:::::::::::::::::::/',r.テ    \xー.ォ、__ノ
::::::::::::ヾ!:::::::::::::l .l r'   ` 、_冫y"
:::::::::::::::::\o:::::l .ト、  ヽ,_ノ"ー'
:::::::::::::::::{::::{\代 l>ー、,_ノ





631 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 22:16:43 ID:XikyBAmA0




 γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
  | わが党には200万を超える党員がいる。コムソモールには400万を超える同盟員がいる。 >
  ゝ_______________________________________,ノ

________________________________________________________________________________________________________________
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
=====================================
┐┌┐┌┐┌┐┌┐┌┐┌┐┌┐┌┐┌┐┌┐┌┐┌┐┌┐┌┐┌┐┌┐┌┐┌┐┌┐
[ * ] [ * ] [ * ] [ * ] [ * ] [ * ] [ * ] [ * ] [ * ] [ * ] [ * ] [ * ] [ * ] [ * ]
,,,,★,|]   [|,,,,★,|]   [|,,,,★,|]   [|,,,,★,|]   [|,,,,★,|]   [|,,,,★,|]   [|,,,,★,|]   [|,,,,★,|]   [|,,,,★,|]
´ー`)  ( ^×^)  ( ´m`)  ( `∀´)  ( ・Д・)  ( ´W` )  ( ´・ω・)  ( ´^ω^)  ( ゝω・)
  [|,,,,★,|]   [|,,,,★,|]   [|,,,,★,|]   [|,,,,★,|]   [|,,,,★,|]   [|,,,,★,|]   [|,,,,★,|]   [|,,,,★,|]   [|,,,,★,|]
 ( ・∀・)  .( ´Д`)   ( ゚Д゚)   (-@∀@)  ( ´∀`)   ( ゚ー゚)   ( ^ω^)   ( ・3・)   ミ,,゚Д゚彡
/´~ V:V~ヽ/´~ V:V~ヽ/´~ V:V~ヽ/´~ V:V~ヽ/´~ V:V~ヽ/´~ V:V~ヽ/´~ V:V~ヽ/´~ V:V~ヽ/´~ V:V~ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


 γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
  |  我々には300万以上の労働・農村通信員がおり、1700万以上の労働組合員がいる。  >
  ゝ_______________________________________,ノ



               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }  これらのような組織と人員があるにもかかわらず、
     /:::\:::/::\.   |   |  我々の仕事に少なからぬ不十分さと
   / <●>::::::<●>\  !   !  少なからぬ欠陥があるとするならば、
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |!!il|!|!l|      |  /  責任があるのは「我々」の組織指導である!!
  \     |ェェェェ|     //
  / __        /
  (___)       /





632 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 22:18:13 ID:XikyBAmA0




 γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
  | 行政機関内の官僚主義と役人根性、諸機関の縄張り構造、               |
  | どんぶり勘定の仕事と自己批判に対する恐怖・・・これこそ我々の困難の源である! >
  ゝ____________________________________,ノ


.    >‐ 斗 ¨: : / /: :{:     \<ミt
  /  //: : γ¨7,//: : :.:Y⌒\  ‘,: :`寸
 /   / /: : : : /`ー´//: : __ :.{.    \ ‘,: : __\
./   | |: : : ノ   〈〈 -‐ `: ゝ._tァ__ゞ='-' };} .)
    | |: :Y´ ̄Y、 } }__   , ィ ,,   >'¨¨≧ェ__
.    Ⅵ {   } }γ´   \/ |' .{.    ,γ´   , \
\    Ⅵ ゞニ彡'::{   ij    ̄¨¨^ ─Y_.」_ヽ / ィ }           /ヽ
、__}   ‘,',l    !:::!                ¨ ‐- 、′      /   }
」-'¨\  \\__/  \_〟-‐       `ー‐- _   ノ    / ̄〉'_>´ ̄У ̄\
    \  \\         _         / ̄_ ェェ/_/       {_   〉
.       \  \\  \ \ゝ_ 三二≡=-─ ´仁}三三三三三三三≧ェ.    ̄¨ヽ



   ∩___∩
   | ノ\     ヽ
  /  ●゛  ● |
  | ∪  ( _●_) ミ
 彡、   |∪|   |
/     ∩ノ ⊃  ヽ
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /





633 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 22:18:31 ID:XikyBAmA0




               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /:::\:::/::\.   |   |  これらの困難に打ち勝つために、
   / <●>::::::<●>\  !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l  ふらふらとした、党の頼りにならない
  |     |!!il|!|!l|      |  /
  \     |ェェェェ|     //    変質分子を粛清しなければならない!!
  / __        /
  (___)       /





634 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 22:18:43 ID:XikyBAmA0




【補足】



          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ    地方幹部たちは、
       /  ,='  _  ∧_ _,,         やる夫の前半の演説は
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_      歓迎しました。
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ     敵は粉砕されたが闘争は続く・・・
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ    弾圧政策の継続は、
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/    地方幹部の専制支配にとって
         | |{i t    _     / |    好都合でもあったからです。
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |





635 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 22:19:47 ID:XikyBAmA0




       ,.:-=;1ー;1―;1―;1―;1―;1―;1―,=;:、
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ         ★           ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ;==============゙ミ
       〃. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:ヽ     k
.       / . : : .:.:|: : : : : : : .:人: : : : : : : : :',     ! :',
     ,'. : : : :.:.:.:.|: : :,':,'.: : / \\_.:.:.:|.: : :.! *|.:|     しかし、演説の後半は
.    |: : :.:.: :.:.:.|.:.://.:.//  ̄ \\メ、.:.:.:!   |.:.:|     歓迎しませんでした。
.    人 、 :. :.:イ////    ,.-≠ ミ.、!.:,'   ,'.:. |
       \\:.:.:.:lYl⌒ヽ    /|  :::::::l! |/   ,': : :|     それはどう考えても、
         l\\八 フ:ノ   ′ フ__ノ' ,'    l.:.:.: :|     自分たちの地方支配に対する
        |ハ *ミ ,,`´       '' .イ  *|.:.:. |     批判としか思えなかったからです。
.         ノハ  >.....__冖_ <:八     い、ヘ
      r 彡.:.:.,'     !:.|「≠介トn,、リ≠、.:\    \\\
    <-=≠:/     ,'.:〈チ_/小.シ〃゙ ト、У.:.ハ.     \<
   /-=/     /.:f癶=キト込、/:.:.:.〈〉ー-ハ  ※  ∨\



           rーイ¨ ̄¨ト、-┐
         ,r::┘、」;;;;;;;;;;;:::j/:::::/入
.       _i -、_>------- <:::::┴i
      〈:::::::i i ||Vlリk i|i ,l||ソ ヽ::::::::〉       前半はソ連の勝利と成功を持て囃してるし
       ┐'レ' ⊂⊃    ⊂⊃!Ni_イ、       ブハーリンみたいな反対派にも
.      イ| u         |!l lハ ヽ       比較的穏健な態度だけど、
      /ハ              u.|| .\ ヽ     後半になると確かに敵意剥き出しにしてるわね。
      || `、   {_ ̄ ヽ    '||  / /
      ||  ヽ、    ̄   . イ |,'  ヽヽ
      `    `iTァv'T爪      //
            |く|真| >|      `ヽ
             |〈| || | 〉|





636 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 22:20:08 ID:XikyBAmA0




      )   \.|.::::::::::::|    7 / / /   i!         、    ヽ::::::.     )
     '       |:::::::::::::|  (⌒' /  ' /     i!          \     V::::..   ノ
    ( _     |:::::::::::│  ) / i  i !     i! !         、    i:::::::...ノ
     イ::「 )    V.::  |  「 .'  i  i !/i    ヾ |             !ヽ  |::::::..ノ
  /  !::|(__    ヽ::.. r‐v7/  ∧ !|ト!、| |│ \!   !   !    ′i  |::::::::)
 .'     !::|ゝ==)     rfぅjV  ハ)/7从 、|ヽ! | /:||\ i   イ  /  .′ !::::\
   丶 !::| \ ゝ-.. ゝ少ノ ,'  | rzぇ::zrゝ 乂::ノ / 'ヽ /   .'  /  ,人::::ゞ\
〈     \:|  ヽ ヽ ` ーヘ  /  │ 夊f_少'   /レ')/ゝ/) イ  /  イ:| |:|⌒)::::)
 ヽ   ヾ: 、  〉、 \  V   |           ィzテ7/ ! .′/ ! | __ノ '/
   \   |:|\ !:::|   ヾ |   ハ            v夕 /レ' レイイ  | 「! (:/    やる夫は演説の冒頭で
    ヽ. |:|   |:::| r.. ―┤  |  '.        . j   ∧i|     |:  |/ !      「誰も打ちのめす必要はない」と
        |:|   |:::ト<:.   │  ト i!     - 、    イ ヾ |     |:  ∧\      反対派との戦いがひと段落ついた
        |:|   |:::| \  人   \:ト、        . <__j!   \   | /  '. \    かのように話してるけど、
        |:|   |:::|    Y'  \  \ > -<´:::::::::::: i!ー-, \ ! .'   ! )::)   明らかに地方幹部との戦いを
        レ′Y::/     | ヽ.  \  \tfうj} :::::::::::; /   /     /     | /::/    ほのめかしてるのだわ。
          │!    ム-‐─‐-ゝ   ):少 :::::::::; /   /ヽ.  , '  )  '/::/



     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||    そうです。
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|     「敵は粉砕されたが闘争は続く」
       l \     _    ,/ |
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |     やる夫の言う通り、次なる闘争が迫っていました。
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!


【補足終わり】





637 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 22:20:53 ID:XikyBAmA0




  ――― クレムリン内、オルジョニキーゼの自宅


       ______________________________
        l___________________________________________l
        ∧三|:Ll:|二二二二二|:Ll:|二二二二二|:Ll:|二二二二|Llノ二二二:|├i─. < ´
        ∧.ミl  .|_|_|_|_|| || |___|:ロ:|::::::::::::|  .| :::::::::::::::::: | ||.|:::::::::::::::::|  |  |
           ' ,|  .l ̄| ̄| ̄| ̄|| || |7/ ̄||::::::::::::|  .| :::::::::::::::::: | ||.|:::::::::::::::::|_|  |
          iォ |....「|TTTTTTTTTT「|TTTTTTTTTT「|TTTTTTTTTT「|TTTTTTT「| . |____________________
          |:| |..::|.| 二二二二二 |:| 二二二二二 |:| 二二二二二 |:|二二二二l:l .|;;;;; :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          |:| |...:ト..─────‐|:|─────‐.l:|────‐| .ソ____..// .|─|二二二二::i. 尸二二二二::尸三三三三尸三
      __|:|_..| .Y 二二二二二l .|二二二二二l ..|二二二二|  |::::||::::::|::::::レ.... |  |:::::::::::ll :::::::::| |:::::::::::|::::::::::::|:| |:::::::::::::::::::::| |:::::
、    |       |  |_||_||_||_l .|__.||___|  |_||_||_|  |二|二:|::::::|   |  |:::::::::::ll :::::::::| |:::::::::::|::::::::::::|:| |:::::::::::::::::::::| |:::::
  ヾ、、.|____|  | ̄|| ̄|| ̄|| ̄l .| ̄ ̄.|| ̄ ̄ |  | ̄|| ̄|| ̄|  |_|_:|::::::|_ |  「|TTTTTTTTT「|TTTTTTTTTT「|TTTTTTTTT「|T
ミ::ミ::ミ::ヾ     | 「|TTTTTTTTTT.「|TTTTTTTTTT「|TTTTTTTT.「|TTTTTTTTT| |..|  |:|二二二二二l |.二.二二二二.l |二二二二二|:|
::ミ::ミ::ミ::ミ ヾ   | |:|.二.二二二.二.ヒ|.二.二.二二二ヒ| 二二二二_ヒ|.二.二.二.二 | |..| F+────i l r───l l f´ ̄ ̄ ̄ ̄| | ̄





638 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 22:21:52 ID:XikyBAmA0





                                            [,,,★,,|,]
             なんだあの演説は!                  ミ゚Д゚ ミ 
             明らかに俺たちに対する                ⊂ ⊂)
             批判じゃねえか!?                    ミ  ミ.
             これが仲間に対する仕打ちかよ!?           U U



   ∩___∩
   | ノ\    /ヽ
  /  ●   ● |    度し難い官僚主義者とまで言われたクマ!
  |    ( _●_)  ミ
 彡、   |∪|  、`\   やる夫の考えはこれではっきりわかったクマ!
/ __  ヽノ /´>  )
(___)   / (_/   クマたちとコトを構える気だクマ!
 |       /





639 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 22:22:55 ID:XikyBAmA0




オルジョニキーゼの自宅ではやる夫に反感を持つ地方幹部らが私的な会合を開いていた。
彼らの間では、密かにやる夫を排除して「新体制」を発足させる計画が練られてもいた。



    ∧,,∧  ∧,,∧
 ∧ (´`д´) (`Д´ ) ∧∧
( `・Д) U) ( つと ノ(ヘ・´ )
| U (  `・) (・´  ) と ノ
 u-u (l    ) (   ノu-u
     `u-u'. `u-u'



そして、運が悪いことに、オルジョニキーゼの親しい友人であるキーロフはそこに出くわしてしまう。


            ,ィ
            .く/ィ===ミ、_
         ,イミ'////////,ヽ
           了l//A//Ⅳ/ハ'ハ
            }リ/lィミ.Ⅵ|ィミi//} `
          l从ゞ' 、 ゞ'.lイl|       お?あいつら何の話してるんだ?
              _...:--..、  イ从`
            く:=ニ=-:::::::::::::冫
        x'‐ミ三ミx、::丶〈
         ,'ノハ ヾ//ヘ.}!Y〈ヽ
         ,:':::::::∧,i ヾ:∧|l} .l
       ;::::::::::l|:/.:  ヽ∧_ |
       .i::::::、:::l|'::'::´ ̄¨::.Vハ`::,
      j:::__:ハ|:::::..::::::::::::::ヾハ::::
       〈:::::::::`::{::::::ニミ::::::::::i::ヾ';|
      ヽ::::::::::.\:テミ、__:l:::::ヽ!
          \:::::::::/ /.::::::::::::|::::::::|
        }::>/ /.:::::::::::::::|::::::::|





640 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 22:23:50 ID:XikyBAmA0




オルジョニキーゼの自宅に集まっていた反対派は、キーロフに会うなりとんでもないことを言い始めた。



         ,,,,,,,,,,,
       ∩[,,,,★,,]
        ミ,,゚Д゚彡        もうやる夫にはついていけない!
        ミ    ミ          同志キーロフ、あなたが書記長に就いてください!
  \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄U ̄ ̄\     我々はあなたに従います!
  ||\             \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
  ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
     .||              ||



             ,...-..、 \
          ,..<::::::::::::::::>、ミ\
        イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::ヽ
     /イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::⌒',
     ∧/:::::/.:::::::::::::::::::::::::::::::::';:::::::::ヽ::;
     /::/;::::/.:::::::::::::;::::::;:イ::::::::::::〉:::::::ハi
    ;...,'.;'::/:::::::::://.::;'_ノ|::::::::::/_';V|::::::l|
     i:;::l':::l∨:::|::;ィニテミ,'.::::/イテミi:::l::;':/
     |'l::::::|::∨:l〈 l ヒリ//  .ヒリリ::;:;:'
      .|ハ::从∨!ハ      ,  ./ィ/'         は、はぁ!?
     _.リ..∨./〉:|〉i. U       ノ
    /:..:..:..:∨ヽヽ l、.  ⊂⊃ ./:ミ、         お前ら自分が何を言ってるのか
 , <¨`ヽ、:..:..\   `>-イ:..:..::/ ≧  、     わかってるのか!?
./-、       \:.__〉ー  lr<:..:..:./     /l
l:..:..:ヽ      /\  .,'||:..:..:./  l    /.::|
|:..:..:..:.∨.:|   ,'\ \/ ヽ:イl   :;:..  /.:.:.:|
l:..:..:..:.:.:ヽ:!  ,:.:.:.::\ \/〉:!|     ∨'/.:.:.:.:;|
|彡:.:.:.:.:.:::|  ノ.:.:.:.:.:.:.:`:―/ ||.    Y:.:.:.:.:/|
|:.:.:.:.:.:.:.:.:l| /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/| ゞ'    ;'::.:.:.:.:.:.l


キーロフはこの時点で、自分をやる夫の後釜に据えようとする陰謀が存在することを知る。





641 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 22:24:33 ID:XikyBAmA0




キーロフは反対派から即答を迫られた。


      ,r=ヽ、            r';;;:;:;;:::;;;;;;;;;;;;ヽ、
     j。 。゙L゙i     rニ二`ヽ.   Y",,..、ーt;;;;;;;;;;;)
 r-=、 l≦ ノ6)_   l_,.、ヾ;r、゙t   lヲ '・=  )rテ-┴- 、
 `゙ゝヽ、`ー! ノ::::::`ヽ、 L、゚゙ tノ`ゾ`ー ゙iー'  ,r"彡彡三ミミ`ヽ.     そうだ!同志キーロフ、あなたが指導者になるべきだ!
  にー `ヾヽ'":::::::::::: ィ"^゙iフ  _,,ノ ,  ゙tフ ゙ゞ''"´   ゙ifrミソヘ,
 ,.、 `~iヽ、. `~`''"´ ゙t (,, ̄, frノ   ゝ-‐,i ,,.,...、  ヾミく::::::l
 ゝヽ、__l::::ヽ`iー- '''"´゙i, ヽ ヽ,/   /  lヲ ェ。、   〉:,r-、::リ        やる夫は我々の不満を無視している!
 W..,,」:::::::::,->ヽi''"´::::ノ-ゝ ヽ、_ノー‐テ-/ i / ,, 、   '"fっ)ノ::l         このままではやっていけません!
   ̄r==ミ__ィ'{-‐ニ二...,-ゝ、'″ /,/`ヽl : :`i- 、ヽ  ,.:゙''" )'^`''ー- :、
    lミ、  / f´  r''/'´ミ)ゝ^),ノ>''"  ,:イ`i /i、ヺi .:" ,,. /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙
    ! ヾ .il  l  l;;;ト、つノ,ノ /   /:ト-"ノ゙i  ,,.:ィ'" /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;   同志キーロフ!
.    l   ハ. l  l;;;;i _,,.:イ /   /  ,レ''";;;;`゙゙" ヽ_,,ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;   我々の力になってくれますよね!?
   人 ヾニ゙i ヽ.l  yt,;ヽ  ゙v'′ ,:ィ"  /;;;;;;;;;;;;;;r-'"´`i,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  r'"::::ゝ、_ノ  ゙i_,/  l ヽ  ゙':く´ _,,.〃_;;;;;;;;;;;;f´'     ll;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ` ̄´     /  l  ヽ   ヾ"/  `゙''ーハ.     l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        /    l  ゙t    `'     /^t;\  ,,.ゝ;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;



     /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :``ヽ
    /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 〃: : : : : : :: : : : : : ヽ
    ``ヽ. : : : : : : : : : : : : : : /〃: : : : :: :/:/: : : : :ト、|
     /. : : : : : :/ : : ::/:/  /: : : :/.://.:.:.:.:.:.:.:.| !
      /. : /: : : :/: : /:/   /: : /  /ハ.:.:.:.:.:.:.:.:.|
    /.:.:.:/.:.:.:.:./.:.イ ー--- /:./   /イハ.:.:.:.ハ.:.l
  /.:.:.:/.:.:.:.:./.:.:.:.:l  ┯┯z=    ┏┯ .:.:./  V
    ̄/.:.:.:.:./.:.:.:.:. |   Lりノ     りノ レ'.
    //.:.:.::/⌒ヽ::| u         ,    |
     /.::ハヽ ___         _ ,      ノ
   ,r─……┴‐- 、      「 __ノ   /      ちょっ・・・いや、だから・・・
  !: : : : : : : : : : : : :\ 、       /
  !: : : : : : : : : : : : : : :.\` ー r‐く.
  ノ. : : : : : : : : : : : : : : : : .\ _」: : : l
 /. :,. -─- 、: : : : : : : : : : : : 7: __」
 レ'´      \: : : : : : : : :/´: : : ∧
/            \: : : : : !: : : /ヾ \
/ ̄ ̄ ̄`ヽ     \: : : !: /  l   ヽ
: : : : : : : : : : : \      \: 」: ,'   l    `ヽ
: : : : : : : : : : : : : :\     V    i


そして即座に、今まさに自分の身に危険が降りかかっていることを察知した。





642 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 22:25:17 ID:XikyBAmA0




.        /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :``ヽ
.       . /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 〃: : : : : : :: : : : :: ヽ
        ``ヽ. : : : : : : : : : : : : : : /〃: : : : :: :/:/: : : : ::ト、|
      /. : : : : : :/: : :/ : : ::/:/  /: : : :/.://:/: : : : :ト、|
     /. : /: : : :/: : : :/: : /:/   /: : /  /ハ/.:.:.:.:.:.:.:.| !
.     /.:.:.:/.:.:.:.:./.:.:.:.:./.:.イ ー--- /:./≠テト、.:.:.:.:.:.:.:.:.|       みんな聞いてくれ。
.   /.:.:.:/.:.:.:.:./.:.:.:. : :: :ィく{::::::ト`   i/ /{::::::ト ハ.:.:.:.ハ.:.l
.     ̄/.:.:.:.:./.:.:.:.:.l:: :: :| ゝ‐'         ̄  ハ::.:.:./ V        俺はやる夫を裏切るつもりも、
      //.:.:.:: ⌒ヽ::|: :l {、        ’ .   ハレ':|          ましてや自分が指導者の座に
        /ハ___ : : : ll{  u         / : :l|:/          就く気もない。
           ヽ:: i:、:: :: ヽ:ゝ      -一   ヘ.:: :ハ
        / ヽ| ヽ:: ::∧: 、        /} }:/: : ヽ          だけど、みんなの不満を
       /: : : : : : : \::ハ、: : : >-一:7//: : /: : : :ハ:⌒ヽ      やる夫に代弁することはできる。
.      〈: : : : : : : : : : : }ヽハ三三三三彡/: : : : : : : /: : : : ヽ
    , ィ⌒丶: : : : : : : : jニ∨三三三三7ハ: : : : : /-‐' ´> 、丶    だから、今のところはそれで
  / : : : : : : : \: :/i: 人三三三三三リ}/ヽ: :/ : : : : : : : : : : `丶、  おさめておいてくれ。
/ : : : : : : : : : : : Y: : |:/三三三三三三Ⅳo:У: : : : : : : : : : : : : : : : :\



      rfニ、ヽ
      l。 。 f9i
      t≦_ノゝ、            ,,....,,,,__        ,rrテ≡==-、
      `ブ´,,:: -- ::、       ,r''"''''''ヽ:::`ヽ.     (〃彡三ミミ::`ヽ
      ,rニュf::r-‐t::::::::ヽ     f´,,..、 r"::::::::::i      /"~´   i三ミ::::i,
     /,,, Y.. -‐ ヾ::::::::l      ノ゙ f・=  7:::::::::::l.    f:、 ‐-:、 (ミミ:::::::l
      ム゚゙゙' く、'゚`  ゙'"):::l    ヽ''    ゙'⌒リ:ノ    ノ゚ヲ ''・=  リ::r-、リ
     l=,,;;:. l=、  ..::" ,)ヽ、   j⌒    ト'"fノ     l (-、ヽ'"   ゙'´ノ),)   ・・・・・・
    /`ゝ-''^ヽ''"  ,/: : : :\  ヽ、: : : '" ノ^i,     lィー-、    ノ-イ
    /rf´ i′  ,f^ヽノ:,. - - 、 ヽ,,. -テ) ,/  `ヽ、   t_゙゙   _,,.. :: "  l、
   ゙'゙  l   l: : j :f´: : : : : ヽ,/   '''"´  ,,.: -  ヽ    `ユ゙"    ,ノ::ゝ、
      !   /: :ノ l: : : : : : : ノ,      ,:'"   ゙ヽ i,.r‐(´::::〉   ,.ィ":::::/::::::
      /-‐-/: :/: l: : : : : : ,/ /     /      ,f´:::,::ヽfト--テ:::::::::ノ:::::::::
. _,,..::-,テ   /`7: :(: : : : : /ヽ/     〃       リ:::,'::::::ゝ!r7/ー一'":::::::::::::
`_,:ィ''"  _,r''" f: : :ト---ヲ /      fノ       /::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::
-‐-‐'''フ"  ,.ノ,:::::」、,:r'"  ,i     /       /::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::::
、..、く´_,,∠"ィ''"´ /   ,>     /\、   ,ノ:::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::::::
´  ,ヘr:、-、=---/    ,:イ    ,ノ   `゙ヽ、/:::::i':::::://:://::::::::::::::::::::::::::::::::::



キーロフは反対派の要請を断ったうえで、なんとか場をなだめようとした。





643 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 22:26:07 ID:XikyBAmA0




   ∩___∩
   | ノ       ヽ
  / ●   ●  |
  |   ( _●_)   ミ     同志キーロフ・・・
 彡、   |∪|  、`\     それでもクマたちは
/ __ ヽノ  /´>  )    あなたを信じているクマ。
(___)   / (_/
 |       /





644 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 22:26:31 ID:XikyBAmA0




だが、キーロフには虎の尾を踏むつもりなど一切なかった。



.     /.:::::::::/.:::; ' ..イ:::::::::::::::::::::::..\::::::::::::::::::::::';:::ヽ;、::::::::::::::::::::::::::::::l::ハ
...  /.:::::::イ:: ..イ:::::::l::::::::::::、::::::::::::::';\::::::::::::::::::;:::::::::`:..、::::::::::、::::::::::::|::::ハ
  〃´  ,' .イ;':::::::::::::';\:::::/';::>:、:::';::::\:::::::::::::'::::::::::::::::.\:::::';\::::::|:::::::∧
       {.;'::l|:i::::::::::::::::',  .メ、::ヽ;:、::\::;:ト、:.\::::';:::';::::::::::::::::::..\:';:::.\:!:Ⅳ::::
      ∨::|:|:ハ:::::::::::::';. / __` ハ.ヽ:::::::';、ヽi::\:'; l:::::::::::::::::::::::::`:::::::::::::l ヽ::
      ∨l:l:! .';:::::::::::::/./,⌒';.\〉 \∧l Ⅳ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{
         ヾ:!|  \::::::: 〈:'ハ ::     ヽ〉.|.ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';:: l|
         ヾ〉  ` 、:::∧';} .:      U.:.:.:';:::ト、:::::::::::::::::::::::::::::::ハ:l|
             l l` .、リ'       ::.:.:.:.:.';:|.:.リ、:::\;::<´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              乂  `       u  :.:.:.:.:.:.:l|.:.:.:У´             (まずい・・・まずいぞ!)
              .∧.             .:.:.:.:.:.:.:.:./
              ヽ         ..:.:.:.:.:.:./  /
              .ゝ、ぐ>    ..:.:.:.:.:.〃  /
               .人、    ..:.:.:.:.:.:/  ./
                 ハ  ,.: ,: <V .〃      ,   ' ´  ̄ ̄ ̄
                     `¨¨´   /  /  __≦__
                        __..,/-‐ '´ ̄ ___.二ニ=‐
                    /  _  ̄ ̄
                    ,'.ィ≦ニニ>..、
                   ,仁二二二二二>.、



キーロフはあらぬ疑いをかけられる前に、やる夫にコトの顛末を報告するほうがよいと直感する。





645 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 22:27:31 ID:XikyBAmA0




        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/    同志やる夫。
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /      同志キーロフが来られております。
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃



       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( ●)( ●)\      キーリチかお?
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     (  (      |    いいおいいお、通してくれお。
  \     `ー'      /





646 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 22:27:51 ID:XikyBAmA0




だが、キーロフの密告は間違いなくやる夫を動揺させた。


     /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :``ヽ
    /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 〃: : : : : : :: : : : : : ヽ
    ``ヽ. : : : : : : : : : : : : : : /〃: : : : :: :/:/: : : : :ト、|
     /. : : : : : :/ : : ::/:/  /: : : :/.://.:.:.:.:.:.:.:.| !
      /. : /: : : :/: : /:/   /: : /  /ハ.:.:.:.:.:.:.:.:.|
    /.:.:.:/.:.:.:.:./.:.イ ー--- /:./   /イハ.:.:.:.ハ.:.l
  /.:.:.:/.:.:.:.:./.:.:.:.:l  ┯┯z=    ┏┯ .:.:./  V
    ̄/.:.:.:.:./.:.:.:.:. |   Lりノ     りノ レ'.
    //.:.:.::/⌒ヽ::| u         ,    |
     /.::ハヽ ___         _ ,      ノ        やる夫、実は・・・かくかくしかじか
   ,r─……┴‐- 、      「 __ノ   /
  !: : : : : : : : : : : : :\ 、       /
  !: : : : : : : : : : : : : : :.\` ー r‐く.
  ノ. : : : : : : : : : : : : : : : : .\ _」: : : l
 /. :,. -─- 、: : : : : : : : : : : : 7: __」
 レ'´      \: : : : : : : : :/´: : : ∧
/            \: : : : : !: : : /ヾ \
/ ̄ ̄ ̄`ヽ     \: : : !: /  l   ヽ
: : : : : : : : : : : \      \: 」: ,'   l    `ヽ
: : : : : : : : : : : : : :\     V    i



      ____              ━━┓┃┃
     /     \                 ┃   ━━━━━━━━
   / u      \≦ 三 ゚。 ゚         ┃               ┃┃┃
  /           \  三 ==-                          ┛
  |        u     |   ≧=- 。
  \              /   >三  。゚ ・ ゚
               。゚ /。・イハ 、





647 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 22:28:48 ID:XikyBAmA0




|:::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ト、::::::::::::::..\::::::::::', .   _,... -‐ヘ::::::::::::'ハ::::::';:|::::::::::::|:::::::::::::::::::::
|:::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::| \::::::::::::::..\::::::;ー'´    _.メ:::::ハ..∨::::l!::::::::::::!::::::::::;::::::::::
l::リ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::l-―.\:::::\::::::::::::',   _.,ィ"´ _\ミ ∨:::::::::::::::;::::::::/:|:::::::::
|:l{:::::::::::::::::::::::::::::::::';::::', __三≧、::::::、:::::::::',   〃  〈   .ハ ヘ〉 ∨::::::::::::;::::〃::;!:::::;:::   でも大丈夫だ!
|:l!:::::::::::::::::::::::::::::::::::Ⅳ〃 .,イ`', \〉\::::::',   :: .|:\イl! ;    }/.::::::::;:::/.:::::;'::::;'|:::   ちゃんと断ったよ!
|ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::',ヽ〉, :{\.ハ     \ハ  :. 弋:::::;リ.ノ   ,'::::::::::::;イ:::::::;::::;'::|:::
l ∨::::::::::::::::::::::::::::::::',.}ハ ∨.::::',      ̄   ´ ̄ ̄   ..,'::::::::::/} |::::::;'::/::::|::/   俺は党の指導者に
.   ヽ:::::::::::::::::::::::::::::ハ!  ヽ '>'´                ,':::::::〃.イ!::::;':/:::::::!':::   なるつもりなんてまったくないから!
    \::.\:::::::::::::::::::ヘ         ,!           lj   ,'::::/ /.:::/イ:::::::::::ハ
     \:::::ト、:::::::、::::::.ヽ        ヽ                /イ_z<::::::::::::::::::::::::::|
      ..\ヽ` ::、:ヽー::、:\       ___        / l:::::::::::::::::::::::::::::::::|
          .\〉  `ー`ハ ̄       <___ .ノ        .,.'  l:::::ハ:::::::::;>┴ ┴
                  ヽ                  ,イ ___.〉;:l <´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
                 >         _,....-―≠ニ|::;ィ≦___:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:
                       .>-=ニ:: ̄:::::::::::::::::::;::/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.
                     ,...<:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/〃.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:



       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\      (キーロフを後釜に!?セルゴの自宅で!?
  / u  (__人__)   \      ということはセルゴも噛んでるのかお!?
  |   ヽ |!!il|!|!l| / u |     党大会を利用して地方幹部は
  \U   |ェェェェ|     /      やる夫を打倒する計画を練ってる!?)



キーロフは自分の野心を否定したが、
その程度ではやる夫の疑いを晴らす決定的な要因にはならなかった。





648 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 22:29:13 ID:XikyBAmA0




      ____
     /_ノ  ヽ、_\
   /( ●)  (●)\     と、ともかく報告ありがとうだお。
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\
  | U   |r┬-|       |   この恩は絶対に忘れないお。
  \     ` ー'´   u ./



     __,.... -――- 、_  ヾ:::.、
     ヽ、:::::::::::_:::::::::::::::::::::`ヽ::::::ヽ
     _,..-'"´ ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::',::::::::L__
   /::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_::::::ヽ
  /:::::::::/::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::∨::::::::::ヽ、:::',
  /:,イ::,イ:::::::::::::::::::::l:::::::::/|::::::::::::::::l......,.  ::ヽヾ、
 / /:/:::/::::::::::::::::::/_:/ l::::::::::::::::|::::::l::::::、::::l
  ,'::,':::::l:::::::::::::/´/!::/ ̄l::::::::::/-/l__::|:::::::l::::l
  l::l::::::::l:::::::::::l/,t― ,、 !::::/:/_ l::/:::::::ト,::|
  l/!::::/ ',::,::::::l  ト、/! `/ / lく.}>/::::::::l リ    いや、礼には及ばないさ。
   l::::l  V、::::|   ー '      .ト,/l' l:::::/リ
   l:::l::ヽ、 ヽ!        、   //       俺もなんとか奴らを
   l:/!:::::::`"、   U         ハ        説得してみるよ
    l::::::::::::l ヽ      -‐   , イ
  _,...-ゝ-‐:┴―ヽ- 、 _  , イ           だから、変に思いつめないでくれよ・・・
  l: : : : : : : : : : : : : : : : : : ` ‐ -、 _
  ',: : : : : : : : : : : : : : : : : : : //: : : :>
"´ `ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : L',: : : /





649 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 22:29:33 ID:XikyBAmA0




表面上は変わらぬ友好を保っていたが、二人の関係には確実に暗雲が垂れ込め始めていた・・・


        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |   ・・・・・・
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ


.     /.:::::::::/.:::; ' ..イ:::::::::::::::::::::::..\::::::::::::::::::::::';:::ヽ;、::::::::::::::::::::::::::::::l::ハ
...  /.:::::::イ:: ..イ:::::::l::::::::::::、::::::::::::::';\::::::::::::::::::;:::::::::`:..、::::::::::、::::::::::::|::::ハ
  〃´  ,' .イ;':::::::::::::';\:::::/';::>:、:::';::::\:::::::::::::'::::::::::::::::.\:::::';\::::::|:::::::∧
       {.;'::l|:i::::::::::::::::',  .メ、::ヽ;:、::\::;:ト、:.\::::';:::';::::::::::::::::::..\:';:::.\:!:Ⅳ::::
      ∨::|:|:ハ:::::::::::::';. / __` ハ.ヽ:::::::';、ヽi::\:'; l:::::::::::::::::::::::::`:::::::::::::l ヽ::
      ∨l:l:! .';:::::::::::::/./,⌒';.\〉 \∧l Ⅳ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{
         ヾ:!|  \::::::: 〈:'ハ ::     ヽ〉.|.ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';:: l|      (まずい・・・逆効果だったか?)
         ヾ〉  ` 、:::∧';} .:      U.:.:.:';:::ト、:::::::::::::::::::::::::::::::ハ:l|
             l l` .、リ'       ::.:.:.:.:.';:|.:.リ、:::\;::<´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              乂  `       u  :.:.:.:.:.:.:l|.:.:.:У´
              .∧.             .:.:.:.:.:.:.:.:./
              ヽ         ..:.:.:.:.:.:./  /
              .ゝ、 -‐    ..:.:.:.:.:.〃  /
               .人、    ..:.:.:.:.:.:/  ./
                 ハ  ,.: ,: <V .〃      ,   ' ´  ̄ ̄ ̄
                     `¨¨´   /  /  __≦__
                        __..,/-‐ '´ ̄ ___.二ニ=‐
                    /  _  ̄ ̄
                    ,'.ィ≦ニニ>..、
                   ,仁二二二二二>.、





650 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 22:30:11 ID:XikyBAmA0




不吉な雰囲気のなかでも、最終日まで党大会は続く。

演壇ではブハーリンやルイコフ、ジノヴィエフなどかつてやる夫に歯向かい敗北していった
反対派の元首領たちが、やる夫をひたすら賞賛する「お決まりの」演説を行う。



              /:::::,r'´      ヽ:::::::::l,
             l:::::::l_,,_    _,,-‐-: :'l:::::::::l
              ゝ::iィ'"`゙`t‐l´ ̄~〕、:.l:::::::::l
               ゙ビ'--‐i  ゙'‐-‐'  〉'´i丿
               ゙i    ``   u : : : リノ
                  l  r--‐‐ ッ : :r、/          プロレタリアートの軍隊を率いる輝かしい元帥、
                  l ``''''"´ : :/::l'"          このうえない最高の指導者・・・
               .  !、,___/: :l_
               _,,(F-、, _,,-‐''''""´ !、,_         それがやる夫・スターリンだ!
          _,,,..-‐/''´::l゙`-、-V_,,, -‐''''"ノ;;;;;;;`゙`'‐ 、,_
    ,,-‐'""´ ̄:::::::::/:::::::,rレ'´  i、ヽ--‐ 丿::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙`'‐-- 、
  ,ィ'::::::::::::::::::::::::::::/_/     i : ヽ ,ィ':::::::::::::::::::l:::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:ヽ

        元左翼反対派 グリゴリー・ジノヴィエフ



               _,..----、_
              / ,r ̄\!!;へ
             /〃/   、  , ;i
             i,__ i ‐=・ァj,ir=・゙)
             lk i.l  /',!゙i\ i             全プロレタリアートの領導者、
             ゙iヾ,. u ,..-ニ_ /             やる夫万歳!
             Y ト、  ト-:=┘i
              l ! \__j'.l
              」-ゝr―‐==;十i      _,r--――、
             .ト、.j.!レ' ̄三! >ーr‐r‐r‐<  _,.r<"「 l_____
     ____,..r--r=ヾヽj,r―'"≦__ ̄ ̄r―'"\\ \r",.-、, \
    ∧   ト-'‐'"三へ>ト-‐'"~    ゙i  /       \\(_.人 ヽ._ ヽ
    レ'へ._ノi 「 \ ゙l //./",「 ̄/ / /       ヽ-ゝ. \   /
    レ'// .l l   ! ! i/./ ./  /  / /         ,(  \  ノハ
    レ'/  .! !   i ゙'!  ̄ ∠,  /  ヽ._        ,ター  '",〈 !

           元右翼反対派 アレクセイ・ルイコフ



     ,=::;;;,
     l,ェ`l l
     ←、,r'ヽ、        ,r―-、、      r''"`''''ー--、     【聴衆】
      /,rニニ=-、     /;゙゚゙゙゙`> `''i     lr'゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙l  `'l
     r=,レ゙゙゙゙゙l   l    > ェ‐  〉  l    ム     l
     ζ=`>`エヽ,r-,l    < 、   l_r‐-, l   〈ェ `ェ‐  〉
    i-、 〉-、  _ノ 、   ├、    、ノ     K´    し'´`,
    ,r'-、,r'l、_,r'" /´ \  <、    ,r、      l<_    _,/      ・・・・・・
  //l´  >、_/    \__,>、,r'''"  ヽ、   〉      /l、
  'llll' l   l /      /〈 ー'      ヽ  ``ヽー    ,)\
     l   ノ l .l    / /        l,r‐';"´〉  ,r'",r''"
    l,--、l / l     ,l     /     / 〈 /'-'フ" <
_,r=='  ノ`〉 l   / /    /      l   ヽl/"''''''''"
_,r‐'"  / 〈  l''''''フ´ l    /      ノ   l/ /
‐‐''''フ"  ,r''l_,.ノ/  .(    ./     /   / /





651 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 22:31:16 ID:XikyBAmA0




これら元反対派の演説を聞いて勝利の美酒に酔っていたやる夫だったのだが・・・


       ____
    //   \\
   /( ●)  (●) \
 /::::::⌒  、_!  ⌒::::: \
 |     'ー三-'     |
 \              /



議長が、次の演説者を指名したときだった。


                   ,,,,,,,,,,,
                  [|,,,,★,|]
                 (__・∀・)      では、同志キーロフ、演壇へどうぞ。
                /´~ V:V~ヽ
            __/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\__
            |   | |                  |  |   |
            |   | |                  |  |   |





652 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 22:31:33 ID:XikyBAmA0




     ┏━━━┓                               ┏┓┏┓
     ┃┏━┓┃                               ┃┃┃┃  ////////
 \   ┗┛  ┃┃┏━━━━━━━━━━━━━┓┏┳┓┏┓  ┃┃┃┃   /////
\\\    ┏┛┃┗━━━━━━━━━━━━━┛┗┻┛┃┃  ┃┃┃┃   //////
\\\  ┏┛┏┛                         .┏┛┃  ┣┫┣┫ ///////
\\\  ┗━┛                          .┗━┛  ┗┛┗┛ ///////
\\\\                                           ////////
\\\   [|,,★,,|]    [|,,★,,|]  . [|,,★,,|]    [|,,★,,|]    [|,,★,,|]  .  [|,,★,,|]   //////
\\  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ///////
\ [|,,★,,|]    [|,,★,,|]    [|,,★,,|]    [|,,★,,|]    [|,,★,,|]    [|,,★,,|]    [|,,★,,|]  ////
 ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ////
(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ )) ///
   く  >     く  >     く  >     く  >     く  >     く  >     く  >     //


       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\
  /    (__人__)   \    ビクッ!?
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /





653 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 22:32:43 ID:XikyBAmA0




キーロフの名前が上がったとたん、出席者らが一斉に立ち上がって割れんばかりの拍手を送ったのである。



   キャー!                      ワー!
           ワー!                                パチパチパチ
                                                        ウォー!
MVvvMvyvMVvvMvyvMVvv、MVvvMvyvMVvvMvyvMVvvMVvvMvyvMVvvMvyvMVvv、MVvvMvyvMVv
Λ_ヘ^-^Λ_ヘ^-^Λ_ヘ^Λ_ヘΛ_ヘ^-^Λ_ヘ^-^Λ_ヘ^Λ_ヘヘ _,.ヘ ,.ヘ ヘ _,.ヘ ,.ヘ
ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λヘ _,.ヘ ,.ヘ ヘ _,.ヘ ,.
ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λ__,/ヽ_ /ヽ__,.ヘ /ヽ__,.ヘ _,.ヘ ,.ヘ ヘ _,.ヘ ,.ヘ
 /\___/ヽ   /\___ /\___/ヽ  _/ヽ /\___/ヽ /\___/ヽ   /\___ /\_
/        \/      /         \  /        \   /        \  /        \
|           |       |           |  |           |  |           |  |           |
|           |       |           |  |           |  |           |  |           |
|           |       |           |  |           |  |           |  |           |
\        /\      \        /    \        /   \        /   \        /
/`ー‐--‐‐―´\ /`ー‐-  /`ー‐--‐‐―´\   /`ー‐--‐‐―´      /`ー‐--‐‐―´\   /`ー‐--‐‐―´\



|:::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::| \::::::::::::::..\::::::;ー'´    _.メ:::::ハ..∨::::l!::::::::::::!::::::::::;::::::::::
l::リ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::l-―.\:::::\::::::::::::',   _.,ィ"´ _\ミ ∨:::::::::::::::;::::::::/:|:::::::::
|:l{:::::::::::::::::::::::::::::::::';::::', __三≧、::::::、:::::::::',   〃  〈   .ハ ヘ〉 ∨::::::::::::;::::〃::;!:::::;:::
|:l!:::::::::::::::::::::::::::::::::::Ⅳ〃 .,イ`', \〉\::::::',   :: .|:\イl! ;    }/.::::::::;:::/.:::::;'::::;'|:::
|ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::',ヽ〉, :{\.ハ     \ハ  :. 弋:::::;リ.ノ   ,'::::::::::::;イ:::::::;::::;'::|:::
l ∨::::::::::::::::::::::::::::::::',.}ハ ∨.::::',      ̄   ´ ̄ ̄   ..,'::::::::::/} |::::::;'::/::::|::/    !?
.   ヽ:::::::::::::::::::::::::::::ハ!  ヽ '>'´                ,':::::::〃.イ!::::;':/:::::::!':::
    \::.\:::::::::::::::::::ヘ         ,!           lj   ,'::::/ /.:::/イ:::::::::::ハ
     \:::::ト、:::::::、::::::.ヽ   u    ヽ                /イ_z<::::::::::::::::::::::::::|
      ..\ヽ` ::、:ヽー::、:\       ___  U     / l:::::::::::::::::::::::::::::::::|
          .\〉  `ー`ハ ̄       <___ .ノ        .,.'  l:::::ハ:::::::::;>┴ ┴
                  ヽ                  ,イ ___.〉;:l <´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
                 >         _,....-―≠ニ|::;ィ≦___:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:


この反応にはキーロフも焦った。
やる夫に疑いをもたれた以上、自分の求心力の高さを必要以上に示してしまうのは危険すぎると感じた。





654 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 22:33:05 ID:XikyBAmA0




キーロフは演説で29回もやる夫の名前を出すことで、自分の忠誠心の高さをアピールし
野心のないこと、自分が危険ではないことをやる夫に示そうとした。


   |:::::::/::: ...::::::/::::::::::::::::、ヽ、::::::::::::::∨::::::::::::::::::::::::::::
   l:::::/ ..:::::l::::::ハ、:::、::::::::::ヽ_,..-ヽ、:::::::',::::::::',::::::::::::::::::
  /::イ .l::::::::::l:::::l_ヽ:ヽ:::::::::丶/!´\:::∨、:::',::::::::::::::::
  / !::l::::::::::l、:::l _,..-、、:\::::::::ヽ トヘ.ハ\! ':,::l:::,.、::::::::     全世界の労働者の開放を目指す
    |/!:::::::::l ,/!、_/! \`ヽ::::、ゞ-‐'‐    !:l:l,- ヽ::::
     ヽ:::\ ` ∨_l      \      /' ヾ! l .l:::/     偉大なる戦略家、やる夫の為に!
       |ヽ:::ハ     /        u   / ノ ノ:/
       vイ::::;                 ´,/:l:|
        |:::ハ  U  ‐    ̄       l |`´:::::l::!l
          ´ ヽ              ,イ l:::::::/リ ヾ,
          , -`─── - 、 _ ,.イ   !:::l:{
        /: : : : : : : : : : : : : : : :  ̄` ‐┴'、`ゝ
      /: :,.. - 、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ̄`、-
     /"´     ` 丶 、: : : : : : : : : : : : : : : : //: : `
/´/二二二二ニ ヽ、    ` 丶 、: : : : : : : : /': : : :


しかし大会の最終日、その努力を台無しにする事件が起きる。





655 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 22:34:11 ID:XikyBAmA0




党大会の最終日程は、次期大会までのつなぎとなる中央委員会のメンバーの選出だった。

中央委員選出は通常、書記局の作成した名簿(ノーメンクラトゥーラ)が配布され、
不適格と思われる人物の名前を線で消す。



       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       |   やる夫           |
       |   モロトフ          |
       /  カガノーヴィチ    /_____
       /  オルジョニキーゼ  /ヽ__//
     /   ミコヤン        /  /   /
     /  キーロフ       /  /   /
    /  ヴォロシーロフ   /  / 名 /
   /  カリーニン     /  /   /
 /             /    / 簿 /
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /   /



いわば賛成票ではなく反対票を投ずるやり方であり、選挙名簿そのものがメンバーの指名を意味していた。



    /| ̄ ̄ ̄∧,,∧
   /| ̄ ̄ ̄|..(ω・` )
 /| ̄ ̄ ̄|....|φ ∪ )        ∧,,∧
 | ̄ ̄ ̄|....|/ `u-u´       (    )
 |___|/ ∧,,∧          ( o ∪
 ||    ||  (´・ω・) ∧,,∧      `u-u´
       ( つロと) (´・ω・)
        `u-u´ (∪  つロ_____
              `u-u/ = =  /|
                | ̄ ̄ ̄ ̄|  |
                | 投票箱 |  |



のだが・・・





656 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 22:34:25 ID:XikyBAmA0




   キーロフへの反対票・・・・・・わずか3票


.       /.:::::;::::イ/____.../....-‐/―‐-..`.._ 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ\
     /./r' /;!.,'::::::::::::::::;イ:::::::::;l::::::::::::::::::::::::::``:::....、::_::::::::::::::::::::::::',``
...   〈/ . |l:::::|.;::::::::::::::::/ |_:/ ';:::::::::::::::::::::::lⅣ:::::::::::`::...、`ー:、__:::::::',
       ||::: |;:::::::::::::::; ̄l:::/¨¨`;::::::::::::::::::::::l|_∨.:::::::::::::::::::::::...、.`∨,
       |.リ:::l|l::/|:::::::;'.,>≧ミ_ ';::::::Ⅳ:::::::: l|=-';::::::;:::::::::::::::::::::::`ー.、.',
        .ノ' /ll:;::ハ:::::;:イ |ハ .>∨:|!∨:::::::l|__';::::|.V::::::::::::::::::::::::::::::',
      .//  l|::l|ハ::iハ .|l:::`´:!.  Ⅵ. ∨:::::l|7{. Ⅵヽ';:::::::::::::::::::::::lト ∧
      ′   ||从 Ⅵ `.ゞー''   `  ∨:::l|:::ゝイリ./`;:::::::::::::::::::::l| ヽ〉
          Ⅵハ .l       /l    \ト、:ノ  ,イ::::::::::::::;::::::::|
           Ⅵ }::;        ヽノ            /!.l:::/::::::/∨::::!
            从:.、     、     ,     / ソ::::/.::;′.∨:{
         r―‐-..../、_.V:\         ̄     .イ'::::::/}::/    ヽ〉
         ';::::::::::::::::::::::::::三≧=-...、        .イ::::;::〃 ,'/
       .V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`>x-<::::__/レ'_ 〃
       ,イ`:、:_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〃::::::::::::::::::::::::::::::>,
   .___く_:::::::::::::`:ー--‐:::::::::::::::::::::::::::::〃::::::::::::::::::::::::::::::::::/
    /////`ヽ_、:‐-、`:::、:::::::::::::::::::::::::::〃:::::::::::::::::::::::::::::::/
     //////////>ミ、::::`ー::::::::::::::::::〈_::::::::::::::::::::::::::::::く
      </////////ヽ <:::::::::::::::::::::〉::::::::::::::::::::::::::_:::}
        \/////////\  }} >-:/__:::;::r‐≦´ ̄ .\





657 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 22:34:46 ID:XikyBAmA0




   やる夫への反対票・・・・・・293票


              ,. -─────────‐- .、:::::::::::.::::..:::::::::.:..::::::::::::::::::::::::::ll! l!::._:: -=ァ:::.:::___:::::
             // ̄ ̄\      / ̄ ̄\\.::.::::::..::::::::::::::..:::::::::::::::::::::::::l!  l!‐ _..=-‐ 二ィ /::::
           /                     \.:.::::::::::.::.::::::::::::::::::::::::::::::l! ‐ ´_..-  ̄/イ└ォ:::
          /        ::::::::::::::::::::::::::::::::       \::.::::::::::::::::::::::::__ノ7´ ,ィ L = 二イ:{_.イ /:::
        /   / / ̄\\::::;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::// ̄\\  \::::::::::::::r^'´_ィ l! ー'  r=‐ 二イ=、j∠ィ:::
       /    |  |. ┃ .| | ::::;;;;;;;;;;;;;::::| |. ┃ .| |    \::::::::: ヽ  V イ ,.-┐ イ⌒!/  /:7_,7:::
     /      \ \_// :::::::::::::::::: \\_//      \:::::::.: \ r:7' /r=l!`l!:.l! 〃 /__:.{(::::::
    /     ../ ̄ ̄\ /   ::|::   \ / ̄ ̄\..     \::.::::::::.`l! ハ! l! |:l! l!=‐  ̄_..ィ:::::::
   /         :::::      |      |      |       :::::      ヽ:::::: :: l! l!:.≧= ´ _ ァi::7´ }::.:::.::::::
  |               |      |      |              |..::::::::l! l‐´  _,.-::.´l! |/ /  , ‐┐
  |               \__/\__/               |..:::::::l! _ ..イ }::__::.l! l! !_.::/  /:
  |                |       |               |: .:::::l! /::.::ノ ´ /_..! ´_.ィ::/  / -
  |                |r─‐┬──、|                |::..::::::l!/ _  l´/ _..=‐´ァ::./  //
  ヽ                |/   |    |              / ..::::::!_ /::| |::.7__ ..ィく_:/ // /:
    \              \      /             / : .::::::::::::;:::::::| |:::.:::.:::Ljァ' {__/::./ /::::
     \               ̄ ̄ ̄ ̄             / ..:..:.::.:.:::::;,;::.:::.::∨;;::.:::.:::.:::7⌒i:: :.〈__/:::::::





658 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 22:35:23 ID:XikyBAmA0




さらにモロトフ、カガノーヴィチへの反対票もそれぞれ100票を超えていたという。


     ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
    〈 ○ノ\   /\○ 〉
      ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
      )    Y    (
     /γ⌒     ⌒ヽ\
    /u |         | uヽ
    |   ヽ__人__ノ   .|
    \   ||iiiiiiiiiiiiiiiii||   /
     /´ ̄``゛'ーー'´  <
     |   ___)    \
                                  \ | ̄|□□ | ̄|□□ |____ | /
                                  / |  |_ | ̄   ̄ ̄| ┌┐// \
                                  \ |  _|  ̄|  | ̄| |  | | ̄ /
                                  / |_|    |_| |_| ノ /   \
                                   ̄/    , ────-  ̄ _| ̄
                                     ̄  //V:V:V:V:V:V\,
                                    )   ||::::::::::\:/:::::::::||   (
                                     )  ||::::(×):'':(☆)::::||  ( (
                                   )三三)::::::::::(二二)::::::::::(三三 (
                                    ) _ /::/ヽ/::::::\/ヽ::ヽ_ (
                                   / |:::::|//|\:/|\\|::::| \
                                  /   ヽ// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\:  ヽ
                                  |   //、\__(二 二)__//\\ |
                                 ⌒ //   `-─--─-- ′   \\⌒





659 :名無しのやる夫だお:2013/02/10(日) 22:35:26 ID:9FIosyE20



ちょw


660 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 22:35:45 ID:XikyBAmA0




                                                 ,. -ー冖'⌒'ー-、
                                                ,ノ         \
        この選挙結果は・・・まずいですね。                   / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ
                                                {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、
        同志キーロフを祀り上げる動きが                   /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/
        より本格化してきたとみるべきだ。                ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /
                                            / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /
                                           ,/ └' ノ \   こ¨` U  ノ{ー--、〃__/
                                           人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
                                         . /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
                                         /   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃


      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈 ー ノ\   /\ー 〉
      ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
.      )    Y    (
     /γ⌒     ⌒ヽ\       地方幹部の反対派どもの目論見は
.    /  |         |  ヽ
.    | U ヽ__人__ノ   |      キーロフを担ぎ上げて新体制を作ることか・・・
    \     `ー'´     /
    /     ∩ノ ⊃  /       経歴的に見て、キーロフが党の指導者になるのは
    (  \ / _ノ |  |
.    \ “  /__|  |        難しいとは思うけど・・・
.      \ /___ /


                       ._-───-、
.                     /:::::::ト、i\/\::::\
                    {ヾ/>v、/:::::::::\r‐
                      .〉  { 0}::::|//::::::::::::
                      ゝ   ,=}==、:::::::::::::::::
                   ./  `ーァ‐':::::::::::u:::::::    それでも、その「新体制」に
                     |  r‐  }::::::;::__::::::::
.            _r──、   \ゝ-< ̄\__>:::::    俺たちの居場所はねえだろうな。
           │ ─i⌒ヽ    \   ( ̄::::::::::/:
           │ ─|_ハ    /  ̄ニ二 ̄:::::::::    たしかにまずいぜこれは。
           │ ─、i   .}   / |     {::::::::::::::
              \ ー'   /\/  |     ヽ:::::::::::
             ヽ-<      |      ヽ:::::::





661 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 22:37:48 ID:XikyBAmA0




やる夫にとって最悪の屈辱だった。もはやキーロフを担ぎ上げる動きは許しがたい反逆行為に他ならない。
第17回党大会はやる夫と、今までやる夫を支持してきた地方幹部との利害対立の始まりであった。



        ∩___∩                     ∩___∩
    ♪   | ノ ⌒  ⌒ヽハッ             ハッ   / ⌒  ⌒ 丶|
        /  (●)  (●)  ハッ              ハッ (●)  (●) 丶     今、どんな気持ち?
       |     ( _●_) ミ                  ミ (_●_ )    |        ねぇ、どんな気持ち?
 ___ 彡     |∪| ミ                   ミ、 |∪|    、彡____
 ヽ___       ヽノ、`\                   / ヽノ     ___/
       /       /ヽ <       .___  .    〉 /\    丶
      /      /    ̄     ;/   ノ( \;     ̄♪   \    丶
     /     /    ♪     ;/  _ノ 三ヽ、_ \;          \   丶
     (_ ⌒丶...        ;/ノ(( 。 )三( ゚ )∪\;        /⌒_)
      | /ヽ }           ;.| ⌒  (__人__) ノ(  |.;       } ヘ /
        し  ))          .;\ u. . |++++|  ⌒ /;         J´((
          ソ  トントン                             ソ  トントン




そして、キーロフの存在がやる夫にとって決定的に脅威となったきっかけでもある。


         /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        /: : :            \
       /: : : :            \
     /: : : : : :              \
    / : : : : : : : ..               \
    |: : : : : :  ,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,        l
    |: : : ::;; ( (・) ) ノヽ ( (・) );;:::    |
    |: : : : :  ´"''"        "''"´       l
   . \ : : : : . .(     j     )      /
      \: : :: : >ー-‐'=ー-ー<    /
     /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
     : : : : : : : : :``ー- -‐'"´      \
     : : : : . : : . : : .                \





662 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 22:38:44 ID:XikyBAmA0




       ,'.::::/.;':>'´    .ィ ヽ:::::∧、::::.ヽ:.:..V:::::::::::::ハ:.:.:.:.:.:..:.:l::::::::ヽ:.:.:.:.:.:.:l、:.:.:.:.:.:.:.;ハ、:::
      .i.:::/ .;:   ., ィ.::::::::::::l.  \:∧入::::.\∨.::::::::::::∧:.:',.:.:.:.:}::::::::::.丶:.:.:.:.|∧:.:.:.:.:.:';、:ハ\
    .   |:/ .:l,..<';.:.:.|::::::::::::::|l _,.ィヽハ_`<∧:::::::::::::::∧:.li.:.:.:l:::::::::::::::ハ:.:.:!::ハ.:.:.:.:. ';.':∧
    .   l′ .:;::::::ハ.:.|::::::::::::::l|`゙´ ,ィ示¨¨¨{゛ `ヽ:::::::::::::ハ:|:l.:.:l:::::__::::::::::∧.:|:::::∧.:.:.:l.:.';.:':.:
          ∨.:;:∧.l::::::::::::::ハ.   V,|  リ.     V.::::::::::::::l}::l:.:i:;::ト、.ヽ:::::::ハl:::::::ハ.:.:ハ.:.;:::::   まずいことになった、セルゴ・・・
    .        ∨:ト、:`::::::::::::::::::,   . ヒ:l  /.     V.:::::::::::::::l|ノ:l.';lハ ;:::::::::::::::::::::::∨.∧.ト、:
           ヽハ\::::::::::::::ハ   .}ソ ノ       .';::::::::::::::::::::リ.|  .l:::::::::::::::::::::::::リ'.::∧}、   俺はやる夫から
             ヽ〉 ヽ::::::::::::∧  ´          l:i::::::::::::::::/ ./   ノ.:::::::::::::::::::::::::::::::::、::∧   恨みを買ったかもしれない。
                     >:::::::::.ヽ             |:l:::::::::::::// /..:::::::::::::::::::::::::::::::ハ:::|ヽ::〉
                i´    ` ー‐`     し   ノ.l::::::::/'´ /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:ハ:|
                  ヽ                   j::/  r イ::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::lリ ヽ〉
                 }   _,....--..、       ,'/       Vト、::::::_;::::ィ‐======
                     `ヽ.ヽ}::::::::::::ヽ    U  /     _,..リ-‐'´:..:..:..:..:..:,.:..'´..:..:..:..:..:..:
                     いV_:>'         , .<..:..:..:..:..:..:..:..:.,ィ..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:
                        ヽ ー‐        , イ..:..:..:..:..:..:..:..:..:.;..:'..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:
                      ::.          ./..:..:..:..:..:..:..:..:..:.:/..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:
                      ',_..:::_:::_ .<..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:/..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.; -――
                           ./..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:../..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:./



            , =-‐ニニニミヽ、
          ,ィ´ィ,ィ'"´_=-‐-=、`ヾヽ
       .,r‐‐=///´r''´⌒、_∧_⌒,=、ヽヽ、____
ー<´ ̄~¨7  .///f´`,ィゝ‐''.〈ハ〉 ̄ゝ‐'、ヾヽ`ヽ\r‐-、
ヽ  ヽ _/ .///r‐f´     〈ハ〉    f`Y:l‐-、. }  l‐-、
 ゙v''"´  `ヽ{ i l`/'"//⌒ヽ. 〈_〉 ./⌒ヾ、 l l、  `ヽ ノ´`,、´ヾ   慌てるな、キーロフ。
  }ゝ、 __, ィ'"l l: Y`i l l (⌒ヽヽ__/´,ィ'⌒) l l_l_l、ゝ ___)´` ⌒
  .l`ー---'''"l l:..l rf⌒ l`x、 ` v ´)ヽ,ィ' ff´ ハ `ー-‐'i ´` ,,、     やる夫であっても
  l       l l八ノl ヽri゙ゞニ゙、_|_,∠´、",r`Y ノ    l        お前ほどの幹部を排除はできまい。
  l    _ ヘ∨ゝ. /.f´l:.'´-三-`゙l`iヾ ハ'"     l
  .ハ,ィ'"´:::ヘ //ヽ,,`ゝ{ ,>=< }‐'"rヘ l.      l        それにそんなことは俺がさせん。
 .ノ //////∧'"ヽ、゙ ゝ ハ'´ヾ  ,イハ ノ,ィヘl /⌒ヽ l
:./ l///////,`>-、 八_,,` ー‐‐'__ノ´ ,,ィ'"/////} l        お前は大きく構えていればいい。
/  ゝ///////////`ー=i `ー―'  ,ィ'´////////ノ l
   ` 、////////////l l7777l l´/////八 ̄   /
  _ =-‐'"///////>'"_ ヾ//ノ l////////`>. /





663 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 22:39:27 ID:XikyBAmA0




キーロフはやる夫の敵意に気づいて焦っていたが、
彼にできることはやる夫との友情を演出し続けることぐらいであった・・・



.     /.:::::::::/.:::; ' ..イ:::::::::::::::::::::::..\::::::::::::::::::::::';:::ヽ;、::::::::::::::::::::::::::::::l::ハ
...  /.:::::::イ:: ..イ:::::::l::::::::::::、::::::::::::::';\::::::::::::::::::;:::::::::`:..、::::::::::、::::::::::::|::::ハ
  〃´  ,' . イ;':::::::::::::';\:::::/';::>:、:::';::::\:::::::::::::'::::::::::::::::.\:::::';\::::::|:::::::∧   、,ゝ===く::::        !    }
       {.;'::l|:i::::::::::::::::',  .メ、::ヽ;:、::\::;:ト、:.\::::';:::';::::::::::::::::::..\:';:::.\:!:Ⅳ:::: γ       `ヾ,    /` ィ彡三ミヽ
      ∨::|:|:ハ:::::::::::::';. / __` ハ.ヽ:::::::';、ヽi::\:'; l:::::::::::::::::::::::::`:::::::::::::l ヽ::く(  r,J三;ヾ    )>   ー彡'⌒ヾミヽ
      ∨l:l:! .';:::::::::::::/./,⌒';.\〉 \∧l Ⅳ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{    ヽ;{三●;= }   ,=ソ  /
         ヾ:!|  \::::::: 〈:'ハ ::     ヽ〉.|.ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';:: l|     ゝ≡三=ノ `ー―'
         ヾ〉  ` 、:::∧';} .:      U.:.:.:';:::ト、:::::::::::::::::::::::::::::::ハ:l|                  彡三ミミヽ
             l l` .、リ'       ::.:.:.:.:.';:|.:.リ、:::\;::<´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        \_   ヾ´    ´ミ
              乂  `       u  :.:.:.:.:.:.:l|.:.:.:У´                      `ー ´
              .∧.             .:.:.:.:.:.:.:.:./                           ,ィ彡三ニミヽ
              ヽ     U   ..:.:.:.:.:.:./  /                               ミ'
              .ゝ、 -‐    ..:.:.:.:.:.〃  /
               .人、    ..:.:.:.:.:.:/  ./
                 ハ  ,.: ,: <V .〃      ,   ' ´  ̄ ̄ ̄
                     `¨¨´   /  /  __≦__
                        __..,/-‐ '´ ̄ ___.二ニ=‐
                    /  _  ̄ ̄
                    ,'.ィ≦ニニ>..、
                   ,仁二二二二二>.、





664 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 22:40:12 ID:XikyBAmA0




     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !      反対派のキーロフ担ぎ上げに
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||      危機感を募らせるやる夫ですが、
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l       この第17回党大会で
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|       来る地方幹部との戦いへの
       l \     _    ,/ |       布石を打ってもいました。
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !       やる夫は自分に忠実で、
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !       将来有望な若手党員を抜擢し、
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!      地方幹部を出し抜く戦力にしようとしたのです。





665 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 22:41:24 ID:XikyBAmA0




第17回党大会は将来への大きな里程標であった。

この大会の結果、いくつかの若手党員が中央委員に抜擢されたのである。
彼らの何人かは、ソ連の歴史にその名を刻む大物政治家となる・・・


         / : : : : : : : ..: ´.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :‘,\
.         /.: .: .: : : : :/.: .: .: .: .: : : : : : : : : : : : :/ : : : : : : ‘,:. :.\
        /.: .: .: .: .:/: :/: : : : : : : : : /.:. .: .:/ : : : : : : : : : ‘, : : : \
.       / : : : : :/: :/.: .: : :/.: .: .:./: : : : : /.: .: .: .: : : : : : : : ‘: : :. :. :.ヽ
     .′: : : :/: : :/.: :,.: .: :/、: : :/.: .: : : : :/: : :/.: .: : : : : : : : : :i: : : : :. :.‘,
.    i : : //://.: :/.: .:./.: ://.: : :.. ´/: : :/.: : : : : : : : :/: : :|: :. :. :. :. :.‘,
.    |: ,:': :/'"{/.: :/.:. .:.:i,.ィr==ミ'く  ./://.: : : : : : : : :/.:.:.:./ i: : : : ‘,:. :‘
.    |/ i: : { /.: :イi: : : :i| .んハrヘ\/'" ./.: : : : : : : : :/.:.:/.: :|: :│: :‘.:.:.:|
        |: : ∨/}从: : :.i| 戈辷夕^ヽ`ー/.: .: : :/.:.:/:/ /: : :|: :│: : :i、:|
        |: :,/:、V ‘、:.i|  `¨¨ヽ   ./__彡イニ=彡イ.:.:./ : : /: : :|: .: .:|‘,:|
        |/: : : :`7   \|            んハ,∧ |: ,:′.:./: : : :|: .: │‘|
    _/.:_.:/l/:::.      へ、        戈タ ,ノ,ノイ.: : :厶、.:.:/|: .: │ :|
.     . -‐…・…‐- . /   \      l     /.: : : :/   ∨│ : / ,ノ
.               \.     \   ノ ____彡: : ://   /  |: :/
                  ヽ       >   ⌒ア⌒ア^/   /   .|:/
.                  ‘,、____/   . イ /:/    ‐-ミ ,ノ′
.                  ‘,   .       /'"/  /     \
.                  ‘¨¨´         /   /   、    \
                   i         i  ./ ̄ ̄ ̄\     }
                   |         | ∧          /

       【ニキータ・フルシチョフ、中央委員会に選出される】





666 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 22:41:47 ID:XikyBAmA0




                    ____________
.               /                    \
            /                          \
           /                            \
         /                               \
        /    /ィ´二/`lヽ、           /‐=<_.      \
       /     /  ィ==ミ、 `ヽ        〃´ ィ==ミ、`ヽ     \
      /        {{::;;;;::)}   !        '   {{:;;;;:)}  |.      \
    /          `辷少′  }         {   `辷少′ /       \
  /         ト、      ノ         ヽ                \
/             `ー─ '      ,  ,     `ー── '´               \
|                                                 |
|                                                 |
|                                                 |
|                ィ_.r-r‐r‐r‐r‐r‐r‐r-、 __、                |
|                ∨ 'ー'ー'ー'ー'ー'ー'ヽ`ー ァヽ                  |
|                 ‘、::::::::, -‐─ ----、::::`ー/                   |
|                  \/         \/                  |
\                   ヽr-rーrーrーr-r-r'′                /
  \                  `┴┴┴亠‐''′                 /
    \                    一                      /
     \                                     /

         【ラヴレンチー・ベリヤ、中央委員会に選出される】





667 : ◆J7qCZtZxmc:2013/02/10(日) 22:42:03 ID:XikyBAmA0




そして、これもまた、未来の悲劇への第一歩であることを忘れてはならない・・・



               /::::::::::::::::::::::::_::::::::::::;xヘ:::::::::::::..、
               /::::::::::::::::;:::::::/::::::::/::::::::::!::::::::::::::ヽ
             /::::::::::::::::/::/:::::::::/::::::::::::::::}::::、:::: ヘ::::ヘ
             .i:::::::::::/::/;イ:::::::::/:::::::::::::::ノ::∧:::ヘ:::i::ヘ::::ヘ
             l:::::::::::l:::l/:::::::/:::::::::::::::; /::/ V::::l:::l::::l:::::::i
             |!:::::::::|:/:::/::::::::_:: - '´,.イ/   ヽ:|:::!:::|::::::::l
             |!:::::::l::!|::ムr‐'=z-x.._,ィイ ,.....z‐'''"リ!:j:::|::::::|l:|
             |ヘ:::::ヘ:V´、で妁ミくヽ  /´x'iチ妁'7'|:::/:::::リ |!
             |:::ヘ::::::::ヘ ` ̄   ,レ勹i{,  ` ̄ノ ノ/::::::/./
             |:::::::ゝ、:::::ゝ、..ノ _ノ'   ! ヽ_  ...ィ///イ
             .!:::|:::|::::::|`ヽ     r /   `  /リ}:::/:::|
             !::|:::|::::::ヘ      __ _      {//:|::|::|::|
             |::|:::|::::::|_:ヽ     ´ ‐ `   .イ´|::|::|::|::|
             |::|:::|::::::|:|:::::|ヽ        イ:|:::::|::|::|::|::|
             .!:|:::|::::::|:|::r:t.._ ` 、__ イ  |、|_::ノイ:|::|::|
              !:|::::::::::|:|::!:.:.:.:`¨:.:.:.:TT:::::¨´::|´:.:.:.:|::|::::::!
              |::!:::i::l::|::|:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|::|:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:|::|::::::|
              t::|:::!::!::!:V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|::|:.:.:.:.:.:.:ri:.:.:.:|::|:::::ノ
       __,.......-―::: ニゝ:|::|::|:::|:.`:.:.:.、:.:.:.:|::|:.:.:.:;r::::::ヽ:j::j:::/ ニ:_―-.......__
  __,.....‐:: ニ´-‐:.:.:.:. ̄:.:.:.:.:.:.:`ヽ、!::ヽ:.:.:`¨''=}:}:.:.´:.:.:.:.:.:.|/ <:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:.:.:.‐:`:::::‐-....

           【ニコライ・エジョフ、中央委員会に選出される】




【第三十三話 我が友人、キーリチの裏切り 前編 終わり】
                                           第三十四話 我が友人、キーリチの裏切り 後編 に続く・・・




関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加




[ 52353 ]  

ヒトラーと違うのは、スターリンはカリスマ性が
絶対的ではなく、他にも信奉がアツい人物が大勢
居たのが、ネックだったのかw 確かに、反対票が
200以上あったら、どんな独裁者でも自信を無くすw
それほどソ連は巨大過ぎて、地方で乱立が出来て
いたんだな。やはりフューラーよりも、前途多難だ。
[ 2013/02/11 07:03 ] [ 編集 ]

[ 52359 ]

キーロフ自身にはその気がなかったか。しかしどうすればいいのか分からんな
自ら収監されるくらいしか思い浮かばん
[ 2013/02/11 08:43 ] [ 編集 ]

[ 52360 ]

スターリンは、最終的には自分よりも人気者が許せないんだろう?なら、生きるためには、打倒するか
中央から去るしかないよなぁ
[ 2013/02/11 09:35 ] [ 編集 ]

[ 52363 ]

ああ、死刑執行人達が台頭してきた。
[ 2013/02/11 10:48 ] [ 編集 ]

[ 52364 ]

ベリヤが予想以上にマジキチな件について

キーロフは>>1の人物紹介の通り、甘い才人のAAの癖して中央アジアで訳の分からん理由で何千人も粛清してるんだよな
それでも今までに出たどのボリツェヴィキ達よりも人格がマシなのが末恐ろしい
[ 2013/02/11 10:58 ] [ 編集 ]

[ 52366 ]

キーロフは踏み抜くか下野するか反対派の決定的な証拠をつかむしかないよね
[ 2013/02/11 11:43 ] [ 編集 ]

[ 52372 ]

権力とプライドが絡むと篤いと思っていた友情でも崩壊してしまうもんなんだなぁ…
[ 2013/02/11 13:34 ] [ 編集 ]

[ 52373 ]

同志エジョフは無性の人かw。
※52359
中国なら官職を辞して一時田舎に隠遁かそれにプラスして首に縄をかけたり死装束になったりして皇帝(今回はスターリン)に直接懇願して難を逃れるってところかな。
[ 2013/02/11 13:58 ] [ 編集 ]

[ 52375 ]

ベリヤさんのAAが怖すぎなんですけどぉー
[ 2013/02/11 14:20 ] [ 編集 ]

[ 52384 ]

本人にその気がないのに周囲は担ごうとするなんて
人望が篤いのも良し悪しだな。
[ 2013/02/11 17:33 ] [ 編集 ]

[ 52386 ]  

人気のありすぎる部下は消される
これ古来からの法則
劉邦が韓信を消そうとしたように
狡兎死して走狗煮らるってやつよ
[ 2013/02/11 18:37 ] [ 編集 ]

[ 52391 ]

>ピョートル大帝以来、ロシアの検察官は
>司法官と行政官の二つの性格を持ち、
>国家機関が命令を適法に実施しているか
>監督する任務もあったのです。

総務省の行政監察局の役割も兼ねていたのか

エリツィン時代のイメージのせいか無力な役所かと思っていたが

帝政時代には、ゴーゴリの戯曲『検察官』なんてのもあったくらいだから、それなりに力あったんだな
スターリンにしてみれば、統治機構を帝政時代も参考にして再整備しようとしたのかも
[ 2013/02/11 20:57 ] [ 編集 ]

[ 52392 ]

妻は自殺し、子供たちからも嫌われ、親友は自らの手で粛清(する予定)。
もう権力以外なんにも残ってないじゃないですか、スターリン……。
[ 2013/02/11 20:58 ] [ 編集 ]

[ 52396 ]

http://ameblo.jp/kennkou1/entry-11241781435.html

ロシアから日本の検察の証拠捏造暴露とか
ううん、信用していいのか

>庶民が直接接触する小役人は庶民の恨みの的となるが、それは体制にとっての安全弁でもある。
>権力者は庶民の不満の責任を小役人に押しつけ、庶民の味方を装って拍手喝采をうける。
>庶民は権力者を救済者のように感じ、投書というかたちで直訴する
>(ソビエト時代には、投書は、市民の政治参加の一形態として奨励されていた。
>それは密告のすすめでもあり、権力にとっては情報収集の意味も大きかった)。
>これは帝政時代の皇帝、共産党書記長、現在の大統領に共通する権力構造の一端を示している。
http://src-h.slav.hokudai.ac.jp/sympo/Proceed97/morishita.htm
l

[ 2013/02/11 22:40 ] [ 編集 ]

[ 52407 ]  

ついこの間まで農奴制の帝政ロシアだったから、地方の封建政治が生まれるのは順序としちゃ不思議じゃないんだよな。
[ 2013/02/12 00:54 ] [ 編集 ]

[ 52408 ]

※52386

>狡兎死して走狗煮らる

韓信が殺されたのは紀元前196年。
キーロフは1934年。

ソビエトは未開の怖い国だったんだな。
[ 2013/02/12 01:06 ] [ 編集 ]

[ 52411 ]

面倒見が良いとか情の厚いとか言われても感情移入する気が起きないのは人食い熊の世界の話だからだろうな

なんて陰鬱な話だ…
[ 2013/02/12 03:53 ] [ 編集 ]

[ 52416 ]

ロシアでは市場経済も、私的所有制も十分には発展しなかったから、
市民が自主的に制定すると同時にそれに拘束される市民社会の内的秩序を定める法(民法のように、平等な当事者間の自律的秩序を定める法を「自治法」と呼ぶことにする)や、
その上に成立する自由と権利の思想は発展せず、

古ロシアのルースカヤ・プラウダの内容の大部分は刑法であったし、
ソビエト法についても、刑法が法体系の中心的地位を占めていたといってよい
(例えば、1985年選出のロシア最高裁の民事部判事は15人しかいないのに、刑事部には73人もいた)*5。


http://src-h.slav.hokudai.ac.jp/sympo/Proceed97/morishita.html
[ 2013/02/12 06:37 ] [ 編集 ]

[ 52417 ]

>書記局の作成した名簿(ノーメンクラトゥーラ)が配布され、
>不適格と思われる人物の名前を線で消す。

ノーメンクラトゥーラって、ソ連時代の特権階級の通称だけど、
もともとは名簿の意味だったんだな。

エリツイン時代に台頭した新手が
                ニューリッチ

[ 2013/02/12 06:45 ] [ 編集 ]

[ 52446 ]

「スターリン」は筆名の筈なのに、
なぜ娘まで「スターリナ」なのでしょう。
後世の通称?
[ 2013/02/13 03:06 ] [ 編集 ]

[ 52449 ]

「正直に言う」は創作物だとたいてい有効な手なんだがなー
現実の猜疑心に陥った独裁者相手にゃ何やっても無駄か
[ 2013/02/13 05:34 ] [ 編集 ]

[ 52450 ]

※52411
人喰い熊だなんだってひどく人種差別的だな
[ 2013/02/13 06:56 ] [ 編集 ]

[ 52453 ]

人種の問題か?暴徒の共産党員ってことだろ

人食い熊というとロシア人を連想するっての?
[ 2013/02/13 07:39 ] [ 編集 ]

[ 52467 ]  

ベリヤ無双始まるよー
[ 2013/02/13 19:39 ] [ 編集 ]

[ 52473 ]

※52450
よくわからんけど
じゃあ人食い鬼で

>彼の手は無実の農民たちの血で汚れていた。
>けれども、同志である党員たちの苦難には、手を差し伸べてきたのだ。

ここらへんで感じた素直な気持ちだしな
[ 2013/02/13 23:57 ] [ 編集 ]

[ 52477 ]

ソ連共産党のどこに人種尊重なんてあんだ?侮蔑して当然の存在を批判すると人種差別のレッテル張りする奴こそ差別主義者。
[ 2013/02/14 04:16 ] [ 編集 ]

[ 52484 ]

共産党員を非難するとロシア人を差別したとかいうのも変わった人だよな
どんな人だろクレーマーの一種?
[ 2013/02/14 12:43 ] [ 編集 ]

[ 52522 ]

政治指向じゃなくてだな…
行為そのものに対する非難と嫌悪のつもりだったんだが…
めんどくさいからもういいわ
[ 2013/02/15 10:33 ] [ 編集 ]

[ 52548 ]

党に残っていた民主的な仕組みが裏目に出たな…
[ 2013/02/15 16:35 ] [ 編集 ]

[ 52701 ]

結局キーロフが生き残る道は、
セルゴと組んで、スターリンとどっちかが倒れるまで戦う事しか無かったんだろうね

正直者も、どっちつかずな者も、権力争いじゃ生き残れないんだろうな
[ 2013/02/18 20:45 ] [ 編集 ]

[ 53149 ]

※52522
だから大量虐殺という行為をしまくった連中だから非難したのであって、共産主義者だから人食い熊呼ばわりしたわけじゃあるまい
[ 2013/03/06 01:33 ] [ 編集 ]

[ 75672 ]

この頃のスターリンに一度でも疑われたら、
もう晴らすことはできないんだろうな。
疑心暗鬼ってそういうものだからな。

どう立ち回っても裏目に出て、スターリンから
裏切り者って呼ばれる。確定。
[ 2014/11/25 01:16 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oyoguyaruo.blog72.fc2.com/tb.php/5362-5a998dcf


アクセスランキング アクセスランキング アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。