ブログパーツ 泳ぐやる夫シアター やる夫がイスパニアの独裁者になるようです 第七話 内戦への変貌


















やる夫がイスパニアの独裁者になるようです 第七話 内戦への変貌






 スペイン本土での蜂起は、ガリシア、レオン、ナバラ、セビーリャといった地域において成功した。



                 ___,ォ冖'+............-,,,,_
               ./" ̄         ^゙''''''""`ー冖-‐'‐ュ
                !l    ●ガリシア            ^゙''+-.......+-....
                ├__                          冖宀‐"ll
                 ̄└---┐    ●レオン   ●ナバラ        _ィ廴,,
                      _フ                      __ノ" ̄ ̄
                     イ                    ○ノ''"´  ○バルセロナ
                     亅                    ィレ
                     l!        ○マドリード       ノ’ 
                    _..ノ                   丿
                    l,,                   ヘ 
                    丿                   \ 
                    l                   /´
                    _ノ   ●セビーリャ         ノ
                 │                 _--/
                   └ヘ_              l'´
                      ヽ     ,..---..--..-‐/
                       ヽ_  ノ' ̄
   ..、                    ゙'''"



 しかし、スペインの重工業・軽工業の主要な中心地の確保には失敗し、
 また、首都マドリード、第二の都市バルセロナにおいて失敗した。








850 : ◆eZty3vRhsw:2013/01/14(月) 00:03:26 ID:gUxtK9zo0




 したがって反乱軍は、残りのスペインを制圧するための
 攻撃計画を急いで考え出さなければならなかった。



                                         /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                        /: : :            \
                                      /: : : :            \
                                     /: : : : : :              \
                                    / : : : : : : : ..               \
                                    |: : : : : :  ,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,        l
                                    |: : : ::;; ( (・) ) ノヽ ( (・) );;:::    |
                                    |: : : : :  ´"''"        "''"´       l
                                   . \ : : : : . .(     j     )      /
                                      \: : :: : >ー-‐'=ー-ー<    /
                                     /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
                                     : : : : : : : : :``ー- -‐'"´      \
                                     : : : : . : : . : : .                \



              ,.   '"´ ̄ ̄ ̄`ヽ
           ,. '゙´         /.::`ヽ \
          /     ,. __´ __|.:‐=!=‐!: : :}
        /     ,. ´: : : : : : :{ ( ノ}:::ノ: : :.!
      ,. ´     /. : : : ._ ___\,. イ: : : ;′
    . ´     / ,. .:.:::´.:.::::::::::::::.:.`ヽj: : ./
    ヽ   ,. ´ ´  ̄ > ==_-===_-- く_
     ヽ イィ´    ィ´.:.:.:.:.:( ) `ーく、、,,「 ̄
      `Y´ ィ´ ,. ィ´ ̄`ー===r⌒ヽ( }
       レ'ハ`V゙´{;    ,. '゙゙´ .; .}`=イ
       {!い{: :.:;;;`ゝ ,.  '´ー=_ハ, .;}
          }ヽ_ 」: : :..:;{  { ー__--_-、_,.,'′
         i:.:.'、.:i: : : : .;: : :: : : .,ニニニ、 j!
         j.:.:.:',:{: : :: : ;: : : ::.'゙´ ゙゙゙゙`.ノ
        _!.:.:.:',`丶、: :ミヽ、: .    イ
      「:::::::. ̄ `丶、:::::::;:;:;ヽ::.:...:.:.:.ノ
      i        `Tニニニ-_二i´
      !         |::::::::::::::::TTi
 ,. .::´.:::::.L        |:::::::::::::::::| | L
 .:.:.::::::::::::::.:.:.:`丶、    」::::::::::::::::| | |:::`ヽ

          エミリオ・モラ





851 : ◆eZty3vRhsw:2013/01/14(月) 00:04:09 ID:gUxtK9zo0




 ム `ヽ`ヽ ∨| !
  .\ \::, .∨ r-.、
    \ ヽ ∨}:::::::j
      >` ゞミュ!
      ,    \ 、ヽ
     ,゙     、_`ハ ∨
    ノ/     ゞュ.∨
   イ    ____  `ヽ     反乱軍は、マドリードこそ共和国側の抵抗の中枢だと考えました。
.   |   ´_  -―-ミ   )r}
.   ゝ  '´      `ー彡リ、     マドリード攻略のため、モラの北部軍が北から、
     ` 、    ー-ミ w,ノ      やる夫のモロッコ駐留軍が南から攻め、挟撃するという戦略が立てられます。
       ハー―ュ i´`ヾ
       ,..<≦ ̄{三rト、
 rー.: :´: : : : ヘ∨ハ {__マ}、
. : : ヾ: :、: : : : :∧∨ハ }__マム
: : : : :.∨マ: : : : ∧∨ム {__マムミ : ,
; : : : : :.∨ : : : : ;ハ.トマヘ }_マム: : マ:、
: : : : : : :.∨: : : ノ: : >ュミヽ {.マム: : :∧
: : : : : : : :.∨: /. : : : : : : / ∨}_マト、: : :}
彡'` ー -: :}: :, : : : : : : : \ ゝマハ}: |







        >- ' ´ ̄ >‐|:::::::::::::::::::::::::::イ   ノ /
     > ' ´    ,,,xxz/::::::::ト:::::::::::::::::::::::/::∨;,//
   /     /;;:'´,'´l::::::::::>弋:::::::::::::::/::::::::::i 〉
  , '        , ' / ,'  ゙x:::::::::ゝニ二ニソ::::;;::::ノ./
/     ,,,/ , '   ,   \_::::::::::::::I´∨〈`v'ヽ
   ,,,.-‐´ , '  _{_    '''''====ゝ 丶ヘ \l
_,,,, - ‐ ' ´   , '  ,イ `ヽ、       ヽ ヾl、_!
           シ  ト-、       ,- \ \゛、
           ,'   ゞ_〉、       /〉 、`"ー  Y
          ィ'      `';.     'ワ"、 ̄`  " l
         _ゝ      ..    / イ;ト<-    l
          _゛ニ_‐-   "゛   `´  l`   _}     しかしながら、反乱軍は予期せぬ諸問題に直面します…
          >'´::"゙ッ、  ヾ__ノ' ==キ{、   _L、
         /:::::::::::/::::| テx,,ノゝ- ,,,,,='´:::::∧__  ソ ト
     , - '  : : : :::/::::::| l 一` サ゛´ー〉::::::::/k_//::::\
, - ' ´  . . : : :::::::::l:::::::::l `―'´! l>-' 〉:::::ゝー...'..´::::::::::::::
ヽ  . . : : : : ::::::::::::::l:::::::::::l ,'   //  /::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::
.|::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::∨ ,l_/ レ-‐./:::::::::::::::::\::::::::::::::::::
 〉:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::∨_l 〈 7/:::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::
./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::〉 l  〉 /::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::





852 : ◆eZty3vRhsw:2013/01/14(月) 00:04:34 ID:gUxtK9zo0




 モラの派遣した北部軍は、マドリード北方のシエラにおいて、
 首都から出撃してきた未訓練の労働者民兵に前進を阻まれた。



                      ''';;';';;'';;;,.,  
                       ''';;';'';';''';;'';;;,., 
                        ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
                        ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
                        mmmmmmmmm
                      mmmmmmmmmmmm、 
                     /ニYニヽ/ニYニヽ /ニYニ /ニYニヽ
            /ニYニヽ0)(0) (0)(0)/ニYニヽ / /ニYニヽ
           /ニYニヽ  / (0)(0/ニYニヽ / (0)(. /ニYニヽ/ (0)(0)ヽ
     /ニYニヽ / (0)(0)/ニYニヽ / (0)(0)/ニYニヽ/ (0)(0 ) /ニYニヽ \
    / (0)(0)ヽ .⌒`´ / (0)(0)ヽ ⌒`´ / (0)(0)ヽ⌒`´⌒/ (0)(0)ヽ 、|
   / ⌒`´⌒ \ / ⌒`´⌒ \ / ⌒`´⌒ \ / ⌒`´⌒ \
  | ,-)    (-、.| | ,-)     (-、|| ,-)    (-、.| | ,-)    (-、|
  | l  ヽ__ ノ l | | l  ヽ__ ノ l || l  ヽ__ ノ l | | l  ヽ__ ノ .l |
   \  ` ⌒´   / .\  ` ⌒´   / \  ` ⌒´   / \  ` ⌒´  /





 北部軍はまた武器弾薬の不足にも悩まされた。



       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       | アパム!アパム!弾!弾持ってこい!アパーーーム!
       \_____  ________________
                ∨
                      / ̄ ̄ \ タマナシ
      /\     _. /  ̄ ̄\  |_____.|     / ̄\
     /| ̄ ̄|\/_ ヽ |____ |∩(・∀・;||┘  | ̄ ̄| ̄ ̄|
   / ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|  (´д`; ||┘ _ユ_II___ | ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|
   / ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|( ” つつ[三≡_[----─゚   ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|
  / ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄| ⌒\⌒\  ||  / ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|
 / ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄] \_)_)..||| | ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄
              ̄ ̄        /|\





853 : ◆eZty3vRhsw:2013/01/14(月) 00:04:59 ID:gUxtK9zo0




 やる夫のモロッコ駐留軍は、ジブラルタル海峡の輸送の問題によって、
 アフリカから本土へ渡れなかった。



...........................................................................................................................................................................................................................................
.........................             ......................................................................................     ..........................  ...................................
........................................................                   :;(;: ; : );;:  ::;)::;)      ........................................................
                                 (;;:::);;):::;;:)  、i,
                               _ii/  (;:;;:;::);;:)      ||/
                          _rュ ,,||   (;;:(;:;::;)      t|I|
                          {ェェヤ i|I|   /`""i !o, __   |x|____,,..-‐‐
             ―r''¬        _t}lj_nヤi|x|/:::::/l:::|i|=|i|=|n_ i|:ii|j, -'"
   :;、__    ―r''¬ | ̄|r''¬― r''¬―/┌::"::―::r!!ュ―::r!!ュ―::::i|""v^"""i――xxxxxz r!, r!, r r r ,|、
   ヽ゚  ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´ ̄ ̄ ̄´.. : ̄  ̄ ̄  ̄ ̄  ̄  ̄.:  ̄:..  ̄ ̄. :.冖` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
:::::::"´``゛゜ ''';:;''ー '',:;-、,-、;;..、、,,;;;-:;_;_,;-;,-;;.、、,,-、;;.,.、、,,-、,-;-:;_;_,;-;,-;;.、、,,-、;;.,.,,-,;-;,-;;.、、,,-、 ''‐--;;.:;.;:;;:..-;‐:;-:.:;.;:.;;.:
`",,""`";,,'''"':; `" """'' `"     ,,`" """'' ""' ''''"''" "" "~ ""'`' ' - .,~'ー-,,_~~''''""'`' ' - .,~'ー-,,_~~''''ー--.
~   ~    ~       ~      ~      ~     ~



 海峡は共和国側の軍艦によって封鎖されていたのである。





854 : ◆eZty3vRhsw:2013/01/14(月) 00:05:17 ID:gUxtK9zo0




            ゙i:::.゙i ゙i    ! !::::::.,'
             ゙i:::゙i ゙i   | |:::::,'
              ゙i::.゙i ゙i_| |:::,'
              ゙i::゙i. V _ 1!,r'
               ンJ  (,___ 」,'
             ,r'´      V `゛
           ,r'      ' , !
           ミ        ィ、' !
            ' ┼‐-  .,  ゛`  ,'
             '' 十‐-  .,`ィ    ゙i
           、  .,   `!、    〉
         '´::::::::::::::: ト、  _ンー`     こうした困難に直面して、反乱側は国外に助けを求めます。
       ,. '´--、:::::::ヽ:::メ'´`iT〈 ,ィシ´
       /::::::::::::::ヽ:::::::ヽ::ヽノ、 ヾ
      ハ、:::_::::::゙';::::::::ヽ::::ヾ! i ',
     ,/:::::_::::,-::::::',::::::::::l__;vヘl ',
    /::::::::::::::::::::::::::::}::::::::::`ヽ、:ヽ ',
   /、:::::ニニ二二フ::::::::::::::::::::ヽ::', l
.  /::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::ヽlj
 /:::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ll





855 : ◆eZty3vRhsw:2013/01/14(月) 00:06:37 ID:gUxtK9zo0




 1936年7月19日、やる夫はイタリアのムッソリーニに援助を要請すべく、
 ルイス・ボリンをローマへ派遣した。



            , -‐-、
         _/: : : : : : ヽ、
         ∧: : ∨//77ァ: ; :;i!
       ∧7: : :∨///∧ : ;i!
      ,.才ァ;斗、: ∨//;∧: ilL斗-- 、_
      } くrイノノ;;;: ∧//;∧/jム`"イ''"ミヽ
        j / /,/,ィフ//////// ,.、 ,、 ;ミ、
      Y i '" r'7//////// ィ¨ヘ "ヾ、 ミ;ヽ
.       |    }ンー=ニ二ニィレィ辷厂辷rーrが
      j   /      ヾミ  ;j`,, ´i  〃,i
     jく、 k         ヽt.〈;"゙`"゙ゞj} レ’
     ∧;、`ヾ≧      ,ィ!ミ 、.__,  ,ト、
    /∨/7ゝイv'´`¨ニ=ニ7 1`ーミニ彡"};八、_
    / ;厂////::ヽ;////////ヘ  大  ハ////7ァァュ、
    /::::j/////:::::::};////////∧ /Y::<ヽ///////////ハ
  /::::::{;////:::::::::j;'/////////∧/:::::∨////////////}
  ム;、:;///〈::::::::::::レ//////////∧:::::∧//////\////イ
  ∨ヽ;////∨:::://///////////∧∧//////777'////|     ,ィニ=、
  ∨//////∨ァ'///////////」 ////////////////|    /,.气. )
   `¨¨´ ̄`´ ∨////////   ,/////////////////|  // く/
          ∨,'////   //////////////////;i,ィミァ"
              Y;///   //////////////////  /
           レ'"    //////////////////"ミ   /
             /    ,/////////////////∧ ;彡1
        r="ヘ、   ////////////////////7/::::{

              ルイス・ボリン





856 : ◆eZty3vRhsw:2013/01/14(月) 00:06:58 ID:gUxtK9zo0




 ボリンがまだ旅の途中にあるうちに、やる夫はムッソリーニに向けて必死の電報を打ちまくる。



     カタ        ____
       カタ    /         \
  < ` ヽ 、    /\::::::::: /    \
  /`ヽ、  ` ヽ、  (○)  (○)   u  \
/    `ヽ、/ i   (__人__)      |
`ヽ、    / i  i、  ` ⌒´      ./
ヽ  `ヽ/   i  i ヽ、 ̄ ̄ ̄      |
.l `ヽ、 i      i  i#`ヽ<⌒ヽ、/ .ノ.| 
..l    .`i      i  i####>`ゞ_、_,,/ .|
 `ヽ、  i      i/ヽ//:::::::::`ヽ、  |



 それは、爆撃機や輸送機の供与を求めるものであった。





857 : ◆eZty3vRhsw:2013/01/14(月) 00:07:16 ID:gUxtK9zo0




r:、 |::::|   \.     |:|     `i、: : : :}べヘ  ィ
|::| |::::|  |ヽ  \  ゙   ト   ト、,/△ | Y |        イタリア ローマ
l::|_r::シ:⌒ヾ:| |:l `     |:|   :!  !    l ヾ、:|
_`''ー'::_:::::::::}| l」   ` ヽ    |  |   |   |
    "'-::L  /::^ヽl::i  _ `ヽ,::|  |ー:::::: ト,, _!
  |`::、    :ヾl::::::::::}::| |:|    |  |:::::::::::|:::::::::|
  |::::::| f:ヘ   `ヾ:::ト、!:ィ^7:ヽ::|  |:::::::::::|:::::::::|
  |::::::| |::::|  r:.、   : ` Y::::::::}:|\| ̄ ̄|` ヾ:|
  |::::::| |::::|  |::::| ト,    `ヾ';」- `i  |  ::|
  |::::::| |::::|  |::::| |:|  f:: ..、|:   |  |  ::|
  |::::::| |::::|  |::::| |:|  |::| |:::|:|:   |  |  ::|       .__ .. -――――-- .. _
  |::::::| |::::|  |::::| |:|  |::| |:::|:|:   |  |  ::|      「
  L::::| |::::|  |::::| |:|  |::| |:::|:|:   |  |  ::|      |
   `::└-,   |::::| |:|  |::| |:::|:|:_ |  |  ::|      {     ,,.. -―-、、
‐-, ___      `゙  ┘ !::!l|:::|:|: Τ、}  !   ::|      |    /:::::/´   ヽ
:::::::',: : : ̄:":'':-.. __   `::-、!:!: | |  |  ::|      {    |:::/        }
:::::::::',: : : : : : : : : :',   ̄ "ー- 、|''ー+,,.」  :|  ::|      |    |::|        |
--::::::〉: : : : : : : : : ',      ヾー- .._j  }  ::|      |    |::|        |
__:/、_____:/i       :}-ュ  |  |  ::|      |    |::|        |
  |:|          |:l ̄ ̄ ̄ "l:l |  |  |  ::|      |    |::|        |
  |:|          |:l      |:| |  | _| ,.. +      }     |::|      _ |
  |:|     __ .」:L  -_‐__'::!ニl -‐ '"           |     |::|_,, -‐ ''"  :|
-― '' "  ̄_ .. -‐ '' "  ̄                  |___|:」        |__
-‐ '' " ~                         _,,- "
                               _,,- "
                           _,, -"
               .....::::::::::::_,,- "
             ...:::::::::::_,,-''
            ..::::::::_,-"





858 : ◆eZty3vRhsw:2013/01/14(月) 00:08:37 ID:gUxtK9zo0




     且且~
     且且~
 ∧_∧ 且且~
(´・ω・)且且~     ドゥーチェ(首領)、スペインのやる夫将軍からの電報です。
`/丶O=O且且~
/  ∥_∥且且~    なんでも、「爆撃機が少なくとも12機ほしい」と…
し ̄◎ ̄◎ ̄◎





             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
      !ヘl;| =ェ::ェ::::::::,ィ:::ェ::ェ= 「ヽ
     !(,ヘ!     :::::|::::      ,ドリ
     ヾ、!      !;     ,レソ
       `|      ^'='^     ム'′    ……
       ,rト、  ー- ─-:  /|
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、





859 : ◆eZty3vRhsw:2013/01/14(月) 00:10:02 ID:gUxtK9zo0




             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
      !ヘl;| '____`  ,ィ '"世ン 「ヽ
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ
     ヾ、!      !;     ,レソ    …厚かましい野郎だな。
       `|      ^'='^     ム'′
       ,rト、  ー_ ‐-‐ァ'   /|      こちらのリスクなんてお構いなしか。
    _../ i| \   二"   ,イ.:ト、
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、

      ベニート・ムッソリーニ






             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ
     ヾ、!      !;     ,レソ     (こいつは難しい問題だな…
       `|      ^'='^     ム'′
       ,rト、  ー- ─-:  /|        だが、検討の価値はある…)
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、





860 : ◆eZty3vRhsw:2013/01/14(月) 00:11:12 ID:gUxtK9zo0




                        __
                   ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
                     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
                  /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
                   ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
                 |;;;|      ノリ     ミ;;;|
                _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
                  !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ
                  !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ
                 レ' ̄`つ      !;     ,レソ
           /,ィ='/仁,ヽ     ^'='^     ム'′
          「 ´_,ィ//‐,、ヽ.   ー- ─-:  /      (…フランシスコ・やる夫、か……)
          l ´二,ゞ',\;T´\   ===   ,イl
         ..〈 ` ̄¨ ` 、_)、iヽ, \  ;   //!ヽ、
          !  .ュ⌒`::::::::i  \,`ー─''゙ "´ !:::::::`:、._
          l   イ ヽノ::::::::::i    /´;;`ヘ.    i::::::::::::ヘ;:.:::..`:..:::....、
      .,、..:.:':´:イ〉     ):::::::/!   ∧;;;;;;;;;,ヘ  iヘ:::::::/::::::::::::::::::::::`:.:..、_
    ./´::::::/::', ヽ   /ヽ/:::::i / ∨;;;/  \i::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:ヽ.
   /::,::::'´::::::::::', ヽ ィ::/::::::::::::!   /;;;;;;'.    !:::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,':;:::i
  ,::::':´:::::::::::::::::::::', ヽ!l::::::::::::::::::::i   ,';;;;;;;;;;'.   i:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::i
/:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  !ヽ::::::::::::::::i  ,';;;;;;;;;;;;',  i:::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::!





861 : ◆eZty3vRhsw:2013/01/14(月) 00:13:06 ID:gUxtK9zo0




 7月21日、ボリンがローマに到着する。



            , -‐-、
         _/: : : : : : ヽ、
         ∧: : ∨//77ァ: ; :;i!
       ∧7: : :∨///∧ : ;i!
      ,.才ァ;斗、: ∨//;∧: ilL斗-- 、_
      } くrイノノ;;;: ∧//;∧/jム`"イ''"ミヽ
        j / /,/,ィフ//////// ,.、 ,、 ;ミ、
      Y i '" r'7//////// ィ¨ヘ "ヾ、 ミ;ヽ
.       |    }ンー=ニ二ニィレィ辷厂辷rーrが      …お会いできて光栄です、
      j   /      ヾミ  ;j`,, ´i  〃,i
     jく、 k         ヽt.〈;"゙`"゙ゞj} レ’     ドゥーチェ(首領)。
     ∧;、`ヾ≧      ,ィ!ミ 、.__,  ,ト、
    /∨/7ゝイv'´`¨ニ=ニ7 1`ーミニ彡"};八、_
    / ;厂////::ヽ;////////ヘ  大  ハ////7ァァュ、
    /::::j/////:::::::};////////∧ /Y::<ヽ///////////ハ
  /::::::{;////:::::::::j;'/////////∧/:::::∨////////////}
  ム;、:;///〈::::::::::::レ//////////∧:::::∧//////\////イ
  ∨ヽ;////∨:::://///////////∧∧//////777'////|     ,ィニ=、
  ∨//////∨ァ'///////////」 ////////////////|    /,.气. )
   `¨¨´ ̄`´ ∨////////   ,/////////////////|  // く/
          ∨,'////   //////////////////;i,ィミァ"
              Y;///   //////////////////  /
           レ'"    //////////////////"ミ   /
             /    ,/////////////////∧ ;彡1
        r="ヘ、   ////////////////////7/::::{
       厂彡 ヽ //////////////////////ハ///イ
      /     ∨///////////////////////;///|





862 : ◆eZty3vRhsw:2013/01/14(月) 00:13:39 ID:gUxtK9zo0




            . -::::::::::::::::::::::- .
.          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
.          {:::ハ,,ノリハ:/''"´``"'へ:::::.
.          {::|     (       }::::i
         {::|,r===ミ  ヾ====ミ{::::}
         rヘ{ 戈赱 }   戈赱  Y`ヽ
         | Y}   ノ          |hY}
            、爿   ^ー'^      |リ /
.          ヽ|   ヽ二二フ    レ     ああ、こちらこそな。
          ハ    ー     /|
              |ヘ          / :|
            / \\ _j.._/   ハ
       __ /{   \`¨¨¨¨´  / }、
´ ̄ ̄ ̄::::::::/::::::::',    ヽ   /   ':::ヽ
::::::::::::::::::::::::/:::::::::::‘,    //∧    /::::::::::i\
: : ::::::::::::::::/::::::::::::::: ‘,   ////∧  /::::::::::: |:::::` ー:::....、
: ::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::: \/∨///∧/ :::::::::::: |:::::::::::::::::i::::::\
::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::.   ∨//' /::::::::::::::::::|:::::::::::::::::|:::::::::::::.





863 : ◆eZty3vRhsw:2013/01/14(月) 00:15:23 ID:gUxtK9zo0




                       -───  =ー-、
                      //   /     ミ弋_
                   レ' ∠ ィイ,,          ヽ
                 /        `'<       ハ
                /           ミ        ',
                ィ′            ヽ       ハ
              人     <⌒ヽ、     イ   ー=ニ辷人
                  { ノ    , ミー-ソ    ミ辷ニ=ー-      ',
                 ヽヘ    {        ヾミ三ニ=ー-、     ハ
             r┴y'___  ミ=ー   ,,, --─彡⌒ヽミヽ、.   小
              { /    Y  ーY彡´ ァ    / j. |从  ヽ. |
                  `弋   弋____ノ  / r   ハ   j     ヽ|
               Y`¨¨´ ヽヽ、     |. イ //  .>'⌒ヾ
                  |  | ii,  |. |   | |  |ーイ   /        ぶしつけながら、さっそく本題に入りたい。
                  トイ从从ハj  |   |.  │  V /
                ゝ-- - 小 |    ノ   Y′         スペインに対する、貴国の援助についてですが…────
                  |        j  <      人ミヽ、
                  ` ー-一<、___.       /  .〉/人
                    //人____彡>'''´   .////∧___
            ____ィイ//// /ハ        //////////ハ
          ,-=ニ/////////// ///∧.     /////////////
        /////////////// /////ハ    ///////////////
         ∧////////////∧/ Y////∧ /////////////////





864 : ◆eZty3vRhsw:2013/01/14(月) 00:15:58 ID:gUxtK9zo0




                      _______
               . .::´:::::::::::::::::::::::::::::`:. .
             /.:.::;v‐-=,;::::::::::::::::::::::::::::`:..、
                {イ::{/    } `ト、:::::::::::::::::::::::::::\
                  Xゝ       /.::::::::::::::::::::::::::::::::i
             ノ 仁ニニ=、 /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::l
            /  ーfュ_,   `ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::l
           /          ノ.::; - 、::::::::::::::::::::;
          ヽ、            |:::;/ /^ 〉::::::::::::::::,′
      ___j'_         N{  ノ/::::::::::::::::/
    ノi ''―――r=、        、__ ..イ::::::::::::::::/
   ( .::i      〉           ノ´  ヽ:::::::::::/      …結論から先に言おう。
   ) .:::.       /         /     }ヘル{
   ( .:.::j(O)   、____ . . :  /         .ィ二}      我々は残念ながら、アンタらを助けることはできない。
  \∠二二{          {    /       /   人
  /|    |       / ヽ       .  ´     \
  ̄ ̄`ヽ   |      く    >  ´       -‐=二三\
   ̄`ヽ { ├-,     > /       /   `ヽ     ∧
   ̄`ヽ }'― ' /    {/      /     -┼…=ミ ハ





            _,,,,,,,,,,,,,,,,,,,、__
         ,<二ゝ、冫ソL;_=二ヽ
        / / ̄  `'`´´^ ̄゛゙ヽヽ
        /{            ヽ,ヽ
       // 〉  ,,     -‐-、 <、ヽ
       /´,/  ,ニ,,,..、,  _,ィニニヾ、 i  ゝ    ヽ_,
      ノ // ,<シ´ 、 、  ,;/, `丶 ヽ、丶ゝ    ヽ(_/
     '^〕、i!   _,,冫i  ;: 、,_,、  〕,、`>     ) (
      {;i`i゙‐-(´'´:: }-‐-Y´ ::、 )-‐'i´;)}     ノ (`
      iゞi::.  `゙‐‐,'´、  , t`--´  ,;!レ,i´     ´⌒\
      i ヘi'::.   ^ヽ、___/`ヽ U!.|;i}l 
       i j   // i i  ;''" iヽヽ   i j    !
       ` i! ,j (、/L;i_しi_ゝレ,v冫i ,j`´
         i `'‐- `, ̄ ̄´ -‐ン,/
       /^ヽ、、、   `゙   /i::\
      /:::::::f^゙‐`ミ‐;::、___,,,-'ン´  i::::::::ヽ、
     ,ノ:::::::::{    7‐--‐=´    i:::::::::::::ヽ、、
 __,r‐´:::::::::::::::::i   /:::::::::::::::ヽ   i::::::::::::::::::::::`ヽ、__
´:::::::::::::::::::::::::::::::i  f`ヽ::::::::::/ヽ  i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`゙ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::iV´r´/::::::::::ヽ ヽ, イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





865 : ◆eZty3vRhsw:2013/01/14(月) 00:16:27 ID:gUxtK9zo0




 この時点でムッソリーニが気にしていたのは、フランスが同じ人民戦線政府である
 スペイン共和国を援助しようとしているという情報だった。



              ,.‐''"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
              r(::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
ヾ: :            ゞ, rr~~~ィ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
 } .:.           フハ       ミ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
ノ  .:;             l∠ニニニゝ ミ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
{.  .:.              } Tj ̄    ヽ::::::::::,.--.、::::::::::::::::::l
.ヾ. ..;          /    ̄     |::::::://⌒l.l::::::::::::::::::,'
  、:...:.:......      (          |::::::| ) .//::::::::::::::::/    …アンタらを援助するっていうことは、
  .`" ̄`ヾ:.     ー          },,,/. し' /::::::::::::::::/     イタリアとして大きなリスクを取るということだ。
            ヾ==〉-.、       /ヽ-'l::::::::::::::::::l
              )        /   ヽ、::::::::::|      そのリスクに見合う対価はあるのかい?
              丶   _,,..-''" /     ヾヾヾヾ
               ` ̄l   /_,,.-''"´ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                 >‐''"´  ____    |
                  __∠_,,..-''"´        ̄''―-ヽ
              _,,-''"   ヽ               ――‐-⊥、
         /       '.,                    ヽ \
           /            ',                    |  ヽ





            _,,,,,,,,,,,,,,,,,,,、__
         ,<二ゝ、冫ソL;_=二ヽ
        / / ̄  `'`´´^ ̄゛゙ヽヽ
        /{            ヽ,ヽ
       // 〉  ,,     -‐-、 <、ヽ
       /´,/  ,ニ,,,..、,  _,ィニニヾ、 i  ゝ  
      ノ // ,<シ´ 、 、  ,;/, `丶 ヽ、丶ゝ 
     '^〕、i!   _,,冫i  ;: 、,_,、  〕,、`> 
      {;i`i゙‐-(´'´:: }-‐-Y´ ::、 )-‐'i´;)}
      iゞi::.  `゙‐‐,'´、  , t`--´  ,;!レ,i´
      i ヘi'::.   ^ヽ、___/`ヽ U!.|;i}l 
       i j   // i i  ;''" iヽヽ   i j   
       ` i! ,j (、/L;i_しi_ゝレ,v冫i ,j`´    ドゥーチェ、それは…────
         i `'‐- `, ̄ ̄´ -‐ン,/
       /^ヽ、、、   `゙   /i::\
      /:::::::f^゙‐`ミ‐;::、___,,,-'ン´  i::::::::ヽ、
     ,ノ:::::::::{    7‐--‐=´    i:::::::::::::ヽ、、
 __,r‐´:::::::::::::::::i   /:::::::::::::::ヽ   i::::::::::::::::::::::`ヽ、__
´:::::::::::::::::::::::::::::::i  f`ヽ::::::::::/ヽ  i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`゙ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::iV´r´/::::::::::ヽ ヽ, イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





866 : ◆eZty3vRhsw:2013/01/14(月) 00:17:26 ID:gUxtK9zo0




ヾ: :.        ,.-''".;.;.;.;;.;.;.;.;.;.;;;;;`'、
 } .:.        /.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;;;;;;;l
ノ  .:;      ´7;;;;;rr-‐-‐'^i:;.;.;,;,;,;,;;;;;;}
{.  .:.          《    __,,,ゝ{rヘ.;.;.;;;;;ζ            まあ待ちなよ……
ヾ. ..;        .l.゙"rィァ‐ ,.::::゙£};;;;;;;;;;ゞ=-、
  .、:...:.:......       /__;:   .::::::::r .^^'λ 三ミぇ        …この件に関して、俺の関心が消えたわけじゃない。
  `" ̄`ヾ:.    了二つ :::::/;: .::  .::ゝ三三ミぇ_
         ゞ=ヲ rー冫;::::::::.. ::.. ..:::ヾ三三;=/      とりあえず、今の時点で言えるのはこれだけってことさ。
             _,> .二Y´乍=z::::   .....:::|三三/ミぇ_.
          ノ.K ,-=.Y 三∥::. ,; ,;::.._z-|三/ぇ::::::::...`ミ.、
       ∠.三i| ヽ  ノ;三∥;_;;zr-― .::}》'三i三三ミ>:/:ヽ.
      /,;彡:__l|  ,.イ;;三三}},, _,,   ..:://三i三三三メヾ;:::..ヘ
     / ,;/::::/三lレ' l|;三三∥; :::....  ..::|ん三i三三;<<三 ゞ;:::.゙,.
.   /..;;;ノ:::::/三三ヾ_;j|三三{{..; ::..... ..::://三三j二二ノノ三三}::::i}
  / ;/::::,∠ツ.三三彡ラ:三三||,,; ::.... /z'三二i二三,Ζ三三き:::ゝ、.
 ,',;/::::r ´...三三ソ_;;z-ヘ三三||::: ;;;::..ノノ三三二j三三王三三二∧:::k
. {;/::::/;;三三三/    .>;;三||::: ;;;;//三三二三三三|三二二三∧::λ
 ヾ;_∠√       }三三ミヽ_//三三二j三三三弋二三三三∧:::ト、
                  ヾ三三三}.{三三二i三三二二;;;>┐三三三∧::::l
               >三三∥三三≡i三三三二ソ .L三三三三}::::}l
               / 三三∥三三三三j三三三/  7三三三/:::ム
                 >三三∥三三三三i三三三/  /三三三/:::://
                / 三三∥三三三三i!三三三{ ./三三三/:/r





867 : ◆eZty3vRhsw:2013/01/14(月) 00:18:07 ID:gUxtK9zo0




 ムッソリーニにとって、やる夫の要請はまんざら悪い話ではなかった。
 安い投資でイタリア・ファシズムをスペインに植えつけられるし、
 将来スペインを子分にすることだってできるかもしれない。



                           /..:::::::::::::::::::::::::::..ヽ、
                           (,、:::::::::::_::::_,、::::::::::::::..゙:、
                           .l `'^'´ ..: :.: :. }::::::::::::::::::i
                           ._  、__,、 〈:::::::_::::::::::|
                           !)  ヘラヾ´ ゙! /ベ!::::::|
                           .ソ   ```  :.:.: ソ,iノノ:::: |
                           ヽ,-     .:..:.:シ_,イ、::::::l
                               i==-  .:..:.:イ   ヾヘ.
                              , ゝ...:.  _,.ィ  i ,.ィ´  ヽ.──────────┐ 、
                             , ´  ゙'ーイシ″/   /:.:.:.l:.:.`:.:.....///////////////}||ll\
                         ,..'´    \ ヽ,.イ   /:.:.:.:.:.: l .:.:.:.:.:.:.:.:` ー- 、///////:}||ll|ll|}
                       /     ノト_,ノ┘.∧  /、:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.ヽ///// }||ll|ll|}
                         / ̄ ̄ヽイ:l: :イ!ハ///  ヽ./:.: \:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,':.:.:.:.:.:.:.:. '/////}||ll|ll|}
                         / ̄ ̄`ヽ/:.:./:.:.:i:l//i:   /: : :.:.:.:.\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,':.:.:.:.:.:.:.:.: :.:'////:}||ll|ll|}
                     /.:.:.:.:.:.: : : /iく.:.:.:.:.:.:!l//!   /:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ///}||ll|ll|}
                       /:.:.:.:.:.:.:.: : /::!.:.:ヽ.:.:.:.ll//!:  /:.:.:.:.:.:/:.r──ュ:.:.:.:',::...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.V//}||ll|ll|{
                    /:.:.:.:.:.:.: : : :'::::i.:.:.:.:.ヽ:.:l!//! /.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧ : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨/||ll|ll|{
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ' ..:.:{.:.:.:.:.:.:ヽl//!/.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:. ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨||ll|ll|{
                   ,.:′ :.:.:.:.:.:.:.:.:;:.:.:..:.':...:.:.:.:.:.:.:.li///:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:∧:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: 'l||ll|ll|{
                   :′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.j:..:..:/ !:.:.:.:.:.:.:.:.〈:O : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :l|l|ll|{
                :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;'.:.:; ′}.:.:.:.:.:.:.:.:.:}.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : ':.://///ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: 'l||ll|{
                  ‘.:.:.:.:.:.:..:..:.://   }.:.:.:.:.:.:.:.:'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'´..:.://///// ヘ:.:.:__ : :.:.:.:'l|l|{
                     } ..:.:.:.:∠  .....-─} .:.:.:.:.:.i:O.:.:.:.:.:.:.:.:.:}.:.:.:.:.:.:.:.:.: : ///////,.. ´  `ヽ : :.:'l|l{
     ,.. . _       r─… `ー‐匕.     ..-─,.:.:.:.:.:.:.:.:}:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::_;厶 -‐:.''"´: : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:'l{
  /.:.:.:.:.:.:.:.`:.':.:.. . .L._::{f¨ ̄三三三三三三,′:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:./  `ヽヽ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:j
  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:` <こ三三三三ン:.:.:.:.:.:.:.:./:O.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : , ′   .}ノノ...-──…… ' 二二|
./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:. . .、/:.:.:.:.:.:.:.: ,:.′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. / /   / / ̄ ̄三三三三三三



 しかし、ムッソリーニはまだ躊躇していた。




868 : ◆eZty3vRhsw:2013/01/14(月) 00:18:43 ID:gUxtK9zo0




 彼の心境に大きな影響を与えたのは、パリからの情報だった。



   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄7
    |    /`ー 、    /ヘ /
    |  /::::ミ‐-、__` ー ' / ,ヘ
    |  \:::::. `ー ニ||  ||レ'  |
    | l「jl |┳━━━━━━━┓
    | l「jl |::|  ::iilllllll|━| ::illllllll|
    |  ヽN:::\::iillllllll/ ::ト、:iillllllノ
  /|  /:|    ̄ 7  :l  ̄ 7
/  | /::: :ヽ    (_ _:ノ   ,'     ドゥーチェ、どうもフランスは
::::::::: |/:::   :ヽ  r――─┐ /     スペイン共和国への援助を断念しつつあるようです…
::::::::: |\:   :ヽ   ̄ ̄ ̄ /
::::::::: |  \  :\    ̄  /\






        _,,.、、、、、.,,_
      /.:::::::::::::::::::..`ヽ、
     / .:::::::::::::::::::::::::::::::. '、
     | :::::::::::::::::::::::::::::::::,ヘ{ツ
      | ::::::::::::::::::::::::,ィゥ ノ j
     |::::::::::::::::::::::( |.!  ;{
     .|::::::::::::::::::rリ`l,〉   j}゙
      }:::::::::::::::ノ゙  l  /.     そうか…
     ,xァ''ー'゙'`    '、 /
    / ー`¨`''''ー-- 、」゙'′_
   ''^ーァ 、_____  ̄ /
    `>'、,     '''"´ ̄ ̄_二ヽ、
    /           /    ヽ
   ,'        ,   /      ゙、
            l /  __      !
            l, l  く,_  、   |





869 : ◆eZty3vRhsw:2013/01/14(月) 00:19:44 ID:gUxtK9zo0





 さらにムッソリーニの心を動かした決定的ファクターは、7月27日に届いたニュースだった。



r:、 |::::|   \.     |:|     `i、: : : :}べヘ  ィ
|::| |::::|  |ヽ  \  ゙   ト   ト、,/△ | Y |
l::|_r::シ:⌒ヾ:| |:l `     |:|   :!  !    l ヾ、:|
_`''ー'::_:::::::::}| l」   ` ヽ    |  |   |   |
    "'-::L  /::^ヽl::i  _ `ヽ,::|  |ー:::::: ト,, _!
  |`::、    :ヾl::::::::::}::| |:|    |  |:::::::::::|:::::::::|
  |::::::| f:ヘ   `ヾ:::ト、!:ィ^7:ヽ::|  |:::::::::::|:::::::::|
  |::::::| |::::|  r:.、   : ` Y::::::::}:|\| ̄ ̄|` ヾ:|
  |::::::| |::::|  |::::| ト,    `ヾ';」- `i  |  ::|
  |::::::| |::::|  |::::| |:|  f:: ..、|:   |  |  ::|
  |::::::| |::::|  |::::| |:|  |::| |:::|:|:   |  |  ::|       .__ .. -――――-- .. _
  |::::::| |::::|  |::::| |:|  |::| |:::|:|:   |  |  ::|      「
  L::::| |::::|  |::::| |:|  |::| |:::|:|:   |  |  ::|      |
   `::└-,   |::::| |:|  |::| |:::|:|:_ |  |  ::|      {     ,,.. -―-、、
‐-, ___      `゙  ┘ !::!l|:::|:|: Τ、}  !   ::|      |    /:::::/´   ヽ
:::::::',: : : ̄:":'':-.. __   `::-、!:!: | |  |  ::|      {    |:::/        }
:::::::::',: : : : : : : : : :',   ̄ "ー- 、|''ー+,,.」  :|  ::|      |    |::|        |
--::::::〉: : : : : : : : : ',      ヾー- .._j  }  ::|      |    |::|        |
__:/、_____:/i       :}-ュ  |  |  ::|      |    |::|        |
  |:|          |:l ̄ ̄ ̄ "l:l |  |  |  ::|      |    |::|        |
  |:|          |:l      |:| |  | _| ,.. +      }     |::|      _ |
  |:|     __ .」:L  -_‐__'::!ニl -‐ '"           |     |::|_,, -‐ ''"  :|
-― '' "  ̄_ .. -‐ '' "  ̄                  |___|:」        |__
-‐ '' " ~                         _,,- "
                               _,,- "
                           _,, -"
               .....::::::::::::_,,- "
             ...:::::::::::_,,-''
            ..::::::::_,-"





870 : ◆eZty3vRhsw:2013/01/14(月) 00:22:07 ID:gUxtK9zo0




┌──────────────┐
│                      │
│                    ===  |
│                      |
│       ======         |
│                      |
│   ========.        |
│  ============  |
│  ============  |
│  ============  |
│  ============  |
│  ============  |
│   =====.              │
│  ============  |
│                      |
│  ============  |
│  =========.       |
│                      │
└──────────────┘

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 クレムリンはスペインの出来事に深く当惑しており、スペイン共和国を助ける
 いかなる意思も持ってはいないらしい……
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





        ,..-一ー''゙゙ ̄~゙'''ー- ..、
      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;. \
     .,i";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.;;;ヽ
    .|丶;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!
    l丶;;;;;;;/!マダ゙'''!゙'V┐;;;ii―=i,xri-、;;ヽ
    |;;;;;;;;;;;,!       ゙゙.!;lリ     .!;;; !
    |;;;;;;;;;│          !′     .!;;.l'
    .l;; ∴/.`-ニニ;;;;x,  ' wr=ニ`-'.|、!
     ]/'.l.|          "      l、.!
     ,!゙ .川  `”´丶   │.'' ̄´  .l l
     ヽ ゝ            |     !.|l゙
     .'Lヽ         ,     l゙/
      l'ァ.l       .゛.'"    .|’
      .リ ヽ    .-- --     ,/
      /'゙i  .ヽ     ..y.   .ノ|
     /゛ .i′  \        / ; |`'、
 ._..-''ア  ll  l  .\、 ." .,/;;;;;;;;l.l \
` .. l゙  .!|  ..l    .`゙゙´  ;.,;;;;;;;| !  .゙ぐ- ..,,_





871 : ◆eZty3vRhsw:2013/01/14(月) 00:22:29 ID:gUxtK9zo0




. ヽ. | !.|        ,' ! ,'/
.   ヽ !| ! ,- -、 / !,' /
.    ヽ`ヽ.l:`;';;| / ,'/
.     ヽ (::___:;;) /       . ,-、
.    _ ,'       ',. _    .///
.     フヽ ヽ /  /l  .∩,///
   ..,' ヾゝ   ィフ ', :...|/二ヽ.
.    | _    ' l    __Lヽ| | ソ |     こうして、7月27日の夜から翌28日の早朝にかけて、
. ' ´ニt-_  ‥  , メ  ;ヽ (   |‐、     やる夫への援助供与の取り決めがなされました。
. '´.,-、.._ィl ー┴-'ヽ':,ヽ、 .ゝ、,,,..|.゛;ヽ
  ..ヽ',  |::,-.." ." ,/|/  /ゝ‐'\ ノ
  , ‐'‐'‐'||__,,,.'   |   | |ヽ   \
  |   /:::::::/   |  //:..ヽ    \
  |  /::::::::/     .ヽ‐::::::::::ヽ     ヽ
 丶 |:::/     /:::::::::::::::::/\    |
 / ゛‐|___ /:::::::/::::::::/:::::::|丶、_ノ
./    |    / ̄ ̄::::::::::::/:::;;ノ;ノ





872 : ◆eZty3vRhsw:2013/01/14(月) 00:23:59 ID:gUxtK9zo0




 7月30日、サヴォイア・マルケッティ型爆撃機12機がスペインへ向け飛び立つ。



               ( ̄`ヽ、
           ,. ‐ 、 ヽ   ヽ、
     r ‐ 、 /   ヽ  \    ヽ、
     \,/     ヽ  \ _,,,.. -`、‐ 、‐、、
       /         `ー'''"     ! _|,_j,,ゝ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `' 、、
        i    <´  ̄ ' ,                       r;r;r;‐ !ノ
      ` -  ..,_\   ' ,                       ,./
               ゙ ー‐′''' -  ....,,_r.、'' _ ̄,.二ニ=‐r'''"
                         \''´      \
                           `\      \
                                `\       \
                               `\     \
                                    `\.    \
                                      `'ー-  '′





873 : ◆eZty3vRhsw:2013/01/14(月) 00:26:44 ID:gUxtK9zo0




 さらに2隻の商船も用意されて、1隻には操縦士・整備士とともに
 フィアットCR32戦闘機が、他の1隻には弾薬と燃料が搭載された。



...........................................................................................................................................................................................................................................
.........................             ......................................................................................     ..........................  ...................................
........................................................                   :;(;: ; : );;:  ::;)::;)      ........................................................
                                 (;;:::);;):::;;:)  、i,
                               _ii/  (;:;;:;::);;:)      ||/
                          _rュ ,,||   (;;:(;:;::;)      t|I|
                          {ェェヤ i|I|   /`""i !o, __   |x|____,,..-‐‐
             ―r''¬        _t}lj_nヤi|x|/:::::/l:::|i|=|i|=|n_ i|:ii|j, -'"
   :;、__    ―r''¬ | ̄|r''¬― r''¬―/┌::"::―::r!!ュ―::r!!ュ―::::i|""v^"""i――xxxxxz r!, r!, r r r ,|、
   ヽ゚  ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´ ̄ ̄ ̄´.. : ̄  ̄ ̄  ̄ ̄  ̄  ̄.:  ̄:..  ̄ ̄. :.冖` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
:::::::"´``゛゜ ''';:;''ー '',:;-、,-、;;..、、,,;;;-:;_;_,;-;,-;;.、、,,-、;;.,.、、,,-、,-;-:;_;_,;-;,-;;.、、,,-、;;.,.,,-,;-;,-;;.、、,,-、 ''‐--;;.:;.;:;;:..-;‐:;-:.:;.;:.;;.:
`",,""`";,,'''"':; `" """'' `"     ,,`" """'' ""' ''''"''" "" "~ ""'`' ' - .,~'ー-,,_~~''''""'`' ' - .,~'ー-,,_~~''''ー--.
~   ~    ~       ~      ~      ~     ~





874 : ◆eZty3vRhsw:2013/01/14(月) 00:27:08 ID:gUxtK9zo0





 イタリアから送られた空軍戦力は、内戦の全期間を通して反乱軍の主力をになうことになる。



               ( ̄`ヽ、
           ,. ‐ 、 ヽ   ヽ、
     r ‐ 、 /   ヽ  \    ヽ、
     \,/     ヽ  \ _,,,.. -`、‐ 、‐、、
       /         `ー'''"     ! _|,_j,,ゝ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `' 、、
        i    <´  ̄ ' ,                       r;r;r;‐ !ノ
      ` -  ..,_\   ' ,                       ,./
               ゙ ー‐′''' -  ....,,_r.、'' _ ̄,.二ニ=‐r'''"
                         \''´      \
                           `\      \
                                `\       \
                               `\     \
                                    `\.    \
                                      `'ー-  '′





875 : ◆eZty3vRhsw:2013/01/14(月) 00:27:26 ID:gUxtK9zo0




 やる夫は、自分が直接乗り出して、勝利の確実性を納得させ、
 イタリアの援助を獲得した。



     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \        
    /: : :             \      
  /: : : :              \
/: : : : : :                 \    
: : : : : : : :.._        _      \  
: : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`        l
: : : : ::;;( ● )::::ノヽ::::::( ● );;:::    | 
: : : : : : ´"''",       "''"´       l 
: : : : : : . . (    j    )       /  
\: : : : : : :.`ー-‐'´`ー-‐'′    /
/ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\    
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´        \  
: : : : . : : . : : .                   \



 そしてやる夫は、これと同様のことをドイツに対しても行った。





876 : ◆eZty3vRhsw:2013/01/14(月) 00:27:47 ID:gUxtK9zo0




 7月22日、やる夫はドイツ人実業家ベルンハルトを通じて、援助の要請を送る。



               、 ノ 、
                  ● ●) ヽ
            m9(人__)__ノ
                  /    , \
             /    〈`nミ)
              〈_/  ヽ_〉



 ベルンハルトは、ナチ党の高官を経由して、ルドルフ・ヘスに渡りをつけた。



             ________  . ィ
      __ ...---:::::::::::::::::::::::::::::<_
    Г::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<
.     |::::::::::::::::::::::::::::::::::......---r‐'''`
.     |::::::「 ̄/⌒丶. /⌒ヽ |
.    l:::::::l  l    |l
.    r┴ 、:!  ゝ.  ・||・   j !
.    l δ `    ` ‐- ''υー ‐' \
    ゝ    \          >
     `¬    `ー―――― ラ
       ゝ.           _ ′
       __ュ==、ニ二l ̄
     /    \/ヽ/ ̄ヽ
.    /               |
    l     '            l |
    |    ′         | |
    |    |         | |

       ルドルフ・ヘス





877 : ◆eZty3vRhsw:2013/01/14(月) 00:28:11 ID:gUxtK9zo0




 そして最終的にルドルフ・ヘスがフューラー(総統)自身に話を通した。



                       __ __
                    , .≦三三 ヲ´
                 , . ≦三三三 <´
          , . ≦三三三三三三三三>
        r≦ 三三三三三三三三三<
        |三_j|  /⌒\  /`ヽ ! ̄ ̄ `
.         |三..l  |    ∨    i |
      i⌒V  |   O || <  |.ト.
      | i}    ゝ._ノf入_人{_ノ
      乂__   、___   __ノ´
         \  \ `ヽ `フ´
.            __}> .\ i/       _
        /く `ー‐‐ァく\     _/   二.)
.       /  i\  /  Y \__/ ! -- ' /\
       /   !  `′   i     人   /\ヽ)
.      〈   ノ        |\_/  `丶 \ )'
       \ /`ー─ ──i             `´
.        {         |





878 : ◆eZty3vRhsw:2013/01/14(月) 00:28:28 ID:gUxtK9zo0




IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII
:/V/::::/ノ  /     :| \  ∧  ミ- ̄ ̄ ̄ ヾ         / /    ィ    i!
  i:::::∧  :/    :∧  \  \          i:      ─/  / i     ハ
  |:::::|ハ /    / :|    > 、 >        l}      /_イハ ノ   :∧i
  |:::::|  :/    /i :|      |ハ       _ _ ,,ィ   ̄ / i:/    /∧
/  ̄ :/    /.::| :|      |   ヽ       ̄  ̄´    イ   i/   ∧ ハ     ふうん……
    :/イ   /.:::: | ハ      :i   /i> 、   ー   < |   :/   :/ :V/ハ
  / :/  /  :/  ハ     ',  / li r-┴ ≧ ─ ≦ ̄イ-、ハ :/   :/   \
 /  :/ / '::´:`:::、  :ハ    ト ', :/ノ /:::::::/::::::i:::::::i:::::::\:::::i :V    /
./ //:::´::::::::::::::::::ヽ、 ム   ハ :V>/::::/:::::::::::∧::∧::::::::::\ハ/   /
IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII





879 : ◆eZty3vRhsw:2013/01/14(月) 00:28:44 ID:gUxtK9zo0




        /::::/      i    /  i   /      |  :i   i         |ハ\
        /:::::: / ィ     |    :|  |  :|      |  :|    ハ   i    |ハ:::ハ
   _...-::´::::::::::ィ  il    i  |    :|  |  :|        |  :|   .升  :イ    | :i::::::\
   ヾ:::::::::>/∧ハ    i  ト   :ハ  :|  :|     ./  :il  :/ :|  ィ'    | :|ヘ:::::::
     >イ::/ム/ i      ', iヽ   ilハ ,',  il     / i /i :/  | /i      | :|::::ヾ:::
    /:::/:::/ ̄| iハ     ト | \ ハ :Vハ  ハ   :/ / //∠ -─/マ    ノ |\:::::::
.   /:::/:::/ / |リ i      :|-ゞ─弋=-、V_ \ハ   / //≦ -_ _ィ_イ     /  |  ハ::::
  .ノ::/::::/ /  リ ハ     :| ヽ___=-≧-'' ヽ:/  -=ィ弋...:::::ソ /il    /  :|  /::/
ヽ/:::/::::/Y  / ヽ  ト、  ハ  \ ゞ゙...:::::ノ>、ミ、    ''ミ、 ̄ ̄ ̄//   /   | ヾ/
:/V/::::/ノ  /     :| \  ∧  ミ- ̄ ̄ ̄ ヾ         / /    ィ    i!
  i:::::∧  :/    :∧  \  \          i:      ─/  / i     ハ
  |:::::|ハ /    / :|    > 、 >        l}      /_イハ ノ   :∧i
  |:::::|  :/    /i :|      |ハ       _ _ ,,ィ   ̄ / i:/    /∧
/  ̄ :/    /.::| :|      |   ヽ       ̄  ̄´    イ   i/   ∧ ハ     なかなか、興味深い話じゃなあい……
    :/イ   /.:::: | ハ      :i   /i> 、   ー   < |   :/   :/ :V/ハ
  / :/  /  :/  ハ     ',  / li r-┴ ≧ ─ ≦ ̄イ-、ハ :/   :/   \
 /  :/ / '::´:`:::、  :ハ    ト ', :/ノ /:::::::/::::::i:::::::i:::::::\:::::i :V    /
./ //:::´::::::::::::::::::ヽ、 ム   ハ :V>/::::/:::::::::::∧::∧::::::::::\ハ/   /
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ   ',.ハ :V://:::::/:::::::/ | .| V:::::::::ィ´  /
.:/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>  ヽ:\\:::::::/:::::::/ ノハハ V:::/ /ヽ_

                        アドルフ・ヒトラー





880 : ◆eZty3vRhsw:2013/01/14(月) 00:29:04 ID:gUxtK9zo0




 フューラーはこのとき、ワーグナーの住まいであったヴァーンフリート荘に滞在していた。
 毎年催されるワーグナー・フェスティバルに出席していたのである。



  | ;,,;,|
  | .:.|
  | .:.|
  | .:.|
γ⌒ヽ,i___ :";;::、;;:。
,i;:;:;:;:;:;,i    \:";;::、;;:。  :";;::、;;:。
.I_______I      \_:.:.__::、;;:。  :";:'`::'::';;::、;,:,。,,, ,
           \ \ロ;;::、;;:;;::、;;: ':'`;'`::'::',:'':'`;
_______________i`、  | :|_:'`::_',:'_'`;___ _:'_'`:_:'';;`;_____ ___ _____________
=:.=.=i〔〕〔〕i=====i\ヽ、,:|\   :/\` 、     ___    /\` 、    ____     /\` 、
   |____|     |  `.、ヽ、.:.\.:.:..|i田l;|___l   /\` 、   |i田l;|___l    /\` 、   |i田l;|___l
-.─-.─-─-─.、::..;|    |\ヽ、-',_____/xXx \ヽ_____./xXx \ヽ________
=========='.:.:|`.、.:.:.|  \|:.: |==== ==|.:iコ._,iコ |:;|.:.. ロロ ロロ : .:|.:iコ._,iコ |:;|.:.. ロロ ロロ :
____  ○  |.:i |:.i  |:..::`.、|:.:...:.|  |.:.. ロロ ロロ : .:|.:iコ._,iコ |::|.:.. ロロ ロロ : .:|.:iコ._,iコ |::|.:.. ロロ ロロ :
 |  .||.:.:. |.:i |:.i  |:..:... |:.:...:.|  |.:.. ロロ ロロ : .:|.:iコ._,iコ |:.|.:.. ロロ ロロ : .:|.:iコ._,iコ |:.|.:.. ロロ ロロ :
 |  .||.:.:. |.:i |:.i  |:..:... | ` 、|  | --─-─--|..====::|::| --─-─--|..====::|::| --─-─-
 | ,., ||.:.:. |.:i/J,.,.,|. ,.,.,...|.,..;.:.|  |.:..:.ロ.:.ロ..: . |      |::|.:..:.ロ.:.ロ..: . |      |::|::..:.ロ.:.ロ..:
";`;`::'::',:;:;::"''":。;:";;::、;;:。-..,"'., |.:.. ロロ ロロ : .:|:i'⌒il⌒'i;:|:.|.:.. ロロ ロロ : .:|:i'⌒il⌒'i;:|:.|.:.. ロロ ロロ :
;;:: ,:'':' `::':: ',:;:: ,:''':'`::'::',:;:` "'"';: ;|.─--─--ー|:l::.:..ll::.:..|;:i,/:─--─--ー|:l::.:..ll::.:..|;:i,/─---─-
:,:'':'`::'::',:' ':'`; ;::、;`: :'::',:;:;;::,:'":;'/         ̄ ̄ ̄ ̄  、。、..。     ̄ ̄ ̄ ̄
,:'':'`::'::;;::',:;::,:''':'`::'::',:;:`"'"' ;:。;:                :"; ;:;、;::;:,
;;::、;`::'::',:;:;:,:'':'`::'::',:'':'`;::,;:;:' "'"'              :"; ;:.;:: 、;;:。
"'゜"'゜”"'""'゜"'゜”"'""'゜"'゜                "'゜" '゜ ”"' ゜""'"'





881 : ◆eZty3vRhsw:2013/01/14(月) 00:29:20 ID:gUxtK9zo0




    /// /   イ l  | |  | |   ヽ ヽ ヽ、
ィニニ〔ゝノ_ノ   / ヽ\ヽヽ  | l    |l  |l  ヽ
'´/ /| |7   r/'´ ̄ヽゝニヽ-ヽヽ  │ | | ヽ ヽ
イ/ / ! | |   ||-ャ─-,ニ、ミ‐`ヽ、ヽヽ / / /  | ヽヽ
/ / / j |   l| `ー='-ニゝヽ`   |ノメ、/l  │ l | l
./  / / ヽ   l|           ィ_ミヽ`リ ハ || |
'  / /   ヽ  l          l、'rヽj`ァ' メ | / リ
  `,´l    lヽ ヽ         /ノ `'’,イ  /イ
  /| |   |  `丶ゝ    ー、ー- 、    lノ  ,イノ
. /│|   |          ニ ´   ノ イ |
/  ! |   !  、           ィニィ | |lハ
  | !   |   _`ト_、 _     , イ    ! |ル'   ,イ
  ハ ヘ  |‐'  ̄,.ィ´ヘ` ー- イ  |    |l |    /│
ノ  ヘ ヘ   | <´ィ´ /介「`ヽヽ│   ハ l   / ノ      _,
ゞ、_ゝヽ  !  \ー´/ハ トニノノ !   / ハ ト、//,ィ _ ,.-ィ´
  ヾゝヽ.ヽ lー-、  ̄ 1 |│|ヽハ 」  / _ハ _/ イィニィ'´    <
    ヾゝヽ. l^ーィ- 、|│ ! ト、>-リ  イニィー '^ヽ、
     ヾヽヽゝ   ̄! | | lヽヾ/  /        ヽ



 7月25日、ヒトラーは、公演から帰ったあと、やる夫の使者たちを引見した。
 使者は、ライフル、高射砲、戦闘機、輸送機の供与を要請するやる夫からの
 簡潔な手紙をたずさえていた。



               ,ィ  ___
           /::i/´:::::::::::::::`ヽ
            /,-┐── r‐ 、::::\
          イ//(//⌒\\ノ、:::::::ヽ、
         / {_ {トkト、:::::ト、斗ヾ|:::::::::>
          i::::!小> \! <ヽ::i::::}、::ゝ`
        ハ::::|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ノ|ノ/
        /⌒ヽ∨ヘ   ゝ._)  / /⌒i
      \ /::::: />,、 __, イヘ「:::::::::::]
.        /:::::/  ̄ヽ|ヘ`´ノ| / }   ./
       `ヽ<    | ∀ .|   ヾ .ノ





882 : ◆eZty3vRhsw:2013/01/14(月) 00:29:42 ID:gUxtK9zo0




 この手紙に対するヒトラーの最初の反応は、積極的なものではなかった。



     , '〆.:.:.:.:.〆         ` 、
   /{f7.:.:.:.:〆          \
   / -∠.:.:.∠  /  l        \ \
 ≪_ハハ.:V、\ | |   |       l   ヽ
 /ヾイ イハノ/ | |ヽ  |\   '    !  l ',
./ /://!l l:l∠  |庁゙ト、|、 ` , |!   ! l |l |
 ,'l::l/. !| l:l \ | 仆{!ンヽヾ  { | / K/ /
, ' |::|   l| |:|\ \ ` ̄¨`   レrテ/ ///
  l::l  l| |:| l\ \      、`¨/ イレ´
  l/  l|    |. 丶-ー   ___   / /     …これは戦争を始めるやり方じゃないわねえ。
     ハ    ト、     ‘ ‐'´ ィ  /
   /ハ   l:\:>、  ___ /|/|      反乱軍は、財政的基盤をまったく欠いているわ。
  /  ∧   l:::/:.:7爪::.:7 l | /
 ̄`ー_<:::ヽ Ⅴ::/ 小ヽ::| l | /
::::::.ヽ⌒マ}:::::ト、Ⅴ/::||::L::.ト、l //
:::::::::::::::::::::マ}::::ト、Ⅴ:::l|::ヘ`ー| /'ヘ
:::::::::::::::::::::::::::マ}:::::|:| /::::::ヘ
:::::::::::::::::::::::::::::::マ}::{ヘ薔ム}:::l/:::::::::::ヘ





883 : ◆eZty3vRhsw:2013/01/14(月) 00:30:03 ID:gUxtK9zo0




 .レニイ.|,lト、 |、  |!、 |    ,/! ,ィ     !|
. /ノ ハ!十寸ニマT \|   /+/-!_j  ,ィ!
//!   ! _゙__ヽ--ヽ  ! ,/ナ'´ レ1 //
/ |ヽ  ヘ. 弋歹ヽ   j/ 弋歹/´7    ,.、
  ! |.\ ヾ ̄´       ` ̄ラ ィ!   ./ .}
 八!  i\_\     ′ _,∠_,ィ1l   ./ ./
- 、|.|  レヘゝ、  ー ァ  /  l !l  / ./_,.--ー
:::::::|.|  |:::::::\゙> __ ,イ l   |,. ‐::/ ,イ、::::_::_::_::
:::::: ',!  |::::::::::/^「介、  ! .!  l__:::/ノ / `ヽ::::::::
、:::::∧ .!:::::::/:::::レ l|:、〉-'^::|  |::::〃 ./、У./\::
::ヽ:::/\∨ヽ!::_::| lY:::i}ト、:::! ,/:::У ' Y_/ / ノ!
:::::∨:::::i\ヽト:::/!  ヾ、!>‐l| /!::::::|      ー'ーン′
:::::::ヘ:::::レ´ヾ└V!   ヽ //! |:::::::}        /



 しかしながら、ヒトラーは、先刻見たばかりのオペラで気分が高揚していたらしい。
 ながながと声高に独り言を続けているとすっかり興奮状態となり、



                 __,、
        , __-,=====〔{〈回ヘ
      ./_f〆::::::::::::::::::::::弋之ソ::::\
     ./ jf7::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \:::::\
     / {i7:::::/  i            \:::::ヽ
     ;′ {|::::/    l i    |       ヽ:::::
    ,′ {|:/ l  | ||   | |      |  | Y|
   .|   {|| |  ||l十¬ |   /| |  |
    .|   ゙| |  斤==ミハ ||  /ト、j  |  ||
   |    | |   | t ・ノ:::::::リ| /癶〈| |   ハ
    |   | | ヽ \ ̄ ::::::::::::::::'( ・ ル | ,∧|
    |   || \ \      , ` /! |〃ハ_i
   .|    l   |   ̄  ト-ァ   ./|/″       ────というわけで、ドイツはやる夫を援助してあげるわあ!
 .厂 ̄\   l   l\    ̄  イ|l/ー 、
../ .::.\  \ l    l:::::::::r‐<ヘ l 〈::.::.::ヽ\     名付けて「魔の炎」作戦よおっ!!
l::.::.::.::.::.\__ ヽ l   l::::::::ト\__∧   Y::.::.:l  \
l::.::/::.::.::.::.::\|::l   l:::::/ ̄ >ヘ    l::.::.j_  ',
./::.::.::.::.〈 ̄ ̄}レヘ   ∨       ヘ   l::.l::.::.::〉 〉
_ :.::.::.::.::.::.j___ノ::::::ヘ  ',____ _jヘ   V::.::./ /
` ト   /::.:: ヘ :::::::∧  ∨ー┴;ヱ、::',  ';:.:/ /
 | i く::.:/::.::.::.\/:::::',  i 匸{〈回}くl|  |.〈 〈



 ついに要請の倍量にあたるユンカース52型輸送機20機の供与を決断した。





884 : ◆eZty3vRhsw:2013/01/14(月) 00:30:27 ID:gUxtK9zo0





 1946年のニュルンベルク裁判で、ヒトラーの空軍長官だったヘルマン・ゲーリングは、
 こう陳述している。


       /ミミ,、ミミミ,.ヘ.ミミ,.ヘミミミ,ミミミi、
       ,ヘミ/ \/   ヽ/  ∨/ ∨ミi.
.     .″ >ヘ             >ヘ ∨ミ.
     i ./  \        /   〉. ∨ミ
    , ┤     , ‐\  | |  ./ ヽ     ! , ー 、
.   / .|     !  ・ \! !.イ ・   i    レ   .ィ i
___i hj    、   ノ:::::::::::::、  .ノ       ,{:  i
   ∨´   ::::::::::::::〃 ̄ ̄ `ヽ:::::::::::::      ij: リ    『総統はこの件を熟考された。
   ′       、      リ     /{    /
    ! / ̄ヽ      `ーt一 ´    . <   !   ,ノ     …私は総統に対し、これ以上あの戦域で
   !{          _ .  -= ´    リ   } !     共産主義をはびこらせないために、
   、 `ー-- -‐ =_´    . -‐= ‐ 、 .′ ′!     絶対支援すべきであると説いた』
    i 、 \   .<   >´      〉'   / /
   ∧\  ` (                /  / /
     ヽ \  ` <         > ´  /   /
      \ >  . _` ¨¨¨¨ ´ _ . <  /
       > .    ̄ ¨  ̄    _ . <
           ` ‐- ---一 ´

        ヘルマン・ゲーリング





885 : ◆eZty3vRhsw:2013/01/14(月) 00:30:59 ID:gUxtK9zo0




. ヽ. | !.|        ,' ! ,'/
.   ヽ !| ! ,- -、 / !,' /
.    ヽ`ヽ.l:`;';;| / ,'/
.     ヽ (::___:;;) /       . ,-、
.    _ ,'       ',. _    .///
.     フヽ ヽ /  /l  .∩,///
   ..,' ヾゝ   ィフ ', :...|/二ヽ.       ドイツがやる夫を援助したのは、
.    | _    ' l    __Lヽ| | ソ |       来るべき西欧での戦争に備えるうえで
. ' ´ニt-_  ‥  , メ  ;ヽ (   |‐、      有利な戦略的位置を確保するという狙いがありました。
. '´.,-、.._ィl ー┴-'ヽ':,ヽ、 .ゝ、,,,..|.゛;ヽ
  ..ヽ',  |::,-.." ." ,/|/  /ゝ‐'\ ノ
  , ‐'‐'‐'||__,,,.'   |   | |ヽ   \
  |   /:::::::/   |  //:..ヽ    \
  |  /::::::::/     .ヽ‐::::::::::ヽ     ヽ
 丶 |:::/     /:::::::::::::::::/\    |
 / ゛‐|___ /:::::::/::::::::/:::::::|丶、_ノ
./    |    / ̄ ̄::::::::::::/:::;;ノ;ノ





886 : ◆eZty3vRhsw:2013/01/14(月) 00:31:15 ID:gUxtK9zo0





 ヒトラー自身が、ナチ党の幹部に明らかにしている。



 .レニイ.|,lト、 |、  |!、 |    ,/! ,ィ     !|
. /ノ ハ!十寸ニマT \|   /+/-!_j  ,ィ!
//!   ! _゙__ヽ--ヽ  ! ,/ナ'´ レ1 //
/ |ヽ  ヘ. 弋歹ヽ   j/ 弋歹/´7    ,.、
  ! |.\ ヾ ̄´       ` ̄ラ ィ!   ./ .}      フランスと北アフリカを陸路でつなぐスペインに、
 八!  i\_\     ′ _,∠_,ィ1l   ./ ./       反ボリシェヴィキ国家が出現することは、われわれに
- 、|.|  レヘゝ、  ー ァ  /  l !l  / ./_,.--ー   とって有利以外のなにものでもないわ。
:::::::|.|  |:::::::\゙> __ ,イ l   |,. ‐::/ ,イ、::::_::_::_::
:::::: ',!  |::::::::::/^「介、  ! .!  l__:::/ノ / `ヽ::::::::
、:::::∧ .!:::::::/:::::レ l|:、〉-'^::|  |::::〃 ./、У./\::
::ヽ:::/\∨ヽ!::_::| lY:::i}ト、:::! ,/:::У ' Y_/ / ノ!
:::::∨:::::i\ヽト:::/!  ヾ、!>‐l| /!::::::|      ー'ーン′
:::::::ヘ:::::レ´ヾ└V!   ヽ //! |:::::::}        /





887 : ◆eZty3vRhsw:2013/01/14(月) 00:31:37 ID:gUxtK9zo0




            >′´    \::::::::>、____
          /      l ヽ    ̄ //小 \Y/
            . ' /      | |ト  |  \'」ト \\__
          /  l      | ∥| } _|   l \_ヽ_ \\
         /   |   | | イ厂|,ハ !  | ゙,  ̄\\ ヽ.ヽ
       ′ | i |ヽ   |// /,.斗:‐刋 | |    ̄  レ′
      |  | ||_\ |! / 〃ヽソ ' / /  |     \
       || ゝ \ -\∨       / イ   ト     \ \
      | ト  \ィヘ ソ       / |    | \     \ ゛ー
  \___ 、 \\ヽ ̄´  ヽ __,.      |    |\ \             ヨーロッパ再編をかけた最終対決のなかで、
__ \\|\ \  ̄二   '´´      |    |  \ >-...    _     スペインが敵陣営には入らずに、できればドイツの味方になること…
::::::::::::::::::\, ――‐∠ヽ_         / |   ∧__>'´::.::.::.::.::`<::::::::::::
::::::::::::::_/   ―ッ厂   、\ー-  <::.::/   /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\:::::::   これが私の唯一の目的なのよ。
:::::::∧/   /  /   l l ト )//「\::V  /::.:,′::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::\:
::::::′冫 /    | _」  | | |∠〈〈仆:::::マ /.::./::.::.::.::.::.::.::.::.::___::.::.
:::::| ハ _  ,―┴ぐ_ノ-イ‐'::.::/フ┘|::|/ /´::.::./::.::.::  -―――-
:::/   7 Y´    |__  了::.::.//z_r‐レ'/.::.:::./ レ'´::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:
〈|   /  \ -―{_  ̄|_::.::レ燈}彡イ::.::.::.::./ /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:
├く    <__   | \「::.:_j ゞ '´〕/::.:/〈 〈::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:
|  >     下 _ \ j::.:ノ /  〔/   _\\::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:
| /\_   」    L|::丿/  〔レ'´::.::.::.::.::.::.\` ::.:―- _::.::.::.::.::.::.:
 / /  \  `l__  |冫   r'::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::`::.:ー― -- 一=´::.::.
     / 〈   \ `丁:)    〉::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::\::.::.::.::.::.::.::.
Y_ /__>-、ー┤::.`L   〉::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::\::.::.::.::.::.:
 `ー'\       〉   |::.::.::.::ヾ i|::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::ヽ::.::.::.::.:





888 : ◆eZty3vRhsw:2013/01/14(月) 00:31:58 ID:gUxtK9zo0




        >- ' ´ ̄ >‐|:::::::::::::::::::::::::::イ   ノ /
     > ' ´    ,,,xxz/::::::::ト:::::::::::::::::::::::/::∨;,//
   /     /;;:'´,'´l::::::::::>弋:::::::::::::::/::::::::::i 〉
  , '        , ' / ,'  ゙x:::::::::ゝニ二ニソ::::;;::::ノ./
/     ,,,/ , '   ,   \_::::::::::::::I´∨〈`v'ヽ
   ,,,.-‐´ , '  _{_    '''''====ゝ 丶ヘ \l
_,,,, - ‐ ' ´   , '  ,イ `ヽ、       ヽ ヾl、_!
           シ  ト-、       ,- \ \゛、
           ,'   ゞ_〉、       /〉 、`"ー  Y
          ィ'      `';.     'ワ"、 ̄`  " l       こうしてムッソリーニとヒトラーは、
         _ゝ      ..    / イ;ト<-    l       失敗しかけたクーデターを、凄惨な長期にわたる内戦に
          _゛ニ_‐-   "゛   `´  l`   _}       変えてしまったのです…────
          >'´::"゙ッ、  ヾ__ノ' ==キ{、   _L、
         /:::::::::::/::::| テx,,ノゝ- ,,,,,='´:::::∧__  ソ ト
     , - '  : : : :::/::::::| l 一` サ゛´ー〉::::::::/k_//::::\
, - ' ´  . . : : :::::::::l:::::::::l `―'´! l>-' 〉:::::ゝー...'..´::::::::::::::
ヽ  . . : : : : ::::::::::::::l:::::::::::l ,'   //  /::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::
.|::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::∨ ,l_/ レ-‐./:::::::::::::::::\::::::::::::::::::
 〉:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::∨_l 〈 7/:::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::
./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::〉 l  〉 /::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::





889 : ◆eZty3vRhsw:2013/01/14(月) 00:32:42 ID:gUxtK9zo0







                       やる夫がイスパニアの独裁者になるようです



                            第七話 内戦への変貌

                                 終わり






.
関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加




[ 50424 ]

ムソリーニはフランスとソ連の動向を見据えたうえで決めた。

ヒトラーは、ボヘミアンらしく情緒的なところがあったらしいが、
フランコ陣営が財政的基盤を描いていること、スペインを来たるべき大戦の敵陣営にしないこと、という点は計算づく。
[ 2013/01/14 19:41 ] [ 編集 ]

[ 50428 ]

>これ以上あの戦域で共産主義をはびこらせないために

社会主義者「共産主義者と一緒にされて、非常に不本意である」
無政府主義者「共産主義者と一緒にされて、非常に不本意である」
バスク民族主義者「共産主義者と一緒にされて、非常に不本意である」
[ 2013/01/14 20:02 ] [ 編集 ]

[ 50435 ]

まああくまで現段階であって、ソ連も義勇兵wと重装備を送り込んだけどな
ドイツにとっても良い実験場になったし
[ 2013/01/14 21:25 ] [ 編集 ]

[ 50444 ]

>安い投資でイタリア・ファシズムをスペインに植えつけられるし、
 >将来スペインを子分にすることだってできるかもしれない

当時のスペインはイタリアよりも遅れた弱小国だったってことだな

>ライフル、高射砲、戦闘機、輸送機の供与を要請するやる夫からの
 >簡潔な手紙をたずさえていた。

戦車の要請はなかったのね。
石油なしじゃ無理なのか。
日本軍も自家製の戦車作っても大陸で使用できなかったものな。
[ 2013/01/14 23:00 ] [ 編集 ]

[ 50445 ]

>首都から出撃してきた未訓練の労働者民兵に前進を阻まれた。

装備に大差ないと、士気の高い人海戦術に負けてしまうと。
フランス革命の戦争初期みたいな話だ。


[ 2013/01/14 23:05 ] [ 編集 ]

[ 50448 ]

>これ以上あの戦域で共産主義をはびこらせないために

この言葉だけはやる夫書記長を見ていると本当に同意だわw
[ 2013/01/14 23:18 ] [ 編集 ]

[ 50450 ]

久しぶりに原作キャラの銀様が見れそうな予感
[ 2013/01/15 00:22 ] [ 編集 ]

[ 50451 ]

※50444
戦車はまだ開発途上の段階だから仕方が無いんじゃないのかな。Ⅰ号戦車が出てきた位だったと思う。
それだったらより戦力化されていた航空機や対空砲や野戦砲の方が役に立つ時代だった。
[ 2013/01/15 02:06 ] [ 編集 ]

[ 50475 ]

地形図を見れば分かるけど、スペインは平野が
セビリア周辺くらいにしかない起伏に富む国だしな。
[ 2013/01/15 11:24 ] [ 編集 ]

[ 50489 ]

イベリア半島内で戦った頃のスペイン軍も、原則として山岳地帯向きの身軽な軽歩兵+比較的軽装の騎兵だからな
のちに平地で重装騎兵にフルボッコにされて密集歩兵戦術を編み出すけど
[ 2013/01/15 16:06 ] [ 編集 ]

[ 50608 ]

殺伐としたスペインに颯爽と一号戦車(笑)が
[ 2013/01/17 19:43 ] [ 編集 ]

[ 50618 ]

電報いっぱい送ってお願いとか
いかつい大の男の軍事が

と聞くとちょっと滑稽だが。

ちびでぶのフランコならそう違和感ないか。
[ 2013/01/17 21:47 ] [ 編集 ]

[ 50635 ]

フランコねぇ…。こいつ、真珠湾攻撃をした
日本にも祝電送った後で、日本が負けそうに
なったら「日本人はキリスト教を信じない
蛮族。アメリカよ、皆殺しにせよ」とマジで
連合国に言ったらしい。当然、アメリカは
真珠湾攻撃で日本に祝電を送った事を知って
いるから、全く信用されず、戦勝国にも認め
られなかった。まあ、いい加減なスペイン人の
悪さが出てしまったところかな。
[ 2013/01/18 08:51 ] [ 編集 ]

[ 52929 ]

まともな国際感覚持ってたってことじゃないか、祝電なんて誰でも送るわ、中立とは言え枢軸寄りだからな
WWⅡが2つのブロックに分かれて戦ったってのを忘れてるのか?
終戦が近づいた時の中国の日本への対応と比べてみよう、蒋介石は日本に穏健な対処を求めた
それに対し中共は「日本人を中国に送り奴隷にせよ!」と言った
前者は戦後を見据えてた、後者はただのヒステリー、そしてフランコは自国の現状を考えていた点で前者に近い
物言いは後者に近いがこれはスペインと中国は地理が違うからだろう
スペインにとっては枢軸の負けが濃厚になると、アメリカに近づく必要があった
そしてスペインは戦後、冷戦という状況で西側の一員になることに成功した
もしソ連が西側に侵攻したらパリは陥落するだろうからアメリカはスペインを橋頭堡にする予定だった、スペインも孤立から抜け出せたからお互いウィンウィンだな
スペイン人は陽気でいい加減というがスペインは土地と階級ごとに文化が異なりひとくくりにはできない、本編見たらわかるだろっていう
また人格ってのは所属している共同体で自動的に決まるもんじゃないからな、軍人で国家元首ってのも考えろよ
まあ、いい加減な改行もろくにできないアホらしさが出てしまったってところかな
[ 2013/02/24 20:56 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oyoguyaruo.blog72.fc2.com/tb.php/5285-efd1fd64


アクセスランキング アクセスランキング アクセスランキング