ブログパーツ 泳ぐやる夫シアター やる夫は赤い皇帝になるようです 第三十話 農業集団化 最期の日


















やる夫は赤い皇帝になるようです 第三十話 農業集団化 最期の日






緊迫する国内情勢、
追い詰められる心理と
破綻しかけた人間関係。
___  __________
      ∨
    ,,,,,,,,,,,    ||    ||   ,,,,,,,,,
   [,,|,,,★,|,]   ||    ||   [,|,★,,,|,]    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ( ´∀`)  目    目  (・∀・ ) <  同志やる夫の私生活も
   ( つ  )つ       ⊂ NKVD,)  | 限界を迎えようとしていた。
  ┃レ __   | ̄ ̄ ̄ ̄ | ___,ノ┃ | はたしてこの難局は
  ┗━┳┳\ | ̄ ̄ ̄ ̄|,/━┳┳┛ | クレムリンの人々を
      ┃┃   |_____,,|   ┃┃   | どこに導いてしまうのか?








946 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:03:03 ID:kunQGPPc0




   ――― モスクワ、クレムリン


             ,__
             l_<
             _|_
_           ,ェ._.ュ、
,,,,]||      ,,.-'"゛    ~''ヽ、
ニニニ,,!-z,,,,,,メ--────--丶、          /_|ヽ                 ★
-、,,,,_ .~"'''ニ==ェ,,--'''''''-------ヽ.._        |iiii|゙|.                    |
   `~"'―-,,,,,,|ニニニニニエエエェ,l,,,,|,,,,[ ]、       |;;;;;;|;;|.                 ,!!、
  人   人 `゚゙'''―v,,,,「  .|~゙---->...ュ,ュ__.、 .,i;ロ;ロ|;;|                 iiiii
  彡ミ  彡ミ  人   人゙'''ー-...,,,,_|  `゙''''「゙゙'''''..|∩-|iil.,,,                |||||
彡彡ミミ 彡ミミ  彡ミ  彡ミ  人 `゙"人-i、,,_,,,l;;;;;;;;;;;/;;;/z,,,__.             .|  :|     i
彡彡ミミ彡ミミ ;;彡ミミ.;彡ミミ ;彡ミ  彡ミ  人゙'''┐'| .|''i--zz;;;;;,,,,,.         |AA.|    ∧
彡彡ミミミ彡ミミ 彡ミミ 彡ミミ .彡ミミ 彡ミミ彡ミミ:::| .| .l'''―v,,,,,"'''i   _____ .A l゙| | |.|.A. .|ii|
彡彡ミミミ彡ミミミ;;;;ミミミ彡ミミミ彡ミミミ彡ミミ彡ミミ:::| .! ,|    `~"'ヘ-i、|ロロロロi''i_|ii| |ll,,,,,,,||ii|_./ .ヽ
彡彡ミミミ;;;;ミミミ ミミミ ミミミ;;ミミミ;;ミミミ;ミミミ::::| |  | 人人人  r‐┴── ┴┐゙゙゙゙゙゙゙゙゙ll-----トL,
ニニニニニニニニニニニ===============   |..彡ミ .r‐―┴――─┴-┴─--iL,、:::::::|゙゙゙|----- 
  ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ======ェュyy,|jlll」―――---------u,,|_, !.| .!-ト |  
ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'i ト-   _ ..|.「[l|____,,,..|...............





947 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:03:42 ID:kunQGPPc0




. !: : : : : : : : i! : : : : : : : : : : : : : : i: : : : : : :!: : :i : : : : : : : : : : : : !: : i: : : : ;
 i: : !: : : : : : :!: : : : : : : : :i: : : : !: i!: : : : : : i: : :ij : : : : : : : : : : : : !: : i!: : : : i
 !:.i!: : : : : :r‐!:.i: : : : : : : :i!: : : :!: :!: : : : : :r : : :i!: : : : : : : : : : : : i: : : !ヾ : : !
 ソ: : : : : :// | !: : :i: : : : : i!: : : ト/i : : : : /i: : :イi!: : : : : : / : : : : i!: : :!ト ヽ: !
  |: : : : : :l i !:ト: : i: : : : : :!: : : i'"゙i: : : :/ !: :/i!: : : : : : イ: : : : : :!: !: :|i!  /
  i : : : : : `、、i!| : : ! : : !: : iト: :≠=リ: :./ミ、i;/=i! : : : : :/i: : : : : : i: :i : !
  i! : : : : : : ヽ_!: : i! : : !: : :| 彳"升:/こヾi'  i! : : : /ニi: : : : : : i!: !: ::i
  リ: :/: : /: : リi!: : ii : : ト: : !  ゞ;;;;タソ_ ..   i : : イヒ;;タ! : : : : :イ: :!トリ
  i!:/: : / |: :/ !: :jf : : i!: : !     ̄     !: :/´ ̄/i!: : : : :/i: :!
  i/イ:./ヽi:/   i: :i !: : :i !: :i          i:/   / イ: : : :/ i!: |
/ .l/  ゙` 、  i:i! i: : i i!: :!          i'  |/   !: : /  i: i
ヽ       ヽ、i! リ i! i !           _ _,!    i:./  ヾj
 `、        `ト./ i i!     ー―-、- '
ヽ ヽ.       / /、 リ' ヽ .     ーr
.:.:\ \      / /  ヽ、/.:.:`r,. 、 _ /r"、
.:.:.:.:.\ \    / /   /.:.:.:.://.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.
.:.:.:.:.:.:.:.\ \_./ /   /.:.:.:.://ト、_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:    外務人民委員(外務大臣)
.:.:.:.:.:.r '´ \.  /::....  /i.:.:.:./ i   ヽ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!    マクシム・リトヴィノフ
.:.:.::::...!.   ` イ    ヽi!.:.:ヽ、!    i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!
.:.:.-‐'":::...         ヽ、.:〉     ̄´`` ー|



                                          /: .:::! ::: ::::::: : i:::::';::ヾ::::::::::::::
                                          ,':: ::::::::',:::i :::: ::. :::!::::::';::::ヾ、::::::::
                                          i!::::::::::::ヾ:: ::::::::ヾ,!::::::::ヾ::::::゛:::::
                                          !::::::::::::::;y、ヾ::::::!ヾ、::::::::::::::::::::::
                                        `ー.イ:::::::::::::トヾ!ゞ、::::::ト 、::__:::__:::_::::
                                         `'ー、:::::::::ト;!ヾ二ヾ'ヾヽーく)゙_ノノ゙i:::
                                           〉:::::ト,!`     ゙i:ヽ    ノ:,イ
                                           ' 厂ヾ,`      .!::.    '
                                             ,./ト、 u  ヽ _,ツ     /
                                           ,./";' !::'.,  __  _____   ./
                                      ,., .-‐''"::/::::::! .i、 ヽ、 `ー-'"

                                        元トロツキスト・ドイツ専門家
                                                カール・ラデック





948 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:04:14 ID:kunQGPPc0





               ____
             /      \
           /  \   /  \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \

        ボリシェヴィキ党書記長
          やる夫・スターリン

                                      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
                                     〈● ノ\   /\ ●〉
                                       ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
                                       )    Y    (
                                      /γ⌒     ⌒ヽ\
                                     /  |         |  ヽ
                                     |   ヽ__人__ノ   |
                                     \     `ー'´     /

                                    人民委員会議議長(首相)
                                     ヴァチェスラフ・モロトフ





949 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:04:36 ID:kunQGPPc0




       ____
     /⌒三 ⌒\
   /( ○)三(○)\    いまや・・・五ヵ年計画と集団化は
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\   最終段階を迎えようとしているお。
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /

                                                    ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
                                                   〈 ○ ノ\   人 ○ 〉
                  我々は土地を集団化し、                   ヽ彡'  ヽ /  ヾ__ノ
                  家畜や鍬や鋤や穀物を社会主義化し、        .   )    Y    (
                  トラクターを作り、農業を機械化し、            /γ⌒     ⌒ヽ\
                  ソ連の畑に社会主義の播種を             . /  |         |  ヽ
                  遂行している!                      . |   ヽ__人__ノ   |
                                                  \     `ー'´     ノ





950 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:05:21 ID:kunQGPPc0




               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /:::\:::/::\.   |   |   そして反動的富農の殲滅をも
   / <●>::::::<●>\  !   !   比類なき無慈悲さをもって達成しているんだお!
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |!!il|!|!l|      |  /   我々は「奴ら」のサボタージュとプロパガンダを
  \     |ェェェェ|     //     粉砕しつつ、滅びゆく階級敵の屍の上に
  / __        /      人類の未来を建設している!!
  (___)       /



              ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ ))
            ((〈● ノ\   /\ ●〉
               ヽ彡'  ヽ /    ヾ_ノ
                 )    Y     (
              /γ⌒       ⌒ヽ \
           ((  |  |         |.   |           我々は勝利する。なぜならこれは、
         ((   ヽ ヽ__人__ノ  ノ            かつてマルクスが解き明かしたように、
               \   `ー'´    /             歴史的必然、人類の辿るべき進化を
             __/ニヘ       ' 「L__            実現しているからである!
        __,,,,==ニニ三三ヘ.      ||三ニ==、__
     /三三三三三rイ◯三ニ|   \__,/ |三三三三ニ==、     この闘争が達成されれば、
     _|三三三ニ/  `ーイニ三;;| ./三\ |三三三三三三;\   我がソ連邦は単独で西欧資本主義世界と
    _|三三三=广 \. `i,j! }ニ;|  \三/ :|三三三三三三三|   渡り合うほどの国力を獲得できるだろう!
     |三三三iく  \  { /三=|  :|三|  |三三○三三三三;|
   __/三三三|| \_}ー^三三三|  |三;| |三三三三三三三;;|
 /三三三三;|\__,リ三三三ニ|  :|三;;| :|三三三三三三三;;;|
 |三三三三三|   /三三三ニ=;|  |三ニ|:|三三三三三三三ニ;|
 |三三三三三`==='三三三三三ニ| |三三||三三三三三三三三|
 |三三三三三三三三三三三三三V三三三三三三三三三三三||





951 :クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで:2012/12/03(月) 21:05:48 ID:rVErhnpo0



なんかこの人達常軌を逸した顔をしてんですけど・・・


952 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:06:01 ID:kunQGPPc0





      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈 ● ノ\   /\● 〉
      ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
.      )    Y    (
     /γ⌒     ⌒ヽ\     これが今、我がソヴィエトのおかれている
.    /  |         |  ヽ    基本的状況であるのだが・・・
.    |   ヽ__人__ノ   |
    \     `ー'´     /    同志リトヴィノフ、同志ラデック、
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ     今回君たち二人に来てもらったのは
    /      ,⊆ニ_ヽ、   |    言うまでもない。
   /     / r─--⊃、  |
   |  ヽ,.イ   `二ニニうヽ.  |



      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \    今や国内情勢における党の勝利は疑いようもないお。
 /  (●)  (●)  \   しかれども、国外、国際社会・・・
 |      (__人__)    |  とくにヨーロッパにおける新情勢は、
 \      ` ⌒´   /  予断を許さない状況であると言わざるを得ないお。





953 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:07:02 ID:kunQGPPc0




                  ___
                    /\:::::::::/\.
                   /:::<◎>:::<◎>:::\       そう・・・
                  /::::::::⌒(__人__)⌒::::::\      つまりあの男だお!!
                  |     ` ー'´      |
                  \      :::::     /
                  /    :::::::::::::::::::    \
                /                 \  〈〈〈 ヽ
                               (〈⊃  } }




            __`.ー- 、i、 ,i
         ´.二: ルNW: :`:`:|
         ∠イ: レiNWM:M: ハ                         .,゙::::::i :::::::::::: : リ::: ::::::::::::::::ヾ:
         /: : 从:イ: 从/| : ト                        /: .:::! ::: ::::::: : i:::::';::ヾ::::::::::::::
          /:イ:イリ┴|/ 笹ソ i}|                        ,':: ::::::::',:::i :::: ::. :::!::::::';::::ヾ、::::::::
        '´ |从ヘ _;__ / ル' ・・・・・・                   i!::::::::::::ヾ:: ::::::::ヾ,!::::::::ヾ::::::゛:::::
            从> -<|/i                         !::::::::::::::;y、ヾ::::::!ヾ、::::::::::::::::::::::
         .  -―/ト .}: : /ヘ\__                     `ー.イ:::::::::::::トヾ!ゞ、::::::ト 、::__:::__:::_::::
       { r==   V{:/   iL. `丶、                    `'ー、:::::::::ト;!ヾ二ヾ'ヾヽーく)゙_ノノ゙i:::
       hi`== 、__ ソ  _  =ソ. - 〉                      〉:::::ト,!`     ゙i:ヽ    ノ:,イ
       ゝ,ll  ∠ ==f三ヨ ∨/r‐fソ                      ' 厂ヾ,`      .!::.    '
      ,r‐'‐ 、:....||:::::::::....ヒコ.::// Vソ                ・・・・・・     ,./ト、 u  ヽ _,ツ     /
      て  /77┬ 、 ...::;;イ / . /                        ,./";' !::'.,  __  _____   ./
       〈,rッヘ:{{:::::|   ̄`ヽ.〈 /                    ,., .-‐''"::/::::::! .i、 ヽ、 `ー-'"





954 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:07:29 ID:kunQGPPc0





  i′         l:::::ヽ'/::::::l:::::::::::::::::::::::`ヽ:l ム、_:::、ミ:`ヽ、        __,,,,,,,,,,,======
.   |          ,./ー::::::::|::::::::|ヽ::::::::::_;:::::::::::::::\_」:::::\`ヾ::ヽ_====¨¨¨¨ ̄ ̄: (
   l    _∠ム‐'::::|::ト::::::::!:::、:::;.<゙::::::::::::::::::::::ヽ ミ._-<r¬t-、ヽ、 : : ; ; : : : : : : : :\
    l      ̄j,/:::|::;l.-トrド、:;ハヽヘー>-、、_::l:::::::::::Y´::`::-...ヽ、` `′: : : : ; ; : : : : : : : :.\
.  ,.-ヘ    / /:::::l:´l.:::| ヽ ソヘ   ヘ._l j.}´:ヘ:ヽ:::::::::::::::::::::::ト::ヾt、; ; : , : : : : : ;__: : : : : \
 ヽ '´∨  _,.ゝl:::::::l:::ヘ:;ソ了`ヽ `   ヾニイ::::l::\ヽ:::::::::::::::::l:| ヾ:t ヘ>─¨¨¨ ̄___二ヽ: : :\
     _j∠ - ´|:!:::::ヽ:::::ゝヾヮソ   _...、 l::::::|:::::l:ヽミ:-、____」.′ ゙::! ゙ハ、" /, ̄ ̄ー─'" / : : : :\
  // ハ.   l:ト.::::::::::::::ヘ、 ___ く' ´ ,! l::::::;|:::::|::::::::`:TTf:;、ヽ、_ 1 l:ヘ/∠--─z  _/: : : : : : :\
 ヽ'´ .l:ハ  ヾ!ヽ::::::ヘ:::::::ヽニ´  ` ´ ノ;::::/l::::;1ハ:fj:;:1ノ '′ ̄   `¨.-ヘ /  /: : : : : : : : : : : : \
.    l:l /ヘ     |ヽ::::ト、::::、::::ヽコー ´/'!::ハ,!:/ァ'‐リー'゙--゙~ー´/¨ _// ../; ; ; : : : : ; : : : : : : : : \
     l|ノ'  ソ ̄ア|  ヾl \:ト:ヽ\._ ´/,!'ァ/' ′         `> __,-^ /: : : ; ; ; : : : : .' ; : : : : : : : :.\
     ´   / ,.〈  l.   !  ヾl`1`¨ \/ ′     __   ,.-'´-──~´: : : : : ; ; ; ; ; : : : .', ; : : : : : : : :.\
      /  / ヽ !     |     /      /ヽ‐`'´             .' ; ; ; ; ; : : : : ; ; : : : : : : : :.\
     /  ,/    l ハ     |    ./      /   \                .' ; ; ; ; : : : : ; ; : : : : : : : :.\
    〈   /    ソ V    |   /      /      ゝ-ヘヘ、                : : : ; ; : : : : : : : :.\
     ヽ /     l.  V'   |   /   卍  /   _,.-'´《∧::::::\\
     ヽ!       l.  V   |   /     / 、  /::::::::∨ 》:::::_..-`iノ)
      l\     ,!    V | /    /    /ヽ/::::::::::::::ソ'´   ヽ/
        ヽ ` ー-'-  ..__ ヽ.| '  /     /  L::::::::::/         \   ナチ党党首
        ` ー, 、___ _ヽヽL -'      /     `ヾ,/ヽ_       l  アドルフ・ヒトラー
     ,. -─-〈.└`二ニ-ア  〕      /     _,. - '´           /
 _,. -'     ゙ァー-、/  /       ヽ  厂 ̄          /
/         /  // ,.'-、/、__,. - 、__...ィ ,ニ-〈           /
       /   / ' /          |ヘ  l         /
 __.... -'    / l /          l. ヽ. |       /
            / |〈          | }- 'ー─‐---'´
         ィ′ l. ヽ             レ⌒ヽ_____    '-ニ、l,    ______________
l         //   ヽ \      、     \ 二二ニ)    | ノ l    (二二二二二二二二二二二二二ノ
ヽ     / /      ヽ   \     、    ,rー7三三 ||、  /vvvvヽ  .ノ/三三|-----|--------------'
 ヽ.  / ,/       \  ,.ゝ   i. ヽ   / _,/ヽ三三ヽヽ-':vvvvvv:i--'/ 三三ノ二二ノニニニニニニニニニ/
  l.)/ /         `´     |  ヽ /'´=ニ~-ヽニ-~/.l.>、vvvvv/;-',ヽヽ-ニノ~ニ=-ノ------,,,--'''''~
  ド、 〈、                 |   ∨.~ヽニ-~,-',`-、// |.--vv--,|| lヽヽ/ヽニ-/'''''''''''''''''
.   |  ̄ ヽ、   __  --‐',    ̄ `´  |   ヽ',-''ノ.// l l-l  .|:::|  :|--'~~lヽヽ,ヽ'~
.   |      |        ',         |    ~'-'-ノノノ_l.|:||:|:::::|:||:|_l_lヽヽ-'^



1932年ドイツ、夏の総選挙においてヒトラー率いるナチ党が第一党に躍進。





955 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:08:35 ID:kunQGPPc0




自らを社会主義的であるとしながらも、共産主義と社会民主主義、そして民主的議会政治の破壊を主張し、
戦後ヴェルサイユ体制の打倒と「偉大なる帝国」「偉大なる民族」の再建を目論むナチの成長は、
国際社会に大きな驚きと危機感をもって迎えられた


                   - ─……
               ィi〔:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:\
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:_:_:_:_:_:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
           ,:':.:.:.:.:':.:.:/ ___   、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゚,
             /:r‐‐/:.:.//:.:.:.:.:.:.:.:.`:..、 l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ハ
         /:.:にス:.:.:.:.:/}:.:.:.:.:.\:.:.:.:〕iト:.:.:ト --ヘ.:.:.:.      退廃的ブルジョワと西欧民主主義を
            ':./ /v':.:.:.X  ハ:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:≧=く¨:.:.:.:.i      叩き潰し、真に社会主義的な
         {/ //{:.:.:.:.{ \ }\:.:.:.:.:.厶イ:.:.:.:.{ヽ/\:.八     「国家(国民)社会主義」によって
        ¦ {ハ:.:.:.∧ 芹心、 >≦{  V:.:.:.T7ハ:.:.:ヽ.:.:.、    引き裂かれたドイツ民族を再統一するわ!
        ! |:.:.i:.、:{:.:.: 匕ソ   イ芯lハ{:.:.:.:.V:.:.}〉:.:.:.:.ト:.\
           乂{:.:.:.:.:.:ハ""     匕ソ V{:.:.:.:.、:.:.:.:.从     目指すは帝国の再建!
         /⌒7ーz/:込、 ャ一ヘ  "" 厶:.:.:.:.:.:\:/   `    ヴェルサイユ体制の打破!
          i  / /⌒ヽVハ〕iトゝ ノ  イ':.:.:.}:.:.:、:.:.:.: \_
          |    /  }:}i:i}: : : ≧ ´ /、: :〕iト--ミ ===彡     そして、再軍備よ!!
          /\     Ⅵハ: : : :ヽ/ ̄ ̄ヽ: : :i:i: |ヽ
           {:i:{:i:iト   ノ}:ヾヽ: : : :| -──‐|: : :i:i: |:i:i\_
        ハi:{:i:i:`¬彡:iハ: :V∧: : :、 -──|: : :i:i: |:i:i:i:i圦
        ,゚:i:八:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/\ヾi:\ : ヽ    |: : :i:i: |:i:i:i:/) \
         {i:i:{:i:i:i:ー…=彡:i:i:}:ヽヾi \:ハ   !: : :メ ハ:イ¨    ヽ





959 :クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで:2012/12/03(月) 21:10:51 ID:rVErhnpo0



>>退廃的ブルジョワと西欧民主主義を
>>叩き潰し、真に社会主義的な


この辺スターリンと言っているところが変わらないね



956 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:09:11 ID:kunQGPPc0




                                                       .∧__,,∧
                         ナチズムは危険だ。                (´・ω・`;)
                         ヒトラーは共和制を去勢し、              (つ と)
                         ドイツを危険な博打に導こうとしている       `u―u´



         .厶/ l:.:.:/:.:./、:.:.:.:.:.:.:.:':.:.:.:.:/:!:.:.:.: ト:.:ヽ      ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
        /:.:/∧イ:.:.:.{:.:/:.:.X:.:.:.:.:./:.:.:.:.イ./l:.:.|:.:.|\ハ    <                     >
.       /:.://://:.:.:.:.|/_レ1:.:ヽ:ル':.:.//厶斗|:.:.|ヽ/.:.:.   <   笑止千万!問答無用!  >
       i:.:〈/://゙|:.:.:.:.KYf刈` }/ ´_ )/ }:.:.|片.:.:.:i   <                     >
       |:.i.:.〈/「l|:.:.:.:.| 込ソ     イf刈了/:. 1 l V:.:|     VVVVVVVVVVVVVVVVV
       |:.|:.:.:.:人|:.:.:.:.|    __ 、 込ソ /:.イ:.| |l_|:.:.|
       |:.|:.:.:.|:.:.:|:.:.:.:.|    /  `7     イ:.:/:.:.!_!:.:.l:.:|   ブルジョワの妄言に耳を貸す必要はないわ!
       Ⅵ:.:. ! 从:.:.:.:|、   乂_.′    /:./:.:.:.:/:.:.リ:.:!
       {ハ:.:.|:.:.:.:.\:{:.〕ト      .イ/:.イ :.:.:/:.:.:/l:.:′  いまやドイツは屈辱と服従の時代から
        .∧:!:.:.:.:.:.:.:.ヾ|    ̄ {:.:.:.:.イ:.':.:.:.: /:.:.:/ /    脱する時を迎えたのよ!
           \:.:.:ノ:/ j    /: : 彳:.:.:.: イ):.:./ /
        .イi:i: : : : 厶   _/: : : : /:.:./〕ト:<_      この偉大な事業は、恥ずべきブルジョワ民主主義ではなく
       / /:i:i: : 厂  \ / : : : : {:イi:i: : /  ハ     一人の指導者によって導かれる国家社会主義に
      /  i: i:i: : に二二.V/: : : : : : xi:i: /      }__    よってのみ達成され得るの!
    イ    .|: i:i: : |     /: : : : : :.xi:i: /   ー─  }
 / `    /|: i:i: : |    ./: : : : : xi:i: :./、    ----  \





957 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:09:42 ID:kunQGPPc0





                _,.、-‐―――- 、__
            ,ィ´:.,.ィ'´ ̄``:.:ー-、\`丶、
           /: ://: '"´ ̄: : :\ヽ:}>、:.\
.         ,r‐fーマ,イ : /:/ ̄ ̄ ̄``丶 :.:\:.:\
        く―‐-、__〉/:/-――――- 、 \:、\: ヽ
     ,.ィ''7ミ_,斗<,イ:.:./: : :./: :,.ィ'"´: : } :\ ヘヽ:ヽ:.ヘ
    /  /:.く. //:.:.:./: \': :/: : : : :./: :,'!: \ハ:ヘ:. :ハ
.   /|   /:.:.ハムイ: : :/:./!: X: : : :._,イ:.:/ / | : |: ヽ!:.:!-‐┴-、
  ムj _,厶://{ ,':.:. :i,ィfテッ、-ヘr''"/:./,イ 」_;ム:.:.リ:.:ト、ー-、 {
  「 ̄、-‐<:.:./∨:.:.:.:.|`|ハ::::},ハ -‐''"´/ィ'"´!:/!: :/:.:.:!:|、\ーリ
  レ'´ ,':.ハ:.:.:/:.:.:|:.:. : :|ヽ'=ソ        /刋ミハ/:./: : :,':.| |  K、
    i/ |: :|:.:.:.:| : : : i         {krjノ '",イ : : /!:.| レ'ト \
    |!  !: :ハ:.:.ハ : : :ハ   /ヽ、 _'_   `"´ / : :./|: :.|.〈:.:.i    ヽ
       /∨::,ヘ: :|、: : : iヘ. {::::::::::ノ     ,イ_,.イ:/| : |ヘ∨     !ヘ
.      / i::./ ∧:| ヘ : ハ \`ニ´-‐ '"´-―‐-、:./|: ,'/\    | ∧  そして・・・偉大な帝国が
    ,イ   |::i ,'::.ヽ! ∧:.|、_  / ̄`Y´  \ ∧_/i/    ヽ  ム-‐'  灰と瓦礫の中から再び立ち上がるとき、
  /   |::|.! : :: :: 厶ハ|.::`Y´   / ̄`ヽ ヽ  } /      i\
 〃  ヽ |::||:: :: ::.::レ、__``/  /       ヘ`ヽ.ノ:|       |/~     ドイツ民族は世界に対して
〈 \    |:∥: :: :: | :: ::`7   {__       ハ_/::.::|_             然るべき地位を要求するのよ!!
. {   `'ー-、ハ ハ :: :: ::! :: ::/   /``ヽ\   | }-┤:: \
 ∨ \.  V.∧:: :: ,>'"ヽ_/   |:: ハ   !,イ └‐ー-ヽ
  ∨  ヽ   ハ.∧::/__  /    ∠ `ュ::| 〃
  ∨  >―\ {__ ``く   /     〈/ | `>
.   ∨ { :: ::r==t\` ー''tイ _,.、r'フ }__//ム
    `''ーヘ::く〉ー―v\∠`ヽ、__,.、-‐'"  /:: ::ヽ
       └‐ヽ--‐''7∧ヽ ̄``'ー‐―‐' :: :: :: ::\

            ┏┓                                   ┏┓ ┏┓┏┓
┏━━┓┏┓┃┗━┓┏━━┓┏━━┓ ┏┓┏┓┏━━┓┏┓┃┃ ┃┃┃┃
┣━  ┃┣┫┃  ┏┛┃ ━ ┃┃┏┓┃ ┃┗┛┃┃ ━ ┃┣┫┃┃ ┃┃┃┃
┃  ━┫┃┃┃┃┗┓┃  ━┫┣╋┛┃ ┃┏┓┃┃  ━┫┃┃┃┃ ┣┫┣┫
┗━━┛┗┛┗┻━┛┗━━┛┃┗━┃ ┗┛┗┛┗━━┛┗┛┗┛ ┗┛┗┛
                      ┗━━┛
    _____   _____   _____   _____   _____   _____
     |二>o<|__∩|二>o<|__∩|二>o<|__∩|二>o<|__∩ |二>o<|__∩|二>o<|__∩
    ( || ´∀`)/( || ´∀`)/( || ´∀`)/( || ´∀`)/( || ´∀`)/( || ´∀`)/
   / /   /  / /   /  / /   / / /   /  / /   /  / /   /





958 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:10:28 ID:kunQGPPc0





民主主義を顧みないヒトラーの強引で暴力的な政治手法、そして冒険的な外交・安保政策は、
世界で最も民主的とも言われたワイマール共和制の頸動脈を引き裂きかねないほど危険なものであった。



                                                      _ __
                      __ _                    , ----彡’フ}
                    . ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:..、             ィ:i:i\    /
                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.∠二二ヽ\           ./:i:i:i:ヾ:i:iヽ--イ
                /:.:_:_:/:.:.:.:.:.:./:/|:l:.:.:.:.ヽ:.:.:゚,       /:i:i:i:i:i:i:i:i:iV:i}
                   ':.:.{/ |:.:.:.:.:.:./X__!ハ:.:.:.:.:.}:.:.:.i      ':i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}/
                   i:.:/ト イ:.:.:. !:.芹Vト \:.:ム:.:.:|      /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/
                   |〈/:{ |:.:.:.:.|' 以    ソ|:.:.:.:|     ./:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/i:i/
                   /:.:.:.:ハ |:.:.:.:.|     イメ/:.:.:. !   .イ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/i:iイ
               /:.:.:.:.:.:.: |:.:.:.:i|   ` - ∧:.:/厶ィ7:i:/:i:i:i:i:i:i:i:i:i/イ
                  ':.i:.:.:l:.:.:从:.:.:.l|      .イ:.:.イ|+ォ| /:i/:i:i:i:i:i:i:i:i:i/′
               {/|:.:ハ:.:.:.:.:Ⅳ/ ≧==:.:.:.:.イ/i|  ̄ {:i:i':i:i:i:i:i:i:i:i:i/
                乂 /:ノ  /: :{://i/:/:i |   V:i:i:i:i:i:i:i:i イ
              斗イ:/⌒ ー/: : : : イi/ イ:i:i∧   ヾ:i:i:i:i/
             .イ>'"  ̄`フ /: : :ィi〔シ:イ:i:i:i:i:i:i:ヽ    マ´
            /:`ヽ  ィ´⌒ ./: :イi/:/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\_/
           .イ:i:i:i:i:i:V :!  ./: /iイ: :イ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/
         /:i:i:i:i:i:i:i:/: :lrn /: /i//:i:i:i:i:i:i:i:i:i:イ
           /:i:i:i:i:i:i:i:/l: : l /: /iイ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/
          ./:i:i:i:i:i:i:i:/トZ: :l./: /0:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i /





960 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:10:52 ID:kunQGPPc0




そしてこれは、ドイツ国内にとどまる問題ではなかった。


      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__    あのヒトラーとかいう詐欺師は・・・
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu    あのファシズムが産み落とした災いは
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |    必ずやソ連に牙を剥く!
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |
   ヽ           i    丿    あの男にドイツを支配させては
  /(⌒)        / ̄ ̄´     ならないお!
 / /       /



      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈 ● ノ\   /\● 〉
      ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
.      )    Y    (      なにしろボリシェヴィキの
     /γ⌒     ⌒ヽ\     絶滅を公言するようなならず者だからね。
.    /  |         |  ヽ
.    |   ヽ__人__ノ   |    奴は口先では社会主義をのたまっているが、
    \     `ー'´     /   国家社会主義はツギハギだらけの偽物さ。
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、   |    中身はボナパルティズムと伝統的ドイツ軍国主義を
   /     / r─--⊃、  |    かけあわせたゲテモノにすぎない。
   |  ヽ,.イ   `二ニニうヽ.  |




963 :クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで:2012/12/03(月) 21:12:18 ID:in7D8YDk0



ナチはともかく、とりあえずボリシェヴィキの絶滅は正義だと思うの…w


961 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:11:32 ID:kunQGPPc0





      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \    なんとかドイツにおける
 /  (●)  (●)  \  ファシストの台頭を阻止できないものかお?
 |      (__人__)    |  ドイツ共産党は何をしているんだお?
 \      ` ⌒´   /



: : : : : : : : : . : : : : : : /// ,  ., i : /  //: i   、ヽ: : . ヽ
: : : : : : : : : : : : : : : ///イ//// / : /:  .//: : /:   i ヽヽ: : 'l
: : : : : : : : : : : : : : '. : //イ/ / / : /: : //i: : /:   / : i ト:  'l
: : : . : : : : : : :/: : . : l / | / /: :〃: : 厶V:イ: :   /: :  |、 lヽ: !
:  . : : : _. ィ /. : :/: : l′ j/././//、ハハ/イ. : イ:|: : : ! ヽ 、 l
. : : : : : :l v. : : /: :   /  /: : ! ´   ヽ!  j:/:/: ハ: :  l    '|
: : : : : : : V. : : /: : : . /  / l: !     /´ヽ/ l/ l: : l'    l
: : :/. : /:/: /1: /: ./  /! ハ l          \ ,l: /        同志やる夫。
/:ィ /イ: /`l: i: :/  / l l' ! |          ノ l: /         目下、ドイツにおけるナチの急伸は
////: ∧/:ハ:/  / , ノ l |     _  r'′ //         労働者を糾合統一すべき
´~  {// // i'  ハ /′ ヽ    ´ーf'"   /′         共産党と社民党が対立していることにあります。
    l'′ /′ ,l  /、 /         -r'
     '.     | /  \ _ , 、       ハ                ここは反ファシズムの統一戦線を・・・
     '.    |′   /ハ/イ> 、...__.ィ l
    _ '       r/イ、//  i: / | /     _  / ̄`ー 、
_..  ´ ハ     //∧ヽ \ヽ、/:/  !′    {  ∨   ,___ ー 、
   _. - ' '    ///,、 '. ト、   /' ` ヽ、      ヽ  {  / i>′   '、
‐'"´     '   } } !ヽ\', ',ゝ、_    ヾ 、      '. !  !'"   , 、   }
        ′ j V  \ i、'、  ` ー 、  ヽ\     `.|  !   / 7´   '、





962 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:12:12 ID:kunQGPPc0





==ァ:::::: :::::::::::... :::::::::::::::::::::::::::::::. :::::::::.ヽ,
=,ア: ::.';:::::ハ:ヾ;::::ヾ、:::::::::ヾ、::::` 、:::ヽ,:::::::..',
シ::::: :::::';:::!::ヾ::ヾ、:::: ヾ、:::::::ヾ,:::. ::. ::::';::::::::i
:::: :::. :::::ヾヾ:: : ヾ、 ::::::::`ー::::.;:Yヤ::::::i::::::::'
:::::. :::ヾ::::::ヾ,:::.. ::ヾ、ヾ、::::::::::::リ:::i::::::::::::::::::
::::!:::ヾ、:ヾ、:::ヾ、:: :::::::ヾ,:::::::::::::::i!:::!::::::::::::::::,     なにを馬鹿なことを!!
::::!:::::::::`ヽ::`::::::ヾ、ヾ、::ヾi::::::::::::!:::!:::::::::::/"!
:::::::;::ト、:::.::::ト、ヾ、ヾ、_ヾ__ヽ、::::::::!:::!:::::::::/ ハ     ドイツ社会民主党(SPD)との共闘など
i、:. ::::!アヾ、::i ,ァ'ィiテーャ゙ヾi::`ヽヾ;:::::/ //::     ありえない!!
ヾ;::. :、ヽ ̄iヾ、  ゙  ̄  ,リ ヾ::::::, - ゥ '゙^ヽ
=.ヾヾ〉`ヾ |  `      ,/ u /イ/ ,----、     奴らSPDの目標はプロレタリア階級を
===ソ::::ヽ, ヽ_ -        / /" _        打倒し、ブルジョワ支配を確立することだ!
./:::::::::::::ヽ -   _    ,ノ! ./ ,.イ `ー
::::::::::::::::::::::.jヽ   ̄   ィ´:ノ /  ,ァー--、     奴らはナチと同等か、それ以上に危険なものだ!
::::::::::::::::::::::::!:::ヽ,、__ ,./::  `゙! ,!  ::::::::!ヽ
ヾ;::::::::::::::::::::!::::::::ヽ,  `ヽ、___ ,!ノ   ゙゙ /      ドイツ共産党はSPDと断固闘うべきである!
=゙i:::::::::::::::::::::!::::::::::::ヽ, ヾ、ヾ--r'`ヽ,  !
=シ:::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::ヽ、! `ヽ::::::::::! ヽト、
==、:::::::::::::::::::i::::::::::::::::__::::ヽ,__ `ヽ::::!  ヾ;゙
===ヾ:::::::::::::::!ィ´ ̄;/::::: : ヽ, ̄ ヾ;:`ヽ ヾ
====ヾ、::::::::::::::::::::::ヾ、:::: : : .:ヽ,  i::::::::::ヽ、
=====!: :.:::::::::::::::::::::::::ヾ、::::::::: : :ヽ、!::::::::::::::


. !: : : : : : : : i! : : : : : : : : : : : : : : i: : : : : : :!: : :i : : : : : : : : : : : : !: : i: : : : ;
 i: : !: : : : : : :!: : : : : : : : :i: : : : !: i!: : : : : : i: : :ij : : : : : : : : : : : : !: : i!: : : : i
 !:.i!: : : : : :r‐!:.i: : : : : : : :i!: : : :!: :!: : : : : :r : : :i!: : : : : : : : : : : : i: : : !ヾ : : !
 ソ: : : : : :// | !: : :i: : : : : i!: : : ト/i : : : : /i: : :イi!: : : : : : / : : : : i!: : :!ト ヽ: !
  |: : : : : :l i !:ト: : i: : : : : :!: : : i'"゙i: : : :/ !: :/i!: : : : : : イ: : : : : :!: !: :|i!  /
  i : : : : : `、、i!| : : ! : : !: : iト: :≠=リ: :./ミ、i;/=i! : : : : :/i: : : : : : i: :i : !
  i! : : : : : : ヽ_!: : i! : : !: : :| 彳"升:/こヾi'  i! : : : /ニi: : : : : : i!: !: ::i
  リ: :/: : /: : リi!: : ii : : ト: : !  ゞ;;;;タソ_ ..   i : : イヒ;;タ! : : : : :イ: :!トリ
  i!:/: : / |: :/ !: :jf : : i!: : !     ̄     !: :/´ ̄/i!: : : : :/i: :!
  i/イ:./ヽi:/   i: :i !: : :i !: :i          i:/   / イ: : : :/ i!: |
/ .l/  ゙` 、  i:i! i: : i i!: :!  し       i'  |/   !: : /  i: i
ヽ       ヽ、i! リ i! i !           _ _,!    i:./  ヾj
 `、        `ト./ i i!     ー―-、- '
ヽ ヽ.       / /、 リ' ヽ .     ーr       同志ラデック・・・
.:.:\ \      / /  ヽ、/.:.:`r,. 、 _ /r"、
.:.:.:.:.\ \    / /   /.:.:.:.://.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.
.:.:.:.:.:.:.:.\ \_./ /   /.:.:.:.://ト、_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.r '´ \.  /::....  /i.:.:.:./ i   ヽ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!





964 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:12:45 ID:kunQGPPc0




【補足】

     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \     初代ドイツ大統領エーベルトを
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/     輩出したドイツ社会民主党は、
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !      共産主義者の武装蜂起を鎮圧するため
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||       極右勢力と歩調を合わせた時期がありました。
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|       特にスパルタクス団(ドイツ共産党)の指導者であった
       l \     _    ,/ |       リープクネヒトとルクセンブルクを殺害した過去は
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |       ぬぐい難く、以降、SPDは共産勢力にとって
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !       不倶戴天の敵となりました。
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!



  i. ゙、 iヽ          /  /  / ヽ            │
.  lヽミ ゝ`‐、_   __,. ‐´  /  ,.イ   \ ヽ            |
  `‐、ヽ.ゝ、_    _,,.. ‐'´  //l , ‐'´, ‐'`‐、\        |
  ヽ、.三 ミニ、_ ___ _,. ‐'´//-─=====-、ヾ       /ヽ
        ,.‐'´ `''‐- 、._ヽ   /.i ∠,. -─;==:- 、ゝ‐;----// ヾ.、
       [ |、!  /' ̄r'bゝ}二. {`´ '´__ (_Y_),. |.r-'‐┬‐l l⌒ | }
        ゙l |`} ..:ヽ--゙‐´リ ̄ヽd、 ''''   ̄ ̄  |l   !ニ! !⌒ //
.         i.! l .:::::     ソ;;:..  ヽ、._     _,ノ'     ゞ)ノ./
         ` ー==--‐'´(__,.   ..、  ̄ ̄ ̄      i/‐'/
          i       .:::ト、  ̄ ´            l、_/::|
          !                           |:    |
             ヽ     ー‐==:ニニニ⊃          !::   ト、
            ヽ     、__,,..             /:;;:   .!; \
             ヽ      :::::::::::           /:::;;::  /   l

         スパルタクス団指導者 カール・リープクネヒト





965 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:13:21 ID:kunQGPPc0




            ,.:-=;1―;1―;1―;1,=-;:、
            ミ             ゙ミ
.              ミ      ★      ゙ミ
           /ミ             ゙ミ \
          《  ミ;========゙ミ } 》
.             》/ / / :/ : : : : : : : : : \ ∨《
.            /// : :/ :/ : : : /:/ |: : : : : ∨^:|  ドイツ共産党は「社会ファシズム」という言葉を作りだし、
           l∨ : : l :/: : :// / :八 : : : l: l : :|  社会民主主義とファシズムは双生児であると主張しました。
           | :| : : :|/ :/ //:/ :/  ヽ: : | ハ: :|
           | :| : : :|≧x、/イ//,.ィ≦ハ ノ : l: :|  SPDとドイツ共産党のいがみ合いは続き、
           } :|八 :代uzノ    弋uzノ仏イノ: :|  両者が団結してナチズムに立ち向かうことはついになかったのです。
.           ′:} 仆⊂⊃     ⊂⊃イ 八 : :|
.        /: : / 八 >  ~~~ .イ}{ : : : |
.        /: : 〈 // ̄》 》≫=≪《 《V ∧: : :
.        / : : : : {   》《_》《_》《 〈 /  、: :丶
       /: : : : : : }   《_/八_》      }: : : :\
     /: : : : : : :/    ∨{><}{    {: : : : : : :\
    / : : : : : : /人,___人}><}人__人\ : : : : : :ヽ
   《 : : : : : : // { ̄/∨`¨¨¨´∨\ ̄} \\ : : : : : \
  《 : : : : :/ 《(   } {_人    人_} {  )》 \ : : : : :》
   》: : :/   》)  人人_))   ((_人ノ (《    \: : :《
  《 :/    《(    \        /    )》      \ 》



    ヽ.ィ: : : :/   , /    l         'i '"´: : :.:|:.:.:.:.:.:.:!: : : : :_:ハ ',ヽ
      r‐:':::::::/   / / .     |     .l.    | .',: : : :.:|:.:.:.:.:.:.:|: : : : L_l::', ',r
     ',_:、:::/   |||.     |    .|.    | `丶;.:.|:.:.:.:.:.:.:!: : : : : :ハ::ヽ
      ノ:,'   .|l|      \   ト、   | l !´: :.:!:.:.:.:.:.,' : : :r ' `¬
      /:| | .   |十ト 、     |__x ┼‐ヽ- / | .).:: /:.:.:.:./: ::::::::|    |:   外から見たら
.      /:::,! |   .VV_ _\  `丁__ヽ|_____∨ ヽ{: : :/:.:.:.:./::::::;::::ノ|    !:   単なる社会主義者の内ゲバなんだけど、
     /:::::ハ.ト 、 ト下丁丁  ‐-不三丁丁フ  ,ハr'^,-ヘ':::::::::}::! |   .!:   よく考えたらナチスも
.    .ヽ|l ',ヽ \| 弋_‐.フ    弋_ー_フ   | .|/j〈ィ'>》_ノ"!::l .!   |:   社会主義を標榜しているのね・・・
         |丁|  ,、,、       ,、,、,、l  ! .|:.ヾ ニフ    !::l .|   |:
.           | l| ′′      ′′′| l| .|/:.:.:.:.⌒ヽ丶|. |:  ..|:   民主主義の打倒を目指すナチスと、
         / / 人             | l| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\|:   |:    プロレタリア独裁を目指すドイツ共産党・・・
          / /| |_  > .._  r_‐_、  _,  l l.! !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\  |:    むしろこの両者の方が親和性が
       /,イ | |! /:.:.:.::::ハィュヘ: ̄「「ヽ ..,' .,':| |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ|:    高いというかなんというか。
      ノ'   | .| ,′/`ヾニンリ:::..:.:.:.:.:./ /:.:.! !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
    ..'"ィ    | ||:.::':.:.:.:.::.:.`¬´:.:.:.:.:.:./ ':.:.:.:.| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:'.


【補足終わり】





966 :クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで:2012/12/03(月) 21:13:22 ID:oqTjCvZo0



皮肉な事にスターリンはヒトラーに対しては戦後になってもある程度評価してるんだよな


967 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:13:21 ID:kunQGPPc0



1932年夏の選挙は、ワイマール共和制において重大な里程標だった。
この選挙において極右のナチスや極左の共産党が票を伸ばすと同時に中道左派のSPDは議席を減らし・・・


                     ,,,,.,.,,,,
                   /  ・ ヽヽ                 (ゞv'り
            _,,,,,,_     ▼,__  |,|                 (゚ェ ゚ノ 、
           /◎ _ヽ    ム(゚Д゚ ,) ,|し     γニ三ヽ       ノ ( ((
           l <゚Д゚)~  .(|,, ,, 、)|      Cゝ ・、,・)う      (゚Д゚,,)))
  /| /⌒ヽ/⌒ヽ/Oノ:_フ⊃    | ,, ,, |      / ( ゚Д゚)     ⊂ ⊂  ソ
  | .ソ  ノ   ノ ノ:_ノ      ヽ.__ノ○  (_ノ U  ノ)      ヽ__ノ
  !、__入_入__ノU"U        U"U     ゝJー--J        (/ヽ)





さらにそのほかの中間政党がナチ旋風の煽りをくらって軒並み吹き飛んだことで、
国民世論が左右の両極に分化、分断されてしまった。


                                          (ゞv'り
            _,,,,,,_                              (゚ェ ゚ノ 、
           /◎ _ヽ                            ノ ( ((
           l <゚Д゚)~                          (゚Д゚,,)))
  /| /⌒ヽ/⌒ヽ/Oノ:_フ⊃                         .⊂ ⊂  ソ
  | .ソ  ノ   ノ ノ:_ノ                            ヽ__ノ
  !、__入_入__ノU"U                             (/ヽ)



これはつまり、14年間にわたる経済と政治と実験的民主主義の嵐の中で、
ワイマール共和制の抱え込む問題と危機が、自分自身の能力の限界に直面し破裂しようとしている前兆であった。





968 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:15:27 ID:kunQGPPc0




この激動の嵐を乗り越えられる人間は、一人しかいなかった。

厚顔無恥な嘘つき、手段を選ばないマキャベリスト、嵐を望む冒険主義者で、
近代史上たぐいまれな型破りのギャンブラー・・・


                         _,. -=ニニニ ̄ ̄ ̄`ヽ
                   ___ ,、 ̄_,. <::::::::::::::::::::::::::::::∧
                    // ̄>x{_ ̄ト:;:::::::;:x======ミ::::::::::::::` 、
               r-v' / ./::::「L -/:::::;======ミ   \::::::::::::::∧
                   ⌒V / -‐___! ./::::::: /:::::::::::::::::::::::\  !::::::::::::::∧
              _  _z=::   ̄イ:::/::::::::::::::|: !:::::::::::::::::、::::::::ヽ !::::::::',.x< )
.              /, ´ 〃  , ':::/:/:::::::::::∧!::|:::::::::::::::::::‘ ,::::::: |:::::::::i┴z__〉-- ミ
            レ'   /{_, , '::::::::/!:::V::::,'r、|:∧:::::::ト、:::::::::‘ ,:::::|::::: : |ヽ ー7 ̄`ヽヽ
                ゝイ/::::::, '::::::|:/ハ:::{.ゝ{ト、、V:: |_,\::::-=:V:l:;:::::: |_ヽ__/ 、   ヾ}
                  //,'::::::/::::::::i:}'::::::ヾl  Vハ ∨', .r t\:心∨::::::::| }::::::ト、\  /!
               〃 .!::::/i::::::::::|::,':::_::::',   ゞ’ ヾ',  Vzzソ、',::::::: | /::::: | ` v.', { |
                    {  |::/|::!:::::::, !:「::/:::八  、       /::::::::::: : |'::::::::::|  ./ } l/
           fニヽr ___  j/. | Ⅳ/ -=./:::::::::::ヽ  マー‐ _フ /::::::::::::::/リ:::::::::::} / /
           \ヽ-``   ー ´〃  /::::::::/i:|....>、___,.  イ:::,. - 、/}::::::::::::/ ./ {
             ` 、     _   -- /:::::/γ´........>' }彡チ:/ /::.. .\::::::, '〃ヽ⌒
            r 二_,. =≦    /::/ //....../    /イ />=ミx'´∠ i_ム
                        /  , '/.../Vx--z__,/. //´ 「 _ -=ト、............≧===彳
                        〃/.../. >'ヽ ___/..../7  //     ‘,.................../
                         {{.{....l . . . ,. イ......// ∨′        !_.........../
                       Ⅵi...| l. /.....,r=チ>'   i_,. --z     \ ̄
                       Ⅵ..|j./....///      :{.::::/´   _ --  〉


アドルフ・ヒトラーの本当の危険性に気づいている人間は、この時まだ少なかった。





969 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:15:59 ID:kunQGPPc0





     ____
   /      \
  /  \   ,_\
/    (●)゛ (●) \  では、従来通りコミンテルンを通して
|      (__人__)    |  ドイツ共産党への統制を強化するお。
/     ∩ノ ⊃  /   SPDとの融和は断固として
(  \ / _ノ |  |    これを認めないお。
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



                          /::::::::::::::::::::::::::::ヾ;::::::::
                         ,.'::/ :::::::::::: :::::::::::::::ヾヾ::::
                        ,.'::::;' ::::::::::::: :::: :::::::::::::ヾ、::
                       .,゙::::::i :::::::::::: : リ::: ::::::::::::::::ヾ:
                      /: .:::! ::: ::::::: : i:::::';::ヾ::::::::::::::
    さすが同志やる夫。      ,':: ::::::::',:::i :::: ::. :::!::::::';::::ヾ、::::::::
                      i!::::::::::::ヾ:: ::::::::ヾ,!::::::::ヾ::::::゛:::::
                      !::::::::::::::;y、ヾ::::::!ヾ、::::::::::::::::::::::
    正しいご判断です。    `ー.イ:::::::::::::トヾ!ゞ、::::::ト 、::__:::__:::_::::
                     `'ー、:::::::::ト;!ヾ二ヾ'ヾヽーく)゙_ノノ゙i:::
                       〉:::::ト,!`     ゙i:ヽ    ノ:,イ
                       ' 厂ヾ,`      .!::.    '
                         ,./ト、 u  ヽ _,ツ     /
                       ,./";' !::'.,  __  _____   ./
                  ,., .-‐''"::/::::::! .i、 ヽ、 `ー-'"





970 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:17:03 ID:kunQGPPc0




結局、この時ソ連がとった行動は
コミンテルンを通してドイツ共産党をへの影響力を維持するという伝統的な方針であった。



  c6883o
  |i| i ||
  |i| | ||
  |(#゚Д゚)  <過激派!テロリスト!
  (ノ ii i|)                                           (二二ニニつ
  |,,|||,,|,|                                             ヽ    /
  ∪~∪                   修正主義者!社会ファシスト!>     (゚Д゚#).|
                                                 ⊂|.  .υ|
                                                   |    |
                                                   ヽ _/
                                                    U U



ドイツ社会民主党とドイツ共産党はモスクワの干渉もあり統一戦線の形成もならず、
ヒトラーのナチ党に対して有効な対策はついぞ取れなかったのである。




                    /__/  /  /  '  l     ,   ',\ヽ ヽ ヽ
             /`!    /´_/  / ./!  !   !     ',.  l .:.l`|  .:ト、',
             | |   / / ,'  /.:./  |  !',  ',    l  :|..:.|.:|  .:ト、\
             | |   ∨/|  :!.:/ ̄`ト、:! ', .:.:',  , 斗‐┼┼|  .:|、\ 〉
         ,.-、 | |   /\_」 .:l:,'    ! .:.|ヽ', .:.l∨ .:| :l.:|.:.:|.:|  .:| \У
       r‐| _ヽ,! |   ,'  / ,| .:.:!{    ヽ:{.  ヽ、', \.:|:ノ//l |  .:|__〉|
     /! !〈 ∨ |  ,  / ,ハ .:.', _,,.___,,二    ``二,,_.,,_ノ.:|  .:| |、ヾ      無能な左翼どもの
     ! '、 ヾ、\|  !: / // ,l\ヽ ´¨¨´   '       `¨¨`ノ:,' .:.:.,'! !:\\
.     \ \_ト}  `{  |:.l l l { !.:.:.\、    l二二二'、     / .:.:./:| |.:l.:|l }    習性なんてお見通しよ。
       | `¨´/  | |ト、j|`!.:.:.:Λ`   ',     /     ' .:.:./.: | |.:l.:|| /
      ',  {     !  |:.| N.:l:|:.:.:.l:|.:\    ヽ.__/     ,. / .:.:/ .:. レ': l.:|`     哀れな羊どもの群れを
     ┌ゝ、__   ノ、  ',:! |.:l.:l:|:.:.:.l:|:.:.l:个 、       ,.ィ'´:/ .:.:/.:.:.: /.:. j.:|
     ト、.___ ̄__,'   ヾ ',.',.!:', .:.l:|.:.:{: l/|` ー‐ '´ 卜/, .:./.:.:.:, '.:.: /}.:!      狼の如く食い荒らしてやるわ!
    __j`ー----‐/    \ヽヽ.\:{>'´ /ノ       _///.:./.:.:. / 〃
    「  ヽ、__ ______{   , ー厂 ̄´\`ヽ. ,'        __/´//\:. //
    |          ヽ. / |      ヽ  ,'   _ ___  | '´   `¬ー 、
.   j             〉′  !        } ! ̄      ̄`|           「ヽ
  /            /   , l       |          |            |  ',
. /            /    l !       |         |           !  ',、
 !            /    l ,ハ.        |         |            /    !\



これはつまるところ、ただヒトラーを利するのみであった・・・





971 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:17:28 ID:kunQGPPc0




【補足】


 |::    |l::.       |:::     :  .:::i|      :l:::|    .:|::::::::::|、   __」
 |:::.    ||:::.     |:::.     :: .:::l |    .::l::::|    .:::| ::::::::' ヽ(´|| | |
 |:::::.   ||::::      |:::::.    .::: l:::l !    .:::l:::::|   .::::l::::::::/   ヽ|| | .|
..∧:::::.   |:|:::::.    |i::::::..  .::::::l:::l l   .:::::;::::::!  .:::::'::::::/    ノ|| | !
::.. ト、::.__|:|:_     | l:::::::.....::::::/:;:' l   .::__イ_j__ .:::::/:::::∧rー'T´:::|| l  |
:::::. | l\N} \_丁T'┘ lヽ::::::::〃/ ナ了 ̄レ  /イ::ィィ´:::/ _) l:::::::| .| |  |
ト、:::| |   二二_     ヽ/     _ 二二   ´|: l:/∠フ   |:::::::| .| 廴_j
゙卞.| | ´千¨モ_メ ヽ         ´ィキ_テ于` |: l イ匀′   |::::::|__j  |
ソ'| |ヽ  ` _ 一 ´           ` ─ _ ´  .!: |゙宀'″   i|::::::::::  |   どうでもいいけど
  | |::|ハ                     イ:|:: |      ||:::::::::  |   なんで元トロツキストのラデックが
  | |::|  、           {i     し    /  |:: |      |:l::::::::  |   しれっとやる夫の側近っぽい
  | |::|  \        - =-         /   .|:: |      |:::l::::::  |   立ち位置にいるのよ。
  .i| |::|   匸.>        ー        <___]_  |:: |      |::::|:::::  |
  .l| |::|´ ̄: : : : : : :`   . ___ .   ´: : : : : : : : :`|:: |      |:::::|::::  |
  l:| l::|: : : : : : : : : : : :f'〃ニヾハ: : : : : : : : : : : : :|:: |       |:: |::::   |
 l :| l::|: : : : :_: : :-‐ :八,ゞゆソ人: :ー: : :_:_: : : : :|:: |       |:: |::::   |



          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ     元トロツキストのラデックは
        / ,=          ヽ     リープクネヒトのスパルタクス団蜂起にも
       /  ,='  _  ∧_ _,,         深く関与した人物です。
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\    その経歴から
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ     ドイツ専門家としての知識を買われ
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ     やる夫の対独政策のアドバイザーとして
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/     復権していました。
         | |{i t    _     / |
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |     元はジャーナリストだったようですが
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |     なかなか世渡りが上手だったようですね。
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |

【補足終わり】





972 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:18:10 ID:kunQGPPc0




1932年、ボリシェヴィキは、数えきれない虐殺と絶滅の果てに、
その無数の死骸の上に、偉大な国家を建設しようとしていた。



        ,   r--ュ r--ュ「77!                                     rュ
777777l  ./l|  l///| !//////|―ュ         r-‐ュ_  j               r-ュ   」/l
//////|////! __ |///| _l//////|///|        j7////77|       !777ェ   r='7//l|   l//|l
///////////lイ/ト|///|l///////////lェ「77ヽ==='////////トt-=-=-l////ト=-'7/////l|-==イ///-=
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
/////////////////`´: : : :\///_ ///////////////////////////////////////r- '⌒ヽ//
/////////////, -イ:.:.:/{{`ヽ-: : :ヽ .ア:__,.へ:::`ヾ/////////////////////_ノ゙ヾ、/////.j ,___ぅ^′
////////////:.:.:.:ゞ/rx__r廾>ヽ: }ア::ノ,zz  __ヽ<, -へ__/////////--- 、-{:.:.:; -'ー 、 / l///////
: : : : :>-- '´_:.:.:.:.:.:.:.:.L..」└‐┘!/}:_/ ゚-  ゚ ' ハ:.:.:.:.:.:.:.:ゞ´ ̄>´::::::::::::::::::::ヽ/:.:.:.:.:.:.:.:.:\__l////__
    }:.:, ´: : :`丶: : : \ー`,. イ:.:il:.:ゝ!  [二l ハi:.i:.:.:.:.:.//<__::::::::,、::::::ヽ:::l:.:.:.:i:.:.:.:.:.ト、:.:.:l ア ̄r---
^~`ヽレ′: : : : : : :厂`Lア二,イ:V ヾ__ヽ  .._ イlr.ヽ>`. . . . . . .く/V xz-↑L:.:.:ト,__/二_/   /
:::::::::::l: : : : : : : : : /  </ヽ/`ヽ/     ゝ..__/. . . . ,、. ,、_ト. .ミ __゚- .r '::::}:.:「 x. -゚イ_ /
:::::::::::ハi,、,、i: : : /         .l   i      Ⅵ. . ノ-イ r. Lト'ー 'イ⌒ヽヽ-< rっ':.:.:.:.ド、
Aヘ::::j__Lヽ_r-ァ'        ./ j   i      ヽVr┘・` _ー レヘ V⌒′'. ト、!:.:.:ト¨´:.:.:.:.:.ヾ:.:.`l
.゚ ' r ':::::}  ア       /}  Y⌒ヽl        >- 、.ー'イ´`ヽ L_.ノ! ! ハ:.:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ┴- 、
-‐'´:::/:::| ∠_      ∠、 丁]  .厂      r ⌒7:.:/:.`¨´:.:.:.:.:.:`ヽ__l .l  厂ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
::::::::::):::/:.:.:.:.`丶__  j.  ヽ !/  ,l        ヽ  !V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'.:,/l`\! l  /r‐┴ 、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:::::::> '::::::::::::::::::::::::::::V- 、   './  / !  , -=  ̄ ̄^\ `!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ ヽ-l .//ノ:.:.:.:.:.:.:. ̄`ヽ- ...._
::/::::::::::::::/:::::::::::::::: {   ヽ  l ./| }/:::::::::::::::::::::::::::::ヽ `ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.L_ヽL) /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}: : : :/:



世界恐慌が列強を襲うなか、膨大な犠牲と引き換えにソ連の工業力は天井知らずに伸び続けた。



【1932年時点における各国の1929年比工業生産伸び率】

       -100  -80  -60  -40  -20   0   20   40   60   80   100
                             │
アメリカ                  ┌──────┤
                     └──────┤
イギリス                         ┌─|
                               └─|
フランス                   ┌────┤
                         └────┤
 ドイツ                    ┌──────┤
                         └──────┤
  ソ連                         ├──────────┐
                                  ├──────────┘





973 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:18:46 ID:kunQGPPc0




およそ1400万人の死者を出す一方、鋳鉄は約2倍、石油は約2倍、電力は約2.7倍も成長。
GDPに占める工業の割合は70%に迫ろうとしていた。


(単位:百万トン)  ──・・・1928年  ━━・・・1932年
21
                            ┏┓
20                          ┃┃
                            ┃┃
19                          ┃┃
~                         ~
12                          ┃┃
                            ┃┃
11                            ┌┐┃┃
                        ││┃┃
10                            ││┃┃
                        ││┃┃
.9                             ││┃┃
                        ││┃┃
.8                             ││┃┃
                        ││┃┃
.7                             ││┃┃
          ┏┓                ││┃┃
.6         ┃┃                ││┃┃
          ┃┃                ││┃┃
.5         ┃┃        ┏┓    ││┃┃
          ┃┃        ┃┃    ││┃┃
.4         ┃┃    ┌┐┃┃    ││┃┃
      ┌┐┃┃    ││┃┃    ││┃┃
.3     ││┃┃    ││┃┃    ││┃┃
      ││┃┃    ││┃┃    ││┃┃
.2     ││┃┃    ││┃┃    ││┃┃
      ││┃┃    ││┃┃    ││┃┃
.1     ││┃┃    ││┃┃    ││┃┃
      ││┃┃    ││┃┃    ││┃┃
      鋳鉄     スチール     石油



ボリシェヴィキは、その底知れぬバイタリティ、タフネス、そしてパワフルさから
無人の荒野に都市を作り、工場を作り、発電所を作り続けた。
その狂信的な熱意が、後進国ロシアを完全に生まれ変わらせようとしていたのだ。





974 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:19:27 ID:kunQGPPc0




   巛彡彡ミミミミミ彡彡
  巛巛巛巛巛巛巛彡彡
  |:::::::          i
  |::::::::     /' '\ | キャッ
  |:::::    -・=- , (-・=-
  | (6    "" ) ・ ・)(""ヽ         それもこれも、何を隠そう
  | |    ┃トェェェェェイ┃ |         我がOGPUの献身的な職務が
  ∧ |    ┃ヾェェェ/ ┃ |         可能とさせたもんや。
/\ノノノヽ ┃  ⌒  ┃ノノヽ
::::::::::|ヽヽヽ ソ⌒ ヽ━┛r ⌒ '`ノ、
::ヽ、:::|::::`- 、_  ノ,ヘ、ヽ  _,/::::;'ヽ
::::::::ヽ:|:冫、ニニ ク ヾ__ノ |、二,クヽ:::/::::::|
::::::::::/::::::::::::::/ヽ i l, ./|::::::::::::::\:::::|
:ソ/::::::::::::::::::/::::;ヽl i/::::|:::::::::::::::::ヽ::|

OGPU幹部 ゲンリフ・ヤゴダ



    ′.{/:::::::::::::::/ミ`i:::::トyシ7へ::::::::::::::\
      ,:':::::::::::::::/`゙゙"!、::l    \:::::,:''゙
.     /::::::::::::::::/    ','' ',     \
     〃:::::::::::::::′   '!:::i,    ,, -‐ヾ´,
    ll::::::::::::::,'      ';:::i,  ,ィ'"   ヾ:
     ll::::::::::::.,' -―‐- 、 'i,:'!  ゙ ,. , -‐,,z=
.    l!::::::::::::!   ._,,,_' ,ヾi,:i,   シ',r'"{:.`''′      いまや収監されている
    l|l::::::::::::l , z,=r;;テミ、', ゙li,   '゙ _,,`ニ        政治犯罪者の数は100万以上。
    ゙il::::il ',:::l '´ ヾ.゙''゙ノ   '! ':,
    li,''゙ ゙' l `' == ''"  l  丶            まさに膨大な数の「労働力」だからな。
     lト,、',, :'i,          l
     llゞ:::::::::',         l               五ヵ年計画の達成には
     llリ>、::::::',      〈 _ _             いくらあっても足り過ぎるということはない。
     ,!jノ ヾ:::::',、       ``"    _,,
     l/   ヾ:::::'iヽ、   _,,. -― '' "´
         ヾ::ヽ',丶、 ´  、,,,,,. .:
          丶ヽ'i、丶、
           ゙i,:i,ト、'i l`iヽ、    , ィ′
           、┴i,ヽlハ',i ` ‐-‐ '",/
            ヽ'7 <ラ ',i,     //
             ソ / ,-tL、  , -''"

    OGPU長官 ヴァチェスラフ・メンジンスキー





975 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:19:55 ID:kunQGPPc0




OGPUの収容所総監ゲンリフ・ヤゴダは、収容者を無償無限労働力として重要な五ヵ年計画事業へ投入し、
ソ連全土を支える独特の「奴隷労働経済」を構築することに成功していた。



   巛彡彡ミミミミミ彡彡
  巛巛巛巛巛巛巛彡彡
  |:::::::          i
  |::::::::     /' '\ |           犯罪者を牢屋に入れておくだけというのは
  |:::::    -・=- , (-・=-           あまりにももったなさすぎるで。
  | (6    "" ) ・ ・)(""ヽ          「資産」っちゅーもんは、
  | |    ┃トェェェェェイ┃ |   ∬      運用せえへんとただの宝の持ち腐れやからなぁ。
  ∧ |    ┃ヾェェェ/ ┃ |  __,ー、
/\\ヽ   ┃  ⌒  ┃ノ  |   |ニ、i
/  \\ヽ  ┗━━┛/   ヽ_ノー_ノ\
     \ヽ.  ー--一イ /ヽ_   ̄ `-' _ノ)


逮捕・起訴・裁判・刑の執行という法務体系を完全に自己完結できる超法規的組織OGPUは、
いまや治安秩序だけでなくソ連経済においてまでなくてはならない存在と化したのだった。





976 :クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで:2012/12/03(月) 21:21:12 ID:rVErhnpo0



階級のない社会を目指したのに奴隷制とはこれいかに


980 :クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで:2012/12/03(月) 21:22:24 ID:in7D8YDk0



>>976
指導者以外全員奴隷階級なら擬似的に階級はないと呼べるのではないでしょうか同志!



978 :クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで:2012/12/03(月) 21:21:46 ID:oqTjCvZo0



>「資産」っちゅーもんは、
>運用せえへんとただの宝の持ち腐れやからなぁ。


人道を清々しいまでに無視していることを除けば実にありがたみのあるお言葉だなw



977 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:21:12 ID:kunQGPPc0




   巛彡彡ミミミミミ彡彡
  巛巛巛巛巛巛巛彡彡
  |:::::::    ⌒   ⌒ i
  |::::::::    __     __ |       さーて、反ソ分子の摘発は
  |:::::    ノ・-ゝ,  (・-ゝ       まだまだ続けるでぇ~♪
  | (6    "" )_・_・)(""ヽ
  |      ,,r''" --`--、 !     なんせ、我がソ連の「奴隷経済」はつねに
  ∧    /    ', ニニユ i     「反ソ分子」を必要としとるんやからな・・・
/\\ ヽノ     , ー='ノ
/  \ /\   _,,ィ '" ̄ \
   /    `ー/ -ー'´   `、
  -'"      /        ヽ ヽ
ノ^       /          ヽ 、



 /  /::::::::::::::::::::::::::::},ィi!:::::::l:::::::::::::::':,
_/ ,' ,'::::::::::::::::::::::::::::/^'ー!::::::l:::::::::::::::::::':,
' / /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::/  ,l:.:.:.ハ:::::::::::::::::::::',
/ ,/: : : : : : : :.:/    l:. / ',::::::::::::::::::::i
//: . . . . . : /`丶、  ,'::/  ',:::::::.::::.::::::l
;': : : : : : :::ィ'zzミ、、ヽ,/::/   ':,:::.:.:.:.:.::::l
:.:.:.:.:.:.:.::::/´,ィ=ミヾ'、 /:/ , -― l::.:.: :.: :::l
:.:.:.::::::::,〈  {lifjlリ 'ソ ,':/ /::_  l:: . . .::l
:::::::::::/ ゙`ミ竺ョ  ,'/  lッ'",ニヽ,j: : : : ::l
:::::::::/       /′ l 、,{ifjリ,リ!:.:.:.:.:::l     農民階級との闘争は
::::/       /   ',ヾ=彳 l::.:::.:::l     OGPUの地位をさらに高めていくだろう・・・
''′             '、  ,! l l::::::::,'
  、、         _,.:ノ / //!::::::,'     我々は革命の剣にして守護者なのだ。
   ヾゝ、、      ` '´ / //,l:::::/
    `' 、 ` ' ―-- 、_, / // /:::/      「敵」との戦いが激しさを増せば増すほど、
、     `丶、、__ヾツ,イ /イ /:::/       我々は国家にとって不可分の存在となる・・・
::丶、    丶、,,__,` /」ム' f/:::/
 ::::::丶、    `""  / r/ //
  ::::::::::::丶、 ___,ィ'    ▽
  ::::::::「 ̄ ̄        /
、  :::::l
 `ー- L、
      `丶、





979 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:21:59 ID:kunQGPPc0




/  /  | l、`゙ヾ:;:;:;:l    -‐ '´  〈
  / i l / ` ‐ヘ;:;:;:l         ',
. /l  l ル′',   ';:;:;ト、_____ノ      いずれ・・・そう、いずれ。
/=レV'′  ',  ,!;:;l    _,. - '"´
、_/ `丶、  ', ┴'ァ  ,'            ソ連の路地という路地が、
::リ\ 、 `丶、;-ゝく /             畑という畑が、土地という土地が、
::::::::::\',、丶、..ヾ′ `Tヽ             治安だけではない・・・
::\:::::::::丶、:....::l  、 ', ヽ            すべての行政と経済が、あるいは文化までもが、
:::::::`ヽ::::::::::\:..l  li,    ',           OGPUの盾の下に収まるときがくるだろう。
::::::::::::::ヽ::::::::::::ヾ  lli,    ';
::::::::::::::::::゙',:::::::::::::\l|li,  i,  ;
:::::::::::::::::::::',:::::::::::::::::ヾi,  ', 、 ',
:::::::::::::::::::::::',::::::::::::::::::::ヽ ', li, ',
、:::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::〉、l、li, ',
::ヽ:::::::::::::::::::L::_:--―▽::::ヾ li l
::::::ヽ::::::::::::::::::::::``丶、::::::::::ヽ li !



   巛彡彡ミミミミミ彡彡
  巛巛巛巛巛巛巛彡彡
  |:::::::          i  ブフッ
  |::::::::     /' '\ |
  |:::::    -・=- , (-・=-       ブハハ!!
  | (6    ⌒ ) ・ ・)( ^ヽ     おやおや、メンジンスキーはん、
  | |    ┃ノヨョヨコョョi.┃ |     いけまへんなぁ。
  ∧ |    ┃.ト-r--、| ┃ |      それじゃあ、まるで我々OGPUが
/\\ヽ  ┃ヽニニニソ┃ ノ     ソ 連 の 支 配 者のようやありまへんか?
/  \ \ヽ. ┗━━┛/ \    ほんま、おっそろしいことですなぁwwwwww
.    r‐-‐-‐/⌒ヽ-ーイ   `、
ヽ、  |_,|_,|_,h( ̄.ノヽ  ビシッ  ヽ
ー-ヽノ| `~`".`´ ´"⌒⌒)     ヽ
ノ^ //人  入_ノ´~ ̄       )




984 :クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで:2012/12/03(月) 21:23:56 ID:897FyNcU0



悪意が全く無いからこその恐怖だよな

何しろこの時代のソ連、列車の半分が囚人護送車とかいうメチャクチャやっていたんだから



981 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:22:52 ID:kunQGPPc0




  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:::/    |..:::|
. /. : .:.:::::::::::::::::::/       ',.:::!
 ′.:.:.::::::::::::::::::/       |:::|
i:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::/`丶、    |:::!
|:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::/    :::ヽ.   |::l
|::::::::::::::::::::::/ ̄/丶、 ::':,  |::!
|:::::::::::::::::::∧  |{frj}ミ>、',  !:!     ・・・人民を支配するものが国家を支配する。
|:::::::::::::::::,'  `‐`=='      l:|
',::::::::::::::::ト、       i  リ      そして、そろそろ「あの男」がイタリアから帰ってくる頃だ。
.ト、::::::::::::| l',        .,'
.| l、:::::::::| |. 、    .::/         人民の支配にはあの男が必要不可欠だ。
.|,ハ:::::::::| | li':,    ::〈
7  ',::::::::| |ノリl'、     ヽ        同志ヤゴダ、くれぐれも遺漏のないよう努めろ。
.   ',:::::::Wl/|l ヽ
   |:::::::| / リ、 li>、t,、、
   |:::::::lイ lj 〉l/リi、丶ミ 二二
   |:::::::| /イi;▽    |:::::::|.// l / ソ>、    ̄
   |:::::::l′  /-‐'´ ,ィト、



   巛彡彡ミミミミミ彡彡
  巛巛巛巛巛巛巛彡彡
  |:::::::          i  ホジホジ
  |::::::::     /' '\ |
  |:::::    -・=- , (-・=-          同志やる夫がご執心の
  | (6    ⌒ ) ・ と'⌒^^ヽ、       あの物書きでっか・・・
  | |    ┃ _ノョヨコョヽ   ヽ
  ∧ |     ┃ ヽニニソ ト、   \     ま、ワイに任せてくださいなwww
/\\ヽ   ┗━━┛ ノ`、/ ̄\
/  \ \ヽ.   __ / \ |    ヽ
.    r‐-‐-‐/⌒ヽ-ーイ   `、     i
ヽ、  |_,|_,|_,h( ̄.ノヽ  ビシッ  ヽ    |
ー-ヽノ| `~`".`´ ´"⌒⌒)     ヽ  /
ノ^ //人  入_ノ´~ ̄       )-'





982 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:23:20 ID:kunQGPPc0




                ',:::::.:.:.:.:.:.:.:.:l      l::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.l
                  ヽ::::.:.:.:.:.:.:.l.      l:::::::::::::::::::::::.:.:.:. l
               ヽ::::.:.:.:.:.:l.       l::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.l
                l:::::.:.:.:.:.',     l::::::::::::::::::::::.:.:.:. l
                /:::.:.:.:.:.:.:.:〉    l:::::::::::::::::::::::.:.:.、:!
                ヽ, -、.:.:.:/}!.    !:::::::::::::::::::::::::.:.:ヽ
                  l   ̄ /     /::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:ヽ
                  l     l     l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/               ._            __
                  /    l!   l:::::::::::: -´ `  、:/              _/ /_         / /
                   l     l!   ヽ ´         !              /_ _  /     _   / /
                ヽ、 _ ノノ   /          \             / / / / LフLフ/ /  L/
                  `ー‐ ´     l、           ヽ  ヽ_,      / / / /   // ∠フ
                           l ヽ _      _ノi   ヽ(_/    . ̄   ̄     ̄
                          `ヽ __ ̄ ̄ ̄   _ノ    ) (
                                ̄ ̄ ̄      ´⌒\





983 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:23:43 ID:kunQGPPc0





:'''´: : . : : : . : : . : : . : : . : : . : : .''""゙゙´_,.,.::;;;' : : .: : . :..:.:.:..::.::::::;;:;:;';:':':':'" : .__,.,;:"''':;';:::: .:::;'": : .
. : : . : : . : : . : : . : : . : : . : : . : :_.:_ _;::': . : :.  ....::.:::;;;:';':'':'"´: : `_,.,...::.':'"...:.:::;;:;:;';:;':';;:''"´.. : : .. :
. . . . . . . . . . . . . .__,.,:::;':;';'"` .. . ..:.:.:;:;;':':'"´ .  _.,..:''"、:.:::.:::;;:;:;';';':''':'"´. : . : . : . : . ::
 . . . . . . . . ._..,...;'"´...:.:.:::.:::;;:;:';':':':'"´. . . . .,.,.;'::':"".`""''''"´ . . . . . . : : . :
. . . . .    _,;::."'..:.:.:::.:::;;:;:;:;';::':':'"´ `´        . . . . . . . . . . . . . . . .. . . . ,.,:::
     ._,. :.':"...:.:::;:;';':':::':'"´                         ,, ,.,.;,;::::,:::::;''" ..:.::;':;
  _.....:;;:;:;::';::':':'"´                        .,_.,::;:':''"゙"゙゙'..:::::.::;::;:::;:::;:;';';:::';'::'''"
 ` ´ ...:.,.._                        .., . . .,;:;':"...:::::.;:;:';'"'''` .;:;'r-=´へ、;':'":'"  . .
::'".,:::;:':;''         ┌へ、        `゙"´ ´""''''""´     _,/ / ':..ヘ `.\、_
"´'"           _,/.::/.:::::;>‐''゙ ̄ ̄ハ .r─r--::;:-.:.、_:: ,<´_,::":/:':::::..`._..::;'".へ'´\/^
       _/`yヽ√\ヘヘ:/  ..:::. ...::/ ,::' ..ソ;:::;..i:.  . ::...` "_/へ.`ー-v::、,_...:,:_,/:/.:::
─'ー─´ー─----‐'ー-─'´ー-==;;:;'__,:::".::;';';:;';;;;;;;;;;;_ヾ.∠;;,,_:::__\:".::/'';;';';:;';;;;;;;;;';';
          rュ、.                 . . ..。.         . .. .^
   ^    。    ゚  .  . '   :   '',  ; ' '  ;  .     .     ;  .  ; ' :
.  . '  :     '    ,     ;   '     '      ;   .  .   '      :
    ::;__;;        ^   .    :.     ;    .  ;     ' :      ;    ~




    ' .\(ム ゞミ  、     , 、 ,ゝ-=へ_ノ    '
     \`  r'彡     、 `,. -- .;' , , ,     ;′              この国の空気を吸うのも久しぶりだな・・・
     />へ, , ,    Y´      `ー、/   '\               しかし相変わらずしみったれてやがる。
 > '゙i////}.  ∧      {  + + + ノ    ,゙//`ー-  _
´////|///,;|、   \ ,  `ー―==≦   、` ,)/////`ヽ///`ー -  _
/////|///|\   ` 、,' ゙,     、、`゙ヽ>´ } \////,∧///////////`  .
/////|///,;|  \     、≧‐-‐==' ´   ,'  .∨///,∧//////////////`ヽ
/////|///,;|    \       ,.へ     ,'     ∨///,∧////////////////\





985 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:24:11 ID:kunQGPPc0




      /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::ー--、
   , '.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  〃.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,::::ニ=--イ
  /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_:彡=、::::>'´ r==ミ '.
 ,゙.:::::::::::::::::::::::::::::::::> '´     `´   ∧:r.、:::::ヽ
 !:::::::::::::::::::::::::::::::::::|   ,イ≧:...,  ヽ ∧:,゙  \::∧
 |:::::::::::::::::::::::::::::::::::|  〃.:=ミ::::::::::>zチ:::::; _ `´ }     特に農村の空気には反吐がでる。
 i:::::::/`ヽ:::::::::::::::::::| /.:/   >、' .::::::::::ノ'´__,゚'  ∨
 ∨::{  、 丶:::::::彡゙ 〉Z >'´__,:° >ー- 、          薄汚い農民どもの匂いが
  ゞi  { ヽ .∨:ム         ´      i.   |     こびりついてるようでな・・・
   ∧ } ヘハ:::::}           ノ      〉  _,'
    ' .\(ム ゞミ  、     , 、 ,ゝ-=へ_ノ    '      ふん。身銭に困ってさえいなけりゃ
     \`  r'彡     、 `,. -- .;' , , ,     ;′     こんなところに戻ってくることもなかったんだがな!
     />へ, , ,    Y´      `ー、/   '\
 > '゙i////}.  ∧      {  + + + ノ    ,゙//`ー-  _
´////|///,;|、   \ ,  `ー―==≦   、` ,)/////`ヽ///`ー -  _
/////|///|\   ` 、,' ゙,     、、`゙ヽ>´ } \////,∧///////////`  .
/////|///,;|  \     、≧‐-‐==' ´   ,'  .∨///,∧//////////////`ヽ
/////|///,;|    \       ,.へ     ,'     ∨///,∧////////////////\

           作家 マクシム・ゴーリキー





986 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:24:51 ID:kunQGPPc0




ゴーリキーは1868年、マクシム・ペシコフとして生まれた。
幼くして母を失い、浮浪児となって最底辺の農村で残飯を漁りながら生き延びた。


        i        _.. -―――-- 、       ,′:.:.:.:.:/:.
        |!     , '´::::::::::::::::::::::::x―<:`丶、  ./:.:.:.:.:./:.:.:.:.
       i .}!    , ′:::::::::::::::::::::::::::{、   ヽ、:::::ミ/:.:.:.:/:.:._:.:.
   i   |! _jト   /:::::::::::::xー- 、::::xへー-<   ̄^ー< ̄:く:.:.:.:.:
   }! ,.イ! V∧  /::::::::::::/Y´ ̄`ト、,   ̄^ > 、.    \:.:.:\:.
   N!.V∧ V∧ ,′:::::::::l {:::{ ̄二"    ___.  `ヽ    \:.:.:ヽ
 .|V∧ V∧ V∧}::::::::::::::{. Vヘ { ̄ !. ;γ´  }:::::`丶 ハ    /:.:.:.:
  V ハ. V∧ V∧::::::厂´、 、.ヽ::ヽ. ! ; {   _j:::::::::{ ヽVァ /:.:.:.:.:
  V ハ. V∧ V}:::::/:::::::__:` <〉::ヽリ ヘ   j::::::::rイ  リ V_ イ:/:.:.:.
   V ハ V∧ノ:::::ハヽ::ヽ(`ー.;イ' {⌒{ヘ  }::::::::{  / /:.:.:{:.:.:./
   V ハ Y^ 彡'  \:::ヽ` < {__,  j_ヽー- 、/ 、/:.:.:.:.:ヽイ
    V ハ   .∧  ,イ ` <r_、            V二アーム
    V ハ / N| j !     ヽ\二>―--- .∠_:.:.:.:.:.l
     V ハ/  / <ハ      ,}:>、\―\ ̄ ̄>、:.:.\:.:.{
     V    /  Vハ  .ト-イ/\1:三\       `ヽ:.ヽ}
      V  ./   V{  / / }/:.:}\ー- \       ハ:.:.|
      V 〈     .|{ ./ /  ヽ:.:! x:\_ \ ヾ    .∧リ   ,′
       V ハ      / /.    `}   \  ̄   }} .|.  i!   ,′
       V ハ    ./ /   \} ア ̄`ヽ\     |! ,j!  .,′
        V ハ  / /  X´ ̄ーく、  彡^ヽ      || } ! ,′
        V ハ .{⌒| /  \ __}_ レ ⌒}     |.トJ .レ′
         V ハ   X ミ  ,X \  _工´`ヽ  ト!  /
         V ハ   }. \ /  \ /   ヽ_`ミV  /
            .}「´    ゝ.._ \  /\  _ノ  Vヽ /
            .}|      _ヘ_\   /   ,.イ./
           ̄ ̄ ̄`つ"   ヽ_   ミ.//
               ̄_)     `ー> ''´


幼少の苦しい体験から、作家として成功すると自由と人権を勝ち取る為の戦いを鼓舞し、
革命を讃歌する作品を世に送り続け人々を叱咤激励した人物であった。





987 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:25:36 ID:kunQGPPc0




革命派への物質的・精神的支援を惜しまず、ロシア革命に大きく貢献した人物の一人であったが、
革命後はレーニン政権の独裁政治に失望してソ連を出国、イタリアに移住した。


                ;  ____ _____  ヽ
              ; ' ,.イ/////////////,\  ゝ
            ノ ///////////////////\  ;
           ;  /////////////_/////////∧ ヽ     レーニンもトロツキーも!
          ;,イ////////>三≦-、ヽ//////_/ム ;     自由と人権について何も考えとらん!!
         _.ノ//////;/ /// ̄\/} ゞミ//  ∨,ハ ゝ
        <//>rへ.ヾ |{//! ,-i イz_.ノLハム.}-、'./ム ;
         ; ̄i.//ハiミ:、}_!_|//レ 〃///,7{ トリハゝ: !/リ {
          ;|{//} \/////j,゚彡' イ'  _//_ 彡ゞ' i/{ ;  _ z ^ `_________
          ; ト、_ ト゚--≧彡 =z   ,.:≦=ミ、ゝイ{三ヽ._____> ´: : :./. _:_:_:_:_:≧、
          ; }-、=≧ レ  ;´ ̄ ) // ̄  +}j ∨.  | .|: :}-: : : '゙: : :/:_,:'´i i i i ノ r'⌒ヽ
           ;∧ゞ =- {ヽ:'゙´ j^'´,/'´ r ゝ〃   } :,  !|::i: : : : : : :Y´ >―― r-、 ノノ ∨
            ;\'. __ ゝ-イ、_j + >- ′ ヾ/ |.:/ !: :|: : : : : _:ノ (i i i_i_i,   、//,ム∨
  >'´ `ヽ      __≧、` ヾ二±>'´    、 〃゙ j/ /. ::|: : : : :(  / ̄i,ノr'⌒彡∨//, i!
/ __j≧=ミ    /.i_____:、 ゞ=チ<>、.  ヾ/゙ / ,イ. : :ハ: : : : :了⌒ヽ ゞi i /,'/,',∨〃;}、
ミ   ヾi:i:i:'゙ )    ,'. :{ { {: : : : ::}  ´    ` 、 _/ / /. : : {_} ∨: : :人 ノノ\_ ゞ彡シ彡'゙/!: .ヽ
ミ:, ー――― 、  {: : :| } } : : : : ゝ.i__彡'´ ̄ ̄ ,.イ /. : : : : : : ::/. : : : : .\      彡イ/.|: : .\





988 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:26:27 ID:kunQGPPc0




しかし、イタリアでの暮らしはゴーリキーの財政事情を悪化させた。
すぐに生活資金に困るようになり、彼の移住生活は貧窮極まりつつあった。


  .. -―.==::- ..
/.::::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ
:::::::::::::::::::::::::::: Y´ 二ヽ:::>
::::::::::::::::::::::::::::: | /:,ヘ:ハヾ!
:::::::::::::::::,へ::::z:i ゞ'_^_ジノ
::::::::::::::/ {りi::{ u  ー゚, ヽ     くそ・・・理想と情熱だけでは
::::::::::::∧ ゞヾ' 、   ゝtノ     腹は膨らまんか。
ゞー---ー'   rー-、ノ      なんでこの大作家のワシが
 ̄`ヽ   i,   ゝ' ´`Y      腹を空かせて暮らさなきゃいかんのだ・・・
.    \ .ゞ:、,_;_i_;_i_ジ
      `ー-、





989 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:27:09 ID:kunQGPPc0




やる夫はゴーリキーの生活苦に付け入り、
偉大な作家を党の宣伝政策に取り込もうと画策した。


        ___
      /      \
   /          \      やる夫はゴーリキーさんの大ファンだお!
  /   ⌒   ⌒   \     ソ連に帰国してもらえれば衣食住すべて保障するお!
  |  /// (__人__) ///   |    好きなだけ食べて飲んで寝て欲しいお!
. (⌒)              (⌒)    ささ、早く帰国してほしいお!
./ i\            /i ヽ



  iリ
"~ ` ,
    .`ぇ,
ー----‐.、ッ、
     ,》}i}レ
 ァ'''γ"。  4‐-、
 | / ,.ィツ    .ゝ     (致し方あるまい・・・
 ノ   '彡'  γ   〉
´        ! ,.-く     少し戻るだけ、少し飯を食いに戻るだけだ)
  i      `'''、 、',
  , ',  し  .、’   i
  .ゝ'      γ"フ~"ヽ
、   =    し'    .',
.\            [
、 リj           .v'


ゴーリキーはこの甘言に乗りソ連に帰国したのである。





990 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:27:46 ID:kunQGPPc0




   巛彡彡ミミミミミ彡彡
  巛巛巛巛巛巛巛彡彡
  |:::::::          i
  |::::::::     /' '\ |       ようこそソ連へ、ゴーリキーはん!
  |:::::    -・=- , (-・=-
  | (6    "" ) ・ ・)(""ヽ      ネップ期のあのころと比べていろいろと
  | |    ┃トェェェェェイ┃ |      様変わりしとるでっしゃろ?
  ∧ |    ┃ヾェェェ/ ┃ |
/\ノノノヽ ┃  ⌒  ┃ノノヽ    いまやソ連は真の社会主義を
/  ヽヽヽ ソ⌒ ヽ━┛r ⌒ '`ノ`、  建設しようとしとるんですわ。
ヽ、   `- 、_   ノヽ   _,/  ヽ
  ヽ   人   /  |、  ,ヽ   |  ゴーリキーはんにとっても、
,ノ _,ニ/    ̄/   .|  ̄  \ニ |  居心地の良い国なると思いまっせぇ・・・?
/ /     /    |     ヽ|



  __, -z=≦三三≧z - 、
  ≧三三三三三三三三≧:、
  〃´二`ヾソ´ ̄二`ヾ三三ミ、
  〃,´三ミz  z彡三ミi ヾ三三'j   (こいつが出迎えか・・・うさんくさい奴だな)
  li| `゙/ `ミ、彡彡゙ ̄`'゙゛ ヾ三≧!
  ,ij  `ーo゙'〃 ー-o-,   i,イ `j   今日は少し故国の様子を見に来ただけだ。
  | !   ̄´ ー、 ゙ ̄´    ミ′ソ
  `i   ヽ_,r ,`'    / -ノ/    別にソ連に定住するわけじゃない。
.  |   , 、、、  U   毛´
   ',;   -―-、゙     ゙/'-、     ところで、ワシの泊まる場所はどこだ?
   \,;       ;;.,/ / \__
   /`>K'-'-'-'-'´ /    〃≧、
´ ̄/ //゛゙\     /   /ー、  \





991 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:28:49 ID:kunQGPPc0




   巛彡彡ミミミミミ彡彡
  巛巛巛巛巛巛巛彡彡
  |:::::::          :|
  |::::::::     /' '\ |       「泊 ま る」?
  |:::::   ( ●)  (<)       なーにをご遠慮なさっとるんです?
  | (6  :::::⌒ ) ・ ・)(⌒ ヽ
  | |    ┃トェェェェェイ┃ |     同志やる夫は貴方の帰国記念に
  ∧ |    ┃ヾェェェ/ ┃ |     「専用の邸宅」を寄贈なさるそうでっせ?
/\ノノノヽ ┃  ⌒  ┃ノノヽ
/  ヽヽヽ ソ⌒ ヽ━┛r ⌒ '`ノ`、
ヽ、   `- 、_   ノヽ   _,/  ヽ
  ヽ   人   /  |、  ,ヽ   |
,ノ _,ニ/    ̄/   .|  ̄  \ニ |
/ /     /    |     ヽ|





          __
         .〒ェ〒
          |工|    、    , r====_,.ィ≦_≧、_====_,.ィ≦_≧、_====_,.ィ≦_≧、_        、
          |  |  /.土.\ <       T |T曲T「    T |T曲T「   .T |T曲T「>.    /.土.\
          |工|/.土土土.\     ャvr.∧l !曲 !.! ャvr ∧l !曲 !.!.  ャvr l !曲 !.! ャvr>/.土土土.\
          |/」 ̄|目目| ̄L\   _(;;)   l !曲 !.!  (;;)  l !曲 !.!  ..(;;) .l !曲 !.!  (;;)/」 ̄|目目| ̄L\
         /」;;;  |目目|    L\_r三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ュ_ . |目目|    L\
      _/」   _二二二_   ]]]ニ[二二エ二二]ニ[二二エ二二]ニ[二二I二二]ニ[ ̄__二二二_   L\_
       T_]    ] lコ lコ lコ [   [TiT T曲|曲|曲|曲|T T曲|曲|曲|曲|T T曲l曲l曲l曲T T ] lコ lコ lコ[   [_T
       .l._]    ] lコ lコ lコ [   [.||||「||田|田|田|田l.|「ll.田|田|田|田|.l「l|田|田|田|田|l「l| ] lコ lコ lコ[   [_.|
       .l._]    ]_lコ_lコ_lコ_[   [.|||l.!.!!==========l.|.|l==========.||.|l========== |.|| ]_lコ_lコ_lコ[   [_.|
______l._]____.二二二二二___[.|||||」!ⅢⅢⅢⅢⅢ|.|」!ⅢⅢⅢⅢⅢ l」|ⅢⅢⅢⅢⅢ|l」|_.二二二二二____[_.|_
ⅢⅢi  ̄└‐┴─┴─┴─┴─┴─ tllT_T=====T_T=====TT=====TT|┴─┴─┴─┴‐┬┘
 ̄ ̄ ̄ ̄ . |   i   _i___i_   i ||| i_ ,<\V/>、 i_ ,<\V/>、 _ , <`∀´> 、 |  _i___i_   i |
⌒`ヽ    :l i     i l lコ lコ lコ | i  .||| .Y=〒〒〒=Y .Y=〒〒〒=Y Y=〒〒〒=Y |  l lコ lコ lコ | i  .|
   |     :|   i  l lコ lコ lコ | . i ||| i.  |||  .| i i.  |||  .l i.  |||  .l. |  l lコ lコ lコ | . i |
   |     :l i     i l lコ lコ lコ | i  .||| i._..l__.l.__|.._.l .i._..l__.l.__|.._.l i._..l__.l.__|.._.l. |  l lコ lコ lコ | i  .|
   |     :|   i  .. ̄i ̄ ̄ i ̄   i ||| i[ _ ]l[].l.[]|[ _ ]| i i[ _ ]l[].l.[]|[ _ ]|__i[ _ ]l[].l.[]|[ _ ]l._|    ̄i ̄ ̄i ̄   i |


       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:.、
      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:才ァ
    ′.:.:.:. / ̄___ ̄`ヾア .-=ミーミ:.:.:.イ
    :.:.:.:.:.: / /.: -=ミ:.:ヽ/.:.:.:.:.:.:.:ヽ v.:.{
    }:.:.:.:.:.{. /.:./    V:.:.:.:.:./⌒ヾ:ハ}:./
   /⌒v.:.} }:.:.{ r ⌒,ゞ:.:.:才,`ヽ }才.ハ
   { ハ }才≠ ー- 彳  `ヽー "  ′}    モ・・・モスクワ市内の一等地に
   { }.} }:.{ i    r'    :}ハ    i      大邸宅を・・・,
   ∨ヾ }:{ U    乂r- 、__.レノ    !/
     \ 毛 `゙   , , ; ;_;_ ; ; ; , ,   イ′    これが、本当にワシのものになるのか?
      ',i 、   ,才" j,.に`ヽノ   /      嘘じゃないだろうな・・・?
     .才 .\   ゝ '"     ,  /\
    /. :{ ヽ ≫ , ,         ,/ }: : \ー- ..,
 . イ. : : :∧   \ >≠-i-i-≠彳  }: : : : }: : : : : : ー-. ..,_
: : : {: : : : : : \ー-  ..,_   }ノ  _,...才イ. : : : {: : : :ー- : : ..,_: ハ\





992 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:29:38 ID:kunQGPPc0




   巛彡彡ミミミミミ彡彡
  巛巛巛巛巛巛巛彡彡
  |:::::::          i        ああ、それとこれ以外にもモスクワ郊外に別邸を一つ
  |::::::::     ノ' 'ヽ |
  |:::::    -="- , (-="        それからクリミアの保養地にも別荘を一つ贈与されるとか。
  | (6    "" ) ・ ・)(""ヽ
  |       ┃ ノ^_^)┃ | ,;' ((
  ∧      ┃ ` --'┃ | ( ( ヽ) ホワ~ッ    さらに貴方の著作は党でも大変人気で、
/\\ヽ   ┗━━┛ ノ  ヽノζ
/  \ \ヽ.  ` ー- ' /|\| ̄ ̄ ̄|(^)       優秀なプロレタリア作家である貴方には
     `ヽ、 `ー--ー' /  | ''..,,''::;;⊂ニヽ
  ヽノ    `  ̄ ̄l ̄   .| .,,:: ;;;;ン=- )     当然の報酬として莫大な印税が与えられるそうですなぁ。
  ,,r-\        | ,r-''⌒^ニ);;;;ヽニノ ヽ
//⌒\_,,r─''´ ̄ヽ、   `__,ニつ   l
../   '"         / ̄ ̄´}  ヽ、   ノ



>: : :―― . - . z:
: : : : : : : : : __: :/::
: : : : : : :r彡:::::::ミ、:
: : : : : : :i |:::::i⌒ヾ:::ーz
: : : : : : :ハゞ;;j i  $ーヘ:
: : : : : : : :} ` ⌒ー rー )::     印税・・・!!
: :/⌒ヽ:〈 ゝU >- 、ゝY
: { ハ .}≦ } |   .ヽ !:      金・・・!!権威・・・!!
:ハ { ri ミ  !.|∨∨ゞ´
: : ゝ` -、=.  '.:::::::::{:
: : : : >ソ = u '.::::::::!:_
=ミ´ i  =   ゞ⌒ノ ̄`ヽ::
、   `ヽU ゝ._;._;._;._;._;._;._メ:
 >、   \    /::
.    \   \ /:



   巛彡彡ミミミミミ彡彡
  巛巛巛巛巛巛巛彡彡
  |:::::::          i     それと、文化創造行為に携わる
  |::::::::     /' '\ |     特別な労働者には
  |:::::    -・=- , (-・=-     特例として多大な手当てが支給されるそうで・・
  | (6    "" ) ・ ・)(""ヽ
  | |    ┃トェェェェェイ┃ |   ∬        あ、ところでゴーリキーはんって
  ∧ |    ┃ヾェェェ/ ┃ |  __,ー、      一時帰国でしたっけ?
/\\ヽ   ┃  ⌒  ┃ノ  |   |ニ、i    いつごろイタリアに戻られますのん?
/  \\ヽ  ┗━━┛/   ヽ_ノー_ノ\
     \ヽ.  ー--一イ /ヽ_   ̄ `-' _ノ)





993 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:30:24 ID:kunQGPPc0




           x土士
    ./〉 「|       _....  -- ._   x
   〈/ .|」   ミ¨¨¨´:::::::::::::::::::::::`丶 キ
          /Yア=ヽ_,〃¨¨`ヾ、:::'.
   /〉 「|    ,'://::/^ヽ::V::x‐―、::'. }::}
  .〈/ .|」   _!{ L/.r‐x.}__/ .r‐x .ヒj レx
          { } ¨   「 ...    - 、 } }      住む!!!
  ./〉 「|     ! { f´r- 三壬.. '⌒ヽ k./      ワシはこれからずっとここに住むぞ!!
 〈/ .|」     ヽ} ,ハ-、_,、__,、_r- ^ } .レ
           ヽヽ__∠ヱヽ_/_/        もう泣いて頼まれたって
     _,r== 丁匠  l 8   ア8 /^>x-      イタリアのしみったれた山荘には
   /「8 .∨   !    .! ^  ハ ./  ./       戻ってやるもんか!!
  < ゚o ヽ`.  ∨   l    l   }  /  / ....      やる夫に、いや・・・
   \ ハ   ∨  l   .!  :! /  /  :....:      同志やる夫に伝えてくれんか?
   /::\∧「 ̄ ア、! .lヨ  ;} /r-く`¨ヽ
   /::::::::::::Y / 人_」_ア´`!  ヽ レ./     ゴーリキーはソ連に帰国したと!!
  ./::::::::::::::::{   '´ /^)  { '. ヽ  _」/
 ,「:::::::::::::: ∧ ミ、 { /|   ハ    ア::::::::::     がははは!最高だ!
.{::::::::::::::::::::::::〉 == {:::!  .ト、   ア::::::::::::::::     これが労働者の国というものか!!
「::::::::::::::::::::::/    /::::!  |:::}   l:::::::::::::::::



ゴーリキーはこの餌にまんまと食いついた。
彼にはモスクワのかつて大富豪の所有であった邸宅が与えられ、市外にも別邸が、
そしてクリミアの宮殿のように豪華な別荘も与えられた。



  ク
  ス    ク           | プ  /
    ク  ス         | | │ //
    ス           | | ッ //
   巛彡彡ミミミミミ彡彡   //
  巛巛巛巛巛巛巛彡彡  /
  |:::::::    ⌒   ⌒ i
  |::::::::    __     __ |
  |:::::    ノ・-ゝ,  (・-ゝ
  | (6    "" )_・_・)(""ヽ      (ま、こんなもんやろwwwwww
  |      ,,r''" --`--、 !
  ∧    /    ', ニニユ i      邸宅も別荘も出入りする使用人は
/\\ ヽノ     , ー='ノ       ぜーんぶOGPUの職員や・・・
/  \ /\   _,,ィ '" ̄ \
   /    `ー/ -ー'´   `、    これから24時間監視されて生きていくとも知らずに、
  -'"      /        ヽ ヽ   ホンマ欲に釣られた人間はチョロいもんやでw)
ノ^       /          ヽ 、





994 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:31:30 ID:kunQGPPc0




ゴーリキーは一躍、ボリシェヴィキ党の看板作家となり、ソ連文学界における最高権威として君臨した。


.                     ,,-''" ̄ ̄ " '' 、
.                   /          " 、
.                  γ             .\
                  /   √".ニ、''ヽ、      "ッ
                 /   /γ    ヽ '","ニ''、''...彳
                 |   イ/ γ⌒ヽ 'i,γ    ヽ ||
.                √ヘ  .|.i .i  ,.、.'i, .' γ'⌒'ヽ i.ii
                |∩|| .|~ '''''  ' . ! 'i,__ノγ^i .ヒツiト,  _,,      γ^ヽ
.           ,イ^ヽ   iγi ミ  ,     ⌒ヽ '  イイ  i  'i,   .'..|  |
.           |  . 「  i.ツ^ヽ γ^ 、  , -、,,,,i    . ||.|  'i,  'i,     |  |
.           |  . |   y  i イ _ .ゞッ,, ゝ-、ノ    |リ   .'i,  'i,   . ト--.ト
.           | -イ  /  .ノ .|" ゝィ、_ "-"-"┐  レ [二二.'i-‐...'i,―、|  |
          . |  |  /  /i\ \   _  "‐ ~ッ  /  i    .'i,  ∨...|'''"γ⌒ヽ
        ., - 、| -イ イ  .ノ .| .\ ."< "ヾ‐‐、 /  /  |   ... 'i-‐ 'i、.|  |i   i⌒ヽ
      .,.┤i  ヘ   | ノ  ./  |   "-,,  " ‐- イ  オ   .|     'i,  入  .-|  .|  .'i,
.     .,.┤,ノ、  ヘ_, )(  ノ  'i,    >―‐、─イノ"'i,  .|     ソ .__ッ┤  .|  /|
    i i |   ヘ   .ヘ__ゝ、  'i,  / ゝ  _,ヘ  /  'i-┘    / 、"  __レ-、 .ノ...../..|
.    .γ....ト,   ヘ  . ヘ __/>、 'i,γ  ノ  |  レ'   'i,      i  ''"┌‐''γ"ゞヽ/....|
.    .<'i, |.ヘ.  ヘ―イγ‐i   ツリ  \  /   |/ ,, .-''"       i   ...|__, リ   ̄  |
.    'i,.'i__i, ヘ.  √ .イi i いリツ'' 、_ ゝ<  /,, イ          . ゝ-==''",,,,,,,.ィ、--―イヘ
.    .∧ 'i,..'i, .ゞノ     ̄ ̄ /   "'''''レ''"              /          'i,.ヘ


生まれ故郷のニジニ・ノヴゴロドはゴーリキー市に改名され、
モスクワの目抜き通り「トヴェルスカヤ通り」も、モスクワ芸術座も、それぞれゴーリキーの名が冠されることになった。
数々の栄典はゴーリキーの虚栄心をおおいに満足させた。





995 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:32:02 ID:kunQGPPc0




農民の野蛮な後進性を目のカタキにしていたゴーリキーは
書記局の対農民戦争を大いに支持し、鼓舞する。


     ______
   /.::::::::::::::::::ヽ
>-‐i:::::>=ミ:>==::=彡
   ハ::{リrメ:}./.:-、i::ム゙
   }ノ.r-、ヽ9ソ,)ル
 >{| |\ヽ^_ノ iソ、      いいぞ!奴らの頭をぶん殴れ!
.:∧ .!\ー-=彡 イ.   \
:}.八 !7介==ナ/     )    もし奴らが降伏しないのなら、
:|  ヾ:::/> ´./     /     構うことはない、絶滅させろ!!
:{   7  ̄ ̄,___   ノ
ム   ノ   /⌒ヾ:、{/
      /⌒ヾ:、 ,´  / !
  __ /    / / /|
 r斗´    イ  , //
..(_.ノ ,  - = 彡 /
  ゝ彡 イ= = - イ
    ̄-ー ―


プラウダに寄稿されたゴーリキーの文章には農民階級に対する憎悪がにじみ出ていた。





996 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:32:28 ID:kunQGPPc0




ゴーリキーは悪魔と取引したのだ。

栄光となに不自由ない暮らしと引き換えに、
彼は「自由も人権もない国家」のプロパガンダの共犯者と成り果てた。



   巛彡彡ミミミミミ彡彡
  巛巛巛巛巛巛巛彡彡
  |:::::::           i
  |::::::::    ⌒   ⌒ |
  |:::::    -・=- , (-・=-
  | (6    ⌒ ) ・ ・)( ^ヽ
  | |.     ┏━━┓ |
  ∧ |      ┃ヽ三ノ ┃ |
/\\ヽ     ┗━┛ ノ
/  \ \ヽ.  ─── /|\     ノ7_,,, 、
    (⌒、"⌒ソ⌒ヽ- イノ  `、  ( ィ⌒ -'"",う
    ~''(_)(_)(_)(_)ソ-ィ     ヽノ   ,イ^
  _ヽ /`、_, ィ/   ヽ      ヽ─/
/,ィ'"/     /    `、     ) /


しかし、ゴーリキーの私生活はヤゴダによって事細かく管理されていた。
後にゴーリキーは、悪魔と取引したことを大いに後悔することになるが・・・

それはまだ先の話である。





997 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:33:15 ID:kunQGPPc0




一方で、国内の緊張は限界を迎えつつあった。
農業集団化に抵抗する暴動は常態化し、ボリシェヴィキの弾圧機構は休みなく稼働し続けなければならなかった。


                     (_(_(_, ヽ
                   , ─── 、  (⊃_ ノヽ
  ┃ ┃┃          /WWW \ \   l     l
  ┣━     | |    l \ll/    ヽ/^ヽノ    |
  ┃       | |    (| (。) ∠  U   ノ      !
      ┃┃ | |   / (二) / ⌒ヽ  | |    /
   ━╋┓    /|  l _    /\ \|  l l    く
\\ ┃┃ |\/ |/| (__/ \ ヽ ノ //    \
  \\   _|   _└  ヽー`ー`─ ´ /´
 ☆    \   (ヽ  \  |  ̄ ̄ ̄   / ⌒ヽ
  /⌒ヽ ∠   \\/ヽ l      ̄ ̄|   二|
/   /\  |/ヽ/\ ヽ_ノ ヽ、_    ヽ_,_ノ
l_/\/\  /\/  ̄    \  ̄ ̄ ̄

              やる夫の忠臣 ラーザリ・カガノーヴィチ


さらにリューチン事件に端を発する党内の動揺は看過しがたく、
党指導部は足元の党組織にすら反逆者の影を見つけ出していた。





998 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:33:55 ID:kunQGPPc0




こういった政治的環境はやる夫の私生活にまで影響を及ぼし始め、
特にナージャとの夫婦仲は過去最悪なものになりつつあったのだった。


  , '     , '  f     |::::::::::::::::::l    ',   ヽ.  ,'
. /     ./    {.       {::::::::::::::::::j  ,  }    .! /
,'     ,' i    ヽ、,\-┘:::::::::::::::'-y、   i      |, '
!       , ! !   ./:::::::::ヽ、:::::::::::::_ノ__,ヽノ  丿 i !
t     | t ヽ、/:::::::::::::::::::::::::::::::::::rf:.:.:!ヾ:ヽ/ 丿ノ
. \    t. ゝ-v’:::::::{ i、リl:::::::::::::::::::|f_j|:::::::,'_ / ´
   ` ‐- !ゝf ‐、 ::::::::::::::::::::...  ヽ .::ヒタ:::::::fノ
      ', l  }:::::..          ̄ ..:::|  ヾ、
       l ゝ、_`       ,-―,     :/    }.}   ヾ、
      ノ  _.  \       ̄    イ    ノノ   / l
 t ‐--‐'  / `/"ヽ` 、      _,-'⌒!`` =' '‐-‐'  l
  ` ‐-ッ' ./   {  .∧   ` ー ',-'     !`i ヽ     ノ

    やる夫の妻 ナジェージダ(ナージャ)・スターリナ



           _-─―─- 、._
         ,-"´          \
        /              ヽ
         /       _/::::::\_ヽ
       |         ::::::::::::::  ヽ
        l  u    ( ●)::::::::::( ●)
       ` 、        (__人_)  /
         `ー,、_         /
         /  `''ー─‐─''"´\





999 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:34:08 ID:kunQGPPc0




   ――― モスクワ、クレムリン


             ,__
             l_<
             _|_
_           ,ェ._.ュ、
,,,,]||      ,,.-'"゛    ~''ヽ、
ニニニ,,!-z,,,,,,メ--────--丶、          /_|ヽ                 ★
-、,,,,_ .~"'''ニ==ェ,,--'''''''-------ヽ.._        |iiii|゙|.                    |
   `~"'―-,,,,,,|ニニニニニエエエェ,l,,,,|,,,,[ ]、       |;;;;;;|;;|.                 ,!!、
  人   人 `゚゙'''―v,,,,「  .|~゙---->...ュ,ュ__.、 .,i;ロ;ロ|;;|                 iiiii
  彡ミ  彡ミ  人   人゙'''ー-...,,,,_|  `゙''''「゙゙'''''..|∩-|iil.,,,                |||||
彡彡ミミ 彡ミミ  彡ミ  彡ミ  人 `゙"人-i、,,_,,,l;;;;;;;;;;;/;;;/z,,,__.             .|  :|     i
彡彡ミミ彡ミミ ;;彡ミミ.;彡ミミ ;彡ミ  彡ミ  人゙'''┐'| .|''i--zz;;;;;,,,,,.         |AA.|    ∧
彡彡ミミミ彡ミミ 彡ミミ 彡ミミ .彡ミミ 彡ミミ彡ミミ:::| .| .l'''―v,,,,,"'''i   _____ .A l゙| | |.|.A. .|ii|
彡彡ミミミ彡ミミミ;;;;ミミミ彡ミミミ彡ミミミ彡ミミ彡ミミ:::| .! ,|    `~"'ヘ-i、|ロロロロi''i_|ii| |ll,,,,,,,||ii|_./ .ヽ
彡彡ミミミ;;;;ミミミ ミミミ ミミミ;;ミミミ;;ミミミ;ミミミ::::| |  | 人人人  r‐┴── ┴┐゙゙゙゙゙゙゙゙゙ll-----トL,
ニニニニニニニニニニニ===============   |..彡ミ .r‐―┴――─┴-┴─--iL,、:::::::|゙゙゙|----- 
  ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ======ェュyy,|jlll」―――---------u,,|_, !.| .!-ト |  
ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'i ト-   _ ..|.「[l|____,,,..|...............





1000 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:34:25 ID:kunQGPPc0




:.:.:, イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.l
//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.|:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:. |
. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,:.:.:.:.: ハ:.:.:.:.:|:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:|
/:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |:.:.:ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:./|:.:.:.:/ ヽ:.:.:|:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l :.:.:.:.: |
:.:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:ト/  }:.:.:.:.:.:.:.:/|:.:/   ',:._|、:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.,′
!:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:.|:.:.ハ|_>、.l:.:.:.:.:.:./ .|:_/--イム:| ヽ:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:/
|:.:.:.:.:.:/|:.:.:.:.:.:.: |:.K〃r-ミ:.:.:.:./ イ斗イ〃r‐.ミヽ. ',|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:/
.!:.:.:. / .|:.:.:.:.:.:.:.:V^' l ・ l \/  "´   l ・ l 》 }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:/
.|:.:.:/  .!:.:.:.:.:.:.:.:.',  _.二,   し    _ ー‐_',  !:.:.:.:.:.:.:.:.ト、/:.:./   ・・・・・・・
|/   ',:.:.:ト、:.:.:.',               ̄   /:.:.:ハ:.:./ /!ィ/
. |′   ヽ:.| \:.:\   /    u       /:/  }:./´:.:/}!
.|     `|   `、´  〈        U  ム´  _ン:.i:./
           ' .    r====ヘ      厂 ̄!:.:/^′
               \   ゞ===='    ,. '   |/7^!
              丶       ,.  ´   ,  ´  '.
                丶   ,.ィ ´ _,   ´      `ヽ
                /`¨´ l  / 、         /`ヽ

           ナージャの学友 ニキータ・フルシチョフ



         ____
        /      \
      /  \ , , / \         初めましてだお、フルシチョフくん。
    /   (⌒) (⌒)   \l⌒l      いつもうちのナージャが世話になってるようだお。
     |      (__人__)     |`''|      今日は同志として君を夕食に誘ったんだお!
    \     ` ⌒´    _/ /
                   /




3 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:37:34 ID:kunQGPPc0




大学でナージャと親しくなったフルシチョフは、やる夫に夕食に誘われるまでになった。
はじめ、彼は目の前にいるのが本当にやる夫だと信じられなかったという。


 | /  |              ! !   !!       λ  ! ヘ   }
 |/  !       !    .|!‐= ミト!、 ! !      l !_ ム--ヘ― !
     !.   !   ヘ    .!ヘ Lムミヾミ|ュ!ィ. ノ  ゝムニ|ィ≦ニミ,,!  !
      !   !   ヘ   kィ'ヘ|γ c ヽ ヘ     lγγ c   `ト,/
.     !   ヘ    ヽ |.ヾ .乂_リ   ヘ   !.  弋_ リ  〃      こここっ
.     ヘ    !ゝ    \  ゝz -'"     \ !  ` ト  ィ/
      ヘ   ! \   !.                   /  /    光栄です同志やる夫!
       ヘ .|ゝ  \  ヘ.           ,       /,,ィ"!
        \! \ ト ト ヘ         l      ''"   /_/
.            ヽ|ヽ ' !\       ____    し /  ィ
               ! ハ \    て~  ̄ ̄ ~Y    / /!/
                !  \ ヽ、   ̄ ̄ ̄ ̄  / /
                  ,ヽ| 丶、     ィ .| /.、
                 /  |   ゛ -- '"  |'   !
               /   ./|            | ノ  \



         ____
       /⌒  ⌒\
      /( ●)  (●)\     そう緊張しなくていいお!
    / ::::⌒(__人__)⌒:::: \
    |     |r┬-|     |   今日は無礼講だお!
    \      `ー'´     /
      >         <
     ( |        / )
      `|       /'
         |   r  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......





4 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:37:59 ID:kunQGPPc0




二人はほどなくして打ち解けることに成功した。
やる夫はフルシチョフの天性の楽天家であるところ、若者特有の生意気さ、
そして垣間見える才能を大いに気に入り、後に彼を取り立てることを決める。


        r、           _               _r、
       _x≦メ_,-、 __ ,. :.< : : : : : : ≧x          ヘニ _.ニ≧
.      ヘニ ,ィ r<  ,x≧: : : : : : : : : : : : : : : :\        /,イjノ_j_|ヽ}
     /ィヽ| ト'ノ /: :/: : : /: : : : : : :/ : : : : : :.       /,ィ.又ヾ
         `7_}   //: :/\/:|: : : : /:/|: : : : |: : ‘,      /イ _\≧
      ,-、_fヘxー、.i{: :/|: :/|/|: : : /{/∨: : :|: : : }     /∠r、 | |='
.      {/ヽノイ¨ー' i|/ i|∧_∨:/ ___ヾ: :リ-: / r―-、 二二ノ.|_`ーっ
       ィ_/        .} ̄ ヾ   ̄ .}/ 〉′  ,ア / | lヨ | | |='
      /}fニニヘ    八  ー'ー'   ,.イ   <_へ>.|,r‐.リ |_`ーっ
    ≦ィくトrf}f,勹      ≧ ーr―r≦}/     __ヘニア‐v'∧ヽ__ゞ}_ゞ}
.       |_}ヘ-'¨ー'        ,.r/ 〉 / /≧、   ヘーァ f ¨ ¨  `ー――'
      /}ー士=      / 、ー=.'ヾ   ∧     //   f{ ィ=士ゝ
    ≦ィく }`{z}     <  Y ヾ三_ ∨/ ∧     {ヘ    ヾ (f_ノー、
.       |_}くニニヘ   ./ゝ./ _/_ \ \―ァ    |_.}       ´¨
     r-ノ7_ __{ヾ>.   \.∨  }i    \__ノ  ノ^ニ勹
     フ / ,イー'¨       ヽ〉≦三ミ、___|       フ/
      {./ ゞこフ      (_ノ////////∧      ーfニ勹
                   |//////////|      ./,<...
                   Ⅳ//Y////Ⅵ    .≦fL ___fヾ>
                   |////|////Ⅵ    ァ/ イー'¨´ .
                   |////|////Ⅵ     .ム{ ゞこフ


  r―-- 、      ____
  |     `丶 -´/_ノ ' ヽ_\---一  ー- 、
  |   \ `   /(≡)   (≡)\       /
.  !     ヽー/::::::⌒(__人__)⌒:::::\__   /
.   ',.     `|     |r┬-|     |/  /
    '、  ヽ  \      `ー'´     / /  /
    `、     `Y| ` ` ー r'__/´′ ′/
     `、       ヽ   ′/    / /
      ヽ \  ` ー     ′    ' /
.       \         ,     {
         i     ̄`  ′     !
           ',       ,       i
          ヽ       }        ハ.
            \     ′`      \
             \     、     ′ `ー- 、
                ヽ、   !           ヽ
                  \   ヽ             ',.
                     >、       /     |
                  ノ  、rー―-‐‐┐     |
                 /    .| 金   金 !     |
                   /     |     |       !
                 /       |__棒__」      .l
                ./        /  |       |





5 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:38:29 ID:kunQGPPc0




  /: : : :.i: : : : : : : : :.:.l、: : : :l: : : : : : : : : : .:. : 、: : : : : : : : : i
  /: : : : :l: : : : : .:.:. : :.:l ': : .:.ト: : : : : : : : : .:.:.: : i:. : : : : : .:. : :l
 i: : .:.:/l: : :i: : :.:.:.: :.:.:l X / ヽ、: : : : .:.: : :.:.:.: :l:.:. : : : : .:.: : :l
 l: .:.:/:.:.:.i: .:l:.:. :.:.:.:l:.:.:.l/ l/=ニN: : : :.:.:. :.:、:.:.:. :l:.:. : :. : :.:.: :./
 l .:.ハ:.:.:.': :l、:.:.:.:.:.l i:,イ 〃f::゚ハ l: : .:,イ:.:.:.:.:〉:.:.:.l:.:.:.:.:.: :.:.:.:.:/    ナジェージダにはこちらこそ
 l:./  :.:.:.:ヽl:.'、:.:.:.l ヘ:l. l' 弋/ ,: .:./ l:.:.:.:/ へ:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/     世話になってますよ。
 V   ':.:.:.:.`i:.ヽ:.:.l、リ   ´  , :/ l:.:.:/  ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l'
.     ヽ:.:.:.:l、:.:ヾ:ヽ      ' ´  .l:.:/    ヽ:ト、:.:.:ト、l      大学にいる彼女はパワフルで、
      ヽ:.:.:lヽ:.:.:.:.:.}     ,    l/     ヾ \il        知的で、なにより誠実です。
       \.i. \:.:ノ._   /            `i
        ヽ  ヽ:.i:.:.l` ー、_     /    _... -└- ..
            ヽヘl   ヽ_ / ヽ, .. - ''        l
                  __r ''           .l
                  /   l .i        , - '' ¨ヽ
.                 /  i  l l     , '
                 i /l / .l   /   ,, --



         ____
        /      \
      /  ⌒  ⌒  \      そうかお・・・
    /   (⌒) (⌒)   \     ナージャは大学で
     |      (__人__)     |    うまくやってるのかお。
    \     ` ⌒´    _/





6 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:39:19 ID:kunQGPPc0




        /´ ̄`ヽ丶、
     /`ヽ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:ヽ
     /:::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:ハ
.    /::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:......:.:.:.:.ハ
.   ノ::::::::::::::::.:{!.:.:.:.:}、:.:.:.:.:.:.:.:ハ
   i!:::;::::::::::::::.:{:.:.:.:.:! ヽ:.ト:.:.:.:.:i:!   _
   |:::j!::::::::::::{!:i!:.:ハ:|/`}.}!.:.:.:.}!  { .{
   {:::!{:::::::::::::E}ミ{! リ./´` j._:.:.:リ /´ ̄ヽ
   i!:ハ::::::::::::{!ヒ}   __ ´ 〉::! Y´  .i!
    ヽ ヽ:ト、:トゝ  {./ .!  !:!j! {' ̄`  }      同志やる夫は普段ナージャと
      ヽ `ヽヽ、ヽ._ ノ  Yrゥ ( ̄` /
           i>- ' / ヽ,.ヘ  ト、      どんな話をなされるんです?
           __.∧ {ヘ  / ri  ',ハ
          /、 :_:∧ .} ヽ./  i!:|  ∨}
          /ノ} !__ノィ/     .{! :!   .ヽ
         ノ: : { :!:.:.:./: .   .{! :!    .ハ
.       /: : : :.ヽi:.:./ノ: : .   {!: i!     j!
.      {: : !: : : : :ヾ/´: : : : .  `ヾ、  ./





7 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:39:43 ID:kunQGPPc0




           _-─―─- 、._
         ,-"´          \
        /              ヽ
         /       _/::::::\_ヽ
       |         ::::::::::::::  ヽ
        l   u   ( ●)::::::::::( ●)     ・・・・・・
       ` 、        (__人_)  /
         `ー,、_         /
         /  `''ー─‐─''"´\


            _z=- 、,. -=z_
       ,. '´:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
   -=ヲ::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::\
   -=7 :::::::::::/::::::::::::ヽ:ヽ:::::::ヽ:::::ヽ:\_
.    /::::::::::::/::::/:::: - 、::|:::|:::|::::::|::::::::ト、「
   /::::::::::::/::::/:::::/,イ/`ト、!:::|::::::|:::i::::}:::ト、
 =イ::::::::::::::{:::/:::::/卞マハレ'|::::i,≠|:::|:::|i:::|
  |::::::::::::/レ'i::::: レ' 込ソ |: /rぇ|:::|::{ レ'
  レi:::::::〈 ( |ト、:: j      レ!弋タレ'|:/
   }::::::::`トノ  V        〉  |:::!′
.    レ个、j         -‐  /レ'     ・・・・・・?
 ,. --┴--- 、\      /
/    --─一'´ ̄`ヽ‐ '
              \
               }
               /
       /      /i


フルシチョフはやる夫と個人的なつながりを持つことに成功したが、
時折、やる夫とナージャの夫婦仲が上手くいっていないことを匂わせるような場面に出くわした。





8 :クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで:2012/12/03(月) 21:40:26 ID:rVErhnpo0



おもいっきり対戦車地雷ふんだwww


9 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:40:33 ID:kunQGPPc0




実際、夫婦仲は最悪の状態であった。
家の中ではやる夫が帰宅するなり怒鳴り合うことが常態化していた。


              /                         i
                /       /    /ヾノヽ      ',     .|
            i    {   |    l    i       |   i  .|
            |    |   |    |    |    }   /
.              |      !   、|     {    }    ノ   /  ./
               \    _\  厶≠ミ ヽ_j { /厶=ミ、  /   /
           _ _ \ i ヽ; 〃ん::ハ ゛     ん::ハ ㌧ /ヽ {
.     _    //     ヽ{厶 i {{ 弋::ソ       弋::ソ j} /ヤ/ !      ヽ
.    /   {  {     ./ \_} ゛ ー     '   ー '" .//、  \      }i
    { {     \ \ _ _,ノ    八     r== ´ヘ ノ(  厶   `   \ _ _,ノノ _,ノ
    \\    >  , -‐─- 、ゝ、.   {{ _ ソ ⌒ イ_  -‐─ミ  ̄ ̄ ̄ ̄
     \  ̄ ̄   /     {   >  ¨¨´  イ  /       ヽ      /
       \     /    r──┴ 、  \≧=≦/  ./, -‐─┐   、      ̄
       _`ー  j    .|      \  \  /  /     |    }.   \_
      ≦_r''¨¨      .|       斥示ミV彡示ミ     .|    └─‐-、\


          ____
        /ノ   ヽ、_\
      /( ○)}liil{(○)\
     /    (__人__)   \
     |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
     \    |ェェェェ|     /
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <


ささいなことで二人はぶつかり合い、侮辱しあった。





11 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:42:31 ID:kunQGPPc0




衝突の原因は様々だったが、現在の我々からは信じがたいことに、
やる夫が子供たちを甘やかすことにナージャが癇癪を起したからだと証言されている。


                 .(/               ヽ__.  )_/
                 (./  ,    ./ミYミヽ     、   l ヽ
.               (/  ./   //::::::::::::::i      i   ヽ }
              ({  . i   i .!:::::::::::::::i .i     i   <.
                i   !l    ! i    .i /.    i   f .}
            .|   ヾ¨`メ、ム   /ム.=キ'"゙´ノ .,  <.   なんで子供にお酒なんか
               .i川 > rラ.=゙、   ' ラ=ミ、、./  / <   }
                .ヽヽゞ `.ト(!)リ::::::::::::::ト(!)リ.’ヽ/ノ /<   飲ませるのよ!!
                .ヽf  ヘ .:ゞ‐':::::,.::::::::::ゞ‐'::.   r⌒Y .,,..)
                  ヽ  t   r‐-= 、           /'´ ヽ
     ト-、          `‐ヽ、  Y´  }     ∧‐<    ゝ_
     |  ヽ/ ̄\.       >、ヽ._丿  ,. ィ´     ,,._ / ヽ/´⌒ヽ/´⌒ヽ/´⌒ヽ/´
   ._,.-l_  .i   /\、._, -‐-、  r‐ゝ-- ''"´|‐‐vn、_γ'´  K           |
 <´   t ヽ -イ.   ヽ r   /"´ i     .i    1/  j         /⌒\
  >   _/ ̄.ト    \../ ̄`i/ |     .゙'>   r    く       l    /
   (  ./ |.   |.     ‐ヘ  .!、      γ   ,f ̄   /      /    ヽ


       ____
     /   ノ( \
   /  _ノ  ヽ、_ \     ちょっとワインを味あわせただけだお!
  / ノ( ●━━●   \
  |  ⌒ (__人__) ノ(  |    その程度でいちいちキレんなお!
  \     ` ⌒´   ⌒/


だがこれはやる夫が心優しかったわけではない。ナージャが異常に神経質であっただけである。





13 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:43:09 ID:kunQGPPc0




ナージャは深刻なノイローゼにかかっていた。
異常なまでに神経過敏になり、些細なことで怒りだし、つねに気持ちが高ぶっていた。


         , -ー''''~~ ̄ ̄ ̄~~~`'''i
      ,、,_ .l  _,,,,, 、 -------、、_.l
      l, `i''''~           'l
     ,-'_-_ニニニ二二二二二二ニニニ_ー--、
      ,,-/   i  /   il'  l   、\~~~
     \l   l l  {.{   {{  .}}   l ., }
    ,.  l,  ,、'、i , ,,' `'''~ ' \_  / /ノ
 、  {.l  l  { ヽ'l l ll__,,,-     ./-'''~
 lヽ,_ `-`,/-,-''`''l.' ' '', ,   `'ー''.lノ ,-,'
 l,  ~~ /   ,_{ヽ、iー-、,,_  _,ノヽニ,~-7
 ,-'-、, ,,ノ    l `''l.7,'ー''~)~  .l  _ノ
  `ヽ、_(_ー-,   l ''''7ノ`  l   _>'-~
 i'''~`'''ー/-,l'ー-,_ l-''~l l\,,,ノ _,-,-`
 l    l  .l X l /  .l .l  l l. X l
../   , l  .l  l l,_ .l .l  _l.l  l
l  /  , l X .l  `''  '-'  l, X l


       ____
 +  + /⌒  ⌒\+ 。
 ・ 。/( ●)  (●)\ + +
  /::::::⌒(__人__)⌒::: \     おい!酒もってこいお!
  |     |r┬-|     |
 +\     `ー‐′   /・ ゚. +          __
  /          |              / ・ /ヽ
 (_⌒) ・    ・ ||____________  |ま | ̄|
   l⌒ヽ     _ノ | |\  |___|   {}@{}@{}-| る|  |
    |  r `(;;U;)   )__)  \ >゚))))彡ー―'. |_.|_|
  (_ノ  ̄ / /     \`ー―’___
        (__^)       | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                      |_|


それに加えて、やる夫の自己中心的な性格はナージャのストレスを増幅させるだけであった。




12 :クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで:2012/12/03(月) 21:43:08 ID:m3H.BUPg0



スレ立て乙
やる夫もナージャも子供たちもみんな不幸にしかならない結婚生活なら
もういっそのこと離婚しちゃえばよかったのに…



16 :クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで:2012/12/03(月) 21:44:42 ID:oqTjCvZo0



>>12
そんな面子潰されるような事やる夫が許すはずもないかろう・・・・



14 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:43:32 ID:kunQGPPc0




しかし、ナージャの様子はそれにつけても異常であった。
彼女の癇癪はますます激烈になり、
党幹部らの前でもはばかることなく口汚くやる夫を罵ったのである。


                /                      ヽ
                  /
              /                         i    -‐ ─ 、
                /       /    /ヾノヽ      ',     .| /       i
            i    {   |    l    i       |   i  .| /        ,'   ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
            |    |   |    |    |    }   /  /        /   <                     >
.              |      !   、|     {    }    ノ   /  ./|i       /   <   愚か者!白饅頭!       >
               \    _\  厶≠ミ ヽ_j { /厶=ミ、  /   /|l:、      /   <   なんでそんなに         >
           _ _ \ i ヽ; 〃ん::ハ ゛     ん::ハ ㌧ /ヽ |       /    <   デリカシーがないのよ!   >
.     _    //     ヽ{厶 i {{ 弋::ソ       弋::ソ j} /ヤ/ j       /  ̄ ̄`ヽ <                     >
.    /   {  {     ./ \_} ゛ ー     '   ー '" ./ノ 广}     , //      |  VVVVVVVVVVVVVVVVVV
    { {     \ \ _ _,ノ    八     r== ´ヘ ノ(  厶  /  \_  l/′     \
    \\    >  , -‐─- 、ゝ、.   {{ _ ソ ⌒ イ_ /_   _ /     //   ヽ
     \  ̄ ̄   /     {   >  ¨¨´  イ ___/   l\.   /      /´    |
       \     /    r──┴ 、  \≧=≦/ ./   \ l  _ /       /      / l
       _`ー  j    .|      \  \  /  /    ー―く |      /      /  〉
      ≦_r''¨¨      .|       斥示ミV彡 .\  /      l、\、  /     /  |
         {         |      { {   }|{    入l   ―-  \__/      ./  /





15 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:44:38 ID:kunQGPPc0





幹部らの前で罵られている時、やる夫は決まって反論することもなくただ侮辱を耐え忍んだ。
幹部らは二人の夫婦仲が異常なものであることをすぐに理解した。


           _-─―─- 、._
         ,-"´          \
        /              ヽ
         /       _/::::::\_ヽ
       |         ::::::::::::::  ヽ
        l  u    ( ●)::::::::::( ●)
       ` 、        (__人_)  /
         `ー,、_         /
         /  `''ー─‐─''"´\



        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /
  ,/ └' ノ \   こ¨`  u ノ{ー--、〃__/
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃

   やる夫の官房長官
      アレクサンドル・ポストゥイシェフ





17 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:45:28 ID:kunQGPPc0




ナージャの癇癪は、時折狂気の域に達していたという・・・


  , '     , '  f     |::::::::::::::::::l    ',   ヽ.  ,'
. /     ./    {.       {::::::::::::::::::j  ,  }    .! /
,'     ,' i    ヽ、,\-┘:::::::::::::::'-y、   i      |, '
!       , ! !   ./:::::::::ヽ、:::::::::::::_ノ__,ヽノ  丿 i !
t     | t ヽ、/:::::::::::::::::::::::::::::::::::rf:.:.:!ヾ:ヽ/ 丿ノ
. \    t. ゝ-v’:::::::{ i、リl:::::::::::::::::::|f_j|:::::::,'_ / ´
   ` ‐- !ゝf ‐、 ::::::::::::::::::::...  ヽ .::ヒタ:::::::fノ
      ', l  }:::::..          ̄ ..:::|  ヾ、
       l ゝ、_`       ,-―,     :/    }.}   ヾ、
      ノ  _.  \       ̄    イ    ノノ   / l
 t ‐--‐'  / `/"ヽ` 、      _,-'⌒!`` =' '‐-‐'  l
  ` ‐-ッ' ./   {  .∧   ` ー ',-'     !`i ヽ     ノ


周囲の人間は、夫婦仲が悪化している原因はナージャにあると考えるようになり
もっぱらやる夫の方に同情していた。





18 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:46:02 ID:kunQGPPc0




ナージャはこのほか、頭蓋骨変形からくる強烈な頭痛と、
中絶手術の後遺症からくる腹痛・・・


. /. . . . . . . ,' . . . . ./ ,' ; . . . . . .゙i . . . . . . .
.,' . , . . . . ,,'. . . . .;.,'  i. ; . . . . . . .i. . . . . . .;
.i ; ;. . . : . i; . . . . ;.i  i ;,,,_. . . . . ;j. . . . . . i .
. ';',';. . .i: .;i. . . ._,ノi.l  ';:゙゙:~:''‐:、;;/. . . . . .ノ:.
  ゙';ミ、 .'、. '、. ~:   ''、  ','、 : : .;ソ. . . . . ,/::. .
   `、.、.:'、:i゙''          '  : : .ノ;.;: .
    `'゙-、;'i,              ';r‐< .
      ;.!゙i ===   ====t‐  r'゙' i .
       /..ゞ    ,,    lililililil    _ノ .
    __ ,' . i、             ,、'.゙'、, . .
   ,/  !. ,,iツ'.-、,_  ,,_,,,  __,、-t:'゙:i:i:.:.:.:゙ミ;-
   'ミ‐‐;シ'l.i:.:.:.:.i.i`:.゙':':i゙:":´:  i:.:.:.i.i:.:.:.:.:..`
    ~~i:.:.:.:i.i:.:.:.:.!:゙y,;;,、!,    ,,!,,;;;,,!,!;;;;;;、


ノイローゼ、不眠症、脱力感、狭心症も患っていた。
ナージャは最高の医療を受けていたが、その精神はグラつき、不安定になっていた。





19 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:46:26 ID:kunQGPPc0




                _ /:: `:: :、:: :: ヽー- .. 、
             r:: ヽ!:ri:i:、:: ::\:: :: \:: :: :: ::\
            ,:{::}i:、{::!:i:i:i:\:: ::\:: :::\:\:: :::\
   .           /::〉l:i:i:>"´   ヽ:: ::\:: :: ヽ::\:: :::ヽ
            /::/: i:/     ィ斧ミ 、:: ヽ:: ::.',:: ::ヽ:: :ハ
             〈::/:: ;〈≧、 r 込ソ ノ ヽ:: :}ミ:: :\:: ::\::}       この重大な時期に、
             ノ:: ;/:: Vン    r――::彡':}::\:: \:: ::\      ボリシェヴィキ幹部の妻たる者が
            {:: :;/ :: :{ `      { ::⌒ヽ::_::人:: ::\:: \:: ::ヽ     泣き言などを言ってどうする!
             V/:: :: :ヽ マ⌒ヽ ヽ{   r、ー个:、:: :ヽ:: ::\:: }
          〃、:: :: :∧ヽ  ノ     ノ |i:i:i:i:i:i:ヽ:: :ハ、:: :: 〈     体調不良など、
          {{  ヽ:: :: :: :. `¨  . <   |i:i:i:i:i:iノ:: :: ::}:ヽ:: :ハ     自己の体調管理がなっていないだけだ!
             `ヽ  \:: :: > ´γ 7二ニゝ.:´:: :: :: :: ノ::ムく
            }}    ヽ(    / /,..:: ´:: :: :: :: :: / ´////\
          , -≠=ニZゝ‐ く/:: :: :; ――  ´/////// ̄`ヽ __
           / /´   /  //.: :: :/// {/////////////////////` 、
        / .ム⌒ヽrく    /_{:: :: ::{//// ト ///////////////////////ヽ
         ム( ヽ (_ノ =ヽ/¨¨ヽ:: :: \  ノ:: }///////////////////////}
   .   / > 〃  ー――― 、ミ:.、:: :: :: ノ,\/////////////////////|
    /// r , 〃 (_`ニニニニニニ、) ヽ/, ̄/////ヽ////////////// , ⌒ヽ
    ' x=≠ゝ  {{           ノ//////////人//////////// /////.\
   {´      ヾ  r  ̄ ̄ ̄ ̄///////////'/  \//////// {//////// \
   ヽ ー  ̄ ヽ }}  乂///////////////// /      ヽ///////,ゝ、////////\
   / \////ノ i!    ー―- 、/////// /        ー――― ⌒ヽ////_//\
.  〈////Y´    i!       _r 、  }//////                   〉´/////// 〉

            モロトフの妻 ポリーナ・モロトワ



   ,r':::::::::::::::::::::::rwi:::::::::i!:::::::::::、:::::fi:::::l::::::゙ i
  /: / )::ィ:i: : /  !::::::::l!ぃ::::::::l:::::lll:::::l::::::::l!
 ,/:::::/::〃:i::! :: f  !: : : :l ll. .....:::l....:lll.....l.ィi::l
 L__/:::,r!:ハll::::l:l   l!:l::l:l:ll:::::::::::::::l:::::l:l:::::l:l::l::l
   ミリ ''_T戈:l   l:l::::l:l_!:::l_,,、:::::l!:::l:l:::::l:l::l::l     最近体調が芳しくないようですね。
    l`f`io:ミミ'  レ卅'__ニ'ー-i、:j::l::l:l::::!:!:!::l
      l!` ''-''^   '"f:o:::トァ` !::}riイ::l:::l:l:l::リ     大学の勉強の方は大丈夫なのですか?
.      l!       `゙゙` ′ l:/ リ:::i:::川/
     丶  く,.        ,リ'",イ::::l:/ll:/      もうすぐ卒業ですし、、
     丶           ノ゙´ ト::::l:l:
      ヽ ヾ=、     ,:ィ:´  l ヾ::        単位を落とすようなことがあれば・・・
       \`~  ,,. - ''":'     l!_〉
         `゙゙~´ ヾ::::::   ,::ィ´
             ゙i:: , -::"::::::::
           _,..ノィ'´::::::::::::::::::
           l゙i:::::::::::::::::::::::::::::

      ナージャの学友 ドーラ・ハザン


厳格で上昇志向の強いクレムリンのなかにあっては、相談できる相手もいなかった。





20 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:47:12 ID:kunQGPPc0




    ∧,,∧  ∧,,∧
 ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧    知ってる?同志やる夫の夫婦仲が大変だって・・・
( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
| U (  ´・) (・`  ) と ノ   だって奥さんが「アレ」って噂なんでしょ・・・
 u-u (l    ) (   ノu-u
     `u-u'. `u-u'       奥さんの実家にはジプシーの血が流れてるんだってさ・・・



   /:l'゙   ,r'゙ . : ;' : : : ; ,'   i; : : : : i i ; : ::::::i.'、
  / !   /. : : : i : : : ; ;i   、,_!l ; : : :,' l l; : : :,'::::゙;、
  '、 ゙、  ! : : : '; i ; : : ;_i!-'  ノブ''''''7'ナゥl: : ノ; ; ; ::',
   ',  ゙-;l : ; : : '; ';v‐'゙,,'_    r''フ''j=t:、ィノ/,':,': : :!
   ',   !、: ' ; ; : ;、)i゙l ,!;l'     l:r;'.;l:.} ゙' ゙: ゙_:': : :i
    i   ヾ、 ; ' 、;゙i  !l;.i:j     ,!,゙;;',ソ    '゙_,゙、 : :i--
  ,rー'、.  ノヾ>'‐;i゙', ゙‐'' ノ           '゙ ,!: : !    ・・・・・・
.,/   `‐、 ,/゙  |'、i '    __   U    ,、、-;' : : :',
゙      ゙>   /;,r゙':、    `~      /゙;:;: : ゙、: : : ゙
      ,r(,_,,ノ/: : : i゙'‐、_      ,、- ,'::;:i:;: : :`:、':,、
    / `''''ブ:/: ;、、 ':::::::i.,`'‐ッ:-:'':゙:  !::::;';:'、: : : :`:'
    ,r'_,ッッ'゙-‐-ッ'゙,;;,,`'-、'::i:::.._,i     i,、,'、::'、::. : : :
、 /゙´‐'゙´   /,,;;;;;;;;;;;;,,,~''rチv}_,,、-、 ,-'゙_,,>=-‐'''''‐
i゙'‐(      /,;;;;;;;;;;;;;;;;r'゙'=!'-{,)=ニ!ノ:、‐'゙,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;





21 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:47:52 ID:kunQGPPc0




この時期、ナージャは遠く離れた親族に宛てて手紙を書いている。


        /        '::      /ミ メヘ
        / /::    /:::     /    i    l::
        i /::   /:::   _ __ソ      i    l::       l
      i  l::    l::: '´"⌒ ! u    ;_ _  i::   ::    i   ┏━━━━━━━━━━━━━━─────
       i l::::   l:::::    ;    /  ゙̄`ヾ、人:: ::     l  .┃
      人::::ヽ:::::::::rrxッ≠ミ ;i    /     /::ヽ::       i
       `-‐-イ〝んノ j    '''ッヲ≡ミッ/::::         ;    やる夫のパワフルさには驚嘆します。
           丨 弋::::ナ      ん ノ j ゞ__ノ::::::::::  .:
           │ 亠゛′      弋::;;;ナ  彳彡::::  /     私は・・・勉学と家庭の両立は難しいけれど、
           / "   ィ      亠ヾ'    ιヽ   .
          入.          lilililili   β /  /      いまのところは上手く切り抜けています・・・
            丶   `  ー   U   ∠._.ノ  〈
             \         ィ':::::人     '                                     ┃
              /ヽ、_... ..::::´ 丨::::::::..\    ハ        ─────━━━━━━━━━━━━━━┛
        i       /::::/:::::::ト::::::::  丨::::::::::::::ヽ\  ハ
         :ゝ____../::/::::::/lii:::::: ∠lilili≧_:::::::::::\ヽー─ィ/
         `ーー-" __::〃lilili! ::::lilililililililililililiゝ_::::::::::: ̄ ̄~ヘ
           // 〃lilililili lilililililililililil〃   ̄ヽ::::从::::::.:ヘ





22 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:49:39 ID:kunQGPPc0




実際は上手く切り抜けられずに苦しんでいた。


         , -ー''''~~ ̄ ̄ ̄~~~`'''i
      ,、,_ .l  _,,,,, 、 -------、、_.l
      l, `i''''~           'l
     ,-'_-_ニニニ二二二二二二ニニニ_ー--、
      ,,-/   i  /   il'  l   、\~~~
     \l   l l  {.{   {{  .}}   l ., }
    ,.  l,  ,、'、i , ,,' `'''~ ' \_  / /ノ
 、  {.l  l  { ヽ'l l ll__,,,-     ./-'''~
 lヽ,_ `-`,/-,-''`''l.' ' '', ,   `'ー''.lノ ,-,'
 l,  ~~ /   ,_{ヽ、iー-、,,_  _,ノヽニ,~-7
 ,-'-、, ,,ノ    l `''l.7,'ー''~)~  .l  _ノ
  `ヽ、_(_ー-,   l ''''7ノ`  l   _>'-~
 i'''~`'''ー/-,l'ー-,_ l-''~l l\,,,ノ _,-,-`
 l    l  .l X l /  .l .l  l l. X l
../   , l  .l  l l,_ .l .l  _l.l  l
l  /  , l X .l  `''  '-'  l, X l


勉学も家庭も両立できていなかった。
それを相談する相手もいなかった。

ナージャは厳重なクレムリンの中で、ただ一人孤立していた。





23 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:50:33 ID:kunQGPPc0




ナージャは知人にこのような言葉をもらしている。



. /. . . . . . . ,' . . . . ./ ,' ; . . . . . .゙i . . . . . . .
.,' . , . . . . ,,'. . . . .;.,'  i. ; . . . . . . .i. . . . . . .;
.i ; ;. . . : . i; . . . . ;.i  i ;,,,_. . . . . ;j. . . . . . i .
. ';',';. . .i: .;i. . . ._,ノi.l  ';:゙゙:~:''‐:、;;/. . . . . .ノ:.
  ゙';ミ、 .'、. '、. ~:   ''、  ','、 : : .;ソ. . . . . ,/::. .
   `、.、.:'、:i゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::':::::::::::::.ノ;.;: .
    `'゙-、;'i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';r‐< .
      ;.!゙i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: r'゙' i .    もう子供も何もかもうんざり・・・
       /..ゞ    ,,    . . .     _ノ .
    __ ,' . i、             ,、'.゙'、, . .
   ,/  !. ,,iツ'.-、,_  ,,_,,,  __,、-t:'゙:i:i:.:.:.:゙ミ;-
   'ミ‐‐;シ'l.i:.:.:.:.i.i`:.゙':':i゙:":´:  i:.:.:.i.i:.:.:.:.:..`
    ~~i:.:.:.:i.i:.:.:.:.!:゙y,;;,、!,    ,,!,,;;;,,!,!;;;;;;、



母親が子供に対する興味を失いつつあるのは危険な信号だったが、
クレムリンの人間たちにはそれに気づくような繊細さはなかった。




24 :クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで:2012/12/03(月) 21:50:49 ID:rVErhnpo0



他の幹部の妻たちが徹頭徹尾、骨の髄までボリツェヴィキなのに対し、
ナージャはそれになりきれなかったのが彼女の不幸なところだな



25 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:51:14 ID:kunQGPPc0




【補足】

f⌒Y :. :. :. >个ダヮ.:. :. :. :. :.\::::::::::∨  )\\\
:. :. :. :. : : /:. :. :. :. :. `ーx_:. :. :. \::::::::∨:.:`ヾ;:Vヽ::〉
:. :. :. :. :. ,'     |i   |i |iT≦_\::::::∨:.:〈:∧イ `l
: : : : :. :. ;       |l   |ト、|lノ |i |i\ヽイ-、ノ:{<|..|  |
: : : : :. :. |    i |ト、.丶.|ト、|lレイ !!  ヾ:. :. :)}:ト、\ `ヽ
: : : : :. :. |    ト、|l ヽ ,X千んf‐ミ、li ゞ- 什ト、ト、\ }
: : : : :. :八 |i  l |l_,  \ 丶代,ゞイ}! }ト、 ∨.:ハ::| ヽ::)      一連の話を見ていると、
: : : :. :. :. ∧|l 小.イ \      `'ー'゙  |! '. |「(_}:| /人
: :. :. :. :. : : 从 iト、'f升ヽ       u |i  f´  `ヽ/  }     どうも性格やストレスだけの問題とは思えないのだわ
  ̄`'ー一´丶 |  ゞx.ノ '、   __   |  |ー‐ 、  ヽ
          `ト、\)ヽ    `ー′  イ i|r┴‐'゙   ∨     ナージャのこの状態っていうのは、もしかして・・・
           /  )>- ──イ´ヽ! イ /       }
             /  / /::::::::::::::::人/'  Y      |
.            /  / 〈 :::::::::::::::::/  /个x_,__ム
           /  /    ̄}:::::::::///::::::〉-、_ノ\/\{





26 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:51:42 ID:kunQGPPc0




            ,.:-=;1―;1―;1―;1,=-;:、
            ミ             ゙ミ
.              ミ      ★      ゙ミ
           /ミ             ゙ミ \
          《  ミ;========゙ミ } 》
.             》/ / / :/ : : : : : : : : : \ ∨《
.            /// : :/ :/ : : : /:/ |: : : : : ∨^:|    はっきりとしたことは何も言えません。
           l∨ : : l :/: : :// / :八 : : : l: l : :|
           | :| : : :|/ :/ //:/ :/  ヽ: : | ハ: :|    ですが、当時の人々の証言をつなぎ合わせると、
           | :| : : :|≧x、/イ//,.ィ≦ハ ノ : l: :|    ナージャが遺伝的うつ病か、あるいは
           } :|八 :代uzノ    弋uzノ仏イノ: :|    境界型人格障害であったという説も信ぴょう性があります。
.           ′:} 仆⊂⊃     ⊂⊃イ 八 : :|    もともと、ナージャの生まれたアリルーエフ家には
.        /: : / 八 >  ~~~ .イ}{ : : : |    精神不安定なジプシーの血が流れているとも
.        /: : 〈 // ̄》 》≫=≪《 《V ∧: : :     言われていました。
.        / : : : : {   》《_》《_》《 〈 /  、: :丶
       /: : : : : : }   《_/八_》      }: : : :\
     /: : : : : : :/    ∨{><}{    {: : : : : : :\
    / : : : : : : /人,___人}><}人__人\ : : : : : :ヽ



│::::::::::::::、_::::::::::::}:::::::::::::\___    _
└‐、:::::::::::::::> ´\::::::::::::::::::!三≧‐:::::::
   )::::::/     `)::::\:::|:三:i::::::::::::
   t::::/   |  i  f::::::::::::ヾ:三:|::::::::::::
    `il   |  l  ヾ:::::::::::::!:三:!:::::::::::
    {!   十r-:!_  }:::::::::::|:三:|:::::::::::
    |!ト、从ィテ斥;  .l!::::::::::|:三:|:::::::::::    やっぱりそう言う話よね・・・
      /ヽ!´{斗' i |!::::::::::{:薔:}:::::::::::
     く     ´  !.人:::::::::!三:|::::::::::::
       ヽ _  u !   ト、:/三/:::/:ア^’
        ‘. `  j   、∨三/¨_ノ
       /`ーァ′  ,ハ/';く
        ヽ { 〉  /  >/ハ
          .| >!  ム_´ーォ ::::::::¨ヽ
         _ン/ `ー―ア¨´:::/::::::::::ヽ
     ∠_ /    /::{::::::::::::::::::::::::::::




41 :クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで:2012/12/03(月) 22:00:47 ID:wLPPqUPI0



「精神不安定なジプシーの血」って酷いな
当時の流行りだった優生学なんだろうけど



27 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:52:03 ID:kunQGPPc0




          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_     ですが、当時は精神医学も
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\   未発達であり、
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ    ナージャを診察した医師たちの中にも
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ    精神病に精通した人物はいませんでした。
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/
         | |{i t    _     / |    ナージャの心の病は誰からも理解されず、
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |    そして癒されることもなかったのです・・・
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |

【補足終わり】





28 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:53:01 ID:kunQGPPc0




|2ch一の医者|.
| .(・∀・) だぞ|
| :::: ∧◎∧
ロ__ ( ´Α`)    うんうん・・・慢性的な偏頭痛ねぇ。
__/┌(\Ω/)   頭蓋骨の形態異常が原因ですから
  ||/||..|_└ヽ_トヽ   緩和することはできても完全に治すのは難しいですね。
─|| ┸.。__]|__)_)





29 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:53:25 ID:kunQGPPc0




|2ch一の医者|.
| .(・∀・) だぞ|
| :::: ∧◎∧
ロ__ ( ´Α`)    じゃあこれを服用なさってください。
__/┌(\Ω/⊃
  ||/||..|_└ヽ_トヽ
─|| ┸.。__]|__)_)



   /:l'゙   ,r'゙ . : ;' : : : ; ,'   i; : : : : i i ; : ::::::i.'、
  / !   /. : : : i : : : ; ;i   、,_!l ; : : :,' l l; : : :,'::::゙;、
  '、 ゙、  ! : : : '; i ; : : ;_i!-'  ノブ''''''7'ナゥl: : ノ; ; ; ::',
   ',  ゙-;l : ; : : '; ';v‐'゙,,'_    r''フ''j=t:、ィノ/,':,': : :!
   ',   !、: ' ; ; : ;、)i゙l ,!;l'     l:r;'.;l:.} ゙' ゙: ゙_:': : :i
    i   ヾ、 ; ' 、;゙i  !l;.i:j     ,!,゙;;',ソ    '゙_,゙、 : :i--    あの・・・
  ,rー'、.  ノヾ>'‐;i゙', ゙‐'' ノ           '゙ ,!: : !
.,/   `‐、 ,/゙  |'、i '    __        ,、、-;' : : :',      このお薬は?
゙      ゙>   /;,r゙':、    `~      /゙;:;: : ゙、: : : ゙
      ,r(,_,,ノ/: : : i゙'‐、_      ,、- ,'::;:i:;: : :`:、':,、
    / `''''ブ:/: ;、、 ':::::::i.,`'‐ッ:-:'':゙:  !::::;';:'、: : : :`:'
    ,r'_,ッッ'゙-‐-ッ'゙,;;,,`'-、'::i:::.._,i     i,、,'、::'、::. : : :
、 /゙´‐'゙´   /,,;;;;;;;;;;;;,,,~''rチv}_,,、-、 ,-'゙_,,>=-‐'''''‐
i゙'‐(      /,;;;;;;;;;;;;;;;;r'゙'=!'-{,)=ニ!ノ:、‐'゙,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;





30 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:53:55 ID:kunQGPPc0




|2ch一の医者|.
| .(・∀・) だぞ|
| :::: ∧◎∧
ロ__ ( ´Α`)    カフェインですよ。
__/┌(\Ω/)    鎮痛剤として作用するほか
  ||/||..|_└ヽ_トヽ    倦怠感にも効果がありますよ。
─|| ┸.。__]|__)_)



     _-==ニニ二二二ニニ==-_
     丨__  ̄ ̄. ̄.::::::. ̄:. ̄ ̄´::」
.      `こ三三三三三三三三ラ´
     ノノ              ヽ
.     //::                  .',
     i i::               :.::i
     i i::               :.::l
     l.i::                 ::;|
     |.i::    CAFFEINE       :;l
     |.i::                 ::;|
     |.i::                 ::;|
     |.i::                 :::;;|
    ',',               ;:;j
     ヽ : : : : .:.:::::::::::::::::::::::;;:;;:;;;;/
      `tー- .:._____;;;::-一ァ''´
       `¨  …―…  ¨”´





31 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:54:25 ID:kunQGPPc0




医師はナージャにカフェインを処方した。

確かにカフェインには鎮痛剤としての効果があるが、
一方で覚醒効果があり、中毒に陥った場合、緊張感・焦燥感・神経過敏を引き起こす。


         , -ー''''~~ ̄ ̄ ̄~~~`'''i
      ,、,_ .l  _,,,,, 、 -------、、_.l
      l, `i''''~           'l
     ,-'_-_ニニニ二二二二二二ニニニ_ー--、
      ,,-/   i  /   il'  l   、\~~~
     \l   l l  {.{   {{  .}}   l ., }
    ,.  l,  ,、'、i , ,,' `'''~ ' \_  / /ノ
 、  {.l  l  { ヽ'l l ll__,,,-     ./-'''~
 lヽ,_ `-`,/-,-''`''l.' ' '', ,   `'ー''.lノ ,-,'
 l,  ~~ /   ,_{ヽ、iー-、,,_  _,ノヽニ,~-7
 ,-'-、, ,,ノ    l `''l.7,'ー''~)~  .l  _ノ
  `ヽ、_(_ー-,   l ''''7ノ`  l   _>'-~
 i'''~`'''ー/-,l'ー-,_ l-''~l l\,,,ノ _,-,-`
 l    l  .l X l /  .l .l  l l. X l
../   , l  .l  l l,_ .l .l  _l.l  l
l  /  , l X .l  `''  '-'  l, X l


特に不眠症患者や精神不安定な人には症状悪化の危険性がある。
カフェインの服用はナージャの孤独感・絶望感を深刻化させるだけであった。





32 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:54:50 ID:kunQGPPc0




【補足】


  ,ヘ`二彳´    | |  f/ / | | /     |     ∥   |  ',      `!
/     |     | .ノ-イ ! !  |  ノ' | j   |     /}   |   |         |
       |     !f   }| { | |,イ|,f/| .∥  .j   / } |  |   |        |
      レ‐イ  | ) .{| ,ヘバ十-|-‐'ム .イ/ , / /, ,イ  /! | /      ノ
     /   |  rュ,⌒)ル'ムィテ'i'テ〒ミ`ノノ/ /レ'`ナメイァ // / /    <(´
   /     `ー<@〉},'  ハ辷'_..八` " ノ.r' ,rテ!ムz'//イ /レ      ノ
  /         `マ  ,' ´"'''"゛      {、_.'ノ 'zィ'   レ'_  _,...-‐´
/            ,' | |',   U     j,  `'''''゛//     ) `´
            ,'  !! ヽ、      "      /├‐-‐ '´
                ,' ∥`ヽゝ^ヽ    ~'   _.. イ |       何もかもが悪い方向に
    , ‐ ´ ̄`ー、._  |   |>´   ヽ.._.. -≦  /  {        向かっているわね・・・
  /          `┤ ∥       ヽ r-―-、_!  |



            ,.:-=;1―;1―;1―;1,=-;:、
            ミ             ゙ミ
.              ミ      ★      ゙ミ
           /ミ             ゙ミ \
          《  ミ;========゙ミ } 》
.             》/ / / :/ : : : : : : : : : \ ∨《
.            /// : :/ :/ : : : /:/ |: : : : : ∨^:|
           l∨ : : l :/: : :// / :八 : : : l: l : :|    がさつな夫であるやる夫も、
           | :| : : :|/ :/ //:/ :/  ヽ: : | ハ: :|    そして周囲の人間たちも、
           | :| : : :|≧x、/イ//,.ィ≦ハ ノ : l: :|    ナージャの精神状態が
           } :|八 :代uzノ    弋uzノ仏イノ: :|    危険な域にまで追い詰めらている
.           ′:} 仆⊂⊃     ⊂⊃イ 八 : :|    ことにあまり注意を向けませんでした。
.        /: : / 八 >  ~~~ .イ}{ : : : |
.        /: : 〈 // ̄》 》≫=≪《 《V ∧: : :     そして、運命の日は目前にまで
.        / : : : : {   》《_》《_》《 〈 /  、: :丶   迫っていたのです。
       /: : : : : : }   《_/八_》      }: : : :\
     /: : : : : : :/    ∨{><}{    {: : : : : : :\

【補足終わり】





33 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:55:30 ID:kunQGPPc0




    /   /   /     /    i      l  \
     |    !     !   __ ,'     ,'     l.    \
     |    !  l  | '´  ̄ !    //、-..、 //      ト
    ',   .l  ',. ヽ __、、_l    //   ̄/\     ,'
     ヽ. 人 ヽ ≧≠ミ:ト    `ーi- ト 、       / /ヽ
       ̄`  フl〝んノ::}      =ミ≦レ   ,     }
.          { |  r。U:リ        ん ノ:jヾニ', //   ,'       お帰り、兄さん、義姉さん。
          ヽ! - ー'         r-'U。ナ '┘!彡    /
.            lilili  ::ノ       辷' ノ    ´ ヽ   /ー - __  ベルリンはどうだった?
          人            ""  , r'´/  r':::::::::::::ヽ
           丶   `  ー-  U     /_ イ.  |:::::::::::::::::}
             \          ィ´人     l_ / ̄
               | ヽ _... ..::::´  l   \   ',       }
              ,'  /   }       !__    \ __ヽ     , '/
        ヽ _ ././ .//_ !    ∠:::≧、    `ー - ≦彡'
      lヽ _`フ ー' _ //::::|  /::::::::::::::::::>       `ー─ --
      ヽ    /、/   /::::://:::::::::::::::::/   ` ヽ





34 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:56:21 ID:kunQGPPc0




                  ,'  ,. -┴  ∠- ´  ̄ ̄` ー 、
                 」 / _ ィ , - ´      , 、     `ヽ
             ,f´ ,l   /         v!Wト、、、,__  `ヽ.
               { ,r'^ , /          ,}   ヾ;、`ヽ、ヽ、 \
            `'! , イ/          〃    ヽ.ヽ、ヽ.ヽ,   ヽ
             i_, ハ、       ー廾-、、   `ヽミー'、 '、  i
             f  !ヾ;、     /ノ  ``'ー、/   _`ゝ'、l. ,'
             {  ', ヾ、  ,/ノ,ェ土ナメ    /´__,. l. l /
             `ーヘ   `_,ィ7´ ´ kァ:':1``     ' テ=                   ヽ/´ヽ{. !   '  ̄`     、 kl,ソ ` ,リ
                 { `メl !           'ァ :  ,iイ     経済は回復しつつあったけど、
                      ヽ`'トl l           /  ノ'| l     ナチの突撃隊とかいう連中が
                 /`トヘ. !       ,.......,_    ,! l     いつも騒がしくてしょうがなかったわね。
                     '、 '、'、      f゙  /   ,/l. l
                     ヽ '、', 、     `-´  /   ! l     でも、モスクワよりは華やかな場所
                          ヾ. `ヽ、   ~ /     リ      だったわよ。
                       l\,  ` ーy'´
                        |__    |
                       f´::::::::::::`::;ーヘ
                      ノ::::::゚::::::_゚:::::':}

               ナージャの義姉・パーヴェルの妻
                      エヴゲーニャ・ゼムリャニツィナ



llllll!;;;;;;;;;;;;;:.:.:.;,;:.:.:,,;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::;;;;;`':、
lli;;;;;;;;;;;;;:.:.:.;,;.:.:.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.,:,:,;;;;;;.:.:`'-、
ll;;;;;;;;;.:,;;;;;;;;;;;;;,:.:.:.:.;;;;;;;;;;;;;;;;;::,、-‐''゙゙'''t‐-:;,.;;;;;;;;;::: iii;;ミ'ニ;、
;;;;;;;;;;;;;:.:.:.;;;;;;;;;;;;,:.:.:.:.;;;;;;;;;:;,ノ:i゙. . . . _,,,l、、:::`:'imm'!!!!!!!!'゙´
;;;;;;;;;;,,,;;;;;;;,;;;;;;;;;;;;;;.:.:.:.:.:;:/::::::.l. ,r;ニ゙- ゙、: :::::::.i;!!!!!!!!!!'゙
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i゙'::、;:.:,、‐゙.,:::: .!/ ,rifi;オ~'、.:  i;i`''‐'゙
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;::j:::::`'´.::::::l . . ! ,  '゙゙゙´  !、  .,'、       ナージャ、君にベルリン土産がある。
;;::,:;;;;;;;::;;;ジ'゙..:::::: : : . . . l. . .i ',     !:.! ,':.',
ソllii''゙゙...:::::::::: : . .  . . . .il. . .l  '、     !:.:.: i'、:.i       こっちじゃ売ってないような綺麗なドレスだよ。
ll!!!'i:::: , . . . . . :  .: . ; i‐'゙   ,'  ./:.:.:.: : . i. i
  l:: . .i . . . : : . . . .レジ __,,、-y'' ,イ';、.:.:. : . .゙ヾ、,_     それと・・・
 ,ノ, . :. ', . . .  . . . ;,r゙ ~`''''"´ ,' ゙i,!i゙'、: . . . .,!.','i゙i
<<゙i. .:::::..' . : : . ,ィi゙、`゙'‐-、,,_,/、‐ジ.::l. . . . /`'‐!:!r-、_
. >' .::;、‐'゙、 : . . . . .i `‐'、,  __,、‐'´/..::::::i . . .i゙    ,'.::/::'i:、,_
‐''''゙´   `'; . . r'゙.:':-、 i ',  ,ノ゙...::::::::::::i . :i   ,'.::/.::/  '7‐

      ナージャの兄 パーヴェル・アリルーエフ





35 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:56:57 ID:kunQGPPc0




ベルリンでの軍務から帰国したばかりのナージャの兄、パーヴェルは
華やかな刺繍入りの黒いドレスと、そして、女性用の小型拳銃を土産としてナージャに渡した。


  l^\__
  |―――`――ーニニニニニ ~~^|__
 ||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; |.;;;;;|l  ̄ ̄ ̄|  λヘuノ⌒
   ̄ ̄ ̄\  ̄. ̄:| 二||ニニ⊃__|〕@网^-_(_
         ̄ ̄ヘ、 |l_____|   ⊿ ヘ
             V´ ̄( ノヘ、,//    ヽ
            ヽ   )ノ  )      ヘ
              ヾ======〃;;:::::::    ヘ
                     λ:::::::     |
                    |;;:::::     λ
                     |;;::     λ
                       |;;:::       |


軍隊的風土が一般的であったボリシェヴィキ幹部の世間において、拳銃の携帯はごくありふれていた。




37 :クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで:2012/12/03(月) 21:58:18 ID:5B2PeYrs0



銃はアカンwww


36 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:57:33 ID:kunQGPPc0




だが、ナージャは拳銃の土産よりもドレスを喜んだに違いない。

もうすぐ11月7日の10月革命記念式典がある。
その翌日は、幹部たちが集まって内輪のパーティーを開くのが恒例だった。


     ___         __
  _,、-''~. . .`~~'''‐-、‐-=''゙゙´. `'‐、,
(゙゙゛ . . . . . . .;、-'''~~.´.`.`~~~''''‐ミ''ミ'、
.゙'、,r . . . . ,r' . : : : : : : : : : : : : : .、`':、゙'i
 / . . . /. : : : : ;、: : : : : : : : : : : ゙i . .`'、
..゙、. . . / . : : : ; /: : : : :,:‐:゙: : : : : : ::. : : .゙、
/ .゙':v'゙. ; : : : ;':i : : : ; /: : : : : : : ;n',、 : : : .',
. . . /. : :!: : ; :!| i : : !/:,、‐=、: : /゙ `'''| : : : : i
. .,/. : : :゙i : ;,、';'、'、:.:.!'、.:.: : : :r/   ノ; : : j:: !
‐゙. : : : ; : : ! 、' ' '' ' '_,;:;;;,,'、'!i:l   ノ:ヽ:,;/: ;ノ
: : : : :/ : : '!, (   '"´ `゙   ,;:;. r‐ニ;;/
: : : : :l : : /l-)         .  ,゙!`~´       ありがとう兄さん!とても嬉しいわ。
: :,;、:‐': ;-': l゙゙l,、_'、   t:.、,. ゙ ノ:.゙;、,
: (i゙ : :/ : r‐ミ-、,'゙ミ':、,_ _,`´‐'゙,゙'、: ;,ノノ
: ;,)、:,、;、-'゙'~~~~゙゙'<ニ,/    /'i、):(
: :'''゙:(:i        i:/   ノ‐! ! ,;,;) __,,,,,__
: : : : ゙'i___   ___,、ll、,  i゙ . : ゙ソ‐''''~,.,:;:;:;:,.,`''''‐、,
: ;-ニ='゙,:;.~'''''゙~,.;:;:;:;:;:/  ゙ir'゙゙´,.,.;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,.,.`'、
: l(;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;,';'、   ゙;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
: : ゙i);:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,i   ゙;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:


華やかなドレスは、きっと夫の目を惹きつけるだろう。
もしかしたら久しぶりに情熱的な言葉をかけてくれるかもしれない。

そうすれば、少しはこの苦しみも和らいでくれるのだろう・・・





38 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:58:52 ID:kunQGPPc0




11月7日早朝、凍てつくようなモスクワ。
クレムリン内の人々は革命15周年を祝う式典の最終準備で大忙しだった。


 o ° 。゚ o  。 o  ゚ o  。゚ o  。  。 o o ° o  。゚ o  。  。 o  o ° o o ° 
 。゚ o  。 。゚ o  。  。゚  。  o o ° 。゚ o  。 。゚ o  。  。  o o ° o  。゚
 。   。  。 o   ,__ 。゚ o  。 o  ゚ o  。゚ o  。  。 o o ° o  。゚ o o ° o  。
 。゚ o  。 。゚ o  l_<  o  ゚ o  。゚ o  。  。 o o ° o  。゚ o  。  。 o    。 
 。  。  。 o   _|_  o  。 o  ゚ o  。゚ o  。  。 o o ° o  。゚ o o  。゚ o  。 
_  o  ゚      ,ェ._.ュ、 o  ゚ o  。゚ o  。  。 o o ° o  。゚ o  。  。 o  。゚ o  
,,,,]||      ,,.-'"゛    ~''ヽ、 。 o  ゚ o  。. ! o  。 o  ゚ o  。゚ o  。  。 o o ° o
ニニニ,,!-z,,,,,,メ--────--丶、  ° o  。゚ /_|ヽ  。 o  o ° o  。゚ o ★。  。    。゚ 
-、,,,,_ .~"'''ニ==ェ,,--'''''''-------ヽ.._  。 o  。|iiii|゙|. o  。 o  ゚ o  。゚ o  .|。 。 o o ° o 
   `~"'―-,,,,,,|ニニニニニエエエェ,l,,,,|,,,,[ ]、       |;;;;;;|;;|. o o ° o  。 ゚ o   ,!!、  。   。゚ 
  人   人 `゚゙'''―v,,,,「  .|~゙---->...ュ,ュ__.、 .,i;ロ;ロ|;;|    。 o  ゚ o  。゚ o iiiii   。 o o ° o 
  彡ミ  彡ミ  人   人゙'''ー-...,,,,_|  `゙''''「゙゙'''''..|∩-|iil.,,, o ° o  。 ゚ o    |||||   。 o  。゚ 
彡彡ミミ 彡ミミ  彡ミ  彡ミ  人 `゙"人-i、,,_,,,l;;;;;;;;;;;/;;;/z,,,__.  。 o  ゚ o     |  :|. 。 。 i  °  
彡彡ミミ彡ミミ ;;彡ミミ.;彡ミミ ;彡ミ  彡ミ  人゙'''┐'| .|''i--zz;;;;;,,,,,.  o  。 ゚  |AA.|    ∧  。  o
彡彡ミミミ彡ミミ 彡ミミ 彡ミミ .彡ミミ 彡ミミ彡ミミ:::| .| .l'''―v,,,,,"'''i   _____ .A l゙| | |.|.A. .|ii|  。 o  
彡彡ミミミ彡ミミミ;;;;ミミミ彡ミミミ彡ミミミ彡ミミ彡ミミ:::| .! ,|    `~"'ヘ-i、|ロロロロi''i_|ii| |ll,,,,,,,||ii|_./ .ヽ   。 o
彡彡ミミミ;;;;ミミミ ミミミ ミミミ;;ミミミ;;ミミミ;ミミミ::::| |  | 人人人  r‐┴── ┴┐゙゙゙゙゙゙゙゙゙ll-----トL,  。
ニニニニニニニニニニニ===============   |..彡ミ .r‐―┴――─┴-┴─--iL,、:::::::|゙゙゙|----- 
  ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ======ェュyy,|jlll」―――---------u,,|_, !.| .!-ト |  
ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'i ト-   _ ..|.「[l|____,,,..|...............
━─―――――――――――─'''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''" ̄ ̄ ̄ ̄





39 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 21:59:24 ID:kunQGPPc0




やる夫や他の最高幹部らはレーニン廟上のひな壇に上った。


   ,.⌒ヽ     γ⌒ ヽ
  〈 ●.ノ\   人 ● 〉
    ヽ彡'  ヽ /  ヾ___ノ          ____
    )    Y    (         /      \
   /γ⌒     ⌒ヽ\      / ─    ─ \
  /  |         |  ヽ   /   (●)  (●)  \
  |   ヽ__人__ノ   |  .|      (__人__)     |
  \     `ー'´     /   \     `⌒´    /
 ,,.....イ.ヽヽ、       -、.    ./\        /ヽ
 :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i   /:::::::::::i::ヽ`介´/::::i::::::::::ヽ
     |  \/゙(__)\,|  i |   {::::r:::::::l::::ヽ| | i::::::7;;;;;;:l::::}
     >   ヽ. ハ  |   ||  }::::|::::::::::\;;;i,,/:/:::::::::i:::::{




ヴォロシーロフとブジョンヌイは馬上行進のため、別々の地点で馬に跨って待機していた。


                                 / ̄ ̄\
                                / _ノ  ヽ、_ \
                              . | ( ●)(● ) |
                              . |  (__人__)  │
                                |   `⌒ ´   |
                              .  |           |
                              .  ヽ       /
                                 ヽ      /

                         やる夫の盟友 クリメント・ヴォロシーロフ
     ./ \Yノヽ
    / (0)(―)ヽ キリッ
  /  ⌒`´⌒ \
  | , -)    (-、.|
  l   ヽ__ ノ  l |
.  \        /

やる夫の友人・赤軍将官
 セミョーン・ブジョンヌイ





40 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 22:00:19 ID:kunQGPPc0





ナージャは大学代表団の一員として行進に参加する予定だった。
この日、ナージャはフルシチョフと偶然出会っている。


    r'フ . : :/ : : :,/: : : l: : il   i'、 ,、:;‐ニニ=トl: : : : :': ;'/::::::::'、. :.:
_,、-;:;:'! i : : : i; : : : i; : : : i _:';',  '、'、゙´ : : : ; ノノ: : :: : :;ジ/ : ::::::i、:.
'': ;:;:;:;,',i: : : : i ;: : : i'、:,rシ弋 ';:'、  ' ',rlニ┴‐-<,_,, : ,ィ彡'、: : : : l .:.
:; ;:;:,.,' ;:',: : : :'、:'、:: :';'';゙´: .,._;;;;_   ゙ '´ r゙`j,'、 `‐  '彡-ヾ; : : :! .:.
;: ;:;:;:;:;,、ゝ;: : : '、: '、: ゙':゙'/)'゙r‐;、     i'';;;,;;i:}    '゙/ ゙i:、'-、l_.:.
;、-'''゙゙    ゙-、:':、':-、'、 -! !;;.';,',      ゙i;'=ツ、    !   ノ :\; :`    あら、おはようニキータ!
,_        `'-、、';:';'r、 ゙'、'';;!, .      . : : .   ノi'、 : : i`.'
;.,`';‐-、,_      ゚;::::l、i  .゙.゙   ゙   ,      ノ'''゙゙::::'; :'、 : ',-    今日は一段と冷えるわね。
',.,:;:;:;:;:,';.,`''‐ッ'゙`゙'‐、 ゙、;i:';゙、 ' '   '‐ ''゙     /i::::::::::::::゙; : ゙-;,i、
;:;:;:;:;:;:;:, ; ,' (     /゙'-,';、';.`'‐-、、,_     _,、:7:::::::'、;;;::::;;;;::;';,、-、:    レーニン廟にいるやる夫が
';:;:;:; ',.,:;:, ';:;:,゙;  /,:;:;:;.,.`'、`''‐;、;';'、ニコ::-::'゙: _i;、‐''゙~,、-;;'、'、,ノ´.:.`
.`'''-、,:;:;:;:;,, ノ  /,:;:;:;:;:;:;:;.,`v'゙,.;:;:;;ッ=ノ_,、-‐'゙,.,;゙i   i,' ;;;;;,,゙'、 :.:..:.:.:    風邪を引かないか心配だわ。
    `''‐i'゙   i ;:;:;:;:;:;:;:;:;;r:ゝy=;i,-'゙'゙,.,.,:;:;:;:;:;;/ ,、‐'゙;:;:;.,' ;;;;,'; .:.:.:.:.
      !  /,,;;;:;:;:;:;:;r!'三=;ミ'ゥ:;:;:;:;:;:;:;:;:;;ヅr゙' ;: :', ', ',';., ;;;i :.:.:.:.
      ! ./.,:;:;:;:;`;';';';l;i毎ソi!'ノ゙‐;';'‐;:;:;;ジ: l,.,:;:;.,' ;:;:;:;:;:;:;;,';l .:.:.:.:
        !/.,:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;!'ミゥッジ;:;:;:;:;:;:;:ゾ: ' ,r';:;:;:;:;:;:;. ';:;:;:;;;;;;i :.:.:.:.:



                  /::::/::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::i::::::´ ̄ヽー、
                     /:::::::/::::::::::::::/:::::/::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::ハ::ヘ
             /⌒ヽ   ,':::::::/::::::::::::::/::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::|::::|::::::::::::ハ::::',
          |   .}   !::::,イ::::::::::::::/:/::::/:::::::::::::::::::::::::::::::,'::::|::::::::::::::::!::::|
         ノ    ,'   |:::/.|::::::::/::::l、l:::/|/|::::::::::::::::::l::l::::/::::::|:::::::::::::::::|::::|
        / , -‐く   |/ |:::::::{::::::l/lヘ  |::::::::::::::://::/ |:::::,'::::::::::::::::::|:::|
      , -‐ '´     \    l::::::ハ:::::| ‐-、\!:::::::::::/__!/_l_:/_::::::::::::::::::|/
       /     _    \  ヽ::|::lヽ:|   ` Ⅵ:::/´ ィぅZマく|:::::::::::::::/::,'     革命記念式典なんて
    /  -ニ_´__`ヽ,    }   ヽN`:ト!      !∨   `ヾン '|/::::::::::/::/      毎年こんなもんさ!
    i          ̄ヽ、./     |:::|     ノ       /::::::::::/;|/
   ノ   、___   `〈 ̄`ヽ  Vト、  、_`  __,  ∠...イ:::// ′     ナージャこそ風邪をひくなよ。
   !        `ヽ、 / ヽ  ヽ ̄ ̄ ̄イ、:.:.: ̄:.:.:.}  /-'l;イ:/
   ,'   ____    Y  ヘ    \  /| ` ー‐_'.. ィ´:::::/l/          じゃ、あとで同志やる夫にも
.  /        `ヽ、_.ノ     ヘ    ヽ'  |` ー‐ ´  /イ:/            よろしく言っといてくれ!
./     ___ノ=‐-     ヘ     ヽ !     /`ー--,、
       ,イ /            ヘ    ヘ ヽ、  ./    / |


この時のナージャの様子は、ごく普通であった。夫婦仲の悪さを伺わせるものはなかった。

これが、ナージャとフルシチョフが話す最期の機会となった。





42 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 22:01:28 ID:kunQGPPc0




革命記念式典はつつがなく執り行われた。


       / ̄  ー‐--- _    _  --‐   ̄  ‐- _
       /       、    ̄ ̄ ̄                //-----------------------------i~´|-------
       /    /  ヽ                    //wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww|~´wwwwww
        /     \  |                      //wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
       /  /\ _,×                 .//wwwwww. i~´| wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
      /         `                .//wwwwwww |~´wwwwwwwwwwww.i~´| wwwwwwww
      /                               //WWWWWWWWWWWWWWWWWWW |~´ WWWWWWW
    /                             //WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW
   /                             //∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
  /                          // ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
 /                             //∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
/                           //∧∧ ∧∧ ∧∧ ∧ ∧∧ ∧∧∧∧∧∧ ∧∧∧∧∧∧∧∧
  ̄  ー‐--- _    _  --‐  ̄  ‐- _//∧∧ ∧∧ ∧∧ ∧ ∧∧∧ ∧ ∧ ∧∧∧ ∧∧ ∧∧ ∧ ∧
            ̄ ̄ ̄           //(゚Д┌───────┐・∀・;)(`∀´) チンタラシテンジャネェ!∀`;)
 ∧ ∧∧ ∧∧ ∧∧ ∧ ∧∧ ∧∧∧∧ // ) (´| ●        ● | アツクナルナヨ…   ゴルァ!  ∧_∧
 ∧ ∧∧_∧ ∧ ∧∩_∩∧∧_∧ //\\ | ┌▽▽▽▽┐ |  ∩ _∩  / ̄ ̄ ̄ ̄\^×^ ;)
  ソヴィエト万歳!万歳!万歳!∀` ;//  .\\| |        | | (;´ー`) /○.~,,○  《 \ _∩
  ∧ ∧  ∩_∩  ∧_∧ ∧_∧ // ウラー   .└△△△△┘ |, ⌒⌒\(▼___、、  Y  Y|Д`;)
 (゚ー゚*) ( ´m` )(`∀´ ;)(・∀・.;)//  Λ_Λ              l.l__ll))) )∨w∨W \ヽ |   ||∧ ミ
  ∧_∧   ∧_∧   ∧_∧ /○ //(ハヽ∂  ∧ ∧       ((ロ-ロ l) ∧M∧l⌒l))  \/|゚;,)エ
∩(`∀´ ;) ΛΛ∀` ;)  (`∀´ ;)○  !(`∀´ハ|  (゚Д゚;,)ヽ(´ー`)ノ ヽ∀ ノ .(-( ̄ ̄ |∵|_ ∧ ∧   ナ
ヽ     )(´∀`)   )  (   _/   (∩ ∩ )| ⊂ ⊂ ヽ(___)(    ) (∩ ̄ ̄|∴ノ (・Д・;)   イ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




式典のあと、式典に参加していたワシリーとアルチョムはモスクワ郊外にあるズバロヴォの別邸へと送られた。
クレムリン内の陰気な自宅に比べれば、別邸は格段に居心地がよかった。


   / ̄ ̄\
  / 「  へ \           / ̄ ̄\
  |  (●)(●) |         /  ⌒  ⌒\
.  |    |   |        /   (⌒) (⌒)ヽ
.  |    __´___  |   、、   .|    (__人__) |
  |   `ー'´  }l⌒l ノノ   .|      `⌒´  |
.  ヽ       .}`'''|      ヽ         /
   ヽ     ノ ./       / ヽ       ノヽ
   /    く/ /      /           ヾ

やる夫の長男         やる夫の養子
   ワシリー             アルチョム





43 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 22:02:05 ID:kunQGPPc0




翌日、ナージャはパーヴェルからプレゼントされたベルリン土産のドレスに身を包み、高揚としていた。
髪型は最新流行のものに整え、今までしたことがないほどおしゃれをしていた。


/    .:::::::;.'                        ヽ.\
    .:::::::/         l    , ト./ヘ  ヽ      ', ヽ、
   ..:::::_;;'         l    l l`"´ ',   i 、     i一''’
..::::::::/:::l        l |    | |   l l  | l  、 |.  !
ー'/::::::::::!        l l    l |   | l __l_j  }l  ,'
. /::::   /|  ',    __,l.-l=≡≡=ノ  ='"´!/` 〃 /
'    / l   \    . -┬ニj ̄`   ,zセk_,`/″ '
    ,.'   ! ヽヽー_, '´ _,.ゞr=f¬`    'l{:J ` ,.'_/
  イ      、 ミ三.  '彳{:し|        t,ソ_ {,ハ
//     /ヽi⌒ヽ.   ヽこノ_      ´   !  .ヽ、
/     /  t `ヽ    ´      ヽ    ノ  ヽ. \
     〃  ::`ー-‐:、       _,,.-   , ' l    丶ヽ
  ,. -'´    :::::i:(__)_,rト .        /:::: l、      } }
//       ::::::l::::O'、 い-、` -  .__/ニヽ:. l`ー-.、  〃
. /      .::::::::|::::::::::`'t  `ー--'⌒ヽ' ,┬'´:::...ヽ、  } {i
/      ..:::::::::,イ::::::/_,r‐T_ー- ..L_r-に´:::ヽヽ:::::::::. { { い
    ..:::::::::__/___:く     '^ー/ィト{‐`.ヽ、.> '' ´ ̄`丶ヽ`ヽ、
   .:::::;. '´__:::::_;. -''^ー- 、_/ / !.l ヽヽ\`ヽー-/   ', ヽ. ',
  .::::/´    ̄`ー- ...___く /~'l. l‐'´ \ ヾ'´_,r'´   ハ ノノ
 ::::::i             ̄` ー ! ヽ_ r‐、r、>、 ヽ     ', /
 ::::::t                    l  i,ゝ'亠'二ヽ V     ハ
 .::::::!`                 l  l. f´ rr.、l l    ,〈 ヽ
.:::::::::l              ―‐‐-|  } { {ゝj ハ !    .ノ  }
:::::/::{                     |  ト、:ヽ二'/ ! j   //, /
:::{:l:::ハ                _l  l‐'^ー''^Tレーi´_,∠'ノ
、::l:!:{::::`ヽ._         _,.-く´ ̄ヽ !--ゝY r'⌒'| !} |´
 `ーヽ:__::::::`Tー--‐、 '' ´   ヽ ゝ.i. l,ゝ } l {r`レ!l〈 !
       ̄ ̄`ー-- ヽ     ヽ ノl. l_,ノノ //j !ノ_,j


きっと、今夜のパーティーでは夫の視線を手に入れることができるだろう・・・
幹部たちのなかでは、ナージャはもっとも若い女性だったのだ。





45 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 22:02:57 ID:kunQGPPc0




パーティーはクレムリン内の騎兵隊宿舎、その三階にあるヴォロシーロフの自宅で開かれた。


         / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    (⌒ )(⌒)
        |     (__人__)         昨日はお疲れ様だっただろ、
          |     ` ⌒´ノ         記念式典的に考えて。
        |         }
        ヽ     ヘミ|          昨日の疲れを吹っ飛ばすためにも
        /,` 、` -`,--` ,        じゃんじゃん飲もうぜ!
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;::::: `l|、
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l
;;;く   ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;/

                       _,. === 、
                    ,ィ´     `ヾ、
                _. ,、  ,.、/_           ',',
            _/:...:/:.:.`´:.:.:ヽ:.:.:.ヾ´.ヘ     l!
         ,. ´/:...:/:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ:.:.: ヽ:.: ヽ   i!
        /:.:.:./: .:./:.:.:.:.:l:.:.:.....:.:.ヽ:.:.:.:ヽ:.:.:.ヽ.  ′
        ./:.:.:.:.:/:.:f:.:i:.:. f : |:.:l:.:.:...!:.:.i:.:.!:.:∧:.:.:.ヽ
      /:.:.:.:.:/: .:.!:.:|:.:. l:.:.il:.:l:.:.:. |:.:.ll:.:.i:.:.∧:.:.:.:ヘ
      ,|_,.:,/:.:.:.:i:.:.|: .:.l:.:.i.l:.|:.:.:. |:.:.||:. !:.!:.:ハ:...:.:.:ハ
      lニニ|:! :.:.;i,斗-ft‐l-!:|:.:.:. !ィセT:ト、!:.ハ:. !:.:.:ハ
        !ヽゝ|:l :.l:.|t,斗‐!-、ヾ,!:.: / 斗‐!、i:i!:.: |:.:|:.:l.:.:|    今日は仕事のことは忘れて
        !:.:.:.,.|:l:. !:|/f.fi`i    i/. ffi`! } .|: !:|:.:|:.:i!: }
        |:.i.:!.从:.:l:|.弋¨ノ        辷/ /.//:./,;イ!/    みんなで楽しんでね!
      /:.|:.ト、 ヾリ           ,    /ィ'/:i∧:.:l.′
      /:.:.|:.l:.:.T‐ 、      __´     レ':..イ:.:ヘ:.i、
     ./:.i:.:l:.:l:l:.:.i:.:li:\     ゝ ′   , 'i:.!:.:.:.:.!:.:.ヘ:ヽ
    /:i:.i:.:.|:.:l:l:.: i:.:li: .:|` 、      , イ:.:.!:.l.i、:...:i :.:i:.:`、
    |/i:.!:.!|:.:l:ト、.i:.i!:. |  ` ‐ イ:.|:. |:.:.:!:..!:.ヽ:...:i:.:.ト、:}
    i' .!:i:.lヾ:.!l:.ヽヾi.ヽ       ト.k :|:.:.:i:..}:.:.∧:.:i:.:| ソ
      !:i::|-ヘi´ ̄ヽ', \      \!ヽ:.;i:リ!:.:.:.:iヘi:.:!
     >'ヽ        \_    |  `ゞ、:.:| i/

  ヴォロシーロフの妻 エカテリーナ・ヴォロシーロワ




46 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 22:03:36 ID:kunQGPPc0




 *     +    巛 ヽ
            〒 !   +    。     +    。     *    。
      +    。  |  |
   *     +   / /   +    。     +    。 +    *
       ∧_∧ / /         イヤッッホォォォオオォオウ!
      (´∀` / / +  ./ 》〉   。     +    。   *    。
      ,-     f    | | ∧_∧
      / ュヘ    | *  ヽ ヽ ´∀`)_    。     。
     〈_} )   |      ヽ    _ヽ          〉
        /    ! +    。 .|  ({__〉 +      ○ノ
       ./  ,ヘ  |       |   |         <ヽ |
 ガタン ||| j  / |  | |||    ||| .| ,ヘ \ || |||ガタン i!i/, |i!ii ガタン
―――――――――――――――――――――――――――


パーティーにはそうそうたるメンバーが出席していた。
誰もがボリシェヴィキ党の最高幹部のメンバーであった。





47 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 22:04:36 ID:kunQGPPc0




珍しいメンバーとしては失脚したニコライ・ブハーリンもいた。


   /       ,_,              ',
   /       ( l 、            ',
   l      ,i、/ 〉ヽ!ヽ、ヽヾ   `ヽi   l
   l    i , ノ ハ( 、 ,-‐..'´`ソ'`ヽ i リ   /
  │  i、l=‐':´`"゙:::::::::::::.  : ノノ/、  /
   | i i |/::` :: ::::::::,i ヽ ;::::::..  .:: l l  l   ヽ
   l ヽゝ l::: ::: :::/ |  `' 、::: -'´j l' /   )
   ヽ、ヽ ` 、、:::/  !、-     ゝ,l '   /
    ゙''- 、ミ ',   _, - ‐-   /r, 、 `( _
       _ノヽ\    -    , '// \   )
       `ヲ.  \      / //    `''‐'-,
    , ==l ,  l ` - ‐ '  //   ,---、 /
  , , ' '´   !li  lL.   , - ' 7/   |=000| )
//      `゙゙゙_)| `' '´   l(    ゙ー ' ´く
ヽ.ヽ、        l      ヽ >      l

        ニコライ・ブハーリン


かつてやる夫と敵対し失脚したブハーリンも、この時にはその罪を赦されて
私的なパーティーへの招待状も届くまでになっていた。





48 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 22:05:10 ID:kunQGPPc0




パーティーでは際限の無い乾杯が繰り返された。

だが、ナージャの席の真向かいに座っていたやる夫は
すでにぐでんぐでんに酔っぱらっており、着飾ったナージャにはなんの関心も示さなかった。



    ぅぃ~…         ‥ヒック
              / ̄ ̄ ̄\      ヒクッ…
  …ヒック    /   _ノ ,、ヽ、_\
       /  ;;;(ー)::::::(ー);;\
       |    :;:,~(__人__)";::  |
          \、    ` ⌒′ ,/
         /ヾ     イ" く     __
        /⌒ヽ        \ ,、jーi
.        |\ \.      ト、 ヽソ ⊆)     __
        | \_/⌒ヽ/⌒\( |酒⊂リ     jーi
         | ,/   ,.  \i'  \|_とン    ノ空I
            |    人   \   \      | 瓶 |
         \__/__\,〆⌒)_〆⌒)     |___|


/    .:::::::;.'                        ヽ.\
    .:::::::/         l    , ト./ヘ  ヽ      ', ヽ、
   ..:::::_;;'  八     l    l l`"´ ',   i 、     i一''’
..::::::::/:::l   ⌒    l |    | |   l l  | l  、 |.  !
ー'/::::::::::!        l l    l |   | l __l_j  }l  ,'
. /::::   /|  ',    __,l.-l=≡≡=ノ  ='"´!/` 〃 /
'    / l   \    . -┬ニj ̄`   ,zセk_,`/″ '
    ,.'   ! ヽヽー_, '´ _,.ゞr=f¬`    'l{:J ` ,.'_/
  イ      、 ミ三.  '彳{:し|        t,ソ_ {,ハ      ムスッ
//     /ヽi⌒ヽ.   ヽこノ_      ´   !  .ヽ、
/     /  t `ヽ    ´      ヽ    ノ  ヽ. \
     〃  ::`ー-‐:、       _,,.-   , ' l    丶ヽ
  ,. -'´    :::::i:(__)_,rト .        /:::: l、      } }
//       ::::::l::::O'、 い-、` -  .__/ニヽ:. l`ー-.、  〃
. /      .::::::::|::::::::::`'t  `ー--'⌒ヽ' ,┬'´:::...ヽ、  } {i
/      ..:::::::::,イ::::::/_,r‐T_ー- ..L_r-に´:::ヽヽ:::::::::. { { い
    ..:::::::::__/___:く     '^ー/ィト{‐`.ヽ、.> '' ´ ̄`丶ヽ`ヽ、





49 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 22:05:46 ID:kunQGPPc0




  , '     , '  f     |::::::::::::::::::l    ',   ヽ.  ,'
. /     ./    {.       {::::::::::::::::::j  ,  }    .! /
,'     ,' i    ヽ、,\-┘:::::::::::::::'-y、   i      |, '
!       , ! !   ./:::::::::ヽ、:::::::::::::_ノ__,ヽノ  丿 i !
t     | t ヽ、/:::::::::::::::::::::::::::::::::::rf:.:.:!ヾ:ヽ/ 丿ノ
. \    t. ゝ-v’:::::::{ i、リl:::::::::::::::::::|f_j|:::::::,'_ / ´
   ` ‐- !ゝf ‐、 ::::::::::::::::::::...  ヽ .::ヒタ:::::::fノ         (なによ・・・私がせっかく
      ', l  }:::::..          ̄ ..:::|  ヾ、
       l ゝ、_`       ,-―,     :/    }.}   ヾ、   こんなにお洒落してきたのに・・・
      ノ  _.  \       ̄    イ    ノノ   / l
 t ‐--‐'  / `/"ヽ` 、      _,-'⌒!`` =' '‐-‐'  l   どうして声もかけてくれないのよ・・・)
  ` ‐-ッ' ./   {  .∧   ` ー ',-'     !`i ヽ     ノ





50 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 22:06:21 ID:kunQGPPc0




それどころか、やる夫は隣に座っていたアレクサンドル・エゴロフの妻、
ガーリャ・エゴロワと妻の目の前でじゃれ合い始めた。


       ____
     /⌒  ⌒\
   /( >)  (<)\     うひひひ~
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |    /| | | | |     |   ガーリャた~ん♪
  \  (、`ー―'´,    /
       ̄ ̄ ̄



       / ,x'_´二二ニヽ、` 、
       / //   ll   ` ',  Y
     /  /  /  l | l | l l l   ',
.     l  l  / !-‐'' ~ ヽ、! ! |   ',
.      |  |/^  _,.   ‐- `ヽ   !ノヽ
   /\|  |           |   l |  /
  ヽ.  !  l  ,.-‐、   ,.-‐、 ll  ノ レ'
.    ` !ト-l ´      ,     レ' .l l    なんじゃなんじゃ、
     l ヽ       _     /-'´ |
     |  l`lヽ  `´ `´  イ !  !    やる夫は甘えん坊だのう。
     |  ヽヽ `  、  ,. イ .l l.  |
.      _|___! |. ノ_   ,.、 .! l__.l_
    ,へ: : : :l l -〈 `'' ´@l-l !: : : : ト、
   Y  ヽ: : l〈 ミミ^ ^彡ミ !: : : : / ヽ
.   |   ヽ::ll |  lヽ^ ^`7 .!: : : :/   !
    l     ! lll  !^ ^ ^/  .!: : :/   l

   赤軍将官エゴロフの妻
           ガーリャ・エゴロワ





52 :クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで:2012/12/03(月) 22:07:55 ID:m3H.BUPg0



冗談抜きでこれは酷い


51 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 22:07:05 ID:kunQGPPc0





ガーリャ・エゴロワは赤軍将官アレクサンドル・エゴロフの妻である。
慎み深さとは無縁の派手な映画女優で、挑発的なドレスと性的誘惑がすべてであった。


                   _____
                  ,   x-‐…ー- 、 `ヽ、
                  /,∠ -―- .._   \  \
            // , /      ヘ  \  \
              , ' /   /   / /  /   \ /
             /  厶⊥」..._// /  リ    ∨    i
          厶イ  / ヽ  ` \,イ  !   /     |
              | { __、    __ \ | i /  ,    |
              j/j/l イバ      `   乢/  /     ,′
             ,' tkノ    丐=ミ   /  //   /
                     {k.ノハ/  //   /ー┐
               |  '      `¨  z,彡kj/}  /ー‐┘
               八   、 __           - ソ  ,′
            /   >、       / ̄匚彡 |
             / //` 、_   ,/,/''/     !
          // (   ( ,-'/'" ! / ./ ,/ ̄  \
.       //    ,..-'/ /   / ! !      ヽ
    //  ,x==/ / /    ! ! .!   _,..-'',) /__
    { /   ,《  /   / /     .! V,.. ''~-==ニ二 ̄'\
     '(      /.!   ! !,へ,-‐ヘ'''''-/    '''---~二`\
          ,イ  !  ! ̄__----/     _ \-、\   \
         〃|  ! /´ ̄    /    ,.-'" ヽ .!:::!~" \   \
         {{.∧!  !     /    /~    /'-':  |   }   }
        〃 j,!  l    /    / !     !|   |  ,′  ,′
        {{   !  !  /    /  !     .!,j   j  /    /



男性との情事の噂が絶えることは無く、
しかも関係を持った男がことごとく不幸に遭うという噂でも有名だった。




66 :クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで:2012/12/03(月) 22:15:19 ID:5B2PeYrs0



エゴロフって誰だったっけと第十三話見直したけど仁かwww。
忘れてたか気づかんかった。



53 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 22:08:06 ID:kunQGPPc0




ナージャとの夫婦仲が悪化して以来、不倫の噂もあったやる夫と、
情熱的なエゴロワが親密な関係を目の前で披露しているのは、ナージャにとって耐えがたかった。


              _ ___
  _人_       ,. :'´: :,. -―‐-ミ:ヽ、
  `Y´     /: : : :厶ィ': ´ ̄ ̄ヾ : :\    *
         /: : : : : :.!: :M: : : : : }、: ヽト、:.\
        i: : :.!: : : レ‐' ` ̄⌒ ⌒" トヘ:ハ!
      ト--|: : :.!: : 、|  ー‐'' ´ `'ー  }: :.ト
      `ー‐!: : :!: : : :! z=≡   ≡z.{: :.ハ    _人_
         ',: :.ハ :_Nとつ \\\ C VVリ   `Y´
         i: :弋こ \ヽ __,.   }
         |: ハ: : :}\  /   I  /    _!_
         />=くf~Y ` {_  _,ノイ|       !
 _!_      i: : : :|ヽ ヘ,、  _「 |::!:::}
  !       i:. ::: :|  ,r‐┴く:_i⌒!::|イヽ ,-―、
        /: ::: ∨ /、     } ̄ ̄ ̄ヽ.  |
      /: : :./:/ /  `、____丿⌒  ⌒`、_丿
     /: : : : /:./   /     ⌒  ⌒  \
    /: : : : :/: :ヽ____ノ|   :::::::::(__人__)::::::::: |
    / : : : :./: : :/ |:::::::::\    ` ⌒´   /
   /: : : : / : : / |::::::/           \


例えそれが、酒の席の酔った挙句の悪ふざけであったとしてもである。
精神的にふらつき、傷つきやすい孤独な妻にとって、それがどれほどまでに悲しく、侮辱的なものだったか。





. /. . . . . . . ,' . . . . ./ ,' ; . . . . . .゙i . . . . . . .
.,' . , . . . . ,,'. . . . .;.,'  i. ; . . . . . . .i. . . . . . .;
.i ; ;. . . : . i; . . . . ;.i  i ;,,,_. . . . . ;j. . . . . . i .
. ';',';. . .i: .;i. . . ._,ノi.l  ';:゙゙:~:''‐:、;;/. . . . . .ノ:.
  ゙';ミ、 .'、. '、. ~:   ''、  ','、 : : .;ソ. . . . . ,/::. .
   `、.、.:'、:i゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::':::::::::::::.ノ;.;: .
    `'゙-、;'i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';r‐< .
      ;.!゙i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: r'゙' i .    ・・・・・・
       /..ゞ    ,,    . . .     _ノ .
    __ ,' . i、             ,、'.゙'、, . .
   ,/  !. ,,iツ'.-、,_  ,,_,,,  __,、-t:'゙:i:i:.:.:.:゙ミ;-
   'ミ‐‐;シ'l.i:.:.:.:.i.i`:.゙':':i゙:":´:  i:.:.:.i.i:.:.:.:.:..`
    ~~i:.:.:.:i.i:.:.:.:.!:゙y,;;,、!,    ,,!,,;;;,,!,!;;;;;;、


ナージャはとても、酒を呑む気分にはなれなかった。





55 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 22:08:59 ID:kunQGPPc0




そしてそれは、政治的な話が出た時に起こった。

国家の敵の壊滅を期して乾杯が行われた時である。


     ,,,,,,,,,,
     [|,,,★,,|,]∩
    ( ´∀`)/      反ソ・反動分子の壊滅と、
 _ / /   /        党の勝利を期して、乾杯!
 ⊂ノ ̄ ̄ ̄ ̄\ 





ナージャは乾杯しなかったのだ。


     ___
   /⌒  ⌒\
  / ( ●) (●)\
/::::::⌒(__人__)⌒:::::ヽ    ん?どうしたんだお?
|     |r┬ |  (ヽ |    酒がすすんでねーお。
\γ⌒=/⌒ヽ_(⌒ |/    早くグラスを干せお!
/ ( ^=/   /  ヽ ノ\
| /  ,(⌒ヽ/    \
ヽ_ノ  ー '


. /. . . . . . . ,' . . . . ./ ,' ; . . . . . .゙i . . . . . . .
.,' . , . . . . ,,'. . . . .;.,'  i. ; . . . . . . .i. . . . . . .;
.i ; ;. . . : . i; . . . . ;.i  i ;,,,_. . . . . ;j. . . . . . i .
. ';',';. . .i: .;i. . . ._,ノi.l  ';:゙゙:~:''‐:、;;/. . . . . .ノ:.
  ゙';ミ、 .'、. '、. ~:   ''、  ','、 : : .;ソ. . . . . ,/::. .
   `、.、.:'、:i゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::':::::::::::::.ノ;.;: .
    `'゙-、;'i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';r‐< .
      ;.!゙i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: r'゙' i .    ・・・・・・
       /..ゞ    ,,    . . .     _ノ .
    __ ,' . i、             ,、'.゙'、, . .
   ,/  !. ,,iツ'.-、,_  ,,_,,,  __,、-t:'゙:i:i:.:.:.:゙ミ;-
   'ミ‐‐;シ'l.i:.:.:.:.i.i`:.゙':':i゙:":´:  i:.:.:.i.i:.:.:.:.:..`
    ~~i:.:.:.:i.i:.:.:.:.!:゙y,;;,、!,    ,,!,,;;;,,!,!;;;;;;、





56 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 22:09:35 ID:kunQGPPc0




やる夫は、ナージャが内心集団化に反対しているブハーリンと仲が良いことを知っていた。
乾杯しないことを自分の政策に対する反抗と捉え、いらつきはじめた。


    / ̄ ̄ ̄\
   / ─    ─ \
 /  (●)  (●)  \     おい・・・早く乾杯しろお。
 |    (__人__)    |
 \    ` ⌒´    /


実際は自分を無碍に扱う夫への怒りからだったのだが、そんなことに気付ける男ではなかった。





57 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 22:10:30 ID:kunQGPPc0




やる夫はナージャに対してモノを軽く投げ始めた。




           おい!聞こえてんのかお!

      / ̄ ̄\    γ⌒))⌒) ))         ´⌒◇     ポイポイ
    /ノ( :::\:::/::::i  / ⊃    ゞ
   / ⌒( ●)::::( ●)\ ∩⌒)彡⌒)              ミ◇
   |      (__人__) 〃/ ノ
   |      |r┬-|   / / ))    γ⌒))⌒) ))
   \::::::;:::....  `ー'´  _/( ⌒)ミ⌒) _/ ⊃
   / _ ̄""   / \/ /    __ノノ  ))
  (___)    /      ))





58 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 22:10:55 ID:kunQGPPc0




そして・・・

                              ◇
                          ⌒ヽ/  コンッ
                    . /. . . . . . . ,' . . . . ./ ,' ; . . . . . .゙i . . . . . . .
                    .,' . , . . . . ,,'. . . . .;.,'  i. ; . . . . . . .i. . . . . . .;
                    .i ; ;. . . : . i; . . . . ;.i  i ;,,,_. . . . . ;j. . . . . . i .
                    . ';',';. . .i: .;i. . . ._,ノi.l  ';:゙゙:~:''‐:、;;/. . . . . .ノ:.
                      ゙';ミ、 .'、. '、. ~:   ''、  ','、 : : .;ソ. . . . . ,/::. .
                       `、.、.:'、:i゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::':::::::::::::.ノ;.;: .    ブチッ
                        `'゙-、;'i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';r‐< .
                          ;.!゙i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: r'゙' i .    
                           /..ゞ    ,,    . . .     _ノ .
                        __ ,' . i、             ,、'.゙'、, . .
                       ,/  !. ,,iツ'.-、,_  ,,_,,,  __,、-t:'゙:i:i:.:.:.:゙ミ;-
                       'ミ‐‐;シ'l.i:.:.:.:.i.i`:.゙':':i゙:":´:  i:.:.:.i.i:.:.:.:.:..`
                        ~~i:.:.:.:i.i:.:.:.:.!:゙y,;;,、!,    ,,!,,;;;,,!,!;;;;;;、





59 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 22:11:27 ID:kunQGPPc0




                /                      ヽ
                  /
              /                         i    -‐ ─ 、
                /       /    /ヾノヽ      ',     .| /       i    ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
            i    {   |    l    i       |   i  .| /        ,'  <                     >
            |    |   |    |    |    }   /  /        /   <   うるさい!!         >
.              |      !   、|     {    }    ノ   /  ./|i       /   <                     >
               \    _\  厶≠ミ ヽ_j { /厶=ミ、  /   /|l:、      /    <    私は「おい」なんて     >
           _ _ \ i ヽ; 〃ん::ハ ゛     ん::ハ ㌧ /ヽ |       /     <                     >
.     _    //     ヽ{厶 i {{ 弋::ソ       弋::ソ j} /ヤ/ j       /  ̄ ̄`ヽ <   名前じゃないわよ!    >
.    /   {  {     ./ \_} ゛ ー     '   ー '" ./ノ 广}     , //      | <                     >
    { {     \ \ _ _,ノ    八     r== ´ヘ ノ(  厶  /  \_  l/′     \ VVVVVVVVVVVVVVVVV
    \\    >  , -‐─- 、ゝ、.   {{ _ ソ ⌒ イ_ /_   _ /     //   ヽ
     \  ̄ ̄   /     {   >  ¨¨´  イ ___/   l\.   /      /´    |
       \     /    r──┴ 、  \≧=≦/ ./   \ l  _ /       /      / l
       _`ー  j    .|      \  \  /  /    ー―く |      /      /  〉
      ≦_r''¨¨      .|       斥示ミV彡 .\  /      l、\、  /     /  |
         {         |      { {   }|{    入l   ―-  \__/      ./  /


ついにナージャはブチ切れた。





60 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 22:12:13 ID:kunQGPPc0




ナージャは散々やる夫を罵倒した後、パーティー会場を飛び出してしまった。


                 .(/               ヽ__.  )_/
                 (./  ,    ./ミYミヽ     、   l ヽ
.               (/  ./   //::::::::::::::i      i   ヽ }
              ({  . i   i .!:::::::::::::::i .i     i   <.
                i   !l    ! i    .i /.    i   f .}
            .|   ヾ¨`メ、ム   /ム.=キ'"゙´ノ .,  <.  黙りなさいよ!!!
               .i川 > rラ.=゙、   ' ラ=ミ、、./  / <   }
                .ヽヽゞ `.ト(!)リ::::::::::::::ト(!)リ.’ヽ/ノ /<  白饅頭!!!!!
                .ヽf  ヘ .:ゞ‐':::::,.::::::::::ゞ‐'::.   r⌒Y .,,..) あんたとなんか飲めないわ!!
                  ヽ  t   r‐-= 、           /'´ ヽ
     ト-、          `‐ヽ、  Y´  }     ∧‐<    ゝ_
     |  ヽ/ ̄\.       >、ヽ._丿  ,. ィ´     ,,._ / ヽ/´⌒ヽ/´⌒ヽ/´⌒ヽ/´
   ._,.-l_  .i   /\、._, -‐-、  r‐ゝ-- ''"´|‐‐vn、_γ'´  K           |
 <´   t ヽ -イ.   ヽ r   /"´ i     .i    1/  j         /⌒\
  >   _/ ̄.ト    \../ ̄`i/ |     .゙'>   r    く       l    /
   (  ./ |.   |.     ‐ヘ  .!、      γ   ,f ̄   /      /    ヽ


         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (○)  (○)  \
    |      (__人__) u  |
     \    ` ⌒´    ,/





61 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 22:12:48 ID:kunQGPPc0




                    シーン・・・・・・
         ,,,,,,,,,,,       ,,,,,,,,,,,      ,,,,,,,,,,,      ,,,,,,,,,,,
         [|,,★,,|]     [|,,★,,|]     [|,,★,,|]     [|,,★,,|] 
        (・ω・`;)    .(;´Д`)    .(・∀・;)    (´∀`;)
        (“|:: “.)   (“|:: “.)   .(“|:: “.)   (“|:: “.)  
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




          ____
        /ノ ヽ、_\
       (●) (● ) \
    /⌒(__人__)⌒   \     は・・・はは。
    |    )  )    u.   |     相変わらず馬鹿な嫁で恥ずかしいお・・・
    \   `ー'´      /




                   /  ̄ ̄\
                  _ノ 'ヽ、_   \
                   (⌒)(⌒ )    |
                   (__人___)     |    あ・・・あー・・・
                     '、'ーー´   'J |
                   |        |    それじゃあ飲み直すか!
                  |      .ィ {    さぁみんな、どんどん飲んでくれ!
                 _`ュ`ーー___´_ノ',
           _, 、 -ー´. : l : .\  イ::::ハヽ{`、
          /. : : : : : : : : i : : :.∨´〉::::::V: : 、>、
         丿 : : : : : : i : : : :/ :`、 ',::::::: l : : > : : : -、
            r : : : : : : : :| : : :\ : : :`、',:::::::| : :.ヽ : : : : ',





62 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 22:13:02 ID:kunQGPPc0




がさつでずさんなボリシェヴィキ幹部の面々に、やる夫の態度を批判するものはいなかった。


   (⌒)    cっ \_  /
   C ⌒)  C_ 3  i゙a 「≠ヽ
   ゙ーヘi     .|「  | /L,e| |
      ヽ,「 ̄|「 ̄ ̄ヽ ̄ヽ_|_
       / ц凵         \    まったく!
       |              |    俺なら嫁にあんな口の利き方はさせないっていう!
      (         (_    |
       `ー、____/jー-  |    やる夫も大変だっていう!
          |ヽ/ ̄ ̄/"   |
          `ー ̄ ̄  ――'





63 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 22:13:37 ID:kunQGPPc0




   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈● ノ\   /\ ●〉
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
    )    Y    (
   /γ⌒     ⌒ヽ\      (・・・すまないポーリンカ。
  /  |         |  ヽ      ナージャの様子を見てきてくれないか?
  |   ヽ__人__ノ U |      少し心配だ)
  \     `ー'´     /



.           /.::.::./.::.::.::.::.::.:厶::.:}::}::.://.:,}::.::.::.::.::.::.::.::.::.::
        /.::.::./.::.:/.::.::./   `^`V厶/」::.::.::. :.:.:.:.::.::.::.:
         , '.::.:: イ.::.::,::'.::.::.::.ヘ、         {::.::.::. :.:.:.::.::.:.::.:
      /.::.:://.::.:/.::.::.::.:イk=ミ、       '.::.::.:. :.:. :. ::.:. ::
      .'.::.::/'.::.::.::/.::.::./.::ト{ 行tト、       、::.::.:. ::.:.:. :. ::.
   ,.-┤::.i{::.::.::/.::.::./.::.::.::|`弋シ}! }  ´ー云三ミ、::.:.:.::.::.::.::.   (わかった。
  /. : : : ',::.:ヽ::.::{::.::.::{::.::.::.::.!    ,   ー`行tf汽::.::.::.::.::.::.:
, ': : : : : : : :ヽ、::.::l::.::.::.!:.::.::.::.{    /    `弋少__j\::.::.::.::.:    まったく世話のかかる・・・)
: : : : : : : : : : : `、::.ヽ、::'.::.::.::.:ヘ   ′           l::.::.ヽ、::.::
: : : : : : : : : : : : : \::.:ヽ::.::.::.::.::.ヽ  ー 、           }::.::.::.::ヽ::.
: : : : : : : : : : : : : : : ヽ::.:丶::.::.::.::.ハ ー 、 ヽ     . イ::.i::.::.::.::',:
: : : : : : : : : : : : : : : : : ハ::.::.:`ヽ{ 〉、 _ .. ,-‐ァ´. : :}::.:l::.::.::.::.}
: : : : : : : : : : : : :.,イ: :/ : :い::、::.::V / /⌒7 / ̄__rj::.::}::.::.::.::.!
: : : : : : : : : : : : :{::.V: : : :}::}::.:).::.::}  / / / ̄二./.::/.::.::.::.::.l





64 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 22:14:07 ID:kunQGPPc0




ナージャの後を追ったのはポリーナであった。


                _ /:: `:: :、:: :: ヽー- .. 、
             r:: ヽ!:ri:i:、:: ::\:: :: \:: :: :: ::\
            ,:{::}i:、{::!:i:i:i:\:: ::\:: :::\:\:: :::\
   .           /::〉l:i:i:>"´   ヽ:: ::\:: :: ヽ::\:: :::ヽ
            /::/: i:/     ィ斧ミ 、:: ヽ:: ::.',:: ::ヽ:: :ハ
             〈::/:: ;〈≧、 r 込ソ ノ ヽ:: :}ミ:: :\:: ::\::}
             ノ:: ;/:: Vン    r――::彡':}::\:: \:: ::\
            {:: :;/ :: :{ `      { ::⌒ヽ::_::人:: ::\:: \:: ::ヽ     まて、ナージャ!
             V/:: :: :ヽ マ⌒ヽ ヽ{   r、ー个:、:: :ヽ:: ::\:: }
          〃、:: :: :∧ヽ  ノ     ノ |i:i:i:i:i:i:ヽ:: :ハ、:: :: 〈
          {{  ヽ:: :: :: :. `¨  . <   |i:i:i:i:i:iノ:: :: ::}:ヽ:: :ハ
             `ヽ  \:: :: > ´γ 7二ニゝ.:´:: :: :: :: ノ::ムく
            }}    ヽ(    / /,..:: ´:: :: :: :: :: / ´////\
          , -≠=ニZゝ‐ く/:: :: :; ――  ´/////// ̄`ヽ __
           / /´   /  //.: :: :/// {/////////////////////` 、
        / .ム⌒ヽrく    /_{:: :: ::{//// ト ///////////////////////ヽ
         ム( ヽ (_ノ =ヽ/¨¨ヽ:: :: \  ノ:: }///////////////////////}



. /. . . . . . . ,' . . . . ./ ,' ; . . . . . .゙i . . . . . . .
.,' . , . . . . ,,'. . . . .;.,'  i. ; . . . . . . .i. . . . . . .;
.i ; ;. . . : . i; . . . . ;.i  i ;,,,_. . . . . ;j. . . . . . i .
. ';',';. . .i: .;i. . . ._,ノi.l  ';:゙゙:~:''‐:、;;/. . . . . .ノ:.
  ゙';ミ、 .'、. '、. ~:   ''、  ','、 : : .;ソ. . . . . ,/::. .
   `、.、.:'、:i゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::':::::::::::::.ノ;.;: .
    `'゙-、;'i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';r‐< .
      ;.!゙i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: r'゙' i .
       /..ゞ    ,,    . . .     _ノ .
    __ ,' . i、             ,、'.゙'、, . .
   ,/  !. ,,iツ'.-、,_  ,,_,,,  __,、-t:'゙:i:i:.:.:.:゙ミ;-
   'ミ‐‐;シ'l.i:.:.:.:.i.i`:.゙':':i゙:":´:  i:.:.:.i.i:.:.:.:.:..`
    ~~i:.:.:.:i.i:.:.:.:.!:゙y,;;,、!,    ,,!,,;;;,,!,!;;;;;;、





65 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 22:14:37 ID:kunQGPPc0




彼女たちは深夜のクレムリンの庭を歩き回りながら話し合った。


          , -―-..、_.. <:: ̄:: :: :: ― - ..、
       /::ミヽ,≠::ニミ:: :: :`丶:: :: :: :: :: :: :: :\
         i:⌒ヽ{ :: :: :: :: \:: :: :: \:: :: :: :: :: :: :: ヽ
        !:: :{iヽ}:i :: :: :: :: ::\:: :: :: :: :: ::、:: :: :: :: :: '.
       ハ:: :|i:i:ハi:i、:: :: :: :: :: \:: :: :: :: :: ー:: :ミ:: ハ
      /:: }:: ヽ:/ ーヘ:: :: :: \:: :: \:: :: :: :: :: :: :: ::ヽ::}
      .: :: { :: ::/     '. :: :: :: \:: :: :: ー:: :: ::_:: :: :ハ
   /:: :: :ハ:: 〈ヽ    \:: :: :: :: ::、::_:: :: :: :: :: ::`ヽ::}        やる夫があんな態度を取ったのは
  /:: :: :: /:: } : `トミ , -‐一 、:: :: :: :: :: :: `::<:: :: :: :: ::\
. .: :: :: :: ::/:: ::l:: :: ヒソ}  ≧弋斧ミ:: :: :: :: :: :: :: ::`ヽ:: :: :: :: ヽ      酒がはいっていたからだ。
/:: :: :: :::/:: ::/:: :: :| ノ  ⌒ ーゝン\:: :: :: :: :: :: :: :: \ :: :: :: \
: :: :: :: ::{:: :人:: :: く             ヽ:、ー ミ:: :: :: :: :: ::\:: :: :: :ハ    本心ではない。
ヽ:: :: :: :`〈:: ::`:: :、:ヽ`t-..、_        }::∨¨ \:: :: :: :: :: :ヽ:: :: :: }
  \:: :: :: ::>_‐_ミ::_ヽ ニ´-,    イ .: ::}  //\:: :: :: :: :: }:: :: /    いちいち気にしてはしょうがないぞ。
   \:://    _ , -‐< _/:: ,:' ///// ヽ:: :: :: /:: :: ′
    イ/     /´ /   /ー::´:: //////////ハ:: ::/:://
  /ノ   ‐=ムイ  ィ´} !=J ̄ //////////// }::/´ ///
./ ´         /人.jノ ,. ´/////////////// /////
         /´ ̄ ̄ ̄ ̄/ヽ ̄ ̄///////////////////
       .. //////////////\////////////////////



. /. . . . . . . ,' . . . . ./ ,' ; . . . . . .゙i . . . . . . .
.,' . , . . . . ,,'. . . . .;.,'  i. ; . . . . . . .i. . . . . . .;
.i ; ;. . . : . i; . . . . ;.i  i ;,,,_. . . . . ;j. . . . . . i .
. ';',';. . .i: .;i. . . ._,ノi.l  ';:゙゙:~:''‐:、;;/. . . . . .ノ:.
  ゙';ミ、 .'、. '、. ~:   ''、  ','、 : : .;ソ. . . . . ,/::. .
   `、.、.:'、:i゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::':::::::::::::.ノ;.;: .
    `'゙-、;'i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';r‐< .     そう・・・そうよね。
      ;.!゙i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: r'゙' i .
       /..ゞ    ,,    . . .     _ノ .
    __ ,' . i、             ,、'.゙'、, . .
   ,/  !. ,,iツ'.-、,_  ,,_,,,  __,、-t:'゙:i:i:.:.:.:゙ミ;-
   'ミ‐‐;シ'l.i:.:.:.:.i.i`:.゙':':i゙:":´:  i:.:.:.i.i:.:.:.:.:..`
    ~~i:.:.:.:i.i:.:.:.:.!:゙y,;;,、!,    ,,!,,;;;,,!,!;;;;;;、





68 :クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで:2012/12/03(月) 22:15:56 ID:Zgkjb0VM0



コーネリアさんがまともにフォローしてる……だと……
てっきりとどめを刺しにかかるものだとばかり



67 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 22:15:31 ID:kunQGPPc0




取り乱していたナージャも次第に落ち着きを取り戻した。
それから将来のことについて語り始め、すっかり冷静さを回復したかに見えた。


     __________
     |.              |
  ("\,|__________|
  ,)__ |__________|
 __ニ__________ニ__
    /,´    .  /`´ヽ      ヽ
  //_i   l_.,,l--|   | _ l  l   ヾ
  ~`|  ,l´ノ ノ ノ   ノ´ ノ`ノ,|ノ
 /~、|   !, ___,、   、_ __」 i       もうすぐ大学も卒業だわ。
     |  |. .l` ̄´    ` ̄`|i  
    ヽ、..ノ` |、' ' '   '  ' ' '/!ヽ、ノ     そうしたら仕事にもついて、
     | , i |`ヽ、 ` ´ . イ |
     || ! l |  j ` ー 'i, ノノ |      休日にはもっとゆっくり過ごしたいと思ってるの・・・
     i ,.-- )\ '    `ー-/(,_
 ヽ、ノ/ヾ;、(  \   /   )`ヽ
ヽ、ノ i    ) _ ('A`) _ (  ,,i




69 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 22:16:24 ID:kunQGPPc0




しかし、党に献身的なポリーナはナージャに対する批判を忘れなかった。


      /    /    /   / ハ }/ / ヽ、   ヽヽ.   丶、
     ′   .:/    /  ./ / / V //⌒ヽ   ヽヽ.   丶、
    .   ..:/    .:.:  .:/ /⌒`ヽV'"´ ̄ ̄`.    ヽヽ.    ヽ
    i   .:/   .:./  .:.:/ /           ',     ', ',     ',
    l: .:.:/   .:./  .:.' .:.,′               ',     ', ',     }     だが、こんな困難な時期に
    |: .:./   .:.:. ./ .::厶㍉、        . -‐ヘ::.:..   ', 、   ノ     夫を見捨てるのは間違っているぞ!
    |::./   .:/.:/  ./7≠rz、㍉、   , ィ行≠f代ハ::.:.:.  、 ` く
    }/.   .,:/  ./{ 辷弐x癶. ヽ} {′_、 辷弐シ,癶ヽ::.:. ヽ.  ヽ、    やる夫のこともちゃんと考えろ。
.    /.:   /.:.:  ∠ム ^冖^´  ̄´  !    `^冖^´ 厶. \::.:.:. \  }
   /.:   /.::.: ./{::.::.::ト、       |        /、::.:ヽ、\::.:.:.: ヽく、   今夜のような態度は改めるべきだ。
   ,′.  /.::. . ./.::.V⌒{ ハ. -‐‐、   |,       /  丶、::ヽ、ヽ::.:.:.: } }
、_」::.::.:.  {::.::. .:{::.::.::メ、´⌒).::.::.::/  ,ィ= 、     ,.イ     ` ー \丶、レ'__お前は政治局員の妻なのだからな!
   }::.:.::.:. ハ::.:/::厂´   7.::.::/、  i{、__ノ}  / / -‐、       ヽ:. \  /
    '、::.:.:.  V::.:.{ {廴 メ、,く`ー, `ァf;=<,く`Y/,ヘ. /         ヽ::.: ゙く
     ヽ、::.:. ヽ、\     \ `7 i ̄ 「¨¨¨´/ ハノ`ァ′         ',::.  }
     } ` ー- 、 ` ー─‐‐` L.」   i   / / { /           }::}:. ′



         , -ー''''~~ ̄ ̄ ̄~~~`'''i
      ,、,_ .l  _,,,,, 、 -------、、_.l
      l, `i''''~           'l
     ,-'_-_ニニニ二二二二二二ニニニ_ー--、
      ,,-/   i  /   il'  l   、\~~~
     \l   l l  {.{   {{  .}}   l ., }
    ,.  l,  ,、'、i , ,,' `'''~ ' \_  / /ノ
 、  {.l  l  { ヽ'l l ll__,,,-     ./-'''~
 lヽ,_ `-`,/-,-''`''l.' ' '', ,   `'ー''.lノ ,-,'    そう・・・そうよね。
 l,  ~~ /   ,_{ヽ、iー-、,,_  _,ノヽニ,~-7
 ,-'-、, ,,ノ    l `''l.7,'ー''~)~  .l  _ノ    私が間違っていたわ。
  `ヽ、_(_ー-,   l ''''7ノ`  l   _>'-~
 i'''~`'''ー/-,l'ー-,_ l-''~l l\,,,ノ _,-,-`       ごめんなさい・・・
 l    l  .l X l /  .l .l  l l. X l
../   , l  .l  l l,_ .l .l  _l.l  l
l  /  , l X .l  `''  '-'  l, X l


それから二人は別れ、ナージャは一人で自宅に戻った。




71 :クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで:2012/12/03(月) 22:17:44 ID:Zgkjb0VM0



よかった、コーネリアさんちゃんとあげて落としてた

あかんやろw



70 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 22:17:18 ID:kunQGPPc0




   ――― ナージャとやる夫の自宅


    /||ミ
   / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||      ||ガチャ
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 \:::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
   \ ::::||
    \||





72 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 22:17:55 ID:kunQGPPc0




../, : . . ; ;'. . . . . ;'i i ; . . . . . . . i ; . . . . . . . .
.l; . . . .i ; . . . . . ;.i i ; . ._;,;,_. . . .i; . . . . . ; i :
i ; . . . .i ; . . .,;r-;.i '; ; . . . .`.'.、.j' . . . . . ;. ! :
.゙;', . .; :.i ; . :'゙. . .';i  '; ; . . ; . ; ,ソ; . . . . .,;:.:i :
 ';'、. '.;.:','、 、,,;、.;、'、 '、' ,、'‐'‐'<;、 , : : ;;::ノ; :
  `、.、 '、:.i-,i!゙ _ `    ´, 、   ゙Y  彡(. :
   `'゙-、,,'i,  i::;';      !:.;.i     ,r l :    ・・・・・・
       !゙'、 ';.;ソ    ';..ツ       ノ :
      i.゙;'i  '''' r    ゙゙゙    ,r:.:i゙; . .
    __ ! ; ゙、,           ,、.'l:.i:.:.';゙'、,
   /゙  l ..;.ノ.`.-、,,_  。 _,,、-:':゙i:.:.:i:.i:.:.:`、_`
   !、__,,レシ{ :.:.:.:.:.i.i`:':'i゙´: :   !:.:.:i..i:.:.:.:.. .`
   `ー‐''i . ゙y;;;;,、:.:.)',;;;;;;!,    ,,!,;;;,,!,,';;;;;;;、



: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ||            //  ||    //
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |└―――――――――┴┴――――
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : :,. ───────- 、 ,──────── 、 : : : : : : : : : : : : : :
────, ─i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`i´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`i--- 、─────‐
───/  /|              |             |   ├─────
     i´ ̄`i |_________,|___________i´ ̄`i
     |    |/             |             |    |
     |    |´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`i´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`|    |
     |    |                  |                  |    |
     |__|___ , -─────┴────- 、___,,|__|
           /                    |
             /                  |
            (_____________ノ
          | ||                 | |
          | |l                 | |
               ̄                  ̄


子供たちは別邸に移っており、家には誰もいなかった。
ナージャはその夜、ただ一人であった。




73 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 22:18:23 ID:kunQGPPc0





:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ――― そんなに私が悪いの? :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





74 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 22:18:57 ID:kunQGPPc0




. /. . . . . . . ,' . . . . ./ ,' ; . . . . . .゙i . . . . . . .
.,' . , . . . . ,,'. . . . .;.,'  i. ; . . . . . . .i. . . . . . .;
.i ; ;. . . : . i; . . . . ;.i  i ;,,,_. . . . . ;j. . . . . . i .
. ';',';. . .i: .;i. . . ._,ノi.l  ';:゙゙:~:''‐:、;;/. . . . . .ノ:.
  ゙';ミ、 .'、. '、. ~:   ''、  ','、 : : .;ソ. . . . . ,/::. .
   `、.、.:'、:i゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::':::::::::::::.ノ;.;: .
    `'゙-、;'i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';r‐< .
      ;.!゙i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: r'゙' i .    ・・・・・・
       /..ゞ    ,,    . . .     _ノ .
    __ ,' . i、             ,、'.゙'、, . .
   ,/  !. ,,iツ'.-、,_  ,,_,,,  __,、-t:'゙:i:i:.:.:.:゙ミ;-
   'ミ‐‐;シ'l.i:.:.:.:.i.i`:.゙':':i゙:":´:  i:.:.:.i.i:.:.:.:.:..`
    ~~i:.:.:.:i.i:.:.:.:.!:゙y,;;,、!,    ,,!,,;;;,,!,!;;;;;;、





75 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 22:19:14 ID:kunQGPPc0




その時、ナージャは髪に刺していた飾りを玄関に落とした。



                     _,-、_
                    (__ヽノ__)、-,
-===========ュrュ__ゝ_ '、ノ)'、ぅ
-===================''^’ ̄ ̄(__><_)ゝ'-'
                     ゝ人ノ|!i、
                     




落としたのか、それとも放りすてたのかは、分からない。





77 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 22:20:25 ID:kunQGPPc0




ナージャは寝室に戻ると、ドアに閂を掛けた。



              || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||┌‐┐
              || ,~⌒ ~、_  _,,||.ノ l lゝ  |
             /'" ~    "''⌒ヾ_.|__  .!
            /''"´    ~    / ┻/| .|
          /'" `  ´   ~ ~`''|  ̄ ̄|  ! . |
         .,''""  '' ´  "   "' ')rl    | .|  !
        ''""~ ''     ,,     .. ,ヽ|___|/ ..|
      /`""''' ~ ^      ..  ノl
      (''"'"   ''"  ,, ..    ヾ
    '';~" "~          "' '/
   ,''"; ~  ''  ""  ,,_  _ ~)
  ( ((  l ,, '' (,, ,,( (;;,, ,,,ノ
   |_|`' 'ゝ、__ _ヽヽ,_、 _、、|_|



それから、やる夫に宛てた手紙を書き始めた。手紙の内容は、現在には伝わっていない。


ナージャが一体、夫に何を伝えたかったのか、どんな思いでこの夜を過ごしたのか、
今となっては、知ることのできない謎である・・・





78 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 22:21:36 ID:kunQGPPc0




やる夫が帰宅したのは、深夜から早朝にかけての時間帯であったと言われる。



    ぅぃ~…         ‥ヒック
              / ̄ ̄ ̄\      ヒクッ…
  …ヒック    /   _ノ ,、ヽ、_\
       /  ;;;(ー)::::::(ー);;\
       |    :;:,~(__人__)";::  |
          \、    ` ⌒′ ,/





79 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 22:22:17 ID:kunQGPPc0




夜型人間のやる夫と、毎日朝早くに大学に行かねばならないナージャは、寝室を別々にわけていた。


  /| |                                      | |\
/:::::| |                                      | |::::::\
:::::::::::| |                                      | |::::::::::
:::::::::::| |                                      | |::::::::::
:::::::::::| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |:::::::::::
:::::::::::|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\::::::::::::
::::::/             ./            \             .\::::::::
/              /                  \             \
             ,/                      \
           /                      \
          /                            \
        /                                 \
          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
          |                               l
          ____
        /     \
       / ヽ、      \
        ':::(ー);;      \   う~・・・ベッドベッド・・・
      (l、__)  ;::       |
        ⌒´         /
       `l          \
        l           \


それぞれの寝室には、食堂から正反対の方向に廊下が伸びていた。

やる夫はナージャに合うこともなく、ナージャの寝室とは正反対の自分の寝室へと入っていった。





80 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 22:23:05 ID:kunQGPPc0




  /| |                                      | |\
/:::::| |                                      | |::::::\
:::::::::::| |                                      | |::::::::::
:::<バタン!                                   | |::::::::::
:::::::::::| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |:::::::::::
:::::::::::|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\::::::::::::
::::::/             ./            \             .\::::::::
/              /                  \             \
             ,/                      \
           /                      \
          /                            \
        /                                 \
          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
          |                               l





81 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 22:23:25 ID:kunQGPPc0




  /| |                                      | |\
/:::::| |                                      | |::::::\
:::::::::::| |                                      | |::::::::::
:::::::::::| |                                      | |::::::::::
:::::::::::| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |:::::::::::
:::::::::::|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\::::::::::::
::::::/             ./            \             .\::::::::
/              /                  \             \
             ,/                      \
           /                      \
          /                            \
        /                                 \
          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
          |                               l





82 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 22:24:12 ID:kunQGPPc0




  /| |                                      | |\
/:::::| |                                      | |::::::\
:::::::::::| |                                      | |::::::::::
:::::::::::| |                                      | |::::::::::   パンッ
:::::::::::| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |:::::::::::
:::::::::::|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\::::::::::::
::::::/             ./            \             .\::::::::
/              /                  \             \
             ,/                      \
           /                      \
          /                            \
        /                                 \
          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
          |                               l





83 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 22:24:29 ID:kunQGPPc0




  /| |                                      | |\
/:::::| |                                      | |::::::\
:::::::::::| |                                      | |::::::::::
:::::::::::| |                                      | |::::::::::
:::::::::::| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |:::::::::::
:::::::::::|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\::::::::::::
::::::/             ./            \             .\::::::::
/              /                  \             \
             ,/                      \
           /                      \
          /                            \
        /                                 \
          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
          |                               l





85 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 22:25:10 ID:kunQGPPc0




――― クレムリンの壁は厚い。

パーヴェルから贈られた女性用小型拳銃の銃声は、室内にくぐもってあっさりと掻き消えてしまった。



  l^\__
  |―――`――ーニニニニニ ~~^|__
 ||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; |.;;;;;|l  ̄ ̄ ̄|  λヘuノ⌒
   ̄ ̄ ̄\  ̄. ̄:| 二||ニニ⊃__|〕@网^-_(_
         ̄ ̄ヘ、 |l_____|   ⊿ ヘ
             V´ ̄( ノヘ、,//    ヽ
            ヽ   )ノ  )      ヘ
              ヾ======〃;;:::::::    ヘ
                     λ:::::::     |
                    |;;:::::     λ
                     |;;::     λ
                       |;;:::       |
                       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


その銃声は、ナージャの最期の助けを求める悲鳴だったが、誰の耳に届くこともなかった。




84 :クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで:2012/12/03(月) 22:24:57 ID:rVErhnpo0



ナージャ・・・


86 : ◆J7qCZtZxmc:2012/12/03(月) 22:26:28 ID:kunQGPPc0




1932年11月9日未明。

ナジェージダ・スターリナは、誰かに気づかれることもなく、孤独にも31年の生涯を終えた。



              ,,、- ''' -、
            /7 ,..‐' "⌒ '' 、
            .i.i! ./ 、 ,, (( (λ ,)   ,
           ∑!,; ( '゛ ::::::::::::γソ,,. -..^..ソ
   、        '⌒ハへ.、:::::::ノ::::::::::::::::::::::7
   | ヽ, -‐""/'''''X" Xく   、'ヘ/ヽつ::::::::::::ノ    .,、
   ゙、_ L、--''''''"" ̄'、,ξ   ソ、⌒ゝ__X ̄x"厂'''/.ノ
      廴:::::::::::::::::::x    ゙、ンヾ、  ̄ " "ー-''   ゙__   __
    ( ̄::::::::::::::-=''、_⌒「::!  、="    ~"'〃"~X!、イ::::::::::::::::::::::::::::::ヾ、
    ..`ー、:::::::::::::::::::::::::1::゙、  ,  ,;、  .、  ,'" ..:::ぅ:::::::::::::::::::::::::::::f゙~!:}
       ゝ ::::::::::::::::::::::::v::ゝ  !~ j     .) ;::::::::ノ:::::::::::::::::::::::::::/1ノ
       {.:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  '"      ( ソニニニ{ l~ ̄~ ̄_/ム
        ` ̄ ̄ ¨´ ゚゜  )  .rヽ.,,、ノ,"゙ノ"::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー- 、
                 ゙‐t-゙-、X\ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::と_
                   ゙"~  \\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: `:::、
                        .\ンワ,::,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j
                         ゙\ "\:::::::::ー''''''::::: ̄::::::::;;;;; ̄
                           \f⌒ヽ
                            ゙ ゝ..:::j
                              ヽ::ヘ




死因は拳銃弾による心臓に至る開放創、即死。

自殺であった。




【第二十九話 農業集団化 最期の日 終わり】
                                           第三十一話 ナジェージダ・スターリナの死 に続く・・・







関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加




[ 48536 ]

ジプシーってロシアにもいるんだな
エリツィン時代にレストランで食べ物せびったりしていたという

ロシア人って手術中の患者が突然メス持った医者に怒鳴りつけることがあるという(by西原理恵子。実際に見学)
ゴーリキーやドストエフスキーの小説に出てくるような精神病質な人が多いそうな

[ 2012/12/04 12:30 ] [ 編集 ]

[ 48537 ]

ナージャの死は、色々と説があるみたいだな。スターリンが殺したとも言われてるが、はてさて。
[ 2012/12/04 12:32 ] [ 編集 ]

[ 48538 ]

>>>退廃的ブルジョワと西欧民主主義を
>>>叩き潰し、真に社会主義的な

>この辺スターリンと言っているところが変わらないね

当時のドイツは、バルト三国とポーランドに接していてドイツ化したスラブ系が多数をなすプロイセンに統一されたせいか、
「自分たちは西欧ではない」という意識が強かった。

戦後のアデナウアーは、西独のラインラントが地盤なだけあって、
親仏的で西欧志向だったんだけど。
東西分裂の時期があったからこそ、現在のEUがある。
エルバ川以東の東独の方は、もともとはスラブ人居住地域だからね。


>男性との情事の噂が絶えることは無く、
>しかも関係を持った男がことごとく不幸に遭うという噂でも有名だった。

ラデックといい疫病神みたいなキャラがところどころにいたんだ





[ 2012/12/04 12:52 ] [ 編集 ]

[ 48542 ]

>ドイツ共産党は「社会ファシズム」という言葉を作りだし、
>社会民主主義とファシズムは双生児であると主張しました。

そもそも社会主義も共産主義も国家社会主義も、ついでに無政府主義も、フランス革命を父とした同根の兄弟じゃないですかヤダー
[ 2012/12/04 14:16 ] [ 編集 ]

[ 48554 ]

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%82%B4%E3%83%AD%E3%83%95

エゴロフ。やる夫と親しかった軍人だな。

向こうじゃスポーツ選手とかよくある苗字らしい。

にしても、女優と結婚とか実業家や政治家みたいなことする。
[ 2012/12/04 19:30 ] [ 編集 ]

[ 48562 ]

憶測だがやる夫が子どもたちにスパルタ教育を施していたら
今度はそれに対してヒステリー起こしたと思う。
[ 2012/12/04 21:54 ] [ 編集 ]

[ 48567 ]

>>48537
少なくとも革命記念日の当日に、しかも公衆の面前で喧嘩したあとに
殺してしまったら、やる夫の政治生命やメンツにも関わるんじゃないか?

それにしてもやる夫は家庭ではホント独裁者とは程遠い存在だな
[ 2012/12/04 23:27 ] [ 編集 ]

[ 48576 ]

医学が発達していないのと周囲の無理解だな。とはいえこれを察しろと言われても難しい。運河がなかったな
[ 2012/12/05 04:45 ] [ 編集 ]

[ 48581 ]

957のAA綴りを間違ってないか
Sieg Heilだろ
[ 2012/12/05 11:00 ] [ 編集 ]

[ 48595 ]

>ゴーリキーは1868年、マクシム・ペシコフとして生まれた。
>幼くして母を失い、浮浪児となって最底辺の農村で残飯を漁りながら生き延びた。

よく作家になれたな

http://www2s.biglobe.ne.jp/~mike/katuno.htm#m43

画家のカンディンスキーやシャガールはパリで活躍したけど、
ロシア人作家は、小説ロリータのナボコフくらいしか活躍できなかったんか?

[ 2012/12/05 20:42 ] [ 編集 ]

[ 48658 ]

>48567
実際公式発表だと病死ってことにされたからな
フルシチョフの回想録だとこの晩にナージャはスターリンを探し回ったあげくダーチャに電話してスターリンが若い女性と一緒にいることを知らされたとも書かれているそうだが…
[ 2012/12/07 16:37 ] [ 編集 ]

[ 50581 ]

>精神不安定なジプシーの血が
いや、いくらなんでもコレは表現を
改めるべきだろ。ジプシー全部が
韓国人と同じく火病持ちだったとしても、
ナージャの場合は元々の性格と環境が
原因でヒステリーが起きたんでは?

スレ主はナージャ個人に全て責任があると
書くべきじゃなかったな。
[ 2013/01/17 06:09 ] [ 編集 ]

[ 51474 ]

>元はジャーナリストだったようですが
>なかなか世渡りが上手だったようですね。

そういえば、米大使も、大手メディアの現地報道局長みたいなタイプらしい。外交官は本来かくあるべしなんだな。

東日本大震災のときも救援に駆けつけていたな。
[ 2013/01/26 16:05 ] [ 編集 ]

[ 52374 ]

米50581

参考にした資料に、そうした表現があったんじゃない?
[ 2013/02/11 14:12 ] [ 編集 ]

[ 75251 ]

グルジア人の血が~とかは今までよくある表現だったしなぁ
ジプシーが~と言うならそこら辺も本来はな・・・
勇猛果敢とかじゃなくて血なまぐささ溢れる上に肯定的表現とは言いがたいぞアレ
[ 2014/10/19 17:09 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oyoguyaruo.blog72.fc2.com/tb.php/5193-741e82fd


アクセスランキング アクセスランキング アクセスランキング