ブログパーツ 泳ぐやる夫シアター やる夫が軍艦総長になるようです 第21話 大学家族論


















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

やる夫が軍艦総長になるようです 第21話 大学家族論






                      .. -‐‐-ミ
       .               , '´""´ ̄`゙⌒ヽ、
                   ,イ: : ................   `)`。
                  f: :-‐: . .  ..,,,,,,  ..:  i
                  {: :云ミ、: :',ニニミ ヽ. }
                 __{‐(.ィtッ、)ー( ィtッ、)―‐r‐ミ
                 (i:、l: `ー‐'.:: :.`ー‐': . : i'ぅ i}
                    ヽc}::. . : 、,,,;.    ,'"ノノ
       .             ゙圦: : .,, ‐-‐ 、`   .jー'´
                   ヽ: :.`二二´  ,イ
                    〉、..     /.∧
                   ,ィ/(:::`ー―彡' //aV⌒ヽ、     ____
           _____   rミ‐fj/{ミヽ、:. _,ィ≦'⌒))'〈 /0≫`ーァイ´ァ、`))ミ)
        r‐≦升〕8〕≦'>'´i个、raY´fro))ノ>'´ニ>‐-=__f´( `ー彡')),イハ
        { (_, -‐イノri:i´    i::i トミシヘii彡'´ニニ○ニニニニ圦二二彡ィ≦ ヽヽ
       . 〉、__,ィ≦ム', i:i    i::i /0()0/ニニニニ○ニニニニ/ l/ / 「 l ', ヽY } }
       ../ ノ } } }ハ i:i    i:_j`^´i_「 ̄ Tf  ̄.r‐-r‐{ { | | l  | l l /
       八/ ノ/ /ニiム i:i    〉 ○ 〈|  /::i i : |i i| :ム ヽ .l l l / //ノ
         ヽ/_j_ノニニ}ニ', i:i   ゙¨M¨´゙テ´゙テ´゙テ´゙テ'テ'´ゝ、{_j_j_/-'‐'´ニム
         /ニニニニニjニニ', i:i  トイ^トイ(___)(___)__)  ) .)ニニマニニニニニニ=ム
         ,'ニニニニニ∧,ィニム i:i ゙マMヌ i::i マニニニ`¨´ー'ニニニlニニニニニニニニ厶
        ムニニニニ=fミ// ○ム i:i     i::i マ○ニニニニニニニ{ニニニニニニニニニ
       . ムニニニニ={0)≪=ニニム i:i     i::i マニニ__NMNィ_ムニニニニニニニニニ
       .ムニニニニニムvfミ○ニニ厶 i:i      i::i マニ> (○<ムニニニニニニニニニ
       ムニニニニニニムVニニニニニニ', i:i     i::i マニ≧wv≦ニムニニニニニニニニ

     ┌──────────────────────────┐
     │                                     ...│
     │        「やる夫が軍艦総長になるようです。」         .│
     │                                     ...│
     └──────────────────────────┘
           原作:「軍艦総長 平賀譲」(内藤初穂、中公文庫)









761 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 21:02:15 ID:mibv8Af20





| こんにちは、「やる夫が軍艦総長になるようです。」
|
| ナビゲーターの桃園ラブだよ!!           
|                                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| みんな、この作品を見て幸せゲットするんだよ!! | 同じく本作のナビゲーターを担当する東せつなです
\__________  ________/.  |
                 | /               .| 精一杯がんばりますのでよろしくお願いします!!
                 | /                \
    〉       |  _, -―- 、⌒ー、           ,  ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    /  ,       r宀くx. -―/⌒ \  し1       /. : : : : : : : : :/:ヽ
   { /{  , ---人__/   /|     \ く      /: : : : : : : : : : : :l: : : :',
    ∨八{  // |/   | ∧ l   |   V´     /: : : : : : : : : :> '´l: : : : i
     }'  ` /  l ||   /y≠Vヽ  h| |     ,: : : : : : :/:/    l: : : : :l
       ♀  vヘ、 {/ {rツ`  rテV /     |: : : : : :/⌒   -、|: : : l: |
       {}   { ヘ \{ `゚゙   〈{シ' /      l : : : : /=ミ`  _   |: : :/:/
            ゝ     ヽ _ ´厂       ヽl: : : l   ,  -=ミj: : :l/
          l ̄ ̄l 、      /          j:ハ: :|  ,、 _   /l: : l
         , --、ヘ.n  | 丶-‐<           _ノ : N、 Lノ  /: :l: :.|
      /   /^\ 寸ニ{\ / n          `ァ: : : /こヽく: : : :.ヽ:.!
       /   〈  ⌒ゝ'. } / / レヘ      / ̄/: : : /  --、J|: : : : : Y
       l    lハ   〈\V /ノ /⌒ 〉.     /  レ{: ::|  イ´ |j: : : :|: :ハ
      /   / 〉  /\V 〈 し、 /      〈   l人: |   |  /ノ: : ノレ  |
      / _ //  /   [|  l  イ1      l/   \.人 / _ノ ̄ノ   /
    /  /   /  ̄ \l/|  l〈        〈   /{  /l  ト、 く/  l/
    | r/   /     /' |   ヽl       l  ∧_/「 |`Y  |/   /
   〈/´   /  「l   { 「l|     |      /l /    ート-' ̄l   /l
    l    / 〉   |」   〉 |」 \_/     /-|     /|   ヽ /-|





762 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 21:03:15 ID:mibv8Af20





            ,  -‐=== 、           本作は軍艦デザイナー平賀譲の生涯について
           /        \、  
          〃        _,ノ ヽ        取り上げていくスレッドです。
            /      ,≠´   `l l 
          ,      ,ィfメ、   _-、l |        お約束通り本作内では「やる夫」が平賀譲役を務め、
          |     ハ ノ     f^iVl l 
         l  l: : :i ' '   〈 ー'/l /        その名前は基本的に「やる夫」で統一します。
        ! ハ :|  }ー 、   /: /  
        _j :| ∧:|、  ー' /: :/         内容に不備なところがあればそれは総て筆者の責任です。
       ` ァ:/  : ハ! \_  イ |:/l/
         /:/   { 、   l: : :l l(           指摘があればよろしくお願いします。
      _ 」:{:{ ゝ.\ーv'^ソ ハ     
     /   `\ { ̄[ {o}`7: : :}、          また、平賀の文章はその多くが残され、現在では
    /_      `¨ \ { } ナー' ヽ   
    ヽl \    /    [\/l   {   〉        デジタルアーカイブとして閲覧が可能になっています。
    |  \ /     ┌冂┐ `ヽ'  
    |   lノ´     └凵┘   ノ         興味を引かれた方はぜひ閲覧してください。
                        

 平賀譲 デジタルアーカイブ

 http://rarebook.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/hiraga/index.html





763 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 21:04:15 ID:mibv8Af20





                  ,  -――-  .._
              , <´    _     `丶         ……さて、今回はやる夫の活躍を
             /   ィ<´         '、
           /  //j             ヽ       紹介する前に、急速に変化していく
              /  /'/ ,              l
          l  /X __ l                  |      国際情勢の説明をします
          |. :://カメ、_.:'        /      l
           r―' {ソ  /         /       ,      この昭和15年(1940年)という年は
          }  `::: /;        :/        /
             〉、  //    /   :〃      /       欧州の戦争が急速に拡大し、合わせて
         /|  / /   :/ : :/   /    /
           /ノ{_   ,/   /: :/    /:   /         英米の対日姿勢が硬化の一途を辿る
        /´ /: :厂/  /: ://    :/: : : /
            ///lイ: :_://   : :/: : :  {           まさに世界大戦の前奏曲のような
         ' /: : ∠∠彡'    : :/く: : : . \_
        /. : :/`ァァ: : :  : : :/   \: : 厂`        年だったの





764 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 21:05:15 ID:mibv8Af20





  /⌒\ ⌒\     __      /⌒ヽへ
 /         l   _/      ̄`ヽイヘ    し1
ノ       ノY´_       ー-\ノ    く
       rく:::::::]   -、l /    / k-‐ヘノノ       ……日本が世界を敵に回す
レ{ノ` ー ' l/Lノ   __ Y , -、   | 
      /l /  /    /   \/           まさに一歩直前の状態だったんだね
       /_」Vl /     / /       |
    /{} 〈r\ll  /| /|  ∧ l  |            ここまで来ると、もう引き返すのは
  ∠    八 く|  /ーヘナ^\|ーV /
 /   \  l `Tヘ {ゞ== '  , ='/イ             とても無理だったんだろうね……
./     l Vハ \  _   イ 〈
       l ∨ハ.二>-< _」/ |
       |  ∨ハ  / //  ',





765 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 21:06:15 ID:mibv8Af20

.







========================================================================

              第二部第7話(通算第21話)   『大学家族論』

=========================================================================







.

766 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 21:07:53 ID:mibv8Af20





┌────────────────────────────────────┐
│ 半年以上に及んだヨーロッパの「まやかし戦争」は、1940年4月9日早朝ドイツ軍が   .│
│ デンマークとノルウェーに侵攻したことでまやかしではなくなった。              │
│ 両国は抵抗もむなしく軍事占領されるに至った。                         │
└────────────────────────────────────┘


         ,__       VOVOVOVOVOVO!!!!
        γ__1__,_,__、,,,,_                         _      __      _
        ノ-'l,,゚∀゚)ヽ__j===',,,,ニ==--   -  --  -   _   - -    -  --     ---
   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i==i\i==i_i==i\           ,__         ̄
  ./_______________K―――→----_、   .γ__1_
  ヘ;;;;;;;;;;;l二ll二ll二lコ;;;;;;__ ̄ ̄←---(O/  1O_ ヽノ-'l,,゚Д゚)       .,__
   ィ_=,,==============、ヽ__/ ̄ヽ-ヽ___,/--ヽ `/二llニア)     .γ__1_     papapa!!
    (i'o.ii'o.ioi'o.ioi'o.i.o(><)=)-((:O:)=.)―‐´-))=.)ノ_/l__1   ,_,--ノ-'l;・∀)_,____,_, ,_,_
,,,,,,,,,,,,,,,,ヽ''ヽノ-ヽノ-ヽノ`-'"ノ=ノ;;;;;ヽ_ノ=ノ;;;;;;;;;;_ノ=ノノ_L_/⌒l二),,,,(ク二フ,,,,,,,,,'_"二lD''i=i' ̄ `''",,,,,,,,,,,,,,,,
  '''''''''''' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´ ̄ ̄ ̄´ ̄ ̄ ̄´'''''''''''''  ''''''''''''''''''''''''' ̄ ̄'''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''





767 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 21:08:46 ID:mibv8Af20




      __d゜::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V^`●ロッテルダム   〈゛
  g(^^^'''"゛:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::][、 .ヽx。        g! 
ー"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::^^^,,_   ___   .ll.^\,,   ルール地方
__::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,rr─t  .ヽ「マース川.ヽt_  ゚lb_ ヽ
.\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::]v、     .\_     .\  |  ^\,, ライン川
 イギリス:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈[,,^^^q、]t、  ,,q、 オランダ  .ll. ][     \、
 " `、[[^^^::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::___::::::::::::::::::\、゚゚l ]し。.f゛..l[,,,,/(^゚l。.    ||       .\。.
/ドーヴァー海峡____/     ヽ───ヘ^,,メ゚        ^)し,,,,、,,,,| llr_       ^t
::::::::::::::::::::.;f゚●カレー゛   ●ダンケルク      l゚゜              |:  〈
::::::::::::::::::|    、       .\^^^ ][      ]               :lll[v.。g]゜
::::::::::::::::::|                |____   ●              .;メ゜   ]_
::::::::::::::::::]5                ヽ ブリュッセル         ,,./"     ]
:::::::::::__p"^)t、-.                 |    ベルギー   イ゚ムーズ川   `、  ドイツ
:::::::./゜  .ヽ。\、               ]___、      /"           [
::./゚ソンム川.\,,_゛.。    ,,_              |     g"            [し"
f゚         .\.ヽ゜.。ヽ ゛.\             ]!     ]゜●            ^)_
               \ |           ./゜    .;]_____ディナン        .;[
                  [            (    ./:l[゚^゛^゚ll..アルデンヌ森林地帯
 yx、              |^゜      ./^)r .\____gイ |  │            [、
"゜./ ,,             .\ ー、  .。 ]゜ \ 4゚^^゛   [   ゚l,,__,,,,,,,,,,_     /゚`、 |
 | V゚,,〉 セーヌ川           \。 v゜         |   ●   ゚lt__ルクセンブルグ
   イ゜./^l.                              k セダン    ● ゚゚\,,,,,,,______
    ^^^ ]!                              う、   モンメディ∞
       \。 ./        フランス              .\          ∞
           [          `、                 .\_          ∞ ∞←マジノ線
           `、 "'''ヽ '"」|l.                      .\           
                  "  ●パリ 

┌───────────────────────────────────────────┐
│ 続いて5月、中立のオランダ・ベルギー・ルクセンブルグを席捲したドイツ軍は、                    │
│ マジノ線の北端のアルデンヌ森林地帯を突破してフランス領に突入、仏軍を蹴散らして            .│
│ 駐仏英軍をダンケルクから本国に押し返したのち、6月14日には一気に首都パリに無血入城した。   │
└───────────────────────────────────────────┘





768 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 21:09:58 ID:mibv8Af20





            /            \
            /               \       ドイツの劇的な勝利は遠く日本でも
         〃                  ヽ
        /                          ハ     大々的に報道され、親独派を大いに活気付けたわ
         /              _    -―ァ' |
         /    /      , <´           l  |     特に陸軍では、日中戦争の解決の為に
       ,   l .'     /ィ卞、`ーノ     /  l
-―- 、   |  :/ /   ./ 、/:しリノ    ノl   ,/  /     東南アジアに植民地を持つフランス・オランダに勝った
   ヽ \ / :/ /. :/ : /   `¨^     _ \ 〃 /
    l  \/ /: :/ : /             /rテY /:'  '      ドイツと結ぶことでそれらの領地を我が物にして、
    |  / / イ: : /        〈  ゞン// /
    | /   |: :/     r_‐、_     /: :/ /       蒋介石へのアメリカの支援を遮断しようとしたの
    /     j /∧      ` ┘  /: :/∠
     |    : :|ハ{  ヽ       イ: : : /´l         そして日独同盟の為に、陸軍は米内内閣を潰して
     |: :   : : : :\ />-r<: : : : |: /:/  | 
    ゝ\   : : : : : >  ヽ: :l: : :/|/l/  /          対中戦に理解のある近衛文麿を再び首相に望んだの





769 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 21:10:52 ID:mibv8Af20





 {/ レ- 、_ノァ'´  /⌒ヽ - 、 ヘ   /   \-‐、
        /  /ハ  ,ィ  \ Yニ{       し
        |  /T/ミ|l / | l|   Vーへ _,    l |     近衛文麿……
           V l{ ヒソ 丶|7rミyl   l      )ノヘ jノ
          ゝト`  ,  ヒソ ノ   /       レ′     日中戦争の早期解決に失敗して一度
            、  ,.、  ∠ =イ
     /⌒//l\{ノ__/                  内閣総辞職に至った人だよね
      / l  / l \_ノ |ー- 、
     / /  \」 イ:::ハ / | |                 でも、確かその時は無任所大臣として内閣に残って
    / ,'  / | /::イ/l ̄/ !
    / |   \ v:://ー/'  !                 完全に政府の要職からは退いていなかったんだよね





770 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 21:12:00 ID:mibv8Af20





           ,  -――- 、_
           /     , -‐ `ヽ
       /    . イ      \           ええ、そうよ
      〃   /  |          ',
       /    /    ヽ           ,          五摂家の血筋を引く彼は、その貴公子然とした
     ,   /    -―-l     |   l
     |   仁ニ   イ、Tl       l  |          端正な風貌や温厚な人柄で不思議に人を引きつけたわ
     |   l }_ソ    ー' |    /  /
      .  l   '     |     /  /           こうして未だ人気を失っていなかった彼を陸軍は
        ヽ l        |  , /  /
      . l ゝ `⌒    | / /  /            急進的な南下政策と枢軸との提携強化の為に
         ||| \       | /|/  {\
         |人|  ノ>r '´ j/ l  { ヽ.            利用することにしたのよ
          /  /:|      〉 \ \
        /   {ィ}     /   }_ }         近衛にしても再び担ぎ出されることにまんざらでもなく、
        {{   \_  ー'ァ  / }/`ヽ
        八   /`、_ _/  ///   |        6月24日に当時現職だった枢密院議長を辞任して
        / /\{    `ァァ‐ '´ 〃   |
       .l |  {`   /}    |l   |       政界再編制に備えるの





771 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 21:12:59 ID:mibv8Af20





┌─────────────────────────────────────────────┐
│   |,斗≦::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\   ∧ : : : : : ヽ      //        _.,,,,,,.....,,,               .│
│     V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/\/  |: : : : : : :ハ     //     /::::::::::::::::::::::"ヘヽ            ....│
│    V:::::::::,... ---───r-----<V: :ヘ  |: : : : : : : ハ    //    /:::::::::::::::::::::::::ノ  ヽヽ           ....│
│     〉<: : : : : : : : :/: l: :|     l:..l: : : :\!: : : : : : : :.l   .//    /::::::;;;;...-‐'""´´   |;;|            .│
│.     /: : /:/: : : i : : /:/ l: :|     l:l:l: : :ヽ: :|: : : : : : : : |   //     |::::::::|  ,,,..... 。 ..,,,,, |;ノ           .│
│    //: :/: l: :l: :l:l: :/:/ l:./___   リl:V: : :ヘ:|: : : : : : : : |  //      ,ヘ;;|   -・‐  ‐・= |           ...│
│.   l/!: :|: : |--: !:!: l/ ̄ !'        リ V:イニヽ: : :|: : : l: |  //       ヽ,,,,|   -ー'_ | ''ー |  果報は      .│
│    jl: :|: : |:lテト,リW   'チ行示¨`7    '/‐ ヾV: :!: : : !:.l //         |   /(,、_,.)ヽ |            ..│
│    V:!Wリ:.圦ハ     弋z以        r'::‐'/: : |: : : |: l.//          .|  ヽ-----ノ .| 寝て待てだな    │
│     ヾ  Wjl /             __/..: : :|: : : |:.//           ヽ   ̄二´ ./             .│
│.          l ヽ            / Y: !: l: :|: : : |//            _,,ゝ     .(,_             ..│
│         ゙、            .イ   |: l: :l: :|: : : //           /´  `ー-一´`ヽ             .│
│          \ ̄`        イ   .|: lW!: l: : ://           /  、      , |             │
│            ヽ   __ <    .イj:/l: : : !: ://           /   ノ        |  l             .│
│               ̄  r=|__,,..-‐ ´   ' /:イVl:.//         .  (  y'l       l_ |              │
│                   //oハ       '.ィ: : !//         .  ヽ ヽ.        |' }              │
└─────────────────────────────────────────────┘

┌─────────────────────────────────────────┐
│ 公然と倒閣に乗り出した陸軍は、畑陸相を単独辞職させて後任人事を拒否し、遂に7月16日   .│
│ 米内内閣は総辞職に追い込まれた。                                       │
│ こうして陸軍が出馬を促す工作を続けていた近衛に組閣の大命が下り、7月22日に            │
│ 第二次近衛内閣が成立する。                                         │
└─────────────────────────────────────────┘





772 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 21:13:59 ID:mibv8Af20





                          ______
                     _,-ァ'´ ̄           ̄`ヽ
                 /:::::::〈                〉
                  ヽ::::::::{              /
                    ∨:::::}               /
                   ∨:::\___,-───-、_|
                   |::::::::::::::::::::::::/\___::::::__/|
                   ト、_::::::-─'   /:::::::\ '.
                   | /::::::::::`>    \::::::::::::|∧_,ィ⌒ソ
                   |_ |::::::::::::::://⌒ヽ∠:__,-┴厶イ彡ノ
             ( ̄三三`ー‐────' ̄ ̄二イ ̄ヾリ三ニノ)
                  \ 二三≧-' :::::::::::::::::::::::r'´  、ヽ:::::爪`ー<
                `>イZイ::::/ィw‐z、_,.|   ィ-ミヾ,、 ト、⌒ヽ ア
                    (ゝイ  j::/:::::て〇>::::f八::/ヽー彡'  }人__ソノ
                (ゞrf三人::::::/ゝ二イ i|  「 ヽ    ト/ヽ、
               ミ彡::\|:::::ゝ、_    ノ  レ、  \r'´「{::::::::\
                ({ ⌒>ヽ::{:::::/  ゞ:::ヘ/r'    リ \:::::::::|
               _ノ-' ̄::::::::ト、{ヾ   / `′__ヽ   イ /::::::::: ̄ヽ___
          r‐、/::::::::::::::::::::::::::| \ヽ /て二二イ   //{ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::\_r'⌒ヽ
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄ヽLヽ、 ,,rfTヽト、イ/:./.: ̄7:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
.           〈::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/⌒ヾミ:::| !   f<ヽ_ノ:.:.}:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            }::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ { f⌒)ヽ∨⌒ヽ {.:.:.ヽ:.:.:.:. (:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         r'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::八,ムゞイ、 ̄`ヽぐ }N\.:.:.:x 个:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
         |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::人 ヽ::::: ̄`ー-、ノ| (ゝ   ̄  }::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::L
         ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::/  ゞ 三──-イ  !ト.ゝ     |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
       _ノ::::::::::::::::::::::::::::::/| ト、(:::ト、_..:::::::ノ | N       |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
         (:::::::::::::::::::::::::::::::; イ  | |::::ヾ:::::::::r' ̄:::}、 ,ト}         |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ

┌──────────────────────────────────────────┐
│ 一方アメリカの日本に対する締め付けは厳しくなっていく。                            │
│ 7月2日にまずくず鉄・石油を除く軍需資材に輸出許可制を敷き、さらに26日にはくず鉄・石油にも   .│
│ 輸出許可制が広げられる。                                                 │
│ そして31日には、航空用ガソリンの対日輸出を禁止したのである。                         │
└──────────────────────────────────────────┘





773 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 21:15:02 ID:mibv8Af20





┌──────────────────────────────────────────┐
│ 首相に就任した近衛は、外務大臣松岡洋右や陸軍大臣東条英機の意見をすすんで取り入れ、    │
│ 積極的な南進論を閣議で決定する。                                           │
│ こうして本来日中戦争の補充手段であったはずの南進が、自給権確保の南方侵略に変わる。   ..│
│ それは完全に英米との戦争を前提としたものであったのだ。                          │
└──────────────────────────────────────────┘


      /::::::::::::::::::::::::::::::; :;:::"'
      /:::::;;:::::::::::::::::::::::::;;;ノ ヽ;:::\
    /:::::::: ノ""'''''‐‐-‐'''"    ヽ:;::|      近衛さん、まずは日独伊三国軍事同盟の
   . |::::::::::|             |ミ|
   . |:::::::::/             |ミ|      推進ですよ
    |::::::::|    ,,,,,,, ノ ヽ,,,,,   |ミ|
     |彡|.  '''"""    """'' .|/       そしてドイツ協力の為に仏印(フランス領インドシナ)の
    /⌒|  -=・=‐,   =・=-  |
    | (    "''''"   | "''''"  |       軍事基地化と蘭印(オランダ領東インド諸島)の占拠を行って
     ヽ,,         ヽ    .| 
       |       ^-^     |       合わせて資源を確保するんです
   ._/|     -====-   |
./''":::::/:; (⌒)    "'''''''"    ./        こうすれば大東亜共栄圏の建設は確実ですよ!!
:::::::::_/-r┤~.l \_____,,,./i、__ 
  ( f | | ヾ.  \__/ |:::::::|::::::::  
  l.ヽ人八_ ,, ̄)/□\  |:::::::|::::::::::

松岡洋右(まつおか ようすけ、1880年3月4日 - 1946年6月27日)外交官、政治家。

日本の国際連盟脱退、日独伊三国同盟の締結、日ソ中立条約の締結など第二次世界大戦前夜の
日本外交の重要な局面に代表的な外交官ないしは外務大臣として関与した。
敗戦後、極東国際軍事裁判の公判中に病死。





774 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 21:16:24 ID:mibv8Af20





    : : } }ー /      |     l         マ ー } }: :
    : : {ノナー/      | |     ゝ         V _广lー': :
    : :ノ : | ,'     ! : :/ヘt     l \         Vl  !: : :         南方進出か……
   . : : : : :l |    | : :|_,ノ\.    |\ \.       | ! |: : : : : :
 : : / : : : : ノ ||  : : :t. : :|    \  |   ̄\ :|   l |  、: : : : : : :      いよいよ英米と事を構える準備に
: : :/l: :r'´   |l  : : :| \| __,ノ   \! ゝ. _ ヽ: |: : , !  \: : : : :
: : ' ゝ|    ∧  : : :| r斗ャテ1       fテト、ァV|: : / |    }: : : :      掛かっていったわけだね……
ゝ{        〇 \: : :|  ゞ='   j|    ゞ='  /!: / 〇  ノイ: : :
         ハ   l\|                  jイ   ハ    j: : :      中国との戦争も終らないのに
        V    、 ハ             ハ l   V   /-‐ ´
            \ ヘ     , -‐- 、   / /                南方に手を出して、さらに英米と
              /:\        /:\
              /l   | l>  ___  <l |   l\               戦おうなんて正気じゃないよ……
          / /  ヽ. \      / /   \ \
          /l  \   \ >-< /   /   l\





775 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 21:17:09 ID:mibv8Af20





             _,,.. ,,.._
          ,.ィチ三ニ;ィテ〒㍉x         そうね、南方進出を推し進めたのは陸軍だけど、
        ∠二三/ V二二ニハ
        /ニ三/ ィ二ヽ二二ニハ       海軍は独伊との提携をさらに軍事同盟に発展させることに
       ,仁ニ/ニ、  }ィパ1ニニニ|
       |二/}ィ゚}   ー'↑二ニ|┤       反対しながらも、南方進出そのものには反対しなかったわ
       |ニ/! ー' ノ      |二ニ//
      .  Vl:::    _   |二ニ//        陸軍以上に軍艦を動かすための石油を欲していたからよ
          i|::::ゝ、` ‐   |-/レ' {
        |人l l\_ ,. イl/ニ{:::`フ       対英米戦争は、広大な太平洋をめぐる制海権の争奪戦だったのよ
          _ノニニノ}  /二ニ寸ミメ、
        /∠ニ/ニ{/_ ノ仁二}}/ `l|     ……さて、海軍といえばこのころやる夫が建造に係わった
       / {二ヒ{`T---/ノ二ノイ    l|
       / /       ー=イ }   l|     極秘の巨艦「大和」が遂に洋上に浮かぶことになるの





776 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 21:18:09 ID:mibv8Af20





┌──────────────────────────────────────────────┐
│ 昭和15年8月8日、戦艦「大和」は呉工廠で進水式を迎えた。                                  │
│ 進水式には機密保持のため天皇の臨御はならず、名代として久邇宮朝融王海軍大佐が臨場した。         │
│ 機密保持のため棕櫚縄のスダレで遮蔽されていた建造ドックには海水が入り、鋼鉄の巨体は             │
│ 聳え立つように浮き上っていた。                                                │
│ 工廠長砂川兼雄中将によって支綱が切断されると、曳船によってその巨体はついに海面に引き出された。   │
└──────────────────────────────────────────────┘

                                  ,,,,,,,ョ|《ij,,,,,,
                              '゙゙゙llll,,,,,lll゙゙゙"
                               '雨l゙゙゙l゙ll゙゙l||lケ
                                ‘'|ljjl,,,|jjl|″
                               'illl"'',,,,,'''気`
             ..   .┌.─.┐  _r‐=='^ ∧,, ,lj}zillkz|《 .,、                       r7_
                  |    |- '´..:..:..:..:..:.. r,,,,,判,所,l|!゙lll,llllミ,,,r r 、         ,. -─一¬二三//:..:..:
               r ー|    |:..:..:..:..:..:..:..:..:..| ゙,l|,,,lll,,,,lll|,,,lll|,,||″.:..: `ー-- 、_/ 同:..:..:..:. 内ハ..://..:..:..:.
TTTTー --一Fテ三] 「|-‐'´..:.. |    |.:..:..:..:.:,gq,dl,|ヨl|,,,llll!'〔'゙|l只'lllll,,,|li||会 lj,p,i、:..:..:..:..:..|叭≧≦片爿:レ '.:..:..:..:.
立立立立立立立立≧、 :..:..: |    |..:..:..:..:ケ‐''"''"゙゛ `  ゙l │: :':`: ``''''゚'゙‐'ケ..:..:..:..:.上士士士士士士士士
工工工工工工工]   L≧ |[]  |三三|         ゙l .l゙: `: : ::`丶`ヽ_│二二二二二二二二二二二二
二二二二二二二二二二二二二二ュ_ ..: ゙l         ゙l.|: 、、`丶、ιji゙l、,l゙ .:.:.:.: :..:. .:.::.:.: :.:.:. .:.::.: ..::.: . :.:.:. :
_ ,,,,,,,,,,,,,,,,,,-------,,,,,,,,,,,,,,,-------、,,,,-, ム,,,,,,,,,,__、、.;,,lR'i||r''||,j,,'、,,,,,,二i|,, エ,,,,,,,,,,,,,,,,,--―----、,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,、:
. :::.:;;;;;;;;;;;;;;;,,―、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ̄""'''' ケタ;;;;;;;'″;`“ザ""゙ ̄`;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.:.:. :.:.:. ..:
:...: .. ::.:.: ...: ::..: :::: :. :. :..:::. .: :.::. : . . .: .:. :.:.: .::.: . :.:.:.::....::.: .:.:.   : .:.:.:.:. :.:.:.:: :: .:.:.: :.:.:.:.:. :::.:.: .:.:.: :.:. .:. :.: .: :.: ..:.: .:
.. ::.:. . .: : :. :.: :. ::::.:. . :. :. :....:::.: : . :...::: : .:. . :.:. .:.:. :.: .                                  _





777 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 21:19:09 ID:mibv8Af20





┌───────────────────────────────────────────┐
│ 機密保持の為に「大和」の進水式には、僅かに100名程度の高等官と作業に携わった中でも        .│
│ 最小限度の作業員として1000人足らずが見学を許されただけであった。                       │
│ その巨艦の進水とは思えないほどひっそりした進水式の末席に、やる夫は連なることを許された。   .│
│ 「大和」の建造を実質的に指導した造船中将とはいえ、今その身分は艦政本部嘱託に             │
│ 過ぎなかったからである。                                              │
└───────────────────────────────────────────┘

             ________
            /            \
          /            ~~\           ……やる夫が手がけた巨艦が
         /              ´ ̄`    ´ ̄`
        /                          \        遂に進水して行くお……
      /               /     ヽ   /   ヽ
       |        ̄ ̄ ̄ ゝ  ー' 丿 ̄ ゝー'  く       「土佐」のように沈められることもなく、
       |                   /   ハ  ヽ  |
       |             (   (  ゝ_ノ ゝ__ノ))|       こんどこそ戦艦として完成するんだお……
       ヽ                       `´ ̄`´  /
        \                         /
            >           ヽ  _____/
          /                ヽ





778 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 21:20:09 ID:mibv8Af20





┌──────────────────────────────────────────┐
│ そのやる夫の姿を遠くから見つめるのは、呉工廠造船部設計主任の牧野茂造船中佐であった。   .│
│ 第四部から転じて「大和」の工事用設計を取り仕切ることすでに3年9ヶ月、                │
│ 文教世界と軍艦世界に別れて縁遠くなった師匠を牧野はただ見つめた。                  │
└──────────────────────────────────────────┘


                ̄    、
            ´          \
     /                ヽ           平賀先生……
      /           、_  ヽ
    '               ` 、ヽ         先生の今のお姿は、なんだかとても
    l              ,‐-,.._ ゞ
.   l              l 弋心 l         寂しげに見えます……
.    l              冫.ー く
   l               l    ノ!        おそらく文教世界に身を投じても
   l               `ー‐ f r'
   l                  ノ'          未だ軍艦世界への愛着を
   !                     /
   ,'                   /           捨てきれないんでしょうね……
 ̄ `ー -               /
        `  、        /            先生、第四部でご指導いただいた頃が
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´               懐かしいですよ……
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./





779 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 21:21:09 ID:mibv8Af20





┌──────────────────────────────────────────┐
│ このころ近衛首相は、「新体制運動」と呼ばれる政治運動を展開していた。                   │
│ このファシズム的政治運動のために近衛は8月23日、「新体制準備会」なる委員会を立ち上げ、   .│
│ 新体制のための新しい政治組織を作る準備に掛かった。                               │
└──────────────────────────────────────────┘


          /::::::::::::::::::::::"ヘヽ
         /:::::::::::::::::::::::::ノ  ヽヽ
         /::::::;;;;...-‐'""´    .|;;|
         |::::::::|     。    |       この準備会によって
         |::::::/  ,,,.....    ...,,,,, || 
         ,ヘ;;|   ,,-・‐,  ‐・= .|         国民運動の実行・指導・推進を担う組織を
        (〔y    -ー'_ | ''ー |
         ヽ,,,,    /(,、_,.)ヽ .|         新しく作るための具体案を審議するよ!!
          ヾ.|   ヽ-----ノ /
           |\   ̄二´ /
         _ /:|\   ....,,,,./\_
   .      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
         |  ,___゙___、rヾイソ⊃
        |            ` ̄ ││
   .      |             | │





780 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 21:22:09 ID:mibv8Af20





┌──────────────────────────────────────────┐
│ 各界から手広く、ある意味では総花的に集められた26名の委員の中にやる夫も学会代表として   .│
│ その名前が加えられた。                                                 │
│ しかしやる夫は具体性を欠く新体制ムードには馴染めなかった。                        │
│ ましてやこの頃には新体制運動に便乗した右翼系学生運動が学内を席巻しており、            .│
│ 教官攻撃や大学攻撃を激化させていたのである。                               │
└──────────────────────────────────────────┘


          _, -=========ー-、           学内の右翼系学生運動は学外の
         /              \
       /           ー--=、  \        圧力団体と結びつき、近衛首相の援助を
       /         /  /┬-ヾ\`l
       |      ──┤  ∥  i、:::::|. | |        受けているものさえあるといわれているお……
       |          \ ヾー-ーナ/ |
       |                    ヽ、      しかも新体制ブームに便乗して当局では
       |            ( (  (,,_,,人)
       !、__,,,,,,__   __        ̄ ̄7      大学行政の画一化を狙っているとも聞くお
        〉___ __ ̄ ̄〈         /
       >三三三三》:.::.:.:..\    /´/        このままでは大学の自立が危ういお……





781 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 21:23:09 ID:mibv8Af20





【審議中】                            .┌────────────────────────┐
 ババ        バババ  ババババ          ..│ 新体制準備会の会合は8月28日から約一ヶ月、     . │
    バババ ∧_,∧  ババ ∧_∧ バババ       │                                    │
  ∧_∧バ( ´・ω・∧_∧ (・ω・` ) ∧_∧       .│ 6回にわたって行われたが、案の定議論はまとまらず . . │
 (´・ω・)=つ≡つ);;)ω(;;(⊂≡⊂=(・ω・`)      │                                .    .│
 (っ ≡つ=つ  (っ  ⊂)  ⊂=⊂≡ ⊂)      │ 結局「大政翼賛会」という国家総動員法を国民に ..   │
 /   ) バ∧_∧| x |∧_∧ バ (   \     ...│                                    │
 ( / ̄∪バ (  ´・) ∪ ̄∪(・`  )ババ ∪ ̄\ )     │ 浸透させ戦時生活を支えるだけの組織を         ..│
  ババババ/    )  バババ (   \ ババババ    │                                   . .│
 バババ  `u-u'. バババ ババ `u-u'         ...│ 生み出したに過ぎなかった。                 .│
                                 └────────────────────────┘





782 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 21:24:08 ID:mibv8Af20





┌─────────────────────────────────────────┐
│ 準備会の強烈な角突き合いに唖然としたやる夫の下に、文部省から学生生徒の行動自粛を   │
│ 要請する通牒が舞い込んだ。                                            │
│ やる夫はこれにより来るべき文教統制を危惧したのである。                        │
└─────────────────────────────────────────┘


       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       |                    |         一、学校より2キロ以内の通学は徒歩によるもの
       |                    |
       /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____    一、映画その他の興行所への入場は
       /              /ヽ__//       土曜・日曜・祝祭日・休暇等に限ること
     /    自粛すれ      /  /   /
     /              /  /   /     一、麻雀、撞球(ビリヤード)の遊技場に
    /   ____     /  /   /        入場せざること
   /             /  /   /
 /             /    /   /       一、カフェー、バー等の享楽所飲食店に出入せざること
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/    /   /





783 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 21:25:08 ID:mibv8Af20





         ___
      /~~~\           馬鹿馬鹿しいお!!
    /_ノ 三ヽ、_  \
   /(◎)三(◎))   \       現文部大臣の橋田邦彦はわが東京帝国大学の医学部教授だった男だお!!
   |:::( ((__人__))):::::   |
   \ ヽ|r┬-| /   /        それが軍と連携して文教統制に手を付けるのかお!!
   /   `ー'´     \
            o
             O
 ;'⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ 、_
/                              \              
        ,  -───‐- 、
        /,. ─- 、.__,. -─ 、ヽ
       l |  ─-、 _ , -─  l l
.      l | -─-、   ,.-─- | |
     r=、ヽ ,.-‐-   -‐-、 .}.r=:、
      {.F,|.|.  ー-‐i   iー-‐' :|.|ヨ |
     ヾ=||. ,..二ニl   lニ二 、||= "
       │|,,,,,,,,,└‐-‐┘,,,,,,,,,| |
       ,.1   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ト、
    , イ   `ト 、  ̄ ̄  ,. イ   `r、
-‐''"´  .l    ト、  ` ー-‐ '  ,.|    | `'''ー-

橋田邦彦(はしだ くにひこ、1882年3月15日 - 1945年9月14日)医学博士。

東京帝国大学医学部教授であり、生理学者・医学者として多くの実績を挙げる。
その名声を利用されてに近衛内閣に文部大臣として招聘された。
敗戦後にGHQよりA級戦犯容疑者として指名されて、服毒自殺する。「科学する心」という言葉の生み主。





784 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 21:26:08 ID:mibv8Af20





┌────────────────────────────────────┐
│ ところが、9月10日、やる夫の元に彼にとってはさらに重大な通知が舞い込んだ。  ...│
│ 東京帝国大学に10月初旬天皇行幸の内意が下ったのである。              │
│ これはやる夫にとっては破格の光栄であった。                          │
└────────────────────────────────────┘


          _____
            /\ΞΞ/\              陛下が東大を訪れるのは実に22年ぶりだお!!
          /:::<◎>-.<◎>::::\
        /::::::(( (__人__) )):::::\           しかし行幸の日まで1ヶ月もないお
        |     ` ー'´  u   |
        \  u   :::::     /           大学体制の強化はひとまず先送りにしてでも
        /    :::::::::::::::::::    \
      /                 \  〈〈〈 ヽ   奉迎準備を最優先にするんだお!!
                        (〈⊃  } }





785 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 21:27:26 ID:mibv8Af20





                  ____
              ,  ´  .:.:.:.:.:.`ヽー- 、
             / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.\         突然の行幸決定にやる夫が慌しく
              / .:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}:.:.:.:.:.:.ヽ
           /.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.: ',       動き回るうちにも周囲の状況は動いていったわ
           /.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ {:.:.:.:.:.:.ヽ:.:l
         , :.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./   ',:.:.:.:.:.:.:.:v|       新体制準備会の最終会合(第6回)があった9月17日、
         |:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:/.:.:xく       ',:.:.:.:.:.:.:. ',
         l:.:.:.:.:'.:.:.:.:.:.:.:/:∠、 \    ':.:.:.:.:.:.:.:.|      文部省は高等学校の校友会などの学内団体を
          、:.:.:.|:.:.:.:.:.:./化_ノヘ   /´二、':.:.:l:.:.:.:|
          l:.:.:|:.:.:.:.:./弋ニソ     化_ハ.i:.:.|:.:.:.:|      強制的に解散させて、教職員・生徒挙げての
           |:.:.:|:!:.:.:.;        { 弋ソ ハ:.l:.:.:.:l
          /:.:ノヘ:.:.:|             / l:.:!:.:./      修養・鍛錬団体「報国団」を編制するよう指示したの
         /.:.:.:.:.:./ 二ユ  ` ニ ー'   / /.://
        /イ:.:.:.:./  ー┴ 、     . イ:.:.v/´        この一方的な「上からの命令による改革」が
      /′ {:.:/     ,二 \ -イ:.:.:.:‘/-、\_,ノ}
       {  /     /l  \)ー`丶:.:.:.:.:.:.、:\.:ノ      遠からず大学に適用されるであろう事は
         /    _/:.:.:.{         }:.:,:.:.:.:l:.:.:}、__
       ,    /:.{:.:.:.:ゝ:.\_,     ノノ|:.:.:.|:.:ノ//∧     簡単に予想がついたわ
      /;    ハ:.:ヽ:.:.:.:\ ̄´      ´ ノ.:.:.:广V///!
      //    l \:.\:.:.:.:>、    <:.:.:ノ  V//|ヽ
      / |     |  l//厂 ̄   ○、   ,○´     V/|  \





786 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 21:29:01 ID:mibv8Af20





           , -――-、
          /:_; : :-―-: :\          そして近衛内閣は南進政策を実施に移し、9月23日には
        /: /〈: : : : : : : : : : ヽ
.        l: んxj: : : : : : : : : : : |        北部仏印への武力進駐開始、9月27日には日独伊の
.       l: l0 | : : : : : : : : : : '
        r┘  |: : : .: :/ : : : /         軍事同盟締結と、対英米戦争への路線にのめりこんでいったわ
      l _  |: : :/:/:, : : :/
        ヽ_」: :/:/:/: : :〈__,         さらにこれまで軍事同盟に反対し続けていた海軍も、
       j:ノ/イl/: :|: : : : ノ
          ァ≠: ノノ: : : : \         健康問題で吉田善吾海相が辞任し、代わりに及川古志郎大将が
.         /-‐=彳 }: : : : : : }
.         |   }《 レ}: : : :ノ'         9月5日に海相に就任するや否や軍事同盟賛成に舵を切るの
        /|   ノ ‘《 )ィイ





787 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 21:29:58 ID:mibv8Af20





          r‐ 、               ,へ、
       {⌒ヽj  l  _/⌒\―- 、  l  ヽノ⌒ヽ _ノ
     、 _ノ    rク'´  /      ̄`ヾく^Y      く
     /     」  /|   /、    ヽ人_      ヽ     あれもダメ、これもダメと締め付けて
      rl/{ / /^し/|  l |x    |ー\ |l   l   }人ノ`ヽ|
     l  Vヘ{` <ハ  トィ元y |テ元yY  |  / /  /      その上に上意下達の組織を作って
      .   \,、  \ 〈弋シ \{ 弋シ 〉 // /   /
     l    // \_ {`T    l    /ィく  /l |   /       一方的な押し付けか……
       ヽ  l l   \ニl         lニ // l |  /
       \| |     \\  ^   /xイ /   l | /         やる夫さんの時代もどんどん
         | |    /  / >--< Y  |     l |'
        \   /  /  |  / | |    l/          息苦しくなってきたね
             \ V   l   」∠   |  l    /
            v}   |__/v/∧__ノ   l  /





788 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 21:30:58 ID:mibv8Af20





┌─────────────────────┐
│ 昭和15年10月8日、天皇は東大に行幸した。   │
│ その日の朝────                      │
└─────────────────────┘


                   ________
              /              \           重孝、好子、カズ……
             /    ⌒     ⌒    \
           /   /  `ヽ  /´   `ヽ   \        それでは行って来るお
          /   ─(   ◎ l─ l ◎    )─   \
            |      ヽ_  _ノ   ヽ_   _/       |      今日は22年ぶりの陛下の行幸だお
            |     ( ( (    人     ) ) )    . |
          \        ハ从从从从从ハ       /      やる夫には失敗は許されないんだお
           \         ー一          /
           /                  \   
          /                        ヽ





789 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 21:31:58 ID:mibv8Af20





                  _____
                /         \            だからもし、今日の式典で
               /            \
             /     \,      ,/     \         万一のことがあったなら、
                /  /´  `ヽ   /´  `ヽ  \
          /   ─(   ◎ l ─ l ◎    )─  \      やる夫は大講堂の屋上から
          |     ヽ_   _ノ   ヽ_  _ノ     |
          |  ..:::::( ( (    人     ) ) ):::::::.. |      飛び降りて自決するお!!
           \       ハ从从从从从ハ       /
            \     `ー -- -一'     /       みんなもそれは覚悟して欲しいお!!
            /                 \
           / ̄ ̄ヽ;               ヽ
           (「    `rノ                |
           ヽ   ノ              i   |





790 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 21:32:58 ID:mibv8Af20





.       /    /   .'    / /        |
       i l   l  l     / ′          .′|
       | |   |  | ‐、/| !        /   l           ……陛下のために死なれるのであれば
       | |   ト . |  |`ト、| .¦      〃  / /
       ヽ.|\ l ヽト .xィ士.j ト.| /    //  / /,′         それは私達にとっても本望ですわ
        / / ヽ/ ハ.|ヽト辻}小∨j//./_/__,//_/__
     //   // /ヽi|  ^冖^      ‐テ士</-‐ ´        父様、つつがなく勤めを終えられることを
.     〃   // /|!  |     ,       ト辻}小>‐ /
    /′ // / |l ハ    ′      ^冖^ / /        願っております……
.   /   // /  _!ヽ   \  r__,        / /|
   '   / | i  /'| ',  | i\        / 厶イ|
  l l   |,-l |‐厶-ヘ  }  V  >‐z――…/ /'   !
  | l  / N´ ,. -‐ヽハ  |-く^Y´       ' /\  |!
  | l<⌒ ‐-'---‐'_丿 小丕}|      |/   \.|l
-‐┴'´  \_ ̄  ̄ _/,小辻リ       l ! -――/.'
       | ̄ ̄/ / ヽ{__ソ\   /!l,. -―//

┌───────────────────────────────────┐
│ やる夫は悲壮な覚悟を家人に披露して自宅を出て行った。               │
│ やる夫にとって天皇とはそれくらい大切に守るべき尊崇あたわざる対象だった。  │
│ やる夫は純朴な天皇への忠誠心の持ち主であったのである。                │
└───────────────────────────────────┘





791 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 21:33:58 ID:mibv8Af20





          ┌─────────-.┐
          |「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |    .      ┌──────────────────────┐
            .||               │|        │ 午前9時30分、天皇の略式自動車鹵簿(ろぼ)が ...│
         ◯||__,,.。 .。。 -----。。。 ,,_.||        │                                │
          」v       |     .゜ ]!         │ 大講堂玄関に到着した。                │
        冖|\     |      ./.|. 冖       │                                │
     ◯  ||||」  \  ,,。.-♀-、,,_  ./゜||||| ◯     │ やる夫は緊張した面持ちでこれを迎えた。    .. │
      \:-、,,__  ゚t(______ イ  .⊥/^メ、    . .└──────────────────────┘
      /     .;^ \」   │   │/"^。    `、
     ./    .r ⌒ヽ∥   @  . |.| .r ⌒ヽ   .ヽ
     ]!     ゝ __ノ∥======== ∥ .ゝ __ノ    ]
     [__ /. └─||──┼─-∥─┘ ヽ ___|
      ||||||||\   ヽ∥..  │ .. ∥/    /|||||||
      ||||||||  \.-─/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ─--/.. ||||||||
      ["゚゚^^^^^^^`.∩ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∩l["゚゚^^^ ̄_」
      ||||||||^>ー-〈∪_____∪-ーーー^.|||||
      ||||||||                       ||||||||





792 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 21:34:58 ID:mibv8Af20





      /:::::::rf≧ミv'"¨ ̄_ . =ヽ:::::::::::::::::::',:::::::::ハ
     ./:::::::{,ォ"´ ◎=''  ̄ ===-v:::::::::::::.ハ==ミ、',
     }:::::::::,' ,,=彡     ´     V:::::::::::::ハ.::::::::`::',
      {:::::::::| イr=ミ          ,.ニ、.  V:::::::::::::ハ::::::::::::ハ         出迎え、大義です
    ,':::::::::1'/           ,行ハ㍉ }:::::::::::::::ハ:::::::::::::ハ
     |:::::::::∧  云ト、      比爪}  j::::::::::::::::::}::::::::::::::ハ
     |:::::::.'::::ハ イ{{r 'ハ     込シ   |::::::::::::::::::{::::::::::::::::::.        総長がどれほどの大学を作られたか
     |:::::.':::/::ハ 弋り ,       ¨¨¨´ ハ:::::::::::::::/:::::::::::::::::::.
     |::{/::/::/∧ ¨´ 、         j :::::::::::::./::::::::::::::::.{:::::.
    !小'::://::,ハ               ,イ:::ノ:::::::/::::::::::::::::::::}::::::.       本日は見させていただきます
    ヘ{ ',.'/::/::,.へ   ー ´   /::イ::::,イノ::::: : :::::::::::/ ::::::.
     |ハ'./::/:::::/::ヽ、   ̄    '´ィ:::::ム「| .::::: ::::::::/::::::::::::.
   >―‐へ..::__/:::::::::::ム 、._.ィ ´  j/オ7 j..:::::::::::::/:::::::::::::::.
  /       1::::::::::::::}乙、 }  て_ ̄./ /:::::::::::::/::::::::::::::::::::.
  { {          !::::::::::::∧  } /┌―‐7 / / :::::::::::/::::::::::::::::::::::::.
  トヘ        ./|:::::::::::.′', リ .ハ   / イ /.::::::::::::/ー<_ ̄ ̄
  ハ∧      ./ 1:::::::::′ ',|ハ.  //./:::::::::::::/     \

┌──────────────────────────────────────┐
│ 平常はほとんどいつも陸軍軍服着用の天皇は、この日は海軍の行事に限って用いる     │
│ 海軍軍装で臨御、やる夫を感激させたという。                                │
└──────────────────────────────────────┘

up121605.jpg





793 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 21:35:58 ID:mibv8Af20





┌───────────────────────────────────────┐
│ 東大・文部省関係者と接見した天皇は、教職員・学生約1万名が並ぶ運動場に臨んだ。    .│
│ 運動場に設けられた玉座に立つ天皇に対してやる夫は謹んで万歳三唱を行い、続いて   .│
│ 唱和する1万人の諸手がいっせいに上がった。                                 │
│ わずか4分間ほどの儀式であったが、やる夫にとっては感激の4分間であった。           │
└───────────────────────────────────────┘


                ______
               /          \
             \::::::::::::::::::/      \          __,ノ
           ( ○ )──( ○ )──.  \          ) .  天皇陛下
             Y       、               \     -=ニ
        (   (       )::::::::::::::::::.       \     ,)    バンザーイ!!
      /ゝ┬' ゝ――‐ ⌒ヽ ) )            ヽ     ⌒ヽ
      l    l           /                l      ノ-、
      l    |        /              l        ⌒ヽ, -、/^ヽ「`
      \      / ` ´/              /
       \ ゝ. _l___/               /
         (       ノ              <
             ̄、 ̄ ̄ ´              \
              / ー― 、               \
         /                         ヽ





794 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 21:36:57 ID:mibv8Af20





                     ., 、
                  | !                        r‐ー',!
                  | !                    r‐ー1  l゙  .l゙
                    i-'" .,〉,, ―-,               ,l゙  ,i´ l゙  l゙
                   ゙‐'゙| レ゙,./ '''、 l              │ ,"  l゙ │
                    . l /    ゙l |           _,,,, |  ,l゙  .|,,,,,ノ
                   ./., |    ,!.|       _,,,―'''",,,,,l゙ .L,,,ノ  .,r'"゙゙l
                   .././| !    / l゙  ,,,―''''"゙,,,,-‐''"`  .r'"^゙l  ヽ-'゜
                   .ヘl゙ | !   / ./   │| _,,,-''''"     ヽ-'゜
                  | !  .|,/   ‘^
                  !ゞ
      \\                                         //
        \\             天皇陛下バンザイ!!           //
          \\                                    //

                                         f¨゙!
:┐         n /〉               <ヽ          /^〉'
 !         }”/              ,、  <`ヽ        ./:::/.,、
⌒!ィ        f¨゚{             <´ 'ヽ Vハ   |ヽ Y¨! |::::}イ { , -ー 、  _ /¨>  r-‐,、 <⌒!
::〈人_r-ー- 、_r<}| >:::: ̄:`ヽ__, - 、__r 、r=¨>‐-! /:::::}__Vヘ }:::|__}::::{.ィ1.|:.:.:.:.:.:.}_, くノ ̄! ./;;;;;;;;;}_, ヘ⌒',
/:.< /::::::::::::::::Y::/|i /::::::::::::::::::::::Y:.:.:.:.:.YVイ!:::::}::::::::|/::::::/:ァ<! V_::|  ',く/⌒!}:.:.:.:.:ノ/ /:/^V__〈ヽ;;;;;/_!__ノ::::::ヽ
:.:.:.:}|:::::::::::::::::::|:{:. }:!:::::::::::::::::::::::: l:.:.:.:.:.:.|ィ ゝx}:::::: |::::::/:.:/  / > ¨⌒ヽ:'.  V¨¨ヒ{_. V==<:::::`ヾア´:f⌒!ヽ:::::}
\f':!::::::::::::::::::l ハ:.:リ'.:::::::::::::::::::::::∧:.:.:.:./ >イ::! :::: |:::::{Y/' 〈 /:::::::::::::::::}:'   V::::::::::{ .}  .}::::::::::|:.:.:.:.|:.:.:|:.:.}-:'
  ヾ!,、:::::::::__/_/  ヽ::::::::::::::::/|レVWハ/::::::::/:::::: |::::::|ハ   V!::::::::::::::::::!:/  ./:::::::;:::Y  /^!:::::::{:ト、: |:.:.:|:./:::::
    `Y゚ ̄    _/VレvイW:::::`ー-::__/:::::::::/:::::::| ヽ  `!:::::i:::::::::::|'   /:::::::/L_|   ̄⌒¨}>ヘ}:.:.:|”::::::::
、       f´ ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::|   ヽ .|:::::l::::i::::::|  /:::::::::|  >- ._  }}   |:.: |ヽ:::::::

┌────────────────────────────────────┐
│ 昼食を挟んで学内を巡覧した天皇は、午後3時20分、鹵簿の列を宮城へ返した。  ...│
│ 見送るやる夫の目に、光るものが浮かんだ。                        .│
│ 万歳を思い切り叫んだ喉が、痛かった。                           .│
└────────────────────────────────────┘





795 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 21:37:57 ID:mibv8Af20





       /  ̄ ̄ ̄ \:
      ::/        ::::\:      無事に何事もなく終わってよかったお……
     ;: |          :::::::| :
      \.....:::::::::    ::::, /       陛下のお姿をこの東大で間近に見られて
      r "     .r  /゚。
    :|::|     ::::| :::i          やる夫は大感激だお……
    :|::|:     .::::| :::|:
    :`.|:     .::::| :::|_:         これも神仏の加護なんだお……
     :.,':     .::(  :::}:
     :i      `.-‐"





796 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 21:38:57 ID:mibv8Af20





┌───────────────────────────────┐
│ 自決の覚悟まで聞かされていた妻も、やる夫と思いは同じであった。    │
│ その思いを妻は日記に書き付けた。                           │
└───────────────────────────────┘


        _)≫:::::::::::._ ''"         ` 丶、:::::::::::::.(_
    __(::::::::::::::::::::::/               \::::::::::::::::├─x
   ./ r─.≧:::::::./                 ヽ:::::::::::≪ニ7》
   に二三彡::::.∧                    ハ:::::::::.|\Y《    「ことにかしこしと思ひまつりし事は、
   仁{_/つ::::∧                    :ハ:::::::) . ) )
  . 廴__,.イて ,'.l                 j | |  |  }::ム辷彡'     聖上の海軍服を召させて御凛々しくも
   .ハ ; (::::.| |  { | | ハ V     .l   イ.∧ l  | :!.|::::/. | |:|
   .ハ ,: l| 辷| l  .V.L | ハ.ヽ    | / ,/7 .Ⅵ jl !.}:::}  .| |:|     御幸給ひし御事なり」
   ハ:/ :!l  .|!ト{  .ヘlV>>zリ,,,. ハ  l/./ィ-七7.l ∧リノ|::lハ  | |:|
  .ハ/ ::l|  .|::|ヘ\ =Y´jう㍉`\V/7´たうj.Ⅵ从ンj .|:| .l.  |:|
   /  !|   |::ト叮アト、ヘ. ヒン        ヒン  7イ |ソ}l::| .l   |
  ,'   |   |::|.  | .l∧         ,       ./ ! .|'  川 :l:   i|     「つつがなく
  .′  :|   川  .l .|.`ヘ.    r─‐┐   / /l .|    |:   i|
  ;    :l      / リl.  >、.  ` ー ′ .イ.  |..|..    |::   |     重責了へて
  |   ::|    / .∧}./´.::.ニ>tー 'チニ`ーzxノ八.   |::   |
  |   ::|    ./ /´::マ.:.::.:.:/ニ{ 只 }ー=、...:.:.://::Vム  |::   |     帰り来し
  |   |  .//>、::マ: _,::-‐‐'..:》ー.イ :.:..:.::`ー//::〈 .Vム .|::   l     ツマ
  |   ::l .《∠≪:::::::へ.マ .:.:.:.:.:.::イ|:::::ト、.:.:.::. //:::::::\Vム,!|    |     夫は御神に
  |   ::|::: ヽこ二ニミへマ .: : /.:.:|:::::|.:.\__./ムニニ三彡'l::   |
  |   r上≦三ニy__ > 小く. :.:.::::|:::::|:::.. \:::::ィ≪<::::::入.l    |     謝しまつりけり」
  | r─{    ¨´`ー三三>-x _|:::::L_,,-‐'¨,ィ<≪三>カl   .|
  | ∨::ヘ.         ̄`¨三≧|:::ィ≦三‐'¨´        .|::≫|ー-、
  | ∨::::`、             .{| ̄ ̄|}            .|:::::::::::::::/
  |  ∨(⌒ヽ          ||    |}          /⌒)::::::::::/





797 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 21:39:57 ID:mibv8Af20





┌────────────────────────────────────────┐
│ 行幸奉迎を無事終えたやる夫は、しばらくは関係各位へのあいさつ回りに時間を費やした。 ....│
│ そして10月12日、結成された「大政翼賛会」の非常勤総務29人のうちに加えられたやる夫は  │
│ 首相官邸大ホールでの発会式に参加した。                                │
│ ところが、総裁として参加した近衛首相の発言は聞くものを驚かせるものであった。        .│
└────────────────────────────────────────┘

     /:::::::::::::::::::::`ヽ、
    /::::::::ィ''' ̄ ̄ミ:::::::::::`ヽ                    本運動の綱領は
    レ´      ミミ:::::::::::::\
   ,r' 。 ,,..==-   ヾ::::::::::::::::、                   大政翼賛の臣道実践に尽きる
   i; ,,. l  (゚`> .  ヾr─、:::、
   |∨ヽ丶 '´、,,,__    '゙ )ュl:::l                  これ以外に
   '、:i(゚`ノ   、        |::|
    'lー''(.,_ハ-^\     ├':::l                  綱領も宣言もない!!
     \  />-ヽ    .::: ∨
      丶 (´,,ノ‐-   ..::::   l
       丶´  `..::.:::::::    ハ\
         \::::::::::::::::    / /三ミ\
          `ヽ::::    / /三三三三ミヽ、
          /|\::_/  /三三三〉三三三





798 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 21:40:57 ID:mibv8Af20





            ________
          /            \             ……何を言っているんだお、この男は……?
         /~~            \    
       ´ ̄`:::::::::::::´ ̄`              \          準備会ではちゃんと綱領や宣言を
      /_        __               \ 
     / /::::ヽヽ  //::::ヽ  ヽ           ヽ        用意してあったはずだお……
     ゝ ー ' 丿 ̄ゝー '   ノ ̄ ̄ ̄        |
     |  /  人  ヽ ) )::::::::::::::::::::::.          |        それを一切無視するなんて、
     |  ゝノ  ゝ _ノ                    | 
     \  `´ ̄` ´                    /        この男には本当に国民の政治力を
      \                     / 
.         ヽ _____  イ        く           結集する気があるのかお?
          ,'                 ヽ





799 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 21:41:57 ID:mibv8Af20





             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))          まあ、それはともかくいよいよやる夫は持論の
        /⌒  ⌒\ \
      /( ◎)―(◎)\ )       「大学家族論」を展開するための大学体制の強化に乗り出すんだお
    ./::::::( ((__人__)))::::\
    |    (⌒)|r┬-|     .|       やる夫はやる夫なりの「新体制」を大学に構築するんだお
    ,┌、-、!.~〈`ー´/   _/
    | | | |  __ヽ、   /          そして外圧に耐えうる強固な学内組織にするんだお
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄

┌─────────────────────────────────────────┐
│ やる夫は10月15日、いよいよ「相当積極的ナル新体制」の本格的検討を評議会に要望した。    │
│ やる夫の構想は「家族的大学」理念を根底にすえ、「外圧に耐えうる強固な学内組織」と      │
│ 「家族と大学の緊密な連絡」を織り込んだものであった。                          │
│ 評議会に異論はなく、早速具体的作業が学生課に託された。                         │
└─────────────────────────────────────────┘





800 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 21:42:57 ID:mibv8Af20





┌───────────────────────────────────────┐
│ 10月16日、日独伊三国の軍事同盟締結を受けてアメリカは、全等級の屑鉄、屑鋼の      │
│ 対日輸出禁止方針を発表した。                                     │
│ これら一連のアメリカによる経済圧迫は、いよいよ日本にアメリカ依存の経済体制からの  .│
│ 離脱を決意させ、戦争へと向う準備をさせることとなる。                         │
└───────────────────────────────────────┘


                            M 
                       M  /@@\
             @@     /@\/@@*@ M   
 _,,..i'"':,       @@@@    /@a@@ヽ@@/@\  
|\`、: i'、     @@@a@*@  |@*@@@|@ /@a@@ヽ
.\\`_',..-i    |\@@@/|  \@@@ノ  ̄|@*@@@a|
  .\|_,..-┘    |   ̄ ̄  |     ̄ ̄    .ヽ@@@@.ノ
           | ゴミ箱  | @           ̄ ̄ ̄
           | ..     |  @
            \__/ @





801 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 21:43:56 ID:mibv8Af20





         ___
       /     \ キリッ
      /   \ , , /\            対米関係の悪化は、当局による文教統制の強化を
    /. ー (●)─(●) \
     |   :::::( ( (__人__))):: |          ますます加速させることは間違いないお!!
      \      ` ⌒ ´  ,/
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ        学内自治を維持し、最高学府の城を守るためには
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄           速やかに自主的な「新体制」を作るしかないんだお!!
.      |          |





802 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 21:44:57 ID:mibv8Af20





┌────────────────────────────────────────────┐
│ やる夫は学生課を叱咤し、学生課もこれに答えてわずか半月あまりで具体案の作成にこぎつけた。   .│
│ やる夫はこれを「全学会」と名付けた。                                         │
│ この「全学会」とは中央指導部が中央事業部を介して各学部会を統制指導する体制であった。         │
└────────────────────────────────────────────┘


                                           .┌────────┐
                                           .│  中央指導部.. ...│
                                           .└───┬────┘
                                                │
                                           .┌───┴────┐
                                           .│  中央事業部.. ...│
                                           .└───┬────┘
                                                │
                ┌─────────────────┬───┴─────------
           .┌───┴───┐       .        ┌───┴───┐
           .│   学部会  ...│              . │   学部会  ...│
           .└───┬───┘              . └───┬───┘
    ┌─────┬──┴──┬─────┐
┌─┴──┐┌─┴──┐┌─┴──┐┌─┴──┐
│ 総務部 ││ 研鑽部 ││ 鍛錬部 ││ 教養部 │
└────┘└────┘└────┘└────┘





803 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 21:45:56 ID:mibv8Af20





           ___
          /.~~~\           この「全学会」体制では各学部会の独立性を根こそぎ
        /  \Ξ/  \  
       /  ( ●)―(●)  .\        奪うことになってしまうお
       | :::::( ((__人__)))::::::: |
       \    ` ⌒´    /        でも、このような中央集権体制を構築しないと
       /,,― -ー  、 , -‐ 、
      (   , -‐ '"      )       当局の圧力には対抗できないんだお!!
       `;ー" ` ー-ー -ー'
        l           l





804 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 21:46:56 ID:mibv8Af20





           ____             それと、この学部会の下に設けた四部のうちの
         / ~~~\   
        /  ~~~  \          「鍛錬部」とは、文部省が高等学校に設立を強要した
      /   -(◎)―(◎) \
      |   ( ( (__人__)))  |         修養・鍛錬団体「報国団」を他の大学に先駆けて
      /     ∩ノ ⊃  / 
      (  \ / _ノ |  |          新設するといっていいものだお
      .\ “  /__|  |  
       . \ /___ /           これで大学による自主的運営を行うんだお





805 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 21:47:56 ID:mibv8Af20





┌────────────────────────────────────────┐
│ やる夫は全学会の構想と並立して、特設防護団、集団農耕作業、家庭連絡者、入学宣誓、  │
│ 全学講義など家庭的大学を肉付けする新企画を次々と案出した。                   │
└────────────────────────────────────────┘


        ____             大政翼賛会の計画はとっくに単なる精神運動に
       / ~~~ \     
.     /-(●)―(●)\          成り果ててしまったお
    /  ( ( (__人__))) \  
    |      |r┬-|    |        だからその企画は我が東大が受け継いで、
     \     `ー'´   /
    ノ            \        大学を活性化させるんだお





806 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 21:48:56 ID:mibv8Af20





     , -──- 、       . ┌───────────────────────────────────┐
    / , ‐- 、._  ,.\     ..│ やる夫の発想と文部当局の大学統制とは、文字通り間一髪の差であった。  .   │
    i. / _ ‐- 二-`ヾ、   . │                                                    │
   l. L._  __`ヽ.   / .l    ...│ 家族的大学の原案が決まったばかりの10月28日、   .. .               │
   l r=、l (⌒゙。ッ  '。"ラ | . ..  .│                                                    │
   l {に||  `ニ7  lニ´ .|    . .│ 全国帝国大学総長会議に出席した橋田文相の口から遂に、              │
  j. `ラ|. '二'え,、__,.」二 |     ...│                                                    │
  _l / .| イエエエェェェエム|      ..│ 高等学校の「報国団」に相当する全学組織の新設が大学にも要請された。  .   .│
''「 |'   l にエエエエ:エェェjl      .│                                                    │
: |: l   `‐、  ー‐ , イ`:‐-.....  │ ひとり自主的な「大学新体制」を構築中であった東京帝国大学だけが、上意下達の│
: :ヽ:\_   ` ‐- ´ノ l: : : : : ... .│                                                    │
: : : :` - 二''_ ‐--‐'_:ノ :j: :|: :   .│ 干渉からかろうじて免れて大学自治の原則をきわどく保った。               ..│
: : ‐|: :ノ: ソ: : : : ̄: : : :ゝ|: 」/:   .└───────────────────────────────────┘





807 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 21:49:56 ID:mibv8Af20





┌───────────────────────────────────────┐
│ その事実を当局に確認させるように、やる夫は10月30日、教育勅語渙発五十年式典の    .│
│ 式辞に託して家族的大学の建設計画を公にした。                               │
└───────────────────────────────────────┘


                ____ 
              /. \ Ξ /\
             / ─( ●)─.(●)                    学内体制の刷新、中でも
           /  ::::::( ((__人__)))
           |       |r┬-|   |                   教育鍛錬に於いて学内を一体とする
            \        `ー'´ /
              」-ゝr―‐==; 十i      _,r--――、         新方途の展開と、
             .ト、.j.!レ' ̄三! >ーr‐r‐r‐<  _,.r<"「 l_____
     ____,..r--r=ヾヽj,r―'"≦_ _ ̄ ̄r―'"\\ \r",.-、, \    大学と家族の密接なる協同連絡とは
    ∧   ト-'‐'"三へ>ト-‐'"~    ゙i   /       \\(_.人 ヽ._ ヽ
    レ'へ._ノi 「 \ ゙l //./",「 ̄/ /  /       ヽ-ゝ. \   /   この際是非とも実現したいと思って
    レ'// .l l   ! ! i/./ ./  /  /  /         ,(  \  ノハ
    レ'/  .! !   i ゙'!  ̄ ∠,  /   ヽ._        ,ター  '",〈 !   いますお!!
   /゙" ,r'" .l‐=ニ゙,「l ! 「 ̄!. /./    ー=='       .l.ト、. -‐'"/!.ト,
  /   .ト-  ゙ー―┘!└‐'='-‐"    ヽ._/   、     トミ、 ̄ ̄._ノノli\





808 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 21:50:56 ID:mibv8Af20





┌───────────────────────────────────┐
│ 式典の後慌しくやる夫は東京駅午後3時発の列車で三菱長崎造船所に向った。  │
│ 11月1日の大和型戦艦二番艦「武蔵」の進水式に参加するためであった。       .│
└───────────────────────────────────┘



  ⊂⊃           /\_                     ⊂⊃
   /\. ⊂⊃      /ヽヾゝ⊂⊃      /\ ⊂⊃             ⊂⊃
⊂⊃ヽノゝ\/\/\/      \/\⊂⊃丿ゝ\     ⊂⊃
    プァァン...         _______        .\,/\,_______⊂⊃
    _,:--┸--ミ-===┴─┴────┴─===┸─-、ミ-===┴─┴────┴─===┸─-、
   l"─/ ̄/l ─゙l=__=========== __ヽl=__=========== __ヽ──
 ┌|| ̄|l ̄l| l| ̄||.「||∥| | ̄| | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| 「| |∥|.|┐.||∥| | ̄| | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| 「| |∥|.|┐
  ロ||___.|l_l|.l|___|| iヨ|∥| |_| |_|_|_|_|_|_| iヨ |∥| |゙ロヨ|∥| |_| |_|_|_|_|_|_| iヨ |∥| |.ロ ──
.  |  |  |.|  |. .|∥|───────────.|∥| ||. .|∥|───────────.|∥| |──
., :;, |四..|゙,-、|l 四 |. .|∥|三三三三三三三三三三三.|∥|_||. .|∥|三三三三三三三三三三三.|∥|_| ──
.:,;.,::.:| ̄{l< コ|二二|フ王呂五 ̄|]|]町lニll二l ̄ ̄王呂五ハ]=|フ王呂五 ̄|]|]町lニll二l ̄ ̄王呂五ハ] カタン
::::.:;,.:; ̄ ̄v≡≡v─v──v' ̄ ̄ ̄v≡≡v─v──v' ̄- ─v──v' ̄ ̄ ̄v≡≡v─v──v' ̄──タタン
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
:;.:;,:,::.::,;:;:,;;.:,;:;.:,;::;.:,;:,;:,;..:,;;:,;:;.:;,:,::.::,;:;:,;;.:,;:;.:,;::;.:,;:,;:,;..:,;;:,;:;.:;,:,::.::,;:;:,;;.:,;:;.:,;::;.:,;:,;:,;..:,;;:,;:;.:;,:,::.::,;:;:,;;.:,;:;.:,;::;.:,;:,;:,;..:,;;:,;:;.:;,:,::.:
MMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMM





809 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 21:51:55 ID:mibv8Af20





┌──────────────────────────────────────────┐
│しかしここでも、やる夫の席は式台の最後尾に置かれ、天皇の御名代伏見宮前軍令部総長以下の  │
│高官がずらりとやる夫の前に並び立っていた。                                 │
└──────────────────────────────────────────┘


                  ,. -‐  ̄` ‐- .,
                ,. ´         ヽ
               ,イ             ' ,
            i |      i ',   ,       ハ
           ,-}' __  ヽ} r'       { |
            |ヘ|=__ ミ=ェヲー'ニ'ー=tr=ニ  イ、
           !' {  `ー ' 〉{ }ミ`三二'ヽ/ }
           ヽハ  ,.- r、 | .|ム、    レ/
            |ヽ i/ 二>=≦= Y r‐'‐ヘ
            | / / ニニニ`i 'v‐' 、 \\
            |X ヽ  ,ィ、  〉r'    ` 、   \
            r{| ヽ `ー'  ヽ-' { L|」         \     _
          /}≧、 ム       ゝ-―ヘ        \三三=二ユ
>‐v―v―‐r<//{ ミヽiii |┌v==―≦/////∧_      ∨「 「 i iiヘ
====//////Lミー=|| ト' 三iii>/////////∧ ̄ヽ     ∨ヘ ! i| ハヘ 
.. . . . . . .////////|>=_,」|L≧==/////////// ∧. . ハ    ∨|ハ || | ム..      ココ
.. .. .. . .///////≧ハ   {{ {   //////////////∧. . >    ゝr≦ー'       ↓
. . . .///>才///∧  r/r' ////>=======ハ/ ハ,. < へヘ>ー‐、    -  - 、
. . 'ー=" //////∧ || j////////\. .. ._,.、_,、rv,_f="´ ≧へー‐Xヽリ . .|   / (◎-◎)ヽ
.. .. .. . .//////////∨/イ////////// >、}  ィ,_ォーヘ////≧ー'‐'‐∧Xヽ. .|   ゝ(_人_) ノ





810 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 21:52:55 ID:mibv8Af20





          , --────-- 、
        /           \
       /              \
     /                  \           平賀先生……
    ./         ───     ──\
   /                        \
  |         //:::::::::丶\  ://::::丶丶      「大和」の進水の時と
  .|        | {:::::::::::::::::|  |  | {:::::::::::::| |
   |          \ヽ:::::::/ /   \ヽ:::::::ノ/      全く同じです
   .|             ,/    |      \
    |            |     |     |       先生のその背中には、
    |            |     |     |
    .|             \__/\__/        寂しさだけが漂ってますよ……
    |.             ヽ  , ─ 、 ノ '
    .|                           /
     |                          )
      丶                         l
      \                        )
       .\                  /
        ヽ                /
        /                く
        |                 ヽ

┌─────────────────────────────────────────────┐
│ 牧野造船中佐は「大和」進水に引き続いて、呉工廠から派遣されて「武蔵」の進水に立ち会っていたが、   .│
│ 彼の目に映るやる夫は、「大和」の進水の時と同じ寂しさが感じられた。                      │
└─────────────────────────────────────────────┘





811 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 21:53:55 ID:mibv8Af20





                         i
                     _,Φ ,j
                 _{::i;j}j|//
                {=i_iロj}゙_/
                | ̄ ̄ ̄ ̄~|i
           iー‐―┘┴┴┴┴┤   , , , , , , , ,j
           t|__ii|____,,|ij二jニj===='
           iエエエエエiiエエエエiiエエ|_i
           `|o o rュ\l_/i   |"                   /´"'- 、
             r=ュ|  ̄  ̄`  fj,,i   |_                  /´"'- 、 ´"'- 、
             |ーj|| o   = j___i__ |                     / //  ´"'- 、"'-、
             | ̄| ̄ ̄|__,,\__/ |_ i                  / // ............::::::::::'‐/
         |三|゙|_| ̄ ̄ ̄j:::: i   |  |               / //  .......:::::::::::::::/
        | ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄   i   |_|                 / //  ......::::::::::::::::/
        iエエエエエiiエiエi     i   |" _o,_           / //  ......::::::::::::::::/
           l o ¬______| ̄ ̄|二| ̄ ̄|        / //  ......::::::::::::::::/
         l   |        /l ___  ̄  ̄/       /    i◎i    i◎i
         |    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    i    | ̄´     _/__| ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|
     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`l 冖冖 冖冖,,iーiーiーiーi  | ̄ ̄|/ ̄ i◎i ` ̄ ̄´_` ̄ ̄ ´
     |  冖 冖 ij | :: :: ::| ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄|,|    |  | ̄ ̄ ̄|_    r‐oo,,lニl
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

┌──────────────────────────────────────────┐
│ 「武蔵」はドック建造ではなく船台建造であったが、建造の秘匿は「大和」同様厳重であった。     .│
│ 進水式に付き物の軍楽隊の演奏もないままに、「武蔵」は船台を滑り降りていき、              │
│ 激しい水しぶきを上げて海面に突っ込んだ。                                   │
│ 重量35,737トンの船台進水は、かつてやる夫が視察した「クイーン・メリー」号の37,287トンに次ぐ   │
│ 記録となった。                                                      │
└──────────────────────────────────────────┘





812 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 21:54:55 ID:mibv8Af20





         ___
       /ー~ー \     /'⌒ヽ         ┌───────────────────────────┐
      (◎ )-.(◎ ) \ ./   ヘ  ヽ     .│ 11月3日に帰京したやる夫は、その足で明治節祝賀に参内、  .│
     /((__人__) ) ):::::::\   /  ヽ  ヽ_  . . ..│                                       ...│
     |   `⌒ ´         |  |    \___〉 .......│ 続いて10日には宮城前広場での紀元2600年式典に参加、  .. │
     ヽ   /⌒i     /.  │         ...│                                       ...│
      \/.  ,r'._ ,,r'⌒ \   |          .│ 翌11日には神宮外苑での祝典に参加するなど          . ..│
      /   //ー\|    \  .|   __ .. ...│                                      .. .│
     i   ^ /.   (,        ,|  | ,r'゛   │ 忙しく動いた。                              ...│
     ゝ、__,〆  .    ヽ    i.._、,r' ヽ,/ |    └───────────────────────────┘
                \.   |\  ゙i |
                 \  ヽ \._、,/
                   \ ゙ヽ
                     ヽ ^ゝ
                      \_|





813 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 21:55:55 ID:mibv8Af20





┌─────────────────┐     ┌─────────────────────┐
│           __n__ ヽ          │     │ 紀元2600年の祝い事が一段落すると、      │
│           `弋乂 ヽ  終  祝  .│     │                              ..│
│           ( ⊂   ヽ  つ  ひ.....|     ..│ 大政翼賛会のポスターが掛け声をかける。  ......│
│             ̄    ヽ  た.. .. .│     │                              ..│
│十          _n__    ヽ       │     │ 「さあ働かう!」の一声は、政党もなく、      .│
│一         └i七┐    ヽ    ..│     │                              ..│
│月         (r匕r'_)     ヽ    │     │ 労働組合もなく、そして大学の自治もない   ......│
│十                    ヽ   .│     │                              ..│
│五         /千 カ         ヽ .│     │ 全国民を一からげに統制する号令のように    │
│日   ..      │田│|         ..│     │                              ..│
│           │土│|         ..│     │ 聞こえた。                       .│
│           _n___,、            .│     └─────────────────────┘
│          └i n ト、>          ...│
│大          U U.             .│
│政                       .│
│翼           ,⊆'          ...│
│賛          └っ )          │
│會          └‐'          ...│
└─────────────────┘


The_festival_ended_Lets_work.jpg





814 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 21:56:55 ID:mibv8Af20





┌───────────────────────────────────────────┐
│ 統制が行き届く前に家庭的大学の確定を急ぎ、総長としての名誉を賭けるやる夫に、妻も和した。  ..│
└───────────────────────────────────────────┘


      {::r==|: : : : : : : :/   / i     , .    ヽ: : : : : : :リハ
       >X:人: : : : :.:./ /  ,  |i     li     V: : : : {  i
       Ⅶ} .ノ: : : : ;' , .     |i     |i  i ,.  ',: \:从 j     「家長いま最高学府の総長たり。
       Ⅹ{: : :/: :i  i  i  |i     |i  |!   !: : : : ノ |
       {:{! Y/: : :|  !  ||   |i     |  .リ   :i |: : ::く   |      世は新体制新体制としての
       {:{  廴: : :|| |___从__八   ,.'___/!从 /リ: : : : }  |
       {:{  |厂}:爪:从ム__ヾ ` ヽ / レ/_/_ `イ: /厂!  |!      声に打振ふ。
       {:{  |{ ヾ:∧Kイじケミ    イじケ.爪!: :>  !   |!
       {;{  ハ {ト{ ∧ゞzツ      ゞzツ从.jイノ  j!   !!      此時にあたり、家名の大切なるを
          |  i }:}  | .|∧ ""    i   "" 从::|   |  j:|
        イ  !:/.  | :| .ゝ   ー -   /i | j   j  ! !      更にも覚ゆ。
       /|  j    | :|ィ=:::>、     ,イト.{リ! !    |  八!
       ,' |!  |    ! :!:::::::::::::::::> <::::::::::::: j j   j { }i!      みな謹まざるべからず」
      {{ .|!  |   }| :|:::::::::::::::::{ィアムト}::::::::::::;' j>   ! リ | !
      {{ :ム..┴─/:! :!:::::::::::::::::ト=イ::::::::::::/ ./: ヾ>../  j |
      {{ {: : : : : /: :! :!:::::::::::::::::::::八:::::::::: / ./: : : :V: ::i   ! !
      {{八: : :.:/: : :! :!:::::::::::::::/: : :\:::/,,,/: : : : : :V/   | |
      {{ .У:/: : : :! :!\:: / ∨ ̄∨.:{ {: : : : : : : :\  | |





815 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 21:57:55 ID:mibv8Af20





┌──────────────────────────────────────────┐
│ やる夫が作成させた「全学会」の提案は学内の評議会に示された。                         │
│ 学内体制を強化して外圧に対抗するというやる夫の提案は、原則として誰にも異論はなかった。   │
│ しかし、評議会の中では、特に中央指導部による統制管理を行うという方式に                 │
│ 真っ向から反対する意見が相次いだのである。                                │
└──────────────────────────────────────────┘


      rfニ、ヽ
      l。 。 f9i
      t⊆_ノゝ、            ,,....,,,,__        ,rrテ≡==-、
      `ブ´,,:: -- ::、       ,r''"''''''ヽ::`ヽ.     (〃彡三ミミ::`ヽ     ふざけんな!!
      ,rニュf::r-‐t::::::::ヽ     f´,,..、#r"::::::::::i      /"~´   i三ミ::::i,
     /,,,#Y.. -‐ ヾ::::::::l      ノ゙ f・=  7:::::::::::l.    f:、ソ‐-、#(ミミ:::::::l     学内の最高意思決定機関だった
      ム゚゙゙' く、'゚`# ゙'"):::l    ヽ''    ゙'⌒リ:ノ    ノ゚ヲ ''・=  リ::r-、リ
     lヲ,,;;:. l-、  ..::" ,)ヽ、   jニゝ   ,ト'"fノ     l (-、ヽ'"   ゙'´ノ),)     評議会をどうする気だ!!
    /`ゝ-''^ヽ''"  ,/: : : :\  ヽ、: : : '" ノ^i,     lィニユ )    ノ-イ
    /rf´ i′  ,f^ヽノ:,. - - 、 ヽ,,. -テ) ,/  `ヽ、   t_゙゙   _,,.. :: "  l、     中央指導部なんていう新設機関に
   ゙'゙  l   l: : j :f´: : : : : ヽ,/   '''"´  ,,.: -  ヽ    `ユ゙"    ,ノ::ゝ、
      !   /: :ノ l: : : : : : : ノ,      ,:'"   ゙ヽ i,.r‐(´::::〉   ,.ィ":::::/::::::    伝統の評議会が指揮されるなんて
      /-‐-/: :/: l: : : : : : ,/ /     /      ,f´:::,::ヽfト--テ:::::::::ノ:::::::::
. _,,..::-,テ   /`7: :(: : : : : /ヽ/     〃       リ:::,'::::::ゝ!r7/ー一'":::::::::::::    そんな事は我慢できん!!
`_,:ィ''"  _,r''" f: : :ト---ヲ /      fノ       /::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::
-‐-‐'''フ"  ,.ノ,:::::」、,:r'"  ,i     /       /::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::::
、..、く´_,,∠"ィ''"´ /   ,>     /\、   ,ノ:::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::::::
´  ,ヘr:、-、=---/    ,:イ    ,ノ   `゙ヽ、/:::::i':::::://:://::::::::::::::::::::::::::::::::::
ーフ´ > ヽ`ー、/    /く _,,..ィ''"゙'  _,,:ィf-:、::::::!::/`゙゙ブ ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/ / ,,ゝヽ, )  ,./ ィ'"   r-‐ ''",.,    ヾ:l:/ f"´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





816 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 21:58:55 ID:mibv8Af20





                     __
                  /  二二二ミヽ
                      / 〃     `ヽ.ヘ                大幅な行政権限を持つ
                    l 〈  __ _   ト、l
                  _」彡j __     _ lミ |               中央指導部が設けられれば、
                 弋 廴ュ、 ̄ ̄_,ィL_ Y∧
                 _〈 ト、Y ⌒ヽ| レ ⌒ヽ」に}イ、             当然学部教授会の自治権や
                /しヘjl ゝ _ ノ丁廴_.ノハ/ ア\
              /  `フ l } , ヘj | - 、 { 「`こ   ヽ           各教授の自主性が損なわれる
.               l     不ム 、_ ` ´___, .八「     l
             l     j| ヽ - ―--  ヘ       l          これらの慣例こそ大学自治の
            ≦|       { /Y\    /  }      l ≧ 、
        /     |     ∨ /⌒`〒´ ヽ /        |     \     根本ではなかったのか!!
       /     レ'⌒ヽ、 ∨  / |ヘ   V   / ̄ ̄`     ヽ
.       /             > l| /  ノ   /  〈
     /          /   八      /   l            l
.    /          /     \  /       |            l
   /              ̄ ̄ ̄ ` У '´  ̄ ̄ ̄            |

┌───────────────────────────────────────────┐
│ 中央指導部による統制管理こそが当局に対抗するための全学会構想のかなめであったが、       │
│ 評議会はかたくなに絶対反対の姿勢を崩さなかった。                                 │
│ ことに法学部では、「平賀粛学」以来総長に対する反発が強く、更に強固な態度に出たのである。    .│
└───────────────────────────────────────────┘





817 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 21:59:55 ID:mibv8Af20





           , -‐===ー 、
         /        -`ヽ    
        /       ィ  r ⌒ヘ
       /    .  ´  | {    .:}-、 
      ,   x'´      |  { ^  .:メ、 ヽ
      |l  んy  ―-、 |  ` T"、___)  }      「平賀粛学」に引き続いて法学部が
      || i{゚ソ   んメ、v   八    ノ
      j| | ノ   {゚ソ /   // `7"´        これほどまでにやる夫に逆らったのは
      .ノ| !       /   //: : :{
       | 人 °    /  //: : : : `ァ        当時の法学部が田中耕太郎ら数人を除いて
      ノ'  >--r / ィ: : : ヽ^^㍉:{
       /: : :/リ   ,|: : : : : V⌒v}         リベラルな思想を持つ教授で占められていたからよ
        /: :/:/  ヘ-‐ ´ }: : : : : :}   !
        { : {N《二j}二》 ノ ィ: : : ノ   |         「平賀粛学」の際に田中学部長を痛めつけたように
       トヽ  /|   ノ:_:/    l
       .{   /{ {|   ̄   }    l        彼らは純理という”徹底的に正しい空論”を振りかざしたの
       {  / {{|       ハ.   l
        }  l  } {|      / ∧   !}       純理を振りかざしていれば彼らの面目は保たれるわ
       { .::::::...y..:::::::..      }  〈
        v:::::::::::::}:::::::::::: _,、__,ノ I   ', 
         丶::::::ノ:::::::::ノ      l   ',
              ヽ             l    ', 
            \       ∧     i





818 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 22:00:54 ID:mibv8Af20





         /: : : : : : : : : : : : ; : : : ヘ
         /: : : : : : : : : : /l : : : :ヘ
          l: : : : : :  ,  ´   l : : : : l
         |: : : :  /     ヽ : : :|         しかし、彼らが痛めつけた田中学部長と「平賀粛学」によって
         l: : :  /\_    _/ l : : !
         l: |: 7f于テ   f于テl : l:|         その純理が保たれていたことに彼らは無自覚だったわ
            V:  l` ̄ -ニ二= ̄´l  :l:l
    , -――  | l l    l{:    l  li ――- 、    もし「平賀粛学」がなければ経済学部は国家主義派に
   l      レ| :l\   ‐_ー /l  l/       !
   |         人 :|:::::l>  <l:::::l 人       |    牛耳られ、そしてその次の標的は法学部だったはずなのよ
   |    /`T杉}イ:::::l      l::::jイ彡レヘ.     |
   |  _rイ   : :l ゝ'_    jノ /: :    ト   |
   |   | \  . : :`Tヒ´    `7´: :   _ノ'|  |
   |  l\  ー- : :\     /: :-‐   /}   |
   |  /   \   : : : : \  /: : -― /  l |





819 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 22:01:54 ID:mibv8Af20





    /{_ ,r― '⌒ヽ_   __ , - 、
    〈       」ニ y'´   ,/   'ー 、   _
   /      ナX´ / / |    /   Yく  ⌒ヽ _, ィ     「親の心、子知らず」なのかな……
   |/ /{ r― '/l  /l/ー-ヘl  /ヘ|!   |ニ}     ノ
   ゝ{   `  /.」l / ̄{テ`  \lーl|  ハ _    `ヽ     きっと法学部の人たちはやる夫さんを
          / |ヘト{ ' ' '    `iテャ  /|    }ノヽ ノ
        〈j 八_」        ' 'ノ_ィ |     jノ      海軍から来た外様の技術者、くらいにしか
            ∧    ヽ   /.ノ 〈j
                 \_   イ                 思ってなかったんだろうね
             r〈  人
         /^T{  `Y´  l^ヽ                大学という狭い枠の中でしか
        / | || | ヽ/^\ノ| || |\
         / 、| || |   〉〈 _| |l | /l              物事を判断できなかったのは悲しいね……
         |  | |j」7 //∧l r|」j_|' |
        〈  / ^l  |///|j l^  〉 〉





820 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 22:02:54 ID:mibv8Af20





           ____               純理を振りかざす馬鹿共に付き合うのは腹が立つけど、
         /⌒ ~ ⌒\
       /( ―)─(―).\           やる夫がいまやる事は外圧に対抗できる新体制を
      /:::::( ((__人__))):::: \
      |              |          形だけでも整えておくことだお|
__( ⌒-ィ⌒ヽ、   /⌒` '⌒ )__     
     `ー-ゝィソノー‐ヾy_ノー"         そのためには多少の妥協は止むを得ないお

┌──────────────────────────────────────┐
│ これに対してやる夫は潔く譲歩することを決めた。                            │
│ 中央指導部は廃案となり、総長の諮問機関に過ぎない中央審議会に置き換えられた。   .│
│ 各学部会は中央事業部とほぼ並立する形となり、慣例である自治権は確保された。   │
└──────────────────────────────────────┘





822 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 22:04:58 ID:mibv8Af20





┌────────────────────────────────────┐
│ 原案修正は更に続く。                                      │
│ 例えば、鍛錬部の事業になっていた国防訓練や警防訓練は、正規の学科課程に  ..│
│ 重大な影響を及ぼすという理由で、教授会や評議会の審議が条件となった。     .│
│ その他、細かい部分の譲歩をやる夫は重ねていく。                       │
│ それは「不譲の平賀」らしからぬ妥協の連続であった。                        │
└────────────────────────────────────┘

           ___
          /.~~~\           ……例え妥協を繰り返してでも
        /  \Ξ/  \  
       /  ( ー)―(ー)  .\        大学新体制の構築は急務なんだお
       | :::::( ((__人__)))::::::: |
       \    ` ⌒´    /        そうしなければ外圧には対抗できないんだお
       /,,― -ー  、 , -‐ 、
      (   , -‐ '"      )       やる夫の任期はあと2年にも満たないお
       `;ー" ` ー-ー -ー'
        l           l         それまでになんとしても道筋をつけたいんだお!!




824 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 22:06:43 ID:mibv8Af20





┌───────────────────────────────────────────┐
│ やる夫が総長として三度目の新年、昭和16年(1941年)が明ける。                          │
│ 暖冬の日が続く中、全学会の設計は着々と進み、昭和16年2月28日の評議会で              │
│ 最終決定の議決が下された。                                                 │
│ 結局中央機関の権限は大幅に縮小され、各学部会と中央事業部が横に連なる程度の連合組織を │
│ 組み上げることで妥協した。                                                  │
│ こうして学内新体制は、中央集権的性格をほとんど失ったのである。                       │
└───────────────────────────────────────────┘


            ..┌────────┐         .┌────┬───────┐
    .      .  │  中央審議会.. ...├──────┤ 総長   │   評議会  ...│
    .    .    └────────┘  .       └────┴───┬───┘
                                 .              │
                ┌────────────‐──┬─────┴──────┬─------
           .┌───┴───┐    ..      ┌───┴───┐  ..   .┌───┴────┐
           .│   学部会  ...│          ..│   学部会  ...│    .. .│  中央事業部.. ...│
           .└───┬───┘          ..└───┬───┘   ..  .└────────┘
    ┌─────┬──┴──┬─────┐
┌─┴──┐┌─┴──┐┌─┴──┐┌─┴──┐
│ 総務部 ││ 研鑽部 ││ 鍛錬部 ││ 教養部 │
└────┘└────┘└────┘└────┘





825 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 22:07:54 ID:mibv8Af20





          ____
       / ~~~ \               口さのない連中は今回の改革を
.     /-(◎)―(◎)\
    /  ( ( (__人__))) \            「仏作って魂いれず」と評しているお
    |      |r┬-|    |
     \     `ー'´   /             でも、やる夫は仏を作っただけども
    ノ            \
  /´               ヽ           良しとするんだお
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))





826 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 22:08:54 ID:mibv8Af20





┌───────────────────────────────────────────┐
│ 全学会という家族的大学の骨組みが作られるのと同時に、これに肉付けする計画も決定された。    .│
│ なかでも特設防護団、集団農耕作業は、文部当局が狙う集団訓練を先取りするものとして         │
│ 特に重要視された。                                                  │
│ 家庭連絡者と名付けられた保証人制度は、家庭と大学の繋がりを端的に表わした。            │
│ そして「全学講義」と呼ばれる各学部共通の一般教養講義は、知識の偏向を防ぐ方策として        │
│ 取り入れられた。                                                        │
└───────────────────────────────────────────┘


              ミ                   ミ          _________
              ヽ \           ./\  .   ヽ \          ./\|//////\
            ./ \ \   ./// .|___|./  ./ \ \   ./// .|___|./////:::::\\
       ∧_∧/     ̄  /∠∠∠ ∧_∧/      ̄  /∠∠∠∠∠∠∠∠∠/:::::::::::::::::\\
      (;´Д`)     i i i  . ̄| ┌┬ (;´Д`)     i i i    ̄| ┌┬┐┌┬┐   |::::::::::::::::::::::::::::| ̄
''""~"'''"/    ヽ''"~"__i i i--、  | ├  /    ヽ  .__i i i--、  | ├┼┤├┼┤   |::::::::||||||||||:::::::|
    ./| |   | |   ̄ ̄ ̄ |:::::|  .| └ ./| |   | |   ̄ ̄ ̄ |:::::|  | └┴┘└┴┘   |::::::::||||||||||:::::::|
iiiiiiiiiiiii/  \ヽ/| |iiiiiiiiiiiiii::..  ノ__ノ..|iiiiiiiiiiiii/ \ヽ/| |iiiiiiiiiiiiii::..  ノ__ノ .|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||  |::::::::||||||||||:::::::|
   /   \\| |             ./   \\| |         . ||_||_||_||_||_||_|__.||||||||||:::::::|
   / /⌒\ し(メ    .i i i      / /⌒\ し(メ    .i i i . ..|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ||  ||乃三三-_
 / /    > ) \  ノノノ    / /    > ) \  ノノノ
/ /     / /    .\_  ザッ/ /     / /    .\_  ザックザック
し'     (_つ   /:::::/::...  サし'     (_つ   /:::::/::...  ザックザック
            ノ・ ./∴:・:              ノ・ ./∴:・:
           ''""~~"''                ''""~~"''





827 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 22:10:58 ID:mibv8Af20





           ___ _ゝ==ヘ、  ___
           >.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`´.:.:<.      ┌──────────────────────────┐
         < ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.     .│ このような微細なまでに家庭的大学を目指す大学新体制は │
        / ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ゝ  .. .│                                     ...│
       /:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾゝ   . .│ 3月1日改正の「学部通則」「学部共通細則」で成文化され   │
        ̄/:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|′   │                                     ...│
         !/!:.:!:.:/ハ:.|:.ト、:.ト、:.|ヾ|ヘ!ヽ!:.:.:.:ヾ!     .│ 4月1日の新年度開始に合わせて正式に発足した。       . │
         ∨レヘL_」ヘ!ヾ}、,りrt≦二リr‐:.!     │                                     ...│
            rラにテ!     ヒ少 レゝ }    ...│ この日、やる夫の次男重孝は、慶應義塾大学予科から   ..│
            !ヘ ゞ=′    ` ̄´ ソノ      ..│                                     ...│
           ヾヘ  ′      /リ     .....│ 経済学部へ進んだ。                          ..│
               \ ´  ̄  /  |      ..└──────────────────────────┘
               \__ / /  |
               「::::||「| ̄ ̄ ̄ ̄|
            __,,、 r┤:::|||:|_:_:::::::::::::¬ ̄`ー...、,,_
      rー..'':::"´:::::::::\:::::|||:|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::ーr、
       i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|||:|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::i
     i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|||:|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::ト、
      l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||!:!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::/::::::::::::!::!
      l::::::',::|:::::::::::::::::::::::::::|||:|::::::______:::::::::::::|:::/::::::::::::::!:::|
      |::::::::',|:::::::::::::::::::::::::::||!:!::::::` ̄ ̄ ̄´::::::::::::!:/::::::::::::::::!::::i





828 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 22:11:48 ID:mibv8Af20





┌──────────────────────────────────────┐
│ 4月8日、新体制による最初の入学宣誓式が行われ、新入学生2,216名(内欠席43名)   │
│ に家庭連絡者を加えた約2,500人が大講堂を埋めた。                        │
└──────────────────────────────────────┘


 ヾ" ;ゞヾ"ゞヾ ゞヾヾ   `     `                "ゞ;  ゞヾ" ヾ" ヾゞヾ;ヾヾ
ゞヾ  "ヾ;ゞ"ゞヾ ゞ;ヾヾ                        "ヾ ゞヾヾ"; ; ゞヾ ヾヾ: :ゞ;
 ヾゞ"ゞ;ヾ ゞヾ〃;ヾヾ ゞ;ヾ  `      `       `     "ゞ::ヾヾ"ゞ 〃ゞヾ ゞ"ゞヾ::
ヾ  ゞ; ゞヾ"ゞヾ ゞヾ ; ヾ;ゞヾ                `  "ゞ; ヾ  ;ヾゞ"ヾ; ; ゞヾ "ゞ; ;ヾ
ゞヾ"ゞヾ; ゞゞ"ゞ〃ヾ :ゞヾ ; ;ヾ `     ヽ(  )ノ        "ヾゞ ;ゞ "ゞヾ :ゞ〃ゞヾ; ;ゞヾ;;
 ヾ\ヾゞ;::: y'ヾヾ; ;ゞ ヾ ; "ヾ    ` , ├‐┤   `    "ヾ ;ヾ  ヾ\ヾゞ;::: y'ヾヾ; ;ゞヾ
ゞ; ; ゞ;ヾii;;:::: イ;//ゞ; ヾ  "ゞ";       .彡 ゚ ゚̄        "ヾヾ;;" ゞ";ゞ;ヾii;;:::: イ;//ゞ; ゞヾ
ヾ ヾ;ゞiii;;::: |/; "┌───┐`    `       `     ┌───┐ゞ; ヽiii;;::: |/;ヾ;ゞ "ヾ
───────┤┌─┐|  `       `    `   |┌─┐├────────
              ||入||     ` ,      `      ||東||
              ||  ||                   ||京||
              ||学||            ∧∧   ||帝||
              ||  ||           (゚Д゚,,)   .||国||
              ||式||           (|у-|)  ||大||
              |└─┘|             | T |~ ||学||
              |... ..  |             ∪∪  ..|└─┘|
───────┴───┘                ...└───┴────────





829 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 22:12:47 ID:mibv8Af20





┌─────────────────────────────────────────┐
│ やる夫はこの宣誓式の訓示に於いて、「家庭的大学」と全学会発足にいたる経緯を説明した。   .│
└─────────────────────────────────────────┘

               ,、
             //                         全学会は全学一家族の精神により
           ///)
          /,.=゙''"/                       一致団結を図り、事業を通じて自己が
         i f ,.r='"-‐'つ      ____
         /   _,.-‐'゙~      / ⌒ΞΞ⌒ \        全体の一員としての自覚を深くし、教養を高め、
        ,i    ,二ニー;      /(●)―(●)   \
        ノ    il゙ ̄ ̄     /::(((_人_))):::::  |      心身を鍛錬し、統制ある集団的訓練を実施して
      ,イ「ト、  ,!,!        |   |-┬r|     |
     / iトヾヽ_/ィ"___.    \.  `'ー`    /       高度国防国家の確立に貢献するを
    r;  !\ヽi._jl/゙_ブ,フヽヾーtー:、__ ,トf-≦-=、_,L
    ∧l   \゙7'゙ .j!/ / /\jr=ニ:ー-゙┴、 ゙ミ三ヽi]l「/l       目的としていますお!!
   ./ i !   \.// /./  ./   \ ┌‐ヽミ≦‐十'"!
  /  i゙i     /  ̄ ̄ ̄       i .l ッー-、\_ミ「彡゙ー=r.、   
 ノ   ヾ、  /            i! ! \_ ̄i i l r‐へ__\ー-、
/      ゙''y'              l .i  、 l  !.j .l l 「,> ゙t.,>‐





830 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 22:13:47 ID:mibv8Af20





┌───────────────────────────────────────┐
│ さすがにやる夫はこの新体制が外圧に対抗するためのものであることは話さなかった。    .│
│ しかし、新体制ムードに乗った国家主義を忌避する姿勢は隠そうとはしなかった。         │
└───────────────────────────────────────┘

                  ____
                 /       \            国体に反する思想は根絶しないといけないお
                 /          \
             /   \,::::::::::::::::,/   \         しかし、いわゆる全体主義思想もまた
            / /´  `ヽ   /´  `ヽ  \
          /  (   ◎ l──l ◎   )   \      大いに検討しないといけないんだお
           |    ヽ_   _ノ   ヽ_  _ノ     |
          |:::::::::( ( (    人     ) ) )::::::::::|      国家主義思想という抽象的で却って日本精神に
          .\     ハ从从从从从ハ     /
             \    `ー -- -一'    /        もとる物や、独善排他的な思想は充分に
             ト..、ヘ        /´ ̄」
              _/|\  \::. l    イ  /卜_        これを戒めて大義名分を誤る事がないように
         _,. -‐<_} |::人>=. ≧ー≦ =人::::| {_>‐- .、_
  _,. -‐<_>  ´   乂:::::::三 V} | {V 三:::::乂  `  <_>‐- .、_やる夫は切望するお!!





831 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 22:14:47 ID:mibv8Af20





            __
         〃⌒::::::::‐-⌒\_                  ..┌──────────────────────┐
        l ̄/__‐‐::: ー´::::`´⌒:::ヽ"`⌒::⌒ 〉      │ 式が終り、各学部に分かれて学部長挨拶を   ......│
     _-‐‐ ̄_ノ::ヽ::::::)  \/::: ::i ´⌒r‐i"-:: ::{      . │                                │
      }  /::::::::::::ゝ:::::::: ⌒ r Y ..ヽ:::... -‐‐‐、:::`ヽi    . │ 受けた後に学生食堂では丼飯の昼食が       .│
     r::〃´  ̄ゞ´:::::‐‐‐|   ├‐i::::::ゝ;;;:::::..   ):::::、´   ...│                                │
   r⌒::・ゝ_〃/::::\i    |:::i ,, /::::⌒\-iヽ::::: 〉     .│ 用意された。                        .│
   ゝ、::::` ̄ヽ;:::::ゝ:::::::::::::〃ヽ,::: ⌒ヽ´::::\::::::  r‐ヽニ´     ..│                                │
  ト_::::`‐‐---l:::::::´⌒ ̄ヽ:::_||ニ::::⌒〃‐‐‐‐´:::::::)::::: )    │ 家庭連絡者には無料の食券が渡された。     ...│
 _ :::::l___/::::∥ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽi::  | /   │                                │
〈__ノ::   ||**\###i####-‐‐-##|:::: i/    │ ご馳走とはいかなかったが、これもやる夫が    .│
   l::::: :::: ||***\##i##/     \#{:::: l      .│                                │
   ヽ:::::::::: ||****\#i#/       l#/ゝ::::: ゝ     .│ 夢でも両親と分け合いたかった家族的大学の  .....│
    ヽ::::: 人*****|#|       //          ..│                                │
     ヽ::::::{ \****|#ヽ、     ´/          .│ 心を込めた振舞いだったのである。          │
      }:::::|   ヽ、**|## ̄ ̄_/             └──────────────────────┘
       ̄     ゝ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
             `‐‐-------‐‐"





832 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 22:15:47 ID:mibv8Af20





┌────────────────────────────────────────┐
│ やる夫の大学行政は小休止の時を知らなかった。                             │
│ 軍需産業のための技術者を大量に養成する第二工学部や、東洋文化を綜合的に研究する   │
│ 東洋文化研究所の創設、その他講座の増設や学生定員増加など、やる夫は              │
│ 大車輪で手配を進めていった。                                         │
└────────────────────────────────────────┘

                        ┏━━━━━━━━━━━┓
                        ┃  東洋文化研究所創設 . .┃
                        ┗━━━━━━━━━━━┛
  ┏━━━━━━━━━┓
  ┃  第二工学部創設. . ┃___
  ┗━━━━━━━━━┛ー~ー \ .  /'⌒ヽ  ..      ┏━━━━━━━━┓
               (◎ )-.(◎ ) \ ./   ヘ  ヽ     .┃  講座増設   ...┃
              /((__人__) ) ):::::::\   /  ヽ  ヽ_  . . ..┗━━━━━━━━┛
              |   `⌒ ´         |  |    \___〉 .......
              ヽ   /⌒i     /.  │         ...
               \/.  ,r'._ ,,r'⌒ \┏━━━━━━━━━━━━━┓
               /   //ー\|      ┃  臨時付属医学専門部創設  ┃
              i   ^ /.   (,  .  ┗━━━━━━━━━━━━━┛
              ゝ、__,〆  .    ヽ    i.._、,r' ヽ,/ |    
                         \.   |\  ゙i |
          ┏━━━━━━━━━━┓  ヽ \._、,/
          ┃  学生定員増加   ...┃\ ゙ヽ
          ┗━━━━━━━━━━┛  ヽ ^ゝ
                               \_|





833 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 22:16:47 ID:mibv8Af20





       /               .ィ'   l
      /             . -‐  ´ |    l      ……このようにしてやる夫は
     ,           /        |   l
     |            ∠`ヽ         |    |     戦争遂行のための人材養成目的で
     |   l :|    /{りハ     __ |   ,'
     |   | :|    /`¬′  / ィァャ、|  /      軍事研究目的の学科や講座を設置し、さらに
     |   | :|    /        ,  {りノ V:: /
     |   | :|  :/      丶   /: : /       新たな学部まで創設したの
      j :! ノイ|  :/    __      /: : /
    /: :/  ハ :/ 、    -`    イ: : /        つまりやる夫は時局に積極的に対応したことになるわ
 ト- : : : /    :ハ|  \      ィ  l: :/
 ` ー:/   :/      \_  イ | j:/         やる夫によって大学の戦時体制は築かれていったの
    /     {      /: :  j  \/
   {: . {   \    {: : : .       \





834 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 22:17:47 ID:mibv8Af20





   {ー'   /    |   , ‐ァ'´      \ _ ノ{          }}
    >     r'ニ=:/ -Y         --{ーニ人      ト、ノ
   / /    [ ー/,  /´ ̄       \`T〔   ー'⌒}ノ     戦争遂行のための人材養成……
    { / /    厂l/  {      、       ヽ! \
   `レ'{/⌒ ー' /   ヽ  |    |\ \|   |  ゚\         つまりやる夫さんは戦争に
            /| |   l \t.   |   ×|  /
          /゚八 t.  N\\  { /  |  /              積極的に協力したって事!?
            `ト { ○   ̄` ○ ノイ/l
             乂{         u ノ_ノ
                  人   r--- 、  /、 \_
              { {>  二二 イ /  / \
              /\\ {\}     /  /  /|





835 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 22:18:46 ID:mibv8Af20





             /    , ´          \
          /    /{           ヽ         そういうことよ
         /   / !             l
        ,   〃   ヽ               |         やる夫は元々軍人だし、彼が天皇に対して抱く
        |  /  -―-i|       |    /
        l  /il    ≠ミ      l    /          崇拝のような気持ちが軍に対しての積極的な
        l ハソ    _jりj     ,   ,'
        ヽ|く     ` |      / l  l            協力体制を生んだのよ
         |: l 、__    |:    / |  l
         |: ヽ`ニ`    ,: : / /:  |  ヽ           ……ただし、彼個人は対英米戦争には反対だったわ
         レ|::∧.__,/: : :/l/: :  |: \ _`ァ
            l/ /: :_:/: ://: :   !: :   \         戦争協力と戦争忌避の自家撞着の中で彼は
              /. : : |// / : : .  ∧: : .   ヽ
            /. : : :/'_,/ . : : : / ヽ: : : :  l       揺れ動いていたのよ
            /: : /  `フ. : : : : :/   ヽ: : : : |
         { : :/  ∠   -‐ ´/ ̄ ̄` |: : :  |





836 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 22:19:46 ID:mibv8Af20





             , -‐f:  ̄`ヽ
          /: : /{: : : : : : ',             ……さて、やる夫が新体制構築の為に
             ,: : /ィfj : : : l: : |
             l: /,   ヽ: :|: l             学内改革に取り組んでいた頃、
            l:ハ -   l/イ:l: {
          lハ:>ーュ / /:::ト:ミァ            遠く欧州では戦争が拡大していたわ
           {:::{く_ ノノ::ノ/´ ',
           人:ゝ-∠ノ 〈   |           フランス攻略に引き続き、ヒトラーは
              lノ‐-r T 丁 ¬} |
           { :::l::l:::|::::::  /ヘ  ',           イギリスに食指を向けていたの
            ∧ ::l::     ,'  l   ,
           / }      {   l  ',         近衛内閣の武力南進計画は、まさにこれに
           / /      ハ   ',  .
           /  レ-―¬ー-、}  ',   l        影響されたものだったのよ
          /  /゚ l   ゚l   l  l  l
          /  /l゚ |    ゚l   l  l  }





837 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 22:20:46 ID:mibv8Af20





┌────────────────────────────────────────┐
│ フランス・ベルギー・オランダを降伏させたドイツは、イギリス本土上陸作戦決行の為に     │
│ 1940年7月から10月までイギリス上空で制空権獲得の為に激しい戦いを繰り広げた。       │
│ しかし、この”Battle of Britain”(ブリテンの戦い)においてイギリスは見事本土を守りきり、    │
│ ドイツのイギリス本土上陸作戦は放棄された。                               │
│ これにより日本の目算は狂うことになる。                                 │
└────────────────────────────────────────┘


   ヾ''-、_
     \ ` ‐、
      \  :`‐.、
        \   `‐.、                                              __
           \   :`‐.、      fヽ                                  /  ヽ
             \   :`‐.、   l::l!                  /    r―- .,,_     / :/__l!
               \   :` -、 い            ___    〃     ヾ、  :>、  /  / ̄ 7
               =≦_    `刃_ ____.........ィ1´/ テ` ≧¬―--- ..\  \ :>、_ /   /
                   \    `‐ 、        ̄ ̄ ̄γ/:::フ〃       ヾ±_:_:_:_:>  /
                     ,,\   . . . .`‐、         ゞ___/              /  :ノヽ、
                  _ィケ.> '´ヾ±±ゞ >、__        __................ .. . :: ;; ;;ゞ_{>、´   \
                 ` ´     ゝ々、_≫   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ__,,,.......--― ''  ̄九 )    ` ‐≦__\
                          l!`r― ^<_   _._._.  ,ィ ´             `´         ̄
                          い     ` [±-≪>>- ._
                           '        ` ー―<_  ` ‐ _
                                          ` ‐±_ :> _
                                              ` ‐-±_''‐ ._
                                                  `` ‐`‐





838 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 22:21:46 ID:mibv8Af20





            /::::::::::::::::::::::"ヘヽ
           /:::::::::::::::::::::::::ノ  ヽヽ
           /::::::;;;;...-‐'""´    .|;;|        ドイツもここらへんが見切り時か……
           |::::::::|     。    |
           |::::::/  ,,,.....    ...,,,,, ||        南進強行論を唱えた松岡外相も
           ,ヘ;;|   ,,-・‐,  ‐・= .|
          (〔y    -ー'_ | ''ー |        ちょうど今独伊訪問中で留守だし、
            .|   ,,/⌒ヽー、 .:::ノ )
         + . | ,.-'   ヽ 〉、ヽ== ノ       ここはひとつ俺様がアメリカと交渉してみるか
    +     / __⌒〉ノ./ユ`J’/    +
      / ̄ /  /  ̄´iノ、  ./|  .
      .レイ   ./ト、 \ (  ./ヽ
     (    _ノl ヽ   `7ー.、‐'´ |\-、

┌───────────────────────────────────┐
│ 近衛首相は松岡外相の留守中にワシントン駐在大使である野村吉三郎を通して  │
│ 対米交渉を開始した。                                     │
└───────────────────────────────────┘





839 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 22:22:46 ID:mibv8Af20





┌──────────────────────────────┐
│ これに答えてアメリカのハル国務長官は以下の四原則を提示した。  │
└──────────────────────────────┘


              _,,. -‐ '' ー ‐- 、.,_
           _,.イ~           `ー、
          /                   \
         /                   \      *領土と主権の尊重
       /                        ヽ     *内政不干渉    
      ./      !     |  |   |        'i,     *通商の機会均等 
       |       |ヘ     :|  |__ム、_/  i     |     *太平洋の現状維持
      .{    ヽ |_ハ    :ノて~レ' レ'   :/      !
        | 人  ''て丁ヽ :/ ,-=テ云示`ヽ/ / .. :: : }
      |  \ ,ィテ示 ∨    辷 少 | / /  :: :: ::/     以上の四原則がアメリカの交渉の基本
      ∨ \〈 K_;ソ r-‐く、  ~  _,イ / :: :: /
       ヽ \ \  _ノ、   `ー─''"/// :: ::∨      和解を望むならこれを守ってもらう
         ヘヽ < ̄         / ,.イj :: //
          \, 〉、   ー       //  :/|/
            ∨> 、.      ,.イ |  ::/ /
              ヽ__>‐ '" _,,.ィ<ー‐ゝ、
             /:::/`T ̄ _,. <:::: ::: ::::ヘ
         _,.イ⌒:::: ://^ヽ /:::: ::: :: :: :: '":: ヘ
        /::: ::: :: : 〃   /::: ::: ::,,/::: :: :: :: :: ヘ
       /:::〈: : :: :: :: :| /::: ,,,;:: ::: ::: :: :: :::: ::: :::: :::\
      ./:: ::: \:: ::: :: |/::: /::: :: : : ::: ::: :: :::: ::: _,,,.:: :: 〉

コーデル・ハル(Cordell Hull、1871年10月2日 - 1955年7月23日)

フランクリン・D・ルーズヴェルト大統領の下で1933年から1944年まで国務長官を務めた。
国務長官として日米交渉の前面に立ち、「ハル・ノート」と呼ばれる交渉案を提示した。
1945年のノーベル平和賞の受賞者であり、「国際連合の父」と称される。





840 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 22:23:46 ID:mibv8Af20





                ,,,,,,,.-‐‐‐‐---,,,,,
               /::::::::::::::::::::::::::::::; :;:::"'      ...┌───────────────────────┐
              /:::::;;:::::::::::::::::::::::::;;;ノ ヽ;:::\      │ 一方対米交渉など眼中にない松岡は、ヒトラーに   │
             /::::::::ノ""'''''‐‐-‐'''"    ヽ:;::|  ...... │                                  │
            |::::::::::|             |ミ|     .│ 魅せられた帰りにモスクワを訪れ、          .....│
            .|:::::::::/   ヒトラー愛   |ミ|  .. ... │                                  │
             |::::::::|   ,,,,,    ,,,,,   |ミ|   ...... │ 昭和16年4月13日、南方進出の背後を固める      │
              |彡|.  '''"""''   ''"""'' |/     .│                                  │
             /⌒|  -=・=‐,   =・=-  |      .. │ 「日ソ中立条約」をスターリンとの直談判で       │
             | (    "''''"   | "''''"  |     ...│                                  │
             ヽ,,         ヽ    .|      .│ 締結した。                         ....│
               |       ^-^     |       ..└───────────────────────┘
               .|     ‐-===-   |
                \.    "'''''''"   /
                 \ .,_____,,,./
          _,,,,.....-‐'~^ ̄ ̄       ̄ ̄^~'‐-....,,,,__
   ⊂二 ̄⌒\       __       __      /⌒ ̄二⊃
       )\   ヽ  _,,..-~ ~~\   /~-..,,_  /   /(
     /__   )/       V V    \(   __\
     //// /                   \ \\\ヽ
    /// /                       \ \ヽ ヽヽ
   ///(/                           \)ヽ ヽ ヽ
  ((/                                 \)) )





841 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 22:24:45 ID:mibv8Af20





┌──────────────────────────────────────────┐
│ 松岡が意気揚々と帰国の途上にあった4月20日、やる夫をはじめとする教職員学生300余名が    │
│ 千葉県の東大検見川総合運動場に赴き、集団農耕作業の「鍬始め式」をあげた。              │
│ 農耕地は、敷地10万坪のうち建設中のグラウンドを除いた残り7万坪が予定された。           │
└──────────────────────────────────────────┘


                                       ,ィェ、
                      ,,-、-ー-、-''''ヽ'ヽ'`ーー';ー;ー--;;、,ィ薈ト,;;^ヽ
┌┐ iii __     ____    i ̄ ̄i i,,ゞ:;ゞ:;ヾ :::ソゞ:;ヾ ゞ:;ヾ :::ソ:::ソゞ:;ヾ :::ソヾヽ
┘ |王王王王l,、lニ|  |ニl三三三三王王lヾ :::ソゞ:;ヾヾ :::ソゞ:;ヾ ゞ:;ヾ ゞ:;ヾヾ:::ソ、                       _,..-''
ニニニー ;-、王王l;;;ヽ:;ヾi, -;;,;,.十王王王王|___i_____ヾヾ :::ソヾヾ ::iiii:i;i;i;;;ソヾヾ iii:i::iソiヾ,,.. .-- 、,,.. ,,...... ,...,.. ,.. ,..,.. ..,_,..-'''":::ゞ:;ヾ 
,.;;:。ヾ;,.;;,.;;ヾ。;:;;ヾ (,.;;:。;ヾ:;;ヾ::、ヾ;::ヾ、ヾ;、゙、,.ヽ(;;:)。;):;;)、`;:ヾ;ii:ii;iヾ;;;;:i:i:iソゞ i:iiii;i;ヾ_______________________________ノ__:::ソ::ゞ:;ヾ ゞ::
Y'';i::::::::;Y'';i;;;'';i;;Y'';i;;;::::::Y'';i;;::;Y'';i;Y'';i;;Y'';i;;;Y'';i;;;Y''=ァ i;;;=='', --- 、..iiiiiiiiii;;iiiiiiiii;;iiiiii;;iiiiiiii;;ヽi   ̄! ̄! ̄! ̄! ! ̄ ̄! ̄ ̄! ̄ ̄! ̄ ̄!
;|;;;;::::::----‐‐‐‐‐ '''''''''''"'"'"'""~____,,.. .....--‐‐'''":::::::::::::__,;,;,,;;,,;;,;,,;,;;;,;,,;,;,;‐ '';'';';""ニ ̄  :.:.:.:.:.:.:.:_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_.:.:
____,,.. .....----‐‐‐ ''''''''"""""~ ̄    :':':':' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:
:':':':':':':':':':':':':':':':':':'::.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :_ : : : : : : : :.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
::.:._:.:.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : : : : : : : : : : _: : : : : : : : : :_ : : : : : : :
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:. : : : : : : :_ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_.:.:.:.:.:. : : : : : : : : : : : : :_ : : : : : : : : : : : : : : : : : :





842 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 22:25:45 ID:mibv8Af20





┌─────────────────────────────────────────┐
│ 午前10時を期して型通りの国旗掲揚、皇居遥拝を終えるとやる夫は一通りの告辞を済ませ、   │
│ 農学部教授の手ほどきで最初の鍬を入れた。                                 │
│ 足にゲートルを巻いて踏ん張る63歳のやる夫の姿には、家族的大学の家長に徹する        │
│ 決意がにじみ出ていた。                                             │
└─────────────────────────────────────────┘


             ミ           __________
             ヽ .\          ////\|//////\
        - - ./ \ \     ////|___|./////:::::\\
     / u.(◎ ◎     ̄    /∠∠∠∠∠ ∠∠∠∠/:::::::::::::::\\
     ゝ  (__人)    i i i  .   ̄| ┌┬┐┌┬┐  |::::::::::::::::::::::::::::| ̄
''""~"'''"/    ヽ''"~"__i i i--i   | ├┼┤├┼┤  |::::::::||||||||||:::::::|
    ./| |   | |   ̄ ̄ ̄ |:::::|    | └┴┘└┴┘  |::::::::||||||||||:::::::|
iiiiiiiiiiiii/ \ヽ/| |iiiiiiiiiiiiii::..  ノ__ノ  || ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||  |::::::::||||||||||:::::::|
   /   \\| |            ||_||_||_||_||_||_|::::::::||||||||||:::::::|
   / /⌒\ し(メ    .i i i    .|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ||  ||乃三三-_
 / /    > ) \  ノノノ
/ /     / /    .\_  ザックザック
し'     (_つ   /:::::/::...  ザックザック
            ノ・ ./∴:・:
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





843 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 22:26:45 ID:mibv8Af20





     _,.-==================-、     ..┌──────────────────────┐
   /;'`¨゙´゛ ´'゙´`¨゙´゛' ´'゙´゜゚。´'゙´`¨゙´゛´゜゚´゙'`¨゙´゛';・。\   │ 戦争体制への国民統制は一段と強化された。    .│
   |l。`´            _    ゚     「l   .'´゛。!|  │                                │
   |l{,゚    o      ,;'"´}´:;:ヾト、      「| | | ,。'`,゙  !|  │ 1日2合3勺の米穀配給通帳制、毎月2回の     .│
   |l  。゚       , {.ゞ´〈ヘ;:丿::}      l | | l   ,'゛  !|  │                                │
   |l          c ヾ;〉::;;ゝ;l::;丿    | | | |   ., o!|  │ 肉なし日、タバコの1人1箱売り、          ....│
   |l,;‘ ゜    o。   `゙''"´`゙゙`  。   | | | | c ゚. 。 !|  │                                │
   |l  。,        ゙ ゜   ; ' ´`   | | | | . ,    ゙!|  │ 貯蓄の強制奨励など生活抑制の施策が     ......│
   |l    r  ゙,、  _   .,    。    | | | |     .。 !|  │                                │
    i\,、。,,、。.;.' ´ .` ,。.; ',。' `、.。, ,.、 | | | |、。,,.、./i   .│ 矢継ぎ早に続いた。                  ...│
    |  `'‐==============| | | |==‐''"  !  │                                │
   \                      | | | |     / ....│ これにより国民の欲求不満は高まっていった。    │
      `ー--------------------------| | | |---一´     .└──────────────────────┘
                           | | | |
                           | | | |
                           | | | |
                           | | | |
                           | | | |
                           | | | |
                           | | |_|
                           |_|





844 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 22:27:45 ID:mibv8Af20





:.:.. .:. ...:..::::::...::..:: .:: : .. .. .  ..               ,,、、,,,,;;;´"     .┌──────────────────┐
...::..:::..:::.. . ..::...::.: .: . ...                  ,;;'":::.:.....::.::...     │ 欲求不満は学生の間にも浸透した。    .│
,.,, :.. . ..::...::.: .: . ...                 ,,.r'":::.:.....::.::....::...     │                           .│
;;;,;ヽ、                   ,,、、-'';":`::::::.:.....::.::...:...,..::........  . .│ 検見川の集団農耕作業は出席率が  .....│
;;;;,';;;;ヽ;,               ,..-''"::::::.:.:.:..:....::..::...:...,..:..:....::...::........   │                           .│
======================,;;r''"::::::.:.:.:..:....::..::...:...,.:...:...,..:..:....::...::...........   │ 予想を下回って低迷し、明らかに      .│
;;;ii ;;;;;ii,;;;;;,ii.;;;;;ii.;;;;;.ii .;;;;;,ii.;;;;;(  ::::::.:.:.:..:....::..::...:...,:...:...,.,,..:..:....::...:..:....::......   │                           .│
''_'''''_'''_'',.'''_''''_''_'''''_'',.'''_''''_''_''''',;;;"''ー -l、,,'""'゙,゙'""'"、.wiルv,iルwviw.:   │ 学生の間にはしらけた雰囲気が      .│
__- =_≡ _- _-_=_ = - _-_ -_ =≡_-;`--_ _、.,     .,,iルv,iレv:.:;;;;  │                           .│
^ _ _ -_ ^ _ _=_ -_^__ =_ - _. - ∧∧≡=゙"''ー-、_:::: ::.::::: ::.::::   │ 漂っていた。                 ..│
=__-_ -__= - _-_ -_ =_ -_ ^__-_=  (- ゚*,,)  _,,.、。v-`::' :::, :::, :::   │                           .│
_ -_ __ -_^__ =_ -_ ^__   _,,、。v- |  ∪`"::::' .::゙ ::,'::' :::, :::::::::::  │ そして骨抜きにされた「全学会」では.    .│
_ = _ -_ _ _ = __ __,,、。-ー''"`゙:::, :::,: |  |~ ::' :::, :::::' ::: ::::::::: : : :....│                           .│
  _,,.,..、。v-ー''"゙~ :: ' ::: : :::  :::  U"U:::::: ::, ' :::::, :::::,:::: ::.: :: ::::::: │ 彼らから積極的行動を引き出す     ...│
`"゙  :::: :: :::' ,:: ::::  : ::: : :::' ::':: :, :::::::::::: ::.:: ::': :,:: ::.:: :::: ::.::::::: │                           .│
                                         │ 事は出来なかったのである。        .│
                                         └──────────────────┘





846 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 22:28:45 ID:mibv8Af20





           _-─―─- 、._
         ,-"´          \         ……今「全学会」が役に立たなくとも、
        /         ~~~ヽ
         /       _/::::::\_ヽ       組織さえあればいつか学生諸君が何とかしてくれるお
       |         ::::::::::::::  ヽ
        l  u  ─( ◎):::─::( ◎)      軍艦だって乗組員が使いこなすまで時間がかかるお
       ` 、     :::::( ((__人__)))
         `ー,、_         /       初めはもたついても、そのうち必ず艦と人は一体になるお……
         /  `''ー─‐─''"´\

┌───────────────────────────────────────────┐
│ やる夫は悲観せず、学生の自覚を待って強制を避けた。                              │
│ 政府の干渉を先取りして外圧に耐えるのが大学新体制の目的である以上、やる夫はその運用に   .│
│ 過大な期待を持たなかったのである。                                          │
└───────────────────────────────────────────┘





847 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 22:29:45 ID:mibv8Af20





   |:::::l::::::::::::|::::::::::::::::::::::::/             ヽ::::::::::|     ┌──────────────────────┐
   |:::::l::::::::::::l::::::::::::::::::::::ム._____ _r=ミ_」:::::::::|     │ 6月12日、翌日に催される定例の帝国大学      .│
.   に===::|::::::::::::::::::::「 ̄ _ ..  ̄ ̄‐ 、 `¨¨,二}:::::::::|     │                                │
.  |::::::|: ::: ::::l::::::::::::::::::::| '´               l::::::::::|     │ 総長会議に先立って、各総長は宮中豊明殿で  ....│
.   l::::: |: :: :::::l: :::::::::::::::::l x=云ト、       ,行ミ′:::::::|     │                                │
  |:::::::| :: ::::::l ::::::::::::::::::|〃, f 辷}      小イ}::::::::::::|     │ 天皇から午餐をさずかった。              .│
  |:::::::l ::::::::::| :: ::::::::::::::|{{圦廴ノ}       {乏',′ :::::::|     │                                │
  |:::::::l::::::::::::', :: :::::::::::∧ ¨¨¨´       、 | :: :::::::::l    ....│ 終って千草ノ間で各大学の学事現況が      .....│
  |:::::::',::::::::::::ヽ::::::::::::::::::ヽ           / ∧l:|:.:/.:′    .│                                │
  |:::::::::' ,::::::::::::::\::::::::::::::::\    _  ...  イ}从|/ム'     ...│ 天皇に報告された。                    │
  |::::::::::::∨:::::::::::::::`ヘ:_::;`ヽ \   ー' /:::|===ミ、       . └──────────────────────┘
  |:::::::::::::::∨::::::::::::::∧ーォ `   、 _/:::::::::|   ヾ
  |:::::::::::::::::∨ :::::::::::::∧_(____ /へハ :::::::::|    ヾ
  |:::::::_  ―∨::::::::::::::∧\ | 「`ー }-l::::::::::L... _   ||
_.. ┴ '´     ∨::::::::::::::∧ \ l   |/ ',:::::::::l   `ヽ.||
          ∨::::::::::::::∧  \ /   ',:::::::|     ||





848 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 22:30:44 ID:mibv8Af20





┌─────────────────────────────────────┐
│ やる夫はこの時まず大学新体制の内容を詳細に言上した後に学事現況に移った。   .│
│ しかし、言上する6つの研究成果のうち農学部で研究した馬鹿苗病菌のラテン語名   │
│ "Gibberella fujikuroi"がどうしても覚えられず、止む無くカフスに記して宮中に入り、   .│
│ さりげなく盗み見して報告を全うした。                                 │
└─────────────────────────────────────┘


                                ____,,..、-―‐''"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
          ,.. --――――――┌ー--r''"´ ̄ ̄ ̄;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
         /            /   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
           j              /   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
          /   | /       │   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
          /  ,- 、Y        │   l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
       '、  _,.-'         ヽ   ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        ア´            ヽGibbe;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        !     _,,.. ァ、___ ,. - │rella';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        ` ‐、__7´`"´      .└─ ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;-―――――
                           ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;-―‐ ''"´ ̄
                             ̄ ̄





849 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 22:31:44 ID:mibv8Af20





┌──────────────────────────────┐
│ ところが、そのカフスが運悪く、退出後の記者会見で見つかった。   .│
└──────────────────────────────┘


      ____
     / ~~~\          しまった、見つかったかお!!
   /(◎)―(◎).\
  /:::::( ((__人__)))::: \       年を取るとどうも
  |    /| | | | |     |
  \  (、`ー―'´,    /       記憶力が減退してしまうんだお!!
       ̄ ̄ ̄



 .\    東大の総長が    /
   \ カンニングですか  /   \ ワハハ! /
     \          /      \    ∞          ┌────────────────┐
 l|||||||||||||| ∩,,∩ ∩,,∩  ∩,,∩  ∩,,∩ ミ∩ハ∩彡     ..│ 爆笑の中、やる夫は頭を掻いた。   │
 (,    )(,,    )    ,,)(    )(    )(    )       └────────────────┘





850 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 22:32:44 ID:mibv8Af20





┌──────────────────────────────────────┐
│ 帝国大学総長会議が終って9日後の6月22日、ドイツは突如独ソ不可侵条約を破って    │
│ ソ連領になだれ込んだ。                                             │
│ 独ソ戦の始まりである。                                        │
└──────────────────────────────────────┘


                r=ュ
              /:::i'                       :::::.....        _;ヌ_
            _,,:'==゙ュ,,,_                    __   ::...    Fi':二:ニ;ュ=
 ....           !ニ,!'_ilエli = ,,',)ニ!====                rii 二ヘ   ::::... ,l'''',ニ,ニ,ニ,ニi.._
   ::::...,    ,iニニ:‐二二二二二ll‐...        _  __  _ ,(C)´∀)_ _ ___ヾoo,oo,oo,ooジ
     r:__::::...(:・,) ::゙'  ゙'lニll゙' (:・:)゙'                 ,';、";ヾ';;!      
  r''",ii..二ヘ____`_‐,◎◎◎◎◎◎,''"                ,';;;;;ヽ;m;i
  :' (C)._゙:     ̄  ̄  ̄  ̄                  ,,. -'、三三三i.....,,,,,,_
  '、,,,,,_,,ソ _ ,,,_    ......                  |:゙  i,,ノ li´_l_`l| ,-_-, ̄',ヽュ.......___
  ./';゙-';;;;<:;i;;;;;;;;;;;ソ‐' ::::::.....  ::..                 ゙―/__,,l_'ー゙‐'',|_゙¬'',゙_,,ィ,'‐゙'―' ''''''''''
 /;;;;;;'、;;;ヽ;:!"" ̄      ....::::::...       :¬_ニ_ニ_ニ_ニt―ュ二二二二二二二二li'―r;_
,/;;;;;;;;;;;;ヽ''‐、        .:::    ::::::.....   "´,:r::¬:、‐ - - ァ::ャ- - - ァ::ャ- - - ァ::ャ- -,、:: ‐:: 、ヾ:,
三三三三三i       ::::        :::::::.....  i‐゙(,,)゙‐i    i;゙ '"     ゙ "i_ ̄[]:゙ "  i'o r;; o'i;''"
二二二二二,)__    _.        ‐  、ヾ',,i,,゙ノ   ...i_i ...   ...  ... ̄ ...  ... ヾ゙,,o_゙ノ'
‐,//r―‐:――ュ |   ̄ ̄   """ ',',''::、  "  , ` ‐ 、,,(◎)(◎)(◎)(◎)(◎)(◎) 、 -'''"
'"/ :|=r:ュ:|r‐_ュ=i | lヽ二シl||       ',',: ';,=====ュ ............... """""""""""""""""""""´
,/  |=゙‐' |゙ー'':=i | ゙"―`''.゙      ',', :ii__,,||___|!二lニニニニニ!
   'ー‐┴―‐゙' .|          ,,.、:',',,/'  ̄ ̄
________,|____,,.. ‐''",__',',__
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄__,l l__ ̄ ̄ ̄ ̄r:、―‐,,‐: ̄i:i、,,,,,,,,,_ _
________¬ i''''____|,:゙'_¬ヽ_|_i:i',"_"_,(ii;-‐゙__
―――――――――――――――――――――――――‐ '、':、





851 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 22:33:44 ID:mibv8Af20





┌──────────────────────────────────────┐
│ これにより日本は三国軍事同盟と日ソ中立条約の板ばさみになる。              │
│ 南進か北進か、連日の評定の末に「対英米戦ヲ辞セズ」と明記した南進先行の方針が  .│
│ 7月2日の御前会議で確定した。                                   │
│ この方針に松岡外相は1人反対し、止む無く近衛首相は松岡を外相から外すために    .│
│ 7月16日いったん内閣総辞職し、すぐに第3次近衛内閣を発足させた。                 │
└──────────────────────────────────────┘


     // /::::::::;;;;;;;;;,,,;;...-‐''"~ヽ:;:ヽ    //
    / /  /:::::::ノ        /ミ丿  //  そんな…!
   / /  /:::::::/    ,,,  ヽ,、  ノミ/   / /  バカなっ…!  バカなっ…!
  //  /::::::丿  '''""   ゙゙゙゙` /ミ丿  / /  どうして…!  こんなことがっ…!
//   /:::::/.,,r ‐、   ,, - 、  |/    l l   どうして……  こんな…
/  ,/⌒|  ノ ・ _), (. ・ `つ(      | |  あってはならないことがっ……!
   | (   "''''"    |"'''''"   )    | |
    ヽ,,.        ヽ    ヽ    ノ ノ  どうして…
     {       ^-^_,, -、   \  //  どうして…  こんな…
       ヽ   _,, --‐''~    )   //   こんな…
       \  (   ,r''''''‐-‐′ / /   後少しで… 対ソ宣戦… こんな時に更迭なんてっ……!
        \,,,`― ''′    ,,//ノ





852 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 22:34:44 ID:mibv8Af20





           .、. v ヘ ヘヘィ v ,
         _r`          ^ホ_            ┌────────────────────────┐
       、x._           _ン.            │ 松岡の後任の外相にはこの4月に商工相に       ..│
      /: ::/  ̄`゙` ‐-‐ '" ̄ ヾ: ::',            .│                                    │
      l: :/ , ― 、     , ― 、 ':; : i          .│ 就任したばかりの豊田貞次郎予備役海軍大将が     .│
     ..l: :i   , ― ャ  ィ ― 、  i: :l          │                                    │
      ,:'^l-‐l    l'⌒ l    l‐- |^Y           .│ 充てられた。これは、対米開戦への抑止力と        │
      .{d i   ゙ ― ' l   ゙ ― '  iゞ}          │                                    │
      .ヾ.l      ‐ ‐      lシ/           ..│ なることを期待して決められた人事といわれる。    ....│
        !   ー―――‐ァ  ,!           . │                                    │
          '.   ` ニニ '′  /              ..│ 豊田といえば、古くは特型駆逐艦の強度改正を     .│
        rl' .        / l、             ....│                                    │
       / \丶、;:;:;:;:;:;:;:;:// \           │ 進言した牧野提案を握りつぶし、近くは          .│
     , <   \ _   _ /    >、.           .│                                    │
   -<: : :\     /  ̄ ヽ    /: : :>、__    ...│ 海軍次官として及川古志郎海軍大臣を          .│
   :::::::::\: : :\ ∧    ∧ /: : :/:::::::::::::/    ..│                                    │
   :::::::::::::::\: : ∨: :〉―〈: :∨: : :/::::::::::::::/    ........│ 思うざまに動かして日独伊三国同盟の締結を       │
   、:::::::::::::::::::i : : : /   ハ: : : :/:::::::::::::::/    ..... .│                                    │
    ヽ::::::::::::::::ト、:: :l    |: :,/:::::::::::::::/       . │ 進めた人物であった。                    ..│
     l::::::::::::::::| |: :|    |: ::|:::::::::::::::i           ..└────────────────────────┘
      !:::::::::::::::| |:::|    |: :||:::::::::::::::|
     |:::::::::::::::| ヽ!    !:/ |:::::::::::::::|





853 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 22:35:44 ID:mibv8Af20





     ,,, ―''''''''―- ..、        ,,, ―''''''''―- ..、.     ┌──────────────────────┐
   ,r'"             \     ,r'"             \   │ アメリカは外相交代に目も向けず、7月25日     .│
   i′        iilllllllil  l    i′        iilllllllil  l  ..│                                │
   ト、           ゙゙!!!゙゙ ./i    ト、           ゙゙!!!゙゙ ./i........│ 在米対日資産を凍結した。             ......│
   | .\,,、       ._../|   | .\,,、       ._../| ..│                                │
   |    ´"'''''''''''''''"゛   |    |    ´"'''''''''''''''"゛   |  . │ 更に7月28日の日本の南部仏印進駐を受けて    .│
   ||、              , ll.,,, ―''''''''―- ..、         , .|  ....│                                │
   | ゝ> ,,______,,,.. -'彡,r'"             \__,,,.. -'彡 ! ....│ 8月1日には対日石油輸出の全面禁止に       │
   |   `"'―---ー''''" i′        iilllllllil  lー''''"   !  │                                │
   |            ト、           ゙゙!!!゙゙ ./i      |   .│ 踏み切った。                      ....│
   l|、,          | .\,,、       ._../|    _ ll  ...│                                │
   | ゙' |;;- ,,_  __,,,, ';;|    ´"'''''''''''''''"゛   |_,,,, ';;シ" |  ...│ これにより日本軍、特に艦艇や航空機に大量の  ..│
   |   `゙゙'''ー`-―''''゙´ ||、              , ll.''''゙´   .|   │                                │
   ヽ              | ゝ> ,,______,,,.. -'彡".!       /.. ...│ 石油を必要とする海軍には必殺の匕首が      ...│
    ゙''-,,、       ,,, |   `"'―---ー''''"   !   ,,, ‐′.......│                                │
       `^'''''''''''''"゛  |              |'''''"゛      ...│ 突きつけられたことになった。            ....│
              l|、,           _ ll         │                                │
              | ゙' |;;- ,,_  __,,,, ';;シ" |        .│ 石油の備蓄は900万キロリットルに留まり、     .│
              |   `゙゙'''ー`-―''''゙´   .|        .│                                │
              ヽ                /         │ 「最早戦うしかない」との主戦論に火が付いた。   . │
               ゙''-,,、       ,,, ‐′          ..└──────────────────────┘
                  `^'''''''''''''"゛





854 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 22:36:43 ID:mibv8Af20





┌──────────────────────────────────────────┐
│ 日米間の緊張が加速していくにつれて、大学に対する戦争協力の要請が質的に変わってきた。   .│
│ これまで研究や人材供給の範囲に限られていたものが、大学をより直接的な人的供給源と      │
│ 見なすようになってきたのだ。                                              │
└──────────────────────────────────────────┘


             __,,―''''''"" ̄ ̄` ;;-,,
              ,''" :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.'、
.            |.:.: ―'''" ̄ ̄ ̄ ` '''..:.:.:l
              ヽ|      ☆  ヽ/           学生なぞ兵士や工場労働者の
.               l―''''''"  ̄ ̄`'''';;;l
               l_,ー--_ノニ=ニヽ_ l            予備軍にすぎん!!
               /  =▲▼--▼▲  
               !      (__人__)  !           戦争の役に立たぬ学問などさせるくらいなら
               ヽ、    トエエエイ /
          _/::_:::::::: ̄:::~/:Oヽ: ̄;;ヽ           一刻も早く社会に出し
  .      /⌒~" ̄, ̄ ̄ ̄ ̄ ̄〆⌒,ニつ.、
        |:::::::,___゙___、___r_rヾイソ⊃:'i:::',       その総てを軍に編入すべきだ!!
        |:::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::|::::::::::::: 口::::::|::::',





855 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 22:37:43 ID:mibv8Af20





┌───────────────────────────────────────┐
│ 彼らは最早大学に将来を期待する高等教育など望んではいなかった。                 │
│ ひたすら頭数を増やすために学生を軍に差し出すことしか期待していなかったのだ。      │
│ こうして彼らは文部当局に圧力を掛け、それに屈した文部省は7月30日付で「計画室」を    │
│ 設けて勤労奉仕の義務制・就学年数の短縮などを検討し始めた。                     │
└───────────────────────────────────────┘


        ,. -───‐- 、
       //⌒`'ー-‐ '⌒\ヽ
.     ,'/ __` ー-‐'´__ ヽ.i             軍からの要求が厳しすぎる……
.     !| '´"二` v  ´二~`` ||
    r‐l.! (  ̄。   。 ̄ )  |r‐、           戦力捻出のために就学期限の短縮を
     |.F|| j `ニ | u  | ニ´u :||^i.|
.     !.l_l| ,. -‐' |_,、 ,._| ー- 、|!ニリ           検討せよなんて……
.    `ー|. ,===.二.===、|ー'
      l ヒ+++++++:j l             でも、ここは受け入れるしか……
      _,.へ`ー-‐''ニニ`ー-‐'/ト、_
-r:::T;;;「:/;;|::::l;;ト~.、 ̄ , イ:l::|;;;|::|:::「;T:::r-
;;;|::::|;;;|:/|;;;|::::l;|\   ̄ /;;|::|;;;|:::|::|;;;|::::|;;





856 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 22:38:43 ID:mibv8Af20





タイーホしたぞ!/               \ この非国民が!!
 ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄  デモボクタチ タダノンデタダケダヨ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧       ∧_∧   ∧_∧   ∧_∧
 ( ´∀`)      (・∀・ ;) (・∀・ ;)  (´∀` )
 (つ ☆ つ ―――⊂-⊂―)-⊂-⊂―)―⊂ ☆ ⊂)
  | 警察 |       | | |   | | |    |.警察 |
 (__)_)     (_(__)  (_(__)  (_(__)

┌────────────────────────────────────────────┐
│ いつしか世間では学生を遊惰な徒と見なす風潮が高まっていた。                          │
│ 本郷界隈では、飲み屋にいた夏季休暇中の学生が前線兵士に申し訳ないという理由で補導された。   │
└────────────────────────────────────────────┘





857 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 22:39:43 ID:mibv8Af20





┌───────────────────────────────────────┐
│ この件に関してやる夫は記者から所見を求められたが、次のように答えて軽くいなした。  │
└───────────────────────────────────────┘


          ____             なんのかんのいってみたところが、結局我々は人間だお
        /_ノ  ヽ\
      / ( ◎)―(◎)、         糞もたれれば屁もひるんだお、それでこそ人間だお
    /:::::::( ((__人__)))\
    |      |r┬-|    |        これがみんな坊さんや聖人みたいになってみたまえ、
    \       `ー'´  /
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ      味気ないばかりかなにも出来やしないお
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ        欠点も弱みもある人間だからこそ仕事が出来るんだお





858 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 22:40:43 ID:mibv8Af20





         ___            実際のところ、学生たちはよくやっているお
       /⌒  ⌒\ 
     . /( ◎)―(◎)\         学生だってやっぱり人間だお、酒だって飲むお
     /:::::( ((__人__))):: \
     |             |       飲めば酔うだろうし、酔っ払った学生がいたからといって
     \             /
      /              \      目の仇みたいにとっちめるのは可哀想だお





859 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 22:41:43 ID:mibv8Af20





           ____ 
          /⌒  ⌒\           見たまえ、本学でも今学園防空の消防演習をやっているお
         /( ◎)―(◎)\ 
       /:::::( ((__人__))):::: \/⌒)     検見川農場の収穫は千葉市の野菜不足を潤しているお
      . |     |r┬-|      | ノ
     __.\.    `ー'´    / /        工科の学生は飛行機工場に行っているし、
   (⌒               |_,,,ノ
     ""''''''ヽ_         |           医科の学生は無医村を歩いているお
         |           |
         |         |          みんな張り切っているんだお
         i      ̄\ ./
         \_     |/           時局生活にしたところが、国民のあるものより
          _ノ \___)
        (    _/              学生のほうがよっぽど偉いんだお
         |_ノ''

┌────────────────────────────────────────┐
│ 学生に対する締め付けは、文部当局が計画中という学制改革の前触れに他ならなかった。   │
│ やる夫はそれを十分承知していた。                                         │
│ そのために大学の取り組みをアピールして牽制を行ったのである。                   │
│ もちろんやる夫は学生たちを戒告しようともしなかった。                           │
└────────────────────────────────────────┘





860 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 22:42:42 ID:mibv8Af20





    /            .> '"´      |  |    このようにして懸命に大学自治を守ったやる夫だけど、
   ,            /          |  |
   |        / \_         |   |    時局は全くそれを許さなかったわ
   |  |     /fヒテー-、 `     、___  !:  l
   |  | |   / `冖¬    / fヒテー 、./:  /    8月8日、文部省は大学・専門学校・高等学校の
   |  | |   /          `冖¬ /:  /
   l  | |  /         l     /: : .'     「学校報国団」を「学校報国隊」に再編制するよう
   /  j:/:!  :'       __     /: : /
__// /:从 . :|  \     `  /: : :  /      命じてきたのよ
: /  , : : ハ. :!   \     . イ: : : :   /
    /  : : : ヘ|    /: ー'´: : :/|: : : :  /        これが文部省の外圧強化の始まりなの





861 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 22:43:42 ID:mibv8Af20





 {/ レ- 、_ノァ'´  /⌒ヽ - 、 ヘ   /   \-‐、
        /  /ハ  ,ィ  \ Yニ{       し
        |  /T/ミ|l / | l|   Vーへ _,    l |
           V l{ ヒソ 丶|7rミyl   l      )ノヘ jノ     「学校報国団」と「学校報国隊」……
          ゝト`  ,  ヒソ ノ   /       レ′
            、  ,.、  ∠ =イ               一文字違うだけのように見えるけど
     /⌒//l\{ノ__/
      / l  / l \_ノ |ー- 、                 一体何が違うの?
     / /  \」 イ:::ハ / | |
    / ,'  / | /::イ/l ̄/ !
    / |   \ v:://ー/'  !





862 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 22:44:42 ID:mibv8Af20





           _.  -―‐-、_
            /: : : : : : :  : :\   
        /: : : :     j  : : :\
       /: : : :     /^l  : : : ヽ
       /: : :     /    l   : : : :',
      /: : :   /     ヽ  : : : l         はっきり言えばこの「学校報国隊」への再編制は、
     ,: : :    /-、_    _, - l  : : : |
     |: : :  /幵ミ    ィf幵 l  : : : |         学生生徒の戦力化を図るための方策なの
     l: : :  lハ リ       { リ l  : : : |
       V:   |     '       |  :l: :/         報国隊は学校教練や食糧増産作業、その他各種
      V:l  |      __      !  Ⅳ
       Ⅵ lゝ、  ´二`   イ  /!           団体訓練を行う組織だけど、それまでの個々の大学の
       リハ l: : \    /: l /|
         ノ:ハl: : : :|>-<|:: : :j/:  l           訓練ではなく、文部省が指導する集団動員への転換を
      /:  / : ::l     !:: :  }  \
       l   卜、V     V ,イ  l   l         意味したのよ
     __|   { :\ 、____, /  /  /_
   /ヘ. ゝ- ト _>   < _∠-‐' /\  
   /   ∧     \____/      ∧   ',
   l     V              V     l
   |    /    ...::::::::::::::::::::::::.....    ヽ.    |
   |   ハ==〒〒==:=:==〒〒==ハ    |
   |    l    l |  i || i  | l     |    |
   |   l         |l         l   |





863 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 22:45:42 ID:mibv8Af20





    . : : : : : : : /        ヽ : : : : : : . . .  |
 . . : : : : : : : : /             ',: : : : : : : : : l: . |         学校報国隊ではまず軍隊と同様に組織の指揮系統の
: : : : : : : : : :〃                ',: : : : : : : : :|: : |
: : : : : : : : : /__,ノ   ヽ ____ i: : : : : : : : :! : ;          確立が進められたわ
: : : : : : : ::/==≦、      ,≧==ミy: : : : : : : :|: /
: : : : : : ::∧._,心           ハ.__,心 Y : : : : : : ; :l          そして更に各学校の報国隊を統括する上部機関として
: : : : : : ::l 辷こノ         辷こン' |: : : : : : /: :|
i; : : : : : :|                   |: : : : : /l\:\ _ ,      文部省に「学校報国隊本部」が設けられたの
li: : ; : : : |          j}           |: : : : /: |  丶:_:/
||: ∧: : ::|                ,|: : : /: : |   /\       つまり、報国隊は学生を文部省の指揮系統下に
||/:.:∧ : |:\     ⊂⊃     / :|: : /: : : |l/    ヽ
|: : : :∧: !:.:Vi丶.         イ/: :.:|: / : : : 八      l     組み込むことであり、それは大学自治の否定だったの
l: : : : : ヘj: : :\  丶. _ . ィ   /: : j/: : : : / /      |
>r――――一ァァ┐---‐=≦: : : : / : : : : //      |
  |          { {  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`> 、:.:/' -―-    |





864 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 22:46:42 ID:mibv8Af20





: :_:ハ: : |/ /    _  \l \: :/     |: : : : : : :
/-、`',: |    〈 ・ノ      V ≦二  ̄! : /: : : /       それってつまり、
|  〉ハj    ̄`ミ         _    | |: /: : : /:
l 〈     /\      / 〈・ノ  l |/: : /: :       大学を軍隊の下請けのような組織に
丶、    /\__      三ヽ  / /: :/: : : :
  /|   /―、   \_     /イl \: : :       変換してしまうってこと!?
´ ̄ ̄`>-、  \_   /`      /ノ 丶    ̄
  _/    \    \/    u /    ||          そんなのとんでもないよ!!
/        \  /     /     ○





865 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 22:47:42 ID:mibv8Af20





-‐  ´            /   ノノ\: : : : : : : : : : :
              // , ィf〒テ ハ : : : : : : : : :     ええそうよ
            /  //弋ヒン/ l : : : : : : : : |
         .   ´  、./   ー一'   l: : : : : : : : :|     だからやる夫はすでに自発的に組織した
        イ≧:x._   ´            l: : : : : : : : :l
   .  ´: : | 弋rソ`             |: : : : : : : :/:    「全学会」が「学校報国隊」と同等の組織であるとして
ィ:´: : : : : :|¬'´              |: : : : :/: / :
 l: : : : : : : |\     }〉          | : : : /!:/ : :    それの結成に反対したの
 ヽ: : : : |: :l: : :\     _, -‐¬    /|: : : /:j/: : :
   \ : l: :l: : : : :ゝ     `二´   / /: : :/l : : : : :    しかし、文部省は耳を貸そうともしなかったわ
     V\: : : : : : :|> 、     /  /: : ://: : : : : :





866 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 22:48:42 ID:mibv8Af20





┌────────────────────────────────┐
│焦燥のやる夫に更に追い討ちをかける情報が入ってくる。           ..│
│文部省が卒業期繰上げ、修学年限短縮を実施に移すというのだ。       . │
│緊急の対応に迫られたやる夫は、9月9日に各学部長の非常登校を求めた。 │
└────────────────────────────────┘


           ____
          /ノ   ヽ、_\         じょ、冗談じゃないお!!
        /( ○)}liil{(○)\
       /:::::( ((__人__)))::::::\      未熟な学生を勝手に軍隊に取られてたまるものかお!!
       |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
       \    |ェェェェ|     /      何とか対策を考えないといけないお!!
     , -‐ (_).ヽ   ー‐    ィヽ
      l_j_j_j と)          i       こんなことやる夫には認められないお!!
       ̄`ヽ     ノ    | l





867 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 22:49:41 ID:mibv8Af20





              . -――- 、
            /: : : : : : : : : : :ト、
           イ: : : : : : : : : : : : : l: :ヽ           ……文部省がここまで早急な態度に出るのは、
           /   : : : : : : : : : : : : j: : :ヘ
        /. .       : : : :/|: :  ハ          対英米戦がそれだけ切迫していたということよ
         l : : : : : : : : . . .. ‐'´  l. . . . l:l
         | : : : : : : : : /      l : : : l:|          戦争準備のためになんとしても学生の戦力化が
         |: : : : : : :/ー-   -― l: : : :l:l
        l: : : : : : 代テ`    代テY: : :〃         望まれていたということね
         v: :l: : l^^         ^^l: : /'
         }: :l: ::l      l     l: /           さて、今回の話はここまでにします
          レハ: l、      _    /レi
          ノ: :v|::\  ´   /::: :l             次回は学生を戦争に動員しようとする当局と、
        /  : :l:::ノ >- イ::::: :ゝ \
        _/: : : : : :ヽ     l|: : l: : :`T゙`          懸命に学生を守ろうとするやる夫を描きます
     / {: ::{: ::::::ト-ゝ、 , -!:ノ:: : l: ノ\
      /   ゝ::t: :::::| \  . ヘー|::: :ノ´   ',         それでは、次回もよろしくお付き合いください
     |    l `丶:{_ / ー Y:::ノ   |  |
     |     V   l {  ー―}´l     |  | 
    〈     |l   い  ー‐i |     |  〉
    |      |  / /   [_ノ  丶  / |





868 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/11/29(木) 22:50:41 ID:mibv8Af20





     ト、_/⌒ヽ  , -‐-、
   /      レ'    l
  /               |
  l/ ,         rr=へ、. -―-、 _                      学生の戦争への動員か……
  / /{/⌒ヽ    [_{丶 ノ-‐  -、_  `ヽ
  \{      \__/ }_,ノ/ ̄` , - 、    \
             //'´    /          l                 そんなのじゃ幸せゲットできないよ……
             //  /  '       ヽ ∨ヘ_   . -―-、
              //  ∧ /|     /   l [ / ]Y´      l
               /ヘ{  /ーV‐1|  /    l |]_」」        |-‐-、
           /l ヘハ. l \__ ヽl  / \|   l |l  |             |     それじゃあ、次回もよろしく……
             l/\l ` 弋ソ   \|__\l   //   l            し1
             ハ ' '   ,   弋ソ / 〃 |   ー―-、      ノ
              ヽ  ,、_   ' '∠ イ  |       ! ハ  l |      みんな、幸せゲットだよ……
             /マ\ ー'   / ̄    ハ      jノ l   lノ
       rーァ一/ r/{   ̄厂{―r--- 、  リ          |./
     r/|/  /   l|  ゝ. _/ 〉 ヽ. ヽ  l |┐
     |l |/  〈   |j_/:::l  /  l  | l l |
     || i  / \ | l::::/ゝ〃 /l  l l  |:|
     || |  /「 ̄  | /:::l  / く  l  ll  l |



第21話  「大学家族論」  終わり

第22話  学徒動員  へ続きます







◎第21話「『大学家族論』」


平賀やる夫                東京帝国大学総長:やる夫(AA)


牧野 茂               呉工廠造船設計主任:やらない夫(AA)


近衛文麿              総理大臣:菅 直人(実在人物)
松岡洋右              外務大臣:岡田克也(実在人物)
橋田邦彦              文部大臣:坂崎孝太郎(賭博黙示録カイジ)
伏見宮博恭王               海軍軍令部総長:エギーユ・デラーズ(機動戦士ガンダム0083)
法学部教授                 死神博士(鉄腕バーディー)
豊田貞次郎                 外務大臣:善行忠孝(ガンパレードマーチ)

コーデル・ハル             米国務長官:タバサ(ゼロの使い魔)


平賀カズ                やる夫の妻:真紅(ローゼンメイデン)

平賀重孝              やる夫の次男:衛宮士郎(Fate/stay night)


米内光政              元総理大臣:御坂妹(とある魔術の禁書目録)


昭和天皇              皇神楽耶(コードギアス)



本日は以上です。読んでくださった方、お疲れ様でした。

次回はついに対米開戦を描くことになります。
日ごとに進む戦争体制の構築、そして平賀が決して望まなかった対米開戦に
苦悩する様に何か感じるところがあればと思います。

それでは、次回もよろしくお願いします。






関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加




コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oyoguyaruo.blog72.fc2.com/tb.php/5186-37bfb97e


アクセスランキング アクセスランキング アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。