ブログパーツ 泳ぐやる夫シアター やる夫達はローマ共和国を作るようです 第九十七話 カルタヘーナ陥落後


















やる夫達はローマ共和国を作るようです 第九十七話 カルタヘーナ陥落後





 原作・塩野七生 著 ローマ人の物語2
「ハンニバル戦記」

*ですが、wikipediaとか他の本とかもたまに参考にしてます。
*そしてわりとオリジナルの部分あり。史実・原作重視ですがフィクションです。



 紀元前209年初春、スペイン


       _く ̄7____              |
     ,~´          ` ̄`~~~~~丶_ノ               |
     (                                          (
     `)                       エブロ河→ヽ           ゝ
      く                               \_        ○エンポリア
      |                                 `ヽ      /
      |                                   |   ○タラゴーナ
      `|                                 ,~~´~
      |´                                /
      /                                /
      |                                /
     /´                               /
   /´                               ○サグント
   /_っ                               ヽ,
    |_,                               _,ゝ
     |                     ●ベクラ     /´
     |                              /
     |                           ,_◎カルタヘーナ
     /__  __                  /
     `   `´~   `ヽ,             _ /
              `)   __/´~~~`~~´ `´
               ●カディス
                `´

 やる夫達はローマ共和国を作るようです

 第97話 「カルタヘーナ陥落後」







334 : ◆yxZlGN83jM:2012/11/01(木) 19:11:03 ID:WitPoHH2





 カルタヘーナの陥落は、この戦争においても最も重要な事件の一つである。
 何しろこの都市には、バルカ家の莫大な財産が蓄えられていた。


       /T. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ T.\
       /_____________/ヅ ̄ # ̄ヾ:;}_____________\
       |!´.! ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `フ‐ rr‐┬‐┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄//
.         |! i                                        /   //
.        |! i                                     /   //
.       |l i                                       /   //
         |l i                                    /   //
        |l i                                 /   //
       |l i                                     /   //|
.         || i                                   /   // ||
.        |! i _ __ __ __ __ __ __ __ ___ /   // .||
          |||,/_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _\//   ||
         ||.|i,〉                                   〈`ヽ.,||
         || |l.´ ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄ ̄|\ノ_) ))
          ||./;'´ ̄ ̄`';;'´ ̄ ̄`';;'´ ̄ ̄`';;'´ ̄ ̄`';;'´ ̄ ̄`';;'´ ̄ ̄`';;'´''\ノ
.         l/;'´ ̄ ̄`';;'´ ̄ ̄`';;'´ ̄ ̄`';;'´ ̄ ̄`';;'´ ̄ ̄`';;'´ ̄ ̄`';;'´¨`;;'´\
.         /;'´ ̄ ̄`';;'´ ̄ ̄`';;'´ ̄ ̄`';;'´ ̄ ̄`';;'´ ̄ ̄`';;'´ ̄ ̄`';;'´ ̄ ̄`';;'´\
      ./,.;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.,ヽ
     !. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!
      !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
     !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::┌i======i┐ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
      !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::└!======!┘ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
      !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
     !:~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~:!
     ~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





335 : ◆yxZlGN83jM:2012/11/01(木) 19:11:56 ID:WitPoHH2





 金貨だけでも600タレント(約72億円)。
 重さにして20トンぐらいはある。


          -------
     ......:::´:::::::::::::::::::::::::::::`::...
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   i/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、:::::::::::::ヽ
  /::::::/::::::::::ト::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::ヽ
 . l::i::::;r:、::::li::|ヽ_ヽ::::i:::::;i::::::::::l:::::::::::::::::i
  lll:::::|ヘ:::::|l:l´\`ヽl'/ト、:::/|:::::::::::::::::|
  l{ヘ::lfiヘ:::| ≠アテミ、lヽ,l::> ,l::::::::::::::::::l
  l:::::::ltl .ヘ|   b::::リ〉l-'レ/、l、:::::::::::::::l
  l::::::{ ン     ゞ=" |/l':::::::::l' }::::::::::::::l
   l:::::\ _  '''''''' l::::::::::lノ::::::::::/リ
   ヘ::::::::\ヽ )    l::::::::/:::::::::::://  す・・・凄いやんか!!
   .ヘ::::::::::`ー―:::T  |:::::/|::::/:://  うちら大金持ちやで!!!!
     >,イ「「i,イ「「in|.  |::/ .l/l'l:/'´
    ヽ ̄/´ ̄ ̄ `, l/   '`>r-― 、
     {: : :ヽ: : : : : ;l       //    _ヽ
    ∧/ヽ}、/\/:{ r― ´_l」-‐</´: : : 〉
    〉::::::::<:::::::::::::::L,_ イ´:\: : / : : : : l
   /::::::::/〈::::::::::::::〈X::::::::::::∧/: : : : : :l
   {::::::::/: :∨ヽ:::::::::::::\ヽ::/: :/ : : : : : /
  ∧:::::{: :/::ヽ:ヘ::::::::::::::::::`i:r: ': : : : : : /
  /::::::::::∨::::::ヽ: :l::::::::::::::トl: }: : : : : : /
 /l::::/l:::::ヽ:::::::::∧i::::::::::::::l: : l: : : : : /
. {: :レ': ヽ::/ト、:::/: : ヾ:::::|\l: / : : : i/
 ヘ: : : : : :{: : X: : : : :{ヽ!: : : : : : : : l
   ー‐‐´}:/::::ヽ: :/::::\: : : : : :,イ

   *レリウス(AA/八神はやて)





336 : ◆yxZlGN83jM:2012/11/01(木) 19:12:50 ID:WitPoHH2





           ____
         /_,r'  ' !、\
       /(≡)   (≡)\
     n/ ::::⌒(__人__)⌒::::::\
    y |     |r┬-|     |⌒) ウヒョーーーーっ!
    l \_   `ー'ォ     // これだけあれば死ぬまで遊んで暮らせるお!!!
     \      ・    ・  ̄ /
       \         /
        >      <
       〃   (::)っ   ヽ
       ヽ  <  `‐' >  )
        と__)   (__)


      ∧,,∧  .∧,,∧
  ∧∧(`・ω・´)(`・ω・´)∧∧
 (`・ω・´).∧∧) (∧∧(`・ω・´)  見てください!この宝石の山!
 | U (`・ω・´)(`・ω・´) と ノ  凱旋式は豪華になりそうですね!
  u-u (l    ) (    ノ u-u   戦勝将軍(インペラトール)!
      `u-u'  `u-u'





337 : ◆yxZlGN83jM:2012/11/01(木) 19:13:41 ID:WitPoHH2





         ___
        ´二ゝ、\  ...-‐:::--..,   ,. -‐-、
       /::::::::_`ヽ´::::::::::::::::::::`:>/:::::::::::::::ヽ
      /:::::/::::::::::::::::!::::/:::::::::::::::::{l{::::::::::::::::::::l
      V/::/::::/:::__/|::∧:::/ヘ::::::::ヾ:::::::::::::::::::|
       {::{::::{{:::::/ノ i/ ∨ヽ |:!:!::::}ヘ::::::::::::::::|
       レ'Vll:V ●   ● 从ノイ  \::::::::::|
          |: ヘ⊃、_,、_,⊂⊃リl::i   |:::::::::| ・・・おまえら何をそんなに喜んでるの?
          /⌒ゝ.. _ _ ...,.ィi/ l:/   |::::::::|
          /  ./ ヽ只/∠イ ヽ   |:::::::l
          |  l::| ヘ /|├::j:::彡,|   |:::::::|

       *スキピオ(AA/高町なのは)



           ____
         /       \
        /   ─   ― ヽ
      /    ( ●)  ( ●)'
      |        (__人__)   | えっ?
      \       ` ⌒´  ,/
      /      ー‐   ヽ





338 : ◆yxZlGN83jM:2012/11/01(木) 19:14:41 ID:WitPoHH2





          ___
           ´ 二ゝ、\-‐:::--..,   ,. -‐-、
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::`:>/:::::::::::::::ヽ
        /://::::::!::∧:::::::::::::::::::{l{:::::::::::::::::::l
        i/:::{{::::/ノi/  ∨ヽ:|:!:!::::}ヘ:::::::::::::::::|
        レ'VllV ─   ─从:::イ \::::::::::::|
         ヽ从⊃ 、_,、_, ⊂⊃::ノ   |:::::::::|
      /⌒ヽ__ |::ヘ  ゝ_) u リl::i/⌒i |:::::::::| まだ75000の敵は健在なの。
      \ /::::トヘ|._>. __...,.. ィi/l/  /  |::::::::| それに、その金はこれから使うの。
       /::::::// ┬ヽ只/ ∠ ヘ、__∧  |:::::::l
       `ヽ<..ヽー┤|ヘ /|├:j {ヾ:::彡'  |:::::::|


       ____
     /_ノ  ヽ、\
   /( ●)  (●).\
  /   (__人__)  u. \
  |ni 7   ` ⌒´    . |n   へっ?使うのかお??
l^l | | l ,/)      U  l^l.| | /) 何に使うんだお???
', U ! レ' /      . . | U レ'//)
{    〈         ノ    /
..i,    ."⊃    rニ     /
 ."'""⌒´       `''""''''





339 : ◆yxZlGN83jM:2012/11/01(木) 19:15:34 ID:WitPoHH2





          ___
           ´ 二ゝ、\-‐:::--..,   ,. -‐-、
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::`:>/:::::::::::::::ヽ
        /://::::::!::∧:::::::::::::::::::{l{:::::::::::::::::::l
        i/:::{{::::/ノi/  ∨ヽ:|:!:!::::}ヘ:::::::::::::::::|
        レ'VllV ●   ●从:::イ \::::::::::::|
         ヽ从⊃ 、_,、_, ⊂⊃::ノ   |:::::::::|
      /⌒ヽ__ |::ヘ  ゝ_)  リ:l::i/⌒i |:::::::::| もちろん、スペインの人たちにばら撒くの!
      \ /::::トヘ|._>. __...,.. ィi/l/   / |::::::::|
       从 l||l/ ┬ヽ只/  |||l人. ∧ |:::::::l
       ( ⌒ )ヽー┤|ヘ /|├:/ ( ⌒ )  |:::::::|



        ____
      /  ノ  ヽ\
     /  (○)}liil{(○)
   /     (__人__) ヽ
   |       |!!il|l|   | なんでええええええ????
   \        lェェェl /
    /         ヽ
    しヽ        ト、ノ
      |    __    |
      !___ノ´  ヽ__丿





340 : ◆yxZlGN83jM:2012/11/01(木) 19:16:33 ID:WitPoHH2





 当時のスペインの人たちは、金で動くところがあった。
 ゆえに、スキピオの父も叔父も、命を落としたのである。


      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
        ゙、';|i,!  'i i"i,       、__人_从_人__/し、_人_入
         `、||i |i i l|,      、_)
          ',||i }i | ;,〃,,     _) 悪者だって!?消毒するよ~っ!!
          .}.|||| | ! l-'~、ミ    `)
         ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ   '´⌒V^'^Y⌒V^V⌒W^Y⌒
        .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
        Y 、_    __,,,  i|,];;彡
        i  ・.〉.゙" ・   . H;;;ミミ
        {  ( _,:、      ゙};;彡ミ
         ゙i   _    .||^!,彡ミ   _,,__
          ゙i ∨,-ヽ  .li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;''
,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,  ー" ;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''
 ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''
'''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 十 )__;;;;/

   ↑一般的なスペインの皆さん



 逆に言えば、金さえあれば、彼らをローマ側に引き戻すことは可能だった。





341 : ◆yxZlGN83jM:2012/11/01(木) 19:17:18 ID:WitPoHH2





 スキピオは、陥落した後のカルタヘーナで、財産の拠出は命じたものの、略奪は禁止。


          ゚・ *:  : *・
      *・ ゜゚・ * :  .。. .。.:  *゜
   * ・゜ ゚・ *: . .。.: *・ ゜゚  ・ *  :..
 。. ・ ・*:.。 ∧,,∧  .∧,,∧   .:* ・゜
    ∧∧(´・ω・`)(´・ω・`)∧∧
   (´・ω・`).∧∧) (∧∧(´・ω・`) え?帰っていいんですか?
   | U (´・ω・`)(´・ω・`) と ノ マジで!?
    u-u (l    ) (    ノ u-u
         `u-u' `u-u'


 スキピオは、女子供や老人たちは帰宅させ、壮健な男を船乗りに、職人達を工兵にした。





342 : ◆yxZlGN83jM:2012/11/01(木) 19:18:13 ID:WitPoHH2





 この時カルタヘーナには、スペイン原住民達の人質が300人いた。
 スキピオは子供達の頭をなでながら、必ず親元の元に返すから、
ローマと同盟するように手紙を書くように言ったという。


                      /.:.:.:.;.:.:--.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>:...
                     /:.:.,:'.:.:.:,:'.:.:,:::'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
                   ′:,イ.:.:.:,:'_У:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:‘,
   _      . : :-. .--′- .,イ/,イイ:.:/.:.:/:./:/:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..、..:.:.:.:ハ   ____ 
 . ´  `_ヽ_/.: : : : : : : : : : : : : :`:,、:./_:/:.:./:./:/.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:/:.:.:|__/.:.:≧.:..ヽ
    /.: : : : : : : : : : : : : : : : : :/_j、ヽ/l¨/}7}7.:.:ハ:.:.{:.:/:.:.:.:|:.:.:.:.::.|.:.:.:フll)ー 、:.:.:.ハ::.ハ
    /: : : : : :/.: : : l: : : : : : : : : : : : : : ::';示心 |:./ l:.:ハ:ト、:_:.|:.:.:.:.::.|::.:.:.:クjf.:.:.:∨.:.:ヘ:..:|
   .':./. : :/.:′;イ:_ll: : : : :_:_:_:_辷‐ 、 : : lて刈八{  j/,ィ=ミ、:.|\:.:.八:.:.:/ハ.::.:.:.:∨.:.:.:`.|
   .':/. :l: :.l: !: : ::l: :l: : : : ;辷‐ 、\\\ lゝソ      ハ:::刈∨.:.:.:/::.:.:.:' il:.:.:.::.:.:.:.|:.:.:.:.:..|
   |:i∧l´;: :ハ: : :|:._j_: i : : : :..\\\} \      込:汐 }〉.:.:/_./  .|l.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:|
   ハ!|: '; l、: :ヘ: :l: :l、ヽ:: : : : : : :\`    \_′_  `¨  /.:.:/ヘ|   .|;|:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:|
     \j|ハ: ∧/Yr゙,イ: : : :⊂ ニニ、      ' ,ー '   ,..イ:;.:/_.ノ    |:l:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:|
        \|ゝ ノメ''ノ :__、: i : i: : : \      }_____ </:.:./_       .|:l:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:|
        ,イ ̄`ーx //,二フ: : : : 个:、   /}-、 >イ:/  j<   .|:l:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:|
      /    〆// : | : | : : : : |: ∧/ /:::∧イ);入/xz;,,,,>-;;、!.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:|
      _人   /    `¨,.二ニ⊃ : : :/::l_,./.::::::::::∧/ r´///////´//∧:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:|
     ー入  ./      二ニ⊃: : ∧:::::::::::::::::::::::://////////////∧:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:|
      ゙ー入j      ,.イ : |: :|: : : : : ∧:::::::::::::::.////////////////ノ:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:|
         Y::{i  _,イ : :|: : |: :|: : : : : : :.';::::::::://.:∧////////////// .:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:|
.        !:圦\ N: : :|: : |: :|: : : : : : : :`ー彡.::::::::::::∧ヘVヘ/´¨¨/////>:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:|


 更に、彼らの母親たちには、金や銀でできた飾りをプレゼントした。





343 : ◆yxZlGN83jM:2012/11/01(木) 19:18:46 ID:WitPoHH2





 この寛大な処置に感謝した人質達の長老は、特に美しい少女をスキピオに差し出した。


| /:./:.:.:.:/:.:.:/:.|:.|:.:.|  ヽヽ::\.:.:.::\:.::.:.:.ヽ.::.:.:.:.ヽ.:.:..|::.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
| |:.:|:.:.:.:.|:.:.:.|i:.ハハ:.:|   ヽ ャ 廾 十:ト 、.:..ヽ.:.::.:.:.|:.:..|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
| i:.:|:.:.:.:.|:.:.:.||,|ィ爪「    \\    \:`:.|:.:.:.:.:.|:./|::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
i. |:.|:.:.:.:.|:.:.:.|リ          ___     ヽ:|::.:.::.:.|/ |:.:..:.:i:.:.:.:.:.:.:|
 |:.|:.:.:.:.|:.:.:ハ ,ィ==、      " ̄``     |:..|:.:.ハ |.:.:.:.:.i:..:.:.:.:.:|
 |:.|:.:.:.:.|:.:.:.ハ "                  |:.:|/ | .i::.:.:.:.i::.:.:.:.:.:|
 ヽ!N:.:.|:.:.:.:.ハ             :::::::::: /|:.:| / |:.:.:.:.:i::.:.:.:.:.:|
  ヽ.ヽ:Nヽ:.:ハ :::::::::  ヽ           /.:.|./  i.:.:.:.:.:i::.:.:.:.:.:|    え?許婚がいる?
     \  |:.人      v ― ァ      ./:.:.:.|.  |:..:.:.:.:i::..:.:.:.:.|    だったら彼のもとに返してあげるの!
      ヽハ:.:.:| \   ` ー     / |:.:.:./   |.:.:.:.:.:i::..:::.:.:.|
       i |:.:.|   ヽ、_    _,. '  ,. |:.:/   .|:.:.:.:.::i::.:.:.:.:..|
        ヽ:|     | ` ´  ,. '´ /:.ム    |.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:./
         ヽ    |` ーr‐'´   /:./ \  |:.:.:.:.:.i:..:..:./


 だが、許婚が居るとわかると、彼のもとに返してしまった。





344 : ◆yxZlGN83jM:2012/11/01(木) 19:19:49 ID:WitPoHH2





 スキピオの行動には、私心がまるで見えなかった。



      ∧,,∧  .∧,,∧
  ∧∧(`・ω・´)(`・ω・´)∧∧
 (`・ω・´).∧∧) (∧∧(`・ω・´) すっげー!良い人だ!
 | U (`・ω・´)(`・ω・´) と ノ  我々はスキピオさんについていきます!
  u-u (l    ) (    ノ u-u
      `u-u'  `u-u'



 スキピオは、原住部族たちの支持を得た。
 カルタヘーナ周辺と、スペイン東部をほぼ掌握。
 カルタヘーナの住民たちも、非常に協力的になった。





345 : ◆yxZlGN83jM:2012/11/01(木) 19:20:59 ID:WitPoHH2





 レリウスを戦勝報告のため、海路ローマに向かわせた後も、
スキピオと彼の兵士達は、カルタヘーナを離れなかった。



      _   _   __   ___    __   __   __
     |\ \┴―┼‐┼―┼―┼∧┼―'┴―┼‐'┼―┼―'┼―┼―
     |\| ̄~|_l__,」_」__」_ ___.|__| _」__l__ 」_」__」_」_」_」_」_
     l\{\ |\ \ ̄ ̄ ̄ /十ヘ'|| ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     {\}\|{'\| ̄~|    (゚Д゚ )||  やれやれ、ちょっとは休暇とか欲しいなー
     |\ \|\|\”>―、  {XXX'○       ’        _
     |\|\|\\|\l\ \ |VVV|,||
     |\ \ \|\|\\|' ̄~|r'⌒J               .    ’
     |\|\|\ \ ヽ|\\ ̄\           ∧
”~'ー w'!|\|\ \ \|\|\|\|\ ̄\    _. |__|
     |\ \|\|\|\|\|ヽト\\_\ /十ヘ ||          ”
  , ,wi.|\|\|\ \|丶|\|\ト、\!___| (゚Д゚ )|!  まあ、敵がいつ来るかわからんしな・・・
     \ \|\|\|\ \|\ \|\|\ \XXX○      ・         ,
         \|\ \|\|\|\|\|\|\|\''i\ ̄ ̄\
 ,          \|\ \|\ \|\|\|\ \\| '\   \
          \|\|\ \|\ \|\ \ \|\| \___\
   wi    '"   \|\ \|\|\|\|\|\|\|\|_|    |
               \|\|\,\ \|\ \|\\| ト---<
               \\ \|\|\ \|\ \| \   \
                 \|\ |\|\ \ \\ |\|'\___`
                  \|\ |\|\ |\|\ |\|\|\ ̄ ̄ ̄\
        '” wr        wi|\ |\|\| \ \ \|'\|\     \





346 : ◆yxZlGN83jM:2012/11/01(木) 19:21:52 ID:WitPoHH2





 しかしカルタゴの三軍は、いずれも行動を起こさなかった。


     / ̄ ̄\
   /:::::::  / ヽ
   /:::::::::  (○)(○)
  .|::::::u:::   (__人__)
  .|:::::::::::::   |r┬| |  な・・・何が起こったんだ・・・!?
  ヽ::::u:::::::   `ー'./
  /::ヽ:::::::::::    ノ
  /::::       く
  |:::::        \
  |::::        ヽ、二⌒)

*ハシュドゥルバル・バルカ(AA/やらないのか夫)



 やはり首都陥落はショックだったのかもしれない。
 それにカルタゴでは、敗戦すると司令官は死刑にされてしまう。
 消極的にならざるを得なかった。





347 : ◆yxZlGN83jM:2012/11/01(木) 19:22:37 ID:WitPoHH2





 そして・・・

          ___
           ´ 二ゝ、\-‐:::--..,   ,. -‐-、
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::`:>/:::::::::::::::ヽ
        /://::::::!::∧:::::::::::::::::::{l{:::::::::::::::::::l
        i/:::{{::::/ノi/  ∨ヽ:|:!:!::::}ヘ:::::::::::::::::|
        レ'VllV ●   ●从:::イ \::::::::::::|
         ヽ从⊃ 、_,、_, ⊂⊃::ノ   |:::::::::|
      /⌒ヽ__ |::ヘ  ゝ_)  リ:l::i/⌒i |:::::::::| おや?その剣は?
      \ /::::トヘ|._>. __...,.. ィi/l/  /  |::::::::|
       /::::::// ┬ヽ只/ ∠ ヘ、__∧  |:::::::l
       `ヽ<..ヽー┤|ヘ /|├:j {ヾ:::彡'  |:::::::|


               ____
             /      \
           / ─    ─ \     ィ
          /   (●)  (●)  \  //
            |      (__人__)     |// あ、これですかお?
          \     `⌒´    ,//
          /      ー‐ < 、//\
        /  /      (⌒^ヘ>ー 、 }
         {  ⌒ー―一'⌒>へ.__/





348 : ◆yxZlGN83jM:2012/11/01(木) 19:23:24 ID:WitPoHH2





          / ̄ ̄ ̄\
  .    / ─  ─  \
      | (●)  (●)  |
       \  (_人_)  / 我々イベリア人が使っている剣ですお。
          /     ヽ、 あんまり長くは無いけど、丈夫ですお?
       / i.    ヽ |
∠ニニニニし|       .ソ:::::::
  .       |  r- 、  /:::::::::::::::::
  .      し´::::::::し′::::::::::::::::::::::::::



.   <\  _ ,ィ/>
    , -≧'´  `ミ‐、
  ((´ /{ 〈ノノハ))》`))
    ` |/`(リ ゚ヮ゚ノ! ''′ ほほう・・・!
.      lヌ7つと〉  それは面白そうなの!
.     /。,ソヒヒ)ヽ、 ちょっと量産してほしいの!
.    `~~~´ ̄`~´


 スキピオは、イベリア人の使っていた短剣を導入した。
 スペイン剣(グラディウス・ヒスパニエンシス)である。





349 : ◆yxZlGN83jM:2012/11/01(木) 19:23:55 ID:WitPoHH2





 ローマ軍というのは、基本的に長槍で戦っていた。


                                 /:l
                                    / /:/
                                 / /:/
                                    / /:/
                                  ≧=
                              / /
             ____                  / /
            /     \             / /
       /        \_,゙i          / /
      /       ( ●) '            / /
       |            (__、l)      nn/ /
        \ -‐‐-.、    `ゝ.         i.i/ /
         /     弋  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ / /
        i  _    \ |      ___r/ /
       i ´  `<   `弋 ̄ ̄ ̄  / / |
          i     `<    \    / /
          |         `'<   \.._/ /
          |          |. \   ∨
       ハ           ',  ゙i   、ゝ
       ハ.         |   マュ-/


 これは、集団戦において威力を発揮する武器である。





350 : ◆yxZlGN83jM:2012/11/01(木) 19:24:41 ID:WitPoHH2





 たくさんの長槍を並べて、突撃してくる敵軍団を叩きのめす。
 いわゆる「槍衾(やりぶすま)」と呼ばれる戦術である。


                        ∧∧,,)~         ∧∧,,)~
                       (゚ぺ;),)             (゚o ゚;),)
               <>)))━━O━と )━ <>)))━━O━と )━
                      ∧∧,,)~         ∧∧,,)~
                      (゚ー゚;),)             (゚- ゚;),)
        ∧∧     <>)))━━O━と )━ <>)))━━O━と )━
       (゚ー ゚*)             ∧∧,,)~         ∧∧,,)~
    __ハハと i:i:i            (゚ぺ;),)             (゚o ゚;),)
   ('_゚ ミヽ,,,ヽ~ <>)))━━O━と )━ <>)))━━O━と )━
     ヽ "U´)ミ          ∧∧,,)~         ∧∧,,)~
     <^| ̄<           (゚ー゚;),)             (゚- ゚;),)
           <>)))━━O━と )━ <>)))━━O━と )━
                  ∧∧,,)~         ∧∧,,)~
                  (゚ぺ;),)             (゚o ゚;),)
          <>)))━━O━と )━ <>)))━━O━と )━





 アテネがペルシャ騎兵軍団に勝利したマラトンの戦い以降、
地中海世界はこの戦術が基本だった。





351 : ◆yxZlGN83jM:2012/11/01(木) 19:25:33 ID:WitPoHH2





 しかし長槍は非常に重いため、方向転換が難しい。
 それに接近されるとどうしようもない。
 ハンニバルのように、側面や背面を突いて来る相手には無力だった。


        ____
      /     \
     / ⌒三 ⌒    \
   / (○) 三(○)    \
   | ::::⌒(__人__)⌒:::::    |
   \   |r┬-|      /
    /  `ー'" .ト  _ \
 <三三三三三三| |(___)
     |\   ̄ ̄ レ/
     |   ̄ ̄ ̄


 そこでスキピオは、短剣主体の新しいタイプの軍団を作り上げた。
 長槍ではなく、短剣を持たせれば機動力は上がるに決まっている。
 この短剣は耐久性が非常に高く、乱戦には強かった。





352 : ◆yxZlGN83jM:2012/11/01(木) 19:26:05 ID:WitPoHH2





 要するに、スキピオ軍というのは、根本的に兵力が足りないのである。
 何倍もの敵と戦い、勝利を収めなければならなかった。



        ―┐l l   `   / : : / : : : : : : : :{: : : : :|: : : :γ    ヽ : : : :|\ : : : :N: : : : l : : : Y : :ヽ
  {  j     ノ     .| / : : / : : : : : /: : :| : : : :.| : : : :|        ∨: : !―ヽ: : :「∨: : :l: : : :.| : : ∧
  ゝ              |./: :/ : : : : : :/: : : :!: : : : :!∨ : :!__      ∨V   ∨.:' .∨ ∧: : : |: : : : :',
.          ノ二l      |.:イ: | : : : : : :/: : : : Ⅳ: : : |弌 : :|  `      ∨     }/   ∨ ∨: :| : : : : }
. /{ ̄ヽ    ノ     |: :/| : : : : :/: : : : :.:| N : : !  \!                 __    ∨ ! : : : :,'
 ∨ .ノ           .|: ′:| : : : :/ : : : : :.:.| | \ {                  ≠"´ ̄ ̄ ヽ   ',:γ⌒V
          l ―      |:{   !: : : ,' l: : : : : : :! !   \   __         〃            |: l´r^リ}
  (⌒)    { ー      |:l   |: : : | :|: : : : : :.:| |   ≠"´ ̄ ̄ ヽ            //////   !: ! {イ:'
   「               l:ゝ.__∨: :|..」: : : : : : | |  〃                        |: | /
.  ・    ナ ヽ     l`  ̄ ∨:「´∨:.: : : :.| ヘ  /////                        l: 「
        d、       l     Ⅵ. .∨ : : : | :∧、                        |: |
                |      `\ ∨ : : |∨ 込.              __          ./}: |
.        l |     |         \: :| .∨∧ヽ            「     `}       イ :|: |
.          ノ      .フ         \ .∨∧ヘ          ゝ     ノ    /   .|: '
                |              .\ ∨∧ \              /!   .| '
       ┼一     |                  ∨∧   >   ____ . イ  l    |′
.          | こ     ノ                 r∨∧――――j////////    .|== |=― ,



 そのためにスキピオは、軍隊に相当な訓練を課した。





353 : ◆yxZlGN83jM:2012/11/01(木) 19:26:37 ID:WitPoHH2





 まず一日目は、完全武装で6キロの道を走る。



                        ___
                   , - '´、_   u``ヽ、_
                 /‐- 、_   ///`ー-―' `ヽ、
                /    ・ `     -------  ヽ
                 ,'  三三ァ      __  ・     `i
               l 、   l         ヽミ=、     l
                   Y   `ーr‐'^.、   l        l
               ヽ、U   l////`ー '′   U   .,!
             ハ     ヽ、 , l/////l         /
               l l   _,.. ‐ l ム__ .l  し  _, - '′
               l ヽ'´    `―-  `′    '-――ヽ、
             ヽ---―i             _, -―、 l
                     ,'             l    ヽ」
                 i               ',
                  l                   ',
                  l                  i
                  l                l
                 ',                  l
                    ヽ        r‐-、_   ,'
                    ヽ、      |      /
                   l       .l  i _ノ
                   l  l`'ー---ヽ l'´



 ローマ軍は、10日分の食料と武装を持たなければならないので、
重さ10キロぐらいはある。





354 : ◆yxZlGN83jM:2012/11/01(木) 19:27:08 ID:WitPoHH2





 2日目は武器の清掃と整備。後、体も洗う。
 3日目は休養日。



     , -──-、
   /      \
  /    ノ   ヽ、 \
/   (●)::::::(●)  \        ,
|  ヽ   (__人__)'    |      //
\、  u `⌒´    /      //
 (⌒ヽ        ィヽ     //
 l \  \     ,   |   //
 |  \,, \   |  | //
 |    \  \_  ヘ//
 |     \_r' ソイゝ
 |        r_ゝィ'〆



 4日目は実戦訓練。
 剣や槍に革の袋をかぶせて戦う。
 それと投槍の練習。

 ローマ軍の実戦訓練の厳しさは有名である。
 「血が出ない以外は実戦と同じ」と言われる。





355 : ◆yxZlGN83jM:2012/11/01(木) 19:27:44 ID:WitPoHH2





 そして5日目には、また1日目からのローテーションがはじまる。


            ;::           ∧∧ <,_し`ヽ,)_,,∧∧ <,_し`ヽ,)_,,∧∧ <,_し`ヽ,)_,,∧∧ <,_し`
           ;::           (゚ー゚*)        (゚ー゚*)       (゚ー゚*)       (゚ー゚*)
           ;::           ( 人 ^ヽ      ( 人 ^ヽ       ( 人 ^ヽ     ( 人 ^ヽ
          ;::             , |  -|lニ)     , |  -|lニ)     , |  -|lニ)     , |  -|lニ)
   w      ;::        ∧∧ <,_し`ヽ,)_,,∧∧ <,_し`ヽ,)_,,∧∧ <,_し`ヽ,)_,,∧∧ <,_し`ヽ,)_,,ヽ
         ;::        (゚ー゚*)        (゚ー゚*)       (゚ー゚*)       (゚ー゚*)
         ;::         ( 人 ^ヽ      ( 人 ^ヽ       ( 人 ^ヽ     ( 人 ^ヽ       ::;
        ;::        , |  -|lニ)     , |  -|lニ)    , |  -|lニ)      , |  -|lニ)     ::;
 、y,     ;::      ∧∧ <,_し`ヽ,)_,,∧∧ <,_し`ヽ,)_,,∧∧ <,_し`ヽ,)_,,∧∧ <,_し`ヽ,)_,,ヽ   ::;
       ;::     (゚ー゚*)        (゚ー゚*)       (゚ー゚*)       (゚ー゚*)          ::;
       ;::      ( 人 ^ヽ      ( 人 ^ヽ       ( 人 ^ヽ     ( 人 ^ヽ        ::;
      ;::     , |  -|lニ)     , |  -|lニ)     , |  -|lニ)     , |  -|lニ)      ::;
      ;::       <,_し`ヽ,)_,,ヽ   <,_し`ヽ,)_,,ヽ /l<_し`ヽ,)_,,ヽ   <,_し`ヽ,)_,,ヽ    ::;
     ;::                       l/                     ::;
     ;::        ∧,..,.         ∧∧ /                     ::;
    ;::        (゚ー゚*)        (゚ー゚*)/                     ::;
  w ;::         ( 人 ^ヽ       (i:i:i:i:iと)                     ::;
   ;::         , | ━|l二二ニ)   ノノヽ,/~                  ::;



 スキピオ軍は、武具の改良と訓練により、
これまでとは違うタイプのローマ軍になりつつあった。





第97話「カルタヘーナ陥落後」終わり

つづく・・・?






関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加




[ 46778 ]

スペイン原住民は当時どんな言葉を話していたんだろ?
バスク語?ケルト語?
[ 2012/11/03 21:50 ] [ 編集 ]

[ 46812 ]

>「血が出ない以外は実戦と同じ」と言われる。
厳しいなーw
市民権貰えるし扱い次回は悪くないよな
[ 2012/11/04 18:41 ] [ 編集 ]

[ 46820 ]

他の軍事教練はゆるかったのかな?
[ 2012/11/04 20:12 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oyoguyaruo.blog72.fc2.com/tb.php/5115-1afd5211


アクセスランキング アクセスランキング アクセスランキング