ブログパーツ 泳ぐやる夫シアター やる夫が軍艦総長になるようです 第17話 軍艦総長誕生


















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

やる夫が軍艦総長になるようです 第17話 軍艦総長誕生






                      .. -‐‐-ミ
       .               , '´""´ ̄`゙⌒ヽ、
                   ,イ: : ................   `)`。
                  f: :-‐: . .  ..,,,,,,  ..:  i
                  {: :云ミ、: :',ニニミ ヽ. }
                 __{‐(.ィtッ、)ー( ィtッ、)―‐r‐ミ
                 (i:、l: `ー‐'.:: :.`ー‐': . : i'ぅ i}
                    ヽc}::. . : 、,,,;.    ,'"ノノ
       .             ゙圦: : .,, ‐-‐ 、`   .jー'´
                   ヽ: :.`二二´  ,イ
                    〉、..     /.∧
                   ,ィ/(:::`ー―彡' //aV⌒ヽ、     ____
           _____   rミ‐fj/{ミヽ、:. _,ィ≦'⌒))'〈 /0≫`ーァイ´ァ、`))ミ)
        r‐≦升〕8〕≦'>'´i个、raY´fro))ノ>'´ニ>‐-=__f´( `ー彡')),イハ
        { (_, -‐イノri:i´    i::i トミシヘii彡'´ニニ○ニニニニ圦二二彡ィ≦ ヽヽ
       . 〉、__,ィ≦ム', i:i    i::i /0()0/ニニニニ○ニニニニ/ l/ / 「 l ', ヽY } }
       ../ ノ } } }ハ i:i    i:_j`^´i_「 ̄ Tf  ̄.r‐-r‐{ { | | l  | l l /
       八/ ノ/ /ニiム i:i    〉 ○ 〈|  /::i i : |i i| :ム ヽ .l l l / //ノ
         ヽ/_j_ノニニ}ニ', i:i   ゙¨M¨´゙テ´゙テ´゙テ´゙テ'テ'´ゝ、{_j_j_/-'‐'´ニム
         /ニニニニニjニニ', i:i  トイ^トイ(___)(___)__)  ) .)ニニマニニニニニニ=ム
         ,'ニニニニニ∧,ィニム i:i ゙マMヌ i::i マニニニ`¨´ー'ニニニlニニニニニニニニ厶
        ムニニニニ=fミ// ○ム i:i     i::i マ○ニニニニニニニ{ニニニニニニニニニ
       . ムニニニニ={0)≪=ニニム i:i     i::i マニニ__NMNィ_ムニニニニニニニニニ
       .ムニニニニニムvfミ○ニニ厶 i:i      i::i マニ> (○<ムニニニニニニニニニ
       ムニニニニニニムVニニニニニニ', i:i     i::i マニ≧wv≦ニムニニニニニニニニ

     ┌──────────────────────────┐
     │                                     ...│
     │        「やる夫が軍艦総長になるようです。」         .│
     │                                     ...│
     └──────────────────────────┘
           原作:「軍艦総長 平賀譲」(内藤初穂、中公文庫)








277 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 21:03:32 ID:N7dEF1SA0





| こんにちは、「やる夫が軍艦総長になるようです。」
|
| ナビゲーターの桃園ラブだよ!!           
|                                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| みんな、この作品を見て幸せゲットするんだよ!! | 同じく本作のナビゲーターを担当する東せつなです
\__________  ________/.  |
                 | /               .| 精一杯がんばりますのでよろしくお願いします!!
                 | /                \
    〉       |  _, -―- 、⌒ー、           ,  ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    /  ,       r宀くx. -―/⌒ \  し1       /. : : : : : : : : :/:ヽ
   { /{  , ---人__/   /|     \ く      /: : : : : : : : : : : :l: : : :',
    ∨八{  // |/   | ∧ l   |   V´     /: : : : : : : : : :> '´l: : : : i
     }'  ` /  l ||   /y≠Vヽ  h| |     ,: : : : : : :/:/    l: : : : :l
       ♀  vヘ、 {/ {rツ`  rテV /     |: : : : : :/⌒   -、|: : : l: |
       {}   { ヘ \{ `゚゙   〈{シ' /      l : : : : /=ミ`  _   |: : :/:/
            ゝ     ヽ _ ´厂       ヽl: : : l   ,  -=ミj: : :l/
          l ̄ ̄l 、      /          j:ハ: :|  ,、 _   /l: : l
         , --、ヘ.n  | 丶-‐<           _ノ : N、 Lノ  /: :l: :.|
      /   /^\ 寸ニ{\ / n          `ァ: : : /こヽく: : : :.ヽ:.!
       /   〈  ⌒ゝ'. } / / レヘ      / ̄/: : : /  --、J|: : : : : Y
       l    lハ   〈\V /ノ /⌒ 〉.     /  レ{: ::|  イ´ |j: : : :|: :ハ
      /   / 〉  /\V 〈 し、 /      〈   l人: |   |  /ノ: : ノレ  |
      / _ //  /   [|  l  イ1      l/   \.人 / _ノ ̄ノ   /
    /  /   /  ̄ \l/|  l〈        〈   /{  /l  ト、 く/  l/
    | r/   /     /' |   ヽl       l  ∧_/「 |`Y  |/   /
   〈/´   /  「l   { 「l|     |      /l /    ート-' ̄l   /l
    l    / 〉   |」   〉 |」 \_/     /-|     /|   ヽ /-|





278 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 21:04:29 ID:N7dEF1SA0





            ,  -‐=== 、           本作は軍艦デザイナー平賀譲の生涯について
           /        \、  
          〃        _,ノ ヽ        取り上げていくスレッドです。
            /      ,≠´   `l l 
          ,      ,ィfメ、   _-、l |        お約束通り本作内では「やる夫」が平賀譲役を務め、
          |     ハ ノ     f^iVl l 
         l  l: : :i ' '   〈 ー'/l /        その名前は基本的に「やる夫」で統一します。
        ! ハ :|  }ー 、   /: /  
        _j :| ∧:|、  ー' /: :/         内容に不備なところがあればそれは総て筆者の責任です。
       ` ァ:/  : ハ! \_  イ |:/l/
         /:/   { 、   l: : :l l(           指摘があればよろしくお願いします。
      _ 」:{:{ ゝ.\ーv'^ソ ハ     
     /   `\ { ̄[ {o}`7: : :}、          また、平賀の文章はその多くが残され、現在では
    /_      `¨ \ { } ナー' ヽ   
    ヽl \    /    [\/l   {   〉        デジタルアーカイブとして閲覧が可能になっています。
    |  \ /     ┌冂┐ `ヽ'  
    |   lノ´     └凵┘   ノ         興味を引かれた方はぜひ閲覧してください。
                        

 平賀譲 デジタルアーカイブ

 http://rarebook.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/hiraga/index.html





279 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 21:05:29 ID:N7dEF1SA0





                /           ヽ\
           /              l ヽ        ……さて、前回は文部省による圧力と
          /               ,   ',
           /                 /l   ',       河合問題、さらに総長辞任と
         ,              /  l   l
         |               /    l   l       相次ぐ難問に揺れる東京帝国大学を
         l              /      /ヘ   !
        !   |      :/,≧ー   /〃jTl  |      描きました
          ヽ  l :    :イしi:|     ! lヒ.ノ|   l
              ',  l : .  : /_辷ソ     `¨´l  /       この結果、新総長にはこれら山積した
           |  ! : : . : /       ヽ   /: /
          /  l |: : : ;          /: :/        問題を一挙に解決できる器量のある人物が
        ー=彡' ノ人: :./ \   ∠フ // : :/
        /   r‐|:/|\  >  _/:l:/|:/ヽ        望まれたの
       / :/  八 j j/√l\/ /l: |':    |_
       | :i   : l  \ ー」_」ー  / j/ /  :l:ノ' 〉、     しかし、文部省と張り合い、なおかつ学内派閥を
       ∧:人 : :|:\l_」/ノ ノ\__」 ノイ  :// / ハ
      /〈 l |i\:.! ::::| rJ〈 〈 ∟,  |::|: :/:/ / / l     解消できるような人物はそういなかったのよ
       / ∧l |l     | ∟ l l rJ  /::ノ´ :::/ / /  l
     / / ∧!!:i::::::::::::| rJ〈 〈 L  /::...   / / /    l





280 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 21:06:29 ID:N7dEF1SA0





   弋_       [ 二 /- /´ ̄           `>、└t._/ヘ、: : : ノ⌒\: :|
   /    : : : : : : :しァ≠―l              \/lヽ     ̄     レ′
    l / : : :/: : : : : : :/     |      :|\  \  ヽ   v| l
   V{ : : /{: : ; -―/   | t.     :l丶 二ニヽ: : |    l:| |
     \{ \{   /     :| :| >、   :l    u \|: :   l:| |          そんな都合のいい人物がいたら、
            | l  : :ト、!  _,> 、\ ァー┬‐ |: :  /ヽ O
           ヽ:l   : :| ―く__ノ   ̄   ー'  /: :/r‐、| ハ          そもそもここまで話が
            | \ :|           // ̄ l/  / V
           O  { `T //              /__/-―- 、        ややこしくならないんだよね……
           ハ   ゝ八    、__ ,、       /_ /     |
           V  //^ ゝ.   V_ノ    / ノ ̄ ̄`ヽ. |        一体どうなるのかな……
                 l/    (`  ー-----‐ '´  ̄         l |
              /  丶. `  ー------‐¬1         | |
               l     `エニ=-――― '´ __,ノ´     | |
               |     ‘7ァーr--r一ァ ァ'"´_|        | |
               |     {丶二j__,ノ二{__/´-―|        | |





281 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 21:07:29 ID:N7dEF1SA0

.





========================================================================

              第二部第3話(通算第17話)   軍艦総長誕生

=========================================================================



.


282 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 21:08:29 ID:N7dEF1SA0





┌─────────────────────────────────────┐
│ 昭和13年の師走を迎えた東京帝国大学では、新総長選出を迎えた緊張そのままに  ..│
│ 12月1日から5日間、日中共同の「東亜文化協議会」第2回総会を大講堂で開き、   .....│
│ 人文・自然科学の交流を図る方策について討議した。                     │
└─────────────────────────────────────┘


        ||::|                         |::||
        ||::|                         |::||
        ||::|        ∧_∧        ..:|::||
        ||::|        ( ´∀` )         |::||
        ||::|        (     ).       |::||
        ||::|       | ̄ ̄ ̄ ̄|      |::||
        ||::|       | ̄ ̄ ̄ ̄|      |::||
        ||::|       |        |      |::||
     ∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧
  ∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧
  ∧_∧ ∧_∧ .∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ .∧_∧ ∧_∧
 (    )(    )(    )(    )(    )(    )(    )
 | ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄|
 |li_____il| |li_____il| |li_____il| |li_____il| |li_____il| |li_____il| |li_____il|
 |      | |      | |      | |      | |      | |      | |      |





283 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 21:09:28 ID:N7dEF1SA0





            ___
         /~~~\
       /_ノ 三ヽ、_  \               中国に対する礼を尽くすために
      /(◎)三(◎))   \
      |:::( ((__人__)))::::::   |             日本側からは名誉教授級の碩学が
      \   `⌒ ´     /
        ヽ        /               多数出席しているんだお
        / `ー――‐''|ー-┐__
     //::[ ̄l丁 ̄/ /:: :: :: !:::: ::` ー 、 _        恥ずかしながらやる夫も末席に
    /:::/::::/  ̄ ``′/:: :: :: ::!:: :: :: :: :: :::: `丶
    ./::::/:::/      /:: :: ::_ ∠:: :: :: :::: : :: :: /|     加えてもらったんだお
    l::::/:::/ .l .,! .|  /:: :: ::,イ∠ !:: :: :: ::: :: /:: :: |
   /::/:::/ | ! .|  /:: ._, -X_.入:: :: :: : :/:: :: :: ::|
   !/:::/  ! .| ! メ∠匸 !l/.ヽ.イ .入_:: : ,':: :: :: ::. :|
  レ':::l  l l l"/:: |.ヾ" へ〉 /ハ∨:: :/:: :: :: :: :: |

┌──────────────────────────────────────────┐
│ 既に「悠々自適」を始動させていたやる夫も、そういう「日本の顔」のひとつとして席に連なった。  ....│
└──────────────────────────────────────────┘





284 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 21:10:28 ID:N7dEF1SA0





               xァァ'7¨ ̄ ̄ミ・ .
             斗{{ {     _   \
              /{{  ` ミ \ __i〃 ̄     ヽ
          / ≫" ̄ ̄〃゙刈⌒ー-=ミ ハ
          ,'〃|′    リ   |l       | `!       ────東亜新秩序を形成するため、
           {/ |       リ       ト、|
          レ7! x¬=-〟 ヽ  , -=¬x ト、 !       我々は日中協力して文化の互助連環の関係を
            |ノ ! x:ぞテ㍉~ r' x:ぞテ㍉||
            r㍉|        |         k㍉       作ろうではないか
            |fぅリ          j         ぶ!|
            ヽぶ        ^ {_〉       !ノノ       それこそが新文化の創造に繋がるのである────
            `rヘ        ___       /1
           | ヘ   ‐´―‐`‐    / リ
           レ'| l丶     ̄    , ' |/
              k‐|  \       /  |‐ォ
              l \_ ` ー--‐'  _/|
              |     ̄l゙Y゙「 ̄//////!

┌─────────────────────────────────────────┐
│ 初日の開会式では、文相荒木貞夫、外相有田八郎、陸相板垣征四郎などが祝辞を述べた。  ....│
└─────────────────────────────────────────┘





285 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 21:11:28 ID:N7dEF1SA0





                       ,.‐:、_,:‐.、
                     /::::::::::::::::::ヽ
                     /:::::::::::::::::::::::ヽ
                      l―――――゙l
                ___,,,,,.....l_______l.....,,,,,,___     (……ふん、日中交流とは言っても
              <´:::::::::::::::::;::::;;;;;;;;;:::::::;;;;;;;;;:::::::::::::::`>
                `''ー‐--i ´ヽ / `゙   i--―‐''´     所詮は日中戦争の侵略性を
                    :==-===/'ヽ
                    !;;;;;;;/~ヾ;;;;;;;ノ .6 i         糊塗する政治的意図が先立った
                    `!、 !_.,ヽ.   / , ノ
         ___.          /~´ ´``'ヾノ`i          集会ではないか
        γ´-.、゙ヽ        !  ,/''ヽ.   !  |
       .〉  ) ) i        ヽ,/   ヽ,,ノ  .|__         しかし、日本文化を担う最高学府としては
       .i  -' ノ           !  ノ_,,..-::''´::|
        ヽ  ; :/          _,,l,,.:::''::::::::::::::::::::`i        そうであったとしても協力しないわけには
          | ; ::|         i''´::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
         | ;:|        l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|       行かぬからのう……)
         | ; :|         l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
.        ,|   ト 、        /l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
        !  ̄´  ヽ______i;l_l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
        !`''    ´||::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
           !     .||::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|

┌──────────────────────────────────────────────┐
│佐藤寛次総長事務取扱は副会長に推薦され、その後行われた互選でやる夫は理事兼評議員の一人となり、.....│
│理工学部会を担当した。                                                    ..│
└──────────────────────────────────────────────┘





286 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 21:12:28 ID:N7dEF1SA0





┌───────────────────────────────────────┐
│ 部会ごとの討議が始まった翌日、やる夫が工学部長時代に案画した工学部学生4割増の  │
│ 予算が閣議を通過した。                                           │
│『 帝国大学新聞』は「”平賀案”遂に実現」と、やる夫の名を冠してこれを顕彰した。         .│
└───────────────────────────────────────┘

        ____
      /~~~\
    /( ◎)―(◎)\                 ようやく予算案が通ったんだお
   /:::::( ((__人__)))::: \
   |     |r┬-|       |
__ \      `ー'´     /     ___        これで大学に渡すつもりの遺産が
ヽ  ̄`"¬ー--、,,,_   _,,,、-ー"´ ̄´....,., /
 ∨ ;:;帝大新聞;;:; `Y´ ;;::;;:::;:;:;:;:;;;:;:;:;::; /         総て整ったんだお……
  ', ;:;:;::;::;:;;;:;;:;:;::;;:;;:;: i ;;:;:;:/ ̄ ̄/;;:;:;: /
   ', ;:;::;;::;::;:;;::;;;;:;:;;:;: i ;;:;:/ijknw/;;:;::: /
  {⊃;;:;:;;:;::;:;;;:;::;:;;::: l ;;:;;:;;:;:;:;;;:::;:;;:;⊆}
   ヽ⊃) ̄7;;:;:;:;::;;:;: l ;:;:;:;;:;::;:;::;;::; ⊂ノ
   / /__7;;:;;;:;;::;;;; l ;;:;;:;:;:::;:;;::;;;:;: /
   / ;:;:;:;;;;::;:;:;:;::::;;;:;:; ! ;;:;::;:;:;;:;;:;::;:; {
  ノ / ̄/ ̄/ii7lkl/7 i []ikllihXCV ヘ、_
   ̄`"¬--、,,,.__¬ }L ]_,,,、-ー"´ ̄
             ̄`´





287 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 21:13:28 ID:N7dEF1SA0





┌───────────────────────────────────────┐
│ やる夫は無事に日中文化交流の5日間を務めあげたが、その一方で河合問題をめぐる    .│
│ 一連の騒動に心を痛めていた。                                     ..│
│ そのころ大学当局は、予定通り総長候補選考委員会を設け、直ちに候補の策定に        │
│ 入っていた。                                                     │
└───────────────────────────────────────┘

..      ____
     / ― ~-\           ……やる夫には思想の世界の事はよく分からないお
.  . / ( ◎)―(◎)
  / :::::( ((__人__)))\        でも、きっと今度も大学の良識が働いてうまく解決するお
  |       ` ⌒´   |
.  \           /        やる夫は今度任命される新総長に期待しているお
.   ノ         \
 /´            ヽ





288 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 21:14:28 ID:N7dEF1SA0





┌───────────┐
│   12月16日────   ..│
└───────────┘


        ____
     /      \               帝大から書簡が届いたお
    /  ─-  -─\  
  /──( )─( )- \            そういえば今日は東京帝大の新総長候補者が
  |    ( ((__人__)))  |
  \        |\  / /|          発表されているはずだお、多分そのことだお
  /     /⌒ノ  \/ ( )
  |      / / |       |          どれどれ……





289 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 21:15:27 ID:N7dEF1SA0





        ____
      /:::::::::::::::: \                ┌────────────────────────┐
     /:::::: ─三三─\               │  決定した候補者は次の通りであった。         ....│
   /──( ○)三(○) \             .│                                    │
    |:::::::::::::::( ((__人__)))  |             │  ●山田三良                        ......│
   \:::::::::::   |r┬-|   ,/             .....│  (法学博士・東京帝大名誉教授・元法学部長)     .│
       ̄ ̄ ̄ `ー'´  ̄              ..│                                    │
      |l l l l |                .. │  ●平賀やる夫                       .....│
                                 │  (工学博士・東京帝大名誉教授・前工学部長)     .│
       _______                ...│                                    │
    ノ          \             .│  ●佐藤寛次                        ......│
 . /´  .     |\    /|            │  (農学博士・東京帝大農学部長・総長事務取扱)   ...│
  |       /⌒ノ  \/ ( )           .└────────────────────────┘
  ヽ     / / |       |





290 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 21:16:27 ID:N7dEF1SA0





            .. .. .. ..
            ::/ ⌒`"⌒`ヽ、::
          ::/,, / ̄ ̄ ̄ ̄\::              こんな話、やる夫は事前に
         ::/,//::         \::
         ;/⌒'":::..            |⌒ヽ          何も聞いていないお
       /  /、:::::...           /ヽ_ \
       (  ⌒ー-ィ⌒ヽ、   /⌒`ー'⌒  )_        これはきっと何かの間違いだお……
      .l ̄`ー──ゝィソノー‐ヾy_ノー─" \
      \ \    \  ̄ ̄ ̄ ̄  ̄    \
        \ \    \





291 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 21:17:27 ID:N7dEF1SA0





\   // \ \    / /   |  当選すると東大に
\\//  / \ \/ /.      |
  >  <  \/   \ _,.. --─-- |  ┬   ⊥上 ┬r_j_, l 、
//\\/\ /_, '"           | |工|  .ロ.||   |コ┴'┼!
  // \  ._,r'"             |十'十 小儿 ┴| 日乂/
>  <  / ,.イl/r' /⌒´       |
        j≧i{ルzえr‐==宀Y!→三  |    ナ__ぃ ナ ヽ   |〉
      /ト{⌒`´″      l|  三 |    / ー    d、 O
      { }i{             リ  三 |
 \/   ソ -、           三  \__  _____/...  ┌─────────────────‐┐
 /\   i=-、   ,r==‐一   `ミミ    」/             .│ 選考された内、山田は法学博士であり、.│
     _r==≠ー‐' r‐テ宍ぃ,___ヾミ     ヽ、 !          ..│                          ..│
    └}- i 亠}⌒ヽ{ 、_  ̄´ }r───―r‐rイ ⌒トi }| |         │ 河合問題の難局を裁くのは      ..... │
      ヽ_!`_j   ヽ _ _ノ'_ノ'´   ノ ミ! i片 l//ll |         │                          ..│
        ヽ }   '´ `!       /  ミ!  し'ノ/l!lリ         │ 学問の性質や学部の性格、        ..│
   \/  、ヽ _ r‐- ノ  `ヽ、       i_,ノヘ川          │                          ..│
   /\   川从川从川从  !  i       !   ノル{           │ さらに法経関係の事情を理解した    ..│
          ヽ‐ー→―ー‐ァ'’ j   !      ! }   {_          │                          ..│
  ×      ヽi`ー─-^'´/  !      / /    ソヽ         .│ 山田以外には無理と考えられていた。  │
           い、____,.   /      /l  }   / /ヽ        .│                          ..│
        ×  }            ,. '"   } / / /           │ つまりやる夫は数合わせの       ...│
\  /        '、         _/    ///  /            .│                          ..│
  ×        ``=ニr‐ '"/      /  /             │ 当て馬だったのである。          ..│
/  \   \/         }  /   /                 ...└─────────────────‐┘

山田三良(やまだ さぶろう、1869年12月10日 - 1965年12月17日)

国際私法学者。法学博士。
東京帝国大学法科大学教授、京城帝国大学総長、東京帝国大学法学部長等歴任。
1943年12月から1947年5月まで貴族院議員。1954年文化功労者。





292 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 21:18:27 ID:N7dEF1SA0





                      _
                     ,/´:::::::`ヽ、
                 /::::::::::: ,. -‐ - 、_                山田さんは俺の大先輩だし、
                   /:::::::: ,,.-':;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:`ヽ         ,,..-
                /::::::: 〃"つ,'ヾ、_:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;`ヽ    /´:::::::    総長候補に選んだのは
              /::::::::: /,,、{、   `ヾ、:;:;:;:;:;:;:;:;:`ヽ/ :::::::::::::
             /:::::::: ,.ノ ,. 、ヾ:、      〉:;:;:;:;:;:;:;/ ::::::::::::::::::::    当然なんだが……
           /:::: ,..-'´ ' /'ヽl  l::!   /:;:;:;:;:;:;/ ::::::::::::::::::::::::::
          / /: 〈_    ー ´   ゙  /:;:;:;:;:;:/ ::::::::::::::::::::::::::::::::    しかし、どうも俺はやる夫博士が
         / /:: /            }:;:;:;:;/ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        ,〃::::::: }-、              ノ:;/ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    気になるんだよな……
       ,〃:::::::: /       r'´   ,.〃´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      /:::::,//          /::/ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    あの大内の起訴前処分をめぐる話で
     /::: /::: (  ,、      ,./::/ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    /: /:::::::: __〕、/ノ\,,..-‐'"':::/ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    土方に大見得切ったあの声が
   /: /::,,.-="´ー"-'r‐v´:::/ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
,..-┴'" 二,、_,,ノ=ーフ:{:::::i ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::     耳から離れなくてさ……





293 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 21:19:27 ID:N7dEF1SA0





             o
             O
┌───────〇──────────────────────────────────────┐
│                                                                    │
│                                                                    │
│         /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ `  、                                          .│
│        /                \          その行動に非国家的なものがあるのなら      .│
│      ./              ,==ニ_-、 丶                                       │
│      /                 〃  __ `ヽ  \       処分もやむを得まい!!                .│
│     ./     メ≧、_ノ     イ   {・}  |}  丶                                     │
│     /     ィ彡´三ヽ\  /. 丶 __ /     '      しかしそれは、司法官の処断により         .│
│   /     〃 ̄ ̄ {・}|       ̄  ̄       V                                  ...│
│  ./      廴 _ 二´    l     、       '     事実が判明した場合だ!!             │
│  ,'         ̄  ̄,       人、   }         '                                   │
│  |           ヘ、   _イ __`ー-ェ'            |    司法上の処置の前に非国家的であると       │
│  |           |i Tィ'"´:::::::::`゙ヾイ         ∧                                 ...│
│  |            ! |{::::::::::::::::::........}|   /     /    処分を行うのは慎重でなければならない!!     │
│  丶             V:::::::::::::::::::::::/ //    /                                   ....│
│   `            \_:::::::::::::::ノ        ∠       司法処分まで待つのは当然だ!!          │
│     `              ̄ ̄      /                                        │
│        `ノ` ‐ - _``ー- -‐'"´_ _ , ´                                         │
│                                                                    │
│                                                                    │
└──────────────────────────────────────────────┘





294 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 21:20:27 ID:N7dEF1SA0





                    _,,. ..,,__
                ,.-‐':´:::::::::::::::::`ヽ、
               /:::;;-、_::_::::::::_::_::-、::ハ
                 l:::::i  ' ゙|"´) !  ';::ハ            …………
               !::;',,.-、_  ,,.-‐-、 ';/
               〉l ´ ┰゙ ゙!  '┰` y、            念のためちょっと工学部に
               { !、 ` ´ |  ` ´ イソ
                ヽl     L     i´             やる夫博士の総長就任に脈があるかどうか
                ,,..ハ   __ _   ハー、
            ,,、-'´:.:ハ 丶   ‐  / !:.:`≧。-、        探りを入れてみますか……
        ,,..-f´-゚‐´:.:.:.:.:.:.l  、ヽ、_ /  i:.:.:.:.:.`ー':.:L`ヽ、.
      /゙〈"´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|ヽ▽,〈;;;;;〉、 ▽/!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.7´::ヽ
     /::::::::::ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l ヽ' 「;;;i `",':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./::::::::::ハ





295 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 21:21:27 ID:N7dEF1SA0





┌────────────────────────────────────┐
│ ところが、やる夫を後押ししていいはずの工学部関係者は、全くといっていいほど ......│
│ 積極的な姿勢を見せなかった。                                  │
└────────────────────────────────────┘

         /~~`'i
         |;;;;;;;;;;l   ____          平賀さんはいわば「軍艦の神様」です
         l;;;;;;;;;;;l /,r---、::丶、
.         l;;;;;;;;;|:::;'    ヽ::::ヽ       そのような人にやっかいな仕事を押し付けて
         l;;;;;;;;|:;'     ゙;::::`,
      ,.-―'― 〈       |::::::|       晩節を汚させるようなことがあっては
     ,メ、ニニニ-ト、      |::::::|
    /~~~  ノ:::l     .|:::::|       平賀さんに申し訳が立ちません
   ,.ム、  ,.--、  彡:::|     |::::::|
    kj、)  ィェ、_,  レ⌒|      !:::::|       第一、本人はやる気がないでしょう……
    l ,./ -、´      { )‐ァ┐  l::::::l
__|ノニ ´,,,ヽ、   、 J / 」-  ヽ、⊥
  /l  -=-  )))  ノ / //
 イ ヽ- _ --―/-'  //
  \ `ー―‐ ´ _,/ /
    `T ー--‐ ´   /  / ←昭和13年に東大教授に任命された徳川武定造船少将





296 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 21:22:26 ID:N7dEF1SA0





               _,,.. ._
            ,r;';;;;;;, _,..、`、
           i´_,.. - ' _゙、,ヽ                 いやまいったね、こりゃ……
           l゙、 ,.、 '´rニ,゙v i .
            ヾ iャ'j; `  i' r'~ヽ,ーュ: ; _           お膝元は全く脈なしか……
            ュ'ヘ ヽ ' _,  i .! .i !`ー┴-ニ`y、
         ,.r'´;l´::.:..ヽ, '´.  / ! .l, :::.:.:.:.:.::: }' i .       しかも選考委員会の中には
       _,.-'~ヽ l ::::.:.:. `!ー '" ry'`ーi ::.:.:.::::..: l  r,!
    ..,.-='´   `、゙、,l ::::.:.:.:. l .`t-r'  i ::.:.:.::.:.:: l リ !       彼が海軍と兼務の「外様教授」であるから
   / `ヽ,    ヽ l :::::.:.:. .i 冫l '",i .:::.:.:..:.:. l ,  i,
 .,rー'ュ、 ゙,  _, -=' ト-t_ :.:. \_⊥-' :.::.:.:.,..._,./  ,7 `;t     総長にはふさわしくないと考える
. ,ヘ.! i^,.`i /' ~ .   loj :.:~`rー '"~  ̄ ̄l oj l ;'     l
ヾ、」y' _r' ´      .i´、:.:.:∫::.:.:.:.:. .:. :.: , `´ `t ..,_   !    セクト志向の委員までいる始末だし……
. `7,' ´         _,l._ ` ! :.:::.:.:.:. :. :.:. :.:. :.:.: { l,  `  `i





297 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 21:23:26 ID:N7dEF1SA0





┌────────────────────────────────────────┐
│ 新総長候補の選考内容は、選考委員限りの厳秘事項とされた。                  ..│
│ このため各新聞社は腕利きのベテラン記者を取材に貼り付けたが、『東京日日新聞』       │
│ (現在の『毎日新聞』)では腕達者が従軍中であったため、止む無く入社して1年そこそこの   │
│ 戸川という新米記者に取材合戦をゆだねた。                               │
└────────────────────────────────────────┘

                / / /        \
                 /  / /      l     \
               / /  / / //  l l  l   ',
                / /  ,. イ  / l   / !  l   ハ      スクープよ!!
            l /  /」L.」_ l  ∨/ | /  ,'     l
            | l  l/V _ ヽ|  Tナ≠| /l  l   l      必ずスクープを
            l /l 」 ョ'-fzし!   ´,ィf¬レ//l  /  ,'
               V个、(  ゞ=ヘ_  , lzチヌ[ / / /'      モノにするんだから!!
              ヽl ` ー‐ '゙ / `l  `¨  )/l/イ
                 \      ` ¨¨¨´/ノ //
              , -- 、   \ ー -、     /ァf´
`丶、       /    `ト--个 、_  イチレ'
    `丶、_   /       l   \   ,∧/_
、    / /\/´!        l\ |`丶、ゝイ  >┐⌒ヽ
、 `丶、,' ,'   ∧ヽ      l   |  -`TT´-  |  l  ヽ
 \    `\./ ヽ. \    l  L. -ー木 ‐- .」ー」   ヽ
  / ヽ-―‐-、\  ヽ. |   l    /  /l ', ヽ「l/⌒ヽ  〉
  `丶 __, -┴、\  〉  /'´  /  l l l | / ̄丶.  ∨

戸川幸夫(とがわ ゆきお、1912年4月15日-2004年5月1日)小説家、児童文学作家。

当時は東京日日新聞記者。後に社会部長、毎日グラフ編集次長。
小説家に転じ、昭和30年「高安犬物語」で直木賞。動物文学という新領域を開拓した。
イリオモテヤマネコ発見のきっかけを作ったとして知られる。





298 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 21:24:26 ID:N7dEF1SA0





┌─────────────────────────────────────┐
│ 当然ながら新米記者には選考委員たちも冷たく、直接家に訪ねていっても         .│
│ どこも門前払いで、取り付くしまもなかった。                                │
│ ところが、ほとんど最後に訪ねた某委員は彼に同情したのか、戸川を家に上げると    │
│ こう呟いたのだ。                                               │
└─────────────────────────────────────┘

           / ̄\
             |    |
           \_/
  ________|_______
 │ ::::::::::::::::::lllllllllllllllllllllllllllllllllll::::::::::::::::::::│
 │ :::::::::::::::llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll::::::::::::::::│    私も委員の一人だから
 │ :::::::::::lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll:::::::::::│<  
 │ :::::::lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll:::::::│    会議の内容については喋れない
 │ ::::::::::::::::lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll::::::::::::::::│
  | ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ |     ただ私は日記をつけていてね……
  |  |   ワ    .ゴ    ン     |   |
  |  |                  |   |     書き終わったら必ずそれを読み返しているんだ
  |  . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .....|  
 ◎                     ◎





299 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 21:25:26 ID:N7dEF1SA0





          . == zー‐ 、
        //´ ̄` ⌒丶\
       / /       l    \\
      / /    /  /     Vハ
     /   /    l  /   l   V ハ        ほ、本当ですか!!
   / ,  /   l / イ. :  /从   v ハ
  イ /  /. : ;ィナヌト l: : : .//Tヌ. . :l: : l
  |l: : /: : :/≠ミ:| l: : /レ:==、i l: : :l: : l       ありがとうございます、博士!!
    v: : l: : ,:i´ fい 、 レ , fい. リ: : :l: : !
   乂::ⅣI{ _辷ソ r}ー‐{ュ:辷ソ }: :ナル’
      j人 l` ー一'  j ` ー一〃イ
      `ヌハ   7-―-ァ    j/
         ノ:ト、 {   ノ   イ
    /⌒T f´  〈 >ー<} ``T⌒ヽ
    / 、 l |   \   /   | /  l
    |   | ゝ _r―‐r-r―┐ノl/   |

┌────────────────────────────────────────────┐
│ 戸川はその温情に思わず鼻を啜った。                                        │
│ かくして、12月8日に全学教授の推薦投票が行われ、本命の山田三良が過半数を得たという情報を   .│
│ 戸川は日記音読という某博士の温情でものにしたのである。                                │
└────────────────────────────────────────────┘





300 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 21:26:26 ID:N7dEF1SA0





        ____
      /      \                   「東大新総長の候補者を決定する教授会の
     /  ─-  -─\ ナンデモレテイルンダオ…
   /──( )─( )- \                 推薦投票は既報の如く八日午後一時から
    |    ( ((__人__)))  |
   \      ` ⌒´  ,/         __     各学部ごとに行はれ、本部総長室において
   ノヽ  ̄`"¬ー--、,,,_   _,,,、-ー"´ ̄´....,., /.
. /´  ∨東京日日新聞`Y´ ::;;:::;:;:;:;:;;;:;:;:;::; /      佐藤総長事務取扱、江口書記官及び六学部長
 |    l ', ;:;:;::;::;:;;;:;;:;:;::;;:;;:;: i ;;:;:;:/ ̄ ̄/;;:;:;: /
 ヽ    -', ;:;::;;::;::;:;;::;;;;:;:;;:;: i ;;:;:/ijknw/;;:;::: /        立会いの下に全教授の意思表示を確かめ、
  ヽ __{⊃;;:;:;;:;::;:;;;:;::;:;;::: l ;;:;;:;;:;:;:;;;:::;:;;:;⊆}
       ヽ⊃) ̄7;;:;:;:;::;;:;: l ;:;:;:;;:;::;:;::;;::; ⊂ノ        次期総長候補者を決定、午後七時半散会した。
       / /__7;;:;;;:;;::;;;; l ;;:;;:;:;:::;:;;::;;;:;: /
       / ;:;:;:;;;;::;:;:;:;::::;;;:;:; ! ;;:;::;:;:;;:;;:;::;:; {         選ばれた被推薦者の名前は極秘にされてゐるが、
      ノ / ̄/ ̄/ii7lkl/7 i []ikllihXCV ヘ、_
       ̄`"¬--、,,,.__¬ }L ]_,,,、-ー"´ ̄"       名誉教授山田三良が過半数の教授の意思表示を得て
                ̄`´  ̄`´
                                 被推薦者と決定した模様である」(S13.12.9)





301 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 21:27:26 ID:N7dEF1SA0





                        __
                    ,. ´   `ヽ.
            / ̄`ヽ  /  , ‐ 、 , ‐'.
         /, ⌒ヽ i |  `⌒  ⌒i            とにかく、何とかこれで
            { { 、__ノ ,ノ |^v=「  ̄`H´ ̄}
          い、 __ノ}:ーァ!  ヽ__ハ__,イ‐.、          新総長候補が山田君に
         ,ゝ、  ,イ.:|{`┐ ,. -‐~ー〈:.:. :.\
        /. .:.:.`i_}.: :ヽ`ーV : : :, へ.:.::',:.:. :. :.ヽ,       決定したわけじゃ……
        / . : .:.:./´ _}ヽ : `!7 : /.:.::::,ハ.::}.:.:',:.l.:. :.',
      / :, -‐ァ´|  _」丿: : !{/iヽ.:.::/: :l/.:.:.:l/.:. : :′     あとは文部省に対する
     / :/.:.:.:/ / 、 ―j.:. .: .:i―┼‐∨.:. .:. .:.:.:l:. : : : :i
    |: : .:.:.:.i | ,l ̄l:.:. .: .:|__|__|:. :. :. .:.:.:|:. : : : :|      手続きだけじゃのう
    |: : .:.:.:.l  l/ |  |.:. .: .:|   |   |:. :. :. .:.:.:|:. : : .:/
     .\: .:.:.:\ \,.|  l.:. .: .:!__!__!:. :. :. .:.:.:!: : /
        `ー―→一'|  l:. .: .:|   |   |:. :. :. .:.:.:|/
            /: .:.:.:.|  |: .: :,'―┼―',:. :. : : : :',
          .〈: .:.:.:.:.:l  |: .: '  ∧  ',:. :. : : : :〉
            丶、.:.:l  l: /  /:::::',  ',:.:. .:./
              丶i  l/  / ::::::::',   ,/





302 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 21:28:26 ID:N7dEF1SA0





           ,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,.
         ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;三三ミ;;;;;;;;;;,
         /;;;;;;;;;ミ-三三三ミ/ミミ;;
        彡;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ,,,,ミミ;;;;;          そうですね……
        ヾ:{"`/~_/"~   ..");;;;;;;;;
       ヾ{,---、 _ __, --  ./;;;;;;;;;          従来の方式ならばそのまま山田新総長の
          }_____,,_ <-、,,,---、 `-;;;/,
          `l -ニエ) < 'ニエ>     ./          選出を大学自治の決定事項として
          |  ' {          ヽニ
          |   { -、       .l |           文部省に追認させればよかったんですが、
          .|  、`ニ'_      /| .
          .ヽ .ニニ `    /人          これからは文部省に「推薦」して同意を得ないと
          . ヽ       ///ヽ
           ヽ__,..-=~"~ /: : : /: : :      いけませんからね……
      ___,.-ー//`,=、'~"  /: : : : /: : : :
    ,-':/: : : : :/; // 彡ヽ  /: : : : : /: : : : :





303 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 21:29:25 ID:N7dEF1SA0





┌──────────────────────────────────────┐
│ 推薦の報せを受けた当の山田は、翌12月9日、早速河合に電話を入れ、著書や論文を   │
│ 閲読したい旨を伝えた。                                        .│
│ この時点での山田は、総長就任を辞退もしなければ考慮の時間を求めもしなかった。  ...│
└──────────────────────────────────────┘

  + + _, -──|  あ、河合君かね
+ + / _     |
 ┼ イミv/-=-rョ| 悪いが君の著書や論文を読みたいんだが……
 + リ__      j ミ.|、
+ _」_` r'ニ、 ミ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  { ト}⌒、卉 〕===ミ-ィ^ヾi|
 + ヽ{ _ ヾ _  / ミ りノl′
 +  l|卅llllll ヽ   厂州
┼ +  }二ニフ /   ,イノ 入
 ┼ + {ー    ,/  //`
   + `ー-rイ  //





304 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 21:30:25 ID:N7dEF1SA0





         ____
        / 、, ヽ
     ,, -┬ | ^  ^ |┬,-、         山田博士は受諾したと見るべきじゃな……
   / ,-、,-(:|lこHこl|;)ー--、
    |/|,゙,l| ,,┴ー.vー┴、   ヽ
  /  __|、|/'v'T'~^~Tヽl\   \      では早速文部省に推薦の手続きを
  |   {_Ξ}   ヽ,,,,,,/    \|   |
  \___/T'|'    | ''' |     |  /      取ろうではないか
     | l゚|     |┿|     |/
     | |l|     |┿|     |┤       以前の文部省との合意通りにやれば、
    | |'|     |┿|     |┤
     |,__|゙|__,l人l_______|/        何も問題はないはずじゃ……
      | |,|          |
     `|'|          /
      l|、____λ__/
      !  v    v





305 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 21:31:25 ID:N7dEF1SA0





__________________
|      昭和13年12月10日(土)       .|        ┌──────────────────────┐
| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄| |       │ ところが、文部当局は手続きに難癖をつけ、    .│
| |  文部省新総長推薦に難色か. . | | 朝 | |         .│                                │
| |______________| | 日 | |       │ 大学側の推薦を受理しなかった。           .│
|.                  __ .| 新 | |         .│                                │
|                  .| 推 | | 聞 | |        .│ 総長推薦劇は、幕を上げた途端に          │
| _______     人 .|.薦│ |__| |        .│                                │
| |    .∧_∧ . |  : : ; 物 | 手 |  __ |       │ 頓挫してしまったのだ。                 │
| |__∧ (|@∀@)  |  : : ; に | 続 | |紙面| .|         .│                                │
| |∀@) アヒャヒャヒャ |  : :  .は | き | | : : : :| .|         .│ 文部省側は山田の人物に異存はないと       │
| |  つ / /\ \ .|  : :  .異 | に | | : : : :| .|         .│                                │
| ' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ; : : 存..| 遺.| | : : : :| .|        .│ していたが、その裏では軍人のやる夫を     ......│
| : : : : : : : : : 独 荒 : : : :  な | 憾.|:   ̄ ̄ .|       .│                                │
| : : : : : : : : : 自 木 : : : ; : :し .| あ.| : : : : : : |       .│ 希望しているとも取れた。               ..│
| : : : : ; : : : : 推 文  . : : : :  .| り.| : : : : : : : |        .│                                │
| ; : : : : : : : : 薦 相 : : : : : : : . ̄ ̄.: : : : : : :.|        .│ さらに文部省は独自推薦を考えているとも     ..│
|   : : : : : : : も .は 東大側と再折衝か : :│      ...│                                │
| ―――――――――――――――――|      ...│ 報道されたのである。                 ...│
                                 ...└──────────────────────┘





306 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 21:32:25 ID:N7dEF1SA0





      ,ゝ:;:l´    i::::::::::::::::::::::::::::::::::i
     '´ /l (     ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::l          やはり難癖をつけてきましたか……
       ! | ヽー‐-‐   `i:::::::;;::::::::::::::::::l
 :: ;;; ,,    l        !:/´`ヽ:::::::::::::|          しかし、大学の自治の建前を守るためには
  :::;;;;ヽ   l ミ=-‐'    ,'   l::::::::::::/
   ヾ::::::)  l       i ー-‐'ヾ:::::::く          山田新総長の線は崩す訳には行きません
   ノ;::ノ   「       '     〉;;;,-‐L
   ヾ::)   ヽ-┬┬ ' >     ./く    \       何とか文部省と話し合いませんと……
     ゙・━  ゝ┴┴ '   ,/   ヽ、
          ヽ__,,,..-‐ '´ /    | ヽ-‐ '´

┌────────────────────┐
│ 大学側は、文部省と必死の交渉を行った。  .│
└────────────────────┘





307 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 21:33:25 ID:N7dEF1SA0





     /  /  丶: : :: :: :: :: : ::: : :: :: ::: : : :: : : :: :: :, .'´ .: .:
    // /   l ´`丶:   . : : :. :.: .: .: . :. : :.:. :. .;'   : ::::┌────────────────────────┐
  / /  /  l| l r:: .'  . : :. :. :. :. :. :.:r ´丶: :: ::j'  .  : .: :.│ 渦中に巻き込まれた山田の去就が注目された。    ...│
 /  /  /   l| l 丶: :: :. :. :. :._:.: .:.: ;'´,i´::::. :.:;´  : :. . .......│                                    ..│
./  /  /   ,'l  l  `;_. :. ::::「l l´ _, -: :. : .:.: .: .: . .: .: :..:....│ 憶測が飛び交い、再び取材合戦が始まった。      ..│
'  l  l l   /l/丶.l  l|  `_」i l ゙;.::. . .  .  . : .: . :. :.:::.:...│                                   . .│
|   l  l l / l   l / /, ≠ 、」 丶: ::::: .. . .. . :: :: .: .::.;.. .. .│ ベテラン記者たちは山田への直接取材を諦め      │
|  l   l l/l  l   l/  /」>tェ‐レl ゝ::: . :. :.:. .:.,r 冖´..... .│                                    ....│
l  l   l/」L.-、ヽ    /  弋ツ / ヽノi'´` - '´    __ . │ 彼の周辺を洗いまわったが、新人である戸川は  .. . .│
l  l 丶 |l v 工>-、, -ヘ) ___/ /\___   ,  '´    │                                    │
l /l ヽト、 f´弋ツ (ノ          l|   __」工チ _,,.  -‐...│ そのようなコネがないためひたすら山田に張り付いた。...│
l l lヽ lN ト、 _./ 丶      /' rf´二_.> ' ´       ..│                                    ..│
丶lヽ|丶トヽ\     r ⌒)   //   l:!_く::::::: : : : . .     │ そして3日後の12月13日、戸川は               │
           丶、_  `   .//   `オハ:::::: : : :      │                                    ..│
       ,'´ ̄ | l ` Tナ く_/_ rュィ´ムハ:::: : : : . . . .   │ 苦し紛れに思い切った手に出たのである。        .....│
        /   l  \  ヾ/ _,ノ c| l /ハ::: : : : . ..   └────────────────────────┘
        |  ‐-l   \/  / /´\.l l !| ハ:: : : :
        l     \.  /  // ,.へ、\ゝ、 ハ:: : : :





308 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 21:34:25 ID:N7dEF1SA0





 |    /   l    // |l       | l l    l   l
 l l  l   /|  // l 丶 l     l l l  |   l   l.       山田博士!!
  l  l|  / l  /イ  l  丶 l    / 丶jレヘl|   l   ll
   l  /l  l  」//|  l    ヽl    l  /レT「 l   l   l|      私は山田博士が総長になると書きます
  l  ! l //丶 | ヽ. !    l  //   /' /l   l   l|  
  丶.|,ィT 丶、ヽ| ヽ.!    、レ'チ   _.厶 l/   l | l|      しかし、もし事実に反していたら、
| l  N 丶!   丶---'\     |//, ィ ´ 」L∟Ll._ l / /
l 丶 l | /, -――- 、-     イ,ィチV  / /l j/ /       私は読者を欺く事になります
tl  l | Y´ _l>t:ッ≠‐-、    /ゞ--'ン`/.イ /レ|/
、ヽ ト、 / ゞ.二ツ    '., -‐=ト、  ̄   イ /           でも、博士は決意を明かしてくれません
 丶\/、 ` ー‐ '´  〈ノ 、 `゙ ー---‐ァf゙ \
    ゝ.'、   _ .. -‐'´  j〉     / |   ヽ __      だから、この記事は出したほうがいいとか
        ̄、        _   /   l    |l   \
          l`  、    /  )ノ /       l   |!     \   出さないほうがいいとか、それだけ返事してください!!
        l    `>  二 イ        l   |        ハ
          l         / |         l   |       |

┌────────────────────┐
│ 取材記者の間で俗に言う「ハメ手」である。   │
└────────────────────┘





309 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 21:35:25 ID:N7dEF1SA0





           _、rくミミミミミミWW彡彡\
          /三三ミミミミWWレ///彡\
        ノ三==ミミ衍ミ>}jiMjiルf///ll|彡\
        }ニ彡彳  l|          |||ミミミヘ、
         j三≠ |!  |         ||! ミミlト}l
         {三シ      ヽ V /    ii|ミミl| l|
         {彡ノ ‐''ニ‐_、、,_j} ハjl、_,、-ニIIiill|ミ/} |!         ……健康が許しませんので、
       /~Y/===| f´_・_j! l|=|!f´_・_,}! |=llヘ.
        | {フトl|  ヽ[[[[「「l /|  iL`iiiiii'_/ |卩|
       l ヽ} lト、    ,,,、 /_|  l、 、、  /リレ|         拝辞する旨を
       ヽ \} ヽ  ´  {[´_、_ ,_j  `` / l/ /
         \j/ l| l「 _,,rijlflliillillflk,,  |! |_/
          | リ   ,ィ'" ̄ ̄ ̄ト} jf|            大学に伝えました……
          l     ´ ̄ ̄ ̄ ̄´ ノ |
          |\ヽ'ー   ̄ ̄ ̄  _,イ__
        r-┤ヽ\\       //| \j \
         |\八  \\_',_;'_,,';_;_,';/ / /\/   |ー―-
     _,r‐ノ  \ヽ ヽ` ー ─ ─ ‐ / ( /     |〉/
_, -、,_/// {   r‐\   \ r‐、    ト、,/_     |//
    //  }! /\  \   ノ_}___  | / /:::\   |´
\ \/   ハ/\:::\ \/ヾ   ``ヽ=v':::::// \|
 //\ l |    \::::\/  /´ ̄>ー‐':::::://
//    ヽ ヽ    \:/ _/-''T「 ̄ ̄`lトく,__           ┌─────────────────┐
      ヽ \     {/    _,rー‐r-、_゙ブ          ..│ 物静かな声で、山田博士は呟いた。   │
             /   ‐''"  `,,_,、_ `ブ             └─────────────────┘





310 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 21:36:24 ID:N7dEF1SA0






  γ'´ "`ヽ   \_人_人∧从_人_∧_人_人∧从_人人_人∧从∧_人_从_/
  .イ リ从,从リ     )                                     >
  ネ,q‘0∀0    <  スクープよスクープ!! 再度の特ダネを掴んだわ!!.  >
   (l,芥||つコ    <                                    (
   くj__j〉]      /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^Y^YY^^Y^\
    し'ノ

┌──────────────────────────────────────┐
│ 再度の特ダネを掴んだ戸川は、「ぞくぞくするほどの嬉しさ」に震えながら質問を重ね、  ..│
│ 総長拝辞の顛末を夕刊の締め切りに間に合わせた。                           │
└──────────────────────────────────────┘





311 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 21:37:24 ID:N7dEF1SA0





        ____
      /      \                   「去る8日の東大新総長推薦教授会で推薦された
     /  ─-  -─\ マタニチニチシンブンカオ…
   /──( )─( )- \                 元京城帝大総長、元東京帝大法学部長、名誉教授
    |    ( ((__人__)))  |
   \      ` ⌒´  ,/         __     山田三良博士は熟慮を重ねてゐたが、十二日午前
   ノヽ  ̄`"¬ー--、,,,_   _,,,、-ー"´ ̄´....,., /.
. /´  ∨東京日日新聞`Y´ ::;;:::;:;:;:;:;;;:;:;:;::; /      佐藤総長事務取扱に対し推薦辞退の申し出をなしたので、
 |    l ', ;:;:;::;::;:;;;:;;:;:;::;;:;;:;: i ;;:;:;:/ ̄ ̄/;;:;:;: /
 ヽ    -', ;:;::;;::;::;:;;::;;;;:;:;;:;: i ;;:;:/ijknw/;;:;::: /        狼狽した佐藤事務総長取扱らは学部長会議を開いて
  ヽ __{⊃;;:;:;;:;::;:;;;:;::;:;;::: l ;;:;;:;;:;:;:;;;:::;:;;:;⊆}
       ヽ⊃) ̄7;;:;:;:;::;;:;: l ;:;:;:;;:;::;:;::;;::; ⊂ノ        再考を求めることに決し、同夜山田博士と会見、
       / /__7;;:;;;:;;::;;;; l ;;:;;:;:;:::;:;;::;;;:;: /
       / ;:;:;:;;;;::;:;:;:;::::;;;:;:; ! ;;:;::;:;:;;:;;:;::;:; {        重ねて出馬を要請したが、(略)辞退のやむなき事情を述べた。
      ノ / ̄/ ̄/ii7lkl/7 i []ikllihXCV ヘ、_
       ̄`"¬--、,,,.__¬ }L ]_,,,、-ー"´ ̄"       (略)この結果、新総長候補者には佐藤総長事務取扱、
                ̄`´  ̄`´
                                 法学部教授穂積重遠の両氏が有力視されるに至った」

                                 (『東京日日新聞』 S13.12.13)





312 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 21:38:24 ID:N7dEF1SA0





      __, - 、               ┌────────────────────┐
.    /, ─── 、)                .│ 12月13日の総長候補選考委員会が      .│
   //  /    ヽi               │                            ....│
   |_|    ┃ ┃ |             ....│ 改めて選んだのは、穂積・佐藤・やる夫の   │
   (     ⊂⊃ ヽ             .│                            ....│
   >、   \__ノ ノ  .nm          .│ 三名であった。                   │
  /  \─── ´ヽ、 /)- |           .│                            ....│
 /    \--/ |  ̄|_ ノ         │ 法学博士である山田の代わりとしては、   ....│
 |      /   |  ||           ..│                            ....│
 !    /     ノ   |           ...│ 同じ法学部の穂積が内情にも明るく     .....│
 `iヽ__ノ━━━━ヽ、__ノ           ...│                            ....│
  ヽ、     |^ヽ、__ノ             ..│ 適任であると推薦されたのである。       │
    ̄ ̄ ̄` - ′              ...└────────────────────┘

穂積重遠(ほづみ しげとお、1883年4月11日 - 1951年7月29日)法学博士。

当時法学部教授(専門は民法)。
枢密院議長穂積陳重男爵を父に、渋沢栄一子爵の娘歌子を母にする名門の出。
東京帝国大学教授・法学部長を経、戦後最高裁判所判事。





313 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 21:39:24 ID:N7dEF1SA0





          /       / /   |  |   l     l   l
        /  /   !  l /l   リ  l l  !  l    l   l
      /l  /  l|  l / l   /l  /l/ | l   l    l
      | l /   | l  / l  / l / / //\ l   l           ふっ、人間なんて甘いものね
        l l    N:∨ l l / l / ,/ _」'_ l|   l
     _ l |    | l/  l l/  l//,.イ ト、Yl/ /  l
    /   l|丶l  l/ \ l /  /  / {::トイ:::} 1 /   l __       こっちがその気になって
    l     l|ヽ == ミx -、   , '´ ̄ ̄ ̄`Yl/  /
    l 丶l    {丶.} / ノ}ー{       / l/            人情で口説き落とせば
    |  \   丶--/  /ノ  丶-----‐ '´ /
    |    \.    /  / 、_  -‐'′   /               案外簡単に落ちるんだわ……
    |    |_,.-‐ァ'   />、       /l
   / ,>ァ'´ /  /´ ̄} |`>--r ァ'´ l     /
  / 、/ / /   /   /|   j/   l   /
  \ | '     /   /  / ̄/ ̄l ̄\| /
   }       /   / く  -‐{__j‐- / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄丶

┌─────────────────────────────────────┐
│ 二度にわたって他社を抜いた戸川は、社会部部長から特賞を受けることになった。    │
│ しかし、それによって彼は若気の慢心を膨らませ、甘い考えを抱き始める。           │
└─────────────────────────────────────┘





314 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 21:40:24 ID:N7dEF1SA0





             / | 人  ト、  | \
              〈  l/伝テ \ |元テハ.  l-―-、
         /⌒\ハ  l/^ニ  l  `ニ^ 」  |    l
      l⌒ー'  rクヘト、|         |  /ヘ    ー- 、      山田博士が推薦を辞退したのは
    /し'     [_」 l      __    j/`v_]:      }
   入./    : : :ゝ.`|    'ー-‐'    /ノ ノ: : :      /       なんでなんだろう……
    /  / : : : : : : lノ`゙ 、           , イァくl: : :     {_,
    |/{ : :/´ ̄´|   \     /  ー |-、: : : :  厂       健康問題というのも
        \{     d      l>  <l       b }/レ|ノ
                り     |      |     り             なんだか後付っぽい理由だし……
              _//\  /ヽ\_
          _/// /   X   l  ヽl\
        / |   //  {_/:::::\_}  |  \_
        l  l |   |/  |   〉::::〈  |   |   | l \





315 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 21:41:23 ID:N7dEF1SA0





    l: : : : : : :/―-     ´ ̄ ̄ |: : : : : : :       やはり河合問題の解決は
    |: : : : : :/kァテfミ1    〒示㍉: : : : : : : 
    l: : : : : :l _七り      七ヒリl: : : : : : :       自分の手には負えないというのが
    :; : : : : l     j           l: : : : : : : 
     V: : : :li    ′       l: : : : : : :       大きな理由だったようね
     V : : |:.     _ _       l: : : : /l : 
      l:ト、: : :ゝ.   ー   `    |: : : /:::; :       何でも河合が結婚した時に、山田博士は
        l! ヽ: : | \          /|: : /:::/: :
      |  l :|  l\     /  j: /::::/ : :       媒酌をしたんだそうよ





316 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 21:42:55 ID:N7dEF1SA0





                /⌒ヽへ、
       r--= ニ ¬t ニ〈      ーイ
       {  卜、   V{_ノ}: : : : . .   く         なるほど、僅かでも縁のある人物を
        r/N、怜テ、l |_: :l ` ー―リヘ : ノ
     〈ハ.|ノ  ー' |ノリ: l        }ノ          処分するのは何かと角が立つよね……
     ∠l  { , -   イ:/|
      `ヽl\__,  /^マ‐┐               それでなくても難しい問題だし、
          l_ノ } / / /`ヽ
         「/ ノー{ 〃/   l              「火中の栗」を拾うのを避けたんだね
         / }  } }ー{    |
           レーhr/^Vーヘ   l
         〈  }j {_  V ハ  ',
         ノT{ l \ノ`T¬ーヘ





317 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 21:43:31 ID:N7dEF1SA0





              /  ̄ ⌒  丶   
    _ -        /         \  
   /::::::::::;;;;;)     /ヘ   /⌒\    丶
  (:::::/;;::::::;;;;;;)   | へ : /___    ト~ ー _
  ⊥::::::(;;::::;;;;;;;;;) ┌~^~ /ー―ヽー/~) |    /  丶~
 /:::::::::(;;;:::::);;;::く  |⌒~/R;;:  ::::;;;;;リ /∂| ):~─ _ / \ ̄ ヽ
(;::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;|  |_j|  丶___ノ   ;/| ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`\/\:::::::\
 )::::::;;;;し::::::::::;;;;;;;ノ  | | ヘ   丿 rこノ~ノ⌒ー _;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ::Y  \
し;:::::::::;;;;;;;;::::);;;;;;;;;;)   y し~⌒~、/:: r |;;;: \ ;:: |:| ~  _ \  \
 \::::(:::::::::;;;;;;;;:ノ //        \J  |;;;::  ~;;;| |:|      フ\  \ |
  (;:(;:::::::;;;;;;;;;;;;ノ / /  人      ヽ:  ノ;;;::  ゝ |:|     r   \ ヽ)
    \::::::;;;;;;/ /  |  / ∨\     |:: /;;;::  /   |:|     /    丶 ヽ
    (::::::::;;/  /  | /    ヽ    | |;:: /    |:|    /      \
   (⌒  ̄ )ヽ  //|/      \   |r;:/
   r⌒  ̄ )し  //          ) \ )

┌────────────────────────────────────────────┐
│ 穂積重遠・平賀やる夫・佐藤寛次の三人を候補とした全学教授の推薦投票は14日の予定とされた。    │
│ 山田の後釜として推された穂積は法経学部の支持が固く、またここに来て佐藤総長事務取扱も      .│
│ 意欲を示しているという観測も流れ、その下馬評も高くなってきた。                        │
│ しかし、ここに来てもまだやる夫は当て馬に近い存在だったのである。                      │
└────────────────────────────────────────────┘





318 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 21:44:51 ID:N7dEF1SA0





   , -‐―- 、        , -― - 、          , - ― - 、
  /:: :: :: \ヽヽ、    r'´::::::::::::::::::::::::ヽ、     //:: :: :: :: :: ::ヽ
  .|:: :: :: :: :: ::ヽ、:: ヽ、  ./::l´,ゝ-┌、‐´`i:::l   ,-/:: i:/::/⌒:: :: :: ::|
  ヾ:: :: :: :: :: l:|Y⌒ 、`‐l:::ノ_,---ヽ--、__ヾ:l-'´:: l:: /::l '´:: :: :: :: :: :/   確かに穂積さんは優秀な人だけどねぇ……
   ヾ:: :: :: :: ::l::ヾ:: :: |:: ::l::i  f・ソ,. 、f・.>`):|:: :: :: 〉レ´:: :: :: :: :: :: ::/
   l:: :: :: :: ::|:: ∧:: ::l:: ::ilト、 ` ,  `  レi:::::::::::Sレ‐i:: :: :: :: :: :::/
   ヾ:::lヽ:: ::|::l:: ::`ヾ_ヾi !  ゙ ‐'   /レソ;;-っ´:: :: |:: i:: :: :/:: :/    よし!! こうなった以上俺は
    l::|;;l:: ::|:::!:: :: :/:.ヾ=l   r┐  /__,/´ヽ:: :: ::l::|:: ::/:: :/
    ヾ!::l:: ::|:: :: ::/:. :.,,>》ヽ、. i ./-‐| ヾ、 ヽ;; :: |::l:: /:: :/     やる夫博士支持でいくことに決めた!!
     ヾ|:: ::l:: :::/:. :.ヽ'´:.i`ヽソZ二Zゞ,ノ!:. :. v:. :ヽ:: l::|::/:: /
      i:: :::l:: /:. :. :. :.ロ:∧‐、_ヾ::/ `‐/l:ロ:. :. :. :ヾ!::l::l:: /       そうなれば、これからはやる夫博士の票を
      l:: :::|::/:. :. :. :. :./  ` /::l /   l:. :. :. :. :. iノ:l::/
      ヾ;: :レiヽ、:. :. :.〈   ./::::l ´  ,-└:. :. :., -|、::/        集めるための工作だな
       ∨ lO) `ヽ _ ` ヽ.」:::;;;レ' ´  _, -―lol:.Y
        i:. /「ヽ:. :. ;._ >‐'´_ , -―´ l:. :. :. :./l:. :.|         うまく行けばいいけどね……





319 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 21:45:58 ID:N7dEF1SA0





┌───────────────────────────────────────┐
│ ここに至ってやる夫支持を明確にした田中法学部長は、同僚たちの説得工作に動いた。   │
└───────────────────────────────────────┘

       _.. -= ' ´  ̄ ` - .,_
     ,r'",,;;  ,;;;; ,,;;;  ,;;;;;;;;;;,,ヽ、
    / ;;;,  ,,   ,,,,,;;;;;;;;;;;;;; _ ;;;;;, ヽ            ……というわけでさ、
   ./;; r- ...,__  ,.. -y ヽ  ̄`i ;;;;;;,,ヽ,
  ,i ;;; l  / ノ ~l;'~       l ;;;;;;;;;; i           ここはひとつやる夫博士支持で
  i ;;;; i __, ...、 ! ,.- ., ___  .v ;;;;;;;; l
  !, ;; i'-,- '''ヾヽ  ~`r' ー=-~` i r- 、i           法学部はパーッと固めちゃおうよ?
   ヽ、i 'rーu-,i l   t'~"uー,.   l,lr' ll
    i, i ヽ、_,/,i   ヽ, -'"   リ j i           造船中将だからってモノの分からない人じゃない
     i     l :::.      ..::::  ,/
      l    i_ ヽ     ..:::::: r'"-.,_           評議員としても工学部長としても
     i   ..,__ _ _、 ::::::::: i ヾ\~"ヽ
     ,._,-'"-' ~`二  '"  :::::: ,y ,i ヽ,          立派な人だったでしょ?
     ~_.ヽ    ''    ..::: ,-'" i   /i
  _,.-=' /, ヽ、      ,.-' ,'  ,r  ,y l          学問や教育に理解のない人じゃないよ
- '"   / i l丶,-ヽ- ='"  ,'  /  ,'  i





320 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 21:46:41 ID:N7dEF1SA0





         /        ,ハ \
       /   /  /| /  }   l
        |   .ィー―-リ〈__  V ノ              ……やる夫博士はそもそもが
        |  〃廴    ∧   ̄ 7
        | /      ̄ 7  ヽ_ノ               海軍から来た外様の人間だ
        jr{     ___≧ニ_′ }
        廴}     〃 ̄二`゙ミソ               根は技術者であり軍人だよ
      |ノ|             ノ
        } `    .      {                 思想の世界など分かるはずないと思うがね
         |      ̄  ‐ァ'′
        _|         /」―r 、
     /〈      . -‐ '   |  ̄ ―  _
    /   }>―<.         |            ̄ ― 、
  /     | {.   }        |                \





321 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 21:47:07 ID:N7dEF1SA0





         ,. -=============
        (三三三三三三三三
      ,. -ッ'rフ´ ̄|三三三三三          ああ、確かにそうさ
      { / ,/('   |三三三三三
        ' /rム、   \三三三三          山田三良先生だったら10分で理解できることでも、
        {_f__ヽ`   \三三三
       ,ノ i゚ `ノ      !三/´ ヽ         やる夫博士には30分を要するだろう
      /  - '      ゙゙゙ ヽ ∨
       / ,       /´:::..   r'_ノ ノ         しかし、説明していったん判った以上は頼もしい人だ
      `ー,     f:::::    .,__,ィ三
         (_             /  ヽ三        どんな困難でも押し切って実現する人だよ
       ヽ            /!    ,ヘ
        i        / リ   / /
        ヽ_ ,. -= ‐´   i /  /. . .
            ̄ `ヽ     /   /. . .
             ヽ  /     /. . . .
              >、  ∧ /. . . . .
                  ///ゝ、 ̄/. . . . .
                 ∨//  Y. . . . . . .
                }/イ  i. 「ii`!. . .
                  |//|   |. | ii |. . .





322 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 21:49:16 ID:N7dEF1SA0





                 __ 
              ∠二三三ニユ、 
              /// ̄     ̄「ハ           仮にやる夫博士が総長の器であるとして
                 l/イ | ―-  ― l/|
             l/イ└=ヘ i ∠ヘリ           ご当人には、その気があるのかね?
            込イ ー辷ェ lレ茫ェ{┐ 
               」 ソ 、 /   |ヽ lノ            山田先生に続いて推薦が辞退されたのでは
               ム辷、 l r へ、|┐ム、  
            ソ| l   レ´ ̄ 」| l」            東大はとんだ笑いものだ
              ヽJイl| \  ̄ ̄ /「   
               ´ V\ ` ニイハ!            大学に決定する力がないとか言われて
               /ヘ r―‐v┴┐、   
          , イ /  L_ /\_」 \          文部省のいいようにされかねない!!
      / ̄   フー‐ヘ       l <` ー-、         
        |   ヽ  く             |    〉l  |       へ 
        l         \   l     |     | 〈     /,X´ 
      〉          \      |  / l|   〉   //! | 
       〈     l      \ ヽ.   |   /   |  〔  ,





323 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 21:49:56 ID:N7dEF1SA0





┌──────────────────────────────────────┐
│ 確かにこの時点では工学部系では、やる夫に出馬の意思なしとの説が有力であった。   │
│ 田中は持ち前の行動力を発揮し、全学教授の推薦投票が実施される14日の早朝、   ....│
│ 青山南町のやる夫の家に車を走らせ、やる夫の真意を打診した。                    │
└──────────────────────────────────────┘

        /::::::::;ィ'´|      | |   | | `ー-,:::::::ハ
     ,':::::::::/  !__   ! |   | |  し |::::::::|
     |::::::::リ -‐>‐-、 ̄r'  }ー‐-、   ゛ !::::::::|        どうですやる夫さん、
      i::::::/  f'´ ̄ if }::/  ! ∠`ヽ`ヽ |:::::::::|
      |::::f   \__ /"    ヽ `tr`r ヽ:::::リ        そろそろ胸の内を明らかに
    /ヽ,!     、ー      |  ヽ__,.ノ   }::::;'
    { ハj ヽ     ,. -_  j `ー       i:::;'         しちゃあいただけませんかね……
    i 八   !     ィ 「 ̄i      _ f´ヽ
    ヽ  i       ヽ_ /    r'   ヽ  !         あなたの言葉一つで、私は
     `ー|   , ―-- ., _            /  リ
        !      ,_ ` 、      // /         すぐに法学部系の票をまとめられるんですが……
        ト、       `   ` , /ー'
       | ヽ              i
       |  ヽ         , <f'
    _,. <i    `ー- !,_    /   |、
   /    ` 、         ̄`   / ヽ





324 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 21:51:08 ID:N7dEF1SA0





           ___
         /.~~~\
        /  \Ξ/  \            …………
      /  ( ◎)―(◎)  .\
      | :::::( ((__人__)))::::::: |
      \    ` ⌒´    /           考える余地はあるお……
       /,,― -ー  、 , -‐ 、
      (   , -‐ '"      )
       `;ー" ` ー-ー -ー'
       l           l

┌──────────────────────────────────────┐
│ やる夫は「やる気がある」とは言わなかったし、「やる気が全くない」とも言わなかった。 ......│
│ しかし、推薦されれば考える余地はありそうな、そんな感触を田中は得た。          │
└──────────────────────────────────────┘





325 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 21:52:01 ID:N7dEF1SA0





             |::レ'::::::::::':::::::::::::::::::::::::::`丶、,___
            _,、!:::::::;r':/⌒::::::::::::::::::::`ヽ、:::ニ=-
         ー=ニ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ;::::::::::::::::::::::::::::ヽ、_         ……大学の事はよく分からないけど、
          /::;:::::::::::::::::;::::;::::::::、:::::::、:::、::::::::::::::::::<´
          ノ:イ:::l:::!:::ト::::::、;:丶::::ヽ`ヾ'、 ,`i:::f^ヽ:、:ヽ          今の父さんにはやる気が見える
        ー'" !::ノ::ト、:!\:ヽヾ、``ヾ,.ィ≦、 !;:!ノ〉)'i`ヾ
      ,...__  ノイ:::ヾ`ラテ=-;、 -'〃ヘ;;;リ' レ_/::|            きっと大学経営に意欲を持っているに
       ,」、、ニヽ  Vハヘヽゞシ`    ー ''´  /!:/'
     | { ヽ(\  ' ゝヽ`"´ l        / |'′            違いない!!
     /' ノ   | } l     \  ` __    / |
    ,{ ト,...、 ゞ  |     丶、´ ‐   /   l
    l rヾ-f    /         `ヽ-     \,..-.、__ __
      ヾヾr{   /       __ ノヽ  /   /:::::::::::::;::::':::::`ヽ
     ヾYヘヽ  ,ゝ-、 _,.. -'ニ-'´ ノ ノ-,. -':::::::::::::/::::::::::::::::::
      ヽ ヽ /:::::::::::ヽ:::::::(´  `丶 ,..:‐':::::::;:::-':::/:::::::::::::::::::::::::
       \/::::::::::::::::::\:::\_,. ‐':::::;:- '" く::/:::::::::::::;::::::::::::::::::
        ノ:ヽ::::::::::::::::::::\::::::::: ‐´      {'::::::::/:::::::::::::::::::::

┌────────────────────────────────────────────┐
│ やる夫を側で見ている家族には、やる夫は大学経営にまんざらでもない姿勢に見えた。            │
│ 実のところやる夫は中学時代に将来の夢を政治家に置いたたこともあり、                   │
│ 半生を捧げた艦船計画にしても、3年間の工学部長業務にしても、少なからぬ政治性を要することを   │
│ 考えれば、やる夫が大学経営という政治に関心を持っても不思議ではなかった。                    │
└────────────────────────────────────────────┘





326 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 21:53:00 ID:N7dEF1SA0





┌──────────────────────────────┐
│ 大学に戻った田中法学部長は、早速工学部の説得工作に動いた。 ....│
└──────────────────────────────┘


                   _ _ _
             ,  ´; ; ; ; ; ;ヽ; ヽ、
            /; ; ; ; ;ー- 、;_;ヽヽ; };ル
          /; ; ; ; ;r'     〃~`}バミ、           どうです丹羽さん、
          ,'; ; ; ; ; ;l  , - ―--'' ,、_`}
          l; ; ; ; ; /   f― 。` ム_`"           ここは思い切って工学部が一致して
          l; r‐、; ;l     ゝ .ノ '  ヾ'八
          l;.{ いソ ヽ      ,;; ノ  }           やる夫さんに票を入れませんか?
          .!;ゞゝ             l
          '; ; ーハ      '⌒ ー l           私の見たところ、やる夫さんは間違いなく
            ∨ ゝ             l
            l    ヽ      } ノ           大学経営に意欲があります
            l      丶 、_ _ノ
            rL_ _       /              工学部と法学部の票を合わせれば、
           ノ     ̄  ̄∧  斥{
        _「: : \  、ー-, / .V / ヘ,            必ずやる夫さんを推薦できます
 _ - 一二=': : : : : \. ヽノ/ニャ' ̄ヽ ヘ
' , -- : ̄: : : : : : : : : : : : :\/: : : :\_, 、}\ー-、         ひとつ協力してください
/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :}   ヽ: : : ヾ ニ_-_、
 ヽ; : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :l   i! : : : : : : : : ヽ、
   \: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.l     i!: : : : : : : : : : iヽ





327 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 21:54:00 ID:N7dEF1SA0





              __
             ̄   __ "'''‐、
         / -┐   >米<   |
         /    レ'´ ̄ ̄ ̄ ̄ \         ……お前さんがやる夫前部長から
      //   /_ __       |
      |  ///////ヽ-、r≧ヽ ./         そんな感触を引き出してくるなんてなぁ……
      | //V////彡'^V//∧}/
      rニV|、 `─ '´、  |トV//j
      {{ヽ ヾ  ,ノ`⌒ ゙ヾ. ̄〉           分かった、乗ってやろうじゃねえか
      \ゝ)  / __ _|V/
       |川ハ  ! '”´ __ ⌒'/|            工学部は全学科一致でやる夫前部長に
        ヾ| \.      ̄   /
        |    、. __ /             投票だ!!
        |  \    ̄ |_
        _ .|     _/イ   {
      ∧ 「|    イ ア |  ./┐
   _ / |/ハ\/ .| //:!/ ノ } ̄ ̄

丹羽重光(にわ しげてる):東京帝大機械学科教授。
やる夫の後を受けて昭和13年4月1日から16年3月31日まで工学部長。

┌─────────────────────────────────────────┐
│ 丹羽工学部長は田中の言葉を聞いて意外そうな表情を浮かべたが、ことさら反問する事もなく ....│
│ 田中の懇願を了承した。                                               │
└─────────────────────────────────────────┘





328 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 21:55:00 ID:N7dEF1SA0





┌─────────────────────────────────────────┐
│ こうして寒風吹きすさぶ中、午後1時から総長推薦やり直しの全学教授会が一斉に始まった。   .│
│ 田中はただ平賀の過半数を祈った。                                          │
└─────────────────────────────────────────┘

                      _
                     ,/´:::::::`ヽ、
                 /::::::::::: ,. -‐ - 、_
                   /:::::::: ,,.-':;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:`ヽ         ,,..-    ……丹羽工学部長は
                /::::::: 〃"つ,'ヾ、_:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;`ヽ    /´:::::::
              /::::::::: /,,、{、   `ヾ、:;:;:;:;:;:;:;:;:`ヽ/ :::::::::::::    やる夫支持を確約してくれたが、
             /:::::::: ,.ノ ,. 、ヾ:、      〉:;:;:;:;:;:;:;/ ::::::::::::::::::::
           /:::: ,..-'´ ' /'ヽl  l::!   /:;:;:;:;:;:;/ ::::::::::::::::::::::::::     工学部の中には未だに
          / /: 〈_    ー ´   ゙  /:;:;:;:;:;:/ ::::::::::::::::::::::::::::::::
         / /:: /            }:;:;:;:;/ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    やる夫さんに泥をかぶせたくない気持ちが
        ,〃::::::: }-、              ノ:;/ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       ,〃:::::::: /       r'´   ,.〃´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    強いようだ……
      /:::::,//          /::/ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     /::: /::: (  ,、      ,./::/ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    それに軍人総長に対する拒否感は
    /: /:::::::: __〕、/ノ\,,..-‐'"':::/ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   /: /::,,.-="´ー"-'r‐v´:::/ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::     意外に大きいしね……
,..-┴'"二,、_,,ノ=ーフ:{:::::i ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





329 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 21:56:00 ID:N7dEF1SA0





 .   56.├ 
      | 
      │  ┌┐         
      |  ││
  .  54.├  ││        
      |  ││         
      │  ││  ┌┐    
      |  ││  ││
    .52.├  ││  ││
      │  ││  ││
      │  ││  ││  ┌┐
      |  ││  ││  ││
    .50.├  ││  ││  ││     ┌──────────────────────────────┐
      |  ││  ││  ││     │ 1時間ほどで集まった票の集計は、                      │
~~~~~~~~~~~~~~~~~.│ *佐藤寛次 .    55票                            .│
~~~~~~~~~~~~~~~~~.│ *平賀やる夫    53票                            .│
      │  ││  ││  ││     │ *穂積重遠 .    51票                            .│
      |  ││  ││  ││     │ という三者伯仲の結果となり、いずれも過半数には至らなかった。   │
    0. └─┴┴─┴┴─┴┴── ....└──────────────────────────────┘
         佐藤  やる夫 穂積





330 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 21:57:00 ID:N7dEF1SA0





┌─────────────────────────────────────┐
│ こうして上位二名による決選投票が行われることとなった。                  │
│ 田中は佐藤に格別の他意はなかったが、やる夫に大学の運命を託したい気持ちを    │
│ 一気に加速させた。                                            │
└─────────────────────────────────────┘


                    _,,. ..,,__
                ,.-‐':´:::::::::::::::::`ヽ、
               /:::;;-、_::_::::::::_::_::-、::ハ
                 l:::::i  ' ゙|"´) !  ';::ハ
               !::;',,.-、_  ,,.-‐-、 ';/              ……あとは落選した穂積票が
               〉l ´ ┰゙ ゙!  '┰` y、
               { !、 ` ´ |  ` ´ イソ               一体どっちに流れるかだな
                ヽl     L     i´
                ,,..ハ   __ _   ハー、              俺の工作がうまくいっていれば、
            ,,、-'´:.:ハ 丶   ‐  / !:.:`≧。-、
        ,,..-f´-゚‐´:.:.:.:.:.:.l  、ヽ、_ /  i:.:.:.:.:.`ー':.:L`ヽ、.       次善の策としてやる夫票に
      /゙〈"´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|ヽ▽,〈;;;;;〉、 ▽/!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.7´::ヽ
     /::::::::::ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l ヽ' 「;;;i `",':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./::::::::::ハ      一気に傾くはずだが……
     !::::::::::::::ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l]]|    |;;;;;!  ,'l]]:.:.:.:.:.:.:.:.:./::::::::::::::ハ
      !:::::::::::::::::ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!  l;;;;;;;|   !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:::::::::::::::::::|
     ,':::::::::::::::::::::ヽ:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ!;;;;;;;」 -´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:::::::::::::::::::::l
    ノ -':::::::::::::::::::::ヽ:|_:.:.:.:.:.:.:.:.,.‐´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:┌ヽノ::::::::::::::::::::::`i
    〉::::::::::::::::::::::::::::゙| o├--――‐:.''':.´ ̄ ̄「| o |ヾ::::::::::::::::::::::::::!
    /::::::::::::::::::::::::::/ヽ. /:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:`":.:.:ヾ:::::::::::::::::::::: ハ





331 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 21:58:00 ID:N7dEF1SA0





┌──────────────────────────────────────┐
│ 寒風止まず落葉が激しくまう中、各学部の票が持ち寄られて午後4時ごろ集計が終る。   .│
│ 第1回投票の佐藤優勢は一挙に逆転、過半数を得たのはやる夫であった。        ....│
│ 工学部系の票はもちろん、第1回投票で穂積に入れたであろう法経学部系の票も    .....│
│ 雪崩のようにやる夫に流れたのである。                                   │
└──────────────────────────────────────┘


                                  ☆
   ☆       ∵∴∴☆※☆∴∵∴       ./
     \   ※∵☆☆★☆★☆★☆☆∵※
        *∵☆★☆☆*☆*☆☆★☆∴*
      ※ ∴★☆☆*°°|°°*☆☆★∴※
     *.∴☆☆☆°°°°|°°°°☆☆☆∴ *
     *∴☆★☆°\°☆☆★☆☆°/°☆★☆∴
   .. ※☆☆*°°★°°|°°★°°*☆☆※ *
   ∴☆★☆°° ☆    -  - 、  ☆°°☆★☆∴
   ∴☆☆*°°☆   / (◎‐◎)ヽ  ☆°°*☆☆∴
   ※ ☆★☆――★  ゝ(_人_) ノ   ★――☆★☆※
   ∵☆☆*°°☆            ☆ °°*☆☆∵ *
   ∵☆★☆°° ☆   祝!当選   ☆°°☆★☆∵   
   ※☆☆☆*°°★°°|°° ★°°*☆☆☆※ *
   *∵☆★☆°/°☆☆★☆☆°\°☆★☆∵   
      ∵☆☆☆°°°°|°°°°☆☆☆∵    ドーーーン!!!
       ※∵★☆☆*°°|°°*☆☆★∵※
      *...☆∵☆★☆☆*☆*☆☆★☆∵☆    .ζ
          ※∴∵☆★☆★☆★☆∵∴※      ☆〟
            ∴∵∴☆※☆∴∴∵





332 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 21:59:00 ID:N7dEF1SA0





      ,ゝ:;:l´    i::::::::::::::::::::::::::::::::::i
     '´ /l (     ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::l         やれやれ、何とかうまくいきましたか……
       ! | ヽー‐-‐   `i:::::::;;::::::::::::::::::l
 :: ;;; ,,    l        !:/´`ヽ:::::::::::::|         こうなったら一蓮托生、
  :::;;;;ヽ   l ミ=-‐'    ,'   l::::::::::::/
   ヾ::::::)  l       i ー-‐'ヾ:::::::く         俺はやる夫新総長のために
   ノ;::ノ   「       '     〉;;;,-‐L
   ヾ::)   ヽ-┬┬ ' >     ./く    \      あえて泥にまみれるさ……
     ゙・━  ゝ┴┴ '   ,/   ヽ、
          ヽ__,,,..-‐ '´ /    | ヽ-‐ '´





333 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 21:59:59 ID:N7dEF1SA0





┌───────────────────────────────────────┐
│ 全学の推薦を知らされたやる夫は、文部省への手続きを急ぐ大学当局に暫時の猶予を    │
│ 申し入れた。                                                 │
│ その後は完全な沈黙を保ち、押しかけた報道陣にも全く答えることはなかった。        │
└───────────────────────────────────────┘


         ___
       / ~~~\
      /   ::\:::/::::\          仰ることは分かったお
    /   (◎)―(◎) \
    |  ::::::::(((__人__))):::::::|
    \     ` ⌒´   /        でも、少し時間がほしいんだお
       ̄(⌒`::::  ⌒ヽ
        ヽ:::: ~~⌒γ⌒)
         ヽー―'^ー-'
          〉    │





334 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 22:00:59 ID:N7dEF1SA0





┌───────────────────────────────────────┐
│ 戸川を含む報道陣は入れ替わり立ち代りやる夫家を襲って無遠慮に呼び鈴を押したが、   .│
│ 帰ってくるのは夫人の機械的な返事のみであった。                        ...│
│ ある者は買い物に出る女中にまで探りを入れたが、そそくさと立ち去るだけであった。   .....│
└───────────────────────────────────────┘


      ゝト、           , , , ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; , , , ,
    /´ ̄ ゝ         ; ; , ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; , , ,
    ゝヘー-           ; ; , , ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; , , , , ,
   /´ ̄´、               ´    ̄ ̄    ̄   `:!
    ゝム__           . ´                   |
  /´ `                                     |
  廴rァ、         /      i                   |
   rー'    , , ,    , '   /    :i  i   i          i   :!        主人は
   廴ムー , ; ; , , , /    ,i     |   |   |    i    |   |
    _ゝ'、 , ; ; ; , ; ;.'    il    i!  :|  i:!     |  i  :|   !        誰にもお会いできないのだわ
    (_rュ、__ , ; ; ; ;  :i   i|    i! |   |  i:! :|  :|  |  :| i |
     _ソ     ; ; ; i  |   |   l| l!  :|  i:  :|  :|  |  :| i !        申し訳ないけれど
    ( rヘ ー ; ; | |  !  :|   l| l|  :{  i!  :|  :|  | _i_ i_j !
     `f⌒  , ; ; ;! |  l  :|   l| 、  、    i| ィ 了 i || |! |        帰って欲しいのだわ
      ゝ__ノ; ; ; ;| :!  ',  ト   l:    ヽ  ハ |:ト ,x≠爪ル'!
         しヘ; ; ;!ハ ヽ  _、 夭 ' \ ヽ { 川梦::::::r__' j|:|
         廴_,、 ハ  ヽ   \,ィ沙ミ、 ヽ      弋ゝ-'ノ :|
            廴 ト、 、\ V.::::::::::::r'ヽ        `冖´  !
             \ヽヽ..._ト\ 、、_ノノ           ,. -‐;
                i`ゞ_ム   冖^      、      /   ノ - 、
                | i |i |!ヽ        -ー    {、 /  /
                 j /イ j!  、            ,. イ  _ノ -;
                 // i:| ./   _> _-  ... __ //ニレ'´  _ノ
                 ノ// |:レ'   / ニ三三三三fY薔〉{ニニ!, '´ ノ
              {/ :i !:|:|   ニ三三三三三 ニゝ彡'三ノ{、 /
             / 川 i !  ハ ニ三三三 三三 三 }ゝ{  `|





335 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 22:01:59 ID:N7dEF1SA0





         ,. --- 、
        ,...:'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
   r'~`i⌒r‐-、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
  ヾ、,⊥.,___;;__ ヽ;.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.',                    申し訳ありませんが
    i.:.:.:.:.:、.:.:.:.:`i.:.:.:.:l_.:.:.:.:.:.:.',
.   liいヽ:ヽ _;;;,:.:l.:.:.:;.lヽ.:;;::::;:.ヽ、                 その件については
.   l!'い';ヽ、;_;こ!::::,;,;i ノ,;,;;;,;;;;;、rォ、
     ヽ-'l`く 、ノ!:::,;,;,l |,;,;;,;,;;/  ヽ.                お答え申上げかねます
        .i:.:.;|. l:,;,;,;,;l |;,ル/.  /ー\
        .!i.:;;个!i,;i,;,;レレ';V.  /    ヽ、             では、失礼いたします
       lハi´ リiルi`ヘ人 /  __   ヾ、
             _,く‐' :ヽ,i/    ̄ "')\
               ヽ:i:.:..:.:|ヽ;,,,,      /  ヽ_
                }:!― ! ヽ;;;;;;;;;;;;,,,,. i    `ir‐_''ユ =-、
              /.:!:::::.;,i  ヽ;;;;;;;;''  !;;,,,,,;,;;;;;人ー‐一 '" ヽ
              └ノ.:,. -ゝ、  i    l //  ,>、二 ___l
              `    i, `l ,.   |- ''  /  ! ヾ、、
                  ! i i ,'    l  ,/   ',  ヾ.、
                      i l リ    「 ̄      ',.  ヽ丶
                   'i ,'    リ           ',.   丶ヽ
                      l ;.    ,'         ',    'い
                      | ,'    ,'          ;     'い
                      l/     ,'          ;     い





336 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 22:02:59 ID:N7dEF1SA0





┌──────────────────────────────────────────┐
│ 翌12月15日も、やる夫の沈黙は続いた。                                    │
│ 痺れを切らした大学当局は、経済学部長舞出長五郎教授、農学部那須皓教授、            │
│ 工学部井口常雄教授(船舶工学科)、理学部長寺沢寛一教授などをかわるがわる使者に立て   ..│
│ 出馬を懇願したが、誰もやる夫を攻め落とす事は出来なかった。                          │
└──────────────────────────────────────────┘


        .,,.--';;;;;;;;;;三ミミ;;/'-、   /
      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミミ/三;;;;;;;ヽ |
     ./彡;;;;;彡三三;;/三三;ミミ;;;;}. |   やる夫博士……
     {;;;;;/~//~~~~  `~ヾミ;;;;;;;| |
     ヽ;{ / /     ___  /;;;;;;;;;;;| |   何とか態度を明らかにしていただけませんか?
      .ヾl '~|~`ー--'~    .`-;;--'、|
      c{ ,-==   ===-、   ヽ'> ||   そうでないと我々もどう対応してよいのか……
       ヾ|. 'エ9` .< 'エ9`    /' /. ヽ
       `|   |        y'~  |/----丶__________________
        ヽ  |. ヘ      ,|
        ヽ  `=='-、     //y、_
         ヽ ‘--ー'~   ///:|:::
       ,..-::::>、  ̄    /  /::::ヽ
   __,--::::::::/:::>、___,/  /:::::::::::
_,-:::::::::::::::::/::::::/ ,---、     /:::::::::::::





337 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 22:03:59 ID:N7dEF1SA0





           ___
         /.~~~\
        /  \Ξ/  \            …………
      /  ( ◎)―(◎)  .\
      | :::::( ((__人__)))::::::: |
      \    ` ⌒´    /           舞出君、経済学部の現状はどうなっているかお……
       /,,― -ー  、 , -‐ 、
      (   , -‐ '"      )          まだ混乱が収まらんのじゃないのかお……
       `;ー" ` ー-ー -ー'
       l           l

┌───────────────────────────────────┐
│ 僅かに経済学部の現状を舞出に詳しく問いただしたというのが、大学側にとって   │
│ 希望を繋げる唯一の収穫であった。                                 │
└───────────────────────────────────┘





338 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 22:04:59 ID:N7dEF1SA0





  |         |  |
  |         |  |_____                 .. .┌─────────────────────┐
  |         |  | ̄ ̄ ̄ /|´ "`ヽ              │ 難攻不落のやる夫に報道陣もさじを投げ、   ...│
  |         |  |   / /|リ从,从リ           ....│                              ..│
  |        /\ |  /|/|/q‘0ヮ0 . ....         │ 3日後の12月16日にはほとんどが取材を     │
  |      /  / |// / /|.ノ                 .│                              ..│
  |   /  / |_|/|/|/|/|                ...│ 断念して引き揚げていた。            ......│
  |  /  /  |文|/ // /     ∧∧          │                              ..│
  |/  /.  _.| ̄|/|/|/      /⌒ヽ)         ...│ しかし、戸川記者だけは                │
/|\/  / /  |/ /       [   _]    ∧∧    │                              ..│
/|    / /  /ヽ         三____|∪   /⌒ヽ)   │ 断固として残ったのである。            ...│
  |   | ̄|  | |ヽ/l         (/~ ∪    [   _]    │                              ..│
  |   |  |/| |__|/       三三      三___|∪   │ 特ダネの快感が、彼に一人残る気負いを    ..│
  |   |/|  |/         三三       (/~∪    │                              ..│
  |   |  |/         三三      三三        .│ 与えたのだ。                    ......│
  |   |/                    三三        ..└─────────────────────┘
  |  /                    三三
  |/                    三三





339 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 22:05:59 ID:N7dEF1SA0





     |┃三 
     |┃  
 ガラッ. |┃         ___
     |┃        /.~~~\
     |┃三    /  ::\:::/:::: \
     |┃     /  ( ◎)―(◎)  \
     |┃     |:::::::::( ((__人__)))::::::::::|
     |┃三   \    ` ⌒´    /
     |┃三   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \



                / / /        \
                 /  / /      l     \
               / /  / / //  l l  l   ',
                / /  ,. イ  / l   / !  l   ハ     (やる夫博士、出て来たわ!!
            l /  /」L.」_ l  ∨/ | /  ,'     l
            | l  l/V _ ヽ|  Tナ≠| /l  l   l     よし、今よ!!
            l /l 」 ョ'-fzし!   ´,ィf¬レ//l  /  ,'
               V个、(  ゞ=ヘ_  , lzチヌ[ / / /'      山田博士と同じように「ハメ手」を使えば
              ヽl ` ー‐ '゙ / `l  `¨  )/l/イ
                 \      ` ¨¨¨´/ノ //        やる夫博士もきっと乗ってくるはず!!)
              , -- 、   \ ー -、     /ァf´
`丶、       /    `ト--个 、_  イチレ'
    `丶、_   /       l   \   ,∧/_
、    /  /\/´!        l\ |`丶、ゝイ  >┐⌒ヽ
、 `丶、,' ,'   ∧ヽ      l   |  -`TT´-  |  l  ヽ
 \    `\./ ヽ. \    l  L. -ー木 ‐- .」ー」   ヽ
  / ヽ-―‐-、\  ヽ. |   l    /  /l ', ヽ「l/⌒ヽ  〉
  `丶 __, -┴、\  〉  /'´  /  l l l | / ̄丶.  ∨





340 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 22:06:59 ID:N7dEF1SA0





         ____
       /_ノΞ ヽ_\
      / (◎)―(◎) \                    …………なんだ、日日の戸川君かお
    / ::::::(((__人__))):::::\
    |      ~~~      |
    \             /


                 , -―ァ―‐- 、
                   /  , ィ  へ ヽ\
                  /  / /  /  l     ヘ         やる夫博士!!
               /  / /  /l l  | l    l
            / / l /|, ィ´l| l /1 l   l         私はやる夫博士が総長になると書きます
             l / /l|Tヽl l l l/ _」ムN  l
              l l l 」L. _ヽ! V ィ, - 、l |   l        しかし、もし事実に反していたら、
  〈\   _       l l l.ィ ft.チヘ   ,イtチ `Yハ l|
    ヽ ヽ| l      l |ヽ|、 ゞ' ノ⌒ヽゞ' ィリ l /         私は読者を欺く事になります
      V二二ネ     `ヽ.l  ̄ __'__ ̄ lノレ'
    /' , ―‐'ァ     `ト、 l/ ̄ ̄ ヽ /            でも、博士は決意を明かしてくれません
    〈 ' イ ̄、\       l:\ ー―‐, イ
      \   l /'⌒丶. _.vヘ!`  ´lヘ/__, ― 、        だから、この記事は出したほうがいいとか
        |ヽ _」l   」 r―- 、 ×, -┐/ 「    ヽ
      /____l     l |   -}こ}-  |  l--   l       出さないほうがいいとか、それだけ返事してください!!
       l、___」     l L. ィ´| |`ト .」  l     l
      |     |   /   / l  l ', _ l /   l
      l     |\ /   /  l   l  ', ̄ 」/   /





341 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 22:07:59 ID:N7dEF1SA0





               ____
             /~~~ \
           / _ノ Ξヽ、_  \                      ……読者を欺く?
          /   (◎)―(◎)   \
          |  ::::(((__人__)))::::  |
          \     `⌒´     /



         /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ `  、                ノ
        /                \              く    勝手に何とでも書き給え!!
      ./              ,==ニ_-、 丶            ノ
      /                 〃  __ `ヽ  \           )    誤った記事を書けば、君のところの
     ./     メ≧、_ノ     イ   {・}  |}  丶          〈
     /     ィ彡´三ヽ\  /. 丶 __ /     '         〃.    新聞が傷つくだけだ!!
   /     〃 ̄ ̄ {・}|       ̄  ̄       V        /  
  ./      廴 _ 二´    l     、       '       /      僕は少しも痛痒を感じない
  ,'         ̄  ̄,       人、   }         '    ___ノ  
  |           ヘ、   _イ __`ー-ェ'            |     ̄\_      僕の信念は不言実行だ
  |           |i Tィ'"´:::::::::`゙ヾイ         ∧      弋.
  |            ! |{::::::::::::::::::........}|   /     /       _ノ.     言わないといったら、言わない!!
  丶             V:::::::::::::::::::::::/ //    /         ヽ.
   `            \_:::::::::::::::ノ        ∠          ム
     `              ̄ ̄      /            __,).
        `ノ` ‐ - _``ー- -‐'"´_ _ , ´             `ヽ.

┌────────────────────────────────────┐
│ 戸川の言葉を聞くとやにわにやる夫の口元が引きつり、彼を蔑むように一喝した。  │
└────────────────────────────────────┘





342 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 22:08:59 ID:N7dEF1SA0





                                       / /  / /   l l  ヽ ハ
        /                            /  / /l/ l   l lヽ| l  ヘ ハ
      /                              ,'   l  l/l l∨ l l |ヽ|  l ll
    /                               ,'  / ィ'T ヌ l \ l ' TT ヌ l l|
  /        ,/     ,イ ,イ                  !  / l : l○!|| \| l○! |. l l|
/       /〈    ////                    l ハ  l  ̄       ̄  l/小/     …………!!
        / /  /| レ レ                     lハl |lヽl     j    u. /ノ l/
       / /   l |   , ―― 、_  ., イ ,イ ,イ          lハト、l    `       lイ/
       / /   l |  '――'''''' // .//// , イ           l\ と二二つ ハl
\     / /    l l      //   レ レ //             レl \    /l /
  \  //    Y     //     //               レ! l`  ´  ,k'
    \           /'"     /'"                /ヘ.   /  \
      \                              , --、_ r―‐r-r―┐__/`Y  ̄ ヽ
        \                           /  / / {___{__{__.}   /-‐    ',
                                    /  / /   / / l l __./       l
                                    |  l l   / /  l l  ̄ ̄/      |

┌────────────────────────────────────┐
│ やる夫は棒立ちの戸川に目もくれず、路地の向こうに待たせた車に乗り込んだ。    │
│ ドアを閉める音が、路地を真っ直ぐに通った。                         │
└────────────────────────────────────┘




344 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 22:10:37 ID:N7dEF1SA0





   /  _          |_
  //  ,       /_ノ人-――- 、_
  {  //      /ヘニ/´ ̄ ̄`, -、\
  \{ {  /´ ̄` ー/ / /    / /  ヽ \ /⌒ヽ        やる夫さん厳しい……
      \{    / / /   ,/  /     \h   |⌒l
             l/ /l|  /」∠_| /  ,    ‘《    /      やる夫さん、どうして何も言わないんだろう
            ○ lハ  lfr示㌧V /{  l   |   {_,
          /lハ ゝ. ヽ代少  ∨、| /   /    _ノ     もしまんざらでも無いっていうのなら、
           |/ V        fr刈/  / \  } }
               /       ' ゞ゚ノ___/   }ノー'      すぐに返事すればいいのに……
        ___ ,/  ヽ    _   /  ○
      r-┴  〈    /\__,.  イ  /l
   _,⊥ --、  \-、〈-、       l/
   {  /   \   ヽニヘ ト、
   l |     l\ーヘ=l |i
   ヽ.|      〉l|\_\l/ l
     〈 _」∠、ノ |   \l| 〉
     }`Y´ ̄〈   |     ||/





345 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 22:11:15 ID:N7dEF1SA0





        /             /l  ヽ         それだけ東大総長の役割を果たすことは
        ,         /  .   l  
          l       /     ヽ  l         簡単ではないと考えていたということね
          |      /-―  , -‐ヘ  !  
        .       /7テf  / イテf|! |         喫緊の問題である文部省との政治的取引に
        ', 1:   / ゞ'      ゞ'リ '  
         l |:l:l |       '   / /         河合問題の解決、思想問題の解決と
      、_ノ 从| |    -‐   イ /   
      \ / :八 | > . _/: { l/           彼一人ではどうにもならない問題ばかりだったの
         /:/   {ヽ!   /:l: : : \ 
        /:/ / l {      {`j: :j: :   ヽ         どれだけ自分に協力してくれる人がいるか、
    , <´ { {  トゝー 、 -/イ}: : } 人
                                やる夫は見定めていたんだと思うわ





346 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 22:12:47 ID:N7dEF1SA0





┌────────────────────────────────────────┐
│ 四日目になっても、やる夫は諾否を明らかにしなかった。                        │
│ そのような状況の中、国粋主義者蓑田胸喜が大学の現状をまたしても揶揄したのである。   │
└────────────────────────────────────────┘


/ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽミミ《ii(!!!/ヽ、/ヾ彡彡'三ミミヽノヽ
|  フンッ   |iッ、ヾ!i川( メ彡ミ彡'´,==ヾ巛彡      「『軍人に跪拝する』。
ゝ、____ノ  `゙''‐=ミヽ/=ヽi|//彡》ミ)、ヾ、メノ
ミミミミミミミミi       ヽ ヾミツ''' ヘ彡ヽ リ/      いまかくも東大全学部から総長候補受諾の
ミミミ/ ̄ヾツ     ヽ  ヽ   )  |三キ´((ミ、_ノ
ミミ/::::::::::          \ i  |    |、 ヾヽ       『懇願』を受けつゝある平賀工学博士がまた
ミ/:::::::  ,ァェ三ミミミャ、  ヽ .i l / ri》ミニミャ、、
゙::::::::   '     ヾミッ、,, 丿i::i i ./,ッ彡ノ‐-─、ヽヽ、     海軍技術中将であるといふ事実は、
::::::::::::    ‐-、__、ヽヾミミ彡ノノ彡'_ノミミミヽ-彡ヾ、
ヽ:::::::::.    ` `‐-',‐`ゝ、゙' /-‐'´)ミミミ=-`´ヽ  ヽ   『文教の最高学府』たる東京帝国大学が
:::::i-、:::::       ̄ノ  ..:ヽ !ヽ  |  ヾミミヽ
::: |:::::ヽ :::   /´/ ..:::::::_i i ::/ミ==-          全体として自発的に『軍人』の前に跪拝するに
:::..ヽ::::__ノ 、       ( `  )/ミヾ))
:ヽ、>´: ! i        ⌒ ''´/ミ<ハ            至つたことを意味する。
:::::::ヽ:::: ヽ      ,/,二ニ'フ/!i|川  リ
::::::::::ヽ:::: )   , =ニ、_'ー-' .i'-‐┴‐-=、_          反軍反戦論を代表学風たらしめ来つた『東大の面目』は
:::::::::.. ヽ、_ヽ     `ー ‐,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、
`'ヽ‐:::::  ゙ヽ、:: /ヽ、, /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、     何処にありや」(『帝国新報』S13.12.17)
;;;;;;;;\     ヽ、;::....  ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i





347 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 22:13:21 ID:N7dEF1SA0





            .  -―- 、
            .  ´       >-、          狂信的右翼の蓑田にしてみれば、彼思うところの
         /        /   ハ
        /      . -‐ ァ     ハ         反国体的学者の巣窟である東大を軍人が抑えるかも
      '      /   〈      l
     l   ∠.  、__ l     l |        知れないという事実は快哉を叫ぶべきものであったし、
      l  ィ冬ミ   f冬ミl    ,'::::l
     l  /ヒノ    ヒ:ノ |     /:::/        やる夫によって東大が彼の理想とする天皇制共同体に
     l | l   ,       |   :/:::/
     l | l.          |  /:::::{         より近づくことを期待したのよ
     レ! ::\ ヒっ     | :/::::::::廴_
       |:::/ ヽ _  イ | /.::/ :: \        そして蓑田は河合と同様に彼が反国体的学者と信じる
       |/     ト-‐_´ |' /   :::::::ヽ
           ∠. __/l     :::::l      田中耕太郎法学部長をもやる夫が葬り去るように
         /        \卜、 :::|!
        /           ヽ `v::ノi      示唆したの
        |              }' |





348 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 22:14:25 ID:N7dEF1SA0





  l     [ {ニ/  /         \/T〈 ` ー '   レノノ
 {J     └7  | l  卜、    V/l        ノ′
  〉       /!   、 l   | \ \   l |
 {  / , -―' l  l 卜t.  |ー―\1 lV            こんな人が言論界で幅を利かせているようでは、
  \ト{     、  N_,\!  __,. | /|
          \ヒ ̄    ´ ̄ レr- '            確かにやる夫さんも簡単には
           ∧"  ' __ " イ
            丶、` ̄ / 、              総長就任を受諾できないよね
              `>イ    /` ア¬‐ 、
            // / ノ  _/  //    ヽ       やる夫さんの行く手は厳しいや……
           /  l ∧   /  //       |
           |  r=《  ー一r= 、l/       /
           |  }= ヘ  /ゞ=イ     /





349 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 22:15:07 ID:N7dEF1SA0





 、-≦_ー‐  -=ニ`ー、ヾ,ヽヽト、ヾヨヽ'i Y,r‐'‐イ
  〉三_‐_´_ `ミ、_ヽ`ミト、ト_ミ;;W_ヽi リ∠'-三!,    .  ┌────────────────────┐
 彡ラ'_´-_‐' -‐三ミー_-ミミr'    `"┴ミミミ≦      │ この日、人民戦線事件で検挙されていた   ..│
  〃彡-_ ,-__ヽ≡_-ヾミ{_        ト\、!      │                            ....│
 ム,∠/-,-',,.-, |彡_/~~≡_      |ハ!ヾ'      │ 大内兵衛、脇村義太郎らが起訴された。   ..│
  }三三{ /) ト'、'、   `ー‐-'_、  ,   !         ..│                            ....│
 . f三三ム !r'(   ヽヽ、  、 r-、ミヾi|!|,-|        │ 直ちに文部省は文官分限令による       │
  f三シ´ } y'/    \`ヽ,ヾ|!、 !ヽミリソ|Z!       ...│                            ....│
 ノ彡゙  ヽッ';:;;:、     \ `ヾ≧キ};==iリ       ...│ 休職処分の手配に入り、大学当局からの  ....│
 :゙     /;:;:;;〃_,,、_    `ヽ{_ノ'-'   !          .│                            ....│
 ヽ,  i  /;:;:;=、´,=ト、゙_      ,.-、.   i          .│ 上申を待った。                    │
 ヽヽ,i'  i',彡;:;,   ゙トy_`,ー-..、  ト、,._  〉        ...│                            ....│
  ヽヽ,  \レ: .:,  `'ヽ'、'w,_ `ヽ、〉"             │ こうして河合問題を含めて正式総長の     │
 、 ヽヽ,   `に;;::;   、 `ヽ_~)'r'´              .│                            ....│
 ヽ  ヽヽ   ヾrシ   ヾ_-ァ‐'             . │ 決定が一日を争う急務となったのである。    │
  ヽ  ヽヽ   ヾfシノ, , 〃/                 └────────────────────┘
   ヽ  ヽ\_,..-ヾカソノソシノ`ヽ、
    ヽ、_ソ/)、  `\´     `ヽ
    ヽミ_-' / ノ\   \      |
     ヽ  ̄ ´  \   \.





350 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 22:16:07 ID:N7dEF1SA0





┌──────────────────────────────────────┐
│ 大学当局はこの日、田中法学部長に那須農学部教授を同行させてやる夫邸に送り、  ....│
│ 最後の説得に当たらせることにした。                                  │
└──────────────────────────────────────┘


      ___
     /     \          やる夫は思想には全く興味がないお
   /::::::::::::::::    \
  /::::::::::::::::       \       だから河合の著書を読む気もまったくないお
  |::::::::::::::::::::::::         |
  \::::::::::::::::        /       やる夫にできる事は、文部省と大学の関係を政治の次元で捉えて
   | :::::::::::::::    | iヘ
   |  :::::::::::::    ゝ__/        双方が満足いくバランス構成の可能性を探ることだお
   |  ::::::::::     /
  (__(__   ヽ         軍艦の重量構成のバランスも政治世界のバランスも
  /  ,_/  ___ノ
  `ー'  `ー'              本質的には変わらないはずだお……





351 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 22:17:06 ID:N7dEF1SA0





┌───────────────────────┐
│ 田中を迎えたやる夫は、単刀直入に切り出した。    │
└───────────────────────┘


         ____
       / ~~~\          あなたと会って、最後の腹を決めようと思っていましたお……
      /   ::\:::/::::\  
    /   (◎)―(◎) \
     |  ::::::::(((__人__))):::::::|       田中学部長!! 大学と文部省との関係について、
     \     ` ⌒´   / 
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ     あなたはどうお考えですかお!!
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄        終始文部省を敵として戦うということなのですかお!!
.      |          |





352 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 22:18:06 ID:N7dEF1SA0





       _.. -= ' ´  ̄ ` - .,_       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ,r'",,;;  ,;;;; ,,;;;  ,;;;;;;;;;;,,ヽ、     | なるほど、文部省との政治的妥協を
    / ;;;,  ,,   ,,,,,;;;;;;;;;;;;;; _ ;;;;;, ヽ.    |
   ./;; r- ...,__  ,.. -y ヽ  ̄`i ;;;;;;,,ヽ,   | 呑まないのであれば受諾しかねるということか……
  ,i ;;; l  / ノ ~l;'~       l ;;;;;;;;;; i   \_____________________
  i ;;;; i __, ...、 ! ,.- ., ___  .v ;;;;;;;; l    O
  !, ;; i'-,- '''ヾヽ  ~`r' ー=-~` i r- 、i    o
   ヽ、i 'rーu-,i l   t'~"uー,.   l,lr' ll
    i, i ヽ、_,/,i   ヽ, -'"   リ j i      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     i     l :::.      ..::::  ,/       |  いえ、私は文部省のいうことでも
      l    i_ ヽ     ..:::::: r'"-.,_      |
     i   ..,__ _ _、 ::::::::: i ヾ\~"ヽ   <  正しければ協力しても一向に構わない
     ,._,-'"-' ~`二  '"  :::::: ,y ,i ヽ,     |
     ~_.ヽ    ''    ..::: ,-'" i   /i     |  そう思いますが……
  _,.-=' /, ヽ、      ,.-' ,'  ,r  ,y l     \_________________
- '"   / i l丶,-ヽ- ='"  ,'  /  ,'  i



       ___
      / ~~ \
    /  \ /  \         なるほど、それは良い考えですお……
   /. ー(⌒)―(⌒)ー\
   |  ::::(((__人__)))::::  |
   \    ` ⌒´    /
   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \





353 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 22:19:06 ID:N7dEF1SA0





                    __,,, .............. -........,,..、
               _,..-ー'"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;´"''-、
              ‐";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'.
         /゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_....ー. 、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'、       まあ、要するに
         !,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.;.;-'''"´     .`''<;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙l、
         !;;;;|´゙7r.''>/'"゙|.!           :!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.l      総ての問題を大学自治の軌道に乗せ、
         i";;″:l゙  .!|  `.l....-‐'';;;;;;¬-..,  .!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.l
        l゙;;;,lr'"'一.、゙′ ''"'''" ´ ...... ゙̄''!  .|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!      筋を通すことですね
        l;;;;|./ . ̄⌒       _,,..、....,´   .! .;;;;;;;;;;;;;;;;;;;1
            i,ミ  .'"゙.,゙,.'..    : ゛ ゙┘  .゛    : (;;;;,,'''二''i,}     それと理屈にあわないことは
         ゙'/, .' / │    .. .ニ'''''"゛     .|;;,,〉i゙ .、 }!
            │ : -- │                  "."..゙_'.> |.!     しないこと
          l゙    ,!               -    二  !;| 
          、    .!  . : 、           l゙       .,./ ;|     理屈に合うことなら、文部省と
           ゙、    ゙'゙´ ":┘        ゙    .:|''''|゙;;;;;;./
               /                    ! :!;;;;;/      出来るだけ円滑にやるほうが
            :!    .,i..iyィ==;;lljiフ        l゙  !;./
               ゙i,   .`-....イ―''"         丶 .|/       いいに決まってますからね……
             ゙、     ¬             ゝ  .|′
             `、               ,.‐´,‐   .!
                 `.   、          ‐       |
                  丶  .!     ,..‐  .,‐    .,,,/"゙.、
                   ゙'ー.r‐ー''.'''゙゙´    _.. .'''''"    l
                      /i    ._,....‐' ´         t-、
                 .″ ..、  ….-    .          ":l'''ーT!;;i_、
                ハ''''''i, : /  .i゙  │  ‐       ,.;:゛;:/;:;:;::〔丶;:゙'/‐、.-、..
               ,,..i../  ,i゙ゝ .|,ー ._、‐│ ,.'゙" ̄"    .,.'";:;:;:;::`'''-、_;:"''''''/;:;:;:,ノ''''':-.. ,
       _,_..┬‐;|i=-''リ .!;;;`゙~"-'";;;;;;;;;| .゙.l;:;:;:;:′   -゛;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:´'ー゙;:;:;:;:./ ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::""ー

┌─────────────────────────────┐
│ やる夫の微笑んで頷く姿から、田中はやる夫の受諾を確信した。 ....│
└─────────────────────────────┘





354 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 22:20:06 ID:N7dEF1SA0





┌────────────────────┐
│ 翌12月18日は日曜日。              │
│ やる夫は朝食の席に家族全員を集めた。    │
└────────────────────┘


      , '/,; 'il|   , ' /,l|__________________________
      // .||| ///|.| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  | | |'/   .,!l' //,l| |.| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  | | |   //// || |.|
  | | |.0 ////  || |.|      ┌‐‐l]‐┐
  | | |///,'l|.    || |.|         .| ::.。゚o.: | .__
_| | |/// ||.    || |.|      │ ,;γ │| 7 |
 ̄| | |// ..|||.    || |.|      └――┘|;;;;;;;;;;|
 ̄| | |/   |||.    || |.|              |''''''''''|
  | | |     |||.    || |.|             ̄ ̄                  .┌┐____
  | | |     |||   0|| |.|                             /└┘(二),/|
  | | |     |||.    || |.|                             |[二二二二]| |
  | | |     |||.    || |.|                             ||______.|| |
  | | |     |||    ,|| |.|                             ||______.|| |
  | | |◎   |||  /,||_|,l____________________||______.|| |
  | | |     ||| //                                  .|[二二二二]|/
  | | |     ||' /
  | | |   //
  | | |  //            ________________
  | | |//            /                      /l
_| | |/           ./                      //l!
/| | |.            /                      // ~
  | l/           .l二二二二二二二二二二二二二二二二l/
/~              |__|,!                      |__|,!





355 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 22:21:06 ID:N7dEF1SA0





    / ̄ ̄\             _,/::'"'~:::ゝ、             _」ヽ  /|
  /  ─  ─\           !~:::::::::::,:::!ヽ、~ゝ            /   ゙V´∠イz‐ 、_
  /   (●) (●)ヽ         ,r':::::::::丶!V_!__!ヾ          /  , ヘ,_/ ヽヽヽマ´
 .|    (__人__) |         !::::::::::::ヽ、 ' <ム `-,          //  // ^´  ̄ `^`ヽ\ ゝ
 .|      `⌒´  |         ヾ::::ヾr-ゝ   ,. !       _,//  〃  ,  ,     、 \ヽ、
 ヽ         /          ヽヾ::)-- 、_____,,.!       ,ノイ| l/  //,ハ|  .l | .,ハ,l   lハ|`
 /   ヽ     ノヽ            / ! "!"~          小|   l/ ナ弋  |,l ナナ| l |
./ /   ∩ノ ⊃|  |          _/   ! ;;!'            l从  | (●)\l(●),ルリ
(  \ / _ノ |  |        . /~"'''‐、__ ,/\          ノハ小  l〃  、_,、_, 、、.l,/
.\ “  /__|  |       ./     \,'!  ヽ          //ヽ.ゝ        ,イi
 . \ /___ /       /-‐‐‐ 、  /~"!:!  │            |!〃lヽ>;:.,、ー, <ヘリ
                  !     `, /  リヽリ..               γ:::::::::::ム:::::::ヽ
長男 謙一                                     l::::::イ:::/∞ヾ:.ト::l
                  次男 重孝
                                       三女 好子



 〉::::::└f::::::_:::::::::::::::::::ヽ ̄ヾ:::::::::::::/::,!∠`ヽ
 `ヽ::::::::つ:::::\:::::::::::::::::`!  !:::::::::::::::::::|ニ´'/!
  (:::::::::::ゝl-:-::::::::::::::::―|  |:::::::::::::::::イ`Y´く´
   jゝ::::/  ゝ、::::::::::::::::::::|  |":::::::::::::)'!゙i ̄|ヽ
    \/   / ゝ_;::::::::::::::|  |:::::::::::ソ .| |  |
     Y!i |   l、`く::::::::>-<::::::_ ィ /| |  |
      ヽヽ!\i!l!i j/!ゝ:::{薔}::シ  ,/!!| |  |
          〉K` レ' j  ト/く  ´ ィ i :| |  |
.      rーーー、ー j/! l′ヽj~ ド.! l :| |  |
     /!   />' l .!'フ 、:r/ | | :| |  |
      rt ` ニく f 〉、j .!< ,ヘ:´ヽゞ | :| |  |
    ヾ::`¨´ソ:/ ,.-" -'ー/:::::\::::`| :| |  |
.    √ヾ:::::::〈 "/!‐'¨ア::::/!:::::ヾ:::\| |  |
   /::::::::::::::::::7`ー¨.ニ/7:/ :::::::::::::::::ヽ|  |
.  /:::::::/::::::::/   j/`:::   :::::::::::::::::::::\:    妻 カズ





356 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 22:22:06 ID:N7dEF1SA0





..      ____
     / ― ~-\
.  . /  (◎)―(◎)         謙一、重孝、好子、そしてカズ……
  /  :::(((__人__)))\
  |       ` ⌒´   |       今から父さんの言うことを
.  \           /
.   ノ         \        しっかり聞いて欲しいお
 /´            ヽ





357 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 22:23:05 ID:N7dEF1SA0





        ____
       /    \          熟慮の末父さんは、東京帝国大学総長の職を
.    /  ~~~ \
.  /    ―   ー  \       引き受けることに決めたお……
  |    (◎)―(◎)  |
.  \ :::( ((__人__)))/       もしかしたらこれは、晩節を汚すかもしれない難事だお
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ      でも、これは今、父さんにしかできないことなんだお





358 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 22:24:05 ID:N7dEF1SA0





       ___
     /\~/\          成すべき事はあまりにも大きいんだお
   /( ●)―(●)\
  /:::::( ((__人__)))::: \       だから、家族のみんなにもそれなりの覚悟をして欲しいんだお
  |     |r┬-|       |
  \      `ー'´     /       もしかしたら今よりはるかに大変なことになるかもしれないけど

                      それは十分承知しておいて欲しいんだお!!





359 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 22:25:05 ID:N7dEF1SA0





 l! ̄オ |:.:.:.:.:.|   と′  ,      丶  .:   r┘
   ̄リコ l:.:.:.:.:.| _「┘ / /  l |      \ノ  _〕
  く」!L.|:.:.:.:.:.! L. // /,  l| l  l  i  l ハ:.  _〕
 〃l| l L.i:.:.:.:.| r┘,./ /,   !|| l|  l  l ハ:/└i_
 |i l| !└l:.:.:.:| 〕// //l  l ! li l|  l  l |!:: と__〕          受けるのが当然ですわ!!
 li〃!|l トz水゙/イ ,://l:| l |l l| li  |  ! l|! とl「´
 |! |   !小こシ」 !/ ≧:xイl ! ,'! /l  , / /l _.」!|!
   ,l| l |ハ:.:!|l イ iイ:r::ハ` / '//二ラ// イ| l| l!  __        父様、これはとても光栄なことですわ
  /!| l l   \! l|  `¨      イrソ/iツ行l 〃  / |
  ,'/ ! l|l  「¨| llト、   r ァ  ¨´イ |l i |l |!   / /        私たちの事は心配しなくていいのだわ
 ,' ! i  l|i _|:.:.l:.|l:.|:.> .、__  イ´ !:| ! l| l   / /
 ! l ,  l|'「  |:.:.l|:li |:.:.:.:.薔:.:.:.:.:.:.|、ハ! l::-‐rz/ '´ハ
./ , i /l|| ヽ/ l| l;,;,;,ノ゙ヘ;,;,;,;,;,;,Y ̄|ヽ  {!'   / / ノ!
! / l , l| !   / l |:.:.:.|  |:.\:.:/ i  〉 \{!」、ヽ'イ丿
| li / l| / l -_〕:.l  |:.:.:.「´ 〈  ト.、 、\テ¨´
,'  l | // ̄ , イ´.:.:.:.:.:.:! i:.:.:.:ヽ  ヽ |  、_ ヽ
   l| \ <ー- 、__:.:.:| /.:.:.:.:.:.:.\  \ \ ヽノ
  l l|    ̄工>_/-、j |, -、_, - ゝ _|__〉、  〉

┌────────────────────────────────┐
│ やる夫は、このようにまず家族に決意を披露し、同時に覚悟を促した。  ....│
└────────────────────────────────┘




361 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 22:26:05 ID:N7dEF1SA0





          ____
        /\  /\ __                もしもし、佐藤総長事務取扱ですかお?
.     ./ .(ー)─(ー)'(_)( ゙ヽ
    / ::::( ((__人__)⌒ |.(  .',              やる夫ですお
    |      |r┬-|  ._|.(  ..ト-a‐-a,
     \     `ー'´ _(_)(.__.ノ      'a,,        総長就任の件、受諾いたしますお
    ノ            ̄/        "'a,
  /´            ./  ._/「i__「i  .ノ      話はよろしくお進めくださいお
 |    l          i   /      Y"
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、  /       i
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) ) (_______ノ
                                      _
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━/◎\
                                    ̄ ̄ ̄━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                              .,r'´   ` 、 
                                             .'‐ ,  ,. ‐ ,  ゙i 
     そうですか……                   .            i⌒  ⌒´  | __
                                             { ̄`H´ ̄ 「=v^|'(_ ( ゙ヽ
     遂に受諾を決意されたましたか……                 、.‐ト,__ハ__,r'  ! |.(  .',
                                          /.: .:.:〉ー~‐- 、┌`} .|.(  ..ト|`ァ‐- ,
     やる夫さん、                           ,,r'.: .: .:.: ,' .へ ,: : : /ー´,r(_ (__.ノ i ゙i:.:.:.゙i: ゙i
                                        ,'.: .:.l.:,':.:.{/,::::.:.\ : / : ,:::::: | ̄  | i.:.:.:. : :| 
     東大をよろしくお願いします            .     ′: : .:.゙il:.:.:.゙\: : /:ヽ:.:. :: : : : |   l  l.:.:.:. : :| 
                                       i: : : : .:l:.:.:. .:. .:.∨‐┼―i:. :. .::  |  /:.:.:. :/
                                       |: : : : .:|:.:.:. .: .: .:|__|__|:. :. .  \ ←―ー`
                                       ゙i:. : : .:|:.:.:. .: .: .:|   |   |:.:.:. .: .: ..:.:. .: .: .│
                                        \ : :!:.:.:. .: .: .:!__!__!:.:.:. .: .: ..:.:. .: .: │
                                          \|:.:.:. .: .: .:|   |   |:..:.:. .: .: .:.:. .: .: │
                                           ,': : : : .: .:,'―┼―',: .:.:. .: .: .:. .:.:.:. :゙i  
                                          〈: : : : .: .:,'  ∧  ' :. .:.:. .: .: .:.:.:.:.:. :〉  
                                           \.:. .:.:,'  ,':::::゙i  ゙i .:. .:.:. .: .: .,., '
                                             \,   ,':::::::: ゙i  i.:.:. .: .: ., '

┌────────────────────────────────────────┐
│ 正午を見計らってやる夫は佐藤総長事務取扱の自宅に電話を入れて、内諾の意を伝えた。   │
└────────────────────────────────────────┘





362 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 22:27:05 ID:N7dEF1SA0





       __
       / ≡ 丶
   r=v- f ^ヽ/^ |―、          ……というわけで、
   ヒノ| ([こHこ])、 \
   |γ /⌒∪⌒丶|\|       学内で新たに推薦者を選定し、
  /| |  f ノ~~ヽ i .| 丶
 Lf Ξ 0 |ノヾ  ハ|丶| |        やる夫前工学部長が適任であるということで
 丶.TTノ  |ツイ    .|_ |
   | |   |土|  _ノ |_ j        決定いたしました
   | |丶_|土| _ ノ | ノ
   | |__|人|___ |         なにとぞ改めて推薦を受理していただきたく……
   | | 、 _| ノ /
   ∥ \_λ_/
   | /ー)(ー\
      ̄ ̄  ̄ ̄





363 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 22:28:05 ID:N7dEF1SA0





             ,.r-‐ァ'""`ヽ、
          ,. ィ" ''" 、'"    `ヽ、
         ( / ,.r-、  ミ .._ ~`  ヽ        手続きさえ問題なければ
          ゞ'   ヾ、ミ r=、     |
         l | ,ィ'二   |  ! ;i ノ    |        我々に異存はない
         `f `'” .::::::| ル'7       !
            /;::  :::::::::::レ^' レi     |        早速受理しようではないか
          ヾ;   ::::::::::ノ   人 :;  ; |
  r=‐-、_     T´  .::::::/:::,,.----キ; : ハ
  ヾ:::::::::::\`ー: 、∟...::::;;y;''"     ル リ
    ヾ::::,r‐‐'^ヽ、_,,,.-‐^  逆シャア  リイ人

┌────────────────────────────────────────┐
│ 明けて12月19日、佐藤は登庁早々の荒木文相と連絡を取り、やる夫を新総長に推薦した。   │
│ こうして停滞していた選出劇は一挙に大詰めに近づいたのである。                  │
└────────────────────────────────────────┘





364 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 22:29:05 ID:N7dEF1SA0





【取材中】


      ザワザワ……
       ∧,,∧  ∧,,∧         ∧,,∧  ∧,,∧キモキモ……
    ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
   ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
   | U (  ´・) (・`  ) と ノ | U (  ´・) (・`  ) と ノトオナオナ……
    u-u (l     ∧,,∧  ∧,,∧ u-u (l    ) (∧,,∧  ∧,,∧
        `u-∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧`u-∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
         ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
         | U (  ´・) (・`  ) と ノ| U (  ´・) (・`  ) と ノ
ガヤガヤ……   u-u (l    ) (   ノu-u  u-u (l    ) (   ノu-u ドヨドヨ……
              `u-u'. `u-u'         .`u-u' `u-u'

┌─────────────────────────────────────────┐
│ 大学や文部省の慌しい動きを察知した報道機関では、取材の網をいっせいに張り巡らせた。  ...│
└─────────────────────────────────────────┘





365 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 22:30:05 ID:N7dEF1SA0





┌────────────────────────────────────┐
│ やる夫の一喝に打ちひしがれていた戸川は、直接取材の才覚しか浮かばぬまま、   │
│ 恥を忍んで青山南町に走った。                                  │
│ 薄暗いほどの曇天の中、彼は何度もやる夫邸の門を叩いた。                   │
│ そのたびに何度も断られながら、彼はただ意地ずくで攻めたのである。          .│
└────────────────────────────────────┘


                      , -―ァ―‐- 、
                    /  , ィ  へ ヽ\
     ,,,,、             ./  / /  /  l     ヘ      ,,,,、                 ,,,,,、
     ,! .,i´:iー匸l  ┬-、   ./  / /  /l l  | l    l      ,! .,i´:iー匸l  ┬-、        /` ,l゙
   │.l_ ゙‐'゚″  .|,,,ノ  .,,,/ / l /|, ィ´l| l /1 l   l.,,,ο   .l_ ゙‐'゚″   .|,,,ノ  .,,,ο    | ,i´
   ,l゙ /i、`,!      _,,-'彡' l / /l|Tヽl l l l/ _」ムN  l彡'"`  ,l゙ /i、`,!      _,,-'彡'"`   .|丿
   / / `"   ,―''''゙ン'"`  l l l 」L. _ヽ! V ィ, - 、l |   l    / / `"   ,―''''゙ン'"`     _レ゙
  .l゙丿     `'-‐"      l l l.ィ ft.チヘ   ,イtチ `Yハ l|     l゙丿     `'-‐"       ,i´丿
                 ,l |ヽ|、 ゞ' ノ⌒ヽゞ' ィリ l /
                  `ヽ.l..u ̄ __'__ ̄ lノレ'         
                    `ト、 l/ ̄ ̄ ヽ /     r'.二ヽ、  て       __,ノ  やる夫博士!!
                     l:\ ー―‐, イ      i^Y゙ r─ ゝ、 そ       ) .
               /'⌒丶. _.vヘ!`  ´lヘ/__, ― 、ヽ._H゙ f゙ニ、|  (     -=ニ    お願いです!!
               l   」 r―- 、 ×, -┐/ 「    ヽ \`7ー┘!          ,)
               .l     l |   -}こ}-  |  l--   l  「:ト  イ         ⌒ヽ 話を、話を聞かせてください!!
               」     l L. ィ´| |`ト .」  l   .  |   |   |           ノ-、
               |   /   / l  l ', _ l /   l l ̄ ̄ ̄l             ⌒ヽ, -、/^ヽ「` -、/^ヽ「
               |\ /   /  l   l  ', ̄ 」/   / .l      |





366 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 22:31:04 ID:N7dEF1SA0





       /       / / l   ヘ   ∧
     /     / / /    ヘ   ∧
    / / /   / /l /イ     l   ハ            もう夕刊の締め切りに間に合わない……
    / / /   //l/ l/ l   l /l l   l
   ,' / /  /l/ l /l  l∨   / l /l   l            他社の記者もみんな諦めて引き返して
   l , /  l| |  \j \/  l' l  l l
   l ,  l   l -――‐'   'ー―- l  l/            残っているのは私一人だけ……
   V  ハ  l| yz==ミ    彡==x小 /
   ∨ハ Vl| 比tソ   {  比ソ /ノリ             私、もう泣きたい……
     V廴._v!        j〉   /´
      リ:.:.\       ___   , '
      ハ:..r、\  ´  `/  へ
         }/ \ 丶--r く       ヘ   _
   _ _,/    \ーx'  \ _    ヘ /´_ \
 /  `l  l\, ―‐ 、./ ̄ ̄`ヽ丶 / ̄ ̄ヽ/r―'ー ヽ
  l     l  l / /二2{       ノ ̄ゝ    人j r―   |
 l  _ l  / '´ --、〉`TT T ´   l  ̄ |  lし{ー‐ /
 l    `! |   -― 〉 || l t―zl    |  ハ└「´ /





367 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 22:32:04 ID:N7dEF1SA0





┌───────────────────────────────┐
│ 諦めかけたその時、不意にやる夫夫人が紅茶を盆に載せて現れた。   │
└───────────────────────────────┘


        _)≫:::::::::::._ ''"         ` 丶、:::::::::::::.(_
    __(::::::::::::::::::::::/               \::::::::::::::::├─x
   ./ r─.≧:::::::./                 ヽ:::::::::::≪ニ7》
   に二三彡::::.∧                    ハ:::::::::.|\Y《
   仁{_/つ::::∧                    :ハ:::::::) . ) )     お寒いところをわざわざ、
  . 廴__,.イて ,'.l                 j | |  |  }::ム辷彡'
   .ハ ; (::::.| |  { | | ハ V     .l   イ.∧ l  | :!.|::::/. | |:|      本当にご苦労様ですの
   .ハ ,: l| 辷| l  .V.L | ハ.ヽ    | / ,/7 .Ⅵ jl !.}:::}  .| |:|
   ハ:/ :!l  .|!ト{  .ヘlV>>zリ,,,. ハ  l/./ィ-七7.l ∧リノ|::lハ  | |:|     主人がお会いすれば宜しいのですけど、
  .ハ/ ::l|  .|::|ヘ\ =Y´jう㍉`\V/7´たうj.Ⅵ从ンj .|:| .l.  |:|
   /  !|   |::ト叮アト、ヘ. ヒン        ヒン  7イ |ソ}l::| .l   |     立場上お目にかかれません
  ,'   |   |::|.  | .l∧         ,       ./ ! .|'  川 :l:   i|
  .′  :|   川  .l .|.`ヘ.    r─‐┐   / /l .|    |:   i|     これは、主人の申しつけではありませんが
  ;    :l      / リl.  >、.  ` ー ′ .イ.  |..|..    |::   |
  |   ::|    / .∧}./´.::.ニ>tー 'チニ`ーzxノ八.   |::   |     どうぞなのですの
  |   ::|    ./ /´::マ.:.::.:.:/ニ{ 只 }ー=、...:.:.://::Vム  |::   |
  |   |  .//>、::マ: _,::-‐‐'..:》ー.イ├───┤〈 Vム .|::   l
  |   ::l .《∠≪:::::::へr=====v::イ|:::::ト::| V* ,,, |::::\Vム..|    |
  |   ::|::: ヽこ二ニミ/      V====.| *ヽ";;./゙|=ニ三彡l::   |
  |   r上≦ __   {      } l/∧.{;.Y,,、∨ィ≪<::::::::入l    |
  | r─{  ‐厶__ヽ== ゝf士土,イ 三{==ヽェェェェ/=と∠='=カl   |
  | ∨::ヘ. {>ーァ‐‐ァ‐ッ────t─zr‐t―‐r‐v―、ャ厂 .|::≫ |





368 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 22:33:04 ID:N7dEF1SA0





       / /  / /   l l  ヽ ハ
     /  / /l/ l   l lヽ| l  ヘ ハ
    ,'   l  l/l l∨ l l |ヽ|  l ll        あ、どうもありがとうございます……
    ,'  / ィ'T ヌ l \/ ' TT ヌ l l|
    !  / ly示‐、    ィ 升 Y l l|
    l ハ  l以リ     以リ l/小/
    lハl |lヽl ゞ'-  j   ゞ' ‐ /ノ l/
    lハト、l    `       lイ/          ……え、ちょっと待って?
        l\   __    /ハl
          レl \ `´  /l /             夫人が主人の断り無しにお茶を振舞うかしら?
         レ! l`  ´  ,k'
         /ヘ.   /  \            ここはやはりやる夫博士からの指示があったと考えるのが当然
     , --、_ r―‐r-r―┐__/`Y  ̄ ヽ
   /  / / {___{__{__.}   /-‐    ',      ということはひょっとして……
   /  / /   / / l l __./       l
   |  l l   / /  l l  ̄ ̄/      |

┌───────────────────────────────────────────┐
│ 紅茶の香ばしい舌触りにやる夫の情を感じた戸川だったが、次の瞬間ある予感が脳裏に閃いた。 ......│
│ 戸川は直接その足で文部省に出向き、高官の一人にカマをかけた。                       │
│ 案の定予感は的中し、戸川はやる夫が就任を受諾したことを知ったのである。                │
└───────────────────────────────────────────┘





369 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 22:34:04 ID:N7dEF1SA0





┌────────────────────────────────────┐
│ 山田三良のときと違って、荒木文相の対応はあきれるほどすばやかった。       .│
│ 推薦を受けるとすぐに文部省内の意思統一を図り、翌12月20日の午前8時半には ....│
│ やる夫を文部省に招いて大学行政を委ね、午後2時半過ぎには正式に            │
│ 「任東京帝国大学総長」を発令した。                                 │
└────────────────────────────────────┘

            ,.. - ..,_,.. - 、.、
            , ‐''''´       `'ヽ"'ヽ
          /         ̄`'ー、ヽ , \
       /  __-、ヽ       ! i ノ,._ ';
      r'  '" r'/''`'rrー- ..,,__,,.=,く'´ー;  {              やる夫海軍中将、
      r' _,...  /   '       !l  ! .!
      ヽ'.r''ーr'i ..,,,_    、  .,'/  | ./              あなたに東大を任せよう
      ', !l ; !l !.  -r‐i゙;i''ー.) ヽ. /r;i‐;'' i-'
       ',ヾー.|{     ̄     l´  ̄ /                総長として、国策に沿う
       ', `"!'           !    ,'
        !,! !、       ー '   /                 大学行政を行って欲しい
        '_'、.l`ヽ     ――  /
       ,'、;-' ,_ \    "   ,.'
       ,'  `"''ー"=‐'_- _ ..,__,.ノ- 、
,.. -、----、'- 、      `"'ー`;'ir,j,''r'--.、
-―ヽ__ヽ `'ー .,_      !l!l ,',' !___ヽニニニニニ ー_-=,―''''フ
ニ"-l l         `'ー 、   l !l l !.,'    ヽヽ..二''_-、ヽヽ-'´
'ニ7,'/              `'ー !ヾ.!l/        \ヾー_'_. ', ', !



       ___
     /\  /\           任せて欲しいですお、荒木大将!!
   /( ●)―(●)\
  /:::::( ((__人__)))::: \        東大総長として恥じない仕事を
  |     |r┬-|       |
  \      `ー'´     /        やる夫はやりますお!!





370 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 22:35:04 ID:N7dEF1SA0





┌────────────────────────────────────┐
│ 第十三代総長となったやる夫は、午後4時、黒の背広姿で記者団を自宅に迎え、  ...│
│ 「朝日」と「ホープ」をかわるがわる煙にしながら質問に答えた。                  │
└────────────────────────────────────┘

              ____
           /      \ ( ;;;;(
          /  ─    ─\) ;;;;)
        /    ( ●)―(● /;;/        ────大学を改革するに当たって
        |   :::::( ((__人__) l;;,´|  
        \     ` ⌒´━・/         大きな建設にむかってゆきたいですお
           ヽ、.,__ _ _ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、          学内には今、そのような機運がみなぎっていると
   /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、     やる夫は見ていますお────
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||::::: /::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::





371 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 22:36:04 ID:N7dEF1SA0





./          , ィ >ィノへ 〈
l    . . : : : :/´        l:ト
l . : : : : :/こV 、    ⌒\   l|
V: : : : : /  〉  `¨`7^5ミ V ノ           やる夫総長!!
 v: : : ∧ l     { ゞ' /マフ
  ヽ: : : : 〉,      ` ー' 〈             河合栄治郎教授の休職が取り沙汰されていますが
   }: :/〈    ,    - ,ノ
  ノイ   、    ⌒こイ              今後どう対処されるでしょうか?
/^ヽ    \     /´__
l    \     \__ /::::::::\
:l     \   /  /::::::::::::::::::::',
:::l         \〈\ {:::::::::::::::::::::::}
:::::l        人 l V| ̄ ̄ ̄ ̄|
:::::::l      / ハ / |____|
:::::::::l、   /ヘ.__/ l:l /   r ┐ /
:::::::::::l\/  / l l:: ̄/´ ̄ ̄`!
:::::::::::::l     /  | l::::/ ´ ̄ ̄`l



     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/  ─(─)─(─ /;;/          その件についてはまだ何ともいえませんお……
|  :::::( (((__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /





372 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 22:37:03 ID:N7dEF1SA0





パシャッ    パシャッ
   パシャッ            ________________________    
      ∧_∧ パシャッ     /  
パシャッ (   )】Σ      <   やる夫総長の大学を治めるモットーはなんでしょうか?
.     /  /┘   パシャッ   \
    ノ ̄ゝ             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



       , ―――― 、
     /  _ノ ' ;、ヽ_ \                  ”誠 実” ですお
    / ─( ●)─(●)‐\
   /   :::::( ((_人__))):: )                造艦技術でも同じですお
   |      / | | | | |ゝ   ノ ,.、,_ ,..._
   _ヽ、   、`ー―'´,)r‐ァ‐''"/ _/ >-‐ 、       技と心が結びつかなければ邪道に陥りますお
  '/ / \     ̄ ̄ (゙\`マ -‐ト-.r '`';ーく__\
, '/  '、   ゞ  __ ,ィ ヽ \\ ,)/ ノ / ノ      それをモットーにして、
/    `' ーァ、  ;;:/  / ̄iヽ `々゛  、   /
       | ヽ  ;ノ 〈  ',ヽ `、  :i ノ    |        東大の長期建設に取り組んでいきますお
       l  \    ヽ /, \l    ! /   |
       ヽ ,、 -〉  , --〉/⌒i'ハ    ;      ト、
   ;     |  \  /_ノi\l ',\ ヽ,    ! \





373 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 22:38:03 ID:N7dEF1SA0





┌───────────────────────────────────┐
│ 報道陣の中で、戸川記者も懸命にメモを取っていた。                 ...│
│ 帰りしなに肩をたたかれ、振り返ると笑顔を含んだやる夫が間近に立っていた。  │
└───────────────────────────────────┘

                            .「l「l「h
                          .__ | ||| |
                         .└ 、ヽ  ̄ !
               , ―――― 、     } l / |      よう、戸川君……
              /  _ノ ' ;、ヽ_ \    h.__イ
            /   ─(⌒)─(⌒)'    |    |      君、これから僕に会うときは、
            |   ::::::( ((__人__)))::  |ー一.|
            \        ` ⌒´ /   |::::::::::::::|      総長室にしようよ
            /{\     ー  ノ'-、   |::::::::::::::|
        r=ニ,二|::::\` ー-r--イ |.::::::::::::: ̄ノ!::::::::::::::|      家には来んでくれ
        /:::::::::::.:∟::_::\ /^\ |/_:::::::::::::::.!:::::::::::::::::::|
         人_::::::::::::::::.く:::::::\〉-〈/ /::::::::::::::::::.__/       みんなが君にすっかり同情してね、
        /:::::::::::::l::::::::::::::ト:::::::_ У_/:::::::::::::::|/
     /:::::::::/::!::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::リ            一度だけでも会ってやれと責めるんだ
    /::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::.|::::::::::::::::::::::::|
   {::::::::::::::::/{::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::|             閉口したよ……
   \:::::::::'  |::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::|





374 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 22:39:03 ID:N7dEF1SA0





          . == zー‐ 、
        //´ ̄` ⌒丶\
       / /       l    \\
      / /    /  /     Vハ         ハイ、分かりました!!
     /   /    l  /   l   V ハ
   / ,  /   l / イ. :  /从   v ハ
  イ /  /. : ;ィナヌト l: : : .//Tヌ. . :l: : l       ”総長”!!
  |l: : /: : :/≠ミ:| l: : /レ:==、i l: : :l: : l
    v: : l: : ,:i´ fい 、 レ , fい. リ: : :l: : !       ありがとうございました!!
   乂::ⅣI{ _辷ソ r}ー‐{ュ:辷ソ }: :ナル’
      j人 l` ー一'  j ` ー一〃イ
      `ヌハ   7-―-ァ    j/
         ノ:ト、 {   ノ   イ
    /⌒T f´  〈 >ー<} ``T⌒ヽ
    / 、 l |   \   /   | /  l
    |   | ゝ _r―‐r-r―┐ノl/   |




376 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 22:40:03 ID:N7dEF1SA0





┌─────────────────────────────────────┐
│ 夜半すぎ、久しぶりに雨らしい雨が降り始めた。                        │
│ 新総長の道を洗い清めるような雨音を聞きながら、家事を済ませたやる夫の妻は、 ......│
│ 夫唱婦随の決意を日記に託した。                                    │
└─────────────────────────────────────┘


! |   !l |! !   | !     | ! l    |  ! l  |! |   !ll  |! l  |!|   !l  |   !   ! |
 !l |! !   | ! !ll  |! l !|  l   !ll  |! l  !|     | ! l  il  i (ヽ========
   |  |! !   | !     | ! l    | l    |  !|  ! l  |   ! l ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ
 l !i!    | ! l   | !l |!  !! l     !l  |l  |! l    |! l  |! ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ
! l ! |  |   l    |  ! l  |! |     |  ! l  |! l l  |! ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ
  !l |! !   | !  i   | !   l i !i li     | ! l   !  ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄
   !   ! |  | !     | ! l   | !l |!  !   | !    li ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ
  !l      !   ! |  | !     | ! l     | !l |!  ! ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄
! |   !l |! !   | !     | ! l    |  ! l  |! |  ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄
| !     | ! l    |  ! l    |  ! l  |! |   @二|二|二|二|二|二|二|二|二|二|
  | ! l    |  ! l  |! |   !ll  |! l  |!|  | !    |二二二|二二二|二二二|二二
   ! |  | !     | ! l     | !l |!    ! |  | !    |二二二|二二二|二二二|二二





377 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 22:41:15 ID:N7dEF1SA0





   '┐ _ :::>‐  ― ー - 、:::i:...:::i ::::: } ヽ
   _/ ..... /           ‐ヽ::::i:. :::r‐'| 「__,.;;ぇ、
  「__ /      /   ;      \::::| _∧  {゙ |:::|
  |  ./    /  /    i      i ヽ::__ノ::l イ.LL:|.     「いともよき目出度、譲様の御就任、
  } /  /  /  /     :l:  l    :l  | ::: |:::| T"゙T:::}
 「 /  /  /   i     :|:  :l   :l ::l l }.|:::|..:く /:::/     光栄此上なく、謹みて御受けせらる。
  イ.  l  :l i :i     :::|:  :| .l :|  :| 「 ] |:::| "ト^/
  .|:i | i ::l ::i ::i i     :::|  ::| :l ::|  :| .} |.l:::ト ∧:}       心のあらむ限りを尽くして奉公の誠を
. /:|:i | i L 」 _i__i i  : ::::i  ::| :: .l: :|  :l(: il::/{  |::|
/:/|:i | iいハL|_リ`i::::::::/ナ ‐ト 、L _:i  :| .}/::/イ  |:::|        致さるゝべし。
:/ .| いいハ ィrテぇミい/ レィ‐ ∠レ/` :///:/ /  |:::|
|  |  ト゚| i i いィ}     イテフハVイ/ レrヲL.|.  レ'       さはれなかなかの重任、心身ともに
.  |  .| i | i ゙ ゙̄  ,    にクソ "|. i レイ / |.  |
  |  レ i |. ヽ.    .;._      /| i |  | .|   |        疲れも大なる事なれば、つとめて
  | //.| |_ /` 、     _ rく ァi.ハ ', | .||   |
  レ /ィ| |::::::. ::::::..`_- .:::'´:::::::  ..メ/. ', V ||   |        衛生に注意、能く健康体として
 /,ハ l l::::::  :::rチ心ヽ:::::::::  :://: \; V |   |
"/  /./::::  :::::::い9ソソ::::::  :::://:::: ∧  ';|   |        堪へらるゝ様、心にわだかまりなき様
ー-; / /^ミ;ュ'f-、^⌒'⌒~;:::  ::://::::: /:: .>ー' 、  |
,__ 〉´ー-ぃ} ./⌒:/⌒/^ }" ∠===⇒'´_. --_}. |        致すべきは、我等の又つとめなり」
┬' :|  ̄ヽ ト::V  ノ .ノ 人 :::::r '´-  .,, -- へ  |
イ-;:.} 个ぐ :/ `'r-―r'::i  v' }rー '゙ フ ,.イ゙:: ヽ`ー' 、
i ::::{  ノ T::>':::ム ̄フ「::::/ ::: 「 __,/∠___i、::::. ヽ  /
| Vー'- イー 、/く_/ .| :::ト、 :::::: >、 ̄ " ー;-,〕 ヽ:::::. \
` ー く イ }  V- 、 Vフ´ ̄   ><^"ーzノ:::::::: ノフ





378 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 22:42:00 ID:N7dEF1SA0





              __ _ __ _
             「:::::::::::::::::::::::::.:..:l           ...┌────────────────────────┐
             |::::::::::::::::::::::::::::::::l          │ 夜来の雨が降りしきる中、総長初日の12月21日を  ......│
           _」;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;L___        │                                    │
            /   ─ ~~-\          ..│ 迎えたやる夫は、午前9時半、シルクハットに        │
          /   ─( ●)─(●)'         │                                    │
          |    ::::::( ((_人__)))::|       ...│ フロックコートの正装で登学すると早速          ..│
          ,.\        ` ⌒´ /         .│                                    │
       ,. '´.:/{\     ー  ノ' `ヽ      ...│ 佐藤総長事務取扱からの事務引継ぎ、         ....│
    ,.  '´.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:ト、 ヽ、二 イ.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:l      ...│                                    │
   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.l.;;;\「``ハ´ }:::::::::::::::::::::l       ..│ 本部職員への挨拶を手際よく済ませた。          │
  /.:.:.::::::::::::::::::::::::\.:.:l;;;;;;;;;\    l::::::::::::::::::::::l     ..└────────────────────────┘





379 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 22:43:00 ID:N7dEF1SA0





__________________
 ・ ・ ・ ・ ・    ‥.‥ ・・                 ..┌──────────────────────┐
┌─────────────────┐    . │ この日の新聞各紙は前日の記者会見を       .│
│悠然、波高き東大に進水した”軍艦総長”.|     .│                                │
└─────────────────┘     .│ 好意的に扱い、「悠然、波高き東大に進水した   ..│
                     ___       │                                │
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   |×××|      │ ”軍艦総長”」などと伝えた。              .│
 |     -  - 、        .|   |×平×|      │                                │
 |    / (◎‐◎)ヽ      ..|   |×賀×|      │ やる夫はかつてイギリス造船学会から         │
 |    ゝ(_人_) ノ .      |   |×総×|      │                                │
 |    (  ¶¶   )         |   |×長×|      │ 摩擦抵抗の研究で金牌を授与されているのと、   ..│
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   |×  ×|      │                                │
 |                |   |×.イ×|      │ 軍艦の近代化改装、つまり「若返り」を         │
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   |×.ヨ×|        .│                                │
 |                |   |×.イ×|      │ 指導したことに引っ掛けて、              .│
 |___________|   |×.ヨ×|        .│                                │
    総長による会見       |×就×|      │ 「摩擦の大きすぎる大学をいかに            │
  - - - - - - - - - - - - - - -  |×任×|      │                                │
..┌────┐*:;::;::::;;:  |×××|      │ 若返りさせるか、かかって設計の手腕にある」  .....│
..│ ̄\    │*::;:;::::::;    ̄ ̄ ̄      .│                                │
..│    \∧│**:::;;::;;::               .│ などと報じ、やる夫の大学設計に注目した。   ......│
..└────┘                      ..└──────────────────────┘





380 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 22:44:01 ID:N7dEF1SA0





  /⌒ ー―'     _ノニァ'´  / /    \      ヾニヘ_   ` ー一'⌒\
 ,'          〉ミ7   〈  ト、l   | \    l  《三〈          l
 |          乙7   l ∧├ \、  l -‐\  l  l丁´             l     いよいよやる夫さんが
ノ           / |   l〃≠ミ  \ l彡=、\l   | l               l
            | ハ l | / ィぃハ   ヽl ィぃハ Vl  /、l             {_/   東大総長に就任したね
\     /⌒ ー― ' l ヽl V {::しリ      {::しリ } /   l ー―- 、       /
  \ /         |   lト. ゝ ゞ='   l}  ゞ=' ノイl   l     ヽ  /      ”軍艦総長”、遂に
    \        b  〈ハ   、_ .. _,    ハ〉   d       }/
        \     り   ー 、          , ー'    り     /          タイトル通りになったんだ!!
        \          \         /         /
ヽ        \―、_        ト、 __ イ      _, -/        /
.  \          l \    }     {      /  l  l          /
    \     ',   l   ∧ーァ个ー‐rn一个ーr∧   l  |   /    /
       \   ',  l|  ∧∨ 〈    /ハ   〉 ∨∧   l l   /  /
       \   ',  l|  ∧∨  l\////\/l   ∨∧  l ! / /
         ∨ ', l ∧∨  l   V⌒V   l   ∨∧  l!/ /





381 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 22:45:00 ID:N7dEF1SA0





       /                        |     そうよ、これから軍艦建造にも劣らない
      ,                       ,イ 
      |                     / '      やる夫生涯最後の大仕事が始まるの
      |                      // /  
      |      l             ∠ー/ /       ……さて、今回の話はここまでにします
      |      |            /_/´/: /   
      l   | |            /`冖゙ /: /        次回は就任早々の難問である
     //  .!  |  .|      /      V
 ト--‐/   ./  :|  :|    . :/   、_  /         河合教授の処分問題を描きます
  ー/    : :/  :| /|    . :/    _,ノ´
. /   . : :/   / イ| . : :/>、_/              それでは、次回もよろしくお付き合いください





382 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/09/25(火) 22:46:00 ID:N7dEF1SA0





: : : : : : : : : : :/  ,∠ニ=-―- /⌒ \        \
丶 ___/  /      /           \  ヽ
         /     /  /         \    \ ハ
        /l/    ,/ /| /          \  - 、ヽ       やる夫さんの総長としての活躍が
      / |  /_l/`ヽ! !    /        ヽ
      ○   l   //´ >ミ V|   / |           l          次回から始まるんだね!!
    {フ  八 :|l /::しリ  `l  /_ l  | |    |  -―
    -―- 、 ∧| 、{{:::rソ    ヽ{   `\1 !     '  /: :/
 //⌒く⌒ー┐  `¨`    、__-、  | /    /: :/:/       それじゃあ、次回もよろしく!!
//  /⌒×´    ′     ̄`ヾ  l/     /: :/
/  _/  /  }、  丶         /   /二l―‐- 、
{    /  / 〉、  ヽ  ̄   _,/>-‐ 、 /´ /  /        みんな、幸せゲットだよ!!
l\     '  イ ∧         {/⌒\ \ノ  /
  \      〉:| 丶 -------‐ァ/⌒ヽ.   \ 〉 /



第17話  軍艦総長誕生  終わり

第18話  興亡をになって  へ続きます







◎第17話「軍艦総長誕生」


平賀やる夫                東京帝国大学名誉教授(艦政本部業務嘱託):やる夫(AA)


荒木貞夫              文部大臣:シャア・アズナブル(機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)


田中耕太郎             東京帝大法学部長:後藤喜一(機動警察パトレイバー)


佐藤寛次              東京帝大総長事務取扱:亀仙人(ドラゴンボール)
舞出長五郎             東京帝大経済学部長:井之頭五郎(孤独のグルメ)
山田三良              東京帝大名誉教授:夜神総一郎(DEATH NOTE)
徳川武定              東京帝大工学部教授:徳川家康(実在人物)
戸川幸夫              東京日日新聞記者:増子美香(Yes! プリキュア5)
丹羽重光              東京帝大工学部長:榊清太郎(機動警察パトレイバー)
穂積重遠              東京帝大法学部教授:野比のび助(ドラえもん)
蓑田胸喜              雑誌「原理日本」主催者:範馬勇次郎(グラップラー刃牙・シリーズ)
大内兵衛              東京帝大経済学部教授:アレクサンド・アンデルセン神父(HELLSING)

法学部教授             ゲオルグ・ゴメス(鉄腕バーディー)
法学部教授             県 十三(鉄腕バーディー)
平賀家女中             翡翠(月姫)
報道記者              アナウンサー(フレッシュプリキュア!)


平賀重孝              やる夫の次男:衛宮士郎(Fate/stay night)


平賀カズ                やる夫の妻:真紅(ローゼンメイデン)




本日は以上です。読んでくださった方々、お疲れ様でした。

今回をもってようやくタイトル通りやる夫が「軍艦総長」となりました。
彼には軍艦建造とは全く違う苦労が待ち受けることになりますが、
今後も興味を持って読んでいただければ幸いです。

それでは、また次回。





関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加




[ 47953 ]

戦後の辞職した教授たちのたどった道を調べれば平賀粛学がどういう評価なのかは判るな
本人のバランス感覚の良い所は全部無視されて、軍の意向を受けた思想弾圧としか評されてないし東大側もそう感じていた
俺は平賀が嫌いだがこの一件だけは彼の名誉のために惜しむ。やはり総長要請を受けるべきではなかった
[ 2012/11/23 15:57 ] [ 編集 ]

[ 77043 ]

男どもは80年後もまるで変わっちゃいないけど
女性と夫婦関係は随分変わったなあ
夫唱婦随の真紅奥様が面白すぎる
[ 2014/12/23 21:31 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oyoguyaruo.blog72.fc2.com/tb.php/4997-6672f5e2


アクセスランキング アクセスランキング アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。