ブログパーツ 泳ぐやる夫シアター マミさんは真のキリスト教に目覚めたようです 番外編 ラーズィー伝


















マミさんは真のキリスト教に目覚めたようです 番外編 ラーズィー伝






アラビア医学の最高峰といえば、イブン・シーナーと並んで名前が上がるのがラーズィーである。
本名ムハンマド・イブン・ザカリーヤー。欧米ではラテン語名のラーゼスとして知られる。



     / //::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       /./ イ::::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::/::::::ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.       /./ //:::::::::::::::::::::::::::::/ |:::::/::::::/ i::::::::::::::::::::::::: _ _ :::::::::::::::
      |/ //::::::/:::::::::::::::::ハ:::| ./:::/三≧///::::::::::::::/ _ ヾ:::::::::::
      | / .i:::::/i::::::::::::::::::| 升彡イニ ̄   //i::::::::::| /  ) i:::::::::::
.       i .l::/ ィ::::::::::::::::::| ヾテr j /     ./::::::::::| ) / .|::,:::::-
.       | .| ハ i:::::::::::::::::::ミ、 )‐'´      /::::::::::::| / - ' ´三三
.       |  | |.レi::::::::::::::,、:ヽ\        ./:::_::::-:::'::´三三三三
.        ヽ  | | |:::::::::::/ `ミ、_ \   _ - ' ´三三三三三三三
         Ⅶ Ⅵ::::::::/_  -    Y´三三三三三三三三三三
         ヽ  V:::ハ:::::::>、  _ .\三三三三三三三三三三
          /ヾハ:::/三 >' ̄    ヽ三三三三三三三三三
          /三三三/三三ニ} ̄    V三三三三三三三三三
         /三三三三三三三::i、   _ ィ ト三三三三三三三三
       <三三三三三三三三三三三三ニ.| ヽ三三三三三三三
        ` - 、三三三三三三三三三≧/:::\三三三三三三
           ` - 、三三三三三 ///):::::::::人三三三三三三
              \三三ニ.///.//::::::::/ | |三三三三三三








686 : ◆OkhT76nerU:2012/08/14(火) 23:18:21 ID:AF3an4Ek0





865年イランのライという村に生まれ、若い頃は音楽に親しんだ。
ウード(リュートの原型となった楽器)の名手で歌謡にも優れ、『音楽の美しさ』という音楽全書のようなものも書いた。


                               , ^  ,
                                /     > ,
                             ,.:'::::ヽ_   _ _   > ,
                         /::::::::::::::)  ¨ミ丶
                          ,':::::::,<::¨::>    ̄          `::...、
                            /::<>‘_:_:::( __ __ _ ...........::::::::::>
                         ,<≫.‘´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:::.."......
                  ,<≫‘´   `ー―::::―――::::::::――::::一::":::::::::::::::::::...
              ,<≫‘´         ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....
             ,<≫‘´
          _r<≫‘´
     ,c‘:;:::r/
  ,.:‘::::c/::://
.<:::::::::c//,ヾ}
 \::::::/,ヾ}
   `´ヾ}





687 : ◆OkhT76nerU:2012/08/14(火) 23:25:33 ID:AF3an4Ek0





が、次第に興味を失って哲学を齧りつつ


               __..----..,,_     _
               ,rっ'"     `''l―~/
            _〕ヤ    ''''ゃ-「 ..lト-..-..__
         ___../ ヤ _ 、_____ \,、丿  | 、 │‐‐ー-、
       ノ"´    ,' ゙'‐:几`'''''''´ ,j lト廴、 / 」 1|!     `ヽ、
      /′   ''‐;ィ^''''" ` ニ'''' ̄ ''ヤ` /: :〕 |│     ヘ
     亅    _r '''┐ '´  `ヽ ,.-j「__丿: :ナ |│     il lヘ
    _ノ′  ..tl    '、      :|∪,lョLヘ_ ′「 |、    -  .ヘ、
   ,,/′   `'''、  ,'__....--_]圭ク│ ゝ : : │       │
   l     __ ..|l'、  ´    '、 ../'リ廴 '、 亅っ..廴___      '、
  卜-:;ョ!''u「:|/L}?ヤ-_ ....-;;ン": : : : ´"ヾ彡' r./ノl │ ゙̄'''ゝ ァ |
  l’ / |ヘム一‐゙'〔}丿 ヽ....‐彡‐": : : : -ー- ぅ..彡'リ丿    ` │
 │_ {'lヽ__...._.. 、 ヽ:广''" : : : : : : : : : : : : : : `ヾョサ       │
  ヾ..  'くミEIワ     {: : : : : : : : : : : : : : : : : :`゛''''ヾ、: .     丿
   `ー----‐′    llョ_..、__--y__   ________ujlll ゙''ー―ー''´



両替商をやって生計を立てていた。


          ┏<社訓>────────────┓ ;;',   __||____||
;,.'; ☆  ;#  |1.お客様は(・∀・)カミサマデス!!    |    |今日の交換レー
   入      |2.客を見たら(・∀・)ドロボウトオモエ!!!! |    |  ・ニクコプーン=7
  丿乂 ,;':    ┗───────────────┛    |  ・タンソキーン=29
  乂パゝ                   へ                |  ・イジョウプリオーン
  彡J八 ×             ;:,'                  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ノ彳\ヾ     / ̄ ̄\ √           / ̄ ̄\/ ̄ ̄\    ;;'';
   |l!i|      |O     |            |::::::::::::::::::::|     O|
 ̄l二二l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ̄ ̄ ̄
     _               _             __
・∀・ )/l      ∧_∧(・∀・ )/l         ィ(・∀・ )/|    ∧ ∧(・∀・
 ̄ ̄ ̄l  |     (; ’∀) ̄ ̄ ̄|  |       | ̄ ̄ ̄ ̄|  |    (   ,,゚) ̄ ̄
愛知_|/      l ̄ ̄| ノ_山梨_|/     | ̄ ̄|愛媛_|/    | ̄ ̄|l_長野
           |__|_`l             |__|_             |__|_)
           |--|JJ               |--| |           |--|J





688 : ◆OkhT76nerU:2012/08/14(火) 23:29:05 ID:AF3an4Ek0





30歳のとき始めてバグダードを訪問し、気まぐれにムクタディリー病院を見物した。


                               __________________
                                  |.    ╋   ムクタディリー病院    ╋    |
                                  |.    ─ ── ── ── ── ── ─    |
                                  | ┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─  |
                 _________| ┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─  |
                  |  ─ ── -     ┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─  |
                  |  lエl lエl lエl lエl  ┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─  |
                  | ┌─ ┌─ ┌─  ┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─  |
                 i, | ┌─ ┌─ ┌─  ┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─  |
                  |i | ┌─ ┌─ ┌─  ┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─  |
            =====================================================,┌─  |
,,...,     | ̄ ̄|\\|l工l工l ├┤l工l工l ├┤l工l工l ├┤l工l工l ├┤l工l工l|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
ゞ;ゞ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|____|
t'ゞ;;'tyメ;;,,lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl |__|  |
YゞKゞヾメヾ`ゞ、,,、.                                             |.HHH|! |
kゞ,Yハ'ソ;ヾヘゞYソYゞ、,l lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl |二二|  |_| ̄
ゞt;ゞヾ〃ゞYゞヘゞヾメt' rソ';tゞ;ッ';'ゞ;ヾゞ、                                |.HHH|! |  | =
ヾゞtゞkゞゞ;l!_kメ'ヌヘゞ;k",t'ッ';;'メ;y;ゞ; ヾゞ゙ゞ""ヾ、エl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl |二二|  |_| =
;;、;;;;;::;;;"ゞ,〃^ゞヾヘメ' :,`;.;;:,”:"゙:.:゙;':,:.:゙;゙':,”:"゙:.;'ミ、                         |.HHH|! |  |
ゞ、,....ヾ;;;;;;;;;;;'''';;;;;;;;;;;;;;;;,;;;:,”:"゙:.:゙;:,” "゙.:゙;' :, ミヾゞ,l lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl |二二|  |  |
kメ'ヌヘゞ;k" f;';:': r';.';:;'.',';';、;;;;;;;:;:; :、,、 、`^;;;:;:;"::ミ'、                           |.HHH|! |ヾ";;''
.';.,':';:.';,:;'j:;`}.ゞ;':,f.';:;';.:';',.;';;ミ;.:".;; ;; ;:ll ,;.:" .:;.:'゙: ゙,ヾヾl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl |二二|  |ミ;;ゞヾ
':';.;';:;'.:,.';:゙、r';:`Y;':';.,';':';.;' ..;;`;.'!;;;;ヾ;.:".:゙,:,/;、,;;:;;;:;:;, l二二二二二二l_                  |    |  |ミ;;;ヾヾ
;';':';. .';:;'.;';':'};; ゞi;.;':';'.';',;:'.':' .;,l';;; ;,:|l;;; ;,i.i.;; ;;;:":ゞ/|__|__|_|l l='=='=='=='=='=='=='=='=='=='=='=='==,.|;; |
;':';'.';:,';.;.:';;'f;、;.';;i、;:;',':';.,' ,.,:':';";;;;;;;.l;; :l!; ;|;;;.:"' //======l l;"';;"';;"';;"';;"';;"';;"';;";"';';;"';;"';;"';;"';;"';"';;;;;
;';.;';':':.;;.;';i;'l;:;`i;.;iiゞ:;:;';;.';:;';';;;;;;;;;;;;;;l;; :l!; ;|  //=======l l , . , . , . , . , . , . , . , . , . , . , . , . , . , . , . , .





689 : ◆OkhT76nerU:2012/08/14(火) 23:37:51 ID:AF3an4Ek0





そこである老薬剤師から色々と話を聞いたり双頭の胎児の標本を見せてもらったりして興味を持ち、医学を志すようになった。


          ,,,      ,,,,,,
       _ = ~~ ``ヽ_,=''~´  ´~ヽ
    _= ~               ヽ
    ~=、    ミゞ、  , -彡     ヽ.
       ~=、、、Cl~evj <e~}6)_   、、、ミ
        ミ.~~ /', ゚ ;'7  ミ7ヾ~- 、
       ≡   (','゚, '.人  ゝ |  ヽ
        `=  `ー'   iノ'  | / |
         ~ーノノノノノ'′


     ___lヾ 、|ヽ_
    _, >   ....:::::::::::`丶
  /    ::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  Z、〃ィ  ::  :::::::::::::::::::::::::::::',
   l l l    :::::::::::::::::,,:::::::::::::::::}      こんな面白い世界があるとは知らなかったな。
  l l l     ::::::::::::/_77771:::/ト//ィ
  |l l    :::::::::::/7ヒ下 /:r-、::/   ひとつ勉強してみるか。
   ' レイ i  ::::/l/シ,  ̄ /::/6ノ、ニ=-
     { {ヘ ト{ ド _`シ/丁::::::::::``丶、
   /::``:ヽl\ ̄ ∠__.,,┘::::::::::::::::::::::ゝ
  く::::::::::::::::::::ヘ  ̄     ヽ::::::::::::,、´__
  _ ,、>、::::::::::::::ヽfニニヽ-ニフ}:::<:::::::::`ヽ
/::::::::::::::>:::::::::::::ヽヽ_/イト_ノノ:::::::::``丶::::}




691 : ◆OkhT76nerU:2012/08/14(火) 23:44:23 ID:AF3an4Ek0





それから10年そこらで彼の令名は遠方まで響き渡り、診察を請うものは引きもきらず、
件のムクタディリー病院に病院長として招聘されることになる。



                      ''';;';';;'';;;,.,
   診察してくださいお         ''';;';'';';''';;'';;;,.,
                             ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
                     ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;; ;;'';;'';;;     診察してくださいお
                  ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
                  /⌒ヽ/⌒ヽ/⌒ヽ /⌒ヽ/⌒ヽ/⌒ヽ
        ___   .(/ ̄ ̄ ̄\( ^ω^(^ω^(^ω^/ ̄ ̄ ̄\    .___
      /      \/        \./  ̄ ̄ ̄\. /         \ ./      \ 診察してくださいお
   /          \. ⌒   ⌒ /          \  ⌒   ⌒ ./        \
  /   ⌒   ⌒   \(__人__)/   ⌒   ⌒   \. (__人__)/    ⌒   ⌒   \
  |      (__人__)    |     |      (__人__)     |       |.       (__人__)    .|
  \             /     .\             /      \            /





692 : ◆OkhT76nerU:2012/08/14(火) 23:48:42 ID:AF3an4Ek0





病院を経営するだけではなく各地の有力者に招かれて各地に往診にも出かけ、旅の多い生涯を送る。


        lヽ
       ノ´ ⌒ヽ、
      ノノ|/l/´ソ:::l
       ソW_キ゚ ル,彡
       「ゝ::;;;;;;;;ノ
       ノ〉 :::;;;;;;;ヽ
        〉 ::;;;;;;;;;;;\   c, --v-、
       i :::;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ /iiiilll∧lll) アッチョンブリケ!
      _l:::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ cヾll∩゚)0゚),
    ┌|‐..l:::::;;;;;;;;;;;;;;;;ノ   `(_ll___llノ
     | .| `l::;;l:::;;;;|'´     /   ヽ
     |_.|_(::;;;(:::;;;;)      ~∪∪~





693 : ◆OkhT76nerU:2012/08/14(火) 23:50:52 ID:AF3an4Ek0





晩年は目を病み、徐々に視力を失っていった。


           __
         /-、 -、`ヽ
        r.l ´0 (_)  L      このままではいずれ失明するぞ。
       r'⌒^'、(⌒_、_|、_、_,5)`‐っ 
     (    ‐三‐' し′     )  駄目元で手術を受けてみたまえ。
     (                  )
     (               )
     (               )
      し、         ,、_ノ′
        `‐'^‐'^‐'^‐'^‐'′





694 : ◆OkhT76nerU:2012/08/14(火) 23:54:06 ID:AF3an4Ek0





.         {ハ/ /   j/i//ノ-‐=彡' ノ,1           i
           | !   /{i/-‐‐===≧彡' ノ         i
          !ハ! i /X `赱テ'⌒´ ̄`7´             | i  i i     いや結構。
             VV{  X       / /⌒Y        レLノ!ノノ}
           /ヽ   X      / / ん│         __彡'彡イノ  こんな浮世を見るのはもう沢山ですよ。
            (      X   (  / ん' ム=≠´ ̄ ̄      `7
       r‐--‐=ニ`ヽ._,   X 「 ̄ ̄ ̄´               /
      ヽ.       ハ ‐     `!                   /
         \       }      〉                    (
          _`つ    `ァ‐┬=f升                  ` ー--
 f⌒T´ ̄ ̄´       /ニ、立7´_j


最終的に失明し、故郷ライで没する。
正確な没年は不明だが、失明後は浮世を離れて孤独な晩年を送ったと思われる。





695 : ◆OkhT76nerU:2012/08/14(火) 23:57:31 ID:AF3an4Ek0





存命中、旅行と臨床の傍ら彼はべらぼうな量の著作を残した。
大著113部、小著28部に加えて詩作まである。数世紀後ラテン語訳されてヨーロッパで流通したものも少なくない。


                           __
                         /  /|
        /|  |   |   |   |      (三三l/l __ __    __ __
──── "   |  |   |   |   |      (三三l/  //  /| /  /  /|
.        |   |  |   |   |   |      (三三l(三三l(三三l/ll/l(三三l(三三l/l
___.  |   |  __  __  __   (三三l(三三l(三三l/ll/l(三三l(三三l/l
゙   /|  |   /  /|/  /|/  /|   (三三l(三三l(三三l/ll/l(三三l(三三l/l__
─‐'  ゙|  __三三l/l(三三l/l(三三l/l   (三三l(三三l(三三l/ll/l(三三l(三三l/  /|
  |   |/  /|三三l/l(三三l/l(三三l/l   (三三l(三三l(三三l/l/  //  /(三三l/l
  |   |(三三l/l __ __l/l(三三l/l  /  /|/  /|/  /|(三三l(三三l/l(三三l/l
  |   |(三三l/  //  /|/l(三三l/l (三三l/l(三三l/l(三三l/(三三l(三三l/l(三三l/l
  |   |(三三l(三三l(三三l/ll/l(三三l/l (三三l/l(三三l/l(三三l/(三三l(三三l/l(三三l/l
  |   |(三三l(三三l(三三l/ll/l(三三l/l (三三l/l(三三l/l(三三l/(三三l(三三l/l(三三l/l
  |   |(三三l(三三l(三三l/ll/ (三三l/ (三三l/l(三三l/l(三三l/(三三l(三三l/l(三三l/l
  |   |(三三l(三三l(三三l/l       (三三l/l(三三l/l(三三l/(三三l(三三l/l(三三l/
  |   |(三三l(三三l(三三l/l       (三三l/l(三三l/l(三三l/(三三l(三三l/
  |   |(三三l(三三l(三三l/l       (三三l/(三三l/ (三三l/
  |   |(三三l(三三l(三三l/





697 : ◆OkhT76nerU:2012/08/15(水) 00:06:05 ID:9AqMk3Tk0





代表作は『医学体系』、通称『アル・ハーウィ』。
アラビア医学の最高傑作とすら評されるが、本人は単なる備忘録のつもりで書いたらしく、内容にまとまりはない。



         ,. -‐=‐_、
        /::/    `ミ、
       _!:::ヽ!   ミ}、
      ミ彡,::::;::N/(}l/    _________
     ,. -‐´ニニ'=‐く    //――――――――//〉
     /!::::::::::::::::::::::::,.-ヽ  //                ///
--‐――、、::::::::::::::::/  __} //                ///
      | |::::::::::::::{   ∨/                ///
____!|:::::::::::::::ヽ    ヽ、_______///
| | | | l| | !|:::::::::::::::::/\   `ー ┬、-‐‐、 ――――┐
| | | | l| | ll:::::::::::::::::|__ヽ、__ _/_/-‐ィニ〉______|_





698 : ◆OkhT76nerU:2012/08/15(水) 00:11:25 ID:9AqMk3Tk0





           ( \/ )   ( \/ )
            ー,-‐ヽヽ:〃‐-- 一
            /´:        :\、
          ,/             \
          /               ヽ
         /                |
         |  ;l l ll l l | | l l l l l l l l:: |     こんなむちゅかちー原稿読めないよのさ。
         |  ;l l ll l l | | l l l l l l l l:: |
       _│.│l l ll l l / | l l l l l l l l....│_   生活費の足しにすゆの。
      (/ 丶│,,:'i~゚_i゙,   ,'i_゚~i゙:,  │..│\)
         ヽ│ ""  ヘ   ゛゛  .│../
            '' ‐- .. ~ ...  -‐'' "´
            /││ ̄ ││ \
           /  |.   ̄ ̄  |   \



        __   __
        /   ` ̄  ヽ
.       上二二二二`┤
     ⊂ニ,-r‐-、──-`二⊃
.     {ィ|| {   {jーlj⌒) |k}    あのラーズィーの著作だと!?
.     ヽl  ,. -(つ- 、  レ'
    ,⊂⊃∨  , -、  ∨⊂⊃、  ワシが買い取ろう!
   / i  / レvv/ー‐レv、| ヽ  i ヽ
 /  |  >L.二⊥⊥二.」<  |  \
(   |   \|  \/  |/ │  )
. \  |     |    ○‐  |   | /





699 : ◆OkhT76nerU:2012/08/15(水) 00:16:36 ID:9AqMk3Tk0





ラーズィーの死後、妹は原稿をブワイフ朝の高官に売却した。
高官は好学の人で、ラーズィーの高弟や名のある医学者たちに編集させ、どうにかこうにか本の体裁に整えた。


                          . ┐
               .  -─=¬´::::::::|
         ,  -─=¬ ´:::::::::::::::::::::::::::::::::ノ
       {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r'"
        \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j
         〉弋7´ ̄厂´厂 ̄ ̄厂`ヽ、
         {__:::::`ー≠=≠=、=,≠=‐┬iヘ.
        {ぃヘ::::f   {  γVヽ   } |∧ v─‐ 、
       /ヘ. ∨   ヽ ,. -rュ- 、 K. i ├─<
  , -‐=¬´:::::::::`T  、   /   ,ハ  ∨::::Y :{二ニ、}
/:::::::::::::::::::::::::::::::::::\ `ー/  / i   l:::::::| └─ /
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i`>{ハハ/ =!,ハハj::::::::\_,.イ、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ. /下王}{王了:::::::::::ト=≠‐':::\
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨ 辻iソ'^辻ソ:::::::::::::∨:::::::::::::::::\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧     /:::::::::::::::::::∧::::::::::::::::::::∧
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧    /:::::::::::::::::::/\!:::::::::::::::::::::: 〉
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ∧  /:::::::::::::::::::/   \::::::::::::::::/
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨::::::::::::::::::::/     `  - '′
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r‐ 、:::::::::::::::::/
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::廴 」::::::::::::::〈



【編集中】

          __
  __    /  ./)          __
/  ./)   三三)/)        /  ./)
三三)/)   ∧,,∧   ∧,,∧   三三)/)
三三)/   (´;ω;)   (;ω;`)  三三)/
   ∧∧  と  φ)  .( つφノ  ∧,,∧     __
  ( ´;ω)/⌒/⌒/ ̄/⌒/⌒/ ̄(ω;` )  /  ./)
  / _∧,,∧口  ∧,,∧ ⌒   □と_ ヽ  三三)/)
  (/(  ´;)η口(;`  )/⌒/  /_ノ  三三)/)
 ∥ ̄(l    ノ  ̄(   ノ ̄ ̄ ̄||       三三)/
  __`ー‐'    `ー‐'
/  ../)       __
三三)/)     /  ./)
三三)/)     三三)/)
三三)/      三三)/





700 : ◆OkhT76nerU:2012/08/15(水) 00:25:39 ID:9AqMk3Tk0





なにぶん大著なので完全な写本はほとんど残っていないが、当時の医療を伝える実例が数多く記されている。


      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \
   /  (○)  (○)  \  先生、ここんとこしょっちゅう熱が出るんだお。
   | \  (__人__)  / |
   \ |   `⌒J´  | /  他の先生にも診察してもらったけどダメだったお。
   /              \



::::::::ィ           .-ゝ
:::::i´            `ヽ、
::::::レr-、         `ヽ、ヽ
:::::/ i |     ,      、ヽノ
:::::! i」/  i   i   i  ヽ i!.|
:::::>ィ'  / / i .| i |i !| |ヽ!
i!  ヽ-'ヽ'v-'/ / / l' | i! i
;`ヽ、キ  //7 /'1  i /|/
;;;;;;;;;;;;゙;;;7 '´/ノ"i./ ノ! / i!  発熱の頻度は?
;;;;;;;;;;;;;;/ ヽ、  ィ'/ レ'
;;;;;;;;;;;;{   ,r‐ ´
;;;;;;;;;;;;|`ヽ,;;'-、
;;;;;;;;;;;;`;;;;;rュ;;;;L_
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;}





701 : ◆OkhT76nerU:2012/08/15(水) 00:30:30 ID:9AqMk3Tk0





      / ̄ ̄ ̄\
   γ⌒)      (⌒ヽ
   / _ノ ノ    \  \ `、  六日に一度だったり一日おきだったり
  (  < (○)  (○)   |  ) 四日に一度だったり毎日だったり・・・
  \ ヽ (__人__)   / /



   /     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
   /     ,': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
   / /   |: ,: : /: : : :/: : : : : i: : : : //ハ: : : : : : : :
    / l   1: /!: : : / /: : : ://: : :/ノ ノィ: : : : : : :
   ,|  | |  |':.:|≧: . |:/:/:/_仁ィ:≦Zz/ィ: . r‐、: :
    | | |!  |!:.|ゞセl:.:ト;イ/ラ人 ゞ仍;j  /ィ::/ う l: :
   || |l |l  |:.:| ̄´|:l /  キ   ̄´、  /: | 仆 |: :    不規則な熱と・・・
    |ヽト ||, |::|   ソ     キ    /: : | .レ /: :
    |: : ', |:', '!  /       キ r‐1: : :─ '"´: :     他に症状は?
     |: : ヾ: ', ト,  ヽ-‐ 、     ヾ!: : : : : : : : : : : :
    '´: : : : : :.ヽ!\   ー─‐─   ハ: : : : : : : : : :.:
   : : : : : : : : : : : : \ ´ ̄ ` 、, <|::|: : : : : : : : : :
   : : : : : : : : : : : : : <`ー ≦:::::\: :.|: : : : : : : : : :
   : : : : : : : : : : : / ∨: :ハ: : |: : : : |: :|: : : : : : : : : :





      メ ,, -──- 、._\
    メ/ u    ゚ 。 \\
  / /    ノ  ヽ、   \\  熱が出る前には寒気がして、
   ! |  o゚((●)) ((●))゚o  |   何度もションベンしたくなるお。
  \\    (__人__)   /く<
   ノ メ/   ` ⌒´   ヽヽヾ





702 : ◆OkhT76nerU:2012/08/15(水) 00:36:45 ID:9AqMk3Tk0





::Vi /| /     _          / /  ハ          ヽ \ヽ\
::∧ハ./| //i/ィ/  V    /  / { /  { |  |          \ ',ヘ ハ
::::::::::V::::/:::::/ / ̄ヽ /   / /   |  | ハ  | ヽ {  l        ∧ ヽ
::::::::::::::::::::::::|  {   /  ∧||  |  | |弋 ミミ、| |  |         }ハ
:::::::::::::::::::::::::i   { |   | |ハ  ハ ト .| ィt、-、 V/ /  |         |
:::::::::::::::::::::::::ヽ   |   | ヽハ | .レ \  ヾソヘ ノ .// ノ   ィ   ハ |
:::::::::::::::::::::::::::::廴  |   |   \ハ ゝ    ゞノ/ /フ /  /    | | |
:::::::::::::::::::::::::::::/ハイ|   |      \     / イ/  /  i  .| | .ノ
::::::::::::::::::::::ノ/.// | `ー'´               レ /  /  ハ/ (恐らくは腎潰瘍だが・・・ マラリア熱の可能性もあるな。)
::::::::::::::::://   | +              -=イ:::/ / /   / ./
:::::::::::<  ´     | キ             _    V / /   /
≦=、__     ∧キ              `    Y / /     わかった、もう少し様子を見てから治療方針を決めよう。
::::::::::::::::::::: ̄≧=、 >`メ、         ̄` - _/`ー ' ´/ ./
:::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:>、、        - 、ノ  / /         近いうちに尿中に膿が出るか、そうでなければ熱が四日おきになるはずだ。
:::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.::.\       /
:::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>、    /                 変化があったら来たまえ。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.≧ー<
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ̄`ー - 、
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄ ` ー ─ - 、 _
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.\





703 : ◆OkhT76nerU:2012/08/15(水) 00:41:01 ID:9AqMk3Tk0





数日後


       ____
     /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\ 先生の言ってた通り膿が出たお!
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /




                _、
           _、-、_)\
        ≦ ̄     ヽ  >-、
      < ̄     __≦ヽ<`\
     -≦       /:::::::::::::::::::::::::::::::\
     /       ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    / /      、'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
  '´ フ      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i ノ/i /l     そうか。
   / /     /:::::::::::::::::::ハ:::/|::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::://:/ /
  Ⅶ /    ノ:::::::::::::::::i:/ .|/ .i < レ´|:::::r-、::::::::::::::::///   この間は聞き忘れてたんだが、
   / イ    /イ::::::::::::::::レ ニ三' 、 ̄ノ:::/ j i:::::::::::::::::::::://   立ち上がるとき腰に重みを感じたことはなかったかね?
   V | /  ,  |:::::::::::::::|`、´、ヱソ ./::::.i i} /::::::::::::::::::/ノ
    |∧  i  |:::::::::::Ⅳ  X    {::::/ ノ:::::::::::::::::::彡
    V∧ .ハ i:::::::ハ:i/   X    V ノ /r―- --<
.      Vハ ハ;:::|、Vヽ__ , X  ///::::::::::::::::::::::::::\
        Xハ/レ:::::::ヽ、     </ゝ/::::::::::::::::::::::::::::::::::
      /:::::::::::::::::::::::::::::ト- イ//ハ/::::::::::::::::::::::::::::::::::::



                  ___
                 /     \
       iニーヽ    /─  ─   \ あ、ありましたお。
      iニ_   ̄ ̄/(●)  (●)   \
        ⊂ノ ̄ ̄|  (__人__)  u    |
            ⊂ ヽ∩ `ー´    _/
              '、_ \       )
                \ \ / /|
                 |\ ヽ /  |





706 : ◆OkhT76nerU:2012/08/15(水) 00:47:55 ID:9AqMk3Tk0





                  ヽ'ー 、 _
                  ゝ\:::::`'' - 、
              , - ‐ ''´   >::::::::::::::ヽ、 i.',
            . /     <,:::::::::::::::::::::::::::::V::::',
           ,/´     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
        /      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      / /     / -'/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     '--ィ      ´'´ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
      /         ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',  やはり腎潰瘍だったか・・・ 頻尿の時点で気づくべきだったな。
     ./         i::::::::::::::::::::::::::/i::::∧::::::::::::::::::::::::::::::i
     / i         l:/::::::::::::::::::::::i .|:/ i∧:::::::::::::::::::::::::l  腰の重みを自分から言い出さなかったんだから大した潰瘍じゃないだろう。
    ,'  l         l/|:::::::::::::::::∧| _´-''''´;;i:::::.,:::::::::::::::::l  今後は熱は出ないはずだ。
    / /',         |:::::::::::,、::,'-'''´;;;=-ニ'''|:∧::::::::r-、ノ
   '´´  ',       i |::::::::::∧/ ̄ィ弋tソj)ァ|,' |::::::ハ i/ , ァ
       ヽ   i   ∧ ',:::∧| \  ー-= ィ  /:::::/ ノ'''´/,  _, -
        ∨、 .ト  |∧.':::| .` | .\     |\::::/-'´:::::::::::-:''' /
         ',|ヽ |ヽ |、 ヽ.|  {i   \ u  ',:::::\_::::::::::::::::::/
      、-――‐.Vー', |:ヽ `   __   ヽ 入::::::::::::`''- 、,/
      \:::::::::::::::::::::::',i::::::>、  ´ _ `    イ  |::::::::::::::::::::::::>-、
        ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`>- -<´ /./|::::::::::::::::::::::::::::::/
         '、:::::::::::::::::::::::::::::::::/´<  _ =-''´ -''´::::::::::::::::::::::::::;/
         \:::::::r´ニニ 、_|´ __` ̄  |´::::::::::::::::::::::::::::::::/
           >::| |   `'-ヲ´フニニニニニi''┐:::::::::::::::\



        ___
      /      \
   /          \ ホントですかお?
  /   ⌒   ⌒   \
  |  /// (__人__) ///   |
. (⌒)              (⌒)
./ i\            /i ヽ



::::::::ィ           .-ゝ
:::::i´            `ヽ、
::::::レr-、         `ヽ、ヽ
:::::/ i |     ,      、ヽノ
:::::! i」/  i   i   i  ヽ i!.|
:::::>ィ'  / / i .| i |i !| |ヽ!
i!  ヽ-'ヽ'v-'/ / / l' | i! i
;`ヽ、キ  //7 /'1  i /|/
;;;;;;;;;;;;゙;;;7 '´/ノ"i./ ノ! / i!   ああ。
;;;;;;;;;;;;;;/ ヽ、  ィ'/ レ'
;;;;;;;;;;;;{   ,r‐ ´         利尿剤を処方しておくから、膿が出なくなったらまた来なさい。
;;;;;;;;;;;;|`ヽ,;;'-、
;;;;;;;;;;;;`;;;;;rュ;;;;L_
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;}





707 : ◆OkhT76nerU:2012/08/15(水) 01:01:59 ID:9AqMk3Tk0





             ____
            /⌒  ⌒\
          。o(゜>)  (<゜)o 。 とうとう膿も出なくなりましたお!
         /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
          |     |r┬-|     |   て
         \      `ー'´     /( `´) そ
        /           \ノ ノミ
        |\ \・      ・ \____ノ



     ___lヾ 、|ヽ_
    _, >   ....:::::::::::`丶
  /    ::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  Z、〃ィ  ::  :::::::::::::::::::::::::::::',
   l l l    :::::::::::::::::,,:::::::::::::::::}
  l l l     ::::::::::::/_77771:::/ト//ィ  なら全治するまで『竜血』と『薫陸香』と『捺印粘土』を飲むように。
  |l l    :::::::::::/7ヒ下 /:r-、::/
   ' レイ i  ::::/l/シ,  ̄ /::/6ノ、ニ=-
     { {ヘ ト{ ド _`シ/丁::::::::::``丶、
   /::``:ヽl\ ̄ ∠__.,,┘::::::::::::::::::::::ゝ
  く::::::::::::::::::::ヘ  ̄     ヽ::::::::::::,、´__
  _ ,、>、::::::::::::::ヽfニニヽ-ニフ}:::<:::::::::`ヽ
/::::::::::::::>:::::::::::::ヽヽ_/イト_ノノ:::::::::``丶::::}


※ 竜血:ソコトラ島などに産する椰子科植物の樹脂。赤色。
   薫陸香:南アラビアやインド産の香木の樹脂。
   捺印粘土:ギリシアのレムーノス島の巫女が洞窟から取ってきた土。ガレノスの頃から薬効があるとされてきた。





705 :名無しのやる夫だお:2012/08/15(水) 00:46:49 ID:mHJ5MmPs0



この時代に発症プロセスを完全に把握とかマジパねえな。


704 :名無しのやる夫だお:2012/08/15(水) 00:44:25 ID:Rl.vFiTY0



中国の三国志時代に書かれた傷寒論に似ているな。
傷寒という腸チフスに近い症状の経過及び治療法の試行錯誤をまとめた書物。



708 : ◆OkhT76nerU:2012/08/15(水) 01:03:58 ID:9AqMk3Tk0





       / イ           //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /ハ/  /  ,      //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
      レV  /  ィ      / 彡:::::::::::::::::::::::ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
      | {  ./ /  /     /:::::/:::::::::://:::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
       | ハ .イ   /    / /::/:::::::/ ノ:::://:::::/::::::/:::::::::::::::::::::::::::|
       | i .| /  /i    / /:/i::::::∠-=彡-=ニニK::::イ≦::::::::::::::::::::::::::/      お前さんの家系は生まれつき腎臓が弱いようだ。
       レ |ハ  i∧    /i/:/::::ハ/ \ ≧ィtjヽ、_ ̄>イ::::::::::::::::::::::::/  i
         | |ハ ./ l    | |:::|::/     \ ヾン_> ≦彡::::r -、::::::レ彡/    アッラーの思し召しにて、再発しないよう祈ってるよ。
        >ハ ;;ヾ:::|  |  ハレ:://      ヾ  ̄     /::::/ r 、}:::::::::イ/ /
      /..:::::::::\:::::ヾ ハ |  /       \      /::::∧  /::::::::::://ノ
       /.:::::::::::::::::::::::::レ:::ヽ|  ヽ_、        }    ./::::/ y./::::::::::::::::::://
     ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧  _        {    廴:/  ノ:::::::::::::::::イ=≦、
   /::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::∧   ` ̄ ー-     }    /ー'´::::::::::::::::://::::::::::\
  /::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::{i:::/ ヽ   ̄        {  / |:::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::
 ./::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::{i}/  ∧            レ'´   |≧三ニ=:::::::::::::::::::::::::::::
../::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::|     L__   - <´   /:: ∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::
∧::::::::::::::::∧::::::::::::::::::::::::::::ヽ      <´      ...::: |} ヾ:::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::
./::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::}        > - 、  ..::.:.: ノ_ X≧=-::::::::::::::::::/:::::::::


病気は去り、約二ヶ月で全治したという。




他にも色々エピソードがあるけど、眠くなってきたのでこの辺で。
当然ラーズィーの医術は当時最高のもので、普通の医者はここまでできませんしヤブだってゴロゴロいます。
ラーズィーもヤブの手口について著作中で説明してますね。

今回は現代人から見てもかなりまっとうなエピソードを紹介しましたが、もっと伝承っぽい逸話も沢山あります。
気が向いたらまたやるかもしれません。







関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加




[ 41825 ]

この時代の中東が、まさに世界の文化をリードしてた、って感じがするね。
[ 2012/08/18 23:02 ] [ 編集 ]

[ 41866 ]

まあモンゴルの征服以降とオスマン時代は西欧に追い越されて未だに追いつけないわけだが。
[ 2012/08/19 09:54 ] [ 編集 ]

[ 41932 ]

標本ってどうやって保存していたんだ。
ガラスの容器に塩漬けとかそんなのかね?
にしてもこの時代に保存しておこうという発想が凄い気がする。
[ 2012/08/20 12:42 ] [ 編集 ]

[ 42099 ]

気味悪いからほっといたらミイラになってたんじゃね?
[ 2012/08/23 00:47 ] [ 編集 ]

[ 44872 ]

当時のイスラムは、ギリシャ哲学の薫陶受けて、わりと合理主義的だったから、科学を受け入れやすかった。
ということらしい。

[ 2012/10/07 22:47 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oyoguyaruo.blog72.fc2.com/tb.php/4880-f7e67bb2


アクセスランキング アクセスランキング アクセスランキング