ブログパーツ 泳ぐやる夫シアター やる夫で学ぶ第一次世界大戦  第二十七・五夜「グレーナー伝」


















やる夫で学ぶ第一次世界大戦  第二十七・五夜「グレーナー伝」







    ___                            ___                 =、―,=
 r‐'"´,,、`} r'ソ /'}        /´`}   /~ノ    r‐'"´,,、`} r'ソ /'}             |  |
 レ'´~/ // / ノ/ _,,、 r--、 / //ノ _,,/ /       レ'´~/ // / ノ/ ,,r‐-, ,,r'--、     |  |
  // /, ///r´r、 '}ζπ{{ /,r''"r'7/       // /, /// ,r',r´// ζπ/      |  |
  { ´'´ノ、 '´ ノ {, '‐´r´' ´{ '´, '-',、 レ レ`,      { ´'´ノ、 '´ ノ ヽ '‐´,'‐' '´ { ''7     .|  |
  `´~  `´   `'‐´   `´ `'´ `'‐'-'´          `´~  `´   `´ `‐´  `~    ='---'=

               ~やる夫で学ぶ第一次世界大戦~
                       第27.5夜           *題字・本スレ269氏
                     「グレーナー伝」






.




953 :名無しのやる夫だお:2012/07/22(日) 20:03:22 ID:FFHev09I0





―― ヴィルヘルム・グレーナーは、
    1867年11月22日 ドイツ南西部ルートヴィヒスブルクの旧家・グレーナー家に生まれた。


                              、i;:;:;l: : :.l l: : : : : : : : : : : : : : : :.r'/: :./;:;:;
     ,. -‐―  》             .       ヽ;:;l: : //: : : : : : : : : : : : : : : :.l |: : :/;:;:;:;
    /        ノ                   `、:.//-、: : : : : : : : : : : : : : //: : /:;:;:;:/ ...
    ',               ________   ',/    ̄~    ~ ̄//: : /:;:;/: :
.    ∨           /            \ i            i i: : //: : : :
      ∨          /                 .《              l l:/: : : : : : :
      ∨l       /                   l ',: : ‐-. . . . . . . . . . . .l l: : : : : : : : : :
      iハ       |       ´ ̄`     ´ ̄` l ∧::::::::.... : :.:.:.::::::::::::::::l l: : : : : : : : : :
      l ∨      |      ,_    _     、,,__.、 lハ `ヽ、::::::::::::::::::::::::::::l l: : : : : : : : : : .
     ∧ ヽ、_   |        `¨¨´         ',、   ヽ::::::::::::::::::::::::::l l: : : : : : : : : :
     / ∨    ̄` ' ー- 、  ⊂つ   __´___  ⊂つハ   ヽ: : : ::::::::::::::l l: : : : : : : : :/:
    / , '´:∨         `ヽ       `ー'´  /´`ヽ     ト、: : : : : : :.l l: : : : : : : /: : ..
.   //: : :/ヽ、          ',  /´`ヽ、  ,.ゝ',"   i^ti    `ー- 、: :l l: : : : : :./: : : ..
.  《: : : / /: : ヽ、          '>i_,.....,_  ト,´o_,<.ト'"ノ、 /         ` ^' ヽ、::/: : : :
   \/  i:.:.: : : /`ヽ、       ゝ   `゙'ー--  --y'                   /  `゙
     \ i::::::::::::i   /` ー- 、             /              r-'´¨
       ー-、:i   .l      ` 'ー-- .,,__    ./              /: : `ヽ、





954 :名無しのやる夫だお:2012/07/22(日) 20:03:50 ID:FFHev09I0





―― 彼の父・カールは近衛歩兵連隊の主計を勤めており
    普墺・普仏の両戦争の際には騎兵連隊の補給係長として従軍していた。


           ,,,,,,,,,,,
        ,,,,, /´/  / ` 丶、
      , ´ヽΥ/' ̄ ̄ ヽ、/丶
     い/~~ノ     ヽ ヽ丿
      /    ┃   、┃   .i
      |      __´___    |
     \   / `ー'´   /
     /          \
   _/((┃))______i | キュッキュッ
.. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
/  /_________ヽ..  \
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 第五ヴュルテムべルク近衛歩兵連隊・主計
    カール・グレーナー





955 :名無しのやる夫だお:2012/07/22(日) 20:04:04 ID:FFHev09I0





―― もっとも、カールの才能は軍務に向いておらず、出世の見込みはなかった。


                   ,,,,,,,,,,,
                ,,,,, /´/  / ` 丶、
              , ´ヽΥ/' ̄ ̄ ヽ、/丶
             い/ノ     ヽ   ヽ丿
              /  ー  、 ー   ∪.i
              |.u  __´___       |
             \  `ー'´      /
              /         ヽ
             ./ l   ,/  /   i
             (_)   (__ ノ     l
      ⑩      /  /   ___ ,ノ
     ①   ⑤     !、___!、_____つ





956 :名無しのやる夫だお:2012/07/22(日) 20:04:18 ID:FFHev09I0





―― そのため、旧家とはいえほとんど財産を持たないグレーナー家の暮らしぶりは
    決して豊かとはいえなかった。


: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : //:.:. :.:.:. : ((.,_,.)):.:.:.:. :. ...::ヘ:. :. :. .: ::. :. :. :. :. :. .: ::. :. :. :. :. :. .: ::. :. :. :. :. :. .: ::
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : //:.:. :.:.:. :.:. :.:. :.: .: .:: .:.. :. .:.. :.ヘ:. :. :. .: ::. :. :. : ____________
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : //:.:.:.:.:======‐ヽ:.::.::.:.:..ヘ:. :. :. .: ::. :. :. ヘ,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_
::: : : : : : : : : : : : : : : : : //:.:.:./,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,\ ヽ. ::.:..: ヘ:. :. :. .: ::. :. :. ヘ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,,
‐- 、::::::::::::::::::::::::::::::::::://:.:/,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_\ ヽ: :. .:.ヘ:. :. :. .: ::. . :. :ヘ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_
:.. .: `ヽ、::::::::::::::::::::::/// ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_i,_,i,\ ヽ: .. :ヘ:. :. :. .: ::. :. :. ヘ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,
: :.... . :. :. :゙;:',,.:::::::::::::/[=:i  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ i ̄i====]----‐‐‐‐‐‐‐l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
..:. . :. :.::. :.:. :~`-, |  ::|#           ::;       |  |    |          |  :;:;,;,;,:;,,
::::; ; : :. :. :. :. :. . . :} |  ::|    ;:;;;;:;×;:;        ..:.√|  |;; ;;:;;|          |     }三三三{
:;、/::. :. :. :. :. :.:..ノ |  ::|:.:.  ;;:;;;;;;        ;:;:;:;;;;;:|  |  .:ヘ|          |     ||  ||√||
:._::=;::. :.:. :..‐~   |  ::|  :{≡≡≡≡≡≡≡}  : . |  |    |          |     ||--||--||
; l:;;::;:;::; :ノ::::::::::::::::: :|  ::|    |l┌┐ ∥ ┌┐l|  :メ|  |;;:;;:; |          |     ||×||  || ::;:;k:;;
.:.:;::;:: :;.i~::::::::::::::::::: :|  ::|    |l  │ ∥   │l|     |  | ;;:;;;;|          |     }三三三{
:. .: :. ソ::::::::::::::::::::::: :|  ::| :;:;:::|l     ∥     l|     |  | ;;:;;;;|          |:;.;:;#:;;
:.:ヽーr⌒)‐- .、:::::::|  ::| ;;;:;;:;;|l┌ Ⅱ∥Ⅱ ┐l|: メ   |  |    |          |        ;::;:;x:;:;;
:::::::;:;::;::::;::;:;::: :. }:::::::|  ::| ;;;:;:;|l  │ ∥   │l| ;メ;:;;;|  |;;;;;:;;#|          |;;;;;;wliwliwwliliw;;;_wliwlw_
:::::::;::::;::::;:;::::::: : } wli|,,_ ;;|,,____,,|l  ┘ ∥   ┘l|,,___,,__|__,,|,,__,,__|__,,.. .-‐'''""~;;:;,:;,:;wliiwliililw :;:;:;:;
::::::::::::;::::;::rーwijknwn      ̄:.:  ̄ .. ̄:.  ̄     wliwliWliwlilwli  wlilijlijwlijwWlij  :;;::;:;;;;;;;;wliwliw
;;;;; , ' ´~ liliiwliliwil :. :.   : ::.. .:. .. ,, ,,.. .-‐ '''" "゙WililjlilijWwwliil゙゙゙ ゙゙゙゙゙゙ wwWliliwjlilijlijlw゙゙



       ____
     /      \      (なるべく早く自立しなければいけませんね
    /  _,ノ   \ \      かといって、グレーナー家はフォンこそつかないものの、
  /    (●)  (●) \    200年の歴史を持つ旧家です。
  |        '      |    あまりいい加減な職業につくわけには行いきません)
  \      ⌒   /





957 :名無しのやる夫だお:2012/07/22(日) 20:04:57 ID:FFHev09I0





―― 当時のドイツにおいて、そのような家庭の子弟がとる道はひとつであった。


        ____
      /     \
    /  -     - \
  /   (●)  (●)  \
 |      __´___     |    父さん
 \      `ー'´     /    僕も士官学校にはいって軍人になることにします
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |
   \ /___ /


         ,,,,,,,,,,,
      ,,,,, /´/  / ` 丶、
    , ´ヽΥ/' ̄ ̄ ヽ、/丶
   い/~~ノ     ヽ ヽ丿
    /    ┃   、┃   .i      そうか
    |      __´___    |      ではがんばりなさい
   \   / `ー'´   /
   /         \





958 :名無しのやる夫だお:2012/07/22(日) 20:05:12 ID:FFHev09I0





―― 1884年 グレーナーはヴュルテンベルク王国軍士官学校へ入学
    軍人への第一歩を踏み出した。


               ___
            /\  /\
           / (●)  ( ● )\
         /:.    __´___   ヽ
         /::::...   `ー'´    |
         |::::::::::....        /
         ヽ:::::::::::::::....,,,ィ-イ ̄´|_
          / ;;ィ"フ´/  (;/\,,\
        /ヾイ´〉Y /    ,i人 .ヽ ゝ、
        (ヽノ   / ,,/,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;〈X,,;;""ヽ,
        ヾ( ,,,;;;(( ノノ"    ;ヘ,,〈_, ,ノ
          〈イ 〉""(ヽ  ,;;;/ ̄ ̄\〉
          Y/   ゞヽ ,ノ      >
          ,〈______;;λイ\   ,,,;;;;;;;;ゞ‐┐
          ∨  ;;;;;;;ソi⌒ ゝ‐""  ;;;;;;;;;;〈
         └r,;;;イ'"">   〉;;;>∠ー`く
         _,,ゝ-ゝへ〈,,,,,,,,,,};;;;   """"\
    ,,,,;;;;;;;;;;;;;(::::::;;;;:::::;;;;;」;;;;;;;;;(;;___       ___);;;;
   """"""""'''''''':::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''''''"" ̄





959 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:05:45 ID:FFHev09I0





―― そして二年後の1886年に少尉へと昇進し、グミュントの小さな駐屯部隊に配属された。


   .,,,ノ.'ニ'''''r  .,!             l′  ,ン  ,l    ./      ./
   ,! .゙‐' /   ヽ             │ ./  /  ,!‐゙゙″      .|,
  丿 l\_ {    ゙l             | .〈.    `''''''"        ,/`-,、
-ノ  '゙l `″   く             | ,シ,,,、 .,,,,,    ,,---_,/   ‘i、
  .ィ''"       く-.      .,,,,,,,.,--,,-コ` ―″゙''┐r‐ー"            /
   `゙'---v      ,l゙    ,l,! |  │   `      ゙i゙l             _/
.._,,-''"゙゙"'"    .,/`    ,i´゙‐'゜ .,/           `     ,-'''''''"゙^
.―¬-゙゙'ー―‐、,,,._,,フ.,,,,,,,,,,,,,-ミ,、.r'"`                /
          ` ./ `'i、   `'|                  ゙l、
      l゙''i、 ,―''"   `'、、  .|            ,,-.    `'i、
.゙厂゙゙゙ヽ,,,,,! ゙''ー″      ゙'-,,/|        _________      .,――、、
 `i、               ヽノ     / シュヴェービッシュ・グミュント ‐゙゙゙゙"'''""^    `゙''i、
   \,、             ヽ    ☆     ヽ                    │
    ,,l゙                 丿         ,,)                   ,,,/__、
    ゙ー、                |,,―-,,,,,.     l′                      ヽ  ゙l、
     ,l゙               ,/    :i彡-、/゙~'┘                   ┌′ \、    ,,-
    l゙           ,,彡i、  ,、 ,、 ,,|  .,,,,,,、                    `'i、   |    .l゙
    │           ` .|ー'"゙'-"`'".゙l,/` .ヽ                     │  ゙l  .,/`
、  /                ,i´           ,-,,,-}                    _,,,,,,,,,,ノ   ―ーl゙
`''v/               ゙l         r"  {,r‐.                ,--"           l゙`
  `\,、 、      ___    .ヽ._,-''ー、,、   │  `゜ ゙l、      ./''――‐'!、     ._,,,,,---│
     `゙"\、 r'"゙゙^ ヽ,,,,,_,‐'''“    │   \、   ヽ、     |     /\,,,,,,,,,,,,,,/`   .,ノ





960 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:06:05 ID:FFHev09I0




           ____
         /     \
       /  ⌒   ⌒\
     /    (●)  (●) \
      |       __´___    |
     \       `ー'´   /
      /         ::::i \
     /  /       ::::|_/
     \/          ::|
        |        ::::|  キュム
        i     \ ::::/ キュム
        \     |::/
          |\_//
          \_/




   ┌──────────
   │ よお!少尉さん!
   │ 今日はどちらへ?
   └∨─────────
  |\ノ二ニ⊃
  | (\' A`)
  | (,つ\ )
 J | | |
    (__)_)

.


961 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:06:20 ID:FFHev09I0





       ____
     /      \       こんにちは
    / ⌒   ⌒  \
  / (⌒)  (⌒)   \    あんまり天気がいいので
  |     __´___      |   ちょっと散歩に出てきたんです。
  \    `ー'     /




   ┌────────────────────
   │ なるほど
   │ こんな日に部屋に引きこもるのは損だもんな!
   └─∨──────────────────

  |\ ノ二ニ⊃
  |  (\' A`)
  | (,つ\ ⊃,,,,,
 J | | | .i##i
    (__)_)(###)

.


962 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:06:33 ID:FFHev09I0




       ____
     /      \
    / ⌒   ⌒  \
  / (⌒)  (⌒)   \    そちらは釣りの帰りですか?
  |     __´___      |
  \    `ー'     /





   ┌──────────────────
   | おうよ!
   │ 今日は珍しく大漁でな!
   │ うちの家族だけじゃ食いきれないほどよ!
   └─∨────────────────

  |\ ノ二ニ⊃
  |  (\' A`)
  | (,つ\ ⊃,,,,,
 J | | | .i##i
    (__)_)(###)

.


963 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:08:03 ID:FFHev09I0





   ┌──────────────────────
   │ あ、ちょうどいいや!
   │ 少尉さん、うちの晩飯に招待されちゃくれないかね
   └─∨────────────────────

  |\ ノ二ニ⊃
  |  (\' A`)
  | (,つ\ ⊃,,,,,
 J | | | .i##i
    (__)_)(###)

.


         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒)\
    /   /// __´__ /// \      よろこんで!
     |       |r┬ |    |      ちょうど魚を食べたいと思ってたところなんですよ!
      \       ゙ー'    ,/
      /⌒ヽ         ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆           |´ |





964 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:08:15 ID:FFHev09I0





   ┌────────────────
   │ それじゃ晩の六時にうちへ来てくれ
   └─∨──────────────

  |\ ノ二ニ⊃
  |  (\' A`)
  | (,つ\ ⊃,,,,,
 J | | | .i##i
    (__)_)(###)



            (ヽ三/) ))
         ,___ ( i)))
       /     \ \
      /   ⌒  ⌒ \ )    はい!
    /     (>)  (●)ヽ
    |    //  、__',_, // | =3  よろしくお願いしますね!
    \            ,/
  ⊂ヽ γ         ヽ
  i !l ノ ノ            !
  ⊂cノ´





965 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:08:38 ID:FFHev09I0





       _________
      /     \
    / ⌒   ⌒ \     いやー、やっぱり勤務地は田舎の小さな部隊に限りますね!
   /  (●)  (●)  \    大きな町の大きな部隊では
   i  ::::*  __´___ *::::  |    なかなか住民と触れ合う機会はありませんし
   ヽ、   `ー'´   /
   /         \





       _________
      /     \ ´-
    /  ⌒   ⌒\`
   /   ( ●)  (●)\
   i   ::::::*  __´___ *  .i    ・・・おや
   ヽ、    `ー'´  /
   /         \





966 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:08:52 ID:FFHev09I0





―― 当時、この地にはヴュルテンベルク王国王太子・ヴィルヘルム二世が、
    最初の夫人であるマリーとともに滞在していた。


                       ,.  ---一 7
          、--―‐ 、     /       / ,ィ .!{
           }     \   /          j 〈 L. | ヽ.---- 、,.----- 一'}
          }      }/f ./        //  |  \--/ /  ,.-一 /
             '.   ー一Y´{/一 ´   / ヽ.  /ヘ、   `  { /    /
           \ __,x<⌒ ー一x ⌒ヽ   ∨/ _>           <
             /    〃ー‐┬ \  } | | ̄ ̄     _,.イ   \ _≧=-
               |== |\〃   |l     'vクi |厂__ ̄`} ̄ ,リ1   ヽ\
               |== |/⌒ ー一 ァfィ寸 :! ! | |f{しkハ    〃-|     | ̄
               |   |ヽxfィ㍉   弋t'| | | j 代.ン′   rfィハレ{    :!
               |   |.ハ代り ,    | |T´ |ハ     , {ソ/ ,ハ   |
             \ :!\ ト、   t フ/|/ヘ.  トミ≧ ` ‐  /⌒ヽ| \ :!
                  ヾ }ヾ `ニァ1::::/  }ヽ!:::∨:\一 ´        ヾ
                   ノイ}/}/ブ:::/    {:::::::::::ヽ ̄l\
                 ___ r「{/::イ ヽ. 02 マー―-ミリ:/ハ
             /__≫レイ02Lノハ.   'v 〉   にハ/
      /⌒>ー'/   /   }  ハr一ハ  ∨ /  { {     ヴュルテムベルク王国
      ´ ̄ ̄`ヽ/        /   :{ァー、::'.   ∨   \\        王太子
.            /        /    /   ∧ム.   '.     \\    ヴィルヘルム二世
            /,.一ァー‐一 ´   〈  _〈ハ,Z_ }        \\
          {′ /          Y´ ̄∨ ̄ ̄ヾ}       \`  、

                同王太子妃
                  マリー





967 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:09:10 ID:FFHev09I0




             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ  ヴュルテンベルク王国とはドイツ南部に存在した
         〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|  ドイツ帝国内の領邦の一つにょろ!
         レ!小l●    ● 从 |、i|
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│  ここで登場した王太子ヴィルヘルム二世は、
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !  ドイツ帝国皇帝のヴィルヘルム二世とは別人だから
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│  間違えないように気をつけるにょろ!
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |  >>1は最初間違えたにょろ!
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |





968 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:09:28 ID:FFHev09I0





―― そのため、グレーナーは、皇太子夫妻が教会へ連れ立って教会へ向かうところや、
    家族で街を散歩する姿をたびたび目にすることができた。


                   n
                   l^l.| | /)
                   | U レ'//)
      ___      ノ    /
    / ⌒  ⌒\  rニ     |
   / (⌒)  (⌒)\  ヽ   /
 /   /// ___´___ ///\ / `   /     (あれは皇太子殿下ではありませんか
 |       `Y⌒y'´    |   /       相変わらず仲むつまじいご様子で何よりです)
 \.       ゙ー ′  ,/  /
  /⌒ヽ   ー‐   ィ  /
  / rー'ゝ        /
 /,ノヾ ,>         イ
 | ヽ〆          |




       /  ,.マ: : ..`> .,′ .::   . : :/
      〆 / ,:'’: : : : .  `ヾ:: . : : : :/  ̄ ¨ フ
      〉 / /  ゜、: : : : : : . . >ー "  -‐<´   /\
      ,' / /  .≦´    ∧ :.    ヽー` /  /
   ー==七升     . :/ .} ;、 : : : . ‘, \/ />
    ,≧‐ニ二三二ニ-‐‘ヽ  ,' /"´、, :. :.: :..' .   </
    Vハヽ∧ :| ≦弐ミ、  /ィ弌ヽミ==ー-ヽ  ┌─┐
     Vマハ∧ | ∨::::ソ     {::::ソノ! ;'       └─┘
.     ‘'<ノノヾ  `¨      `¨".'i/
        ヽへ    、  ’,  ノ
           レミ> ,    ̄  , '
           }≧ヒつ‐-<
          ァ=┴ュ、   丨
          ∠__:::::::::::::\ {≧ュ、
.       ∠===≧ュ、:::::::\-‐==7





969 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:09:47 ID:FFHev09I0





       /  ,.マ: : ..`> .,′ .::   . : :/
      〆 / ,:'’: : : : .  `ヾ:: . : : : :/  ̄ ¨ フ
      〉 / /  ゜、: : : : : : . . >ー "  -‐<´
      ,' / /  .≦´    ∧ :.    ヽー`
   ー==七升     . :/ .} ;、 : : : . ‘,
    ,≧‐ニ二三二ニ-‐‘ヽ  ,' /"´、, :. :.: :..' . _
    Vハヽ∧ :| ≦弐ミ、  /ィ弌ヽミ==ー〈ヾ: :`ヽ
     Vマハ∧ | ∨::::ソ     {::::ソノ! ;'     }: :ゞ‐、',=ュ、 )
.     ‘'<ノノヾ  `¨      `¨".'i/  ( 〈 ヾ: :: :: :: : V:::',',
        ヽへ    、  ’,  ノ    A: :: :`Y: :: : }::::}.}
           レミ> ,    ̄  , '     {{ヘ,ィ''''''''''´ノ:::,'/i
      r≦´ー-=}≧ヒつ‐-<`ヽ.       V'_≧==≠彳:::}
      |ミ: :: :: :: :: :: :>ュ。: : ̄ミ、了、      \::::::::::::::::::::::::|
.       〉、:: : :: :: :: : : :: :: :: :: : :: : ヽ: :}ー-、    V::::::::::::::::::::|
    /===≧ュ、__,彡―--…ミ〉"    ヽ  ∨::::::::::::::::{
   //´ ̄ ̄`>ュ。=::::::::ヽ.从 \〈     /:::::7,、{::::::::::::::::∧



         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒)\    (おぉ!)
    /   /// __´__ /// \
     |       |r┬ |    |
      \       ゙ー'    ,/
      /⌒ヽ         ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆           |´ |





970 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:10:01 ID:FFHev09I0





―― そのため、グレーナーら守備隊の将校たちは「この王との内面的なつながりを感じた」という


         ___
       /     \
      /  _⌒  ⌒_ \
    /    (。0)  (。0) \   (王太子殿下が一介の少尉に手を振ってくださった!)
     |       __´___    |
      \       `ー'´  ,/
      /⌒ヽ        ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆           |´ |




            (ヽ三/) ))
         ,___ ( i)))
       /     \ \
      /   ⌒  ⌒ \ )
    /     (>)  (●)ヽ     (あれが僕らの未来の君主・・・!
    |    //  、__',_, // | =3    これは忠節を尽くさずにいられませんよ!)
    \            ,/
  ⊂ヽ γ         ヽ
  i !l ノ ノ            !
  ⊂cノ´

.


971 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:12:11 ID:FFHev09I0





―― 1893年の春、 グレーナーは軍事大学校の入学試験に合格し、ベルリンへと向かった。


       ____
      /     \
    /  \   / \
  /  (●)  (●)  \     田舎暮らしも悪くはないですが
 |       __´___       |     これでは才能を持て余してしまいます。
 \      `ー'´    /
 /     ∩ノ ⊃   /       やはり、ここはひとつ出世を目指してみることにしましょう。
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |
   \ /___ /





972 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:12:51 ID:FFHev09I0





―― 1893年 ベルリン
                                  }ミv彡{
                                 (十)
                                  Υ
                                vぅ  мくKィм   ィv
                                Чミ_ハ|ソムリハ__κ7
                                (ミミ} {ミ(ミ三)ミ} {彡)
                           _{{ Π丘ミ 三彡丘Π }}_
        lニニニニニニニニニニニニニニニT厂|厂|厂|厂厂|厂|厂|厂lTニニニニニニニニニニニニニニl
         \|"""""""""三三三 |┏━━━━━━━━┓|三三三"""""""""|/
         ┌|        三三三三三三三三 |┗━━━━━━━━┛|三三三三三三三三        |┐
     \ 三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三/
      \ ̄Τ ̄Τ ̄T ̄ ̄「  ̄ 「  ̄ 「  ̄ 「  ̄ 「  ̄ 「  ̄ 「 ̄ ̄「 ̄ ̄「  ̄ 「 ̄ 「  ̄ 「  ̄ 「  ̄ 「ヽ/
       _| L ζ _|Lη |Lκ |Lξ |Lщ |Lψ |LΩ |Lκ |Lζ |Lχ |Lψ _|Lζ |Lπ |LΣ |Lα |Lε |L|_
 _     r|__z――― z――z ――― z――z ――――― z――z――――z―‐z ―――― z―┐    _
  ||       Υ⌒Υト\__Υ⌒Υ\ ___Υ⌒Υ_____ Υ⌒Υ___ /Υ⌒Υ_/彡’Υ⌒Y      ||
  ||       |ll l ll| l \r―‐ |ll l l |\r―――|ll l l |〉―――――〈| l l l | ――t |l  |ll l l | ―tイl    |l l l |      ||
_||____,,|ll l ll| | ハ 「   |ll l l |ハ |.      |ll l l ||        || l l l |      | ハl|ll l l |    | ハ l |l l l |___||__
彡彡彡彡/,|ll l ll| |∪ |l    |ll l l l∪|.      |ll l l ||        || l l l |      |∪l!ll l l |    | ∪ l |l l l |\ミミミミミ
鬥鬥鬥鬥l圭|ll l ll| |   |l    |ll l l l  |.      |ll l l ||        || l l l |      |  l|ll l l |    |  t l |l l l |圭|鬥鬥鬥
二二二二|圭| l l l| |「rミ|l    |ll l l l「ミ|.      |ll l l ||        || l l l |      |r「ljll l l |    | 彡」 |l l l |圭|二二二
圭圭;T ;|z|l|「l l l t| |トミ|l    |ll l l ll ミ|.      |ll l l ||        || l l l |      |Lノ|ll l l |    | 彡」 |l l l |ll|z| |圭圭
圭圭;;| |z|l|l l l l t| |   |l    |ll l l l l「|.      |ll l l ||        || l l l |      | zr|ll l l |    |  z |l l l |ll|z| |圭圭
圭圭;;| |z|ll「「「「「| | l「 |l    |ll l l l l|;|.      |ll l l ||        || l l l |      |t「 |ll l l |    | 「 l l |l l l |ll|z| |圭圭
圭圭;;| |z|ll| l l l l;| | l| l|l    |ll l l l l|;|.      |ll l l ||        || l l l |      |ll |ll l l |    | t l l |l l l |ll|z| |圭圭
圭圭;;| |z|ll| l l l l;| | l| l|l    |ll l l l l|;|.      |ll l l ||        || l l l |      |ll |ll l l |    | t l l |l l l |ll|z| |圭圭
圭圭;;| |z|ll| l l l l;| | l| l|l    |ll l l l l|;|.      |ll l l ||        || l l l |      |ll |ll l l |    | t l l |l l l |ll|z| |圭圭
圭圭;;| |z|ll| l l l l;| | l| l|l    |ll l l l l|;|.      |ll l l ||        || l l l |      |ll |ll l l |    | t l l |l l l |ll|z| |圭圭
圭圭┴┴|ll|_l_l_l_l;|t三八 = 八三八彡 == 八三彡 ==== ≦ミ三八┐=,┌八ミ三三┐={ミミミ 三三l ┴┴圭ミ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄        ̄ ̄            ̄ ̄ ̄     ̄ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄ \ ̄ ̄ ̄ ̄





973 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:14:09 ID:FFHev09I0





―― しかし、グレーナーのベルリンでの生活の大部分は、
   軍事の勉強ではなく様々な社会を観察することに費やされた。


         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒)\
    /   /// __´__ /// \      これがベルリンですか!
     |       |r┬ |    |      他のどの街よりも古く
      \       ゙ー'    ,/      しかし、美しい!
      /⌒ヽ         ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆           |´ |




            (ヽ三/) ))
         ,___ ( i)))
       /     \ \
      /   ⌒  ⌒ \ )
    /     (>)  (●)ヽ
    |    //  、__',_, // | =3   そして、なんと刺激に満ちた街なのでしょう!
    \            ,/
  ⊂ヽ γ         ヽ
  i !l ノ ノ            !
  ⊂cノ





974 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:14:22 ID:FFHev09I0





―― グレーナーは当時のベルリンについて以下のように述べている



        ____
      /     \
    /  -     - \
  /   (●)  (●)  \
 |      __´___     |   人々は、一定の満足感と
 \      `ー'´     /   政治的な安心感について語ることが多いですね。
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |
   \ /___ /





        / ̄ ̄ ̄\
      / ノ    ヽ \       文化的生活については様々な欠陥を示しています。
     /   (●)  (●)  \
     |      __´ _     |     その一つとして、過度な「社会的要請」というやつが挙げられるでしょう。
     \        ̄    /      これは最近軍隊にも広まりつつあるようです。
 ⊂⌒ヽ 〉          く /⌒つ  まったく嘆かわしい。
   \ ヽ  /       \ ヽ /




978 :名無しのやる夫だお:2012/07/22(日) 20:16:00 ID:ri5yGrgc0



過度な「社会的要請」ってなに?


おそらく、兵士の人権を守れとかそういう類の要請だと思われます



975 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:14:39 ID:FFHev09I0




          ____
        /      \
       _ノ  ー     \      精神的分野においても
      ( ●)  ( ●)     \    「ユダヤ人の見方を広げよう※」という考え方が生まれています。
      |    '            |    まだ支配的とはいえませんが、こいつも欠陥の一つに挙げられますね。
       \  ̄`        /
        /          ヽ
       /






                       ※>>1は愚かにも、「ユダヤ人の見方を広げよう」という考えが
                         どのような方向に広げようとしているのか知らないまま引用しているのである。

   / ̄\
  |  ^o^ |  誰か教えてくだしあ
   \_/
   _| |_
  |     |




987 :名無しのやる夫だお:2012/07/22(日) 20:42:31 ID:LLFRu1xA0



>>975
フロイトのことでねぇか?




   / ̄\
  |  ^o^ |  あの心理学者のフロイトでしょうか?
   \_/
   _| |_
  |     |




989 :名無しのやる夫だお:2012/07/22(日) 22:19:23 ID:LLFRu1xA0



フロイトもユダヤ人らしい

でもこの時期だとフロイトが世に出て日が浅いから違うかもしれない



990 :名無しのやる夫だお:2012/07/23(月) 08:24:29 ID:o223VFf.0



私もよくわからないけど、19世紀末というとユダヤ人に寛容だったフランツ・ヨーゼフ一世のもと、
ウィーンでユダヤ人が様々な学芸分野で活躍していた時代だ。
(ウィキペディア「世紀末ウィーン」の項で紹介されてる)

ベルリンにもその影響があった結果として>>975のような話になったのでは?



991 :名無しのやる夫だお:2012/07/23(月) 20:54:03 ID:EkxjGYzs0



ユダヤ系は社会主義や共産主義と結び付けられることも多いから、社会的要請と似たような意味なのかもね。
国際的労働運動とか




   / ̄\
  |  ^o^ |  やはり、「ユダヤ人って本とはいいやつらなんじゃね?」的な方向に
   \_/   見方が広がりつつあり、
   _| |_  それに対して基本的に保守的であるグレーナーが
  |     |  「それちがくね?」という感想を抱いていたということでしょうか




976 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:15:31 ID:FFHev09I0





―― さて、この当時、軍事大学校にはメッケルが教官として在籍しており、
    グレーナーはメッケルから人格・軍事ともに大きな影響を受けたという。



              /|              日本とロシアが戦争?
         , -t ― //-、             日本が負けるだろう、だと?
        ,イ,..、{   //  \
       l 心_ j/∠_   _}           そんなことはありえん。
   ―=ニ二{__ノ,ン_,) ) _})          あの国には俺の教え子達がいるのだからな
       ト= ,>‐-┬'" fl  ̄l`ー 、   _A_                (日露戦争時の発言)
          ^-ヘ.:.:.:.:.::|  |l   |   }/ |   |\
        \ヽ、.:.:\_」l   |  / /  ̄ ̄\/l
       r== >、ヽ.:.:.:.::V  /  l/       ヽl>
       ヽ ヽ、>一' /__.... -‐、/  ー- ..__  ||
       /l ヘ  Vv-、⊃'                 ||
     /ヽニミr-<⌒ヽ′              /  軍事大学校教官
.   //_l∠_...-^ー-'`‐'′                /     メッケル
  /: : ://                ,  -一' ./
 /l: : ://              /      {    日本では帝国陸軍参謀本部の
 |_|: : l l             /            基礎を作った人物として有名



         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒)\     なんという立派な軍人でしょう!
    /   /// __´__ /// \    私もこのような軍人になりたいものです!
     |       |r┬ |    |
      \       ゙ー'    ,/
      /⌒ヽ         ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆           |´ |





983 :名無しのやる夫だお:2012/07/22(日) 20:19:13 ID:EfURRs3Q0



「児玉がいる限り、日本が勝つ」だっけ?


977 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:15:58 ID:FFHev09I0





―― 1897年 陸軍大学校を卒業したグレーナーに参謀本部への転属命令が下った。


                          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                          |                    |
                          |                    |
                          /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____
                         /              /ヽ__//
                        /  参謀本部勤務を  /  /   /
                        /     命ず      /  /   /
                       /   ____     /  /   /
                      /             /  /   /
                    /             /    /   /
                     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /   /

       ____
     /     \             フッ
   / _,ノ  ⌒ \
  /   (●)  (●)   \          私のような成績優秀者には
 |     、 ´       |  (( ∩))    当然の人事ですね
  \       ̄ ̄   /    ( ⌒)
  /          \






━━━━━━━━━━━━━余談━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       ____
      /_ノ '' ⌒\
    / ( ● ) (● )\    俺は陸軍大学でこいつと同期だったんだぜ
  /:::::::⌒,  ゝ ⌒::::: \  俺の卒業時の席次は第三位だ
  |     `ー=-'     |
  \            /  ゼークト
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





979 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:16:15 ID:FFHev09I0





        ____
      /_ノ ' ヽ \        果たして私はどこに配属されるんでしょうか!
     /( ≡)  (≡)\
   /:::::::⌒ __´___ ⌒:::::::\     あ、進攻課なんかがいいですねぇ
.   |     |r┬-|     |     私の立てた計画でフランス・ロシアをちぎっては投げちぎっては投げ――
    \      `ー'´    .,/




    .r =テ -‐‐-x'Tヽ
    l/ww  ww ヾ
    /  .○   ◯  ヽ       あ、君が新しく配属されたグレーナー中尉かい?
   {≡@ 、兄  @≡)
   `,=ー-.v-r.rvァ-‐=''
  /    !.Y Y/    `ヽ
 ./  ,    `/      l
 l___l    {о ο   i.  j
  く,、_{    ヽo о  下ふ
    ヽ、__)____ノ
     'ー、_r-' '-、_,.つ





980 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:16:32 ID:FFHev09I0




                   n
                   l^l.| | /)
                   | U レ'//)
      ___      ノ    /
    / ⌒  ⌒\  rニ     |
   / (⌒)  (⌒)\  ヽ   /
 /   /// ___´___ ///\ / `   /     はい!
 |       `Y⌒y'´    |   /     本日付で参謀本部付き中尉に任命された
 \.       ゙ー ′  ,/  /       グレーナーであります!
  /⌒ヽ   ー‐   ィ  /
  / rー'ゝ        /
 /,ノヾ ,>         イ
 | ヽ〆          |



    .r =テ -‐‐-x'Tヽ
    l/ww  ww ヾ
    /  .○   ◯  ヽ          よろしい。
   {≡@ 、兄  @≡)         従兵に君の部署まで案内させよう
   `,=ー-.v-r.rvァ-‐=''          彼についていきたまえ
  /    !.Y Y/    `ヽ
 ./  ,    `/      l
 l___l    {о ο   i.  j
  く,、_{    ヽo о  下ふ
    ヽ、__)____ノ
     'ー、_r-' '-、_,.つ





981 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:16:45 ID:FFHev09I0




  ┌────────────────
  │では中尉、私についてきてください。
  └∨───────────────
   仝
  /__`ゝ
  ( ' A`)
  /  |o つ
 .∪ ┴ ゝ
  し"し"




             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )
    ./:::: ⌒ ___´__   ⌒:::\     よろしく頼むよ
    |    (⌒)|r┬-|     |
    ,┌、-、!.~〈 `ー´/   _/
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄





982 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:17:01 ID:FFHev09I0




┌────────────────┐
└────────────────┘

    ┌─────────┐
    └─────────┘

        ┌────┐
        └────┘



.

4 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:20:26 ID:FFHev09I0





         _______
         | 地形測量課 }
   .______________
.   |:::::::::::::::::::::::::::::::: ||:::::::::::::::::::::  #::| ボロ
.   |:::::l# ̄ ̄ ̄|:::::||:::::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::|
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::||:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
.   |:::::!:::::::::::::::::::::!:::::||:::::!::::::::: # ::::::!:::::|
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::||:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::||:::::|:::::::::::;;;;;;;;;:|:::::|
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|::[||||]::|::::::;;;;;;;;;;;;;;:|:::::|
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::||:::::|:::::::::::;;;;;;;;;:|:::::|
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::||:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
.   |:::::!;;;;:::::::::::::::::!:::::||:::::!:::::::::::::::::::::!:::;;|
.   |:::::|______|:::::||:::::|#_____|::;;;|
.   |:::::::::::::::::::::::::::::::: ||:::::::::::::::::::::::::::;;;;; |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



        ___
       /     \
     /  ⌒:::::::::⌒\
    /   ( ○):::::(○)\   ・・・・・・
    |       __´___   |
    ヽ、    `ー '´  /
     ノ          \





5 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:20:57 ID:FFHev09I0





―― この当時、地形測量課と鉄道課は、苦労が多く評価は低い
    報われない部署と認識されていた。


           _____
         /       \
        /_ノ   \   ヽ
          i(ー)  (ー )    |     えぇ、わかってましたよ・・・
          ゝ  __`____      j     参謀本部はプロイセン出身者ものなんです。
         ` _`ー'´    /
         /    _    `i     僕みたいな南ドイツ人が出世できるわけないんです。
        /  ̄`Y´   ヾ;/  |
       ,|    |    |´  ハ
       |    |    |-‐'i′l
       |__ |   _|   7'′
         (   (  ̄ノ `ー-'′



    ┌─────────────────────────
    │ まぁ、そうへこむなよ・・・
    │ あの大モルトケ閣下も、現参謀総長のシュリーフェン閣下も
    │ 最初はこの地形測量課にいたって言うじゃないか
    │
    │ 俺たちにだってチャンスはあるさ
    └∨────────────────────────
    , - 、
   /::::::::::),.∩
   |:::::::ノ,' 3  `ーっ
   |::::::l   ⊃ ⌒_つ
   `ー-≡---‐''''





6 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:21:10 ID:FFHev09I0





         ____
       /     \
.    /   ノ '  ヽ\       ・・・そうですね
.  / /)(ー) (ー)u\     腐っていても始まりません
  | / .イ    '       |
.   /,'才.ミ).  ⊂つ  /
.   | ≧シ'        \
 /\ ヽ          ヽ




            ____
           /     \
          / \   / \
        /  (●)  (●)  \     今は、与えられた仕事に全力を尽くすことにしましょう!
      |         ´      |
      \      ⌒    /
    / ̄ ̄ヽ           \
   (「    `rノ          \
    ヽ   ノ              \
     |   |             「\   \





7 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:21:25 ID:FFHev09I0





―― 地形測量課の仕事は、様々な土地とそこに住む多種多様な人々について
   グレーナーに多くの知識と経験を与えた。



        ____
      /     \
    /  -     - \        やってみるとなかなか楽しい仕事じゃないですか
  /   (●)  (●)  \       この経験は将来役に立ちそうですね!
 |      __´___     |
 \      `ー'´     /      ・・・将来があればですけど
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |
   \ /___ /





8 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:21:44 ID:FFHev09I0





―― そんなある日、グレーナーに人生の転機が訪れた。



    / ;;;,  ,,   ,,,,,;;;;;;;;;;;;;; _ ;;;;;, ヽ
   ./;; r- ...,__  ,.. -y ヽ  ̄`i ;;;;;;,,ヽ,
  ,i ;;; l  / ノ ~l;'~       l ;;;;;;;;;; i
  i ;;;; i __, ...、 ! ,.- ., ___  .v ;;;;;;;; l
  !, ;; i'-,- '''ヾヽ  ~`r' ー=-~` i r- 、i
   ヽ、i 'rーu-,i l   t'~"uー,.   l,lr' ll       よっ
    i, i ヽ、_,/,i   ヽ, -'"   リ j i       地形測量課長いる?
     i     l :::.      ..::::  ,/
      l    i_ ヽ     ..:::::: r'"-.,_
     i   ..,__ _ _、 ::::::::: i ヾ\~"ヽ
     ,._,-'"-' ~`二  '"  :::::: ,y ,i ヽ,
     ~_.ヽ    ''    ..::: ,-'" i   /i
  _,.-=' /, ヽ、      ,.-' ,'  ,r  ,y l
- '"   / i l丶,-ヽ- ='"  ,'  /  ,'  i




    .r =テ -‐‐-x'Tヽ
    l/w課長w ヾ
    /  .○   ◯  ヽ       おや、鉄道課長じゃないですか
   {≡@ 、兄  @≡)      何か御用で?
   `,=ー-.v-r.rvァ-‐=''
  /    !.Y Y/    `ヽ
 ./  ,    `/      l
 l___l    {о ο   i.  j
  く,、_{    ヽo о  下ふ
    ヽ、__)____ノ
     'ー、_r-' '-、_,.つ





9 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:22:01 ID:FFHev09I0





  ,i ;;; l  / ノ ~l;'~       l ;;;;;;;;;; i
  i ;;;; i __, ...、 ! ,.- ., ___  .v ;;;;;;;; l
  !, ;; i'-,- '''ヾヽ  ~`r' ー=-~` i r- 、i
   ヽ、i 'rーu-,i l   t'~"uー,.   l,lr' ll       いや、参謀総長が
    i, i ヽ、_,/,i   ヽ, -'"   リ j i       最近大きな計画を立てようとしてるらしくてさ
     i     l :::.      ..::::  ,/
      l    i_ ヽ     ..:::::: r'"-.,_      そのための事前検討をする部署を
     i   ..,__ _ _、 ::::::::: i ヾ\~"ヽ     鉄道課内に作れって言うんだよね
     ,._,-'"-' ~`二  '"  :::::: ,y ,i ヽ,
     ~_.ヽ    ''    ..::: ,-'" i   /i
  _,.-=' /, ヽ、      ,.-' ,'  ,r  ,y l
- '"   / i l丶,-ヽ- ='"  ,'  /  ,'  i





     ,':::::::::/  !__   ! |   | |  し |::::::::|
     |::::::::リ -‐>‐-、 ̄r'  }ー‐-、   ゛ !::::::::|
      i::::::/  f'´ ̄ if }::/  ! ∠`ヽ`ヽ |:::::::::|
      |::::f   \__ /"    ヽ `tr`r ヽ:::::リ
    /ヽ,!     、ー      |  ヽ__,.ノ   }::::;'      でさ、あちこちの地形に詳しいやつを
    { ハj ヽ     ,. -_  j `ー       i:::;'       一人貸してくれないかなぁ、と
    i 八   !     ィ 「 ̄i      _ f´ヽ
    ヽ  i       ヽ_ /    r'   ヽ  !      できれば、若くて活きのいいやつがいい
     `ー|   , ―-- ., _            /  リ
        !      ,_ ` 、      // /
        ト、       `   ` , /ー'





10 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:22:21 ID:FFHev09I0





    .r =テ -‐‐-x'Tヽ
    l/w課長w ヾ        なるほど
    /  .○   ◯  ヽ       そういうことでしたら、適任がいますよ。
   {≡@ 、兄  @≡)
   `,=ー-.v-r.rvァ-‐=''       まだ若い中尉で、こんな部署でも腐らずに
  /    !.Y Y/    `ヽ      熱心に仕事をこなしてまして――
 ./  ,    `/      l
 l___l    {о ο   i.  j
  く,、_{    ヽo о  下ふ
    ヽ、__)____ノ
     'ー、_r-' '-、_,.つ





    ,, -―――
   〃:::〃::::::;;、:::::::::::ヽ
    Yア( ̄  {_:::彡::::|
    {{;ィ..::ャ=ミ ヽ::r:、|
    代・} 弋・フ / ^}リ         そうそう、そういうやつがほしいんだ
     ';::.:L .:::  {  r〈
     ';t‐ェェタ  イ >、_
      i:::二  / // \
       `ー</ /o\  \
        rヘo// ̄ ̄:.::\∧
        ∨//.::.::.::.::.::.::.::.::.ヽハ
        /7ロ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.} _}
         { |圦:.::.::.:.::.::.::.::.::.::.::「 |





12 :名無しのやる夫だお:2012/07/22(日) 20:23:19 ID:Bul2RJ5Q0



鉄道を酷使する大計画って、アレしかないなw


11 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:22:35 ID:FFHev09I0





┌────────────────┐
└────────────────┘

    ┌─────────┐
    └─────────┘

        ┌────┐
        └────┘



.

13 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:23:46 ID:FFHev09I0





    .r =テ -‐‐-x'Tヽ
    l/w課長w ヾ
    /  .○   ◯  ヽ
   {≡@ 、兄  @≡)      というわけで、君は鉄道課に転属になった。
   `,=ー-.v-r.rvァ-‐=''
  /    !.Y Y/    `ヽ
 ./  ,    `/      l
 l___l    {о ο   i.  j
  く,、_{    ヽo о  下ふ
    ヽ、__)____ノ
     'ー、_r-' '-、_,.つ



            ____
           /       \
   .     / _,ノ  ⌒ \      やれやれ
       l^l^ln  (●)  (●) \     転属先もやっぱり不人気部署ですか
       ヽ   L   、 `       |
        ゝ  ノ    ̄ ̄    /    ま、どこだろうと全力で仕事をさせてもらいますけどね
      /   /          \
     /   /             \
   . /    /         -一'''''''ー-、.
   人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))





14 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:24:01 ID:FFHev09I0




三三三三三三三三三三三 移動中 三三三三三三三三三三三
          ____
        /      \
       /  ─    ─\
     /    (●) (●) \
     |       ___'__      |
      \      `ー '   ,/
      /         ::::i \
     /  /       ::::|_/
     \/          ::|
        |        ::::|  キュム
        i     \ ::::/ キュム
        \     |::/
          |\_//
          \_/
三三三三三三三三三三三 移動中 三三三三三三三三三三三

.


15 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:24:12 ID:FFHev09I0





          _____
          | 鉄道課 }
   .______________
.   |:::::::::::::::::::::::::::::::: ||:::::::::::::::::::::  #::| ボロ
.   |:::::l# ̄ ̄ ̄|:::::||:::::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::|
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::||:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
.   |:::::!:::::::::::::::::::::!:::::||:::::!::::::::: # ::::::!:::::|
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::||:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::||:::::|:::::::::::;;;;;;;;;:|:::::|
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|::[||||]::|::::::;;;;;;;;;;;;;;:|:::::|
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::||:::::|:::::::::::;;;;;;;;;:|:::::|
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::||:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
.   |:::::!;;;;:::::::::::::::::!:::::||:::::!:::::::::::::::::::::!:::;;|
.   |:::::|______|:::::||:::::|#_____|::;;;|
.   |:::::::::::::::::::::::::::::::: ||:::::::::::::::::::::::::::;;;;; |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





16 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:24:24 ID:FFHev09I0




    /||ミ
   / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||      || ガチャ
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::|| ̄ ̄\ ||
 |:::::::::::::::|| ノ  ヽ_\
 |:::::::::::::::||●) (●) \    さて、ここが新しい職場ですか
 |:::::::::::::::||  __'__     |   早速上司と同僚に挨拶でも・・・
 |:::::::::::::::||_ `ー '   /
 |:::::::::::::::||     /
 |::::::::::::::(__二二ノ´||
 |::::::::::::::(_ノ / . . . ||
 |:::::::::::::::||/    ||
 |:::::::::::::::||      ||
 \:::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
   \ ::::||
    \||





17 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:24:45 ID:FFHev09I0




    _ □□    _      ___、、、
  //_   [][]//   ,,-―''':::::::::::::::ヽヾヽ':::::/、  誰  組 .   こ
//  \\  //  /::::::::::::::::::::::::::::::i l | l i:::::::ミ   だ  .ん   の
 ̄      ̄   ̄/ /:::::::::,,,-‐,/i/`''' ̄ ̄ ̄ `i::;|  あ.  だ   ダ
―`―--^--、__   /:::::::::=ソ   / ヽ、 /   ,,|/   っ  の   イ
/f ),fヽ,-、     ノ  | 三 i <ニ`-, ノ /、-ニニ' 」') !!  は   ヤ
  i'/ /^~i f-iノ   |三 彡 t ̄ 。` ソ ハ_゙'、 ̄。,フ | )          を
,,,     l'ノ j    ノ::i⌒ヽ;;|   ̄ ̄ / _ヽ、 ̄  ゙i )
  ` '' -  /    ノ::| ヽミ   `_,(_  i\_  `i ヽ、 ∧ ∧ ∧ ∧
     ///  |:::| ( ミ   / __ニ'__`i |  Y  Y Y Y Y
   ,-"        ,|:::ヽ  ミ   /-───―-`l  |  //     |
   |  //    l::::::::l\    ||||||||||||||||||||||/  |     // |
  /     ____.|:::::::|    、  `ー-―――┴ /    __,,..-'|
 /゙ー、,-―'''XXXX `''l::,/|    ー- 、__ ̄_,,-"、_,-''XXXXX |
/XX/ XXXXXXXXXX| |         _,  /ノXXXXXXXXXX|




           ____       l_
           /ノ   ヽ、_\      /
        /( ○)}iil{(○)\     >
      /     __´___     \    \
       |  uヽ |!!il|!|!l| /   |       ヒ、ヒィ!
       \    .|ェェェェ|__   `ヽ
        /    (___   |
      /              |
   ( ̄                |
     ̄ ̄ ̄|               |

.


18 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:25:05 ID:FFHev09I0




             /:::::::::::::::::::::::::::::::::;、;リ;ノ‐、            __,ノ
.            l::_ -‐r='ァ''フフノ|::l "゙ヽ:::l  ー_- 、       )
           l=三三}∠ニヽ'__l/}´, -、|;リ    `ヽ 丶、  -=ニ  半端な鉄道ダイヤを
          ノ='":::::{′'ニニ6ー'’F'aテ〈       丶. 、\  ,) 作るものは許さん!
.            /:::l"ヘ::i' `_,.   ,  〔.` ハ         ヽ\丶⌒ヽ
            {::::::ヽ_{:{ / r'ニ‘ー--'-、.!::|      /.`,ニニ= 、ヽ ノ-、
、       _ヽ:::__/`゙   |   ` ̄ ̄´|.l:::|       y'/ , - 、 } }   ⌒ヽ, -、/^ヽ「`
. ! r─-‐'´x x x/x/l.|.  ヽ`ニ二_ー- '_ノ;リ   o 。' {/  / ロ .イ ' `-~' rュ
 `┴- x 、x_ x /x/xl |     ‐' ノ ̄ノ `;ー- . _ />ゞこ °, -- 、 ⊂ヾ ,...---......、
           ̄ ¨T''┴‐- 、, -<._,∠x_x x x x/∠、   }./゙ズ三'ノ . , ':::::::::::::::::::::::::\
-‐, 、    ー_-  ⊥ x x_ ヽ x xヽ. x x  ̄//`ヽ| 々 / / rう 、_j /::;:、::::::::::;;::::::::::::::::ヽ
. /x l ` ‐x.、_   ̄ l x ‐- -_ ニ、 ‐-ゝ x x// x x xLノ / / ′ヽ-'  レ'-‐`'^" 、´゙ヽ::::::::::l
. 〉 | | x x x /`i ー-| x x x x x ̄ヽ>ニ._x _ ニ -‐ ノ レ' / /  ″| =-  ,..__ヽ j::::::::::l  うわー!
/ xヾ!x x x l x| x xノl x x x x x x ` ー-\ヽ\\ -‐' ノ  / ヾ) ノ|  ノ   ``  〉-、:/
x x /x x x | xハ/x x\ x x x x x x x x x  ̄__.二. -_‐ァ ,ィ 〃 ,く l r`ー- 、   "6/ -= おゆるしをー!
\x| x x x/.ノ/ \ x x _>ー,、_ x x x x∠二 -‐ 'フ´   〈ノ__/  l.ヽ└-二ノ  ; ‐1、_
ヽ/j x x /x/ x x ゙オ´x x x| x Tヽx x x x x x ,イx|  r7,ニ     ./ヽ.`ァー┬    /   ヽ.
y'./x , イx x/x x // x x x x|x x| x \x x ヾニ′ニ¨>〈//, ─っ ノ    7  /´ _./     l
ー'/x.〈.x xlx /x./.x x x x x|x x|.x x x`ヽx // 'イ´  `´  ‘ー' ij ゙ ノ  「 ̄    /  ̄ |



           ____
         :/::::::::::::::::\:
        :/  ⌒三 ⌒::::\
       /  (○)}ililli{(○ )\:  ガクガク
        :|       _´_ ::::::::::::::::::|
        \     /__/ ::::::::::::/:
        / ⌒ /⌒Y⌒ヽ ヽ
       :|  \|  .i  イ |
        |\ /   人  .\!
        |  \___/  \__/:
         |        /





19 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:25:22 ID:FFHev09I0





      , -ゝlllllヘヘヘへミミミミミ、ミミ、、ミ
      イイフジ゙゙'' ヘ. \\`ヾ゙゙三ミミヾヾミ
      ´イ//   / ,イ´ヽ `  ヾ 、`ヾミミミ
       llレ__` { ´ _,,イ二ヽ ヾミミ、 ヽヾミミ
        {三≧ =≦竺o=''  三ミミ、ミミ、ミミミ     む、そこにいる貴様
         .〉ー ゚'   、  ノ   三ミ、ミミ、ミミ、ミ
        .( `_/..    `¨    三三F lミヾミミ     見慣れぬ奴だな
        l (  ___)ヽ 、   三-、 .リヽヾヾヾ、    名を名乗れ
         l/  ̄__ _ `ー、  .三 ' /川川ハハヾ
         l ´ _   `   l   ゝ-イ川 川川ハハ
        l   ¨       ___ ノノノノノ川 l || l i ハ
        ゝ._     __  、二ンノイノノノ川 川 l川
            Т  ̄  // `ーイノノノノハノノハノノ
      r‐‐- - -┴────-==─イイノノハノハ
       jl`ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :



           ____
          /   u \
     :/  \   / \:
    :/ U (@)  (@) \      あ、本日からこちらでお世話になります
    |    u  __´,_  U |:     グレーナー中尉であります
    :\u    ./__/   /:
.    ノ     / )ヽ    \  ガクガク
   (  \  /__ノi )     )
.   \  ゙  /  ヽ ヽ / /
     \_/     \_ ノ





20 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:25:41 ID:FFHev09I0




         , ,. .__
       __//〃'´:::: ̄::¨::''‐、
     /:::;:L!{l;;;ハ::::、::::::::::::::::::::ヽ
     〃::/_- 、 ! |ハ「ヽド、::::::::::::::i
.     l::∠=ヽ_{∠_,ノ;三ゝ.j三ミ、::|
     l〈.、=<, `ーr'==; }三ミミ :|       貴様がグレーナーか
.      f7ヽニ゚イ  ゙ヾ゚ニ´  }::}ニヾ::|       課長から話は聞いているぞ
.     l」   / ''''  、     }::7´ |::|
      〃 r'^ー‐--'^ー 、 ノ::{ r'/:::|       わしは鉄道課セクションIIaの責任者シュターブスだ
      ゙{ ! 」二二二フ } ヾミT´::::::|       今日から貴様はわしの元で働いてもらう。
      ヽ、 ー-      ' ,  i.|、:::::リ
.      _r'f ー:----‐ ''´  ! ト;ヾ'、
  -‐ '7´| l |  `ー'     .//.+ l ` ー-  セクションIIa責任者
   +./.+ |+ヽ、      //+ +/+ + +   シュターブス少佐



       ____
     :/::::::::::::::::\:
   :/ ⌒三 ⌒::::::\
  /  (○)}ililli{(○ ):::\:     は、はい
 :|      __´___::::::::::::::::::|
  \      `ー'´::::::::::::/:





21 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:26:17 ID:FFHev09I0




          ____
        /     \
       /  u   ⌒  \
     /      u (●)  \     ところで、セクションIIaというのは
     |           __´_ |     何をする部署なんですか?
      \    u   .``ー/
     ノ           \



                                  /例洲/      Ⅵ ヾx_\        }三三二
                                  ! '/洲,'  ,..、    ヾ/   _,.、、_    }三二二
                                  併il,'_,....、  ` 'ー‐ '´   x圭圭圭≧x イ三二二
                                  ′/圭圭ミx_   { ,′_,ィ圭彡''゙´ _ ̄ `i三三二
                                    {~__`゙等:=- `等;ィrt;ァ'' " ̄,ノ    }三三三
                                    ‘, ヘ‘'″.ノ,r   ::::::_`¨¨_´,     }三三三
                                    /  _ ̄, /      `        }三三三
                                    {    ̄,r′       ヽ、         }三三7/
                ふっふっふっ            ‘,   _λ     ___ノ ` ‐-    〈三三{ 5
                聞いて驚くなよ             |  i  ゝ-‐ ´       __   ',   }三三!/く
                                     l  l  ,. ニ = -─ ¨ ´ _ヽ. ‘,ヽ ,j三三
                                     l  l  }-───… ''' "´ ノ  i   `゙ミ ___,/
                                     l   l          _,.  ''´   !       :::
                                     ',.    ̄、¨¨  ̄               :::
                                     ヽ、      ̄                   :/
                                     /,'>.、 _      _,.  -‐       / ,





22 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:26:37 ID:FFHev09I0





    _ □□    _      ___、、、
  //_   [][]//   ,,-―''':::::::::::::::ヽヾヽ':::::/、
//  \\  //  /::::::::::::::::::::::::::::::i l | l i:::::::ミ   セクションIIaでは、
 ̄      ̄   ̄/ /:::::::::,,,-‐,/i/`''' ̄ ̄ ̄ `i::;|   西部進撃における
―`―--^--、__   /:::::::::=ソ   / ヽ、 /   ,,|/
/f ),fヽ,-、     ノ  | 三 i <ニ`-, ノ /、-ニニ' 」')   鉄道計画を
  i'/ /^~i f-iノ   |三 彡 t ̄ 。` ソ ハ_゙'、 ̄。,フ | )  検討しているのだぁ!
,,,     l'ノ j    ノ::i⌒ヽ;;|   ̄ ̄ / _ヽ、 ̄  ゙i )
  ` '' -  /    ノ::| ヽミ   `_,(_  i\_  `i ヽ、 ∧ ∧ ∧ ∧
     ///  |:::| ( ミ   / __ニ'__`i |  Y  Y Y Y Y
   ,-"        ,|:::ヽ  ミ   /-───―-`l  |  //     |
   |  //    l::::::::l\    ||||||||||||||||||||||/  |     // |
  /     ____.|:::::::|    、  `ー-―――┴ /    __,,..-'|
 /゙ー、,-―'''XXXX `''l::,/|    ー- 、__ ̄_,,-"、_,-''XXXXX |
/XX/ XXXXXXXXXX| |         _,  /ノXXXXXXXXXX|




           ____       l_
           /ノ   ヽ、_\      /
        /( ○)}iil{(○)\     >
      /     __´___     \    \
       |  uヽ |!!il|!|!l| /   |       ヒ、ヒィ!
       \    .|ェェェェ|__   `ヽ
        /    (___   |
      /              |
   ( ̄                |
     ̄ ̄ ̄|               |

.


23 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:26:56 ID:FFHev09I0




            __,,.. - ‐ - 、,,_
          イ彡三ミ三ミミヾミヽ,,
        ,イ彡〃7イノハ! __ .{`゙゙゙゙ヾメ
       イ≦彡メ  /≧=-、 `} ‐-‐Ⅵ
       .イ彡´  彡 、  ==  , 、‐≡ニ
      彡ノ  彡'  `ー一 '丿ー ヽミメ、      いまや、進軍のためには鉄道は必要不可欠だ
     イ彡ャ-彡{  /r ニ二ゝ--= ,,.)、 i
       彡i r、 彡 ! /Y‐- .."二_ ‐ ァl l     鉄道課を日陰者扱いするやつらもおるようだが
      彡l  )彡.   l:::::::::::::::::::::::::::::l  l     もはや、わしら鉄道課なくして戦争は成り立たん
      イメ、 ` 彡ト、 l:::::::::::::::::::::::::::::j  l     貴様もここに来たことを名誉に思うがいい
       川 i:it‐'''''''  ヽ:_:.:.:.::::::::::::::ノ .j
       川 ll    ゝ、    ̄ ̄ ̄   ノ
- ‐ ¨ ̄Т  !`ヽ     ̄ ¨ T  ̄| `ヽ-- ._
      .l   ヘ  \      ー'   .l〉)ヽ ヘ
      .ヘ  ヘ  .\ ‐--     /./  l  ヘ




            ____
           /     \
          /  \   /\        はい!
        /   (●)  (●) \       全力で任務に当たらせていただきます!
      |         ´     |
      \       ⌒    /
    / ̄ ̄ヽ           \
   (「    `rノ          \
    ヽ   ノ              \
     |   |             「\   \





24 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:27:11 ID:FFHev09I0





―― 鉄道課での新たな任務は、グレーナーにとってまさに天職だった。


                                                             _______
              ┌─┐            /⌒ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ                     |_______
                 |i  |              |                |      {||} .{||}             | ____、 __
         []{__|i  |_______|___彑彑_______|____||_||__________| |      | |
          |____             | | |       |                         | |      | |
          /       ヽ ---------------|--|--|---------|--------:------:------:--------| |___| |
        /      __, |           |  |  | _______________________________________|゙ ゙̄|____| ____. |
        |:      |__|:|          |   |  /゙| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|__,| ̄ ̄ ̄ ̄| |C61 18| |
        |:     ___|______|___|∠__|________| ̄|__________________| ' ̄ ̄ ̄  |
        |:    /|:    :|     =======================(二二二二二二)|_|□     ∩      |_________|__
     {|| ̄]|:  / [|:    :|]━━━〓 く二二二)丶 γiiiiiiiiiiiiiiiiii 丶 γiiiiiiiiiiiiiiii 〓〓____─∪ ̄ ̄ ̄|O╋╋■≡|| |_
     {||__|:/   [|: ○ :|]※〓━━━  6=============9;;;;;;;;;| |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙;,〓〓__── ̄ ̄ ̄. ┃┃┃≡|| |
   日=||__|/〓━[|______,|]━∃‡‡━━━━━━━━━━∂______O  | / ̄\宝./ ̄\ ┃┃┃  ||
       《  ◎  》    《  ◎  》 ゝ○ σ ○丿  ゝσ ○ σ丿 ゝ○ σ ○丿 |___■_旦_■_| {┻┗┛
        \____/     \____/   \____/    \____/     \____/   \____/ \____/

                   n
                   l^l.| | /)
                   | U レ'//)
      ___      ノ    /
    / ⌒  ⌒\  rニ     |
   / (⌒)  (⌒)\  ヽ   /
 /   /// ___´___ ///\ / `   /
 |       `Y⌒y'´    |   /
 \.       ゙ー ′  ,/  /
  /⌒ヽ   ー‐   ィ  /
  / rー'ゝ        /
 /,ノヾ ,>         イ
 | ヽ〆          |





25 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:27:34 ID:FFHev09I0





―― グレーナーは鉄道制度に関する知識をみるみるうちに吸収し
    侵攻作戦に必要な兵員・物資の輸送や補給の研究に邁進していった。




                     ____
                   /     \
                     /        \
                /  \    /  \
    , __        |    (●)   (●)   |
  _( 丶    \.      \      ´     /
 (丶.\ ヽ__丶     ノ      ̄ ̄   i
  (\ ヽ丶(≡≡≡(____/((┃))___ __i |_ ガリガリガリガリッ
  .\丶(≡≡≡(.     /ヽ,,⌒) ̄ ̄ ̄ ̄ (,,ノ   \
    丶(≡≡≡(     /_________ヽ  \
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





26 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:28:22 ID:FFHev09I0





―― そんなある日・・・



                     ____
                   /     \
                     /        \
                /  \    /  \
    , __        |    (●)   (●)   |
  _( 丶    \.      \      ´     /
 (丶.\ ヽ__丶     ノ      ̄ ̄   i
  (\ ヽ丶(≡≡≡(____/((┃))___ __i |_ ガリガリガリガリッ
  .\丶(≡≡≡(.     /ヽ,,⌒) ̄ ̄ ̄ ̄ (,,ノ   \
    丶(≡≡≡(     /_________ヽ  \
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



       / ̄\
       |     |
        \_/
        __|__
     /      \ ´-
    /   :::─:::::::─\`
  /    <●>:::::<●> \   ・・・・ふむ
  |       (__人__)   |
  /     ∩ノ ⊃  /
  (  \ / _ノ |  |
  .\ “  /___|  |
    \ /___ /





27 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:28:40 ID:FFHev09I0





         / ̄\
           |    |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \
      /   ::\:::/::::\
    /   <●>::::::<●> \      おい、シュターブス
    |     (__人__)    |      あれは誰だ?
    \     ` ⌒´   /
       ̄(⌒`::::  ⌒ヽ
        ヽ:::: ~~⌒γ⌒)
         ヽー―'^ー-'
          〉    │



        ,r≦三〃〃〃〃〃〃,)))ゝ、
       /彡三〃彡彡//////-'''''' Yミ、
       .{イメ彡///ノ /イ 〃リ.ヽ _ _ ミヾ
       .彡三三ニ{    ̄` _  {´ ,,,,ゝ
       ,彡彡三ニ;} ∠三二ヽ`ヽ}∠≦ノ
       彡メ彡三{   fニヒノj'''  、fニヒノヽ
      ,彡ソf-三ニ{  ‐-‐'   _ ヽ、ー' {   あれとは、どれの事ですかな?
      彡ニl   三{{      _,t _____ )、 l
      /l/l,ハ ` 三}  ./     _ ヽl
      !l/l/l/l`t-イ       ` ̄ - ` j
       ヾj/T(\    、      __ ,イ\____
     __ノ:;:;:;:ヽ\\     ̄ ̄ ̄ノ   i!lヽ:;:;:;:;\:;:;:;:;:;: ̄





28 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:29:03 ID:FFHev09I0




        / ̄\
          |    |
         \_/
           |         /)
       /  ̄  ̄ \    ( i )))
     /  ::\:::/::  \   / /
    /  <●>::::::<●>   \ノ /      あそこでえらく熱心に仕事をしているやつだ
    |    (__人__)     | .,/
    \    ` ⌒´    /
    /__       /´
   (___)     /



      イイフジ゙゙'' ヘ. \\`ヾ゙゙三ミミヾヾミ
      ´イ//   / ,イ´ヽ `  ヾ 、`ヾミミミ
       llレ__` { ´ _,,イ二ヽ ヾミミ、 ヽヾミミ
        {三≧ =≦竺o=''  三ミミ、ミミ、ミミミ     あぁ、あれですか
         .〉ー ゚'   、  ノ   三ミ、ミミ、ミミ、ミ
        .( `_/..    `¨    三三F lミヾミミ     あれはグレーナーという
        l (  ___)ヽ 、   三-、 .リヽヾヾヾ、    南ドイツ生まれの青二才です。
         l/  ̄__ _ `ー、  .三 ' /川川ハハヾ
         l ´ _   `   l   ゝ-イ川 川川ハハ   ・・・まぁ、少しは見所がありますがな
        l   ¨       ___ ノノノノノ川 l || l i ハ
        ゝ._     __  、二ンノイノノノ川 川 l川
            Т  ̄  // `ーイノノノノハノノハノノ
      r‐‐- - -┴────-==─イイノノハノハ





29 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:29:18 ID:FFHev09I0





        / ̄\
       |     |
         \_/
         |
      /  ̄  ̄ \
    /  \ /  \
   /   ⌒   ⌒   \    ずいぶんと高く買っているようだな
   |    (__人__)     |
   \    ` ⌒´    /
   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \



           rァ'フ"´::::::::::::::::::::::`ヽ
          {f〃::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\  つ
          ヾ ;::、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ ⊃
          /- l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
            l、_ l三ミ、:::::::::::::::::::::::::::::::::l
          〉ァ l::::ミミミ:::::::::::::::::::::::::::::    フン!
          \\\`,::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          〔__ヽ i!ー'::::::::::::::::::::::::::::::::::::     ほかの青二才よりは
          l ヽl::::::::::::::::::::::::::::::::::::::     ましな青二才だというだけです
          ゝ  リルラリルハ -‐リlハノヽ
            -──-<._x x x x x
        /x x x x x x x x x x x x x
       .l  x x x x x x x x x x x x x





30 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:29:31 ID:FFHev09I0





         / ̄\
        |     |
          \_/
         _|___
       /     \
      /  ::\:::::::/::\     よし、それならば
    /    <●>::::::<●> \    あいつを昇進させるとしよう
     |       (__人__)   |
      \      ` ⌒ ´  ,/
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |




      ´イ//   / ,イ´ヽ `  ヾ 、`ヾミミミ
       llレ__` { ´ _,,イ二ヽ ヾミミ、 ヽヾミミ
        {三≧ =≦竺o=''  三ミミ、ミミ、ミミミ     やつはプロイセンの生まれではありませんが
         .〉ー ゚'   、  ノ   三ミ、ミミ、ミミ、ミ    よろしいので?
        .( `_/..    `¨    三三F lミヾミミ
        l (  ___)ヽ 、   三-、 .リヽヾヾヾ、
         l/  ̄__ _ `ー、  .三 ' /川川ハハヾ
         l ´ _   `   l   ゝ-イ川 川川ハハ
        l   ¨       ___ ノノノノノ川 l || l i ハ
        ゝ._     __  、二ンノイノノノ川 川 l川
            Т  ̄  // `ーイノノノノハノノハノノ
      r‐‐- - -┴────-==─イイノノハノハ





31 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:29:44 ID:FFHev09I0




         / ̄\
           |    |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \
      /   ::\:::/::::\     構わん
    /   <●>::::::<●> \    能力さえあればな
    |     (__人__)    |
    \     ` ⌒´   /
       ̄(⌒`::::  ⌒ヽ
        ヽ:::: ~~⌒γ⌒)
         ヽー―'^ー-'
          〉    │



      /彡三〃彡彡//////-'''''' Yミ、
       .{イメ彡///ノ /イ 〃リ.ヽ _ _ ミヾ
       .彡三三ニ{    ̄` _  {´ ,,,,ゝ
       ,彡彡三ニ;} ∠三二ヽ`ヽ}∠≦ノ
       彡メ彡三{   fニヒノj'''  、fニヒノヽ      やはり閣下は器が大きいですな
      ,彡ソf-三ニ{  ‐-‐'   _ ヽ、ー' {     やつも喜ぶことでしょう
      彡ニl   三{{      _,t _____ )、 l
      /l/l,ハ ` 三}  ./     _ ヽl
      !l/l/l/l`t-イ       ` ̄ - ` j
       ヾj/T(\    、      __ ,イ\____
     __ノ:;:;:;:ヽ\\     ̄ ̄ ̄ノ   i!lヽ:;:;:;:;\:;:;:;:;:;: ̄





32 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:29:56 ID:FFHev09I0





         / ̄\
           |    |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \
      /   ::\:::/::::\
    /   <●>::::::<●> \   出身なんぞ気にしている場合ではない
    |     (__人__)    |   今は優秀な人間が一人でも多く必要なのだ
    \     ` ⌒´   /
       ̄(⌒`::::  ⌒ヽ
        ヽ:::: ~~⌒γ⌒)
         ヽー―'^ー-'
          〉    │


.

33 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:30:17 ID:FFHev09I0





    ヽ人_从人__从_从人__从人_人_从人__从人__从人ノ
   <                             >
  < 我が渾身の作戦計画『シュリーフェンプラン』を >
  <     一刻も早く完成させるためにな!     >
   <                             >
     Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒Y⌒WY⌒⌒Y⌒WY
                                  |. `|  |  l  l.  |
                / ̄\      「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |  ,' / ノ ̄ ̄|
               |     |.      |           ヽ_j  / //     |
                \_/      |   戦争計画書ヽ_ハ/′    │
                  |        |                    |
              /  ̄  ̄ \    |    シュリーフェンプラン    .|
             /  ::\:::/::  \ .. |     ・・・ ・・・ ・・・       |
           /  .<●>::::::<●>  \ |     ・ ・ ・・ ・・・        |
           |    (__人__)     |/|                    |
           \    ` ー ´     ./l|.| :::::::::::::::::::::::: |
           ヽ、--ー、__,-‐´イ   l リ :::::::::::::::::::::::: |
             >'´/ / _,.ノ|/    l.| :::::::::::::::::::::::: .|
           ,r7′_,.レァ‐‐'′、 l  i  l|              __     |
          /,厶イ_:.:/    ヽヽ. :l  .|             〃.  `ヾ    |
          /7   /:.:「       ゝL/|   ::::..... |l 光 ||..   |
        /〈  /:.:.:.:',    /  //   |   ::::        |l 栄 l|..   |
       ∧',. ヘ /:.:.:.:.:.:',  /   〃   |            ヾー-‐シ     |
      / ヽヽ V:.:.:.:.:.:;.イヘ     トr'′  .!               ̄´    |
      l `ヽ >、フ:.:.:.:/:.:./     l    └─────────────┘

         ドイツ軍参謀総長
          シュリーフェン





34 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:30:35 ID:FFHev09I0





―― 1899年3月 グレーナー、参謀本部付き大尉に昇進。
    プロイセン出身者が大勢を占める参謀本部で、南ドイツ人としては初の快挙だった。


         , ,. .__
       __//〃'´:::: ̄::¨::''‐、
     /:::;:L!{l;;;ハ::::、::::::::::::::::::::ヽ
     〃::/_- 、 ! |ハ「ヽド、::::::::::::::i
.     l::∠=ヽ_{∠_,ノ;三ゝ.j三ミ、::|
     l〈.、=<, `ーr'==; }三ミミ :|     シュリーフェン閣下は貴様を高く買っておるようだ
.      f7ヽニ゚イ  ゙ヾ゚ニ´  }::}ニヾ::|
.     l」   / ''''  、     }::7´ |::|      だからといってくれぐれも調子に乗ることが無いようにな
      〃 r'^ー‐--'^ー 、 ノ::{ r'/:::|
      ゙{ ! 」二二二フ } ヾミT´::::::|
      ヽ、 ー-      ' ,  i.|、:::::リ
.      _r'f ー:----‐ ''´  ! ト;ヾ'、
  -‐ '7´| l |  `ー'     .//.+ l ` ー-
   +./.+ |+ヽ、      //+ +/+ + +



           ____
         /     \
       / \   / \
      /  (●)  (●)  \       はい!
     |        ´      |      肝に銘じます!
     \      ⌒     /





35 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:30:50 ID:FFHev09I0





―― これ以降もグレーナーはセクションIIaにて西部進撃の研究を重ね
    その成果はシュリーフェンプランの根幹を成していった。



-ノ  '゙l `″   く   ベ         | ,シ,,,、 .,,,,,    ,,---_,/.:.:.:.:.:‘i、
  .ィ''" イギリス く-.  ル   .,,,,,,,.,--,,-コ` ―″゙''┐r‐ー".:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
   `゙'---v      ,l゙  ギ ,l,! |  │   `.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙i゙l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
.._,,-''"゙゙"'"    .,/`  | ,i´゙‐'゜ .,/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`.:.:.:.:.:.:.:.:.:,-'''''''"゙^
.―¬-゙゙'ー―‐、,,,._,,フ.,,,,,,,↓ミ,、.r'"`.:.:.:.:.:.:.:.:ドイツ帝国.:.:.:.:.:.:.:.:.:/            ロシア
          ` ./ `'i、   `'|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙l、
      l゙''i、 ,―''"   `/   |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,,-..:.:.:.:.:.:`'i、
.゙厂゙゙゙ヽ,,,,,! ゙''ー″  ┃/  //|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,--'".:.:.:`゙'ー、_,、 .゙i、    .,――、、
 `i、         ┃  / ヽノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:``--‐゙゙゙゙"'''""^.:.:.:.:.:.:`゙''i、
   \,、       ┗━━   ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:│
    ,,l゙                 丿.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,,).:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,,,/__、
    ゙ー、   フランス      |,,―-,,,,,..:.:.:.:.:.:.:.:l′.:.:.:.:.:オーストリア=.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ  ゙l、
     ,l゙               ,/    :i彡-、/゙~'┘.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハンガリー.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:┌′ \、    ,,-
    l゙           ,,彡i、  ,、 ,、 ,,|.:.:.:.:.,,,,,,、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:二重帝国.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`'i、   |    .l゙





36 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:31:18 ID:FFHev09I0





―― グレーナーの能力はモルトケにも高く評価され、1906年には少佐に昇進。
    さらに、シュターブス少佐の跡を継いでセクションIIaの責任者に任命された。


        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \        シュリーフェン閣下から話は聞いている。
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ       非常に優秀なようだな。
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く       君にセクションIIaを任せることにする
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}       引き続き、研究を進めてくれたまえ。
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、___
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ シュリーフェンの後任
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃        モルトケ



         ____
       /     \
      /  ⌒  ⌒ \
    /    (⌒)  (⌒) \     お任せください!
     |       __´___    |
      \       `ー'´  ,/
      /⌒ヽ        ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆           |´ |





37 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:31:35 ID:FFHev09I0





―― 1911年には中佐に昇進。さらに鉄道課長に任命され、
    ドイツ全土の鉄道網が彼の管轄化に置かれた。


         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒)\
    /   /// __´__ /// \    ひゃっほー!
     |       |r┬ |    |
      \       ゙ー'    ,/
      /⌒ヽ         ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆           |´ |




             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|    当時のドイツの鉄道は、戦時だけではなく
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│    平時から参謀本部の管轄化にあったにょろ!
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |





38 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:32:18 ID:FFHev09I0





            (ヽ三/) ))
         ,___ ( i)))
       /     \ \
      /   ⌒  ⌒ \ )      これで全ドイツの鉄道は私のものです!
    /     (>)  (●)ヽ
    |    //  、__',_, // | =3    鉄道網をもっと効率的にしなくては!
    \            ,/       夢がふくらみんぐwwwwwww
  ⊂ヽ γ         ヽ
  i !l ノ ノ            !
  ⊂cノ



        ____
      /_ノ ' ヽ \
     /( ≡)  (≡)\       まずはここに橋を架けて、こっちを複線化して
   /:::::::⌒ __´___ ⌒:::::::\     あ、西部から東部への移動ももっとやりやすく――
.   |     |r┬-|     |
    \      `ー'´    .,/





39 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:32:29 ID:FFHev09I0





    ''''' '''';;;;;;;,,,;;;;;;'''''';;;;,,,,       ''';;;;,,,         ''';;;,,,    ,,,,,;;;;;;'''''';;;;;,,,,,,,,,    ,,,,,,;;;;;;;''''''
      ,,,;;;'''''' '''';;;;;;,,,, '''';;;;,,,,      ''';;;,      ,,,,;;;;''''    ''';;;;,,    '''''';;;;;;,,,,,;;;;;;;;''''''
     '''''''''     ''''''';;;;;;,,,, ''';;;;     ;;''    ,,,;;;;;'''''       '''';;;;,,,      '''';;; ''''';;;;;;;,,,,,,
                ''''''''';;;;;;;;,,,,   ;       ;'          ,,,,,,,,,,;;;;;''''       ';    ''''';;;;;,,,
''''';;;;;;;,,,,,,,                ''';;,                     '''              '     ''';
   '''''''''''';;;;;;;,,,,,,,     ,,,;;;,,,                                       ,,,
    ,,,,,,;;;;;;;;;''''';;;;;;;;,,,,,,;;;'''''  ''''';;;;;;;,,,,,                      ,,,;;'''''';;;,,,     ,,,,,;;;;''''''
    ,,,;;;;'''    ''';;;''            ,, ____           '    '''''';;;;;,,,,;;;;''''''';;,,      ,,,;;''
,,,,;;;;;;'''''''       ;'         ,,,,;;;,;'''/     \        ,,,,;;;''''  '';;,,   ''';;;;;;;,,,,,,,;;;'''''
            '       ,,,;;;''''''  /        \  みwwwなwwwぎwwwっwwwてwwww
     ''';;;,,,,,        ,,;;;;'''   /  \    /  \  キターwwwwwwwwww  '';,,,;';,,;''
        ''';;,, __        |    (○)   (◎)   |
'';;;;;;;'''';;;;;,,,,,,,,;;;;_( 丶    \.      \      _´__    /           ';,       ,;
       (丶.\ ヽ__丶     ノ     |il!|!il|   i              ''''';;;; ,,,;;;''';;'
        (\ ヽ丶(≡≡≡(____/((┃))_ `ー ' __i |_ ガリガリガリガリッ
        .\丶(≡≡≡(.     /ヽ,,⌒) ̄ ̄ ̄ ̄ (,,ノ   \
          丶(≡≡≡(     /_________ヽ  \




41 :名無しのやる夫だお:2012/07/22(日) 20:32:58 ID:ri5yGrgc0



鉄ちゃんの理想の人生を歩んでるなあwww


48 :名無しのやる夫だお:2012/07/22(日) 20:35:12 ID:cboQfEsQ0



仕事を好きでいられるというのは実にうらやましい環境だなw


40 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:32:40 ID:FFHev09I0




┌────────────────┐
└────────────────┘

    ┌─────────┐
    └─────────┘

        ┌────┐
        └────┘



.

42 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:33:40 ID:FFHev09I0




         ____
       / ⌒   ⌒\
      / ィテハ   ィテハ \
    /   込:rソ  込:rソ  ヽ     ふう
     |       __´___     |     出来上がりましたよ!
      \       `ー'´   /      見てください!
      /⌒ヽ        ィヽ      この一部の隙もない美しいダイヤを!
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆           |´ |





43 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:33:54 ID:FFHev09I0





            -=ニニニニ=-
                            ___    ____
                      ─=ニ二__   ̄ ̄ ̄
                                ̄ ̄ ̄"""'''''''''──

  ,-------、         ,-------、               ,  チュン
  |     :|       |     :|             ∈゚ )彡
  |     :|       |     :|       , '  ̄ヽ   ` ヘヽ   チュン
  |     :|       |     :|       (     )
  |     .::|       |     :::|   /~\ ヽ _ノ   /⌒ヽ
  | ヒマ:::::::::|  /⌒ヽ,, |     :::|  /    \    /    ^ヽ、
  |矢定 :::::::|/     |     ..:::|''''        \,,,/        \
  |     ..:::::|―--,,,,,,,, _ |     .::::::|                     \
  |┼─ :::::::|;;;;;;;;;;;;;  ;~|  ::::::::::::|-_
  |┴┐ :::::::|.:.:.   .:. .:.:.:.|  ::::::::::::|:.... `'':,_        r''''''''''-,,,
  |─┘ :::::::|::    ::::   |  ::::::::::::| ;;;:::..::::::`'ー__,,-ー''"     `'':,___,,-


        ___
       /     \
     /  ⌒   ⌒\      はは!
    /   ( ⌒)  (⌒)\     夢中になりすぎて徹夜してしまったようです
    |       ___´__   |
    ヽ、    `ー '´  /
     ノ          \





44 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:34:06 ID:FFHev09I0





            (ヽ三/) ))
         ,___ ( i)))
       /     \ \
      /   ⌒  ⌒ \ )      そろそろこのさわやかな朝にふさわしい
    /     (>)  (●)ヽ       新鮮な牛乳が届いているはずです
    |    //  、__',_, // | =3
    \            ,/       ちょっと取りに戻りましょう
  ⊂ヽ γ         ヽ
  i !l ノ ノ            !
  ⊂cノ´





45 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:34:20 ID:FFHev09I0





       ______
    ___{f二二二二圦__
  ,r''"     ̄ ̄ ̄ ̄    / ̄`ヽ
 ,′     ...........................,′    l|
 |                |l     l|
 |                |l   __.:l|
 |                |b   /
 |                |l  /
 |                |l/
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄
           |    |
           |    |
           |    |



                   n
                   l^l.| | /)
                   | U レ'//)
      ___      ノ    /
    / ⌒  ⌒\  rニ     |
   / (⌒)  (⌒)\  ヽ   /
 /   /// ___´___ ///\ / `   /       おはようございます!
 |       `Y⌒y'´    |   /        牛乳を受け取りに参りました!
 \.       ゙ー ′  ,/  /
  /⌒ヽ   ー‐   ィ  /
  / rー'ゝ        /
 /,ノヾ ,>         イ
 | ヽ〆          |





46 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:34:34 ID:FFHev09I0




       ______.
    ___{f二二二二圦___ _    __
  ,r''"     ̄ ̄ ̄ ̄   / `ヽ., ′  `ヽ
 ,′     ............................,′   l|      |
 |               |     l|     .d|  カパッ!
 |                |________.l|      |
 |                |    / ̄ ̄ ̄ ̄
 |                |  /
 |                |/
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄
           |    |
           |    |
           |    |





47 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:34:51 ID:FFHev09I0




                    ______________
                  /   /            ヘ   \
                 /   /              \   \
               /  .‐''~_                  _~''‐  \
              /  /´ ,i!i!i!i!i!i!i、 ヽ          /´ ,.i!i!i!i!i!i!i、. ヽ  \
            /   ,'  ,;i!i!i!i!i!i!i!i!', ', |!!il!|!l!!l!l!l| ,'  i!i!i!i!i!i!i!i!i!', ',   \
           /    {  {i!i!i!i!i!i!i!i!i!} } |!!il!!ll!!!il!l| {  {i!i!i!i!i!i!i!i!i!} }    \
         /      '、 ヽi!i!i!i!i!i/ / .|!l!!il!!l!!il!l| '、 ヽi!i!i!i!i!i!/ /         \
        /             ̄         ,                        \
      /                           <                      \
     /                                               \
    |             ヽ     ,____________、    /              |
    |              ヽ    .|!!il|!|!l!l!il|!|!!!i!l|!|!lll!!il|!|!l|    /                |
    |.                 . .|!!il|!|!ll!!lil|!|!l!l!il|!|!ll!!il|!|!l|                    |
    |                   .|!!il|!|!ll!!lil|!|l!l!!lil|!|!l!!il|!|!l|                   |
    \                  .|!!il|!l|!l!!il|!|l!l!l!il|!|!l!!lil|!|!l|                     /
      .\                |工工工工工工工工工|                   /





49 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:35:38 ID:FFHev09I0





            ━━━━━━━━━━━━━━
                       _ _ _ _
                       '、_ _ _ _冫
                   ;´     `:
                     :     :
                     :      :
                     :      :
                     :      :
                     ` ¨ ¨ ¨ ´
            ━━━━━━━━━━━━━━



      ____
     /ノ   ヽ、_\    r ⌒j
   /( ○)}liil{(○)\   /   /
  /    _'__     ヽ/   /  /  )  ぎゅ、牛乳がない!
 |     |i|||||||i|     /  /  /  /
 \     |ェェェェ|     /   '` ´  /
   r´  (⌒'ー―- イ′     ´廴
  /    > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)
 /        -、      }        (  ̄¨´
/           ヽ._       __  \
             `   --‐'´ `゙' 、_.)




52 :名無しのやる夫だお:2012/07/22(日) 20:37:02 ID:Su.kqrBQ0



この世の終わりみたいな顔スンナw


50 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:35:58 ID:FFHev09I0





           ___
         ,/      \
      ,,---、   ノ  ヽ、\ ― 、    おい!牛乳屋!
      l   l ( ○)}liil{(○)\  |    いつもの時間はとっくに過ぎているのに
      |   |   _´_    |  |    牛乳がまだ届いていないとはどういうことだ!
      |   | ヽ |!!il|!|!l| //  /
     ゝ      |ェェェェ|     /     陸軍に喧嘩売るとはいい度胸だ!
彡    \          /       今すぐ牛乳もってこい!!!!!
    彡  /          |        さもなきゃ一個師団をこの店に送り込んで――
       ./              |



       ┌───────────────────
       │ す、すみません!
       │ 牛乳を運ぶ列車が事故で止まったらしくて
       │ まだこちらに届いていないんです
       └∨───────────────────
     |
     |  ('A`) ドウカ ゴカンベン ヲ・・・
    / ̄ノ( ヘヘ ̄ ̄





51 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:36:55 ID:FFHev09I0





       ___
      /     \
    /  ⌒   ⌒\       そういう事情だったのですか
   /   ( ー)  (ー) ヽ      いや、取り乱して申し訳ありません
   |  u   ___`___    |
   ヽ、    `ー '´  /      列車が止まったなら仕方あり――





       ___
      /     \
    /  ⌒   ⌒\
   /   ( ー)  (ー) ヽ     ・・・・・・
   |  u   ___`___    |
   ヽ、    `ー '´  /





53 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:37:07 ID:FFHev09I0




              ____
      ―― [] ] /      三\
     | l ̄ | | . 三     \ 三/
     |_| 匚. | 三  .   ( ○) (○)'
        | |  三  u   ____'___  |
         |_|   三    . |!!il|!|!l|/
   [] [] ,-    r⌒ヽ  rヽ,,ェェ|  }     あぁぁあああああぁぁあああ!
     //   三    i/ | ノヽ
   匚/     三   三   /    )≡
           三  三  /   /≡
         ニ三   ./   /
        二≡、__./    /、⌒)
        三          \  ̄
      三     /\    \
      三     /ニ ヽ 三   三
     三    /  ニ_二__/
     三  ./ .
   ≡  /  |
   ≡ /
  三_ノ

       ┌─────────
       │ ど、どうしました!
       └∨────────
     |
     |  ('A`)
    / ̄ノ( ヘヘ ̄ ̄





54 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:37:21 ID:FFHev09I0





―― 参謀本部


                     ___
                   /      \       やっぱりだ!
                  /        \
                  /     ー !! ー \    まずい!まずいぞ!
               .|      ( ・)}ili{(・ ) |  __
    , __        \        / ̄ ̄⌒/⌒   /
  _( 丶    \.      (⌒      /     /     /
 (丶.\ ヽ__丶     i\  \ ,(つ     /   ⊂)
  (\ ヽ丶(≡≡≡(___ |  \   y(つ__./,__⊆)
  .\丶(≡≡≡(.    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    丶(≡≡≡(                      \
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





                      ___
                    /      \     この計画では兵員と軍隊の物資しか考慮されていない!
                   /:::-::::::::::::-:\
                 / (○ )::::( ○ ):: \  このままじゃ、動員中はベルリンに牛乳が届かない!
                 .|    :::::__´_:::::::   |   __
    , __          \   ::::: ̄::::::/ ̄ ̄⌒/⌒   /
  _( 丶    \.        (⌒      /     /     /
 (丶.\ ヽ__丶      i\  \ ,(つ     /   ⊂)
  (\ ヽ丶(≡≡≡(___   |  \   y(つ__./,__⊆)
  .\丶(≡≡≡(.    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    丶(≡≡≡(                      \
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





55 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:37:33 ID:FFHev09I0




         ____
       /ノ   ヽ、_\       牛乳だけじゃないぞ!
     /( ○)}liil{(○)\     新鮮な肉も!野菜も!魚も!
    /     _´_    \
    |   ヽ |!!il|!|!l| /   |    鉄道で運ばれていた
    \    |ェェェェ|     /    あらゆるものの流れが止まってしまう!




           ____
         /   ∪  \       このままじゃ都市の生産活動が止まって
       γ⌒) ノ三三三ゞ(⌒ヽ    戦争どころじゃなくなってしまいます!
      / _ノ (>)三(<) \ `、
     (  <:::∪::::  __',__::::∪|  )   下手すれば、ベルリンで食糧暴動なんてことにも・・・!
      \ ヽ ::∪:: `ー'´∪:://





56 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:37:47 ID:FFHev09I0





―― 鉄道課での活動を通じて、グレーナーには交通と経済に関する様々な知識が蓄積されていった。


      ____
     /ノ   ヽ、_\    r ⌒j
   /( ○)}liil{(○)\   /   /        計画の練り直しです!
  /    _'__     ヽ/   /  /  )    可能な限り早く動員と配置を終えつつ
 |     |i|||||||i|     /  /  /  /    都市への物流も最低限は維持できるようにしなくては!
 \     |ェェェェ|     /   '` ´  /
   r´  (⌒'ー―- イ′     ´廴
  /    > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)
 /        -、      }        (  ̄¨´
/           ヽ._       __  \
             `   --‐'´ `゙' 、_.)


             ┌────────────────
             │ 最低限の物流ってどれぐらいかな?
             └∨───────────────
                ∧,,∧  ∧,,∧       ワイワイ
              ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧     ┌────────────
             ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )    < 経済学者呼んで調べさせる?
             | U (  ´・) (・`  ) と ノ      └────────────
              u-u (l    ) (   ノu-u  ガヤ
                 `u-u'. `u-u'   ガヤ
             ┌──∧──────────────────
             │ 動員自体は数日で終わるから
             │ 腐りやすい食べ物についてだけ検討すれば――
             └─────────────────────





57 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:38:14 ID:FFHev09I0





―― また、物流問題の調整のために内務省に頻繁に出入りするうちに
    国内の食糧事情についても造詣を深めていくことになった



            あーだ    こーだ
            _,,..,,,,_        _,,..,,,,_
            / ,' 3  `ヽーっ   / ,' 3  `ヽーっ   うんぬん
            l   ⊃ ⌒_つ  l   ⊃ ⌒_つ
          _,,..,, `'ー---‐'''''"    `'ー---‐'''''"
         / ,' 3  `ヽーっ         / ,' 3  `ヽーっ   かんぬん
         l   ⊃ ⌒_つ        l   ⊃ ⌒_つ
          `'ー---‐'''''"       _,,..,,, `'ー---‐'''''"
            / ,' 3  `ヽーっ   / ,' 3  `ヽーっ
            l   ⊃ ⌒_つ  l   ⊃ ⌒_つ
             `'ー---‐'''''"    `'ー---‐'''''"
              【内務省のお役人】


         ____
       /     \
.    /   ノ '  ヽ\     ( なるほど・・・
.  / /)(ー) (ー)u\    わが国は食料の1/3を輸入に頼っており
  | / .イ    '       |    戦争が長引けば深刻な飢餓の心配があるわけですね・・・)
.   /,'才.ミ).  ⊂つ  /
.   | ≧シ'        \
 /\ ヽ          ヽ




64 :名無しのやる夫だお:2012/07/22(日) 20:40:19 ID:Su.kqrBQ0



実質、国をまるごと運営してるようなもんだな


58 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:38:29 ID:FFHev09I0





       ____
     /       \
    /  _,ノ   ー \    ( しかし、役人たちはこの点について何も準備をしていませんね
  /   (●)  (●) ヽ    大丈夫でしょうか?)
  |  u.    '      |
  \       - ―    /
   /            \




           ____
         /     \
       / _,ノ  ⌒ \     ( かといって、軍人である私が
.     /   (一)  (ー)   \     口を挟んでもいい分野とは思えませんし・・・
.      |        ´    ij  |
     \     ⊂つ     /      ちょっと質問をしてみることにしましょうか )
     /           \





59 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:38:45 ID:FFHev09I0





       ____
     /      \
    /  _,ノ   \ \
  /    (●)  (●) \    あ、あの・・・
  |   u    __'__     |
  \      L::::ノ  /


     ┌───────
     │なんでしょう?
     └∨──────
     _,,..,,,,_
    ./ ,' 3  `ヽーっ
    l   ⊃ ⌒_つ
     `'ー---‐'''''"





60 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:39:13 ID:FFHev09I0





         ___
       /     \
      /ノ   \  \
    /(●) (●)  u \    食糧問題についてなのですが・・・
    | u  __´__   U    |   戦争で輸入がストップした場合の対策はしないのですか?
    \_ `ー'´    _/
 ⊂ ヽ∩ /        \
  '、_ \|         |
     \ \  /  /




    ┌───────
    │いえ、特には
    └┬───────────────
      │だって、戦争は短期で終わると
      │いつもあなた方がおっしゃっているではないですか
      └∨─────────────────────
     _,,..,,,,_
    ./ ,' 3  `ヽーっ
    l   ⊃ ⌒_つ
     `'ー---‐'''''"





61 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:39:34 ID:FFHev09I0





            ___
        /      \
       /ノ  \   u. \
     / (●)  (●)    \   それはそうなんですが・・・
     |    __´___    u.    |
      \ u. `ー'´       /
      ノ           \





62 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:39:49 ID:FFHev09I0





┌────────────────┐
└────────────────┘

    ┌─────────┐
    └─────────┘

        ┌────┐
        └────┘



.

63 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:40:06 ID:FFHev09I0





―― 一方その頃、参謀本部ではシュリーフェンの後任のモルトケにより
    シュリーフェンプランの改定が始まっていた


        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ      さすがにシュリーフェンプランも原案のままでは
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }     現在の状況に対応しきれないな
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}      大幅な手直しが必要だ
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、___
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃





        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \        ロシアとフランスの同盟はより強化され
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ       フランスの事前計画はより攻撃的になっている
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く       私は左翼をより厚くするべきと考えるが
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}       諸君らはどう思うかね?
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、___
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃





65 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:40:28 ID:FFHev09I0




               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }     左1:右3ぐらいがいいと思いますお!
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !     パリを落とせても、その前にベルリンが落ちたら負けですお
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l     それに、あそこまで右翼に力を入れなくても
  |     |r┬-|       |  /     フランス軍ぐらい一ひねりですお!
  \     ` ー'´     //
  / __        /    参謀本部・侵攻課長
  (___)      /     ルーデンドルフ



             ___
        /      \
     ,---、  \    /\ ― 、
     .l   l  (●)  (●) \  |
     .|   |   ____'___    |  |    私は反対です!
     .|   |   |!!il|!|!l|  / /    シュリーフェン閣下が決められた比率は
      ゝ     |ェェェェ|    ノ     左1:右7!
      \          /      これが最も美しく強力な比率です!
       /             |       変えるなんてとんでもない!
      /             |





66 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:40:45 ID:FFHev09I0





―― グレーナーはこの改定案をめぐりルーデンドルフと意見を対立させた。



 ミ(⌒)      ____         ____     (⌒)
    | ヽ   ) し \  /\      /\  / ) し   / |  ミ
 ミ | ヽ/⌒( ○)::( ○)\    /(○ )::(○ )⌒\/  | ミ
   |   'i  :::::::(_人_):::::::::\ /:::::::、_____,::::::::    i   |
   |  |      (ww(     ||     )ww)     |   |
   ゝ       ゛ー´   / \    `ー"       ノ
  /         (( (⌒) ))\_ / ,_(( (⌒) ))     \
             \ `ー--" ∠____ノ
              `ー---'''′




        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ      やはり、原案通りでは補給にも不安がある
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く      ここはルーデンドルフの案を採用し
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}      左右の比率を1:3としよう
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、___
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃





67 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:41:33 ID:FFHev09I0





―― この件を境に、両者はライバル関係となった。






          ____
        /      \                 ____
       _ノ  ー     \              /      \
      ( ●)  ( ●)     \               / ─    ─ \
      |    '            |          /   ( ●)  ( ●) \ 。
       \  ̄`        /              |       (__人__). 。;つ  ペッ
        /          ヽ           \       `⌒"   /
       /





68 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:41:46 ID:FFHev09I0





―― 1914年6月28日 サラエボにてオーストリア皇太子が暗殺される。



           ,,、
    ―ーュ  ..-\`\
    │  !  \_`ゝ、┘   /゙ゝ、
    │  !    `ー'´     `' 、  ゙' 、     .. 、
    │  ゙''ー-..__          ゙'-┘     / ´7
    │ ┌-..,, ´"‐ 、             _/ 丿
    │  !   `''‐/            _..r┘ _/
    │  !           ........--‐‐"` _..r''´
    │  !           | ___..--‐"´
    '''''''′           `'´
            :,:           :(::)
            /⌒''⌒) :,,゜      '         ,,,,,,,
           (:::::::::::::::!'                 (::::::)
           ヽ::::::::';'''                 ''``   。
           τ'::/ .;:
            )/
         。            '  、       ;: 。
                               `'''`~''・    ' `
     f''`⌒(     ,,,,               !:(',,,,、              ::,,,,,、...
     ,!,,,、(     /::τ             ノ:::::::::::::::::)          。  !::::::::::`! 、
 :.、          !:::(     ノ::`!   o   (::::::::::::::::::τ            (:::,,;,;,、; 。
       ゜     (/      ⌒・ .   ・、;::::::::::::;;.;`` ''
     ,,、..   //   ノ'          //'''`'`'` `       ..,,.. _,,,.、 ・         ,, ...:・..
  π /;::::::::(,.,.(;;;::::(   ,,.,  ・っ                    ;,;;( ):::::;.    c::── '`'''::::::::::;''
   ):::::::::::::::::::::::::::/  '''''`   `        '`                     ⌒ ` !.:::τ'' ``
 τ !::::::::::::::::::::::::::::)/,,,,, γ               :'`'``:!
   (::::::::::::::::::::::::::::冫 `'`'    、,:'::::::`:::,,,,        !:::::ノ         ・
 :::':'::::::::::::::::::::::::::::;(,,,,,,,、:::::::-ー''''`'`''''''''"






69 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:42:03 ID:FFHev09I0





―― バルカンの火薬庫での凶事をうけ、欧州は俄かに緊張に包まれた。



  .ィ''"       く-.: : : : : : : .,,,,,,,.,--,,-コ` ―″゙''┐r‐ー"            /
   `゙'---v イギリス l゙: : : : : ,l,! |  │   `      ゙i゙l             _/
.._,,-''"゙゙"'"    .,/`: : : : : ,i´゙‐'゜ .,/           `     ,-'''''''"゙^
.―¬-゙゙'ー―‐、,,,._,,フ.,,,,,,,,,,,,,-ミ,、.r'"`                /
: : : : : : : : : : : : : ` ./ `'i、ベルギー    ドイツ帝国       ゙l、
: : : : : : : l゙''i、 ,―''"   `'、、  .|            ,,-.    `'i、             ロシア帝国
.゙厂゙゙゙ヽ,,,,,! ゙''ー″      ゙'-,,/|            ,--'"  `゙'ー、_,、 .゙i、    .,――、、
: `i、               ヽノ         ゙l       ``--‐゙゙゙゙"'''""^    `゙''i、
: : : \,、             ヽ         ヽ                    │
: : : : : ,,l゙                 丿         ,,)                   ,,,/__、
: : : : : ゙ー、  フランス        |,,―-,,,,,.     l′    オーストリア =      ヽ  ゙l、                ,,,-‐
: : : : : : ,l゙               ,/    :i彡-、/゙~'┘     ハンガリー二重帝国 ┌′ \、    ,,-ーi、   .,/`
: : : : : l゙           ,,彡i、  ,、 ,、 ,,|  .,,,,,,、                    `'i、   |    .l゙  'ヽ-''シ \、.,,i、
: : : : : │           ` .|ー'"゙'-"`'".゙l,/` .ヽ                     │  ゙l  .,/`: :: : : .〈丶  `,―′
、: : /                ,i´           ,-,,,-}                    _,,,,,,,,,,ノ   ―ーl゙      .゙l,_,,/゛
`''v/               ゙l   イタリア r": : {,r‐.                ,--" ルーマニア   l゙`: : : : : : : : : : : : : :
  `\,、 、      ___    .ヽ._,-''ー、,、   │: : `゜: ゙l、      ./''――‐'!、     ._,,,,,---│: : : : : : : : : : : : : : : :
     `゙"\、 r'"゙゙^: ヽ,,,,,_,‐'''“: : : : : │   \、: : : ヽ、     |     /\,,,,,,,,,,,,,,/`   .,ノ: : : : : : : : : : : : : : : : :
        ゙""ン: : : : : : : `: : : : : ,ι |、    │: : : : .\、  .,,,/セルビア `'、         l: : : : : : : : : : : : : : _,,,,,,.
        .,,,,-″: : : : : : : : : : : : ,i´|: : :`i、    \: : : : : `''''-,,{ `'-、    l゙  ブルガリア  ヽ、: : : : : : : : : .,,/`   `
     _,r'"゙″: : : : : : : : : : : : : : : | │: : : `'、、   \_: : : : : : : `'i、 `i、   |             ゙l: : : : : : : ._/
   /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ゙こ: : : : : : .\    `゙',i´: : : : : : ゙,! ゙l、   ゙l,---,、      .,,,,ニ-/''''''"`
   l゙: : : : : .,,-. ,,-、: : : : : : : : r'"` |: : : : : : : : :`゙゙゙゙'i、   `゙'ー-,,、: : .|  ゙l,-‐''″  .,,,ミr---,,,../` .r┘
   ゙l: : : ,, ヽ,,ソ `′: : : : : : : : ゙l  .゙l: : : : : : : : : : : `''i、   ,-,.`'i、 .|   |   lヽ, .,,゙l,、: : : ''ニ゙‐'''''''"`
 .,i´: : : ゙″: : : : : : : : : : : : : : : : | 、}: : : : : : : : : : : : : ‘'i、 l′.ヽ,l゙ ヽ ,,″  ‘-"'゙'": : : : .l,_、      トルコ帝国
-″: : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : : ‘'"`゜: : : : : : : : : : : : : : : │ ゙'i、: : : : : `く、ギリシア|、: : : : : : : .ヽ
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ,",r'": : : : : : : : 〈、 ___.゙lミ,〈ヽ、: : : .,-ノ





70 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:42:18 ID:FFHev09I0





―― ドイツ軍参謀本部


     \]\                                                   /[/
         \]\               | ̄ ̄ ̄|     | ̄ ̄ ̄|                  /[/
          \]\              |___| __ |___|                 /[/
          \]\                   _|   |_                     /[/
                \]\      | ̄ ̄ ̄ ̄|  |   |   | ̄ ̄ ̄ ̄|      /[/
                 \]\     |____|  |   |   |____|    /[/
                 \]\           /| ̄ ̄ ̄|\            /[/
                 \]\___    [/| ̄ ̄ ̄|\]    ___/[/
                  \____ ヽ /l |      | l\ / ___/
                          ヽl|   ト|    |イ   |l/
____ _                  |   |l|    |l|  |                  _ _____
       |   ̄ ─- _              ┌‐┐  | l|    |l| ┌‐┐            _ -─  ̄  |
       |          ̄T、      /| ̄ ̄|\|_:l|┌‐┐|l:_|/| ̄ ̄|\        /| ̄        |
   __|         |\ || ̄¬ |  |__|l/| ̄ ̄ ̄ ̄|\l|__|  | l¨ ̄l| /  |        _|____
 ̄ ̄  |  ̄¬─- __ |   |:l| ̄ ||/|    |l  |____|  l|    |\| |  ||:|   .|_ -─  ̄   |
      |       T 7\ |:l|   ||  |    | /|      |:\l|    |  | |  || | /¨|          |
      |          |   >' ----- |  |    |   |      |  |    |  | -----`<  |          |
      |          |   |       |  _-‐T ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄T‐-_  l|      |:  |          |
      |          |   |\_ _-‐  ̄   l|_________|    ̄‐-_  _/|:  |          |
    _|_____|_  |、  |  _ -‐  ̄ |             |  ̄ ‐- _ |  _|:  |_____|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\|  ̄ | ̄     |             |      T  ̄ l|/ ̄         ̄ ̄ ̄
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : |       |             |         |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





71 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:42:31 ID:FFHev09I0





    .r =テ -‐‐-x'Tヽ
    l/w鉄道w ヾ
    /  .○   ◯  ヽ       グレーナー課長!
   {≡@ 、兄  @≡)      戦争の危機が高まっています!
   `,=ー-.v-r.rvァ-‐=''
  /    !.Y Y/    `ヽ      今一度計画を再確認し、場合によっては
 ./  ,    `/      l      手直しを加えるべきではないでしょうか?
 l___l    {о ο   i.  j
  く,、_{    ヽo о  下ふ
    ヽ、__)____ノ
     'ー、_r-' '-、_,.つ



            ____
           /       \
   .     / _,ノ  ⌒ \
       l^l^ln  (●)  (●) \     なぜです?
       ヽ   L   、 `       |
        ゝ  ノ    ̄ ̄    /
      /   /          \
     /   /             \
   . /    /         -一'''''''ー-、.
   人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))





72 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:42:51 ID:FFHev09I0





    .r =テ -‐‐-x'Tヽ
    l/w鉄道w ヾ
    /  .○   ◯  ヽ
   {≡@ 、兄  @≡)      なぜですって・・・
   `,=ー-.v-r.rvァ-‐=''       それは・・・
  /    !.Y Y/    `ヽ
 ./  ,    `/      l
 l___l    {о ο   i.  j
  く,、_{    ヽo о  下ふ
    ヽ、__)____ノ
     'ー、_r-' '-、_,.つ



            ____
           /       \
   .     / _,ノ  ⌒ \
       l^l^ln  (●)  (●) \     我々の計画はすでに完璧です
       ヽ   L   、 `       |    いまさら確認する必要などありませんよ
        ゝ  ノ    ̄ ̄    /
      /   /          \
     /   /             \
   . /    /         -一'''''''ー-、.
   人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))





73 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:43:26 ID:FFHev09I0





        ____
       /      \
     / ⌒    ⌒ \
    /   (●)  (<)  \     貴方も自分の仕事に自信を持ってください
    |      ___'___     |     ミスがないことは私が保証しますよ
     \     ` n´   ,/
    /     | |    \
..         ノ .ュ
         { ..ニj
        . | "ツ





74 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:43:41 ID:FFHev09I0





―― そして迎えた運命の1914年8月、ついにシュリーフェンプランが発動された


       。 ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く        ロシアは総動員を開始しました。
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}         陛下。ご決断を。
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、___
  人__/ーー 个-、__,,.. ‐'´ 〃;`-ー-ー\
. /::::::::::::|/::::::::::::、       〃::::::TG::::::::::::::ヽ


       _,、--‐‐-、,,
      /::::::::::::::::::::::::::ヽ、
     /::::::::::::::::::"""""'':::::ヽ
    l::::::::::::::::           ヽ
    l:::::::::::::::         l
   ,-l::::::::::   ,,,w,,,,、 ,,mx,l
    l,` , :::::   _",kェェ、 (kェェ、l       ・・・・・・
   l (´       ̄  ヽ ̄-l
   ゝ、,__      ,r'、  ゝ, .l       宣戦布告だ。総動員を開始したまえ。
      ヽ    / `''ー' ヽ/
       l   /ゝェェェェェy /
       ヽ、  l ヽェェェェ/ /
.          \  `ー--´/    ドイツ皇帝
         `ヽ、  /   ヴィルヘルム二世





75 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:44:20 ID:FFHev09I0





―― グレーナーの立てた鉄道計画は寸分の狂いもなく時計のように正確に動き
    グレーナーは鉄道のスペシャリストとして、皇帝の篤い信頼を得た


       _,、--‐‐-、,,
      /::::::::::::::::::::::::::ヽ、
     /::::::::::::::::::"""""'':::::ヽ
    l::::::::::::::::           ヽ
    l:::::::::::::::         l
   ,-l::::::::::   ,,,w,,,,、 ,,mx,l      総動員における完璧な鉄道運用
    l,` , :::::   _",kェェ、 (kェェ、l     まことに見事な手腕であった!
   l (´       ̄  ヽ ̄-l
   ゝ、,__      ,r'、  ゝ, .l     褒めてつかわす!
      ヽ    / `''ー' ヽ/
       l   /ゝェェェェェy /
       ヽ、  l ヽェェェェ/ /
.          \  `ー--´/
         `ヽ、  /



         ____
       /     \
      /  ⌒  ⌒ \
    /    (⌒)  (⌒) \      ありがたき幸せにございます!
     |       __´___    |
      \       `ー'´  ,/
      /⌒ヽ        ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆           |´ |





76 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:44:39 ID:FFHev09I0





―― しかし、シュリーフェンプラン自体はマルヌ会戦の敗北によって挫折してしまう。



┌─ 【 マルヌ会戦 】 ──────────────────────────┐
│                    ,,/ ドイツ第1軍の進行方向                 ....│
│          .   ,,      /      /   ,,、                    │
│  エーヌ河   ,/`  /      /    l゙                      .│
│        .,/`   .ノ       /     _,ヘ     ドイツ第2軍の進路     ....│
│        │ .  ノ      《      / │     │              ..│
│       ,i´     │      \    ,i´  │     │              ...│
│    ._,,,-/      ヽ        \┃ |   │     │ --、            │
│  r'"`         ヽ         .┃/ \.│     │/              .│
│.'', `r‐‐,         ヽ      ┃    \     /,ノ               .│
│ ヽ-゙ ./ _,,,、   ┌┐6  ━━━━┛-,,,,,,,,,,,、,r\ /'""゜             ......│
│    / ._/ .l゙  ┌┘└┐   _,,ィ'"`      `ヽ,、                    │
│    `゙" /   └──┘,-‐″ \         ^"'''''''''''ヽ,_、 、           .│
│      .ヽ,,―● .r'"゙゙゛マルヌ河 ゙i、              `゙゙゛             .│
│          ゙l_)         `''''''''''''''''''''''''''''''ー-,,,,_               ......│
│          く、                      ゙゙'ー、、              .│
│          ,"                        `゙'''''、           │
│          l゙             ┌┐      .┌┐5             ....│
│          `'、、          ┌┘└┐   ┌┘└┐             .│
│              ヽ,,,,.       └──┘   └──┘            .....│
│              |        BEF               ,,,.           ..│
│                 ゙l、                   /            ....│
│               `'-,,、           _,,―---‐′              │
│                 `'‐_,,,、    .,,/"`                    .│
│                     `゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙^                       │
│                                                  │
└──────────────────────────────────┘





77 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:45:00 ID:FFHev09I0





―― これによって戦争が長期化が確定し、またイギリスによる海上封鎖が行われたことにより
    ドイツ国内の食糧事情は徐々に悪化していった



ル。:::|_:.__::|__|\ \| ̄ ㌧ : :. |   :..
__|_|__|\ \| ̄   .::    .. |     ::..
_|__:;;;|\ \| ̄  》1 wiil die .|  :.
;;;,,,,_;|\ \| ̄'' 目      ..  ;;. l :.   ::.
'    \| ̄  ;;./ ヽ_(´∀`)y-~ : . |   ∧∧
       ̄ ̄'''' |~|ノ( ヽヘ) ̄ ̄ ̄''\,~-∩‐,,)
          |__,,|  ´ 。  ゛   ,\(_ソと)
./´二ヽ      ∧wノl::.          .( ,(xノ ::.
(.,,`ー)      (Дキ.,)    ;;:: ..,_   レノ_ゝ、
/,`ー'~つ     と'[](_,ノ              \
(´ ̄ヽ)`ヽ    (___,,)~   .∧,∧  :::; ∧_∧ヽ
´" ̄ ´"`  .,、         (,‐Д‐)   (A メ,,) \    _
                  (つ]]]`)   とl33;;;;`)   ヽ ..|\ヽ
  ;:"               (`つし'   (;;;;;`)(';;;;);;:.´ ::; ヽl  .\\
                   [][]]]             ;|   l´.ヽ
           ::;        [[[][]             |   |  |





78 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:45:12 ID:FFHev09I0





―― 小麦の価格は高騰し、1914年の10月には
    早くもジャガイモ粉を混ぜた粗悪品のパンが大量に出回り始めた。


   ___________________
   ||    正しい"戦争パン"の作り方
   ||
   ||   ジャガイモ混入率は10%まで!
   ||              ∧ ∧   。
   ||          ( ,,゚Д゚)/
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ  つ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                /  ̄ ̄ ̄ ./| lヽ________________
                | ̄ ̄ ̄ ̄| | | 来年になったら麦わら粉で
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|____|/| パンを作る方法を教えてやるからな
                        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      \ は~~~~い           /
    ∧ ∧    ∧,,∧   ∧ ∧
    (・,, ∧▲  ミ  ∧ ∧ (  ∧ ∧
  ~(_(  ∧ ∧_( ∧ ∧_ミ・д・∧ ∧
    @(_(,,・∀・)@ (   *)~ミ_ (   ,,)
      @(___ノ ~(___ノ    ~(___ノ
      /  は~~~い            \


              "Kreagbrot"
―― そのため、政府は『戦争パン』(通称Kパン)と称する
    ジャガイモ粉の混入量に関する規格を制定しなければならなかった。





79 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:45:24 ID:FFHev09I0





―― ここに至って、ようやく内務省は重い腰を上げ、小麦の価格統制に踏み切った。




         ┌─────────────────────
         │ 小麦の最高価格はライ麦1tあたり220マルク※だよ
         │ これ以上の価格で売ったり
         │ 小麦を隠匿したら重罪にするよ
         └∨────────────────────
          _,,..,,,,_
         / ,' 3  `ヽーっ
         l   ⊃ ⌒_つ       ※価格設定は都市によって異なった
          `'ー---‐'''''"





80 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:45:44 ID:FFHev09I0





―― しかし、農家は設定された最高価格に不満を持ち、
   価格統制を受けない作物への転換や、作物を闇市に流す農民が増えていった。


             ┌─────────────────
             │ だったら小麦よりジャガイモ作ったほうが
             | 儲かるんじゃね?
             └∨────────────────
                ∧,,∧  ∧,,∧     ヒソヒソ
              ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧     ┌────────────
             ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )    < ジャガイモもんで調べさせる?
             | U (  ´・) (・`  ) と ノ .     │もうじき価格統制の対象になるらしいよ
              u-u (l    ) (   ノu-u  ガヤ └────────────
                 `u-u'. `u-u'   ガヤ
────────────∧┐   ┌──∧───────────────
いっそ闇で売っちゃったほうが . |.   .│だったら、そのジャガイモを豚のえさにして
楽に儲かるんじゃね?     .│   │豚肉を売れば・・・
─────────────┘   └──────────────────



.

81 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:46:02 ID:FFHev09I0





―― こうした動きに政府は帝国ジャガイモ局を設立するなどして対抗。


                   r-- ,,
                 _r‐'ニニ<,, 〉
          __/)    / -    ヽヽ>
         r´_{ニ)  /- __   __   Y
         ゝ_ ノ   / ___■■■■  ',    ジャガイモを隠す悪い子はどこだー
          l.    ,'  ::::::   ゙.` ´::::::  i    ジャガイモを豚に食わせる悪い子はどこだー
          ゝ--/\ -   ( )   ‐ .,'
            ノ、P \        (_
              / _ \O \ ‐     ',\
           ',    \T .\   ・ _ i  >
           丶 ・   \A \     ノ´`〉
              ヽ ・  ・ .\T \ / `ー'
             \  ‐   \O ソ
              // ̄ ̄ ̄ ̄||´
               //       ||_
           ⊂-┘      └- つ



―― しかし、実務を担う官僚たちはその階級的結びつきから、
    抜け道へ取り締まりにはあまり熱心ではなく、効果は上がらなかった。



         ┌──────────────────
         │ 僕の実家も農園を経営してますし
         └∨─────────────────
          _,,..,,,,_
         / ,' 3  `ヽーっ
         l   ⊃ ⌒_つ
          `'ー---‐'''''"





82 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:46:31 ID:FFHev09I0





―― 焦った中央政府は1915年3月、豚の飼育数の削減を指示し
    食用の穀物の確保を図ったのだが・・・



  ζ:::ミミ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 ζ:::::::::::ミWVr:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 {:::::::r`       ヽ::::::::::::::::::}
  {::::f          ヽ:::::::::::::::}    豚肉50kgを生産するのに
  ヽ:l'``‐- ,, ,,-‐"´` ヽ:::::::::/    なんと大麦なら25kg!ジャガイモなら90kgも必要なんです!
  l:|<后>   <后>  l::::/l
   y    |       イ/ノ/    この穀物を人間の食用に回せば
   l` /、__, )\ / レ_ノ     より多くの人を飢えから救うことができるんです!
   ヽ {      }   l::/
    入 ヽニニニニ ノ  ,仆、
  /  \ ""   / l  ヽ
/      T''‐‐''´  /|   \




  ζ:::ミミ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 ζ:::::::::::ミWVr:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 {:::::::r`       ヽ::::::::::::::::::}
  {::::f          ヽ:::::::::::::::}
  ヽ:l'``‐- ,, ,,-‐"´` ヽ:::::::::/    このまま豚にえさを与え続ければ
  l:|<后>   <后>  l::::/l     あと数ヶ月で国内のジャガイモの在庫が
   y    |       イ/ノ/     なくなってしまうでしょう!
   l` /、__, )\ / レ_ノ
   ヽ {      }   l::/
    入 ヽニニニニ ノ  ,仆、
  /  \ ""   / l  ヽ
/      T''‐‐''´  /|   \





83 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:46:48 ID:FFHev09I0





    ┌───────────────
    │ なんだってー!
    │ 早速豚の飼育数を削減しましょう
    └∨──────────────
     _,,..,,,,_
    / ,' 3  `ヽーっ
    l   ⊃ ⌒_つ
    `'ー---‐'''''"




    ┌──────────────────
    |豚はドイツの敵です
    |
    │ ただちに国内の豚の飼育数を
    │ 2500万頭から1300万等まで減らすように!
    └∨─────────────────
     _,,..,,,,_
    / ,' 3  `ヽーっ
    l   ⊃ ⌒_つ
    `'ー---‐'''''"





84 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:47:02 ID:FFHev09I0





    ┌───────────────
    │ あ、捨てるのももったいないから、
    | 国民は15マルク以上豚肉を購入するように
    └∨──────────────────
     _,,..,,,,_
    / ,' 3  `ヽーっ
    l   ⊃ ⌒_つ
    `'ー---‐'''''"






  \                            /
    \    豚肉祭りだー!          //
\    \         ひゃっはー!   / //

    ハハ
    (ロ゚=)    ハ ハ      ∧∧   ∧ ∧
 ヘn |  、 ヽ  (∀゚=)    (∀゚ =)   (Д゚*=)
 `ー、`(´`´_ノてγ(´) ⌒ヽ   /  =ヽ /  =ヽ
   / ̄/⌒ノ `ーヽ_ノ ヽ / |  Y(´9/     = |
  (__,ノ |  |    //=ノ /  |   | ヽ  |(´ヽ |  |
     (_)  / | Y  (_/ / /`ー|\ `  ノ

.


85 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:47:17 ID:FFHev09I0





―― しかし、これは致命的な失策となった


 ┌──────────
 │ ゲフゥ・・・
 | もう食えない・・・
 └∨───────┌─────────────
  (' A`)          │ おい、まだ肉があまってるぞ
  ,´   つ          | どうする?
 ∪  x )        └─────∨──────
  し"し"                 ('A` )
                     ⊂´   `、
                        ( x  ∪
                       し"し"




―― 豚の殺害があまりに短期間で大量に行われたため、加工も消費も間に合わず
   廃棄される豚肉が大量に発生した。


 ┌───────────────
 │ 燻製か腸詰にして保存するか?
 └∨───────┌────────────────────
  (' A`)          │ いや、燻製器も腸詰機も目いっぱい稼働中だ
  ,´   つ          | とてもじゃないが加工し切れん
 ∪  x )        └─────∨─────────
  し"し"                 ('A` )
 ┌∧─────────    ⊂´   `、
 │ 仕方ない               ( x  ∪
 |畑にまいて肥料にしよう       し"し"
 └──────────





86 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:47:37 ID:FFHev09I0





―― 当然のことながら翌年以降の豚肉の生産量は激減し
    動物性脂肪および蛋白質の供給力が大幅に低下した。


    (' A`)      \   (' A`) ;
    ,´   つ   ̄ ̄ \ (っ っ :  ヨロヨロ
   ∪  x )  __ /  ) ( ;
    し"し"     /    ij^ij :



―― おまけに、肝心の穀物の供給量の増加は試算を大幅に下回り
    国民の栄養事情は急速に悪化していった。


  ζ:::ミミ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 ζ:::::::::::ミWVr:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 {:::::::r`       ヽ::::::::::::::::::}
  {::::f          ヽ:::::::::::::::}
  ヽ:l'``‐- ,, ,,-‐"´` ヽ:::::::::/
  l:|<后>   <后>  l::::/l     どうしてこうなった
   y    |       イ/ノ/
   l` /、__, )\ / レ_ノ
   ヽ {      }   l::/
    入 ヽニニニニ ノ  ,仆、
  /  \ ""   / l  ヽ
/      T''‐‐''´  /|   \




88 :名無しのやる夫だお:2012/07/22(日) 20:47:56 ID:Csqw8NeQ0



戦前の日本末期より悲惨と言われたドイツのメシ事情か…


87 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:47:54 ID:FFHev09I0





―― 一方、軍部も官僚と同じくユンカーを中心とした集団であったが、
    官僚達とは違った視点で食糧問題を見ていた。


       ___
      /     \
    /  ノ '  ー‐ \     ( これはよくない傾向です。
   /  (●)  (●)  ヽ     左派勢力にとって、食糧問題は絶好の煽動材料です
   |         '       |     何か対策を打たなくては・・・!)
   ヽ、    ‐‐-‐    /
    /             \





89 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:48:12 ID:FFHev09I0





―― 将軍達は自軍の将兵の食糧不足を解消するため、
    自らの管区の農民に対してしばしば”説得”を行い、隠匿した食料を供出させていた。


        ゴガギーン
             ドッカン
         m    ドッカン
  =====) ))         ☆
      ∧_∧ | |         /          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     (   )| |_____    ∧_∧   <  おらっ!ジャガイモ隠してるのは
     「 ⌒ ̄ |   |    ||   (´Д` )    \ 分かってんだよ!
     |   /  ̄   |    |/    「    \      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |   | |    |    ||    ||   /\\
     |    | |    |    |  へ//|  |  | |
     |    | |    ロ|ロ   |/,へ \|  |  | |
     | ∧ | |    |    |/  \  / ( )
     | | | |〈    |    |     | |
     / / / / |  /  |    〈|     | |
    / /  / / |    |    ||      | |
   / / / / =-----=--------     | |





90 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:48:37 ID:FFHev09I0





―― こうした軍人の態度は、都市部の住人の目には公平で力強いものと映り、
    軍部に対して食糧問題の解決を求める声が徐々に盛り上がっていった。



                          ┌───────────────
    ────────┐    | あいつらは、食料を出し惜しみして
       農民ひどくね? │    │自分達だけうまい汁を吸う気だぜ
    ───────∨┘    └─∨───────────
                ∧,,∧  ∧,,∧     ヒソヒソ
              ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧    ┌──∧───────────
             ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )   < 役人達もぐるになってて
             | U (  ´・) (・`  ) と ノ    .│取り締まる気がさっぱりないしな
              u-u (l    ) (   ノu-u  ガヤ└──────────────
                 `u-u'. `u-u'   ガヤ
                       ┌∧──────────────
   ──────────∧┐  │その点、軍人は頼りになるよな!
.      悪徳農民ざまぁwwww│  |悪徳農民から、隠し食料を徴発してるらしいぜ
   ───────────┘  └────────────────────





91 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:48:58 ID:FFHev09I0





―― 1916年5月16日 午前一時 グレーナー寝室


.              _______
            r'´ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄`、::.
            ヘ,___,________/::.
             |   /     \  |、:..
             | / -   - \|::..
            ./  (ー)  (ー)  .\:
            |        ´      |
            \      ⌒     /
             |,r'",´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、|l::::
             |         ::::....  ..:::|l::::
             |             |l::::
             |             |l::::
             |   ''"´         |l::::              \人_人,_从人_
             |              |l::::                ) ドンドン! >
             |           ``'   |l::::              /⌒Y⌒Y⌒Y
             |   ''"´         |l::::
             \,'´____..:::::::::::::::_`l__,イ::::                   \人_人,_从人_
              `´::::::::::::::::::::::::::::::`´::::::                     ) ドンドン! >
                                              /⌒Y⌒Y⌒Y





92 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:49:14 ID:FFHev09I0




          ___
         /     \  ムクッ          \人_人,_从人_
       /  _,ノ  \ \               ) ドンドン! >
      /   (●)  (●) \            /⌒Y⌒Y⌒Y
     (       ´       |  何ですか、こんな夜中に
      )=.=::..、 ‐‐-‐  _/
      /: : : : : : l\   /j: : ::ヽ
    \ヽ :ヽ: : : : 7ヽ />: : : :r:\
     ( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ           \_人_人∧从_人_∧_人_从_//
      ヽ               \          ) 参謀総長から         >
                                < 緊急の呼び出しです!    >
                                 < 急いで支度をしてください!>
                                 /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^





93 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:49:26 ID:FFHev09I0




┌────────────────┐
└────────────────┘

    ┌─────────┐
    └─────────┘

        ┌────┐
        └────┘



.

94 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:49:36 ID:FFHev09I0





      / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |    ( ●)(●)
   . |     (__人__)     遅くにすまんな
      |     ` ⌒´ノ     よく来てくれた
.     |         }
   .  ヽ        }
   _/⌒ヽ     ィ
 i'⌒゙l |   l`ー-一´\
 |  |. |   |       ト \
 |  | ( " ̄⌒ヽ、 |_" ̄ ̄⌒ヽ、
 |.   ̄ ̄ ̄ ̄|ソ,),) ̄`ヽ ̄⌒ヽ|,),)ソ
 |        l  .| y  |_ィ   |  .|
 |        |  .|.|   |  |  |   |
 |        |   |___|  |__|  |
 |_______.|___(__゙)__{___゙)_|


           ____
         /     \
       / _,ノ  ⌒ \
.     /   (一)  (ー)   \     何が起きたんですか!?
.      |        ´    ij  |
     \     ⊂つ     /
     /           \





95 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:49:48 ID:FFHev09I0





      / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |    ( ●)(●)
   . |     (__人__)
      |     ` ⌒´ノ       まずはこれを読んでみてくれ
.     |         }
   .  ヽ        }
   _/⌒ヽ     ィ
 i'⌒゙l |   l         \__ィ~っ
 |  |. |   |       ト、_"__冫く;'三}
 |  | ( " ̄⌒ヽ、 |____`ー‐"
 |.   ̄ ̄ ̄ ̄|ソノノ ̄`ヽ ̄⌒ヽ.'⌒lソ
 |        l  .| y  |_ィ   |  .||
 |        |  .|.|   |  |  |   ||
 |        |   |___|  |__|  ||
 |_______.|___(__゙)__{___゙)_||



     / ̄ ̄ ̄\
    /  _,ノ  丶_ \       これは・・・
  /  (●)  (●) \     ベートマン首相からの電報ですか?
  |      __´__       |
  \        |\ / /|
  /     /⌒ノ  \/ ( )
  |      / / |       |





96 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:50:05 ID:FFHev09I0





 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     / :. ィ.;:.:.:.:.:.:.:ヽ
    イ:.:.:.:/-|/|∧:;、:.:.〈  「貴官が推薦する将校を、新たに設置される
    リ:.:./ ●    く!:,:.:..、 戦時食糧庁の長官に任命すること自体には異論はない。
     l:.:.l    ●/:./ ̄
     vヘ  -   ノ:./    しかし、現在の軍事上の任務を抱えたまま新たな任につくことは
     _,-+ 匸ヘ/V    不適切であると考える。
    ,《 ヒ⌒j 》、     任命にあたっては、新たな任務に全力を挙げられるよう
    l::\ l /∥::l      現在の軍事上の役職を解くことを要求する。」
    |:::::::ト,Vイ:::::|
     .|:::::::l介l:::::::| ドイツ帝国首相
     l::::::|人|:::::::l   ベートマン
 \____________________________________/
       ○
        O
         o
       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       |                    |
       |                    |
       /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____
       /              /ヽ__//
     /              /  /   /
     /              /  /   /
    /   ____     /  /   /
   /             /  /   /
 /             /    /   /
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /   /





97 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:50:24 ID:FFHev09I0





     _____     ━┓
   / ―   \    ┏┛
 /ノ  ( ●)   \  ・      これがどうしたんですか?
.| ( ●)  ,      |
.|           /        人事の相談を私にするのは
.|      '~   /        お門違いでしょう?
 \_    ⊂ヽ∩\
   /´     (,_ \.\
    |  /     \_ノ




      / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |    ( ●)(●)
   . |     (__人__)      その長官として推薦された将校というのはな
      |     ` ⌒´ノ
.     |         }       お前のことだ、グレーナー
   .  ヽ        }
   _/⌒ヽ     ィ
 i'⌒゙l |   l         \__ィ~っ
 |  |. |   |       ト、_"__冫く;'三}
 |  | ( " ̄⌒ヽ、 |____`ー‐"
 |.   ̄ ̄ ̄ ̄|ソノノ ̄`ヽ ̄⌒ヽ.'⌒lソ
 |        l  .| y  |_ィ   |  .||
 |        |  .|.|   |  |  |   ||
 |        |   |___|  |__|  ||
 |_______.|___(__゙)__{___゙)_||





98 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:50:40 ID:FFHev09I0





          ____
        /     \
       /  u   ⌒  \
     /      u (●)  \     え・・・!?
     |           __´_ |
      \    u   .``ー/
     ノ           \



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)
. |     (__人__). rm、     お前には戦時食糧庁長官として
  |     ` ⌒´ノr川 ||     軍務を離れて政府に出向してもらう
.  |         },.!  ノ'
.  ヽ        r / .|
   ヽ     ノノ ノ
   /     / ./
   |      /
    |    i´





99 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:50:54 ID:FFHev09I0





          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\
    / u   ___'__    \          い、いやですよ!
    |       `ー'´     |          私は鉄道の仕事から離れたくありません!
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) / / / /    それに、なんで軍人である私が
   /    | :::::::::::(⌒)  ゝ  :::::::::::/     内政に関する仕事に関わらなきゃいけないんですか?
   |  l  |     ノ  /  )  /
   ヽ  ヽ_ヽ    /'   /    /
    ヽ __  /    /   /



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \         最近、食糧問題について軍が強く関与することを
 |    ( ●)(●)       求める声が出ているんだ。
. | u.   (__人__)        軍にとっても食糧問題は放置することのできない
  |     ` ⌒´ノ        きわめて重要な課題だ
.  |         }
.  ヽ        }         しかし、軍の内部で食糧問題についての
   ヽ     ノ         深い知識を持っているのはお前だけだ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l





100 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:51:36 ID:FFHev09I0





       ____
     /       \
    /  _,ノ   ー \        私だって、食糧問題の大切さはわかりますし
  /   (●)  (●) ヽ       戦時食糧庁の設置には賛成します
  |  u.    '      |
  \       - ―    /       ですが・・・
   /            \





       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)
     |     (__人__)         文句があるなら、ベルリンへ行って直接首相に言ってくれ
     |     ` ⌒´ノ         手配はしておいてやろう
       |         } \
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)





101 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:52:46 ID:FFHev09I0





      ____
     /ノ   ヽ、_\    r ⌒j
   /( ○)}liil{(○)\   /   /
  /    _'__     ヽ/   /  /  )
 |     |i|||||||i|     /  /  /  /   え、えぇ~!
 \     |ェェェェ|     /   '` ´  /
   r´  (⌒'ー―- イ′     ´廴
  /    > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)
 /        -、      }        (  ̄¨´
/           ヽ._       __  \
             `   --‐'´ `゙' 、_.)





102 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:52:58 ID:FFHev09I0




┌────────────────┐
└────────────────┘

    ┌─────────┐
    └─────────┘

        ┌────┐
        └────┘



.

103 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:53:10 ID:FFHev09I0





―― グレーナーは国務省で開かれた会議において改めて自分の立場を主張


            ____
           /     \
          /  \   /\         シュリーフェンプランの成功も
        /   (●)  (●) \       東西戦線の迅速な兵力移動も
      |         ´     |        全てこの私の手腕によるものです!
      \       ⌒    /
    / ̄ ̄ヽ           \        私なしにこの国の鉄道は成り立ちません!
   (「    `rノ          \
    ヽ   ノ              \
     |   |             「\   \




          ____
        /     \          それに、食料と鉄道は切っても切り離せないものです
      /  ⌒   ⌒\
     /   (● )  (<) \       この国の鉄道の全てを差配する部署である
     |       __´___    |       鉄道課の長がそのまま戦時食糧庁に加わったほうが
    \       `ー'´   /       何かと便利ではありませんか?
       〉         ⌒ヽ
.     |          、  \_
      !          ヽ   _⌒)





104 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:53:22 ID:FFHev09I0





           / :. ィ.;:.:.:.:.:.:.:ヽ
        イ:.:.:.:/-|/|∧:;、:.:.〈
        リ:.:./ ●    く!:,:.:..、
         l:.:.l    ●/:./ ̄
         vヘ  -   ノ:./     (・・・彼のいうことにも一理ある)
          _,-+ 匸ヘ/V
        ,《 ヒ⌒j 》、
        l::\ l /∥::l
        |:::::::ト,Vイ:::::|
          |:::::::l介l:::::::|
            l::::::|人|:::::::l



   ノ:..:..:./:..  ̄: :7´:―― : :|‐: :´、: ヽヽ
  ー-/:..:.i:../:. : : ,/:..:.:イ:.ハ:.. : j:.. :}:.、ヽ:. トヽ
    !:..:..:|:.{/:..ィ_jz≦ノ ' }:./_}_イ:. } |:.|||
    Vl:.:.|:. Vl´「_ 、` ノ′ _ノ:ソ:イ: リ ノ
.      }:ハ: : l f7「::`ハ   /:::7}7イ:/}/
     ノヘーl、: :!VZツ     ヒ:ノ/:.//
        `ィヘ:ト、 _   _   ノ:イ/
      rく、\` ヽ二コ:千:|K、′      (しかし、鉄道課長にして戦時食糧庁長官というのは
      |:..:ヽヽ\: :Yニ|: :!:/j!:.l         あまりにも権力が強くなりすぎる・・・)
      ト:..:..:.\ヽ\!r|┴=ミ!r ァ7
     |!::.:..:.ヽ\ヽ|!    /7 /
      j::.l::..:..:.⌒ーァ⌒}   / / /^}
      |::.:.\::..::.::.::>ー'―-L∠_¨´
      l::.::.:..:. ̄ ̄ト 、, --、―弋i
       ヽ::.:..:..:.::..∧/    ヽ  i _





105 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:53:34 ID:FFHev09I0





           , " ̄ ̄ 丶、
          /        \
        ノ゙!  / , { / { / } ヽヽハ/^ーァ
    r='  \j |イ/⌒Vヽハ⌒lヽ} j} /´    では、貴官には長官としてではなく
      ̄\ イ j :|f仡ト  f仡ハ/ノリ/      役員の一人として戦時食糧庁に加わってもらう
         7レヘ { ゞ''  _ `‐' {/ベ
       く/ /V>  __  イ∧ヽ/      その代わり、鉄道課長としての任務にも
         \{ { l::lVミVl::l / ∨       引き続き当たってもらうということでどうだろう?
           Y\ヾ ∀ シ/ r'´
              |   ≧f}≦  |
           `ァー∨=∨‐く



         ___
      /)/\  /\        わかりました
     / .イ ' (●)  (●)\
    /,'才.ミ).   、_',__,    \     それならお引き受けいたします
    | ≧シ'           |
    \ ヽ           /





106 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:53:47 ID:FFHev09I0





―― 1916年5月23日 これまでに設置された食料がらみの様々な部局を統合する形で
              戦時食糧庁が正式に発足した


                      ┌─────┐
                      │戦時食糧庁│
                      └──┬──┘
  ┌───┬──┬───┬───┬┴─┬───┬──┬───┬──┐
┌┴┐┌─┴┐┌┴┐┌─┴┐┌─┴┐┌┴┐┌─┴┐┌┴┐┌─┴┐┌┴┐
│帝││  帝││帝││  帝││  帝││帝││  帝││帝││  帝││帝│
│国││及国││国││  国││  国││国││  国││国││  国││国│
│穀││果蔬││食││委魚││油食││糖││  穀││飼││調価││ じ |
│物││樹菜││肉││員業││脂用││類││及物││料││査格││ ゃ.|
│局││局  ││局││会  ││局  ││局││鶏加││局││局  ││.が.|
└─┘└──┘└─┘└──┘└──┘└─┘│卵工│└─┘└──┘│芋│
                                    │局品│              │局│
                                    └──┘              └─┘



.

107 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:54:01 ID:FFHev09I0




              _ -‐― ―--、
          ,  ' ´         'ー- 、
         /            l ,   ヽ
        /           !   l,、,!    ト 、
       l         !、 !,  i 厂l /  ,' ̄
       ,'        l AAトトl、. N .A   !
      ./1     i   N、孑云.ヽ! /rァ! l ト,l
       レ   l./l   リ  `ゞシ'ィ  ヽ'イl' リ
       l   l'´ミリ、 l     ´    ヽ'
       l ,  ヾ.、コヽ.!         イ        私が戦時食糧庁長官に任命されたバトッキです
       ' レ'l   `ヘ. `     -―‐ /         よろしくお願いします
         レ、   l>       ̄ .,'
          .! ィ ,ゝ  `  、i i i i j'
           レ' ∨ヾ、   -‐` ̄ 7、
          /´.',λ! /´/    ノ_: :\
        /    l / -‐┘  / :  ̄: :ヽ、    戦時食糧庁長官
         ̄_二ヽ レ'´   -‐'フ--―- 、 /:.:.:.`‐-. 、   バトッキ
       ,. :'7: ̄ :7<-‐  ̄-‐/ : : : _: : /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:



        ____
      /     \
    /  -     - \       よろしくお願いします
  /   (●)  (一)  \
 |      __´___     |      貴方の噂はよく耳にしていますよ
 \      `ー'´     /
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |
   \ /___ /





108 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:54:13 ID:FFHev09I0





                ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !      なんでも、東プロイセン知事として
  / :::::   __´___  :::::\|   l      ロシア軍に荒らされた地域の復興に
  |      `ー'´       |  /      大いに貢献なされたとか!
  \             //
  / __        /
  (___)      /



     ′. : : : : : : : : : :.、ー-ミ : : : : `ヽ
   乂. : : : : , : : : ォvi. : :\: : : : : : : ハゞ
  .才: :: :: :::/.: ::::// : :i : : :ヾ : : : : : :.∧
.   ′:::: :::/ : : : :.′ 乂:{ : : :ハ: ハ: : : {:!
  /才{:i|!/抖竿ミ、   }八≧≠ミ::!: : 从
 イ }:i :N{才>-=ミ`゙  ノ 斗r-=ミNリ Y:;      貴方こそ、ドイツ鉄道の第一人者にして
   从(ハ{《八:うjノハ   ゞ:りイ 》 }ア}}′     軍では珍しい食糧問題のスペシャリストとして評判ですよ
    八 从      :i        .i 八
     \'.      '        ,/       一緒に仕事ができることを光栄に思います。
      ∧     ` ゛      ハ
        \ `ー -- "´ .ィ:、
         fi≫ 、/从ハ, // {
       /} ` :<ー-<イ  {\
      /.:.:_{  .L _ヽ /_ノ   .Vハ
     . イ.:.:.:.:.:.{     V _ -‐  }}.:.:.\
 >.:´.:.:.}:_:_:__∧ ー- }!     ′_:_:_:}`:.<





109 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:54:25 ID:FFHev09I0





      / ̄ ̄ ̄\
    / _,ノ  ⌒ \       さて、社交辞令はこれぐらいにして・・・
   /  (●)  (●) \
  |       、 ´      |      早速仕事の話をしましょう
  \      ̄ ̄    /      私から一つ提案があるのです
   ノ           \




     /           !   l,、,!    ト 、
    l         !、 !,  i 厂l /  ,' ̄
    ,'        l AAトトl、. N .A   !
   ./1     i   N、孑云.ヽ! /rァ! l ト,l
    レ   l./l   リ  `ゞシ'ィ  ヽ'イl' リ
    l   l'´ミリ、 l     ´    ヽ'
    l ,  ヾ.、コヽ.!         イ        伺いましょう
    ' レ'l   `ヘ. `     -―‐ /
      レ、   l>       ̄ .,'
       .! ィ ,ゝ  `  、i i i i j'
        レ' ∨ヾ、   -‐` ̄ 7、
       /´.',λ! /´/    ノ_: :\





110 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:54:37 ID:FFHev09I0





        ____
       /      \
     / ⌒    ⌒ \
    /   (●)  (<)  \     戦時食糧庁の役員の人事なのですが
    |      ___'___     |
     \     ` n´   ,/     これに社会民主党(SPD)の幹部を迎え入れてはどうでしょう?
    /     | |    \
..         ノ .ュ
         { ..ニj
        . | "ツ



        /         ―--.ァ
       ./       ,      .ハ、
      /        /    /  ./  トヽ
      /    /    l   !,ィ  /l  ヽ `
     ム'   / . i   レ ィAト<N. l !リ`     社会民主党?
     /ィ   .レメ',i  , ∧! '、''¬` .,''`'       左派勢力の筆頭ではないですか
      レ、   !爿ヘ l'    ̄ '´ ヽ、
        ヽ.  \ゝ、l         /
         ヽ,  ,八     , -―, '
      _/: ヾ'´  !`> 、  , i i j
   _/:.:/-―仆、     フ/iニ´、‐---― ―- 、
-‐':.´:.:.:.:.:.:./: : : : l L ヽ.  / 」 l: : :`:',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ





111 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:54:53 ID:FFHev09I0





         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \      彼らは、我々に欠けている視点――
    |     ___'___      |
     \    `ー'´    ,/      つまり、労働者の視点を提供してくれます
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ        これは食糧問題に欠かすことのできないものです
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |




  / '   /   i、   :.  } ! ::.  i !:.   ::.  i::::.:.:.}
.     ,′ //   |ヘ、 ::i://:ト、::.::.:.i::.!::.  i:::. |:::::.:ハ
    iハ /  .:! :i | ヽ::/厶:|:L::ト:::|::j:::.  ト、:::.|:::/
    | ', :.:::l :.ト、|_   ハ:r ァト芯ア }∧ハ::::|⌒Y::{      なるほど
       }∧.:lハf卞心  丶、ゞ-'     ',::{ノ /.:{
       ′ ',ト、{  `フ              i__.ィ.::N      ・・・しかし、それだけではないでしょう?
          ヽ  、〈             jハ{::::!
            \  __ ,.     /  jハル、
             ヽ ー'    // / : : :{::`丶、
                  Vj爪、 / // . : : :ノー- :::.丶、
                 ゞ斗''く  /  . : : /.:.: : : :`ヽ:::.
                / / 」i〕 /`ヽ  . : /ー- 、: : : : : : :





112 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:55:04 ID:FFHev09I0




       /     /       / ィ/ //   イ \
      /    //ィ       / /x!,ィ/,イ  / /ヘ   {
      ,イ /  ハイ' |  j|  /l/ ' ,レ≧x;ィ イ / /   il
     厶‐ァ  ´ i"(ミxリ! / | ,:′  ヾテヌゞレ'l/ /ィ  i !
      / ,イ  ヾ 辷 |,′l/      ゞ'’  :' ,ィfナ ィヾ!
.     /'′| i   ゝ-、"        ´   {;リソ〃リ
       jN    i !            ヾ /′
        レ{ , ,ィj li!      、     イ       貴方は、一番口うるさい連中を
       ___j_ムチ ヾ\     ` ̄ ヽ /′        共犯者にしてしまうつもりだ
       j    ̄ `丶 、 \;///,ィ.,;._` /
   ___ /           1ヽ `ー:、≧{ `ヾ:、
  /:::::::`:.ァ:、.___     !  \ }/´`ー- 、 ヽ
/: : : : /: : : :`丶ミ≧:、 L___ゞ(  ;ャァ'´ ̄ `ヽ
:-: : :/: : : : : : : : : :_≧ュミ:、    };>'  __    ‘,
`:、`ー-:、: : : : : : :/: : : : :\、 才{__ .ィ´       ヽ




            ____
           /       \
   .     / _,ノ  ⌒ \         人聞きの悪い
       l^l^ln  (●)  (●) \
       ヽ   L   、 `       |      食糧問題は全国民が共有すべき問題です
        ゝ  ノ    ̄ ̄    /
      /   /          \
     /   /             \
   . /    /         -一'''''''ー-、.
   人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))





113 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:55:15 ID:FFHev09I0




         ____
       /     \
     / ⌒   ⌒ \       彼らだけ無責任に横から口出し、
    /   (⌒)  (⌒)  \     なんて訳にはいきません
   |      __´___     |     しっかりと当事者になってもらおうというだけの話です
   \      `ー'´    /
    ノ           \






   / '   /   i、   :.  } ! ::.  i !:.   ::.  i::::.:.:.}
.     ,′ //   |ヘ、 ::i://:ト、::.::.:.i::.!::.  i:::. |:::::.:ハ
    iハ /  .:! :i | ヽ::/厶:|:L::ト:::|::j:::.  ト、:::.|:::/
    | ', :.:::l :.ト、|_   ハ:r ァト芯ア }∧ハ::::|⌒Y::{
       }∧.:lハf卞心  丶、ゞ-'     ',::{ノ /.:{     ・・・貴方とはいい仕事が出来そうですよ
       ′ ',ト、{  `フ              i__.ィ.::N
          ヽ  、〈             jハ{::::!
            \  __ ,.     /  jハル、
             ヽ ー'    // / : : :{::`丶、
                  Vj爪、 / // . : : :ノー- :::.丶、
                 ゞ斗''く  /  . : : /.:.: : : :`ヽ:::.
                / / 」i〕 /`ヽ  . : /ー- 、: : : : : : :





114 :名無しのやる夫だお:2012/07/22(日) 20:55:57 ID:Bul2RJ5Q0



…この塩梅を分からないで大火事にしちゃうことの多いこと多い事


115 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:56:07 ID:FFHev09I0





―― こうして、戦時食糧庁の役員会にはSPD代表や大都市の市長が加えられた


       ,, ───_
    /:::://::´ ̄:::::::`\
    /:::::://::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.   /::::::/::::::::::::::::ノ::::::::::::::::::::::i
   |::::::/::::::::::///:/:::::|:::::||::::||
   |:::::|:::|:::i:::|`ーレ |::::_ト,_||::」j
.   |::(|::|:::|::| -─   ─ /:|      せっかく名前つきの役なのに
   |:::::::ヘ::N |  |   | |j:::i       もう出番はないらしいです・・・
.   |::::::::::ト\\rー, |ノ:::/
    vNw::i ヽー⊂⊃ヾ/
      /´\  {\ー、
   /::´: :\ \ ) ヽー\
.  / ⌒ ヽ ̄<´⌒`rf´ ̄ヽ ヽ
  {    }: : : >、 ノ-\⌒/ ヽ
  |     |: : :ヽ/」  ー: :ヽ_ヽ_    戦時食料庁次官
  ヽ     |: : : : : : : \/: : : ノ  三}  SPD党員・ミュラー
   ヽ⊆二二`- _: : :/`ー、  r




116 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:56:30 ID:FFHev09I0





―― しかし、戦時食糧庁での仕事は本人の言によれば「大きな喜びとはいえなかった」



       ____
     :/::::::::::::::::\:        今日も会議会議会議会議・・・!
   :/ ⌒三 ⌒::::::\
  /  (○)}ililli{(○ ):::\:     まったく役人どもときたら!
 :|      __´___::::::::::::::::::|      同じ議題を何度話し合えば気が済むんですか!
  \      `ー'´::::::::::::/:




         ,___
       /     \         特に帝国内務省!
      /  \   / \
    /    (●) (●) \      あの頑固なプロイセンの各省や、帝国農業省でさえ
    |       ___'___    |      少しずつ我々に協力的になってきているのに
    \       |il!|!il|  / l!|
     /     `ー'    \ |i     内務省のやつらはいまだに考えを改めない!
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |
    `ー、_ノ      ∑ l、E ノ
                レY^V^ヽ ドンッ!





117 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:56:47 ID:FFHev09I0





―― グレーナーが役人の動きの鈍さに苛立つ間にも、ドイツの食糧事情は刻一刻と悪化していった



  小麦配給量(一人/日)
1916年 2月    200g
                                 フライブルク市に捨てられ
      |   |                           餓死したペットの数
    \|   |/         密商の暗躍
      \/                             犬 320匹
                                      猫 788匹
1916年 5月    180g           ____
                        /     \
                      / ⌒   ⌒::::\   代用食品の数々
  農業生産量の低下        /   (●)}ili{(●)::::::\   Kパン (ジャガイモ混入パン)
徴兵による農家の人手不足   |       __´___   :::::::|  KKパン (ジャガイモ混入率二倍!)
  化学肥料の不足         \      `ー'´  ...:::::/    デデ肉 (魚肉入り肉モドキ)
馬の徴用による作業効率低下
     その他

                            海上封鎖による輸入力量の途絶
     戦時の台所の七つの”K”の戒め
      1.Esst Kriegsbrot(Kパンを食べよ)
      2.Kocht die Kartoffeln in der Schale(馬鈴薯は皮を付けたまま料理せよ)
      3.Kauft Keinen Kuchen(ケーキを買うな)
      4.Seid Klug spart Fett(賢く、油脂を節約せよ)
      5.Kocht mit KochKiste(蒸し器を用いて調理せよ)
      6.Kocht mit KriegsKochbuch(戦時料理本をもって調理せよ)
      7.Helft den Krieg gewinnen(戦争の勝利に助力せよ)





118 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:57:25 ID:FFHev09I0





―― また、長官のバトッキも有能な人物であったが、
    改革を断行するために必要な非情さと冷酷さに欠けていた


              ,--、-‐   ̄  ‐-
            />l  「        ` <
          r.、ヽ. ',l  '、     /     ` <、
         γ、 ヾ、   ヽ   /ィ         7
         弋 ヽ  ヽ    ヽ.  ' ,'        /丶
          .∧ \      ヽl l. , /l /l /  /  /
         /イ.ヽ, -‐''' ‐-   ',/! !l 仁メリL/l./  l
         _.」/--‐―、  ヽノ .リ レV沙、.'` 」   N
        /          ヽ.  ヽ    ‐  /y! /リ
        ,'         l`丶/       V レ
       /'´        l   l      , イ     なるほど、貴方の言い分はわかる
     /             ./  `` 、.,イ       しかし、そのためには内務省の同意をえなくては・・・
    /              ハ  , , , ,イ
_,/    /         /、  >、//イ
../  孑'´          /-‐ヾ ヽ´



             ___
        /      \
     ,---、  \    /\ ― 、
     .l   l  (●)  (●) \  |
     .|   |   ____'___    |  |      なぜですか!
     .|   |   |!!il|!|!l|  / /
      ゝ     |ェェェェ|    ノ       これは我々の権限の範囲内のはずです!
      \          /
       /             |
      /             |





119 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:57:43 ID:FFHev09I0





    /           !   l,、,!    ト 、
    l         !、 !,  i 厂l /  ,' ̄
    ,'        l AAトトl、. N .A   !
   ./1     i   N、孑云.ヽ! /rァ! l ト,l
    レ   l./l   リ  `ゞシ'ィ  ヽ'イl' リ     軍隊とはいろいろ違うんですよ
    l   l'´ミリ、 l     ´    ヽ'
    l ,  ヾ.、コヽ.!         イ       根回しは重要で、必要不可欠です
    ' レ'l   `ヘ. `     -―‐ /        行政とはそういうものなのです
      レ、   l>       ̄ .,'
       .! ィ ,ゝ  `  、i i i i j'
        レ' ∨ヾ、   -‐` ̄ 7、
       /´.',λ! /´/    ノ_: :\
     /    l / -‐┘  / :  ̄: :ヽ、
      ̄_二ヽ レ'´   -‐'フ--―- 、 /:.:.:.`‐-. 、
    ,. :'7: ̄ :7<-‐  ̄-‐/ : : : _: : /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄:`‐- 、



         ____
       /     \
     / \   / \
    /   (○)  (○)   \       だったら早く同意を取ってください!
   |      __´___     |
   \      |il!|!il|    /
   /       ̄ ̄    \





120 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:57:57 ID:FFHev09I0





―― そんな中、ヴェルダンと東部戦線での失敗を受けファルケンハインが失脚し
    代わってルーデンドルフが参謀本部の実権を握った。


          「;:丶、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_;:}
          ト、;:;:;:丶、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_;:;: --―;:''"´;:_」
          {::ト、:;:;:;:;:;:` '' ー―――;:;: '' "´;:;:;:;:;:;:;:;:;:;_ ,.ィ彡!   ____  ニョキ
          l::l 丶、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_,. -r==ニ二三三 } /⌒  ⌒\
          ',:i r- 、、` ' ―――― '' "´ ,ィ彡三三三(ヽ三/( ●)  (●)\   /)
            || ヾ三)      ,ィ三ミヲ  `丶三三三(((i ) ::::: ⌒(__人__)⌒::::\ ( i)))
            lj         ゙' ― '′     ヾ三/∠  |     |r┬-|    |_ゝ\
           | , --:.:、:..   .:.:.:.:..:.:...      三(___      `ー'´   ____ )
           | fr‐t-、ヽ.  .:.:. '",二ニ、、    三三シ,rく /       / ̄
           l 丶‐三' ノ   :ヾイ、弋::ノ`:.:.    三シ r'‐' |       /  ドイツ軍参謀次長
           ', ゙'ー-‐' イ:   : 丶三-‐'":.:.:..    三! ,'  /     /    ルーデンドルフ
            ',    /.:             ミツ/ー'′   /
            ',   ,ィ/ :   .:'^ヽ、..       jソ,ト、   ノ
             ',.:/.:.,{、:   .: ,ノ 丶:::..  -、   ,ハ  l、ノ
            ヽ .i:, ヽ、__, イ   _`゙ヾ  ノ   / ,l  l:ヽ
             ,.ゝ、ト=、ェェェェ=テアヽ }   ,/  l  l:.:(丶、
           _r/ /:.`i ヽヾェェシ/  ゙'  /   ,' ,':.:.:`ヾヽ
     _,,. -‐ '' " ´l. { {:.:.:.:', `.':==:'."       /   / /:.:.:.:.:.:.} ト―-- ,,_
一 '' "´        ',ヽ丶:.:.:ヽ、 ⌒    ,r'"    / /:.:.:.:.:.:.:ノ,ノ |      ``丶、
            ヽ丶丶、:.:.ゝ、 ___,. イ     / /:.:..:.:.:.,ィシ′ |    ドイツ軍参謀総長
             `丶、 ``"二ユ、_,.,____/__,/;: -‐ '"  /     ヒンデンブルク





121 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:58:14 ID:FFHev09I0




     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |        さて、勝利のためには思い切った改革が必要だお
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |          まずは戦い方を変えないといけないお
.\ “  /__|  |          消耗戦の方針はすぐに撤回するとして・・・
  |\ /___ /
  |          ノ
  ヽ   y    /
   \ /     /
    /   /
   (___)_)



     ____
   /      \
  /         \
/ U  _ノ    ヽ_  \       それから内政にも手をつける必要があるお
|     (一)|lil|(ー)  |
/     ∩ノ ⊃_) /        現在の武器や弾薬の生産量は
(  \ / _ノ |  |         十分には程遠いお
.\ “  /__|  |
  \ /___ /





122 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:58:31 ID:FFHev09I0





     ____    ━┓
   /      \   ┏┛
  /  \   ,_\.  ・
/    (●)゛ (●) \       だけど、いったいどうやったら解決できるのかお?
|  ∪   (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /       とりあえず、労働者を鞭でしばいてみるかお?
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /




    / ̄ ̄ ̄ ̄\
  /     ●  ●、
  |Y  Y        \      私に考えがあります
  | |   |        ▼ |
  | \/      _人.|
  |       ___ノ
  \    ./
   | | |
   (__)_)





123 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:58:52 ID:FFHev09I0





             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )      お、バウアーかお!
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
    |    (⌒)|r┬-|     |     では早速お前の考えを聞かせてくれお!
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄





             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \     バウアーはルーデンドルフの顧問の一人で
         //, '/     ヽハ  、 ヽ   戦前の参謀本部勤務時代の部下だったにょろ
         〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|    二人は、軍事予算の削減を試みる陸軍省の動きに
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│   共同して反対運動を行った同志でもあったにょろ
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│   彼らは多くの友人を共有していて
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |   その中には鉄鋼業を始めとする重工業家が
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |   大勢含まれていたにょろ





124 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:59:38 ID:FFHev09I0




    / ̄ ̄ ̄ ̄\
  /     ●  ●、      現在の生産体制は、あまりにも非効率的です
  |Y  Y        \
  | |   |        ▼ |    物資や人手といったリソースの配分を見直し
  | \/      _人.|    軍事上の必要に応じて
  |       ___ノ     集中的に投入できるようにするべきです
  \    ./
   | | |
   (__)_)





125 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 20:59:50 ID:FFHev09I0




    / ̄ ̄ ̄ ̄\        しかし、縦割りで融通の利かない行政組織が
  /     ●  ●、       このリソースの効率的な配分を妨げています
  |Y  Y        \
  | |   |        ▼ |     これを実現するためには
  | \/      _人.|     行政組織の指揮系統を一元化し
  |       ___ノ      参謀本部の影響下におく必要があります。
  \    ./
   | | |
   (__)_)



      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・     なるほど
. | ( ●)   ⌒)   |       だけど、それだけで足りるのかお?
. |   (__ノ ̄    /
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ





126 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:00:09 ID:FFHev09I0





    / ̄ ̄ ̄ ̄\       無論それだけでは十分とはいえません
  /     ●  ●、
  |Y  Y        \     総動員によって就労可能人口の多くが
  | |   |        ▼ |    兵士として前線に派遣されています
  | \/      _人.|
  |       ___ノ     そのため、国内のマンパワーが絶対的に不足しています
  \    ./
   | | |
   (__)_)





         ____
       /     \
.    /       \         じゃあ、労働者達を戦線から引き上げさせるのかお?
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '=・=  =・= u|       ただでさえ兵力で劣勢なのに
    /,'才.ミ) (__人__) /       これ以上兵力が減るのは避けたいお・・・
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ





127 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:00:25 ID:FFHev09I0




    / ̄ ̄ ̄ ̄\
  /     ●  ●、
  |Y  Y        \     いいえ、それには及びません
  | |   |        ▼ |    労働力の不足は別な方面から解消することができます
  | \/      _人.|
  |       ___ノ
  \    ./
   | | |
   (__)_)



             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )      おぉ!さすがバウアーだお!
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\      早速その方法を教えてくれお!
    |    (⌒)|r┬-|     |
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄





128 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:00:38 ID:FFHev09I0






    / ̄ ̄ ̄ ̄\
  /     ●  ●、
  |Y  Y        \       それは、女性と子供です!
  | |   |        ▼ |
  | \/      _人.|
  |       ___ノ
  \    ./
   | | |
   (__)_)






.

129 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:00:58 ID:FFHev09I0





    / ̄ ̄ ̄ ̄\
  /     ●  ●、
  |Y  Y        \    多くの成人男性が戦場で国家に奉仕しているのです
  | |   |        ▼ |
  | \/      _人.|    銃後にいる人々も、
  |       ___ノ     形こそ違えど国家に奉仕するのは当然のことです
  \    ./
   | | |
   (__)_)



       ____
     /⌒  ー、\
   /( ●)  (●)\       たしかに、戦争は国家の生存をかけた最優先課題だお
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-/ '    |      これに協力しないやつは非国民だお!
  \      `ー'´     /





130 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:01:10 ID:FFHev09I0





―― こうして策定された生産体制に関する新しい方針はヒンデンブルク・プログラムと呼ばれた


          ___
        /      \   ウガー
     ,---、  \    /\―、
     .l   l  (●)  (●) \ |
     |    |    (__人__)    | |      1917年の春までに
     .|   |   |!!il|!|!l|   / /      銃弾、砲弾、迫撃砲弾の生産量を3倍に増やす必要があるお!
      ゝ     |ェェェェ|   ノ       飛行機と機関銃も、もっともっとたくさんいるお!
      \         /
       /          |
      /          |




          ____
        /⌒  ⌒\
      /( ●)  (●)\
     /::::::⌒(__人__)⌒::::: \        そのためには国民的諸力の全てを結集しなくてはならないお!
     |     |r┬-|     |        全てのドイツ人は、
     \      `ー'´     (⌒)        祖国への奉仕のためにのみ生きるべきだお!
      >          ノ ~.レ-r┐、
     /          ノ__  | .| | |
      |          〈 ̄   `-Lλ_レレ
      |          ̄`ー┬--‐‐´





131 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:01:25 ID:FFHev09I0





―― この提案はベートマンを始めとする政府関係者の反発を招いた


     ./ / / /  /  / ,.'   │     ヽ        ヽ
      ./ / /  l  |   /   |    | ヽ  ヽ.,  、      |
     .│ l  |   | ,∧ /、   |   \. | │ ヽ,    |
     .│ ィ   |   ,ヘ、 |_,| | \  |\, | `'j、│   |   |
     .レ │ ,ヘ  | _ゝ_メ._   \| _ハ,ヒ"_ヽ|   |. ! リ   これは明らかに軍人の領分を越えている
       ヽ | _ヽ Y 行ッr`、 _ jl イ:マ丁j>   /ヽ| !
          .! _ヽ!、  ト、ン |´  `l.  トヘソ |  !) ルl/    参謀本部は、「純粋な軍事的問題」と
        /_-、ヽ∧.. ニ  ' ,  ゝ .ニ イ  /ィ′     「私の協力を必要とする問題」を
       {/ _ ヽ`l i       _        ! ∧l       明確に区別するべき
       ヽ L`' ヽ.| \.    `′    , ィ' /!
         \ ヽ  }!    、      / /,ヘリ
          l    .ヘ     ri ー ´   l/  |
        r'ン   /  , ィ' /j     /   ヽ
     r ‐' ヽ _jヽイ ::/     ,/      \
     /  三三三三ノ//、 ヽ.. ー /        _\
     | 三三三三/ , 'ヘ \/      , ´ __ ., --ヽ



 /,           |      /:: , l:: i::. }::ヽヽ::.ヽ \
.//        .:! :| :    /:::/:/::/i: /: !: }i:',ヽ:|
i,i        .::| :|: ::   !,/_ム/_ l:/::: l:: !l::! i::!
. ! l .:     : .::::| :i:.::   レ',ソ,_/`!::/i:/ i:! |
. !.:! ::.   : .:.::/´', !:::  | ! ヾ.i´:i` !/ /  !    我々はすでに、
 i:l', :::::. :. ::. ::〈 、'_゙il::::.  |.|   j_ソ ゙、_       軍事上必要でない工場との契約を打ち切り
 ヽヽ、:::::::::. :::.::::\ニ',::. ii::!      ノ      原料の配分をコントロールすることによって
    ヾ、i::::l::::l::::',:|  ',::. !',!     ィ´       戦時体制の発展に貢献してきてたし
      i|ヾ:!:::i::::/ヽ  ヽ. l 丶.   /        ドイツ工業界も戦時体制に合わせるよう努力している
       ノ /ii/lノ     ヽ:r‐y┬ '
      イ'"`'‐- 、    / ヽl/ '
      /      \__{ヽ、
    /_,, -‐‐‐-- ,,_  \_,ヽ‐、




132 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:01:47 ID:FFHev09I0





|::::::::::  /:::/::::::/i:::::/ }:::::: ハ:::: ハ::: l::::  !:.  |
::::::::_!ム_∠__/;/  !:::: /  l:::/ !: /i::::: /!::::  |
::::::::: |/_ //`ヽ /:/ _,,ム'-‐lメ‐|:::: /: |:::::  !
::::::::: !,r=〒〒ミ==ヽ/'   ,,r'===ヾ-、!::/l::: ハ:::: !
::::::::. |《 i、ヒ''ィノ   ゝ-‐-《 !;;.q,ノ ´/レ:: |:: i .l:::::/
ヘ::::::. | \  ̄   ノ   ヘ_. ̄  /:ノ::: /!:::l !::/     このような参謀本部の干渉は
ヽト、::: l   ̄ ̄ ̄   `;    ̄ 7:::::: / .i:/ /      却って健全な戦時体制の発展を妨げ
:ハヽ:::l\      -      /!::::: / /        経済の構造を混乱させるだけ
::::::,-一 ` 、       _, < |イ::::: /  '
:::/;;;;;;;;;;;ノ.  ` ‐r-‐<    'l::: /
`|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`、;-、_;-´;;;;;;`i´  .',/




             / :. ィ.;:.:.:.:.:.:.:ヽ
          イ:.:.:.:/-|/|∧:;、:.:.〈
          リ:.:./ ●    く!:,:.:..、    生産活動への女性の強制雇用について
           l:.:.l    ●/:./ ̄    述べている箇所もあるが
           vヘ  -   ノ:./
            _,-+ 匸ヘ/V       既に就労を求める女性の需要が供給を上回っており
          ,《 ヒ⌒j 》、         わざわざ強制する必要も感じられない
          l::\ l /∥::l
          |:::::::ト,Vイ:::::|
            |:::::::l介l:::::::|
              l::::::|人|:::::::l





133 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:02:01 ID:FFHev09I0




┌────────────────┐
└────────────────┘

    ┌─────────┐
    └─────────┘

        ┌────┐
        └────┘



.

134 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:02:13 ID:FFHev09I0





―― 一方その頃、戦時食糧庁のグレーナー達は完全に行き詰っていた。


           ____
         /     \
       / _,ノ  ⌒ \       ふぅ・・・
.     /   (一)  (ー)   \     根回し、会議、会議、また根回し、会議・・・
.      |        ´    ij  |      このままでは埒があきません
     \     ⊂つ     /
     /           \



      /         ―--.ァ
     ./       ,      .ハ、
    /        /    /  ./  トヽ
    /    /    l   !,ィ  /l  ヽ `
   ム'   / . i   レ ィAト<N. l !リ`
   /ィ   .レメ',i  , ∧! '、''¬` .,''`'       さすがに、いつまでもこんなことを
    レ、   !爿ヘ l'    ̄ '´ ヽ、       続けるわけにもいきませんね
      ヽ.  \ゝ、l         /
       ヽ,  ,八     , -―, '
    _/: ヾ'´  !`> 、  , i i j
 _/:.:/-―仆、     フ/iニ´、‐---― ―- 、
´:.:.:.:.:.:./: : : : l L ヽ.  / 」 l: : :`:',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ





135 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:02:29 ID:FFHev09I0





        ____
      /      \
    /  ノ   ヽ  \       それにしても、先日参謀本部が発表した
   /  (一) (一)  \       ヒンデンブルク・プログラムというやつは・・・
   |     ___'___      |
__ \      `ー '     /     ___
ヽ  ̄`"¬ー--、,,,_   _,,,、-ー"´ ̄´....,., /
 ∨ ;:;:;;;;:;:;:;::;:;;;:;:;;:; `Y´ ;;::;;:::;:;:;:;:;;;:;:;:;::; /
  ', ;:;:;::;::;:;;;:;;:;:;::;;:;;:;: i ;;:;:;:/ ̄ ̄/;;:;:;: /
   ', ;:;::;;::;::;:;;::;;;;:;:;;:;: i ;;:;:/ijknw/;;:;::: /
  {⊃;;:;:;;:;::;:;;;:;::;:;;::: l ;;:;;:;;:;:;:;;;:::;:;;:;⊆}
   ヽ⊃) ̄7;;:;:;:;::;;:;: l ;:;:;:;;:;::;:;::;;::; ⊂ノ
   / /__7;;:;;;:;;::;;;; l ;;:;;:;:;:::;:;;::;;;:;: /



              ,  -―-  、
          ∠     _r 、rヽ
          / /   >ヽヽ ヘt
            i i  i iレ`iヽ    !
          レ W巡!厶 _jΔ   」__
          {レ' ‐-  -- ヽ∧ >'⌒ヽ      ずいぶんと思い切った方針ですね。
           ヾ    |  / ∨::::::::::::::`::..、
            }\ ‐‐ イ   \:::::::::::::::::::\
         _ r 个 弋. イ 卜ー--‐ヽ::::::::::::::::::::::\
     _....:::::´├―ト、 `∨' ├ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::/
   /::::::::::::: ├─ l ``才´├.弋 :::::::::::::::::::::: /





136 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:02:43 ID:FFHev09I0




            ____
           /       \
   .     / _,ノ  ⌒ \
       l^l^ln  (●)  (●) \      戦争馬鹿のルーデンドルフが思いつける内容じゃありません
       ヽ   L   、 `       |     大方、バウアーあたりの入れ知恵でしょう
        ゝ  ノ    ̄ ̄    /
      /   /          \
     /   /             \
   . /    /         -一'''''''ー-、.
   人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))




            /     ‐¬  `  、
            /.         l    .i
           .,'          .! .i    !
           .,'          ト,、!    ',
           И     i.      l  !. l、  !`
            l !    !,ィ. /l ト、!. '-‐N.リ      ・・・ふむ
            レリ'ヘ、   !/'仁リィ  、 ̄ !、
         /´L.'lゞ、ヽ.∩、   , -‐'‐.つ:.`:.:....、
       ./:.:.:./l: :レ'リWN ヽ,>'´  -‐フ'!:.:.:.:.:.:.:.`:.:..、
      /:.:.:.:.:./:.:l´: : : ', !     '  /ノ-!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l: : :/ヘl      '  'イ、: :!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!
  γ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l': ´: : /ゝ、     イ :_; 」:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.l
  .!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.',; r-




137 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:03:00 ID:FFHev09I0




                 ,--、-‐   ̄  ‐-
               />l  「        ` <
             r.、ヽ. ',l  '、     /     ` <、
            γ、 ヾ、   ヽ   /ィ         7
            弋 ヽ  ヽ    ヽ.  ' ,'        /丶
             .∧ \      ヽl l. , /l /l /  /  /
            /イ.ヽ, -‐''' ‐-   ',/! !l 仁メリL/l./  l
            _.」/--‐―、  ヽノ .リ レV沙、.'` 」   N
           /          ヽ.  ヽ    ‐  /y! /リ   しかし、ここで述べられているマンパワーの配分の問題は
           ,'         l`丶/       V レ     食糧問題とも密接に関わってきます
          /'´        l   l      , イ
        /             ./  `` 、.,イ        いずれ、より大きな統制を行う必要が出るでしょうね
       /              ハ  , , , ,イ
   _,/    /         /、  >、//イ
 / /  孑'´          /-‐ヾ ヽ´
/ /-‐' ´             / \ レ ̄




        ___
       /      \
     /   ⌒  ⌒ \
    /   ( ー)  (ー) ヽ        やれやれ
    |  u   ___`___     |        また会議が増えるわけですか
    ヽ、    `ー '´   /
 ⊂⌒ヽ 〉         く /⌒つ
   \ ヽ  /      \ ヽ /





138 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:03:44 ID:FFHev09I0





            /     ‐¬  `  、
            /.         l    .i
           .,'          .! .i    !      より効率的に問題を解決するためには
           .,'          ト,、!    ',
           И     i.      l  !. l、  !`      労働局と我々戦時食糧庁を
            l !    !,ィ. /l ト、!. '-‐N.リ      統合した組織が必要になります
            レリ'ヘ、   !/'仁リィ  、 ̄ !、
         /´L.'lゞ、ヽ.∩、   , -‐'‐.つ:.`:.:....、
       ./:.:.:./l: :レ'リWN ヽ,>'´  -‐フ'!:.:.:.:.:.:.:.`:.:..、
      /:.:.:.:.:./:.:l´: : : ', !     '  /ノ-!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l: : :/ヘl      '  'イ、: :!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!
  γ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l': ´: : /ゝ、     イ :_; 」:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.l
  .!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.',; r-



         ____
       /     \
.    /   ノ '  ヽ\        食料のみならず、軍需生産にも関わるとなると
.  / /)(ー) (ー)u\      陸軍省の傘下の組織になるんでしょうが・・・
  | / .イ    '       |
.   /,'才.ミ).  ⊂つ  /      奴らは内務省にも劣らない石頭ぞろいですよ
.   | ≧シ'        \
 /\ ヽ          ヽ





139 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:03:57 ID:FFHev09I0




                      _
               , -‐ ' ´ ̄  `  、
              /         ―--.ァ
            ./       ,      .ハ、
           /        /    /  ./  トヽ
           /    /    l   !,ィ  /l  ヽ `    ・・・官僚主義の限界というやつですね
          ム'   / . i   レ ィAト<N. l !リ`
          /ィ   .レメ',i  , ∧! '、''¬` .,''`'       いっそ、参謀本部直下の組織にして
           レ、   !爿ヘ l'    ̄ '´ ヽ、       もっと軍に積極的に介入してもらったほうが
             ヽ.  \ゝ、l         /       改革を断行するには向いた組織になるかもしれません
              ヽ,  ,八     , -―, '
           _/: ヾ'´  !`> 、  , i i j
        _/:.:/-―仆、     フ/iニ´、‐---― ―- 、
    . -‐':.´:.:.:.:.:.:./: : : : l L ヽ.  / 」 l: : :`:',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ




        ____
      /     \
    /  -     - \      参謀本部直下と言うのは無理がありますが
  /   (●)  (一)  \
 |      __´___     |     一理ありますね
 \      `ー'´     /
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |
   \ /___ /





140 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:04:12 ID:FFHev09I0




        ____
       /      \
     / ⌒    ⌒ \
    /   (●)  (<)  \    ここは一つ、ルーデンドルフに
    |      ___'___     |    この問題について提案してみましょう
     \     ` n´   ,/
    /     | |    \
..         ノ .ュ
         { ..ニj
        . | "ツ



              ,  -―-  、
          ∠     _r 、rヽ
          / /   >ヽヽ ヘt
            i i  i iレ`iヽ    !         しかし、貴方と参謀次長とは
          レ W巡!厶 _jΔ   」__        その・・・あまり仲がよくないと聞いています
          {レ' ‐-  -- ヽ∧ >'⌒ヽ
           ヾ    |  / ∨::::::::::::::`::..、   大丈夫ですか?
            }\ ‐‐ イ   \:::::::::::::::::::\
         _ r 个 弋. イ 卜ー--‐ヽ::::::::::::::::::::::\
     _....:::::´├―ト、 `∨' ├ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::/
   /::::::::::::: ├─ l ``才´├.弋 :::::::::::::::::::::: /





141 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:04:25 ID:FFHev09I0





         ____
       /      \
      / ─    ─ \      その点は問題ありませんよ
    /   (●)  (●)  \     これはあいつ好みの提案ですし
    |     ___'___      |
     \    `ー'´    ,/     なにより、こと戦争に関する限り
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ      つまらない私情を挟む男じゃありませんからね
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |





142 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:04:52 ID:FFHev09I0




┌────────────────┐
└────────────────┘

    ┌─────────┐
    └─────────┘

        ┌────┐
        └────┘



.

143 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:05:03 ID:FFHev09I0





―― 参謀本部


     \]\                                                   /[/
         \]\               | ̄ ̄ ̄|     | ̄ ̄ ̄|                  /[/
          \]\              |___| __ |___|                 /[/
          \]\                   _|   |_                     /[/
                \]\      | ̄ ̄ ̄ ̄|  |   |   | ̄ ̄ ̄ ̄|      /[/
                 \]\     |____|  |   |   |____|    /[/
                 \]\           /| ̄ ̄ ̄|\            /[/
                 \]\___    [/| ̄ ̄ ̄|\]    ___/[/
                  \____ ヽ /l |      | l\ / ___/
                          ヽl|   ト|    |イ   |l/
____ _                  |   |l|    |l|  |                  _ _____
       |   ̄ ─- _              ┌‐┐  | l|    |l| ┌‐┐            _ -─  ̄  |
       |          ̄T、      /| ̄ ̄|\|_:l|┌‐┐|l:_|/| ̄ ̄|\        /| ̄        |
   __|         |\ || ̄¬ |  |__|l/| ̄ ̄ ̄ ̄|\l|__|  | l¨ ̄l| /  |        _|____
 ̄ ̄  |  ̄¬─- __ |   |:l| ̄ ||/|    |l  |____|  l|    |\| |  ||:|   .|_ -─  ̄   |
      |       T 7\ |:l|   ||  |    | /|      |:\l|    |  | |  || | /¨|          |
      |          |   >' ----- |  |    |   |      |  |    |  | -----`<  |          |
      |          |   |       |  _-‐T ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄T‐-_  l|      |:  |          |
      |          |   |\_ _-‐  ̄   l|_________|    ̄‐-_  _/|:  |          |
    _|_____|_  |、  |  _ -‐  ̄ |             |  ̄ ‐- _ |  _|:  |_____|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\|  ̄ | ̄     |             |      T  ̄ l|/ ̄         ̄ ̄ ̄
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : |       |             |         |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





144 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:05:45 ID:FFHev09I0





    .r =テ -‐‐-x'Tヽ
    l/ww  ww ヾ
    /  .○   ◯  ヽ       参謀次長
   {≡@ 、兄  @≡)
   `,=ー-.v-r.rvァ-‐=''       戦時食糧庁のグレーナー閣下より
  /    !.Y Y/    `ヽ      提案書が届いています
 ./  ,    `/      l
 l___l    {о ο   i.  j
  く,、_{    ヽo о  下ふ
    ヽ、__)____ノ
     'ー、_r-' '-、_,.つ



     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \        グレーナーから?
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /





145 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:05:56 ID:FFHev09I0





        ____
     /     \
    /  _ノ  ヽ__\
  /    (●) (●) \        まぁいい、読んでやるお
  |       (__人__)    |
  \        |\  / /|
  /     /⌒ノ  \/ ( )
  |      / / |       |





         ___
       /      \
      /  ─   ─ \
    /    (●) (●) \        ・・・・・・。
    .|      (__人__)   |    __
     \     ` ⌒/ ̄ ̄⌒/⌒   /
    (⌒      /     /     /
    i\  \ ,(つ     /   ⊂)
    |  \   y(つ__./,__⊆)
    |   ヽ_ノ    |
    |           |_
     ヽ、___     ̄ ヽ ヽ
     と_______ノ_ノ





146 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:06:08 ID:FFHev09I0





    .r =テ -‐‐-x'Tヽ
    l/ww  ww ヾ
    /  .○   ◯  ヽ
   {≡@ 、兄  @≡)    何が書いてありましたか?
   `,=ー-.v-r.rvァ-‐=''
  /    !.Y Y/    `ヽ
 ./  ,    `/      l
 l___l    {о ο   i.  j
  く,、_{    ヽo о  下ふ
    ヽ、__)____ノ
     'ー、_r-' '-、_,.つ



    / ̄ ̄ ̄\
  /        \       労働局と戦時食糧庁を合体させた
 /    ─   ─ ヽ      新しい組織を作るべきという話だお
 |    (●)  (●) |
 \  ∩(__人/777/      ・・・そしてそれは、参謀本部の影響下におかれるべき、らしいお
 /  (丶_//// \





147 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:06:22 ID:FFHev09I0





    .r =テ -‐‐-x'Tヽ
    l/ww  ww ヾ
    /  .○   ◯ しヽ
   {≡@ 、兄  @≡)    それは・・・
   `,=ー-.v-r.rvァ-‐=''
  /    !.Y Y/    `ヽ
 ./  ,    `/      l
 l___l    {о ο   i.  j
  く,、_{    ヽo о  下ふ
    ヽ、__)____ノ
     'ー、_r-' '-、_,.つ



       ____
     /_ノ   ヽ_\
    /( ●) ( ●)\
  / ::::::⌒(__人__)⌒::::\     渡りに船という奴だお
  |        ̄      |
  \               /





148 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:06:33 ID:FFHev09I0





             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\    すぐにグレーナーを呼んで来るお!
    |    (⌒)|r┬-|     |
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄



    .r =テ -‐‐-x'Tヽ
    l/ww  ww ヾ
    /  .○   ◯  ヽ
   {≡@ 、兄  @≡)   了解しました
   `,=ー-.v-r.rvァ-‐=''
  /    !.Y Y/    `ヽ
 ./  ,    `/      l
 l___l    {о ο   i.  j
  く,、_{    ヽo о  下ふ
    ヽ、__)____ノ
     'ー、_r-' '-、_,.つ





149 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:06:49 ID:FFHev09I0





┌────────────────┐
└────────────────┘

    ┌─────────┐
    └─────────┘

        ┌────┐
        └────┘



.

150 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:07:01 ID:FFHev09I0





         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \     呼ばれて来ました
    |     ___'___      |
     \    `ー'´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |      よく来てくれたお
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |





151 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:07:17 ID:FFHev09I0





         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \     用件は、例の提案についてですね
    |     ___'___      |
     \    `ー'´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |      そうだお
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |





152 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:07:28 ID:FFHev09I0





        ____
      /_ノ   ヽ_\
    /( ●)( ●)\
   /::::::⌒(__人__)⌒::::: \     あの提案、グッドだお
   |     (  (      |
   \     `ー'      /
   /    ヾ、 //  \ ヽフ
   ヽ_⌒)ハ //   | レつ||)
  i⌒l ミ゚Д゚,,彡⌒)  ヽ_ノ  ̄
  |  | ヽ__"" ヽ_ノ|  |
  ヽ  ̄ ̄ ̄/ ヽ ヽ_ノ
    ̄ ̄ ̄ /  /ヽ__)
       (__ノ



      / ̄ ̄ ̄\
    / _,ノ  ⌒ \
   /  (●)  (●) \    そうだろうと思いましたよ
  |       、 ´      |
  \      ̄ ̄    /
   ノ           \





153 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:07:41 ID:FFHev09I0





  (( (ヽ三/)    (ヽ三/) ))
      (((i ) ___( i)))
     / /⌒  ⌒\ \      効率を上げるための権力の集中
     ( /( ●)  (●)\ )
     /::::::⌒(__人__)⌒::::: \     何より、その集中先が
     |              |     この参謀本部というのがよいお
     \             /




            ____
           /       \
   .     / _,ノ  ⌒ \         役人達は動きが遅すぎますからね
       l^l^ln  (●)  (●) \
       ヽ   L   、 `       |      平時ならいざ知らず
        ゝ  ノ    ̄ ̄    /      あれでは戦時の状況変化に追いつけません
      /   /          \
     /   /             \
   . /    /         -一'''''''ー-、.
   人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))





154 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:07:52 ID:FFHev09I0





         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \      参謀本部は戦時食糧庁からの提案を採用するお
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/     それについて、もう一つ頼みたいことがあるんだお
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |




           ____
         /     \
       / _,ノ  ⌒ \
.     /   (一)  (ー)   \    ・・・察しはつきますが一応聞きましょう
.      |        ´    ij  |
     \     ⊂つ     /
     /           \





155 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:08:07 ID:FFHev09I0





         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \      この新しい組織の長官を頼むお
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



        ___
      /      \
     / ::\::::::/::: u\
   /  (⌒):::::::(⌒)  ヽ
    |       、__',_,   u.   |       イヤです
   \    `‐'´     /
    /⌒ヽ   ー‐   ィヽ





157 :名無しのやる夫だお:2012/07/22(日) 21:08:28 ID:Su.kqrBQ0



即答w


156 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:08:19 ID:FFHev09I0





       ____
     /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\     言いだしっぺの法則というのがあるお
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /



       ____
     /      \
    /  _,ノ   \ \        食糧と鉄道の仕事だけでも手一杯なのに
  /    (●)  (●) \      その上、労働問題の仕事までするなんて無理ですよ
  |   u    __'__     |
  \      L::::ノ  /





158 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:08:39 ID:FFHev09I0





       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\     その心配は無用だお!
  |             |
  \              /



        ___
       /      \
     / _ノ  ~ー  \
   /  (〇)  (〇)  ヽ    ・・・?
    |        '       |
   \    ー-    /
   /⌒ヽ        ィ ヽ





159 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:08:51 ID:FFHev09I0




               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |      鉄道の仕事はやめてもらうから
   /( ●)  (●)\  !   !      食料と労働の問題だけやってくれればいいお!
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /



         ___
         /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\          ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒ __´___ ⌒:::: \       ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
          イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。





160 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:09:05 ID:FFHev09I0





      ____
     /ノ   ヽ、_\    r ⌒j
   /( ○)}liil{(○)\   /   /
  /    _'__     ヽ/   /  /  )   絶対イヤです!
 |     |i|||||||i|     /  /  /  /
 \     |ェェェェ|     /   '` ´  /      お役所仕事が増えた上に
   r´  (⌒'ー―- イ′     ´廴     鉄道まで取り上げるなんてあんまりです!
  /    > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)
 /        -、      }        (  ̄¨´
/           ヽ._       __  \
             `   --‐'´ `゙' 、_.)





161 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:09:18 ID:FFHev09I0





           ___
         ,/      \
      ,,---、   ノ  ヽ、\ ― 、
      l   l o゚(○)   (○)゚o\  |
      |   | | |__'_.|_ |   |  |   そんなに私のことが嫌いですか!
      |   |  |  i|||||i|  |//  /    あんまりです!
     ゝ    |川!| ̄|川i|   /
彡    \          /
    彡  /          |
       ./              |



           ____
       / ノ  \\            お、落ち着けお
      / (●)  (●)\          別に嫌がらせで言ってるわけじゃないお
    / ∪  (__人__)  \
    |      ` ⌒´    |         ガチでお前以外に適任がいないんだお
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)    内政に理解と影響力がある軍人はお前だけだお
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /





164 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:10:26 ID:FFHev09I0




                    ______
                   /        \
       _          /            \
      {  ⌒}       /  \    /    │    ヤダヤダヤダ
     (`   `i       .イ c(≫ ))   ((≪ )   │
      {__,、_ァ- ′/ {`>_ Y´    ___'___     、`ヾつ
        /´X //  八     |/⌒ヽ|    レヘ⌒}      ヤダヤダヤダ
        {:// \'ィ、_   >  ` ⌒ ´  _.. イ   V
          /V   ト、_ >、_              >イ ハ  r‐v‐ 、
        { ハ     ト.ハ ト           <イ/ |ハ r'    }
  r'⌒ヽ-、|!  ヽ    \j             //'7-、|| ヽ_ィ  フ
  r'    j  | ヽ  \           ァァー----Ll_/ー'    ー'
  7   i′  l!     >        /
   ー^ー ′  _l!.斗‐.<       /
         ハ         /´
         ヽ:_ヽ__ ,⊥-´
             `



           ____
         :/    \:
        :/ _ノ iiiii \. \
       /  (○)  (○)  \
      : |    (__人__)    |:      そ、そんなに鉄道がすきなのかお!?
        \   ` ⌒´   /
        / ⌒ /⌒Y⌒ヽ ヽ
       :|  \|  .i  イ |
        |\ /   人  .\!
        |  \___/  \__/:
         |        /
         |         /




162 :名無しのやる夫だお:2012/07/22(日) 21:09:34 ID:mfZvT6fI0



すっかり鉄ヲタになってしまってるw


163 :名無しのやる夫だお:2012/07/22(日) 21:10:07 ID:cboQfEsQ0



マジ泣きwww

そこまでwww



165 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:10:44 ID:FFHev09I0




         ____
       /      \   シュッ
      / ─    ─ \       いえ、鉄道から離れるのがイヤで
    /   (●)  (●)  \     駄々をこねてるわけじゃないんですよ
    |     ___'___      |
     \    `ー'´    ,/     私がその任に適さないという
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ       ちゃんとした理由があるんですよ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



     ____
   /     \
  /  ─    ─\
/∪ ‐=・=‐ ‐=・= \       うん、まぁ、一応聞くお
|       (__人__)    |
\     ` ⌒´   ,/





166 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:10:56 ID:FFHev09I0





            ____
           /     \
          / \   / \        私の影響力の源泉は
        /  (●)  (●)  \       鉄道を握っていることにあるんですよ
      |         ´      |
      \      ⌒    /       だから、鉄道を離れれば
    / ̄ ̄ヽ           \       これまでのような影響力は維持できず
   (「    `rノ          \     私が就任するメリットの大半が失われます
    ヽ   ノ              \
     |   |             「\   \



     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \    ふむ
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /





168 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:12:04 ID:FFHev09I0





          ____
        /      \
       _ノ  ー     \     私は戦時食糧庁時代に
      ( ●)  ( ●)     \    事を急いで進めようとするあまり
      |    '            |    役人達に多くの敵を作ってしまっています
       \  ̄`        /
        /          ヽ
       /



        / ̄ ̄ ̄\           もちろん、それが必要だったのも確かですし
      / ノ    ヽ \         鉄道を掌握していればこそできたことでもあります
     /   (●)  (●)  \
     |      __´ _     |       ですが、鉄道から離れれば
     \        ̄    /        多くの敵を持った上に影響力の小さい、
 ⊂⌒ヽ 〉          く /⌒つ    哀れな一人の軍人に過ぎなくなってしまいます
   \ ヽ  /       \ ヽ /



          ____
        /     \
      / ⌒   ⌒ \
    /   (●)  (●)  \      だから私は鉄道課長のままでいるべきなのです!
     |      __´___     |
    \      `ー'´    /
     ノ           \





169 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:12:22 ID:FFHev09I0





    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |     ・・・話はわかったお
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \



        ____
      /     \
    /  -     - \
  /   (●)  (一)  \
 |      __´___     |     ご理解いただけたようで
 \      `ー'´     /     うれしく思います!
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |
   \ /___ /





170 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:12:44 ID:FFHev09I0





           ____
  .ni 7     /⌒  ⌒\
l^l | | l ,/)   / ( ゚ )  (。 ) \     n
', U ! レ' / / ::::::⌒(__人__)⌒:::::\  l^l.| | /)    でも、決定は変えないお!
/    〈 |       ヘ  /      |   | U レ'//)
     ヽっ     ` ⌒´    /  ノ    /
 /´ ̄ ̄ ノ           \rニ     |
                      `ヽ   l






        / ̄ ̄ ̄ \
       ノし ゙\, .,、,/"u\
     / ⌒ (◎)ヾ'(◎)u \
      | u  ⌒゙ ___'___"⌒ u |        絶対イヤです!
       \ u   `ヾ,┬、/` ,/
.       /⌒/^ヽ、 )__( ,ィヽ、
      /  ,ゞ ,ノ ゙⌒" ,  ゝ、
     l /  /      ト/.\\





171 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:13:23 ID:FFHev09I0




┌────────────────┐
└────────────────┘

    ┌─────────┐
    └─────────┘

        ┌────┐
        └────┘



.

172 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:13:34 ID:FFHev09I0





―― 1916年10月26日 グレーナー、中将に昇進


    .r =テ -‐‐-x'Tヽ
    l/ww  ww ヾ
    /  .○   ◯  ヽ         昇進おめでとうございます!
   {≡@ 、兄  @≡)
   `,=ー-.v-r.rvァ-‐=''         辞令と一緒に、ルーデンドルフ閣下からの
  /    !.Y Y/    `ヽ        お祝いのメッセージが届いています
 ./  ,    `/      l
 l___l    {о ο   i.  j
  く,、_{    ヽo о  下ふ
    ヽ、__)____ノ
     'ー、_r-' '-、_,.つ




         ____
       /     \
.    /   ノ '  ヽ\
.  / /)(ー) (ー)u\        ・・・読んでください
  | / .イ    '       |
.   /,'才.ミ).  ⊂つ  /
.   | ≧シ'        \
 /\ ヽ          ヽ





173 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:13:49 ID:FFHev09I0





    .r =テ -‐‐-x'Tヽ
    l/ww  ww ヾ
    /  .○   ◯  ヽ         『 昇進おめでとうだお!
   {≡@ 、兄  @≡)         役人達に舐められないように中将に昇進させたお!
   `,=ー-.v-r.rvァ-‐=''          キラキラの階級章に負けないように
  /    !.Y Y/    `ヽ         軍事庁長官の職務にしっかり励んでほしいお! 』
 ./  ,    `/      l
 l___l    {о ο   i.  j        とのことです
  く,、_{    ヽo о  下ふ
    ヽ、__)____ノ
     'ー、_r-' '-、_,.つ




               ___
            /      \
           /_,ノ   \  \
          / (ー)  (ー)   \
           |      '         |     はぁ・・・
   ,'⌒ _ \   ⊂ニニ⊃   /
   ヽ_ノ   /          \





174 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:13:59 ID:FFHev09I0





―― 1916年10月30日 マンパワーを含むあらゆるリソースを効率よく配分するための機関として
               軍事庁が発足。グレーナーがその長官に任命される。


       ____
     /       \
    /  _,ノ   ー \
  /   (●)  (●) ヽ   拒否権はなしですか
  |  u.    '      |
  \       - ―    /
   /            \



                             ※組織名横の名前はセクションの長
┏━━━┓
┃軍事庁┃ グレーナー中将
┗┯━━┛
  ├┳━━━━┓
  │┃スタッフ . ┃軍事スタッフのチーフ:フォン・クレッチュマン少佐
  │┗┯━━━┛技術スタッフのチーフ:タルト・ゾルゲ博士
  │  ├┳━━━━━┓
  │  │┃グループP1┃連邦参議院、帝国議会、邦議会関連の事項
  │  │┗━━━━━┛フォン・デーヴィツークレープス大尉
  │  ├┳━━━━━┓
  │  │┃グループP2┃工業問題と労働問題に関連した特殊な仕事、新聞関係、女性の労働中央組織
  │  │┗━━━━━┛マートン騎兵大尉
  │  ├┳━━━━━┓
  │  │┃グループP3┃手紙、電話、会合
  │  │┗━━━━━┛フォン・ヒュルゼン少尉
  │  ├┳━━━━━┓
  │  │┃グループM1┃行政問題と人事問題
  │  │┗━━━━━┛フォン・ツァビーンスキ大尉
  │  ├┳━━━━━┓
  │  │┃グループM2┃戦時食糧庁との連絡将校
  │  │┗━━━━━┛フォン・へIリンゲン大尉
  │  ├┳━━━━━┓
  │  │┃グループM3┃組織と軍事庁事務所と関連事務所との連絡、(出荷と輸送の)統計と緊急度リスト
  │  │┗━━━━━┛フォン・ルートヴィガー少佐
  │  ├┳━━━━━┓
  │  │┃グループM4┃補助勤務法、帝国議会一五人委員会との連絡
  │  │┗━━━━━┛ザルトリウス大尉
  │  ├┳━━━━━┓
  │  │┃グループM5┃軍事庁の部局や課との連絡
  │  │┗━━━━━┛ユスト大尉
  │  ├┳━━━━━┓
  │  │┃グループML┃農業
  │  │┗━━━━━┛シュヴェリーン中尉
  │  ├┳━━━━━━┓
  │  │┃技術スタッフ . ┃工業と工業の種々なブランチとの連絡、工場の閉鎖と合併
  │  │┗━━━━━━┛タルト・ゾルゲ博士
  │  └┳━━━━━━┓
  │    ┃グループWK .┃二〇〇人の専門家から成り審議機能を有する学術会議の議長
  │    ┗━━━━━━┛マックス・ゼーリング教授
  └┳━━━━┓
    ┃ 部 局  ┃
    ┗┯━━━┛
      ├┳━━━━━━━━┓
      │┃予備役及労働部局┃マルクアート大佐
      │┗┯━━━━━━━┛
      │  ├┳━━━━━━┓
      │  │┃経済関係顧問┃リヒャルト・ジヒラー
      │  │┗━━━━━━┛
      │  ├┳━━━━━━┓
      │  │┃予備役課    ┃フォン・ブラウン大佐
      │  │┗━━━━━━┛
      │  └┳━━━━━━┓
      │    ┃戦時労働局  ┃フロディーン大佐
      │    ┗━━━━━━┛
      ├┳━━━━━━━━┓
      │┃武器弾薬調達部  ┃クーペッテ少将
      │┗━━━━━━━━┛技術関係顧問:ヴイヒャルト・メーレンドルフ
      ├┳━━━━━━━━┓
      │┃戦時原料課      ┃ケート少佐
      │┗━━━━━━━━┛
      ├┳━━━━━━━━┓
      │┃衣料調達部      ┃ツィーグラー中尉
      │┗━━━━━━━━┛
      ├┳━━━━━━━━┓
      │┃輸入及輸出課    ┃ギースラー中尉(
      │┗━━━━━━━━┛
      └┳━━━━━━━━┓
        ┃食糧課          ┃ヴイルケ大佐
        ┗━━━━━━━━┛





175 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:14:39 ID:FFHev09I0




         ____
       / \  /\
     + / (●)  (●)\       それじゃグレーナー長官!
    /   ⌒(__人__)⌒  \ +    軍事庁をよろしく頼むお!
    |               |
     \            /




        ___
       /      \
     /   ⌒  ⌒ \
    /   ( ー)  (ー) ヽ      あなたは本当に強引ですね
    |  u   ___`___     |
    ヽ、    `ー '´   /
 ⊂⌒ヽ 〉         く /⌒つ
   \ ヽ  /      \ ヽ /





176 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:14:51 ID:FFHev09I0





       ____
     /      \
    /  _,ノ   \ \
  /    (●)  (●) \       ・・・一つだけ、約束してください
  |        '      |
  \      ⌒   /




     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \        なんだお?
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /





177 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:15:07 ID:FFHev09I0





            ____
           /     \
          /  \   /\        私の能力を信用した上で、私を使ってください
        /   (●)  (●) \
      |         ´     |       もし私の能力に疑問を抱いたら、そういってください
      \       ⌒    /
    / ̄ ̄ヽ           \
   (「    `rノ          \
    ヽ   ノ              \
     |   |             「\   \





       ____
     /      \
    /  ─    ─\          信用されないまま使われるなんて真っ平です
  /    (_)  (_) \
  |        '      |        その時は、私は自分からオフィスを去ります
  \      ⌒   /
   ノ           \





178 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:15:22 ID:FFHev09I0





         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |        心得たお
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |





           ____
         /     \
       /        \
      /  \    /  \   それならば、私も全力で
     |    (●)   (●)   |   職務に当たらせていただきます
     \      ´     /
     /      ̄ ̄    \





179 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:15:34 ID:FFHev09I0




         ____
       /⌒  ⌒\
      /( ●)  (●)\
    / ::::⌒(__人__)⌒:::: \    じゃ、さっそく最初の仕事をたのむお!
    |     |r┬-|     |
    \      `ー'´     /
      >         <
     ( |        / )
      `|       /'
         |   r  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......



        ___
      /      \
     / ::\::::::/::: u\
   /  (⌒):::::::(⌒)  ヽ       なんですか
    |       、__',_,   u.   |
   \    `‐'´     /
    /⌒ヽ   ー‐   ィヽ





180 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:15:45 ID:FFHev09I0





       ____
     /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\     『 祖国補助勤務法 』の草案を作ってほしいんだお
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /



     _____     ━┓
   / ―   \    ┏┛
 /ノ  ( ●)   \  ・
.| ( ●)  ,      |        それはいったい何の法律です?
.|           /
.|      '~   /
 \_    ⊂ヽ∩\
   /´     (,_ \.\
    |  /     \_ノ





181 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:15:57 ID:FFHev09I0




               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !      17歳から60歳までで
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l      軍役についていない全てのドイツ人を
  |     |r┬-|       |  /      祖国に奉仕させるための法律だお
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /




          ____
        /     \
      / ⌒   ⌒ \
     / u (=)  (=)  \       あぁ、そういえばそんなこと言ってましたね
    |      __´___      |
    \     `ー'´     /





182 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:16:10 ID:FFHev09I0





         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |      実は『祖国補助勤務法』の目的は
     \    ` ⌒´    ,/       戦時生産の効率化だけではないんだお
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |




          ____
        /     \
      /        \
     /  \    /  \       どういうことでしょう?
    |    (●)   (●)   |
    \      ´   u /
    /     ⌒     \





183 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:16:20 ID:FFHev09I0




  _ _   ___
 / ) ) )/ \  /\
 {   ⊂)(●)  (●) \
 |   / ///(__人__)/// \       この法律は、敵国にドイツ国内の結束を
 !   !    `Y⌒y'´    |       見せ付けるためのものでもあるんだお
 |   l      ゙ー ′  ,/
 |   ヽ   ー‐    ィ         だから、議会を全会一致で
 |          /  |         できるだけスムーズに通して欲しいんだお
 |         〆ヽ/
 |         ヾ_ノ」



           ____
         /     \
       / _,ノ  ⌒ \      また無茶を押し付けてきますね
.     /   (一)  (ー)   \
.      |        ´    ij  |     ・・・まぁ、命令された以上は引き受けますが
     \     ⊂つ     /
     /           \





184 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:16:30 ID:FFHev09I0





―― グレーナーはルーデンドルフからの要請に答え、6項目からなる法案を作り上げた


                     ____
                   /     \
                     /        \
                /  \    /  \
    , __        |    (●)   (●)   |
  _( 丶    \.      \      ´     /
 (丶.\ ヽ__丶     ノ      ̄ ̄   i
  (\ ヽ丶(≡≡≡(____/((┃))___ __i |_ ガリガリガリガリッ
  .\丶(≡≡≡(.     /ヽ,,⌒) ̄ ̄ ̄ ̄ (,,ノ   \
    丶(≡≡≡(     /_________ヽ  \
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

┏───  祖国補助勤務法 素案 ─────────────────────────────┓

  1.満一六歳から満六〇歳までのすべてのドイツ人男性は、
    兵役に召集されない間は祖国補助勤務に従事する義務がある。
  2.商業、工業、及び農業の雇い主には、軍当局の命令により、
    そこに雇用された従業員の名簿を作成する義務が課せられる。
  3.補助勤務に従事する義務のある者が就労をすすんで認めない場合は、
    将校、高級官吏、雇い主代表、被用者代表、各一名委員会によって召喚される。
  4.委員会は、補助勤務の仕事に適した人を選出し、経営から労働者を引き寄せる権利を有する。
  5.理由なく召喚に応じない者は罰せられる。
  6.補助勤務から生じた争いは、軍当局がこれを決定する。

┗───────────────────────────────────────────┛





185 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:16:40 ID:FFHev09I0





             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )
    ./:::: ⌒ ___´__   ⌒:::\       というわけで、
    |    (⌒)|r┬-|     |       祖国補助勤務法の法案ができましたよ
    ,┌、-、!.~〈 `ー´/   _/
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄




     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \     よくできているけど、男性限定かお?
|       (__人__)    |     ワシとしては、女性も動員して
./     ∩ノ ⊃  /      さらに生産力をアップさせつつ挙国一致を強調したいお
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /





186 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:16:57 ID:FFHev09I0





         ____
       /     \
.    /   ノ '  ヽ\        女性の強制徴用は大きな反発が予想されます
.  / /)(ー) (ー)u\
  | / .イ    '       |       法案をスムーズに通したければ
.   /,'才.ミ).  ⊂つ  /       今回は見送ったほうがいいでしょう
.   | ≧シ'        \
 /\ ヽ          ヽ



         ___
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \     じゃあ、これでいいお
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /





187 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:17:09 ID:FFHev09I0





―― グレーナーは補助勤務法を成立させるため、様々な立場と交渉を行った


           ____
          .l____l
         _|_____|_
          ̄リ ,,, ニ ,,,_ ヾ| ̄      なるほど、祖国の団結は結構なことですな
            ,ハ ^7 ,^   !.:.\
         /.:.:.V,r''''''ゞyイ.:.:.:.:..ヽ    しかし、労働者の転職を制限する条文も
        ノ.:!:.:.:.:`ゞ-<7.:〉.:.:.:i.:.:}    追加してくれんかね?
     _,,,/.:.:/:.:.:.:.:.:| }-{/i.:/.:.:.:.:|.:/
   ⊂と_」.:/!.:.:.:.:.:.:.!  ̄ リ.:.:.:.:.:り
    |l⌒)).  |.:.:.:.:.:./_ :__ヽ.:.:.:.:\
   ||      \/.:.::..:.:.:.:.:.:..:\:.::./
   | ̄|     /.:.:.:.:.:.:.「^Y.:.:.:.:.:.:|´
   .| |      {.:.:.:.:.:.:.:.| ,!.:.:.:.:.:.:|
   | |       \.:.:.:.:.:.V.:.:.:.:.:.:.:|
   ∥       \.:.:.::|.:.:.:.:.:.:.:!  【 資本家の皆さん 】
   │        > 'ゝ─‐イ、
   │        `ー' ``''ー‐


     _____     ━┓
   / ―   \    ┏┛
 /ノ  ( ●)   \  ・
.| ( ●)  ,      |        何でそんなものが必要なんです?
.|           /
.|      '~   /
 \_    ⊂ヽ∩\
   /´     (,_ \.\
    |  /     \_ノ





188 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:17:25 ID:FFHev09I0





           ____
          .l____l
         _|_____|_
          ̄リ ,,, ニ ,,,_ ヾ| ̄       兵役免除を受けた熟練労働者は大変貴重でのう
            ,ハ ^7 ,^   !.:.\
         /.:.:.V,r''''''ゞyイ.:.:.:.:..ヽ     賃金値上げによる取り合いが加熱してるんじゃ
        ノ.:!:.:.:.:`ゞ-<7.:〉.:.:.:i.:.:}
     _,,,/.:.:/:.:.:.:.:.:| }-{/i.:/.:.:.:.:|.:/
   ⊂と_」.:/!.:.:.:.:.:.:.!  ̄ リ.:.:.:.:.:り




          ____
        /      \
       _ノ  ー     \      より待遇の良い職場を選ぶことも
      ( ●)  ( ●)     \     労働者の権利でしょう
      |    '            |
       \  ̄`        /
        /          ヽ
       /





189 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:17:36 ID:FFHev09I0





           ____
          .l____l
         _|_____|_
          ̄リ ,,, ニ ,,,_ ヾ| ̄       しかし、賃金の値上げ分は
            ,ハ ^7 ,^   !.:.\      武器の調達価格に影響を与えますから
         /.:.:.V,r''''''ゞyイ.:.:.:.:..ヽ     結局は祖国のためにはならんのです
        ノ.:!:.:.:.:`ゞ-<7.:〉.:.:.:i.:.:}
     _,,,/.:.:/:.:.:.:.:.:| }-{/i.:/.:.:.:.:|.:/
   ⊂と_」.:/!.:.:.:.:.:.:.!  ̄ リ.:.:.:.:.:り




       ____
     /       \
    /  _,ノ   ー \
  /   (●)  (●) ヽ      確かにそういう一面もありますね
  |  u.    '      |
  \       - ―    /
   /            \





190 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:17:50 ID:FFHev09I0




           ____
          .l____l
         _|_____|_
          ̄リ ,,, ニ ,,,_ ヾ| ̄         それに、賃金として出回るお金が増えて
            ,ハ ^7 ,^   !.:.\      既にインフレがおきつつありますぞ
         /.:.:.V,r''''''ゞyイ.:.:.:.:..ヽ
        ノ.:!:.:.:.:`ゞ-<7.:〉.:.:.:i.:.:}     これでは、結局労働者の損にもなる
     _,,,/.:.:/:.:.:.:.:.:| }-{/i.:/.:.:.:.:|.:/
   ⊂と_」.:/!.:.:.:.:.:.:.!  ̄ リ.:.:.:.:.:り





         ____
       /     \
.    /   ノ '  ヽ\         わかりました
.  / /)(ー) (ー)u\       雇主の同意なくして労働者が転職できないよう
  | / .イ    '       |       制限をかけるようにします
.   /,'才.ミ).  ⊂つ  /
.   | ≧シ'        \
 /\ ヽ          ヽ





191 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:18:49 ID:FFHev09I0




           ____
          .l____l
         _|_____|_
          ̄リ ,,, ニ ,,,_ ヾ| ̄
            ,ハ ^7 ,^   !.:.\
         /.:.:.V,r''''''ゞyイ.:.:.:.:..ヽ       ほっほっほっ!
        ノ.:!:.:.:.:`ゞ-<7.:〉.:.:.:i.:.:}       それなら安心ですわい
     _,,,/.:.:/:.:.:.:.:.:| }-{/i.:/.:.:.:.:|.:/
   ⊂と_」.:/!.:.:.:.:.:.:.!  ̄ リ.:.:.:.:.:り
    |l⌒)).  |.:.:.:.:.:./_ :__ヽ.:.:.:.:\
   ||      \/.:.::..:.:.:.:.:.:..:\:.::./
   | ̄|     /.:.:.:.:.:.:.「^Y.:.:.:.:.:.:|´
   .| |      {.:.:.:.:.:.:.:.| ,!.:.:.:.:.:.:|
   | |       \.:.:.:.:.:.V.:.:.:.:.:.:.:|
   ∥       \.:.:.::|.:.:.:.:.:.:.:!
   │        > 'ゝ─‐イ、
   │        `ー' ``''ー‐





192 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:19:05 ID:FFHev09I0




   ´ /.: : : : : : : : : : : : :、:::::.ヽ
    / : : : :,、メ 、: : : : 、: : : :ヽ:::::..',
.   i : : : : :|!| |i',: : : :.〈: : : : }:i::::∧
.   {.i : : : :| ! ! ヾィ≠-=ミ-、i|:::::::..i
.   ∨ ,ィ,=--     ,ィ=。ァ、_,..i l'`i::::|
    ヽ∧.ィャァ _ ァ ゝィマ゙  |:| ス:〈     、   グレーナーさん。新しい法律には
      ( ゞ' ノ¨`ー‐ ''′  |:i´::::メ,.    }`ヽ  転職制限に関する項目があると聞いたのですが
        ', ̄        ∧!::::::〉'=、,ェ_.ノ,ノ′
     、.  〉、   ̄`   .イ、゙|! ̄`ー‐=ッ-'´    本当でしょうか?
     ィi:ヽ 〉ソ≧-、.__,,   |`ヽ
     `ー゚、,ィニ 、ヽ∨,,..-‐`i
      , -‐{ゝ   /_,..、-‐〃, 、_
.    ィ´/〉/i     ,'〃/ // .//ヾ` 、
    ,' リ〃//〉 _,.-〈/ / // 〃リノ }| i| i}  【 労働組合の皆さん 】
.   i |l/ //∧  _,ィ` 、././ ,i〃 / 〃,リ





         ___
       /     \
      /ノ   \  \
    /(●) (●)  u \       えぇ、確かにあります
    | u  __´__   U    |       しかし、これは――
    \_ `ー'´    _/
 ⊂ ヽ∩ /        \
  '、_ \|         |
     \ \  /  /





193 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:19:19 ID:FFHev09I0





.       /: : : : : : : : .:;:ト、i,:: : : : : : : :.',
      ,: : : ::ii: : : .::/リ .i| i: : : ::i: : : : !
       {: : : ::l| : : ::|!/  | |i:: : ::|!: : : .}
      ∨.:i,≠三<    -‐=ミィ:_:/
.       f'|:ト f'{式ヽ   イ式トァ.|:i }          仕方のない事情があるのでしょう
       ゝi. (゛¨´ )‐( ゛¨´) i:|ノ
  ィ〈     |:i',   ̄  '    ̄  'lリ    /:i、     しかし、今は非常時です
  \:.〉._.-i'´〈|:.〉.   ‐ ‐   .<}:/゙:}、_ _/: ノ´    『城内平和』を守るためにも
   >'=ィ='ーヘ.  丶    .< ノ'ー'=‐=ィ''´      あえて反対はいたしません
            -ト、 ¨´::|-、
         _.、-{ 、  `゙'「 ,}、.. __
        ,..'"〃ヽ〉 il `ー.|イ 、 ヽ }` 、
      l ii ll || {,ィil ll ヘ{ .l; .| i|ヾ 、∨、i



        ___
       /     \
     /  ⌒   ⌒\         ありがたいことです
    /   ( =)  (=)\
    |  u    ___´___   |        労働者の皆さんの協力なくして
    ヽ、    `ー '´  /        我々は戦いぬけはしないでしょうから
     ノ          \





194 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:19:42 ID:FFHev09I0





                          "Burgfrieden"
             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、      「城内平和」とは、もともと中世ドイツの法において
             / /" `ヽ ヽ  \     「城壁内での私闘禁止」を意味する言葉だったにょろ!
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|    第一世界大戦の勃発と共に社会主義政党と政府、
         レ!小l●    ● 从 |、i|    あるいは、資本家と労働者といった対立を
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│   戦争遂行のために一時的に停止するという
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !    協力関係が結ばれたにょろ
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│   そして、この協力関係を「城内平和」と呼ぶようになったにょろ!
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |    フランスでもこれに似た協力関係が結ばれ
                           こちらは「神聖同盟」とよばれたにょろ!


.

195 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:19:55 ID:FFHev09I0




              _ ,-‐=、  __
             .ィ: :´: : :'´: :¨:`:∀;、-‐`` 、
           / .: : : :/: : : : : : : ̄: :>.、
        / .: : : :/: : : : : : : : : : : : : : :ハ
        . .:: : : :/: : : :/: : : : : : : : 、: : : : i
.       i: : : : : : : 7: :/: : /: : : /〃'ハ: : : i
.       !: : : : :〃/: 〃: /: : :〃/ ノリ: : :リ
         ',: : /¨7: i ̄>=-=/  ≧.、∨
  ,ィ       i: ∧. {: ,へ.ヽ.._,,   ._,/
〈:': ;     _〃: :.ヽ|:7   `(  ̄ )-/ ̄ メ     ですが、転職の自由がないのをいいことに
 ゙<Y=-‐i´: ,:ィ`ー‐|:ト     ̄   ノ ''7      労働者の待遇を大きく悪化させるものがいないとも限りません
    ゙゛¨´ ̄    .!|.|丶    - ‐  イ
           ,lィ|  >.. _ .イ〃
            ,ィ!、 ̄`` ー|''i,._
.         , くー=ミ 、>.ー<。、ヽ≧..、
        /´i l| |i マ,ヽ ヽ ヘ ヽヽヽ,ハ
.       ' i | || |i  .リ、ヽ ヽ ヘ ヘヽ∨.}



        ____
      /     \
    /  -     - \       わかりました
  /   (●)  (一)  \      では、待遇があまりにも悪い場合は
 |      __´___     |      軍が経営者に代わって転職許可証を出せるようにしましょう
 \      `ー'´     /
 /     ∩ノ ⊃   /       軍は、可能な限りあなた方の権利を守るようにいたします
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |
   \ /___ /





196 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:20:35 ID:FFHev09I0





        / . : : : : : : : : : /. : : : : : : : : : : ハ
       ,' . : : : : : :il: : : ,'. : : : :,; : : : ili: : : }
       {: : : : : : : :|:i : :|: : /. :;i| : : : |リi: : リ
.        !: : : /´Y: !ァ_:_:|=-<ノ| : : :ノ/.: ::/
 /{     〉: :∧lc|: /丶.,ィ:i5゙ヽ` ̄,ィく.ヘ/
.〈: : i   ,.-/. : : : :ゝ|: |  ヽ;メー -、_ i:}/.     それを聞いて安心しました
  ヾ{:>':゙j、:_;:ィー‐ァ;ィ|: |   `ー‐ ' ヽ_ ノ
    ¨      〃 !:.i .     、 _ 丿      くれぐれも約束は守ってくださいよ?
          ,-八i  :.、    ..ィ'        我々はあなたを信頼して賛成するのですから
          ノ  ̄`丶、.ハ ー ´
         /, ‐=ミー‐、. リ、> 、、
        〃、 }i ii iYヾ、ヽ`}、ヽ ∧
        /.、 i, || i}ト、.ヽヽヘ丶ヽj





197 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:20:54 ID:FFHev09I0





―― 各方面の意見を盛り込んでいった結果、元々たった6条しかなかったこの法案は
    20条にまで膨らんだ後、圧倒的多数で可決された


                     ____
                   /     \
                     /        \
                /  \    /  \
    , __        |    (●)   (●)   |
  _( 丶    \.      \      ´     /
 (丶.\ ヽ__丶     ノ      ̄ ̄   i
  (\ ヽ丶(≡≡≡(____/((┃))___ __i |_ ガリガリガリガリッ
  .\丶(≡≡≡(.     /ヽ,,⌒) ̄ ̄ ̄ ̄ (,,ノ   \
    丶(≡≡≡(     /_________ヽ  \
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┏─ 祖国補助勤務法要約 ────────────────────┓
  17~60歳の男は全員補助勤務しろ
  軍役・軍事産業・食糧生産・林業・看護等に就業している場合は免除する
  補助勤務は軍事庁が取り仕切る

  転職には雇用者の同意を必要とする
  労働者の待遇には可能な限り注意を払うこと

  軍事庁は様々な労働紛争に介入できる
  軍事庁の決定には従わなくてはならない
┗───────────────────────────────┛





198 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:21:12 ID:FFHev09I0





―― この法案の成立後、グレーナーは全ての労働組合が一堂に会した労働組合会議に招かれ
    そこで演説をする機会に恵まれた


       ,.  -───-  、
     /            \
     / ▽           ▽
    / △            △|
    |  |  |           |
    |  |  |ノ|_∧_∧_ト| .|
    > . |  |/ Τヽ   / Tヽ| |       次は、軍事庁長官であらせられる
  _/   |   |ヽノ    ヽノ .| |       ヴィルヘルム・グレーナー中将からのご挨拶です
  `Z____ヽ |、_    ワ   ノ| /
       /\|      '⌒ヽ レ
       |           \
       |  八    \   ヽ_
      |        ヽ   (  )



              \ パチパチパチ /
                               \ パチパチパチ /
             ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ .∧_∧ ∧_∧ ∧_∧
             (    )(    )(    )(    )(    )(    )
                ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ .∧_∧ ∧_∧
                (    )(    )(    )(    )(    )(    )
             ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ .∧_∧ ∧_∧ ∧_∧
             (    )(    )(    )(    )(    )(    )
                ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ .∧_∧ ∧_∧
                (    )(    )(    )(    )(    )(    )





200 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:21:33 ID:FFHev09I0





        ___
       /     \
     /  ⌒   ⌒\
    /   ( ⌒)  (⌒)\     私、グレーナーは、補助勤務法の審議を通じて
    |       ___´__   |     あなた方の代表者の多くと面識を持つようになりました
    ヽ、    `ー '´  /
     ノ          \




       ___
      /     \          私はあなた方と知り合いになることができて、幸せでした
    /⌒   ⌒  \
   /( ●)  (●)   \       そして本日、あなた方とともに過ごすことができますことを
   i *  __´___ *::::::   |       特にうれしく思います
   ヽ、  `ー'´     /
   /          \





201 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:21:54 ID:FFHev09I0





       ____
      /     \
    /  \   / \
  /  (●)  (●)  \     私たちはお互いに最高の信頼関係を築き、
 |       __´___       |    そして講和締結の一ヶ月後に補助勤務法が失効した時、
 \      `ー'´    /    互いに手をとり合い、次のように言いあえるようになりたいものだと思います
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |
   \ /___ /





         ___
       /     \
      /   \ , , /\        「私たちの共同の戦時の作業を通して蒔かれた素晴らしい種が
    /   (●)  (●) \       ドイツ国民の発展のために発芽して
    |       、__',_,    |      希望と期待を作り出したのだ」
     \         , /
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ     とね!
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |





202 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:22:09 ID:FFHev09I0





―― グレーナーの挨拶は大喝采とともに受け入れられた



                                         f¨゙!
:┐         n /〉               <ヽ          /^〉'
 !         }”/              ,、  <`ヽ        ./:::/.,、
⌒!ィ        f¨゚{             <´ 'ヽ Vハ   |ヽ Y¨! |::::}イ { , -ー 、  _ /¨>  r-‐,、 <⌒!
::〈人_r-ー- 、_r<}| >:::: ̄:`ヽ__, - 、__r 、r=¨>‐-! /:::::}__Vヘ }:::|__}::::{.ィ1.|:.:.:.:.:.:.}_, くノ ̄! ./;;;;;;;;;}_, ヘ⌒',
/:.< /::::::::::::::::Y::/|i /::::::::::::::::::::::Y:.:.:.:.:.YVイ!:::::}::::::::|/::::::/:ァ<! V_::|  ',く/⌒!}:.:.:.:.:ノ/ /:/^V__〈ヽ;;;;;/_!__ノ::::::ヽ
:.:.:.:}|:::::::::::::::::::|:{:. }:!:::::::::::::::::::::::: l:.:.:.:.:.:.|ィ ゝx}:::::: |::::::/:.:/  / > ¨⌒ヽ:'.  V¨¨ヒ{_. V==<:::::`ヾア´:f⌒!ヽ:::::}
\f':!::::::::::::::::::l ハ:.:リ'.:::::::::::::::::::::::∧:.:.:.:./ >イ::! :::: |:::::{Y/' 〈 /:::::::::::::::::}:'   V::::::::::{ .}  .}::::::::::|:.:.:.:.|:.:.:|:.:.}-:'
  ヾ!,、:::::::::__/_/  ヽ::::::::::::::::/|レVWハ/::::::::/:::::: |::::::|ハ   V!::::::::::::::::::!:/  ./:::::::;:::Y  /^!:::::::{:ト、: |:.:.:|:./:::::
    `Y゚ ̄    _/VレvイW:::::`ー-::__/:::::::::/:::::::| ヽ  `!:::::i:::::::::::|'   /:::::::/L_|   ̄⌒¨}>ヘ}:.:.:|”::::::::
、       f´ ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::|   ヽ .|:::::l::::i::::::|  /:::::::::|  >- ._  }}   |:.: |ヽ:::::::



―― グレーナーは補助勤務法の審議の過程で、
    労働組合との友好的な関係を築くことに成功していたのである

.


203 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:22:19 ID:FFHev09I0




┌────────────────┐
└────────────────┘

    ┌─────────┐
    └─────────┘

        ┌────┐
        └────┘



.

204 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:22:33 ID:FFHev09I0





          ___
        /     \
      / ノ    ヽ \      ふう
    /   (●)  (●)  \     やっと一仕事終わりましたね
     |       ´      |
    \      ⌒     /
     ノ           \



    .r =テ -‐‐-x'Tヽ
    l/ww  ww ヾ
    /  .○   ◯  ヽ         いいえ、閣下
   {≡@ 、兄  @≡)         これからようやく仕事を始められるのですよ
   `,=ー-.v-r.rvァ-‐=''
  /    !.Y Y/    `ヽ
 ./  ,    `/      l
 l___l    {о ο   i.  j
  く,、_{    ヽo о  下ふ
    ヽ、__)____ノ
     'ー、_r-' '-、_,.つ





205 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:23:21 ID:FFHev09I0





               ___
            /      \
           /_,ノ   \  \       そうでしたね
          / (ー)  (ー)   \
           |      '         |     さて、次は何の問題に取り組みましょうか
   ,'⌒ _ \   ⊂ニニ⊃   /
   ヽ_ノ   /          \




    .r =テ -‐‐-x'Tヽ
    l/ww  ww ヾ
    /  .○   ◯  ヽ       では、まずこちらの資料をご覧ください
   {≡@ 、兄  @≡)
   `,=ー-.v-r.rvァ-‐=''
  /    !.Y Y/    `ヽ
 ./  ,    `/      l
 l___l    {о ο   i.  j
  く,、_{    ヽo о  下ふ
    ヽ、__)____ノ
     'ー、_r-' '-、_,.つ





206 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:23:33 ID:FFHev09I0






     / ̄ ̄ ̄\
    / _,ノ  ⌒ \
  /  (●)  (●) \     おや、今年のジャガイモの収穫量の報告ですか
  |     、 ´      |
  \      ̄ ̄|\  / /|
  /     /⌒ノ  \/ ( )
  |      / / |       |





















           ___
         /      \
        /        \
      /     ー !! ー \
      .|      ( ・)}ili{(・ ) |  __
      \        / ̄ ̄⌒/⌒   /
      (⌒      /     /     /
      i\  \ ,(つ     /   ⊂)
      |  \   y(つ__./,__⊆)
.




207 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:23:55 ID:FFHev09I0







┏───────┓     \     ┏───────┓
 1915年の収穫量      ̄ ̄ \    1916年の収穫量
    5000万t       __ /       26万t
┗───────┛     /     ┗───────┛
           ___
         /      \
        /:::-::::::::::::-:\
      / (○ )::::( ○ ):: \
      .|    :::::__´_:::::::   |   __
      \   ::::: ̄::::::/ ̄ ̄⌒/⌒   /
      (⌒      /     /     /
      i\  \ ,(つ     /   ⊂)
      |  \   y(つ__./,__⊆)


    .r =テ -‐‐-x'Tヽ
    l/ww  ww ヾ
    /  .○   ◯  ヽ     こっちをみてもジャガイモは出てきませんよ
   {≡@ 、兄  @≡)
   `,=ー-.v-r.rvァ-‐=''
  /    !.Y Y/    `ヽ
 ./  ,    `/      l
 l___l    {о ο   i.  j
  く,、_{    ヽo о  下ふ
    ヽ、__)____ノ
     'ー、_r-' '-、_,.つ




212 :名無しのやる夫だお:2012/07/22(日) 21:25:36 ID:Su.kqrBQ0



二桁ダウンとか・・


208 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:24:21 ID:FFHev09I0





    .r =テ -‐‐-x'Tヽ
    l/ww  ww ヾ
    /  .○   ◯  ヽ
   {≡@ 、兄  @≡)
   `,=ー-.v-r.rvァ-‐=''      ジャガイモだけでなく
  /    !.Y Y/    `ヽ     小麦を含むあらゆる作物の収穫が激減しています
 ./  ,    `/      l
 l___l    {о ο   i.  j
  く,、_{    ヽo о  下ふ
    ヽ、__)____ノ
     'ー、_r-' '-、_,.つ



           ____
          /   u \
     :/  \   / \:      これはかなりまずいですよ!
    :/ U (@)  (@) \
    |    u  __´,_  U |:    ただでさえギリギリの食糧事情なのに
    :\u    ./__/   /:     これでは本格的な飢饉がおきてしまいます!
.    ノ     / )ヽ    \
   (  \  /__ノi )     )
.   \  ゙  /  ヽ ヽ / /
     \_/     \_ ノ





209 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:24:41 ID:FFHev09I0





       ____
     :/::::::::::::::::\:
   :/ ⌒三 ⌒::::::\        それだけならまだしも、
  /  (○)}ililli{(○ ):::\:      それに乗じて過激派どもが民衆を扇動したら・・・
 :|      __´___::::::::::::::::::|
  \      `ー'´::::::::::::/:



    .r =テ -‐‐-x'Tヽ
    l/ww  ww ヾ
    /  .○   ◯  ヽ         えぇ、一刻も早い対処が必要です
   {≡@ 、兄  @≡)
   `,=ー-.v-r.rvァ-‐=''
  /    !.Y Y/    `ヽ
 ./  ,    `/      l
 l___l    {о ο   i.  j
  く,、_{    ヽo о  下ふ
    ヽ、__)____ノ
     'ー、_r-' '-、_,.つ





210 : ◆WW.IweeeIE:2012/07/22(日) 21:25:13 ID:FFHev09I0





―― 1916年から1917年にかけて「ルタバガの冬」と呼ばれる深刻な食料危機が発生した



:.: :.: . . . . . . . . . . .             ̄ ̄   ̄───   .!_____|         |____..   |
_:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.: . . . . . . . .                                ̄ ̄
: .  ̄ ̄Λ_Λ──______:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:.i ̄ ̄i:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :. . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
:::::::::: /:彡ミ゛ヽ;)ー、::::::::: Λ_Λ. .  ̄ ̄ ̄ ̄─‐. ⊂ニニ⊃ ______:. :.:. :.:. :.:. :.: Λ_Λ:.: :.: :. :. :.
::::::.../ :::/:: ヽ、ヽ、 ::i:::::....(-д-::: )ー、::::::.......    ( ゚д゚ )ー、  Λ_Λ:: .. . ̄ ̄ ̄─(-д-::: )ー、::..
::. . / :::/;;:   ヽ ヽ ::l::: . /i ;:      :::i:::.::::::..... .  /i ;:      ::. i /:彡ミ゛ヽ;)ー、:::::::... .  /i ;:      :::i::..
: . (_,ノ⌒\;; ヽ、_ノ:l: . (:: ;;__/ :::./ |:::::......   (:: ;;__/ :::./::/ :::/:: ヽ、ヽ、 ::i::::.... .  (:: ;;__/ :::./ |:: .
    i⌒\)i⌒\ /:: .. / ____/ :|:::::::::.... . .  / ____/::/ :::/;;:   ヽ ヽ ::l:::::......  / ____/ :|::..
    | :::| ::;;_|