ブログパーツ 泳ぐやる夫シアター やる夫と学ぶ野村克也 第7話 「テッド・ウィリアムズの打撃論」


















やる夫と学ぶ野村克也 第7話 「テッド・ウィリアムズの打撃論」




         , ,. .__
       __//〃'´:::: ̄::¨::''‐、
     /:::;:L!{l;;;ハ::::、::::::::::::::::::::ヽ
     〃::/_- 、 ! |ハ「ヽド、::::::::::::::i
.     l::∠=ヽ_{∠_,ノ;三ゝ.j三ミ、::|
     l〈.、=<, `ーr'==; }三ミミ :|   さあ、今回からいよいよ野村を野村たらしめる
.      f7ヽニ゚イ  ゙ヾ゚ニ´  }::}ニヾ::|    エピソードの始まりだ
.     l」   / ''''  、     }::7´ |::|
      〃 r'^ー‐--'^ー 、 ノ::{ r'/:::|   ここまで来るのに少し時間を掛けてしまったな
      ゙{ ! 」二二二フ } ヾミT´::::::|
      ヽ、 ー-      ' ,  i.|、:::::リ
.      _r'f ー:----‐ ''´  ! ト;ヾ'、
  -‐ '7´| l |  `ー'     .//.+ l ` ー-
   +./.+ |+ヽ、      //+ +/+ + +




            ___    ━┓
         /   ― \   ┏┛
       |     (●) ヽ\ ・
       l   (⌒  (●) |
        〉    ̄ヽ__)  │
.     /´     ___/
     |        ヽ
     |        |






12 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 21:00:00 ID:XP9rVBA20




  ━┓
  ┏┛     ⌒
  ・      ___⌒
      / ― 乂____    ━┓
    /ノ  (●/   ― \   ┏┛   一体何を言ってるんだお?
  . | (●)   |     (●) ヽ\ ・
  . |    (__ノl   (⌒  (●) |      ノムさんはノムさんじゃないかお
  . │       〉     ̄ヽ__)   |
    \__/´      ___/      言ってる意味がよくわかんねーお
        /|          ヽ
         | |         |




           , ィ〃〃〃〃〃〃,,)))
         ,r≦三〃〃〃〃〃〃,)))ゝ、
        /彡三〃彡彡//////-'''''' Yミ、
        .{イメ彡///ノ /イ 〃リ.ヽ _ _ ミヾ
        .彡三三ニ{    ̄` _  {´ ,,,,ゝ
        ,彡彡三ニ;} ∠三二ヽ`ヽ}∠≦ノ   野村のことをよく知らないやる夫ならば、
        彡メ彡三{   fニヒノj'''  、fニヒノヽ   そう思うのは仕方あるまい
       ,彡ソf-三ニ{  ‐-‐'   _ ヽ、ー' {
       彡ニl   三{{      _,t _____ )、 l
       /l/l,ハ ` 三}  ./     _ ヽl
       !l/l/l/l`t-イ       ` ̄ - ` j
        ヾj/T(\    、      __ ,イ\____
      __ノ:;:;:;:ヽ\\     ̄ ̄ ̄ノ   i!lヽ:;:;:;:;\:;:;:;:;:;: ̄





13 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 21:00:49 ID:XP9rVBA20




          , , , -‐==- ._
            /.//イイ≦三≡=‐=‐-.._
         i .川/〃イ三≧三三二≧、
       , -ゝlllllヘヘヘへミミミミミ、ミミ、、ミ
      イイフジ゙゙'' ヘ. \\`ヾ゙゙三ミミヾヾミ
      ´イ//   / ,イ´ヽ `  ヾ 、`ヾミミミ
       llレ__` { ´ _,,イ二ヽ ヾミミ、 ヽヾミミ    しかしやらない夫よ、お前はどうだ?
        {三≧ =≦竺o=''  三ミミ、ミミ、ミミミ
         .〉ー ゚'   、  ノ   三ミ、ミミ、ミミ、ミ   これまでの野村の姿に少し違和感があったのではないか?
        .( `_/..    `¨    三三F lミヾミミ
        l (  ___)ヽ 、   三-、 .リヽヾヾヾ、
         l/  ̄__ _ `ー、  .三 ' /川川ハハヾ
         l ´ _   `   l   ゝ-イ川 川川ハハ
        l   ¨       ___ ノノノノノ川 l || l i ハ
        ゝ._     __  、二ンノイノノノ川 川 l川
            Т  ̄  // `ーイノノノノハノノハノノ
      r‐‐- - -┴────-==─イイノノハノハ
       jl`ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
      ノj   ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :




               / ̄ ̄\
             / ノ  \ \
             |  (●)(●) |  えっ
.             | u.(__人__) .|
        r、      |   ` ⌒´  .|
      ,.く\\r、   ヽ      ノ
      \\\ヽ}   ヽ     /
       rヽ `   ヽ  /   ァ'´ヽ
        └'`{  .   \.|   /   i
            ヽ、._   ヽ、_,r'   .|
            `ヽ、   /'  |
               `'ー'´




15 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 21:01:42 ID:XP9rVBA20




     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●)   うーん、まあ‥‥正直当たりだろ
  . | u.   (__人__)
    |     ` ⌒´ノ   今まで見てきたノムさんは
  .  |         }    俺の知ってるノムさんとはちょっと違う人みたいだったろ
  .  ヽ        }
     ヽ     ノ
      i⌒\ ,__(‐- 、
      l \ 巛ー─;\
      | `ヽ-‐ーく_)
  .    |      l




       ____
     /      \
    /  ─    ─\   
  /    (●)  (●) \  ? どういうことだお?
  |       (__人__)    |
  ./     ∩ノ ⊃  /
  (  \ / _ノ |  |
  .\ “  /__|  |
    \ /___ /




17 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 21:02:43 ID:XP9rVBA20




      / ̄ ̄\
    / ノ  \ \/`i
    |  (●)(●)./  リ       俺が知ってるノムさんは「勝つためにはあらゆる手段を打つ」人だったろ
   . |  (__人__)..|  /
     |   ` ⌒´ リ  ヒ       気持ちや根性でどうこうしようとか、真正面から力で挑んだりって戦い方は
   .  ヽ     //  ,`弋ヽ    まずやらなかったんだ
      ヽ  - ′.Y´  , `ヽ`.l
      /〈  `ー〈::....ノ   V
      | ヽ_ー 、 `ヾ_/ //
       |    フ-、`ー┴‐-〃
            `ー‐一′




        ., ──‐、
       /     \
 .     .|     _ノ  ヽ        でも今まで見てきたノムさんは、確かに日々行ってる努力は物凄いけど
      |     ( ●) (●)        真正面から相手に立ち向かったり、気持ちを前面に押し出してるだろ
      |       (__人__) , -―ーっ
       |     ` ⌒´ノ ( ゝ彡 ̄   なんか別人見てる気分になるんだよな
 .      ン         } ゙| ̄'|
     /⌒ヽ、     ノ  .|,  |
 __/   ノ \_ィ ´ー‐ィ'   ∫
 | |  /   /    r_____ ∬
 | | /   /      |i    ┌‐┐
 | | ( 〆⌒'──r─≒、.((|   |
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄└‐┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





18 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 21:03:44 ID:XP9rVBA20




          , , , -‐==- ._
            /.//イイ≦三≡=‐=‐-.._
         i .川/〃イ三≧三三二≧、
       , -ゝlllllヘヘヘへミミミミミ、ミミ、、ミ
      イイフジ゙゙'' ヘ. \\`ヾ゙゙三ミミヾヾミ
      ´イ//   / ,イ´ヽ `  ヾ 、`ヾミミミ     今までならば、それで結果を残すことが出来た
       llレ__` { ´ _,,イ二ヽ ヾミミ、 ヽヾミミ
        {三≧ =≦竺o=''  三ミミ、ミミ、ミミミ     だが、5年目に自身もチームも屈辱にまみれた野村は、
         .〉ー ゚'   、  ノ   三ミ、ミミ、ミミ、ミ     ある厳然たる事実に気付かされることになる
        .( `_/..    `¨    三三F lミヾミミ
        l (  ___)ヽ 、   三-、 .リヽヾヾヾ、
         l/  ̄__ _ `ー、  .三 ' /川川ハハヾ
         l ´ _   `   l   ゝ-イ川 川川ハハ
        l   ¨       ___ ノノノノノ川 l || l i ハ
        ゝ._     __  、二ンノイノノノ川 川 l川
            Т  ̄  // `ーイノノノノハノノハノノ
      r‐‐- - -┴────-==─イイノノハノハ
       jl`ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
      ノj   ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :


.

20 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 21:04:55 ID:XP9rVBA20




  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ツ
  ::::::::::_,,彡三三::::} ̄从从ノ`ヽ
  :::::彡三三三三::ヽ      |
  彡三三三彡三::/ 彡三ミ.、  |
  彡三彡''"´::::::::::l __`ヾゝl    ただ練習を繰り返すだけでは
  彡":::::::::::::::::::::::::|   ヽ-┴' {    決して勝てない相手がいるということをな
  ::::::::::::r―.、::::::::::|  ヽ-‐'  ヽ
  ::::::::::::l   }jヽ::::|.     ,.  ヽ
  ::::::::::::ヽ  ヽ |::::|   ,.-‐' ゝ┬‐'
  :::::::::::::::::〉--' 彡   / ,.-=ニ
  :::::::::::::::::', l      l     |
  :::::::::,、::、ヽ、ヽ.         l
  :::lヽ:| ヽl`"''`    ‐-,-..,,__ノ
  :::ゝ           ノ




              / ̄ ̄\
            / ─  ─\
            |   (●)(●)|   稲尾選手のことか
       ____. .|   (__人__) |
     /      \   ` ⌒´  ノ
    /  ─    ─\       .}
  /    (●)  (●) \     }   確かにあんな化物に正攻法で勝とうとするなんて
  |       (__人__)    |    ノ.ヽ  考えなくても無理ゲーだお
  /     ∩ノ ⊃  /∩ノ ⊃|  |
  (  \ / _ノ |  |/ _ノ |  |
  .\ “  /__|  | /__|  |
    \ /___ //___ /





22 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 21:06:07 ID:1i7T95bw0



こうなったら稲尾のトゥーシューズに画鋲を入れるしか・・・!


24 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 21:07:01 ID:1M1x2sM60



脳筋でやっていけるほどプロ野球は甘くないということか


21 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 21:05:47 ID:XP9rVBA20




       ,-'´''''" `''`''``'' ̄`''''''''''''=ー'--、
      r'^r'^r'^                `''--、
      | | | |                    `''--、
    ,- l、 | | |                       ヽ、
   / ,ヽ、  /ヽ、ヽ、\ \ヽ、ーーーー--- ミ      ゙;
  l   -- ,-'´   ヽ、ヽ、 \\      ミ      ヽ、
  シ  |           ヽ、 ヽ、\    ミ`''--、   ヽ
  l   ,|        |    \       ミ`''--、    ヽ
  彡  |        |      _,_    ミ`''‐-、     ヽ、    その通りだ
  //  |ヘ'‐---、   | _,,,.-ー''"   ヽ、  ミ `''‐-、     ヽ、
  ((从 |/へ---,,,|   |、 ヽ、,,,_,,,.-―''''"   ミ          ミ  だが、一流投手である稲尾との対決そのものが、
     〈  ===''、-、    i ===''、フこ,    ミ          ミ  野村を一流選手へ成長させていくこととなる
     /   ̄ ̄ ̄                ミ           ヽ
     ゙;  ヽ、.___,.ノ/    `''‐-.-―      ミ           ミ
      !      /               ミ _,,,.―        ヽ、
      |      /               ミミ   |        ヽ、
      |      i゜ ""   、         ミミ   |         i
      'i      、___,,,.-゜ ヽ、      ミミ   /         lヽ
       |    /          ヽ、      ヽ、,‐'´          |
       |    | '´^^^ ̄ ̄`````  `、     /             ヽ
      /|        ‐-ーー          /  /l | i | ヽ ヽ、|
     ,'´/|                     / / ノ`ヽ、 | i | v、リ
     レ ヽ、                 /ヘ-       `ヽ、
     〈   `''‐-ー.-―――''''"    // /          冖ー--、_
      ヽ|、/|    ゝ、,       // /                   `''-
       / 、            //  /                     /
―''''" ̄ ̄  /          //    /





23 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 21:06:40 ID:XP9rVBA20





  1958年のオフ、野村は大いに打ちひしがれていた。


         __
     /  ̄    ̄ \
     /          ヽ  ‥‥
   /              |
   |     , -===- 、i
    |   /         ヽ
    ヽ /          | |
      |_|           |_|
      (.__.)        |_)
       │     -● |
       |     |   |
      ⊂二二⊃⊂二⊃

.


25 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 21:07:46 ID:XP9rVBA20




          r‐┴{ミ、             r‐:、
        ノ    }    , :―: 、_ {: : :}, -へ _
         }       〉, :´ ̄∠⌒ー、>-<,::‐::::::ヽ: ヽ _
        ゝ、  .ィヘ/:_:_: : : /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::} : : : :`ー 、
       _.ノ: : |Y 7彡}::::::ヽ: : : : : :_:rー.、:::::::::> ´. . ::::::::::、: : :、__    貴様は真っ直ぐや二流は打てても
      ,´: : : ::::!∨ヽ '. :::::::::::::::::::人 | ヽ:_:::::::´::::::::::::::::::::ヽ:_: : :ヽ
      {: : : ::::::|/|、 '. ヽ、:::::::::::::ト‐ェ、 ! ,ェ‐ }〉::ト、::::::::::::::::::::::::ヽ: : ノ  曲がる球や一流投手はさっぱりだな!
       Y: ::::::::|/|:}  '.  `ヽ /´ヽ ´ i! ` /:::__: : >::::::::::::::::::::::}:く
       7 : :::::!/!::'.  メ、   '.  八 -= '∠´__`ヽ::::::::::::::::::::::ム: {
       ',: :::::::|/|::::'.    `   Y -‐ゝ<____〉:::::::::::::::::::::ノ: :}
       ヽ: :::|/|::::::ヽ        r ´ } l//////>、::::::::r :´: :人
          >::|/|::::::::::\  i    '   '  }//////// ヽ::::レー:7: : ノ
        {: ::|/|:::::::::::ハ `ー- 、      ,'//////////,}:::::::::::}: : }
         ゝ、|/|: :::::::{人 V´ > .._.ノ///////////::::::::::/: :/
           }!/!>‐/} ヽムイ   , ´イY/ ̄ ̄ 7/////:::::::r ' :ノ
  .         |/| .ノ {   /     弋'_ノ///////////::::::::ノ: :{
  .         |/|´   '. ト     //////////////> ´: :_:ノ
  .         |/|, - '  } 、    /////////////,ヘ:_; ´
          /|/|    ハ }  , '/////////////
         . ' '|/|   / } |  {/////////////
  .    /   |/|./   ハ|  |/////////// {
     r ´   , '∀   ,イ|、{` </////////>ヘ
     { ハ _ノ     ///! 〉、  、二二二ニ> ´}ヽ
     LY_ム'     ////| | ` <_____.ノ }

              鶴岡 一人





         ____
      /       \
     /    ノ -、 -ヽ ヽ
     /  U, -|/‘|< |-、 |   返す言葉が無いや
    ○/   ` - ●-′ |
  .  | |  三   | 三 /
    |  |  /⌒\_|/^/
    |  |━━━(t)━━、
    |   /__ ヽ |_|
  .  i   l ヽ___/ノ j_)
    ヽ  ` ── ′/
     ⊂二⊃⊂二⊃


  自分を粘り強く4番に据え続けてくれた、指揮官・鶴岡の期待に応えられなかったからだ。





26 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 21:08:43 ID:XP9rVBA20





  相手打線をゼロに抑えるのがエースの宿命ならば、打線の軸となる4番打者の宿命は
 そのエースを打ち崩すことだ。


             ヽ;;;...ii;;,,ヽトl∨ノハ ,,,,/;
           、 ;;;iiゞヾllノトiiiiノ!!ii;i`ノ/;/i`/;
          _ミミヽミ´;;;ll i:ミ》l ll>ゝi,ii,lliiヽレ;;/l/l/
         >=r`illミミii;; i;巛l`∨ii/ト iハノir::i/リ!lli
        ,-;ヽミii:ミミ:l{<ミiii i i、i:::iii::liiilll::i i/i:ii ii lll彡/
        -,-´i;;;;ミiミミ!!;;.>!!>)i{iii::ll´iii´iハ;ii;;ii;ii,i,i;;ii`l;iレ;
        ∠iiミii;;;、i,,、iトiiii,`iillllii;;ill;:ii l;llii liノl:ノ/l/ノr-
         /:::ゝlミ,;;;ll;;..ミlillilll>ヾl;iヽii ll,iii:::ll;llll`ii`//7
        ,」ミミ巛ミii::::::: ´´.//レ,,//`iノiiiii:::llll::ii:、ノ彡
        >ミ、ミミミミiiミ/ ./ll/./i//iハヾヾiYiilヽゞハ
  、     ヽ, k=、;ミiiミ    レ iレiリ/i l.lレiリl iil lli    悪いが、今のノムさんに
  ::ヽ     .くl:::r-コiミ  <巛ミ=:lwii .:jii リ /レ;illゝ   打たれる気はしねぇよ
  ::彡、    .1ヽヽソミ   <...  ̄`.ミ、:: リ/彡》_;;/
  ::::  \   /ハハ,ヽi::    `─´ ̄.ソ ; iノ二゚ノi
   //iiiiiii:::iii/  :`:1::::         ; l    i
  iiiiiiii:::iiilllii::k   ` ::        ... ::: .l   /
  llliii::iiilllii::iiiiヽ::   ヽ       ヽ-,__,:i.  /ヽ、,;-;、
  llll:::iiiiillll::iiiiiiiヽ, ::::   \    _____, ./liii::iiiヾllll::lli:iii
  iiiii:::iiiilllll::iiiiiilili:: ::  ::::ヽ,   ヽ─-´/llllii::iiiiiii::illllll::il
  :::lllii:::iiiiiiii:::iiiiii:\:::::: ::::::::\  `─´¨ イllll::iiiiiiiiii:::iiiiiii::i:
  ::::lll::iiiiiiiiiiil::iiiiiiiiiii\: :::::: :::::`───´iiii:::iiiiii:iiii::lllllllllll::

               稲尾 和久





    __,冖__ ,、  __冖__   / //
   `,-. -、'ヽ' └ァ --'、 〔/ /――--、..,
   ヽ_'_ノ)_ノ    `r=_ノ    / :::::::,-‐、,‐、ヽ.
    __,冖__ ,、   ,へ      ,ィ:::::_|o | ゚|-i、
   `,-. -、'ヽ'   く <´   7_// . ` ' ● ' ニ 、
   ヽ_'_ノ)_ノ    \>     / ニ __人__ノ
     n     「 |      / / ̄ _  | i
     ll     || .,ヘ   /  |( ̄`'  )/ / ,..
  . n. n. n  ヽ二ノ__  {  `ー'´`'ー゙' / '(__ )
    |!  |!  |!      _| ゙っ  ̄フ====( i)==::::/
    o  o  o     (,・_,゙>  /  :/     ヽ:::i


  だが、野村の実力ではライバル西鉄のエースである稲尾には、全く歯が立たなかった。





27 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 21:09:42 ID:XP9rVBA20





  一方で、勝負どころ、ここぞという場面でホームランを打ち、優勝に貢献した主砲中西の姿は
 まるで野村に4番打者としての手本を見せるかのようであった。


          ,_,ィメイ'≠=ィ,_
        ,ィK!リ彡'ー'ヘノ彡'ヘ、
          、k'゛゙'´  ,__`ヾ、メゝ   
         i;!_ , 、,ィチォ  ゙ミメ'ヘ   運が悪かったんだよ‥‥お前は
         トテカ  ^¨´   ミk)゙}
         `!´ 、' .     ミトイ! 
          ヽ. -ー-   、┴┴、
              ヽ. ,;ll;!、. ,ィ' |:.:.:.:.:.:.〉、
              >ー゙゙'   ハ:.:.:.:./ |``ー- 、____
              /.:.:.:.`、   ハ.:.:./  |      /´`ヽ.
          ∠.:.:.:.:.:i:.ノ! /_」:.:/_/    /    ヽ.
          ,.>イ;:|ヽ 厂.:.:./  \    /,        }
       _,ィ‐'´ 〈/!:.:| ,':.:.:.:./   /   /´         !
      ,' |  / ,':.:.| /.:.:.:/   /    ./        i!
      | .|  |  /.:.:.i´.:.:./  /    /         i!
      i ゙i  | ./.:.:.:.l:.:.:./ /     ,彳          j!
      ! | .| .,'.:.:.:.:l:.:.:/./      /´|          j!
      ,ハ i  .|/.:.:.:.〈:.:,'/     /′ |           j!
       〉 .:!  .|:.:.::.:././         ' __N            }
     ノ l  !:.:.:.:.i:.:|         _厂.`圦           ,
     ,′.i 0 |:.:.:.:./.:! O   . : '" ̄  /        /
    ノ .:/  /.:.:.:/.:.:|   ''     _/           /

           中西 太




           _ ____
         ,,-´     _ _` ヽ、
       /      / /|\\ \
      /    ,,,-|/ /|ヽ ` |- 、 ヽ.   いえ
     /   /    ヽ _ | _./   \ヽ  
     |   /         ●        ||  まだまだ力不足です
    |    |    /     |  ヽ    |
    |   |   / /    |    \  |
     |  |    /  /   |   \  /
    / \ |       /    |  \   /
   /   \ヽ  / ̄\_|__/ヽ /
   |     ヽ━━━━━┯イ ´
.   |   i\  \   (T) ノ ノ
   |  |  _\  \ _ / /
    |  | \ \(  )/|


  実力の差をまざまざと見せつけられては、落ち込まずにはいられなかったのである。





28 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 21:10:36 ID:XP9rVBA20





  何よりも大きなダメージとなったのは、ただ練習を繰り返すだけではこの2人に勝てないことを
 理解してしまったことだ。


           ____
        , -‐'"´::::::::::::::::::::::`ヽ、
      //二ヽ/⌒ヽ;:::::::::::::::::\
      /::ハP_/P ̄ヽ/ー-:、::::::::::::\    これ以上ないくらい練習したけれど
     / ヽ、(::::::)ー‐'    \:::::::::::::::i   僕はここまでなのかなぁ‥‥
     十―-  Y  -‐'" ̄ ̄ ̄ !:::::::::::|
     _|__  .|    ̄ ̄ ̄`   |:::::::::::|   才能が違うと、勝てないのかなぁ‥‥
     (´    .|    ̄`ヽ、_ _  |:::::::::::!
      ヽ-ー‐┴―--- 、r―-:、!:::::::::/
      /\       /´   }/:::::::/
      ヽ、`丶、___{    ノニニ!
        `T"´トーr-::,-トー‐'i"::::::::::::|
         }--< `"" .|__::::::::::::::::::::::|
        l´::::::::| ̄`フ´:::: ̄「´:::::::::/
       _|::_:::_::トー;'"::::::::::::::`:::::::::/ヽ、
      (___.」`ゞー-:、_:::::::::::;/  ●
            `‐ 、_ノ ̄ ̄


  シーズン中でありながら、キャンプ中とほとんど変わらない練習を己に課したこともあったが、
 打撃内容は大して変わらなかった。
  オフだからと、多少素振りの数を増やしたところで結果が劇的に変わるとは思えなくなっていたのだ。





29 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 21:11:30 ID:XP9rVBA20





  どうやったら上手くカーブを打てるのか、シュートを打てるのか。
  打開策を考えるものの、いくら考えても妙案は浮かんでこない。


                                          γ⌒ヽ
                                          (( ┘ ))
                                           |i'''''il|
                                           ||o,,i||
            ,  -─,─、- 、                         `ー゛
         /  , -| / |ヽ i、\
       /  /三 `ー●- 三ヽ、   ふぁ~あ
      /  /    , - ─┴─ 、 ヽ
       i   /  /         ヽ |   もう12時前か、寝よう
      ⊥ i  /           | ! 、
     (_ ノヽ| | ( ⌒ヽ⌒)    //_ノ
      ヽ   \ヽ_____// /
        \  `━━━━6━ ' /
         |    / ____ヽ|′
        |   |  ヽ     ノノ|


  時計を見るともう日付が変わろうとしており、この日はもう寝床につくことにした。




31 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 21:12:25 ID:XP9rVBA20





             /  _  _ ヽ
        __,―/  ,-(_/bヽ)、|ー、       ‥‥このまま
        |  .|  | 王ミ  | 、王  | ̄ ̄|
       |     ヽ ヽ-―┴ ´ノ  ノ   |   終わりたくないなぁ
       -――  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄――-
      |  ,―  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ― 、    |
      |  |                |    |
      |  |                 |    |





32 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 21:13:18 ID:XP9rVBA20





  布団に入り、ウトウトし始めたその時だった。


                                |
                           | `ヽ、  .|
                      |\__|   `ヽ |
                          l:::::::::::: l     llヽ、
                      l::::::::::::: |     ||  `ヽ、
                         l ::::::::::::|     ||      `ヽ、
                          l::::::::::::|     ll|         `ヽ、
                      .l:::::::::: |      |l|          `ヽ、
                       l:::::::::::|      |||            `ヽ、
                       l:::::::::|      |||                  |
                |           .l::::::::l      l|il                  |
                |           l:::::::|                        |
              ||           ヽ::::|                        |
              ||           ヽ::|`ヽ、         |          |
              ||      _ ___ ノ   `ヽ、      |          |
              ||    ,....::.:::::::::::::::/      `ヽ、.    |;.          |
    .          !||  /.::::::::::::::::::/`ヽ、        `ヽ   ||:          |
    .           |!|.:::::::::::::::::::::::/    `ヽ、.       ヽ ||:          |
            /:::::::::::::::::::::/        `ヽ       ||: 、      l
           /.::::::::::::::::::::/              `ヽ,.     ll|!  `ヽ、.    l
         /.::::::::::::::::::::/              :  ヽ、  |l|    `ヽ、  |
         \.::::::::::::::/                    `ヽ|||      `ヽ|
          /.:::::::/                        |||ヽ、       |
            \:/     .            |       l|il `ヽ、     ノ
           /                    |             ヽ/
           ヽ、.                    |              /
            `ヽ、                   ll           /
               `ヽ、                ||           /
                 `ヽ、          l||           /
                    ヽ、.       ll|      /
                     `ヽ、     |l|     /
                        `ヽ、   |||   /
                          `ヽ、 |||  /
                             l|i/



.

33 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 21:14:12 ID:XP9rVBA20




           /ヘ、
          /::::::r'     _  __
          {_::::/     /:/ /:r'
          //     〈;;/ /:::i
    .     //     r':ヽ /:::::l         ./ヽ
        //      7:/ `ヽ'         /::::::::|
    .    /::l     /:/             /::::::/
       l::::l     /:/             i::::/
    .   j::::l     /:::l   /Y / r-、    /::/
    .   /::::::l     l::::::l   7:::ヽ/::::/    i::/
      |::::::::l   .ヽ/  /:/`7::::く   /::l
      ヽ::/       l,/ /::/ヽ'  .ヽ/
                  /::/     ,ィヘ             ∧
                  l,/      ヽ/           / :|
                    .              ____/    |
                               \        |     ____
                    .         /. ̄ ̄ ̄ \     .|  /       \
                    .       /            、   | ./         \      l
                    .        ̄ ̄\        |  |/     / ̄ ̄\     i、__,,.../
                     / ̄ ̄ ̄ ̄. \       |   ./    //三三三{       γ´
                    .  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\.  \    .|  /   ///三三三Z        ゝ..,,__
                     / ̄ ̄ ̄ ̄ . \   \ |./  ////    \  .           γ´
                     7´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\   V !/ ////         \         ゝ、
           .   _      ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\\ V.////             |           `
              \      }:三三三三三三三.×\\l.///×三三三三三三三:{
           .     <      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` ー――'  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               ∠
                ∟
                 ∨


  本棚から、一冊の本が落下してくる。

.


36 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 21:15:10 ID:XP9rVBA20





          ______
        /    / ⌒ヽ ⌒ヽヽ
       /     , ┤ /・|・\ |、 \     んもぅ、人が寝ようとしてる時に
      /   /   ` ー ● ー ′\ヽ
     l    /  ──  |  ──  ヽ   なんなのさ
     |  /    ──  |  ──  |
     l  |    ──  |  ー─  l
      l   |        |        /
      ヽ ヽ   / ̄ ̄ ̄\   /  ムクッ
       >━━━━━O━━━く
      /    /      ヽ  ヽ


  面倒臭がりながらもその本を元の位置に戻そうと、再び身体を起こした。





37 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 21:16:04 ID:XP9rVBA20



              _
          く\   |│ /7
           \> Ll //

                 ____
               /、       \
              /.ノ─ 、       ヽ
             ●- ´   \      ヽ   ‥‥ん?
            __| 二二    i       i
           (__  ──   |        !
             ( _       !      /
              \    /     /
             _  6━━━━━━、
            ( )`|  \       ヽ


  そして‥‥





38 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 21:17:00 ID:XP9rVBA20





            _____
          /   /⌒ヽ⌒ヽ\
          /   , ┤  (|)  |- ヽ
        /  /   `ー ●ー′ ヽ   この本は確か‥‥!
       i  /    二   | 二   l、
        |  |     ─   | ─ __)
        |  |  /´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ / /                    ,ャ‐ 'ニ"フiヾ`ニ' -ュ、
        !   ! i  /⌒ヽ⌒ヽ / /                    || l'"   |   .`l ||
         ヽ ヽ/⌒ヽ___/ /                     || l    |    l ||
        ┝/ \_ノ━━6━━、                     || l    |    l ||
        /    / ___ ヽ  \_                   || l, -‐ '"´`` ‐-、l ||
        |    | ヽ    ノ |   (__)


  その一冊の本が、後の野村克也を形作る、全ての始まりとなるのである。




40 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 21:17:53 ID:XP9rVBA20





  本のタイトルは、『私の打撃論』。


                                  _____
                                 /    `‐-、_
                               /:.        :.`:‐-、_
                                /:.:.:        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ____
                      _____    l:.:.:         :.:.:.:.:.:.:.:.::.. ヽ   `ヽ
                  _,-‐-'´..:.:.:.:.:.:.:.`‐-、_l:.:.:.:.           .:.:.:.:.:...  ヽ   ヽ
           ____,--'´       ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.          .:.:.:.:.:.:.:.:.:... ヽ   ヽ
       ,イ ̄´´              ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.        ...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. ヽ   ヽ
     /i:l                   ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.          :.:.:.:.:.:.:.:.:.; ヽ   ヽ
     :i:i:i:l                    ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.          :.:.:.:.:.:.:.:.:..: ヽ   ヽ
     :i:i:i:l                     ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:           :.:.:.:.:.:.:.:.:.:  ヽ   ヽ
     l:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.           :.:.:.  :.:.:.:  ヽ   ヽ
     li:i:i:il                   ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:          :.:.:.:.:  :.:.:.:.:.  ヽ   ヽ
     .li:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.        :.:.:.:.:.:.:.  :.:.:.:.:..  ヽ   ヽ
     ..li:i:i:il                    ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:          ,-‐--、_ :.:.:.:.:.:.   ヽ   ヽ
     . li:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:       /;,;,;,;,;,;,;,;,;,;`-‐--、___ヽ   ヽ
      li:i:i:il                   ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.      ./;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,__,--'´三三=ゝ
      .li:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:   ./;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;__,--'´三三‐'´
       li:i:i:il                        ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.. /;,;,;,;,;,;,;,;,;,__,--'´三三 ‐-'´
       .li:i:i:il                     ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.__ヾ´__,--'´三三-'´
       li:i:i:il                       ..:.__,-‐-'´ ̄=_/ ̄ヽ、三三-'´
       .li:i:i:il               _,-‐'´ ̄三三三三三,-'´___,-'´
        li:i:i:il            _,-‐'´三三三三三三-‐'´ ̄ "´
        .li:i:i:il        _,-‐'´三三三三三-‐'´ ̄
        li:i:i:il     _,-‐'´三三三三-‐'´ ̄
        .li:i:i:il _,-‐'´三三三三-‐'´
         li:i:l/三三三三-‐'´
         .li:/三_,-‐'´ ̄
         .`´ ̄


  そしてその本の著者は、『テッド・ウィリアムズ』という一人のメジャーリーガーであった―――




42 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 21:18:41 ID:1M1x2sM60



最後の4割バッターだっけ?


43 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 21:18:54 ID:XP9rVBA20





         ____
      /        ヽ::
     /           |
     |_____毛__|_
     |    )_ = ー=┐
     | ヘノ  i = .人.=.ノ
      し      ̄/、__> |
     ヽ人  ー ( __i_ )ノ
     / \ヽ、 ´   ノ /
   /    \\ー- ' `ヽ
  /     ゙ヽ   、::::::/   ゙l
  l/"⌒ヽ,  \  ヽ _  _l


   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

          やる夫と学ぶ野村克也

                                  第7話「テッド・ウィリアムズの打撃論」

   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                                                    ,  ───  、
                                                  /   /⌒ヽ⌒ヽ\
                                                 /     , ┤  ‘|‘  |、 ヽ.
                                             .   /   /  `ー ●ー´  ヽ
                                                l   /   二   |  二  |
                                                |  l     ─   |  ─  l
                                                l  |        |   ) /
                                                 ヽヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄ /
                                                  〉━━,-、━━━━く
                                                 / / ヽフ    \.   ヽ





45 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 21:19:51 ID:XP9rVBA20





  テッド・ウィリアムズ。


         _,.-‐''"´ ̄ ̄`"''‐-、,
        /             `ヽ,
       /    r――――――‐く /,
      .i    .|           .Y´
      .|     |           |
      .|     .|  ___   .__!、
       |    /   .>、> {-,< |   メジャーの世界で「打撃の神様」といえば
       i⌒'ヘ |   ノ ゚‐‐ゞ 〈 ゚‐‐V
       ',.|.く l .|        ̄ ,.-  \´.|    ミーのことデース
       ヽ__ノミ       /ー⌒i‐'゙ |
        |  'ミ,      __lj  ,'
        |  '、     ,く」」」イ´ /
        |.   \     `┴'ノ /
        |     \.   `巫゙./
     /\\ヽ         │
    /    \ \ヽ.  ─── /| \     ノ7_,,, 、
        (⌒、"⌒ソ⌒ヽ- イノ   `、  ( ィ⌒ -'"",う
         ~''(_)(_)(_)(_)ソ-ィ       ヽノ   ,イ^
      _ヽ /`、_, ィ/   ヽ       ヽ─/
     /,ィ'"/     /    `、     i /
              /           i  カワカミ? ソンナンシラン、ワカラン


  1939年にメジャーデビューを果たすと、弱冠21歳にして打率.327、本塁打31本、145打点の
 活躍でいきなり打点王のタイトルを獲得。
  その2年後には打率.406、本塁打37本、120打点の成績を残した、「最後の4割打者」である。





46 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 21:20:46 ID:R4MLZ0Kc0



打点がおかしいw


47 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 21:20:58 ID:XP9rVBA20





  1960年まで現役を続け、通算成績は打率.344、本塁打521本、1839打点。
  (ちなみに、2011年終了時点でのイチローの日米通算打率が.335)


              /  /                 /  /
        lー ''''" ̄ ̄"    ̄ ̄`'、       lー ''''" ̄ ̄"    ̄ ̄`'、
       ∠,,、 -z    ,r――― ''"      ∠,,、 -z    ,r――― ''"
       、 '"´,、ィ   /              、 '"´,、ィ   /
      、 '" ,、 '":ツ   /      |^l     、 '" ,、 '":ツ   /      |^l
   、-' ,、 '´   /  /     /'''',,,," 彡  、-' ,、 '´  /  /     /'''',,,," 彡
   | ,、 '´    /  /     `゙^ _,| │  | ,、 '´    /  /     `゙^ _,| │                      |^l
   '´     / /l/     .,/,_ |   '´    / /l/     .,/,_ |      ;‐i          /'''',,,," 彡
        //        .l_,'" | .|     lニ ニ//       l_,'" | .|    lニ ニl    ;‐i    `゙^ _,| │
                        {_,l゙    .〈/!_|     lニ ニl      {_,l゙     .〈/!_|   lニ ニl   .,/,_ |
                                 〈/!_|                〈/!_|   .l_,'" | .|
                                                              {_,l゙


        r‐-‐- ⌒ヽ
        h_,|_,|_,ノ( ノ|/ |
        | ``".´ ´"  ノ   _,.-‐''"´ ̄ ̄`"''‐-、,
        人  入_ /~  /             `ヽ,
        |、___, /   /    r――――――‐く /,
        |     |   .i    .|           .Y´
        |、___,.|  .|     |           |
        |     ';   .|     .|  ___   .__!、
        |     ';    |    /   .>、> {-,< |   バッティングほど面白いものはアリマセーン
        |      |   i⌒'ヘ |   ノ ゚‐‐ゞ 〈 ゚‐‐V
        |      ト   ',.|.く l .|        ̄ ,.-  \´.|
        |       \ ヽ__ノミ       /ー⌒i‐'゙ |
        ヽ        \|  'ミ,      __lj  ,'
        ';         |\  '、     ,く」」」イ´ /
         ト        ノ  \. \     `┴'ノ /
          \     ノ    ヽ.        /、
           \ ̄        ヽ      ,   \
            |             ̄| ̄       \
            |              |          ヽ
            |              |         ヽ i


  うち5年ほどは2度の従軍経験により野球から離れていたものの、復帰後もその打撃が衰えることは無く
 39歳になっていた1957年にも打率.388を叩きだし首位打者を獲得。
  通算出塁率.482はMLB史上最高の数字であり、メジャー史に燦然と輝く名選手である。





48 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 21:21:11 ID:1M1x2sM60



あのイチローですらこの境地には達していないこと考えると化け物だなwwwww


49 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 21:21:38 ID:R4MLZ0Kc0



なにこのチート野郎


50 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 21:21:42 ID:AjHuuOY.0



イチローのすごさの方が逆に目立つwww


52 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 21:21:52 ID:/CN70GKI0



ぐうレジェンドやないか・・・


53 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 21:21:56 ID:lyN9htf.0



メジャーの化け物は流石にケタ違いだw


54 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 21:22:05 ID:jbiuMnOk0



>通算出塁率.482
・・・えっ?



55 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 21:22:02 ID:dKIFnLjM0



あんたも超人かwwwww


57 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 21:22:37 ID:EimK.W8w0



出塁率おかしいwwww


51 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 21:21:50 ID:XP9rVBA20





  そのウィリアムズは、現役生活の中で培い続けた自分なりの打撃理論を、1冊の本にまとめていた。


       _,.-‐''"´ ̄ ̄`"''‐-、,
      /             `ヽ,
     /    r――――――‐く /,
    .i    .|           .Y´
    .|     |           |
    .|     .|  ___   .__!、
     |    /   .>、> {-,< |  ミーの打撃理論を後世に残さないなんて
     i⌒'ヘ |   ノ ゚‐‐ゞ 〈 ゚‐‐V  大いなる損失デース
     ',.|.く l .|        ̄ ,.-  \´.|
     ヽ__ノミ       /ー⌒i‐'゙ |  本にまとめるのでぜひ読んでクダサーイ
        'ミ,      __lj  ,'
        '、     ,く」」」イ´ /
    /\\ヽ\     `┴'ノ /
    /  \ \ヽ.       / \
    .    r‐-‐-‐/⌒ヽ-ーイ   `、
    ヽ、  |_,|_,|_,h( ̄.ノヽ  ビシッ  ヽ
    ー-ヽノ| `~`".`´ ´"⌒⌒)     ヽ  .
    ノ^ //人  入_ノ´~ ̄       )





          ,  ─── 、                             _     ._
       /   /⌒  ⌒ヽ\                        l'" ̄   ̄`i''" ̄_ ̄`l
      /    , ┤  ・|・  |-、ヽ   それがこの本なんだね      | □ 三三 .| | ̄  . ̄| |
     l  /   ー ●ー    ヽ                      | .三三三  | 三三三¨ .|
    . |  /  三   |  三  | _ .                    | .三三三  | 三三三 |
     | |  /⌒\ __|_/^ヽ l(__)゙                    l, -‐‐'''─-、|, -─''─-.、|
     ヽヽ ( ______ / / /                     .iゝ、  , -‐===-- 、  ,.くi
      >━━━━,-、━━イ /                      ゙ ̄ ̄         ̄ ̄
     /    /    ヽフ  ヽ  l/
    ( _)  |  ____ | |


  その時記した技術書こそが、野村の手元にある「私の打撃論」なのである。





58 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 21:22:45 ID:XP9rVBA20





  野村がこの本と出会えたのは偶然だった。
  レギュラー元年だった3年目のオフのことだ。


          _,,,...-――-,,.._
         /::::::::::;' "Y'"ヽ_;;::\
       /::::::,. -‐i  ・l・_,ノ _,ヽ::i   なんだこりゃ
      ,|::::/ー-  ` "●  _,,_`i
      |:::|-‐     |_,-、 、_  }
      |:::i,,,-'"       _,ノ  ` i
       i::i、       、_,)    /
        ヾ >、_____,,,ィ.
        ,i :::: ̄ ̄,=(t)‐、'':::::i





                                     _____________________
                                 /                                 /
                                /   ヽ                               / ./
                                  /    ヽ_______○_____________/   /
                              /                   ∥                /   /
                                /                 ○             /   /
                            /                 /                 /   /
                              /                 /               /   /
                          /                 /                   /   /
                            /                  /                  /   /
                        /                   /                /   /
                          /                   /               /   /
                      /                   /               /   /
                        /                   /              /   /
                       ./                   /                   /   /
                      /                  /                   /   /
                     ./                  /                   /   /
                    /                  /                 /   /


  全く見知らぬ相手から、封筒に入れて送られてきたのだ。





63 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 21:23:41 ID:XP9rVBA20




            ,.. ''' "" ''‐:.::.=-:....、
            〃////////////////:、
              }///////////////.////ヽ
           l////////////////////:ハ
           ;'///////////////////////i:i    私は西宮で医者をやっているプロ野球ファンの者です
           ',///////////////////////:l
             l/////////////////////,リ     あなたにとってこの本が役に立つのではないかと思い、
             l////////////////////〃
            |///////////////////ノ      プレゼントさせていただきました
            {//////////////////
            ノ/////////////////|
           }//////////////////ト、
            Y:.///////////////イ:ハ
             `〉///////// - ':..:.:.:.:.:.:.:..、
           _ ノ:.:./⊥//-‐ _:..:.:..:.:..:.:..:/:.:.:.ヽ
         ,. ..:.:.:.:/:.::/7;;;;;;;;;ヽ,.:.:.:.:..:.:.:.:../:.:.:.:.:.::..::ハ
       /:.:..:.:.:/:.:.//;;;;;;/:.:..:..:|丶:::/:.:.:.:..:.:..:.::.:..ハ
      ,.:i.:.:..:.:.∧:.:..:レ;...:.´.:..:.:.:.:.:」:..:.:.:.:...:.:..:.:.:..:.:.:..:...:.:::}




        , --───-  、
      /    / ⌒ヽ./⌒ヽ\
     /   , -{  / ハヽ  } 、 ヽ   へえ、こりゃありがたい
    /  /  ゝ _ ノ, ‐ヽ-'  \ヽ
    / ‐┼──-   ゝ ノ  - ‐一!|‐
    |   l.、, -一    |  ー─- lL_
    |  / \./     |  ー-./ !
    、 ' l. /\_   | _/ /\
    ヽ  X        ̄ ̄   /
     /、二二二二二二二二 く
    /      /  ( 〒)\ ヽ
    !  /  /         }   !


  お礼に返事の手紙を出すと、更にまた向こうから返事の手紙が来た。
  そんなやり取りを何度か続けていくうちに分かったが、彼はどうやら熱狂的なプロ野球ファンで、
 これは善意で贈ってくれたものらしい。





65 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 21:24:28 ID:1M1x2sM60



ファンの鑑やないか…


67 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 21:24:35 ID:XP9rVBA20





  実際に野村のプレーを見て、大きな将来性を感じ取ってくれたのか。それとも、「何とかしてやらないと」と
 思ってしまうくらい酷いバッティングを披露していたのか。


          ,.. ''' "" ''‐:.::.=-:....、
          〃////////////////:、
            }///////////////.////ヽ
         l////////////////////:ハ
         ;'///////////////////////i:i   
         ',///////////////////////:l   ただ勘違いしないでいただきたいのは
           l/////////////////////,リ    私は阪神ファンであり、南海ファンではないということです
           l////////////////////〃
          |///////////////////ノ      それでは、野村選手のご活躍を期待しております
          {//////////////////
          ノ/////////////////|
         }//////////////////ト、
          Y:.///////////////イ:ハ
           `〉///////// - ':..:.:.:.:.:.:.:..、
         _ ノ:.:./⊥//-‐ _:..:.:..:.:..:.:..:/:.:.:.ヽ
       ,. ..:.:.:.:/:.::/7;;;;;;;;;ヽ,.:.:.:.:..:.:.:.:../:.:.:.:.:.::..::ハ
     /:.:..:.:.:/:.:.//;;;;;;/:.:..:..:|丶:::/:.:.:.:..:.:..:.::.:..ハ
    ,.:i.:.:..:.:.∧:.:..:レ;...:.´.:..:.:.:.:.:」:..:.:.:.:...:.:..:.:.:..:.:.:..:...:.:::}




                      /
                    /
                       ` ー
    じゃあなんで僕に         _,.>
                      r "
    贈ってくれたの!?    \    _
                         _ r-''ニl::::/,ニ二 ーー-- __
                     .,/: :// o l !/ /o l.}: : : : : : :`:ヽ 、
                   /:,.-ーl { ゙-"ノノl l. ゙ ‐゙ノノ,,,_: : : : : U: : :ヽ、
               __l>ゝ、,,ヽ /;;;;;;;;;;リ゙‐'ー=" _゛ =、: : : : : : : :ヽ、
              /  _________`゙ `'-- ヾ_____--⌒     `-: : : : : : : :
...-''"│    ∧  .ヽ.  ________   /   ____ ---‐‐‐ーー    \: : : : :
    !   /   .ヽ  ゙,ゝ、      /  ________rー''" ̄''ー、    `、: : :
    .l./     V   `'''ー-、__/__r-‐''"゛     ̄ ̄   \   ゙l: : :
                   l     .,.. -、、 _ ‐''''''''-、    l   !: :
                  |   /    .| .!     `'、  |   l: :
                      l   |     .l,,ノ     |  !   !: :
                       / '゙‐'''''ヽ、 .,,,.. -''''''''^^'''-、/  l   !: :
             r―- ..__l___    `´            l   /   /: :
                \      `゙^''''''―- ..______/_/   /: : :
                `


  その後も何度か手紙のやり取りをしたものの、阪神ファンを名乗るドクターがわざわざ本を
 贈ってきた理由は、結局分からず仕舞いだった。
  それでも、メジャーリーガーの技術書を手に入れることが出来たのは、大きな幸運である。





68 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 21:24:41 ID:xkuFGlFI0



この医者すげぇなwww


69 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 21:25:02 ID:1M1x2sM60



何でやwwwwwwwww阪神関係ないやろwwwwwwwwwwwwwww


70 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 21:25:08 ID:xj1IznFo0



西宮なのに南海ファンなのか
…阪急応援してあげてよ…



73 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 21:25:37 ID:cwh983B.0



阪神の選手に贈ってやれwww


74 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 21:25:37 ID:xj1IznFo0



南海ファンですらなかったw


81 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 21:26:38 ID:PHkwGqYo0



南海じゃなくてノムさん個人を応援してるってことかね?


84 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 21:27:40 ID:/jlENbok0



阪神ファンは変なの多いなw


71 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 21:25:30 ID:XP9rVBA20





  レギュラーになりたての2年前に読んだ時は、ウィリアムズの理論があまりにも高度すぎて理解できなかった。
  しかしあれから、まぐれに近いとはいえホームラン王を獲得した自負もある。


     /´ ̄ ̄ ̄ `\ ブツブツ…
    /          ヽ
   ./            ヽ ̄/ ̄ ̄ ̄/  これで変われなきゃ
   |            | /     /  僕はおしまいだ‥‥
   .|      , ───ヽ、      /
    ヽ    /      _|)──′
     \_ /        | |
     (_/            |_j
      |          ⌒ヽ
      ヽ         / ⌒ヽ
        \ /  /⌒ヽ     |
         ●、_|    |ヽ_ノ
             ヽ、_ノ


  少しは成長した今の自分ならば、何か得られるものがあるかもしれない。
  そう思い、一心不乱に読み始める。





79 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 21:26:23 ID:6HitEJ8.0



ああ、それで今まで読んでなかったのか


80 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 21:26:25 ID:XP9rVBA20





  翌日からも、練習を終えて自由時間になれば、ほとんどの時間を読書に費やす。


                , -──- 、
              /     __  \
         ___ / ____/_ヽ  ヽ   うーん‥‥よく分かんないなぁ
      o_ /    //   、( ./iヽ  i
      /      ┃ \\ヽ ● .| ノ  |  もっとちゃんと勉強しておけばよかった
     ./    /|   ┃_   / ` -へ  ! ___
  ,-/^|    | ヽ   ヽ   ̄ヽ ヽ\ヽ  j / \    \
   ! | ヽ、_/ \ ヽ、 _b\   | `   / )  /`===!
   `-` ー ´  ̄ ̄ 、-( __)-` ── 、- ´ ̄  !===/
              \    \    \
                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


  しかし貧乏な家に生まれやんちゃに育ち、授業中もほとんど教科書を開かなかった。ろくに本を読んだことも無い。
  素養が無さが響いて、読んでいるつもりでも無意識のうちに文字の上を目が滑る。
  本の内容をなかなか把握できない日が続いた。





83 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 21:27:33 ID:1M1x2sM60



ノムさん学生時代不真面目だったのかwww


82 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 21:27:21 ID:XP9rVBA20





  しかし、読むのをやめようとは考えなかった。
  時には声に出して読むなど、必死にその内容を理解しようと努める。


          ,  ────- 、
        /     /⌒ ヽ ⌒ヽ\
       /    , -|   ・|・   | 、 ヽ       『左サイドハンドで150キロのストレートを投げる
      /   /    ` ─ ●ー ′ ヽヽ       投手ほど打ち辛いものはない』
     l    /  ──   |   ─  |_     
     |  /   ──   |   ─  |\\   『その投手の決め球がスライダーならば尚更だ。
     |  l    ──   |   ─  /ニニ、ノ,  なぜなら、私は左打者だからだ』
      l  |    / ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ  /   / /
      ヽ ヽ   (_____ノ  /   / / 
        >━━━━━ O━━─/__/ノ
       /   /       ヽ  /       ※実際にはこのような内容は書かれていません


  これ以上ないくらい練習を行い、他人にアドバイスを求めても解決の糸口さえ掴めない変化球への対策。
  他に考えつく手も思い浮かばない。最早、この本に頼るしか手がなかったのだ。





85 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 21:28:23 ID:XP9rVBA20





  何より、自分にはテッド・ウィリアムスと同様に野球選手としての経験と下地がある。
  国は違えど同じプロならば、必ず理解と共感を覚えることができるはずだと、自分自身をも信じたのである。


               ____
            ,. : ´: : : _: : : :_` : 、
          /: : : : :.y'´  ヽ/´  ヽ: : \
        , ': : : : >‐{  、_, |r9   }_: : : ヘ   僕だって、プロ野球選手なんだ
         /: : :./_  ヘ   ノハ,  ノ  ヽ:.ハ
       ': : ,:'   ` ヽ、 弋::::ノ ̄_,. --- V:.i  絶対どこかに僕の役に立つ理論が載ってるはずだ
       |: 7   ̄`ー-、,   |  ´___, Ⅵ
       i: {  ---- .__   |        }!
        .V!  ̄`ヽ、.       |   ̄``ー  ,:'
       ハ!     \.    |   ,. -- 、 /
         ヽ       ー┴‐ ´   /
         弋ー---x ' ‐、-:r ⌒ヽ-::ニ}
            7:  ̄: :{    jィヽ  j ̄: :j
            |: : : : : :`ー:': : >':.´: :.>'!
          V: 弋ーt ≦ ー フ ,i : : |
         γ: : : :\  ー─' , ィ: : : : Y
          >、_: : : : : : :r-- y: : : : : : _ノ_
         弋   ̄ ̄ ̄)  (_ ̄ ̄    )
            ̄ ̄ ̄     ̄ ̄ ̄ ̄



.

90 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 21:29:17 ID:XP9rVBA20





  ちなみにこのテッド・ウィリアムズの『私の打撃論』、少々自賛が目立つ。


         _,.-‐''"´ ̄ ̄`"''‐-、,
        /             `ヽ,
       /    r――――――‐く /,
      .i    .|           .Y´
      .|     |           |
      .|     .|  ___   .__!、
       |    /   .>、> {-,< |   4割打てるなんて、ミーはほんと天才デスネ
       i⌒'ヘ |   ノ ゚‐‐ゞ 〈 ゚‐‐V
       ',.|.く l .|        ̄ ,.-  \´.|    ミーのプレーを見れたファンは、逆に感謝すべきデース
       ヽ__ノミ       /ー⌒i‐'゙ |
        |  'ミ,      __lj  ,'
        |  '、     ,く」」」イ´ /
        |.   \     `┴'ノ /
        |     \.   `巫゙./
     /\\ヽ         │
    /    \ \ヽ.  ─── /| \     ノ7_,,, 、
        (⌒、"⌒ソ⌒ヽ- イノ   `、  ( ィ⌒ -'"",う
         ~''(_)(_)(_)(_)ソ-ィ       ヽノ   ,イ^
      _ヽ /`、_, ィ/   ヽ       ヽ─/
     /,ィ'"/     /    `、     i /
              /           i  


  技術書を謳っている割には、身の上話や思い出話の項目も多く、懐古的な記述も少なくない。
  天才打者と呼ばれる選手だけに、その性格にはやはり一癖あったようである。





91 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 21:29:42 ID:lyN9htf.0



本当に天才だから困るww


94 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 21:30:21 ID:R4MLZ0Kc0



天才じゃあ仕方ない


95 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 21:30:23 ID:EimK.W8w0



>身の上話や思い出話

ノムさんの本やないか



96 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 21:30:34 ID:1M1x2sM60



まあいつの世も「天才打者=ちょっと変わり者」ですし
イチローとか、落合とか…



92 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 21:30:11 ID:XP9rVBA20





  しかしこの本が、当時の他の野球関連の技術書とは一線を画していたのもまた事実である。


                   
                     r ⌒丶
                     |  .|
                     |  .|
                     |  .|
                     |  .|
                     |  .|
                     |  .|
                    |  |
                    |.  .|
                    |.  .|
                         |  .|
           ./ ̄ ̄~.ヽ.    !.  .|
           |    _B._|_   |  │   スイングは地面と水平になるように行ってクダサーイ
           |"''i<__,ノ⌒)  !,  !
          .(6ミ   -.〉 |  ( 'し二`、  肩や腰の位置にも気をつけてクダサーイ
           .|.\ 「〔.i.i〕/  {、(、‐-`j
          ./ \.\,,ii,/  / , '´ ̄`!,)
          ,'    . ̄`\/  、〉  ノ
         |        \. ./.|  !,)
         |,┐      .\\ |  .',
         l |   .ヽ     >'. |―‐|
         |.┼l   .\  >´ lヽ /
         |.┴      `へ、,___/
            |       |│  
           |       |│
           |         |│ 
          |       |│


  前後左右、あらゆる角度からバットのボールをインパクトする瞬間の鮮明な写真映像が載せられ、
 その際の身体の使い方など具体的な注釈もついている。

  そして全ての写真でウィリアムズのバットはボールを真芯で捉えており、ここからも彼の打撃技術の高さを
 伺い知ることができる。





98 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 21:31:04 ID:XP9rVBA20





  さて、肝心の野村である。


                          _ -=ニニニ= _
      ,.':⌒:ヽ                   , : ´: : : : : : : : : : : : : : :ト 、
      i.    ;ノ\              , ': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 丶
      \ー    \          /: : :.冫  ̄ヽ: : / ̄`ヽ: : : : : ∧   えーっと、身体の使い方は
        \    \         ,': : : /\    .Y   / .ト、: : U: : ',  こうでいいのかな?
           \    \      i: : :从  `゙ o-j! -o'´  ./  ヽ : : : !
            \   \   {: : / ヽ __, (:::::) __/  _ ---: : i
             \   \   i: -- 、      i       ´ ---- : ,
                 \  \ .',- ‐二      !         `ヽ、i: /_
                 \  \´:ヘ:.i'´ r-     l     ,.ィ´  // :ハ
                   \  \\、 ー  -┴─ ' ´   ,.イ: :∠: :∧
                     \ γ⌒ヽ;  _     __ -チ'´: : : : : : : : i
                      {    }V -Y==Y=,xく: : : : : : : : : : : : : : |_
                      :::、__ノ{:Y´ ゞ-'/: : : : : : : : : : : : :./: : :|::::Y
                       ヽ∨    ∨: : : : : :>:' 、: : : : : : : : :j- '
                         {      リ : : : :<     V: : : : : : 7
                          y、_/-=<     j  }: : : : : /
                               \ ヽ-_ー '_,∠: : : : :,′
                                 )_.ノ    ト-: : イハ
                                           i       ,'
                                         ヘ、   冫


  何度も何度も読み返すうちに、やがて本を片手に持ちながら素振りをし身体の使い方を意識するなど、
 ウィリアムズの理論を頭だけでなく、体全体を使って理解を深めようとする。
  自分なりの吸収方法を模索するなど、試行錯誤の真っ最中であった。





99 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 21:31:59 ID:XP9rVBA20





  そして徐々に理解を深めていくうちに、打撃理論ではないある記述の箇所で目が留まった。


           _,.-‐''"´ ̄ ̄`"''‐-、,
          /             `ヽ,
         /    r――――――‐く /,
        .i    .|           .Y´
        .|     |           |
        .|     .|  ___   .__!、  ピッチャーのモーションを見れば
         |    /   .>、> {-,< | 
         i⌒'ヘ |   ノ ゚‐‐ゞ 〈 ゚‐‐V  8割以上の確率でミーは投げられた球種がワカリマース
         ',.|.く l .|        ̄ ,.-  \´.|
         ヽ__ノミ       /ー⌒i‐'゙ |
          |  'ミ,      __lj  ,'
          |  '、     ,く」」」イ´ /
          |.   \     `┴'ノ /
          |     \.   `巫゙./
       /\\ヽ         │
      /    \ \ヽ.  ─── /| \     ノ7_,,, 、
          (⌒、"⌒ソ⌒ヽ- イノ   `、  ( ィ⌒ -'"",う
           ~''(_)(_)(_)(_)ソ-ィ       ヽノ   ,イ^
        _ヽ /`、_, ィ/   ヽ       ヽ─/
       /,ィ'"/     /    `、     i /
                /           i





  ::::::::::::::::::::::   ____,;' ,;- i         ヽ人_从人__从_从
  ::::::::::::::::::   ,;;'"  i i ・i;        <          >
  :::::::::::::::  ,;'":;;,,,,,, ;!, `'''i;       <   マジで!?  >
  :::::::::::  ,/'"   '''',,,,''''--i        <          >
  :::::::::  ;/  .,,,,,,,,,,,,,,,,,   ;i'"`i;       Y⌒YW⌒Y⌒WW
  :::::::  i;"     ___,,,,,,,  `i"
  ::::::: i;    ,,;'""" `';,,,  "`i
  ::::::: |  ''''''i ,,,,,,,,,,  `'--''''"
  ::::::: |.    i'"   ";|
  ::::::: |;    `-、.,;''" |
  ::::::::  i;     `'-----j


  そしてその一言は、野村の理解の範疇を大きく超えるものであった。





102 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 21:33:03 ID:XP9rVBA20





  信じられない一文だった。
  投球モーションを見ればわかるということはつまり、投手がボールを投げる前の段階で、
 ウィリアムズには相手が投げる球種が分かっているということだ。


                        /
                      /
                         ` ー
     そんなこと出来たら        _,.>
                        r "
     もう超能力者じゃん!?  \    _
                           _ r-''ニl::::/,ニ二 ーー-- __
                       .,/: :// o l !/ /o l.}: : : : : : :`:ヽ 、
                     /:,.-ーl { ゙-"ノノl l. ゙ ‐゙ノノ,,,_: : : : : : : : : :ヽ、
                 __l>ゝ、,,ヽ /;;;;;;;;;;リ゙‐'ー=" _゛ =、: : : : : : : :ヽ、
                /  _________`゙ `'-- ヾ_____--⌒     `-: : : : : : : :
  ...-''"│    ∧  .ヽ.  ________   /   ____ ---‐‐‐ーー    \: : : : :
      !   /   .ヽ  ゙,ゝ、      /  ________rー''" ̄''ー、    `、: : :
      .l./     V   `'''ー-、__/__r-‐''"゛     ̄ ̄   \   ゙l: : :
                     l     .,.. -、、 _ ‐''''''''-、    l   !: :
                    |   /    .| .!     `'、  |   l: :
                        l   |     .l,,ノ     |  !   !: :
                         / '゙‐'''''ヽ、 .,,,.. -''''''''^^'''-、/  l   !: :
               r―- ..__l___    `´            l   /   /: :
                  \      `゙^''''''―- ..______/_/   /: : :
                  `





         _,.-‐''"´ ̄ ̄`"''‐-、,
        /             `ヽ,
       /    r――――――‐く /,
      .i    .|           .Y´
      .|     |           |
      .|     .|  ___   .__!、
       |    /   .>、> {-,< |   だからミーは神様なのデースw
       i⌒'ヘ |   ノ ゚‐‐ゞ 〈 ゚‐‐V
       ',.|.く l .|        ̄ ,.-  \´.|   
       ヽ__ノミ       /ー⌒i‐'゙ |
        |  'ミ,      __lj  ,'
        |  '、     ,く」」」イ´ /
        |.   \     `┴'ノ /
        |     \.   `巫゙./
     /\\ヽ         │
    /    \ \ヽ.  ─── /| \     ノ7_,,, 、
        (⌒、"⌒ソ⌒ヽ- イノ   `、  ( ィ⌒ -'"",う
         ~''(_)(_)(_)(_)ソ-ィ       ヽノ   ,イ^
      _ヽ /`、_, ィ/   ヽ       ヽ─/
     /,ィ'"/     /    `、     i /
              /           i  


  とても人間に出来る所業とは思えなかった。





105 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 21:33:58 ID:XP9rVBA20





  しかしこの本の著者は、日本よりも遥かにレベルの高いメジャーリーグの世界で
 4割を打ったことのある大打者なのである。その実績が説得力を生んでいた。


            , -────- 、
  .      /       /⌒ヽ⌒ヽヽ
      /     , -| / (|)\ | \    う、うーん‥‥
      /    /U ヽ、  .l、__ ノ\ヽ
  .   /    /       ̄ ●   ヽl   とにかく続きを読んでみよう
     i    /      ̄ ̄   | ── |
     |.   l      ̄ ̄   | ── !
     |.   !       ̄ ̄   |   ⌒ヽ
     |.    |           __|___ノ
     ヽ   |   / ̄ ̄     /
      >━━━━━━,-、━━く
     /   /       '、フ  ヽ ヽ


  半信半疑ながら、神経を集中させてその続きに目を通してみる。





109 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 21:34:53 ID:XP9rVBA20





  その続きは、要約するとこんな内容であった。


        _,.-‐''"´ ̄ ̄`"''‐-、,
       /             `ヽ,
      /    r――――――‐く /,
     .i    .|           .Y´
     .|     |           |
     .|     .|  ___   .__!、
      |    /   .>、> {-,< |   ピッチャーはキャッチャーとサインの交換を終えて
      i⌒'ヘ |   ノ ゚‐‐ゞ 〈 ゚‐‐V
      ',.|.く l .|        ̄ ,.-  \´.|   振り被る時には、直球を投げるか変化球を投げるか
      ヽ__ノミ       /ー⌒i‐'゙ |
       |  'ミ,      __lj  ,'   100%決めているはずデース
       |  '、     ,く」」」イ´ /
       |.   \     `┴'ノ /
       |     \.   `巫゙./
    /\\ヽ         │
   /    \ \ヽ.  ─── /| \     ノ7_,,, 、
       (⌒、"⌒ソ⌒ヽ- イノ   `、  ( ィ⌒ -'"",う
        ~''(_)(_)(_)(_)ソ-ィ       ヽノ   ,イ^
     _ヽ /`、_, ィ/   ヽ       ヽ─/
    /,ィ'"/     /    `、     i /
             /           i

.



113 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 21:35:51 ID:XP9rVBA20





      _,.-‐''"´ ̄ ̄`"''‐-、,
     /             `ヽ,
    /    r――――――‐く /,
   .i    .|           .Y´
   .|     |           |
   .|     .|  ___   .__!、
    |    /   .>、> {-,< |   ピッチャーは投げる時、ストレートと変化球とでは
    i⌒'ヘ |   ノ ゚‐‐ゞ 〈 ゚‐‐V
    ',.|.く l .|        ̄ ,.-  \´.|   必ずそのモーションに「小さな変化」が生まれマース
    ヽ__ノミ       /ー⌒i‐'゙ |
       'ミ,      __lj  ,'    その小さな変化は、じっくり観察すれば気付けマース
       '、     ,く」」」イ´ /
   /\\ヽ\     `┴'ノ /
   /  \ \ヽ.       / \
   .    r‐-‐-‐/⌒ヽ-ーイ   `、
   ヽ、  |_,|_,|_,h( ̄.ノヽ  ビシッ  ヽ
   ー-ヽノ| `~`".`´ ´"⌒⌒)     ヽ
   ノ^ //人  入_ノ´~ ̄       )

.


114 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 21:36:35 ID:/jlENbok0



要は癖があるからそれを見抜けば打てるってことか?


115 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 21:36:35 ID:R4MLZ0Kc0



18メートル先の数秒の動きの変化を見極めろって凄い話だよな


116 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 21:36:43 ID:XP9rVBA20





  投球フォームに「小さな変化」が生まれるからこそウィリアムズは、それに気付き相手が投げる前に
 球種が分かるのだという。


               ____
            ,. : ´: : : _: : : :_` : 、
          /: : : : :.y'´  ヽ/´  ヽ: : \
        , ': : : : >‐{  、_, |r9   }_: : : ヘ    ふむふむ、そうなのか
         /: : :./_  ヘ   ノハ,  ノ  ヽ:.ハ
       ': : ,:'   ` ヽ、 弋::::ノ ̄_,. --- V:.i   僕もちょっと試してみよう
       |: 7   ̄`ー-、,   |  ´___, Ⅵ
       i: {  ---- .__   |        }!
        .V!  ̄`ヽ、.       |   ̄``ー  ,:'
       ハ!     \.    |   ,. -- 、 /
         ヽ       ー┴‐ ´   /
         弋ー---x ' ‐、-:r ⌒ヽ-::ニ}
            7:  ̄: :{    jィヽ  j ̄: :j
            |: : : : : :`ー:': : >':.´: :.>'!
          V: 弋ーt ≦ ー フ ,i : : |
         γ: : : :\  ー─' , ィ: : : : Y
          >、_: : : : : : :r-- y: : : : : : _ノ_
         弋   ̄ ̄ ̄)  (_ ̄ ̄    )
            ̄ ̄ ̄     ̄ ̄ ̄ ̄

.


118 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 21:37:46 ID:XP9rVBA20





  幸い、野村は捕手である。
  投手が投げたボールを受けるのが仕事だ。


           , ─── 、
       /   /⌒ ⌒ヽ \
      /  , -|  ・|・  |‐、ヽ   投げる前に何を投げるか教えてくれないかな?
     / /   `ー ●ー    ヽ
     l |   三   |  三  |
     | l \     |    / l
     ヽヽ   ヽ、 ____|___/ /_
      >━━━,-、━━━ ( _ )
     /  /  ヽフ ヽ   /





     ____________
   /               <
  |                <
  |      / ̄√ ̄ ̄Τ ̄ ̄
  |     /    /⌒\|    ああ、別にかまわないよ
  | |⌒\/     |  ヽ||
  | | ∂       \_」|
  | \            ∟__
  |  /       ____/
   \/        \____
    |      ____/


  早速、翌日のブルペンで球種を指定しながら投手に投球練習をしてもらい、本当に球種ごとに
 変化が現れるのか、試してみることにした。





122 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 21:38:39 ID:XP9rVBA20





   .l,       .l       .,!          l             /                    /
   .ヽ         !         |          /            /                   /    .. ./゛
    ヽ      .|      ,!            /           /              /   .  /.//
     . l      .l      .!           /           /              /    . / ./././.// /
      ヽ     .!     |           /          /             /    .、.// / /./ //////
       .l     l     .,!       /         /            ,/゛   .,  / //./  /./ .// //
       ヽ     !     !       /        /             ,/   , / ././        /  //
        ヽ    .l    |      /           /             ,/   ,..-'´  .、/ .゛            //
         .ヽ    l    .!     ./       ./           ,/゛ ._ /     ./            //
          ヽ   .!   |     /      /        ,/゛ ,..-'´      ./            // ´
             ヽ   .l   .,!    /      /        / . ,..-'´           /               ./
 -、            l.   !   !    ./    ./      / ._..-'´             /             /
  `'-、        ヽ  l  |   ./    ./      ,/゙_/´              _ ./             /
 .,   . \       ヽ  |.  |   /   /    ,/ /         . _,, ‐''"゛ /                /
 . `''-..、 `''-、    ..l. .! .!  i′ /   ., '彡'"      _,, -'''"      /               /   _,,,,
     .`''ー..、`'-、      .゛ "  ′ .ヾ   ;;シ'"    _,, ‐''"゛            /                / ."゙ ̄゛
        `''-、, \           : -'´ ._,, ー''"゛        _,,,,....  /                /
            ^             .. -''''"  ___,,,,.... --ー'''''''"゙ ̄゛    /             /
 ________             _____________/               /______
                  lヽ    ゙''''¬―--- ........,,,,,___、    /               /
             _.. ‐.,.     .l ヽ.、,''ー .,゙゙'''ー-、,,,_       . ̄ ̄../               ,/__
       _..-'"゙.,/゛ ,,    ,  ヽ .\゙'-、.`''ー ..、 .`゙'''ー ..,,、  /              /   ̄ ゙゙゙̄''''''''¬―--
    .,..-'"゛ ,/゛   /   i′|  .ヽ  ゙'-、    `''ー .    /               /
 .-'"゛  . /     /   / |   .ヽ   `'-..,_      _..-'"               /
   _/゛     /    l  .!    .\    .`゙"'''''"´             _/゛ : ''ー ..,_
 ./       ./     /   |      .`-、                    ,..-'″        `゙'''ー-..,,,_
         /     /   !       '、 `'ー..,,,            _,, ‐'″  .`゙'ー .._              `゙'''ー-..,,,_
       . /      . !    !       ヽ    `゙''''¬―''''''',゙´           `゙''- ..、





124 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 21:39:32 ID:XP9rVBA20




                  _ -=ニニニ= _               ,/     ,イ ,イ
                    , : ´: : : : : : : : : : : : : : :ト 、           /〈    ////  , ―― 、_
                  , ': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 丶            / /  /| レ レ   '――''''''
               /: : :.冫  ̄ヽ: : / ̄`ヽ: : : : : ∧        / /   l |    , ―― 、_   ., イ ,イ ,イ
                ,': : : /\    .Y   / .ト、: : : : : ',         / /   l |   '――''''''  // .//// , イ
                i: : :从  `゙ o-j! -o'´  ./  ヽ : : : !      / /    l l        //   レ レ //
           _,. {: : / ヽ __, (:::::) __/  _ ---: : i     //    Y       //     //
        γ⌒ヽ; i: -- 、      i       ´ ---- : ,    /             /'"     /'"
        {    }:.',- ‐二      !         `ヽ、i: /_
        :、__ノ´:ヘ:.i'´ r-     l     ,.ィ´  //:ハ
               \、 ー  - ;;i、,, .__、__  ,.イ:∠: :∧
              l、 ` r /´_ _   `'<チ'´: : : : : : : i
           __| V>/ ' 〉、__ ` 丶. ヽ:∠-: : : ; : :|_
           \     ∨',/〃:::. -‐,,. 、  \. ∨: :./: : |::::Y
           <    ''i_Li_il::::,ヘ  i! \  ヽ. i゙´: : : j- '
            /     〈ヽ `i.ノ  ヾ :::::\ i |: : : : 7  l_
        .  '一 7   .∧. 、  ` ─ ':::::::::::::丶ノ!}: : : /   /
                 \\   ̄ ̄ ̄`''<::;! : :,′
                   >,二__-─_二,;<: イハ
                            ̄    i       ,'
                              ヘ、   冫




.

127 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 21:40:27 ID:XP9rVBA20





  ´゙"''―- ..,,,_、    `゙''ー ,,_      . \   .ヽ    :!  /     /   ._..-‐″     ._,,,.. -ー'''"゛
             `゙゙"''―- ..,,,,_  `゙'''ー ..,,、   `'-、 .ヽ   |  ″ . / . _.. -'"  ._,,,.. ー'''''"゛
                  `゙゙''''―- ..二ー . `'                -‐''''"´
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      /              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                      _,,,.. -‐'''"´     /
               _,,,.. -‐''''"´    、.、    /゙./             `゙''ー ..,_
    _,,,.. -‐'''"´           _.. -'"゛ ,|   ,/ ./                、 '''-..、   .`゙''ー ,,,_
 '''"´              _.. ‐''″    ゙liV゙"゛  ./              `'-、 .`'ー..、     .`゙''ー ,,,_
              _.. -'"゛      . / '|i.   (               `-,. \    `'ー..、          `゙'''ー ..,,.
       _.. ‐'"゛           / .,/  ヽ   ヽ             \  `'-. `'-、   `''-、、
   ._..-‐″             /  /    ヽ   ヽ                ヽ   `-、 ゙'-、     `''-、、
 ‐'″           ,, '"  /       .ヽ.   ..ヽ                \   \. `'-、      `''-..、
                /   ,/    ./     ヽ.   .\            `'、    ゙'-、  \        ゙゙'‐、
             ,/   /      /        ヽ,    \               ヽ.    ..\.   \
        ,/゛  ./      / ,        ヽ    \,            \     .\   `'-、
     . /    ./      . / . /           ヽ.    .\,           \     . \    `'-、
    /    ./       ,ノ゛ ,i′           \      \              \      .\,   `'-、
 ./゛    /        ./  /                  ヽ.      \            \         \,
     /        /  ,i′                   \      . \             \       `'-、
   ./         /  ./                    \       \、         \        \
 ../         /   /                       ヽ,        \、          .ヽ
              /   ./                            \         \        \
             /   ./                              \         \、       .\
         /   ./                              \          、\        .ヽ.
       . /   /                                 ヽ .\ \ 、.\\         \
      /   ./                                     \.\ \,.\          .\
     ./    /                                             ゛  "             ヽ




129 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 21:41:34 ID:XP9rVBA20




                  _ -=ニニニ= _               ,/     ,イ ,イ
                    , : ´: : : : : : : : : : : : : : :ト 、           /〈    ////  , ―― 、_
                  , ': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 丶            / /  /| レ レ   '――''''''
               /: : :.冫  ̄ヽ: : / ̄`ヽ: : : : : ∧        / /   l |    , ―― 、_   ., イ ,イ ,イ
                ,': : : /\    .Y   / .ト、: : : : : ',         / /   l |   '――''''''  // .//// , イ
                i: : :从  `゙ o-j! -o'´  ./  ヽ : : : !      / /    l l        //   レ レ //
           _,. {: : / ヽ __, (:::::) __/  _ ---: : i     //    Y       //     //
        γ⌒ヽ; i: -- 、      i       ´ ---- : ,    /             /'"     /'"
        {    }:.',- ‐二      !         `ヽ、i: /_
        :、__ノ´:ヘ:.i'´ r-     l     ,.ィ´  //:ハ
               \、 ー  - ;;i、,, .__、__  ,.イ:∠: :∧
              l、 ` r /´_ _   `'<チ'´: : : : : : : i
           __| V>/ ' 〉、__ ` 丶. ヽ:∠-: : : ; : |_
           \     ∨',/〃:::. -‐,,. 、  \. ∨: :./: : |::::Y
           <    ''i_Li_il::::,ヘ  i! \  ヽ. i゙´: : : j- '
            /     〈ヽ `i.ノ  ヾノ:::::\ i |: : : :7  l_
        .  '一 7   .∧. 、  ` ─ ':::::::::::::丶ノ!}: : : /   /
                 \\   ̄ ̄ ̄`''<::;! : :,′
                   >,二__-─_二,;<: イハ
                            ̄    i       ,'
                              ヘ、   冫




.

130 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 21:42:24 ID:XP9rVBA20





  その結果‥‥


                _ -=ニニニ= _
                  , : ´: : : : : : : : : : : : : : :ト 、
                , ': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 丶
             /: : :.冫  ̄ヽ: : / ̄`ヽ: : U : ∧
              ,': : : /\    .Y   / .ト、: : : : : ',
              i: : :从  `゙ o-j! -o'´  ./  ヽ : : : :!  ‥‥‥‥
         _,. {: : / ヽ __, (:::::) __/  _ ---: : i
      γ⌒ヽ; i: -- 、      i       ´ ---- : ,
      {    }:.',- ‐二      !         `ヽ、i: /_
      :、__ノ´:ヘ:.i'´ r-     l     ,.ィ´  //:ハ
             \、 ー  - ;;i、,, .__、__  ,.イ:∠: :∧
               ` r /´_ _   `'<チ'´: : : : : : : i
              >/ ' 〉、__ ` 丶. ヽ:∠-: : : ; : |_
               ∨',/〃:::. -‐,,. 、  \. ∨: :./: : |::::Y
              ''i_Li_il::::,ヘ  i! \  ヽ. i゙´: : : :j- '
               〈ヽ ` i.ノ  ヾノ:::::\ i |: : : :7
               .∧. 、  ` ─ '::::::::::::丶ノ!}: : : /
               \\   ̄ ̄ ̄`''<::;! : :,′
                 >,二__-─_二,;<: イハ
                          ̄    i       ,'
                            ヘ、   冫
                              ̄




132 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 21:43:18 ID:XP9rVBA20




                       /
                     /
                        ` ー
    ほんとだ!!            _,.>
                       r "
    メジャーリーガーって    \    _
                          _ r-''ニl::::/,ニ二 ーー-- __
    すっげえ!!        .,/: :// o l !/ /o l.}: : : : : : :`:ヽ 、
                    /:,.-ーl { ゙-"ノノl l. ゙ ‐゙ノノ,,,_: : : : U : : : ヽ、
                __l>ゝ、,,ヽ /;;;;;;;;;;リ゙‐'ー=" _゛ =、: : : : : : : :ヽ、
               /  _________`゙ `'-- ヾ_____--⌒     `-: : : : : : : :
 ...-''"│    ∧  .ヽ.  ________   /   ____ ---‐‐‐ーー    \: : : : :
     !   /   .ヽ  ゙,ゝ、      /  ________rー''" ̄''ー、    `、: : :
     .l./     V   `'''ー-、__/__r-‐''"゛     ̄ ̄   \   ゙l: : :
                    l     .,.. -、、 _ ‐''''''''-、    l   !: :
                   |   /    .| .!     `'、  |   l: :
                       l   |     .l,,ノ     |  !   !: :
                        / '゙‐'''''ヽ、 .,,,.. -''''''''^^'''-、/  l   !: :
              r―- ..__l___    `´            l   /   /: :
                 \      `゙^''''''―- ..______/_/   /: : :
                 `


  小さな、どころではない。注意してみればすぐに気付けてしまうほど、直球の時と変化球の時とで
 投手のモーションは違っていたのである。





135 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 21:44:09 ID:/jlENbok0



そんなにわかるもんなの?
まあ、昔はそんなの気にしなそうだしな・・・・



134 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 21:43:54 ID:1M1x2sM60



むしろ他の人は気付いていなかったんかいwwwwwww


138 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 21:44:26 ID:cwh983B.0



>>134
そんな発想自体が無かったんだろうね



139 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 21:44:35 ID:R4MLZ0Kc0



>>134
来た球を打つ! って時代なのでお察しください



137 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 21:44:18 ID:XP9rVBA20





  腕の角度が違う。腕の振るスピードが違う。ボールを握りこむ時間が明らかに違う。
  球種が違うと、投球モーションの際グローブの位置が変わる投手もいた。


           ____
       ,.>‐'::::::::::, - ,;::::::,ニ、'‐-::、
     ,.;'"::::::::::::::::/‐- 、l/   ';:::::::::\
    /::::::::::::,;::::::/  .( ・)| |--- .|:::::::::::::\   うーん‥‥
  /:::::::::::::::/:|-'へ、/⌒,.!、`ヽ ./ ̄\:::::::::l 
  :::::::::::/ し'    ' ‐-イ::::::::)‐'"    \:::|  まさかここまで違いがあるなんて
  :::::::::/    ̄  ̄ ' -  '‐r''" ' ̄ ̄ ̄  ',:!  
  :::::::/  ∧ー――-   .|   ――∧-  l|  言われるまで全然気付かなかったよ
  :::::::|  し'     _    |   ー- し'_  l|
  :::::::l  ―― '´  ,r ┬个┬-、     ./
  ::::::::l    -‐='"┴┴┴┴ ┴=:、   /
  ::::::::' 、                 ̄ /   ,
  \::::::\___________/  / |
    >------------r―-:、------ゝ、  し'
  /::::::::::::::::::;;-‐'"´ ̄ト‐┬‐l ̄\:::::::::::\
  ::::::::::::::::::::/      ヽ -‐'   `:,:::::::::::l


  それも一人や二人ではない。
  野村がその日受けてみた投手全員に、球種ごとにフォームの違いがあったのである。





140 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 21:45:11 ID:XP9rVBA20





  驚いたのはそれだけではなかった。


          ,  ────- 、
        /     /⌒ ヽ ⌒ヽ\
       /    , -|/ ・|・ \| 、 ヽ   どうして直球と変化球とで
      /   /    ` ─ ●ー ′ ヽヽ
     l    /  ──   |   ─  |  投げ方を変えているんだい?
     |  /   ──   |   ─  |
     |  l    ──   |   ─   l
      l  |    / ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ   /
      ヽ ヽ   (_____ノ /
        >━━━━━ O━━─( _ )
       /   /       ヽ  /





  . 、___________
    、>                 |
    >________   .|
     ̄   .|./_   _\ |   |
        | /  ヽ/  ヽ |  |   へっ?
  .      | |   ・ | ・  |  V⌒i
     _  |.\  人__ノ   6 |
     \ ̄  ○        /
  .     \          厂
       /  _____/
        ̄ ̄, -/へ/\/`- 、
         /./  ./op    i. \


  投手陣に、不躾にその疑問をぶつけてみたところ‥‥





143 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 21:46:12 ID:XP9rVBA20




             ________  . ィ
      __ ...---:::::::::::::::::::::::::::::<_
    Г::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<
.     |::::::::::::::::::::::::::::::::::......---r‐'''`
.     |::::::「 ̄/⌒丶. /⌒ヽ |    何言ってるんだよノムやん
.    l:::::::l  l    |l
.    r┴ 、:!  ゝ.  ・||・   j !    わざわざフォームを変えて投げる理由なんて
.    l δ `    ` ‐- ''υー ‐' \   どこにもないよ
    ゝ    \          >
     `¬    `ー―――― ラ
       ゝ.           _ ′
       __ュ==、ニ二l ̄
     /    \/ヽ/ ̄ヽ
.    /               |
    l     '            l |
    |    ′         | |
    |    |         | |




            _ _ __
        ,.  ´ , - 、, -、 `丶、
      /  , -{  ollo }‐- 、 ヽ
     /  /U  `ー/⌒V   ヽ. }   そ、そうなんだ
     ,′/  ─‐   `T ´ 二  ∨
     ! l  二二   |   ─   ′  (まさか‥‥気付いてないのかな?)
    l |     ,.  -┴-、   /
.    l l      `ー─-'   /
     ヽ >──────く
     / ̄ ̄ ̄ラ⌒く ̄  ハ


  そう、誰一人自分が球種ごとに違うモーションで投げていることに気付いていなかったのである。
  つまり無意識だったのだ。





148 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 21:47:04 ID:XP9rVBA20





  これは別に、南海投手陣の意識が低かったというわけではない。
  その証拠に前年のチーム防御率は2.53。パリーグで2位、12球団全体でも4位と数字は優秀な部類に入る。


  :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::`ヽ
  :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: _>‐ ァ:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :ハ
  :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: Y´    ヽ、 :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ーv⌒ 、
  :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::}        ̄乂:::: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::\
  :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::_ノ  |  /    _`-、:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :
  :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: , ´   ヽ  ! /  , _´_ ` }:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::    当然だ!
  :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ヽ___,  ムイ´  _    .| ;ヘ:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :
  :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::ム -一 ´  {、     `ヽ |/ '.:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::  小生が率いるチームなのだからな!
  :: :: :: :: :: :: :: :: :: :r‐´        ‐'        | }) 〉:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::
  :: :: :: :: :: :: :: :: :: '{ 、_/      /` 〈`        | / /:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::
  :: :: :: :: :: :: :: ::{Yヽ'.         . ニ -―‐-、  |'_ノ:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :
  :: :: :: :: :: :: :: 八Vハ:、      /. ´ ̄_ `V   ハ:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::
  :: :: :: :: :: :: :: :: ::`ヽ`ヽ \ く / . '    `/    '._::_:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::
  :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::`7ヘ ヽ ヽ/   . -一   /  : : : ` ー-:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::
  :: :: :: :: ::_ :: :: :: :: :: }  \   `_´.. -― ´ / |  !: : : .    `ヽ:: :: :: :: :: :: :: ::
  :: :: :; ´ : : `¨ヽ::_:: イ 〈  \            / | |: : : : .      \:: :: :: :: :: ::
  :: ::/ : : : : : : : ∨   }  '.   \        /  ム | : : : : : .       ヽ:: :: :: :: ::
  :: /: : : : : : : : :〈_ . ヘ   ∧   `ー―   ´     } トミ 、: : : :       ∨:: :: :: :
  :/: : : : : :     ヽ      ヽ            /  !   ヽ : :       | :: :: :: :
  ' : : : : : :       \     \            /        '. :        ト、:: :: ::


  現在ではもちろん球種ごとのフォームのバラつきがあれば厳しく矯正されるが、当時の日本の野球において
 そんなことに気付ける、または知っている人間は存在していなかったのだ。
  野村が見つけた「小さな変化」の中に、本当に一目で分かるようなものがあったのもそのせいである。





150 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 21:47:15 ID:lyN9htf.0



ビデオも何もないから自分じゃチェックできんわな


153 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 21:47:56 ID:XP9rVBA20





  投げている本人ですら気付いていない変化―――――いわば“癖”。


                     _ . . : -------- : . . _
                . ャ≦: : : : : : : : : : : : : : : : : : :>x
             , <: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ、
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\
          ,イ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ヽ
       ./: : : : : : ,.--、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヘ
      /: : : :___:/: : : : V: ,--、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ハ   相手が変化球を投げると分かってるなら
      ,': :, イ. : .j\:_:.〃   ∨: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',  今の僕でも打てる
      .i: :/. : . : :i   ∪7      }: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : !
     {:.,'--、: ヾ!   ,/:     0j ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : i  これはひょっとしたら、いけるかもしれないぞ
     |:.i --、: . :>‐‐ヽi      /  ∨ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |
     ∧i {, ィ´: 乂::::::ノヽ、_,ノ    V: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :j
     .ハ ヘ: . : . / ̄   ─-- 、    V: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.,′
       ム ハ: . :,': . : . ニ、─-、  ``ヽ、.V: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 7
     / ヘi ヽノ: . : : . : . `ヽ、 ``ヽ、.   i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /
    {   .ヘ \_: . : . : . . . _ヽィ   \ .|: : : : : : : : : : : : : : : : : :./
     i     \: ヽ >----ェ彳: \   7: : : : : : : : : : : : : : : :./
      \     >x ー '´: . : . : . . . . . ./: : : : : : : : : : : : : >イ
       i: >-<:/ヽ:≧x、_: . : . : . : . : イ: : : : : : : : : : :, ィ:::/: :ヽ
     .|: : : :7テ=xヽ>x:::::≧--≦--------::::::≦彡:': : : : : : :.∧
      .八: : :.{.P  i !: . : . : >--------: : : :  ̄: : : : : : : : : : : : :∧
        ヽ__:i>-<. : . : . : . : . :.|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .ハ
            {: . : . : . : . : . : . : .:/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :i


  南海の投手陣のレベルでもあちこちに癖があるのだから、他球団の投手たちもきっと同じに違いない。
  そして、事前に“癖”に気付けていれば、事前に球種を見抜くことが出来、打てる可能性も高くなる。
  そう思うと元気が湧いてきた。





155 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 21:48:13 ID:dKIFnLjM0



一気にノムさんらしくwww


157 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 21:48:33 ID:xj1IznFo0



ノムえもん悪い顔w


158 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 21:48:37 ID:4ZE8NObE0



悪い顔してるwww


160 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 21:48:49 ID:XP9rVBA20




            ____
  .         /´ /⌒ヽ ⌒ヽ`\
         /   , -|  >|< |-、 ヽ    それもこれもすべてこの本のおかげだ!
        / /   `ー ●ー ′  ヽ ヽ
       l /  .二    |    二  ヽ l   ウィリアムズと本を贈ってくれた人に感謝しなきゃ!
   /⌒ヽ| l l  ─   |   ─  | | |
   〉、__ノl |  \      |       ノ   l
   |   ヽヽ   ヽ、   |     /   /`ヽ
   ヽ   ヽ       ̄ ̄ ̄ ̄   /   l
    ヽ    \ _______ /⌒ヽ  ノ
  .    〉    `ー──◯──‐ヽ_ノイ
     l    /         \    |




      _,.-‐''"´ ̄ ̄`"''‐-、,
     /             `ヽ,
    /    r――――――‐く /,
   .i    .|           .Y´
   .|     |           |
   .|     .|  ___   .__!、
    |    /   .>、> {-,< |   神様は崇められるものデース
    i⌒'ヘ |   ノ ゚‐‐ゞ 〈 ゚‐‐V
    ',.|.く l .|        ̄ ,.-  \´.|   大いに感謝してクダサーイw
    ヽ__ノミ       /ー⌒i‐'゙ |
       'ミ,      __lj  ,'
       '、     ,く」」」イ´ /
   /\\ヽ\     `┴'ノ /
   /  \ \ヽ.       / \
   .    r‐-‐-‐/⌒ヽ-ーイ   `、
   ヽ、  |_,|_,|_,h( ̄.ノヽ  ビシッ  ヽ
   ー-ヽノ| `~`".`´ ´"⌒⌒)     ヽ
   ノ^ //人  入_ノ´~ ̄       )


  これまで全く解決の糸口が見えなかった変化球の対策に、大きな光が見えた瞬間であった。





164 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 21:49:46 ID:ybXCZZg20



ウィリアムズがどんだけ時代の先を行っていたんだって話だな


165 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 21:49:47 ID:XP9rVBA20





  なおこのテッド・ウィリアムズの打撃論、現在は「バッティングの科学」というタイトルで国内でも
 発刊されており、その内容を伺い知ることが出来る。


                                        ┌──────────────┐
                /\                          │                      │
              /   \                         │                    ===  |
        _   /      \       _              │                      |
        \\/             \    //               │       ======         |
        /\\          \ //               │                      |
       /    \\         //                │   ========.        |
     /       \\      //  \              │  ============  |
   r´ ´\        \\   //    /             │  ============  |
   (    \       \\//    /               │  ============  |
   \     \        > <    / \              │  ============  |
     \     \    //\\/     \                 │  ============  |
       \     \ //   \\       \               │   =====.              │
         \    //   /   \\      \             │  ============  |
         \// \∠___ \\____ \           │                      |
           //   r´===== \\==r           │  ============  |
          // \ 《 三三三三三三三 \\=            │  =========.       |
         ̄    ヽゝ========  ̄=ゝ         │                      │
                                        └──────────────┘


  しかし出版社によって日本語訳されたのは1978年のことであり、この時代にはまだ原書しか存在していない。
  実際、野村の元へ届いたものは製本などされておらず、レポート用紙にガリ版で印刷されたものを重ね、
 紐で束ねた状態で送られてきたものであった。





169 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 21:50:43 ID:XP9rVBA20





  つまり当時この本を翻訳、印刷したのは野村にその著書を贈ったドクター自身なのである。


            ,.. ''' "" ''‐:.::.=-:....、
            〃////////////////:、
              }///////////////.////ヽ
           l////////////////////:ハ
           ;'///////////////////////i:i
           ',///////////////////////:l
             l/////////////////////,リ
             l////////////////////〃
            |///////////////////ノ
            {//////////////////
            ノ/////////////////|
           }//////////////////ト、
            Y:.///////////////イ:ハ
             `〉///////// - ':..:.:.:.:.:.:.:..、
           _ ノ:.:./⊥//-‐ _:..:.:..:.:..:.:..:/:.:.:.ヽ
         ,. ..:.:.:.:/:.::/7;;;;;;;;;ヽ,.:.:.:.:..:.:.:.:../:.:.:.:.:.::..::ハ
       /:.:..:.:.:/:.:.//;;;;;;/:.:..:..:|丶:::/:.:.:.:..:.:..:.::.:..ハ
      ,.:i.:.:..:.:.∧:.:..:レ;...:.´.:..:.:.:.:.:」:..:.:.:.:...:.:..:.:.:..:.:.:..:...:.:::}


  贔屓にしているチームに所属しているわけでもない、たった一人の選手のために彼はなぜここまで労力を
 惜しまなかったのか。

  その理由は、今現在を以って謎のままである。





170 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 21:50:44 ID:R4MLZ0Kc0



阪神ファンの人、すげぇ!
どんだけノムさん惚れこんでたんだ?



179 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 21:52:11 ID:1M1x2sM60



きっと猛虎魂という奴を感じたんだろ・・・ww


171 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 21:51:06 ID:lyN9htf.0



妙な縁と言うのはあるもんだ・・・・


172 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 21:51:10 ID:/jlENbok0



ちょっと待てwwwそのレポートくれた医者何もんだんだw
只の野球馬鹿なのかwアホなのかwわからんwww



173 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 21:51:38 ID:dKIFnLjM0



実は未来人とかじゃないよなこの人。 不思議だ。


174 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 21:51:39 ID:Wk88lFz60



一体何者なんだ…?


176 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 21:51:51 ID:xkuFGlFI0



やべぇかっけえ
今までで一番いい話



178 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 21:52:03 ID:EimK.W8w0



ありがとうドクター。
あなたのおかげで面白い野球が見られています。
今日負けたけど。



181 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 21:52:34 ID:PHkwGqYo0



なんでこの時代に大リーガーの本が日本語訳してるんだ?
と思ったが、そういうことか・・・



175 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 21:51:41 ID:XP9rVBA20




        (ヽ三/) ))
         ( i)))
     / ̄ ̄\ \
   /   _ノ  \ )
   |    ( >)(<)   “癖”を見抜いて変化球対策しようとするとか、
  . |  ///(__人__)   ようやくノムさんらしい話が出てきただろ
    |     ` ⌒´ノ
  .  |         }    こっから面白くなっていきそうだな!
  .  ヽ        }
     ヽ     ノ
  ⊂ヽ γ    く
  i !l ノ ノ    |
  ⊂cノ´|     |




  ..      ____
       / ―  -\
  .  . /  (●)  (●)     相変わらず何をもってノムさんらしいのか正直やる夫にはさっぱりだお
    /     (__人__) \
    |       ` ⌒´   |   どういうことなんだお?
  .  \           /
  .   ノ         \
   /´            ヽ





183 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 21:52:44 ID:XP9rVBA20




         (⊃ ̄ ̄\
       (⊃   _ノ  \
      (⊃   ( ●)(●)   そうだな‥‥一言で言えば、ノムさんらしさってのは
       |     (__人__)
       |     ` ⌒´ノ   「頭を使う」ってことだ
         |         } \
       /ヽ       }  \
     /   ヽ、____ノ     )
    /        .   | _/
   |         / ̄ ̄(_)
    \   \ /| JJJ (
     \  /   /⊂_)




       ____
     /      \
    /  ─    ─\
  /    (●)  (●) \  頭を?
  |       (__人__)    |
  ./     ∩ノ ⊃  /
  (  \ / _ノ |  |
  .\ “  /__|  |
    \ /___ /





185 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 21:53:36 ID:XP9rVBA20




       / ̄ ̄\
  .   ./   _ノ  ヽ
      |    ( ●) (●)     今しがた見てきた話の通りだ
      |      (__人__)  ∫
      |     `⌒´ノ ∬   なかなか理解できない本の内容を、ノムさんは何度も読み返したり
  .   ヽ         } | ̄|   声に出して読んだりと試行錯誤しながら読み解こうとしてたろ?
       ヽ     ノ |_|)
  ____/      イー┘ |
  | |  /  /     ___/
  | |  /  /      |
  | | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|




         ., ──‐、
        /     \
  .     .|     _ノ  ヽ
       |     ( ●) (●)        そうすることで、ようやくウィリアムズの言ってたことが
       |       (__人__) , -―ーっ  分かるようになった
        |     ` ⌒´ノ ( ゝ彡 ̄
  .      ン         } ゙| ̄'|      凄く単純なことだけど、頭を使った結果と言える
      /⌒ヽ、     ノ  .|,  |
  __/   ノ \_ィ ´ー‐ィ'   ∫
  | |  /   /    r_____ ∬
  | | /   /      |i    ┌‐┐
  | | ( 〆⌒'──r─≒、.((|   |
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄└‐┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




188 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 21:54:32 ID:XP9rVBA20




       .r-、       / ̄ ̄\
      /て )     /   _ノ  \
      ( _ノ  フ.     |   ( ●)(●)   ウィリアムズの言ってたことが癖だと解釈できたのも、
      ゝ、 〈     |    (__人__)   投手陣の癖を見抜けたのも頭を使った結果だ
      / ハ ヽ.     |     ` ⌒´ノ
      /〃 ヘ  \ .   |           }   考えたり、工夫したり、記憶を働かせたり、全部頭を使わないと
     i !   \  ` ーヽ       }   出来ないことだろ
     丶丶   _ >   ヽ    ノ、
         ゝ'´- 、_  y-、       \
       〈      ̄  う       /、  ヽ
          `ー― ¬、__ノ     |  >  /
              |      r'^ヽ'´ _/
               |      `く__ノ´




                    ,ヘ
        ____      / /
       /\  /\   / /
     /( ⌒)  (⌒)\/  /   なるほど、そーゆーことかお
    / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ /
    |     |r┬-|       |     言われてみりゃ、練習を繰り返すことだけが上手くなると思われてる時代に、
    \     ` ー'´     /    本を読んで打開策を練ること自体、色々考えてる証拠だお
    /          \
   /             \
  /  /\           ヽ
   /   \          ノ
  U      ヽ        ノ





192 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 21:55:27 ID:XP9rVBA20




           ____
           / _ノ ヽ_\
  .     / (ー)  (ー)\   しっかし、そんなことすらコロンブスの卵状態だったのかお
      l^l^ln  ⌒(__人__)⌒ \
      ヽ   L   |r┬-|    |  今の時代から見ると滑稽だお
       ゝ  ノ  `ー‐'    /
     /   /         \
    /   /            \
  . /    /         -一'''''''ー-、.
  人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))




  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ツ
  ::::::::::_,,彡三三::::} ̄从从ノ`ヽ
  :::::彡三三三三::ヽ      |
  彡三三三彡三::/ 彡三ミ.、  |   そう言うな
  彡三彡''"´::::::::::l __`ヾゝl
  彡":::::::::::::::::::::::::|   ヽ-┴' {    効率的、科学的なトレーニングも重要だが、飽くなき反復練習が
  ::::::::::::r―.、::::::::::|  ヽ-‐'  ヽ  不可欠なのも、間違いのないことだからな
  ::::::::::::l   }jヽ::::|.     ,.  ヽ
  ::::::::::::ヽ  ヽ |::::|   ,.-‐' ゝ┬‐'
  :::::::::::::::::〉--' 彡   / ,.-=ニ
  :::::::::::::::::', l      l     |
  :::::::::,、::、ヽ、ヽ.         l
  :::lヽ:| ヽl`"''`    ‐-,-..,,__ノ
  :::ゝ           ノ





197 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 21:56:24 ID:XP9rVBA20




       ____
     /     \
   / ⌒   ⌒ \     ま、いいお
  / -=・=-  -=・=- \   
  |      (__人__)      |   頭を使うことで、鶴岡監督にぼろ糞に言われてたノムさんが
  \     |++++|」_  /    どう変わっていくか拝見させてもらうお
       `ー''´ l




   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |   また随分と上から目線だな
. |  (__人__)  │
  |   `⌒ ´   |
.  |           |
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |





200 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 21:57:17 ID:XP9rVBA20




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)  でもまあ、鶴岡さんがノムさんに厳しいのは同意だろ
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ  前年(58年)も、率は落ちてもホームラン王争いにはしてたんでしょう?
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |




          , ィ〃〃〃〃〃〃,,)))
        ,r≦三〃〃〃〃〃〃,)))ゝ、
       /彡三〃彡彡//////-'''''' Yミ、
       .{イメ彡///ノ /イ 〃リ.ヽ _ _ ミヾ
       .彡三三ニ{    ̄` _  {´ ,,,,ゝ    うむ
       ,彡彡三ニ;} ∠三二ヽ`ヽ}∠≦ノ
       彡メ彡三{   fニヒノj'''  、fニヒノヽ    最後まで中西と争い、僅差の2位だった
      ,彡ソf-三ニ{  ‐-‐'   _ ヽ、ー' {
      彡ニl   三{{      _,t _____ )、 l
      /l/l,ハ ` 三}  ./     _ ヽl
      !l/l/l/l`t-イ       ` ̄ - ` j
       ヾj/T(\    、      __ ,イ\____
     __ノ:;:;:;:ヽ\\     ̄ ̄ ̄ノ   i!lヽ:;:;:;:;\:;:;:;:;:;: ̄





      1958年パリーグ本塁打ランキング
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ┃
  ┃   1位 中西 太(西)   23本
  ┃   2位 野村克也(南)   21本
  ┃   3位 葛城隆雄(毎)   20本
  ┃   4位 関口清治(西)   16本
  ┃   4位 長谷川繁雄(南) 16本
  ┃   6位 豊田泰光(西)   13本
  ┃   6位 山内一弘(毎)   13本
  ┃   6位 榎本喜八(毎)   13本
  ┃
  ┃   西…西鉄 南…南海 毎…毎日
  ┃
  ┃         人
  ┃         <。 .>     
  ┃    ∧∧  /Vミ バシ!!
  ┗━━(´・ω・`)/ ミ━━━━━━━━━━━━━
      /) y )つ
   |~ ̄] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|





201 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 21:57:45 ID:R4MLZ0Kc0



6位の面子が凄すぎるwwwww


203 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 21:58:06 ID:/jlENbok0



おい、なんで西鉄と南海ばっかんだw


210 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 21:58:52 ID:xj1IznFo0



阪急東映近鉄・・・


204 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 21:58:10 ID:XP9rVBA20





    / ̄ ̄\
   / _ノ  ヽ、_ \
 . | ( ●)(● ) |   チームで一番打った選手が一番責められるってのは
 . |  (__人__)  │  なんか釈然としないだろ
   |   `⌒ ´   |
 .  |           |   4番とはいえ、ノムさんまだまだ年齢若いし
 .  ヽ       /
    ヽ      /
    >     <
    |      |
     |      |




         ____
         / _ノ ヽ、\
      /o゚((>)) ((<))゚o   年齢wwwww
     /    .:゚~(__人__)~゚:\
     |         |r┬-|    |    そんなこと言い出したらいくらでも擁護できるおwwwwww
     \、     i⌒i‐'  ,;/
    /  ⌒ヽ.ノ ノ  く 
   / ,_ \ l||l 从\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.
         ベシベシベシ




211 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 21:59:03 ID:XP9rVBA20




           , ,. .__
         __//〃'´:::: ̄::¨::''‐、
       /:::;:L!{l;;;ハ::::、::::::::::::::::::::ヽ
       〃::/_- 、 ! |ハ「ヽド、::::::::::::::i
  .     l::∠=ヽ_{∠_,ノ;三ゝ.j三ミ、::|   やらない夫の言いたいことも分かる
       l〈.、=<, `ーr'==; }三ミミ :|
  .      f7ヽニ゚イ  ゙ヾ゚ニ´  }::}ニヾ::|   しかし自軍選手は責め、他球団の選手を褒め負けん気を煽るのが
  .     l」   / ''''  、     }::7´ |::|   鶴岡のやり方だというのは、既に説明したとおりだ
        〃 r'^ー‐--'^ー 、 ノ::{ r'/:::|
        ゙{ ! 」二二二フ } ヾミT´::::::|
        ヽ、 ー-      ' ,  i.|、:::::リ
  .      _r'f ー:----‐ ''´  ! ト;ヾ'、
    -‐ '7´| l |  `ー'     .//.+ l ` ー-
     +./.+ |+ヽ、      //+ +/+ + +








     / ̄ ̄\   そうだな、レギュラーに年齢は関係ないよな
   /       \
   |         |  
  . |         |  ___
    |          | /     \
  .  |         } 、,:' /,';;;}: ; , \  ‥‥言ってることとやってることが大違いだお
  .  ヽ        }` : ;ヽ ,.、_ノ ,; ' ‐ \
     ヽニニニニノ ,`冫<____〉イ'; 、  |  
    /;:::::::::::::::::::: ̄`ー- ,/::::|    (⌒)
  /::/:::::::::::::::::::::/‐- _::::::ノ    /i ヽ
  ::::イ::::::::::::::::::::::/     ̄         ヽ___i





213 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 21:59:58 ID:XP9rVBA20




        , , , -‐==- ._
        /.//イイ≦三≡=‐=‐-.._
       i .川/〃イ三≧三三二≧、
     , -ゝlllllヘヘヘへミミミミミ、ミミ、、ミ
    イイフジ゙゙'' ヘ. \\`ヾ゙゙三ミミヾヾミ
    ´イ//   / ,イ´ヽ `  ヾ 、`ヾミミミ    何より野村が出来ないでいた、「来た球を打つ」という気構えだけで
     llレ__` { ´ _,,イ二ヽ ヾミミ、 ヽヾミミ   変化球を打てた選手が同じチームにいたのだ
      {三≧ =≦竺o=''  三ミミ、ミミ、ミミミ
       .〉ー ゚'   、  ノ   三ミ、ミミ、ミミ、ミ   しかもその選手は、野村より若い
      .( `_/..    `¨    三三F lミヾミミ
      l (  ___)ヽ 、   三-、 .リヽヾヾヾ、
       l/  ̄__ _ `ー、  .三 ' /川川ハハヾ
       l ´ _   `   l   ゝ-イ川 川川ハハ
      l   ¨       ___ ノノノノノ川 l || l i ハ
      ゝ._     __  、二ンノイノノノ川 川 l川
          Т  ̄  // `ーイノノノノハノノハノノ
    r‐‐- - -┴────-==─イイノノハノハ
     jl`ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
    ノj   ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :




     / ̄ ̄\
   /u_ノ  ヽ、_\
   | ((●)) ((●))|   えええ、マジッすか!?
.   |  (__人__)  |
    |ヽ |!il|!|!| / .|
.    |  |ェェェ|   }
.    ヽu      }
     ヽ     ノ
     /    く
     |     \
      |    |ヽ、二⌒)、




          ____
        /      \
       /  ─    ─\
     /    ⌒   ⌒  \    ハハッ 4番打者(笑)
     |       ,ノ(、_, )ヽ    |
      \      トェェェイ   /
       /   _ ヽニソ,  く





215 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 22:00:57 ID:XP9rVBA20





  広瀬叔功という選手だ。


                /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
             l/:::::::::::::::イ::〃::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
             ゙、l::::l:::::::/l:;;l|:::l::l:::l::l::ト、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',   名前は「よしのり」と読むんです
              ゙、ヽ:::l'"fハ:::|l:::|、|:l,=;ミ、:::::::::::::::::::::::::::::::l::i
              \l::::| `‐iヽヾ ヽ ヒ::;ゞヽ::::::,.、:::::::::::::|/
                ヽ、  ノ     `ー /:::/ ノ::l::::l::::N
                 '、 ヽ_      'ー='"ィ'::::/::::ll::;'
                  ヽ   ̄       l:::::/:::ノノ'          _,,.. -‐ '' "´
                   ヽ      , ' ノノイ'"    _,,.. -‐ '' "´ _,,.. -‐ '' "
                    ヽ -‐ T´    ___」..-;;'' "´  _,,.. -‐'' "´
                 r‐、 fヽ __」.. -::=-―----ヽxr,'' "´
               __,-| |,L|;;| |  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ツ
             /ブ / .l | 」;;| |/ ,. -ァ'"´``ヽ、‐-- <
            ノ| | | /`"/ )レ/:/ /      ヽ、  〉
           _,.゙-レヽ'` _,./ / //   !        ヽ /
        _,..-''" X _,.-'"'´ ,'  ,i::i   l          ヽ\
     _,..-''" X._,..-<_ __,ノ  ,i::;i   |  ,.. -― - 、_  ゙、|
    r'"l X _,..-'"/    /ヽ| ,i:::;i   l , '´        `ヽヽ
    ヽ、.>''//     l\  ,i::::;i   |'             ゙、
      /:::/      l::::::|  ,i:::;i  レ' l             ゙、
      〈:::::::ト、     !:::::| /:::/   | !      /       ヽ
      ゙、::::l `‐、__,,..イ:::::l /:::/    l !     /   l      ゙、
       ゙、:::::l     i::::::レ::::/   ; l !        l       ヽ
        ゙、:::ト、_,,..イ:::::/::::/    i  l        l      )  ゙、
        ゙、:l   /:::::/::::/   ; i  l        l      /   ヽ
         ヽ::l  /::::/:::::/    i i   l       l    /      ゙、
         ヽ:l /::::/::::::/   l l           |  _,.-"       }
          ヽ:l/::::/:::::/   ノ  l   l      _,.. '"         ノ
         .,-、!〈:::く:::::<   , '   |  i  ヽ   _,.-'"          ,イ
        /  ``丶、_:::>'    !  i  _>'"            / |
        ゙丶、    /`丶、    :  ,.ゝ''":i               / ,'

                 広瀬 叔功


  野村と同じく、高校を卒業し南海ホークスにテスト生として入団。
  入団時は投手、その後すぐに野手転向したこの後輩選手は、中西や野村とはまた違った意味で
 規格外だった。





216 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:01:44 ID:xj1IznFo0



この広瀬は速いぞ


220 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:01:55 ID:dKIFnLjM0



もうAAで伝わる天才臭ww


221 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:01:58 ID:R4MLZ0Kc0



本物の盗塁の天才か


223 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:02:33 ID:1i7T95bw0



総理大臣を暗殺しそうなんだがw


218 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 22:01:53 ID:XP9rVBA20





  野村がまだファームにいた2年目の55年、広瀬は南海に入団してくる。


           , -;´;;;;;;;;;;;;;;`丶――--、
         /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\__
        /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\`丶
      /;;;; ;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
     /: : : : : : ;;;;;: : : ;;: : : :ll: : : :l: : :;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;;;ヽ
    ,イ';;;;;;:;;;;;;;;;;イ;l|、;;;;;トi;;;;;;;||;;;: ;;;|;;: : : : : : : : : ;;;;;;;ヽ
    |l|;;;;;;;;;;;;;;;;;;l|;l┼l_;トト;;;;;|| |;;;;;;;||;|、;;ヾ;;;;;ヽ :ヾ丶、;|    先輩
    |||;;;;;;;ll;;;;;;;;レ|;lラ。ド、丶|| l丶;;|┼、;;;;ヾ;;;;、;;;:ヾ: : l丶
    |l;ト;;/,l;;;;;||、ド'--'   丶lX >!ラ;ヾ、;;丶;;;ヾ;;;;;;l;;;;|   よろしくお願いします
     ヾ ト、!l;;;;\丶      ,l  ゝ、゚ノ 〉'ヽ!;;;;;ヾ;;;;||ノ
      |;;;\ト、;\     ノ丿    ̄'''/;;;;;;/l;;ll;;|||
       l;;;;;;;ヽ`  ̄  、 _ `      /;;;;;/ノノ;l||;;;l|
       ヽ;イ;;丶      =  ̄   /;;;//;;;| |;;/l'
        llヽ;;;;ト          -彳l ̄;;;;;ノ|' l/
        l ヽ;| \        /;;;/;;// ' '
         __l| ヾ;\  _ ,イll|;;/l/
    ___  /::/〈   \ ̄;;;;;;;;ll'__ '       __
  __///´::::::::|l  \  \;;;;;/ l:::ヽ    / ̄`ヽ' \
  ///|::::::::::::ト l   `>_- '´   /l:::::l  /     l   \
  // |::::::::::::|ヽl  / l`ヽ  /;;;;|:::::::l\ /    |     ノ〉、
  /  |::::::::::::|-ヽ´丶_丿 ;;;V   |:::::::|  \         //  \




          _____
        /.- 、 -、    \
      / |  ・|・  | -、  \
     // `-● - ′  \   ヽ   よろしく
     |  三  |   三    ヽ  ヽ
     | (____|____   |   |   一緒にがんばろう
     |  \.        /   |   |
     ヽ  \/ ̄ ̄ ̄ヽ/   / /
     _ ヽ   `───-′  / / _
    (  )ヽ━━( t )━━━ /(  )
     \  /      \   /


  同じような肩書きでプロの世界に飛び込んできた初めての後輩に、野村は親近感を抱く。
  仲良くいつも話をするほどではなかったが、何かと気の留める存在となった。





219 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:01:54 ID:0VZX4Agw0



ノムさんと同じくテスト生だったのか


224 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 22:02:50 ID:XP9rVBA20





  しかし当時の南海ホークスのファームの空気が淀んでいたのは、既に説明した通りだ(第3話参照)。


                 |il|il|il|il|il|:::|i Ⅳ
                 |il|il|il|il|il|:::|i /
          ー=ミY|il|il|il|il|il|:::|il|
            ミ1三≧ il|:::|ilト.
           彡/ `ヾ::::ゞ=彡∧
             彡ソ    \:::::/ |
          彡::}__,,r:::::::::::ェ::::::::::y、   よう新人、お前に酒の飲み方ってもんを教えてやる
          彡::「t ̄`ー='7⌒ー=''〈}
          彡::人_, l  ノニニ  /ノ    ついてこい
  __ .. -=彡.:::::::/ | | {-─-{{ |
       `ー=彡''  \` 弋三ヨj ∧ー── - - ..
    ̄ ̄ ̄\    \   \___/ ∧\         `ヽ
 _        `ーr  -=ミー- __彡'' }::.. }´ ̄`ヽ.   ノ ノ
   `ヾ ___人__/∧ー一 ”  弋从     }__彡"ヽ
       _才  |:::::::::::::||    .   Ⅵ:::`ー=彡     }
    _才"      | |::::::::::::||      :  Ⅵ:::::::::∧_____ 人
 才"         | |::::::::::::||     i   Ⅵ:::::::::::i      |




               " ⌒⌒ ヽ
            / :::.:::::::::::::::::...::::::ヽ、
           /::.:.:::::::、.:.:::::::::.、::::::::::::ヽ
           /.::/ |  | | | | | ::::::::::::::: |   わあ、嬉しいな!
           l:::l 从 ハ从Vハ |V |::::|
           l:::l ⌒    ⌒ レ'ヽ.:::/   ありがとうございます!
           l::l○ 、_,、_, ○ ∂ノ:/
       /⌒ヽ__ `ヘ   ゝ._)   ノ/⌒i
       \ /:::::/ヽ>,、 __, イW/  /
 .        /:::::/   ヾ:::|三/::{ヘ、__/




          , -────- 、
.      /       /⌒ヽ⌒ヽヽ
    /     , -| / (|)\ | \   ありゃりゃ
    /    /U ヽ、  .l、__ ノ\ヽ
.   /    /       ̄ ●   ヽl
   i    /      ̄ ̄   | ── |
   |.   l      ̄ ̄   | ── !
   |.   !       ̄ ̄   |   ⌒ヽ
   |.    |           __|___ノ
   ヽ   |   / ̄ ̄     /
    >━━━━━━,-、━━く
   /   /       '、フ  ヽ ヽ


  自由時間になると不真面目な先輩の誘いに乗って、一軍への道を踏み外す若手は少なくなかった。
  広瀬もその例に漏れず、遠投で肩を強くしようと自主練習を繰り返していた野村を横目に、
 度々夜の大阪の街へと消えていくのである。





227 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 22:03:45 ID:XP9rVBA20





  自由時間に練習している様子は一切見られなかった。
  素振りをしているところなど見たこともない。


      _」_
    X´
   ./           " ⌒⌒ ヽ
  ┼        / :::.:::::::::::::::::...::::::ヽ、
             /::.:.:::::::、.:.:::::::::.、::::::::::::ヽ      `X
          /.::/ |  | | | | | ::::::::::::::: |        |
          l:::l 从 ハ从Vハ |V |::::|       メ
          l:::l ⌒    ⌒ レ'ヽ.:::/
             l::l○ 、_,、_, ○ ∂ノ:/
        /⌒ヽ__ `ヘ   ゝ._)   ノ/⌒i
      \ /:::::/ヽ>,、 __, イW/  /
.        /:::::/   ヾ:::|三/::{ヘ、__/




         ____
      /       \
     /    ノ -、 -ヽ ヽ
     /   , -|/‘|< |-、 |   折角の後輩なのに、残念だなぁ
    ○/   ` - ●-′ |
  .  | |  三   | 三 /
    |  |  /⌒\_|/^/
    |  |━━━(t)━━、
    |   /__ ヽ |_|
  .  i   l ヽ___/ノ j_)
    ヽ  ` ── ′/
     ⊂二⊃⊂二⊃


  その様子に野村は、広瀬も他の新人と同じように一軍に呼ばれることなくプロの世界を去っていくのだろう、
 そう思うようになっていた。





228 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:04:20 ID:1M1x2sM60



御大将が睨み効かせてるチームなのに、何でファームはここまで腐ってたんだろ…


229 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 22:04:36 ID:XP9rVBA20





  しかし‥‥


        >──、                                    r:::.:..:....、
       └──‐'   r──、                             ノ::::::::::::::i
       く ̄ ̄\   /  /                   |         ,ィ≦三ハ:::::!
         ̄二二_/  r─、             \      |     ’      ̄Ⅶ  Yフ  ̄`ヽ
        ∠´___/| く_               \、_ ノし'//      /ゞ、 _/l|    _/:::::.. 、
            ∠二_      ̄ヽ          __)    て      ′ 弋三ソ /.:::::i:::::::∧
               `}  /´フ_/       ――=二      =――  ト-=≠<  / ..::::::∧:::::::∧
                | ,/              .__,,,. メ、    (_      Ⅵ:::::::::::::≧}:::::才  }≧::圦
                }/      .__,,,--ー'''“^゙´._,,,,...   Y^  \ `     `寺:::::::::::::.`ー= (::::::::::::ノ
               _,,,,.... --ー'''“^゙´._,,,. --ー''''''        |     \       ̄〉ー=::::::::::::::::::::::::::::ト、
      ._,,,,.... --ー''''''゙  _,,,,.... --ー''''''                !           /     ̄フ三二一一”ー'
  ''^ ̄_,,.. -―''''''' ~              ,イ,イ ,イ                   /     /.::::::      ̄ ̄ ̄〉ー= 、
                          レレ //                    l     /`ヾ:::::L.. . . ___/_/Ⅷ:::圦
                            /'                    |     {     ̄ ̄         Ⅵ::::::|
                                                |    |                 `寺ノ
                                                |    |
                                                |    |
                                                ト、   |
                                                _|  ー=}
                                              /.::::.`ヾ ノ
                                              { .:::::::::才"
                                                ̄




232 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 22:05:32 ID:XP9rVBA20




   ,,、                  、
    `'ミ'‐ ,,、            リ、
      \ `''ー ..,_   .゙ミ'ー ,,,、 .|.ヽ
       \    .`゙"''''''゛   `゛ ヽ      i、
        \                ヽ,    ,バ,
          ヽ                `'-  ‐゛ ..l,               _
   ______ゝ           _、         ヽ           //\
      ̄'''''ー ,,_           ,i'´   . ´゙'''.ー      l,         //   \
         ___>     │         `''‐、.  ヽ          j j         ヽ
    -ニ二 ̄ ̄        !            `'‐ ヽ     //        /
       `''-、.        .l              `'' \ / /    , -=ニ二ニ=‐=ァ
   ______,       l,_______{ }___,ィ二二∠_/   <        ⌒ヽ
   \ミミミミミミミミ`┐      ゙'ミミミミミミミミミミ| |Y YY~ろ __} ,イ              う、
            、i|_      ゙'、            {_}, `‐--‐'ヽ、 ,'                 ゝ、
              `''-、    .ヽ                   ∨      ヽ          }
      /´   ム -イ;‐ァ _,ゝ    \                /イ/ ィ !卅ヽ  ヽ≦   _ ノ、
      ,!      〃 /  ゙゙'ニr     .ヽ                  /イ ! !セタ ヽ, ソウジYソ|\
     /      ィ! | -‐''"゛        \             V ゝ,j、   i   彡j ! !   \
   /     ;'´ i  l ゙゙゙゙゙̄"''''―- ..,,,_      {\              ∨  ヽ `ー' // / /    /` 、
   l  /|   !:  !  |         `\    |l|w/L ,r_/         \  ∨/ ̄!/\j  j   /    ,
   |./  l   |!  l  |           \\{w└ ¨ ´ /      マ ̄l ̄ ` ー -、___/ / /      ,
      |   l! |  |     ,、       \´     彡x       \_\       >─'"         i
      !  |l' |  |     ,l |        >  ; ’  ∠─      / セニ7 ̄ヽイΥ ̄',         ,'
      |  |! .|/     ,! L.-ヾi=,  /      }|`\ \  / /,小   }  j   }           /
      |/      _,.-'´  _, - '_´ /´ヾ,  r、r‐|^`    \\ ////,ゝzソ ヽソ_ ノ         /仁二二二二二
              |_,.- '´| L-'´_|     //  }´       〈 \ ,'ノ lノi/    ! ¨ー─‐─‐'´  |
                ,.-'´  ,.-'"    /            ',              !     !      l
               |,.- '´| |      /|             '            !     !      /
                  |,i    //                  `<________,ィ′     !     |
                     / ィ'                         l      !    /
                    く/レ                         i             /
                                                    ' 、 _______,. イ




234 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 22:06:27 ID:XP9rVBA20





  野村の心配を他所に、広瀬は2年目の7月末に一軍昇格するとプロ初打席でいきなり3塁打を放つなど
 デビュー戦でいきなり4打数4安打の大暴れ。


            , -;´;;;;;;;;;;;;;;`丶――--、
          /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\__
         /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\`丶
       /;;;; ;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
      /: : : : : : ;;;;;: : : ;;: : : :ll: : : :l: : :;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;;;ヽ
     ,イ';;;;;;:;;;;;;;;;;イ;l|、;;;;;トi;;;;;;;||;;;: ;;;|;;: : : : : : : : : ;;;;;;;ヽ
     |l|;;;;;;;;;;;;;;;;;;l|;l┼l_;トト;;;;;|| |;;;;;;;||;|、;;ヾ;;;;;ヽ :ヾ丶、;|    やった!
     |||;;;;;;;ll;;;;;;;;レ|;lラ。ド、丶|| l丶;;|┼、;;;;ヾ;;;;、;;;:ヾ: : l丶
     |l;ト;;/,l;;;;;||、ド'--'   丶lX >!ラ;ヾ、;;丶;;;ヾ;;;;;;l;;;;|    さあ、これから頑張るぞ
      ヾ ト、!l;;;;\丶      ,l  ゝ、゚ノ 〉'ヽ!;;;;;ヾ;;;;||ノ
       |;;;\ト、;\     ノ丿    ̄'''/;;;;;;/l;;ll;;|||
        l;;;;;;;ヽ`  ̄  、 _ `      /;;;;;/ノノ;l||;;;l|
        ヽ;イ;;丶      =  ̄   /;;;//;;;| |;;/l'
         llヽ;;;;ト          -彳l ̄;;;;;ノ|' l/
         l ヽ;| \        /;;;/;;// ' '
          __l| ヾ;\  _ ,イll|;;/l/
     ___  /::/〈   \ ̄;;;;;;;;ll'__ '       __
   __///´::::::::|l  \  \;;;;;/ l:::ヽ    / ̄`ヽ' \
   ///|::::::::::::ト l   `>_- '´   /l:::::l  /     l   \
   // |::::::::::::|ヽl  / l`ヽ  /;;;;|:::::::l\ /    |     ノ〉、
   /  |::::::::::::|-ヽ´丶_丿 ;;;V   |:::::::|  \         //  \




          _ _ _ _ _ ____
        //   /    |    ̄ ヽ、
      / /  ・ / ・  /ヽ、      \
     // | __ ,,.-'-、  /    \     \   ポカーン
    /     i    i ̄        \    ヽ
    | ──_ `-,-′   _──  ヽ    ヽ
   |  _    /     ̄        ヽ     |
    |  ̄  / ̄ ̄      ̄ ̄──   |      |
    |  / ヽ__     \         |    |
   | /      |       \       |    |
    |        |             |    l
    ヽ.       |             /    /
     ヽ    i ̄             /   /
      \   ヽ             /   /
       |───────────┴─┤
.        ├──-/ ⌒ヽ───────┤
        | /   l===l   \      |


   翌日の試合でも猛打賞を達成し、7打席連続ヒットという鮮烈なデビューを飾ると、3年目には
 木塚忠助が抜け、穴となっていたショートのレギュラーポジションを奪い取るのである。





235 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 22:07:24 ID:XP9rVBA20





  広瀬は、野村が苦戦している変化球の対応などものともしなかった。
  恥を忍んでどう打っているのか聞いても、返ってくる言葉は感覚的な言葉ばかり。


              " ⌒⌒ ヽ
           / :::.:::::::::::::::::...::::::ヽ、
          /::.:.:::::::、.:.:::::::::.、::::::::::::ヽ
          /.::/ |  | | | | | ::::::::::::::: |   変化球の対応ですか?
          l:::l 从 ハ从Vハ |V |::::|
          l:::l ⌒    ⌒ レ'ヽ.:::/   そんなのボールをジッとよく見てピュッと振れば
          l::l○ 、_,、_, ○ ∂ノ:/   スコーンと当たるじゃないですか
      /⌒ヽ__ `ヘ   ゝ._)   ノ/⌒i
      \ /:::::/ヽ>,、 __, イW/  /
.        /:::::/   ヾ:::|三/::{ヘ、__/




      (\   _____   /
        /´   // ヽ⌒ヽヽ  /
       /    , -|  (・|∠ |-ヽ  _   それで打てないんだってば!
      /   /   ` ー ●ー′ |_
       l   /   二二  | 二   /
 .      |   l /⌒\─  | ー /
      |   | /      ̄ ̄ ̄/ ̄
       |  | |         /
   /⌒ヽ  | | /⌒ヽ⌒ヽ  |
   ヽ_ノ\ ヽ` ー────┴ フ
   //\  `━━━━6━━ ´─/⌒ヽ
   /⌒ヽ ̄   /      ヽ  ヽ_ノ
   ヽ__ノ ┐  / ┌───┐| | ̄ //


  「天才とは本当にいるものなのだ」

  後輩の恐るべき言葉に、野村は強くそう思ったのであった。





237 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:07:59 ID:1M1x2sM60



今でもいるよな、このタイプのバッター
凡人の理屈が通じない



238 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 22:08:18 ID:XP9rVBA20




       ∟_-ニ 二l   __∠ //  〃 ::::::::::::Yハヾヽ
        /=二三l∠三三ミヽ /ハ ::::::::::::::|| lNハj
        L ニ三/ 、__`ヾミミ∨ {ヽ l::::::::;;、」ハj リ
        /ミミミl   ヽ、__辷rヾミゝ `リ:r彡三ミ//
       /ミミlミミ|  \   ̄´ノ::'⌒ヾ:ニtテ‐y′   いくら技術を磨こうと頭打ちの感があった己とは違い、
         >リミミl    `ー‐'´     ト、: ̄〈
        /(´jミミ|          __  __ |::::Y´/    感覚だけで打てるという広瀬の存在は、野村にとって
  ⌒レ^ヽ∧ `lミミl   ,r─-く:::(    ` Y l
  〃/l/l l/l「T^ー'   // ,仁二¬ーニ‐-_イ  |、    大きな衝撃だったのだ
  //l / l l l !::::.     / {⌒ヽ  ̄`¬─--7 トハ
  l/l/l j j l/|::::::.     ヽ二ニニ-ー---ノ 川l|
  /j l/l ハ l/l:::::::.             こ二 ̄  ,lリリ




           ____
          /⌒  ⌒\
      ♪ //・\ ./・\\    その時ノムさんがどんな気持ちだったのか
       /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
      |      トェェェイ     |  ぜひとも知ってみたいもんだおwwwww
   __\    `ー'´     /
   ヽ___          \
         /       /ヽ <
        /      /    ̄
       /     /    ♪
       (_ ⌒丶...
        | /ヽ }.
          し  )).
            ソ  トントン




          . __
         ./::::::. \
         /::::::ヽ;;:   \
       . (:::::(::::冫    |   ‥‥そんなエピソードが満載な選手が
       . (:人;;;) .    |
       r‐-;::::::. .     |   なんか他にもいたような気がするだろ
       (三)):::::.. .   |
       >::::ノ:::::::::.    /
      /::: / ヽ;:::::::::   /
      /::::/ ⌒ヾ:::::::::::.〈
      (;;;;__ゝ:;;:::::\/:::::)
        . |\::::::::::::;;:1
        . |:::::\;;/:::|





241 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:09:06 ID:4ZE8NObE0



いたねぇ……


243 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:09:15 ID:1M1x2sM60



某終身名誉監督の事ですね、わかります


242 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 22:09:10 ID:XP9rVBA20




           , ィ〃〃〃〃〃〃,,)))
         ,r≦三〃〃〃〃〃〃,)))ゝ、
        /彡三〃彡彡//////-'''''' Yミ、
        .{イメ彡///ノ /イ 〃リ.ヽ _ _ ミヾ
        .彡三三ニ{    ̄` _  {´ ,,,,ゝ   しかし野村は自分なりのやり方で光明を見出した
        ,彡彡三ニ;} ∠三二ヽ`ヽ}∠≦ノ
        彡メ彡三{   fニヒノj'''  、fニヒノヽ   本を読むことでな
       ,彡ソf-三ニ{  ‐-‐'   _ ヽ、ー' {
       彡ニl   三{{      _,t _____ )、 l
       /l/l,ハ ` 三}  ./     _ ヽl
       !l/l/l/l`t-イ       ` ̄ - ` j
        ヾj/T(\    、      __ ,イ\____
      __ノ:;:;:;:ヽ\\     ̄ ̄ ̄ノ   i!lヽ:;:;:;:;\:;:;:;:;:;: ̄




        / ̄ ̄ ̄ \
       /  ─    ─\     あー、そういや投手のフォームには癖があるとか発見したんだったお
     /    (ー)  (ー) \
     |       (__人__)   |   早速忘れてたお
     \      ` ⌒´   /
       / ヽノ   ⌒\__
      / |      \___)⌒\
      ` ̄\ \     -''' ⌒(___)
          \         /\ \__
            ` ―─―─´   ヽ___)




    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●)  おいおい、早速すぎるだろ
 . |     (__人__)
   | U   ` ⌒´ノ  てゆーか態度も露骨に変わりすぎだろ
 .  |         }
 .  ヽ        }
    ヽ     ノ    ビシッ
    /    く__,-ュ__   て
    |    ___ 三)  (
     |    |       ̄   ´





247 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 22:10:05 ID:XP9rVBA20




         __
       / ~\
     / ノ  (●)\    しかし癖があると分かったところで、対戦する投手はたくさんいる
   . | (./)   ⌒)\
   . |   (__ノ ̄   \  それを一人ずつ、一から全部調べるなんて凄く大変なんじゃないか
     \          |
       \       /
   .      \  ⊂ヽ∩
         /´    (,_ \.
          /       \. \
         ./   /       |. \ソ
       (  y'      .|




                   __ _
    _,rーく´\  , --、   /⌒  ⌒ \
  ,-く ヽ.\ ヽ Y´ /   /(●)  (●) \    言われてみりゃその通りだお
  { -! l _」_ノ‐′/   /    (__人__)    \
  ヽ ゙ー'´ ヽ  /   |     . `Y⌒y'´     |  どう考えても、時間も足りないお
   ゝ、  ノ_ イ    \     ゛ー ′   ,/
     ヽ     |     /    ー‐     ヽ




249 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 22:10:59 ID:XP9rVBA20




         , , , -‐==- ._
          /.//イイ≦三≡=‐=‐-.._
        i .川/〃イ三≧三三二≧、
      , -ゝlllllヘヘヘへミミミミミ、ミミ、、ミ
     イイフジ゙゙'' ヘ. \\`ヾ゙゙三ミミヾヾミ
     ´イ//   / ,イ´ヽ `  ヾ 、`ヾミミミ     そんなことは、野村自身も百も承知だ
      llレ__` { ´ _,,イ二ヽ ヾミミ、 ヽヾミミ
       {三≧ =≦竺o=''  三ミミ、ミミ、ミミミ    だからこそ、最初にそのターゲットを1人に絞り込むのだ
        .〉ー ゚'   、  ノ   三ミ、ミミ、ミミ、ミ
       .( `_/..    `¨    三三F lミヾミミ
       l (  ___)ヽ 、   三-、 .リヽヾヾヾ、
        l/  ̄__ _ `ー、  .三 ' /川川ハハヾ
        l ´ _   `   l   ゝ-イ川 川川ハハ
       l   ¨       ___ ノノノノノ川 l || l i ハ
       ゝ._     __  、二ンノイノノノ川 川 l川
           Т  ̄  // `ーイノノノノハノノハノノ
     r‐‐- - -┴────-==─イイノノハノハ
      jl`ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
     ノj   ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :





     / ̄ ̄\    なーるほど
   /   _ノ  ヽ   .____
   |   ( ⌒)(⌒)/⌒  ⌒\ 
  . |     (__人__) .(●) ( ●)\   相手はあの人外ですね、わかります
    |     ` ⌒ノ ⌒(__人__)⌒:::::\
  .  ヽ       } .   |r┬-|    . |
     .ゝ_,.   ノ____`ー'´___./
   -(___.)-(__)___.)─(___)─





252 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:11:41 ID:cwh983B.0



最初に研究する相手は決まってるわな


253 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 22:11:51 ID:XP9rVBA20




                    ,. ィ千/zyxォャzyxx.、、___
                      ,イl i l i/ミミミミミミミミミミミミミミミミ≧x,_
                     / l i l i /ミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミx
                  { l i l i ,'ミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミ≧
                 ',l i l i {ミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミ
                  x≦ゝ、 l iⅦミxミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミ
              / ,イil州シ ̄   Ⅶ寺;\        `゙''マ三三三
                /例洲/      Ⅵ ヾx_\        }三三二
                  ! '/洲,'  ,..、    ヾ/   _,.、、_    }三二二    ああ
               併il,'_,....、  ` 'ー‐ '´   x圭圭圭≧x イ三二二
               ′/圭圭ミx_   { ,′_,ィ圭彡''゙´ _ ̄ `i三三二    最初に選んだ相手は、もちろん稲尾だ
                  {~__`゙等:=- `等;ィrt;ァ'' " ̄,ノ    }三三三
                   ‘, ヘ‘'″.ノ,r   ::::::_`¨¨_´,     }三三三
                  /  _ ̄, /      `        }三三三
                    {    ̄,r′       ヽ、         }三三7/
                   ‘,   _λ     ___ノ ` ‐-    〈三三{ 5
                     |  i  ゝ-‐ ´       __   ',   }三三!/く
                    l  l  ,. ニ = -─ ¨ ´ _ヽ. ‘,ヽ ,j三三
                    l  l  }-───… ''' "´ ノ  i   `゙ミ ___,/
                   l   l          _,.  ''´   !       :::
                       ',.    ̄、¨¨  ̄               :::
                  ヽ、      ̄                   :/
                  /,'>.、 _      _,.  -‐       / ,
                 _/x./ハl:::::::::: ̄ (¨ ̄           / /×
        ____,.ィ´××/ i  l::::::::::::::::::`ー        / /××
  _,.. -ェ‐ヌ×××××××/×!  l:::::::::::            / /×××





257 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:12:29 ID:1M1x2sM60



ていうか「ローテ」の概念がない時代だから
出てくるピッチャーなんてほぼ決まってるようなものでしょ?この時代



258 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:12:42 ID:/jlENbok0



公式チートを攻略するのか・・・・


259 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 22:12:46 ID:XP9rVBA20





  迎えた59年。野村は燃えに燃えていた。


          ___ _
         // / /,ヘ    ,.. -─-- ...、
         〈〈 ヽr''  l ,.;::',斤テ、l::::;;ェイ;::`丶
         〉〉  _..ノ/j lふl ・}/Y,ゎら l:::ryヽヽ      稲尾の奴め!
         // /  /''ゝ三个人tゝゲク/てィ <:::ヽ
        ,r'.'―'、 .l とブ丱,● ゞ土き _.. ヽ!:::::::ヽ   目にもの見せてやる!!
       __,l     !_屮任イ l  丁_入ヤヽ| ヽ '.;::::r┴ 、
        〃 _ゝ-<:::::', lノ.Tヽ|/''f-''-1l   |  l l:::'、  ノ
      《 / 》  / ヽ:ヽヽ十┼‐‐十‐''十‐┼ .」 l::/::::T´
      `´ ゝ-'   \ヽ j |   l   |  |  | .j/:::::::|
               `ヾ、二─-'- .._|__|_ノノ:::::::::::j
                  T7-rz、___.. -、''´::::::::::::l
              ,r ⌒ヾl ゞ-''      ';::::くYヽ:|,...._
              {     } 、 .._<>Kュ  }:::ヽイソj.、  `ヽ
              ヽ    人ヽ、_ ヽィ〃 .ノ:::::::::::::::::::}   }
               `ー''''' -=三z-'''´::::::::::::::;; -'ー '´
                        ` ー─ ''´


  テッド・ウィリアムズの打撃論を暗記できるほどまでに読みふけり、癖を見抜くことが出来れば、
 自分に辛酸を舐めさせたライバル球団のエースにひと泡吹かせられる、いや、絶対に吹かせてやる。
  その決意は並では無かった。





262 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 22:13:42 ID:XP9rVBA20




                                ___
                              /___ : : `ヽ
                           / : : : : : :. : : ::.
                 . . : :=‐-. .  ム: : : : : : :',: : : }
                   /    : : : : : :∨∧ : : : : : : }: : ノ
             /      : : : : :∨∧: : : : : ノ/
             ∠         : : : : : : :∨ Y⌒ヽ"
            '   : :`ヽ.   : : : : : : :ノ_人__ ノ      ヽ人_从人__从_从人__从人_人_从人__从人__从
           |       : : .  : : : : : :/:::::::::`:.|::::::.     <                           >
           |=、    : : :} : : : : /)‐-ミ::::::::|:::::::i    <   あの野郎!  調子に乗りやがって!! >
      , <>く//ハ  . : : :': : : /=彡ニ二ノ`ヽ::::::::|    <                           >
       {  ∨/V⌒ヽ. .__ 厶ィ●  ー―∧ヽノ:::::::::;      Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒Y⌒WY⌒⌒Y⌒W
      \ ///⌒)、 て二ニ  V⌒T~「  V.::::::::::;
           ー'^ く::::::::ー‐}工工´ト、 _j _j_ 、 }::::::::/
                \::::::::(__ `二}  rJ=i |:::::::i
               \::::::::::::; =-し' |~ } |:::::::|
                   Y::/    U  し':::::::::|
                  {::{ ┌―――┐ }::::::::::|
               /::::.. 、    ノ /:::::::::::|
               '⌒ヽ.::::::::::..`.二_´ ..:':::::::::::::ノ-●
               ヽ.____フ´   `>――‐く
                        (_____


  しかし今のこの様子は、燃えるどころか最早荒れているレベルである。
  それほどまでにこの時の野村は、稲尾への対抗心に燃えていた。

  というのも、この時の稲尾の行動にその理由があった。





265 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 22:14:35 ID:XP9rVBA20





  キャンプインが1週間前に差し迫った1月23日、稲尾は駒沢球場にいた。


           __
          「/」                                                      \
              V∧      、,≠yv=、                           本番! ヨーイ、スタート!!
              V∧   ,ミ从 }i;i;i;}_彡                                           /
              V∧   };{ ≧i rァⅥ
             V∧.  「i  ''=′u !}   ドキドキ
             V∧  ゙ト、´ ̄` 从
                  V∧__」_.>=ニ二三三≧===‐-、
             「三三ヾ三x≦三三三二ニ=='⌒ヽ
            /.:`ヾ三三}/二ニ=-‐::¨::´::::::::::{:::::::::..\、
          r‐┼:::r::¨ ̄Ⅵ:::/::::/:::::.ヾ:::::::::}:::::::::::}x≪ヽ/ハ
          /.:::::|::::{::::::{  {:::/.::::〈:::::::::::}:::/.::x≪ ̄ ̄`Y//|
          〈.:::::::|:::∧::∧ ∨.:::::::',::::::::{:´x≪:::」/ ̄ ̄`Y/j
         V.::::|::{::::V::∧ ∨ヽ:::.ヽ:x≪:::::::::::}/  ̄ ̄`Y/ト、
         //}:::∧:ヽ:::V::∧ ∨:` ̄:::ー===ミ:{ /  ̄ ̄`Y//ハ
  、   {三彡} ニ∧´::::}::=={二二>:::::::::::::::::::Y、 / ̄ ̄` く//∧
  /ニ==彡'/// 二二∧´::}::::=={二二>:‐===ミ「 {::/:::::::::::::.`Y////>─==ニ二
  /////////} _.二二∧「::::::::::「|───  、ヽ/  Y:::::::::::::::::::::}/////////////
  /////////_」  /{二}ニニ{] |:──── >{`ヽ {三二ニ=ミノ/////////////
  //////////'  /: : :| |__ |」───=彳Y: : : :Y ノノ__r=ミ{>/////////////
  /////////'  /. : : :| |{ |::::::::::::::/.::::::/==彡'ヽ: : : .!´: : : : : |//////////////
  ////////{⌒/. : :/::レハ !::::::::::::′ヾ':::::::::::::/.:::/ 、 |: : : : : : |//////////////
  ////////|⌒!: : :′.::::::|i:::::::::::{::::::::」::::::::/:/.::∧|: : : : : :///////////////
  ////////|⌒!: : |__/.:::::|i:::::::::::L:::::/::ヽ_::/.::::::/: :.|: : : : :∧//////////////
  ////////|⌒ヽ: : :_\::.\::::::::|:::/.::::::/..::::::/: :_.」ミヽ=} ∨/////////////
  ////////⌒ヽ∧|::::::::`:.ミ\:::レ:{:::/.:ー=彳: : :/-、 ): : : }  ∨////////////
  ///////{⌒ヽ{ ∧:ト::::::::::::.ヽ:≧:Y.::::::/.: : : : : / ,ハ=}-}ハ.  ∨///////////
  ///////ー‐‐‐}: :∧::::::`::::ト:::::::::∧:::::{: : : : : :/ー′: 〉 〉〉i」  ∨//////////
  ⌒ヽ//{⌒ヽ. |: : : :`: :ト::::::::::::::}/∧::{: : : : :「: : : : :.{_////:::.  ∨/////////
      ー } {(Lノ!: : :-=ミ::::::`::::::::}//∧:.\: /: : : : : : :{/´:::::::::::.  ∨////////
       ヽー'ノ/{ ̄::::::ト::::ヽ::::::::////∧:/.:::::::::::`::ト::.{:::::::::::::::::::..  V⌒Y/////
       `¨7イ ト:::::::ノ:::::\::::Y/////∧::::::´::::`::::ト::::}:::::::::::::::::::..   ':, ノ/////
          {:::::::`/:ー-=ミ;'///////{::\:::i:::::x≪⌒ヽ:::::::::::::::::.  ∨/////


  球団写真を撮るためではない。
  これまでの自身の生い立ちの再現映画を、なんと本人主演で撮影するためにである。




267 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:15:01 ID:R4MLZ0Kc0



なにしてんねんwwwwwww


270 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:15:39 ID:Wk88lFz60



何やってるんだよwwwwwwwwwww


273 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:15:52 ID:1M1x2sM60



ええええええええええwwwwwwwwwwwwww


274 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:15:59 ID:kspGWCXU0



なにしてんだwwww


269 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 22:15:36 ID:XP9rVBA20





  前年の日本シリーズの真っ最中、東京から博多に移動する際に東宝の重役と知り合いになったのが
 そもそものきっかけであった。


                ,、∧ハノ丶人/ヽ'lノi_
           ノlヽノ) /ヽ'   ) ノ  i フ ̄i_
        iV!/l .| ! /!./ !,/-‐'ノ ̄ノノ;ノ ノ_
        l,|.i_ノ /',i/ ノ-'"ノ' l 'ノフミノ)彡 (
      iv'ノ '、 / ',/"./ . ノ, -‐ー'ヽ`>ニ >
    .i、 i、| /   Y./ヽ、, '", ;;彡'"二i'⌒ヽ"、二ニゝ   まさか俺が映画になるなんてな‥‥
    、| ` 、ヽ`ミノニヽ/" `゙ー''彡三| lミ、.i_, ゝノノ>
   _iヽ‐-ヾ、,、 (,,`ヾ       ミ` ` l`''ヽ  `ゝ
   ヽ_`_、-,'`;;| `‐-`, '"         ヽノ">ヾ!` \,'"
    ヾ;;__/l,ヾ! i. /,' ./l!        ヽ ' ,   /:.:.:.:.:.:.
      |;!'、  '、/;i ."'゚./         U   `  ヽ  |:.:.:.:.:.:.:.:
      ! \.ヽ `:::、              ,'',  .', ,ノ:.:.:.:.:/
        .゙i/ヽ,_            /::::!   !:.:.:.:.:,':.:.:.:
         `"'|   ._)     ,,    ./:::::',  ノ:.:.:.:./:.:.:.:
           、 ;:_,,"   /    ./::::::::  ./:.:.:.:./:.:.:.:.:
           `" ̄ヽ_/ /      :::::::::: /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:
                `''、    .,/ ,-‐、:::,.':.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:
                 ヽ,__,,'/―ー''":.:.:.:ノ:.:.:.:.:.:.:.:
                  ./:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.,/:.,':.:.:.:.:.:.:.:.:.


  父親役に「七人の侍」にも出演した志村僑、母親役にオロナミンCのCMに出演していた浪花千栄子。
  試合の中継シーンにはNHK名アナウンサー志村正順を起用し、監督はゴジラで有名な本多猪四郎が
 務めるなど、キャストも豪華なものであった。





275 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:16:23 ID:cwh983B.0



なんだその力の入れようはwww


278 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:16:41 ID:lyN9htf.0



監督もキャストも当時のスター揃いじゃねえか


279 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:16:44 ID:RlfLpDmY0



昔、BSで見たなぁ(遠い目


280 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:17:27 ID:LZ8OroLM0



稲尾物語でしたっけ? そういえば聞いたことあるゆーな、無いような。


290 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:18:21 ID:oaJSGYZ20



映画「稲尾和久物語」かwww主演が本人というすんげえ内容。
実際見たことあるが…すごくしょうもないですwww

「力道山物語」も主演本人だったから、映画興行が大流行のときは変なのができるwww



277 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 22:16:33 ID:XP9rVBA20





  しかしクランクインがキャンプ直前ということは、撮影は当然キャンプ中にも及ぶ。


                            |ヽ:::ハ;:::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::\:::::ヽ:::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ.
                          .  V::::::::';:::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::: ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
                              V:::::::ヽ::::::::::\::::::::::::\:ヽ:::::::::\::::::::::::::::_::::::::::::::::;. '二ヽ:::i
                              ヽ::\::::::\:::::::::::::::::::::::::ハ:::::ヽ、:`:ーヲ¨\ゝ:::::::::i l‐-ミヽ:',
                               \::::::::::::::丶:::::::::::;rイ:ヽ\::::\¨/::::/`ヽjヽ:::::::', l-、 ) }',
                               ,ハ:::::::::::::::::::;ィ:「  l:::::::\ `¨゙/::/     \/ ',ヽ!/ /::l
                                i::::::`::ー:rミ"゙ l!l::l  ヽ::ヽー- 7:::/ェ._   U     ヽノ /::::l
                               l:::::::::::::::l     l:!   | `¨!. /:/,.ィスヽ         ー'::::::::|
                               ヽ:::::::::::::\::‐-..,,_ ヽ.l   {/:/  ヽzソノ    u    |::::::::::l
   ヽ人_从人__从_从人__从人_人_从人__从人__从人从人__从::ヽ¨'rト::;__ヽ /;く_ --─ '         i::::::::::|
  <                                  >:ハ. l  Vバヽ ¨゙               i、::::::l
 <   なんだって!?                      >-\. ゝ' |__,.ニ^            / ヽノ
 <                                   >    ヽ.  ヽ:ゾ / ̄`>、  J     /   \,へ
 <   稲尾が映画撮影でキャンプに参加できない!?   >     \   <¨ー::::フ´ i  }    /     }  \
  <                                  >        ヽ.   \:::::|、 l__/ ,   /     /
   Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒Y⌒WY⌒⌒Y⌒WYY⌒WYW         ,. '´\  ヽ:l  ̄_ノ /  ,'       , '
                                             /    /\  こ¨´ イ  ./    /
                                          i    l  ヽ、       __/   /

                                               三原 脩


  稲尾がキャンプに参加できないことを聞いた指揮官・三原はというと‥‥





281 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 22:17:30 ID:XP9rVBA20





  「これからの野球選手は文化的な事業にも貢献すべきだ」と、重要な時期にもかかわらず出演をあっさり了承。


          _≦二ニ_ ミ、_ ト、  、
        /        ヾゝ、∨ }
       /              ' l
    ,r‐'´                   く
  . /           ト、NW川 r'ヘ
             i |、 l.    | 「l |  ノ
           i  l レ} |   >'^リ り
         i ト、 ハ/ レヘ / / ∨ソ   構わないさ!
  .l.       i |ムノナ‐-ヘ } l_イ_ミ 「´
  丶       | /、,ニ≧ミ ̄´ 丶ヾリ}_, !    ところで稲尾の物語なら、僕の出番もあるんじゃないのかな?
   ヽ   r1/ -kじヘ      \´  l
    Yへ } |!   ゞ'´ ニ  <´_,/  ,.  l
  .   いjヾ'      ミ` i、_   _/   |
     ヾー 〉        /   ̄  _,   ;
       T ト、     ′     ̄   /
  .     ∨ 丶、             i
      r7^¨ ー-ニ- 、__        _/         ノし
      |  \    `'ー- 、`' ー‐ '´ハ.          て  グッ
    /     \      ` ‐-、 l _ト、     「 ヽ  (  
   ̄ 二‐- 、    ヽ        >≦リ、 ト、,_ │ │
      \  \   \   /    } i ヽ   |  / ̄ ̄ ̄ 、
        `ー \     \/ `Y´ ̄\|  |    | ,r ー―-  }




             ,;:=ミΞツ;;,.、
           _,.r"ミツ!l|lli!ll彡ヽ
          ,;「ミf"=≡=≠''ヾシ、
          iミ/    .    ';彡}
          {ミ{' `ー-、',,' ,,.-‐" }彡}   何っ!?
          ト"! z.t;f  k t;ァ }彡!
          ',ヒ'|   ' .:;ヾ、 , ,|l!リ    ズルいぞオヤッさん! 俺も出る!
           レl!|  , :'   ' ;"ソ
            ゙;!  , - -、  人
          ,,.r<ト、、,,;;;,、.ノ  シ7-、
        /.;.;〃;.! :: - " ,' /.;.;/~\、
       /.;.;ノ;';';./ ', :  ;' ,.ノ.;.;./    |`゙"''ー-、、_
   ,..-<___,.;.;.;.;/  〉  : ,r'.;.;.;.;/  <´       ̄フヽ、
  /      |!.;.;.;.;ト、   <.;.;.;/    `7      /~  ヘ




                  _,-_ニ_'''''::`:ヽ
                  /'´_,,_::)::_`_ミ::丶
         __,-、      /,_メ.,-i;::`、:::,-`,:::i    当然ワガハイもだ!
        ノ, ,' ,:/ _,--;   )': `ニ´'..::ノl:i`ミノミ::::、_
       /´' ’ :::`'.../´   '、-'___-,,::'、、;;/_;;;::::::ニ`
      _,!-;;;ii;;;;,,,_ ノ      `ニ- i_、_____  `l'''
     i';;;;;;;;;;;|||||;;ヽ        '_::ノ-';;;;;;;;;、;;;;`;;;`;;、
     |;;;;ill||lll!!!!!||li,,i   _,,,,,;;-';;´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;il||||||||l;,,
     i;il||!;;;;;;;;;;;;;!||l!,,-;;';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;iiiiiiilll||||li;;;ill|||||||||||||li
     '!||(;;;;;;;/;;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;iilll||||||||||||||||||||||||||||||||||||i
      `l;;;;;l;;;il;;;;;;;;;;;;;;;iiiilll|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||!;l,
      `i;;|i;;||i;;;;il|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||;;l
        !|||||||||||||||||||||||lllllllll!!!!___'''''''';||||||||||||||||||||||!;l
       `'''__''---''''''''''イ7、''/|´;;;;;;;;illl||||||||||||||||||||||!;/
               K_>>/;;;;;;;il|||||||||||||||||||||||||;;i

               豊田 泰光


  それどころか自ら進んで監修も務め、チームの選手全員と共に本人役で出演し、映画のポスターにも
 ちゃっかり一緒に描かれるのであった‥‥





283 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:17:49 ID:Wk88lFz60



いやその理屈はおかしい


284 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:17:55 ID:/aTaBRao0



こwwwいwwwつwwwらwww


285 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:17:59 ID:4ZE8NObE0



なにやってんのwwwwww


286 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:18:07 ID:lyN9htf.0



お前らww


287 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:18:09 ID:R4MLZ0Kc0



意味がわかりませんwwwwwwww
ノリよすぎだろこいつらwwwwwww



288 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:18:13 ID:0VZX4Agw0



調子にのりまっくてるなwww


289 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:18:16 ID:cwh983B.0



なんなのこのチームwww


291 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:18:22 ID:1M1x2sM60



これ現代でやったら大ブーイングだろwwwwwww


292 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:18:23 ID:dKIFnLjM0



扱いすげぇwwwww


293 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:18:25 ID:/jlENbok0



まあ、当時映画は当時最高の娯楽だからみんな出たいのもわかるが・・・


294 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:18:28 ID:giRUVKSY0



何してんだ球団全員でwwwwww


296 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 22:18:32 ID:XP9rVBA20





  大分の漁師町に生まれ、プロに入り、打撃投手の立場から大エースへと生まれ変わってゆく
 稲尾の半生を描いたこの「鉄腕投手 稲尾物語」。


  ::::::::::::::::::.............................┌────────────――――――――┐............................
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..|       _ivfv'レN´w'rz                 |..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:..|       _iゞ.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;;;;;㌧                |..:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:..|    `ヾッ.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;;;;;;;У               |..:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:..|    ´7;;;x㏍К㍉レ.;.;.;,;,;,;,;;;;Ζ             | ..:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:..|     '^!i^kX'゙゛  .:{rヘ.;.;.;;;;;ζ            | ..:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:..|      Z ;.'ー' ,.::::゙£};;;;;;;;;;ゞ=-、           |..:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:..|     /__;:   .::::::::r .^^'λ 三ミぇ        │..:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:..│     了二つ ::::/;: .::  .::ゝ三三ミぇ_.     .│..:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:..│      ン rー冫:::::::..  :.. ..:::ヾ三三;=/     |..:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:..|     _,> .二Y´乍=z:::.   .....:::|三三/ミぇ    |..:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:..└――――――――────────────┘..:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. ,、_,、   ,、_,、  ,、_,、   ,、_,、  ,、_,、  ,、_,、   ,、_,、  ,、_,、 .:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. l´ ̄`l l´ ̄`l l´ ̄`l l´ ̄`l l´ ̄`l l´ ̄`l l´ ̄`l l´ ̄`l .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::. ∧_∧  ∧ ∧   ∧ ∧  ∧_∧  ∧ ∧  ∧_∧  ∧_∧ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::. l´ ̄ ̄`l l´ ̄ ̄`l l´ ̄ ̄`l l´ ̄ ̄`l l´ ̄ ̄`l l´ ̄ ̄`l l´ ̄ ̄`l :::::::::::::::::::::::::::::::::
  ::::::::::::::::::::::. Α Α   ∧_∧   ∧ ∧    ∧,,∧   ∧_∧   ∧ ∧    ∧ ∧::::::::::::::::::::::::::
  ::::::::::::::::::::::: (,,   )  (    )  (   ,,)   ミ    彡  (     )   (   )   (゚    ):::::::::::::::::::::::::
  ::::::::::::::::::::l´ ̄ ̄ ̄`l l´ ̄ ̄ ̄`l l´ ̄ ̄ ̄`l l´ ̄ ̄ ̄`l l´ ̄ ̄ ̄`l l´ ̄ ̄ ̄`l l´ ̄ ̄ ̄`:::::::::::::::::::::
  ::::::::::::::::::::|::..    ..::| |::...   ...::| |::..    .:| |::.    ..:| |::.    .::| |::..    ..::| |::..    ..::::::::::::::::::::::::


  ビデオ化もDVD化もされておらず現在では視聴するのは困難であるが、その内容は概ね好評であり、
 特に西鉄の本拠地である福岡の街では大いに人気を集めたという。





303 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 22:19:27 ID:XP9rVBA20





  だが、このことが野村に反骨心を芽生えさせた。


                        /
                      /
   立身出世物語なら稲尾より   ` ー
   僕の方が画になるだろ!      _,.>
                         r
   こっちはテスト生で1年間カベで \    _
   契約金貰ってないんだぞ!_      r-''ニl::::/,ニ二 ーー-- __
                        .,/: :// o l !/ /o l.}: : : : : : :`:ヽ 、
   タイトルも獲ったし!     /:,.-ーl { ゙-"ノノl l. ゙ ‐゙ノノ,,,_: : : : : : : : : :ヽ、
                 __l>ゝ、,,ヽ /;;;;;;;;;;リ゙‐'ー=" _゛ =、: : : : : : : :ヽ、
                /  _________`゙ `'-- ヾ_____--⌒     `-: : : : : : : :
  ...-''"│    ∧  .ヽ.  ________   /   ____ ---‐‐‐ーー    \: : : : :
      !   /   .ヽ  ゙,ゝ、      /  ________rー''" ̄''ー、    `、: : :
      .l./     V   `'''ー-、__/__r-‐''"゛     ̄ ̄   \   ゙l: : :
                     l     .,.. -、、 _ ‐''''''''-、    l   !: :
                    |   /    .| .!     `'、  |   l: :
                        l   |     .l,,ノ     |  !   !: :
                         / '゙‐'''''ヽ、 .,,,.. -''''''''^^'''-、/  l   !: :
               r―- ..__l___    `´            l   /   /: :
                  \      `゙^''''''―- ..______/_/   /: : :  ←役者志望した時期あり(第1話参照)
                  `




             /:.:.:_:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.l:.:.〉:/:リ:ヽ、
             ノ:.'´_:._`:.、:.;、ヽ:.:./:/:/'ノ:.:.:.:.i
            ノ:´:.:.:,:/:rゝ/;tYl:Vム;.Y、ー':.ヽ;!
              l:.:,r:'´Y/   l:l ``′ ';.l ヽト:.:.:.:',
           )k/:./l;'.__  l:!     リ ._リ';.`Y
           〉-;.:'l l _`ヾ、 _, 、, r'´_/. !r-!   テスト生出身でタイトル獲得したのは
           l 'Y';.l ´ 赱〕``    '近l ` リ< !
           ヽ.ヽヽ.       l     ,'-,ノ   俺の方が先だけどな
             `';Y',     l,   U ,' ´
             ,.rハ'´`丶、__ _  , ' __
               /: ヽ \   ヽー  /〉′.〉
          /:ヽ: : ヽ l  .!- ィ' 〉′ /ヽ、
          /: : : : ヽ: : :,ツ__ ...'`-'.、'  /ヽ: : :`:、.、
      ,. :':´:-: 、: : : : :ヽ:〈       !ヽ .l:_: : :>: : : !:.',
     f'´: : : : : : : :\: : :',:ノ ` ̄ ̄ `ヽ,' li: :`丶、: : :l: :l
    i: : : : : : : : : :-: :_ヽ: '、 ー----、ノ,イ l: : : : l: : :!: :.l
    !: : : : : : ; :-:-: : : `/:.!l     ' ,ll!:::', l: : : : !: :.l: : :!
    !: : : :./: : : : : : : /: : ',ヽ、ー ''ノ:!l::::',l: : : : l: :l: : : i  ←1953年、首位打者獲得

              岡本 伊三美


  「何が何でも西鉄に、稲尾に勝ってやる」。

  これがきっかけとなり、稲尾や中西に抱いていた劣等感はどこかに吹き飛んでしまうのだった。




307 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 22:20:22 ID:XP9rVBA20





  稲尾とは敵同士であり、間近でじっくりとそのフォームを観察できる機会は少ない。
  そこで高校時代の友人のツテを頼り、当時はまだ国産製のものが無く非常に貴重だった16ミリフィルムの
 カメラを借りてくると、OP戦で対戦した際にこれを使って稲尾のフォームを映像に収める。


             r―┬―――――――r―――‐‐.、
              l::::::::{:.: : : : : :SD::2000x:l:::::::::l ´:::::::`il ジー
               |┐:::|: : : : : : : : : : : : : : :l:…:::|{::(:::::}:||
               l┘:::| :_:_:._:._:_:_:_:_:_(_:_:_)l … 八::::::::: '
              l::::::::ゝ._:_:_:_:_:_:_:_:_: : :.:l{::::::::} `ー /
               l:::::::::::::::::s:o:n:y::::::::::Y:: l::::::::::',   /
               ト::::::::`ー::::―::::‐::‐:::彡:::::::::::::::::¨::¨}
              `ー―――‐ヾ;:::::::┌ ´ ̄ ̄ ̄
                      (¨):::::;::≧ョュ
              _______}-‐=彡"¨
             〈::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::):::::::::|
               ̄ ̄    ̄ ̄ ̄ ̄|::{◯}:{
                     / // ∧
                     / /// ∨∧
                     / / //   ∨∧
               / /   //     ∨∧




        ____
     /      \,,/ \
     /  / -|  ・|・ | ヽ   ようし、この映像があれば
    |  /    ヽ ●-´ヽ|
    | | ___ 三  | 三 |  いつでも稲尾のフォームを確認できるぞ
    i | \| ̄| ̄| ̄|/ /
    ヽ |   `─-─′ //○
    /━━━( t)━━i /
   ○   /     ヽ ノ/
         ̄ ̄ ̄




309 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:21:16 ID:kspGWCXU0



1話の時も思ったけど思ったら即実行のこの姿は素晴らしいし、羨ましい


310 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 22:21:19 ID:XP9rVBA20





  そしてその映像を持ち帰り、くまなく観察し始める。


                     . . : : : :  ̄ ̄: : : : : . _
                   ,. : ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : :` :. 、
                    /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
                ,:': : : : : : : : : , -- 、: : : , -- 、.: : : : : : : : :ヘ
              /: : : : : : : : : /    ヘ::/     ヽ: : : : : : : : :ヘ
                 /: : : : : : : : : 7 `` x.,_   |  _,x '´ ',: : : : : : : :.ハ   さあ、覚悟しろよ稲尾
            7: : : : :,> ' ´ i.   { (:・:)}Y{(:・:) }   } ̄``ヽ,:.-.: :.',
             i: : ー:' _    ヘ   `ー' ∧`ー '   ./  ,. -'´ ヽ: :.|  お前の癖を見抜いてやる
              |: :./    `ヽ、  ー- 7:r ):ハー-‐ '_,. ´      ∨:|
             |:7--   ____     乂::::ノ    __,.  --──:.'
            V{  γ⌒          |     _       j:7
                ハ;   ', _,. -‐ '´       |       ` z- __ //
              ヾ ‐'´ヽ _         |  _ . -‐:':´, '    〃
              ヘ    \マ´:  ̄ ̄ ̄: : : : : : : : . イ   ∠_
              _,.Ⅹ    `ヽ、: : : : : : : : : >'´     ,ィ/: : :\
           >'´: : : \ヽ、      ̄ ̄ ̄    _,. ィ::/:.| : : : :ヘ
       , : ´ ̄` :.、: : : : |: : :>-::::::ー::......................:::::::::::>'´ヽ : .!: : : : :ハ
      〃        Y: : :.!: /        7´===:キ ´      Ⅵ, --- 、:.}


  南海の投手達にもあれだけ癖があったのだ。
  稲尾にも当然、何かしらフォームに変化が現れるはずだと野村は確信していた。





312 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:22:09 ID:EimK.W8w0



悪い顔やw


313 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 22:22:14 ID:XP9rVBA20




 ┌─────────────────────────────────────────┐
 │                                                      ●REC  │
 │       l        ̄ ー 、     _    /     ̄ ヽ                       │
 │                    ヽ   (   ` ー         ヽ                    ....│
 │       ヽ           _ _   \_)       、ヾヘjノ〃,    l                    ...│
 │        ヽ.       r、 ||.!lr、 _         ミ     彡   l                     .│
 │                `l ´ ̄ L) }          ミ      彳   l__,                   .│
 │           \       .ヽiニコ、_/         トミ从ノlハ,ノ彳┐テ'イ´                   .│
 │           `         |  ヘ       厂}、::) :::: イ/ ̄ヽ∧ヽ .l⌒'ヾ | )} ) /            │
 │               )     .|  ___ヘ,       ∧ >`――<    \/ム < ̄` <            │
 │             /      .}/__',__ヘ___∠_三二ニ=ヽ `ヽ ノ三二ニ=ー  ヽ         ....│
 │            ⌒ヽ     {//'ーイ /、_ヽ_ヽ__\`ヽ\\  ´ ̄          、         .│
 │                  j  ,jくチV   l | |:.   .:}   } ´} ̄`ゝ\                )         .│
 │                  l (.   ∨ゝ j | ヽ   .:}  :}  :}   ゝ / ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、    く         ..│
 │                  `ヽ   `´` ー' ー‐\ .:}  :}  :}  / ./         `ヽ   \       ...│
 │                            くヽ` ー ┴ ┴ ‐'イ /            \ヾヽ       ......│
 │                               ) l.  \ \(ー-/ /                         │
 │                        ,∠__ゝヽ \ ーz'r '     . ,イ  ,イ  ,イ,イ             .│
 │                      /  ノl::::|` ーゝo=´チ´ヽ   __/.ム_/./  レ'レ'               .│
 │                     ∠ z― ' l::::| >/ ̄ ∧ヽ.∧  ヽ=, ,.--., .二7              ..│
 │                          /厂 ̄|ヽレ' _/  ノ, ∧ ∨ヽ  /″ .//                .│
 │                       | { ;; ;;; ヽ \`) /ノ/) `ー‐'     //                  .│
 │                     Vヾ_;;L_ノミ i、ノ彡 '    l}     ./´   ,イ,イ ,イ          ....│
 │                        rゝー=‐ 、ヽ} )   ノ  /!         レレ //          .    │
 │                   r'/  />‐ 、ヽ} { ゝーl-< j            /'           ......│
 │                  _人!  {(:::.. ...:' ノ :::::::::::::::::::/                         ...│
 └─────────────────────────────────────────┘





315 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 22:23:09 ID:XP9rVBA20




 ┌─────────────────────────────────────────┐
 │                         _,,......,,,,_                           ●REC  │
 │                   _,, ‐'''^          `''                 ハ   /⌒)      │
 │                ,..r'"_,,,,                            //  弋彡'       .│
 │              ,,/゛ ´               _,,/i'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゞ_   / ニニニ===ー     ......│
 │             〆.-'´             ;;;;;;;;;;;;;;/´;;;;; 〃;;;;;;r';;;;;;;;;;;;;;  //                .│
 │            /  /       };;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i`ヾ'/;;;;;/;;;;;;;;;;;;;ヾ;;;ノヾ;;;;r―  ムニニニ===─       │
 │         | ノ  /        〃;;;;;;;;;i/iヾi ィ/;;;;ノ;;;;;;/";;;;;;;;/;;;;/~`ヽ,   Zニニニ==ー    /   .│
 │   \      |     ’       ゞ;;;;;i/i∠i;;;、/;;;;;r';;;;;;;;/;;;;;;;;/;/(_) /     Zニニニ==ー  /   ....│
 │     \、_ ノし'//i        '`ゞ"ヾ  ,-./;;;;;;ゞ;;;;ノ;;;;;;;;;/;;;;;;ゞー '(_) /ヾ         //       .│
 │    __)    てi        ノ`ヾ;;;;`´ヾr;;;;;;;;;;/;;;;;;ノ;;;;;;;;/ヾ、 ー'´;;;   アニニニニ彡'        ..│
 │ ――=二      =――一   };;;;;;;;;;;ゝ`ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/::::i;;;;;;;`ゝ―/        Zニニニ7   ...│
 │      メ、    (_        /;;;;;;;_,-―'ゞ―-、;;;;;;;;;;;;ノ、:::::;;;;;;;;;;;;;;;;;|/ヾ       Zニニニニ'ニニ==ー │
 │        | Y^  \ `      >ー'´ -ノi!´ ̄ ̄ヽ;;;;;;_ >:::::;;;;;;;;;;;;;;/、/ o                   │
 │        ゝ|     \     `ヾ/:::::r´ ノ! `ヾ、  ゝ、:::::>::::::;;-ー'/ヾ/   ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|:::ヽ、   .....│
 │        .i| !     ゝ       i_,-i"ヾ/ >、  メ`´⌒ヽ、::;;ヽ,::;;/ヾ/  /'ヾ、;;;;;;;;;;;;;;;;|/`ヾ     │
 │        .i|      丶      .|_/ヾ / ヾ、 _  ;;;::::::;ヾ、ノ´ヾゞ、./::、/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;      .│
 │         .i|       \       |_/iヾー‐ヽ、 ;;::::::::::::;;;;ヾi、/`ヾ;/、/ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;     .│
 │         .i|        丶      /;;;;;;;;;;;;;;;`ヾ、{;;;;;;;;;;;;;;;;;r"ゝ- 、/ヾ/ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;      .│
 │          .i|        丶丶、、,,-‐';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ`ー--、;;;;ミ /:/ヾ\_/`ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;    ..│
 │           i|         \ゞ`;;;;;;;;;;;;;;;;;;,-―'´/;;;ヾ〃_ヾ三r- 、ヾ_ヽ/::;;::`ヽ;;;;;;;;;;;;;;;     │
 │            i|、       `\ 、、,;;;/´ / /;;;;;;;;;;;;ヾ i    lヾ、ゝ、‐- 、 :::;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;    ....│
 │             ゝ       `丶`\ゞヾ ::/ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾi    !:::ヽ、`ー‐' ィ、 :;;;;;;;;;ヽ;;;    .....│
 │               \  ,.   ミ\丶 `::::::i !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.i    .!;;;;;;;;`ー--‐'"|\ :::;;;;;;;;;;〉;    ...│
 │                 `;丶\丶  、`丶:::::i !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i    i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;! |:::::;;;;;;;;;;;;;     .│
  │                ;;;;;;;;;;r`ヾ、 \ 丶::::::ノ ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!   i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i  |::;;;;;;;;;;;;::::   ......│
 └─────────────────────────────────────────┘





316 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 22:24:05 ID:XP9rVBA20





  その結果‥‥


                     . . : : : :  ̄ ̄: : : : : . _
                   ,. : ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : :` :. 、
                    /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
                ,:': : : : : : : : : , -- 、: : : , -- 、.: : : : : : : : :ヘ
              /: : : : : : : : : /    ヘ::/     ヽ: : : : : : : : :ヘ
                 /: : : : : : : : : 7 `` x.,_   |  _,x '´ ',: : : : : : : :.ハ   ‥‥‥
            7: : : : :,> ' ´ i.   { (:・:)}Y{(:・:) }   } ̄``ヽ,:.-.: :.',
             i: : ー:' _    ヘ   `ー' ∧`ー '   ./  ,. -'´ ヽ: :.|
              |: :./    `ヽ、  ー- 7:r ):ハー-‐ '_,. ´      ∨:|
             |:7--   ____     乂::::ノ    __,.  --──:.'
            V{  γ⌒          |     _       j:7
                ハ;   ', _,. -‐ '´       |       ` z- __ //
              ヾ ‐'´ヽ _         |  _ . -‐:':´, '    〃
              ヘ    \マ´:  ̄ ̄ ̄: : : : : : : : . イ   ∠_
              _,.Ⅹ    `ヽ、: : : : : : : : : >'´     ,ィ/: : :\
           >'´: : : \ヽ、      ̄ ̄ ̄    _,. ィ::/:.| : : : :ヘ
       , : ´ ̄` :.、: : : : |: : :>-::::::ー::......................:::::::::::>'´ヽ : .!: : : : :ハ
      〃        Y: : :.!: /        7´===:キ ´      Ⅵ, --- 、:.}




319 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 22:24:59 ID:XP9rVBA20




              _,ノ‐''''''^^^¨¨¨⌒ ̄⌒^^''¬-、,_
          ._v-''¨`   .,,vー─-、    .,,vー─-、 .¨'ーu_
        _ノ'″     ./′    ¨┐ ./     ゙┐  .゙'┐
       ,/′      ./ ̄''''-¬,,,,__.ミ .i |,,,,___ ..)   ゙\
      ,/′     λ  |     ( ・ )| } .¨'ーu,,  |     \     どういうことなの
     ./′      八,、-ミ.ノ‐''''''^^ ̄./¨レ       .人,_     ミ
    .,ノ′     ._ノU'   \_   ._,rlト冖へy   _/  ¨'‐u   .゙lr   全然分かんない‥‥
   .,i′     /ー-v、.,,_   ¨^^¨´〔    〕.¨^^¨′  __.,、 ゙\.  {
   〕      ./′    .⌒'''''    \,,,,,,ノ′  v-ー'''¨ .λ  ゙┐ }
   |      ノ  .λ───ー      }      __,,.,、v;(_)ー''  {..]
   |     :|   | |            .!      `         .}}
   }     .|   .U-:;:冖^ ̄       .|      ¨¨¨¨¨ ̄¨¨′ ミ}
   .|     .}       _,,,,,vvl''''¨¨|^^⌒|¨¨''''lvv,_         }
    ). .   〕    ,,、-v~|   .|   |   |   |''T^i-,,_      /
    .{     ). ., r'z::''''~゙(~~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~~~`^^^^''''¬;;;_   ノ
     ミ.    `i,                         , `'' /
     ゙).    `i,                           .,ノ  λ
      \    },     ′               .  /   | |
       . \  \                   .  ,/     ∪
         (¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨゙ソ冖干ア^^^^^^^^^^^^^r'′
        /~~~~~~~~i¬冖'''''7′   ∨¬ーーz─-―「\
       /      _ノ     厂¨丁¨¨フ    .ミ、     ゙\


  驚愕の事実だった。

  稲尾のフォームには、明らかな癖が見当たらなかったのである。





320 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:25:19 ID:R4MLZ0Kc0



さすが稲尾様やwwwww


321 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:25:21 ID:jbiuMnOk0



稲尾SUGEEEEEE


322 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:25:33 ID:Wk88lFz60



稲尾様マジでぱねぇwwwwwwwwwwww


323 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:25:39 ID:1M1x2sM60



なんだ、ただの神かwwww


325 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 22:26:01 ID:XP9rVBA20





  投げる球種が変わっても、全く同じモーションで投げているように見える。
  どこに変化があるのか、そもそも本当に変化があるのか。


       //                //
  .    / /                //
     / /  _.. ~'::""::''ヽ、      / /
    // /:;r‐、:::::::__:::::::::::\    / /   馬鹿なっ‥‥! 馬鹿なっ‥‥!
  // /:::ノ ・ _)( ・_`つ、::::::ヽ、  l l
  / /::r(__ ノ´(:;;:)´__ノ〃ヽ:::::::} | |   こんなっ‥‥こんなはずじゃあ‥‥っ!
    /:::::ノ二ニ彡 ノ 三彡-、 )::ノ | |
   {::::(  -_二 -‐'' ̄     )(::/ ノ ノ
   ヽ:::ヽ(    ,r'' " ''‐-‐′ノl//
     ヽ )`― ''′_ .... __ノ//
      ゞニニ二 -(/∂-‐//


  分かったことは、野村が思っていた以上に稲尾和久という一流の壁が高いということだけだった。





326 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:26:16 ID:cwh983B.0



そう簡単に隙は見せないか、流石公式チートwww


329 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:26:51 ID:EimK.W8w0



それだけ完成されたフォームで投げてるってことか


331 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:26:55 ID:PHkwGqYo0



一流かと思ったら超一流でした


332 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 22:27:02 ID:XP9rVBA20





  しかし折角見つけ出した打開策である。諦めきれない。


         ____________
      /|:: ┌──────┐ ::|  /
     /.  |:: |            | ::|   
     |.... |:: |            | ::|   ―
     |.... |:: |            | ::|                        _
     |.... |:: └──────┘ ::|  \                  /  ̄   ̄ \
     \_|    ┌────┐   .|                    /、          ヽ
         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                    |・ |―-、       |
                                          q -´ 二 ヽ       |
                                           ノ_ ー  |     |
                                            \. ̄`  |     /
                                             O===== |
                                            /           |
                                             /    /      |


  寝る間を惜しんで、これまで自主練習に充てていた時間を削ってまで、野村は何度も
 稲尾の投球フォームの映像を見返した。





335 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 22:28:15 ID:XP9rVBA20





  それこそテープが擦り切れそうになるくらい、何度も何度も見返した。
  時には寝る時間も削った。数時間にわたり見続けることも珍しいことでは無かった。


                    ____
                 , -‐'"´::::::::::::::::::::::`ヽ、
               //二ヽ/⌒ヽ;:::::::::::::::::\
               /::ハP_/P ̄ヽ/ー-:、::::::::::::\   腕の振り‥‥肩の位置‥‥
              / ヽ、(::::::)ー‐'    \:::::::::::::::i
              十―-  Y  -‐'" ̄ ̄ ̄ !:::::::::::|   どれも一緒に見えるなぁ
              _|__  .|    ̄ ̄ ̄`   |:::::::::::|
              (´    .|    ̄`ヽ、_ _  |:::::::::::!
               ヽ-ー‐┴―--- 、r―-:、!:::::::::/
               /\       /´   }/:::::::/
               ヽ、`丶、___{    ノニニ!
                 `T"´トーr-::,-トー‐'i"::::::::::::|
                  }--< `"" .|__::::::::::::::::::::::|
                 l´::::::::| ̄`フ´:::: ̄「´:::::::::/
                _|::_:::_::トー;'"::::::::::::::`:::::::::/ヽ、
               (___.」`ゞー-:、_:::::::::::;/  ●
                     `‐ 、_ノ ̄ ̄




338 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 22:29:10 ID:XP9rVBA20





  そして‥‥


                   l  /
                    ′/
        _____
      /   /⌒ヽ⌒ヽ\
      /   , ┤  (|)  |- ヽ     ん‥‥?
    /  /   `ー ●ー′ ヽ
   i  /    二   | 二   l、   
    |  |     ─   | ─ __)
    |  |  /´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ / /
    !   ! i  /⌒ヽ⌒ヽ / /
     ヽ ヽ/⌒ヽ___/ /
    ┝/ \_ノ━━6━━、
    /    / ___ ヽ  \_
    |    | ヽ    ノ |   (__)

.


340 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:29:27 ID:Wk88lFz60



ん、何か見つけたか!?


343 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 22:30:01 ID:XP9rVBA20




  ::::::::::::::::::::::   ____,;' ,;- i
  ::::::::::::::::::   ,;;'"  i i ・i;
  :::::::::::::::  ,;'":;;,,,,,, ;!, `'''i;    今のはひょっとして‥‥!?
  :::::::::::  ,/'"   '''',,,,''''--i
  :::::::::  ;/  .,,,,,,,,,,,,,,,,,   ;i'"`i;
  :::::::  i;"     ___,,,,,,,  `i"
  ::::::: i;    ,,;'""" `';,,,  "`i
  ::::::: |  ''''''i ,,,,,,,,,,  `'--''''"
  ::::::: |.    i'"   ";|
  ::::::: |;    `-、.,;''" |
  ::::::::  i;     `'-----j


  野村はついに、稲尾のフォームの違いを見つけるのである。






346 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:30:17 ID:EimK.W8w0



おお


348 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:30:46 ID:AjHuuOY.0



まさしく執念だな


349 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 22:30:52 ID:XP9rVBA20





  それは稲尾が投げる前に振りかぶり、グローブが頭の後ろにまで移動した時に現れた。


           ―=≡|「|
        /|  ./|  |」|」
     __|  |_l  |_                        __
  ―=、_  _   _\                  _ 、―'´ ̄`ヾ「`ヽ   ___
       |  |  |  |                    fーーーー→ 、〉__/' ̄「 __ フ¨`゛  、
    ―=≡'´  |  |       「|「|          rf―───→ 、   〉_   。   。 ヽ   ` 、
       ―ニ三 ∠_   ―=」|」 ∧      r-======、  >'へ´ ̄「 ̄「 ̄ `ヽ. \__」
         ∠/ ̄ ̄ ̄      ∠ノ     /           o〉>'´ ,.  \i 。|   /ヽ ヽ  i
                           /          λ/ , へ    。\.」 _/   ! i  !
                          /        。//〃i{   \{◎}./ヘ ¨ヽ_゚__」 L  |
                        /        。/ /く>, -=  |:ヽ/レ'∧ヽi | r┐ |。「¨`>
                       /r >― - 、   。/.  /\\t?_フ .i: { 二| 6}. j | Nf | |  /
                       >'´       ヽ/   /   >、\  |j { 三|、_/ ル'´ ̄ ̄ ̄ヽ
                     /           ∧.   /   <_ヾ \___ `〉ミ三_Li | O____i、
                    /             i__|_/     <_ `  ̄ / ミ〃´ .⊥______i、
                   /  ,.         く        ノ`ー―<二 ̄><´ ̄| O    |
                   !  "          ` ̄「  ヾ ̄`ヾ 、      `ヽ  `ヽ | ̄ ̄ ̄ く
                   l               ||   ||  ||  |l        ` 、   !
                   ヽ                 ||   ||  ||  ||         `、 |
                     \              |L. o||_ o ||  ||                |
                      `ヽ          ¨T=テ=《 .」|__           レ'
                        `ヽ         |リ     `フ > 、


  グローブの中に収められたボールが、一瞬チラッと見える時と見えない時があったのだ。




351 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 22:31:48 ID:XP9rVBA20





  確認できるのは僅か一瞬であるが、白黒の映像なだけに、グローブに包まれたボールの白い部分はよく映えた。


              ,.イ_;: : _: : : :./       ヽ : : : : : : : : : : : : : : : : \
         /:/   `ヽ:7          ', ̄ ̄ ``丶、: : : : : : : : ヽ
          ,イ. :7        'i    Y芯    i        ヽ、: : : : : : :.ヘ    間違いない!
       /: : : |     zz、  !   弋り   .'_,.-        ヽ : : : : : ハ
      ./: : : 八      〃,==x、   __,.イ   ,.ィ    ,..、   ヽ : : : : : :,  ボールが見える時と見えない時がある!
       ': : : :,イ ヽ      {::::::::::) ̄ / _,..-''´  _, イ///ヽ    ∨: : : : :',
       ,: : : /    `ー ´.ゞt彳   / _,.-,.イ///////∧    ', : : : : i
      .i: : :7    ̄ ̄``   ',    '´ , イ///////////∧z=== : ._: : |
     |: : :i/     __,.-     ',   , イ//////////> ' ´      ``ヽ、
     l: : i'    - '´   ,.-     ',.イ////////////ィ´            : . :.ヽ
       i: :i        /    ,.イ//////////>::'/              : . : .∨
      ハ:ヘ      ´ ,. <//////////.イ: : : :.7                    : . : . ∨
      ヘ:∧ー--z<////////////イ : : : : : :7                : . : . : ',
       ヽ:ヘ   ヽ//////////イ : : : : : : : :{                   : . : . : ..i
        ヽ:ヽ   ヽ//////i/: : : : : : : : : : :i                 .: . : . : .:j
          \\   \///j{ : : : : : : : :_ >_,               .: . : . : . 7
            `ヽヽ   ` ー── ¨x<::::∧                . : . : . : . :/
              `ヽト.、_   _,. <::::::::::::> '´ヘ: .        . : . : . : . : . :.イ
                 T:::´,イ ̄  `ヽ'     ∧.、. : . : . : . : . : . : . : . : .イ:7i
                  ヽ/_> ' ´ ≦ハ      ヽ>t_     _,. イ: : :./:ハ
                    { <,..::ァ   7       `ヽ :  ̄ ̄: : : : : : : : : : : :∧


  映像の中の稲尾に合わせて、そのことを確認してからタイミングを合わせてみても、何とか対応も出来そうだ。
  時間を忘れて野村は、再び食い入るように稲尾の投球フォームを観察する。





352 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:31:55 ID:1M1x2sM60



それに気づくほうがすげぇよwwww


353 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:31:55 ID:R4MLZ0Kc0



なお、18メートル先の変化です


355 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:32:12 ID:cwh983B.0



執念の勝利だな


356 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:32:20 ID:/jlENbok0



そういえば、見える人は見えるらしいねw
特に一時期の外人とか



359 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 22:32:49 ID:XP9rVBA20





  そして投げられたボールの行方を調べると、球種までは分からなかったがグローブの中のボールが
 見えた時は100%内角へ投げ込まれ、見えない時は絶対に内角に投げ込まれていないことも分かった。


                          _ . . : -------- : . . _
                     . ャ≦: : : : : : : : : : : : : : : : : : :>x
                  , <: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ、
              /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\
               ,イ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
            /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ヽ
            ./: : : : : : ,.--、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヘ
           /: : : :___:/: : : : V: ,--、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ハ    ふふふ
           ,': :, イ. : .j\:_:.〃   ∨: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',
            .i: :/. : . : :i   ∪7      }: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : !   ようやく見つけたぞ
          {:.,'--、: ヾ!   ,/:     0j ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : i
          |:.i --、: . :>‐‐ヽi      /  ∨ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |
           ∧i {, ィ´: 乂::::::ノヽ、_,ノ    V: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :j
          .ハ ヘ: . : . / ̄   ─-- 、    V: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.,′
            ム ハ: . :,': . : . ニ、─-、  ``ヽ、.V: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 7
          / ヘi ヽノ: . : : . : . `ヽ、 ``ヽ、.   i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /
         {   .ヘ \_: . : . : . . . _ヽィ   \ .|: : : : : : : : : : : : : : : : : :./
           .i     \: ヽ >----ェ彳: \   7: : : : : : : : : : : : : : : :./
           \     >x ー '´: . : . : . . . . . ./: : : : : : : : : : : : : >イ
             i: >-<:/ヽ:≧x、_: . : . : . : . : イ: : : : : : : : : : :, ィ:::/: :ヽ
          .|: : : :7テ=xヽ>x:::::≧--≦--------::::::≦彡:': : : : : : :.∧
           .八: : :.{.P  i !: . : . : >--------: : : :  ̄: : : : : : : : : : : : :∧
              ヽ__:i>-<. : . : . : . : . :.|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .ハ
                  {: . : . : . : . : . : . : .:/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :i


  ようやく癖を見つけられたことに、野村は思わずほくそ笑む。
  投げるコースが事前に分かっているだけでも、大きなヒントになるはずだからだ。




362 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:33:47 ID:4ZE8NObE0



また悪い顔wwwww


363 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:33:49 ID:1M1x2sM60



悪い顔やなぁwwwwww


364 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:34:05 ID:oaJSGYZ20



しかし執念の固まりだなあ、さすが元祖ID野球だわ。


361 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 22:33:45 ID:XP9rVBA20





  満を持して迎えた1959年ペナントレース。
  稲尾が所属する西鉄ライオンズとの試合がやってくる。


              /  /                 /  /
        lー ''''" ̄ ̄"    ̄ ̄`'、       lー ''''" ̄ ̄"    ̄ ̄`'、
       ∠,,、 -z    ,r――― ''"      ∠,,、 -z    ,r――― ''"
       、 '"´,、ィ   /              、 '"´,、ィ   /
      、 '" ,、 '":ツ   /      |^l     、 '" ,、 '":ツ   /      |^l
   、-' ,、 '´   /  /     /'''',,,," 彡  、-' ,、 '´  /  /     /'''',,,," 彡
   | ,、 '´    /  /     `゙^ _,| │  | ,、 '´    /  /     `゙^ _,| │                      |^l
   '´     / /l/     .,/,_ |   '´    / /l/     .,/,_ |      ;‐i          /'''',,,," 彡
        //        .l_,'" | .|     lニ ニ//       l_,'" | .|    lニ ニl    ;‐i    `゙^ _,| │
                        {_,l゙    .〈/!_|     lニ ニl      {_,l゙     .〈/!_|   lニ ニl   .,/,_ |
                                 〈/!_|                〈/!_|   .l_,'" | .|
                                                              {_,l゙
                                                ___┌──┐__ __
                                                    | SEIKO | └ |.SEIKO |
                                        _______――‐. └――┘ ――‐_______
                                     | EEEEEEEE  EEEEEEEEEEEEEEEEEE  EEEEEEEE  |
                                     | EEEEEEEE  EEEEEEEEEEEEEEEEEE  EEEEEEEE  |
                                     |             | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|                |
                                     | EEEEEEEEE   |________|   EEEEEEEEE   |
                                     └―| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ―┘
                                        |____________________|
  三三三三三三三|―――――――――――――|三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
  三三三三三三三|                    |三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
  三三三三三三三|                    |三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
  三三三三三三三|_____________|三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三l三三三三三三

   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



   __,,,,,,,,,,,,,,,,,................... _..........................,,,,,,,,,,,,,,,,,__
  ̄               ̄                 ̄ ̄ """""
          _,,. -=- .,,_

                                      _,,..、 -
                              _,,..、 - ‐ '''' "´
                     _,,..、 - ‐ '''' "´
 _     ____ ,,..、 - ‐ '''' "´
 ./ = /    /
    /    /
 _,/ ̄ ̄ ̄





367 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 22:34:41 ID:XP9rVBA20




         _____
       /.- 、 -、    \
     / |  ・|・  | -、  \    さあ来い
    // `-● - ′  \   ヽ
    |  三  |   三    ヽ  ヽ   今年はそう簡単にはやられないぞ
    | (____|____   |   |
    |  \.        /   |   |
    ヽ  \/ ̄ ̄ ̄ヽ/   / /
    _ ヽ   `───-′  / / _
   (  )ヽ━━( t )━━━ /(  )
    \  /      \   /




               ,、∧ハノ丶人/ヽ'lノi_
          ノlヽノ) /ヽ'   ) ノ  i フ ̄i_
       iV!/l .| ! /!./ !,/-‐'ノ ̄ノノ;ノ ノ_
       l,|.i_ノ /',i/ ノ-'"ノ' l 'ノフミノ)彡 (    ‥‥
     iv'ノ '、 / ',/"./ . ノ, -‐ー'ヽ`>ニ >
   .i、 i、| /   Y./ヽ、, '", ;;彡'"二i'⌒ヽ"、二ニゝ   妙に自信満々だな
   、| ` 、ヽ`ミノニヽ/" `゙ー''彡三| lミ、.i_, ゝノノ>
  _iヽ‐-ヾ、,、 (,,`ヾ       ミ` ` l`''ヽ  `ゝ
  ヽ_`_、-,'`;;| `‐-`, '"         ヽノ">ヾ!` \,'"
   ヾ;;__/l,ヾ! i. /,' ./l!        ヽ ' ,   /:.:.:.:.:.:.
     |;!'、  '、/;i ."'゚./             `  ヽ  |:.:.:.:.:.:.:.:
     ! \.ヽ `:::、              ,'',  .', ,ノ:.:.:.:.:/
       .゙i/ヽ,_            /::::!   !:.:.:.:.:,':.:.:.:
        `"'|   ._)     ,,    ./:::::',  ノ:.:.:.:./:.:.:.:
          、 ;:_,,"   /    ./::::::::  ./:.:.:.:./:.:.:.:.:
          `" ̄ヽ_/ /      :::::::::: /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:
               `''、    .,/ ,-‐、:::,.':.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:
                ヽ,__,,'/―ー''":.:.:.:ノ:.:.:.:.:.:.:.:
                 ./:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.,/:.,':.:.:.:.:.:.:.:.:.




369 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 22:35:40 ID:XP9rVBA20




 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;<、
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゝ `
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゝ
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/i;;;;;;;;;;;;;;;;;;i  };;;;;/i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ .i;;;;;;|i;;;;;;;/ |;;;;;i ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;r`ゝ
 ;;;;;/i;;;;;;;;/i;;/!;/  |;;;;/ 〉;;/  .|;;/  };;;;;;;;;;;;;/`〉
 `;;i i;;/i;;;| |' .|` N|;;/ |;/ _ノi;ヾ--,i;;;;;;;;;r' /i /
 :i/::|/::|;/::::::___::::,,,}/_,-ー';;;;;;;;;;;;;ノ" |;/i;//ヾi
 :三::::ii!r"ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゞー''"二ゞ   .i/ ヾ i    その自信がどこから来るのか知らねーが
 :三::ヾ、{;;;;;;;;;;;r'ーヾ;;;ノ~`'`'/ミ   /, /ノ/
 :三:::ヾゞ`~`'<{、      ノ"    .i ゝ./~    ノムさんには大人しく凡退してもらうぜ
 :三r"`ヾ;;;;;;;`\` ー―‐ '"     / /
 :三::  i ゝ`;;;;;;;彡         / /
 :彡:  ` 'ミ;;;;;;;;〃        /`'
 :三:    ゞ;;;;;;ゝ、 \    /
 :三:     }::;;;:::`     'ヾ/
 :三:     /::;;;:::    /i  /
 :三: ヽ  `::;;;"    ノ;;ゝ/
 :三:  )     -  >;;Z/
 三__/_,ノ´ ̄~/ ' ゞ;/
 --i-'`ー'ヾノ`-'   /
 '''''''"`ヾ";;;' ´   /
 __,,,,_, ' ´    /
  ̄"'''`     /
 ::::::::     /
 _____,ノ




371 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 22:36:38 ID:XP9rVBA20




                                           __
                   ―=≡|「|             _ 、―'´ ̄`ヾ「`ヽ   ___
                /|  ./|  |」|」            fーーーー→ 、〉__/' ̄「 __ フ¨`゛  、
            __|  |_l  |_             rf―───→ 、   〉_   。   。 ヽ   ` 、
          ―=、_  _   _\          r-======、  >'へ´ ̄「 ̄「 ̄ `ヽ. \__」
               |  |  |  |            /           o〉>'´ ,.  \i 。|   /ヽ ヽ  i
            ―=≡'´  |  |       「|「|  /          λ/ , へ    。\.」 _/   ! i  !
               ―ニ三 ∠_   ―=」|」 ∧       。//〃i{   \{◎}./ヘ ¨ヽ_゚__」 L  |
                ∠/ ̄ ̄ ̄      ∠ノ      。/ /く>, -=  |:ヽ/レ'∧ヽi | r┐ |。「¨`>
                           /r >― - 、   。/.  /\\t?_フ .i: { 二| 6}. j | Nf | |  /
                           >'´       ヽ/   /   >、\  |j { 三|、_/ ル'´ ̄ ̄ ̄ヽ
                         /           ∧.   /   <_ヾ \___ `〉ミ三_Li | O____i、
                        /             i__|_/     <_ `  ̄ / ミ〃´ .⊥______i、
                       /  ,.         くー      ノ`ー―<二 ̄><´ ̄| O    |
                       !  "          ` ̄「  ヾ ̄`ヾ 、      `ヽ  `ヽ | ̄ ̄ ̄ く
                       l               ||   ||  ||  |l        ` 、   !
                       ヽ                 ||   ||  ||  ||         `、 |

   __―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
   ―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
   __―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄

                         _ -=ニニニ= _
     ,.':⌒:ヽ                   , : ´: : : : : : : : : : : : : : :ト 、
     i.    ;ノ\              , ': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 丶
     \ー    \          /: : :.冫  ̄ヽ: : / ̄`ヽ: : : : : ∧
   ___\    \____ ,': : : /\    .Y   / .ト、: : : : : ', ______∧,、________
    ̄ ̄ ̄  \     ̄ ̄ ̄ ̄ i: : :从  `゙ o-j! -o'´  ./  ヽ : : :  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V`´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           \   \   {: : / ヽ __, (:::::) __/  _ ---: : i
            \   \   i: -- 、      i       ´ ---- : ,
                \  \ .',- ‐二      !         `ヽ、i: /_
                \  \´:ヘ:.i'´ r-     l     ,.ィ´  // :ハ
                  \  \\、 ー  -┴─ ' ´   ,.イ: :∠: :∧
                    \ γ⌒ヽ;  _     __ -チ'´: : : : : : : : i
                     {    }V -Y==Y=,xく: : : : : : : : : : : : : : |_
                     :::、__ノ{:Y´ ゞ-'/: : : : : : : : : : : : :./: : :|::::Y
                      ヽ∨    ∨: : : : : :>:' 、: : : : : : : : :j- '




373 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 22:37:28 ID:XP9rVBA20




 ミ彡  〉,,,,,  ゞ| .| | | .||  || |  | .|  |/  ,,,,,'''':::::''';;,,,,  ''''彡 ≫ //~ヘ 〉ミミ        //: : : . _
 ミ彡 《《''''''';;;;;;;;,,, ヽ! Ⅳ| |||//|/ ,,,,,,,,,,'''''''':::::::;;;;;''''''     '''ミミ'イ~~ //ミミミミ     // : : : : : : :` :. 、
 ミ彡  `、''''';;;;;;;;;::''''''ヾ || || ||/.,,'''''''::::::::::;;;;;;;;;;''''''''__        ミミ |~ヽ//ミミミミミ   .//: : : : : : : : : : : : : :\
 彡  ミ!    ''''''''''V⊥L巛ii;;;;;;;;;;;;;;''''''__===' ̄~//        ミ )/ | |ゞミミミミ  .//、: : : , -- 、.: : : : : : : : :ヘ
 彡  ミヽ ヾ、___,==ヾ》 《《≫''''''=、 `=″  彡          ヽ // ヾミミミ .//  ヘ::/     ヽ: : : : : : : : :ヘ
 彡   ミ|ミ  ''' ̄~ 彡Y  /彡ミミ  ̄―==彳           |  /  ヾミ .//` x.,_   |  _,x '´ ',: : : : : : : :.ハ
 彡ミ  ミ|ミ       |  /                     トー'彡   //   { (:・:)}Y{(:・:) }   } ̄``ヽ,:.-.: :.',
 彡ミ;  ミ八       |                       .|   彡// ヘ   `ー' ∧`ー '   ./  ,. -'´ ヽ: :.|
 彡彡::  ミミヽ      |     彡ミ``'':::、 ,,,, ,, ,,ッミ彡      .|   // `ヽ、  ー- 7:r ):ハー-‐ '_,. ´      ∨:|
 ミ彡'';  '';ミミヽ  ミゞシ|     __/      ,イ ~||》″ ミ    |  /// ____     乂::::ノ    __,.  --──:.'
 ミ彡彡  'ミミミ\ ミ\|   ∠____/ | イ||   ミ   | //γ⌒          |     _       j:7
 ミ彡彡ゞ  ミミミミヽミヽ`t-t' |  |  |  |  | ィ~У   ミ    // ;   ', _,. -‐ '´       |       ` z- __ //
 彡彡彡';,  ミミミミヾミ`<ゝY 个 个 个 个イ У    ミ   //  ヾ ‐'´ヽ _         |  _ . -‐:':´, '    〃
 ミ彡彡彡;;;,,  ミミミミミヾミヽ┴┴.┴-┴.┴┴'~ ,   ミ  //     ヘ    \マ´:  ̄ ̄ ̄: : : : : : : : . イ   ∠_
                                //      _,.Ⅹ    `ヽ、: : : : : : : : : >'´     ,ィ/: : :\
 \\ | l i 川 | l i川 | l i 川 | | l i川| l i 川/.//     >'´: : : \ヽ、      ̄ ̄ ̄    _,. ィ::/:.| : : : :ヘ
 三                         三//  , : ´ ̄` :.、: : : : |: : :>-::::::ー::......................:::::::::::>'´ヽ : .!: : : : :ハ
 三 内角のシュートで打ち取ってやる!!  三/  〃      \\ | l i 川 | l i川 | l i 川 | | l i川| l i 川//.}
 三                         三          三                         三
 // | l i 川 | l i川 | l i 川 l i川 | l i 川 |\\        三 ボールが見えた! 内角に来るはず! 三
                       //             三                         三
                                      // | l i 川 | l i川 | l i 川 l i川 | l i 川 |\\




375 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 22:38:14 ID:XP9rVBA20




         l        ̄ ー 、     _    /     ̄ ヽ
                      ヽ   (   ` ー         ヽ
         ヽ           _ _   \_)       、ヾヘjノ〃,    l
          ヽ.       r、 ||.!lr、 _         ミ     彡   l
                  `l ´ ̄ L) }          ミ      彳   l__,
             \       .ヽiニコ、_/         トミ从ノlハ,ノ彳┐テ'イ´
             `         |  ヘ       厂}、::) :::: イ/ ̄ヽ∧ヽ .l⌒'ヾ | )} ) /
                 )     .|  ___ヘ,       ∧ >`――<    \/ム < ̄` <
               /      .}/__',__ヘ___∠_三二ニ=ヽ `ヽ ノ三二ニ=ー  ヽ
              ⌒ヽ     {//'ーイ /、_ヽ_ヽ__\`ヽ\\  ´ ̄          、
                    j  ,jくチV   l | |:.   .:}   } ´} ̄`ゝ\                )
                    l (.   ∨ゝ j | ヽ   .:}  :}  :}   ゝ / ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、    く
                    `ヽ   `´` ー' ー‐\ .:}  :}  :}  / ./         `ヽ   \
                              くヽ` ー ┴ ┴ ‐'イ /            \ヾヽ
                                 ) l.  \ \(ー-/ /
                          ,∠__ゝヽ \ ーz'r '     . ,イ  ,イ  ,イ,イ
                        /  ノl::::|` ーゝo=´チ´ヽ   __/.ム_/./  レ'レ'
                       ∠ z― ' l::::| >/ ̄ ∧ヽ.∧  ヽ=, ,.--., .二7
                            /厂 ̄|ヽレ' _/  ノ, ∧ ∨ヽ  /″ .//
                         | { ;; ;;; ヽ \`) /ノ/) `ー‐'     //
                       Vヾ_;;L_ノミ i、ノ彡 '    l}     ./´   ,イ,イ ,イ
                          rゝー=‐ 、ヽ} )   ノ  /!         レレ //
                     r'/  />‐ 、ヽ} { ゝーl-< j            /'
                    _人!  {(:::.. ...:' ノ :::::::::::::::::::/


.


380 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 22:38:56 ID:XP9rVBA20




                                  _,,......,,,,_
                            _,, ‐'''^          `''                 ハ   /⌒)
                         ,..r'"_,,,,                            //  弋彡'
                       ,,/゛ ´               _,,/i'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゞ_   / ニニニ===ー
                      〆.-'´             ;;;;;;;;;;;;;;/´;;;;; 〃;;;;;;r';;;;;;;;;;;;;;  //
                     /  /       };;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i`ヾ'/;;;;;/;;;;;;;;;;;;;ヾ;;;ノヾ;;;;r―  ムニニニ===─
                  | ノ  /        〃;;;;;;;;;i/iヾi ィ/;;;;ノ;;;;;;/";;;;;;;;/;;;;/~`ヽ,   Zニニニ==ー    /
            \      |     ’       ゞ;;;;;i/i∠i;;;、/;;;;;r';;;;;;;;/;;;;;;;;/;/(_) /     Zニニニ==ー  /
              \、_ ノし'//i        '`ゞ"ヾ  ,-./;;;;;;ゞ;;;;ノ;;;;;;;;;/;;;;;;ゞー '(_) /ヾ         //
             __)    てi        ノ`ヾ;;;;`´ヾr;;;;;;;;;;/;;;;;;ノ;;;;;;;;/ヾ、 ー'´;;;   アニニニニ彡'
          ――=二      =――一   };;;;;;;;;;;ゝ`ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/::::i;;;;;;;`ゝ―/        Zニニニ7
            _,,,,.. メ、    (_        /;;;;;;;_,-―'ゞ―-、;;ヽ人_从人__从_从人ヾ       Zニニニニ'ニニ==ー
   ._,,,,.... --ー''''''゙  _,,,,..   | Y^  \ `      >ー'´ -ノi!´ ̄ <            >/ o
 ̄_,,.. -―''''''' ~      ゝ|     \     `ヾ/:::::r´ ノ! `ヾ<   くらえっ!!   >  ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|:::ヽ、
                 .i| !     ゝ       i_,-i"ヾ/ >、 <            >  /'ヾ、;;;;;;;;;;;;;;;;|/`ヾ
                 .i|      丶      .|_/ヾ / ヾ、 _ Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒./::、/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                  .i|       \       |_/iヾー‐ヽ、 ;;::::::::::::;;;;ヾi、/`ヾ;/、/ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                  .i|        丶      /;;;;;;;;;;;;;;;`ヾ、{;;;;;;;;;;;;;;;;;r"ゝ- 、/ヾ/ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                   .i|        丶丶、、,,-‐';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ`ー--、;;;;ミ /:/ヾ\_/`ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                    i|         \ゞ`;;;;;;;;;;;;;;;;;;,-―'´/;;;ヾ〃_ヾ三r- 、ヾ_ヽ/::;;::`ヽ;;;;;;;;;;;;;;;
                     i|、       `\ 、、,;;;/´ / /;;;;;;;;;;;;ヾ i    lヾ、ゝ、‐- 、 :::;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;
                      ゝ       `丶`\ゞヾ ::/ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾi    !:::ヽ、`ー‐' ィ、 :;;;;;;;;;ヽ;;;
                        \  ,.   ミ\丶 `::::::i !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.i    .!;;;;;;;;`ー--‐'"|\ :::;;;;;;;;;;〉;
                          `;丶\丶  、`丶:::::i !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i    i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;! |:::::;;;;;;;;;;;;;
                         ;;;;;;;;;;r`ヾ、 \ 丶::::::ノ ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!   i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i  |::;;;;;;;;;;;;::::





382 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 22:39:40 ID:XP9rVBA20
 




      `"'― ..,,_.     `''ー..,,.   ゙'-、     l  .|    ./   ,/゛     ._,, ー''"゛     _,,,,.. -ー''''"´
                `゙゙'''ー ..,,_.  ..`''ー..,、 ゙'-、  .ゝ |   ./ . ,/゛   ._,, ー''"゛ . _,,,,.. -ー''''"゙´
                    `゙゙'''ー.             ‘  .. -'二.. -ー''''"゙´
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄          \       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                  \\    `゙"''― ..,,,_
                 _,, -''''"              \.\.    .、、    `゙"''― ..,,,_
              _,, ー'''"゛   ._..-'" 、              ヽ. `'-、 /|  .`''ー..,,,        `゙゙''''― ..,,,_
      _,, -''''"      _..-'"゛ . /                 ヽ  .V f゙     `゙'ー 、、           `゙゙'''
 ,,.. -‐''"゛          _..-'"゛  . / ,/              │   .て .\、      `''ー..,,,
             ,..-'"゛   . / /  . /                /    .,/  \. ゙'-、           `''ー ,,_
       _..-'"     . /  /   ./                 /    /     .\. `'-、          `''ー、,、
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 .              .,/: / \  i:, '      V: : : : : : : : : : : : : : : : : :∧
              /: _{●   ヽ i'__,. . -‐ ' ’´ ,: : : : : : : : : : : : : : : : : :ハ   来た! 内角!!
               7イ´ヘ,..-- 、.ノ! ●       i `ヽ、 : : : : : : : : : : : : : : : i
              7   {:::::::::::::i八       ノ     ヽ : : : : : : : : : : : : : i
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     /       ./           _/      /                 ヽ ヽ,       \.    `'-.
   . /        /             /       ./                    ヽ \        `'、.
 .,/          /         /       . /                    ヽ  ヽ           \.
         /        /           /                      ヽ  \            \
        /       ./         /                        ヽ  .ヽ
       ,./       ,/           /                           ヽ  .\
      /       /         /                             ヽ  ヽ
    . /           //,  ./ //                                   ヽ  ヽ
   /         .,/./ ./ "                                     ヽ.  ヽ,
 ./              ″                                           ヽ   ヽ
 ゛                                                           ヽ   ヽ.





385 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 22:40:22 ID:XP9rVBA20




                                          /          `'-、, ゙゙''''" /    ./      | ノ
       , '                               /       ヽ,       ̄ ̄ .、   /      ./
       〆                                  l      .\ ヽ           /   │  ,_‐'゙゙゙゙~l,
     //                              l        ゛.-.       / /  !-'"゛  .i .、 l.
    ノ /                                 ヽ         r'"゙,゙.ミュ     .゛ _,` .i_,,,  ヽ .l, l l
    /  i                                ヽ     ./ ./  .\、,,..-'"゛ 〉‐" l l. l,  .l ."._l゙ |
    ,i  |i                                 \   .l゙ ./      i″._..-.l  l l゙ .l .l.,,..-'''"   |
   ,'  |i                                  \ .| |.、  ._,, -'''″ ._ !  / " .,.〉 ″    .l
  i|   |i                                       l .| l入‐'″ .,..-'"゙ /    .,/.、   .   .l.、
  i|   .|i                                     _,,./ '″   .-ニ___,,, -'''"゙⌒″ ,r′  i゛    .| ヽ
  |    .i、                                ,,.. ..‐''    ._.../   /         /    !    │ l.
  ゝ     i、                          _,,.-‐'"     .,..-'"゛  ゙ー'゛         ,./      .l゙     :   . l
  .i|      ゝ                  ,,..‐‐."゛       _..-'"      .|           /         "        /
  .i|      丶               _.. -'''"            ,..-'"            |       /               / |
   .i|       \      _,, -'"゛            _..-'″              !      /               / /
   .i|        丶  _,, -'"゛          ,..-'"゛             │                 _,, -''^゙'''ー-‐||.二
    .i|                     _..-'"                 l             _. - .、'''|″ |_,,.. -‐''"゛  ''二
     i|                   ,..-'"                       l、     _.. ‐'"||._,.. -‐'''"゛  | |
      i|、            ,.-'"゛                        `7=='゙_,,.. ‐゛          | |
       ゝ       `丶`\ゞ                           i゙ 、  .〟     /     .| |   . /
         \  ,.   ミ\丶 `                         /゙ /  .,//    / -..、.._   .| ! ./._.. -
           `;丶\丶  、`丶
                 \ 丶
                     \




389 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 22:41:05 ID:XP9rVBA20





 __―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
 ―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
 __―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄

            /─-ン、___、」.____ ,,,,,,.._、  _/   .|  !   .!
        ./    ,, ,i           .  .`|´ ゛    |  .l_-'"
        l    ゛.′             ゝ   .ヽ    _,.!   |
        !                    __...,,..゙=‐''"゛ ミ     l
   ̄ ̄ 丶.-「 ̄゛.゛ーーー──--ー''''''''"゙゙ ̄´       ミ    !
              /       |            ミ     l
        ..   /            |         .  ミ     !    ,
       ./   . /       /  /!     ,,.rァ   ミ     (⌒`ヾ て    _  _ _
      ./   /       ,/.、/ l゙  ,,、r'´ /    ミ      ,i)) (( ) そ    三 ─ ニ  -
     ./   /      / ./ |  l_,.r''´   /    ミミ  .,,,、 ..、、トー- '  (、    ̄ ─  ̄
    ./   '"     / ./  .,|    ,.、r'!  /    ミミ .'"    "|
   .゛       ,  /   /,,l   ,,r'’  l  /    ミミ    .,./
       .,./゛./_,, -‐'゙../   .l゙    l ./      `''--‐'゛
      .,..‐″._,,,.. Y´ _,,/ ./!  l!    l゙/
 __―_____ ̄r'´  ./ .|  |   ―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―== ̄ ̄
 ―― ̄ ̄___ ̄―|   ./  |       ―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━__
 __―_____ ̄| ./   |  |    ―――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄──────
              レ'     | /                 __ヾ`ヾ;:゙i、i;;i;;i;;;;;/;;;;:/;:;:彡;;;;:;:;彡;    |
                   ||./                 `ヾ;;ヽ、;;;;ヾゞ;,ィ;;;;;彡 ;:;:;:;::彡;\      |     ’
                                _,,.rァ  .,.フ;;;;ゞ;:;゙y';;,ィ;!l;;iミ;;;三;:;:;:;:;:;三三\、_ ノし'//
                             r''´! ./゙ /  i'´i;ィ;;イ:;;ト、;i ゙、ヾ;iヾ;;;;:三;;;;:;;:;__)    て
                          /| .| ,l / ./    l;;!、;;|、;l ゙i,  _,,   `゙' ――=二  !?  =――
                              |  | |/./ . /     ゙i;!  }、  ,,r;;-'     三シ /⌒'メ、    (_
                          ..| ./  ./ ./        l_,.ィジ゙__,,..,       `‐/ /  Y^  \ `
                              l/   / ./         ヾ゙::ヘ;!__/        ゙) /   |     \
                             ;'_/          .j       /     {__/ .;   !
                                         /`            |   ;
                                        .(          U   :|   ;
                                         `'''‐、             /:l   ;
 __―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
 ―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
 __―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄




391 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 22:41:49 ID:XP9rVBA20





                               __
                              //               /|            . , '⌒ 、
                              レ'!_l              //          /(;;;::... j
                                              / ィ'            /  `:ー/
      ,、.            />         _ -=: : : ̄: : :ト _   く/レ        /    /
       ,l |         / r´        x.:´: : :/' ¬、: : : : : : `:.、                /   /
      ,! L.-ヾ=,'     く/Ll      ,.:´:./¬ミ{/  .r , }--y- _: : ヘ          /  /
    _,.-'´  _, - '_´              /: : :.{  0i、 ゝ' ノ ≠ / ヽ: ハ       /::: /
    _,.- '´| L-'´ _)               7: : /ヽ __k::::ヽ¬ ' ./     ',: .}      /:::;;/   __     _
     ,.-'´  ,.-'"              {: 7 ト _   ゞ=r'     -=ニ    }: : :i    /::;;/  /__ノ   /丿
    {,.- '´| |                   |: {----     ',            i: : ノ  /::;;/           / /
        |,i                  ',:i _ -=      , _ --‐‐--   γ⌒ヽ;/       ,____,. - '´ /
        |                ',! γ    , - '       ,-' x== 、ノ        /____,/
                          ヘ.人____/       ._,-' : : {   }.:.ヽ
                             \       ∠ : : : : : (_`j=イ: :.:ノ
                 {              >_.../ : : : : : : : イ=ミ: /ハ´
           \    |l|w/L ,r_/         (: : : : : : :ノ '´Yノイ : : :ハ
             \\{w└ ¨ ´ /           |: :7 ___7==ハ¬ : : : : |
              \´     彡x           r!: {ハ  弋♀ノ ̄ フ 7: :|
               >  ; ’  ∠─       γ7|: : ヽ \__   _,//: : :!
              /      }|             `{ ヽ: __,.ニー: :.'´>' ´ ̄ヽ
            /´ヾ,  r、r‐|^`          ヽ__ ノ   \/       }
               //  }´                     |        ノ
               /                          ヽ ___ イ





392 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:42:03 ID:Wk88lFz60



打ったああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!


394 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:42:11 ID:R4MLZ0Kc0



これはいったあああああああああ


395 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 22:42:33 ID:XP9rVBA20




                , /| , И
            ,ヽ ∧/  /  `/|/L
        ∧|\|!  !   !_ ///     !― ,
      ヽ「`ヾ   _  /`ヽ,ヽ ヽ⌒ヽ       7
    _|!ヾ    -/  _| ヘ| ノ勿ノ彡))彡_    フ          ヽ人_从人__从_从人__从人_人
    \<_ -イ./| /!!!ヽ| |/〃_ュェ77>ュ、 ヾミ    ̄フ      <                  >
   <  / /=| |≦ヽ(゙゙ / ,ィTエ-三二 ̄ヾ`ッ ミ  > >     <   な ん だ と ! ?    >
   << | /ミ ヽ   ()キキ、/z夂===ミ,,   ミ    >     <                  >
   << _ __ ,≦ミミ)ノミ ` /X/  ゚   父  ミ     >       Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒Y
   / ./彳== _/~ミミミι 卅勿刎テ,ミミ=≦ミ    7
   \ |/ ,ュェ==-|  ,、ヾ、         ヘミミ  , -、
   < キ 卉T"" /λ ’ 〉∠,         u  ゙ミ // |
    <キミ,彡    >≡三__  __、ヾ    ヾ 人 ゝ
     キ彡     _ -= ̄ 二_ ~~ >/7/"    ヽヾ ン , }
     ,キ    / ,-ヘ-_二- ニヽ ) /        xノ  ノ
     ! V   ミ巛V^ ̄ _, -―´/     /丿 X イA
     ヽ V   ヾ_/ ̄         U //  册彡| ヘ
      \V し     =≡≦        / ,,,尹 彡| /ヘ
        V               ,,xxX匆/  彡| /ヘ
         |i 》     x《《匆xxz,、xX刎/ 彡k  彡|  /ヘ
         !i>Kz_xXNミ゙'   ``   _彡尹   彡|  //ヘ
         キ  f勿ニ_      し = 彡/   彡| - ̄ ̄
          k   キイE≧≡=    彡/   - ̄
         _ hミ  キミ         - ̄
        ̄  |キミ   キミ  _ -― ̄
          ---―- ̄ ̄


  ジャストミートしたボールは、見事なクリーンヒットとなる。





396 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:42:53 ID:AjHuuOY.0



おおお


398 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:43:20 ID:X7a8vjlE0



いったぁ!!!


399 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:43:20 ID:/jlENbok0



すげえ・・・本当に当てやがった・・・。


400 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 22:43:22 ID:XP9rVBA20





  ただ単にヒット一本打たれただけとは思えないほど、この結果は稲尾に衝撃を与えた。
  野村が苦手としている内角に苦手な変化球さえ投げていれば、これまでならまず間違いなく
 打ち取れてきたからである。


                   /i /L_、、   /L_( /|
              \ヽ  〃 レ'::::::::::::i{ノ::::::::::し'::ヾ_ノ'v、_
             i  /ヾ、>-::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::じ 7
          |   )、| V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::L
       | ヽ!`レ '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
       | ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: (_
      、レ':::::::::::::::::::::::::::,/,;: /N、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::γ
       )::::::::::::::::::::::::::ト    ヾ}:::::::::::::::::::::::::::::::::::,へ、:::::::::::::::::::::::::(_   なんだ今の打ち方は‥‥
    ミ∨ :::::::::::::::::::::::::::|ヽ\、  }::::::::::::::::::::::::::::::::/ ,ヘヽ:::::::::::::::::::::::て
   \ヾ::::::::::::::::::i::::::|::::::ト   |{  ~ =ミ彡、::::::::{/     ヾ::::::::::::::::::::ヽ_  まるで俺が投げる前から内角に来るのを
     >:::::::::::::::::{ヽノ / _ -¬         三〃      }:::::::::::::::::::::::{  分かってたみたいじゃねーか
   〃⌒>:::::ト、::ヽ   /::::::/    u  ///   勹  /人:::::::::::::::::::::>
     / / | ヾ   ,ノ:::/  , ┐    ' "     T   l `ヽ,、::::::::::::::Σ
     i{ i{ ル   /::::r' 、 / ( ソ゛          (_ ノ    YY´ヽlへ
     ヽ ヾ  !  ミ三  )L 〃                 「 ヾ       ヽ\
          ミ、      ~                 Ξ|!  ヽ、      丶 \
            |___                 三|  i   ____>ー:::::::::::::
            |       u         , -====ー".::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
            |               __/:::::::_、::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;_  _:::::::::::::::::::::::::
           ノ    __,        u Z:::::::〃三{ i!三三三三彡 {iiミ、__::::::::::::::
           ヽ_  -¬_  _  ―、   从ii彡三三{ }三三三三ミ} /三三三ミ、:::::
                `┐      _ -彡 三三三! 1三三三〃 /三三三三三
                    └ 、    〃、 ヾ三三三ミ! |三三三/ /三三三三三
                   |   〃三ミ、 ヾ三三三{ |三三〃 /三三三三三
                   ヽ 〃三三ミヾ ミ三三ミ{ }三i〃 /三三三三三
                   /三三三三ミ、 >三三L !三/ /三三三三三彡


  たまたまとは思えないほど鮮やかに打たれ、頭をひねらずにはいられなかった。





401 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:43:26 ID:1M1x2sM60



公式チートに一矢報いたぞ


402 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:43:32 ID:LDyeJc820



何この少年漫画的ノリ


403 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:44:02 ID:EimK.W8w0



この1球で気づけるのも一流の証拠だよな


404 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 22:44:34 ID:XP9rVBA20





  そんな稲尾の様子に、野村は満足げに笑みを浮かべる。
  マウンドの上で首をかしげ続ける姿は痛快だった。


      _ ,. :ャ≦: ̄ ̄: :≧=-. _
    , <: : : : : : ---- 、: : : : : : :.>x
  イ: : : : : : /       \  ,ィ─-、ヽ
  : : : : : : :.,′ γ⌒ヽ   ヘ,イ , -、  ヘヽ
  : : : : : :, {   乂zソ    |  (  )   i: ∨    ふふふ
  : : /   ヽ、__,. -- 、__,ィ:::::ヽ`_´__  i_: :V
  :/ ``ヽ、       八:::::::::::ノ    ̄` ヽ:V   動揺してる動揺してるw
  ′    `ヽ、       >!'´        __Ⅶ
  ──- 、            |    ,. ィ'´    !
        ヽ        |    __  i
    i    _         |     _    ̄`!
  __, ィ ´ ̄            i       `ヽ、/ i
     ヽ               i         /ヽ,′
       \         i        / /
  :、     `ヽ、__      i   _,. イ   , '
  ヽ>x_       ──'‐ ' ’     ,ィ
  : : \::::::≧--z __       __,. z</
  : : : : : >x、__::::::::::::: ̄ ̄ ̄:::〃    ソj
  : : : : : : : : : : :,ィ≧------- {   _,.イ'∧
  : : : : : : : : : :/        弋==≦´   ノ


  日本では今まで誰もやったことのないやり方で壁を越える方法を発見でき、更にその方法で
 実際に乗り越えれたこの時の気分は、ホームラン王に輝いた時ともまた違った、格別なものであった。





405 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:44:51 ID:LDyeJc820



だからその顔は(ry


406 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:45:09 ID:1M1x2sM60



腹立つ顔しやがってwwwwwwwww


407 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 22:45:25 ID:XP9rVBA20





  その後も、野村は稲尾のボールを捉え続けた。


                /  /                 /  /
          lー ''''" ̄ ̄"    ̄ ̄`'、       lー ''''" ̄ ̄"    ̄ ̄`'、
         ∠,,、 -z    ,r――― ''"      ∠,,、 -z    ,r――― ''"
         、 '"´,、ィ   /              、 '"´,、ィ   /
        、 '" ,、 '":ツ   /      |^l     、 '" ,、 '":ツ   /      |^l
     、-' ,、 '´   /  /     /'''',,,," 彡  、-' ,、 '´  /  /     /'''',,,," 彡
     | ,、 '´    /  /     `゙^ _,| │  | ,、 '´    /  /     `゙^ _,| │                      |^l
     '´     / /l/     .,/,_ |   '´    / /l/     .,/,_ |      ;‐i          /'''',,,," 彡
          //        .l_,'" | .|     lニ ニ//       l_,'" | .|    lニ ニl    ;‐i    `゙^ _,| │
                          {_,l゙    .〈/!_|     lニ ニl      {_,l゙     .〈/!_|   lニ ニl   .,/,_ |
                                   〈/!_|                〈/!_|   .l_,'" | .|
                                                                {_,l゙



                  rー、
              」´ ̄`lー) \
              T¨L |_/⌒/ ←野村
               `レ ̄`ヽ〈
                 |  i__1
               _ゝ_/ ノ
                L__jイ´_ )
                  |  イ
                   |  ノ--、           r'⌒ヽ_
                  ゝ、___ノ二7  /´ ̄l、_,/}:\
                   |ーi |   l_/ /__ィ::.  ゝ~_ィ´:; ,ゝ
                  __〉 {      (T´ |1:::.  \_>、};;_」
                 'ー‐┘       ! ` ̄''ァ一 、\ ヽ}  ←稲尾
                         〈` ̄ ̄^`¬ノ .::〔 ̄´
                             1  ヽ   .:::レ  ヽ、
                          |_イー-、_;;j|_:.   ゝ、
                          __,,,... -- |. {―――‐フゝ、   〉 -- ...,,,__
                  _,, -‐ ´       ,r|__ト,    1ニノ ー'´       ` ‐- ,,_
              , ‐ ´         └―'´                     `


  ヒットはもちろん、2年ぶりに稲尾からホームランも放つ。
  癖を見抜いたことによる結果であることは、明白だった。





409 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:46:00 ID:LDyeJc820



クセ見抜いただけで苦手投手からここまで打てるのもすごい


413 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:46:33 ID:R4MLZ0Kc0



そうそう、癖を見抜かれると開幕戦で三打席連続HRとかされるねん


411 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 22:46:19 ID:XP9rVBA20





  癖とは、本人が無意識のうちに行っているものである。


              ,.イ_;: : _: : : :./       ヽ : : : : : : : : : : : : : : : : \
         /:/   `ヽ:7          ', ̄ ̄ ``丶、: : : : : : : : ヽ
          ,イ. :7        'i    Y芯    i        ヽ、: : : : : : :.ヘ    ようし!
       /: : : |     zz、  !   弋り   .'_,.-        ヽ : : : : : ハ
      ./: : : 八      〃,==x、   __,.イ   ,.ィ    ,..、   ヽ : : : : : :,   これからまたドンドンかっ飛ばしてやるぞ!
       ': : : :,イ ヽ      {::::::::::) ̄ / _,..-''´  _, イ///ヽ    ∨: : : : :',
       ,: : : /    `ー ´.ゞt彳   / _,.-,.イ///////∧    ', : : : : i
      .i: : :7    ̄ ̄``   ',    '´ , イ///////////∧z=== : ._: : |
     |: : :i/     __,.-     ',   , イ//////////> ' ´      ``ヽ、
     l: : i'    - '´   ,.-     ',.イ////////////ィ´            : . :.ヽ
       i: :i        /    ,.イ//////////>::'/              : . : .∨
      ハ:ヘ      ´ ,. <//////////.イ: : : :.7                    : . : . ∨
      ヘ:∧ー--z<////////////イ : : : : : :7                : . : . : ',
       ヽ:ヘ   ヽ//////////イ : : : : : : : :{                   : . : . : ..i
        ヽ:ヽ   ヽ//////i/: : : : : : : : : : :i                 .: . : . : .:j
          \\   \///j{ : : : : : : : :_ >_,               .: . : . : . 7
            `ヽヽ   ` ー── ¨x<::::∧                . : . : . : . :/
              `ヽト.、_   _,. <::::::::::::> '´ヘ: .        . : . : . : . : . :.イ
                 T:::´,イ ̄  `ヽ'     ∧.、. : . : . : . : . : . : . : . : .イ:7i
                  ヽ/_> ' ´ ≦ハ      ヽ>t_     _,. イ: : :./:ハ
                    { <,..::ァ   7       `ヽ :  ̄ ̄: : : : : : : : : : : :∧


  そう簡単に、本人が気付けるものではない。
  稲尾の攻略に自信を持った男は、小さくガッツポーズを見せるのであった――――





417 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 22:47:11 ID:XP9rVBA20




    ゚ | ・ +o            o。 |  *。 |
     *o ゚ |+ | ・゚   / ̄ ̄\+・  o  |*
     o○+ |  |i  / ._ノ  ヽ、\  ゚| o ○。
    ・+     ・ l  |  (≡)(≡) |・|*゚ + |      これだろ! これでこそノムさんだろ!!
    ゚ |i    | +   |::::: (__人__) ::::| |! .   |
    o。!   |! ゚o   |   |r┬-|  .} |. * ゚ |       今の俺の気分は最高にハイってやつだろ!!
      。*゚  l・    |   `ーlj´  } |o  ゚。・ ゚
     *o゚ |!     ヽ       / |*|○・ |o゚
    。 | ・   o,. ‐- .._ヽ、.,__. /  !| ・ +゚ ||*|
    * ゚  l| /    、  i  }  \   o.+ | ・
     |l + ゚o i     ` -、{! /_   \  ○・ |o゚
     o○ |  | ヽ.     ヾ´    ̄  `ヽ  *。
    ・| + ゚ o }  }                ヽ O。
     O。 |  | リ、  ..:::        ..   l 。
     o+ |!*。| / `ー::::       , ヘ:::::..  | *
     |・   | ゚・ |/   /  :::... ..   /:::/ | ::..... { |
        _|\∧∧∧MMMM∧∧∧/|_
        >                  <
      /\  ──┐| | \     ヽ|  |ヽ  ム ヒ | |
      /  \    /      /  | ̄| ̄ 月 ヒ | |
          \ _ノ    _/   / | ノ \ ノ L_い o o




           , ,. .__
         __//〃'´:::: ̄::¨::''‐、
       /:::;:L!{l;;;ハ::::、::::::::::::::::::::ヽ
       〃::/_- 、 ! |ハ「ヽド、::::::::::::::i
  .     l::∠=ヽ_{∠_,ノ;三ゝ.j三ミ、::|
       l〈.、=<, `ーr'==; }三ミミ :|  やる夫よ、任せていいかアレ
  .      f7ヽニ゚イ  ゙ヾ゚ニ´  }::}ニヾ::|
  .     l」   / ''''  、   U }::7´ |::|
        〃 r'^ー‐--'^ー 、 ノ::{ r'/:::|
        ゙{ ! 」二二二フ } ヾミT´::::::|
        ヽ、 ー-      ' ,  i.|、:::::リ
  .      _r'f ー:----‐ ''´  ! ト;ヾ'、
    -‐ '7´| l |  `ー'     .//.+ l ` ー-
     +./.+ |+ヽ、      //+ +/+ + +




             ____
           /      \
          / ─    ─ \    当然お断りします
        /   (●)  (●)  \
        |      (__人__)     |
        \     ` ⌒´    ,/
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |





421 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:47:48 ID:Wk88lFz60



やらない夫が気持ち悪いww


425 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 22:48:03 ID:XP9rVBA20




      ____
    /      \
   /  ─    ─\    まあ、やらない夫の言ってたノムさんらしさってのはとりあえず
 /    (●)  (●) \  なんとなく分かったお
 |       (__人__)    | 
 ./     ∩ノ ⊃  /   
 (  \ / _ノ |  |
 .\ “  /__|  |
   \ /___ /




         / ̄ ̄\
       /   ⌒   \
      ( へ)( へ)  |   分かってもらえて嬉しいだろ
      .(__人__)      |
       l` ⌒´    .|
       {          .|
       {       _ |
      (ヽ、ヽ   /  )|
       | ``ー―‐'| ..ヽ|
       ゝ ノ    ヽ  ノ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





431 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 22:48:54 ID:XP9rVBA20




          , , , -‐==- ._
            /.//イイ≦三≡=‐=‐-.._
         i .川/〃イ三≧三三二≧、
       , -ゝlllllヘヘヘへミミミミミ、ミミ、、ミ
      イイフジ゙゙'' ヘ. \\`ヾ゙゙三ミミヾヾミ
      ´イ//   / ,イ´ヽ `  ヾ 、`ヾミミミ
       llレ__` { ´ _,,イ二ヽ ヾミミ、 ヽヾミミ    野球とは基本、「投げて、打って、走って、守る」スポーツだ
        {三≧ =≦竺o=''  三ミミ、ミミ、ミミミ
         .〉ー ゚'   、  ノ   三ミ、ミミ、ミミ、ミ   だが他のスポーツと決定的に違うのが、投げるまでに必ず
        .( `_/..    `¨    三三F lミヾミミ  プレー中に「間」が生じるという点にある
        l (  ___)ヽ 、   三-、 .リヽヾヾヾ、
         l/  ̄__ _ `ー、  .三 ' /川川ハハヾ
         l ´ _   `   l   ゝ-イ川 川川ハハ
        l   ¨       ___ ノノノノノ川 l || l i ハ
        ゝ._     __  、二ンノイノノノ川 川 l川
            Т  ̄  // `ーイノノノノハノノハノノ
      r‐‐- - -┴────-==─イイノノハノハ
       jl`ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
      ノj   ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :

.

432 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 22:49:47 ID:XP9rVBA20




          , ィ〃〃〃〃〃〃,,)))
        ,r≦三〃〃〃〃〃〃,)))ゝ、
       /彡三〃彡彡//////-'''''' Yミ、
       .{イメ彡///ノ /イ 〃リ.ヽ _ _ ミヾ
       .彡三三ニ{    ̄` _  {´ ,,,,ゝ    ウィリアムズの影響を受けた野村は、その「間」へ
       ,彡彡三ニ;} ∠三二ヽ`ヽ}∠≦ノ
       彡メ彡三{   fニヒノj'''  、fニヒノヽ    頭を使う、つまり「考える」という要素を加えたのだ
      ,彡ソf-三ニ{  ‐-‐'   _ ヽ、ー' {
      彡ニl   三{{      _,t _____ )、 l
      /l/l,ハ ` 三}  ./     _ ヽl
      !l/l/l/l`t-イ       ` ̄ - ` j
       ヾj/T(\    、      __ ,イ\____
     __ノ:;:;:;:ヽ\\     ̄ ̄ ̄ノ   i!lヽ:;:;:;:;\:;:;:;:;:;: ̄




            / ̄ ̄\
          /  _ノ ヽ、.\
          |  (●)(●) |    そしてノムさんは、「野球とはどういうスポーツか?」という質問に
          |   (__人/,〉.|
          {   ´フ´ ./._ }    今では必ずこう答えるんだ
          ヽ  ./,二ニソ}
          _ヽ/  ,-― 、}ノ
         /:;:{'   ノーヘJ:;:;ヽ
        /:;:;:;:;:;|  _,イ{:;::;:;:;:;l:;:;}
      /:;:;:;:;:;:;:;:;:\_/:;:;:;::;:;i:;/\
       {:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;:;:;:;:;:;:;〈:;:;:;:;:\
      ヘ:;:;:;:;:;:;:;:;/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i;:\:;/ヘ、
           ̄ ̄7:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l;:;::;ゝ、`ーj
             /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l:;:;:;:;:;:\~
         /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|ヾ:;:;:;/




434 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 22:50:38 ID:XP9rVBA20





                                                       , ,. .__
                                                     __//〃'´:::: ̄::¨::''‐、
                                                   /:::;:L!{l;;;ハ::::、::::::::::::::::::::ヽ
    / ̄ ̄\                                         〃::/_- 、 ! |ハ「ヽド、::::::::::::::i
  / ノ  \ \                                .ってな .   l::∠=ヽ_{∠_,ノ;三ゝ.j三ミ、::|
  |  (⌒)(⌒) |      『『 野球とは、頭のスポーツである 』』           .l〈.、=<, `ーr'==; }三ミミ :|
 . |  (__人__)  |                               .とな .      f7ヽニ゚イ  ゙ヾ゚ニ´  }::}ニヾ::|
   |   ` ⌒´  ノ                                  .     l」   / ''''  、     }::7´ |::|
 .  |         }                                       〃 r'^ー‐--'^ー 、 ノ::{ r'/:::|
 .  ヽ        }                                       ゙{ ! 」二二二フ } ヾミT´::::::|
    ヽ     ノ                                        ヽ、 ー-      ' ,  i.|、:::::リ
    /    く  \                                 .      _r'f ー:----‐ ''´  ! ト;ヾ'、
    |     \   \                                  -‐ '7´| l |  `ー'     .//.+ l ` ー-
     |    |ヽ、二⌒)、                                 +./.+ |+ヽ、      //+ +/+ + +




.

436 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:51:16 ID:LDyeJc820



これまでの積み重ね見てからだと重みが違うな


439 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:51:33 ID:R4MLZ0Kc0



金言だなぁ


438 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 22:51:30 ID:XP9rVBA20




           ____
           / _ノ ヽ_\
  .     / (ー)  (ー)\   確かに元が本で読んだ知識とはいえ、
      l^l^ln  ⌒(__人__)⌒ \  
      ヽ   L   |r┬-|    |  実際に稲尾選手の癖を見つけたのはすげーお
       ゝ  ノ  `ー‐'    /
     /   /         \
    /   /            \
  . /    /         -一'''''''ー-、.
  人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))




       ____
     /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\      日本じゃ今まで誰もやったことないことなわけだし、
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-|     |    しかもそれでちゃんとヒット打ったわけだし
  /     `ー'´      ∩ノ ⊃
  ( \             /_ノ
  .\ “  ____ノ  /
    \_ ____  /




        / ̄ ̄\
      /   ⌒  \
      |  ミィ赱、i .i_r赱    そうだろそうだろ
 .     | ::::::⌒ (__人__)
 .     |     トエエエイ    分かってくれたかねやる夫君
 .     ヽ     `""´}
       ヽ     ノ
        /    く





442 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 22:52:23 ID:XP9rVBA20




               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |   でもそれだけじゃ、ノムさんのいる南海が稲尾選手のいる西鉄に勝てないことも
   /( ●)  (●)\  !   !   見てきたはずだお
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  /   西鉄にあって南海にないもの、なーんだ?
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /




               / ̄ ̄\
             / ノ  \ \
             |  (●)(●) |   あぁ‥‥
.             | u.(__人__) .|
        r、      |   ` ⌒´  .|   エースピッチャーの存在か
      ,.く\\r、   ヽ      ノ
      \\\ヽ}   ヽ     /
       rヽ `   ヽ  /   ァ'´ヽ
        └'`{  .   \.|   /   i
            ヽ、._   ヽ、_,r'   .|
            `ヽ、   /'  |
               `'ー'´





446 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 22:53:15 ID:XP9rVBA20




         ____
       /     \       よくできましたやらない夫君
     / ⌒   ⌒ \
    / -=・=-  -=・=- \   4番一人が頑張ったところで他の選手が抑えられちゃ意味ねーお
    |      (__人__)      |
    \     |++++|」_キラッ/   チームもちゃんと勝てませんとね
         `ー''´ l




          , ィ〃〃〃〃〃〃,,)))
        ,r≦三〃〃〃〃〃〃,)))ゝ、
       /彡三〃彡彡//////-'''''' Yミ、
       .{イメ彡///ノ /イ 〃リ.ヽ _ _ ミヾ   この後、野村は稲尾のこの癖をチームメイト全員に教える
       .彡三三ニ{    ̄` _  {´ ,,,,ゝ
       ,彡彡三ニ;} ∠三二ヽ`ヽ}∠≦ノ   しかし有効活用するどころか、野村が説明してもフォームの違いが
       彡メ彡三{   fニヒノj'''  、fニヒノヽ   分かる者は、この時ほとんどいなかったそうだ
      ,彡ソf-三ニ{  ‐-‐'   _ ヽ、ー' {
      彡ニl   三{{      _,t _____ )、 l
      /l/l,ハ ` 三}  ./     _ ヽl
      !l/l/l/l`t-イ       ` ̄ - ` j
       ヾj/T(\    、      __ ,イ\____
     __ノ:;:;:;:ヽ\\     ̄ ̄ ̄ノ   i!lヽ:;:;:;:;\:;:;:;:;:;: ̄




     __
    /ノ ヽ\
  /.(○)(○)\   むむむ‥‥
  |. u. (__人__) |
 . |        |
   |        |
 .  ヽ      ノ
    ヽ     /
    /    ヽ
    |     |
     |    .   |





449 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:54:01 ID:Wk88lFz60



そうだよな
野球はチームスポーツだもんな



451 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:54:44 ID:LDyeJc820



1人が打って勝てるほど甘くないんだよなぁ


450 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 22:54:03 ID:XP9rVBA20





           _,. -┬ fニト、
         r'´ 、r | | ,.L |
         |   (_ノ j {. '、\
         |    }‐イ-上 〉. \   確かにやる夫の言う通りだろ
         |    ノ´     /)゚o |
        i      r‐‐人__) .|   でもな‥‥
        ヽ   .ノ ` ⌒´ . |
         i  !,       ノ
         .',  ヽ、 .   /
           \  .     ヽ、
            \      |.i
              |    .   | |





452 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 22:54:54 ID:XP9rVBA20




          / ̄ ̄\
        ノし. u:_ノ` ,,\.
       /⌒`  ( ◯)(O):   折角良い気分になってたのにすぐに水差すなよ!
       .:|   j(   (__人__)  
       :|   ^  、` ⌒´ノ:   もう少し余韻に浸らせろ!
        |  u;     ゙⌒}:
          ヽ     ゚  " }:
        ヽ :j    ノ:             _____
       /⌒\ ゚ (´ .                :/ ノし   \   だからやらない夫の喜ぶ顔はきめぇんだお!
       :|  ゚ \~、,⌒\.    _      :/ u ⌒     ゚ \
      :| \j(,  \  r  \ :gj }`hi、.  :|,  。   :j    }  自制することを勧めるお!
      |   \ 〆ー───〆 八 ヽ (     u   〃ノ
      | :j    \__゚___' ,ノノー`Y \ \/⌒ヽ~ヽ
     |         |:    ー──‐‐\ . ィ ´ ゚ /    \
      |   ゚     :j  |:           \、__/l  ゚  :j  \

.



455 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 22:55:46 ID:XP9rVBA20



          , ,. .__
        __//〃'´:::: ̄::¨::''‐、
      /:::;:L!{l;;;ハ::::、::::::::::::::::::::ヽ
      〃::/_- 、 ! |ハ「ヽド、::::::::::::::i
 .     l::∠=ヽ_{∠_,ノ;三ゝ.j三ミ、::|    フフフ
      l〈.、=<, `ーr'==; }三ミミ :|
 .      f7ヽニ゚イ  ゙ヾ゚ニ´  }::}ニヾ::|    だがこの時にはもう、その心配は無用なものなのだ
 .     l」   / ''''  、     }::7´ |::|
       〃 r'^ー‐--'^ー 、 ノ::{ r'/:::|
       ゙{ ! 」二二二フ } ヾミT´::::::|
       ヽ、 ー-      ' ,  i.|、:::::リ
 .      _r'f ー:----‐ ''´  ! ト;ヾ'、
   -‐ '7´| l |  `ー'     .//.+ l ` ー-
    +./.+ |+ヽ、      //+ +/+ + +




          ____
          / _ノ ヽ_\
 .     / (ー)  (ー)\   何言ってんだお、エースなんてそうそう簡単に育てられるもんじゃないと思うお
     l^l^ln  ⌒(__人__)⌒ \
     ヽ   L   |r┬-|    |  稲尾選手レベルとなれば尚更だお
      ゝ  ノ  `ー‐'    /
    /   /         \
   /   /            \
 . /    /         -一'''''''ー-、.
 人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))





457 :名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 22:56:15 ID:RlfLpDmY0



いるんだな、それが。


460 : ◆GqgSsEltUc:2012/05/03(木) 22:56:40 ID:XP9rVBA20



                    ,. ィ千/zyxォャzyxx.、、___
                      ,イl i l i/ミミミミミミミミミミミミミミミミ≧x,_
                     / l i l i /ミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミx
                  { l i l i ,'ミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミ≧
                 ',l i l i {ミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミ
                  x≦ゝ、 l iⅦミxミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミ
              / ,イil州シ ̄   Ⅶ寺;\        `゙''マ三三三
                /例洲/      Ⅵ ヾx_\        }三三二
                  ! '/洲,'  ,..、    ヾ/   _,.、、_    }三二二
               併il,'_,....、  ` 'ー‐ '´   x圭圭圭≧x イ三二二    そう、だから南海は、
               ′/圭圭ミx_   { ,′_,ィ圭彡''゙´ _ ̄ `i三三二
                  {~__`゙等:=- `等;ィrt;ァ'' " ̄,ノ    }三三三    鶴岡は見つけてきたのだ
                   ‘, ヘ‘'″.ノ,r   ::::::_`¨¨_´,     }三三三
                  /  _ ̄, /      `