ブログパーツ 泳ぐやる夫シアター やる夫が祖国の運命を変えるようです 特別編 その男、親日につき


















やる夫が祖国の運命を変えるようです 特別編 その男、親日につき





やる夫といえば親日派の台湾人、親日派の台湾人といえばやる夫
といえるほど、台湾内外、特に日本では「やる夫=親日派」というイメージが出来上がっている。



       ____
    /     \
   /  ─    ─\
 /    (●) (●) \
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||








79 : ◆GSLbKNhoXw:2012/02/02(木) 21:19:49 ID:yHWkjyDE





両陣営内のわだかまりを押さえつけていた冷戦が終結
してからというものの、日本の戦争責任問題を問う声が
近隣諸国から絶えず聞こえるよになった。



      ,r;;;;ミミミミミミヽ,,_
    ,i':r"      `ミ;;,
    彡        ミ;;;i
    彡 ,,,,,、 ,,,,、、 ミ;;;!
     ,ゞi" ̄ フ‐! ̄~~|-ゞ,
    ヾi `ー‐'、 ,ゝ--、' 〉;r'  神に祈る時間を与えてあげましょう、小日本。
    `,|  / "ii" ヽ  |ノ
     't ←―→ )/イ
       ヽ、  _,/ λ、
    _,,ノ|、  ̄//// \、
_,,..r''''"   | \`'/  /    ̄`''ー
      |  /\  /
      |/)::::/\/

      江沢民




            ,....-r::r‐:::-...
           〃.:::::l:::|:::::::::::::::ヽ
              ii::::::::::l:::L.:::::::::.、:::.
              jj, -‐'::ー', =ミ::.\',
              /〃⌒i}::::{、_:::)::}:::.\           貴様はフォースの韓国面をなめた。
            ;:::i{ゝイ::Y^Y::::::::/.::::::::::.ヽ          
           ;::::::.〈:::://l l l\/.:::::::::::::::::.ヽ   ___
           ::::::::::∨=-‐==7ヽ::::::::::::::::::::〉  {::::::::.\
          i|:::::::::::.\/////.:::::::>==ミ:/   \:::::::::.\
           乂::::::::::::::.∨///.:// ̄/⌒>‐- >...:: ̄::`丶、
           `¨¨フ777.:://.::,=ミ/.:::::/.::::::::::::i{::::::::::::::::::_:::}
            _ . イ:::::/:/:/.:://.::::{::::::.\/.::::::::::::::::/ヽ.二ニ≠::::::/
        /  //.:::/:/:/.:://.:::::/\::::::.`ァァ‐-<::::i{:::::::::::::`:::く
.       /  //.:::/:/:/.:://.:::::/.:::::/\::::::::::::::::::::::::::ヾー-::::::::::::::i
       /  //.:::/:/:/.:://.:::::/.:::::/.:::::::}ー--:、:::::::::::::::::`¬:::::::::::|
       \//.:::/:/:/.:://.:::::/:::::斗==:{:::::::::::}:::::::::::::::: ___フ.:::::|

             盧武鉉(整形後)





80 : ◆GSLbKNhoXw:2012/02/02(木) 21:23:34 ID:yHWkjyDE





少なくとも日本は戦後平和国家として再スタートし善隣的であったというのが、
多くの日本人の認識であったし、冷戦時代不満はあまり聞くことはなかった。
それが突然戦争の指導者世代が死に絶えた途端過去のことを蒸し返され、
謝罪を求められたことに多くの日本人が驚きを覚えた。



                    ,-''"'''-..,,,
                    'i,", .::   ̄""''''-..,,
             ,,       i::i~"''-..,,;      i,
            / i "'-.. _    i:i, ,,   ,i:,:::..... .. . .i,
         i'-,, i,/::::::::.....:: '.-, /  :ii,.,,iii,,  i;     i
        ,-'' i::,/'-,,_,:::::::..../:-,ゝ  ヾi   '' ,i',"i, i'
       ,。'y,  'i;   i,-' "'-_i'-,i-'    ::    i l,ii ,i ,.i' 神よ、あんたは俺をクセーところに
     ,。'::::: ::'i, :.. '-/      'i    .::   / i'-i' ,,i' 
    ,i' :::: ::: :::::'i,, ,,.-'       i,__, , ,.... ,..'i..,i' .l-''"  おやりになるのがお好きなようだ……。
    i,::... ::: .:::::,,-'ヘ:,,_,,.     ┌'-i:_,;;;;,,::::.._,,i=''-,
    i,    . :: : : :: ...:: ̄''"''"'/ .:: r‐-,:::.‐:::.‐‐--r'
      '‐-,,.'..::::::....:  ,,. ,,_,,-'' .:: /l  :.l,:::::::   ヽ,
        '-,,_::::::  ,i' ヽ,     /:::::l ::  l :::  ..:::  "'-._
          '-.,  l  ..::ヽ,  ./:::::::l ::  l.::.. ..::: ....::  :: T
            Y.::..  ::::::::Y::::::::::l  ::. l...::::;-':::::::    l
             ii::::::......  / ::..:::::::"'-.,,__ゝ::i :::::::::::...   .l





81 : ◆GSLbKNhoXw:2012/02/02(木) 21:25:33 ID:yHWkjyDE





そして一部保守層は彼らの動きに強い反発心を覚え、それまでの戦前社会を否定する
従来の歴史観から脱却する自由主義史観(ここでは学術的に広く用いられる歴史修正主義)
を唱えるようになった。



  ∧_∧__フムフム・・
 ( ´ー`/聖戦/
 (   ,/_〇                   ♪
 |   |旦            ∧∧ ドウデスカ
 |??????????|            ヽ(゜∀゜)ノ   ボクノシンサク?
  |????????? |             (  へ)
  |       |            く




   ∧_∧  デストローイ!!
 |\ΦДΦ)   /|
 ○ <  ζ) <  ○                   人人
 | >  旦  > |          ∧∧  キュワアアアアア!!!
 |??????????|              ヽ(゜Д゜ )ノ
  |????????? |                (  へ)
  |       |              く





82 : ◆GSLbKNhoXw:2012/02/02(木) 21:27:59 ID:yHWkjyDE





特に若年層から多くの支持を集めたのが、



      ,.ィ , - 、._     、
.      ,イ/ l/       ̄ ̄`ヽ!__
     ト/ |' {              `ヽ               ,ヘ
    N│ ヽ. `                 ヽ        /ヽ /  ∨
   N.ヽ.ヽ、           ,         }.    l\/  `′
.  ヽヽ.\         ,.ィイハ        |   _|
   ヾニー __ _ -=_彡ソノ u_\ヽ、   |.  \   
.      ゙̄r=<‐モミ、ニr;==ェ;ュ<_ゞ-=7´ヽ   >  大東亜戦争は、日本が白色人種からの
.       l    ̄リーh ` ー‐‐' l‐''´冫)'./ ∠__  アジア支配脱却を目指した
       ゙iー- イ'__ ヽ、..___ノ   トr‐'    / 解放戦争だったんだよ!
       l   `___,.、     u ./│    /_
.        ヽ.  }z‐r--|     /  ト,        |  ,、
           >、`ー-- '  ./  / |ヽ     l/ ヽ   ,ヘ
      _,./| ヽ`ー--‐ _´.. ‐''´   ./  \、       \/ ヽ/
-‐ '''"  ̄ /  :|   ,ゝ=<      /    | `'''‐- 、.._
     /   !./l;';';';';';';\    ./    │   _
      _,> '´|l. ミ:ゝ、;';';_/,´\  ./|._ , --、 | i´!⌒!l  r:,=i
.     |     |:.l. /';';';';';|=  ヽ/:.| .|l⌒l lニ._ | ゙ー=':| |. L._」 ))
      l.    |:.:.l./';';';';';';'!    /:.:.| i´|.ー‐' | / |    |. !   l
.     l.   |:.:.:.!';';';';';';';'|  /:.:.:.:!.|"'|.   l'  │-==:|. ! ==l   ,. -‐;
     l   |:.:.:.:l;';';';';';';';| /:.:.:.:.:| i=!ー=;: l   |    l. |   | /   //
       l  |:.:.:.:.:l;';';';';';';'|/:.:.:.:.:.:.!│ l    l、 :|    | } _|,.{::  7 ))
        l  |:.:.:.:.:.:l;';';';';'/:.:.:.:.:.:.:.:| |__,.ヽ、__,. ヽ._」 ー=:::レ'  ::::::|;   7
.      l |:.:.:.:.:.:.l;';';'/:.:.:.:.:.:.:.:.:.|. \:::::\::::: ヽ  ::::::!′ :::|   .:/
.       l |:.:.:.:.:.:.:∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!   /ヽ::: `:::    ::::  ....::..../

          小林よしのり



彼だった。近隣諸国との不仲に加えバブル崩壊やサリン事件など社会不安が広がる中、
漫画という強力な媒体を使って民族の自尊心の再構築を
呼びかけた彼の働きもあり、歴史修正主義は大きく注目されることとなる。





83 : ◆GSLbKNhoXw:2012/02/02(木) 21:32:38 ID:yHWkjyDE





しかし、いくら言ってもそれは日本人が言っているだけ、と
押し切られてしまう。そんな中現れたのが……



         ____
       /⌒  ⌒\
      /( ●)  (●)\   日本はそこまで悪いことしてないお?
    / ::::⌒(__人__)⌒:::: \ 
    |     |r┬-|     | むしろ誇れることもしているお?
    \      `ー'´     /
      >         <
     ( |        / )
      `|       /'
         |   r  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......




  ( ゚д゚ ) ガタッ
  .r   ヾ
__|_| / ̄ ̄ ̄/_
  \/    /



やる夫である。





84 : ◆GSLbKNhoXw:2012/02/02(木) 21:33:45 ID:yHWkjyDE





戦前の台湾の生き証人、流暢な日本語、旧帝大に在籍し、国家元首を努め民主化に大きく貢献した人物……。
やる夫は歴史修正主義者が望む全てを兼ね揃えた人物であった。



                                   , .'´       ` ゙ ''' ゎ。、
                                 /                > 、
                                イ                    `ヽ
                               /                       ハ
                                 /                         i
                              ,' 、         .。- = ナ '´         }
                             {   マ=t7心。 、 '´{イt_ァ 7´,ィ          !
                             |   弋 モ_无     `¨¨´            |
                             マ    `¨´ ノ    \              リ
                             ',      ,'       ヽ            .,'
                              \    (   i     )           ソ
                               `'' ,   `゚''` `゚''ー' ´          彡;;\
                                  ミ              ∠;;;;;´;;;;;;;;;;;;;;;\
                                     >.、       イ  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∧
                                  ,, 〆;;;;;;;;;;;;;;;ヘ _  彡    ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヘ \
                    ,,、, -=-ィ= 、    ∠´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  .',/     ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;', ;;;;;㌧ 、_
                  r´;;;;;;;;;;;;;;;;;;',:::::`,    マ  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  |友カ   , ´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i ;;;;;;;;;;;;;;;;;`゚'' ≧ェ。。
                  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;__マ:::::::\   》;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ソ  {紅心  ノ;;;;;;;;;;;;;;;______ 」 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;≧フ7
ヽ_-.、        _丶― ∧∟云=-'´ ハ:::::::::::::::丶、 |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  /赤色》/;;;;;;;;;;;;;;;;く  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;云=‐'´;;;;;;;;;;;}
;;;;;;;;;;;!_丶― ´  ̄´:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;`゚ ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;',::::::::::::::::::::|;;;;;;;;;;;;;;;;|  ィ炙殺;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;` 、 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; タ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;.|
フ 7ゎ。._:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;',;;;;;;;;;;;;;;;;;;》::::::::::::::::}. {;;;;;;;;;;;;;;;;;;_| イ嫉嬲怨/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;イ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!i
弍込ス心。:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;};;;;;;;;;;;;;;;;/::::::::::::::::∧ マ;;;;;;;;イ´  W呪艶;丿;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;





85 : ◆GSLbKNhoXw:2012/02/02(木) 21:35:48 ID:yHWkjyDE





当時を知り、現在生きている親日的な台湾人は、自らの親日的背景について
以下のように答え、やる夫も基本的にその範囲に留まらない。



                  __ _
   _,rーく´\  , --、   /⌒  ⌒ \
 ,-く ヽ.\ ヽ Y´ /   /(●)  (●) \   日本人はやる夫に教育してくれたし、衛生や治水も整えたお。
 { -! l _」_ノ‐′/   /    (__人__)    \  
 ヽ ゙ー'´ ヽ  /   |     . `Y⌒y'´     |  それで、国民党が来てあんなことになったんだからそりゃ
  ゝ、  ノ_ イ    \     ゛ー ′   ,/   親日になるもんだお。
    ヽ     |     /    ー‐     ヽ





86 : ◆GSLbKNhoXw:2012/02/02(木) 21:38:57 ID:yHWkjyDE





無論これは恩恵に預かることができ、かつ日本人を外敵として迎えなかった世代の
証言であることを考慮しなければならない。



       , イ //   : : : ! r--――-ヾ、   : : : :ヽ: :ヽ: : : : :ヽヽ、
    , '´   / l   : : : :/        \   : : : : :ト、: :ト 、: : :ヽ:ヽ
ー, '/     /  l   : : : : |           ヽ、 : : : : : l ヾ、、ヽ、: : : `ー--
: :/   . : / //   : : : |j         _ _.l| : : : : : :|  jl  ヽ : : : :__
/r, _:::::/ //// i   : : l___ ,... --‐‐', -=- l: : : : l|: :l     l : : _:_ヽ
    /::// ///| i  : ::l`丶、_ヾ、 i(ir ‐'ッtフ,7 | : : : :|\|      /: : :l: :`ヽ  (※)タナトゥヌが俺たちに何をしてくれたんだ?
、ー--/r7 !/ l l「 l∧  :::|く fァヾ )  ` ヽ  ̄   l/ : : /  ヽ   / : : : l : : : :
ミ    /  .::l    |l ヽ、 l `ー " / :..      / : : :/      /: : : :/ : : : :
     l . : :ゝ  |l  : : i、',   :  i:..        |: :/|: .     /:∧/ノ : : : :
    /r-―ーヽ、: : . . : : :',ヾ 、   、.. -     jr'  ∧ __ /: /: :! : : : : : :
     . : : : : |:::丶、: : : :ヽ、`           / : : : : :}: /: : : : : : : : :
        : : | ,r‐ーヽ、_:_:ヽ、  r‐=ー -  /: : : : : : j/ : : : : : : : : :
         「    -: :ミ :ヽヽ、  ̄`  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
             . :: : : : : : : :/=- _ , - '´ 7Wヽ、: : : : : : : : : : : : : :


※…日本人。『赤い頭』が本来の意味で、当時の日本軍の軍帽が赤かったことから来ている。





87 : ◆GSLbKNhoXw:2012/02/02(木) 21:39:50 ID:yHWkjyDE





             ____
           __, : ´ : : : : : : :>.、
.         / : : : : : : : : : : : : : : :\
         /: : : : : : ∧: : :、: : : : : : : ∧
.        /: : : : : : :/ ヽ: : l\:ヽ:.} : :i∧
      ,' : : : : : : / 二ヽ\{ ,XN、: :| :ハ
.     i: : : : : :|:/ィ' fぅ }─‐{ 'fiぅ }: | : ハ   タナトゥヌは多くのものを作ってくれました。
       l: : : : l / └‐一'  { `ー‐1:/: ∧!  医局も、郵便局も、学校も……。
      '; : : : l'{      ' ′   | : :/
       }: : : :lハ     r‐ っ  ,. : :/    全て僕たちが豊かに暮らして、彼らと対等になるためです。
.      jハ: : :l 人     ´ ̄   ,イ : /
       ∨ハ: : :l>    /|:lハ:{
           V^|___ `二´ ⊥∟` 、
          _〈       / ̄\\\





88 : ◆GSLbKNhoXw:2012/02/02(木) 21:42:33 ID:yHWkjyDE





                   __. -‐‐_…ー‐- .
                _. -'"  ミ_∠       `‐、
              ,‐'.-‐- 、ミ彡―-、      ヽ
           / /  .-‐、/ ‐、  ヽ.      ヽ、
          //./  /´``''' ´`ヽ.   ヽ    ヽ.ヾー
         ノr'./ .' /       ヽ.  ',     \
          /./ i .L.__     _,..- __',   i :  ヽ.rミ`         それで俺たちの暮らしが良くなったか?
         ノイ l .|^,ニミ、ヽ-=,.二ニ.l  ト、ト、 ', lミXx、
         / | i| .li `ー`'!l  ヽ` ̄´} / ハ ト、ト、 ´ミXx、    学校では俺たちの文化や言葉を教えてくれるのか?
          _xX'! l| .ハ.    i|      | /.i‐゙ ハ/..:..:..}    ミx、_  
     _.x='´  !.|l /レ}i、   =      l/ ルiハ/..:..:..:.../     x彡  医局で俺は同胞が連中並の治療を受けたという話は聞かないし、
    x'      V  ノ.:ヽ  '‐_.ニ='      /..:..:..:..:/       x彡 郵便局が俺たちの役になったためしもねぇ。
   x'        ミi{..:..:..`i、    ,.-'´ ./..:..:.,.‐'´      xXミX、 
  .イ          ミi、..:..:...}.`i''''"´   ./..:.,.‐'       _,x≠ミミヽ 材木運びで連中がくれる金は、せいぜい疲れを癒す酒を買える位だ。
 〃メx、       ≡ミi、.:..ノl  !    ./.:/     _.x≠^..:..:..:..:. . . .:l
/..:..:.:.´^≠Xx、,._   =ミミV'、_    _,..イ∠xX=≠''´_...-''"..:..:... . . . .::Λ 自由に誇りを持って狩りができた以前の方がずっとましじゃねぇのか?
..:..:..:..:.:`ー、ヽ..:..:..:..:^≠Xxミ|:::::::::::::::::::::r'´r'´..:..:..:.:.:.'´.:.:.:.:.:.:.:.. . . . . .:.:.::ノ





89 : ◆GSLbKNhoXw:2012/02/02(木) 21:44:58 ID:yHWkjyDE





                    _... - 、--   ..._
               ,. '´      ヽ-:.:... ` 丶、
                /           ヘヽ    \
               /           ..:.:.:.ハ.      ヽ
          , '               .:.:./:/ ';. ',     ヽ
          _.. '´7            .:.:./:/   ';. ',    :',
             /           .:.:.:/'´_  ヽ:...',   l :.:ヽ
           ,      .l    .:l:.:/  _ `ヽ ヽ:.',:. ! .l:.:lヾ、
            l       :.!.   .:.:!/__,イ_ソ-l ..._   -:.:.!:.:!:.:!  ヽ
           l        :.l::.  ..:.:.:l'   | ー     ,ト、ィ:.j'l/:./:./
             ', ',    ! :.l:.:. .:.:.:.:.l   `  ̄  ̄   '、、 /ィ:.:/
             ',::..',:.., :! :.:!:.:.:.:.:.:.:!          ,ノ `「:.:イ   ……頭目は日本の支配が嫌なんですか?
             \:ヽヽ:',:.:.:!:.:.:.:.:.:!           ,':.:.:′
         f 丁 ̄ 丁 ‐- 、:.:.:.:!       ‐ニア  /:.:./
            l l    l    l´``丶、     ` /:.:./
           | l     l    l     >、.... _,.イ:.:./
          L..ヽ...._ヽ.   !    /   `丶、. `'′
           〉__}.. -- 、 l   ノ     //、


            ,...:'´:     /           - '´--- .._
          ,...:':.:.:    ...:.:/.:.:.:.                  `丶、
     __... - '".:.:.:.:   _ :.:.:./;.ニ:              _.. -‐ ¬丶
     `` ‐- ァ':   '´ `:ニ'.:.:.:.:.:.:..              ` 丶、
        /.:      .:.:l:.:.   ``      :`:.:-:.:.....       ``¬ァ
       /:.:.: ..:/   .:.:.;ハ!、:.、      .     `丶、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:. _- '´
.      /:.:.:.:.:.:.:./   .:.:イ!  ヽ:.ヽ    :.:.:.  、    ``   ̄丶 、 _ーz.._      
   </:.:.:.:.:.:,:./.:  .:.:./ !|     ',:.ト、:.    :.:.:  ト:、:.:.....    ....:.:.:‐ァ ̄  ヽ、     
   ,彳l:.:.:.:.,:イ:/:.:.:..:.:.,へ ヽ     |/ ヽ:.:.   !:.:. l‐、:.:.:.:.:.:.:._:_:.:.-ァ´      `≧   お前は死んだらタナトゥヌの神社に入るのか?
  ク .l:.:, ' /:.:!:.:.:.:.:/| 〈゙ト、,/  '、'_ ...ニ、:.   ト:.:: !'´!:ヽ:ー:.:.:.:.: ヾ        _ニ-  それとも先祖たちのところへ戻るのか?
__/   !/ ,:.:.:.!:.:.:./:.:|  `" 、...   ィ´に!>  , ハ: ,'./:.:',:',:.ト:.:.!:.: /        ,.フ
 フ    /':.:.:.l:.:.:,:.:.:.:',     !    ヽ `  l.: /  |:/:':.:.:.:.!:.:/ l:.:!/       _,.彳   連中は俺たちをを野蛮と蔑んでいるが、
 'ヘ<, /:.:.:._: ヽ|'l:.:.:.:.',.  ノ       ,' ,':./ /`' .|:.:./://!/'         <   やつらの讃える文明とやらに染まるなら
   Y-― '´   .!:.:.ハ:.:',. 、`'´     /'´ /   !:/ './  ′       _ァ ̄`   俺は野蛮人として死んでやるぜ!
   ≦        !:.:l !:.:',  ヽニ =‐    /  /' /        _,.-¬^‐
    `ヽ、     ヽl '´.!\ ``  _...  '´,_' /://       ,_..ニ`
     ,ノ       l `  l:.:.:.:.:二:.:ヽ、___/:.:.:/'       _,ィ´





90 : ◆GSLbKNhoXw:2012/02/02(木) 21:45:26 ID:yHWkjyDE





        /                      ヽ
.       / .          、              ',
      j: :  .     ノ\  、   、   ', l l
      l.:. i  l   i /   \ ヽ、 `ーx、 l l l
      l:.:.l  |    l. /´`ニミ、_ヽヽ`‐,でナト! iノー-、  頭目、僕たちは20年耐えてきました。
       l..:.l::.. l   |/ '´_ゞ┴‐、__....l ‐'_」 l/  l:.: \
      ノイ.l.:..:. l:..  :へ._`lー'´ _「 (`¨´ l/  /.:.:.  もう20年耐えることはできませんか?
    . -'´ノΛ.:.:.:l:.:.  |:.:.. └‐''' ´  -'   /  /.:.:.  そうすれば彼らも考えを……
_.-‐'´   /  ヽ.:.ヽ:.:. l:.:.:.:.     ,. -‐ァ Λ .:.:   
         \|ヽ.:{ー、:.:.     〈..___..! ∠
                `\`''‐    .____/


                   /   //   ヾ、  `ヽ、 、 、   .::...:.:.ヽ、.::::::..ヽ.::::..ヽ
                  /  .:.ィ/  ...::::::::::.`.:::::::::::....\、 i   .:::::::::...i.::.ヽ、.::..ヽ.:::..ヾ、ー- 、_
                 /  .:/. il ..::::::::::._,. --─‐,==、-ヽ l  .::::::::::::.l.::::::::.\.:.i`ヽ.::..ヽ..:::::::...` ー
                    /   .:/. .ヽ.:::../ } '´ _r'、--、   `i  .:::::::::::..|.:..    ヽi  `ヽ.:.ヽ..___,. --
                i  .:.|.:...:::::../、  ヾ-='゙iゞ '  ノ    |  .:::::::::::../..     i|   :..`ヽ.:.ヽ、_
                  | / ..::.i.::::../.._〈_-   ヾ= ̄     i ..::::::::./.:.          .::::..i.:::::::..ヽ
                  レ .:::::..l.::::.|´ィ;)メ,.           i .::::::..ィ.::::.          ..::::::..|.:::::::::..  20年後にセデック族がいると思うか!
               / 八.:::.ト,.:.i |,入:::::-、            l.:::::::./ i.:::..     ...::::::::::::::::::::::..i.:::::::::::.  
             _//   ヾ.:i.::..i 7  ヽ           l.;::../  ヽ.::..  ..::::::::::::::::::::::::::::::::../.:::::::::::.
             `´     k..ヽ:|    ´----- 、     レi;/    ヽ.::::::::::::::::::::::::::::::::::::../.::::::::::::.`
                  ノi \i  ( ヽ ̄ ̄>-ゝ、          ヽ.::::::::::::::::::::::::::../.:::::::::::..<
                / .:.|    ',  ヾー' /   , - )          ,. ヽ.::::::::::::::::./.:_,.-‐'フ..::::::.
               /...:::::::.i   :.丶  i ,⊥-‐'_彡 '        ;   ;  |._ヽ-‐_彡' ´.:..∠-‐ '  ̄
             r彡-‐‐ ´ヽ  .:::..ヽ  `ー '二         ,. ;゙_,.-‐'´ ̄   ̄.:::::::::..:::::::::.....
                 _,.. ア 、.:::::..ヽ  ´ ゙゙        / /.::.  ..:::::::::....
               /  /.::::.. > 、 ',        _,. ‐'´_/





91 : ◆GSLbKNhoXw:2012/02/02(木) 21:48:04 ID:yHWkjyDE





             ____
           __, : ´ : : : : : : :>.、
.         / : : : : : : : : : : : : : : :\
         /: : : : : : ∧: : :、: : : : : : : ∧
.        /: : : : : : :/ ヽ: : l\:ヽ:.} : :i∧
      ,' : : : : : : / 二ヽ\{ ,XN、: :| :ハ
.     i: : : : : :|:/ィ' fぅ }─‐{ 'fiぅ }: | : ハ   
       l: : : : l / └‐一'  { `ー‐1:/: ∧!  !
      '; : : : l'{      ' ′   | : :/
       }: : : :lハ     r‐ っ  ,. : :/    
.      jハ: : :l 人     ´ ̄   ,イ : /
       ∨ハ: : :l>    /|:lハ:{
           V^|___ `二´ ⊥∟` 、
          _〈       / ̄\\\



              _. -‐''´     ``ー、   `‐、
          -=二.:.:.:.:.:.:.:.:.: : .   . -‐- 、 , -‐、. ヽ
        _、_.-、x.'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:., ‐'´     `   \ヽ         
     、-'` __.ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/       _. -、,.- 、  ヽト、
   _、-'`    _.>.:.:.:.:.:.:.:,.-‐ァ'_.ィ/   / ̄``´``ヽ   ヽ ヽト、     この20年間で(※)出草を済ませ、刺青をした若い衆はいるのか?
  _ヌ     /-ァ.:.:.:.:.::/. / /   /∠...,,,,__________,,..ヽ 、 .lヽ  レi     口に刺青をした若い女はどれだけにる?
  Z-     -='´:.:/.:.:.:|: : :  /{  / "二=;‐-'ノ 'z=ニ,^| .l.|   人    
 彡z      .:.:.:{7/l:ハ: : :  |. ! ´j‐`´‐'´` i´-`i'.| /! |    (     ガキの中にはタナトゥヌの言葉が混じっている奴がいるんだ。
'´ <_    .:.:.:.ヽ:.:.: !: ヽ: : : ト、{   !i      |  !i.lノ.:.:jノ. : .  ナ    将来生まれるお前のガキは学校とやらに通って、
   三_    .:.:.:.:.:`-:、:.:.:`ーく ヽ、 .i !   -/  .i/ .:.:.:.:.:.:.:. : ミ     俺たちの言葉を満足に離せなくなるだろうよ!
     彡_     .:.:.:.:.:.`'-、:.:.:..\ \i l  z==f7 ./ .:.:.:.:.:.:.:.:.: : _フ
      ´三_   .:.:.:.:.:.:.:.:`ー、:.ヽ、\ `.二´ / .:.:.:.:.:.:.:.:.: ミ      仮に20年後連中が俺たちの文化を保護しようとしても、
/       ´ナ=z._  .:.:.:.:.:.:.:`‐、ヽ、.`ー_'''ニ,:.:.:.:.:.:.:;:;r‐`⌒//    破壊された誇りを完全に取り戻すことができるか!
.        \_r' .ノ ´^フィ=z_;_;.;.: ._>`>',ニ- ソへ(`ー` _,_,_./`ヽ、


※…首狩。セデック族にとっては非常に重要な儀式だった。





92 : ◆GSLbKNhoXw:2012/02/02(木) 21:49:59 ID:yHWkjyDE





日本の支配を受ける前から台湾に住んでいた人間は、その支配を渋々受け入れる一方
アイデンテティが脅かされることに大きな不満を抱いていた。



                             /           ,厶_____|            ヽ.____
                             _,. ´     /   /    |   | l   ヽ      ー<_
                    、__> ̄  _,.      //  〃    /  ∧'.    ヽ     ヽ-‐ ⌒
                          >‐  ̄     _//   /|!     //l /  ヽ    l      \
                    /           ´ ̄/  / /‐ト 、   j/ /    ヽ/  |        ーz
                      ノ―‐z-    _,.. -  イ   / /.ィTッ寸ソ   ヽィtッ千/    |   、  /
                    イ――ァ′   /.|  /| l  `  ノ  |  ヽ   /  /  |     ̄ 二=-      (真の男)
                  -=ニ. ̄ ノ _,. --/ |  いリ       }     / //   |   \ニ=- 俺たちがセデック・バレであるには、
                  _厶   ´ ̄    /   |  ,`Tl.      ヽ=   イ// イ     / ト、_ \
                ノ二.          / /'| ハ !|、      __  jl/  /   / /    ̄`  もう大して余裕がねぇんだ……。
               ァ千         .厶 '  |/ レ!| ヽ  ´ -- ``  .イ / /!/
                   / /_,            ′  リ  ,心__      / j/j/_ リ
                |  厶-‐ァ'′            /|、_   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ∧
.              /⌒|  i  フ               /  |      ̄ ̄ ̄ ̄|  /  ヽ
             _/ {    l イ/_,. ‐ァ′     /l /   |         |  /   ∧ |、__\__
' 丁了ヽ   ./ ̄/  |   l  !  ´ | /厶 イ_,  ´ |/     |          / /  /  ヽl   `ヽ   ̄
 .| | ヽ/   /    |  '. ヽ  |    ′     \   ノ           / / / /
 .| |   |   ,′ l  |   ヽ ヽ |           `<       _,厶イ´ /

                            モーナ・ルダオ(セデック族マヘボ社頭目)





93 : ◆GSLbKNhoXw:2012/02/02(木) 21:51:45 ID:yHWkjyDE





一方のやる夫は、日本の恩恵を比較的多く受けた台北近郊に生まれ、
年代的にも多分に住民が日本の支配に慣れ始めていた時だった。



               ____
             /       \
           /  ⌒   ⌒  \
          /  (●) (●)  \
            l    ⌒(__人__)⌒    l
          \     `⌒´     /
          /              \





94 : ◆GSLbKNhoXw:2012/02/02(木) 21:52:30 ID:yHWkjyDE





1話でも少々述べたが、父金龍は武術の達人で
警察官の仕事をしており、



               _.. ..‐::´/
             _/::::::::::::/
           _/:::::::::::::/ ____
         ,..::::´::::::::::::::::::::: ̄:::::::::::._/
       /:::::::::::::::::| ヽ、:::::;::::::::::::/
       /:::::::::::::::::::::|´|ヽ   |/_:::.::/
  _ .. -─':::::::::::::::、::|`'   ,   .!::∠
  `'' ‐-.._:::::::;-‐、`(●)  (●) |::::`::-、   
 =ニ二::::::::::::::::|6    \___/、| -──` 
    ‐=.二;;;;;`‐t    \/  ノ





95 : ◆GSLbKNhoXw:2012/02/02(木) 21:53:55 ID:yHWkjyDE





祖父、財生は専売局の下でアヘン売買に従事し、
多分に日本人と接する機会を多く持つ一家だった。



::::://::::::::::/ \:::::::::::::::/_
::/ー\::::::::|ー─|:::::::::::::/ー
:/___\::|__|::::::::::/__
/ /\″ \|"  |::::::// ̄/
 i\ \゙ ゙    |// ̄|
゙ |  \\/"  //   l
  ! __(\(|リレ、__( )/
  ー―-」゙ |″ ── ″
       ノ へ゛
゛     /_
 ″ ″ `ヽ / ゛      /|l
\ ゙   、──── 、` ゙ | |
  \    !──── !  | |
   \ ゙ ! ___ ノ ゛ |/
     \ ゙

       財生





96 : ◆GSLbKNhoXw:2012/02/02(木) 21:55:41 ID:yHWkjyDE





当時日本の警察は非常に厳格で口うるさく手が早いと恐れられており、
外地ということもあいまって警官は社会的に地位の高い職業だった。



        |     i!   ___|:.|_|:.|___  /     |
        |    f‐ ̄ ̄ ∧  「 ̄)) || __ __ __ ゙̄i     {
       /{.     | .|ト、,イ!./=ヘ. |i ̄ヘ .!! |ト、 || || ̄l! |    }\
      /  i'    | .||`´||/  ヘ ||   ヘ.!l |l\|| ||=l! |    イ::::::\
    /    {、 `ヾ...| .||  || _,―= ̄=―,、 ¨.||_i! |   ,メ:::::  \
  /    _|ミヽ.  ,!-‐  ̄´      三=_   `ヽ、__.!  /l!-、::    \
../       /ハヾミト、´      ,.ィ====、      `ヽ,/彡!´` i:.       \
´      { ゞj |ミ 、\___,ィ<、__ヾ:::::::!".::`>,、___/,," iミi{-= ,}::.      \
        .:∨(〉|ミ 冫,゙‐==ェェ=ァヾノ,:::::ト、_ノ-==ェェ==‐、< ミヽ:;//::::::.
      .::::ヘ 、>ミヽ、' `ヽ、......::::::-"`、:::::}::::゙`ヾ、::........,. '"` ,..,ミノ'/.::::::::::.
      .::::::::∧`} `゙i|    ̄    l::::|:"   ` ̄   /イ ,_/.:\::::::::::::.
     .:::::::/":::`ヘ  !     __,ィ  l:::l ヽ、      ,'", {::::::::  ゙\::::::::.
     .::::::/  ::::::::l! ヽ !   , -‐'  `ヽ_, '´ ′ヽ、   ,' / ,':::::::    ,\::::.
    .:::::/   ::::::::| ヽl /  _,ィ-====-====-、__ `ヽ !,′/.::::::        \:.
    .::::/    :::::.\ ヽ L {ニニニニニニニニニニニニニニ} j'//.:::::::     __ \  ←日本人警官のイメージ
   .:::/      ::::::::.\゙    、           ,    /イ.:::::::::     メ:. :. :. :.`、 \





97 : ◆GSLbKNhoXw:2012/02/02(木) 21:58:22 ID:yHWkjyDE





しかし、台湾人警官は正規の職ではなく、いわば日本人を補佐する
サブ的な役割であり、その地位は低く昇進してもヒラであった。



   / ´  ~  ~"' 、_
  /  r‐,.===、 -,.=く´
. │  | {./´,、ヽ Y゙rぐk゙
  「ハ_「u` ゙-' _`^iー i゙  金がねーんだよ!
  い5 ,-‐-、└、」   |  
  `Y゙| 「`'ー 、`二ニ^),'
_ -‐1 ',.!、  , -、‐、_/,k‐- 、_
  ハ\゙ヽこ"_ ̄_,.ィ゙,ノ   _,
.  | ', `ゝァ,-‐ ,ムイ .,r'´ _





98 : ◆GSLbKNhoXw:2012/02/02(木) 21:59:56 ID:yHWkjyDE





日本人警官は恐れられたが、軽蔑された日本人も多かった。
普段自分たちを見下しておきながら、上半身裸で出歩き褌姿で
小便する姿を見て、当時の台湾人は中華圏で人間に対する
最大の侮辱である四足動物になぞらえる行為をしている。




⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y| |.l ト            /つ)))
  / ̄ ̄ ヽ, ⊂ ヽ | __ ☆   __  _/ 巛
 /        '  `ー   \ | |l / \  __つ
  {0}  /¨`ヽ {0},   /|| ,  \.|||/  、 \   ☆
 l   ヽ._.ノ   ヽ /  __从,  ー、_从__  \ /  アチュチュチュチュチュ…
. |   `ー'′   / /  /   | 、  |  ヽ    アチュチュチュチュチュ…
 |         (/ )  `| | | |ノゝ☆ t| | |l \
 ヽ        ./   `// `U ' // | //`U' // l
  \___/   /   W W∴ | ∵∴  |
       /    ☆   ____人___ノ\
     /       /         \   \



    /\___/\
  /、-―' ゙、ー- ::\
  | (○), 、(○)、:::|
  |  ,,ノ(、_, )ヽ、,, :::|  (四脚仔め……)
  |    ,゛-=-'、   .:::::|
  \   '´`.:::  .::::/
  /`ー‐--‐‐―´´\





99 : ◆GSLbKNhoXw:2012/02/02(木) 22:01:37 ID:yHWkjyDE





そしてその四足動物に組する台湾人を、人々は三本足と呼んだ。
やる夫の家も当然三本足の家庭で、一般のコミュニティからは浮いた存在だった。



            ___
          / ⌒ ー\             , --、
         (●) (●)  \            /    \
       /⌒(__人__)⌒   \     , ---、 | く⌒ヽ ヽ , -─‐-、
       |   |r┬-/ '       |      / ,--、ヾ> ヽ } レ'  , ---、 ヽ    ____,
       \   `ー'´      /      {  \ } }|  V /  /     `! |  t´r'⌒
    ⌒)ノ  |  ドこzン八三 丿     ,ィ\/⌒ヾ ̄ヾノ_ノ  ァ'-─-、 ゞL__,〃
     (ソ⌒ヽ! ト--イ ⌒__,ハ  ,ィシvく}了ミy'´7´l}_, -‐┴-、   `ヽ  ̄ ′
      レ)   ! ト--イ (  ノ `ーべ⌒ヽ>y' 〃, -┴┴ミ、_}_}_}_j ヽ⌒) j
      ヽ)、___,>、ト--イ ))〈     ト㍉チrく    // ̄ヽ、_) / /  _..._
  '⌒>‐ミ、 \)こZヾ--ヘ{{ l|  y' ゝ ヾミ゙)'}|≧>、 / /バ⌒ヽn V/ 〃⌒ヽ
  (⌒ヾ>ニKド、⌒Yく_/ヽj} 人_ゝ__>==1 r彡"´/ / | |   /y'}[__//    `
    ,ィ  ゙̄Vソ,イノ \__ム丁了)ノr'ン´フノ ィ彡/| | ヽヽ. // ヽVソ´
   / / r‐ヘ `Y {    [二[| ,勹77´ ̄ シ三彡'/| |\ ヽV/ミ、_} Kミ、
  { {   トZべ.」 |   [三}〒ラ77 (_)(_) r三/ / | |> \f⌒l/l | L }
 ヾl |  l三ィ∧ l __. [三}⊥.イ工===ァべ/ /,ィ| |/>l{ l>}X.| |゙)レ′
  ヾ, ヽ  {三N>} Y二ヽ」ニ/l⌒ヾ´  /  {O}___」 |/rくゝ _ソ\l |(
   >、 \ 缶jfハ >n' fy' l ⌒y} //⌒\/rヘ l/ /7㌦\j j
  /∧>、_/フイ/7-Vきy'/1 |(⌒)|}./|ト、   \j.ハ ヽ. //) l| //
  !{ニ///,イ///∠7/Zl{ |ィ^トl|\.j| ノへ.____}へ. V/´ ヽV./
  ゞ〃'Tヽ 〃´ ̄ ̄〃⌒l  VハVj  }ソ       ヽ \  //
  ケミ三彡"     /   ゝ ゞ= 'ノ二/         \ ゝ" /





100 : ◆GSLbKNhoXw:2012/02/02(木) 22:02:15 ID:yHWkjyDE





当時そのような親日的な台湾人の家庭では、台湾語以上に日本語が
日常的な言語としての地位を持っていた。



               ___
             /      \
           /⌒   ⌒   \
          /(● ) (● )   ヽ
            | ⌒(__人__)⌒      |
         \   `⌒ ´     /
             /             \



               _.. ..‐::´/
             _/::::::::::::/
           _/:::::::::::::/ ____
         ,..::::´::::::::::::::::::::: ̄:::::::::::._/
       /:::::::::::::::::| ヽ、:::::;::::::::::::/
       /:::::::::::::::::::::|´|ヽ   |/_:::.::/
  _ .. -─':::::::::::::::、::|`'   ,   .!::∠
  `'' ‐-.._:::::::;-‐、`(●)  (●) |::::`::-、   
 =ニ二::::::::::::::::|6    \___/、| -──` 
    ‐=.二;;;;;`‐t    \/  ノ





101 : ◆GSLbKNhoXw:2012/02/02(木) 22:02:55 ID:yHWkjyDE





そのため現在でもやる夫は妻と話す際、日本語を使用することがあり、
総統時代っかり専用機内で日本語で会話したことが大問題となったことがある。



            /     /  /  ,. -──‐- . 、`ヽ   \
           /     /  / , ィ´. : : : : : : : : : : : ``ヽ\   l
        /     /  / /.:.l l:.l:l: l:.!:l:.l:.l:l : :ハ: :.l: : \\ l
         /     / / /. : : :l l:.l:l: l:.!:l:.l.:l:l l::l. ',.:.l: : : : .\V
       ./      // / . : : : : 从从 N l:.l.:l:l l.:l  i:.:l:::::::V:.:.:.ハ
      /      / ,.イ. : : : : : : l ´ ̄``VNN从|  i::.l.:.:.:/::::::/::::',
     ./      //.:.:l: : : : : : : :l     ..__    リ  リ l:_./l.:::://::/:!
     /    /.:.:.:.:.:l.:l: : : : : : : :l, -===ミヽ    /リ「:メ:://:://:!
   /  ,. ィ´.:.:.:.:.:.:.: l.:l: : : : : : :i.:|          r==ミl// l//:/
  /  /  l.:.:.:.:.:.:.:: : l:.l: : : : : : :l.:|          ヽ ``1:l   //
  \      l.::.:.:.:.:.:. :. l.:|: : : : : : :l.:|          /   ,:.l  〃
   \    /.:.:.:.:.:.:./ .:l.:|: : : : : : :l.:|   rー ‐ ─ァ   ./:.:l  ′
     \_./.:.:.:.:.:.:./ .:. l.:|: : : : : : :l.:|.   ヽ    /   /: : :|
      /.:.:.:.:.:.:./ .:.:.:.l.:|: : : : : : :l.:|     `¨¨   / : i: :|
      /.::.:.:.:..:./ : :/. l.:|: : : : : : :l.:|. 丶、     /.:.i: : :.l: :|
      /. :.:.:.:.:.::.:.:.:/ .:.l. !: : : : : : :l.:|    i` ー'´.::.:.:.l: : :.l: :|
      / .:.:.:.:.:.:.:.:/ ̄ ̄|: : : : : : :l.:|    |.:.:.:.:.:l.::::::: l: : :.l: :|



         ____
       /⌒  ⌒\
      /( ●)  (●)\   
    / ::::⌒(__人__)⌒:::: \ 
    |     |r┬-|     |
    \      `ー'´     /





102 : ◆GSLbKNhoXw:2012/02/02(木) 22:05:18 ID:yHWkjyDE





地域のコミュニティからのけ者にされたという話はないが、友人や周囲の人間の態度や話しぶりを見れば
どのような環境にあったかはある程度想像がつく。かといって家族を否定しきれない人間の性は
それらを作り出す中華的な物への軽蔑と、家族の生活の糧でもある日本への信頼を助長させた。
やる夫と会った人物の殆どが、やる夫の中華文化に対する強い敵意と蔑視を認めている。



         /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        /: : :            \
       /: : : :            \
     /: : : : : :              \
    / : : : : : : : ..               \
    |: : : : : :  ,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,        l
    |: : : ::;; ( (・) ) ノヽ ( (・) );;:::    |
    |: : : : :  ´"''"        "''"´       l
   . \ : : : : . .(     j     )      /
      \: : :: : >ー-‐'=ー-ー<    /
     /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
     : : : : : : : : :``ー- -‐'"´      \
     : : : : . : : . : : .                \





103 : ◆GSLbKNhoXw:2012/02/02(木) 22:05:45 ID:yHWkjyDE





『彼は中国を重視せず、中国のありとあらゆる政治家たちを平気で口汚く罵っていた。
その様は日本のエリートと同じ態度で、政治家のみならず文化や歴史をも罵った』



          ____
        /_ノ  ヽ\
      / ( ●) (●)、
    /::::::::⌒(__人__)⌒\
    |      |r┬-|    |
    \       `ー'´  /
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ





104 : ◆GSLbKNhoXw:2012/02/02(木) 22:06:25 ID:yHWkjyDE





『その反面彼は日本の文化、歴史にはどっぷりとはまっている』



         ____
       /      \
      /  ⌒  ⌒ \
    /    (●)  (●) \
    .|    :::⌒(__人__)⌒::: |   __
     \      `ー' / ̄ ̄⌒/⌒  /
    (⌒\     / ゼロの/    /
    i\  \  ,(つ使い魔/   ⊂)
    .|  \   y(つ    /,__⊆)



『実際私に日本の4大紙を毎日読み、NHKの衛星放送も視聴し
英語の原書よりも日本語の翻訳の方がすらすら読めると自慢げに語った』





105 : ◆GSLbKNhoXw:2012/02/02(木) 22:06:57 ID:yHWkjyDE





『やる夫は熱心な読書家だった。情報吸収のキャパシティーは
膨大で、彼は関心のある分野について非常に良く通じていた』



         ____
       /      \  
     /  _ノ  ヽ、_  \
    / o゚((●)) ((●))゚o \
    |     (__人__)    |
    \     ` ⌒´     /
   /´           `\
  /  /          l  l   .___
__l  l_______/_/__/     ヽ
  \, ´-'ヽ  ̄| ̄ ̄ ̄ ̄|   l二二二二l
    ヾ_ノ   | '''' '   |   l二二二二l
   | 9=ε-8. | '''..--  |   l二二二二l:::..
   |   ..''  |  ''-.  ,|
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



『一方で台湾が孤立しているために、なぜ日本のように世界の指導者が
台湾に同情的でないのか理解できていない。ゆえに彼はアメリカのリベラル派と
民主主義の処方に従えばアメリカは台湾を守護すると考えている』





106 : ◆GSLbKNhoXw:2012/02/02(木) 22:07:41 ID:yHWkjyDE





『彼以後の総統は二つの選択肢が残されている。すなわちやる夫路線の継承か否か、である』



         ___
       /::::::::::::::::\
      /:::::─三三─\
    /:::::::::(○)三(○).\
/⌒)⌒)⌒.:::::::::: (__人__) :::::: \    /⌒)⌒)⌒)
| / / /     ` ⌒´     | (⌒)/ / / /,,-''ヽ、
| :::::::::::(⌒)            /  ゝ ::::::.,,-''"     \
|     ノ              \  /_,-'"         \
ヽ    /            ヽ /\            \ ドォーン
 |    |           __   //\\           \ ガガアガーン
             /|[]::::::|_ / \/\\         /
           ./.| ̄ ̄ ̄ ̄ //\ \/  \      //    ___
         |  |:::「「「「「「 / \/\  /\\   /:::/   ./|    |__
       _..|  |:::LLLLL//\ \/  \/\\/::::::/  /  | ロ  .|lllllllllllll
      / llllll|  |:::「「「「 / \/\  /\ .\/ ./::::::::/  / ./ .|    |lllllllllllll
__     llllll|  |:::LLL.//\ \/  \/\  /::::::::/  | /   .| ロ  .|lllllllllllll
         |  |:::「「 / .\/\  /\ \/ /::::::::/⌒ヽ| ||/  |
         |  |:::L //\ \/  \/\_, -― 、  ''"⌒ヽ,_
                (⌒ヽ、_,ノ⌒Y"    Y     .....⌒)
            (⌒ヽー゙ ....::(   ..::.......  .__人.....::::::::::::::::::::





107 : ◆GSLbKNhoXw:2012/02/02(木) 22:08:05 ID:yHWkjyDE





             _,,,.......,,,_
         _,.-ッ≦―:::::::::::::::::::::::::::`:ー、
      ,..r::´:/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::ヽ
     ,.r:::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ:::::::::ヽ
    ,イ:::::::::::{少‐"´ ̄`^<::::::::ヽ:::::::::::::::!:::::::::::',
  ,イ::::::::::::/^        \:、:::ヘ:::::、:::::i:::::::::ヘ:',
  r:::/:::://           1:!、::::i:::::}::::::!:::::::::::!::,
  l:::i::::::i::i         , - ¨了ヘ:::ト、::i::::::i:::::::::::i:ハ
  i::!::::::ヘ:!__     /   ソ  !ツ i::|:::::::}:::::::::::}:::!
  t:从::::iヾ   `゙       ,.ィf斤本ヾ}:;!:::::::i=ェ;::::::i:::i
  f !::::ハ.             t弋り!}"|::!:::::::::ト、 }::::::!:::!  『彼が優れた政治家であることは確かだ。
   ! ヾ_:::ヽ     ,       ちエン 1j:::::::::tイソ:i::::i:::::i
      `iムゞ=r'''" 、        リ:::::::::::|´:::::|::::!::::i   台湾が独立すれば彼は偉人として残るだろう。
      |::::ハ              f;::::::::::::!::::::::|::::i:::::!  しかし、統一されれば台湾と中国に不必要な苦痛を与えた
      f:::::::::ゝ    r 、 _ _    |i::::::::::i::|:::::::::!::::i:::::}  人間に対し、歴史はそれほど優しい判断を下すとは思えない』
      i:::::::::::↑-、_. |  !    ,.イ::::::::::j::!:::::::::|:::::|:::::i
     j::::::::::::::|::::i:::|i l  !、._,,. -´ f:::::::::::リ:iト、::::::;!:::::|:::::|
     ,{:::::::::::i:::|:::::|::!'!  ,!;:r^! , -=、::::::::::;'::j: : ヽ:!:::::::l:::::|
     f:::::::::::j::::|:::::!_/  .,!.  /  /:::::::::;':::,': : : : :`-、|:::::|

          リー・クアンユー





108 : ◆GSLbKNhoXw:2012/02/02(木) 22:09:24 ID:yHWkjyDE





親戚内でも……



               /                     \
                /                            ヽ
            {    --                ヘ /
.              }/_xァ¬::::厂ヾ:. ̄`丶、 丶(     ∨
               ィ'7.:::/-、 l:::′ }:Y'⌒ヽi |\  \       ',
          /:::/.::/{:  |::{   }::|    i |::::::\  \    /
             ′゙.::/{ x‐ミ ::}   |::lィ‐ミx_ |::::::i::::l\    /
          { {_:::::ハ」i んi    ん'i ii-|::i:::i::::l:::::.ヽ }/    登欽君ってやっぱ頭いいよね~。
            |:i -{i {::::j     {:::_j. j「 |::i:::i::::l:::::::::.∨⌒丶、
            |:i::::} ¨´、         .|::i:::i::::l::::i::::::.}─-  \
            |:i::八   ー‐ '     j::i:::i::::l::::i:::::::ト、  ー┘ \
            |:l::i:::::|:i::..._      イ::i:::i::::l:::::i:::::::|  `ー- .,__\
            |:l::i:::::l:i :::::::>-r '´   |::i:::i:::.!:::::i:::::::|



            , -;;'".:.:.:.:./`=-;,_ / _=' _
          , '";;;;;.:.:.:.:.:.:.r'/;/;彡;Xik''"ミ`ミ;、
          ,':..:.:.''''':.:.:.:.:.:.:.!;;;:::::_//lj_,.>ミミミヾ,'
         ;;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!   `;:/,_l  l!lll;:`;
         !l!ill!!l.;.;!;!;!!l.:l:l:.l , - 、 :/:l  j!ll l
         l;!!;l;l;i"l`メl.!;;l;l;:i _,  l,、;!   j!
         .!l!ll!l !,!l=、!i !.! l!'i,:`i ,.lkj    そうねぇ。話も面白いしね。
         l(yk. ミ(iヘ!、   !j !l'..レ'l
         l!ヽヘ ,.`-'` ,j    .,!l;l    将来有望よ。
         /!l.!;`'ヘ/`> -、_;:z'  ノ;!;!'!
       _.ノ l!l!;l;!;l;i:ゝ=...,,___../;i;l;!! j
          !l;l;! !l;l;i:l: l   l;|l;l;!;!;!'
          ,.._ヽl;l;l;l;l;.メ   jl二`il~`ヽ.





109 : ◆GSLbKNhoXw:2012/02/02(木) 22:11:21 ID:yHWkjyDE





     /           、/    ヽ,
    /    ,.、、、、、、  〃 ...      |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   .| l ,/./^ヾヾヾヽi/ツッッ = 、   |   |
   | i  .l|           ゙ミ    |   |
   |   :l|           'ミ |l  |   .|
   | i  l|!            レ゙ヽ   | < やる夫? なんだいそいつ?
   | |  .|lー- 、   ,. --― ' f .}  |  |
   | |  .l. [.ソ}_ゝ   /.ソ__,フ' _} |  |  |
   | l  .|            ,.rr'′ |   .|
   | i   .|,   〈l         ij   |  .|
   | |l  |ト.、  -_一   , |! ll|   |.  .|
   !l !; |; | |||lliッ 、 __ ‐'" |_l ! ,,, l,||   \________
     ゙ ゙ ' ' ' ,..-‐「       〉‐-、' '
    、__,..-ー/ _/        /   { `ー-、...__,
   ,ヘ   '-‐ュ `ー――,^/ヽ /      `ーr 、



       ____
    /     \
   /  ─    ─\
 /    (○) (○) \
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||





110 : ◆GSLbKNhoXw:2012/02/02(木) 22:11:43 ID:yHWkjyDE





親戚が集まれば話は決まって兄の登欽だった。活発で天才肌の彼は
誰からも一目置かれる存在で、同世代の親戚で最も期待されていた。



            .,イ
          / |
    ,r‐、λ、_,、ノ  ゙i,、__
    ゙l   _,,..,,,,_  {!!! _ ヽ、
    {  ./ ;' 3  `ヽ ~ `、  \
    )  l      } , ‐'`  ノ
    ´  `'ーュ 丶ンぐ;'" ノ /
   ,-‐'⌒"´  `Y´ ̄`r '丿
 γ' -、_,-ュ   ,j|  _,,ムン
 〈i 、丶ぐy ミ f  朮 ,j ゾ
  \ヘ ヽ、、丶_,艾 ン {
    ヽ、__ ヽ.=┬─┬〈
      〈J .〉、| ス |, |
      /""  |: l |: |
      レ   :|: パ | リ
      /   ノ:L.⊥」 |
      | ,,  ソ  ヽ  )
     .,ゝ   )  イ ヽ ノ
     y `レl   〈´  リ
     /   ノ   |   |
     l  /    l;;  |
     〉 〈      〉  |





111 : ◆GSLbKNhoXw:2012/02/02(木) 22:12:25 ID:yHWkjyDE





一方やる夫はといえば常に兄の影に隠れた「成績は良いが、
読書ばかりしている無口な子」くらいにしか思われず、期待されていなかった



____________________./
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..::..:|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      \: . :::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ノ   ヽ、_    .ヽ.:: |
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;o゚(●)) (( ●))゚o  ヽ|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| (__人__)'       i:|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\_`⌒´    .⌒ゞ'´|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::~'/⌒/⌒/ /  |::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(つ/_/ /\ .|::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(____/   ヽ:|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /  /  / \  ._ノ|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(__(___):: ̄::::::::::::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|





112 : ◆GSLbKNhoXw:2012/02/02(木) 22:13:39 ID:yHWkjyDE





地域コミュニティにも受け入れられず、家族からも期待されない……。
もともと優れた頭脳と強い自意識の持ち主である。自然と
自我の強さがますます強固なものとなっていったのは当然であった。



         /:  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
       /: : : :              \
     /: : : : : :                 \
    /: : : : : : : :..                \
   .l : : : : : : : : ´⌒,,  ;、、、  ⌒`        l
   | : : : : : ::;;( ○ )::::ノヽ::::::( ○ );;:::    |
   .l : : : : : : : ´"''",       "''"´       l
    \: : : : : : . . (    j    )     /
     \: : : : : : :.`ー-‐'´`ー-‐'′   /
       \     `⌒´_‐  '' ハ
-‐ '''"  ̄ /  :| ヽ,ゝ=<      /   | `'''‐- 、.._
     /   !./l;';';';';';';\    ./   │
      _,> '´|l. ミ:ゝ、;';';_/,´\  ./|._
.     |     |:.l. /';';';';';|=  ヽ/:.|
      l.    |:.:.l./';';';';';';'!    /:.:.|
.     l.   |:.:.:.!';';';';';';';'|  /:.:.:.:!





113 : ◆GSLbKNhoXw:2012/02/02(木) 22:14:32 ID:yHWkjyDE





台湾人はやる夫を認めなかったが、日本の教育制度は
やる夫を認めた。大学に行けたのも日本の制度の賜物で、言い換えれば
現在のやる夫の土台は、日本なくしては語れないものがある。



       ____
     /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /





114 : ◆GSLbKNhoXw:2012/02/02(木) 22:15:36 ID:yHWkjyDE





韓国の朴正煕もまた日本の教育によりのし上がるきっかけを作った人物であった。
日本の教育制度は彼らのような、しがらみに不満を持つ人間を救済する働きも存在していた。



/    チ              |/ ! l  ! | {
  ィ´ーケ              __ lイ ハ l `ヽ
∠ヽ 7   _ - .、          / ̄`ノイ
 ハl !  '´  ̄ 二`、ー 、  /-_   !/
  l { ! |    <T::丁 ゝ    ! イ:::レ'` リ  『私の家は極貧の農家で、韓国の社会階級では蔑まされていた。
ヽ、ヽミ      ̄      l   ̄  l   しかし日本の法律により学校に行き、成績優秀だったので
 !ヽ` l             |     l   日本人教師に師範学校への進学を勧められた。
 `)`ハ               l    l
  `Y ヽ         - /   /    ついには士官学校を首席で卒業し、卒業式では答辞を読むことができた。
 _/{   ヽ      、__ ,  /
´/l!ヽ    ヽ     ー - ´ /     日本の協力は割りと公平で、その点私は非常に評価している。』
. l ll ヽ.   \         / `丶、
 ! ヾ、 \   \      /ノ    ヽ` ー- ._
 ヽ ヽヽ `丶、  ` ー― /     ヽ

          朴正煕





115 : ◆GSLbKNhoXw:2012/02/02(木) 22:16:36 ID:yHWkjyDE





モーナ・ルダオが引き起こした『霧社事件』により過酷な弾圧の中生活を余儀なくされた
生き残りたちも、その点については肯定的だった。



            __
        . -‐'''.:.:.:.:.:.:.:... ``'- 、
.     . '´.:.:.:.:.:.:.:.:.:__.;.;.;.;._:.:.:..: . \
.    /.:.:/.:.. -'''"ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.、..:.:. .ヽ.
   /.:.:.:/.:./     `‐、:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:. .ヽ.
   l.:.:./.:/____    ,. -‐-`i.ニニ).:.:.:.:.: .ヽ.
    l.:.:.l.:.「 .=,ミ    ,.=,=、_.}.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:、 `ーz
   |.:.:ヽ:}-! i__j     '--' }.:.:.:.:.l‐、.:.:.:.:.:..`<´ 私はタナトゥヌを憎んでもいるし、
   `i:、:..ヽ.   j      _ノ.:.:.:ノソノ;.;.;.;.;.:.:.:彡  愛してもいるわ。
    _ノ.:.`ーr`  `       ̄,.‐-'.;.;.;.;.;-=ニ´
  ≦.:.:.:.:.:.:.:.i、   ー     ,.イ.:.:.:.;.;.;.;. -‐'"
.  ⌒'ー-‐…` 、     .-' イハ!´
          `‐r‐_'ニ´-ー┴i
          「l´r‐ '"´ ̄ ̄{
.        -‐l | .l     .-'`‐-
          -‐'_」     ''´





116 : ◆GSLbKNhoXw:2012/02/02(木) 22:17:25 ID:yHWkjyDE





            ,. -─- 、._
            ,. ‐'´      `‐、
       /           ヽ、_/)ノ
      /     / ̄~`'''‐- 、.._   ノ
      i.    /          ̄l 7
      ,!ヘ. / ‐- 、._        |/
.      |〃、!ミ:   -─ゝ、    __ .l
      !_ヒ;    L(.:)_ `ー'"〈:)_,` /  愛している? 彼らは貴女たちを
      /`゙i         ´    ヽ  !  あんな何も無い島に追いやって、囚人のような
    _/:::::::!             ,,..ゝ!  生活を強いたというのに?
_,,. -‐ヘ::::::::::::::ヽ、    r'´~`''‐、  /
 !    \::::::::::::::ヽ   `ー─ ' /
 i、     \:::::::::::::::..、  ~" /
 .! \     `‐、.    `ー;--'´



         __ , - '        `ヽ
     、_サー- ラ´             ヽ
      i   /              ヽヽ
      ヽ、 /             _  i'` ヽ
     ヾー'//  /_ -‐─     ヽ`'゙   |
      ヽi | /'´  ___ _    ノ     |ヽ_
       レ ィy,´ ̄       i`ー' ` i    i  Z  
      _,┤i ヒハ、       ヽ  _,. |ヽ   ヽ'´   もちろん彼らは私たちを苛め抜いたわ。
  --‐'´   v ` ゙,  ヽ-=、__  「´_,. / ヽ   ヽゝ  まるで牛か馬のように働かせて、コケにしていた。
        ',  ノ   ゙「ンゝ` ノ´ / )  ヽ‐ 、_,`> 
        ', 、`_      _/_ /イ_ ヽー-ゝ    思い出すだけでもぞっとするわよ。
        i ヽヾ=`‐ _二彡' ´ `  `
        ヽ` ー‐/´r'´ /
         \ / ∠-'´
           | |





117 : ◆GSLbKNhoXw:2012/02/02(木) 22:17:56 ID:yHWkjyDE





               /                   \
    _   _,. - '´            /        ヽ
    `ヽ_ ̄                /     ,      \
  ___,. - 'ー-              ,i     //      ヽ
  `ヽ           _,. - _,.-、<´,!    ,'//_. -‐'  ̄ヾ、 i
    `ー- 、_          ̄7  r'ヽ| |    |彡' `ヽ    レ' 
    <_           _,. ニ i l i ろ|∧     ! _、,.-、、ヽ.   | | 
   _,. -'´          ヽ\ゝ´  ',   | !、ン,ヘ'    ,' / 
   `ー- 、_        ハ /.::::.ゝ`   ヽ i!  `   ,_ヒ/{  でも彼らは、私たちに近代的な教育を与えた。
         >     |\!:   !     \、     'ケ´  
          ̄レ'ー'´iN      .       `    ン    確かに固有の言葉や文化は大切だけれど、
             _/__      ::..      __  / L_  いつまでも出草や刺青をしているわけにはいかなかったのよ。
            /     ̄` 、  ::::::...    、` '/-'´
              /         ` 、::, 、::...   , '       だからタナトゥヌを評価してもいいと思うわ。
           /           `i  ` ー '
          /         ─- 、   ,'
        /             >-‐‐_、 -─- 、





118 : ◆GSLbKNhoXw:2012/02/02(木) 22:18:55 ID:yHWkjyDE





近代制度の特徴のひとつとして、対象者の平等化がある。
門戸の貴賎問わずその制度の中では平等として扱われ、同等の義務と権利が発生する。
太平洋戦争時台湾原住民で構成された『高砂義勇隊』にセデック族の近縁部族が
多く参加しているのは、軍人になることで初めて日本人兵士と同等になれた事も起因している。



    /\___/ヽ      
   /''''''   '''''':::::::\   /\___/ヽ
  . |(●),   、(●)、.:|  /''''''   '''''':::::::\
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|  |(●),   、(●)、.:|
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::|  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
   \  `ニニ´  .:::::/  |   `-=ニ=- ' .:::::::|
    (⌒`    ⌒ヽ    \  `ニニ´  .:::::/ 
    ヽ  ~~⌒γ⌒)    r'⌒ `!´ `⌒) 
      ヽー―'^ー-'    ( ⌒γ⌒~~ /
     __ 〉    |       `ー^ー― r'
     \/───|(四      |  l  ト、  ._
      irー-、 ー ,}        /   四)二二ノ
     /   `X´ ヽ       /   入  |





119 : ◆GSLbKNhoXw:2012/02/02(木) 22:20:27 ID:yHWkjyDE





台湾人が日本の統治時代を評価する際、必ずといっても良いほど
治水、衛生事業と並んで教育制度が挙げられる。それは宗主国と
自身のルーツが異なる中、少しの根気があれば認めてもらえる世界は
やる夫のような若者にとって非常に大きな心のよりどころとなっていた。



       , ―――― 、
     /  _ノ ' ;、ヽ_ \
    /   ( ●)  (●) \   
   /      (__人__)   )   
   |      / | | | | |ゝ   ノ ,.、,_ ,..._
   _ヽ、   、`ー―'´,)r‐ァ‐''"/ _/ >-‐ 、
  '/ / \     ̄ ̄ (゙\`マ -‐ト-.r '`';ーく__\
, '/  '、   ゞ  __ ,ィ ヽ \\ ,)/ ノ / ノ
/    `' ーァ、  ;;:/  / ̄iヽ `々゛  、   /
       | ヽ  ;ノ 〈  ',ヽ `、  :i ノ    |
       l  \    ヽ /, \l    ! /   |
       ヽ ,、 -〉  , --〉/⌒i'ハ    ;      ト、
   ;     |  \  /_ノi\l ',\ ヽ,    ! \





120 : ◆GSLbKNhoXw:2012/02/02(木) 22:20:45 ID:yHWkjyDE





やらない夫は後年、こう語っている。



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)  日本人に差別されていたのは事実だろ。
. |     (__人__)  
  |     ` ⌒´ノ  俺たちは日本人と同じ成績とっても同じ学校に行けなかった……。
.  |         }   事実やる夫だって一度進学に失敗しているんだ。
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \





121 : ◆GSLbKNhoXw:2012/02/02(木) 22:21:12 ID:yHWkjyDE





   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (●)(●) |  それでも教育を受ける機会をくれたことは
. |  (__人__)  |  素直にありがたかった。だろ、常考。
  |   ` ⌒´  ノ
.  |         }  
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \





122 : ◆GSLbKNhoXw:2012/02/02(木) 22:21:31 ID:yHWkjyDE




                       _
   r 、  r 、        r、_,.ヘ   〉 /
   _/ 〉  | レヽ       l rニ´   / /
  (  〈 }ヽl r、 /      ノ  _ノ  / /
    \ ` ノへ´/     _<,ィ つ_r-、 / /
     〉_〈  / \    l l< =、 l l l l
    /   }/ /ヽ. \  l l _>< l l l l
   /´ /7_/r-、ヽノ .l l <_ <ハ ヽ/.l l
   l_/ 「l  ヽノ    l l /〃`<   l l
   _ /〉 レ _    レ ´〃 、ヽ  l ヽ
  // し'   ヽノ       <ィ lヽ} _ゝ l
 (/                ̄   ヽ  }
                      ヽノ








     ∧_∧            
     ( ´_>`)              
    /   \            本編は来週土曜日21時の予定。
    /   1/ ̄ ̄ ̄ ̄/       
  __(__ニつ/  FMV  /_       ここで出た何人かは本編にも登場してきます。
      \/____/









124 :名無しのやる夫だお:2012/02/02(木) 22:29:43 ID:Pa8Q83Kg




というか、評価が極端から極端に振れてるのよね戦前ニッポンは



125 :名無しのやる夫だお:2012/02/02(木) 22:35:31 ID:eIEDFc3c



旧植民地人にとっては「愛憎半ばする」というのが正しいんだろうね
少なくとも小林よしのりとか保守の人たちが言うほど単純ではない
やる夫はかなり特殊な部類みたいだし

日本人も現地で尊敬される人がいる一方で、虎の威を狩る狐みたいな輩も少なくなかったようだし



126 :名無しのやる夫だお:2012/02/02(木) 22:39:46 ID:sSUIHJ/Y



乙でした

>日本の教育制度は彼らのような、しがらみに不満を持つ人間を救済する働きも存在していた。
なるほど、と頷いてしまいましたわ。
やる夫や朴正煕はその土地のコミュニティからしたらアウトローですしね。



127 :名無しのやる夫だお:2012/02/02(木) 22:44:01 ID:eIEDFc3c



「教育を受けられる機会を与えられたことに感謝する」というのは何かわかるな

インドなんかでも不可触賤民出身者が植民地制度のおかげで高等教育を受けられて立身出世してるそうだし
(そういう人がガンジーを「偽善者」と罵倒したという話も聞いたことがある)


128 :名無しのやる夫だお:2012/02/02(木) 23:05:11 ID:moezwCPY
>>127
そりゃガンジーは「カースト制度は正しい! これからも守るべきだ!」という立場の人なんだもの
敬虔なヒンドゥー教徒の彼にとって、神から与えられた役割を果たすことで恵まれた来世に生まれ変わることは金科玉条だ



129 :名無しのやる夫だお:2012/02/02(木) 23:32:34 ID:9K7PTDHk



乙。

日本統治下の台湾育ちの童話作家が、(多分いじめが題材の作品の)あとがきで
難病に罹った際医者が台湾人の患者よりも優先して投薬したので助かったとか
家の使用人だった台湾人に高圧的に接してたとか子供の頃の話をしてたのを覚えてる。


日本の支配下に置かれたことが近代化に結びついた側面は否定できないとはいえ、
「日本」・「日本人」との間に格差や断絶があったのもまた確かなわけで。



130 : ◆GSLbKNhoXw:2012/02/02(木) 23:52:02 ID:yHWkjyDE




 
      ∧_∧             たくさんの感想感謝です。
     ( ´_>`)              機会あったらモーナ・ルダオとか
    /   \             リー・クアンユーもおまけでやってみたいですな。
    /   1/ ̄ ̄ ̄ ̄/       
  __(__ニつ/  FMV  /_       やる夫は日本人向けの本でそこそこ社会的地位のある家に生まれたとしているのが多いのですが、
      \/____/         台湾で出した本では本人が親戚にアヘンの専売人や、商売人を持っていたと告白していて
                      対日脚色の強い人物なので本当にややこしい人です。






関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加




[ 30575 ]

>機会あったらモーナ・ルダオとか
>リー・クアンユーもおまけでやってみたいですな。

ぜひやってください、お願いします
[ 2012/02/04 00:45 ] [ 編集 ]

[ 30577 ]

まあ、こちらも利害が一致したからこそ衛生観念やら教育を「強制」したわけで。
感謝されるいわれが本当にあるのか疑問かなあ。その代わり恨まれる言われもないからな。

未だに侵略だ根切りだ娼婦だ言ってるのを見ると本当にくだらないなと思うわ。
弱いからそうなったんだろうと。恨む相手はあんたらの先祖だろうと、相手が違うよ。

戦争だよ?混乱を煮詰めて圧縮した地獄だよ?
殺人強姦虐殺略奪がない戦争なんかあるわけ内だろう。そちらのほうが「異常」だよ。
だからあちらさんが言う侵略行為に嘘真実は全く関係ない。
「事実だとしてもそれは正しい行為なんだ」とはっきり言うべきだと思う。

ゆえに空襲や原爆でアメリカを責めることはお門違い。捕虜の扱いでロシアを責めるのもお門違い。

恨むならそれこそ靖国に眠る仏を恨めば良い。戦争犯罪人というのは外国ではなく我々日本人に対して罪を負っているのだから。
[ 2012/02/04 00:51 ] [ 編集 ]

[ 30584 ]

この人の評価は、スレでの李光耀の言うことに尽きると思う。この人はサイコパスなんじゃないかな…
[ 2012/02/04 01:13 ] [ 編集 ]

[ 30591 ]

ごーまんかましてよかですかはJSFと軍諜報板の連中相手に珍論突っ込まれほうだい、IP知らずに自画自賛レス、持論自己矛盾、詭弁、レッテル張り、飽きずにアホみたいにやった時点で保守(笑)以外のなにものでもない。

だいたいこいつ朝鮮総連のオブザーバーの一人、パチンコにも席置いてる
[ 2012/02/04 02:50 ] [ 編集 ]

[ 30599 ]

どこでもそうだけど、先住民族問題は難しいよね
首狩りの風習が禁止されたってことも、百年前のセデック族が聞いたら激怒するだろうけど
彼らの孫や曾孫は賛同してくれるんじゃないかな
[ 2012/02/04 05:37 ] [ 編集 ]

[ 30608 ]

※30577
戦争での残虐行為を正当化しているけど、自らがその犠牲者となっても同じことが言えるのかな?
君の言っていることは死刑廃止論と近い、他人事だから言えるという、嘘くささを感じるんだよね。
[ 2012/02/04 10:49 ] [ 編集 ]

[ 30616 ]

確かに私は両祖父母を戦争で亡くしていないし、彼らの兄弟は大陸で首切りして遊んだと聞く。
言わば強者の立場からの意見というのは否定しないよ。

私だっていざ戦争が始まって娘が目の前で嬲られた挙げ句、解体されたら相手を恨むだろう。
でもその相手ってのは犯した個人なんだよ。国が全力でたった一人を犯したわけじゃない。
目の前に犯人がいてその背景を恨むか?時間が経てば別だけど、その瞬間に国を恨む人なんていないよ。

故に侵略国に責任はあり得ない。恨むべきは行為者個人であり、被害者が恨む行為すら正当化される戦争状態であり、彼らを招待した自国のお偉方なんだよ。

ちなみに強者だから、体験を伴っていないから説得力がないって考えは疑問だね。意見というモノに資格は必要ない。法に触れない限り話ね。
強いて言えば真っ向から相手の意見を潰すならそれにふさわしい代替案を提示する義務を負うってぐらいか。
蛇足だが死刑には賛成です。
[ 2012/02/04 11:58 ] [ 編集 ]

[ 30629 ]

※30616
「侵略者こそ正義と言いたい」という願望が先にあって書いているのが見え見えで、書けば書くほど嘘くさい。
侵略国を恨まないなんていうのは、字面だけで書いていて、自分が被侵略側の立場を詳細に想定することができないだけでしょ?
戦争が正当化されることなんてないんだよ。責任がないのではなくて、力関係のために追及できないだけ。
[ 2012/02/04 16:44 ] [ 編集 ]

[ 30652 ]

ロシアとかおいそれと謝罪しないな。
カチンの森は珍しい例外。

アメリカも、ベトナム戦争は正義の戦争

おいそれと謝罪しちゃいかんのもたしかよ

正義の悪のいっても、外交は駆け引き
[ 2012/02/04 22:54 ] [ 編集 ]

[ 30661 ]

戦後の日本が米国に持った、
破壊と被支配と繁栄による愛憎入り混じった感情と似たような感覚が台湾の対日感情なのかなと思ってみたりする。

まぁ、人間関係と一緒だよね。
好きと嫌いで二分できるような話じゃないのだから。
[ 2012/02/05 01:35 ] [ 編集 ]

[ 30665 ]

日本の明治維新だって、何百万人もの武士とその家族の犠牲の上で成り立っていたんだから、
外国で同じ事をしようとすれば、さらに大きな反発があった事は当然だろう。

理想を言えば先住民の文化を尊重しつつ、インフラと教育を整備できればよかったんだろうが、
世界はそんな悠長な事を許してくれる状況ではなかった。
[ 2012/02/05 03:52 ] [ 編集 ]

[ 30703 ]

人ですらない動物、家畜として扱われるか、
権利もない最下層の奴隷として扱われるか、
生まれながら区別される劣等カテゴリーの人として扱われるか、
権利に制限のある下流の人として扱われるか、
すべて対等の人として扱われるか、
能力が劣っていても対等、いや特別扱いしてもらえる存在として取り上げてもらわないと満足しないか・・・

自国の安定の為に、自国民と余所者をどう扱うべきか
正解なんてないわな
[ 2012/02/05 17:47 ] [ 編集 ]

[ 30711 ]

朝鮮人でも爵位もらった一族がいたし、
内地では法律上は平等なので一時期代議士になった人間もいたな
陸軍大将になった人物もいた。

他方で、日本人同士さえ階級格差が大きかった時代。

[ 2012/02/05 19:55 ] [ 編集 ]

[ 30744 ]

韓国人が反日なのは政策もあると思うけどなw
国内の失政の目線そらし
[ 2012/02/06 03:24 ] [ 編集 ]

[ 33576 ]

戦前の日本が客観的に評価されるには
あと50年は必要だと思うの
[ 2012/03/27 18:48 ] [ 編集 ]

[ 42244 ]

福田元総理が江沢民ww
メガネだけじゃねーかw
[ 2012/08/26 23:32 ] [ 編集 ]

[ 50471 ]

歴史が客観的に評価されることなどない。影響がある内は政治的に解釈されるし
影響がなくなれば御伽噺になる
[ 2013/01/15 10:11 ] [ 編集 ]

[ 51671 ]

ま、こうして考えるとアジア人の文化ってのは
謝罪と過去に対する執着心が強いよね。よく、
韓国人は「ドイツを見習え」と言っているけど
英仏も「ドイツは第一次世界大戦の制裁で、
ああなった。やり過ぎは良くない」と許して
いるし、ドイツ自身は「ナチスのせい」にしている。

もちろんイスラエルやポーランドは一生許さないが。
で、アメリカ人の友人も言っていたけど「なんで
中国と韓国は日本が経済大国になってから謝罪を
要求したんだい? 彼らは金が欲しいからかい?」と
看破している。中韓がたちが悪いのは、先人たちに
対するお詫びじゃない。経済的援助と技術支援が
欲しいから、言い出したんだ。で、今回の反日デモの
様に、日本がいくら謝っても許さない。不寛容な
姿勢だ。極めつけは支援しているアメリカに対しても
技術は盗むわ、勝手に他国の領土を侵略するわで、
やりたい放題な事になっている。ちなみに現在の
アメリカではアジア人排斥運動が酷く、それらの
原因が日本人の代わりに来た韓国人の移民である。
皮肉にも、「戦勝国」である中国も標的にされている。
[ 2013/01/29 03:51 ] [ 編集 ]

[ 73829 ]

これは植民地に限った話ではないよなーと思う。
現代の日本でだって、親族や町内や地元学校で、機会に恵まれるどころか馬鹿にされて育った人間が都会で成功すれば、田舎的な風土を軽蔑し憎むようになるのは自然だろうね。

[ 2014/08/10 22:09 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oyoguyaruo.blog72.fc2.com/tb.php/4115-c6d8ed09


アクセスランキング アクセスランキング アクセスランキング