ブログパーツ 泳ぐやる夫シアター やる夫は赤い皇帝になるようです 第十七話 グルジア問題 前編


















やる夫は赤い皇帝になるようです 第十七話 グルジア問題 前編





     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/   昨夜ニコニコ生放送で
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !    輪廻のラグランジェってアニメが
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||    放送されていたので視聴したのですが・・・
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|     なんと主人公が、おそらくもう一人の主人公と思われる少女に
       l \     _    ,/ |     「同志」と呼びかけていたんですよねぇ・・・
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !     これはまさか・・・
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!

  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┌┃輪廻のラグランジェ共産主義プロパガンダ説..┃──────────────┐
│┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛                    .│
│                                                  ...│
│・ランという宇宙から飛来した謎の少女                            |
│   →ラン(Lan)→Lenin→レーニン                             .|
│      二月革命後に帰還した同志レーニンの闘争を暗示している・・・?      │
│                                                  ...│
│・宇宙からの敵が襲来                                     .│
│   →宇宙(外国)からの敵が襲来(干渉)                         .|
│      10月革命後に革命ロシアに攻め込んできた                   │
│      資本主義列強の干渉戦争と状況が酷似。                    |
│                                                  ...│
│・ロボット「ウォクス」に乗って敵に立ち向かう                        .│
│   →ウォクス→ウォトカ→ウォッカ→ロシア人はウォッカを呑みながら仕事をする。 .|
│      ロシア内戦で白衛軍と戦うロシア人民の雄姿を                ..│
│      思い起こさずにはいられない。                           |
│                                                  ...│
│・主人公の口癖が「まるっ」                                   .│
│   →まるっ→まるくすっ                                   .│
│      完全にマルクス主義者。もはや言い逃れできない。              │
│                                                  ...│
└───────────────────────────────────┘









644 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 21:30:16 ID:2MiPGVPo






遅くなって申し訳ない同志諸君。
ドタバタして投下時間が遅れてしまった。
___  __________
      ∨
    ,,,,,,,,,,,    ||    ||   ,,,,,,,,,
   [,,|,,,★,|,]   ||    ||   [,|,★,,,|,]    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ( ;´∀`)  目    目  (・∀・ ) <  レーニンが倒れ浮上する後継者問題。
   ( つ  )つ       ⊂ NKVD,)  | いよいよここからが同志やる夫の
  ┃レ __   | ̄ ̄ ̄ ̄ | ___,ノ┃ | 本領発揮だ。
  ┗━┳┳\ | ̄ ̄ ̄ ̄|,/━┳┳┛ | 
      ┃┃   |_____,,|   ┃┃   | では、本編を始めよう。





646 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 21:31:12 ID:2MiPGVPo






   ――― 1921年9月、ベルリン



i.__ ;i.__ i'二二二二二二,i'  .::,i'二二二二二二,i'  .::,i'二二 'i,  .:..,i'
_ ;i.___ i,|,|::..iコiコ ll::.iコiコ |i.__ ;i.__ |,|::..iコiコ li::.iコiコ |i.__ ;i.__ |,|::..iコi 'i, .:...,i'
i.__ ;i.__ |,|::..iコiコ i;::.iコiコ |_ ;i.___ i,|,|::..iコiコ il::.iコiコ |_ ;i.___ i:|,|:/ ̄ ├┤ ̄,i ̄ ̄
_ ;i.___ i,|,|:    li    |i.__ ;i.__ |,|:    li    |i.__ ;i.__ i二二二 ',iii,' .二,i二二
i.__ ;i.__ |,|:::.iコiコ li::.iコiコ |_ ;i.___ i,|,|::..iコiコ li::.iコiコ |_ ;i.___;i;:;ヽ;:;;:;:;:::.. |;;|;;..;.;..;..;.;.;..
_________|,|,,,.iコiコ_il::.iコiコ_|,____|,|::..iコiコ ii::.iコiコ |________|::..   |;;|    |
    γlililXlililXlililXlililXlililXlililXlililXlililXlililXlililXlililXlili |::..   |;;|    |
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二|::..   |;;|    |
    |l::...γ ⌒ ヽ_i _ _iγ ⌒ ヽ:::..i.__ ;i.__ ;i _ _i _ _i.__, i._.|::..   |;;|    |
    |i_i _|    |i::..i.__,|    |i _ _.i _ _;i _ _i _ _i.__,.i.,.__,|::..   |;;|    |
    |l:__ |    |l_i _ _i|    |i::_i.__, i.__, i.__, i.__, i.__ ,i_,|::..   |;;|    |
______ .|l::i:..|    |i::..i.__,|    || __ i.__, i.__, i.__, i.___ i __ |::..   |;;|    |
iコiコΨΨΨ Ψ Ψ Ψ Ψ Ψ Ψ  Ψ  Ψ  Ψ  Ψ::  .y|;;| Ψ  Ψ
iコiコ ii...ii....ii.._.ii.._.ii.._.ii__._.ii__._.ii____.ii,___._.ii____._.ii____._.ii____.__ii____._ii|;;i|_._.ii____._.ii
 ̄ || .|| :.|| .:|| .:|| .::|| .:||   ||  .:||  ;;.||   :||   :||   :||::.  |i: ;;| :||   :||
   || .|| :.|| .:|| .:|| .::|| .:||   ||  .;||  .:.||   :||   :||   :||::.. ,i';;...'i, :||   :||
   ||_,||_,.||_:.||_;;||_,,,||_,..,||___,,||_,,_.,||_____||______||______||______||____,|;;.;.;...|..||______||
"'"',i二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二|;;.;.;.....| 二二二
  |;;.;.;.;.;..;..                         .:.:.:.:..|`ー-'"|:;:..:.:.
__,,i';`ー────────────────────;:|    |;:───
i'.__,i' _ _,i'_ _;i'._ _,i' _ _,i'_ _;i'._ _____ '_ _;i'._ _,i' _ _,i'_ _;i'._ _,i ___ |    :|i'.__,i' _ _,i'_
_,i' _ _,i'_ _,i' _ _,i'_ _,i' _ _,i'_ _,__|::::::::|__ _ _,i' _ _,i'_ _,i' _ _,i'_ _,i' _ ` ー- '",i' _ _,i'_ _
,.__,,i' _ _,i'_ _,i' _ _,i'_ _,i' _ _,i'_ ( ´w`),,_ _,i' _ _,i'_ _,i' _ _,i'_ _,i' _ _,i'_ _,i' _ _,i'_ _,i' _ _,i'_
,i' _ _,i'_ _,i' _ _,i'_ _,i' _ _,i'_ _,i' O<y>つ i' _ _,i'_ _,i' _ _,i'_ _,i' _ _,i'_ _,i' _ _,i'_ _,i' _ _,i'_ _
,.__,,i' _ _,i'_ _,i' _ _,i'_ _,i' _ _,  |,,,,|_,|┃ .__,,i' _ _,i'_ _,i' _ _,i'_ _,i' _ _i,.__,,i' _ _,i'_ _,i' _ _,i'_ _,,
,i'_ _;i'._ _,i' _ _,i'_ _,i'_ _;i'._ _,i',  ノ | ┃  ,i'_ _;i'._ _,i' _ _,i'_ _,i'_ _;i'._ _,i' _ _,i'_ _,i'_ _;i'._ _,i' _,,





647 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 21:32:04 ID:2MiPGVPo





      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Λ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
    ,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.λ:.:,'  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
    .,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ .|:.,'  |:.:.ト:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.|
  .  i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.λ:.k<__.|:|   |:.:.|. |::l .|:.:.:.:.:.:.:.|
    .|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ//   |i    キヤ|i |:.:.:.:.:.:.:.|     以上、今もうしあげたことが
    ',:.:.:.:.:.:.:.:/ /''T夂tヽ、    Λ爪ヽ小:.:..:.:.:|
     .V⌒Vキ   .tツ   _____. tツ / |:.:.ハ|i      目下我々国防軍が進めている
     .i /〉 ヽ,,     ナ  キ     )/|
     .ヽ  i   ̄ ̄ ̄   i    ̄ ̄ il i       独露軍事協力計画の大綱だ。
       \-t              .//
        ヾ              ./
         ヾ\    <二ヽ    .イ
          ヾi ト ,,  _ イ
        ┌┴――-|⌒~~⌒l=-t
         j;;;;;;;;;;;;;;;;;V ^/^ト⌒ヽ;;;;;|
      /::::::::::::::::::::/ / i| ヽ .ヽ:::::\
    ./::::::::::::::::::::::::/ .i  |  ',  ',::::::::.\
  /:::::::::::::::::::::::::::./  .i . |     |::::::::::::.\

    ドイツ国防軍司令官
      ハンス・フォン・ゼークト



             ∧     ∧ _
             /::::'.___/::::∨ /
               /::::::::::::::::::::::::: ∨/⌒7
           /:/`ト、:::::: イヽ:::::./フ /       ・・・独露軍事協定だと?
          /:::::、_| /:::::{│ノ::::::}  / _
          \:::::::::::::::::::::::::::::::: ノ_/ ´::)      おい、ゼークト・・・
            ーr-:::::::::::-=≦ハ  /:::/
             「\\  /::::::' /:::/
                 _|::::::\/ ::::i ::::}/:::/
               〃'::::::::i:::::i:::::::i:::⌒∨
               {:::::';::::::i:::::i:::::::':::::::::::}
            \::';::::i:::::i:::::;':::::::::ノ
                ⊂ニし'‐‐しヘ二⊃

      ドイツ大統領 フリードリヒ・エーベルト





648 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 21:33:59 ID:2MiPGVPo





                _____   .|\       っ
                \      \ |::::::\  つ        /  / ̄7
                  |\\  , -― ¨::::::::::::\  つ         | /::::::::/
                  |:::::\}/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\          ./:::::::::::/ i
                  |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::\       /:::::::::::/ ノ
                  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∠__:::::: ̄ ̄ヽ /:::::::::::/
  ┌―――――-------|::::::::::::::::___::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/´::::::::::::/
  \               ';:::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/
.    \           ';:::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/    つまり国防軍は!
.     \           ';::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,イ::::::::::::::/
         \  \     \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /::::::::::::::/     俺達文民政府に何の説明もなく
           \  \     ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /::::::::::::::/      ロシアと外交交渉を行っていたということか!?
          \  `ー――廴`¨¨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    |::::::::::::::/
          「 ̄ヽ____}、_>、            |:::::::::::/       外交は国家主権だぞ!政府の管轄だ!
          |::::::::::|     /::::::::::::\          |::::::::/
          |::::::::::|    ./::::::::::::::::::::\         /::::::/         国防軍は政府のことをなんだと思っているんだ!?
          |::::::::::|    /:::::::::::::::::::::::::::::\     /::::::/          いつから軍が外務省の代わりをするようになった!



                               ......::::::::::::::::::::::::::::......
                             .::::::::::::: :::::  . ..  ::::::::::....
                            /::::::  ...:::,:.:......:::::::::::::.. .  ::::::.ヽ
                           /: . ..,..::::::/|::/!イ/i/i; :i::::::::::... . :::ヽ
                          i:..::: :.:/リ/|/ !' !' '_....-、'ヽ!::::::::::::::.. :!
                           |:::::::::i゙ ,.. ._    '゙i゚:::i ` ,゙'ー'::::i´ヽ::::|    ・・・我々は軍の存続のために
                           '`!i::::;;i' i゚::i`i~ヽ、´  _, '   :::'゙i !:::|    必要な措置を取ったまでのこと。
                           `';::::ト´- '゙!   `       ,、_/::::|
                                  |  /            /:: :::::/     終戦直後の混乱期に
                                |  ` __     /:... .::/     政府にはあの外交交渉は不可能だった。
                              !、  ー─ '   /i !::::::/
              _                ゙ - _  ,. '  i |::;イ'
           __ヽ、  ̄`ー- ..,,___,,.. --―´ヽ  !  ::      i  !
       ___/      ̄`ー-- ..,,____,,..---_二´ ''゙       i  ヾー 、
      /゙            _,, - '""''ー-=ニ二´___  ___    _    ``'ー─- ..,
   / ̄二、ヽ、       /                   ` 、 '"  ̄ ̄ ̄ ̄    `ヽ





649 :名無しのやる夫だお:2012/01/26(木) 21:34:27 ID:B/2U6/uQ



エーベルトかわゆす。


650 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 21:35:20 ID:2MiPGVPo





1921年9月、独露両国は秘密裏に軍事協定の大枠合意に達した。
ゼークトがこのことを文民政府に初めて打ち明けたのは、おそらくこの頃だと思われる。



      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Λ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
    ,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.λ:.:,'  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
    .,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ .|:.,'  |:.:.ト:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.|
  .  i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.λ:.k<__.|:|   |:.:.|. |::l .|:.:.:.:.:.:.:.|     それに大統領閣下・・・
    .|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ//   |i    キヤ|i |:.:.:.:.:.:.:.|     あなたには我々の力が必要だ。
    ',:.:.:.:.:.:.:.:/ /''T夂tヽ、    Λ爪ヽ小:.:..:.:.:|
     .V⌒Vキ   .tツ   _____. tツ / |:.:.ハ|i      ドイツ共産党は先の失敗に懲りず
     .i /〉 ヽ,,     ナ  キ     )/|       武力革命の道を捨てていない。
     .ヽ  i   ̄ ̄ ̄   i    ̄ ̄ il i
       \-t              .//        今ここで、政府が軍の支持を失えば、
        ヾ              ./          政権は持たないだろう・・・
         ヾ\    <二ヽ    .イ
          ヾi ト ,,  _ イ
        ┌┴――-|⌒~~⌒l=-t
         j;;;;;;;;;;;;;;;;;V ^/^ト⌒ヽ;;;;;|
      /::::::::::::::::::::/ / i| ヽ .ヽ:::::\
    ./::::::::::::::::::::::::/ .i  |  ',  ',::::::::.\
  /:::::::::::::::::::::::::::./  .i . |     |::::::::::::.\



                           ∧     ∧ _
                           /::::'.___/::::∨ /
                             /::::::::::::::::::::::::: ∨/⌒7
                         /:/`ト、:::::: イヽ:::::./フ /
                        /:::::、_| /:::::{│ノ::::::}  / _     く・・・
                        \:::::::::::::::::::::::::::::::: ノ_/ ´::)
                          ーr-:::::::::::-=≦ハ  /:::/
                           「\\  /::::::' /:::/
                               _|::::::\/ ::::i ::::}/:::/
                             〃'::::::::i:::::i:::::::i:::⌒∨
                             {:::::';::::::i:::::i:::::::':::::::::::}
                          \::';::::i:::::i:::::;':::::::::ノ
                              ⊂ニし'‐‐しヘ二⊃





652 :名無しのやる夫だお:2012/01/26(木) 21:36:27 ID:309ApmRg



逆に政府の支持のない軍隊もまた存続できないってのを忘れちゃダメだよね


651 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 21:36:12 ID:2MiPGVPo




1922年、空前の飢饉が3000万のロシア人を襲い、ロシア正教に対する宗教弾圧が始められたのと同じころ、



    ミフ>、、
    `ヽ丶.
     /  l
     /  l
   ,r-(二二ヽ、__
   ミy'く-、、`L,__ ヽ
   ,.:<`ヾーミニヽ、 l,`ヽ}
  :, ,},t、 `ヽ.,>='^ヽ、
   ゙ ゙ ^ヽ>、 ヽ'"   丶、
      ,}    l   ト、  `丶、
     / /`ー-l   l~`丶 、  `丶
     / /   ヽ  ヽ   ``7  l
    ,ノy'′   ヽ  ヽ    l  l
   《^リ      'i  l    l  l
           l  l    l  l
           l  l    l  l



レーニンは数週間に渡って執務不能に追い込まれるほどの脳梗塞によって倒れた。
5月26日のことである。





653 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 21:36:56 ID:2MiPGVPo





新経済政策による国内経済の重大な局面、
宗教弾圧と党内反対派の綱紀粛正、そして反ソ的(とみなされた)知識人の一掃計画が
同時進行するなかでの出来事であった。



          ー-ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::! i
       -ッェュ=ニ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::iノ,'
         ゙゙''ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ン゛
        ー''''''".ッ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        -=ニ三::ニ_ニ、:::::::::::::::::::_::::::::::y::ァ:::::::::::',
      r'''''" ̄    ニミソ:::::::,ァtッチ'ソノメツTi::::::ィ::i
     i   ‐ォ--==こFLいt::i" ゙''''"/   ゙''" i::::::ハリ
.     i   i´    ソ`|.l::::!|:!:::l      . ,:   ノ::;:::lヾ、              ____
    ,r,'   l ',   !, | i:::! |i ソ、   ,. -┐ / リ ヤ  i             /      \
   f'_/    |', ',   ゙'i~U~|:! : ヽ、  ̄ /  ゛ `//            / ─    ─ \
   lト、゙'ー- .ト、' ! i.   l   |! :   `=ソ ,'    /,イ!          /   (●)  (●)  \
.  li ',     ~゙゙i' i    ',_|:!=ェュ、、=´´ /    // イ          |      (__人__)     |
  |l! ',    ! , '             /     '/  |           \    ` ⌒´    ,/
         赤軍創始者・ボリシェビキ幹部             /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
              レフ・トロツキー                /      ,⊆ニ_ヽ、  |
                                      /    / r─--⊃、  |
          ,  -─ - 、                       | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |
       , -'´     l、   ` 、                 党書記局第一書記・ボリシェビキ幹部
     /       ノ ヽ    ヽ                     やる夫・スターリン
    冫  ノ彡,ィ/    ヽ.   l
     7  l       _,. l!   l
     レ'、r l=-、;__,r-=、_ l,_  ノ                         /l     、
      ヽlー─'l  ー‐' `lノ /                        ./ |,,_   / l
       ',   `     /,ノ                        /   :::::::~-'  l
        ヽ  -─-  ノi'                        /   ::::::::::::    l
        lヽ、__ / _l、                       /  「●」::::::::::::::  |
     _,r '゙|ニ= 、 , 一' ´ ,ト 、 _                    .l   :::::::::::::「●」  |
-‐'.´ ̄/;;;;;;;;|>/ヽ二二´ノ;;;;;;;;;;;;ヽ`'';;;;                |   ::::::::lゝ::::::::::  |
;;;;;;;;;;;;<;;;;;;;;//l  :: ヽ /;;;;;;;;;;;_ - ';;;;;;;;               l   ::::::::::::::::::::::::::  |
;;;;;;;;;;/;;;< / /   ::. ヾ;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;              .|  ::::::::::::::::::::::::::::::::  |
ペトログラード責任者・コミンテルン議長             政治局員・レーニンの盟友
     グリゴリー・ジノヴィエフ                     レフ・カーメネフ



このタイミングでレーニンが倒れたことはボリシェビキ党全体に大きな衝撃を与える。
そして、にわかに後継者問題を浮かび上がらせていったのである・・・





655 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 21:37:53 ID:2MiPGVPo




              /~" 、     /~"、
               /::   'l      /::  l
             /..:::   i,    / :::    l
              / ..:::::   `~';:::     |
              / ...::::: : :    ''''      |
            /. : ::::::::::: : :            |
           /.: : : : ::::::::::::::          |
          /.: : : : ___;::::::..    ____   |      レーニンの治療には
          /. : ::/|;;;;;;;;;|\::::  /|;;;;;;;;;|\  |
         |. : ::<  |.;;;;;;;;;|  >:::<  |;;;;;;;;;.|  > |     もっとも有能な医師団を当ててはいるが・・・
           | : : ::::\|:::::::::|/::::: \|:::::::::|/   l
         | : : : : : :::::::::::::::::::::::::            |     容態は相当危険なものらしい。
        l : : : : : : ::::::::::::::;;:::: :;;::::: ,          |
         | : : : : : :::::::::::::::::~T-´`-T     U   |
        | : : : :::::::::::::::::::::::::::ヽ_〃           |
       |: : :: : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::         |
         l : : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.......     |


                                               __,,..-‐‐‐-、_
                                              ,ィ´ィ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::ヽ
            問題は党の運営にも関係してくる。            l i'´ ゞ、:.:.:.:.:.:.:.:.::::`,
                                             ヽn____v'´'i::::::::::::l
            これだけ重大な懸案が同時展開する中で         ノリ    リノ::::::::ゥ´
                                              `l__   rゝ:::::ソ
            今まで強力に党を先導してきた同志レーニンが    .  l   /: : :l
                                               ゝ=ニニ--‐‐ュ
            いなくなれば、反対派に反撃の機会を与えるぞ。    _,,-d三二彡".::::`'‐、
                                            ,r'´/ l,.ィ'´:.:.:.:.:    ヽ
                                          / ,r´  l:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                                          ゝ ト、,  l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::l
                                           `'ィ'´`'-‐':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::l
                                           l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::l





654 :名無しのやる夫だお:2012/01/26(木) 21:37:49 ID:NTZfQhNE



1920年代で脳梗塞って治療できたのか?
今みたいに頭開いて欠陥の代わりのパイプ入れることも出来んだろ



657 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 21:38:48 ID:2MiPGVPo





. /    /|  /          |   l
/     i .|/                i /|
      l                   レ' i
 l    |                 '.,
ヽ|  ..|               _,,..-‐‐  ヽ             「指導者」の地位を空白にさせておくワケにはいかないだろう。
 ヽ   l          __,,..-''" ̄ ̄ヽ   ヽ  .,.--、
  \.{ ̄ニニ=、___γ r''て・)`  l`"''‐-| ./ ,.- l       やはり、後継者が必要なのではないかね・・・?
   γ´ r''て・)| ̄ ̄ ヽ、二二..-''"    | / /   i
   ..ヽ._ ̄__,,l                l/ (⌒) .,'
     l     |                 〉  /
     l     ヽ r                     /   ./
     ',                ,.イ ヽ      .`¨´ |   /
       ヽ        _,,..-''"/      /   |  {
        .l   ー=二-‐''"´       /     |  ヽ
      ヽ      ー'         ./       | リノ
       l                  /        |´
       |                 /     _,,..-'‐-┐
        ヽ    ___,,..-‐''" _,,.. -‐ ''"´     |
           `¨¨`ヽ    _,,.-''"´         ,,..-┴
           ,,.-}   ./ヽ._        _,,..-''":::::::::::::::
        ,..-''"  .ヽ ./ / _  _,,..-''":::::::::::::::::::::::::::::
        `"''-、  _|//-=ニ,,.-''":::::::::::::::::::::::::::::::::::::,..-
         _,,..-''" / `ヽ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::



           /l     、
         / |,,_   / l
        /   :::::::~-'  l
       /   ::::::::::::    l
       /  「●」::::::::::::::  |   ・・・心苦しいことだが、
       l   :::::::::::::「●」  |
      |   ::::::::lゝ::::::::::  |   やはりもしもの時のことは考えておかねばならんようだな、
     l   ::::::::::::::::::::::::::  |
     |  ::::::::::::::::::::::::::::::::  |  同志ジノヴィエフ?




658 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 21:40:47 ID:2MiPGVPo





【補足】

          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,          この時のボリシェビキ党には二つの権力組織がありました。
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\     一つは党政策の決定機関である政治局。
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ      そしてもう一つは党運営を担当する書記局です
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/
         | |{i t    _     / |      どちらも中央委員会に付属する組織でした。
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |     このほか、組織局というものもありましたが今は省きます。
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |



     |: : : : : : : :/   /        \ `丶ト、:.|:.:.:.:.:.:.:|: : : : :ート、、ヽ
    ヽ.ィ: : : :/   , /    l         'i '"´: : :.:|:.:.:.:.:.:.:!: : : : :_:ハ ',ヽ
      r‐:':::::::/   / / .     |     .l.    | .',: : : :.:|:.:.:.:.:.:.:|: : : : L_l::', ',r
     ',_:、:::/   |||.     |    .|.    | `丶;.:.|:.:.:.:.:.:.:!: : : : : :ハ::ヽ
      ノ:,'   .|l|      \   ト、   | l !´: :.:!:.:.:.:.:.,' : : :r ' `¬
      /:| | .   |十ト 、     |__x ┼‐ヽ- / | .).:: /:.:.:.:./: ::::::::|    |:    このあたりの構造が最近ソ連に興味を持ったって人には
.      /:::,! |   .VV_ _\  `丁__ヽ|_____∨ ヽ{: : :/:.:.:.:./::::::;::::ノ|    !:
     /:::::ハ.ト 、 ト下丁丁  ‐-不三丁丁フ  ,ハr'^,-ヘ':::::::::}::! |   .!:    すこし分かり難いのだわ。
.    .ヽ|l ',ヽ \| 弋_‐.フ    弋_ー_フ   | .|/j〈ィ'>》_ノ"!::l .!   |:
         |丁|  ,、,、       ,、,、,、l  ! .|:.ヾ ニフ    !::l .|   |:    中央委員会とかなんとか・・・
.           | l| ′′      ′′′| l| .|/:.:.:.:.⌒ヽ丶|. |:  ..|:
         / / 人             | l| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\|:   |:    日本人には縁の無い政治体制だし。
          / /| |_  > .._  r_‐_、  _,  l l.! !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\  |:
       /,イ | |! /:.:.:.::::ハィュヘ: ̄「「ヽ ..,' .,':| |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ|:
      ノ'   | .| ,′/`ヾニンリ:::..:.:.:.:.:./ /:.:.! !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
    ..'"ィ    | ||:.::':.:.:.:.::.:.`¬´:.:.:.:.:.:./ ':.:.:.:.| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:'.
   <._ <   .| ||:.::::::::::::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:! !:.:.:.:.| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|





659 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 21:42:12 ID:2MiPGVPo





                                     f⌒Y :. :. :. >个ダヮ.:. :. :. :. :.\::::::::::∨  )\\\
                                     :. :. :. :. : : /:. :. :. :. :. `ーx_:. :. :. \::::::::∨:.:`ヾ;:Vヽ::〉
                         ええと、        :. :. :. :. :. ,'     |i   |i |iT≦_\::::::∨:.:〈:∧イ `l
                                     : : : : :. :. ;       |l   |ト、|lノ |i |i\ヽイ-、ノ:{<|..|  |
                 たしかこれ以外にも        : : : : :. :. |    i |ト、.丶.|ト、|lレイ !!  ヾ:. :. :)}:ト、\ `ヽ
                                     : : : : :. :. |    ト、|l ヽ ,X千んf‐ミ、li ゞ- 什ト、ト、\ }
        ソヴィエトや人民委員会議なんかが        : : : : :. :八 |i  l |l_,  \ 丶代,ゞイ}! }ト、 ∨.:ハ::| ヽ::) \
                                     : : : :. :. :. ∧|l 小.イ \      `'ー'゙  |! '. |「(_}:| /人   \
                     あるのよね?         : :. :. :. :. : : 从 iト、'f升ヽ       u |i  f´  `ヽ/  }
                                       ̄`'ー一´丶 |  ゞx.ノ '、   __   |  |ー‐ 、  ヽ
                                               `ト、\)ヽ    `ー′  イ i|r┴‐'゙   ∨
                                                /  )>- ──イ´ヽ! イ /       }
                                                  /  / /::::::::::::::::人/'  Y      |


           ,.:-=;1―;1―;1―;1―;1,=;:、
           ミ              ゙ミ
           ミ      ★       ゙ミ \
         / ミ              ゙ミ   \
        V/::ミ;=========゙ミヽ   \
       //:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :',  `、ヽ ム>
.      /:i:: :: /:: :: :: :: /:: :: :: :: :∧:: :: :: :: :::i  } >/i´     人民委員会議は内閣に相当する行政府の最高機関です。
      ,'::i:: :: i:: :: :: :: /:: :: :: :: :/ ∨:: i:: :: ::l  V/:: l
      ,':: l:: :: l:: _:: :: /:: :: :: :: :ム--+::-l―:: |   |:: :: |      政治局やら中央委員会は与党ボリシェビキの内部機関、
.     i:: ::l:: :: |:: :`''フ:: :: :: ,:: /    ',:: |:: :: :|   |:: :: |
.     l:: i:.|::..::|::_:: /:: :: : //     v|:: :: :|   |:: :: |      ソヴィエトはこの場合は全ロシア・ソヴィエトのことで
.     |::.l::.|:: ::|::/ニ_;; ;//  ====V:: ::,'   |:: :: :|
     |::∧:',:: ::V弋.:.:テ    ´ て:::::::o|:: ::,'   .|:: :: ::|     国会のようなものですね。
     |::i ',:',:: :∧廴::ソ      こ .ン|::/,'   i:: :: ::.|
     ',.i  }::ト:: : ヽ゛゛  ` _   ゜゜イ|/:,'   ,':: :: :: |
      ',' .ハ::iヽ:: ::>ァ-------<´<:: /:,'   /:: :: :: ::|
       ∧ヾV>、:V/ | (ニxニ)  |: :',:: /_ -'''´:: :: :: :: ::|
       /:: L_i VX|: :|  ∧   |: : |:: :: :: :: :: :: :: :: :: ::ヽ
       /:: :: :: :: :: :: :|: └ ┘└ ┘: :.|:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::\





661 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 21:43:30 ID:2MiPGVPo





     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ         ★  ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミ
    /  ./ /      l ト、\
   \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',    ボリシェビキは与党ですが、
     l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
     l | l | ┬::cr / / ┬c」 |    一党独裁国家のため与党=政府と思ってよいでしょう。
      l | l !  l:::::::j  '   l::::j.! /
      l | l l⊂⊃‐       ‐⊂/    政府と与党の区切りが曖昧なんですけどね・・・
      ! | |ヽ|        -   リ
      ! | lゝ、          /|
      ! | |::::::::::ー┐ r‐:::イ:l. |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !





662 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 21:44:22 ID:2MiPGVPo






          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,         図に表すとこういった具合になります。
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/
         | |{i t    _     / |
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |


┌──────────────────────────────────┐
│                   全ロシア・ソヴィエト                   │
└──────────────────────────────────┘

                あれしろこれしろ
       ┌────────────────────┐
       │                             │
       ↓                             │
      .┌──┐                   .┌───────┐
┌───┤政府├──┐         ┌───┤ ボリシェビキ党 .├────┐
│    .└──┘   │         │   .....└───────┘      .│
│┌───────┐│         │      ┌───────┐    │
││ .人民委員会議 .││         │      │  中央委員会  │    │
│└───────┘│         │      └┬─────┬┘    │
│      ↓      .│         │  ┌───┴┐  ↑   ├───┐.|
│┌───────┐│         │ ..│ 政治局 │  │   │書記局│.|
││   各省庁  ...││         │ ....└────┘  │   └───┘.|
│└───────┘│         │   ┌───────────┐ .│
└─────────┘         │   │       党大会     .│  .|
                         │   └───────────┘ .│
                         └────────────────┘





663 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 21:45:21 ID:2MiPGVPo






     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \    形式上、ボリシェビキでは党大会が一番エライはずなのですが、
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !     広大なロシア全土から党員を集めるのは手間です。
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l      党大会は年一回しか開かれず、しかも大人数が参加するので
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|
       l \     _    ,/ |      ものごとを迅速に決定できません。
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!




     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ         ★  ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミ
    /  ./ /      l ト、\
   \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',    その為、党大会は中央委員会を選出し
     l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
     l | l | ┬::cr / / ┬c」 |    これに政策決定と党運営を任せることとしました。
      l | l !  l:::::::j  '   l::::j.! /
      l | l l⊂⊃‐       ‐⊂/
      ! | |ヽ|        -   リ
      ! | lゝ、          /|
      ! | |::::::::::ー┐ r‐:::イ:l. |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !





665 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 21:46:15 ID:2MiPGVPo






          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ    しかし、中央委員会もまた肥大化。
       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_     年に数回程度の会議を行うだけで、
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ    円滑な党運営を行えなくなります。
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/
         | |{i t    _     / |
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |



       ,.:-=;1ー;1―;1―;1―;1―;1―;1―,=;:、
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ         ★           ゙ミ
       ミ                     ゙ミ     そこで、中央委員会は付属機関として
       ミ                     ゙ミ
       ミ;==============゙ミ     政治局と書記局を選出します。
       〃. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:ヽ     k
.       / . : : .:.:|: : : : : : : .:人: : : : : : : : :',     ! :',    中央委員会が開かれていない時は、
     ,'. : : : :.:.:.:.|: : :,':,'.: : / \\_.:.:.:|.: : :.! *|.:|
.    |: : :.:.: :.:.:.|.:.://.:.//  ̄ \\メ、.:.:.:!   |.:.:|    この二つの組織が常設機関として
.    人 、 :. :.:イ////    ,.-≠ ミ.、!.:,'   ,'.:. |
       \\:.:.:.:lYl⌒ヽ    /|  :::::::l! |/   ,': : :|    政策決定と党運営を分担することとしたのです。
         l\\八 フ:ノ   ′ フ__ノ' ,'    l.:.:.: :|
        |ハ *ミ ,,`´       '' .イ  *|.:.:. |
.         ノハ  >.....__冖_ <:八     い、ヘ
      r 彡.:.:.,'     !:.|「≠介トn,、リ≠、.:\    \\\
    <-=≠:/     ,'.:〈チ_/小.シ〃゙ ト、У.:.ハ.     \<
   /-=/     /.:f癶=キト込、/:.:.:.〈〉ー-ハ  ※  ∨\
    >-´  ※ //xタミⅩ彡:::ム|:.:.:.:.:.:〉.:.:.:.:.:',      ∨.: \
    ̄|>x、._/-_j斗'"ハ:::ハ:::/|.:.|:.:.:./\ .:.:.:.|___/\.:. /





666 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 21:47:23 ID:2MiPGVPo







     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ    党大会→中央委員会→政治局→政治局が決めたことを政府が実行
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !   このような段階を経ることで
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l    下からの意見を集約しまとめることが出来ると
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|
       l \     _    ,/ |    考えられていたのですね。
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!





667 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 21:48:15 ID:2MiPGVPo






       ,.:-=;1ー;1―;1―;1―;1―;1―;1―,=;:、
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ         ★           ゙ミ
       ミ                     ゙ミ    しかし、レーニンは政治局を
       ミ                     ゙ミ
       ミ;==============゙ミ    少数の「共産エリート」と捉え、
       〃. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:ヽ     k
.       / . : : .:.:|: : : : : : : .:人: : : : : : : : :',     ! :',   実際の政治は下からの意見ではなく
     ,'. : : : :.:.:.:.|: : :,':,'.: : / \\_.:.:.:|.: : :.! *|.:|
.    |: : :.:.: :.:.:.|.:.://.:.//  ̄ \\メ、.:.:.:!   |.:.:|   少数エリートによる寡頭政治となっていたのです。
.    人 、 :. :.:イ////    ,.-≠ ミ.、!.:,'   ,'.:. |
       \\:.:.:.:lYl⌒ヽ    /|  :::::::l! |/   ,': : :|
         l\\八 フ:ノ   ′ フ__ノ' ,'    l.:.:.: :|
        |ハ *ミ ,,`´       '' .イ  *|.:.:. |
.         ノハ  >.....__冖_ <:八     い、ヘ
      r 彡.:.:.,'     !:.|「≠介トn,、リ≠、.:\    \\\
    <-=≠:/     ,'.:〈チ_/小.シ〃゙ ト、У.:.ハ.     \<
   /-=/     /.:f癶=キト込、/:.:.:.〈〉ー-ハ  ※  ∨\
    >-´  ※ //xタミⅩ彡:::ム|:.:.:.:.:.:〉.:.:.:.:.:',      ∨.: \
    ̄|>x、._/-_j斗'"ハ:::ハ:::/|.:.|:.:.:./\ .:.:.:.|___/\.:. /




          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\   それでも、この頃には各所に
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ    さまざまな形で「党内民主主義」が生き残り
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/
         | |{i t    _     / |    ある程度自由な意見交換も行われていました。
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |





668 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 21:48:51 ID:2MiPGVPo






 {     ....:::: /  .′     i \_        ヽ  ヽ∧   下、マ〈
  `つ::::::::::::::/   |       !    〉::.........    ゙.  ゙, ∧/ ̄\勹ト|
  (::::::::::::::::/   ; |    i|   |   {:::::::::::::::::::::.... |   ! 厂 ̄ヽ\〈,ノ
     ̄`j:::::′   i |    ||  | |__∧::::::_::::::::::::::::| __ | /   _ノ i\
     弋| |   ! |    ||   ルイ /厂/!ハ)::::::::::::/アr=ミ、:::::::/_/  i |\
       | |   i ヘ   | | イ j/斗=≦、 し-、:::::ゞtヘ}l:::::::::::`!  ||:::::|
       ||  i ,..ゝ‐、| !/  〃 i!‐r‐yヘ「 | ん:::`iヾ='ァ':::::r―1   l |:::::|
       ヽ\ ヽ〈 ニ=ミ       弋 ー' 丿||  く:::!  /::::::::::) | |  ! \|
        \ ー-\《 トヘ       " ̄`  | | | (:/ /::::r―'′ | | !      ソヴィエトが抜けてないかしら?
            ハ ゝ'               | | |  | /::://    | |  |
            | :.   ヽ         リ| !/ /      | | |     ソヴィエト・ロシアではソヴィエトが
            | ヽ.    つ       ///! |′        | i |
             | /ト          ,. //  ̄| 「|_         | ! |     最高の意思決定機関なのでしょう?
               / /| |   > _r' ´ //   | | ||        |   |
           / /|j_ イ     ,≧ //   | | | ̄ト 、     || |
             //r ´     r乞マ〉/   ||\  \   |   |
           /   \    //レごム {    /  〉/     ヽ   |   |
        く(   /|   /     ヽ> "  / 冫∧    ゙ |  |
         \/   \        '´    < |/ ゙     i|  |



          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,        そうは言っても一党独裁国家。
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\   国会たる全ロシア・ソヴィエトにおいても
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ    ボリシェビキ党以外は議決権を持たないのです。
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/
         | |{i t    _     / |    この頃はメンシェビキも社会革命党もソヴィエトに復帰していましたが
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |   政策決定に携わるどころか弾圧されていました。
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |





669 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 21:49:37 ID:2MiPGVPo






   r‐く二ニ:/i:i:i:i:i:i/  V^’
.  /:i/[_: :|i:i:i:i:/、yz'′              マ: :_: - :ヲ
 /:i/ lしんく|i:i:i:Yrュヲ                ヽ Ⅶ :: : :己
.〈:i〈  || 己 {i:i:i:i|′   l |    l!   l|   l| ', ' .Ⅵ : : :.__7
 \\!!   し|i:i:i:i|   | l l |  l!   l| | l i!  | !  |: : :_:∠,
    ̄|L__ムスi:i:i:i:{l  | | | |  l!   l| | i i!  i | l  }: : _く
    | ̄|i:|i:|マi:r=Ⅶ  i 士十i l!  l| | ルl_」L リ| .!.   |__ノ
    |  |i:|i:|ミ.ム泌リ l|r‐rテi〒i/!ノ ‐rテi〒r|  .トミx7
    | /i:{ゞ\ゞ=イ| l| 弋.(ソ      弋(ソ 从ノマヘⅣ
    | : ̄|  ̄ゞ≠ l| 、、、       .    、、 l.| | l |.|    じゃあ(ソヴィエトの)意味ねーじゃん。
    | :  |    |  |             八| l |.|
    | i  |   x≧|  |          _     イ  | l |.|
    | l. 八  《ミく  |ゝ、      ´    イ |.  i l |.|
    | | | ヘ ∨i:l  |≦三三r≠くヘ≦ 三 ∧. ', .| l.|
    | | | ',./ ヾ|  |三三三いゞソメ《 三三.∧ ゝ l.|



                                ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
                                =            ゙ミ
                                ミ     ★      ゙ミ
                                ミ             ゙ミ
                               , ミ;=======.:::゙ミヽ
                             /  ./ /       ヽ\ \
                             \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/
                               | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
                               | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||
                     せやな      | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l
                                 ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|
                                  l \     _    ,/ |
                                /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |
                                /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !
                                l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !
                               / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!





660 :名無しのやる夫だお:2012/01/26(木) 21:43:23 ID:1x6MhHRI



ソヴィエトに全ての権力をと言ってる割に、何故ソヴィエトのトップが一番えらくないのか、本当に不思議だったw


664 :名無しのやる夫だお:2012/01/26(木) 21:46:09 ID:o9vzXKMk



>>662の組織図を見ると、
まさに「党が政府を指導する」わけなんだな。

でも全ロシア・ソヴィエトのハブられぶりが…



674 :名無しのやる夫だお:2012/01/26(木) 21:53:53 ID:o9vzXKMk



かつての東ドイツや北朝鮮、中国だと
「我が国は一党独裁じゃありませんよ、複数政党制ですよ」という体裁を取り繕うために
共産党(社会主義統一党、労働党)以外にもあえて少数政党を作り存続させている(させていた)。

でも選挙制度自体が、複数の候補者ないし政党のうちのどれか一つに一票投じる
やり方ではないので、実質的な意味は無し。元々複数政党制に見せかけるためのデコイに過ぎないので。



697 :名無しのやる夫だお:2012/01/26(木) 22:12:09 ID:hUaHbcjU



ソ連共産党になるのはいつだっけ?


この頃にはボリシェビキはロシア共産党に改名してます
ですが大体の本には「ボリシェビキ」か「ロシア共産党(ボ)」と表記されてるので
ここでもボリシェビキで通してます

ソ連共産党はまだソ連邦が成立してないのでもうちっと後ですね



670 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 21:50:19 ID:2MiPGVPo





          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_     さてさて、
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ    レーニンが倒れたことで後継者問題が浮かびあがりますが、
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/    この問題に関して
         | |{i t    _     / |
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |    党最高権力機関たる政治局の面々を見ていきましょう。
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |





671 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 21:51:14 ID:2MiPGVPo




                 ____
              _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
             /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
            //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
           〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
           i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
           l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj
           li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/
           !:l!:ト、l::l{`         !  j川/    【政治局員:レーニン】
           ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/
              Yl:ト、    ヾ==r  ノ/
             iN \.  ` ニ′/}'
                 丶、  /
           ノ ̄´"''‐ 、   `¨´
        _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |
  /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、
  |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、
 ∥ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ∥



     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ    人民委員会議議長であり
  /  ./ /       ヽ\ \   ボリシェビキ党の精神的・理論的指導者として
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/   強力なリーダーシップで
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !    政治局を束ねていたのがレーニンです。
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l     誰もが認める唯一の指導者でした。
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|
       l \     _    ,/ |
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!


                                      ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
                                      =           ゙ミ
                                      ミ     ★     ゙ミ
                                      ミ            ゙ミ
         卓越した理論家でありながら            ミ;=======゙ミ
        冷酷無比な社会主義者であり          / ,=          ヽ
      階級の敵と見做したものに対する         /  ,='  _  ∧_ _,,
    仕打ちには一切の慈悲がありません。       /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_
                                    ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\
  強権的なやり方で権力を確立しましたが           { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ
           よちよち歩きの現政権を           ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ
盤石のものにすることは彼でさえ困難でした。           |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/
                                     | |{i t    _     / |
                                     | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
                                     // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
                                r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
                               __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
                               ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |





672 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 21:52:29 ID:2MiPGVPo





                   /,.. .:-ニ''"__ _
               〃ン::::::::::::::三ニ=::::::.:::
               (l!i´::二ニ=-:;;;;:::..-.:::::::::::
【政治局員:トロツキー】'从ミへ:::::ヾ::::::.,ヽ::::::::::::::、
              /::'!::::::、、::::、::ヾ:::ヽヽ:::::::::::::::::
            /:::.!l/::::::ヾ::::::、:::::ヽヾ.:\:::::ヽ::
              ,'i!:::::.:i.!:lャ,:::::::..ヽ、\::::::::\:::ヽ:::
            ,' l!i:l::!!:ヾ.i-ャ.::::、::::::::._ヽ、:::::::ヽ:::::
          _,ヘ!_l. !y::|::l!lrt:ッミ\:ヾ rt:ッテ、::::::::
        ,-=ニ-ミヘハ:::::::l `''''"_`_`ヽ`'''" l:::ヽ::::
        ン ニ 二`ヽ;=、!ハl!y''~´   ~`ヽ  !:::::/i!、
     _..ィf´ 、 `'''‐ニ'ヽ..ッ'ゥ、       l /リl::レlヽ
  _.-ニ/  `'フ´~`ヽ..X´``''''ヲ, r'''~''ッ ..〆 / ,liソ | ,.ァi
‐ニ‐'八-、_...:::::n⌒`!~ ヾ' 、.  ヾ、`'''ャ''''~´ / // ,ン´  ヽ、
´ .l / ヽ >::::!ソ/ \\ |ヽ'i   ヽヽ、_゛_,,...-zン. - '''´~``''ー-
  ヽ 、 \__ン ̄~`'''''- .., l    ゛ ー-ー'´ /,' ,:-‐''  、'‐- .,.
    >._/         ; ヤ !       ',  /、 /    ! ヽ  `く:: ヽ、
   _,.::;;;;/       |  'i::i      ', 〈', l i  ,'  ,'  ト    ヽ



     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ         ★  ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミ
    /  ./ /      l ト、\    レーニンに匹敵する理論家であり演説の達人です。
   \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',
     l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !   レーニンと共に10月革命を成功に導き
     l | l | ┬::cr / / ┬c」 |   ボリシェビキ政権の誕生に貢献しました。
      l | l !  l:::::::j  '   l::::j.! /
      l | l l⊂⊃‐       ‐⊂/    赤軍を作り上げ、
      ! | |ヽ|        -   リ    内戦時の活躍からすでに伝説的人物となっており、
      ! | lゝ、          /|     レーニンに次ぐボリシェビキのNo2でした。
      ! | |::::::::::ー┐ r‐:::イ:l. |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !



       ,.:-=;1ー;1―;1―;1―;1―;1―;1―,=;:、
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ         ★           ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ;==============゙ミ
       〃. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:ヽ     k     しかし、労働の軍隊化によって
.       / . : : .:.:|: : : : : : : .:人: : : : : : : : :',     ! :',    労働者や組合派の人間から
     ,'. : : : :.:.:.:.|: : :,':,'.: : / \\_.:.:.:|.: : :.! *|.:|    大きな恨みを買ってしまいます。
.    |: : :.:.: :.:.:.|.:.://.:.//  ̄ \\メ、.:.:.:!   |.:.:|
.    人 、 :. :.:イ////    ,.-≠ ミ.、!.:,'   ,'.:. |    尊大な態度から敵も多く、
       \\:.:.:.:lYl⌒ヽ    /|  :::::::l! |/   ,': : :|    この頃にはレーニンからも一定の距離を置かれていました。
         l\\八 フ:ノ   ′ フ__ノ' ,'    l.:.:.: :|
        |ハ *ミ ,,`´       '' .イ  *|.:.:. |    しかし、それでも彼の存在は無視できません。
.         ノハ  >.....__冖_ <:八     い、ヘ
      r 彡.:.:.,'     !:.|「≠介トn,、リ≠、.:\    \\\





673 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 21:53:08 ID:2MiPGVPo





              /~" 、     /~"、
               /::   'l      /::  l
             /..:::   i,    / :::    l
              / ..:::::   `~';:::     |
              / ...::::: : :    ''''      |
            /. : ::::::::::: : :            |
           /.: : : : ::::::::::::::          |
          /.: : : : ___;::::::..    ____   |
          /. : ::/|;;;;;;;;;|\::::  /|;;;;;;;;;|\  |    【政治局員:カーメネフ】
         |. : ::<  |.;;;;;;;;;|  >:::<  |;;;;;;;;;.|  > |
           | : : ::::\|:::::::::|/::::: \|:::::::::|/   l
         | : : : : : :::::::::::::::::::::::::            |
        l : : : : : : ::::::::::::::;;:::: :;;::::: ,          |
/"ヽ       | : : : : : :::::::::::::::::~T-´`-T         |
|:::: :|     | : : : :::::::::::::::::::::::::::ヽ_〃           |
'| :: |    |: : :: : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::         |
. |:::: l     l : : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.......     |
 |::::: ヽ  ,ノ : : : :::::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.|、
 |::::::"~ : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::':::ヽ


                                       ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
                                       =           ゙ミ
                                       ミ     ★     ゙ミ
             古参ボリシェビキであり            ミ            ゙ミ
            レーニン最大の盟友です。           ミ;=======゙ミ
                                     / ,=          ヽ
        モスクワ・ソヴィエトの議長であり         /  ,='  _  ∧_ _,,
  政治的にも大きな一派を形成していました。       /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_
                                     ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\
         しかし、元は穏健なインテリで           { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ
             政治的な権力闘争には           ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ
            長けた方ではありません。           |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/
                                      | |{i t    _     / |
                                      | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
                                      // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
                                 r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
                                __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
                                ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |





675 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 21:54:01 ID:2MiPGVPo





           /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::;;ィ"ッ/ノノノ ゙i:::::::::l
         /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::/::;ィ:/~ ⌒ノ ノノ   l:::::::::l
         /ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::/'´  `´          i':::::::::ji
         /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::/ -‐-_,,,,___          i:::::i::ノ
          {;;;;;;;;;;;;;_;;;;;;;::i_,,-‐l ̄   `'t-__' ,,,___-‐- i:::ノ'´
         l;;;;;;;;;/ ヽ;;:i   i     ノ  {    ゙̄l
         ヽ;;;;;;l i ) V    `'‐--─"   l、__  ,ノ、
          \ヽ ゝゝ          ,  〉  ̄ }ノ
            ヽ\     ,          /ノ
             \ト-i     `''‐- 、,,,_    /‐'
【政治局員:ジノヴィエフ】ヽ       _  ̄ ノ
              l゙  ゙i           /
             _,l    ヽ         /
           ,r'´ .l ,r‐- 、,_`'‐-─-- ,,_,,ィl` >
      _   \ l/r'     ̄``'''─--─'´ノ-、
  _,,-‐''"´ _,,二ニニ=-、______,,,,,--‐ッ‐'  ``‐、,,_



     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/   古くからレーニンと付き合いがあり、
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !    カーメネフと同じく盟友の一人でした。
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l     コミンテルン議長として
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|     国際的な名声も保持し、
       l \     _    ,/ |     ロシア第二の都市ペトログラードの支配者でもあります。
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!



          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ    しかし、虚栄心が強く無能な臆病者で、
       /  ,='  _  ∧_ _,,        その能力の限界をレーニンに看破されていました。
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\   政治局は1919年に創設されましたが、
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ    彼が正式に政治局員の地位を与えられるのは
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ    1921年になってからです。
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/
         | |{i t    _     / |    にも関わらずレーニンの玉座を狙い続け、
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |    トロツキーをそのための障害とみなしていました。
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |





676 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 21:55:03 ID:2MiPGVPo






   /       ,_,              ',
   /       ( l 、            ',
   l      ,i、/ 〉ヽ!ヽ、ヽヾ   `ヽi   l
   l    i , ノ ハ( 、 ,-‐..'´`ソ'`ヽ i リ   /
  │  i、l=‐':´`"゙:::::::::::::.  : ノノ/、  /          【政治局員候補:ブハーリン】
   | i i |/::` :: ::::::::,i ヽ ;::::::..  .:: l l  l   ヽ
   l ヽゝ l::: ::: :::/ |  `' 、::: -'´j l' /   )
   ヽ、ヽ ` 、、:::/  !、-     ゝ,l '   /
    ゙''- 、ミ ',   _, - ‐-   /r, 、 `( _
       _ノヽ\    -    , '// \   )
       `ヲ.  \      / //    `''‐'-,
    , ==l ,  l ` - ‐ '  //   ,---、 /
  , , ' '´   !li  lL.   , - ' 7/   |=000| )
//      `゙゙゙_)| `' '´   l(    ゙ー ' ´く
ヽ.ヽ、        l      ヽ >      l



     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/   若きインテリであり
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !    レーニンから「貴重な理論家」として評価されていました。
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l     かつては極左筆頭としてトロツキーと近しい強硬派でしたが
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|      新経済政策を機に右派に転向します。
       l \     _    ,/ |
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!


                                          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
                                          =           ゙ミ
                                          ミ     ★     ゙ミ
                   このときまだ34歳。           ミ            ゙ミ
           後継者になるには若すぎました。           ミ;=======゙ミ
                                        / ,=          ヽ
       さらに政治局の一員ではありましたが         /  ,='  _  ∧_ _,,
       議決権を持たない「局員候補」であって        /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_
     後継者候補としては大穴もいいところです。        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\
                                         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ
                                         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ
                                          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/
                                         | |{i t    _     / |
                                         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
                                         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
                                    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
                                   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
                                   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |




678 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 21:56:22 ID:2MiPGVPo





                _____
         ,. ‐''三ヾ´彡シ,=`丶、
     /'".:=≡ミ_≧_尨彡三:ヽ、
    //.:;:彡:f'"´‐------ ``'r=:l
    /〃彡_彡′,.=、 ̄ ̄ ,.=、 |ミ:〉
   'y=、、:f´===tr==、.___,. ==、._ゞ{
   {´yヘl'′   |   /⌒l′  |`Y}    【政治局員候補:カリーニン】
   ゙、ゝ)       `''''ツ_  _;`ー‐'゙:::::l{
.    ヽ.__     ,ィnmmm、   .:::|!
  ,.ィ'´ト.´     ´`"`"`゙″ .::::;'
イ´::ノ|::::l \         "'   :::/
::::::::::::|:::::l   ヽ、      ..::  .:::/.、
:::::: ::: |:::::ヽ    ヽ、.......::::/..:::/!\\
::::::::::: |::::::::ヽ    ``''‐--ァt''′ |!:::ヽ:::\
:::::::::::::|::::::::::::ヽ、       /i|iト、  |l:::::::ヽ:::::\



                                              ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
                                              =           ゙ミ
                                              ミ     ★     ゙ミ
                                              ミ            ゙ミ
                                              ミ;=======゙ミ
                ボリシェビキ首脳陣において           / ,=          ヽ
                唯一本物の農民出身者です。         /  ,='  _  ∧_ _,,
                                          /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_
               「全ロシア農民の長老」であり           ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\
           優しい好々爺として人気もありました。           { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ
                                             ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ
                                              |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/
                                             | |{i t    _     / |
                                             | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
                                             // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
                                        r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
                                       __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
                                       ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |

     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ         ★  ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミ
    /  ./ /      l ト、\
   \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',      全ロシア・ソヴィエトの議長で
     l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !      事実上の国家元首でしたが、
     l | l | ┬::cr / / ┬c」 |      何の実権も持たないお飾りでした。
      l | l !  l:::::::j  '   l::::j.! /
      l | l l⊂⊃‐       ‐⊂/      政治闘争を勝ち抜けるような
      ! | |ヽ|        -   リ       強い人物でも決意のある人間でもなかったのです。
      ! | lゝ、          /|
      ! | |::::::::::ー┐ r‐:::イ:l. |        さらに、ブハーリンと同じくまだ局員候補でした。
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !





679 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 21:57:26 ID:2MiPGVPo





               ,、
             //
【政治局員ルイコフ】//)
          /,.=゙''"/       _,r'三 ̄`ヽ、
         i f ,.r='"-‐'つ     /ヘ/" ゙̄\,ミ\
         /   _,.-‐'゙~     ,! 、!r r。-r ミ   i
        ,i    ,二ニー;     ドツ ヽ ̄  fハ, il
        ノ    il゙ ̄ ̄      l ー-_゙   ,、/ /
      ,イ「ト、  ,!,!         ゙! )二」゙  ,!i Y
     / iトヾヽ_/ィ"___.     ヽ.t  _/,!  i
    r;  !\ヽi._jl/゙_ブ,フヽヾーtー:、__ ,トf-≦-=、_,L
    ∧l   \゙7'゙ .j!/ / /\jr=ニ:ー-゙┴、 ゙ミ三ヽi]l「/l
   ./ i !   \.// /./  ./   \ ┌‐ヽミ≦‐十'"!
  /  i゙i     /  ̄ ̄ ̄       i .l ッー-、\_ミ「彡゙ー=r.、
 ノ   ヾ、  /            i! ! \_ ̄i i l r‐へ__\ー-、
/      ゙''y'              l .i  、 l  !.j .l l 「,> ゙t.,>‐fi



       ,.:-=;1ー;1―;1―;1―;1―;1―;1―,=;:、
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ         ★           ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ;==============゙ミ
       〃. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:ヽ     k      ボリシェビキきっての経済専門家であり
.       / . : : .:.:|: : : : : : : .:人: : : : : : : : :',     ! :',     内戦時の経済統制に辣腕を振るいました。
     ,'. : : : :.:.:.:.|: : :,':,'.: : / \\_.:.:.:|.: : :.! *|.:|
.    |: : :.:.: :.:.:.|.:.://.:.//  ̄ \\メ、.:.:.:!   |.:.:|
.    人 、 :. :.:イ////    ,.-≠ ミ.、!.:,'   ,'.:. |     しかし、実務派であり政治闘争には不向きな人物でした。
       \\:.:.:.:lYl⌒ヽ    /|  :::::::l! |/   ,': : :|
         l\\八 フ:ノ   ′ フ__ノ' ,'    l.:.:.: :|
        |ハ *ミ ,,`´       '' .イ  *|.:.:. |
.         ノハ  >.....__冖_ <:八     い、ヘ
      r 彡.:.:.,'     !:.|「≠介トn,、リ≠、.:\    \\\
    <-=≠:/     ,'.:〈チ_/小.シ〃゙ ト、У.:.ハ.     \<
   /-=/     /.:f癶=キト込、/:.:.:.〈〉ー-ハ  ※  ∨\
    >-´  ※ //xタミⅩ彡:::ム|:.:.:.:.:.:〉.:.:.:.:.:',      ∨.: \
    ̄|>x、._/-_j斗'"ハ:::ハ:::/|.:.|:.:.:./\ .:.:.:.|___/\.:. /





680 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 21:58:07 ID:2MiPGVPo





                       ______
                  .  ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
              /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:',.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                /:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:∧:.:.:.:ト、:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:',
.               |/|:.:.:.:.:|:. ̄「 |:.:.:.| ヽ:. ̄「ヽ:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.|
.                |:.:.:./|:.r―┐ヽ:.:|   __| ヽ|:.:.:.:.:.:.:.:.|
              |:.:/|  |::::::::|  ヽ|  |:::::::`ヽ |:.:.:.:.:.:.:.:.:|      【政治局員:トムスキー】
             |:⊂⊃  ̄      `ー __::'」|:.:..:..:.:.:.:.:|
             |:./            ⊂⊃:.:.:.:.:.:.:.:.|
             |:.:\     ( ヽ      |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
          /.| ̄|:.:.:.:.:.> 、___  ____/:.:.:.:.:.:.:.:.:/  ̄ \
          /   |   ̄ ̄       /   |   /____/     \
       |. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.!
       |.                                 |
       |   「. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |   |
       |   |                          |   |
       |   |                          |   |
       |   |   ※ スコップを与えないで下さい     |   |                           ┌┐
       |   |                          |   |                           ││
       l.   ノ                     r─‐'/   |____________ __, ,.              ││
       |  く                          | /     !三三三 三 三 二ニ 一             ││
       |   ` ー ─────────────''´      |三三三三 三二ニ=                 | ̄ ̄ ̄ ̄|
       l_____________________________|三三三三 二 ニ =              ヽ:::::::::::::::::ノ



     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ         ★  ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミ
    /  ./ /      l ト、\
   \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',    労働組合の大ボスであり、
     l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !    トロツキーと対立した組合派の人物です。
     l | l | ┬::cr / / ┬c」 |
      l | l !  l:::::::j  '   l::::j.! /    労働者の祖国としてのロシアは
      l | l l⊂⊃‐       ‐⊂/     原則的に労働組合に立脚するものでした。
      ! | |ヽ|        -   リ     そのため、彼もまた重大な人物だったのです。
      ! | lゝ、          /|
      ! | |::::::::::ー┐ r‐:::イ:l. |      どちらかと言えば穏健路線の人物ですね。
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !





681 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 21:59:02 ID:2MiPGVPo





         /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ `  、
        /                \
      ./              ,==ニ_-、 丶
      /                 〃  __ `ヽ  \
     ./     メ≧、_ノ     イ   {・}  |}  丶       【政治局員:やる夫】
     /     ィ彡´三ヽ\  /. 丶 __ /     '
   /     〃 ̄ ̄ {・}|       ̄  ̄       V
  ./      廴 _ 二´    l     、       '
  ,'         ̄  ̄,       人、   }         '
  |           ヘ、   _イ __`ー-ェ'            |
  |           |i Tィ'"´:::::::::`゙ヾイ         ∧
  |            ! |{::::::::::::::::::........}|   /     /
  丶             V:::::::::::::::::::::::/ //    /
   `            \_:::::::::::::::ノ        ∠
     `              ̄ ̄      /
        `ノ` ‐ - _``ー- -‐'"´_ _ , ´


                                            ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
                                            =           ゙ミ
                                            ミ     ★     ゙ミ
                                            ミ            ゙ミ
            トロツキーと並ぶレーニンの片腕です。         ミ;=======゙ミ
           事前のアポなしにレーニンと会えるのは       / ,=          ヽ
                 トロツキーとやる夫だけでした。     /  ,='  _  ∧_ _,,
                                        /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_
              書記長の地位を与えられましたが       ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\
             その名声はトロツキーに遠く及ばず         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ
真面目だが地味な古参党員という立場に甘んじていました。       ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ
                                            |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/
                                           | |{i t    _     / |
                                           | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
                                           // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |




.      /:i:: :: /:: :: :: :: /:: :: :: :: :∧:: :: :: :: :::i  } >/i´
      ,'::i:: :: i:: :: :: :: /:: :: :: :: :/ ∨:: i:: :: ::l  V/:: l
      ,':: l:: :: l:: _:: :: /:: :: :: :: :ム--+::-l―:: |   |:: :: |    しかし、その卓越した組織力、官僚的能力、政治的したたかさは
.     i:: ::l:: :: |:: :`''フ:: :: :: ,:: /    ',:: |:: :: :|   |:: :: |    他者の追随を許さないほどでした。
.     l:: i:.|::..::|::_:: /:: :: : //     v|:: :: :|   |:: :: |
.     |::.l::.|:: ::|::/ニ_;; ;//  ====V:: ::,'   |:: :: :|    まだ権力の小さい書記局をつかって
     |::∧:',:: ::V弋.:.:テ    ´ て:::::::o|:: ::,'   .|:: :: ::|    独自の勢力を構築しつつあります。
     |::i ',:',:: :∧廴::ソ      こ .ン|::/,'   i:: :: ::.|
     ',.i  }::ト:: : ヽ゛゛  ` _   ゜゜イ|/:,'   ,':: :: :: |    ですがこの時点ではまだその影響力は限定的でした。
      ',' .ハ::iヽ:: ::>ァ-------<´<:: /:,'   /:: :: :: ::|





682 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 21:59:54 ID:2MiPGVPo






                ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
               〈 ●ノ,\    人 ● 〉
                 ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
【政治局員候補:モロトフ】  )    Y    (
                /γ⌒     ⌒ヽ\
               /  |         |  ヽ
               |   ヽ__人__ノ   |
               \    、`ー'´,    /
               __>          <_
          _ー ̄               ヽ
         /   _ー/           /  , }
        i   <、/           / /
         \ /            /- ̄
          {            /
           {           {
           \          \



     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/    やる夫同じく書記を兼任し、
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !     ブハーリンと同じく議決権を持たない政治局員候補です。
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l      行政官的能力と融通の利かない頑固さを持ち合わせ、
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|       政治局内における数少ないやる夫派の一人でした。
       l \     _    ,/ |
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!




684 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 22:00:55 ID:2MiPGVPo






          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\   以上、7名の正局員と3名の局員候補が
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ    政治局の面々です。
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/
         | |{i t    _     / |
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |




        ,.---r--'  lヽ../                `ヽ `ー 、
         〈 、-{   /} .}                   \.   ヽ
      ./ゝ. ヾ)  〃!:´ノ                   、 ヽ  .ィ’
      / ,..ィ"´  .ハ!} ,'       ,      、        ヽ ヾヾ.
     .// /l_   ,' {l ヽ.   /  .!      ',  、     、 ', ',  )
    /.{ /    ) .!  !  ノ   ,'   {       ト. ト、    ', ヽ Yi
   ハ Ⅵー''1´  {  i (   i l i ト、!     ,,.!-!‐-!、!    ト. i! }:|
   .ハ  `T゙∧   {  !  `i  i!_ム-!<:l´ト.    从! lj l` 、  }:} !i ;:|  この中で強力な指導者だったレーニンが倒れてしまったのね。
   ハ  //Ⅳ.Kフ. ', {  ノ,.-〈、 ! ヽN、 ゝ.  .//レ'¨心レ{、! ,' i / } /:|
  ′ .// ' i::{   '.__ヽi ト、 レ'f=心、   ヽ'  弋zソ " } ./ ヘ// :!  それで、後継の政治局リーダーに
  ,'   // ,'  |::|ヾ、_ f 、 `ト! ヾ 弋zソ         ̄   /ィ/ォ  i´  :|
 ,'   〃.Ⅳ  .|::| ',. {:{) ∨ `.、ハ.  ̄       !     ´〃 !|  !  :|  誰が就くのかで後継者レースが始まったのだわ。
 !  /   .i   !::!  Ⅶi゙ヾi   ト、.ハ             ,'/! :!',  ',.  :!
 ! ,/    !  .|::l  l| |  |  :ト∧. ',       ´ `    ,.イ」 | :| ',  ヽ. :|
. ハ’    .i   レ’ 1 .|  |  :| `ヽ ト.、        ,.ィ≒ュ_..| :| ヽ  ',.:!
/     .l      | |  |  :|r≦:} }'´¨` ー‐r:r<     | :ト、 ',  }|
      |      | |  |  :|ソ´ | |     ヾ.        ヽヽ. \. !|
      |      } }  |  :|  ノノ    f"三三゙ヽ.    \\ノ }|





685 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 22:01:33 ID:2MiPGVPo






       ,.:-=;1ー;1―;1―;1―;1―;1―;1―,=;:、
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ         ★           ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ;==============゙ミ
       〃. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:ヽ     k
.       / . : : .:.:|: : : : : : : .:人: : : : : : : : :',     ! :',
     ,'. : : : :.:.:.:.|: : :,':,'.: : / \\_.:.:.:|.: : :.! *|.:|     それがですね・・・
.    |: : :.:.: :.:.:.|.:.://.:.//  ̄ \\メ、.:.:.:!   |.:.:|
.    人 、 :. :.:イ////    ,.-≠ ミ.、!.:,'   ,'.:. |     政治局員は全員対等だとして
       \\:.:.:.:lYl⌒ヽ    /|  :::::::l! |/   ,': : :|     「政治局長」たるポストは用意されていなかったのですよ。
         l\\八 フ:ノ   ′ フ__ノ' ,' し  l.:.:.: :|
        |ハ *ミ ,,`´       '' .イ  *|.:.:. |
.         ノハ  >.....__冖_ <:八     い、ヘ
      r 彡.:.:.,'     !:.|「≠介トn,、リ≠、.:\    \\\
    <-=≠:/     ,'.:〈チ_/小.シ〃゙ ト、У.:.ハ.     \<
   /-=/     /.:f癶=キト込、/:.:.:.〈〉ー-ハ  ※  ∨\
    >-´  ※ //xタミⅩ彡:::ム|:.:.:.:.:.:〉.:.:.:.:.:',      ∨.: \
    ̄|>x、._/-_j斗'"ハ:::ハ:::/|.:.|:.:.:./\ .:.:.:.|___/\.:. /




                                                rーイ¨ ̄¨ト、-┐
                                              ,r::┘、」;;;;;;;;;;;:::j/:::::/入
.                                            _i -、_>------- <:::::┴i
                                   え!?    〈:::::::i i ||Vlリk i|i ,l||ソ ヽ::::::::〉
                               ということは      ┐'レ' ⊂⊃    ⊂⊃!Ni_イ、
.                         政治局には責任者が     イ| u         |!l lハ ヽ
                        存在しないってこと!?     /ハ              u.|| .\ ヽ
                                           || `、   {_ ̄ ヽ    '||  / /
                                           ||  ヽ、    ̄   . イ |,'  ヽヽ
                                           `    `iTァv'T爪      //
                                                 |<|真| >|      `ヽ
                                                  |〈| || | 〉|





686 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 22:03:29 ID:2MiPGVPo






          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_      そうです。
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\     今までは卓越した指導者である
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ     レーニンがいたおかげで何の問題もありませんでした。
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/     しかし、レーニンという中心的存在が欠けると・・・
         | |{i t    _     / |
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |


     |: : : : : : : :/   /        \ `丶ト、:.|:.:.:.:.:.:.:|: : : : :ート、、ヽ
    ヽ.ィ: : : :/   , /    l         'i '"´: : :.:|:.:.:.:.:.:.:!: : : : :_:ハ ',ヽ
      r‐:':::::::/   / / .     |     .l.    | .',: : : :.:|:.:.:.:.:.:.:|: : : : L_l::', ',r
     ',_:、:::/   |||.     |    .|.    | `丶;.:.|:.:.:.:.:.:.:!: : : : : :ハ::ヽ
      ノ:,'   .|l|      \   ト、   | l !´: :.:!:.:.:.:.:.,' : : :r ' `¬   みんなをまとめていた
      /:| | .   |十ト 、     |__x ┼‐ヽ- / | .).:: /:.:.:.:./: ::::::::|    |:
.      /:::,! |   .VV_ _\  `丁__ヽ|_____∨ ヽ{: : :/:.:.:.:./::::::;::::ノ|    !:   リーダー的存在が失われて
     /:::::ハ.ト 、 ト下丁丁  ‐-不三丁丁フ  ,ハr'^,-ヘ':::::::::}::! |   .!:
.    .ヽ|l ',ヽ \| 弋_‐.フ    弋_ー_フ   | .|/j〈ィ'>》_ノ"!::l .!   |:   たちまちgdgdに・・・
         |丁|  ,、,、       ,、,、,、l  ! .|:.ヾ ニフ    !::l .|   |:
.           | l| ′′      ′′′| l| .|/:.:.:.:.⌒ヽ丶|. |:  ..|:   組織の仕組みとしても
         / / 人             | l| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\|:   |:
          / /| |_  > .._  r_‐_、  _,  l l.! !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\  |:    議長がいないのは問題よね・・・
       /,イ | |! /:.:.:.::::ハィュヘ: ̄「「ヽ ..,' .,':| |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ|:
      ノ'   | .| ,′/`ヾニンリ:::..:.:.:.:.:./ /:.:.! !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
    ..'"ィ    | ||:.::':.:.:.:.::.:.`¬´:.:.:.:.:.:./ ':.:.:.:.| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:'.
   <._ <   .| ||:.::::::::::::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:! !:.:.:.:.| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|

【補足終わり】





688 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 22:04:21 ID:2MiPGVPo






レーニンの後継者として最も注目を浴びたのが他でもないトロツキーであった。
そもそも、やる夫を含め他のメンバーにめぼしい強力な後継者が存在しなかったことも原因である。



.  /,/;:;:;:;/;:;:;/;:;:;:;l;:、;:;ヽ;:;:;:;:ヽ;:;:;:ヽ;:;:;\;:;:;:;:;:;l;:;:;:;:;:!`'\
 / l;:;:;:/ //;:;:!;:;:;ヘヽ;:;:;:;\;:;:;:\;:;:;\;:;:ヽ;:;:;:;:!;、;:;:|
./ /;:;:;/ //;:;:;:|ヽ;:;:'、;:;\;:;:;l;:;ヽ;:;:\;:;:ヘ i',:;:;:;| ヽ:;:;i
  |;:;:/l;:l/;:;:l;:;:!ヽ\.\;:;:\ヽ、\;:;:\ ', | i;:;:;i':,::\|
  | /;:;:/l |;:l;:;:| i´ f::::j 、\;:\ ,rt:::j フl .! |ヽ:! !;:ヽi\
  | ヽ/ |、ヽヽ { `=‐' ヽ|`ー ゝ`ー=' l ! |;:;:;l !ヽ\- ゝ
  |  |;:;l ヽ\ ヽ                / | i;:;:;:!.|:;::|:;:!
     |;:;l |\ヽ_,ゝ     i         / ,! :;:! !;:;:l;/
     | ∧ |;:;:ヽ' 、      ` ´     /|/ l;:;:;ヘ;:;:i
     |/ ヽ ∧ヽ,\  ‐‐---‐‐   イ/;:;:;:|;:;:/ ヽ!.
       |/ |∧| \         / .| / l/;:;:l
         |'  l   ヽ、   /   l'/ ヽ/
              l     ` ̄´    l、
         ,. '´            ヽ、_
   __ ,.. '' ´   ヽ          /   `'ー- ..__
-‐ '´ {´        ヽ       /         `}  ̄ 'ー- 、
    ヽ          ヽ       /          / /     ヽヽ
  ヽ  \                         / /       | ヽ
      \                   /       /     ',
        `'ー-  _         _  -‐ '´        /      l
  /           `'ー----‐ '´         /    l     l   !





689 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 22:06:06 ID:2MiPGVPo






しかし、古参ボリシェビキであるカーメネフは、入党からせいぜい4年も経っていない
よそ者のトロツキーを後継者として認めることなどできなかった。



             / i   ./ヽ,
            /:::  | /   ',
           /:::::  ""       i
            /::::::         l
             /::::::          i
         /::::::           |      あんなアジテーターに党を任せられるものか・・・
           /::::::            |
        /::::::             |      そもそも奴は自分の理論を何よりも優先して
       /::::::              |      党の大義などなんとも思っていないのだ。
       /:::::               ヽ
      /:::::                 ',    あの強力な自負心・・・まるで自らが預言者のようではないか。
     //:::::                     ',.
     /::!::::::               丶 !   あんな奴に・・・あんな新参者に!
    /::l:::::::                 l, l
     i:::|:::::::                    |i l
    |::|:::::::                  || |





690 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 22:07:05 ID:2MiPGVPo






ジノヴィエフはもとよりレーニンの玉座を狙う以上、トロツキーとの共闘などあり得なかった。
「労働の軍隊化」論争において、トロツキーの手法を強く批判していたのも彼である。



           /      / |             \
       ./     ./  / |              ヽ
      ./     ./〕/  、 ト、             l
     /     ,イ././´    V  ミー-ミ         |
      | イ   | |'            __  ヽ       リ
      |{ マ  .}           _. -¬   Ⅵ >ミ、 ./   トロツキーほど危険な人物はいない!
      |! \ :| ,、     、 x≦三ミx:==キ7  }  {
        ゝヘ _>-ミ、__T  〈 の :||   i"   リ  l    「労働の軍隊化」論争の時、
          f「ヽ 〈_延厂`L__二...ノ'      ./  l
            マ、ノ__ノ}             / 彡'    奴のせいで危うく党が分裂するところだったのだ!
            ヽ!   〈 _ ,、         fーく/
             ヽ        _, ヽ    ′ .
             、  ,.. -ニ= '     /    「 ツ{
              、  ` ̄_      /    / 〈 ̄\
              ゚。         /  ィ ´  . ノ:::::::::ヽ
                    }、   _.... ='- ´   ィ´:::::::::::::::::ノ^ー- .
                  > T        ィ ´:::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::ー----ミ
              く   }    _. ィ ´:::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::;:::::-::一::::::::::::::
          _.. ---=土ミ.L. イ>'::::::____:::イ::::::::::::::::::ィ´::::::::::::::::::::::::::::::





691 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 22:07:39 ID:2MiPGVPo






ルイコフやブハーリンは右派として、しばしば左派的な政策を掲げるトロツキーと相容れなかった。



                          .  -‐…‐-
                        /            \
トロツキーか・・・                .         .:::::::::::::::::::::ヽ
                          ′        .::::::::::::::::::::::::::'.
たしかに奴の手法は                .:::::::::::::::::::::::::::::::'
過激すぎるな。              i  |i    .::::::::i|:::::::::::::::::::::: }
                       |   |i   .::::::::::|i:::::::::::::::::::::::′
                       ∧   |i ..::::::::::::i|::::::::::::::::::::/}
                   {∧ :::::::|i::::::::::::::::|i:::::::::::::::: //
                     V∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://
                     `|ヘ\:::::::::::::::::::::::::::::::::::/´
                        { |   ー=====‐ {
                      、|     _____  |
                      x≦二二二二八二≧x、
                         | |三三三|二  二|三三|
                       l| |ニニニニニ《 》ニニニ|l



       /                         |
.       /        π                  |
      |      ノ {               |  その上、重工業重視論者です。
      l i   从(´__  `ヽ_                {
      ヽヽ .{/////`ー´77777ノ丿  /       |  今は農産業の育成に国力を振り向けるべきであり、
       `ヽ i/////r-、//////ヽ─´  /,    |
         _ノ ∨/_ノ/  ヽ////>/   //  _/   彼の政策論と我々のスタンスは相反するものですよ。
        て ',  ヽ   ` ̄  z  /´  /_
         -=>  ',  ニ=      レイ    く
       |::::::::::::|/ ヽ  `    / /   ヽ ト--= _
       |:::::::::::{{ ,|_`ー- - ´  / |_   ノ:. :. :. :. 〉 〉
       |:::::::::::|| |`ー------ イ _(:. :. :. :. : //
       └:::::::::|| イ            }t-:. :. :. :. :. //
-=ニ二三三::::::::::}}              |/:. :. :. :. :. //





692 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 22:08:32 ID:2MiPGVPo






トムスキーに至ってはトロツキーと直接的に対立したことさえある人物である。
やる夫については、もはや言及する必要すらない。



       ,. -────- .、
     /: : : : : : : : : : : : : :\
    /: : : : : : : : : : : : : : : : : ハ
    l: : : : : : : ::/l: :l: : : : l: :l:l : ',
    | : : : : /‐/┼,ハ: :l: ∧_|:l: : :!
    |/l: : :/ /ィケlヽWNィテト/l: : |  トロツキーが実権を握るなんて
    |: l/l/,イ〈 ヒり    ヒク/|/lノ
    l: : : : ::|  ""   、 "l: |    考えるだけでおぞましいよね!
.    V: : : :|、   r‐┐ /: :l
     \: ::| > .,_ ̄イ: : : /
   ,x<ヽヽ:|\_ノ l`ヽ\/  __
   ,'   V⌒ト、o/lヽ〉 l\ / / )く
   |  ( ̄二ユ, ol   ', }/ Y/)、
   l    ゝ、二ニ}  l    V  /`´ー/
   |   / ヽ_ノ  ol    }  _/
   l   /  /    }   ,'  /
  / ´   ,'   /l/  /  /
  ヽ   /     |  / /



               ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   ( ●)  ( ●) \ 。      トロ公死ねや。
        |       (__人__). 。;つ  ペッ
         \       `⌒"   /





693 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 22:09:13 ID:2MiPGVPo






この時点で、トロツキーは政治局内部で孤立してしまっていた。



                       ,ィ
                     /  ,// _、-
                 , '/ /‐'::::,、ン'/
              , ./:::レ:::::::::::::´::::::ー--...、.._
               _iV::::::::::::::::_::_::_::::::::::::::::::::::::::::::::::=-
           r::'::::::::::::`ヽ三ニー-::::ニ:::::::::-=ニ´
          /::/三:::\\ヽ:::::::::ミ、::::::::::::::_:::=≧ー
         /:::::/:::::ンヘ\\ ヽ:::::::::::`ヽ:::::::::::::ニ三三ェ-
         //i:/://:::,'i::::ヽ\\',、::::ヽ:::::::::::::::::::::<'´
          !' /::;:':::/:::,'::i i:::ヽ:::::::ヽ:ミミ:::::ヽ、:::::::::::k-ニヽ、
          /::i::::l:i:::i、::',. ',::::::ヽ::::::::ヽ::::::::::::`::::::::::ミヽ、      嫉妬心と利己心に支配された俗物どもが・・・
         /:::ii:::l::i:::L::::':,::i:::::::\、_:::ヽ::::::::::、::::::::::ヾ、
         /::/i:i::l::i::i f:::j、:;::::',ヾ:::,rt:::j、\:::::::::::::::::i、\      あなたたちは他人の足を引っ張ることしか
      _,rーァ'/'´ i:ハ:l::lリ`=‐ヾ'、::、゙ヾ、ニノヽ::::::::::::::ヾヽ、.
   ,r''"     i.リ/リ::',゙     ゙ヽ   U .,!::;:::::iヾ::',ヽ、 ``ー-。   興味がないのですか。
  / ',  -、    i//::l:l゙、     、 ..  u  ..:':l::i!ヾl:::l lヽi ', `ヽ
  ∧  ',   i i   i i: リ ヽ. ‐-- 、   / /リ / !/./ ' '  ゙ヽ
  ,' ヽ  ', i 〈   ,i i::.、 \\   ..::'::: / !   , ', ' .i
  、 ヽ  i     'ヽゞミヽ、ゞ: `ニ:´:::::'' _,. -//  i
.  ヽ、ヽヽ  i    ',ヽ、`ヽミヽ、    ,.:-'´,. '´/   ノ     /
.   iヽ \i .i!ヽ     ` 、`'-、、、、、- ',ン''           /〃
   i  ヽ.\ !        ` ー-ー '´          , ' //
.   i   ヽ、ヾ                       , ' / '
    ',、   ゙゙'i\ヽ                   , ir' ヽ=
    iヽ    i! ヽ ヽ               , '/i!   /



最有力候補がもっとも反対される、というねじれ現象によって、後継者問題は複雑化することとなる。




695 :名無しのやる夫だお:2012/01/26(木) 22:10:37 ID:B81464Qg



トロツキー嫌われすぎ


694 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 22:10:11 ID:2MiPGVPo






カーメネフはただちにトロツキー追放計画を練り始めた。



           /l     、
         / |,,_   / l
        /   :::::::~-'  l
       /   ::::::::::::    l
       /  「●」::::::::::::::  |    見ておれよトロツキー・・・
       l   :::::::::::::「●」  |
      |   ::::::::lゝ::::::::::  |    でかいツラをしていられるのも今の内だけだ。
     l   ::::::::::::::::::::::::::  |    すぐに我がボリシェビキ党から追い出してやるぞ。
     |  ::::::::::::::::::::::::::::::::  |



政治局は指導者を失い、他人を蹴落とす陰謀を張り巡らす伏魔殿と成り果てていた・・・





704 :名無しのやる夫だお:2012/01/26(木) 22:16:32 ID:El7DHJqU



このあたりのグダグダが、本来なら「有能な若手」の一人でしかないやる夫が
つけ込む隙だったわけか



696 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 22:11:38 ID:2MiPGVPo




   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈● ノ\   /\ ●〉
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
    )    Y    (      なかなかきな臭い状況になってきたね・・・
   /γ⌒     ⌒ヽ\
  /  |         |  ヽ   やる夫はこれからどうするつもりだい?
  |   ヽ__人__ノ   |
  \     `ー'´     /

    書記局第二書記
  ヴァチェスラフ・モロトフ



      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |    ヴェーチャはこの情勢をどう見るお?
 \      ` ⌒´   /





698 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 22:12:25 ID:2MiPGVPo






      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈 ー ノ\   /\ー 〉
      ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ    どうかな・・・
.      )    Y    (
     /γ⌒     ⌒ヽ\     今のところ反トロツキー色が鮮明なのは
.    /  |         |  ヽ    同志カーメネフと同志ジノヴィエフの両名ぐらいじゃない?
.    |   ヽ__人__ノ   |
    \     `ー'´     /    同志ブハーリンや同志ルイコフ達は
    /     ∩ノ ⊃  /     もっぱら深く関わろうとはしてないしね。
    (  \ / _ノ |  |
.    \ “  /__|  |
.      \ /___ /




      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈 ● ノ\   /\● 〉
      ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ    けど、それはどうなのかな。
.      )    Y    (
     /γ⌒     ⌒ヽ\     結局、権力を握ろうとする者だけが権力を握るんだからね。
.    /  |         |  ヽ
.    |   ヽ__人__ノ   |    政策を実現したいなら、権力が必要だよ。
    \     `ー'´     /
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、   |
   /     / r─--⊃、  |
   |  ヽ,.イ   `二ニニうヽ.  |





699 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 22:14:27 ID:2MiPGVPo




          ____
        /      \
       / ─   ─   \     ということは、カーメネフとジノヴィエフが
      /( ●)  ( ●)    \    時期後継者有力候補って感じかお。
      |  (__人__)       |
       \ ` ⌒´       /
        /  ー‐      ヽ
       /   



   ,.⌒,ヽ     γ⌒、ヽ
  〈/●ノ\   人● ヽ〉
    ヽ彡'  ヽ /  ヾ_ノ     ・・・そうだと思うけど、やっぱり決定的じゃないよね。
    )    Y    (
   /γ⌒     ⌒ヽ\     対するトロツキーも不利なうえに経歴に問題がある、
  /  |         |  ヽ
  |   ヽ__人__ノ   |    この権力闘争は長引くと思うよ。
  \     `ー'´     /





701 :名無しのやる夫だお:2012/01/26(木) 22:15:40 ID:fzhHd0eo



なかなか的を得たことをいうんだなモロトフ


700 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 22:15:30 ID:2MiPGVPo





             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \     やる夫もそう思うお。
        |      (__人__)     |
        \     ` ⌒´    ,/      同志レーニンが明示した後継者がいない以上、
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ    この問題がそうそう簡単に決着がつくとは思わんお。
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |    やる夫含め、頭一つ抜けた人間が一人もいないんだお。
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |



      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈 ー ノ\   /\ー 〉
      ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
.      )    Y    (
     /γ⌒     ⌒ヽ\     ・・・やる夫はどうするつもりだい?
.    /  |         |  ヽ
.    |   ヽ__人__ノ   |
    \     `ー'´     /
    /     ∩ノ ⊃  /
    (  \ / _ノ |  |
.    \ “  /__|  |
.      \ /___ /





703 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 22:16:19 ID:2MiPGVPo



       ____
    //   \\
   /( ●)  (●) \       ・・・やる夫は権力なんてもんには興味ねーお。
 /::::::⌒  、_!  ⌒::::: \      そもそもグルジアの田舎出身であるやる夫が
 |     'ー三-'     |      ロシアを支配できるワケもないんだお。
 \              /




     ,..¨ ̄ ̄¨丶
    /        \
   / ヽ、:::::::::      ヽ,    この状況で、やる夫「達」のやるべきことはただ一つ。
.  /( ●):::::::::::, -‐    i
  i     ::::: ( ●)     |    大ロシアの再建。ただそれだけのために全力を挙げることだお。
  \ (_,、           /
   \ ` ‐'    __/     政治局が内紛に陥る中、書記局がロシアと党を守らなければならいんだお!
    /         \





705 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 22:17:21 ID:2MiPGVPo




    ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
    〈● ノ\   /\ ●〉
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
.     )    Y    (
   /γ⌒     ⌒ヽヽ
   /  |         |.i     ・・・まったく異議なしだね。
   |   ヽ__人__ノ |
    \     `ー'´  /     祖国ロシアの置かれている世界的状況を
    /      ┌─┐      理解できているのは僕らぐらいだよ。
    i    丶 ヽ{ .茶 }ヽ
    r     ヽ、__)一(_丿     僕達書記局のやるべきことは、あまりにも明確だ。
    ヽ、_____   ヽ ヽ
     と_____ノ_ノ



       ____
     /_ノ  ヽ、_\
    /( ─)/)(─)\     同志レーニンも非常事態続きで
  /::::::⌒///)⌒::::: \    党機構の安定を確立できなかったお。
  |   /,.=゙''"/      |
  \. i f ,.r='"-‐'つ   /   書記局は党に鉄の規律を導入して
  / i    _,.-‐'~    \    分裂や動揺を阻止することから始めるお。
    i   ,二ニ⊃





706 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 22:18:30 ID:2MiPGVPo






クロンシュタット叛乱と労働の軍隊化論争で動揺した党内を引き締める為に
レーニンは「分派禁止規定」を制定していた。

これは党の方針に反対することを禁止し、分裂崩壊を防止するためのものであった。



       ____
    //   \\
   /( ●)  (●) \      そもそも、それこそが
 /::::::⌒  、_!  ⌒::::: \
 |     'ー三-'     |     同志レーニンがやる夫に託した使命なのだから・・・
 \              /




レーニンはこの規定を根拠にして、やる夫に党内反対派を粛清させる腹積もりだったのだ。





707 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 22:19:21 ID:2MiPGVPo






しかし、すでにやる夫とモロトフは、この強力な規定を私的に利用しようとしていた・・・



       ____
     /⌒  ⌒\
   /-=・=- -=・=-\     だから、思いっきり党内を粛清してやるお~♪
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     トェェェイ     |    同志レーニンもきっと喜んでくれるお~♪
  \    ヽニニソ    /



   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈 (()) ノ,\    人 (()) 〉
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ  ニヤニヤ
    )    Y    (
   /γ⌒     ⌒ヽ\
  /  |         |  ヽ
  |   ヽ__人__ノ   |
  \    、`ー'´,    /



書記局の権力を利用して、党内の主要ポストを自分達の影響下に収めようと画策していたのである。




709 :名無しのやる夫だお:2012/01/26(木) 22:20:59 ID:El7DHJqU



タテマエと本音の使い分けが上手いのう


711 :名無しのやる夫だお:2012/01/26(木) 22:21:02 ID:hUaHbcjU



粛清の時間だね(ニッコリ


712 :名無しのやる夫だお:2012/01/26(木) 22:21:23 ID:2RGWPMOM



まさにキ●ガイに刃物状態。


714 :名無しのやる夫だお:2012/01/26(木) 22:22:29 ID:o9vzXKMk



分派禁止規定…
「党上部の命令には絶対服従」「党の決定に異論を唱える反革命分子には死を」の根拠だろこれ。
これが制定された時が、ソヴィエト民主主義の完全なる死亡宣告というわけか…



719 :名無しのやる夫だお:2012/01/26(木) 22:24:57 ID:hUaHbcjU



>>714
死亡宣告にはまだ早い 死亡宣告になるのはこれが悪用された時
そもそも議会民主主義の日本の政党だって、
重要法案には党議拘束かけて、違反者は除名やら何やらさせるでしょ



718 :名無しのやる夫だお:2012/01/26(木) 22:24:21 ID:Ln2ypxw6



この時点でウクライナのホロモドールで数百万殺してるしな・・・・


708 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 22:20:19 ID:2MiPGVPo






【補足】


     |
     |   x─‐-─-、
     | ./::::::::::::::::::::::::\
     |/:::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
     |イ  ̄ ̄ `ヽ::::::::::::〈
     li  l | | i/ ト∨:::::/
     |{ N | |イ__イ! }}:::;く     たしかモロトフって律義者って評判だったのよね?
     |┯┯  ┯くリく{〈
     |uゞ    ゞノ!Y^!      彼はやる夫の野心を見抜いていたのかしら?
     | >- ' ィ^人|l |
    f⌒x::::::}{:::イ二 il |      そのうえでやる夫に手を貸していたの?
    `<:::ゝ::<二二>
     |:::::>-イ< ̄ }i |      彼が第二書記になれたのもやる夫の計らいのおかげだから、
     ト、::::::::::::::::::::`Yノ |
     |::::::::::::::::::::::::: }__人__  恩を感じていたのかしら?
     |:::::::::::::::::::::::イ::ノ ̄う__ノ
     |:::::::::::::::x'YV`ヽ二ニ=イ
     ├一'^゙´





710 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 22:21:00 ID:2MiPGVPo





       ,.:-=;1ー;1―;1―;1―;1―;1―;1―,=;:、
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ         ★           ゙ミ
       ミ                     ゙ミ    それもあるかもしれませんが、
       ミ                     ゙ミ
       ミ;==============゙ミ    モロトフはこう見えて虚栄心の強い人物です。
       〃. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:ヽ     k
.       / . : : .:.:|: : : : : : : .:人: : : : : : : : :',     ! :',   書記局が権威を強めていくなら、
     ,'. : : : :.:.:.:.|: : :,':,'.: : / \\_.:.:.:|.: : :.! *|.:|
.    |: : :.:.: :.:.:.|.:.://.:.//  ̄ \\メ、.:.:.:!   |.:.:|   自分も大きなポストを手に入れられますからね。
.    人 、 :. :.:イ////    ,.-≠ ミ.、!.:,'   ,'.:. |
       \\:.:.:.:lYl⌒ヽ    /|  :::::::l! |/   ,': : :|
         l\\八 フ:ノ   ′ フ__ノ' ,'    l.:.:.: :|
        |ハ *ミ ,,`´       '' .イ  *|.:.:. |
.         ノハ  >.....__冖_ <:八     い、ヘ
      r 彡.:.:.,'     !:.|「≠介トn,、リ≠、.:\    \\\
    <-=≠:/     ,'.:〈チ_/小.シ〃゙ ト、У.:.ハ.     \<
   /-=/     /.:f癶=キト込、/:.:.:.〈〉ー-ハ  ※  ∨\
    >-´  ※ //xタミⅩ彡:::ム|:.:.:.:.:.:〉.:.:.:.:.:',      ∨.: \
    ̄|>x、._/-_j斗'"ハ:::ハ:::/|.:.|:.:.:./\ .:.:.:.|___/\.:. /




     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/   それに、
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||     モトロフはどこか政局や宮廷遊泳術に
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|      長けているところがありました。
       l \     _    ,/ |
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |      彼は、早くもやる夫に将来性を見出していたのかもしれません。
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!


【補足終わり】





713 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 22:21:54 ID:2MiPGVPo






      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈 ● ノ\   /\● 〉
      ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
.      )    Y    (
     /γ⌒     ⌒ヽ\     それについてやる夫・・・
.    /  |         |  ヽ
.    |   ヽ__人__ノ   |    君に紹介したい有望な若者がいるんだ。
    \     `ー'´     /
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ     彼は必ず君の力になれるよ。
    /      ,⊆ニ_ヽ、   |
   /     / r─--⊃、  |
   |  ヽ,.イ   `二ニニうヽ.  |



         ____
       /⌒  ⌒\
      /( ●)  (●)\     ほぉ。
    / ::::⌒(__人__)⌒:::: \
    |     |r┬-|     |   優秀な人材ってのはどれだけいても足らないもんだお。
    \      `ー'´     /
      >         <      是非とも紹介してくれお!
     ( |        / )
      `|       /'
         |   r  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......



      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈 ー ノ\   /\ー 〉
      ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
.      )    Y    (      歓迎してくれるとおもったよ。
     /γ⌒     ⌒ヽ\
.    /  |         |  ヽ   じゃあさっそく紹介するね、同志ラーザリ・カガノーヴィチ君だ。
.    |   ヽ__人__ノ   |
    \     `ー'´     /
    /     ∩ノ ⊃  /
    (  \ / _ノ |  |
.    \ “  /__|  |
.      \ /___ /





715 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 22:22:46 ID:2MiPGVPo




      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      /   ,∨∨∨∨∨
    /  /   /   \ |
    |  /    ,(・) (・) |     初めまして同志やる夫。
     (6        ⊂⊃ |
     |    ___l_,|     ラーザリ・カガノーヴィチと申します。
     |     \__/ /
   /|         /\     よろしくお願い致します!

    ボリシェビキ若手幹部
    ラーザリ・カガノーヴィチ





           *  _______
    / ̄|  +   /         ヽ   +
    | ::|    /⌒       ⌒   \
    | ::|x  / ( ●)    ( ●)   |  .人     こちらこそよろしくだお!
  ,―    \   | ::::::⌒(__人__)⌒:::::     |  `Y´
 | ___)  ::| .!     l/ニニ|      /         たっぷり仕事が待ってるから
 | ___)  ::|+ヽ    `ー‐'      /     十
 | ___)  ::|   .>          \         さっそくビシバシ働いてもらうお!
 ヽ__)_/   /                 \





717 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 22:23:56 ID:2MiPGVPo






政治局が内紛で機能不全に陥りつつあるなか、
その間に影響力を拡大していったのがやる夫の書記局であった。



                                 ,.へ
  ___                             ム  i
 「 ヒ_i〉                            ゝ 〈
 ト ノ                           iニ(()
 i  {              ____           |  ヽ
 i  i           /__,  , ‐-\           i   }
 |   i         /(●)   ( ● )\       {、  λ
 ト-┤.      /    (__人__)    \    ,ノ  ̄ ,!
 i   ゝ、_     |     ´ ̄`       | ,. '´ハ   ,!
. ヽ、    `` 、,__\              /" \  ヽ/
   \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―--―/::7   ノ    /
       ヽ.      ヽ::〈; . '::. :' |::/   /   ,. "
        `ー 、    \ヽ::. ;:::|/     r'"
     / ̄二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
     | 答 |        第一書記         │|
     \_二二二二二二二二二二二二二二二二ノ






やる夫は真っ先に書記局内部の人事を自分の派閥の人間で固め、書記局を完全に掌握した。
この過程で、モロトフに紹介されたカガノーヴィチを書記局組織部のトップに据えていたのである。



                     (_(_(_, ヽ
                   , ─── 、  (⊃_ ノヽ
  ┃ ┃┃          /WWW \ \   l     l
  ┣━     | |    l \ll/    ヽ/^ヽノ    |
  ┃       | |    (| (。) ∠      ノ      !
      ┃┃ | |   / (二) / ⌒ヽ  | |    /
   ━╋┓    /|  l _    /\ \|  l l    く
\\ ┃┃ |\/ |/| (__/ \ ヽ ノ //    \
  \\   _|   _└  ヽー`ー`─ ´ /´
 ☆    \   (ヽ  \  |  ̄ ̄ ̄   / ⌒ヽ
  /⌒ヽ ∠   \\/ヽ l      ̄ ̄|   二|
/   /\  |/ヽ/\ ヽ_ノ ヽ、_    ヽ_,_ノ
l_/\/\  /\/  ̄    \  ̄ ̄ ̄


カガノーヴィチはパワフルに働いて、反対派の人間を徹底的に叩き潰していった・・・





720 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 22:25:21 ID:2MiPGVPo






カガノーヴィチの働き具合はやる夫の期待をはるかに超えるものである。
不作法で強引、暴力的で半分犯罪的な人物で、「どんな課題でも」達成することができた。



    (     )
    (、 ,    ,)
      || |‘                        ,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,;;;;;;,,,
              ∧∧∧∧∧∧∧    ______;;;;;;''''"              ''';;;;;;;;,,,
   / ̄ ̄ ̄ ̄\ <          >   / _ノ_ノ:^)                ''';;;;;;;;;,,,
   l ∨∨∨∨∨ l <         >  / _ノ_ノ_ノ /)             ''';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   |   \()/   |   ∨∨∨∨∨∨   / ノ ノノ//
   (| ((・) (<) |)           __  / ______ ノ
   |    ⊂⊃   |       _.. r("  `ー" 、    ノ
  | .| ⌒ \.l/ ⌒ | |  _. - '"´    "-、   ゙   ノ
  |. l + + + + ノ | ' "        _.. `ー''"ー'"
  r\_____/"´     __ '"´ -" ̄ "- ̄ヽ
/      ----,,,   ,,_.- ' "  /"   _   ----ヽゞ;;;,,                ,,,,:;;;;;;;;;;;;;;;;;;
           '''''─ "    (___-"  ヾ ヽヽヽヽ'';;;;;,,,.              ,,,;;;;‐″
|                          _..ヾ ヽヽヽヽ '';;;;,.           .,;;;;;;'
|                   ,,,-‐ '"´   ヾ__)__)__)_) ''';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ,,.,;;;;‐'''
│         "─r'--,,,,,--''''''''



         ____
        /⌒  ⌒\
      / (⌒) (⌒)\
     /  ::⌒(__人__)⌒::: \    ラーザリGJだお!
     |       |::::::|   ,---、
     \       `ー'   しE |   こりゃーいい拾い物したもんだお!
     /           l、E ノ
   /            | |
   (   丶- 、       ヽ_/
    `ー、_ノ



小学校以上の教養はなかったが、並外れた組織力を持ち権力の使い方を心得ている人物でもあった。
やる夫はカガノーヴィチを大いに気に入る。




723 :名無しのやる夫だお:2012/01/26(木) 22:27:43 ID:El7DHJqU



キチ○イの手元に鋭利な刃物がどんどん増えてってるって感じだなこれ


721 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 22:26:09 ID:2MiPGVPo






しかし・・・そんなカガノーヴィチにも暴力以外の欠点があったのである。



              ____
             /        \
            /           \      ・・・?
            /  _ノ   ヽ_      \
            |  (●)   (●)      |    ラーザリ、この報告書なんか文法が変だお?
.           \  (__人__)  u.   /
           /  `⌒ ´       \
      彡三三ミY彡三三ミ\--、    |
       \    \\    \E |    ノ



      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      /   ,∨∨∨∨∨
    /  /   /   \ |
    |  /    ,(・) (・) |     う・・・
     (6  u     ⊂⊃ |
     |    ___l_,|     そ、その・・・同志やる夫・・・
     |     \__/ /
   /|         /\





722 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 22:27:11 ID:2MiPGVPo






      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      /   ,∨∨∨∨∨
    /  //      \.|     じ、実は・・・
    |  /u   ,>  < |
     (6       ⊂⊃ .|     文章の書き方がよく分からなくて・・・
     |  u   __l_,.|
     |    /    / /
   /|     ̄ ̄ ̄/\



    / ̄ ̄ ̄\
  /        \      ふーむ・・・
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \



カガノーヴィチは小卒だった。
学校での教育レベルも低く、教養らしいものは一切身に着けていなかったのである。

ボリシェビキ特有の病的な勉強熱心さで、大量の書籍を独学で読んではいたが、
それでも簡単な文章を書くことが関の山であった。





724 :名無しのやる夫だお:2012/01/26(木) 22:27:53 ID:B81464Qg



読み書きがちゃんとできないと大変だな


726 :名無しのやる夫だお:2012/01/26(木) 22:28:14 ID:hUaHbcjU



角栄かよ


725 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 22:27:55 ID:2MiPGVPo




                   ___
                 /      \
               /_ノ   ヽ_   \
             /(●)  (● )   ヽ    ・・・真に優れた党員になるためにも、
               |   (__人__)        |
             \   `⌒ ´      /    文章は完璧に書けるようになったほうがいいお。
                /            \
           | ̄ ̄ ̄ ̄|~|       |    ちゃんと文法の勉強はしなきゃいけないお。
.          /  |        | .|-、  ノ   | ヒョイッ
.         //  (つ       .|と  ̄”     ノ



      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      /   ,∨∨∨∨∨
    /  //      \.|     は、はい・・・
    |  /u   ,>  < |
     (6       ⊂⊃ .|     精進します・・・すいません・・・
     |  u   __l_,.|
     |    /    / /
   /|     ̄ ̄ ̄/\





727 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 22:28:30 ID:2MiPGVPo




         ____
       /      \
      /  ⌒  ⌒ \           それじゃーさっそく今から勉強始めるお!
    /    (●)  (●) \
    .|    :::⌒(__人__)⌒::: |   __    まずは基本的な文法からだお!
     \      `ー' / ̄ ̄⌒/⌒  /
    (⌒\     / 国語 /    /
    i\  \  ,(つ 文法 /   ⊂)
    .|  \   y(つ    /,__⊆)





      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      /   ,∨∨∨∨∨     え!?
    /  /  ⌒  ⌒  |    ど、同志!?
    |  /    (・)  (・)  |
     (6       ⊂⊃  |    だ、大丈夫です!自分で勉強しますから!
     |  u    __l_,|
     |     /    / /
   /|      ̄ ̄ ̄/\





728 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 22:29:04 ID:2MiPGVPo




             /)
           ///)
          /,.=゙''"/              人人人人人人人人人人人人
   /     i f ,.r='"-‐'つ____      <                  >
  /      /   _,.-‐'~/⌒  ⌒\    < 細けぇ事はいいんだよ!! >
    /   ,i   ,二ニ⊃( ●). (●)\   <                  >
   /    ノ    il゙フ::::::⌒(__人__)⌒::::: \   YYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY
      ,イ「ト、  ,!,!|     |r┬-|     |
     / iトヾヽ_/ィ"\      `ー'´     /






               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |     部下の教育も上司の重要な仕事だお!
   /( ●)  (●)\  !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l     それに勉強は独学より
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //       他人に教えてもらった方が覚えやすいんだお!
  / __        /
  (___)      /





729 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 22:29:43 ID:2MiPGVPo






この時、やる夫は意外な人情さを見せた。



     / ̄ ̄ ̄ ̄\
     l ∨∨∨∨∨ l は、はい同志!
     |  /  \   |               ___
     (| ((・) (<) |)            /      \
     |    ⊂⊃   |          /⌒   ⌒   \    そこはちゃんと
    |   ___l_  |        /(● ) (● )   \   コンマを入れるんだお。
    |.   \__/  |        | ⌒(__人__)⌒      |
     \_____/        \   `⌒ ´     /   あと書き順違うお。
   /´           `\       /            ⌒ヽ
  /  /          l  l   ._ / _        /  |
__l  l_¶______/_/__/     ヽ_ヽ (  ̄ ̄ _/
  \, ´-'ヽ  ̄| ̄ ̄ ̄ ̄|   l二二二二l
    ヾ_ノ   | '''' '   |   l二二二二l
   | 9=ε-8. | '''..--  |   l二二二二l:::..
   |   ..''  |  ''-.  ,|
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



仕事の合間を見つけては、カガノーヴィチに単語の綴りや句読点の打ち方など
国語の勉強を自らの手で教えていたのである。

カガノーヴィチは、やる夫の個人授業を熱心に受けていたという・・・





730 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 22:30:45 ID:2MiPGVPo






カガノーヴィチは面倒見の良いやる夫に心酔していった。



          .:-:―:―:―:―:-:. 、
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ
        ./:、/\/\/\/\:.:.:.:.:.ハ
       |/三≧x   x≦三ム  ∨:.:.:.i
      .ィj rr―ミ     ィ―‐r、  ∨:.f ̄`ヽ    なんて偉大な人なんだ・・・
        { ノ {.l:f::リ /   {.l::fr:::リ    ∨f⌒゙ }
      i'    ̄ /   i   ̄ ̄     ヾ! ソ /    教養もあり、勉強熱心で、
      .′   i__.l          i_.ノ     絶対的な指導力と決意を持ちながら、
      !                      |       それでいて謙虚で驕ることもない・・・
     ハ     ` ̄ ̄ ̄´           |!
      ゝ     ̄          /iヽ.      まさに、俺が探し求めていた真の革命の体現者・・・
       〉、                 /彡 }      まさに現代のロベスピエールだ!
      ./  ミx ___  一     ノ≧x
    . ´ ̄ゝ                  /    `ヽ
 / /     \               /       \
/  /         ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´        i     ハ
  /                         |    }




カガノーヴィチがやる夫のもとを訪れるときは、彼の期待に応えるために
ありとあらゆる書類やメモ、カンニングペーパーを鞄やポケットに詰め込んでいたという。


      _____
     r' ,v^v^v^v^v^il
     l / jニニコ iニニ!.      なぜって?
    i~^'  fエ:エi  fエエ)Fi      同志やる夫のどんな質問にも
    ヽr      >   V      答えられるようにするためさ!
     l   !ー―‐r  l
 __,.r-‐人   `ー―'  ノ_       ∩ ⊂ゝ
ノ   ! !  ゙ー‐-- ̄--‐'"ハ ~^i      |ヽ i三 |
 ヽ ! ヽ、_     _.ノ  i  \    i )  ‐ノ
ヾV /              ! /.入  /   /





731 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 22:31:33 ID:2MiPGVPo






やる夫に対するカガノーヴィチの尊敬は、小学生が教師に対して向けるように純粋無垢であり、
そしてどこか卑屈で危険なものであった・・・

モロトフは、カガノーヴィチのことを皮肉を込めてこう評している。



            __
       ./三三三三三ハ
       i/ヽ' `'´ ヽ'’ヽ'’i;i
       _i{<≧トュ  ぇ≦ゝ i;_
     i .,’ 'T;T i  'T;T  f{ハ
     i i   ̄ i   ̄   i/
      {  ,  ヾ'   ,  }’
     ハ  `  ー  ´   /
     _.-lヽ       ノ i 、
  _. -‐´  `ヽ`ニ ─ ニ´ '’  ` ‐- 、
/        ` ̄ ̄´         ヽ
                  \\ | l i 川 | l i川 | l i 川 | | l i川| l i 川//
                   三                         三
                   三     『200%のやる夫主義者』     三
                   三                         三
                  // | l i 川 | l i川 | l i 川 l i川 | l i 川 |\\
                                       _____     _
                               /`ヽ   /..:..:..:..:..:..:..:..:.\  /:..:.ヽ /´ ̄:ヽ
                              /::..:.:..:..ヽ  l:.:.:::/ ̄ ̄ ̄\..:..:..::..:..:..:./:..:..:..:..:..:..:.i
                             く:..:..::l:..:..:....:. / / \ , ,, / \ヽ.:..:../:..:..:..:..:..:..:..:..:..l
                             \:.:l:..:..:..:..:..:/   (●)  (●) \.:/:..:..:..:..:..:..:..:..:..::.::.:ヽ、
                               ヽl:..:..:..:.:.:.|      (__人__)    |、:..:..:.i:..:..:..:._: - ¨ ̄
                                l:..:i,,:..:...:.\     `⌒´    /::.::V:..:..:../
                                 V..''.:..;..:.ノ_三ニ‐'゛ー ′ -‐ヾ:..}}:.ァ',ィ
                                 \::.!(      , '    )ノ-:':/
                                    `ヾ:.`;ー‐‐‐'゛ '---ー;'"ィ_ー'
                                      |         |:_:>





733 :名無しのやる夫だお:2012/01/26(木) 22:32:35 ID:309ApmRg



こりゃ落ちる罠。共産党員のインテリってこういうのは馬鹿にするだけだったろうし


736 :名無しのやる夫だお:2012/01/26(木) 22:34:01 ID:vSGzr0MA



やる夫の必殺技は実証&理詰めだからなあ、トロツキーは演説とアジテーターだけど、
討論形式になるとすごく弱くなる。



737 :名無しのやる夫だお:2012/01/26(木) 22:34:20 ID:El7DHJqU



なんという人たらしの業…こんなんされたら俺だって心酔する


739 :名無しのやる夫だお:2012/01/26(木) 22:35:04 ID:Ln2ypxw6



やる夫にとって最高の相棒だったモロトフにそこまで言わせるとはw


732 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 22:32:18 ID:2MiPGVPo






カガノーヴィチを仲間に加えたやる夫は
「分派禁止規定」を利用して党内の大規模な粛清を繰り返した。



                     \
          お 叩 同   \
          れ き 志      |
              の 潰 や   ._-───-、
.            や す る   /:::::::ト、i\/\::::\
            り .の 夫  {ヾ/>v、/:::::::::\r‐
              か が の .〉  { 0}::::|//::::::::::::
             た    敵  ゝ   ,=}==、:::::::::::::::::
            さ    は ./  `ーァ‐':::::::::::/|::
             °       |  r‐  }::::::;:<\ j:::
.          \_r──、  /\ゝ-< ̄\__>:::::
           │ ─i⌒ヽ    \   ( ̄::::::::::/:
           │ ─|_ハ    /  ̄ニ二 ̄:::::::::
           │ ─、i   .}   / |     {::::::::::::::
              \ ー'   /\/  |     ヽ:::::::::::
             ヽ-<      |      ヽ:::::::



大量の党員が党から追放され、
内戦時に75万人にまで膨れ上がった党員のうち、25万人ほどが追放されたと推測されている。


    ∧∧     ∧∧     ∧∧     ∧∧     ∧∧     ∧∧
   /⌒ヽ)    /⌒ヽ)    /⌒ヽ)    /⌒ヽ)    /⌒ヽ)    /⌒ヽ)
   i三 ∪    i三 ∪    i三 ∪    i三 ∪    i三 ∪    i三 ∪
   〇三 |    〇三 |    〇三 |    〇三 |    〇三 |    〇三 |
   (/~∪    (/~∪    (/~∪    (/~∪    (/~∪    (/~∪
   三三     三三     三三     三三     三三     三三
  三三     三三     三三     三三     三三     三三
  三三三   三三三   三三三   三三三   三三三   三三三





734 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 22:33:12 ID:2MiPGVPo






そして、彼らの後釜に、自分に近しい人間を就けることも忘れていなかった。



                              (ヽ三/) ))
                               ( i)))
                           / ̄ ̄\ \
                         /   _ノ  \ )
        やる夫様様だろう!     |    ( >)(<)
                        . |  ///(__人__)
                          |     ` ⌒´ノ
                        .  |         }
                        .  ヽ        }
                           ヽ     ノ
                        ⊂ヽ γ    く
                        i !l ノ ノ    |
                        ⊂cノ´|     |

                         やる夫の盟友 
                      クリメント・ヴォロシーロフ



     /: : /:: : : / : : :.!:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : : :|: : /|: : : : :|: : |: : : : :',: : :ヽ :
   |: : |: : : : : |: /_ |: : :,/|: : /ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/´  |: :/ |:./ ̄`'V: |.: : : | V    まぁ権力やポストなんぞに興味はないが・・・
  < : _: : : /.     |/  レ   }|:./ヽ: : :|
  <:: |. 小{   -‐''"´     `''ー レ{: :.|ヽ:|     もらえるものはもらっておくか。
   厶ヘ ハ         、    {ハ,;' ((
      \_!         '    ! ( ( ヽ) ホワ~ッ
        ヽ.    ー――    /  ヽノζ
      ___,r| \         /   | ̄ ̄ ̄|(^)
    /:/::::| \  ヽ _ , ィ´    | ''..,,''::;;⊂ニヽ
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、  .| .,,:: ;;;;ン=- )
/:::::::::::/::::::::|    \  /  ! ,r-''⌒^ニ);;;;ヽニノ ヽ

        やる夫の旧友
       アヴェル・エヌキゼ



この時期を通してやる夫と繋がりのある彼らの影響力が
主に中央委員会において増長していったのである・・・





735 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 22:33:59 ID:2MiPGVPo






さらに、やる夫は意欲的に優秀な若手人材を登用していった。


        ____
      /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\        同志ポスクリョーヴィシェフ!
   /::::::⌒(__人__)⌒:::::\       君のまとめた報告書を読ませてもらったけど
   |     |r┬-|     |       なかなかよくできたものだったお!
__ \      `ー'´     /     ___
ヽ  ̄`"¬ー--、,,,_   _,,,、-ー"´ ̄´....,., /
 ∨ ;:;:;;;;:;:;:;::;:;;;:;:;;:; `Y´ ;;::;;:::;:;:;:;:;;;:;:;:;::; /
  ', ;:;:;::;::;:;;;:;;:;:;::;;:;;:;: i ;;:;:;:/ ̄ ̄/;;:;:;: /
   ', ;:;::;;::;::;:;;::;;;;:;:;;:;: i ;;:;:/ijknw/;;:;::: /
  {⊃;;:;:;;:;::;:;;;:;::;:;;::: l ;;:;;:;;:;:;:;;;:::;:;;:;⊆}
   ヽ⊃) ̄7;;:;:;:;::;;:;: l ;:;:;:;;:;::;:;::;;::; ⊂ノ
   / /__7;;:;;;:;;::;;;; l ;;:;;:;:;:::;:;;::;;;:;: /
   / ;:;:;:;;;;::;:;:;:;::::;;;:;:; ! ;;:;::;:;:;;:;;:;::;:; {
  ノ / ̄/ ̄/ii7lkl/7 i []ikllihXCV ヘ、_
   ̄`"¬--、,,,.__¬ }L ]_,,,、-ー"´ ̄
             ̄`´ ̄



                                       ,. -ー冖'⌒'ー-、
                                      ,ノ         \
                                      / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ
        は、はぁ・・・ありがとうございます          {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、
                                     /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/
       (この人は・・・たしか書記局の同志やる夫か) ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /
                                  / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /
                                 ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/
                                 人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
                               . /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
                               /   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃





738 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 22:34:54 ID:2MiPGVPo






         ____
       /⌒  ⌒\
      /( ●)  (●)\      それに・・・
    / ::::⌒(__人__)⌒:::: \
    |     |r┬-|     |    君はなかなか怖い(醜い)顔をしているお!
    \      `ー'´     /
      >         <
     ( |        / )
      `|       /'



                                       ,. -ー冖'⌒'ー-、
                                      ,ノ         \
                                      / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ
        (うっ・・・人のコンプレックスを・・・)         {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、
                                     /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/
        よ、よく言われます・・・             ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /
                                  / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /
                                 ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/
                                 人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
                               . /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
                               /   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃





740 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 22:35:40 ID:2MiPGVPo




          ____
        / ⌒  ⌒\
      / (● ) (●)、
     /::::::::⌒ (__人__)⌒\      その顔なら「敵」を怖がらせられることができるお!
     |      |r┬-|   |
     \       `ー'´  / (ヽ    どうだお、やる夫のところで秘書として働かないかお?
      >        <  ( i)))
     γ´          ,ヽ/ /    きっとやりがいのある仕事になると思うお!
     / /、:::..  、      _./
   / ノ .):::..       |
  l∪ノ /   ,      /
  UJ' i   |     |
      ヽ_,ヽ__,  |
        ヽ..:::\   ヽ
        ノ::: ノ  ,ノ
       (___(_.._ヽ



                                       ,. -ー冖'⌒'ー-、
                                      ,ノ         \
                                      / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ
        あ、あなたの下でですか!?            {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、
                                     /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/
        (第一書記の個人秘書だって!?      ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /
         ただのしがない事務屋が          / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /
         大出世じゃないか!)            ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/
                                 人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
                               . /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
                               /   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃





741 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 22:36:38 ID:2MiPGVPo






醜い顔つきのポスクリョーヴィシェフは、中央委員会の機関で働いているときにやる夫の目に留まった。
やる夫によって抜擢された若手人材の典型である。



                        _,,t-‐‐-、,-‐‐-、
                     三'::::::............... .....::::::`y,.
                     ナ::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::ヾ
              | ̄|   V::::::::::::::::_{{ ({∫∬ノノjヾ:::::{
           | ̄| | ̄|   ナ::::::::::::::i`__,,,,,,,ァ_  _,,,,,_ t;;:ヌ
           |  | |  |  イヘ::::::(ヾ~!,ャt、 !'''i ィtン )=f }f
           |  | |  |  i {t)テ" ヘ' '___,イ ヽ_/ 介'
           |  | |  | _,rヘ_,j|!'     /ー--''!     |'
           |,.ィ―'''' ̄ /| |       /二ク     !
           /;;:::'';;::''::;;:/ { ! 、     ヾニン   ノ\
            /'''::::;r|''':::;;;|  | ! \       _,,./|::;;'''\
        /:;;/ |;;;''::;;|   丶\  `__>-ー´   !;;;:'''::iヽ、
          i/   |'::;;;;''|      三 ―''"       !''::;;;;| /ヽ
        /⌒ヽ  |;;''':::;|       \            !;;::''|/  i
         /     \{'';;;::''}          ̄二ニ=    !::;;|   |
        /ヘ     |;;:::::;{            ‐-      !/   |
        /  i     |:::;;;''!             ー       !  / |
     /   l     |;;'';イ                   }   {、
     〉、      ∧テ{ ヽ  _   _,,,,;;;;;:::-==ニ;;;_   ノ __,イ´
      / \_    //レ!      ̄           ̄ { ̄  |
    /    `ー::v'´/ | i                     i    |
    i       / ̄   | |                     i、  |
    i       /    ||                         ヽ  |

    「やる夫の官房長官」アレクサンドル・ポスクリョーヴィシェフ



類まれな情報処理能力と事務管理能力を賞賛され、
これ以降やる夫の個人秘書官としての道を徐々に切り開いていく。





742 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 22:37:25 ID:2MiPGVPo






優秀な人材をかき集めると同時に、やる夫は書記局の権威を高めるためにも奔走した。



                             ,.-、
                 ____        ( ノ゙\
                /      \    i′ ヽ_ )
              / ―   ―  \   .〉  ,.く     金!人事!権力!
             / (●) (●)   \/   ハ ヽ
              |   (__人__)      |   /  ヾ    党を分裂から守る為に、
             \    ヽノ      / /  ! i
                   \_          <、   〃ノ   我が書記局にすべての権力を!
              /       ,.-、   _, -` く '"
                 /   |       (`   ̄     〉
                !  <|       ヽ、__,.― --―'
             \_ ヽ''^ヽ      |
                `ヽ、_ン′       |




744 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 22:38:34 ID:2MiPGVPo






政治局が不安定な情勢の中、書記局の権力を政治局に追いつかせようとしたのである。



         ____
       /⌒  ⌒\
     /( ●)  (●)\
    /::::::⌒(__人__)⌒::::: \/⌒)
    |     |r┬-|     | ノ
  __\      `ー'´     //      政治局から権限もぎとってくるおー♪
(⌒               |_,,,ノ
 ""''''''ヽ_         |
      |           |
      |         |
      i      ̄\ ./
      \_     |/
       _ノ \___)
      (    _/
       |_ノ''



「書記局決定は、政治局の反対が無い場合は政治局決定となる」ことになった。





745 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 22:39:38 ID:2MiPGVPo






       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \      別にやる夫は政治局をないがしろに
  / o゚((●)) ((●))゚o \    するつもりはないんだお!
  |     (__人__)     |
  \     ` ⌒´     /



       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \      ただ、同志レーニン不在で政治局が不安定な状態だと
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \     書記局の仕事にまで差し支えるんだお・・・
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /



       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\       だから円滑な党運営のためにも
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \     書記局に部分的に権力を融通してほしいんだお!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /




           /l     、
         / |,,_   / l
        /   :::::::~-'  l
       /   ::::::::::::    l
       /  「●」::::::::::::::  |     (まぁ、最終決定権は政治局にあるわけだし・・・
       l   :::::::::::::「●」  |
      |   ::::::::lゝ::::::::::  |      書記局の権力強化はレーニンの意向でもある、
     l   ::::::::::::::::::::::::::  |
     |  ::::::::::::::::::::::::::::::::  |     この程度なら問題ないだろう)





746 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 22:40:45 ID:2MiPGVPo






さらにやる夫は書記局の人事権の強化に成功し
地方党指導部の選出・任命権まで獲得したのだった。



       ____
     /⌒  ー、\
   /( ●)  (●)\    クビにするだけが書記局の仕事じゃないんだお?
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\   これからは地方組織も書記局の
  |     |r┬-/ '    |   管理下に入ってもらうお~♪
  \      `ー'´     /



本来、書記局と独立して人事権を握っているはずの中央委員会組織局は、
この頃になると完全にやる夫のコントロール下であった・・・




748 :名無しのやる夫だお:2012/01/26(木) 22:42:04 ID:hUaHbcjU



(人事権まで取らせちゃ)いかんでしょ


749 :名無しのやる夫だお:2012/01/26(木) 22:42:09 ID:B81464Qg



順調に権力を手に入れてるな


747 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 22:41:44 ID:2MiPGVPo




【補足】


     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \   組織局は政治局、書記局と並ぶ
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/   中央委員会付属の第三の局です。
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||     政治局決定の政策を実行するために
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l     各組織の責任者を任命するという職務がありました。
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|
       l \     _    ,/ |
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!





750 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 22:42:40 ID:2MiPGVPo





          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ      しかし、この頃には
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,          「書記局決定は組織局の反対がない場合
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_        組織局決定になる」
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ      という規定が出来上がっており
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ      人事権は書記局が分捕っていたのです。
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/
         | |{i t    _     / |
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |


f⌒Y :. :. :. >个ダヮ.:. :. :. :. :.\::::::::::∨  )\\\
:. :. :. :. : : /:. :. :. :. :. `ーx_:. :. :. \::::::::∨:.:`ヾ;:Vヽ::〉
:. :. :. :. :. ,'     |i   |i |iT≦_\::::::∨:.:〈:∧イ `l
: : : : :. :. ;       |l   |ト、|lノ |i |i\ヽイ-、ノ:{<|..|  |
: : : : :. :. |    i |ト、.丶.|ト、|lレイ !!  ヾ:. :. :)}:ト、\ `ヽ      各組織が独立しているのは
: : : : :. :. |    ト、|l ヽ ,X千んf‐ミ、li ゞ- 什ト、ト、\ }
: : : : :. :八 |i  l |l_,  \ 丶代,ゞイ}! }ト、 ∨.:ハ::| ヽ::) \     権力を集中させないためでもあったんじゃないの?
: : : :. :. :. ∧|l 小.イ \      `'ー'゙  |! '. |「(_}:| /人   \
: :. :. :. :. : : 从 iト、'f升ヽ       u |i  f´  `ヽ/  }       どうしてそんなにも簡単に
  ̄`'ー一´丶 |  ゞx.ノ '、   __   |  |ー‐ 、  ヽ
          `ト、\)ヽ    `ー′  イ i|r┴‐'゙   ∨      やる夫の書記局が勢力を増長させられたのかしら?
           /  )>- ──イ´ヽ! イ /       }
             /  / /::::::::::::::::人/'  Y      |
.            /  / 〈 :::::::::::::::::/  /个x_,__ム
           /  /    ̄}:::::::::///::::::〉-、_ノ\/\{
       /   厶イ¨ ̄イ:::::::::)./ ̄ ̄`ヽ:. :. :. :. :. :.





751 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 22:43:37 ID:2MiPGVPo





       ,.:-=;1ー;1―;1―;1―;1―;1―;1―,=;:、
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ         ★           ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ;==============゙ミ
       〃. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:ヽ     k
.       / . : : .:.:|: : : : : : : .:人: : : : : : : : :',     ! :',     それがですね・・・
     ,'. : : : :.:.:.:.|: : :,':,'.: : / \\_.:.:.:|.: : :.! *|.:|
.    |: : :.:.: :.:.:.|.:.://.:.//  ̄ \\メ、.:.:.:!   |.:.:|     やる夫とモロトフはこの三局すべてに
.    人 、 :. :.:イ////    ,.-≠ ミ.、!.:,'   ,'.:. |
       \\:.:.:.:lYl⌒ヽ    /|  :::::::l! |/   ,': : :|     所属していたのですよ。
         l\\八 フ:ノ   ′ フ__ノ' ,'    l.:.:.: :|
        |ハ *ミ ,,`´       '' .イ  *|.:.:. |     すべての局に所属しているのは
.         ノハ  >.....__冖_ <:八     い、ヘ
      r 彡.:.:.,'     !:.|「≠介トn,、リ≠、.:\    \\\   幹部の中でもこの二人だけです。
    <-=≠:/     ,'.:〈チ_/小.シ〃゙ ト、У.:.ハ.     \<
   /-=/     /.:f癶=キト込、/:.:.:.〈〉ー-ハ  ※  ∨\
    >-´  ※ //xタミⅩ彡:::ム|:.:.:.:.:.:〉.:.:.:.:.:',      ∨.: \
    ̄|>x、._/-_j斗'"ハ:::ハ:::/|.:.|:.:.:./\ .:.:.:.|___/\.:. /



                                               rーイ¨ ̄¨ト、-┐
                                             ,r::┘、」;;;;;;;;;;;:::j/:::::/入
            つまりすべての局の意思決定に     .       _i -、_>------- <:::::┴i
                                          〈:::::::i i ||Vlリk i|i ,l||ソ ヽ::::::::〉
                  参加できたわけね・・・            ┐'レ' ⊂⊃    ⊂⊃!Ni_イ、
                                    .      イ| u         |!l lハ ヽ
               そりゃー増長するのだわ。           /ハ              u.|| .\ ヽ
                                          || `、   {_ ̄ ヽ    '||  / /
                                          ||  ヽ、    ̄   . イ |,'  ヽヽ
                                          `    `iTァv'T爪      //
                                                |<|真| >|      `ヽ
                                                 |〈| || | 〉|

【補足終わり】




753 :名無しのやる夫だお:2012/01/26(木) 22:45:38 ID:vSGzr0MA



結局議長とかといった目立つポストばかりに目がいっていたすきに
地味だが事務というものを握ったやる夫が勝利したのか、
しかも発言の記録簿を持っているから矛盾をつきつけられる。

まあ日本の政党で言えば幹事長クラスなんだが、他の党員は誰も気付かないんだな。



761 :名無しのやる夫だお:2012/01/26(木) 22:49:47 ID:o9vzXKMk



政治局、書記局、組織局の3つの局員を(やる夫とモロトフ)が兼任って、
初代ローマ皇帝アウグストゥスのやり方そのままじゃないか。

アウグストゥスも、共和政ローマの各種官職や職権を一人で兼任しまくる形で
特別に新しい地位を設けることなく、最高権力者としての実権を手に入れた。



765 :名無しのやる夫だお:2012/01/26(木) 22:51:06 ID:Ln2ypxw6



戦争ドヘタだけど政治家として辣腕だったのもやる夫とアウグストゥスの共通点か


764 :名無しのやる夫だお:2012/01/26(木) 22:51:06 ID:309ApmRg



むしろ、なんで独立しているはずの三局に重要ポストについてる奴が重複してるかの方が・・・
いくらなんでもでたらめ過ぎだろ



772 :名無しのやる夫だお:2012/01/26(木) 22:54:26 ID:hUaHbcjU



今の日本で言うと
自民党の総務会長と政調の重要ポストに副幹事長を兼任するようなものか やる夫



752 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 22:44:46 ID:2MiPGVPo




              . /. . . . . . . ,' . . . . ./ ,' ; . . . . . .゙i . . . . . . .
              .,' . , . . . . ,,'. . . . .;.,'  i. ; . . . . . . .i. . . . . . .;
              .i ; ;. . . : . i; . . . . ;.i  i ;,,,_. . . . . ;j. . . . . . i .
              . ';',';. . .i: .;i. . . ._,ノi.l  ';:゙゙:~:''‐:、;;/. . . . . .ノ:.       やる夫ったら仕事に没頭してばっかり・・・
                ゙';ミ、 .'、. '、. ~:   ''、  ','、 : : .;ソ. . . . . ,/::. .
                  `、.、.:'、:i゙''          '  : : .ノ;.;: .      そりゃボリシェビキなんだから
         __       `'゙-、;'i,              ';r‐< .      仕事熱心であることは義務なんだけど、
          /ノ  ヽ\       ;.!゙i ===   ====t‐  r'゙' i .      それでも少しくらい子育てを手伝ってほしいわ・・・
びーん!  | >  < |        /..ゞ    ,,    . . .     _ノ .
びーん!  |⊃  !  ⊂|     __ ,' . i、             ,、'.゙'、, . .
          |      }    ,/  !. ,,iツ'.-、,_  ,,_,,,  __,、-t:'゙:i:i:.:.:.:゙ミ;-
         ( ^ )_( ^ )   'ミ‐‐;シ'l.i:.:.:.:.i.i`:.゙':':i゙:":´:  i:.:.:.i.i:.:.:.:.:..`
       / /    ヽ ヽ    ~~i:.:.:.:i.i:.:.:.:.!:゙y,;;,、!,    ,,!,,;;;,,!,!;;;;;;、

      やる夫の子供      やる夫の妻・ボリシェビキ党員
     ワシリー・スターリン      ナジャージダ・アリルーエワ(ナージャ)






      |┃三 ガラッ
      |┃  ____
      |┃/⌒  ⌒\
      |┃(●)  (●) \       ナージャ!突然だけど家族が増えるお!
───|┃:⌒(__人__)⌒:::::\
      |┃  |r┬-|     |⌒)
      |┃   `ー'ォ     //
      (⌒ヽ・    ・ ̄ /
      |┃ノ       /
      |┃   つ   <
      |┃  (::)(::)   ヽ
      |┃/    >  )
      |┃     (__)





754 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 22:45:42 ID:2MiPGVPo





       ____
     /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\     紹介するお!やる夫の息子のヤーコフと
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\    孤児だったアルチョムだお!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /






       ____
     /      \
   /         \    ・・・初めまして。
  /   (●) (●)  \
  |   (トェェェェェェェェイ)   |
  \  \ェェェェェ/   /
    やる夫の第一子               / ̄ ̄\
  ヤーコフ・ジュガシヴィリ           /  ⌒  ⌒\
                           /   (⌒) (⌒)ヽ   お初お目にかかります。
                          .|    (__人__) |   アルチョム・セルゲーエフと申します。
                          .| u    `⌒´  |   よろしくお願いします、ナジェージダさん。
                          ヽ         /
                          / ヽ       ノヽ
                         /           ヾ

                     孤児 アルチョム・セルゲーエフ





755 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 22:46:41 ID:2MiPGVPo





ヤーコフ・ジュガシヴィリは、やる夫の最初の妻、エカテリーナ・スワニゼとの間に生まれた子供である。
ヤコフが生まれた頃はまだやる夫がスターリンの名字を使っていなかったので、ジュガシヴィリの性が付けられている。

1907年にエカテリーナが死去して以来、スワニゼ家に預けられていた。


                   __ ..... _
              ___r=r‐、<::::.:. : : : : : :`: ..
          .イ{ ノ__人/⌒ヽト、::. : : : : : : : :\
         (`ヽノ´:::::::::::`:::::..ノ`ヽト、::. : : : : : : : :ヽ
        ん'.::::::::〃´ <:::::::`ヽハ(:::: : : : : : : : :.:.:..
.          Y::::/`′    `ヽ:::::::∨ )、:.:. : : : : : : : :.:.
           {:::i′        `>::::::Y (:::::.:.: : : : : : : :::i
          ヾ| 〃´ ̄       ヽ:::::} }}::::::. : : : : :.::::.:.:.i
          i  r´ 、.≠ミ     Y´⌒ヽ::::.:.:.:.:.:.:::::::.:.:i
          .   ィヘr::::リ`     i ノ /::::::::.:.:::.:::::::::::::i
              ヽ. ′ 〉'′、ヽ   __ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::.、
            フ            | `ヽ::::::::::::::::::∧:::::ハ
.           く           j    }:::::::::::::::,′}∧
               ゝ <__丿 r‐ 、     /:::::::∧ハ ノ
              >‐- 、 ノ  ハ    ∧ハ,′
             /   >-<  ノ`Y´    `ヽ.___
             `ヽ,.:'::::::::::::::::::`ヽ__ハ____/  `ヽ
            ,'⌒7::::::::::::::::::::::::::∧ `ヽ、:::::::::::::i    |
             |  .|::::::::::::::::::::::::::::::::〉 ノハ::::::::::j ー=ニ、
             >‐'.:::::::::::::::::::::::::::::(´  j  !:::::::,′   )
.           i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::) ヽ:  !::::/ ∧`ヽノ

      やる夫の最初の妻 エカテリーナ・スワニゼ(故人)



            ____
          /     \
        /         \
       / (●) (●)    \
       | (トェェェェェェェェイ)    |
       \ \ェェェェェ/   /_
     //              ヽ /\
    / /        _     /  /
  /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(__.ノ ̄|\/|
    |              | /
    |__________|/




757 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 22:47:28 ID:2MiPGVPo




アルチョム・セルゲーエフは内戦中に父を失い、女手一つで育てられていたが、やる夫に引き取られた。




    / ̄ ̄\
  /  ─  ─\
  /   (●) (●)ヽ
 .|    (__人__) |
 .|      `⌒´  |
 ヽ         /
 / ヽ       ノヽ
/           ヾ



ボリシェビキ内には、内戦で死んでいった同志達の遺児を養子として引き取る、という美徳が存在しており、
この頃ほとんどの幹部たちの家庭には養子が迎え入れられていたのであった。





758 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 22:48:12 ID:2MiPGVPo




    |/    _, -‐  ̄   ̄` ‐- 、
    |  ,. ' ´     ___      `ヽ、
    l/    ,. '´ ̄ /l l lヽ   ̄`ヽ、   \
  /     / /     f┴┴ヽ     \   ヽ
.., '     /   f     {    l   ',    ヽ  j
/     /    ',  、 l     }   j    l /
!     ,' l l    ヽ,-弋´    ーメ、ノ   i  l'´
',     l ヽ\./ィ''てテ`ー'  イミ、、ヽ / //      ちょっとやる夫!いくらなんでも急すぎるでしょ!?
 \.  ', `,.=<  { !リl      {Yj}` /ィ/'"
   `ー-lゞf ‐、`  -‐-'   ヽ ヒタ. fノ´         ていうか、孤児になったアルチョム君はともかく
     ', l  t u::::::: /`ーr :::::: }|          ヤーコフはどういうことよ!?
     j `ー-‐、   i   ,'   / ',
 、_____ノ ,. ‐ 、,-l\  ヽ__,ノ _r‐'⌒l_ \  _,ノj    私そんな話聞いてないわよ!!
 \___, /  { ∧ ` ー-‐/´    lヽヽ、 ̄ ノ    前妻の子ってなによ!!
 ヽ ̄´ {  /\ { ',   〈        } ! ー<-イ
   ``ーl l  \!    /\    /  }   ノ
     ,l、l、  r三nコュ    |     !  t--‐'´
     ト f  ̄ゝ、Oノノ     l     !   >
     | ヽt  / トYィ′\   |   | / ノ





       ____
     /     \
   /         \
  /  u  (●) (●)\
  |  u  (トェェェェェェェェイ) |
  \   \ェェェェェ/ /





759 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 22:48:55 ID:2MiPGVPo





                                                               _____
             だって言うタイミングがなかったんだお。                       /ノ  \. \
                                                         /(●)  (●) \
       それに子供が出来ちまったもんはしょうがねえお?         (⌒(⌒(⌒ヽ     / ∪(__人__)     \
                                             \ ヽ ヽ  (⌒)  |    `⌒ (⌒(⌒(⌒ヽ|
                                               ヽ:::::::::::    |.  \       ヽ ヽ ヽ  |
                                                ヽ   (  ヽ /       (⌒):::::::::::  |
                                                 \     V         !      |
                                                               ヽ     ノ



    |/    _, -‐  ̄   ̄` ‐- 、
    |  ,. ' ´     ___      `ヽ、
    l/    ,. '´ ̄ /l l lヽ   ̄`ヽ、   \
  /     / /     f┴┴ヽ     \   ヽ
.., '     /   f     {    l   ',    ヽ  j
/     /    ',  、 l     }   j    l /
!     ,' l l    ヽ,-弋´    ーメ、ノ   i  l'´
',     l ヽ\./ィ''てテ`ー'  イミ、、ヽ / //         今まで預けてた子供を今さら引き取る必要なんてないでしょ!?
 \.  ', `,.=<  { !リl      {Yj}` /ィ/'"
   `ー-lゞf ‐、`  -‐-'   ヽ ヒタ. fノ´            アルチョム君は事情があるから引き取るけど、
     ', l  t  :::::::: /`ーr :::::: }|
     j `ー-‐、   i   ,'   / ',             ヤーコフはいやよ!!
 、_____ノ ,. ‐ 、,-l\  ヽ__,ノ _r‐'⌒l_ \  _,ノj
 \___, /  { ∧ ` ー-‐/´    lヽヽ、 ̄ ノ
 ヽ ̄´ {  /\ { ',   〈        } ! ー<-イ
   ``ーl l  \!    /\    /  }   ノ
     ,l、l、  r三nコュ    |     !  t--‐'´
     ト f  ̄ゝ、Oノノ     l     !   >
     | ヽt  / トYィ′\   |   | / ノ



       ____
     /     \
   /         \
  /. u   (●)ili(●)\   ・・・・・・
  |    (トェェェェェェェェイ) |
  \   \ェェェェェ/ /





760 :名無しのやる夫だお:2012/01/26(木) 22:49:08 ID:1gpQ7HdM



家庭やべえw


762 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 22:49:54 ID:2MiPGVPo




      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu      引き取ることになっちまったんだからしゃーねーお!
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |      そういう話になっちゃったんだお!!
   ヽ           i    丿
  /(⌒)        / ̄ ̄´        だいたい子供は妻が育てるもんだお!!
 / /       /



       \ /     ̄  ―-  _        \  /
         /     /    /ー-1 ` ―-  _  \ \/
          /  /  /    /   |     l  `>、\/ーァ
       l  |   |  、 |   |  /   l   l \ /
       l   l    l  \|    、l/    l   /  | \
       ヽ  t   ヽィ==      ===ミy  /  |ーr┘
         \ \ / /しハ       /しハ Y /┐ 卜┘            人人人人人人人人人人人人
          \ fハ  l レリ:!     l レリ:!   ノ| l| |            <                  >
           /∧ハ ゞ^'  ‘   ゞ^'   l  /  l/            < 私の子供じゃないじゃん! >
          // ゝ |   マ~ ⌒ヽ     ハイ    |             <                  >
           | |   人   !    |   イ |     | /             Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`
         { | | /   `ト、 丶   ノ  /| 丶---キ
         `T"´ __ ノ  ≧ェ― イマー‐r'´ ̄ ヽ \__ ノ|
       |   l /    `T´ |」  /    /     \    /|
       ト---' /   r――-rヌrぅィ1-――┐     | -‐  /
       ヽ /」    |   {7,こ,こ,ヌ7   |     |\ /
         く      |   ー{ {   } }-ー   |      _/´
         }_ \||   ゞ\/イ    | |  / /
          |廴_」 ∟ -‐ァ  Υ  ト--  ┘ jー' |/



        .____
     ;/   ノ( \;
    ;/  _ノ 三ヽ、_ \;   あーもー!!
  ;/ノ(( 。 )三( ゚ )∪\; 決まったことにグダグダ抜かすなお!!
 ;.| ⌒  (__人__) ノ(  |.; 夫の言うことを聞けお!!!!
 ..;\ u. . |++++|  ⌒ /;



                           -─‐──‐-、
                         /             \
                       / ;              ヽ.
                       l  U                l
           ・・・・・・・・      |             ;    |⌒´⌒`ヽ、
                       !、  (○)ililili(○)  ∪         \
                           ヽ (トェェェェェェェェイ)   /⌒゛`       l:
                           / \ェェェェェ/ __ ,ノ|     ,      |
                        /   /` ⌒ ´     |.    |    ,   !
                        /    /    |  `-,,,.|"   |___,ノ   |
                       /.   /     |    |    |     ,lー─- 、
                    , --‐-ー、_/      l     ,|    |   ,/ )    )
                   く / / ァ- ,ノ      \ノ^ノ^/⌒ヽj\   /^ー-‐'
                    `ー' ー´ ̄      (_(_イ_,イ、_,ィ'´__/  ̄





763 :名無しのやる夫だお:2012/01/26(木) 22:50:01 ID:El7DHJqU



まあこれはナージャの意見もわからんではない


766 :名無しのやる夫だお:2012/01/26(木) 22:51:18 ID:hUaHbcjU



夫婦喧嘩はエーベルトも食わない


770 :名無しのやる夫だお:2012/01/26(木) 22:53:58 ID:o9vzXKMk



そりゃまあ、いきなり見も知らぬ先妻の子供を自分の子として育てろと言われても…
そもそもやる夫、先妻とその子供の事を、今までナージャに知らせてなかったの?

後それと、激務に追われてるとはいえ、子育てに参加してないのは(現代日本人の価値観としては)ちょっと…
定年離婚を申し渡されても文句言えそうにないな…


先妻との子供うんぬんは演出で、さすがに話してると思いますが(多分・・・)
ただ、ヤーコフに対するやる夫とナージャの態度はかなり厳しかったようですね
あと、やる夫はまったくといっていいほど子育てに参加していなかったようです



767 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 22:51:09 ID:2MiPGVPo






            |: : : : : : : : :|      `ヾ{: : {: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:|:.|
            |: : : : : : : : :|rt=f==z、,,\:ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }:.|
            |:|!: : : : : : : | `ゝ弋:__:ノヾ \\: : : : : : : : : : : : : : : : : : :./:.:|     すまない、やる夫。
            |:||: : : : : : :人  ` ̄ ̄´    \: : : : : : : : : : : : : : : :∧:.:|
            |八: : : : : : : 、\           \ト、: : : : : : : : : :.:./ }: |      ヤーシャのことで問題があるかな?
             \: : : : : { ̄`         i      ヽ: : :/.: : : : :/ /∧l
                    \: : : :\         j         }: :/:} : : :∠ノ/  !      やはり子供は親の元で生活するのが
                ヽ小ー ゝ       ヾ       レ' :/:.:/__/:l        良いと思ったんだが・・・
                 }: :ヘ       、_____      // /: : :ト、:\
                   /: ;イ.:ヽ.       'ヱ二二 >      イ: :∧| ` 一
                     //|:、 :\               / /:ト、{
                    !:ハ: :|ヽ.            /   |: | `
                    , < |   丶    .  ´    |`> .
                   _/    |     `¨´       |      > 、
                r' ´       |             /   |      八



         ____
        /⌒  ⌒\
      / (⌒) (⌒)\     おお!アリョーシャかお!
     /  ::⌒(__人__)⌒::: \    わざわざよく来てくれたお!
     |       |::::::|   ,---、
     \       `ー'   しE |   ヤーシャのことなら何も心配いらないお!
     /           l、E ノ   こっちで引き取ることにするお!
   /            | |
   (   丶- 、       ヽ_/
    `ー、_ノ



         , -ー''''~~ ̄ ̄ ̄~~~`'''i
      ,、,_ .l  _,,,,, 、 -------、、_.l
      l, `i''''~           'l
     ,-'_-_ニニニ二二二二二二ニニニ_ー--、
      ,,-/   i  /   il'  l   、\~~~
     \l   l l  {.{   {{  .}}   l ., }
    ,.  l,  ,、'、i , ,,' `'''~ ' \_  / /ノ    ちょっと・・・
 、  {.l  l  { ヽ'l l ll__,,,-     ./-'''~
 lヽ,_ `-`,/-,-''`''l.' ' '', ,   `'ー''.lノ ,-,'     もう!
 l,  ~~ /   ,_{ヽ、iー-、,,_  _,ノヽニ,~-7
 ,-'-、, ,,ノ    l `''l.7,'ー''~)~  .l  _ノ
  `ヽ、_(_ー-,   l ''''7ノ`  l   _>'-~
 i'''~`'''ー/-,l'ー-,_ l-''~l l\,,,ノ _,-,-`
 l    l  .l X l /  .l .l  l l. X l
../   , l  .l  l l,_ .l .l  _l.l  l
l  /  , l X .l  `''  '-'  l, X l





769 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 22:52:54 ID:2MiPGVPo




アレクサンドル・スワニゼは今は亡きやる夫の前妻エカテリーナ・スワニゼの兄である。

やる夫が党の人事権を掌握すると、彼はやる夫の親戚ということで取り立てられた。



         /::::;;/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        イ/::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
       /::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::|: ハ
       /:::::::::::::::::::::: /::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::: :;;;/::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::l
     /::::::::::::::::::::::/::::;ィ::::::::::::::::; ノ:::::::::::::::::::::::::::::::; ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::|
     /;::::/::::::::::::::::/:::::/:::::::::::::;/イ::::::::::::::::/:::::::;ノ |:::::::::::;;::::::::::::::::::::::::::|::::::|
    /::/l::::::::::::::::::/:::;/:::::::;;;/ /:::::::::::::::;ィ'::::::::;/   ∨::::::: ;;::::::::::::::::::::::/:::::|
    // /:::::::::::::::::/::;;;|:::;ィ"シミッ/:::::::::::::;r'/:::;/     ヘ:::::::::::;;:::::::::::::::::/::::::ハ
   / /::::::::::::::::::|,'ヤ"|/゙ぅa、_`|::::::::;/ ,/;ンィヒチヲエ==ー-、V:::::::::ヘ、::::::::∨:::::::|:|
     /::::::::::::::|:::::|ヾ、弋_::::ノ`i.|::::,;イ  /イ  rー'''      }\::::∧\::::∨::::|::|
    /:::::;ハ:::::::ゝ::|  `   ´レ'       ,ア'"丁うぅa、_ |::::ヘ::::::}::::::|\:ヽ:|:::|
    /::/ ゝ、ヘ``                  弋_:::_ノ ノ゙ゝ:::::ヘ:::|::::::|::::::i``:::|
   /'     |::\ヽ、       /          ´~ ´ |:::::::::::`::::/|:::::|::::::::|
  .      |::::i ` `       //              /::::;∧::::::/i|:::/::::::::|
        .|:::::!        《             ,;イ/ノ:::://:|/:::::::::::|ヽ、
        |::::: i         `  ''            ∧;//:::::|::::::::::::| ̄ `
       /::::::∧                      ィ'ー∠::::::::::|:::::::∧|
       /:::/ |ヘ     `丶   _           ,イ:::::|::::::::::::::::∧::/. `
     /ィ'´  |::∧         ゛`~       /::::::::::{:::::::::::::/.:_∧
     ´      ヘ:::::へ、             , イ:::::::::::/{::::/、 /.:/: : ∨
           V |. ヽ          , ィ'´ /:::;__;;;;イイ´:V: : `.:/: : : : 〉
             |  ` 、__ _,  -‐ ´ / ̄ ̄: : : : : : : |: : : />: : : ∧
           . __|    ゝ‐-、   /: : : : : ∠____: : : :/: : : ::|: :|
           / ハ      ノ /: : __: ;∠: : : : : : : : :  ̄`ヽ: : : :| ハ
          Y´: :.l: : i     //: : :./: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ハ: : \

             アレクサンドル・スワニゼ(愛称アリョーシャ)





ハンサムで金髪碧眼の伊達男、フランス語とドイツ語を話せる西欧風のインテリでもあった。
やる夫はアリョーシャを大層気に入っており、まるで実の兄弟のように扱ったという。



        ___
      /      \
   /          \      久しぶりに会えてうれしいおアリョーシャ!
  /   ⌒   ⌒   \     アリョーシャには銀行職員の仕事を
  |  /// (__人__) ///   |    用意しているお!
. (⌒)              (⌒)    クレムリンに住居も用意してるお!
./ i\            /i ヽ





771 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 22:54:09 ID:2MiPGVPo




            |: : : : : : : : :|      `ヾ{: : {: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:|:.|
            |: : : : : : : : :|rt=f==z、,,\:ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }:.|
            |:|!: : : : : : : | `ゝ弋:__:ノヾ \\: : : : : : : : : : : : : : : : : : :./:.:|   これはもう確実にコネとか縁故採用とか
            |:||: : : : : : :人  ` ̄ ̄´    \: : : : : : : : : : : : : : : :∧:.:|   そういうレベルだけど、有難く受け取っておくよ。
            |八: : : : : : : 、\           \ト、: : : : : : : : : :.:./ }: |
             \: : : : : { ̄`         i      ヽ: : :/.: : : : :/ /∧l    というわけでなんだけど、
                    \: : : :\         j         }: :/:} : : :∠ノ/  !   改めて僕の妻をそちらのナージャさんにも
                ヽ小ー ゝ       ヾ       レ' :/:.:/__/:l      紹介したいんだが・・・
                 }: :ヘ       、_____      // /: : :ト、:\
                   /: ;イ.:ヽ.       'ヱ二二 >      イ: :∧| ` 一
                     //|:、 :\               / /:ト、{
                    !:ハ: :|ヽ.            /   |: | `
                    , < |   丶    .  ´    |`> .
                   _/    |     `¨´       |      > 、
                r' ´       |             /   |      八


       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( >)  (<)\    いいおいいお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  これから一緒にお付き合いしていくんだお!
  |     |r┬-/      |  是非とも紹介してくれお!
  \     ` ̄'´     /





773 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 22:56:19 ID:2MiPGVPo




              /. :/. : . :/. : . : :ヾ.、/ !:∧. : . : . : . : . : . : . : . : . :ヽ
              ,'::::/. : . :/:,. : . ::.::/   .::| ',. : . : . : . : . : . : . : . : . : .:',
              !::,'. : . ::,'イ. : :::/\  | :|  ∨. : . : . : . : . : . : . : . : . :}
              /´. : . : l'.:l. :∠__、.  \ ',::!   ∨、. : . : .: |:. : . : . : . :丿|         初めまして。
               ! ,'. : . : . ::レ:|!'´テ。≧、ヽ\{   ∨::`::ー.=.|===== 彡. :
                | l. :::',. : . : i:|'、{l:::う:::jl} ’      __、::::::. : .:!:',. ::|. : . : . ::ハ         アレクサンドル君の唯一無二の妻、
               V. : ::',. : . :l!| ´ー '        ─\::. ::|:::. ::!. : : ,' :∧:',
             |. : :∧. : : ',:!              ,イう:卞、: !:::V. : : /.:∧. : ',        マリア・スワニゼです。
             |. : :┐',. : .弋.        ,    {::∪:j! 》j:::/. :/.:/∧∨.:',
             . : :|ヾ - 、. :ト、.      {:     ` ー´ヘ斗..≦/.:///∧∨:',       よろしく。
               |. :::| .ト   ヽ! \  ` ノ'        /l///イ////∧∨',
               |. : l |::',     --..、          ∠ノ///////////∧\、
              ',. ::! l:::       ` ’        ////////////////∧.::\
                . ::l  !  \              ,.イ//////////////////∧ヽ :ヽ
              ',.:|     ::::>、     - ≦ ///////////──ヘ/////∧. : . :\
              ',l  !       ̄:::::::::::人r- フ≧´///::::::::::::::::::::ヽ///∨. : . :ト、:ヽ
               ヽ ノ}     :::::::::::/  /´r'´:::∠/::::::::::::::::::::::::::::::\/∨. : . ::', \:'.,
            ,  ≦  !    :::::::::,イ   //::/:´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\/. : . : .!  ヽ:ヽ
  ,、__ ..ィ ─彡´∠::_ 、   、 .. ::,r'´ /   /´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ. : . :::!  ',.::ヽ
/::::::::::::/´  /        ` ` ' //   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\. : .!   l. : ',

             アリョーシャの妻 マリア・スワニゼ




775 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 22:57:12 ID:2MiPGVPo





マリア・スワニゼはユダヤ系グルジア人のソプラノ歌手で、アリョーシャの妻である。

自分こそが物語の主人公だと思い込んでいるタイプの女性で、
人生をオペラに見立てプリマ・ドンナを演じているつもりでもあった。



           ': : : : : :::! :!: : : : : ; : : : : : : : : : : : :.:: i: : : : : : /:', /_レヽ: : : : : : i
          ! : : : :i:::,イ:|:: : : : : ': : : : : : : : : : : : : ::l: : : : : :: : : :/iヽ、/: : : : : : : :i
.           !: /: : :|/ l::|ヽ:: : : : ',:: : : : : : : : : : : : :': : : : : :!: : / :ト、/:::': : : : : : : :.i
           !:/; : : :!`丶!|  \:: : ヘ、:: : : : : : : : : : ': : : : : :.|: // :.!:::::::::::' : : : : : : :i
.           |,' {: : : | ァミ、!ヽ   \: :ヽ=::::: : : : : /: : : : : : :!:./: : :!:::::::::::: ', : : : : : :i
         |. ハ: : :Y {イヽ    ´`丶\ヽ、 : : /: : : : : : : |/: : : '|::::::::::: : :',: :',: : : i
.         i:::::\{'、_マリ     ァ'"て`ヽヽ/ : : : : : : : !`ヽ: ;' !:::::::::. : : :; : : : : :i
.         i:::::::l            {::: しz:》 : : : : : : : : '   }/ !:::::::: : : : :i: : : : :.l
.           l::::::::i    /       丶`ー‐'7: : : : /.: : : :,'.  /  !:::::: : : : : !ヽ: : : |
          l::::::λ   !            /: : : : /|: : : :,'. /   !:: : : : ! : : : ヽ: :.!
          | /|ハ                ' : : : : '__! : : ,' ´     ヽ: : : i:i : : : : :ヽ|
.              !::ヘ  `ヽ        , ': : : // /! : :,'        ヽ: : j:j: : : : : : ヽ
              !::::|ヽ `       /-― '   / j: :,'            !: :/,': : : : : : : :ヽ
.                !::l ハ      _ - ´   / j.:/ ヽ.       /:,:': : : : : : !: : : ',
                  !|  `¨  T ¨´       .l  j:/   }     /:., ': : : : : : : : !: : : :',
                   i      ____L__/_       /: /j: : : : : : : : : |、: : :i
                   |   , =三三三ヽ、|.      /: / /: : i: : : : : : : | ', : : i
                       リ __/三三三三三.ヽ    /: /  ./: : :.j: : : : : : : .! !: : :!
              __ ァ ァ== '´ /三三三三三三三= /; イ   , ': : : :/: : : : : : :..:| |: : :|
          /ニ/ /    /三三三三三三三ニ/イ    /: : : , '/: : : : : : :.:::l .!: : :i
         /三./ /  //三三三三三三三三三三.i   /: : : / /: : : : : : : :::::' .!: : :l
        /三ニ/ / /ニ/三三三三三三三三三三ニ.i/: : : /  /: : : : : : : :::::/  | : : |



強烈な自信と麗しい容姿、そして都会人風味たっぷりな振る舞いは
周囲の人間に羨望と嫌悪をまき散らすに十分であったという。





776 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 22:59:00 ID:2MiPGVPo




                   n
                   l^l.| | /)
                   | U レ'//)
      ___      ノ    /
    / ⌒  ⌒\  rニ     |
   / (⌒)  (⌒)\  ヽ   /   おお!これは美しい方だお!
 /   ///(__人__)///\ / `   /
 |       `Y⌒y'´    |   /     これからよろしくだお!
 \.       ゙ー ′  ,/  /
  /⌒ヽ   ー‐   ィ  /
  / rー'ゝ        /
 /,ノヾ ,>         イ
 | ヽ〆          |


                          ,.:::――――:::..、
                          ィ ⌒:::::::::::::::::ヽ:::::::::::::`::、
                   /:::l:::::::ト:\\:ヽ::::::::::::::::::::::::ヽ
                    /:::/:::l::::::::ヽ`ミxヽハ::::l::::::::::::::::::::‘,     (これがやる夫・・・
                /:::::::/:::::/、\::::K´≫ァ卞l:::::::::::::::::::::::::.
             -=彡イ:::::И:::L__ヽ{ーゝY ヒ少'l:::::::|::::::ヽ:::::::::.     第一印象は中の下のまぁ及第点スレスレだけれど、
                 /::::::::::|:::lrア卞        ;:::::/|:::::::::ハ::::::::.
                     '::::::/l:::::::N 沙ノ      /:::/ |::::::ム}:::::::‘,    将来性を考えると悪くはないわね。
                |:::/ l::::::ll  ヽ     /:::/   |::::ムイ:::::::::‘,
                |/  rl::::::lヘ   r‐ 、  ̄   |::/:::::|:::::::l:::::::ヽ  キープといったところかしら)
                   / L::_| ニつ ´       И:::::|:::::::::l:::::::::::\               )ヽ
                  /   厂ヽハ⌒>:.、     . ´   |:::/:::::::::::l::::::::::::::::\                 /::::}
                _/     / /7 ̄l:::::::::ー:::イ    / 7::::::::::::::;l:::::::::::::::::::::ミx  _____ /:::::ノ
             _/r  ―_/ / ⌒ヽ:::::::r ‐┤  r ´ /::::::::::::: /  ̄ ヽ:::::::::::::::::::不::::::::::::::::::::::::::::/
        /く/   //⌒  ̄   <  ̄ /  /    /::::::::::::::/     \::::::::::::::::::::\  ̄ ̄ ̄
       /- ― ー-7/       /  > / ̄/ __,/::::::::::::イ /       ハ:::::::::::::::::::::: \
      /´  / /   /ム へ   /  <   /__/__| /::::::::/ノノ/         └、:::::::::::::::::ハ、::\
    ´  ̄ / /   /´      ./     У /   //::::::/ ̄`          \::::::::::::::‘ \::\
.      /   \_/     .....{ .........../  / /::::/-´...........  |    .......    .... 〉::::::::::::::‘, \::\
       /      l     ...._  ‘,......./  -=彡::::::/..........................| ................  ....... /::::::::::::::::::::‘,  \::\
.      /       ノ  ..../.....\ ヽ::/  / /::::://...........................イ................ ............ イ:::::::::::::::::::::::::::i     \
     /     /彡ィ/::::::::::::::::::://   ,/ l::::::l/ ................. // \_..... ........../::::l::::::::::::::::::::::::::::|
     ヽ -- ―   /::::::::::::::::::::::::l/  /   |::::/      ........../:::::::::::|.................|:::::::::l:::::::::::::::/:::::::::::|
          /::::::::::::::::::::::::::: / /   O ∨    .. .. .... /::::::::::::::|............... |:::::::::l::::::::::::/::::::::::::: |





777 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 22:59:54 ID:2MiPGVPo




                   /     . :/         {  ノ、   }   ヽ   ヽ\
                ′   . :       { ハ/  \ {: .   i     丶
                  i    . :/          ト(〃f行ミメ、 八: .   }_」   }
                  |   . :′        |  ゞl以    ヽ _.ノノ}  /     \
                   |  . :/     {: .    |             ィ行ノイ   ト  _ >
                    |/ /  イ    ハ: .   |          、 l以{: : .   }
                  / // }i  / ヽ: .             〉  }: : }      (アレクサンドル君。
                    /     八 /    \_ {              .: : /   .′
                         )/} 、            -‐ _,    /: :./   /     貴方には世界のプリマ・ドンナである
                  /         . :′ 丶              . : : :/ / ′     私に相応しい男になる義務があるわ。
              /   . :/  . : : :′     、        ィ: : : /ィ/
                /   . :/  . : :_:.′             / {`ヽ/          あのやる夫とかいう小男を可能な限り使役して
            /   . :/    /Y/             /⌒: :ー.   }             この国の頂点に上り詰めなさい)
              /   . :/   〈/∧         /: : : : : : .   :}
          /   . :/      V/∧       /: : : : : : : . . :
           -―――{: .     V//; 、      /〉、: : : : : : :  ′
.     /´         : .     '////ヽ    /∨∧: : : : : : ′
  /           ヽ: .    '//////\    ∨∧: : : : : ′
                   ∨: .   i////////\  ∨∧ヽ、:/ヽ、
/                    }: : : . }//////////\ ∨∧//\ \



              /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
               /.:.:.:.:.:.:、..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
            /.:.:.:.:.:.:.: 八.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:}
            |.:.:.:.:.:.:./  ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|    (マリア、まるでハンバーガーを頼むように
            ト,.:.:.:.:.:{`ー─',.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,'     気軽に注文してくれるけどな・・・
            ハ.:.:.:.:tテ‐-、∨\.:.:.:.A.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /
             〉;.:.:|` ̄ "    \tテ\:.:.:.:.:.:.:. ハ,、:{      頼むからそういうことを
              /:::ト、!    ,       リハリ:::/ノ ./      やる夫の聞こえる範囲で言わないでくれよ)
           ∠彡|:, `   〈         ソ /:!
              !:::、   _      U   / ̄:ハ::{
              レ|∧  {/ ̄` ┐     / :::::/ ヾ、
               {(´ヽ. `ー─ '  ,.イ少^、/
               トミ.┴\__   -'" / .》、
              _}:::::: ̄ヽ }    ∧/::::}、
         _ -<´:::::::ヽ::::::::::::| |     / 〃:::,':::\_
     ,. =´ ̄:::::::::::::::::::::::::::\ : ::| |.   〈  !{::/:::::::::::::::::\___
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : :ー-'┘-、   /|レ:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : `ー‐、 r‐┘:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ρ | !:C:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}





778 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 23:00:46 ID:2MiPGVPo




このほかにも、やる夫は抜け目なく身内にポストを配ることを忘れなかった。
ナージャの父親、セルゲイ・アリルーエフは当然として、その他の縁戚関係にある夫婦・・・



                 .. --- ..
                /::::::::::::::::::::::`:...、
            ,.:′::::::::::::;、:::::::::::::::::ヽ
.            /:::::::::::::::/ ヽ:::::::::::::::::',
           ;::::::::::::::/     ∨::::::::::: }
             |::::::::://、    _V:::::::::: |
             |::::|:代歹>、 rぐ歹Ⅵ:::::::|
            |::::!:|i__j⌒i__Ⅳ:::: !
           |::::::|l!   j      j|:::::::|
           Ⅳ::|ヘ   `    ∧::::ハ
             Ⅵ |ヽ ´ ̄ ` / !:/
.              リ |  \__/ |、j′
             /`ヽ、__ .../ヘ、
          _ .. - ―イ  /ハ\    / \
         イ     |/{////∧  /   ` 、、
       / |:        ////  ヽ′      /`ヽ
       ,  |:.       ////|          /     '.

          セルゲイ・アリルーエフ





780 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 23:01:16 ID:2MiPGVPo




ナージャの兄、パーヴェルとその妻エヴゲーニャ・・・



llllll!;;;;;;;;;;;;;:.:.:.;,;:.:.:,,;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::;;;;;`':、
lli;;;;;;;;;;;;;:.:.:.;,;.:.:.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.,:,:,;;;;;;.:.:`'-、
ll;;;;;;;;;.:,;;;;;;;;;;;;;,:.:.:.:.;;;;;;;;;;;;;;;;;::,、-‐''゙゙'''t‐-:;,.;;;;;;;;;::: iii;;ミ'ニ;、
;;;;;;;;;;;;;:.:.:.;;;;;;;;;;;;,:.:.:.:.;;;;;;;;;:;,ノ:i゙. . . . _,,,l、、:::`:'imm'!!!!!!!!'゙´
;;;;;;;;;;,,,;;;;;;;,;;;;;;;;;;;;;;.:.:.:.:.:;:/::::::.l. ,r;ニ゙- ゙、: :::::::.i;!!!!!!!!!!'゙
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i゙'::、;:.:,、‐゙.,:::: .!/ ,rifi;オ~'、.:  i;i`''‐'゙
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;::j:::::`'´.::::::l . . ! ,  '゙゙゙´  !、  .,'、
;;::,:;;;;;;;::;;;ジ'゙..:::::: : : . . . l. . .i ',     !:.! ,':.',
ソllii''゙゙...:::::::::: : . .  . . . .il. . .l  '、     !:.:.: i'、:.i
ll!!!'i:::: , . . . . . :  .: . ; i‐'゙   ,'  ./:.:.:.: : . i. i
  l:: . .i . . . : : . . . .レジ __,,、-y'' ,イ';、.:.:. : . .゙ヾ、,_
 ,ノ, . :. ', . . .  . . . ;,r゙ ~`''''"´ ,' ゙i,!i゙'、: . . . .,!.','i゙i
<<゙i. .:::::..' . : : . ,ィi゙、`゙'‐-、,,_,/、‐ジ.::l. . . . /`'‐!:!r-、_
. >' .::;、‐'゙、 : . . . . .i `‐'、,  __,、‐'´/..::::::i . . .i゙    ,'.::/::'i:、,_
‐''''゙´   `'; . . r'゙.:':-、 i ',  ,ノ゙...::::::::::::i . :i   ,'.::/.::/  '7‐

         パーヴェル・アリルーエフ




          /.::;n'゙::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:':i::.. `'、::`';
        /.::,r'i ゙ヾ;‐、_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::';';::;: i:;::::: ノ::ノ
       ,r'.::::::/.:::i   `'-、''‐、;;_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_、、';:';:';:'゙:: i:i'::: {:::i
      /.:::: /i::::::i     `'-;、、r;;ニェ;;ェ;:;_;.‐.:ッi‐:‐r゙.,:、゙'、':'::::::: i::.. レ'
      ,':::::: ,' i:::::::!      '" ;,r゙'゙{;;il(,,j; !'   !:::::l.i': ; ': .゙i::::::: !::::;ノ
      {:::. .,' !i:::::', ,、r::;,:、,     ,ゞ;'''゙゙'    i::::::i'!'゙ / }::: ノ‐'
      i:: i   i゙'、::゙、'v''l;i';i、      '     i::::::i,レ'゙ /::::: /
      ゙i . i  ゙ヾニ;;゙;、 ゙ヺi            i:::::;',i-i'゙:::::: /
      '、. !     ,::゙、/            j::::/j . i::::: /
       ゙; l     /:::::', `''‐    _     /:::/.,' . .!:: /
       ゙'、    /:::::/ ゙、  .、::;'ジ     /:::/ /. . !: /
             ;': '/  `' 、  ー'゙     /::ノ ,r゙  . !/
            ;' /,'    `'ヽ、     /:ジ ,/     . l
           ;' ,' ;       `ヽ,,,、ッ゙/. ./      . i
           ! ; ;          /.r゙ i. /. _,,、-‐‐:':':'゙:''i‐┐
            ! i ;         // rナ':゙: : :,: : :・: : : l: :j
           !i  ;         /'  'l:: :’:_;、:-‐'''''~~ニヅ:゙:゙:゙:゙;ニ'''
           l  ;        ´   _!-''゙゙_,,、-‐‐,ッ''゙゙..::;;r:'゙~´. . . .

                 エヴゲーニャ・アリルーエワ(ナージャの義理の姉に当たる)





781 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 23:02:09 ID:2MiPGVPo




ナージャの姉、アンナとその夫スタニスラス・レーデンス・・・



              人::::::,/:::::::::::,//|::       `ヽ   ヽ、
           /::::ィ‐′:::::::::::/::::::|::       \__,l゙
           /::::,〃::::::::::::::::/:::::::|:: /       ヽ|
         /:::::::l:|::::::::::::::::::/:::::::::|::i::          ゙l
        /::::::::::||:::::::::::::::::/:::::::: il|::        \ ゙l
        /::::::::::::リ:::::::::::::ナ'''''- 、:|ト_\     \ ⊥-‐イ
       ,l::::::::::::::|::゙l |.,/ヽ,ニエt‐ .::!|:ヽ:::ヽ._  \__ノ _,
       ,l ::::::::::::,イ-゙l|、:::'"i:::;C;lヽ  ヽ:ヽエ__ \      ̄/
     ,,/::::::::::::::::|::ヽ."丶  ヽ;゚./       7でトi_;;;;;-‐‐‐'"
   ,/::::::::::::::::::::::人::::l:::::::::::::´ ̄`:::::::::::::  |::゚ソ.:::/イ
  l:::::::,/::::::::::::::::/:::ヽ,_`::::::::       ″ `ヾ /| |.
  |:::i´::::: :::::::::/:::::::::|:ヽ;;::::      、__     .i丿l
  |::l゙:::::  ::://::::::::::::l::::ヽ::::::     -    /  |
___/:|:::::    :l::l゙:::::::::::::l::::::|::::ヾ、        /  ヽ、
;;;;/:::::::    :l::|::::::::::/::::::|:::::::::::ヽ、__,, -‐'"´、    l             ,、 '"´ ̄ ̄´"' 、
::|::::::::::    ::l::l:::::::/::::::::|::::::::::::::::::::|:::::|:::::::::゙l::    |               /:::::/ヽ:::::::::::::::::::ヽ
:::|::::::____  :;」」;;;┴;::::ノ::::::::::::   |::::::|::::::::::::|::   /            /:::::/n  |ト:l_、:::::::::::::゙,
:::゙l;:/::::::::::::`「lー‐ - 、:ヽ::::::::::    |:::::/::::::::::::,!::  ,/           ,'::::://_l  リィ|_ヾ;:::::::::::|
           アンナ・アリルーエワ                !::::f ´・  / |・ `!::::::::::l
                                        l::::l `ー′ `ー ' l::::::::/
                                        ヾトト、 △  U ,从jy'
                                           `'ーr::T´
                                           rf「fレグヽ、
                                             /|り:!/::::::::::ヽ.
                                         /::止:::::::::::::::::::::::l
                                            j::::l|0l|:::::::::::::::::::::::l
                                        /:::::::l|0l|:::::::::::::::::::::::l
                                        ノ::::::::::::l|0l|:::::::::::::::::::::l

                                    スタニスラス・レーデンス



スワニゼ夫妻と合わせて、これら三組の夫婦にはクレムリン内に住居と党の役職を与えられ、
やる夫ファミリーの一員として栄華を味わうこととなる・・・





782 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 23:02:51 ID:2MiPGVPo




【補足】


::::::/r‐:i   .  |ヘ::::. l:::::::::|l::::::::.:::|:::::::ハ::::::::::::.:: ..:::::/:/::: : .: .::/|/:::: .::/:/|
:::::{ {::::i   : ヽ ヽ、::lヽ:::::l\::::::::li::::::iハ:::l:::::::::: ..:::///::::/:.:: .::/l: l:::::: .::/i:/ l
:::::{ {:::i   ::i | ヽ ヌ====ミ,,,,,\:::ハ::::i i::|:::::::::::///i::/:::::: .::///i::::..::///
‐-ヽ`i   :::ト i `、`,,,ヘ;;;;;;;;;;シ、\'\| |:::::::/=/イ/ノ/::::::/ /ノ/:::::/ /イ
   `i   ::::|ヘ i    `‐‐‐-      /::/=====ミ//::/  /::/
   i   .:::::| ヘ.i            ''"  ト`=-'"`/ン |   ''"
   .i   .::::::|  ヽ  U                / i |
   i   .:::::::|、              ノ     / .l l     縁故採用ってレベルじゃねーぞ!!
   i  .:::::::::| \     r-‐-、          /  l l
   |  .:::::::::::|  \   ヽ _ `_ヽ      イ    l l
   |  .:::::r-、/`ヽ,ヽヽ、  ‐‐  _,,  ィ      l l
   | .:://    r‐‐、ヽ`` --‐   / r´`ヽ_r 、 l l



                                             ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
                                             =           ゙ミ
                                             ミ     ★     ゙ミ
                   やる夫はあからさまに             ミ            ゙ミ
                  血縁関係にある人間を             ミ;=======゙ミ
              クレムリン内に引き込みました。          / ,=          ヽ
                                          /  ,='  _  ∧_ _,,
                            これは、         /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_
           もともとやる夫の故郷グルジアでは           ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\
                    「一族」というものが            { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ
       社会活動における最小単位であったことも            ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ
                      影響しています。             |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/
                                            | |{i t    _     / |
                                            | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
                                            // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
                                       r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
                                      __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
                                      ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |





783 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 23:03:42 ID:2MiPGVPo






     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/      とはいえ、こういった縁故採用は
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !       やる夫の専売特許というわけでもありません。
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l        他の幹部も多かれ少なかれ
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|         自分の身内に便宜を図っていたのです。
       l \     _    ,/ |
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!


                                                 ノ`ヽ⌒ー-'ヽ.
                                                /`        `ヽー、
                                               _}  > ´ ̄ ̄` ::.  (  .ヽ
                                              {   /        ヽ. Y  {
                     そう言えばロシア内戦といい        て_ ,'          !{  介
       ボリシェビキは包囲孤立してる期間が長かったわね。       え. i |!!|l!| | ! |!| i | |i l }ソ /
                                               てハi |l lー'| l|`ー-ミ 、{{ /|
                    結局、周りが敵ばっかりのとき          ゞz:、┬i┬ ┬i┬ {@}i !
                      信頼できる人間といったら            ||!ゝ;;'   ゝ;;' 〃 ||
                     身内しかいないのかもね・・・            | ゝ_∧_,.イ/||| ||
                                                  | |///,:{{@}}//,:!|ハ !|
                                                  |∧//∧j |>'゙.|| ∨
                                                ,イソ `´ヾ'  ヾソ rj   ゝ
                                                `ミ、ー、      彡/|
                                                 ソ ノ`ー----'´{  !





784 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 23:04:14 ID:2MiPGVPo






       ,.:-=;1ー;1―;1―;1―;1―;1―;1―,=;:、
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ         ★           ゙ミ
       ミ                     ゙ミ     しかし、縁故採用が横行したため
       ミ                     ゙ミ     後にボリシェビキ高官の親戚関係は錯綜することになります。
       ミ;==============゙ミ
       〃. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:ヽ     k
.       / . : : .:.:|: : : : : : : .:人: : : : : : : : :',     ! :',    その結果、一人の人間が失脚すると、
     ,'. : : : :.:.:.:.|: : :,':,'.: : / \\_.:.:.:|.: : :.! *|.:|    一本の命綱でつながった登山隊のように、
.    |: : :.:.: :.:.:.|.:.://.:.//  ̄ \\メ、.:.:.:!   |.:.:|    巻き添えになって全員が奈落の底に転落するという現象が
.    人 、 :. :.:イ////    ,.-≠ ミ.、!.:,'   ,'.:. |    発生することになるのです。
       \\:.:.:.:lYl⌒ヽ    /|  :::::::l! |/   ,': : :|
         l\\八 フ:ノ   ′ フ__ノ' ,'    l.:.:.: :|
        |ハ *ミ ,,`´       '' .イ  *|.:.:. |    それは、まだまだ先のお話ですが・・・
.         ノハ  >.....__冖_ <:八     い、ヘ
      r 彡.:.:.,'     !:.|「≠介トn,、リ≠、.:\    \\\
    <-=≠:/     ,'.:〈チ_/小.シ〃゙ ト、У.:.ハ.     \<
   /-=/     /.:f癶=キト込、/:.:.:.〈〉ー-ハ  ※  ∨\
    >-´  ※ //xタミⅩ彡:::ム|:.:.:.:.:.:〉.:.:.:.:.:',      ∨.: \
    ̄|>x、._/-_j斗'"ハ:::ハ:::/|.:.|:.:.:./\ .:.:.:.|___/\.:. /


【補足終わり】





785 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 23:04:46 ID:2MiPGVPo






.   丿,.:.:.:.:.:',:.:r'i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ,
  / ,:.:.:.ィ ,i'  'i,i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. i
  i :  :.i:        ``'‐、:.:.:.:.:.: i'
  `'ヘ ':i      _,.-‐''- _,.Lr‐;.:./     やぁ、同志やる夫。
    '‐<>- 、,_r'"゚´~`i゚  i' f /:.i
     i,_  _,i '‐--‐'゜   /.:丿     なにやら書記局も仕事が増えて大変そうじゃないか。
   .  ヽ ̄ L、      i 〈-'´
      ヽ.  __,,...-‐'  / i,‐z,      これでは政治局はやることがなくなってしまいそうだよ。
       ヽ  -     / _,.‐'´`>、_
        ヽ.  __,.. - '-‐'_,.、‐'´:::::.:.:ヽ_
       ┌'`]'"´~__,,.‐'´::::::::::::::::::::::::::..``'''‐‐-
    _,,..、-‐'~'‐t-‐彡:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.....:.:
  ,r'´ ィ'´     i/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \ つ     これはこれは同志ジノヴィエフ。
  /   ⌒   ⌒   \っ     書記局は同志レーニン不在の煽りをまともに食らって大変ですお。
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /





787 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 23:05:33 ID:2MiPGVPo




       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \       はやく同志レーニンには現場復帰してもらいたいですお・・・
  /  /⌒)   ⌒゚o  \      若くて精力的な同志モロトフやほかの書記局員は
  |  / /(__人__)      |     やる夫の手に余って大変ですお・・・
  \/ /   ` ⌒´     /      やっぱりやる夫には荷が重すぎる仕事だとつくづく思いますお。






/        _r~-'   | |
    r~ミz孟zzzz≧x  |ノ
。   |   }!     H! .L」
..ヽ   ゚。       `¨´ 〈      (ふむ・・・やはりこの程度の男か)
  }   >-┐      'T′
  ゝr ´  ゚。    ⌒ :f        
  r┴ ..._ ヽ     |
/>ミ、_ `¨ =r---'
::::::::::::::::::`丶¨ー- .」ア
、:::::::::::::::::::::::::\  厂二ミ 、
: \:::::::::::::::::::::::::`¨{ 、  \ \
::::::::\:::::::::/::::::::::::::|. ヽ.   \ \
::::::::::::::\:::: ̄ フ:::: |  、    \ \
::::::::::::::::::::ヽ:/::::::: |   \.    \ ヽ
:::::::::::::::::::: : \ミx__|    \    \ノ
::::::::::::::::::::::::::::::\:: |      \ /´





790 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 23:06:41 ID:2MiPGVPo





     /  ,               \
    /   / l                 ヽ
  ,r'    /  ヾ,、               ゙,
. /   イ/    ` ` 、              }     (書記局に権力を集中させては危険だと思ったが・・・
 { i   | ゙      、,,`' 、 ,           j
 レ'、,  |      ,:r'"''‐ `'゙、  ,、‐‐、      l       この田舎男は自分の仕事をこなすので精いっぱいのようだな。
   ゝ」、 、 , ,、‐''゙゙、゙'、-――t'''/ / l     |
    ,ゝ‐、_,',.  ' ,O 〉     V .( ゙, j     i       やる夫には適当に雑務を押し付け仕事に忙殺させておこう)
    ',.ヽソ. '、,,、 -'"       / /     j
     '‐レ゙             .,r'    ノ
      l` `      、     i'" ゙ヽ、,/
.      ゙、  ,,、 -‐'"      ノ    ヽァ、
       ゙、'´ ..       ,r゙     ノ ヾ^゙ヽ、
.       ゙,        ./    ,、r'  /   \
        !、     /  ,、r'"   /      /`'ー-
         `'''"入 ̄ ,、r ''"   ,、/      /
          く  .Y'"   .,、r'"/      /
         /" ` 、', ,、r''" /_____/
     ,、 - ''"´ ̄ ̄`゙i zz,,,/ \
   ,、 '"  ,、 ''"    | /    \





791 :名無しのやる夫だお:2012/01/26(木) 23:07:22 ID:Ln2ypxw6



本性を見抜いていたレーニンが慧眼だったのかこいつがアホなのか


792 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 23:07:37 ID:2MiPGVPo




           /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::;;ィ"ッ/ノノノ ゙i:::::::::l
         /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::/::;ィ:/~ ⌒ノ ノノ   l:::::::::l
         /ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::/'´  `´          i':::::::::ji
         /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::/ -‐-_,,,,___          i:::::i::ノ
          {;;;;;;;;;;;;;_;;;;;;;::i_,,-‐l ̄   `'t-__' ,,,___-‐- i:::ノ'´
         l;;;;;;;;;/ ヽ;;:i   i     ノ  {    ゙̄l
         ヽ;;;;;;l i ) V    `'‐--─"   l、__  ,ノ、    お忙しいところ失礼した同志。
          \ヽ ゝゝ          ,  〉  ̄ }ノ
            ヽ\     ,          /ノ      では、仕事に集中してくれたまえ。
             \ト-i     `''‐- 、,,,_    /‐'
              l ヽ       _  ̄ ノ
              l゙  ゙i           /
             _,l    ヽ         /
           ,r'´ .l ,r‐- 、,_`'‐-─-- ,,_,,ィl` >
      _   \ l/r'     ̄``'''─--─'´ノ-、
  _,,-‐''"´ _,,二ニニ=-、______,,,,,--‐ッ‐'  ``‐、,,_





       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  /⌒)   ⌒゚o  \     はい同志・・・
  |  / /(__人__)      |
  \/ /   ` ⌒´     /




794 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 23:08:06 ID:2MiPGVPo




やる夫の手法は巧妙であった。

自分自身はあくまで真面目で実直な党員である、という評判を崩さなかったのである。



          ___
        /     \
        /  _ノ  ヽ、_ \    ・・・そうさせていただきますお。
      /  /⌒)   ‐=・=- \
     |::::::::/ /(__人__):::::::::::::|   (, こ ┼'っ l, |
     \:/ /:::::トェェェイ`::::::::/         l     ノ
          `―‐'



書記局の増長は危険な域に達しつつあったが、誰もがやる夫を危険視していなかった。




796 :名無しのやる夫だお:2012/01/26(木) 23:09:20 ID:hUaHbcjU



人事権が握られてるのに誰も気づかないとか・・・


795 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 23:09:00 ID:2MiPGVPo




やる夫は官僚の模範のような人物であった。
ブハーリンは以下のようにやる夫のことを評価している。



       /                         |
.       /        π                  |
      |      ノ {               |
      l i   从(´__  `ヽ_                {     『彼は人に信頼される人物というより、
      ヽヽ .{/////`ー´77777ノ丿  /       |
       `ヽ i/////r-、//////ヽ─´  /,    |      組織が信頼を寄せる人物だった』
         _ノ ∨/_ノ/  ヽ////>/   //  _/
        て ',  ヽ   ` ̄  z  /´  /_
         -=>  ',  ニ=      レイ    く
       |::::::::::::|/ ヽ  `    / /   ヽ ト--= _
       |:::::::::::{{ ,|_`ー- - ´  / |_   ノ:. :. :. :. 〉 〉
       |:::::::::::|| |`ー------ イ _(:. :. :. :. : //
       └:::::::::|| イ            }t-:. :. :. :. :. //
-=ニ二三三::::::::::}}              |/:. :. :. :. :. //





797 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 23:09:47 ID:2MiPGVPo





             ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────
             ┃


                この人は決して人を騙すようなことはしないと思った。

                彼の反応はまったく自然で、演技をしている感じはまったくなかった。


                             (パーヴェル・スドプラートフの回想)

                                                             ┃
                           ─────━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛





   野心とは 関・係・ないから         γ⌒) ))  関係ないから
        ___(⌒ヽ             / ⊃__
       /⌒  ⌒⊂_ ヽヾ          〃/ / ⌒  ⌒\
(⌒ヽ∩/( ⌒)  (⌒) |(⌒ヽ       γ⌒)( ⌒)  (⌒) \ ∩⌒)
 ヽ  ノ| :::⌒(__人__)⌒ ::| ⊂ `、三  三 / _ノ :::⌒(__人__)⌒ 〃/ ノ
  \ \    )┬-|   / /> ) )) ( (  <|  |   |r┬(    / / ))
(( (⌒ )、 ヽ_ `ー‐' ,/ / / 三 ( \ ヽ \ _`ー‐'  /( ⌒)
  \ \ /                               / /


                                           ∧,,∧  .∧,,∧
                                       ∧∧(´‐ω‐`)(´‐ω‐`)∧∧   <なーんだ、野心なんて無いのか。
                                      (´‐ω‐).∧∧) (∧∧ (‐ω‐`) <誰だよ、書記局が危険とか言ってた奴は。
                                      | U (´‐ω‐`)(´‐ω‐`) と ノ
                                       u-u (l    ) (    ノ u-u   <立派な人じゃないか・・・
                                           `u-u'  `u-u'



やる夫はもっぱら真面目で、穏健で、中道的な人柄を装い続けた。
書記局の巨大な権力を握る権威主義者、という実像は、巧妙にも覆い隠されていたのである。




798 :名無しのやる夫だお:2012/01/26(木) 23:10:53 ID:Ln2ypxw6



元々過激派だったんで地味な事務仕事できる奴がやる夫くらいしかいなかった


799 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 23:10:59 ID:2MiPGVPo




官僚たちはどんな身分の低い人間でも希望すればやる夫に直接会うことができた。



        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ            同志やる夫、
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、     今日は午後に書記局組織部からの報告と
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/     下僚からの陳情が5件、
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /      そのほかにも諸々の接見申請がなされております。
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃



       ____
      /      \
     / ⌒  ⌒   \      わかったわかった。
   /  (ー) (ー) /^ヽ
  |   (__人__)( /   〉|     全部通してくれお。
  \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ
―――――――― \ _ _ _ )





800 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 23:12:22 ID:2MiPGVPo






そしてやる夫は、どんなささいな報告にも真剣に耳を傾けたのだった。



         __
         [|,,,★,,|]
        (´・ω・`)
         (つ□と)
         `u―u´
                                   ____
                                 /      \
                                / ヽ、   _ノ \
                              /   (●)  (●)   \
                              |      (__人__)     |
                              \     ` ⌒´     /ヽ
                               /              \
                               (  ヽγ⌒)        ヘ   \
                            ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


やる夫の報告に対する質問、指摘は
常に的確で、具体的で、明瞭で、核心をついたものであったという。






____
 書記局 .|
  ┌‐┐ | O  O   O  O O  O
  |  ゚| |ノ|  ノ|   ノ|  ノ| ノ|  ノ| <俺の順番まだかなー
  |. | | ||  ||  ||   ||  ||   ||
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


官僚らはその知性と教養に感嘆し、すぐにやる夫のもとに通い詰めることとなった。





801 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 23:13:12 ID:2MiPGVPo




やる夫は人柄と権威を巧みに駆使して、非常に注意深く目立たないように党組織を掌握していった。



                                 ,.へ
  ___                             ム  i
 「 ヒ_i〉                            ゝ 〈
 ト ノ                           iニ(()
 i  {              ____           |  ヽ
 i  i           /__,  , ‐-\           i   }
 |   i         /(●)   ( ● )\       {、  λ
 ト-┤.      /    (__人__)    \    ,ノ  ̄ ,!
 i   ゝ、_     |     ´ ̄`       | ,. '´ハ   ,!
. ヽ、    `` 、,__\              /" \  ヽ/
   \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―--―/::7   ノ    /
       ヽ.      ヽ::〈; . '::. :' |::/   /   ,. "
        `ー 、    \ヽ::. ;:::|/     r'"
     / ̄二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
     | 答 |      尊敬される上司       │|
     \_二二二二二二二二二二二二二二二二ノ



ジノヴィエフやカーメネフの預かり知らぬところで、
党官僚機構はやる夫の影響下に組み込まれていったのである・・・





802 :名無しのやる夫だお:2012/01/26(木) 23:13:40 ID:0Gfl2Cns



こりゃ下が皆ついてくる訳だ
この図式を会社に当てはめるとつくづくそう思う



803 :名無しのやる夫だお:2012/01/26(木) 23:13:46 ID:hUaHbcjU



マジで角栄なんじゃないのこれ


806 :名無しのやる夫だお:2012/01/26(木) 23:15:03 ID:Fv.MPgfs



・下の者にも気を配る
・質問者の知ることに精通しており、発言の趣旨が明瞭である
封建時代から成功者によく見られるパターンだな



804 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 23:14:07 ID:2MiPGVPo




     ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ ))
   ((〈 ● ノ\   /\ ● 〉
     ヽ彡'  ヽ /    ヾ_ノ     大分うまくいってるね。
       )    Y    (       今まで同志レーニンの個人的求心力に頼っていた党も
    f⌒γ⌒  '  ⌒ヽ⌒ヽ    今では書記局の権威によって支えられているんだ。
    { :::::.|          | ::::: }
    ヽ ヽ__人__ノ  ノ     やはり集団というものは個人ではなく
      \ .  `ー'´    /      組織によってまとめられるべきなんだよ!
     . /    ∩ノ ⊃ ヽ
     (  \ / _ノ |  |
     ..\ “  /__|  |
       \ /___ /


             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \     なに言ってんだお。
        |      (__人__)     |
        \     ` ⌒´    ,/     まだまだ不十分だお。
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ    党機構を掌握した程度じゃ何にもならねーお。
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |    ヴェーチャは国家権力ってもんがよく理解できてねーおー。
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |





805 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 23:14:47 ID:2MiPGVPo




         ____
       /      \
      / ─    ─ \      やる夫の目標は党を支えるだけじゃなくて
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |     国家そのものを支えることなんだお。
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ      それは党官僚機構だけじゃ不十分なんだお。
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈● ノ\   /\ ●〉
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ      え・・・
    )    Y    (
   /γ⌒     ⌒ヽ\      じゃあこれからまだ何かするのかい?
  /  |         |  ヽ
  |   ヽ__人__ノ u |
  \     `ー'´     /





807 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 23:15:16 ID:2MiPGVPo




         ____
       /⌒  ⌒\
     /( ●)  (●)\
    /::::::⌒(__人__)⌒::::: \/⌒)    ま、そこらへんは
    |     |r┬-|     | ノ
  __\      `ー'´     //      だいたい考えがまとまってるお。
(⌒               |_,,,ノ
 ""''''''ヽ_         |         それじゃ、やる夫はちょっくら出かけるから留守番は頼むおー。
      |           |
      |         |
      i      ̄\ ./
      \_     |/
       _ノ \___)
      (    _/
       |_ノ''




809 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 23:15:41 ID:2MiPGVPo




   ――― 統合国家保安局


               ┼                                ┼
             /⌒ヽ                            /⌒ヽ
              (;!___!_)              /\            (;!___!_)
             (;;_i____i__)_____________________.//\\ _____________________(;;i____i__)
                !XXXXX| ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ::://三三\\; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;;;|XXXXX|
    ___________________[三三三] ; ; ; ; ; ; ; ; ; //:i |:::iニ|:::i |;\\; ; ; ; ; ; ; ; ; ;;;[三三三]___________________
  /; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;!|;;;;;;;;;;;;;/_;_;_;_;_;_;_;_//::::::i_|:::i__|:::i_|::::;;\\;_;_;_;_;_;_;_;;;;\;;;;;;;;;;;;|; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; \
/ ;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_|;;:::::::::::::::!::::::::::::::::::;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::::::::;;i;;::::::::::::: i;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_\
.. ̄|:::::::::::::::::;:::::::::::::::: |;;:::i ニ|::::::i:::::::∧:::::::;;|::::∧::::∧::::;::::;:::∧::::∧::::|:::::::∧::::::::;;!;;:::i ニ|:::: |:::::::::::::::::;:::::::::::::::: ! ̄
  |::iニ|::iニ|::;::i ニ|::iニ|::|;;:::i__|::::::i::::: i_i_|::::::;;|::::i_i_|::i_i_|:::;::::;:::i_i_|::i_i_|::::!::::::i_i_|:::::::;;i;;::::!_,|:::: i::iニ|::iニ|::;::iニ|::iニ|::|
   |::i__|::i__|::;::i__|::i__|::|;;:::::::::::::::!::::::i_i_|::::::;;|::::i_i_|::i_i_|:::;::::;:::i_i_|::i_i_|::::!::::::i_i_|:::::::;;i;;:::::::::::::::| i__|::i__|::;::i__|::i__|::|
  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; [三三三]三三三三[ 三三三三三三三三三]三三三三:[三三三];;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; |
  |:::::::::::::::::;:::::::::::::::: |;;:::::::::::::::!:::::::::::::::::::;;|:::::::::::::::::::::::;::::;:::::::::::::::::::: |::::::::::::::::::::;;i;;::::::::::::: |:::::::::::::::::;:::::::::::::::::|
  |::iニ|::iニ|::;::iニ|::i ニ|::|;;::::iニ|:::::i::::i |::::i | ::;;|::::iニ|::::iニ|::::;::::;:::iニ|::::iニ|:::|::::i |::::i |::::;;i;;::::iニ|:::::|::iニ|::iニ|::;::iニ|::iニ|::!
   |::i__|::i__|::;::i__|::i__|::|;;::::i__|:::::i::::i_|::::i_| ::;;|::::i__|::::i__|::::;::::;:::i__|::::i__|:::|::::i_|::::i_|::::;;i;;::::i__|:::::|::i__|::i__|::;::i__|::i__|::!
  |:::::::::::::::::;:::::::::::::::: |;;:::::::::::::::!:::::::::::::::::::;;|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::::::::::::::::::::;;i;;::::::::::::: |:::::::::::::::::;:::::::::::::::: |
'''''';'''''''';''''''''''''''''''''';'''''''''''''''';'''';'''''''''';;'''''''''''''''''';'''''''''';;'''''''''''''''''''''';''''''''''''''';;'''''''';'''''''''''''''''';'''''''''''''''';;''''''''';'''''''''''';''''''''';''''''''''''





      |┃三 ガラッ
      |┃  ____
      |┃/⌒  ⌒\
      |┃(●)  (●) \         やっほーだお!
───|┃:⌒(__人__)⌒:::::\
      |┃  |r┬-|     |⌒)      書記局のやる夫だおー。
      |┃   `ー'ォ     //
      (⌒ヽ・    ・ ̄ /        同志メンジンスキーはいるかお?
      |┃ノ       /
      |┃   つ   <
      |┃  (::)(::)   ヽ
      |┃/    >  )
      |┃     (__)





810 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 23:16:09 ID:2MiPGVPo




                       ,. -- 、、    __
                     /, .:'"⌒ヾーァty'´::`ヽ
                  -‐ァ'/::::::::::,ィ:、:Y;.::|;、:::::::::::',、
                  /' /::::::::::/ ̄`リ::/`''i::::::::::l ヽ
                 ,イ ,ィi:.:.:.:.:./_     l:ノ   !::::::::::l ハ
               z彡ィ'/ !  /、`ヽ /,..-―|::.:.:.:.::!  |
                イ/ ,j|:.:.:.ィ;ミiヽ`//.:,==l: :.: .:!.  ':、
                /l ,イ,'::::/ ̄´/ ,'   、fti   /// r\     ・・・同志やる夫。
                ´レイlノ:::/     ;.:.   `7:.:.:.:/,'./イ :.  ヽ
                 彳lメ:ノ     丿:  /:::::::イ//彡| ∧      わざわざ訪問していただけるのは
                /l/イト、 ヽ――- 、_ /:::/l// /イル'!ヾ:.
               △イ「l/リl>、 `` ニニ ‐ シ//,イイハ从 | リ     ありがたいのだが、
                 ▽ /ル'|i\ ゙"゙ /:/,.ィfテ八l>/レヘ !
                   ▽ リ| ` ―△'´/|▽    ▽      吾輩としては事前に
                    _/    '´_∠ ┴z_    '′
                   /く彡'´Lr‐ '´ __,、   人           アポを取って欲しいものだな・・・
                 ,-‐{/|   /_,. - '´  ,. -'´:.:.:ゝ、
               . | // / ,'_,. -彡'":.:.:.:.:/:.:.:.:` ̄`` 丶 、
               . リ ,' /i  !::::, -'´:.:.:.:.:.:./、_:.:.:.:.:.:.:.:.:.,. -‐ヽ
               . / / ,/::| ,l/:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:`>‐ '"´:.:.:.:.:.:.'、
               /  ,'/::::l/:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:, - '´:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                 ,:'l::/⌒!:.:.:.:.:.:.:.:/:,. - '´ ̄):.:._,. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                 /:,ン:;:;:;/--―ッ'":;:;:;:;:, -'´ィシ'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:rイ
                ,'/:;:;:;:;/'"´>'´:;:;:;,. ‐ '´,イシ'´:.:.,. ´ ̄):.:.:.:.:.:.:.:.ヽヾ!
               .;イ:;:;:;:;'´,. '":;:;:;/:.:.:.:.:ノ/∠ン:;:;:;/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ|
               ':;:;:;:;/'":;:;:;:;:;:/:.:.:.:.:,.ィ彡:'":;:;:;:;/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、、:.:.ヽ
               :;:;/:;:;:;:;:;:;r',. --―:;:'":;:,. -‐',. '⌒):.:.:.:.:.:.:.:.:丶丶::::::〉
               :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:__;: 彡´:.:.:/:;:;:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヾ:〈
               :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;`` ‐ 、_:_:.ノ:;:;:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾヽ

              統合国家保安局幹部 ヴァチェスラフ・メンジンスキー




819 :名無しのやる夫だお:2012/01/26(木) 23:21:44 ID:jXCv3YU2



これは鬼畜過ぎるメンジンスキー


812 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 23:17:18 ID:2MiPGVPo




          /       丶、_  {i, ) ,.イ´
  ――‐,    /  ,. -―z==三ミヽ、!}/l /! _l_,,.ィ'
     /    /   ー=テ´,ィ'"::::::::::::ヾ!l/lリ/イ, -―-t、-___
  _ ノ    レイニ三ァ/::::::::∠ミヾ:::〉:/!/::::::::::::::::::ミヾ三_          チェーカーはこの頃、統合国家保安局(GPU)と改称していた。
          / ,.ィ",/:.:.:.::/≧ァミミ/:/》ィf彡=、―-、:::::゙に
  /      / '7_,ィ_l:.:.:.:/彡シ /  ,'::/   `ヘ!リヾミヾ:::::ヽ           責任者はジェルジンスキーのままであったが、
  / `ヽ、  / Z-‐彳:::::l//年L._ l:/      ',lトミヽゝ、::::'、          彼はすでに多忙な身であったので
 /    \ 〈  江ムィ!:::::l/ /_,,,ミヽl|   ,.-――fHト、ヽミ'、 \'ぅ、        実際の業務はメンジンスキーが代行していた。
        ヽ ,r‐イメl:::://ッ'´(lil)ヾ, リ /:.:,.ィ,.=、、! l l、 下ト=、,ヾミ、_
  /      ヾィナ彡:lイ ``'=''" ′,':.:.`'=辷'ッ'リ l ト、ト、'、    / `ヽ、    ゞ>‐ァ:/{l         /l      /l l}ト、ト、`ヽ  リ        十二か国語を自由に操って、暇さえあれば
 /    \  ト、ヽトく/ォil  、___ 二__    / ,i川l》l l    〈        自室に引きこもりペルシャ語の写本を研究するという
      / ̄`ヾ \!'´/l:/ト、 ヾWI彡ミ竺l7≧-ァ' /リ/,イ ▽            得体の知れない不気味な学者でもあった。
'´ ̄レi l        ▽イリゝ、ヾィi_,、_,、_,、ッ'′,イlリ/Ll
    | |        /ノリィi'lト、 、`二二´, ,.イl/i/                チェキストとして、多くの恐るべき残忍な「仕事」に
    | |          f▽! \__ ,.ィi/l リ▽: . .               携わってきたと言われている・・・
    | |         . :,.ィi! i       / l二`L__:. . . . . . . .
   /  ヽ、     . :/ く l,   ,;'; /  l/   └,、___ : . . .
_/    ヽ  _,.ィ‐〈   \l, ィi ':;' ,/:.:/  ,ィ   /:.\:.:.:.:.:.'ー--
         ヾ彡'´,r'´  ト、  / ヽ_ノ^Y  /  ,.ィi:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.
         L__:〈    l '、 /     ヽ /  ,ィ彡/:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:
          (__L_  liУ      l / ,ィ/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.
   /         / ,j′  /    l   //:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:
   /  _       〈{ ヽ/   l     l / ::/:.:.:.:.:.:.:.:_▽--―‐ァ':
  /   \      \、l   /   i  l :::::/:.:.:.:._/⌒l:.:.:.:.:.:.:/:.:.:
  /     \      ` ̄/ ,l    ll  l:/``:ー:'゙/:;:;:;:;',:.:.:./:.:.:.:.:.:
                / / /  ll l/:.:.:.:.:.:.:.:.:l:;:;:;:;:;:;ヾ´:.:.:.:.:.:.:.:.
                l / /   /:.:.:.:.:.:_,,_.ィ'、:;:;:;:;:;:;:ヽ、:.:.:.:.:.:




815 :名無しのやる夫だお:2012/01/26(木) 23:18:51 ID:Fv.MPgfs



>暇さえあれば自室に引きこもりペルシャ語の写本を研究するという
まあ学者なんて(タイプはいくつかあるけど)そんなもんですわ



814 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 23:18:35 ID:2MiPGVPo




         ____
       /      \
      / ─    ─ \     同志メンジンスキー。
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |   やる夫は書記局の一員として
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ    党の規律と国家の安定のためにGPUの
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |    強化が必要だと思っているお。
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |




        /~`ヽ
=テ≧==ァ'::::::::::::::::',
  , _,  /:::::::::::::::::::::ヒニ>、-― 、
jノ /  /:::::::::::::::::::::::ヾリ/:::::l::::::::::::ヽ
 /  /::::::::::::::::::::::::::::},ィi!:::::::l:::::::::::::::':,
_/ ,' ,'::::::::::::::::::::::::::::/^'ー!::::::l:::::::::::::::::::':,
' / /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::/  ,l:.:.:.ハ:::::::::::::::::::::',
/ ,/: : : : : : : :.:/    l:. / ',::::::::::::::::::::i
//: . . . . . : /`丶、  ,'::/  ',:::::::.::::.::::::l    書記局の「一員」などと戯言を・・・
;': : : : : : :::ィ'zzミ、、ヽ,/::/   ':,:::.:.:.:.:.::::l
:.:.:.:.:.:.:.::::/´,ィ=ミヾ'、 /:/ , -― l::.:.: :.: :::l    吾輩の前で卑屈なごまかしなど不要だぞ。
:.:.:.::::::::,〈  {lifjlリ 'ソ ,':/ /::_  l:: . . .::l
:::::::::::/ ゙`ミ竺ョ  ,'/  lッ'",ニヽ,j: : : : ::l     今や権力の頂点にもっとも近づいているのは、
:::::::::/       /′ l 、,{ifjリ,リ!:.:.:.:.:::l
::::/       /   ',ヾ=彳 l::.:::.:::l     書記局の「ボス」である貴様だ。
''′             '、  ,! l l::::::::,'
  、、         _,.:ノ / //!::::::,'
   ヾゝ、、      ` '´ / //,l:::::/
    `' 、 ` ' ―-- 、_, / // /:::/
、     `丶、、__ヾツ,イ /イ /:::/
::丶、    丶、,,__,`リ/」ム' f/:::/
 ::::::丶、    `"" _,./lr/
  ::::::::::::丶、 __,ィi | リ /
  ::::::::「 ̄ ̄ `゚' ljJ /
、  :::::l





817 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 23:19:44 ID:2MiPGVPo




        ,. -‐/\ニ=ニ ァ‐、 _
       //ノ::::::::ヽ_/:::::::::、`ヽ
     , '//:::::::::::::::::/::::|:、:::::::\ ヽ
     ///::::::::::::::,:==ミ{::: |=ミ:::::::::::ヽ.',
.    //,':.:.:::::::::::/   `'!:|  ',::::::::::.:ト.'、     もっとも・・・
   /イィ|:.:.::::::/‐-、、  ;:,'  _メ:::::::.:.ト.',',
  /'// l:.:.:.::/,≧ 、 、ヽ ,':/ィ'´__,.」::.:.:.:l !','、    他のダニどもの目は腐っているようだな。
   //,' l:.:.:./ '、!{(ij゙l`, /ィ 'ィfij)}`!:.:.::,' | ゙ト'、
  ,' /| ,|:::::ハ.   ̄ ̄ /'|` ̄ ̄|:::::ハ. ト | 丶   書記局の名簿序列で
  l/|l|::: 小、   / |   |:::トl N
  /  | ,|::∧! ヽ 、、  、 !,   ,、ノ::/| ', |      わざわざ自分を一番最後に記載するなど(※)
.    l/|:,! |〉 ト. ト、ヾ、――ッ '´イ::/l ! V
.     |;| ,l八lゝ! \`二´/トi::/ ▽        そんな子供だましも奴らには案外キクらしい。
     ▽ l7」ヾ、へ><、-△'  lj
      リ /:.}ミ、_|   ヽ  イ ト、
       :::::::、``|   l   |  |::::丶、




                                               ____
                          はっはっは。             /― ― \
                                            /(●)  (●) \
                 これはこれは恐れ多いお。          /   (__人__)     \
                                            |    ` ⌒´      |
             さて、それでは本題と行こうかお。           \           /
                                              /         \




※・・・やる夫は書記局の名簿をアルファベット順にしていた(アルファベット順だとやる夫の名前はかなり後に来る)





818 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 23:21:05 ID:2MiPGVPo




やる夫は秘密警察の重要性をよく理解していた。

ボリシェビキ政権のような、多数派の支持を得ない独裁体制が存続していくには
秘密警察が必要不可欠なのである。



         /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ `  、
        /                \
      ./              ,==ニ_-、 丶
      /                 〃  __ `ヽ  \
     ./     メ≧、_ノ     イ   {・}  |}  丶
     /     ィ彡´三ヽ\  /. 丶 __ /     '     |: : : ::::::∧ く:::/ `ヾ\  \::\イ/   //     ヽ.:::} V////
   /     〃 ̄ ̄ {・}|       ̄  ̄       V    .|: : : ::::/ ∧ `! γヽ.゙、ヽ. i: \::\  y'/ .Y´⌒ヽ.   iノ'   V////
  ./      廴 _ 二´    l     、       '    |: : : ::/ i i∧ヽ、 丶ソ  ヽ|   \::ヽ. '´   弋 ゙ジノ  ノ}     V////
  ,'         ̄  ̄,       人、   }         '   _|: : : :: :| ! ∧ ゞ=--   ,,. |      ヾ、 .、 、_____,. ィ':/     V////
  |           ヘ、   _イ __`ー-ェ'            |   |: :::::i/! ! ! ∧         !      \   ̄ ̄¨  ̄`゙     V///
  |           |i Tィ'"´:::::::::`゙ヾイ         ∧   |: : ::| :! | | /!∧      i        `            ∧////
  |            ! |{::::::::::::::::::........}|   /     /    .!: :::i | i .i!/ |/ iヽ.      .'                _..   / i////
  丶             V:::::::::::::::::::::::/ //    /      i: :::| !/!:/ i' | ::i\.  /                /  / :::::!i////
   `            \_:::::::::::::::ノ        ∠       :i:::::| ' レ'   レ':  \/ __.         _,.  '  /    i i///
     `              ̄ ̄      /         i:::::!/              ̄\ 、.___, -― ´   ィ     / :|//
        `ノ` ‐ - _``ー- -‐'"´_ _ , ´          ハ::_!_           :/ i \ ー- ― ´    /: !     /  |//
                                     /∧フ./          {  | / \     ,. < !   :|  / :/ r-E-、
                                    // !T’         !  !/   /` ー  ´.   :|    ! i/  / ハ_<>ソ



二人は即座に協定を結び、やる夫はGPUの全面的な協力と、メンジンスキーは将来のさらなる飛躍を約束される。




821 :名無しのやる夫だお:2012/01/26(木) 23:22:28 ID:0Gfl2Cns



なんて禍々しいAAなんだw


820 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 23:22:16 ID:2MiPGVPo




               ____
             /⌒  ⌒\
            /( ●)  (●)\       別にやる夫がメンジンスキーと仲良しなのは
          /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
           |     |r┬-|     |      裏取引とか、下心のためじゃないおー。
          \      `ー'´    /
           r´         / \  ))   反対派の摘発や知識人の逮捕を実施するには
           | ハ         |\二つ
           ヽ_つ        |        GPUとの緊密な協力体制が必要なんだおー(棒読み)
            ((  \      /
              /⌒,  / )
           _/ r _/  ノ
          (__.)(__.)



  / ,r  l i!   ハ ヾ;;;;;;;;;;;l  ヾ;;;i!;;l
 / /  l l!  川 _,lriナ卅''ア ゙i;;ll;;l     そもそも反ソ知識人の撲滅と追放は
  / /   l   l!'゙´ ト;;;;_ェ土リ、l;;ll;;l
  /   l   リ  ハイ:::::}゙ン ヾjリ     同志レーニンと党の意向であるからな。
  イ    l l  /,! / l;;`Tヲ´  /,ヘ
 リ    l l! ,! l /  l;;;;;;;;l   ,リ′\    我々は党の政策を実現するために
  j  ィi ノ/ ,イ //   |;;;;;;;l   f'    ,>
  ll / ,! /,f ハ//   |;;;;;;;!   l  イ´    協力しているにすぎないのだ(棒読み)
  リ〃!/イl /゙Y/i!   |;;;;;l!    _,,._,〉
  !/i/〃ll / 〃    !;;;ノ  ー ''´ ,,j
 レリ//ハLイ`i !    l;;/      |
  川'ノ ▽ fil!  `丶!;ト;;-;ァ::,,_,ノ
  ▽‐- i、 _▽    l;! ,ィイj
  /     7ヽ、、 jLf/ ▽





822 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 23:23:50 ID:2MiPGVPo






     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !     さて、やる夫の書記局が影響力を強める一方、
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l      経済を巡って新たな問題が露呈しつつありました・・・
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|
       l \     _    ,/ |
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!




1921年に導入された新経済政策は、1922年になって徐々にその花を咲かせつつあった。

穀物収穫高は増加していき、飢餓は昔の話となっていた。



                 /|                           /
              ,/ || |    ╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋   /
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  || |    ╋(・∀・),.╋(・∀・),.╋(・∀・),.╋  | ̄ ̄ ̄ ̄
ニニ, -  l / ̄/  .|  || |    ╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋  |  ┐レ^ヽ
  ノ ___ノ   _ノ   |,_,||_|    ╋(゜д゜)╋(゜д゜)╋(゜д゜)╋  |  レ| ノ
________|  ||       ╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋  |____
             ||   ||       ╋(`Д´),!╋(`Д´),!╋(`Д´),!╋   ||   ||
  ∩ ∧_∧  ..||   ||       ╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋   ||   ||
,____ U(´∀` )  ||   ||       ╋.(゚ω゚=).╋.(゚ω゚=).╋.(゚ω゚=).╋   ||   ||
_|_| と八__儿つ  ||   /|    ...╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋   ||   ||
∧ ∧ (    ) ..|| /  |   / (゚σ゚ )  (゚σ゚ )   ∧ ∧ /|   ||   ||
(   ,,゚) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|    l   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(・∀・)=)|  l   ||   ||_
.|  ノ           |  ./   |_________ /   | .|,/   ||  /
~ |           |/               ∧ ∧ ~(___,ノ     .||/  品
.しし  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        Ω     (゚Д゚ ,)               /
            ∧ ∧       | ∧ ∧ /  ∪            ̄ ̄ ̄ ̄
        q∧ ∧  (@゚Д゚)      ヽ( *゚ω゚)ノ|  |       ∧ ∧
        (*゚ー゚)と/ ∀(つ    ~(Ox ) |  |~     (´ー` )
      / ||y||ブ (-∞-)         U  ∪ ∪         \ <          /|
      ノ_/'ノゞヽ, (,/ (,/                      ∧∧\___//
                                    (´ー`)/|       /
                                     uuuu∪ ̄∪∪



商業の繁栄は急速に全国へ拡大してゆき、モスクワには市場の賑わいが蘇っていったのである。





823 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 23:24:38 ID:2MiPGVPo




だが、すべてが順調というワケではなかった。

政府は資本主義経済が過度に膨張しないように
商品取引所を設けて商業に一定の公的統制を行おうとしたが、しかし、この試みはただちに失敗した。





     ...| ̄ ̄ |
   /:::|  ___|       ∧∧    ∧∧
  /::::_|___|_    ( 。_。).  ( 。_。)    【ネップマンの方々】
  ||:::::::( ・∀・)     /<▽>  /<▽>
  ||::/ <ヽ∞/>\   |::::::;;;;::/  |::::::;;;;::/
  ||::|   <ヽ/>.- |  |:と),__」   |:と),__」
_..||::|   o  o ...|_ξ..|:::::::::|    .|::::::::|
\  \__(久)__/_\::::::|    |:::::::|
.||.i\        、__ノフ \|    |:::::::|
.||ヽ .i\ _ __ ____ __ _.\   |::::::|
.|| ゙ヽ i    ハ i ハ i ハ i ハ |  し'_つ
.||   ゙|i~^~^~^~^~^~^~|i~
   ...||            ||
   ...||            ||



商人達は「ネップマン」と呼ばれる新興階級として勢力を急拡大し、あらゆる産業に潜り込んでいったのである。





824 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 23:25:29 ID:2MiPGVPo




経済復興と共に都市部でも食糧配給に代わって私的市場が復活したが、
それらもただちに「ネップマン」によって支配されることとなった。



          ___  ___                     |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
           /:::..:::::::Y::::::::::::\                 _L - ───‐ - 」_
        ./::::/ ̄ ̄ ̄ ̄\:::ヽ               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       /:::/   _   __  ';:::';     /    ヽ    /:::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨\:::::::ヽ
        |::::| '´__    __` |::::|   {     }   {::::::::::{  ´ ̄``    '´ ̄`  }:::::::::}
 /   ヽ !::::代 ィoュ六ィoュ 7!::::|    |_____|    ヽ:::::ハ  ,.==-   -==、 ハ::::::ノ
 !    | ノ:::::j ` ─ イ ト ─ ´ |:::::しィ ヽ::::::::::ノ     Y } ´     7  ヾ    `{ Y
 |___K__,.イk.    ( ,、,、)   ,k:::::::ノ  f二ユ       ヽイ、  /,,,,,゚;.,.;゚,,,,,ヽ  rk/
 ヽ:::::::ノ   ヽヘ     _,、,、_ ’   ム厂´  _r{二二}        {|i  K´ 二二 `ソ1  jl}
.,イ¨三ヨ  __,「ト、  ´ 二 ` , イL_ く 「只二 Yヽ      ヘx、jl `====' lkvリ′
{  三ア ´    |l ヽ `ー--‐'´ / l|   く` rヘ9n、ン’ィ 〉 __,∧kヘYkrx杰xtィrヌ ∧
ヽ _||_     (|l  /\   /ヽ l|)  不 | 弋ラ7-ヾ´.:.:..:.:./:.:.:トミ二ニ=ニニ二ス:.:ヽー-- 、___
/l ´下`    (|ト、ノ   Y    レl|)   ,ゝ ヽ __/丶乂.:.:.:.:.:./.:.:.:.:|. /  | r┐| ヽ |.:..:ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄`ー、
. ヽニネ、   〈 ̄ ̄`{ ̄}´ ̄ ̄〉  ‘ィ / ハ丶厂.:.:..:.:.:/:.:.:.:.:.|/   ! し’|   `|.:.:..:.ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
   │ヽ   (ハ___,イ丁k__ハ)  ハr-‐t_r-、/.:.:.:.:.:.:.:〈:.:.:.:.:.:.:|   |    |   |.:.:.:.:.:.:〉.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:|
    |  l   (ニHk /  !  V Hニ) /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:..:.:.:トヽ:.:.:.:.:|    |   |   |.:.:.:.:.:'イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:|.:.:.|
   / ハ   (ニH k.  ハ. /l Hニ) /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:j.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.`.:.:.:.|   |   |    |.:.:.:.:.:.:レヘヘ:.:.:.:.:.:|.:.:.:|
_∠/   }  (ニH Hk/ ⅥH Hニ){.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:ト‐┬┘  ├ー─l.:.:.:.:.:.:|ニニニ|.:.:.:.:|.:.:.::|



今や商人達は大規模な商業企業家として増長し、莫大な利益を懐に収めていたのだ。





825 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 23:26:17 ID:2MiPGVPo




今やモスクワは戦前に回帰しつつあった。
街頭には売春婦が客引きを行い、卑屈な給仕や運転手がネップマンにチップをせがんでいた。



        /     ______ / ̄ヽヽ
      /     /, -‐―――‐/-ミ、,,ノ }
       |    //::.::.::.::.::.::.::.:::/::ヽ.::.\/
      /!  //::.::.::.::.::.::.::::.::.::.::.::.::}::.::.::.ヽ
    /  ///.::.::.::.:::.::.:: /!.::.::i.::.::/::.::.::.::.:'.     _ -, -──‐-、
     {  //.::.i.::.::/.::.::.://メ、.::::|:::/l:::ハ::.::.:::ト、   / /: : : : : : : : : \     一発1ルーブリ!
    ∠∨/.::.::|::::::|.::.:j/仗≧ミ/|/ イ∧l .::|.  /  ' ___: : : : : : : : : ヽ 
     |/¨|.::.:::|::::::ハ.::.:| 込_ソ   / ,f仞゙Y.::.リ/   /:::::::::::::, '´ ゙̄ヽ: : : : : '.   即尺もあるよ!
        |.:::(|.::/.::.\| ,、,、     、ー' / '´    |::::::::::::::{:::::::::::::::}: : : : : :|
        |/|.::|∧.::.::.|       _r‐'了        |:::::::::::::: 、::::::::::ノ: : : : : :|
        |ハ.::.:ヘ.::.:l、   /  |::::::|        ∨:::::::: '´ ̄: : : : : : : :/
        |∧::ヘ::| 丶、 `ー‐ヘ_::::\__    \'´ : : : : : : : : : : /
          ∨ 8へ  >r‐'´.8 ̄¨>ヘ、 ̄¨''¬ー- 、 _____, '´
         __,.-イ |:ゝ∧ ,へ 川:ゝ / .二\
    /⌒\\  lノ   ∨.△∨lノ /  -‐、∨
    /     ヽ ヽ     \=/   {   ィヽソ|




まさに資本主義回帰である・・・

新経済政策は「ネップマン」達にしてみれば大成功であったのだが・・・


        / U _  ::::::::::::::::::::::::::::::: _ U ::::::ヽ
      /  /   ヽ_ ヽ V /::: /  ヽ  :::::::::\
     /  /|  ◎ /  ____ | ◎  |ヽ    \           なんだこれは・・・
 /  .| ::::::::::::\_ /  / ┬ーーー| \_/  ::::::::::::::| \          ブルジョワに媚びへつらう給仕や女たち・・・
     | ::::::: u ::::    |ヽ´      |  u :::       :::::::::|   \     富を独占するネップマン・・・
/   .|U::::     :: u  :::|      :::::::|    U  u   ;:::::::|\ \
    | ::: U     | ::||   ⊂ニニ |        U ::::| \        これが、俺達の目指したものだったのか・・・!?
/ /.| : u     | :|     |:::::ヽ::::::| |  u        ::| \ \\
//  | :u   u    |Λ   |:::::::|::::::::|        U  ::| \\\\\  ブルジョワを倒すための革命じゃなかったのか・・・!?
/ / .| ::  U    :| .|TTTTTTTTT|   u       :;| \\ \\\
//  \:      U├―----‐-――┤           |





826 :名無しのやる夫だお:2012/01/26(木) 23:26:30 ID:Ln2ypxw6



ソ連崩壊後にオリガルヒが台頭したのを彷彿とさせるな


827 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 23:26:52 ID:2MiPGVPo




しかし、ただちに危機が生じた。
増大した穀物流通も、国家権力の抑圧から解き放たれた民間需要を満たすことはできなかった。



                       \\        /f゙ヘt、`-、_
      ヽ、;;;、\               \〉     /f~´  i゙;;'、';;t、`'‐ 、
        ` ー ゝ                     \(z、   ``ツr;;';;ゞz;;`'‐ 、
       __,.   ---───‐‐‐┐             `'‐、ゞ、_ '´ `゙゙ ゞネ'゙‐ヾミー 、_
       \´、`゙`ゞヾミ''ゞ~^`ji:|                `゙'-、ゞ 、     _,ノ;//
         `-- ─ー‐‐─‐--=!                     `゙''-、ゞrt.;.ォ//
     _                                       ゙、/
      /{
    / 代                                                 ,
   《ミ 、 ハ                                              /|
    ヽ:i; }                                            , ‐'゙ /
      ソ                                        _,.. ‐´fじ''´
                                                ノ_,. -''´
                                                 ´
                                                  __ ノ′
                                             ´ ̄ ̄ ̄
                                                    /\



結果、農産物価格が工業製品価格に比べて異常なまでに高騰したのである。





828 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 23:27:44 ID:2MiPGVPo




農産物価格と工業製品価格の異常な乖離は工業不況を引き起こす。

工場は製品価格を下げることでしか利潤を確保できず、原価引き下げのために「合理化」が実施された。




       /\___/ヽ
      /:::::::       \
     |:::.   ''''''   ''''''  |
     |::::.,(●),   、(●)|
     |::::::: ノ ,,ノ(、_, )ヽ、,, |
       \:::::.ヽ`-=ニ=- ' /           .|
     /   `一`ニニ´-,ー´               |
     /  | |    / |             |
    /   | |  / | |                  |
    /   l | /  | |                  |
__/    | ⊥_ーー | ⊥_ ________|
   |  `ーヽl_l_l.} ヽl_l_l.}                \
  (、`ーー、ィ   } ̄`   ノ      ①        \
    `ー、、___/`"''-‐"    ⑩  ⑤         \
                                    \






大量の労働者が「解雇」され、失業者が溢れだした。




:.: :.: . . . . . . . . . . .             ̄ ̄   ̄───   .!_____|         |____..   |
_:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.: . . . . . . . .                                ̄ ̄
: .  ̄ ̄Λ_Λ──______:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:.i ̄ ̄i:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :. . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
:::::::::: /:彡ミ゛ヽ;)ー、::::::::: Λ_Λ. .  ̄ ̄ ̄ ̄─‐. ⊂ニニ⊃ ______:. :.:. :.:. :.:. :.: Λ_Λ:.: :.: :. :. :.
::::::.../ :::/:: ヽ、ヽ、 ::i:::::....(-д-::: )ー、::::::.......    ( ゚д゚ )ー、  Λ_Λ:: .. . ̄ ̄ ̄─(-д-::: )ー、::..
::. . / :::/;;:   ヽ ヽ ::l::: . /i ;:      :::i:::.::::::..... .  /i ;:      ::. i /:彡ミ゛ヽ;)ー、:::::::... .  /i ;:      :::i::..
: . (_,ノ⌒\;; ヽ、_ノ:l: . (:: ;;__/ :::./ |:::::......   (:: ;;__/ :::./::/ :::/:: ヽ、ヽ、 ::i::::.... .  (:: ;;__/ :::./ |:: .
    i⌒\)i⌒\ /:: .. / ____/ :|:::::::::.... . .  / ____/::/ :::/;;:   ヽ ヽ ::l:::::......  / ____/ :|::..
    | :::| ::;;_| :::| ::;;ノ: . i⌒i_ノ :i⌒\ /::::::...... .   i⌒i_ノ :i⌒\(_,ノ⌒\;; ヽ、_ノ:l::::...  i⌒i_ノ :i⌒\ /::..
    | :::|  | :::|:::: .... | :::| ::;;_| :::| ::;;ノ::::::::::... ..   | :::| ::;;_| :::| ::;;ノ i⌒\)i⌒\ /:::::::.... | :::| ::;;_| :::| ::;;ノ::::...
   (___/  (___/::.....  | :::|  | :::|:::::..... .     | :::|  | :::|:: .  | :::| ::;;_| :::| ::;;ノ::::::.... . | :::|  | :::|:::: ::...
                (___/  (___/:::.... .. .. .     (___/  (___/:: : | :::|  | :::|:::::::.... .  (___/  (___/:::.... ..
                                      (___/  (___/:::.....



新経済政策によって自由労働市場が出現した今、
政府は十分な雇用を提供できず、失業問題は日に日に悪化していくのだった。





829 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 23:28:40 ID:2MiPGVPo




さらに価格統制が除かれると物価は狂乱的に変動し、賃率を絶えず論争の的にさせる。



     ___
   /|_   |
   ||. (゚∀゚ ) | パンくださ・・・
   ||oと.  U|
   || |(__)J|
   ||/彡 ̄ ガチャ


     ___
   /| _   |
   ||. (   )| 昨日の倍の値段になってた・・・
   ||oと.   |
   || |(__)J|
   ||/彡 ̄






 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 |    金払え!!!    |
 |________|                マーマー ∧,,∧  ∧,,∧オマエラヤメ     【賃率問題激化中】
    ∧∧ ||     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|      ∧∧(´・ω・)(・ω・`)∧∧
    ( ゚д゚)||    ...|    金払え!!!    |     (´・ω・)  U) (U とノ(ω・` )ケンカイクナイ
    / づΦ    |________|     |し U∧∧    ∧∧と ノ
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| .∧∧ ||             u-u( ・ω・)=つ);:)ω・`) チンギンハコレクライデ!
 |    金払え!!!    | ( ゚д゚)||                (っ ≡つ=つ⊂⊂)
 |________| / づΦ               ( /∪ バババ∪ ̄\_)
    ∧∧ ||                    ライゲツニハブッカガモットアガッテルダロ!
    ( ゚д゚)||
    / づΦ



しかも企業は現金を欠いた為に給料の支払いはしばしば滞ったのである。





831 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 23:29:36 ID:2MiPGVPo




工業の停滞、価格危機、生産合理化と利潤獲得という圧迫が労働者の解雇圧力を強め、
失業問題をますます悪化させていった。




    ∧∧     ∧∧     ∧∧     ∧∧     ∧∧     ∧∧
   /⌒ヽ)    /⌒ヽ)    /⌒ヽ)    /⌒ヽ)    /⌒ヽ)    /⌒ヽ)
   i三 ∪    i三 ∪    i三 ∪    i三 ∪    i三 ∪    i三 ∪
   〇三 |    〇三 |    〇三 |    〇三 |    〇三 |    〇三 |
   (/~∪    (/~∪    (/~∪    (/~∪    (/~∪    (/~∪
   三三     三三     三三     三三     三三     三三
  三三     三三     三三     三三     三三     三三
  三三三   三三三   三三三   三三三   三三三   三三三



得をするのは農民や、ネップマン、ブルジョワ出身の工場経営者(超高給取りだった)だけ。
工場労働者は絶えず厳しい圧力にさらされ、疲弊し、窮乏していったのである・・・





830 :名無しのやる夫だお:2012/01/26(木) 23:29:24 ID:309ApmRg



社会主義経済から市場経済に移行する時には例外なく起きるなー、インフレ。
風邪が治る時の発熱みたいなもんだから心配ないけど、この時代の子の連中じゃあな^^;



832 :名無しのやる夫だお:2012/01/26(木) 23:29:50 ID:SUY//TTo



きょ・・・共産主義国家・・・?


833 :名無しのやる夫だお:2012/01/26(木) 23:30:06 ID:hUaHbcjU



やっぱり最初から統制経済なんて無理やったんや!(真理)


834 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 23:30:50 ID:2MiPGVPo




「新経済政策は農民への譲歩である」

重大なのは、譲歩の分、誰かが犠牲になった、ということである。
そしてそれは間違いなく工場労働者達であった・・・





    ,.:::-=;1ー;1―;1―;1―,=;:.、
   =              ゙ミ
    ミ       ★       ゙ミ  【新経済政策反対派】
   ミ               ゙ミ
    ミ              ゙ミ
    ミ;========= ゙ミ
   丿 ::.__  .:::::::::::::  __  ::::ヽ_       ,. 、       /   / ネ ッ プ
  / /。 ヽ_ヽv /: /。ヽ  ::::::ヽ    ,.〃´ヾ.、  /  /  新経済政策は
 / / ̄ ̄√___丶  ̄ ̄\  ::::| / |l     ',  / /
 | .:::::::::: / / tーーー|ヽ     ..::::: ::|r'´  ||--‐r、 ',      New Exploitation Proletariat
 | .:::::.  ..: |    |ヽ   .,..ィ'´     l',  '.j '.      新たなプロレタリアート搾取 のことだ!
 | :::    | |⊂ニヽ| |  'r '´         ',.r '´ !|  \
 | :    | |  |:::T::::| !  l!     ....:.:.:.:.:.:ヽ、   ,l    \
 \:    ト--^^^^^┤   ゝ、.,_ ---‐‐‐----ゝ、ノ




新経済政策に対する反対派は「分派禁止規定」を適用してやる夫が排除したものの、
完全に無視できる問題ではなかった。



       ____
     /      \
   / ─    ─ \    こればっかりは
  / -=・=-   -=・=- \  やる夫にもどうにもできんお。
  |      (__人__)  U  |
  \     ` ⌒´     /





835 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 23:32:03 ID:2MiPGVPo




労働者を守る為に更なる地位を要求する労組は、二の足を踏み続ける政府にブチ切れていた。

政府と労組の板挟みにあったトムスキーは労組中央評議会議長を解任され中央アジアにトバされる。



                   _/ ̄´
         〈\__ _∠二 ̄/三ニ=- 、
         >‐'´: : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ.
.       /: : :./: : : : |ヽ : : : : : : : 、: : : : : :.\
.     `ーナ:/: : ∧: : : :.l/\: : : : : : :\__: :.ヽ
.       /:/: : : !∧: : : :\ニ≧=、: : \: : :.<´: : : : ヽ         なんで労働者のために闘ってる私が
      /イ: : : :l:| ム : ト、:、:.≧ャ  ヽ: : :ト、_\: : : : :',
       l: l: : :l Y芥ヽ!  ̄じリ  ノ ヽ:!: : : : : :ヽ.: : : i         クビにされるのー!?
        ゝ|: l∧{ り     ¨て_つ ○、: : \_:\ヾ.
        ヽjこン〈                ヽ: : : : : : : : : :\
       /: ;'   ∠フヽ.     o  ょ>、: : : : : : : : :\
   ○  /: : : {  〈:::::/⌒ヽ     _r、__ノ:::\: : : : : : : : :\
  ゚  //7:::::::ヽ.  ゝ{    ノ (¨´/⌒ヽ:::::::::::ヽ : !\: : ヾヽ〉
   (r'゙ /:::::>:「ヽ.  `¨ ̄  . :/⌒ヽ!   {⌒ヽ::ト、} ト√⌒ヽ\
     {:::://⌒` \ __._:_: :/⌒ヽ    ヽ   \.リ     \〉
.     ∨ 〈/¨  ⌒):::::::\/^ヽ   _ノ    \
     O ヽ/ / ノ 〈^下木こ__ノー        ヽ
         \ /  ノ\} |   ノノ人   ヽ      ヽ
         ゙7ヽ._ノ  ヽ.  _//}   ヽ       i
           / {ヽ)    .∧二 / /\  ヽ        !
.          { /\\   /::::〉V_/       ヽ





836 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 23:33:05 ID:2MiPGVPo




後任にはアンドレイ・アンドレーエフが就任したが・・・



          _, ィ'"フ==‐- 、、
       ,べ´ヾル≦、;;三三ミミヽ、
       ,イ〃,、ヽソ⌒ヾトミヽ`ヾミミヾ`、
     /  ,;;.:;:;:;:;:,=t;;, lミミ、 ヽ`ゞ;;;;\
     ,'/,' ;;/´`~´ ヾ; lト、 J、;;;f;;;;;;;;;くヽ
     kイ// ι u  ゙i,Wl;;;;, l;;;;;;ヾ;;;;;;;;;ト、
     li;;;;;/ 、、    >;;lヾ;, l;;;;;;;;;;;;;;;;ミ、
    /l;;;/ィ'^ヾァ ー,シヘメミ、いト;;lト、h;ゞ、
     ljバ'(0)   `'(0) 〉ヾl V〈ノ人ハ
       l`'=",ィ  u `'ー'" ,ソ  ',ノ ヾ-、、
         !u `''       u /   ヾ} ヽ、_
       ヽヾ亡二ゝ、 u  ,.イl     ,!  ヽ
        ヽヾ::::::::::::ヽ  /  l   /   〉
           ヽl::f>'"フ'} /;;;  l   /    l
        /ヾミ=zァ,. <;;;;    /    l
       /   `ー-イ  `ヽ.  /      /

         アンドレイ・アンドレーエフ




【猛反発する労組の皆さん】

    ヤダヤダ!   ヤダヤダヤダ!    ヤダッタラヤダ!      ヤダ!
      ∨        ∨            ∨           ∨
〃〃∩∧_, ,_イ      ∧, ,_∧       ∩/|/|         ∩∧_, ,_イ
 ⊂⌒( ・ω・)  〃〃(・ω・ ∩    ⊂⌒(  _, ,_)      ⊂⌒(. ・ω・ .)
  `ヽ_つ ⊂ノ     ⊂   (      `ヽ_つ ⊂ノ         `ヽ_つ ⊂ノ
       ジタバタ    ヽ∩ つ ジタバタ



彼は「労働の軍隊化」を推し進めたトロツキーと近しい人物で、労組からの反発を食らい結局議長を解任される。

ついに政府が労組に譲歩する形となり、左遷されていたトムスキーが労組中央評議会議長に返り咲くこととなった。





837 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 23:34:04 ID:2MiPGVPo




このように激化する農業と工業の対立と分裂を前に、まともや党内意見は割れていた。



                  \ー-- 、,,_ー=ミ‐-..、
             ___ミ::::::::::::::::`¨ミヽ、::::::ヽ.
          <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ
               ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
           ー=ニ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j::ハ
        --─==ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾミ:::::::::::}
        ,,ィ彡:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡イハ::く
      /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::l::::::::',
     /---─ァ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/:::リ:::::::}ハ    工業製品価格が農産物価格に対して下落しているのは
          //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::ツ<彡'/:::;イ::::::::::l:::|
        /::::ィ::::::::::::::::::::::::::,ィ/  ¨''=イ _,イ:::イテ ::::::::::ハj    工業が脆弱だからです。
       _,,イ//:::::::::::::::::::::イ/ |       ノ |¨ .::::::イ/
           ∠ イ:::::::::ィ::/ .|          、 _」 イ:/.j'       工業を重点的に育てて価格乖離を解決するべきです。
          /イ:/ .|イ   \   ‐--- /|:/
            __ イ   j     \  ゙゙゙/  .ソ
         /\          /ヽ- '
       /   ヽ、     _ イ
      /      ヽ、  Y
     /            ー┴、
.    /               |
   /            \     |、
    i   /        \     ハ
    |  /          ヽ   |
    |  ,'             }  |




           _,、 -‐''''""~~""''''‐- 、_
        ,.-'"             ゙ヽ,
       ,r"                    ゙、
     _,/                       ゙、         その理屈はおかしい。
.   ,r'"                       ゙、
   {     {                      ヽ        工業製品価格が下落しているのは
    {     {     ..,,_              ヽ       買い手である農民の購買力が低いからだ。
.   ノ     ,'゙'、ヾ、レ‐---、ヾ゙)ノ)   -、         ゙,
  /     {  ,、-:::::..  :. :::ツ ノ     ゙、゙'、       }     農業に重点的に投資して農民の経済力を高めることで
  ,"      _!,,ソ:::::::::::::::.. :. :::::ノ{     } }      ノ      工業製品の需要を呼び起こし、格差を解決できる!
  {     r'':::::::::r-、;_::::::::  :. :/ ゙'‐-、,   }.ノ      {
  ゙、    { ::::::::;'   `''ー-‐'"     ノ  リ       ゙ヽ
.  ゙'‐-、 ゙'、 ::::/           、,クノハ         }
     ゙'‐`'{'゙iヽ、'   __,,,      ,.,.,.,,,_/_ハ       {
        `'ヽ  r"       .| ┌ー-゙-ニっ     ヽ、
         {ヽ  "      | .|      } ト)    ヒ`ゝ
         `~}ヽ      /.| |      -‐"  ヽ、 マ
     l'''ニニニニ{、、,゙'、.,__-‐"  | |            ヽ'
.      | i     ノ     l,.、-'"| |
      | i     `つ   ζ   .| |
      ヽ,ヽ     `''ー'l
.       ヽ,゙、         !


トロツキーは左派を代表して工業重視を説いたが、ブハーリンは右派の立場にたって農業重視を唱えた。





839 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 23:34:53 ID:2MiPGVPo




              /~" 、     /~"、
               /::   'l      /::  l
             /..:::   i,    / :::    l
              / ..:::::   `~';:::     |
              / ...::::: : :    ''''      |
            /. : ::::::::::: : :            |
           /.: : : : ::::::::::::::          |
          /.: : : : ___;::::::..    ____   |        わしも同志ブハーリンの意見に賛成だ。
          /. : ::/|;;;;;;;;;|\::::  /|;;;;;;;;;|\  |
         |. : ::<  |.;;;;;;;;;|  >:::<  |;;;;;;;;;.|  > |       そもそも昨今の経済危機を脱するには
           | : : ::::\|:::::::::|/::::: \|:::::::::|/   l
         | : : : : : :::::::::::::::::::::::::            |       農民との連帯が不可欠である。
        l : : : : : : ::::::::::::::;;:::: :;;::::: ,          |
         | : : : : : :::::::::::::::::~T-´`-T         |      農業を工業の後回しにすることなどできない。
        | : : : :::::::::::::::::::::::::::ヽ_〃           |
       |: : :: : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::         |
         l : : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.......     |



/        _r~-'   | |
    r~ミz孟zzzz≧x  |ノ
。   |   }!     H! .L」
..ヽ   ゚。       `¨´ 〈        そもそも新経済政策は
  }   >-┐      'T′
  ゝr ´  ゚。    ⌒ :f          農民との協調を説いたものであるはず。
  r┴ ..._ ヽ     |
/>ミ、_ `¨ =r---'          工業に比重を移すにはまだ時期尚早だろう。
::::::::::::::::::`丶¨ー- .」ア
、:::::::::::::::::::::::::\  厂二ミ 、
: \:::::::::::::::::::::::::`¨{ 、  \ \
::::::::\:::::::::/::::::::::::::|. ヽ.   \ \
::::::::::::::\:::: ̄ フ:::: |  、    \ \
::::::::::::::::::::ヽ:/::::::: |   \.    \ ヽ
:::::::::::::::::::: : \ミx__|    \    \ノ
::::::::::::::::::::::::::::::\:: |      \ /´





840 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 23:35:35 ID:2MiPGVPo




もはや、政治局においてトロツキーは、完全な少数派として固定されてしまっていた。



     ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
      |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
      /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
        { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
          ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
            |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
            |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
          ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ       (結局こうなりますか・・・)
               |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
              リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
         __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
     ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
    l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
  | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、



カーメネフやジノヴィエフを中心とする政治局多数派は、
さらなる農民融和政策を推し進めていくことになる・・・





841 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 23:36:26 ID:2MiPGVPo




政治局で熾烈な政策論争が戦わされていても、やる夫は深く関わろうとしなかった。



                                           、  1   ’
        ____                             `   \、ノし'/ ,'
      /⌒  ⌒\                              _)   て_
     /( ●)  (●)\                             つ、   (´
   /::::::⌒(__人__)⌒:::::\                            /^Y⌒\
   |     |r┬-|     |                                ’ |
   \      `ー'´     /                                    i
   /´           `\                                  .|
  /  /          l  l   .___                        、   |  / /
__l  l_¶______/_/__/     ヽ                       \、ノし;//
  \, ´-'ヽ  ̄| ̄ ̄ ̄ ̄|   l二二二二l                       ―-=γ⌒ヾて___
    ヾ_ノ   | '''' '   |   l二二二二l                            ノ(´ ̄ ̄
   | 9=ε-8. | '''..--  |   l二二二二l:::..                       /⌒`\
   |   ..''  |  ''-.  ,|                                  /
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


常に他の政治局員の陰に隠れ、自分は書記局の業務に没頭していたのである。





843 : ◆J7qCZtZxmc:2012/01/26(木) 23:37:10 ID:2MiPGVPo




ボリシェビキ幹部にはインテリ階級出身で学者肌の人間が多い。

彼らは、自らの立場は理論や討論、政策論に勝つことで築かれる物だと考えていたのだが・・・



          ___  ヤ::::::::::ヽ, i:::::::ヽ  l  /,
        ゙ヾミ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::キ:::::::::\i!ン/:i'
          ー-ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::! i
       -ッェュ=ニ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::iノ,'    (あの白饅頭とくれば・・・
         ゙゙''ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ン゛
        ー''''''".ッ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ      積極的に自説を発表することも討論することもなく、
        -=ニ三::ニ_ニ、:::::::::::::::::::_::::::::::y::ァ:::::::::::',      やることと言えばブハーリンやカーメネフの
      r'''''" ̄    ニミソ:::::::,ァtッチ'ソノメツTi::::::ィ::i     後ろに隠れるだけ・・・
     i   ‐ォ--==こFLいt::i" ゙''''"/   ゙''" i::::::ハリ
.     i   i´    ソ`|.l::::!|:!:::l      . ,:   ノ::;:::lヾ、     知性も教養もない官僚主義者め・・・)
    ,r,'   l ',   !, | i:::! |i ソ、   ,. -┐ / リ ヤ  i
   f'_/    |', ',   ゙'i~U~|:! : ヽ、  ̄ /  ゛ `//
   lト、゙'ー- .ト、' ! i.   l   |! :   `=ソ ,'    /,イ!
.  li ',     ~゙゙i' i    ',_|:!=ェュ、、=´´ /    // イ
  |l! ',    ! , '             /     '/  |





しかし、やる夫は政策論争というものが苦手だった。他の政治局員と違ってインテリでもなく、
ならば、自分の立場を固めるには官僚組織の掌握こそが最も重要であると考えていたのだ。



                                           \  /
                                             X
                                           / ∩
                                         / ( ⊂)     ____
                                            | |.    /⌒  ⌒\
                           ∧,, ∧             トニィ'  /( ●) (● ) \      官僚のみんなー!
   【官僚のみなさん】          ∧,, ∧ ・ω・)             |   / :::⌒(__人__)⌒::::: \