ブログパーツ 泳ぐやる夫シアター やる夫は赤い皇帝になるようです 第十話 ツァリーツィン(後編)


















やる夫は赤い皇帝になるようです 第十話 ツァリーツィン(後編)





                     \ │ /
                       / ̄\
                     ─( ゚ ∀ ゚ )―
                       \_/
     ヽ / /⌒\        / │ \
    /ヽヽ|/⌒\ii|\
  / /ヾゞ///\ |しかし暑いな同志諸君
  |/   |;;;;;;|  \| |もう十月も終盤だというのにな
        |;;;;;|     |どうだね、シベリアの避暑地にでも(ry
        |;;;;;|     └y―――――――――――
        |;;;;;|   .[,,|,,,★,|,]               |さて今回はツァリーツィンにおける
        |;;;;;|   (  ´∀`)               |同志やる夫の事跡を見ていこう、では本編だ
        |;;;;;| _( つ∇と)            └―y―――――――――――
        |;;;;;| \(_  ヽ ヽ               [,|,★,,,|,]  プカ~リ
     ..../......\....,|,,..(__)_),,,,..,_,,,,..,,..,,.       (・∀・ )
                        ヽゞ~~~( ̄ ̄ ̄)~~~~~~
                                ̄ ̄ ̄





  ,,,,,,,,,,,,,     ,,,,,,,,,,,,,      ,,,,,,,,,,,,,    ,,,,,,,,,,,,,      ,,,,,,,,,,,,,
  [,|,,,,★,|]   [,|,,,,★,|]     [,|,,,,★,|]   [,|,,,,★,|]    [,|,,,,★,|]
 (" ´∀`)   (" ´ー`)    ( ´∀`)   (   ゚Д゚)   ( ・∀・)
 ( ” :|O┳∪━━∪━━∪━━∪━∪━━∪┳⊂”MVD〉
 /__:|| ┃     第十話間もなく開演     ┃/__:|__|
  し(_) ┗━━━━━━━━━━━━━━━┛ し(_)







857 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:02:23 ID:42E1R2Ac






ロシア内戦の最中、1918年8月30日、レーニン暗殺未遂事件が発生
その報復としてボリシェビキは大規模な赤色テロの発動を宣言する


           ______              /|
         ,-''::::;::::::::::::::‘''‐ .,        |ヘ|
        /:::::::;:/´ヾヘ;;::::::::::::::\      |ヘ|
       ,゙:::((,/    `、::r:::::::::丶    _| __|
        i::::i \   /  ゙i::::::::::::',   /つ( ) ───
  < \  |::::l ●   ●  |::::::::::::!   / └┘
  丶/\!:::!          !::::::::::::!/ \ /    ───
   丶/ |:::!"" ____ "" !::::::::/  \/
    丶  i::ヽ   丶   ,l  |::::::|     /   ────
     丶 i:::..\,_ "''''` _,./、l:::::i     /
      丶 ヽ::|  l,_ ̄l二/ /|:::/   /    ─────
       丶    \ | //  レ'   /
         丶 i  ‘'' "      \/    ──────
         \| 赤色テロ    丶
           |                \  ───────





この時、やる夫はデニーキン軍が迫りくるツァリーツィンにいた




      `----、    ∧  /
           ̄\  | | 丿
             │ 丿`~
       `ヾ─---′/
--、      |     <
  )      `ヽ、  /´
_/´          ̄

          /》、
      γへ `ヽソ
___≡¨`>`弋丿                   ::::: デニーキン軍支配地域
 #─-γ´●ペトログラード
/´  θ
..≧
冫            ●モスクワ


                    :::::::::
                   :::::::::::
           :::::::::::::::::::::::ツァリーツィン
        ::::::::::::::::::::::::::
        ::::::::::::::::::::::::::       ._
        ::::::::::::::::::::::::::      ./ 冫
        :::::::::::::::::::::::.       /´   `
         ::::::::::::γヽ、:::       /´
          _:::: / ̄´《 ̄         /  カスピ海
         /´ ミ  《_ _ノ´  カフカース  \
        厂゚  <、〆 ̄ ̄\_           ヘ、
      /            ~\_         ~\
      |      黒海         弋         . ̄て
      |                  丿





858 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:03:06 ID:42E1R2Ac






【補足】


     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ         ★  ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミ
    /  ./ /      l ト、\
   \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',   ではここで
     l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
     l | l | ┬::cr / / ┬c」 |   やる夫が派遣された
      l | l !  l:::::::j  '   l::::j.! /
      l | l l⊂⊃‐       ‐⊂/   ツァリーツィンの位置関係について
      ! | |ヽ|        -   リ
      ! | lゝ、          /|     見てみましょう
      ! | |::::::::::ー┐ r‐:::イ:l. |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !





859 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:04:11 ID:42E1R2Ac






     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ   ツァリーツィンはボルガ川にかかる
  /  ./ /       ヽ\ \
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/  重要な水運都市です
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||    ボルガ川はモスクワ北方に水源を持ち
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|    全長3690kmにも及ぶ欧州最大河川であり
       l \     _    ,/ |
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |    ロシア南部とモスクワを結ぶ重要な水上交通路なのです
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!



          /》、
      γへ `ヽソ
___≡¨`>`弋丿
 #─-γ´●ペトログラード
/´  θ              _
..≧        .――――-√.  \_
冫            ●モスクワ   \
                         \
                          .\
                           |←ボルガ川
                           |
                           ツァリーツィン
                           |
        ●キエフ              .|        _
                           |__   ./ 冫
       ウクライナ                 \/´   `
                  γヽ、         /´
          _    / ̄´《 ̄ 北カフカース /  カスピ海
         /´ ミ  《_ _ノ´         ●バクー
        厂゚  <、〆 ̄ ̄\_           ヘ、
      /            ~\_         ~\
      |      黒海         弋    ●ゴリ   ̄て
      |                  丿


     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ         ★  ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミ
    /  ./ /      l ト、\
   \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',    ペトログラードとモスクワは
     l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
     l | l | ┬::cr / / ┬c」 |    ロシアの二大都市であり、人口密集区でした
      l | l !  l:::::::j  '   l::::j.! /
      l | l l⊂⊃‐       ‐⊂/    一方、その都市人口を養う穀物は
      ! | |ヽ|        -   リ
      ! | lゝ、          /|      主にウクライナと北カフカースで生産されています
      ! | |::::::::::ー┐ r‐:::イ:l. |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !





861 :名無しのやる夫だお:2011/10/25(火) 21:06:10 ID:j36SlyAc



ちなみにすっげぇ余談だけど昔はこのあたりにオイラトのトルグート部がいました
レーニンはここに残った人らの子孫……じゃないかなぁたぶん



860 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:05:22 ID:42E1R2Ac







          /》、                                 r:1ー、_
      γへ `ヽソ                                ノ: :l: : :i: : :ヽ_
___≡¨`>`弋丿                                  「: : : l: : ヽ: : :i: : :ト、
 #─-γ´●ペトログラード                         r: ┘: : , -―‐- 、: :j: :l
/´  θ              _                     ス: : : /       ヽト: ヽ
..≧        .――――-√.  \_                 く: : :/  /    l |   }、: ∧
冫            ●モスクワ   \                 L:j l /_l  | .l|__| く: :/  l
                         \              〔_」! Nィ:::jヽノィ:::j| ,〈:/  /\
                          .\               /LNハ,!:ソ   !::ソノ/ /j- '´
                           |             / ./ / >、 t -、  _/ < }ノ この時すでにウクライナは
  デニーキン軍前線              |            ´/ / /r―ァ=, --テ往イィ水.  デニーキン軍に占領されてしまっていたのだわ
       三三三三三三三三三三三三ミ ツァリーツィン  <./ /∟{_/__/∧/ {_乂._〉
                         lili |           _/ /:\ /'| /イ:./ //|| 残る穀倉地帯は北カフカースだけ
        ●キエフ            lili .|        _   rゝ'´: : : : :r: : 〈__j/ //l
                         lili.. |__   ./ 冫                   図から分かるように
       ウクライナ      三三三//      \/´   `                   ツァリーツィンが占領されれば
                  γヽ、         /´                        ロシアは南北に分断されてしまうのだわ
          _    / ̄´《 ̄ 北カフカース /  カスピ海
         /´ ミ  《_ _ノ´         ●バクー                      人口地帯であるペトログラードとモスクワが
        厂゚  <、〆 ̄ ̄\_           ヘ、                       穀倉地帯から切り離されてしまう格好ね
      /            ~\_         ~\
      |      黒海         弋    ●ゴリ   ̄て
      |                  丿





862 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:06:19 ID:42E1R2Ac






     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !   そして都市部の人口は
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l    赤軍に兵力を供給する心臓だったのです
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|
       l \     _    ,/ |    穀物供給が遮断され都市部が飢餓に陥れば
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !    ボリシェビキ政権を支える赤軍が倒れかねません
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!



.   /      ,           ヘ   ヾ:.:.ヘi:i:i:iヘ:.:.:.:.:(_
  /      {        ', ',ハ   ! ┌┘:.:.:|i:i:i:i:i|:.:.:.:.:.:.〕
. /    ,' ,  l|      ,} ! |    |  {:.:.:.:.:.:.:}i:i:i:i:i|:.:.:.:.:く
 j   ! {_ l|  ハ     j | l.ノ   人 L_:_:.:.:.:|i:i:i:i:|:.:.:.:.:.:.}
 |l!  :| ヘl| トヘ ゝ、   {ノ/ 「  / /ハ _〕:./i:i:i:i:i|:.r―イ
 ',ヘ :|   l|| /_\ l|レ'了  | >ミト、  (:.:.:r=ミ、iノ:_:] .l |     ツァリーツィンはなんとしてでも
 ハ ヘ ト、 l|ハ伐心 ヘ{  ,斗rそか㍉l// : }:.{薔リ ./ | |
  マ {\メ\K弋ツ      弋_ソ ノ ./ ハ ∨ゞイ./  j ハ     敵に渡せない最重要都市だったということなのだわ!
   ヾゝ./ l| ハ             / /:i:i| |:i://  /イ '.
    l /  :l| ハ    '         ! |:i:i/ j/ノ  / /  l
    K  :l|  .入   ー―     | |:i/ ,l|/   / /
    l    l| イ .才`;=x、  ,x≡三| |/ / |   { {
    |   |  !∧三三三ミ/三三三l ! / j   .| |
    |   | ,j三∨三r=彳ヘ三三∧ .|/ ./   | |
    |   | /三ミ∧三{均{フ三≫三ヘ   |    ! !



【補足終わり】





863 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:06:57 ID:42E1R2Ac






      ____
     /\  /\
   /( ●)  (●)\     この内戦を勝ち抜くためにも
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\    ここツァリーツィンで容赦のないテロルを実施するお!!
  |     |r┬-|       |   反革命分子どもに引導を渡してやるお!!!!
  \     ` ー'´     /

 ツァリーツィン政治委員・ボリシェビキ幹部
   やる夫・スターリン




    レ'´  _  --――--ヽ、 _
    |, '´ _ -‐7vヘ' ー- 、  \
  /  //  f  ̄ ',    \   }
../   /  {   {   j  l  ヽ /
l    / !  >\┘ └メ、j , , レ′
t   l tヽ /:''ア0!`'' 斤ホヽノノノ
. \__トfニ′ t.'⊥ 、 .l_リ .fナ´     異議なし!!!!徹底的に闘争を貫徹すべきだわ!!!
    ! ! } ::::::. ,:~r ::::: ,'!
   ノ 二ヽ  {  / / t_   ノi
弋二, /  f ヘ` 二 /⌒ト,、  ̄ ノ
 弋´」 rへ ハ  〈   ' ||ー<ィ
   ||  rュnrュ´ヘ  ノ t‐-‐'´
    ト、〉 ー{(^i^)}=| | /フ
    | ヽ/ !Y  \ |  |, イ/

    やる夫のタイピスト
ナジェージダ・アリルーエワ(愛称ナージャ)





864 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:07:36 ID:42E1R2Ac






         ___
       /     \
      /   \ , , /\     チェーカーの同志諸君!!
    /    (●)  (●) \    ツァリーツィン市内でボリシェビキの統制下に入ろうとしない市民や
     |       (__人__)   |   白衛軍と「何らかのかたち」で関係があると思われる人間を
      \      ` ⌒ ´  ,/    片っ端から始末するんだお!!
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |



      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__   白衛軍のシンパ共は市民の顔をして
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu   市井に紛れ込んでいるお!
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |   ツァリーツィンを防衛し内戦の要たる穀物供給を確保するためにも
   ヽ           i    丿   まずは獅子身中の虫から駆除する必要があるお!!
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /





865 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:08:09 ID:42E1R2Ac






               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }   鋼鉄の拳を叩きつけ、
     /:::\:::/::\.   |   |
   / <●>::::::<●>\  !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l   敵の後衛部隊を容赦なく一掃するんだお!!!
  |     |!!il|!|!l|      |  /
  \     |ェェェェ|     //
  / __        /
  (___)       /



         ,,,,,,,,,
        [,|,,★,,|]
           ( ゚∋゚)     承知しました同志やる夫!!
        ,lニゝ::;ハ;;>コ,
        |:i::::f::::::::i::l    お任せ下さい!!
        |:|::::|::::::::|::|
        |:|::::|::::::::|::|
         l_l::::|::::::::::::|」
        |::::|::::::::::::|
        L::L::::::_;;」
           l::::|. |::::|
           !:::ュ r::;ュ,
          ̄  ̄





866 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:08:46 ID:42E1R2Ac






やる夫は自らが本気であることを示すために一切何の躊躇もしなかった

ツァリーツィン市内にいる民間人・軍人を問わず、
ほんの少しでも反革命的だと考えられた人間は片っ端から銃殺された

                                 .....................................
                                .::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::.......
                                ...:::::;;;''        ';;;:::::......
                             ...::::;;;''            '';;;::::::........
                            ....::::::;;              '';;;::::::::::......
  ~~^^;:;:'',,~~~~~^^^~;;;;;~~^^~~~^:;~~~^^~~~~~^^"'''~~~~~^~~^^'',,~~~~~^^^~:;:;:''~~^^~~~^ ~~
'::',:'':';:,.,、:.,"'`::'::',:'::'○ヾ _= "'"' "'''.''' "'''.''"  '::',:'':';:;..,"'`::'::',:'"'`,.;;:。;:;;::、;;:。;:;;,::',:'':'`::':'::',:'':';:
  :'::'○ヾ_=::':'::' " '''.''"'"  ''"'"' "'''.''' "'''.''"'"''"'"'  "'''.''' "'''. ,.,;:; :'::'○ヾ_=':'`::':'::',:'':';:;..,"'`',:''
'::',:'':'`::'::',:'':'`::':'::',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::''::',:'':';:;..,"'`,:'':'`::'::'○ヾ _=,"'`::'::',::',:'':'`::':'::',:'':';:;..,"'`',:'':::',:'':'`::':'::',:'':
'::',:'':';:;'"'"''::',:___  '"'::'`::'::',:'':';:;∧∧::',:'':';:;..," ̄,:'':';:;..,"'`'::',:'':';:;..,":,.::',:'':'`::':'::',:'':';:;..,"'`',:'':
',:'':';:;.(。ω。 )二二⊃ ⊃;',:'':'`::  (,,゚ω゚)          ∩∩'';:;..,"'`::'_____;:;∧∧:":,.
"'''.''' ∨∨"'"''"'"' " "'''.''' "'''.''"'"''"'"' "'':';:;..,"'`',:⊂/ /`::'::''::',:''⊂_⊂二二(,,゚ω゚)つ''
::';:; ∧∧_____:":,.::''" ;;            (。ω。 )二⊃        ::∧ ∧:;..,"'`',:'':
⊂(,,゚ω゚)二二つ_⊃,"'`',:'':'`::':' "'`:       :'::',:'':';:;  __ ..,"'`',:'':'`⊂(゚ω゚; )――つ"'`'
  '':'`::'::',:'':';:;..,.     ⊂―――';:;∧ ∧:;..,"'`',:'':'`::'::'': (。ω。 ):'`::'::',:` ⊂(_____\つ
             ⊂_⊂二二("゚ω゚)つ        ∨∨"'       ::'::',:'':';:;:;..
    "'"'''':'`::':;:;..,"'`',:'':'`::'::'':':';:"'"''' "''''':'`::':':',     :'':';:;:;..,"'`',:'':'`::'::'':;:;..,    "'`',:'':'`::'::''




       ____
     /⌒三 ⌒\
   /( ○)三(○)\     ・・・!凄まじい光景だお・・・人間がゴミのように横たわってるお・・・
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |    これが・・・これが、やる夫の手に入れた暴力・・・権力かお・・・?
  \      `ー'´     /





       ____
     /⌒  ⌒\
   / 《;・;》  《;・;》 \      すごいお!すごいお!
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\     この力があればきっと何だって成し遂げられるお!
  |     トェェェイ     |    反革命派だって根絶やしに出来るお!!
  \    ヽニニソ    /     できないことなんて、何もないんだお!!





867 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:09:29 ID:42E1R2Ac






               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /:::\:::/::\.   |   |   もっと!もっと!もっとだお!!!!
   / <●>::::::<●>\  !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l   お前ら何を躊躇してるんだお!!反革命派に人権なし!!!
  |     |!!il|!|!l|      |  /
  \     |ェェェェ|     //     反革命派を一人殺すごとに、一歩勝利に近づくんだお!!!!
  / __        /
  (___)       /       女子供老人障碍者区別なく反革命派は一人残らず殺すんだお!!!!!



         ,,,,,,,,,
        [,|,,★,,|]
           ( ゚∋゚)     しょ、承知しました同志!!
        ,lニゝ::;ハ;;>コ,
        |:i::::f::::::::i::l    さらに反革命派の洗い出しを進めます!
        |:|::::|::::::::|::|
        |:|::::|::::::::|::|
         l_l::::|::::::::::::|」
        |::::|::::::::::::|
        L::L::::::_;;」
           l::::|. |::::|
           !:::ュ r::;ュ,
          ̄  ̄





868 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:10:24 ID:42E1R2Ac






                                             ___________
                                                ( ((    ((     ((
                                              ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄
                             ・~                   |      |        |
               ∧_∧                  ~・          |      |        |
      .,,.::.;';  _.,,::: (:;。;ζ∧_∧,,..,     .,,,,..    ,,,._.,,.          ,,,._|.,,   .,,,|_∧  ∧_|,,
    _.,, (*。;-;。)⊂  :;...,,∧ (;。д(::)っ;::,..  l∪∪∧,,..(:;。;-(:)ヽ,       (:;。;-(:)   (:;);-゚:)  (:;。;-ζ
   ⊂.:;;...∨ ∨  ⊂(;:゚-。メ)     .,,.∧ .. .':''"'''(*゜-; V V::.,;:,⊃∧..,, _,,..  l∪∪   l∪';;;   l:: ∪
    (ノ(ノ ,,,._.,, _      ∧_,,_(;::(,゚:;..:;;゚)っ   '"'''":,'::∴(;;)゚。(:;:(;:゚o;。メ)っっ∪''''∧,,. "'∪'  '"'"
     ∧∧:;。;-(:)∧∧_ (:;。;-ζ  ⊂.;;.: ;⊃  /)  ヾ V V ::'.':''"'''"     (;:゚o;(:)ヽ~
     (;;゚-:;::)⌒'(。;-;゚;;)っ l:: ∪  ,,,_∧ヽ;,::.;'ヽ⊂:;; ;:. ,,,∧⌒ヽ  ,,,._.,,..:';..,,  (;::。-:)゚::)∧_∧
    ‥∵∪:;∪''.': ,:,':: '"'"''"(';;;(:;);-゚:)ι(;::。-:)⊂ζ;;:-゚;;)-;。;;) (:。-;。*)::ヽ⊃⊃V⊂(;;。;-;゚)⊃
   ,:,'::∴'.':  ∧_∧  ∧_∧  ,:,'::∴'.':   '''V   ,':::'.'V V,,,._... V V  ̄   ∧∧ノっ∴::,
   ∧_,,,.  (*゚ o゚;;メ;;::.(,,'-`*) ∧_∧  (ヽ_ ,,..: ;...,∧     (*。Ο゚;;) ヽ~ ,,,.(;-:;゚::)っ ,::',,,∧っ
..  ( ゚;;-;゚;)つ ''"⊂,:,'::∴'つ∧ (;;)゚。(:;:)⊂,:,':(:::)(;;。;-;゚)     ∪∪'''"∪   (メ;。-:: ,,,._.,, ;(:;);-゚:)っ
   ∧_∧      ∧_∧∵.:;;゚) ⊂;,::.;';っ  ∧     ∧/)/)   ∧_,,,.;:::っ∨∨(。;σ゚*)ヽ⊃
   (;´;-(::)⌒⊃ (メ;。-;。)_ ノ   (ノ:;..:;   (:;。;ζ,'::∴'.'。*):.:;;..)~ (:;´;-`;)つ∧_∧∨''''  ._.,,..:';..,
    ι''J"''','::,:,'::⊃ヽっっ  っ*,':::'.':ゝ‥  ,,,._.,,.      _::_ ∧_∧   ( ゚;;-;゚;) ,..:';.. (;:゚-。メ)ヽ
              ':''"'' :',::;;;-;。;;)::::∵  (;:゚o;。(;;)っ  ⊂..,,,(*,。;o゚;)   '"'''"⊂_,,.._っ V Vノヽ)




       ____
     /⌒三 ⌒\
   /( ○)三(○)\     すごい数の死体だお!これ全部反革命派の死体だお?
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\    敵に凄い打撃を与えてやったんだお!!
  |     |r┬-|     |    やる夫の戦果だお!
  \      `ー'´     /




         |
     \  __  /
     _ (m) _
        |ミ|
      /  `´  \
       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\     もっと殺すお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /





869 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:10:52 ID:42E1R2Ac






     ,,,,,,,,,,
     [|,,,★,,|,]∩ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    (; ´∀`)/<  同志やる夫!反革命分子は巧妙に偽装し一般市民との判別が困難です!
 _ / /   /   \ 時間をかけた慎重な捜査と取り調べが必要かと!
\⊂ノ ̄ ̄ ̄ ̄\ \_______________
 ||\        \
 ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
 ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
    .||          ||



             /)
           ///)
          /,.=゙''"/              人人人人人人人人人人人人
   /     i f ,.r='"-‐'つ____      <                  >
  /      /   _,.-‐'~/⌒  ⌒\    < 細けぇ事はいいんだよ!! >
    /   ,i   ,二ニ⊃( ●). (●)\   <                  >
   /    ノ    il゙フ::::::⌒(__人__)⌒::::: \   YYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY
      ,イ「ト、  ,!,!|     |r┬-|     |
     / iトヾヽ_/ィ"\      `ー'´     /





870 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:11:21 ID:42E1R2Ac






      ____
     /\  /\
   /( ●)  (●)\    肝心なのはやる夫達の覚悟と決意を見せつけてやることだお!
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\   容赦のないテロルの実施によって
  |     |r┬-|       |  穴倉に隠れてる反革命分子を震え上がらせてやるんだお!
  \     ` ー'´     /   そうすることで敵の士気を挫くんだお!!



         ,,,,,,,,,
        [,|,,★,,|]
           ( ゚∋゚)     同志やる夫!
        ,lニゝ::;ハ;;>コ,
        |:i::::f::::::::i::l    一部の市民の間で我々の捜査手法に不満が上がっているそうです!
        |:|::::|::::::::|::|
        |:|::::|::::::::|::|
         l_l::::|::::::::::::|」
        |::::|::::::::::::|
        L::L::::::_;;」
           l::::|. |::::|
           !:::ュ r::;ュ,
          ̄  ̄


             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )     ほれきた!馬鹿な反革命分子が簡単に尻尾を出してきたお!
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
    |    (⌒)|r┬-|     |     やる夫のやり方に反発する奴らは全員反革命分子だお!
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
    | | | |  __ヽ、    /       銃殺しろお!!!
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄





871 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:11:53 ID:42E1R2Ac






ツァリーツィンに処刑の嵐が吹き荒れた
やる夫は一週間のうちに100人以上を銃殺刑に処した上、
白衛軍の兵站基地になるのを恐れて周辺の村を焼き討ちすることさえあった



                     シィィィ・・・・         ∩∩
                       ∧∧       ∧∧;; ;;ノ ドサッ
               シ・・・シ・∧∧ (゙0;;゙*)⌒;;⊃\ (゙0;;゙*)ノ/
                 ∧(゙0;;゙*)⌒;;⊃ (゙o;;゙*)⌒;;∧∧⌒;;⊃ ウウウ・・
        ダッコ・・・・・∧∧(゙-;;゙*)⌒;;⊃ (゙-;;゙*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃
              (゚;-:。*)⌒;;⊃ (゙-;;゙*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃(゚-;;゚*)⌒;;⊃ シィィィ・・・・・
     ナンデ・・・∧ (゙0;;゙*)⌒;;⊃ (゚-;;゚*)⌒;;⊃ (゙0;;゙*)⌒;;⊃ (゚o;。*)⌒∧∧   ユルシテェ・・・
 オウチニ・・・・∧ (゙0;;゙*)⌒;;⊃(゙-;;゙*)⌒;;⊃ (゙o;;゙*)⌒;;⊃ (。0;;゚*)⌒;;⊃ (゙-;;゙*)⌒;;⊃シニタク・・ナイヨウ・・・
    ∧∧ (゙0;;゙*)⌒;;⊃(。0;;゚*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃(゚;;-;゚*)⌒;;⊃(゚-;;゚*)⌒;;⊃
    (゙0;;゙*)⌒;;⊃ (゙0;;゙*)⌒;;⊃(゙-;;゙*)⌒;;⊃ (゙0;;゙*)⌒;;⊃ (゚-;;゚*)⌒;;⊃ (゙-;;゙*)⌒;;⊃ ハニャァ・・





やる夫の熾烈なテロは数カ月に渡って継続され、銃殺された人間だけでも最終的に数千人に上った





872 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:12:40 ID:42E1R2Ac






これらの処刑動向は逐一レーニンの元に報告されていた



       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       |                    |
       |                    |
       /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____
       /              /ヽ__//
     / めっちゃブッ殺中☆  /  /   /
     /              /  /   /
    /   ____     /  /   /
   /             /  /   /
 /             /    /   /
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /   /



                 ____
              _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
             /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
            //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
           〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
           i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
           l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj    素晴らしい!
           li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/
           !:l!:ト、l::l{`         !  j川/     やる夫は僕の命令を厳守しているようだな!
           ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/
              Yl:ト、    ヾ==r  ノ/      これからも尚一層反革命派への攻撃を
             iN \.  ` ニ′/}'
                 丶、  /         強化するように!
           ノ ̄´"''‐ 、   `¨´
        _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |
  /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、
  |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、
 ∥ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ∥

   ボリシェビキ指導者・人民委員会議議長(首相)
            ウラジーミル・レーニン



レーニンはやる夫に更なる処刑を急かす一方、
誰よりも無慈悲にテロルを遂行するやる夫を信任するようになっていく





873 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:13:26 ID:42E1R2Ac






                                             ___________
                                                ( ((    ((     ((
                                              ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄
                             ・~                   |      |        |
               ∧_∧                  ~・          |      |        |
      .,,.::.;';  _.,,::: (:;。;ζ∧_∧,,..,     .,,,,..    ,,,._.,,.          ,,,._|.,,   .,,,|_∧  ∧_|,,
    _.,, (*。;-;。)⊂  :;...,,∧ (;。д(::)っ;::,..  l∪∪∧,,..(:;。;-(:)ヽ,       (:;。;-(:)   (:;);-゚:)  (:;。;-ζ
   ⊂.:;;...∨ ∨  ⊂(;:゚-。メ)     .,,.∧ .. .':''"'''(*゜-; V V::.,;:,⊃∧..,, _,,..  l∪∪   l∪';;;   l:: ∪
    (ノ(ノ ,,,._.,, _      ∧_,,_(;::(,゚:;..:;;゚)っ   '"'''":,'::∴(;;)゚。(:;:(;:゚o;。メ)っっ∪''''∧,,. "'∪'  '"'"
     ∧∧:;。;-(:)∧∧_ (:;。;-ζ  ⊂.;;.: ;⊃  /)  ヾ V V ::'.':''"'''"     (;:゚o;(:)ヽ~
     (;;゚-:;::)⌒'(。;-;゚;;)っ l:: ∪  ,,,_∧ヽ;,::.;'ヽ⊂:;; ;:. ,,,∧⌒ヽ  ,,,._.,,..:';..,,  (;::。-:)゚::)∧_∧
    ‥∵∪:;∪''.': ,:,':: '"'"''"(';;;(:;);-゚:)ι(;::。-:)⊂ζ;;:-゚;;)-;。;;) (:。-;。*)::ヽ⊃⊃V⊂(;;。;-;゚)⊃
   ,:,'::∴'.':  ∧_∧  ∧_∧  ,:,'::∴'.':   '''V   ,':::'.'V V,,,._... V V  ̄   ∧∧ノっ∴::,
   ∧_,,,.  (*゚ o゚;;メ;;::.(,,'-`*) ∧_∧  (ヽ_ ,,..: ;...,∧     (*。Ο゚;;) ヽ~ ,,,.(;-:;゚::)っ ,::',,,∧っ
..  ( ゚;;-;゚;)つ ''"⊂,:,'::∴'つ∧ (;;)゚。(:;:)⊂,:,':(:::)(;;。;-;゚)     ∪∪'''"∪   (メ;。-:: ,,,._.,, ;(:;);-゚:)っ
   ∧_∧      ∧_∧∵.:;;゚) ⊂;,::.;';っ  ∧     ∧/)/)   ∧_,,,.;:::っ∨∨(。;σ゚*)ヽ⊃
   (;´;-(::)⌒⊃ (メ;。-;。)_ ノ   (ノ:;..:;   (:;。;ζ,'::∴'.'。*):.:;;..)~ (:;´;-`;)つ∧_∧∨''''  ._.,,..:';..,
    ι''J"''','::,:,'::⊃ヽっっ  っ*,':::'.':ゝ‥  ,,,._.,,.      _::_ ∧_∧   ( ゚;;-;゚;) ,..:';.. (;:゚-。メ)ヽ
              ':''"'' :',::;;;-;。;;)::::∵  (;:゚o;。(;;)っ  ⊂..,,,(*,。;o゚;)   '"'''"⊂_,,.._っ V Vノヽ)






   /:l'゙   ,r'゙ . : ;' : : : ; ,'   i; : : : : i i ; : ::::::i.'、
  / !   /. : : : i : : : ; ;i   、,_!l ; : : :,' l l; : : :,'::::゙;、
  '、 ゙、  ! : : : '; i ; : : ;_i!-'  ノブ''''''7'ナゥl: : ノ; ; ; ::',
   ',  ゙-;l : ; : : '; ';v‐'゙,,'_    r''フ''j=t:、ィノ/,':,': : :!
   ',   !、: ' ; ; : ;、)i゙l ,!;l'     l:r;'.;l:.} ゙' ゙: ゙_:': : :i     (すごい・・・これが本物の闘争なんだ・・・
    i   ヾ、 ; ' 、;゙i  !l;.i:j     ,!,゙;;',ソ    '゙_,゙、 : :i--
  ,rー'、.  ノヾ>'‐;i゙', ゙‐'' ノ           '゙ ,!: : !      やる夫おじさんは人の命を奪って、取り返しのつかない覚悟で
.,/   `‐、 ,/゙  |'、i '    __        ,、、-;' : : :',
゙      ゙>   /;,r゙':、    `~      /゙;:;: : ゙、: : : ゙      ボリシェビキの理想に命を懸けているのね)
      ,r(,_,,ノ/: : : i゙'‐、_      ,、- ,'::;:i:;: : :`:、':,、
    / `''''ブ:/: ;、、 ':::::::i.,`'‐ッ:-:'':゙:  !::::;';:'、: : : :`:'
    ,r'_,ッッ'゙-‐-ッ'゙,;;,,`'-、'::i:::.._,i     i,、,'、::'、::. : : :
、 /゙´‐'゙´   /,,;;;;;;;;;;;;,,,~''rチv}_,,、-、 ,-'゙_,,>=-‐'''''‐
i゙'‐(      /,;;;;;;;;;;;;;;;;r'゙'=!'-{,)=ニ!ノ:、‐'゙,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;





874 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:13:56 ID:42E1R2Ac






/    .:::::::;.'                        ヽ.\
    .:::::::/         l    , ト./ヘ  ヽ      ', ヽ、
   ..:::::_;;'         l    l l`"´ ',   i 、     i一''’
..::::::::/:::l        l |    | |   l l  | l  、 |.  !
ー'/::::::::::!        l l    l |   | l __l_j  }l  ,'
. /::::   /|  ',    __,l.-l=≡≡=ノ  ='"´!/` 〃 /
'    / l   \    . -┬ニj ̄`   ,zセk_,`/″ '        (私も、覚悟を決めなきゃ!)
    ,.'   ! ヽヽー_, '´ _,.ゞr=f¬`    'l{:J ` ,.'_/
  イ      、 ミ三.  '彳{:し|        t,ソ_ {,ハ
//     /ヽi⌒ヽ.   ヽこノ_      ´   !  .ヽ、
/     /  t `ヽ    ´      ヽ    ノ  ヽ. \
     〃  ::`ー-‐:、       _,,.-   , ' l    丶ヽ
  ,. -'´    :::::i:(__)_,rト .        /:::: l、      } }
//       ::::::l::::O'、 い-、` -  .__/ニヽ:. l`ー-.、  〃
. /      .::::::::|::::::::::`'t  `ー--'⌒ヽ' ,┬'´:::...ヽ、  } {i




      ____
     /_ノ ' ヽ_\
   /(≡)   (≡)\     (ふぅ・・・良い仕事したお)
  / /// (__人__) ///\
  |     |r┬-|      |
  \     ` ー'´    /





875 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:14:45 ID:42E1R2Ac






   ―――ツァリーツィン 第10軍司令部

              .|
              A
           | _γ ⌒ヽ_
           A ..l.i i:I I:i iI_________∧________
          龠./|.i_i:I I:i_il ________i龠i____/∧ ______i龠i________\
           ./ |.ロ:IロI:ロl/::.::.:::.::.::.::..:::.../ [] `::..:::.::.::.:::.::::.:::.::.:..|
          ===.|   ニニニニニニニニニニ    ニニニニニニニニニニ
            .|∩| l'⌒`l | l'⌒`l l'⌒`l |γΠヽ| l'⌒`l l'⌒`l |
            .|:! !| l.__i__i | l.__i__i l.__i__i | ゝЦノ| l.__i__i l.__i__i |
            .|  | .____ ...| ._____  _____ | .____ | ._____  _____ |
            .|「l | |__|__! | |__|__! |__|__! | |_|II|_| | |__|__! |__|__! |
            .|i_i | |__|__! | |__|__! |__|__! | |_|II|_| | |__|__! |__|__! |
            .|i_i | |__|__! | |__|__! |__|__! | |_|II|_| | |__|__! |__|__! |
            .|  | __∧_..|           |[::圀::]|           |
    :::::::     .|  | .I:I:i | l===l ;l===l | |   i | l===l ;l===l |
     :::::::    .|  | .I:I:i | |__|__|....|__|__l | |....:::::l | l__|__|....|__|__| |
      :::::::   .`:::;:;================ |ニニニニ]:==========i
       :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)    市内の治安維持は上手くいってるようで何よりだろ
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l

第10軍司令官
  クリメント・ヴォロシーロフ





876 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:15:20 ID:42E1R2Ac






       ____
     /⌒  ⌒\
   /( >)  (<)\     ざっと千人以上はぶっ殺してやったお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |    /| | | | |     |   やる夫の手にかかればこんなもんだお!
  \  (、`ー―'´,    /
       ̄ ̄ ̄





     /ニYニヽ
    /( ゚ )( ゚ )ヽ
   /::::⌒`´⌒::::\   市内の反革命分子が駆逐されれば
  | ,-)___(-、|
  | l   |-┬-|  l |   前線で戦う俺達も背後の心配をせずに済んで助かるっていうwwwwwwwwwww
   \   `ー'´   /

騎兵隊指揮官
 セミョーン・ブジョンヌイ





877 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:15:55 ID:42E1R2Ac



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)     市内の治安問題は解決されたが・・・
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ     今度はまた別の問題が起こってきてだな
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \






      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |      お?なんかあったのかお?
. |   (__ノ ̄    /
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ





878 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:17:02 ID:42E1R2Ac



          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|    ・・・お前も知ってるだろ?
        !  (__人__)  |    ・ ・ ・ ・ ・
          , っ  `⌒´   |    トロツキーの「軍事専門家」どもだよ
       / ミ)      /
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |




      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \       (トロツキー・・・!!)
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /






      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (●)(●)/;;/
    |  (__人__)l;;,´|     アイツらトロツキーのせいで図に乗ってやがるんだよ
    | ./´ニト━・' .l
    | .l _ニソ    }      この第10軍を組織したのは俺だってーのに
     /ヽ、_ノ    /
    __/  /    ノ__      「軍事専門家」だとか粋がって偉そうに命令しやがるんだ
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /





879 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:17:46 ID:42E1R2Ac






     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)
.   |     (__人__)     自分たちは正規の士官学校を出た
    |     ` ⌒´ノ
   .l^l^ln      }      プロの指揮官サマ、なんだとよ
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ       一兵卒の労働者の兵士達は黙って命令を聞かなきゃいかんそうだ
   /  /    \
  /  /       \     どうせ俺はルガンスクの施盤工出身で正規の教育なんて受けてねえよ・・・
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ





        / ̄ ̄\
     /  ヽ、_  \
    (●)(● )   |
    (__人__)     |
     (`⌒ ´     |     おかしな話だろ?
.     {           |
     {        ノ     10月革命を実現させたのは士官学校出のお坊ちゃまどもじゃなく
      ヽ     ノ
      ノ     ヽ       ソヴィエトの一般将兵達だってのにな
       /      |





880 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:18:15 ID:42E1R2Ac






   (⌒)    cっ \_  /
   C ⌒)  C_ 3  i゙a 「≠ヽ
   ゙ーヘi     .|「  | /L,e| |
      ヽ,「 ̄|「 ̄ ̄ヽ ̄ヽ_|_
       / ц凵         \      俺もアイツらは気に食わないっていう!!!
       |              |
      (         (_    |      後から勝ち馬に乗りに来た連中なんて
       `ー、____/jー-  |
          |ヽ/ ̄ ̄/"   |     信用できないっていう!!
          `ー ̄ ̄  ――'




       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \ やる夫も同感だお!!
  /(●)三(●))   .\   寝返った元帝政軍の将校なんて信用できないお!
  |   (__人__)      |
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \





881 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:18:53 ID:42E1R2Ac






     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)
.   |        ノ    なぁ、やる夫
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ    あいつらだけを容赦する道理もないんじゃないか?
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |    反革命分子じゃないなんて証拠、あいつらにはないだろ?
.    \/ ___ /



     ,..¨ ̄ ̄¨丶
    /        \
   / ヽ、:::::::::      ヽ,
.  /( ●):::::::::::, -‐    i
  i     ::::: ( ●)     |     ・・・!
  \ (_,、           /
   \ ` ‐'    __/
    /         \



         /ノYヽヽ
        /(0)(0):::ヽ
     ./ ⌒`´⌒ ::\      (ヴォロシーロフの奴
  .ni 7 | )ノ(、_, )ヽ, (:::::n n
l^l | | l ,/)  r‐=‐ヽ  l:::::l^l.| | /)  相変わらず随分直接的な提案だっていう)
', U ! レ' /\ `ニニ´  /.| U レ'//)
{    〈/`ー---―´\ ノ    /
..i,    ."⊃     rニ     /
 ."'""⌒´        `''""''''





882 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:19:28 ID:42E1R2Ac










       ____
     /⌒  ⌒\
   /-=・=- -=・=-\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\    ・・・まぁ、それもそうだお
  |     トェェェイ     |
  \    ヽニニソ    /





883 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:20:04 ID:42E1R2Ac






やる夫は、「ツァリーツィンにおける軍の指揮権は政治委員に統一されるべきである」と宣言


             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\     やる夫が指揮官だお!!
    |    (⌒)|r┬-|     |
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄


軍部隊の指揮権をトロツキーの「軍事専門家」から直接自分に移行させてしまう





884 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:21:27 ID:42E1R2Ac






これは事実上、軍事専門家方針を取るトロツキーへの反抗と挑戦でもあった


       ____
     /⌒  ー、\
   /( ●)  (●)\    ふんっ
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\   やる夫の軍隊に
  |     |r┬-/ '    |   トロツキーの飼い犬なんて必要ないお
  \      `ー'´     /




       , '::::::::〃:::::::::::.i::::::::ヽヽ:ヽ ::::::、::::::::::::::::':::、、,__
     _ィ:::::::::〃::::::::::::l!::!:::::::::::\ヽヽ:::::ヽ:::::::::::::::::::t=ー-.
    _ィシ='7:::〃::::ィ''|!i:::!i::,::::::、::::::ヽ::::::':,',、;,:::::::::::::::::::::ンッy、,_
  ´"  /::::::/:::/,.-ャj:::l 'i!';::::i\::::ヽ:::::::',',',i!::::::::::::::f"''''==-''
     ,.シィ::::::::ソ !. (::)リ! ヘ',:::l,,、ヌ;:::ヽ::::::',',',':::::::::::::::',
    〃 シi::::::::l  `""゛  ` 'リ (:::)ヤ、:ヽ:::!:','::::::::::::::::',
    ' ' .l::::::::l          ヾ'''''" Y:::::::::::::!::::::::::::::::',   (あの白饅頭・・勝手な真似を)
      i::/l::::!   ヽ 、       l:::::::::::::::'::::::::ッ::::::',
        l/ !:::'、   ァ、.        !:::::::::::::::::ォ:::::!';::::::',
.       ,!.  |/ ';、. ヾミ.`j       ,イ::ァ:::::::::::::::i '、::',ヤ::::、
        " . ';ヽ     ,、y'´ /シ l::::::ヽ:::::l ヾ; ゛丶
           '|!`=tー:::'"/  /'  ハ::;::::il!';::!
.              'i::: '       リ ソ ヽ'リ、
              !'i   j       ~ヽ
              リ 、 /  ―ー '''"""f,
              / _冫'''~            ',

      赤軍創始者・軍事人民委員 レフ・トロツキー





885 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:22:04 ID:42E1R2Ac






            ,
           ,r/ ,;-ー_
         /:::レ:::::三:::::`ミ::=-、
         ,i::::::::::::::::、:::::::、::::ヾ::ヽミー-、
         ,r'::::::::::::::::::ヽ::::::::\.:::::::::::::\
      //:::::/:::;:::i:::::ヽ:::::::::::::\::::::::::::::ヽ
.       /::/:::::::/_ヽ:!:::::ヽ:::i`_、:::::ヽ ::ヽ:::::::!
       i::/::::::::/'oヾ、:::|ヽ::Y o\:::::i!::::ヽ::::\    同志レーニン!
     l:::i:::::::::lゝ- ' ヾ、゙ ! ー '、ヽ:::::!:::::ヽ::i ヽ
     !::!:::i:::::!   ` ` ヽ     i:::::!::::::::::::i    なぜやる夫の勝手な行動を
       l:!:::l:::l !  ,r_ー‐-、     l::::!::::::::::;::i
      !|:.!::',   i'/ ̄ ̄ i     l:::::::::::::ハ:!    許すんですか!
    .   l::::::ヽ.  i    i    ィ::/i:::::ハi  !
        i::li:::\ `ー--‐'   / リ |:::リfハ、_
         _..!:ハ::::l;ヽ、    /  " l::/i ヽ. ``''ー- 、._
   ,r‐'''"´  ! リ!i ヽ `='"   ,   リ /  ン       /ヽ、
   /ヽ       ヽ ヽ ヽ   /   /        /   ヽ
  l   \      \  '     //          /    i





886 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:22:47 ID:42E1R2Ac






               _,,.,_
           ,.-‐ '  ̄:lニヽ、: ̄ `::....、
          ,..::'::::/:l::::l:::::l::``ヽ:ヽ、:ヽ::::`ヽ、
      /:::::://::il:::l:|:::::|ヽ、:::::::::ヽ、:\ヽ:ヽ
     //:::::/l:i::::::::il:::l::|::::ト::::ヽ、::::::::::ヽ::::ヽ:ヽ:ヽ
    /::/:::::::/::l:i::::::::il::::::|::::|:::l::::::ヽ::::::::::::l:ヽ::::ヽヽ:'.,
   ./::/::::::::/:::l:li:::::::::l:::::l::::l::::::l::::::::l::::::::::::l:ヽ::::::::l:::l::',
  /:::::::::::::::|::::|:::l:::::::::l:::l::::l、:::::::l:::::::::::::::l::::|、:l:::::::::l:::l::l
  .l::l:::l:::l::::::l:::::|:::::l、::::::::l:::l::::::::::::l:::::::::::::::l:::|、::l:::::::::l::i:::|
  l::::::l::::l:::::l::l::::l、::::l:、ヽl::lヽ::::::::::::l::::::::::::::l:::|:::::l::::::::|::i|:|
  |l:::::l:i:l:l::::ト:::ヽ:l`ヽ、://::::::ヽ::::::::l:::::::::l:l::l::|::::::l::::::::!:::i:|  部隊の効率的な運用上
  |トl:::::il l、::ilヽ、:::l-‐,..-ュォ-、:::ヽ:::i|:::|:::l::l:lll|ヽ:::l:::l::::::::l:|
  | ヽ::::il kァ、 、` - ' `‐'′ /ハl:::l:::l::l:::|::l|  l:::::::l::::::ト|.  個々の重要な状況下では
  ヽ ヽ、i `7     ´   //  |ト:::l/l::::::|  }:::::::l::::i| |
   ヽ  .l/            ||:/ .ヽ::l _ノl:::::::l::::i| `  指揮系統を一本化する必要は確かにある
      ヽ、 -          l   〉l、|:::::|i::::::l::::|
       ヽ`                /   .li:::lト:l::::l:l|   ここはやる夫の主張を通すべきだ
        ヽ ‐、ニ= ‐      /    lヽl-ヽl::l|
         ヽ ー       /  ,. r '´    ヽ、
             l、    ,.  '" ,.  '´        ヽ
           `ー‐ ' r1,. '´         ,. ‐ ' ´ヽ.,
            <´ i'´      ,.  ‐ ' ´,. ‐ ' ´::::::::ヽ
             lヽ|.l    ,. ‐'´,. -‐' ´:::::::::::::::::::::::::::::',
              | | l| /,. r '´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l




     ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
      |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
      /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
        { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
          ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
            |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
            |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
          ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ
               |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!   (チッ・・・)
              リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
         __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
     ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
    l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
  | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、





887 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:23:24 ID:42E1R2Ac






やる夫の指揮権統一化はレーニンによってお墨付きが与えられたのだった




  ,r'ニニニ゙ヽ、
 ("´ ̄ ̄ヾ))  ___
 |   rー< ノと)/ ノ ′^ヽ\
 |   `フ"ノ /  (●)  (●)\
 ヽ、  ' ( l :::⌒(__人__)⌒゙::l   ざまぁwwwwww
   \  \|   `i-┬y'´  |
     \  \   `'ー'   /    これで最高司令官は名実ともにやる夫だお!!
       \  ヽ ー─ィヽ





888 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:24:04 ID:42E1R2Ac






【補足】



     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ         ★  ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミ
    /  ./ /      l ト、\
   \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',
     l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !     演出の都合上、レーニン暗殺事件の後のようになりましたが
     l | l | ┬::cr / / ┬c」 |
      l | l !  l:::::::j  '   l::::j.! /     実際の指揮権統一は暗殺事件前の1918年7月あたりです
      l | l l⊂⊃‐       ‐⊂/
      ! | |ヽ|        -   リ      このころはツァリーツィン方面の情勢が悪化していた頃ですね
      ! | lゝ、          /|
      ! | |::::::::::ー┐ r‐:::イ:l. |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !



                                                    ,,,,、 ,-‐,  __
                                                  _ < ヽ"\゛"´く_,、
                                                 く. `'"   ` `    \
                                                ,-‐'     ::.. :.....::::::::::::.. \
                                                く,,,     ....:::::::.;;, -―‐ヽ_ :ヽ__
                                               ┌"   .::::::; '´/  ヽ ヽ l'___:.:l\`‐-、==、
                                                `'7   .:::/  /    ヽ ヽl" l `l:;;; ,`="、
                      つまりやる夫の指揮権一本化も       l,-, `::/         l, .lヽコ l  l :::lヾ= '/__
                                                 l_....::;'   l  ,   l   ll  l l,ヽ, l  l  )lヾ=<
                                                  ー、l'l   l  l   l| , l| l,/'l| `、l,'ヽl ,-'ヽ \\
                      あながち説得力が無いわけでも          l.l |l l,l, l,l , /l//,,,=t,l lヘ@>'  丶  \\
                                                    ll、 l、 l`,r==、   '(;;;;,! |. ll'//`ヽ  ヽ  \\
                         なかったということなのだわ            `ヾ`lヾゝ;;,ノ      l .ハl"  ヽ  ヽ   \ゝ
                                                         l.イヽ.  `-‐  ,,,,l /ヾ、   ヽ  ヽ
                                                       //l >- 、 _, '´// ̄ヾゝ、 ヽ  ヽ
                                                     ノハl'´:::: ::::<@>、===ーハ'   ヽ   ヽ




890 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:24:39 ID:42E1R2Ac






     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/       その通りです、やる夫の主張には現実的に説得力がありました
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||         しかしその後のやる夫の行動を見てみると
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|         明らかにトロツキーへの反抗の意味合いがありますね
       l \     _    ,/ |
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!



     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ         ★  ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミ
    /  ./ /      l ト、\      なんというか、やる夫には
   \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',
     l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !     自分の本音とタテマエの間にあるギャップや矛盾を
     l | l | ┬::cr / / ┬c」 |
      l | l !  l:::::::j  '   l::::j.! /     上手いこと乗り越える詭弁の能力がありました
      l | l l⊂⊃‐       ‐⊂/
      ! | |ヽ|        -   リ
      ! | lゝ、          /|
      ! | |::::::::::ー┐ r‐:::イ:l. |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !





891 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:25:59 ID:42E1R2Ac






     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !      この能力は後に、先鋭化していく
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l       ボリシェビキのイデオロギーと、現実的な国家運営問題との間にある
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|
       l \     _    ,/ |       大きなギャップを繕うことに重要な効果を発揮します
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !       それが、ボリシェビキが単なる急進的な左翼イデオロギー集団に終わらず、
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!      約70年に渡って国家体制として存続していく礎となるのです




             r..、}:.:.:.:....:..:..:..:.:.:..:.:.:.:.::.::.::.ーr':\
             _ヽ:.:.:.:.:.:._.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.::.::.::.:ーヘ:..ヽ
            {_:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:> ―、― - {`::.:.:.:.\-..、
              _ }.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   /  l   \ー 、:.:.:.:l:ヽ:くr..、   _
            {:.`:.:.:.:.:.:.:/     l         Y`:.:.:.:.|:..:l/.:.:.:}/_:.ヽ
             ⌒}:.:.:.:/      |    l    ト、:.:.:.:.l..:.l.:.:.イ∠⊥ノ、
              {_:rュ/ /  /  !ハ   l l l  .::l _}:..ヽ|..:.|:._:小 ̄ ヽ:ヽ
           /  .V  .l  .:|:  | l  リ:| l .::ハ_:.:.:.リ:...l´.:ィト\__ノ:.:}
          /  ...::/:{ .::| i ..:{::. !   /.::j ./ ノイ:::r‐':./:../:.:_レj:.ト- ヘ´
         /  ...: イ .:ハ  ト -┬ヽ、ト:.. / .:イ/jナ7:.不::.{__/:.:‐ァv' |::l:. l |   やる夫には政治家として
        / /:// :/ トトヽト-ァテ=ミヽト/ノ ィテオく/イVrj、}:.:.{ィ  |:.|:. l |
      , イ ´..:::///    }ヽ ハヘ 赴ソ     ^ 赴ソイi :ト{にソ{^´  |:j:: j|   必要な能力が備わっていたということね
     /イ ..::j//    ノイ /ヽ、   ′     ,リ /_:/⌒´    リ: .:/ !、
   /´ / ..::/_ --_.ニイ//, -ァ >、  '=' _ /}/´       j:..:/  l }〉  ただの凶暴な独裁者ではなかったのだわ
  /'  / :: /// ̄   /' <_:.ノ..: :`:._ァァ{、.:://:\        /:/  /ノ'
. //   ,′ / >‐`ー- ∠/   { :..:.:, =-Vォ}ソ/ :/:.:.:.:.:ヽ_   /:/_. =イ
//   l / `ヽr‐ __.:二 _>.:´ヽ/´:. .::.>_´三  ̄ ̄__ >´‐ ´ /




【補足終わり】





892 :名無しのやる夫だお:2011/10/25(火) 21:26:09 ID:sHpqJLig



政治家に必須の能力ですよね


893 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:26:39 ID:42E1R2Ac






   / ̄ ̄\
 / ⌒  ⌒ \
 |  ( ●)(●) |
. |   (__人__)  |   よくやっただろ!
  |   \_)  |
.  |         }   これでトロツキーの子分どもに
.  ヽ        }    でかい顔されずに済むな
   ヽ     ノ
   /    く



       ____
     /⌒  ⌒\
   /-=・=- -=・=-\    シシシ!まだまだこれからだお!
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     トェェェイ     |   クリム(※)ちょい耳貸せお!
  \    ヽニニソ    /


※・・・ヴォロシーロフの愛称





894 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:27:39 ID:42E1R2Ac






        / ̄ ̄\
      /       \  ___
      |:::::       |/     \
     . |:::::::::     |:⌒  ⌒   \   ・・・で・・・アレがソレで・・・
       |::::::::::::::::    |●) (●)    \
     .  |:::::::::::::::    |::(__人__)      |  ・・・な感じで頼むお
     .  ヽ::::::::::::::   |::::` ⌒´      /
        ヽ::::::::::  ノ::::::::::::::       \
        /:::::::::: く::::::::::::::   / /|
-―――――|:::::::::::::::: \―――.(___ノ―┴
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)







       / ̄ ̄\
      /  \    \
    .(●)(● )  u. |
     (__人__)  u   |   おいおいマジかよ・・・
     .(`⌒ ´     |
     {         |    お前それって・・・
      {      u. /
      \     /
      ノ     \
     /´        ヽ





       / ̄ ̄\
     /   ⌒  \
     |  ミィ赱、i .i_r赱
.     | ::::::⌒ (__人__)
.     |     トエエエイ    ・・・すげぇ面白そうじゃん!
.     ヽ     `""´}
      ヽ     ノ
       /    く





895 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:28:18 ID:42E1R2Ac






               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l    チェーカー職員諸君!
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //      ツァリーツィンにいる元帝政派将校を全員拘束連行しろお!
  / __        /
  (___)      /        名簿はもう作ってあるお!





         ,,,,,,,,,
        [,|,,★,,|]
           ( ゚∋゚)     承知しました同志!!
        ,lニゝ::;ハ;;>コ,
        |:i::::f::::::::i::l
        |:|::::|::::::::|::|
        |:|::::|::::::::|::|
         l_l::::|::::::::::::|」
        |::::|::::::::::::|
        L::L::::::_;;」
           l::::|. |::::|
           !:::ュ r::;ュ,
          ̄  ̄






やる夫は部隊にいる元帝政派将校のリストをヴォロシーロフと共同で作成し
そのリストに載った人物を片っ端から逮捕したのである




  ,,,,,,,,,,,         ナ、ナンデスカ?     ,,,,,,,,,,,,
  [,|,,★,,|]       ∧_∧   ∧_∧   [,|,,★,,|]
 ( ´∀`)      (・∀・ :) (・∀・ :)  (´∀` )   同志やる夫の命令だ!
 (つ ★ つ ―――⊂-⊂―)-⊂-⊂―)―⊂ ★ ⊂)   神妙にお縄を頂戴しろ!
  | チェカ |       | | |   | | |    |.チェカ |
 (__)_)     (_(__)  (_(__)  (_(__)





896 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:29:18 ID:42E1R2Ac







やる夫とヴォロシーロフは逮捕した元帝政派将校を馬術練兵場に集合させた


                    __
 _____________|(┘)|_______________
|                                         |
|□ □ □ □ □ □ □ □ □ □  □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ |
|                                         |
|□ □ □ □ □ □ □ □ □ □  □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ |
|                                         |
|□ □ □ □ □ □ □ □  | ̄ ̄ ̄ ̄| □ □ □ □ □ □ □ □ □|
                        ___
                      /   /\
               ┌―┐   |~~~~~~|  |

         _____________
       _,.-''______________''-.,_
     /_,.-''______________''-.,_\
    //_,.-''______________''-.,_\\
  ///_,.-''                    ''-.,_\\\
  / ./ ./ ./                         ';, ';, .';, ';,
 ( .( .( .(                         ) .) .) .)
  .';, .';, .';, .';,                       ./ ./ ./ ./
   \\\''-.,________________////
    \\''-.,_______________,.-''//
      \''-.,_______________,.-''/
       ''-.,_______________,.-''






  ∧_∧∧_∧ ∧_∧∧_∧ ∧_∧∧_∧ ∧_∧∧_∧ ∧_∧∧_∧ ∧_∧
 ( ,,´Д`);´Д`) ´Д`) ´Д`)  ´Д`) ´Д`) ´Д`) ´Д`)  ´Д`),,‘∀‘) ´Д`)  <ナンダナンダ?
  ∧_∧∧_∧ ∧_∧∧_∧ ∧_∧∧_∧ ∧_∧∧_∧ ∧_∧∧_∧ ∧_∧
 (; ´Д`);´Д`) ´∀`) ´∀`);´Д`); ´Д`) ´Д`) ´Д`) ´Д`) ´Д`)◎∀◎)   <フトウタイホハンターイ!
 (     )     )     )     )     )     )   )     )     )    )     )
 | | || | || | || | || | || | || | || | || | || | || ||
 (__)_)__)_)_)_)__)_)__)_)__)_)_)_)_)_)__)_)__)_)__)__)
                                                   __
       逮捕された将校のみなさん                           [,|,★,|,]
                                                  (・Д・ ) これから同志政治委員殿よりお話がある!
                                                  (    ) 謹んで拝聴するように!
                                                  |    |
                                                   ∪⌒∪





897 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:29:53 ID:42E1R2Ac






       ____
     /⌒  ー、\
   /( ●)  (●)\     どうもこんにちわだお
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\    恥知らずな日和見主義者の元帝政派諸君
  |     |r┬-/ '    |    帝政を裏切り、トロツキーに首を差し出して
  \      `ー'´     /    ちゃっかり勝ち馬に乗ろうとした結果がこれだお?






  ∧_∧∧_∧ ∧_∧∧_∧ ∧_∧∧_∧ ∧_∧∧_∧ ∧_∧∧_∧ ∧_∧
 ( ,,´Д`);´Д`) ´Д`) ´Д`)  ´Д`) ´Д`) ´Д`) ´Д`)  ´Д`),,‘∀‘) ´Д`)  <・・・・・・
  ∧_∧∧_∧ ∧_∧∧_∧ ∧_∧∧_∧ ∧_∧∧_∧ ∧_∧∧_∧ ∧_∧
 (; ´Д`);´Д`) ´∀`) ´∀`);´Д`); ´Д`) ´Д`) ´Д`) ´Д`) ´Д`)◎∀◎)   <・・・・・・
 (     )     )     )     )     )     )   )     )     )    )     )
 | | || | || | || | || | || | || | || | || | || | || ||
 (__)_)__)_)_)_)__)_)__)_)__)_)_)_)_)_)__)_)__)_)__)__)





898 :名無しのやる夫だお:2011/10/25(火) 21:29:57 ID:8NdFknvk



いやぁ悪い顔をしているでしょう?これ、キチガイの顔ですよ


899 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:30:42 ID:42E1R2Ac






             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )    ソヴィエト・ロシアは無名の労働者達によって築かれるんだお!
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
    |    (⌒)|r┬-|     |    お前らみたいな帝政残滓の特権階級気取りが生きる場所なんてないんだお!
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
    | | | |  __ヽ、    /      自分たちの愚かさを呪うがいいお!党から与えられた権限により、貴様らを処断するお!
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄







          ____
        /⌒  ー、\         ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
      /( ●)  (●)\      < 判決!!              >
     /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    < 人民の敵として          >
     |     |r┬-|     |    < 全員銃殺刑に処す!!! >
     \      `ー'´     (⌒)     VVVVVVVVVVVVVVVVV
      >          ノ ~.レ-r┐、
     /          ノ__  | .| | |
      |          〈 ̄   `-Lλ_レレ
      |          ̄`ー┬--‐‐´





900 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:31:17 ID:42E1R2Ac






   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)      小隊打ち方用意!!!!
. |     (__人__). rm、
  |     ` ⌒´ノr川 ||
.  |         },.!  ノ'
.  ヽ        r / .|
   ヽ     ノノ ノ
   /     / ./
   |      /
    |    i´

        ,,,,,,,,,,,,
     ,,,,,,,,,[,|,,,★,|] ,r─‐、
      [,|,,,★,|] ゚Д゚).| ,r_、 |_,_
     (, ゚Д゚)O「=ニ| |;;,,__(.c)
    _ノ  ”つ,.=/〃 ヽ ィィ,」ヽ
   (ヽ|I ̄I|I ̄,I|. ゝ ノ' ̄、 ノ
     ` ̄ ̄ ̄´

            ,,,,,,,,,,,,
         ,,,,,,,,,[,|,,,★,|] ,r─‐、
          [,|,,,★,|] ゚Д゚).| ,r_、 |_,_
         (, ゚Д゚)O「=ニ| |;;,,__(.c)
        _ノ  ”つ,.=/〃 ヽ ィィ,」ヽ
       (ヽ|I ̄I|I ̄,I|. ゝ ノ' ̄、 ノ
         ` ̄ ̄ ̄´

        ,,,,,,,,,,,,
     ,,,,,,,,,[,|,,,★,|] ,r─‐、
      [,|,,,★,|] ゚Д゚).| ,r_、 |_,_
     (, ゚Д゚)O「=ニ| |;;,,__(.c)
    _ノ  ”つ,.=/〃 ヽ ィィ,」ヽ
   (ヽ|I ̄I|I ̄,I|. ゝ ノ' ̄、 ノ
     ` ̄ ̄ ̄´

            ,,,,,,,,,,,,
         ,,,,,,,,,[,|,,,★,|] ,r─‐、
          [,|,,,★,|] ゚Д゚).| ,r_、 |_,_
         (, ゚Д゚)O「=ニ| |;;,,__(.c)
        _ノ  ”つ,.=/〃 ヽ ィィ,」ヽ
       (ヽ|I ̄I|I ̄,I|. ゝ ノ' ̄、 ノ
         ` ̄ ̄ ̄´





901 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:31:37 ID:42E1R2Ac






   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)     ・・・打てぇ!!
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ    ビシッ
   /    く__,-ュ__   て
   |    ___ 三)  (
    |    |       ̄


        ,,,,,,,,,,,,
     ,,,,,,,,,[,|,,,★,|] ,r─‐、
      [,|,,,★,|] ゚Д゚).| ,r_、 |_\ 从 /
     (, ゚Д゚)O「=ニ| |;;,,__(:;'_    ニ=──    ────     ────
    _ノ  ”つ,.=/〃 ヽ ィィ,」ヽ./ W \
   (ヽ|I ̄I|I ̄,I|. ゝ ノ' ̄、 ノ
     ` ̄ ̄ ̄´

            ,,,,,,,,,,,,
         ,,,,,,,,,[,|,,,★,|] ,r─‐、
          [,|,,,★,|] ゚Д゚).| ,r_、 |_\ 从 /
         (, ゚Д゚)O「=ニ| |;;,,__(:;'_    ニ=──    ────     ────
        _ノ  ”つ,.=/〃 ヽ ィィ,」ヽ./ W \
       (ヽ|I ̄I|I ̄,I|. ゝ ノ' ̄、 ノ
         ` ̄ ̄ ̄´

        ,,,,,,,,,,,,
     ,,,,,,,,,[,|,,,★,|] ,r─‐、
      [,|,,,★,|] ゚Д゚).| ,r_、 |_\ 从 /
     (, ゚Д゚)O「=ニ| |;;,,__(:;'_    ニ=──    ────     ────
    _ノ  ”つ,.=/〃 ヽ ィィ,」ヽ./ W \
   (ヽ|I ̄I|I ̄,I|. ゝ ノ' ̄、 ノ
     ` ̄ ̄ ̄´

            ,,,,,,,,,,,,
         ,,,,,,,,,[,|,,,★,|] ,r─‐、
          [,|,,,★,|] ゚Д゚).| ,r_、 |_\ 从 /
         (, ゚Д゚)O「=ニ| |;;,,__(:;'_    ニ=──    ────     ────
        _ノ  ”つ,.=/〃 ヽ ィィ,」ヽ./ W \
       (ヽ|I ̄I|I ̄,I|. ゝ ノ' ̄、 ノ
         ` ̄ ̄ ̄´





903 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:32:09 ID:42E1R2Ac






やる夫とヴォロシーロフは逮捕された将校を全員まとめて銃殺してしまう



                                 .....................................
                                .::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::.......
                                ...:::::;;;''        ';;;:::::......
                             ...::::;;;''            '';;;::::::........
                            ....::::::;;              '';;;::::::::::......
  ~~^^;:;:'',,~~~~~^^^~;;;;;~~^^~~~^:;~~~^^~~~~~^^"'''~~~~~^~~^^'',,~~~~~^^^~:;:;:''~~^^~~~^ ~~
'::',:'':';:,.,、:.,"'`::'::',:'::'○ヾ _= "'"' "'''.''' "'''.''"  '::',:'':';:;..,"'`::'::',:'"'`,.;;:。;:;;::、;;:。;:;;,::',:'':'`::':'::',:'':';:
  :'::'○ヾ_=::':'::' " '''.''"'"  ''"'"' "'''.''' "'''.''"'"''"'"'  "'''.''' "'''. ,.,;:; :'::'○ヾ_=':'`::':'::',:'':';:;..,"'`',:''
'::',:'':'`::'::',:'':'`::':'::',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::''::',:'':';:;..,"'`,:'':'`::'::'○ヾ _=,"'`::'::',::',:'':'`::':'::',:'':';:;..,"'`',:'':::',:'':'`::':'::',:'':
'::',:'':';:;'"'"''::',:___  '"'::'`::'::',:'':';:;∧∧::',:'':';:;..," ̄,:'':';:;..,"'`'::',:'':';:;..,":,.::',:'':'`::':'::',:'':';:;..,"'`',:'':
',:'':';:;.(。ω。 )二二⊃ ⊃;',:'':'`::  (,,゚ω゚)          ∩∩'';:;..,"'`::'_____;:;∧∧:":,.
"'''.''' ∨∨"'"''"'"' " "'''.''' "'''.''"'"''"'"' "'':';:;..,"'`',:⊂/ /`::'::''::',:''⊂_⊂二二(,,゚ω゚)つ''
::';:; ∧∧_____:":,.::''" ;;            (。ω。 )二⊃        ::∧ ∧:;..,"'`',:'':
⊂(,,゚ω゚)二二つ_⊃,"'`',:'':'`::':' "'`:       :'::',:'':';:;  __ ..,"'`',:'':'`⊂(゚ω゚; )――つ"'`'
  '':'`::'::',:'':';:;..,.     ⊂―――';:;∧ ∧:;..,"'`',:'':'`::'::'': (。ω。 ):'`::'::',:` ⊂(_____\つ
             ⊂_⊂二二("゚ω゚)つ        ∨∨"'       ::'::',:'':';:;:;..
    "'"'''':'`::':;:;..,"'`',:'':'`::'::'':':';:"'"''' "''''':'`::':':',     :'':';:;:;..,"'`',:'':'`::'::'':;:;..,    "'`',:'':'`::'::''




         .r-、 _00           /::::'┴'r'
         .|::::'´::::r┘  !「`L00、|.l└ク_;厂  /
         .|::::「|:::|    l| |Ln:::r┘|.l _lニユ、 ./
         . ̄└r''"´]_ l| | r゙=゙┐ |└ァ::/ /  /
         、ヽ、 ,ゞ´_::::| l| |「二:::7 .|.l └′/  / /
         . \\`´ |:::|. l| l 〈::/  、 !     '/
           ____
          /  ノ_ ヽ,,\
        / ≦゚≧ミ:≦゚≧
        |    (__人__)|       ____
        |     |r┬| }     ./_ノ   ヽ \
         |     | | | }   /≦゚≧ミ:≦゚≧.\
       .  |.    `ニニ  }  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  ざまぁ!全員ブッ殺してやったお!
       .  ヽ      }   |     トェェェイ     |
          ヽ    ノ    \   ヽニニソ    /






904 :名無しのやる夫だお:2011/10/25(火) 21:32:52 ID:8NdFknvk



冗談で塩爺ネタで言ってみたが、実際やってることキチガイじみてきた……


905 :名無しのやる夫だお:2011/10/25(火) 21:33:28 ID:j36SlyAc



>>904
まだまだ序の口で何をおっしゃる



906 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:33:29 ID:42E1R2Ac







      / ̄ ̄\
    /   _⌒  \
    |   (●)(ー)    派手にやったなやる夫
    |   ⌒(_,,人__)
    |   ∩ノ |;;;| }     あの連中の自分が殺されると分かった時のほえ面、
    |  /_ノ"' }     面白いったらなかったぜ
    /ヽ/  /    }
   (  ヽ  /_ ノ
   7.ヽ__/   \





            ____
          /― ― \
   rヽ     /(●)  (●) \    赤軍には元帝政派の裏切り者がいっぱい潜り込んでるお
   i !   /   (__人__)     \
  r;r | ヽ |    ` ⌒´      |   この連中を始末しない限り内戦に勝利は無いお
〈     } .\           ./
 l    /  /           \   国内も国外も敵だらけだお、やる夫達が容赦なく戦わなきゃいけないんだお
 ヽ   l /              \





908 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:34:17 ID:42E1R2Ac






それからもやる夫はことあるごとに
旧帝政派の経歴を持つ将校を見つけては難癖をつけて銃殺を繰り返した



                                 __     __     __
                                | |     | |     | |
     _/⌒)                       | |     | |     | |
     `,l=★l_  <死ね反動            ∧ ∧|  ∧ ∧|  ∧ ∧|
     (,,゚Д゚)                  ’;゚∵・ ゚д’;゚∵・゚д゚’;゚∵・゚д’ ) 
     /~i|`:´ヽ__,从 ズガガガガガ゙      (、''くV>^^'(、''くV>^^'、''くV>^^'ハ
     ゝil,ア'(0∩゙゙゙゙゙゚ W               ll':==:= lノ ll':==:= lノ ll':==:= lノ
     /__,ハ__,ゝ                     ll_____,ゝll_____,ゝ ll_____,ゝ
     〈,,__,l、_,〉                     (^,,,(^,,,,)|(^,,,(^,,,,)|(^,,,(^,,,,)|





909 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:34:47 ID:42E1R2Ac






もちろん、こんな暴挙がトロツキーの耳に届かないはずがない



                   _,,. - ;/
              _, -' ´:::::::::::/
          ,.ー-<:::::::::::::::::::::::::::`'ー‐::_;‐=‐
         j::::::::::::.、:::`丶、 ::`::::.、::`:<´
         /:!::ヽ:::、:::`::::.、:::::丶、::::`::、:::::ヽ、
        /:::∧::::ヾ::::、::::::::`::.、:::`:::、:::ヽ:::ヾ\
       j::::/::::゛、::::ヽ:::ヽ、:::::::ヽ、::::::ヽ::ヽ:::ヽ `
       l::::!:::l::::!:ヽ:::::゙:、::::ヽ、::::::゛、:::::::::`::.、::::\        ふざけるな!!
       j/:l::::!::l:ト、:ト、:::::::::、:::ヽ、:::::ヽ::::::::::::::\{`\
        i!::::!:::!:ハ!_」l_ \{`\、____、:.、:ヽ:::::::::::::ト\        一体これは何の真似ですか!!
       ハ::::V:::! ソ oヾ \^~/ o ヾ:i`:.、:::::::::::!、__,, - 、
      ′ i:::i:!::ハ ヾ=彡     ヾ≡彡リl::::ヽ:::::::{ ! /     \
        ヾ{i::::l:!              ハ!::::::::::!:}`ヽ/ /    lヽ、
         /^ヽ!::リ:、     ` ^  ノ´)/::::::::从ト{   /      | }〉、
     /    ソヾ{\  <ニ>' / ̄i ̄`)V  !         | l! lヽ
―- 、 /          ゙ 、 \/   ' / {<⌒′/ !       亅/ ! \
   V      ` 、    \/       }〈  / /  l     /,. -─‐-ヽ、
    !         ヽ,           )ノ_   /   |l  / /         \
    l        {\  {    / /{_,ノ       リ / /
    i!       \ `、  亅   / _,. - '´          K,/     jL/
     !       \、 ヽ    「           !  / /  / /⌒〈
    l          `\`|    |   _,. '´   l  〈,/  /レ/ /  /
     !          |   |_,.-'´     / !  /  j// /
     !         / /|      「´     /  / /  /,  /
      !       / /{|    ト 、  /  / _,/ i // ! /l  /
       ヽ    〈 / ヾ    |i !/  /‐'' /  !.// l//! /
       ヽ     |l   \____j_」 〉    ,.ィ  j//  / l/
         \  |!        /___//   //ハ  ∨
           ` ‐ヘ ヽ        /     / 「// ハ /





910 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:35:22 ID:42E1R2Ac





            ,
           ,r/ ,;-ー_
         /:::レ:::::三:::::`ミ::=-、
         ,i::::::::::::::::、:::::::、::::ヾ::ヽミー-、
         ,r'::::::::::::::::::ヽ::::::::\.:::::::::::::\
      //:::::/:::;:::i:::::ヽ:::::::::::::\::::::::::::::ヽ
.       /::/:::::::/_ヽ:!:::::ヽ:::i`_、:::::ヽ ::ヽ:::::::!
       i::/::::::::/'oヾ、:::|ヽ::Y o\:::::i!::::ヽ::::\
     l:::i:::::::::lゝ- ' ヾ、゙ ! ー '、ヽ:::::!:::::ヽ::i ヽ     これ以上私の部下を銃殺するなら
     !::!:::i:::::!   ` ` ヽ     i:::::!::::::::::::i
       l:!:::l:::l !  ,r_ー‐-、     l::::!::::::::::;::i      同志レーニンに掛け合って貴様を解任させてやる!
      !|:.!::',   i'/ ̄ ̄ i     l:::::::::::::ハ:!
    .   l::::::ヽ.  i    i    ィ::/i:::::ハi  !
        i::li:::\ `ー--‐'   / リ |:::リfハ、_
         _..!:ハ::::l;ヽ、    /  " l::/i ヽ. ``''ー- 、._
   ,r‐'''"´  ! リ!i ヽ `='"   ,   リ /  ン       /ヽ、
   /ヽ       ヽ ヽ ヽ   /   /        /   ヽ
  l   \      \  '     //          /    i



      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \     (ちっ・・・鬱陶しい野郎が出てきやがったお
 /  (●)  (●)  \    まぁでも同志レーニンに抗議されると厄介だお)
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /








               ____
           /      \
          / ─    ─ \        はいはい、分かったお、銃殺は考え直しとくお
        /   ( ●)  ( ●) \ 。     つーかアイツらは元帝政派のスパイだから
        |       (__人__). 。;つ  ペッ   処刑しただけだお
         \       `⌒"   /





911 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:36:00 ID:42E1R2Ac






               ____
     ∧_∧     ヽ=@=ノ
     (; ・∀・)     (,, ´∀`)    やる夫同志!
     (  (つ(つ∝∝∝と    )    新たに元帝政派と思われる容疑者複数名を逮捕しました!
     ノ  r ヽ      人  ヽ
    (_,ハ_,)     (_ヽ_,)



         |
     \  __  /
     _ (m) _
        |ミ|
      /  `´  \
       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \     ま、とか言いつつ将校の処刑は続けますけどねwwwwwwwwwwwww
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /





912 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:36:36 ID:42E1R2Ac






やる夫は拘束した将校をボルガ川に係留中の艀に監禁し、そのまま放置する




             (; ・∀・)( ´∀`(´Д`;)  (・∀・;)(; ・∀・)(;´Д`)  Π
        ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
         ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
          ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
           ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

                                    ┬┬  /  丶  ll   __,ノ ┼¬ -  |
                                     夕 匕 /ヽノ `_,ノ  ヤ  |   |    _,ノ





913 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:37:12 ID:42E1R2Ac






このことを聞きつけたトロツキーはやる夫に抗議するが・・・


            ,
           ,r/ ,;-ー_
         /:::レ:::::三:::::`ミ::=-、
         ,i::::::::::::::::、:::::::、::::ヾ::ヽミー-、
         ,r'::::::::::::::::::ヽ::::::::\.:::::::::::::\
      //:::::/:::;:::i:::::ヽ:::::::::::::\::::::::::::::ヽ
.       /::/:::::::/_ヽ:!:::::ヽ:::i`_、:::::ヽ ::ヽ:::::::!
       i::/::::::::/'oヾ、:::|ヽ::Y o\:::::i!::::ヽ::::\
     l:::i:::::::::lゝ- ' ヾ、゙ ! ー '、ヽ:::::!:::::ヽ::i ヽ    今すぐ彼らを解放しなさい!!!
     !::!:::i:::::!   ` ` ヽ     i:::::!::::::::::::i
       l:!:::l:::l !  ,r_ー‐-、     l::::!::::::::::;::i
      !|:.!::',   i'/ ̄ ̄ i     l:::::::::::::ハ:!
    .   l::::::ヽ.  i    i    ィ::/i:::::ハi  !
        i::li:::\ `ー--‐'   / リ |:::リfハ、_
         _..!:ハ::::l;ヽ、    /  " l::/i ヽ. ``''ー- 、._
   ,r‐'''"´  ! リ!i ヽ `='"   ,   リ /  ン       /ヽ、
   /ヽ       ヽ ヽ ヽ   /   /        /   ヽ
  l   \      \  '     //          /    i




       ____
     /⌒  ⌒\
   /-=・=- -=・=-\     別に「銃殺」はしてねーおーwwwwwww
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\    ちょっと怪しいから拘束して逃げられないように
  |     トェェェイ     |    監禁してるだけだおwwwwwww
  \    ヽニニソ    /





914 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:37:56 ID:42E1R2Ac






結局、艀は将校達を閉じ込めたまま沈没してしまい、監禁されていた将校は全員死亡してしまった




::::::::::::::::::::/      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\////∧_∧//////('(T∀T ∩////∧_∧// /
:::::::::゚:::::::::|      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ ( ;´Д`)/////ヽ    ノ/// (´Д`l||)つ/
::::::::::::::::::::|__/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\と  )//////(⌒/ ///////   つ / ◎
:::::::::::::::::::::\   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( く∧_∧///(_ノ///////ヽ )/ /   /
::::::::::::::::::::::::::::\    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶J\∀・ii)///////∧_∧/し'/ / ◎ /
:::::::::::゚::::::::::::::::::::::\    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::⊂   \/////(´< _` )// /   /
::::::::::::::::::::::::::::゚:::::::::::\      :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::と__ ノ.////(つ†と )./ / ◎ /
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\       ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|///////( <ノ  ノ// /   /
:::::γ⌒ヽ::::::::::::::::::::::::// \       ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::///////(__(__ノ/// / ◎ /
::::::ヽ___ノ::::::::::::::::::::::// ///.\        :::::::::::::::::::::::::://////////////// /   /
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::// ///////\         ::::::::::///////////////// / ◎ /
:::::::::::::::::::::゚:::::::::::::// //////////\______//////∧_∧////// /   /
:::::::::::゚::::::::::::::::::::// /////////∧_∧////////////////( 。>Д,)//// (\(\
:::::::::::::::::::::::::::::// /////////(・∀・l||) / ̄ ̄ ̄///////(○  つ//// / ヽ ∧_∧
::::::::::::::::::::::::::// //////////と  と |/__________/っ//////.) ) ).//// / ◎ \);∀;)   /
 ̄ ̄ ̄ ̄ // /////////(⌒(⌒)ノ//ν//υ゚///////し' し'///// /   /        /;;;
 ~    // (~( ̄).////////////////////∧ ∧ /////////// / ◎ /        /;;;;;;
   从 // /ノノ ノ//////////∧ ∧//////(*T 0ハハ //////// /   /        /;;;从
 从。// ∧_∧ ///////////(Д゚# )////// つ (-゚*) ////// / ◎ /       人 ~゚
~人〃(T∀T )/( ̄( ̄)/゚/ と  ////~(__⌒つ__).////// /   / 从人゚从~
   从(/ (/。゚ / ノ ノてっ/(  ノ~/////////∩_∩人っ゚从人゚从っ   。    ∧ ∧
~~ ∧_∧ 从人゚从つ゚∧∧从っ〃つ~~゚∩_∩  ノ从っつ゚   ∧_∧     (Д~;;)
・   (。゚´Д`)つ ~ ~(ii-∀)~ ゚ ・ 。从(=Д= )〃てっ   ~(||l=∀=) 。 ゚   。.......
  ~~~つ ~ ∧_∧~~    ∧ ∧ と~とノ从~~     。゚~~~ ∧_∧....::::::;;;;;
゚ ∧_∧   。 (´Д`; ) 。゚   (゙ー゙*)   ゚   。  ・ ~ ∧_∧   ............::::::::::;;;;;;;;;;;;
 (-∀-l||) ゚  ~U~~~U~  ~ ~~~ <⌒⌒ー⌒l    (:::::∀::::) ......:::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 ~~~~  。   ̄ ̄~~ 。∧_∧   ~~~~~   .........:::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;




       ____
     /_ノ  ヽ、_\
   o゚((●)) ((●))゚o
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-|     |    (⌒)       あるぇえ!?wwwwwwwww
  |     | |  |     |   ノ ~.レ-r┐、
  |     | |  |     |   ノ__  | .| | |  ほっといたら勝手に沈んじゃったお~?wwwwwwwwwww
  |     | |  |     |〈 ̄   `-Lλ_レレ
  |     | |  |     |  ̄`ー‐---‐‐´   残念残ね~んwwwwwwwwwwwwww
  \      `ー'´     /





915 :名無しのやる夫だお:2011/10/25(火) 21:39:01 ID:6cLSwV9g



これら出来事が、後日しっぺ返しとして跳ね返ってくるんだよなぁw


916 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:39:36 ID:42E1R2Ac






この時、やる夫はこう言い放ったと言われている



           ____
         /_,r'  ' !、\
       /(≡)   (≡)\       『死は全ての問題を解決する・・・
     n/ ::::⌒(__人__)⌒::::::\
    y |     |r┬-|     |⌒)
    l \_   `ー'ォ     //     全員殺せば、問題は残らない』
     \      ・    ・  ̄ /
       \         /
        >      <
       〃   (::)っ   ヽ
       ヽ  <  `‐' >  )
        と__)   (__)






             , ,. '    _,,,,、、yッ‐'´
              ,r/, _,、-='"´:::::::K..,,,,,,,____  __,,,,.....
         / ,、イシー''"´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄::::ン'"´
       / /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,、-'"
       ソ,:'::::,::::::::彡=::::_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'=ェー   _,.
.       il!'::::ソ::, ェ=-ニ '゙:::::::::::::::::::::::::::::-ーニ三::::::::::::::::::::`ミェ<´
    ,..=゙::!:::レ:':::::::::::::::::::::::::::::::::::::三ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`=ミ云ミ'=、、._
   ,r'^チ;::::::::ー=ニニ  ニ==ー-:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ォr'''`゙゙゙'''ー-、
    メソヘ、:::::::'::.:.,::::::':::.:,::::::::::'.::.::.,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、゙ヾ、
    イ!l ! !::ヽ、::::::::::::::::::::`::::::::'::.:.,::::::ヾ、:::::::::::::::::::_::::::::::::::::::ヽミキ=;'''`´
   ル'|.l!::l!::::::i:ヽミニェー- 、、、.._::::::::::ヽ、::\三ニ二_::::::::::::::::::::::::::ヽ=ー___
.  ソ .i.:::!::',:',:::、:::::::::;::::::、:::::::::、、::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::`:::::::::::::::::ニ=二''"´
.  /  !:从::'.,:::!ヾ、:::::ヽミ ニィ弋;ッ'y、ヽ::::::::::::::::ヾ:::::::::ヽ:::::::::三天_ ~   あの白饅頭・・・!!
 ノ  り !l::::ヾi゙代ッ、-::ヽ`  、 ノ   ゙i::、::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::ミヽ、
    !' !':;::ハ:;ゝ=‐  `゙`'‐      !:l メ、::::::::::::、,、:ヽ:::::::ヾッ、ヽ
.   ノ.   ヾ','!リ丶 |           !i,i: `ヾ、:::i 'i ゙ヾミ廷=-ヽ
   '     `、゙ャ、. ヽ、 ‐       リ'    ゙リ>・'"    ``ヽ、.,
            ` i! ヽ ___     /   ,, -'"           `ヾヽ,
          !  ゙ヽ`ニ´    /::   /´ '""'ー-、゙_ヽ、      `ヾ、
               `ヽ. __,. '^`'‐=./'´        `'ー゙ミ、,     \
                     /             ゙'ヽ、    ヽ
                     /              \ ヽ,     \





917 :名無しのやる夫だお:2011/10/25(火) 21:39:57 ID:j36SlyAc



名(迷)台詞ktkr


918 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:41:01 ID:42E1R2Ac






やる夫とヴォロシーロフとヴジョンヌイとを軸とするツァリーツィンの騎兵隊グループと
トロツキーとの対立は深刻さを増していった



                 (( //  へ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<
                /^\:::::\::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::\\:::::::
               丶\:::::\::::::::\:::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
             /丶:::::::\:::\:::::::\::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::
            │:::::::\\:::::::\\::::::\:::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::
            /\::::::::::::\:::::::::::\::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::
           /│\ヾ:::\::|\:::::::::::\:\:::::::::::\:::::::::::::::::::::\::::
          │/|:|丶 \:::::::|  \:::::::::::::\::::::丶:::::::::::::::::::::::::::::::::::   サーベルを振り回すことしか
           |/ ||丶\丶::::|  ,イ\::::::::::::::\::\:::::::::::::::::::::::::::::::::
          │  ||:ヾ:::::丶 |  ハ..,/\::::::::丶\丶:::::::::::::::::::::::::::::::   脳の無いアマチュアどもめ・・・
          丶 /|:::::::川:::入|   ..ノ"\::::::ゝ \丶::::::::::::::::::::::::::
             /入||:::/ \|        \ヾ  \:::::::::::::::::::::::::
             ル |::::/   \        \ |/\::::::::::::::::::::
           ノ   |\ -、            /  ト:::::::::::__/
               ||:::::ゝ        八       ∧|/
               │入...___     ⌒       /
                丶  \─ゝ          /   /
                  |   |,           /| //
                 /  |        ....////
               /= --┴-、    ...:::::::: /  /
              /       \<\:::::::/ /      ノ
            /   , ----= 、 \// /      //
           / >           /  /      /



ツァリーツィンの「赤い騎兵隊クラブ」はトロツキー配下の軍事専門家集団とことごとく対立し、
トロツキーは、やる夫やヴォロシーロフ達を「軍事反対派」と呼んで軽蔑していた





919 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:42:24 ID:42E1R2Ac






騎兵馬鹿一代のブジョンヌイが「第一騎兵軍」の創設を提案したときも
トロツキーはこれに難色を示した


                          、
                    `ヽ:::...._}ヽ.
                      __ミ::::::::::::::ヽ.ト、
                   `≧::>::::::::::::::::::::::人
               ー=::::::::/::::::::::::::::::::::7::::::::::ヽ.
                  __,>イ::::::/::::::::::::::/::::::::jl::::::ハ
               `フ:::::/:::::::::::::::::オ:::::::/::ハ::::::}
               ∠イ:/::::::::::::::::::::;イリ:::::ハ 。-|::::ハ
                 イ::イ小:::::::::/。-イ/ ト=イ从ー- 、
               /'Z ||从_|:::イト=='.::.   小 } l   > 、
               /    .|| ハ:|ヾ   ..:::ィ  /  //
             ∧      ll.   | >.、 ⌒ /  //       },
              /  ヽ   从.      `ミZ´  //         小.
             .:从       ヽ_l□lニl    /     |   /  ';:::::...
          .::::::/`ヽ   小   `|□□ヽ,¨´        | /    :::::::::::..



   (⌒)    cっ \_  /
   C ⌒)  C_ 3  i゙a 「≠ヽ
   ゙ーヘi     .|「  | /L,e| |      何でだっていう!
      ヽ,「 ̄|「 ̄ ̄ヽ ̄ヽ_|_
       / ц凵         \    騎兵隊こそが内戦を勝ち抜く為の
       |              |
      (         (_    |   最強の切り札なんだっていう!
       `ー、____/jー-  |
          |ヽ/ ̄ ̄/"   |
          `ー ̄ ̄  ――'



近代軍事における騎兵隊の無力さをすでに知っていたのか、
そうで無ければ、ヴォロシーロフやブジョンヌイなどの
「赤い騎兵隊クラブ」の力がこれ以上増大するのを嫌ったのだろう

結局、第一騎兵軍の創設は大きくもつれ込むことになる




921 :名無しのやる夫だお:2011/10/25(火) 21:43:13 ID:8jWhbfyg



いっそもっと徹底的にやれば面白かったのに
例えば冬将軍がくるまでにソ連が陥落するくらいw



920 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:42:51 ID:42E1R2Ac






   ―――第10軍司令部



              .|
              A
           | _γ ⌒ヽ_
           A ..l.i i:I I:i iI_________∧________
          龠./|.i_i:I I:i_il ________i龠i____/∧ ______i龠i________\
           ./ |.ロ:IロI:ロl/::.::.:::.::.::.::..:::.../ [] `::..:::.::.::.:::.::::.:::.::.:..|
          ===.|   ニニニニニニニニニニ    ニニニニニニニニニニ
            .|∩| l'⌒`l | l'⌒`l l'⌒`l |γΠヽ| l'⌒`l l'⌒`l |
            .|:! !| l.__i__i | l.__i__i l.__i__i | ゝЦノ| l.__i__i l.__i__i |
            .|  | .____ ...| ._____  _____ | .____ | ._____  _____ |
            .|「l | |__|__! | |__|__! |__|__! | |_|II|_| | |__|__! |__|__! |
            .|i_i | |__|__! | |__|__! |__|__! | |_|II|_| | |__|__! |__|__! |
            .|i_i | |__|__! | |__|__! |__|__! | |_|II|_| | |__|__! |__|__! |
            .|  | __∧_..|           |[::圀::]|           |
    :::::::     .|  | .I:I:i | l===l ;l===l | |   i | l===l ;l===l |
     :::::::    .|  | .I:I:i | |__|__|....|__|__l | |....:::::l | l__|__|....|__|__| |
      :::::::   .`:::;:;================ |ニニニニ]:==========i
       :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



       ____
     /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\    とまぁこんな調子だお!
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\   これ以上トロツキーにデカイ顔はさせないお!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /





922 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:43:38 ID:42E1R2Ac






     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)    やる夫のおかげで
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃    この街も大分静かになっただろ
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │    いろんな意味で
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /




        /ニYニヽ
   (ヽ   /( ゚ )( ゚ )ヽ       糞生意気な軍事専門家どもも
  (((i ) /::::⌒`´⌒::::\
 /∠_| ,-)___(-,|___ いなくなって随分やりやすくなったっていうwwwwwwwww
( ___、  |-┬-|    ,_  )
    |    `ー'´   /´ // そもそもこの街は俺の騎兵隊さえいれば安全なんだっていうwwwwwwwwww
    |            /   ( i)))
                ヽ)





923 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:44:21 ID:42E1R2Ac






         ____
       /⌒  ⌒\
      /( ●)  (●)\
    / ::::⌒(__人__)⌒:::: \      やる夫に任せとけお!
    |     |r┬-|     |
    \      `ー'´     /      この街の実権はやる夫達が握ってるんだお!
      >         <
     ( |        / )       トロツキーなんかに邪魔はさせないお!
      `|       /'
         |  (u)  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......







この頃のやる夫とトロツキーの対立感情は決定的となり
やる夫は人目もはばからずトロツキーを嘲笑した


             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\     『アイツは口だけ達者な
    |    (⌒)|r┬-|     |
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/      オペレッタの指揮者だ!ハッハッハ!』
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄




926 :名無しのやる夫だお:2011/10/25(火) 21:45:33 ID:sHpqJLig



こうして「暴力」が人を黙らせる最上の手段だと学習していくわけだ


929 :名無しのやる夫だお:2011/10/25(火) 21:47:46 ID:8NdFknvk



まるでガキの喧嘩のようだ
世界の歴史が、こうやって幼稚に乱暴に動かされていくのか……



930 :名無しのやる夫だお:2011/10/25(火) 21:48:02 ID:vvSHPKBI



つーか俺にはロシアという国柄はこういう風な殺戮をするのが政治なのだとしか思えない、
日本じゃこんな身内の大粛清なぞ無理。
大逆事件でも国内は非難ごうごうで以後乱発できなかった。



940 :名無しのやる夫だお:2011/10/25(火) 21:52:01 ID:j36SlyAc



>>930
まぁほら、開祖雷帝さんからそうだったし……



946 :名無しのやる夫だお:2011/10/25(火) 21:55:51 ID:sHpqJLig



つか、中国同様国がでかい上に民族がやたら多いので
強力な力で抑えこまないととてもじゃないがやっていけない



924 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:44:52 ID:42E1R2Ac






         __
         [|,,,★,,|]
        (´・ω・`)   失礼します!
         (つ□と)   デニーキン派と思われる敵部隊が接近中であります!
         `u―u´





925 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:45:22 ID:42E1R2Ac






           / ̄ ̄\
         /    \ ノ
         |    ( ●)(●)      ・・・っ!
.         |     (__人__)      来たか!
          |      ` ⌒´ノ      やる夫、話の続きはまた後でだ!
.          |         }       ブジョンヌイ!出撃だ!行くぞ!
.          ヽ        }
           ヽ     ノ i |i |
         /⌒      ヽ  | || |  |
     :: / ̄ ̄ヽ ::       \ ||     |i
    :: (「    `rノ ::      \   ||i  \
     :: ヽ   ノ ::          \       \
ガタッ!  |   | r         「\   \       \
       |   | |       ノ  \   \__   \
          ヽ_ノ       /||| l   \_,       `ヽ   \
     || i  /         | ||| |    (_つ ̄と_ノ)    \
     || ||  |         | ||| |                    \





            /
          //
         ///         (⌒\
       ///       /ニYニヽ  \  ヽ
       (  (       /( ゚ )( ゚ )ヽ \\ \
       \ \   /::::⌒`´⌒::::\  ト\ヽ          任せろっていう!wwwww
         \ \  |,-)___(-、.|  .|   \ヽ
          \ \l  |-┬-|   l |  ノ  ノ  \
            \  ヽ `ー'´   /   /           この俺が叩き潰してやるっていう!wwwwwwwwwwwww
             /            /  ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
           //  /           ̄ ̄ ̄ ̄)  )
         /  (  ⌒ ̄ ̄ ̄ヽ         ノノ/
      _/  / `ー―――、  )        ノ/
 ー=二三 __ノ        ノノ/       /
                  ノ/
                /





927 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:46:14 ID:42E1R2Ac






      ____
     /\  /\
   /( ●)  (●)\      みんな、頑張ってくれお!
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|       |
  \     ` ー'´     /



トロツキーとの対立が激化すると共に、ヴォロシーロフやブジョンヌイとの友人関係は強化された
やる夫は元来有能な人間を重宝したが、ツァリーツィンの無能な指揮官は別だった

無能であっても、自分にはない底抜けの向う見ずな勇気を持つこの二人の騎兵将校を
尊敬していたのである




932 :名無しのやる夫だお:2011/10/25(火) 21:48:09 ID:sHpqJLig



性癖は最低最悪だが有能だから重宝されてた奴もいるからな


928 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:47:11 ID:42E1R2Ac






   ―――やる夫の列車本部



 ,.r'"´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨¨ ̄¨´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨¨ ̄¨´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::........ . . .  .        .  . . . .....::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||  ||:|
l________________________________________||_||:|
  |  ||  //  ||   ||  //  ||   ||  //  ||   |┌――――┐|   ||  //  ||    || ̄||:|
  |  ||___||   ||___||   ||___||   |r|        |r|   ||___||    ||_||:|
  |  || ̄ ̄ ̄||   || ̄ ̄ ̄||   || ̄ ̄ ̄||   |r|        |r|   || ̄ ̄ ̄||    || ̄||:|
  |  ||___||   ||___||   ||___||   |r|        |r|   ||___||    ||_||:|
  |   ̄ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄ ̄   |r|[!        .|r|    ̄ ̄ ̄ ̄    || ̄||:|
  |           .  . . . ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |r|        |r|   .  . . . ..:::::::::::: ||_||:|
|| ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄||        || ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄|| ̄|| ̄||
||_||__||__||__||__||__||__||__||__||ニニニニニ||__||__||__||_||::::l||_||
 ̄ ̄ :{三米三};;;;{三米三};:;:;:;;;:;:;;;;;;;;{三米三};;;{三米三};; ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;;;;{三米三};;;{三米三}  ̄ ̄ ̄
     ヾノ爪シ¨¨ヾノ爪シ´¨¨ ¨¨ ¨¨ヾノ爪シ¨¨ヾノ爪シ´¨¨ ¨¨ ¨¨¨ ¨¨`ヾノ爪シ¨¨ヾノ爪シ´



    r'フ . : :/ : : :,/: : : l: : il   i'、 ,、:;‐ニニ=トl: : : : :': ;'/::::::::'、. :.:
_,、-;:;:'! i : : : i; : : : i; : : : i _:';',  '、'、゙´ : : : ; ノノ: : :: : :;ジ/ : ::::::i、:.
'': ;:;:;:;,',i: : : : i ;: : : i'、:,rシ弋 ';:'、  ' ',rlニ┴‐-<,_,, : ,ィ彡'、: : : : l .:.
:; ;:;:,.,' ;:',: : : :'、:'、:: :';'';゙´: .,._;;;;_   ゙ '´ r゙`j,'、 `‐  '彡-ヾ; : : :! .:.
;: ;:;:;:;:;,、ゝ;: : : '、: '、: ゙':゙'/)'゙r‐;、     i'';;;,;;i:}    '゙/ ゙i:、'-、l_.:.  お早いお帰りですね
;、-'''゙゙    ゙-、:':、':-、'、 -! !;;.';,',      ゙i;'=ツ、    !   ノ :\; :`
,_        `'-、、';:';'r、 ゙'、'';;!, .      . : : .   ノi'、 : : i`.'
;.,`';‐-、,_      ゚;::::l、i  .゙.゙   ゙   ,      ノ'''゙゙::::'; :'、 : ',-  同志ヴォロシーロフとのお話はもう終わったんですか?
',.,:;:;:;:;:,';.,`''‐ッ'゙`゙'‐、 ゙、;i:';゙、 ' '   '‐ ''゙     /i::::::::::::::゙; : ゙-;,i、
;:;:;:;:;:;:;:, ; ,' (     /゙'-,';、';.`'‐-、、,_     _,、:7:::::::'、;;;::::;;;;::;';,、-、:
';:;:;:; ',.,:;:, ';:;:,゙;  /,:;:;:;.,.`'、`''‐;、;';'、ニコ::-::'゙: _i;、‐''゙~,、-;;'、'、,ノ´.:.`
.`'''-、,:;:;:;:;,, ノ  /,:;:;:;:;:;:;:;.,`v'゙,.;:;:;;ッ=ノ_,、-‐'゙,.,;゙i   i,' ;;;;;,,゙'、 :.:..:.:.:
    `''‐i'゙   i ;:;:;:;:;:;:;:;:;;r:ゝy=;i,-'゙'゙,.,.,:;:;:;:;:;;/ ,、‐'゙;:;:;.,' ;;;;,'; .:.:.:.:.
      !  /,,;;;:;:;:;:;:;r!'三=;ミ'ゥ:;:;:;:;:;:;:;:;:;;ヅr゙' ;: :', ', ',';., ;;;i :.:.:.:.
      ! ./.,:;:;:;:;`;';';';l;i毎ソi!'ノ゙‐;';'‐;:;:;;ジ: l,.,:;:;.,' ;:;:;:;:;:;:;;,';l .:.:.:.:
        !/.,:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;!'ミゥッジ;:;:;:;:;:;:;:ゾ: ' ,r';:;:;:;:;:;:;. ';:;:;:;;;;;;i :.:.:.:.:





931 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:48:03 ID:42E1R2Ac






             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \
        |      (__人__)     |      デニーキン軍が迫ってきたから
        \     ` ⌒´    ,/
 r、     r、/          ヘ       話を切り上げたんだお
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |     クリム達は今前線だお
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |




   /:l'゙   ,r'゙ . : ;' : : : ; ,'   i; : : : : i i ; : ::::::i.'、
  / !   /. : : : i : : : ; ;i   、,_!l ; : : :,' l l; : : :,'::::゙;、
  '、 ゙、  ! : : : '; i ; : : ;_i!-'  ノブ''''''7'ナゥl: : ノ; ; ; ::',
   ',  ゙-;l : ; : : '; ';v‐'゙,,'_    r''フ''j=t:、ィノ/,':,': : :!
   ',   !、: ' ; ; : ;、)i゙l ,!;l'     l:r;'.;l:.} ゙' ゙: ゙_:': : :i
    i   ヾ、 ; ' 、;゙i  !l;.i:j     ,!,゙;;',ソ    '゙_,゙、 : :i--
  ,rー'、.  ノヾ>'‐;i゙', ゙‐'' ノ           '゙ ,!: : !
.,/   `‐、 ,/゙  |'、i '    __        ,、、-;' : : :',     デニーキン軍・・・!
゙      ゙>   /;,r゙':、    `~      /゙;:;: : ゙、: : : ゙
      ,r(,_,,ノ/: : : i゙'‐、_      ,、- ,'::;:i:;: : :`:、':,、
    / `''''ブ:/: ;、、 ':::::::i.,`'‐ッ:-:'':゙:  !::::;';:'、: : : :`:'
    ,r'_,ッッ'゙-‐-ッ'゙,;;,,`'-、'::i:::.._,i     i,、,'、::'、::. : : :
、 /゙´‐'゙´   /,,;;;;;;;;;;;;,,,~''rチv}_,,、-、 ,-'゙_,,>=-‐'''''‐
i゙'‐(      /,;;;;;;;;;;;;;;;;r'゙'=!'-{,)=ニ!ノ:、‐'゙,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;





933 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:48:43 ID:42E1R2Ac






       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \    心配する必要ないお
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \   クリムとブジョンヌイは勇敢な男だから
  |  l^l^lnー'´       |   すぐに蹴散らしてくれるお
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /






       ____
     /_ノ  ヽ、_\
    /( ─)/)(─)\
  /::::::⌒///)⌒::::: \
  |   /,.=゙''"/      |  あの二人こそまさに勇猛なボリシェビキ戦士だお・・・
  \. i f ,.r='"-‐'つ   /
  / i    _,.-‐'~    \
    i   ,二ニ⊃





934 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:49:12 ID:42E1R2Ac






               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !     やる夫も負けずに頑張るお!
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /




    |/    _, -‐  ̄   ̄` ‐- 、
    |  ,. ' ´     ___      `ヽ、
    l/    ,. '´ ̄ /l l lヽ   ̄`ヽ、   \
  /     / /     f┴┴ヽ     \   ヽ
.., '     /   f     {    l   ',    ヽ  j
/     /    ',  、 l     }   j    l /
!     ,' l l    ヽ,-弋´    ーメ、ノ   i  l'´
',     l ヽ\./ィ''てテ`ー'  イミ、、ヽ / //
 \.  ', `,.=<  { !リl      {Yj}` /ィ/'"
   `ー-lゞf ‐、`  -‐-'   ヽ ヒタ. fノ´       わ、私もお役に立てるように頑張ります!
     ', l  t  :::::::: /`ーr :::::: }|
     j `ー-‐、   i   ,'   / ',        ボリシェビキの一戦士として!
 、_____ノ ,. ‐ 、,-l\  ヽ__,ノ _r‐'⌒l_ \  _,ノj
 \___, /  { ∧ ` ー-‐/´    lヽヽ、 ̄ ノ
 ヽ ̄´ {  /\ { ',   〈        } ! ー<-イ
   ``ーl l  \!    /\    /  }   ノ
     ,l、l、  r三nコュ    |     !  t--‐'´
     ト f  ̄ゝ、Oノノ     l     !   >
     | ヽt  / トYィ′\   |   | / ノ





935 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:49:47 ID:42E1R2Ac






列車本部では、やる夫とナージャが常に一緒に仕事をしていた
チェーカーへの絶え間ない銃殺指令もこの列車本部から矢継ぎ早に出されていたのである



 ,.r'"´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨¨ ̄¨´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨¨ ̄¨´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::........ . . .  .        .  . . . .....::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||  ||:|
l________________________________________||_||:|
  |  ||  //  ||   ||  //  ||   ||  //  ||   |┌――――┐|   ||  //  ||    || ̄||:|
  |  ||___||   ||___||   ||___||   |r|        |r|   ||___||    ||_||:|
  |  || ̄ ̄ ̄||   || ̄ ̄ ̄||   || ̄ ̄ ̄||   |r|        |r|   || ̄ ̄ ̄||    || ̄||:|
  |  ||___||   ||___||   ||___||   |r|        |r|   ||___||    ||_||:|
  |   ̄ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄ ̄   |r|[!        .|r|    ̄ ̄ ̄ ̄    || ̄||:|
  |           .  . . . ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |r|        |r|   .  . . . ..:::::::::::: ||_||:|
|| ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄||        || ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄|| ̄|| ̄||
||_||__||__||__||__||__||__||__||__||ニニニニニ||__||__||__||_||::::l||_||
 ̄ ̄ :{三米三};;;;{三米三};:;:;:;;;:;:;;;;;;;;{三米三};;;{三米三};; ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;;;;{三米三};;;{三米三}  ̄ ̄ ̄
     ヾノ爪シ¨¨ヾノ爪シ´¨¨ ¨¨ ¨¨ヾノ爪シ¨¨ヾノ爪シ´¨¨ ¨¨ ¨¨¨ ¨¨`ヾノ爪シ¨¨ヾノ爪シ´




                           γ⌒))⌒) ))
           ヾ  __(((⌒ヽ     / ⊃__ ゞ              【革命的仕事中】
             /⌒  ⌒⊂_ ヽ彡 / / ⌒  ⌒\
   (⌒ミ(⌒ヽ∩/( ⌒)  (⌒) |(⌒γ⌒)( ⌒)  (⌒) \ ∩⌒)彡⌒)
       ヽ  ノ| :::⌒(__人__)⌒ ::|  彡_ノ :::⌒(__人__)⌒ 〃/ ノ
        \ \    )┬-|   / ミ  ミ    |r┬(    / / ))             ,-、
    (((⌒ (((⌒ )、 ヽ_ `ー‐' ,/ / ≡ 彡 _`ー‐'  /( ⌒)ミ⌒)      , 、       {   ヽ
        \ \ /                        / /         /  }     ,rー  ゙、
                                              i′ つ _,. -- ´、¨゙\ \
                                              / / /‐''i_´゙゙゙ヽ\ ヽ ヽ
                                             i' ,' / /,.l{´ }l''' )ハ'i  } }
                                             l { {  (. ヾ ' =z, 'ノハ / ,'
                                             ヽ ヽ.ヽ、,〃_,,..ノ、   ‐i^ヽ< _,i
                                              \ ヽr'}  li′ .} .r-' ヽ 〉ノノ
                                                `/ ,ヽ、 ヽ  i .イ ヽ.  /´,イ
                                              iー'{_/   /く¨7./〈ヽ ∨、_ノ
                                               `ヽ='\ { ハ'⌒)r‐ V }. i
                                                  `ーく_∧!, }`,´ l' ’1V! }


この過程でやる夫とナージャは、ボリシェビキの戦友として・・・あるいは共犯者として、
次第に堅い絆で結びつけられようとしていた





936 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:50:27 ID:42E1R2Ac






   ―――そんなある日の出来事



         __
         [|,,,★,,|]
        (´・ω・`)   同志政治委員殿!
         (つ□と)   お客様です
         `u―u´



      _____
    / ―   \
  /ノ  ( ●)   \
. | ( ●)   ⌒)   |     お?
. |   (__ノ ̄    /     誰だお?
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ





937 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:50:59 ID:42E1R2Ac






                          {  ノ \ \{{: /ニ=-  ヽ、      }`{  {
.                             Y /アヽ\_ノ :/ニニ/    }:   ,  ⌒ヽ、
                            ri//⌒ヽ __ノニニ/     ノ  /    ,.:⌒
.                        ,ィ从{ff/⌒ <三三/    /   {ixー=:<         ・・・あんたがここの責任者か?
                      ‐=f′ / 〈    /  ヽ{{i  ,ィ尨。o   __`ヽ \
                    f´ 〃  ,:   {`㍉{、   .ハ{i尨',ィ≦ O  \ `ヽ ノ
                   ,ィ{   i{ ,  f     》ム斧ミxィ三三ニ   _人_   〉 _ノ
                   /ハ  {{ {  { ,ォ=ミ{ }/:::: /=ニ三三ニ  ヽf  _,イア´
                   i/ハ Ⅵi才"   Ⅵ::::::;イ=ニ三三ニ _ノ{_   /V     ,ィニ三
                   ////≧ィ'      }ム:::{=ニ三三ニ=:`Y   /{/     ノ三二ニ     デデドン!
                   //////{、   __ノミji人:{ ニ三ニ=-   ̄`ヾf`ヽ.    ,ィ三二ニ
                   //////ム__  ̄ _.ノ   》'"´      /7 :}  ノ {/三二
                   //////ハ    ̄  ,ィ示{     \   //  ノ⌒  ノ三二ニ
                   ///////ハ     ,ィ劣/人 `㍉、 ヽ  /  ‐=彡三二
                   ////////ハ.   ff//////ミ ー=ミ_ ,イ  ,.イヽ辷三彡'´
                   /////////ハ,  {{///////ヾミ=-' ー==彡'
                   ////////彡'  マ////////////////≧=x   r=ニ三三


       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\     (こわっ!)
  /    (__人__)   \
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /





938 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:51:24 ID:42E1R2Ac






       ____
     /_ノ  ヽ、\
   /( ●)  (●).\       ど、どちら様ですお?
  /   (__人__)  u. \
  |ni 7   ` ⌒´    . |n
l^l | | l ,/)      U  l^l.| | /)
', U ! レ' /      . . | U レ'//)
{    〈         ノ    /
..i,    ."⊃    rニ     /
 ."'""⌒´       `''""''''





.    >‐ 斗 ¨: : / /: :{:     \<ミt
  /  //: : γ¨7,//: : :.:Y⌒\  ‘,: :`寸            ウクライナ政治委員の
 /   / /: : : : /`ー´//: : __ :.{.    \ ‘,: : __\           オルジョニキーゼだ
./   | |: : : ノ   〈〈 -‐ `: ゝ._tァ__ゞ='-' };} .)          カフカース方面への赴任の途中に寄ったんでな
    | |: :Y´ ̄Y、 } }__   , ィ ,,   >'¨¨≧ェ__        ここの責任者に挨拶でもしておこうと思ったのだ
.    Ⅵ {   } }γ´   \/ |' .{.    ,γ´   , \
\    Ⅵ ゞニ彡'::{   ij    ̄¨¨^ ─Y_.」_ヽ / ィ }           /ヽ
、__}   ‘,',l    !:::!                ¨ ‐- 、′      /   }
」-'¨\  \\__/  \_〟-‐       `ー‐- _   ノ    / ̄〉'_>´ ̄У ̄\
    \  \\         _         / ̄_ ェェ/_/       {_   〉
.       \  \\  \ \ゝ_ 三二≡=-─ ´仁}三三三三三三三≧ェ.    ̄¨ヽ





939 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:51:56 ID:42E1R2Ac






       ____
     /      \
   / ─    ─ \    そ、そうなのかお
  / -=・=-   -=・=- \  ツァリーツィンの責任者であるやる夫・スターリンだお
  |      (__人__)  U  |  まぁのんびりしていってくれお
  \     ` ⌒´     /




   乂___乂   ヽ' / },γヽ
   -======、    Y  / | 、__}==、
=': : : :γ⌒゙\\   ヽ/ /|ニ=、‘,‘,
: : : : :.人    \\  ∨/}: : :ヽ|} ‘,
: : : : : :.f \    \\. ¨/:.:./¨ヽ. ‘,
=、   |  \    \ゝ-'/、  /-─‐
  ヽ   .    \.   }.r'  { }/
ヽ ‘, 乂__rtァ__≧、_ノノ_≦彡'乂
 ‘,  ,   γ´¨ ̄ ̄¨  、⌒ヽヽ`ー─      むっ
  ヽ/ | ,  :::..  , -‐……- 、}`ー─
.   {:. / |   :::....   _  -‐…‐ 、:: ::     では手元の兵力が整うまで
   `ー{::..__」  、  , r'¨       .::|:. \
::.       `ー= _/ {  、     |  , /     少々邪魔をさせてもらおうか
            L_人  ヽ    / / /
 ̄`             `  ----- ´ }、     ところでその喋り方、さてはお前グルジア出身だな?
   、   、   ヽ   __    =--‐''/|
\  \   \   _二>-,=─ ´///////
三==─── ¨ ̄ /  /////////////





941 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:52:33 ID:42E1R2Ac






       ____
     /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\     お!そうだお!
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |   やる夫はグルジアのゴリで生まれたんだお!
  \      `ー'´     /



 ヽ \__l   ___//  //l l)/  , ─ 、   \
‐‐' //////>、_l / {  /  l `´. /      \ ○ \
 ///////////,=-‐,─ l (⌒ヽ ヽ_/     _.  \
/////////////( ∨  l) l\ \  .-‐  ̄  /    >       俺もグルジア出身だ!
|////////////l二} {二Y  ヾ `o、 (   キ>-‐'   _/. /
|//////////./     {    >' ̄ ̄ヽ≦二     `、/       こんなところで同胞と出会えるとはな!
∨/////////      l  /── 、     `      :.ヽ
. ∨///////  ___ l>'         ∧)ヽ/`   l
  \/////| ///////>── 、     _/ l  )    ∧
,'   `<//| |//////l 、     `‐、_ハ/ ` ‐' ̄    / ヽ





942 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:53:30 ID:42E1R2Ac






政治委員、セルゴ・オルジョニキーゼはやる夫と同じくグルジアで生まれた貴族の子供だった
10歳の時に両親を失い孤児となり、ほとんど教育というものを受けたことのない男である

ご多分に漏れず野蛮で暴力的で、すぐ感情的になり、討論中に相手の顔をぶん殴るのは当たり前
だいたいの時は張り裂けんばかりの大声で叫びながら命令を飛ばしていた





                           .-‐…… .、
                            /。o゚oO ハ。о\
           , ‐…==-==、<¨ Y¨ヽ-,'/。o゚ _. `ハ  _. \______
           / , ─ 、  ヽ^ ^\ヽ八 l//o /(  ヽ. l_l / ヽ ヽヾ/////////| ̄
        | /   /   |^ ^^ (二) l l /  人  ',ニ/   ) l(二)///////|
   ___/Y    / /  |^^ ^^ l   | | >  l`´\ Y ヽ∠l l、 ∨//////|
 /      ̄\ ./ ̄   .}.、 ^^^!   | |Y ニヽ__゚__ヽl≦キ¨ ̄ヽ) ∨////./
/彡三       ヽ`ミ三  / \_/    l l.l  /l/i  三三  ハ) |   |////
|     ヽ/    入___     `─ 、 ヽヽ _`´!/( ヽ l / /.¨/.l.  !- ´
|彡     |彡_/            ヽ-、\ヽ `i!ヽvwwv-}  |-i/.  |     /
|  / ̄ヽ/─、               i \`-`、 ヽヽ_l._)/. / /\ |     / \
ヽ」    !   l                   \_ \ l ∧nnn∧ l/.///ヽヽ__/  ゚。 \
  ヽ   /、  /  /        /  , -  \ ¨/`7──f ̄|///////| | ゚o
  /\/ l_/‐‐==  (     ,l_/       !/ ////∨  !///////! !。 ゚
../ ==ミ 、/ ` .___, -ヽ ___/  Y⌒ヽ   /─ 、\/./ヽ二ミ///  l   ゚o。
..!     l ′、_, 、_, 、_,`-'、_,-'`-'、 /   l__////∧ ///////l ̄   l゚。oO
. l / ̄`<>、  、_,  、_, `-'、_`-' /  .<////////|////////.∧.   /о゚。oO
 ヾ    |  { 、 、_, `-' _、_,/_二¨///////////////////////|  .へo゚oO゜゚
   `─‐´    ̄`…‐ t…'   \////////////////////////// /.  \oΟ

                  政治委員 セルゴ・オルジョニキーゼ





後にカフカース・グループの一員としてやる夫のもっとも重要な盟友の一人となる彼は
この頃、ツァリーツィンにおいてやる夫と面識を持ったと言われる




944 :名無しのやる夫だお:2011/10/25(火) 21:55:16 ID:RGYJ1rMs



ご多分に漏れずwwwww


943 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:54:32 ID:42E1R2Ac






【補足】


     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ         ★  ゙ミ      ツァリーツィンでの日々は
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミ      やる夫の人生に四つの大きな影響を与えました
    /  ./ /      l ト、\
   \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',     一つはヴォロシーロフやブジョンヌイやオルジョニキーゼと言った盟友と出会えたこと
     l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
     l | l | ┬::cr / / ┬c」 |    二つ目は、初めて手に入れた権力への目覚めでした
      l | l !  l:::::::j  '   l::::j.! /
      l | l l⊂⊃‐       ‐⊂/     田舎者のグルジア人だったやる夫は、ここツァリーツィンで
      ! | |ヽ|        -   リ
      ! | lゝ、          /|      一時的にですが、大元帥としての栄光を垣間見てしまったのです
      ! | |::::::::::ー┐ r‐:::イ:l. |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !





945 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:55:28 ID:42E1R2Ac





       ____
     /⌒三 ⌒\
   /( ○)三(○)\     これが・・・これが権力の力かお!
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |    素晴らしいお!これさえあれば・・・!
  \      `ー'´     /




    つ:::::::::::::::::rー-'三三_ -―――‐-- 、)::::::::\  _
   (:::::::::::::::::::::::) 三= '´/       、  (_:::::::::::::丶<::::::`ー、
    `ー,:::::::: __ノ /  / /    \  \ ム::::::::::: |企;:::::::::::}___
     (_:::::: ヽ/   / /      ヽ  、ヽ(__:::::::::::|三|:::::::::::⌒Yヽ
     r’:::: /      {    |!  | |!  |!ハノ :::::::::|三|:::::::::::::::乂{
     `ァ: :′ /  / !     |!  |! |!  |! |`ー, : :::|三|:::::::::::::::} '.
      ヽ.′ /  /  |!      |!  |! |!  }! | Y:::::::::|三|:::::::::::::/  {
.      | | |!  |!   |!     i}  } |!  /_!_| ゝァ : :|三|::::::::_;ノ|   '.    ・・・暴力と権力の魅力に憑りつかれて
.       | | |!|  |!、 {! |!   // /}//孑' /イ (_ : :r'--{:::::::) |   |
.       { | | { 卞ト、ハ!_  //ノノィ≦ケテ| (:::::〈ん)、) 〉´ |   |    しまったということね
       ヽト、 {ヘ、从ィ升=ミノ´   /弋じ:::}| 〉 : ゝニン   |  |
         ヽ乂ヘ!ゞ、rゝ':{`      宀'´ |  ∨//    |
          }  |ヘ ^¨´  、          |   {ノ´     |    |
          川 | 丶     r‐、       ノ  } !        |    |
          //}  ! _≧-..、 `´ ,∠⌒<}/ 八ヘ      |    |
           // j /':.:.:.:.  .:.:.:/>=(:.:.:.:.:.:.  / />ヽヽ     |    |
         ノ ,' / /:.:.:.:.:.:....:.:__}イ夊)=-:.:.: / /:./::::::ヘ∧    |   |


     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ     やる夫がツァリーツィンで学んだものは
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \   死ほど便利なものは無い、ということでした
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !    内戦中の多くの政治委員がそうであったように
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l     彼もまた、死と暴力の虜となり
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|
       l \     _    ,/ |     情け知らずの残忍な性格に目覚めてしまったのです
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!





947 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:56:26 ID:42E1R2Ac






     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ         ★  ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミ
    /  ./ /      l ト、\       三つ目は、
   \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',
     l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !      トロツキーとの関係悪化が決定的となったことです
     l | l | ┬::cr / / ┬c」 |
      l | l !  l:::::::j  '   l::::j.! /      もはややる夫とトロツキーの対立は
      l | l l⊂⊃‐       ‐⊂/
      ! | |ヽ|        -   リ       修復不可能なものになりつつありました
      ! | lゝ、          /|
      ! | |::::::::::ー┐ r‐:::イ:l. |        これは後の政治的闘争につながります
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !




     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l       そして四つ目は・・・
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|
       l \     _    ,/ |
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!




【補足終わり】





948 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:57:14 ID:42E1R2Ac






   ―――夜



          ,ィ   ・   。      *
  ☆ ゚    /´i  ∧∧
         i゙ ゚ゝ(*゚ー゚)
         !  ー、( っ★o  ・  。
 ゚  ゚ .    ヽ,,  `ー(^)-ァ^)
           `''--―'´ ̄
       ゚         ・。
          ☆         ゚   ☆彡 。


 ,.r'"´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨¨ ̄¨´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨¨ ̄¨´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::........ . . .  .        .  . . . .....::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||  ||:|
l________________________________________||_||:|
  |  ||  //  ||   ||  //  ||   ||  //  ||   |┌――――┐|   ||  //  ||    || ̄||:|
  |  ||___||   ||___||   ||___||   |r|        |r|   ||___||    ||_||:|
  |  || ̄ ̄ ̄||   || ̄ ̄ ̄||   || ̄ ̄ ̄||   |r|        |r|   || ̄ ̄ ̄||    || ̄||:|
  |  ||___||   ||___||   ||___||   |r|        |r|   ||___||    ||_||:|
  |   ̄ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄ ̄   |r|[!        .|r|    ̄ ̄ ̄ ̄    || ̄||:|







             _____     _
     /`ヽ   /..:..:..:..:..:..:..:..:.\  /:..:.ヽ /´ ̄:ヽ
    /::..:.:..:..ヽ  l:.:.:::/ ̄ ̄ ̄\..:..:..::..:..:..:./:..:..:..:..:..:..:.i
   く:..:..::l:..:..:....:. / / \ , ,, / \ヽ.:..:../:..:..:..:..:..:..:..:..:..l    ナージャ、
   \:.:l:..:..:..:..:..:/   (●)  (●) \.:/:..:..:..:..:..:..:..:..:..::.::.:ヽ、
     ヽl:..:..:..:.:.:.|      (__人__)    |、:..:..:.i:..:..:..:._: - ¨ ̄   やる夫はもっともっと強いボリシェビキになって
      l:..:i,,:..:...:.\     `⌒´    /::.::V:..:..:../
       V..''.:..;..:.ノ_三ニ‐'゛ー ′ -‐ヾ:..}}:.ァ',ィ           労働者の敵から革命を守るお・・・守って見せるお!
       \::.!(      , '    )ノ-:':/
          `ヾ:.`;ー‐‐‐'゛ '---ー;'"ィ_ー'
            |         |:_:>





949 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:57:39 ID:42E1R2Ac






       ____
     /_ノ  ヽ、_\
    /( ─)/)(─)\      それから・・・
  /::::::⌒///)⌒::::: \
  |   /,.=゙''"/      |    ナージャのことも
  \. i f ,.r='"-‐'つ   /
  / i    _,.-‐'~    \     ずっとずっと守っていきたいと思ってるお・・・
    i   ,二ニ⊃




         _,,,,,-----,,,_
       _,-''~       ~ヽ,
     /     _,,,---,_ノ--,ヽ,
     /   ヽ,,,,-' ,ノ~~~~''--'~ヽ)ヽ,
    i   /~''--'  lVヽ,  ヽ ヽノ
    l   y'>i   ,i _,,-l   lヽ  l, l |
    ヽ/フ ヽ  ヾ ___ノ  'i__j ノノ ノ.'
      〉-l  ヾミ /,-,    ,、ヽ,,/
     l_i_i  ,-、.  {;;;}   .l;j lノ
      /ヽ l_'  ::::::::   ' ::::/i       え・・・
      l    ~ヽ,_    o / l
     /ヽ _,,/ l~'''-イ_  〈
     l, ,---'-,__ノ   ~-'--‐''r~'i
    / l  ヽl ll-、 ,---_/ i/ < ~ヽ
   (' i->  l i~'====='イ l  l  ヽ
 ,__ン'-' /ヽ i==~==i   _,, l-,l   ヽ
 ヽフノノ/_,,,'-|    |  //  l (     ヽ
    ,‐‐,).i ll    l .l lヲ ヽ、    .l





950 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:58:25 ID:42E1R2Ac






     ____
    / ⌒  ⌒  \
  ./( ―) ( ●)  \        ・・・やる夫を、
  /::⌒(_人_)⌒:::::  | チラッ   ナージャだけに使える「騎士」に
  |    ー       .|        させていただけませんかお・・・?
  \          /





      , ーーーー--- 、,,_
     /,,,,、、、、、、、、,,,,_   ~`'' -,
     /         ~`'ー--、,_l-ー、
,;====='=======,=,===;;;;;、、、、,,_l  l
 ~`'/  /  /` `l ,  '、 ~~~~`''、~=';;、、,
  {  l l _, -l、   l -'-,l  .l  / .l二_~~
  `、  '、  'i   /  /ヽノ,./  l  /     あ、あのっ
  /'''l''l ,;=;;、   ,;;==、  ',-`i .l/;;-,
  >、,_ 'i' '  / / ' /  ` ,、ノ  .l  .} }    それって、つまり―――
 ./-'`i7ヽ、(_`-------_~,),.ノ .l`ー-、'i,/   ,
../ `、 -`'、-''~,~,ニ、~'7~, -'' `ヽi   ヽ、,,,,,/./
.`''ー-、、-_'、/ .l , -'、./    , \     _/,
      .<`、 l{ `'}.i}'    ./  ヽ  `~_/
       `''/`、'//,--,  _,l,   `、,,ニソ
        し ' `、'ヽ: '--' /    \





951 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:58:47 ID:42E1R2Ac






                   , - 、 __,- 、
              , ー 、 /、 丁  ,.ノ_
            , ー、f   `l l  |_,ィ'´  ノ
           |ヽ `〈l   ド、 l  _/_
       , -、  / ` 、 ゝ   ! `´rゥ- '´ j   ギュッ・・・
     __/ `ュ >_/    1_,/`‐'  ''"   _.../
        |            r' ´
          l      _, -‐ '´厶_
         ト-‐ゥ-‐' \   ィ´  `t┼
         `ゝ_| !   」   ヽ   / 1
         ___」   |∧    / 勺
        "      !ヽヘ  _/ ゙;`





952 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:59:04 ID:42E1R2Ac






           ____
         /      \
        / \    / \
      /  fてハ`  ィて刀 ::\   キリッ
      |      (__人__) :::::::::::|
      \      `^´  :::::::/    (イケメン化)
      /     ー‐    \




/    .:::::::;.'                        ヽ.\
    .:::::::/         l    , ト./ヘ  ヽ      ', ヽ、
   ..:::::_;;'         l    l l`"´ ',   i 、     i一''’
..::::::::/:::l        l |    | |   l l  | l  、 |.  !
ー'/::::::::::!        l l    l |   | l __l_j  }l  ,'
. /::::   /|  ',    __,l.-l=≡≡=ノ  ='"´!/` 〃 /
'    / l   \    . -┬ニj ̄`   ,zセk_,`/″ '
    ,.'   ! ヽヽー_, '´ _,.ゞr=f¬`    'l{:J ` ,.'_/
  イ      、 ミ三.  '彳{:し|        t,ソ_ {,ハ     ・・・・・・
//     /ヽi⌒ヽ.   ヽこノ_      ´   !  .ヽ、
/     /  t `ヽ   //////   ヽ /// ノ  ヽ. \
     〃  ::`ー-‐:、  u     _,,.-   , ' l    丶ヽ
  ,. -'´    :::::i:(__)_,rト .  U     /:::: l、      } }
//       ::::::l::::O'、 い-、` -  .__/ニヽ:. l`ー-.、  〃
. /      .::::::::|::::::::::`'t  `ー--'⌒ヽ' ,┬'´:::...ヽ、  } {i
/      ..:::::::::,イ::::::/_,r‐T_ー- ..L_r-に´:::ヽヽ:::::::::. { { い
    ..:::::::::__/___:く     '^ー/ィト{‐`.ヽ、.> '' ´ ̄`丶ヽ`ヽ、
   .:::::;. '´__:::::_;. -''^ー- 、_/ / !.l ヽヽ\`ヽー-/   ', ヽ. ',




954 :名無しのやる夫だお:2011/10/25(火) 21:59:33 ID:j36SlyAc



あんま変わってない件


962 :名無しのやる夫だお:2011/10/25(火) 22:04:02 ID:j36SlyAc



いやまぁ一応やる夫さんイケメ……ああでもあばたが酷かったんだっけ……


953 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 21:59:32 ID:42E1R2Ac











                          {      .|
                      `ヽ    |
                         ヽ   |
                            }  .|
                           |  |
      //////////  |          ,'.  |////  〈    ////////
       /////////∧       /   |                  J
                   ゝ─--/   ...!
                     (      `、      ,== 、
                       )         \
           U             /         \
                          /           `' .
                          l             `' 、___
                          l                 |
                          l
    , " ̄ ̄`゙ ''''ー- ....,,,, _____,:′
   l
   |










                          {
                      `ヽ
                         ヽ
                            }
                           |
      //////////  |          ,'   ///////////
       /////////∧       /    //////////U
                   ゝ--─イ
      U                /         U
                         f__)二=‐
                         i ,,..o
                   し   )
           U             /
                          /       o       _,-‐''"
                          l., _ _ ____... --''''´ ̄
                          l     }: : : : :
    , " ̄ ̄`゙ ''''ー- ....,,,, _____,:′     |: : :
   l
   |





955 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 22:00:08 ID:42E1R2Ac





      ,,-''~   /-‐''/   /‐"~ヽ,,メ=ニ二 ̄   、    Y  ,,              |
    ,,-'~     メ‐''"~| ,,l,,-‐'''"~--──-、,,_゙"''ヽ-、,,_゙''‐-、| /               |
   ./      {,,-,r-''"  ,-‐''~'''''─-,-、,,_゙ヽ、゙'''ヽ-、゙''ヽ、∨                 }
  ., '       ,,,/   ‐''''~~ ̄≧-、,,, / /ヽ-、-゙''ヽ-、゙"''メ,                 i
 /       /''"      ,,-‐'"~ ,,,-‐''---、,/_ ゙/ヽ-、 ̄"'ヽi                |
. i       /         ,,,,/~   ....::::::.:.. \、/ ゙/ヽ、 ヽ.               |
.{    ,,-'''i'"        エ二,,,,,,,,,,,,,,;;;;、,,;).:.:.::   ゙ヾ、 / ゙メ、ヽ.              |
"i,  ,,-イ‐/ヽ          ___,,,,,-‐':.:.:.:.:.:     \、 ノ /ヽ,               ノ
 ∨~ |''"/''ヽ       ,-'゙i                 ヾ / l              ゙i,
‐'"   |// ゙メ、   ,/// ゙、                ∧ソ./}               }
    \" / /゙''メ、メノ/  \              , ' ヽリ{               |
      \/  //゙ノレ'    ゙ヽ、          ,,/   ヽY|                |
       ヽ-"/ /        ゙''‐- .......,,,,,, -''"      lレ|               |
           ̄/                         /l               ヽ
          /                         /  ゙"''フ-、,,           ヽ





956 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 22:00:35 ID:42E1R2Ac






                                        \三三三三三三三
                                         \三三三三三三
                            __        /三三三三三三
                         > テ::::'' 、     γ三三三三三三三三
                       γ´         ヽ   .′三三三三三三三三
                    -── = ´             Y  !三三三三三三三三三
        γ´     /:::::ソ                    l  |三三三三三三三三三
        .′     V                丶 、    人 .ハ三三三三三三三三三
       .',      {             /       ̄ ヽ  _ハ三三三三ニ/三三三三
       ∧    ',             , '          V '三三三三ニイ三三三三三
          ’,   丶         /          /三三三三三:リ三三三三三三
           ヽ     ≧ ─ <          ヾ ハ三三三三三 八三三三三三三
          丶       ',              ハ三三三三三/ 、 ヾ三三三三三
           ヽ       v            ∧三三三三; '   ≧=V三三三三三
                ヽ     ’ > .、         /三三三三/      }三三三三三
              ハ       ヽ   ’,   !    ノ三三三ニ; '        ',  |三三三三三
                l        V  ヽ j  /三三三三j        | 〉三三三三三
              ',        V  γ, '三三三三三/          :l ∧三三三三三
               ∧      ',   l /三三三三三/        ミ  ヽ. ハ三三三三三
                  ’,     ;: |/三三三三三/ ` 、     }:!  } !ノ三三三三三
                    ヽ      l /三三三三 /     丶  丿ラ ´ 三三三三三三
                     ハ     /三三三三/           ヽ:.:./三三三三三三三三





957 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 22:01:21 ID:42E1R2Ac






【補足】


     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ         ★  ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミ
    /  ./ /      l ト、\
   \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',
     l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !   ま、こーゆーことですな
     l | l | ┬::cr / / ┬c」 |
      l | l !  l:::::::j  '   l::::j.! /
      l | l l⊂⊃‐       ‐⊂/
      ! | |ヽ|        -   リ
      ! | lゝ、          /|
      ! | |::::::::::ー┐ r‐:::イ:l. |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !


                                     └-i:::::::::::::::::::::::: ,.  '"´     ``ヽ:::::::.: : ヽ、
                                     __...ノ: : : : : : :,.ィ´   /     ',   ヽ `丶、: : : :ト.、  ,.ィ"ヽ
.                                     |: : : : : : : :/  ./  /      ',   ',  「: : : : :|:.:.:ヽ: : : : : 〉ニニ、二
                                      ヽ.ィ: : : :/    /   ,'       l   ', `丶ト、:|:.:.:.:.:.|: : : : :ート、、ヽ
                                     r‐:':::::::/     ,'  ,'          !   .l i'"´: : |:.:.:.:.:.:!: : : : :_:ハ ',ヽ
.                                      ',_:、:::/     l   l        |l     ! ',: : : :.|:.:.:.:.:.:|: : : : L_l::', ',r
                                       ノ:,'     ,'l   |     l  | l !  ! |  `丶; |:.:.:.:.:.::!: : : : : :ハ::ヽ
                                        /:| |   ,' | ! .!l|    ,'| l l | l ,' ,|. |!´: :.!:.:.:.:.:.,': : : :r ' `¬
                                     /:::,! |   ..L.',_ト. |',ト   / !./l/├ /¬ ¬、).:: /:.:.:.:./: ::::::::|    |:
                  おしべがめしべで        /:::,! |   ..L.',_ト. |',ト   / !./l/├ /¬ ¬、).:: /:.:.:.:./: ::::::::|    |:
                                      /:::::ハ.ト 、 ! ..l_ヽヽ\、./ l/"´ l/_∠ |  {: : :/:.:.:.:./::::::;:::ノ|    !:
                  あばばばばばばばば      ヽ|l ',ヽ \ !,/⌒`ヽ  '′  ,/''⌒ヾ |  ,ハr'^,-ヘ'::::::::::}::!|   .!:
.                                        |   ト、ト.{{    }}       {{    }} .| | .|/j〈ィ'>》_ノ"!::l !   |:
.                                        |   l l | ` == '//// ` == '' l | |:ヾ ニフ   !::l |   |:
                                      |   .ノ l.i                 | | |/     .ヽ:| .|l    !
                                      |  / 从      i´  ̄`i      l l !          |.!   |
                                        |  /  | |_ヽ    ヽ.__ ノ      イl ! !         |.!   |
                                        | ./  /| |_  > .      .<   l l .! !         |.!   |
                                      l|/ ,.イ .l l:.:.:.:.:.:.::.:.:.:` ̄ ̄´:.:.:.:.:..:./ /::.| |         | !   !
                                       !|_.ノ'r":.l l:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハィュヘ:.:.:.:.:.:.:.:./ /:.:.:.! !ヽ、        | l   |





958 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 22:02:06 ID:42E1R2Ac






     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/  スミレ色の絹布が内張りされた客車の中で、
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !   やる夫とナージャは愛し合うようになります
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l    やる夫35歳、ナージャ17歳の時でした
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|
       l \     _    ,/ |
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!



     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ         ★  ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミ
    /  ./ /      l ト、\     ツァリーツィンでの暮らしは
   \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',    危険と栄光、暴力と使命感、
     l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !    バイオレンスとロマンスが入り交じる日々でした
     l | l | ┬::cr / / ┬c」 |
      l | l !  l:::::::j  '   l::::j.! /    17歳の思春期だったナージャにとって
      l | l l⊂⊃‐       ‐⊂/    興奮漲る冒険だったに違いません
      ! | |ヽ|        -   リ
      ! | lゝ、          /|      それはやる夫にとっても同じでした
      ! | |::::::::::ー┐ r‐:::イ:l. |      人生の多感な年ごろを革命と混乱の内に過ごした二人にとって
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !      ツァリーツィンでの日々は甘い青春の一ページでもあったのです


【補足終わり】





959 :名無しのやる夫だお:2011/10/25(火) 22:02:47 ID:UreBjTtk



吊り橋効果ってレベルじゃねーぞ


961 :名無しのやる夫だお:2011/10/25(火) 22:03:56 ID:vvSHPKBI



やる夫にとって女はシベリアで死に別れた妻以来だったな。
やる夫本のなかには常に反動派の女にエロ鬼畜な拷問するというのはあったけど、
エロ小説みたいな内容だったのでたぶん嘘だと思う。



967 :名無しのやる夫だお:2011/10/25(火) 22:06:22 ID:sHpqJLig



>>961
やる夫はとにかく仕事に忙しかったんでそんなご乱行する暇なかったらしいな
まあ仕事=コロシなんだが



960 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 22:03:14 ID:42E1R2Ac






が、ロマンス儚く1919年初頭、やる夫はレーニンによってモスクワに召喚される


       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\
  /    (__人__)   \
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /




       ナ ゝ   ナ ゝ /    十_"    ー;=‐         |! |!
        cト    cト /^、_ノ  | 、.__ つ  (.__    ̄ ̄ ̄ ̄   ・ ・

ミ:::;! ‐- 、 u        ヾ彡/WレrヘヾN` rゞ-'/ノ/|小ヽヽ|=ヾ
ミ::/  J  `ヽ、 " .:::::. ;;  uヾ|  ,/ 、ゞヾ, |`ー-ヾ !l l |Nト! i    |  i  ヽ ,'
ミ/ j   ,  '´ ̄`ヾ :: :: ,. イ⌒!フ_く/=j| i! !Lヽ|ヽ_゚_`Tiィr。ラハ┴   トy }    V
'        ( ・)  ¨≠ィ'r。,ヽ/r' r。`'ーメ,r ‐、 i  __u _ヾーィ/ィ=ゝ、 ノ__,メ  ノ j/
  u  `ー─=彡  ヽ--ミ::| `─ ' u {、l゚ルイノ /、 `ヽノ uji、ヒリ! `´ fカヾ/ノノ
            u      ヽ "| , -- 、_ ノ u | /__` ー‐/ u /-‐‐'  丶 ヒタ 〃´ 、
 u  u  / ̄``ヽuイ /u j ├‐、__ケ  ノ ト、__`ヾ/ ,. く .:::::: / ̄| .::: /|  } }
      /--/⌒ヽ `7   ∧ |´ '゙ ∨,. '´\ー一, イ____\   {_,'   厶、__ノノ_ノi
     /へ/ ´_ゝ`)/   /  ヾ二二r'´ ``ヽ `丁//  / ハ`丶--r'"´ i┐、  ノ





963 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 22:04:15 ID:42E1R2Ac






     , -r"     ー
   //         \
  /   、 lヽ    \   ヽ
  / | | l\ l\   丶   i
  /l  l、| l  ヽヽ、      l
  |l kj,l l L、\rtゝ l |   .|
  lj、jl'弋lヽ.Y'´kぅl j| lW/ |     流石にそろそろ釘を刺しておくか・・・トロツキーもうるさいしな
    l  ,     |//ィ '| |
    ヽ '-     / l、Ml7
     \ ̄゛  /__ /ヾ
        ー '       /  ー  、
        /== ̄ ̄ ̄ ̄       ヽ
     /                  \__
    /                      ヽ
.   |                        l
   |                        \_
   /                           \
  /                              l
  ヽ                     v        /
   ヽ                           ./


召喚理由は、軍事専門家の命を無意味に浪費した責任を追及するためであった



                    ,   ,,,.:-‐,,..... -
                  , ::':ル'´:ー''´::::≦-
                   r''ニ、:::::ニ=-:、::::二ェェッ=-‐
                r'::::::ニ-、::::::::ミミヽ、::::::::::::::=ニ_
                   /:://:::::ミ、::::::::::::\ヽ、:::::::::::::<
                  ,':::,'::::iヽヽ:::ミ:::::、:::::::::\:::::::::::::ヽ
                  /::::!:::::ヽ:ヽ::::::::::`:::::::::ヽ:::ヽ::::::ヾヾ、
              /"i::::::::::::i゙_、:::::::::!\vヽ、:::::::::ヾ:::\
                 i:;::::l::',:li oヽ`ヾi. Y'o゙リ、:::::::::::iー=ヾ    いつまでも
                / lハ::::',i゙ー"   ′ ー" i:::::::::ヾ、
           rイ ̄'",ニ、!:::::i.    . .     ,':j::lヾヤ-、_     あの白饅頭の思い通りにはさせませんよ
         / |   l lサ!::iヽ   . --、  ,.イ::l!';:l    ,ヽ
         |〉 !   | l八゙! \  ̄ .ィ' /i! i '!   i i
         /< ';,.   l | ヽゞャ-、`=ン _ソ, ! i    ,' ヽ
        〉ヽ-`' i!/``iー',  ``-ニ_--‐'ニ-' ,'  / i  / i i l
       /  ' , ,,,i'´!、 l- ヽ=- -‐-;'''´       l  , ' ,' .i
        /   ゙l i  'i j/  ,..-‐' ̄         ! /   |
      /     ll、ヽt,ケンェ‐'´            ,!'    .|
.      i┴、>ニ ン`''=ーン´ヽ             /ヾ!ー,-,ン.i
     リンニ--/    , '   ヽ           /  |、-‐'´  i
    /r'  ii"     /               /  l  、   i
   く lハ l:l    イ \          /  /  < ミ、、`ー.k
    |.   l::',  /シ          , '  , 〈   ノ゙ -ー、-ヽ.i
    !、   !、::ー::k ヽ        '   , ' メ、  ノ    `ヾ,!
     `ー-、_ニィ_ 、 ニ ー   '''' ーー '  , - .メ∠、.      /





964 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 22:05:12 ID:42E1R2Ac





        .____
     ;/   ノ( \;
    ;/  _ノ 三ヽ、_ \;    と、トロツキーだお・・・!
  ;/ノ(( 。 )三( ゚ )∪\;   トロツキーが告げ口を・・・!
 ;.| ⌒  (__人__) ノ(  |.;  あ、あんの卑怯者ぉぉぉおおおおおお!!!!
 ..;\ u. . |++++|  ⌒ /;








            ∩_
            〈〈〈 ヽ
           〈⊃  }
      /ニYニヽ   .|   |
    /( ゚ )( ゚ )ヽ  !   !     離れ離れになっても
  /::::⌒`´⌒::::\|  /
  | ,-)___(-,| /      俺たちは戦友だっていう!
  、  |-┬-|  /
 / _ `ー'´ /          また戻ってこいっていう!
 (___)  /



       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \     ありがとうだおブジョンヌイ・・・
  /  /⌒)   ⌒゚o  \    やる夫は、今度はモスクワで戦うお!
  |  / /(__人__)      |   トロツキーのクソ野郎なんかに負けないお!
  \/ /   ` ⌒´     /




968 :名無しのやる夫だお:2011/10/25(火) 22:06:35 ID:RGYJ1rMs



告げ口っておまえ耳に入ったらまずいって自覚あるならやるなよw


965 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 22:05:34 ID:42E1R2Ac







                     / ̄ ̄\
                   /   _ノ  \
                   |    ( ー)(ー)
                   .|     (__人__)     やる夫がモスクワ召喚か・・・
                   /     ` ⌒´ノ
                 /  ヽ ⊂二二 ̄\    ここも寂しくなるだろ・・・
               /     \  ⊂、'    ヽ
              /        \_, `7  /
             /    へ     \ !/  /
             |      \    Υ  /
             |        \     /\
             |        / \__/.,,_r ヽ、
             /      _,,__|'"´      レi  }
            |   `'"´   `¨ー、     /ノノ





966 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 22:06:22 ID:42E1R2Ac






やる夫が去った後、ヴォロシーロフもあっさり解任された



     / ̄ ̄\
   /u_ノ  ヽ、_\
   | ((●)) ((●))|
.   |  (__人__)  |    はぁ!!??
    |ヽ |!il|!|!| / .|
.    |  |ェェェ|   }    ちょっ、どういうことだ!
.    ヽu      }
     ヽ     ノ     ずっとツァリーツィンを守ってきた俺が何で!?
     /    く
     |     \
      |    |ヽ、二⌒)、



                   /,.. .:-ニ''"__ _
               〃ン::::::::::::::三ニ=::::::.:::
               (l!i´::二ニ=-:;;;;:::..-.:::::::::::
              ,-'从ミへ:::::ヾ::::::.,ヽ::::::::::::::、
              /::'!::::::、、::::、::ヾ:::ヽヽ:::::::::::::::::
            /:::.!l/::::::ヾ::::::、:::::ヽヾ.:\:::::ヽ::
              ,'i!:::::.:i.!:lャ,:::::::..ヽ、\::::::::\:::ヽ:::     なぜって、あなたはやる夫と一緒になって
            ,' l!i:l::!!:ヾ.i-ャ.::::、::::::::._ヽ、:::::::ヽ:::::     私の部下を処刑していたでしょう
          _,ヘ!_l. !y::|::l!lrt:ッミ\:ヾ rt:ッテ、::::::::
        ,-=ニ-ミヘハ:::::::l `''''"_`_`ヽ`'''" l:::ヽ::::     やる夫の責任が追及されるなら
        ン ニ 二`ヽ;=、!ハl!y''~´   ~`ヽ  !:::::/i!、    あなたの責任も追及されるべきです
     _..ィf´ 、 `'''‐ニ'ヽ..ッ'ゥ、       l /リl::レlヽ
  _.-ニ/  `'フ´~`ヽ..X´``''''ヲ, r'''~''ッ ..〆 / ,liソ | ,.ァi
‐ニ‐'八-、_...:::::n⌒`!~ ヾ' 、.  ヾ、`'''ャ''''~´ / // ,ン´  ヽ、
´ .l / ヽ >::::!ソ/ \\ |ヽ'i   ヽヽ、_゛_,,...-zン. - '''´~``''ー-
  ヽ 、 \__ン ̄~`'''''- .., l    ゛ ー-ー'´ /,' ,:-‐''  、'‐- .,.
    >._/         ; ヤ !       ',  /、 /    ! ヽ  `く:: ヽ、
   _,.::;;;;/       |  'i::i      ', 〈', l i  ,'  ,'  ト    ヽ, ヤ
‐-‐'' ~ ア ヽ       l.、 ヾ     ,  i_jy' ,' ./   l ',    ', iノ !`
     〈 i  \      !ヽ \     l ,  / | i ./    l ',    ',|、 l
     ヽ!   ' ,   li  'i\ .liヽ  l '. / | ,' /    l  ,   | >
.       |:',   \  ',i  ', ヽ |、ヽ l.  ヽl | レ     l /',   'lメ、
      |:::',    ゝ  i ', l  ' ,', \l   |! |!|      l / i    l ヽ



ヴォロシーロフを解任させたのはトロツキーであった





969 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 22:07:21 ID:42E1R2Ac






    __
   /  . \
 /._ノ三ニヽ、\
 |  (⑪)(⑪) .|                  許さねぇぞトロツキーの野郎・・・
. |  (__人__).. |「rー__ヽヽ
  |   ` ⌒    |  .\  \┌ーz__ ┐7    必ず、必ず復讐してやる・・・!!
.  ヽ      , ィ==‐、/ / ̄ ̄乙/ /
   ヽ    ノ⌒) ∨/  / ̄ ̄/|
   /   (_ ̄__/ ̄`く._ __∠ -┘」
   |     /〃 \   '"  \    -┘
    |    ./¨\    \,_ ``ヾ}
     . 人''" \  、__ ` 、_/ ノノ
      〈 " \ __.ヽ ヾ、._,)'´
    /,ハ.  ヽ.  、__`ン{ 〃
   く / ∧ !、_  `'_,/





970 :名無しのやる夫だお:2011/10/25(火) 22:07:49 ID:b9/0da1g



亀だけど軍事エリート殺してどうやって勝つ気だよ
ほんとバカの集まりだな



972 :名無しのやる夫だお:2011/10/25(火) 22:08:30 ID:UreBjTtk



その馬鹿が勝ち残るからロシアは地獄


971 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 22:07:57 ID:42E1R2Ac







;;;;;,,,
 ""'''';;;,,,            '';;;;:;''              ,';;;:::;;'"         ,;
     '';;,,, ⌒Y⌒  カァ   "';,'          ,,;::;:;'"          ,,,;;;'
               カァ    ゙        ,,;;''"       ,,,,,;;;;;'''""
  ;;;;;;,,,,     ⌒Y⌒         l            ,,,,,;;;;'''""
    ""'''';;,,,,           ヽ    l    '    ,,,,;;;''"        ___  _
           ""'';;;;,,,,,         /   '   ''''"       _   |::::::::::::| /:::::::::...
_                \丶               _|:::::|_|::::::::::::∨:::::::..
::::::ヽ           _      ,r'"⌒ヽ / ´__,,-''"":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...
::::::::::\_   __   |:::::| `_  (     ) __l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...
:::::::::::::::::::::ヽ_|:::::::::::|_|:::::|_|:.:.:.|_ゝ -‐'''"":.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;;;::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,

             /ニYニヽ
          / (0)(0)ヽ
         / ⌒`´⌒ \    ヴォロシーロフもいなくなっちまったっていう・・・
        | ,-)    (-、.|
        | l  ヽ__ ノ l |    本格的に寂しくなってきたっていう・・・
         \u ` ⌒´   /
        /        ヽ    あいつら良い奴だったのにっていう・・・
       /           ヽ
       |           | |
       ヽ_|         |丿
         |         |





973 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 22:08:42 ID:42E1R2Ac






                  ヽ::::.:.:.:.:.:.:.l.      l:::::::::::::::::::::::.:.:.:. l
               ヽ::::.:.:.:.:.:l.       l::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.l
                l:::::.:.:.:.:.',     l::::::::::::::::::::::.:.:.:. l
                /:::.:.:.:.:.:.:.:〉    l:::::::::::::::::::::::.:.:.、:!
                ヽ, -、.:.:.:/}!.    !:::::::::::::::::::::::::.:.:ヽ
                  l   ̄ /     /::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:ヽ
                  l     l     l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                  /    l!   l:::::::::::: -´ `  、:/
                   l     l!   ヽ ´         !
                ヽ、 _ ノノ   /          \
                  `ー‐ ´     l、           ヽ
                           l ヽ _      _ノi
                          `ヽ __ ̄ ̄ ̄   _ノ         i~"l____
                                             {"~     'i
                                                ̄| |" ̄| i
                                                |_,.i.  | .,i
                                                      ロ ロ ,-、
                                                     {二二_/





974 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 22:09:24 ID:42E1R2Ac










     .| 'ヽ ワ '          | /          /ク: : : :
     |  `   _ , -― ' ‐_、  ヽ、     _ , - ‐ ': : : : : : : :      すいません
      ヘ  r_'´- ‐  ̄      r`ヽ、<: : : : : : : : : : : : : :
       ヽ            ノ  ヽ \: : : : : : : : : : : : : :       第10軍の司令部はどちらでしょうか
        ヘ       , ‐ ´´  ̄ ̄ >==≧: : : : : : : : : : : :
         ' - -, 、r = ´ _, - ‐_, '''''/: : : : : : : \: : : : : : : : :
          /‐=`|  r'´r―ツ ´ ~: : : : : : : :




976 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 22:10:10 ID:42E1R2Ac






             /ニYニヽ
          / (0)(0)ヽ
         / ⌒`´⌒ \
        | ,-)    (-、.|     おっ?
        | l  ヽ__ ノ l |
         \ ` ⌒´   /     新しく赴任した士官かっていう
        /        ヽ
       /           ヽ    その制服からして騎兵だなっていう
       |           | |
       ヽ_|         |丿
         |         |





   /ニYニヽ
   /( ゚ )( ゚ )ヽ
 /::::⌒`´⌒:::: \    俺は騎兵隊指揮官のセミョーン・ブジョンヌイだっていう!
 | ,-)___(-、|
 | l   |-┬-|  l |    お前の上司になるっていう!
 \   `ー'´ _/
. /    ∩ノ ⊃ ヽ   ちょうどいいから本部へを案内してやるっていう!!
(  \ / _ノ |  |
..\ “  /__|  |   ダチと分かれて寂しかったところだっていう!
  \ /___ /





978 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 22:11:21 ID:42E1R2Ac







    /´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : }}: : : : :`:ヽ、
   ヘ||: : : : : : : , :r ,=_'_‐_´_ ` '‐= JL: : : : : : : : ヽ
  |: ||:||, - , = r´': / ,-, フ ` '_r‐>-、= -、: : : : : : }
  ヘ: >/竺ヽ}: : : r //:|´ r‐'´/   ヽ: : ヽ: : : /          はぁ
  ヽ{ !★ンノ 二 } ノニノ .ノ  人 /_ノ  \: :ヘ:/
   {`'‐'-´ ‐::´:`´ノ人、 ヽ ヘ ´ノ  、  ヽ-‐,ヘ、         では宜しくお願い致します、騎兵隊指揮官殿
   {/::´::::::::::::/{  ・ヽ, ノ、‐`/ `i     /   `\
   /:::::::::::, r ' ´  ヘ ノ   ヽ_,,、 !、   /       ` 、
  /,::: r'i´゚ノ     `       | \_ ノ         ヘ: :\
  '´  | `r _ - 、             |  /          /: : : :
     .| 'ヽ ワ '          | /          /ク: : : :
     |  `   _ , -― ' ‐_、  ヽ、     _ , - ‐ ': : : : : : : :
      ヘ  r_'´- ‐  ̄      r`ヽ、<: : : : : : : : : : : : : :
       ヽ            ノ  ヽ \: : : : : : : : : : : : : :
        ヘ       , ‐ ´´  ̄ ̄ >==≧: : : : : : : : : : : :
         ' - -, 、r = ´ _, - ‐_, '''''/: : : : : : : \: : : : : : : : :
          /‐=`|  r'´r―ツ ´ ~: : : : : : : :
         {-‐i .|, -'―': : : : : ○: : : : : : :
       rノ´=´ノ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
    , r'r,´==´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :





やる夫がモスクワに去った後、新たにツァリーツィンの騎兵隊に一人の若き士官が加わった・・・





980 : ◆J7qCZtZxmc:2011/10/25(火) 22:12:15 ID:42E1R2Ac






貧しい農家の家庭に生まれ、筋金入りのボリシェビキに育った彼は、この時まだ23歳

後にブジョンヌイ配下となりその庇護を受け、
「赤い騎兵隊クラブ」の一員として栄光への階段を駆け上がっていくこととなる・・・








__,,;;;-=ニ,,''ー-=x,,メ:::::"彡         _ ,,,,, _
ィ'''::;;;ェ=;;;,,,..__,゙>'゙´"i';;;:::::彳~'ヾー-z‐‐<;''~゙'''=ッ,,  ̄`゙''ー 、,,
 _,,,;;;-=-'<゙      ゙゙'ミ:::;ミ゙゙ヾ;;,゙ヾ;;、 ゙''=::、,,  ゙ミ,,
,゙;;r'''⌒¨''''゙ `ヽェ,,   ミ:;リ゙ヾ;;、 ヾ、::、ヾミ;、 ゙ヾ;;, ゙ミ,,
'.,,,;;;='''゙´,,,;;;=,, 、 ゙ミッ,,_.;';/ー;;、 ヾ、,il, ヽ ゙ミ;;,  li,  ゙ミ
''' .,,;;='''''゙´ ̄   ヾ;、  (゙ヾ;;、゙ミァ ヾ{,    ミ,. li
;r"  ,::;;ィニf''''   ):) ミ };:ミ, ≧ `    ミ
r'';ツ `" =ニ;;;ヽ /ジ  ミッ ヾ;;ミ 三..     __
'´,ィ  馬 ./:| |;ノ     ミ, ミ'' _,,ミ-‐''''.´ ̄    ̄'''ー=x
/::l iへ、 |:::{. n   .i::i ,イヾ /''::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'=、
}:::{_  n、ヽ;:l lノ .ト, V./ヾ、.i|/::::::::::::::::::::._;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_::::::::::::::::::::|
ー-`- ヽ} ヽl j:{_レ' /ヘ Yヘ::::::,, -''゙ ̄_ ,,. __ _★ __ `'''::、::::::::i
  ト、 ヾ=、__/.iヘ  {.゚ ノノ ,,ノ゙Y゙ ィ '´_,,,;;::==--竺:-=::ミ、-.`ュノ
ヾ_ ゙ヽ> リ^ヽ:::{  VF彡/:::=:}''ッ〔c_゙:::::::::::  ..:::::::::::::::::::..`‐ミ{
(. ゚,>,~ヾ::、.  `:}   ヾ;:ヽ {::::::Tヽ;:;;/`'ァ‐。x;;;,___,,,;;;;ィTi、__
;;ゝイ::ヽ `i:l      ∨ Xシ.{.iヽY  (_ _ノ〉   K(´゚ )`l:/ }::::、゙ヽ、
ゞニ''⌒ゝ l|        キ::ヾ,`|        | ゙ー  ,lイ /;;:;:ヾ、::.\
::::,,,,  '/  i      iY ナ-,w'゙Yl       rV'〉   .,!ソ'' "ミ::jノ:::::::::::`ー
"二ニに   (ヽ、,,,__,,,ノノノ:::::ミ, .}ミi、     ` '    /ミリ ミ ミ::::::::::::/i::::..
ミ,,_-=''i才,  `ー--彳:::ヽ、:::ミ,, ヾiミヽ, -=ニニニ= ,,ムジ ,,ミ'゙::;ィ゙:://:::::::.
::.../,/ '^メx-キ、''⌒ヾ ∴ }::::::ミi, l:;:;ゞiミx、_   _,,,イミジ 彡゙://::/./::::::::::::
;:;::.∠_,,,ノ:::::::::::\ ∴ ..(`ゝ、:ミ、ヾ、:;゙ヾi}エケZ゙エヅ:/ ミ:;ィ゙ ,,イ::j'./:::::::;;;;_::
=‐''':.:.;〃.:::::::::::::::::::{ヽ ‥ /:゙ヽ,. \=,,r.、゙''ー、,;:;:;:;:;:;ノ ,,ノジ /:;;イ/::;r''./::::
:.:.:.:.:./::::::::::::::::::::::::::.`ー-'´::f^ヾ、 ヽ{ ヾ,  `ー''゙ ,,;;彡'゙./;;f'゙,,∠イ;r''゙::::::::::
:.:.:.:/:::::::::::::::::::::::|ヽ;::::Fヽ:r''| iへ. ヽ ) \,, ヾv=y''゙:≦='''゙:∠イ゙:::):'゙゙:;;;;;;;;::::::
.:.:.Z;;;;;:::::::::::::::::::::''、.゙;::| !;! .ヽ,ヾ. \   ヽ {:-'::::::::::::::::::::::;ィ::;.;r〈;;;;''"_,,,ノ:::::
:.:/::::::::::::::ー-、::::::::::ヘ::ヽ、,\、.  `         |iーx;;;;_::::/{::/ {::;:;!:;;》'''':::::_;;::::;;;
/::::::::::::::::::::::::`ト、::::..ヽ{:::.\          l:i::ヽ、;:`''=、'_ヾ、゙;:;;{,,;=''´ .,,r-、:
:::::::::::::::::::::::::::::{  \:::,ト、::::::\  `ヽ.     i:|∧::},ゝ::::::::,゙>==''゙::.~'''''´.....::::
ー、__::::::::::::::::::::.ヽ、  Y /:::::::{ヽ;:`ヽ、    /./ ヾ;:::::::::::::ヽ.  ヾ、;;;::::-、:::::::
=<__ィ=-‐--::::xへ、_,,j;;;;''__::ヘ. ヾ;::`rf'''< ,イ  ミ::::::i''゙'ヾ、ミ ヾ:、 ヾ:ヽ、゙i:::
,,;:''´..:::::::::::::::::::::::: ̄..:::::::::::::`=:`-、__:::|.l;;;;メ、.   ミ::::::.....    ゙、:、 ゙i:::l j;;::
         .......::::::::::::::/⌒ヽ ヽ:`ヽ、::::.`'''=、  `:::::::....    `ヾ l;;j:::::::

           赤軍騎兵士官 ゲオルギー・ジューコフ








【第十話 ツァリーツィン(後編) 終わり】
                                           第十一話 ロシア内戦 に続く・・・







関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加




[ 25386 ]

魔王がジューコフかよwww似合いすぎて困るwww
[ 2011/10/26 02:31 ] [ 編集 ]

[ 25387 ]

自分の命令でできた死体の山みて大喜びって
どういう精神構造なんだか理解できない
[ 2011/10/26 03:43 ] [ 編集 ]

[ 25390 ]

たぶん『同志のみ人間と捉え、同志以外は獣と捉え、反乱分子を害獣と捉える』みたいな精神構造じゃね?
だとしたら、例えるなら獲物を大量に仕留めたハンターみたいな心境だったのかもな
[ 2011/10/26 15:22 ] [ 編集 ]

[ 25391 ]

治安維持って、ほぼ無差別に市民を吊るすことを言うんでしたっけ・・・?
[ 2011/10/26 15:39 ] [ 編集 ]

[ 25397 ]

アレだ アカくなければ人間じゃないとでも思ってたんだろう
[ 2011/10/26 18:53 ] [ 編集 ]

[ 25398 ]

処刑して血で染めあげれば、どんな人間もアカくなる!
つまりそういうことか!w
[ 2011/10/26 19:54 ] [ 編集 ]

[ 25399 ]

ジューコフの名をすごく久しぶりに見た。だよもんさんはまだ動かんのか……
[ 2011/10/26 20:00 ] [ 編集 ]

[ 25402 ]

あれだよ、人間一皮むけば獣より劣る畜生ってことだよ。私達も注意しろってことだよ。








あとすっげえどうでもいいことだと思うけど赤い皇帝と見てレードン思い出した。うん、殆ど関係ないね。
[ 2011/10/26 23:44 ] [ 編集 ]

[ 25403 ]

敵より味方を殺した数が多い、と評されるジェーコフさんか…。
次回の内戦でどんな恐ろしい事になるか((((;゚Д゚))))ガクガクブルブルと待っているぞ。
[ 2011/10/26 23:47 ] [ 編集 ]

[ 25404 ]

兵士を消耗品変えた男がきたな<ジューコフ
[ 2011/10/26 23:48 ] [ 編集 ]

[ 25405 ]

思い切りの良すぎる馬鹿が生き残る土地ロシア
そのせいで後々地獄を見る国ロシア
それでもなんとか地獄から生還してくる・・・それがロシア
[ 2011/10/26 23:59 ] [ 編集 ]

[ 25451 ]

ばかでかい土地に何十もの民族、文化、言語が混在してて、貧富も教育も思想もバラバラなこの国に唯一通用する力は暴力だからねぇ…
[ 2011/10/28 00:28 ] [ 編集 ]

[ 25611 ]

※25387
「あっはっは! 見ろ 人がゴミのようだ!!」
[ 2011/10/31 01:53 ] [ 編集 ]

[ 27310 ]

>思い切りの良すぎる馬鹿が生き残る土地ロシア
>そのせいで後々地獄を見る国ロシア
>それでもなんとか地獄から生還してくる・・・それがロシア

資源なり農作物もそれなりに豊富だからかな?

住んでる人間の生命力もすごいんだろうけど
[ 2011/12/03 18:41 ] [ 編集 ]

[ 28073 ]

>自分の命令でできた死体の山みて大喜びって
>どういう精神構造なんだか理解できない

非白人に対してなら、同時代の米軍や英軍の将校だって似たようなものだった時代さ
[ 2011/12/16 23:35 ] [ 編集 ]

[ 28074 ]

>ちなみにすっげぇ余談だけど昔はこのあたりにオイラトのトルグート部がいました
>レーニンはここに残った人らの子孫……じゃないかなぁたぶん

レーニンにはいろんな民族の血入りすぎてるから、
ルスキーだ以外指摘されてもピンとこない

とりあえず外見からはユダヤ人には見えない

[ 2011/12/16 23:43 ] [ 編集 ]

[ 28982 ]

>たぶん『同志のみ人間と捉え、同志以外は獣と捉え、反乱分子を害獣と捉える』みたいな精神構造じゃね?

キリスト教徒の歴史そのもの
[ 2012/01/08 12:04 ] [ 編集 ]

[ 29599 ]

歴史系でここまで常識的じゃないやらない夫も珍しい
[ 2012/01/17 13:01 ] [ 編集 ]

[ 29978 ]

お、俺のナージャがやる夫に…。
[ 2012/01/26 21:59 ] [ 編集 ]

[ 31425 ]

やらない夫の方が無学で無能だったからなあ

ロシア人だけど
[ 2012/02/16 22:00 ] [ 編集 ]

[ 33448 ]

口説く時には軟弱な資本主義的なやり方しても
「女性蔑視です!闘士扱いして下さい!」とか言わないんだなwww
[ 2012/03/25 09:30 ] [ 編集 ]

[ 33457 ]

公私の区別というか、女性も本音と建て前あるからねえ

[ 2012/03/25 11:49 ] [ 編集 ]

[ 35703 ]

>>27310
個人的な意見だがWW1、WW2で結局ロシアは勝ってないと思う。
若者中心に何千万人も死んだらどうしても
後の100年、200年に影響してしまう。

今の日本が今後50年以上少子高齢化に悩まされるのと同じで
人口ピラミッドに対してはどんな名政治家でも干渉に限度がある。

20世紀の前半に死んだ何千万人もの人名が
「もし」失われなかったら
20世紀の後半はよほど違った展開になったのでは
との思いを禁じえない。
[ 2012/05/04 21:34 ] [ 編集 ]

[ 49978 ]

>若者中心に何千万人も死んだらどうしても
>後の100年、200年に影響してしまう。

中国は影響小さいような
[ 2013/01/01 18:24 ] [ 編集 ]

[ 72014 ]

49978
分母が違う
[ 2014/04/24 23:18 ] [ 編集 ]

[ 75219 ]

あと何だかんだ中国は日本に勝ち目がないと見抜いてたので
クッソ広い大陸奥地へ引きずりまわしていた面がある

本国の要地スターリングラードで
ドイツに両手へし折られたので首筋噛み千切って失血死させたが
自分もレンドリースという輸血なしでは死んでたっていう
ロシアに比べりゃせいぜい全身打撲くらい

そして人口ピラミッドの狂いが現在でも経済に影響してるという研究は歴然と存在する
[ 2014/10/17 12:11 ] [ 編集 ]

[ 77254 ]

殺せば良いじゃんって選択肢を一度でも持つと、悩むのも苦しむのも馬鹿馬鹿しくなって一気に楽になるな。
[ 2015/01/07 02:54 ] [ 編集 ]

[ 80514 ]

共産主義の言う「労働者」ってだれを指すんだろうね
だれかのためとか、理想の実現とかキレイ事ぬかす奴が
いちばん信用出来ない
[ 2015/05/14 15:00 ] [ 編集 ]

[ 81436 ]

魔王は兵卒を死なせないことに心配るからジューコフとは真反対なんだよなぁ。
[ 2015/07/06 11:48 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oyoguyaruo.blog72.fc2.com/tb.php/3796-8056d4da


アクセスランキング アクセスランキング アクセスランキング