ブログパーツ 泳ぐやる夫シアター やる夫達はローマ共和国を作るようです 第二十話 十二表法


















やる夫達はローマ共和国を作るようです 第二十話 十二表法






原作・塩野七生 著 ローマ人の物語1
「ローマは1日にして成らず」

*ですが、wikipediaとか他の本とかもたまに参考にしてます。
*そしてわりとオリジナルの部分あり。史実・原作重視ですがフィクションです。



紀元前449年、イタリア


                     ,-、
                  ,-~´
                  \
       _          |~
      /´  `ヽ,        |,
  ,-~´~     ~´)       `\,
/           )         `~|
            `)     。キュージ`|
             ~\         |,
              く,,_  。ウエイ   \
                `\  ◎ローマ   `"-,_,,-ーっ
                  \           /
                    `ヽ,-,_        `ヽ,,
                       ヽ,_,         ̄`ヽ,,_
                         `っ       ,,-,,_ ~ヽ,
                           `ヽ, _   /    `ヽ )
                             ~ |,  (_,     し´
                               )   `ヽ,
                               `),,  _|
                               ,-´ (
                               _)  ノ´
                              (__ノ

やる夫達はローマ共和国を作るようです
第20話 「十二表法」








541 : ◆yxZlGN83jM:2011/09/07(水) 20:20:28 ID:IfEBbHss




護民官によって、平民と貴族の争いは、収まったかに思えたが、



【喧嘩中】

マーマー ∧,,∧  ∧,,∧オマエラヤメ
 ∧∧(´・ω・)(・ω・`)∧∧
(´・ω・)  U) (U とノ(ω・` )ケンカイクナイ
|し U∧∧    ∧∧と ノ
 u-u( ・ω・)=つ);:)ω・`)
    (っ ≡つ=つ⊂⊂)
    ( /∪ バババ∪ ̄\_)
     オラオラ!!



まったくそんなことはなかったぜ!




542 : ◆yxZlGN83jM:2011/09/07(水) 20:20:54 ID:IfEBbHss




もっと深刻な問題があった。「土地の所有権」である。



         / ̄ ̄\  .                           _,,,,.;;;;  ___
     / .,;;,. !、_   \_,,,,.;;;;             _,,,,,, ------;--, ''"    `.|ノ .,;;,.  \
      |(O)illi(○)lii .i'"   ` 、,,,,,,.---.,,,,,,,,.--.'''''"       '  i        :○)illi(O)\
     | (__人__)    iー.    i  ''  - ,,__ '''''' - ,-.'''' - ,,__::::::..i....i.....      i(__人__)  \
     l ||!!ii!!ii|   Ui .    i;':::::.;'.     '/- ,,,_`/-.,,_  /`''''""-,>;:::::::::: :_丿ii!!ii!!||    |
     {とO0o| U   |;:.....::::::::/┬-'.,,,,,,,,,,,,,__./....  /   :`/..、'' ,//:::';:`:>ー;;;ノ,: |o0Oつ   /
    ,r'{ Uェェェ|    / ----'"::::i:::::/::::::::::::;;>''''''''.-:;;;;_...../.... :::/ ::ヽ:/:/:\ i_ |ェェェU  ‐'、
    |!、 || U   ,/ ^''''--,;  〉,-"           '''' .'''.-;/-'>-///\'"::::  ヽ/
     r"::::: / /::::::...   '''i;;;',:::、                /:::::::::::::::://i- '^ ̄''i":::::::`.、
     i::::::::, ヽ .:i:ヽ::::::::::::::....../::|:::.',                /:::::::::::::-.//..   ...::'i  :::::'i
    . !;:::::::.. ::'' -!;:. `i----┬"; .;i:::::i              / :::::::'..,;;; //!::::::::::::::::;/-.''''''''''!
     . ';::::::::...:',  '.;..i"'''-  .!,| |;.':i:::::.',              /:.. :::::;::::://y''i,,,,,,,i'''",.-.''''''''''/
       '.;::::::::;' .:: ':i:::::  .: i| |;.':i::::::::.i            / :. ::::;::://::i''ヽ, ;;;;;/i  ......:::::/
        >:::y::::::: .::i::::. .: .i| | /:::::::::: :',          ノ  :::::::;;//::i :  ::::i,.-.''''''::/



平民達は、「貴族に有利に配分されている!」と言い、
貴族たちは「土地は私有権があるんだよ!」と言い、
全く持って決着は付かなかった。





543 : ◆yxZlGN83jM:2011/09/07(水) 20:21:25 ID:IfEBbHss




そしてこういった問題を解決するため、平民達は成文法の設立を要求。



【授業中】

        ∧,,∧                ∧,,∧
        (´・ω・)            (´・ω・)
       [(っ⌒/⌒o_            [(っ⌒/⌒o_
       |\⌒''⌒∧,,∧        |\⌒''⌒∧,,∧ ...zzZZ
       || || ̄ (´・ω・)          || || ̄ (´-ω-)
            ||  [(っ⌒/⌒o_         || .[.(っ⌒/⌒o_
           |\⌒''⌒∧,,∧         |\⌒''⌒∧,,∧
           || || ̄ (´・ω・).        || || ̄ (´・ω・)
                ||  [(っ⌒/⌒o_          ||  [(っ⌒/⌒o_
               |\⌒''⌒  \           |\⌒''⌒   \
               || || ̄ ̄ ̄ ̄||        || || ̄ ̄ ̄ ̄||



このためにギリシャに視察にいった3人を含め、強力な権力を持った「十人委員会(デケンヴェリ)」が発足した。





544 : ◆yxZlGN83jM:2011/09/07(水) 20:21:52 ID:IfEBbHss




だが・・・・・


       / ,. - fォ   l j    |   、      ヽ、   、  l. l.  `、ヽ \. l
       r' ´ ,.ィ' |   l |   ハ   l          l.  ト   l. l、  l. ヽ--' l.
       lヽ∠/  j   | |   | 、  ト、       l   l ',   |_ l.  l  _ン   !
.       |  〈   lj   トA._ | ヽ.  ', \       l  Lx‐''ハ |  hヘ ヽヽ |
      |  /7-/ l   | | ヽ`'''ト、 \  ',. \    ,.ト'´|  l | ||  | l l. ', ヽ |
        |  / ,' ' ハ  | l. ヽ l. `ヽ、ヽ、 '、  `ヽ/ N-=リ=、|ノl   | l. l ', ',|
.       | ,' l. / l 〉.  N ,ィz弋ドヽミ` ヽk、   `イo,...、 l`レ l   |. |  | ', ',
     | l l. l  | /∧. l Y/仏'f¨ヘ. l`.        仆{__ソ,ィ|  |   「`l  |  ', 〉
      | ヽ」 l  | l l ゝ ',ヾ、'ケ、ヽイ,t|         'つニ'ゥ′ l.  l.  } 」   l´|
      | |  ヽ」 | | | iヘ ヽ `乞ニ-┘    l       ̄    !  l ノl'´   l.|
     | |     | | | l、`ヽト.ヽ              ,      ,'  l ´  |    l.| 法律!?
     ||   lヽヽ丶  ` ミー    ー一…… ´     ィ  ,′   !   l | 面白そうね!
.       ||   l. ',       ヽ、.._             ,// /    /   l. l 私に任せなさい!!
        | |、   ', l、           `ヽ、       ,.-' / ,イ    /    j. ′
      l |ヽ  、 ヽ \           ヽ   , -' |ー、/,r'/   /   〃 /
       ', | ヽ ヽ  ヽ   ヽ、         lー ´   l ,シ^ソ  /     // /
       ゙ヘ. ヽ ヽ  _,.ゝ  〉-`ュ、     ノ      '1 |  /ー- 、_// ,/

                *執政官アッピウス・クラウディウス



困ったことに、その主導権を握ったのはこいつだった。





545 : ◆yxZlGN83jM:2011/09/07(水) 20:22:17 ID:IfEBbHss




こうして、紀元前449年。
ローマに初めての成文法「十二表法」が公布されたのだが・・・



           ____
       /::::::::::::::::\
      /::::::─三三─\
    /:::::::: ( ○)三(○)\
    |::::::::::::::::::::(__人__)::::  |  ________
     \:::::::::   |r┬-|   ,/ .| |          |
    ノ::::::::::::  `ー'´    \ | |          |
  /::::::::::::::::::::             | |          |
 |::::::::::::::::: l              | |          |



その内容は、あまりにも酷いものだった。





546 : ◆yxZlGN83jM:2011/09/07(水) 20:22:45 ID:IfEBbHss




その余りの酷さに、改訂が相次いだため、
現代ではどれくらい酷かったのか良くわからんレヴェル。



【審議継続中】

    ∧,,∧  ∧,,∧
 ∧ (´`д´) (`Д´ ) ∧∧
( `・Д) U) ( つと ノ(ヘ・´ )  酷すぎだろ・・・常識的に考えて・・・
| U (  `・) (・´  ) と ノ  なんのためにギリシャまでいったのかと・・・
 u-u (l    ) (   ノu-u
     `u-u'. `u-u'





547 : ◆yxZlGN83jM:2011/09/07(水) 20:23:11 ID:IfEBbHss




平民達の支持を完全に失ったアッピウスは、敗北を重ねるようになる。



                -――――  _
                 , : ´::::..... ,.::::::::::/--- _ト、
           /⌒ーz'´:::::::::/ ̄ ̄ ̄`ヽヽ\
            ∠-K/ ≠:::/:::::/:::::::::::::'  ::   ヽ.ヽ
       , : ´, ≦〈_ / /::|::::/::::::::/ .:/:: ,|:::: :: ヾヘ
       ∨::::::://,' .:::::::!::7|--彡'/::::_/ j:::/∨ |:∧
         /::::::, '/, -! :::::::::|::| {  \匕   /::/ ‐}:: |ヽ、!
       .7.::/:∨::7 ´ ! :::::::::Ⅳ ` --- '  {=∠ -y イ'、ノ:!
      ,::7 | ::::::弋ヽ| :!::::::|//, --  _////ヽ--<7:|_ノヽ:|
        |:,' | ::::,、::::::了:!::::::/       ` - 、/// 7 ! i::i }  ちょっと!真面目に戦いなさい!
        |:| .! :::| |::::::::V:i:::::|             } u/:/! .|:レ'
        レ  V:, -- 、:{ Vi::::|7 、_         / ,ィ:/::L_j::. |
         /    \|Ⅵ     7‐y─‐yi≦:./j::: /,::. /
          ,′       ヽ{  _ >‐'⌒ヽ::::::///7/
       /    /,:    `        r |/彳 /





548 : ◆yxZlGN83jM:2011/09/07(水) 20:23:37 ID:IfEBbHss




それだけではなかった。



        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:レ、, 、
     / ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_ -─‐- 、.:.〈_〉、_
    ,/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/  _ - ─‐、.:.ヽ--、!ニ1- ─ ´ ̄ ` ヽ 、
    /:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.::./  /:.:.:.、.:.\.:.:\:.:.ヽー、`‐、__  __ _ oヽ、
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  /:.:.:.:.、.:.:ヽ、ヽ、ヘ:.ヽヘ:.Y´`ー': : :`´: : : : :`:-.、l. \
.  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ィ  /:i:.:.:.:.:.:.:ト、:ヽヽ:i,ハ:!、:.!:.:.l:!/: :/:./: : : : : : : : \\ ヽ
 /:.:.:.:.:.:.:.:.:.::|:.:.:.|  /:.:!:.:.:.:.:.:.::! i:.:.:l  i ,x=.〉l:.:ィ:!: :.:/: :_/: l: : ;.:. : :.\: : :ヽヽ、',
.,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::l:.:.:.| /|:.:.:l:.:.:.:.:.:./ l:./  〃 /ィイ:/: :.ィ: ./ !: :l: : :、:.:. : : :ヽ:. : :!:!ヽヽ
.!:.!:.:.:!:.:.l:.:.:.:::::|:.:.:Y:.:ト:.::ト;:.:.:.:/‐- l′  / !: : !|: :/ !/  !: :ト: : :ヘ:.:.:. : :.l:ヽ: l:.l Y
l:.:!:..::|:.:.:|:.:.:/|、:..:',|ハ:.:lヘ:../.x≠      ィ|: : iヘ:{`` ー 'ヾ:l\: :|ヽ:.:.:. l: :.l: l: ! ヽ
|:!|:.::::!.:.::K   イ::!.:ヽ:::ヘ、| ,jk"     _/、|ヽ:l  ___ 、     ヽ! ヽ.::,': : !::l: ! /
|{ l:.::::l.:.:::!::∨ ヽ:ヽ.:ヽ::ヘ_    `´人 `i: : ト " ̄ `    _  ∨: :/}/!/ l
` ヽ:.::l:.:::〉/ /`71:.\:.`ー.、 ニニ≦l´|: :.i:'|: : |       ' ´ ̄"./:|:.:.: :|:/′/
  \}:.:!Y !、:.:! |.:./ >-,-‐ ´ ̄ `ーヽ、!:|: : |    , ‐ ‐‐ 、    /: |:.:. : i′/
.   /ソ \!:|.、! l:/,〃´/   - ─‐‐´ `ーy‐ 、   ー 、._ ノ  /{: :.!:.: : | ,'
    ´   i′ヽy〃  !         /  /::,ヘ _  _ .- ´  ヽ: ヽ: :.Y
          レ{   l   _      /、r、i^i  / ー        |: : :l: :ヽ
          |.!.l   !r、.//`!、   |.! | | .!_/           /: イノ: : :ヽ
             ! !  〉 .' .' .'f i   !! .i ヽ ヽ_(` -、___ _ イ/ ' ヽ: : : \
          ! ヽ .l ! l !.!. !_ _|_ヽヽ `   `   }         !: : : 、ヽ
              |  ハ ヽ! l  ゙  \  ` ー ┬--  l′/         !.:. : : ト、!
           ! { ヽ  ー .   `i  /  !     ! /        /.:.:. : : !



アッピウスは、平民の、美人の娘に恋をして、拉致してしまったのである。





549 : ◆yxZlGN83jM:2011/09/07(水) 20:23:59 ID:IfEBbHss




平民と貴族は結婚できない、とアッピウス達が作った「十二表法」にも書いてある。
そこでアッピウスは、自分の配下に「あれは奴隷の子だ」と宣言させたのである。



          ____________
        /       ̄ ̄⌒゙゙^      ::::::::\
       /____       . _,,,,__,_     :::::::::::\
      /   ゙^\ヽ..  , /゙   ¨\,.-z   ::::::::::\
      「 ●    | 》  l|  ●    ゙》 ミ..    .::::::\
     /i,.      .,ノ .l|  《       ..|´_ilト     ::::::::::\
    / \___,,,,,_/ .'″  ^=u,,,,_ v/..       :::::::::::::::::l!
    |      /"   |   \         i し./:::::::.}
    |      |     |     ..|         ノ (  ::::::::|
    |     丶 ___人____ノ          '~ヽ ::::::::::::}
    |   . /         \           ::::::::::{
    |    |    /⌒/⌒\ 〕          :::::::::::}
     |   |   ;/  ./ .   . |          ::::::::::[
     .|   |  i′  /    . |    .|      :::::::::::|
     .|   |  |    |     .∧〔   /    :::::::::::::/
    / }.∧  |    |    ../ /  /   :::::::::::::::::\
   /   /| \┌┌┌┌┌/./ /:::      :::::::::::::::::\
      ( ゙゙^^¨^¨゙゙¨  ̄ ̄ ̄ /:::::::::::         ::::::::::\
       ヽー─¬ー~ー――― :::::::::::::



これに平民達の怒りは有頂天となり、モンテサクロの山に篭ってしまった。





550 : ◆yxZlGN83jM:2011/09/07(水) 20:24:25 ID:IfEBbHss




懲りないアッピウスは配下を揃えて、実力で反乱を叩き潰そうとするが・・・



【結果発表】

パッ   パッ   パッ    パッ   パッ    パッ
 [つり]   [ヲタ]  [池沼]  [厨房]  [氏ね]  [終了]
  ∥∧∧  ∥∧∧ ∥∧,,∧ ∥∧,,∧ ∥∧∧  ∥,∧∧
  ∩・ω・`)∩・ω・`)∩・ω・`)∩・ω・`)∩・ω・`)∩・ω・`)
   (    ). (    ). (    ) (    ) (    ) (    )
   `u-u´  `u-u´   `u-u´  `u-u´  `u-u´  `u-u



これには元老院が反発。
アッピウスは逮捕された。
牢の中で、アッピウスは自害した。





551 : ◆yxZlGN83jM:2011/09/07(水) 20:24:51 ID:IfEBbHss




【審議終了】

            ∧,,∧     ∧,,∧
    ∧ ∧    (    )    ( ・ω・)
   (ω・ )     (  U)     ( つ日ノ   ∧,,∧
   | U       u-u       u-u     ( uω)
    u-u                    (∩∩)
        ∧,,∧      ∩ ∧_∧ 審議結果
        (・ω・')    ⊂⌒( ・ω・) 「はいはいわろす」
       ⊂∪∪⊃      `ヽ_∩∩



こうして、「十人委員会」は崩壊。
貴族階級は今後、平民達の認可を得ない機関は設置しないと決めた。
また、紀元前445年には、貴族と平民の結婚も認められた。





第20話「十二表法」終わり

つづく・・?




関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加




[ 22917 ]

10人委員会が僅か10レス分とは、ずいぶんあっさりしてんな・・・
[ 2011/09/10 13:11 ] [ 編集 ]

[ 27256 ]

アホな事件だw

茶番すぎる
[ 2011/12/01 18:37 ] [ 編集 ]

[ 35546 ]

>> 548-549
ギリシャのペリクレスが似たようなことしたときは
市民みんな苦笑いして許してくれたのになあw
やはり普段の行いがものを言ったか
[ 2012/05/03 02:26 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oyoguyaruo.blog72.fc2.com/tb.php/3669-01feafd2


アクセスランキング アクセスランキング アクセスランキング