ブログパーツ 泳ぐやる夫シアター やる夫がタヒチの楽園で過ごすようです  最終回


















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

やる夫がタヒチの楽園で過ごすようです  最終回






                   ,,,,,,,,,,,,, ,,,,,,,,,,,,,                                
                   lllllllllllll|..,llllllllllll|          liiiiiiiil  ≡                
                   llllllllllllll,.llllllllllllll: liiiiiiiil: iiiiiiill.lillllllllllii llllllllll: lllllllllliilllllllii,'lllllllli、,llllllll′ 
                   lllllllllllllli,llllllllllllll .llllllllll: lllllllll.'゙llllllllll゙ lllllllll: :lllllllll~lllllllll|.゙lllllllLllllllll   
                   lllllllll'llllllllllllllllllll .llllllllll :lllllllll .llllllllll  :lllllllll: :lllllllll .lllllllll .'llllllll.llllllll゜  
                   lllllllll,llllllllll!lllllllll .llllllllll llllllllll .llllllllll  llllllllll .lllllllll| lllllllll| .'llllllllllllllll   
                   :llllllll|.llllllll!:llllllll| llllllllll: lllllllll .:lllllllll: .:lllllllll...lllllllll: lllllllll: : lllllllllllllll   
                   :llllllll| lllllll`llllllll| 'llllllllllillllllllll: 'llllllllllil .llllllllll .lllllllll' lllllllll|  lllllllllllll`  
                      ゙゙゙゙゙゙゜.゙゙゙゙’.゙゙゙゙゙゙′゚゙゙゙゙゙~゙゙゙゙゙゙° ゚゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゜.゙゙゙゙゙゙’.゙゙゙゙゙゙°llllllllllll!゙    

                       ,,,,,,,,,,                iiiiiiiiiiii,,,,,,,、
   _,,,,,,、  ..___ .,,,,,_    .lllllllll| .llllllllll ,,,,,,_   ._,,,,,,,,_    .lllllllllllllllllllll,  .,,,,,,,,,,_  ..,,,,,,,,, .,,,,,,,,,: ,,,,,,,,,,.,,,,,,,,, . _liiiiiiiil_.,,,,,,,, ,,,,,,,,, 
  ,iilllllllllllllii,, .lllllllllllllllllllli、  .llllllllllllll:lllllllllllllllllllll, .,,illllllllllllllli,   .llllllllll .lllllllll ,iillllllllllllllli,、lllllllll .lllllllll、.llllllllll!lllllllll .llllllllllllll.lllllllll .lllllllll:
: ,lllllllll..llllllllli、lllllllll|.llllllllll   lllllllll|: llllllllll..llllllllll .lllllllll`lllllllll、  llllllllllliillllll!l゜.llllllllll llllllllll :lllllllll .lllllllll、.lllllllll|.llllllllll .:lllllllll .llllllll,.illllllll 
: llllllllll llllllllll .lllllllll| lllllllll:    lllllllll: .'lllllllll :lllllllll: lllllllllllllllllllll|   .llllllllll!!lllllllii、lllllllll :lllllllll: lllllllll| lllllllll| llllllllll llllllllll .:lllllllll  llllllll,llllllll″
: llllllllll llllllllll .lllllllll| lllllllll:    lllllllll: .'lllllllll: lllllllll: llllllllll      llllllllll .llllllllll 'lllllllll: lllllllll: lllllllll| lllllllll| llllllllll llllllllll .:lllllllll:  llllllllllllllll:
: llllllllll llllllllll .lllllllll| lllllllll:    lllllllll,: :lllllllll :lllllllll: llllllllll..lllllllll   ..'llllllllll,,llllllllll: llllllllll,,lllllllll: llllllllll,,lllllllll| llllllllll llllllllll .:lllllllll,,, .llllllllllllll:
 ゙!llllllllllllll!゙`.llllllllll llllllllll   : !!lllllllll|lllllllll|.llllllllll ゙!!llllllllllll!゙′  .:llllllllllllllllll!!゙ ゙!!lllllllllll!!゙ '!llllllll!!llllllll| llllllllll llllllllll ゙!!llllllll  llllllllllll′
  `””″                        ̄`                                    .llllllllllll!゙ 

               バウンティ号の叛乱   ~やる夫がタヒチの楽園で過ごすようです~









672 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 20:09:23 ID:eNTeMjjI





                                 -‐ '´ ̄ ̄`ヽ
  ┏┓┏┓  ┏┓  ┏┳┳┓    ┏┓      / /" `ヽ ヽ  \.            ┏┓┏┓
  ┃┃┃┃┏┛┗━┫┣┻┛┏━┛┗┓   //, '/     ヽハ  、 ヽ             ┃┃┃┃
┏┛    ┻╋┓┏┓┃┃    ┗━┓┏╋━━/. {_{\    /リ| l │ i| ━━━━━┓┃┃┃┃
┃┃┃┏┓┃┃┃┃┣╋━━┓  ┃┃┃   レ!小l●    ● 从 |、i|          ┃┃┃┃┃
┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┗━┓┣┓┗┛┗━━ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│━━━━━┛┗┛┗┛
┃┃  ┃┃┃┃┃┃┃  ┏┛┃┗━┓  /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !           ┏┓┏┓
┗━━┛┗┛┗┛┗┛  ┗━┻━━┛   \ /::::| l>,、 __, イァ/  /│          ┗┛┗┛
                                 /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |







       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、       ここまで読んでくださった方は感謝にょろ。
     / /" `ヽ ヽ  \     一年間本当にあ・り・が・と・うでしたにょろ。
   //, '/     ヽハ  、 ヽ    本作は世界海事史上に残る重大事件である「バウンティ号の反乱」について
   〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|    語っていくスレにょろ。
   レ!小l●    ● 从 |、i|    この事件は、18世紀のイギリスの武装船バウンティで起きた艦長に対する反乱と
    ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│    逃亡者の植民地の建設という波乱万丈の出来事にょろ。
/⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !    内容はこのテーマを扱った映画「戦艦バウンティ号の叛乱」を横目で見つつ
\ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│     史実・虚実取り混ぜつつ書いていくつもりなので、生暖かく見守って欲しいにょろよ。
  /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |    
 `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |     明らかに間違っているところは突っ込んでくれたら嬉しいにょろ。






673 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 20:10:01 ID:eNTeMjjI





         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
        / /" `ヽ ヽ  \     なお、本作に登場する「やる夫」は史実上の人物を元に私が
     //, '/0°   ヽハ  、 ヽ    脚色した人物にょろ。
     〃 {_{\    /リ| l │ i|
     レ!小l●    ● 从 |、i|    ゆえに創作のエピソードや彼の周囲で私が創作したキャラクターが
      ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│    登場したにょろが、それは承知しておいて欲しいにょろ。
  /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
  \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│   それ以外は可能な限り史実に沿って進めて行くつもりにょろ。
    ./:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ | 
   `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |




675 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 20:11:08 ID:eNTeMjjI





     それでは始まる                       / /    `ト 、',    ヽ
                                 \  /  /     -ト y  i   l\
                   ___              l ハ l /     ● l  }-、 !  \
     l⌒l  __     (__   )              l/i yi ●     , ⊂⊃ l ,!/.  \  __
     |  | (__)     _/ /           ―   レvl⊃  r´`´ヽ  l  }´/ ヽ   \|_/
     |  |          (__ \                i 、  ヽ、_,ノ  j ト ~、    〆/
     |  |  __  l⌒l_    \ │( ̄ ̄ ̄ ̄ )  r- ,_   」 ヽ , ____,. イll  lヽ/ ̄ヽ//ノ
     |  | (__) |  _)  _ 丿│  ̄ ̄ ̄ ̄   l、  ~'''TTト、 ハ,ヽ  l==ソ―~   //i
     `ー'     ( ○ _) (__ノ            ヽ、  .l l l ', ', \ .l./     //  |
             `─'                       `ー.l_l_l__', ',__ |    ≠   _ノ
                                           | ヽ       /
                                           |  ヽ__ ノ






676 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 20:12:03 ID:eNTeMjjI





                          ___
                   _  -‐   ̄        )
                / ̄>' ´           /
           /  /  _  -――- 、.    /           改めまして、今回まで解説を務めてきた
          /  / , -'´:::::::::::::::::::::::.._ \/
    _____/ / /.::::::::/"   ̄`丶 ::.:.X ヽ   /⌒)_       ちゅるやにょろ。
     \::.::.::.:: / / .::::::::::/-‐     ‐-ヽ:::ヘ     {___ノ
     /__/ /.::::::{ ::::::イ           }:::::}              前回まででバウンティ号の物語は
.     ̄ /   /.::::::::::l:::::l:{  ●    ●从∧
    /    / .:::::: __|ヽ:N⊂⊃ 、_,、_, ⊂-イ:::.:.            ほぼ総て終了し、今回は後日談と
   /      / .:.:.:.:/ |::.:. |          ノ::::.:.ヽ
  /      / .:::.:.:.ヽ |:::.:.:l   _,r'´ /   `ヽ::.:.:.ヘ、          作品の総決算という形になるにょろ。
. `ー --一'/.::::::.:.:.:.:.:`ハ:::.:.:ト、/      o   o V::.:.',:\
        /.:::::::.:.::.:::::::l:::ヘ::.:.Y   ン   っ 、_,_,っ}\ハ::::.\       特筆すべきエピソードはないにょろが、
.      /.:::::::.:.:.:.:. ::: |:::<|::::::l/'r -、       人___> :::::.\
     /::::::::::::::::::::::::::|:::: |::::::|  {  ト ー--<  ノlヽ:::::l\:::::.ヽ    最後までお付き合いくださると嬉しいにょろ。
.    /:::::::::::::::::::/::::::::::::::j::::::l   \_j       Y }::| l::::|  \::::`、
    /:::::::::/::::::::/l:::::::::::::/ヽ:::::\___)   ___ ___l´:::| |::::l   \::}   それでは、まずはブライ艦長の話から
   ,':::::::::/:::::: / !:::::::::/  ヽ:::::l   レ'´‐'⌒)   ̄フ ヽ/     ヾ
   |.::::::/l:::::::/  ヽ:::r'    \|  ゝ、  '´_∠__         始めるにょろ。
   |.:::/ |::::/   ∨⌒ヽ     __ヽ_ ̄了/ ̄`ー‐ナ‐ 、
   レ'′ .|:/ _/        /    ̄ / ̄`ヽ   /  ,/
.      j'  \         /     /    ノ__/__/
          \____/^ヽ_ノー- ,,___{___/






677 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 20:15:06 ID:eNTeMjjI





1792年4月 南太平洋          : `レ          : : : : ,|':、         
                  ,,,,,、.,,,,,,,,,,,,,,,;,,,,,,,lL,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,, : : :    .i: : : 、       
                   ``゙``ニ_``゙゙"''l|「〃: ::''":''"ワ':     : l゙: : : `: .      
                  丶 : : : ``ヽ-:,レ: : : : : ,.:‐`、 : :    〔: : : : : `‐、    
                  : : : :  : : 、,.、.,,|l,二:‐,r'、、: `:   : :   ||: : : : : : : ``:    
                 : |,.丶```: : .、王/"丶ヽ:、''l丶、、: `..l|,,: : : : : : : : `'、、 
                   ,、.゙゙゙゙゙゙゚゙゙”卩[「゚゚゙゚゙l|'ll言゙゙゚゚,,,゚で゙l゙广``"'゚''゙'l|ll_,,,,,,,,.,,,,,,:..:,,_,l,z
              、:'" ` : : : : : : : : ``ll'l゙llll!巛ヽ=ッ,x、、、._,,、 |lll゙リ*llハ/ニ,,|,,ill゙’.′.,、
             、: : :  ` : ,_,,、、丶丶、lll,l-ヤ.、、``"'',llly/'゙~│'!i,lll、: : : ::,,,it'”: : : 丶  ||私:__.::、,,,、y,/:!
            、: : :   ,,,,,,,|二,,,,,,,、.、,;,,,i,llll___,_.,,v-'“゛: : : : │: :゙llli、:.,,yf'″: : : : : 'i、  ll|l゙゙″:ヽ: '!lヤ`: : :
             、:   、  : ..-'゙' ̄ ゙̄,,/“フ二゚lll,,}ill广: : : : : : : : : : |: :、illlyl゚″: : : : : : : : |:  .''lll、`、.r'": : : : : :
         : _: : : : : : : : ..、`: 丶 .`:‐゚,":ぐ‐.,! lll,,,.::: : : : : : : : : : : :|: ‘'illl2: : : : : : : : : : : :ト "ll゙l._,il・`: : : : : : : :
       : 、`: : : : 、.:、: : : ,ヽ.,、′.`:`~、l゙|:ll$:`゙":"'':-::-、、、:.,..レ,,,,|lll||: : : : : : : : : : : .゙l .:,lllll“`: 丶: : : : : : : :
      : `丶: : : /  : : .、',、`: : 、:`、`: 「:`|llli、:,,′: : : : : : : : : :l゙: ゙]ll|た: : : : : : : : : : `i、 ッllll: : : : ``: : : : : : `:
    : 丶 : : 丶..〃:  :  .,,:″: : `.,"`,‐: : :′.l依、″丶、、: : : : : .:r: :!厨フ: : : : : : : : : : : l゙ :jlllト: : : : : 丶: : : : : `:
  ..、: : : ._,,,,.。'゙`、`: 、.、丶: : : : : ,l゙゙,.": : ,r: : 、ll巛、.ヽ: : : ``ヽヽ.,,、、:レll,|斤: : : : : : : : : : │ .l'lll|: : : : : : : `: : : : : :
...,x"‥'`´: 丶: 、.:、.、v'″:  : : : ,へ、: : : ,l": : `|lilIl゙、`: : : : : : : : : : "`llll|yjii、: : : : : : : : : : ` .,i|lll,!: : : : : : : : `、: : 、:
'←__.,r'"````: _,、"`、: : 、: : ,/,‐`: : : .,/`: : : |ll三'_`、: : : : : : : : : ′::ll、}Y,!: : : : : : : : : : : `.',!lll|、: : : : : : : : : 、: `: :
. `゛゙゙゙≒-、_,,_r'": : 、.`:ヽ,,.:./,‐: : : : : :": : : : 、l出il.`'、: : : : : : : : : `: 「ll"|,|||、: : : : : : : : : .、ーilll」: : : : : : : : : : : 丶、、
     : : : ``“ヘ‐、.、.: ..,、..,q,,,,,`、: : : ,′: : : .」|《''i゙i,:、|、: : : : : : : : `: `,llニニ'1: : : : : : : : : : "、、|l衫: : : : :  : : : : : `:丶
       ‘′: : `、゙'リ,'゚べ'"''゙l、i,.゙,,,,,l广: 丶ヽ=|lllllllll|llllr=←ー+r++=l+.,lll`゙l |゙l__,,,,,.,,,,,、、,.iレ`|l州: .___,,,,,.,,,,,,,,,,,,,,,。、wa
             : .゙'k.r.,_,,尺゙ぎ`: `.``:ゞケr作+=、,i、.、.、,.,,,,、l゙、lll゙゙゙l「”ゲ゛`:    i、、..' ̄llll゙゙゙゙”`゙゙ ̄`: : 、',!,_,,i´
              ヘ     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`====───┴ ‐┴=== ‐┴─'─────””─'””‐ヘ
               ヽ;;;;; ";;;;;                                            |
             ~^^^```゙゙゙゙゙"""~~~^^^```゙゙゙゙゙"""~~~^^^```゙゙゙゙゙"""~~~^^^```゙゙゙゙゙"""~~~^^```゙゙゙゙゙"""~`゙゙゙゙゙"""






678 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 20:16:00 ID:eNTeMjjI





いまや正式な海佐艦長に昇進したウィリアム・ブライは、買収した民間船を改装した六等級フリゲイト
プロヴィデンス号(HMS Providence)で再びパンの木を採取すべくタヒチを目指していた。
ブライはさらにプロヴィデンス号の護衛として、ブリッグ艦アシスタント号(HMS Assistance)を引き連れていた。



       /. : /. : :/. : . / . : : : : . : : : : : : : : : : : : : : !
       i.:::::. /.: : /. : .:: ,.′.: : :/. . : : i: : : : : : : : : i: l
       l:::: /.::: : .::: .:: ./ :/. : :/. : . ://:}: : : :::. i: : : :| :l: |        いよいよこの日がやってきたようだな
       l:::::}:::::: ::::..:: / :/. /}. : : //}::ハ: :i: ::. :}: : : | :|: {
       |:::::|::::i::. !:::::/.:イ: / /: : イ:/ l::l  l: ト、::. |: : : | :|: l
       }i::::|::::i:::.{:::イ:/_i:/ /:::./// j::{ .」斗ヘ:::}:/ : }. ト、!       ミスター・トビン!!
      イ:::ハ::|::::V十rfリミ」:::/// , //ィf≧=ヘ小/. :イ: :ハ:ト、
       }/  lハ:::::ヽ、近Zソ|/メV/7/ーヘ北シメ/. :/ }/ }{       もうすぐタヒチ島が目に入るはずだ
      ノ′ |ヽト、:::ヽ    i{   ノ′       /. :/.ィ:!  `
         |:::ハ:::ヽト\⌒´  ノ!      /: :イ: .イ:l         しっかりと見張って居給え!!
         |/ }::|::::\   、____.ノ イ: /i |/ リ
         }!  |ハ::::::i\  `二二´ /イ:!: ハ::{
             }从Li」 ヽ、   ∠_.」」:::{ }:l
               ト--T r‐`´─┐|‐‐イV .リ
               }_ハ_」 |: : : : : : :| L「!」
             __ノf7/,イ |: : : : : : :| ト斗ト、‐-、__






679 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 20:17:00 ID:eNTeMjjI





             /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
               /.:.:.:.:.:.:、..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
            /.:.:.:.:.:.:.:八.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:}
            |.:.:.:.:.:.:./  ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|        了解です、艦長!!
            ト,.:.:.:.:.:{`ー─',.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,'
            ハ.:.:.:.:tテ‐-、∨\.:.:.:.A.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /
             〉;.:.:|` ̄ "    \tテ\:.:.:.:.:.:.:. ハ,、:{
              /:::ト、!    ,       リハリ:::/ノ ./
           ∠彡|:, `   〈         ソ /:!
              !:::、   _          / ̄:ハ::{
              レ|∧  {/ ̄` ┐     / :::::/ ヾ、
               {(´ヽ. `ー─ '  ,.イ少^、/
               トミ.┴\__   -'" / .》、
              _}:::::: ̄ヽ }    ∧/::::}、
         _ -<´:::::::ヽ::::::::::::| |     / 〃:::,':::\_
     ,. =´ ̄:::::::::::::::::::::::::::\ : ::| |.   〈  !{::/:::::::::::::::::\___
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : :ー-'┘-、   /|レ:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : `ー‐、 r‐┘:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ρ | !:C:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}

ジョージ・トビン:プロヴィデンス号三等海尉。






680 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 20:18:03 ID:eNTeMjjI





                           ‐― 〇 ――
                   , ⌒⌒ヽ      / l \
           ,        (      )       |          /⌒ヽ
   , ⌒ヽ   (     ヽ   ゝ    '⌒ )      ⌒ヽ     ⌒ヽ`⌒ヽ
  (    ⌒ '        (        ' ⌒ヽ  (    ヽ  (     ' ⌒ヽ


           ^'^        ^'^
                                     ^''^
    ^'^             .,,
              ,,-―''´`ー,,_         ^'^
__ __,-,,,―,,''´ ̄,、 ̄''ー,,―-`ー-,,,_,,_,,-‐''`ー'^'-,,_, __  _
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





そして1792年4月10日、ブライは遂にタヒチ島に辿り着いた。
彼がバウンティ号でタヒチを後にしてから、三年の月日が経っていたのだ。






681 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 20:19:00 ID:eNTeMjjI





               \::::::::::::ヽ                 /::::::::::::::::::::/
                 \:::::::::ヽ                   /::::::::::::::::::/           ,
  ,                ヽ:::::::::ヽ                 /:::::::::::::::/       , ,....イ´::::〉
 \\、              ヽ::::::::ヽ                /::::::::::::/    ,...ィイ´ll、_::::<´
   \::`lへ,,‐-,、_            ヾ::::::::l        ,、    /::::::::::/  , -‐´´  ll | /l  `>'
   /ノll ll ll  ``‐-、      ヾ::::::l ,、  ,へ  ll\  /::::::::/, -´    , -┴ ┴'
   `´ └┴┴、_   ``‐-、   ヾ:::V::ll /´T`\ll:::::::〉/:::::/´´ _, -‐ ´
              ̄``‐-、_ ``‐-、ヾ::::::::ゝ\ l  //::::/::::/ _, -‐´                タヒチ人よ!!
                   ``‐、 ヾ::::::、:ヾ⊂ノノ:/:::/´‐´
                      `` \::\::........:::::::イ ´
                           l``┐ィ ´´ /
                         l  lll   /                         私は帰ってきた!!
                             |  lll   l
                         l  lll   l
                              / lll   /                          ゆえに私はここに
                        / 川  /
                             / ノヘヽ へ
                       / // ヽヽ |  \                        パンの木採取の再開を
                        _ -┤//  ヽl l    \
               , -‐ ´    |l l ∩ ll |       ヽ、
           , - ´           l ll  l.| ll |         ヽ、                宣言する!!
      _ -‐ ´                 l ll  l| ll |            ヽ、
,  -‐ ´                       l ll  | ll |               ヽ、
                        l ll l ll |                  ヽ、





こうしてブライ艦長は前回と同じく精力的にパンの木採取を行った。






682 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 20:20:03 ID:eNTeMjjI





パンの木採取と同時に、前回の航海同様ブライはタヒチの人々の生活を観察しようとした。
しかし……。




                   --彡 ̄ ̄\/\
                  / 彡   _∧ミ`\
                  /  ,彡´ ̄:::::::::\ヾi》》| NNNNNNN\
                 |  |::::::::::::::::::::::::::| |≠ | \        \
        ,,,,,,,,,      /  |:⌒::::::::::::⌒:::::| |\/  <         `ヽ、
 __ノノノノ""ノルゝ、    ヾ彡/:(●):::::::::(●)::| \i\</ /" `\ 〆ヽ \
Z ノノノノ 〆  ―\て   彡 |.::::::::(__人__):::::::|\ミ ソ //, '〆     \ \ ヽ
Z ≡く 〆ノ  (●)\ヽ  《 | \::::::`ー´:::::/ |__> 丿〃 {_{─   。─   │ i|
Z ≡ゝノル (●)   ⌒)\   \.ゝ.T---T  《ミ| ./  レ!小(●)  (●)   .|、i
  ̄てノノル   (__ノ ̄  |  >___\  `´  `--´    レ § (__人__)     |ノ
    レ§ゝ       ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ /     ∩ノ ⊃ 。/
     レノル     _.ノ                     (  \ / _ノ |  |
       /    く \ |__| _ ..._.. ,        __ \ “∞∞/__|  |
       |     \ \ \ /        |\___\ /___ /
        |    |ヽ、二⌒)、^         |  |ヽ、       ノ|
       ゝ____ __\        . |  |  \   / |






683 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 20:21:00 ID:eNTeMjjI





::::::::::::::,:イfkァ.:::∠ミ 、V.:::/ /.::::.:::: イ____,/.::::/-‐ ¬.::
.:::::::/ff /∠    vハ}イ /.:::ィ7 //.::::::/.:::::/-──‐ァ.:::i
:::::/  {L//{{℃ik}} vハ/.:::/ { レ'/⌒`イ.::::::/_ ー──ァ.:::/|      な、何だこれは!!
.::/ \メ、 `¨¨¨´  v.:::イ   ゝ一ァ' /.::/  _xkァ==イ::::ムミ
:/  ` `三≡==一zl.:/     / //  >'"´ _   _」:/
′      ‐ ==ァ斗 ´        /L_ イ    {{℃fL}{}        これが私の愛したタヒチだというのか!?
          |          /   ヽ、ヽ、  `¨¨¨|l ,ィ/
、         {               \ `≧xz={彡イ:
::ヽ         |   、             `   `≧´.::::      これは私の訪れた地上の楽園とは違う!!
\l                       ー==ニ二:::__::,:::::
          /` ‐-  _               /.::::::
         ハ、      `丶、           /.::::::::::::
',       ∧_」三三ニ=‐ .、 ハ        /.::::::::::::::::::
∧      /三三三三三==三L」        //.::::::::::::/.::
/∧    /三三三三/       l     /イ.:::::::::::::/.:::::





たった三年というわずかな時間の中で、タヒチの人々は急速に変わってしまっていたのだ。






684 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 20:22:02 ID:eNTeMjjI





ブライがまず驚いたのは、タヒチの人々が英語の混じったひどく粗野で下品な言葉を使うように
なっていたことだった。
これは、間違いなくタヒチに滞在していたバウンティ号の人々、その中でも特に粗暴な連中が
広めたことに違いなかった。


                                    -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
                                 /::::::::::、::::::::::::::/   て
                               ∠/::::::::/'´ ̄ ̄``   ヽ
                               ノ//::ノシ     ヽヽ  |
                               イ /: :(●),   、(●)レレ|
                        .        |ハ|  ,,ノ(、_, )ヽ、,,  ./ノ
                                 イ|  `-=ニ=- '   ノ。    ウィッシュ!!
                                  ヽ `ニニ´   /
                                   ヽ_/ } . ノ\      チョベリグ最高っス!!
                                   /⊂  \∩ノ ⊃
                                  (〆 ⊂ / _ノ |
                                  .\ “  /_ /
                                    \ /__/


NNNNNNN\
\        \
<         `ヽ、
</ /" `\ 〆ヽ \            愛に生き、愛に死ぬ、それが孤高のファンタジスタ
 //, '〆     \ \ ヽ
〃 {_{  ・・・   。・・・ │ i|          ブリリアントな罠がオマエを篭絡するぜ
レ!小§,(●),   、(●).|、i
 レ §:: ノ ,,ノ(、_, )ヽ、,, |ノ 
/   ` .∩√ ⊃=- '/
(  \ / _ノ´-,ー´
.\ “∞∞/__]^;
  \_ /___ /






685 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 20:23:02 ID:eNTeMjjI





          /\___/\  +
        / /    ヽ ::: \
        |─(●),─(●)─、|  
        |  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |          ガイアが俺にもっと輝けと囁いている
        |   ,;‐=‐ヽ   .:::::|  
        \  `ニニ´  .:::/ +        シーンの最前線に立ち続ける覚悟はあるか?
         /V|8、/8|/\
         ト, | ト゜ooイ / |/|           一つだけ言える心理がある「男は黒に染まれ」
         | ', |, iミ Oミ| ,' .| |
         | ト| |三ミ;|/ | |           知ってたか? 孔雀は堕天使の象徴なんだぜ
         |;ミ||,|,|ー- |// |彡 
         | || ||-─,|/ /ミ:|           来いよ、何処までもクレバーに抱きしめてやる
         | ヽn|ミ三| n/:ミ/
         \{三}: : : :彡ト∧           
         //|: : :::::.. : T  ',
         T~i: : : ::::::::. |二:」          
          -t:::: : ::|\::. : : `、
           |ミ: :':::|  }::: : : : }         
           ト」 |::|  \ : : : i
           |三:ヽ|  /: : /イ 
             ト--: | /:::::/:::|
           `t-'イ {ー´:ノ:|  
            ヽ ', ヾ:::::::入
             } ', ` ´ー′ 
            /≡:}
            ー-       



彼らの衣装さえもひどいものに変わってしまっていた。
以前のような樹皮布で作った着物ではなく、バウンティ号やその後に訪れた宣教師の船が
残していった大量のシャツやチョッキなどの衣服を彼らは身につけていた。
しかしそれらは着古されて薄汚れ、ぼろぼろになっていた。
それゆえにブライには彼らがまるで浮浪者にしか見えなかったのである。






686 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 20:24:00 ID:eNTeMjjI





意気消沈したブライ艦長は、航海日誌に次のように書かざるを得なくなった。





        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|     「はっきりと言うが、1789年4月以後に
      ||             │             ||
      ||             │             ||     この島に立ち寄った船の仲間入りをするくらいなら、
      ||             │             ||
      ||             │             ||     どんなものを失うにせよ、見なかったことにするほうが
      ||             │             ||
      ||             │             ||     まだましである────」
      ||             │             ||
      ||_______│_______||
        ────── へ ──────






688 :名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 20:25:48 ID:nazkBCfs



東南アジアから南太平洋各地で見られた光景ですね
これにキリスト教の布教と組み合わせて文化破壊



689 :名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 20:26:04 ID:KpEHH3Ww



血なまぐさい戦争があった後だしなぁ


692 :名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 20:26:14 ID:mWPqXYus



なんとまあ・・・


687 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 20:25:00 ID:eNTeMjjI





そのような中で、ブライの元を訪ねたある現地人達が居た。




              ,. -──¬ー、-- -- 、
           /厂:::: ':::::::,::::`ト、:::: 、:` 丶
           /;--:::/::::::::::、:::::: l::::::: ヽ:::ヽ:: \           海佐、つい今しがた
         /::::´::::::/::::,::::::|l::::l::i::::: l::::::ヾ:::\::',:`:ヽ
     /´ヽ/:::::´::::::/::::::|:::: |l:::l::ハ:::: li::::::::ヾ::゙::,:::::::`, ト、         海佐にお会いしたいと
     ´::::::〃:`丶::/::::::: |:::: |l`y l、;:ヽ::::::l};:::ハ::`ト、:::、:ヽ
   /厂:::/イ:ヾ:::::::イ::::i::: |l::: |.lL'-ヾ;;;::`:::::!ヽ;:::l:::::iト:::ド::`,       現地人が何人か訪ねてまいりました
   |:〆::/:ハ|;;:::::\/-、l:::: |l::::: ィ勹Tヾ ヾ;:`:i-‐ヾl::::l|::;i`ヾ:l
   |:!::;::ト::l l;l|::代:::l -' l:::: ト、::lゞユソ   ヾィTjlヾ小:|l::::!  l:l       お会いになられますか?
   |i:::〃;:l l;;l|:{|::ミ;! { !:::: i ヾ!        ! `-´l'l|::::|i:::!  リ
   |:::li';::::l l;;;;l|;ヾ;;`、__ l::::::il        丶 ヾ !;;::::小;| ´
   |:::|l;:::::l l;;;;;/ミ::::;;ヽ、 !;:: }il         ′ ';;;,:::l::| !
   |:::|ヾ:::l l;;;;/ハlト:::::::|  `゙     , =ァ /;;/!:::l:;|
   l|::|:::::::l l:/;少;j};;ゞ/          ̄  ′   `゙
  j}::::|,::::::l li´;;;;;;'|!;;/      ` 、     イ
  イ;::::,!`::::l |!;_√ ー--、      ` ー ´
 ´::::;;ハヽソ        \     /
/:::,´_,-ーヘ         ヘ,   | \
|l;/iミミミミミ\     /ミj\ \ \

ナサニエル・ポートロック海尉艦長:アシスタント号の艦長。
ブライとはクックとの航海で共にタヒチに向ったことがある。






690 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 20:26:11 ID:eNTeMjjI





  /::;;;;;;;,´::::: :::::::: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: : :::: ::: :: ::|
  /::/:: ::::::::| :::: :::::::::;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;:::: : :: :: :|
//|:/;;:: :: ;;|:: :: :::::: :::|;; ;; ;;  ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;:: :: :::::::|
/ハソ;;;;;:::::;;.|:: :: :: :: :::|;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;;.::: ::|:: ::.|     私に会いたい?
  i/ハ::;;;, 、.|:: :: :: :: ::|;;;;;;;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;:::: :|:: :::|
   ノ;;;;/ V |::::i::::::::|;;;;;;;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ハ;; ;; ;;:::;;;|i:::|::|
  /::::;:ヽ i::|::::|:: ;;;:|;;;;;;;; ;; ;; ;; ;; _,/;; ;/;; ;; ;; ;;/;; ;; ;; ;; ;/;; ./ |;; ;; ;; ;;||;;:|ヾ、    ……いいだろう
  ノ/;;;;;;;i. .|::|::::|::::;;;ヾ;;;;;.;;_x -''´////;; ;; //;;/;; ;; ;/;; ;/''´ |;; ;; ;; ;;|ヾ|ハゝ
  ´/::;;;;ハ::;;ヽヽi::;;;:::;;;;;`、/_><<_//;;;;;/ /;;://;;;;;;//;/ ィt /;;;;;;;;;;;;;;| レ´     彼らには私も聞きたいことが
  /;;;;;/ /;::;;;;;;;li;;i;;;i:::;;;;;;;;|;;|弋及-、|`//;;;/=、/;;//;;;;;///,xィ勿ト/;;;;;;;;;;i;;;;|
/|;;;/  |;;i;;;;;;;;|ヽ`ヾ;;;;;;;;|、;i廴::...::ン`''x、 /;//;;;;;//ィ冬z刻/;;;;;;;;;;ハ;;/        色々とある
  |/   |;;|i;;;;;i、 ヽ`、ヾ;;;;ヽ`、` ̄ ´ /    / |;;/       /;;;;;;;;;/ |;;;|
     ヾ ヽ;|\ \ \;;;;ヽ、.         / |    /;;;;;;;;;/、_|/_       連れてきたまえ
       i l\.\  、\;;;;\        ´  i   /;;;;;;;;;/  /  `i
        v  \.\ .\`''-、          / //i;;;;;;/      |
            ゝ`''- 、\   _  _ _  , /ハ;;//;;/       .|
             / /ヽ_``\   ̄ ̄ー.´//           イ、
            ./ /    ̄ `> 、    /              ノi
           / /       // ` -´          /   /-、_
           `'',/      ( (                      ヽ






693 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 20:27:04 ID:eNTeMjjI





         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
        / /" `ヽ ヽ  \       1791年8月にイギリスを出発したブライ艦長は、
     //, '/     ヽハ  、 ヽ
     〃 {_{'´    `ヽリ| l │ i|      謀反人達がどうなったか全く知らなかったにょろ。
     レ!小l●    ● 从 |、i|
      ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│     (やる夫達がイギリスに辿り着いたのはブライがタヒチに着いた
  ./⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
  \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│     二ヵ月後のことにょろ)
    ./:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
   `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |     それゆえ彼はタヒチでバウンティ号に関する情報を必死に集めていたにょろ。




695 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 20:29:00 ID:eNTeMjjI





      ,//: :ヽ: : Y: /:、: : : : : : : :\: : : : : : : : \
    /: :/: : : ∧: : ;′1: : : : : : : : : l: : : : : : : : : :∧
   ∠二ィ: : : : l::∧: :!:::::l: : : : : : : : : :|: : :ヽ: : : : : : :∧           ……ブライ艦長、お久しぶりです
      /.: : : : :|::::::∨::::::l: : : : : : : : : :l: : : : ∨: : : : : :∧           
    ,r': : : : : : 「¨¨`""¨1: : : : : : : : : l: : : : : ∨: : : : : :∧          私のことを覚えておいででしょうか?
    |! : : : : : : l       l: :;ィ: : : :∧ : | : : : : : ∨: : :ヾ : ∧          
   イ!: : : : :i: : !.      !:/ l: : :/ ヽ: ト、 : : : : ∨: : : :\;ハ         以前あなたがクック船長とタヒチを
   /l: : : :,∧:厶-‐、  レ' !‐ナ―-ゞ! ヽ、: : : :i: : : : : :l ヾ         
    !.:!: : ;ィ: : ト1===ミ:、   l.:/彡==`=ミ:、ヽ : : l.: : : : : |          訪れた時に英語を教えてもらった
   .l.;イ : ;ハ イl:i゙ '乍ミ1L..../;」i ィ卞ぅx、 ! ヽト、:l: : : : : :|           
   .レ'l: :/  リ |:|  ヒ;リ |「 ̄"゙1l  ヒzリ` l l`ゞ- 、.: : :lヽ:.!          ジュンと申します
    レ'’   ヾ ___ノ.'   ヾ: 、__.ノノ ´rハ !:、:| ヾ           
          i ̄ ̄ i       ̄ ̄ ̄  ムソ:.;ハノ            あなたが再びタヒチを訪れたと聞いて
           、             r彡;〃´              
           ヽ   ヾニフ       ノレ'´                どうしてもお会いしなければと思い
            \          ´ ,L. -‐ 、_              
              ヽ . _ ,   , ィ´   ,.、二ミ:ォ           こちらに出向きました
               ,.-‐=ニj,.ィ'´   / ̄ "¨ヾ\L、         
             _r'´  レ"   _ニ=′    二ニ=   \
           rく ヽ   j ,-=ニ¨       イ=‐- 、    >"






696 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 20:29:59 ID:eNTeMjjI





              ,  --=ニニ、ヽ、
            ∠ -―‐--- 、 \\
            / / /  ,   `ヽ ヽ\              ブライ艦長さん、始めましてですぅ……
           // , / /  // /,イ   Vハ ヽ
           // // / // / //||l l!  \
          {ノl l| 「Zメ/l// /ム⊥|| | |  /           ジュンの娘の翠星石ですぅ……
          l l |l 〈f沁 {/ / ィ汽く l| j ,リ } rく
         N八〉`゙′,   {゙りノ//〃/イ  |
            jヘ、  _   " 彡'// |l  |
            / / 丶、`  , ィ7´ rク l   |
           厶イ __」二兀//-|-/厂ヽ、 |
          / / l { ´´rク〈 | /´   〉 |
            / / /八  }| ∨ ノ!     /!  、
         / /イ {几こフl」__j   )}   ハ   ヽ
       /レ ノ //   r1ー┤ l|_}     ヽ    \
        | /「 } /     / |「 /   |_}      〉     ヽ
      |  | ,′   ,イ}{ ||/   |_}      \      `、
       |  //    /_〉!L.l   |_」}rr==n=<      |
        |  ハ ヽ、_/|_|X圧|   __|ニV{廴/|トV/       |






697 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 20:32:00 ID:eNTeMjjI




               _,,,,_     , -''~,`''-、
     ,、-ー-、_,,,,_ ,-''''/~ , ヽー-、,-,'、,_ /   l
    ./ '''-、,-(,-_',,i,_,l'i_ノ,ノし'~`'ーニ,-_'、'-、、-'
    ヽ_  ノc'-'~  _,,,    -'''ー、  ~.ヽ,
      ''~ ./   /        ヽ   i,
        .l                 l,          だあ!! だあ!!
        l                  l
        .l            ._,,,,_   .l
        'i,   _,、、,_     /,-''''-,'、-/
         l, ,/./,~ニi,ヽ ,   .l,:`:':':::} ' l'ヽ     
         .,-i ヽ,:_:ノ  i''i   `''':~:...,、l.ノ     
         i,_l, :::::::   '-' _,,,,、、-'-,)      
         ,-,''~`''''''',='iニ二二l `ヽ  /       
          '`''-、 ( ''ー--ー' ,ノ  'i,       
          , -'~ `''ー-一''''~  ,,/~`i      、,
         ./             i,_,,ノ       
       .(`'''-、              /       
       ヽ、,,,,)、,_ .............................:::::/






698 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 20:33:12 ID:eNTeMjjI





::;:::;;;;::::;;::;;;|;;;;:::::::::::::/:::/:::/ /:/::::;;;;;;;;/:::/::::/ /::/::/i,ゞ斗弋::::;;;;;;;;;;;/:::/:::::::::/::/
;::::;;;;|::;;;::;;;.|;;;;::::::::::/:::/::/ |:/::::;;;;;;;//::/::/ /:/:::/-i'´`l ヾ\;;;;;;;/:::/::/::::/;;/:::
::::;;;;;|::;;::;;;;;|;;;;::::::;/+-、/_/ |:::;;;;;;/ |:/ノレ-'//´/  .|-_=-''´ヽ\;/::/::/::::;;;;;;/:::::   (……何だこいつらは?
::::;;;;;|:;;;::;;;;;i;;;;:::;;/ |ハ/`''/ヘ i::;;;;/ , |'''i/ // ./-''-ナ´歹乃 ヾ/:::::::/::::;;/:::::::;;;;
:::;;;;;;|:;;;;:;;;;;ヽ;;;;/,=/-il、_ /、 |:;;/  .i | // /斗匕ン廴ノノ ノ/::::;/:;;/::::::::;;;;;;   子供なんか連れ込んで……)
:::;;;;;;|:;;;;:;;;;;;;;`、ヽヾ 弋_イ''-、_|/    .i ./ /  ー-―''''´´ ̄/::/;//:::::;;;;;;;/
::::;;;;;|::;;;:;;;;;;;;;;ヽ\ \廴ェ-''´ヽ      /         //;;//::;;:::;;;;;/ ,    
;:::;;;;;;ト;;;;i;;;;;;:;;;;::;;;;ト、 ´     |            / / /:;;;;;;/  /::
ヾ:;;;;;ハ;;;;|i;;;;::ヽ;;::::`、ヽ     |           / , '´  /;;;;;;;/ r-イ::;;;;;;    ジュンか……その名前は確かに
ヽ::;;;;| ヽ\;;:::ヾ;;;:::\      i               /;;;;;/´./  |´;;;;;;;;;
 ヽ:;;|  `、 ヽ:ヽ\::-`'-、  ヽ              _,-''´  ノ  il:;;;;;;;;;;;;    覚えている
   `'、  `、 \、 `'-\- '  ` _              /   //;;;;;/;;
    ヽ     `'、  i:::ハ、  ー-=-=-── -´   //    /ハ;;:;;;il;;;    ずいぶん久しぶりだな
            '' i;;;ハ;;`'、  ー───    , <´;.;/     /_ i;;;;;;;il;;
             レ  `;i i.\        /;.;.;.;.;.;/ _ _ _,-''''/´__|;;;;;;| |;    今日は私に何の用だ?
                i  ヾ;;;;\    <;.;.;.;.;- '''' ´_ , - ' ' ' ´ |;;;;;;i `
                   i;;;;;;;<ヽ_ / / ̄_,- '' ''´       .i;;;;;;;|






699 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 20:34:06 ID:eNTeMjjI





       >'´ /   ∧    |    i| ヽ.      \         
     /   /     /::::ヽ _,斗:.:.:.: :   |   !  :...   \        ……今日あなたを訪ねたのは、
     〉       ::ー‐^´¨ |:.: : !:.:.. ト、  |   :.:.:... : :..`ー-、    
      |   |  il  ::|       ! ::∧:. :.  ,=‐i   :.:.:.:.:...:.:.:..:.:./     あなたにぜひその子を見せたかったからですよ
    / .:.:.:.:|  i|   ::|       | / ,ィ|,.イ´__ ∧  ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/      
   / :::/イl|  l|  ::|=、>ー=、 i′|:rレ弍¨ヽ ト :.:.:.:.:.:.:.:.:./        この子はあなたの部下だった
  ./::/  /   |  |´戈¨T |ト==、|| 弋__ソ‐|/.:.:.:.:.:.:.:.:.:\       
  レ'゜   / /  iヾヽ! 辷_ソ」|   ヽ=====' マヽ.:.:r-‐'´        できる夫・スチュワートのこの地で生まれた娘です
        レ' レ'〉 ! ヾニ=== ′〈           'ノ::;;;>         
             ̄ヾヌ、      `       ,/‐'´            そして彼は、あなたたちの仲間に
              ̄ヽ       ー‐      /              
               \           _, ィ´               捕らわれていったんです……
                  `¨ニt-  -‐' ト-┐
            _   /´iイ      |/ ヽ―-- 、__






700 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 20:35:21 ID:eNTeMjjI





       .':.:.:.:.:.:.|: .:.:/:.: .:./:. .:.:./i:.:.: .:. ./:.:.:.:.:.:.ヽ、 ヽ:.:.:.:.:.
        l.:.:.:.:.:.:.l :. .:.l:.:.:.:./ :.:.///l:.:. :. /:.:.:.:./:.:.:.∧ \:.:.     ふん、そうか、あの裏切り者の娘か……
         |.:.:.:.l.:.:.|:.:. .:.|.:.:./:.:.∠_//_.|:.:.:./.:.:./ /:./ヽ:.ヽ }:.:
       ,':l:.:.l^l:.:.l:.|.: l:/イ<ヽ、/‐、|:.:.:.レ'´/:/l  |.:.:.|  |:.:     ヤツはやる夫と共に私を裏切って
      /:.|:.:.}}|.:.|:.|.:.:.|、{rf夊仏\|:.:./rフ´/_.|  {:.::.|  |/
.     /:./|:.:.| l.:.l:.|.ト:.'. ̄¬‐┴ヽ',:.//‐´ \_/  ヽ_l        やらない夫に加担して艦に残った
     // }:.l:ヽrヽl:.l:.ヽ:ヽ      ヽ, ,}\       ヽ
   /´  .':.ハ.:.{=l:.'.:.ヽ:.',-\     {_ ̄ ̄ ̄ヽ      ',     ヤツがどうしようと私の知ったことではない
        /:/ }:.:|FT〕、:.\        ヽ ̄ヽ        l
       // /|:.:l|{≡}|ヽ-、\ 、__ _  / .|  | ',             それで?
      /´   l:.|}:|f i:|. \    ___ ¨ヽ {  l ',
          /´l:ハヽヽ、 \    ¨   `才:.ハ            ヤツの娘を見せて、私に鉄器でもせびりに来たのか?
          ノ _}:.:|\\ \   , ' ´/:.:./ /,ヽ
           }二二匁≡⊃><ヲ‐≠ォ{! ./´  \         もしそうならお門違いもいいところだ
          /:∧: : / /: :  ̄7 / ̄ ̄l ヽ     _〉___
           /: ∨: :/ /: : : : :/ /-、〈〉/     __|____
_____ / 《〈〉》 l { : : : : { {^}} }{}ヽ_   |_____
: : : : : : : : : : : : :.≧≦ / /: : : : : | |: :巛r: : : 卜-'|: : : : : : : : : :






701 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 20:37:02 ID:eNTeMjjI





                          __
                         <:.:.:.:.:.: \
           _________  \:.:.:.:.:. : \             ……あなたは彼のことを
          ∠_:.:.:.:.:.:.:  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ,}:.:.   :. . \
             \:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:  : .:.\          そんな風に思っていたんですか……
            _. -  ̄ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : }
       _. -  ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ://\       彼が一度タヒチに戻ってきた時、
     ∠ ..:.:.:.:.:._ .-‐  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._ .-‐ ":.:.:, へ. : ._.-‐.:.:.:.:.:.:. .. \
       > .:.:.:.:.:.:.:.:./: ..:._ .-‐ "::.:.:.:.:.:./:.:.:.:./ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. . .: \    彼は私にこう言いましたよ
     ,/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./_ .-‐ " /:.::.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:./ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ ゞ:.:.: :>
    / .:.:.:.:.:.:.:.:.:/...:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:.:.:.:.:.:.:.:.:., ヘ;:.:.:.:..:.: ヘ ̄    「僕は艦長を裏切ってなんかいない
  ,/ .:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:./:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.;イ:i:i:i:ii.:.:.:.:.:i.:.:.i.:ヘ
∠ - '  ̄ フ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:i!!~ヽi:i:i:i:.:.:.:.:i:.:..i:.:.ヘ    僕は監禁されて艦から降りられなかったんだ」
     /:.:.:.,/i:i/;.;.;.;:.:.:.:.:.:.:_, .-‐'_,,.-イ.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.i:..:.:.l   li:i:i:ii.:.:.:.:i:.:.:i\:.:\
    ./:.:.:.,ィi:i:i:i:i/.:.:._, -,ィi:i:i:i:i:i:i:i:i:並羽:.:.∧:.:.:.:.:.:.:.∧:.::|   li:i:i:ii:.:.:.:.|i:i:.ヘ   ̄  とね……
   /;./ イi:i:/‐'i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/<凡 |:./ミ|:.:.:.:.:.:.:..l 入+===.}i:i:i:ii.:.:.. |i:i:i:.:ヘ
   /   |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:‐i:i:i:i:i{ ト、_,ィレ 彡!:.:.:.:.:.:.:.|_,,,,送二_}i:i:i:ii:i:.:.: |\i.::.:ヘ   やる夫君もそうです
       /i:i:i:i:i/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽヾ;;(   |:.ト.:.:.:.:.:|`、.|i!}Y {}y'^ヽi::.:/   ヽ、ゝ
        //∠ --- 、i:i:i:i:/  : :\__.   V ヽ.:.:.:|::::゙ヾ'l 人  レ'        私は彼にタヒチ語を教えていましたが、
     /       /〃〃     : : : :',     \:!.   し'  ,>
           r┴┴ 、      : ::',          / ̄           彼はあなたに忠実に仕えようとしていた
           /     \_    : : :ヽ        ー‐ァ'
            /...       ヽ、  : : ,: \      r'               はっきりと言いますが、あなたは彼らを
        __/          `\_:./`゙ ーゝ、__,ノ
       )_ つ、             \_                    誤解している
       V~く_>ァ 、__           i|ト、
      /i;i;i;i;i;i;i;i;i;`ーkrミヽ、          il|__)_                 彼らはあなたを裏切ることなどしてはいません
     /i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;iヾミ入       il|__{;l、)
      {i;i;i;i;/ ̄ ̄ ̄ヽ ̄\i;i;ヾ\     il|__〉l、)






702 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 20:38:05 ID:eNTeMjjI





  l      /     /     /::::/  / /
  |      ./     /   / /:::::::/ /:: / /   /
  |      l     /   /xヘ  / / :::::/ /:/  /         御託を並べたいだけなら帰りたまえ!!
  |      │     ./ </   X /: :::::::./ /:/  /
  |      |    /〃え≧仆く/\ ::::::../ /:/  /          貴様に何が判る!!
  |      |   :Ⅳ /圦;;;;;;;;;必\ \:/ /:::l. /
  |      |   lY fう;::ゝ;;;(⌒\\::/x'::::│/ /!   !       小さなボートで3600海里の航海を
  |      |   |{ 弋ヘ:::::::::ヽ  ハ、//::::\l/ /│   | │
  |      |   小、 夊三三:ゝ'′/∧ ::::::::〉∧│   | │     行う羽目になった私の苦しみが貴様に判るものか!!
 ∧.    ll    l  ヾ、.        //::;ヾ、:::/∧∧!  :| │
 l ∧    |l    |     `ー==≡≠≦. ∨/ ヘ ∨  |l  |     彼らは私に従わなかった、その事実だけで
 l ∧    | l  │   __ ニ二三V;三ニミ/∧:ミミヾ∨./ \!
 l  ∧  | l  |               V.::::::::::ヾミ=l l三彡     十分だ!!
    ∧. l  \ |                   ヾマリ三彡






703 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 20:39:00 ID:eNTeMjjI





|||||||l'     ||||||,ヘ|||||||||||||/=|||||-=ー‐_'´ ヘ|ヽ‐--::::――┴―‐|/    ……判っていただけなくて
||||||l      |||||/ |||||||||||/-,,'´|||l''´' ´  ̄_  l|||0.|======ヘ||||/
|||||l'      |||l/  |||||||||/r '´イ||l==r ̄`ヽ ̄T|||r'       |||/     残念です
||||||l    /|l/  |||||||ハ|l.   ||'| ,' , ○ヽ ゝ||,        |/
|||||| l  /,-|l/=、 |||l/ l||l.   |ヘ l ゝ、ノ l /´||||       /      ただ、この子には何の罪もありません
|||||| l/',´ 'l/,=ヽヽl/ ,,-ゝ|l:   ヽヽ_,,,==ゝ-' |||'          '´
ヽ|||| r r'´ r't ̄0ヽ||l〆,,, --ゝ|l=、   ̄ ____, -‐'´,'          7、    この子は既に母親を亡くし、そしてさらに
|||T|| ||l.l、 || l l ヘヽ||l' ̄   ヽ`ー--―',--―´ ̄//          |
|||||.` ヾヾ- ヽ ゝ`'´ノl|l       ̄ ̄ ̄  / / / /       |     もう二度と父親に会えないかもしれない
||||||.  ヾハ ヽゝ'´,// l             /   / /        |
|||||||.  /ヾ ヘ_, -'´‐'´ /               / / |        /     ですから、できる夫君に近しい存在だった
\||||. /  T-‐' ´   ヽ                  / |      '
  \| l'   ||||ゝ           _,,,、、                     あなたにどうしても会わせたかった
ヽ   |l    l|||ハ         t=-‐'´
 ヽ||||l    ||l  ゝ                                そして、あなたという人にこの子の存在を
  ヽ||     ||    ヽ                   /    /
   ヾ           ` -、              〆    /      心の片隅にでも留めてほしかった
                   ` ‐、      , ‐'´  \ /
                       ` ー'´    / /         ……私の思いはそれだけです






704 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 20:40:00 ID:eNTeMjjI





                _,, ─=ニ二 ̄ "'- 、
            _,..-'''"__ ※  `"'- 、  \
           />゙⌒ヽ ̄ ̄ ̄"'- 、 ※ \.   \
         / ./   : :\ : :\ : : \    ∨   \            ブライさん、お願いです!!
.         /  /     : :ハ  : :\ : : ヘ ※ ∨ _〆)
        / : :i    : i: : :ト、   : : ヘ : :ヘ.   | イ__/            その子の母親の蒼星石は
         /  : :i   : : /,イ イ: :ト、\__,: :∧ : : :| ※゙|.八
       l l : : :l_ // ル゙i: :ノィr‐─< 〉: :.,'  .l: : \             病気で死んでしまったです!!
       l l. : :tノ.厶イ  ル゙  (て刀ア.,': :./ ※ .l: :    \
       |∧ : :∨ (てカ`     ゞ―゙ /: :/   .ト、 : :     \         そして父親も帰ってこないです
.          ゝ : : \.ゞ┘ ,   ////,.イ ※  l: \ : :     \
.         `(>┬-ゝ//  r 、      个   ∧.: : \ : :     '.,       ブライさんができる夫のことが嫌いでも
.           ) 人.X゙\   `‐'   / .| ※ /.: :',: :   \: :   l
            /./ : : )゙※/゙テ=r‐ャ<.___人.  /: :  ',: :    \: :  l       せめて、せめてその子には
        /./ : :/ /゙f .〉〉刀, 〉 〕    `X乃ミY)∧: :      \/
          /./ : :/./_「| Y|    /\  ∧ ヘ\  ̄ハ.: :      \       優しくしてやって欲しいです!!
       /./ : : ,イ 辷竺ミY   .∧  》 ∧ノ  〉 \. l.: :        ヘ
.       /./., -'"/ノ 廴_辷竺ミ乃ゝノ∧ノ  / ※ /  |.: : : :       ',     翠星石はその子に父親の雰囲気の、
      /./  /  ./^''^''廴___) ∧ノ  〈   〈   l: : : :      l
.    / ※ / Y /    人^''^''^∨ノ∠_.',    ', l',.: : : :       |     ほんの僅かでも感じさせて
.   /   .弓ミxrュ/    /((∧.    ',       ', ※゙∨ ',.: : : :       |
 / ※ 〈ゞ〃rr/     ,イ))/ ∧   てハ二) ヘ.   ∨ l.: : : :     |     やりたかったんですぅ!!
     /∨》 |.ト、   /|.|((廴_.∧    |.|.|ヘ.   | ※ | |.: : : :     /
 \ /   _∨゙|.| ゝノ |.|^Y^Y^人 .ノ|.|.|〉〉.   |    |.丿: : : :   /






705 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 20:40:30 ID:eNTeMjjI





                      , ---、_
    _ ---、,_             ./ ,   i
   /  -,  `i-、__、-一'''',''',=ー-(_`i-、,-、,,,ノ
   .l,    l,,--,-'  .l i''l 'i 'i l_,_,_,,_ヽ、l_
   `'---'~,>_,_,-''ー''`'~ '-''`'`'~__  ``\
       /    ._,、    ''~ `ヽ,.  ヽ        キャハ!!
       .l    /              l,
      .l                   l
      .l                  .l       きゃきゃきゃ!!
       'i,                 .l
       ヽ,           -''''ー-v .l_  
        ヽ 、_,-'~~`'  ,-'-'i,  ::::::::,<'、_)       ブライブラーイ!!
        .i''-'っ、:,_::  'i,  } _,、-'  'i~  
         ヽ'i,   ~`>_'''、'~,~、ノヽ, /   
           ヽ, ., i'  i ,、i'i-,}  .l 'i,    
         _,_  .l' ヽ、_ `'''''''~_,,,、-' 'i,   
         l ヽ'i~`   ~~~~     ~`''i'~'i
         ヽ,,,ノノ            .::l'i,,/
           .ヽ、::...        ....::::::ノ
             `'-、,,,,,,,,,,,、、、--一'''~






706 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 20:41:07 ID:eNTeMjjI





.          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'.
         ,'.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!.:.:.:.:!..:.:.:.:.:l         ……そうだな、確かに
         } .:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:. :.//.:./.:.:.:.:./i :.:.:. |:.:.:.:.l:.:.:.l:.|.|
         .':.l.:.:.:.| :.:.l:.:.:.:./:. :. :./:./:.:/ : :.: .:./.:.|:. .:. .|:.:.:.:.l:.:.:|:.l.:!         子供に罪はないな
.        /:./'..:.:.| :.:.|.:.:./l:.: .:/:./:./ .: .:.: :.:./.:.:.:l:.'、: .l.:.:.:.:|.:.:.|:.|:l
       /:./ l.:.:.| :.:.l.:./ l.: .:./:./:./:.: .:.:.: /:.:./l:.l:.:.\.|:.:.:.:l.:.:.l:.|:.l         声を荒げてすまなかった……
       }/  l'..:.l :.:.|/ヽ|: ./|:/:./.: .:. :.:/.':./ |:.!ヽ:.:.} .:.:/:.:/|:|'.:{
       /   |ヽヽ :.', ミ|:/‐|{:./l:.:.:.:/ /:.∠-‐´ヽ_',ノ .:/ }.{.',{ ヽ        私には何もしてやれないが、
          l .:.ハ:ヽ:.{f㍉,爻イ、|:/ //,rz=伐升フ .:/ /:.:l ヽ
          | ノ ',ヽヽ',¨冖┴-/´',  彡`ゝー┴‐7 ../ /:.:,'           その子をしっかりと
          |/ ヽ:.\ヽ、     }        /:.:./_/ |/
          ノ´  ヽ:.:.ヽ ̄    i}        /:.ノ:.:.l /            育ててやってくれたまえ……
              l:.|:.:. ヽ、  -‐- -、..  ,イ、/.:./リ
              リ!|.:.((`丶  ``__イ_/厶.:{
            __ -‐ゝ‐|: ミr >、_才‐‐‐‐イ´: : : \
    _ - ‐‐‐=´ : : : : : : : l艸 | F ̄ ̄ ̄`l | 圸巛: : : `丶_____
,── : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 卅 | | : : : : : : : | |: :丱: : : : : : : : : : : : : : : : : :  ̄ ̄`ヽ
|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : | | : : : : : : : | |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
', : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : | | : : : : : : : :| |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :,'






707 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 20:42:06 ID:eNTeMjjI





                    , -'"  ̄ ` 丶、 
                /         \               これ以降ブライ艦長の元には、
              /            |
               .i   _ _     _ _   ヽ_             バウンティ号の乗組員達が現地妻との
             | /二`     "二ヽ、 |  〉    
             _|  _,ィiュミ   r_,ィiュミ  レ-|             間にこしらえた子供を連れた現地人が
             . ヾ!   - ' r  `ヽ  ̄´  | ∧
..             ゙!  〃  ^ ^  ヽ   l-/  〉           何人も訪ねてくるようになった。
                i   { ='"三二T冫  /´_ノ
            ._,ィヘ  ヽ ヾ== 彳   /:::/`ー- 、          それは、マッキントッシュ、スキナーの娘、
         _, ィ´:::::/ l\ ト、 ー一 / /::/      \
        /  |::::::::: ̄ ̄ ̄::`ー=彳_∠ _      ヽ      バーキットとミルウォードの息子などであった。
      ../   |::::::::::::::::::::::::::::(‥):::〈_     \       l
     r'"`丶、 |:::::::::/:::/::::´:::::::::::::::::(_     ト、      |
 _/ / `ー 、 \|::::/:::::/:::::::::::::::::::::::::::(_      \   \





709 :名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 20:43:27 ID:e77rwx5k



まさに外道!


711 :名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 20:45:37 ID:8s64IDCs



マッキントッシュはともかく、不慮の死を遂げた人たちの子だなあ


712 :名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 20:46:22 ID:KpEHH3Ww



楽園と思っていたタヒチが変わり果てて、
しかもそこの住民が謀反人を庇っていたら、
ブライでなくても冷静ではいられなくなりそうだ。

現地の人と交流があったのはよかったけど。



708 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 20:43:00 ID:eNTeMjjI





              _.._ ``、,.、-::─::-..、
            /:::::::::`:く:ノ:::::::::::::::::::::::ヽ
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ          ブライ艦長のタヒチでの行動の中で
             /:::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
         /:::::::::::::::::::::::イ:::::::::::丶::::::::::::::::::::::::',         いささか奇妙だったのは、
           /::::: /:::::::::::::/ l::::::: !:::::::|\::::::::::::::::: l
        i::::: /:::::::::::::/一V:::::| :::: |ーヽ:::::::::::::::!         彼が今回は遂にあのマテと会うことが
        |:: /:::::: /::: |ィ云∨ |V::::| ィテヘヽ::::::::!イ
        |:/ |::: /::ハ::| 迂:リ V| ヾ! 迂:リハ::ト::::::>       なかったことだった。
        |′|::/|:::|ネヘ `ー´ ヽ   `ー´ ハ!ノリ`ヽ
            i/ V、_ヘ       !     ムリ′         マテはすでに三度目の改名をして「ポマレ」と
            ′    ヽ、  - -   , ′
                   |ヽ    イ/             名乗っていた。
                   ,.イ   ` ´  ハ
               ,.イ:!  \   /  ヽ..、、          彼は1791年に息子に王位を譲っていたが、
          ,...::::´/::::::l   /;⌒;ヘ    j:::::ヘ:`:::....、
      ,...::::´::::::::::/:::::::::l、 ∧;;;;;;;;;∧ /:l::::::::ヘ:::::::::::`:::....、   摂政として息子の面倒をみていたのだ。
    ,ィ:::::::::::::::::::::/::::::::::/!∨ ∨;;;/ ∨ l::::::::::::ヘ:::::::::::::::::::::`::..、
     i::l::::::::::::::::::::::ヽ::::::/:::!   .i;;;;;;!    ハ:::::::: / ::::::::::::::::::::::::/:i






710 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 20:45:00 ID:eNTeMjjI





         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、          もっとも、ポマレのほうでもおそらくブライに会う必然性は
        / /" `ヽ ヽ  \   
     //, '/0°   ヽハ  、 ヽ       薄れていたにょろ。
     〃 {_{\    /リ| l │ i|  
     レ!小l●    ● 从 |、i|        なぜならば、バウンティ号の叛乱が知れ渡って以降、タヒチ島を
      ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│ 
  /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !       訪れる船は飛躍的に増えていったからにょろ。
  \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│ 
    ./:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |       そしてポマレは抜け目なくそれらの船から武器を仕入れていたにょろ。
   `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |  
                          こうして彼は、強大な力を手に入れていったにょろね。






713 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 20:47:01 ID:eNTeMjjI





                       ,、          ,、          ,、    
.       ∧_∧          ヽYノ        ヽYノ        ヽYノ   
       (;´Д`)        r''ヽ、.|       r''ヽ、.|       r''ヽ、.|    
  -=≡  /    ヽ        `ー-ヽ|ヮ      `ー-ヽ|ヮ      `ー-ヽ|ヮ   
.      /| |   |. |          .`|         .`|         .`|    
 -=≡ /. \ヽ/\\         |          |          |    
    /    ヽ⌒)==ヽ_)=   ....│ ̄ ̄ ̄ ̄│ ....│ ̄ ̄ ̄ ̄│ ...│ ̄ ̄ ̄ ̄│
-=   / /⌒\.\ ||  ||     ├───┤   ├───┤   .├───┤
  / /    > ) ||   ||     │.    │   │.    │   .│.    │
 / /     / /_||_ ||     .│.    │   │.    │   .│.    │
 し'     (_つ ̄(_)) ̄ (.)) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(.)) 





ブライは部下に迅速にパンの木の若木を収集し艦に積み込むよう命令した。
こうして三ヶ月足らずでバウンティ号の時の倍の数のパンの木を積み込んだのである。






715 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 20:49:01 ID:eNTeMjjI





         (::::::::::::   ヽ
    , ⌒ヽ    (::::::::::::::::::::::  )                      積み込みを終えたプロヴィデンス号を
   (:::::::::::: '   (:::::::::::::::::::::::::::  ヽ⌒ヽ 、
    ゝ:::::::::::: `ヽ(:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    )       (⌒ 、      ブライ艦長はタヒチから1792年7月19日に
   (::::::::::::::::::   ::::::::::::::: 、⌒  ::::::::::::::::  ヽ     (:::::::  ヽ
  (::::::::::::(⌒::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::  )    (:::::::::::::::::      出航させた。
::(::: ::::::::::::::::::::::::::: `)::::::::::::::::::::::::::::: ノ:::::::::::::::::: Y⌒ ヽ::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::)::::::::::::::::::::::::::::     ┌┐  :::::::::::::::::::::::::::::     こうして彼は再びオーストラリア北岸から
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  /~'7;; |/~''7 ::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: (  ( ̄|  ( ::::::::::::::::::::::::     ニューギニアを抜けてインド洋を進み、
                     、___`t-'ーイゝ-i
                      ヽ] ̄二二二7            喜望峰を回って西インド諸島に到達する
~^'""~~~~^'""~~~~^'""~~~~^'""~~~~^'""~~~~^'"^~~^'""~^'"^~~~~~~~
 ~~~ ~~   ~~~~  ~~~ ~~  ~~~  ~~~       航路に挑戦することになった。
 ~ ~~  ~~  ~~   ~~ ~~~~~    ~~ ~~~
~ ~~~~~ ~~ ~~~~   ~~  ~ ~~  ~~ ~~~~






716 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 20:50:06 ID:eNTeMjjI





                        . -‐:.:.´ ̄:.:.:`:.丶 、
                     -:.:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
               _ -‐ ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、        誰もが恐れる暗礁に満ちたこの
              /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
             /:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.':.,      航路の航海を一番待ち遠しく
            //:.:./: .:./:.:.:./:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.|:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
          /:.:/:.:./: .:./ :.:./ .:.:.!ヽ:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.|::..:.:.:.|:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',     していたのは間違いなくブライ艦長であろう。
         // :/:.:./ :.:.:/ .:./ :.:..l|ヽヽ:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.|:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
       / / :.//:/ :.:./ :.:/ .:.:../:| \\:.:.|:.:.:.:..:l:.:.:.:.:.l:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l     なぜならば、未知の水域である
     ,/  / :.//:/ :.:./l :./ .:.:../|:.| __-‐弋ヽ!:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.!:.:.l‐、.:.:.:.:.:.:.:l:.:.l
     ´   / :.//./ .:.:./:.! .,' :.:..∠//´l_.=≠才l:.:.:.:.!:.:.:.:.:/:./^、l.:.:.:.:.:.:.:|:.:|     この一帯を通り抜けるには
       ,' :./ ,'/ .:.:./.:.:.| .l:.:.:./l //ノ¨|フ:}///.:./:.:.:.:./:./〉//:.:!.:.:.:.:.:l:.:l
       |:,' / l :.:./__,|:.l/,イ/´  /´ //:./:.:.:.:./:./_ イ:.:./.:.:.:.:.:|:.:!     綿密な航路の計算と海図の作成が
       |{  l |:./l  r-|{ /ノ      //:./:.:.:././ / /.イ:.:.:.:.:.:.||.:|
       ヽ、  ヽ | | r:.:./\     //:./:.:./:.:イ ,.  /:/||:.:.:.:.:.:lト、{     必要であり、それをもっとも
          /゙ } | |∠__\__ //イ:////  // ||:.:|:.:,'|| `ー
            / / {-------ヽ   /´ ´‐ ´  /´  |l:.:|l:' l|       喜ぶべき仕事としているのは
           /   く ̄ ̄ ̄/ ̄))_.. イ          |ヽ|| `
          /     `イ ̄ / ^¨,─┴┬─────‐‐`lヽ       ブライ艦長その人であったからだ。
        /         /   { ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       /         /     l : : : | |,-、 〈〉 ,- 、: : : : : : :l        彼は嬉々として仕事をこなしていった。
      /       _ ' ´       |: : : :| |⌒))||((⌒: : : : : : : :|
      |     | ̄   ____/|: : : | |: : :》||《: : : -─= ̄ ヽ
      |     |、  r´/: : : : : : : : {{: : : {{-‐≫-‐ ̄: : : : : : : : : ヘ






717 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 20:51:00 ID:eNTeMjjI





            <"~7                   ... ,,. .   。              
       ,-‐; 。ヾ -'´                 ヾ7           ゚__           
  , ‐-、 __,.、ヾ~"> (フ <"ヾ,_             ,,. -、_    ,ヘ-、i=^~  ´ーヽ_ -―ヽ、__  
ξ       ̄^"~ ノ ゝヲ'             / n  ^^´´ ̄ '                ,ゝ
..`ゝ,i"^'ヽ     (~ ,i"^γヽ         ,、 '-,ノ `i                , -―'フノ`´.    
 ゚´~   ヾ、    ~"  ・-‐'  イギリス→レ <´` ̄                7ο  ´ ゚    
        i    ";゚  /"~ ゚        ) ̄,-ヾヽノ> ο°        ,-、> ノ)         
        k、   ,、v"~          ,フ´ ̄ヽ-‐'´   、_         )  "~      
  ヾ      ヾ;、_( ∞←西インド諸島  i       \ _ > `、 /k 、-‐'´         
           ~"ヾ、,'"ヽ、.,,        ヽ_,、_      ゝ   V。  ヽ-'  ゚.:,     .  .     
          .   (    "‐-、          ヾ   /  ..    ヾi <フ,; n- 、 ' .        
              ヽ     ノ          )   i. ,、        ~"…,-‐i,,.k   、       
゚←タヒチ島        `;   ;-'           ヽ  /"〔ノ         <"    \       
                ,!  ノ              `-'´            ヽ -‐ヽ、_ /      
               i ,'"               ↑                  o  ノ   
               ν               喜望峰                 
                                        



タヒチを出航したプロヴィデンス号とアシスタント号は順調に航海を続け、1793年1月22日には
西インド諸島の南東部にあるセントビンセント島に到着した。
さらに2月5日はジャマイカ島南部の都市ポートロイヤルに錨を下ろした。
ブライ艦長はパンの木の苗木をほとんど枯らすことなく遂にこの任務をやり遂げたのだ。






718 :名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 20:52:59 ID:e77rwx5k



航海者としては有能な人なんだなぁ


719 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 20:53:05 ID:eNTeMjjI





            /                             l
           ,l゙                              |
           l! l     !    !                   .!       これで奴隷達の食費を
           l l!    l    i    ,'l         |    !   .|
           ``!ヽ、   l    l    / |,!   l   , l   /   :!       浮かせることが出来る
            l  ``i'゙ヽ、    |   ;' l l   |   l!_l_,、-'゙!    |
            |   |,! 、.`゙`''ヾ、;: /  l | _,,.!-‐‐'"_,'_,,,,_ |    |       実に喜ばしいことです
             |   |、 -=、,,____ ヽ, / ___,,r==-  , l    |!
             |   !;r、 ,,r'':::::::::::::::ヾ__,、,_ir ':::::::::::::::::ヽ_/,l,'!    l'!      これは彼に感謝をしないと
             |   | l;l ゙ii::::::::::::::,; -メ‐、 ヽ::::::::::::::::::::ノ  ,ir|    |l!
             !   !::ヾ,, ヾ--./ / ./ヽ, `──‐‐´ ,r/l_::!    |       いけませんね
             |  l:::::ヾヽ,_/ , '  /  i          !;i li::l   ,.!
           _, - l l! l|ヽ jl´   ,, '  ./  / _,-`       j;トji:::l   ,.!:ヽ_
     _, - '´.:.:.:ヾ!l l|!r'" /  ,i´  /  ,i_''_, _ ,-、  ,_j;;i //::| , /.:.:.:.:.:.:.\_
, -─'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. l、ヽ`:、::| /  /  /   /   _/ ,/,,,j';;/   `l/l:/::::::::::::.:.:.:.:.:.::.:ヽ-、_
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::ヾ::::::/  /  /   /  フ´   /-'_;/ /:::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ,,_
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::/      /  ,ト-/  /;;;;;;rl, イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/          /;/  /;;;;; i,,-´  |:::::::::::::::::::::::::::::::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.::.:.:.:



この植民地の農園主や貿易業者はパンの木の到着を大いに喜び、ここから得られる
利益を期待した。






720 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 20:54:02 ID:eNTeMjjI





                      ,__    
                      ■∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                 タン!  ( ´∀` ) <  全会一致で決定!!
                 Σ凸⊂     )   \__________     ジャマイカの植民地議会は
               ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ .
               ┃ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄┃                 ブライを称える演説を行い、
               ┃                ┃     ∧∧__    
 __∧∧.       ___┃_                  __┃___  (゚Д゚,,)||          公式の謝辞を述べた上で
 ||(=゚ω゚)    /    /|             |\     \(|X| U/ノ~ゝヾ
 ||○|X||ヽ... /    /  |             |  \    \  (’ヮ’ン||     1000ギニーという多額の
 ヽ_⊃⊃/    /      .              \    \ ノ|○V.||
   ┃_/    /                       \    \ _ノ      謝礼を与えることを決定した。
     .| ̄ ̄ ̄~|                           | ̄ ̄ ̄~|┃






721 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 20:55:12 ID:eNTeMjjI





           , --―ュ
          /:/ ̄7:/
          {::{  /:/                 そしてさらに彼はこの航海の成功を記念する
          ヽヽ/:/
           ∨/                  黄金のメダルを授与されたのである。
            Ⅵ
          _, - ― 、_                 彼はこのとき、間違いなくバウンティ号での
        , ' m'、   `ヽ、
       /ヽ@"_ ! ,-イ  ヽ             屈辱を晴らし、祖国で再び英雄として受け入れられる
      l  ニー´ ヽ‘'  l  l
      l  l ,-`ヽ ¨´  !  l             自分を想像したであろう。
      〉´=ニ'"`、' ,.‐-、 ` ノ
      l ´,-ヾ}'^''´l;;/ー' ノ
      ヽ、)_ノヽ、_ _,. - '





725 :名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 20:58:50 ID:/Ay81du2



この1000ギニーって当時の価値だとどれくらいなんでしょう?


1000ギニーってのは1050ポンドに相当するんですが、
18世紀末の腕のいい職人が週に3~4ポンド、商家の女中が年2~4ポンド、
有能な家令が年100ポンド、執事で年20ポンド、下男で8ポンドといったところでした。
田舎の平均的な地主の収入が年200ポンドから5千ポンドになったそうです。



722 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 20:56:00 ID:eNTeMjjI





8月7日にプロヴィデンス号はイギリスに帰りつき、デットフォード海軍工廠に錨を下ろした。
しかし……。


                                .rnへ、
                               ,人r壺'
                               ∠/  |
                      rゝ、_、 ,∠x/  、:トャ
                       」ロpwLr∠xl,/   >j´
                      fLfffrrr[>≦「´   `U
                       ||LL⊥二〔、      _,,..-‐''`'ー-、_
 _,..-'''"~""''' ‐- ...,,___,,..-‐''~""''' ‐||>:<||><||...,,__'''""~       ~""''' ‐- ...,__、
                      ||><||><||       \r、__rf    ft__,rァ/
                      ,||>< ||><||       rゝ[ロrL   ,」ュロ[くャ
      |    .[森氷製菓]     .||><||><||  .r====l:┐|x|xlx|´    |x|xlx|
────!zュ   | lココココココ:|[㌔㍍] ,|| ̄ :|| ̄ ̄ || ::|l=====l|l|x|xlx| r─‐:|x|xlx|
 ○   /´   | lココココココ:|rェェェュ].,||≧≦||≧ ≦||  |l====,r:::::::::-、x〕kュュ 〔x|x(V_。_。V)
   ,/-‐─¬、  ,.-‐─¬、ェェェ:[ ,|| ̄ ̄:|| ̄ ̄ ||     `l::::::::::{  rェェェrへュ彡、:_:_:rミ
   / |[: ̄l ̄:]|  |[: ̄l ̄:]| ェェェ:|::||二二:l||二二l||   l| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
___{ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|       :|γγヽ
::::::::ヘ~~~~~~~~~~~~~ ~~~~~~~:l|       :| ヽヽソ
~~`                              :|       :|
                                 ~~~~~~~~~~~~~~






723 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 20:57:00 ID:eNTeMjjI





: : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : __/
: : : : : /: : : : : : : : : : : : : : __, ---─ZZZZ二‐─ {
\: / : : : : : : : : : ──ニー─ ‐' ̄ ̄: : : : : : : : : : /        (……どういうことだ
  `}: : : : ○二彡 ̄ ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /l
   l_-‐'´:.|:.:.l`7‐- 、 ___ : : : : : : : : : : __/:.|:.|         なぜ誰も祝福に来ない!!
   } :.:.| :. l:./≠|/二|l=|:.|:.:./77/7‐7フラ辷孑レ|.:.:l:.l:.|
  / //',. :.ソ了fゝゝi|才|:.//// { /'¨ソ ̄ ̄ ,':.//:.:',         私はあれほどの大航海を成し遂げたんだぞ!!
  / /l.|ソヽ :.仆ゝ亠冖´リ|'    ',       //,.:.:..ハ.',
. //|:/|:ヽヽヽ、\         l!      /'/:./',:| `ヽ       相応の歓迎があってもおかしくないはずだ
/´ ノ' .|:..:.\__ヽ:.:.\        i|      ,'.:.:{ `ヽ、
 ´  ',:.:.:./l:.:.l:.:`、:.:.\      _..= -    イ:.|:.|           この冷遇振りは何だ!!)
    l:.:./ |:.:.ト:.:.ヽヽ:.:.:.`ー、 /_..-‐   /リ.:.l:.|
    }/  |:.:ハ:.:.:l.:.ト、 ̄'¨、      /  |-!、!
    /´  .|/ !.:.l.:.l:.l    ` メ 、. /_ -‐ ̄: : : }
       /  }:/l:.r┴‐-----, -.ニ‐´ : : : : : : : : :',            __
        ノ´ リl: : : : :r‐ ̄  ̄l: : : : : : : : : : : : : ヽー / ̄<=ー./: :/ ̄
           ,': : : : :l 〉: : : 〈:|: : : : : : : : : : : :/: :/: :/: : : : /: :/: : : : /
          / : : : : : |l: : : : : | ', : : : : : : : :./: :/: :/: : : : /: :/: : : : /



歓迎どころか上陸したブライ艦長に向けられたのは冷ややかな目線だけでしかなかった。
彼が航海を行っていた二年の間に、状況は全く変わってしまっていたのだ。






724 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 20:58:02 ID:eNTeMjjI





           _..、.._ -─‐=¬==‐-、_
        /´::/:::::::::;,:::::: ::::::::::..、:::::.. `''、
        r::_r':::::::;:;/:::::r .:::::: ::::.. ヽ:ヾ:  丶                さらにブライを激怒させたことは、
        〃:::::::;:;i〃::::.::/ .::li;::::.ヽ:::. \;::.  ト、
       /::;:::::;:i:;i/::::/.::;l .:::ll;::.:::. li;::::.、.. `,i::、.;. 丶              海軍卿チャタム伯が今回の航海の
      l|;::i::::;:i:;l/::::/.:::;i} .:::l!::..|::. ト;:::. i;:... l;i:::i. 、::.ヽ
    .  {l:i:;:;::;i;lイ::::::;::::i::li .::::、:..li::/ヽ:::.ハ:::.ハi;::l:. ト、::`,            詳細の報告を受けるために
       l|:i:;:i:;i:l:li::::::i;:::l::|l、::::l|;::.}:! |ィーy' V:::::.i ヾ:}
   .   li;:l:i:;l:;l|l:::;::li;/V_ヽ::ハ;::::}〃ィ=≠=、Y;:::::l.  }:l            呼び出したのは船団の次席士官である
       ヽl:i-、|l:::i;:ィ;≦iラヽ ヘ::::ヘ `ミ垈:タ |l:::i::|  リ
   .    `|丶|l;::l;::iゞ:坐タ '′ 、ヘ. //// |ll:::l::| ´            ポートロック海尉艦長であり、
     .   1ヒ: |li:;li::| ////    ! ゙丶  u llll:::|::i
        /ヾ_ll;i:;li::}       、 '   、  ハll:::|::|             ブライには接見を許さなかったことだった。
       ∧{ l;|l;l:;l:ハ      _ ..-='..タ  /l ̄``゙
  .     ∧l l;:.ll;l:;li;i::;\    `ー ´   / il\               これはブライにとって明らかに不当な
       l}:::i| l;:.=-‐'゙ ̄丶- 、..__    .イ .|  .\
      ハl::i| l;::i;:i:l:;夂少ハ    ̄` ´   |    ヘミlヽ           冷遇だった。
      |l:::i;| |;:i;;i:{:;i:;夕/  {        |     }堂盆z、
      /:::;i;l| |l;;:i:{::i::}:;/   Y        /    1国型香坐≡==‐--、
    /:::;i:;i;l」_|.z=≡/    lヽ=-、.__,..x-=/     | ̄`ヽ=≡苑型国ミ/ ヽ
   /:::_,x-=盆苑国/__ ∧:::::::::::::::::::::/ _____」          /   }
  ./::/香国苑彡=  毛/ ∧:::::::::::::::/ ヽ、物     /        {    l






726 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 20:59:02 ID:eNTeMjjI





たまりかねたブライは、即刻彼の最大の支援者であるジョゼフ・バンクスの下を訪ねた。



       ,'.:.:.:./ .:.!:.:.:.:.:./:.:./',.:.:.:.:.:.:.:.:.\              `──--
       /: .:./ .:.l:.:.:.:./:.:./ ヽ\.:.:.\:.:.\   ∧ ̄`──----、_
      /. /:. l :.|:.:.:./l:.:.,' /ヽ:.\.:.:.ヽ:.:.|ヽ   ∧: : : : : : : : : : : :  `──     バンクス卿!!
   |   /. :./l.:. | :.|:.:/ |:,'/ ./ヽヽ:\.:.|:.:.|:.:.',   ∧: : : : : : : : : : : : : : : :
   |l  /:. :/:.:|:.:.| :.|:.{ 〃|l /fi  /\', ヽ|:./:.:./ヽ  ∧: : : : : : : : : : : : : : : :      これは一体
   | {/.:./|:.:.l:.:.| :.|:.|ヽ,/i!ノ {ノ| /  ヽ、:./:.:.:/.:.:.ヽ  ∧: : : : : : : : : : : : : : : :
   |//  l:.:.イ:.:l :.:l:.|.:..|彡  iノ/     /:.:./.:.:.:./:ヽ  ∧: : : : : : : : : : : : : : : :    どういうことです!?
  /´∧  |.:.,'|:.:.|.:.:.|:.l:./   /     /:.:./.:.:.:./:.:/ ヽ   ∧: : : : : : : : : : : : : :
  / \ ∧ |:.l |:.:lヽ:.ヽ'、   ´     /:.イ:.:.:.:/./   \  \: : : : : : : : : : : :    帰ってみれば祝福どころか
    ヽ. `|:| ',:.| /ヽ、        ///:.:/´    |  \  \: : : : : : : : : :
     \|:l l:| \ 、   _____. /´ .//       }  /   /: : : : : : : : : :    誰も私に寄り付こうともせず、
       |!、`ヽ、  ヽ_ _∠二ニ/ヽ /´       イ//   /: : : : : : : : : :
       ` \ \  ノ`ヽ\  /¨´ヽ      / /: :/   /: : : : : : : : : :     あまつさえチャタム伯は
          \\/:.:/ ヽヽ/ /  /,'     / /:./:./   /: : : : : : : : : : : :
           `// |/} iニニイ  ,  ' ´  /:./:./   /::.::.::.::.::.::.::.: : : : :    この私を無視した
           /´\',ノ ^ヽ¨ ̄ //\_. //:./  /::.::.::.::.::.::.: : : : :
              \   ',_ / //:.//:.:./  /::.::.::.::.::.: : : : :        私が航海をしている間に
                \   / <  / /  /::.::.::.::.::.: : : : : 
                /  / } ̄/ ヽ{-/  /:.::.: : : : : : : :           いったい何があったんです!!
                /  / i| / / /  /: : : : : : : : :






727 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 21:02:08 ID:eNTeMjjI





   /:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:/:..:..:..:..:..:./:..:./:..:..ヽ::::/:../:..:..:..:..:..:.}
   l:..:..:..:..:..:..:..:..:..:../:::..:..:..:..:/:./:..:./:./\:.∨:/ヽ:..:..:..:..:..:..:j         ブライ君……それは状況が変わったから
 /|:,.--、:..:,.----/::::..:..:..:../:./:..:./l:/::::::::\/::::::l.:..:..:..:..:..:/
 !:./:..:..:..:/..:..:..:/j::::::..:..:i:./:./i.:../ .!:!       |:..:..:|:..:./          としか言いようがない
./i/:..:..:..:/:..:../:..:..|::::::.:...l:.i:.:i .l:./ .!:!       リ:..:.j:..:.!
.V:、:.:::::/:::/:..:..:...::!::::::.:..:!:j:.:| j/  !j     /ィ|::::l :::!          一年前にバウンティ号の裁判が行われ
 ヽ\,'/::_::_:,-、:::!:::::.:..:.i:.!iリ十‐-._i:i ヾ   i/うリ l:::::!:.:.!
  |ヽ:.`V:.:.:.:.!i`ヽ!:::::.:..:.i:.!卞<ミ、,l| ̄`゙  ヒzイ !::::|:..:|          やる夫とモリソンの二人の罪が許された
  /!:..:\:ヽ:::::::\'j::::::.:l:.:i.|辷z少'' ヾ     l    |::::|:..:|
. /:.l:..:..:..:.`.!\:;-‐'!::::::.i:..:ハ ̄´     \   ヽ  /!:::j:..:.!          それとほぼ同時に君に対する批難の声が
/:..:.|:..:..:..:..:.!:.:/:::l::::|::::::.l..:..:ハ           ' ,.'::j::/:..:.|
:..:.. |:..:..:..:./.:.i:::::::V:|:::::::l:..:...∧     ,..-‐ァ ,.':::::j/:../:バー..,,_       あちこちで上がるようになった
:..:..::!:...:..:/:.:.:j:::..::::V!:::::::!.:..:..:∧> .. _´    /::::::/:.:/:..:..:}:::::::::::>、
:..:..:i:..:..:/:.:.:.:l::.:.:.::::::i::::::::',:..:..:...ハ≧‐-≧-イ::::::::::/::./:..:..:./:::.::/.::.::..ヽ    それを主導したのは、やらない夫の兄
:.:.:/:..:./:.:.:.:.:l:.::.::.:::::ハ::::::::ヽ:..:..:..ハ   j ./`゙\/,ィ.:..:./:::./::.::.::.::.::.:.ヽ
:./:..:./::.::./l:::.:::.:.::::::::ヽ:::::::\:..:..:ヽ_i/    {::.:i:..:./::.::.:/`ヽ::.::.::.:.:.:::.::.ヽ  エドワード・クリスチャンだよ
/:./::./..:..l::.::.::.::.::::::::::::\::::::\:..:.\ \  ヽ::!:/::.::.::.:/   \::.::.::.::.::.:.\



しかしバンクス卿から聞かされたのは、彼に対する世間の評価が全く変わってしまっていたという事実だった。






729 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 21:06:38 ID:eNTeMjjI





        /´ ̄ ̄  ̄ ̄`\.
      /: : : :          \                   エドワードは弟やらない夫の無実を信じ、
     /: : : : :           '.,
     |: : : :                 :|                  家名を挽回するために
     | : : : : : : : : .,           :|
     |:: : : : / ̄゛,, 、、'´`ヽ、   :|                  やる夫とモリソン、その他バウンティ号の
     |:::::;;;(  ●) ノヽ ( ● ) ;;::|
     |: : : ´"''"    |  ´"''"  :l                  乗組員の証言を集めて世間に発表し、
      ',: : . .      J        /
   _/二L___: :. 、_____,    /ハー、__              ブライの責任を世に問い続けた。
 /: : r':| r' ̄二ユ   -'      /: : ',: :: :: :\__
 : : : : | .| | /  ) `)       ./| : :.ヘ: :: :: :: :: :: :\__       聡明な彼の意見は徐々に世間に浸透し、
 : : : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_    /. |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ
 : :: :: :\         ヽ- ´   .|: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ     反比例してブライの悪評は広まっていった。
 : :: :: : l: `ー┬-、      ト、.  /: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ
  : : ┐|: :: :: :: :\)  7 ./iii入/|: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :: :}     このような状況の中でブライは帰国したのだ。
 : : イ .|__/ ,へ/⌒\ ./iiii〈   /! : : : : : ::/: :: :: : V: :: :,イ: : :!
 イノ : : / /: :: :\_  ̄\ii}  |: :: :: :: :/----: : .| /ノ: :: :|

エドワード・クリスチャン:やらない夫の兄。当時ケンブリッジ大学の法律学の教授。






730 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 21:08:10 ID:eNTeMjjI





                    ,斗-、            そして、ブライの帰国を見計らったかのようにエドワードは
                 > ´   \
.             r‐、/        \         『軍法会議の審理の詳細』というパンフレットを自費出版して配布した。
    _______| |\\          \
  rく         `V〉,\\__       \      このパンフレットは軍法会議での各被告の弁論を要約したもので、
  Vヘ           V〉, `ー―┘      _,\
  Vヘ          V〉,        , ≦,斗‐''    事件の真相を暴露しようとした力作だった。
   Vヘ             V〉,    , <>'
   Vヘ             V〉,   < /          エドワードはこの中でこの叛乱の主たる原因はやらない夫に対し
    Vヘ           V〉 〈//
    Vヘ、 ______  ,∧_/            残虐で妥協のない処遇をしたブライ自身にあると結論付けていたのだ。
     Y≦三三三三三三≧厂






731 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 21:09:00 ID:eNTeMjjI





            / ̄ ̄\
           /   「   \.
            |    ( ●)(●):              俺はこの本で必ず
       .   | ノ(    | )
          :| ⌒    ___´___ノ:              社会的にウィリアム・ブライを抹殺し、
       .    |     `ー'´}:
       .    ヽ        }:               弟の恨みを晴らす
            ヽ     ノ 
         /⌒      ヽ                 見ていてくれ、やらない夫!!
     :: / ̄ ̄ヽ ::       \
    :: (「    `rノ ::      \   
     :: ヽ   ノ ::          \ 
       |   | r         「\   \
       |   | |       ノ  \   \__   
          ヽ_ノ       /    \_,       `ヽ 
        /         |      (_つ ̄と_ノ)
        |         |






732 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 21:10:17 ID:eNTeMjjI





    /:::::::::/::::::::::::::::::::/::::/:::::::::::::::::::::::/:::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::l
    /:::::::::/:::::::::::::::::::/::::/::,::::::::::::::l::l:::l::::: /:::::::::::::::::::::::::l::::::l:::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::l
    /:::::::::/:::::::::::::::::::l::::/::/::::::::::l:::l:∥l::::/::::::::::::::::::::::::∥|::l l::::::::::::l:l::::::::::::::::::::::::::::::l、
   /:::::::::,i::::::::::::::::::::l::/|:/::::/::::/:::l∥ l:::l::::::::::::::::::::::::::/ |::l l:::::::::::::l:l:::::::::::::::::::::::l:::l::l:l
  /::イ::::::|::::::::::|::::::::|/:::/:::/::::/:::/∥ l:::l:::::::::/:::::::::::::/  l::l |:l::::l::::::ll::::::::::::::::::::::l::::l:::l l    ば、馬鹿なっ!!
 / / ||::::::|:::::::::::|:::::::|::::l::::/:::/::://∥ |:::|:::::::/:::::::::::/  ∥  l::l:l::l:::::l:::::::::::::::::::::l:::,::l:::l
  / |:|::::::l::::::::::::l:::::::l::l:::///// /、|| | l::::::/::::::::::/   ∥,.‐''"ll ll::l::::l:::::::::::::::::::l::::ll::l:::l    このような本一冊で
    l::l:::::::l:::::::::::::l::::::l/// / / |``|l l:::::l|::::::::/ ,. ‐'∥  __ l l l:l:::::::::::::::::/:::::l::l l:l
   l::l:l::l::::l:::::,::::::::l:::::l// ̄ ̄ `| 、 | |::::l|:::::::/,.‐´:::::'//   ヽ 、 |:::::::::::::::/::::::| :l ll    この私の栄光が
   l::l:l::l:::::l:::::l::::::::l:::::l\   ○  \|::ll:::::/  :::::::::イ  ○   / |:::::::::::::/::::::::| :l |
   l::ll:::ll::l::l:::::l::::::::l:::::l \__ -'‐ l::ll:::/::i  \、 、 ___/ l:::::::/::/l:l:::l:::l       葬り去られてたまるか!!
   l:l:::::l::l:::l:::::l::::::l::l::::l      / ''"l l/::::|   ` `         /::::/::/ l:::::l::l
    l l::::l::l::::l::::l::l:::l:::l::::l             ::::|           /::/:::/ /l::l:ll::l       私は徹底的に
    l l::::l::l:::::l::l:::l::::l::l::::l             ::::|           /::/:://::::l::::ll::l
    l l::::l::l:::::::l:::::l::l::l:ヽヽ          ::|            /:/:/::"::::l:l::l::::ll:l       戦うぞ!!
     ` l::::ll::::::::l:::ヽ:::ヽヽヽ                  // /::::::::l::l l::l:::l ll
       ヽヽ::::::::l::lヽヽ           ,-------,、       /::::::::l::l::l l:l::l  l
        ヽ ヽ:l::l::l::::ヽ:ヽ     , /__二二二__ \、   /:::::::::::::l:l:::l ll::l
          ` `l:l::::::l:::::::l|\ v‐''" ::::::::::::::::: `` l  イ::::::::::::|l:::::ll:::l l ll
            ll::::::l::::::l l ::\          /:::::|:::l::::::::l l:::l l:::l
            l l::::l:::::::l l  ::::::\         /:::::::::::|:::l:::::::l l::l l::l
            | |::::|::::/l`` -  _\__/_  ‐''" l l:::::l l:l  l:l
             | /| /l< ``'‐  ,─ 、___ へ ,.  ‐ ''" > l:::l ll   l
              /  /``'-_/  /   l  \,. ‐''" ヽ l::l



ブライは慌ててエドワードのパンフレットに対する反論を行ったが、もはや手遅れだった。
世論は確実にブライを艦上の暴君だったとみなすようになっていたのである。






738 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 21:12:00 ID:eNTeMjjI





           〃                     |:: |:.ヽ
           /                      \ |:: ト 、',
           /   /       /            \∧ ', l             ルル、もういいよ……
            /:.   /       /      ,、   \ \:: ',::l l l
          ,'::. /〃  / /   ,イ   / / / ヽ:.   ヽ: ',:. |::l   l            世間がなんと言おうと
           {::::.| |:.  | l/ / |:.  /〃 /    ',::.  l::. |:/::: l   l
         ',::::| |::   | | /─ヘ:  | |::|:|ァ──ヘ::   }:: ハ:::::: l:.  l            私はルルのこと信じてる
          ヽ从::.  |:. |ィ赱乏\从::ヾ:;ィ赱乏}:: / ∧',:::::: l:.  l
           ヾ\: ト、ハ:::. ̄..:::::::      ̄´∠イ}个 、}:::::: l::.. l           それだけじゃダメかな……
             ハ!:::ヾヘ:::::::::::::{、     /,.イ|:: |  |ト、:: l:::. l
            / /:::::::;ィ > .::: ーー , イ, ゙  |:: |  ヾ \:::. l
            / /:::://   |  `><_/     |:: |   ',  ` ー-- __
        ,  -─ ' ´  /  | ./`Y´ヽ     |:: |     l          ̄
     /´          /     | ∧´ ̄`ハ    |:. |    |
    ハ          /    | / l   l ',   /|:. |    |
    { \        /      .レヽ >ー< ∧/  |.. |   |         /
    |   \       /       |   {   }     | |   |        /



エドワードと必死に戦うブライであったが、その無益な戦いのおかげで彼は艦長職を務めることができず、
半給で待機せざるを得なくなった。
このために彼の家族は精神的にも経済的にも疲弊していった。
ブライをさらに悲しませたことに、彼の妻は彼が帰国して間もなく妊娠して双子の男の子を出産したが、
ほんの数日で二人とも死亡してしまったのだ。
夫婦の悲しみは尽きる事がなかった。







733 :名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 21:10:44 ID:I58YaMvY



兄貴法学教授か

相手が悪いなw



734 :名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 21:11:01 ID:qAXDHDA.



人を呪わば穴二つ、だねぇ


735 :名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 21:11:03 ID:e3Oe5Rl.



やっぱりできない夫かw



736 :名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 21:11:29 ID:E8eFWmHI



やる夫達の濡れ衣はともかく、やらない夫が反乱の首謀者なのは事実


737 :名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 21:11:34 ID:pp3AOu8s



欠席裁判かw


740 :名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 21:13:28 ID:/Ay81du2



全員死刑にしたかった海軍一派もいたのに議事録は普通に削除、書き換えもなく閲覧もできたということなのね・・・
もしくは裁判で証言した人に守秘義務みたいなこともなかったのかなのか



742 :名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 21:14:28 ID:8s64IDCs



やらない夫の兄ちゃんたちが、どうなったかの伏線は初期にもあったね、そういえば


743 :名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 21:15:04 ID:qAXDHDA.



お兄さんの手際が見事だったのか、ブライ艦長そこまで嫌われていたのか
どっちだろう?両方かな?



749 :名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 21:18:36 ID:vKWnjrR2



>>743
反論が無かったとは思わないけど、一方的にキャンペーンを張れたんでは無いかな?



746 :名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 21:16:03 ID:imG2F1eY



泥をブライにかぶせたい連中がいたんじゃない?バスクとか。


748 :名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 21:17:04 ID:KpEHH3Ww



しかし、海上勤務の間に世論形成されるとか、
ブライにはきつすぎる状況だよなぁ。

ブライだけが一方的に責められる事件ではなかったのだが、
やる夫とモリソンまで謀反人と断定してしまったのが、
かえって裏目に出てしまったのかな。



751 :名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 21:19:13 ID:8s64IDCs



>>748
逆にモリソンとやる夫にとっても、抗弁の暇もなく罪人扱いで何か月も航海させられる羽目になったわけだしね
できる夫とスプーンの死因も、それによるところがあるわけだから



739 :名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 21:12:58 ID:E8eFWmHI



そういや奥さんいたんだっけ


741 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 21:14:00 ID:eNTeMjjI





                                   |、            
                        、             ,i'li、         i|   
                       _l、            ,/ ラ゙l、          ,l、  
                          ,i゙'、、        i―''''''|ヽ,,_、    .,l'|ヽ  
                      ,l゙ _,;,,、      │ ._,,,...i、 `゙"'‥-、,/ l ._,L 
                         厂″ │         ゙‐'.j||」 `      :f"'”゙゛ l゙ 
                      l゙.,,,,,y-、|       .,,v-┴'''''″    .,!、.,y、、 | 
                     ‘´.'lll|_,,,,,,、     .,!     l゙     ."`i,|_,,,,,,、
                        ,i゚~゙ ̄  │     i、.,,、:p!i、.│    .7'゙゙^   i 
                     ,!     ゙l      .'" l゙ロ゙l  : _   .,!  _,、,、."
                       |,,、‐,!l!|,‐"ヾ     .,v-rflt㌍'"゙゙゙、  .|/゙l,llリ`丶     
                    ` ._!|仏,!,---    .′ ./ |ル゙l、 .゙、  __,,,,ィ!=!┴'''"     
                         ,ニ゙~゚/   .|    .:  x!:|ih│ ヽ  ,!      │   _,,
                   _,,r‐'ノ'丶.r':__   l    .! .、、!ミ:!|fiz!'丶- ノ、      ヽr・'゙゛.i 
  ,、          _,、-''″ ,/ .j,-゛ ,|,],|,,l,,,7-、|    _,,,,,,,,。,r゙l|lil,lllz冖''^“ヽ-'ニ,コrf,”゚,,,,,,,  .i、
  .゙゚'!lg,,、   .i、 ,,,rー"`    /._,‐` .iニlホ!F←''''┐ │    `|ll判i、  .,,,,。--'・゙'“''”゙゙ン′  .゙l 
    ゙゙llフ=i,,,,:|''":¬―-、,,,_ .iン″  l゙      :′ .i     ..,!|巛゙li、 .ヽ.,,/`|゙|/リ、     ゙l
     ゙'!,,,,,,,,,ll|lg,,,,,,,,v--r、./''_,,,,.: : ,,,/         | /、   、__|゙l,j',ゾl'、 丶   |;」,l,j,|_,,,,,,,,,,,,,,]
      .゙巛,] `゙゚''lRュ,,,,,r'"゙^.|゙iぃ''`'"゙`^|l''!ri、,,_ ,!└-''```: |:||',,!','゙l,'、'`:"  :|;l    
       .゙リl゙lヽ,,_゙l),_ .゚巛"¬‐、''‐. ゙、 || ゙l,,i,'゙l,`"       |:`ヽi:ニ,'ヽ    .'|,| ̄ ̄田田田|ii 
        .~"''゚゙'''゙lド'!i、:i,'ー\ミ,,゙゙''''ヘ ―l'|'|''|'ト|:──‐―┐ r┴'l'|'|''|'ト|:゙─'''''"゛ ̄ ̄_..、、-二゙l,l″
                 ゙l,.゙l`ヽ,`‐ミ,…───────= └┘"-、゙'┴"`─―ー‐`',_,"∴‐'',,`」,i´ 
               ゙lヽ\`':、.,``''二二□二二□二二□二二□二二□二:,゙、、-…'`_,,i,i´.|  
          ,、、、: : : .,,,,,,,,,,゙li,/ \、、,ニ二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニイン゙テ、ゝ、、、: : : .,,,
、 ''‐--;;.:;.;:;-;;.、、,,:::::::"´``゛゜''';:;''ー '',:;-、,-、;;..、、,,;;;-:;_;_,;-;,-;;.、、,,-、;;.,.、、,,-、,-;-:;_;_,;-;,-;;.、、,,-、;;.,.,,-,;-;,-;;.、、,,-
 - .,~'ー-,, ''''""'`",,""`";,,'''"':; `" """'' `"     ,,`" """'' ""' ''''"''" "" "~ ""'`' ' - .,~'ー-,,_~~''''""'`'



幸いにして、フランスとの戦争中であるという状況が、彼を完全に海軍から見放されるという運命から
回避させてくれた。
エドワードとの論争がようやく下火になりかけた1795年4月16日、彼はフリゲイト「カルカッタ」
(HMS Calcutta)の艦長として現役に復帰したのである。






744 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 21:15:06 ID:eNTeMjjI





                       .i            #━ll━''l丶 
                        ,ャ━l━rq           _,,「  .ll  ]  
                     ,″ ll  ヒ      .,,-'"廴,。,illy,。,,レ 
                       ,,l,,,,wrllrx,,,,l,    / ` l゙゙゚゚゚゚゚゚゚lll゚゚゚゚゚゚゙《 
                      ,r゙    lll   `,/`   レ   ll|l   .ヒ     、 
                  ,/’,「    lll .._ノ|`     ,「   .,lllヒ   ゙L.   _ll_、
                 ,r′.,i´   .,[lll]/  エ    ,F.__,,,,,,,wlllilz,!,_'"'l,゙` l` l  .l、 
                  ,,i´  .レ━━━┿━━'l、  ''ll ━━━llll━━ 'l,'  .,l,_l_,l  
              ,/’  'l゙     ゙lll゙゙ll   卅 .、.,「     .lll、   ,,・l, l′ .l:   'ト 
                .,,i´   .l′    lll     ,レ`“}      .l|,i´  ,,丶 .l,ト  .,l,,  'ト 
               ,/′   .]     .llル  ..,,r'".] |,l         ll,l| ./   .『,,,,,。lll,x,,,,,,,l, 
           ,,/`    ,,,rl°    ..ll,l|,,r'"   'l..l″     .lll'|ヒ`   .'l゙”””゙lll”””゚ヽ  
          ,/゜   .,,-'У,l      ''llill]    .,!       .'llllll|i、    l′  .ll]   レ  
           ,,i´  _,-'^ ,/ レ  ,,,,,,,,。i,eilllli私i、i、,,,,,.l゜ _,,,,,-―・ニ,,llllllll,'¬ーr,l   .ll'l!   'l,  
       ,,/` ,,/  .,/: ━━━━━┿━━━l"━━━━━┿━━━l′  .''llll|   .'l...,,
      ,/`._/`  .,/ .,レ       ,llll|    l′       ,llll、   . l ━━[lll]━━ i、 
      ,,i´,/`   .,/ ,/ネ       ,l'llll|   .,l`        |lllキ     .ヒ  lll゙゙’    ゙i、  
    x,,,,,,″: : : : : ..,/.,r" ..l′      |l,llll|!   .,「         ||lll|,!     ゙L .'llll,      .゙l  
      ゚゙゙lllli,,, ̄ ゙゙̄/  ]       ,!l'|lllル  .ト            |,|lll,lf       ..|lllヒ      ゙l  
      `ヽ,゚゙゙llll,,,,,,---ーl゜       .l,]|lll,lll  .l°           7|lll巛       |'}ll||.       │ 
        ゙''i、.,l゙゙゙゙llllli,,,,l._,,,,,,,,,,vィ―-絲l!llllilョvi,「   、_,,,,。┬―'''[『llll[lZ'''''''ーー--,{,[ll]レ      ゙l、
         : ゚゙''''ヽー'゙lllllllllllllll≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡llllllllllllliiiiiiiiiiiiiiiiil゙゙″
                 ゙゙llllllllllll三三□三三□三三□三三□三三□三三□三三□三lllll,lll,ll,l゙l,l!′ 
                  ゙゙lllllllllll□三三□三三□三三□三三□三三□三三□三三lllll,lll,ll,l゙l,l!´ヽ 
                ゙ll,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,lllllllllll!!ll..  ゙l
、 ''‐--;;.:;.;:;-;;.、、,,:::::::"´``゛゜''';:;''ー '',:;-、,-、;;..、、,,;;;-:;_;_,;-;,-;;.、、,,-、;;.,.、、,,-、,-;-:;_;_,;-;,-;;.、、,,-、;;.,.,,-,;-;,-;;.、、,,-
 - .,~'ー-,, ''''""'`",,""`";,,'''"':; `" """'' `"     ,,`" """'' ""' ''''"''" "" "~ ""'`' ' - .,~'ー-,,_~~''''""'`'



これを皮切りに、ブライは戦列艦の艦長として次々と艦を乗り継いでいった。
1797年10月のカンパーダウンの海戦においてブライは戦列艦「ディレクター」(HMS Director)の
艦長としてオランダの旗艦を撃滅するのに貢献した。
さらに四年後の1801年4月のコペンハーゲンの海戦において、ブライは戦列艦「グラットン」
(HMS Glatton)の艦長としてネルソン提督に従い、華々しく戦った。






745 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 21:16:00 ID:eNTeMjjI





彼の働きは特にネルソン提督の目を引き、ネルソンははわざわざ旗艦「ヴィクトリー」にブライを招き
謝意を述べたほどであった。
おそらくこれは、彼の生涯の中でももっとも誇らしい一瞬であっただろう。



          ,.、..-‐::‐゛"`ヽ
        、_/´:::::::::::.: : : : : : :`、彡
         ミ:.:.::::::::::.: .::._:;-:_;::;.: .:.:.::::ヽ、                よくやったぞ、ブライ艦長
       /:.::.:::_;、-‐'´    ヽ:::::::::::::ヽ
      ,(::.::::/            i:.:.: : :::::::`,              君の働きは多くの艦長の中でも
        ヾ、:::|          ヽ、::::;::::::/、,
     ,、´)::::{‐- 、,   、‐_'"゙` .,ミ::.:.:.::::::::彡             特筆すべきものだったぞ
     (ヾ:':.:::::}rf中,) .' .イ巳シ (..〉:.:.:.:.:.:::::i
     ヾ:.:.:.:.::{ `  i:    `´    i:.:.:.:.:.:.:./             私はここで君に
     ``‐-、;ヽ:. .(_ .、_       ヽ:.:.:.:.:.彡
         i   _´._  ,     ゙iフ-‐'              感謝の意を表する
           .ヽ:..,`、","´`   .,//::::::ハ
              ン、:.     /::::/:::::::::::ハ
         ./::::`‐-......::'´:::::/::::::::::::::::::ハ
       ./::::;:、:〉;、:::;、:::ノ::/:::::::::::::::::::::::::::ハ
       /:/:-‐'´:.::ヽi::、:::/:::::::::::::::::::::::.::.::./ヽ
      /'´:.:.:.`:::、:.`-‐:::.:/::i:::::::::::::::::::::.::.::./:.:.:.:.:.:ヽ,,,,,
     /:.:.:.:.:.:.:.;、_:`;i:.:.:.:/:.:.:.:.i:::::::::、::::.::.::./:.:.:.:.:.:,:.:'´:.:.:.:.ヽ、
   ,..'´:.:.:.:.:.:;::'´:.:.:.:.:.:./":.:.:.:.:.:.\::::':::::/:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{
  ./:.:.:.:.:.:.:.:/ヽ:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\、:.:.:.:.:.:./:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ

ホレーショ・ネルソン(1758年9月29日 - 1805年10月21日) 最終階級:白色艦隊中将
アメリカ独立戦争、ナポレオン戦争などで活躍したイギリス海軍提督。
トラファルガー海戦でフランス・スペイン連合艦隊を破るが、それと引き換えに自身は戦死した。






747 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 21:17:00 ID:eNTeMjjI





しかし、ブライは彼の最大の悪癖である癇癪と罵詈雑言癖を遂に捨て去ることが出来なかった。
それゆえに、彼はしばしば部下とトラブルを起こしたのだ。
その中で最大のトラブルは、戦列艦「ウォーリアー」(HMS Warrior)艦長時代の1804年に起こしたものだった。




                   ,,, -- 、,,、
             ../゛      `'-、
               /               \
            ゞ      ;:;:;:;:;:;:    ヽ           艦長、申し訳ありません
               |、  .,i'゙ l>;:;:;:;:;:  ;:;:;:;:;: !
          、. .| .、.,| / . l,iイ゙.! ;:,,イ;:;:;: /           ランチの中で転んで足を
           ',  `'<'" `ッ  / `'','゙','、|.,、./
           _フ'ー 、 `‐、.',         ゙', ゛            負傷してしまいました
        ,ノ : : : : \  ゙'<    lリー'"  、,,、,、
      .,i'゙./ '゙゙゙゙゙'',,: l,   ゙',''、 ノ'′ ,/////、         勤務が出来そうにありませんので
     ./ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;.l,: ',___  ! ゙',.   ,'  i .'゙//    
     ! .|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!: : : .`''ッ.l .l  !  ,、 /           当直から外れて休憩します
     i! / ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;}: : : : ./ . !\,i''l゙l、 ,'  /     
    i./ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; / : :   .`'-l〃  ヽヽ,_./       
    iリ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ :       ゙l    `'ーl゙
   /l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;./ : :        !    .

ジョン・フレイジアー:ウォーリアー号二等海尉。






750 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 21:19:00 ID:eNTeMjjI





          / . : . : : / /: . /: ://:/_j: l: . : :l: : : : : : ヽ
       / . : . : : / /: : /: /, 彡'´ 丶ト、: /: : : : : : : :ハ         ……足を負傷しただと?
      ノィ :/. : :/:,/ : ,/ィ, r〃.ィ≦ ̄`7ソ: : : : : : : : : ハ
         /: , : : :l /l:≦メ!l{/ ´ {‐彳)  /:/ : : : : : : : : :|        嘘をつけ、この怠け者が!!
       , :/l: . :,:l':ィl'fr!iノ/  三 ̄ ̄  /:/ : : : : /: : : : : l
       l/ 'l: ./: : l ̄〈        、 ノィ: . : : : ム: : : : /         下らん言い訳は許さん!!
        ′ !:/: : : !  、,.==ニ二}  /: :/:/⌒} : : l
           l': :|: : ハ  ヽ:/     ノ  //:/ __彡': : :! l          決められた通り定刻まで
        j: :ハ: :l: :ヽ   {   /  /´ ̄ __//: : : : : トl
        /'´ ハ:l/ l\ `ニ´        /:/ : : : トl   _,,.. -‐     勤務したまえ!!
          l:ハ!.  l:,l ヘ __   ニ´___/´l: : : :トl-‐ '´: : : :
         ノ′` .ノ''l: fニニニl「 ̄:ハ ̄ ̄!: /: : : : : /






752 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 21:20:01 ID:eNTeMjjI





\l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、‐‐-、ヽー-、::::: ̄二ニ=‐
、::::ヽ、;;;;,r''⌒ヽ;;;:::::r‐-一'''"´ー=-、\_,,. -‐< ̄
ゝ、;;;;;;;;;;| rヽJ、l;;;;;l`       r‐-、::l 、ヽー-、 ー-`ヽ、_
\::\;;;;l |/ (  ヽ;l      `ヽ、゚l`、l |\ーニニ-‐'' ̄
\}::ヽ、;;;ゝ'-‐   '          `` =、〉_二ニ=-       勝手なことほざいてんじゃぁねえぇぇーーー!!! 
 ヘ--‐'"                 `ー,ヽ二ニ=─
:::::::',    /          ,r<ニヽ、_ ´r''´
:::::::::'、   l           /ヽ::::::``ー7‐'             できねえものはできねえつってるだろうがぁーーー!!!
、::::::::::ヽ   ヽ      / l   ヽ:::::::/
 \:::::::ヽ   \    l! lニ‐、ノ:::/    
、   ',:::::::ヽ    \  `  ̄``Y
 ヽ l::::::::::゙、    >-'、     r‐'
  l |:::::::::::ヽ/〉;;;;;;;;;;;\.__,,ノ\
、  | |:::::::::::::::V;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、
|| ヽ、:::::::::::::゙、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
||  \:::::::::::::ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ



フレイジアーの態度を反抗的なものと受け取ったブライ艦長は、即座に彼を拘束した上で
「官命無視と不服従」という罪で彼を告発した。
幸いなことに軍医の証言でフレイジアーは無罪となったが、腹に据えかねた彼はブライを逆告発したのだ。
ブライの罪状は、「圧制と士官らしからぬ行動および紳士にあるまじき振る舞い」というものだった。






753 :名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 21:20:20 ID:/Ay81du2



仕事では優秀だけど暴言がひどいってのに昇格できるんだな・・・
下はたまらんな



755 :名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 21:20:58 ID:E8eFWmHI



功績見るとすごい有能なんだけどな・・・

こんな風に部下に対してキツくあたっちゃうのが・・・



756 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 21:22:00 ID:eNTeMjjI





                                   この一件はおそらく英海軍の裁判史上
─────┐         ,∧_∧
   ∧_∧ |    ∩_∩   ∂ノノハ)))           もっとも滑稽な裁判の一つであっただろう。
  ( ´∀`) |   (´ー`)   |ハ`∀´ノ    
  ,丿~,  ~ヽ│  丿~, ~ヾ  丿~,  ~.ヾ、           なぜならば、証人達の証言によって、
 ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
    |                              |          ブライが彼らに浴びせた罵声の一つ一つが
    |.         A_A.           | 
    |         (  ・w・)         |          丹念に吟味され、その豊富な語彙をすべて
    |          ノ~,   iO)、          |  
    |  | ̄ ̄|~. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.|         検証されたからである。
  ∧|_∧     |               ┌─┬┴┐
 (   `)    |               │  │  │       ブライは告発の内容の一部について有罪とされたが、
┏━┳┓ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄|   │  │  │
┃  ┃┗┓        |      |   │  │  │       譴責処分という軽い処罰で済まされ、
┗━╋━┛        |      |   │  │  │
  ┏┻┓_         │,   │   │  │  │      「今後は部下に対してもう少し思いやりを持つように」と
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                  判士に諭されることになった。





760 :名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 21:23:20 ID:I58YaMvY



>罵声の一つ一つが丹念に吟味され

うわあ……



761 :名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 21:23:27 ID:ZXMk4Eu2



>丹念に吟味され、その豊富な語彙をすべて
>検証されたからである。


ハートマン語録みたいなのを裁判官がまじめな顔で読み上げたりするのかwwww



764 :名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 21:24:59 ID:KpEHH3Ww



「私も○○君にこんな悪口言われました」
「○○君はそんな言葉を使ってはいけないと思います」という、
小学校の学級会みたいな裁判だったんだろうかw



759 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 21:23:00 ID:eNTeMjjI





海軍生活の中でさえ追い詰められていたブライに対して救いの手を差し伸べたのは、またしても
バンクス卿であった。
バンクス卿は1805年3月15日にブライにあてて書いた手紙で、彼にある一つの大きな出世の
機会をもたらすであろう提案を示したのだ。
それは、オーストラリア南東部ニュー・サウス・ウェールズ州の総督を務めないかというものだった。





       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|          「────私は貴下のような有能な人物を
       |                    |
       |                    |          悪評の元に埋もれさせたくなく、ある一つの提案をします。
       /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____
       /   ほとぼりを     /ヽ__//     それは、植民地の総督に就任しないかということです。
     /               /  /   /     
     /  冷ましておいで   /  /   /      現在の総督であるキングは、現地の改革を試みましたが
    /   ____     /  /   /
   /             /  /   /       現地の軍や居留民の反対により挫折し、辞職を求めています。
 /             /    /   /
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /   /         意思強固な貴下ならば、適任といえるでしょう────」






762 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 21:24:00 ID:eNTeMjjI





            _ - ‐───---、__
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`丶、
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.  .:.:.:.:..\             ……年棒2000ポンド、それに
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:.:.:\:\
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:.:.:.:.:.:.:.:. :. :.:.:\:.`ニニ=ー      1000ポンドの恩給が付き
     /.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.: .:.:.:.:ヽ:.:ヽ ヽ :.:.:.: ..:. :.:.\:.`ー-、_
    /:.:.:./ .:..:.:. /:.:.:.:/:.:.:|、\ :.:.:.:.ヽ :ヽ ヽ :.: .:.:. :.:.:.:.\ ̄         しかも赴任している間も海軍籍は
    /.:.:./ .:.:.: /:.:.:.:/ .:.:.:| \:.\. :.:.l :.:| :.|: .:.:.:.:ヽ:.ヽヽ:.:\
   /:.:.:.|l .:.:.:. /:.:.:.:/ .:.:./|  \:.\:l :.:|: .|r 、:.:.:.:l|:.:|:.|`ヽ、`ー、_     保障されて勤務年限に付与される……
   ノ/|:.:.||: .:. /:.:.:.:/ :.:./|:.|  ∠弌ヽl .:.|:.:| ノ.:l:.:.|:.:.|:.|    ̄
 /'´ |:.:.|l:. :.:.{:.:.:./ :.:./ .|:.|_//_j },ノ|:.:.|:.:|/|:.:.|:.:.|:.:.|.i|           私にとってこれ以上の条件はないが、
    l:.:l ヽ:.:.|:.:./ :.:./、 |.l´彡>=´ |:.:l:./l }.:.|:.:.l:.:.l|リ
    |:,'  ヽ:|、{:.:.:.{,孑ゝヽ、     /イ/// イ/ヽヽ:.`ー-、_        大きな問題は、シャーリーを残して
    {l   ヽ{ヽ ヽ¨´|      ´ //  /  ヽヽ ̄
    ヽ、   ヽ.{:.:.|ヽヽi!  _ ,__  ∠    //',          赴任せねばならないということだ
          |{ヽ{  |:.`> 、   /===Fイ´: : :ヘ
           `  }ノ ソ ン ` ‐´Ⅵ: : : : : : :||: : _∧ : :ヽ        妻は長期の航海には耐えられない……
          _ - ‐´──== ̄冫||: : : : : : ||: ((升〉〉 :\
         /: : : : : : : : : : : : : : :托: ||: : : : : : ||: : 〈卅〉: : : :`丶 、_
         |: : : : : : : : : : : : : : :廾: : ||: : : : : : :||: : : 化: : : : : : : : : : : :  ̄ ‐─-、_
         |: : : : : |: : : : : : : : : : : : // : : : : : : ||: : : Y: : : --─=: : : : : : : : : : : : : `l




765 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 21:26:00 ID:eNTeMjjI





                  / ,. _ _   / _,. -ー     \
                 .//  ,   ``  /-'´ ̄` 、  、 丶
                / /   λ=- 、_   ,,. -=ニ::ーイ   l,  l,       
                / .i'  /:::::::::::::::::::ヽ、,イ:::;-=::、_:::::|    |  l,
               / l   |彡 '  ̄````゛´´    ゛フ   |  l      お父様、では
               | :|   {              / /  .|  {
               //l i  'l             ハ   |   \    お母様の代わりに私が参ります
             ./   l  ハ, - ' ̄      ̄゛`'7 {,   ヒ、    \
            /    /   | _,. -、     ,-- 、\ l, ヽ ` \      お父様は安心して
           _l    /   ノ ´         _   人  | ノ  l
          / ゝ、 .::/    .イ ,,==ニ     'ニ== 、 | | ν  ./     赴任してください
        /  r-‐‐う__,∠´lム_´       ;       ソノイ ../
       /    | T/ l  | | {:`i      '      ゝ、イ::::;::/l
      l     l  | _イ l, |/ l;:人     ‐_ー    /|::://´ /   |
      |  ..::::::/ ´ヽ:::ヽ_ゝト- |、\ヽ. _      ,. イ|::|::`f_'__, |:.   |
      ヽ ::::::::::ヘ   ヽ、  `´:: ト-ノ:ハ:::::::|> 、 r '´ |:::::|::ヽ::::.  |::   |:..
       > ‐ ´ハ    `i   /`ヽ、_:ノ        |_::::l::::::\:.. ヽ..:|  l:::
    ,.-‐ ´     l:    l  /   \        `ー‐, 、_ヽ;. ヽ|   \
   /   ,   _λ:...    人     `、‐-- 、    ,,...../  `‐i:: : \
  l   ...:/ /´ ((ソ:::::.   /  \     \  `  ´ /    ノ:::::   l




妻と離れて暮らすことに難色を示したブライだったが、最終的にこの提案を受け入れ、
娘を伴って赴任することにした。




767 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 21:27:00 ID:eNTeMjjI





_::.;;;|_;:.._|__:._|____|_.| i ..|
;::_|___|√__:.:|:..__|__,;;'~   |   〉
__|:::.__|__;:._|__;::|'___ i  '~ヽ/ ̄`::.    ところが、赴任したブライは驚かざるを得なかった。
::._|__|_|;:;:::|_|__:|___,;'    |   ::. 
__|_::._.,|__::..|∧,,,,,∧〃   ,,/  :..     バンクスからある程度話を聞かされてはいたが、
_|__|;;;;;;;;;;;;;;;;|__彡o-o・,,ミ〃 i | :. ..
;._::.,|___|__と「;; ̄ ̄|_|___|__/;;y;;;;;;ゞ\   |  ::...:
ted!..|;;.__;;;|_::._|〆ノ `J\r' ̄|    ::.:   腐敗と暴力に満たされたこの町には、密造した
o`》:::|_|;;;::::._:|__|\ \| ̄㌧  | :.
ル。:::|_:.__::|__|\ \| ̄ ㌧ : :. |   :..     ラム酒を売りさばいて暴利を貪るものと、酒に溺れて
__|_|__|\ \| ̄   .::    .. |     ::..
_|__:;;;|\ \| ̄    ..: :.. .::. :. .|  :.      アルコール中毒の症状を呈するものの
;;;,,,,_;|\ \| ̄'' 目 λλ     ;;. |  :.   ::.
'    \| ̄  ;;./ ヽ_( 'ー`)y-~ : .  |   ∧∧   二種類しかいなかったのだ。
∩∩    ̄ ̄'''' |~|ノ( ヘヘ) ̄ ̄ ̄''\,~-∩゙*,)
;;;'д),, ;;     |__,,|   。  ゛   ,,\(_ソと)   しかも密造を管理していたのは、現地に駐屯する
 っっミ    ::.                ( , ノ ::.
;;,_)旦         l⌒i⌒l       .レ`J.、  ニュー・サウス・ウェールズ兵団だったのだ。
,,,,,,,,,,,ミ     @    ⌒'⌒          \






768 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 21:28:02 ID:eNTeMjjI





          ,、 '":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::iiit    tヽ
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::iiiiiiiiii:::ヽ    t:ヽ       このような無法状態の背景には
        '::::::::::::::::::::::::::::::::::::iiiiiiiiiii:::::::::::::::::' 、,   j:::t
      /::::::::::::::::::::::::::::::iiiiiiiiiii:::::::::::::::::::::::::::::::~''- ":::リ       ジョン・マッカーサーという男が大きく関わっていた。
     '::::::::::::::::::::::::::::::iiiiiiiiiiiii::::::::;;;;、 z''ー、ーー――t''''''}
    /:::::::::::::::::::::::::::iiiiiiiiiiiiii;;、-''//  ::i      ミ;;;;t      マッカーサーは本国に強力な後ろ盾を持ち、
.   /:::::::::::::::::::::::::::iiiiiii;、-''"::://:::  リ:/ ,,,,,,,,,,   t;;;;;)'、
   i::::::::::::::::::::::::::iiii;、'"、,,ヽ//;; ヽi;;;;;;;r'ニニミゝ、  t;;;i、tt,    また、以前所属したニュー・サウス・ウェールズ兵団を
   ヽ:::::::::::::::iii;-''":::::;、、-';;;;"、;;、iトヽ;;;;;r'-'´`''"::-''"  t;|" ',t
    ~'ー、;;;;";< ;;;r''~;;;;;;;;;;;;;;;;;;;';;彡`~'ー--"')''こ、,    |iリ リ   完全に手なずけて思うままに動かしていた。
       ヽ;;;;;;〉i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;リ,、tt     ⌒)、ヽ、,,   i|) j i
        '、;;;tt;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノii ,|i   ::::::::::::::`''i|イ  t ~ j   彼こそがこの土地の支配者だったのだ。
        i, t', t;;;;;;;;;;;;;;;;、 "::::;r'"ヽt r、,) "''''''""'、'Yi i-t'
         t i、 7;;;;'')'"( :::::: ヽ、'"ヽ-'"   j  ソiiit、, i t
         t ヽ,|;;;| 7(` :::    ,,、jii-,,,,、、ー"  イヽ、yi t
          `' 、ヽ|  )ゝ''" 、,,,,、- '"~,,,、ー'      t、,i. t
            ヽ,,ヽ リ     ー'""~          ノ:  tー、_             ,r'''''''''''',ニニニ
             t ヽ      ::::::"         /::::  tーヽ ~''-、         ,,r"   /,,,,,,,,,,
              t ::ヽ     :::::         , ':::::: /:::::yt   ~''-、 ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,ニニこニ'''ー- 、,,~'
              t :::ヽ    :::::::、、;;;;;;;,,,,,,   ノ :::;、''''''''i;;:::( t     ~' -、        ~''- 、;;;;;~
               t ::::~' 、 ヽ、;;;::ノ::::::::::::::::::;、'",,、-'" ::::::::::  i        ~'' -、,        ~'''
              ,,r't、 ::::::::::~''ー、;;;;;;;;;;;;;;、zニ-''";;;;  /ヽ  j'''|i'リ           ~' - 、
            ,、-'|ヽi::::~'''i―ー ---ー '''";;;;;;;;;;(    ) リ <:::::/               ~' -- 、
          /  ,| r":::::r'' r、(:::(::::;;;;;;;;;;;;::::::::::ゝ:::::::<ー'"  Y/             ,,,,,, 、 -ー '''"
         /    ヽ-''ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;〈:::  rー''ヽ、,,, /    ,,,,, 、 - ー'''''''' ""

ジョン・マッカーサー:元軍人。ニュー・サウス・ウェールズで現地除隊して後に羊毛生産を一手に引き受け
莫大な利益を得る。






769 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 21:30:00 ID:eNTeMjjI





  .//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:l.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:./.:.:.: /:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.: /.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:l.:.:ト、
 //{.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:./.:.:.:.:./.:.:.:.:.:./:.: /.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:/ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:l.:.:l }
./  |.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:../.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:/:.:/.: /.:.:.:.:.:.:/.:.:./!:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.|:.:.lハ
  l.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.':.:.:.:.:/.:.:.:.:/.:.:.:/.: /.:.:.:.:.:.:/.:.::/ }:∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:リ.:.:.:l:.:.l \
   |.:|.:.:l:.:.:.l :.:.:.l.:.:.:{:.:.:.:/: :.///.:.:/.:/.:.:.:.:.:〃.:.:/ リ  V、 .:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.: /.:.:.:,'.:.:.{   丶   ふ、ふざけるな!!
   l/!: :|.:.:.:|.:.:.: |.:.:..l.:.:./\{_.//:/!:/:.:.:.:.:.:/.::/ 〃  ノ"ヘ.:.:.:..:l:.:.:.:.:/:.:.:./:.:.:ハ
  ./ |.:.:|.:.:.:|.:.:.:.:l.:.:.:l:./L∠=ミ 、 |.:.:.:.:.:.://  / 彡>=ミ∨.:.l.:.:.:/:.:.:.:ハ:.:/  ヽ     総督の権限の及ばない土地など
 /   V:.l.:.:.:l.:.:.:.:∨:l〃   〃\\|:.:.:.:.://{   //〃    ヽ∨/:/.:.: /:l:∨
./   |.:.|.:.:.:l.:.:.:.:.:.', {    ィだハ`ヽ|.:.:.:.//八 // /  ィだハ  /}.:./.:.: /:.:l.:.|        あってたまるか!!
    |.:.l.:.:.:∨.:.:..:∧\,c弋Yソ  |.:.:.//   〃'"ヽ.c弋Yソ ノ/レ'.:.: / }:.:l :.!
    |.:.l.V.:.:.V:.:.:. 人 ;; ̄ ̄ ´彡'|:.:/`ヽ ^ /  `ミ、` ̄ ̄'''//..:.:./ / リレ′        私はラム酒の密造を取り締まり、
    |.:.l V.:.:.',:.:.ハ ;;      l/   l              //:.:.:./ィ∨
    l.:.l   い:.:V ハ.;; \         |           /.:.:/イ.:./l:.|          必ずこの地の治安を
    ヾl  `ヽ.:.:\.:.\          l           /_彡l.:.:.:/ |:.|
          V .:.:.\.:ヽ      , ‐ - 一 、      /.:.:|.:./ .|:.|          回復してみせる!!
           V.:.:.:.:.:l:.:.:.\     /   ̄ ̄  ヽ    /.:.:.:.|.:l  レ'
            Vハ:.:| l.:./.:}\ 〈廴__ __ノ〉 /{ ヽ.:.:.:|.:{
           } }.:.} {:.{:.:{   \   ニ二ニ   / .ノ.:.)}、:.:lV
           ノ ノ リィ∧:.\   \       / /::/ >\}
            /:/  \::\    ̄ ̄   ./::/ / ハ:::.\
             /.::::∧\  \rヘ`===彡ヘく  〃   〉、:::::.\
.           /..:::::::/ `、 ヽ、 /   Y^⌒Y´   './  / !::::::::::. \
         /...:::::::::::{ ヽ \ /     i    !    ∨ /   .!:::::::::::::::::.`ヽ、
      .ィ〔..::::::::::::::::八  \ /    i   !     ∨    }::::::::::::::::::::::::::..ヽ、



植民地の現状に唖然としたブライであったが、彼は勇ましくも自分の敵と戦って勝とうと決意したのだ。






770 :名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 21:31:07 ID:OnJV2E9E



ああ、巨大な敵と戦わせる方が八方丸まって収まるな、こういうタイプは


771 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 21:32:00 ID:eNTeMjjI





    r==、          r==、         r==、
    L__.」          L__.」         L__.」        ブライは彼の力の及ぶ限り戦った。
    ,!  t          ,!  t         ,!  t
   /⊂⊃\       /⊂⊃\      /⊂⊃\      酒の密造を取り締まり、違法な蒸留器を破壊した。
  /-―――-∧     /-―――-∧    /-―――-∧
  |:..:.:.:/\:.:.:.:.|     |:..:.:.:/\:.:.:.:.|    |:..:.:.:/\:.:.:.:.|     そして腐敗の進む役所の粛正に踏み切り、
  |.:.:.:l|.:.:.:.:.:l|:.:.:.|     |.:.:.:l|.:.:.:.:.:l|:.:.:.|    |.:.:.:l|.:.:.:.:.:l|:.:.:.|
  }==V ⌒ V:==!     }==V ⌒ V:==!    }==V ⌒ V:==!    公正な支配を行おうとしたのである。
  |.:.:.:| {洋} |.:.:.:.!     |.:.:.:| {洋} |.:.:.:.!    |.:.:.:| {洋} |.:.:.:.!
  }≡l! ラム.!≡{     }≡l! ラム.!≡{    }≡l! ラム.!≡{     しかし、本国から遠く離れた植民地では、
  |.:.:.∧  ∧.:.:.:|     |.:.:.∧  ∧.:.:.:|    |.:.:.∧  ∧.:.:.:|
  |.:.:.:l|  ̄´il.:.:.:.|     |.:.:.:l|  ̄´il.:.:.:.|    |.:.:.:l|  ̄´il.:.:.:.|    誰の支援も得ることが出来ず
  |.:.:.:..\/.:.:.:. !     |.:.:.:..\/.:.:.:. !    |.:.:.:..\/.:.:.:. !
  `======="     `======="    `======="    彼はあまりにも無力だった。






772 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 21:33:01 ID:eNTeMjjI





1808年1月26日、ブライの執務する総督官邸に突然数百人の兵隊が乗り込んできた。



ク  ゝ,. -- 、                     <  排 外
リ   >;:::..__ゝ                     冫 除 道
ア  >[l__,、_]                      >!! 一
|  ゝゝ==;r'                   ,. --、 ヽ   名 /
|  / ̄`ヽ';:}:T;.、                ィ__;:,rニヽ/     >
   (;::::. ,r┬ー‐nn、====jr-              ,L_l}/;::{ / V ヽl
V´ヽ「 ̄ ,rーュT{ `yー^"            ヾメ:;r'7ヽ
``~⌒匸´ ;,ヨ´:|l!|}_,;{、               ,r'´;::::}ヽ;:ヽ
__,. ィ''´;::.l ̄::l「_ヾ》;::::ヽ              /;;:::::ノ;:;;:ヽ;:i}
  ト|「;::T:。T:。T。]{、:::::ノ         ,、 /;:::.,. イ_;::::;:__|`「;|
  ヒ||;::::」~;::|~;:|~;:| `゙´        ャ_'",r'ヽ;:_/  ト|:::「.:::t=l┘
  /7; ̄; ̄; ̄;T{´            `ー'´    ,};'-L__|-|
 l_/;::::::::::::.i;::::::::;;;{                   /;;:::::::::::::;!
 /;::::ヾ:::::::;:}:::::::::;;:ヽ ,. -ー-、,、         /:;l::::::;r:::::ノ,
./:::::::::::::ヾ;r'、;::::::::::::::ヽ  ∵・{,ヽ       /;;::::::::/{;::::: i'
/;::::::::::::::,!'  ヽ;:::::::::::::ヽ  ¨・ヾ ヽ      {:;;::::::{ ヽ;:::'!






773 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 21:34:03 ID:eNTeMjjI





          - ニ二 ニ ‐-
       ,ィ ´ ̄      ̄` .` 、
      〃      l      `  、 、           ニュー・サウス・ウェールズ兵団の指揮官
       |  ,. - ── -  .     ヽ!
      ', /     ☆     `ヽ   l           ジョージ・ジョンストン少佐に率いられた兵隊達は
       ∨r========、、 ヾ ノ
       ( ──------── ヽ )'            たちどころに総督官邸を制圧した。
       l  _,.ェァ .' ;:..rェt.、  ノノ
       r !   ,:'  ' .     ,rヘ             ジョンストン少佐はマッカーサーに抱き込まれており、
      | l!   ー--‐、     )/
      ヽ     _-_-__      レ             彼の説得に応じてブライの逮捕に踏み切ったのだ。
        ヽ  '´ー-‐ `   ,.ィ
         ` .        ,.   ヽ
            i ー一   ィ´ ハ
          ト、      ´    ゝ ._
     _,. - ´ | ` v ´     ,ィ     ̄ ̄77ヽ
  rrア´     ヽ   |   ,.  ´       ///   ヽ
 /LL!          `↓  ´            /   i
./          }爻ソ              /     l

ジョージ・ジョンストン少佐:ニュー・サウス・ウェールズ兵団の指揮官。






774 :名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 21:35:17 ID:vKWnjrR2



こういう事は、周りに味方を作ってからで無いといかんがな・・・

虎視眈々ととかブライはしなさそうだし、どっちかと言うと正面から行くタイプだ



775 :名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 21:35:27 ID:KpEHH3Ww



力なき正義の辛いところだ。
バウンティ号と根本は変わらない問題点だな…
本国からしっかり支援してやれよ。



776 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 21:36:00 ID:eNTeMjjI





      ,.  ''"´     l   l      l,..::''"´::`::`丶V'''''"""``丶、l     l  l     ` - 、_
 ,.  ''"´      ,.   ''"´l__ /l        l:::::::::          ::::::::/     l-、_,l、` - 、_     ` - 、_
´    ,.  ''"´     (`' / イ        ヽ                  l       | l、ヽヽヽ    ` - 、_     ` -
 ,. ''"´/         ( l 、/l  l       l                l     ヽ ヽl l ノ        \` - 、_
´    ノ         〉/  l  /   /  ノ____   _____、  ll   ヽ ヽヽl             ヽ    `
  / _  __     /´     /  /  /-''"´l `      ´/` ヽ\ lヽ.  ヽ. ヽヽ          ヽ      あなた方は
,/   ̄`  ―- 、、/ ,    /  // /=三=、       二三=ヽ.ヽヽ   ヽ. ヽ.ヽ   _,.‐''"´``丶 \_
 ̄ ̄`丶、    /l .l   /   / / /// o○l l          // o○l lヽヽヽ   ヽ  ヽ l、/‐''"´  ̄ _,.‐''"´   お父様を
      `丶、//::l l  /   l l:::l / .l l  (:::) l           l (::)  l l ヽヽヽ  、 ヽ  l l ヽ    ,. ''"´
      ,. ''´/::/ヽ l 〈    l l:::l lヽ ヽο ノ            ヽ oノノ  /l.l:::l  .l  l //、 \ /         殺す気ですか!!
、__,. ''´ //::/ /::ヽ::::l  ::l::::::l l ヘ   ̄ ̄           ̄ ̄  //./::l  l ////、 ヽ  \
 、 / ,. ''´//.//:/ ヽ::l l:l:::l::::::ヽ:ハ             |        /ノ /:/  /l////l::ヽ ヽ 、   ヽ、__,,. / 止めてください!!
 / / / '´ //:/  ):::l l::l::::l:::::::::ヽヽ               ー/´ ´::/  //:://( l::::ヽ  ヽ:`丶、 `丶_ ./
./ /  /    //::/  /::/:///:::l::/:,:::::l:l::\       ´ ̄`     イl::://:/l /::/:::::l、:ヽ=ヽ:::ヽ   ヽ::::ヽ ヽ .l
l /  /  / //::::/l_,. '´ /://:/::://::l::::::l:l:l:::ll::\         /::.l::.l//:::l l/:::::l:l::::::ヽヽ  l、::::::ヽ    ヽ:ヽ l l  /
〉  /  / //:::::/ll _,. '´/:/l:l:::/:l::::l:::::/::ll:::l:l:、、| \     , l::::/l.l::::l::l::l::,:l l:::l:::l:l::::::::ll l  l ll::::::::::::\   l::l l .l /
l /  / /::::::/l ll   /l::l:::::l::l:::l:::::l::/:::/::/:l::ヽ oヽ `o--,o´-‐ o/:l:::::ヽl:ヽl:l ll:ヽヽヽ//  / .l.ヽヽ:::::::::::ヽ l:ll  l/
l l /l //::::/  l ll  /::::l:l:::::l:l:::l:ヽ:l:l::::::::/::l::::::ヽl`ヽ、 V// ) ./::::l:::::::::l:::::l/:::l:l--::l:::::l /  l ヽ:ヽ:::::::::::ヽl:l、 /
.l .l./:l.//:::/  l ll ./:::::::`::::l:::ヽ::::::`:::/.)::::::::/丶 _ l .l_,. ''´l:::::::l::::(\〈::::::/:l:::::':::::::l /  /   l:::::l:::::::::::::l:ll.ヽ
/l.l::::l/:l::/    ll ll.lV:::::::::::::::l::::::::::,. ''´/フ./  /  /`l  \ \ .、-\ \::::::::l::::::::::::::/ /::l  l l:::::l:::::::::::l:ヽヽヽ、
::::l:l:::l:::/     l:ll::l:l::_,,,,.... -''"´  ./,.‐''"´ ノ ノo_ノ  ヽ  oヽ ( `丶、 、 `丶、_:::://::::/  / l ヽl::::::::::lヽ::::ヽ、:::
:/:::l:::l/       l:l/            / //      `丶 、ヽ\          ̄`丶、:/ /l ヽ::::::::l  ヽ::::::`



この時、ブライの娘は勇敢にも銃剣を振りかざす兵隊たちの前に立ちふさがり、父を連れ去ろうとする者達に
懸命に抵抗したという。






777 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 21:38:00 ID:eNTeMjjI





           ,r゙'ー‐-、,
            { ; ゙ ; ミ
          _  ゙!;、`゙''デ                   しかし、ブライは結局発見されて逮捕された。
        ノ i`''''"ー';゙,,_
      /` ,_ r‐イ ト; |                   彼は軟禁状態に置かれ、マッカーサーが一時的に
    r" ,/ | │  li│
     ! │ ││ ,! l│                   植民地の実権を握った。
     l |  | |  ∥| l
      L」  | |  ∥ヽヽ,                  ブライは彼の後任となる陸軍大佐ラクラン・マックォリーが
     !, ヽ | │ ∥ ヽ,ヽ,_
      `゙" |_,,,」,,,_」   ゙i、_ツ                到着するまで自由にはなれなかった。
         ヽ, `イ
         ヽ, ゙ヽ,                    1810年4月27日、彼は軍艦ポーパス号でようやく
          | ト、  ゙i,
         / ./ |  |                   ニュー・サウス・ウェールズを出航し、六ヵ月後に
         / ./ │ |
       / ,l  │ |                   ロンドンに到着した。
       ,l  l'   l  l      ,,r‐─''''''‐-、  
       l  l  /`゙''ヽ、_  /  _,,,_  ト、 ヽ,      この一連の騒動を後世の人は「ラム酒の叛乱」
       l  l  / /!  ミ`''゙  /   `;;;゙ ゙ーテ
       `!  | / / リ`ヽ、, ;:/ _,,、r''"1:::゙| リ::1      ”Rum Rebellion”と呼んだ。
       [二ゞ,_/ ,,!; ト'゙,、{    _,,、-、ノ::::;l ノ::::|
       `'ー''''゙ '"`' ゙̄´ `''''''"   ゙''''''" `''''





捕らえられるブライ総督

The_arrest_of_Bligh_propaganda_cartoon_from_around_1810.jpg




778 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 21:39:00 ID:eNTeMjjI





                                    /..:::::..::::::.:::::.::/.: ::::::::::.:.:/::.:::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::\
                                    |.:i..::.:::.:...i:::::./...:.::.:/.::.:./..::::/::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::!
                                    |::l..:::::.:.:.:|:.:/..:::.:::/..::.:/.:::::/.: :::::::::::::小:::::::|:::|:::::::::::::|
   帰国した彼には、新たな戦いが待っていた。      ∧|.:|::::.:: :!/:..::::.:/:.:.::/::::::/::.. ::::::::::/:ノ::::. ::.|:::|:::::::::::::|
                                   / f:{ .|.::.:i:. !:/:::〃::/{::::../::.:.: :..::: /:∧:::::::::.∨:::::::::::::ト、
   既に帰国していたマッカーサーとジョンストンに   ./ /1:l:.|:.:::|:::|{::./{/  /:.:/:::::::::::::::/::/:: '.:.:::::::::|:::::::::::::::! \
                                 / / l::l.:|:.:.:∨ !、/_  7:.:/::::::::::::: /::/::.::::.ト、::::/:::::::::::::::|
   対する軍法会議が開かれることになったのだ。   ´  l::l::|:.:.:. Ⅵr テ≧x{N1::.:.::/´/〃_::x≦ミr ァ}::: :::::::: ∧
                                    |:.} !::.:.::::ヘ ,弋z少ト、l::..:// :.´ィ戈V'ノソ/:::::::::::::/  ′
   長い法律論議が続き、                   Ⅵト、::. :.:::ヘ ̄ ̄ l |::/ 1 .: :: :: : ̄ ̄:/::::::::::::7
                                     |  ∨:::.:.:ト、       | . :: ::: ::::::::ィ:::::::::/{'(
   既に民間人であるマッカーサーは裁かれず、          ∨:Y、      {!...: :::::::: ::.:ノ7 ´7 ノ
                                        |::..|} 丶、   , -`- 、: ::. ::/::.::./
   ジョンストンが免職されることでようやく              }:::l::/|::\  `ー ‐ '´:.:/ド、:.:::|
                                         |:ノ∧ `丶_\  ´::.:::/_/ イ.:ハ!
   この叛乱のケリがついた。                     / リ__} 、 /    ̄´⌒ :: ヘ::. {_|
                                         /イ {  |   i :. /::.:::..::: Y ヘ:\
                                       / |  / !    :: l:: ..:: ::: l:|::.イ}:: .丶__






779 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 21:40:10 ID:eNTeMjjI





       /`Y´     / /         `ヽ
      / /ヾミ、__/ /  /    /     、       この裁判が終った1811年7月にブライは
    / /\ヽ\  /  /  /     〃       \
    /  /   \\∨ :/  /  /  ,.イ   / /',、    ',    将官への昇進申請書を提出し、
.   /  /      ヾ_j{ /  ,'  / .:;∠:__|:.   //:::::::::||:. ヽ:. ',
  /  / /     /:.‐| /  | .:/ /´ー-、「::..:/::|::::::::::川::. ||::. }   1810年7月31日に遡って承認された。
  /  / / /     /.:::八{:.   | .:,' 厶孑ミ〈::\{ヽ{:::::、//:. 〃::. /
 ,'  / / ,'     /.:::( .j|:::.. |l人K::/  ヾ    /::∧:./}::. /    しかし、長年にわたって彼を献身的に
./ :/ / l    l.:::::/\ハ:::. ト、{   ̄´:::::::   ,イ斥//  //
  :|| |    |::::,'::::/ケヘ;;:.\ゝ、 :::::::::   ド''::/          支え続けてきた妻エリザベスは体調を崩し、
  :|| |    |::  /   、 ̄        〉::/
  :|| |    |::  |    ヽ      __  ´:;イ           1812年4月15日に亡くなった。
  :|| |    |::  ト-─- 、\   :::::::`/ |
  :|| |    |  ├── --ミ、\   ::/l  ,'            これはブライにとって人生最後の、そして
  :|| |    |  |       ∨ ` ´ / /
  :|| |    |  |====== ゝ、___/ /             あまりにも大きな打撃だった。
  :|| |  | |  |              ̄ ̄ >、
  :|| |  | |  |              /    ヽ
  :|| |  /  ,'  |             /      l






780 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 21:42:03 ID:eNTeMjjI





             ,  -───‐-  、
          ,...::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧            だが、彼の最大の支援者であるバンクス卿は
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ           最後まで彼を見捨てなかった。
     /::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ \
      l::::::::::::::::::::ト、:::::::::::::::::i:::::::::::、::::::::::::::::::::::::ハ           彼はブライを彼の所属する王立協会の
      l::::::::::::::::::::|ハ\::::::::::::|::::::::::::ト、::::::::::::::::::::N     
     |::::::::::::::::::八斗气ゝ、:|::::::::::::| )l:::::::::::::::::::| \         会員として推薦し、承認された。
     l::::::::::::::::::リ〈 _≦テァ Y:::|::::::| ノ:::::::::::::::::∧  \  
     |从::::::::::::f` 癶jソ  |:ハ::::jヘ::::::|:::::::::ト、ヘ           これは非常に名誉なことであった。
    ノ ハ::::::::::ハ      j/ Nノ  }::∧:ト、:ハ `\   
   /   {\ト、lノ         /    刈 }|==\          そしてブライは1814年6月4日、青色艦隊中将に
          `ヽ、__,      x≠´ '|  ∧`    
               `ー、    イ/  xイ |  ∧           昇進したのだ。
                 ー ´ ヾ、 ∧|j     _,ヘ      
                   }| // , -<  ∧         彼は将官になっても一度も艦隊を指揮
                   ||ノf / / ̄ >、ム   
                    /´/ /ィ´ ̄ ̄`ヾ∧       する事はなかったが、それでもこれは
                  〃/ /イ/´       ヘヘ 
                 /:{ノ /〃/          ゝヘ      彼にまだある一定の評価がされていた
               γ Y  {{l/ノ         }},ヘ, 
                   { : ノ   l|/ ̄` ,        f ヘ l     証拠である。
              ,イY    l|    l         | ハl 
               ハ:lイ}     l|  、 |         l }ハ






781 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 21:43:00 ID:eNTeMjjI





      /  /  l   / //   { ! ヾz=--一- 、 }    /:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::/ 7 /:: :: :: :: ::/ ::
     ,イ  |   l 〃 /´!    j |         1 i   7: :: /:: :: ::/:: :: :: :: ::////_イ:: :: :: :: :/ :: :
    f|   }   .' / イ_'.___,.{ (一 }  丶、   //   .':: ::/ :: :: /:: :: :: :: ::/ x≦ 7 f :: :: :: :/:: :: /
    / }   ! / .1 / 「´ ̄ T  ヾ、       \//   /:: :/:: :: ::.':: :: :: :: ::/::/ :/  /__.':: :: /:: :: :/::
   '   l   | / / !/  }─‐-    }    /`丶 ' {   .' :: /:: /:: ::{:: :: :: :: /::/ :/厂/ /:: ::/ :: :: / :: ::
   /  |   7  { 1ィた示しト、   !  r≠ミ 、 { l   /:: /:: :,':: :: ::|:: :: :: /::/ :/ } .'___{:: ::/:: ::/:: :: :: ::
 /    } /  ; ヘ弋竺tツ     /   んテ㍉ ヘ /:: /:: :: !: :: :: |:: :: :/ 7'::/ x彡´.: 1/::/:: :: :: :: :: :
'´    / {   |  ) l { /    /    ┴マソ }} }7: /!: :: ::|:: :: ::.|:: ::7 { 7/.:.: :: ./ :/ :: :: :: :: :: :: :
   >─ヘ    }  { ノ l |   {       ` / l|:: {1:: :: :'、:: :: :| イ / {     /> ':: :: :: :: :: :: :: :: :
  /::,. ::´:::::`丶、 '、 ト、ゝ/ 、 ) `'ノ   、  _,〃7ノ!:: l1:: _>ヘ :: :; !     //:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::
_/ :::::::::::::::::::::::::::\} } ヘ {ー イ <三ぅ   ヽ/7 ´ {:: :八::|    \|    ,// :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::
`丶::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ \ゝ 、|  ー     ィ´{ /   |l:ハ }:! ,     `     /:: :: :: :: :: ::,. -一: :: :: :: :: :
:::::/ \:::::::::::::::::::::::::i:::\ }トヘ≧、_,. ≦7´ リヘ    ;! }、7       ,  <:: :: ::__ <:: :: :: :: :: :: :: :: :: :
:::,′  \::::::::::::::::::::!:::::::∨リヾ、三三≧/   { ハ    \〈   ___ ∠  -  イ:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: /:
/      '.:::::::::::::::::|::::::::::リヘ }  ̄ ̄ ̄     } /\  1 |{::7´ ̄ `丶 、 <:: :: }:: :: :: ,. -一::/: :: :: ::_
       、:::::::::::::{:::ー::::1  `丶    ,. -一  /::::::::V ハ !::::| ー─ ___ ゝ 7´:: ,.   7> ニ二 --
≧x、      \::::!:::`:::::::::|     ´          /:::::::::::}/:::リ:::.'      __ ,.   ´,. x≠  ´ ̄
三三≧、    }ト、}:::::::::::::::|               / 、_ ノ::, </           /,  ´          , -
 ̄`ヾ三ヘ  //::/:::::::::::::'、            /::::::::::::,'/  /         , ´/            /
Z7`丶}三1/´::/:::::::::::::::::::\          /::::::::::::/{   `丶、    / /               /」



やがて体調を崩したブライは、1817年12月6日にロンドン近郊の自宅で静かに息を引き取った。
遺骸はランべスのセント・メアリー教会の墓地に葬られた。





ブライの肖像

1895_1026137488.jpg



ブライの墓誌

blighw1.jpg







783 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 21:44:00 ID:eNTeMjjI





        -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、          しかし、ブライに着せられた悪名は彼の死をもってしても
      / /" `ヽ ヽ  \
    //, '/     ヽハ  、 ヽ       消す事は出来ず、かえって高まっていってしまったにょろ。
    〃 {_{       リ| l.│ i|  
    レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|       エドワードによるイメージ工作の効果はあまりにも強すぎたにょろね。
     ヽ|l ●   ●  | .|ノ│ 
     .|ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |.       こうして近年までウィリアム・ブライといえば卑劣でけちな暴君であり、
     | /⌒l,、 __, イァト |/ | 
     | /  /::|三/:://  ヽ |       なおかつ無慈悲で野蛮な人間という悪評ばかりが伝わったにょろ。
     | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |
                         映画におけるブライの描かれ方はまさにそれにょろ。






784 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 21:45:00 ID:eNTeMjjI





        , '´ ̄ ̄` ー-、         その伝わるイメージゆえに、いまだに艦上の暴君に対して
      /   〃" `ヽ、 \
     / /  ハ/     \ハヘ       「ブライ艦長のようだ」と喩えることがあるにょろ。
     |i │ l |リ       }_}ハ
     |i | 从 ノ    \l小N      2009年に米第7艦隊の巡洋艦CG-63「カウペンス」の女性艦長
     |i (|  i ●    ● li|ノ
     |  i ⊂⊃ 、_,、_, ⊂ノi|        ホリー・グラフ大佐は部下の乗組員を虐待し続けた罪で
     |  l  x>、 __, イl |
     |  lくミヽ::::ヘ三l:::::ノl lヽ       アドミラルズ・マスト(提督採決)に掛けられて罷免されたにょろ。
     |  l( ⌒ )..::::V::/ ( ⌒ )
                         その非道さゆえに彼女は「女ブライ艦長」と呼ばれたにょろ。





786 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 21:46:00 ID:eNTeMjjI





      |                   もちろん本作でも彼に欠点があることを全然否定はしていないにょろ。
      |
      |-‐ ̄ ̄`' ‐-,,           ココナツの一件に代表される激烈な気性と、他人の心理を
      |: /´ ゛ヽ::::::::::\
      |/      ヽ::: i:::ヽ        推察する力に欠けていたこと、また彼のあまりの口汚さが
      | -ー     l::: }::::: l
      |●     ヽレルi:::: |        多くの敵を作りトラブルを呼んだ事は間違いないにょろ。
      |⊃    ●゛i(⌒\
      |  ,__,   ⊂ヘ iy   ゙i       ただ、それと同時にブライは決して理不尽な暴力を他人に与えた事はなく、
      h   `´ _、ゝ,、ス\  )
      ミ}ーT゛ i ::::l| \>'       また乗組員の福利にも十分気を使った事は本作内で述べたにょろ。
      |):゙i三|::ッ'l ::::l|t,,/
      |i:::∨ッ  l ::::l|::|






787 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 21:47:01 ID:eNTeMjjI





         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、        ブライがこれほど不当な評価を受け続けたのにはもう一つ理由があるにょろ。
        / /" `ヽ ヽ  \  
     //, '/     ヽハ  、 ヽ      それは、彼がパンドラ号のエドワード・エドワーズ艦長と混同されたためにょろ。
     〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i| 
     レ!小l●    ● 从 |、i|      エドワーズ艦長はやる夫達を逮捕して連れ帰る際に彼らに容赦のない
      ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
  /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !     虐待をし続けたにょろ。
  \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
    ./:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |     彼に比べるとブライはまるで日曜学校の先生並だという評価があるくらいにょろね。
   `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |






788 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 21:48:00 ID:eNTeMjjI





         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、         いずれにせよ、我々にウィリアム・ブライという人物に関する再評価が
        / /" `ヽ ヽ  \
     //, '/     ヽハ  、 ヽ      必要なのは間違いないにょろよ。
     〃 {_{\    /リ| l │ i|
     レ!小l●    ● 从 |、i|      彼は単純な悪人ではなかったにょろよ。
      ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
  /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !      1984年の映画『バウンティ/愛と反乱の航海』はブライ艦長に対する
  \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
    ./:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |      従来のイメージを変える作品となっているにょろ。
   `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |







790 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 21:49:00 ID:eNTeMjjI





        , '´ ̄ ̄` ー-、
      /   〃" `ヽ、 \       それではここで、プロヴィデンス号でブライ艦長と航海を共にした
     / /  ハ/     \ハヘ
     |i │ l |リ\    /}_}ハ      ジョージ・トビン海尉が、ブライが亡くなった折に彼の弟に対して
      |i | 从 ●    ●l小N
     |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ      送った手紙の一部を紹介するにょろ。
     |  i  ノ、     ノi|
     |  l  x>、 __, イl |       そこには彼の欠点と魅力が簡潔に記されていたにょろ。
     |  l( ⌒ )..::::V::/ ( ⌒ )






792 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 21:50:00 ID:eNTeMjjI





    /:. .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...:.:.ヽ
  . /.::..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.>    「────気の毒な彼は世間の人々から必ずしも
   |. :..:.::..:.._..:.::.:.:.. ハ.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.::::\!
   |. .:. :./ノ.:.:.:..:./_メ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...:.:.:..:.::.:.\   理解されていなかったのではないだろうか。
   {.: / /__:.:.:.:./  __\.:、.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.: : :|:|⌒
   ∨./ / /\:.| <イ::::::} \\.:.::.:ハ.:.:.:.: ハ}    愛する友よ、プロヴィデンス号の中では彼が圧制の機構を
   |.  '  r_,}:|    ̄       \{ .|:.:.:./
.   ハ     \::ゝ        !   レ∨      確立して行使し、人々の不満を作り出そうとしたことなど
   /:.\    \      ` ′  /
.  厶彡!:\    ヽ  ー- ‐_ '  ′       かつて一度もなかったと私は確信している。
     |/|/i     }      /
      __ ト、   / ヽ   _/           不満の種になったのは、彼が我を忘れたときのあの猛烈な
  /二ソ ヽトミ二ヨ    /_
_〆  \ .∨    |    l\}\___        トルネードのような癇癪だった」
=、_.   ∨    |    {  |  \  \
──.\  ′    ト、_  , -|   }   \    
__ \/      | \    !  ./    ハ






793 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 21:51:24 ID:eNTeMjjI





              / 
             //                   
          /:.:/                    「しかし、それでも万事うまくいったと彼が考えた時には
          〈:.:::{_,.-:‐::─::‐:-:.、_           
        _,.-‐ゝ::'::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、         彼ほど温和で興味のある人間には誰もなり得なかった
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:\       
     /:.:.:.:.:..::/∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.::、:.:.:.:.:.:.:.:.、:::.:.∧       であろう。
      /:.:;':.:.:.:;/ー-\:.::ヽ:.:、::.:.:\:.:.:.:.:.:.:\:::人      
    l:::/;/::;イ ‐-_、 ∨::|:.:.ヽ:‐-:ゝ:.:.:.λ:.:〉:ハ::\     一度か二度、私は勝手気ままに荒れ狂う彼の言語能力を
     |::'´:|:/::|,ィて:アゝ |:/\::.:ヽ.:.:.:.:.:.:/::∨:.:.:.|\::ヽ、  
    |:.:.:.:.:.:人  ̄  `  `ヽ:|ヽ::|:;人::.:.:.:.:.:.|   ̄`  身を持って知る羽目になったが、必ずその後では
    |:ハ:.:.:.:.:ト:ゝ      ・ ・    `   ∨::.:.:/      
    ´{ .Vヘ::ゝ               |:ハ:::/       傷口を治すための軟膏のようなものを受け取ったものだ────」
      ヽ、`ヽ、             / ノ






794 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 21:52:35 ID:eNTeMjjI





            ,. -───- 、
             /'´       `ヽ、        これ以上の評価は読者の皆さんに任せるとして、
             シ~ /" `ヽ ヽ `'、 ト、
         //, '/     ヽハ  、_Vヽ       ブライ艦長に対する記述はこれですべて終わるにょろ。
         〃 {_{`ヽ   ノ リ| l |、,i|
         レ!小l●    ● 从 | } i|        後は、主なバウンティ号の乗組員とその関係者について
         ヽ|l⊃ r─ォ   ⊂⊃jノ}j|
     r‐‐-、__|ヘ  '、_ノ   /|  ! |        判っている限り追って行くにょろ。書いてない人は最後が不詳にょろ。
     { (` /:::::| l>,、 __, イァ_i  ||
      "ヽ /:::::/| | ヾ:::|三/ / //ァ||       それでは最後までよろしく読んで欲しいにょろ。
           ヽ< | |  ヾ∨_:/ // ハ||





796 :名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 21:55:00 ID:8s64IDCs



やらない夫はともかく、やる夫は航海中にブライから優しい扱いを受けてるし、なによりも自分の無罪を信じてエドワーズに投降したりするくらいだから
そこまで悪感情はないとは思うけど、どうなるんだろうなあ



798 :名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 21:56:40 ID:fNUnVuBk



ブライは映画の62年版でもあまりいい描かれ方ではなかったと思う、
35年版よりはいくらかましではあったが



799 :名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 21:57:28 ID:aQ4fCHD.



反乱に巻き込まれたブライの娘は無事だったんだろうか・・・


ブライの娘は無事に本国に帰国しました。
しかし、共にオーストラリアに渡った夫を熱病で亡くしています。



800 :名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 21:58:26 ID:/Ay81du2



エドワーズは譴責くらいはうけなかったのかなあ
捕虜の扱いのひどさで



801 :名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 21:59:01 ID:4X9oJHFE



カルシウムさえ足りてたならば・・・


802 :名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 22:01:46 ID:KpEHH3Ww



イギリスのような階級社会で、上品な言葉遣いが出来ないというのは
我々が思っている以上に致命的なことなのかも知れない。



804 :名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 22:03:22 ID:qAXDHDA.



日本じゃ日本語が多少不自由でも問題ないばかりかウリになったりするしね



806 :名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 22:03:36 ID:fNUnVuBk



>>混同
35年版の映画でブライがパンドラ号の艦長もやってたのが影響してたりするのかな



807 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 22:04:27 ID:eNTeMjjI





       ,  '´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ、      航海長ジョン・フライヤーはこの後
       {: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }
.       }: : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : : : : `}      模範的な船乗りであり続けた。
      /: : : : :, _ - ‐ -`、::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::: : : :く
      lー ´       `ー ''- ‐- '´ー 、:::::::::::::::: : : ソ     彼が航海長として乗艦した戦列艦「ブリタニア」の
        l_ _                ヽ、 , /´: : :,'
       l: : : /,, ̄  ̄ ー -、- ー 、_    /: : : , '      トーマス・フォーリー艦長を始めとする
       /,: : ´/,-‐=== = 、ゞ: : : :, '二 `ーV、: : ´
      { ',ゝ::/   ,= = ヾ   ゙-- ´r - 、㍉/) `´        何人もの艦長が彼に賛辞を述べているのである。
      `、i: :ヽ,  、f´ヒソ`    i  f心 ソ /,'ケ
       ヾi: : ゞ.      ´    l  `゙ ´ ./} /           コペンハーゲンの海戦においては、彼は
        ヽ:',         ,,. |:     /ン
      ,一´、:',        、 /::    /             司令長官サー・ハイド・パーカー大将の旗艦
   , '  / l::ヽ  、             ,.' 、
 , '.    /  ,!, ,' ヽ  `ー ――――' , ' 、 \           「ロンドン」の航海長を務めている。
/.    イ//  '.  ヽ    ゙゙゙゙  , 'ト  l  ' ,
     l     !   ヽ     , ' l \ l   ',          彼は1812年に海軍から引退して、1817年5月26日
.     |.     ',    ヽ _ _, '  /    |    ',`‐
     |      l          |      l    ' , \     故郷のウェルス港で死去した。
     |        |                 l    \. \






808 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 22:05:03 ID:eNTeMjjI





       /::: :,、: : ::| `ヽ、: : : : : : ::/ i: : : : :,、: :}       ウィリアム・コール掌帆長は、叛乱の責任の
         {::: : { ヽ: : :i   ヽ: : : : ::/  l: : :/ {: : :}
         |::: : :ゝ \|    ヽ:::::/   //  ヽ:::l        一部を問われて10年間服役することとなった。
        |::: ::/. ヽ、   、  V  / ´ ノ / i:::|
         ヽ、l `ヾ、` 、 ヾヽ、、 /_, ',,, '.  l:/        ただし、服役とは艦上勤務のことであり、
       / ヽ ```エェヾ'`、;ヾf=≠ェヶヤ´,  i´}
       ヘ iヽ   ` ̄ ̄´`ゞ::i ″゙二 ̄   / /        彼は軍艦イレシスティブル号(Irresistible)において
        ヽ、\      ´  :|::     /::/ /
          `|          |:::    /::/ン'         その勤務を果たした。
          ,ト、.        _ |:     イ
           / |:.\    ___   /ヽ、          彼の二人の息子を下働きに使うことが許されたため
            |\|:::::ヽ  '´ - ― - ` / lノi
       _ ,,‐|  `' 、ヽ       / /  |、_        その生活は快適であったと言う。
_ _ , - ‐ '  {.{.{     >ヽ , _ _ ,イヽ、   |ヽ} ` ー - _
        ハ \   { `ヽ:: ::∥∥:: :: /   / /        1805年に彼は引退し、1833年3月に死去した。




810 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 22:06:00 ID:eNTeMjjI





                ___ _ 、 ヽ
               _,. -─'"`ー-::,ヽ,}l _,.-
             _,ィ´":.,:.-:.─:.:.:-:.:.:.:.:!:.:`⌒≦、         因果応報というべきか、
             _zフ'"´,.‐'´:.:.:.:.:._,.-‐'´.:.:.:.!:.:.、:.:.:.:二ヽ、
          ,イ/ ' _,.:.:.:.:.:.:/'",:.:.:.:.:.:.:.:l:::}:::::::. ̄≧,:ヽ      スザクことトマス・ヘイウォード海尉は遂に
         /'/´:.:/:.:.:.:.://':.:.:./:.:.:.:.:.l::::l:::::::::::.:`ヽ、ヘ
         イ:./:.‐---':.:./:./:./:./:.:.:/ !:.lノ:!ヽ:::ヽ:\:.ヽア     その生涯を全うすることが出来なかった。
         フ:{:.:/ノ:.フ:.7:./:.:/:.{:.:.:./!:.lノノ::l:ヽヘ::::!:::::}:ヽ}
           /:/:/:/:.:./:.:l:.:{:.:.{:.:.:l:.ー‐rイl:::::ハ:::l::l::::l::::::l:::}:j     彼は准海佐に昇進することが出来たが、
          ノ:.l_,ソ!:.:.l:.:.j!:/!:.:l:.:. l:.:.:.:.:.j:.:/l::/:::::}!:j!:.}::::::l}::!l
          卞:イ、ヽ:lVチ=l:.lzl::lヽ.:.:.:.ハj/:/ノ::ノ斗r:::l:::/j       1798年、遠く中国で、彼の乗り組んでいた
         ヽ!ヽ:ヽ:.! r千ォzミヽヘヽ:.:l !/i≦チ,rヘノノノ'´
          `ヘr≦ヽ}丐fェ!、:::ヾ{_ イrf月}ノイ彳〉       スループ「スウィフト」が台風に遭遇して
             ヽ,l  ̄ ̄´ .::l `   ̄ ̄´ j_ノN
              ヽ      ::|       /_,. -──‐,    沈没し、非業の最期を遂げたのであった。
           _,. -、ノ:.\   __'__    / .| r───l
          匸゙'.r-´ヽ  jヽ、´ ー-`' /r、__,| |:: :: :: .:::::|
           l:::| |:::.::::.:::.lニz、` 、__,/z=〆 : :| |:: :: .: ::::::|_    _,. -──- 、
           | :| |::.::::.:::: l:::::::`ヾ'/:::::::::::::`:::了| ヽ::.:::::::/,> '":: .::::: .:: :: :: :: ゙,
           |:/..|:.::::.::/j::r-,:::j' }::: ィ-ヘ:::::/ | /.:::,.-‐'":: :: :: ..::::::: . :: :: :: :: :: l
           |ヽ |:::/ /:{!^l }::lイ::l /⌒!}:/ ,.゙ /.::/:: :: :: :: .:::::: .:: :: :: :: ..::::::::::::.j
       ___,.ノ}::| |´   /::::::/j::/ !::{ l::::::::/  ノ l:: :: :: :: :: .:::ィ, :: ::_.:::::::::::::::::::::_,.ノ- ─- 、
  r-─'´ ̄:: :: :: ::j: :| |  /:::::::ヽ!::V::/ノ::::::/.,_ j l:: :: :: :: :://,/:::::_,.-ニZ-''"ノ:: :: ..:: :: ::.ヽ





812 :名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 22:08:37 ID:y5C64ksE



ウザクも溺死か。


816 :名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 22:10:56 ID:8s64IDCs



ヘイウォードさんは、パンドラ号の沈没に伴う溺死説もあるみたいね。どこまで本当かは知らないが


パンドラ号に関しては調査が行き届いてるんで、ヘイウォードがパンドラ号で
溺死した事実がないのは確定です。
ハリットがパンドラ号に乗っていたという話も同様に間違いでしたし。



811 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 22:07:09 ID:eNTeMjjI





  ヽ   / ∧V !  / |!  |!|  /  |! |!|! !    /}!   ! |!| !  |  ト、   /
   `ー '  /  Ⅵ  { |!  |!|!  {!  | ∧}、 {   //ノ_乂 ! |!|! }   |  ',八ノ    義兄のフライヤー同様に
       ノ    |  ヽ{、 从_{ゝ-'´ ^ ヽゝ--'´ イ}_ノ 从/   |  ヽ
    // /   |     |`~^´   -=ニニヽ    /ニニ=-  ` ̄| |   |   \    ロバート・ティンクラー予備士官候補生も
   / / /   ノ   |                         | |   }  、丶丶
.  // / / / ハ   | | __,,===-、 -、        _ ,,===- 、_| l   イ  ヽ ヽ ',   模範的な船乗りであり続けた。
 // / / /  | |   | 小/ ん:::( ヾミ、      ,ク/:::( ヽ`アリ / |   } ヽハ
〃' / / {  | |   | |〈  {:::::Ur=リ丶      ,イ{::Urーリ//レ' / |   }  } |  コペンハーゲンの海戦においては、
{   { {  |  | |   | ∧  乂)::::夕         又:::::タ,, / / |  /  / /
ヽ  从!  {   レ'   |  |ヘ  ¨¨´      l     `¨¨^´ / /  |  /  /ノ   軍艦「イシス」の一等海尉を務めている。
. ∨ 〉‐`ーヽ___,i   |  ト、ヽ        |          /ノ   {__,/-ス'´
   /|    | ノ  | {^` \      ー 一      ノ´    ,′    {     順調に艦長に昇進し、46歳でノリッジの
  ,' j   |/  / }  ハ    、      ー    . イ     /     ハヘ
  〈 {    |/  /  !  ',    `}> .    .. ィ´/     / /{    / }∧   自宅で死んだ時、体のあちこちに
  ヽ、   |{  {   }  ∧__    }ミ、 >==≡/    / / |   / / ノ
.    \__|  ',  ハ / } \_,ノ }Y〃    〉--、__ノ ノー、\_,/_,/    21箇所の傷跡があったと言う。
     |―‐ト、 ヽ   )' /テ=’   | | |    /`ー、 )>´ ̄ ̄\|―‐┤






813 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 22:09:00 ID:eNTeMjjI





                /                    ///
            / ト、{\        _       /´/{ イ
            「 ̄ ̄ ̄` ー- < ̄-‐≦二    /   /    最高齢の乗組員だったローレンス・ルボーグ縫帆長は
            ├―--  __     ` <二≦    7   /
            ', _,,〟   ,,.≧xー- _    `ヽ、ー‐'´  /     ブライの二度目のパンの木採取航海にも
              | ┬ァミ}  '"⌒゛\   `ヽ 、 〇下 、/
             イ  ゞソ    ≧ュ.,,,_ヽ   / }>く   〉       同伴している。
                |     /    、 弋ゾ"  / /⌒〉 ヽ/
           |  〈           イ/イ´ /  ∧        後日ブライの家族の知り合いが彼と
            -―ヘ                ″'´ノ  / ',
     ,  ´  -― ヽ L 、____  _、    rイ「   ハ |        酒を飲んだとき、彼はあの航海について
    ′/        ', `ー==ニ彡´   ノ´ ノ   | | |
   | ′         ! `        ´   /イ   | l |       一言「思い出したくねえよ!!」と吐き捨てたという。
   ||         イ州」厶ィ´        ノイ}ハレ/ ′
   ┤|           ̄「       /    // /        1795年春にプリマスで係留されていた船の上で
 ̄  ̄\            ヘ      /   /  ' / |
     \       /   〉     .′ / // |        亡くなるまで彼はブライに忠実だった。
.        \      /    /    / / /∠ -‐ ニ>ー- _
           \  /         / -‐' /-‐  ̄ -‐ 二 ---\




815 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 22:10:00 ID:eNTeMjjI





             ,ヽ   、 , /、       十 | |
             /  \ Y / ヽ      丁  ノ ツ
               /  γ∩Υ_ヽヽ
           /   ヽ∪人 ̄ノ  ヽ
          /     ´ ̄` ´ ̄`    \             ある意味でもっとも幸運だったのは、
         /    、         ,   \
         |     ―}         {─   |           でっていうこと船匠のウィリアム・パーセルかもしれない。
         |     ′ ′           `  ヽ |
         |    |   \ ______ ノ   | |           なぜなら彼は、バウンティ号の乗組員の中で
       \         ` ´ ̄`  ′   /
         \                  /             もっとも長生きしたからだ。
          /               \
      /                      \           1834年3月10日、彼はポーツマス港のゴスポートの
     /                        ヽ
      /                         ヽ         老人保護施設で死んだ。
      |                     |   |
      |                     |   |         彼の死で、バウンティ号の乗組員は総てこの世を
      ヽ   |                  |  /
      \_|                  |_ ノ          去ったことになった。
          |                  |
          |                  |






817 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 22:11:24 ID:eNTeMjjI





           / /  /  / /        ` ,  }   ハ
          /  / /   /ノ /   / /  /    、   ,
 .         l  // /  /´ /    / ト、_j1 l ,   V   ,       パンドラ号のエドワード・エドワーズ艦長は
          | /,'  /  / / /  /! / j   ! | }   }!  l
         l!/   l  / / / / , / ハ !  j! l !    l , !      二度と海上勤務に付く事はなかった。
        |    ! l /,イ/ ,イ/1l |j  /イ !j! l  , レ
        l|! 、 l  !≠/7升-ノ !l, -─'/レ!十 ,  ! '       やる夫たちに先んじて戦列艦へクター号で
        ハ l  , ∨l|辷≧r、7 ' , | _ ィた/ア /  / /
        / l ト、 \,jl       l     `¨´ / 7//!'/        軍法会議にかけられたエドワーズは
     ...   /  !l__ゝ 、\       .:|       7 /ソ /
        r≠ヘ \ト、ヘ      .::|     /イ´ /ト、        無罪と判断された。
       //::::::::::::::::!Nト、{`     :!'    /'7/ //::j:\' ,
         | |::::::::::::::::::l:リ! \ -==== 、 , イ! ,//::::::::::::| |      しかし彼はこの後陸上の閑職に追いやられて
         | ト、:::::::::::::, -l! ', \  ̄ ̄  / /イ ノ:::::::::::://
         ト、 ',:::::::::::|   \!   、__/  7- ,:::::::::::::::://:|       過ごすこととなる。
      ノ:/!ヘ',r-y'  、  `> 、   , -r'´  ,:::::::::://::::!
     /:://::::ヘ',Y     /   `Y⌒、 l ',   ト、::://::「|:',       さらに彼はこの後、ニューソク家の
    イ::://::::::::::ヘ,ヘ ,   7    !  l |! ハ/  l7'/:::::| ',::'、
  '´ |:::l/:::::::::::::::ヘ ヘ  7´!     |      Y 7 /::::::::\',:::Yー- ., 縁者の批判にさらされてしまったのだ。
    j:::::::::::::::::::/7ヘ ヘ/ /         /   ∨'/:ト、:::::::::::\! l      ̄`ー-- 、






818 :名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 22:13:32 ID:I58YaMvY



こっちもか


819 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 22:14:01 ID:eNTeMjjI





        / /   /   ゝ厶i∨ ノ,                    ``ヽ、
         {/    , '    /i  `了くhヘ!                         丶、       彼は、かつて指揮下にあった
ノ      /  /{ !  / / ノ __」..斗イ{_i                     \
7/       { /  从 厶孑≦==ミ|! LL」 、i                i」{ 」厶ヾヽ、    わずかな支持者と親族に慰められて
∧「     〉 , /i i∨/¬ァ」斗芒f7    `⌒L儿=く」几ト、从」爪厶L几儿「`⌒^ヘハ
 `LトヘハL/ / / ト、ト、  ⌒ ー┴=彳        //'^V    ∨            い   老後を故郷で暮らすこととなる。
      { / / 从行7          }     /  /´ ,ハ     〉               `}
      ∨ ,′! !レ′       _,ノ    / /  /  }    //              i仆┘  彼の姪は、エドワーズのことを
        Ⅵ、 { 小、       '⌒≧=≡彡'′ .イ ! N」 // ____        ∧!Ⅳ
       ヽ ヽノ∧ 、______          ,' i  i }  //´     厶几勹厶少′   ”愛しいお爺さん”として記憶している。
          ヽ}ィ小, `こ.二`        / !  {厶 /∧─z=≦{
           /| ∧           /   ', ∧厶i′∨/   }厶 、          彼は1799年に海軍少将、1805年には
             {|、_}          -‐ ´ /   ∨ィ}ヽ弋{_ノ′ 厶ノ  }}
          爪」,r外 一ァ¬ ¨´     /  ィ/.:/ ト、__>r< .ィ辷ア′        白色艦隊中将に昇進した。
           |Ⅵ弌__> .::.::.j        /  」 {:. 〈 ∨ }r‐一、  >ヘ、
      ト、  {、∨__,/.  :. ::.{     r‐=≠¬::.{弋rヘヘ. {∨   厶<:. .:: :.ヽ.         そして彼は1815年4月21日に死去し、
      ゝ`~弌廴7.::.:. ::.::. :ト、  i\::.::.:..  ::.rヘト、_,ハ辷衣ハ. }}ノ. ::.::..::.::.\
  ‐=≡ミミVヘ、  ,r7.::.::. .: .: .:j   |::.::ヽ::.::. .::{`ヽ{  ハ|_,ノ、  V厶::.::. ::.::.::. . ::ヽ.      故郷ウォーターニュートン村に葬られる。
     i`Y^く≧彡1::.:: .::/.:/     |::.::.:∧: .rヘ、 ∨ノレ'⌒`rく{::.:. ::.::.::.::.::.::.:: .::.ヽ.
    `Tトヘ、`辷f卞广´.::.::.:{    ノ.::.:´.::.Ⅵ」≧`⌒Y⌒ヽ_,厶く::. .::.: ::.::.:..  .: :. .\   彼は生涯独身であった。





エドワーズの墓誌


13066857_128362968984.jpg







820 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 22:16:00 ID:eNTeMjjI





                          .  -──-
                        .                `  .
       ______    . ´                  \         タヒチの酋長ポマレは1803年に死んだ。
   .  "´            `>        /}〃 /           \
  /              /   ′  . / /´゙゙`` /ハ            ヽ      しかし彼の息子チュは彼の名を受け継ぎ
                  ./ / /    // /     ′ }ト 、            .
                / / /    // / __  |  从{ハ        i  }     ポマレⅡ世となった。
                 / / .′   // / ´     |   }ト !      |  ○_
              {// 从 i i | |      |   }|  }ハi      |  ○     ポマレⅡ世は父の成しえなかった
                { 〃 ,ハ i | !ィf⌒气ヽ     ノ ノ  }   |  |   |  
                  / / ハ lノ {爪リrl         7气、ノ i |  |   |     タヒチの専制君主となる夢を果たすため
               / / { j小  ヒzrソ       /i爪トム | |  |   |
            / /  ゝ 〉   ̄        {ヒzr'ソ }レ ノ ノ   |     精力的にタヒチを訪れた宣教師や
              / / i (⌒ヽハ """"   '      ̄  厶イ /    |
               {  /´  ))ノ  〉、     ` ‐  """" ∠   イ i 从     船長達と親交を結び、彼らに援助を求めて
              !  ′ ((   ノ)ノ >            イ  厂ハノソノ  ,ハ
                V   ii て(__   ハ` ー‐=≦  ノ / r'丶   〃 }    強力な武器を手に入れた。
             〃 {    j|   (_rvノ八__ノ´⌒ヽ人(__ ん′   v//i  ノ
         〈   {     }     《二口フ´ ̄ ̄ <)    /    }/ノ/     彼は1815年にモーレア島の敵を
           V \  ノ! /  ̄ ̄`ヽ/ / / r   \      人
              》≧=‐- /       {_/ / / l  i ! ∨   /   )      打ち破り、タヒチ史上初めての
              《    /  i l l l | | /  {./   し }_,ハ  v'/    (
              《__,/´   八{ レ. レし {          . \‐=≦》      統一君主となったのである。
              /   /           .           .   V⌒》
               {   .′         }          .  v´》     彼は1821年12月7日に深酒が祟って死んだ。
             ノ\《/            ハ            i  }ハ
     __,r个y'⌒)}'´ ノ}/            /             |  八 i}






822 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 22:19:17 ID:eNTeMjjI





: : : : : : : : : , r          ,_m,、          ヽ: : : : : : : : : : : :ヽ
: : : : : : :/     _ , r ‐ ''' ´},,州,,{ ` ''' ‐ - ,     `ヽ: : : : : : : : :リ
: : : : ,r´   _ , r ' ´    _,,,ニ=ニ,,,_     ` ' 、   ヽ: : : : : : /   
: : : :{  , r ´ _ r==三三三三三三   ̄ `==、   `へ ` }´: :ノ
` '‐-}´_, r=三三三三三三三三     三三三三==、  ヽ{:/     ブライ、やらない夫と並ぶ本作の主役である
   rニ0三三三三三三三三三二二二三三三三三三三三0 {
  ≦三三三三= ̄ニニ、"、"   "">´,r―-ニ_` ̄ ̄ ̄ト;`;{ _      ジェームズ・モリソン掌帆手であるが、
 r-、 |;;;| "  r ' ´ ・   } ;::ヽ   i;:/ {  ・   ヽ    ;;;;;;/´ 、ヽ
/、  ヘ |;;|     ヘ     リ ノ;:::)   '  {      リ    ;;;/ /   }    残念ながら彼もその生涯を全うできなかった。
ヽ、ヘ  ヽ|      `ー--‐´  r ' '       `ー― ´    y /   } }
  i }  |           r|、  ,_               |  { / /   彼は裁判が終ってすぐに掌砲長として
ヘ ヽヽ |            ≧ニ, 、              | // /
 ヽ \! |              <へi ヽ`            | r r /     現役に復帰し、セント・ヴィンセント岬の海戦、
  ヽ   |             `             |  /
   ヽ、_,ヘ     ,、r――――――――--ャ      ト- '        ナイルの海戦、そしてトラファルガー岬の海戦と
      ヘ    λ`=-――'--------≧´/     リ、
    , r‐: :ヘ     `ヽ` ̄'‐--―-―''´フ'        ノ  ` ' 、      戦い続けて武勲を得た。
, r ': : : : : : : :ト、      ` ー―---― ' ´     /| L_   ヽ
: : : : : : : : : : |  \     ー------―,     /  |、| | | | ̄| |      
ヽ、: : : : : : : | ヽヽ \                   /  ノノ ヽ| | | | |
、 ヽ: : : : : :|三≧,ヽ ≧ー-- _      _≦_==三三三ヽ| | |
 ヽ ヽ  /三三三三三`====三三三 ̄==三三三三三|





825 :名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 22:20:49 ID:imG2F1eY



おおさすがw


823 :名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 22:19:19 ID:fNUnVuBk



有名な事件だけあって関わった人たちの資料も豊富なんだな


824 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 22:20:00 ID:eNTeMjjI





               _____
        ,,, -─  ̄.::::::::::::::::::::::::::.... ̄ ` '' ー- ,,,_             しかし、その後に彼は戦列艦「ブレニム」に
      ,,.:::''::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.`:::..,,          
   /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..ヽ        乗り組んで東インド海域のペナンに向ったが、
   ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..ヽ     
  l::::::::::::::::::::::::_;;=''''´ ̄ ̄      ̄ ̄ ` '''ー=:、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     1807年1月、「ブレニム」を旗艦とする
  .|:::::::::::::::;;r'''´ 、wッ, __,,, -- ─- 、 ,,, __    `'''=::、:::::::::::::::::::::::::::::ヽ   
  .|::::::::::::/  _,,=.}.ili f__,,,...:::----:::.,,,,..____   ̄` - 、._   `''ー.、:::::::::::::::::::::l   トーマス・トラウブリッジ提督の転任に伴い
  l::::::::/ , ''´ ,ィ "-::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄''''‐-- 、__゙'''-、   `'、:::::::::::::::|   
   \::〉´ :''´7:::::::::::::::::::::::::::_;;;;;;;;;;;;;ニ三-ェ==‐-、;; O/   ゙'''-、  ヽ;::::::/   喜望峰へ出航した際にマダガスカル沖で
    .`l,..::´/./:::;;;;;;;;;;ェ.-=''''´              `''ー.、   ゙' 、,{/    
    ノ:::::/_ァ''´                        `''ー、   {      サイクロンと遭遇して艦は沈み、モリソンも
    /:::/ `                         _    ‐-'、
   .l;;/     ` ─- _         _ ,.  -ー              死んだのだ。
                  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄






827 :名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 22:21:50 ID:I58YaMvY



主要海戦を生き抜いた男も嵐には勝てなかったか


826 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 22:21:00 ID:eNTeMjjI
.







                    ──────────そして──────────



.






828 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 22:22:08 ID:eNTeMjjI





         _____              やる夫・デ・ニューソクは、叔父の艦「ベレロフォン」で
        / _(◎)`ー-、_          
      / / ::`|ll|':^‐、  \         しばらく勤務した後に海峡艦隊司令長官ハウ提督の旗艦
      / /  __;::∪::_  `‐-、_`ゝ      
     / /,ィ::\:::::/:::\" ̄         「クイーンシャーロット」(HMS Queen Charlotte)に乗艦した。
    ノ∠/( ●)  ( ●)   \ 
      |  (__人__)       |       彼のこの厚遇は、間違いなく彼に罪を着せようとした
       \ ` ⌒´       /
        /  ー‐      ヽ        ブライ艦長に対する間接的な公開叱責であっただろう。
       /            `
                           彼はこの艦上で「栄光の6月1日」を戦った。






830 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 22:23:38 ID:eNTeMjjI





       . -‐ ''  ̄ ̄ ‐- .
      /:..         . : .:::ヽ        やる夫は1794年8月に海尉心得に、翌年には正式な
.   , ':.:. :.         . : .:.:::::ヽ
   /::.:.:. .     , ⌒ ー- .__,;.-‐、',       海尉に昇進した。
.  ,'::.::.:.. :     :           ヽ:!
  i:::.:.:._,.-、,,   }     ―     ―  \:t    これは、彼の勤務年数からして明らかに早い昇進だった。
 _レ'´... _ゝ'__,. /  ( (;;;;;) ) ((;;;;;) )ヽ:::}
. {::.:._,.-'´'´ ゝ;/               |:::ヘ   下級将校としての彼の勤務成績は非常に優秀だったようだ。
. 冫{´:.. ._;.イt:冫     (___人___,)   |:::::ノ
/:::`ーァ{:.ヽ` }       `ー ´    /^´    そして1803年、彼は海佐艦長に昇進した。
ヽ:__;ノ !:.:.:.:「             ./
    ,j:.:.:.:rl\          /       軍艦「レパード」に乗艦した彼は、1805年まで
   彡気/`ヽ、`ヽ      ´´/
  彡イハ/: : : : : 丶 ` ー- ..__,,.ィ         セイロン島、インド、その他東方の島々を調査する航海に出た。
. 〈/幺//: : : : : : : : :`丶、._  {,ハ
  `ヽУ: : : : : : : : : : : : : :  ̄VY戈ー:、      このとき彼が提出した水路図や風景のスケッチは見事なものであった。
  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : ヘ气 ヽミヘ
,/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : V衣,〉ー}7    あるいはブライの手ほどきがよかったからかもしれない。
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :V巛Y/ミ{




833 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 22:25:00 ID:eNTeMjjI





                      _,.-‐‐‐、
                   _,.-'"´ _,..-、 ` ⌒ ̄`゙'丶、
                 ,. '   ,.-'"  / lヽ ヽ-ー-、 \           彼はその後も切れ間なく艦上生活を続けた。
                /  /   / / / l  ト、  `ヽ ヽ
       , へ 、    / / / / / / /  /  lハ`ヽ、 ヽヽ         1816年、海軍生活29年を迎えた
       /:::::::::::`ヽ、 / /∠ / //  //  /  / l ハ`ヽ、   }、
      /::::::,.-‐ニに)ヾ、ニ / // / /  /  /  l | lト、二ニ=/⌒〉‐--、    やる夫は、乗艦していた戦列艦「モンターギュ」
      ヽ/´フ /::::ト、ー-/ / / /  /  / // , l | l ト、_____L___〈‐、::::::l
、____________/ / ,イ:::::::lヽ y' / // // /  / / // ,イ l l ト、_____/::::l::l lヽヽソ    が退役したのをきっかけに陸に上がり、
   ` ̄7 / //::::::::l / /l l_l,,Ll!_ / / / / //_,!_l_l ハヽ、/::::::l::::ヽヽリ丶
     // //l::::::;:イ l  /l l l_,..LlL`>、/  /-'/∠L!/ハ、ニl::::::::i::::::::〉〃 i   その時に以前から面識のあった
     //∠r---ハ/ /l / l | lニr',ニ=-、     '゙,.-‐ニヾk_ 7ヽ::::::l::::::/// /
  ___〃______,. -'7/ / !/ / ハ ヾ{ .:;;r;.}`     { .:;;r;..} 〃 r'ソ }ト、レ'/ / /    未亡人フランシス・ジョリフィーと結婚した。
    |l ̄`7/ // /    ヽーヘ ゞ=- '        ゞ-=<  /)_ ハ「:::::/ / /
  ヽ_!|___〃/〃 /      ヽ_ヘ ::::::::::  〈   ::::::::::  /-- ' __l:::///
    ヾフ//!l /         ヽ、     _... _     .イ/´ ̄ / / /
     X/  i /           \   `..;;‐'   .ィ' /   ///
    //\  ∧           /`!、     /,'〃ー-‐' //
    |l     l \        / /l  ` - '´  l |l ` ̄7/
    ヾ    >'´ ̄`ヽ、_r‐y-、_/∠___/       l〃  /_r'⌒´ ̄ ̄`ヽ、
      _,.'/  ,.-‐---、_ヽヽ ヽ-‐‐'/       /ト、__/くヽヽr⌒`     ヽ、
    _,.-´/ /:::::....    ヽヽヽ        / ヽ l ヾ ヽハ、        \
  /     `ー'"´ ̄ ´ ̄`ヽ! l l       /     | _,.ゝ. l | r''´ ̄      \






834 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 22:26:00 ID:eNTeMjjI





   |                    ヽ- 、
   |    /       ヽ   ヽ  ヽ   ヽ  \
   |   /    } }    }    i:   }:  i i   \        彼ら二人の間に子供は生まれなかったが、
   |   ::|     | |:   |::   |::  |::  }: |   人
   |   :||    }} }:    }}:::  }::  }::  } }   /  ヽ      フランシスの連れ子であるダイアナを
   |   :||   ハリ:   ハ;;_ハ;;_ノ};;___ノレ'  / ::/ }
   | ̄ ̄  ̄ ̄   ̄ ̄   _,.--‐‐、./::ノハノ / ノ      やる夫は大いに愛しんだ。
   | ̄ ̄ ̄`゙ ー- 、    / _,,,,ィ /;;//  i   ノ
   |_ニェ=--、ー-、  `    rシ;イヾ彡ノレ;;;:____} ;乂        ダイアナ・ジョリフィーは後に、
   |ィ{:;;(フ;;:::}``ーミヽ    r'イ;ノ,_, /::::   ,;:-''::::;ハ
   |\;;;;;;;;厶-‐         ̄ ̄ /i:;;;;;;, -'":::::::/  }       高名な海軍軍人エドワード・ベルチャー提督の妻となった。
  / ノ          ヽ、   ./ ノ;;;;;;;;;::, -'"   _/
  (_/ )          / / };;:::::::::......  _,,; イ        余談だが、ベルチャーは1825年に太平洋探検中の
  / ,.-〈    ヒー---ァ'  /、  ゙入ェ;-;-;''==ソ
 (/ __)\    ̄ ̄   /   フ>、{::::::..      {         ブロッサム号勤務の海尉としてピトケアン島に立ち寄り、
  (_,ィ'" )  > 、_   /    // /\;;;;;;;;;____,,,ィ'
  / ,ィ'  / }   ̄     // ノ   Y:;  ノ          あのジョン・アダムズと出会っている。
 'ー'イ    /        // ./    };;;;'' イ
    |\  /        //  /    /ヽ;: {          さらに1843年には琉球に立ち寄っている。






835 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 22:27:00 ID:eNTeMjjI





     ____
   / ~~~\         1818年、やる夫の元にある打診があった。
  /  ~~~  \
/   -(◎)―(◎) \      それはカナダの五大湖で戦隊を束ねる代将として勤務しないかというものであった。
|   ( ( (__人__)))  |
/     ∩ノ ⊃  /      しかし、健康に不安を抱えていた彼はこの話を断り、それ以降は
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |       タヒチ語の辞書を編纂する仕事に力を入れることになる。
 . \ /___ /






836 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 22:28:09 ID:eNTeMjjI





1831年─────






._                 ._
| |======================| |
| |        / ̄ ̄ ̄\ .| |
| |      /  ~~~  \ |
| |___/::   ─    ─  \             ……………………
| |\ ( | :::  .(_)  (_)   |    
| |  \ヽ\_ ( ( (__人__)))_/ \ 
| |\  \( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ
|_|  \  ヽ               \
    \  \               \
      \  \               \






          ...,、 -  、
      ,、 '  ヾ 、    丶,、 -、
     /    ヽ ヽ  \\:::::ゝ
 /ヽ/   i  i    ヽ .__.ヽ ヽ::::ヽ
 ヽ:::::l i.  l  ト  ヽ  ヽ .___..ヽ 丶::ゝ          ……先生、主人の具合は
 r:::::イ/ l  l.  i ヽ  \ \/ノノハ  ヽ
 l:/ /l l.  l  i  ヽ'"´__ヽ_ヽリ }. ',  ',          どうでしょうか
 'l. i ト l  レ'__    '"i:::::i゙〉l^ヾ  |.i. l  
. l l lミ l /r'!:::ヽ    '‐┘ .} /  i l l         去年の年末からもう寝たきりなんです……
  l l l.ヾlヽ ゝヾ:ノ   ,     !'"   i i/ i
  iハ l  (.´ヽ     _   ./    ,' ,' ' 
   |l. l  ` ''丶  .. __  イ         
   ヾ!        l.   ├ァ 、
          /ノ!   /  ` ‐- 、
         / ヾ_   /     ,,;'' /:i
        /,,  ',. `  /    ,,;'''/:.:.i
       ハ '';,  ' , /   ,,,;'''/:.:.:.:.:.:',
       ,':.:.ゝ'' ,,,  ソ,,;;  ''''' ィ:.:.:.:.:.:.:./:.:.',
      ,':.:.:.l.:.丶/ハ‐‐ '":.:.:l.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:',






837 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 22:30:00 ID:eNTeMjjI





         {ハ/ /   j/i//ノ-‐=彡' ノ,1           i
           | !   /{i/-‐‐===≧彡' ノ         i           ……いくら私でも定められた寿命を
          !ハ! i /X `赱テ'⌒´ ̄`7´             | i  i i
             VV{  X       / /⌒Y        レLノ!ノノ}      引き延ばすことは出来んよ
           /ヽ   X      / / ん│         __彡'彡イノ
            (      X   (  / ん' ム=≠´ ̄ ̄      `7     せいぜい患者に尽くしてやりたまえ
       r‐--‐=ニ`ヽ._,   X 「 ̄ ̄ ̄´               /
      ヽ.       ハ ‐     `!                   /      私はこれで失礼するよ
         \       }      〉                    (
          _`つ    `ァ‐┬=f升                  ` ー--
 f⌒T´ ̄ ̄´       /ニ、立7´_j  







                 ,.   "´ ̄ ̄ ¨   、
               /                \
           ,=-‐ヘ〃   /            ヽ、
          〈  ‐ァy'   /.:   .:   :   ::.     マ⌒ヽ
        </⌒7ニ/   ,:::::   ::   i     :::,     :YV⌒\
        //   トY: :  {l::::   ;:   |:   }! :::l  :::}   ::「ミ}ヽ\{
         ,':.:.7⌒ヽlミ{: : _L圦-‐-l|::  |:  j|l j::} j:リ  ::|ニ〉   \        ありがとうございました……
          :.:.::{_____{ミ圦:.::从_.ムx: 圦:. |{ 爪刀`メ/  :::厂LィT⌒:「
       i::/ .: .::: ハY^ヘ {Y_ノハ}ヾ \{乂ルァ=xノ}/ .::リ!  |||::|
       {f  f{::::i 八  ト弋zノ       {_ノハ}ヾ/.::::x'::1  }┘}::|
       ゙|  圦::l   ヽ ', `¨´       弋zノ ' 7/ ){_.イ:::  
        {  {:.::ト㌧._          '    `¨  厶 /     !:::  i
         ‘、 :.::!  ´  ゝ.     . 、    , イ'゙       _丿::   j
         ヽ::::t‐-      l\       イ        リ::}:
          `㌧.._      }  ` -  {        ー=彡彳 /
                 ┌-リ      l          _丿〃
              / 「        {‐┐     ー=彡'゙
         __..  '"´  {        `7 \
      x<\ \    !       /   `丶





839 :名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 22:31:40 ID:qAXDHDA.



BJ先生が見捨てた…お金があっても寿命じゃ無理か


838 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 22:31:00 ID:eNTeMjjI





._                 ._
| |======================| |                                     ヤルオ! オイヤルオ!!
| |        / ̄ ̄ ̄\ .| | 
| |      /  ~~~  \ |
| |___/::   ─    ─  \             ……………………
| |\ ( | :::  .(_)  (_)   |    
| |  \ヽ\_ ( ( (__人__)))_/ \ 
| |\  \( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ
|_|  \  ヽ               \
    \  \               \
      \  \               \







._                 ._
| |======================| |                                         \
| |        / ̄ ̄ ̄\ .| |                                           \
| |      /  ~~~  \ |                                             \
| |___/::   ─    ─  \      (誰かが呼んでるふぉ…………?)         おいやる夫、
| |\ ( | :::  .(_)  (◎)   |    
| |  \ヽ\_ ( ( (__人__)))_/ \                                 起きろよ!!
| |\  \( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ                                         /
|_|  \  ヽ               \                                      /
    \  \               \                                  /
      \  \               \






840 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 22:32:00 ID:eNTeMjjI





             ____
          / ~~~ \
   .     /-(◎)―(◎)\     あ~、もううるさいふぉ……
    ミ  /  ( ( (__人__))) \
       |      |r┬-|    |    やる夫はくたびれてるんだふぉ
        \     `ー'´   /
       ノ            \     誰だふぉ、こんな時にやる夫を起こしに来たのふぁ……
     /´               ヽ
    |    l              \
    ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
     ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))






841 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 22:33:00 ID:eNTeMjjI





             / ̄ ̄\
           / _ノ  ⌒ \
           | ( ●) (●) |              俺に決まってるだろうがJK……
          . |   (__人__)  |
            |   ` ⌒´  |
          .  |         }              やらない夫だよ
          .  ヽ        }
               ,、ヽ     ノ-、             お前、何寝ぼけてるんだ?
             /;;;i/      '、!\
         _,、-/;;;;;;;;| i      i  i;;;;;゙、-、_
    ,-‐'''";;;;;<;;;;;;;;;;;;;!、_`ヽ  、-'_/!;;;;;;ヽ;;;;;`'';;ー;;-,
.   !;;;|;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;|'ーニ_ー_ニ゙/.|;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;!
   |;;;;;i;;;;;;;;;;;;/´;;;;;;|           |;;;\;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;|
.   |;;;;;;;゙i;;;;;;;;;'、;;;;;;;;;;;;!─┐  ┌─.|;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;/;;;;;;;;i
  /;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;゙、;;;;;;;;;!  l   l   l;;;;;;;;;;/;;;;;;ノ;;;;;;;;;;|






843 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 22:34:00 ID:eNTeMjjI





         ___
       / ~~~ \        ━━┓┃┃
     /-(◎)―(◎)\         ┃   ━━━━━━━━
    /   ( ( (__人__))) \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,    ェェェェェ、 ≧=- 。
          イレ,、 トェェェェェイ >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。 ・






         ___
        /u.ΞΞ \                  や、やらない夫!?
      /((○)―(○))\
/⌒)⌒)⌒. :::( ((__人__)))j :::\     /⌒)⌒)⌒)    やらない夫がこんなところにいるはずないふぉ!!
| / / /   ヽ |r┬-| /   | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/      やらない夫は遠く離れた南の島にいるはずだふぉ!!
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /




845 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 22:35:00 ID:eNTeMjjI





             / ̄ ̄\
           / _ノ    .\      _,,
           | ( ●) (●) |.     l;l             ああ、そうだよ
          . |   (__人__)  |  _,_,|,|_,
            |   ` ⌒´  |, ト-=y  丶           だからわざわざお前を迎えに
          .  |         }  ヽ `i, ̄‐^l
          .  ヽ        }   ヾ~ `  i,          来てやったんじゃないか
             ヽ     ノ _   ヽ、   ;i,
            ,,_,i     y,ソト,,__  ヽ、   ;i,        そら、早く仕度しろ
           ,/r-'"j  / / ii, `ヽ、-x,,゜r  ;i
        ,,/'/__.L、    /ヾ、"i   `ヽ `;i  i,       さっさと行くぞ
      ,/  /_iーヘ,ヽ、 , /i" ヽ、 i     `、'i   iヽ、
     _,) ヽ "   ネメ、_ii"~        _Yri   l, ヽ、
    _,,,>t 、ヾ、    ゞ;;/         /  ,¬    V⌒l






846 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 22:36:00 ID:eNTeMjjI





         ____
       /~~u \           い、行く?
      /  /~~\\
    /  し (◎)―(◎) \        行くって、どこに行くんだふぉ?
    | ∪ ::::(((__人__)))J|
     \  u   `⌒´   /



         / ̄ ̄\
        / _ノ ヽ_ \
       |  (●) (●) |          何度も言わせるな
        |  (__人__)  |
        |    `⌒´  |           タヒチに帰るんだよ
       |        }
       ヽ       .}           俺たちの楽園にな
      __,_,,.ヽ_   ノー- 、
     ハ  /  V又イ ::::〉::::::i:






847 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 22:37:01 ID:eNTeMjjI





         ____
       /~Ξ ~\            か、帰る?
     /( ◎)Ξ(◎)\
    /:::::( ((__人__)))::: \         今からタヒチに行くのかふぉ?
    |     |r┬-|     |
    \      `ー'´     /         どうやって行くんだふぉ?



                 
                 
 [ニニニニニニニニニ]  
  ||     ||     ||   
  ||     ||     ||   
  ||    .[||].    ||               / ̄ ̄\
  ||     ||     ||          rヽ  / ノ  \ \      わからんヤツだな……
  ||     ||     ||          i !  |  (●)(●) |
 [ニニニニニニニニニ]      r;r‐r/ |.  |  (__人__)  |      俺達がタヒチに行くとすれば
                   〈_L (`ヽ .}  |   ` ⌒´  ノ
                    l` ( ``/ .  |        }      あれしかないだろう、常識的に考えて……
                    ヽ   l  .  ヽ       }
                     |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ    ほら、窓の外を見てみろ






848 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 22:37:30 ID:eNTeMjjI





                                    ||※ニl
                                    |||,_l__」...      ∥\
                    i-、,_||           i-、,_||          ∥ \
                  〆   ~''‐、_       〆   ~''‐、_        ||   \
                  ∠       ~、   ∠       ~、     ''-=、   \
                       ̄~'''=‐-、_   .\.     ̄~'''=‐-、_   .\.     |.| \    \
                  _   .      .ヽ~、,_      ||  ̄~'ヽ、ヽ、.   |.|  ヽ、    \
                ヽ~、,_  ||    /.\  ''-、,_  ( ⌒ )   \λ   |.|   λ\    \
 .                /.\  ''-、,_  ∧ λ    ~ヽ三 ノ    λl.    |.|     λ \    \
                 ∧ λ      / λ λ      ~'-、_     |..    |.|     |   \.    \
                / λ λ   ./  λ  |     、,,_   '~、,_       | |     |    \     \
.                /  λ  |    <   |  |            ~~、.    | |     λ.     ヽ.     \
              <   |  |    /  . λ |              ヽ、 | |     ノ       λ      \ 
           .    /   λ |   /    | λ               ..λ. | |    /        λ      ...//
                /    | λ    ./  λ/.             .       ヽ| |   /         ヽ    //
             ./    λ/.        V                   | |   ~'''''--、_         |  //
 .             /    V         λ                     .|λ      ~'~、_    ..λ///
             /      λ       /                       | |λ         '~、/.// /
           /    /          、-ーー--、                   .| | |           // /
          /    、-ーー--、   '''~~~'      ̄~''┬┬-、,_        .| | |     _,,,、=iーi''''''~| / 
   ___________|/-ー'''''~~~'     |-| ̄~''           |-|   ̄~''~、  _,,,,,、=-iー'''l''|~~| |  | l、,,ノ  |/
  λ| | | ノノ λ|ー---、,,,__.     ..|-|             | .|       ...//. |  |.|、_,,|└┘ヽ-' __、=-'''~
  . |三三| | λ__,,,,,,,λ.   |-|             |-|      . //.  '~'  _,,,、=-''''~_,=''~
 .   |.|.|.|.|.| | .|  l  l λ乂_ .  |-| _ . 弋三三三三三フ |-|    ._//=‐ー==_, ̄  |  /
   |二___| | .| ∝∝∝ 乂__にニにニにニにニにニにニ,,==--ー'''''/ _,,,、=‐ー=‐ー'''''~~| /
    |.   ̄|~~|'''''|ー|--|--|---|---|---|---|---|---|-ー||-ー|'''''''''|~~~|~ ̄         .| |
   .|、,,,,,,,,,,_|,__|,,__|___|___|_|____,,|_,__,,|_,__,,|_,__,,|_,__,,|_,,,,,,|,,,,,、||,,,,,、|、、--|‐三|,,,,,,、=-ー'''''三三~| |
   λ 三三三三三三三三 三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三/../
illlllllliiiiiillllllllllliiiiiiiiiiliiiiiiiiliiii!!!;;;,,,,,;;;!!!iillllllliiiiii!!;;;,,,,,;;;!!!iillllll!!!iiiiiiiiiiii!!!lll;;;;!!!iillllllliiiiii!!;;;,,,,,;;;!!!i;;!!!iillllllliiii;;!!!iillllllliiiiii!!;;;,,,,,;;;!!!iillllll!!!i






849 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 22:38:05 ID:eNTeMjjI





         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒)\         やる夫さん、迎えに来ましたよ!!
    /   /// __´__ /// \
     |       |r┬ |    |        僕もクパンからやらない夫さんにここまで
      \       ゙ー'    ,/
      /⌒ヽ         ィヽ        連れて来てもらったんです
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|       さあ、みんなでタヒチに行きましょう!!
    | ヽ〆        |´ |



           ___
        /~~~\           ば、バウンティ号!?
      /_ノ 三ヽ、_  \
     /(◎)三(◎))   \        それになんでできる夫が乗ってるんだふぉ?
     |:::( ((__人__))):::::   |
     \ ヽ|r┬-| /   /        できる夫はグレート・バリア・リーフの珊瑚礁で死んだんだふぉ!?
     /   `ー'´     \






850 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 22:39:05 ID:eNTeMjjI





        / ̄ ̄\
       / _ノ  ヽ、_ \          生きてようが死んでようがどっちでもいいだろう
     . | ( ●)(● ) |
     . |  (__人__)  │         俺達は確かにここにいるんだ……
       |   `⌒ ´   |
     .  |           |          さあ、早く支度しろ
     .  ヽ       /
        ヽ      /           急がないと順風を逃しちまうぞ
        >     <
        |      |
         |      |



          ____             で、でもやる夫はもうこんなにも老いぼれてしまったふぉ……
        /~~~ \
      / _ノ Ξヽ、_  \          もうベッドから体も起こせないふぉ
     / o゚(◎)―(◎)゚o \
     |  ::::(((__人__)))::::  |        こんな体ではタヒチには行けないふぉ……
     \     `⌒´     /






852 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 22:40:00 ID:eNTeMjjI





        / ̄ ̄\
      /  ノ ヽ、\            訳の判らないことをいうんだな……
     . |   (●)(●)|
     . |   (_人_)│           お前、自分の体をよく見てみろ
      |     ` ⌒´  |
       |           |           それのどこが老いさらばえている?
     .  ヽ      /
        ヽ     /            バウンティ号に始めて乗り込んだ16歳の
        .>    <
        |     |             あの時そのままじゃないか
         |     |




854 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 22:41:14 ID:eNTeMjjI





        ____
      /      \            16歳のままって……あれ?
     /⌒  ⌒    \
   /( ・ ) ( ・ )    \         そういえば段々体から力が湧いて来たような……
    |   (__          |
   \   _l        /
   /  ー        \






           ____
         /_,r'  ' !、\            ほ、本当だお!! 
       /(≡)   (≡)\
     n/ ::::⌒(__人__)⌒::::::\         やらない夫の言うとおり体が16歳の頃に戻ってるお!!
    y |     |r┬-|     |⌒)
    l \_   `ー'ォ     //        体も棒も元気になったお!!
     \      ・    ・  ̄ /
       \         /           これならタヒチに帰れるお!!
        >      <
       〃   (::)っ   ヽ
       ヽ  <  `‐' >  )
        と__)   (__)






855 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 22:42:01 ID:eNTeMjjI





         / ̄ ̄\
        /ノ  ヽ、_  \        だからそう言っただろうが……
      . ( ●)( ●)   |
       |(人__)       |        服を着てその小汚い一物をしまったら
        | ⌒ ´      |
      .  |        |         バウンティ号に行こうぜ
      .  ヽ      /
         ヽ     /          ブライ艦長も待ってる
         .>    <
         |     |
          |     |




857 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 22:43:00 ID:eNTeMjjI





          ____
        /ノ   ヽ、_\          ぶ、ぶぶぶぶブライ艦長!?
      /( ○)}liil{(○)\
     /    (__人__)   \       ブライ艦長はとっくに死んでるし、何よりもやらない夫!!
     |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
     \    |ェェェェ|     /       やらない夫は艦長を見限って叛乱を起こしたんじゃなかったのかお!?







       / ̄ ̄\            若気の至りってヤツさ……
     /     _ノ \   
     |      ( ●))          今の俺にはブライ艦長の気持ちもよく判るし、彼を憎む気もない
    . |       (__ノ_)  
      |       `⌒ノ         だから俺達はもう一度やり直すんだよ
    .  |         }  
    .  ヽ        }          みんなでもう一度タヒチ島に向かうんだ
       ヽ     ノ   
       .>    <            そうすれば俺達は今度こそうまく行くさ
       |     |     
        |     |            やる夫、お前だってもう一度翠星石に会いたいだろう?




859 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 22:44:00 ID:eNTeMjjI





               _ ll _     ,  -―-  、
             `ll´  ∠ ‐'⌒^⌒^ ーミ 、
               / ※ __r―z_  ※ \
              十 //+__ノ:/::,::.:::/:/::}:`T¬、+ ヽ  ┼
             / ム'::/:::/:/:://:/:::,'::.::ハ:l::l:ヽ ハ
  .          ///:::/:{::.:厶ム:/:::/}¬‐ ト、 :∨ ヽ
            く 」::.:l:::l:'´;ニミ //:;ィうK!:|::l::!|  / ll ==
             ` |::.:|::|::仆Jj}` ノ  Vヅ'|:l::リ爪   ll ==
             + ト、l:::!:ト、`゙´  '  ""イ// l::ハ  _っ)
  .             l::「ヽ\ミ、  < _ フ  彡'   |:l::.:|ヽ rこ′
         __||__  |::l   }:|::> 、__ . ィ´::| ※ |:l::.:l::.::'. ̄ ll l|
           ||   // ※/::l::レ'⌒ヽ、/`ヽ l   l:|::.:l::.:::'.   j|
              // , イ7>´ / ̄7(ヽ\ | ※ トヘ::|::.::.:'.
           ,.:':/ , ': ( l|{ く<  ,小、\ヽ!  l|-{`ヽ::.:`、
         /::/::/ : :( l ノ  ヽ、//{ト、ヽノノ| ※ | {: : : l::.:::∨
  .     /::.::/:ノ: : __r、!)   〈/|}{| ` ̄ ノ   r、_: :ハ::.:/ヽ
  .   /::.::/くrー / / /hー―┴=┴─┴‐ n^i!l‐┐V::.:::丶
     /::.:/:/ r=L ,' / / ノ } 丶 --      _{ ! '. ! }_」ノ: ̄:::、::\
   /::.:/:/、八_//:Tー'ーイーr―rー┬ーァ千´ ト--'´」 |ト、:::ヽ、:\::\
  '´::,::.:/:/´/丶7/!: :` ̄´ }::ノ::.::.:`ヽレ'´:::l 、レ | :` ̄{{ || }}::.::.::\:::\::丶、
  :::/:::/::|    //ノ: : : : : :/: `丶、::.::.::.::.::.::.:| 个 !: : : : 丁「T::.::.::.::.:丶、ヽ、:`丶、
\ /::.:/::└ヘ、」」:{: : : : : :/ : : : : : :ヽ_冂_/:!__八 : : : l: |: ト、::.::.::.::.::.::.ヽ:::\::.::.:ヽ  /
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           O 。
             ___
           / ⌒  ⌒\         そ、そうだお!!
          / (⌒)  (⌒)\
        /   ///(__人__)///\      やる夫は翠星石に約束したんだお!!
         |   u.   `Y⌒y'´    |
          \       ゙ー ′  ,/      やる夫は必ずタヒチに行くんだお!!
          /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
          / rー'ゝ       〆ヽ      そしてもう一度翠星石をこの手に抱くんだお!!
        /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
        | ヽ〆        |´ |






860 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 22:45:00 ID:eNTeMjjI





       / ̄ ̄\
     /       \
     |        |          ……そうと決まったら早く準備しろ
     |         |
     |         |          ブライ艦長はそんなに待ってくれないぞ
     |        }
     ヽ       ノ          それじゃあ、俺は先に行っているからな
       ヽ    ノ
     /      \          しっかり付いて来いよ
     |         |
     |  |.      | |
     |  |      | |
     |  |      || |
     (__)   |   |__)
       |   |  |
       |   | |  |
       |   | |  |
     (__|(__|




862 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 22:46:00 ID:eNTeMjjI





          / ̄ ̄ ̄\
       /⌒    ⌒  \             分かったお!!
      / (⌒)  (⌒)  ヽ
       |::o'゚~(_人__)~o° |            やる夫もすぐ追いつくから待ってほしいお
   ,ィTl'ヽ\  `ー´  ゚ /`ヽー;、
    kヒヒど,           {⌒Yィ 、 ソ         やらない夫、できる夫、ブライ艦長、
      `´ ̄ヽ      ハヽ `^ー′
           ヽ   ` /  '}             そして翠星石、今行くお!!!!!
            >   /ごノ
        __,∠     /    キュムキュム
      〈、    /
       \、__ノ






863 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 22:47:08 ID:eNTeMjjI





         l⌒l     /⌒!
         |  |     /  / /⌒l
         |  |   /  /  /  /
         |  |  /   /  /  /           なかなか追いつけないお!!
         |  |  /   /  /  /  / )
         j   ∨  l  /  /   / /
 ( ̄`ヽ   /   ‐- .._レ′  | / /        待って、待って欲しいおやらない夫!!
  \   \_/       `ヽ、   /
   ヽ      \         /
    `、     ヽ       /            やる夫はみんなでタヒチにもう一度戻りたいんだお!!!!!
      ヽ     |      /
       ヽ、__        /
      /   ̄        /
     /   /    ┬‐'"
    ,′       /
    /        /






864 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 22:47:31 ID:eNTeMjjI






                              ●

                              ●

                              ●

                              ●

                              ●






865 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 22:48:00 ID:eNTeMjjI





   l i: : : :\\ : : : : : : : : : : : : : //: : : ___ヽ:V
.  l ん : : : / /: : : : : : : : : : : : :└、 ヽ'´ >'"´:リ
   l { ,、 \/./:_: : : : _/: : : : : : : :/ >'" :_: : :/ ー、  /:   ────慈愛深きキリスト わが願いを聴き容れ
..  LK: :`: ー- _¨ Y´ : : : :/ ィ,.ィ" __竺三-ミ : : : : l /: : :  
  /´ヽ: : イ¨迂疋トミヽト-‐ '¨  ィ_´ 辷仄レ': : : : : :l /: : :/「   御傷のうちにわれを隠したまえ
  \: ハ.:.`: :ヾ┴': : / }:.: : : : :.、: : `¨  ̄ ´: : : : : :// : : 〈 :}:  
.    V i.: : : : : : :// i:_:_: : : : : ヾ: : : : : : : : : : :.//: : : : :)リ:   主を離るるを許し給わず 悪魔のわなよりわれを護り給え
.    ヽi: : : : : : : : i. ,': : :`ヽ: : : : : : : : : : : : : ://: : : :i:ノ: : :  
.      l:ヽ : : : : : : V : : : : : : : : : : : : : : : : : //: : : :.(: : :_;.ィ   臨終の時にわれを招き 主の御許にいたらしめ
     ヽ:_!: : : : : : :{ : : : : : :_: : : : : : : : : : : | l: : : : : l: ̄:/:::  
       ',: : : : : : :ヽ:ー'::::ノ: : : : : : : : : : :l l: : : : : i: : /::::::   諸聖人と共に 世々に主を賛美するを得しめ給え
.        ハ: : : : :_/ヽヾ-" ‐- .._: : : : : : : :! l : : : : ;!: /:::::::::
     _,,. -‐'; : : : r‐ 、`_´==‐- ニ): : : : :! l: : : :/ :/:::::::::::   アーメン────
 _.. -:::¨:::::::::::::ハ: : : ヽ       _.ノ: : : : : l l: : :/: :/:::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::'; : : : `¨: :´  ̄: : : : : : : : : :j !: / : /::::::::::::::::






866 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 22:49:00 ID:eNTeMjjI





          /彡/   `ヽ、  \三ミ、 \
       // / / //|ハ ヽ ヽ ヽ``ヾ、 ヽ
        /.// / // !|| ヽ ヽ ! ヽ   \ ヽ
  /二>|/ / /| || | ||ヽ ヽ ヽ !  ト 、  ヽレ----、
  く   /|ミミ|.l | | || |ハ| ヽ ヽ ! ト、 |  `ーッ|`ヽ、 /     
  ∧,イ ト、ミ| | |_|_|L⊥レ  ヽ|L..|__!ト、. ト三彡//!ヽ `フ
 /!  / |`rヘ!| | レテミ、!   彡テ=ミ、 ||彡//j | ヽヽ         あなた……
 || |L.. |Y`ニ|V |::illir:|     |:::illir:}ヾ 〈> レ'/L|__,ィ' |
 || | || |` ヽーi C、::::ノ     ⊥:::::つ  rL//  /|| | l |        お疲れ様でした……
 |!ヽ| || ヽ  `'ヘ       〈i        ,ィ/  /// |/ /
  ! ヽ |ト、ヽ、  ヽ              /'´  〃/川 /         安らかに主の元に向われますように……
  ヽ ヽト、 ゙ヽ、  \   ⌒   ,.イ    / // //   
    ヽヽ\   _| ヽ、____,. '′ト、    / //
     ヽヽ  __ノ / |       ト、 `''-、/  〃
    __,. -‐'´  〈 /          | /   `゙''-、
 __r' | |    `ー ヽ           /      /7`-、
 :::::ヽヽヽ      ヽ--、  ,.--/      / / /::::\






867 :名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 22:49:04 ID:e77rwx5k



Amen.


868 :名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 22:49:15 ID:I58YaMvY



タヒチは見果てぬ夢、かあ


869 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 22:50:04 ID:eNTeMjjI





._                 ._
| |======================| |            やる夫・デ・ニューソクは1831年2月10日、
| |        / ̄ ̄ ̄\ .| |
| |      /  ~~~  \ |            58歳でこの世を去った。
| |___/::   ─    ─  \   
| |\ ( | :::  .(_)  (_)   |          既に予備役に下がっていたやる夫だったが、
| |  \ヽ\_ ( ( (__人__)))_/ \ 
| |\  \( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ        その名は艦長名簿のほぼ筆頭にあり、あと数年生きていれば
|_|  \  ヽ               \
    \  \               \     彼は提督に昇進できたはずであった。
      \  \               \




871 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 22:50:32 ID:eNTeMjjI






                              ●

                              ●

                              ●

                              ●

                              ●






872 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 22:51:07 ID:eNTeMjjI





1841年 ピトケアン島────


       .;        ..                    `、
             、              .l                      ゜
        、。..l                   .;.ヽ   ...、            、  ,,
                              ____、....、       ...             、
  t        ゝ      _、.._,,..。。._  t1─l.゜_゜.;..tq_.\:lr_ ...    ..      、
               _,,r(^.-_`、。.7l゚゜`、--  _.. ,,_]ll[r〔 _.;llし)`、.ヽ,,、    `、
            ,,,,_イ゛..゜ _..(_^r;く.;;;l゚]] ゜[りll];;..]:lI.;:l,,[,,_0]lltイY^.l、 ^ー-、,,_
       ,,g(゜,t"^^^.ヽ,,」.l..0^x)/」_,,(゛_=-r]g;;]pd](6llg]r;;]ll]gq゜r〔゚],,,,p。..;_  :l"l:。
      ./[(「___  =]xttt-.^.l4],,n;;[ll;;_,,)イ]rd]],,tll[]d]gg],,]rt.;;;_" ",,、,,。.,,,,,,y=k.;。,,.\.。_
^__...;..;;t(r-..,,;;:lt[]i]^ll_I]]ll]](「ll]f:l.;`、,,]^]d[f]ヒ[]][g[)[9f][3]ll][g;;9[][,,.l,,[];;_.;g],,;;/ttt_ R..__。\、
 .---- .;.l「_;;Fj゜1_p=゜x-l.:゚^,,゛J)05]:lr,,l.ll.__ー」,,;;ll|]llf0];;f][.l゚]_j「^;;(]゚゚lf0゚l「゚(r=^_゛ _]]l゚゚.l..)f7  __;;_
"''''~"'"~~"'"~"''''"~"''''~"''''~"'"~~"'"~"''''"~"''''~"''''~"'"~~"'"''''~"'"~~"'"~"''''"~"''''~"''''~"'"~~"'"~"''''
~;;;._,,,..._,,,..,, ;;;._,~"''''~"'"~"''' ;;;._,,,..._,,;._,,,~"''''~"'"~"''';;;._,,,...~;;;._,,,..._,,,..,, ;;;._,~"''''~"'"~"''' ;;;._,,,..._,,;._,,,
~~"'"~"''''"~"''''~"'"~~"'"~"''''"~"''''~"'"~"'''~"'"~"''''"~"''''~"~~"'"~"''''"~"''''~"'"~~"'"~"''''"~"''''~"'"~
~;;;._,,,..._,,,.'~"'"~"''''"~;;._,,,..._,,,..;;;._'~"'"~"''''"~..~;;;._,,,..._,,,'~"'"~~;;;._,,,..._,,,.'~"'"~"''''"~;;._,,,..._,,,..;;;._'~"'"~"'''



ジョシュア・ヒルを追放して彼等自身の手に島を取り返したピトケニアー達は、ようやく穏やかな
生活を取り戻していた。




874 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 22:53:00 ID:eNTeMjjI





ピトケアン島には相変わらずポツリポツリと商船が立ち寄っていた。
もちろん第一目的は水と食糧の補給であるが、同時にピトケニアーからあの叛乱の詳細を
聞こうとするものもいた。
ジョージ・ガードナーという男もその一人だった。


               __
          _,,..-‐'' ̄: : : : : ̄ " '''- _
           <-==T= ̄`Z_,,..==- : : : : : :- _
           >: : ヽ: : : :_: -'' "、 <: : : : : : : : : 、          ────なるほど
        /: : : :_:_/  _,,..-ヘ ヽ: : : : : : : : :、
        ヽ: : :|__  、=乏::jゝ `  ヽ: : : : : : :ヽ
          ヽ,=t::jヽ          | 反フ: : : : ヽ       イザベラさん、いや、実に興味深いお話を
           !  '           レ丶ソ へヘヘ
             !ヽ-            ノ            聞かせていただきました
              ! `_ --一     / !
              !  ー       /  ヽ            バウンティ号の叛乱に関してもそうですが、
             |             ヽ
                !    _,,.. - ´     ヽ           あなたがキャプテン・クックのことまで
             ``T゙ ̄     _ --─丶-─-ι
                 ∟--‐ '' "´         >.: .: .: `─    ご存知とは……
               r フ:::⌒::::::\         /.: .: .: .: .
          厂.:.レ |=ニ二 へ     /.: .: .: .: .        なにせもう60年は前の話ですから
        /.: .: .: .:|:::::::::::/    \ /.: .: .: .: . 
       /.: .: .: .: :./ハ::::::!      /.: .: .: .: .: .:         それにしてもあなたはとてもそれほどお年を
   /.: .: .: .: .: : /: /|::::::!    /.: .: .: .: .: .: .:
/.: .: .: .: .: .: .: .:/:::::::/  |:::::::::! /.: .: .: .: .: .: .: .           召している様には見えないですね

ジョージ・ガードナー:旅行者






875 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 22:54:00 ID:eNTeMjjI





'  l | !_/イl |,   l ',  | ヘ.   l     / |  ;i  ,    | l
  ,l/,r‐'´!.| ',|ヽ | ヽ  l ヽ |     l l /l  l,     l|
 / /   ',| 十' 寸 二マT´ ヽ.|!    / ┼/-l、_,|    /! !        
,/ /l    | 丶 \ _\   '|l  / ‐ナ'´ |/lj  / /'゙
. / |'、    ', ‐、―r┬ャ、`     i/  ‐/_‐__/ /-‐'i /            ……おだてても何もでないわよぉ
/  ! ヽ.   ヘ ≧=一' ´          ゝ'-彡マ´ /      /'ヽ
   ! l \   ヽ                  〃  /!    /  |        何せ私はもう80のおばあちゃんなんだから
  l | l   \  \        /      / /i|    /  /
 l  l|   | ト ̄´   、_, _,  - '´-‐イ   l|.   /  /         それより、せっかくだからあなたの国の
ー 、 l l   | /\\     ´ 二´   /  |   l  /  /__, --ー
:::::::::::| l   |:::::: \ ゙  、   _ ィ ´|    l   , -:/ , ィ;::::::::::::::::::::::::   面白そうな話を聞かせて欲しいわぁ
::::::::::::l|   !:::: ::::::::-_天    !   |   l/´::::::/ /´ト-、------
:::::::::::::', l   |: ::::::::/´:|:::/「l\   !   !   l__::// /  \::::::::::
:::::::::::::::',    l ::::::/::::::l:/ l|::、 〉_;-:::|   !::::::::::;'/   ,:' ∨ /\::::
:\:::::::::∧  l、:::::::!:::::::l;'   l!::∧>:::::::::l   l::::::::::i/   / ヽ/ / /ヽ
::::::ヽ:::/:::::ト  V\:l__」|  lY、::l>|\::l   /:::::::::/   ,   !、_/__/ ノ|
::::::::::V:::::::::l\ ヽ‐ト、:::/|   ヽ\!>ーl| /l::::::::::l    ,    ー',ーイソ
:::::::::::ヘ:::::::::l/ \ヽL.V∥    ヽ    / /!|:::::::::::l          /





878 :名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 22:56:56 ID:PWutJL2c



イザベラさん健在だったのか。人間はすぐ死ぬのか、なかなか死なないのか
よくわからないなあ。



879 :名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 22:57:00 ID:8s64IDCs



おじさんはタヒチに帰ったのは前にも語られてたけど、銀様もまだ健在だったんだ


876 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 22:55:00 ID:eNTeMjjI





        _ -─   ̄ ニ - 、
     く 、─:;:`l 「 ̄:;:;:;:;:;:;:`ヽ \           面白い、ですか……
       〉、:;:;:;:;:;!|:;:;:;:;,ァィ- 、:;:;:;:;:;: \     
     //:;:Z``ヽィ ´   、 ミ、:;:;:;:;:;:;:; \         と言ってもタヒチ人だったあなたに
    くく:;:;:l∠_,〈、_ -‐ ヘ }:;:;:;:;:;弋ヾ\  
     \ { ニ , |  テ_tテァ レ'う}:;:;\ヾ、        分かるような英国の面白い話なんてそうは……
       ト} ̄ j  `   u  )イf⌒`ヾ、    
          ┤ ヽ -      tノ             あ、そうだ……あなたはバウンティ号の乗組員だった
        ヽ  t‐‐ュ    ∧|
             ト  ー    イ l             やる夫・デ・ニューソクさんをご存知ですか?
            l  ──‐' /   |_
       _ r┴v───'─=九_            実は彼の妻と私は少々面識がありまして
 __  -‐ フ / /;:;;l        /..  ト 、_
   _ イ  / 二ミ       /...:...:...:.|:...   ̄      彼のことなら多少は知っていますよ
<.:.:.:.:.:.:.;./  ゞ:;イ l   /.:.:...:...:...:..:.\...:...:.:..:






877 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 22:56:02 ID:eNTeMjjI





:::.::.|::.::.::.: /.::.:/.:: | l::.::.::.::l | :::|l::.::.:j.::.::.::.::| ::.ヽ ::.::.::ヽ::.::
::.:: |::.::.:: / |::.:|:.:: |:l l::.::.::.:l | ::l:|::.::.ハ::ヽ::.:|:.. :|. ::.::.::.:l::.:     やる夫・デ・ニューソク!?
:: :|::.:. | |::.:|:.:: |::l l::.::.::l |::l::|::.:/::.:| |::l:.:|::... |:.  ::.::.::|:: 
::. |:  ||::|:::. |::ヽ ヽ:l | |::|::/ ::.:j |:: | |::.::.:|__  ::.::.:|::     ……ああ、あの白饅頭のことね
: .. |  ̄ 丁 ¬ ト: | ::.\  | |::|/_,,.. ィ¬ 厂::.:リ|:l ::.::.:|:: 
: .. l气==|‐ァ=ミメドー   \ | | 彡イ斗‐<==戸|:l ::.::.:|::     ええ、よく覚えているわよ
::.. ∨ \| { li } ヾ゛         ゙´ { il } /  |:l ::.::.:l::. 
ヽ. \  ̄`ー‐≦=-        -=≧=''´  //   /.::     彼は私の夫の親友だった……
: :.ヽ  \        i:l           //   イ::.:: 
  :::l\  \       ノ:|              // /.: |::.::      そう、彼は国に帰って結婚したの……
  ::.l::::`ヽ、\     _        ///..::::::::|::.:: 
   :.ヽ::::::::::\     ´ー`     ...:::::::::::::::::::::::::::::|::.::      せっかくだからぜひ聞かせて頂戴……
::..  ::..\:::::::::::>        イ::::::::::::::::::::::::::::/|::.:: 
\:..  :::..\:::〈 ト、 `  __  ´ ノヽ::::::::::::::::::::/  |::.::






880 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 22:57:02 ID:eNTeMjjI





                   r.....:::::: ̄ ̄ ̄`:.ヽ、    
                  /::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::\    
                 .く:::::::::::「`ヽ、_::::::::::::::::::::::::::::::\       判りました、それでは
                 ‐\ r 、::::_::: T  ̄ _::::::::::::::ヽ
                    ヽ 〉_ム}| `ヽ::ト「´ 、〈:::::::::,ヘド      私が知る限りの話をしましょう
                   r、イェr_ヵ-、 + r_チスl::,ィ   
                       ヽ }      |  `  レ ノ         彼は────
                      |    j     ,ィ'    
                      ト、  _ `_  /.|     
.                      .l ヽ   ─  / |     
                   ,ヘ _ ヽ     / __ト_、   
              _ - イ   ` `ー='ニ ̄   ヽ‐ 、
       _ ゝ ィ::::´:::::/   |    ,イ___\   |    T <_ 」    
  r-─´ ̄      l::::::::::::l    l   / ヽ=-‐ァ' ヽ   l     |::::::::::::「` ‐- _
/    l        l::::::::::::l     ヽ/    〉n 〈    \/     |::::::::::::|      ヘ
     l       l::::::::::::l          l:::| |:::l            |::::::::::::|      ∧
.      l     l::::::::::::l           l::::| |::::|           l::::::::::::l   l /   ヽ
      l |     |::::::::::::|          |:::::| |:::::l         l::::::::::::l   | /     l



ガードナーはイザベラに請われるままにやる夫の本国での成功、晩婚、および彼の死について話した。






881 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 22:58:16 ID:eNTeMjjI





           l|   l -─‐|- ___  |          /   / /      |
         l l    ',l\  |\   ‐|-      _/__///   /   l|
          l l     l_ヽ_|__ \  | ヽ.    ´// __,/// ̄/     l l   ……そう、彼は安らかに死んだのね
        /l ヽ    l`ヽi、__,\! \  //'_   /_,/./     l l
      l´ l   \  \  ̄ ̄`     `' /i_`ー=-´ //   / .l   夫はずっと彼のことを気にかけていたの
       ヽ |     \_  \     ,、   l_,.!ャ',     ,ノ    / l
         `l      |`、‐`   '、.ヽ-‐ '´,ノi__',_ _,-'´    ./  .l    「やる夫は無事に本国に帰れただろうか」って……
          l. l.    |  \   _,-`‐`‐´ォ l-‐ヘ´ /^i ,/   /
          ', l      ト、,/ `y´ /l ̄l´/ l 〉 }⊃ /'´    /__     よかったわ、これで私も肩の荷が下りたわ
         ', l',    l ヽ /  / ∠l ∨  l′/‐' /     /  ヽ
         ',.l ',    `y´     /        /   //    ',   ……そうだわ、あなた、ちょっと頼まれてくれないかしら
       ,r‐‐-',l ', _/      /      /   ,//    _   ヽ
     /     /l/     / /       /   ,/〃--‐‐ ´  ヽ、  ヽこれをやる夫さんの未亡人に渡して欲しいの……
      /        / l_     / l       , -'‐、 / ̄´         `ヽ ヽ
    /       / i `i  /  _,.l  ,.-、_ノi   l´                ヽ ヽ
   / ,,.-‐ '"^>'l   l |   lT´,) ',/   ヽ l   |                  )
   /    く  l   l. lヽ、 / l'´/ノ、    ',| ___L_  _,.-‐ '"´`ヽ、       /






883 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 22:59:00 ID:eNTeMjjI





            .:^:;
       .:゙:^.゛;.   .: ;"  :.゙`:..
       ミ ゙. : ;. .゙; . ;  ,゙ ..゙":          イザベラはガードナーにある物を託した。
   .;":`''"゙. ´ ;゙"".  ゙"'`" :;´ ""゙':,.
   ミ                  ゙  ミ       それは長さ数ヤードの美しく飾り付けをされたタパ・クロスだった。
   ミ    ..゙ ゛       :´..    ミ 
   ミ゙       ; " ".:       ミ       タパ・クロスとは、木の皮を叩きなめした樹皮で編み上げた
   ミ~  ゙:          ゙ '  ミ
    ミ:'.    ,,.. ∧,,∧ ',,.,,.    ミ        装飾用の布のことだった。
    ' ゙;"`゜:"∪ミ゚Д゚彡∪゙ ~";^゙



ttp://upload.wikimedia.org/wikipedia/en/5/5f/Tapa_lau_86.jpg




885 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 23:00:00 ID:eNTeMjjI





            /::::::::::::::::==::::_::::::::::::::::\
       / `\く::::::::::::::::::::::::`}√ ̄`ヾ\
       /:::::::::::::::_,. --- 、 _:::::::/:::::::::::::::::::::ヽ               なんと美しい品だ……
     /::::::::::::::::::::| ,∠_   ` -──- 、::::::::〉
     /イヘ、:::::::::// ,才ミ_-ィ   、_,... ゝ /::/               わかりました、お預かりします
         >-、|  `└ ' ′  r r7卞 ヘ}/
        { ^ヽ|        |  `´ ′,′                必ず私が責任を持って
          \            _l、     ハ           _
          ト!       ヾ´   //     _,. -─;;:, ̄ ノ     やる夫未亡人にお渡ししますから
           / ヘ     ‐-ニュ / ̄ ̄ ̄` <_;;:;:;:;:;:;:;:;:,_/
      _,.-¬〈  ヽ     ¨7 ̄\;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,` ー-=ニ_        ご安心ください
-‐ ^Y´::::::::::|ヽ   \_,.-く´;;:;:;:;:;:;:ヽr─-、;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,ノ
::::::::::/::::::::::::::::|  \ /;;:;:;:;:;:\;;:;:;:;:;:;:;:,\;:;:;:`ァー─‐‐ '
:::::::::i:::::::::::::::::::!     ,′;;:;:;:;:;:;:,ト、;;:;:;:;:;:;:;:,\ /
:::::::::|:::::::::::::::::」___/;,;:;:,Y;;:;:;:;:;:|;;:;:,ヽ、 __ )
:::::::::|:::/ ̄/∠7;;:;:;:;:;:,ハ;;:;:;:,|;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,\_
:::::::::レ':::::///√;;:;:;:;:;:;:;:;:,ヽ - ';;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:, ̄` ─--、






886 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 23:01:15 ID:eNTeMjjI





       _,.ノ(     ` ::....                 ミ::.、    ,..:/
       ̄´       ヽ:::::>             |::::〉   /::〈
                `(             ノ'´    ` ~
      ノ{.:´             ―z== ィr;=、_         }:.、
     {::::イ    ({   /  __f〆::.::.::.:弋乏ア::.、     ヾ::::::)´   j)
  ト   ヽ(       /   _f7::.〆 `ー;^;‐―ヘ`ー 、   )'´       :.
  j::)    `        /   f7/イ    //    '    \           、::...,:'
 ノ'´           /     〃 |    ' ハ     |   ヽ '.          l:::ィ
_    ト      /    /   |  || l   /|| ハ j        ノ'´     ありがとう……
::::::.`...、 |::\    /   イト   ヽ 斗- 、ヽ| / ,!⊥ ' |      イ
\::::::::::\\:::\ /  //||ヾ 、 | l\,l≧__`j / '_l/| /  ノ     //
  \:::::::::::\\:::\  l //|| 〉〉 ト l ´ ̄゛´   〝゛j/ |// /:::厶 /         これで私も心置きなく
 __>::::::::::::\\:::\∨ |レ イ | \      ' ;  |///:::::::::::/
 \:::::::::::::::::::::::: ̄:::::::::\ !| l  ト     ー,‐ イ   /:::::::::::::::::::∠ イ          夫のところに行けるわ……
   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ/l  |\> ,. _/ |  /:::::::::::::::::::::::::/
   _>:::::::::::::, -―…―くヘ  ∨::`ーヘ,. ‐ァャ | ./:::::::::::::::::::::::∠            本当にありがとう……
     ̄`7'ー-、/.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\ ∨::.//, イ|::.レ.::.\:::::::::::::::/     、
      /   /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::ヽ V ' / / }::.::.::.::.::.:\:::/  j〉 ヾ( l:〉
    /  /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.〉、、 ′/ /::.::.::.::.::.::.::.:` ー- 、     ノ:!
   厶 ‐'.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::/ト、\`ヽ` くレヘ-、_::.::.::.::.::.::.::.::.::\   `)′
 r'::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:/ ヽ\\   \| | |::.::.::.::.::.::.::.::.::.:/
 ヘ冖―- ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::厂L__ 〉、     ∨ |Y::.::.::.::.::.::.::./
 /\:::::::::::::` ー- ::.::.::.::.::.::./ /ヽ冫 \     Y| |::.::.::.::.::.::∠、
./   \:::::::::::::::::::` ー┬‐〈 / く \ \ \   /`ヽー┬一::.::.::|
     \:::::::::::::::::::::::::|::.::.:`¬、\ ヽ }  `>(  ヽ\.|::.::.::.::.::.:\



ガードナーがピトケアン島を去ってまもなく、1841年9月19日にイザベラ(マウアツア)は亡くなった。






887 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 23:02:00 ID:eNTeMjjI





         /                  \
       /     /               ` ー 、
      / /    /                     '.
    /'" /    /    ,   /   ,  、        '.     そして、ピトケアンの女達の中で
.       /    /    /  ,ィ  ./!   \ ー―― 1
      /     /     ハ ./ l__/_!   ./ \.     |     もっとも長生きしたのは
      i    /  j |  |_l.ム;≠| l' 7   /! /  ` ー‐┤
      |  / / , ィ | , イ(ノ::::::j V} |  .∠〉、/  / /  |     ヤングの、そしてフライデイ=オクトーバーの
      l: /|//'、V ハ V:|〈::r::/   |.イ_)::ハ〈7 /  ハ.  l
      V 〈   | i \ト=''′    /::::/_j_l//./ |  !     妻だったテラウラであった。
           l |  Ⅳ ト  `     , {_シ /:/ /  ! /
         |ハ ハ j  \   r‐;   -≠イ  . ′  |′     彼女は島を訪れる船員達にお土産として
         ′V | .′   iヽ、_. ィ ´/  | /
       , -― ´!    {/j/}/! /   ′           自分の髪を短く切って与えていた。
        /     \  __>‐ 、  ′
       ′             '.                 彼女はいつも愛想よく振る舞い、その笑顔は
       !    i    , -- 、    '.
       '.    i __/{   ハ⌒ヽ  '.                人を催眠術に掛けるようだったと言う。
       '.   '.   :/   / '.  j.  '.
        '.   '. /   /   '.  '.  '.
        '.   }/   .′   ヘ  ヽ '、
        ヽ    /      ト、    }




889 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 23:03:04 ID:eNTeMjjI





             、              .l                      ゜
        、。..l                   .;.ヽ   ...、            、  ,,
                              ____、....、       ...             、
  t        ゝ      _、.._,,..。。._  t1─l.゜_゜.;..tq_.\:lr_ ...    ..      、
               _,,r(^.-_`、。.7l゚゜`、--  _.. ,,_]ll[r〔 _.;llし)`、.ヽ,,、    `、
            ,,,,_イ゛..゜ _..(_^r;く.;;;l゚]] ゜[りll];;..]:lI.;:l,,[,,_0]lltイY^.l、 ^ー-、,,_
       ,,g(゜,t"^^^.ヽ,,」.l..0^x)/」_,,(゛_=-r]g;;]pd](6llg]r;;]ll]gq゜r〔゚],,,,p。..;_  :l"l:。
      ./[(「___  =]xttt-.^.l4],,n;;[ll;;_,,)イ]rd]],,tll[]d]gg],,]rt.;;;_" ",,、,,。.,,,,,,y=k.;。,,.\.。_
^__...;..;;t(r-..,,;;:lt[]i]^ll_I]]ll]](「ll]f:l.;`、,,]^]d[f]ヒ[]][g[)[9f][3]ll][g;;9[][,,.l,,[];;_.;g],,;;/ttt_ R..__。\、
 .---- .;.l「_;;Fj゜1_p=゜x-l.:゚^,,゛J)05]:lr,,l.ll.__ー」,,;;ll|]llf0];;f][.l゚]_j「^;;(]゚゚lf0゚l「゚(r=^_゛ _]]l゚゚.l..)f7  __;;_
"''''~"'"~~"'"~"''''"~"''''~"''''~"'"~~"'"~"''''"~"''''~"''''~"'"~~"'"''''~"'"~~"'"~"''''"~"''''~"''''~"'"~~"'"~"''''
~;;;._,,,..._,,,..,, ;;;._,~"''''~"'"~"''' ;;;._,,,..._,,;._,,,~"''''~"'"~"''';;;._,,,...~;;;._,,,..._,,,..,, ;;;._,~"''''~"'"~"''' ;;;._,,,..._,,;._,,,
~~"'"~"''''"~"''''~"'"~~"'"~"''''"~"''''~"'"~"'''~"'"~"''''"~"''''~"~~"'"~"''''"~"''''~"'"~~"'"~"''''"~"''''~"'"~
~;;;._,,,..._,,,.'~"'"~"''''"~;;._,,,..._,,,..;;;._'~"'"~"''''"~..~;;;._,,,..._,,,'~"'"~~;;;._,,,..._,,,.'~"'"~"''''"~;;._,,,..._,,,..;;;._'~"'"~"'''



テラウラは1850年に亡くなり、そしてバウンティ号の事件を直接知るものは誰もいなくなった。
バウンティ号の事件は遂に伝説となったのだ。






890 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 23:04:00 ID:eNTeMjjI





┌────────────────────────────────────────────┐
│                                                             .. ..  │
│                                                             ..   ..│
│                                                            ..    ..│
│          バウンティ号の叛乱   ~やる夫がタヒチの楽園で過ごすようです~         .    ..│
│                                                            ..    ..│
│                                                           ..     ..│
│                                                           .. ..    │
└────────────────────────────────────────────┘

                           登 場 人 物






891 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 23:05:03 ID:eNTeMjjI





  m n _∩       ____       ∩_ n m
⊂二⌒ __)     /⌒  ⌒\      ( _⌒二⊃        やる夫・デ・ニューソク      やる夫(AA)
   \ \  / (>  (<).\    / /
     \ \´::::⌒(__人__)⌒:::: .\/ /
      \ \  |r┬-|    / /
        \ \ `ー'´   / /
         `ヽ、'' ̄V ̄ ̄''  ノ
          / ̄ ̄\   /
        / _ノ ヽ_ ..\ /                   フレッチャー・クリスチャン   やらない夫(AA)
        /|  (●)(●) |イ
       .イ..|  (__人__)  | `ヽ、
         i |   ` ⌒´  .i  ,,,;;)
       トxヽ、ノ) .   ノ (_,, "':、
       i  ../.(ヽ、.イ x/ ノ ノ                     _____
       ヽ./ヽ、 .\   i´//                    /       \      ジョージ・スチュワート
        `ヽ   ̄V\ノ'"/                    /⌒   ⌒   ヽ
          Y      /                      i(⌒)  (⌒ )    |  
          .i      i                       ゝ  __`____      j
          .|_____|                        ` _`ー'´    /     できる夫(AA)
          .|     ./                        /    _    `i
          .| y  ./                        /  ̄`Y´   ヾ;/  |
          .|/ ./                        ,|    |    |´  ハ
       .i⌒ii/  .イ                         |    |    |-‐'i′l
        |川| ../ |                          |__ |   _|   7'′
        illl.||/| |                         (   (  ̄ノ `ー-'′
       """ ィ" ̄)






892 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 23:06:00 ID:eNTeMjjI





                                     /::.::.::.::.:/::.::.::.:/:/::.::.::.::.::.::.: /!::.::.::.::.::ヽ::.::.::.::.::.\
                                     /.::.::.::.::.::.:/::.::.::〃::./::.::.::.::.::.::. /!::!::.::.::.::.::.::.:i::.::.::.::.::.:∧
                                   .  i::.::/::.::.::./::.::.::/::.::/::.::./::.:/ 八:ヽ::.::.::.::.: |::.::.::.::.::.::.∧
                                     |::/::.::.::./::.::.::/::.::/::.:〃:::∠-=≦壬ハ::.::.::.:: /::.::.::.::.::.::.::.∧
                                    イ::.:i::. /::.::.::///::.:/:://テ‐____ \::.: /::.::.::.::.::.::.::.::.::∧
                                  /::/i: : |:: i::.::.::/> {::./::// ,ィ戈::::タ > У::.::.::.::.::.::.::.::.::..: : 〉
    ウィリアム・ブライ                    /イ::.|::.::|:: |::.::/__,」:/{/  ´ ̄ ̄ ̄`  /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. /
                                      /  !:/!::. |:: |::.:{代ツ/           /::.::.::.::.::.::.::/ 〉::.:::{
                                       | |::.:ハ: ト从  ̄〈           //::.::.::.::.::.: /  ,'::.::. イ!
    ルルーシュ・ヴィ・ブリタニア(コードギアス)       !.八::!.ハ::.::.ト.、  `         / ,イ:::/::.::./  ./::. : /八
                                     \∧:∧   、___      /./://  __/::. ///  }
                                       ヽ/ .∧  !::...........`ヽ ー=ニ彡 '´  //::.::.::.::;′
                                         / .ヽ         /   , . /::.::.::.:: {
                                           }ト.        _,,...<  ./::.::.::.i::.::i
                                           |:::ハ    __ ..<      .//.イ::.::|::.:ハ
                                           |/ j:〉.≦!________∠⊿!__ !:: 八
                                           i / 川┌──┐├─≠──|:|从
                                                   |j/:::::::::::: ││ィ=v:fj:::::::: |ハ
                                                   |{:::::::::::: : ││⌒}川{⌒: |
                                                   |!:::::::::::: : ││:::〈〈i i〉〉::::ト、
                                             _ィ:/:::::::::::::: : ││::::::> <:::::::::::::>--:.........._






893 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 23:07:10 ID:eNTeMjjI





///////> ´      >  ´        ゝ三イ’_         ` <         ヾ////
//////     > ´      ィ≦777//////////////7777≧ii、    ` <    V//
/////{  > ´   , ィ≦//////>//7///////////////7//<///≧ヽ、   ` 、  ,'///
ゞ////}´   ィ//////>´/:.:.:.////:.://////////////:.:.:.://///////<//>    V///
  `<{ ,ィ////>/´///////:.:.:./////////////////:.:.:.://///////////////>   {>´        ジェームズ・モリソン
    {/>;:;:;{`ト=,,////////>--─────────---≦///ニ--‐‐イヾ//>、/ _
 , ‐--{:;:;:;:;:;:;リ     7´   `゙゙<ミト、   : :V: :{ i: :_,彡>'''´ ̄ `ヽ       };:;:;:/< /
../ ヾ  ヽ:;:;:;:{     {i:    ・   ヾ=ト/ /} :ヾ<;/.    ・     i}      };:;:;  ,イヽ
.{  {::>、 V;:;{    ∧          i} ヾ /   /人          / / 〃 .i;:;:;i  { ヾ         新城直衛(皇国の守護者)
ハ  ;:イヽ .V;} ヾ、   ` ー-----‐ ´ / ´   ヾー..> ‐----‐‐' , ≦    |;:;/ イ:ヽ ヽ
..ハ { //>} {  ミヾ\三二====三    /:.:.:  iii  二二三==二三三≦  .|:;}  }//}
 .∧  、: { .{  >彡 ´     `ヾ''    i:.:.:.:.:.:.:.   `ヾ ゞ     ` <二 }:  イ:./  /
  ∧  、 ヽ∧                   {:.:.:.:.:.:.:                    |_   ィ /
   .ハ  ヽ_ i                    ヾ:.:.:ィ,                    i  ¨´  イ
 ,、}ヾハ   ',                 ,ヘ |/ .へ               ト、   ///
≦: ソ:’ .>、_ }.                ´  ` ´               i//77イ: .:.: .:.
、}ヾ  ; ,;ミ: ./∧                                      ,'}///∧:  :.: .
}:  }  .: .:. .///∧         __________            /:.: .}:. :.:.:::>-‐
}< : .:.. : .:..{ { {_∧     .''´, 、                   ` .-、     .,イ’:}: :}:.:.:.:}: .: .: .:
 <:.   :.:. {i:.:ヽヽ ヽ>‐- 、才´、ヽ >、        _才⌒>、      ,イ///イ:.:.:./ : .: .:..:
:. :.: >: .: .:.V///>、 ヾ ヽ ヽ\ \\ >、     {  / //`二 ̄/ // .イ:.:.:.i}.: .:.:.::. .:.






894 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 23:08:07 ID:eNTeMjjI





┌────────────┐
│  バウンティ号乗組員  .....│
└────────────┘


上級准士官

ジョン・フライヤー        扇 要(コードギアス)
トマス・ハガン             熊先生(田亀源五郎「俺の先生」)


准士官

ウィリアム・コール        藤堂 鏡志朗(コードギアス)
ウィリアム・ペッコーヴァー    ロロ・ランペルージ(コードギアス)
ウィリアム・パーセル      でっていう(AA)
トマス・レッドワード       リヴァル・カルデモンド(コードギアス)
ウィリアム・エルフィンストーン 黎 星刻(コードギアス)
デイヴィッド・ネルソン      ロイド・アスプルンド(コードギアス)

                              / ̄ ̄\
                            /  ;_ノ||||||\
                            | ;   ( ゚)( ゚)
                            |  \  (__人__)
      / ニYニヽ                       | ; ;|  `⌒´ノ
    / ( ゚)( ゚)l                  | ;        }
   / ::::⌒`´⌒:::\  ペローン             \  ;      }
  |  ,-)___(- |                  ヽ   ;   ノ
  |  l   |================================三三三三
   \    `ー'´ /                    /    く






895 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 23:09:02 ID:eNTeMjjI





       (ヽ __, ─: .._
      ,イ: : : : V´: :ヽ :ヽ                  、__  -‐….…≦ミ、
    ,.:.:.:./⌒:.:.:.:ヽ::.:.:.:ヽ
     {:/:/二二二二l: :}: コ:ト:>              ノ/.:.:.:〈.:.:、.:.:.:;、⌒.:´、゙ア
    ≦l l:l ヽ  / .!: l、: : : ヘ             ーァ'.:/.:.:...:ト、ヽ.:.:.:}.:.:;...:.:.:ト|
      l:}t i} , イリ |: /ノヽ: :=≧              {.:/.:.斗ト、ト、}.:ー-.ム:.:.:l }
     /::l:〉、_  リ!: /二>               Ⅵ.:〈( ・)ノ(・ )}/{ノ
      ̄l/イ>-ェィ´:l/ハ、                   从.  、ー、  ,'r'
        ヌ‐‐:'::::/::::::C:ヽ、                  _> ...` _.イ、_
      丿l:0::::::::0:::::l´ヽ:::ヘ                 /:.:...‘r=fr’:.:.:ヽ
     /:::;ヘl::::::::::l{::::::l  }:::::',                 |.:.;7 「i.:.:O} }:.:7::.|

士官候補生

トマス・ヘイウォード       枢木スザク(コードギアス)
ジョン・ハリット          紅月カレン(コードギアス)
エドワード(ネッド)・ヤング   入江京介(ひぐらしのなく頃に)
ロバート・ティンクラー      天子(チェン・リーファ:コードギアス)






896 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 23:10:00 ID:eNTeMjjI





下士官

ピーター・リンクレター     杉山 賢人(コードギアス)
ジョン・ノートン          朝比奈 省悟(コードギアス)
ジョージ・シンプソン       リヒテンダール・ツエーリ(機動戦士ガンダムOO)          / ̄\
ジョン・ミルズ           富竹ジロウ(ひぐらしのなく頃に)                   |     |
チャールズ・ノーマン      ジャン=ピエール・ポルナレフ(ジョジョの奇妙な冒険)       \_/
トマス・マッキントッシュ       空条承太郎(ジョジョの奇妙な冒険)                  __|___
ローレンス・ルボーグ      玉城真一郎(コードギアス)                      /      \
ジョゼフ・コールマン      ジェレミア・ゴットバルト(コードギアス)              / ─    ─ \
チャールズ・チャーチル    オプーナ(AA)                          /   <●>  <●>  \
ジョン・サミュエル        壁子(コードギアス)                      |  :::::: (__人__)  ::::::: |
ジョン・ウィリアムズ       ねらう夫(AA)                          \.    `ー'´    /ヽ
ヘンリー・ヒルブラント      ジャック・ハンマー(グラップラー刃牙・シリーズ)       (ヽ、      / ̄)  |
トマス・ホール          ジャムおじさん(アンパンマン)                     | ``ー――‐''|  ヽ、. |
ウィリアム・ブラウン       緋村剣心(るろうに剣心)                         ゝ ノ      ヽ  ノ  |






897 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 23:11:00 ID:eNTeMjjI





上級水兵

アレキサンダー・スミス     前原圭一(ひぐらしのなく頃に)
トマス・バーキット         ロックオン・ストラトス(機動戦士ガンダムOO)
トマス・エリスン          アレルヤ・ハプティズム(機動戦士ガンダムOO)
アイザック・マーチン       純・ゲバル(範馬刃牙)
ウィリアム・マッコイ       大石蔵人(ひぐらしのなく頃に)
ジョン・ミルウォード       ティエリア・アーデ(機動戦士ガンダムOO)
マシュー・クィンタル       いく夫(AA)
ジョン・サムナー         範馬刃牙(グラップラー刃牙・シリーズ)
マシュー・トンプソン       わる夫(AA)
ジェームズ・ヴァレンタイン  (途中死亡のためAA無し)
ジョン・スミス           篠崎咲世子(コードギアス)
ウィリアム・マスプラット     刹那・F・セイエイ(機動戦士ガンダムOO)
リチャード・スキナー        沙慈・クロスロード(機動戦士ガンダムOO)
ロバート・ラム          アブドーラ・ザ・ブッチャー(実在人物)
マイケル・バーン        花京院典明(ジョジョの奇妙な冒険)

          ,.': : : : : : : : : :、: : : : :.:. : : : : :ヽ              __`ヽ- 、
           /: : : : : : : : :ヽ-- ニニ、:ヽlWN:',     / / ,. ≦z:::::::::``ヽ::ヽ
           ,': : : : : : : : :.:.:∧    __ヽ、', トl:.',       / /:/`¬Z:::/レz:::::::L
.         l: l: : : : :l: :l、:.lwハー‐'´     Wlヽ:.|     ー=彡::::::::::::::::::::::::`¬::/レハヽ
.         l: トvレl: :|V∧lヘl:.l    ,. =z、 l:.ト !|   _/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
.        いトN: :|ヘl:.:.:.:.:l:.l  fr'´   j小/:.≧‐ ≧:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
        __ヽ:l: :.:. :.:.:. :.:.:.:.ヽl   ' ' ' U V:.:.:r'^ヽ‐  `フ:::::::/`ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、
     , ´: :、: :ヽ: :.:. :.:. :.:.:.:.:.:.l )      ,':.:.:.j  | ̄`ヽ、::::/  l::::::::::::::::::::::::/:/:::::ド、
    /: :_j>、:\:ヽト、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:', _,.  ツ  /!::.:/l  l:: :: :: :: V   ,':::::::::::::::::;rーュ:::::/
.   /: : :l l__ ',: l、ヽ:!: ヽ:.:l:.:.:.:.:ヽl `¨¨´  ,.'/!://j  l:: :: :: :: ,'   ,'_::::::ィ:::/ し/l:;-<
.   !:: : :j { ヽl: | \__l:::ヽ!\:.:.:.:ミーz―彡' ノ'/: |  {:: :: :: V   ム`く lル'__ ィ/  }  , -――- _
.   !j_」ヘ  V r==l:イ/:: ノへ:.:\:: :: :: :: _」:: :!  |___V   ∧ \丶 /   , ´ /l::.::.::.::.::.::.::.::.::ヽ
.   !ャ::::ヽヘ.  `、   〃:: :: :: :: ::  ̄` ‐:: :: :: :: ::l   {   ′  .' >‐く/   /L./:ヽ ニヽ::.:ィ::.ィ::l::.::.:l
.   ヽ\::::ヽヘ   ゙、ッ' j:: :: :: :: :: :: ::ヽ:: :: :: :: :: ::Vl   !  ,'   'Y  /   / (__)::.:lT尓 /く_j=lニニl
   \`ミ、≧ヘ  ヽイ:: _ -―- 、:: l: :: :: :: :: :: l !   、_ノ   {|/  /      〉::ミ二rxv'示Ⅵ::.:/
  、  \ ``)ヘ   V7     、ヽ!:: :: :: :: ::__jノ        `゙´   ∠ ヽ   //::.l、 _ ' ゝ--j::.::.:!
.   \  丶、∧ム  \    __ ゙Y:: :: :: :/  ヽ          /    ',   lム-‐‐-,`_ .ィフ::.::.::l
  _  ヽ、  ` -、)   >一'´ ヽl:: :: r'´ r  丶 、_        ゙ー---┴ ´   _ ィ ム:/::.::イ:/
.   `丶、/丶、   `  /  、    ';: :: l ヽ. '、   \ `‐、_          _ -<TV ノへ「 ̄/^ヽ






898 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 23:12:02 ID:eNTeMjjI





┌──────────┐
│  タヒチ人その他   .│
└──────────┘

チュ(テイナ/マテ/ポマレ)   伊藤 誠(スクールデイズ)                     ,, ,, ::--- 、
イチャ               桂 言葉(スクールデイズ)                   ,,.''".::.:.:.:.:..:..:.:.:.ヽr=
アリイパエア              澤永泰介(スクールデイズ)                  ./:: : :i: ::_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
チュ(ポマレ二世)        桂 心(スクールデイズ)                    |イ.:..:i|::/ |::::/lヾ、:.:.:.::,:ヘ
ポイノ               ハクオロ(うたわれるもの)                   く|l:.:.l( ・)レ (・ )vレヘ
ポイノの妻            エルルゥ(うたわれるもの)                  く|ヘ  、ェェェェェ,  |:/
モアナ               オボロ(うたわれるもの)                      >、 .トェェェイ イ
ハアパペ王国の神官      ウルトリィ(うたわれるもの)                   ./|___ヽ____/___|\   ,p、
ヴェヒアツア           長谷川泰三(銀魂)                       /|:::::::|  {こ]  |:::::::|\/ヽ_)
メツアアロ            坂田銀時(銀魂)                        .|::|:::::::\ |;;;;|/:::::::::|::::::::::/
テパフ               ニウェ(うたわれるもの)                 .   /:::|:::::::::::::::::|::::::::::::::::| ̄ ̄
テマリイ              加藤久嵩(鉄のラインバレル)                ..(__)_____|_____|
テファナ王国の酋長      インカラ/ササンテ(うたわれるもの)              |_:::::::::::::|::::::::::::::::|
ポイノの愛人           カミュ(うたわれるもの)                     ,-"" ̄ ̄|| ̄ ̄"゙ー、
スキナーの愛人         ルイス・ハレヴィ(機動戦士ガンダムOO)             ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄
人形               戦場ヶ原ひたぎ(化物語)
テマリイの部下          キバヤシ(MMR)






899 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 23:13:00 ID:eNTeMjjI





ジョン・ブラウン         相良宗介(フルメタルパニック)
ヒチヒチ              タヒチの案内役:ボン太君(フルメタル・パニックふもっふ)


                                    _,ィ_,.-<___,
                                __i∨::::::::::::::::::::::::::≦-、_
                 ,...、            /::::/::::;:::::::::::::::::::::::::::::ヽ´
               i≦テ、i,          イ/::::::/ィ/Ⅵ:::::,-、:::::::::::::::::ト、
               |iハ_< \         /イ::::i rフ: リV 〉::i 〉::::::::::::::iヾ
               |三三i|≧ヽ          y-'     ┌: '、:i:::::::::::/
               |三三i|ヨ|t i     r、      ヘ -   ,.: : : :ヾ≧=--、
               |三三i|ヨ|ハニ} ,- 、i, \     i  ..:': : : : /__,-   ``ヽ、
               |三三i|ヨ|ヨ|| / ,=、ヽi,ハ     ≧¨ ´\//        `ヽ、
               |三三i|ヨ|ヨ|| ∨_,--、ミi j        y'i,j:::::::'     i,     \
               |三三i|ヨ|ヨ||  キ -‐ヽ!ハ       i iノ-'       ',     ハ
               |三三i|ヨ|ヨ||   ヽ≦_´!ノ ヘ      / /         7/::.    ∧
               |三三i|ヨ!ヽヽ,    |:|: : : : ヽ,   / /          /´: :.      ∧
               |三三i|ヨ!   ハ   .|:|',: : : : . ∨ヘ {- 、_       /i: : : :.      ∧






900 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 23:14:00 ID:eNTeMjjI





┌───────────┐
│  ピトケアンの女達   ..│
└───────────┘

テエヒュテアツアオノア(ジェニー)園崎魅音(ひぐらしのなく頃に)
(老後)              園崎 茜(ひぐらしのなく頃に)
プアライ              竜宮レナ(ひぐらしのなく頃に)
テラウラ              北条沙都子(ひぐらしのなく頃に)
テアツアヒエア          雪代 巴(るろうに剣心)
ヴァヒネアツア          鷹野三四(ひぐらしのなく頃に)
テイオ               古河 渚(CLANNAD)
(老後)              古河早苗(CLANNAD)
サリー               岡崎 汐(CLANNAD)
ファアホツ            スメラギ・李・ノリエガ(機動戦士ガンダムOO)
テヴァルア            めぐる(AA)
トオファイチ            古手梨花(ひぐらしのなく頃に)
マレヴァ              西園寺世界(スクールデイズ)
チナファナエア          ダディクール♀(AA)


        / ∠/_ -ッ二___ ト、         /: : /: : : : l: /\リ |/l: : /: : :l / /      / ̄ ̄  ‐ 、\
          /  /'´  \| /      l:l!        /. : :/ィ: : : :V'⌒_  -、j/: : l!:/ /     /.::::、::::::::::::::、:::::::`ヽヽ
       /  f    __   /7      '、}       /. : : :': :|: : : : l  「 ^!  7,-ィ ´ /      /.::::::::::::::\─ -\:::i:ヽ- ヽ
      /- ─ l  /  l   /_ -ィ_,   l.       /. : : : : : :l: :ハ: |  l: :/ / / ./      _/:::l .:::::::::ヽ-ヽ|/   ヽ|-f\ \
  _. - ´  <_ム ゝ─ ′ |\-ッ´   /      , . : : : : : :/V ヽト=≠f'   l, イ       l:: .::\::::::::::\  r、   ヽ二二ニヘ
- ´    _.. - ´ 7_ヘ、    _ - ´   , '     ,/`n : : :/  / ゝ、タ7   l /          l .::::::::::ヽマ¨¨′ | \  lヽ、    \
ヘ__. - ´      / ` …- ニ_    /      lヽ  j: :/ /' : : : . 7^ l __l!__       V::::::::::::、:\∧  \_`  } L     /7
_」      _ < .....__     ̄ ー 、 -── -'、 ヽ ∨ く ヽ: : : : :ヽ_)!//    ` ‐- ._  ヽヽ::::::::::`¨¨>   /7ノヘヽ   //:
-|ヽ _. -‐ "´          ̄ ̄ ̄マ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽヽ ヽ' ヽハ: :     l  _ -──- _   ヽ、 \ヽ、::::´:::ヽ─ ,二 -く   ヽ`ー'/::::
> ´                /:.:,:.:.:.´:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:\__/  _\___」/. : : : _:_:_: : l: `丶    }     \ヽ─` l    l、    7 /:::::::
                 /:.:./:.:.:/:.:. /:.:.:.:.l..   、 ヽ  /_7_∠: : : : 、: :「  |: :ハ: :!: \ノ          ゝ─、  ヽヽr_ハ::::::::
                   /:.:./--ッL___/:.:.:.:.:.|l:.:.:|:.:.:.l:.:.:∨ ./::l /. : : :|: :|\!  三z ヽ!: : ハ              ヽ  ヽ  ヽ::::
                /:.:./:.:.:/ ─‐ `ー-ム:_:|:_:_:}-ケ /::::::V: : : : ハ: l彡    (___): ノ: :!                 ',_ ノ   \
                   /://:.:.:/l       \ 7:./7 / l::::::::::l: : : : :l ヽ!´  r ヘ   ´ l: : :`  ___
              , ':/:/:.:./:.ハ_.._  「 >    /:.//  ¨T':::::::::::l: ト、: :ハ(ノ   ヽ: l  _ノ_: : __/
            /:/:./:.:./:./:(  )    ノ:.://     |:::::::::::::トト\: :ト      (   )─=






901 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 23:15:09 ID:eNTeMjjI





┌────────────┐
│  その他ポリネシア人  .....│
└────────────┘

マイ(オマイ)           小沢一郎(実在人物)                     _,..--★──- 、
マカカヴァウ           李 明博(実在人物)                    , -──────ヽ
ンガキチキチ           盧 武絃(実在人物)                   ,'-───────-',
タマトア              志々雄真実(るろうに剣心)             ★ニニニニ★ニニニニニ★
タアロア              斉藤 一(るろうに剣心)                | | |.(●)//\\(●)..| | |
チラナウ             瀬田宗次郎(るろうに剣心)              | | |ニ//(、_,)\\ニ.| | |
タアロアミヴァ          明神弥彦(るろうに剣心)                | | |//`-=ニ=-'.\\| | |
                                                 | | |/ニニニニニニ.\| | |
                                                 | ~ ヽー‐-----‐―´ ~ .|
                                                  ~/         \~
タヒチ島の男           ダディクール(AA)/ショボーン(AA)
タヒチ島の女           泉こなた/柊つかさ/柊かがみ/高良みゆき(らき☆すた)
   〃               インデックス(とある魔術の禁書目録)
   〃               水無月かれん(Yes! プリキュア5)
   〃               石関 薫(私立レイプ女学院)
   〃               平沢唯/中野梓/平沢憂(けいおん!)
トゥブアイ島民(男性)  .    クマー(AA)
トゥブアイ島民(女性)   .   高槻やよい/水瀬伊織/三浦あずさ/菊池真(THE IDOLM@STER)
トフア島の住人         ニダー(AA)
ラロトンガ島の住人       ジュウシマツ住職(AA)






902 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 23:16:01 ID:eNTeMjjI





┌──────────┐
│  その他西洋人     │
└──────────┘

サー・ジョゼフ・バンクス    コーネリア・リ・ブリタニア(コードギアス)                 _..    -‐…‐- .._
キャプテン・クック        キャプテン・ハーロック(無限軌道SSX/ハーロック)       , ´               ` 、
エリザベス・ブライ        シャーリー・フェネット(コードギアス)               /  ヽ/     イ /     \
ダンカン・キャンベル      アマンダラ・カマンダラ(重戦機エルガイム)         /   /〉′    / /    、
ブランシュフォルテ侯爵    佐渡島方治(るろうに剣心)                  /   // / /// /l  / /ヽ ヾ   ',
                                                   / \  // //./ イー┤/ /   | l│ i |
イザベラ・カーウェン      真紅(ローゼンメイデン)                  ,/ ミミミ|│.l l/ ,xテミメ、 l | { ,-、 l !│ | !
                                                 f/ / /  | || | |,,∨ i´::;;Jヾ'ヘハノ ,,=ミ. メ j ノ ,/ ,'
スパイカーマン船長       サウス・バニング(機動戦士ガンダム0083)   /'/ / /  /| |l | ト、 込::: ソ      {l::;;ヤ∠ィ 〃/
クパンのオランダ総督     オデュッセウス・ウ・ブリタニア(コードギアス)   / / /  /八 ヘ、ヾ\` ̄     マ::ゾ / /〃
ジョン・ヘンリー・コックス    ミルコ・クロコップ(実在人物)           ノ / /  // ( く \ト、 ヽ  __ゝ ̄´// /
                                                ./ /  //.:.:.:.:ー-、  `ヾ {  ∨   ´
ウィリアム・ブライアント     トンズラー(ヤッターマン)              ./ /  //.:.:/.:.:ノ.:.:/       ー'  /
メアリー・ブライアント      ドロンジョ(ヤッターマン)               /  .//.:.:/.:.:.:.:.:/   \     イ│
ウィリアムの仲間        ボヤッキー(ヤッターマン)             ./  / /.:.:/.:.:., ヘ      ><.:.:.:! .i
メアリーの子供         ヤッターマン1号/2号(ヤッターマン)          / ./.:.:/.:.:ノ   \     /.!i.:.:|.:.:│.l
オランダ人の軍医        五島健助(Dr.コトー診療所)             / /_.<      \ /ヘ│:.!.:.:.:从
オランダ人船長         司会者(ヤッターマン)
クパンのオランダ人       ナワヤ(MMR)






903 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 23:17:11 ID:eNTeMjjI





エドワード・エドワーズ      シュナイゼル・エル・ブリタニア(コードギアス)
ジョン・ラーキン         ジャギ(北斗の拳)
ロバート・コーナー        アレハンドロ・コーナー(機動戦士ガンダムOO)
ウィリアム・モルター       ロットン・ザ・ウィザード(BLACK LAGOON)
ウィリアム・オリバー       ダースベイダー(スターウォーズ)
パンドラ号先任衛兵伍長    ハートマン軍曹(フルメタル・ジャケット)
海兵隊員             クローン・トルーパー(スターウォーズ)

ジョージ・モンタギュー海佐  DIO(ジョジョの奇妙な冒険)

   /  /  l   i l;;;;;iヽ./´ ̄\/       /,.ィ::::::/;l;;;ト、
  ,'  /   /ト、   \;;;;l     i  /      /:::::::>'i;;l |;l i;;! 
  ! /   / l ';::\   `ヽ    ,' ,i     /:>''" __l;;;l /;;;;;/ 
  l /  .ハ、'、\:::::‐.-、ノ / /./ {   ./ _,,.  -tzテフ¨;;;;;;;;/ 
.   !'   l/ ヽハ  _二ミ::\ V {__ハ  / /´____//!;;;;ll;l   
.   i   \___',ハ、ヽ、弋;ォ、ヽ_ヽ-'i  / ´   --‐一  l;;;i l;l  
   \        ̄i   `¨ ̄,.l‐‐、l ! 〈            l;/ lハ!  
.     \    \ ヽ    / l  :  L._\           !l ll l;!  
       \   ,.、 ̄ヽ. ,' .l   !   `ヽヽ         l;! l! ll  
        `¨"´ \ i   !:  :     V          ll  l l!






904 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 23:18:00 ID:eNTeMjjI





ジョン・アダムズ(スミスの老後)柴崎元治(ローゼンメイデン)                   ,r'"´            `ヽ
                                                      /                `、
                                                     /^丶、                ゙、
メイヒュー・フォルジャー    ヤン・ウェンリー(銀河英雄伝説)              ,イ,    `''ー- 、            /ヽ
トパーズ号航海士官      ユリアン・ミンツ/フレデリカ・グリーンヒル/       /::::イ   , -ー-、`丶、  ,ィニニ'ー-、 /.:.:::l
                   アレックス・キャゼルヌ(銀河英雄伝説)         .i::::::::i  ,r'"´ ̄`` ,.   Y.:.:,ィ⌒ ヽ,ィ i:::::::| 
サーズデイ=オクトーバー・クリスチャン やらないのか夫(AA)              |:::::::| '゙ ,ィ( Oソノ!   (.:.:Y(人)Y/j |::::::| 
チャールズ・クリスチャン    ギャラナイ夫(AA)                      j:::::::|    -‐'"´     ヽにUソイ::ノメリーアン・クリスチャン    薔薇水晶(ローゼンメイデン)               /,r 、jト、      ,イ, 、__,、ヽ   ̄`) `>个  !
エドワード・ヤング        北条悟史(ひぐらしのなく頃に)               i ⌒ヽ、     /.:.:::::::.:.:.:  ヽ    ,イ  ) /
                                                    ゙、 J! `,    ,/        `、  /:::レ'/
サー・トーマス・ステインズ   ヴォルフガング・ミッターマイヤー(銀河英雄伝説)    \j! i   / 、_ .:.::::::::.:..: _ ) i  l  /   
フィリップ・ピーポン       オスカー・フォン・ロイエンタール(銀河英雄伝説)      `i !  |   , -─- 、   |    i
ジョシュア・ヒル         ダイヤ(北斗の拳)                          ヽ   l           l  ,/
                                                        `ト、            , ィ´
                                                         |:::.ヽ、      , ィ´::::|
                                                         |:::::::.:.:.``ー─ ''゙:::::::::::::|






905 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 23:19:00 ID:eNTeMjjI





トーマス・パスリー代将     ジャミル・ニート(機動新世紀ガンダムX)         |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|
アーロン・グレアム       成歩堂 龍一(逆転裁判)                  .|_;:_;:_;:_;:_;_:_;:_;:_;:_;:_;:_;:i;:_;:_;:_;:_;:_;:|
サミュエル・フッド中将     麻呂(AA)                          |_;:_;:_;:_;:_;_:_;:_;:_;:_;:_;:_;:;i;:_;:_;:_;:_;:_;:;|
アルバマール・バーティ海佐  ジョン・コーウェン中将(機動戦士ガンダム0083)   |=ニニミ     , 一,   、ー、 ヾミi
ネッシー・デ・ニューソク     やる実(AA)                        /ニ三彡ゞ,. .. `""´    `"  ,iミi
やる夫の母            やる夫の母(AA)                     ,i三ニ彡ラ".:   , -‐‐-'.   .: ー- 、.ヾi
                                                  ゞ彡彡'. .:  ,ィ'で入 . '. ,ィ'で)'、 ∥
ジョージ三世           ブリタニア皇帝(コードギアス)             ,r=ミニ彡 ::    `゙゙゙"´ノ.::  ',`゙゙゙"´ .|
チャタム伯            菊亭左大臣(AA)                    ii ノ,,ゞ彡 : ::.      ' ,:::   ',     .:|
                                                 ヽ.( 〉ヾリ : : ::...   /ゝ =、_,,r`、   ::l
マスプラットの弁護士       マリナ・イスマイール(機動戦士ガンダムOO)    ヽ "ヾリ : : : :::.. ,'   : :   i .::l
軍事法廷法務官         御剣怜侍(逆転裁判)                  `卅ヾi : : : .::: :  _,ィェェェュ、 :i ::i
軍事法廷判士           ドゴス・ギア艦長(機動戦士Zガンダム)         ' 'ヾ| ', : : .::: i 〈-‐‐rー, i i .:/
                   ガディ・キンゼー(機動戦士Zガンダム)           ヽヽ: : ::: i ヽzェェェュリ :! /
                   ジャマイカン・ダニンガン(機動戦士Zガンダム)     ,、.|: :ヽ: ::.. ヽ ヽニ二ノ  /
                   エイパー・シナプス(機動戦士ガンダム0083)      /i |ノ: : : ヽ: :.        /
                   ホーマー・カタギリ(機動戦士ガンダムOO)       /:ヽ\: : : : .`゙ー- 、..,,,,,,...ノ |\,,_
軍事法廷判士           バスク・オム(機動戦士Zガンダム)         _,,/::::::::ヽ \: : :. :.  ::   / ./:::::ヾヽ、_
海軍提督              ジャミトフ・ハイマン(機動戦士Zガンダム)   ノ´\::::::::::::::ヽ \: :. :  ::.  / /::::::::::::ヽ i `` ー- 、,,
                                              "´、  `ー-::、::::::ヽ \: : .: ./ /::::::::::::::ノ |
フッド中将の使者         イース(フレッシュプリキュア!)

ベレロフォン号士官候補生   ガロード・ラン(機動新世紀ガンダムX)
ベレロフォン号副長          サラ・タイレル(機動新世紀ガンダムX)
ベレロフォン号航海長      トニヤ・マーム(機動新世紀ガンダムX)






906 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 23:20:00 ID:eNTeMjjI





┌───────────┐
│  最終話登場人物   ...│
└───────────┘

ジョージ・トビン          プロヴィデンス号三等海尉:阿良々木暦(化物語)          _,,, _ 
ナサニエル・ポートロック    アシスタント号海尉艦長:早乙女アルト(マクロスF)        , -'"     `ヽ、
エドワード・クリスチャン     やらない夫の兄:できない夫(AA)                / /  ィ ト  ヽ r、},々
ホレーショ・ネルソン      英海軍提督:ロベルト・シューマン(実在人物)        /  /,ィ ハ N \  }7凡 >
ジョン・フレイジアー       ウォーリアー号二等海尉:カズマ(スクライド)        ,彳 レレ' V   ヽN}Ll ヽ 
ジョン・マッカーサー       ラム酒反乱の首謀者:カーネル大佐(北斗の拳)     ハM| ○//// ○ `ー、イ  } 
ジャージ・ジョンストン少佐   ラム酒反乱の指揮官:石原莞爾(実在人物)        {N{ヽl "" r-┐"" _6ノノNノ
フランシス・ジョリフィー     やる夫の妻:福沢祐巳(マリア様がみてる)         }ヽ、  ヽ _L__l_ ノ  _ノノノ
ダイアナ・ジョリフィー      やる夫の継子:松平瞳子(マリア様がみてる)       {  `ー--'≪_ V  _≫'"  ノl l
ジョージ・ガードナー       旅行者:ロジャー・スミス(THE ビッグオー)        ll l l、_  r' ,ヘ 1  _,,-'"l l l
アフリカ系奴隷          オバマ大統領(実在人物)                  l l l  ノ i レ'  V  l ヽ、_l l 
                                                     ヽ ̄ ノ|      ト、__彡






907 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 23:21:00 ID:eNTeMjjI





ジュン               やる夫のホストファザー:桜田ジュン(ローゼンメイデン)
トモエ               ジュンの妻:柏葉巴(ローゼンメイデン)
スチュワートの娘        ハナちゃん(おジャ魔女どれみ#)


          /::::::::::::::::::::::::::::::\   __            ___
         /"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ/::::ヽ      __, -´¬≠‐ 、 ` 丶、
       /":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::_j    /フ ̄`~ 、 ※ ヾ、  ヽ
       ヽ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::: /`ヽ 〃/, ‐_  >、_ ※ 、ヽ  ゝ‐、
         \ ::::::::::::::::::::::: /::::::::::::/__`ヽ Y / //...::::/ / {l    l} ::    \
          \::::::::::::: /:::::::::::/::.........ヽハ   〃 ≠'´::::::// {l    l}:::    /
         /::::>ー' ´ :::::::;:イlヽ、>ーテヘj   ハ_彡ヘ/ イ::  {l ※ .l}::  /
.         ゝ、.'´ ::::::::::; イ:ヘ:..レ∠_`゙ー`ゞj     {ソ  ‐"≧ェj:::/ {l l l}__/ !
           \_ ィ'´  ;:. ヽャ:::゚)`   ヽ    r    ´(゚:::}!/::/ {l ※l}:::    l
             ヽ::.. l::... . 弋''´    ィ     、    `フ:://{l  l} :::::   l
               )j 八\:::..ヽ、        ヾ      彡 /〃/ イ  ::::    l
              〔" ̄''フ=---、≧='  _ l l  `ァ‐=≠∠二/:::::|  :::.    l
              / ̄ 〃´ .::::::::::∧  /圧>!Y〃ゝ'´ ̄ ̄ヾ |::::::::|:::  :     l
                /  〆 .:::::::::::::::: ∧ .ド/7ヘ<'|〃/ .:::::   ヾ|:::::::::l::::      l
            r/ 〆::: .:::::::::::::::::::: ::∧j `´:;:::`|∨  ::::  .:   |:::::::::l:::.       l
           7≠":::: :::::::::::::::::::::::: .:::::∧ヘ_::;r~f|  :: ..::     l:::::::::',::..       l、
         //:::::::::: ..:::::::::::::::::::::::::::::::::: |ヾッ:l:../ヽ ..:::::/    l:::::::::::',:::.       lヽ
        /:::/::::::::::/ :::::::::::::::::::::::::::::::::::: |\:∨::   〉/     .::::::::::::::::ヽ:..      ', \
       く::::::/::::::::/ ::::::::::::::::::::::::/"::::::::: |   |:::  /ハ::::.   ..::::::::::::::::::::::::ヽ:.      ヽ:: \
        \`ー─、::::::::::::::::::::::/::::::::::::::/7  /::::../l   l::::::....::::::/::::::::::::::::::::::::::::\      \:::. \
          `ー─ヘ⌒Y::::::::::/:::::::::::::ノ ハ/::::::::::/  ;\_/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::\      \:::::\
              >!:::: ̄`ーt‐‐´:::  |::::::::::::/    ::::::::.....::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\      \:::::\
             〃〆:::::::::::::::::| .::  /::::::::::::     :::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::\     \::::::\

ペギー              蒼星石(ローゼンメイデン)

テハニ              翠星石(ローゼンメイデン)






908 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 23:22:01 ID:eNTeMjjI





                    /:/..ィ::(_)='´   /      ート=廴ヾミr)ヾミ;、 ::::',
                   ィ彡》o(ト=''´ i    ,′         ̄廴ヾミ;、ヾミ:Ⅶ
                  巛/::ハ ̄   1    ,             廴入 }::} ||
                  Y::/}::}      |    i ,′                `Yハ⊥⊥
                   /::/! }::!      !  | | ,′             `ーム>トト、       マウアツア(イザベラ)
                   ムチ廾:::!      |  1 .|:l                /:/!::八!
                  ノ//:/i¨    i  ト、 | !:!        ,          /:/.ノ::{=彳
                j// !:j i    | 从_ヽ!八|         /  ,ィ     {:ム,':::ハ
                  〃,′.// : |    ィ示圷ミト,..ハ     /! / 1     ¨7:://ム        水銀燈(ローゼンメイデン)
                    ,′ Li  !   1 弋ヾ ツミ ヽ   / ̄レム、!       ./::/ Li !
                    ,′  i   !   i   ̄`    ヽ/ ,,ィチ示ミ、j      {::/!::イ !
                    ,′  |   ! i、 |             弋ヾツ, / ,′  .L! L!  |
              ,′  .:|   i |ハj       ,       ̄,イ/ /  ,′     1
              ,′  .:::|   l | ハ   、            .///  .,′     1
              ,′  ..::::::|   l |  .ム   ` - -     ./,イ    ,′      .|
              ,′ ..:::::::: |   l | {::::::\         ,/ .,′  .,′      .|
              ,′ ..:::::::::::: |   l | /:::::::::::::\_ . -_.≦:::/ .,′  .,′         |
              ,′ .::::::::::::::: |   l rチ::::::::::::::::::::}}-='''´::::::: /  ,′  .,′         |
          ..ム,..----- .、 |   l l:::::::::::::::://|ト:::::::::::::::::{  ,′  .,′ ___  |
          :::::::::::::::::::::::::: : |   l∧::::::::〃//! ヾミ;、 :::::::: ム ,′  .,′ノ:::::::::::::::::::ヽ 1
          :::::::::::::::::::::::::: : |   ll ヽ::::{{://!:! |:|::::}}::::::::::::::,′  .,′::::::::::::::::::::::: : Ⅵ
          :::::::::::::::::::::::::: : |   ll   ヽⅣ i::! |:|::::}}ィイ´¨,′  .,′::::::::::::::::::::::::::::::::\






909 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 23:22:30 ID:eNTeMjjI





                              ●

                              ●

                              ●

                              ●

                              ●






910 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2011/01/10(月) 23:23:03 ID:eNTeMjjI





さて、この物語が本来何を扱っていたのかを思い出していただきたい。
それは、バウンティ号で航海した人の生涯ではなく、パンの木であった。
本来の主役は、パンの木なのである。




::::::::::::::::::::::、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、;;;;;;゙,,,,;,;゙,,,,,,lllli,,',,,l,lll;;;;;;.llllll゛: : : : : .,,,、;,iliillllllllllllllll
:::::::::::::::::::::::`:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,iiil!!゙,,ll!llllllllllllllllll!ll,,,,,,,lll,,,,,,iily;;;;;;;;゙゙゙