ブログパーツ 泳ぐやる夫シアター やる夫がタヒチの楽園で過ごすようです  その27


















やる夫がタヒチの楽園で過ごすようです  その27








                   lllllllllllll|..,llllllllllll|          liiiiiiiil  ≡                
                   llllllllllllll,.llllllllllllll: liiiiiiiil: iiiiiiill.lillllllllllii llllllllll: lllllllllliilllllllii,'lllllllli、,llllllll′ 
                   lllllllllllllli,llllllllllllll .llllllllll: lllllllll.'゙llllllllll゙ lllllllll: :lllllllll~lllllllll|.゙lllllllLllllllll   
                   lllllllll'llllllllllllllllllll .llllllllll :lllllllll .llllllllll  :lllllllll: :lllllllll .lllllllll .'llllllll.llllllll゜  
                   lllllllll,llllllllll!lllllllll .llllllllll llllllllll .llllllllll  llllllllll .lllllllll| lllllllll| .'llllllllllllllll   
                   :llllllll|.llllllll!:llllllll| llllllllll: lllllllll .:lllllllll: .:lllllllll...lllllllll: lllllllll: : lllllllllllllll   
                   :llllllll| lllllll`llllllll| 'llllllllllillllllllll: 'llllllllllil .llllllllll .lllllllll' lllllllll|  lllllllllllll`  
                      ゙゙゙゙゙゙゜.゙゙゙゙’.゙゙゙゙゙゙′゚゙゙゙゙゙~゙゙゙゙゙゙° ゚゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゜.゙゙゙゙゙゙’.゙゙゙゙゙゙°llllllllllll!゙    

                       ,,,,,,,,,,                iiiiiiiiiiii,,,,,,,、
   _,,,,,,、  ..___ .,,,,,_    .lllllllll| .llllllllll ,,,,,,_   ._,,,,,,,,_    .lllllllllllllllllllll,  .,,,,,,,,,,_  ..,,,,,,,,, .,,,,,,,,,: ,,,,,,,,,,.,,,,,,,,, . _liiiiiiiil_.,,,,,,,, ,,,,,,,,, 
 ,iilllllllllllllii,, .lllllllllllllllllllli、  .llllllllllllll:lllllllllllllllllllll, .,,illllllllllllllli,   .llllllllll .lllllllll ,iillllllllllllllli,、lllllllll .lllllllll、.llllllllll!lllllllll .llllllllllllll.lllllllll .lllllllll:
: ,lllllllll..llllllllli、lllllllll|.llllllllll   lllllllll|: llllllllll..llllllllll .lllllllll`lllllllll、  llllllllllliillllll!l゜.llllllllll llllllllll :lllllllll .lllllllll、.lllllllll|.llllllllll .:lllllllll .llllllll,.illllllll 
: llllllllll llllllllll .lllllllll| lllllllll:    lllllllll: .'lllllllll :lllllllll: lllllllllllllllllllll|   .llllllllll!!lllllllii、lllllllll :lllllllll: lllllllll| lllllllll| llllllllll llllllllll .:lllllllll  llllllll,llllllll″
: llllllllll llllllllll .lllllllll| lllllllll:    lllllllll: .'lllllllll: lllllllll: llllllllll      llllllllll .llllllllll 'lllllllll: lllllllll: lllllllll| lllllllll| llllllllll llllllllll .:lllllllll:  llllllllllllllll:
: llllllllll llllllllll .lllllllll| lllllllll:    lllllllll,: :lllllllll :lllllllll: llllllllll..lllllllll   ..'llllllllll,,llllllllll: llllllllll,,lllllllll: llllllllll,,lllllllll| llllllllll llllllllll .:lllllllll,,, .llllllllllllll:
 ゙!llllllllllllll!゙`.llllllllll llllllllll   : !!lllllllll|lllllllll|.llllllllll ゙!!llllllllllll!゙′  .:llllllllllllllllll!!゙ ゙!!lllllllllll!!゙ '!llllllll!!llllllll| llllllllll llllllllll ゙!!llllllll  llllllllllll′
  `””″                        ̄`                                    .llllllllllll!゙ 

               バウンティ号の叛乱   ~やる夫がタヒチの楽園で過ごすようです~











371 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 21:00:30 ID:u.CiLPjA





                                -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
  ┏┓┏┓  ┏┓  ┏┳┳┓    ┏┓      / /" `ヽ ヽ  \.            ┏┓┏┓
  ┃┃┃┃┏┛┗━┫┣┻┛┏━┛┗┓   //, '/     ヽハ  、 ヽ             ┃┃┃┃
┏┛    ┻╋┓┏┓┃┃    ┗━┓┏╋━━/. {_{\    /リ| l │ i| ━━━━━┓┃┃┃┃
┃┃┃┏┓┃┃┃┃┣╋━━┓  ┃┃┃   レ!小l●    ● 从 |、i|          ┃┃┃┃┃
┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┗━┓┣┓┗┛┗━━ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│━━━━━┛┗┛┗┛
┃┃  ┃┃┃┃┃┃┃  ┏┛┃┗━┓  /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !           ┏┓┏┓
┗━━┛┗┛┗┛┗┛  ┗━┻━━┛   \ /::::| l>,、 __, イァ/  /│          ┗┛┗┛
                                 /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |






372 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 21:01:00 ID:u.CiLPjA





       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、       ここまで読んでくださった方は感謝にょろ。
     / /" `ヽ ヽ  \     そして初めて読まれるみなさん、改めてはじめましてにょろ。
   //, '/     ヽハ  、 ヽ    本作は世界海事史上に残る重大事件である「バウンティ号の反乱」について
   〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|    語っていくスレにょろ。
   レ!小l●    ● 从 |、i|    この事件は、18世紀のイギリスの武装船バウンティで起きた艦長に対する反乱と
    ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│    逃亡者の植民地の建設という波乱万丈の出来事にょろ。
/⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !    内容はこのテーマを扱った映画「戦艦バウンティ号の叛乱」を横目で見つつ
\ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│     史実・虚実取り混ぜつつ書いていくつもりなので、生暖かく見守って欲しいにょろよ。
  /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |    
 `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |     明らかに間違っているところは突っ込んでくれたら嬉しいにょろ。






373 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 21:01:30 ID:u.CiLPjA





      ,,,,、 ,-‐,  __
    _ < ヽ"\゛"´く_,、              それでははじまる
   く. `'"   ` `    \
  ,-‐'     ::.. :.....::::::::::::.. \
  く,,,     ....:::::::.;;:::::::::::::::ヽ_ :ヽ__        ┏┓┏━━┓         ┏━━┓                     ┏┓┏┓
 ┌"   .::::::;-‐ '´ ̄ ̄`ヽ、 l'___:.:l\`‐-、==、  ┃┃┗━━┛   ┏┓  ┗━┓┛                     ┃┃┃┃
  `'7   .:::/ /" `ヽ ヽ   l" l `l:;;; ,`="、  ┃┃           ┃┗┓  ┏┛┻┓┏━━━━━━━━━┓┃┃┃┃ 
  l,-, `:://, '/     ヽハ  、 コ l  l :::lヾ= '/   ┃┃          .┃┏┛┏┛━┓┃┃              ┃┃┃┃┃
  l_....:〃 {_{\    /リ| l |ヽ, l  l  )lヾ=    ┃┃┏┓    ┏━┛┗┓┗┛  ┃┃┗━━━━━━━━━┛┗┛┗┛
   ー、レ!小l●    ● 从 |、i |`、l,'ヽl ,-'/    ┃┃┃┗━┓┃ ━ ┏┛  ┏━┛┃                 ┏┓┏┓
     ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│l lヘ@>'     ┗┛┗━━┛┗━━┛    ┗━━┛                ┗┛┗┛ 
  /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i |. ll'//`
  \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /.ハl"
    /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ /ヾ、
   .`ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' | ̄ヾゝ、






374 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 21:02:00 ID:u.CiLPjA





       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、         解説役のちゅるやにょろ、ヨロシクにょろ。
     / /" `ヽ ヽ  \  
   //, '/     ヽハ  、 ヽ      前回はモリソン達がスクーナー(二本マストの帆船)の
   〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i| 
   レ!小l●    ● 从 |、i|      建造を始めた話だったにょろ。
    ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│ 
/⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !      今回はいよいよ完成するスクーナーと、彼らが巻き込まれていく
\ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│ 
 ./:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |      血なまぐさいお話を描いていくにょろ。
 `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |






375 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 21:03:00 ID:u.CiLPjA





タヒチ島にやる夫達が上陸して半年ほどが経った。
その間にやる夫はすっかりタヒチでの生活になじんでいた。



          _____
         /  ⌒  ^\
        /  ( ●)  (●)
      /  ::::::⌒(_人__)⌒ヽ       やる夫はスクーナー建造に精を出すんだお
      |       |r┬-|   |
      \        `ー'´  / 
      / ̄        ⌒\        がんばって材木を運ぶお
     / /  \ \       |
     | │\   \ \ /  /
     ヽ \\    \ \ /         もうちょっとで完成なんだお
    / ,ゝ \\\   \ \
    |  ヽ巛 \\\   \ \
   /   / ̄ヽ、 \\\   \ \
  (    /     ̄` \\\  ,____\
   `ー‐'′     .  \\〃ィ7三ミヾ、
                \{l「({{句j刈}}
                 ヾ弋沁少ィjリ
                .  `¬=一″






376 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 21:04:00 ID:u.CiLPjA





                          / \
                          く  @ \
      / ̄ ̄ ̄\           /\:::::::::::::\
      /  "\,  、/゙\        //  \__;::-、ノ\
   /  ( ●)  (●) \     //     \   /
    |    :::⌒(__人__)⌒::: l    //         ヽ/
    \、   ` ー ´   /  //
    (⌒ヽ、  ー‐  ィヽ. //
    l \  \     i //                合間をみてはジュンさんの畑を手伝うんだお
    |  \  \  /, イ   
    |    \ , '⌒く/ /                  翠星石に美味しいものを食べさせるように
    l      ゝ、ニ≠ソ
     |     `´  ̄ |                  がんばるお!!
     |    ,ィ'    |
      |    | ヽ   ,l
     |    ,|ノ   /






377 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 21:05:17 ID:u.CiLPjA





         ____
       /      \
     /  _ノ  ヽ、_  \                そしてさらにその合間に
    / o゚((●)) ((●))゚o \
    |     (__人__)    |               タヒチ語の辞書作りにがんばるんだお
    \     ` ⌒´     /
   /´           `\               寝る暇もないほど忙しいけど
  /  /          l  l   .___
__l  l_¶______/_/__/     ヽ       きっとやり遂げるんだお……
  \, ´-'ヽ  ̄| ̄ ̄ ̄ ̄|   l二二二二l
    ヾ_ノ   | '''' '   |   l二二二二l
   | ι.ξτ | '''..--  |   l二二二二l:::..
   |   ..''  |  ''-.  ,|






378 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 21:06:00 ID:u.CiLPjA





そんなある日のこと……。



          ____
        /     \          やる夫さん……
      /        \
     /  \    /  \       実はあなたに相談したいことがあるんです
    |    (●)   (●)   |
    \      ´   u /       蒼星石のことなんですが……
    /     ⌒     \



      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・         蒼星石ちゃんがどうかしたのかお?
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /           そういえば、最近どこか具合が悪そうにしていたお……
. |         /
  \_      _ノ\            体の調子が悪いのかお?
    /´         |
.     |  /       |






379 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 21:07:01 ID:u.CiLPjA





         ____
       /     \          はっきり言いますよ
      /  \  /  \
    /  (●)  (●)  \       彼女は僕の子供を身ごもっています
     |      __´___     |
    \     'ー一`    /       そして僕はその責任を取るために彼女と
      /             \
   /             \      正式に結婚しようと思うんですがどうですか?



         ___
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
          イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。






380 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 21:08:00 ID:u.CiLPjA





         ___
        / .u   \                   け、けけけけ結婚!? しかも妊娠!?
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)     それじゃあできる夫は、蒼星石ちゃんと
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/       ずっとこのタヒチで暮らすつもりなのかお!?
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /         イギリスには帰らないのかお!?







           ____
         /     \         ……別にイギリスに帰ることを諦めたわけではありません
       /        \
      /  \    /  \      でも、イギリスから捜索隊が来るのはいつになるか
     |    (●)   (●)   |
     \      ´     /       分からないじゃないですか
    /⌒ヽ    ──    ィヽ         
    /      ,⊆ニ_ヽ、    |       その間にもお腹の子はどんどん大きくなっているんですよ
   /    / r─--⊃、    |        
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ.   |       僕としてはここでけじめをつけたいんです






381 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 21:09:00 ID:u.CiLPjA





       _-─―─- 、._
     ,-"´          \         ……やる夫としては、親友が結婚することを
    /              ヽ
    /       _/::::::\_ヽ       祝うことにやぶさかではないんだお
   |         ::::::::::::::  ヽ
   l  u    ( ●)::::::::::( ●)       でも、そうなると翠星石を……
   ` 、        (__人_)  /
     `ー,、_         /
     /  `''ー─‐─''"´\



         ____            分かってますよ
       /     \
     / ⌒   ⌒ \         僕が結婚してしまうとあなたも結婚しなければならなくなる、
    /   (⌒)  (⌒)  \
   |      __´___     |       そうしたら本国に帰れない、そんなことを心配しているんですよね
   \      `ー'´    /
    /          \        僕のことは気にしないでください
    |              )
   .|  |         /  /        やる夫さんをタヒチに縛り付けておく理由は何もないんですから






382 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 21:10:00 ID:u.CiLPjA





           ____
         /:::     \          ……ごめんだお、やる夫はまだ本国へ帰ることを
       /::::::::::     \
      /::::::::::         \       諦めていないんだお
     |:::::::::::::::         |
    /⌒:::::::::      ⌒ヽ/       だけど、できる夫が結婚することに関しては全面的に
  ;/::::::::::::            \;
  ;/::::::::::::::          \ ヽ;     賛成するお……おめでとう……



        ____
      /      \            ありがとうございます……
    /  _ノ  ヽ、_  \
   /  /⌒)   ⌒゚o  \         必ず蒼星石を幸せにしますから……
   |  / / __´___      |
   \/ /   `ー'´     /






383 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 21:11:00 ID:u.CiLPjA





        †
        ||
      /'i,ヽ    リンゴーン
     / ..;;;i:::::;\
     | ̄ ̄| ̄ ̄|     リンゴーン
     | l⌒l | l⌒l |
     | |...::l | |;;;;;l |;;:ヽミゞ;;    ゞ;:;:ヽ
  ミゞ;;;|  ̄ |  ̄ |;:;ミ__ヽミゞ,,_;;:ヽ_;:ゞ;;____.____ ミゞ;;ミゞ;;
ヾ;:;:ヽミ;;| l⌒l | l⌒l |;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;; ゞソミゝミゞ;;ヾ;:;;:
  ミゞ;;;| |....:l | |;;;;;l |;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;ヾ;:;;:ヽミゞ;;ソゝミゞ;;
 ヾ;:;ゝ | |;;;;;l | |;;;;;l |;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;ヾ;:; ミヽミゞ;;ヾ;:;;:
 ヾゝソ | __ | __ |;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;ゞゝヽミ;ソミゝミゞ;;
  ミゞ;;;| LLl | LL;;;|    __    .__    __    .__    .__  |ミゞ;;;:;ソソミヾ;:;;:
   |i| | LLl | LL;;;|   i_i_l   i_i_l   i_i_l   i_i_l   i_i_l | |iソ ヾ;:;;:i;i
   |i| | LLl | LL;;;|   i_i_l   i_i_l   i_i_l   i_i_l   i_i_l | i;i;:ヽ_;:ゞi;i
iliiliiliiliililiiliiiiliiliiliiliililiilii|          |iliiliiliiliililiiliiiliiliiliiliililiiliiiliiliiliiliiliiliiliili|;:ヽ _;:ゞ
iliiliiliiliililiiliiiiliiliiliiliililiilii|          |iliiliiliiliililiiliiiliiliiliiliililiiliiiliiliiliiliiliiliiliili|;:ヽ _ヾ;;;
"''"'''"'" '"''"''' ''"''"'''"' '"''"'''"'"'"'' "'''"'"'"'"'"''"'''"'" '"'"''"''"'''"' '"''"'''"'"'"'






384 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 21:12:00 ID:u.CiLPjA





              l /    i \ヽヽヘ  / 〃 ,  i      '. l
              .l .'    , l- - ` ー`- ,/ム-' = ‐l      '.i       神官のウルトリィです
              l ,    , l  ¨ ''' =r-―‐-,‐''¨  i    '.  l
  ,, -‐- 、        l ./   .' l _...=ニ..  ̄i ̄_二ニ.._ '.   ハ  i       ハクオ……もといポイノ酋長に
/     i       l/    ムl " _..==ミ    -_-__  ゛'ト   ハ ヘ
      '.      /    / l,イo::::::::}      {o:::::¨ト、i   .ハ ハ      頼まれてあなた方二人の結婚を
 , - 、   i     /    / / `弋_:::ノ     .弋::_::リ ' i    ハ ヘ
.ハ  i    '.    /     / ∧ `           ゛'' .ハ    ハ ハ     祝福に来ました
'  '. i.    '.   /    ./ ト ヘ       l       /イ'.    ハ ハ   ./
  i /i    '.  /    /  i i iヽ     、__ __,     イ i '.    ハ. ハ  /  できる夫さん、あなたは
  l/. '.    '. /    ./  .l l l l\         / li .l .i    l.ヘ  V
  ./   '.    .〃   /  l l l  l  lヽ、      /i  l l. l l     l '. .ハ   順境にあっても逆境にあっても、
  .'  .∧   .'{    ,'   i l l ,, - '' l  ` ー - ''  l‐- Ll l li    l  ハ ハ
. i  / ヘ  i i.   /   .l .k '' 、   l        l  _  .> ll    l   i.  '.  夫として生涯、愛と忠実を
 l  i   ヽ l .l   ,   l .lヘ  ` ー -- ... _ ... - ¨  /  i l   ,'  .l   l'
 .l  l   ヽl l  ,    l .l ハ               /   l l   /   .l   l  尽くすことを誓いますか?





         ,___
       /     \
      /  ⌒  ⌒ \       はい、誓います
    /    (⌒)  (⌒) \
    |       、__',_,    |
    \       `‐'´  ,/






385 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 21:13:00 ID:u.CiLPjA





              l /    i \ヽヽヘ  / 〃 ,  i      '. l
              .l .'    , l- - ` ー`- ,/ム-' = ‐l      '.i        よろしい
              l ,    , l  ¨ ''' =r-―‐-,‐''¨  i    '.  l
  ,, -‐- 、        l ./   .' l _...=ニ..  ̄i ̄_二ニ.._ '.   ハ  i        では蒼星石さん、あなたは
/     i       l/    ムl " _..==ミ    -_-__  ゛'ト   ハ ヘ
      '.      /    / l,イo::::::::}      {o:::::¨ト、i   .ハ ハ       順境にあっても逆境にあっても、
 , - 、   i     /    / / `弋_:::ノ     .弋::_::リ ' i    ハ ヘ
.ハ  i    '.    /     / ∧ `           ゛'' .ハ    ハ ハ      妻として生涯、愛と忠実を
'  '. i.    '.   /    ./ ト ヘ       l       /イ'.    ハ ハ   ./
  i /i    '.  /    /  i i iヽ     、__ __,     イ i '.    ハ. ハ  /   尽くすことを誓いますか?
  l/. '.    '. /    ./  .l l l l\         / li .l .i    l.ヘ  V
  ./   '.    .〃   /  l l l  l  lヽ、      /i  l l. l l     l '. .ハ   
  .'  .∧   .'{    ,'   i l l ,, - '' l  ` ー - ''  l‐- Ll l li    l  ハ ハ
. i  / ヘ  i i.   /   .l .k '' 、   l        l  _  .> ll    l   i.  '.  
 l  i   ヽ l .l   ,   l .lヘ  ` ー -- ... _ ... - ¨  /  i l   ,'  .l   l'
 .l  l   ヽl l  ,    l .l ハ               /   l l   /   .l   l






386 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 21:14:00 ID:u.CiLPjA





                   __
                 , '´     ,'  ̄ ̄ ` 、
             ,--―、      '         ヽ
               (⌒)_(⌒) ,'ミミミミミミへ\  ヽヽ ヽ
         _ ///  /.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.ヽ \  \ \    
.         /   /  /:.:.:.:l!:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:\:ヽ   丶ヽノ     
         /:  /   /./.:.:.ハ:.:l!:.:.: i -.- .、::ヽ::八 | | |     .
.         /.  /. / |,. -,‐‐l:.i! :.: |  ヽ.:.:.::.:ハ:| | | ∧     
.        |. / / iイ |:./_  !:|!、:.:.|  ,._=ー,、:.:リ│}│     .
.         |//ィ ハ | レ =_.、ゝ ゝ!   ォ::::リ ! レ゙ |/V     
          ヽ! |ヽ!\|! フ..ノ        ̄" イ:.:.:レ ハ          はい……誓います…… 
          ヽl| 小 トゝ"     、      イ:.:/   ハ     
           | .:〉:| {ハ 、    ー '   ∠:l:/     ハ   
           | /l{{ヽ. Ⅳ゙ヽ`  、 __  イ  l!'´     ハ  
          l//  ハ、r{ ` \r     l        ハ   
         /   '. ノ    /      `ー-  ..__  ハ   .
        /   / /∧ _,. イ        ′ ̄   `ヽ   .
       /  ./, ', ' , - '´                     ',  
      l      /                        l  .
      l      l    rェzrェ      , rxzェz、/     !   
       l      |   タ'´  ̄ `ヽ、 .:.:/    ヽヘ    l   
.      l       l    / /,,_,,_,,_,,,_,\/,,_,,_,,_,,,_,,_,,} }    │ 
     /       |   {  {_,,_,,_,,_,,_,_,_,_,_,,_,,_,,_,,_,__,} ,′  :|  
             |   ヽ  . : : : : : .    .: : : : :/ ∧    ! ..






387 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 21:15:04 ID:u.CiLPjA





              l /    i \ヽヽヘ  / 〃 ,  i      '. l
              .l .'    , l- - ` ー`- ,/ム-' = ‐l      '.i      では、私はお二人の結婚が
              l ,    , l  ¨ ''' =r-―‐-,‐''¨  i    '.  l
  ,, -‐- 、        l ./   .' l _...=ニ..  ̄i ̄_二ニ.._ '.   ハ  i      成立したことを宣言いたします
/     i       l/    ムl " _..==ミ    -_-__  ゛'ト   ハ ヘ
      '.      /    / l,イo::::::::}      {o:::::¨ト、i   .ハ ハ     お二人が今私達一同の前で
 , - 、   i     /    / / `弋_:::ノ     .弋::_::リ ' i    ハ ヘ
.ハ  i    '.    /     / ∧ `           ゛'' .ハ    ハ ハ    交された誓約を神が固めてくださり
'  '. i.    '.   /    ./ ト ヘ       l       /イ'.    ハ ハ
  i /i    '.  /    /  i i iヽ     、__ __,     イ i '.    ハ. ハ    祝福で満たしてくださいますように
  l/. '.    '. /    ./  .l l l l\         / li .l .i    l.ヘ  V
  ./   '.    .〃   /  l l l  l  lヽ、      /i  l l. l l     l '. .ハ
  .'  .∧   .'{    ,'   i l l ,, - '' l  ` ー - ''  l‐- Ll l li    l  ハ ハ
. i  / ヘ  i i.   /   .l .k '' 、   l        l  _  .> ll    l   i.  '.
 l  i   ヽ l .l   ,   l .lヘ  ` ー -- ... _ ... - ¨  /  i l   ,'  .l   l'
 .l  l   ヽl l  ,    l .l ハ               /   l l   /   .l   l






388 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 21:16:06 ID:u.CiLPjA





  / /.:/.:   i.:.:.:l.:.:.:l.:.:.:/ l.:.:.:.:.:.:``´.:.:.:.:.:.: |.:.:.、.:.:.:.\
    l.:.:./ .:.: .|.:.:.:l..:/l.:.:/ |.:/l.:.:.l.:l.:.ト、.:.:.:.:. |.:.:.:.\  ̄
  ./.:./ :. :.: :|.:.:.:l/ .l.:/  |/ l.:.:N.::.|__\.:.::|.:.:.:.:.:.:l       おめでとう、できる夫君、そして蒼星石
  /.:./ .: .:.:.: :|.:.:.:仁l/二ニ  l.:仁l:/=== ヽ:!.:.:.|\|
  l:/.l.:.:.:.:.:.:. .ト、.:.l テ示ミヽ1 Ll/ l 「 戍テミ lトV
   l.:.:/l .: ハ:lN{ 辷ソ ノ ! 「 ̄l |弋辷ソ l1 l         これで僕ももうじきお爺ちゃんだね
   l:/ l.:/   lL_ __ノ  ,  ヽ _二 ノ.:.:.  
       l/ 、__',               / .:.:.
           ヽ     r‐‐ッ   /.     
             入        ,..イ.:.     
         . '´ i.:.\> -- </
       /     |.:./\    ノ.:



 /ハ レ、::.::.;ィ:: l::.::.ヽ
 ::.::.|   `^´ , /:i::.l: \
 ::.::.::!::.l!  /::./::ィ::リト::.l:',        おめでとう、蒼星石……
 ::.::.::.::.:|::.!::.::.//:/l::/ l::.:!::l
 ::.::.::.::.:|::l::.:/ァ_ // j:!::!::|        あんなに小っちゃかったあの子が、
 ::、::.::.l::!::.イ i:::j    l:|::l/
 ::.:\:l::!::.:!      ,l!:/         こんなに立派になって
. \::.ヾ::.::|     - ,':/
    ヾ:l\ト ,- __ イ:/           本当に感無量だわ
.  /::::\   ト、  "
 '::::::::::::::::`\y::ヘ、
 ::\::::::::::::::::::\::i \






389 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 21:17:01 ID:u.CiLPjA





                                          ,. -──-.. 、
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \     祝ってくださって         ,.'´. : : : : : : : : : : .`ヽ    お父さん、お母さん
   /             \                     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
  /       " ̄ ̄`    \  本当に            /.:.:/.:.:.::/.:.:.ハ.:.:.l.:.:.:.:.:.::.:.:l.:l.:.:.',  今まで本当に
  l  '´ ̄`   (⌒  );;:::    ヽ                 l.:./.:.:.:./.:‐/、 ',.:.ト、__.:.::l.:.:l.:l.:.l.:l
 l ;::(⌒ )    "''"´       l ありがとうございます   l/l.:.{.:..レ'l/   リ `ヽ.:`T:/.:l.:.l.:l  ありがとう
 |  ´"',                |                  l/ N{,r==ミ   r==ヽ:l/.:/.:/リ
 l    ヽ              i  きっと彼女を          l.:ト、' ' '    ' ' ' 〉:l.:/./    必ず幸せに
  \   、__,__,         丿.                   l∧.ゝ、 ,r‐ァ _,..イ.イイノ
   \             /   幸せにします            ,.ィ´ ヽニノ <l/       なるから!!






390 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 21:18:13 ID:u.CiLPjA





                  , -‐-、
             _, - '´ ̄`ヽ、_ヽ
           r‐ '´≠¬⌒⌒`¬≠ `ー、_
            |:.: 〆*  米   * ヽ、:.:|
           y'´≠¬⌒ ̄`¬≠、 ヽ} ∧
          〈〆 /      ヽ  ヽヾ:*}ハ:.ヽ                   …………
          / / /  ノ イi  八  }.:.:{:}.:!:l:..ハ
          l i! {-ォ/∠j l ヌ--ヽ、/:.;{:}ヘ!:.!:. ハ
           `ヽイヘ rt;ァ/〃'tォェァ/ イ:}〃ヾ、: ハ                 蒼星石、おめでとうですぅ……
            _}、:.ゝ  '_   フ7: :}´:.:.:.:f}:.  ハー-、   ____
               f :.:{: :>ー <´:.:.{: :} /  :.f:}:.  ヽ::._Y´ーヽ─ ーヽヽ
         厄 ̄! ;.:{:*:}《_介、_》 {:*}/:.  :!「::::...  ヽ...:::::::ヽヽ ̄ヽ ヽ\
        〃´/ ゝ{; -┴ 、j__ヽ彳ィ′  :.!ハヽ、:::::... \二`ヽ:\ ヽ ヽ \
       /〈  {_ 〃ム_))、 :.:.  .:.く´ハ:.:.:.. :〈:.人:::::ヽ、ー- >ー ! ハヽ ヽ:\.:l
       〈.:.:ヾ:.{ミ` ̄キー/⌒ ̄¨フ/ヽヽ:.:. 〉´/`ヽ::::::`ー、_.::/  l / j ..:::〉!
       \r‐ハ ー‐ネ_{ _//   《ノー'´\_:.:.:.:ヽ:::::::::::::::::/...: / .......::::://
       厂7´ ヽ | |`ヽ|┌‐'´    ,ィ也.:.:.:.:.:.:.:.:.`iヽーヽ::::_/:::::/ ::::::::ノ:::〃
       / /!   Lヽヽー|│   /`¨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /`丶\_/.:::::::/::::::/
     厂 ノ〈〈:.  ヽ┬ ゝj_j_, イ:.:.:  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ /:.:.:.:.:.:\ `!_∠-ー'´
     l  /  |│   :.:.l       :.:  :.:.:.:.:.:.:.:.:./ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.l  |
   ./  |  ヽヽ、__.:.:.:.!l:         :.:.:.:.:.:.:.//:.:.:.:.:.:.:.:.:./ /
   │ │   \__ \:..!l:        :.:.:.:.:.//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/  |
   ヽ  ヽ    :.:\二ニー────一'/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|  /
    |  |       :.:.:. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ /
    \ \          .:   :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ /
      \ ヽ、       .:.:.:.:  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ 厂






391 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 21:19:01 ID:u.CiLPjA





        ____
       /    \         ……翠星石、そんな隅のほうで座ってないで
.    /          \
.  /    ―   ー  \      こっちへ来て妹の結婚を祝うんだお
  |    (●)  (●)  |
.  \    (__人__)  /      蒼星石が寂しがるお……
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ






392 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 21:20:00 ID:u.CiLPjA





          ,  --=ニニ、ヽ、
.        ∠ -―‐--- 、 \\         ……ねえ白饅頭?
        / / /  ,   `ヽ ヽ\
       // , / /  // /,イ   Vハ ヽ
       // // / // / //||l l!  \   白饅頭はどうして翠星石と結婚してくれないですか?
      {ノl l| 「Zメ/l// /ム⊥|| | |  /
      l l |l 〈f沁 {/ / ィ汽く l| j ,リ } rく     白饅頭の子供がまだ出来ないからですか?
      N八〉`゙′,   {゙りノ//〃/イ  |
        jヘ、  _   " 彡'// |l  |     それとも、他に何か気に入らないことがあるですか?
        / / 丶、`  , ィ7´ rク l   |
       厶イ __」二兀//-|-/厂ヽ、 |






393 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 21:21:00 ID:u.CiLPjA





       _-─―─- 、._
     ,-"´     ゝ   \         そ、それは…………!!
    /              ヽ
    /       ::::/::::::::\::ヽ      …………分かって欲しいんだお、やる夫はいつか必ず
   |       / ヽ `::::´ /`ヽ
   l       ( ○ノ::::::::::ヽ○.;l      イギリスに帰ることになるんだお
   ` 、        (__人_)  .;/
     `ー,、_         /゚       だから、いつ別れるかも分からないのに結婚なんて
     /  `''ー─‐─''"´\o
   /             |       とても出来ないんだお……






394 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 21:22:00 ID:u.CiLPjA





 \/: /: : : /: /: : : : : : /: /: : |: : : : l: : : ヽ}   \
  /: /: : : /: / : : : : :://://: :∧ : : : :|: : : : |     〉
 l: |: : :  |: /: : : : :/ /" /: :/  \: : :.|: : : : |   /  でも、蒼星石は結婚したじゃねーですか!!
 |: :ハ: : : |: |二ニ==ェニフ´   /, へ、____>':「: |: : : レ'
 ヽ:|∧: : |: |く/フこ^ヽ\ /   / _ェ‐‐、=、`|: : |: : l: :|      白饅頭とあのできる夫と何が違うっていうですか!!
  ∧ヘ: : |/ |r^{:::}゚ |  "      |^{;:::}r^} 〉 |: :/: : l: :|
  /: : |\: |ヽ >ー‐'        ヾ_こ_ソ  /:/: : :/ /|      子供がいるかいねーかだけじゃないですか!!
 / : : {. \ヽ :::::::     ヽ     `ー―' /イ: :/ /: |
./: : : ∧  ト >   , へ、___   :::::/ /: ///: l: |      子供がいねーと簡単に別れられるって
 : : : i^ヽ *\    / /´    :::::ヽ    // ノ/: : l: |
 : : /レ⌒ヽ、.  ヽ、 ヽ、_     :::ノ  , イァー‐く`¬ : l::|      言うですか!!
 : / / / ,へ. l| ` 、    ̄ ̄ ̄, ' rーく \.  |` ト、:.l::l
 ::/ .| '  / /ヽ|    >= ァ  ̄  /^ヽ  ` ヽ. | 〈 ヽ::|      それなら今すぐ二人で子供を作るです!!
: /  |       / |  /⌒/L「\.   |       ./ /  | |






395 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 21:23:05 ID:u.CiLPjA





       /  ̄ ̄ ̄ \:
      ::/        ::::\:       ……それは出来ないお……
     ;: |          :::::::| :
      \.....:::::::::    ::::, /        もしイギリスから迎えの船が来たら、
      r "     .r  /゚。
    :|::|     ::::| :::i           やる夫はひとりで帰らないといけないお
    :|::|:     .::::| :::|:
    :`.|:     .::::| :::|_:          やる夫は父なし子を置き去りにしたくないお
     :.,':     .::(  :::}:
     :i      `.-‐"           だから子供は作れないんだお……






396 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 21:24:00 ID:u.CiLPjA





          /  r-v〆^ ̄ `ヾ 、  \
         / ェイ" _ ,__ ,_ 、    ヽ、 \           ,r‐ 、
       /  / r‐' -" ̄   \_ 火 ヽ  \        r‐ク_{ /7、
       \  レ'  / /    l `-、.  `| ./ \.      } V:::;;Lク、    白饅頭の馬鹿!!
         >'   /  /      | ヽ \  レ   , > r‐ェァv{-v'て::::}/
        /    i         .l   i   v'  イ´  .//:ハ\ヽ-ァ‐ソ      白饅頭ががいついなくなるか
       /ハ.   i  /    / / / i  i.   l i i _/ィ::テ/ \ _ ェハ
       " | i  l / ./ __,////ハ. i  |  ∧_∨ \|::="   \  \    分からないからこそ
         ,l:::: l レ'´ ̄_/  /`''ー-ヽ、/  /へノ    |:了.      \_}
       / ::::::へ | ;=~    =~=; / / ̄       ー'i:|      _/    二人で生きた証しが欲しいのに、
      / ::::r" _>ヽ.   '   "" / イ     /      へ _ 斗< 、_
     /  /" /   フiヘ   {゙" )  ./へ.ト、 /  /      人 " iヽ    ゙⊇   何で分かってくれないですか!!
   /‐'´  /    (.K  ` -`",イ_ rー-ァハゥ  /  _ / \ ーー " ̄
 r=" ヽ i/ /     (レ゙  /^ >r<    |:|ヽKY´ ̄\::::::::::::   \         結婚なんでどーでもいいです!!
/   フ y'     ノ|フ く  /| ト \_|:|  ヽV>   \::::::::::    \
 i /  /       >K   V |l Vヽヘヘr‐/r '     .\::::::::     \      翠星石はただ、
ヽ 、 r'        ,RK_r、_rく i.| ト、| i `r‐'"i::::::::::::\.   \::::: \   ヽ
/ i  |::::_:::::::::....:::::  | H r、 へく | レl i .|:::::::::i i:::::::::::::::\       \.  ヽ    白饅頭にもっと愛されたい
== " ] く_ ><´]:::::::::::.l .> i   レ=く| i∧::::::::::i i:::::::::::::::::::\       ヽ  }
  /  / ハ ゙\ / K  i   く  /  /ハ:::::::::i i::::::::::::::::::::::::ヽ       ',  }    だけです!!
   /   /   レ‐ く  i    T  ハ人`ヽ::::i i






397 :名無しのやる夫だお:2010/09/24(金) 21:24:21 ID:0I9YCM9A



妻子もイギリスに連れていくってわけにはいかないのか


398 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 21:25:00 ID:u.CiLPjA





            ________
          /            \
         /               \
       ´ ̄`    ´ ̄`              \         ……翠星石……
      /_        __               \
     / /::::ヽヽ  //::::ヽ  ヽ           ヽ
     ゝ ー ' 丿  ゝー '   ノ            |
     |  /  人  ヽ                      |
     |  ゝノ  ゝ _ノ                    |
     \  `´ ̄` ´                    /
      \                     /
.         ヽ _____  イ        く
          ,'                 ヽ



              _ -- 、
     ス        入    _>
     タ        /:::/トイ::::|
    タ      /:::/:::|::::|:::::|
   タ     /:::/:::;イ:::::l:::::|
   タ    /:::/:/:.!::::::l:::::l
      _∠ニフ': : : :.',::::::l:::::l
   r┬':仁二): : : : : : :Y二二)
   └ハに二Y ー-: : :_:_:_`フイ
     `}\:.)ノ: : : : : : : : :└rう
     ⌒'7辷_┬┬┬イノ))
      / // / //⌒⌒´
    ' // / // /
    // / / '
.   /






399 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 21:26:00 ID:u.CiLPjA





                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                /                     \            ……翠星石……
              /                        \
             /      ―――            ――― \
           /          _                _   \        ごめん……
          /          /´ ,..::::::::::.ヽ ヽ         /´ ,..:::::::::::.ヽ ヽ \
        /        ,'  ,;::::::::::::::::::', ',       ,'  ,;:::::::::::::::::::', ', \      ごめんだお……
       /          {  {:::::::::::::::::::::} }        {  {::::::::::::::::::::::} }  \
     /           '、 ヽ::::::::::::::/ /        '、 ヽ::::::::::::::/ /      \
     |            (;;;;;;;;;;)) ̄ /       |     \   ̄          |
     |            /'       /        ∧      ',               |
     |          {{        {        / ヽ     }               |
     |           ヽ       ヽ___/ __ \___ノ            |
     \          人        ヽ   ´    `  '             /
       \           ( し.)                                 /  
        \       `¨                           /   
         /                                     \    
        /                                          \






400 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 21:27:00 ID:u.CiLPjA





               __,,,...,,,_
              f´ __,,,__ ~""''' ヽ
              ヤ'´__,,,__``ー-ュ,,_〉
             r'''´ ̄_,,._´~"''‐- /
             >'´~    ``ヽ.、``>
              /          ヽ/         できる夫は神官の立会いの元に
            /             `、
          /   i| ト |、 ヽ、    .l         現地の娘と正式に結婚した後、彼女に
         f  i , _,l,_ヾト、ヽ._,,ェ,,__  .i  !
         i|  /ノ _,,!_  ヽ ._,,..,,_ヾ  !  j        ペギーというイギリス名をつけて
         .l| ノ! l.f;;;;ヤ  ´f;;;;;ヤヽノ  /
          !i .、ゝゞー'    `ー'' ノィ /         共に暮らした。
           ヾ ト、k"" _,_,  ""イ´ノ
            ヾトri>ーr-‐‐i''´ノノュ、
           r'´>ヾ ,ィoニ´ ノ r'´`ヽ         後に二人の間には娘が生まれることになるが、
           / く  //ノ|iヾ 、 r'  i !
          /  r' ((,イ|iト='ノ く    ! !        できる夫は彼女に対してもとても優しい
         ノ  r'ヤi7-‐‐-/7ュf、   ! 丶
         く,_ , '´kヾ″  ゞ(,ィノヾ、  !  ヽ      父親だったという。
_,,..-‐''''‐‐--ェ、,,〈/            K´`''r'´
          `ヽ            l ``!
           l            ト、_,,ノ
     i      /           /、
    ヽ/     /            / ヽ
    /     /、,_          /   i
  -‐/     ,イ   `ー-ェ、__,,ェ-‐'´     ト-、
   /     /.|         _,,..,,_     ト、ヽ
-‐'/   ,,_/___|、,,,,__,,,..ェ='´ '´~``ァ  /  `ー'ヽ
  i'                   ̄ノ__,,,./ー-、,ィ-'"´
  .!            __,,..,,__._,,,..ュ=´






401 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 21:28:02 ID:u.CiLPjA





    /o::::::::::::::,、::::::::\
.  r'⌒jヾ::8::::::::::,ハ:):::::;:::::8r‐i;、     できる夫だけでなく、この頃には他に何人かの
  しγ/y)B:::/"/ 人ヽ `i、8/.,ソ
    `YoP::::イ ,γ'  ヽ\iト‐'      バウンティ号の元乗組員が現地で子をなしているにょろ。
.    l´`::/|/●   ●ヽノ
    lヽ::i⊂⊃    ⊂i         スキナーとマッキントッシュは娘をもうけ、
   《γ,レト _ ー‐ , イ
   {{y'|ノ::::::ゝo√r'⌒ヽ         バーキットとミルウォードはそれぞれ息子を得たにょろ。
  「゙j |::::r:/ ̄ ̄ ) ◎ と)
  `'  |::;::|i:ヽ--イヽ_,〃        しかし、彼らには後に悲劇が待っていたにょろ。
.     |:::|::|"゙-イ^ヾ「l'






402 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 21:29:00 ID:u.CiLPjA





その頃、スクーナーの建造はきわめて順調に進んでいた。
オプーナとトンプソンが死に、ブラウンがタイアラプ半島に戻った今、彼らを煩わせる争い事もなく
船の建造に取り組む人々はその力を十分に結集することが出来たからだ。
そして、1790年の7月初旬には遂に進水にこぎつける所まで建造は進んだ。



           ... -―……―- .. .
       . . : ´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`: . ..
      /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`: : ..
.     ,′:::::::::::::.  -‐…――- : . . .:::::::::::::::::::::::::::::\        いよいよスクーナーも
    i::::::::::,. ´ (YY)-‐…‐-   .. .  `: : ..::::::::::::::::::::::ヽ
    !:::::::/ , . :.(.ハ.).-‐…‐-... ,,_   ` : : . `: : .::::::::::::::!       完成に近づいています
.     \〈  ,. :':.:.:::::::::::::::::::::::三三二二D}  `: . `ヽ::::::j
      Y.://三二ニ>''"Y o `ヽヾハ;;;ー- .. ` 、}/       ついては、協力者であるポイノに
.      //ィi{ o Y´  ( 八    ノ  〃;;:;:;:;:;:;:`ヽ__,′
     〈/l;;トヘ.___ノ}    `  二´     ;;:;:;:;:;:〃⌒ヽ        この船の進水式を依頼しましょう
       _从     トiへ.          ミ"// く:::{ j''ッ、
     ( ヽ ''  ヾ} ン"               ノフ ノ  彡x     現地人の役に立つためという
      ヽ|     ______     xッ、ノィィ彡''⌒ヾ    ,,ミ、
        八   i´ ,,二ニ-‐‐ ''  ノ           ,,z'  \   建造の大義名分を通すためには
         ヽ  ´     ,,xミン′       ,, -‐''"
        /{::.、  ,.ヘ._〃      ,, -‐''"            酋長に完成を見取ってもらう必要があります
         〈 ゞミx._////シ    ,, -‐''"
        /`ヽヽ /// ,, -‐''"






403 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 21:30:06 ID:u.CiLPjA





               , ‐ト、―- 、
       , -――∠-‐ゝ.\ : :ト-、_
      ゝ‐- /!| !   ヽ/l: ト、: ハ:\                なるほど、我々タヒチの流儀で
      l \/, ⊥    |l V \l
      N : レ_、 _ ィ丕テl: ヘ. ∧ l                その船の進水式をやりたいのですね
      l l: 〈rrtタV  ̄ ̄ l: : :∨ :丶l
      l/: : l r‐/  ̄ ̄\j: : : : : : : :l                それはとても光栄だ
      l:i: : ヘl ` ___  l: l : : : l: : :l
      l:l: : :l:ヘ  ゞ-┘  ! l: : : l:l: : :ヽ               ではまず神官を派遣しましょう
      l:l: : l: : \      l l: : l l:l: :l: l l
      l:l: : l:l: : lハ> --- イ:l: : l:l:l : !: トl               神官が船で一昼夜祈り続け、しかる後に
      l:l; : l:l: : l:.ハ   _ノィl: l:州:从:ノy‐-、_
      リヘ リヽ/:.iノ! // j:/':.:.l':.:.:ソ/      ̄ ‥‐- 、_    海に送り出すのが我々の流儀です
        ゙lニl:.:.:l/:.:.:.:.:.:l':.:.:.:.:.:.://              \
     _ - ´//j:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//          /
   -‐ ´   { { l':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ /         /






404 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 21:31:00 ID:u.CiLPjA





              l /    i \ヽヽヘ  / 〃 ,  i      '. l
              .l .'    , l- - ` ー`- ,/ム-' = ‐l      '.i
              l ,    , l  ¨ ''' =r-―‐-,‐''¨  i    '.  l        ────ということで
  ,, -‐- 、        l ./   .' l _...=ニ..  ̄i ̄_二ニ.._ '.   ハ  i
/     i       l/    ムl " _..==ミ    -_-__  ゛'ト   ハ ヘ       ポイノ酋長から依頼されてきました
      '.      /    / l,イo::::::::}      {o:::::¨ト、i   .ハ ハ
 , - 、   i     /    / / `弋_:::ノ     .弋::_::リ ' i    ハ ヘ      私達がこの船の安全を
.ハ  i    '.    /     / ∧ `           ゛'' .ハ    ハ ハ
'  '. i.    '.   /    ./ ト ヘ       l       /イ'.    ハ ハ   ./  祈願させていただきます
  i /i    '.  /    /  i i iヽ     、__ __,     イ i '.    ハ. ハ  /
  l/. '.    '. /    ./  .l l l l\         / li .l .i    l.ヘ  V
  ./   '.    .〃   /  l l l  l  lヽ、      /i  l l. l l     l '. .ハ
  .'  .∧   .'{    ,'   i l l ,, - '' l  ` ー - ''  l‐- Ll l li    l  ハ ハ
. i  / ヘ  i i.   /   .l .k '' 、   l        l  _  .> ll    l   i.  '.
 l  i   ヽ l .l   ,   l .lヘ  ` ー -- ... _ ... - ¨  /  i l   ,'  .l   l'
 .l  l   ヽl l  ,    l .l ハ               /   l l   /   .l   l






405 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 21:32:00 ID:u.CiLPjA





   ◇       ミ ◇         タヒチの神官の祈りは非常に奇妙なものだった。
   ◇◇   / ̄|  ◇◇
 ◇◇ \  |__| ◇◇          供物である一匹の豚とバナナの房が神官に与えられると、
    彡 O(,,゚Д゚) /
       (  P `O            神官は祈りの言葉を呟きながら船の周りをぐるりと回り
      /彡#_|ミ\
               `´ `´
                        神官はこの儀式をまる一昼夜続けた。






406 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 21:33:00 ID:u.CiLPjA





                       †
                      ∥
                      ∥                  そしてようやく神官の儀式が終るころ、
                      ∥
                      ∥                  数百人の臣民を引き連れてポイノが現れた。
                      ∥
                      ∥                  ポイノは長い式辞を述べた後、
                      ∥
                      ∥                  その集団を二つに分けた。
                      ∥
                      ∥                  それぞれがポイノが与えた引き出物を
       ━━━━━━━━━━ ∥━━━━━━━━━━
                      ∥                  分配した後、船の上に上がった
                      ∥
                      ∥                  神官の音頭で彼らは一斉に船を
               ._____∥_____
               |_二二/二l |=| l二\二二_|          担ぎ上げた。
              |│   __./ ̄ ̄ ̄\.__   │|
              | .  ̄ ̄    (ニ)..    ̄ ̄ . |         神官が奇妙な独特の歌を歌いだすと
               |.        .西        .|
                |.                 |          全員がこれに唱和し、担ぎ上げられた船は
                 |.        ∨        .|
                  |                |           30分ほどで海に辿り着いた。
     [三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三]
      /■\|/■\|__|/■\/■\/■\/|___|  /■\   そしてようやく船は海に浮かんだのである。
     (´∀` (´∀` .∩(´∀` (´∀` (´∀` .(´∀`∩(´∀` )
     ⊂f;;;;y;;;;;f f;;;y;;;;f ノ {::::y::::::}.f;;;;y;;;;;f f;;;y;;;;f/{::::y::::::}.f;;;;y;;;;;f.つ '' )
   ζ,  /,,,,ノゞ,,,メ,,人,,,,,ゝ ノ,,,,ヘ,,,,,./,,,,ノゞ,,,メ,,人,,,,,ノ,,,,ヘ,,,,,,メ,,人,,,,,ゝ  ヾ,., λ
  (, ,, ..  ゝ (_)し ゝ_)  丶(_) ゝ (_)し ゝ_) 丶(_)  し ゝ_) ,.., ノζ, ,,)






407 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 21:34:01 ID:u.CiLPjA





                 ____  ___
                /´::::::::::::::::::::::::`'´::::::::::::::::丶、
                /:.:.::../.::::::::::::::::::::::::....::::::::::、::::::::ヽ
              //:::::::;:';::::::::.:.::.:.::..:..::::::::、:::.:...::.:::ヽ:.ヽ:::Y          え~っと、
               /イ:::::::///;::::i::::::j::::::∧_/:ii:::::::::::::::::i:::::l:::l     
           || |:::::イ:://:i:::|:::;イ:::イ:| ` ´|ト、:::i:::::::::|:::::l:::l          私達は、この船を
           || |:::l::|/::|:::|:7!フ|「 ミキ  ||弋三、¬:::::|:::|    
           l| 、l::|::::ハ:ヘ! ,ィ7示ミ、   ! エルルゥ、|::::j::::!、         ”Resolution”と命名します
           ヽ ヾト::::∧:トヤ{じ' jj      {じうリ j!::::ト:::::l
                 !j;イ 〉|  ゞ='"   ,   ゞ='´/::::::! 、!   
                /~'7!:ト           l::::::::l~ゞ
               / _,._」ハ:!ヤ、   、⌒)   ノ|::::::::!    \
           ´ ̄  | ト<-、_」丶、   _, '7 /::::::∧`7 一'`       __,
   「 ̄`¬─‐- ュ__ \ヽ、 二>─===─ヲ|::::::/,//_, ュ== T'´  ̄ /
   ヽ   |    |   `!┴= キ''==┬──十¬ '" 「    /   /   __/
     Y⌒ヾ¬‐- キ===キ==┼──┼──┼===!==7==i¬' ´ /
      ヘ  ヘ   '、   、     !     .|     l    j   j   j    /
        ヘ   ヘ    ヽ   ヽ.   l    |    /     /   /   /   /






408 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 21:35:03 ID:u.CiLPjA





 こうして遂にモリソン達は、                          .†
                                          ∥ヽ
 本格的な船である                              ∥.. \
                                          ∥   ヽ
 レゾリューション号をその手にしたのだ。†__            .   ∥     \
                         ∥   ──_.         ∥       ゝ
 ちなみにレゾリューション号とは、    ∥       /ヽ      ∥       / 
                         ∥     /  ヽ      ∥     //ヽ
 キャプテン・クックがその第二・第三回目の.    /    ヽ.   .. . ∥    //   ヽ
                         ∥  /      ヽ     ∥  //     ヽ
 航海で使用した船の名前にちなんだ  ∥/         ヽ    ∥//        ヽ
                       /[∥.           ヽ. ..  ∥/           ヽ
 ものだった。             /^イ .∥ゝ           ヽ   ∥             ヽ
                     メ゜ .l[ . ∥ ゝ          ヽ   ∥             ヽ
                   /  .l゛ . ∥  ヽ..         ヽ   ∥               ヽ
                 /゜    ./゜ .∥  ヽ          ヽ  ∥                ヽ
               /     /`、   ∥  l           │  ∥                ヽ
             /       /、...  ∥  1          ヽ ...∥                 \
          /        /    ..∥━━━━━━━━━━....∥                 __,,,...ゝ 
        /         /    .. ..∥   .l,,              .∥━━━━━━━━━━━━━
     /__...── ̄ ̄/        ∥  √│.           ∥                /
     \         /__── ̄ ̄.∥/  │             ∥              /
       \ ___/________ ∥____│_________.∥______┌===7
         `ヽ、 ̄ ̄ ̄ ̄  r─ュr─ュr─ュr─ュr─ュr─ュr─ュr─ュr─ュr─ュr─ュ┬''゚ 二二二。7
           ヽ      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    /│
            ',..    ________________________   ソ  │
:::::"´``゛゜''';:;''ー'',:;:-、,-、;;..、、,.,,,..,..., ,___,.,, .., .,__.,.., _,_.,,,_,___,...,, ̄_ ̄_ ̄ ̄_ ̄_ ̄ ̄ ̄ ̄,''" """ "`" "`''""''´`.,...
`",,""`";,,'''"':; `" """'' `"     ,,`" """'' ""' ''''"''" "" "~ ""'`- .,~'ー-~ ~''' '""'`' '.,~'ー-,,_~~''''""'`' ' - .,~'"
    `" """'' `"     ,,`" ""    "'' ""' ''''"      ''" ´"""  """'' ` ,,`" """',,' ""'  ''''"''"    "" "~ "






409 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 21:36:00 ID:u.CiLPjA





         ,. -───- 、
         /'´       `ヽ、     AAは例によって適当なデッチ上げなので大きさがよく判らないにょろが、
         シ~ /" `ヽ ヽ `'、 ト、
      //, '/     ヽハ  、_Vヽ    実際のレゾリューション号は全長36フィート(約10.9メートル)、
      〃 {_{`ヽ   ノ リ| l |、,i|
      レ!小l●    ● 从 | } i|     船幅10フィート(約3メートル)の決して大きい船とは
      ヽ|l⊃ r─ォ   ⊂⊃jノ}j|
  r‐‐-、__|ヘ  '、_ノ   /|  ! |     言えない物だったにょろ。
  { (` /:::::| l>,、 __, イァ_i  ||
   "ヽ /:::::/| | ヾ:::|三/ / //ァ||    ブライ艦長の調達したリソース号よりもさらに小さいにょろ。
.      ヽ< | |  ヾ∨_:/ // ハ||






410 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 21:37:10 ID:u.CiLPjA





        , '´ ̄ ̄` ー-、
      /   〃" `ヽ、 \       しかし、この船はちゃんと甲板の張られた、ブライ艦長が乗せられた
     / /  ハ/     \ハヘ
     |i │ l |リ\    /}_}ハ     ランチとは比べ物にならないしっかりとした船にょろ。
     |i | 从 ●    ●l小N
     |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ      この船は12人の人間を楽々と乗せることが出来て、
     |  i  ノ、     ノi|
     |  l  x>、 __, イl |       モリソンが計画するタヒチからの脱出には十分なものだったはずにょろ。
     |  l( ⌒ )..::::V::/ ( ⌒ )






411 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 21:38:02 ID:u.CiLPjA





しかし、せっかく船体が完成したにもかかわらず、レゾリューション号はある重大な欠陥を
抱え込んでしまった。



           ... -―……―- .. .
       . . : ´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`: . ..
      /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`: : ..          何ですって!?
.     ,′:::::::::::::.  -‐…――- : . . .:::::::::::::::::::::::::::::\
    i::::::::::,. ´ (YY)-‐…‐-   .. .  `: : ..::::::::::::::::::::::ヽ
    !:::::::/ , . :.(.ハ.).-‐…‐-... ,,_   ` : : . `: : .::::::::::::::!       レゾリューション号の帆が役に立たない?
.     \〈  ,. :':.:.:::::::::::::::::::::::三三二二D}  `: . `ヽ::::::j
      Y.://三二ニ>''"Y o `ヽヾハ;;;ー- .. ` 、}/        どういうことですか、それは!?
.      //ィi{ o Y´  ( 八    ノ  〃;;:;:;:;:;:;:`ヽ__,′
     〈/l;;トヘ.___ノ}    `  二´     ;;:;:;:;:;:〃⌒ヽ
       _从     トiへ.          ミ"// く:::{ j''ッ、       帆がなくては外洋航海など
     ( ヽ ''  ヾ} ン"               ノフ ノ  彡x
      ヽ|     ______     xッ、ノィィ彡''⌒ヾ    ,,ミ、    出来ないではないですか!!
        八   i´ ,,二ニ-‐‐ ''  ノ           ,,z'  \
         ヽ  ´     ,,xミン′       ,, -‐''"
        /{::.、  ,.ヘ._〃      ,, -‐''"
         〈 ゞミx._////シ    ,, -‐''"
        /`ヽヽ /// ,, -‐''"






412 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 21:41:00 ID:u.CiLPjA





          __,,.. -‐:::::¨::::::::::::::::::::::;.イ
    / ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::ィ           怒らずに落ち着いて聞いてくれ…………
 .   i\ :::::::::::::::::::::::::::::::::::,.ィ:"::::::::::::〉
     ヽ:::`:゙::'':…ー‐::''''゙゙":´:::フ-‐ァ:::::::レ           本来帆の材料になるはずの帆布は
     V::::::::::::::::::::::::__::.. -ュ:j::::ル;:::::::::::l,.
 .      V:::::::::::;.- 、::i ,.m i !ノノ:ヶ‐、:::::::i          やらない夫が残らずバウンティ号で持っていっちまった
 .       V::::::::i ⌒i.}:!l  _L⊥彡ト、ノ:::;.-!、
      {`ー--ヽ-'イニ¨-‐ ブ,.ィヲ::::::i /i l \、       だから俺達は何とか代用品がないものかと
      /`¨:::::¨´:::::::::::::>ニ"彡'^l:::j iク l::ヽ ',:!
   /::::::::::::::::::::::>'i"´rブ‐rテト` ` レノ::::::Lj:l      現地人の船で使っている木の繊維を継ぎ合わせた
   {-‐ ニ¨-‐i r‐tヲン!   ー宀''´   i¨ レ'´  ヽ::\
 / ̄::::::::::::::::ハ.  ̄/l,、      i    l i iフ¨ヽ !、:::    ござを帆の材料にしてみた…………
 ::::::/:::::::/:::/'、 i__ ..      !   j  Y/:i (ノ、i::
 :::/::::::/:::/.  ',  ヽ '"     ./ //:::l l::_i l::    だがこれは失敗だった
 :::::::::〈:::::< i ,.イハ  -‐…‐  ./ //:::::ハ. ',_`ヽ
 ::::::::::::';::::i / /   ', ` 丁´  ,.'  l i::::::::::i l`¨ i |    大きな面積のものを作ろうとするとその重みで
 ::::::::::::::}::y" /`丶 ヽ__/   i. i:::::::::::', V^i ノ
 :::::::::< <  /i\   \ \     l l::::::::::::`i {:::::    裂けてしまいやがる…………






413 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 21:42:00 ID:u.CiLPjA





           l l /  i l   /  ヽ、  /  俺も何とか他に代用になる材料がないか
          l l'   V i  ./     iノ / l    
.            l ! i   \. /   U l / .l    いろいろ探してみた…………
.          ll j J   ^      ,ゝ .|     
           〉、        u  ,,.ヘ\ |    だが、帆布のような丈夫で張りのある材料は
            lヽ.ヽ、..,,__ v--‐''"::::::/ i |     
           ヽ ト、::::::::::::::}nヽ-、:::::_ノ /l |    手に入らない
            \! `¨';::i´l::l U jノ´ ./ l:: l    
           _/ Vヽ ゙、ヽ::!,.、' U f l:: \  どうしても帆がだらりと下に垂れてしまうんだ…………
          i´ そ ';、',  `゙ー'__.....、 i /::ヽ i ヽ、_
.           l/_,,...';:\ '"¨´__, ̄ ./::  ', lヽ--..,レ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      _,,..,.ィ'¨´   ';::::ヽ `゙i  u /::    i l ヽ:::::::゙ヽ-
   ,. '´ _,,.. ´      ハ\:ヽ、 l.__ノ::      l l  i:::::::::::l
 /  '´  /     U l::::', \ ̄::::::   J  !    l::::::::::l
/ / _,.ノi        __l:::::ヽ  ヽ::::: u     `ー-/::::::::::!






414 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 21:43:02 ID:u.CiLPjA





.         /´ ̄`二ニゝ- 、,ヽ 、
        {:.:.:.:.:.:.:..   .:.:.:.:ル'ハ        …………だがなモリソン、
.         ヽ::.:.:.:.:...  .:.:.:.:.))ノ.ノ
         <::::::::::.. __...:::___:.:.:.'ノ        お前にとっては皮肉だろうが、お前が言いふらした
      _. -‐くヽ、._( _,))|r””!|:::::彡
     〈:::.......::::::`::::‐- ニ⊆ニニ0:::彡        ソサエティ諸島遊覧のために使用するなら、
.      `7''ri┬rz_ー;ヾソテッ:ラ^|.ハミ
.         ヽ{ |i| ''"「 :|.|゙ヾ-、 :|.|i.}ミ        この船は完璧な性能を発揮するぜ
            >!   ヽ,l_l、'  ! :j_K〈
.    ___小.   _.゙ニ._, i´r 、ヾ__       そいつは間違いなく保障する……
    |=    {.|i ヽ  ‐- r‐┴'─|. |‐1
    |=.   _`|.! \.__.|:::::::::r',Zノ、|       その程度ならござの帆でも十分だからな
  ─''"´ ̄/‐ !   ┌─┘-‐:| .!::::j } ̄






415 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 21:44:00 ID:u.CiLPjA





    /´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : }}: : : : :`:ヽ、
   ヘ||: : : : : : : , :r ,=_'_‐_´_ ` '‐= JL: : : : : : : : ヽ
  |: ||:||, - , = r´': / ,-, フ ` '_r‐>-、= -、: : : : : : }           …………分かりました
  ヘ: >/竺ヽ}: : : r //:|´ r‐'´/   ヽ: : ヽ: : : /
  ヽ{ !焦ンノ 二 } ノニノ .ノ  人 /_ノ  \: :ヘ:/            どうにもならないことをこれ以上
   {`'‐'-´ ‐::´:`´ノ人、 ヽ ヘ ´ノ  、  ヽ-‐,ヘ、
   {/::´::::::::::::/{  ・ヽ, ノ、‐`/ `i     /   `\        あれこれしても仕方がありません
   /:::::::::::, r ' ´  ヘ ノ   ヽ_,,、 !、   /       ` 、
  /,::: r'i´゚ノ     `       | \_ ノ         ヘ: :\   僕の太平洋横断の計画は
  '´  | `r _ - 、             |  /          /: : : :
     .| 'ヽ ワ '          | /          /ク: : : :    無期限の延期にすることにします
     |  `   _ , -― ' ‐ 、  ヽ、     _ , - ‐ ': : : : : : : :
      ヘ  r '´           r`ヽ、<: : : : : : : : : : : : : :     きっとこれは、僕に運がなかったという
       ヽ            ノ  ヽ \: : : : : : : : : : : : : :
        ヘ       , ‐ ´´  ̄ ̄ >==≧: : : : : : : : : : : :     ことなんでしょう……
         ' - -, 、r = ´ _, - ‐_, '''''/: : : : : : : \: : : : : : : : :
          /‐=`|  r'´r―ツ ´ ~: : : : : : : :
         {-‐i .|, -'―': : : : : ○: : : : : : :
       rノ´=´ノ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
    , r'r,´==´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :





こうして、モリソンの壮大な計画は遂に潰えたのだった。





420 :名無しのやる夫だお:2010/09/24(金) 21:48:52 ID:nuHbv.lQ



タヒチには布が無かったのか・・・


木の皮なめした樹皮布だけですね。


416 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 21:45:15 ID:u.CiLPjA





しかし、そのことを知るのはモリソンと二人の船匠だけで、他の人々は無邪気にこの船で
遊覧旅行が出来ることを心待ちにしていたのである。



            ___
          / ⌒  ⌒\   __
        / (⌒)  (⌒) \〈〈〈 ヽ     最近翠星石がずっと機嫌が悪いままだけど、
      /   ///(__人__)/// 〈⊃  }
      |   u.   `Y⌒y'´    |   |     この船に乗せてあげればきっと機嫌を直すはずだお
     \       ゙ー ′   ,/   !
     /⌒ヽ   ー‐    ィ    l      処女航海が楽しみだお!!
     / rー'ゝ           /
    /,ノヾ ,>         /
     | ヽ〆         |






417 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 21:46:00 ID:u.CiLPjA





         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
        / /" `ヽ ヽ  \        ところが、彼らが楽しみにしていた遊覧航海の時は
     //, '/     ヽハ  、 ヽ
     〃 {_{⌒   ⌒リ| l │ i|       遂に訪れなかったにょろ。
     レ!小l○    ○ 从 |、i|
      ヽ|l⊃ __ ⊂⊃ |ノ│      それは、レゾリューション号が別の目的に使われることに
  /⌒ヽ__|ヘ         j /⌒i !
  \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│      なったからにょろ。
    /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
   .`ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |      その経緯を辿るために、時間を少しさかのぼるにょろ。






418 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 21:47:00 ID:u.CiLPjA





1790年4月



              ̄ヽ、
          _ ,-─ 、,〉ゝ--::... 、
        ,..::´:::::ヽ:::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::`\_            隣のモーレア島に住む俺の親族の一人が
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ  
     , ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ        あの島にいる別の強大で独裁的な酋長に
    /:::./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   ,/::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.l       攻められようとしているんだ
    l::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
    |/|:::::::::::::/:::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l      君達、悪いがモーレア島に行って、
    |::::::::::::::::::::::::_:::/ l:::::::::::::::::::|\:::::::::::::::::::::::::::l:::::::::|
    |:::::::::::::::::::::::::/≧、 l::::::::::::::::::|  \斗::::::::::::::::l:::::::::l      俺の親族を助けてやってくれないか?
    |:::::::::|:::::::::/l::/イ⌒゙`メ::::::|\::lィ千代`:::::|:::::::::l:::::l〉リ
    |::::::::/|:: / リ弋、 _ノl ヽ|  ヽレ; __ソ l j|人:::::::l:::::|       君達には俺の王国で十分な報酬を与えている
.    |::::/ |:::fzll ^ー‐'´     ^ ‐-'´ jlノ:::::l::l::て
     |/  ヽ.:::|ヘ              /ィ<"j メ_/      それくらいしてくれるのが当然じゃないか?
         ゝ;八      ;      /イ
           x > 、   ー ー    イゝ:::`>-、
         〆::::;//ハ` 、     <´/  l):::}:::::::::::::::` 、
        //::::://  \  `‘´   /  /::::7::::::::::::::::::::ハ::l
       ノ::::/::::::《〈 ヽ/ヘヽ    /  /::::/::::::::::::::::::::::/::::l





ずる賢いマテは、巧みにバウンティ号の乗組員に接近して自分の親族を助けるよう要請したのだ。
マテは長年そのモーレア島の酋長とは戦争状態にあった。






419 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 21:48:00 ID:u.CiLPjA





             >―:::::::::::::::::::::::V::<
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     ゝ---‐彡'´:::::::::/::;::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ        ────という要請をマテから受けた
       ̄//:::::::/::/l:::::l::|:::ヽ::::::::ヽ::::::ハ        
    ー=ニ:ィ::/::l:/::/::::/:::::l:::\::ヽヽ::::l::::::::l
.        /::;l:/-イ:l、:::::::::::/l::/l:∧::::}::::|::::::、\       その部族はモーレア島に紛争を起こした
       l::/'l:::::::::::トl_ヽ:::::///zl左∨:::::l:::::::::::‐≧-    
       l:{ ゝ::::::::{代fjヘ:{/´ 弋チ, }::::メテ:≦≠-      ならば、その紛争に武力で介入するのが
       `ゝ ヽ::l:::≧= }`    ̄ ノィ/´::l/
           j/ヽlヘ  丶       彳!:/          タヒチに残されたバウンティ号の乗組員の使命
          ´  l´ ヽ、' ⌒  /ノィk1
               />‐ 彡 ´ ̄  〉          行動するのは、俺達だ
              {:.: ̄ ̄   .:.:.:.:.:└-、_
              _/>:.:.:.:.:..:.:_:.:-‐:.:.:. ´.:└┐      モリソン、命令してくれ
          __/.:./ ./:. :.:.:.: ̄:.:.:.-‐ .:. _ -‐'^`ア ヽ
.          /l/.:.  人:.    .:.:.:.:. _、-‐    /   ∧
         {/ .:  /  \___ -‐ ´             ∧
.         /:   '    |         l /      l|
        /: .: l              l |      l|
         l.: .:.:. |    , ゚         ヽ| l     〈






421 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 21:49:00 ID:u.CiLPjA





         /  ,,,, -‐ '''' " ̄""''‐-,,_  \  
        /  /´,,-‐'' """""'''' ‐- 、. \  \          それはいけません
          ,l 〆Θ='''' """ ン フ''ミ=oァ `\ヽ  l
        〈 (;;''" _,, -‐'",,=,,゙"'‐、 ヽ::::\ ヽヽ |          つい先日のオプーナの死に様を
        〉'  _ェ、'ゝ;"´l  `i '  l:::::::::::\`i|ン'
       /´-イ,"-,l  ` ,ゝ・‐´    i:::::::::, 'ニ、ヽ,           忘れたのですか!!
      `´   l l ・'           ゙''..:::':::`::}..l..
           i´ ヽ、テ          ,:: -――‐- 、         不用意に我々が部族間の戦闘に
            l   `  _.. -‐- 、 /;;;;;;;''''',, '':::::::::::`:ヾヽ、
           `、  , ',´‐ '"´´ /;;;;;;'''''  ,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,\\   介入すべきではありません
            `、. '´     .l;;;''''',,,,;;;;;;;;''';;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,'''';;;;;;ヾ.、
             ゝ    .::::|,/: : : : /`'';;;;> 、"''''''';;;;;;,,,;;;;;/   ……しかし、何もしないわけにも
          ,r'´;;;;;;;ヽ-‐ '':::" |: : : : :l;;;;;;'''''''',,,,,,,,,,,,;;;;;;> \;;ヽ
          ':::::. ;;;;;;;;;;;l i;;;; :::::l|: : : :ノ'',,,,;;;;;;;;;;;;'''''''"   ,,,,,,,,,,    行きますまい
         ..::: . .:: ;;;;;;;;;;lリ;;;;;;;;;;/: : : i;;;;;;;;;;''''''  ,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;; ; ; ;
        :: ::. .:::: ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|: : :/;;;;''' c  ,,;;;;;;;;'';;;;;;;; ; ; ; ; ; ;   では我々の代わりにヒチヒチに
       ::::....::l‐- 、_ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l: :ノ;;''  , ',' ';;;''',, ,;;;; ; ; ; ; ; ; ; ;
      ,,,,,,,,,,,,,l   |;;;;;;;;;,-、;;''´‐'´;'' c , '',,'';;'',,;;'' ,;;;;; ; ; ; ; ; ; ; ; ;   行ってもらいましょう
   /;;;;;;;;;;;;;;;;;|   l;;;;;;;;;ヽ';;;;;;;;r'´, -‐''//;',;;;'' /;;;;;; ; ; ; ; ; ; ; ; ;






422 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 21:50:23 ID:u.CiLPjA





         ,-‐‐‐-、  ,-‐-、
     ,.-‐-、_i'‐---‐‐ヽノ ,‐‐、ヽ
    l ,-‐、`‐,.-____,.- '- 、ゝ.ノ l
     l ヽ_.ノ.i ,‐.、   ,.‐、 i,,__,ノ         ふもっふ、ふもっふ!!
    ヽ___,-|. i.o゚'i  l.o゚'l l
        l,,,`‐.'   `‐' " l , -‐ 、
      ,.‐-、,l  (_ _人._ ,) .ノ'´    )
    l    `‐‐,- ,,_,,-‐''フ    ,/
    `‐、,,_  i>  ,.‐、  ゝヽ-''
       ''ーl`''´:::i `''´,:::::`、
           l `'''''′  `'''''´ヽ
.           l  .::::::::.    ノ‐-、
         ,!、  ''''ィ',,‐-''i´   _)'゜
          (´   ''' ノ    `‐''′
        "`''`‐'′






424 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 21:52:00 ID:u.CiLPjA





          __                  いいですかヒチヒチ、
   _,,,, -‐''''.´ ̄    ̄'''ー=x
 /''::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'=、          君は僕らの戦いを間近で見ていてその戦術を学び、
/::::::::::::::::::::._;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_::::::::::::::::::::|
::::::,, -''゙ ̄_ ,,. __ _x_ __ `'''::、::::::::i           マスケット銃の使い方もまた十分知っているはずです
゙Y゙ ィ '´_,,,;;::==--竺:-=::ミ、-.`ュノ
=:}''ッ〔c_゙:::::::::::  ..:::::::::::::::::::..`‐ミ{           君に銃を貸しますから、モーレア島へ出向いて
:Tヽ;:;;/`'ァ‐。x;;;,___,,,;;;;ィTi、__
.{.iヽY  (_ _ノ〉   K(´゚ )`l:/ }::::、゙ヽ、        マテの仇敵を存分に打ち破ってください
::ヾ,`|        | ゙ー  ,lイ /;;:;:ヾ、::.\
,w'゙Yl       rV'〉   .,!ソ'' "ミ::jノ:::::::::::`ー    それからコールマン、マテの持っていたマスケット銃は
, .}ミi、     ` '    /ミリ ミ ミ::::::::::::/i::::..
ミ,, ヾiミヽ, -=ニニニ= ,,ムジ ,,ミ'゙::;ィ゙:://:::::::.    既に総て壊れて使えないそうです
:::ミi, l:;:;ゞiミx、_   _,,,イミジ 彡゙://::/./::::::::::::
:::::::ミ、ヾ、:;゙ヾi}エケZ゙エヅ:/ ミ:;ィ゙ ,,イ::j'./:::::::;;;;_::    君が修理してヒチヒチに貸し与えてください






425 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 21:52:30 ID:u.CiLPjA





    |::/:: :: :: ::_:: ::ヾV:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ノj:: ::i
     レ´:: :: :/:: :: :: :: :ヾ:{:: :: ;;,;;,,-‐-─-,_;;,,;;>;´:: :: :: /:/:;ィ:j
    ';: ::/:〈:: :: ;-‐```´`´´    , ,=、、  /,´ -‐─ '´:. :.ノ''://
    i {:: ヾ:: :`:く           ゝソレ'/´:. :.,:. :.-─:‐':. ://
   i\,!:: :: >:: :: }__             ノ:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. ノ/j       それくらい雑作もないことだ
    \__:: :: :// `ヾ:、.、      /:. :. :.,:. :.'´ ̄:`:‐-.、./;イj
     、_.-‐'\::イ ,z-,ミ_ミヾヘ   /:. :./:.,二二_:ヽ:. :. :. /j/
         ̄ヘ,',ヘ ヽヾ;;少ミ゙ ヘ 〈:. //<___ ,,,‐'/二7>//         すぐに取り掛かろう
        ヘ, ',        i  ヽ'ヘ:. :`:.ー-:':´:.j、 7,//
            ゝ       |    \:. :. :. :. /:. :>'/イ
           ',         j       \ /:. ///
             ヘ      {       |:. :.l { }'j
              ヽ  、._ `_         !_!_V´ j
              ,!ヘ ` ー-  ̄二=一  /  ト、__
            /::::! ヽ       ̄   /  ,,j::::!::::ヘ
           /:::::::/::\ ヽ      /,,.-‐::´::::::::!:::::::ヘ__
          /:::::::::::::j:::::::::::ヾ;;、_ /::´:::::::::::::::::::::::!::::::::::ヘ:::::::::: ̄::
  ...-‐:::: ̄/:::::::::::::::/:::::::::::::://  `, ヘ::::::::::::::::::::::::::::::!::::::::::::: ヘ::::::::::






426 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 21:53:00 ID:u.CiLPjA





    ,>-、_       `ー、;;;;;;|::... `ヽ,
   /:::..{ ̄`ヽ,_ |      }_ノ ̄`、  ヽ
  ./:::...,ri   |::`~'  〕 _,,,-一!    :i   i
  {:::....{;;;\_ノ}    ´~|:.{ `、 i     :i   l        ふもふもふもっふ!!
   !:...(_);;;;;;ノ.:i     |:r!、_ハi   ..::}  :i
  _}_::...`ー´、ノ     |:|;;;;ノ.:! i::.....:::ノ  :i
   `ー-、;;;ム     |0-'.::i ト--'´  ..::/
 ´"''~゙゛、、,r-一ー、   !、;;;;/ i ゙゛   ::ノ
      /:     'v´ ̄`ヽ 、L_;;;-ー´
\/   {::.         `,゛ `,
::../\   '、::..    ,i::..    ノ   i
::::::,-一、..  `ー-一´`ー-一'´  /
:::/;;;;;;;;;;;`ー、_:::::::::::..._ノ_::::::_ノ´
`|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`、;-、_;-´;;;;;;`i´
 !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;へ;;};;;;;;`i;;;;;;;;;;;;;}\





こうしてモーレア島に渡ったヒチヒチは、マテの親族に手を貸して、彼らの仇敵をさんざんに打ち破ったのだ。






427 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 21:54:00 ID:u.CiLPjA





:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、:::::l
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー-、_:::::::::::::::::::::::::::::::::! ';:::::i
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::/ヘ|::::::::::::::::::::::::::! ';:::l
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ |::::://IIj:|:::::::::::::::::ト::::/   !:!     くくくくくくくっ、はははっはっはっはっ!!
::::::::::{:/:::::::::/::::::/   !::/ ヽ |;ij |::::/レ:::::/ |/    リ
:::::::::::i:::::::::/ |:::/   i/    ヽ7 |:∧ |:/ ′
:::::::::::::::::::/ |/          ゙  ヽソ            こんなに簡単に俺の仇敵を排除出来るとはな!!
:::::::::::::::::∧               \
:::::::∧:::/ `ー             /           これで奴らは俺の手駒も同然
:::::/ ∨             `ー=ニフ /
/ヘ                  , '              これからも奴らをどんどん利用してやるさ!!
\  \      _        /
  \  \    /  ` ー - ′
   \  \__ /
      ̄\ \





この武力介入は、バウンティ号の人々にとってはさほど大きな出来事ではなかった。
しかし、これはマテが彼らへの更なる武力介入の要請を行うための大きなきっかけとなってしまったのだ。
もはやバウンティ号の人々はマテの要請を断れなくなってしまった。






428 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 21:55:05 ID:u.CiLPjA





                                                            ;;;;N
   _,,、 .rr,,,,、.,,,,,,,,,k                                                :;;,,↑
 .i・,,,iiiii,,`lllllll lllllllllll,i、                     金星岬                      ;,│
 ゙llllllモーレア島lllllllll゙″              マダヴァイ湾│                       ;;│
  7ll!lllllllllllllllllllllllllllll."                     ↓ ,,↓ ハアペペ王国            :、,,,│
   `'゚゙゙llllll゙llllllll゙llllllllリ                 パレ王国ll,,,゙l,゙lャ'┯━h,,,,,,_                ┼
    ゙l,lllllllllllllllllllllll"           テファナ王国.,rl!,,g,,,il*''゙゙l!l゙゙‐\;;/    ,,,ilhi,,,,,___
     `'[ll!!ll!l゙゙゙┛                ,,wl・'',,,,ll゙,,,,,,,,,!i、,;;゙!、;;;゚|'」゜  .,r'"   `~”゚≒〟テ
       `"゙°              ,ll“,,rllザ'"ニ,,,"゜;'゙゙・;;゙k;;;;,l'゙、  Z        'l,,,,_.'ア
                        ".,!″     ``''ー-,,,,,゙l,,""ヽ .〔          ゙゙l,,.i、ハ
                       :%,゙q           `″   .゚」        _.、: l,,゙、ロ
                    ア   `' .l、  : _._,_     .i,|||i、   : ,イ         ”゚”゚'lト- ア
                     テ   ll“'''广~`` ̄~'''''''': ゙爪```  ]           レ」′王
                     ヒ  'i、゙lか''━・      ..,,d,i、 ,,r"          《 " 国
                       ュ   ||、゙!,            ,!タヒチ島           》.-
                        ル   ゙ル .l、       .ッl`                ,l, ゙、
                      王   ゙゙l,.゙l,、      廿          `''''''゙"'''゙~゙”゙》.V
                       国  : ." ゙l!_,,_,,,    ii,l゙      丶       .,i、 .l、"      、    丶  、
                           ゙f,、 ゙゙^    .,l"         〔       ,,,,N,lrrm,,,、 、,,,,i,,,,, `‐,,,,,  -。
                           ''|、゙r,    .,,l゜       ゙k、     .゙l゙llい''ラi,, .”゚゚”° ゙'''゙━ri,wl|q=r‐タ
                            ゙゚゙l.,.l,,,y,,  l          3 ,rr=rrrllレ゚ヶ.゙l、  ゙'・       ,,i,r″ ゙h,,,'。ウ
                             ゙『| ゙゚̄”゚'゙x,,e,,,,,   ,,vx,,,,i絲 .,,s'‘° 'lL゚b       .ョRl!》"     レ チ
                            パパラ王国'.゙l,,,,,゙*┯''`m+ ''''~'"“`   .'を~リ,  丶 、ノ゜  .|      .゙lf." ラ
           タヒチ島地図                 `゚゙゙゚゚``              ‘ .、'《   タイアラプ半島  .'ゎl゙ 王
       0      ..5      10                             `l,7.ll,       : ′     .,行 国
       ┗━━━━┻━━━━┛(単位は海里)                      `「: .[|リ〟              :l゚,,゜
                                                    テアヒュウポウ王国     .,,l∨
今のうちに、タヒチ島の地図をもう一度貼っておくにょろ。                        `ー`゙゙゙flで!''!,ltョz=l彡"






429 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 21:56:00 ID:u.CiLPjA





         ,. -───- 、
         /'´       `ヽ、
         シ~ /" `ヽ ヽ `'、 ト、       これを見て、各王国の位置関係を把握して欲しいにょろ。
      //, '/     ヽハ  、_Vヽ
      〃 {_{`ヽ   ノ リ| l |、,i|
      レ!小l●    ● 从 | } i|       これからしばらくは、このタヒチで起きる内戦を
      ヽ|l⊃ r─ォ   ⊂⊃jノ}j|
  r‐‐-、__|ヘ  '、_ノ   /|  ! |       描いていくことになるからにょろ。
  { (` /:::::| l>,、 __, イァ_i  ||
   "ヽ /:::::/| | ヾ:::|三/ / //ァ||
       ヽ< | |  ヾ∨_:/ // ハ||






430 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 21:57:08 ID:u.CiLPjA





1790年9月12日



.   /:::_ /:::::::::::\:::::|:::::/::イ/   Z/⌒ :::::|
  // /:::::::::::::ハベⅣレ'^       ミ=-:::::::::|      我々のパレ王国に危険が迫っている
     /::::::::::::厂       ,ィ≦≠  ミヽ:::::::::ア
   / :::::::::::::|         〃 ,,_   ∨⌒ヽ      西隣の王国テファナがパレを攻めようと
  <._::_;::::::::ハ -≠=- 、     '/托い    ∨^ l 
      / ::::/| :',  /゙赱ハ    ¨¨     .!ハ |      武器や兵隊を集めているらしい
.     |:::::/: |::∧  '¨  |          |ノ | 
.     l/  |/:::ヘ    |          |ィハ      この島の王位の継承者たるチュを守るためにも
         ∨  `、   \ r        ,∨ 
              ヽ      ___     / :|       ぜひとも君達の力が借りたい
             \  て~  ̄ ~Y  /  |_ 
               ヽ、  ̄   /'  /ヽ      集められるだけの戦力で我々を助けてくれ
                 `ト--‐< /_/   {
                    /| r< ̄      人_  
                   / ∧ |   \    / {





今度はマテの弟アリイパエアが、バウンティ号の人々に助けを求めた。






431 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 21:58:01 ID:u.CiLPjA





      /::::::::::/ /    イ'   --------゙,,--、ヽl::::::::::::゙'''-、::::::::::::::::::::::l
      |::::::::::/ /    /:;:;:;:;:;:;:;「"""ノ  ,,-----、 ゙゙゙、 `,,,,,,, ::::::::::::::゙'''-、___/
      \::::::l /  ,/:;:;:;:;:;:;:;:;:;l   く  、'    o   ! 、`--、_`゙゙-、::::::::: \
       ゙\l  /,:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l    ヘ ヽ、    ,/  ヽ.  "'゙\,,,_`゙゙::::::::::\      いいじゃないか
         /゙゙~,、.゚゙゙!l:;:;:;:;:;:;:;ll"        `゚---'"  ノ     レ--ヽ`''',,,,,,,,,,,,,\
        /  へ ヽ ゙三彡           _____`"'゚ ̄    く, ゚  i l--------゙
       l ,i `'. ,ll!゙廴,l、.彡     、,,.                \""'ヘ l         我々の力を見せてやろう
      .l  l乂i'゙   ,l        ",゙'l,,                リ;:;:;:;:;:;:l
      '〈  l {、l、 lll,         li、'゙\,,_          、丶'ソ   l丶
      ::'l ;丶 ヽ.゙゙゙l,        `lii r :゙\        'く-、':,〈v′  l 〉        全員銃を取れ!!
::,,,,,,,,,i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!,_》;㍉l,,MM.,      liiiiiii,,、  ト、.,、      ゙"     / ノ
゙゙!゙i!i!i!i!i!i!_;;;;;;;、;;゙゚,!;'、`゙'゙″WWヘ    l!´`!iiiiii,,,,,、 ゙^`ヽ、.,_、.      ./´
;`丶`;;;.;;``~゙ケll,,,:,,!、;;;\;、`;;`゙'ヘ    |`'Y,:匸~"""iiiiiig,,.,:、: ``''',,lャ'   /           明日の王チュを守るため
,,,,,,,,_、、;`.;;;;;;;;;;;;.゚ラx,,;;;;;:`゙i、;;;;:;;::::::ヘ   ゙ぐ''`:'ll,,、 二 ゙゚了iiiiiiiiiii゙’   /i!i!,、、
     i,,_;;;;;;;;;:;\゚''x,;|‐、、::::;:::::::: ヘ   ゙\ `゙゙lli,,,,_、 .,l ::,《°  /i!i!i!i!i!i!i!、 
-,,,,,,,,,、::::;;::;゙゙゙ll,,;::::;::::ヽ,:゙゚!i,,:`∴`::::::::::゚ヘ    ゙ヽ,、 ゙“‘";'::'ノ`   ,i!i!i!i!i!i!i!i!i!ii!i、       我々は全面的に
x,,;'、;``'‐、:::::::゙゙llil,,、:::::゙i、:::"i、::::`:、:::::::"'冫.    `"""""""=.:、iTTTT.,i!i!i!i!i!!""`ヽ  
:::゙゚Xヽ:::::::::::`::::::゙゙llllli,,:::::::ヽ::::゚!i、::::`、、:::::::f,!、           /,| | | |i!i!i!i!ネヽ:"::::::::゙li、
:::::::::゙'∴:::::::::::::::::..:゙llllllli,,、:゙L::::゙リ,::::`、:::;::::::"゙rTTTTTTTTi   /,| | | |,ノi!i!:ヽ,|"`│:::::::`:::|   武力介入する!!
:::::::::::`゙l∴:::::::::::::::::,,'《|lllli,::::'ヒ:::::::゙ l,、::`::::`:::::::゙':',| | | | | | ||V |  /,| | :./:ソ,",,l'l,`",".::::::::`::::::::
、::::::::、゙l,'"::::::::::::::::::'',`゙l!゙i,::::゙L::::::::゙ l,:::::::::::::::::::::::::':フ''N,,,│'hi,,,y‐、"',ィ‐゙゙_.'l,``': `、::: ::::::::::::::::|
:::::`::::'i、::゙i、::::::::::::::::::::゙jl~::lll,::::゙l'':,,::::::゙ s、:::::::::、::::::::゙巛冫~゙'トア"x,,,"″、、`:゙l、::::`::::、`::::::::::::::::| 





どうしたことか、今回はモリソンはアリイパエアの訴えを全く調査することもなく、また双方の間に入って
調停を行おうということも全くせずに、即座にパレ王国の紛争に武力介入することを決定してしまったのだ。





434 :名無しのやる夫だお:2010/09/24(金) 22:00:22 ID:nuHbv.lQ



魔王様じゃ!魔王様が降臨なされた!


432 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 21:59:17 ID:u.CiLPjA





                    /| ,//
                 |ヽ、/:::::::::   ̄ ̄フ 、_
               \-ゝ /::::::::::^~|::::::::::::::::<、
              ∠ ̄::/       7::::::::::::::::<
             /::/:::::::::::::::::::::::::::::/,      ヽ、         聞いたぞモリソン!!
             フ::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ヽD_:::::::......::ヽ
            〃/::::::::::::::::::/l〃::::/|斗< |::,、::::::::::::ミ
             / /::::::::::::::-テ=t| /  (:;::)/l/ヽへ、::|         遂に我々の敵と一戦交えるらしいな!!
            〃|::::::::::/、(::ツ レl    〃  ||> } |r  
            / /|:「|「l〃   < 、       / !|   
              l∧ い    ,-- 、     lイ/           俺も力を貸してやろう
                 ヽ、   l7 ̄ヽ  メr==-、   
                 ,- 、ヽ、 ヽ- ´  冫::::/ /i   
                /:::ヽ ̄ヽ、  ̄ , イ |:::<  \         俺は戦争のプロだ、何も問題はない!!
                /:::::/:::::::::::|`─ ´/ ソ:::::::ヽ /────、
                /:::::::ヽ::::, へ──<^\_∨ ̄ ̄/    ヽ、
           ,──//_ ̄イ     /__  ヽ ヽ 、 l       ヽ
          /─、   イ          r.....:::/   ><       |
        ┌┘:: イ           ::::|::::::::|ヽ、/.......          |
      ┌┘>イ        / / .::::::::>─´ ̄ ヽ 、 \      |
      / /            /....:::::::::/::....    ヽ..  ̄ヽ、     |
    /             ..:::/::::::;,─ ´    :::::..... ::::::::::.......     |
    |          ....:::::::::::/::/:::::::::::::::::::::...............::::::::....:::::::::::::::::::.. :::|
    |      ....:::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    /  ::: ....::::::::::::::::::::::::::::::::/|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ヽ ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::/l_7\::::::::_,;────────





しかもこの戦いのために、あのやっかいなブラウンまでがモリソンの元にはせ参じたのである。
モリソンは彼をあっさりと受け入れた。






433 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 22:00:02 ID:u.CiLPjA





         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、         はっきり言えば、モリソンのこの行動は下策中の下策にょろ。
        / /" `ヽ ヽ  \
     //, '/     ヽハ  、 ヽ      覚えておられると思うにょろが、以前やらない夫がトゥブアイ島で
     〃 {_{⌒   ⌒リ| l │ i|
     レ!小l○    ○ 从 |、i|      三人いた酋長の位置の一人の肩を持ったために、残りの二人に
      ヽ|l⊃ __ ⊂⊃ |ノ│
  /⌒ヽ__|ヘ         j /⌒i !      狙われることになったにょろ。
  \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
    ./:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |      その教訓をモリソンはすっかり忘れて、厳正な中立を保つことなく
   `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |
                         一方的にマテの肩を持ってしまったにょろ。






435 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 22:01:00 ID:u.CiLPjA





        , '´ ̄ ̄` ー-、          モリソンがやらない夫と同じ愚を犯した理由は、おそらく
      /   〃" `ヽ、 \
     / /  ハ/     \ハヘ        自分達の持つ武力に対する過信、文化の遅れた土地で
     |i │ l |リ/    \}_}ハ.
      |i | 从 ○    ○l小N       身勝手に現地人を教導出来ると考えた傲慢、そして
     |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ
     | i⌒ヽ j         ノi|__/⌒)    自主的に本国へ帰る手段が完全に断たれたための
     | ヽ  ヽx>、 __, イl |::::ヽ/.
     | ∧__,ヘ}::ヘ三|:::::/l| |',:::::ハ      諦めからタヒチにより深く関わろうとしたためだと思うにょろ。
     | ヾ_:::ッリ :::∨:/ | | >'''´
                         もちろんこれは、やるべきではなかった行為にょろ。




438 :名無しのやる夫だお:2010/09/24(金) 22:03:59 ID:3Iq9EJSw



人は満ち足りた楽園でも戦うのか……


満ち足りた楽園で余裕があるから戦争するんじゃないッスか?
軍隊を編成するにはそれなりの財力がいるし。



436 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 22:02:01 ID:u.CiLPjA





モリソンはブラウンとその他の銃を持ったバウンティ号の乗組員を連れて、パレ王国へ急行した。
パレではアリイパエアが自らの兵を率いて待っていた。



.   /:::_ /:::::::::::\:::::|:::::/::イ/   Z/⌒ :::::|
  // /:::::::::::::ハベⅣレ'^       ミ=-:::::::::|      よくぞ来てくれた
     /::::::::::::厂       ,ィ≦≠  ミヽ:::::::::ア
   / :::::::::::::|         〃 ,,_   ∨⌒ヽ      我々も集められるだけの精鋭を集めた
  <._::_;::::::::ハ -≠=- 、     '/托い    ∨^ l 
      / ::::/| :',  /゙赱ハ    ¨¨     .!ハ |      
.     |:::::/: |::∧  '¨  |          |ノ | 
.     l/  |/:::ヘ    |          |ィハ     共に力を合わせてチュの仇敵である
         ∨  `、   \ r        ,∨ 
              ヽ      ___     / :|       テファナ王国の連中を叩きのめそうではないか!!
             \  て~  ̄ ~Y  /  |_ 
               ヽ、  ̄   /'  /ヽ     
                 `ト--‐< /_/   {
                    /| r< ̄      人_  
                   / ∧ |   \    / {






437 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 22:03:08 ID:u.CiLPjA





                      ∧                      ∧                     ∧
                      /::∧                     /::∧                    /::∧
                       // ::∧                    // ::∧                   // ::∧
                  /  ::  ヘ                  /  ::  ヘ                  /  ::  ヘ
                  |  ∧.  |                  |  ∧.  |                  |  ∧.  |
                  |  | |  |                  |  | |  |                  |  | |  |
                    \| |/                  \| |/                   \| |/
                   ヘ±/                    ヘ±/                    ヘ±/
      /\___/ヽ    γ| |ヾ         /\___/ヽ    γ| |ヾ         /\___/ヽ    γ| |ヾ
     /''''''   '''''':::::::\  {○;○}      /''''''   '''''':::::::\  {○;○}      /''''''   '''''':::::::\  {○;○}
    |(●),   、(●)、.:|  `!幵j´      |(●),   、(●)、.:|  `!幵j´      |(●),   、(●)、.:|  `!幵j´
    |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|   | |       .|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|   | |       .|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|   | |
    |   `-=ニ=- ' .:::::::.|   | |       |   `-=ニ=- ' .:::::::.|.   | |       |   `-=ニ=- ' .:::::::.|   | |
     \  `ニニ´  .:::::/.   | |        \  `ニニ´  .:::::/    | |        \  `ニニ´  .:::::/.   | |
     /`ー‐--‐‐―´\.   | |        /`ー‐--‐‐―´\.   | |        /`ー‐--‐‐―´\.   | |
    /            \   L|       /            \   L|       /            \   L|
   /   ,               ヽ( こ)    /   ,               ヽ( こ)    /   ,               ヽ( こ)
  /   /          r.    (⊆ソ    /   /          r.    (⊆ソ    /   /          r.    (⊆ソ
  |   |             | \_ | |     |   |             | \_ | |     |   |             | \_ | |





アリイパエアが率いた軍団は、投石器を使う部隊に投げ槍を持つ部隊、それに長槍を持つ部隊だった。
モリソンはこれらの部隊に側面を守られながら、その火力を生かして戦うことになったのである。






439 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 22:04:16 ID:u.CiLPjA





.   /:::_ /:::::::::::\:::::|:::::/::イ/   Z/⌒ :::::|
  // /:::::::::::::ハベⅣレ'^       ミ=-:::::::::|     
     /::::::::::::厂       ,ィ≦≠  ミヽ:::::::::ア
   / :::::::::::::|         〃 ,,_   ∨⌒ヽ       君達は一体
  <._::_;::::::::ハ -≠=- 、     '/托い    ∨^ l 
      / ::::/| :',  /゙赱ハ    ¨¨     .!ハ |       どういう戦法で戦うつもりだ?
.     |:::::/: |::∧  '¨  |          |ノ | 
.     l/  |/:::ヘ    |          |ィハ       君達に有効な戦術があるなら
         ∨  `、   \ r        ,∨ 
              ヽ      ___     / :|         我々はそれに従おう
             \  て~  ̄ ~Y  /  |_ 
               ヽ、  ̄   /'  /ヽ     
                 `ト--‐< /_/   {
                    /| r< ̄      人_  
                   / ∧ |   \    / {






440 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 22:05:00 ID:u.CiLPjA





 .::/;;'  ,r'‐' ´/:::`::::ヽ..、   /  ''  |
.:,;;;''';  .:l, /::: :: : : \::'  ゙'';;,    |         古典的なおびき出し作戦を用います
;'';''   ::,レケ=‐-、- = ニ::::_\   ゙';,,,  |
;;'' ,,,.-‐'' i´ 。    l  ';,,  ,;i'"\ ゙';; , |         我々は有利な位置に陣地を構築し、側面に
'´i;;l.l'';;,;;;'ヽ....__ノ ,,'     l| ゚  \ ´"|
:::|:::||''';;;;;;;;;;ヽ ,, ,, ;;;,, ''  :::::!;;`ー-,,';;;;\ |         あなた方の槍兵を配置します
::|ニ||'';;',, '';,''' ,, ,,;''' ,,  ''  ''i'' '''j::::::::ヽ|
:::|ニ|| '''';;,'';;,,,,,;;;;;''; ;   _  ノ ,,; i::::::::: ソ         まずあなた方の投石器を使う部隊で彼らを挑発して
'ッ,,l.l   ;'';,';,'' '' ;,  セ´、/シ'  ''/:::::/,"',,,
'' ;; "';,、;;; '' ';, , "'',,       '' 〃/ ヽ  "'''';;,,     しかる後に我々の陣地正面まで後退させます
,;;';;;''''';;,,'' -=ニニニニニニ..‐. y/ ' "'',,  l..:::::.....;,''
'' ''' ,,, ''';;'';;;,;,,、   、     //i ' ,  _ "; \::::,;;''     敵が突出してきたところを我々がマスケット銃でなぎ払い、
,,;;;'';;''" ,, ";;;;'';;;;;`i ,, '',, //::::l ' `'i `'''‐-ゝ,,_
,;;;''''    "'';;,, ;;'';;l、ニ≡イ'':..:::.::ノ ` ';; i -....___ /     最後に槍兵を突撃させて敵を一掃しましょう
 ,, ,,    ,, "'',, ;;";┴ヒ'7:::..::/  ''  i |   //






442 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 22:07:02 ID:u.CiLPjA





                .  /,|
     ___  __  __,... ∥|    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ))。I/:: :: \ |I。(   ∥|  <  野郎ども!
     \ \::_::_:: / /.. .. ∥|    \  タヒチ取り合戦いくダディ─―!!
     ,/::\_((⌒) /ヽ   ∥|     \____________
   /,\=ニニ二二ニ=/,ヽ++-
   \ / (●),、(●)ヽ/つ⌒)
   ///  ,. (,、_,、)、_ ミI /|x|
  /三//__ ,`ト===イ , ,  /  `゙
 /ニ// ,|。|_ ヾニノ_|。|_ノ\
  ( ̄ ̄)  ̄ ̄ ̄  〕\//
    ̄Tニ===∞===ニ!,〆`"
   {I|三三|⌒I|三三〕
    |。。/   (| 。 。)
    ∪     ( ̄\.    \  クール――――――――――ッ??  /
           \_)..     \                       /
    /\___/ヽ        /\___/ヽ        /\___/ヽ
   /       :::::::\     /       :::::::\     /       :::::::\
  .|          .::::|     .|          .::::|    .|          .::::|
  .|          .:::|    .|          .:::|    .|          .:::|
  .|          ::::|/⌒)  .|          ::::|/⌒)  .|          ::::|/⌒)
   \       ::::/  /   \       ::::/  /   \       ::::/  / 
 ´/\___/ヽ  /\___/ヽ       ´/\___/ヽ       ´ /\___/ヽ
/       :::::::\       :::::::\     /       :::::::\      /       :::::::\
|          .::::|         .::::|    .|          .::::|     .|          .::::|





合戦を迎えて、パレの戦士の士気はいやがうえにも盛り上がった。
しかし、この士気の高さが却って災いすることになるのだ。






443 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 22:08:02 ID:u.CiLPjA





  \\             | | |       /       /
.  \\\           .| | |        /      /
     \\          | |       /'!     /              そして遂に両軍の衝突が始まった。
       \\..        | |      ./ !    //
        \     |\   |     //| |___
         \    |  \ |    .// .l_   /                劣勢であるパレの王国の部隊は
       ____| |\\/\//  / /
        \  ____|  \/\/ / /  _______
         \ \            /   ̄ ̄  __     /       モリソンの作戦通りに戦いながら
          \ \  __lV 、_  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄― ""   / ―――
           /  / , >  へ´  ` 、 ̄ ̄         / ――
             /  ///  Y l\    \         く ――――――  後退して敵を誘い込んでいった。
         /  /./    !  \  | ̄         \
           / / //  /! .! l\ \l   ! ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        // ..// / ...! l l  \     |       \
         /   //// | .l l l    \   |         \
     / /   / /   l ∥l     \ |         \\
    ./ /    //     l  .i       `        \\






444 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 22:12:24 ID:u.CiLPjA





                   ∧
                  /::∧
                 // ::∧
                 /  ::  ヘ        味方が押されている!?
                 |  ∧.  |
                 |  | |  |
                 \| |/        すぐに加勢するんじゃー!!
                  ヘ±/
     /\___/ヽ     γ| |ヾ
    /ノヽ       ヽ、 {○;○}        テファナの連中のタマ取ったれ!!!!!
    / ⌒''ヽ,,,)ii(,,,r'''''' :::ヘ  `!幵j´
    | ン(○),ン <、(○)<::|   | |
    |  `⌒,,ノ(、_, )ヽ⌒´ ::l   | |
.   ヽ ヽ il´トェェェイ`li r ;/  . | |
   /ヽ  !l |,r-r-| l!   /ヽ   | |
  /  |^|ヽ、 `ニニ´一/|^|`,r- L|
  /   | .|           | .| ,U(ニ 、)ヽ
 /    | .|           | .|人(_(ニ、ノノ





ところが、後方に控えていた部隊の戦士達が興奮して頭に血が上ってしまったためか、
マスケット銃部隊の射撃を待つことなく勝手に突撃してしまったのだ。






445 :名無しのやる夫だお:2010/09/24(金) 22:12:40 ID:RJRUNLPc



言葉が通じない相手とタイミング合わせて闘うのって、かなり難しいよね。


446 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 22:13:43 ID:u.CiLPjA





               _, -‐‐';;´;;;;;; _ ...'''' -‐===‐- 、ヽ
           ,, ( ) ̄;; .. -‐ ' ´ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,  ''';;;ヽ.
      ,,, -''' _,,, '"ヾヽ、 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'''  '';;;;ヽ       なんてことだ!!
    '''' _,, -''':::::::::::::::,ヽ、 ヽ、 _ ;;;;;; _ ..... ---―‐--―‐‐ヽ
   , ´ _ `:::::::::::::,,::''''  ''゙`ヽ、 ___  , .,,,、ァー,--,-‐―_-_ゝ    半裸のパレの戦士たちは
  / /  `;;:::::,,''        '´ ----―・ナ´,゙〃シ  l
  i i. <  ;;::::;     '' ;;;;;; ,  ` ̄ ̄-‐´-___ュz.  `、         敵のテファナ王国の戦士と全く区別がつかない!!
  ! ト 〈  ''::;     , ;,;;;;,,  ,,,    ´            /
  、ヽ`ー 、.l !    ,,  '''' ,,; ,            __/        これでは我々は射撃を行うことが
  :ヽ、ー゙'´ ,、  ;; ;;    ,  , , , ,  , ,  , ィ, ´, ´ ,,
  "'',,  ̄ 、、ヽ     '    '             ,У、 ",,       出来ない!!
  、 ,,""ッ, ヾ.、        // ̄, ̄二ニニニニチ./ ,:.:.:.,i  '',,
  "'' ,,   '',,:.:`〒==ミ、  ヾー´ ̄ ._     l' /:.:.:.l|  ,,''
     "'' ,,  '',,:.:.:.:`:.、 `〒===〒 ̄ヾ 、',' ',/ /:.:.::.:.i| ,,''





双方が白兵戦に突入してしまった今、マスケット銃部隊が射撃を行うことは出来なくなってしまった。
彼らはただ、黙って戦の成り行きを見ているほかにはなくなったのである。






447 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 22:14:02 ID:u.CiLPjA





   __i ̄|___________ .
..,.―イ 〉〉〉〉 |:/\___/ヽ   ¬::::::::::::::::
′――⊂〉 /     ::::::::::::::::\ ー:::::::::::::::::      しかし幸いなことに、彼らの必死の突撃が幸いしたか
  |   |! . | / ̄\″/ ̄| .:::| の: ̄ ̄ ̄
  !   . . |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぉや          それともマスケット銃部隊の無言の威圧が功を奏したのか
  ヽ  .   |     ::<       .::|おろ   
   \   \  /( [三] )ヽ ::/ぉお          やがて敵軍は混乱してばらばらになり、ついに
     \ /`ー‐--‐‐―´\おぉ     
      丶             \         逃走してしまった。
       ヾ             _ヽ  
        ヽ         (___)






448 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 22:15:05 ID:u.CiLPjA





          __
   _,,,, -‐''''.´ ̄    ̄'''ー=x
 /''::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'=、            我々が直接手出しを出来なかったとはいえ、
/::::::::::::::::::::._;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_::::::::::::::::::::|
::::::,, -''゙ ̄_ ,,. __ _x_ __ `'''::、::::::::i             見事な勝ち戦です
゙Y゙ ィ '´_,,,;;::==--竺:-=::ミ、-.`ュノ
=:}''ッ〔c_゙:::::::::::  ..:::::::::::::::::::..`‐ミ{              これでチュの権威は保たれ、パレ王国は
:Tヽ;:;;/`'ァ‐。x;;;,___,,,;;;;ィTi、__
.{.iヽY  (_ _ノ〉   K(´゚ )`l:/ }::::、゙ヽ、           安泰でしょう
::ヾ,`|        | ゙ー  ,lイ /;;:;:ヾ、::.\
,w'゙Yl       rV'〉   .,!ソ'' "ミ::jノ:::::::::::`ー
, .}ミi、     ` '    /ミリ ミ ミ::::::::::::/i::::..
ミ,, ヾiミヽ, -=ニニニ= ,,ムジ ,,ミ'゙::;ィ゙:://:::::::.
:::ミi, l:;:;ゞiミx、_   _,,,イミジ 彡゙://::/./::::::::::::
:::::::ミ、ヾ、:;゙ヾi}エケZ゙エヅ:/ ミ:;ィ゙ ,,イ::j'./:::::::;;;;_::





この戦闘は、これから始まるタヒチ全土を巻き込んだ壮大な戦いのほんの序幕に過ぎなかった。
モリソンは、起こさなくてもよいその戦いの火蓋を切ってしまったのだ。






449 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 22:16:00 ID:u.CiLPjA





モリソン達のおよそ正当とは考えられない無意味で横暴な干渉は、テファナ王国の酋長テパフを
激高させることになった。
彼はさすがに単独ではバウンティ号の乗組員達が持つ武器に対抗できないことを悟ったので、
隣国のアテヒュル王国に使いを出し、その王国の二人の酋長に助力を求めることにしたのである。







          z一'/:/. : .ィ三: . ヽL...ヽ
          Z 、_、i/" ̄"~ゝ三、: .\Lハ          なんじゃと!!
          V,.  / / ̄ ゝ三ミ: .>'7
         ∠ノ /r≦tヱニ  ゝ三/ィ /          わしの兵がパレ王国の者共に打ち破られただと!?
         ヽrヵ  `三_ --‐ | レ彳ィ//|\丶
          { -/  -、    ノ イ_.//∧ \丶      白人共がやつらに手を貸したというのか!!
          ゝ_ゝ'^'‐'‐-、 イ  (..∠ ハハ   \丶
          ノ. ィ^```了i\  | へ{ Vハ   ヽ丶   カァーカッカッカッカッ!! 面白い!!
           iルi ヒニニノ   __ノ/   >、\|    ヽ|
              ト、 丁  /"// -‐  _i‐‐┐    'i   ではわし自らきゃつらを葬り去ってくれようぞ!!
              | ,V レ'" //  __/    ハ
           _ハj   ,/"´-‐         ゝ‐y―   誰かおるか!! 隣のアテヒュル王国に使者を出せ!!
         __/ / iNル'  l|        __ -‐ '´
       / :L/  .:/   :/|_  -‐            共に戦い白人共を粉砕しようとな!!
  __  -‐/   :/!  .:/  .::/|

テパフ:テファナ王国の酋長






450 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 22:17:00 ID:u.CiLPjA





            ,、_,,,、_r-、_,、_
        _,、-'`~^:::::::::::::::::::::::::::~'`-,_
     _,r'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::"'v、          
     j''゛:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`i
    f’::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}         ふん、テパフが助けを求めてきおったにゃもか
 ,.-f~::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∫
´ i!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;r--::_:::::;:、::::::::::::::::::::::リ         情けにゃいにゃも
 {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::r’    i~ ヽ::::::::::::::::::;j
 {::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  `,ニ,=_、! ,_=,1:::::::::::::;r″         朕に任せるにゃも
  '!::::::::::::::::::::::::::::::::i! ー´二   ヽニヽ::::::;i''”  ,.、__,r‐-、
  ゙';:::::::::::::::::::_,-ヘ:i!       し、_,ム  V″   jノ~~~~ヽ     朕の軍隊は精強にゃも
ヽ、 ゞ;:::::::::::l´..:..:.l“       レ',ニ,ニ,} ヽ __,-、/⌒ヽ、
  `丶、ゞ;::::::{..:..:..:..|     トミ二 ̄)  }└y'_,.='=‐、     白人ごときには負けにゃいにゃも
       ``'┴-、..:|     ノ   `フ}  ハ /   -‐`ニ=┐
             `ヽ、 _'´   ー'ノ‐く ll!       ´
`>―-- .._      >、``ー‐く、}!  lヽ|         r=
´        `¨- .._ |〔 〕ト、.:.:.:.:`゙|.:.:.:||        !_
            `ヽ<l〔 〕ト、.:.:.|.:.:.;L|      /
               `ヽ<r=ヽ|.:/{.:|       /





453 :名無しのやる夫だお:2010/09/24(金) 22:18:52 ID:nuHbv.lQ



>朕の軍隊は精強にゃも

フラグの様な気がするが・・・



451 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 22:17:30 ID:u.CiLPjA





            , ‐ '´,fツ´    _ z、 \         __l__
         / ,fツ´   ,  ,j{ _ _\ `__‐、     〃、ヽ   ヽ       兄上様の言うとおりにゃも
          / /´   _ / r化ノ  ̄ 〃 )、ヽ`丶、  ll  l l    '.
       ∠  {  __ヽ, 、 ´   __`´__乂   ヽll  l l    l
       フ.人レ / 〃rッ ゝ  ‐y≠_‐、   ヽ\  ソ  .l l    |      白人ごとき
        ̄ム ヘ _ ‐ ´  { ,rッ^' _ノ人 ヽ    }ヽ ∨`¨¨´l l     |
          ヽ ゝ-.、  ,≠' //  h ト  ノ ∨.:/   `¨`‥…┴ 、_
          〉.f r }i 〃{、∠/, ‐ 彡ノ イ〉  .::/    :::/   /  `¨`‥我々だけでも一ひねりにゃも
            { { 丁 〃 \`三//r //  .::::/    .::/  /    /
          ゝ `¨、´    ゝ‐‐'´  //  ::::/    .::  /     /
           ヽ  > 、--- 'ー‐_彡 '    .::/    / /       /
        , ――、\  _>‥ ´      .:/   .::        ./
      /| {::::.   \「            .:    .::        .::
 , -――/   . \::::. /    . -―        .:::::        .::
.     〈   \ \|  -‐           .:::::::::       .:::::
      ヽ    \ \           ..::::::::::::::      ..:::::::::





テパフは二人の酋長を、パレ王国が次に侵略するのはお前達の領土だぞというしごく明快な脅しで
自分の味方に付けさせることに成功した。
こうして彼らはパレ王国を打倒すべく三者同盟を結んだのである。






452 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 22:18:00 ID:u.CiLPjA





.   /:::_ /:::::::::::\:::::|:::::/::イ/   Z/⌒ :::::|
  // /:::::::::::::ハベⅣレ'^       ミ=-:::::::::|      
     /::::::::::::厂       ,ィ≦≠  ミヽ:::::::::
   / :::::::::::::|         〃 ,,_   ∨⌒ヽ      テパフが結んだ三者同盟の目的は
  <._::_;::::::::ハ -≠=- 、     '/托い    ∨^ l 
      / ::::/| :',  /゙赱ハ    ¨¨     .!ハ |       君達だ
.     |:::::/: |::∧  '¨  |          |ノ | 
.     l/  |/:::ヘ    |          |ィハ      彼らは君達をことごとく殺し
         ∨  `、   \ r        ,∨ 
              ヽ      ___     / :|       神にその亡骸を捧げると息巻いているぞ
             \  て~  ̄ ~Y  /  |_ 
               ヽ、  ̄   /'  /ヽ     
                 `ト--‐< /_/   {
                    /| r< ̄      人_  
                   / ∧ |   \    / {






454 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 22:19:00 ID:u.CiLPjA





          __
   _,,,, -‐''''.´ ̄    ̄'''ー=x
 /''::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'=、
/::::::::::::::::::::._;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_::::::::::::::::::::|             我々もただ黙って殺されるつもりはありません
::::::,, -''゙ ̄_ ,,. __ _x_ __ `'''::、::::::::i
゙Y゙ ィ '´_,,,;;::==--竺:-=::ミ、-.`ュノ
=:}''ッ〔c_゙:::::::::::  ..:::::::::::::::::::..`‐ミ{              この上はポイノの助力を仰ぎましょう
:Tヽ;:;;/`'ァ‐。x;;;,___,,,;;;;ィTi、__
.{.iヽY  (_ _ノ〉   K(´゚ )`l:/ }::::、゙ヽ、
::ヾ,`|        | ゙ー  ,lイ /;;:;:ヾ、::.\         彼をこちらに引き込めば、我々の戦力は倍増します
,w'゙Yl       rV'〉   .,!ソ'' "ミ::jノ:::::::::::`ー
, .}ミi、     ` '    /ミリ ミ ミ::::::::::::/i::::..
ミ,, ヾiミヽ, -=ニニニ= ,,ムジ ,,ミ'゙::;ィ゙:://:::::::.      三者を速やかに叩くことこそ我々の取る道です
:::ミi, l:;:;ゞiミx、_   _,,,イミジ 彡゙://::/./::::::::::::
:::::::ミ、ヾ、:;゙ヾi}エケZ゙エヅ:/ ミ:;ィ゙ ,,イ::j'./:::::::;;;;_::





こうしてモリソン達は、もはやパレ王国と運命を共にするより他はなくなってしまったのだ。
彼らの取るべき道は、敵を速やかに且つ効果的に粉砕することよりなかった。





456 :名無しのやる夫だお:2010/09/24(金) 22:20:30 ID:oe1a6Mfs



ポイノさん巻き込むなよ・・・


455 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 22:20:01 ID:u.CiLPjA





ポイノの邸宅



                 ○ヽ○ヽ○l ○l l○l l○l./○ /○
         ==二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二==
             /                           \
           /                               \
______ /                                  \ ______
        /                                     \
      /____________________________\
____ヽ二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二/_____
_________/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ___________
_____||_||_||;;;:::|._l_ l ll ll ll l|;;;;::| l_,.ll,._ll_,.ll,._ll_,.l..|;;;;::|l ll ll ll l|;;;:::||_||_||______
. ||  ||  ||  ||  ||  ||;;;:::|l__l l.._|l_.,|l_.,|l.._||;;;;::|  ||    || .|;;;;::|l_.,|l_.,|l.._|l _||;;;:::||  ||  ||  ||  ||  ||
._||_||_||_||_||_||;;;:::|!;;;;;∥∥∥∥;;||;;;;::|∥∥∥∥∥∥|;;;;::|∥∥∥∥!,|;;;:::||_||_||_||_||_||_
:::::::_:::::::::::::_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
=| |==| | : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: | |==| |=
=|_|==|_|__:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__|_|==|_|=
;;;;;;;;;;;;;;;;;;//二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二\\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;//'二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二\\;;;;;;;;;;;;;;;






457 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 22:21:00 ID:u.CiLPjA





               , ‐ト、―- 、
       , -――∠-‐ゝ.\ : :ト-、_
      ゝ‐- /!| !   ヽ/l: ト、: ハ:\              …………
      l \/, ⊥    |l V \l
      N : レ_、 _ ィ丕テl: ヘ. ∧ l              つまり君達は、我々に武器を取り
      l l: 〈rrtタV  ̄ ̄ l: : :∨ :丶l
      l/: : l r‐/  ̄ ̄\j: : : : : : : :l              君達と、そしてチュと共に戦えと言うのだね?
      l:i: : ヘl ` ___  l: l : : : l: : :l
      l:l: : :l:ヘ  ゞ-┘  ! l: : : l:l: : :ヽ
      l:l: : l: : \      l l: : l l:l: :l: l l
      l:l: : l:l: : lハ> --- イ:l: : l:l:l : !: トl
      l:l; : l:l: : l:.ハ   _ノィl: l:州:从:ノy‐-、_
      リヘ リヽ/:.iノ! // j:/':.:.l':.:.:ソ/      ̄ ‥‐- 、_
        ゙lニl:.:.:l/:.:.:.:.:.:l':.:.:.:.:.:.://              \
     _ - ´//j:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//          /
   -‐ ´   { { l':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ /         /






458 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 22:22:05 ID:u.CiLPjA





              _, -‐‐';;´;;;;;; _ ...'''' -‐===‐- 、ヽ
          ,, ( ) ̄;; .. -‐ ' ´ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,  ''';;;ヽ.       はい、そうです
     ,,, -''' _,,, '"ヾヽ、 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'''  '';;;;ヽ       
  '''' _,, -''':::::::::::::::,ヽ、 ヽ、 _ ;;;;;; _ ..... ---―‐--―‐‐ヽ     パレ王国とこのハアパペ王国は一衣帯水、
  , ´ _ `:::::::::::::,,::''''  ''゙`ヽ、 ___  , .,,,、ァー,--,-‐―_-_ゝ    
 / /  `;;:::::,,''        '´ ----―・ナ´,゙〃シ  l          パレ王国が崩壊すれば、この王国も
 i i. <  ;;::::;          ` ̄ ̄-‐´-___ュz.  `、        
 ! ト 〈  ''::;              ´            /       無事では済みますまい
 、ヽ`ー 、.l !                        __/        
 :ヽ、ー゙'´ ,、                   ィ, ´, ´ ,,        そうなる前に我々と共同して脅威を排除しようというのです
 "'',,  ̄ 、、ヽ                    ,У、 ",,       
 、 ,,""ッ, ヾ.、          ´ '‐=ニニニニ二チ./ ,:.:.:.,i  '',,     いわばこれは自衛戦闘ですよ
 "'' ,,   '',,:.:`〒==ミ、        ._     l' /:.:.:.l|  ,,''
    "'' ,,  '',,:.:.:.:`:.、 `〒===〒 ̄ヾ 、  / /:.:.::.:.i| ,,''






460 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 22:23:00 ID:u.CiLPjA





                     _,,,,,,,,,_、              
                   _,,v―"゙^   `~''ーs,←'ー-_       
              ,r'"  ,-ー―---、.,,,_ .~'ー    ‘'ヽ,、   
                /   ,i´    .r'i、_ ``'-,,、 ,,,――''''┴-,,,_      …………
             ,l゙   ,!     ,l゙ 'l,二ニx,,,,''‐`  ._,.,、-‐,-ュ |
               ,i´  .,!    .《  ラ'゙'テニil|カy,,i,,i会l以'" / .l       はっきり言って私は戦いを好まない
           ``   ,i´    .リ,  .,l'      .||   .1  ,/ .| 
              ,'    l゙     l ″ ′    ,。|,|i、  -.,,,i´ .l′      戦わずに済むのなら
          ,l゙    l     .}        出||"   `,|   | 
            ,i´、  }     }        ‘'"″   ゙ヒ  │      それで済ませたいのだよ
             l゙ ,‐  ,!     .,ト,,,,,,,,,,,_      、   .,/  | 
             ト.,l゙   |     |`''''Pllll゙゙゙ザ'・_,,rllltllllF|″  |       しかし、事ここに至った以上
             ],l :  .,!     .|      ___,,v:゙l、   │  .i、l゙  
          'lな] 、、、   、| .,-‐''"`^   'l,゙゙'ヽ、,/、  | ,|       兵を出さないというわけには行くまい
          ` l! l .,|l゙ l゙ 、  l゙.lヽ″      .,r″ ,lケ. j′ ,l ," 
            |,iな l、.!  .l゙ |,    .r*==← .,/ ,l゙.,| .,l'|,l゙       君の望みどおり兵は出そう……
         __  ._,.√ |.|゙l{  |l, }゚'x,    - ._,r'',l| i《.j] ,/.l'ト  
        _,.、イ^.l,''“`|.|  `|.゙lll, .〔゙l,]  ゙゚'ri,,_  _,,-レト,l゙.|丿|/ト,i´.lケ        出来るだけ速やかに戦を収め
   -‐'"`   ‘、 .゙i゙i、 ` "゙l,]ヾレ    `゙,ill゜ 'l,,ヽ,l" .l’j,i´ ″  
             ヽ ゙'i,i、   `" \   ./゜.l  i《''ヒ≒v,"            被害を最小限にとどめることを望む
              ゙!, ゙'i入     \    〕  || l   ``     
               ゚!, ゙'/┐    ヽ  .,i´  ,f| ]             君達もそう努力してくれ
              ゝ  .\    ヽ .,i´  .l゙` "         
                       ゙'″






461 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 22:24:01 ID:u.CiLPjA





    /´.:."  '' - _ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ、
   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : : :`: :―: :-: :- : : :-: :_: :_: :-: :´}
   {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }
    !,.:.,,:.:-.:.- ‐ ― -: :,, : _ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }      仰るとおりにしましょう
    `|    (☆)        ` " ‐ ― - _ ,, : : : : :}
     | _ - - ‐ ― - _ ,,             ̄ "/      兵を出してくれたことには感謝します
     / ´.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;` ‐ - ,           i
    /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.` ‐ ,,,      /
   ./:;:;:;:;:;:;:;:;:;.;.;.;.;..;.;.;;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.ノ`ヽ,, - "      (……うまくいった
  /:;:;_:;:;:;:;.;.;.;.;.;..;.;.;.;.;.;.;.;.;...;.;.;.;;;.;...;...;.;.;.;.;.;/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;!
  `´‐ i` ‐ - 、.;.;.;.;..;.;.;.;..;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;./:;:;:;:;:;:;, "ヽ:;:;:i       これで我々は敵とほぼ互角の兵力を
      !`i ̄`、` - ,,,____ ,, - ‐´ヽ、:;:;:;:/ /  i:;:/
     / i ` ,,゚i    !´ i  ・` ‐i‐    ヽ/ /ヽ  }/        持つことが出来る
    ./  i    !     `- ,,,_ ノ       `  ノ
   /    !  /             ,`ヽ ,ヽ ノ           これで僕達の勝利は疑いのないものになった)
   /    ヽ ヽ_ 、          i ~
        ヽ ヽ       ノ  -ヽ
          ヽ` ヽ二二 =´  _ヽ
           ヽ `      て
             \ _ ,,





アリイパエア達は集められた戦力を使って、より戦果を拡張しようと望んでいたのだ。





463 :名無しのやる夫だお:2010/09/24(金) 22:25:25 ID:3Iq9EJSw



どうしちゃったんだ
魔王さん……



462 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 22:25:00 ID:u.CiLPjA





.   /:::_ /:::::::::::\:::::|:::::/::イ/   Z/⌒ :::::|
  // /:::::::::::::ハベⅣレ'^       ミ=-:::::::::|   
     /::::::::::::厂       ,ィ≦≠  ミヽ:::::::::ア
   / :::::::::::::|         〃 ,,_   ∨⌒ヽ      ポイノの協力を得られたとはいえ、
  <._::_;::::::::ハ -≠=- 、     '/托い    ∨^ l 
      / ::::/| :',  /゙赱ハ    ¨¨     .!ハ |      我々の兵力はまだ敵のそれを
.     |:::::/: |::∧  '¨  |          |ノ | 
.     l/  |/:::ヘ    |          |ィハ      上回るとこまではいっていない
         ∨  `、   \ r        ,∨ 
              ヽ      ___     / :|       モリソン、君には敵に勝つための
             \  て~  ̄ ~Y  /  |_ 
               ヽ、  ̄   /'  /ヽ      策があるのかね?
                 `ト--‐< /_/   {
                    /| r< ̄      人_ 
                   / ∧ |   \    / {






464 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 22:26:15 ID:u.CiLPjA





 .::/;;'  ,r'‐' ´/:::`::::ヽ..、   /  ''  |
.:,;;;''';  .:l, /::: :: : : \::'  ゙'';;,    |        再び古典的な作戦になりますが、
;'';''   ::,レケ=‐-、- = ニ::::_\   ゙';,,,  |
;;'' ,,,.-‐'' i´ 。    l  ';,,  ,;i'"\ ゙';; , |        今度は挟み撃ちを行いましょう
'´i;;l.l'';;,;;;'ヽ....__ノ ,,'     l| ゚  \ ´"|
:::|:::||''';;;;;;;;;;ヽ ,, ,, ;;;,, ''  :::::!;;`ー-,,';;;;\ |        我々が北面から戦闘を行って気を引き、
::|ニ||'';;',, '';,''' ,, ,,;''' ,,  ''  ''i'' '''j::::::::ヽ|
:::|ニ|| '''';;,'';;,,,,,;;;;;''; ;   _  ノ ,,; i::::::::: ソ        その隙に別働隊が南から回りこんで
'ッ,,l.l   ;'';,';,'' '' ;,  セ´、/シ'  ''/:::::/,"',,,
'' ;; "';,、;;; '' ';, , "'',,       '' 〃/ ヽ  "'''';;,,    彼らを挟撃します
,;;';;;''''';;,,'' -=ニニニニニニ..‐. y/ ' "'',,  l..:::::.....;,''
'' ''' ,,, ''';;'';;;,;,,、   、     //i ' ,  _ "; \::::,;;''    そのためにはこの島の南にあるパパラ王国と
,,;;;'';;''" ,, ";;;;'';;;;;`i ,, '',, //::::l ' `'i `'''‐-ゝ,,_
,;;;''''    "'';;,, ;;'';;l、ニ≡イ'':..:::.::ノ ` ';; i -....___ /    同盟を結ぶ必要がありますね
 ,, ,,    ,, "'',, ;;";┴ヒ'7:::..::/  ''  i |   //






465 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 22:27:00 ID:u.CiLPjA





アリイパエア達は早速島の南部のパパラ王国の酋長であるテマリイと同盟を求めた。
彼は腹黒い野心家であり、自分の隣国でライバルであるアテヒュル王国を滅ぼすための
手助けをすることに何のためらいもなかった。



                       , -‐…‐-‐…‐- 、
                  __,/           `ゝ、
                 /    _ッノィ_ノハノツト、ヽ   \_
                _/  ,√             ヾソ\` \
               フ   /                ハ  ヽ
               イ   ソ                     弋  ト
                   川  リ ─- ..,__      、__,.-─‐ }  {
                  イl 从  ,.‐ャa‐ミ       , ‐ャa-ミ、 从ハヾ
              丿  }   `¨~彡        `ミ~¨´  }   {
                 イハ 从         i::.        リ从ハ
             ,>ノ ソ ハ         !::        /´ }リ_ノ
        厂'⌒ ̄` |八 (_ ',           ′       / ノ 八   ̄~フ
     ヽ__ノ        \ ム     ..______,     /ー イ}      \__,
     彡            个ーハ、     -‐      人「           ̄ミ、
    丿                \ ト 、        イ}                `ヽ、
    )                     弋 \≧ュ、  _x≦ 厶ィ                  彡
  ー彡                     勹  //∧仄ハ V ̄ 丿                 (
  彳                     ツ //ノY⌒Yハ V  └ッ                ヾ〉
  >                 丿//  人_,人 ヽ\ 〈                 \

テマリイ:パパラ王国の酋長






466 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 22:28:00 ID:u.CiLPjA





           //   へ Y へ \          /////// ,イ从从ヾヾヾヾ
          /: '   . :/: ,、∨ヘ ヽ ヽ         i川///ハ}}リ iリ{ili,'ミィ从从ヾミミ
            /: /:  . //': : ∧V l l: . ヽ:l        i r'⌒jヽi!  { ヾ{´く´ヽ ̄ヽ`ヽミト、ミミ三
        | l: : : : l/7: : }^`^l |: : : l、   l    {{ { _」___{!  i! ヽ `二 _     ! !ヾト、ミ三 
.           | : |: : : //: : イ  |:l、: : : v: : . l     Y>、(゚ソ \丶   ´(゚::ソ二ニ‐'' リ  } }}リ川 
.          | : l : : l-|: :/l:|   l: | \: : :v: | : |l     j  ノ:::.   \ ´       、___ノノノノ川 
       、 ノ: :l|: : :lィl: ャッリミ.、  l: |弐ャヵ、:V: : |l|    i (⌒``            ー=彡イ彡'彡 
       `¨¨¨ツ | :「 !:l¨´ ` ', l: | ` ¨´ヽニ=-::     ! `ヽ ^            >‐彡彡イ{{ 
         `丁: ヽヽ`ヽ    | 丶ヽ    ノノ:ノ :    .|  rー‐ 、    ’       , '´    ノノ 乂
         /: :\ ≧z,  _|  `\ 彡'/: :l:::    i   } }二>-‐ "`     /      /  /乂
         V {、: :`下  , 丶´  , -彳: : : :{     .  乂___, '´            .イ´ー''ノノノノ
          ゝ-)ハ :トヽ. `¨二.¨´  .彳/ ∧:`      .Y             . . :´ ノー=彡彡
       ___ `7/ ノ:ヘ  \    / lィ: / ヘl .      i         . : : : ´: /       ∨
   .  ´  / \{ V  }`ー‐`=== ´一"八{ ∨      ゝ..__ . . . : ´: : :   /         ∨
  /    〃  /∧V V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:V/ //          }: : : : : :     /          ∨





しかもテマリイは狡猾なことに、自分達がパレやその他の王国に単独で敵対できるほどの武力がないと
知っていたので、パレ王国からの申し出が来る前にバウンティ号の乗組員であるバーキットとサムナーを
既に自分の軍隊に雇い入れていたのだ。






467 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 22:29:08 ID:u.CiLPjA





          __
   _,,,, -‐''''.´ ̄    ̄'''ー=x
 /''::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'=、           同盟を結んだにも関わらず、テマリイが差し向けると
/::::::::::::::::::::._;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_::::::::::::::::::::|
::::::,, -''゙ ̄_ ,,. __ _x_ __ `'''::、::::::::i            約束した軍隊はひどく数が少なく、その質も不十分です
゙Y゙ ィ '´_,,,;;::==--竺:-=::ミ、-.`ュノ
=:}''ッ〔c_゙:::::::::::  ..:::::::::::::::::::..`‐ミ{            ご苦労ですが、君達はパパラ王国へ向い、
:Tヽ;:;;/`'ァ‐。x;;;,___,,,;;;;ィTi、__
.{.iヽY  (_ _ノ〉   K(´゚ )`l:/ }::::、゙ヽ、         バーキットやサムナーと協力して
::ヾ,`|        | ゙ー  ,lイ /;;:;:ヾ、::.\
,w'゙Yl       rV'〉   .,!ソ'' "ミ::jノ:::::::::::`ー      彼らを率いて敵を挟撃するために行動してください
, .}ミi、     ` '    /ミリ ミ ミ::::::::::::/i::::..
ミ,, ヾiミヽ, -=ニニニ= ,,ムジ ,,ミ'゙::;ィ゙:://:::::::.
:::ミi, l:;:;ゞiミx、_   _,,,イミジ 彡゙://::/./::::::::::::
:::::::ミ、ヾ、:;゙ヾi}エケZ゙エヅ:/ ミ:;ィ゙ ,,イ::j'./:::::::;;;;_::






468 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 22:30:00 ID:u.CiLPjA





        _ -'  ̄       Vl_                       ,-‐‐‐-、  ,-‐-、
      ∠   , ヘ ヘ ヘ     ヽ                 ,.-‐-、_i'‐---‐‐ヽノ ,‐‐、ヽ
      /  /       ヽ   ヘ                l ,-‐、`‐,.-____,.- '- 、ゝ.ノ l 
.     / // /  /  / }    、\  分かった       l ヽ_.ノ.i ,‐.、   ,.‐、 i,,__,ノ     ふもっふ
    // /  / / / / ハ ヽ\ ヽ ヽ              ヽ___,-|. i.o゚'i  l.o゚'l l
     イ / /∠/_// /_/_,,ム }ヽ N                   l,,,`‐.'   `‐' " l , -‐ 、
      l,-l/ / _て::ナ7 / / 1::T_N ハ !   俺に任せろ       ,.‐-、,l  (_ _人._ ,) .ノ'´    )   ふもっふ!!
      {  l/   ̄ // !   ̄  |!l                 l    `‐‐,- ,,_,,-‐''フ    ,/
    ,イヽハ        〉     !ノ、                `‐、,,_  i>  ,.‐、  ゝヽ-''
  /  |   ヘ      _     ハ \                  ''ーl`''´:::i `''´,:::::`、
/    |   l \   /_ ノ  メ/  l   \                  l `'''''′  `'''''´ヽ
     |   l  \  ー  /l   l    \       .           l  .::::::::.    ノ‐-、
     | ,--、ヽ    ー イ  ! / ̄!      ヽ              ,!、  ''''ィ',,‐-''i´   _)'゜
     |/    \       l/  |      / !             (´   ''' ノ    `‐''′





モリソンはパパラ王国にブラウンとヒチヒチを差し向け、テマリイの小規模な部隊の補強に当らせた。






469 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 22:31:10 ID:u.CiLPjA





                       ,. - ―― -- ., _
  __|__        ,.r ´        ,. ≧=―― -- _         ‐┼‐ ┌┐
  | _ノ  L |             ヘ      ,r ´〃〃      ,.r--=、        |三|三|ノ_L
   ─┼─              ヽ    /  〃     ,/,、三ヽ:;:;:;}}      ‐┼‐ 乂
   _/\_           ハ ヘ  /  〃    r," "ヽ,ゝ三:;:;}ト、      ニニl二二
                      .ハ  V       />、,   ",三y{ ヽ      ̄ ̄ノ ̄ ̄
                     リ  } ノr-、    ノ ヽ  ・}≧,   ";,三、 ヘ
                     {  レ { ノ   ,.r '   ミノ, Ⅵ'i, ",三三} }
                    ./   /   ´, r イ  _       |・}"三三//
                    イ  { ,.r ' ´/ミ/ rイ  "`ヽ  ==ヽi三r ニ/
                    ヽ {;;;;;;;/ヽミ/ レ‐L`ヽ、  ヽ、 Tイ三 /
                    ヽヽ|;;;;/   ヽ`≧、ヽ、 \_ヽ_/三/__
                    ニレ;/_ --― "  ̄ ̄ ̄_ ≧―r= ̄三三三三三三三
                        , . r = =  ̄ >  / /三三三三三三三三三
                    , . ‐  ̄, r '     /  /  /三三三三三    三三





そして9月22日、ついに戦闘は始まった。






470 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 22:32:20 ID:u.CiLPjA





                         ↑            
                             ∥                   当初の予想に反して、
       アヒャ                  ∥   突撃ジャゴルァ!!      
            ∧∧    ↑       ∥                   ブラウン率いるテマリイ軍は
       〃  (゚∀゚ヾヽ  ∥       ∥ ∧∧                
.    ━━━━⊂━⊂ )   ∥ ∧_∧  ∩(゚∀゚ )   ∧∧           南から順調に進撃していった。
       ∧∧  (   |   ∥(´∀` )   (   ) (゚∀゚::::ミ          
   〃 ((゚∀゚ ミ し(_)  ⊂   と ミ   ━━━⊂━⊂ )         これに対して、北側のモリソンの
━━━━⊂━⊂ )       ∥ Y  人         ( ( |          
       (_)J        (_」 J            し(_)ミ.        マスケット銃部隊は
          ∪ ´⌒;,   ∧∧           ∧∧              
  アヒャ       〃  (゚∀゚ へ     〃   (゚∀゚ ミ   アヒャ       思いがけない邪魔者に遭遇
        ━━━━⊂━⊂ )  ━━━━⊂━⊂ )            
               (   │         (_)J            することになってしまった。
                  し (_)             ∪ミ ミ






471 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 22:33:00 ID:u.CiLPjA





                 A                               A
              / \           iコ          / \
.          _/      \__        |       __/      \_
           |=|=|=|=|=|=l/´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`\l=|=|=|=|=|=|
          \        /__________.\           /
             | 田 田 田 |エエエエエエエエエエエエエエエエエエエ |田 田 田 |
.   〔二二二二二〕 |    〔二二二二二〕ヨ 田 田 田 田 〔二二二二二〕    ! 〔二二二二二〕
__|      ::|____|      ::|_______|      ::|____|      ::|__
TTT.|   l⌒l  ::| TTTTTT|   l⌒l  ::| TTTTTTTTTTT|   l⌒l  ::| TTTTTT|   l⌒l  ::| TTT
.TTTl     ̄  .::|TTTTTT l     ̄  .::|TTTTTTTTTTT l     ̄  .::|TTTTTT l     ̄  .::|TTTT
TTT.|      ::| TTTTTT|      ::| TT/ ̄| ̄\TT|      ::| TTTTTT|      ::| TTT
.TTT|      ::|TTTTTT |      ::|TT |   :|:   | T |      ::|TTTTTT |      ::|TTTT
TTT.|      ::| TTTTTT|      ::| TT|   :|:   | T |      ::| TTTTTT|      ::| TTT
.TTT|      ::|TTTTTT |      ::|TT |   :|:   | T |      ::|TTTTTT |      ::|TTTT
TTT.|      ::| TTTTTT|      ::| TT|   :|:   | T |      ::| TTTTTT|      ::| TTT





邪魔者とは、城壁だった。
モリソン達が目標としたテファナ王国のある丘の頂上に、高い城壁を持った強力な要塞が
築かれていたのだ。
このために彼らの突進は阻まれることになった。






472 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 22:34:00 ID:u.CiLPjA





          z一'/:/. : .ィ三: . ヽL...ヽ
          Z 、_、i/" ̄"~ゝ三、: .\Lハ
          V,.  / / ̄ ゝ三ミ: .>'7          カァーカッカッカッカッ!!
         ∠ノ /r≦tヱニ  ゝ三/ィ /
         ヽrヵ  `三_ --‐ | レ彳ィ//|\丶
          { -/  -、    ノ イ_.//∧ \丶       我らが築き上げた要塞、そう簡単には
          ゝ_ゝ'^'‐'‐-、 イ  (..∠ ハハ   \丶
          ノ. ィ^```了i\  | へ{ Vハ   ヽ丶    突破できまい!!
           iルi ヒニニノ   __ノ/   >、\|    ヽ|
              ト、 丁  /"// -‐  _i‐‐┐    'i    こうなれば数で勝る我らが有利!!
              | ,V レ'" //  __/    ハ
           _ハj   ,/"´-‐         ゝ‐y―    じっくり料理してくれるわ!!
         __/ / iNル'  l|        __ -‐ '´
       / :L/  .:/   :/|_  -‐
  __  -‐/   :/!  .:/  .::/|






473 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 22:35:00 ID:u.CiLPjA





            |   _, -‐‐';;´;;;;;; _ ...'''' -‐===‐- 、ヽ   |     |    
  突   す ま  |() ̄;; .. -‐ ' ´ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,  ''';;;ヽ. |.  い |
       ま こ  .|'"ヾヽ、 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'''  '';;;;ヽ|    .|    
  撃   な と   |::::::,ヽ、 ヽ、 _ ;;;;;; _ ..... ---―‐--―‐ |  い |
       い.に  |::''''  ''゙`ヽ、 ___  , .,,,、ァー,--,-‐‐ .|    .|    
  だ   が    |      '´ ----―・ナ´,゙〃シ  l    !  か |
 ヽー'ヽ.    _〈   '' ;;;;;; ,  ` ̄ ̄-‐´-___ュz.  `、  ヽ  ノ    
 ! ト 〈 ヽ. _ノ´ `ヽ , ;,;;;;,,  ,,,    ´            /   `
 、ヽ`ー 、.l !    ,,  '''' ,,; ,            __/           
 :ヽ、ー゙'´ ,、  ;; ;;    ,  , , , ,  , ,  , ィ, ´, ´ ,,
 "'',,  ̄ 、、ヽ     '    '             ,У、 ",,          
 、 ,,""ッ, ヾ.、        // ̄, ̄二ニニニニチ./ ,:.:.:.,i  '',,
 "'' ,,   '',,:.:`〒==ミ、  ヾー´ ̄ ._     l' /:.:.:.l|  ,,''        
    "'' ,,  '',,:.:.:.:`:.、 `〒===〒 ̄ヾ 、',' ',/ /:.:.::.:.i| ,,''






474 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 22:36:03 ID:u.CiLPjA





                                    _
                              _,イ ̄f‐:, ̄`ー-、_
                        ,-─-<ニ二二ヘ,:{ヾf::i:|::::|\ ,-─ミ、
              _______//⌒ヽ、::::::::::::::::::::>、 {_::i;':::,イイ ̄ヾ::X       __|__
            /::::::::::::::::::::://::::>イ ̄:::::::::::::::::::::::::::\}::::f/7 ヽ (::::}}      | _ノ  L |
          /::::::::::::::::::::::イ <::::::::::|   }:::::,-──-、:::::::::::/ヽ/   i  ハノ         ─┼─
       |:::::::::::::::::::::::::人  Y:::::::|z彡彳-─〇─-ミ,::::{ r'ノ⌒| :| !リ         _/\_
       |::::::::::::::::::ク〈  ヽ V::::::}'´rz彡≦三ミ≧ッ、!::::}─‐t t,カノ
       |::::::::>イ{ f〉ヘ \ V:f〒!「`夊≧三≦z彡{::::}.  _|コ          ‐┼‐ ┌┐
.       ,孑彳i >|x}ア ヾ:\::ヽ Vヽ|  { ・ rヘ:::《_・ )}:|ノ::リ `「コ!            |三|三|ノ_L
      人>イ:::::::::::::{ { :.:}::::::}≧. \ト、__ ̄'' 」`゙ ̄ r':::/ iニメッ:ト、          ‐┼‐ 乂
    /:::::::::::::::::r‐┬:八:.:.ト、::::ト、下、≧::`ヽー─‐ァ //ヘ_/  j::::\           ニニl二二
   /:::::::::::::::::::::∧_斤:.:.个x_}::::!: \ \::::::::::\二´彡父 \二f´::::::::::ヽ       ̄ ̄ノ ̄ ̄
 r'´::::::::::::::::::::::::::::::ト、:.:.:.z_:://'' ̄ヽ≧_X⌒ヽ,::(-< \\/j::::::::::::::::::::::::V
 |:::::::::::::::::::::::::::::::::::|: \ /............. f´:::'    _r‐、Yヘ \ノヽj/:::::::::::::::::::::::::::}
 |:::::::::::::::::::::::::::::::::::\/\_:.:.:ヾ::ト、:{ :.:.:..   {ミY⌒ミ、X...イ\\:::::::::::::::::::::::|
 |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄:::::\::ヾ:::>x_ヽ Tト、 {:::\::::|:.. \\::::::::::::: : |
  |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/|::::::::::::::::::::::::|:::::::::::ヽ_イ>x|\::\,::..  \\x::::: : |
 ト、::::::::::::::::::::::::::::/  j : ::::::::::::::::::::|'´>'⌒ヽヽ ::::::\\::\    \\ー'´
  人::::::::::::::::::::/   ノ::::::::::::::::::::::::ィ'´    ヘ V::::/\\::\    \))
   \ :::::::/   ∧:::::::::::::::::::::::ノ ::       :\V::..  \\::\
                 〉、:::::::::::イヽ::..   ヾミヽ::::::Xヽ,::..  \\::\
                (\二二彳 :ト、::::. ー---彡´  \x _  \\::\
             ヽ `ーイ/  j\Xーァ'´      `ー-、二x_\\::\
                ├─//  /三ヘV/              ̄¨\}:X_\__
                ├‐//| / ̄ ̄ヽ{                \{/ (ヽ「ヽ
                ト< /ノY::::::::::::::::::|                   \イ{{ヘ \
              }::::::::::/:::::::::::::::::::ヽ                         \ \
             人:::::::ゞミ=、_::::::ノ                          \ \
                ̄    ̄ ̄ ̄                              \ \
                                                   \ \
                                                      `ー\





これに対しバウンティ号の人々は、マテの軍隊を後方に伏せさせたまま
自分達だけで強引に要塞に突撃していった。
これは、前回の戦闘でマテの軍が命令を聞かず敵味方が入り混じってしまったことに対する
反省からであった。






475 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 22:37:02 ID:u.CiLPjA





                   ∧
                  /::∧          しかし、この戦の勝敗を決したのは、
                 // ::∧
                 /  ::  ヘ         またしてもマテの軍隊の命令無視の突撃だった。
                 |  ∧.  |
                 |  | |  |         当初は忠実に命令を守って後方に控えていた
                 \| |/
                  ヘ±/          彼らだったが、バウンティ号の人々の猛烈な銃撃に
     /\___/ヽ     γ| |ヾ
    /ノヽ       ヽ、 {○;○}          ひるんだ一部の敵兵が戦闘を放棄して逃げ出そうと
    / ⌒''ヽ,,,)ii(,,,r'''''' :::ヘ  `!幵j´
    | ン(○),ン <、(○)<::|   | |           したところに、命令を待ちきれずに猛烈な勢いで
    |  `⌒,,ノ(、_, )ヽ⌒´ ::l   | |
.   ヽ ヽ il´トェェェイ`li r ;/  . | |           突撃したのだ。
   /ヽ  !l |,r-r-| l!   /ヽ   | |
  /  |^|ヽ、 `ニニ´一/|^|`,r- L|          これで完全に勝敗は決し、テパフの軍は撤退を
  /   | .|           | .| ,U(ニ 、)ヽ
 /    | .|           | .|人(_(ニ、ノノ         余儀なくされた。






476 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 22:38:01 ID:u.CiLPjA





          __
   _,,,, -‐''''.´ ̄    ̄'''ー=x
 /''::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'=、            もはや我々の勝ちは決定しました
/::::::::::::::::::::._;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_::::::::::::::::::::|
::::::,, -''゙ ̄_ ,,. __ _x_ __ `'''::、::::::::i             この上は使者を立て、敵国の酋長を
゙Y゙ ィ '´_,,,;;::==--竺:-=::ミ、-.`ュノ
=:}''ッ〔c_゙:::::::::::  ..:::::::::::::::::::..`‐ミ{             交渉のテーブルに引きずり出すのが
:Tヽ;:;;/`'ァ‐。x;;;,___,,,;;;;ィTi、__
.{.iヽY  (_ _ノ〉   K(´゚ )`l:/ }::::、゙ヽ、          良いと思います
::ヾ,`|        | ゙ー  ,lイ /;;:;:ヾ、::.\
,w'゙Yl       rV'〉   .,!ソ'' "ミ::jノ:::::::::::`ー      今なら我々に非常に有利な条件での
, .}ミi、     ` '    /ミリ ミ ミ::::::::::::/i::::..
ミ,, ヾiミヽ, -=ニニニ= ,,ムジ ,,ミ'゙::;ィ゙:://:::::::.      和平が可能でしょう
:::ミi, l:;:;ゞiミx、_   _,,,イミジ 彡゙://::/./::::::::::::
:::::::ミ、ヾ、:;゙ヾi}エケZ゙エヅ:/ ミ:;ィ゙ ,,イ::j'./:::::::;;;;_::






477 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 22:39:00 ID:u.CiLPjA





.   /:::_ /:::::::::::\:::::|:::::/::イ/三三Z /⌒ :::::|
  // /:::::::::::::ハベⅣレ'^三三三三三ミ=-:::::::::|
     /::::::::::::厂三三三三 ,ィ≦≠  ミヽ:::::::::ア     ダメだ!!
   / :::::::::::::|三三三三三〃 ,,_三三∨⌒ヽ  
  <._::_;::::::::ハ -≠=- 、 三三 '/托い    ∨^l      兄(マテ)は更なる戦果の拡大を望んでいる
      / ::::/| :',  /゙赱ハ    ¨¨     .!ハ | 
.     |:::::/: |::∧  '¨  |          |ノ |      あくまで作戦は継続するんだ
.     l/  |/:::ヘ    |          |ィハ
         ∨  `、   \ r        ,∨      彼らを完全に壊滅させるまで
             ヽ      ___     / :|
             \  て~  ̄ ~Y  /  |_      我々の戦闘は終わらない!!
               ヽ、  ̄   /'  /ヽ
                 `ト--‐< /_/   {
                    /| r< ̄      人_





モリソン達は戦闘の停止を進言したのに対し、アリイパエアはマテの意志であるとして
作戦継続を頑強に主張した。
そして短時間の協議の後、バウンティ号のマスケット銃部隊は完全にこれに合意したのだった。






478 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 22:40:20 ID:u.CiLPjA





     /::::::::_..‐´::::::::::::::::::::::::..-‐ ′            `' 、::::::ヽ        ……我々が協議を重ねている間に
    /_..‐´::::::::::::::::::::::::::::::_..-'"      _,,l「 l1‐-――‐‐-...`l、
  /_..‐´::::::::::::::::::::::::_..‐´    ,,..-‐''´ ゝ-'′_ ,,...............,,, ヽ/..         後方に撤退したテファナの軍団は
  \::::::::::::::::::::::_..‐´  _.._..-‐''   __....-‐'''::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   \::::::::::::::_..‐´′ ,- ′ _..-‐''::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_.,,,,,,._.._,,,, ノ、         再び結集して再編成を終わらせ
    \::::::ィ''´  /  ...‐" :::::::::::::::::::::::::::::::::::  ,, .ニ/--、ノ゙i
      \  /  ィ''´::::::::::::::::::::::::_..-‐'' / /ハノ   ゚,‐´ , ゙i′        戦闘再開の意欲を燃やしているに
       \ j丿 'ぃ―f ......--''¨___ 'く   〈' ⌒゙゙゙゙゙ ''´   i丶
        l''、,,-':;:;:;:; !'''′ エ ̄ ゚ ,/ /    ゙i       i〉  .       違いない
        ./ 、:;:;:;:;:;〔    ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙__ィ   ゙i       lソ
         ノ( `ゝ:;:;:;:;卜 ‐            / ゙iヽ      l \、     その軍団に正面からぶつかるのは
       / ( ヽ ` 巛    、  ..‐-、   ゞ‐゙'ノ ..,,    li!i!i!i!i!l`\
    ,ノ"  ヘ     ゝ 、 ` / 〕ゝ - ' ..-‐'' `   "'‐-、  li!i!i!i!i!l '、\  難しい
    / 、´ r广´` 、   ‐ 、、  /  / │‐..'′   ,,.. _''__.....-..〉 ノi!i!i!i!i!l  '、
  /..''j ''´、 厂  ''ー 、 .._  '、! .. ´′     ,,< r'-―゙´""゙゙゙゙〕|i!i!i!i!i!l   '、 彼らに対して決定的な勝利を
../ ノ'( r'      i!/:;TTTヽ  ’ ;''゛  、 ..-"´      _,,....ri!i!i!i!i!i!i!l  ´
''  丿 ヘ   "ヽ.. ''i!i!i!i!i!| | | | '、 ' /   '"  ゝ '/....:--´゙゙`ノi!i!r--i!""   収めるには……
 i |,   ''    ゝ   ゙!i!i!i!i!i!i!i!i!i!l  '´   ./   ..-'゙^‐ゝ、  /´i!i!!'′、  ´
.. ⊥    ミ      . ''゙くi!i!i!i!i!l  i  ./   、     (-!′ '´ ''-´ ..ィ ッ やはり”アレ”を使うしかないか






479 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 22:41:05 ID:u.CiLPjA





          __
   _,,,, -‐''''.´ ̄    ̄'''ー=x
 /''::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'=、           アリイパエア、今からすぐに
/::::::::::::::::::::._;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_::::::::::::::::::::|
::::::,, -''゙ ̄_ ,,. __ _x_ __ `'''::、::::::::i            カヌーを集められますか?
゙Y゙ ィ '´_,,,;;::==--竺:-=::ミ、-.`ュノ
=:}''ッ〔c_゙:::::::::::  ..:::::::::::::::::::..`‐ミ{            あなた達の軍が正面から進撃してテファナの軍を
:Tヽ;:;;/`'ァ‐。x;;;,___,,,;;;;ィTi、__
.{.iヽY  (_ _ノ〉   K(´゚ )`l:/ }::::、゙ヽ、         引き付けている間に、我々は海から侵攻し
::ヾ,`|        | ゙ー  ,lイ /;;:;:ヾ、::.\
,w'゙Yl       rV'〉   .,!ソ'' "ミ::jノ:::::::::::`ー      側面から彼らを叩きましょう
, .}ミi、     ` '    /ミリ ミ ミ::::::::::::/i::::..
ミ,, ヾiミヽ, -=ニニニ= ,,ムジ ,,ミ'゙::;ィ゙:://:::::::.    その支援のために一隻でも多くカヌーが必要です
:::ミi, l:;:;ゞiミx、_   _,,,イミジ 彡゙://::/./::::::::::::
:::::::ミ、ヾ、:;゙ヾi}エケZ゙エヅ:/ ミ:;ィ゙ ,,イ::j'./:::::::;;;;_::






480 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 22:42:00 ID:u.CiLPjA





.   /:::_ /:::::::::::\:::::|:::::/::イ/   Z/⌒ :::::|
  // /:::::::::::::ハベⅣレ'^       ミ=-:::::::::|   
     /::::::::::::厂       ,ィ≦≠  ミヽ:::::::::ア
   / :::::::::::::|         〃 ,,_   ∨⌒ヽ      よし分かった
  <._::_;::::::::ハ -≠=- 、     '/托い    ∨^ l 
      / ::::/| :',  /゙赱ハ    ¨¨     .!ハ |      
.     |:::::/: |::∧  '¨  |          |ノ | 
.     l/  |/:::ヘ    |          |ィハ      すぐに手配しよう
         ∨  `、   \ r        ,∨ 
              ヽ      ___     / :|       
             \  て~  ̄ ~Y  /  |_ 
               ヽ、  ̄   /'  /ヽ      
                 `ト--‐< /_/   {
                    /| r< ̄      人_ 
                   / ∧ |   \    / {






481 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 22:43:00 ID:u.CiLPjA





              _, -‐‐';;´;;;;;; _ ...'''' -‐===‐- 、ヽ
          ,, ( ) ̄;; .. -‐ ' ´ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,  ''';;;ヽ.       マッキントッシュ、ノーマン、
     ,,, -''' _,,, '"ヾヽ、 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'''  '';;;;ヽ
  '''' _,, -''':::::::::::::::,ヽ、 ヽ、 _ ;;;;;; _ ..... ---―‐--―‐‐ヽ     ”アレ”は今すぐ準備できますか?
  , ´ _ `:::::::::::::,,::''''  ''゙`ヽ、 ___  , .,,,、ァー,--,-‐―_-_ゝ
 / /  `;;:::::,,''        '´ ----―・ナ´,゙〃シ  l          我々には今”アレ”が必要です
 i i. <  ;;::::;          ` ̄ ̄-‐´-___ュz.  `、
 ! ト 〈  ''::;              ´            /       すぐに動かせるようにしてください
 、ヽ`ー 、.l !                        __/
 :ヽ、ー゙'´ ,、                   ィ, ´, ´ ,,
 "'',,  ̄ 、、ヽ                    ,У、 ",,
 、 ,,""ッ, ヾ.、          ´ '‐=ニニニニ二チ./ ,:.:.:.,i  '',,
 "'' ,,   '',,:.:`〒==ミ、        ._     l' /:.:.:.l|  ,,''
    "'' ,,  '',,:.:.:.:`:.、 `〒===〒 ̄ヾ 、  / /:.:.::.:.i| ,,''






482 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 22:44:09 ID:u.CiLPjA





         r'`ー-' ̄ ̄ ̄`'''''''´`>
        〃       /´ ,、/            …………アレを今すぐ使うってのか?
        「`' /´ヘ     o「/             
       r`ー-'-<`-<二二二`'''ュ、
       「  ,、  `>'ニュ、レ, 〕`'ー、ゝ           確かに完成はしているが、
      ノ {6ヽ_r'´ <ヾラ l ,イζ___ノ            
     r'  〉。  / ̄~ 、z/`て
    ノ  /r`1    ,-=,7                 アレはまだまだ不完全だ
  r-ー←'''''"""´`ス、_ _上/                 
  〉  r'`ェ'~`ヽ L  7----ーァ
 {   'ニメ'二フ o 了/ ̄ ̄7/                100%の保障はしないぞ……?
 `ー-──     |/   //






483 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 22:45:00 ID:u.CiLPjA





                  _,. -─ ¨ ̄ ̄ ̄ フ!
.              rく...__   _,,,. < i l |
            ト、\ヽ不ハ〈   ∥ |llリ            
            ト、\ヽll!入l    l!  jヘ!    
                }、 \V´  \  │/  l             正気かあんた!?
               |\__{       \l/ u |   
             l`ー-l l U ._     l、  }.            一体何考えてるんだ!!
.               lニー-! l   u\  、 yニ}
               fヘ\ !   〃^¨ヽ、__Y rシ´            今すぐ動かせなんて
              l lヽ.リ  I.__ fア_〉ハ-ソj ̄\
             l ヽ_ユ、 J ー‐v' ,.:ァ〉 !   \        そんなの無茶だぜ!!
            /\_)\, U ,.ー---クノ!    ノヽ
            /   人l  i.  |:: ̄ ̄:::/ lヽ´\   }
        , '    〈 <\.l  {⌒⌒<\ l::::i  l  ノ
     , ィ´        ヽ/  \u \ー‐'__ノ)::::|_L∠ -t‐r‐、
   /   `ヽ  /        \  こ___/ ̄  l_.. -一…'
  /     u \  し         ヽ /     ー<、
./    U      ヽ    U     /   ´  ヽ、)






484 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 22:46:06 ID:u.CiLPjA





           ... -―……―- .. .
       . . : ´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`: . ..
      /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`: : ..          無茶は承知です
.     ,′:::::::::::::.  -‐…――- : . . .:::::::::::::::::::::::::::::\
    i::::::::::,. ´ (YY)-‐…‐-   .. .  `: : ..::::::::::::::::::::::ヽ       我々には今アレが必要なんです
    !:::::::/ , . :.(.ハ.).-‐…‐-... ,,_   ` : : . `: : .::::::::::::::!
.     \〈  ,. :':.:.:::::::::::::::::::::::三三二二D}  `: . `ヽ::::::j       今ここで使わないと、我々は
      Y.://三二ニ>''"Y o `ヽヾハ;;;ー- .. ` 、}/
.      //ィi{ o Y´  ( 八    ノ  〃;;:;:;:;:;:;:`ヽ__,′        テファナ王国に対して決定的な勝利を
     〈/l;;トヘ.___ノ}    `  二´     ;;:;:;:;:;:〃⌒ヽ
       _从     トiへ.          ミ"// く:::{ j''ッ、      収めることは出来ないでしょう
     ( ヽ ''  ヾ} ン"               ノフ ノ  彡x
      ヽ|     ______     xッ、ノィィ彡''⌒ヾ    ,,ミ、   そうなれば我々はさらに多くの血を
        八   i´ ,,二ニ-‐‐ ''  ノ           ,,z'  \
         ヽ  ´     ,,xミン′       ,, -‐''"       流さねばいけません
        /{::.、  ,.ヘ._〃      ,, -‐''"
         〈 ゞミx._////シ    ,, -‐''"                必ず使用できるようにしてください
        /`ヽヽ /// ,, -‐''"






485 :名無しのやる夫だお:2010/09/24(金) 22:46:18 ID:3Iq9EJSw



なんだなんだ


486 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 22:47:01 ID:u.CiLPjA





三三三三 ミ     .三三
三三三三 ミャlュ_o三三三      やれやれだぜ……
三三. ,..__lニニ─tミミミミ彡
三三// ̄ンモラュ_、 ゙fsjミミ彡      分かった、すぐに使えるように準備しよう
三ノ) ーク `i-   l ト彡ミミ、
三kツ イ  己  _//三三\
三,レイ|三三r┴i┌三三三







    |~l~~|~i|
    || i ill|         分かったよ、やってやるよ……
  /)Д`; )
  |/   //)         全くあんたは人使いが荒いぜ……
  ヽ   ///






487 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 22:48:19 ID:u.CiLPjA





 こうして遂に、本来はモリソンの                     .†
                                         ∥ヽ
 脱出用だったレゾリューション号は                       ∥.. \
                                         ∥   ヽ
 その目的にも、表向きの         †__             ∥     \
                        ∥   ──_.        ∥       ゝ
 建造理由だった遊覧航行にも     ∥       /ヽ      ∥       / 
                        ∥     /  ヽ      ∥     //ヽ
 使われることなく、軍艦として       ...∥    /    ヽ.   .. . ∥    //   ヽ
                        ∥  /      ヽ     ∥  //     ヽ
 その処女航海を行うことに       ∥/         ヽ    ∥//        ヽ
                      /[∥.           ヽ. ..  ∥/           ヽ
 なってしまったのだ。       ../^イ.∥ゝ           ヽ   ∥             ヽ
                    メ゜ .l[ . ∥ ゝ          ヽ   ∥             ヽ
                  /  .l゛ . ∥  ヽ..         ヽ   ∥               ヽ
                /゜    ./゜ .∥  ヽ          ヽ  ∥                ヽ
              /     /`、   ∥  l           │  ∥                ヽ
            /       /、...  ∥  1          ヽ ...∥                 \
         /        /    ..∥━━━━━━━━━━....∥                 __,,,...ゝ 
       /         /    .. ..∥   .l,,              .∥━━━━━━━━━━━━━
    /__...── ̄ ̄/        ∥  √│.           ∥                /
    \         /__── ̄ ̄.∥/  │             ∥              /
      \ ___/________ ∥____│_________.∥______┌===7
        `ヽ、 ̄ ̄ ̄ ̄  r─ュr─ュr─ュr─ュr─ュr─ュr─ュr─ュr─ュr─ュr─ュ┬''゚ 二二二。7
          ヽ      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    /│
           ',..    ________________________   ソ  │
:::::"´``゛゜''';:;''ー'',:;:-、,-、;;..、、,.,,,..,..., ,___,.,, .., .,__.,.., _,_.,,,_,___,...,, ̄_ ̄_ ̄ ̄_ ̄_ ̄ ̄ ̄ ̄,''" """ "`" "`''""''´`.,...
`",,""`";,,'''"':; `" """'' `"     ,,`" """'' ""' ''''"''" "" "~ ""'`- .,~'ー-~ ~''' '""'`' '.,~'ー-,,_~~''''""'`' ' - .,~'"
    `" """'' `"     ,,`" ""    "'' ""' ''''"      ''" ´"""  """'' ` ,,`" """',,' ""'  ''''"''"    "" "~ "






488 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 22:49:12 ID:u.CiLPjA





      /  ,,,, -‐ '''' " ̄""''‐-,,_  \
     /  /´,,-‐'' """""'''' ‐- 、. \  \
      ,l 〆Θ='''' """ ン フ''ミ=oァ `\ヽ             我々マスケット銃隊は、レゾリューション号で
     〈 (;;''" _,, -‐'",,=,,゙"'‐、 ヽ::::\ ヽヽ |
     〉'  _ェ、'ゝ;"´l  `i '  l:::::::::::\`i|ン'           島の海岸沿いに進み、同時に陸上軍を
    /´-イ,"-,l  ` ,ゝ・‐´    i:::::::::, 'ニ、ヽ,
   `´   l l ・'           ゙''..:::':::`::}..l..           前進させる
        i´ ヽ、テ          ,:: -――‐- 、
         l   `  _.. -‐- 、 /;;;;;;;''''',, '':::::::::::`:ヾヽ、      敵が迎え撃とうと前進してきたところを
        `、  , ',´‐ '"´´ /;;;;;;'''''  ,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,\\
         `、. '´     .l;;;''''',,,,;;;;;;;;''';;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,'''';;;;;;ヾ.、   我々が側面から銃撃を浴びせて潰す
          ゝ    .::::|,/: : : : /`'';;;;> 、"''''''';;;;;;,,,;;;;;/
       ,r'´;;;;;;;ヽ-‐ '':::" |: : : : :l;;;;;;'''''''',,,,,,,,,,,,;;;;;;> \;;ヽ   同時に南のテマリイ軍も侵攻を開始する
       ':::::. ;;;;;;;;;;;l i;;;; :::::l|: : : :ノ'',,,,;;;;;;;;;;;;'''''''"   ,,,,,,,,,,
      ..::: . .:: ;;;;;;;;;;lリ;;;;;;;;;;/: : : i;;;;;;;;;;''''''  ,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;; ; ; ;    我々は三箇所からやつらを叩くのだ






489 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 22:51:00 ID:u.CiLPjA





                                  !ヽ、
                            !ヽ、    l |  \    ~~~
     ~~~~                ,r'l |  \   | l / ゙i,
                          ,/ | l / ゙i,.  | |ノ   ゙!゙         、_  。。。。。 
                         /..::;;| |ノ   ゙!゙i, i l    ヽ          ヽ] ̄二二二7
~~~~   ~~ ""~~~~    / :::;:;;;i l      ゙l |     ヽ ~~~~~       
                       /.;.;.;.;;;;;;;;;l | ̄ ̄ ̄ ̄| |____ゝ
                  ~~,/      | |      | | 
                     \ー---ーー―───====――二二フi    、_  。。。。。 
    、_  。。。。。           ヽ --- ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   _レ'       ヽ] ̄二二二7
     ヽ] ̄二二二7        ~~~~   ~~ ""~~~~  ~~~     
""~~~~  ~~~~~  ~                          ~~~~~
      ~                  、   。。。。。           ~~  
~~       ~~              ヽ] ̄二二二7        
     ~~~        ~~ ""~~~~  ~~~~~  ~  ~~~





慌しく準備されたレゾリューション号は、アリイパエアがかき集めた40隻ほどのカヌー艦隊の旗艦として
タヒチの海を進んでいった。






490 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 22:52:00 ID:u.CiLPjA





               _, -‐‐';;´;;;;;; _ ...'''' -‐===‐- 、ヽ
           ,, ( ) ̄;; .. -‐ ' ´ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,  ''';;;ヽ.
      ,,, -''' _,,, '"ヾヽ、 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'''  '';;;;ヽ        ……よし、テファナの軍が突出してきたぞ
    '''' _,, -''':::::::::::::::,ヽ、 ヽ、 _ ;;;;;; _ ..... ---―‐--―‐‐ヽ
   , ´ _ `:::::::::::::,,::''''  ''゙`ヽ、 ___  , .,,,、ァー,--,-‐―_-_ゝ
  / /  `;;:::::,,''        '´ ----―・ナ´,゙〃シ  l
  i i. <  ;;::::;     '' ;;;;;; ,  ` ̄ ̄-‐´-___ュz.  `、          全員構え!!
  ! ト 〈  ''::;     , ;,;;;;,,  ,,,    ´            /
  、ヽ`ー 、.l !    ,,  '''' ,,; ,            __/
  :ヽ、ー゙'´ ,、  ;; ;;    ,  , , , ,  , ,  , ィ, ´, ´ ,,         撃て!!!!!
  "'',,  ̄ 、、ヽ     '    '             ,У、 ",,
  、 ,,""ッ, ヾ.、        // ̄, ̄二ニニニニチ./ ,:.:.:.,i  '',,
  "'' ,,   '',,:.:`〒==ミ、  ヾー´ ̄ ._     l' /:.:.:.l|  ,,''
     "'' ,,  '',,:.:.:.:`:.、 `〒===〒 ̄ヾ 、',' ',/ /:.:.::.:.i| ,,''






492 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 22:53:17 ID:u.CiLPjA





                             _   〉::/:::::::/      ,    ',.:.:.:',.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
  狙い撃つぜ!!                /´`/-´ヽ::〉:::::l  _ , -‐/   ,  /',.:.:.:',.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
                             /::::./`/´`/:::::/ ,r'く l_//ニヽ__/ /.:.:.',.:.:.:',.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
      ┌──────r──、=ヽ,    ノ`ヽ//:::::/:::::/__l /ヾ// ̄ /、./.:.:.:.:.:',.:.:.:',.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
      |l ̄ ̄ ̄l ̄ ̄ ̄`ー=‐'‐、 ヽ  /´::ヽ:://:::::/:::::∧`ー-,/='ー'l  // /.:.:.:.:.:.:.:',.:.:.:', :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
        ,l-lニ´ ̄ヘ──‐_r‐,‐=-,_/_,r‐‐‐,::::// _/,---、|  i、ヽ_l´二l'-,───,/:',.:.:.:',.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
     /   `ー─'──‐ニニ/l_lニ二ニl /   l ̄ ̄  r'´`ヽ`l`l´ ̄    l_|     /.:.:.:.:',.:.:.:',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:l
    ,-`、_    ィ二二´_ ヽ、r‐‐、--' l、_  |___` ー'´/_.l、     _二二/.:.:.:.:.:.:',.:.:.:',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
    l l---ニニ=´‐く二l ヘ__` ̄´  /    ̄l─‐lヽ、_二 ̄ ィ-‐〉' ̄ ̄ ̄    /.:.:.:.:.:.:.:.:.',.:.:.:',.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
   ,-l/_,--、__     ヘ  ̄',ー‐‐`、__/ニニ/ /    ̄//´.:.:l ̄l ̄l`l ̄l ̄`ー‐'´ ̄/\.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
  〈./ /-、__/  `=rニ ̄l /`ー‐‐,---───、 >'`ー─‐l.:.:.:.:l_/.:.:.:| / ',.:.:.:',____/ | \:.:\.:..:.:.:.:.:.:l
   ``ー- 、_/ ̄ ̄ ミヘ //    |       |二|     .|.:.:.:.:l.:.:.:.:/ /  .l∨___/  /`ヽ、\.:.:\.:.:.:.:.:l
             `´ ヽ____!─、__/\`ー──‐.!.:.:.:.l.:.:./マ  /  l l`ヽ / ./     `/\.:.:.\.:.:.l
                     / `ー‐─-' ´      ヽ´ ヽ/\ / // /l l /     /.,-' \.:.:.\l
                       /:::::/::::/           ヽl ̄l ̄l /-‐´  // ./ /_ - ‐ '/     \.:.:.:|
                        /:::::/::::/                〉 l _,l/  l l_| .l_/./ __ - ´        \!
                   /:::::/::::/             /`ー'´   ヽ_l __',__|/
                    /`::/::::/          /ヽ/ ̄',`、-‐.:'.:´ ヘ     ヘ ̄ ` ー - 、
                      /::::./::::/            ,´.:.:.:/.   ', ',.:.:.:.:.:.:.:/ー───' ̄` ー - 、`\






493 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 22:54:29 ID:u.CiLPjA




         _
      , -、´ ハ ー、
   ,- ' ´   ∨ ハ:::::`ー、                                ヴァーチェ、敵を叩く!!
  ハ`ヽ、_, - '´∨ ハ:::::::::::`ー、
  ハ  ム     ∨ ハ::::::::::::::::::`ー、
 ハ   ム     ∨ ハ ::::::::::::::::::::::::`ー、
. ハ   ム      `ー、ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::`ー、
.ハ   ム         l l ` ー、:::::::::::::::::::::::::::`ー、                             _
\ .ム      ,‐- 、 l l   `ー、:::::::::::::::::::::::::::`ー、ィヽ、                      ,-'´`ー、`ー、
  `∨`ー 、   ム  .ハ `ー 、    `ー、:::::::::::::::::::::::::::`ー、 `ヽ、                 /::::::::::::::::`ー、::`ー、
l`ーl`ー 、  `ー ム  .ハ     `ー、  / `ー、:::::::::::::::::::::::::::`ー、|\_              ./::::::::::::::::::::::/:::::`ヘー'l
.l  .l    `ー、 .ム  .ハ        `ー、   `ー,::、::::::::::::::::::::::::::lニ_ ヾ´`l           ∨::::::::::::::::::::/:::::::::::::.l l
..l  .l       ム  .ハ            `ー、  | `ー、 l`ー、::::l:::::::\/ ,-、.  ,     , -'´ヽ::::::::::::::::\:::::,::-l::::l
. l  .l       ム  .ハ                ` l    `l   `l:::::::::::::ヘ、l_|, -´ハ / .,ィ´   //`l ::::::::::::::::`´:::::.l l
 l  .l    _,ム  .ハ                l     l     .l:::::::,‐-、ヽ-'ニ´,-/、l´  , - ´l`/\ :::::::::::::::::::::.l::::l
 .l-─ ' ´ ` ー、ハ                `ー、  l    .l:::::lO/ヽ\フ ,-‐/ ̄,二ニ=-‐‐, \ ::::::::::::::::::::l l
  ヽ _ , - ' ´ `ー 、                        l ::`ヽ/:::::\,、/`ー-'、    _, /, - ' \ :::::::::::/´/
   ` ー 、       ` ー 、                    l::/:::::::::\:::::::::ヾ`ヘ  `l' ´  l     \::::::/::/
       ` ー 、       ` ー 、                / :::::::::::::::l\_/ \l  /    .l       `´
            ` ー 、      ` ー 、     ,-、      ./::::::::::::::: /ノ ノ\/ー、/  _/
                ` ー 、__,  -‐`ヘ`ー-/ | l     l:::::::::::/ `l´ _ノ / / |  ̄ ̄
                      ∨      ∨ `ー´ ` ー- 、 l__/ー-‐'‐´  ヘ`ー'ヘ`ー、
                    ∨      ∨       /ー、l,-‐-、 , - ' ´/  ヘ  ヘ
                    ∨_____.∨      /`ー/ : : |: l/_, - ' ´/l   l  l
                      ` ー 、_ ` ー 、/\l´: : : :/: /   / l l  l  l
                                //  l l : : /: /` ー、/ l  l l, - '`ー、l






494 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 22:55:05 ID:u.CiLPjA





───────  ∧_∧
           ,( ・∀ro=lニニ¬==,=''"´"''';;,,
     と( ̄`⌒f´( `r'´(_アr^^) ̄ ̄   `゙''"
            `ー‐'∧_∧ \\
              ,( ・∀ro=lニニ¬==,=''"´"''';;,,
        と( ̄`⌒f´( `r'´(_アr^^) ̄ ̄   `゙''"     ダダダーーーン!!!
               `ー‐'∧_∧  \\
                 ,( ・∀ro=lニニ¬==,=''"´"''';;,,
           と( ̄`⌒f´( `r'´(_アr^^) ̄ ̄   `゙''"
                  `ー‐'       \\   
─―――――――――――――――――――─




            ,、_,,,、_r-、_,、_
        _,、-'`~^:::::::::::::::::::::::::::~'`-,_
     _,r'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::"'v、
     j''゛:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`i
    f’::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}           ぜ、全滅?
 ,.-f~::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∫
´ i!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;r--::_:::::;:、::::::::::::::::::::::リ
 {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::r’    i~ ヽ::::::::::::::::::;j          120人の精鋭が全滅?
 {::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  `,ニ,=_、! ,_=,1:::::::::::::;r″
  '!::::::::::::::::::::::::::::::::i! ー´二   ヽニヽ::::::;i''”  ,.、__,r‐-、
  ゙';:::::::::::::::::::_,-ヘ:i! ∪     し、_,ム  V″   jノ~~~~ヽ     3分もたたずにかにゃも?
ヽ、 ゞ;:::::::::::l´..:..:.l“       レ',ニ,ニ,}uヽ __,-、/⌒ヽ、
  `丶、ゞ;::::::{..:..:..:..|     トミ二 ̄)  }└y'_,.='=‐、
       ``'┴-、..:|     ノ   `フ}  ハ /   -‐`ニ=┐   て、撤退!! すぐに逃げるにゃも!!!!!
             `ヽ、 _'´   ー'ノ‐く ll!       ´
`>―-- .._      >、``ー‐く、}!  lヽ|         r=
´        `¨- .._ |〔 〕ト、.:.:.:.:`゙|.:.:.:||        !_
            `ヽ<l〔 〕ト、.:.:.|.:.:.;L|      /
               `ヽ<r=ヽ|.:/{.:|       /





テファナの戦士達は数においてはマテの戦士とさほど差はなかったが、マスケット銃の支援を受けた
マテの軍に巧みな戦術を駆使されては到底敵うはずもなかった。
彼らは敗走し、山の奥地にある容易には近づけない陣地に立てこもるという古いポリネシアの防御戦術に
頼らざるを得なかった。






495 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 22:56:00 ID:u.CiLPjA





      lヽ
      l 」      .lヽ                      しかし、勢いづいたマテの軍隊の一部は
      ∥∧_∧  l 」      ∧_∧
      ⊂< `∀´ ,> ∥ γ ⌒ミヽ < `∀´ ,>⊃         勝ちに驕ってテファナ・アテヒュルの村々で暴れ狂い、
       ヽ  と)  ⊂< `∀´ ,>(つ  /
        (⌒)ヽ  ∧_∧と)| (⌒)             物を奪った上で村を焼き払い、
            J  ( ´Д`;)⊃し⌒
              (つ  /J                  さらにはパンの木の林や農園を
              | (⌒)
              し⌒                    滅茶苦茶に荒らしてしまったのだ。

 , -―-、、      , -―-、、      , -―-、、        食糧の供給元を失い、また士気がどん底にまで
/:::::::::::::∧_∧  /:::::::::::: γ ⌒ミヽ  /:::::::::::::∧_∧
l:::::::::::::<丶`∀´>l:::::::::::::<丶`∀´>  l:::::::::::::<丶`∀´>      落ちたテファナ・アテヒュルの両軍は、
ヽ、:::::::::フづとノ ヽ、:::::::::フづとノ'   ヽ、:::::::::フづとノ'
  `~人  Y    `~人  Y       `~人 Y         遂に瓦解してしまった。
    し'(_)      し'(_)        し'(_)






496 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 22:57:00 ID:u.CiLPjA





    /´.:."  '' - _ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ、
   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : : :`: :―: :-: :- : : :-: :_: :_: :-: :´}
   {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }
    !,.:.,,:.:-.:.- ‐ ― -: :,, : _ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }    これでこの島の西部はほぼパレ王国の
    `|    (☆)        ` " ‐ ― - _ ,, : : : : :}
     | _ - - ‐ ― - _ ,,             ̄ "/    支配下に置かれたことになります
     / ´.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;` ‐ - ,           i
    /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.` ‐ ,,,      /
   ./:;:;:;:;:;:;:;:;:;.;.;.;.;..;.;.;;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.ノ`ヽ,, - "     当分チュに逆らおうという気を起こすものは
  /:;:;_:;:;:;:;.;.;.;.;.;..;.;.;.;.;.;.;.;.;...;.;.;.;;;.;...;...;.;.;.;.;.;/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;!
  `´‐ i` ‐ - 、.;.;.;.;..;.;.;.;..;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;./:;:;:;:;:;:;, "ヽ:;:;:i      このタヒチでは現れないでしょう
      !`i ̄`、` - ,,,____ ,, - ‐´ヽ、:;:;:;:/ /  i:;:/
     / i ` ,,゚i    !´ i  ・` ‐i‐    ヽ/ /ヽ  }/      それはすなわち僕達もこの島での安全を
    ./  i    !     `- ,,,_ ノ       `  ノ
   /    !  /             ,`ヽ ,ヽ ノ          確保したということになります
   /    ヽ ヽ_ 、          i ~
        ヽ ヽ       ノ  -ヽ               実にすばらしいことです
          ヽ` ヽ二二 =´  _ヽ
           ヽ `      て
             \ _ ,,






497 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 22:58:00 ID:u.CiLPjA





モリソン達が祝勝の喜びに浸っていたころ……



               .   Å        
                  ヨE      
                //\\      
               /∠^卉^\\   
             //;;;::   :::;;;\\   
            //;;;;::____::;;;;\\     
         _,,.-''゙//__________ヘヾ-..,,_    
    _,,..-‐''"んんんんんんんんんんんんんんん "''‐-..,,_  
  んんんんんんんんんんんんんんんんんんんんん
       \| |丗丗丗丗丗丗丗丗丗丗丗丗丗| |/    
        | |::                  :| |     
        | |;;       [JUNの家]   .    .| |
        | |::                  :| |     
        | |::     | ̄ ̄ l  ̄ ̄|      ::| | ̄ヽ  
        | |::     |     l     |      ::| | ̄   
        | |::     |     l     |      ::| |     
        | |::     |___l___|      ::| |
        | |::                  :| |
        l二l                   l二l
        |  |                  .|  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄






498 :名無しのやる夫だお:2010/09/24(金) 22:58:39 ID:RJRUNLPc



うわ、すごい嫌な予感が・・・


499 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 22:59:00 ID:u.CiLPjA





      >'´ /   ∧    |    i| ヽ.      \
   /   /     /::::ヽ _,斗:.:.:.: :   |   !  :...   \        
    〉       ::ー‐^´¨ |:.: : !:.:.. ト、  |   :.:.:... : :..`ー-、
    |   |  il  ::|       ! ::∧:. :.  ,=‐i   :.:.:.:.:...:.:.:..:.:./     …………
    / .:.:.:.:|  i|   ::|       | / ,ィ|,.イ´__ ∧  ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
  / :::/イl|  l|  ::|=、>ー=、 i′|:rレ弍¨ヽ ト :.:.:.:.:.:.:.:.:./        アリイパエアとブリタニア人達の軍は
 ./::/  /   |  |´戈¨T |ト==、|| 弋__ソ‐|/.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
 レ'゜   / /  iヾヽ! 辷_ソ」|   ヽ=====' マヽ.:.:r-‐'´        テファナ・アテヒュルの両国を
      レ' レ'〉 ! ヾニ=== ′〈           'ノ::;;;>
             ̄ヾヌ、      `       ,/‐'´            完全に制圧した
             ̄ヽ       ー‐      /
              \           _, ィ´                これでしばらく彼らに逆らおうというものは
                 `¨ニt-  -‐' ト-┐
           _   /´iイ      |/ ヽ―-- 、__          この島では現れないだろうね
          /i  ゞ7″ | ′    /    |     `ヽ、
        /  i  / ,ヘ |____,_/ |―、  |    /  ヽ.     
       /-‐'´ | ./// ヽト-―/ニ,ノ  \|     /   \'、






500 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 23:00:01 ID:u.CiLPjA





        ____
       /    \         ……そうですかお……
.    /          \
.  /    ―   ー  \      やる夫は戦いなんてしたくありませんでしたお
  |    (●)  (●)  |
.  \    (__人__)  /      だからこの戦いでもモリソンさんに付いて行かずにここにいましたお……
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ     でも、モリソンさん達のやり方はひどすぎるお……






501 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 23:01:02 ID:u.CiLPjA





|||||||l'     ||||||,ヘ|||||||||||||/=|||||-=ー‐_'´ ヘ|ヽ‐--::::――┴―‐|/
||||||l      |||||/ |||||||||||/-,,'´|||l''´' ´  ̄_  l|||0.|======ヘ||||/     タヒチがこのまま平和であって欲しいという
|||||l'      |||l/  |||||||||/r '´イ||l==r ̄`ヽ ̄T|||r'       |||/
||||||l    /|l/  |||||||ハ|l.   ||'| ,' , ○ヽ ゝ||,        |/      僕の望みは残念ながら
|||||| l  /,-|l/=、 |||l/ l||l.   |ヘ l ゝ、ノ l /´||||       /
|||||| l/',´ 'l/,=ヽヽl/ ,,-ゝ|l:   ヽヽ_,,,==ゝ-' |||'          '´    叶えられなかった……
ヽ|||| r r'´ r't ̄0ヽ||l〆,,, --ゝ|l=、   ̄ ____, -‐'´,'          7、
|||T|| ||l.l、 || l l ヘヽ||l' ̄   ヽ`ー--―',--―´ ̄//          |     
|||||.` ヾヾ- ヽ ゝ`'´ノl|l       ̄ ̄ ̄  / / / /       |     血は血を呼ぶ
||||||.  ヾハ ヽゝ'´,// l             /   / /        |
|||||||.  /ヾ ヘ_, -'´‐'´ /               / / |        /     いずれパレ王国に逆らおうという国が
\||||. /  T-‐' ´   ヽ                  / |      '
  \| l'   ||||ゝ           _,,,、、                     再びこの島に現れる……
ヽ   |l    l|||ハ         t=-‐'´
 ヽ||||l    ||l  ゝ                                そうなれば僕達もまた戦争に
  ヽ||     ||    ヽ                   /    /
   ヾ           ` -、              〆    /      巻き込まれるかもしれない
                   ` ‐、      , ‐'´  \ /
                       ` ー'´    / /         僕達は一体どうすればいいんだろうね?






502 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 23:02:00 ID:u.CiLPjA





..      ____
     / ―  -\         ……この戦いの責任は、やる夫達イギリス人にもありますお
.  . /  (●)  (●)
  /     (__人__) \       ですから、もしパレ王国が戦乱に巻き込まれるようなことがあったら、
  |       ` ⌒´   |
.  \           /       やる夫が全力でジュンさんをお守りしますお
.   ノ         \
 /´            ヽ      もちろん翠星石のことも必ず守りますお……






503 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 23:03:01 ID:u.CiLPjA





  / /.:/.:   i.:.:.:l.:.:.:l.:.:.:/ l.:.:.:.:.:.:``´.:.:.:.:.:.: |.:.:.、.:.:.:.  
    l.:.:./ .:.: .|.:.:.:l..:/l.:.:/ |.:/l.:.:.l.:l.:.ト、.:.:.:.:. |.:.:.:.\  ̄
  ./.:./ :. :.: :|.:.:.:l/ .l.:/  |/ l.:.:N.::.|__\.:.::|.:.:.:.:.:.:l      ……ずいぶん頼もしくなったね、やる夫君
  /.:./ .: .:.:.: :|.:.:.:仁l/二ニ  l.:仁l:/=== ヽ:!.:.:.|\|
  l:/.l.:.:.:.:.:.:. .ト、.:.l テ示ミヽ1 Ll/ l 「 戍テミ lトV       そんなことが起きないように祈っているよ
   l.:.:/l .: ハ:lN{ 辷ソ ノ ! 「 ̄l |弋辷ソ l1 l  
   l:/ l.:/   lL_ __ノ  ,  ヽ _二 ノ.:.:.        もはや僕にはそれしか出来ないんだ
       l/ 、__',               / .:.:.
           ヽ     ー‐    /.           ……本当に、いったいどうしてこんなことに
             入        ,..イ.:.     
         . '´ i.:.\> -- </             なってしまったんだろうね……
       /     |.:./\    ノ.:






504 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 23:04:00 ID:u.CiLPjA





   |/:::::::::,::::::::::::::::::::::::':::::::::::::::::::::::::::ヾヽ     \
   |:::::::::/:::::::::::::::::::::::ノ!:::::::::::::::::::::::::::::|!t,!    ノ
   |::::::'::::::::,/::::::/:::::从ヾ,.:::::::!::::::::::::::::f!リ   /
   |::/::::::::/:::::::::/:::::ィl;l!::::::\:リ:::::ヾリ:::::レ /
   |/:::::::/::::::::::、 _:/_|:!ハ:::::::::.,\:::,:/::::://
   |:::::::/:::::::::/:::, '/ l「 lT:::;/::::j::ィメ、:; '
   |::::/:::::,:::ィ:/,.ォ==lト,、ヾ〃:,.::/メゥ∧
   |::/::j/::/   ハ;;;;lリ  /:::/:/zォイ::|            白饅頭……
   |'/´ j/    辷ゝ /:::,:::/zォ/::::!|
   |          ノィ'レ'メハイ::::::::|
   |   '      '"´/ィ'',ハz/:|! :::::|
   |  ‐.‐       イ/ヒメハ/ ,l! :::::|            一体これからどうなるですか……
 i`_ー 、      ,/ハィヒメハイ ,::::l!::::: |
  ヒ  ヽl、 __ ィ !::::::/ハィヒメハイトl!:: l!::::: |
  ト`ヽ \::::ノ !`!!:::iハィヒメ/l!:::|:::::::|! ::, |
  _ ヽ ヽ Y _ノ ∨ハヒハ!:::|::::|:::::::l!: リ |
 ヽ `ヽ  ' |∠__,..lヒメハイ|::::|!:::|!:::::|:::,l:: |
    ,)    |  ,>|ヒメハイ|ト、:::::ヾ::::ヽ::::::|
   l     , ヾ,.ノヒメハメハzヽr-._ヾ. ::::|
   |  _   i_,_  lヒメハメハメハソ fノ:.:.:.:`r'-、






505 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 23:05:00 ID:u.CiLPjA





         ___
   __ ...-‐''"´    ゙|               風雲急を告げるタヒチ島、次回はさらに
  /`(      __ r"|.._              
  / ´(  _ ....((  )lノ  `ヽ            混迷の度合いを深めていくタヒチ島で
  |i | ◎========- ‐ ′           
  |i │ l |リノ    `ヽ}_}ハ             周囲の情勢に流されていくバウンティ号の乗組員と、
  |i | 从 ●    ●l小N            
  |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ             その混迷を一気に吹き飛ばしたある船の
  | i⌒ヽ j  (_.ノ   ノi|__/⌒)          
  | ヽ  ヽx>、 __, イl |::::ヽ /          タヒチへの来訪を描くにょろ。
  | ∧__,ヘ}::ヘ三|:::::/l| |',:::::ハ           
  | ヾ_:::ッリ :::∨:/ | | >'''´           乞うご期待にょろ!!






506 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/24(金) 23:05:32 ID:u.CiLPjA





         ,、
         ヽYノ
      r''ヽ、.|
     .  ー-ヽ|ヮ
         `|
        、-┴7
        ミ_o_d,,,
        ミ゙ ゚ -゚ノ
        √¨l-゚]、
       (゙ /  |ゞ
       /ヾノ==,)              次回へ
       ム-ノ__|_jゝ              続く








第二十六話登場人物


やる夫・デ・ニューソク      士官候補生心得:やる夫(AA)

ジョージ・スチュワート      士官候補生心得:できる夫(AA)

ジェームズ・モリソン       掌帆手:新城直衛(皇国の守護者)


◯艦長支持派
ジョゼフ・コールマン        火器整備手:ジェレミア・ゴットバルト(コードギアス)
チャールズ・ノーマン       船匠助手:ジャン=ピエール・ポルナレフ(ジョジョの奇妙な冒険)
トマス・マッキントッシュ    .  船匠助手:空条承太郎(ジョジョの奇妙な冒険)

◯叛乱支持派
トマス・バーキット     .    上級水兵:ロックオン・ストラトス(機動戦士ガンダムOO)
トマス・エリスン          上級水兵:アレルヤ・ハプティズム(機動戦士ガンダムOO)
ジョン・ミルウォード        上級水兵:ティエリア・アーデ(機動戦士ガンダムOO)
ウィリアム・マスプラット     .司厨員:刹那・F・セイエイ(機動戦士ガンダムOO)
ジョン・サムナー    ...      上級水兵:範馬刃牙(グラップラー刃牙・シリーズ)

○その他白人
ジョン・ブラウン    .     チュの用心棒:相良宗介(フルメタル・パニック)


●タヒチ人
マテ                パレ・アルエ王国酋長:伊藤 誠(スクールデイズ)
アリイパエア           マテの弟:澤永泰介(スクールデイズ)
ポイノ               ハアパペ王国の酋長:ハクオロ(うたわれるもの)
ポイノの妻            エルルゥ(うたわれるもの)
ハアパペ王国の神官   ..  ウルトリィ(うたわれるもの)
ヒチヒチ           . . タヒチの案内役:ボン太君(フルメタル・パニックふもっふ)

テパフ               テファナ王国の酋長:ニウェ(うたわれるもの)
テマリイ              パパラ王国の酋長:加藤久嵩(鉄のラインバレル)
アテヒュル王国の酋長       インカラ/ササンテ(うたわれるもの)

タヒチ人その他         ダディクール(AA)

ペギー               テハニの妹:蒼星石(ローゼンメイデン)


●創作キャラクター
テハニ              やる夫の彼女:翠星石(ローゼンメイデン)

ジュン               やる夫のホストファザー:桜田ジュン(ローゼンメイデン)
トモエ               ジュンの妻:柏葉巴(ローゼンメイデン)







ということで、第二十六話終了です。

フネのAAがもっとかっこいいのが出来たらね……。
本当はフリゲイトが作りたかったけど、帆で挫折しまして。
で、スクーナーといたしました。

次回にはまた劇的な変化が起きます。
それではよろしくお願いします。

続きは来月になります。



関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加




[ 55098 ]

やっぱ白人ってくそだわ
[ 2013/04/17 00:56 ] [ 編集 ]

[ 73505 ]

モリソンもアホやな
[ 2014/07/20 18:16 ] [ 編集 ]

[ 91385 ] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2023/06/09 23:39 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oyoguyaruo.blog72.fc2.com/tb.php/2580-0bf08b5a


アクセスランキング アクセスランキング アクセスランキング