ブログパーツ 泳ぐやる夫シアター やる夫がタヒチの楽園で過ごすようです  その26


















やる夫がタヒチの楽園で過ごすようです  その26







                   lllllllllllll|..,llllllllllll|          liiiiiiiil  ≡                
                   llllllllllllll,.llllllllllllll: liiiiiiiil: iiiiiiill.lillllllllllii llllllllll: lllllllllliilllllllii,'lllllllli、,llllllll′ 
                   lllllllllllllli,llllllllllllll .llllllllll: lllllllll.'゙llllllllll゙ lllllllll: :lllllllll~lllllllll|.゙lllllllLllllllll   
                   lllllllll'llllllllllllllllllll .llllllllll :lllllllll .llllllllll  :lllllllll: :lllllllll .lllllllll .'llllllll.llllllll゜  
                   lllllllll,llllllllll!lllllllll .llllllllll llllllllll .llllllllll  llllllllll .lllllllll| lllllllll| .'llllllllllllllll   
                   :llllllll|.llllllll!:llllllll| llllllllll: lllllllll .:lllllllll: .:lllllllll...lllllllll: lllllllll: : lllllllllllllll   
                   :llllllll| lllllll`llllllll| 'llllllllllillllllllll: 'llllllllllil .llllllllll .lllllllll' lllllllll|  lllllllllllll`  
                      ゙゙゙゙゙゙゜.゙゙゙゙’.゙゙゙゙゙゙′゚゙゙゙゙゙~゙゙゙゙゙゙° ゚゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゜.゙゙゙゙゙゙’.゙゙゙゙゙゙°llllllllllll!゙    

                       ,,,,,,,,,,                iiiiiiiiiiii,,,,,,,、
   _,,,,,,、  ..___ .,,,,,_    .lllllllll| .llllllllll ,,,,,,_   ._,,,,,,,,_    .lllllllllllllllllllll,  .,,,,,,,,,,_  ..,,,,,,,,, .,,,,,,,,,: ,,,,,,,,,,.,,,,,,,,, . _liiiiiiiil_.,,,,,,,, ,,,,,,,,, 
 ,iilllllllllllllii,, .lllllllllllllllllllli、  .llllllllllllll:lllllllllllllllllllll, .,,illllllllllllllli,   .llllllllll .lllllllll ,iillllllllllllllli,、lllllllll .lllllllll、.llllllllll!lllllllll .llllllllllllll.lllllllll .lllllllll:
: ,lllllllll..llllllllli、lllllllll|.llllllllll   lllllllll|: llllllllll..llllllllll .lllllllll`lllllllll、  llllllllllliillllll!l゜.llllllllll llllllllll :lllllllll .lllllllll、.lllllllll|.llllllllll .:lllllllll .llllllll,.illllllll 
: llllllllll llllllllll .lllllllll| lllllllll:    lllllllll: .'lllllllll :lllllllll: lllllllllllllllllllll|   .llllllllll!!lllllllii、lllllllll :lllllllll: lllllllll| lllllllll| llllllllll llllllllll .:lllllllll  llllllll,llllllll″
: llllllllll llllllllll .lllllllll| lllllllll:    lllllllll: .'lllllllll: lllllllll: llllllllll      llllllllll .llllllllll 'lllllllll: lllllllll: lllllllll| lllllllll| llllllllll llllllllll .:lllllllll:  llllllllllllllll:
: llllllllll llllllllll .lllllllll| lllllllll:    lllllllll,: :lllllllll :lllllllll: llllllllll..lllllllll   ..'llllllllll,,llllllllll: llllllllll,,lllllllll: llllllllll,,lllllllll| llllllllll llllllllll .:lllllllll,,, .llllllllllllll:
 ゙!llllllllllllll!゙`.llllllllll llllllllll   : !!lllllllll|lllllllll|.llllllllll ゙!!llllllllllll!゙′  .:llllllllllllllllll!!゙ ゙!!lllllllllll!!゙ '!llllllll!!llllllll| llllllllll llllllllll ゙!!llllllll  llllllllllll′
  `””″                        ̄`                                    .llllllllllll!゙ 

               バウンティ号の叛乱   ~やる夫がタヒチの楽園で過ごすようです~












197 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 21:01:20 ID:zUrkoRkU





                                -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
  ┏┓┏┓  ┏┓  ┏┳┳┓    ┏┓      / /" `ヽ ヽ  \.            ┏┓┏┓
  ┃┃┃┃┏┛┗━┫┣┻┛┏━┛┗┓   //, '/     ヽハ  、 ヽ             ┃┃┃┃
┏┛    ┻╋┓┏┓┃┃    ┗━┓┏╋━━/. {_{\    /リ| l │ i| ━━━━━┓┃┃┃┃
┃┃┃┏┓┃┃┃┃┣╋━━┓  ┃┃┃   レ!小l●    ● 从 |、i|          ┃┃┃┃┃
┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┗━┓┣┓┗┛┗━━ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│━━━━━┛┗┛┗┛
┃┃  ┃┃┃┃┃┃┃  ┏┛┃┗━┓  /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !           ┏┓┏┓
┗━━┛┗┛┗┛┗┛  ┗━┻━━┛   \ /::::| l>,、 __, イァ/  /│          ┗┛┗┛
                                 /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |






198 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 21:02:02 ID:zUrkoRkU





       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、       ここまで読んでくださった方は感謝にょろ。
     / /" `ヽ ヽ  \     そして初めての方はよろしくにょろ。
   //, '/     ヽハ  、 ヽ    本作は世界海事史上に残る重大事件である「バウンティ号の反乱」について
   〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|    語っていくスレにょろ。
   レ!小l●    ● 从 |、i|    この事件は、18世紀のイギリスの武装船バウンティで起きた艦長に対する反乱と
    ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│    逃亡者の植民地の建設という波乱万丈の出来事にょろ。
/⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !    内容はこのテーマを扱った映画「戦艦バウンティ号の叛乱」を横目で見つつ
\ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│     史実・虚実取り混ぜつつ書いていくつもりなので、生暖かく見守って欲しいにょろよ。
  /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |    
 `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |     明らかに間違っているところは突っ込んでくれたら嬉しいにょろ。





200 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 21:03:24 ID:zUrkoRkU





      ,,,,、 ,-‐,  __
    _ < ヽ"\゛"´く_,、              それでははじまる
   く. `'"   ` `    \
  ,-‐'     ::.. :.....::::::::::::.. \
  く,,,     ....:::::::.;;:::::::::::::::ヽ_ :ヽ__        ┏┓┏━━┓         ┏━━┓                     ┏┓┏┓
 ┌"   .::::::;-‐ '´ ̄ ̄`ヽ、 l'___:.:l\`‐-、==、  ┃┃┗━━┛   ┏┓  ┗━┓┛                     ┃┃┃┃
  `'7   .:::/ /" `ヽ ヽ   l" l `l:;;; ,`="、  ┃┃           ┃┗┓  ┏┛┻┓┏━━━━━━━━━┓┃┃┃┃ 
  l,-, `:://, '/     ヽハ  、 コ l  l :::lヾ= '/   ┃┃          .┃┏┛┏┛━┓┃┃              ┃┃┃┃┃
  l_....:〃 {_{\    /リ| l |ヽ, l  l  )lヾ=    ┃┃┏┓    ┏━┛┗┓┗┛  ┃┃┗━━━━━━━━━┛┗┛┗┛
   ー、レ!小l●    ● 从 |、i |`、l,'ヽl ,-'/    ┃┃┃┗━┓┃ ━ ┏┛  ┏━┛┃                 ┏┓┏┓
     ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│l lヘ@>'     ┗┛┗━━┛┗━━┛    ┗━━┛                ┗┛┗┛ 
  /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i |. ll'//`
  \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /.ハl"
    /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ /ヾ、
   .`ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' | ̄ヾゝ、






201 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 21:04:00 ID:zUrkoRkU





       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、         改めて解説役のちゅるやにょろ、ヨロシクにょろ。
     / /" `ヽ ヽ  \  
   //, '/     ヽハ  、 ヽ      前回からはタヒチに残留したやる夫達のその後に関しての
   〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i| 
   レ!小l●    ● 从 |、i|      話を展開しているにょろ。
    ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│ 
/⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !      今回は彼らがタヒチで行ったあるプロジェクトに関しての
\ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│ 
 ./:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |      お話を描いていくにょろ。
 `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |






202 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 21:05:03 ID:zUrkoRkU





やる夫達がタヒチに暮らし始めて一ヶ月が経った。







        / ̄ ̄ ̄ \  ZZZZZZZ…………
      /   ―   ―\
  __ /   ( ー)  (ー) \       ____
   ( |      (__人__)    |      || 7: 00 || |
  \ヽ\__  `ー ´__/ \      ̄ ̄ ̄ ̄
    \( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ
     ヽ               \
      \               \







      _ ノ ̄ ̄`ヽ、―ニ 二
     / / ´`ヽ _  三,:三ー二
   / ノヽ--/ ̄ ,    ` ̄ ̄ ̄    朝ですぅ!!!!
  /  }  ...|  /!
 |   _}`ー‐し'ゝL             さっさと起きるですぅ!!!!
 \  _,:ヘr--‐‐'´}    ;ー------
 /  ノ`ヾ:::-‐'ーr‐'"==- ヤシガニ!!






203 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 21:06:00 ID:zUrkoRkU





             /;.;:;:\
             /.;.;.;.;.;.;.;.;:;\
       ,ィ、/.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;:;:;\                       いつまで寝てやがるですか!!
      く/.;.;.;.;.;/\.;.;.;.;乂/.;.;:ヽ
     /.;.;.;.;.;.;.;.;.;\  \.;.;.;.;..;.;.;:/
    /.;.;.;.;.;/\.;.;.;.;.\/.;.;.;.;:;/                      起きないと、次はこいつを
  /.;.;.;.;.;.;.;.;\  \.;.;.;.;.;.;..;.;:/          , === 、、
 lく.;.;.;.;.;.;ヘ.;.;.;.;..\/.;..;.;.;.;/         ,ィ'´ ̄ ̄,、ヽ丶
 \ヽ.;.;.;..;.;.;\.;.;.;.;.;.;.;.;.;:/\\       /l /、_/ィリ_,!、ヽ_>        お見舞いするですよ!!
   \\.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;;/.   \\      `l lトtぅ ィァリイ|
    \\、.;.;.;.;.;/       \\       ゙トゞ、rっ'ツ´l l
.      \ヽ:_/             \\     l /7'天/ ,イヾ、
        ̄             nm\ r'´{゙'イト! {l  ヽ ヽ
                           ヽ_,\\ {l_/ | L」}、_,イ{ト、 ヽ
                       ー‐'\\/7くシ、_ヾ=zj,/゙}|ト.ヽ、
                          / l」-‐ク,、>、ノハ<」_,.、', 丶
                         / /   `^´  `丶、 /ヘ、 ヽ
                     , -‐ァ' ,イ           `´{l `丶.ヽ,__
                    ,ノ 、//〈             l}   \ ヽ






204 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 21:07:00 ID:zUrkoRkU





          _______
         ./ /  #  ;,;  ヽ        す、翠星石、おはようだお……
      : /ノ  ;;#  ,;.;:: \  :
       /  -==、   '==-  ..:::::|        お願いだから朝は普通に起こして欲しいお……
        | ::::::  (__人__)   :::::.::::| :
     : ! #;;:..  l  |    .::::::/        そうでないと、命がいくつあっても足りないお……
       ヽ.;;;//;;.;`ー‐'ォ  ..;;#:::/
        >;;;;::..    ..;,.;-\







/:::.:::.:/  /、// /:/.:.:.:./.:.:.:.:.:.:./ .:.:.: / .: } .:.:.:,ハ.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.\   \
、:::.:::.:/   ,'ヽ'イ.:.:/.: /.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:./ .:.:.: / .: / .:. /: ヘ.:.:.:.: ヽ.:.:.:.:.:.:. \   ヽ
::\::,'  __i! /.:.:.:/.: /.:.:.:./ .:.:.:. / :.:.: ,イ .: /.:.:.:∧ .: ヘ.:.:.:.:.:.',.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ  ヘ
:::.:::/ ,.イ.:.,レ.:.:.:.:.!.:./.: / .:.:.:. /.:.:.:. // : / .:. ,ハ丶.: ヘ.:.:.:.:.:',.:.ヽ.:.:.:',.:.: ',\ ',      そういうことは
:::.::'<_/.:〃.:.:.:.:.:|: |/ :.:.:.: /__ ∠ ノ:, イ .:. /ーヽ-\_':,.:.:.:.:|、 }.:.:.:.|.:.:.:.!  ソ
ヽ  /.:.:.!|.:.:.:.:.: /--―/__,∠_ // ノ.:.:./  ァ‐\-ヽ\-|::V.:..:.:.:!.:.:.:|/―- 、   もっとしっかり食い扶持を
、 ヽ_,'__|j_,.イ.:.__,. -‐''z ニ_二.ヽ// /.:./   ´ァ',二'_ ニ\ソ、::!.:.:.:.:.|.:.:.:|三三三
::ヽ,イ.:  ̄ハ ̄ ̄.:..:ヘ く´ ,仁ニニY ヽ //     '´ 仁 ニハ `7:、ソ.:.:.:.:.i.:.:./三三三    稼いでから言いやがれですよ
/,ノ.:/.:.:{ ',.:.:.:.:.:.:ヽ:ヽ.\ゝ._,.=',, - /',ハ ̄¨' ‐-、ゝ =、ムイ/.:.:.:., イ.:./´ ̄ ̄ ̄
. //.:.:.: ヘ ヘ.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.\ー―''´  / \}        ̄ ̄ イ゙ .:.:.:/ !ノ- ァ― ―-
//.:.:.:.:.:.:.:. ヽ ヽ、.:、.:.:.\-`-                 /.::.;ィ´ //:ノ.:{.:、\\.:   早くしないとお父さまに
/.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.| ¨ 'ヽ、\ __ヽ、      ___      /-‐''´/ノ_, ノ.:.V:∠ヽ\__ヽヽ
.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:'、 / 、`ヘ   ̄     ∠二二>       /, 、 ij/ぐ7=ャ \ ァ=   置いていかれるですよ!!
.:.:.:.:.:/ ̄ ̄}^ヽr‐、` ゝ、        ==           / {!  ,ハ\_ゝ-' {!  ゝ
.:._/ー、/`ゝ く_  ゝ、 \          _     ,.イ    ,ノ‐ ヽ.:ヽ、  --  _,   さっさと飯を食いやがれです!!
/ r-、'´r‐く _,ノ^ヽ|__}‐-、V\ _  __    _{ _ヽ.__/,イ    {,. -、イV__`i=-r‐'マヽ
__/ _ノ .'ゝ、_j r''ヽ〈¨ヽ\_ノ/ ̄{´。V  }__ / _,.‐'.: //´`ヽく__, ノ i´  ノ三!  | ,'
`〕 __}/ r'´,、`|  {,イ、_レ'_ヽノ l ゝ-′〈, イゝ‐仁ス.:.:./_ヽ.ィ / __/ム`i `7 '^ヽ| //
{__ __}}ヽV´ノ j'、 '〈 /_/ノ,ノヽノ! ∨ i! ' | r'=‐'^Y´_, } { { { ゥ,rァ ,、Y /´ノ j レ'レ′
 { `´ノ // ヽ_ノ  |´ |ヽ、 Y ヽ_,ノ、 ,ハ. ヒフ j`/イ ヽ.j ゝ'/,.イ三` / ノr v 、三
   ̄   ´   /    |ー 、!、 | `´ヽ、, -、\ `ー'   \     ´ }三三´三`^''´三






205 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 21:08:00 ID:zUrkoRkU





                            
                              
            / ⌒`"⌒`ヽ、                 仰る通りでございます
           /,, / ̄ ̄ ̄ ̄\         
          /,//::         \           やる夫・デ・ニューソク、ただいまより
         ;/⌒'":::..            |⌒ヽ    
       /  /、:::::...           /ヽ_ \        労働にいそしんでまいります
     __( ⌒ー-ィ⌒ヽ、   /⌒`ー'⌒  )__  
        `ー──ゝィソノー‐ヾy_ノー─"






206 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 21:09:14 ID:zUrkoRkU





ジュンのヤムイモ畑



.. .. . ... .::::.. . . .:: : :.. . ... ::: :::.. ... .. .. . ... ... ..::. .. . .. . .. .::::: :: :. ... .::::: :... . .:::
:::....::::::........ . .::::::... .... ..::::::::::::::::....::::::........ . .::::::... .:::::........ . .::::::... .... ..::::::::: . .::::::... ....:::::::::
,_:::....::::::........ . .::::::... .... ..::::::::::::::::....::::::........ . .::::::... .... ..:::::::`⌒ :::::::::....::::::........ . .::::::... ....:::::::::
 : ゙゙"'ー-、,, ..::::::::::::::::....::::::........ . .::::::... .... ..:::::::`⌒ :::::::::....::::::........ . .::::::... ....:::::::::
 : : : : : : : `゙'''ー-、,,,、 ..::::::::::::::::....::::::........ . .::::::... .... ..::::::: :::::::::....::::::........ . .::::::... ....:::::::::
: : : : : : : :       `゙'-、.. .. . ... .::::.. . . .:: : :.. . ... ::: :::: :: :. ... .::::: :... . .:::: .. .
 : : : : : : : :        `ー--,.:::.. ... .. .. . ... ... ..::. .. . .. . .. `⌒ .::::.. ... .. .. . ... ... ..::. .. . .
     : : : : : 、: .      : : ゙ヽ、:::.. ... .. .. .  ⌒⌒ ... ... ..::. .. .   .. . .. .: :::.. ... .. .. . ... .
        丶.-、: .        `'、:::.. ... .. .. . ... ..  . ..::. .. . .. . .. .
      ::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:゙゙゙゙'''''''‐- 、 ,,,,,__:::.. ... .. .. . ... ... ..::. .. . .. . .. .
::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:`゙''ー-       _,,.--ー''''''"゙
''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''"" ゙゙̄"'''''―-
''"''''"""''"""'''''"""''""''""",,,,-‐'゛'''''"""''""''''""''"''''""''"""'''''"""''""゙''、,,"'''''―--'''""''"''''"""''"""''''
:::::::....::::::........ . .::::::... .,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛:::::::....::::::........ . .::::::... ...         ゙''、,,:::::::....::::::........ . .::::::... ..
         ,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛        :::::... ...                ``'‐.
"''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''"''"'"''"' ::::::::::::....::::::........ . .::::::... .... ..::::::::::::::::....::::::....... . .::::::... ....:::::::::
"''"''''"""''"""'''''"""''""            "''"''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""''''
.. . .::::::... .... ..::::::::::::::::....::::::........ . .:::: .::::  .. .. . ... .::::.. . . .:: : :.. . ... ::: :::.. ... .. .. . ... ... ..: .. .
:::....::::::........ . .::::::... .... ..:::::::::::从 MwM 从 MwMmw M从 MwM 从 MwMmw MwM''"""'''''"""''""''''""''"''''""
从 MwM 从 MwMmwMwM 从WYWノM MWYMWノWYWノMノMYWWYWノM MWYMWノWYWノMノMY
:::::::....::::::........ . .::::::... ..... .. . ... .::::.. . . .:: : :.. . ... ::: :::.. ... .. .. . ... ... ..::. .. . .. . .. .::::: :: :. ... .:::






207 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 21:10:00 ID:zUrkoRkU





                 __   -─- _
          -=ニ二::::::::::::::::::::::::::::_>
             /:::::::::::::___:::::::::::::::::`7               おはようやる夫君
        /::::::::::::::::f┴‐ヘ::::::::::::::厶
        ∠ イ::::::::i:::::::|_,.∠、ヘ:::-、:::::/               さあ、働こうじゃないか!!
            |:::::::::|l:::ト〈    } Ⅵ }::/
           lハ::::|「`Y、 ¨´  `y'´ ̄ ̄`i            
              ヽ个‐' _ .ィ  // //   ヽ
               V ノ> 、__.. く/  '     { r         労働は人間を自由にするんだよ……
                    / /      ∨l::|
                  |         }l::|
.                    l         |l::|
                      ′           |l::|
                  〈     /    |l::|
                      /      /     |l::|






208 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 21:11:00 ID:zUrkoRkU





やる夫達は「義理の父親」の畑の手伝いを始めたのだ。



                          / \
                          く  @ \
      / ̄ ̄ ̄\           /\:::::::::::::\
      /  "\,  、/゙\        //  \__;::-、ノ\
   /  ( ●)  (●) \     //     \   /
    |    :::⌒(__人__)⌒::: l    //         ヽ/
    \、   ` ー ´   /  //
    (⌒ヽ、  ー‐  ィヽ. //
    l \  \     i //                翠星石のためにも
    |  \  \  /, イ   
    |    \ , '⌒く/ /                  がんばるお!!
    l      ゝ、ニ≠ソ
     |     `´  ̄ |
     |    ,ィ'    |
      |    | ヽ   ,l
     |    ,|ノ   /






209 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 21:12:08 ID:zUrkoRkU





          |::ヽ/::::::〈 へ、      /
         /7、  ブ      ,-┘:::::::::::::::::::::::::::`>   .く   _
        〈〈::ヽ彡 ブ   ∠::::::/::::::::::::::::〉ヽ::::::::\   〉   ―、
         ヽヾ:;ヽ    ン   /::〈:::|^^|:::::/\ト、ヽ::::::>  /    __ノ
\        彡ヽヾ::ヽ彡   /::::::ハ|_l/l/.__-ヽ|:::」 //)   ‐┼‐
\\彡      彡ヽヾ::ヽ彡  . ̄7/.|__|─|__|- lj/彡///{    r‐lァ‐、
  \\       彡ヽヾ::ヽ     ヘ.  __;__、u/ミ  /// 〉   {ノl ノ
  彡\\彡       ヽヾ::ヽ     フヽ辷フイ{ヾ  ///彡l    ‐┼‐
   彡\\彡    彡ヽヾ::ヽ彡  /::::〈`l7:´::::::ヽ ///  <   r‐lァ‐、
     彡\\彡    彡ヽヾ:ヽ ノ::::::::::::V::/:::::::::::〉//彡 /   {ノl ノ
      彡\\彡 ブ  彡ヽヾ /:::::::::::7::ト/:::::::::::/ /  〈    ‐┼‐
        彡\\彡ン     /::::::::::/:::::/::::::::://  //ヽ.  r‐lァ‐、
`丶、.彡        \\     /::::::::::/l /:::::::::/::l //彡 〉  {ノl ノ
`丶、`丶、 彡   ∠二フ /:::::::::::::/ /:::::::::/::::! /   /   ‐┼‐
 彡`丶、`丶彡  ヽ,'~つニ〉ヾ:::::::://::::::::::/::::::::j _,. - ' ´く   r‐lァ‐、
    彡`丶、`丶彡 ゙へノ7  ヽノ<::::::::::/ヾー--¬_,- ' ´  〉  {ノl ノ
       彡`丶、`丶、彡くヲ``  ヽ</^ヾフ=/{     /   ‐┼‐
           彡 _,. -ヾソ  ノ:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,   ヽ   r‐lァ‐、
           r ' ´:::::::::::::`ー‐'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::``丶、}   {ノl ノ
           l::::::::::::::::::::::::::::::::::_,. -─- 、_::::::::::::::::::::::::::::l{
              l:::::::::::::::r -- ' ´       ``'ー、::::::::::::::l7  /7777
           /::::::::::::::l               l::::::::::::〈  /_/_/_/






210 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 21:13:00 ID:zUrkoRkU





                   / \
                    く/ ) \
                / /:::::::::::\        ふ~、疲れた
         / ̄ ̄ ̄\/ \__;::-、ノ\
       / ─    ─ \   \   /      ジュンさんはさすがにすごいお
      /  (●)  (●)  \   ヽ/
      | u  (__人__)    |             あっという間に畑を耕していくお
      \    ` ⌒´ ノ⌒⌒ヾ  フキ
    ./ / ` ー─γ     )) フキ
  /´ ̄ヾ        ヽ     ((
 ァ、ヽ`ン            )     ヽ
' /-'´           (







          ____
        /     \                そりゃあ蒼星石と翠星石さんの
      / ⌒   ⌒ \
     / u (=)  (=)  \             お父さんですもの
    |      __´___      |
    \     `ー'´     /             パワフルですよ……






212 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 21:14:02 ID:zUrkoRkU





    .,,.    '" ろ,,,..;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
,,,,.. ..,;;;;;;;;iiii;;;,,... ....,,;;" そ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::.......................::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
||iiiiiiiiiiiiiiiiii|||iiiiii;;;;;;,,... ...,"て '''''':::::::::::::::::....................        .......................................::::::::::::::''''''''
||||||||||||||||||||||iiiiiiiiiiiii"",,,...'"ろ:::::::................                  .........................::::::::::::::
!!||||!!!!||||||||||||||||||||||iii;iiii!!!'"........                             ..................
::レ∠ii||||||||||!!!!!!!!ii;;~^''"
:: /|||||||||||!!!!,,.'''"~"''~................................                      .....................:::::::::::::::
: |'''''''""~~''"                        r´`;
: |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::            `゙´       _,、‐" ̄ ̄'''‐-、、__
: |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::                      ,,,-'`"´ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  `'ー
iii;,                            __,,、‐‐'"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
|||i               _,、‐"~`'''-,,..._ ,,,、r'''´   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
||||             ‐';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;"=,,,,_   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
|||||              ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;``''‐-,, _;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
―ヽ               ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;     ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

  / /.:/.:   i.:.:.:l.:.:.:l.:.:.:/ l.:.:.:.:.:.:``´.:.:.:.:.:.: |.:.:.、.:.:.:.\
    l.:.:./ .:.: .|.:.:.:l..:/l.:.:/ |.:/l.:.:.l.:l.:.ト、.:.:.:.:. |.:.:.:.\  ̄
  ./.:./ :. :.: :|.:.:.:l/ .l.:/  |/ l.:.:N.::.|__\.:.::|.:.:.:.:.:.:l  
  /.:./ .: .:.:.: :|.:.:.:仁l/二ニ  l.:仁l:/=== ヽ:!.:.:.|\|      どうだい、やる夫君、できる夫君
  l:/.l.:.:.:.:.:.:. .ト、.:.l テ示ミヽ1 Ll/ l 「 戍テミ lトV
   l.:.:/l .: ハ:lN{ 辷ソ ノ ! 「 ̄l |弋辷ソ l1 l        今日も一日疲れたろう
   l:/ l.:/   lL_ __ノ  ,  ヽ _二 ノ.:.:.  
       l/ 、__',               / .:.:.        畑仕事は簡単に出来るものじゃないから
           ヽ     r‐‐ッ   /.     
             入        ,..イ.:.            ゆっくり覚えればいいよ
         . '´ i.:.\> -- </
       /     |.:./\    ノ.:






213 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 21:15:09 ID:zUrkoRkU





      ____
    /      \ ( ;;;;(
   /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)        正直けっこう大変な仕事だったですお
 /    (─)  (─ /;;/
 |       (__人__) l;;,´|         やる夫は土いじりなんかしたことないからなおさらですお
 ./      ∩ ノ)━・'/
 (  \ / _ノ´.|  |          でも、翠星石のためにがんばるですお
 .\  "  /__|  |
   \ /___ /



         ____
       /     \         なかなかの重労働でしたね……
      /  u   ⌒  \
    /      u (●)  \      でも、僕はがんばりますよ
    |           __´_ |
     \    u   .``ー/      蒼星石を喜ばせたいですから
    ノ           \




215 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 21:16:00 ID:zUrkoRkU





                __,. -――- 、、_
               ,ィ'-'"´⌒^^⌒`丶丶、
              〃_r冖'⌒^^⌒'ー、_`ヾ'、           ふふっ、精々翠星石のためにがんばるですよ
             /{ノ         ) ヽ、ぃ
            ノ /// / /  /  /}  i`、} 、          白饅頭が作った作物を食べるのを
            \{ l i i,l+‐-/,ィ/‐リ-、 l | |l >
             | l |__l ィ=ミ´ノ ィ=ミ ノ/ , l イ           楽しみにしてやるですからぁ
             从ト トi、::::  ,  :::: メ/ノ,イ lト、
             / ク、下ゝ、 ー一  彳彡イl l lトミ 、
             / ノ/〈`ヽ``ニ=y=<ノ`l '、 l l l \ヽ、
          __/ノ / ,八、 ,'´  /  ヽ 入ヽヽ、l l \\
       , '´イン /r'´、,:'^"'-、_ {、  _l,.,.,._ `ト、ヽ、  \\
      / /ノ / ゝ、 /^'t、,_  `'}ー'"   }  } ヽ 'ー、  \\
    ,イ / ノイ/  l У   `'ー人-‐ ''"~´'、_ノi、丶、 `ヽ、.ヽ ヽ
   / /,r'  ノ /   ,ト/      /三、    ヽーt、 ヽ  ヽ ヽ ヽ
  / / /  ノイ   / ノ      / | | 、    ヽ  l   ヽ  ヽ ヽ ヽ
 l l {   }/   l        / | | | ヽ      ヽ .l   {   〉 ヽ l






216 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 21:17:00 ID:zUrkoRkU





          / /.::;  .:; .:.:::;::/i .:.:.:.:.:::::::::::::::::.:.:.``ヽ、
        / /.:::;′,.::/.:.::://.::l::i .:.:.:.:::::::::::i:::i .:.:.:::::::.:.`ヽ __/
        ,' /.:.:;′/:/.:.:::/:/!::::|::ト、 .:.:.:.:::::::|::|::i .:.::::::::::::::.:「
         l/.:.::;'.:.:/./.:::ノ::/ |:::::|::ト、ヽ.:.::::::|:::|::|::| .:.::::.:::::::::::|       無理しないでくださいよ
        |:l:::::l::::|:::レ':ナナヽ|:::::l::l\ヽ.:‐:十:|十!、.::::::::::::::/
        lハ::l::::|:::レ'´ ‐- |:::/l/  \::::::|:::|::|::| .:.::::.:::|:./        僕はできる夫さんが側にいれば
            ',l::::|:::|  _  |/       `` ``7!.:.:::::.:::|/
           ト、ト::ト、´ ̄`ヽ     ‐==ミ、 ./:!:.:.::::::::|          それだけでいいんですから
            ヽ:|:::|::!             /./.:.:::::::::;′
              `l:::|::ト、    _`_      /::/.:::::::/l/
           |:::!.l.:::>、     `   ,..イ::/::::::::/            ……このままずっとみんな一緒に
           |.::::::/:::/ニ>.--‐ <ニ7⌒:::::/   _ _
        ,r‐r‐- 、|::::/´l/  L_      /   |::/ ̄`ヽ   `」       いられたらいいのにね……
       ノ:いぃ ̄|:/ヽ     `ーrrrt7′  l/    V ̄``
       レ'⌒.:いハ`ヽi     ノノ只〕ト、          i ‐1⌒
      /.:.:.:.:.:.:H.::〉ヽl     〈:::(ノ八ヽ)::〉       l ‐|.:.:.:






217 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 21:18:00 ID:zUrkoRkU





 イアオラナ→こんにちは マエバ→ようこそ
 タオト マイタッイ→おやすみなさい ラウワッエ→またあとでネ
 ナナ~~→バイバイ パラヒ オウトウ→みなさんさよなら
 ティアッイリッイ→ちょと待って マウルル→ありがとう           (注:これは本当のタヒチ語です)
└─――――――y――――――――――――――――――――┘

        / ̄ ̄ ̄\
        /        \              
     /  ─   ─   ヽ             
      |  (●)  (●)   |             
     \  (__人__)   __,/             
     /  ` ⌒´    \
   _/((┃))______i | キュッキュッ キュッ
.. / ヽ,,⌒)  ̄ ̄│ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
/  _____.│_____  \
ゝ三三三三三三三ミ彡三三三三三三ノ





そしてまた、やる夫は暇を見ては少しずつタヒチ語の辞書を補完していった。






218 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 21:19:09 ID:zUrkoRkU





                 んなことどーでもいいから      ,. ´ ̄ ̄``ヽ,
                                   / . : : : : : : : ; : : ⌒ヽ
                                     / . : : : : : : : : : } : : : : :∧
                 飲もうぜ!!     ー     / : : : : : : : : : : /: : : : : : :ハ ノ‐┬  /
                             _   ' ; : : :|: : : ://\: : :ヽ : : | _ノ
                                   //: : : : |: : : :/!l  _、: :! !: :j ‐¬
                                  ノ´! l: : : :l: :/:/ !| ´,__,__,`| レヽ  ノ  -‐    _
                       -、    、\   ||: : : j: ;': ' l'  '"⌒゙ | |ri }  ノ┬ ー   _
           、     ,. ‥‥‐ 、jヽ    \    ヽ{: l : l/l///}/////  |// i   ノ
           ` =ニ¨´ \__   Vソ j_    _  i、_,ハ !: :| j' , -‐- 、   ハ≧=' } ニ、 ー
              / \_ 二=-   _ノ\    、`¬jハ:|、! ゝ^'^ ノ  イ: : :、`ニツ   ノ
             ,.′   丿,      \_∧    `¨¨ア小!、ヽ、   / 小: l:、:ヽ   j_ ニ、
           /   //i          ハ   ̄  ゙´ノハ \`¨¨´/ {:l:从}:ノ   ´ ノ   丿
          ‐=彡'〃 ノ ィ,         ヽ  ヽ ハ__ -'´i{ ∧: : ̄: : :ノ'j'/^"ー- 、___
         /イ l | ´ / |  ,/  ,j  ! | | |  い: : : : ゞ: j: : : : : : : : : : : : : : :\
           l }l i   l | l  l| 〃! / ハ { { 、ぃ≧=-: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
       海   |八l   l |≧ぃl{ ! l|//j≦__」 j l | ト =-: : : : : : : `Y: : : : : : : \: : : : ____、
   来  軍   { |'、ト代:::弐ぃ乂 ヘ:::孑j7//小、: : : : : : : : : , : : : : : : : : : r: :/       `  、
   る  が       V i ミ=-   `ヽ    ノィ/ j/: ヽ: : : : : : : : i!: : : : : : : : :ト{ /      _ -― \
    :  タ      ノ ヘハ ゝ   _'_   ∠ル'^ヽ: ハ: ________ : : : : : : ノ:、 l  -' ´
    :  ヒ       r「ゝi >、 ‐  .ィ ノ 廴 j_/: /゙i… _,,.. -‐…¬ :::{ : : : : : / ̄ ̄\
    :  チ     _/l !、└‐ ` ー彡 ´   ノ j\__ノ ゙¨¨´ _ -‐ ‘´ ::::!__: :-‐〃⌒ヽ、  ヽ
    来  に   , ィ゙ ! 〃 い  、__   //  ノ丿l 、 ‐ `¨¨¨¨二.) ::::|: : : : /    い  l _____,,.. -‐
    な    / { | l{  \  ー―― 彡 ´  / /  ヽ  ⊂ニニニ..ャ‐┘: : /       }」 '´:: :: :\
    い    {  | | l | i  , __ , __   / /    l  , -―┬ ´: ⌒ヽ:/        〃:: :: :: :: :: ヽ
.    :    〉  | | l | ゝ」゙'v'゙L  __  , -―‐く   v   ゝ―一 '’: __: :_ : ,'  〉 !    /:: l:: :: :: :: :: :}
.    :   ∧い ! ! !{  て,.・ ,う7ゝ__>t‐==、 ヽ ノ   ‘、: :___f:::::Y::::::::H  j  l  / 'l:: l:: :: :: :: :: :{
        /  、l| | | |__/^w' { o =  フ ⌒ヽ Vv    '、: : : ゝ-'゙ー‐' ゝ-ヘ ⊥./!_/:{:: /:: :: :: :: :: /
.       /    丶!> ´ ノ   | {    ゝr=一 、\_     、: : :|: : : : : :j:: :: :∨: :: :: :: :: /{
      /    , ´ ,. イ{  | | {     ゝ--、   ヽ\    ヽ: : :j: : : : : ://:: ::、:{:: , -―- 、__' ::}





しかし、他の元バウンティ号の乗組員達は、「義理の父親」達に養ってもらう安楽な生活にどっぷりと浸かり、
次第に自堕落な生活を送るようになっていた。






219 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 21:20:00 ID:zUrkoRkU





           _,,───- 、         彼ら、特に9人の叛乱に加担した乗組員には
         r '´`::::::::::::::::::::::::::`ヽ
          /::::/:::::〃"´ ~`ヽ、::::::::\      海軍がバウンティ号の行方が分からなくなれば
       /::::/:::::ハ/        \:::::::}
       |::::|::l::|リ | ノ       ヽ l|::::|      必ず捜索のための船を出すことは分かっていたはずにょろ。
      /|::::|::|/从 ●    ●j|::::|  
    /  |::::|::|/ | ⊂⊃ 、_,、_, ⊂ |::::|--‐‐   にもかかわらず彼らは逃げようという努力を全くしなかったにょろ。
    〈     |::::|_|__/>、   (_.ノ  ノ{::::{
‐‐''''""" ̄〈:::::〈     `゙'''ー--‐''"  〉:::〉  ∬   この、全く無気力になりタヒチから出ようという試みを捨て去った
        \::\         /:::/  旦
          \_|            lン       状態を、作家のベンクト・ダニエルソンは「ポリネシア麻痺」と

                            表現しているにょろ。





221 :名無しのやる夫だお:2010/09/17(金) 21:21:44 ID:CATY9Fqc



やる夫たちは平穏な生活を満喫しているなぁ
イギリスに帰りたくなくなっても仕方ない



220 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 21:21:00 ID:zUrkoRkU





乗組員達の中で、この「ポリネシア麻痺」からいち早く立ち直った男がいた。
それは、言うまでもなく「艦長派」のモリソンだった。



           ... -―……―- .. .
       . . : ´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`: . ..             僕自身も含めて、皆はすっかり
      /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`: : ..
.     ,′:::::::::::::.  -‐…――- : . . .:::::::::::::::::::::::::::::\        このタヒチ島での生活に満足しきっていますが
    i::::::::::,. ´ (YY)-‐…‐-   .. .  `: : ..::::::::::::::::::::::ヽ
    !:::::::/ , . :.(.ハ.).-‐…‐-... ,,_   ` : : . `: : .::::::::::::::!      やはり僕は謀反人達と同じ様に生きるわけには
.     \〈  ,. :':.:.:::::::::::::::::::::::三三二二D}  `: . `ヽ::::::j
      Y.://三二ニ>''"Y o `ヽヾハ;;;ー- .. ` 、}/       いきません
.      //ィi{ o Y´  ( 八    ノ  〃;;:;:;:;:;:;:`ヽ__,′
     〈/l;;トヘ.___ノ}    `  二´     ;;:;:;:;:;:〃⌒ヽ        ブライ艦長と共に行かなかった僕が
       _从     トiへ.          ミ"// く:::{ j''ッ、
     ( ヽ ''  ヾ} ン"               ノフ ノ  彡x    謀反人達と同様に扱われないようにするには
      ヽ|     ______     xッ、ノィィ彡''⌒ヾ    ,,ミ、
        八   i´ ,,二ニ-‐‐ ''  ノ           ,,z'  \  自らこの島を脱出してティモール島かバタビアに
         ヽ  ´     ,,xミン′       ,, -‐''"
        /{::.、  ,.ヘ._〃      ,, -‐''"           行くしかないのです
         〈 ゞミx._////シ    ,, -‐''"
        /`ヽヽ /// ,, -‐''"                   しかしそれには船が必要です






222 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 21:22:00 ID:zUrkoRkU





こうして彼は、同じく艦長支持派である船匠、マッキントッシュとノーマンの住処を訪ねた。



                v-、___,,,,,,,,..........r-----‐‐‐‐‐‐‐‐‐、
               r'´                   ""'''''"\
              (                  _,,,,       >
            _|`''┘  /`-、           /        /
            }\  /  / ヘ        /      /\ /       …………
           _r'  ゙'''┴</ィ'⌒ヽ,,,,,,,,,,_____    〃⌒ヽ//))) y
           _|        `ヽ,;;;ノ;;;;;;;;_,,____ '''‐-、,,\;;;ノ/〉///        モリソン、わざわざここまで
           )  / ̄\    ゙'''‐、,,_゙'''‐、,,_゙'''‐-、,,_゙'''‐-、,,)//
          / //ヽ、|   _,,-''~_,,,,二_,_‐、,,>∨/''‐-、 ~\〕        俺達を訪ねてきたその本当の
         /^ 〈 ( /( |_,,,/   `ヽ、`ヾ、ッヾ、_ ゞソ_,,,,_〕~\ ヽ
         |  \\ >      _ , ,,二二 -'´  ノ_=;;-‐''( ヽヾヽ、     理由は何だ?
        ,ノ゙    〉、oノ|     /          |`='/   )ノ  \\
       r'     / ' ::::::|    /         ,,_,,___| /   〃    ::::)   用件は手短に済ませて欲しいぜ
      ,ノ゙    /(   :::|    '          \,::''"/`'‐‐‐(--- --- '´
     _∠-‐'''""~ ̄~"~ ̄ ̄~`ヽ      _,.......、_,.. /              俺の女が待ってるんでな……
 /"~ ̄  _,-‐-,_,ィ'⌒ヽ    //     ‐''''''-==-`/
 〉    ./   {    |   //\     "''ー-‐''/
./     { `-''' 人`-'''ノ   :|:| ::::\     r' /
|        `''‐''´  `''''´     |:|  :::::::゙'''‐-、,,__/
"''ー-――             .:::|:|_________,,,;;:::::/    __,,,、、、、,,_
::::::::::::::::::                  / /--‐‐''"  _,,,,, /
::::::::::::::.                ◯  } /"~ ̄~ ̄ ̄  ::://
                       |/        .:::://






223 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 21:23:02 ID:zUrkoRkU





          __
   _,,,, -‐''''.´ ̄    ̄'''ー=x
 /''::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'=、            腹を割って単刀直入に話しましょう
/::::::::::::::::::::._;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_::::::::::::::::::::|
::::::,, -''゙ ̄_ ,,. __ _x_ __ `'''::、::::::::i             あなた方二人に、この島を脱出するための
゙Y゙ ィ '´_,,,;;::==--竺:-=::ミ、-.`ュノ
=:}''ッ〔c_゙:::::::::::  ..:::::::::::::::::::..`‐ミ{             船を一隻作っていただきたい
:Tヽ;:;;/`'ァ‐。x;;;,___,,,;;;;ィTi、__
.{.iヽY  (_ _ノ〉   K(´゚ )`l:/ }::::、゙ヽ、          あなた方には十分そのための技術があるはずです
::ヾ,`|        | ゙ー  ,lイ /;;:;:ヾ、::.\
,w'゙Yl       rV'〉   .,!ソ'' "ミ::jノ:::::::::::`ー      船が完成した暁には、希望者を募りその船に乗り込んで
, .}ミi、     ` '    /ミリ ミ ミ::::::::::::/i::::..
ミ,, ヾiミヽ, -=ニニニ= ,,ムジ ,,ミ'゙::;ィ゙:://:::::::.     ティモール島かバタビアに向おうと僕は思っています
:::ミi, l:;:;ゞiミx、_   _,,,イミジ 彡゙://::/./::::::::::::
:::::::ミ、ヾ、:;゙ヾi}エケZ゙エヅ:/ ミ:;ィ゙ ,,イ::j'./:::::::;;;;_::






224 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 21:24:00 ID:zUrkoRkU





        / ,'  `ヽ  ゙ 、,,;  | / / `ヽ` r'
 丿\丿\ |  |    \ ヾ l / /   |  | ├一 i┴┐
        |  |      \  / /     |  |  `─  /      正気か、モリソン!?
 丿\丿\ |  |     、 ` ー´, '´     |  | ├一 ├一
         |  |      `ヽ  ノ      | /   `─ `─      このタヒチからティモールまで
 丿\丿\ |ヽ, l        ノ ヽ _二.. , ト 冫 .├一 ├一
          |ヽ\!`ー_-_,,‐' 、 ,'/´(_)__ノ ' |   `─ `─      一体何千海里あると思ってるんだ?
 丿\丿\ |、i_;} `く_(_) >ノ  ヾ ̄    ,ヽ ├一 ├一
         |\ヽ    ` '' 、   , "´  イ | |  `─ `─      俺達が作れる程度の小船で、
   |     | ,,ヘri_, ヽ    ヽ_ノ     i i ノ  / / ├一
   |     |/|  ∧  !  r‐ー----一''i´ l | 〉  .・ ・  `─      太平洋を横断しようってのか?
         | l (⌒>  l.  l  ,... ..,,  l  l `ー─---、.._
   ツ    ,ゝ \〉:     l , :'    ';,ヘl  l  〉 ヽ /         あんた、マトモじゃないぜッ!!
       /ヾ    ヽ   ヽ` 、_ ノ ノ  / /  / | i
  / /   (  \   `、   ヽ _,,/, / , '   !  リ |ヽ
  ・ ・   冫   ヽ    \ ` ー_ ‐ ´ / /   丿   |






225 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 21:25:04 ID:zUrkoRkU





           ... -―……―- .. .
       . . : ´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`: . ..              伊達や酔狂でこんなことを
      /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`: : ..
.     ,′:::::::::::::.  -‐…――- : . . .:::::::::::::::::::::::::::::\         僕は言ったりしません
    i::::::::::,. ´ (YY)-‐…‐-   .. .  `: : ..::::::::::::::::::::::ヽ
    !:::::::/ , . :.(.ハ.).-‐…‐-... ,,_   ` : : . `: : .::::::::::::::!        自力でイギリスに戻り、海軍本部に
.     \〈  ,. :':.:.:::::::::::::::::::::::三三二二D}  `: . `ヽ::::::j
      Y.://三二ニ>''"Y o `ヽヾハ;;;ー- .. ` 、}/        出頭することは僕の義務なのです
.      //ィi{ o Y´  ( 八    ノ  〃;;:;:;:;:;:;:`ヽ__,′
     〈/l;;トヘ.___ノ}    `  二´     ;;:;:;:;:;:〃⌒ヽ         そうしなければ僕は間違いなく
       _从     トiへ.          ミ"// く:::{ j''ッ、
     ( ヽ ''  ヾ} ン"               ノフ ノ  彡x     早晩ここを訪れるであろう海軍の捜索隊に
      ヽ|     ______     xッ、ノィィ彡''⌒ヾ    ,,ミ、
        八   i´ ,,二ニ-‐‐ ''  ノ           ,,z'  \   謀反人達と一緒くたに逮捕されてしまいます
         ヽ  ´     ,,xミン′       ,, -‐''"
        /{::.、  ,.ヘ._〃      ,, -‐''"            僕の義務と、そして正義を貫くためには
         〈 ゞミx._////シ    ,, -‐''"
        /`ヽヽ /// ,, -‐''"                    なんとしても船が必要なのです






226 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 21:26:00 ID:zUrkoRkU





       r`"⌒`ー=v ‐-、
        1:::::.....................  }              ……ずいぶん簡単に言ってくれるぜ
       |:::::::::::::::::::::::___::リ,
       r| ::::::::::::::( )|'爪|::jリ              分かってるだろう
      /``======_‐ラ(6,′
     ,>‐'つ__... =-〒rtッテ|h′             俺達はバウンティ号から若干の武器と
   /.ノ (:{,|| i   i l゙`~.jl|リ
   ! }/゙ヽl.l ',  ヾツ  |l!|) _            わずかな手回り品を降ろしただけなんだ
   { (´/ヽ.):ヽ  r=- l/l:}/,r=,ヽ.._
    ヽ( イ- ) ̄l|、|!゙¨´ / l:八.>=iこ⊂⊃        のこぎりさえ持たずにどうやってでかい船を
     \ `ヽ:::::lドミ==‐' レ____l[二´__
 ̄:¨"7゙<〉   )::¨o7 /  ̄ フ 7ー-、:_:: ̄       作れっていうんだ?
::::::::::/:::::::\ ノノ:::/  '  '"´ /  / `ヽ






227 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 21:27:34 ID:zUrkoRkU





          __
   _,,,, -‐''''.´ ̄    ̄'''ー=x              その点に関しては心配ありません
 /''::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'=、
/::::::::::::::::::::._;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_::::::::::::::::::::|            タヒチにも優秀な船大工はいます
::::::,, -''゙ ̄_ ,,. __ _x_ __ `'''::、::::::::i
゙Y゙ ィ '´_,,,;;::==--竺:-=::ミ、-.`ュノ             彼らの船と我々の船は全く設計が違いますが
=:}''ッ〔c_゙:::::::::::  ..:::::::::::::::::::..`‐ミ{
:Tヽ;:;;/`'ァ‐。x;;;,___,,,;;;;ィTi、__            彼らに手伝ってもらえば必ず船は建造できます
.{.iヽY  (_ _ノ〉   K(´゚ )`l:/ }::::、゙ヽ、
::ヾ,`|        | ゙ー  ,lイ /;;:;:ヾ、::.\        道具に関してはコールマンを頼りましょう
,w'゙Yl       rV'〉   .,!ソ'' "ミ::jノ:::::::::::`ー
, .}ミi、     ` '    /ミリ ミ ミ::::::::::::/i::::..     火器整備手の彼は鍛冶の要領も知っています
ミ,, ヾiミヽ, -=ニニニ= ,,ムジ ,,ミ'゙::;ィ゙:://:::::::.
:::ミi, l:;:;ゞiミx、_   _,,,イミジ 彡゙://::/./::::::::::::     彼なら何とかしてくれるに違いありません
:::::::ミ、ヾ、:;゙ヾi}エケZ゙エヅ:/ ミ:;ィ゙ ,,イ::j'./:::::::;;;;_::






228 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 21:31:20 ID:zUrkoRkU





              // ̄ ̄|ヽ
         _  / |    ||\
        /  ヽ   |   |||  ヽ        …………
       /   ヽヽ      //  /
      /     ヽヽ     //   ヽ       あんた、よくもそんな途方もねー計画を
     /ヽヽヽノヘ ヽヽ | // //  /
     /ヽヽヽリ  V/\| ///ヘ// /        思いついたもんだぜ
     |ヽヽヽノ       \/  |/ /
     |ヽヽ、|         / ノ |/!
    /ヽヽ./ ,.,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,  r'´  |リ          だが、あんたのその心意気、俺は気に入ったぜ
    |,.、ミ | =モtラー、:::r .r,.ミ_-、_レ、
    /,、∨    ̄  '´| |ゞニ゙ゝ//!         俺が力になれる程度のことなら
    //rヽヾ      /'7!   / し!
   〈ヾヽ`  l     \_ノ   i l,゙!_ヘ        何とかしてやるよ
   |リヾ〃,  l  ,.=-⌒ニ、_、_ ∧ ', ヽ
  ,.--io'イ゙´l  l   `'ー:-....-, //iヘ ヘ ヽ      マッキントッシュ、ここはひとつ
 |  |リ/  ヽ      _   /r-!、l, ヽ
 l, r"/   \  ,.-:'´:::`ヽ /∧  ヽ!         モリソンに手を貸してやろうじゃねーか
  Y゙ l     \::::::::::::::::/´:/ ノヽ_,.入
    !        ̄ ̄/:::::/ ヽ/ヽ イ






229 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 21:32:15 ID:zUrkoRkU





     ゞ-、_: : : /ニミ_ー、  ,.-ニ-ヽ
      ゞミミミi'´弋弋ラy‐'  !くゞク |_                      やれやれだぜ……
      l,.ミミミ   ,. ̄:ヽ  ゞ∨:   | i
      | ヘ`'゙  i    ヽ<、/   || |                      よし、分かった
        !ヾ|''ヽ  i    _,.、_,. 、  レノ
       'ヽヽ-i     -‐=ニ=ラ  !゙|   ,.-―-、                俺達はあんたに全面協力してやるよ
       リ`i''ーi     "'''''T""  レヽ,-<__/`ヽ ヽ
       ゞ川 :ゝ、       _/i  |: : : `''‐| |__              だが、三人だけでは船は作れねーぜ
 ____レ川  : :`'-、_  ,. -,.ヘ ゝ、> ノ: :,.-‐ニノ ,ノ: :`7
 |: rー-----〉川    : : :`´/ヽ  r''´`'ー<-イヽ: : :|____       艦長派の七人全員でも足りねえ
 |: |= o  ヾ川      ∠  _∠-‐''´ヽ,,..!-ノ ノ/´: : :: :,.-‐''´ ̄`'''‐-、
 |: |  |   . :`'|     (   _       ),l、 〉ィ゙: : : : ,.-'´: : : : :::::::::::::::::::::::\モリソン、あんた何とか他の連中も
 |: |= 9  : : : : | |i‐、__|  (  _,.-‐'"´ ヽ〉ノ: : :/: : : : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,. -‐┘ ||: : : : :|  !       /゙く: /: : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::この計画に引きずり込んでくれ
    ,.-''´     || : : : : | ,/   r  /  ,/: : : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|






231 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 21:33:00 ID:zUrkoRkU





          __
   _,,,, -‐''''.´ ̄    ̄'''ー=x
 /''::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'=、          分かりました
/::::::::::::::::::::._;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_::::::::::::::::::::|
::::::,, -''゙ ̄_ ,,. __ _x_ __ `'''::、::::::::i           では人員の勧誘に関しては
゙Y゙ ィ '´_,,,;;::==--竺:-=::ミ、-.`ュノ
=:}''ッ〔c_゙:::::::::::  ..:::::::::::::::::::..`‐ミ{           僕が引き受けましょう
:Tヽ;:;;/`'ァ‐。x;;;,___,,,;;;;ィTi、__
.{.iヽY  (_ _ノ〉   K(´゚ )`l:/ }::::、゙ヽ、        頭数が揃い次第準備に掛かってください
::ヾ,`|        | ゙ー  ,lイ /;;:;:ヾ、::.\
,w'゙Yl       rV'〉   .,!ソ'' "ミ::jノ:::::::::::`ー    よろしくお願いします
, .}ミi、     ` '    /ミリ ミ ミ::::::::::::/i::::..
ミ,, ヾiミヽ, -=ニニニ= ,,ムジ ,,ミ'゙::;ィ゙:://:::::::.
:::ミi, l:;:;ゞiミx、_   _,,,イミジ 彡゙://::/./::::::::::::
:::::::ミ、ヾ、:;゙ヾi}エケZ゙エヅ:/ ミ:;ィ゙ ,,イ::j'./:::::::;;;;_::





こうして、モリソンは船を建造してタヒチを脱出するというとほうもない計画を実行に移し始めた。





230 :名無しのやる夫だお:2010/09/17(金) 21:32:41 ID:CATY9Fqc



前回から引き続きリーダー適性の高さを発揮しているなぁモリソン


232 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 21:34:00 ID:zUrkoRkU





モリソンは手始めに元乗組員達に自分の計画を手伝ってもらえるよう個別に声を掛けた。
ただし、彼の本当の思惑は謀反人達だけでなく他の艦長派にも伏せたままだった。







'' _,,ミ-‐''''.´ ̄    ̄'''ー=x   ニコニコ
/''::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'=、   
::::::::::::::::::::._;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_::::::::::::::::::::|   
::::,, -''゙ ̄_ ,,. __ _x_ __ `'''::、::::::::i        やあやる夫君、元気かい?
゙ ィ '´_,,,;;::==--竺:-=::ミ、-.`ュノ
}''ッ〔c_゙:::::::::::  ..:::::::::::::::::::..`‐ミ{          久しぶりだねぇ
ヽ;:;;/`'  ;;;,___,,,;;;;ィTi、__
.iヽY '"⌒゛` ヾヾ! '"⌒``l:/ }::::  
ヾ,`|        |     ,lイ /;;:;
w'゙Yl       rV'〉   .,!ソ'' "ミ 
 .}ミi、     ` '    /ミリ ミ ミ
, ヾiミヽ, -=ニニニ= ,,ムジ ,,ミ'゙
:ミi, l:;:;ゞiミx、_   _,,,イミジ 彡゙:/
、:ミ、ヾ、:;゙ヾi}エケZ゙エヅ:/ ミ:;ィ゙ ,,イ



        ____
      /      \           …………
     / ─    ─ \
   /   (●)  (●)  \        どうしたんですお、モリソンさん?
   |      (__人__)     |
   \     ` ⌒´   ,/        そんな目一杯の作り笑いを浮かべて……
   /     ー‐    \






233 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 21:35:19 ID:zUrkoRkU





'' _,,ミ-‐''''.´ ̄    ̄'''ー=x   ニコニコ
/''::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'=、   
::::::::::::::::::::._;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_::::::::::::::::::::|   
::::,, -''゙ ̄_ ,,. __ _x_ __ `'''::、::::::::i        作り笑いだなんて心外だね、僕はいつもこうじゃないか
゙ ィ '´_,,,;;::==--竺:-=::ミ、-.`ュノ
}''ッ〔c_゙:::::::::::  ..:::::::::::::::::::..`‐ミ{         ……実は今日は君にお願いがあってね
ヽ;:;;/`'  ;;;,___,,,;;;;ィTi、__
.iヽY '"⌒゛` ヾヾ! '"⌒``l:/ }::::       僕達はこのタヒチでお世話になっているお礼に
ヾ,`|        |     ,lイ /;;:;
w'゙Yl       rV'〉   .,!ソ'' "ミ       現地人のために船を一隻建造しようと思っているんだ
 .}ミi、     ` '    /ミリ ミ ミ
, ヾiミヽ, -=ニニニ= ,,ムジ ,,ミ'゙        ぜひそれに協力してもらえないかい?
:ミi, l:;:;ゞiミx、_   _,,,イミジ 彡゙:/
、:ミ、ヾ、:;゙ヾi}エケZ゙エヅ:/ ミ:;ィ゙ ,,イ 



      ___    ━┓
    / ―\   ┏┛
  /ノ  (●)\  ・            船ですかお?
. | (●)   ⌒)\
. |   (__ノ ̄  |             でも、ここの人達はたいていは
  \        /
    \     _ノ              自分のカヌーを持っていますお?
    /´     `\
     |       |
     |       |




234 :名無しのやる夫だお:2010/09/17(金) 21:35:29 ID:WDkFQlGM



作り笑いすぎるーw


240 :名無しのやる夫だお:2010/09/17(金) 21:40:17 ID:6xuSXypE



いつもの「笑顔」でお話したら作り笑いなんて言われないだろうに


235 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 21:37:00 ID:zUrkoRkU





        /  ,,,, -‐ '''' " ̄""''‐-,,_  \  
       /  /´,,-‐'' """""'''' ‐- 、. \  \          いや、それとは違う
         ,l 〆Θ='''' """ ン フ''ミ=oァ `\ヽ  l
       〈 (;;''" _,, -‐'",,=,,゙"'‐、 ヽ::::\ ヽヽ |          我々の流儀で作った船だよ
       〉'  _ェ、'ゝ;"´l  `i '  l:::::::::::\`i|ン'
      /´-イ,"-,l  ` ,ゝ・‐´    i:::::::::, 'ニ、ヽ,           二本マストのスクーナーを建造したいんだ
     `´   l l ・'           ゙''..:::':::`::}..l..
          i´ ヽ、テ          ,:: -――‐- 、         完成の暁には現地人達を招待して
           l   `  _.. -‐- 、 /;;;;;;;''''',, '':::::::::::`:ヾヽ、
          `、  , ',´‐ '"´´ /;;;;;;'''''  ,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,\\   このソサエティ諸島を周回する遊覧航行を行う
           `、. '´     .l;;;''''',,,,;;;;;;;;''';;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,'''';;;;;;ヾ.、
            ゝ    .::::|,/: : : : /`'';;;;> 、"''''''';;;;;;,,,;;;;;/   十分な外航能力を持った船はタヒチにないからね
         ,r'´;;;;;;;ヽ-‐ '':::" |: : : : :l;;;;;;'''''''',,,,,,,,,,,,;;;;;;> \;;ヽ
         ':::::. ;;;;;;;;;;;l i;;;; :::::l|: : : :ノ'',,,,;;;;;;;;;;;;'''''''"   ,,,,,,,,,,    君の彼女も乗せてやればきっと喜ぶさ






236 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 21:38:24 ID:zUrkoRkU





                , -=ニニニ≧ 、
            / ´+ ※  ※ +ヽ\
          // +_r冖^::丁:「:トミヽ、\ヽ、           私、飛んでいるわ、やる夫!!
            〃 /:l:::l::j::.::l|:::|::|::.:ヽ::.\}〈
.          ハ/::.::.:|::.|::l::.::l|:: ト:レく::.::、::.:lハ
         l {::.::.::.l|::|::|:::/|l:::| l|x=ャ、|::.:l}::.ヽ
         | l::.l::、::Vィ7厶lハ:j ヘ:::ノ!|ハノ|::.::.:\
         `T:ト、:ヽヽれ:::〉  ,  "リl ノ:_::_::_:::ヽ、
.            ヽ:::ヽ::\ミ`゙  <__} ,.仏 ト{ r'´: :`丶ミー--冖、
              `ヽト、`丁≧┬r彡' _」/ ヽ: : : : : : : :`: : :八:_ヽ-ュ             /^h
             j:::} }:」 rー≠()く⌒ヽ  \: : : : : : : : :/イ l「 ` ー--―rv、  / //
             /:::| /: r1V/ノlト、\_}\ >r  ̄、l ,‐┐ヽV | |        { l|冫´-クノ
               /::.:「//: r1イ / |:ト、\   `丶、 /|ヽ }_:_:;:ィ! Y¬ー- 、  }||廴/
           /::.:rく: : : >}{// |::Vヘ }  r-vハ ̄`ヽノ::.::∨ト、ハ\    ̄
          /::.::厶: ヽ:勹 ,'::|  ヽ:∨乙ヘノ, イ::.:丶、 ::.:::\::.:|: : /〉 〉
         /:::_r1{><\/:7::::トヘr-ヘ:\r-'´≧ヽ、__::`ヽ、::.` | :〃:/
        /r‐'´※ ハ|: : ハ{:_:_广:;ゝ二ニこr'′: : : :Y>、::`丶、V/ト、
.     /::.::;ヘ _/   ヽ/: : ∨_/: : `ヽ「∨: : : : : : : : \}\::.::.::丶、::ヽ
    ,.イ::.::/::.:rヘ、   /: ; :-'´/: : : : : : : : : :/: : : : : : : ヽ〉:` ー- 、:丶、\
 ,.:'´::.::./::.::.:r=ミ、 _/::}/ r彳 : : : : : : : : : ∠: -:'´: : : : : : : :\: : : : : `丶、:_ヽ         _
./::.::.:∠::r-r'´ /ヽ>'´: :r‐' /: : : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : / 〉: : : : : : : : : : `T¬ー―く  }
\ .┴‐::`ニニ>'´: : : : : :〉 /: : : :!: : : : : : : : :/: : : : : / : : :.:/ノ: : : : : : : : : : : : : ヽ }: : : : : ヽ } /
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           O 。      n
                   l^l.| | /)
                   | U レ'//)
      ___      ノ    /     やる、やる!! 喜んでやるお!!
    / ⌒  ⌒\  rニ     |
   / (⌒)  (⌒)\  ヽ   /       モリソンさん!! ぜひ手伝わせて欲しいお!!
 /   ///(__人__)///\ / `   /
 |       `Y⌒y'´    |   /        翠星石を必ずその船に乗せてやるんだお!!
 \.       ゙ー ′  ,/  /
  /⌒ヽ   ー‐   ィ  /
  / rー'ゝ        /
 /,ノヾ ,>         イ
 | ヽ〆          |






237 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 21:39:00 ID:zUrkoRkU





    /´.:."  '' - _ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ、
   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : : :`: :―: :-: :- : : :-: :_: :_: :-: :´}
   {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }    (よし、この調子だ
    !,.:.,,:.:-.:.- ‐ ― -: :,, : _ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }
    `|    (☆)        ` " ‐ ― - _ ,, : : : : :}
     | _ - - ‐ ― - _ ,,             ̄ "/     これならば船の建造に必要な
     / ´.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;` ‐ - ,           i
    /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.` ‐ ,,,      /
   ./:;:;:;:;:;:;:;:;:;.;.;.;.;..;.;.;;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.ノ`ヽ,, - "      人数を集めるのにそう時間は掛かるまい)
  /:;:;_:;:;:;:;.;.;.;.;.;..;.;.;.;.;.;.;.;.;...;.;.;.;;;.;...;...;.;.;.;.;.;/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;!
  `´‐ i` ‐ - 、.;.;.;.;..;.;.;.;..;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;./:;:;:;:;:;:;, "ヽ:;:;:i
      !`i ̄`、` - ,,,____ ,, - ‐´ヽ、:;:;:;:/ /  i:;:/
     / i ` ,,゚i    !´ i  ・` ‐i‐    ヽ/ /ヽ  }/
    ./  i    !     `- ,,,_ ノ       `  ノ
   /    !  /             ,`ヽ ,ヽ ノ
   /    ヽ ヽ_ 、          i ~
        ヽ ヽ       ノ  -ヽ
          ヽ` ヽ二二 =´  _ヽ
           ヽ `      て
             \ _ ,,





このようにモリソンは次々とバウンティ号の元乗組員達に声を掛けていった。




238 :名無しのやる夫だお:2010/09/17(金) 21:39:48 ID:WDkFQlGM



でも意図を伏せておいたのは失敗だったかもなあ…。
特にカヌー貰えないと知った原住民たちから突き上げ食らう可能性あるし。



「乗せる」と言ってるだけで、「あげる」とは言ってないですよ。


239 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 21:40:05 ID:zUrkoRkU





.         /: : : : :.: :':.:.;'ニニ、_:ヽ、: : : : : : : : ヽ                          >: ´: : : : : : : : : :`丶、
.      //: : : : :.://':./    `丶、:.ヽ:.: : : : :.:',                        /: : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ、
.       //: .: : :. .:l:.l:.l:.! ,. ≦ ̄   ヽl:.:.:.:.: : .:.:l                       / :. : : : : : : :, : : _ : : : : : : : : : \
.       ,'〃:.:.: : :.:.:l: l:ハ:!´ィラj近厂   l:|:.:|--、:.:|   俺達も手伝うぜ         ./::.: : : : : : : /: /; : :´ ̄ : : : : : l: ヽ
     l/l: :.:. :. .:.:.l: l| l:|  ´       ソ:/rf l:.:l                      /::.::.::.::. : :/://::.´-‐: : : : _/:イ: !: : :
     |j:l:|:.:.:.:.:.:.:レl `!         /i/r'ノ ノ:/                    ..〃::.::.::.::.::.::l:〃::.::.::.::.::.-‐::.´::// /: : :
      /ィ:|:.:.:.:.:.:.:ト、 _        / r /:.;'                      .i::.::.::.::.::.::.::l/゙,ニニニニニ、 ̄´/: イ::| l::.
    / !ハ:.:.:.:l:.l、l  ___,      /「:.:.:.:.'、:: :: :;`ニ=‐-:、_:.:.:.:.`ヽ         !:|::.::.::.::.::.::.V 乃心ミ__」‐彡',.-‐l:/::'::.:
        l| ゙;.:.:.j:.|、l‘´,,...        ' !: :. :.:.:.>:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`}:.:.:ノ/     N::.::.::|::.::.::l::ゝ` 斗  ̄厂 ィ行7ナV::.l
        ゙i  l:.l:.ト! ハ        、   ノ:__ .:.:´:.:.:.:.:.-‐:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::´ ̄\.  | ト\_」::.::.::ト ミー   rン'⌒{弋 ィ ノィ l
          jハ:l l:∧    イ  ` ≠----ァ:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:-:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:丶. ||:l「 ̄|\::.:ヽ       冫 ///{⌒
        ノ´ ゙l ノ'  ア}丁     /ァ: :.//.:.::/:.:.:.:,:.:´:.:.:ィ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾi: リ:l'::.::.:|::.::.\l:l   _,,.._、 ´  '::.jV ヽ:
           ヘ―彡':.:ハ   ‐ ´ / : /.:.::/:.//:,:.:.´::/:.:.:.:.:.:.l:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',-‐ヽ::.l::|::.::.l::.::l:l     ‐`’ イjトニ ヘ トl
         _/,  ´/:.;l/ ,   //:/.:::://::///://:.:::.:.:.:/:.:.:. /:.:l:、ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、'、:: ∧l、l::.::.|::.::トl丶 ___ イ::.::.Ⅵ::.::.l::`lハ
      , -y´ | / / {:./{  j  ー=ニ: -‐7:.::.'::/::レィ::::イ:/!::::.:::':.:.; '!::./!ハl:::.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:≧z_ノ}` ┴、:l` ┼ヽ::.::l::.::.::. l::.::.|::.:l\
    く    |  ' ∧l_  ′__/ l:/-‐_7:.::::l::|::/:::|:.ムいl::::::::|::/ ノィナ¬ミ、:::、:::.、:.:.:.:::::::::::/、  `l ///ハ‐j、::.::.: l::.::.|::/: /
.   _/>‐-、jヘ  / 'l ` , ´ / rj{_/r|:::::/|::l::::::::トlT必ミ::::::l/ ´イ斤セ行 ト:::::\:::::::::‐<_  丶、 ∧///}\  ̄`ヽ/lム/::
.   / : ´:.:.「 ̄レ/ /        /ナ7 7:.: !.::ハ い:.、::{`弋zリ \{    ゞ=ツ, /:.::::ノ}::ミ≦ ̄``    \l `Y∧  ヽ     、ヽ
  / .:   :.l  l/ /   .:'  // / /:.:  ム:|  ヽ:.、`ドー‐   }`     ̄-彳:.::/イリ⌒ヽ`、            v ∧        l l
 ,' :l     :.l: ' ∧  :;'   _l l  /:. / ゙!   !:ハ:ミ、   〈 ,    ‐彡ィi/ル'^: : .   \  ゙、     V ∧        | |
 ! .:.:!:.   :∨/  ` ┴‐''´ l l//:.:/____ノ'_}:.:i、    ,. .._    ,.イ;'/_: : : : :   \ 丶     V ∧    ヽ: ! |
 !.:.:.j|:  ̄ ̄:.l |        l l /:.イ!          ノイjノヽ、  -   /j::ル≫l: : : : :    ヽ i:       V/∧    〈: l: |
 :/:j     :l |         l l/´:.:!L___       { \_j}ヽ、___ ィ´-‐''´  |: :\: : :     |:l     V/∧ _ -‐l {: |





モリソンの呼びかけに、艦長派だけでなくミルウォードを始めとする謀叛人の何人かも船の建造を手伝う事になった。
もちろん彼らは、モリソンの真の目的に気が付く事はなかった。





241 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 21:41:00 ID:zUrkoRkU





        -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、        モリソンは自分が船を建造する真の目的を謀叛人達には
      / /" `ヽ ヽ  \
    //, '/0°   ヽハ  、 ヽ     知られるわけにはいかなかったにょろ。
    〃 {_{\    /リ| l │ i|
    レ!小l●    ● 从 |、i|     彼がイギリスに帰還するということは、すなわち海軍省が
     ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
  /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !    謀叛人の行方を知ることになり、直ちに逮捕のための
  \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
   ./:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |    人手が差し向けられるということにょろ。
   `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |
                      それを知れば謀反人達が協力するはずなどなかったはずにょろ。






243 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 21:42:15 ID:zUrkoRkU





           ... -―……―- .. .
       . . : ´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`: . ..               皆さんありがとう
      /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`: : ..
.     ,′:::::::::::::.  -‐…――- : . . .:::::::::::::::::::::::::::::\          ではこれから僕の指揮に従って
    i::::::::::,. ´ (YY)-‐…‐-   .. .  `: : ..::::::::::::::::::::::ヽ
    !:::::::/ , . :.(.ハ.).-‐…‐-... ,,_   ` : : . `: : .::::::::::::::!         いくつかのチームに分かれて
.     \〈  ,. :':.:.:::::::::::::::::::::::三三二二D}  `: . `ヽ::::::j
      Y.://三二ニ>''"Y o `ヽヾハ;;;ー- .. ` 、}/         作業をしてもらいます
.      //ィi{ o Y´  ( 八    ノ  〃;;:;:;:;:;:;:`ヽ__,′
     〈/l;;トヘ.___ノ}    `  二´     ;;:;:;:;:;:〃⌒ヽ          設計、資材調達、雇い入れた現地人の
       _从     トiへ.          ミ"// く:::{ j''ッ、
     ( ヽ ''  ヾ} ン"               ノフ ノ  彡x       監督、やらなければいけないことは
      ヽ|     ______     xッ、ノィィ彡''⌒ヾ    ,,ミ、
        八   i´ ,,二ニ-‐‐ ''  ノ           ,,z'  \    いくらでもあります
         ヽ  ´     ,,xミン′       ,, -‐''"
        /{::.、  ,.ヘ._〃      ,, -‐''"             皆さんよろしく
         〈 ゞミx._////シ    ,, -‐''"
        /`ヽヽ /// ,, -‐''"





こうしてモリソンのとほうもない計画はその一歩を踏み出したのだ。






244 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 21:43:00 ID:zUrkoRkU





  _∩
 / 〉〉〉
 {  ⊂〉     ____         それじゃあやる夫は
  |   |    /⌒  ⌒ \
  |   |  /(●)  (● ) \      できる夫と一緒に山へ船に使えそうな木材を
  |   |/:::⌒(__人__.)⌒:::  \
  ヽ   |     |,┬‐ |       |     探しに行って来るお
   \.\   `ー ´     /
     \       __ ヽ     山に詳しそうな現地人を見つけて案内してもらうお
      ヽ      (____/




246 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 21:44:02 ID:zUrkoRkU





          __
   _,,,, -‐''''.´ ̄    ̄'''ー=x
 /''::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'=、
/::::::::::::::::::::._;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_::::::::::::::::::::|           よろしくお願いします
::::::,, -''゙ ̄_ ,,. __ _x_ __ `'''::、::::::::i
゙Y゙ ィ '´_,,,;;::==--竺:-=::ミ、-.`ュノ
=:}''ッ〔c_゙:::::::::::  ..:::::::::::::::::::..`‐ミ{            出来るだけ硬くて粘りのある材質の木を
:Tヽ;:;;/`'ァ‐。x;;;,___,,,;;;;ィTi、__
.{.iヽY  (_ _ノ〉   K(´゚ )`l:/ }::::、゙ヽ、
::ヾ,`|        | ゙ー  ,lイ /;;:;:ヾ、::.\       探してください
,w'゙Yl       rV'〉   .,!ソ'' "ミ::jノ:::::::::::`ー
, .}ミi、     ` '    /ミリ ミ ミ::::::::::::/i::::..
ミ,, ヾiミヽ, -=ニニニ= ,,ムジ ,,ミ'゙::;ィ゙:://:::::::.
:::ミi, l:;:;ゞiミx、_   _,,,イミジ 彡゙://::/./::::::::::::
:::::::ミ、ヾ、:;゙ヾi}エケZ゙エヅ:/ ミ:;ィ゙ ,,イ::j'./:::::::;;;;_::






247 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 21:45:00 ID:zUrkoRkU





                    /| ,//
                 |ヽ、/:::::::::   ̄ ̄フ 、_
               \-ゝ /::::::::::^~|::::::::::::::::<、
              ∠ ̄::/       7::::::::::::::::<            聞いたぞ貴様ら!!
             /::/:::::::::::::::::::::::::::::/,      ヽ、
             フ::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ヽD_:::::::......::ヽ
            〃/::::::::::::::::::/l〃::::/|斗< |::,、::::::::::::ミ          なんでも現地人への恩返しに
             / /::::::::::::::-テ=t| /  (:;::)/l/ヽへ、::|  
            〃|::::::::::/、(::ツ レl    〃  ||> } |r           船を建造するそうだな!!
            / /|:「|「l〃   < 、       / !|   
              l∧ い    ,-- 、     lイ/             実に見上げた根性だ
                 ヽ、   l7 ̄ヽ  メr==-、   
                 ,- 、ヽ、 ヽ- ´  冫::::/ /i           貴様らも手が足りなくて困っているだろう
                /:::ヽ ̄ヽ、  ̄ , イ |:::<  \  
                /:::::/:::::::::::|`─ ´/ ソ:::::::ヽ /────、    この俺が手伝ってやろう
                /:::::::ヽ::::, へ──<^\_∨ ̄ ̄/    ヽ、
           ,──//_ ̄イ     /__  ヽ ヽ 、 l       ヽ  何? やる夫候補生は森に
          /─、   イ          r.....:::/   ><       |
        ┌┘:: イ           ::::|::::::::|ヽ、/.......          | 木材採取に行くのか!!
      ┌┘>イ        / / .::::::::>─´ ̄ ヽ 、 \      |
      / /            /....:::::::::/::....    ヽ..  ̄ヽ、     | では俺も同行しよう
    /             ..:::/::::::;,─ ´    :::::..... ::::::::::.......     |
    |          ....:::::::::::/::/:::::::::::::::::::::...............::::::::....:::::::::::::::::::.. :::| 何なりと命令してくれ!!
    |      ....:::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    /  ::: ....::::::::::::::::::::::::::::::::/|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ヽ ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::/l_7\::::::::_,;────────
    `─、_:::::::;;;;;;;;;;;;;;/






248 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 21:46:13 ID:zUrkoRkU





         ___
        / .u   \                  さ、相良軍曹!?
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)    何でここに?
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/      マテのところに帰ったんじゃなかったのかお?
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /



       ___
      /     \           …………
    /   ⌒  ⌒\
   /   ( ー)  (ー) ヽ        (なんだか一番悪い時に一番来て欲しくない人が来てしまったような……)
   |  u   ___`___    |
   ヽ、    `ー '´  /






249 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 21:47:00 ID:zUrkoRkU





金星岬近くの森



;:iii| /;;ゞ゙:;ヾ|flli:: ... . 丿 . . . . |   |:: ,i;;;:;iii;i:i| ::  |:;;:iii' ..::|iiiiiii;;;;;((,,,);;iii|;ゝ;;>;ゞ;ゞゞ|llliii' :ヾゞ;
::iii|  ノ /...:::.|li:: ... ||Y.||〆;;;    丿: |,i;,.:',:i;;i| ::::: |:;:;ii| :::|iiiiiiii;;ii;;~~~;;ii|: 〉;|/;/ ::: |lllliil 、,,. |
::;iii"´/:::::::::|:: ... .  '¨`ソヽ:::丿.イ :: |::;.....;i:;ii| :::: |:;:;ii| :::|iii;;iiiii;::;:;;;;::: ;;|/ii;;:i( ::: |llliii| ::: |
:;;iii|~  ::::::::: |''".. .    : :: :,,. . ./、| .ノツソ::ソi;iハヽ、|:;:;;ii| ::|iii;;iiiii;::;:;;;;::: ;;;|:w::wWW:..|lllllii|、,,. ノi
:;;;ii| ::::::::: /... . '¨`ji: . .. ;;||; :: :`)         "''''''"|M|i;;iiii;;i:i;;:;i:;;::;M从ww,,. ゙'''''''''";;w;W
;i;('') ::::::::: |li:: ... . (;; ヾ  ヽ  `r ,,.::.;;'' ;;:;: :::''.;;''  从W从;;:人::;;ヾ、;ヽW:w  :W;;w;W: w;
;:;iii|....::::::: ノli:: ... .  ,,-^~"、,,:;;;, :`ヽ ;wM:w::wWW:;;w;W:W;; w;W:w;;wWW;;: w: w;;w ww;;
;iilli;ゝ ,、,,.、|lyiji: . ..../;;⌒`;;゙';;: ヽヽ) :ソ"゙`''`´'''`"´`"”``´`". . .. .: :::: :::::::: ::::::::::::::: :::::::::::::::::::::
''''''''"wMw|li::; ;. .. (.;;(::(r⌒ノ:)ヾ〆(    :'. .,: :'. .,:wiiw        . .. .: ::::::: ::::::::::::::::::::: ::
wW:w;;w'´||l: : ::   ヽ::)’ゝ:jj丿ソ;;丿: : :. ..              ,,.、..,、_,,,..   . .. .: ::: :::::
w;Ww`  |li::;;   /yゝヽ〃: :; ;;/ヽ:::::: ::::::::: : : :. ...
w;''"  ,,...,,||l    (::;;; :ヽ((:::)ソ)..)ソ): :::::::::: ::::: :::::::: : : :. ..
;´..    丿::;;;,!j   )::; :: :⌒ヾヾ\ソ ::::::::::::::: :::::::::: ::::: :::::::: : : :. ..         vvlMv,;.;'"'';,.;,;
  ,..,   |::;;; :: ::  .( . .. .    (   :::::::::::: :::::::::::::::::: :::::::::: ::::: :::::::: : : :. ..         . .. .:
     ソ::;;,!; ;    ソヽヾ ⌒ヽ. ::ヽ⌒ヽ,:::::::"´``゛゜''';:;''ー'',:;-、,-、,,;;;-:;_;_,、、,,-、...wiij;;w;W
,,   ..,,/ (::⌒));;; .ノ.  ..r∂丿ソ  )ノ⌒ヽ、ヽ,-、  ,;;;;;;;:::::''''   vWWwjjwvjiiijw,.、,、,,v
   ノ;::;;; :: ::_,,r''": (::⌒));  "r _,,r''"/゚。::::;; \) ,.、、,,-、;;  wWW:W;;w;W: w;;从WW从W;
,:;-/ソ:::。゚。::::;;    : :: :(  (  (ヽ( (::⌒));;; ヾ、__. ''''::::,,,  wwW从wWW从wWW从
/⌒´"_,,r''":;;::  丿 (;; ヾ ヽ  ;;||;ヾ´⌒`ii-、(;; ヾ \⌒"-、    ,Mmγ⌒;;ヾ))ヾ));、w
:;;:::/´`ソ,、’::::;;;,!j ijiw::::ノwヾ iji|::::( ヾ:: ::;;;,!j ijiwijiwソ,、::ヽ;-;,-;;.、、wwW((ヾ*;";"i";*ヾ从ヽ






250 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 21:48:00 ID:zUrkoRkU





   /\___/\
 / ⌒   ⌒ ::\       旦那、船をこさえるならあの木がいいですだよ
 | (●), 、 (●)、 ::|
 |  ,,ノ(、_, )ヽ、,   :::|       あの木は非常に堅くて粘りがあるし持ちもいいですだ
 |   ト‐=‐ァ'   .:::|
 \  `ニニ´  .::/
 /`ー‐--‐‐一''´\



       ___
      /     \       なるほど、ずいぶんしっかりとした木があるんですね
    /   ⌒  ⌒\
   /   ( ●)  (●)\    では早速伐採に掛かりましょう
   |       ___´___   |
   ヽ、    `ー '´  /



      ____
    /      \        でも、やる夫達が持ってきた石斧だけで
   /  ─    ─\
 /    (●)  (●) \     こんな大きな木が切れるのかお?
 |       (__人__)    |
 ./     ∩ノ ⊃  /     ずいぶん時間がかかりそうだお
 (  \ / _ノ |  |
 .\ “  /__|  |






251 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 21:49:00 ID:zUrkoRkU





                    /| ,//
                 |ヽ、/:::::::::   ̄ ̄フ 、_
               \-ゝ /::::::::::^~|::::::::::::::::<、          
              ∠ ̄::/       7::::::::::::::::<
             /::/:::::::::::::::::::::::::::::/,      ヽ、         問題ない、俺に任せろ!!
             フ::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ヽD_:::::::......::ヽ
            〃/::::::::::::::::::/l〃::::/|斗< |::,、::::::::::::ミ
             / /::::::::::::::-テ=t| /  (:;::)/l/ヽへ、::| 
            〃|::::::::::/、(::ツ レl    〃  ||> } |r          俺ならそれくらいのことは造作もない
            / /|:「|「l〃   < 、       / !|  
              l∧ い    ,-- 、     lイ/   
                 ヽ、   l7 ̄ヽ  メr==-、  
                 ,- 、ヽ、 ヽ- ´  冫::::/ /i          この程度の木など、俺にかかれば
                /:::ヽ ̄ヽ、  ̄ , イ |:::<  \ 
                /:::::/:::::::::::|`─ ´/ ソ:::::::ヽ /────、
                /:::::::ヽ::::, へ──<^\_∨ ̄ ̄/    ヽ、
           ,──//_ ̄イ     /__  ヽ ヽ 、 l       ヽ すぐに倒す事が出来る!!
          /─、   イ          r.....:::/   ><       |
        ┌┘:: イ           ::::|::::::::|ヽ、/.......          |
      ┌┘>イ        / / .::::::::>─´ ̄ ヽ 、 \      |
      / /            /....:::::::::/::....    ヽ..  ̄ヽ、     |
    /             ..:::/::::::;,─ ´    :::::..... ::::::::::.......     |
    |          ....:::::::::::/::/:::::::::::::::::::::...............::::::::....:::::::::::::::::::.. :::|
    |      ....:::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    /  ::: ....::::::::::::::::::::::::::::::::/|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ヽ ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::/l_7\::::::::_,;────────
    `─、_:::::::;;;;;;;;;;;;;;/






252 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 21:49:30 ID:zUrkoRkU





     ____    ━┓
   /      \   ┏┛
  /  \   ,_\.  ・       すぐに倒せるって、
/    (●)゛ (●) \
|  ∪   (__人__)    |        軍曹は木こりか何かの出身だったんですかお?
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |          この太さでは一人ではとても無理だお
.\ “  /__|  |
  \ /___ /






253 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 21:50:00 ID:zUrkoRkU





           / /       /    /    |    ヽ__ \
              / / /    /     /       |    \ ̄`
.          /イ   /     '     /      j      __ \     言ったはずだ、俺は戦争のプロだと
       /´ /  /    ./      /        ハ     \ ̄
          /  /    ./   /    /    /  ,仏ム    ト-\    その特技の中にはデモリッション、つまり
         ;  ′  / ∠ファ'zxイ_   厶ィ/斗<i  ト、 |
         l ;|   /  /,不乃Y¨´ /^゛/ヘ必ソノ| ハレヘ|       破壊工作も含まれている
         レ1小 / |  /へゞ=' 1 , /     ̄ 小lイ' ハ
          亅 | ;ト、!'レ′ハヽ  jイ / |        !イ         今ちょうど俺は黒色火薬、つまり爆薬を
           /Ⅵ弌ーヘ  ゛゙  j/   !       ハ!
       __//〉 〉 〉 ヽ ヽ         ` _,   メ∧          持ち合わせていてな、
      /´ / ./←←'<./ i\   ヽニ二ニノ    イ 丶
    /     /    /    ', \   ー一   / /   ∧        この程度の木なら根元に爆薬を仕掛けて
   /  ;    ′   /     ∧   丶     / /  厶__\
__/   |   i  ∠ニヽ   ノ }    `¨´ /   / ⊆) ̄\     簡単に倒すことが出来るぞ
      !   |   !   i|  ∧       /     ∧    _\
     ヽ',   !  |   ! | /  ',       /      /  \   / _\\  では、点火するぞ!!
 ヽ     \  ! |    ! V`ー------/       /     \| / r-\\






254 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 21:51:00 ID:zUrkoRkU





         ____
        /ノ   ヽ、_\    r ⌒j          ちょ、ちょっと!!
      /( ○)}liil{(○)\  /   /
     /    (__人__)   \/   /   /  )     爆薬で吹き飛ばすなんて何考えてるんだお!!
    |     |i|||||||i|     /  /  /  /
    \     |ェェェェ|     /   '` ´  /        しかもそんなに大量に!!
      r´  (⌒'ー―- イ′     ´廴
     /    > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)   や、止めるんだお!!
    /        -、      }        (  ̄¨´
   /           ヽ._       __  \      あぶない、あぶないお~~~~~!!!!!
                `   --‐'´ `゙' 、_.)






255 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 21:52:00 ID:zUrkoRkU





          .                                :;:.,':;":..,,,
                  ヾ>                 /\
             _____ ヾ_,ゝ __,,:::=====:::,,  ./^\/  /   _  " ';:. :,;':.:
          ;" /___   ./     .  ` ´ ´、ゝ'' \    /  /,/
        : ;        /  /  ..‐´   ゙        /   \    _  ; :.:,;'
          .;,..::,:'"    /    \              ./  /\ \ /_,/
       ::,;'' ,.,..;     /  /\/^            /  /  / `.    "';:; :.:,
              ; ./  / ,;                  \/  /  / ;.     ;:; :.:,
             / /  /                    /  /   キ  i^\
            ;゙ ^--'                    ^--'   ゙;  \, \
     ';:.:,;'      .;                               ;.  /丶, .ヽ
     ; :.:,;'    i;            、,.          ;i        .i ̄ /--;"´
    :. :;:;     /i|lli; i . .;, 、      ,       ,        `   ,i|;iil ̄
       ;:;:.:,     /゙||lii|li||,;,.il|i;,|il .:."          .;,, .i|i,..,.i|||l´i,.il|lヽ ,   ;:..,;::.''"
    ..,.,;           `;; ":':....:... .:.           ,,:: ..:.::.:..;,.. .从  ::.,  ;:;..,
      " ';:. :,;':.:        '   ". ..:       . ..:;"     ..,.,;;: .:':.,,"'"
                  '              ..
                       :::::::::::   :::::::::::






256 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 21:52:30 ID:zUrkoRkU





      \\ ,-、               | || !| |
\\   、,、-' 弋              | || || | !   ./
  _,、-'      (              ! || || | |   / / ̄ ~/   __ __
 (_          ヽ、           | l ! || | | /  /   /___./  //  /
.\ ¨''、         ヽ、,_          || !| |  // ̄ ̄       /  //  /
    ヽ、    _,、―--、,__)         ! | || .|  //__   __ /  //  /
  \\.ヽ  /      ヽ\\      || || |  /    /   / / /._M//_M/
    \ | .f         }        ! | || | /    /   / /   /
      し|  _      ノ  \\   | |  !  !    /   / /   /
       .ゝ_____,、-'´      .\  !   !    ./   / /   /
       \\    ¨¨・・,\\    |   | /  /μM/ /   / _ _ _
        \   \   ;,       . し'/      ./μM/ / // // /
                      。     て_         ./M//M// /
                           て                / /
                          ~               /M/






257 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 21:53:00 ID:zUrkoRkU




        _ -'  ̄       Vl_
      ∠   , ヘ ヘ ヘ     ヽ
      /  /       ヽ   ヘ
.     / // /  /  / }    、\         …………すまない、
    // /  / / / / ハ ヽ\ ヽ ヽ
     イ / /∠/_// /_/_,,ム }ヽ N          爆薬の所要量の計算を間違えたようだ
      l,-l/ / _て::ナ7 / / 1::T_N ハ !
      {  l/   ̄ // !   ̄  |!l
    ,イヽハ ∪      〉     !ノ、         やる夫候補生、生きているか……?
  /  |   ヘ      _     ハ \
/    |   l \   /_ ノ  メ/  l   \
     |   l  \  ー  /l   l    \
     | ,--、ヽ    ー イ  ! / ̄!      ヽ
     |/    \       l/  |      / !
           ノi一    ーlヽ、       / |






258 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 21:54:01 ID:zUrkoRkU





        _______
       ./ /  #  ;,;  ヽ       な、何とか生きてますお……
    : /ノ  ;;#  ,;.;:: \  :
    /  -==、   '==-  ..:::::|       軍曹、ここは我々だけでやりますお……
     | ::::::  (__人__)   :::::.::::| :
   : ! #;;:..  l  |    .::::::/       軍曹はタイアラプ半島に帰っていただいてけっこうですお……
     ヽ.;;;//;;.;`ー‐'ォ  ..;;#:::/
      >;;;;::..    ..;,.;-\





幸いなことに、ブラウン”軍曹”は船造りという仕事に早々に飽きてしまったためにタイアラプ半島にいる
自分の雇い主のマテのところに帰っていった。
これを聞いて皆が胸をなでおろしたことは言うまでもない。






259 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 21:55:02 ID:zUrkoRkU





、三三三三三三三三三三  三三三三三三三三三三三
三ヽ、三三三三三三三   三三三三三三三三三三三
ヽ、三 `ヽ 、三三三    三三三三三三三三三三三三        我々はスクーナー建造という
  >iヘ 、三 ` ― _ 三三三三三三三三三三
ァ ´  | ヽ ` '┐- _;;;;;三三三―三_三三三三/三三三/     一つの目標に向って走り始めた
  〃|  ` ・ ´|     7:: ≧ 、三三三三三三三三三 /  "ミ
r〃,"''イ   ´/      ヽ::く´  ̄!` ‐=ニ―---― ''´  〃   ミ    この勢いを無くさないためには
,,"   ヘ ./        ヽ   ヘ、    ̄ ̄ ―ァ  〃 彡
"    Y      , , ;;;;,  ;≧  `ヽ・ _ ,, , イ    彡       我々の中に整った秩序を
.ヽ\ ヽ {      ; " '' ""
ヽ、.   ヘ           ,,;;" "                    形成する必要がある
  }    ヽ、‐-‐ 、      "   ";,    ""'
 {       ヽ"`、  ,_ヽ ,     "    ,                 そのための方法はやはり
 ヽ     ∧ `ヽ "> ´     "
   ´ ~ ヽ / ∧ 、 ´             ´     、         以前バウンティ号の中で行っていた
ミ ヽ  ノ { ∧ヽ,`'、 、_      ` '  、     `
ヽ    {  7ヽ"; | ヽ ` 、` ― - _  、   `、 、  /´ ̄`      習慣を復活させることだろう
    ノ| {: : { ",| `,   ` ' ― -- ̄二ニ=-、   /r/‐7~7
  / } {: : : {ヽ ", ト 、               //  / /
 ヽ {´  |: : :{ ヽヽ { ヽ、 、`  、  `  、    ,;"/





モリソンは船を造るために集まった乗組員達の中に整った秩序を形成するために、皆の生活習慣を
バウンティ号に乗艦していた頃と同じ様に復旧させた。
すなわち、当直制度を設けて軍艦と同じ様な決まった日課をこなすようにし始めたのだ。
モリソン自身は、かつてブライ艦長がそうしていたように航海日誌をしたため始めた。
それはブライ艦長同様に細心な注意と綿密さであらゆる出来事を記録したものだった。






260 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 21:56:03 ID:zUrkoRkU





                                          ○________
.                                           |:|\\:::::||.:.||::::://|
                                              |:l\\\||.:.|l///|
                         __ ィ   ,. -――- 、     |:|:二二二二二二二 !
                        /    L /        \.   |:l///||.:.|l\\\|
                / ̄ ̄ ̄ ̄ 7 / / f  / /   l l l lハ  |:|//:::::||.:.||:::::\\|
  ト、     ,.    ̄ ̄Τ 弋tァ―    `ー /   从 |メ|_l  l_.l斗l |ヽ V |:| ̄ フ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ヽ \__∠ -――く  __       .Z¨¨\   N ヒj V ヒソ l .l ヽ\| / /
   ヽ  ∠____vvV____ヽ   <   ≧__/ ゝ、t‐┐ ノ .|┐ ./ /
.    \\_____ivvvvvvvv|   V.    (  (  /Tえハフ{  V / /
       \!      |   / 入_.V/|      >-ヘ  \:::∨::∧   / ∠ ____
 __  |\       l/V  _{_____/x|    (_|::::__ノ   }ィ介ーヘ ./  ,. ---―――
  )-ヘ j ̄} /|        /___/xx|       _Σ___/| | |V::::ノ/ ∠___
  {  V  /`7.         /___./xXハ    ( |:::::::::::::::::ハ   >' ____二二二
.  \_   |/        /___l XX∧     __≧__::::::::/:∧/   `丶、
    |   ヽ        /____|ⅩⅩ∧  __|__L.∠ ム'  <`丶 、 `丶、
    |     ',         {     |ⅩⅩⅩ>'  __      ∧ l\ \   丶、 ` 、
   ノ     }       l ̄ ̄ ̄.|Ⅹ >' ,. '  ̄ / .// :/  V'  \ ヽ    `丶\/
  / ∧   { \      |      .|>' /      // :/ :/ :   ', l   \ ヽ  ,.-――┬
 入ノ. ヽ  く  ヽ______7 ー―∠__    〃  l :/    :l l     \V
`ー′   \  `<  | {      /   | /〃   :|/  __V/ ̄| ̄ ̄{_





さらに、現場では早朝と日没時には礼式に従ってイギリス国旗の掲揚と降下を始めた。






261 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 21:57:04 ID:zUrkoRkU





   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ llヽ       そして、最も重要な習慣の復活は、日曜の朝の祈りだった。
   |.         ∥|
   |    †    ∥|       かつてバウンティ号では日曜には常にブライ艦長によって
   |.         ∥|
   |            ∥|       聖書の一節が読み上げられ、そして神に祈りを捧げていたのだ。
   |            ∥|
   |            ∥|       叛乱の勃発によってその習慣が絶えていた事に気がついた彼らは、
   |______∥|
    ) ≡≡≡≡≡≡)       その瞬間から、規則的に、そして敬虔に礼拝を始めた。
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄






262 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 21:58:19 ID:zUrkoRkU





  ピシッ                      しかし、まるでこれと対を成すかのように野蛮なある風習も復活した。
   _ノ⌒\_ノ
 /                        それは、罪人に対する鞭打ちの習慣だった。
(\ ∧_∧
 < (* ´∀`)  ピシッΣ ∧_∧ヒェ~     船の建造という珍しい作業を見学するためにモリソン達の周りには
  \  ⊂ )  彡  ( #`Д´)
  /    \     ミ.三三)  ガッ    多くの現地人が集まっていたが、中には建造に使う鉄の道具を
  し ̄ ̄ ̄\)     し_)_)
                           盗もうとした不届き者がいたのだ。






263 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 21:59:00 ID:zUrkoRkU





      /::::::::::/ /    イ'   --------゙,,--、ヽl::::::::::::゙'''-、::::::::::::::::::::::l
      |::::::::::/ /    /:;:;:;:;:;:;:;「"""ノ  ,,-----、 ゙゙゙、 `,,,,,,, ::::::::::::::゙'''-、___/
      \::::::l /  ,/:;:;:;:;:;:;:;:;:;l   く  、'    o   ! 、`--、_`゙゙-、::::::::: \     盗みという犯罪には
       ゙\l  /,:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l    ヘ ヽ、    ,/  ヽ.  "'゙\,,,_`゙゙::::::::::\
         /゙゙~,、.゚゙゙!l:;:;:;:;:;:;:;ll"        `゚---'"  ノ     レ--ヽ`''',,,,,,,,,,,,,\  しかるべき報いを
        /  へ ヽ ゙三彡           _____`"'゚ ̄    く, ゚  i l--------゙
       l ,i `'. ,ll!゙廴,l、.彡     、,,.                \""'ヘ l        与えねばなりませんね
      .l  l乂i'゙   ,l        ",゙'l,,                リ;:;:;:;:;:;:l
      '〈  l {、l、 lll,         li、'゙\,,_          、丶'ソ   l丶
      ::'l ;丶 ヽ.゙゙゙l,        `lii r :゙\        'く-、':,〈v′  l 〉       見せしめのためです
::,,,,,,,,,i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!,_》;㍉l,,MM.,      liiiiiii,,、  ト、.,、      ゙"     / ノ
゙゙!゙i!i!i!i!i!i!_;;;;;;;、;;゙゚,!;'、`゙'゙″WWヘ    l!´`!iiiiii,,,,,、 ゙^`ヽ、.,_、.      ./´         思い切って彼らには
;`丶`;;;.;;``~゙ケll,,,:,,!、;;;\;、`;;`゙'ヘ    |`'Y,:匸~"""iiiiiig,,.,:、: ``''',,lャ'   /
,,,,,,,,_、、;`.;;;;;;;;;;;;.゚ラx,,;;;;;:`゙i、;;;;:;;::::::ヘ   ゙ぐ''`:'ll,,、 二 ゙゚了iiiiiiiiiii゙’   /i!i!,、、        鞭打ちの刑を与えましょう
     i,,_;;;;;;;;;:;\゚''x,;|‐、、::::;:::::::: ヘ   ゙\ `゙゙lli,,,,_、 .,l ::,《°  /i!i!i!i!i!i!i!、 
-,,,,,,,,,、::::;;::;゙゙゙ll,,;::::;::::ヽ,:゙゚!i,,:`∴`::::::::::゚ヘ    ゙ヽ,、 ゙“‘";'::'ノ`   ,i!i!i!i!i!i!i!i!i!ii!i、       構うことはありません
x,,;'、;``'‐、:::::::゙゙llil,,、:::::゙i、:::"i、::::`:、:::::::"'冫.    `"""""""=.:、iTTTT.,i!i!i!i!i!!""`ヽ  
:::゙゚Xヽ:::::::::::`::::::゙゙llllli,,:::::::ヽ::::゚!i、::::`、、:::::::f,!、           /,| | | |i!i!i!i!ネヽ:"::::::::゙li、    思い切り叩け!!
:::::::::゙'∴:::::::::::::::::..:゙llllllli,,、:゙L::::゙リ,::::`、:::;::::::"゙rTTTTTTTTi   /,| | | |,ノi!i!:ヽ,|"`│:::::::`:::|
:::::::::::`゙l∴:::::::::::::::::,,'《|lllli,::::'ヒ:::::::゙ l,、::`::::`:::::::゙':',| | | | | | ||V |  /,| | :./:ソ,",,l'l,`",".::::::::`::::::::
、::::::::、゙l,'"::::::::::::::::::'',`゙l!゙i,::::゙L::::::::゙ l,:::::::::::::::::::::::::':フ''N,,,│'hi,,,y‐、"',ィ‐゙゙_.'l,``': `、::: ::::::::::::::::|
:::::`::::'i、::゙i、::::::::::::::::::::゙jl~::lll,::::゙l'':,,::::::゙ s、:::::::::、::::::::゙巛冫~゙'トア"x,,,"″、、`:゙l、::::`::::、`::::::::::::::::|





こうしてモリソンの命令により、盗みをしているところを見つけた現地人をひっ捕らえて、見せしめに
必要な数の鞭打ち刑を執行することが新たなしきたりとなった。






264 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 22:00:00 ID:zUrkoRkU





                      ''';;';';;'';;;,.,                  ザッ
                       ''';;';'';';''';;'';;;,.,   ザッ
          ザッ            ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
                        ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
                        vymyvwymyvymyvy     ザッ
               ザッ     MVvvMvyvMVvvMvyvMVvv、
                   Λ_ヘ^-^Λ_ヘ^-^Λ_ヘ^Λ_ヘ
     ザッ            ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λ
                __,/ヽ_ /ヽ__,.ヘ /ヽ__,.ヘ _,.ヘ ,.ヘ    ザッ
    /\___/ヽ   /\___ /\___/ヽ _/ヽ /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\/''''''   '''/''''''   '''''':::::::\   /''''''   '''''':::::::\
  . |(●),   、(●)、.:|(●),    |(●),   、(●)、.:|、( |(●),   、(●)、.:|
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|   ,,ノ(、_, )|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|_, )|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|    手伝いに来ました
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::|   `-=ニ= |   `-=ニ=- ' .:::::::|ニ=|   `-=ニ=- ' .:::::::|
   \  `ニニ´  .:::::/\  `ニニ \  `ニニ´  .:::::/ニ´ \  `ニニ´  .:::::/
   /`ー‐--‐‐―´\ /`ー‐-  /`ー‐--‐‐―´\-‐‐ /`ー‐--‐‐―´





現地人達は船の建造を見学するだけでなく、多数が自らも手伝わせて欲しいと申し出た。
彼らは木材を加工する技術に秀でた腕のいい職人達で、手伝いたくてむずむずしていたのである。
しかし……。






265 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 22:01:00 ID:zUrkoRkU





              _::::-‐:::::::::::::::::::::::::::::::::___/ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.          〔_;:::=-‐:::二::: -‐─ァ::::::;:>'^ヽ./
      , <´::: r‐<´  ,. / ,...ィ::::::∠,,.二 .、/    モリソン、現地人を集めてくれたのはありがたいが
    , <:::::::::::::::〈ヽ-:::::::ー{ しL;ィ´ '迅ヒ}  /!
.  〈::::::___:::=-‐::Tヽ ィ旡! ̄ン /   、  ̄ ´  |     やはりこいつらは使えねーぜ…………
            ヽ', `¨ ̄/ ,'    l:     l
             ',   / }    /      |     奴らと俺達の船の建造方法は違いすぎる
              ',   弋´二>'      ∠
               ',   ー '         |     奴らを使いこなすには建造方法を一から教えねーと
               ',   __,..- ..,,_       l
                ',  ー ' ´ ̄ ̄`    ',    だめだ…………
                ',   ー ‐ ─…'     __、
         __   ハ    }       「|::::::\_________________________
           |:┌- ::二::_‐ヘ  〈        /l |::::::::::::::::::/ __ノ }
           |:::ト、 n     ̄',      /   ! l:::::::::::::::/ /(__/l
          l:::lヽ }i       `ー‐‐- '    | l::::::::::::/ /::::::::) /





実際の建造においては、タヒチとイギリスの船の建造方法の違いから彼らを使いこなすことは出来なかった。
モリソン達はあくまでもイギリス式のスクーナーの建造にこだわったのである。
このため、実際の建造作業においてはやむを得ず手助け無しでやっていくしかなかった。






266 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 22:02:00 ID:zUrkoRkU





        -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、          ここで、タヒチ式とイギリス式の船の建造方法の
      / /" `ヽ ヽ  \
    //, '/     ヽハ  、 ヽ       違いに関して説明するにょろ。
    〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
    レ!小l●    ● 从 |、i|       主な違いは二つ、まず一つはタヒチの船はほとんどが
     ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
 /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !       舷外浮材(Outrigger)を側面に張り出した形か
  \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
   ./:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |      同じ大きさの船を二隻つないだ双胴船(Catamaran)にょろ。
   `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |
                         いうまでもなくイギリスの船は単胴船(monohull)にょろ。





Priests_traveling_across_kealakekua_bay_for_first_contact_rituals_convert_20100918090943.jpg







267 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 22:03:00 ID:zUrkoRkU





         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、         そして、もう一つの大きな違いは船の外板の張り方にょろ。
        / /" `ヽ ヽ  \
     //, '/     ヽハ  、 ヽ       タヒチの船は厚板を編み紐(sennit)で繋ぎ合わせたものにょろ。
     〃 {_{/    \リ| l │ i|
     レ!小l○    ○ 从 |、i|      これに対してモリソン達は外板を重ね張りした鎧張り構造(clincker-built)
      ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
  /⌒ヽ__|ヘ         j /⌒i !      で船を組み立てようとしたにょろ。
  .\ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
    /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |      鎧張り構造は、外板の継ぎ目の縁が重ねられるので船が強固になるにょろ。
   .`ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |
                         これに対して、外板を重ねずに平面に張った構造を平張り構造

                         (skeleton-built)と呼ぶにょろ。





up34574.jpg







268 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 22:05:00 ID:zUrkoRkU





    |
    |-‐ ̄ ̄`' ‐-,,       実はタヒチ式のカタマランは、下部船体が細長いので水中抵抗が低くなり
    |: /´ ゛ヽ::::::::::\
    |/      ヽ::: i:::ヽ     そのおかげで巡航速度を高く出来るし、上面に広いデッキを張ることが出来て
    | -ー     l::: }::::: l
    |●     ヽレルi:::: |     居住性も高いにょろ。
    |⊃    ●゛i(⌒\
    |  ,__,   ⊂ヘ iy   ゙i   だから、タヒチ式のカタマランを建造してティモール島へ向かったほうが
    h   `´ _、ゝ,、ス\  )
    ミ}ーT゛ i ::::l| \>'    ひょっとしてより確実に辿り着けたかもしれないにょろ。
    |):゙i三|::ッ'l ::::l|t,,/
    |i:::∨ッ  l ::::l|::|      にもかかわらずイギリス式にこだわったのは彼らのプライドゆえかもにょろ。






269 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 22:06:00 ID:zUrkoRkU





      , '´ ̄ ̄` ー-、          余談にょろが、双胴船には二つの船の継ぎ目を頑丈にしなければ
    /   〃" `ヽ、 \
   / /  ハ/     \ハヘ        いけないので構造上重くなるという欠点があるにょろ。
   |i │ l |リ\    /}_}ハ.
   |i | 从 ○    ○l小N       このため近代においてはそれほど普及しなかったにょろが、近年は
   |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ
   | i⌒ヽ j         ノi|__/⌒)    アルミなどの軽量な構造材のおかげで徐々にその欠点が克服され
   | ヽ  ヽx>、 __, イl |::::ヽ/.
   | ∧__,ヘ}::ヘ三|:::::/l| |',:::::ハ     高速性や居住性といった利点が注目されて建造が増えているにょろ。
   | ヾ_:::ッリ :::∨:/ | | >'''´
                       例えばこの艦は、さらに発展して中央の主船体と両脇の副船体の3つの

                       船体をデッキで繋いだ三胴船(trimaran hull)にょろ。





lcs-gd-image18.jpg





270 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 22:07:00 ID:zUrkoRkU





    ,、        ,r'\___/゙i   
  < ,>'\     /:::::::''''''   ''''''\       モリソン達が抱えた問題は他にもあった。
  /    〉   |:.、(●)、   ,(●)| .
,,/    / \  |::::. ,,、,r'( ,_、)(,,,   |      それは、建造に使える適当な木材を探すには困難な
 \   ,/ \ \ |:::::::. ' -=ニ=-´   |
\ \ /   \  \:::::.  `ニニ´  /      旅行をして山の中に入らねばならず、運び出しも難しかったことや
  \  |     \//, ヽ._    \
   \〉       〈 ' / / 〉ヽ    \    運び出した木材を適当な厚さに切り出すための鋸が
            / \    /、 \
           /     `ー‐く \__ノ⌒',     なかったことなどだった。
        {      /   \/   ヽi
         ヽ_/      〈 / ,   〉     しかし、これらには建造そのものには関われなかったタヒチ人が
                     ヾ_/ /\
                       `‐ \ >   大いに力を貸してくれた。






271 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 22:08:02 ID:zUrkoRkU





          
         /\___/\                  彼らは石の楔を打ち込んで大木の幹を割り、
       / ''''''   ''''' ::\
       | ⌒    ⌒   ::| ⌒´⌒`ヽ、         それからざらざらした珊瑚の板で切り出した
       |           ::|        \
       | (●), 、 (●) )::  /⌒゛`      l:       厚板の表面を滑らかにするという驚くべき技術で
       \ ,,ノ(、_, )ヽ、,, __ ,ノ|     ,      |
    ミ   /`ー `ニニ´一''     |.    |   ,   !      船の外板を作り出したのだ。
         /        |.  `-,,,.|"   |___,ノ   |
 ミ    /.   /     |    |    |     ,lー─- 、 このような方法でタヒチの人々は、モリソン達が
   , --‐-ー、_/      l     ,|    |   ,/ )    )
  く / / ァ- ,ノ  ミ   \ノ^ノ^/⌒ヽj\   /^ー-‐' とても評価できないほどの大きな手助けとなった。
   `ー' ー´ ̄      (_(_イ_,イ、_,ィ'´__/  ̄






272 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 22:09:00 ID:zUrkoRkU





               _
             _rf´‐‐、::`ヽ、
          r‐' ムヘ f「:::、::::::し'ィ              ∧ 
          ト、 !.::::::::リj::::::::::::::::/                  /.:::}
          ト、}ノノr_a、:::::::X::::::::f           ト、     /.:::::l    /i
         `¨「」 :::::._j::::::::::::i从         l::::ヽ.  /.::::::::| /.::::::l
           `ヘ '坐丞ア.:::「             j::::::::} /.:::::::::::|/.::::::::::/
         〈⌒{ー|ヽ、::::::::ハ:レ⌒〉       /:::::::::l/.::::::::::::::::::::::::::/
           } i:::::i:::::::`::::::::::::::::::{____ _/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::/        この程度のこと
          _ノ  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ,.-‐‐‐_ .. -‐‐'′.:::::::::}.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/,.-‐ァ
  {、   /  \ ̄ ̄`ー' :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://.:::/         私に掛かれば
  f{_ヽ、/    ` ー‐'⌒){:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/´.:::::/
.  Ⅵ __ヽ、       〈 」:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  iY __小、______,rff千::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∠..            造作もないことだ!!
  }j三三小`¨¨¨¨´_三圭」::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__/     .イ
.  j{ / /.::} `¨¨¨´.::::::-‐┼::::::::::::::::::::::::::::r-ヘ::::::::::::::::::::::ヽ、    /:/
  j{   .::::: ハ、__   .::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::/   ',::::::::::::::厂 ̄ __/.:::/
  i{  ::::::: j  Vム  /.:::::::::l:::::::::::::::::::::::::/     ,::::::::::└、 /.:::::::::/
  l{  ::::: '  Vム ,′.:::::::{:::::::::::::::::::::::,′    }:::::::::::::::::V.::::::__/
  l{  :::: ′  }コ { .:::::::::::!:::::::::::::::::::::′    {::::::::::::::::::::::::::{
  {レ}   ,′  !  ',:::::::::::l:::::::::::::::::::::l      f::::::::::::::::::::::::::!
 /k   {    }    ヽ:::::::!::::::::::::::::::::{      {::::::::::::::::::::::::::l





しかし、船の建造のための最大の障害は、鉄の道具を整えるための鍛冶場の炉がなかったことだった。
この為に作業は重大な遅れをきたすことになったが、これもやがてコールマンの努力で解決した。
彼は辛抱強くあれこれ工夫を重ねて、石と粘土を使って炉を作ることに成功したのだ。






273 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 22:10:00 ID:zUrkoRkU





        /  ,,,, -‐ '''' " ̄""''‐-,,_  \  
       /  /´,,-‐'' """""'''' ‐- 、. \  \           どうやら作業は順調に進み始めましたね
         ,l 〆Θ='''' """ ン フ''ミ=oァ `\ヽ  l
       〈 (;;''" _,, -‐'",,=,,゙"'‐、 ヽ::::\ ヽヽ |           この調子ならうまく行けば
       〉'  _ェ、'ゝ;"´l  `i '  l:::::::::::\`i|ン'
      /´-イ,"-,l  ` ,ゝ・‐´    i:::::::::, 'ニ、ヽ,            半年もすれば船は完成するでしょう
     `´   l l ・'           ゙''..:::':::`::}..l..
          i´ ヽ、テ          ,:: -――‐- 、
           l   `  _.. -‐- 、 /;;;;;;;''''',, '':::::::::::`:ヾヽ、
          `、  , ',´‐ '"´´ /;;;;;;'''''  ,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,\\
           `、. '´     .l;;;''''',,,,;;;;;;;;''';;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,'''';;;;;;ヾ.、
            ゝ    .::::|,/: : : : /`'';;;;> 、"''''''';;;;;;,,,;;;;;/
         ,r'´;;;;;;;ヽ-‐ '':::" |: : : : :l;;;;;;'''''''',,,,,,,,,,,,;;;;;;> \;;ヽ
         ':::::. ;;;;;;;;;;;l i;;;; :::::l|: : : :ノ'',,,,;;;;;;;;;;;;'''''''"   ,,,,,,,,,,
        ..::: . .:: ;;;;;;;;;;lリ;;;;;;;;;;/: : : i;;;;;;;;;;''''''  ,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;; ; ; ;





このように色々と思わぬ困難があったにもかかわらず、船を建造する計画は実際に進展し始めた。
ところが、彼らがようやく船体の骨組みを完成し終わった頃にこの計画をめちゃめちゃにしかねない
不幸な出来事が起こってしまったのだ。






274 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 22:11:12 ID:zUrkoRkU




1790年2月8日



, - '´       ,.. - ,つフ- 、'''''''''''''''''ヽ、
        / //  / ∧ \   \ lヽ
  ___,,.... - フ'´ // /   ./l ∧l }ヽ、  ト'ヽ
',フ'     ./ ./ {./   / | /  | /``ヽ、、 ト 、\
     /  /  ,'  l |´ リ;;;,, リ  i'''',トj l }\ヘ|
.、   ,{  /j  ,ヘ l {iリレイ;;;、l   ヽ;;;Ll!八\\|                                   
. ヽ /j, ,'   j ミリ 人;;/``  ゝ ヽヽ   \\                                  
  \..j /    |_ヽヽヽ ι     ,..、 ト 、ヽ-、ヽ`ヽ,                                
   ./~\__/~ヽヽヽ`.v      ',...' ∧、---ゝトゝヽ| _,,.......                            
.  / //┌'    ヽヽヽニ、、  /,´  /,..ゝ、、`ニヽヒ~ / / , '´\                          
.  { | l {     ヽ ヽヽ~ `ヽ'-' 、_.// /´\ .{{ l  / /  ,'    \                         
.\| | l }、     ヽヽ ヽ\ `ヽ_  ` ヽ 、、、ヽト'-ヽ/ 、:      ヽ,                        
  | l l {_、      ヽヽ  ヽ、 `~~~~~フニ|/ /~ヽ、ヽ `   } ; ヽv、                    
  ヽ ヽ }ヽ     ヽ     i、、__,, っ-'´, ,ヽ、  `ヽ_、    レ'  /-っ                  , '-ー
   ヽ__ll く   ヽ、  ヽ、   l  、、  /, '´    ヽ、 ヽ \ / | |/´ `ヽ       , -、_    ,..-''´   /
    ``ヽ、 、ヽ、   ヽ  ,j  ヽ / :       ;: ヽ`、;\\ / /    `--っ '''フ⌒⌒ ⌒´´/  .//'
       }_   ヽ、 、  ヽヽ   〉ヽ :        jヽ!_  ; ヽゝ| /      / ,、~~ __ ̄ ./ ̄ ̄ ., ' / |
        ``゙~、,、、、_ ヽ i / ヽヽ、    ヽ、 _ / |  ヽ ;; /,j |/  ヽ、 ./,,,/ ヽヽ、 /        /. |
            \__>く_  ヽ \    ヽ {   ヽ_l |./     ヽ ,-く     、          /   .l 
               `ヽ、_  \  ヽ.\_. -    {   ヽ---/    / }  ヽ' ~ }  , . - '´ .〉--'   ヽ
                  ``-ヽ、、 \ `ヽ       ./  /  _, -'l|'       ./   フ   >      
                     ヽ、、_ ヽ     l   |  l!'   | }   |   {   /   /    }      
                        `ヽ ヽ_     |  |  |  } }   ヽ|  /  /    | f       
                           \丶、  丿 / ┌l    _ , . -- ーーー 、、 ,,,,/        
                             \ \/__/,>-ー' '´´           `´  _` `ヽ 、     
                       ,.. - ' ´´ ̄ ̄ ̄                       ``` ー ヽ   





この日、ある現地人の女性が、バウンティ号の乗組員の一人によって強姦されてしまった。






275 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 22:12:19 ID:zUrkoRkU





             ___
           /_) (_\              このような卑劣な蛮行を行ったのは、
            /【●】 【●】 \
         /    △     \           オプーナと同様に野蛮で乱暴者であった
          |     -==-     |
         ヽ、 _     .._ /           マシュー・トンプソンであった。
    ____/⌒``ヽ ,,ー‐,,   "⌒ヽ____
   |____し'⌒/ .    .   /"⌒し′__|::|      彼は被害者の女性に一方的に惚れ込み、
   |____(        /_______|::|
    |____/⌒ ヽ、     /______|::|      彼女の好意を得られないと分かるや否や
    |____しイ"i  ゙`   ,,/._______|::|
l二二二二二二 l |二二二二二二二二l__:|      林の中に彼女を引きずり込んで暴力で
 | |::|   | |::|  し′        | |::|  | |::|
 |_|;;|   |_|;;|            |_|;;|  |_|;;|      彼女を犯したのである。





278 :名無しのやる夫だお:2010/09/17(金) 22:14:46 ID:WDkFQlGM



うわああ、またDQNなことを・・・


276 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 22:13:00 ID:zUrkoRkU





ヘ                - - ──                  ______
-ト──---、....._            - ─==   r─‐-、    /        \
 |             ̄ ̄`  ─--へ--、__        {     ヽ<             \
  i                /::::::::::::::::::::``ー-、...   ト、_    \  (_         \
  i               i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`.┴'‐-‐'`ヽ、  メ、/【●】           \
  .i    _,...-───-、 __ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V ´ ヽノ             |
   i─'´ ̄          7``ー─────----- 、..._  ロ{   ノヒ_            |
   |              {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::‐〈〉─‐〈〈,               |
   |    ,..-‐'´ ̄ ̄` ‐-、.ゝ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i    } {-           /
   j,. -‐'´  ‐ ‐ ──    ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`  ─'ロ{_,,...ノノヽ         /
  /       ‐‐ ─=            ,...----────'´ヽ},、           〈





彼女には兄がおり、そのことを聞くと彼はトンプソンを探し出して意識を失うまで彼を叩きのめした。






277 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 22:14:00 ID:zUrkoRkU





              ____
            /\) (/\
          ( ;:;:;:;:;.ノ| |【●】( ;:;:;)       畜生、ひどい目に遭ったぜ……
         /    ._| |_,     \
        (;:;:;:;;;:;  \/    .:::::)      今にみていろ、必ず仕返しするからな……
        / ||    -==-||   ,/
        / / |\/ /  /l |  ̄         ん? なんだ?
        / /__|  \/ / | |
       ヽ、//////) /  | |           貴様ら、俺の家の前で何をしている!!
        /  ̄ ̄ /   | |
      __/  )--- ヽ   ヽ つ
    ⊂---― 'ー----'






   【審議中】
       ∧,,∧  ∧,,∧      ゴウカンダッテ、カワイソウダヨ
    ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
   ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )   ブリタニアノヒトハオソロシイネ
   | U (  ´・) (・`  ) と ノ
    u-u (l    ) (   ノu-u   クワバラクワバラ
        `u-u'. `u-u'






279 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 22:15:00 ID:zUrkoRkU





       ノ L___
        ⌒\) (/\             おい、貴様ら!!
      / 【●】| |【●】 \
     /     _| |_,    \          そこをどけ!!
  ∧、 |.     \/     |_∧
γ⌒ヽ.\     -==-     /γ⌒ヽ      今すぐここから立ち去るんだ!!
.|(●).| i\        /i  |.(●)|
.ゝ_ノ ^i | |       | | i^ ヽ_ノ       ぶっ殺すぞ貴様ら!!!!!
 |_|,-''i⊃l()      ()l⊂i''-,|_|
 [__|_|/〉l/       \l〈\|_|__]
   [ニニ/           ヘ ニニ]
   └―'             `─┘



        ∧,,∧  .∧,,∧
    ∧∧(`・ω・´)(`・ω・´)∧∧
   (`・ω・´).∧∧) (∧∧(`・ω・´)     …………
   | U (`・ω・´)(`・ω・´) と ノ
    u-u (l    ) (    ノ u-u      エイゴワカンナイ……
        `u-u'  `u-u'






280 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 22:16:04 ID:zUrkoRkU





      ノ L___
      ⌒\) (/\          
   / 【●】| |【●】 \
  /    ._| |_,     \       貴様ら、俺を舐めるな!!
  |     \/      |
  \     l;;;;;;l      /
 /     `ー'     \



  ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,     ,,,,,,,,,,, ,,,,,,,,,,
  |;;;;;;;;;;;;;;;;;|     |;;;;;;;;;||;;;;;;;;;|
   |;;;;;;;;;;;;;;;;;|      |;;;;;;;;||;;;;;;;;|
   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;|,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
    |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
    |;;;;;;;;;;;;;;;;;;|''''''''''''''''''''
     |;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
     |;;;;;;;;;;;;;;;;;|
      .|;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
                                         ,,,,,,
                                      /;;;;;;;;;;;;;|
                                      /;;;;;;;;;;;;;;;|        ,,,,,,,
                                         '''''    ,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;''
                                          ,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;
                                        ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                                        ''''';;;;;''''''''''






281 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 22:17:00 ID:zUrkoRkU





            :,:           :(::)
            /⌒''⌒) :,,゜      '         ,,,,,,,
           (:::::::::::::::!'                 (::::::)
           ヽ::::::::';'''                 ''``   。
           τ'::/ .;:
            )/
         。            '  、       ;: 。
                               `'''`~''・    ' `
     f''`⌒(     ,,,,               !:(',,,,、              ::,,,,,、...
     ,!,,,、(     /::τ             ノ:::::::::::::::::)          。  !::::::::::`! 、
 :.、          !:::(     ノ::`!   o   (::::::::::::::::::τ            (:::,,;,;,、; 。
       ゜     (/      ⌒・ .   ・、;::::::::::::;;.;`` ''
     ,,、..   //   ノ'          //'''`'`'` `       ..,,.. _,,,.、 ・         ,, ...:・..
  π /;::::::::(,.,.(;;;::::(   ,,.,  ・っ                    ;,;;( ):::::;.    c::── '`'''::::::::::;''
   ):::::::::::::::::::::::::::/  '''''`   `        '`                     ⌒ ` !.:::τ'' ``
 τ !::::::::::::::::::::::::::::)/,,,,, γ               :'`'``:!
   (::::::::::::::::::::::::::::冫 `'`'    、,:'::::::`:::,,,,        !:::::ノ         ・
 :::':'::::::::::::::::::::::::::::;(,,,,,,,、:::::::-ー''''`'`''''''''"






トンプソンは立ち去らない現地人達にいきなりマスケット銃を向けると、でたらめに撃ち込んだ。
弾丸は一人の男と、その男が抱いていた子供を殺し、さらに一人の女の顎に傷をつけた。






282 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 22:18:09 ID:zUrkoRkU





この一報はたちどころにスクーナーを建造するモリソン達のところにも届いた。



       ____
     /ノ   ヽ、_\        な、何ちゅーことをしてくれたんですかあの乱暴者は!!
   /( ○)}liil{(○)\
  /    (__人__)   \     このままじゃあこっちにもとばっちりが来るお!!
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /







        /  ,,,, -‐ '''' " ̄""''‐-,,_  \  
       /  /´,,-‐'' """""'''' ‐- 、. \  \           まずいことになりましたね
         ,l 〆Θ='''' """ ン フ''ミ=oァ `\ヽ  l
       〈 (;;''" _,, -‐'",,=,,゙"'‐、 ヽ::::\ ヽヽ |           この一件は放置しておけません
       〉'  _ェ、'ゝ;"´l  `i '  l:::::::::::\`i|ン'
      /´-イ,"-,l  ` ,ゝ・‐´    i:::::::::, 'ニ、ヽ,            このままでは酋長であるポイノも
     `´   l l ・'           ゙''..:::':::`::}..l..
          i´ ヽ、テ          ,:: -――‐- 、          この一件に乗り出してきて我々が
           l   `  _.. -‐- 、 /;;;;;;;''''',, '':::::::::::`:ヾヽ、
          `、  , ',´‐ '"´´ /;;;;;;'''''  ,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,\\    処罰される恐れがあります
           `、. '´     .l;;;''''',,,,;;;;;;;;''';;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,'''';;;;;;ヾ.、
            ゝ    .::::|,/: : : : /`'';;;;> 、"''''''';;;;;;,,,;;;;;/    そうなれば船の建造どころでは
         ,r'´;;;;;;;ヽ-‐ '':::" |: : : : :l;;;;;;'''''''',,,,,,,,,,,,;;;;;;> \;;ヽ
         ':::::. ;;;;;;;;;;;l i;;;; :::::l|: : : :ノ'',,,,;;;;;;;;;;;;'''''''"   ,,,,,,,,,,     なくなるでしょう
        ..::: . .:: ;;;;;;;;;;lリ;;;;;;;;;;/: : : i;;;;;;;;;;''''''  ,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;; ; ; ;






283 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 22:19:00 ID:zUrkoRkU





         / ̄\           ふん、小娘の一人や二人どうなろうと
           |    |           
         \_/           俺の知ったことか!!
           |             
       / ̄ ̄ ̄ \          これは俺達に手を出すとどうなるか
      /   ::\:::/::::\        
    /   <●>::::::<●> \       やつらに教訓を与えてやったことになる
    |     (__人__)    |       
    \     ` ⌒´   /       いい機会だぜ
       ̄(⌒`::::  ⌒ヽ         
        ヽ:::: ~~⌒γ⌒)        この機会に奴らをさらに叩きのめして俺達への
         ヽー―'^ー-'
          〉    │         尊敬というものを叩き込んでやろうぜ!!






284 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 22:20:33 ID:zUrkoRkU





    __ノ \〈:::::||::://::::::/"     __  三、  .. :.: ::::/::/::,イ
   //  >=ゞ:::||/厶ー'゙      /     }:::::::::::/:::/:/:::l    オプーナ、君はいったい何を
   レ  /:::::::::rー''"       /      彡/::/::/::/:::::::::!
   /  /::://:/        / ,.ィ≧ュ、    `ァ〃イ^ヽ::::::::::/    考えているんだ!!
.  {   ゝく〈_ヽ   、 // ,〃 ィ之ノ _.´     ∨ L  }::::::/
   ゝ_ >ー 〉::ト=ミュゝヾ彡=´ ̄ ̄´           〉 ,'::::∧`ヽ   今の我々は現地人の協力無しでは
     ヽ__/::/ ィ圦フ}  `ヾ´ ̄              ゝ/彡'::/ } \
    -=ニ二ノ|::ヽ  ̄ノ                   ┬'  ∨ /    生きていけないんだぞ!!
           |::::l  く  、                 {   / /
           |:::::',   ヽ  __,. -ー- 、            l  / /     我々が今なすべきことは
         l:∧\  くr=' フ´ ̄ ヽ         ノ  / /
           !::∧ \  ',  /    /          , ' /      トンプソンの愚行に対する
         \::ヽ /\ ∨__ /   /  r─//
         _\∨ ∧ ー─   /   / //   _      謝罪だ!!
__  -ー ¨´ /  `  { ∧     ,.イ__    / 〈  \  { r'
            /     ヽ\` ̄「`Y´ 人_/  \  \! |      火に油を注いでどうする!?
                ゝ 三ミ{  | { /      }\  ヽ|






285 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 22:21:00 ID:zUrkoRkU





           ... -―……―- .. .
       . . : ´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`: . ..            コールマン君の言うとおりです
      /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`: : ..
.     ,′:::::::::::::.  -‐…――- : . . .:::::::::::::::::::::::::::::\       我々はなんとしても死んだ現地人達に
    i::::::::::,. ´ (YY)-‐…‐-   .. .  `: : ..::::::::::::::::::::::ヽ
    !:::::::/ , . :.(.ハ.).-‐…‐-... ,,_   ` : : . `: : .::::::::::::::!      十分な謝罪をしなければなりません
.     \〈  ,. :':.:.:::::::::::::::::::::::三三二二D}  `: . `ヽ::::::j
      Y.://三二ニ>''"Y o `ヽヾハ;;;ー- .. ` 、}/      とにかく今はそのための方法を探りましょう
.      //ィi{ o Y´  ( 八    ノ  〃;;:;:;:;:;:;:`ヽ__,′
     〈/l;;トヘ.___ノ}    `  二´     ;;:;:;:;:;:〃⌒ヽ       やる夫君、申し訳ないが
       _从     トiへ.          ミ"// く:::{ j''ッ、
     ( ヽ ''  ヾ} ン"               ノフ ノ  彡x   死んだ現地人達に関しての情報を集めて
      ヽ|     ______     xッ、ノィィ彡''⌒ヾ    ,,ミ、
        八   i´ ,,二ニ-‐‐ ''  ノ           ,,z'  \ ください
         ヽ  ´     ,,xミン′       ,, -‐''"
        /{::.、  ,.ヘ._〃      ,, -‐''"          お願いします
         〈 ゞミx._////シ    ,, -‐''"
        /`ヽヽ /// ,, -‐''"



         ____
       /   u \         わ、分かりましたですお……
      /  /    \\
    /  し (○)  (○) \
    | ∪    (__人__)  J |
     \  u   `⌒´   /






286 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 22:22:00 ID:zUrkoRkU





               .   Å        
                  ヨE      
                //\\      
               /∠^卉^\\   
             //;;;::   :::;;;\\   
            //;;;;::____::;;;;\\     
         _,,.-''゙//__________ヘヾ-..,,_    
    _,,..-‐''"んんんんんんんんんんんんんんん "''‐-..,,_  
  んんんんんんんんんんんんんんんんんんんんん
       \| |丗丗丗丗丗丗丗丗丗丗丗丗丗| |/    
        | |::                  :| |     
        | |;;       [JUNの家]   .    .| |
        | |::                  :| |     
        | |::     | ̄ ̄ l  ̄ ̄|      ::| | ̄ヽ  
        | |::     |     l     |      ::| | ̄   
        | |::     |     l     |      ::| |     
        | |::     |___l___|      ::| |
        | |::                  :| |
        l二l                   l二l
        |  |                  .|  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄






287 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 22:23:00 ID:zUrkoRkU





      >'´ /   ∧    |    i| ヽ.      \
   /   /     /::::ヽ _,斗:.:.:.: :   |   !  :...   \        聞いてきたよ
    〉       ::ー‐^´¨ |:.: : !:.:.. ト、  |   :.:.:... : :..`ー-、
    |   |  il  ::|       ! ::∧:. :.  ,=‐i   :.:.:.:.:...:.:.:..:.:./    ……殺されたというその男達だけど
    / .:.:.:.:|  i|   ::|       | / ,ィ|,.イ´__ ∧  ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
  / :::/イl|  l|  ::|=、>ー=、 i′|:rレ弍¨ヽ ト :.:.:.:.:.:.:.:.:./       どうやらハアパペにもパレにも住んでいない
 ./::/  /   |  |´戈¨T |ト==、|| 弋__ソ‐|/.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
 レ'゜   / /  iヾヽ! 辷_ソ」|   ヽ=====' マヽ.:.:r-‐'´       よそから来た人間だったらしい
      レ' レ'〉 ! ヾニ=== ′〈           'ノ::;;;>
             ̄ヾヌ、      `       ,/‐'´           タヒチの不文律では、よその土地の人間を
             ̄ヽ       ー‐      /
              \           _, ィ´              この王国では罰することも保護することも出来ない
                 `¨ニt-  -‐' ト-┐
           _   /´iイ      |/ ヽ―-- 、__        つまり君達は、死んだ人間に対して何の
          /i  ゞ7″ | ′    /    |     `ヽ、
        /  i  / ,ヘ |____,_/ |―、  |    /  ヽ.     責任も負う必要はないんだ
       /-‐'´ | ./// ヽト-―/ニ,ノ  \|     /   \'、






288 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 22:24:16 ID:zUrkoRkU





           ___
       /      \          そうですか、それはよかったですお……
      /ノ  \   u. \
    / (●)  (●)    \       死んだ人には気の毒ですけど、
     |   (__人__)    u.   | 
     \ u.` ⌒´       /       それならこの件は何とか我々にまで影響を与えずに
    ノ            \
  /´               ヽ      済みそうですお……







  / /.:/.:   i.:.:.:l.:.:.:l.:.:.:/ l.:.:.:.:.:.:``´.:.:.:.:.:.: |.:.:.、.:.:.:.   それはいいんだが、
    l.:.:./ .:.: .|.:.:.:l..:/l.:.:/ |.:/l.:.:.l.:l.:.ト、.:.:.:.:. |.:.:.:.\  ̄
  ./.:./ :. :.: :|.:.:.:l/ .l.:/  |/ l.:.:N.::.|__\.:.::|.:.:.:.:.:.:l     ただ、僕は少し不安なんだ……
  /.:./ .: .:.:.: :|.:.:.:仁l/二ニ  l.:仁l:/=== ヽ:!.:.:.|\|
  l:/.l.:.:.:.:.:.:. .ト、.:.l テ示ミヽ1 Ll/ l 「 戍テミ lトV       これがさらなる騒動の第一歩でなければとね……
   l.:.:/l .: ハ:lN{ 辷ソ ノ ! 「 ̄l |弋辷ソ l1 l  
   l:/ l.:/   lL_ __ノ  ,  ヽ _二 ノ.:.:.       以前言った通り、タヒチがこのまま平和でいられるように
       l/ 、__',               / .:.:.
           ヽ     ー‐    /.          君達には行動して欲しい
             入        ,..イ.:.     
         . '´ i.:.\> -- </             頼んだよ
       /     |.:./\    ノ.:






289 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 22:25:00 ID:zUrkoRkU





こうしてこの一件はうやむやになることになったが、そのことに納得していない男が一人だけいた。
それは────



     , (⌒      ⌒)
   (⌒  (      )  ⌒)
  (             )  )       ふざけるな!!
    (_ヽ_ハ从人_ノ_ノ
          | || | |             愚民共に活を入れてやることの何が悪い!!
       ノ L,l ,|| |、l、
       ⌒:::\:::::/::\          もう俺は貴様らには付き合っておられん!!
      / <●>::::<●>\
     /    (__人__)   \        俺はマテのところに帰る!!
     |       |::::::|     |
     \       l;;;;;;l    /l!|
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |    ドンッ!
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ >
               レY^V^ヽ





またしてもオプーナ・チャーチルだった。
現地人達に無益な戦闘を仕掛けようとした彼は、彼以外の総てのバウンティ号の乗組員に
その提案を拒否されたことに腹を立てて、トンプソンを連れてブラウンのいるタイアラプ半島に
戻っていったのだ。





295 :名無しのやる夫だお:2010/09/17(金) 22:31:17 ID:fpOR.uxw



…強姦に対しては何も補償も謝罪もしなかったの?


303 :名無しのやる夫だお:2010/09/17(金) 22:37:47 ID:9ykqbSXA


>>295
ボコッてそれで気が済んだんじゃないの?



290 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 22:26:00 ID:zUrkoRkU





         ____
       /     \         正直に言えばオプーナさんがいなくなってくれて
      /  u   ノ  \
    /      u (●)  \      ほっとしたお……
    |         (__人__)|
     \    u   .` ⌒/       これで安心して船が作れるお……
    ノ           \
  /´               ヽ





これを聞いてバウンティ号の乗組員達は大いに喜び、ほっと胸をなでおろしたことは言うまでもない。
こうして幸いなことにこの事件はさほど彼らに影響を及ぼすことはなく、彼らは新しい意欲を持って
再び船の建造に取り組み始めたのである。






291 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 22:27:00 ID:zUrkoRkU





だが、かれらはもはやオプーナの誇大妄想からは逃れられなくなっていたのだ。
二週間ほど後────



    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\      タイアラプ半島のオプーナという人から
  . |(●),   、(●)、.:|
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|      手紙を言付かってきましただ
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::|
   \  `ニニ´  .:::::/
   /`ー‐--‐‐―´\







       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       |                    |         「────俺は今、国王マテとその義理の兄弟である
       |                    |
       /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____    ヴェヒアツアの世話になっている。
       /              /ヽ__//
     /    やらないか      /  /   /    彼らは指導者として誠に優れた素質を持ち、俺達を
     /              /  /   /
    /   ____     /  /   /     下にも置かぬもてなしで扱ってくれている。
   /             /  /   /
 /             /    /   /       俺は今何不自由ない生活を送っており、ぜひとも皆も
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /   /
                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄         俺と同じ様な生活が出来るようこちらに移って欲しい────」






292 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 22:28:08 ID:zUrkoRkU





         ヽ 、________ ヽヽ. 、
       _,, ..≧::::::::::::::::::::::::::ヽV::ヽl            
       ,.イ::;ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`=イ/
       //::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<        ヴェヒアツアはタイアラプ半島の南半分の
      〃::::::::::::;イ//リ|:/|:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     ∠::::::::从(     l/ !::::::::::::::::::::::::::::::: ヾヽ     テアヒュウボオ王国の酋長であり、マテの義弟にあたる。
      /イ∧` 、,,ィ≦=rヽl/ル::::::::::::::::::::::::ヾ、
        〈_≧r=!:::::::ノ    リ:::/ヽ:::::::::::::lヽ      このためパレ王国から亡命していたマテを
        !:::::/   ̄       lん) !::::::::::ル
        `l〈 _       ,..  ( ,.イ:::::::::::(        自分の王国に匿っていたのだ。
         ヽr__      /  l´ !::::::::从ヽ
    ___ ,....,..._ ト-`¨      ノ  ルリ人ヾヽ      彼は特にオプーナを優待し、自分の手元に置いていた。
  r‐"_l_辷〕_}illi、   ,, -   ,,..::::"::::.. | __
  f,! └‐r‐‐/ / ^vllllllr''"  ,,...::''::::::::::::::::::::/´  /`!
  H__ノ__ノ__ノ /   r=`-''::::::::::::::::::::::::::::/  /   ヽ
 {   ∨   l    ヽ:::::::::::::::::::::::::::::/  / ,. "   \
 l、   l   /    / l::::::::::::::::::::::/  / /
 /`'ー― /     / /:::::::::::::::::/  / /
/     / / ̄/  /:::::::::::::/     /

ヴェヒアツア:マテの義弟






293 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 22:29:16 ID:zUrkoRkU





        /  ,,,, -‐ '''' " ̄""''‐-,,_  \  
       /  /´,,-‐'' """""'''' ‐- 、. \  \           …………
         ,l 〆Θ='''' """ ン フ''ミ=oァ `\ヽ  l
       〈 (;;''" _,, -‐'",,=,,゙"'‐、 ヽ::::\ ヽヽ |           全くこの人は愚かな人だ
       〉'  _ェ、'ゝ;"´l  `i '  l:::::::::::\`i|ン'
      /´-イ,"-,l  ` ,ゝ・‐´    i:::::::::, 'ニ、ヽ,            自分が我々をまとめて囲い込むための
     `´   l l ・'           ゙''..:::':::`::}..l..
          i´ ヽ、テ          ,:: -――‐- 、          単なる撒き餌にされているとは
           l   `  _.. -‐- 、 /;;;;;;;''''',, '':::::::::::`:ヾヽ、
          `、  , ',´‐ '"´´ /;;;;;;'''''  ,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,\\    気が付きもしないのだろうか
           `、. '´     .l;;;''''',,,,;;;;;;;;''';;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,'''';;;;;;ヾ.、
            ゝ    .::::|,/: : : : /`'';;;;> 、"''''''';;;;;;,,,;;;;;/    このような手紙は無視するのが一番です
         ,r'´;;;;;;;ヽ-‐ '':::" |: : : : :l;;;;;;'''''''',,,,,,,,,,,,;;;;;;> \;;ヽ
         ':::::. ;;;;;;;;;;;l i;;;; :::::l|: : : :ノ'',,,,;;;;;;;;;;;;'''''''"   ,,,,,,,,,,   
        ..::: . .:: ;;;;;;;;;;lリ;;;;;;;;;;/: : : i;;;;;;;;;;''''''  ,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;; ; ; ;





モリソン達はこれまでのオプーナの行動に耐えられないほどうんざりしていたので、この手紙に
わざわざ返事を書くようなことはしなかった。






294 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 22:31:00 ID:zUrkoRkU





ところが……。



           / ̄\
              |    |           喜べ愚か者共!!
           \_/
             |             ぐずぐずしている貴様らを見かねて
         /  ̄  ̄ \
        /  ::\:::/::  \        俺自ら貴様らを迎えに来てやったぞ!!
      /  .<●>::::::<●>  \
      |    (__人__)     |      それと、これからは俺をオプーナ”酋長”と呼べ!!
      \    ` ⌒´    /
       /,,― -ー  、 , -‐ 、      なぜなら俺はいまやテアヒュウボオ王国の酋長だからだ!!
      (   , -‐ '"      )
       `;ー" ` ー-ー -ー'
       l           l






296 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 22:32:00 ID:zUrkoRkU





         ___
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
          イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。





それから間もなくして今度は彼自身が”酋長”を名乗ってマタヴァイを訪れたのだ。






297 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 22:33:25 ID:zUrkoRkU





           ____
          /ノ   ヽ、_\
        /( ○)}liil{(○)\         お、オプーナさん!!
       /    (__人__)   \
       |   ヽ |!!il|!|!l| /   |       どうして急に戻ってきたんだお!?
       \    |ェェェェ|     /
     , -‐ (_).ヽ   ー‐    ィヽ        それに、酋長になったって
      l_j_j_j と)          i
       ̄`ヽ     ノ    | l        いったいどういうことだお!?
       /´  ヽ        | l
       l    |       ヽ_⊥-‐ 、
       ヽ  _,l- 、      ̄/     l
        ヽl´   |_  / ̄ `l_-‐ ´
         `-‐´   ̄ヽ --‐'






298 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 22:34:01 ID:zUrkoRkU





                                 ,.へ
  ___              / ̄\           ム  i     俺がやっかいになっていた王国の酋長
 「 ヒ_i〉           .|    |           ゝ 〈
 ト ノ            \_/           iニ(()    ヴェヒアツアが急死したのさ!!
 i  {              __|____           |  ヽ
 i  i           /::__,:::, ‐-::\           i   }    そして住民の推戴を受けて、俺様が
 |   i         /<●>::::< ● > \       {、   |
 ト-┤.      /    (__人__)    \    ,ノ  ̄ ,!    新しく王国の酋長になったというわけだ
 i   ゝ、_     |     ´ ̄`       | ,. '´ハ   ,!
. ヽ、    `` 、,__\              /" \  ヽ/     俺は遂にこの島の酋長になったんだ!!
   \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―--―/::7   ノ    /
     / ̄二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
     | 答 | 前の酋長が急死した           │|
     \_二二二二二二二二二二二二二二二二ノ






299 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 22:35:14 ID:zUrkoRkU





       / ̄ ̄ ̄\         …………
     / ―   ― \
   / ;;;(◯)::::::(◯);;;\     (この人、絶対何かヤリましたね……!!)
  |      __´___    |
  \     `ー'´   /







       _ , r ‐ ' ´ ̄ ̄` ' ‐ - 、
      r'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'i
      {;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;}         …………!!
      };;;;;;;r'''´  _,m--- ,, _`'''‐'-'}
      |。‐,,,'''´-‐´` ̄‐;;;--`,,。‐|
       iヽ;'´>、,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;;;;;r'´ヽ ;r´`}        (何ということをしてくれたんだ!!
    ,,r;;{ヽ; ' ( ・`i'/i‐''''´! ・ } | r };;ヽ
  /;;;;;;;;;ヘ ヨ   `ー' r'   `ー‐´  | ' ノ;;; ヽ      もし彼が何かまずいことをしていたなら
 r';;;;;;;;;;;;;;;;;`|     =、=      |'´;;;,r'´,;;;}
 { ヽ、;;;;;;;;;;;;|      _    |;;'//;;;;;ヽ,     その恨みは我々にまで降りかかってくるというのに!!)
´ヘ;;;、  ヽ'、;ヘ、 '´ ̄ ̄   ̄` ノ /;;;;;;;)ヽ /ヽ
 !、'' 、 ;;;;;,, ヽ;;;ヽ、    , r;'//;;;;;;;;;'''´//  ヽ
  ヽ;;;;;,,, ヽ、 ヽ;;;;`ー‐‐´;;'/;;;;'''''' ´/






300 :名無しのやる夫だお:2010/09/17(金) 22:35:44 ID:vC5CvC7A



だめだこりゃ


301 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 22:36:13 ID:zUrkoRkU





                               |. `|  |  l  l.  |
             / ̄\      「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |  ,' / ノ ̄ ̄|
            |     |.      |           ヽ_j  / //     |   ということで、貴様らには
             \_/      |    権 利 書ヽ_ハ/′    │
               |        |                    |   我が同胞として王国で
           /  ̄  ̄ \    |     オ  プ  ー  ナ       |
          /  \ /  \..  |     ・・・ ・・・ ・・・       |   住む権利をやろう
        /   ⌒   ⌒   \ |     ・ ・ ・・ ・・・        |
        |    (__人__)     |/|                    |   俺に忠誠を誓ってくれるなら
        \    ` ⌒´    /l|.| :::::::::::::::::::::::: |
        ヽ、--ー、__,-‐´イ   l リ :::::::::::::::::::::::: |   その分報酬を手厚くしてやってもいい
          >'´/ / _,.ノ|/    l.| :::::::::::::::::::::::: .|
        ,r7′_,.レァ‐‐'′、 l  i  l|              __     |   俺様自ら来てやったんだ
       /,厶イ_:.:/    ヽヽ. :l  .|             〃.  `ヾ    |
       /7   /:.:「       ゝL/|   ::::..... |l 光 ||..   |   もちろん全員で我が王国に
     /〈  /:.:.:.:',    /  //   |   ::::        |l 栄 l|..   |
    ∧',. ヘ /:.:.:.:.:.:',  /   〃   |            ヾー-‐シ     |   来るよな!?
   / ヽヽ V:.:.:.:.:.:;.イヘ     トr'′  .!               ̄´    |
   l `ヽ >、フ:.:.:.:/:.:./     l    └─────────────┘






302 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 22:37:18 ID:zUrkoRkU





       /   /           \
      /   /     /       `¬                  ところが、オプーナの思惑は完全に外れて
.     /    /   ,   /   / , 、   _ `ヽ
   /  //   /  /  // / { /」   {                スクーナーを建造していた元乗組員の中で
.     / /   /  / /}{  {⌒ヽi///! {
   ,    i   l  77¬{ぃ. \_`^v ノ  丶               彼の申し出を受けたのは、
.  /   _」    ! 、ム[{___ぃ`} トi  //丿  、`ニニ´
‐彳   /r'i   !、いト忘_ミ`}ノ / ィ //    ミ=-,ノ  丿         バーキットとその親友のマスプラットの二人
/  | l ゝい { ! ヽ、ヽ   `ノ/{ rセ」≫…――=≪__,∠
    | |  \ 、ヽ丶 ` ー-  ( , ゞ ´        `t‐ ´ヽ         だけだった。
 | | l  \] \\`ー     /   r  、 丶      て ̄丶
 ! ’‘、  、\  ̄` 、   , '    {  、丶 ヽ   ヽ て ̄丶       バーキットはミルウォードに誘われる形で
 い } 丶 ヽ`     `ーv  / , ‘、  \` 、 ` 、 、 \ ミー┴=彡
 jノ '   ∧  ,\    `7  , l  i ` 、  丶ヽ  !ヽ 、  ヽ  ≦--‐ソ   建造に携わっていたが、
.´ ィ   { j 、ヽ 丶    i   i |  、 、 、  l {小i'´い、  i  、ヽ ̄
/ !  !/イ小 !  >r┤l  l |>、、 丶ヽ \! 「 }fう示、i   |   i、l     その単調な仕事に嫌気がさしていたので
ニニj {  ミ=- ノ'    丿ノ!  、{ xぅ弐ミ\ il l 代rツ ,| |!  ! i
   `ヾー- =‐   r/ 小   V仇rリ   ノiヘ  ̄`´/, /丿ノノ∧     これ幸いとマスプラットを誘って
     \_    ( V´ ̄/ } \  ゞ=‐ ´   _ {  /フ/{{ {{/ |
    ー 、j_  ヽ{`辷´ イ   丶 ミ=‐       /´j小 い-┴‐┐   オプーナについていくことにしたのだ。
    ⌒ 、_j_ ̄`ヽ   丿 八  ぃ ミ=‐   r' ^     八ト \   └┐
 -‐…      >x._‐彡クjへ丶、`^ 、      ´    ,.'! ハ    ___!__
             `二Y   ー丶、 i>       / {(    __」,,∠二
            /  ` ー- _ - ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄``¨ ¨ ¨´
           /     -‐ ´




304 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 22:38:04 ID:zUrkoRkU





          / ̄\
          |    |                      _,..ィ=z.、            たった二人だけだと!?
          \_/                     /.三三三\
            |                      / ニ三三三三ト、         貴様らふざけるな!!
           _|_\ ̄ ¨¨  ―-  _         ン !  V三三三三.Vヽ- 、
         .-´   ``ヽ         ̄ ー .  / il {   ー――-ミニ|三三ヽ      俺がこうまでして
         /::::::::::|::::::    `ヽ          `ヽ/  i ! \         ノ三三./
      /:::\::::::::<● > ノし `ヽ ,.        _∠  ノ ヽ  ` ー┬ァ 千三三/{__     貴様らを誘って
      / <●>::::::::::⌒  ⌒  ,.r'" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´  ‐ ´    \.   {/  ニ三三ム三`ヽ
      |  ⌒(_人__)   r-'γヽ                   `三 }  ニ三三|三三 {   やったというのに
     ヽ    )vvノ:    ノレ'"! /`ー- ..__ ,.、   < __...z==ニ三.,イ ヽ. ニ三/三三ハ
      ヽ (__ン:  ,// !  /三/l:i {{    ̄ーォ    ̄ ̄ ̄/   ヽ\ ニ!三ニ/三/  貴様らには礼儀ってものが
       ヽ_ .,/イ/  ! /三/  !{ |:!     ヽ      ,ィ′     ` ノニ三|三ニ/
⌒`、~ー-__  フ"/::::{ j   ! /  / ヽ.l:! i:l      `ー- ._/´      /´  三/三 ノ    ないのか!!
   ゝ、__,,.r'''",、 1/.::::ノ   Y  /   ヾ.ヾ、        〈r 、   _ ノ   _.. -<三 / \
:::...::: /  、( /:::} {::::::::.|   ゙、/     \ヽ、     イ´ `ー ¨¨ ヽ.`ーく__ ヽ/   丶 貴様らにはもう頼まん!!
:::::....ノ//::::\.::::....\:::::|    ゙、      ヽ≧z -- イ´   ー‐ァ ¨´   ̄     ̄





これを聞いてオプーナは怒り狂ったが、元々彼には全く人望がないのだからそれ以上はどうにもならなかった。






305 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 22:39:01 ID:zUrkoRkU





マタヴァイからの帰り道────



             / ̄\
                |    |
             \_/
          ノ L___|___
           ⌒ ::\::::::/::\
     __  / <●>:::::::<●>\___ _)
  / ̄| | . /    (__人__)   \ .| _| ̄  絶対に許さんぞ あいつら!!!
/     | | |      |!!il|!|!l|     | |ノ
\\   | |. \     .|ェェェェ|    / <    いずれ あいつらの王国を攻めて
  \\.| |    ヾ         ´〃 .|  )
   .\ノ^,ニ‐-ァ  `ー-----一´ /  | ^ヽ   じわじわと なぶり殺しにしてくれる!!!
   // ,/⌒i、_\\_____//  .|  | ⌒)
   {   i   |  iヽ`ー-----― '   .|  |    ̄ヽヘ/







 【審議中】
     ∧,,∧  ∧,,∧          サイキンヤサイモズイブンタカクナリマシタワネ
  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
 ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )  テンコウガヨロシクアリマセンデシタモノ、シカタガリマセンワ  
 | U (  ´・) (・`  ) と ノ
  u-u (l    ) (   ノu-u    トウブンパンノミダケデセイカツシナイト……
      `u-u'. `u-u'






306 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 22:40:00 ID:zUrkoRkU





            / ̄\
           |    |              貴様ら、何を話している!!
            \_/
          ノ L _|_               貴様ら、ひょっとして
         ⌒ \ / \
        / (○) (○)\           俺のことを笑っているな!?
       /    (__人__)   \
       |       |::::::|     |          ふざけるな!!
       \       l;;;;;;l    / 
     /`ーヘ、 ー--´ l| \ ̄ニ-、        貴様らなんか俺にとっては
    ノ、ノ^⌒へ\ー--‐'/,_ \   \
   /⌒  ,◎、  \ / | : ̄    \     奴隷でしかない存在なんだよ!!
  /::::    /|_.|イ-、 、V  ̄  : |
  >-― __/、ニEl(,,ノ : |o  i : o           くたばりやがれ!!
 (   / 〈 ニニノ : |   ``'''―'⌒
  \|   _ーノ  : |
   \`ー´/ ̄   :|






307 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 22:41:00 ID:zUrkoRkU





        ヾ>          _ ヾ>              _      /``' ァ
  _____ ヾ_>       /  /  ヾ_>     ___   /  /    /  /
  /___   ./        /  /         ./___/ ,/  /    /  ./
      /  /         /    \              /  /     /_/
      /    \      ./  /\  \       ___/  /    r‐‐r
    /  /\/^      ./  /  ´\/^      ./____/     ‐-'
   ,/  /         /  /
   /  /         ^--'
  ,^--'





オプーナは明白な理由は何一つなかったのに、たまたま彼の目に入った何の罪もない現地人を
射殺してしまった。





309 :名無しのやる夫だお:2010/09/17(金) 22:42:04 ID:bEZYEkVI



うわぁ・・・


308 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 22:42:00 ID:zUrkoRkU





          __
   _,,,, -‐''''.´ ̄    ̄'''ー=x              いずれにせよ、これで彼とは縁切りです
 /''::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'=、
/::::::::::::::::::::._;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_::::::::::::::::::::|
::::::,, -''゙ ̄_ ,,. __ _x_ __ `'''::、::::::::i            もはや我々は彼とは係わり合いにはなりますまい
゙Y゙ ィ '´_,,,;;::==--竺:-=::ミ、-.`ュノ
=:}''ッ〔c_゙:::::::::::  ..:::::::::::::::::::..`‐ミ{             彼の行いはあまりに暴力的過ぎます
:Tヽ;:;;/`'ァ‐。x;;;,___,,,;;;;ィTi、__
.{.iヽY  (_ _ノ〉   K(´゚ )`l:/ }::::、゙ヽ、         いずれしかるべき報いがあるに違いありません
::ヾ,`|        | ゙ー  ,lイ /;;:;:ヾ、::.\
,w'゙Yl       rV'〉   .,!ソ'' "ミ::jノ:::::::::::`ー
, .}ミi、     ` '    /ミリ ミ ミ::::::::::::/i::::..
ミ,, ヾiミヽ, -=ニニニ= ,,ムジ ,,ミ'゙::;ィ゙:://:::::::.
:::ミi, l:;:;ゞiミx、_   _,,,イミジ 彡゙://::/./::::::::::::
:::::::ミ、ヾ、:;゙ヾi}エケZ゙エヅ:/ ミ:;ィ゙ ,,イ::j'./:::::::;;;;_::






310 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 22:43:14 ID:zUrkoRkU





そして、それからさらに一ヶ月ほどが経った。
四月の中旬になり、突然ブラウンがマタヴァイのスクーナー建造現場を訪れた。



                          \丶、
                 _. -‐::::::: ̄:::\:::\ }ヽ
            --==ニ::-‐::::::::::::::::::::::::::::::_:::ヾ::::}
            ..:::´:::::::::::::::::::::::::::::_:::::::::´::::レ1::ノ――‐-
          /::::::::::::::::::::::_.:.-‐::::´:::::::::::::::::::::|´:::\::::\ー-ヽ  …………やる夫候補生、実は悪い報せがある
         /:::::::::::::::::::::::/:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::ノ::::::::::;}\:::ヽ
         /:::/:::::::::::::/:.:.::::::::/:.:::::::::::::::::/:::::::::::〃::::ヽソ
          //:::/::::/:::ノ::::::/:::::::/:::::::/::/:::.:.:::://:ヽ::::::.    …………残念だ
         //::::/:::::::::/::/::::/::/::::::/::::::/:.:.:.:.:/:/ヽ:::::;:::i::,
        /::::/::::::/:://:::::/:::::/:://__.ィ/..:..:..:/:/ハ::::';:::i::ト:::、  この報せをどうやって君達に
        l:::/:::::イ/::/ /:::::/::::/´/ャテミ lッ:/:,イ:/jソ l ;::i:::|リ `
        |∧::::::ヽ/ /:/::/:::::l:::/ 込ソ |::// レ{´  | リソ     説明していいのかわからない…………
     _. -┐ rハ:::::/:\!/:::イ::::/レ'      l〃   ヽ  l
     !   VL Vヽ::::::ヽヘl::/              _.ン/
     ヽゝ `7}   ';:::::i::ハ ヾ            ´_. /
     ヾ:、ヽ {、ヽ ___ハ/ソ }  \      '" 二 /
      _ ̄ \  /    \   丶       /l
   /   ヽ   }∧       丶.__ ` ーr---‐ } |
  /  /   ヾ-∧ ヽ          ̄ ̄ ̄「|// 〉
  /      /  \ \           l | /






311 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 22:44:01 ID:zUrkoRkU





      ___             なんですお? 相良軍曹……
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \          今度は知り合いが誘拐でもされたんですかお?
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |        それともポニーテールに結いなおされたりでもしたんですかお?
 \      ` ⌒´   /






312 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 22:45:00 ID:zUrkoRkU





/l/;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /;;;/   // /;;i' /|   ト、_;;;<,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ , //;;;;;;/   // /;;/,/;l  , |;;;;;;ヾ,、;;;`;、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ /i レ;;;;;;/   /;;i /|;/ i;;;;|  |.ト、;;;;;;ヽ\|     …………我々の共通の友人であり、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ /;;i /;;;;;;/ / /;;;;レ"i;;レ"|;;;|  i; |;;小;;;;;;;;i '
;;;;;;;;;;;;;;;/ /;;;i/;;;;;;;/ /,,,=テニミ=,,  i;;;l  i;; i;;;;! ヾ;;;;i      また俺の同僚とも言える存在だった
;;;;;;;;;;;;;i /;;;;;;i;;;;;;;;/ / /i;;;/,,,,,,,,,'''=ミ;i  /;;i;;;;;;;;i  `リ
;;;;/ i;;i i;;;;;;;;;;;;;;;;i  /i ,/.|/'~I;て,)~`.i ii`-/、;;iヾ;;;;i         オプーナ先任衛兵伍長が急死した
;;イ^i;;;;i/;;;;;;;;;;;;;;;;;i i;;;i i  i  ト;;;;ノ : i;;iル'、 リ  ヾi
")vl;;;/|/|;;;;;;;;;;;;;;i i/iレ'    `-,,,,- l;;;;/ ,メ,  ノ         それに、一緒に来ていたトンプソンも
(,_,|;;;i`!'-i;;;;;;;;;;;;;;;i'i ,リ  // |\  レ'    ` ,_
\i;i~l'-、i;;;;;/^i;;;/ "         '       ~フ        同様に死んだそうだ
\リ-、__ i;;;i  レ'                _ ノ
;;;;;ヘ,   キi                   /
;;;;;i `、,__,A'                   i          本当に残念だ
;;;;;;i     キ               ,r---,,」
;;;;i、i     `,             '    )           彼とはいかにしてこの島を攻略するかで
;iv `      `,               /
i     i    ` ,             !            激論を交わした仲だったのだが…………
!      i      ` ,           i
__      i        ` - ,      _ノ            俺は残念ながらその場には居合わせなかったので
  `- ,__   i         ,---~''---''~
     `- ,I_        l                     詳細は分からんが、お前達が悲しがるだろうと思って
         `- ,     ノ
           `-,  /                      第一報を伝える辛い役目を引き受けたのだ
             Vゝ






313 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 22:45:31 ID:zUrkoRkU





        ____
      /      \            死んだ…………???
     /⌒  ⌒    \
   /( ・ ) ( ・ )    \         オプーナさん、本当に死んだのかお?
    |   (__          |
   \   _l        /
   /  ー        \






314 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 22:46:08 ID:zUrkoRkU





        _ -'  ̄       Vl_
      ∠   , ヘ ヘ ヘ     ヽ           嘘は言わん、本当だ
      /  /       ヽ   ヘ
.     / // /  /  / }    、\
    // /  / / / / ハ ヽ\ ヽ ヽ        なぜ彼が死んだのかは俺も知らないが、
     イ / /∠/_// /_/_,,ム }ヽ N
      l,-l/ / _て::ナ7 / / 1::T_N ハ !          もし俺が側にいれば彼を死なせることは
      {  l/   ̄ // !   ̄  |!l
    ,イヽハ        〉     !ノ、          なかったかも知れん
  /  |   ヘ      _     ハ \
/    |   l \   /_ ノ  メ/  l   \       本当に残念だ
     |   l  \  ー  /l   l    \
     | ,--、ヽ    ー イ  ! / ̄!      ヽ    では、俺はこれでタイアラプに戻る
     |/    \       l/  |      / !
           ノi一    ーlヽ、       / |






315 :名無しのやる夫だお:2010/09/17(金) 22:46:31 ID:RNNO0QR6



やったー
けど
銃とか取られてヤバイかも?



316 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 22:48:01 ID:zUrkoRkU




           ____
         /      \           …………モリソンさん、
        / ─    ─ \
      /   (●)  (●)  \        モリソンさんはこの話、どう思いますお?
      |      (__人__)     |
      \     ` ⌒´   ,/
      /     ー‐    \







           ... -―……―- .. .
       . . : ´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`: . ..             僕にとっても俄には信じがたい話です
      /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`: : ..
.     ,′:::::::::::::.  -‐…――- : . . .:::::::::::::::::::::::::::::\        伝えにきたのが相良軍曹というのが
    i::::::::::,. ´ (YY)-‐…‐-   .. .  `: : ..::::::::::::::::::::::ヽ
    !:::::::/ , . :.(.ハ.).-‐…‐-... ,,_   ` : : . `: : .::::::::::::::!      なおさら話を胡散臭くしています
.     \〈  ,. :':.:.:::::::::::::::::::::::三三二二D}  `: . `ヽ::::::j
      Y.://三二ニ>''"Y o `ヽヾハ;;;ー- .. ` 、}/       こうなればこちらから誰かを派遣し、
.      //ィi{ o Y´  ( 八    ノ  〃;;:;:;:;:;:;:`ヽ__,′
     〈/l;;トヘ.___ノ}    `  二´     ;;:;:;:;:;:〃⌒ヽ        実際に何が起こったのか確かめる必要が
       _从     トiへ.          ミ"// く:::{ j''ッ、
     ( ヽ ''  ヾ} ン"               ノフ ノ  彡x    ありますね
      ヽ|     ______     xッ、ノィィ彡''⌒ヾ    ,,ミ、
        八   i´ ,,二ニ-‐‐ ''  ノ           ,,z'  \ ミルウォード君、すまないが行って貰えますか
         ヽ  ´     ,,xミン′       ,, -‐''"
        /{::.、  ,.ヘ._〃      ,, -‐''"          向こうにはまだバーキットがいるでしょう
         〈 ゞミx._////シ    ,, -‐''"
        /`ヽヽ /// ,, -‐''"                  彼にいったい何が起こったか聞いてみてください






317 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 22:49:01 ID:zUrkoRkU





              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:\
            _, ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
          _,. -'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
    ー=ニ二:__;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ           分かりました
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;l::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ
       /::/:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::/::ハ:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.ハ
.      /:〃::.:.::::::/:::::::::::::.:::::::::::::::::/::/  ヽ:.:ヽ:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.ハ         すぐに出立しましょう
.       ///::.:.:.:::::/:.:.:::.:.:::::::::::.:.:.:.;.ィ:.:/ ,  =‐\\、:ヽ、:.:.:.ヽ、:.ヽ:.:.:.\
      i/ ':.:.:.:.:.:::.!:::::.:.:.:.::::._、-‐ ´ノィ≦彡ァztゥ芥ド=-ヽ‐-ヽ:、l:.:.:.:.:.:\
       { |:.:.:.:,l:.:.:l:.:.:..:.:::.:ィヤ心/ 〃ナア弋多ノ | ̄!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :ヽヽ
.       |:.:.:.ハ:.:!:.:.:.:.:.:ハ弐zハ  {__   ´ ̄    l  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : :. : :l`\
         V:.:{ ゝ!:.:.:.:./:.:ハ  /}=ゝ )     / , ':.:. :/.:.:. : : :.:.: : :. : : l
        V:l   ヽ:.:.:{ー‐ャ ´ソ     ̄ ̄  /: : /:.:. : : : .: :. : :. : !|
        い   jヽ|:.:.:.:.:.ゝ 丶、 '      ‐ァ'_ -ァ:.:.: : : : : : / /: :/: j|/
           /: .:.:.:.:.:.:.:.:.:丶、 tz‐ュ   /´ ィ:/: /: :/:〃/: :ィ//
          ,.': : :.: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>、 ー    /〃lィ:_: イ ィ:ッ'/ {
            /イ: :. : : :. :. : :.::_/  \_ ィ´ / rく  / ノ"´   \
         〃 !l /!: : /:. : イヽ     ハ     |  ヽ        个 、_
         {′lヘl |/|:.//  \   { ハ     |   l       / /  / `ー‐-、__
            `′ !' ィ  , 、 ^ゝ   l′ }   j    \     V  /       `ー- 、__
              / / /  ! 〈   |     /   / 丶、  | /             `ヽ
            /  / ´   l  l\  ト、  rノ  -‐      /\ レ





こうしてモリソンは仲間の一人をタイアラプ半島に派遣した。




319 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 22:50:00 ID:zUrkoRkU





          /: : : : : : : : : :ヽ : : : /ィ          
          ,.': : : : :/: / : : l: l|: : : : : :∧  l
.        /: : : : ://: : : : /:/|: : :、:ヽ : ', 
       |: : : : : |'/:_ : ィ/ Wi: :V: l: : |            ────さて、バーキット
       |:|: : :l: :|r≦、/ ,. =ヘlヽ: V: : :| 
       |:|: | ヽ:{ 弋tァミ. i 〃辷アトヽ: :| 
       `ト、\: ゝ_ rソ{ム___ .イ : l : |            話してもらえますね
         |: : l`T≦  { .     /|:|: l : |.
         |l : |: |: :>、 r..ュ  . イ_.|:|: || :|            この王国で何があったのかを
         |l : |:/  l丶 __/ | _|:|: ||: | 
         |l : ||\ V|     Ⅳ|:|: |li/            彼らはなぜ死んだんですか?
         lヘ リ  .>ヽ    /ト//イヽ、
       ,. ´ Ⅳ/|L ∧  r/ 」.l/ >ヽl ` ‐-._     
      /     lヘ ∨ \`y '/  / /   ,  \    
     ,    .l     V∧  /。    / /   |:  / ヽ   
.    / l.  :|:/ __V∧_ヽ.   / /     :|::.〃  ∧  
   /  l:::..:||:  |_____| |   '  '    ::|::l|::   ∧ 
.  /   : l::::||: |      || |  / /     :|:|::    ∧






320 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 22:51:13 ID:zUrkoRkU





     /  /  : : :V ⌒ヽ : :     、: : .     \: : :\:   \
    ./: : : ;':  : l:/ミ:い: . `、ヽ: : .   `、: :      \ : 、\  、\__,}
    ': !: !: !: : : !|三ミyハ: : . :、 :、: : .  、: : . .  . : . ヽ: \!  \_丿
   i: :|: |: |: l : l:!彡'゙   v : : l 、:\丶、 : ヽ、: . : . : .ヽ: :ヽ、`ーッ'  \        …………ああ、
   |: :|: |: |: |: : :い    V : | 丶 二 ≧、:\: : : : . : :i : i、`T´ : .  ゙,
   l: ハ!:ヽ! : : : :ヽ   !: !   ノィぅ汀入: :ヽ: : : : : !、 !ノ丿 :| | ノ        俺の知っていることは
   l/ 〉 : : | : : l: :トミ:、__」 !: :|ー=彡'^)斗'゙  ヽ: l、: : :∨ `!,.゙   : !: :!: /
  r { ノ{: : : :| : : | ムィぅ弐キ:!         } jハ: :!// ,.イ : . : :!: :!/         総て話す
   ゞ_j : : :ハ: : 、ド斗‐'^ ヽ 、      ー=彡' ノ丿 !´い : :l: /: 〈
     '、 : {、: \: \_    l丶       ー  ´  | | 、! : :!ハ i : ゙,         その原因は
        ヽ:ヽ`ー-ミ、:T´    !  \_        /|ノ. : :,': :iハ: {  }、 
       丶ニ=- }、丶     \ ‐    __       、_/ //  :V∧:`ー ソ      あいつら二人の
         {、__ノ: : :l:\    ,__, , ニ=‐'    ∠  ̄l: : :/  : :Vハ:イ
         `¨¨{: : /!: : :丶、 `¨´_,, -    ,    /l: :ハ:  : ! :}  V       仲違いにあったんだ────
             V/ `-、: : :_>、      /  //_!/  〉 : : V   」 -‐…‥¬
               ゙{ {  }∠/r\__   ´ /] [ 丿 〃: : :/ /
              ゞニ:{、 `く 三三入r=≪/j  v   / : : :/ ゙
              _小\ ∨三三三/ ム ゝ一': : : ://
           ,  ´  j j:ハ ヘ V ̄「 ̄    ムハ`¨i: : ://            /
         /     jノ: : :v∧ V '、     ム V|: j/             /
     _ -‐/      /: :j : ハ∧ V ヽ     ∧ ヘハ〈           /
  ,. ゙´   /        /: :八:( ハ ハ ∨ 〉      V  ̄「\/         /




322 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 22:52:00 ID:zUrkoRkU





           ____
         /_) (_\          あいつが酋長になれるっていうのなら
       / 【●】| |【●】 \
      /    ._| |_,     \       俺様がなれないはずはない
      |     \/      |
      \     -==-      /       俺は俺の方法で酋長になる
       /,,― -ー  、 , -‐ 、
      (   , -‐ '"      )      もうあいつの下で働くのはごめんだ!!
       `;ー" ` ー-ー -ー'
       l           l





三月中旬にタイアラプに到着してから間もなく、オプーナとトンプソンは仲違いをしてしまった。
それは、お互いに持っていた野心がぶつかってしまったからだ。
トンプソンもまた、酋長になることを望んだのだ。






323 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 22:53:00 ID:zUrkoRkU





     /: : /:: : : / : : :.!:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !    お前、こちらに移ってきたのか
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : _: : : / 〈 {}   |/  .レ {}  } |:./ヽ: : |     歓迎するからせいぜい
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|
   厶ヘ ハ         、     {ハ/ V     俺の役に立ってくれや
      \_!      _ '     !
        ヽ   Tニー‐‐‐,‐''  /
      ___,r| \  `二二´ /
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ´
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、





トンプソンはテアヒュウボオを去り、半島の反対側にあるタウチラ王国に移った。
ここはヴェヒアツアの叔父の王国だったが、マテもすでにこちらに移ってきていたのだ。
彼らはもちろんトンプソンを歓迎した。






324 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 22:54:16 ID:zUrkoRkU





         / ̄\
        |     |            ヤツはタウチラに移って俺と一戦構えようという
          \_/
         _|___            腹に違いない
       /     \
      /  ::\:::::::/::\         ヤツのふざけた思いあがりを叩きつぶすには
    /    <●>::::::<●> \
     |       (__人__)   |        やつの持つマスケット銃を奪うのが一番だ
      \      ` ⌒ ´  ,/
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ      おいお前ら!! タウチラに行ってヤツの寝床を探し
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄         やつが寝ている間にマスケット銃を奪って来い!!
.      |          |






325 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 22:55:01 ID:zUrkoRkU





    /\___/ヽ   +   +
   /''''''   '''''':::::::\+  +   +  +
   |(●),   、(●)、.:| +   +  +   +  +            このたくらみは完全に成功し、
   |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|    +  +   +
   |   `-=ニ=- ' .:::::::| + +                         彼らはやすやすとトンプソンの
_ril \  `ニニ´  .:::::/
l_!!! ,、 ,..-ヽー'',,.. ' ノ`丶--'ー--、 -―--、 + +   +            マスケット銃を手に入れた。
| ! !_!|i::::::::::`´ー''´:::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::,..、::`ヽ  +     +
.! ', ,|!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ/---‐'´`\::::\   +            マスケット銃を失ったトンプソンは、
 !、_,イ:::ヽ::::::::::::::::::::::├┤:::/::|        \:::ヽヘ_
 ',::::::',::::::|ヽ::::::::::::::::::::::::::::/:::::::l         ノ |l::::llヽ           結局オプーナが犯人であることを
  ',:::::::',::::! ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::,!          ヽヘ!l::i⊂) _
  ',:::::::::::|   ',::::::::::::::::::::::::::::/|          ]'。三三。!゙_(_       知らないままに彼の元に戻った。
   ヽ_ ノ   ヽ::::::::::::::::::::::::::::::!         ~~r!!――!----!






327 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 22:56:03 ID:zUrkoRkU





              /\___/ヽ
            / -‐'  'ー-  \
      r⌒ヽ、  | (●),(、_,)、(●) ::|      ところがそれから間もなくして、オプーナは
     / \  \|  ∪ /,.ー-‐、i∪:::::|
    _/ / ヽ   |    //⌒ヽヽ  .::|      虫の居所が悪かったのか、マイチチという
   〈__/  . |.  |    ヽー-‐ノ  :::::|
        /    \    ̄i⌒\ .::/      それまで彼に最も忠実だった召使を何の理由もなく
       ./   / ⌒ヽ, _.ヽ  .\
   .__   r  /     |/ー、\   \      叩きのめしたのだ。
  ."ヽ |  i,        ノ   .\^   i
    .| ヽ./ ヽ、_../   /     .  ヽ、__ノ      腹を立てたマイチチは、トンプソンのところに行って
    .i /  //  ./
    .ヽ、_./ ./  /                 事の次第をすべて暴露してしまった。
        ./ /
      .ノ.^/   ダッ
      |_/




328 :名無しのやる夫だお:2010/09/17(金) 22:56:34 ID:5vmgQ0.w



退屈な島のはずなのに、何でこんなに過激な事件が立て続けに起こるんだよww


331 :名無しのやる夫だお:2010/09/17(金) 22:58:02 ID:vrVAdm2I



気まぐれで射殺したりボコったりキチガイだw


329 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 22:57:00 ID:zUrkoRkU





そして遂に────



     |┃三       / ̄\          おいトンプソン、
     |┃           |    |
     |┃         \_/          話があるって何だ!!
 ガラッ. |┃            |
     |┃        / ̄ ̄ ̄ \
     |┃三    /  ::\:::/:::: \      断っておくが、つまらない話なら
     |┃     /  <●>::::::<●>  \
     |┃     |    (__人__)     |    聞かないぞ!!
     |┃三   \    ` ⌒´    /
     |┃三   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \    うだうだ喋ってる時間はないんでな




332 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 22:58:04 ID:zUrkoRkU





        ____      
      /_) (_\     
     / 【●】| |【●】 \             貴様にはなくても、俺には大ありさ!!
   /    ._| |_,     \  
   |     \/      |           貴様、よくもこの俺を騙しやがったな!!
   \     -==-     /  
     )        /γ⌒ヽ
    /       / i |.(●)|         くたばりやがれ!!
    |       | | i ヽ_ノ 
    |      ;()l⊂i''-,|_| 
    |       ヾl〈\|_|__]  
             ヘ ニニ]  
               '―┘  



  ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,     ,,,,,,,,,,, ,,,,,,,,,,
  |;;;;;;;;;;;;;;;;;|     |;;;;;;;;;||;;;;;;;;;|
   |;;;;;;;;;;;;;;;;;|      |;;;;;;;;||;;;;;;;;|
   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;|,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
    |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
    |;;;;;;;;;;;;;;;;;;|''''''''''''''''''''
     |;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
     |;;;;;;;;;;;;;;;;;|
      .|;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
                                         ,,,,,,
                                      /;;;;;;;;;;;;;|
                                      /;;;;;;;;;;;;;;;|        ,,,,,,,
                                         '''''    ,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;''
                                          ,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;
                                        ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                                        ''''';;;;;''''''''''






333 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 22:59:00 ID:zUrkoRkU





 __,冖__ ,、  __冖__   / .// / ̄\
 `,-. -、'ヽ' └ァ --'、 〔/ / |    |          ば、ばかな……
 ヽ_'_ノ)_ノ    `r=_ノ    /  \_/          
  __,冖__ ,、   ,へ          |   
 `,-. -、'ヽ'   く <´   7_//  ̄ ̄・ ̄\        ……俺は、俺はこの島全部の酋長になるんだ……
 ヽ_'_ノ)_ノ    \>     /   ::/:::\::\       
   n     「 |         < ●>::::::<●:\
   ll     || .,ヘ   /     (__人__)   |      だから、こんなところで死んでたまるか……!!
. n. n. n  ヽ二ノ__  {      |r┬-/ '  |
  |!  |!  |!      _| ゙っ  ̄フ   ||` ⌒´ /
  o  o  o     (,・_,゙>  /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \





こうしてオプーナはトンプソンに撃たれて息絶えた。






334 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 23:00:01 ID:zUrkoRkU





             / ̄/ ̄: : : 、: : : : : : : 、: : \
            / ̄r┴、_: : : : :ヽ: : : : : : :\: : \
          /: /`{: : : :\:\: :ヽ|: :V: : : : : : \: : ヽ           ─────銃声を聞いて
           / : /: : :、|: :ヽ: : : : : ヽ__l: : :V: |: : : : :ヽ: : 、l
.         /: : ': : : : :トム: lム: : l: ∧ V: : Ⅵ: : : : : : ヽ: ヽ          駆けつけたときにはすでにヤツは
        l : : |: : : : l:トヘム ヽ ヽ: :ヽ V : `|: : : : l: : : V∧
        |: |: |: : : : l:|  vム  \:\: :ヽ: : |: : : : |: : l: :V∧         殺されていた
        /:/ / : : : |:リ  {: l    >、二 \__、: :V: :\ヽ
         /: l: :! : : |: |人  Vム〈r≦テ乏ア 丁丁 ̄:人: V  ̄了´       傍らではトンプソンが装填した
     ー'‐彳: l: |: :|: l代会、Vム   ̄   /: / : : /ク厂`: : :/
         |l: :l: |: :|: | ̄  ヽVム     /‐ァ : /_ン : : : : イ         マスケット銃をぶら下げて立っていたよ
         lヘ|l、 ト: \  ノ 丶ヽ   、_/‐ ´ | V: : : //
         `トl `ヽ: ≧‐ ヽ  、`\        、_ノ: : : : :{  、       それを見て俺はもう
             | | : \ ` ___       , >z__: :\ノ}
             |∧: : : \´ ― `    // // ∧l: ヽ≦_       あそこから逃げ出さなければと
             l' ≧zィ: :ヽ     / / // / _ハ: / Ⅵ
              rf⌒i  | |: : `r―‐彡¬7 // /  ノ'_  ´ ̄ ̄ ̄ ̄\ 思ったんだ…………
             VVム. j∧: :{ ̄ ̄:.:.:.:.:.l  l l l  /        ,   ―ヽ_
            ―VV ム ノノ 〉:.:.:.:.:.:.:.:l:.|__// / /       /     /
         /  /VV ムア: /:.:l.:.:.:.:.:./:/ //_/ / / ̄  .  /   __/
        /_  /  >ヘ ムⅣ:.:.:l:.:.:..:./:ノ厂__/ /     }/   //
     ―//  / / /  〈〈〈―、:ノ.:,―‐l//___/ /⌒ヽ  //  /  '
   /  /´   {__{/ヽ    Vム:.:.:.:.:.:.:.:/´//V    l // /\ |






335 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 23:01:00 ID:zUrkoRkU





.        //: : .:.:.:.:./:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.l:.|:.:、:.:.ヽ: : ヽ
        ' ': :. .:.:.:.:/:/:.:.:.:.:.:./:.:, ィ:.:.:l|:.|:.:.ヽ:.:.l.: : : !
.         |:.l: :.:.:.:.:.:l:/:.:.:.:.:.:./:.:/, ':.:.; ' !:.l:.:.:.l:.:.:|:.: : :|      ────バーキットに聞いたのは
.         |:.l: :.:.:.:.:.:|'.:.:.:.:./:_//:./  ヽlヽ:.l:.:.:|:.:. : |
.         |:.|l.:.:.:.:.:.:|-=≦三`ンr<`テ三弐=N:.l/.:. : :|      ここまでです
       ヽ!、:、:.:.l:.l 弋戉不ミヽ) 〃7広示テl:/:.:.:.: :{
         { ハ:ヽヽヽ  ̄ ̄ ,r}==、{、  ̄ ̄ リ.:.:.:.: :|      さらに調べたところでは、その後すぐに
         l: :ゝ:.\:.:ミ、__/ノi   \__ ィ:.:.:.:.:. :|
         |: :.:.:.:.`i:ド=-   ヽl '       /l:.:.:.:.:. : :l       トンプソンもオプーナの部下に殺されたとか
         |: : :.:.:.:.l:|:.:\   ‐=-    イ:.l:.:.:.:.:.: : :!
        |: :.:.:.:.:!l:>l 丶、  ̄   . ´{<_l:.:.:.l:.:.:|: |       大きな石で脳天を潰されて、それは酷い
            l l: :.:.:.:.(  l   ` - ´   !  ,l:.:.:.l:.:.j|: !
         l l: :.:.:.:.|\_l         / l/,|:.:.:.l:./:|/       死に方だったそうです
            い: :.:.:.|  ヽ       /  l:.:.:.:l/:./
        ,. 一トl: :.:.:.| 卩〉      /ハ j:.:.:.:l:.:/ー- 、






336 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 23:02:09 ID:zUrkoRkU





      /  ,,,, -‐ '''' " ̄""''‐-,,_  \  
     /  /´,,-‐'' """""'''' ‐- 、. \  \           …………そうでしたか
      ,l 〆Θ='''' """ ン フ''ミ=oァ `\ヽ  l
     〈 (;;''" _,, -‐'",,=,,゙"'‐、 ヽ::::\ ヽヽ |           ご苦労様でした
     〉'  _ェ、'ゝ;"´l  `i '  l:::::::::::\`i|ン'
    /´-イ,"-,l  ` ,ゝ・‐´    i:::::::::, 'ニ、ヽ,            彼らには悪いが、僕は彼らに
   `´   l l ・'           ゙''..:::':::`::}..l..
        i´ ヽ、テ          ,:: -――‐- 、          一片たりとも同情はしません
         l   `  _.. -‐- 、 /;;;;;;;''''',, '':::::::::::`:ヾヽ、
        `、  , ',´‐ '"´´ /;;;;;;'''''  ,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,\\    これは、彼ら自身が招いた災厄なのです
         `、. '´     .l;;;''''',,,,;;;;;;;;''';;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,'''';;;;;;ヾ.、
          ゝ    .::::|,/: : : : /`'';;;;> 、"''''''';;;;;;,,,;;;;;/    自分の身にふさわしくない地位を望むと
       ,r'´;;;;;;;ヽ-‐ '':::" |: : : : :l;;;;;;'''''''',,,,,,,,,,,,;;;;;;> \;;ヽ
       ':::::. ;;;;;;;;;;;l i;;;; :::::l|: : : :ノ'',,,,;;;;;;;;;;;;'''''''"   ,,,,,,,,,,     こういうことになるのです
      ..::: . .:: ;;;;;;;;;;lリ;;;;;;;;;;/: : : i;;;;;;;;;;''''''  ,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;; ; ; ;






338 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 23:03:14 ID:zUrkoRkU





        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
      ||             │             ||    その日の航海日誌に、モリソンはこう書きつけた。
      ||             │             ||
      ||             │             ||   「────それは現地人による暗殺という形を借りて
      ||             │             ||
      ||             │             ||   神意そのものがトンプソンの犯した恐ろしい犯罪に対する
      ||             │             ||
      ||             │             ||   罰を彼に与えたのだ────」
      ||_______│_______||
        ────── へ ──────






339 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 23:04:00 ID:zUrkoRkU





         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
        / /" `ヽ ヽ  \         まさにこれこそ因果応報にょろ。
     //, '/     ヽハ  、 ヽ
     〃 {_{⌒   ⌒リ| l │ i|        彼らは、彼ら自身の命で罪を贖ったにょろ。
     レ!小l○    ○ 从 |、i|
      ヽ|l⊃ __ ⊂⊃ |ノ│       しかし、これ以後もバウンティ号の乗組員の周りでは
  /⌒ヽ__|ヘ         j /⌒i !
  \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│       多くの血が流されることになるにょろ。
    ./:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
   `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |






340 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 23:05:07 ID:zUrkoRkU





          ,. -───- 、
          /'´       `ヽ、      さて、次回はやる夫の周辺で起きたある出来事と、
          シ~ /" `ヽ ヽ `'、 ト、
       //, '/     ヽハ  、_Vヽ     いよいよ完成するスクーナー、そして
       〃 {_{`ヽ   ノ リ| l |、,i|
       レ!小l●    ● 从 | } i|     戦乱の渦に巻き込まれていくバウンティ号の
       ヽ|l⊃ r─ォ   ⊂⊃jノ}j|
   r‐‐-、__|ヘ  '、_ノ   /|  ! |     乗組員達を描いていくにょろ。
   { (` /:::::| l>,、 __, イァ_i  ||
    "ヽ /:::::/| | ヾ:::|三/ / //ァ||     乞うご期待!!
        ヽ< | |  ヾ∨_:/ // ハ||






341 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/09/17(金) 23:05:31 ID:zUrkoRkU





   \ヽ, ,、
     `''|/ノ
      .|
 _    |
 \`ヽ、|
   \, V
      `L,,_
      |ヽ、)
     .|
    /           ,、
    /        ヽYノ
   .|       r''ヽ、.|
   |        `ー-ヽ|ヮ
    |            `|
   ヽ,          .|
     ヽ,/´ ̄ `ヽ、ノ
     /0      ',
     .{o       :}
     .':       /
      ヽ、___,.,/
         |
       /  ̄  ̄ \
     /  ::\:::/::  \
    /  <○>::::::<○>   \
    |    (__人__)     |
    \    ` ⌒´    /              次回へ
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \               続く








第二十五話登場人物


やる夫・デ・ニューソク      士官候補生心得:やる夫(AA)

ジョージ・スチュワート      士官候補生心得:できる夫(AA)

ジェームズ・モリソン       掌帆手:新城直衛(皇国の守護者)


◯艦長支持派
ジョゼフ・コールマン        火器整備手:ジェレミア・ゴットバルト(コードギアス)
チャールズ・ノーマン       船匠助手:ジャン=ピエール・ポルナレフ(ジョジョの奇妙な冒険)
トマス・マッキントッシュ    .  船匠助手:空条承太郎(ジョジョの奇妙な冒険)

◯叛乱支持派
チャールズ・チャーチル     先任衛兵伍長:オプーナ(AA)
トマス・バーキット     .    上級水兵:ロックオン・ストラトス(機動戦士ガンダムOO)
トマス・エリスン          上級水兵:アレルヤ・ハプティズム(機動戦士ガンダムOO)
ジョン・ミルウォード        上級水兵:ティエリア・アーデ(機動戦士ガンダムOO)
ウィリアム・マスプラット     .司厨員:刹那・F・セイエイ(機動戦士ガンダムOO)
マシュー・トンプソン     ...  上級水兵:わる夫(AA)

○その他白人
ジョン・ブラウン    .     テイナの用心棒:相良宗介(フルメタル・パニック)


●タヒチ人
マテ(テイナ)           パレ・アルエ王国酋長:伊藤 誠(スクールデイズ)
ヴェヒアツア            マテの義弟:長谷川泰三(銀魂)
ヒチヒチ              タヒチの案内役:ボン太君(フルメタル・パニックふもっふ)

タヒチ人その他         ダディクール(AA)/ショボーン(AA)
タヒチ人女            石関 薫(私立レイプ女学院)

ペギー               テハニの妹:蒼星石(ローゼンメイデン)

●創作キャラクター
テハニ              やる夫の彼女:翠星石(ローゼンメイデン)

ジュン               やる夫のホストファザー:桜田ジュン(ローゼンメイデン)




というわけで第二十五話終了です。

バウンティ号の物語にはこれから当分死と血の臭いが憑いて回ることになるます。
そういう話が好まれるかどうか分かりませんが、どうかお付き合いください。

それでは、又次回よろしくです。








346 :名無しのやる夫だお:2010/09/17(金) 23:08:09 ID:fpOR.uxw





なんだろうね、タヒチ人相手なら俺でも支配者になれると思い上がっちゃったのかね


多分そう。この後似たようなことを繰り返すことになるので……。



351 :名無しのやる夫だお:2010/09/17(金) 23:16:26 ID:g6ONfYbM



ハリウッド映画に脈略と続く「白人酋長モノ」
文明社会で傷を負った白人が”未開社会”で癒しと地位を得る、という幻想が
ダンス・ウィズ・ウルブスやらラストサムライやらアバターやらに流れているけど
その源流はバウンティ号あたりにあるのかねぇ。
日本でも「冒険ダン吉」というマンガがありましたが・・・


いや、原点はそれ以前のクック船長にあると思いますよ。
彼が現地人を連れて帰ったり、船長の航海日誌が発売されたりしてにわかに
南国熱が盛り上がったりしましたから。



357 :名無しのやる夫だお:2010/09/17(金) 23:42:54 ID:g6ONfYbM



なるほど、クック船長が原点でしたか。

日本映画で南方幻想というと、どうしても怪獣映画と結びついちゃうんだよなw
モスラ、キングコング、エビラ、カマキラスにクモンガ、ガニメ・ゲゾラ・カメーバ
そして半裸で歌い踊る原住民と小美人たち・・・


日本の南方幻想に関しては、「偽史冒険世界」(長山靖生 筑摩書房)が詳しいので、
機会あればご一読を。
実のところモスラ等の怪獣映画は、明治期に日本に現れた南洋ブームの残滓だったりします。










関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加




[ 8211 ]

相変わらず面白いなー
反乱は起こすよりもその後が大変ってか
[ 2010/09/18 11:32 ] [ 編集 ]

[ 73504 ]

さっさと殺しておかんとまずいだろ。と思ったけどさっくり死んだか
[ 2014/07/20 18:07 ] [ 編集 ]

[ 77765 ]

日本にもどうしようもないほどアレなやつがおったものなぁ、伊達順之助とかさ・・・
[ 2015/02/08 09:21 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oyoguyaruo.blog72.fc2.com/tb.php/2552-29bcdccc


アクセスランキング アクセスランキング アクセスランキング