ブログパーツ 泳ぐやる夫シアター 寄席やる夫亭のまとめ


















寄席やる夫亭のまとめ



                                            ∧..∧ 
                                           (´・ω・`)  
                                          cく_>ycく__) 
                                          (___,,_,,___,,_)   ∬
                                         彡※※※※ミ  旦
                                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   
                                                          ∞
                                 l|||||||||||||| ∩,,∩ ∩,,∩  ∩,,∩ ミ∩ハ∩彡
                                 (,    )(,,    )    ,,)(    )(    )


         ┏━━━───────────────────────────────────────━━━━┓


                                       寄席やる夫亭のまとめ






                                 翠星石はやる夫を試すようです   (厩火事)


                                 やらない夫がご馳走するようです   (ちりとてちん)


                                 やる夫は親孝行者だそうです   (孝行糖)


                                 やる夫が恋わずらいになったようです   (故郷へ錦)


                                 やる夫は夢と現実の区別がつかないようです   (芝浜)


                                 やる夫は大きさに悩んでいるそうです   (くい違い)


                                 やらない夫はネコ好きだそうです   (猫の皿)


                                 翠星石は意地っ張りなようです   (蛇含草)


                                 やる夫が医者になりますた   (死神)


                                 長門がいろいろ演じます   (七両二分・捨て子・数取り)


                                 長門が一人旅をするようです   (嵐民弥)


                                 やる夫が狸を助けますた   (狸の賽)


                                 やらない夫が忘れ物をしますた   (紙入れ)


                                 やる夫はふたなりのようです   (ふたなり)


                                 やる夫たちは僧侶のようです   (たこ坊主)


                                 やる夫は狸を飼っています   (狸の札)


                                 やる夫は茶漬けを食べるようです   (茶漬け間男)


                                 やる夫は臆病な運転手です   (稲荷俥)


                                 やる夫が狐を助けますた   (天神山)


                                 やる夫は心中するようです   (品川心中)


                                 やる夫で花見をするそうです   (あたま山)


                                 やる夫が托鉢しますた   (藁人形)


                                 蒼星石はやる夫と祭りに行くようです   (初天神)


                                 狸と狐がやる夫を騙すようです   (紀州飛脚)
 

                                 水銀燈は○○が怖いようです   (饅頭こわい)


                                 やる夫はスリの名人です   (一文笛)


                                 長門は宿屋の女将です   (宿屋かか)


                                 やらない夫は復讐するようです   (宿屋の仇討ち)


                                 やる夫は心霊スポットに行くそうです   (皿屋敷)


                                 長門は願いを秘めてるようです   (壺坂観音霊験記)


                                 やらない夫はお医者さんです   (夏の医者)


                                 やらない夫はアイデアマンです   (算段の平兵衛)


                                 やる夫が財布を拾いますた   (三方一両損)


                                 やる夫達が狸を捕まえます   (権兵衛狸)


                                 やる夫がご馳走するそうです   (青菜)


                                 金糸雀の家に泥棒が入りました   (転宅)


                                 やる夫が温泉で働きます   (有馬小便)


                                 やる夫が動物園で働きます   (動物園)


                                 金糸雀が人を尋ねます   (平林)


                                 やる夫がお金を借ります   (莨の火)


                                 やる夫が神様と暮らします   (貧乏神)


                                 やる夫は秋の風物詩です   (間男の松茸)


                                 やる夫たちが婚約しました   (三枚起請)


                                 やる夫で学ぶ・熱燗の作り方   (替わり目)


                                 やる夫は奇跡を信じます   (景清)


                                 金糸雀は楽して、ズルして、いただくようです   (黄金餅)


                                 くんくんは生まれ変わりたいようです   (元犬)


                                 やる夫のグルメ:国立のぜんざい   (善哉公社)


                                 やらない夫たちが寺参りに行きます   (天王寺詣り)


                                 やる夫は死を選ぶようです   (辻占茶屋)


                                 やる夫は金の亡者です   (死ぬなら今)


                                 やる夫は猫を飼っています   (猫)


                                 やる夫はお金が嫌いです   (雛鍔)


                                 真紅はやる夫を騙します   (文違い)


                                 やる夫は土俵の鬼です   (花筏)


                                 やらない夫は名僧です   (こんにゃく問答)



                   




                                       ●江戸時代の時刻


                       当時は不定時法で日の出から日の入り、日の入りから日の出までを、
                       六等分して一時刻とした。
                       そのため、季節によって時刻の長さが変化するが、目安として現在の
                       時刻と相対させると以下の通りとなる。


                       アケ                 クレ
                       明六ツ(卯ノ刻・6時)      暮六ツ(酉ノ刻・18時)

                                          ヨイ
                       朝五ツ(辰ノ刻・8時)      宵五ツ(戌ノ刻・20時)


                       昼四ツ(巳ノ刻・10時)      夜四ツ(亥ノ刻・22時)


                       真昼九ツ(午ノ刻・12時)    夜半九ツ(子ノ刻・0時)


                       昼八ツ(未ノ刻・14時)      夜八ツ(丑ノ刻・2時)

                       ユウ                 アカツキ
                       夕七ツ(申ノ刻・16時)      暁七ツ(寅ノ刻・4時)



                                       ●江戸時代の金銭と価値


                       江戸期は金貨・銀貨・銅貨の三種類の貨幣を併存させた。

                       大判は褒賞・献上用のため流通はせず、含有純金量によって
                       通貨と等価交換されるが、おおむね7.5両(七両二分)に相当する。


                       小判の公式レートは以下の通りだが、実際は変動があった。

                       1両=銀60匁=4分=16朱=4.000文


                       銀貨は1匁(3.75g)単位の重さで価値が定まり、また関東は金貨建て、
                       関西は銀貨建てであっために、金を銀や銭に両替商が交換した。
                       特に銀は相場で価値が変動するので、天秤・分銅は重要な道具であった。


                       一両の価値を現代に換算するのは、時期によって開きがあるが
                       江戸中期の価値を目安とすると、米価では4万円、賃金では30~40万円に相当。

                       屋台のそば代が16文であるので、ここから換算すると1文は約20円に相当とみられる。



                                       ●明治時代の給与と金銭価値


                       明治中期の給与・物価の目安は以下の通り。
                       そこから当時の1円は現代の約2万円に相当と考えられる。
                       ただし、富裕層・低所得層での賃金格差は激しく、
                       感覚的の貨幣価値に隔たりがあることは考慮しないとならない。

                       日雇い労働…18銭
                       大工(日当)…50銭(東京)、27銭(全国平均)
                       教員、警察官(初任給)…8~9円
                       上級公務員(初任給)…50円

                       物価
                       あんぱん…1銭
                       うどん・そば…2銭
                       カレーライス…7銭
                       米10kg…1円12銭


                   





         ┗━━━───────────────────────────────────────━━━━┛






                    以後続行中





関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加




[ 5852 ]

リンク切れてるのはなんなん?
[ 2010/07/02 00:31 ] [ 編集 ]

[ 5854 ]

>5852
まとめが抜けていた記事がいくつかありまして…
近いうちにそちらもまとめるつもりなのでお待ちください
[ 2010/07/02 00:35 ] [ 編集 ]

[ 5871 ]

こりゃ便利っす
更新を気長にお待ちしてます
[ 2010/07/02 20:12 ] [ 編集 ]

[ 5963 ]

おおこれはGJ
元スレがオリジナルのタイトルと違ってるから助かるわ
[ 2010/07/07 10:20 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oyoguyaruo.blog72.fc2.com/tb.php/2252-6c4f2f2d


アクセスランキング アクセスランキング アクセスランキング