ブログパーツ 泳ぐやる夫シアター 新やらない夫で学ぶJKの思想  その5


















新やらない夫で学ぶJKの思想  その5









             中華・・・






                                        ,/´
                          燕    、--、      (´
                              ノ  / /  ̄|   `ヽ
               、´ `~ ̄`)      ,,_ノ   `′  (_,、  `ヽ
          犬戎   ノ    /      (_  ,‐-っ,     く   `|
               ノ    く 晋 イマ↓ココ /   /´   )  /
             く´~    (     衛 /魯  斉 /     レ´
        ,ッ-、__ノ~´       .)   _,,ノ´     く,,_
       `ヽ,       秦   ´‐~´~    宋    \
       ‐―`             周 鄭        `>
                          陳 蔡 .ノ~~~ ̄>
                  _,,-―、, 楚    ,ノ´  呉 し、_
                _ノ    `ヽ、ノ~~`‐´        |
              _/~                越 ノ´
           ,,ノ~                      ノ
        | _  |                       |
        ~ `~                       ノ







           それは最初のフロンティア・・・







これは、超時空聖天子の再来やらない夫が、
新世代の弟子たちと、紀元前五世紀において学問を続行し、
未知の世界を探索して、新しい就職先と文明を求め、
乱世続く中華に、勇敢に放浪した物語である!








               / ̄ ̄\
              / ヽ、_   \
             (⌒)(⌒ )    |    新やらない夫で学ぶJKの思想
              (__人__)     │
             (,`⌒ ´      |      第三話「先生にも分からないこと」
      __      . {        |     ____
.       {__}       {         /    /⌒  ⌒\  ( ̄)
      l1 ,. -  、   ` ー   イ-、 /( >)  (<) \/ /
    rz=γ⌒ヽ  \rf} ィ ̄>、 1 //::::::⌒(__人__)⌒:::::/ /
    Y⌒ Y1  ! z=、}z} `´/:.:.:}ミ、::! |    /| | | | |   / /
      '、__ノ::i  fイ__)==zュ、}__/_/:)、j \  (、`ー―'´, / ./
    _,.く:::::::::ヘ  `Y: : : : :\─-`Y´:/: :!/    ̄ ̄ ̄   ,/
  /   }!::::{ 入/: : :r--1 }::::: , -─────--_,   イ、
 /   /イ::,ノ :} _\: : :1ヘ::::Y<__________/__,.〉/ /=z、
. i   / / / イ::::::::::::i: : :!: : Y-======== z___/ _!/γY
. !  i / / ノ__,ノ : :.i : : |:.:.!:.:.:.:.:.:.!:.:.::.:.:.!:.:.:.::.:.:. ̄:.!ヽイ/ {!j
. i: :: :i { </ ` ─--─一 ┐:i:.:.:.:.:.: !:.:.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:. jノ∧ /
 ! : :.i、 ソ           `ー──────‐ '´ ̄!__{__ノ
  ー -'














318 :◆AOGu5v68Us [saga]:2010/05/04(火) 22:45:13.52 ID:Bf4vbFgo






西暦1851年・・・
この年、中華に史上初のキリスト教国家が誕生する。

彼らは国号を「太平天国」と称した。首都は現在の南京市である。






                                ┌┐
                _「_l_  i┐ .         l二二l           _「_l_  i┐
                 ,、 ― 、「`'l‐「l、      l ロ l  「 l┐    .,、 ― 、「`l- _
               ,r''   _.   `ヽ`r--‐---‐---‐---‐-,r''   _.   `ヽ ⊥_
                l'  イロヽ   l l rヽ rヽ rヽ rヽ rヽ rヽ rヽl'  イロヽ   l  l ヽ
            く================================,>、_l_l
         _    l~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l!゙~ ̄ ̄ ̄^゙ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄ ̄~ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~!`'‐ニl
       ┌‐i'''‐┐  |,llエll llエll llエll l!llエll llエll llエlli illエlli llエll llエll llエll| llエll llエll llエll,|┌‐i‐┐_
_,,__,,-''´ ̄ ̄ヽ `''‐ 、|.llエll llエll llエll l!llエll llエll llエlli illエlli llエll llエll llエll| llエll llエll ll ,,-''´ ̄ ̄\ 、_,,_,_
 ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄~| ̄ ̄l!l ̄l.ィ-、l ̄l l!l ̄l l ̄l l ̄liィ全.、 l ̄l l ̄l l ̄l| l ̄l.ィ-、l | ̄ ̄ ̄ ̄~|li| ̄ ̄ ̄
―ー‐!======== |====l!llエll llエll llエll l!llエll llエll llエlli.l!;;;;;il llエll llエll llエll| llエll llエll l |=========!.l|――ー‐
 「_l ,!「_l 「_l 「_l|「l「l「ll!l二l_l二l_l二l l!l二l_l二l_l二liィ= =、.l二l_l二l_l二l| l二l_l二l_l_|「_l 「_l 「_l,|li| 「_l 「_l
   l       |    l!rー、rー、 rー、l!rー、rー、rー、.|rー、|l,rー、rー、rー、| rー、rー、 r.|       |l;ィヘ.
 「_l ,!「_l 「_l 「_l|「l「l「ll!l;;;;;l l;;;;;l l;;;ィ'ヘ.!;;;;l l;;;;;l l;;;;;|.|l;;;;;l|l,l;;;;;l l;;;;;l l;;;;;l| l;;;;;l l;;;;;l l,ィヘ.l .「_l,ィヘ_l,|<;;.ミス ,「_l
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「「 ̄ ̄ ̄ ̄ <,;;ミス ̄ ̄ ̄ ̄/三三'i ̄ ̄ィ ‐、 ̄r´;;ヽ ̄ ̄,<;,;ミス ̄<;;.ミス ̄ll!´ ̄ ̄
――r´;;ヘ ‐、´;;`r´;;ヽ'―‐ ""ィ‐、―,li!´―r´;;ヽ―'―r´;;ヽ' ~;;ヽ ;;;;ミl‐'  '''''`――ーli!´――li!´―――







   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、:::::::::::::::::::::::::::::::::|
∠_ -―'7:::::::::::::::::::::::::::::::ト、::::::::::::::::::::::::::| !|::::::::::::::::::::::::::::::::|
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::| |::::::::::::::::::::::::リ  |::::::::::::::::::::::::::::::::|
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::トチ|==、:::::::::::レ==ュ|::::::::::::::::::::::::::::::::|    よっしゃ、んじゃ俺が「天王」な
    ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::「;;;;;;;;;;;;;}|_ト、::::|;;;;;;;;;;;;;;|:::::::::::::::::::::::::::::::|
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::N.;;;;;;;;;;ノ l::|ヽ:::ト;;;;;;;;;;ノ::::|:::::::::::::,ヘ:::|:::::|    清の皇帝は認めないんで、よろしく
    イ::::::::::::::: ノ|:::::::::::::::::|   ̄  |::| ヽ|  ̄ レイ|:::|:::ト、:| |::| |::::|
    |:::::::::::::::イ |:::::::::|::::ト|     |:::|        | |::||::| |::| |::| |::::|
    |:::::::::::/   |:::::/ |:::|       ヽ:|_-      ト、|| || レ |::| jノ
   .|::::::::::|    |::::| |::::ゝ  r ,___    、 /  リ ||    |::|
    |::::::::l     |::::|_,.|::::| ヽ  `ー  =='  /   卞- _jノ
    ノ::::ノ -‐  ̄∨/|:::|  ト、   ̄ ̄  イ     \  `ー- __
   ̄レ'´      /   |::|  〈 |\     / | 〉     \      ̄
          /   ヽ:|  | \__` -- ´__/ |      ヽ
          |       |  | o 不 o |  | (洪秀全・・・漢族を自称する客家出身の宗教家、革命家)







太平天国の頂点に立つ男は洪秀全。彼は科挙制度からの落ちこぼれの一人であった。
科挙というのは官僚を登用するための国家試験のことである。






320 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/04(火) 22:53:45.80 ID:G6IkSdE0



太平天国とは、またえらく時代が飛びましたな。



322 : ◆AOGu5v68Us [saga]:2010/05/04(火) 23:02:59.08 ID:Bf4vbFgo






中華の政治を腐敗、停滞させた原因の一つとして、
JKは一部の人々に激しく憎まれている。

彼らの曰く、JKは様式美を愛する貴族政治のための学問で、
合理性、経済観念、開拓精神が著しく低く、自分が一番という中華思想を根底に持ち、
非常に排他的で、改革の自浄効果を認めない。







       /7´ ̄´`ゝ
       〈 /-/ ̄ ̄\
     l// /   ヽ_   \
     l ,.|    ( ●)(●)
    /イ |     (__人__)     異民族に名君が現われたと言っても、
        |     ` ⌒´ノ     中華に名君がいないのにすら、及ばないだろ
      .  |         }
      .  ヽ        }      あと、女が学問するのは不幸の始まりだ
         /!lヽ     ノ´! \   女は無知でいい、それが女の幸せだ
       / l l     リ /    ヽ、
     , -'´/  l l   メ /   /  `''ー-、
 , -'゙/ /  l   l lヽ_ノ/ /   /       `
´  /r/   l   lゝ_ノ /    /
  .l!/ /   l   l  /    /






JKの元祖であるやらない夫がこういうキャラだったので、中華の政治家はことごとく、これに倣った。
多文化を許容せず、JKたちは頑なに海外の政治思想を取り入れようとしなかった。

実力を省みない中華思想の結果、アヘン戦争でフルボッコにされ、中国はメチャメチャになった。
人間の半数を占める女性を徹底的に差別、抑圧したので国家は実力の半分も発揮できなかった。

そのような理由から、JKは、清末以来、中華人民共和国成立までの混乱の全責任を背負わされている。
全員ではないが、多くの近代史研究家はそういう学説をとっている。





323 : ◆AOGu5v68Us [saga]:2010/05/04(火) 23:20:00.98 ID:Bf4vbFgo






だが、やらない夫JKをごらんの皆様は、もうお気づきだとは思うが、
栄枯盛衰は世の習いである。

学問の学派も、政治の党派も勢いを百年も保とうと思えば並みの苦労ではない。

JKの凝り固まった思想が、何百年もの間形を変えず、中華帝国の支配社会層に
大きな影響を与え続けた原因は、洪秀全が苦戦をした、この「科挙」にある。






                    \
               、____>\_ノ|
         \     >::::::::::::::::::::::::::::::ノL_
          ヽ‐-‐'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
           >::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ィ'lヽ::::::::::::::|__
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ノ⊥L::::::r、::|.:.:.:.:.:.:.|\      まあ、俺もそこそこの天才だと思うのよ
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ,ィTフ|::::lノ::|:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:\
      //7::::::::::::::::::::::::::::::::/l/|   ̄ ノ:::::::::::!.:.:.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:.\_  けどなッ、四書五経丸暗記なんて
      /  |:::::::::::::::::::::::::::::::/  l::|   __ l:::::::::::!.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  人間業じゃねえっつの
.         |:/l:::::::::::::::::::::::::| 、___7 /::::::::::|.:.:.:.:.∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
        /i':::|:::::::::::::::::::::::::ヽ `==´ /lイ:::::::〈.:.:.:.:.:|.:.\.:.:.:.:.:.:.:.:. |
        /:::::::|:::::::::::::::::::::::::::::\ _ / .| 〉ノl|ノ\.:.:.|.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:/
        /:::::::/:::::::::::::::::::::::::::|ヽ!ー-、_//、.:.:.:.:.:..:\l.:.:.:.:.:.:.:\.:./\
        /::::::/:::::::::::::::::::::::::::/{.:.:.:.\/\/  \.:.:.:.:.:.:.\.:.:.:.:.:.:..:.\.:.:.\
.     /:::/::::::::::::::::::::::::/.:.ゝ.:.:.:.:.\.:.:.:\  \,-─<___.:.:.:.:.:.:\.:.:.\
.      //:::/:::::::::::::::::::::/l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l\/´ヽ   \.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:
    /´:::/:::::::::::/!::::::/::|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./\.l.:.:.ハ\_ \.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:./.:.:.:.:.
    /:::::/::::::::,ィ/::|:::レ:::::|.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.\.:.:.:\.:.:.:  ̄ヽ、:.:.:.|.:./\.:.:.:.:.:
   〈::::::|:::::::/:::::::::::|:::|:::::::!.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.`ヽ、.:.:.:.:.:\|/:|   \.:.:.







科挙は、JK必携の書・四書五経をテーマテキストとして使う、論文形式の試験である。
まずこれを、頭に叩き込んでおかねばならないとされていた。

これは受験生の能力を測るためのものとはいえ、途方もない労力を要した。





324 : ◆AOGu5v68Us [saga]:2010/05/04(火) 23:39:19.74 ID:Bf4vbFgo






例えば、試験管が、こういう質問をしたとする。







             -  ̄     l /   ..:::...       :::::::::::::::::::::::::::
      --   ̄          | {           . : : :::::::::::::::::::::::::
_ --                 ! `r' . . . : : : . . . . . : ::::::::::::::::::::::::::::::::   季康子が?臾を討伐しようとしたが
                    ,'⌒i.| _,,,,  . : : : :..:_:::::::::::--:::::::―::::::
   ̄   -  ―- ‐ -  ――{ ‐,〉 -  ≒、 {‐l ̄ ,r "~ " 、 :::::::::::::::::::  やらない夫先生はこれに反対しているが、なぜか?
                    `、ヾ 、''でツゝ`''`''~r'      ', :::::::::::::::
                 _-‐''"~i、 | ヾ、_ ̄''`メー-‐{       } ::::::::::::::
            -‐''"~"~: : : : : ; ;ヽ,、    `'{i ::: '、       , '..::::::::::::::
       -‐''""^~i: : : : : : : : : : : ; : : |ヽ,、   ,,/ | :::::::::` ー-‐ ' :::::::::::::_
    /    .:::/: : : : : : : : : : : : : : l . .l | r'"~〔、-l::-:::::::::::::::: ̄::: ̄:::::::::::::
   /        |: : : : : : :_: -:‐:―| . . | T`ー‐`―‐--':::::::::::::::::::::::::::::::::::
  /       - ―|: : : : : : : : : : : : : :l| . . .\` ` ー`~:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::







,.':::::/::::::/::::/::::::/::::::/:::::::;イ:::::/ L::イ|::::::::|::::::::::i::::::i    はっ、論語季子第十六の一にこうあります
i::::;イ::::/::::::i':::::ノ==‐- ⌒´ ィ"´,ィ示㍉、::::: ト、 :::::|::::::|
|:::|::::::i::::::::ム'´ _二二_   / 弋歹 ノ::::::|k.1::::|::::::|   季子將伐?臾、冉有季路見於孔子曰、季氏將有事於?臾、
|:::|:::::/{`ヽ 〆 {歹イ´   `ゞ===彳::::::| /::::::|::::::|   孔子曰、求、無乃爾是過與、夫?臾、昔者先王以爲東蒙主、且在邦域之中矣、
|:::i:;イ |:∧_ハ ゙=イ´   ;:i        .|::::::::|'::::i::::|::::::|   是社稷之臣也、何以爲伐也、冉有曰、夫子欲之、吾二臣者、皆不欲也、
レ′ .|:::::::::∧.      ゙::|        .|::::::::|:::::|::::|::::::|   孔子曰、求、周任有言、曰、陳力就列、不能者止、危而不持、顛而不扶、
   ノ:::::/::::;:ヘ     _ ,. --‐‐ュャ'  |::::::::|:::::|::::|::::::|   則將焉用彼相矣、且爾言過矣、虎?出於?、龜玉毀於?中、是誰之過與、
  /:::::/::::::::::∧  `ヽy' ´ ̄ ゙̄rj  |::::::::|:::::|::::|::::::|   冉有曰、今夫?臾固而近於費、今不取、後世必爲子孫憂、
/:::::::/:::::::::::/:::ノゝ、  `ヽx__ ,メノ  .|::::::::|:::::|::::|::::::|   孔子曰、求、君子疾夫舎曰欲之而必更爲之辭、丘也聞、
:::::::/::::::::::;イ::/::::::::l≧x、 `ー‐'´ /|::::::::|:::::|::::|::::::|   有國有 家者、不患寡而患不均、不患貧而患不安、蓋均無貧、和無寡、安無傾、
:/::::::::::/::::/ .,r=/\  > -‐ ≦´,ィ.|::::::::|:::::| 、!::::::|   夫如是、故遠人不服、則修文徳以來之、既來之則安之、今由與求也、相夫子、
::::::::::/:::::::/ / ./   \    イ  .|::::::::|:::::| ` ̄ヌ、ー遠人不服、而不能來也、邦文崩離析而不能守也、而謀動干戈於邦内、
::::/::::::::::/ / ∧     ゙'yr'´ _    |:::::::i|::i::|    .ハ 吾恐季孫之憂、不在於?臾、而在蕭牆之内也。
:::::::::::// / ./  '.   /ヽi    /リ::::::リ::i |     .〉〉
:::::/:::/ /  i   ヘ  / } 八   .//::::::/::::::リ    // つまり、やらない夫先生は季康子の野心を看破した上で
イ:::::;イ /   .|    ∨ゝく  ヽ._//::::::/::::::/    //  これは隣国のみならず季康子の危機であると伝えました








二行で答えられる回答のために、問われた一節をフル引用しなければ、減点対象となった。

これでは、テーマテキストを四書五経にしようと聖書にしようと横山光輝三国志にしようと
思考が停滞するのは当然である。

科挙という制度が、異常に暗記力を求めた事が、中国史の不幸であった。





325 : ◆AOGu5v68Us [saga]:2010/05/04(火) 23:51:50.85 ID:Bf4vbFgo






受験生は、四書五経を丸暗記の上で、さらに
四書五経全文全説に用意された模範解答を頭脳に叩き込んでおく必要があった。

そんな化け物染みた記憶力を持つガリ勉ばかりが、現実の政治を動かしていたのである。
政治家になろうと思えば「ローゼンメイデン」や「Ⅰ’s」など読んでいる暇はない。

自然、宮廷での政治家同士の会話も、酒と、女と、四書五経だけになっていった。
彼ら科挙官僚は他の趣味を知らないし、知る余裕も無かった。

四書五経は政治家の趣味だから尊く、それ以外は卑しいという差別はこの頃完成したのである。






   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、:::::::::::::::::::::::::::::::::|
∠_ -―'7:::::::::::::::::::::::::::::::ト、::::::::::::::::::::::::::| !|::::::::::::::::::::::::::::::::|
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::| |::::::::::::::::::::::::リ  |::::::::::::::::::::::::::::::::|
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::トチ|==、:::::::::::レ==ュ|::::::::::::::::::::::::::::::::|   もう無理ぽ・・・
    ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::「;;;;;;;;;;;;;}|_ト、::::|;;;;;;;;;;;;;;|:::::::::::::::::::::::::::::::|
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::N.;;;;;;;;;;ノ l::|ヽ:::ト;;;;;;;;;;ノ::::|:::::::::::::,ヘ:::|:::::|   実力でのし上がった方が
    イ::::::::::::::: ノ|:::::::::::::::::|   ̄  |::| ヽ|  ̄ レイ|:::|:::ト、:| |::| |::::|  遥かに効率がいいんじゃね?
    |:::::::::::::::イ |:::::::::|::::ト|     |:::|        | |::||::| |::| |::| |::::|
    |:::::::::::/   |:::::/ |:::|       ヽ:|_-      ト、|| || レ |::| jノ
   .|::::::::::|    |::::| |::::ゝ  r ,___    、 /  リ ||    |::|
    |::::::::l     |::::|_,.|::::| ヽ  `ー  =='  /   卞- _jノ
    ノ::::ノ -‐  ̄∨/|:::|  ト、   ̄ ̄  イ     \  `ー- __
   ̄レ'´      /   |::|  〈 |\     / | 〉     \      ̄
          /   ヽ:|  | \__` -- ´__/ |      ヽ







封建主義は行き詰まりを見せていたが、やる気と自由な発想に長けた若者の登用を
科挙制度が阻んだと言ってもいいだろう。

そして、科挙制度の壁が洪秀全というモンスターを世に放ってしまったのである。




329 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/05(水) 00:18:11.64 ID:KQAn0AEo



というか、なんで丸暗記のテスト形式になったんだ?
JKのテキストを使ってってことは、その丸暗記形式を許容するあたりもJKの教えに問題があったんじゃね?




330 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/05(水) 00:28:15.38 ID:3DFVH3wo



もはややらない夫の教えとはかけ離れたモンスターとなっていたと見るべきでしょうな。
文学も結局時代の徒花でしかなかったわけですし。




332 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/05(水) 00:40:36.47 ID:LR4wq/.o



というか、科挙自体でなくて、科挙の試験内容に問題があったというべきでは?



326 : ◆AOGu5v68Us [saga]:2010/05/05(水) 00:04:30.11 ID:bWTHzZ2o






洪秀全は、天王に即位した後、側近五名をそれぞれ王として取り立て、各地を支配させた。

その片腕と呼ばれた楊秀清は、とある問題について洪秀全に奏上した。







           _  /^ ̄ ̄¨¨¨ーrm,,
           i ^^´ \ \   \ ̄\
          _人ヾ\  \ \   \  `i
         ヘ   i \  \  `i    ヾ  i
        |三ミ   ||||\   i  |    |   |
        レ   ミ/:::::::::i    |  | | |  |  |
       〈   ;^::::::::::::::::::|| |  ||  ||||| | | | |    天王陛下、私たちは数は多いが
        .レ/i::::__x≠x v | レ^,-三=テヽ//,/    使える人材はほんの一握りだ
        l(\ r´r´_土ヾ示~^|≦ミゞ"  || ノ
        ヾヽ\rヘニゞ゚"` }t‐ー´\;;__/ |/     まだまだ在野には優秀な人間がいるかもしれない
         \::|::\_:::::::_,/^|::: ::::::::: _ヘ .| \,,,...,,
          ゝ.|:::::::::二:::::::;;;;;___;/_,,,ェヲ  .|\ \:::::  大規模に人材を登用しようじゃないか
          /.∧:::::`ヾ-=;;;ー二二ノ´ /||\\\
     _┌ー¨¨/ ;;`\;;::::::::- ̄:::::"  /´;;;;;;| .;i:::::::::
ーー¨¨¨/;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;|;;;;;||||`"ー;;;;;;;_;;;;;;-"´:::   ||  \
__,,,../;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:::|:::::::::ヘ||||::::::::::::::,ヘ  (楊秀清・・・五幹部の筆頭、正軍師。東王として太平天国の実務的指揮を取っていた)







ここで、洪秀全は、大きな決断をする。







  ー=≠                            /} }  ハ          \
ー==≠                             / ∨ハハ ハハ     、   トゝ
  /                              { ∧x≦jリ,〕| i   トV   |
/                        トミ{      V〃X _,厶斗'}    ト }   リ
=≠´                     /{  トミx、    {爪,ィ弋'ツ イ   レ′ (
//                   {rヘ Y弋じツヽ   V⌒Tニ=彡'リ       ヽ. _)   なに人材不足とな・・・
/                    \} 八三ニ=个ト、  マニナ ニニ / //|i     く⌒ヽ
    /                ヽ \ ノ|| \l \   /l/// 从  \   \   よし、科挙を行うぞ!
  ≠                        ト\ ||  ) ハ  { { { { ' ト、  } } ハ
i 〃 |i      ノ{                 八  `ヽー‐'ァ  j =ミ八 / ├‐)ハハ' ノ
iハ |i    ,〃 ∧     {          Yハ\ r,ニ、___ -‐'⌒} /ニニ ト、  \厶厶、
{   {i 」  | i|  ハ   / )ヽ 、     从 / \  ー=-‐'   /二ニ ルハ   ∨ /  ̄`ヽ
ハ.  Ⅵ  |八   }  ∧(   ) )ハ  勹´   Vヘ、        イ二ニ//l    ∨
 ヽ  | i   |  ) / ,厶-‐≠≠ |  ,'    /∧ }}ト . __/ >ァぐ//|    |
    _」」ハ L厶斗<       |  /   /{ L三{{   x<o〃 ///|    |
ー'´     l/   丿  )       |/   |ヽマニV /⌒X//// |    |







なんと、科挙を太平天国でも行うと宣言したのである。

このこと自体は、抜本的な改革を標榜する太平天国にとっては大きな後退であったが、
しかし、これには、それまでの中華史上に例を見ない、大きな前進が含まれていた。






328 : ◆AOGu5v68Us [saga]:2010/05/05(水) 00:15:27.85 ID:bWTHzZ2o






洪秀全は、女性が科挙を受験する事を許したのである。







                             , r ' ´: : : : : : : : : `ヽ、 _
                       _ _,r ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ
                        不: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
                      /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',
                     < /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|
         ,、r'´`i         <: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::|
        / /  i!          `ヽ、: : : /: :,/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::|
      / /  i!'           /:/i!ドヾ//: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:.:.:.:|
     i´_ r'| - i!           /i/:i i! lミ、ヾ冬、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::|  やらない夫は封建主義下において
     |  | |   } .r---、       /: : :i ヽヾミ>、ヾ,`ヽ、 _: : : : : : : : : : : : : : :.::!  女性を守ろうとしたのだと思います
   /´.i!  |i!   |/  i , ',      /: : :.i   ` ̄ヾ   彡≧圭_: : : : : : : : : : :i!
  /-、/  / !  /   /`´     /: : : :.         ヽ、 弋::ソ 7: : :/i: : : : : :.ヽ ただ、天帝の教えを知らなかったゆえに
  \ |  ,    '  〃 ̄`ヽ   ./: : : : : ',            ̄ ̄/: : ://: : : : : : : :.ヽこれを遠ざけるのみに終わったのです
    i!ト、,、r-'、,, 丶 、_  r'tミ!   /: : : : : : :.', ヽ、          /: : :/´: : : : : : : : : : :ヽ
     i!r';;;r - ミミヽ,  .!  i!    i!: : : : : : :./ハ  ヽ、,,,,,,__,     .ィ': : :./: : : : : : : : : : : : : : ヽ
    i.|ll{ ☆ }lllllll-- '´7  ,_ |: : : : : : :./ ヽ \ .   \ ソ , r:': : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
    {!ミミ - 彡ミ/、_,、_ム-''/   |: : : : : : i{  ヽ  ー-- ==''´ i!: : : : :./: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
     iヽミ 圭彡ヽ__ { /   |: : : : : :|.i   \_ ,、 r '´  /: : : : /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:
     ト、i!.¶::¶ i!  ,i!⊥、     |: : : : : | .i   ./`´i    /: : : : :.i!  .`i_: : : : : : : : : : : : : : : : :
  ,r':i<| i!`''ー''¨i!´ i!.|>i、  ./|: : : : :.| i   /、  ,i   /: : : : : :i    | `¨''ー 、: : : : : : : : : :
 { .{、 i!`''i!、____,i!,,, -'´i! ,r'´ i! / |: : : : :.| i_/\_,,_,ヘ  ./i: : : : : :.:.|   |     ’ヽ: : : : : : : :
  iヽi!ヽ i!     i!,、r'´ .i!  |/i!  |: : : : :.|    / i! l, ∨ .,|: : : : : : :|   .|     i i: : : : : : : :
  | i!ヽ`i!、  .,、r'~~i!  i!  | .i!  .|: : : : :.| (傅善祥・・・天朝田畝制度の原文を草書し、アヘン吸引や纏足などの悪習撤廃を進めた)







こうして、中国史上初の女性科挙合格者が登場した。

女性JKにして拝上帝会信者、女性差別撤廃論者という太平天国の矛盾を顕現したような人物である。







331 : ◆AOGu5v68Us [saga]:2010/05/05(水) 00:34:22.47 ID:bWTHzZ2o






女性が参加した初の科挙・・・その第一問は







       /7´ ̄´`ゝ
       〈 /-/ ̄ ̄\
     l// /   ヽ_   \
     l ,.|    ( ●)(●)
    /イ |     (__人__)     女とDQNだけはどうにもこうにもやりづらい・・・
        |     ` ⌒´ノ
      .  |         }      親しくしようとしたら、すぐにATフィールド乗り越えてくるし
      .  ヽ        }      かといって、遠ざけたら逆恨みするだろ・・・
         /!lヽ     ノ´! \ 
       / l l     リ /    ヽ、
     , -'´/  l l   メ /   /  `''ー-、
 , -'゙/ /  l   l lヽ_ノ/ /   /       `
´  /r/   l   lゝ_ノ /    /
  .l!/ /   l   l  /    /







やらない夫が述べた「惟女子与小人為難養也」の一節に関するものだったという。
傅善祥はほぼ満点でこれをクリアした。





     _ _
    r、ヽヽ ,..
      l.i^iヽヽ! l
     `、ヽ   `!
       `、 `  {
      ヽ  , ヘヘ
       ヽ' /  \
        く 。.    \          ,.-、、ヘ
         \゚ 。    \       ,.._彡ミ',ハ、
            \     `ゝ、._  ,イヽ (_ノ彡,  ヽ
           \       __ヽ.l. ヽi、 `i彡ノ// `;-   さすがだよ、傅善祥
          _ ヽ-─   ̄__,..-l、     L./// ,F`
        ヽ´     _. -‐'ニィ○l `` ‐_,ーイ//,ト    僕の秘書を務めてくれたまえ
        /ヽ`=i ,.-'´, - '´,. ヘ. _,!‐.ニ∠._,.-`  !、
        /   //_..i'  /'"l∠ _,.-─‐,.、 `_ヽ、 ヽ
        /  /‐-´-〈 イ ...._i'_     i' r(ヽ! l'´  .i
       ,'   /      i ヽ   l、`ヽ-、/{ヽヽヽ!ミミ、`、
      ,'   i'      i.  ヽ   l、  ̄li. i `   lトl `゙ ヽ
        i  /l      ヽ,.-'′   l、   lヽ   ノ ,!   `、
      ,l. /.{             _   l、  ! `l,.'- ´    /
     ./l/  ! l       _.- '´ ヽ. i、 l.\--  ..._ /






楊秀清の秘書官まで務めた傅善祥は、太平天国の目指す女性の地位向上の旗印であった。






333 : ◆AOGu5v68Us [saga]:2010/05/05(水) 00:45:31.23 ID:bWTHzZ2o






しかし、この話には裏がある。






           ,.z=='三ミミ=-,.、、
       .  __」fr三ミヾヾミミミミヽ、
        r行ミヾ'f示ヾヾヾヾミミミミヽ
        l彡三ミヾ川ヾヾヾヾヾヾミミl
       尨ィ三ミミヾ川ヾヾヾヾヾヾミi、
        Y彡三ミミヾ'゙゙゙ヾヾ、,斗、ヾリ
        ヾ彡テ'´    ヾ/ヾヾ州l
        klV' /^`ヾ' ' ,r' ⌒刈           太平天国はやがて清を倒して
         ヾ,ヘ. -zt;テ=y彡'^ ¨´ | iー - -、_     中華に統一王朝を築く
          `Tヾ(____ノ __V ,イ /  !     ,ハ
         / . ヽ、''ー-=≠'"ノ /l    〈  /    その時、優秀な男と優秀な女から生まれた
        ,    〈l t― ー_´  r' i    v /  {    完全無欠の優良種が必要だとは思わないか? 
.        /   , 、 \ 丶 ̄   !    レ゙    i
       {  〈`ヽ  j__ \  ヽ  /    〉  {   ヽ
.        〉  ヽ ∨ ) }  >=、,`=v    /  ′   ゙,
      /  丶} ;'  厶_/ // /!  /   ! {    !
      |    ∨ /  / // , !  /   }!  ?@
      {     ′/、 / 〃丶′! .゙    ヽj    {
      ヽ    〈  ゙ y  /  /、丿イ      〉   ム
      丿   __>、 ′ ′// 丿     ∠     }
      〈_/┌/ `ーー-r匕 r''⌒ヽ z―‐t /ヽ  /〈







      ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     /:::::::::::::::::::::::::::,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
    ,i:::::::::::::::::::::::::::::|l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
    l:::::::::::,::::::::::::::::::||:::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::|
    |::::::::::l|::::::::::::::::::|l:::__:|_::::::::::::::::::::::::|
    `ヽ、::ヽTfェ、 ̄ `,-, -‐ーァ|:::::|'ヽ::::::::::|   (女がのし上がろうとすればこのくらいの事は・・・)
      |:::::::| lイ:ト   イi j::::| ´ .|:::::|ソl:::::::::::|
      |::::: | `'´ ,   ヽ_ソ   |:::::レ'::::::::::::|   
       |:::::l:'、   `       J l:::::::|:::::::::::: |
       |:::::|::::ヽ、   ―-、   /|:::::::|:::::::::::::|
       |:::::|::::::|::`丶、  , ‐'´l:::::|:::::: |:::::::::::::|
       |:::::|::::::|::::::::,ト  ̄  /ヽ,|:::::: |:::::::::::::|
.      |:::::|:::::::|:,, -|v,ハ二// .|::::::::|:::::::::::::|
     |:::::|::::::::| / |ヾ┬tヽ,イ  |:::::::::|`ヽ、:::|
      lr'´|::::::::|'  | ./ | / ,l  .|::::::::::|    \
     |ヽf::::::::|   |/  レ' |   |:::::::::::|    イ|






要するに・・・「傅善祥愛人説」である。

これは、全くの悪意ある捏造であるという人もある。
しかし、当時の(いや現在もか・・・)女性秘書の地位から言って、ほぼ確実だろう。

楊秀清ほど優秀な男なら、疑われたくなければ、なにか他の役職に就けるべきだったと思う。





334 : ◆AOGu5v68Us [saga]:2010/05/05(水) 01:05:53.13 ID:bWTHzZ2o






楊秀清は「天父下凡」と呼ばれる神からの啓示を、しばしば政治利用していた。

ある時「天父下凡」に「楊秀清を天王と同等にしたら大吉だよ」の卦が出た。








  ー=≠                            /} }  ハ          \
ー==≠                             / ∨ハハ ハハ     、   トゝ
  /                              { ∧x≦jリ,〕| i   トV   |
/                        トミ{      V〃X _,厶斗'}    ト }   リ
=≠´                     /{  トミx、    {爪,ィ弋'ツ イ   レ′ (
//                   {rヘ Y弋じツヽ   V⌒Tニ=彡'リ       ヽ. _)    とうとう、そこまで言い始めたのか・・・
/                    \} 八三ニ=个ト、  マニナ ニニ / //|i     く⌒ヽ
    /                ヽ \ ノ|| \l \   /l/// 从  \   \    もう、楊秀清は用済みだ
  ≠                        ト\ ||  ) ハ  { { { { ' ト、  } } ハ   よろしく頼む
i 〃 |i      ノ{                 八  `ヽー‐'ァ  j =ミ八 / ├‐)ハハ' ノ
iハ |i    ,〃 ∧     {          Yハ\ r,ニ、___ -‐'⌒} /ニニ ト、  \厶厶、
{   {i 」  | i|  ハ   / )ヽ 、     从 / \  ー=-‐'   /二ニ ルハ   ∨ /  ̄`ヽ
ハ.  Ⅵ  |八   }  ∧(   ) )ハ  勹´   Vヘ、        イ二ニ//l    ∨
 ヽ  | i   |  ) / ,厶-‐≠≠ |  ,'    /∧ }}ト . __/ >ァぐ//|    |
    _」」ハ L厶斗<       |  /   /{ L三{{   x<o〃 ///|    |
ー'´     l/   丿  )       |/   |ヽマニV /⌒X//// |    |







洪秀全は挙兵以来の腹心・石達開と韋昌輝に楊秀清暗殺を命じた。







::::::::::::::::::::::::......   ........:::::::::::::::::::::::::::  ;;;;;;;::::::::::::::::::
           γ ⌒ ⌒ `ヘ
          イ ""  ⌒  ヾ ヾ    
        / (   ⌒    ヽ  )ヽ
        (      、 ,     ヾ )
 ................... .......ゞ (.    .  ノ. .ノ .ノ........... ........       そして・・・
 :::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ、、ゝ.....|  |..., , ノソ::::::::::::::.......::::::
  _ _i=n_ ._ [l_ .._....,,. .-ー;''!  i;;;~-ヽ_ii_i=n_ [l h__     楊秀清に代わって実権を握ろうと企んだ韋昌輝は
  /==H=ロロ-.γ ,~ー'''l ! |'''ーヾ  ヾ 「!=FH=ロロ    東王府を襲撃して凄まじい殺戮戦を展開した。
  ¶:::-幵-冂::( (    |l  |    )  )=HロΠ=_Π
  Π=_Π「Ⅱヾ、 ⌒~"""''''''⌒~'"´ ノ;;'':::日lTΠl:::....   世に言う天京(南京)事変である。
 Д日lTl,,..:''''"   ""'''ー-┬ーr--~''""   :::Д日lT::::
 FH=n.:::::'            |   |         :::FL日l」:::::   
 ロΠ=:::::.:.        ノ 从 ゝ        .::田:/==Д::
 口=Π田:::.                   .::::Γ| ‡∩:::::
 Γ| ‡∩Π::....                ...:::Eヨ::日lTlロ::::
 Д日lTlロ_Π::::.......            ...::::::::田:凵Π_=H:::
 =Hロ凵Π=_Πロ=HロΠ:::.................:::::::::::口ロロH「l.FFl







楊秀清と共に、配下2万人余りが殺害された。
韋昌輝はさらに虐殺を批難した石達開までも攻撃して、反撃に遭い。殺された。





335 : ◆AOGu5v68Us [saga]:2010/05/05(水) 01:17:42.73 ID:bWTHzZ2o






中国人初の女性官僚・傅善祥はこの時、命を落としたといわれている。







  ,イ::/:::::::/::::/::::::/::::::::/::::::::/::::::/:::: i::::::::i:::::::::::::ハ
 /::::/:::::::/::::/::::::/::::::::/::::::::/::::::/i::::::リ::::::::|::::::::',::::::i
,.':::::/::::::/::::/::::::/::::::/:::::::;イ:::::/ L::イ|::::::::|::::::::::i::::::i
i::::;イ::::/::::::i':::::ノ==‐- ⌒´ ィ"´,ィ示㍉、::::: ト、 :::::|::::::|
|:::|::::::i::::::::ム'´ _二二_   / 弋歹 ノ::::::|k.1::::|::::::|
|:::|:::::/{`ヽ 〆 {歹イ´   `ゞ===彳::::::| /::::::|::::::|   なにが太平天国だい
|:::i:;イ |:∧_ハ ゙=イ´   ;:i        .|::::::::|'::::i::::|::::::|
レ′ .|:::::::::∧.      ゙::|        .|::::::::|:::::|::::|::::::|   まるで地獄じゃないか
   ノ:::::/::::;:ヘ     _ ,. --‐‐ュャ'  |::::::::|:::::|::::|::::::|
  /:::::/::::::::::∧  `ヽy' ´ ̄ ゙̄rj  |::::::::|:::::|::::|::::::|
/:::::::/:::::::::::/:::ノゝ、  `ヽx__ ,メノ  .|::::::::|:::::|::::|::::::|
:::::::/::::::::::;イ::/::::::::l≧x、 `ー‐'´ /|::::::::|:::::|::::|::::::|
:/::::::::::/::::/ .,r=/\  > -‐ ≦´,ィ.|::::::::|:::::| 、!::::::|
::::::::::/:::::::/ / ./   \    イ  .|::::::::|:::::| ` ̄ヌ、ー-
::::/::::::::::/ / ∧     ゙'yr'´ _    |:::::::i|::i::|    .ハ
:::::::::::// / ./  '.   /ヽi    /リ::::::リ::i |     .〉〉
:::::/:::/ /  i   ヘ  / } 八   .//::::::/::::::リ    //
イ:::::;イ /   .|    ∨ゝく  ヽ._//::::::/::::::/    //
::レ';イ ./     |    ,イ  }    レ'^リ从'´     //







彼女が有能だったかどうか、本当に実力を買われての登用だったのか。
そもそも、太平天国の科挙は公正な制度だったのか。それを知る術は残されていない。

南京は焦土と化した。太平天国は、この後、急速に力を失い、
洋務運動を進めた清の官僚たち・・・曽国藩や李鴻章によって滅ぼされる事になる。






                                ┌┐
                _「_l_  i┐ .         l二二l           _「_l_  i┐
                 ,、 ― 、「`'l‐「l、      l ロ l  「 l┐    .,、 ― 、「`l- _
               ,r''   _.   `ヽ`r--‐---‐---‐---‐-,r''   _.   `ヽ ⊥_
                l'  イロヽ   l l rヽ rヽ rヽ rヽ rヽ rヽ rヽl'  イロヽ   l  l ヽ
            く================================,>、_l_l
         _    l~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l!゙~ ̄ ̄ ̄^゙ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄ ̄~ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~!`'‐ニl
       ┌‐i'''‐┐  |,llエll llエll llエll l!llエll llエll llエlli illエlli llエll llエll llエll| llエll llエll llエll,|┌‐i‐┐_
_,,__,,-''´ ̄ ̄ヽ `''‐ 、|.llエll llエll llエll l!llエll llエll llエlli illエlli llエll llエll llエll| llエll llエll ll ,,-''´ ̄ ̄\ 、_,,_,_
 ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄~| ̄ ̄l!l ̄l.ィ-、l ̄l l!l ̄l l ̄l l ̄liィ全.、 l ̄l l ̄l l ̄l| l ̄l.ィ-、l | ̄ ̄ ̄ ̄~|li| ̄ ̄ ̄
―ー‐!======== |====l!llエll llエll llエll l!llエll llエll llエlli.l!;;;;;il llエll llエll llエll| llエll llエll l |=========!.l|――ー‐
 「_l ,!「_l 「_l 「_l|「l「l「ll!l二l_l二l_l二l l!l二l_l二l_l二liィ= =、.l二l_l二l_l二l| l二l_l二l_l_|「_l 「_l 「_l,|li| 「_l 「_l
   l       |    l!rー、rー、 rー、l!rー、rー、rー、.|rー、|l,rー、rー、rー、| rー、rー、 r.|       |l;ィヘ.
 「_l ,!「_l 「_l 「_l|「l「l「ll!l;;;;;l l;;;;;l l;;;ィ'ヘ.!;;;;l l;;;;;l l;;;;;|.|l;;;;;l|l,l;;;;;l l;;;;;l l;;;;;l| l;;;;;l l;;;;;l l,ィヘ.l .「_l,ィヘ_l,|<;;.ミス ,「_l
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「「 ̄ ̄ ̄ ̄ <,;;ミス ̄ ̄ ̄ ̄/三三'i ̄ ̄ィ ‐、 ̄r´;;ヽ ̄ ̄,<;,;ミス ̄<;;.ミス ̄ll!´ ̄ ̄
――r´;;ヘ ‐、´;;`r´;;ヽ'―‐ ""ィ‐、―,li!´―r´;;ヽ―'―r´;;ヽ' ~;;ヽ ;;;;ミl‐'  '''''`――ーli!´――li!´―――






太平天国は、清末に貧富の格差解消と、人心の復興を訴え、急速に勢力を増大させた。
現代中国では、彼らは全く評価されていない。やる事なす事全てが旧来の封建政治と全く同じだったからである。





359 : ◆AOGu5v68Us [saga]:2010/05/05(水) 22:18:32.46 ID:bWTHzZ2o






衛の霊公の夫人は、二つのことで、非常に有名だった。






                            ψ
                          ,.}{.、
                         ,.:'ナホヤ:、
                       /´ ̄  ̄`:ヽ.
    j|                    /        :.\                j|
.   f .`i               /           :::::.`i               f .`i
   _}Ii.I{                |    _________..:::::::::::|                ,}I!I:{
   下了   ,人        ノ:い,.:ォ''緜;;絲;;絲;;綿`ぇy'.八.          人.   下了
    | :|    }I i{     |i  / _;:Yf,,.--―――-- ,iY_.::ヽ. ,l|.     }i I{   | :|
    ! ::!.   |:|    .iHh lれ|∩l|:┌三三三三三┐:|l∩|iう:l frti.    ! :|   | . ::|
   {-‐-}   |::!     l ̄├三三||: | |';';';';';_;;_';';';';';| | :||三三┤ ̄:i   |.:l   .{-‐-}
.    |  ::l   {‐ }     lr‐i | |f⌒i l|: | l';':'父乂父、';l | :|lf⌒i | | r‐i:|     {‐::}   .! :::l
   |  :::|.  | :l     || |.| l|  .l:||: | |i'乂:ri‐i:i:乂'i| | :|||  .l:l | l l:l    i :|   |  :::|
.  ├-┤  j,.. :!    .l ニ. ! !;:三:;l|: | ll;王;lエエl;王;ll | :|l;:三 :! !. ニ.:l    j :!.  ├:‐::┤
  |   ::|   | ::!     .|r‐i | lf⌒i ||: | |l:干:ri‐i:i:干:l| | :||f⌒i l | r‐i:|     | :|  |  .:::|
  _|   :::|_.l ..;:| __,l|__l | ||_.l:l|, ニ;l;王;lエエl;王;l;ニ ;|l|_.l:| | |__|:!__,l .;;r!';ミ;ヾ;'ゝヾ|_
.  i 「  ̄,r;';';,、― ―i―i―i―i―i―l.-l--l--l--l--l--l.-l―i―i―i―i―i―i fバヾ';;:゛ヾ;,ヾ
  l.「 f;';'';ゞ';ヾ;:ヾ.,i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄l.~| ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l~.i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i,ノヾ';ゝ;'::;;ゞ';:;ゞ
   r'ゞ;;ヾ;';;ソ;ィ;';ゞ'::┴:┴;┴;┴;┴:┴‐;;:┴;┴:┴;┴;┴:': :┴;┴;┴:┴:┴‐':.ヾ''ゞ:;ヾ;:/';ツ゛







                 _ ノ        ノ        !i
                /        _∠__ _   ヽ 八
             〈      > ´  ,     ` <   ヽ
            \  r<…- 〈ム Θ ,イ〉  `ヽ  ハ
              》癶.  ¨ー- __  ̄  二ニ-V_ノ
                 〃 ノ :`>-. . _    ̄    ノ: :.
               / :イ: : : :≠卞ハ: : :刀孑iマ:¨爪: } 、:.
             ,:′ :リ : :,〈 トzリ' `^′ Yzリ 〉:リ:乂:. : ヾ
            .: :i   ノ乂:ハ ´ ̄       ̄`ノイ八: ヽ: . \
.         /: :ノ .: : : : : :Y:     ._,     γ::.:. .ヽ:. \ ゞミニ== - 、
       /: :/ .: : : : : : :(〉:.   r ーヽ   ,必):::.:.: : : : .    `マ ⌒ヾ.: ヽ
      ≠ 彡'  .: : :__rく´ ̄ ` 、  ー ' , ク’ } \:::.: ; : : : .`ヽ    ヽ   j :い
   /:冫´イ  .: : :ノ />、ゝ._ ノ~ミ≧ェュ彡’ /   }Y:: : : : : .  \ .:ハ ハ :}.:}
.   〈( :/ :〃 , : : :{ //´/ 〉X´        /    } 「`ヽ、::. : : .  \ .::乂ノノ丿
   ヽ{ : :{:  ′: :.レ, '/ 〈〈 ヽ、     /       //   \: : : : .   Y:i´`㍉
     ヾj: |:  :〃/    \ヽ '  ∠ _      /∧\    入_: : : . {ノ  ノリ
     ト-:' : .小:Y ,'/        \\ { rへ ヽ   //  `ヽ、ヽ/  \:.: . }_彡'
    ` ̄  .|:i | i{ ( )      \.ゝ}   \\//      У     ヽ;/
       ー=彡介い、           \\  ゝ-'     /     -=ニ孑‐ァ
          ´八_彡\           〉 〉        /         ハ
.        /     ,へ、      / /         ,,{__        _ノ ハ







一つは、非常に美しいと言うこと・・・この美貌は霊公を夢中にさせ、その寵愛を一身に受けていた。
宝石も花も光を失うと言われたほどの絶世の美女だったという。





360 : ◆AOGu5v68Us [saga]:2010/05/05(水) 22:27:36.69 ID:bWTHzZ2o






南子を、もう一つ有名にさせたことは、非常に淫乱であるということだった。

彼女は、自身の美しさを十二分に理解しており、それを駆使すれば、
男どもを簡単に手玉に取れることも知っていたと言うのである。

南子の放蕩振りには、彼女の故国である宋の人々もほとほと手を焼いており、
霊公が彼女を妻として欲した時には、厄介払いが出来ると喜んで輿入れさせた。







                 { {ハ :{: |',込ム{ヘ/ ァだぅ}ルj   : :l: :、: : '; :ヽ`ー:- 、
                ヽ Vヘ{ ゞ='     "¨´ /:   : :|: : \ ヽ: :\ : : 、\
              \:ハ            /イ    : :!、: : : ヽ:\ : ヽ: : ヽ:',
              / ハ : :、  丶___,,..  ,':i ,!    : :い、:  : : `ヽ: : : : : :j
                {. {/}: : :\  `ー_,´ . :{'|  : : : ヽ`ー一<: :\: : :{
                  >' !:  :!丶  _,.{: ヘ i   : : : : }      ゝ、: : }
                 {  :/   : j   :「  } ヽ、`   : : : ;'     /   i: : j
               ヽ/   :〃   !\_,   冫   . : ノ l   , '     !: ヽ
               ,′ . ,/′   |   `"/  . : : /´/   /     | : 、`、
                 { . :/{,ヘ   !     ′. : : :/、'´   /       l: : :} :}
                   ヽ._レ' /   .⊥ 、 {. : : : :ヘ \  /     .:....:.厶: ; /
                ノノ {.>'´/ゝ'フ{   〉、: . :/ /.:.,′   ̄´   }'/
                  } イ    r彡'´//ヾフ′| j/'´:....:....__:.... __,,...    \
               〈ハ     '´.イヽ.__` ¬:{:..___:....:....::/ ̄ヽ._  ...:..__ `j
                   ヽ:_` ー--‐ '´辷´ノヽ ̄ ヽー-t:....:´.:....:....:,.〈:`:.<´:    l
             _,,. -‐ "{:...:..r--:':::ヽ :....:..',:....:...\:{`:....:....:..'´:..,.〉   .:/  |
       .  '"´       `¨´ \:::、::::.:\ :....:....:....(ヽ`iヽ、_ ,.. :.'´| ;/    !
   .  ´               \\::::.:\ :....:....`:.,ハ|   ̄¨¨j/     i
 /´                    \:\::::.:ヽ. ,. '´ └- .._/    ,   !
. {                    __,,.. ヽ::丶::::.i´     / /      /  :i







彼女と噂になった人物は、何人もいる。

霊公の寵臣、弥子瑕
彼女の腹違いの兄である宋の孔子・朝

そして・・・





361 : ◆AOGu5v68Us [saga]:2010/05/05(水) 22:36:34.26 ID:bWTHzZ2o






魯の学者・やらない夫も、彼女と噂のあった一人である。







            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)
          |     (__人__)   南子さまには、ご機嫌麗しゅう
             |     ` ⌒´ノ
              |         }
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|







彼は、衛に仕官せず、しばらく留まっていたのだが、
南子のところへは頻繁に足を運んでいた。

それからというもの、やらない夫は頻繁に彼女の元を訪れるようになった。







                           ,. '/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ. \
                         /: 〃:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;.:.、:.:.:.:.::ヘ  ヽ
                      /: :/__::.:__;,:.;.ヘ'´   \⌒ヽ、   ,
                        /: :/´: :´. . : / .       .   ぃ  '
                    / ノ: : :/: : : : /. : .     : . : .   i ',  i
                        /: : : :/: : : : : : i: : : . .   :} : :}: . . : :| : ,  !、
                      イ: : : : :/ : : : : {: /| : イ: ト、:厶: ム: j: :jリ: : '  iヘ
                    ,{ ィ : : {:{ : : ハ厶ヒヘ:「jノ  / レ_,込.イ/: : ! |:い
                     /:jハ: :,小: :i√ _,,..=zミ     "{t:灯y′: |.,小. i',     ようこそ先生
               . -‐': : :/V /ヽ{  ヘt:炒_      冖''/:    l:/:,'   lヘ
            ,. :'´ : : : : : /: : :  {: : ∧  "^´         /: :     l': :  , ! :i    今日はどんなお話を聞かせてくれるのかしら
           /: : : : : : : /: : :   ∨:{ ム      _ .  , : :    |_:  / j : \   楽しみだわ
         /: : :  : : : : /: : :    V {:込、    _,,.. -‐1: : :   |`i¬ー- 、: :ヽ
           . : : :   : : : :{: : : .     ヽ´ i \    "´ |: : : .   ト、/ |    ヽ :}
        i: : : :    : : : : 、: : : :      }. |    `ぃ、 _,. ヘ: : : : .   \ !      iノ
        !: : : .   : : : : :丶:._: : . .   ; l      〉      \: : : .    ハ      j|
         、 : : :   : : : : : : : :{`7ー:、 /. | ` ー‐-- _   '"´):    . :/    /小
         ヽ|:  . : . : : : : : : /: : : ノ' |  l             /    . : :/i_,,. 彡.イ|:i
     、    ノ. : : : : : : : : :/ : : : /ー- .l !          /   . : : :/ !::.::.イ   ! |
      >'"´: : : :__;/: : : ': : : : : :/ミ辷:、::l : マ三¨¨¨´ ̄/〃 . : : : :/:  マ^i l  :|  !
     / : :/´ ̄´/ : : : : i: : : : : : :{.ハ;.「`ー| : `ー―‐z:コ i′ . : : ;.ヘ : . ヽ:..   .:!  |ヽ








やらない夫は、女性を弟子に持ったことはない。
この訪問も、やらない夫が衛の霊公に仕官するための顔つなぎだったはずである。





362 : ◆AOGu5v68Us [saga]:2010/05/05(水) 22:46:36.51 ID:bWTHzZ2o






なぜ、やらない夫が頻繁に彼女の元を訪れたのかは謎である。






                         ,ノ  ,
                _,,、-‐‐‐‐‐‐‐´:///_,,-‐,'
              ./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
             /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..i、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:..:| l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:X ̄
         /.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.ノA、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、\
         /.:.:.:.:/、.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.'ヽ∥.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
        //|.:.|.:.|.:.:.:.:.:.:.:i.:.|.:.:.:.:.:.:ト、.:ヽ、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ー_-`-   先生、このあいだ仰っていた
       ./´ |.:.:|.:/|.:.:.:.:.:.:.||.ト、.:.:.:.:.ヽヽ.| `,.:.|.:.:.:.|.:.:.:.r‐‐`
          |,i.:.|/.:`,.:.:.:.:.:|ーl_|/\.:.:|_,,`、_r`|.:.:.:.|}.:.:.:_\    宋の話を聞かせてください    
          !|l|,.:.:.:ヽ.:ト、.|エ_j`、 \ヽ`''''".|.:.:.:.|'.:.ヾ\`
           |ヽ.:.:.:|.:| !     | ` __|.:.:.:.|/、_
            _,|ハ、.:|.:.|―‐,  _.!_  \.ノ|.:ノ|   `'------、
      ___,,,,,,,,,/  ヽ.:.:.:.|`/  __"___  ./|/      /    ` 、
    /´`''''ヽ     ヽ.:.:.| \ `'==".// !     ,、 |       \
   /     ヽ  A   ヽ.:.:| \`ヽー" //    / V__        .|
  ./       」/ /\  \.|\ \ .//   _/  \\ ̄ー、    |
  |       / /  `ー-ヽ |  \ ̄/   /     .\\_  \   \









    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●)
  |     (__人__)    そうですな・・・
  |         ノ    
  |     ∩ノ ⊃ }    そもそも宋は、殷の王族・微子啓さまが
  /ヽ   / _ノ }     建国なされた国です
 ( ヽ  /  / ノ
  ヽ “  /_|  |     ですから、あなた方は殷の末裔・・・という事になりましょうかな
   \__/__ /







やらない夫も男子である以上、スケベ心を完全に否定する事は難しい。

そういうことはあったのかも知れないし、無かったのかもしれない。





363 : ◆AOGu5v68Us [saga]:2010/05/05(水) 22:57:11.86 ID:bWTHzZ2o






だが、作者はやらない夫を疑う気にはなれない。
そもそも南子が淫乱であったという根拠がない。







                ` ー,ラ    /´    /         il        \__\
                 / ,   /     /          ll         \` ヽ
               / ../  /    ./                     丶
            ,,, -''´.;;;;;;/   /,    .:/            /l     │      `ヽ、
         ー----''''’ /,  /    .:::イ       i  l  / ヘ       i        ,,>
               ,ノ'´ /  .::; .:::/ l/i .l  .   / │ 〈〈;〉〉     l:   ー‐ ''' ’´
         、 __ ,,, -‐''   / /.:::/.::::k`ミl、{ :;| .:::  〈  i /ヘ/ /   /::  ヘー`
         ` ‐- ,,/ .::::/ //l.::/l:::/‘、心、ミメ |::::  ハ ,ノl/ /,/:   /:::::   ヘ、      殷といえば、周の敵国・・・
           /..::::/ / .::::l/::|;イ  `''’`  l::l: /_レ,/  /}:::: /: /⌒i:::  :..  `ー丿
           /.::::/ /  .::::::::::::::{::l         リ:./ ‐≠ニミミl:: /: /⌒ /:::. ヘ;;;; -‐''´    そうですか、宋人がなにかにつけ
          /:/  /  .:::::::::::::::::::l       //  `ゞ'彡,,”i:/:: /:::: /::::::::. 、ヽ、      中華の人々に差別されているのは
         ノ    /  .::::::/:::::::::;l    / /       /:::: /-‐ン::::::::i:::::. ヘ``
       ,, - 、、  /  .:::::/ /::::::/‘、   ‘          {::: /゚-''´::::::::::/`‐-、 \      そういう理由があったのですね
    /´:.:.:.:.:.:.:.:`丶./ .::::/__/::/ __丶  ` - 、      _,-/ヘ:/ヘ::::::∧::::/     ̄
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ .::::/:.:.:.{:/ ̄  /「丶 `    _,,, -''':::/|ノ {  l:::/ ∨
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.::::/:.:./{    / l  `、__,, -‐'''ー‐…'7     l/
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:::/:./     / l i   ::::::::::::::::::::::::::: 入 (朝・・・宋の公子。南子の身の回りの世話をさせるため、霊公に呼び寄せられた)








         ハ..l.....ヽ{..:|:.{:....:........|::::::::::::::::::: ....:...:..|:::::::::::::::::::: .!::... |   |
           / ...::l:....:/ヽ.:ト:ド{:...ト、ハ:i:::::::::::::::::::.:.:ィ:.ト、.:...:...:.:...:}:. ..|::.. |   |
        } ......:|....バ} |斗=ァ=ミ{\ト{、:.//ィ厶lム}イ:.. .::i:../:}ノ  .|:....  ||
        ノ .......:|...{ l ハl^`{, ト:f:r小¨` }イ´イ一j,≦厶zノ}イイ′  ...|:..... '.||
       / ...........:l:ハ {. |  '^`冖'′       ^´ドf::ri「`ヾ、}   ..|:..... {.||
        .′............:|.... } `| ////           ^`=='zz'^`ノ:   ....l:.....   ||   先生、こんなのいやです
      i  ............ハ}... ー|          ノ      ////   / .:   ....:.......} l|
       | ........../:...::|:... 圦      ( .           / ,./:   ... .......′||   私も周の王族の末裔だったら良かったのに
       } ....../:........}:....ノ小.                   /: //:.  ...  ..../ ||
      ノ../:..:......... |:...{.{.j}{ヽ.   /^⌒¨`ヽ.       {:. {イ:.  ...   ./ ハ||
     |.::i/:::::.. :::::::::::::::::::V  \  {      i     /:.:.:...     , ‐z‐、/ - 、
    |:::|′ /\::.:::::::::.:. ::::::: | \ `...__ /    イ:.:::::::::::::::::: /  / __  \
    {:::| /   \:::.:::::::::::::: |_ ヽ .____....     |:::::::::::::::::::: { / /  `丶 ヽ.







いずれ書いていく事になるが、南子は決して愚かな悪女ではなかった。
そして、南子を寵愛した霊公も、飛び抜けてバカ殿であるとは考えにくい主君だ。





364 : ◆AOGu5v68Us [saga]:2010/05/05(水) 23:09:28.19 ID:bWTHzZ2o






南子が猛烈なスキャンダルに晒されていたことは、確かな事実である。
宋も、衛も、南子を悪く言う者で溢れ返っていた。







    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●)
  |     (__人__)    そんなことを言うものではありませんよ
  |         ノ
  |     ∩ノ ⊃ }    微子啓さまは立派なお方でした
  /ヽ   / _ノ }     何度も紂王をお諌めになられた
 ( ヽ  /  / ノ      
  ヽ “  /_|  |     周と戦う事を避けようと最大限の努力をされた人です
   \__/__ /     だから、周の初めに微子啓さまを批難する人はいませんでした








               /       /      //..::/ ..:/ ..:  /}.. }..::   }    |
           /        |: .:    / {:/{:イ:....:.:ィ: / ノ:.//:.   /    从
            /        |:...:.   / /、  /- フ‐ ´ /イ}/}:.  /: .:      ヽ
          ′       /}/:     / _\廴__      /:. /}:..::   .   ハ
         i          /::/::   { i/ ,ィ´,不>ミ ̄ヽ } ノ‐イ ノフz.イ:...:.: ..:  }
          |       ..イ:∨ }     {    辷::zヅト`ー’ノ  ,ム-―ァ/:./:::.../: /
          /    /.:.:::{:/:  :′  ∧  ⌒^冖`       f不丁Ⅳ:./::.:.イ:../
       ノ´ ,.....::´::.:::::/:  /:      ∧ ::::::::::::::::::::       、辷ツ リイ7イ丁´   けど、じゃあ、なんで宋人は
    , イ´  / ...:.:.:::::/::..  /:..      . :::::::::::::::::::    〈  ^宀^/:   |    いつも馬鹿にされるの? 
   /  ../ ...:..:.:.::/:::..  /::.:.       }       _  } :::::::::. /:    .′
. /  ...:/  ...:..:.::::/:::/:..   /::.:..       リ  ,. -- ..  / ::::::::: .::.    /     納得いかなーい
   ..:.:/  ..:.:.:::::::/::,イ::.   /::.:...      / /^⌒¨ヽ‐`ヽ    ..イ:..    /
  ..::::::/  ..:.:.:::::::/:://:::.. /::::.:..     / {       }i/   /::..    /      衛人だって、その始まりは
..:::::::::/ ___:::::: |.::i/:::::.. /::::::::..     ,.ヘ   `   __ /  /:.:.:... , ‐z‐、/ - 、    殷の遺民だったんでしょーが
::::: ,:: ´   `ヽ|:::|′::./:::::::::.:.     /  > ..      //:.:..  / ´ / __  \
:/        {:::|::::::::|:::::::::::..  {__/      > .___ .イ::::/::.:...  { / /  `丶 ヽ.
          Ⅵ:::::::{:_:::.._,/  }    /:::::::::::::::::::::/::/:.   ノ {/  .. --  ` l
          ∨:::/   \   ノ    /―‐- ::__/::/::. . {  {  i´  ___ `ヽ
           V    /⌒ く \   {     | |{:::{:::.....:: |   \| i´   `ヽ. }
           /  /   /⌒ヽ\   __.ノ| ||:::|::..:.:::: ∧    ヽ{ 、._,r   }







殷という国は滅亡した後、「三監の乱」を起こしたため、王族は宋に、国民は衛に、分離された。

衛では、徹底して国民を周に懐かせるよう反殷教育が行われていたのだろう。
衛の市民は、宋国の公族を見下しきっていたのである。





365 : ◆AOGu5v68Us [saga]:2010/05/05(水) 23:15:54.43 ID:bWTHzZ2o






    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)    ふむ・・・南子さまは
   |     `⌒´ノ    宋国の公室に連なる御身分である事が
   |   ,.<))/´二⊃  
   ヽ / /  '‐、ニ⊃   お嫌なのでしょうか?
   ヽ、l    ´ヽ〉
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|








                ,. -―‐- 、,. -―-- 、
           ,. -― '´   ヽ,. -‐-      `ヽ、
        , ' ¨´¨  ,:'´``ー ,.:: 、   ヽ、        ヽ
       /.:.:.:.:; ′.:.:.:.           `¨ヽ      `、
.       /.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. i! 、         ト、      `、
     ,′.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: i .:\ :.:..    l \     `、
    ./.:.:.:.{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l .:.:.:.:i!.:.:.:.:.:.:.:. ヽ  ヽ       ヽ
.   , ′.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \       `、
   /.:.:.:.:,:´j.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. `,.       i  弋:、.,_
  ,′.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〈.:.:.:.:.:;ィ.:.:.:.:.:;.:.:.:ト、.:.:.;.:∧.:.:,:.:.:.:... ,ノ       l:..   ヾ.:.:.:.`弋¨
  ,′.:.:.{.:.:.:.:.:.:.:.:;ィ.:.;∧.:./ レ'ヽ.;∧.;/ ゙j.;ハ' }.:,ハ.:.:..,,:′       i:.:.:..   ハ, ..:.:.:.:..\
. リ.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.∧ハ〈  V     ´  ゙   '´,.斗- イ.:;ノ.:.:.:.     l:.:.:.:...  ゙'
   .:.:.:.:.:.レ'´i ¨゙ミ≠ュ、   ヽムニ≠孑'´   'イ }.:j:.:.:..     i!:.:.:.:..    ':.:.:.:.:.:.:   そりゃそうですよ
.   ヽ .:.:.:.:.:.:l ィテ圷ぅ 、    ィ孑圷ミz    y'.:.:.:.:..    ∧:.:.:.:..      ':.:.:
.     \ .:.:.:.} c;延zソ。      c延zツrっ  , ′:.:.:.:.    ノ `ー-:::.、_:.:.. ,.斗-.、_  殷なんて滅亡するまで
.       ヽ .:.:i                     /.:,:.:.:.:.:.:..:.   〈  ,〃   `´ ヾ:.:.:.  遊び呆けて、民草を虐待してたんでしょ
       i'、 .:l      ;′         /.:.j:.:.:.:.:.:.:.:.:...  } / ,′        `、:
       l.:.ヽ.:',       、             ,′λ:.:.:.:.:.:.:.:.:.  l,/ i         ト  気の狂ったような処刑道具開発したり
       i.:.:.:.:.:.' 、     ,. __        〈.:.:.:'、i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.  i  l            酒池肉林とかやったり・・・
       l.:.:.:.:.:.:.:.:\   ヤ  `ヽ.    /\.:.:ヾ.:.:.:.:.:.:.:.:.   l
.        i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:1:、 ミニ¨¨´  ,∠.._  ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:..  .:.: !             私はそういう者の子孫と思われる事が
        l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{.:.:`,:、 _ ,. <  `':,   入.:.:.:.:.:.:.:. .:.:.:. j             嫌なんです
       弋.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.ヽ、   ';     ':,  ,′l`i.:.:.:.:.:....:.:.:.. ,′〃        .,
          ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.} 1   ';    ':,/  ノ.:.}.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ ,/,:′       /





366 : ◆AOGu5v68Us [saga]:2010/05/05(水) 23:25:22.72 ID:bWTHzZ2o







                         ,ノ  ,
                _,,、-‐‐‐‐‐‐‐´:///_,,-‐,'
              ./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
             /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..i、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:..:| l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:X ̄
         /.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.ノA、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、\
         /.:.:.:.:/、.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.'ヽ∥.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
        //|.:.|.:.|.:.:.:.:.:.:.:i.:.|.:.:.:.:.:.:ト、.:ヽ、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ー_-`-    先生だって、周公旦さまを
       ./´ |.:.:|.:/|.:.:.:.:.:.:.||.ト、.:.:.:.:.ヽヽ.| `,.:.|.:.:.:.|.:.:.:.r‐‐`     こよなく尊敬されておるからには
          |,i.:.|/.:`,.:.:.:.:.:|ーl_|/\.:.:|_,,`、_r`|.:.:.:.|}.:.:.:_\
          !|l|,.:.:.:ヽ.:ト、.|エ_j`、 \ヽ`''''".|.:.:.:.|'.:.ヾ\`     我ら殷の末裔を、心のどこかで
           |ヽ.:.:.:|.:| !     | ` __|.:.:.:.|/、_       忌み嫌っておられるのではありませんか
            _,|ハ、.:|.:.|―‐,  _.!_  \.ノ|.:ノ|   `'------、
      ___,,,,,,,,,/  ヽ.:.:.:.|`/  __"___  ./|/      /    ` 、
    /´`''''ヽ     ヽ.:.:.| \ `'==".// !     ,、 |       \
   /     ヽ  A   ヽ.:.:| \`ヽー" //    / V__        .|
  ./       」/ /\  \.|\ \ .//   _/  \\ ̄ー、    |
  |       / /  `ー-ヽ |  \ ̄/   /     .\\_  \   \








             / ̄ ̄\
            / ノ     ヽ
            |  (●)(●) |
            |  (__人__) |   断じて、そのような事はありません
            |   ` ⌒´   |
            ヽ        }    お二人には、殷の誇りを見失わないでいただきたい
          __,, -ヽ     ノ -、  衛の市民も、やがては殷の誇りを取り戻すことが出来るでしょう
         /⌒ヽ  | \><ヘl ヽ \ .
         {:::   l  \ ヽ };;{ |   | i  }
        {:::::.. 〈;;,,  ヽ V;;;}ノ  l彡 ヽ
   _,,.-‐''" |::::::::  ヽ--、 \ >--'⌒ヽ::.  }
   || |_,,.ィ'|::::.....   }_,,.-‐''"~ヽ_,,.-し'::  )_,
   || | || !::   /      .::ノ::::::::::.  ノ
   || | || _ヽ,, .;:::   _,,.-‐''"ー''--'' ̄
   _,,. -‐''"  `ー---''"







やらない夫は、宋からやって来た、この兄妹に極めて同情的な態度をとっていた。





367 : ◆AOGu5v68Us [saga]:2010/05/05(水) 23:39:41.73 ID:bWTHzZ2o






やらない夫が、南子に同情したのには、理由があった。







                           ,. '/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ. \
                         /: 〃:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;.:.、:.:.:.:.::ヘ  ヽ
                      /: :/__::.:__;,:.;.ヘ'´   \⌒ヽ、   ,
                        /: :/´: :´. . : / .       .   ぃ  '
                    / ノ: : :/: : : : /. : .     : . : .   i ',  i
                        /: : : :/: : : : : : i: : : . .   :} : :}: . . : :| : ,  !、
                      イ: : : : :/ : : : : {: /| : イ: ト、:厶: ム: j: :jリ: : '  iヘ
                    ,{ ィ : : {:{ : : ハ厶ヒヘ:「jノ  / レ_,込.イ/: : ! |:い     先生はお優しいから
                     /:jハ: :,小: :i√ _,,..=zミ     "{t:灯y′: |.,小. i',    そうは仰らないでしょうけど・・・
               . -‐': : :/V /ヽ{  ヘt:炒_      冖''/:    l:/:,'   lヘ
            ,. :'´ : : : : : /: : :  {: : ∧  "^´         /: :     l': :  , ! :i   
           /: : : : : : : /: : :   ∨:{ ム      _ .  , : :    |_:  / j : \
         /: : :  : : : : /: : :    V {:込、    _,,.. -‐1: : :   |`i¬ー- 、: :ヽ
           . : : :   : : : :{: : : .     ヽ´ i \    "´ |: : : .   ト、/ |    ヽ :}
        i: : : :    : : : : 、: : : :      }. |    `ぃ、 _,. ヘ: : : : .   \ !      iノ
        !: : : .   : : : : :丶:._: : . .   ; l      〉      \: : : .    ハ      j|
         、 : : :   : : : : : : : :{`7ー:、 /. | ` ー‐-- _   '"´):    . :/    /小
         ヽ|:  . : . : : : : : : /: : : ノ' |  l             /    . : :/i_,,. 彡.イ|:i
     、    ノ. : : : : : : : : :/ : : : /ー- .l !          /   . : : :/ !::.::.イ   ! |
      >'"´: : : :__;/: : : ': : : : : :/ミ辷:、::l : マ三¨¨¨´ ̄/〃 . : : : :/:  マ^i l  :|  !
     / : :/´ ̄´/ : : : : i: : : : : : :{.ハ;.「`ー| : `ー―‐z:コ i′ . : : ;.ヘ : . ヽ:..   .:!  |ヽ
     ,': /     j: : : : : : ヽ: : : : : : 、:..:j:..:..:.i:| : : .   ヽ"´ぃ . : : :/i :\: : . \:..:   i、
      {;イ     /: : : : : : : : }: : : : : :ノ:..':..:..:..:|:.! : : :  .丶 ヘ : : : {:! : : : : : :}:.ー  .l:.i
    !   / : : : : : : : : : ノ: : : :/:..:..:..:..:..:..l:..l : : : . : : 〉、: : : :`¬: : : : :ハ、:..:..j:..:|








               / ̄ ̄\ 
             /  \    \
            .(●)(● )  u. |   いいえ、違うのです
            (__人__)  u   |
            .(`⌒ ´     |    こんな事を言うと叱られるかも知れませんが・・・  
             {         | 
             {      u. /    
.             __\     /リ 厂`'‐- .._ 
         / :  : :介ーz<__」// |: : : : : : :ヽ
          | : : : : ::〈 「`乂/  / 丿: : : : : : : |
         | : : : : : /: | {::::} / `7: : : : : : : :│
.           | : : : 〈: :│ {::::l /. :/. : : : : : : : : |








それは、やらない夫が、衛に至った真の理由と重なる。

やらない夫には、大きな夢があったのだ。





368 : ◆AOGu5v68Us [saga]:2010/05/05(水) 23:55:41.55 ID:bWTHzZ2o







            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)
          |     (__人__)   VIP・デ家の祖は、宋の司馬であったVIP・デ・父嘉です
             |     ` ⌒´ノ   VIP・デ・父嘉は、宋の襄公の子孫に当たります
              |         }
              ヽ        }    つまり、やらない夫は、あなた方と同じく・・・
            ヽ、.,__ __ノ    殷の王族の末裔なのです
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::







これは、やらない夫が抱えるどうしようもないコンプレックスの一つだった。
やらない夫の祖先は、自身がこよなく尊敬した周公旦や周の武王に滅ぼされた殷の王族だった。

後に判明するが、やらない夫はずっと、弟子たちに、それを隠して伝えないままにいた。







                , |j/    ,. '⌒''"´  、 ヾヘ ヽ
                   / /    / /      \ \ i
               ,' /     /            `、!
                 i  , ´      ,     }、      }
                  | :!  :{.      /{  j1. j、} ハ } リ
             l !  い、 厶ム,Vjノ }' 'ユ/_ル1 ,ハ
             |  ',   `「ハたカ}     ´{t:'小 7'   ,   え・・・ほんとうですか?
             l  iム   、l "^´////`^" ハ   '
              |  ぃ}   ヽ     __ ,    ' .}     }
            , '!   |    '.   ,∠、ヽ    ハ/   ,′
            / i   i   } >'ヽ、 ヽ ヘ .イ,.′   イ
.           /     川   /i/´ヽ     〉レ'    / !
          {     ,     厶,い     , /    /!   、
          ヽ   /   / ノ、7     /.     ト-‐¬- 、
          ノ} __, /   ,'  i´ i′     /    | /   ヽ
        /  ム. /    ハ. l     ,'      |'    ,. -ヘ
       /  /_,ノイ     }|、!   {      ! ,. '´   \
         {. /   /       ; l  ヽ    」ヘ.    ,ハ       }
       、 i   {ハ       {  ! i /  V 〉  /  j'´ ノ    ;







やらない夫は、差別されている障害者や異民族でも、
礼に正しい行いさえすれば敬意を表したといわれている。

やらない夫が、生涯を通じて人間の価値は、その人の行動の中にあると主張し続けたのは、
弟子たちに、生まれで人を判断して欲しくなかったからであろうと思われる。











本日の投下はここまでです。
次回投下は明後日、金曜の午後十時くらいになります。

いったん風呂に入ってから、気になった書き込みに返事をして行きたいと思います。










370 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 00:03:52.30 ID:s4bhXQoo



乙でした
これは複雑だな・・・



372 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 00:18:03.67 ID:rz5nXMko



乙。
でも隠してりゃ誤解される罠。




373 : ◆AOGu5v68Us [saga]:2010/05/06(木) 00:41:17.04 ID:yrIHmJMo





~おまけ







    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●)
  |     (__人__)   おーい、やる夫
  |         ノ    
  |     ∩ノ ⊃ }   いいもの見つけたぞ
  /ヽ   / _ノ }     
 ( ヽ  /  / ノ
  ヽ “  /_|  |
   \__/__ /







    歴史系やる夫スレでやる夫が演じた人物の一覧を表にしてみた
    






         ____
         / _ノ ヽ、\
      /o゚((>)) ((<))゚o
     /    .:゚~(__人__)~゚:\   うはっ、こりゃスゲーおwww
     |         |r┬-|    |
     \、     i⌒i‐'  ,;/    やる夫がトップに来てますお
    /  ⌒ヽ.ノ ノ  く       李斯や釈尊より上ですおwww
   / ,_ \ l||l 从\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.    さすが史上最賢JKやる夫ですお
         ベシベシベシ







               / ̄ ̄\
             /  \    \
            .(●)(● )  u. |
            (__人__)  u   |    年代順に並んでるだけだろ・・・JK
            .(`⌒ ´     |
             {         |     
             {      u. /
.             __\     /リ 厂`'‐- .._
         / :  : :介ーz<__」// |: : : : : : :ヽ
          | : : : : ::〈 「`乂/  / 丿: : : : : : : |
         | : : : : : /: | {::::} / `7: : : : : : : :│
.           | : : : 〈: :│ {::::l /. :/. : : : : : : : : |








やらないJKを歴史スレと認識してくれている人がいて嬉しいです。


おしまい













327 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/05(水) 00:07:18.38 ID:plzhX4oo



私はJKを憎む者の一人です。それを自覚した上で。

何故異常なまでの記憶を要求する特異な試験が成立したのか。
それ自体がJKが中華にまき散らした害の一つではないのか。
そう思えてなりません。
そう見れば、テキストが四書五経であるのは必然でありましょう。


まず、>>330の仰るとおり、科挙制度が登場するのは隋の時代。
やらない夫の死から千年以上の時を経てからです。
当時、科挙は世界に類を見ないほど高度に洗練された官僚登用制度でした。
隋はご存知の通り、中華の統一王朝としては異例の超短命政権ですので、
官僚制がどのような効果を発揮したかは知る由もありません。

唐の時代になって、科挙は、旧来の門閥貴族政治を改めたと言う点において大きな効果を発揮します。

唐は中国史上もっとも豊かな時代ともいわれており、
その理由の一つが科挙と、それに伴う能力至上主義であった事は間違いないでしょう。
唐は、外国人であっても、出世が出来ました。政治の中枢にいた人々がもともと貴族ではないからです。

そして、この頃を頂点にして、科挙制度は腐敗を始めます。
まず、金持ちでないと、受験費用が賄えないという点です。

そして、模範解答集の流布です。学者たちが四書五経について解説した書物が何冊も現われました。
これは読み物としては非常に面白いし分かりやすいのですが、要するに科挙用の教材です。

この辺りから丸暗記重視の時代が始まります。
そして、自己修養のための学問は廃れ、受験のための学問が定着しました。

こうして、既に唐の末期には、受験戦争の様相を見せ始め、
そのまま、科挙制度は度々の中断を挟みながらも、太平天国の時代まで歴代王朝に採用され続けたのです。

「受験合格のために学問をやっているのです」
やらない夫にそんなことを言ったら、その日のうちに凄まじい毒舌で責められて破門にされるでしょう。

教科書を読んで「これは変だ」「なぜこうなるのだろう」と疑問を持つ力より、まずは丸暗記。
やらない夫はこんなものは学問とすら思わないでしょう。

それくらいズレてしまっているのが、後の時代の科挙なんです。

しかして、現代日本、韓国なんかの受験戦争はいかがなものでしょう。
やっている我々は、「おそらくはこれが最良の手段だ」と思っているからやっているのですが、
要するに、教科書を丸暗記する力が問われているのではないかと思います。




345 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/05(水) 09:31:04.12 ID:AUt/ShQo



JKの精で滅びた国というか王朝と、JKのおかげで助かった国はどっちが多いだろうか?

JKの害など、キリスト教が世界史に残した傷跡から見れば可愛いものだといわれればそれまでだが。


JKもキリスト教もほぼ全員そうだという時代があまりに長いので、
一概にそれが原因で滅びたとも、助かったとも言えないとは思います。

結局のところ・・・十九世紀ごろから東西の文化が衝突して、儒教圏の国々のほとんどが
欧米のキリスト教国に制圧されるに至って
「儒教思想よりキリスト教思想の方が優れている」
みたいな考え方が、芽生えた事も、儒教が批判される原因の一つではないかと思っています。

男尊女卑一つを取ってみても、
例えば、儒教圏の最高位である皇帝、あるいは天皇には女性が即位した事が確実にあるにもかかわらず
キリスト教圏では最高位のローマ教皇に女性が即位した例は伝説上ヨハンナのみでこれは歴史的事実ではありません。

どちらが優れているかという議論は不毛でしょう。
儒教もキリスト教も、結局は人間の優しさのようなものが一番大事だと伝えています。




346 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/05(水) 12:11:02.47 ID:KQAn0AEo



わからないのは、科挙で硬直化して滅びた王朝があるのに、その後の王朝も科挙を採用し続けたことなんだよな
外戚問題や武力偏重などの前王朝失敗を反面教師にするってのはよくやるのに科挙だけが生き続けた理由ってのは何なんだろ?


皇帝を名乗った歴代王朝がJKを排除できなった理由ははっきりしていると思います。
皇帝という制度そのものを作ったのがJKだからです。

始皇帝が、さっさとJKを始末して「皇帝は俺が考えた」ことにしてしまえばよかったのですが、
始皇帝はJKを権力構造から排除できる最初で最後のチャンスに躓いてしまいました。

李斯スレが復活しましたので、その辺りの事は、あちらにお任せしておきましょう。

ただ、洪秀全に関しては、建国の理念からしても、
科挙の復活の意味が分からないのですが・・・

彼自身、出世のために四書五経を血眼に勉強したので、
結局「JK=偉い」の呪縛から逃れられなかったのかと思います。







関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加




[ 4577 ]

なぜか、やらない夫の事跡から離れ、儒教文化の評価の話になると
異様に書き込みが増える不思議・・・
この回は特にややこしかった。管理人さん乙!
[ 2010/05/10 04:09 ] [ 編集 ]

[ 6350 ]

良し悪し声高に語る人間も含めて、「思想」が特別視され過ぎのような。

まあ、思想に限らず何事につけ
考えることや疑うことを放り出して
高いところに置いてありがたやありがたやしてれば、
それはもう「宗教」以外の何にも成りようが無いんだけど。
[ 2010/07/21 19:45 ] [ 編集 ]

[ 9370 ]

儒教とキリスト教のいいとこどりをすればよかったのに、
太平天国は何がしたかったんだろうか…
[ 2010/10/13 12:23 ] [ 編集 ]

[ 33993 ]

>JKのテキストを使ってってことは、その丸暗記形式を許容するあたりもJKの教えに問題があったんじゃね?

それを言ったらキリスト教でも仏教でも丸暗記を否定なんてしてないんだけど……
わざわざ学問や宗教の開祖が「本や教義を丸暗記するな」なんて言うわけ無いじゃん
それどころか、やらない夫は「いくら本を覚えようが、実践できなければ意味がない」って明言してるし
なんかこういうツッコミってズレてるんだよな
[ 2012/04/06 00:26 ] [ 編集 ]

[ 72844 ]

小室直樹の見解。

中国は国土が広いから口語はばらばら。
四書五経を丸暗記した連中の書き言葉だけが統治にあたって共通語になりえたそうな。
[ 2014/06/07 04:07 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oyoguyaruo.blog72.fc2.com/tb.php/1954-56ef3ce6


アクセスランキング アクセスランキング アクセスランキング