ブログパーツ 泳ぐやる夫シアター やる夫がタヒチの楽園で過ごすようです  その13


















やる夫がタヒチの楽園で過ごすようです  その13






                   ,,,,,,,,,,,,, ,,,,,,,,,,,,,                                
                   lllllllllllll|..,llllllllllll|          liiiiiiiil  ≡                
                   llllllllllllll,.llllllllllllll: liiiiiiiil: iiiiiiill.lillllllllllii llllllllll: lllllllllliilllllllii,'lllllllli、,llllllll′ 
                   lllllllllllllli,llllllllllllll .llllllllll: lllllllll.'゙llllllllll゙ lllllllll: :lllllllll~lllllllll|.゙lllllllLllllllll   
                   lllllllll'llllllllllllllllllll .llllllllll :lllllllll .llllllllll  :lllllllll: :lllllllll .lllllllll .'llllllll.llllllll゜  
                   lllllllll,llllllllll!lllllllll .llllllllll llllllllll .llllllllll  llllllllll .lllllllll| lllllllll| .'llllllllllllllll   
                   :llllllll|.llllllll!:llllllll| llllllllll: lllllllll .:lllllllll: .:lllllllll...lllllllll: lllllllll: : lllllllllllllll   
                   :llllllll| lllllll`llllllll| 'llllllllllillllllllll: 'llllllllllil .llllllllll .lllllllll' lllllllll|  lllllllllllll`  
                      ゙゙゙゙゙゙゜.゙゙゙゙’.゙゙゙゙゙゙′゚゙゙゙゙゙~゙゙゙゙゙゙° ゚゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゜.゙゙゙゙゙゙’.゙゙゙゙゙゙°llllllllllll!゙    

                       ,,,,,,,,,,                iiiiiiiiiiii,,,,,,,、
   _,,,,,,、  ..___ .,,,,,_    .lllllllll| .llllllllll ,,,,,,_   ._,,,,,,,,_    .lllllllllllllllllllll,  .,,,,,,,,,,_  ..,,,,,,,,, .,,,,,,,,,: ,,,,,,,,,,.,,,,,,,,, . _liiiiiiiil_.,,,,,,,, ,,,,,,,,, 
 ,iilllllllllllllii,, .lllllllllllllllllllli、  .llllllllllllll:lllllllllllllllllllll, .,,illllllllllllllli,   .llllllllll .lllllllll ,iillllllllllllllli,、lllllllll .lllllllll、.llllllllll!lllllllll .llllllllllllll.lllllllll .lllllllll:
: ,lllllllll..llllllllli、lllllllll|.llllllllll   lllllllll|: llllllllll..llllllllll .lllllllll`lllllllll、  llllllllllliillllll!l゜.llllllllll llllllllll :lllllllll .lllllllll、.lllllllll|.llllllllll .:lllllllll .llllllll,.illllllll 
: llllllllll llllllllll .lllllllll| lllllllll:    lllllllll: .'lllllllll :lllllllll: lllllllllllllllllllll|   .llllllllll!!lllllllii、lllllllll :lllllllll: lllllllll| lllllllll| llllllllll llllllllll .:lllllllll  llllllll,llllllll″
: llllllllll llllllllll .lllllllll| lllllllll:    lllllllll: .'lllllllll: lllllllll: llllllllll      llllllllll .llllllllll 'lllllllll: lllllllll: lllllllll| lllllllll| llllllllll llllllllll .:lllllllll:  llllllllllllllll:
: llllllllll llllllllll .lllllllll| lllllllll:    lllllllll,: :lllllllll :lllllllll: llllllllll..lllllllll   ..'llllllllll,,llllllllll: llllllllll,,lllllllll: llllllllll,,lllllllll| llllllllll llllllllll .:lllllllll,,, .llllllllllllll:
 ゙!llllllllllllll!゙`.llllllllll llllllllll   : !!lllllllll|lllllllll|.llllllllll ゙!!llllllllllll!゙′  .:llllllllllllllllll!!゙ ゙!!lllllllllll!!゙ '!llllllll!!llllllll| llllllllll llllllllll ゙!!llllllll  llllllllllll′
  `””″                        ̄`                                    .llllllllllll!゙ 

               バウンティ号の叛乱   ~やる夫がタヒチの楽園で過ごすようです~











700 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:00:57 ID:Zg1lM8fI






                                -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
  ┏┓┏┓  ┏┓  ┏┳┳┓    ┏┓      / /" `ヽ ヽ  \.            ┏┓┏┓
  ┃┃┃┃┏┛┗━┫┣┻┛┏━┛┗┓   //, '/     ヽハ  、 ヽ             ┃┃┃┃
┏┛    ┻╋┓┏┓┃┃    ┗━┓┏╋━━/. {_{\    /リ| l │ i| ━━━━━┓┃┃┃┃
┃┃┃┏┓┃┃┃┃┣╋━━┓  ┃┃┃   レ!小l●    ● 从 |、i|          ┃┃┃┃┃
┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┗━┓┣┓┗┛┗━━ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│━━━━━┛┗┛┗┛
┃┃  ┃┃┃┃┃┃┃  ┏┛┃┗━┓  /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !           ┏┓┏┓
┗━━┛┗┛┗┛┗┛  ┗━┻━━┛   \ /::::| l>,、 __, イァ/  /│          ┗┛┗┛
                                 /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |








       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、       ここまで読んでくださった方は感謝にょろ。
     / /" `ヽ ヽ  \     そして初めての方がいたらよろしくにょろ。
   //, '/     ヽハ  、 ヽ    本作は世界海事史上に残る重大事件である「バウンティ号の反乱」について
   〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|    語っていくスレにょろ。
   レ!小l●    ● 从 |、i|    この事件は、18世紀のイギリスの武装船バウンティで起きた艦長に対する反乱と
    ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│    逃亡者の植民地の建設という波乱万丈の出来事にょろ。
/⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !    内容はこのテーマを扱った映画「戦艦バウンティ号の叛乱」を横目で見つつ
\ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│     史実・虚実取り混ぜつつ書いていくつもりなので、生暖かく見守って欲しいにょろよ。
  /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |    
 `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |     明らかに間違っているところは突っ込んでくれたら嬉しいにょろ。







701 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:01:21 ID:Zg1lM8fI






      ,,,,、 ,-‐,  __
    _ < ヽ"\゛"´く_,、              それでははじまる
   く. `'"   ` `    \
  ,-‐'     ::.. :.....::::::::::::.. \
  く,,,     ....:::::::.;;:::::::::::::::ヽ_ :ヽ__        ┏┓┏━━┓         ┏━━┓                     ┏┓┏┓
 ┌"   .::::::;-‐ '´ ̄ ̄`ヽ、 l'___:.:l\`‐-、==、  ┃┃┗━━┛   ┏┓  ┗━┓┛                     ┃┃┃┃
  `'7   .:::/ /" `ヽ ヽ   l" l `l:;;; ,`="、  ┃┃           ┃┗┓  ┏┛┻┓┏━━━━━━━━━┓┃┃┃┃ 
  l,-, `:://, '/     ヽハ  、 コ l  l :::lヾ= '/   ┃┃          .┃┏┛┏┛━┓┃┃              ┃┃┃┃┃
  l_....:〃 {_{\    /リ| l |ヽ, l  l  )lヾ=    ┃┃┏┓    ┏━┛┗┓┗┛  ┃┃┗━━━━━━━━━┛┗┛┗┛
   ー、レ!小l●    ● 从 |、i |`、l,'ヽl ,-'/    ┃┃┃┗━┓┃ ━ ┏┛  ┏━┛┃                 ┏┓┏┓
     ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│l lヘ@>'     ┗┛┗━━┛┗━━┛    ┗━━┛                ┗┛┗┛ 
  /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i |. ll'//`
  \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /.ハl"
    /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ /ヾ、
   .`ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' | ̄ヾゝ、







702 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:03:00 ID:Zg1lM8fI






    , ⌒ヽ    (::::::::::::::::::::::  )
   (:::::::::::: '   (:::::::::::::::::::::::::::  ヽ⌒ヽ 、
    ゝ:::::::::::: `ヽ(:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    )       (⌒ 、    タヒチ島を発ったバウンティ号は、
   (::::::::::::::::::   ::::::::::::::: 、⌒  ::::::::::::::::  ヽ     (:::::::  ヽ
  (::::::::::::(⌒::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::  )    (:::::::::::::::::   まずタヒチ島の北西約100海里(約185km)
::(::: ::::::::::::::::::::::::::: `)::::::::::::::::::::::::::::: ノ:::::::::::::::::: Y⌒ ヽ::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::)::::::::::::::::::::::::::::     ┌┐  :::::::::::::::::::::::::::::   に位置するファヒネ島へ向かった。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  /~'7;; |/~''7 ::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: (  ( ̄|  ( ::::::::::::::::::::::::    そこに、ブライ艦長にはぜひ会わねばならぬ
                     、___`t-'ーイゝ-i
                      ヽ] ̄二二二7           人物がいたのである。
~^'""~~~~^'""~~~~^'""~~~~^'""~~~~^'""~~~~^'"^~~^'""~^'"^~~~~~~~
 ~~~ ~~   ~~~~  ~~~ ~~  ~~~  ~~~    
 ~ ~~  ~~  ~~   ~~ ~~~~~    ~~ ~~~
~ ~~~~~ ~~ ~~~~   ~~  ~ ~~  ~~ ~~~~







703 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:03:31 ID:Zg1lM8fI






       , ─‐ 、
      /  _ノ \          ファヒネ島にはマイがいるそうですね
       |   (● ●)
      |   (__人_)         あの「気高い未開人」の
        |   `⌒´ノ
        ヽ     ノ
    _,,..ヾー‐.._,ァ_く
 ,,;;;'':::、::::::::|:::::;>、_ l|||゙!:゙ー 、_
/;;;;;;;;;;:::i::::::::て::::::\゙||il::`<:::l:i







704 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:04:00 ID:Zg1lM8fI






       , ...'.:´  ̄`:丶、
     /.::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、      そうだ
    /.::::::::: ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、    
   j : :::: : .::::::::::: .:: .:::::::::::::::::::::::: ::i!     あの男は私が参加したキャプテン・クックの第三次航海で
   ! ..i:: :: .: .:: : .::: ..: :::: .:! ::::::::::}: :::!    
   .'.::::!.::.{: ..::.::::イ;ィ::.: .}.:!}!::::. :: ::!::. {     私が手助けしてあの島に連れ帰ってやった男だ
  /イ::::!::::!::メ、´〃}!.::/:/ハ{!:::} ::!i!:i:ヽ   
 /./イ:::{!:{K辷_メ///斗≠ミ/::..:i::!:ト、ヽ、  その時に私はイギリス風の家を建ててやった
 ノ´ハ{:ハ:ト、`¨´/ イ ヒェz/}ノ::ノ:ハ、`  
  / i!:!ヘヽ、    !   ノイ:::/{:{:{      イギリス文化を啓蒙するためにな
    リハ}ヽ、 -_ 、  //:/{ハ|.ヽ    
     {!` =.\   .イレ'/ リ ! ヽ      だから、やつがどう生きているのかどうしても知りたい
-  、  j!: :._∧_:.}!´¨¨〒}







705 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:05:00 ID:Zg1lM8fI






                   ..--‐-----------..,
                  (;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::\
                  //        ヽ::::::::::|
                 // .....    ......... /::::::::::::|
                 ||  .、  ,     \::::::::|    ヤアみんな元気かい
                 .|.(fエ:エi.  fエエ   |;;/⌒i
                 .| 'ー .ノ  'ー-‐'    ).|    僕は綺麗なマイだよ
                 |  ノ(、_,、_)\      ノ
   _______     .|.    ,___,  \    |       ________
  (_____   \   |    ヽ --'     /|___   /    ____)
     (_____  \_入  ー--‐     // :::::::::入/   ____)
      (____  /:::::::::|\_____/ /::::::::::::::/::::::\____)
        (___/::::::::::::::::\_/i|○::\__/::::::::::::::::|:::::::::::::::|__)
             /::::::::y::::::::::::::::::::||:::::::::::::::::::::| ̄ ̄|::|:::::::::::::::::|
            .|::::::::::|:::::::::::::::::::::||○::::::::::::::::|:::::::::::|:::|::::::::::::::::::|
            .|::::::::::|:::::::::::::::::::::||::::::::::::::::::::::|::::::::::|:::|::::::::::::::::::|

マイ:かつてクック船長の通訳を務めたポリネシア人






このマイ(オマイ)という男は、1775年、クックの第二次航海で彼が出会った現地人である。
出合ったときのその礼儀正しさに感銘を受けたクックは、彼をイギリスに連れ帰った。
イギリスでも同様にその礼儀正しさと機知に富んだ態度や物腰で、宮中や上流階級のサークルで
彼は大変な評判になった。
彼は「気高い未開人」と呼ばれてイギリス中にその名が知れ渡ったのである。




s1704.jpg








706 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:06:13 ID:Zg1lM8fI






       ,..--‐‐‐‐‐‐‐‐---..         ノ´⌒`ヽ
     /::::ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;)     γ⌒´     \   そして1776年、クックはその第三次航海で
     |::::::::::/        ヽヽ   // ""´ ⌒\  )
  * |::::::::::ヽ  ........    ...... |:|. + i /  \  / i )  マイを彼の故郷であるファヒネ島に連れ帰った。
     |::::::::/    、  ,   ||   i   (・ )` ´( ・) i,/
    i⌒ヽ;;|   fエ:エi.  fエエ) |    l    (__人_)  |    その時にクックは彼のために豪勢なイギリス風の家を
    |.( \  'ー-‐'  ヽ ー'│    \   `ー'  /
    ヽ.   \~~/(_,、_,)ヽ~~│    `7     〈     建ててやり、他に連れて行った二人のマオリ族の男と
*   ._|\  { ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄}    ⊂   猿   ⊃   
  _/:|ヽ \ {        /     /_____|   )) 一匹の猿と共に住まわせていたはずだった。
  :::::::::::::ヽヽ \{_____./   +   /   ノゝ/
  ::::::::::::::::ヽ \  ___/:::::\  /;;;;;;\_/       彼がイギリス文化を啓蒙できているか、ブライは知りたかった。







707 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:07:00 ID:Zg1lM8fI






        . -‐.:.: ̄ ̄ ̄>x.
     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\       ファヒネ島はタヒチ島の風下に当たる
    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\  
    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ    だから夜明けには島が見えるだろう
  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ .:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l 
  /.ィ.:.:.:| .:.:.:/:.:.〃.:.:/.:./..:.::.ィ.:.:.:.:!.:.:!    マイの家は海岸線の近くにあるから、
..ノ'´ l.:.:.:.| .:.:/.:∠|..:.:'.:./ .:::/ !.:! ..:|.:.:|
    |, .:.:| .:.l/rfュ心|::/.:/r―┤l ..::ト..:|    望遠鏡で見れば様子がすぐ分かるはずだ
   ノ|l.:∧ .:l上レt癶:{:/ ィfj升V.:.:∧ ヽ
   |l.:.`ヽ.:.',      { `¨¨7.:.:./      やる夫君、注意して見てくれたまえ
   |イ/.:.::ド 、    ′  , ′:/   
    从/ト'、 >  `  ̄ イ:.:/      
   /   ヽ辷 ≧-<リハ{      
―‐〈`Y ヘ //   /// {__ __
   ナ K //   // {ト、    `丶







708 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:08:00 ID:Zg1lM8fI






         ____
       /     \                         分かったお、艦長!!
      /     \  \         _______
    /        >   \ ====l二二|______|;;;;;|
    |         (__人__)|         ◎ |      ̄
     \        .` ⌒/          〒|
    ノ           \           | |
  /´               ヽ         .| |







709 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:08:30 ID:Zg1lM8fI






                 _.. ヾr0ヾ_
                / ,r'l0i{'0ヾヽヽ
                    ~`i,/ {!i} ヽi´~
                    {!i}
                        {!i}
                            {!i}
                            {!i}
             __,,.. .-‐ '''""~"'''- .._
.. ..._... ...._... ..._... ._,,..-‐''.... .._..... .._.... .._.... ... .._. ... `゙''ー-、,_.. ..._... ...._... ..._... ._
.::..:..:..ー::::..:..::.:.~.:...::..:..::..:..:-..::::..:..::.:..:.~.::..:..:..ー::::..:..::.:..:.~..::..:..::..:..:-..::::..:..:
~.::..:..:..ー::::..:..::.:..:...::..:..::...~.::..:..:..ー::::..:..::.:..:...::..:..::...~.::..:..:..ー::::..:..::.:..:..~.::..:..::..






やがて夜明けと共に水平線の向こうにファヒネ島が浮かぶようになり、近づくにつれ
その形は徐々にはっきりしてきた。







710 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:09:00 ID:Zg1lM8fI






         ____
       /     \                        ここらへんに艦長の言っていた家があるはずだお……
      /     ノ  \         _______
    /    ∪ (●)  \ ====l二二|______|;;;;;|   え~っと、え~っと……
    |         (__人__)|         ◎ |      ̄
     \        .` ⌒/          〒|         か、艦長!!
    ノ           \           | |
  /´               ヽ         .| |         あれが本当にマイの家なのかお!?







711 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:10:00 ID:Zg1lM8fI






                                    __
                                    /|: : :.:::|
                                l   | : : : :|
                                 |   |: : :. .:|
                                 |   |: : : :.:|
  iv'ヘ                                |  |:|l==|
  | ;`;|                            |  |:|》: ::::|        i'1
  | ;'l:|           i'`'i             、       /|  |:|\ : |  .      |;'|       ,、
  !:`l'|  ζ\     |;`;|             ∥       〕 .|  |:|  || | ./\   _.|;'|       /.:〉
-、_|_.;l:|   \';、\  :|':i;;|     .  i'1   ||/>  r┘.:|  |:|  ||::| |  ∥‐┘ .:|';|──へ./.:/_r‐
ー|_}:;|    \';、.\|;';;;|   ./〉 |;|_r//  /| ̄\:|  |:|   ̄ .:〃../>.::|;'|:::::::::::::::/.:/:::::::::::
-|_|`|_r:‐:‐:‐:‐\';、\;| r‐//┐_|:|::::::::;⊥、r/.::| .:::::::|/\/\   《// ..:::|;'|:::::[]::::/.:/]:::::::[]::
ー|_};|::::::::::: : :: : {二l\;i`!、::://:::::::::::::::::::r| .::| /.:::::<\/   〈:::.:... \ 》 ' .::::::::/|\_n::::::::::::::::::::
-|_| ̄/\:::::::/`|_{┬| |;、\::::::::i'|::::::r┴冂、 .:::::|::\\ _____:::::.:..〉″へ:::::/ .| |: : : |:|::::::::l`!へ、
ー|_}::/ 、';';〉.:/ /{_|┴lニニニニニl.r┴、_|_|_|:>:::::___|」__:l;_;_//..::. `〈 :| |: : : |:|::::::::| |: : :
-|_;l'_;_;_∠;/_/___l_,,:;;}┬┴┬┴┬┴┐::| .:::|_rェ┘__;!___;!__;|_;_;:::.:/ : :| |: : : |:|::::::::| | : :
~゛'' ┘⊥ 」_ |  |{_|┴┬┴┬┴┬┴┤ .:|_;!__;!__:l__;!__;|<___;_/\_;_;_;|;|-∠|_|;_;_;
         ~゛'''' ┴'::⊥Λ二\.:|  .:|ー:|__;!__;!__;!__:l__;l:::...\/<>::.  ∠二
 `     , '  .   `   ∨_,,,;;;;/. ~゛`┴ -'⊥ .」_;!__;!__;!__;!_;ト、 r─‐-、   ...:.:.:.::.:
             ,                 ~゛ ┴  ⊥. .,_..:::| ::/ ̄. ̄'"ヽ┴-、_;_;_;_;_;_;_
                     ,,       `            ~゛'' ‐-|\___ト--/.. ...:::::::./|
  `             .,     `    ,.            '     \|__;_;_;_;_;!─l二二二l/
.        `                                 `






そのとき望遠鏡に映った光景はブライには信じがたいものだった。
かつてマイの家だったものは、引き倒されて破壊されていたのだ。
ブライでなくても、それがマイの身に明らかに異変が起こったことを示しているのが分かった。







712 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:11:00 ID:Zg1lM8fI






    /\___/ヽ
   /ノ( ヾ  /:::::::::\     マイ? ああ、あのブリタニア帰りね……
  .|  ,,-‐‐'') (`‐‐-、 .:::|
  |」L'"⌒` ,: '"⌒` :::|     あいつはとんでもないヤツだったよ───
  |ヽ「   ` '  ヽ( :::|  
  .|   `-=ニ=- '⌒:::::|      洋行帰りを鼻にかけて、やたら威張り散らすわピストルを所構わずぶっ放すわ……
   \彳 `ニニ´  ::::/
   /`ー‐--‐‐―´\     だからね、ちょっと「教育的指導」をね……








ファヒネ島の沖合いにブライがバウンティ号を停泊させていると、やがてカヌーに乗って二人の現地人が姿を現した。
彼らに事情を聞くことで、マイの運命は明らかになった。






713 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:12:01 ID:Zg1lM8fI






       ..--‐‐‐‐‐‐‐‐---..,  おら、怖いだろう!!         ..--‐‐‐‐‐‐‐---..,
     /:ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;)                     /::::ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;)
     |::::/          ヽヽ撃たれたくなかったら俺に従え!!::::::::/        ヽヽ
     |:::ヽ  ........   ........  /:::|                     |::::::::::ヽ ........    ..... |:|  みんな、オラに従え!!
     |::/    )  (     \:|                    |::::::::/     )  (.   |
  ∧、 iヽ;|  -=;;・;=‐ ‐=;・;;=- |6)           m n _∩   i⌒ヽ;;|.  -=・=‐  .‐・=-.|    ∩_ n m
/⌒ヽ\|   'ー-‐'   ヽ. ー'  |/          ⊂二⌒___)  (.      'ー-‐'  ヽ. ー' |   (___⌒二⊃
|( ● )| i\   /(_,、_,、_)\   |             \   \ ヽ.       /(_,、_,)ヽ  |   /   /
\_ノ ^i |.. / トエェェェェエイ \ |               \   \ |     /トエェェェェエイ | /   /
 |_|,-''iつl/   |ュココココュ|    l                 \   ヽ       |ュココココュ| |/   /
 ヽ[__|_|/〉    ヽニニニニソ   /`ヽ、               \   ヽ.     ヽニニニニソ/   / ∩∧_∧∩∩∧_∧∩
   [ニニ〉..\        /    ヽ                \   \        /   /    <`∀´  >  <`∀´  >
   └―'                                  \     `ー---一'  ./     (    )  (     )






マイはファヒネに帰り着いてからというもの、イギリスで見せたのとは全く違う横柄な態度を取り、
さらに彼が持ち帰った銃やピストルを見境なく振り回して使ったためにこの島の総ての人々の間で
評判が悪くなったのだ。







714 :名無しのやる夫だお:2010/04/16(金) 22:12:49 ID:Z94ndyJI



これは駄目だw


715 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:13:00 ID:Zg1lM8fI






           ::         |ミ|
            ::        |ミ|    ::::::           この為に彼は、ある日
             ::::       |ミ|   ::
          :  ..--‐‐‐‐‐‐--,.. ::        )ヽ      二人のマオイ族や猿と共に
          :: (;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::\ :::    ( (
     )ヽ   ::: .," )  (.    <:::::::::| ::     ) ヽ     とても公けには出来ない方法で
    (  )   ;../-===‐  .‐==-  |::::: |:     (   )
    ) (    ;.| ー(_人_) ー'   )|      )  (     現地人に「始末」されてしまっていた。
   (   ヽ  | / ヒエエエノ\    /      (   ヽ
(    )   )   \ `ー-U    /  ヽ   ノ     )  ブライはその事実にただ唖然とするしかなかった。
 )  (    (   ノ [ミ二二二二三]  ( (  (      (
 (_ ノ     )(  /,       \  ) )  )
  )       (     )       (  ( _ノ






726 :名無しのやる夫だお:2010/04/16(金) 22:24:07 ID:LduVAY9Q



巻き込まれたマオイ族とお猿さんかわいそうです(´;ω;`)


人間はともかくサルには罪はないですからなぁ。



716 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:14:09 ID:Zg1lM8fI






           /:./ :./:.: .:.:.:. :. .:.ヽ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:'.  l       
           /:./ ./.:./. |:.:.: .: :.: .:',.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.|::.. .:.:.:.:.:.:.l /|
          ,':/| :. l.:./|:./|:.l.:.',.:.: :.:. .ヽ:.:|: :.: .:.:.:.:.l::.. :.:.:_//        …………
          |:| |:.: .|.:.l//// ヽヽ::..:.:.:.:.ヽ|: :.: .:.:.:./:. :.:.:/  /
          |:| |:.:.:.l.:.:.〉//ー-ヽヽ::..:.:.:.:.| :.: .:.:./:.:.:.:.:/  /、_        イギリスに馴染んだマイがいれば
          |:l |:.:.:.|.:.//´ 戈メzュ_ヽヽ:.:.:.l :.: :.:.:r 、.:./  /: :\\_
     _  - ー|!‐|:.:.:l:/     ̄¨__ゝ,':: .:.:.:.//:/ /: : : : : :\\    いずれ文化的に遅れている彼らの眼を
  _ /        ',:.| ヽ     {: : : : : \:.:.:./:.://: : : : : : : : : : \\
   ̄` ー--、     |! |:.ヽ‐‐、 r┴─ : : : .\l//.: : : : : : : : : : : : : : /  開かせてイギリスの力を彼らに見せてやれると
         \    |/ヽ_/二 : : : : : : : : \: : : : ::.::.::.::.::.::.:: : : /
           ¨\ ´  { : {: : __: : : : : : : : : : ヽ::.::.::.::.::.::.::.::.: ./:.\   信じていたのだが……
            r─ヽ /',: :|: :| ヽ : : : : : : : : : |::.::.::.::.::. : : : (_::.::.: : :\
            |: : : :}l   |: |: :|/ `ヽ : : : : : , -l: : : : : : : : : :  ̄ ̄` ̄` やはり彼らは文明には縁が遠いのだろうか……
            |: : : :|i\ ゝ‐´ /   | : : ://|: : /::.::.::.::.::.::.: : : : : : : :
            |: : : :|', ヽ--´    / l://  |γ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.: : : : : :






マイの運命が分かったからにはこれ以上の滞在は無意味と判断したブライ艦長は、
日没前にはその島を立ち去るよう命令を出していた。







717 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:15:00 ID:Zg1lM8fI






 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | おれ、この航海が終わったら結婚するんだ……クニで彼女が待ってるんだ
 ∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ∧∧      (´∀` )< おれはさ、もし帰れたら小さな店を開きたいんだ
( `∀´)    (    ∧∧ \___________________
(   つ/ ̄ ̄ ̄ ̄ (∀´  )   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(   ./       /(⊂   )o < おれもさ、船乗りから足を洗うんだ
  /_______//(___)  \_________________
 || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.||/
 ||,       .||






意外なことに、タヒチを発った直後の艦内の雰囲気はさほど悪くはなかった。
故郷へ帰れると言う思いが先に立ち、タヒチを去ったことを心から残念に思ったものは一人もいなかったのだ。
皆、帰国後に受け取れる賃金の総額や本国での生活について思いを馳せていたのである。







718 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:16:00 ID:Zg1lM8fI






しかし、そんな雰囲気を打ち破ったのは、ブライ艦長が乗組員に課した連日の猛訓練だった。
タヒチ島でのたるんだ生活の影響を払拭しようと、艦長は規律維持のために乗組員をしごいたのだ。
たるんでいると見られた乗組員には、艦長の容赦ない威嚇と罵声がぶつけられた。








        / .:.:.,':.:.:.:.:./.:.:.:.:. / :.:.:././:. :.:.:./:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.i:..:.:.:.:.:.:|.:.l:.:.:.',
  _. -─ ´/i :.:l .:.: ./:.:.:.:./ :.:./:.:./:..: .:.:./i.:.:.:.|: .:.:.: .:|.: .:.:.:.:. l.:.i. .:.:.l `─‐-、
/     .,':.|:.: .|: .:./:.:.:.:.// :.,イ .:.:.:.7}:. :.:./:.l.:.:.:.l:.: :.: .:.|:: :.:.:. :.ノ.:.|.: .:.l       総員!!
  i   /:.:.i:.:. .l: .,':.:.:.:.//// ,イ:./ ,' :.:./.}.:.lヽ:.:.',:. :.:.:.i:.: .:. :./:.:.il.:.:.:.{\
  |l   /.:./|:.:. |.:.|:.:.:.:/// /:./ /:/ / :.:.:/ /:./  ヽヽ.:.:.:.|:.:. : /:.:./ }:.:..`、\\   総員、登檣!!
  | ', //|:.l.:. l:.:.|.:.:./≧_/:/ /:/ / :.:.:/ /:./ .,∠戈‐、:.i:.:.:./:.:/ ノ|:.:.| `ー、\
.    /´  |:.l.:. |:.:.|:.:,'{ {戈_>、// / :.:./ /:./,Kイ_) - j 〉7:.:../:.:/ イ.:.l|:.l| : : : : :     トップスル縮帆!!
  | /   |:.l|.:.|:.:.:',ヘ \ゝェ イ∨.:/ /イ/、ゝzツノ´/..:./:.:/r':.:./|:l|リ`: : : : : :
  ', l |   ヽ|.:.l:.:.}:.:∧   ̄ //i 〃´ ´ ̄   イ:.:./:.:.|ヽ、:./ l.| : : : : : : :   貴様ら何をぐずぐずしている!!
  l | l    l.:.l|:.:.|l:.:.∧   /´  i}       ./:./i:.|:.|  `‐--------‐:
  ヽ ヽヽ、  |.:.lヽ.| }:.:.|:.ヽ     、、     /‐´/:.:.,'|:|l|.l|ヽ./ /: : : : : : : : :   分単位の時間短縮が出来るはずだ!!
   ヽ ヽヽ` l:/ ',:| |:.:}:.:.|、\   r、___    /イ:/ リ/|     ___ , -‐'.::.:
\       |´  ヾ l.ノヽ| )ノヽ ',二_,, 〉 /// / .|     |: : : : : : :.:   そうでないと私は納得しないぞ!!
  \         ./  ( ´  {` 、 ̄ ̄, イ// //  i    ノ: : : : : : :::.:
\  \          `/  /`、` ‐´ /¨ヽ/ /  ノ   /: : : : : : : :
: : \  \         〈  { /  / ̄ ̄ヽ   } / /   /: : : : : : : : /
: : : : :`ー、 \        \∨  /    /}  |彡/   / : : : : : : : : /







719 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:17:03 ID:Zg1lM8fI






├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼∩゙∧_∧ ┼┼┼┼┤                          \
├┼ヽ(`; __ )...┼┼┼┼┤                            \
├┼┼( |ヽ ヽ|┼┼┼┼┤           もっとしっかりしろ、貴様ら!!\
├┼ | ̄ |ノ__ノ 急ぐモナー ┤                                \
├┼(_) | | ..┼┼┼┼┤           貴様らの中には             \
├┼┼┼(_ノ├┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤           カタワが混じっているのか!?
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼∩゙∧_∧ ┼┤           急げないようならもう一回        /
├┼┼┼┼ヽ(`; __ )...┼┤                                /
├┼┼┼┼┼( |ヽ ヽ|┼┤急ぐモナー      おまけに操帆訓練をさせるぞ!/
├┼┼┼┼ | ̄ |ノ__ノ ...┼┤                            /
├┼┼┼┼(_) | | ..┼┤                          /
├┼┼┼┼┼┼(_ノ├┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤







720 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:18:00 ID:Zg1lM8fI






            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \         艦長!!
          |    ( ●)(●)
          |     (__人__)        こんな立て続けの訓練は乗組員を
             |     ` ⌒´ノ
              |         }        疲労させるだけです!!
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ         ほどほどにされてはいかがですか!?
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|







721 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:19:00 ID:Zg1lM8fI






       /. : /. : :/. : . / . : : : : . : : : : : : : : : : : : : : !
       i.:::::. /.: : /. : .:: ,.′.: : :/. . : : i: : : : : : : : : i: l    副長、君はあのゴロツキ達の
       l:::: /.::: : .::: .:: ./ :/. : :/. : . ://:}: : : :::. i: : : :| :l: |
       l:::::}:::::: ::::..:: / :/. /}. : : //}::ハ: :i: ::. :}: : : | :|: {    肩を持つのかね?
       |:::::|::::i::. !:::::/.:イ: / /: : イ:/ l::l  l: ト、::. |: : : | :|: l
       }i::::|::::i:::.{:::イ:/_i:/ /:::./// j::{ .」斗ヘ:::}:/ : }. ト、!    奴らはならず者で下品な恥知らずだ
      イ:::ハ::|::::V十rfリミ」:::/// , //ィf≧=ヘ小/. :イ: :ハ:ト、
       }/  lハ:::::ヽ、近Zソ|/メV/7/ーヘ北シメ/. :/ }/ }{    私が厳しくしないと奴らは付け上がるばかりだ
      ノ′ |ヽト、:::ヽ    i{   ノ′       /. :/.ィ:!  `
         |:::ハ:::ヽト\⌒´  ノ!      /: :イ: .イ:l      無能な乗組員はこの艦にはいらん!!
         |/ }::|::::\   、____.ノ イ: /i |/ リ
         }!  |ハ::::::i\  `二二´ /イ:!: ハ::{        私はこの無能な乗組員の半分を殺し
             }从Li」 ヽ、   ∠_.」」:::{ }:l
               ト--T r‐`´─┐|‐‐イV .リ        さらに役立たずの准士官共を海に叩き込んで
               }_ハ_」 |: : : : : : :| L「!」  
             __ノf7/,イ |: : : : : : :| ト斗ト、‐-、__     やりたいくらいだよ!!







722 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:20:17 ID:Zg1lM8fI






.        / ̄ ̄\
     . / ノ  \ \/`i
     |  (●)(●)./  リ       しかし、艦長!!
    . |  (__人__)..|  /
      |   ` ⌒´ リ  ヒ        そのあなたが無能だと仰る乗組員達はともかくここまで
    .  ヽ     //  ,`弋ヽ
   __ ヽ  - ′.Y´  , `ヽ`.l    艦を運んできたんですよ!!
  / :  : :介〈  `ー〈::....ノ   Vヽ
  | : : : : ::〈 「`ヽ_ー 、 `ヾ_/ //:|    ここまで来て彼らを消耗させることには何の意味もありません!!
  | : : : : : /: | {::::} フ-、`ー┴‐- │
  | : : : 〈: :│ {::::l /. :`ー‐一′ ::|







723 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:21:00 ID:Zg1lM8fI






  l.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.':.:.:.:.:/.:.:.:.:/.:.:.:/.: /.:.:.:.:.:.:/.:.::/ }:∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:リ.:.:.:l:.:.l \
   |.:|.:.:l:.:.:.l :.:.:.l.:.:.:{:.:.:.:/: :.///.:.:/.:/.:.:.:.:.:〃.:.:/ リ  V、 .:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.: /.:.:.:,'.:.:.{   丶
   l/!: :|.:.:.:|.:.:.: |.:.:..l.:.:./\{_.//:/!:/:.:.:.:.:.:/.::/ 〃  ノ"ヘ.:.:.:..:l:.:.:.:.:/:.:.:./:.:.:ハ
  ./ |.:.:|.:.:.:|.:.:.:.:l.:.:.:l:./L∠=ミ 、 |.:.:.:.:.:.://  / 彡>=ミ∨.:.l.:.:.:/:.:.:.:ハ:.:/  ヽ   …………副長!!
 /   V:.l.:.:.:l.:.:.:.:∨:l〃   〃\\|:.:.:.:.://{   //〃    ヽ∨/:/.:.: /:l:∨
./   |.:.|.:.:.:l.:.:.:.:.:.', {    ィだハ`ヽ|.:.:.:.//八 // /  ィだハ  /}.:./.:.: /:.:l.:.|       君までこの私に逆らうのか!!
    |.:.l.:.:.:∨.:.:..:∧\,c弋Yソ  |.:.:.//   〃'"ヽ.c弋Yソ ノ/レ'.:.: / }:.:l :.! 
    |.:.l.V.:.:.V:.:.:. 人 ;; ̄ ̄ ´彡'|:.:/`ヽ ^ /  `ミ、` ̄ ̄'''//..:.:./ / リレ′      下がっていろ、この愚か者!!
    |.:.l V.:.:.',:.:.ハ ;;      l/   l              //:.:.:./ィ∨
    l.:.l   い:.:V ハ.;; \         |           /.:.:/イ.:./l:.|         この艦は私のものだ!!
    ヾl  `ヽ.:.:\.:.\          l           /_彡l.:.:.:/ |:.|
          V .:.:.\.:ヽ      , ‐ - 一 、      /.:.:|.:./ .|:.|         だから私に従え!!
           V.:.:.:.:.:l:.:.:.\     /   ̄ ̄  ヽ    /.:.:.:.|.:l  レ'
            Vハ:.:| l.:./.:}\ 〈廴__ __ノ〉 /{ ヽ.:.:.:|.:{            反論は許さん!!!!
           } }.:.} {:.{:.:{   \   ニ二ニ   / .ノ.:.)}、:.:lV
           ノ ノ リィ∧:.\   \       / /::/ >\}
            /:/  \::\    ̄ ̄   ./::/ / ハ:::.\
             /.::::∧\  \rヘ`===彡ヘく  〃   〉、:::::.\
.           /..:::::::/ `、 ヽ、 /   Y^⌒Y´   './  / !::::::::::. \







724 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:22:00 ID:Zg1lM8fI






               / ̄ ̄\
             /  \    \       ……Aye, aye, sir……
            .(●)(● )  u. |
            (__人__)  u   |       (ダメだ、もうこの人は俺には抑え切れん……
            .(`⌒ ´     |
             {         |        何でこんな人間に俺は従わないといけないんだ……)
             {      u. /
.             __\     /リ 厂`'‐- .._
         / :  : :介ーz<__」// |: : : : : : :ヽ
          | : : : : ::〈 「`乂/  / 丿: : : : : : : |






そしてその中で、ブライ艦長とやらない夫副長との仲は急速に冷えていった。







725 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:23:11 ID:Zg1lM8fI






         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
        / /" `ヽ ヽ  \     乗組員に厳しいブライと、逆に融和的な立場を取ろうとするやらない夫との
     //, '/     ヽハ  、 ヽ
     〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|   立場の違いが二人の対立を生んだにょろね。
     レ!小l●    ● 从 |、i|
      ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│  タヒチ島ではやらない夫は艦長と別れて生活していたため、
  /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
  \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│  なおのこと艦長の厳しさがうっとうしく感じられたのかもしれないにょろ。
    ./:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
   `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |







727 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:24:19 ID:Zg1lM8fI






           ____
         /     \       ……やる夫さん、少し話をしていいですか?
       /        \
      /  \    /  \    最近の艦長のことなんですが……
     |    (●)   (●)   |
     \      ´     /
     /      ̄ ̄    \








           ___
       /      \
      /ノ  \   u. \      か、艦長がどうしたんだお?
    / (●)  (●)    \
     |   (__人__)    u.   | 
     \ u.` ⌒´       /
    ノ            \
  /´               ヽ







728 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:25:00 ID:Zg1lM8fI






         ____         水兵達が艦長のことを酷く恐れてしまっているんです
       /     \
      /  \  /  \      このままでは難所であるトレス海峡※に到達した時に
    /  (●)  (●)  \
     |      __´___     |     我々はどうなってしまうんだろうってね
    \     'ー一`    /
      /             \     それくらいここ最近の艦長のしごきは異常です






※トレス海峡…オーストラリア大陸北東部のヨーク岬半島とニューギニア島の間の海峡。
          非常に浅く、島と岩礁で迷路のようになっており航行が難しい。




gbr02.jpg







729 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:25:30 ID:Zg1lM8fI





          ____
       / ノ  \\             そ、そんなことを言われても
      / (●)  (●)\
    / ∪  (__人__)  \          やる夫にはどうにも出来ないお
    |      ` ⌒´    |
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)    しごかれているのはやる夫も一緒だし、
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/     艦長には逆らうことは出来ないお
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /







730 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:26:00 ID:Zg1lM8fI






          ____
        /     \        ……分かっています……
      /        \
     /  \    /  \     ただ、水兵達や、何よりもやらない夫さんの苦しみを見ていると、
    |    (●)   (●)   |
    \      ´   u /     何か愚痴が言いたくなったんです……
    /     ⌒     \








         ____
       /   u \        できる夫……
      /  /    \\
    /  し (○)  (○) \     やる夫達はあまりにも無力だお……
    | ∪    (__人__)  J |
     \  u   `⌒´   /     やらない夫にはすまないお……







731 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:27:00 ID:Zg1lM8fI






そしてさらにブライ艦長とやらない夫副長の意見の食い違いが露になることがあった。
それは、艦内での水の消費に関してであった。








       , ─‐ 、
      /  _ノ \
       |♯ (● ●)      乗組員への水の配給を制限するとはどういうことですか!!
      |   (__人_)
        |   `⌒´ノ       水樽はパンの木への水遣りを考慮して大目に積んだはずです!!
        ヽ     /
    _,,..ヾー‐.._,ァ_く       それが、どうしてここで切り詰めないといけないんですか!!
 ,,;;;'':::、::::::::|:::::;>、_ l|||゙!:゙ー 、_
/;;;;;;;;;;:::i::::::::て::::::\゙||il::`<:::l:i







732 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:28:04 ID:Zg1lM8fI






       , ...'.:´  ̄`:丶、
     /.::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、     
    /.::::::::: ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、    ……ネルソンからの報告で、若木の元気を保つためには
   j : :::: : .::::::::::: .:: .:::::::::::::::::::::::: ::i!    
   ! ..i:: :: .: .:: : .::: ..: :::: .:! ::::::::::}: :::!    より多くの水が必要だと判った
   .'.::::!.::.{: ..::.::::イ;ィ::.: .}.:!}!::::. :: ::!::. {    
  /イ::::!::::!::メ、´〃}!.::/:/ハ{!:::} ::!i!:i:ヽ    だからその分は飲料水を切り詰めないとやりくりできない
 /./イ:::{!:{K辷_メ///斗≠ミ/::..:i::!:ト、ヽ、 
 ノ´ハ{:ハ:ト、`¨´/ イ ヒェz/}ノ::ノ:ハ、`   副長、君にもそれくらい判断できるはずだぞ
  / i!:!ヘヽ、    !   ノイ:::/{:{:{
    リハ}ヽ、 -_ 、  //:/{ハ|.ヽ
     {!` =.\   .イレ'/ リ ! ヽ    
-  、  j!: :._∧_:.}!´¨¨〒}







734 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:29:00 ID:Zg1lM8fI






     __
   / _, 、\   r - 、    例えそうだとしても、次の寄港地であるノムカ島までは
   / (● ●)  /  .....i
   |  (__人_) / .::::::::|     あと少しのはずです!!
   |   `⌒´ /  .::::::::/
   ヽ     /  .:::::/      ならば、ここで飲料水を切り詰める意味がわかりません!!
 ,, -'´`ー,r-'’ ..:::/!
/ , -- /   ,:::::イ...::i       あなたは乗組員をそこまで過酷な状況に追いやりたいんですか!!
| 、 /  ,   i:::::: ヽ.|
i .:::| 、 i  ....i::::: ノー-- 、







735 :名無しのやる夫だお:2010/04/16(金) 22:29:19 ID:0cUtlufA



水は命より重い・・・!


命よりとは言いませんが、洋上では他の何ものにも代えがたいほど
水は貴重なものです。
ブライ艦長の見通しが甘かったんでしょうな。
何せ予定よりはるかに多数のパンの木を搭載したので。




736 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:30:00 ID:Zg1lM8fI






      /.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
      /: .:.:.:./ ..:.:.:.:.:./:.:.:.:.: .i:. :.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
     ':.: .:.:./ .:./.:.:/:.:.: .:.l .:.l:.: .:',:.:.:.:.:.:.:.l      口を慎め、副長!! 
     ,'.:.| :.:.l. :.:.//:/:.:.,':.: .:|:.:.:!:.:. .|:..:.:.:.:.:.:|
     /:.: l:.:.:.|:.:.//:/:.:./.:.:. //∧'.:. !:.:.:.:.:.|:.l      大体貴様は乗組員に甘すぎる!!
   /イ.: .|:.:.:.l://l//:./.:.:.:./// _ヽ:l:.:.|:.:.:|'.!
   / /:.:.:.r':.:.|ド㍉、'/}.:.:.///_,∠zミ.|:.:l.:.!:{ ヽ     貴様はそこまであのゴロツキ共に飼い慣らされたのか!!
   /´|:.,:.ヽハゞfェ'イト.|:.//廾ゝュ'イフ:./ }:.lヽ、
     |:.{ヽヽ:ヽ  ̄i!´リ ,'    ̄ //イ:.l'.!       我々の目的はパンの木の若木の運搬だぞ!!
     ヽ! ヽ:.l:ヽ.    i!    /':.:.ハ:.| ヽ
        l:.|:.:.\  !ニニ! /l:.:.| ',{       それを優先しないでどうするんだ!!
        リ.ソ}Fr>、`=´イ/ヲ.:.{  `
         ノl`=r ≧≦ヲ/f |`ヽ         甘やかしなど無用だ!! 貴様は貴様の職責を果たせ!!
         / 艸 | |: : : : | | 艸 \       
  _ -‐ー‐ ´: : : 丱 | |: : : : | |: 丱 : : :` ‐ー‐- _







737 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:31:00 ID:Zg1lM8fI






     / ̄ ̄\
   /    \ ノ       職責を果たせ、ですって!?
   |    ( ●)(●)
.   | ノ(  (__人__)     はっきり言いましょう!! あなたに悪口雑言ばかり浴びせられるのでは
    | ⌒    ` ⌒´ノ
.    |         }      愉快に職責を果たすのは不可能です!!
.    ヽ        }
     ヽ     ノ       あなたのおかげでここ数週間は、私にとって地獄だったんですよ!!
      /   く  
     |     \ 
      |    |ヽ、二⌒)







738 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:32:00 ID:Zg1lM8fI






    /
  /
/                               
  いい加減にしろ!!                         ____        やらない夫、艦長……
                                      /   ∪  \
  貴様!! 艦から叩き出されたいか!!        γ⌒) ノ三三三ゞ(⌒ヽ   お願いだから喧嘩は
\                                 / _ノ (>)三(<) \ `、
  \                              (  <:::∪:::::(__人__):::::∪|  ) 止めて欲しいんだお……
    \                             \ ヽ ::∪::::` ⌒´∪:://







739 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:34:00 ID:Zg1lM8fI






}                                         
ッヽ,                                       
`}"i                                       
 `´                                       
=_- !! _,                                    
,、   `=,´,''‐‐-、                               
 _,,、    ヽ,_,-、`,                              
 ~´ ,‐--,  ,、←トレス海峡                             
_,,i´`‐  ´-,_| `‐,                              °←タヒチ島 
         `ヽ,              ∵                
           ヽ,                             
             }           トンガ諸島                 
 _,,,,--,_        /         (フレンドリー諸島)                   
‐´    ヽ´!,    /         ,、                    
       `‐-、,-‐         `)-,                  
         ,-‐i         ,,i‐!`´                  
          `´       ,/,‐´                    
                   ̄                      






こうした艦内での争いの中で、バウンティ号は4月23日にこの艦が太平洋を離れる直前の
最後の寄港地となるトンガ諸島のノムカという島の湾の一つに投錨した。
キャプテン・クックと共にした航海の中でブライ艦長は、この島に素晴らしい泉があることを知っていたのだ。







740 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:35:00 ID:Zg1lM8fI






                   
                              ~~~       ~~~
     ~~~~        
                 、___ 。。。。。                
                  ヽ] ̄二二二7          
~~~~   ~~ ""~~~~                      ~~~~~       
                                  、___  。。。。。
                  ~~~             ヽ] ̄二二二7
                      ""~~~~  ~~~~~
    、_  。。。。。          ~~                         
     ヽ] ̄二二二7                              ~~~     
""~~~~  ~~~~~  ~                          ~~~~~
      ~                  、   。。。。。           ~~  
~~       ~~              ヽ] ̄二二二7        
     ~~~        ~~ ""~~~~  ~~~~~  ~  ~~~






艦が錨を下ろすや否や、島の海岸からタヒチの時のように多数のカヌーがバウンティ号に向かって漕ぎ出してきた。







741 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:36:13 ID:Zg1lM8fI






                ∩∩
                (7ヌ)                                      ∩
               / /   手土産寄こすアル!              ウヒョ~     (ヽ)
  ∧_∧何か置いてけニダ/∧_∧    ∧_∧   ∧_∧  ∧ ∧    ∧ ∧    ∧ ∧ /
 < `∀´ > ∧_∧ ∧ ∧(´∀`)=∧. .∧ <`∀∧ ∧(`ハ∧ .∧(`ハ´ ∧ ∧<`∀´∧∧(`ハ´)∧ ∧
m9.   ⌒(`ハ´ )( `ハ´)"  ⌒(`ハ´ )   < `∀´>~ <`∀´ >⌒  (`ハ´)   <`∀´∧ .∧< `∀´>
 ヽ   _/~    Y    |   /⌒   /  /⌒   ⌒Y⌒  ⌒ /⌒  ⌒ヽ /~   (´∀`)=>  ⌒ヽ
| ̄ ̄ ̄∪ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∪ ̄ ̄ ̄ ̄∪ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∪ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∪ ̄ ̄∪ ̄ ξ_ノ






しかし、現れたトンガの現地人たちは、タヒチの人々のような親切で協力的なすばらしい気質は
全く持ち合わせていなかったのだ。







742 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:37:36 ID:Zg1lM8fI






 .|\            . \
  | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|     そんなことは露ほども想像していなかったバウンティ号の
  | |  ブリタニア交易所  |
  |\ノ   ノ  ノ   ノ   ノ     乗組員達は、タヒチで行っていたような現地人との交流と、
  ∥||~~~~ ~~~~~ ~~~~~ ~~~~~|| 
  ∥||  , '⌒´`ヽ       ||     水や薪の収集を目的に上陸した。
  ∥|| j((イル"ヾ))      || 
  ∥|| ´゛.(l ゚ ー゚ノ''`  .○O o ||     ペッコーヴァーはここでまた物々交換のための店の営業を開始し、
  ∥||  /l_[゚_゚]l、∥ ∥∥∥||  
  ∥|| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|.     ネルソン達の分遣隊は上陸して再びパンの木の若木を集めた。
  ∥||  |金物 道具 装飾品| | 
  ∥||  |イロイロあります  .|  |.     誰もが、ここでもタヒチのような歓迎を受けられると思っていた。
    ||   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  .|







743 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:38:00 ID:Zg1lM8fI






       , ...'.:´  ̄`:丶、
     /.::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、      上陸の際には現地人を威圧しないように
    /.::::::::: ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、    
   j : :::: : .::::::::::: .:: .:::::::::::::::::::::::: ::i!    武器などはボートの中に置いていくように
   ! ..i:: :: .: .:: : .::: ..: :::: .:! ::::::::::}: :::!    
   .'.::::!.::.{: ..::.::::イ;ィ::.: .}.:!}!::::. :: ::!::. {    また、直接的な非常事態がない限り
  /イ::::!::::!::メ、´〃}!.::/:/ハ{!:::} ::!i!:i:ヽ   
 /./イ:::{!:{K辷_メ///斗≠ミ/::..:i::!:ト、ヽ、  武器の使用は厳禁する
 ノ´ハ{:ハ:ト、`¨´/ イ ヒェz/}ノ::ノ:ハ、`  
  / i!:!ヘヽ、    !   ノイ:::/{:{:{
    リハ}ヽ、 -_ 、  //:/{ハ|.ヽ
     {!` =.\   .イレ'/ リ ! ヽ    
-  、  j!: :._∧_:.}!´¨¨〒}







745 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:39:00 ID:Zg1lM8fI






      |:i;!;;;:;;;;;;;/!/i;/ /;/;/;;;;;/;;;/   ∨;;!;i;;;;;;i;;;;;;;;;;;!
       i:j;|;;;:;;;;;;ハ厂>-、;;;/;;;;/;;;/,、< ̄!;|;;|;;;;;|;;;;;;;;;/
      i;;;|;;;:;;;;;;iく弋歹j7メ;;;;/;;;/ <弋歹イ;|;;|;;;;;i;;;;;;;/    了解しました
      i;;;|;;:;;;;;;;ト / /;;;;//     /ハj;;;;;|;;;;/!
       !;;;|;:;;;;;;;;ヽ   / /   |     / /;;;;;;i;/;;;|     艦長
        j;;;;|;:;;;;;;;;;;;ヘ         !.    / /;;;;;;;/;;;;;;;|
      i;;;;;|;:;;;;;;;;;;;;;;ヘ      _'___   .イ;;;;;;;;/;;;;;;;;;;|
       l;;;;;|;:;;;;;;;;;;;;;;;;|\   'ー ―′ ′!;;;;;/;;;;;;;;;;;;;!
     i;;;;;;;|;:;;;;;;;;;;;;;「ゝ、:\   `´   / /;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;i
      i;;;;;;;;|;:;;;;;;;;;;;;;|::::::::>ヽ ___ ∠´::/;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;i
     !;;;;;;;;;;|;:;;;;;;;;;;;;|>::::、::_:::::::|::::::::_:,:イ;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;i






4月25日、やらない夫と航海士のエルフィンストーンの二人がおのおの一分隊を率いて上陸した。
それぞれ水樽を満たす作業と薪を集める作業のために上陸したのだ。







746 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:40:00 ID:Zg1lM8fI






ところが……。






      lヽ 鉄器を寄こすニダ!!
      l 」      .lヽ
      ∥∧_∧  l 」       ∧_∧  服を寄こすニダ!!
      ⊂< `∀´ ,> ∥ γ ⌒ミヽ < `∀´ ,>⊃
       ヽ  と)  ⊂< `∀´ ,>(つ  /
        (⌒)ヽ  ∧_∧と)| (⌒)
            J  ( ´Д`;)⊃し⌒
              (つ  /J
              | (⌒)  タ、タスケテーーーー!!!!
              し⌒






上陸したやらない夫達の隊は、彼らから身包みを剥ごうとする危険な群集に取り囲まれてしまったのだ。
武器を持たぬやらない夫達にはなすすべもなく、手斧やまさかりといった道具が奪われてしまった。







747 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:40:30 ID:Zg1lM8fI






            / ̄ ̄\
          /  \    \         …………艦長、というわけで
         .(●)(● )  u. |
         (__人__)  u   |         手斧やまさかりが奪われてしまいました
         .(`⌒ ´     |
          {         |          申し訳ありません
          {      u. /
         .__\     /リ 厂`'‐- .._
      / :  : :介ーz<__」// |: : : : : : :ヽ
       | : : : : ::〈 「`乂/  / 丿: : : : : : : |







748 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:41:00 ID:Zg1lM8fI






    /. : /. : :/. : . / . : : : : . : : : : : : : : : : : : : : !
    i.:::::. /.: : /. : .:: ,.′.: : :/. . : : i: : : : : : : : : i: l    君の行動には呆れてしまうな!!
    l:::: /.::: : .::: .:: ./ :/. : :/. : . ://:}: : : :::. i: : : :| :l: |
    l:::::}:::::: ::::..:: / :/. /}. : : //}::ハ: :i: ::. :}: : : | :|: {    現地人を自分達からある一定距離以内に
    |:::::|::::i::. !:::::/.:イ: / /: : イ:/ l::l  l: ト、::. |: : : | :|: l
    }i::::|::::i:::.{:::イ:/_i:/ /:::./// j::{ .」斗ヘ:::}:/ : }. ト、!    近づけないようにあらかじめ規制しておけば
   イ:::ハ::|::::V十rfリミ」:::/// , //ィf≧=ヘ小/. :イ: :ハ:ト、
    }/  lハ:::::ヽ、近Zソ|/メV/7/ーヘ北シメ/. :/ }/ }{    よかったのだよ!!
   ノ′ |ヽト、:::ヽ    i{   ノ′       /. :/.ィ:!  `
      |:::ハ:::ヽト\⌒´  ノ!      /: :イ: .イ:l      それくらいの分別があればこの一件は回避できた!!
      |/ }::|::::\   、____.ノ イ: /i |/ リ
      }!  |ハ::::::i\  `二二´ /イ:!: ハ::{        大体だな、武装したイギリス海軍士官が、裸の原住民に
          }从Li」 ヽ、   ∠_.」」:::{ }:l
            ト--T r‐`´─┐|‐‐イV .リ        威嚇されてなすがままにされるなど、前代未聞だよ!! 
            }_ハ_」 |: : : : : : :| L「!」
          __ノf7/,イ |: : : : : : :| ト斗ト、‐-、__     全く、愚かしい!!!!







749 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:42:00 ID:Zg1lM8fI






      / ̄ ̄\
    /    _ノ \             艦長、あなたが命令したんじゃないですか!?
    |    ( ●)(●)
    |     (__人__)            武器の使用は厳禁するってね!!
     |      |r┬| .}
     |       | | | }             その命令を守っている以上、
   ,..-'ヽ     `ニニ }
  ./::"::::`ヽ、.,__ __ノ ゙            武器などあっても何の役にも立つわけないじゃありませんか!!
 /::i::::::::::::"'弋'!ー',イ>|'_ノ´`ー -,,_ _
. }:::゙|::::::::::::::::::::~゙:_戈;f"  、    イ/ `i    艦長、あなたにも責任の一端はあるんですよ!?
/:::::::!;:::::::::::::::::::/',r.テ    \xー.ォ、__ノ
::::::::::::ヾ!:::::::::::::l .l r'   ` 、_冫y"
:::::::::::::::::\o:::::l .ト、  ヽ,_ノ"ー'
:::::::::::::::::{::::{\代 l>ー、,_ノ







750 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:42:30 ID:Zg1lM8fI






       , ...'.:´  ̄`:丶、
     /.::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、      …………分かった
    /.::::::::: ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、   
   j : :::: : .::::::::::: .:: .:::::::::::::::::::::::: ::i!    次からは誰か一人責任ある地位の者を同行させ、
   ! ..i:: :: .: .:: : .::: ..: :::: .:! ::::::::::}: :::!   
   .'.::::!.::.{: ..::.::::イ;ィ::.: .}.:!}!::::. :: ::!::. {    武器使用の可否をその者に一任しよう
  /イ::::!::::!::メ、´〃}!.::/:/ハ{!:::} ::!i!:i:ヽ   
 /./イ:::{!:{K辷_メ///斗≠ミ/::..:i::!:ト、ヽ、 フライヤー航海長、明日は君が作業班に同行したまえ
 ノ´ハ{:ハ:ト、`¨´/ イ ヒェz/}ノ::ノ:ハ、`  
  / i!:!ヘヽ、    !   ノイ:::/{:{:{     作業班を送ったカッターに残り、武器を管理するんだ
    リハ}ヽ、 -_ 、  //:/{ハ|.ヽ
     {!` =.\   .イレ'/ リ ! ヽ    (その程度の仕事なら、この無能な男でも出来よう)
-  、  j!: :._∧_:.}!´¨¨〒}







751 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:43:00 ID:Zg1lM8fI






      /: : : : :, _ - ‐ -`、::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::: : : :く
      lー ´       `ー ''- ‐- '´ー 、:::::::::::::::: : : ソ
        l_ _                ヽ、 , /´: : :,'
       l: : : /,,二  ̄ ー -、- ー 、_    /: : : , '     分かりました
       /,: : ´/   ̄─= = 、ゞ: : : :, '二 `ーV、: : ´
      { ',ゝ::/  = = ヾ   ゙-- ´r - 、㍉/) `´
      `、i: :ヽ,  ヽ f´ヒソ`    i  f心 ソ /,'ケ
       ヾi: : ゞ.      ´    l  `゙ ´ ./} /
        ヽ:',         ,,. |:     /ン
      ,一´、:',        、 /::    /
   , '  / l::ヽ  、     .__;  ,.' 、
 , '.    /  ,!, ,' ヽ     ̄      ' 、 \
/.    イ//  '.  ヽ    ゙゙゙゙  , 'ト  l  ' ,
     l     !   ヽ     , ' l \ l   ',
.     |.     ',    ヽ _ _, '  /    |    ',`‐
     |      l          |      l    ' , \







752 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:44:09 ID:Zg1lM8fI






ところが……。





                    ..,.::.~::~ヽ
                    .(::::::::::::::::)                                  ((⌒⌒))
                    (::::i===::ノ                              ファビョ━ l|l l|l ━ン!
   i               .  ヾ(l ゚д゚}              ____ ,..,            (⌒;;..  ∧_,,∧
   |                 ( つ つ  /エ ̄ ̄|     l´= = =`l))i           (⌒.⊂,ヽ#`Д´>     
   トー--、_ iーiiーiiーiiーiiーiiーiiーiiーiiーi /::   : :|    __|     |''|::|           (⌒)人ヽ   ヽ、从
   |   │  ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|          从ノ.:(,,フ .ノゝ⊃
   ヽ,   │                                          丿        人从;;;;... レ' ノ;;;从人
゛~""'''''""゛゛~""'''""'''''""゛"'''''""゛゛~""'''''""''""゛゛~""''''''""゛゛~""''""゛゛~""''''""''""''""゛゛~""''""゛゛~""''''""''""''""゛゛'""''""゛
         | ~‐         ~‐                                ~‐   
    -~  |     ~‐            ~‐       ~‐         ~‐          
        凸 。゜.
      ∧_∧ 。゚     ~‐        ~‐           ~‐                 ~‐      
      < `∀´ >                   ~‐ 
       ⊂、  つ           ~‐                  ~‐            ~‐  
         ヽ  ヽ                       ~‐ 






フライヤーはやはりヘマをやらかして皆の物笑いの種になった。
彼が居残っていたカッターから、係留中だったにもかかわらず鉄の錨が盗まれたのだ。
もっとも、原住民の盗人もかなり狡猾で、一人の男が海面上でバシャバシャと音を立てて暴れているうちに
別の男が錨を切断したのである。
さらに別の男が、他の男達が逃げるまで錨代わりに切断されたロープにしがみついているという念の入れようだった。







753 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:45:00 ID:Zg1lM8fI






      /: : : : :, _ - ‐ -`、::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::: : : :く
      lー ´       `ー ''- ‐- '´ー 、:::::::::::::::: : : ソ
        l_ _                ヽ、 , /´: : :,'   ……というわけで錨を紛失してしまいました
       l: : : /,,二  ̄ ー -、- ー 、_    /: : : , '
       /,: : ´/   ̄─= = 、ゞ: : : :, '二 `ーV、: : ´    申し訳ありません
      { ',ゝ::/  = = ヾ   ゙-- ´r - 、㍉/) `´
      `、i: :ヽ,  ヽ f´ヒソ`    i  f心 ソ /,'ケ       しかし艦長、カッターの錨は他にいくつもあります
       ヾi: : ゞ.      ´    l  `゙ ´ ./} /
        ヽ:', ∪       ,,. |:     /ン         例え一個を無くしたとしても、
      ,一´、:',        、 /::    /
   , '  / l::ヽ      ___   ,.' 、          それほど艦にとっては大きな損失ではないですよ
 , '.    /  ,!, ,' ヽ   `'´ - ― - `  ' 、 \
/.    イ//  '.  ヽ    ゙゙゙゙  , 'ト  l  ' ,
     l     !   ヽ     , ' l \ l   ',
.     |.     ',    ヽ _ _, '  /    |    ',`‐
     |      l          |      l    ' , \







754 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:46:00 ID:Zg1lM8fI






      /.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\       それほど艦にとっては大きな損失ではない、だと!!
      /: .:.:.:./ ..:.:.:.:.:./:.:.:.:.: .i:. :.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
     ':.: .:.:./ .:./.:.:/:.:.: .:.l .:.l:.: .:',:.:.:.:.:.:.:.l      ふざけるな!!
     ,'.:.| :.:.l. :.:.//:/:.:.,':.: .:|:.:.:!:.:. .|:..:.:.:.:.:.:|
     /:.: l:.:.:.|:.:.//:/:.:./.:.:. //∧'.:. !:.:.:.:.:.|:.l      確かに君にとっては大きなものではないかもしれないが、
   /イ.: .|:.:.:.l://l//:./.:.:.:./// _ヽ:l:.:.|:.:.:|'.!
   / /:.:.:.r':.:.|ド㍉、'/}.:.:.///_,∠zミ.|:.:l.:.!:{ ヽ     私にとっては重大な損失なんだ!!
   /´|:.,:.ヽハゞfェ'イト.|:.//廾ゝュ'イフ:./ }:.lヽ、
     |:.{ヽヽ:ヽ  ̄i!´リ ,'    ̄ //イ:.l'.!       こうなれば何が何でも盗まれたものを取り返す!!
     ヽ! ヽ:.l:ヽ.    i!    /':.:.ハ:.| ヽ
        l:.|:.:.\  !ニニ! /l:.:.| ',{       掌帆長!! 来艦している現地人の中から位の高そうなものを
        リ.ソ}Fr>、`=´イ/ヲ.:.{  `
         ノl`=r ≧≦ヲ/f |`ヽ         人質に取れ!!
         / 艸 | |: : : : | | 艸 \       
  _ -‐ー‐ ´: : : 丱 | |: : : : | |: 丱 : : :` ‐ー‐- _ そいつらと交換に錨を持ってこさせるんだ!!







755 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:46:30 ID:Zg1lM8fI






       /::: :,、: : ::| `ヽ、: : : : : : ::/ i: : : : :,、: :}
         {::: : { ヽ: : :i   ヽ: : : : ::/  l: : :/ {: : :}
         |::: : :ゝ \|    ヽ:::::/   //  ヽ:::l
        |::: ::/. ヽ、   、  V  / ´ ノ / i:::|       承知!!
         ヽ、l `ヾ、` 、 ヾヽ、、 /_, ',,, '.  l:/
       / ヽ ```エェヾ'`、;ヾf=≠ェヶヤ´,  i´}
       ヘ iヽ   ` ̄ ̄´`ゞ::i ″゙二 ̄   / /
        ヽ、\      ´  :|::     /::/ /
          `|          |:::    /::/ン'
          ,ト、.        _ |:     イ
           / |:.\    ___   /ヽ、
            |\|:::::ヽ  '´ - ― - ` / lノi
       _ ,,‐|  `' 、ヽ       / /  |、_
_ _ , - ‐ '  {.{.{     >ヽ , _ _ ,イヽ、   |ヽ} ` ー - _
        ハ \   { `ヽ:: ::∥∥:: :: /   / /







756 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:47:00 ID:Zg1lM8fI






      ∧∧     ∧_∧ さぁ、悪いけど
     (  ≡)    (´∀` )    人質になってもらうよ
     r´ ̄ハ    r´  ハ
     ∪  i∪∧ ∧∪  i∪
     丿八ゝ∩`Д´∩ ヽゝ、 アイゴー!
     と´) し' \`⌒ く  し'
           (⌒)--(⌒)
            ̄`\ ̄
               ∧ ∧
              ∩`Д´ ∩    アイゴー!
               \`⌒ く 
                (⌒)--(⌒)
                 ̄`\ ̄
                    ∧酋∧     アイゴー!!
                   ∩;’Д’∩  < ウリは違う!
                    \`⌒ く     なにかの間違いニダ!!
                     (⌒)--(⌒)
                      ̄`   ̄
                      \ 丶 ヽ\丶\
                    ずざざざ   ヽ \
                       \ 丶 ヽ\丶\
                           ヽ 






こうしてブライ艦長は、艦内にいる酋長クラスの面々を人質として錨が返還されるまで抑留することにした。
ところが、普通なら効果的であるはずの人質作戦は今回何の効果も持たなかった。
錨を盗み出した連中は、抑留した酋長とは全く関係ない他の島から来た連中だったのである。
当然彼らはとっくに自分達の島に帰ってしまっていた。







757 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:48:00 ID:Zg1lM8fI






           ,...,_
          /""`'・.,
         ,/'   ..::::\.,__,,,.....,,,__
        ,i'    ...::::::::"""    `''・-、.,_   _,,......,,,_
         i'  ...::::"           ":::`・'"~   :|
        /"                 " ::::  ...::,l
       ./'                     "::::::/
      ./'.                       ::"i,
      |.         \             .::::::|
       |.                       .:::::::|  泥棒に間違われたニダ
      i;             i、.,    ,.    /...::::::::|
       '、            | ∨`"~'/      :::::::: |
        \           l,    /     .::::::: ノ'  賠償ニダッ!!
         `/(          i.,_,/     ...:::::/
      ,.-'"~ ~"ー-.,,__          .....:::::::ノ').,
     ./=ー'"~"`ー-.,_~"\-.,_  ,...,_ "";.-、::/ノ::: 'i,
    / ̄    :::::~`i.():::\`""| `(^);;;;;|;;/;:::::::: 'i,
  . /         ::::::`i |:::::):;;;;;i、,/人_ノ;;;;'i,::::::::::: i
   |          .:::::::|/::::└ー-,;;;\;i;;;;|/;:::::::::::: i
   i.,_,.人       ..::::::/ :::::::::::::/;;;;;;;'i,'i;;;;|\;:::::::::::: i
      `;      .::...:::::/  :::::::::::`- .,_;;;;i,ノ;|;;;/;:::::::::::: /
      `、.,..:::::::::::::::::/   :::::::::::::::;;;;;;\,i ,/;;;;;:::::::::::|/
        `i"`-.,_,.ノ   ::::::::::::::::;;;;;;;;;;;\|;;;;::::::::::::|






 , -―-、、      , -―-、、      , -―-、、    , -―-、、
/:::::::::::::∧_∧  /:::::::::::: γ ⌒ミヽ  /:::::::::::::∧_∧  /:::::::::::::∧酋∧
l:::::::::::::<丶`∀´>l:::::::::::::<丶`∀´>  l:::::::::::::<丶`∀´> l:::::::::::::< *’∀’>
ヽ、:::::::::フづとノ ヽ、:::::::::フづとノ'   ヽ、:::::::::フづとノ'  ヽ、:::::::::フづとノ'
  `~人  Y    `~人  Y       `~人 Y     `~人 Y
    し'(_)      し'(_)        し'(_)      し'(_)






やむなくブライ艦長は錨のことは諦めて、抑留した連中にはたんまりとお土産を持たせて解放した。







758 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:49:02 ID:Zg1lM8fI






            _ - ‐───---、__
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`丶、             (……馬鹿馬鹿しい
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.  .:.:.:.:..\
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:.:.:\:\          こんな割の合わない取引があるか
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:.:.:.:.:.:.:.:. :. :.:.:\:.`ニニ=ー
     /.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.: .:.:.:.:ヽ:.:ヽ ヽ :.:.:.: ..:. :.:.\:.`ー-、_     これ以上この島にいても混乱が
    /:.:.:./ .:..:.:. /:.:.:.:/:.:.:|、\ :.:.:.:.ヽ :ヽ ヽ :.: .:.:. :.:.:.:.\ ̄
    /.:.:./ .:.:.: /:.:.:.:/ .:.:.:| \:.\. :.:.l :.:| :.|: .:.:.:.:ヽ:.ヽヽ:.:\       広がるだけだ
   /:.:.:.|l .:.:.:. /:.:.:.:/ .:.:./|  \:.\:l :.:|: .|r 、:.:.:.:l|:.:|:.|`ヽ、`ー、_
   ノ/|:.:.||: .:. /:.:.:.:/ :.:./|:.|  ∠弌ヽl .:.|:.:| ノ.:l:.:.|:.:.|:.|    ̄      幸いどうにか水と薪の補充も終った
 /'´ |:.:.|l:. :.:.{:.:.:./ :.:./ .|:.|_//_j },ノ|:.:.|:.:|/|:.:.|:.:.|:.:.|.i|
    l:.:l ヽ:.:.|:.:./ :.:./、 |.l´彡>=´ |:.:l:./l }.:.|:.:.l:.:.l|リ          こんな野蛮な島からは早々に立ち去ろう)
    |:,'  ヽ:|、{:.:.:.{,孑ゝヽ、     /イ/// イ/ヽヽ:.`ー-、_
    {l   ヽ{ヽ ヽ¨´|      ´ //  /  ヽヽ ̄
    ヽ、   ヽ.{:.:.|ヽヽi!  _ ,__  ∠    //',          副長!! 出帆準備だ!!
          |{ヽ{  |:.`> 、   /===Fイ´: : :ヘ
           `  }ノ ソ ン ` ‐´Ⅵ: : : : : : :||: : _∧ : :ヽ 
          _ - ‐´──== ̄冫||: : : : : : ||: ((升〉〉 :\






こうしてブライ艦長は26日の夕方には出航を命じていた。
繰り返される揉め事から逃れるには、もはやそれ以外にはなかったのだ。







759 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:50:00 ID:Zg1lM8fI






    , ⌒ヽ    (::::::::::::::::::::::  )
   (:::::::::::: '   (:::::::::::::::::::::::::::  ヽ⌒ヽ 、
    ゝ:::::::::::: `ヽ(:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    )       (⌒ 、     ノムカ島を発ったバウンティ号は、
   (::::::::::::::::::   ::::::::::::::: 、⌒  ::::::::::::::::  ヽ     (:::::::  ヽ
  (::::::::::::(⌒::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::  )    (:::::::::::::::::    一路難所であるトレス海峡を目指した。
::(::: ::::::::::::::::::::::::::: `)::::::::::::::::::::::::::::: ノ:::::::::::::::::: Y⌒ ヽ::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::)::::::::::::::::::::::::::::     ┌┐  :::::::::::::::::::::::::::::    トレス海峡を抜け、その先のジャワ島で
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  /~'7;; |/~''7 ::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: (  ( ̄|  ( ::::::::::::::::::::::::    補給と船体の本格的な補修を
                     、___`t-'ーイゝ-i
                      ヽ] ̄二二二7            行うつもりだったのである。
~^'""~~~~^'""~~~~^'""~~~~^'""~~~~^'""~~~~^'"^~~^'""~^'"^~~~~~~~
 ~~~ ~~   ~~~~  ~~~ ~~  ~~~  ~~~    
 ~ ~~  ~~  ~~   ~~ ~~~~~    ~~ ~~~
~ ~~~~~ ~~ ~~~~   ~~  ~ ~~  ~~ ~~~~







760 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:51:00 ID:Zg1lM8fI






          ,.   ―   .,          ところで、短い寄港ではあったが、その中でも
       , . ´     :  .  ` .
     /  .     .  : :  . . ヽ      さすがにペッコーヴァーは上手くやりくりして
    , '.  . : . . ` . . :  : .  . . '、
    / .  .  .   :  .    .  .  ',    多くの食料を手に入れていた。
   ;     :    .  .  .       :::i
    i .   .   :     .  . .  ..::::::!    ヤムイモや生きた豚といったものに混じって手に入れたのが
    ',  .    :    :  .   ......:::::::/
    ' 、.  :.  .  :   .  . . ....::::::; '     ココナツ(椰子の実)だった。
     ヽ.   .   .     ...:.:.::::/
       ` .、    .    ....:::;:''''´        ココナツは保存の利く飲料水として、また食料として貴重だった。







761 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:51:32 ID:Zg1lM8fI






       (;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)
━━━━(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)━━━━       艦内はすでにパンの木の若木や生きた豚などで
 ̄ ̄ ̄(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;) ̄ ̄ ̄
   (;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)           一杯だったので、ココナツはクオーター・デッキの
  (;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)
 (;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)        一角に積み上げられていた。
(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)







762 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:52:00 ID:Zg1lM8fI






    /. : /. : :/. : . / . : : : : . : : : : : : : : : : : : : : !
    i.:::::. /.: : /. : .:: ,.′.: : :/. . : : i: : : : : : : : : i: l   ココナツの配分は私が決定する
    l:::: /.::: : .::: .:: ./ :/. : :/. : . ://:}: : : :::. i: : : :| :l: |
    l:::::}:::::: ::::..:: / :/. /}. : : //}::ハ: :i: ::. :}: : : | :|: {   くれぐれも誰かが勝手に手を付けることの無いように
    |:::::|::::i::. !:::::/.:イ: / /: : イ:/ l::l  l: ト、::. |: : : | :|: l
    }i::::|::::i:::.{:::イ:/_i:/ /:::./// j::{ .」斗ヘ:::}:/ : }. ト、!   これから当直に当たるものは
   イ:::ハ::|::::V十rfリミ」:::/// , //ィf≧=ヘ小/. :イ: :ハ:ト、
    }/  lハ:::::ヽ、近Zソ|/メV/7/ーヘ北シメ/. :/ }/ }{   このココナツの山を注意して見張っていること
   ノ′ |ヽト、:::ヽ    i{   ノ′       /. :/.ィ:!  `
      |:::ハ:::ヽト\⌒´  ノ!      /: :イ: .イ:l
      |/ }::|::::\   、____.ノ イ: /i |/ リ
      }!  |ハ::::::i\  `二二´ /イ:!: ハ::{
          }从Li」 ヽ、   ∠_.」」:::{ }:l
            ト--T r‐`´─┐|‐‐イV .リ
            }_ハ_」 |: : : : : : :| L「!」
          __ノf7/,イ |: : : : : : :| ト斗ト、‐-、__






ブライ艦長はそう言い残して自分の船室に戻った。







763 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:53:00 ID:Zg1lM8fI






その日の夜半過ぎ……。








       ・     .,. ;:;: ,.:;,;,:,:,; ;., ;,::;
   ;:;;: , .,.,                 .,. ;:;:。 ,.:;,;,:,  *:,; ;.,;,::;;。,... .. ;:
;:;;: , .,., .,. ;:;:   :. :.  .: :  -‐-  :. .:.::. .:.: :. .:.:  ,.:;,;,:,★:,; ;.,;,:: .,...
    ;:;;: , .,., *., . : ,r'´.     `ヽ: .. : :. .:.::. .:. . . ;:;: ,.:  ;,;
        +  .: ..: :' ..:.      ゙; ::: :. :. .:.:. .::;:;;: , .,., .,. ;: ;  ,;,:,:,; ;.,;,::;;,... .. ;:
          : :. ::..       .: :. .:.::.  :. . :. ;:;;: , .,., .,. ;:;:。 ,.:;,;,:,  *
;:;;: , .,., .,. ;:;: ,.:;,;,:,..: ..: :ヽ ::::... ..... ,.': :...  :. :. . :.::,; +;.,;,:: .,... .. ;:
    ;:;;: , .,., *.,::.. :..:. :` ー- ‐ ''"... .   .:::    . ;:;: ,.:;,;,:,:,; ;.,;* ,::;;,... .. ;:
           :: . ::. ::::.   ::..   ::..   ;:;;: , .,., .,. ;:;:
  ;:;;: , .,., .,. ;:;: ,.:;,;+  ,:,:,; ;.,;,::;;,... .. ;:
        ;:;;: , .,., .,. ;:;: ,.:;,;,:,:,; ;.,;,::;;,... .. ;:   ,.,.,


こニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
_ _ _|;,| _ __ |;,|_ _ _|;,| _ __ |;,|_ _ _|;,|_  _ __ |;,|_ _ _|;,| _ __ |;,|_ _ _|;,| _
iニiニiニiニiニiニiニiニiニiニiニiニiニiニiニiニiニiニiニiニiニiニiニiニiニ







764 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:53:30 ID:Zg1lM8fI






            / ニYニヽ
          / (0)(0)ヽ      変な時間に目が醒めたっていう
         /  ⌒`´⌒\
        | ,-)       (- |     デッキに上がって少し夜風に当たるっていう
        | l   ヽ__ ノl |
         \  ` ⌒´  /
        /        ヽ     ……それにしても少し喉が渇いたっていう……
       /           ヽ
       |           | |
       ヽ_|         |丿
         |         |







765 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:54:01 ID:Zg1lM8fI






       (;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)
━━━━(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)━━━━       ……ちょうどいいところにココナツがあるっていう
 ̄ ̄ ̄(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;) ̄ ̄ ̄
   (;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)           しかも当直はサボってるのか
  (;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)
 (;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)        クオーターデッキには誰もいないっていう
(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)







             /二二Yニヽ 
            /   ( ゜)(゜)ヽ              一個や二個取っても艦長には
          /   ::::⌒`´⌒::::\
          | ,-)        (-|            ばれないっていうwwwww
         ,┤ i〈 、_____, 〉 /
        /  !  ヽ\+┼┼+/ /             どうせ俺達の口に入るんだから
      __/   ヽ    `ー‐‐'´ /
  , -‐''" i    \       人   ニヤニヤ     遅いか早いかだけだっていうwwwww
-''~     |    \`ー----‐'´! iヽ、
       ヽ      \     /  i  `ヽ、
        \     丶_/   |    \
         ヽ     /O \   |      \







766 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:55:06 ID:Zg1lM8fI






             ,-=-,、
               i   |
                |   |        /~'i
   _         .|ヽ ノi     /   |
   /  ヽ,        .|   |      /ヽ,, ./       どれどれ─────
   ヾ   \     .|ヽ ノi     /   /
    \ノ  ヽ,    |   |,   /ヽ ,,,./
     ヽ   ヽ   |   'l~-ノ  ../
      \、ノ ヽ,,ノjヽ  ノ "  ノi
        ヽ,  丶     ヽ,,  ヽ
   ___/ヾ ノ          .ヽ,
 ̄ ̄    ~-:;;:;              \,,.
,,ノ__ソ_ )                   ~=,,,,,
    ̄ ̄|~                  /   ̄^^~ヽ
      i,                  (,
      |ヽ,,-,,             /  ̄ ̄
      ヽ  ̄=二=-----"~~^/
       \ヾ-=-  ___ノ
         ~-,,,__,,,,...ノ/







767 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:55:34 ID:Zg1lM8fI






            アッ!
       丶从/

       /=v=ヽ
        / (◎)(◎)
      | )^`´^( |
       |  トェイ  |    コロン
     ノ   `-'  ヽ
    (_つ    _つ  ミ
                   (;; ;;)
                 ''  '' ,,  (;; ;;)







768 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:56:00 ID:Zg1lM8fI






━━━━(;; ;;)━━━━━━━━━━━    こ、ココナツの山が崩れてしまったっていう……
 ̄ ̄ ̄(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;) ̄ ̄ ̄
   (;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)        これはちょっとやばいっていう……
  (;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)
 (;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)     で、でもこれはきっと不可抗力だっていう……
(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)(;; ;;)








      / Y ヽ        でっていうはここに来なかったっていう……
     /::.   ヽ
    /:::::::::..   \     ココナツのことなんて知らないっていう……
   |:::::::::::::::::.    |
   |::::::::::::::::::    |     さて、部屋に戻って寝るっていう……
    \::::::::::::    /







769 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:57:00 ID:Zg1lM8fI






                     アサー      |
                           \     /
                   ,.-'⌒ヽ,      /⌒\         そして、4月27日の朝になった。
   ,.‐、,ノ⌒ヽ_        ノ     ヽ、 ― ( ゚ ∀ ゚ ) ―
  ,ノ   ノ   ヽ__   (´  ,ノヽ    )    \_/
 (´ (⌒´ _,.-――'  ,.-' (´     `)`ー-、/  ノ⌒ヽ、      その日、ブライ艦長は日課である
  `ー-―'´       (´   ,ヽ、 (⌒     ヽ、(    ,;ヽ
              `ー-'´ ⌒'ー、,,,,,,,,..,,.-' ̄ ̄  `ー'´ ´      早朝の甲板巡検のために

                          ┌┐             上甲板に姿を見せた。
                        /~'7;; |/~''7
                       (  ( ̄|  (           そして彼は、後甲板に詰まれた
                     、___`t-'ーイゝ-i
                      ヽ] ̄二二二7           ココナツの山に目をやった。
~^'""~~~~^'""~~~~^'""~~~~^'""~~~~^'""~~~~^'"^~~^'""~^'"^~~~~~~~
 ~~~ ~~   ~~~~  ~~~ ~~  ~~~  ~~~    
 ~ ~~  ~~  ~~   ~~ ~~~~~    ~~ ~~~







770 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:58:00 ID:Zg1lM8fI






          ': .:.:.:/:.:.:./ .:.// :/|:.:. :.:./:.////|:.:.:.:.| :.: .|:.:.:.|
          ノ:l:.l:./ :.:.:/: // :/| l:. :.:./:.//// |i:.:.:.| : .:.|:.:|:l
         //|.|:.| :.:.l:./A|:./l:| |: .:/:.////_..-|l:.:.:l :.:.:.l:.:.|:|     なぜか分からないが、
        .ノ´ l:|:.| :.:.:.|r=rz|l、リ、| ./:.////_,r==ミ} .:.:.ノ:.:.|:|
           |l|:.lri.:.:.',仆-´ィ ミ.l:,':///_,イシ-イ フ:.:./.l:..:.:lヽ    どうにも私はココナツのことが気になって
           i!|:.|',|.:.:.ヽ`¬ '´ リ i}/´  ` =‐7:.:.//:|:.:.l|
           ヽl|{ヽヽヽ     i!      //l´|:.lヽl      仕方がなかった……
             ヽ l:.l\    _`_   /イ:|:.l:l|:.l `
               }/|:.:.|\  ─- ` ,イ:.|:./l:.||l `ー      ん?
              / l /_| `丶、 , '  |/|l| |:{ `
               /´ {ニニrニニニニ}ニニ} `ー        航海長!! フライヤー航海長!!
                 |∧: :| |: : : : | |: ∧:|
               __ノ))(,-.| |: : : : | |,-)( |           これはどういうことだ!!
       _ -─= ̄. : : 孑.| |: : : : | |(卅)\
  _-─´: : : : : : : : : : : : : : :卞: : :| |: : : : | |: 干: : :  ̄: :`:丶 、







771 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:58:30 ID:Zg1lM8fI






.       }: : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : : : : `}
      /: : : : :, _ - ‐ -`、::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::: : : :く
      lー ´       `ー ''- ‐- '´ー 、:::::::::::::::: : : ソ
        l_ _                ヽ、 , /´: : :,'
       l: : : /,, ̄  ̄ ー -、- ー 、_    /: : : , '      艦長、一体どうなさったのですか!?
       /,: : ´/,-‐=== = 、ゞ: : : :, '二 `ーV、: : ´
      { ',ゝ::/   ,= = ヾ   ゙-- ´r - 、㍉/) `´
      `、i: :ヽ,  、f´ヒソ`    i  f心 ソ /,'ケ          何かあったんでしょうか!?
       ヾi: : ゞ.      ´    l  `゙ ´ ./} /
        ヽ:',         ,,. |:     /ン
      ,一´、:',        、 /::    /
   , '  / l::ヽ              ,.' 、
 , '.    /  ,!, ,' ヽ    辷二 ユ   , ' 、 \
/.    イ//  '.  ヽ   ゙゙゙゙   , 'ト  l  ' ,
     l     !   ヽ     , ' l \ l   ',
.     |.     ',    ヽ _ _, '  /    |    ',`‐
     |      l          |      l    ' , \







772 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 22:59:00 ID:Zg1lM8fI






                         _......-─::...._               
                       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`::......_
                       _..-'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::`:...、          見たまえ、フライヤー君!!
                  _....::'´:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:..、
                 /:.:.:.:.:.:.:.:/.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::ヽ      このココナツの山を!!
                  |:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.|
                 /:.:.:/:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i!:.:.:.:.V:.|     昨晩より明らかに
                  /:./:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.: /.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.i:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.i: |
                /イ:./:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.::./:.:.:.:.:.:.:.::/:.:.:ハ:.:.::斗:. :.:.:.|:.|     小さくなっているとは思わないかね!?
            ///:./:.:.:.:.:.:.::/:.:.:.:.:.:.:.:.://:.:.:.:.:.:.::イ:.:./  レイ:.:|:.:.:.:.:.ハ|
            /∠_ /イi:.:.:.:.:.::./i:.:.:.:.:.:.:.: //:.:.:.:.:.:.:/:i:.://,,V:.:イ/:.:./:.:.i!    
        - ´ ノ´  ヾ Y|:.:.:.. ::/:.:l:.:.:.:.:.:イ:/:.:.:.:.:.:.:/:.:.|//_/イi}/:.:./:.:i:.:i\
          /::.    i}iハーフ ̄ミ 、://:./i:.:.:.: ://:.:.:/,,ィ/tリ ソ/:.:./:.:.:ハ:.ヒ:.:.ゞ 
          i:::::...  i/:::::V/    ァ/>、:i:.i!:.:.:.//:./il /-=彡イ:::..イi:.:.:iハi\______,- 、
           ヾ:::::::..../_//    //  ト\-、:// .::|iハ´ ̄ //i:.ハ:.:.i:| | ヾ ̄ ̄/ /-=─" \
          `ー-≦、 ./:::..   ./   .i!\.\\_..:::|       イハ:.:.|ハ .||::::|  / // ̄  ..:::::i!::|
           ノ::..   .i:::::::::.. イ/:.  i ヽ\ } \\    / |//ハ:|  .||::/ ,/ _/─=-─ 、:::::::::::|
       _  イ::..- 、  .|:::::::::::::/:::::::::.....ハ  }| |:::... .\\,イー//  ||  .|// ̄>'´     ::::i:::::: |
  r -─ '´   ..:::::/:::人:::/::::::::::://:::::::::::/:::::::::::ハ|.|::::::::ノノハ \-/──v─<'..´      .....::::::ハ:::: |
  i::...    ....::::::/-<=/:::::::::::::ハ::::::::::::/イ:::::::/:: //:::::://:::::ハ!   > \-、ト-、─ 、    .......:::::::::/:::::: /
   ` ー──' ´   V:::-:::_:::/:::::-:::_/:::::::-:/:://:::::::}}::::::::/ //   \\:::ヾ:::..  ::::::::::::::::::イ/:::  i
               /::::::::::::/::::::::::::イ:::::::/::://:::::::: | |::::::/ /.イ     ヽ::::: ...}:::.....::::::::::::::::::/:::::...:/
             ,':::::::::: /::::::::/ `-´:::::::::| |::::::::://:::::/ /:::ノ:::...     :...:::::::i::/:::::::::::::::::: /:::::::/
              i::::::::::::ハ::/ \::::::::::::::::::| |:::::://:::::{::::::::::::::::::....    .....::::::::ゞ:/:::::::::::::::/::::/
             |::::::::/  |   .\::::::::::::| | //:::::::::|、....:::::::::::::::::::::::::::::::...::::: //::::::::::::/::::/
             ヽ '´  /i     \::::::| |.//  ::::: |\::::::::   ..:::::::::::::::イ/:::,..-<::::ィノ
                 | |    / \.| | /   .ハ ` - _ -    /./'´::::::::  /
                 //    .:/    .Ⅶミ___\    ̄/`ー '´:::::::::i:i:::  ./
                 | |    ||  /::::::: ̄ ̄ ̄ ̄ヽ    :/:::::::::::::::::::::::::il::::/
                 | |  ::::::///:::::::::::::::::::::::::::::::::\\ /:::::::::::::::......  .l/







773 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:00:00 ID:Zg1lM8fI






.       }: : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : : : : `}
      /: : : : :, _ - ‐ -`、::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::: : : :く
      lー ´       `ー ''- ‐- '´ー 、:::::::::::::::: : : ソ   あ、いえ、そう言えば……
        l_ _                ヽ、 , /´: : :,'  
       l: : : /,,二  ̄ ー -、- ー 、_    /: : : , '    そのように見える、かもしれません……
       /,: : ´/   ̄─= = 、ゞ: : : :, '二 `ーV、: : ´   
      { ',ゝ::/  = = ヾ   ゙-- ´r - 、㍉/) `´
      `、i: :ヽ,  ヽ f´ヒソ`    i  f心 ソ /,'ケ       で、でもきっとこれはあれですよ、
       ヾi: : ゞ.      ´    l  `゙ ´ ./} /       
        ヽ:', ∪       ,,. |:     /ン         水兵の誰かがココナツがあまり場所を
      ,一´、:',        、 /::    /          
   , '  / l::ヽ      ___   ,.' 、          取らないように積みなおしたんですよ
 , '.    /  ,!, ,' ヽ   `'´ - ― - `  ' 、 \
/.    イ//  '.  ヽ    ゙゙゙゙  , 'ト  l  ' ,       きっとそうに違いありません……
     l     !   ヽ     , ' l \ l   ',
.     |.     ',    ヽ _ _, '  /    |    ',`‐
     |      l          |      l    ' , \







774 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:00:30 ID:Zg1lM8fI






      /.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
      /: .:.:.:./ ..:.:.:.:.:./:.:.:.:.: .i:. :.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
     ':.: .:.:./ .:./.:.:/:.:.: .:.l .:.l:.: .:',:.:.:.:.:.:.:.l      積みなおしただと!! ふざけるな!!
     ,'.:.| :.:.l. :.:.//:/:.:.,':.: .:|:.:.:!:.:. .|:..:.:.:.:.:.:|
     /:.: l:.:.:.|:.:.//:/:.:./.:.:. //∧'.:. !:.:.:.:.:.|:.l      誰かがココナツを盗んだに決まっている!!
   /イ.: .|:.:.:.l://l//:./.:.:.:./// _ヽ:l:.:.|:.:.:|'.!
   / /:.:.:.r':.:.|ド㍉、'/}.:.:.///_,∠zミ.|:.:l.:.!:{ ヽ     副長!! やらない夫!!
   /´|:.,:.ヽハゞfェ'イト.|:.//廾ゝュ'イフ:./ }:.lヽ、
     |:.{ヽヽ:ヽ  ̄i!´リ ,'    ̄ //イ:.l'.!       いるだろう、出て来い!!
     ヽ! ヽ:.l:ヽ.    i!    /':.:.ハ:.| ヽ
        l:.|:.:.\  !ニニ! /l:.:.| ',{       
        リ.ソ}Fr>、`=´イ/ヲ.:.{  `
         ノl`=r ≧≦ヲ/f |`ヽ        
         / 艸 | |: : : : | | 艸 \       
  _ -‐ー‐ ´: : : 丱 | |: : : : | |: 丱 : : :` ‐ー‐- _







775 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:01:00 ID:Zg1lM8fI






            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)         艦長、一体なんですか!?
          |     (__人__)
             |     ` ⌒´ノ         朝っぱらから騒々しい……
              |         }
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|







776 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:02:00 ID:Zg1lM8fI






      .|: : : : : :  /:  . :  /  ./  /:    //:∧;   :  :l,      | |
      .|: : : : : :  l: : : :  / / ,.イ::    イ,イ: ,l l,:   : : : |      | |
      |: : : : : : :  |: : : ,イ //.,,/ /:   /'/ |: |  l; l,、 : : :.| .|   | | l,    やらない夫君、
     ,|: : : : : : :   |: : ://:././ / ./:   /.// ,l ,l   ハ.lヘ, : : : | |  ∥ |. l,
     }イ: : |: : : : : |: :/ l:./ /./  ,l: : //./ ,l:.l    ヘヤ、: :.| ,}  ∥| ト、l,    ここにあったココナツを
    ,/ l:: / |: : : : : |:/~|/=t:,ト,,,..,,l:: ,/ //  l:,|__,,.-='''~ヘ,__\::|/:  / | |ハ,l,
    / l::/ .l,: ;l,: :  {ィ=テアト=-こ|::入,// ,/ソト^゛_,,==テ〒ヘ~》y':  ,∧: ハl, ヘl   取ったのは君だな!?
   ´ ,l/  .l; { l,: : : 'l,`,,.'ヒTフc;》|::{,/ハ} / '/l'=='ヒtイフc),.X'./  /} |/  {,
    ,/    |: ヽ{: : :...'l, `~~ ̄~`'l:|イ゛  | //´ ´ ̄ ̄ ̄~` ./  /ノノ|   ヽ
    /     |: : :'|: :.\'l,      |   | /´        /  ,//|::|        白状したまえ
         |: : ∧: :ヘ\,,.ミゞ-     ノ|        // イ: :/ |:|
         |: :/ l; : :.\\      丶     __ ,///| : ,l ∥        君以外に犯人は
         }:/  l,|: : : :\`ヾ `-=―――_,.=-'´/イイ: :,ハ:. ,l  |
         /   | l; : : : :> 、    ̄ ̄´   /イ: : : :| |: |           考えられないんだよ
              l; イ|: : : |::`ゝ、      _,.イ´ |: : :|:.| .l,:|
              |/|/( ̄ー-r->、__,. イーyーー`)/|| l,l  
              l  }|ー-―| r―――--l .ト-―.イ l  ヽ
                 | ∧. |│     │ | イl |
                 イ,ヘ|/,-,.|│      | |,-,|.|,n|
             ._/ (^)//)'| |         | .||-ヽ||`> ― 、__
 __,--――'´ ̄ ̄ ̄    ,/ |  | |      | |  |,ハ´        ̄`'ー―--







777 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:03:00 ID:Zg1lM8fI






           / ̄ ̄\
         /  \    \          ちょ、ちょっと待って下さい、何で私が……
        .(●)(● )  u. |
        (__人__)  u   |          (とは言っても艦長は聞く耳を持たないだろうな……
        .(`⌒ ´     |
         {         |           怒りが酷くなる前にここは俺が罪を被るしかないだろう
         {      u. /
        .__\     /リ 厂`'‐- .._     常識的に考えて……)
     / :  : :介ーz<__」// |: : : : : : :ヽ
      | : : : : ::〈 「`乂/  / 丿: : : : : : : |    ……はい、確かに私が戴きました
     | : : : : : /: | {::::} / `7: : : : : : : :│
      .| : : : 〈: :│ {::::l /. :/. : : : : : : : : |    当直中に喉が渇いたので、一つだけ……







778 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:04:02 ID:Zg1lM8fI






/:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.::.::.:..:.:.:.:.::.:.::.i:.:.:.:.ヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.::|:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.::.:.:.:.:.:.:.|:.:. |:.::.:.:.:..:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.i:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |:.:. |:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::
:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .: | :从:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.::::
:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:{:.:.:.:.:.:.:.::.:.:..:/ |:八:.:.:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:.:.:::       くっくっくっくっく……はっははははははは……
:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:/|:.:.: i|:.:.:i:..:.:.:.:.:.:.:.: :/ |:| l:.:';:.:.ヾ:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.::
:.:.:.:.l:.:.:.:.: .: ハ|:.:.:i l:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.: /  l:l ∧:.ヽ:.:.:.Ⅵ:.:.:.:.::.:.:.::       一つ、一つだけだと!?
:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:| .|:.:.:il:.:.:小:.:.:.:.:.:: /  l:l/ ',:.∧:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:| .|:.:.l l:.:.l l:..:.:.:.:.:./ _/.l:l  _ ,>斗ミ:. |:.:.:.:.:.:.:.:.:       嘘をつけ、この悪党めが!!
:.:.:.:.|:.:.:.:i:.:.:| .|:.:.| |:.:l..|:..:.:.::.イ 〃 / ニィ彳弋ミァ|:.:.:.:.:.:.:i:.:
:.:.:.:.|:.:.:.:|: ├乂≧::|=|:.:.:.:/:i''" . / 彡イ.-v;;v-) .|:.i:.:.:.:.:.|:.:       貴様はここに積まれていたココナツの
:.:.:.:.:V:.:.|:i: |ニニミ:l |:.:./i/   / /  ゞ::::V:::ノ=イ:l:.:.:.:.:|:.:.
:.:.:.:.:.:V:.:.ハ:ト-==ミ.|:/  /   ミ≧ニ=" //:.:.:.::|:.:.::       半分を盗んだのだ!!!!!
:.:.`:;:.:.V:.Yヘ/ (:::) .斗i  },          //i:.:.:.:.:|:.:.:.:
:.:.:.:..ヾ:.:.:.:i 弋;;;;;;ィ彡   |       、   // .|:.:.:.:|:.:.:.::
;:.:.:、:.:.:.\:.'、=''´     ヽ _   _ ノヽ / .|:.:.:/:./:.:::
ヽ:.:.:ト、:.:.:.:\         _ -''´_..-''´`::i  ./:.:/:.:/:.:/::
 \乂:.::.:.\\    、_ ィニ-::'':´:::::::::::::::::l  //:/:.:/:.:/:.::
 ̄ ̄\/\:.:.ミ≧=-  ヾ:::::::::_ィ''´ ̄ ̄/  ./:./.i:./ |:.::
   i:./\ .\:.:.ヾゝ   \:/     /  ./〃/ ../....|:.::
   lリ    ヾ:.:.:>..、   \__/,   /イ ./,_|=
   il      \:.ハ:.:.:>...、  ー= ''´  /  ィ´:::::::::::
           i:l V:.:.::.:.:..i>..、 ̄ /::;ィ彡:::/ }::::::::
           リ  V:.:.:.:./l::.:.:.:.:.>イ// il/  i::::::::
ヽ            ト:.:.:/ .レニ彡-フ  / /    レ彡
\\          | ̄ ̄/     /  / /    /
::::::\\         |  i {    ./   ノ   /  /
::::::::::::\\     <::::|  | |  //    〃 /  /







779 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:05:00 ID:Zg1lM8fI






   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \         は、半分ですって!?
 |    ( ○)(○)
. |  U  (__人__)        そんなことが常識的にありえるわけないでしょう!!
  |     |r┬-|
.  | ι   `ー'´}        艦長、一体あなたはどういう理由で私に対して
.  ヽ     u  }
   ヽ     ノ         そんな嫌疑をかけるのですか!!!!!
   /    く  \
   |     \   \      これは何か根拠があってのことなんですか!!!!!
    |    |ヽ、二⌒)、







780 :名無しのやる夫だお:2010/04/16(金) 23:05:25 ID:LduVAY9Q



あー、もうストレスでおかしくなってるとしか・・・



781 :名無しのやる夫だお:2010/04/16(金) 23:06:02 ID:.MZ0uDAg



ああブライ館長、一人でテンパっちゃってるな・・・



782 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:06:13 ID:Zg1lM8fI






        _ - ' フ                        _ -..:::::::::‐::..、_
    r-, /´ r‐  ̄                     ,.. -.::´:::::::::::::::::::::::::::::::::`::..、
    l l/ / /´ ̄ ̄_ 二 フ             イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
    l/  // /´ ̄               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    ノ  〃 /                 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    /   < __               /:::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  /       _ 二二つ          //:: :::::::/::::::::::::::: ::::::/::::/::::/::..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
  /      く´               /イ:: ::::::::l: ::l::::::/:: :::::/::::/::::,':: ::::::::::/::::::l:::: .::::i :::::l: .:::::::ト、
. /        \             /ノ !: :l::::::{: ::l:::::/:: ::::イ::::/:::/:. :/::::::イ:::ハ:::ト:::: .:::l ::::l: ::l::::::l ヘ
/       r‐‐ 、 ヽ             ,':::::l::::::l: ::l:::::'::__:/ l::/!::/:. :/::::/ l::/ l::lzl-:: ::l :::l: ::l:::ハ:l
       /     \ \           /1:::l:::::::l: ::l:::{::::/`ノメ、lイ::::/::::/ _リ斗‐三リ_::::l:::/::::'::::! l:l
      /       `ー'          /イ::::ハ::::::l: ::l::l:/`ニ弌ミ l:::/l::/:::ィ´≦ィ‐メ, ヽ:!:l:/:::/:::::l リ
     /                   /  l:::l !::::ヽ::ヘ::{ (ひ) 〉/ レ.:::..  イ (ひ ノ ノ//:/:::::::l
   _ノ    根拠、根拠だと!?      .l::|  l::::::{ ヘ:ヘ ̄ ̄ ´    i   ` ̄ ̄´//; イ:::ハ::l
  /                        l::l  ',:::::ヽ. V        .:l       /イ ノ::::l リ
V ヽ     問答無用!!          l::l  ヘ:::::::ヽ.ヘ    ____    /´:::::::l
 \ ヽ、                      .リ   ヽ:::::::::::\  V      〉  /:::::::ト:::l
\\\ヽ   忌々しい盗人め!!           l::::::::::::::::l\ ヽ___/, イ::::::::::::::l ヘl
::::::\\ ソ                         l:::/l:::ハ:::|   \ ー‐ イ l:::::i::::::lハ!
:::::::::::ヽ/   それが貴様の正体だ!!       レ l:/ l:::〉、_ `' ‐ ´ __ノフ!:ト、::l
::::::::::::/                             リ  l::l`::::::T:───1!:::lハl ヘ!
:::::::::/                            , -─‐レlヘ{}r:li::::::::::::::::::ll::tl リ
::::::/            , -、──── -- .. _. -‐::´:::: ヘ :::::l::ノ{_:l!::::::::::::::::::il::::l`ヽ.
:::/            /::::::.. ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.入:::::: ヘ ::::`リ::ll:::::::::::::::::::ll::::::::::::::::`ヽ..
/       航海長!! 乗組員を甲板に集合させろ!! .::::::il::::::::::::::::::::li::::::::::::::::::::::::::`::::.... _
             l:::::::::::::::::. ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \::ll:::::::::::::::::::::li::/ :::::ソ:::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄ :::‐-..、
              ハ::::::::::::::::::.. ',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l メ、:::::::::::::::: イ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
          r‐─{::l::::::::::::::::::::.. l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::il:::::`:::─ '::::li:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::l
          l:::::::\ ::::::::::::::::::::::::::::::::::  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ll:::::::::::::::::::::::|l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ :::::l







783 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:07:00 ID:Zg1lM8fI






      rfニ、ヽ
      l。 。 f9i
      t≦_ノゝ、            ,,....,,,,__        ,rrテ≡==-、
      `ブ´,,:: -- ::、       ,r''"''''''ヽ:::`ヽ.     (〃彡三ミミ::`ヽ
      ,rニュf::r-‐t::::::::ヽ     f´,,..、 r"::::::::::i      /"~´   i三ミ::::i,
     /,,, Y.. -‐ ヾ::::::::l      ノ゙ f・=  7:::::::::::l.    f:、 ‐-:、 (ミミ:::::::l   ……………………
      ム゚゙゙' く、'゚`  ゙'"):::l    ヽ''    ゙'⌒リ:ノ    ノ゚ヲ ''・=  リ::r-、リ
     l=,,;;:. l=、  ..::" ,)ヽ、   j ̄    ト'"fノ     l (-、ヽ'"   ゙'´ノ),)
    /`ゝ-''^ヽ''"  ,/: : : :\  ヽ、: : : '" ノ^i,     lィー-、    ノ-イ
    /rf´ i′  ,f^ヽノ:,. - - 、 ヽ,,. -テ) ,/  `ヽ、   t_゙゙   _,,.. :: "  l、
   ゙'゙  l   l: : j :f´: : : : : ヽ,/   '''"´  ,,.: -  ヽ    `ユ゙"    ,ノ::ゝ、
      !   /: :ノ l: : : : : : : ノ,      ,:'"   ゙ヽ i,.r‐(´::::〉   ,.ィ":::::/::::::
      /-‐-/: :/: l: : : : : : ,/ /     /      ,f´:::,::ヽfト--テ:::::::::ノ:::::::::
. _,,..::-,テ   /`7: :(: : : : : /ヽ/     〃       リ:::,'::::::ゝ!r7/ー一'":::::::::::::
`_,:ィ''"  _,r''" f: : :ト---ヲ /      fノ       /::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::
-‐-‐'''フ"  ,.ノ,:::::」、,:r'"  ,i     /       /::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::::
、..、く´_,,∠"ィ''"´ /   ,>     /\、   ,ノ:::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::::::
´  ,ヘr:、-、=---/    ,:イ    ,ノ   `゙ヽ、/:::::i':::::://:://::::::::::::::::::::::::::::::::::
ーフ´ > ヽ`ー、/    /く _,,..ィ''"゙'  _,,:ィf-:、::::::!::/`゙゙ブ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/ / ,,ゝヽ, )  ,./ ィ'"   r-‐ ''",.,    ヾ:l:/ f"´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::







784 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:07:30 ID:Zg1lM8fI






         ____              ___      ───できる夫、艦長はいったいどうしたんだお?
       /   u \           /     \     
      /  /    \\        /   ⌒  ⌒\        突然デッキに総員集合をかけて?
    /  し (○)  (○) \     /   ( ー)  (ー) ヽ  
    | ∪    (__人__)  J |     |  u   ___`___    |  ───さあ、私には見当もつきませんね……
     \  u   `⌒´   /      ヽ、    `ー '´  /







785 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:08:00 ID:Zg1lM8fI






  l      /     /     /::::/  / /
  |      ./     /   / /:::::::/ /:: / /   /       乗組員ども!!
  |      l     /   /xヘ  / / :::::/ /:/  /
  |      │     ./ </   X /: :::::::./ /:/  /        副長やらない夫・クリスチャンは本艦の
  |      |    /〃え≧仆く/\ ::::::../ /:/  /
  |      |   :Ⅳ /圦;;;;;;;;;必\ \:/ /:::l. /         共有財産であるココナツを横領した!!
  |      |   lY fう;::ゝ;;;(⌒\\::/x'::::│/ /!   !
  |      |   |{ 弋ヘ:::::::::ヽ  ハ、//::::\l/ /│   | │   しかし、これはヤツ一人だけのことではあるまい
  |      |   小、 夊三三:ゝ'′/∧ ::::::::〉∧│   | │
 ∧.    ll    l  ヾ、.        //::;ヾ、:::/∧∧!  :| │   他にも横領に加担したものがいるはずだ!!
 l ∧    |l    |     `ー==≡≠≦. ∨/ ヘ ∨  |l  |
 l ∧    | l  │   __ ニ二三V;三ニミ/∧:ミミヾ∨./ \!   今すぐ名乗り出ろ!!
 l  ∧  | l  |               V.::::::::::ヾミ=l l三彡
    ∧. l  \ |                   ヾマリ三彡   もしくはその現場を目撃したものも名乗り出るんだ!!








         ____
       /   u \      (ぬ、盗みだなんて……
      /  \    /\
    /  し (○)  (○) \   嘘だお!!
     | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /    艦長、やらない夫がそんなことするはずないお……!!)







786 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:09:00 ID:Zg1lM8fI






      rfニ、ヽ
      l。 。 f9i
      t⊆_ノゝ、            ,,....,,,,__        ,rrテ≡==-、
      `ブ´,,:: -- ::、       ,r''"''''''ヽ::`ヽ.     (〃彡三ミミ::`ヽ
      ,rニュf::r-‐t::::::::ヽ     f´,,..、#r"::::::::::i      /"~´   i三ミ::::i,
     /,,,#Y.. -‐ ヾ::::::::l      ノ゙ f・=  7:::::::::::l.    f:、ソ‐-、#(ミミ:::::::l   (はあ??
      ム゚゙゙' く、'゚`# ゙'"):::l    ヽ''    ゙'⌒リ:ノ    ノ゚ヲ ''・=  リ::r-、リ
     lヲ,,;;:. l-、  ..::" ,)ヽ、   jニゝ   ,ト'"fノ     l (-、ヽ'"   ゙'´ノ),)   てめえ何言ってんだこのやろう
    /`ゝ-''^ヽ''"  ,/: : : :\  ヽ、: : : '" ノ^i,     lィニユ )    ノ-イ
    /rf´ i′  ,f^ヽノ:,. - - 、 ヽ,,. -テ) ,/  `ヽ、   t_゙゙   _,,.. :: "  l、    んなことするわけが
   ゙'゙  l   l: : j :f´: : : : : ヽ,/   '''"´  ,,.: -  ヽ    `ユ゙"    ,ノ::ゝ、
      !   /: :ノ l: : : : : : : ノ,      ,:'"   ゙ヽ i,.r‐(´::::〉   ,.ィ":::::/::::::   ねーだろうが!!!!)
      /-‐-/: :/: l: : : : : : ,/ /     /      ,f´:::,::ヽfト--テ:::::::::ノ:::::::::
. _,,..::-,テ   /`7: :(: : : : : /ヽ/     〃       リ:::,'::::::ゝ!r7/ー一'":::::::::::::
`_,:ィ''"  _,r''" f: : :ト---ヲ /      fノ       /::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::
-‐-‐'''フ"  ,.ノ,:::::」、,:r'"  ,i     /       /::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::::
、..、く´_,,∠"ィ''"´ /   ,>     /\、   ,ノ:::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::::::
´  ,ヘr:、-、=---/    ,:イ    ,ノ   `゙ヽ、/:::::i':::::://:://::::::::::::::::::::::::::::::::::
ーフ´ > ヽ`ー、/    /く _,,..ィ''"゙'  _,,:ィf-:、::::::!::/`゙゙ブ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/ / ,,ゝヽ, )  ,./ ィ'"   r-‐ ''",.,    ヾ:l:/ f"´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::






いうまでもなくこれはほとんどの乗組員には見に覚えのないことだった。
また、当直に付いてココナツを見張っていたものも、勤務をおろそかにしていたことが艦長に
分かってしまうので、目撃したともしなかったとも証言できなかった。







787 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:10:00 ID:Zg1lM8fI






             _ . :' :´ : ̄ ̄:`:' ...、
           ,.: :'´: : : : : : : :/: : : : : :.\           r‐.、
          /: : : : :/: : :/: : : /: : i: : : : \     _...   |::::::ゝ.-.、
       /: : : : : : /: : : /: : : ::::/: : :::l: : :ヾ: : .ヽ   ./::::}   ヾ:/:::::/r:...、
        イ/: : : : :./: : : /: : /::::/: : : :::l: : : :i: : : :.i   /::::/     }::::::i i::_::/:'::フ
     //イ: : i: l:/: :/::/: : /: :/: : : : :/il: : : l: : : ::l .ノ:::::/     ノ:::::::|   7:::::/
     /〃イ: l: V: /::/: : /: :/: : : //从; : : |: : : 小::::::::{   ./:::::::::ノ  /:::::/ー...._
       {i ハ: :ヾ: /::/: : / //: : : //リ ヾ∨/: : : :/ i:::::::', /:::::::::/ /::::::::i'Y::::::|
      八i: :V/:/::/-: /:/:/i: /:/./ ,ィ≦/: /:/i.. l::::::ーイ::::::::::Kー::':´::::::::/ |::::::|
        升ハ/::/イ忘≧=、/: ::/ ィ彡イ:アイ:/:/i/  |:::::::::::::::::::/::/::::、:_:/...ィ:::´ヽ ::|_
    _   マノハKi弋t ン/:/ノ / 辻ソ//:イ:/.  |:::::::::::::::::::::::i:::::::/::、'´:::::_::- <:::::>
  , ィ:´:.:.:.:`:YV /ハミゞ、     |     彳: 八廴_ ヾ::::::::::::::::::::l:::::/:::::::=/ニ...-‐'´:::/
../:.:.:.:. ̄ヾヽ:.:.\:.:.:.:.:ミ >、  、_.`_ ,  イ/:/ハ:.:.//フハ:::::::::::::::::::!::/:::::/:::::::::::::::::`:::/
ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ミ、:.:||:.||:.:.:.:.ヽ \  ̄ / ./i//:.:.:..//// .}:::::::::::::::::::i:::::/:::/ ̄ ̄ ̄
 トミ、:.:._:.:.:.::.:.:.:Ⅶ:.||:.:.:.:.:.:.:V/` ー´ .V /:.:.ノノ//:.:/  }:::::::::::::::::::::::::/  誰も、誰も知らないと言い張るのか……
  \:.:.::.ヾ、:.ヽ:.:.V/:.:.:.:.:.:.:.:.\ i i  .i/:.:.:./ ̄:.:.:.:/ /il::::::::::::::::::/イ
   ヾ:.:.:.:.:.:.:.:.]〃:.:.:.:.:.:.:.:_:_:_:.>| l ./:.:.:: /:.:.:.:.:.:./iイ:::::::::::::::::::::::/:.:/    くくくっ、まあいい
    \:.:.:.:./:.:.:.:.ィ< ̄  i l |i i| //..Y:.:.:.:.:.:.:.:.:.l::::::::::::::::::::/:.:.il
     . V/:.::ィ:´:.、:.:.::.:i:.:.l// ..{O}i//| |:.:.:.:.:.:.:.:.:\:::::::::/:.:.:.:.:.ll     ならば私が直接貴様らに一人ずつ尋問する
      /<:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:V_...ィ':´:.:. | |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..Y ´ :.:.:.:.:.:./i
        V:.:.:.:.:.:.:/:.:〃':.´:./:.:.:.:.:.:.:.:| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.//     それから、盗まれたココナツを見つけ出すために
        V:.:.:.:./イ:.:.:.:.:.: 〃:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.//
        \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.':.´:.:.:.:.:.:.:Vヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:./ イハ i       各個人が蓄えてあるココナツを総てこの上甲板に
          }`:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:._ - ‐ ──V i:.:.:.:.:.:.// / //
          ヾ:,_ ; - '' ´         ,Vl:.:.://  i.//        持って来るんだ
                          V/,/    //
                          |/     i/         急げ!!







788 :名無しのやる夫だお:2010/04/16(金) 23:10:04 ID:pJz4iOlY



しかし出航したばっかなのにえらくテンパってるなあ


789 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:11:00 ID:Zg1lM8fI






          ,.   ―   .,          バウンティ号がタヒチ島を離れるに際し、
       , . ´     :  .  ` .
     /  .     .  : :  . . ヽ      島民はブライ艦長を含めた全乗組員に対しココナツを贈っていた。
    , '.  . : . . ` . . :  : .  . . '、
    / .  .  .   :  .    .  .  ',    これらは各自が適当な置き場所を見つけて蓄えていたのである。
   ;     :    .  .  .       :::i
    i .   .   :     .  . .  ..::::::!    いうまでもなくこれらは私的な所有物であり、
    ',  .    :    :  .   ......:::::::/
    ' 、.  :.  .  :   .  . . ....::::::; '     本来艦長に管理される類のものではなかった。
     ヽ.   .   .     ...:.:.::::/
       ` .、    .    ....:::;:''''´        艦長はそれらを提出させて今までいくつ消費したのか尋問した。







790 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:11:37 ID:Zg1lM8fI






か、艦長、やる夫には全く身に覚えがないお……
         ____              ___        
       /   u \           /     \     
      /  /    \\        /   ⌒  ⌒\   
    /  し (○)  (○) \     /   ( ー)  (ー) ヽ   
    | ∪    (__人__)  J |     |  u   ___`___    |  
     \  u   `⌒´   /      ヽ、    `ー '´  /

                         私にも全く心当たりがありません……







791 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:12:00 ID:Zg1lM8fI






   /ノYヽヽ
   /(0)(0):::ヽ      で、でっていうには全く身に覚えがないっていう……
 ./ ⌒`´⌒∪:\
 | )ノ(、_, )ヽ, (::::|    クオーターデッキには上がった事もないっていう……
 |.l ,;‐=‐ヽ  l :::|
 \ `ニニ´ ::::/
 /`ー---―´\







792 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:13:00 ID:Zg1lM8fI






     _____
..   /.:::::::::::::::::::::::::::ヽそ、そんなこと知るわけないじゃないですか!!     ,, - ,,=   、
..   |:::::::γ⌒^Y⌒ヽ :.|                               , "   /     ヽ、
..   |:::::::::/ ._ノ  ヽ  ..|                          わ、私には全く身に覚えが……
   |:::::::〉 ( ○) (○)|   知りませんよ艦長! そんなこと!     ./__ ,, ,,,!, _       |
.  (@ ::::⌒(__人__)⌒)     |::!:/:|::::!::::|::::::|:::|::::!::ト、:::|::::::!::::!      ./i.!/ _ ノ !|  ゛ '' ,、   !
    |  u   |r┬-|  |      レ':|:::|::_ト、:ト、:::|:::ヒ_A匕:::|i:::::ト、:|      ,! w''"_''、 .!-=ァ. ∪ッ 、!
    \    `ー'´ /      !::::|:::|´f「`r、_,iNソ、frリY:ト、::|::::|      ' !.l!." ゛!"'l '"㍉, i.|/. !|ヽ、
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.      ヽト、|::|丶ゞ´  `¨⌒ ´ !::::/V        '|゛''''' ツ  `‐  メ./ !"l/- ''
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i        ヽハ  、_`_' _,.、 /レ'          i   __ __ _   ,_/ノ
    |  \/゙(__)\,|  i |          ヽ. ヾニ二リ,.イ |、           .ヽ, .ゝ_  .ノ ./ .|"
    >   ヽ. ハ  |   ||     ___/i7` ー'′ / |_            l 、    .イ  .|






当然だが、乗組員は誰もこのことに関して明確な答えを返すことは出来なかった。







793 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:14:00 ID:Zg1lM8fI






     / ̄ ̄\
   /    \ ノ      艦長!! 私には分かりません!!
   |    ( ●)(●)
.   | ノ(  (__人__)    どうしてあなたは私を疑うんですか!!
    | ⌒    ` ⌒´ノ
.    |         }     私は絶対にあなたのものを盗むような真似をする
.    ヽ        }
     ヽ     ノ      卑劣な男ではありません!!
      /   く  
     |     \      なぜそれを信じてくれないんですか!!
      |    |ヽ、二⌒)







794 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:15:10 ID:Zg1lM8fI






.             / /    .: .::::/  .::/.:://::/  {::.:|:.   .::::::::::::::::::ヽ
            / /  /  .: .:::/  .:/.::/ ,.:゙::/==ヘ::ト、. /.::::::::::::::::::::::::::.     いや、私はそう考えている!!
         / / .:/  .: .:::/ .:.イ.::/ /:,∠===zミ、∨.::  .::::::::::::::::::::::.
        , , ゙ .::/  .:::!.::/ .:/ /://7.:/, , =ァ、   }///.   .:::/.::::::::::::::::    お前はとんでもない卑怯者だよ!!
       / イ .::/  .:::::|/l.::/`X/iレ'/〃_辷zり__, //.:  .::::/.:::::::::::::::::::!
            | :イ  .::/.::{,ィ7弌メ、/´ ` ̄ ̄ ̄ ̄´7/.:  .::::/.:::::/.:/.::::::::}    盗んだのはお前に違いない
            |./ il .:/ .::::ト、」f斗'′            //.:  .::::::/.:::::/.:/.::::::::/
            |:! :i:{ ::i::|    ヽ   ____,`ヽ, /イ.:::: .:::/.:::, くY:::::::::::,゙     そうでなければ、ココナツについて
            |{  | :リ ::{::|    、ニ, -‐─‐‐ァ′ /.::::://.::/〉 l::::::::::::{
           | !  :!ハ    V       /   /.::///  _ノ.::::::::i::|     もっと合理的な説明が出来るはずだ
           l 小 :! .:ヽ、   }    .ノ  ///'" ノ`7.:::::::::::i::::|::!
              _ノ | ト. !.::::/ \ └-‐ ´     ´      /.:::::::::::::|:::{リ     ココナツの件を隠蔽できるのは貴様だけだ!!
              リ} {:::/  }:ト、 ` ̄      .  ´  /.:/::::::::!:::ト、|     ___
                ノ.: メ、 /.::i::.ヽ  _  -‐ ´     /:,イ:::|:::::ト、|≧-‐ ´
             '⌒´  ノ イ::/ 二二二`仁二二二/二|:::ハ> ´      /
                   |ハ {    } |  _〈 〉- 、 -'‐ ´       /
  , -‐-   .              } |     | | {r┐!.」⌒          /
 /       `ヽ、__, _     」 {    } |  └、{.__,ィ         , ´
. {             > 丁7´` く    ノノ  /ー' r‐'        /







795 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:16:00 ID:Zg1lM8fI






         / ̄ ̄\
       / ヽ、. _ノ \
       | u (●)(●) |   艦長、信じてください!!
       |  (__人__) |
          |   ` ⌒´  |    私は、私は……
        |        }
        ヽ       }
        人_____ノ"\








 \ | ̄|□□ | ̄|□□ |____ | /
 / |  |_ | ̄   ̄ ̄| ┌┐// \       う、うるさーい!!!!!
 \ |  _|  ̄|  | ̄| |  | | ̄ /
 / |_|    |_| |_| ノ /   \       俺がそういったんだからそうなんだ!!!!!
  ̄/    , ────-  ̄ _| ̄
    ̄  //V:V:V:V:V:V\,           犯人はお前に決まってるんだ!!!!!
   )   ||::::::::::\:/:::::::::||   (
    )  ||::::(×):'':(☆)::::||  ( (
  )三三)::::::::::(二二)::::::::::(三三 (       サミュエル!! サミュエルはいるか!!
   ) _ /::/ヽ/::::::\/ヽ::ヽ_ (
  / |:::::|//|\:/|\\|::::| \
 /   ヽ// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\:  ヽ
 |   //、\__(二 二)__//\\ |
⌒ //   `-─--─-- ′   \\⌒
 ⌒ ⌒               ⌒ ⌒







796 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:16:30 ID:Zg1lM8fI






            , -‐-‐……‐- 、
           /.::.::.:,.::.::.::.:.:.::.::.::.::.:ヽ.
          /.:.::.:./.:/ ./.: .:}:.!: :.::. ::.:ヽ.       は、はい、
         /. .::.::.:/.::.:/.::/|::.::/イ!::. |:.: }::ヽ:\
       /.::/.i ::.:ト、ノ __ ̄`  リ-く!::.:l:. :.:.:ヽ:ヽ
      _ノ.::/.::.|: :.{ ,ィf行、    __ └イ::.ト、::.::.:V    ここにいますが……
      〉.::.:/.::.::.|:.:.:| 辷」    仆灯V::.::l::.:ヽ::.::}
      ヽ:/.::.:/.:Li::.} u    i 弋7 /!::.:|.::.::.::V
      /. .::/.::.::.:ヽ〉   .... _    厶!::.:l:ヽ::.:/
      \/.::.::.::.::.::.:iヽ、  ‐   /.::.└イ::.::.V
       '、::.::.::.::.::.::.}  >ー イ.::.::.::.::.::.::|::./
         丶、::.:ノV ┴'マ^ト、::.::.::.::.:jノ
        _ .. イ!{ V     L}斗r-‐ ´
   , ‐‐-‐ ´   }} V     ハ. {{`丶、
   i⌒ヽ    〃rく!     ハ.   ',  ヽ.
   {    \ V/ }::丶.  ,く : : ; i  ',   }l
    ',    V/ /.:::::::::::丶、ヽ: l l  '.  / {
     、 `V L 个、、::::::::::::::}: :l |   v  |







797 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:17:00 ID:Zg1lM8fI






       / .:.:.,':.:.:.:.:./.:.:.:.:. / :.:.:././:. :.:.:./:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.i:..:.:.:.:.:.:|.:.l:.:.:.',
  _. -─ ´/i :.:l .:.: ./:.:.:.:./ :.:./:.:./:..: .:.:./i.:.:.:.|: .:.:.: .:|.: .:.:.:.:. l.:.i. .:.:.l `─‐-、  よしサミュエル、ただいまから
/     .,':.|:.: .|: .:./:.:.:.:.// :.,イ .:.:.:.7}:. :.:./:.l.:.:.:.l:.: :.: .:.|:: :.:.:. :.ノ.:.|.: .:.l
      /:.:.i:.:. .l: .,':.:.:.:.//// ,イ:./ ,' :.:./.}.:.lヽ:.:.',:. :.:.:.i:.: .:. :./:.:.il.:.:.:.{        私のいうことを実行しろ!!
     /.:./|:.:. |.:.|:.:.:.:/// /:./ /:/ / :.:.:/ /:./  ヽヽ.:.:.:.|:.:. : /:.:./ }:.:..`、
     //|:.l.:. l:.:.|.:.:./≧_/:/ /:/ / :.:.:/ /:./ .,∠戈‐、:.i:.:.:./:.:/ ノ|:.:.| `ー、     犯人が新たに名乗り出ない以上
.    /´  |:.l.:. |:.:.|:.:,'{ {戈_>、// / :.:./ /:./,Kイ_) - j 〉7:.:../:.:/ イ.:.l|:.l|
   /   |:.l|.:.|:.:.:',ヘ \ゝェ イ∨.:/ /イ/、ゝzツノ´/..:./:.:/r':.:./|:l|リ`       今回の件を乗組員の連帯責任とし、
       ヽ|.:.l:.:.}:.:∧   ̄ //i 〃´ ´ ̄   イ:.:./:.:.|ヽ、:./ l.|
        l.:.l|:.:.|l:.:.∧   /´  i}       ./:./i:.|:.|  `‐--------‐   艦内全員に対するグロッグの配給を
        |.:.lヽ.| }:.:.|:.ヽ     、、     /‐´/:.:.,'|:|l|
        l:/ ',:| |:.:}:.:.|、\   r、___    /イ:/ リ/|     ___ , -‐'    停止する!!
\       |´  ヾ l.ノヽ| )ノヽ ',二_,, 〉 /// / .|     |: : : : : : :
  \         ./  ( ´  {` 、 ̄ ̄, イ// //  i    ノ: : : : : : :    また、今まで主食としていたヤムイモの
\  \          `/  /`、` ‐´ /¨ヽ/ /  ノ   /: : : : : : : :
: : \  \         〈  { /  / ̄ ̄ヽ   } / /   /: : : : : : : : /    配給を1.5ポンドから3/4ポンドに
: : : : :`ー、 \        \∨  /    /}  |彡/   / : : : : : : : : /
\ : : : : :\ \       \ヽ ヽ、   //i  |/  /: : : : : : : : : /      半減する!!







798 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:17:30 ID:Zg1lM8fI






.       }: : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : : : : `}
      /: : : : :, _ - ‐ -`、::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::: : : :く
      lー ´       `ー ''- ‐- '´ー 、:::::::::::::::: : : ソ
        l_ _                ヽ、 , /´: : :,'      か、艦長!!
       l: : : /,,二  ̄ ー -、- ー 、_    /: : : , '
       /,: : ´/   ̄─= = 、ゞ: : : :, '二 `ーV、: : ´
      { ',ゝ::/  = = ヾ   ゙-- ´r - 、㍉/) `´         その処分はあまりに厳し過ぎます!!
      `、i: :ヽ,  ヽ f´ヒソ`    i  f心 ソ /,'ケ
       ヾi: : ゞ.      ´    l  `゙ ´ ./} /
        ヽ:', ∪       ,,. |:     /ン            乗組員の多くには全く関係のない
      ,一´、:',        、 /::    /
   , '  / l::ヽ      ___   ,.' 、 
 , '.    /  ,!, ,' ヽ   `'´ - ― - `  ' 、 \             話なんですよ!!
/.    イ//  '.  ヽ    ゙゙゙゙  , 'ト  l  ' ,
     l     !   ヽ     , ' l \ l   ',
.     |.     ',    ヽ _ _, '  /    |    ',`‐
     |      l          |      l    ' , \







799 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:18:08 ID:Zg1lM8fI






       /:.:.:l:.:.l:.:.:|:.:,'.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:/ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:ハ:.:.:r 、:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.ハ
       ,′:.:l:.:.|:.:.:|/ :.:.:.:.:.:/:.: /:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./!:.:/ |:.:.| ':,:.:.{ヽ:.:.:j:.:.:.:.|.:.:,      黙れ、航海長!!
        |:.:.:.:.|:.:.|:.:.:l.:.:.:.:/.:/://:/|:.:.:.:.:.:.:.:.:./ //|l  |:.:.|  ∨:}、\:.:.:.:.l.:.:.:,
        |:.:.:.:.|:.:.l:.:.:.':.:.:/ //¨フ'イ廴|:.:.:.:.:.:.:/,  //_」レ''「.:.:、  ∨.:}、 '<:.:.:.:l      貴様の無能さが今回の事件を
       |:.:.:.:.l.:.:.':.:.:.∨ /y=ミ:、,リ 寸:.:.:.:,イ!〃,ィ//´ノ,>==ミム  ヽ:.:.>:、 `ヽ|
      |:.:.:.:.l:.:.:.':.:.:.:∨ {{ fて心、 |:.:.:/ リ:{{彳:/ ,.ィ,ィ'Ⅴヽ }}ヽ |:i、:}.:.:.`!   !      引き起こしたと知れ!!
      ハ:.:.:..':.:.:.:.:.:.:.:.',   辷zク_` |:.:ハ.  //  ヒ込ィツ ノ /〉.jノ l|、.:.:|  |
        ',:.:.:.l,:.:.:.:.':.:.:.:', `¨¨ ̄   |.;' }  /イ    ̄¨¨¨¨  //:.ハ リ \:|  |_
        ',:.:.|∨:.:.:.':.:.:ハ      |' ノ          /´:./.:.:\   ` ー-:, \   そしてもう一つ、
        ',:.l |\:.:.:.',:.:.| \     :|         r───── '′  , ヽ \
         ':| |:./ \:.ヽ|\_|   ___`           }  _____       ' 、 \   貴様らが提出したココナツは
            |;' /ハ:.:.:\ \ ヽ  /` ー--─=7 /  /:./.:.:.:.:>'
             | { ハ:.:.:.',.|二|、 ∨       / /  /.:> ' ´              私がしばらく預かる!!
             ム ∨ }:l:.:.}:.:.:.:.|ヽ.  、    /  / /    __,. く
______/  } V 从:.{ハ:.l:.:!  \  ̄ ̄   {/ .ィ'´厂    l \__
           /   \ リ 从:.!':   \    / / ,レ'′    ;|    \
            |    \  リ :,   ` ーく / /     / |







800 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:19:00 ID:Zg1lM8fI






                       ___
                   ,. -'"´     `¨ー 、        
                 /          ヾ  ヽ、
                /        ,ゝ===く、};  ヽゝ.     
               /       、_γ r,J三;ヾ `ヾ,ト┬-、i
               ,'        く(   {三●;= }  )>● ヽ,   (な、なんて男だこいつは!!
               i         ゝ  ゞ'丕シ  ノ }  }
               |          ` === ´,ノ`ー-'ヽ,    俺に罪をなすりつけた上に
               i                ̄ "'''"´  }
               :                    ./    他の乗組員にまで懲罰を与えるなんて!!
               i                    ,!
               i                   !     もうだめだ!!!!!
                ',                   {
                i                   !     俺はこんな男には従えない!!!!!)
                .}    !               }
                i     ヽ、          i  ,'
                l      ヽ、         |. /
        _ --、_  /        ヽ..,,____,,..ノノ
  /´ ̄ ̄  \::::::::|               ノ
 /        ヽ::::::|            ,, ィ'







801 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:20:00 ID:Zg1lM8fI






          , ──.、
        /    \              うおおおおおおおおお!!!!!!!!!
          (○) (○) |≡≡
      ,-、 .(__人_)   |≡≡
      > 三三三 }  / ≡≡          俺はもうだめだ!!!!!!!!
      `´  ヽ⌒  ノゝ/´`ミ
     ,;;;;;,  (ゞニニノノ __/\__ミ
    \ \/ X     \≡≡
     `゙゙彡゙   \     \≡≡






804 :名無しのやる夫だお:2010/04/16(金) 23:21:40 ID:LduVAY9Q



有能ってフォローついてるけど、途中で無計画に予定を変更しすぎだよなこの艦長。半分くらいは海軍本部のせいなのかもしれんが


ある意味ブライ艦長は有能過ぎたのかなと思います。
それゆえに張り切り過ぎてこういう事態を招いたという気はします。



802 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:20:30 ID:Zg1lM8fI






やらない夫が暮らす居住区画
(注:やらない夫・エルフィンストーン航海士、および二人の士官候補生がこの部屋で暮らしている)





        丶                (⌒)
            \                            /
           | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
           |.                            |
   。         |..                           |
  ''十,,_      |                            |
     !.       |___.                          |
 ( ヾ゙.;;)|     .,.-'  _, -'|                         |
 ∀`6j! .,.r''" ,.r''"// |                              |
  (`z- |.  | ̄ ̄|/./..,.イ| ,,,____________ _ ,.......  ,,,_| ,..,.
    _..-'"  ! ... |,.イ´../                   ,ィテ_,.`ヽ \ミl|
  :''"    |    |...」/                     (,,._.. _..:;)ー'  \
      /二二ス                                      \
      |_レ'  |_レ'        ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .ゥ\
    /           /: 区l圜!       (,,::.;). \
   /          /::::::::............             \
 /             | ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|







803 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:21:00 ID:Zg1lM8fI






                  |   ||
                  |   ||     オレハモウダメダ…
         シクシク     .|   ||
           シクシク   .|   ||          オレハモウダメダ…
                  |   ||
       ./ ̄ ̄ ̄`ヽ、  .|   ||               オレハモウダメダ…
       |         ヽ .|   ||
       ヽ、___ノ/ /ヽ   ||     オレハモウココニハイラレナイ…
         <二つ二二ノ  ヽ  ||
         / /  人  \  }  ||          オレハモウダメダ…
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ∠'∠_/ ヽヽ、_.ノ  ||
                   \||







805 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:22:00 ID:Zg1lM8fI






自室に引きこもったやらない夫を心配して、准士官達が次々とやらない夫の部屋に集まってきた。








            / ニYニヽ
          /u (0)(0)ヽ      あ、あー、
         /  ⌒`´⌒\
        | ,-)       (- |     やらない夫副長、
        | l   ヽ__ ノl |
         \  ` ⌒´  /     そんなに気を落とすなっていう……
        /        ヽ
       /           ヽ    
       |           | |
       ヽ_|         |丿
         |         |







806 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:22:30 ID:Zg1lM8fI






   / ̄ ̄\  ミ
 /   _ノ  \       気を落とすな?
 |   (○) (O)
. |.   .|| (__人__)     艦長から私がどんなひどい取り扱いを受けているか、
  |    ノi  !   | }
.  |   し' ` ⌒´ノ      あなたは知っているじゃないですか!?
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)







807 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:23:00 ID:Zg1lM8fI






           / ニYニヽ
         /u (0)(0)ヽ      で、でっていうの受けている待遇だって
        /  ⌒`´⌒\
       | ,-)       (- |     副長同様ひどいモノだっていう……
       | l   ヽ__ ノl |
        \  ` ⌒´  /     








        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \       ひどい?
      |   (○) (O)
     . |.   .|| (__人__)     あなたはいいですよ、でっていうさん
       |    ノi  !   | }
     .  |   し' ` ⌒´ノ      あなたは准士官なんですから!!
     .  ヽ        }
        ヽ     ノ       その階級があなたを守ってくれるんですよ!!







808 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:24:00 ID:Zg1lM8fI






    / ̄ ̄\         あなたは正規の准士官だから艦長に文句を言える……
   / ヽ、_    \
  (○)(○ )    |       だけど、万一あなたのようなやり方で私が艦長に文句を言ったら、
  (__人__)゚o    │
   (,`⌒ ´      |       多分艦長は私を解任して、私をヒラの水兵に逆戻りさせて
  . {        |
    {        ..:/       その上で鞭打ち刑を科すでしょうよ!!
    ` ー     \
    /    _    l      でも、私はタダでは死ぬつもりはないですよ!!
   /  ̄`Y´   ヾ;/  |
  ,|    |    |´  ハ     彼を両手で抱えて、一緒に海に飛び込んで死にます!!!!!
  |    |    |-‐'i′l
  |__ |   _|   7'′
 (   (  ̄ノ `ー-'′







809 :名無しのやる夫だお:2010/04/16(金) 23:24:56 ID:poT/6g3M



平の中間管理職は地獄だな…


監督と現場の板挟みですからねぇ。



811 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:25:11 ID:Zg1lM8fI






         / ニYニヽ
       /u (0)(0)ヽ      き、きっと心配ないっていう……
      /  ⌒`´⌒\
     | ,-)       (- |     艦長の癇癪がいつもよりちょっとだけ
     | l   ヽ__ ノl |
      \  ` ⌒´  /     長引いているだけだっていう……








   / ̄ ̄\                    このままではトレス海峡を通り抜ける時にはこの艦は
 /   _ノ  \   \
 |    ( ○)(○) \ \            きっと修羅場になりますよ!!
. |   o゚ (__人__)  __
  |  0   `ー'´ノ´ ̄    ̄\         こんな仕打ちに我慢するくらいなら、私は死んだほうがマシです!!
.  |     /  }         \
.  ヽ   /   }          }て・,‥¨   私は一人の士官として果たさなければいけない義務は
   ヽ     ノ ___   _ノ そ¨・:‘ .
   /    く  \  YY ̄ ̄YY\       常に果たしています!!
   |     \   \    ・; ∵ ..\
    |    |ヽ、二⌒)、       .  \    それなのにこんなあしらいをされるなんて!!







812 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:26:00 ID:Zg1lM8fI






       /::: :,、: : ::| `ヽ、: : : : : : ::/ i: : : : :,、: :}
         {::: : { ヽ: : :i   ヽ: : : : ::/  l: : :/ {: : :}
         |::: : :ゝ \|    ヽ:::::/   //  ヽ:::l      …………
        |::: ::/. ヽ、   、  V  / ´ ノ / i:::|
         ヽ、l `ヾ、` 、 ヾヽ、、 /_, ',,, '.  l:/     副長、気を落とさないでいただきたい
       / ヽ ```エェヾ'`、;ヾf=≠ェヶヤ´,  i´}
       ヘ iヽ   ` ̄ ̄´`ゞ::i ″゙二 ̄   / /     今回のことはあなたに何の落ち度もないことは
        ヽ、\      ´  :|::     /::/ /
          `|          |:::    /::/ン'       みんな分かっています
          ,ト、.        _ |:     イ
           / |:.\    ___   /ヽ、        今日の出来事は水に流して忘れましょう
            |\|:::::ヽ  '´ - ― - ` / lノi
       _ ,,‐|  `' 、ヽ       / /  |、_
_ _ , - ‐ '  {.{.{     >ヽ , _ _ ,イヽ、   |ヽ} ` ー - _
        ハ \   { `ヽ:: ::∥∥:: :: /   / /







814 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:27:15 ID:Zg1lM8fI






   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \       忘れろ? 忘れろですって!!
 |   (○) (O)
. |.   .|| (__人__)     私は衆人の前で泥棒呼ばわりされたんですよ!!
  |    ノi  !   | }
.  |   し' ` ⌒´ノ      そんな出来事が忘れられるわけないじゃないですか!!!!!
.  ヽ        }
   ヽ     ノ       掌帆長、私はもうだめです……!!
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)







815 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:28:02 ID:Zg1lM8fI






           ,..  ´ ̄ ̄`丶、
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::\          紅天、既に死す!!
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        ノ{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ        我々はこのままでは艦長には従えない!!
        イソ:7::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::!
      /:|7Y::::::::::::::::::,:/:::::::::!:::::::::::::::::ト:'、       どうだろう、准士官一同で取り計らって、
..、     /:::::::/:::::::::::、//::::/1∧::::::::::::::::::、:ヘ
:::::\,/::::::,イ::::::,fテッ'ミ/:::/ ム斗:,:ト,:::::::::::::::ト、ヘ     今後艦長から会食を申し入れられても
:::::::::::\_j::!:::::/7 ̄/::7'! ノィf示|:|:l:::::::::::::::|l Ⅵ
::::::::::::::::ト、:|:j:::∧  /7 イ /  ̄ !jノ:::::::::::::::|l /     断るようにしては?
::::::::::::::::| リl::/:∧ 、  '     /::::::::::::::::::ハ、
::::::::::::::::j /1!:/:.:.:\弋三ア ィ'7:::::::::::::::::::::::ヘ、     任務に支障のないような抗議の仕方であれば、
、:::::::::::/ /::::X:.:.:.:.:.:∧__/:.:≠ヘ::::::::ト、::::::::::::ヘ、
'、 、::::/ /::::/:.:.:.` 、r 、LL」__:./:.:.:.:.!:::::::|:.:! ト-─- 、   懲罰の対象にはなるまい?
 7γ7:::::/:.:.:.:.:.:.:.:'ー,... _l」:.:.:.:.:.:j::::::::!: ! |::::::::::::::::::\
 l | !:::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:rュ__|_|_rュ:.:.:/::::::/:/ /::::::::::::::::::::::::\







816 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:29:00 ID:Zg1lM8fI






       /::: :,、: : ::| `ヽ、: : : : : : ::/ i: : : : :,、: :}
         {::: : { ヽ: : :i   ヽ: : : : ::/  l: : :/ {: : :}
         |::: : :ゝ \|    ヽ:::::/   //  ヽ:::l      …………
        |::: ::/. ヽ、   、  V  / ´ ノ / i:::|
         ヽ、l `ヾ、` 、 ヾヽ、、 /_, ',,, '.  l:/     そうだな
       / ヽ ```エェヾ'`、;ヾf=≠ェヶヤ´,  i´}
       ヘ iヽ   ` ̄ ̄´`ゞ::i ″゙二 ̄   / /     今、我々にできるのはその程度のことしか
        ヽ、\      ´  :|::     /::/ /
          `|          |:::    /::/ン'       ないのかもしれないな
          ,ト、.        _ |:     イ
           / |:.\    ___   /ヽ、       私もそれに同意しよう
            |\|:::::ヽ  '´ - ― - ` / lノi
       _ ,,‐|  `' 、ヽ       / /  |、_      しかし、ペッコーヴァーは反対するもしれんぞ
_ _ , - ‐ '  {.{.{     >ヽ , _ _ ,イヽ、   |ヽ} ` ー - _
        ハ \   { `ヽ:: ::∥∥:: :: /   / /







817 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:30:02 ID:Zg1lM8fI






         i:j;|;;;:;;;;;;ハ厂>-、;;;/;;;;/;;;/,、< ̄!;|;;|;;;;;|;;;;;;;;;/
        i;;;|;;;:;;;;;;iく弋歹j7メ;;;;/;;;/ <弋歹イ;|;;|;;;;;i;;;;;;;/    あのような艦長の腰ぎんちゃくなど
        i;;;|;;:;;;;;;;ト / /;;;;//     /ハj;;;;;|;;;;/!
         !;;;|;:;;;;;;;;ヽ   / /   |     / /;;;;;;i;/;;;|     放っておけばいい
          j;;;;|;:;;;;;;;;;;;ヘ         !.    / /;;;;;;;/;;;;;;;|
        i;;;;;|;:;;;;;;;;;;;;;;ヘ      _'___   .イ;;;;;;;;/;;;;;;;;;;|    我々4人と航海長、それに士官候補生の
         l;;;;;|;:;;;;;;;;;;;;;;;;|\   'ー ―′ ′!;;;;;/;;;;;;;;;;;;;!
       i;;;;;;;|;:;;;;;;;;;;;;;「ゝ、:\   `´   / /;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;i    2人が協力すれば、抗議としては
         i;;;;;;;;|;:;;;;;;;;;;;;;|::::::::>ヽ ___ ∠´::/;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;i
       !;;;;;;;;;;|;:;;;;;;;;;;;;|>::::、::_:::::::|::::::::_:,:イ;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;i    相当な意味を持つはずだ







818 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:31:00 ID:Zg1lM8fI






                   _ , .__ __ __
                /ィ-_"´ -─ ‐´- ´._
           /'´                `丶、        よし、その線で話を纏めよう
         、 /   /|/   _,. イ        `丶
           |l/  /|    //´ /    ,. -r'     \_    我々の目的はやらない夫副長の名誉回復と
          |ハ i / | /    /,. -‐/ く      //′
            | /   |/    ´   ,  ィく      /  /    乗組員達の待遇を旧に復することだ
         |/{       /   /イ  \      /
         l{`、  |  | / , イ幺_,、孑  ヾ,r‐、  7     くれぐれも一致団結して事に当たろう
         `ゞ\ヘ、j{/ /,zィ'スジ~′     /'^} /
           !ヾ'杙N ′´        /  〉 /l 7      スザク候補生、君も協力してくれるな?
          ',    :|             /   __/ヘV
           '、   }          {  j   |{
              丶  ヽ-           刈  |!
               ヽ yー _‐‐- 、     ///   {
             `、        /// /_,,.、|ソラ^
                   `,     ///'''7´'''"´
                ヘ.__ ///\ /
                 ャ=十く彡ニ/     \
               ∨ ̄| |l       /







819 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:31:30 ID:Zg1lM8fI






 //: :/: : :/: : : /:/: : : : :``;ーッ-
∠/ : /: : /:/:ー=二, : | : |: : : 卞´
. /|: /イ:/|/|: :`了://:/个、|: : :\:ヾ、      は、はい……
.l| |: |{ |イ:kzf: :/=|/_'≠弌: : : in: : ト-ヽ
  ヽト、|:イ'弌/  '_f不:}ミ | : : ノ j: :/
    `| /      ̄¨/:/∠イ         そうですね……
     ヽ`、_   ´ >' 7: ル
.       \ ‐ ` _  ´ ,ィ戈f
 , ‐ァ‐==¬`≦┬r=彡' : : ト、
/: /: : : : : : : ∨: : | レヘム /: : 丶、
l / : : : : : : : /|∨ :| f^fk^': : : : : : : :\
{:|: : : : : : : ://‐-: ァj-孚 : : : : : : : : : : :\
}:|: : ||\: ://: : : //: : ^ : : : : : : : : : : : : :







820 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:32:00 ID:Zg1lM8fI






それから数時間後……。








                  |   ||
                  |   ||     オレハモウダメダ…
         シクシク     .|   ||
           シクシク   .|   ||          オレハモウダメダ…
                  |   ||
       ./ ̄ ̄ ̄`ヽ、  .|   ||               オレハモウダメダ…
       |         ヽ .|   ||
       ヽ、___ノ/ /ヽ   ||     オレハモウココニハイラレナイ…
         <二つ二二ノ  ヽ  ||
         / /  人  \  }  ||          オレハモウダメダ…
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ∠'∠_/ ヽヽ、_.ノ  ||
..                   \||







821 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:33:00 ID:Zg1lM8fI






            , -‐-‐……‐- 、
           /.::.::.:,.::.::.::.:.:.::.::.::.::.:ヽ.
          /.:.::.:./.:/ ./.: .:}:.!: :.::. ::.:ヽ.       副長、おられますか?
         /. .::.::.:/.::.:/.::/|::.::/イ!::. |:.: }::ヽ:\
       /.::/.i ::.:ト、ノ __ ̄`  リ-く!::.:l:. :.:.:ヽ:ヽ
      _ノ.::/.::.|: :.{ ,ィf行、    __ └イ::.ト、::.::.:V    実は艦長が今夜の晩餐に
      〉.::.:/.::.::.|:.:.:| 辷」    仆灯V::.::l::.:ヽ::.::}
      ヽ:/.::.:/.:Li::.} u    i 弋7 /!::.:|.::.::.::V     副長を招待されているのですが……
      /. .::/.::.::.:ヽ〉   .... _    厶!::.:l:ヽ::.:/
      \/.::.::.::.::.::.:iヽ、  ‐   /.::.└イ::.::.V      ここに招待状をお持ちしました
       '、::.::.::.::.::.::.}  >ー イ.::.::.::.::.::.::|::./
         丶、::.:ノV ┴'マ^ト、::.::.::.::.:jノ
        _ .. イ!{ V     L}斗r-‐ ´
   , ‐‐-‐ ´   }} V     ハ. {{`丶、
   i⌒ヽ    〃rく!     ハ.   ',  ヽ.







822 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:33:30 ID:Zg1lM8fI






       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|     
       |                    |      
       |                    |          「────君も多忙だとは思うが、
       /    ̄ ̄ ̄ ̄      /____
       /  ごはんを食べに  /ヽ__//     君に対する慰労として、ささやかながら一席設けたい
     /               /  /   /
     /     おいでよ     /  /   /      君と食事を共にし、その労をねぎらいたいと思う
    /   ____     /  /   / 
   /             /  /   /       ぜひとも出席していただきたい────」
 /             /    /   /
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /   /







823 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:34:00 ID:Zg1lM8fI






          , n / ̄ ̄\ .n
       . / / j.´_ノ  ヽ、u'l lヽ、    (なんだって?
       /,イ / (○)(○) .l i i i
        〈 .r {u (__人__) .i. } } 〉    いまさら艦長が俺とメシを食ってどうしようってんだ?
      ', i.  ',   ` ⌒´ /   /
       .i   l.      ,'  ./     あの人は俺に対する仕打ちを後悔したとでも言うのか?
     .  ヽ、_.イ、.    人 ノ
         ヽ     〈_ノ ノ      いや、そんなはずはない!
          |     ./
          |    .   |        よしんばそうだったとしても、いまさら妥協できるか!!)







824 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:35:00 ID:Zg1lM8fI






       , -――-、 
     /      \      ……サミュエル、艦長に伝えてもらえないか
    /::::::::::::::     ヽ
   /::::::::::::::::::     ヽ    我々准士官は今後あなたからの会食の誘いを一切受けないとね
   |::::::::::::::::::::::    /
   .|          /     これは今回の騒動に対する我々一同の抗議なんだ……
    \        /








            , -‐-‐……‐- 、
           /.::.::.:,.::.::.::.:.:.::.::.::.::.:ヽ.        ……分かりました
          /.:.::.:./.:/ ./.: .:}:.!: :.::. ::.:ヽ.
         /. .::.::.:/.::.:/.::/|::.::/イ!::. |:.: }::ヽ:\     今回の招待を副長はお受けにならないということですね
       /.::/.i ::.:ト、ノ __ ̄`  リ-く!::.:l:. :.:.:ヽ:ヽ
      _ノ.::/.::.|: :.{ ,ィf行、    __ └イ::.ト、::.::.:V    艦長に伝えます
      〉.::.:/.::.::.|:.:.:| 辷」    仆灯V::.::l::.:ヽ::.::}
      ヽ:/.::.:/.:Li::.}      i 弋7 /!::.:|.::.::.::V    ……しかし、准士官一同とはどういうことですか?
      /. .::/.::.::.:ヽ〉   .... _    厶!::.:l:ヽ::.:/
      \/.::.::.::.::.::.:iヽ、  ‐   /.::.└イ::.::.V     スザク候補生は艦長の招待をお受けになりましたよ?
       '、::.::.::.::.::.::.}  >ー イ.::.::.::.::.::.::|::./
         丶、::.:ノV ┴'マ^ト、::.::.::.::.:jノ
        _ .. イ!{ V     L}斗r-‐ ´
   , ‐‐-‐ ´   }} V     ハ. {{`丶、
   i⌒ヽ    〃rく!     ハ.   ',  ヽ.







825 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:36:00 ID:Zg1lM8fI






             / ̄ ̄\
            ノし. u:_ノ` ,,\.
            /⌒`  ( ◯)(O):              な、なんだって!!
           .:|   j(   (__人__)
          :|   ^  、` ⌒´ノ:
          |  u;     ゙⌒}:              サミュエル、それは本当か!?
          ヽ     ゚  " }:
            ヽ :j    ノ: i |i |            本当にスザクは招待を受けたのか!!
         /⌒      ヽ  | || |  |
     :: / ̄ ̄ヽ ::       \ ||     |i
    :: (「    `rノ ::      \   ||i  \
     :: ヽ   ノ ::          \       \
ガタッ!  |   | r         「\   \       \
       |   | |       ノ  \   \__   \
          ヽ_ノ       /||| l   \_,       `ヽ   \
     || i  /         | ||| |    (_つ ̄と_ノ)    \
     || ||  |         | ||| |                    \







826 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:37:00 ID:Zg1lM8fI






            , -‐-‐……‐- 、
           /.::.::.:,.::.::.::.:.:.::.::.::.::.:ヽ.
          /.:.::.:./.:/ ./.: .:}:.!: :.::. ::.:ヽ.       は、はい、
         /. .::.::.:/.::.:/.::/|::.::/イ!::. |:.: }::ヽ:\
       /.::/.i ::.:ト、ノ __ ̄`  リ-く!::.:l:. :.:.:ヽ:ヽ    先ほど招待状を持っていったときに
      _ノ.::/.::.|: :.{ ,ィf行、    __ └イ::.ト、::.::.:V 
      〉.::.:/.::.::.|:.:.:| 辷」    仆灯V::.::l::.:ヽ::.::}    快諾されましたが……
      ヽ:/.::.:/.:Li::.} u    i 弋7 /!::.:|.::.::.::V 
      /. .::/.::.::.:ヽ〉   .... _    厶!::.:l:ヽ::.:/
      \/.::.::.::.::.::.:iヽ、  ‐   /.::.└イ::.::.V     そ、それでは失礼します
       '、::.::.::.::.::.::.}  >ー イ.::.::.::.::.::.::|::./
         丶、::.:ノV ┴'マ^ト、::.::.::.::.:jノ
        _ .. イ!{ V     L}斗r-‐ ´
   , ‐‐-‐ ´   }} V     ハ. {{`丶、
   i⌒ヽ    〃rく!     ハ.   ',  ヽ.







827 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:37:30 ID:Zg1lM8fI






                    / ̄ ̄\
                  /       \      そうか、スザクは艦長に
    /             |::::::        |
  /              . |:::::::::::     |     しっぽを振ったのか……
/                 |::::::::::::::    | 
  パタン            .  |::::::::::::::    }  
\                .  ヽ::::::::::::::    }   
  \                ヽ::::::::::  ノ   
    \               /:::::::::::: く







828 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:38:00 ID:Zg1lM8fI






    __
   /  . \                       ふざけるなよ、スザク!!
 /._ノ三ニヽ、\
 |  (⑪)(⑪) .|   グシャッ              そこまでして出世がしたいか!!
. |  (__人__).. |「rー__ヽヽ
  |   ` ⌒    |  .\  \┌ーz__ ┐7       仲間を売っても
.  ヽ      , ィ==‐、/ / ̄ ̄乙/ /
   ヽ    ノ⌒) ∨/  / ̄ ̄/|           あいつは何とも思わないのか!!
   /   (_ ̄__/ ̄`く._ __∠ -┘」
   |     /〃 \   '"  \    -┘
    |    ./¨\    \,_ ``ヾ}
     . 人''" \  、__ ` 、_/ ノノ
      〈 " \ __.ヽ ヾ、._,)'´
    /,ハ.  ヽ.  、__`ン{ 〃
   く / ∧ !、_  `'_,/







829 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:39:00 ID:Zg1lM8fI






   .r-、 _00           /::::'┴'r'
   .|::::'´::::r┘  !「`L00、|.l└ク_;厂  /
   .|::::「|:::|    l| |Ln:::r┘|.l _lニユ、 ./          はっはっはっはっはっ!!!!!
   . ̄└r''"´]_ l| | r゙=゙┐ |└ァ::/ /  /
   、ヽ、 ,ゞ´_::::| l| |「二:::7 .|.l └′/  / /       俺はもう何もかもが
   . \\`´ |:::|. l| l 〈::/  、 !     '/
           ____                馬鹿馬鹿しくなってきたぜ!!
          /  ノ_ ヽ,,\
        / ≦゚≧ミ:≦゚≧
        |    (__人__)|               水銀燈!! 俺はこの艦から脱出するぜ!!
        |     |r┬| }
         |     | | | }               ホント、この艦は地獄だぜ! フゥハハハーハァー!!
       .  |.    `ニニ  }
       .  ヽ      }
          ヽ    ノ







830 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:40:00 ID:Zg1lM8fI






それからのやらない夫の行動は常軌を逸したものだった。
自分が持つ手紙や記録の類、さらに記念品その他の持ち物を処分し始めたのだ。








        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |  おい、やる夫、お前にこれをやるよ
     . |:::::::::::     |
       |::::::::::::::    |  クニに帰ったらかーちゃんへの土産にしろよ
     .  |::::::::::::::    }  
     .  ヽ::::::::::::::    }   
        ヽ::::::::::  ノ  
        /:::::::::::: く







831 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:41:00 ID:Zg1lM8fI






::::::::::::::::::/: :/\: : : : . .          i      \    /            . : : : /
─--- '. ̄   `ー\: : : : . . .      ヽ: : . .   ヽ  /           . : : /
             ヽ、 __: : : : : .  ヽ -┬  ヽ'               . : /
                  ̄\: : ..  ヽ: : |ヽ:  l            . : :/
                 ,.-─‐'. :>、: .  ヽ||: :  |          . : :/        こ、これは……
                 ゝ-ヶ─' . :ヽ:   |ノ |: :  |      . : :/
                 (___,ハ r‐'| ./: : .j      . : :/            これはやらない夫が
                  ,  -─''"/: :ヽ、_ノ/:. / ヽ  . : :/
              _ノ´      {__/  {_, イ   .:!: :/: :ヽ              ポイノ酋長に貰った
               /  、__   ,. = 、     |    :|'  : : : 〉
            ,.!-、 /´ /` ん山il}.}     |    :|  : : :./              真珠じゃなかったかお!?
              /、_ノ}'´_ ノ,ィ≠{{i.人iノ/    ノ    :|   : : /
           l  .〈/、ノ} r>辷匕>})´   /    : : . : :./
           |  {  〈/_j},.-、》   /      . : : : : : /               こんなもの、貰えないお!!
           ゝ-┤  |  ./  ノ   /      . : : : : : : /
──────-- 、 __ー 1  |  '  /    . : : : : : : /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ  `く` ̄ゝ-‐'"'     . : : : : :/
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\. ヽ       . : : : : /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...:::::::ヽ. : ',   . . : : : : : :./
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...::::::::::::::::::::::::::l: : :l: : : : ., -‐'"´







832 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:42:00 ID:Zg1lM8fI






   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \          フゥハハハーハァー!!
 |    ( 狂)(狂)
. |     (__人__)         心配するなやる夫!!
  |    ` |r┬|ノ
.  |     | | |}          俺にはもう必要なものじゃないんだよ!!
.  ヽ     `ニニ 
   ヽ     ノ  mm      俺はもうこの艦にはいられないんだからなぁ!!!!!
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄








       ____
     /ノ   ヽ、_\        やらない夫、いったいどうしたんだお!!
   /( ○)}liil{(○)\
  /    (__人__)   \     やらない夫!!!!!
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /







833 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:43:00 ID:Zg1lM8fI






そしてさらに、やらない夫は艦内にあった端材を使っていかだのような物まで作ろうとしたのである。








    ,、         / ̄ ̄\
  < ,>'\     /   _ノ  \
  /    〉  . |   ( 狂)(狂)      くっくっくっくっくっ……
,,/    / \   |   .  (__人__)
 \   ,/ \ \ |      ` ⌒ノ       もう俺にはこの艦から脱艦するしか方法がないんだ……
\ \ /   \ \ヽ、     }
  \  |     \//, ヽ._  ノ
   \〉       〈 ' / / 〉ヽ
            / \    /、 \
           /     `ー‐く \__ノ⌒',
        {      /   \/   ヽi
         ヽ_/      〈 / ,   〉
                     ヾ_/ /\
                       `‐ \ >







834 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:44:00 ID:Zg1lM8fI






            / ニYニヽ
          /u (0)(0)ヽ        ふ、副長……
         /  ⌒`´⌒\
        | ,-)       (- |       よかったら釘を分けてやろうかっていう……
        | l   ヽ__ ノl |
         \  ` ⌒´  /
        /        ヽ
       /           ヽ
       |           | |
       ヽ_|         |丿
         |         |






艦内の人間はこのやらない夫の狂気ともいえる行動に対して、あえて目を瞑った。
でっていうに至っては、わざわざやらない夫のいかだ作りに協力までしていた。







835 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:45:00 ID:Zg1lM8fI






         .\\
     ____\\            やらない夫は航路上にあるトフア島という火山島を目指そうとした。
   /)┬┬┬┬┬\\
  //..││││││ \\         もちろんこのような小さないかだで脱艦するなど
 (ヽ\./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ \\
 (\ ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄) /)\\     到底出来るものではなく、本当にそれを行ったとしたら
 (\( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ )/)  \\
  .\( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ )/    `.┘   間違いなくやらない夫は海の藻屑と化していたであろう。
.    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄







836 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:46:00 ID:Zg1lM8fI






     / ̄ ̄Y ̄ ̄\          か、風が!!
    /  ヽ,_.   ノ  \
   (狂)(狂 )  ( 狂)(狂)        風が吹いてない!!
   (__人__) u    (__人__)
   {`|r┬|   彡 |r┬|´ノ        このままでは夜明けまでにトフア島に艦がたどり着けない!!
    { | | |      | | | }
     { `ニニ  彡  `ニニ}         夜のうちでないと脱艦なんか出来るわけないじゃないか!!
     ヽ、    /   ノ
       .ン    ヽ
      //    |
  (⌒二_/ |  .  |






ところが、トフア島の火山の赤い光がぼんやりと見え始めた頃に、艦の周囲の風が凪ぎ始めたのだ。
やらない夫は脱艦を諦めざるを得なかった。







837 :名無しのやる夫だお:2010/04/16(金) 23:46:43 ID://1y.ZTw



このちっさい船に積んである資材で作るいかだなんて
電波少年的無人島脱出よりしょぼいだろうな



838 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:47:00 ID:Zg1lM8fI






       ・     .,. ;:;: ,.:;,;,:,:,; ;., ;,::;
   ;:;;: , .,.,                 .,. ;:;:。 ,.:;,;,:,  *:,; ;.,;,::;;。,... .. ;:
;:;;: , .,., .,. ;:;:   :. :.  .: :  -‐-  :. .:.::. .:.: :. .:.:  ,.:;,;,:,★:,; ;.,;,:: .,...
    ;:;;: , .,., *., . : ,r'´.     `ヽ: .. : :. .:.::. .:. . . ;:;: ,.:  ;,;
        +  .: ..: :' ..:.      ゙; ::: :. :. .:.:. .::;:;;: , .,., .,. ;: ;  ,;,:,:,; ;.,;,::;;,... .. ;:
          : :. ::..       .: :. .:.::.  :. . :. ;:;;: , .,., .,. ;:;:。 ,.:;,;,:,  *
;:;;: , .,., .,. ;:;: ,.:;,;,:,..: ..: :ヽ ::::... ..... ,.': :...  :. :. . :.::,; +;.,;,:: .,... .. ;:
    ;:;;: , .,., *.,::.. :..:. :` ー- ‐ ''"... .   .:::    . ;:;: ,.:;,;,:,:,; ;.,;* ,::;;,... .. ;:
           :: . ::. ::::.   ::..   ::..   ;:;;: , .,., .,. ;:;:
  ;:;;: , .,., .,. ;:;: ,.:;,;+  ,:,:,; ;.,;,::;;,... .. ;:
        ;:;;: , .,., .,. ;:;: ,.:;,;,:,:,; ;.,;,::;;,... .. ;:   ,.,.,






やらない夫が脱艦という無謀な試みを求めてもがいている頃、デッキにはフライヤーが当直に立っていた。
日が落ちた頃から降っていた細かい雨も上がり、いつの間にか雲も消えて青白い月が輝いていた。







839 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:48:00 ID:Zg1lM8fI






   l::::l::::/::::/ /:::: /::::/::::/::::l::::l::::l::::::::l:::: l '、 |
  / l::::l /::::/::::///l/::::/::::///∧ l:::: l::::l::::'、 |
  /::::l l::::l// ////l::::////l // ヽl::::l::::l::::'、 |           フライヤー、この時間は君が当直か
 /::::/l l::::l///ムll_l/// /l/_ll____ヽ.|::::|::::l::::|
 /ハ l゙l`、i,ゝf‐-t、"|/ l/ .///,,-‐ー-__| }/リf..l 
 .../  l l'::i'i ヽ了ケi ト li' ///ィi ケTフ.リ.lソ∧l            艦の状態はどうかね?
   ..ヘヘヾ'i,." ̄ ../  i./|'    ̄.". /::/::::/l|.\
    ..l...\ヘ`、     |       ,/:://l/l
    'i, ilヽ\   ___,.  ,// /l l.l
    .| 'i, l.. l\  `゙二"´  イソi/ | ll
      | 'i, l l .\ ″../ゾl l
     .  i l 〈二ニl"><"lニ二〉
..        ..{::::::::l r´¨¨¨`.f l:::::: {
     __,,_ l::::::::..l l::::::::::::::::l l:::::::: \
ー‐.'"´::::::::::::::::::::::::::::l l::::::::::::::::l l:::::::::::::::::``丶、.___
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l l::::::::::::::::l l:::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄






このとき、ブライ艦長が最終的な命令を下すためにデッキに上がってきた。







840 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:49:00 ID:Zg1lM8fI






.       }: : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : : : : `}
      /: : : : :, _ - ‐ -`、::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::: : : :く
      lー ´       `ー ''- ‐- '´ー 、:::::::::::::::: : : ソ
        l_ _                ヽ、 , /´: : :,'     艦長、
       l: : : /,, ̄  ̄ ー -、- ー 、_    /: : : , '
       /,: : ´/,-‐=== = 、ゞ: : : :, '二 `ーV、: : ´      本艦は申し分のない軟風を受けている上に
      { ',ゝ::/   ,= = ヾ   ゙-- ´r - 、㍉/) `´
      `、i: :ヽ,  、f´ヒソ`    i  f心 ソ /,'ケ         月も出ています
       ヾi: : ゞ.      ´    l  `゙ ´ ./} /
        ヽ:',         ,,. |:     /ン          本艦がニューホランド(オーストラリア大陸の旧名)
      ,一´、:',        、 /::    /
   , '  / l::ヽ  、             ,.' 、            の海岸に到達する場合には、このような状況は
 , '.    /  ,!, ,' ヽ  `ー ――――' , ' 、 \
/.    イ//  '.  ヽ    ゙゙゙゙  , 'ト  l  ' ,          誠に幸運ということになりましょう
     l     !   ヽ     , ' l \ l   ',
.     |.     ',    ヽ _ _, '  /    |    ',`‐
     |      l          |      l    ' , \






この晩のフライヤーはずいぶんと機嫌が良かったらしく、艦長に対して穏やかに話しかけた。







841 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:51:00 ID:Zg1lM8fI






       .':.:.:.:.:.:.|: .:.:/:.: .:./:. .:.:./i:.:.: .:. ./:.:.:.:.:.:.ヽ、 ヽ:.:.:.:.:.
        l.:.:.:.:.:.:.l :. .:.l:.:.:.:./ :.:.///l:.:. :. /:.:.:.:./:.:.:.∧ \:.:.
         |.:.:.:.l.:.:.|:.:. .:.|.:.:./:.:.∠_//_.|:.:.:./.:.:./ /:./ヽ:.ヽ }:.:
       ,':l:.:.l^l:.:.l:.|.: l:/イ<ヽ、/‐、|:.:.:.レ'´/:/l  |.:.:.|  |:.:    くくくっ、その通りだよ
      /:.|:.:.}}|.:.|:.|.:.:.|、{rf夊仏\|:.:./rフ´/_.|  {:.::.|  |/
.     /:./|:.:.| l.:.l:.|.ト:.'. ̄¬‐┴ヽ',:.//‐´ \_/  ヽ_l       フライヤー君
     // }:.l:ヽrヽl:.l:.ヽ:ヽ      ヽ, ,}\       ヽ
   /´  .':.ハ.:.{=l:.'.:.ヽ:.',-\     {_ ̄ ̄ ̄ヽ      ',     そういうことになってくれるだろうな
        /:/ }:.:|FT〕、:.\        ヽ ̄ヽ        l
       // /|:.:l|{≡}|ヽ-、\ 、__ _  / .|  | ',
      /´   l:.|}:|f i:|. \    ___ ¨ヽ {  l ',            では私は船室に戻る
          /´l:ハヽヽ、 \    ¨   `才:.ハ
          ノ _}:.:|\\ \   , ' ´/:.:./ /,ヽ           後は頼んだぞ
           }二二匁≡⊃><ヲ‐≠ォ{! ./´  \
          /:∧: : / /: :  ̄7 / ̄ ̄l ヽ     _〉___
           /: ∨: :/ /: : : : :/ /-、〈〉/     __|____
_____ / 《〈〉》 l { : : : : { {^}} }{}ヽ_   |_____
: : : : : : : : : : : : :.≧≦ / /: : : : : | |: :巛r: : : 卜-'|: : : : : : : : : :






これに対してブライも機嫌よく答え、自分の船室に戻っていった。







842 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:52:00 ID:Zg1lM8fI






         / ̄ ̄\           オレハモウダメダ…
        / _ノ;jijii;丶_ !
          ,ク(゜_))ij(_゜))!`i               オレハモウダメダ…
       | ヒlli(__人__).ソ /
       l \ .,キ呪カ'/ /                     オレハモウダメダ…
        .\ ヾ狂リ | {
        /ヽ |ー-イ!_ノ`、          オレハニゲダスコトスラデキナイ…
       /::::/i_ノ|_/:;l:::::::|
       |::/:::;:/;;:::::::::;|:::::::i               オレハモウダメダ…
       |/:::;:/;;:::::::::::;i;;::::ノ
       |:::::;;:|;;:::::::::::::::r           オレガコンナコノニナッタノハカンチョウノセイダ
       \;;/;;::::::::::::::::!
         |:::::::::::::::::::/                ミンナアイツガワルインダ……!!
         |:::::::::.::::::/
         |:::::::::::::イ






その頃、脱艦の望みと前途のあらゆる希望を捨て去ったやらない夫は、自分の部屋の寝床にもぐりこんで
狂おしいほどの絶望と向き合っていた。
そして艦長に対するあらゆる鬱屈した憎悪が、彼の中で爆発寸前になっていた。







843 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:53:00 ID:Zg1lM8fI






           ____
         /   ∪  \         やらない夫……
       γ⌒) ノ三三三ゞ(⌒ヽ
      / _ノ (>)三(<) \ `、     どうすればやらない夫を助けられるんだお……
     (  <:::∪:::::(__人__):::::∪|  )
      \ ヽ ::∪::::` ⌒´∪:://     やる夫は無力だお……!!







844 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:53:30 ID:Zg1lM8fI






       ,、
       ヽYノ
     r''ヽ、.|
     `ー-ヽ|ヮ
        `|
         |
         |
    ,. -‐'´ ̄ ̄ `丶、
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 /:::/:::::::/:::::::∧::::::::::::::l:::::|
./:/::l::::::/:::l::::::l l:::::::::::::|:::::|
{:::l::::|:::/l::l::l::::/  |:::|:::::/::::::|
.Ⅵ:::l::lTVl/V 行ト|::l:::/:l::::|::l
  VVlゞ'    ー'' VV::::|::::|::|
   |:l:::ト、 _  ゛ _ {:::::l:::::l::l
   レ'V ‐>=≦彡: : `/:::/:\
   〈:::::::|: :〔ヱ: : : :/:::/: : : :ヽ、
    ヽ:::|: : : ||: : :./:::厶-‐'´ レ'                次回へ
      「!: :〔ヱ: {/∧, -─l\                続く














         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
        / /" `ヽ ヽ  \       ……と、いったん話を切ったところで解説を入れるにょろ。
     //, '/     ヽハ  、 ヽ
     〃 {_{⌒   ⌒リ| l │ i|      何せ今回の話はかなりシビアなものなので、解説を入れる
     レ!小l○    ○ 从 |、i|
      ヽ|l⊃ __ ⊂⊃ |ノ│     タイミングが見つからなかったにょろ。
  /⌒ヽ__|ヘ         j /⌒i !
  \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│     まずはココナツの件にょろ。
    ./:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
   `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |     パーセル(でっていう)がココナツに手をつけたというのは私の創作にょろ。







846 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:55:06 ID:Zg1lM8fI






         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、        というより、ココナツが無くなったという事自体がブライ艦長の
       / /" `ヽ ヽ  \
     //, '/     ヽハ  、 ヽ     思い違いである可能性も高いにょろ。
     〃 {_{/    \リ| l │ i|
     レ!小l○    ○ 从 |、i|     そもそも、甲板上に置かれたココナツの実の山なんて艦の動揺で
      ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
  /⌒ヽ__|ヘ         j /⌒i !     簡単に崩れてしまうにょろ。
  \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
    ./:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |     それに山の中から一個や二個が消えたとして容易に分かるはずないにょろ。
   `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |





854 :名無しのやる夫だお:2010/04/17(土) 00:02:53 ID:EISWoUfg



だよねえ、一個一個数字でも書いて識別しない限り



847 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:56:00 ID:Zg1lM8fI






   ビキ    -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、        しかし、例え勘違いにしても、ブライ艦長の取った処置はあまりに
      / /" `ヽ ヽ  \
     //, '/  ノ(  ヽハ  、 ヽ ビキ   行き過ぎたものだったにょろ。
     〃 {_{_ノ⌒ヽ_リ| l │ i|
     レ!小 ● ::::::: ●从 |、i|     これによってクリスチャンの自尊心はずたずたに引き裂かれて
      ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃i .|ノ│
   (⌒ヽ|ヘ   ⌒ (⌒ヽ_j | |     しまったにょろ。人の上に立つ者として、これは絶対に
.   ``y:| l>,、 __, ``y:::::|へ│
     /::::| | ヾ:::|三/:/:::::/  丶     やってはいけない行為にょろ。指導者として減点にょろ。
    `ヽ| |  ヾ∨:::/`ヽ<  ノ
                       本作はかなりブライ艦長に対して評価が甘いにょろが、これは例外にょろ。







848 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:57:00 ID:Zg1lM8fI






         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、        バウンティ号を統制するには確かに鉄の規律が必要だったにょろ。
        / /" `ヽ ヽ  \
     //, '/     ヽハ  、 ヽ     しかし、その圧力はむらなく公正にかけられるべきで、
     〃 {_{`ヽ   ノ リ| l │ i|
     レ!小l●    ● 从 |、i|     些末なことに毒舌を並べ立てて芝居がかった威圧を掛けておきながら
      ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
  /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !     不意にそれらを総てなかったかのようにしてしまうブライ艦長のやり方は
  \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
    ./:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |     明らかにまずかったにょろね。
   `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |







849 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:58:00 ID:Zg1lM8fI






       , '´ ̄ ̄` ー-、          ただ、裏を返せばそれほどブライ艦長は追い詰められていたと
     /   〃" `ヽ、 \
    / /  ハ/     \ハヘ        いうことにょろ。
    |i │ l |リ/    \}_}ハ.
    |i | 从 ○    ○l小N       怠惰な乗組員、無能な士官……彼の熱意に応えてくれる者は
    |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ
    | i⌒ヽ j         ノi|__/⌒)    誰もいなかったにょろ。相談ができる人間すらいなかったにょろ。
    | ヽ  ヽx>、 __, イl |::::ヽ/.
    | ∧__,ヘ}::ヘ三|:::::/l| |',:::::ハ      艦長というのは孤独な職業にょろね。
    | ヾ_:::ッリ :::∨:/ | | >'''´







850 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/16(金) 23:59:04 ID:Zg1lM8fI






         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、        それと、もう一つ説明が必要なのがクリスチャンの階級にょろ。
       / /" `ヽ ヽ  \
     //, '/     ヽハ  、 ヽ     士官候補生であり、副長と言う立場で艦のNo.2であるはずの
     〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
     レ!小l●    ● 从 |、i|     クリスチャンがなぜか水兵に降格されると怯え、
      ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
  /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !     准士官で格下のはずのでっていうが階級に保護される……
  \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
    ./:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |     ここはちょっと説明しないと分からないはずにょろ。
   `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |







851 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/17(土) 00:00:00 ID:w6YKRZ1c






         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、        つまり、簡単に言えばこの時期の候補生(Midshipman)の採用と育成は
       / /" `ヽ ヽ  \
     //, '/0°   ヽハ  、 ヽ     一部の例外を除きほとんど艦長の裁量に委ねられていたにょろ。
     〃 {_{\    /リ| l │ i|
     レ!小l●    ● 从 |、i|     ぶっちゃけ士官任用試験に合格しない限り、士官候補生は
      ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
  /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !     艦長の私兵でしかないにょろ。
  \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
    ./:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |     クリスチャンは海尉心得という階級にょろが、これは士官候補生を
   `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |     
                        艦長が士官代理として任命する階級にょろ。つまり正式な任官を受けておらず

                        勤務内容が不良ならば即刻降格できるにょろ。







852 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/17(土) 00:01:00 ID:w6YKRZ1c






      , '´ ̄ ̄` ー-、          これに対し航海長や船匠といった准士官は、すでに試験を受けて
    /   〃" `ヽ、 \
   / /  ハ/     \ハヘ        水兵や下士官から昇級したものにょろね。
   |i │ l |リ―    ―}_}ハ.
   |i | 从 ○    ○l小N        これは海軍から正式に任官されたものにょろ。
   |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ
   | i⌒ヽ j         ノi|__/⌒)     艦長の一存で降格や私的な制裁を行うことは出来ないにょろ。
   | ヽ  ヽx>、 __, イl |::::ヽ/.
   | ∧__,ヘ}::ヘ三|:::::/l| |',:::::ハ      余談にょろが、士官候補生は准士官の中でも下級とされるにょろ。
   | ヾ_:::ッリ :::∨:/ | | >'''´
                        勉強以外の役目はぶっちゃけ艦内の使いっ走りにょろ。







853 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/17(土) 00:02:00 ID:w6YKRZ1c






            __
            /  `ヽ        これでクリスチャンが自分の身の不安定さを嘆いた理由は判ったと思うにょろ。
         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、 \ 
        / /" `ヽ ヽ  \ 丶    ただし、彼自身の欠点もこれで露になったにょろ。
     //, '/     ヽハ  、 ヽ i
     〃 {_{⌒    ⌒リ| l │ | l    感受性が強く気分が変わりやすい性格であること、そして何より
     レ!小l●    ● 从 |、ノ |
      ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ  |    いい人を演じようとして他人に迎合しがちなところにょろよ。
  ./⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i |
  \ /:::::∨>,、 __, イァ/  / .|     彼が艦長にではなく乗組員に顔を向けるようになった事は
    ./:::::/   ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ .|
   `ヽ<    ヾ∨:::/ヾ:::彡' ヾ.!     艦内の統制には必ずしもいいことではなかったにょろね。







855 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/04/17(土) 00:03:00 ID:w6YKRZ1c






                   _ ,. '´ ̄ ̄ ̄ ̄ `  、
                     ̄              ヽ          ということで、次回からはいよいよ
              /    /"  ` ヽ    ヽ     \
             /    /      ヽ         \      叛乱の詳細について
             / /  , /         ヽ  ハ       ヽ
               / / ,  /               ノ !    ヽ   ゙     ドラマを進める事になるにょろ。
           / /  「 「 /        `ヽ、 l| i  1  |   |
            '   { __{_ノ            ` ノ |  l   !    !    登場人物も一気に増えるにょろが、
          | ! l ! 、 !.r⌒゙i          r⌒゙i  i、ト    |   i|
          レ| '"」  | ゞ="        ゞ=" ノ ハ   !ヽ  !|    しっかり付いてきてほしいにょろ。
            、 | i ―、              ,.― ―、   | !  .!
            ` ! !.―'    ヽ__人__ノ   ゙ー ―'    | ノ   |
      /´ ̄`ヽ    | ,ヘ      、    ヽ      i   /´ ̄`i .!    それでは、また次回よろしくにょろ!!
      /     ヽ_ |  ヽ     ` 、__ノ        j ./    | .|
      \   /:::::::::::|   i` 、_          /--, /     ./  l
       \ ,/::::::::::::::!   レ´ ,.丶 _,    ´|  / /    /   !
        /:::::::::::::/|   |   ヾ::::::::::i 二二 /:::::「,ヘ      ∧   |
         /::::::::::::/ !   !     ヾ:::::::!--/:::::::L `、 _ /  ',  |
        ` 、 / .|   |     ヾ::::', /::::::::::/ヾ::::::::::::::::::::::ノ   !
.           ` \. |   |      `゙∨:::::::::/  ヾ::::::::_彡'     !









第十二話登場人物


やる夫・デ・ニューソク      士官候補生心得:やる夫(AA)

やらない夫・クリスチャン    バウンティ号副長:やらない夫(AA)

ウィリアム・ブライ海尉      バウンティ号艦長:ルルーシュ・ヴィ・ブリタニア(コードギアス)

ジョージ・スチュワート      士官候補生心得:できる夫(AA)


○准士官/士官候補生
ジョン・フライヤー         航海長:扇 要(コードギアス)
ウィリアム・コール         掌帆長:藤堂鏡志朗(コードギアス)
ウィリアム・ペッコーヴァー    掌砲長:ロロ・ランペルージ(コードギアス)
ウィリアム・パーセル       船匠長:でっていう(AA)
ウィリアム・エルフィンストーン  航海士:黎 星刻(コードギアス)
トマス・ヘイウォード        士官候補生:枢木スザク(コードギアス)

○下士官
ジョン・ミルズ            掌砲手:富竹ジロウ(ひぐらしのなく頃に)
ジョン・サミュエル          書記:壁子(コードギアス)

○水兵
アレキサンダー・スミス      上級水兵:前原圭一(ひぐらしのなく頃に)
マシュー・クィンタル        上級水兵:いく夫(AA)


●ポリネシア人
マイ(オマイ)           ファヒネ島の島民:小沢一郎(実在人物)
ンガキチキチ           ノムカ島の酋長:盧 武絃(実在人物)
ノムカ島島民           ニダー/シナー(AA)






……ということで、今回長くなりましたが読んでくださった皆様
大変お疲れ様でした。

次回第13話はいよいよ叛乱の詳細を描くことになりますが、その前に一度
穴埋めの「やる夫で学ぶ18世紀末イングランド海軍」の第二回を掲載しようと思っています。
皆様、よろしくお願いいたします。










857 :名無しのやる夫だお:2010/04/17(土) 00:06:45 ID:/JCVPbek



目の狂にちょっと笑った、乙でした


858 :名無しのやる夫だお:2010/04/17(土) 00:06:48 ID:93ylVsr6



乙でした。いよいよ乗組員が追い詰められてきましたな


859 :名無しのやる夫だお:2010/04/17(土) 00:06:58 ID:.L..yIFc



乙でした。

今回やっぱりルル艦長はひどいと思ったよ。
前にもちょっと思ったけど、陸の上ならちょっとうるさいガミガミ上司で済んだんだろうけど、
船と海の上という逃げ場のない閉鎖空間がきついよね。
ただそういう閉鎖空間だからこそ、艦長という立場は船の航行と安全はもちろんのこと
人心の掌握にも優れていないといけないんだろうな。
だからこそ士官候補生の任命などに絶大な権限が与えられているんだろうし。


人心の掌握というのは非常に難しくて、クック船長が三度にわたる太平洋航海を
やり遂げ(三度目は中途になったが)たのもひとえに人身掌握に優れていたためだと思います。
残念ながらブライ艦長はその面ではクックに及ばなかったようですね。




861 :名無しのやる夫だお:2010/04/17(土) 00:08:37 ID:Zn6J4tUw



乙でした

艦長は完璧主義で潔癖な人が思い通りにいかなくて壊れてしまったとか
独裁者のかかる何も信じられない病とかそんな感じもしますね
こういう外界と長期間隔絶した中でのリーダーって、ほんと心が強くないと難しいのですねえ


クック船長ですら第三次航海の際にはストレスでかなり精神が不安定になっていたと聞きます。
南極探検家のシャクルトンのような完璧なリーダーなんでそうはいないでしょうね。



862 :名無しのやる夫だお:2010/04/17(土) 00:09:48 ID:tkhlaRZw




艦長が絶対的に信頼できる人材なしというのはつらそう。(ところでここまでの問題の半分は海軍本部のせいな気がするんだけど気のせい?)

とはいえブライ艦長もやりすぎだよなー。有能な人ってえてして凡人を見下しがちなもんらしいけどさ
器量が才能に見合ってないというのか、そんな感じを受けた。


前回書いたとおり、僕も海軍本部の責任がかなり大きいように思います。
せめて経験のある正士官を付けてやればね……。









関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加




[ 4172 ]

ファヒネ島のマイの挿話だけど、「加害者側の言い分」だけで判断してよいものかどうかは気になる。
死人に口なし。マイのサクセスをねたんだり、その資産を狙う連中が居たとしても不思議じゃない。
むろん、マイを殺した側の言い分の全てが虚偽であるとも言いかねるが。
結局、高度かつ異質すぎる文明に接触した僻地社会ならではの惨劇ではあるのだろうが…
[ 2010/04/19 08:58 ] [ 編集 ]

[ 4182 ]

まあ、ブライ艦長が聞いた話を間接的に聞くことでしか判断できない以上
真実ってのは分からんよな。

イギリスで見せた態度が本物なら、マイはそれなりの人物だったことになるけど……。
[ 2010/04/19 21:32 ] [ 編集 ]

[ 67601 ]

人物を見切って飴と鞭が使い分けられてこそ初めて有能なんじゃないのかなぁ
誰に対しても甘い、誰に対しても厳しい、だけならどんな無能にだって出来るんだしね

船員が罵倒にずっと耐えてくれてただけで別にこのルルが有能とは思えない
[ 2013/12/03 14:16 ] [ 編集 ]

[ 73481 ]

一つ前の島で切れてしまったのか?酷いな。ルルは優れた部分もあったが艦長の器ではないな。成長することはできるかもしれないが
[ 2014/07/19 17:14 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oyoguyaruo.blog72.fc2.com/tb.php/1885-94111aa5


アクセスランキング アクセスランキング アクセスランキング