ブログパーツ 泳ぐやる夫シアター やらない夫 または無駄な用心  最終回


















やらない夫 または無駄な用心  最終回







今回の話は劇終了後の与太話で、本編『セビリャの理髪師』とは関係ありません。










         ,  -―-- 、
     //:. : ; : :/: : : : \
    / イ:/: ;':--: : :/: : : : ト
 r  く l |l: :l_/_:_://: :T: :l |
 {.__〉 └|: !V:|「  l  /77: /l」
   l_ l: :| Vゞ‐' _ヽイiイ/
  / _〕 ヽ」 V>--<l: :|
  {ヽl ヽ 「/ 〔/」 /:..:.´ ヽ: ト 、__
   \ト、/二ヽl {:..:..:..:..:..|\: .ー- 、 __ ̄ ̄ ¨ ┐
    |/{〈_〉| ム:..:..:..:ノ: : :〉\: : : : : : : : ̄ ̄ ¨ |-、
    |  ー 〈 ̄ ̄¨ヽ:..\: :\/:、:_:_:_: : : : : : : : : l: : : :\
    !    / 〉   イ:..:..:|:.Y:/': : : : : : :`: ー:、: : : : : : : : : ',
    \___\__/!:|:..:..:.|:..l:_:_r- 、__: : : : : ',: : : : : : : : : ',
     ∧:..:..:..:..:..:/|:..:..:./:..:.|:.._:..:.--、:..:`'┐: :.l:'; : : : : : : : : l       , -、_
      /:..:.\;..-:.'´:..\/:..:..:..Y:..:..、:..:..:\:..:.L: :l: :!: : : : : : : /     〈 ̄_|_   /L
    ,:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:./:..:..}:..:..:..:..\:..〉':./: : : :_: :イ     「¨Y   `ヽ |
    ,':.l:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:../:..:..:..:..:..:..:..:..:../:く: :.{: : : : : : : :l     {ー | |  |  l-!
二三/:.;':..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..!:..:..|: :ヽ: : :_:_:_:_」    └t ヽ 、   ノ、_」
三三!:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:!: ヽ!/ソ       「 ̄L¨T_」、ノ
三三ス:..ヽ:..:..:..,:..-、:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.|:..:..r┘三二一        \_」7二丶
二三\:..:..:..:.´:..:..:..:丶:.._:..:..:..:..:..:..:_/:..:_」三三二三二   一二一|ヽ _ノ
一二三: ̄\:..:..:..:..、:..:..:..:..:..:..:..-:..:.」-'´三二二一     二三三三l|三三二一
  一二三三三二二三三二二三三三三二二一      一二三二土二三三二一








           ,.-rr'  ̄ ̄`7゙ `丶、
         ,r'´   リ *  ,′  .:.:.\
       /      |    /   .:',::::、:::ヽ
       /       | * / .:.:/.i .:l:::::ト、:::`,
     /        |  ,/ .:.:/.:.:|:.:::l!_:」:|::::l::!
     /         {  j!:::::::|:..::l|:,j´リl/::!:::N
     ̄`7´.:::::::ー-、! ‐f {::::::::|:::/ソ _ _,,〈l:/    『セビリャの理髪師』も終わったですね……
       ,/.:.:::::::::::::::i.::ト、  `、:::::V.  '""´ `ゝ
      /.:.:.:.:.::.:.:.:::::|::|:〈  `ト、::.ヽ' ' '、__ /     ね、蒼星石。 打ち上げ ということで、これから
     ,/.:.: .:.: .::.:.::::::j!::|``ゝ‐j‐、`"   ー/      やる夫らの所に行かねーですか?
   ,/.:.:   .:.:.:::::::,'::::L _ノト、  ヽ_,r─ '
..  , イ   .:.:::::::::::::/:::::!  「`{ 下〈i尓,
../.:,′.:.::.:.::::::::::::/::::::ハ  !. {!   ゙,jkト、












629 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/12(金) 23:49:37 ID:y3PZvLyE






         ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
        /:;: '´T 丁l `ヽ::}
        /{:::/ l |l ト、 l Nトl iハ
      ldb| l k_ィヽレ仁リl│     ねえ、私も一緒に行っていい?
       | ∧l  lK◯   ○ソイ
     ,l  (l  ぃ  ,-┐,从|      ______
     l   ヽ トゝ、ニ イト、ト、   / /      /
      |/≪T ,バ、:文:`Yラ、ゝ  / /      /
     N≠{〈:::::::〉:;i:::}:::〉≧   / /      /
     ヾ≦ハZi::ヘ;:::〈l:::|ji二二二/____/
  i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i









  /::::::::::::::::::::::::::::::_::イ: : : : : : : : : \: : : : : : : :\: ヽ: : : : :ヽ
. /:::::::::::::::::::::::::ィ'´: : : ト: : : : : : : : : ::::\: : : : : : : :';: :i: : : : : :.i
/::::::::::::::::::::/: : : : : : :从: : : : : : : : : : : ::\: : : : : : ',: :';: : : :i: l
` ー - 、::/: :i: : : : : : : :i. ヾ:\ミ、: : : \: : : ><:´: :V:i: : : ::ソ
     i: : :l: : : : : : ::/  \.\:.ミー 、:.=''´:.ト≠.\:.:/:.:.:i:.:.:.i
     |:.:.:..l:.:.:.:.:/_:/───弋ヽ`ー- ≧テ忘ア .Y: : :l: : /
     ヾ: : ヽ: /:./  _≦彡ミ \\   乂::....ノ /: ::/: :/   ダメだよ
       ',: i: :乂K < {芯切   `ー    ̄` /: :イ: :/
       Vイ: : : ::\  ゞ_ソ     .i     イイ: : : /     水銀燈は勉強があるでしょ?
        }: : : : : : :\  ̄     , 、     イ: : :/
        ハ: : : : :トミヽ>      `-´   /ハi: :/i      ほら、書き取り あと100回……
          トハ: : :i:} ヾ > 、.        /i:八 l:/:/
          V: トi ,、     フi` ー ' ´ト 、  .|:/
          \:V /∧ヽ''´ ノ    /  \リ
          /{ ヾ ノ    ',   /      ̄>'⌒iュ_
         /:{⌒ ケイ    〃VⅦミ      ノ } /,廴ハ










       _,.___
     ,. ァ , 彡 ソ,,゙ヽ
    / ,.ハ:__xz≦辷辷ュ
   ///.ァ´:::;:__;:_===ミx}、   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  / ィ:::ノ「 / / /, ヽ l ヽ 〉
,、,ノ .| |  i i i ry7ト、 | | |   ___________
;;;;;ヽゝ i | l |/7ノ././ノノ| ri  /                  /
三、ゝ└l l i_}    /彡/, リ /                /
;三ヽiゝヽトヽWWソレノヽY /              /
三三ヾY;;;ヾ天くハ',三三\/                  /
ヽ三三ノ;三ゝハハノ \;三;;/                 /
;;;;ヾ;;三!;;三;;i仆{    \/                 /
;;;;;;;;;ヽ三三ノ;;:::}____/__________/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄







  ※前に不評だったイタリア語の話は、今回しませんので。 念のため







630 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/12(金) 23:50:18 ID:y3PZvLyE






    /||ミ
   / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||      || ガチャ
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::|| ̄ ̄\ ||
 |:::::::::::::::|| ノ  ヽ_\     ノックして、もしもーし……
 |:::::::::::::::||●) (●) \
 |:::::::::::::::|| (_人_)    |    翠星石と蒼星石、いるかお?
 |:::::::::::::::||___   /
 |::::::::::::::(_____ノ´||
 |::::::::::::::(_ノ / . . . ||
 |:::::::::::::::||/    ||
 |:::::::::::::::||      ||
 \:::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
   \ ::::||
    \||





                                                     _, -――― - .._
                                               ,.. '´ ̄ ´゙'ー‐1:i   ̄´ト、
                                               / ,  ,r'  , ,r' ノ'、:ー、   l」 \
                                            ,..' , ' ,:i   x' /|  ´l: ! 、 !.ハヘ.  \
                                            // /  i/ // />- / '、:! - ‐ l !   丶_
                                           〃 /  イ _/ 〃z==ャx /ヘ:ヽ' !丶リ   /´
                あ、やる夫。いい所に来たですね        | l  l 行 /゙ /'l;;;;;ヘハ/  {: {    ヽイ1
                                            '.ハ  l代ソ ,   >:z.' / l: l     l| l
                蒼星石と一緒に、やる夫の所へ        // ゝ、ゝ r,ーャ_-'´-__..∠}、ヽ    リ ll
                行こうかと思ってたところですよ         l l   T´ミ、ゝ- '  ̄  l:::   > 〉、l ハl l',
                                           〉〉l , /l  l ≧:::イ´   ト、:: l | __ -!l  ',
                                            l |米 l l, -rt/ \lj  ,∠、 \ハヽ/ l 、!l   l
                                            ヽヽ //: rt」!__ >く   |l  fマ/ 〉   ヽl  ',
                                            l l /:rt/  /f|j \_」! fマ: ! l     l !  ',
                                             ヘ/:rt/ / f/j|       fマ: : ヽヽ、  L:_ ヘ
                                             /:rt/ 「lヘ. f/j !     fマ: : : : : :l l 、ヘ >ヘ ',
                                           r:' :rt/_//ヘ \j  |   fマ: : : : : : ヽヽ' l ヘ lLl..
                                           {: : f,-'´ ,='´ ̄ ',_    fマ: : : : : : : : : ー7
                                          「寸{| 、 {、 r‐'´_>、_ fjr‐、: : : : : : _: : >、
                                           7 ト,  ̄トスf /     丶.辷:≧x:':´:_, -'|´:::::::
                                          /|  ー' ̄水くl        丶  l:.:l´\T:…'::::::::::::
                                         ,' l|    /:.:.:.:.:.:、       l:.:|: : : \::::::::::::::::::







631 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/12(金) 23:51:01 ID:y3PZvLyE






           _-─―─- 、._
         ,-"´          \
        /              ヽ
         /       _/::::::\_ヽ
       |         ::::::::::::::  ヽ
        l  u    ( ●)::::::::::( ●)   それは よかったお
       ` 、        (__人_)  /
         `ー,、_         /    やる夫も二人の力を借りたかったところだお
         /  `''ー─‐─''"´\









                r_‐、_
             _, -ー::L._.」‐-、` 、
           /‐ '´ ̄ ̄ ̄`¨ヽ:::丶ヽ
  _____ /  ,        ,  \:::ヽヽ
  | ___ r./  /|/',   /l/ |    i::::||l
  | |     L| /   ',/     l/|   !:厶l
  | |     /∨ ○       ○  /  l下、_〕_
  | |      /           U /  i !__ト、
  | |      !    ┌┐    'イ  /  l    ……私は呼んでくれないのぉ?
  | |____ 丶_   ̄ ___/ /   l
  └___/ ̄ ̄      :::::::::::::::::::::::::|
  |\    |           :::::::::::::::::::::::|
  \ \  \___      ::::::









    /ノ´: /: : : : : : : : : : : : : :i: : : ::i: ::ヽ: : : : : :\   \
   /": : :/: : : : : : : : : : : : : : ::|: : :|: |: : : ヽ: : : : : : :ヽ  /
  /: : : ::/: : : : : : : : : : : : :/:/}: : i: :|: : : : :ヽ: : : : : : :V
  /: : : : :|: : : : : : : /: ::/:: / /: :/: / ヽ: : : : }: : : : : : :l
`.{: : : : : :|: : : : : : : : ::/.// /://:/-―--:、; |: : : : : : :|
 |: : : :{: : |: : : :,斗ァ''フ"  /"  //    \ヽ|: : i : : ::|
 |:i: : :i: : :l r彡"´    "   /        }: :ノ : : ::|
 l: i: : { : : l |     __,..    /  ''ェ;___,ェ; /: : : : /∧
.  ',ヽ: : : : ヽl ,r==="         ̄ ̄ ./: : : :ノ/  l    なに言ってるですか。 水銀燈は お勉強してるですよ
   \\: : : \        !       /, r '´ }: : :ヽl
   |: : : { `ー >              /{ * }: :  ヽl   それより翠星石らの力を借りたいって、何ですかね?
   |:/: : { __ i/ ヽ             ./: {   }:_:: : : : l
.  //: : : :{  "iヽ { :ヽ、    ⌒   /:__ : { / ノ: : : : :.'.,
  l/: : : : : :} r-┘、: ::r`vr‐ -  ´|: : : | _」_{./  ./: : : : : : : '.,
 /: : : : : : : { `ヽ、 ヽ.L._ヽ.    レ'V__ ヽ/: : : : : : : : : :'.,
/: : : : : : : : r ト *|ヽ/ ノ ヽ.'、  / { (___  〕r、_: : : : : : : '.,
: : : : : : : : :∧.l.}  }〔 ´ / ヽG=ニ:|(    ./r'/rく: : : : : : : : :',
: : : : : : : ::/ )|.ト}  }ヽ    へ)|ノ\.{ |/ーi  /`./ ( ヽ: : : : : : : : ',
: : : : : : : /  .)|.「.) .} ∧     ) 7 .ヽ |    { フ  |  ヽ: : : : : : : : ',







632 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/12(金) 23:51:44 ID:y3PZvLyE







.       : ,.:''::´:: ̄::`:::.、
       /; '´T 丁l `ヽ:ヽ :
     : /{:/l |l ト、 l Nトl`iハ
      l∞|l kノノヽノ`ヽリil l| :
.     : |∧l lK ◯   ○ ソイ|
     ,l (l ぃ| | ,-┐| |,从!| :   _____
.    : l  ヽ トゝ、 ニ イ ト、lト、   / /      /
      |/≪T ,バ、:文:`Yラ、ゝ :/ /      /
.    : N≠{〈:::::::〉:;i:::}:::〉≧   / /      /
     ヾ≦ハZi::ヘ;:::〈l:::|ji二二二/____/
  i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i










         ____
       /     \
      /  u   ノ  \   (あっちは何をしてるんだお?)
    /      u (●)  \
    |         (__人__)|  いや、やらない夫について相談があるんだお
     \    u   .` ⌒/   最近、錯乱気味で困ってるんだお
    ノ           \
  /´               ヽ
                        。
                          0
                          ○
゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


       / ̄ ̄\
     /  ─   \
    ( ●)    (●)
.    |   (入__,,ノ  i
     |   (  /u  |    最近ノ俺ノ言動ッテ、非常識ジャネ?
.     |   |! |u   }
.      ヽ ι! .|   }    ヤル夫ヲ導ク"オ兄サン"的ナ俺ハ、ドコ行ッタンダロ、jk
      _ヽ;:i;l 。゚・ ノ_
    ノ   i:;l|;:;::;     \
  /´   ι! :i;l 。゚     |ヽ
 |    l。,j i:i;l 。゚ i!、o     \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒)







633 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/12(金) 23:52:30 ID:y3PZvLyE






       .r-、 _00           /::::'┴'r'
       .|::::'´::::r┘  !「`L00、|.l└ク_;厂  /
       .|::::「|:::|    l| |Ln:::r┘|.l _lニユ、 ./
       . ̄└r''"´]_ l| | r゙=゙┐ |└ァ::/ /  /
       、ヽ、 ,ゞ´_::::| l| |「二:::7 .|.l └′/  / /
       . \\`´ |:::|. l| l 〈::/  、 !     '/
.               ___
.             / ノ_ ヽ,,\    ガッ
.            / ≦゚≧ミ:≦゚≧
       | l    |    (__人__)|
     |i  ドカッ .|     |r┬| }             常!識!的!
     |i|  .    |     | | | }
            |.    `ニニ }      |        常!識!的!
     li|   _   ヽ        }   i| ゴッ
    l「` ̄"´   ´⌒\、    ノ、  |i
    |  ヽ__、_ \   ,   ̄ ` ´  ̄⌒ヘー│-ォ、 |
    |  ,イ   ̄.、`ヽ/        ヽ/      〉i|
  | |  l     ゝ  ゝ /⌒`ヽ /イ  ̄゛ト  /
  |i l  ゝ、    ト  ||i/     イ |   /ゝ /
    ト ヤ メ    |  | / ト     |/   くヽニイト
    ゛ ̄     | l|i/  ゝ     |l   `ヽイ   ・.…
            | /   |   |  | ::   .;
           //   i|   i|  | |       .・¨
      ゲシッ   /イ     |i |  |  i i| :’ l´゛^´l :;
          /      | |i  | ||   <ィ'  / .
          |   ;. ノ| |   ||i| |i  |゛  | i| ”
          \_ _,ィ´ ノ||il |  ||| |  |  | l  〟
              `ー、 i|| | |i  ||i|ii|  “ |  | i|;,.¨


゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜









.    / ̄ ̄ ̄ \
   /       . \
  /   _ ノ   ヽ、_  \    たぶん『フィガロの結婚』で、真紅にバレたのを知った( >>612-616 )のが
 |    (ー)  (ー) . |    原因だと思うお……
  \     (__人__)  /
   /     `⌒´   ヽ    で、「夢の庭師」の力で 何とかしてほしいんだお
  ヽ、二⌒)   (⌒ニノ







634 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/12(金) 23:53:08 ID:y3PZvLyE






            _ _ _
        「 ̄    .:.:.:.:::::|
       |, -───‐-|
       __」. -───┴‐‐-,
     n 1     _ ____ _/
     |_l_|‐r.:´r:.:.:::、:.:.、:::::l::l::ヽ  それなら僕の出番だね
     l }。i |:::/::ハ::トト、:ヘ::l::l:|/
     | }。l |〈:::iヾヒi`ヽ ヒシl::l:!            , -──- 、
     | }。| | ',::ト.、  o ノ:/            / / ̄ ̄``ヽ\
     L}。|_|_ `__r =rぇ<`ヽ:::.、          \\ __ __ノ(⌒)ニニ┬_─-_--_─‐‐ァ
      `1   `ト弍``ネネ^i1 `l}:.\         /r'´ ̄ ̄`ヽヽ(⌒)ニニ┴────一'
      ト、  `l.:.:l} l」 リ;;l」  l}::::::〉       _r‐'‐っ     ノノ´¨¨
      |:::.`ー|.:.:l}.__リ;;;;|__,.イ:::ノL. -─-イ1 シ'ヽニニニニフ´
        \::::.:.L.:::::ノ::ノ;:;:;;;;l/\_ノノl  __ 」」/
          `ー‐クニ三三二ト、 ``¨¨´ ̄ ̄  ビシッ
             ノ^ー 、_|:::L/:.ヽ
          /.:.:.:::::::::::::::::::::::::::',









      ゝ=ニ --- 、、  `ヽ、丶、
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`丶、、 ヽ、 `丶、
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'i,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ  ヽ.   \
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:ヽ、:.:、:.:.:.:.:.゙i   l    ,>
   ,':.:.:.:.:.:.::i|:.:.:.:./ !:ト、>、ヽ:.:.:.:.:l   } ,.ィ"
   l:.:.:.r:.:.:.:ll:.:,i:./  Yノヽ丶!:.:.:.:.:l  l/:.:l
   l:.:.:.l:.:.:,!ll:./l/   イァt戈ヾl:/:.:i:.l   l,:.:.:.:.l   蒼星石の「庭師の鋏」だと、記憶を刈り込めますからね……
   l:.:.:.l:.:Zアニリ、    ゞ-'' ケ:.:.リj  〉:.:.:.:.l
   N、:.トX´そソ    〃〃 /:,ィ{!   !:.:.:.:.:.:l   思い出したくない黒歴史だって、消せますよ
   ヾト、ミゞ゙〃〃  '    ,ィ゙クリイ   l,:.:.:.:.:.:l
     丶、ミ≧、  (ヽ   /X,_/   l:.:.:.:.:.:.:l
       |``T'^`i:‐-,ュェ彡‐--i{   入:.:.:.:.:.:l
      l:.:.:.:l  ,ィシ'イ升トヾニ};;!〉  ヾ::丶、:.:l ……でも それって乱暴じゃねーですかね?
       l:.:.:.:>ィくヽ.ノイ<};;i`ヾ:;j{   ノ::::::::\丶
      f:.:ィ}7f  ヾシ'Fハl;;l    〉  ヽ::::::::::::ヾヽ
     /´::( l( ヾ、 ,クLl(l;l   {   /:::i::::::::::::ヽ〉
     /::::::::水 `" ,ケ}木l;;l   l   〈::::::l:::::::::::::::
     /:::::::::( l }  ,小!rf(l;;l ,ィッノ   l







635 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/12(金) 23:53:51 ID:y3PZvLyE






..        l|   l -─‐|- ___  |          /   / /      |
       l l    ',l\  |\   ‐|-      _/__///   /   l|
        l l     l_ヽ_|__ \  | ヽ.    ´// __,/// ̄/     l l     そうよねぇ……
      /l ヽ    l`ヽi、__,\! \  //'_   /_,/./     l l     記憶の積み重ねが、その人の“人格”を創るの
    l´ l   \  \  ̄ ̄`     `' /i_`ー=-´ //   / .l
     ヽ |     \_  \     ,、   l_,.!ャ',     ,ノ    / l      忘れたい過去だからって、他人が勝手にいじることは
      `l      |`、‐`   '、.ヽ-‐ '´,ノi__',_ _,-'´    ./  .l      許されないわぁ
        l. l.    |  \   _,-`‐`‐´ォ l-‐ヘ´ /^i ,/   /
        ', l      ト、,/ `y´ /l ̄l´/ l 〉 }⊃ /'´    /__
       ', l',    l ヽ /  / ∠l ∨  l′/‐' /     /  ヽ     ……それに、ね
       ',.l ',    `y´     /        /   //    ',     黒歴史って、恥じることないと思うの
     ,r‐‐-',l ', _/      /      /   ,//    _   ヽ
   /     /l/     / /       /   ,/〃--‐‐ ´  ヽ、  ヽ  むしろ過去に闇を纏ってた方が、ガイアが輝かせて
   /        / l_     / l       , -'‐、 / ̄´         `ヽ ヽ くれるんじゃないかって、思うわぁ
  /       / i `i  /  _,.l  ,.-、_ノi   l´                ヽ ヽ
../ ,,.-‐ '"^>'l   l |   lT´,) ',/   ヽ l   |                  )
../    く  l   l. lヽ、 / l'´/ノ、    ',| ___L_  _,.-‐ '"´`ヽ、       /









               ___
          _, -' ´___\
     ,  '´ _,-'´, -――- ゝ、
    /  ./ /      l ト、\
   \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',
     l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
     l | l | ┬::cr / / ┬c」 |
      l | l !  l:::::::j  '   l::::j.! /  水銀燈は、年相応に黒歴史 恥じた方がいいですよ
      l | l l⊂⊃‐       ‐⊂/   現役で積み重ねてねーで
      ! | |ヽ|        -   リ
      ! | lゝ、      n /|
      ! | |::::::::::ー┐ r‐:::l !´l. |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}i〈_〕l. !    ……ところで、書き取りは?
     l l__j::::::::/: i_lil__|: !: /. !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::L:ノl_|!
    / /  ::: /: :ノ:!::::::i:::lヽ  ::: i.
    l !   ,/: :/l/: :T: : Tヽ\::: i









                     , _,,,
 ヾ 、、           __,〃ノ;;;;;;;;≦ー''
 `ヾ`;;ヾ;;;ヽゞ__     , 」´/ノ;;;;:;;;;;;;;;;≧`ヽ、      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 >;;;;;;;;;;/´   ` <´シ-ー-、;;;;_≦`::. ::.::.\,-┐__
  `≧、/___ _ .iフ  ` 、 ヾヽヽヽ、::. ::. ::. ::;.ヾ-、‐_,`ヨ┌フー='コ
   ヾ{=薔==⇒K=ッ,.-ヽ、ヽヽヾ::. ト-、::. ::. ::. :.ヽ⌒レ‐::'´::. ::. :.ノ´
   /トー-- ‐‐ '´!トヽ i::. :::.ヽヽゝL_」::. ::.ヽ::. ::. ::. ヽ´ヽ::. ;;- ' ´
    7∧.i   i  l  L!::. ::. ::. :.》、ノ::. ::. ::. :.|ヽ::. ::. ::.ヽ┬´
   ` iヘ  ハ 从レl〈::. ::. ::斗,ヘl::. ::. ::. ::. i ヽ::. ::. ::.ヽ!
.      レ! ヽ' ノ i レ`='|=ラ7ミ、テ,i::. ::. ::. ::. .! `ヽ、::___\
        ヽ!、::. :)   ,!ヽ`ソ::ゞ、>l::. :.ii ::.:/  , ノウ    ̄
       /`:.∧´ =×ヾ::.人><ヾ::. >< ノ`ヽ>ノ
.       /::. :i  ゝ`ー‐'7i::. ::.ヾ`ー\_::. ヾ::. ::.\
      く::. ::.|-!‐>  フ-|::. ::. :.ヽ、  ` ー ----┘
       >、_」_」-'   /ーl::. ::. ::. :ノ         (うやむやにしようと思ったのにぃ……)
      ´'u' u ゙   彡`フー--‐´
              ´







636 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/12(金) 23:54:29 ID:y3PZvLyE







         そんなこと言ってる場合じゃないでしょお!!

         貴女、やらない夫を心配する やる夫の気持ちが、分からないの!?
         それとも、やらない夫が どうなってもいいと言うのぉ!?


              し 7/:::::::;>;::_-=ニノ:_:::ヽ:/_:::::ヽ:‐-:::::::ー┐    ヽ   -┼丶 -┼丶
   -┼丶. l コニ   (_////-'::__;:::lヽニフヽニ:ハヽァ-r、:::ヽ:::ア    l  f_フ ̄) f_フ ̄)
   f_フ ̄) l rナ    /-:;∠!:;! `ー'′         ̄´ ヽー:ァ、:::ヽ、 .i J
                iァ:l`ー ´                 ̄ ヽム〈  l   l ‐┼゙ l ‐┼゙
   l ‐┼゙  /       ├'                            ヾl  l   l rナ  l rナ
   l rナ  /7_,    l  /     /            l   l    ヽi J
              ! !  !   / /  ! l      l l  ! !   l い.   -/┐l -/┐l
   -/┐l ヽ/     〉 l  !  .! /! ハ !      ! l  ! l    ! | l   / 」  / 」
   / 」  (_   _ l  ! l|ヽ、 !i l l l l   l   l .!  l、 l!   l  l l
            l ヽ!  !l ヽ `トl、l l l i:、  l  ./! /! .,ム!カ   l ! l l   ‐┼   ‐┼
   ‐┼   l -‐  rt、!    トL_\{| ヾト 、ヽい l / l/-!7´_lム!   / /! l/   ヽ__   ヽ__
  ヽ__   l 、__  !ノ    l. ヽ`卞. 〒‐k  l/|/ ッr‐ヤ´!,/!  ,.ィ' / l ,!ヽ    あ    あ
    あ       ,、!ヽ l、   ヽ O、ゞ-‐'′      ゞ匕o/ //l/ ,l/ l    /    ./
.   /      /! .! ヽlヽ. ヽ.〉 zz ̄            /ィ´/l     l   /7_,  /7_,   ,/
  /7_,      ! l l    \. ヽ、          '  , -=チ'´ l   /| ,l/::ヽ. [l  [l   .-v′
        _ ヽl l       l\_..>   ,.く二ニ=ア  /    レ:::´::レ:´::::::;::l o  o.   /
  l] l]   // : : ̄ヽ! |     l: :ヾ、、  (      /,.. く:l    !::-‐::´::::::/::::|/:/ ̄`ヽ/
_ o o ./:;ノ: : : : : : : l  l   l: : : : :`、‐-===.´:´lYl: : l    l !:::::::::::::::::::::::/|::: ̄::>
::::::レ⌒ヽl/: : : : : : : : : l  l   l: : : : : : :,.フく_: : : ;K>!: :l    l l:ヽ::::::::::_:::::::-‐<
:::::::::::_/: : : : : : : : : : ヽ l   l-i、: : :///l7lヽV/'´>l: : l |  ll l: : l: ̄::::::: ̄:::_:::::::::`ヽ
::: ̄:::::/: : : : : : : : : : : : : ヽl   l_ーヽ{::l:l/∧l:lヽl  {r!: : l !  !l l: :.l::_:_::_;:-<`ヽ.ヽ:::::::::::ヽ
:::::::::::::ヽ: : : : : : :: : : : : : : /:ヽ  ヽヽ,.=l〈,-T「´r/V: : : : !  ! !l /:::::::/`ヽ._ ` ` }< ̄
::::::::::/:::ヽ: : : : : : : : : : :/: : : ヽ  ヽレ=-l/@l:l7=y´: : : : :l  !: ;イ ` ‐L_y     l::::::ヽ
::-‐´:::::::/lヽ: : : : : : :/!:{: : : : :\  ヽ:::::'::==-.:´: : : : : : :! /:´/-、   /      /  ̄`









          ____
       / ノ  \\           二人とも喧嘩はやめてほしいお
      / (●)  (●)\
    / ∪  (__人__)  \        とりあえず、やらない夫の所に来てくれないかお?
    |      ` ⌒´    |
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/   ……銀ちゃんも一緒に来ないかお?
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /







637 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/12(金) 23:55:08 ID:y3PZvLyE






 /:/:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:l:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:.ヽ
./:/:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:/:.:.:.::!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',:.:.:.:.:.:.:.:',
':.:!:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:///,:.:./:.l:.:',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.l     むう……
:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./// ,:.:/:./:.:.:.',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:!
/|:.|:.:.:.:.:.:.l:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::/イ/ /:/:./ト、:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:!|:、    人間の記憶のことなら、私たち庭師姉妹にまかせるが
:.:!:.!:.:.:.:.:.:.l:`l丶、:.:.:.:.:.://., ' ./:/:./ !l ヽ:.:.:.:ヽ:_..- ':.:!:.:l:.:.:.:.:.l:.!:.ヽ   いいですよ
:.:.!:.!:.:.:.:.',:.',:.!:.:.:.:.:>'<、/ //,:./  !l _><\:.:.:.l:./:.:.:.:.://:.:.:.:   水銀燈は来なくていいです
:.:.:',:',:.:.:.:.ヽV`ヾ〒_==ミー7/// ーrィ== 〒ア、/:':.:.:.:..://:.:.:.:.:
-、,.ヘヽ:.:.:.:ヽヽ ヾ、_ー'_ノ /'´〃    弋_ー'.ノ '  /:.:.:.:.:.//、:.:r‐‐
 ヽ.-l \:.:.:\、     /´        ヽ   /':.:.:.// ,.-J
./  .!   ヽ、:.ヽヽ、      i        ‐,.'ィ":./   !/  `     ……それとも、やる夫。
ヽ、  ,!   l l`ヾ.=-    _._ _._   -‐"‐/l !   l )  / 〉
) .! へ!  //  `丶、      ...     ,. '´   l !  !< ,   く   やる夫は、翠星石と蒼星石が やらない夫の夢に入ってる間、
  ヽ_ ̄l   l !       `丶、   _.. '"       !l   !  / -,.、ノ:   水銀燈とナニしてる気ですか?
ヽ-、 ', !  !l      /::,二 `"´二、:\     ,イl  l  '  /: : : :
: :!: :} l  ! !l     /::/ //:「ト、\ \::\  / l.! l    〉: : : :   翠星石らに やらない夫を押し付けて、自分は水銀燈と
                                       遊ぶ気ですか?









          ____
       /     \
      /   .ノ   \\         いや、そんな気ないお
    /  し (○)  (○) \
    | ∪    (__人__)  J |        ただ、銀ちゃんも やらない夫のこと気にしてるようだから、誘っただけだお
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /  勉強邪魔したのは悪いと思うけど、もう集中力切れてるみたいだから、
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/   いっそ来たほうが気分転換になっていいと思うお
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /







638 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/12(金) 23:55:47 ID:y3PZvLyE






             __ __
         ,.. -‐':.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.::: 、
       /:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.::.:.:.:.::.::.\
       ':.:.:.:.:/:.:.:.:|:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...:.:.ヽ
      ':.:.:.:.:::':.:.:.:.:.:.:|:.:.|:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:..:.',
     .'.:.:.:.:./:.:.://ハ:.:|:lヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.::|
     l:.:.|:.:.レナナ'‐'~ l:.ト! \:.__:.:.:.:|.:.:.:|
     |:.:.:ィ升Krォァ=、 ヾ!\` _ゝ_ ` .:, .:.:.,'
     |:.:.ハ:.:|  辷'ノ   丶 イt::_iヾレ:.::.::,
     |:.:.:.:l:.|         ゞ-' !:.:.:.:.:イ
     l.:i:.:.:.|ヽ.   r、_'_     ハ:..:./
.     |:l:.:.:.|:.:.\  `ー -'´   ,イ:::::/
     ヾ!.:,|ハ..:.:.|ゝ、  _ ...ィ/:.:.レ:j/
    _ _ _ゞ\ー- 、   |:./レl:.:..:/  (1秒たりとも、集中できてないよね)
   _レーハヽ     ヽォ_ー 、. |:.:/
   /::::::::::つ    /,イjくヾ\'_
   /:::::::::::::::L   レ' //}ヽ.j\ヽ7








  | l |{   lヽ  l |   |l  }l         l
_|  l |ヘ  | l | |   リ ハ /l     |
,.斗≧ミメ\ |  l | | l/ |/ _j厶|       l
 / しヘヾ \ lノ | / 孑气く  |  /}  小、  ぐぬぬ…
l| {::::} |       l f:::i lヾ ノ///l|:| \、
_弋_゚辷'ン_         、辷ン   / //l| |:l   ヾ
   ̄ ̄"´        `" ̄  /   / | ヾ 、 |:|
\:.:.:.:        ′  .:.:.: / /l  l|  |:|  レ
ー-ヽ               /ィ´  |  |l∠イ
                 ノl   |   |_ノ廴 (17秒ぐらいは集中できてるわよぉ!)
\     ⊂ニ=⊃     イ l|  |  l|三≦







639 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/12(金) 23:56:22 ID:y3PZvLyE






       / ̄ ̄ ̄ \
     /       . \      やる夫の経験でも、一度集中力が途切れたら、もう一度同じところまでテンション
    /  _ ノ   ヽ、_   \     上げるのは、難しいんだお
   .|   (ー)  (ー) .  |
    \    (__人__) .  /     だったら、一度席を外して気分転換した方がいいと思うお
     /    `⌒´    ヽ
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ
                      それに……








     ,. ´  二二丶` 丶 、
.   //,.:.'´:.:.:.:.ハ、:.:.`ヽ  >
 / i /:.:.:.:,.:-、/  !ト⌒jヽ:く
/  ィ {:.:.:.:/:./  ノ' (.:.) ̄ヽ
   ヽ二´‐'ー(::::)'´  ___   l
ー ァ:.1!||         ∠,  }     それに?
./.:.:.:|| !!           / /l!
.:.:.:::::!! !ト、          イ ||
:.::::::_|| ||イ|丶.. ___ イ:、l! ||
/:.:.:!! ll:.)! r―ァ┬―l7、:.:|! ||
:.:.:.:.:.|l !!)! {//, | \j}:.:.`|! |{
:.:.:.:/|| ||)!  / jl |  |}、:.:.:.!! |ト
:._/::::!! ll)| /  l}||  l}:::`ァjl !!:ヽ
/ヽ::::|| ||j!__!{|_l{/ || ||:.:\`
ヽ__Vト、、j|~ァX|::ヽT{ _,.イ:\jj:T ー{








               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !   銀ちゃんは黒歴史の大先輩だお!
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  /   やらない夫を元に戻してくれるのに、きっと助けになるお
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /







640 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/12(金) 23:58:30 ID:y3PZvLyE






       ゝ=ニ --- 、、  `ヽ、丶、
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`丶、、 ヽ、 `丶、
.     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'i,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ  ヽ.   \
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:ヽ、:.:、:.:.:.:.:.゙i   l    ,>
    ,':.:.:.:.:.:.::i|:.:.:.:./ !:ト、>、ヽ:.:.:.:.:l   } ,.ィ"
    l:.:.:.r:.:.:.:ll:.:,i:./  Yノヽ丶!:.:.:.:.:l  l/:.:l
.   l:.:.:.l:.:.:,!ll:./l/   イァt戈ヾl:/:.:i:.l   l,:.:.:.:.l     うっ……
    l:.:.:.l:.:Zアニリ、    ゞ-'' ケ:.:.リj  〉:.:.:.:.l
    N、:.トX´そソ    〃〃 /:,ィ{!   !:.:.:.:.:.:l    やる夫がそう言うんだったら、いいですよ
    ヾト、ミゞ゙〃〃  '    ,ィ゙クリイ   l,:.:.:.:.:.:l    水銀燈も一緒に来るです
      丶、ミ≧、  (ヽ   /X,_/   l:.:.:.:.:.:.:l
        |``T'^`i:‐-,ュェ彡‐--i{   入:.:.:.:.:.:l
       l:.:.:.:l  ,ィシ'イ升トヾニ};;!〉  ヾ::丶、:.:l
        l:.:.:.:>ィくヽ.ノイ<};;i`ヾ:;j{   ノ::::::::\丶
       f:.:ィ}7f  ヾシ'Fハl;;l    〉  ヽ::::::::::::ヾヽ
      /´::( l( ヾ、 ,クLl(l;l   {   /:::i::::::::::::ヽ〉
      /::::::::水 `" ,ケ}木l;;l   l   〈::::::l:::::::::::::::\









             __ __
         ,.. -‐':.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.::: 、
       /:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.::.:.:.:.::.::.\
       ':.:.:.:.:/:.:.:.:|:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...:.:.ヽ
      ':.:.:.:.:::':.:.:.:.:.:.:|:.:.|:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:..:.',
     .'.:.:.:.:./:.:.://ハ:.:|:lヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.::|
     l:.:.|:.:.レナナ'‐'~ l:.ト! \:.__:.:.:.:|.:.:.:|
     |:.:.:ィ升Krォァ=、 ヾ!\` _ゝ_ ` .:, .:.:.,'
     |:.:.ハ:.:|  辷'ノ:::::::::::丶 イt::_iヾレ:.::.::,
     |:.:.:.:l:.|     :::::::::::::::::ゞ-' !:.:.:.:.:イ
     l.:i:.:.:.|ヽ.   r、_'_     ハ:..:./
.     |:l:.:.:.|:.:.\  `ー -'´   ,イ:::::/
     ヾ!.:,|ハ..:.:.|ゝ、  _ ...ィ/:.:.レ:j/
    _ _ _ゞ\ー- 、   |:./レl:.:..:/  (よかったね、闇を纏った大先輩)
   _レーハヽ     ヽォ_ー 、. |:.:/
   /::::::::::つ    /,イjくヾ\'_
   /:::::::::::::::L   レ' //}ヽ.j\ヽ7







               __
            _,. -^{薔}-,、、
          , -'=― ´ ゙̄ ー-.、\_
       ┌‐/ i . ///  / i i i \ハ.
        [{// i i i i  .ィ  i i ,i  {i }ヘ._
    ェ=ニ'<{ i ii ハ iレNV ii .//./i .i i i{二/
       /_ハ! i  i`_' レ!/ `ヽ.!/i i {<}
       ´  ./>、.i/ {  :::::::: ーt-././ .} i <'
         / ハ、ヘ.ノ、_    ,i }/ .イi ii ヽ. (貴女たち、私のこと何だと思ってるのぉ……)
        // >' _  ̄ ̄`'i.iノィ′i/ ハiヘ\_
  ._,. -―‐'ヽ/// /::::::>、.__  i'゙ i i .i  i>ゝ`ヽゝ
  ̄フ:::::::::::/,-ヶュ/:::::::::::::::::::::/  i / .i /  ii´i. ̄ィ'-―-,____
 /::::::::::::/ .{ ' .<'}::::::::::::::::::/ ェ_/ ノi/ハ. i∧::::::::::::::::::::::::::<.
.//´/::ィ/  >. ,、,-ュ::::::::::::::{ {ヾ/ハ !'::::::}  i i:::::::::::::::::::::::::ェ-‐丶
   ´ i i  i{ゞヾゝ}>‐- 、._i,  }、::::::/.i  .i i-、::::::::┌ 、::::i、
     i ii  i iュ{゙ヽ/::ハ::::::::::::::::ゝ'`ェ}::::{ i i  i∧i. ヘ:iへ:}. \}
     i.i i  i i ヽ':::::} .}:::::::::::::::::ゝfフj}::::i i  ii ii  '
     i! i. .ii ii ii>、i/:::::::::::::::::::::::<へ.:::i i  i i ii
       iNWヽ.! ,/':::::::∧:::::::::::::::\. ヘ}i  i i ii
        ,. -‐':::::::::::;/ i:::::::::::::::::::::\.i /レ'  i!
       //::::::::::::/::/>=     「 ̄>:::::::::::::/:::/><i、:::::V:::::::::::\:::\,、._
     /::::/:::/}:::::::/::/>=<i::::::∧:::::::<ヽ::\::}、::{







641 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/12(金) 23:59:05 ID:y3PZvLyE







                   ●

                   ●

                   ●








              _
             ,'´r==ミ、
       ,_ _ _   卯,iリノ)))〉 _ _ _
     /   `."-|l〉l.゚ ー゚ノl/    ヽ
 (( '"'⌒`~"'" ''|!/'i)卯iつゝ '''"ー"``
            ''y /x lヽ
           l†/しソ†|        .           ┗| : : : |   _,,-'~''^'-^゙-、'~''^'-^゙-、
           lノ   レ      .               | : : : |┛ノ:::::::::::::::::::::::::::゙-:::::::::::::::゙-
______________                   ┗| : : : | /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::i
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXX>|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄! ̄ ̄ ̄!| : : : | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXX>||     . . . ...::::::!     .|.__ |
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXX>||   . . . ..::::::::::::::|       ||〓| |
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXX>||  . . . ..::::::::::::::::::!     .||矢| |
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXX>|| . . . ..::::::::::::::::::::::!      .||羅| |
二二二二二二二二二二二二二||. . ..::::::::::::::::::::::::::::::|     .||内| |
─┬─┬─┬─┬─┬─┬┴┐ :::::::::::::::::::::::::::::::::|     .||科| |
┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┤ :::::::::::::::::::::::::::::::::|     .|  ̄ .|
┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┤ :::::::::::::::::::::::::::::::::|     .| : : : |
┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┤ :::::::::::::::::::::::::::::::::|     .| : : : |
┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┤ :::::::::::::::::::::::::::::::::|     .| : : : |
─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l.,___,.;| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ┌──┐       ___
   i二ニニ二i     く/',二二ヽ>     , - -
   i´ノノノヽ)))     |l |ノノイハ))    /  (● ●
    Wリ゚ -゚ノリ   .  |l |リ゚ ー゚ノl|   ゝ  (__人)
    ⊂)_介」つΟΟ ノl_|(l_介」).|    ハ    \
     〈__l__〉   Χ  ≦ノ`ヽノヘ≧ . (人  \ル)
  (( 〈_ハ_〉   . ミく二二二〉ミ    ‘ー´\__)







642 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/12(金) 23:59:44 ID:y3PZvLyE







                   ●

                   ●

                   ●








    /||ミ
   / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||      || ガチャ
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::|| ̄ ̄\ ||
 |:::::::::::::::|| ノ  ヽ_\
 |:::::::::::::::||●) (●) \
 |:::::::::::::::|| (_人_)    |    やらない夫、いるかお?
 |:::::::::::::::||___   /
 |::::::::::::::(_____ノ´||
 |::::::::::::::(_ノ / . . . ||
 |:::::::::::::::||/    ||
 |:::::::::::::::||      ||
 \:::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
   \ ::::||
    \||









         __
       /:..:..:..::\
._     /.:..:.._ノ::::..:..\   __
| |======|:::....  ( ○)(○)===| |
| |     |:::.... u (__人__)  .| |    ヤア、リア充ノ ヤル夫君ジャナイデスカ
| |     |:::.....u  ` ⌒´ノ   | |
| |____|        }__| |    人外外道ニ落チタ コノ私メニ、何ノ御用ガ御座イマスノデショウカ?
| |\ ( . ヽ       } ヽ  \
| |  \ヽ   ヽ     ノ  )   \
| |\  \( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ
|_|  \  ヽ               \
    \  \               \
      \  \               \







643 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:00:19 ID:pbNtE/hI






         ___
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\      この調子なんだお
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |    何とかならないかお?
  . \ ヽ           /









                                     ,. -==─ - 、
         ,. '"´   ̄``ヽ                 ∠ 米 `ヽ_    \       確かに変ですが……
        / .:.:.:.:.:.:::::.::.:.:.:.:. 、\              /: : :`ヽ  米 `ヽ_   \
      / .:.:.:.:.:.::,:::::.:.、::::::::::.:.、:.ヽ\            /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、    `ヽ   \    眠っててもらわないと、翠星石らは
       /.:::l.:::l.::::/::::ハ:::',::.',.:::::::.ヽ:::l:::l           /:/.:::;:::::,:::,::::::::.:.:.:.`ヽ米. .: .ヽ: .:ムフ    夢に潜れないですよ
      .l::i:::|.:::l.:/.:::/ _ト、ト、ト‐-、:|:::::|:::!          /:/.:;:イ:::/:::ハ::::::::::::i::::::Vハ: : :./レ'´
      .|:|::.|.:.:l/::::;ィニ二 `ヾ:斗|:::::l/         l/l::::::::|:/:/`ー-`ヾ::::i:::::::.', |_/::::::.\
      .|:|.:::::/.:::〈 ヾヒzフ   ヒソ7:::/ ′             lハ::l::/i 1l_フ  l:/::::::::::i {::::::::、::::::::::\
     ハ:::::.',:::::.',      ,  /:::/             `ヾ:ノ ' ' '    i::::::://::::::::::.\::::::::::
        ``ヽ;::::::|.   ー ,.イ::/                /:::>、‐   /.::::://:::::::::::::::::::\::::
         1::/ `ーr< |/  うん            /:r'{ ハ`丁ニ二彡.7 ̄``7ヽ::::::::::\
         __ノl/ `ヽ _ノ⌒ヽ、__              /:/: {1メ.}に只 7l lメ} /メ: : : ',:::::::::::::
      ,ィf1   , ィ介ト、ヽ   1ト、            /:/: : }f  }:::i }::/ ,! f { i !: : : : .',;:;:;:;:;:
     /.:.::(f1  く _// { l1〉〉  1f:::.',          /:/: : : {1メ {:::| {/ / lメ} .i ト、: : : : ',;:;:;:;:









       _-─―─- 、._
     ,-"´          \
    /              ヽ
   /       _/::::::\_ヽ
.  |         ::::::::::::::  ヽ   それが……
  l  u    ( ●)::::::::::( ●)
   ` 、        (__人_)  /   やる夫の知る限りじゃ いつも起きてて、ブツブツ呟いてるんだお
     `ー,、_         /    そして思い出したみたいに突然 暴れだすんだお
     /  `''ー─‐─''"´\







644 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:00:56 ID:pbNtE/hI






     |┃
     |┃    ガラッ                ゞ丕ン-  _
     |┃三              ,   ´/ / ̄ ヽ \ `  、
     |┃              / / /  ′    '  ヽ ヽ \ __
     |┃             /イ ′ i  |      |  l  i  K<\
     |┃三           厶| |  |   |    |  |  |  | \j:|、
     |┃三          //レノ |  ',   !      !  /  /| /  |l\丶
     |┃          // |:| | ヽ   \ \   /l ,厶イ 厂イ   ||i:| ヽ\
     |┃          |:|| ヘ \ L ⊥\ ヽ ′'´才 Tマリ   ,' |:|   \>      話は聞いたわぁ
     |┃          |:||   ヽ ヘl斗 ┬        ̄` //  / |\
     |┃三         |:|ヘ   ∨ー┴ '´    i      / /  |ヽく         やらない夫、このままじゃ貴方
     |┃          |:| \   \           _,.  / ハ   |  \      / 滅亡するわぁ
     |┃    、   / `   | \   \     ー ニ´     , ′|  |     \  //
     |┃三   :.\/ \    l  ` ー一        /  |  l         >' / //
     |┃三     \ ヾ\  |    |  `   .,_  _ /|   l   ,′    / // ∠
     |┃    ―-、 \_〉:.:>ヘ    l     〉'´::.::.::.:`:.|    l  /     /    / ̄
     |┃    :::::::::::\ //::.:ヽ    l、__/::.::.::∧::.::.ヘ、 / /   /  _ -―::::::::
     |┃    :::::::::::::://::.::.::.::.::.\  ∨::/>|::.::.:/  ',::.::.:/>//_∠ ―<::::::::::::::::::::::::::
     |┃三   :::> ' ∠::.::.::.::.::.::.::.::.::.:\ \\\/   !::.:/>/ヘ〉,::.::.::.::.::.::.:\\::::::::::::::::::::
     |┃    ::|┌―――- 、\::.::.::./::.:>、 \__ __└'/   {|::.::.l::.::.::.::.::.::ヽ ヽ:::::::::::::::
     |┃    |l::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./::.:〈 ̄Lト \| ├/ ̄l_,.、 {|::.::.|l::.::.::.::.::.::.::丶...ー 、:::::
     |┃三   ∧ヽ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./::.::〔 \ |  ィr乞ヘ.  ′ムヘ!::.:|l::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:>\
     |┃三    ヘ \::.::.::.::.::.::.::.:/::.::.::.:冫   〃 弋乏ゾヾ イ:.:.:.く::.::|l::.::.::.::.::.:/, -―¬ /









          /  ,   ´ ̄/ \ ̄/ \  ̄ `  、
         /   /   ×  __×    ×      \
       ,〃   >、  _ ィフ: : : :√:了丁:卞、   _, <
      //   / / ̄: : /: /: : :./} : /: 厶イ: : `Y: : : : :ヽ
    /     /   i: : : : :√/ ̄不:./: /: / }: : ヽ: :.| : : : : : i
.    ′  ∠.ィ  {: : : : / //__// / _二二}: :l : : : : : |
    厶  r‐ T丁 |: :.:/  r≠=ミ、   /  ̄ 〃: l : : : : : :!
    |: : :.|: :.:|: | X l: : :{  |i   。 ヽ   ′、 ゚ イ{: : : : : : :/
   /: : イ: : :l: K  }l: : :l  ゞ  __ノノ   、 二彡ハ: : : : : /   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・!
  /:/: : : : :ヽ| X l: : ゙、  `二ニ       \    ',: : :.〃
/ : ' : : : : : : : :.K   l: : :.ヽ           ノ    }: : イ
: : : : : : : : : : : ,: ヽ >く l: : : : \             ハ/ハ
: : : : : : : : : / : : K   >|: : : : : :\  ,. -‐¬    ' |': : l
: : : : : : :./: : : : :.| × |「「「 ̄ ̄ /一''下/    /X | : : ヽ
: : : : :/: : : : : : : jく  >|       〈     ヽ   ∧  |: : : :ハ
: :.:/: : : : : : : : :/ × ./\      \__ ィ′ /  X |: : : : : :ヽ、
/: : : : : : : : : _//  Y   l>     `¨´ , イ /  ハ、:_:_:_: : :\
: : : : : : : : :/ \ × |    >ー 、 ` ー ‐≦、廴__/|      `丶:\
: : : : : : :.:/     ー十、 | 「`ヽ\_/イ´}|    /           \}







645 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:01:34 ID:pbNtE/hI






                     _.. - .._
                   _.. - ,ニ-冖 ⌒ 冖-ニ - _
               / ノ´,. .‐.: : : ̄: :、:‐. 、`ヽ \
            /   //: :./: : : : : : :l: : : :.\ヽ \
             <  ヽ/: : : :/: : : : : : /: :.l: : :、: : :ヽ/   >
              丶、/: : : ::/: : : : ::::〃:/:.|:: : :.l: : : :.', /
              l:l: :-:、l.: :::::::://://:∧:::._;l:-!: l:.|!
             ,l:l: : : ::|><__/ ' / '_,. へ:.|: l: :|::!l    ちょっと、水銀燈!
             l:.|:|: : : ::lz=ュ   ′ z=ュ.リ:://: l
            l: :Nヽ: : :ヽ     '       /:://: : :.l   様子も見ずに いきなり話しかけて、どうする気ですか!?
             l: : /il ヽ、ヽヽ   /二ヽ  / '// ̄`ヽ!
             l: /   il  li、``  |   |  /' li:.   ヽ
              l:/    il   li `丶、ヽ-- ,' ィ .il  li::.    ヽ
            ,/     il.※.li    ,.ィ`不ヽ、 il.※.li::::::..   ヽ
.        //     .:il  li   // //'{l:l ヾ、il  li\::::::...   l、
      / l/    ..::::il  li  ヽヽ//l>ィll:l__,ノイ   li:::::::丶、:::::::...l \
       |:  l:::.  ..:::::::::il.※.li   `イl:l. {.l:「´ il.※.li:\:::::::. `` ┘ \
      l::  l::::::_:::-:':´il  li    {l:l,><{ l:l   il  li\_l\::::.     .::/
    /,l:::.  ̄   ::::::il  li、,.、,、,、{.l:ト、イ.l:l、,、,il  li::::::::l:::::ヽ::.   .::::/` 丶、
  ,. '"´,.-l::::::::::::::::::::::/il.※.li、,、,、,、,、l:l::::::::{_l:l,、,、il.※.li、:::::::l:::::::..........:::::/ニ、 (シカモ厨二病ッポイ……)









'  l | !_/イl |,   l ',  | ヘ.   l     / |  ;i  ,    | l
  ,l/,r‐'´!.| ',|ヽ | ヽ  l ヽ |     l l /l  l,     l|
 / /   ',| 十' 寸 二マT´ ヽ.|!    / ┼/-l、_,|    /! !
,/ /l    | 丶 \ _\   '|l  / ‐ナ'´ |/lj  / /'゙
. / |'、    ', ‐、―r┬ャ、`     i/  ‐/_‐__/ /-‐'i /
/  ! ヽ.   ヘ ≧=一' ´          ゝ'-彡マ´ /      /'ヽ       おバカさぁん
   ! l \   ヽ                  〃  /!    /  |
  l | l   \  \        /      / /i|    /  /       こういう自分の世界に浸りきってるタイプには、その人が
 l  l|   | ト ̄´   、_, _,  - '´-‐イ   l|.   /  /        嵌っている世界と同レベルの言葉で話しかけなきゃ、ね
ー 、 l l   | /\\     ´ 二´   /  |   l  /  /__, --ー
:::::::::::| l   |:::::: \ ゙  、   _ ィ ´|    l   , -:/ , ィ;::::::::::::::::::::::::  そうでないと心開いてくれないわぁ
::::::::::::l|   !:::: ::::::::-_天    !   |   l/´::::::/ /´ト-、------
:::::::::::::', l   |: ::::::::/´:|:::/「l\   !   !   l__::// /  \::::::::::
:::::::::::::::',    l ::::::/::::::l:/ l|::、 〉_;-:::|   !::::::::::;'/   ,:' ∨ /\::::
:\:::::::::∧  l、:::::::!:::::::l;'   l!::∧>:::::::::l   l::::::::::i/   / ヽ/ / /ヽ
::::::ヽ:::/:::::ト  V\:l__」|  lY、::l>|\::l   /:::::::::/   ,   !、_/__/ ノ|
::::::::::V:::::::::l\ ヽ‐ト、:::/|   ヽ\!>ーl| /l::::::::::l    ,    ー',ーイソ
:::::::::::ヘ:::::::::l/ \ヽL.V∥    ヽ    / /!|:::::::::::l          /







646 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:02:11 ID:pbNtE/hI






     !      ,.  -‐── ────┴ ─‐┐
     ',  ,.  '´                 /
      > ´                    /
   く         . -‐====== ー-く
.     \  ,. . :"´: : : : : : : : : : : : : : l: : : : : : :ヽ
      >'´ .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: ./ハ: :.l: :!: : : : : :l
       i: : : .: : . :. {: : : : : : : :./ /ハ: l.: !: : : : : :}
       |: : |: :.|: : : |::.:.:.:.:.:.`メ、 // V: :l: : : l : ;′
       |: : |: :.|: : : |::|: : :∠イ_〃> Vく: :./}:/
        \|: :.|: : : |:.|: : :`弋夕ソノ` tり:.:/ l/  むぅ……
        \|ヽ: :|.:|: : : :.i.:| ̄    ヽjⅣ
          }ヽ仆ヽ: : : :lN   _ _/: :l     さすがは黒歴史の第一人者
          / ̄ ̄``ヽ、: レ'´ ̄`): : : :l
        /        V  `ー ユヽ.:.|     厨二病相手だと、僕ら夢の庭師姉妹より上手く応対できるかも
     ,ん子こ`ヽ     |     ユ、l./
    ,ん'´: : : : `ヽヽ   |     l ハ'









        ____
      / ノ  \\
     / (●)  (●)\  ,∩__
   / ∪  (__人__)  \ fつuu   よく分からないけど、銀ちゃんが やらない夫と話合うんだったら
   |      ` ⌒´    | |   |   銀ちゃんにまかせるお
   \           /_ |   |
     ヽ           i    丿
    /(⌒)        / ̄ ̄´
   / /       /







647 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:02:50 ID:pbNtE/hI







                   ●

                   ●

                   ●








            >′´    \::::::::>、____
          /      l ヽ    ̄ //小 \Y/
            . ' /      | |ト  |  \'」ト \\__
          /  l      | ∥| } _|   l \_ヽ_ \\
         /   |   | | イ厂|,ハ !  | ゙,  ̄\\ ヽ.ヽ
       ′ | i |ヽ   |// /,.斗:‐刋 | |    ̄  レ′       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      |  | ||_\ |! / 〃ヽソ ' / /  |     \
       || ゝ \ -\∨       / イ   ト     \ \
      | ト  \ィヘ ソ       / |    | \     \ ゛ー      そうなの……
  \___ 、 \\ヽ ̄´  ヽ __,.      |    |\ \
__ \\|\ \  ̄二   '´´      |    |  \ >-...    _
::::::::::::::::::\, ――‐∠ヽ_         / |   ∧__>'´::.::.::.::.::`<::::::::::::
::::::::::::::_/   ―ッ厂   、\ー-  <::.::/   /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\:::::::   貴方、真紅に言ったひと言、
:::::::∧/   /  /   l l ト )//「\::V  /::.:,′::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::\:
::::::′冫 /    | _」  | | |∠〈〈仆:::::マ /.::./::.::.::.::.::.::.::.::.::___::.::.   「死ぬまで変わらぬ永遠の愛」の誓いと
:::::| ハ _  ,―┴ぐ_ノ-イ‐'::.::/フ┘|::|/ /´::.::./::.::.::  -―――-
:::/   7 Y´    |__  了::.::.//z_r‐レ'/.::.:::./ レ'´::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:    3年後の言動とのギャップに悩んでたのねぇ
〈|   /  \ -―{_  ̄|_::.::レ燈}彡イ::.::.::.::./ /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:
├く    <__   | \「::.:_j ゞ '´〕/::.:/〈 〈::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:
|  >     下 _ \ j::.:ノ /  〔/   _\\::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:
| /\_   」    L|::丿/  〔レ'´::.::.::.::.::.::.\` ::.:―- _::.::.::.::.::.::.:
 / /  \  `l__  |冫   r'::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::`::.:ー― -- 一=´::.::.
     / 〈   \ `丁:)    〉::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::\::.::.::.::.::.::.::.
Y_ /__>-、ー┤::.`L   〉::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::\::.::.::.::.::.:
 `ー'\       〉   |::.::.::.::ヾ i|::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::ヽ::.::.::.::.:









        _______
      /          \
    __/             \   はい……
  /.            、    |
  |.         ,(⌒(○)ヽ    |   こんなに簡単に人の心が変わるなんて、現実が夢のように はかない
  l  lヽ      )>       /   というか悪夢みたいで……
 /    ヽ\   `(__,(○) / /
 |      \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      んなこと考えてたら眠れなくなった、というか……
 |     |ヽ、二⌒)、







648 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:03:27 ID:pbNtE/hI






              l|   l -─‐|- ___  |          /   / /      |
            l l    ',l\  |\   ‐|-      _/__///   /   l|
             l l     l_ヽ_|__ \  | ヽ.    ´// __,/// ̄/     l l
           /l ヽ    l`ヽ !、 i )\! \  //'__   /_,//     l l
         l´ l   \  \   ̄`     `' /i_´ヽ、_!フ> //   / .l
          ヽ |     \_  \     ,、   l_,.!ャ',     ,ノ    / l   おバカさんねぇ、人の心は移ろいゆくものなんだから……
            `l      |`、‐`   '、.ヽ-‐ '´,ノi__',_ _,-'´    ./  .l
              l. l.    |  \   _,-`‐`‐´ォ l-‐ヘ´ /^i ,/   /    変わらぬものなんて無いの、日々一日一日だって
             ', l      ト、,/ `y´ /l ̄l´/ l 〉 }⊃ /'´    /__    変化があるんだからぁ……
            ', l',    l ヽ /  / ∠l ∨  l′/‐' /     /  ヽ
            ',.l ',    `y´     /        /   //    ',
          ,r‐‐-',l ', _/      /      /   ,//    _   ヽ その 毎日の中から変化を汲み取って それを刺激にし、
        /     /l/     / /       /   ,/〃--‐‐ ´  ヽ、  ヽ 心をリフレッシュするよう、すればいいんじゃないかしらぁ
          /        / l_     / l       , -'‐、 / ̄´         `ヽ ヽ
        /       / i `i  /  _,.l  ,.-、_ノi   l´                ヽ ヽ
      / ,,.-‐ '"^>'l   l |   lT´,) ',/   ヽ l   |                  )  ……男女間のことだったら、お互いに協力して、ね
      /    く  l   l. lヽ、 / l'´/ノ、    ',| ___L_  _,.-‐ '"´`ヽ、       /
              l \l   l  Y  l/^ヽ ',    <´   i/         ヽ   /
           l  >     ヽ/   ヽl  /ヾ ヽ   l             ヽ / ヽ、









   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ○)(○)
. |   o゚ (__人__)
  |  0   `ー'´ノ   だったら、何であんな大げさな言葉が出たンスかね?
.  |        }
.  ヽ       }
   ヽ     ノ
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)







649 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:04:05 ID:pbNtE/hI






             ,. -ー' 二二二 ー- 、
            //: ̄__:::::::::::::::: ̄`:::ヽ
.         /〃'::::::/´ノ〉):_ノ_ノ::::::::::::::::::\
         //´::::::__,ィ:ゝ-':__,:::-──- 、::::::::::ヽ
         /゙::::::::::/ ̄ ̄\ ヽ\  ヽ \::::::::ハ__
         !:::::::/ヽ      ヽ ', ヽ  \ ヽ>,仁》    一般的に、西洋キリスト教での、『結婚』についての伝統的な解釈は
      _ |::::ハ  ',       l }   ! !  ',<ノ||\    神の御業に基づくもの、とされてるの
      《ニハ_ゞ、 \ \    ! ||  | |__ || l | \>
       ソ|| \\ \ \   | .从,ィ匕Lィ|| | | 〈´             旧約・新約で解釈も異なるけど、基本的に
.        | ', \\,.>一ゝ, |/ /,ィチzノノ | | l  |ヾ             「結婚とは人間同士の交わりの最も基礎的なもの」
        ハ \ \ィチ乏ラミヾ'   ` ̄ / //   l ',)    , --─'::´  というのでは共通なのよねぇ
 ̄:::`ヽ、  〈/|:} ヽ,\ \ ̄   、     / // /  l ヽ  /::::/::: ̄
/:::;:ィ:::::\ //|  |\\ `ゝ    -= '  /!// /   !   ∨:::::::::':──-:::、  で、一旦結婚したら生涯それを全うすること、が
:::/:::::ハ::::∨ム'〉 「`::ゝ,\_个 ーtヽ_ /─ヘ,ィ' l   |l  /::::__::::\::: ̄`ヽ   基本になってる以上 結婚への、愛の誓いの言葉には
::::::://__;/:::::|  |::::::::::ヘ   !:::::| |::::ハ;:::::_::_:::ヽl   l| 〈::::::::::\:::::\::::ヽ   『永遠』が必須で使われると思うわぁ
:/;::///::::::::::: ! / :::::::::::::} |:::::::l! !/  ∨ } /::::/ / ハ`ゞ 、::::\\:::::ヾ
  ∨/!:::::::::::::::| /:::::::::::::::::| |::::ノ| ト-ーく 〈_」:::/ / /::::ヽ:::ヽ\:::ヽ \
  //|:::::::::::::::レ ::::::::::::::::::| |::_〉 }  ─ー、ヾ才/} /:::::::::::\:\\〉\
///ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::! /:::〉ヘ!   ̄\ヽ)=::、/ /::::::::::::::::::::::::::\
/// 人::::::::::::::::::::::::::::::::|/::{ `入_  ゝ}_ソ/`´}/::::::::::::::::::::::::::::::::::}
// / |::::::::::::::::::::::::::::::::::::(\__  ̄Z_r、_「| ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト
/ /   /ヽ;__::::::::::/:::::::::::::::〔 ゝ,>、  _,ィ'7´}::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::! ゝ
///   /  | |  ̄`斗、:::::::::::::::\r 、  Y  厶ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ   )







(※:これは古典的・伝統的な解釈を大まかに述べたもので、現在も当てはまってるとは言えません。カトリックは「離婚の禁止」と
   いった古典的解釈を色濃く残してますが、プロテスタント系は宗派によって聖書の解釈が異なるため、一般論化は無理でしょう)







650 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:04:44 ID:pbNtE/hI






                     ,zタイ       i ´`ー、_ヽ                  ,j
                , -,r'´  / /    l  i  l ド l_ , -、        /:l
                水//   i /l     ,/ _/_/l / ヽ‐z‐'- 、_     /:./
           / /イ l   lヘハ,_  /l/レ'イ__レ,i   トイ          /:.:,' / , -‐   もっとも現代だと、欧米でも「結婚」を「生涯かけて
、               l ! l  lj '´ゝ '゙    ―…' /  , li \     ,.':.:.:.i /:.'´:.:.:.:.:   貫き通す愛」と見なしてはいないでしょうねぇ
:.:.:. 、    ト、       Vヘ ! __,. -'  ,      ∠. イ  l '、      ,.':.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.':..、ト丶:.:、     | ヽト,     _, - ァ     l   l 丶   ,/:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : : : : :   宗教界はともかくとして。
:.:.:.: : : : :.:.:.:.:丶:.:.:.ヽ   /ヽ  ト、      ̄‐     /|   l  ヽ /:.:.:.: : : .: : : : : : : : :
: : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:/    \l ゝ 、     ./ ,l   l    /:.:.:. : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : :.:.:.:/   , /   / >‐-z::ニシヘ./  //   ;:-‐'´:. :ヽ: : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : //  / /:\  / l 〈二f:.ハ:. :. / , /  /:. :. :. :. :. :. :.\: : : : : : :   実際、18世紀の啓蒙主義思想が広められた頃って
: : : : : : : : : : : : : : lイ  l /, -‐-ス、,' /:. :/  ',:./'´>xャ‐:.':. :. :. :. :. :. :. :. : . :.>、:_: :   その思想家ヴォルテールやディドロらは『神の存在』を
:.:.:.:.:. : : : : : : : : : |:l  l/:. :. :. :. :. :.ヤく:. :./- ‐|:./´〈l:. :. :. :. :. :. :. :. :, -:. ´:. :. :. :./:   積極的に否定してるのよぉ
:. : : : : : :.:.:.:. : _, -‐'ヽ !:. :. :. :. :. :.kj   ´__ _    /ト、:. :. :. :. :. :./:. :. :. :. :. :. :/:.:.:
, -,:.'´‐ァ'´: : : l:. :. :. :.、ヾ:. :., -、:. :. ソ イ´_,_.j   iー、/ _l 丶、:.,、:. :. :. :. :. :. :. :/:.:.:.:.   で、その帰結として
   ≦:.-‐: : : ',:. :. :. :. /,父.__ Y´ i  fヘハソ , -‐ '´ {, -,、_ ソ丶、:. :. :. /:.:.:., -=   「神への愛=永遠の愛など存在しない、では移ろいゆく
    ゝ-‐/-‐'´ゝ:. :. /ーイ    ´`'ー 、 ゞ='"/,        ノ‐- ん-、_ ` ーャヘ丶:.:.{     愛に対して、如何にするか」
   /    r‐-,z:/ ,ノ         、 \//        {___   ノ __`  L.´`ー-、\   といったことをテーマにした文芸討論も生まれてるのよぉ
  /   r‐_-/´,/ ノ{, -‐ 、   、  \.と.// .ィ , -‐'´ /_   }__  r'ー-  ヽ:.
, '   __/j -' ノ  う   ヽ. ヾ'i 、 ヽ(/// /_    l      |   '-t‐     |:.
-':.´:. :. ,-' f   ', イ'、    \ヾャx'ー'¨´ f/ノ:.r'     /----  f―-- /-‐  /:.
:. :. :. :./  -{     ーソ |      /:ト':.:.:.ヽ,f:.´:. :. :.!    f´'ー-   }ー-  / ´  /:. :.









     !      ,.  -‐── ────┴ ─‐┐
     ',  ,.  '´                 /
      > ´                    /
   く         . -‐====== ー-く
.     \  ,. . :"´: : : : : : : : : : : : : : l: : : : : : :ヽ
      >'´ .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: ./ハ: :.l: :!: : : : : :l
       i: : : .: : . :. {: : : : : : : :./ /ハ: l.: !: : : : : :}
       |: : |: :.|: : : |::.:.:.:.:.:.`メ、 // V: :l: : : l : ;′
       |: : |: :.|: : : |::|: : :∠イ_〃> Vく: :./}:/
        \|: :.|: : : |:.|: : :`弋夕ソノ` tり:.:/ l/
        \|ヽ: :|.:|: : : :.i.:| ̄    ヽjⅣ
          }ヽ仆ヽ: : : :lN   _ _/: :l    (水銀燈がこんな長文をしゃべるなんて……
          / ̄ ̄``ヽ、: レ'´ ̄`): : : :l     おかしい。なんか変な物でも食べたのか?)
        /        V  `ー ユヽ.:.|
     ,ん子こ`ヽ     |     ユ、l./
    ,ん'´: : : : `ヽヽ   |     l ハ'







651 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:05:23 ID:pbNtE/hI






     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●    あ……
   |      (__人__)
.   |        ノ    でも『セビリャの理髪師』って、原作の戯曲をボーマルシェが仕上げたのが18世紀(1775年)でも
    |      ∩ ノ ⊃   ロッシーニのオペラの方は19世紀(1816年)でしょ?
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │   ルソーやヴォルテールより後じゃないスか
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /    それなのに宗教観が より古いって、おかしくないッスか?






                                                     , '´,             /⌒ヽ、
                                                   / /  , '    ハ  /⌒ー┘ あ )
                                                , '  / / /    l | (  あ   : (
.                                               // / / ,' ,′l l|  l  } ら   :  )
                                               /〃 // ' / /  l| l|  l l(  :  ト-~′
.                                              /// //、 /  '/ /!|l l! ハ l| { ? j
                                             // l |l| | 「トl| l !| l l|_厶⊥L!_|`ー一′
                                             〃 |l |ll ,ィ永 l l |l |jム=ミ/〃ノ|| l
                                             {  川lV| {リ|  ソ   f℃ `X リ| |
                                                  |l| ゙フ     {じ'   イ/ /l| |
                                                 l||!ヽ     `iiT′/' ィ ′|
                                                  ノハ  、__   _彡1/ ,′ l
                                                    lヽ `     ̄ /,' /  l
                                                    ! ∧       〈〈 ,′  ハ
                                                     // /ンー┬=≦三N   ,′|
         ,.. -―- ..、_                                    // ∧  /j三三三| /l  l
         ,.::'´::.::.:::/::.::.::.::.::`ヽ、                                // /  ∨/l三三三/ , / l| |
       /:::/::.::.:;:'::.::.::.::.:}::.::.:、::.:::ヽ                             // /  /∠三三三l // l| |
     /::.:::/::.::.:/::.::.::.:::/ハ::.::.::ヽ::.:::`、
     ,'::ヽ⊥_:_厶彡'::://l::|::.::.::.::';::.::、ヽ
     |::.::.:「:::┬=ニ>く l∧ヽ、::.::.:l::.::.:Vl
    l|:::/ |::.:::l:|「えメミ、 |ト V:_::.::.::|::.::.:::l:|
   ノ|:人」::.:::|:l ゞミン  |l  ヽ:`ヽ|:l::.::;:l:|
   ´ j从:::|:::|:トゝ     丶 芯刈:/::|::/〃
  _rヘ_}人:l::l   丶 _′`‐'/:/::l::|ー'′
 /7rぅ 、廴_ヽト\    >=彳:::|::| (よかった。いつも通りの水銀燈だ)
..rう:.:ヽrヘヽく  `メこて´V{   |::l::|/
..7:.:.:.;.:.く_nl〈  /,ニ{}ヘ f弌k ノ/;リ







652 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:05:59 ID:pbNtE/hI






    /ノ´: /: : : : : : : : : : : : : :i: : : ::i: ::ヽ: : : : : :\   \
   /": : :/: : : : : : : : : : : : : : ::|: : :|: |: : : ヽ: : : : : : :ヽ  /
  /: : : ::/: : : : : : : : : : : : :/:/}: : i: :|: : : : :ヽ: : : : : : :V
  /: : : : :|: : : : : : : /: ::/:: / /: :/: / ヽ: : : : }: : : : : : :l
`.{: : : : : :|: : : : : : : : ::/.// /://:/-―--:、; |: : : : : : :|    もう……
 |: : : :{: : |: : : :,斗ァ''フ"  /"  //    \ヽ|: : i : : ::|
 |:i: : :i: : :l r彡"´    "   /        }: :ノ : : ::|    水銀燈は、翠星石同様 大学受験時には理系選択してた
 l: i: : { : : l |     __,..    /  ''ェ;___,ェ; /: : : : /∧    ですから、歴史系の話は苦手ですよ
.  ',ヽ: : : : ヽl ,r==="         ̄ ̄ ./: : : :ノ/  l
   \\: : : \        !       /, r '´ }: : :ヽl    すぐボロが出るです
   |: : : { `ー >              /{ * }: :  ヽl
   |:/: : { __ i/ ヽ             ./: {   }:_:: : : : l
.  //: : : :{  "iヽ { :ヽ、    ⌒   /:__ : { / ノ: : : : :.'.,  ……その辺の話は雛苺が得意じゃなかったですかね?
  l/: : : : : :} r-┘、: ::r`vr‐ -  ´|: : : | _」_{./  ./: : : : : : : '.,
 /: : : : : : : { `ヽ、 ヽ.L._ヽ.    レ'V__ ヽ/: : : : : : : : : :'.,
/: : : : : : : : r ト *|ヽ/ ノ ヽ.'、  / { (___  〕r、_: : : : : : : '.,
: : : : : : : : :∧.l.}  }〔 ´ / ヽG=ニ:|(    ./r'/rく: : : : : : : : :',
: : : : : : : ::/ )|.ト}  }ヽ    へ)|ノ\.{ |/ーi  /`./ ( ヽ: : : : : : : : ',
: : : : : : : /  .)|.「.) .} ∧     ) 7 .ヽ |    { フ  |  ヽ: : : : : : : : ',









               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !  じゃあ、雛苺呼んでほしいお
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  /  話ししてると やらない夫が元気になってきたことだし……
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /









..  /XXXXXXr '" /: : : : :ヾ: : : : : :./
  /XXXXX/   {i : : : : : : \: : : :{¨三ニ=- .. _
. /XXXXX/ ,ィ彡八: : : : : : : : ヾ:_:_:_:_: : : :__三: : :`ヽ.
.}XXXXx/_:斗/: :爪_>ミ: : :ィ彡XXXXXXXヽ ` ¨ ーミ: :\
{XXXX八  {: : :У: : :ィ≦XXXXXXXXXXXX\    ヾ: :ヽ
ヽXXXXXヽ ヾ: :`<Xハ: : :_:_: ̄三ァ=ミXXXXXxハ     ヾ: }
 ヾXX;x=ニ_X彡ヾミ: :_:三三 : : : : : :彡:ハXXXXXx}    j:八
   ヾr'廴_ 〉XXイ彡>=≡-一ィ彡': : : イ:!XXXX/{    〈: : :
 / / `  {K´7i !イィ弍三ァ=彡イ: : : ,ィ:.!:}XXXX}八    丶-   では雛苺呼ぶですよ
./ 、 i { ,  》: :1从{弋ソ`厶才ィ: :ィ/: //!XXX/: : :.ヽ
..ヽ ヽヽ(⌒ /ソ: :.ヾ:!.::::.  ー‐=≦;ァ卅//:/xXx/: :ト、: : :.\      急いで! スィドリーム!
: 弋yてミ三7: : : ;圦  ,.-'、  (r_ソ)〉イ:/xXx/:.ハ:{ ` 、: : : `ー
: : :ヾ辷彡:': : :_:r'/ィミ、 廴ノ .:::::.._.ィ:彡'xXx/: :小:ヽ  ` ー-=
: : : : :_:_:_:_:rvx彡fチ廴.>、__∠ユ.彡圭イXXx/: : { |: : : \     
..ィニ ̄_rv彡tソ`  /fzY~`¨チ: : : :>:XXX/: : : | ヾ: : : : `ー―
7: :rvムr’     / rソ}Kヽァ彡: : : :{XXXx{: : : :.!   \: : : : : : :
′ : 三≧zコ  /_r爻仆イ: : : : : : ヾXXXヾ: : ハ   ヾ: : : : :
: r=x: :イ: :辷 _rムfz=彡: : : : : : : : : : 〉XXXx廴_: :ヽャZXX≧XX
イ: : :/:{: : :コr=':{爻{: : : : : : : : : : : :,仆、XXXXXXXXXXXXXX
: : : : 八: : : :ヾ:::::ヾ圦: : : : : : : : : :./: :}: :ヾXXXXXXXXXXXXX
: : : :{: : ヾ: : : :Y:::::::::::〉: [`: :∠]: : : :<\: : `辷_XXXXXXXXX







653 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:06:33 ID:pbNtE/hI







                   ●

                   ●

                   ●








           ___       ,.. -───- 、
       ,. -‐': : : : : : : : `ヽ' ⌒ V: : : : : : : : : : : : ヽ
       |: : : : :: : : : : : : : : : 「: :|: : : : : : : : : : : : : : :j
       ゝ: : : : : : : : : : _: _: j: : j -----.. _、: : : : :/
        |: : : , -‐ '' : : :_:ノ `~ヽ: : : : : : : :ヽ:_:_:_:L
        _j /: : : : : :: ィ_j__r t,___r\ : : : : : : j: : : : ゞ
      r': : :\: : : :;/r′       \: : : ノ: : :,.ィ
      ヽ: : : : :\/_j´   ::;'    │   ~~\: :.∧
       入: : _ .ィr' T   :::l!     ::l:   ,   ∨   ヽ.
     /  |    l   |, l |    /||  ,   l,  l  \
    /   l l,   |l   .|ヽ l .l    //l' /l  /  /   \
  /     ヽl、  .l‐l 、l、 l ヽl、ヽ  , '/.l//_/l  / /    \
  /      l, /ヽ l. ゝ,r==t ``ヽ//',r==t、、 ,'l/' |/      ヽ
  l       .l,/ /ヾl`'´| l;;;;l !       | l:;;;l iヾ / l /_       l
  l===、、 .ヽ="==',l-、ヾ、,ノ     ヾ、,ノ _,/==/  , === l
  \___ ゛`ヾー==ハ´           ヽ==ゞ、〆"  _/
     ゝ`ヽ、ヘ__>>、     r‐,     /l< ´_`ーゝ=(´    えー、やらない夫の用心が無駄だったのー?
     ー〆`   `7_,へ` 、  ` '  ,、_'´へゝ'´  ヽ==‐
      `ー'´  , 、    ̄ `.l ー -‐l´    `, -、  '"`      泥棒にでも入られたのー?
         , '´  `ー≡ゝ='´   _`ー==;:-'´  丶
       /     / ,-‐- 、`ー@',´-‐'´ヽヽ    \
      /´     /,    _`ゝ"<     l l      ヽ








    /ノ´: /: : : : : : : : : : : : : :i: : : ::i: ::ヽ: : : : : :\   \
   /": : :/: : : : : : : : : : : : : : ::|: : :|: |: : : ヽ: : : : : : :ヽ  /
  /: : : ::/: : : : : : : : : : : : :/:/}: : i: :|: : : : :ヽ: : : : : : :V
  /: : : : :|: : : : : : : /: ::/:: / /: :/: / ヽ: : : : }: : : : : : :l
`.{: : : : : :|: : : : : : : : ::/.// /://:/-―--:、; |: : : : : : :|
 |: : : :{: : |: : : :,斗ァ''フ"  /"  //    \ヽ|: : i : : ::|
 |:i: : :i: : :l r彡"´    "   /        }: :ノ : : ::|
 l: i: : { : : l |     __,..    /  ''ェ;___,ェ; /: : : : /∧     どこをどう聞けばそうなるですか
.  ',ヽ: : : : ヽl ,r==="         ̄ ̄ ./: : : :ノ/  l
   \\: : : \        !       /, r '´ }: : :ヽl     劇のタイトルの話ですよ
   |: : : { `ー >              /{ * }: :  ヽl
   |:/: : { __ i/ ヽ             ./: {   }:_:: : : : l
.  //: : : :{  "iヽ { :ヽ、    ⌒   /:__ : { / ノ: : : : :.'.,
  l/: : : : : :} r-┘、: ::r`vr‐ -  ´|: : : | _」_{./  ./: : : : : : : '.,
 /: : : : : : : { `ヽ、 ヽ.L._ヽ.    レ'V__ ヽ/: : : : : : : : : :'.,
/: : : : : : : : r ト *|ヽ/ ノ ヽ.'、  / { (___  〕r、_: : : : : : : '.,
: : : : : : : : :∧.l.}  }〔 ´ / ヽG=ニ:|(    ./r'/rく: : : : : : : : :',
: : : : : : : ::/ )|.ト}  }ヽ    へ)|ノ\.{ |/ーi  /`./ ( ヽ: : : : : : : : ',
: : : : : : : /  .)|.「.) .} ∧     ) 7 .ヽ |    { フ  |  ヽ: : : : : : : : ',







654 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:07:13 ID:pbNtE/hI






      ,イ´ __              __
    / i==' ノノ´ ̄`ヽ、__     /´  {  「.「i
、    ヒrェェv-r;、_>--'7´⌒ヽY´`ヽヽゝ.__i 八___ノ
  `丶、  i´ ̄``ー --<ミヾ⌒ ノrrァェェァrくi' /  
      >-i;::.         \ `Y Y´__     V
.   /´ く |;::       .::. >r‐{´    ..: :: :i
. ̄ てハ _ハ.|;;::      _,.ィ1イ´r'1\    :..:....|
(___ノノノ´ 八.: _,. .ィ´及〈`Y.i(__) .lへへ   ..:/
   /´ ̄/ _j´交亥'´イ.八 i j  .ノ ノノへ.::/j
   レ'´ (彡'´( // / // il lヽ ヽヽヽゝ.へj i i (( ノ.     うぃ……
.\ /´-┴──''ノ/ / / l i  ll l i  i ll i  iー17 ノ´ヽ1/
  (⌒>f´ ̄ -- i  i i\.i l  ll l l //i l / /iノ ´ ̄ `ヽ
. ⌒/⌒_ /   |  l l i 八 リ ノ ノ,ィ/// i //        }    でも17世紀~18世紀のフランス古典喜劇の話だったら
 `丶、´     ハ 「〒テr     _..///  ノ/      /
    `丶、    jヽ. `¨´    ゝ._フ ∠ __     , '      “無駄な用心”をテーマにした劇って、結構あるの
        `ー-、__  )    )、    リ´´⌒`ーrヘ  /
           //j´ ̄`ヽ     _,.イ{ i     >ヘ .i
..>- 、     i〈く   iし'` ̄:..:    `しし1 {`ーへj
    `丶、  |ノメ}_ノi´ \          ー'` ̄``
       ヽ.._j} } ) l    \:: .
         `Vj





                                                        ,  --=ニニ、ヽ、
.                                                      ∠ -―‐--- 、 \\
                                                      / / /  ,   `ヽ ヽ\
                                                     // , / /  // /,イ   Vハ ヽ
                                                     // // / // / //||l l!  \
                                                    {ノl l| 「Zメ/l// /ム⊥|| | |  /
                                                    l l |l 〈f沁 {/ / ィ汽く l| j ,リ } rく
                            そうですか?                N八〉`゙′,   {゙りノ//〃/イ  |
                                                      jヘ、  _   " 彡'// |l  |
                            じゃあ、ボーマルシェ以外に         / / 丶、`  , ィ7´ rク l   |
                            どんなのがあるですか?          厶イ __」二兀//-|-/厂ヽ、 |
                                                    / / l { ´´rク〈 | /´   〉 |
                                                       / / /八  }| ∨ ノ!     /







655 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:07:54 ID:pbNtE/hI






    , ィi^ヽ、.    {リ:::::::::::::::.:.\    _/.:.:.:::::::::::::::::::jリ
    /l しJ!ヽ|    {リ:::::::::::::::::.:.:iヽ:只ソィ´  ̄``.:.:.::::::jリ
   .〈!jヽV/  Lェュ、 「{リ::.:,:ェェーェュJ⌒7>‐ュ、_    .:.:/
    ト、   〈.:::jリ ヽ ̄`フ"´ ̄         `ヽ _.::/^ヽ
    _j/ヽ ノT/.:ト、 レ'´     /    ヽ     \    \
   _j/.:.:.::ノ」// /  /  i   |      i   、  ト、 「 ̄      男が、浮気されないよう 女を外の人間と触れ合えないようにして
  i/.:.::::/7 // / / l / |   |  l |   |   l|   |ハ_」、       自分の思うがままに仕込むが 結局失敗してしまう、というテーマの喜劇は、
  /.:.::::/7 //  ./1 /! i | /_」| -┼-、トト、 ┼- 、リ   jj 7::! \
  .:::::ノ7 //    |/ ト、 lN/l/リヽ|   `\/l / ハ ; イ//.:::'   \    17世紀の古典喜劇だと、モリエールの『女房学校』、『亭主学校』
 ``ヽ、 _ノ       `ト;〉 ,r==´  .  `≡=ュ _/ l:/.:.::'ー─- 、ヽ   が有名だけど、
     \         r‐'‐ュ  ' ' ' ' r─┐' ' ' {ニ二ミ}::,:'´ ̄ ̄``y'′  それ以前にもスカロンという人が『無駄に終わった用心』というのを書いてるし
      \_      `二孑、    l.::::.:ノ   {二三ミ}´ ̄``ヽ,/
           \    `孑j >、_    ̄  (ヽ 孑そ´  ̄``<      モリエールの後もルニャールの『恋の狂気』などがあるのー
          〈          ヽl〕 ー‐r<::/⌒ヽ二ニヽ_/
          ヽ     /   `ー一'ヘ-─- 、  孑´`
             `辷_j /  , -‐r‐r‐- 、    \
              レ′ /:,r' 7:介ト、`ヾヽ   /
              /   /:/ /:/ |:::|  i:::|  〈
                /   /:/  |:::|  |:::|  |:::|   |








       r‐'´ ̄ ̄`ヽ_  __
       \r< ̄`ヽ、>< ̄_\    古典“喜劇”は、まず“悲劇”(人文主義者らによって始められた、神話や伝説的英雄による
      / `_フ ̄7´ ̄`弋ニ、__〉   運命をめぐる劇)に対するものとして始まったのー
.     /  / ⌒V´ l   |`V_>
     ∧  |  ! /| |   | l l ト、   で、具体的には
    rヘ,ハ  l |V¬-ハ l /| / lr'⌒!
    ! 丶 \ヽl -=ミ、 }ノ‐ナl lr个、/  ・《時代設定》 神話、あるいは古代ローマ等 遠い昔  ⇔  (書かれた当時の)現代
.  ∧ 、\r彡} '''' `  =ミ /厶 |: :〉  ・《登場人物》 神々、あるいは伝説的英雄        ⇔  町にいる市井の人々
 ∠-ヘ \⊥ィヘ   /` 7 '''ソ{三}/:/   ・《ストーリー》 大いなる運命に翻弄されるor戦う    ⇔  普通にある生活
    └勺 : :\`>冫ニr<_:_:_:_>'′
    /⌒ヾ : : r┬彳: : : : :./: 《/ :{|\: :`ヽ、
 {_ \\: : :./: : : : : ヽl   ヽ-<)    だから『喜劇』だからって、必ずしも「笑える」とは限らなかったのー
    ̄\ヽ/: : : : :_; -┘r冖┬ク
      て¬ー'´_彡 了  rく
       ` ̄匸_人_ノーく r‐ヘ
         `个 个   `Y艾}
            {丕}    `ー′
               ̄







656 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:08:33 ID:pbNtE/hI






    /   __ヽ、ヽ、, -‐    \ヽ,ィ´ ̄ ̄j
  /´ ̄ ̄ rゥ=-\ ヽ、_,ィ――-- 、ヽ___ -‐ヽ.
/      ,>ァ‐ 丶_rrス7´ ̄ ̄`>ネ-- ニニ、ヽ
      / / __,.ィゝ、ト'ニニニニrベヽヽ.  //
      , イ   ゙ラ´ ̄´/   ,′ !`¨´ヽハ¨Lヾ.、_ヽ\
    / / / ,′   ,′,′i  |    |、  `iー、--ャ    で、“無駄な用心”のテーマに戻るけど……
  / ,:′,' /  / ,' |___|___|__|    j| |', ヽ ',
/  ∥ ! ||  |.ィ'´| __|_|_、 !` !  /ノ_|_  ハ| |  i    庶民にとって、いつでも興味引く話の定番と言えば
    ∥ | || '´| |,ィ´ィ- 、-ミ V ,′/イ´ノ `ソ、! ! !  |    「恋愛譚(コイバナ)」じゃない?
`ヽ、 ∥ | ||、 レ',:僞孫}}  ,ノ_,ノ_ノ ,ノ=、 ,' ノソ /  ノ
ゝ-、ヽ.|!、 ヘ. '、く {{刄fj勺     ,:俐} jノ_ノ´/|/     その 恋の話と、「女性の貞操観念のため」と称しながら
ヽ、__`ヾヽ>、 ヽヾ廴__,ノ      仗V ム_ ´-‐ヘ      エゴ剥き出しで女を束縛する 社会的地位の高い男を
/   ̄ヾ、  \ \ 、、、      弋シノ゙ハ `ヽ、 |      揶揄し、風刺する形で生まれたのが、こういう
< ̄ ̄,ィ‐`ー-、ス¨`        冫 、、、,′冫、 冫
=、-`ヽ、__ー-r'-、丶、   r_ァ    ノ ̄ \ `ソ       「いくら女を束縛しようと策略を立てても、恋に燃え立った二人
   ̄,>ォ' r`ヽ.` く\ `>--― ァ''´ ̄ ̄`フ¨´       には通用しない」→『無駄な用心に過ぎない』
  //´ ゝ{- _\ノ`ーヽ.___ノ ̄ヽ ̄jヽ二フ´
  ヽ{   |´/  ´    \`ヽ  ̄/ ̄ハ           というスタイルの劇なわけ







   .rf´ ̄ ̄if'⌒ヽ)_
   {|.    |ヨ   \)_
   E〉    }}    ヽ} rァ-─‐_=- 、
   t/    ,イ  \    i-く,.イ≠ ̄     ̄フ
rv、f」___|「,. -─`∠ヽ!-ノ-┐      /
 ̄   , イア         ̄` <こ)   /
>、__∠フ          /        `丶、 .|
   / /  /  /   /           ヽl
   | |   |  /l  /.| /      |    \
  .,イ |!  |  | | | | |       /  i    ヽ        ボーマルシェも自分が生きてる時代の傾向やオリジナリティを
 /ハj   |, -┼ゝiト、l∧    / //     ',ゝ      織り込んでるけど、基本的なスタイルは、この「古典」を倣ってるの
V|f ゝ>.」 \」 _    ヽ  / //    l | |
-亠<_ / ,.ィ==ミ、    |/フフV /  / /|/
===ミ、`ヽ、          _ 〃ハノ //ノ        (オリジナリティとして最も大きい点は、恋人二人及びそれを邪魔
\∠_≧>'    _    ,    `ヾ∠ィZ/ヽ          する立場の人間とは全く異なる第三者的な立場にいる人間を、
  \ `ヽ!    { `   ァ     /-亠‐┐ \         つまり『フィガロ』を導入した、という点でしょう)
      l\   丶__ ノ     /r‐┬-ァ -‐'\
        !>─ 、     _,. ∠_f二ニニ],. -‐'了ゝ      だからボーマルシェの戯曲だと、一番最後は教訓めいた言葉で
      | i⌒ヽャァ=ニ─‐、  Z≦____/        締めくくられてるのー
      | |   >LK´ ̄ `ヽ\ゝ ヽ   ゝ
        ヽ ヽ//八\    / /   \   〉
  -‐'´   `ー〃! !lヽ\.ノ/     / ノ







657 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:09:11 ID:pbNtE/hI








゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜






          ____
        /_ノ  ヽ\
      / ( ●) (●)、
    /::::::::⌒(__人__)⌒\     若さと恋心が力を合わせて老人を騙しにかかれば、それを防ごうと
    |      |r┬-|    |
    \       `ー'´  /     何したところで、「無駄な用心」以上のものにはなりませんぜ
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ








:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ|:.:.\
_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ:.:.::\   ,
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::、:.:.:.:/ //
:.:.:.:.:.:.:./:.:./:.:.:.:.:.:.:.:レ:.:.:/
-‐''''´:.:.:.:.:./:.:.:./:.:.:.:.-='´
.x 、-ー ''´|:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.\
`  \ .ヾ|:.:/|:.:.:.:.:.|:.:.:r、_::ゝ
     `>ミ_.|:.:.∧|:.:.:.:}
    /ヾ∠.|:/|:./:.:.:.:.|
  _ ヽ '´ |'' ´ レハ:.:./     くっ……
  ヾ_ , -―
: ミ'´
..入
: :/ヽ



                                                       ~ END ~







゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜







658 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:09:51 ID:pbNtE/hI






           ,ォェ、___
        ,.f込tン:::::::::::` ヽ、
     /::::;. -‐  ´ ̄ ̄`丶\
    〃::/          \ヽ、
.     ll::/   l        、 ヽY _
    ll::l}   l  |    l | l   lイニ}|     ふーん……
    ll;;l} l、 |   | l、 -l‐七/v'  lミ彳、
.   _,'Vi  l,x tT二t,|ヽ,ノ,ィT}`'j l ||〃へ.、    原作ではこんな感じで終わってるのね
  /く//l、 ヽヽィf_lj`     ¨ ∠ノlノ.|| l ヽ>
  ヽ//{∧  \_.  __'_, ,ィ′l  レ. l     まあ、演出次第で変わるでしょうけど……
.  / //'l | \__<. 、 __`_´.イ,ヽ  \,__ l
  / l_| |_!   l  l l'ー--,<└vヽ  \\!
. /    ,ィー-.‐|  |'′ //lYミヽ|l ハ 、 ヽ:.\         ヘェーヘェーヘェー
/     /.::::::::::::{   \ーtfノli 斤 l:::::|j\ l:::::::.\
    /.:::::::::::::::ヽi\ ヽ  ̄l」 |/  |::.Y :::`'::::::::::/.     メ /))))
.   /.::::::::::::::::::::::|:::l ヽl_,、_r、,_,、r、l'|:::::',::::::::::::::/     メ////,′
  〈:::::::::::::::::::::::::l:::::\゙ ' | l / ' ,}::::/:::::::::::ハ    メ/'´ノゝ/ 彡
.   \:::::::::::::::::::i、:::::::::\  仍} ,/:::::lヽ::::::::::::::',  /{ -ィ/"⌒ヽ
     T :::::::::::/ \:::::::::::` - 、/::::::::l ヽ::::::::::..レ'::::::::ヽ-イlニニニl








         /.:.:.:.:::::::::::::::::::::\_/::::::::::::::::::::.:.:.ヽ
         〉.:.:.:.:, イ ̄\.:.::::::::.:.:/ ̄\.:.:.:.:.〈
           丁イ /,ィ´ ̄`ー一'´ ̄`ヽ"\厂
            // / /"´   !     !  ! ! \\
.         ./| / / / |   !    |   ! ! ! ヽ!
        |/// /   |  l|    j!   ! !: | `ト、         なのー
         ,イ// l    i」, -‐ト、  /Nー- /、 |:.l|   | \
    _/ ̄ | |/ゝ'、 ,イ/ \| `"´  |/``l/:/ / / ̄` \      金糸雀と一緒に観たパイジェッロのオペラ
.., ヘ._ ト、.   |/l/ハ ゝ‐'`,r=='  .   '==ュ l/イ_/_ _ __ ,.ィ^Y⌒)  『セビリャの理髪師』でも、こんな感じで
〈 , ィ7:7ゝ、, -‐_丿::L , , , , r──┐ , , , , /::::::.::7::.:_/::::ヽ Yソ  終わってたのー
..〉7/:/   \_〔三二ニヽ   |.:.:.:.:.:.:.:|     !二三〕'´  `ヾ::|  !}
 {j |::|       \〔二ニ〕   ヽ.:.:.:.:ノ    ,イニ二〕      |::|  |}
 {j |::|        `Z7二ニヽ、_,r ニニ二7Z弐7.       !::!  !}
..,{j |::|           |厂 ̄\只/ ̄ ̄了        |::|  !}
..fj」::|             ||   ,イXト、    ||            |::| 」}
   ̄`ー- 、       \_// ⌒ヽ\_ /      , -‐'´ ̄
        ̄ \.        |.:|   |:.|       /  ̄
..           〉       |::|   |::|     〈







659 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:10:27 ID:pbNtE/hI






   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \       ……ちょっと待て
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)      じゃあ、 >>589-602 のエンディングは、ロッシーニのオリジナルだと
  |     ` ⌒´ノ      いうわけか
.  |         }
.  ヽ        }       ……どうして、そんな追加をしたんだろ?
   ヽ     ノ
   /    く__,-ュ__   て
   |    ___ 三)  (                                            _,,.. -‐===x‐ 、
    |    |       ̄   ´                           x=≠ニ二. ̄`ヽ.   ,.≠"´         キハ
                                          キ     `ヽ_ Y´      _ .. -‐    キ ト、_
                                             キ    _/⌒'く^ソ⌒iヽ、´         l} ! ヾ
                                          j} _ ..∠ ≧=≠ー≒=辷z、_      _メ    }}
                                         ≠´              `く≠≦´_     〃
.                                        , '                  〈、⌒ヽ`ヽ=≠"
                                       /, ,   / ,               キヽ.     ヽ
                                        ///〃 / / /     }}川 i|!  i  } ハ   ト、 キ
.                                        jハl|∥{ { {  {     ノノ川 jj|  j / / j}_,メ ヾリ
.                                       l{八 ヽヽヽ \   //ノノノノノ}  /〃//  `二ニ=- 、
                   うゆ……               八 、ヽ、 x≦ミヽ、{ { ≧=ミ.ノ/ノ_厶斗-‐== 二 」
                                       /  ゝ≧ミyィ゙j:i}  `  ´{゙j:;;!ii}ゞ≧=彡ヘ-‐=≡ ‐= ニコ
.                   そんなこと聞かれても   /  /{ミ辷彡}oー ' ,     ーo' {ミ辷__彡}二ニ=-  jノ
                    ヒナにも分からないの   {  / , ゝー=人""  cっ   "" °{ミ辷__彡}-‐==≡ミ〉
                                     \{ / /{辷彡}>  .. __    イj从ミ辷_彡ノ==≡ニ≦、
                                     `{ { f´≧=彡'´ ̄`ヽ_」    jァァ' ゞ=个辷ニニ=-テ′
                                      `ーァ `≠ x==く(´   /,≠=キテノハミ辷=≦
                                         ヤ/ 〈く   `'ァfj彡'゙     》/   ヽ㍉弓
                                         `{   ヾx、__,≠ハミヽ、    〃   丿 リノ
.                                            \/´   ̄_/,≠= 、 `'≡彡゙ '⌒'く  ´
                                            /   _/´~ニ{ニ   Y´   -‐- 、丿
                                            { /i{   ニ{-    ハr┬- 、   }







660 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:11:03 ID:pbNtE/hI






        ____
       /  ノ_ ヽ,,\
     / ≦゚≧ミ:≦゚≧
     |    (__人__)|
.     |     |r┬| .}   分からない? ………………
      |     | | | }
.      |.    `ニニ  }   分からないことなんて あるわけないだろー、人類の英知的に考えて
.      ヽ       }
       ヽ    ノ







        / ̄ ̄\
      /   _ノ   \
⌒η   |   ( =)(=)
\ \   |    (__人__) 、      雛苺が隠してるんだろ、常識的に考えて
::::.\ \  |     |r┬-!ヽ ヽ
::::::::::\ .\|     `ーlj } ,| .i    ならば直接問いただしてやるべきだろー!!
;;:::::..:::::\  ヽ      ノ_/ ノ
::;:::::::::..::::::\ ヽ          /::|
::::::::: r⌒ヽ::::\ ・    ・ i :::::ノ
:::::::: |    \ )       .| ::/
:::::::: |   .i  \ r、 三 ηi /
:::::::: |   .i    〃ヽヽ //ヾヽ
:::::::: |  .ノ\. ⊂ニ;ミシミッニ⊃
::::::::..|  ./..::::: ヽ、ヾヽ// ヽヽ〃
:;:::::: | /..::;;:::::: /  ι' 三 ヽ)
ヽ:/ /..:::::;:::: /   /
 (_/..:::::::::: /  /
    ̄ ̄./ /
    / ./
   /./
 / /
..|_/





                                    ____
                                  /      \
                             _∩  /  _ノ     \
                            (ヨ |/  ((●)三(●)) \
                             |'''|     (__人__)     |  やらない夫 少し落ち着くお!
               +             | \__ `ー ,r'⌒ \/
       / ̄ ̄\                 ', ヽ__  ,'  /  へ  \
     /       \     +           ヽ   ''-/      |  \ \
     |    ⌒   ⌒               .  `/       |     ヽ、 _ )
.     |     (r'´ ̄`'─ --―''゙ ̄ ̄  ゛'' ‐- ,,_/        |
      |     ヽ __                        |.
..     |     `ニニ´}    ̄  ̄゛'' ‐- ,,_           ,r'
.      ヽ        }              ゙゙'' ''─ -、   ノ
       ヽ     ノ                    ,''  ノ
       /    く







661 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:11:42 ID:pbNtE/hI






           / ̄ ̄ ̄ヽ
          /::::  |||||   ヽ
        /:::   __ノ::::::ゞ;;:)
        /    ( ;:;:;:;ノ:::::<->   痛てて……
      /;:;:;:;;;:;  (_ _人 __)
    .///ヾ     .`┃ノ       スマン、ちょっと取り乱してしまっただろ
   / /| ヽ/ / ∧ |         久々の、他人の慰めに飢えてた的に見て……
   / /_|  \/ / | |
  ヽ、//////)/  | |
   /  ̄ ̄ ノ   | |
____,/  )--- ヽ   ヽ つ









               / //: /: : /: /: |: : ヽ:ヽ \
               \_/:  :/: :/: //: ∧: : :}: } ヽ
                 / : ├--‐‐ァ' /: :〈_ヽ_: :|: :|   〉
.                ∧: : :|T7テぇ、// .ぇ-ェミ: |: :|ー'
.               / ∧: :| .ゞソ "   {.r'j.}."/: /|
  / ̄ \      / ̄\: }ヽヾ、  ̄   j   ゞ''`///:|   取り乱した、で済まねーですよ
  ヽ  __  `ーrェ┬'ニ     ヽヽヽ.ゝ        < / ./ :|   セクハラで訴えられるレベルですよ……
   }  _>=='┴;┴--< ̄ / .ハ. \ ⊂ニニ..> _.イ /: |
 _ノ,;‐/: : /: : : i: : \.ト、::,へヽ ヽ `_r- -r ' i: :| /: : |
"/: /: : /: : : : i: l: i: ヽ |>く_」ヽ 「  \_ノ\i_:| }: : |   まあ顔馴染みを訴える気は ねーですけど
イi: :l: : :l: i: : : i l: :l: l i /   ゝ}∧ /「「\  | /入: :|
|:i: :|: i:_」;_ レ: :v; |: /: | i/  i  r V V\| |   〉 |∧} \:|
い: :iレ' >=ミヾヽ;/「フト<.ノ:./   i  }|  |  |r\/ | |)  ヽ|
: : :V Vイ じ.}     f.じ.}、>/     ] |  |  |.]. |  |  |   \
: :ノ__|  ゝ''^  ,.  ゝ''^ ./     〔. |  |  |.] |  |  |     ヽ
::└‐ァ> ili      ili,:‐ァ'\    〕.|  .|.ノ T |  |  .|      \__
ニ->―ヽ、 ⊂ニニゝ // /   ヽ  〔 |   | |_」_,.」―|  |     ノ  〉
.フ     `T ー 'T´|  しj _  V´ L _ |\_/⌒|  |ヽ_   , へ
|    〉  ノ >イイ}_  /   >ー┘  ヽ/ \ /L_|ー- 、/_   \
| ヽ   く   / | └ ト.  \ | \ー _\/ 〉: i i: : : |       ヽ
`ー┐   〉‐''  |_ ノ^|∧  /ハ  ヽ___  \: i i: : 〈 |   \  ヽ







662 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:12:15 ID:pbNtE/hI






              / ⌒`"⌒`ヽ、
            /,, / ̄ ̄ ̄ ̄\
           /,//::         \      ごめんなさい、やる夫からも謝らせてもらうお
           ;/⌒'":::..            |⌒ヽ
         /  /、:::::...           /ヽ_ \  やらない夫は寝不足で錯乱気味なんだお
         (  ⌒ー-ィ⌒ヽ、   /⌒`ー'⌒  )
.         `ー──ゝィソノー‐ヾy_ノー─"   ……ほら、やらない夫も謝るお







.      r⌒ヽ
.     (_.  _) ブッ
      \(   __、
     ,r´⌒ヽ,⌒ヽ,ヽ/ ̄ ̄\
   (⌒)、   .人  /   _ノ \\
    \. \    ,|  ( ゚) ( ゚)|
     |\ \    |   (__人__) ノ
     |  \  \ |    \.  |  }   スマ●コ
     |.   \   |      \__|  }
  .   |.   |.\_ノ\        |
  .   |.   |   |   \____/
  .   |   )  .|     . ̄ ̄
  .   |   |  .|
     |   |.|  .|
  .   |  | .| .|
     /  / / ヽ,
    (__ノ  ヽ、__つ







663 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:12:48 ID:pbNtE/hI






     \: : :,.'´       , "´.::.:.:.、.:.:.:.:、.:.:.:.:.:.\.:.:\
       >'      ,.ィ´.:.:、.:.:.:.:.:、:.\.:.:.\:.:.:.:.:.:.\.:.:\
     /      ,.ィ´.l:ト、.:.:.:\.:.:.:.\.:.\.:.:.\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
    く      ,ィ.:.:.:l.:.:.l:| ヽ:.\\:.\\.:\.:.:.\.:.:.:.:/`ヽ.:.:!
     `ヽ、__/.:l.:.:.:.l..:.:l.|   \:\\.:\\:|\N.:ト、/   ヽ!
         |.:.:.:.l.:.:.::l.:.:.l.| ニニニヽ:.:.ヽ、`ヽl ィ示そ.:l.:.:\
 、\       |.:.:.:.:\:.\N テ〒ぅミヽ    〈辷ソ ',.:.ト、:.:.:.ヽ
  \ \.     |.:∧:.、:.\:.\辷廴ソ_    ,    l.:.l.:.:丶:.:.|    冗談をやっていい時と悪い時の区別
   \ \  |/  ヽ\:.\:.\            ∧:ト、.:.:.:l.:.|
 \  \ \     l, ヘ\:\.:.\     ´  / i.:| i.:.:.l.:.|    つかないのかい?
   \  \ \   ,. .:´  ̄ ̄``ヽ  _,. イ、 ヽ リ |.:.:.l.:.|
    \  \ \´: : : : : : /´ ̄ ̄`ヽ``只ニ _」 l.   |.:./l/
 _ _ , .\  \ \: : : : / /´  ̄`ヽ \トト、ヽ‐┘   !/
 : : : : :  ̄ : \  \ \:/ / : : : : : :{ i  |:| \\
 : : : : : : : : : : : \  \ l l: : : : : :.{ i  |:|`ゝヽ\\
 : : : : : : : : : : : : : :\  1 L: : : : : { ノ ,'「  `ゝヽL`ヽ
 : : : : : : : : : : : : : : : : \1 0 二二_ __ _ノ    `ゝヽL`ヽ
 : : : : : : : : : : : : : : : : : /  / l : : : : : ト、ト、    `ゝヽL`ヽ
 : : : : : : : : : : : : : : : : /  / ∧: : : : : | )1(     `ゝヽL`ヽ
 : : : : : : : : : : : : : : : /  / / .``ヽ\|:.)1 (     } ) 入ソノ!
 : : : : :, - ───/  / //´``ヽ ', ::::( 1 L r ュ r ュ} ) 入ソノ:.、
 ´ ̄       /  / /l l    l  lニ三にニ刃ニ刃そ: : : : : : : :\
          /  / / .| l    l  !三三i > マ: : : : :/´ ̄ ̄ ̄
            /  / //´l l    l  l三三 i > マ 彡′
        /  / //  /⌒ヽ /  /三三 i >マ彡′
          /  / //  /   V ‐ '三三三i>く/彡'
       /  / / l  l    / /. :`ヽ三三V三〈
        /  / /l l   `ー  /.:.:.:.:.:.:.:\三三三L
     /  / / l `ー---彡':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\三三 L
    /  / / l  `ー----彡'.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\|:.\|
  /  / /  `ー----‐'.:..:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\









             : / ⌒`"⌒`ヽ、
            /,, / ̄ ̄ ̄ ̄\ :
.         : /,//::         \      申し訳ございませんでした、海より深く反省致しますので
           ;/⌒'":::.. やらない夫  |⌒ヽ :
        : /  /、:::::...           /ヽ_ \  どうかお許し下さいまし
         (  ⌒ー-ィ⌒ヽ、   /⌒`ー'⌒  ) :
.        : `ー──ゝィソノー‐ヾy_ノー─"







664 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:13:21 ID:pbNtE/hI






        /イ;小ヽノ::/ | | | \ ヽ \  ゙,       l l  ヽ
      〈:{_/:/ |:|`ー'  | |、rr==≧ミメ、  \ i     イ | j   '
        ヾ:/ |:||    | l `_ゝ'ノヾー    |  / |/|.′   l
      //  |:|∧   |  `''" ̄`     lイ=ミメ、lノ  ′| |
     /::/   |:| ヽ   '、          、 ヽ'_ヘ /  / /| |
.    /::/   |::|  \  ヽ        /   ゛''/ イ/ jノ
   /{:::{    レ′  |`   \   r=ー 、        ハ ノ }    待って、蒼星石。 それより金糸雀呼んでちょうだぁい
、  /  ̄   /|   |         ̄`ー'     / / イ
::::V       / |     |             ー ニ´- ' ノ
―‐ 、 、   /  !   |            イ |         ……こんなヘンタイに、これ以上
::.::.::.:..\\′ / l  | ___ \  ,  i´ l  |         雛苺を近付けるわけにはいかないわぁ
.::.::.::.::.::...\\/  |   |7/::.::.::.::>ト二.   | |  |
::.::.::.::.::.::.::.:..\\_,l   |/.::.::.:/ ´ 小:ト\| l  |
.::.::.::.::.::.::.::.::.::...\ヾl  |::.::.::.{::{__ イ:| |:| }::}|  |  |l
::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::l ∥  l\.::.`ー'::|:| |:lV:/ |  l  | l
.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:l ||   | ヽ::.::.::.::|:| ト-く |  |  | l








 \  /    |   ||  ト    \          ',
   Y      |   / /l ヽ   | \    \         |
    ′     ,′ / / ! |\ 、  \ ,. -‐ i\―-|   |  |
   |       /  /_/__', 、 \\ へ、  |  ヽ |   |  |
   |    _, / イ/ /―  \ヽ  \\ ィ>=ミ=ハ |  /  |
   |     / //イ ̄卞ミ  \    〃i _ィ:::y } ∧|  /  |
    !   //rセ {_ イ:::}」}     \    ヾ  ノ,.  / /  |   金糸雀を?
   i  /  \ ` 丈_ノ      ヽ     ̄`  / /   ′
   /  \   \" ̄       i〉       / |     ,′   どうしてだい?
     '.   \   \                      / /  /
     '.    ` ー一        _           イ /  /
      ヽ     \           ´         / //  /
      \  \ \            /  /' / /′
        \  \  > ,._     ,. ' |ノ ヽ / /
         \ ┌:/lヽ/ `ヽー   /    Уく
          _\/ノ'"    / }  /    /   \
            ∧_/\    {   /               \__f⌒ヽ
         / r‐' ( >' ,二.rく ―‐、           <⌒ヽ丿  └┐
           | / Y´  イ /トく ̄\\         ___) /n_厂







665 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:13:57 ID:pbNtE/hI






       /    ノ./::::::::::::::,:::::'´::::::::::::_>‐、‐‐'´,-、\
     . /    く ./:::::::::::,:::'´:::::::::_.,-、'.´ヽ  (_ノ .(__,..ゝ‐、
      l    /./:::::::,::'::::::::::_,-'´(  .,ヽ-'   .、  、 、  ,ノ
     . l    ( ./::::::,:'::::::::::/.__ノ ./      l  ヽ .ヽ ⌒)
     .l    ,' ) l::::::,'::::::::/ .( l  /    .i  . l   .l  l .ヽ'ヽ
     l   ,' ( l:::::,':::::(⌒ヽ/i l /    .イ  i l   l .l  .l ヽ
     l   ,'  .) l:::,'::::/ ヽ   .l l l    ./.l イ .l   イ ,l  .l ヾ
    .l i i  .(/*ヾ´(ヽノi   l .l 」____./ .! /.l,イ  / レ' l .i .l l
    . l .i i /:イ:::::lノ l .!  .l .l .l  / ̄/ーヾ / テヤl l イ.l   うん……
    l .i i /::::/:/:::::l'´ヽ .!  .l .! l .〆乏云弋 .l / .!{ll} l イ /.l.l
    l i i./::::/:イ::l:::::l  l .!、  .l  K  {::l_l:::}. ` !.' . 、´/く!.' !'    いくら様子がおかしいって言っても、普段の やらない夫
    .l.i i/::::/:/.l::ll:::::l、.rl !ヽ .l .l .`‐`-'.´  '    >´-、i     知ってるでしょ?
   .l i iゝ イ/ l::l.l:::::lヽ.l ! \.! !         ヽ-‐、 .ヽ     あまり無茶なことはしたくないの……
、  .l i .i .〃  l::l l:::::l,、_l .!  ヾ、ヽ         ' .'´ /
;;\ .l.i  i .,〃 .// .フ:::::::l .!  .l 、_`ヽ    -‐ ´.'   ./      これ以上、変なことも仕出かさないでしょうしねぇ……
;;;;;;;ヾ! .i .,'l.l  //  /::::::::::::l .!  l‐-、_‐, .__  _/   /
;;;;;;;;l  ,' .,' l l ./// ̄\::::::::l !  l:::::::::ゝヽ:::::::T    _,'、
;;;;;;;l .,' .,' l l /::::::::::::::::,\::::l   l:::::::/::l、ヽ:::ヽ`‐--‐'´.ト.、       でも雛苺は やらない夫のこと怖がってるでしょ?
;;;;;;l ,' .,' , .`/::,::::::::::::::::::::':,::\:l  l::::イ:::l:::ハ:::ヽヽ    .ヽ:`-、_
;;;;;l .,' .,' ,' /:::,':::::::::,:::::::::::::::':,:::ヽ  .l/J:::l:::l .lヽ__,ゝ     ヽ::::::::l    だから、これからは金糸雀に話してもらおうってわけ
;;;;l ,' .,' .i ./:::::'::::::::::::',::::::::::::::::',::::ヽ lヽ-イ:::l l::l ヽヽ     .ヽ_,-l
;/,.' .,' i./:::::::':::::::::::::::',::::::::::::::::',:::::ヽ.l'´ l::::l l::l ヽヽ     ヽ ヽ、
',.' ,' .i l:::::::,'::::::::::::::::::',::::::::::::::::',::::::i l  .ヾ_l ヾl .ヽヽ     ヽ  .l








           ∨三三三三三三三三三三ニ/
      __  lニ>‐ '´ ̄ ̄ ̄` ー<三三/
     〈三三二ニ―‐- 、 ___     `ヽ|
     ∨三三三三三三三三三三三三二二ニ¬
       ヽ三三二ニニニニニ二二三三三三三/
       Y´::.::.::.::.::/:l::.::.::.::.::.:\::.:`ヽ::<三/
.       ,'::.::.::.::.::.〃∧::l::ヽ::、::.::.ヽ、::.`、:l:T
      |::.::.::.フ7¬‐、ヾ、:\>、:|-ヘ::.::.}::!:|
       {::.::/代了圷ミヽ. \行‐t予l:ノ/::|
         !::.::.::.:| ゞ-'′  \  辷シ '/:/::./
       |::.::.::.:ゝ       ,       厶ノ::.;′   金糸雀に話してもらうって……
       ヽ.::.::l|ヽ、    r-、     /::.::/
           \:ト、:j> 、   _,.ィ:´::;:l:: /      まだ続けるわけ?
             ヽ ` ,.イ `¨´ ト、レ'|/ |:/
            __,. '´_>v< `ヽ、′      ぶっちゃけ、ここで帰ってもいいんじゃない?
       ┌イ  //了,ハ\\ヽ `┬ァ
       /7 |  { く/ノ/引ヽヽノノ  | }-、
.      /:.:.:.:{ |  `ー'´//l弓| |`ー′  | } :.:l
     /:.:.:.:.:.{ |     // ]弓ト、ヽ     |「 :.:.|







666 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:14:33 ID:pbNtE/hI






          l|   l -─‐|- ___  |          /   / /      |
        l l    ',l\  |\   ‐|-      _/__///   /   l|
         l l     l_ヽ_|__ \  | ヽ.    ´// __,/// ̄/     l l
       /l ヽ    l`ヽi、__,\! \  //'_   /_,/./     l l  でも、やる夫から「やらない夫 見てほしい」って
     l´ l   \  \  ̄ ̄`     `' /i_`ー=-´ //   / .l  頼まれてるじゃなぁい……
      ヽ |     \_  \     ,、   l_,.!ャ',     ,ノ    / l
        `l      |`、‐`   '、.ヽ-‐ '´,ノi__',_ _,-'´    ./  .l   お話 続けることが、心の均衡保つのに役立つと
         l. l.    |  \   _,-`‐`‐´ォ l-‐ヘ´ /^i ,/   /   思うのよねぇ
         ', l      ト、,/ `y´ /l ̄l´/ l 〉 }⊃ /'´    /__
        ', l',    l ヽ /  / ∠l ∨  l′/‐' /     /  ヽ  それに金糸雀のことなら大丈夫よ?
        ',.l ',    `y´     /        /   //    ',
      ,r‐‐-',l ', _/      /      /   ,//    _   ヽ あの娘は お調子者でドジッ子で 自信満々のわりに
    /     /l/     / /       /   ,/〃--‐‐ ´  ヽ、  ヽ ポカばっかりしてて 食いしんぼさんで、ズッコケで
.   /        / l_     / l       , -'‐、 / ̄´         `ヽ ヽ あわてんぼ で いつも失敗ばっかりしてる子に
   /       / i `i  /  _,.l  ,.-、_ノi   l´                ヽ ヽ 見えるし実際そうだけど、以外に抜け目のない
.  / ,,.-‐ '"^>'l   l |   lT´,) ',/   ヽ l   |                  ) 策士な面だって、たま~にあるんだから……
  /    く  l   l. lヽ、 / l'´/ノ、    ',| ___L_  _,.-‐ '"´`ヽ、       /









        _, -‐ ' ´ ̄ ̄ ¨ヽ
     , -'´:. :. :. :. :. :. ___」
   /:. :. :. :. _, - ' ´ ,r'´ ゙̄ヽ
  く:. :. :. :, -' __, -‐ '´____|
   ヽ/_, -'´, -ォi'¨´  \ ヽ \
    ,ゝ':. :./  /|lト、   ヽ \ ヽ ',    つまり
   \/    |-!|ー\、  \ ト、! i
     l:::: i:: l┬::cr ヽヽ┬crl| l   ・お互い厨二病同士、やらない夫を見捨てたくない
     l:::: l:: l l:::::::j     l::::j {!|  ・雛苺は危険な目にあわせたくないが、金糸雀なら まあ いいか
     ';:::l ト:⊂⊃‐       ‐⊂: !
      '、:ヽ:| ヽ|      _   ノ l   ってわけだね?
        ヽ lト、          / /
         l ト从 ー┐ r‐:::イ:/::/
         ヽ| Vィ´ {X}ikゝ、__∩_  オーケェイ、分かったよ。 レンピカ、金糸雀 呼んできて
            /: i_lil__|::::;ノ  |}__E}
          i: : :l:::::ヒj::l」´ ̄ ̄´
           /ーイ::::::i::::l
          /  //ヽハ/l
        {!  j/: : : :, : :l
        ゞ=イ: : : : j: : :!
             トーイiーイ







667 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:15:07 ID:pbNtE/hI






          _, -‐ ' ´ ̄ ̄ ¨ヽ
       , -'´:. :. :. :. :. :. ___」
     /:. :. :. :. _, - ' ´ ,r'´ ゙̄ヽ
    く:. :. :. :, -' __, -‐ '´____|
     ヽ/_, -'´, -ォi'¨´  \ ヽ \    まあ僕にとっちゃ ◆1fWU0Viu9M が できるだけ多くの薔薇乙女を出したいからだろうが
      ,ゝ':. :./  /|lト、   ヽ \ ヽ ',
     \/    |-!|ー\、  \ ト、! i    説明が中途半端なまま終わるわけにはいかないからだろうが、どうでもいいけどね~
  ミ ミ ミ : :!: :i:: lz=≡   ≡z. {: !l     ミ ミ ミ
 /⌒)⌒)⌒.ハ :_ト:とつ \\\ C V     /⌒)⌒)⌒)
 | / / /: lヽ:|  \ヽ __,.   }l (⌒)/ / / //
 | :::::::::::(⌒) : :}\  /   1  // ゝ  :::::::::::/
 |     ノ ヽ lY `  {_  _,ノイ|://  /  )  /               HAHAHAHA~~~~~
 ヽ    /   ヘ,、   _「    l/!'   /    /     バ
  |    |   l||l 从人 l||l.!::|イ:::ヽ_./ l||l 从人 l||l  バ ン
  ヽ    -一''''''"~~``'ー--、/:::::イ;  -一'''''''ー-、   ン
   ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) ):::/}  (⌒_(⌒)⌒)⌒))









                     , _,,,
 ヾ 、、           __,〃ノ;;;;;;;;≦ー''
 `ヾ`;;ヾ;;;ヽゞ__     , 」´/ノ;;;;:;;;;;;;;;;≧`ヽ、
 >;;;;;;;;;;/´   ` <´シ-ー-、;;;;_≦`::. ::.::.\,-┐__
  `≧、/___ _ .iフ  ` 、 ヾヽヽヽ、::. ::. ::. ::;.ヾ-、‐_,`ヨ┌フー='コ
   ヾ{=薔==⇒K=ッ,.-ヽ、ヽヽヾ::. ト-、::. ::. ::. :.ヽ⌒レ‐::'´::. ::. :.ノ´
   /トー-- ‐‐ '´!トヽ i::. :::.ヽヽゝL_」::. ::.ヽ::. ::. ::. ヽ´ヽ::. ;;- ' ´
    7∧.i   i  l  L!::. ::. ::. :.》、ノ::. ::. ::. :.|ヽ::. ::. ::.ヽ┬´
   ` iヘ  ハ 从レl〈::. ::. ::斗,ヘl::. ::. ::. ::. i ヽ::. ::. ::.ヽ!
.      レ! ヽ' ノ i レ`='|=ラ7ミ、テ,i::. ::. ::. ::. .! `ヽ、::___\
        ヽ!、::. :)   ,!ヽ`ソ::ゞ、>l::. :.ii ::.:/  , ノウ    ̄
       /`:.∧´ =×ヾ::.人><ヾ::. >< ノ`ヽ>ノ
.       /::. :i  ゝ`ー‐'7i::. ::.ヾ`ー\_::. ヾ::. ::.\   (そういうメタな発言は控えてほしいわぁ……)
      く::. ::.|-!‐>  フ-|::. ::. :.ヽ、  ` ー ----┘
       >、_」_」-'   /ーl::. ::. ::. :ノ
      ´'u' u ゙   彡`フー--‐´
              ´







668 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:15:47 ID:pbNtE/hI







                   ●

                   ●

                   ●








                   ,/ ̄ヽ\
                  //     V }
                     { {rヘ,. -ー‐}/‐- ._
                 /ヽ  `ヽノ    ヽ`ヽ、
                  / / ヽ \ \    i |、ヽ
                 / ///\、 \ \  l | ヽ ヽ                     _
                 ,' ///   \、 \ n」^Y7ァ、ハ                   / }
              l.///      \\ 」 f⌒<_心rトヘT7┐       _     ,. '´ /
              !_彡 u  ヽ、    \辷{  _,>ェ<´_ ̄}_〈      / }‐-、,. '´  /
              ,∟イ >;==、、      く.〈_ {仁ト廻ノ}コ} {_」   _ノY ノ<⌒ヽ  <
               {./!. {〈 ;::::::}.!     ,.二幺L ̄l7< ̄r<ノ  ,.イノ レ \ 、  V  ノ、   話は聞いたかしら
           _,./イ |  ゝ-'′      /::::ヽVL>《、__,》┘´  /, 〉  |   } }.ゝ┘ノ ,ノ
          rく |/、 ゝ! ///     '    廴':ノ } /!| 》 《r<}//-‐L_ 「  く   {二 ‐ ノ   それなら カナに お☆ま☆か☆せ
         <ヽ\>''´ 、    「 ̄ 7  /// .イ._||_rへハ〈     =辷.    ト、_,.しイ 〉   かしら
         匸`ヽ∨_,.へ、\  ヽ ノ    /ヲ|! リ // 〉〉       〉   K 人   〈 | )
       (( >'´ ̄   r===、ー-  _,. ィ.三ニ{_   ∨ //      V/  ヽ  ) __ ノノ {
        / /      ||__/__,>ェェ====、-∠(   /| |二     ー∨  ヘ ∨ Y V
     rへ、{_  /     ̄{ / 8 ||\  | ||二Z    /| |_>、__  ヽ、└く_/_    ノ_ノ
二ヽ、__>-; 、二}  /!   /‐- 、__||_\!_」|ニて_ノ-‐⌒ヽ!     ̄ ̄ \__ァ‐'⌒ ̄
/ ̄ ̄`´  | |l   / |   / r‐--‐、||      }
          | |  /  〉 / く/ハ\>! ト、   〈
   ヽ 、  | |  /  / /  <><>||  .   ヽ
    ヽ.\ リ ,/  /   _r┘ノ L└リ、  \  ヽ
〉        /  / __r┘r‐┘  └┐└n_    ヽ









    _」こ二二 二__ __⊥_
   /;;;:;:;:;:;:;::::::.:.:.:.:.:.:.        〉
  /;;;;;;;:;:;::;:;.:.:.:.:.,.-── ‐‐─-<
  \;;;;;;:;:;:;:;:., ィ:7::l:i .:.:.:.::::::.:.:.ヽ.:.:.\
   `,n;;;;/.:.::/::::jiト、 .:、.:.:::::::.:.l:::.:.l::.ヽ
    ノ V .:::/,,_/:ハトト、 .:ヽ.:::.:::|.::::j::::/
  rん7‐、).:ノ::/イ二ニヽミ、 ィ二j:::/::/
. / o ̄ `Vヽ::〈〈fでソ`  ,rジソ !;.::/   でも、本当に やらない夫の様子おかしいんだよ
/     .:.V 〉:::, ' ' ' '  `  ' ' /::/
     .:.:.::V.:::::ト、  ~~ , イ::/     正直言って、近づかない方がいいと思うな……
    .:.:.::::ハヾトん> -- <l/l/_
   ̄\.:/:jこ{   ,ィ勺>.、 ヽこト、
     〉.:::〉‐j   //^j}ト、 j〉 1‐}::.\ー- 、_
    /.:.:::::〉‐j // /j}1 l」  i ‐}:::::.:.\:::::.:.ヽ
  _/i.::::::1.::} ‐j    j}1   | ‐}::::::::::.:.\:::.:.
/.:.:i::|.:::::::|:::ヽン、   j}1!  _ノ,ソ::::::::::::::::::::ヽ::
.:.::::::|::|:::::::::i::::::::`ー-- ─ イイ.:.:.:::::::::::::::::::::::::::







669 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:16:23 ID:pbNtE/hI






                   l`ヽ、-―- 、 _
                  /| l  \_  `ヽ、
                 {, '´い  //⌒ヽ   \
               /  ム \{_レr行ミ⌒ヽ   `、
                  l ー'´ ヽ、Vヘ_彡ヘ. ノ    l
               ノ 、_,  `ヾヽ _>彳    |
               「   xx ̄xx  _V    l     l   大丈夫じゃないかしら
            lr‐1         》⌒! |   /
            ヽ/7┐ ヾ==彳_,ノ  ノ    /    乙女番長カナの前では やらない夫といえども
            _rク/ /     r'⌒ヽ、__ /     目じゃないかしら
         __/)'´ 丿rク{ ̄ _〕仁ニ、  \         それに このまま見捨てたら、真紅も悲しむんじゃないかしら……
       /{{くヽ._,.ィ-‐兀/l:レ―ヘ / ̄`ー- 、
   _, -‐'´  ||厶|¬t┴ / ゚/└rー、ノ,        l
  「      ll ノ|く rこ7 。//{三ヲ l       n|    ……気になるようだったら、蒼星石も ついて来たら
  `、      ||ヽj‐'⌒7    匸フ  |    _ |lく    いいんじゃないかしら
   ヽ.     || く> ∧ ゚  >くノ   `ー┬ーヘ.   \
      ヽ、   |トィ> ノ‐rr<´       {    \   \
       \ ||_>く::./ヽ. ::\         ヽ、 /     |
        \|>‐'¨,、   \ノ          レ'´       |
        /  ,イXヽ          /=、        |
          / /t┘└ヘ、       <ィ  ヾ、   |









           /.:::.:.:.           _ _ __   /
        /.:::::::.:.:.    ,. '"´.:.:::::::::::::::.:.:.:.:.く
        \.:::::.:.:.,..'´.:.:.:.:.:::::::::::::::::.、::::::::.:.:.:.:.ヽ
           ハ ,.ィ:.:.:.;.:.:.:.:ハ:::::::、、:::::::::.\:::::l.:l:::.:.:',
         |   V.:.:.:/_:_:/:ハ:::::トト、::::::::::::_ヽl.:|::.::.:.l
      ,rr┴-、 l.:.:/.:::./ナナト、:.\`ヽ<.::T:l::|::::::/
      ノノ ̄`ヽムレ':::.K.r=ミヽ \:::,.ィ云〒::l/.::/!
     l7´o   `い::::::i:iヽ辷ソ     辷ソ7.::::/::!    そうさせてもらうよ
    /       い::::l::',      .;    /;:イ::/
   ./ o        り::::l:::|     _ _.   ノ.:::::::/     というか、僕ら薔薇乙女 皆が君についてるから
   /          ム:::::l:::| >      ,. イl:::::::/
 _/ o        /^7い:::::!   \`二フ`` リ:::/.、
   ̄``ヽ   /.;' .::} _ト、:!  ,.ィイ只ト.、  l:::ハ:.ヽ
        \_/.;' .:::〉 _」 ///.i,。{i:ト、:\l/!.〈::::.:.\::.、
         /.:;′.:::::〉 _」く V/7::|。{i::| V:/ i 〈::::::::.:. \`ヽ、
        , イ.:::;′.::::::::〉 _」 `"l:::|。{i:::| `"  i 〈:::::::::::.:.:. \::
      , イ.::l.::/ .:::::::::::〉 _」  |:::|。{i::::|   i 〈:::::::::::::::::::::.:.:







670 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:16:59 ID:pbNtE/hI






      |/   , - 、
      |   〃⌒ヽ‐    ̄ ̄   ‥ 、
      |    |i  _「 ̄ `ヽ.   `ヽ   \
      |    |l ´ 、      \    \   \
      |   ' ヾ、  ヘ \   \   _∧ , ヽ
      | //  ×_,\ \    r┘ ' └1_ ',
      | ,′ / -- 、   \ \ _」 __    ムハ  _
      |.i ィ´        \ ヽ /:::::Y⌒>、し'⌒ ̄廴_
      |il ,| ,ィ=ミ,、      \と⌒Y ハ伐入、    __フ
      |ll/|r':::::::::i }      `ヽL  〉八Zソノ:ヽ  _)
      |}ハ|ゝ:::::ノ      x =<弋 /:√⌒i::ト、::/__」
      |、 }l '''     ,    i」::::::::i } L!::|  __ハ:Ⅵノ
      | } ハ    _      ゝ:::::ノ ' ,、|::|ー' イ^|::|     やらない夫は いるかしら?
      |ノr‐ ^> ´ 丿     '''   ,、__川::l/   |::|
      |┘ , '  ,へ. ___ ,.-、イ-、二ヘ::\  |:::l
      「ー〈_  `ヽr┬‐/ // /`Y=ト、::\ |::::l
      |    厶ィノ r‐、/ // / /´}__{ ヽ/└┘
      「廴_  └zハ   `  ' / /__j
      | }├‐z_ \}       /_] -┬、
      | |!   L.)├ハ/ヽr勹、/了工___,ノ /
      |       匕ノー┐   └^ーrイー‐'
      |       /  ヽハ/レヘ、_ └i









         __
       /:..:..:..::\
._     /.:..:.._ノ::::..:..\   __
| |======|:::....  ( ○)(○)===| |
| |     |:::.... u (__人__)  .| |    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
| |     |:::.....u  ` ⌒´ノ   | |
| |____|        }__| |
| |\ ( . ヽ       } ヽ  \
| |  \ヽ   ヽ     ノ  )   \
| |\  \( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ
|_|  \  ヽ               \
    \  \               \
      \  \               \







671 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:17:33 ID:pbNtE/hI






         __
       /:..:..:..::\
._     /.:..:.._ノ::::..:..\   __
| |======|:::....  ( ○)(○)===| |
| |     |:::.... u (__人__)  .| |    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
| |     |:::.....u  ` ⌒´ノ   | |
| |____|        }__| |
| |\ ( . ヽ       } ヽ  \
| |  \ヽ   ヽ     ノ  )   \
| |\  \( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ
|_|  \  ヽ               \
    \  \               \
      \  \               \





                                                         r      ・
                                                          l |      __   __
                                                           | | , - イ⌒/, - v-.、ヽ
                                                           >ゞ- .、\{ !  薔 //
                                                         //    \ヾ/==ヾ_
                                                           | l \  / \ヾ ,.ム
                                                         Y 0   0  ヽ∠,,ィj
                        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    ,∧  r ―ォ⊂⊃'ー、._,}
                                                        ( {_> -`ー '__イ   ヽj
                                                          r⌒(  `/!lト\   ハ
                                                           `て `ー、 \== (   \







672 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:18:11 ID:pbNtE/hI






                                      バッ!           _
                                                    ..入 ` フi/ ⌒_⌒ヽ
                                         ,:rr ._          /  イ\.  \ィ@)、/
                                         _l !! ,j ヽ_       ,   /  `ーゞ、ヽ.イ
                                      _r,| _ヽ j/\     l! i,/       ゝj             ,ri
                                     \ i` \ 〃  ヽ.  ヽ、,l{0}  /¨`ヽ {0}ト、         _,ィ_h
                                        > !!  <〃    ヽ   ゞ(__  ヽ._.ノ   / )      ,  ´  ヾ └-,
                                      ゝ !!< ll  ヽ    `ー √ _)、 `ー'′∠フ--、   /      ll <_
                                      < i,ノ ll     _   (__.)>:rt::ト、_)   ー ´ __       ll <
         __  て                         7/  ll __ /   ヽ_,.`llイ_ji ヾi_7|| !   r ´\,      ll >
       /:..:..:..::\  (                          ̄ ̄          /  \  : 〃 | ‐ ´       、 ___ 〃 ゝ
._     /.:..:.._ノ::::..:..\´   __                                 (    >rt<  )
| |======|:::....  ( ○)(○)===| |
| |     |:::.... u (__人__)  .| |
| |     |:::.....u  `|!!il|l|ノ   | |
| |____|.     lェェェl}__| |
| |\ ( . ヽ    ` ⌒´} ヽ  \
| |  \ヽ   ヽ     ノ  )   \
| |\  \( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ
|_|  \  ヽ               \
    \  \               \
      \  \               \







673 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:18:43 ID:pbNtE/hI






   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \   \
 |    ( ○)(○) \ \       よく分かっただろ……
. |   o゚ (__人__)  __
  |  0   `ー'´ノ´ ̄    ̄\    ありがとう、ありがとう…………
.  |     /  }         \
.  ヽ   /   }          }て・,‥¨
   ヽ     ノ ___   _ノ そ¨・:‘ .
   /    く  \  YY ̄ ̄YY\
   |     \   \    ・; ∵ ..\
    |    |ヽ、二⌒)、       .  \





                                                        l`ヽ、-―- 、 _
                                                       /| l  \_  `ヽ、
                                                      {, '´い  //⌒ヽ   \
                                                    /  ム \{_レr行ミ⌒ヽ   `、
                                                       l ー'´ ヽ、Vヘ_彡ヘ. ノ    l
                         分かればいいんじゃないかしら        ノ 、_,  `ヾヽ _>彳    |
                                                    「   xx ̄xx  _V    l     l
                         後は真紅に謝ればいいんじゃ      lr‐1         》⌒! |   /
                         ないかしら                  ヽ/7┐ ヾ==彳_,ノ  ノ    /
                                                 _rク/ /     r'⌒ヽ、__ /
                                              __/)'´ 丿rク{ ̄ _〕仁ニ、  \
                                            /{{くヽ._,.ィ-‐兀/l:レ―ヘ / ̄`ー- 、
                                        _, -‐'´  ||厶|¬t┴ / ゚/└rー、ノ,        l
                                       「      ll ノ|く rこ7 。//{三ヲ l       n|
                                       `、      ||ヽj‐'⌒7    匸フ  |    _ |lく
                                        ヽ.     || く> ∧ ゚  >くノ   `ー┬ーヘ.   \
                                           ヽ、   |トィ> ノ‐rr<´       {    \   \
                                            \ ||_>く::./ヽ. ::\         ヽ、 /     |
                                             \|>‐'¨,、   \ノ          レ'´       |
                                             /  ,イXヽ          /=、        |
                                               / /t┘└ヘ、       <ィ  ヾ、   |





..    _,. -┬ fニト、
  r'´ 、r | | ,.L |
  |   (_ノ j {. '、\
  |    }‐イ-上 〉. \
  |    ノ´     /)゚o |   はい…… そうさせてもらいます
.. i      r‐‐人__) .|
  ヽ   .ノ ` ⌒´ . |   今までご心配おかけして、申し訳ございませんでした……
   i  !,       ノ
   .',  ヽ、 .   /
     \  .     ヽ、
      \      |.i
        |    .   | |







674 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:19:16 ID:pbNtE/hI






         l   ,. -─‐─‐- 、l
       レ'´    ,.-─‐ -⊥__
   r-──┴一''"´          `ヽ              ,  -‐―‐ 、
   \  , .-─ ………‐- 、、,,_  /              /,  -―‐-、\
    `V.:.:/.:.:,:.:.,:l:::.l:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:く             // ,.  -――‐\\
      l.:.:.|.:./.://l.:.:ト.、:.\.:.:.:.:.l::.:.:.:', .         // /::::::::::::::}、ヽ :::: ヽ._>
      l.:.:.|/.:// ヽ:\\_ヽ:_:_|::.:l:.:|       / _」 /:::::::::::_:/ ヽ}___」_,
      l.:.:.l.イ-一'´ `ヽ\`<:.|.:.:l:.:! .     ∠__`ト辻:::::::'´_/   ノ◯' !
     |.:.:l:.:i  O      O  .l.:/.:;′        / ::| |l{ ̄ ̄‐◯      }i
     |.:.:l.:.l           //.::,′   .    / ::: | |lト、         ̄Z /l|
     l.:.:l:.:.ト、     3   , .イ.:./        /:::::::::| |l|__ヽ、       ´ /| l|
       V \::.:.> --- </l/|/   .      / :::::::::,i |l| <l ` ー―一 '^!、| l|
         ,. -'´ ̄`>公ト、 _         / ::::::/ ! ll| <|  | ̄ >ロ<_}|>| l|
     , ィ⌒ヽ  ///ハヽ\`ヽ       / :::/   | |l| <|   ̄ ,イト、 |>| l|\









  |
  |   _,, _
  |-''´ゞ{薔}ンy、            ヘ/ヽ、
  |:;.- ―― - 、:\     _,,ィ≦斗―ミヾ_,, -┐
  |          \:ヽ  . r} ,斗、´ o`l,ヘ. _ ヽノ
  | i  ,,     ,  `,,!   (,|/  「  ,, _ ´oヽ/}ア
  |、i^V1  ノl/| / ト、   ト_-ァハ   レ′  7ィ´       ___   ━┓
  | ◯ !/ ,ノー!,イ  ト ィ . \ ヾ:ト,   _,才´ ハ      ./ ―  \  ┏┛
  |      ◯l'// ,i!レ′    `ーУ冂ヾ∧;-‐┘   /  (○)  \ヽ ・
  |u 、__   i/ '/  _,__,   / | |.!|ハ∨      /   (⌒  (○) /
  |-、_ ` ´  ,.ィ' //―'":::::;ノ-―ァ ! l |.| ハ,ゝ     /      ̄ヽ__) /
  |::トvriニ「:´ン///::::::::::::::>―'''          /´     ___/
..  j-、{薇}/::/::レ':::::::::::::::::\__         . |        \
  { ! ノ:::::!:::::;ト- 、‐------'"´          |        |







675 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:19:57 ID:pbNtE/hI







                   ●

                   ●

                   ●







                                       _,、、
                                    -{勾」}―  _
                                  -――-  、::.::.::. .\
                                  /         \::.::.::. .\
                             /               \::.::.::lハ
                              '   .′   |   ト、ヽ ヽ   ヽ::.|_ l
                            /   l |  ||   | 斗 ┼l| // 小ヽ l
                           l|   | |  ||.イ | | l ノ || 〈〈_ノ:||:l_〉〉l
       えっ……と…………       | |  _|ム、 |ヘ ヽ>==十F| ト-r1ヾ.r′l
                           | l 、 |,,≧、ヽ  ヘ __ ノ l | | |:| |:|  l             ィ /
. .     今何があったか、お姉さんに   ヽヽ\ 〈ヘ _〕     ̄   ノノ l|:| |:|   l  /{ イ ∠ ィ三/
. .     話してくれなぁい?            |:ト ヽil|〈       ´| | |      l /三//三三∠ ィ彡
                              |:| |、   __,. ィ    | | | //{ノ}ノ三三三三三三二ニ
                                | ト  ` ´┐ / l |∨三三三三三三三三三<⌒
                                 ノ イ |>'´∠ ヘ /'  ├┴―-、三三三三三三≦ ̄
                                  / / ,ィ ´l  {Y::/  ,ノ.::.::.::.::.::. .\三三三三三ニ=
                               / /  ´_ 二二アУ   ;´::.::.::.::.::.::.::.::.:.ヽ三三ア⌒ヾミ、
                               /   ´_ 二二ア'〃 /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::ド⌒ヾ
                             ∧    _,二二ユ l ll /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. |   l
                           ┌ / ヽ.r┬1ヱこ⌒ー|八/.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:|l   l
                           |V   イ  |.::|{包}j}/.::.::.ト ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:: イ   l
                           |ノ // /.::.|`冖 /.::.::.::.::.jノ::.\ ::.::.::.::.::.::.:イ | l  l  |
                           |\ ' f::.::.::.:.\_/.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:`>┬rく | l|  l  l  l





          _,  -―‐- 、
       //    , -- 、_ >、
     r'_     {   , -、   }'、
    /´ ̄ ̄三二ニヘ  ゝソ  ,'ハ
    7ァ …―‐ -----\  /丶.ハ
    l /_       _ - '´¨ \ ヽ l
    l |!  ̄ _     , - 、   V┐l!
  ∧ ヘヘ.  /f¨ヽ   ' |, -‐七Y゙ り l!   やらない夫と少し身振りで会話しただけかしら
<  > r'ヘ、, -― 、  _ / ー‐' ノ 〃/
  ∨  |  {丶  ̄ノ´、:::.` ¨´  r'/ ̄ヽ   英語で言うとノン・ヴァーバル・コミュニケーションというヤツかしら
     / / 大 ¨´  - -'  ∠/  ̄ソ
     〈    Vミ>_ 、__  イ| 「l ̄ソ-、   おバカさぁん の水銀燈のために説明したげると、こんな内容かしら
      V  |!ーr‐__j___」「f T   ',
    /ヘ、 ハ. ! 〈/¨\〉 リ l    ',
    入ルxイ´」 |   ハ     |    ',
   ,'  ヘ  /ヽj          l     ヽ
   /   ヽ } |\  ハ   /      }
   l     \ !  \   /       /
  /       l ',  /{]\







676 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:20:33 ID:pbNtE/hI







゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜







     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ○)(○
   |      (__人__)   ……なんで 「 “永遠の”愛と誠実さ 」 とか、そんな言葉出たんスかね?
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃   啓蒙主義の時代に否定的になったんなら、その後の時代で再び使われるように
  /     ./ _ノ    なるなんて、変でしょ?
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /









                   ,/ ̄ヽ\
                  //     V }
                     { {rヘ,. -ー‐}/‐- ._
                 /ヽ  `ヽノ    ヽ`ヽ、
                  / / ヽ \ \    i |、ヽ
                 / ///\、 \ \  l | ヽ ヽ                     _
                 ,' ///   \、 \ n」^Y7ァ、ハ                   / }
              l.///      \\ 」 f⌒<_心rトヘT7┐       _     ,. '´ /
              !_彡 u  ヽ、    \辷{  _,>ェ<´_ ̄}_〈      / }‐-、,. '´  /
              ,∟イ >;==、、      く.〈_ {仁ト廻ノ}コ} {_」   _ノY ノ<⌒ヽ  <   それには
               {./!. {〈 ;::::::}.!     ,.二幺L ̄l7< ̄r<ノ  ,.イノ レ \ 、  V  ノ、
           _,./イ |  ゝ-'′      /::::ヽVL>《、__,》┘´  /, 〉  |   } }.ゝ┘ノ ,ノ  ①時代的な要請
          rく |/、 ゝ! ///     '    廴':ノ } /!| 》 《r<}//-‐L_ 「  く   {二 ‐ ノ . ②芸術的(音楽的)な都合
         <ヽ\>''´ 、    「 ̄ 7  /// .イ._||_rへハ〈     =辷.    ト、_,.しイ 〉
         匸`ヽ∨_,.へ、\  ヽ ノ    /ヲ|! リ // 〉〉       〉   K 人   〈 | )  こういった点が考えられる
       (( >'´ ̄   r===、ー-  _,. ィ.三ニ{_   ∨ //      V/  ヽ  ) __ ノノ {   かしらー
        / /      ||__/__,>ェェ====、-∠(   /| |二     ー∨  ヘ ∨ Y V
     rへ、{_  /     ̄{ / 8 ||\  | ||二Z    /| |_>、__  ヽ、└く_/_    ノ_ノ
二ヽ、__>-; 、二}  /!   /‐- 、__||_\!_」|ニて_ノ-‐⌒ヽ!     ̄ ̄ \__ァ‐'⌒ ̄
/ ̄ ̄`´  | |l   / |   / r‐--‐、||      }
          | |  /  〉 / く/ハ\>! ト、   〈
   ヽ 、  | |  /  / /  <><>||  .   ヽ
    ヽ.\ リ ,/  /   _r┘ノ L└リ、  \  ヽ
〉        /  / __r┘r‐┘  └┐└n_    ヽ







677 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:21:16 ID:pbNtE/hI






                   l`ヽ、-―- 、 _
                  /| l  \_  `ヽ、
                 {, '´い  //⌒ヽ   \
               /  ム \{_レr行ミ⌒ヽ   `、
                  l ー'´ ヽ、Vヘ_彡ヘ. ノ    l
               ノ 、_,  `ヾヽ _>彳    |   カナはどちらから説明してもいいんだけど、
               「   xx ̄xx  _V    l     l
            lr‐1         》⌒! |   /   人は歴史の中でしか生きられない
            ヽ/7┐ ヾ==彳_,ノ  ノ    /
            _rク/ /     r'⌒ヽ、__ /     というか、時代の中で人は思考や行動が規定されるんじゃ
         __/)'´ 丿rク{ ̄ _〕仁ニ、  \         ないかしら
       /{{くヽ._,.ィ-‐兀/l:レ―ヘ / ̄`ー- 、
   _, -‐'´  ||厶|¬t┴ / ゚/└rー、ノ,        l
  「      ll ノ|く rこ7 。//{三ヲ l       n|   というわけで、カナは①の『時代的』な面から見て行きたいんだけど……
  `、      ||ヽj‐'⌒7    匸フ  |    _ |lく
   ヽ.     || く> ∧ ゚  >くノ   `ー┬ーヘ.   \
      ヽ、   |トィ> ノ‐rr<´       {    \   \
       \ ||_>く::./ヽ. ::\         ヽ、 /     |
        \|>‐'¨,、   \ノ          レ'´       |
        /  ,イXヽ          /=、        |








   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ○)(○)
. |     (__人__). rm、
  |     ` ⌒´ノr川 ||
.  |         },.!  ノ'   では、そちらからお願いします
.  ヽ        r / .|
   ヽ     ノノ ノ
   /     / ./
   |      /
    |    i´







           (       く /    _,r‐-、´  ` く|
           / `、   ``丶、.>.|、 _,i´((Y)ヽ    |>
         /    ヽ、      ヾ´_,!ヾー-  ト、  ⊿
         l     / ``丶-、._  ヾ `'ー-ー'i ヽ⊿ !
           |    /       ``丶ヽ   _,,.-`'"   !        ニ_|_
            |    /           _,,.`ュニ=.,、      l        ニ   !
         |   / _,ュ-‐-     ´      `i    .l       . □  |
          !  /   ___         .=j =.   l ,r'ヽ .l
            ! ./ f !,,.ハっ::!` く   ,ィィ,さ:ァー〉 /  |/        ―┬―
           ヾ ! .,' ヽー'´`-ヘ    `ー '´  l!  ノ       . | |二|二| |
            ヾ!.、 . ゙゙゙゙゙         ゙゙゙    i!/       .  | |_|_| |
            i´'、      ヽ ノ´      , イ-ー-、         ̄ ̄ ̄
            l ! .ヽ    Tニー‐‐‐,‐''   / |!_,,..r‐''_,,.-‐-   ヽ   マ
            ヾ  丶   `二二´   , -'!-,rニ"-'-ニ二,     フ |二|二|
     r‐.、      ., -'"  ` r- ,,__,, ィー‐-l´    __,,,,... |   . .  ) !‐‐!‐┤
  _   !  ヽ    _,,r´ _,..、-z='、  i/ヾ,_,l,,_   !-‐ニ´'  _,,|        ^ー―――
 i ヽ  ヽ  ヽ /r'´i`´/,,-'" _,, ヽく ,.イi i`iー'  i´_z=ニ 、
 ヽ,. `丶、ヽ  ヾ`´  | ヽ、_,.-‐''"`i .V | |o l !   `-‐'7"i       | / ̄ヽ
   `丶、 ヾゝ `丶、 `Z,,_! _,,.∠,~   | |  .l !    く /i         レ'   |
  ,_i‐〈 ` ,  ‐-‐  !  `7ーr /   | | .o l !     ヾ )            ノ
  Z r' ! 丶   _,   〉   Z ( !、   | |   l !     リ          ̄
 / ヽ `'、_ `_,,.‐'´  イヽ 、 ゝ リ   .|_|    l__〉    /
..ヽ    `` 、X__,,..  ノ`ヽ    ヽ、     o      ⊿







678 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:21:54 ID:pbNtE/hI






     / / 、_ _   〕 | /{/i ィzjハ ̄フ',
     / , / ヽ ` ー- { く:::::::} Y厶ソ }ヾ´ l|
     /!   /   丶 _ \ ヽ/ヾ二ヱイ、::::\
    ,' |  /         _Y \    / ヽ/
    |! l l/  \     '´二´ゝく 「 丁,-、_」ソ
    l V /  ̄ ヾ.   / , ィ::T:::ヽY  ̄  l /
     /r'、{ __, l  l   ゞじノ }/⌒Y /
      { |.ヘr┐ ̄ r}ー‐{j   ̄ ̄ / j´ リイ    では まず18世紀、“ 啓蒙 ” の時代についてからだけど……
     /イ/ / ー一' 〈、 ` ー一〃, --イヽ
    li/∠__  、 __ ,   ィ|{::::::::::::::::ノ     やらない夫、“ 啓蒙 ” って何だと思うかしら?
 /}__/  _ー、┘ __ ィヘ Vム}三≧彳
イ l/'┐  r__>、」::| lー} |ーl {__} |:::::::::::::::〉― 、
ヽ\ |ーイ {:::::::}ヽ二ノ!0ト--'≧三彡'   \
ーtヽ.\ 辷」三イ/  | / j | 「:::::::::::;〉
 └t.ヽ.\ 廴ソ   j_|0 {.」 〔::::::::::ソ
/ └t ヽ.\_ 了 /   / ゞ=' ̄
   / └t.ヽ/\ / 0 /   |
  _ - '  / r―r‐r―┐ ̄ \  -―
´       / |   }ー}  |    \ --- 、 /
__ - '´ /   ̄    ̄     / |      Y
      }            イ  }      |







.        ___
.       / ―\
     ./ノ  (●)\    まあ……
     |  ( ●)   ⌒)l
     }   (_ノ ̄  i    辞書的な定義で言えば
     |         /
     \      _ノ    「まず絶対的に正しい地点から演繹していき合理的な判断を下すこと、そして
      /´     `、    その合理的な判断によって知的水準を高めることで、伝統や偏見を打ち破る」
      / ,___  ,. i
     ( 、__⌒) ノ    ってな所じゃないですかね
      ヽ、 i⌒i⌒i







679 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:22:31 ID:pbNtE/hI






                   r┐
           {, --r 、  r=L.7
     _   /.X\'ーヘ. l   〉             まあ、そんな感じでいいんじゃないかしら
  r' ̄「 \ {/f:i f:iYj }/ /       ,r_‐-、
    ̄{L. t.fZ{ ¨r-┐「 } / ,ィ 了ー ヘマ >┴‐'    で、この考えに立てば「神の権威」や『王権神授説』に基づく
       ` ー 、` T T´ヘ} し' /: : : : : 「        「王の権威」といった既成の権威が否定されかねないから
          \\'_}┐ /.:: : : : : ::/        本来だったら王侯や封建貴族らから受け入れられることは
              丶└'´_/:.::.:: :; イ「         なかったんじゃないかしら
             ', 「::.:.ー.:イ::::〃
               └」: : :  ̄{='          でも、それまで続いていた絶対王政の時代には各地で戦火が
               {:: : : : :.:|            絶えなかったこともあって、国家の財政状況は最悪だったわけ
                \:. .::.ノ
               └L. 」            それに科学の発達によって産業構造も変わったし、ね
                   | |
                  }ー1            で、この「啓蒙思想」は各地で温度差はあるものの、構造的な不況を
                   {ーリ            乗り切る方法として、君主の側からも支持されたかしら
                 └'             そのような君主、例えばプロイセンのフリードリッヒ大王のような人が、
                               後の時代に「啓蒙専制君主」と呼ばれるようなったかしら








             _,  --――-- 、
              /  ' ´ ̄       `丶、
           /    ´ ̄  , --、 , , -- 、\
r-―‐┐      ,'        l { ̄《《l》》 ̄} l '´ ̄〉
|      |      !     丶 _ ', ', /∥\ //  /|
l     |     l  ヽ       \\.ll.//'´ | l  でも「啓蒙思想」が良いものだけをもたらしたわけではなかったかしら
l     |       ',  \ /こlト----ヽ _/    / /
|     i     rス     |ソ/|l      >‐-  /'´   例えば、18世紀後半には、都市部では かつて無かったほどの人口増加が
l    |    〈  \  ゝ l|      tぅ(/ /     起きたかしら
|     l    〈´ \   Y´  l}        ヽ
|    |  〈´ \  ト┘  〈!     __  /      主な理由は、戦争が減った、医学が発達してきた、ジャガイモのような
l       !    ト、 / ̄`¨丶、 \   ´ /        栽培しやすく保存が簡単な食物の生産によって栄養状況がよくなった
|       |    」/       \―‐ '´
l     |   /|          |┐           というのが上げられるけど、出産の増加も無視できないんじゃないかしら
|     |  / ',             | 」
|     l/   ', 、        /「            そして出生状況の変化として、女性の初産の若年化や未婚女性の出産
l     |     } ヽ      } |             というのが かつて無く、増加してるかしら
|     |     └-、      \







680 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:23:05 ID:pbNtE/hI






           _,  -──‐- 、、
          入 `ヽ ̄`ヽノ二ニy‐-、
        ,r' /.::::>、.:.:.:::::::{,/⌒Y⌒ヽト、
      / /.::::/  \.::::( ,〈薔〉、 / j〉     「人はあるがままの自然な状態で善である、神による道徳は絶対ではない」
      ,′,イ/     \:ゝ彡ニミノ;::イ
      !レイ/       ``ヾ、 イ:::i:/      というの、正確な意味では“神”を否定してるわけじゃないけど、それまでの
     〈川j  ''""    "''ヽ  ゙,;;;;;;;リ       「神の権威」による道徳というのは否定してるわけじゃない?
     `ゞj!/ / / / / / / /  i;;;;/
       }ト、/ /┃/ / /┃/ / _ソ       だから、その……エ、…(ゴニョゴニョ)…エッチなこと……
      ,| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ u /⌒〕
    r'''''''ー、   r''''''' ̄ヽイ.:V⌒〕_      それまでだったら神罰を恐れてたような人が、踏み止まることなく…ヤっちゃう
    } 二''-'   冫''' ̄  ヽリ〔二〕 \    ようになったんじゃないかしら……
   (    )    (    )に7    l








   .r-、 _00           /::::'┴'r'
   .|::::'´::::r┘  !「`L00、|.l└ク_;厂  /
   .|::::「|:::|    l| |Ln:::r┘|.l _lニユ、 ./
   . ̄└r''"´]_ l| | r゙=゙┐ |└ァ::/ /  /
   、ヽ、 ,ゞ´_::::| l| |「二:::7 .|.l └′/  / /
   . \\`´ |:::|. l| l 〈::/  、 !     '/
           ____
          /  ノ_ ヽ,,\
        / ≦゚≧ミ:≦゚≧
        |    (__人__)|    はぁ~、聞こえんな~~
        |     |r┬| }
         |     | | | }    オジサンにも分かるよう、ナニをヤッたか もっとハッキリ言ってごらんー?
       .  |.    `ニニ  }
       .  ヽ      }
          ヽ    ノ







681 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:23:41 ID:pbNtE/hI






                       z、 -―- 、
                  , ‐く  \ー- `ヽ、
                  ,ヘ   ヽ  \ r≠、r=ュ                  まあまあ。
                   /  `メ、 ` ー{{  薔 }}
                      {  /__ `丶、 ヘ/介 ゞi                  例えばスペインのカルロス三世は啓蒙専制君主として
                     l  .'´      ´ ̄ゝ、ソ/              ,r‐ァ 名を残してるけど、彼は1759年に即位するとスグに
                   '. i      ィfテハ }ミj                //  異端審問所の力を抑える向きに回ってるかしら
                 ヾハ 、_z   弋zソ !メr =‐-、         //
                  イ{ヘ  ̄   __,    イ r≦≧z圦   _   //     スペインの異端審問はヨーロッパのカトリック諸国間でも
                  く_弋.,>、 .,_. イ  ` ≦圭斧≡升:`X/       _,. - 、  最も苛烈を極めてたかしら
㍉                / `マ_彡'ヽ >-< {ヽ    __`'寺圭≧ュ}._         j  !
j沁                  r'    辷≦くシrォヾヘ、` ー'´:__ .`) ´/>r'冬≧ュっ    {   ヘ  でも『啓蒙の時代』のおかげで、抑圧する力が
j}圦                ヾ 、f、   ∧(とj」:ヘ〉:.:.}`ー'´ _`>' /ー‐''´ ィ「「「l_圭≧ュ。._ `r‐r'′ 減ったかしら
:洲リ               ∨   ヘ.} ヘ. : : .: : :/ i`¨´/へ` ー-‐ '{:{>ー:rく´``'寺:圭≧ュ。.
i!Ⅳー:ャ              /  ≠≦- ≧ュ.,_,.イ   { // 弋_、   !{ゝ } ソ .   `¨`冬r‐ミ;〉
j7{ ≦-、             {          `j::r-、_ //     ∨ j::ト、,イ/         `ー '
洲!  て_,.イ           `ー、      //_」   ミ;ュ\      ヽ. } Ⅳ }
l:圦     廴_         /\   . Ⅳ>-ュ.j」-'  .\     `寸ハ/          ……そのことを考えながらこれを聴いてみるかしら
j7弐      て_ノし、   /. : .:>'´`寸>/: : : < ̄`ヾ>-、    Ⅵ
三:圦         え r: :´.:>''´: : : : : : `ー<: : : : : : : : : :ヾ : '.
三7圦   .  f⌒!      i r‐' : : : : : : : : : : : ハ.: : `ヽ: : : : : : : :Ⅵ!          モーツァルトの 『 ドン・ジョヴァンニ 』 から
三三斧k  7  '.     .|:.ノ: : : : : : : : : : : : : : : : : :/: ヘ.:.: : : : : : '.j                    「 カタログの歌 」
三三7為  ヘ.__.ノ    /:.{ヘ.: :{: : : : : : : : : : : : : : : : : : ∨: }: : : : }三三三
三三三圦  l l   _,. }.r'.:_{: :|: : : : : : : : : : }: : :∠:-‐ 、}/ : : : .′厶孑"ー     
三三三三三三三三三三7会ュ、: : : : : ー‐ >ァ―-、: : >: : : :/-、ー≧代ハf
三三三三三三三三三三三三圦: : : : : ,r ´ : {   ヘ: :\r /r、/ 弋リ ヽ!`
三三:三:三:三:三 三:三>rー‐ ''´`<_ /: : .イ: :\   ヘ __ 厶イ
三三三三三三三 才'´   廴{_     厶イ .{: : : /ト、  弋ノ     ,r''⌒ヽ
三三三三三7才´ r‐ォ: rシ' ヽ ー-  _  ∧/-.| ヽ.  \     .':::::::;f⌒'.
三三三三7圦   ;} 代;リ   `ー'⌒ー冖ー'⌒ー'`i  f、  r≧ー-':::::::/:::::::::}
三三三三洲リ}  ム                  |  { \{.r''⌒ヘ::::/::::::::::ノ
三三三三:洲リ    }                 !<入/:::/⌒V:::::::::;'´
三三三三j洲i  _ ノ                 { `X:':::::/:::::::::::}::::: /
三三三三j洲|人_ノ                      f¨´:::::::/::::::::::::ノ、_ノ
三三三三j洲|                       ∨ ,.イ:::::::_:/
三三三三j洲{                       ∨__,.才












682 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:24:22 ID:pbNtE/hI








゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜







     /: : /:: : :./: : : :.!:: : : !: : : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : : |: : : : :|: : : :|: : : | ,: : : ',: : ::ヽ : !        ............................
   |: : |: : : : : ,,=''".\: : /|"''=:;,ヽ: : :.|.: : : ト、:|        In Itlia seicento e quaranta,
   |: : |: : : : /" _,=、 | :/ |:./,=、 V: ..|:.: : : | V        In Lamagna duecento e trent'una,
  < : _: : : /  ((;・.,;)|/  レ((・.,;) |:./ ヽ: : |          Cento in Francia, in Turchia novant'una,
  <:: |. 小{     ̄      ̄  レ{: :.|ヽ:|          Ma in Ispagnia son gia mille e tre.
   厶ヘ ハ          、     {ハ/  /⌒ヽ_ノ) ) ) ............................
      \_!      _ '     !!   ,' ;'⌒'ー''´
        ヽ  \ーェェェェァt   /   | i|  (⌒)
 _______,r| \  、\_ `ヽ /     ノ ,'.! ノ ~.レ-r┐、  (……イタリアで640人、ドイツで231人、
 ヽ____      \_`\ \'、 ./ //ノ__  | .| | |   フランスで100人、トルコで91人、
       /【レポレッロ】   \、_>'´ 〈 ̄   `-Lλ_レレ   ところがスペインじゃ すでに1003人。……)
      /      /      `ー一''´  ̄`ー‐---‐‐´                      ̄ ̄ ̄
     /     /
     (_ ⌒丶
      | /ヽ }        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:./ {:.:.:.:.!ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:|:.:.:.:.:.|: .:.|
        し  ))        .:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.イ,.-t─.:!‐匕:.:.:.:.:.:.:.: .| :|:.:.:.:.:.|: .:.|
          ソ  トントン    :.:.:.:.:.:.:.:. |:.:../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|!.:.:.: |  `、:.! l \:.:.:i.:.:.:.l:.:i!:.:.:.:.:| : .|
                  :.:.:.:.:.!: .: |:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: i !:.:.:.:|    _YLL__ ∨!:.:.:/:.:!|:.:.:.:.:!:.:.:|
                  :.:.:.:.:.!:.:.: |: .|,、:.:.:.:.:.:.l:.:.:.|.ヘ : .|  ,rァ===ミ゙ 、 !:.:/:.:/ !:.: ./!:.:/
                  :.:.:.:./:.:.:.:.!:.:l i:.:.:.:.:.:l:.:.:.| ヘ:.{ ⊂⊃   ''" ll.//、/ l:.:./ .!/
                  :.:.:/:.:.:.:.:./i:.:! ヘ:.:.:.:.:.l!:.: l  ヾ       イ ´  \,|:/
                  :./:.:.:.:.:.:.:i、ヘ  ヽ:.:.:.:!ヽヽ         !!     〃´
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘト  \:ヽ ヽヽ、      〃 ___ /
                  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;!`゙ーヵミヾ  `ー-    〃 /  ./ /
                  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:! `           !! /   / /
                  :.:.:.:.:.:.:.:.: .:/: .:.:.:.:.:.,i         ハ{___ノ/
                  ___:.:/:.:.:.:.:.:.:./            i! li   /
.                      ` ー 、_,/         , -イ-=--‐'
                           ` ー      /
                      【ドンナ・エルヴィーラ】







゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜







683 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:25:01 ID:pbNtE/hI






           ___
       , イー 、    `ヽ_rェァ、
      /  ハ  ヽ、    ぅ{´ jjヽ
      / /    ヽ、 _  ` ー 、ート_{リィ|
    /       :}  ̄ ̄ ¨ ‐ 、{ヘY}
   i:  l     .:/        ヽjljv
    |:  l l /  :/  , -      - 、トlj'    このように、舞台の場とはいえ、スペインが飛びぬけて
   l:.  .:l!  .イ / _ __   , ,.、 !      多いかしら
    V ヽ{ .:/.:}   ヲ心ヽ   {ィト{
    ヽ:. | :.レく{ィ`ヘ辷リ   、`ハl      それに比べ、啓蒙思想の浸透が遅れていたトルコが最も
      \{_{! {{   /lハl   _' /      少ないかしら
       ` ラヽく ̄ソ   ̄' /
       ノ{ / 二ノ ̄ 不ヽ`ヽ、     そう考えながら この歌を聴くと、当時の各国ごとの風潮や
       /  ヽ/二ヽ{:../!!。ヽ:}  ヽ、   啓蒙思想の闇が見えて来ないかしら
     /{    'く /:Z_ヽ. || 。ヽ>、 _ ヽ
     i       く_ 三._{ V_!  。 {Yr_‐ヽ }
      |       く-'ァ } ー=-、_ノトく-rくくトj
     l        'ーァ=イ /V`| r`{^i  {   ……あと これ以上セクハラ発言するようだったら
     ヽ ___:... .:/rく__rュ/_/上⊥ >‐ '   蒼星石に頼んで、チョン切ってもらうから









             : / ⌒`"⌒`ヽ、
            /,, / ̄ ̄ ̄ ̄\ :
.         : /,//::         \ 
           ;/⌒'":::.. やらない夫  |⌒ヽ :   二度と言いませんので、どうかお許し下さいまし
        : /  /、:::::...           /ヽ_ \
         (  ⌒ー-ィ⌒ヽ、   /⌒`ー'⌒  ) :
.        : `ー──ゝィソノー‐ヾy_ノー─"







684 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:25:44 ID:pbNtE/hI






           _,   -―― -  、/` '´廴_
           , '´.: : : : .: .: .: .: .:_/´_, - 、 {
   _.   /.: : : : : r冖ー'´ _ /__  /l } 〉
  /, - 、\: : : : : : 」  r-―fヒハヘjハ  」/ {
  !|  / :.`',:. :. . : :  {  'r‐ '´{匕犬シj´ { /!
  亅/  : : .\:. :. : : . : ヽ \/ 寸T¨ヽ\丿:'    で 話を戻すんだけど、18世紀後半は それまでに比べて
   ,' :l :.:./  ` - - _:.ヘ _`¨ー| lー-ヽ \:l
   | : l .:.,'           ̄└ヘ|__」へハ/j/:|   “ 性を自由に謳歌できた時代 ” と言えるかしら
   ∨ : l:.l         / ,夫==<l|〈ヘ∨.: .::l
    V: ::.{.  _ ,     〃!ハ:::::::::} ヾ j |.: ;':/    でもフランス革命も、バスチーユ襲撃や その後の恐怖政治時代に
     ヽ: :ヘ  ,三..       弋Z:ソ  |! /.://    なると、逆に綱紀粛正が叫ばれるようになるわけね
       \ム{ハ::::::ハ      .:.:.:.:.:  /:´.:.' イ     しかも1804年にナポレオンが戴冠してからは、ヨーロッパ中が
        入 ゞソ  、:.       /.: :/ .: 」     戦渦に巻き込まれるし……
        {.: ハ .:.::   r_、   /ノ.; ' .: .:/ ̄ ヽ
        |:/ /:>‐- ,.__.  ' /f.: .: /.:〉: :  ', こうなると 啓蒙思想を元に革命したフランスも、旧来から道徳観を持つ側、
        ,!ー{:. `:.ー:.l/j|\ヘ --/.:, :' .::イ: :   '. 封建的諸国家側からしても、引き締めを図るかしら
        /  〈:`:.ー:/ /}{ヽ.\ヽV〉. : .:.イ: :    ヘ
       ,'   〈ヽ:r'/イ \\` Y: , :'.:.:ノ:     ハ
        /´   : .ヽj ' 〈 V /ヘ  ゝr‐_'´: : .  . ,: ノ
       {    : :.rヘ  ', /´ ヽ  {|´ lr-、_, _‐'二. ヽ
     「`ー-、__ ノ しヘ._ ムフ /f⌒|  ハァ , r、ヽ _} |    ……ところで やらない夫は、18世紀の終り頃から19世紀の
     l └' / ん1    ノー '  }  __人1| l  rー┘   初め頃の、イタリアの状況って、知ってるかしら?
       .ゝ / /  └‐-、ノ}   〈ー'´    ヽ! ヽ. |
     l / j    . : :/-、_ ‐¬ヘ    : :. ヽ }|
     L〈:.    . : :/ ァ ,-、 r┘:.ヽ    : : : l T








     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ○)(○
   |      (__人__)
.   |        ノ    ……確かイタリアは19世紀になってから統一されたんだろ
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ    だったら この時代は まだ幾つもの国を、様々な領主が治めてたはずだろ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /







685 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:26:19 ID:pbNtE/hI






                          ,、
                    r ヘハ二/ヽ ̄}
                  ,r' 」 r-ムヘソリノ!_Z、
                 / 〕 {\.入乏人_  ̄ ̄了
               / - └i_` ー、| Vイ }下 T´
               , -7フー-  _ ̄└- 、',  V-┘、  |
               l/     >ー- ヘ. V ̄ _|       そうね
               l{  _      ,ィ:⌒ヽ ∨ヽミ/ ,ヘj /⌒i
    〈ヘ、         V´ , -、   ',::::::f !  /´ イ } , ィイ⌒}  現在の形になるのは第一次世界大戦後だから
  r、 } ヽ\          ヽハ:.:.r!    ゝ-'    r' /.::::// .:; .イ  20世紀になってから、とも言えるけど
   '、ヽ  ト'ヘ./{      .ハ ゝ'r  _     / ̄ ̄`¨ ー- 、ノー
    ヽr ┘ _,、└1   r--'.   Y´ ノ   /!       /ホ〕  「イタリア王国」統一への動きと その終結という意味では
   r ‐' r、」  ヾj  r ヽ - :.> 、 ´   /!ノ /       \/l   1861年に建国された、と言えるかしら
   ,ゝ t'     _, -_, -┴=、-、:::. >7.::/::| /,      / 〈 |
   > 〕-    \入 .::r‐ 、_)7´.:/./.::/:::j ´    ‐ /  ハヽj   だから19世紀初頭だったら、まだ半島を統一する国家は
   ヽ く         (ィ冖┘  ヽム{.::/.:::/    . :. .   /     なかったわけかしら
    く  厶         〈フ  -、'´_//¨T゙     . :::: : .
   /   /       {!  _/ ヘ._/.::/     -、_, へ、
    ヽ  {__-        / /r―::/ィ´┐    . : :/     ヽ
     レ1 └i  _, - '´  j_ l:/! ト、:::/   :. : :/
     └ヘ ,二」    ∠:: ィrj‐/::|´      、:/
       └'     / く:;〃l:::Lノ;ゝ       {
            /  /:/、/:::|` 丶     \
        ,  '´  _f´ ̄  {/ }          \
     , r'´  _r┘  r、」 ̄Z └1             \
   ,r'゙    _〕  ,、ト、/  { ' /∟ 〈             ` 、
  /   _,ゝ r-、/,¨  ,   i  厶  フ             ヽ
, '゙    〈   / ,'   /   {    〕 └i







686 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:26:56 ID:pbNtE/hI






                 _
                ..入 ` フi/ ⌒_⌒ヽ
    ,:rr ._          /  イ\.  \ィ@)、/
    _l !! ,j ヽ_       ,   /  `ーゞ、ヽ.イ
  _r,| _ヽ j/\     l! i,/ ',二    二ゝj             ,ri   でもリソルジメント、日本語で「イタリア統一運動」
 \ i` \ 〃  ヽ.  ヽ、,l  辷'   に  ト、          _,ィ_h   と呼ばれる運動は、
   > !!  <〃    ヽ   ゞ(__    r ャ   / )      ,  ´  ヾ └-, 1815年のウィーン会議から始まってるかしら
   ゝ !!< ll  ヽ    `ー √ _)、. _ ‐'__∠フ--、   /      ll <_
  < i,ノ ll     _   (__.)>:rt::ト、_)   ー ´ __       ll <  で、ロッシーニが
   7/  ll __ /   ヽ_,.`llイ_ji ヾi_7|| !   r ´\,      ll >  『セビリャの理髪師』を発表したのが1816年
     ̄ ̄          /  \  : 〃 | ‐ ´       、 ___ 〃 ゝ
               (    >rt<  )               つまりロッシーニが活動してた頃というのは、
              /    ゝ/!!ヽ'  \              ヨーロッパがナポレオン戦争を経て、
             /       / ヾ.    \             イタリアに民族意識が芽生え始めた頃、と
           /     _, ィ'     \    \           言えるかしら
         /, _ _,. = ' ´        i ` = 、  ヽ
        //´ フ      \   /    \  `.
        (  /          ,         ゙!  |
         \i            l'         )/
           、  ヽ       |        /
            \        ,. ト      /
              ゝ      ノイLi  ri__'\










ロッシーニ ナポレオン   共和国  ウィーン会議後、                        ロッシーニ
 誕生    イタリア占領  樹立   イタリアは分割統治           イタリア王国樹立   死去
(1792年)  1796年     1805年   1814~15年   1816年            1861年    1868年
┝━━━━━┿━━━━━┿━━━━━┿━━━━━┿━ - - - ∬ - - - ┿━━━━━┿━ - →
                        _      『セビリャの理髪師』初演
                       入` フi / ⌒_⌒ヽ
                     . / ( ∩イ\\ィ@)、/ /)
                     ,´  ゝノ   `ーヽ.イ  ( i )))
                     l! i/   ●   ● .| / /   年表にしたら
                     ヽ、|    ( _●_) .|ノ /   ここカシラ――!!
                      彡、   |∪|    ,/
                      /__  ヽノ   /´
                     (___)     /







 ※:先にもお断りしたように この時代にはイタリアは統一されてませんでしたので、ローマ教皇領、
   ナポリ王国、ミラノ公国といった各国各地で占領時期などに違いがあります。

 ※2:ヨーロッパ中で売れっ子だったロッシーニは、1824年にパリのイタリア劇場に就任してからは
    活動の拠点をパリに置いてます。







687 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:27:39 ID:pbNtE/hI






   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ     えらく、転変としてるんだな……
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \





                                                      ,. -―‐  ー- 、
                                                 _  /          \
                                                /  `   ー- 、 iソ´ヾl ,、_ ハ
                                               //   ,〃 \ 、  >!<,j- 、__ヽァ ',
                                               l/    l/    ` ー=(,〉 {薔}-' ノr' ハ
                                               丶   !i       ゝ'i_ィ、‐、"  .}
                                                     ',  -'    `ー     >-、 /
                      カナも そう思うかしら                  ! ━      ━  r=っ У
.                                                   /ハ         |l _'_
                      で、音楽家 特にオペラ作曲家になると      ゙ 「 、   n     ,.ィ゙_ i
                      パトロンは重要な問題となるから、        ´ニユ_>-rr彡´ノt=ュァ_´ー 、
.                      より影響が大きいかしら               /└‐、7((ニアトゝ) 'ーァ‐'   ハ
                                              ,'⌒   /`´ /`イll ! ̄   テ    ハ
                      例えば、ロッシーニより30年ほど前に ヽ_ノ  i / l  ljl.j   / /     ハ
                      『セビリャの理髪師』を作曲した、先輩格の   く |   ヽ _   _ノ   ',     〈
.                      作曲家、ジョヴァンニ・パイジェッロは   .   / ! i彡ア、<     /     ヽ
                      共和政府に協力的だったため、         / /  `//!ト--'     ヽ    く
.                      ウィーン会議後は、失脚したかしら      / /   `/lj        |      ヽ







688 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:28:16 ID:pbNtE/hI






                                                            / ̄ ̄\
                                                          /  ヽ、_  \
                                パイジェッロ……               (●)(● )   |
                                雛苺が言ってたな……      .     (__人__)     |
                                                         (          |
.                                ロッシーニとは、かなり違うのか?     {          |
                                                         ⊂ ヽ∩     く
                                                          | '、_ \ /  )
                                                          |  |_\  “ ./
                                                          ヽ、 __\_/





           _
        , ' ´          ー 、
      _ ,/            ヽ. : :ヽ_
    /       l      r, .二.Y, - 、L
   /           ハ     j i {   ´_ _{l |
  ,  . ::   . : : : :{: : .ヽ: . .  :{ l 〔 ̄」__}__ 〕
  /  . :: . : : : /:/ ┘ ̄ ` - ゝヽ下| |ヽヽソ}
  ! . : : : : : /.:/           `ヽ7l_|、j_}り  音楽的な意味だったら、かなり違うかしら
  } . : : : : ::/.:/  _  --    -- _ \丁´l:|
 { : : :_: /イ   _ 、     , _  ノ}: :.l:|  ロッシーニだとかなりエネルギッシュというか、特に
  |: : i `イ.f   ,/´f:廴}      fi廴}゙ヽ_ リ.:/:{  ロッシーニ・クレッシェンドと呼ばれてる辺りなんか
  ,: :| 1 |:l  ヘ {:じリ       {じリ ノV:':/l:|  前へ前へと加速的に進んでくる印象を受けるけど、
  ヽ:ヽ. j〉     ̄     ,    ̄  仏イ:ヘ
   >彡 ̄}               j イ    パイジェッロだと、音楽もモーツァルトやハイドンの
   { , _-= ミ}\     r_-_ っ    ノ二}    セレナードに近い印象を受けるし……
   {彡´_ ミト 、ヽ   / , ̄} _ ィ彡三ニミj_
   〈´, -- ミ〕 _」/  くノ ´〉| _ 〈´, --イ:. :.ヽハ 基本的に「宮廷文化で育まれた音楽」と言えるんじゃ
 / Y´二 ̄`Y゙ /      ノ ,-イ:: r:. :. ;:ト:. :.:ト〈 ないかしら
/   └'´テ ミシ /    ,  //. ;人;:〈;: イ: :j:: :::.{: :ハ
     ム二ア イ    /- '´ 才.:::: .¬: : ;: r.:_;:__三> 、_
      / |∨ } 7'´_二二|: : .:.;{_/ ̄        \
     /  l V } /{Y _/」: : .:イ 、            |
   /   j  V\\_/{ : z/」   \   \       \
  /       \ \| ヽ 込ソ{      \  \







689 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:28:54 ID:pbNtE/hI






           _,   -―― -  、/` '´廴_
           , '´.: : : : .: .: .: .: .:_/´_, - 、 {
   _.   /.: : : : : r冖ー'´ _ /__  /l } 〉
  /, - 、\: : : : : : 」  r-―fヒハヘjハ  」/ {
  !|  / :.`',:. :. . : :  {  'r‐ '´{匕犬シj´ { /!
  亅/  : : .\:. :. : : . : ヽ \/ 寸T¨ヽ\丿:'   だから、ロッシーニの『セビリャの理髪師』初演のとき
   ,' :l :.:./  ` - - _:.ヘ _`¨ー| lー-ヽ \:l   パイジェッロ派が妨害した、というのも、音楽的な理由じゃ
   | : l .:.,'           ̄└ヘ|__」へハ/j/:|   なくって、別の理由、例えば政治的な理由じゃなかったのかなって
   ∨ : l:.l         / ,夫==<l|〈ヘ∨.: .::l   カナは思うのかしら
    V: ::.{.  _ ,     〃!ハ:::::::::} ヾ j |.: ;':/
     ヽ: :ヘ  ,三..       弋Z:ソ  |! /.://   だって、いくら人気があったとしても1782年初演のオペラを、
       \ム{ハ::::::ハ      .:.:.:.:.:  /:´.:.' イ    19世紀の人が、そんなにいつまでも覚えていたとは思えないし……
        入 ゞソ  、:.       /.: :/ .: 」
        {.: ハ .:.::   r_、   /ノ.; ' .: .:/ ̄ ヽ   (19世紀になると過去の名作、例えばモーツァルトの『ドン・ジョヴァンニ』
        |:/ /:>‐- ,.__.  ' /f.: .: /.:〉: :  ',   のような作品がレパートリーになる場合もありましたが、まだ基本的に
        ,!ー{:. `:.ー:.l/j|\ヘ --/.:, :' .::イ: :   '.   “同時代”の音楽が最も好まれてました)
        /  〈:`:.ー:/ /}{ヽ.\ヽV〉. : .:.イ: :    ヘ
       ,'   〈ヽ:r'/イ \\` Y: , :'.:.:ノ:     ハ
        /´   : .ヽj ' 〈 V /ヘ  ゝr‐_'´: : .  . ,: ノ   「パイジェッロ派の妨害」というのも、共和政府→教皇領、と
       {    : :.rヘ  ', /´ ヽ  {|´ lr-、_, _‐'二. ヽ  政権の移動に伴って失脚したパイジェッロの名を借りて、
     「`ー-、__ ノ しヘ._ ムフ /f⌒|  ハァ , r、ヽ _} |  保守層が嫌がらせをしたんじゃなかったのかしら?
     l └' / ん1    ノー '  }  __人1| l  rー┘
       .ゝ / /  └‐-、ノ}   〈ー'´    ヽ! ヽ. |
     l / j    . : :/-、_ ‐¬ヘ    : :. ヽ }|    ……ロッシーニは、フランス軍に人気があったし…………
     L〈:.    . : :/ ァ ,-、 r┘:.ヽ    : : : l T
       l: . . : : -/.: l |: : l|: : :.}: .  : : } .:|
         \: : :./.: └': :└' : : :..ヽ: . . .: .:.j :/
          ̄/´.:::: .: : : : : :. :. :::..\: .: .:/、
         /                ̄ ´  \









   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(●)
. |     (__人__)   じゃあ、タイトルを変えたのはどうしてだろ?
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }    ほら、初演時には『セビリャの理髪師』とはせずに、『アルマヴィーヴァまたは無駄な用心』に
.  ヽ        }    しただろ
   ヽ     ノ
   /    く__,-ュ__  パイジェッロ派の妨害を恐れて、元ネタが同じとバレないよう、タイトルを変えた
   |    ___ 三) みたいな話を聞いたことがあったんだが……
    |    |       ̄







690 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:29:29 ID:pbNtE/hI






              ______
          .  ´       `ミ=ー-、 _
          /        __「`ヽこ_ノ^ー个ー 、
        , '      ,  ´  -ヘ  ( f´ ̄`ヽ└z
      /      /     __ -ヘ  しヘ、  rfY代ト、
      /     /   ,  ´/   \  〔_Y三!ハゞ=仆 、
     ′   /    / . /        `ヽ ヽく⌒`≒ミi川
    i     /  / // ___        \tヘ    ∧ノ
    |.    / / ,イ ,/'´   `ヽ       Ⅵ、___/ソ
    |:::.   {∠_ ノ / ハ>=ミ、         ___  Y辷灯
    l::::. / '^ヽ X_ iY^Y )1} i}           ヽ}/ /イ       音楽的な都合もあるんじゃないかしら
.     ',:::::〈  / 〃  |,ゝ込cク       ィ≠ミ、_ /彡'ノ
      、:::ヽ ヽ{{   !、 ̄ `        Art' ハ.イ ̄´         やらない夫
     ヽ:::::::`ーヘ/  \          ゞ゚イ 厶=.、
        \::::/ /    >/ ̄、ァ      '廴__}}         あなた自分の、アルマヴィーヴァ伯爵の
        ゙{  '    /:ノ_`ー‐'′    人_  八_         独唱が、アンサンブル以外のアリアが
        / ̄ ー、/:∠ヽ ヽr‐r rっ≦___  冫 ,ハ、_____  何回あったか覚えてるかしら?
      /      Y´ ̄`∧ ' __⊥`ー=≧′           __`Y
      /       L._ト、/ Y´   レー‐┐冫        〃´ 小
     ′       [_√ , -‐─‐- 、  厶'ィ  ノー一ァ '′  i |:.',
      |        弋_ //´ ̄ ̄`ヽ\  厶イ  _/    !:::.、
     \      ((_Y       ヽ \  ̄フ¨´       l ::::::.ヽ
      `ー‐r‥   `‐Ⅵ         ヽ ヽく             :::::::: \
          ヽ.    ヘ|            || \           ::::::   冫、
          ヽ     ハ          || 下、              //ヽ
          厂 \  i}         || _入_`ー  .____  -''´イ r‐┘
          }  f^_>、            ||`了⌒< ー──…'´ ト、ノ
          >''´   `-、 ___       !|、_j_    ` <入__八ノ
          /        ` ー _    / .′_廴> 、     ` く








   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)    3回だろ
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }     第一幕でカンツォーネが2回、第二幕のフィナーレ直前のアリアが1回で……
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄







691 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:30:03 ID:pbNtE/hI






                   l`ヽ、-―- 、 _
                  /| l  \_  `ヽ、
                 {, '´い  //⌒ヽ   \
               /  ム \{_レr行ミ⌒ヽ   `、
                  l ー'´ ヽ、Vヘ_彡ヘ. ノ    l
               ノ 、_,  `ヾヽ _>彳    |   当たってるかしら
               「   xx ̄xx  _V    l     l
            lr‐1         》⌒! |   /    ところで、『セビリャの理髪師』というタイトルからすれば
            ヽ/7┐ ヾ==彳_,ノ  ノ    /    タイトルロールは やる夫の「フィガロ」だけど、フィガロの
            _rク/ /     r'⌒ヽ、__ /     独唱は第一幕に1回あったっきりかしら
         __/)'´ 丿rク{ ̄ _〕仁ニ、  \
       /{{くヽ._,.ィ-‐兀/l:レ―ヘ / ̄`ー- 、    つまり原作のボーマルシェの戯曲だと、やる夫のフィガロが
   _, -‐'´  ||厶|¬t┴ / ゚/└rー、ノ,        l    主人公なんだけど、ロッシーニのオペラだと やらない夫が
  「      ll ノ|く rこ7 。//{三ヲ l       n|   演じたアルマヴィーヴァ伯爵が主人公だと言えるんじゃないかしら
  `、      ||ヽj‐'⌒7    匸フ  |    _ |lく
   ヽ.     || く> ∧ ゚  >くノ   `ー┬ーヘ.   \
      ヽ、   |トィ> ノ‐rr<´       {    \   \
       \ ||_>く::./ヽ. ::\         ヽ、 /     |
        \|>‐'¨,、   \ノ          レ'´       |
        /  ,イXヽ          /=、        |
          / /t┘└ヘ、       <ィ  ヾ、   |









   l   / /     \___辷\ l_,l:::::〉'l      l\/  `′
   l   i/               く厶_ソV l     _|
  | :|  - ―- 、      , -― - \ヽV    \  つまり『アルマヴィーヴァまたは無駄な用心』とは
   ∨ .:l  、. ┴ 、丶      /,. ┴ 、  |ヽV      >
   V‐、! /tーぃ::i        t‐ぃ:::iY lーY     ∠__ 「主人公は“アルマヴィーヴァ伯爵”ですよ」という
  /!´ハ 弋t:::ノ   ::i}   弋t:::ノ   l ̄メ、      /
  / ヽ くハ. ,、,、,、  r===┐ ,、,、,、  ハ/ |     /_ 告知だったんじゃないかしら
  ! _, --- ハ      |´    |      /ー-、 /       |
/\_/  \.   ヽ、__ ノ     /.__/\_   .   l/ ヽ   ,ヘ
ヽ     _,./| ヽト.       ィ ´ゝ-- 、- 、  \        \/ ヽ/
  -‐ '''"  ̄ /  :|   ,ゝ=<      /    | `'''‐- 、.._
       /   !./l;';';';';';';\    ./    │   _
        _,> '´|l. ミ:ゝ、;';';_/,´\  ./|._ , --、 | i´!⌒!l  r:,=i
.       |     |:.l. /';';';';';|=  ヽ/:.| .|l⌒l lニ._ | ゙ー=':| |. L._」 ))
        l.    |:.:.l./';';';';';';'!    /:.:.| i´|.ー‐' | / |    |. !   l
.       l.   |:.:.:.!';';';';';';';'|  /:.:.:.:!.|"'|.   l'  │-==:|. ! ==l   ,. -‐;
       l   |:.:.:.:l;';';';';';';';| /:.:.:.:.:| i=!ー=;: l   |    l. |   | /   //
         l  |:.:.:.:.:l;';';';';';';'|/:.:.:.:.:.:.!│ l    l、 :|    | } _|,.{::  7 ))
          l  |:.:.:.:.:.:l;';';';';'/:.:.:.:.:.:.:.:| |__,.ヽ、__,. ヽ._」 ー=:::レ'  ::::::|;   7
.        l |:.:.:.:.:.:.l;';';'/:.:.:.:.:.:.:.:.:.|. \:::::\::::: ヽ  ::::::!′ :::|   .:/
.         l |:.:.:.:.:.:.:∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!   /ヽ::: `:::    ::::  ....::..../







692 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:30:38 ID:pbNtE/hI






   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ○)(○)
. |  U  (__人__)        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  |     |r┬-|
.  | ι   `ー'´}
.  ヽ     u  }
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、









   l   / /     \___辷\ l_,l:::::〉'l
   l   i/  u            く厶_ソV l
  | :|  - ―- 、     u  -― - \ヽV
   ∨ .:l  、. ┴ 、丶      /,. ┴ 、  |ヽV
   V‐、! /tーぃ::i        t‐ぃ:::iY lーY     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  /!´ハ 弋t:::ノ   ::i}   弋t:::ノ   l ̄メ、
  / ヽ くハ. ,、,、,、  r===┐ ,、,、,、  ハ/ |
  ! _, --- ハ      |´    |  u   /ー-、 /   (外したかしら……)
/\_/  \ u  ヽ、__ ノ     /.__/\_
ヽ     _,./| ヽト.       ィ ´ゝ-- 、- 、  \
  -‐ '''"  ̄ /  :|   ,ゝ=<      /    | `'''‐- 、.._
       /   !./l;';';';';';';\    ./    │   _
        _,> '´|l. ミ:ゝ、;';';_/,´\  ./|._ , --、 | i´!⌒!l  r:,=i
.       |     |:.l. /';';';';';|=  ヽ/:.| .|l⌒l lニ._ | ゙ー=':| |. L._」 ))
        l.    |:.:.l./';';';';';';'!    /:.:.| i´|.ー‐' | / |    |. !   l
.       l.   |:.:.:.!';';';';';';';'|  /:.:.:.:!.|"'|.   l'  │-==:|. ! ==l   ,. -‐;
       l   |:.:.:.:l;';';';';';';';| /:.:.:.:.:| i=!ー=;: l   |    l. |   | /   //
         l  |:.:.:.:.:l;';';';';';';'|/:.:.:.:.:.:.!│ l    l、 :|    | } _|,.{::  7 ))
          l  |:.:.:.:.:.:l;';';';';'/:.:.:.:.:.:.:.:| |__,.ヽ、__,. ヽ._」 ー=:::レ'  ::::::|;   7
.        l |:.:.:.:.:.:.l;';';'/:.:.:.:.:.:.:.:.:.|. \:::::\::::: ヽ  ::::::!′ :::|   .:/







693 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:31:12 ID:pbNtE/hI






     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |   (○) (O)
.   |.   .|| (__人__)    お……俺が主人公…………?
    |    ノi  !   | }
.    |   し' ` ⌒´ノ
.    ヽ        }
     ヽ     ノ
     /    く
     |     \
      |    |ヽ、二⌒)








        _,. -┬ fニト、
      r'´ 、r | | ,.L |
      |   (_ノ j {. '、\
      |    }‐イ-上 〉. \   やる夫の横顔のAAとして生まれてから幾星霜……
      |    ノ´     /)゚o |
     i      r‐‐人__) .|   やる夫をフォローする者、アシスタントとして生きてきた
     ヽ   .ノ ` ⌒´ . |   俺が主人公、だと……?
      i  !,       ノ
      .',  ヽ、 .   /
        \  .     ヽ、
         \      |.i
           |    .   | |









      /}
     _ !l ,.- 、
    //|| ̄ `ヽ⌒',
  / /  ヘ入ヽ  ∨
  !|  //ー, \, }
  l  .// ○  ○{   あ、違かったみたい
   \(⌒リ"  △"ノ
    {こ.フ>、ー,.イ    よかったかしら
   〈二}/  ∞Y_〉
    └ 〉  ハ〈┘
       /     ヘ







694 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:31:45 ID:pbNtE/hI






      __
    .,/,-、  \
  / ノ:/ ノfヽ.. \
  | /:/ /...| |  |    なれるものなら なりたかったさ、主人公に……
  l レ ./..ノ .,''´} i
  l   ' ´ .〃 / |    だが やる夫が成長するにつれ、逆に俺は後退する一方……
  ヽ.     . 〈 .ノ
    \.,_  ._ノ /     フラグクラッシャーぶりが板に付くにつれ、もう俺はオニャノコと
     /  /  ヽ     付き合うことはなくなったんだ、これからは一生 毒男なんだ、と
    ./  /   |     諦念に支配されるようになり、真紅にふさわしい男となれるよう
    i ./  .  |     己を磨くことも怠るようになった……









   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \   \            だから『セビリャの理髪師』でこんな役回りをして
 |    ( ○)(○) \ \          三年後に真紅を泣かせたのが分かっても
. |   o゚ (__人__)  __
  |  0   `ー'´ノ´ ̄    ̄\       「ああ、俺みたいな男が こんなことするの、トーゼンだろ、常考」
.  |     /  }         \
.  ヽ   /   }          }て・,‥¨ と思ってしまった……
   ヽ     ノ ___   _ノ そ¨・:‘ .
   /    く  \  YY ̄ ̄YY       だが、こんな俺でも主人公としてスポットライトを浴びても
   |     \   \    ・; ∵ .      いいんだな?
    |    |ヽ、二⌒)、       .







695 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:32:17 ID:pbNtE/hI






.   , イ   /         /   ヽ、 \┌ヘ _,.. -ヘ. Y r句ミ} l}
  / !  /   ,    ,. '´       \  `Y´::.::.::.::.:;:〉 ヽニく ) | }
  ,′ |  /   /  ,.. '´          ヽ  \_:,.ィ´ `ー-<`ヾ、
  l  ', /   / /  ____,. -     `丶、 [__ヽ、     〉::.:::〉
  |   ll   /´   ̄                、`ーく l   ,.イノ‐'´  当然じゃないかしら
  !    !   l       >=-、 、         \ 〈 レ' 彳7
  |   ノ¬、!   ,ィ升冖 、ヽ`          ヽ ヽヘ l/      どんな人でも、自分の人生は自分が主人公として
.  l  / ,ハ >   V辷夕 ハ         -‐_二、 ` / ノ       生きてるんじゃないかしら
.  `、l ! 〃     ヾー-<         ィ升┐}Y^/ ´
   \ヽ |l     /WWハ           Vヾ夕ノl/ヽ         それに人は成長して生きていくのが素晴らしい、と
    />|l              /    `¬'´ /く/         カナは思うかしら
   /   ヾ、      ノ    、 __      WW/ ヽ、
  〃       ` ̄ 丁´         `´      人     l       このオペラでも やらない夫のやった役、アルマヴィーヴァ
 ,′    , -=≠=Vヽ、    ___    ,.. '′ `ヽ   }       伯爵は、成長していく役と言えるんじゃないかしら
-ヘ    〃 /`  , ィ^l>'´ __ノr<´        }/
  `ヽ、_/厶ヘ   / l /   ` く_∧ ヽ_r<ニヽ、 ノ         ……成長した やらない夫は、素敵だったかしら









   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( mn)(mn)
. | ////.|  |人|  |      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  |    |  |⌒|  |
.  |     |  |. |  |      えっ?
.  ヽ.   / / }  /
   ヽ  / / ノ ノ
   / ノ,,ノ    |
   |        |
    |       |







696 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:32:50 ID:pbNtE/hI






                   l`ヽ、-―- 、 _
                  /| l  \_  `ヽ、
                 {, '´い  //⌒ヽ   \     な……何でもないかしらッ!
               /  ム \{_レr行ミ⌒ヽ   `、
                  l ー'´ ヽ、Vヘ_彡ヘ. ノ    l   ただ アルマヴィーヴァ伯爵は、登場してから しばらくは
               ノ 、_,  `ヾヽ _>彳    |   他人に頼ってばっかりの、お坊ちゃま的な存在……
               「   xx ̄xx  _V    l     l
            lr‐1         》⌒! |   /   イントロでは千秋真一がやってたフィオレッロ、後の計略では
            ヽ/7┐ ヾ==彳_,ノ  ノ    /    フィガロに言われるがままに動くだけであって、まさに
            _rク/ /     r'⌒ヽ、__ /     乳母日傘(おんばひがさ)……
         __/)'´ 丿rク{ ̄ _〕仁ニ、  \
       /{{くヽ._,.ィ-‐兀/l:レ―ヘ / ̄`ー- 、    それが、最後のアリアで、真紅がやったロジーナと
   _, -‐'´  ||厶|¬t┴ / ゚/└rー、ノ,        l    何がなんでも添い遂げよう、という強い意志を見せるんだから
  「      ll ノ|く rこ7 。//{三ヲ l       n|   これは立派に「成長を見せた」と言えるんじゃないかしら
  `、      ||ヽj‐'⌒7    匸フ  |    _ |lく
   ヽ.     || く> ∧ ゚  >くノ   `ー┬ーヘ.   \
      ヽ、   |トィ> ノ‐rr<´       {    \   \
       \ ||_>く::./ヽ. ::\         ヽ、 /     |
        \|>‐'¨,、   \ノ          レ'´       |
        /  ,イXヽ          /=、        |
          / /t┘└ヘ、       <ィ  ヾ、   |








                _,  -──‐- 、、
                入 `ヽ ̄`ヽノ二ニy‐-、
              ,r' /.::::>、.:.:.:::::::{,/⌒Y⌒ヽト、
           / /.::::/  \.::::( ,〈薔〉、 / j〉     それに何と言っても、
           ,′,イ/     \:ゝ彡ニミノ;::イ
           !レイ/       ``ヾ、 イ:::i:/      第一幕のカヴァティーナ >>18-22 とカンツォーネ >>68-73 は
          〈川j '" ̄`   ´ ̄`` ゙,;;;;;;;リ       かなり軽めだったのに比べ、第二幕のアリア >>572-581 は
          `ゞj! ,r=ュ    ,r=ュ  i;;;;/       オーケストラの伴奏付きで、難度もかなり高いし……
            }ト、 / / / 丶 / / / _ソ
           _>‐ 、   l⌒7   /⌒〕       こういった、“主人公の成長”を受ける上でも、フィナーレは
          に 二ニ j>ュ、二 _, イ.:V⌒〕_       盛り上がる言葉が込められることになったんじゃないかしら
         ,ィ ´ ̄〔二_〕::,ィ仝>、::::リ〔二〕  \
          〈/     に7::://::::l i::::::::に7    l    (アリア「もう逆らうのは止せ」がカットされることが多いのは
         >、 __ ,.ィ孑://:::::::| |:::::::.孑   , ノ{     黙っておくかしら……)
        /  , 二ニ/\.::::::::::::::/ ノ) `メ^ 'ー-\
       / `y'    i   >rュ<   i厂   \    \
      ,イ     \  |   |/!\_|   |       y'′   〉  (※実演どころか録音ですらカットされることが多いです。
    / ,′    \ |   /jハj\   |    /    /   ◆1fWU0Viu9Mは実演、CD共に聴いたことがなく、最近買った
                                   DVDで初めて知りました。…orz )







697 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:33:23 ID:pbNtE/hI






                   ,/ ̄ヽ\
                  //     V }
                     { {rヘ,. -ー‐}/‐- ._
                 /ヽ  `ヽノ    ヽ`ヽ、
                  / / ヽ \ \    i |、ヽ
                 / ///\、 \ \  l | ヽ ヽ                     _
                 ,' ///   \、 \ n」^Y7ァ、ハ                   / }
              l.///      \\ 」 f⌒<_心rトヘT7┐       _     ,. '´ /
              !_彡 u  ヽ、    \辷{  _,>ェ<´_ ̄}_〈      / }‐-、,. '´  /  それにロッシーニのオペラの特徴
              ,∟イ >;==、、      く.〈_ {仁ト廻ノ}コ} {_」   _ノY ノ<⌒ヽ  <
               {./!. {〈 ;::::::}.!     ,.二幺L ̄l7< ̄r<ノ  ,.イノ レ \ 、  V  ノ、   「ロッシーニ・クレッシェンド」って
           _,./イ |  ゝ-'′      /::::ヽVL>《、__,》┘´  /, 〉  |   } }.ゝ┘ノ ,ノ
          rく |/、 ゝ! ///     '    廴':ノ } /!| 》 《r<}//-‐L_ 「  く   {二 ‐ ノ   “終わりを盛り上げる技術”だけど
         <ヽ\>''´ 、    「 ̄ 7  /// .イ._||_rへハ〈     =辷.    ト、_,.しイ 〉
         匸`ヽ∨_,.へ、\  ヽ ノ    /ヲ|! リ // 〉〉       〉   K 人   〈 | )   “成長する”音楽とも言えるんじゃ
       (( >'´ ̄   r===、ー-  _,. ィ.三ニ{_   ∨ //      V/  ヽ  ) __ ノノ {
        / /      ||__/__,>ェェ====、-∠(   /| |二     ー∨  ヘ ∨ Y V    ないかしら
     rへ、{_  /     ̄{ / 8 ||\  | ||二Z    /| |_>、__  ヽ、└く_/_    ノ_ノ
二ヽ、__>-; 、二}  /!   /‐- 、__||_\!_」|ニて_ノ-‐⌒ヽ!     ̄ ̄ \__ァ‐'⌒ ̄
/ ̄ ̄`´  | |l   / |   / r‐--‐、||      }
          | |  /  〉 / く/ハ\>! ト、   〈                    ……やらない夫、一つこれを聴いてみないかしら
   ヽ 、  | |  /  / /  <><>||  .   ヽ
    ヽ.\ リ ,/  /   _r┘ノ L└リ、  \  ヽ                   ( 『陰口はそよ風のように』 >>136-142 )
〉        /  / __r┘r‐┘  └┐└n_    ヽ







698 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:34:02 ID:pbNtE/hI






          _,  -―‐- 、
       //    , -- 、_ >、
     r'_     {   , -、   }'、
    /´ ̄ ̄三二ニヘ  ゝソ  ,'ハ
    7ァ …―‐ -----\  /丶.ハ
    l /_       _ - '´¨ \ ヽ l    これも典型的な「ロッシーニ・クレッシェンド」が使われてるケースだけど、
    l |!  ̄ _     , - 、   V┐l!
  ∧ ヘヘ.  /f¨ヽ   ' |, -‐七Y゙ り l!   まず >>137 “ 静かに、地面すれすれを…… ” ( piano piano terra terra )
<  > r'ヘ、, -― 、  _ / ー‐' ノ 〃/
  ∨  |  {丶  ̄ノ´、:::.` ¨´  r'/ ̄ヽ  と、小音量で始まり、同じ音型を繰り返していく中、だんだん楽器が
     / / 大 ¨´  - -'  ∠/  ̄ソ
     〈    Vミ>_ 、__  イ| 「l ̄ソ-、  加わっていき、 >>141 “ 大砲のように…… ” ( come un colpo di cannone )
      V  |!ーr‐__j___」「f T   ',
    /ヘ、 ハ. ! 〈/¨\〉 リ l    ', でティンパニの一撃を加えて、クライマックスに持っていく……
    入ルxイ´」 |   ハ     |    ',
   ,'  ヘ  /ヽj          l     ヽ
   /   ヽ } |\  ハ   /      }
   l     \ !  \   /       /
  /       l ',  /{]\       └、
  |       \ヽ、 ハ
  l          ヽ}
   \        /






゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜



               从                从                从
              ((  ))、    ∧ ∧     ((  ))、    ∧ ∧    ((  ))、    ∧ ∧
               从ヽ\\__(゚Д゚ )      从ヽ\\__(゚Д゚ )     从ヽ\\__(゚Д゚ )
                 /=/\\ / |_ |⊃ ∧ ∧  /=/\\ / |_ |⊃ ∧ ∧  /=/\\ / |_ |⊃
                 \\/ / ./ / /  ヽ(゚Д゚ )  \\/ / ./ / /  ヽ(゚Д゚ )  .\\/ / ./ / /  ヽ
                 /___/ | | ◎ |⊂⊂|   /___/ | | ◎ |⊂⊂|  /___/ | | ◎ |
                  \\==\\__/ ( ( (~′ \\==\\__/ ( ( (~′ \\==\\__/
                   . ̄    . ̄           ̄    . ̄          . ̄    . ̄

゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜








               ,.'´  ,rー≧~~~`ヽ
         <´: : : : : : :{ (⌒~'⌒ヽ.ム
.           ,へ : : : : : :{ レ‐{薔}ニ].}
         l: : :i`゙ー- 、_ゝ、,く_l::!、∨ノ  つまり >>141 の部分を盛り上げるために使われているわけだけど、こう見ると
         '; : :! __  `゙=‐l::lハ:;〉
.            '; :ハ,.-r.、`  ´ゞ' 7/)ヽ  “クライマックスに向かって突き進む=終盤に花開く(成長する)”音楽
           〃八. ゞ'   ,   /'⌒ヽ
             ゙ '⌒ヽ、rvy.、_ィ_ |=シ  とも言えるんじゃないかしら
           ヾ,-‐{y′ ´r‐'ヽ. ラ-、
           ∧ラ ヽ、 ヽ.、-.!、  ヽ
          .ハ └' r'7   { ヾ;j .!   ハ
          i    {. ヽ バYヾ!|    }
          :、  ノ ヽ∨. ', }、. |    〈-┐
             >介1   ヽヽ l.}v',.>   ハニ.、
           `1/<    ゙iゝ}´     ,}、}}
          //- {`て ̄ ̄´    ,. へlj







699 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:34:38 ID:pbNtE/hI






          / ̄ ̄\
         /  _ノ  ヽ
         |  ( ●)(●)   “終盤に向かって突き進む”、“クライマックスに向かって盛り上がる”……
           _|    (__人_)
     r.:.:'"´/::|.    `⌒´|、_   なんか、その部分だけ取り上げると、ベートーヴェンみたいだろ
    ハ::::::/__:'ヽ_.    _ノ.:.:/
     |::::',:::::::::'‐-ヾ' 7Υ} ...:.:{.
    }>‐'、:::::::::::::::∀.,ィt!.,へ:!
    }, -‐'―__,. - '´ 'ツ/(三ヽ
    Y ´ ̄__,.. -‐r-イ/`tミ_ソ
.    └/⌒`ヽ、::::ノ::::ヽ`ー'´








         /´  , - '´ ̄r-、ヽ
        {|  r┴- 、/rf薔}_}ムイ
        ゞ=イ「 ̄`>'Zl:|、/ ̄´'.
          {:|_   ィ:=、'\Yヘ. l
          ヽr=、  ゞ 'xx /ソ / ヘ _     それほど不思議じゃないと思うかしら
             !じj , ┐  仏ノヘ/'´ハ _
           人 ヽ.ノ/ `> 、 _ \_.」ヘ」r  ロッシーニが作曲活動していた時期(1810年~1829年)は
           Z, 了'´  r- 、 _/_〉_, -、   ベートーヴェンと結構重なってるから
            /寸   l L/  ̄ヽ
            7¨\_  _,/ i    \__┌-、
    r¬、_, - r_ッ'┐   . :.::\ l   _/, ┐' //  (『運命』や『田園』が1808年で、1827年に亡くなってるので
    ヽ Z / _/!ー'     . :.::.::.l  __「,_,ヘ,_!′'ー┐ 単純に見れば、『告別』ソナタ以降のピアノソナタや第七番
     ,〈 { {才フ      . : .r'゙ヽ.」 ,r‐'´,_ ,一イ ̄´ 以降の交響曲がロッシーニの活動と時期的に重なってる
     しL.∨へ       ノ\ { 〈:.: ̄: ::._.:/    計算になります)
       l j:.〈└i      ',  `ヽL>-'´__
       /.: : L.└、         _r '´/¨フ
       〈: : : : :.}   ¨L,     r ┘ _r'´.:.:/
          }: : : : :.下∟└t. -冖’ _r┘:.T゙´
         /. : : : : .:.ヽ:.:'ーt._, -┘: : : : :ヽ
       {: : : : :. :. :. :l:. :. : : : : : : : : : : : : :i
        |: : : : : : :. :.:.ヽ:. :. : : : : . : . : : :.:ノ







700 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:35:11 ID:pbNtE/hI






      r=、、    __ __
       l|  \r'´ ̄   _r' 二>, ヘ
      l| / ト、ヽ r'´, ィ'Zこく   |
        ∨ /| \ 〔 「 ,{ {-」} }-┬'
      /' //   \{j/ ゝ辷ソ\\     ロッシーニは、少なくとも言葉の上では、モーツァルト程には
      | / l \    \/、__||/l\\   ベートーヴェンを尊敬しては いなかったようだけど、時代の
      ヽハ/ y=ミ     彡='、l ヽ!」  ∨   風潮的に、“クライマックスに向かって盛り上がる音楽”が
       ヽ{ ハ rり    l rりY∨ハ      望まれていたんじゃないかしら
        |lヘ.r‐、 、   ¨´  |lソl |
      /|l  l  l Y  ̄ ヽ /|!┐      だから、そういった点ぐらいは共通してる所があったんじゃない
      {彡'| -|  !、!   ノイ j彡! ̄ヽ    かしら
      Y/彡l /   ̄  {彡二7  ハ
      { ∨ ヽ{ / ̄{_} ̄ Y´ ̄ミi   ヘ
      「l/ ヽ |\__l   テァ;┘〈  小、
     〈j〈 ヽ / ,__)\_ゝ┘|      /
      く/::::\_ノイl /   ヽ   / /ヘ    \









   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ    まあ、オペラに関しちゃベートーヴェンは、ジングシュピール(ドイツ語のオペラ)が
.  |       nl^l^l   一曲しかないんだから、オペラ作曲家のロッシーニからすれば、モーツァルトより
.  ヽ      |   ノ   評価が低くなるのも仕方ないかもな
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \







701 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:35:46 ID:pbNtE/hI






          /r'⌒ヽ   _ ___ _
             |:|  ,、‐'"´      ``ヽ、
             |:| /       ``ヽ    \
             l:/  ,  -ー、ノ^y'^Y^⌒Y^ヽ \
          ハ::.、,ィ ニ三三フ_,人_ l/薔ヽハヽ  /
          ,′y'ミヽニ三三ス //ハ;;薇;;スV/ /
          〉,イ:://^ヽ,二三ミ!_レ'_/にV/ソ , イ
          〈〈:://   ``ー-、、云三ミ〉Vr' リ       そうでもないかしら
          トV/          ̄``/:/  /
         〉k{   `ヽ    '"´  ,l/  /        ベートーヴェンの唯一のオペラ『フィデリオ』は、無実の罪で
        < jk」ト、〈i:;;;:〉    イ:;;;;:ソ/   /::〕        囚われの身となった亭主を、妻が助けに来る、という
      ,ィ仁lレ'´\ト- 、_ , 、 , , , ,/ /ヾ孑ュ、_     “救出”の劇だけど、ロッシーニのオペラには このタイプの
      <_公_」   `ゝ、に只こ > -フ'´       \    作品が多いかしら
        ノー'⌒Y⌒ヽl::::,ィ介>::フ´              ヽ
      _ノ  , ィ⌒ヽ メ、<_ノ1!〈 i       /    j!  i!  『アルジェのイタリア女』、『チェネレントラ』、そして この
      _> ミ、i ヽl //つヽ//^i | ',     /     /  ノ|  『セビリャの理髪師』……
     入 〈 _,>‐'^ Vノ  //  |/  ヽ _,y′  _/  / ! !
     〈V/.:.:.:::::::::::::::::(__//   /     / ト、      / イ/  深刻さは天と地ほどもかけ離れてるけど、似たスタイルのが
      〔リ.:.::::::::::::::::::::::::::::::`T/   , イ       , イ イ   多い、というのは、案外意識してたんじゃないかしら
       i.:::::`ト、::::::::::::::::::::::,イ  / i! _ィコ,ィイU「ス, イ
        \::j::入:::::_::,:ィ::/ i ´  /|  l!  ノ__ノ::/
       〈Tこ7::::::::::::/      | _人ノ‐':::::;:イ
       /^ヽ二`y'´ .:.:,′i.      !:::::::::::::::::::/
        l  !  〈 .:.::/   |:.   |:i !::::::::.:.イ
         \/  人,.:イ    !:::.  j::ト、」,r'´<








               _ __ _
            , .:.´:.:.:..:.::::::::::::::::``ヽ、
          ,r'´.: .:.:.::::::::::::::::ー -、r」⌒Y⌒Y^ヽ
          / .:.: .:.:.:::::::::::::::::::.:.:.,r'´  ソ^ヽこ イ ヽ
       / .:. /ミヽ::::::::::::::::::::.:.:.:.>  >  ,ィ二ヽ ¨ヽ
       ,'.:.:::/.:::`ヾ、::::::::::::::::::::.:.:`フ  } ,イイ薔薇カ  )   それにロッシーニがモーツァルトに抱いていた敬意は
        i:.::/:::/``ヽ、`.:、::::::::`:.:、.:フ  L入ハ三 ソ <
       |/.::,イ}    ``丶、.:.:.:.:.:ヽゝ `ゝl;;|二ノヽノ    「どんなに頑張ってもモーツァルトには敵わない」という
        .レイ/リ         `ヽ 、.:.:>  Y!;;| ヽソ
        i彡  ``ー'     '' ー-‐`ヾ ノ|;;;| _ソー─ -、  憧れ以上のものだったから、土俵が違う、というか
      <ミフh   ‐- 、    、 __   ミミYスメ/ 」,イ,ィ  \
    , イ三ミゝ、弋弍。テ    ヾ圭。テナ V ソ彡厂 ̄ ̄``ヽノュ、  比較にならないと思うかしら
  , イ,ィ´ ̄ ̄`ヽ ////  ,    //// / - ─-、 ̄`ヽ - 、   \ _
,rソ^Y^Y  ヽ ヽ\つ   ,,_ _     / ,     ト、          \
 Y^X^X(_ ノ ノ _ ノ`ゝ、 _ ___ , イ !_/_ノ! ! ノ メこスーュ、_ _ _
_ノ__人_ノヽ _/  ヽ二二フ不< _ _ __          `^ー‐'^ー
          / /´ ̄          ̄ ̄`7 7







702 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:36:19 ID:pbNtE/hI






   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(●)
. |     (__人__)     …………だが、ロッシーニってロマン派嫌いじゃなかったっけ?
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \








               /   '´ ̄ ×  |  l    , - 、  \
            / __/  |l  \ \  l     \ ハ
             / /  ///  ! \    __j__, - 、ー 、
  l ̄ ┐  /⌒} |/   ,.;==x、|、 \  |_ -‐{ く7|   |
  |   /   l  |/  / 〃  }| ┘  l \/ l  ̄ゝ-イV' /   そう
 /!  | ̄¨'|  /  // {|._〃      ,.;==x、 \__| ∨
/´)/)   \l  ///  ̄´        〃  }|\   ,  l_〉   ロッシーニは、マイアベーアやワーグナーが嫌いだと
 / /´)   l    /└-、       {|._〃   ヽ| /     明言してるし、引退するときにも
' / /   ト、   /   └-、_   ̄´//   }'/
  /l     | \/          └ァ ///   / ̄}      「今の聴衆は、マイアベーアのオペラに熱狂している、
./  , -‐――,イ / ̄`ヽ         / //  / /       そんな風潮の中で作りたくはない」
'‐‐'´ ̄) ___./      ̄ `ヽ.  /    /--イ
 , - '´  ,| ___'\          V__/   l         といった意味に取れる発言をしてるかしら
イ    //| 〈_/ > 、    /|     , -/´)┐ ̄|
ス   //└-ァ '/  / ¨T〒′/l     // / /  |







703 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:36:52 ID:pbNtE/hI






             _,  --――-- 、
              /  ' ´ ̄       `丶、
           /    ´ ̄  , --、 , , -- 、\
r-―‐┐      ,'        l { ̄《《l》》 ̄} l '´ ̄〉
|      |      !     丶 _ ', ', /∥\ //  /|
l     |     l  ヽ       \\.ll.//'´ | l
l     |       ',  \ /こlト----ヽ _/    / /
|     i     rス     |ソ/|l      >‐-  /'´   でも、言葉を拾っていくと、ロマン派の嫌いな点というのは
l    |    〈  \  ゝ l|      tぅ(/ /
|     l    〈´ \   Y´  l}        ヽ      ・人が生きている現実の世界より、“魔法”のような夢想の
|    |  〈´ \  ト┘  〈!     __  /       世界をありがたがっている
l       !    ト、 / ̄`¨丶、 \   ´ /        ・大げさに感情をぶちまける
|       |    」/       \―‐ '´
l     |   /|          |┐           といった点、つまり「現実逃避」と「感情過多」で嫌ってたように
|     |  / ',             | 」            思えるかしら
|     l/   ', 、        /「
l     |     } ヽ      } |
|     |     └-、      \








              __   /
         ,  '´ , -‐‥ ̄'ヾー:、
       /   /     /  ヽ.丶
      〈_ /         /:    ', ヽ
        ヽ _    /:     l   ,
            ヽ _/      !   ',
               // ` ー 、   l   l
                // __   ̄ ヽ __」
            // ./ ̄j〉_
              //  :{「´    `ヽ
          //  /ソヽこ r'⌒'⌒'Y,
        /⌒}7 {/__  __L=薔=.」:l
        ゝノ」|ヽf:| l   l ヽ|」_l」ノ/    だから、音楽のダイナミズムについては、特に嫌って
        //:::::}}  \ー―┐  りイ     なかったと思うし、むしろ積極的だったんじゃないかしら
         〈/!:::::{{    ><´ 弋_,ノ┐
        {{::::」} , -‐!〈,小.」 L. ト  ̄`¨Tァ
           ゞ='´   | 天  \    // )
             / t.jュ     \ //、´
             Y /|ー- 、__゙Y_ \
                 {{::| , -┘    l:::::::::::}〕
              ヾ/ /      |:::::::ノ'
         , - 、  .r┘ l, / j   ノ= '´
        〈   〈ヘ ㍉_    _r'┘ jト 、
         ',  水入 /∟「ノ  又´}  |
          ヽ   y' __    f士ソ  |
       二三三\/三三三二二.\__ノ







704 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:37:26 ID:pbNtE/hI






                     __
                   / ̄ ̄`
                〃
                 {{      , -――n- 、
                ヽ、  , <  、   / y^V>、_
                    `7ス`丶、  \く r'⌒ヽr-ヘ ノ
             r,,    〃/`丶、\  〈 ハ{>l廻}〕))
               |!|   ___|l ′   `丶、 >ヽ」:「l:∨( }
.           ,. |!|-‐ _ ||、_    _>ミヽLl」/r‐イ
             ,( |!| ./_/ |!| , =、   ,ニ、`ミヽノ  j   いくらモーツァルトの調和の取れた世界に憧れてても
.            ヽヽ|!l 〃  ./ハ 孔}    儿ハY ラニ、 /   そこに戻るわけには行かないんだから……
            ゝ,|!|〃   〃/l `′,   `ー,,' / r' },'
         __ノ _|!|    {{ {ニヽ、丶   J 厶rヘ∠/    現実主義者だったロッシーニからすれば
      (` /  .〃{ |!|{^v-厂7ミヽ_/>-  -ァ /     `ヽ
.   /| (_  〃 ハヽ、〉 Vーく>}l__フ介ヽx仁} ==    l|  「現実を前向きに、楽しみながら生きる」
    {_`ヽ/ / ̄ .〉  /   rヘ ヽイ/o|ト、 {ニ{         ハ
    }ヘ_)./ / ̄ヽ、 {.  「  \X_o」| ∨ニ〉       ノ  と思ってたんじゃないかしら
   ハ_) ./冫} /:::Y´/⌒    ヽ `|厂\ヲ   r一'´
  / //¨了 ノ 〈::::/ /        ` ー‐「ト、   /
r´%% ッ )T { |  フ {           | ! \ 〈
iーー´/ }ヽノ レ'´/  〉            l |l  }{
゙ ̄    ヽ、__/  く  〉           ノ |厂  〉
           ) 〉     _ -‐¬'´  l|   `ヽ、
            ̄`7 ̄/ ̄/ } {八 \  ヽ     \
                 / / ノ」´  Yヘ、 `丶 〉       \







705 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:37:58 ID:pbNtE/hI






                   ,/ ̄ヽ\
                  //     V }
                     { {rヘ,. -ー‐}/‐- ._
                 /ヽ  `ヽノ    ヽ`ヽ、
                  / / ヽ \ \    i |、ヽ
                 / ///\、 \ \  l | ヽ ヽ                     _
                 ,' ///   \、 \ n」^Y7ァ、ハ                   / }
              l.///      \\ 」 f⌒<_心rトヘT7┐       _     ,. '´ /
              !_彡 u  ヽ、    \辷{  _,>ェ<´_ ̄}_〈      / }‐-、,. '´  /  だから、やらない夫!
              ,∟イ >;==、、      く.〈_ {仁ト廻ノ}コ} {_」   _ノY ノ<⌒ヽ  <
               {./!. {〈 ;::::::}.!     ,.二幺L ̄l7< ̄r<ノ  ,.イノ レ \ 、  V  ノ、  「“永遠”に続く愛と誠」という
           _,./イ |  ゝ-'′      /::::ヽVL>《、__,》┘´  /, 〉  |   } }.ゝ┘ノ ,ノ  言葉に縛られちゃダメかしら!
          rく |/、 ゝ! ///     '    廴':ノ } /!| 》 《r<}//-‐L_ 「  く   {二 ‐ ノ
         <ヽ\>''´ 、    「 ̄ 7  /// .イ._||_rへハ〈     =辷.    ト、_,.しイ 〉  大切なのは、その時には
         匸`ヽ∨_,.へ、\  ヽ ノ    /ヲ|! リ // 〉〉       〉   K 人   〈 | )  「この心情が永遠に続く」
       (( >'´ ̄   r===、ー-  _,. ィ.三ニ{_   ∨ //      V/  ヽ  ) __ ノノ {   わけではないことが片時たりとも
        / /      ||__/__,>ェェ====、-∠(   /| |二     ー∨  ヘ ∨ Y V   浮かばなかったぐらい、強くて
     rへ、{_  /     ̄{ / 8 ||\  | ||二Z    /| |_>、__  ヽ、└く_/_    ノ_ノ    ピュアな気持ちを持っていた、と
二ヽ、__>-; 、二}  /!   /‐- 、__||_\!_」|ニて_ノ-‐⌒ヽ!     ̄ ̄ \__ァ‐'⌒ ̄      いうことじゃないかしら
/ ̄ ̄`´  | |l   / |   / r‐--‐、||      }
          | |  /  〉 / く/ハ\>! ト、   〈
   ヽ 、  | |  /  / /  <><>||  .   ヽ
    ヽ.\ リ ,/  /   _r┘ノ L└リ、  \  ヽ
〉        /  / __r┘r‐┘  └┐└n_    ヽ







706 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:38:32 ID:pbNtE/hI






                 r 、 _ , =、
             ,:ヘ `ヽ{|  」ヽ=、   r 、
               / /´\ t.‐」f ツ}_ l} r「l ヽ:'´|
               ハイ_  , -ヽス ¨´>、/ヽ!|_.} |、.L. _
        _  ,、.Y_     _、ヾイ l /| }./| ヽ. く
       rl r、/ _V「j    ̄`  }-、/ l   /  l  〕   そして、「その強い感情を持っていた」ということを
       l ̄ /ヽ ! V ̄} , ‐y‐<ソ   \  Z_ | ヽ   忘れないことが、それに続くんじゃないかしら
      /  /   {\ー'/ヽ/  ー┘  -‐ \  〕|  _」
      ヽ /   -{ーァ「二7    , ィ、    ヽ ゝ、{   人の心は変わる
      厶 { -、   」ソ くイ/  、__丿 ` ー-- ゝ、」┘
        / l    ヽ/c '/    ヽ              ピュアな情熱も冷めるときが来るかしら
       ̄} \   /c /      L. _
         |   ̄/{.K  _ - ‐_´   ノ、\          でも、そのときの記憶があれば
        l/{ノ〈/l!L}   ̄       \〉
          /  l}{l、          、 \        「今の二人にとって、大切なことは?」
        /  /} ,ヽ.\            ヽ  ヽ
          / /,'´/   ト、丶、        ヽ  ヽ     という疑問につながって、マンネリの打破に
       l/イ´ {   j /¨∟`_ー- 、     丶   ',    つながるんじゃないかしら
      fイ´/   ハ::.....:/´     └- `ニ._ー- 、_   ',
        ゝ/   ヽ{:::/               下ー、_'ー-i
       { 、    〈               ヽ /_「┘
         i l: : : : .  \  、: .   . :  . . : : /」-┘
        \:ヽ: :_: : : : \: :ヽ: : .l: : :/: : : /´
            `>-: : :ー: : :>: : : : :ー': : : 'ヽ
          /  /:   /  l  l、 ト 、__〉







707 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:39:14 ID:pbNtE/hI






              ,〔       < /  ,.-r‐、. `゙<}
           / \  `ー {|v‐fi、{薔}i   ,l}
              i    7ー--、 ヾヘ二ニ!\∠}
              !   ,/    `゙ー\,,..-‐'"  !
             ',  ,/ ,..-‐    ー‐`゙ー-、  |   あ……、でも、いくら覚えてても一人で溜め込んでちゃ
              ! ,/  ,.- 、     ィ´;;;`ヽ,!,-、 !   ダメかしら
             レi /ト;;;;i.j.     弋z_ ノ i リ′
.          ⊂ ヾ! 弋zノ  、   ` ´  .!ノ    こういうことは二人で協力し合わないとダメだから……
           ⊂ i ト、          /! ̄`) __
              ヾ >   、⌒ヽ ィ'i-r==ニニ´
        r‐、    /  _〕ー rァ、イ‐-〔_,,.-―|  でも、出会ったときの純粋な思いを覚えているのと
     r 、. ヽ \/!ヽ,ァフ `ヽУ .〉!Ti--' i´,==′ いないのとでは、二人が話し合うときの問題点解決への
     ゝ \\ ヾ i、ヽ,.-‐⌒!∨| !。!.!  `‐ア |   動きが違うんじゃないかしら
        _>  `゙  ヽ `ーァニ´7  | !。'ハ   `〈.}
       Zr ! \  ,. )  Z〔 !   ! ! ヽヽ   ,リ
      <´ ゝ、ーソ‐'" イ、ヽ \"   i」。  `´  ,ィ′
     〈   〉゙==′ }   zヽ         ,.イ´
      7   !       /  Z Lヽ=、__,./〔´_
.      N   \   /  N/!    ,〉 ,!-\`   〉
       Z          ,N´ |   く / ,ィ\\/
       ゙W、   、i、N´   フー  `´ ,/}′ヾ\_








                  _  __ __
                 _j  ` ー   r_`r-、_
               , '´ ゝ,.      r r ⌒ 、jニ、ヽ
               /    / \   _j |   ,rr<ァ、ヾj
              '  ,  ノ   ` 、 ゝヽィ'ゝtテン'、ノ
              | //       ,`ニ`!ィ´ ` ~ヾ∧!
              レ/, ⌒        `LYz_ rく_ ノ
             | |    ヽ    "     ゞ\/
              ゞ. __ ,     、___  ,j_ ゝ|     その“ピュアな思い出”が二人にあれば、互いに
             , ,=l'T',` ̄   、    ` ̄´  ト、 Y     相手に持っていた敬意がよみがえってくるはずだから!
           i/  ゝヘ     、--,      ,r イ
           ゝ-'、⌒ゝ.    `       ィ=<´ノ      覚えておいて、やらない夫
            __{::::!_--、ゝ 、__   __ ィ' _  /::ヽ      自分と相手への尊敬の念さえあれば、出会った頃のような
         r' ´   ゝ=--<__r-z二=、ヘ_,ゞ::::ヾ:::::ノー 、    情熱がなくなってても、形を変えた愛情があるはずだから
         '       {:::j_ノr::::_イ-fト、::ヽ)´ ̄!:ヾ    ヽ
         |::::/   r:::!  |! `'l::! ゚ |::! `ゝ─ 、ノ   r /  薔薇乙女一の才女 カナの言うことに間違いはないかしら
         ゝ::!::_   ゝァ"|! ,/::| 。 |::|  ゝ_,l::ノ  . ::::::/:::!
        /.. ヽ   ゝ=イ ゝ- 。 レ' 、 __j:)丶 _:::::::::::: \
       /   , ー /  ゝ、 _ __ _  /  ト ー ´\    \
      /   ヽ    /   r:::::zl::j:::ヽ,   |     ゝ___    \
     /!     \r /    `´/\ー'   ヽ__   /      ノ







708 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:39:50 ID:pbNtE/hI






   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    (○) (O)
. |     (__人__)    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)









   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   (○) (O)
. |.   .|| (__人__)
  |    ノi  !   | }
.  |   し' ` ⌒´ノ
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)









      __
    .,/,-、  \
  / ノ:/ ノfヽ.. \   すまなかっただろ……
  | /:/ /...| |  |
  l レ ./..ノ .,''´} i   変に言葉に囚われて、自分は人を愛する資格がない、とか考えていたけど
  l   ' ´ .〃 / |   結局、自分のことしか考えてなかっただろ……
  ヽ.     . 〈 .ノ
    \.,_  ._ノ /    真紅や やる夫らに迷惑かけまくってただけだろ……
     /  /  ヽ
    ./  /   |
    i ./  .  |







709 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:40:23 ID:pbNtE/hI






                     l`ヽ、-―- 、 _
                    /| l  \_  `ヽ、
                   {, '´い  //⌒ヽ   \
                 /  ム \{_レr行ミ⌒ヽ   `、
                    l ー'´ ヽ、Vヘ_彡ヘ. ノ    l
                 ノ 、_,  `ヾヽ _>彳    |
                 「   xx ̄xx  _V    l     l   分かればいいんじゃないかしら
              lr‐1         》⌒! |   /
              ヽ/7┐ ヾ==彳_,ノ  ノ    /    後は真紅に謝ればいいんじゃないかしら
              _rク/ /     r'⌒ヽ、__ /
           __/)'´ 丿rク{ ̄ _〕仁ニ、  \
         /{{くヽ._,.ィ-‐兀/l:レ―ヘ / ̄`ー- 、








                (´ `)) _
                 , -' 「 、__ `f⌒ー-'⌒l!
                /  /\ ー、ゞfニ薔ニヲ
               / ./,' /    `ー-=ヘ、/メヽ
               { l! /     ー- ヽ._ l i |
               `i | l /     ●  | l i .|    やらない夫は しっかり者なんだから、もっと自信を持ち、
                /⌒)i"●     ⊂⊃ツ.メノ    自分を愛すべきかしら
              /   yi ヘ⊃   ,__,    / /ノ
             (  /  ゝ、_ `´    /ミ'/      自分を愛せないと、互いに愛を持つことはできないかしら
      / ̄ ̄\   '(   '丶 "Tー イ ゙ァ`ヽ
    /   _ノ  \ ヽ<   ヽ l><l |    ヽ
    |   。<一>:::<ー>。 ヽ   ヽ /:|  人    ノi
.    |  .:::。゚~(__人__)~゚j
     |  ゜  ` ⌒´ノ
.     |         }    はい……
.     ヽ        }
      ヽ     ノ
      .>    <
    /  ⌒ヽ゚  ヽ;゚ 。
   / ,_ \ \\ \
    と___)_ヽ_つヾ_つ.;.






゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜
                               0
                                o
                                 。
              , -、                        , -――- 、
              !   ',                   く ̄`'ー 、 ,rz:yェュヽ
              ヽ.  ヽ     __            /.:ト 、 ー-{{ rャz_}}ハ
               ヽ   \  /´ }           / '}   丶、 ヽ,:クー'ヽ.〉 li
               r‐ヽ.  ヽノ   /          l.: /     >‐ゝ〃ヽl l|
              r |   {:. ,     九、         l: /- 、   ' ,ィfメ、 \ l :!  といった話をしたかしら!
.             「', \_}l   ノ }' \           ヽ!:y=、     ヘ:りj  、Y´Vl
             l ヽ_〕 _ イ _〕\´l\       _ハ:り 、    ´xXx  fヽjノ
             ` ー 't--イ  __j´ / _} \    //⌒ヾ  _, -'´)   ,rー」
                 フ⌒K´ '  ヽ、|   ヽ、__./ ̄ `ヽー 、ニ´  r '´ ̄ ̄¨ヽ
                 厶ィ l \    / |  、 ヽ `丶 -  V 」ト-イ_V´ . 二 _ 」、
                 /  ハ.  丶、{_ 」   `     ヽ   /   _}。 Y゙-―‥チ:〉
                  └ 'イ. ヘ    / イ    /‐t―     ヽ、, イノ  l:ト、 , -_」{
                    / ,  l   'ーォ /    /  \__ ,    f´ ̄`フ|」 匕.-'‐i|
                   ´} '´\  / {   /      /     ≦三} 。  K≧イ!
                    ¨´ケ ハ フ | /      /     └=' 、  /ハ  l
                     {.ノ} し'イj'       /          /`ヽ }'´ :|








         l   ,. -─‐─‐- 、l
       レ'´    ,.-─‐ -⊥__
   r-──┴一''"´          `ヽ              ,  -‐―‐ 、
   \  , .-─ ………‐- 、、,,_  /              /,  -―‐-、\
    `V.:.:/.:.:,:.:.,:l:::.l:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:く             // ,.  -――‐\\
      l.:.:.|.:./.://l.:.:ト.、:.\.:.:.:.:.l::.:.:.:', .         // /::::::::::::::}、ヽ :::: ヽ._>
      l.:.:.|/.:// ヽ:\\_ヽ:_:_|::.:l:.:|       / _」 /:::::::::::_:/ ヽ}___」_,
      l.:.:.l.イ-一'´ `ヽ\`<:.|.:.:l:.:! .     ∠__`ト辻:::::::'´_/   ノ◯' !   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     |.:.:l:.:i  O      O  .l.:/.:;′        / ::| |l{ ̄ ̄‐◯      }i
     |.:.:l.:.l           //.::,′   .    / ::: | |lト、         ̄Z /l|
     l.:.:l:.:.ト、     3   , .イ.:./        /:::::::::| |l|__ヽ、       ´ /| l|
       V \::.:.> --- </l/|/   .      / :::::::::,i |l| <l ` ー―一 '^!、| l|
         ,. -'´ ̄`>公ト、 _         / ::::::/ ! ll| <|  | ̄ >ロ<_}|>| l|
     , ィ⌒ヽ  ///ハヽ\`ヽ       / :::/   | |l| <|   ̄ ,イト、 |>| l|\







711 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:41:44 ID:pbNtE/hI






       ,,,,,-;;;―;;;;-,,、
      /;;;,'''- ― - 、;ヽ          , -――‐-v冖v-―――- 、
      /;/  i  l l l ヽ        く: : : :r>―^ーヘノ)==ミ : : : :|
    /レi  i l__lゝ ll ト、」| | l       rクヘ:/  ,    ,  ヒr┬- 、: :/
    /£l  l r ヽハノr ヽll .l.      rク : :/   /   l |  厶:ヾ、:_:》 :\     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   /  l  llリ ○  ○ l /      K_:_:/  / ,′  l |l  | 厶 : : : : /
   l   (l  ゝ ┌‐┐ / |        /| l/| レ1  / lメ、_/l  l|ヽ、/ヽ、 .       ___
   l    l ゝ、└‐┘イ ハ.       / l |イ/| / / \`7 リ=ミ__〉 .      /     \
   |   |  ゝゝフくi‐ヽ   .     厶イ>l | ○  ′○ /| /ヽ、`二}      /  一'  `ー\
   |/| | / `ヽ Y/ >          く// ,小⊃ 、_,、_,, ⊂⊃=<|  \     /   ( ○)  (○)\
    |  |ヽ  ノ .l/ | |          {_{_fて(ヘ       ィ /⌒i } 匸´     i       (__人__)   i
    |  / | lイヾ| |          /⌒ヽ__>,、 __, イァ/  / ` ̄   .   ヽ、    |r┬-|  /
    |/   |_l ×|.」\         \ // : : :_:_∨_:__: :ヘ__∧           ノ    ` ⌒´   \
   /    ヽイ| ×Uヽ \         // : : { {:r介、: :}}:ヾ:::彡'       /´            ヽ









         ,,       _,'   /  - ― - 二   ヽ |         __
    __>、l-‐= /   ー- ._  <´^`> _ _ <´^`>二 ̄-‐   ̄
  ´ ̄   <ヽ>  // / ,ヘ.      ̄ <、` (:@:)  ,>
  _       L、> l///   ` ー- ニニ二<、≪|| ||≫ ,>   ヽ
   、>.      <ヽ|l/  \       / <、 || _|| ,>|  \\
   \>、     L lll 、、__,,      __ , ,,└||'^||7  ||   ヽ\
   >ヽ< .       /`l !l ::::::i`   ´l ::::::i` ,-!、 /   | |
     <ヽ)    , l  | `ー '  ,   `ー '   ^i lZ    |.|    _<  (みんな、カナのこと見直したかしら……)
     > l >   ./ `ー l ""   r ‐┐  "" , ン/>、    ||  ┌/」´
      〉l </   / Lヽ、     .ノ     / </_> -、 _|| l/l
      └_lニ| >ヘ_ _/ \´_ , -lニ7_へ-ン| ̄
      ,`―、 /  <ニラ<´   イト、   >  ヽ |三ュ ヽ
   /⌒Y 、ヽ)┘   lニニl i\_//・| \_//    lニl  \







712 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:42:18 ID:pbNtE/hI






             _ -―   ―-  _
           _ -‐:::::::: ̄::::::::¬― 、 ` 、
        /.:::::::}>{包}く]:::::::::::::::::::::::::.\  \
        /.:::::  -宀冖冖宀ー- :::::::::::::.\  \
       /.:::::/                \:::::::::.ヽ  ヽ
.      /:::/             、   \::::::::'   l
     //      '   /        |  l |  ヽ::::|    |l
   〈/      | | i |   |  | l∥|| | l_|::::|_ l|
    ′| '| || | | l|| ! | '. l j」L⊥!| l {{⌒氷⌒ヾ||   あの…… カナちゃん…………
   |  | |l l| |l | | l |l | l| >イ | l | || | ヾ、イハ、_ノl |!
    | |l| |l |ヘT ト ハ ヽ ヘ´ ,,斗=ニ、寸| l /7⌒lT´l |l   たった あれだけの短い時間の間に、そんなに
   | ||l l|ヽ|,,ゝ ;=ミ  \\〃 | r、 }〝リ //.:::::::| |l| |   話してたのぉ……?
    、トヾ ヽヘ〈 { tヘ      、ヾノィ //〈::::::::::ハ|| |l
     \l\ヽ\ ヾ彡       ̄  , ∧::ヽ/ー┴ッ  l|
      |  \ ヽ    ‘   _,,. u// / 厂::::::::fア >'⌒ヽ、
      |    ` >、  ヽニ´'´   イ ' /.:::::::::::fア /.::::::::::::::::::l
      ∧   〈 |||>,、 __  <__l l l::::::::::::fア /.:::::::::::::::::::::|
     〔 ̄ヽ   ヽl| l:::::|{ム::::::::仁ヽ_| |:l|:::::::::fア /.::::::::::::::::::::::::ト、
    _〕ーt__,、 イl |:::::| {ム:::::::}_ ィト| |:l|::::::fア /.::::::::::::::::::::::::::::い









                   l`ヽ、-―- 、 _
                  /| l  \_  `ヽ、
                 {, '´い  //⌒ヽ   \
               /  ム \{_レr行ミ⌒ヽ   `、
                  l ー'´ ヽ、Vヘ_彡ヘ. ノ    l
               ノ 、_,  `ヾヽ _>彳    |
               「   xx ̄xx  _V    l     l   当然かしらっ!
            lr‐1         》⌒! |   /
            ヽ/7┐ ヾ==彳_,ノ  ノ    /
            _rク/ /     r'⌒ヽ、__ /
         __/)'´ 丿rク{ ̄ _〕仁ニ、  \
       /{{くヽ._,.ィ-‐兀/l:レ―ヘ / ̄`ー- 、
   _, -‐'´  ||厶|¬t┴ / ゚/└rー、ノ,        l
  「      ll ノ|く rこ7 。//{三ヲ l       n|
  `、      ||ヽj‐'⌒7    匸フ  |    _ |lく







713 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:42:51 ID:pbNtE/hI






                 ____
           , ィ ´ __,.、__ `>、
         / __.r‐┘   \ └‐t _ \
         // /  //   l ', 、  \ハ\
     / /イ   //  /  l  |  \  ヽ!  \
.    /  /   / /.: :  :/  / l |:.:.  ',   V   \
.  /     j/ / /.:. : : / / / l |\:.:  ',   ',  ,.: 〉
  /    /   l:.--―/ // イナ ― --l    !イ::/
..  ̄ヾー-|l _ 斗匕三x' ´ / / x三:心j:.:  j l/
     \|:!:. :.:.liヽ ハノ:!    /  ハノ:i ノイ.:. /! l    音楽に関しちゃー、チビカナの方が上ですからね、
      l|小、:.:.:.ヽ. ゞ='    /    ゞ=' /.:.: イ } l
       l| { ヽ、:.:.:.\     '       /ィ´_ {!_ l: l    何も言うことねーですが……
       l|  } _{!_ 下T、    cっ   /i:.ハ. {! }:. ',
..      ∥  { {!  }:::i::::>:..、    , ィ:::::::.:l:::.:}   {:.:.  ,
     /'   }   {::l.:.::::::l::::|   : :|::::l::::::::.:i:::.{'_{!_/:.:.:  ',  ……身振りだけで あんな内容、伝えられるんですか?
     / /  ト、 }!,jV.:.__/ ̄¨ Y ¨ ̄\_:r、} }!/ .:.:.:..  ',
    ,' /  {こ入 { イ ,.‐',二¨T¨二.'‐、  { j/¨ヽ:.:.:.:.. ヽ
   ,' .:'  / _r'_{! ノ { // / ,小.ヽ \ヽ r' |!」 i  l :.:.:.:..  ヽ
   /.:.: r ‥'.ノ ノi { ヽ.二 ィ | {|ト 二.ノ { 〈| ! ヽ V :.:.:..  ヽ









             _  __ __
            _j  ` ー   r_`r-、_
          , '´ ゝ,.      r r ⌒ 、jニ、ヽ
          /    / \   _j |   ,rr<ァ、ヾj
         '  ,  ノ   ` 、 ゝヽィ'ゝtテン'、ノ
         | //       ,`ニ`!ィ´ ` ~ヾ∧!
         レ/, ⌒        `LYz_ rく_ ノ
        | |    ヽ    "     ゞ\/   カナのボディランゲージ能力甘く見るんじゃないかしら
         ゞ. __ ,     、___  ,j_ ゝ|
        , ,=l'T',` ̄   、    ` ̄´  ト、 Y   カナなら、アマゾンだろうがサハラ砂漠だろうが何処の人とでも
      i/  ゝヘ     、--,      ,r イ   ボディランゲージだけで会話できるかしら
      ゝ-'、⌒ゝ.    `       ィ=<´ノ
       __{::::!_--、ゝ 、__   __ ィ' _  /::ヽ
    r' ´   ゝ=--<__r-z二=、ヘ_,ゞ::::ヾ:::::ノー 、
    '       {:::j_ノr::::_イ-fト、::ヽ)´ ̄!:ヾ    ヽ
    |::::/   r:::!  |! `'l::! ゚ |::! `ゝ─ 、ノ   r /
    ゝ::!::_   ゝァ"|! ,/::| 。 |::|  ゝ_,l::ノ  . ::::::/:::!







714 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:43:23 ID:pbNtE/hI






    /::::::::::::::::::::::::::::.....      |
   /::::::::::::::::::::::::::::.... _ -‐ 二>‐- __
.  /::::::::::::::::::::::::::::_ -‐'´_ -‐ ' ´          ̄ヽ
 /::::::::::::::::::::::; < , <              /
.〈:::::::::::::::::::/  /:::::::::...      _ - ‐ - 、 〈
 \::::::::/  /:::::::::::::.... , ‐ ' "´        `\
   \/  /:::::::::::.. , ' ´     l     \     ヽ
    `>'::::::::::.  /     . .l  |  i      ヽ    ` 、
    /:::::::::. /      |  .:::/ /、 |\  , -‐ ! :.. 、 !
.   /::::::::. ,.´:::::::.    | .::// _, V  _メ、_ i  ::: ハ !
   /:::::::.. /::::::::::::::.    |ー≠‐'´__ ヾ、 -≦ュ| ::::::イl l|
   |___」::::::::::::::::::.   .l/_≦==z ヽ  {ミカ ! .::/リ ′
       |::::::::::,:::::::- ' ´ト、 \_弋;ノ      ̄ |'´|      金糸雀、君はJUNの家に忍び込む という
       ∨:::::::':;::::::::::. ヽヽ   ̄     .l  |. |      単純な任務でさえ、103回連続で失敗、104回目にして
       ∨::::::::':;::::::::::. `N    r-─ァ   / i、|      雛苺に見つかり、その後ようやく家人に連れ込まれて
          ヽ::::::|::':;::::::::::.. ヽ    ` ´  /. / `      侵入という、記録的な失敗率を誇っている
         \l、::、':;:::::::::. i     _, イ::;、/
           `l/∨ヾ、:./     l´    V l/        そんな君が33レスの間、きちんと意思伝達を図れている
               r-V _    |__             とは思えないんだが?
         rニ´ ̄ヾ´    `>、_ソ_`ー一'、⌒i、
        _)/´ ̄`ミ、       / 只__ヽ   ヽ八_
          ( i::::::..  )ト、   / /,仆、ヽ\   ヽ )
.        _)|:::::.    Yゝ / / i ハヽ__〉 〉    }(_
       ( |:::::.    }(_ 〈 〈_/ /l .ト、_/     | _)









               _ __ _
            , .:.´:.:.:..:.::::::::::::::::``ヽ、
          ,r'´.: .:.:.::::::::::::::::ー -、r」⌒Y⌒Y^ヽ
          / .:.: .:.:.:::::::::::::::::::.:.:.,r'´  ソ^ヽこ イ ヽ
       / .:. /ミヽ::::::::::::::::::::.:.:.:.>  >  ,ィ二ヽ ¨ヽ
       ,'.:.:::/.:::`ヾ、::::::::::::::::::::.:.:`フ  } ,イイ薔薇カ  )   昔は昔、今は今 かしら……
        i:.::/:::/``ヽ、`.:、::::::::`:.:、.:フ  L入ハ三 ソ <
       |/.::,イ}    ``丶、.:.:.:.:.:ヽゝ `ゝl;;|二ノヽノ    そんな昔の些細な失敗、上げないでほしいかしら
        .レイ/リ         `ヽ 、.:.:>  Y!;;| ヽソ
        i彡  ``ー'     '' ー-‐`ヾ ノ|;;;| _ソー─ -、
      <ミフh   ‐- 、    、 __   ミミYスメ/ 」,イ,ィ  \
    , イ三ミゝ、弋弍。テ    ヾ圭。テナ V ソ彡厂 ̄ ̄``ヽノュ、
  , イ,ィ´ ̄ ̄`ヽ ////  ,    //// / - ─-、 ̄`ヽ - 、   \ _
,rソ^Y^Y  ヽ ヽ\つ   ,,_ _     / ,     ト、          \
 Y^X^X(_ ノ ノ _ ノ`ゝ、 _ ___ , イ !_/_ノ! ! ノ メこスーュ、_ _ _
_ノ__人_ノヽ _/  ヽ二二フ不< _ _ __          `^ー‐'^ー
          / /´ ̄          ̄ ̄`7 7







715 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:43:56 ID:pbNtE/hI






         ___
       /     \ キリッ
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \   外から見ていると、突然やらない夫が謝りだしたようにしか見えなかったお
     |       (__人__)   |
      \      ` ⌒ ´  ,/   金糸雀! 本当は やらない夫を威嚇して、ビビらせただけじゃないのかお?
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |









            _r 、
           , -_'゙ノ\`_f_ヽ_
          /'´ヽ、!l_.>、_|)
    , - ―‐:,○   ○――-'、
   ゝ_, ィ´__ /////  \   r'i
   __ r、i「l /L`二二 ̄ヽ  ヽ」ム  _     誰もカナの言うこと、信じてくれないかしらー!
  (__// {|´il  , ―‐;----! 、/丶ノ イ l--、
   //  に)ゝ、 ____ ノ 入__〕 ヽヽ._ノ
    ̄ ̄´《  / ┛┗ | l  !_」   l |
          イ | :  /  ト、_〃 ´ ̄ ̄
          / \../  ヽ
        /  ,┻、     \
    /  /: : : : \      \
   /  /: : : : : : : : : \    ヽ







716 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:44:35 ID:pbNtE/hI






    , ィi^ヽ、.    {リ:::::::::::::::.:.\    _/.:.:.:::::::::::::::::::jリ
    /l しJ!ヽ|    {リ:::::::::::::::::.:.:iヽ:只ソィ´  ̄``.:.:.::::::jリ
   .〈!jヽV/  Lェュ、 「{リ::.:,:ェェーェュJ⌒7>‐ュ、_    .:.:/
    ト、   〈.:::jリ ヽ ̄`フ"´ ̄         `ヽ _.::/^ヽ
    _j/ヽ ノT/.:ト、 レ'´     /    ヽ     \    \
   _j/.:.:.::ノ」// /  /  i   |      i   、  ト、 「 ̄
  i/.:.::::/7 // / / l / |   |  l |   |   l|   |ハ_」、
  /.:.::::/7 //  ./1 /! i | /_」| -┼-、トト、 ┼- 、リ   jj 7::! \
  .:::::ノ7 //    |/ ト、 lN/l/リヽ|   `\/l / ハ ; イ//.:::'   \    うい
 ``ヽ、 _ノ       `ト;〉 ,r==´  .  `≡=ュ _/ l:/.:.::'ー─- 、ヽ
     \         r‐'‐ュ  ' ' ' ' r─┐' ' ' {ニ二ミ}::,:'´ ̄ ̄``y'′  ヒナはカナの言うこと信じるのー
      \_      `二孑、    l.::::.:ノ   {二三ミ}´ ̄``ヽ,/
           \    `孑j >、_    ̄  (ヽ 孑そ´  ̄``<
          〈          ヽl〕 ー‐r<::/⌒ヽ二ニヽ_/
          ヽ     /   `ー一'ヘ-─- 、  孑´`
             `辷_j /  , -‐r‐r‐- 、    \
              レ′ /:,r' 7:介ト、`ヾヽ   /
              /   /:/ /:/ |:::|  i:::|  〈
                /   /:/  |:::|  |:::|  |:::|   |









                          '⌒'y'"´ ̄``'' 、
                          / '´::::::::ヽ::::::::ヽ
                          /::::八::::\  i'⌒y'⌒i つ
    |    \      /  |         i.,--、.\__⌒_\卯ィく   っ
    |     \r rイ   |     .  wv ノ L }   ≦。yV,.「=-}
  「 ̄  , ィ´ ̄`7ハ^X^ヽ  ̄`7 .  ) 廴 rイ゚ r.‐- 、 "o./ノ{-==}    信じてくれるのは雛苺だけかしらー
  」   ,//  //i::l::ノノl l:、  /  .  l   シ  ゚o 、___ノ ,. イ゚○、「=-]
/ L_//, イ/::l:|::|:|::|ノノ::|:Vコ      \,_,イ o{ _i ゜rレL  )'で
    /|:.|.:|::|`ト、,|:|::|.|::|_;:イl::lヽ ヽ   ,     )  `ヽr ノ    /
     |.:!::|::|::!:0′.:.:::::.: 0′ |   \      /    水    ノ>、
  .:.:.::::|     .:./ ̄{:.:.:.    l:.:.   ヽ     \ __ノ  ゛''"´ .::::ヽy
_.:.:.:::::::l       {  l    /::::.:.:.   / .      /::::::::: y    :::::::::::>
二三三ヽ     ー '    / ==ニイ        く:::::::::  l_ :::::::::::::/l
``>.::::フ^rrー - 、 _, -─-、ニ二<         (;;;;ヽヘハ_ヽvwイ__ノ
 l::/   |:にニニ >>ェ<ニ二::| `ヽ            ゝ__ソ
 〈    `ー一'77^トト ー一'  /                 金糸雀ーっ!
  >  /    //  l:| i  i    〉                 ほっぺが摩擦熱でまさちゅーせっちゅ!







717 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:45:09 ID:pbNtE/hI







                   ●

                   ●

                   ●








             ,. -ー' 二二二 ー- 、
            //: ̄__:::::::::::::::: ̄`:::ヽ
.         /〃'::::::/´ノ〉):_ノ_ノ::::::::::::::::::\
         //´::::::__,ィ:ゝ-':__,:::-──- 、::::::::::ヽ
         /゙::::::::::/ ̄ ̄\ ヽ\  ヽ \::::::::ハ__
         !:::::::/ヽ      ヽ ', ヽ  \ ヽ>,仁》     信じましょ、同じ姉妹なんだからぁ……
      _ |::::ハ  ',       l }   ! !  ',<ノ||\
      《ニハ_ゞ、 \ \    ! ||  | |__ || l | \>
       ソ|| \\ \ \   | .从,ィ匕Lィ|| | | 〈´    ……あと、やる夫。 言い過ぎよぉ
.        | ', \\,.>一ゝ, |/ /,ィチzノノ | | l  |ヾ
        ハ \ \ィチ乏ラミヾ'   ` ̄ / //   l ',)    , --─'::´
 ̄:::`ヽ、  〈/|:} ヽ,\ \ ̄   、     / // /  l ヽ  /::::/::: ̄
/:::;:ィ:::::\ //|  |\\ `ゝ    -= '  /!// /   !   ∨:::::::::':──-:::、
:::/:::::ハ::::∨ム'〉 「`::ゝ,\_个 ーtヽ_ /─ヘ,ィ' l   |l  /::::__::::\::: ̄`ヽ
::::::://__;/:::::|  |::::::::::ヘ   !:::::| |::::ハ;:::::_::_:::ヽl   l| 〈::::::::::\:::::\::::ヽ
:/;::///::::::::::: ! / :::::::::::::} |:::::::l! !/  ∨ } /::::/ / ハ`ゞ 、::::\\:::::ヾ
  ∨/!:::::::::::::::| /:::::::::::::::::| |::::ノ| ト-ーく 〈_」:::/ / /::::ヽ:::ヽ\:::ヽ \
  //|:::::::::::::::レ ::::::::::::::::::| |::_〉 }  ─ー、ヾ才/} /:::::::::::\:\\〉\
///ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::! /:::〉ヘ!   ̄\ヽ)=::、/ /::::::::::::::::::::::::::\
/// 人::::::::::::::::::::::::::::::::|/::{ `入_  ゝ}_ソ/`´}/::::::::::::::::::::::::::::::::::}
// / |::::::::::::::::::::::::::::::::::::(\__  ̄Z_r、_「| ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト
/ /   /ヽ;__::::::::::/:::::::::::::::〔 ゝ,>、  _,ィ'7´}::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::! ゝ
///   /  | |  ̄`斗、:::::::::::::::\r 、  Y  厶ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ   )







718 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:45:44 ID:pbNtE/hI






        /   ,イ^ヽ _米ソ_ _ \  \
          〈   /´.:,.:. :.:..:::::::/!:!:::::.:.:.\jkヽ  \
         `y' .:.::::/::,.:::::::::::/::lノ::::::、::ヽ::ヽ. t、__j
         / .:.:::::/::/.:::::::::/::/:ト、:::::`,:::!::::| !:ト、 /
          |.:/.:.:/、/.:.::::,イ:://ハ::ヽ:;;:ヽ|:::::!/::::.:イ
          l/トト,!::::仁ニヽ'´ , -‐<:::::::!::::|{::::::.:.|
          〉V::i:|ヾトッソ  ´トッツ7::/::::/ !:::.:.::|
           /,.ィ´ ト、' ' ' 、  ' ' ' /::,::イ /:::::::.:.|    最初に口火を切ったの、水銀燈じゃねーですか
            ,イ: :|  |/ >、 _ 0_, .イ´7  /: :  ̄`ヽ
         _ノ: : :j  j!   \ フ/  !  |: : : : : : : :.\
     ,r‐'´/: : :{ 米|   ,ィ介   | 米|: : : : : : : : : : ゝ、_
    ./ :./: : : : :.i   |   //小   !   |: : : : : : : : : : : \:`ヽ
   〈: .: :ー‐-: 、:i   |   // }。j 〉  !   |.: 、: : : : : : : : : : : ヽ: |
     \: : : :``ヽ| 米| // f。,リ」  /,米|:.:〈ト、: : : : : : : : : : : i:.|
      ,ゝュ_: : : j  ト、    }。j  /   |こ〈::.\: : : : : : : : ,イ/
 .    / 厂`ヾji|  |7こf乙f。|乙j{    |乃 !:::.:.:〉-r‐rュ_ ノ:/\
    / /     `! 米|二乃Y7;;;;;;乃〉 米厂:.`i.::::厂``爪ト、:/: : :.|









             _ -―   ―-  _
           _ -‐:::::::: ̄::::::::¬― 、 ` 、
        /.:::::::}>{包}く]:::::::::::::::::::::::::.\  \
        /.:::::  -宀冖冖宀ー- :::::::::::::.\  \
       /.:::::/                \:::::::::.ヽ  ヽ
.      /:::/             、   \::::::::'   l
     //      '   /        |  l |  ヽ::::|    |l
   〈/      | | i |   |  | l∥|| | l_|::::|_ l|   それは言わないでよぉ
    ′| '| || | | l|| ! | '. l j」L⊥!| l {{⌒氷⌒ヾ||
   |  | |l l| |l | | l |l | l| >イ | l | || | ヾ、イハ、_ノl |!   疑ったのは貴女だって同じじゃなぁい……
    | |l| |l |ヘT ト ハ ヽ ヘ´ ,,斗=ニ、寸| l /7⌒lT´l |l
   | ||l l|ヽ|,,ゝ ;=ミ  \\〃 | r、 }〝リ //.:::::::| |l| |
    、トヾ ヽヘ〈 { tヘ      、ヾノィ //〈::::::::::ハ|| |l
     \l\ヽ\ ヾ彡       ̄  , ∧::ヽ/ー┴ッ  l|
      |  \ ヽ    ‘   _,,. u// / 厂::::::::fア >'⌒ヽ、
      |    ` >、  ヽニ´'´   イ ' /.:::::::::::fア /.::::::::::::::::::l
      ∧   〈 |||>,、 __  <__l l l::::::::::::fア /.:::::::::::::::::::::|
     〔 ̄ヽ   ヽl| l:::::|{ム::::::::仁ヽ_| |:l|:::::::::fア /.::::::::::::::::::::::::ト、
    _〕ーt__,、 イl |:::::| {ム:::::::}_ ィト| |:l|::::::fア /.::::::::::::::::::::::::::::い、
   八__ト、    ̄ヽ|l |:::::| `{ム::::::/::|∥ |::|:::fア /.::::::::::::::::::::::::::::::::.\ヽ
     廴__人}   ∥(|l:::ト、 `ヾイ::::|∥ |:::fア







719 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:47:19 ID:pbNtE/hI






                     ,zタイ       i ´`ー、_ヽ                  ,j
                , -,r'´  / /    l  i  l ド l_ , -、        /:l
                水//   i /l     ,/ _/_/l / ヽ‐z‐'- 、_     /:./
           / /イ l   lヘハ,_  /l/レ'イ__レ,i   トイ          /:.:,' / , -‐
、               l ! l  lj '´ゝ '゙    ―…' /  , li \     ,.':.:.:.i /:.'´:.:.:.:.:
:.:.:. 、    ト、       Vヘ ! __,. -'  ,      ∠. イ  l '、      ,.':.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.  人は信じあわなきゃ、生きていけないわよぉ?
:.:.:.:.:.:.:.':..、ト丶:.:、     | ヽト,     _, - ァ     l   l 丶   ,/:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : : : : :
:.:.:.: : : : :.:.:.:.:丶:.:.:.ヽ   /ヽ  ト、      ̄‐     /|   l  ヽ /:.:.:.: : : .: : : : : : : : :
: : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:/    \l ゝ 、     ./ ,l   l    /:.:.:. : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : :.:.:.:/   , /   / >‐-z::ニシヘ./  //   ;:-‐'´:. :ヽ: : : : : : : : : :  ……それにしても凄いわよねぇ、金糸雀?
: : : : : : : : : : : : : : //  / /:\  / l 〈二f:.ハ:. :. / , /  /:. :. :. :. :. :. :.\: : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : lイ  l /, -‐-ス、,' /:. :/  ',:./'´>xャ‐:.':. :. :. :. :. :. :. :. : . :.>、:_: :  音楽は国境を越えた言語って言われるけど、
:.:.:.:.:. : : : : : : : : : |:l  l/:. :. :. :. :. :.ヤく:. :./- ‐|:./´〈l:. :. :. :. :. :. :. :. :, -:. ´:. :. :. :./:  そのせいかしらぁ?
:. : : : : : :.:.:.:. : _, -‐'ヽ !:. :. :. :. :. :.kj   ´__ _    /ト、:. :. :. :. :. :./:. :. :. :. :. :. :/:.:.:
, -,:.'´‐ァ'´: : : l:. :. :. :.、ヾ:. :., -、:. :. ソ イ´_,_.j   iー、/ _l 丶、:.,、:. :. :. :. :. :. :. :/:.:.:.:.
   ≦:.-‐: : : ',:. :. :. :. /,父.__ Y´ i  fヘハソ , -‐ '´ {, -,、_ ソ丶、:. :. :. /:.:.:., -=  ……これなら言葉なんかいらないって、思わなぁい?
    ゝ-‐/-‐'´ゝ:. :. /ーイ    ´`'ー 、 ゞ='"/,        ノ‐- ん-、_ ` ーャヘ丶:.:.{
   /    r‐-,z:/ ,ノ         、 \//        {___   ノ __`  L.´`ー-、\
  /   r‐_-/´,/ ノ{, -‐ 、   、  \.と.// .ィ , -‐'´ /_   }__  r'ー-  ヽ:.








          / /.::;  .:; .:.:::;::/i .:.:.:.:.:::::::::::::::::.:.:.``ヽ、
        / /.:::;′,.::/.:.::://.::l::i .:.:.:.:::::::::::i:::i .:.:.:::::::.:.`ヽ __/
        ,' /.:.:;′/:/.:.:::/:/!::::|::ト、 .:.:.:.:::::::|::|::i .:.::::::::::::::.:「
         l/.:.::;'.:.:/./.:::ノ::/ |:::::|::ト、ヽ.:.::::::|:::|::|::| .:.::::.:::::::::::|
        |:l:::::l::::|:::レ':ナナヽ|:::::l::l\ヽ.:‐:十:|十!、.::::::::::::::/
        lハ::l::::|:::レ'´ ‐- |:::/l/  \::::::|:::|::|::| .:.::::.:::|:./    こんなこと出来るの、金糸雀だけだよ
            ',l::::|:::|  _  |/       `` ``7!.:.:::::.:::|/
           ト、ト::ト、´ ̄`ヽ     ‐==ミ、 ./:!:.:.::::::::|      ……ひょっとして勉強しないのを正当化しようとしてない?
            ヽ:|:::|::!             /./.:.:::::::::;′
              `l:::|::ト、    _`_      /::/.:::::::/l/      ダメだよ、水銀燈。言語はコミュニケーションの基本だし、
           |:::!.l.:::>、     `   ,..イ::/::::::::/        君はボキャブラリーが不足してるんだから……
           |.::::::/:::/ニ>.--‐ <ニ7⌒:::::/   _ _
        ,r‐r‐- 、|::::/´l/  L_      /   |::/ ̄`ヽ   `」
       ノ:いぃ ̄|:/ヽ     `ーrrrt7′  l/    V ̄``
       レ'⌒.:いハ`ヽi     ノノ只〕ト、          i ‐1⌒
      /.:.:.:.:.:.:H.::〉ヽl     〈:::(ノ八ヽ)::〉       l ‐|.:.:.:







720 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:47:52 ID:pbNtE/hI






   _                          , //;; ;; ;; ;;´=-
  ヽ、` ;;ヾ 、ヾ、ヽ、-、 _             , '  ̄/;; ;; ;; ;; ;; ;; フZ、
  ト -、、;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;丶_ヽ       _////;; ;; ;; ;; ;; ;; ;;二 フ: `ヽ        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ヽ、;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; -  ̄  ̄ ヽ 、_ ,- ´ - /;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; _ _ゝ:: :: :`ヽ
   , - ‐_;; ;; ;; ;/           ヽ_ - ‐ ― - 、  ==ヾ:: :: :: :: :: :: :∨´ ̄L___
     ,==,//_ _  _      r┐    -、、_ ゙̄、-、`i ̄\:: :: :: :: :: :: :: :ソ= --――| r‐ ‐ フ_ ,, - -、
      「ヽ/‐フ二`- ´`_c |:::/       \\ヽ、ヽ:: ::|:: :: :: :: :: :: :: 丶 〉_ ; = ´ ̄´/ ̄-:: :- ‐ -フ
        ヾ|━@」〉━━━‐-yk=、、 , -ヽ、  ヽ ヽ ヽ;: :: ト- 、_:: :: :: :: :: :: ヽ  L -::´::´:: :: :: :: , ヘ´ 
       /l_ 三´__、 ,、 _,、_,´フ:|ヽ -〈 :: :: :ヽ  ヽヽ i:: ::|:: :: ::\:: :: :: :: :: ヽ -‐L:: :: :: :: , - =-´
      //ト`´` ´` ´ i    |::|::ト、、 |:: :: :: :ヽ ヽ-ゝト 、_!:: :: :: ト;: :: :: :: :: :i  ヽ:: ,;- ‐´
      `.リ:i、 i i   |  i .l└ ┘!:」ノ:: :: :: :: ヽト !/:: :: :: :: ::ヽヽ:: :: :: :: ::L _- !´
      // `、、 l    | !  l | l i ノ !_:: :: :: :: :l/〉 ´! :: :: :: :: :: | ヽ:: :: :: :: ヽ-ト
         ! |ヽ|  l i l l|/| ! |ノ | ! :: :: :: :::/l〃ヾ :: :: :: :: :: :l  ヽ:: :: :: :: :`v
         、i lヽ、ノノ iノ、! lノノ‐til薔.ト- ‐_フフニ` - y| :: :: :: :: :: ::!   \:: :: :: :: ヽ、
         ヾヽ i|:: ::´: |l/   | l i フ//lヾ 、`,x | :: :: :: :: :: ::|     ` ‐-,,_::_::\
          `ヽ |、:: :: ::|    ., | _| !/ノノ ヾ 〉 ヾ | :: :: 「i:: :: /   ,  ノ―!┐     ̄
            丶 〉_:: ::人_ - ‐ ヽ、|| | 〈/  ト、 v‐^l :: :: || /〉/|_,/_ - _._|
             ,^:: :: | ヽ:: = =\ | :: ::彡ニ<` |:: :: .>`/:: /:: :\  >/
            / :: ::.ノ  ト-;:_::_;-イ :: :: \-\_\::;//\ 、:: :: \
            / :: :: |  、 〉     ! | :: :: :: ヽ    - 、 _:: ::ヽゝ:: :: \
           / :: :: :Ll_!- ヽ     〉-| :: :: :: :: ヽ      ` ‐ - 、 _:: :_;:\
          ヽ、;: ::  L」-トく    〈 /| :: :: :: :: :\          ̄   ̄    (誤魔化せなかったわぁ……)
           , >っ_;;」」_ トレ´   /  ‐| :: :: :: :: ::/
           〃 〃 .l|. v     =っ」_ L :: :: :: ::/
               u      ( t ノ//` ‐ - - ´
                         u























.








  _|_ \  ─十─  |  _|_
   _|_    ─十─  |    |
 / |  ヽ    __|    |    |
 \ノ   ノ   (_ノ\  し  ノ

                                             ┌───────────────────────
                                             │Q.なぜ『セビリャの理髪師』の話から、19世紀初頭の
                                             │  ヨーロッパの歴史の話を始めたのですか?
                                             └───────────────────────
                / /     / //
                / ,/     / l/
          ///_   _./ /
            〈 〈 V/ ̄  __∠/_ <´ ̄ ` =  、
           _Yrミx < //  / `丶_<>¬、  \
        /r=、rヽ ゙も' ヽ    -‐¬((゙Y句⌒) 、  ヽ _
.       /((介光))ニ          ゙='イ トーラ、ゝィ′   l )
      /、))///"  // l、\ \ \ ヽl X 、 ll l ト、   l(,r、
       / Y//〈(ノ///l l ll、\\ \ \丶゙ー"、l l !冫    )
_      イ ∧/ / /l、/ l ((ハ '、ヽ\\ \ ヽ\丶\ l ヽ  f゙´   ,    ◆1fWU0Viu9Mに代わってお答えしますわ
    / l l ll ハ! l/イl _L_ヾl ヽ\_」ュヽ__ \', ヽ',\.l r,ノ   )   /
   ///! ! V ハヽし//ン \ ',\_,ュ、、\丶l、l ハl  ヽヽ r、/   _/
__/ / /∧lヽヽ l V〈〈 〈必〉、〉  /f'愆㍉l l l l/l lハ ヽ丶`ヽ  /     /  それは、◆1fWU0Viu9Mが
  / /´ ∧ l l八 lハヾ、ゝ彡゙   ` '′ハヽl/ l! l ', 丶 ン/    /
_/ /  / l !:! ! ハ! ハ )ソ 、_'_    イニヽ.Vメ、', ',  丶     /     「ロッシーニの引退理由って、政治的な揉め事嫌ってた、と
.      / l/ !/ハ_ :!/ ヽ丶、 ` ´ f⌒)亠、八\ l 丶\  \ ./        いうのが結構大きいんじゃね?」
   _∠′/ /'/イ//∧丶\_ >.<r~'    \ \、 \\  \
_ ∠/  // /'/イ'′丶 丶 マ‐亠-、_      )ヽヽヽ \\  \      と思ったのが、大きい理由ですわ
 /  /´ /  /   ゝ  ゙i   〈`丶、   / l/ ! l \ 丶丶丶.\
   / /   /  / l    l   /   ∠く__/ / /   ) ヽ \ヽ 丶
 ///    / /  l   /   /   /   / / /   /\  ', ヽl丶 ヽ
´  l/      /イ  _r'"  _)   /   /  // ,/ //  丶 , /  l  〉
.  l      〈    ノ⌒~ヲ  ./   /  /,イ / / //     丶V  /./
   ヽ_    ヽ丶 〈.ィ.ィン'i丿  /    / / :l / / / l      V//
     フ つ ', Y ゙ ' '    /    / /!   l 〈  l l      //丶
   / / /l/       /   / //    !  ', 丶ゝ、   // 丶 \







723 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:49:38 ID:pbNtE/hI






                                             ┌──────────────────────
                                             │ と、言いますと?
                                             │ 
                                             │ 普通、ロッシーニに関する記述で、政治的なことが
                                             │ 論及されることはなかったと思いますが?
                                             └──────────────────────
      __     _
    / ̄>t=ヘ_/ムイ-
   /   イ{し}V≠  ̄  ―- __  _
  ./ />┬そ__     == ⌒しイ¬キ―‐、
 / 〃 t(⌒´  ̄     ̄ __,.. {{ 乃ノ i ハ
/   {し_)     /  i          ヾ一;、/ | ,
   ././ / / 〃     ハ | i  ∥ ヽ ノイ  ′ !
  // , ,  ″: | |i  Ⅵ| |∥ ,  ゙, ∨ /  j|
/ .イ | | ∥||| || ,..⊥l | |∥  | i ' /|   〃   ええ
   | | | ∥|l| | {f'´|メ | |∥ |! l/ / |  ||
   | 八 ∨{ ィrァミくヾ  イ | |∥ |! / /, i| l|
   ヽ |ヘ、トヽいYレ'ノ  ノ/ |_l_/jノ /  i l  l|    ですから、◆1fWU0Viu9Mの思いつき以上のものではありませんわ
    | 「ヽ!ヾ二 イ     ミ、、_ ノ/ イ i|  l
   イ | ヽヽ  ::::  l    ::: `゙゙=ミ / /|  |   |
 // .| ヽ \    !ーァ   ::: /:///| |  |
 __/イ .\   \ `´    ,イ⌒ア^〉 / |   |
K⌒Y´  }-、,-、__}>r-ァ´ ̄ / /// | |  |
| ヽjし  >-、_ 7―、`/      ノト |┌ 、|   |








                  _,, -‐=====‐-,,_
              ,,   (__ (-‐'' ''‐-__)  )rィ
              ))''二〈 `''‐===‐''´‐(7、)
              (`{≧,、} /  /i , i 、 、ヾゝ  )
              l ヾ= フ |  ||   i i } ヽ ヽ l
                 i | 'i | i  !  |  i } i  } iヽ     そもそもロッシーニ本人が、
     <二二`゛゛''‐ 、 λ  i | |  ト 、i_ | i  |,≠i | |
   <二二_と_   ヽi i  y i ト__ ! `L_ !_´L,,,レ' ノ二二>  「何故やめるのか?」 と問われたのに対して答えたというのは
    r''´´__,,>‐-,   `y    | i 7ゝV ) ´|!i!i | ( __つ
      ̄ と,,ィと //i_, ノ i    i>,、_´_ノ   ` ´! |i )  つ
      r-‐ と´///ノ  j j  人(_   ⊿/\oヽi二つ   「自分は、かつては落とした楽譜を拾い上げる前に 新たな楽想を
      ゛>__  (´ //  ノ  ''''::::;;;;/    \ノ      書き付けることができるぐらい、音楽が頭に浮かんできたが、もう
    <''"´ r ,    )´ /  ノi (   ヽ  ヾirっ     >      そうはいかなくなった」
     と,,ィ て /i  |  , i i    ::`;;´\   /ゝ                    (意訳すれば「作曲マンドクセー(´д`) 」)
       と,,ィ´ヽiヽ i ノ {  i  ,,,:::;;;;;;;-) \/,`リ      と
           ゙ 丶_レi ゝ ヽ,,::::::;;;;;;;''〈_ノi_|ヽ ヽ       「アレヴィやマイアーベーアが『魔女の饗宴』を終えるのを待っている」
              し ゙ ヽ,:::;;;;::::::;;''ヽ,    )ノ                    (意訳すれば「ロマン派嫌い!( ゚д゚)、ペッ 」)
                    ''"_/ `ヽ  i           ぐらいですから
                       ヽ,_ヽ







724 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:50:16 ID:pbNtE/hI






                                             ┌────────────────
                                             │ じゃあ、何故そう思ったんですかね?
                                             └────────────────
               ,. -‐ '⌒\
       ____/           \/⌒\
      /                  \  人__
     /         /      ___∨   }
     |     ヽ  /   ,. :<´     ! \  !/
     {  ____|,/  /    !      |  \ト、
     !イ    n| /   / __))       |   | .}      ロッシーニは、フランス政府からの依頼で
     V   _r' ∨   . ,.=彳ヽ    /.| | | )
      |  く    V  / r{辷ト、./ ! イ⌒ヽ |   ハ     1824年からパリのイタリア座に就任してましたが
     /   \   } |/ /バY^ト{     ヒリ 〉!   マ
     /    i   }  | 人 ゞ弋ソソ   , ー― /  | \    1829年 ( 『ギヨーム・テル(ウィリアム・テル)』初演 ) の年に
   ∧   !   |   ! !:.   ̄))     /// ィ ∧ ソ
   | \. /   |   |:少 、       ∧    ノ|/  } ヽ   「今後10年間で5つのオペラを新作し、演奏する」
   |   \   |   |\:>`>'' ⌒\/ ⌒ヽ }.  |ゝ )
   |   /   |   ! ノ='/      }    ! !  |  ハ  という契約を交わしたそうです
   |   /    |   ! /::::/ /     !    ! ヽ |   リ
   |   |    |   /:::/  /     /    |` ーrく\  )
   |   |    人__/:::/  '     / !    |     | |/








             ,、  _ . --- ‐-  .,_
        ,r' `ー、 ,ハ `ヽ/(⌒       `ミ 、
  _ノ\_   rァォ7ハフー'    ,        ヽ
       ( i    イゞン7ハ!_  /  /         フ、 ̄了
   マ   r   ゞアン'  /   /         ヽヽフ ヽ
      /   // `Y  '   /           ヽ'  i
   ジ  ソ  /.l    )/   /\ /─ / ,/ /   ヽ  l   ところが、翌年1830年、七月革命が勃発、新政府は
       〉   i   ̄ /  /  / / / / / /l、   ヾ i  l
   で /  .|    i i  ,'r{辷ト、/ / / /.:oヽヽ l i .l l   年金受給も含め、前政府との契約は破棄する、と
      .{  i. l l  l l l  .バY^ド{ // /{:::::0 } i l i .l
   っ  |. l  l  l  l. !   ゞ弋ソソ     ヾ:::ソ / |l l l   言ってきたそうです
  !? ヽ / i.  l  l  l. !  .| `))-. /ヽ ..ー-::: ヽ. l l l r--ッ
 -tヽ/´/. /  i  i  l    l`.((::::;/   `、 ::::::::::: / i lノ }  >
      // i  ヽ l  ヽ   lJ   \   /   / / ./  /_ゝ
   / /i  l   ヽ      |` - ,, ___`-´_ ,, - ´l/イヽ ヽノ
 ./ /  i/ /    l      |\     ̄/ /|  リリ,ハ  \ ヽ







725 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:50:49 ID:pbNtE/hI






               ___      ______
         _√ィ⌒)), < `ヽ /  `> 、((_r≦ヽ
       / 厶=ミ ∠__   `      ´── {f以}〉)\
.       /  《ゞツ辷ー           ニ 二 ̄ `ベ((_) 、\
      / / ((¨´   ̄        l     iト、   ∨  }  i
.     / / (__))    i   i | i l i| |li||il| | i   }  ,′|
     ' /     | i| l   i | | l l| |li||il| | l i /  {   ,
    〈 {  /  i| l| | l i | | l l| |li||il| | l i {  ヽ   ヽ   当然、ロッシーニは訴訟を起こしました
     , ', /  l| l| | | l | ))i l i| |li||il| | l lハ   .   }
      ハ i {   il| l| l |, =彳|! l| ,」li⊥⊥⊥L! l ト  }  ,    1836年に年金の方は認められるようになったのですが、
    / l i ヽ  il| ! | | r{辷ト、 | | l| ,,彳三ミt、 | l l }ヽ  /!   作曲依頼の方は無効のままでした
.  /′ ! i  ト 、ハl| l/バY^ト{ | リi 斗イ",`..,ゝヽl  / /  //
/ /   }∧ ヽ ヽヽ ゞ弋ソソ      ヾ,,,,ノ ∧ l  { /  / ′   そして同年、ロッシーニは断筆宣言
. /   /  ,  ) } ハ ` ̄))  、    ゙" / }ハ ハ  ' |
 ′ (     } / // ∧ ((   _  _     イ イ '、ハ l  !
      ヽ  / /  {   /  > 、   ー´   イ ノ/,小、 \j l  、    それから3年後、1839年にボローニャ音楽院の依頼を受けて
     丿 '/{  ヽ   lニゝ!∨ミl、ー-- ノ⌒´// i| `丶、\ヽ \   イタリアに帰国したわけですが、政府に振り回されるのに
   / / ィ )(⌒ヽi".,,∠二-、゙'、 ―- 、_ r、ノ__r¬ ) ) ',  ヽ  嫌気がさしたよう、思えませんか?
. / / // //⌒)│.|.l.;;;;;;;;;゙l.} !          _) {_ .イ  i i|
  /   '/./    ゝ.! `'`-ニ'" .l          ニ、ー- 、| lハ
' /   / /       |       |   ―- 、_ r、ノ__  ヽ } } ヽ丶 '、
/    / ′       .!         |        \     } ' ハ ヽヽ\
   / !    _..-'''゙.!      l.'''‐、 j !     \    _ノi  i } \
    {    ヽ/´   .|"ーi―‐i''''}  .l |o|       \_   ト, ―'  /\\
   ∧   〈     ゙'!、 l  .! ,! '!、. |__|     ∠_(へ__ ∠:ノ   ノ   \\







726 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:51:23 ID:pbNtE/hI






                                             ┌───────────────────────
                                             │ でも『セビリャの理髪師』は1816年。
                                             │ パリ就任の8年前ですね。
                                             │ “パイジェッロ派の妨害”も結びつける必要はないよう
                                             │ 思えますが?
                                             └───────────────────────
     _,ィ7                      、ヽ Y^ ム t.イ }  、
    ,´, -‐'こ                     、ヽ ヽゝ=イ_ノ ヘ.   ,
   __ノ 公  ト  ,           ヽ        ヾヽヽ(三ソ   ヽ  i
. /て、l Lソ メ、/            , ',ヽ   ! ヽ 、ヾヽ ', f{  i 、 ',.|
|  / |  '´/ /   /  i  / ,' , i l ', ヽ  iト、 ', ヽ ヽヽ'! '、、 ||  l !   かも、しれませんわ
 、 / `> / / /   l   / '  ! | l ト、 l| l,  li l ヽヾ!  ) ! l   l |
  ', l /fi;  ,' ,  ,'    l ,' '  |  l. | l { l ハ ! 八ハ ', ',!|  |l  ,',|   でも、フランス政府から依頼を受けたのでも分かるように
  ', l '、_'  l , l i    |l ,'|  jメシi l l八!ヽ| |l|__jLlキ i l ハ  ' ,'  , i |
   ',  / | l | |  ハ  |',.l ', ('´ | l | l  ,.ィサ「l_,_」_, ハ メl |  l,/ ,'| l|   オペラは政治的な宣伝活動と結びついていたのですわ
   l ∨', | | | |,ィzx、 |八 、 f{i, l、l /', ,ィ'´ !,:',ィ:'"::::`F/l/ l |  / / l l|
   | l ',|l トl、'^ヘ、l  ヽ{li} |ヽ∨`リ .:,:'/:::::f'i}::::::::}リ/ノ l , -┼y' l|   そして台本作家や作曲家、歌手、劇場支配人といった人達も
   | /!  、N ハ. l',  {メ、 , -‐fヾ'、j ','、  _'ム:::::::`'::::; イ/ /ん/  / /}  |、  お金がかかる以上、そちらとの結びつきはあったのですわ
   |,' |  ', ∨'、',| ヽ 仏メーこミ、,ヽ  ヾ:  `" ` ― '´/ソ |' /`ー;' ,'| ハl
    '/ |   '、,ト、ヾハl `l_fi,く(ン、リ7   ';,       ,' ,' ハ/   l / 、 / l|  さらにロッシーニは、音楽の上では「革新派」と見なされていた……
   ,'  |    |丶/ヽ.|、``>一'_'ノ     ' ,     ノイ /メ/ /⌒ト、  ヽ l|
  /,' /|    |  /丶ノ、ゞく{ ̄´       ` ′ _, ィ /´l|//イX!  |   (_土--― 、 保守派からの妨害も、ありえない話ではありませんわ
  ,' l ,' l i || ,'  _L,__ヾj{L...,、 ゝ,===-" ´ノ ,' /|f リ|l/Li /|  ,. ノ |
. / l,'  、 l l ' /  rナヽ )``ゞ、`  ` ― _ ニ´  /イリ / ル八/|/ ナ´   ',   r
/   |  ', l l {   fメ、 Yゝイ`l`` ‐- 、、__ , イr―メ、__ソ/ ヽj/ ,'   f'「 ̄´
   ,ト、 ', ', ', 、  | ト) l( ヾi、ヽ、:.:.:.:., - 、_j:..i:.l:./ヽ /丶、/ / /| ;    、L、
  ハ   、 、; 、|l メ、 l ヽ ヽ ゝ-‐'   ̄了:.:.:.:.:.ノ |  /、   ヽ     メ、







727 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:52:04 ID:pbNtE/hI






:: : : :l:: : . |!    l    l |   l i      |  l |  l}
`丶、:!:: : .l|    l|   :l |!   l| l  _, '´ ̄ ̄ ヽl!
| l: l:: : .l|    !l   i li  l| l  / 政 ジ お ∨
」!  l: i:: . l:!   i |  ,: l!  l! l |  / 治 ャ め V   ベートーヴェンとは違い、ロッシーニが政治にまつわる
   i:: i::_:_l廴丿l| -- l 、l_l! l l  l  家 ン で |   発言をしなかったのは事実……
i  l, ィl: : |:l   l !  l l| l li T ト、 |.  た ク た  !
  {」:: .i: l:l.  i l  l i ! ! l|| ! l|.  ち だ い |  でも、先輩格のパイジェッロ、チマローザが共和政府に
| |::.`ト、:l:|:i l l /イ工三厶./ /∧  :  わ     /  協力しては、その後 共和政府が没落したとき歩調を
| l:z: ',: ヽl l:!   ′, イ:::;::-::; iヽy ヘ. :  ね   ,.′  合わせるように失墜してるのを見たのだから、
: ! 」_:」ソ:: /        l:::i::ー':j::ツ  / l \___/
/ /彡':j/:: .         ̄ `` ¨  .イ | l  j / |     あえて発言しなかった
! {:: ィ:´: :: : :. _            /l | /     j/  l|
 !:: :: : : . :: .          ハj |   l /   i     と、取れないかしら?
./:: :: : : __ _ _        // /   l /'   /
l|:: :: :: : .` ー ´       イ {      j/l   |
li:: :: : : : ..      lヽ--- '、 - 、  / i' l    i
!l>-::、:: : .     /       \ フ// l /     ヽ
 !:: ::/>::::.._.....::/  口  威   ヽl' /   l     |
l !:: :ト、/⌒:.x:'´|  先  勢    | i|    li     l
ヽ |:: :: : . 「_} |  だ  が   | li    lヽ     l
 i l:: : : : :i′ ' l  け  い   i  i     i|   丶
、ヽ!:: . .    !  :   い   |  ,     ! i
 ヽ|:: : .    i  :   の   /
   ';:. . .     ヽ     は /








      _rfヲ"   i! | !l |i ヾ、 \丶    !}  ! ハ
     ィ{匂 i l   | i! |il |l  トヾ. ヽ ヾ:、  ||  |  ヽ
    { ((´i  l l   | i! |il !|  i! !|ハ、 \ ハ 八 ヾ.   \
.     | j))il  !ハ  i! | ハ! jム斗ァト、i! ト、 ヽ い、ヽ \  ヽ
.     | ハ !| 川  |! !i!才i|_Lzxjハil| i! ヾハノ ヾ!i }i   ヽ  }
     八 il i! ヾi|  !i ト! jィf乏ヽヾ! | j リ  N 从 ノ \  ト、`
   / ,イi i!ハ  lLi_l!ハリイ 乂゚_ノ ,  |/,ィt _! ヾ廴ハ\ ヽ ヾ ヽ
    { ハ.!ト㍉ }}Xヾj)`バ!  " ´..:::::. | バ:、{ Yヾ 、リ  ヾ i ノ ヾ:、  ただ1848年の二月革命の余波で
   | ! i!ハ ヾ((fチ卞ミ:x        !{ _`圦 ヽ ヽヽ _ イ ヾ、ー、   ボローニャ音楽院も追われましたけど
   八ヽヾト:ヾx圦均 }ト、        |i}弋 `Yハ. ‘,! V !ヽ.  \
    } ハヽ Y゙辷彡{:.   r'_7   }ハ. r':、 ヽ:} '   i }  \  入  政権が変われば立場が変わる、という不安定な
.    //   ヾ 人 Yヽ.))    "   |iリィソ.:.} `’    人___ ヾ  ) 状況は変わらなかったわけですね
   { {     廴_) j / Y寸=- .. _ ィlイrぅ.イ    __ ムャr'⌒y`1 {!
    ヾ:、   ‘,いゞ! ム }、{! Y^Yひ7 { {  __ r' 乙.イ   ′ハ
     \  }i{  ilゝ{ ゞ`ー’ ヽ { / r≦´ Yリ ` ノ : : :/.∧
         i|! __川入 `ー''⌒  Ⅵi_ \  : :}/   : : :_;イ r' ヾi
         Ⅵ}x乙j⌒r'⌒y'Zィ^「i7!`) ヽ: :{! __.x≦_ / ノ、: |ト
         ∨  {/  /  | ヾソく  / Yヽ_. :ィ´  ,イ  ヾリ
         〈   ヽ  .イ   '  〃 ノ 〈:i ハ |、    /.:{   /
          }    }〃      "{   {トxⅥハ   /: : ハ {i
          i     ヽ.  〈::ヽ 、 |   } ヾ、  ′ : : }i! ヾ
           ヽ ` ーヘ._  ヾ:ハ ` i   〉   jく´: : : : : : |ハ ))
            \ ーァ入   ヾ:、ハ  {   :{: :ヽ: : : .  川 《
             )、 爪( ヽ  マ }::. ヽ   : :   . ;イ ;リ ヾ







728 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:52:36 ID:pbNtE/hI






                , --、
                /⌒) )
                /   //    ,へ._,-ヘヽ
            /    ./    />  \ ヽ ∨}
              /     ム__rュ>く∨∧ >-、{j )、 ̄\          で、「そんなに翻弄されてたんだったら、本筋投下後に
           /  r‐f><  `ヽ`Y } /| ヽ{/- -、 :,         書いておこうか?」ってなわけで、今回の投下が始まったのですわ
.        /__>,' /     ノ-く┬ァ-<_} )〉   ∨     / ̄ヽ
       //    j 〈  __r‐彡'   ヘ|//   _ヽ    ∨     f⌒ヽ {  それなのに、また私を忘れてオマケで追加、なんて……
.        f´       ヽト//イ / ̄ rヾヽ、\ 乂_     :.     /   }' }
   //  {         /j/// /'     |ハ   ト、 }、 从    ;  /  /_j
  (  ー─x _ x彡イ ,'/ i       | i 人 ヽ八トハ    ∨   .'
   `ー─、__r‐// ,イ  ノ}/  | 〉{ 从ト、リ ,' ヘ\ }、_彡=ミ、 i
.ヽ,           / イ/从 i乂   i /八} ||iト、{ iト、 i )〉 ∨ー-イ   ヽY     口惜しい喃、口惜しい喃……
.  \      / ./r‐/ ) .'  ヽ _/il l. { リ::Y>、ト、 |/ヽ. |\  |   ノハ
 \  ̄\_/_ノ/ /  ( (  ノハ{从 il i{ ((・) 》トi}  i 〉'´  ト、 '/イ    このままでは終わらせませんわ……
   `ー─'´フ//_/,' /ノ ) { j} i}'(リ l }リ ゙';. )j{/   l/     | 〉'l{/ 〉
    _/ _/ ̄ イ{//}Y} il}くヽ{ ヽ/|il{  j イ{   人___ノ  ゞ乂_彡ヘー 、
   /r一'´     //イ ノヽ, /}ノヘノ }j ヾ,ヽ ノイ ))  /(_____   ____ノL_
 ∨ /       //{/ {  j )/_/イ{i≧} リ {( ゞ乂_厶イ/二三ミ彡=ー'´ ̄ ̄ミ、ヽ`ヽ
  ヽ(       ,//,´ イ /f´r r‐イリ )ノ/{ .〉  ソ)\ヽ、 く (ー─- 、_ノ ̄ ̄ ̄  ̄ ヽ ,八
 \ `ー─一´//  j/ / { レ′ Vl'(// .'  ‐1ミ、 ヽ \_>'´ ̄/⌒ヽ ̄>、__  r' (_
   `ヽ三三彡イ く  /  ,'  レ〈     '.{/(  i    ;ヽ, \ Yく  ̄  ̄         ノ)て
      )ノ _ノ ノ j /{  人 .i     ト、 \j  /   ヽ ヽ\`ー、.           (_(_`ヽ-ノ⌒ヽ
 __/  /__/ //イノ (  ヽ,    j ) ノ`ーテミー-、`ー\\ `ーx─==ニヽ_         し
 __,-一'  / イ/   ゝニ}>  厶 /` 厶__ ̄ヾー──匕イ ̄ ̄ヽー-、\X二ヽ、
        /彡イ{          |    レ_,、 _ 、\_ `ー─'´ ̄ ̄ ̄`ヽ   )    ヽ}
.      / / | { ! i         l    |  | |  \>ー'           |  /{       {\
      / ∥ .| { ゞ`ー──ァ‐─ヘ     |ー┴─- 、               |. //       ゝ、\_,ィヘ
     ゝ、\/ :}    ̄ ̄ ̄ ̄   '.    ', ̄ ̄ ̄)ノ           / /           ̄ ̄ ⌒ヽ
      \_ ー-、           l   . }   /(___     r─匕彡'                 )
          ̄\ー-、_       ヒ  ノヽ、 `ー──z〉    .ノ fフ (
             ̄\ \ー、   ノ    }ハ         )   (  (  .\___    _x─━=─- 、
                } ノ )ノ f´ri   ri ト、〉      (_   ̄`ヾ   __三二ア ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ  )
                  /イ/   レ'//^i { i |                  ̄`ー'´            人 (__ノ⌒ヽ
                   (     〈イ  J ゝ                                 ̄ ̄   ノ







729 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:53:17 ID:pbNtE/hI






               ___
          _, -' ´___\
     ,  '´ _,-'´, -――- ゝ、
    /  ./ /      l ト、\
   \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',
     l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
     l | l | ┬::cr / / ┬c」 |
      l | l !  l:::::::j  '   l::::j.! /
      l | l l⊂⊃‐       ‐⊂/   何言ってるですか。 雪華綺晶は、原作(ローゼンメイデン)でのキャラがホラーっぽい
      ! | |ヽ|        -   リ    から、怖がりの◆1fWU0Viu9Mが出せないんじゃねーですか?
      ! | lゝ、      n /|
      ! | |::::::::::ー┐ r‐:::l !´l. |    『シグルイ』語を上で使ってるけど、それ借りたら
     /| l::::::::::;ィ´ {X}i〈_〕l. !
     l l__j::::::::/: i_lil__|: !: /. !    「こ、こはなにごと!? ち、違う! こは『ドール』にあらず!
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::L:ノl_|!    たれか~、たれかある~!?」
    / /  ::: /: :ノ:!::::::i:::lヽ  ::: i.
    l !   ,/: :/l/: :T: : Tヽ\::: i    という感じですよ
   / / / ヽ//: : : !: : : :ヽヽ ヽ〕





                                                  / : : /::/: :,:′: :′: /: : /: : i : :!┗┓{: : :
                                                  ,′: : ,'::/: :/: : : /: : /: : :;′: :!: : l: :r┛`Y: :
.                                                 {: : : : : :; : ,' ^) :;': : :,':⊥.」_: : :i: : :j: :} : : : i:
                                                 ', :{{:::{ : ::(( : { :{ :{ ⊥..」_`:.ノ:/: ;′: : :j:
.                                                  从从八;ゝ=:)) `` Tij:7ヽ/:/: / . : : :,′
                                                   〉〉〉 〈(必リu    ゙ー'/: /: / .:/ : /: :
                                                   j ij : : j{((′    !i!i! /: :: /: : ::{ : :{: : {: : :
                                      やっぱり?      ,','///'}n. r-‐‐-、 ,'. : ::;' : : : :', : :', : : : :
.                                                  / /イ / /./,n、  ̄ ̄  {: : :::{ : : : : :ヽ.: :、: : :
.                                                ノ /.: | ' / '|// `¬ァヘ、: ::、: : : : : :\: : :







730 :Figaro ◆1fWU0Viu9M:2010/03/13(土) 00:53:57 ID:pbNtE/hI






  ._
  \ヽ, ,、
    `''|/ノ
     |
_   |
\`ヽ、|
  \, V
    `L,,_
     |ヽ、)
    /
   /
  |
  |  / : : /::/: :,:′: :′: /: : /: : i : :!┗┓{: : :
  |  ,′: : ,'::/: :/: : : /: : /: : :;′: :!: : l: :r┛`Y: :
  ヽ、{: : : : : :; : ,' ^) :;': : :,':⊥.」_: : :i: : :j: :} : : : i:
    ヽ  :{{:::{ : ::(( : { :{ :{ ⊥..」_`:.ノ:/: ;′: : :j:
.     `ー‐----}) `` Tij:7ヽ/:/: / . : : :,′
      〉〉〉 〈(必リ    ゙ー'/: /: / .:/ : /: :
      j ij : : j{((′     /: :: /: : ::{ : :{: : {: : :
     ,','/. : :八   ー  ,'. : ::;' : : : :', : :', : : : :.   ニ|ニ  l ヽ  ニ|ニ  __
.     / /. : :/.: :j\    {: : :::{ : : : : :ヽ.: :、: : :   ヽ__   ⌒) ヽ__
.   ノ /.: :ノ. : :ノ :ノ:`¬ァヘ、: ::、: : : : : :\: : :         ̄










 以上で、【セビリャの】やらない夫 または無駄な用心【理髪師】を終わります。

>>610 で終えてりゃ綺麗に纏まってたと思いますが、解説を付けようとしたら、オチを付けたがる癖がついつい出てきて
gdgdになってしまった……orz
つくづく思うが、シリアスや悲劇系には向かん性格だな……

まあ、ロッシーニの時代解説をつけたということと、伯爵夫妻の行く末についてオマケした、ということで勘弁して下さい。



ここまでお付き合いしていただいた方、まとめられた方、ありがとうございました。























    |┃三     rへ __  __
    |┃     /: : : : : : : Y: :ヽ
    |┃  ≡/: :./ l: :.lヽ: : :ヽ: : :ヽ            作者さんお疲れ様でした!
    |┃   .//: :/\ l: : `ヽヽ: ::',: : :'.,
    |┃= ./ l: :/ ● 丶l ● l: : :ハ: : : :',           最後まで読んでくださった人達もありがとうございます!
    |┃__/: :l: :l@ 、_,、_, @ l: :/: :l: : : :.',
____.|/:::::::\ヽl.\  ゝ._)  /:// l: : : :..i
    .{:::::::::::::::::`T7 \‐‐‐<    l: : : :. l
    ヽ ──‐┼-/l/l// __ヽ  l: : : : : l
    |┃: 三: : | /:/: l: : : :Y:::::::l  l: : : : : :.l  
    |┃: : : : / /: /: : : : l:::::::::l.  l: : : : : : l







                   ,z;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;-<ヽ-',r';;;;';ニi.i,...., ヽ 、
                  ,/-'ヽ= 'ヽ=ヾ = i‐- , ,,_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\i l : : .\
                /        `~´ ゙'- ' !;;;;;;i-、;;;;;;;;;;;;;;;ヾ>i : . \
               /               ~ヾ- r; 、;;;;;;;;;;;;',- 、:  ヽ
         ,- '' ~~ './ , ' / . ...._             ヾ-!;ヾ;;;;;;;;;;i;ノ_: :  ',
         l    r./ / .:,' . :  .,.\; ; :   .  . .     .'-i';ヽ;;;;;;'i ;;! :   .',            というわけで興味がある方は
         ':,   y /  : | . :  :/i: /ヽ/: . . . : . : : :   .  ヽ-r;'i;;;;;i' : : :  .i
         !,''ー―!'l  i :.l: : : : / l:/.l:./|: :/ . : . : : :‐ ''''' :‐- 、   !,;';;;;;l:ヽ, :  l            この物語の後日譚でもある前作
         ,-ヽ, ._.! | /.|: |: : : :i' !' |/ .!: |: : : : : : . . : /: :/    : ヾ;|ヽ;i :  |
         ヾ;;;;ヾ ゙l i !,: !: : :| -- 、  '; :l: : : : : : ;x ': : /:, : :  . : :.|>'-' !、  l            やる夫がたわけた一日を過ごすようです
          .i;;;;;', z.!|-'ヽ::ヽ: l三=x、  ヾ!= - '' ,z;: '/: /: : : . : : :/....,   ヽ,.!
       ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;i ,. -'':/;' !, , `ヾミ      ......._ /'゙/:./: : . : : : i  ,.!    i            もよろしくねぇ
       ヽ:;;;;;;;;;;;/: : : :i:.l   '  、      ==z`、 '゙./: : : : : :/.`ヾ、  ./
         z;;;;;/: : : : .:::| ',    | `' - ...,,_   ̄ヾミ、/: : : : :/、_  `''‐';/,,
       /;;::/: : : : : .:::l ,:ヽ、   !     / ' ' ,  /: : : :./,   !,x;;';;;;;;;;;;-;;;;;;-,,、
  ー--:::::-::::‐/: : : : : .::::::| /::::::::ヽ. ヽ、  /   ,,/:_; : -:':/, ヽ,/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r ''
      ー-/: :.:.:.:.:::::::::::::!':-:、:::::::::i'‐- ̄..._    _/ . : :/: : V';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;-.,,_
       , '--r,------ !.... :::::::::::::| @'-./:::::i:::::::;/: : /:.:.:.:.:.:.:';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::;;;:::-''






                Figaro ◆1fWU0Viu9M先生の次回作にご期待ください






関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加




コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oyoguyaruo.blog72.fc2.com/tb.php/1742-914ea2fb


アクセスランキング アクセスランキング アクセスランキング