ブログパーツ 泳ぐやる夫シアター やる夫とやらない夫が「やる夫スレ」の登場人物を紹介するようです   その8-2


















やる夫とやらない夫が「やる夫スレ」の登場人物を紹介するようです   その8-2

 







      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \                   
   /  (○)  (○)  \
   | \  (__人__)  / |          …やる夫と
   \ |   `⌒ ´  | /
   /              \







   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( 〇)(〇)
. | \  (__人__)              やらない夫の…
  |  |  ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |







           / ̄ ̄\
         /  ヽ_  .\
         ( 〇)( 〇)  |     ____
         (__人__)  / |    /      \
         l` ⌒´  |  |. / ─    ─  \
        . {          | /  (〇)  ( 〇)   \
          {       / | \  (__人__)  /   |          「やる夫スレ」登場人物紹介 8…
     ,-、   ヽ     ノ、\ |   `⌒ ´  |  ,/__                 …その2…
    / ノ/ ̄/ ` ー ─ '/><  ` ー─ ' ┌、 ヽ  ヽ,
   /  L_         ̄  /           _l__( { r-、 .ト
      _,,二)     /            〔― ‐} Ll  | l) )
      >_,フ      /               }二 コ\   Li‐'
   __,,,i‐ノ     l              └―イ   ヽ |
               l                   i   ヽl










124 :名無しのやる夫さん :10/02/02 19:15:25 ID:i1kj+JEM







      / ̄ ̄ ̄\
     / ─    ─ \                   
   /  (○)  (○)  \
   | \  (__人__)  / |          どうしたんだお? やらない夫…
   \ |   `⌒ ´  | /             そんなにやつれはてて…
   /              \








    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |   ( 〇)(〇)
  | \  (__人__)             
  |  |  ` ⌒´ノ                おまえこそ… いったいそのありさまは
 . |         }                    どうしちまったんだろ…
 . ヽ        }
   ヽ     ノ
    .>    <
    |     |
     |     |








      / ̄ ̄ ̄\
     / ─    ─ \                   
   /  (○)  (○)  \
   | \  (__人__)  / |            なにか… たいへんなことが…
   \ |   `⌒J´  | /            あったような気がするんだお…
   /              \









 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                             ・
                             ・
                             ・
                             ・

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━







125 :名無しのやる夫さん :10/02/02 19:18:39 ID:i1kj+JEM






 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━







                 / // こ) / /  ! !        ((_/⌒Y⌒ヽ
                 /  l/ , / / /   ! !     |  |   i| /Y ニYi i
                /   / // l/i /  l ,! ,  |   !   ||.:i 人式i| |
               /   /   ,イ /   l  )/   l  /   / l|::|! /^Y^i |
              ,/  / 1 !(( /  ,rr=' l/  /l  /  / / l::|  _ノノi |
              /  /  | |:.:〉こ二仆 l /1 / l /  / / |.:|(( _ ノ  |
             ,/ /   | |:〈{ (Y) ) )}l/ l / ─‐- 、./ / /^i^7     |
            / /     〉トト、ト、こ ニソ    r==ミ、 ヽ| ,/ / |/     ,′
           ,/ /     // V^l/ ー‐'′     { ,fか} 〉i::/ / /   , /
           / /     //  l{ _)           ゞ‐‐ < :/ィイイ /   / / |
          ,/ /    //  |,.ヘ   ヽ _,      /   / /   / / .!
          ′/   人//  /(⌒) 、          ,.ィ:/   / /   / /  .:|
           / /    >イ   入L1 >‐──一<⌒/   / //!// /  . :.|
          _/    (  〉二ニ   / ⌒Y⌒ Y /   ,/ /  |/ /  .:.:::::|



             あら… わたしたちの紹介をしてくれていたのですか…?
                これは、とんだ粗相をしてしまいましたね…

 





 
 
           ,. rァォ7ハフ ̄               ヽ   fY 丁\ヾ  ∧
          '  イゞン7ハ!__     /           \ l | |\   Y ハ
          |   ゞアン'ーァ)'  ! '   |   ,     |    ,j/  ヽ ヽ | l  ',
          |    Y  ' !'´ |  | |  |  |   !  |、  | .イ     / ハ  i
          |   l |  | |  ゝ、 |  |  レ ― 、,イ | |│ !      '  |   
          |   | !  ! !  | ,) )1  ハ. / /!⌒Y _|_|,_jj_|_ |  i  │ │  
          |   l |  i i  Y l _iィ、_l|_V ∧ヽイ!´j _ハ_|リ| ,ハ     | │   
          |   | !  ! ハ   |〉'7-_-、ゝ--ゝ,ゝ ヾイrzヽゝ‐| ゝ \|  ゝ 
          |   | !  !  ヽ 7Yイrォj }_j       lハ:ノフ, |ハ ト  ヾ,   \
          |   Y  ,  / ∧ハ.ゞツフ         ` ´  ! │ |  \ \  
          '     ! ,' / / ( (`~´             ,ハ│ |    ト  ヽ.
         /     , / ' /  ハ) )        ′      ,/|个ゝ.!    ! \ l
              ,/ ,' /   ( r‐'ゝ_     ー  ´  ,√| |7!   \.   !   リ
             レ  !/   / `r(  >ー-、      ィーァ | |  ヽ.   V !  ハ
            /   '   / ィ 人ノ   L>'⌒Y く. | |`ー、∧.   V'' │ 
  
  

         お名残惜しいですけど… わたしだけでは、あの子がかわいそう…
           あの子のことも… しっかり、紹介してさしあげてください…







 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━








126 :名無しのやる夫さん :10/02/02 19:20:03 ID:i1kj+JEM






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






 
  . ///'"/ γ' /  // / / γ'"=-、//l|
  /l l |//__,,/  / , '/ ./ /  //’./i////i |
   ヾ'"" ,-ー_’''ー< / ./ ,'  ,λ/ ////i/|/
  . / ,-'"/ _  ト<二=、,,,'ノ/ /// .l |'
  .>l ,'"l ん、."ゝ l(// ,' / ///// / /i
  .( ゞl l C))//.,イ .)l .,' / / ///ー-,,/l|
   ヽ|'、 ヽ、_,,/丿/|.| .' / ///// / /"'-、
    ー;-- ,,__人ー l |/ i///  /// / /
      "'ー--' .) )     / -ー'==''-' 、         それでは、やる夫さま、また後で… ね?
       , ー--'_丿       /’,--、ヽヽ      いっぱい、いーっぱい… イイこと、しましょうね…?
      ( (,          ( ((_ ,  l ',
       "  '        、ヽ、__,,ノ ,l
      、、           ヾ   '"
      ヾミ 、               ,                 ふふふ… くくく…
  、      '' ミ __、           //
  ヽ                  ,,-"///
  l| \              ,,-"/////
    ヽ、_        _,,-"l//// // ,
         ̄"'''''''''''''''''   ),./// // /










   ,≠"´:::::::::_r7}://    {、  \、  \ ハ   ',  ヽ {´:::::::::::ハ
 /::::::::::;,=、r'以イ / ノ   !\  ヽヽ 、 ヽ ',  l   い::::::::::::::|
 !:::::::::::::`r'`フ'`´/′ | |  ハ ヾ__   ', ヽ ', i     ',ノ:::::::::::::|
 |:::::::::::::::! ,イ{ / ,' l  l   },イ´| ヽ |ハ !  | {  |  : | !ー-‐‐'|
 | }:::::::::/|f/`゙  |│ ! i   l ,ィ,ィ≠ミミk l  | ! l  !  | i |ー‐ ‐l
 lヾー_7ノ!| |│ ! } ∥|\ i-ォ´ ィぃ. l´| ノリ }  |、 t ヽ.{::::::::::::_|
. !`ヽ、__∧ ! l  ヘ ', ハ {  ヽ{ キ マソ / ノ.イ ! |  l、ヽ ヽ、>"´_ !
  !__:::::::::::::ぃヘ   N{-、`    ` ‐- ' ´  | { |  ト、ヽ ̄ ,≠´
  l__ `ヽ::::::ハ',\ 仟rヾヽ=、、       ト、ヽ_, ', \ ̄ _  ′        くくく… くけけけ…
 ∧::ヽ、 ゝ'ノ|}ハ |`ヾr'ソ'!,}   ゙"¨´ ノ}  | リ ハ  ヽ、`,孑‐-、 7        きききききききききっ!
   ',、:::`¨´::i ハ、{ ハ`》¨ `ヽ´__ ィ,彡'ノ  /レ |`l   ,>、 ヾ ,'
   ',`ヽ__ノ ノ } `、', !《ヽ、 `¨ ‐ ´ /__! !l=ヽ、_,ス  ヽ-、}′
.   ヘ/ `ヽ ノ __ヽj、_r'´≧__,  _/::f´; l : 、 》〈  \ ヽノ
    /  /´ヽ ,-´-' /_ ノ   ヽ_ゝ、' {_f´`ーi  \ヽ/ \ 丶 ヽ
.   /  / /´\, -、__(,-、   {´_r 7/ rレ'ヽ、  ヘ.  \ \ソ
   `´,' /  /  }  _`フ 、_ ,`  ゝ‐-' ヽ、/ ̄´\ `ヽ`´
.    / }/  イ  r' /  { {´r-、fリ        l r'´孑-`ヾ、ソ
    ¨ノヽ/ノ´}/::,{-‐、 `¨´ゝ'`}{´{r、_r‐┐r-,i_r-'  ゝ、/
     `¨´ `¨´∨  /:`ー--´¨ハ`¨ `  ヽ´ `}    , ′







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━







127 :名無しのやる夫さん :10/02/02 19:20:58 ID:i1kj+JEM






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                            ・
                            ・
                            ・
                            ・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━








      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \       
   /  (○)  (○)  \         そ… そうだお… なんだかよくわからないけど…
   | \  (__人__)  / |     薔薇水晶の紹介を… しなきゃいけないような気がするんだお…
   \ |   `⌒ ´  | /
   /              \








   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( 〇)(〇)
 | \   (__人__)          
  |  |  ` ⌒´ノ           …奇遇だろ… 俺も、なんだか… そんな気が、さっきから…
  |         }              してたりしてなかったりするだろ… 常識的に考えて…
  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
   |     |








    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 / U  ノ    ─ ヽ
 |    (ー)  (ー) |        そ、それじゃとりあえず…  何から説明すればいいお???
 \  ∩(__人/777/
  /  (丶_//// \







128 :名無しのやる夫さん :10/02/02 19:25:28 ID:i1kj+JEM






       / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      | U  ( ー)(ー)
   .   |     (__人__)
      |     ` ⌒´ノ     …それじゃ、まずはあらためて1から紹介するだろ。
      .l^l^ln      }   アニメ版ローゼンメイデン第2期のみ登場する、薔薇乙女たちの敵役で…
   .   ヽ   L     }
       ゝ  ノ   ノ
      /  /    \
     /  /       \
 








  「…ローゼンの弟子を自称する人形師『槐(エンジュ)』に、ローゼンメイデンを超える人形として創られ…」



    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                   ,イ必ナ /    ,,  / ;   |       、 Y^ヾ\
                  厶斗/  /   〃  l|  !   |    、   ', l  ヾ ヽ.
                   〃/  /     ||  l| i|  | ! |!  :   |   ヽ ヽ
                  〃/  / ! ! ヽ、l|  l| }i|  | |∥ ! i :  j  !    〉 }
                 〃/  ,′| | `ヽ、 jjハ||  ! }i|| |i i :   ハ     /
                 {L{..__,′ { { {_j_j_L≧xl|{ j}、ji|| ||| | }l ,′ . / /
          .        `¬7メ、、 \ 云=弌 从メ≪卅ナナノノ从ハ   ∨/
                   ,′}ハ i  i l}{戈::::!:::}    ヽ≧≪j乂i| |ハ  / /
                   ,′ノノ }i  i 从   ̄       `~フノ| i|   y /ハ
                  ,'/ / i  l/j l|ヽ、   _'_   `ナ| i| i  / / ハ
                 / / i| i  il| j}>。、    ィァ| i|  { { / ハ
                //  __」..⊥ /l| `ヽ≒ `Y´ア≠ア i| i _≧ニニミ、
               /〃,'   ハ    `ヽ j| __ノ^ヽ`'~'゙^≠ヘ、j__j|_ノ´    / )メ
               `≒=、 { ヽ、 _      ‐- 、,≧zく           -‐ f´}//∧
                ,'\\    )  ̄ _ 二ニ=  {f必) }  =ニ二 ̄   / // ハ
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



 「自分を創った人形師の願いをかなえるために薔薇乙女たちに戦いを挑む、ローゼンメイデンのレプリカ」









   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)              …それが彼女、『薔薇水晶』だろ
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |







129 :名無しのやる夫さん :10/02/02 19:26:41 ID:i1kj+JEM






           ____
         /      \
        /  ─    ─\
      /    (●)  (●) \               レプリカ? …ニセモノ、ってことなのかお?
      |     (__人__)   |                      こんなに可愛いのに…
      \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \








         / ̄ ̄\
        / ヽ、_   \
       . ( (● )    |
       . (人__)      |
       r-ヽ         |
      (三) |        |         …まあ、そういうことになるだろ。ローゼンメイデンを超えるために
       > ノ       /              それらに似せて創った人形、ってことなんだからな。
      /  / ヽ     /
     /  / へ>    <              そして、これが彼女の最大の特徴にもつながってくるんだ。
     |___ヽ  \/  )
         |\   /|
         |  \_/ |








       ____
     /      \
    /  ─    ─\
  /    (●)  (●) \
  |       (__人__)    |
  ./     ∩ノ ⊃  /                       …最大の特徴???
  (  \ / _ノ |  |                       どういうことなのかお???
  .\ “  /__|  |
    \ /___ /







130 :名無しのやる夫さん :10/02/02 19:26:45 ID:Z7nzcTTN



レプリカっていうのは当時衝撃だったなぁ


132 :名無しのやる夫さん :10/02/02 19:31:23 ID:i1kj+JEM






     / ̄ ̄\
    /ノ  ヽ、_  \
  . ( ●)( ●)   |
   |(人__)       |
    | ⌒ ´      |               …やる夫、おまえ「ローザミスティカ」って知ってるか?
  .  |        |                アリスゲームで、薔薇乙女たちが奪い合ってるアレ…
  .  ヽ      /
     ヽ     /
     .>    <
     |     |








      ____
     /      \
    /  ─    ─\
  /    (●)  (●) \
  |       (__人__)    |   …なんとなくは知ってるお。薔薇乙女たちの中にある結晶で、魂みたいなものだお。
  ./     ∩ノ ⊃  /    奪われてしまうと、しゃべることも動くこともできないただの人形になってしまうんだお。
  (  \ / _ノ |  |
  .\ “  /__|  |
    \ /___ /








      / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |    ( ー)(ー)
   . |     (__人__)
     |     ` ⌒´ノ         まあ、だいたいそんなところだろ。ローゼンに創られた薔薇乙女たちは
   .  |       nl^l^l                 全員この結晶を体の中に持っているんだが…
   .  ヽ      |   ノ
      ヽ    ヽ く
      /     ヽ \







133 :名無しのやる夫さん :10/02/02 19:32:26 ID:i1kj+JEM








 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           '                             \≧_
        /                                 'トー 、
      !/               /'/‐/-./ i                    ヽ:::: \
      \    /:/   ::レ人 /|_|:/_ l! |`V \ ,ィ  r、             |\:::: \
      、 \ //     ::/  V i「 !フ:`ヾ.ヽ! ヾV|ト ,/ !   , ,       |  `ー―
      / ノ     ......:::/:::      ' `レハ!ヾ ∨ |l i\!__ / /    /  !
      フ'/    ::::::::::::::/:::::::     `   '       Vメ/!ゝ∠_イ  / / /! ト,,
       '    ':::::::::::::/!::::::::::                  |! Vγャ-> / /!/ 'V\\
         ´:::::::::::::イー:、:::::::::::               , |! |!V≦ハ/ノ       \\
       :::::::::::::/:/:__`ー‐i::::::::::               ′ヾ ゝ<..イ            \\
      :::::::::::, ' r-‐'´ ト'ーゝ::::::::       ‐ 、     `´lハ:: !              \\
      ::::::/::_入,. -- ゝ  ヽ:::::..                ゞ_ノ |:: |                \\
      /::::/\ ヽ V^\  lー- 、         _,. ィ::´  |:: |   _ ___________ __ ゝ \
      ::::: , :::::::::ゝ: :\: : : : ー 、  ヽ     _ イ'´::::::|::::::  |:: | r ´イ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄
      /__/ \: :`: : : : : : |   Yフ´〈 ::::::! ::::::: |::::::  |:: | ヽ \
      : : : : : : : : : : : : : : : : :..:.:.|ー--.レ__∠ ::::::: :::::::: |::::::  |:: |  \ \
      : :\: : : : : : : : : : : : : :.:..:| : : : :.|: : : : .>:::::::::::::|::::::  |:: |    \ \
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



        「…レプリカである彼女は、そのローザミスティカを持っていないだろ」








          ____
        /::::::::::  u\
       /:::::::::⌒ 三. ⌒\
     /:::::::::: ( ○)三(○)\                …へっ? そ、そうなのかお?!
     |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒  |     で、でも、あの子… 薔薇水晶は、普通に動いてしゃべってたお!
     \::::::::::   ` ⌒´   ,/ .    








   / ̄ ̄\
 /  ノ ヽ、\
. |   (●)(●)|
. |   (_人_)│
 |     ` ⌒´  |                 …普通じゃあ、なかったろ? 特にしゃべるほうは。
  |           |         感情の起伏がほとんど無いし、相手の言うことをオウム返しにすることも多い。
.  ヽ      /
   ヽ     /
   .>    <
   |     |








134 :名無しのやる夫さん :10/02/02 19:33:44 ID:i1kj+JEM







      / ̄ ̄ ̄\
     /        \
    / U  ノ    ─ ヽ
    |    (ー)  (●) |           …そ、そう言えばそうだったんだお…
    \  ∩(__人/777/           じゃ、じゃあ薔薇水晶は、やっぱり…?
     /  (丶_//// \








              / ̄ ̄\
         rヽ  / ノ  \ \
         i !  |  (●)(●) |
      r;r‐r/ |.  |  (__人__)  |
    〈_L (`ヽ .}  |   ` ⌒´  ノ      そう。こういう言い方は語弊があるかもしれないが・・・
     l` ( ``/ .  |        }     「『心(魂)』が無いドール」これが彼女の第1の要素だろ。
     ヽ   l  .  ヽ       }
      |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ    人形に心が無いのは当然って言えばそうなんだが。










「だから、人間の役を演じる場合でも控えめで自己主張しない性格に描かれることが多いし…」



 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               |亅 |―‐l‐| |-、_|_   ! !   {   |  l !   | .|   |
            ヽ  ! | !ヽ l__! |    ! `l | ト、  `  l  | l   l  !   !
             ヽ l l/  ∨ `7ーr‐-、ヽ l V.∧     /__,//  /  l   l
               ト!   l  /  |仆 l \`  ヽ、  .{ / 7  / / |  l
            .       ! |   lノ | ./     ヽ、/トr‐t-、/ /  l /
                   ゝ,ヽ  _,ノ /        |>、 ( ラ> '  ! /
                     ´´ ̄ ̄            ト、r、ノノイ┐ l/
                                   ヽr‐'ー-′
                                   /
                                 '´ l
                                   /
            、                    ̄`¨  /
            :.ヽ、_                   ´ /
            :.:.:.:ヽ ̄`ー‐- 、          /
            :.:.:.:.:.:.     :.:(          ′
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



 「『心(魂)がない』せいか、人間以外…ロボットやサイボーグ、魔物といった役も多いだろ」






           
.


135 :名無しのやる夫さん :10/02/02 19:34:58 ID:i1kj+JEM






         ___
       /     \
      /   \ , , /\
    /  U (●)  (●) \
     |       (__人__)   |
      \      |r┬-|  ,/       「心の無いドール」? …や、やっぱりおかしいお!
     , -‐ (_).ヽ`ー'´   ィヽ    やる夫にはとても、そうは思えないんだお! だってあの子は…
      l_j_j_j と)         i
       ̄`ヽ        | l







 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  /   l/   //'1   !    i   |  | ,/      i   !  l   .|  ヽ  ヽ  ヽヽヽ     \\
          // /  .|   |   |  i| |       |  ,イ  |.   |   |  |   lヽ!       ヽ ヽ
  二二二、ヽ // !.|!   |    |  /| /! !_      /! / | /!  |   i.   |  | |i        l |
       ヽ`フ / |   ト,_.. -i+- i‐iーf''|´l!ヽ     / ナー!ナ‐|―/ト、 /   !  / リ      //
       / /  / i! l. |ヽ! L|_ j_-V‐'ヽ!ヽ\ / i/ ,-.ノ- |/ ,! /   ノ /|、∧    //
     .//! /  \ト、| \l=レ==、    `    , ィ===、.,//!  ,,イ /! ∧ l  //
  .  //  ヽi    /:.ヽ: i`  ` {イfiル} `           i r;fiリ} >'∠/: iイ: :! 'l  リ、 ( (
  //   / i  /: : : : ∧    ゝ-''           ゝ_,. ⊃  /| : : ! l: :.! | \l! \\
  /     / /  /: : : : :!へ!  ' ' '          ,         i i.   / .| : : ! |: :.! |   ヽ  \\
  .     / /  /: : :/ : :\`i              !          i |  r-イ.: : :! |: :.!. |   \ _jノ
     / :/  /: : //: : ノ: lゝr.                   i l /イ: |: : : ! |: :.! ヾ     ヽ
    /  :/  /: : //: : /: /: /: \       , --- 、     ノノイ: :|: :ヽ: : :! ヽ: :\ ヽ    \
  . / .::/  /: : //: :./: /: :/: : .i: > 、     ´ ̄`     , ∠__:!: :|: : : \:!  \ :\!     \
  ../ ./ _∠ --∠:/ .:/: :/|: r< ゝ ̄ ヽ、_        _. イr'フ三ヽ |: : : : : ヽ\.  \: :\      ヽ
  / /        \/: |: :\  ̄`ー、 |  ̄ヽ--r ´ ̄  ,イ三/: :|: _:_.,: -──--.、 \: \:    i
  /            \: : |: \   l\.   \l  ___/ノ /: : ,/         \ l: : : ヽ   |
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


              「ちゃんと、笑ったり泣いたりしてたんだお!!」







   / ̄ ̄\
  /ノ  ヽ、_  \
. ( ●)( ●)   |
 |(人__)       |
  | ⌒ ´      |                      …その通りだろ。
.  |        |              それこそ、彼女の「第2の要素」の成せるわざだろ。
.  ヽ      /
   ヽ     /
   .>    <
   |     |
   |     |







136 :名無しのやる夫さん :10/02/02 19:36:22 ID:i1kj+JEM






         ____
        /      \
      /─  ─    \
    /(●)  (●)     \
    |  (__人__)   u   |                    だ、第2の要素?
   ⊂ ヽ∩ `ー´    _/                   どういうことなんだお…
     '、_ \       )
       \ \ / /|
        |\ ヽ /  |








      / ̄ ̄\
     /     _ノ \
     |      (● ))
    . |       (__ノ_)
     |       `⌒ノ          結晶を持たず、本来動くはずがない彼女が動く原動力は、
    .  |         }            自分を創ってくれた人形師…父親に対する想いだろ。
    .  ヽ        }
      ヽ     ノ
       .>    <
       |     |








       「『ローゼンメイデンを超える人形』になって、父親の悲願をかなえる…」



 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              |l  { l  ,′   l  ハ |`、  ト、     ヽ <⌒ヽ、_   ∨厂`丶、
              ヽ、ヽ|  l   l   | { l |   ヽ  、丶、 ヽ \\ l }  ̄二7′   l
             rvヘ  l  |  |   | レ七ニ二 ̄\丶  }ヘ |\ ` / 厶   ハ !   |
        ____ {`ヽ}'⌒ヽ、l ト、\ ヽ\=キtぞラ  }ノ/ j/  了/ ̄   /  }∧   l |
        >―-ァ ≧f= /  \ヽ`ヽ、 \__ ̄      /    -ヘ/レヘ /_,  l   | ト
       / ,二///| ,' 丶、 ヽ}  `7ー一′          ,′     {´ ̄`ヽ、い |
      / /∠>く |/  l|l l ∨!     /                 /        V了\   り
  ,. =≠'´ ̄丁ヽ、__) ′ ; lハ | ト」 |\ l └-- 、     ,        l       ∨   〉
 〃  /  / ̄       /l | 弋圷ミx { (^Y!   `ーこ ̄     ,    |     /  ハ
 ′  { /        / ! l   ゞン'` ヽN|斥示、 ハ     , く     l   /   / ヽ
    ∨      ′  /  ハ!       {{r迂}7 ,′`一'´/ ∧   / /    /   \
    /     /   〃 l| l|        / ヾイl/レ′  , ィ  //!   ' /      /       \
 .   /   /     〃  人 l|    丶、  (廴_,...-ァー'´ /  ,′ } /       /   ,..-:――::¬
 . /  ∠ -―‐-< /ー:/ハ     , イ /:: /   /  /   /         /  /::.::.::.:_:_:_:_:_:_
 ´   r个ー-、 : : : : : : `ヽ::/∧:`‐ァr</ / /:: :::/   /  /  / _      / /::.::.::.:/
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



       「その想いひとつで彼女は動き、薔薇乙女たちに戦いを挑んでいるだろ」







.


137 :名無しのやる夫さん :10/02/02 19:38:03 ID:i1kj+JEM







      / ̄ ̄ ̄\
    /U       \
   /    ノ    ─ ヽ
   |    (●)  (●) |                      そ、そうだったのかお…?
   \  ∩(__人/777/              そのために、たったひとりで、戦っていたのかお…
    /  (丶_//// \








         / ̄ ̄\
       /  ヽ、_  \
      (●)(● )   |
      (__人__)     |
      (          |           その通りだろ。アニメ本編で彼女が泣いたり笑ったりしていたのは、
   .    {          |                  父親の前でのシーンだけしか存在しないだろ。
      ⊂ ヽ∩     く
       | '、_ \ /  ) 
       |  |_\  “ ./                  これが、薔薇水晶の第2の要素「一途さ」だろ。
       ヽ、 __\_/








「そのまんま一途なヒロインとして登場する場合もあるが、一途って事は頑固で融通が効かないって事でもある」
 


    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        ::::::::::::::::/: |:∨,\      l     ',::     ':::     ',::  ',
        ::::::::::::::/ : |::::∨ \      i     ',::     ', 、   ',::  }
        ::::.:::::::/ ;|::::∨  \    l、     ',:斗匕   ', ヽ::  人,,..リ
        ::::.:::::/ ; | ,':∨ ゚ 。 i    l ',   /',::::::\   ', ',:::/イ
          /  ; .| ,' ::∨  ヽ i   l::::: ',/   ' ,:::::::\  ', /Y⌒ファ
         /  ;. |;   ::i≧ 、 .i   l:::::::::ゞ从从イ    \j i,弋r'´_フ
        ::::.∨ ;  ,i ;   ::i::::',::\i  ハ      ,ィ7テ爪   ヽ レ'フ
        :::::::∨:.:.. /,'   :::i)、:', ::i  i ハ    イ 弋:::::し}    `ー´-┐
        ::::.:::::∨ /,'    ::i ::::', ::ヽ  ゝ ハ     ゝゞ゚;;ソ,,       |
        :::::::::::::∨.;    :::   :::', ::::\ iヽ       ̄ ̄      /
            ,'    :::      ;;;; ::ヽl  ゞ             /
            ,'    :::     :,',   ::l              (
           ,'    ::      .:,'::::',  :::| _ ,              /
           ,'    ::     ..::  ::::.  ::| (   Y´ ヽ、      /
           ,'   .::.  .::.. .::   :::::. ::|  .ゝ-イ  丿ゝ____,,,.ノ
          ,'   .::::.  .:::. .::   :::::::: ::|/`丶、   (_二=-、
   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



   「…なので、学級委員や生徒会役員、社長や政治家の秘書といった『お堅い』役も似合うだろ」


.







138 :名無しのやる夫さん :10/02/02 19:39:12 ID:i1kj+JEM






        ____
       /    \
 .    /          \
 .  /    ―   ー  \
   |    (●)  (●)  |                 一途さ、かお…
 .  \    (__人__)  /
 .   ノ    ` ⌒´   \            (なんだか、哀しい子なんだお…)
  /´             ヽ








        / ̄ ̄\
       / ヽ、_   \
     . ( (● )    |
     . (人__)      |
     r-ヽ         |          …さて、ここからが第3の要素だろ。
     (三) |        |       第1、第2の要素にもからんでくることなんだが…
     > ノ       /
    /  / ヽ     /
   /  / へ>    <
   |___ヽ  \/  )      薔薇水晶は『キャラクター性』ってやつが非常に乏しいだろ。
       |\   /|
       |  \_/ |








 ..      ____
      / ―  -\ ?
 .  . /U (●)  (●)
   /     (__人__) \
   |       ` ⌒´   |                 ほ、ほえ? 
 .  \           /        『キャラクター性』って… どういう意味だお?
 .   ノ         \ 
  /´            ヽ









139 :名無しのやる夫さん :10/02/02 19:41:41 ID:i1kj+JEM






     / ̄ ̄\
    / _ノ  ヽ、_ \
  . | ( ●)(● ) |
  . |  (__人__)  │
    |   `⌒ ´   |               まあ人間で言えば「個性」ってことになるだろ。
  .  |           |                 その人らしさ、独自性ってやつなんだが…
  .  ヽ       /
     ヽ      /     以前も説明したとおり、薔薇水晶はアニメ版にしか登場していないキャラクターだろ?
     >     <
     |      |
 







           ____
         /      \
        / ─    ─ \
      / U (●)  (●)  \                   そ、そうだけどお…
      |      (__人__)     |                 それがどうかしたのかお?
      \     ` ⌒´   ,/
      /     ー‐    \








     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)         わからないか? 薔薇水晶はアニメ版、しかも第2期にしか登場していない上に、
.   |        ノ             描写されているのが戦闘とその前後の会話のシーンくらいしかない。
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │          他の薔薇乙女たちと比べると、日常の生活とか他の人物とのふれあいとか…
  \  “ /___|  |             「その人らしさ」が出てくる場面が、ほとんど描写されていないだろ?
.    \/ ___ /







140 :名無しのやる夫さん :10/02/02 19:42:16 ID:5Ampn5Md



「心がない」というか「ひとつの思いしかない」っていうことか
それ故に感情の起伏に乏しく、かつ純粋一途なのね




141 :名無しのやる夫さん :10/02/02 19:45:03 ID:S2nWWGg5



ばらしーのクールキャラの由来はこれか…



142 :名無しのやる夫さん :10/02/02 19:45:24 ID:i1kj+JEM






      ___
     /     \
   /  _ノ '' 'ー \
  /  (●)  (●)  \           …たしかにそうだけどお、そういうものなのかお?
  |      (__人__)    |           そんな、ふだんの暮らしの描写がないぐらいで…
  \      ` ⌒´   /








      / ̄ ̄\
      _ノ  ヽ、  \   ,.:┐
    .( ●)( ●)  ..| / |
    (__人__)     .|./   /
     i⌒ ´ .r-、  |/  /
     {     ヽ, ',. .,/ :/',             おっと! これは重要な要素だぜ、やる夫?
     .ヽ   .|  l_/_, -‐、',  日常生活とか人間関係ってヤツは、そのキャラの個性に大きく関わってくるんだ。
      .ヽ . |   / , --'i|
      /   {  V , --ヘ
      |   ヽ  L| r= |                   そうだな、例えば…









       
            「普段、会社の中でしか登場シーンが無かったキャラクターに…」



     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
            __/ヽ_∠L_                     
          /:::::::     ''''\ + +                 /\ _ _/ヽ,
          .|:::::::::    (⌒), |  +                , '´''''''    '''''''' \
          |::::::::      ,,イ_,`)                  /ノ////'`ヽ,从从ミ. ミ
        .   |:::::::::      ノ.-=ラ                   l,; ''''''''   '''''''''::::ヾ,iii.i +
          \:::::::      `フ              .     ll (⌒),  、(⌒)、 lilill|
        ,,.....イ.ヽヽ::  、 -─'--、.                  ||  ,,ノ(、_, )ヽ、,, .:::i|||| +
        :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i                  lil  `-=ニ=- ' .:::::i l ll    
           |  \/゙(__)\,|  i |                  |\ `ニニ´  .:: /| il||
           >   ヽ. ハ  |   ||                   ,`'ー‐---一' \

 
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



  「町中でばったり会うシーンや、家族が迎えに来るシーンを描写してやると、とたんにキャラ性が拡がるだろ?」










143 :名無しのやる夫さん :10/02/02 19:48:43 ID:l8O9F4Jd



>>138
やる夫に「ほ、ほえ」とか言われてもw



144 :名無しのやる夫さん :10/02/02 19:49:43 ID:i1kj+JEM







     / ̄ ̄ ̄\
    / U      \
   /    ノ   ─ ヽ
   |    (ー)  (●) |                うーん、まあ、そう言われれば
   \  ∩(__人/777/                  そうかもしれないけどお…
    /  (丶_//// \








     / ̄ ̄\
    /  ノ ヽ、\
   . |   (●)(●)|
   . |   (_人_)│     …そういうものさ。もちろん、戦闘シーンでもキャラ性は出ることは出る。
    |     ` ⌒´  |          でもそれだけじゃ、他の薔薇乙女たちには及ばないだろ。
    |           |
   .  ヽ      /      出番そのものも少なけりゃ、描写されてるシーンの種類も乏しいんだから。
     ヽ     /                        さらに言えば…
      .>    <
      |     |
      |     |








        / ̄ ̄\
       / ヽ、_   \
      . ( (● )    |        敵役として、同じような立ち位置の水銀燈や雪華綺晶と比べても、
      . (人__)      |        第1の要素「心を持たない」せいで、感情や意思の表現が少ない。
      r-ヽ         | 
     (三) |        |        
      > ノ       /
     /  / ヽ     /  あと第2の要素「一途さ」は、引っくり返せば「主体性が無くて、人間関係が乏しい」ってことになる。
    /  / へ>    <   薔薇水晶自身の意志自体も意思表示も希薄な上に、他者とのからみが少ないんだな。
    |___ヽ  \/  )             だからますます、キャラクター性が制限されちまう。
        |\   /|
        |  \_/ |







145 :名無しのやる夫さん :10/02/02 19:51:43 ID:i1kj+JEM





          
      ____
    /      \
   /         \
 /           \
 |     \   ,_   |
 /  u  ∩ノ ⊃―)/                うーん……
 (  \ / _ノ |  |
 .\ “  /__|  |
   \ /___ /
 
 





 
    / ̄ ̄\
   / _ノ  ヽ、_ \
 . | ( ●)(● ) |
 . |  (__人__)  │          だから、薔薇水晶の第3の要素は
   |   `⌒ ´   |            「個性の弱さ」だと言えるだろ。
 .  |           |
 .  ヽ       / 
    ヽ      /            …これは何も俺だけの主観じゃない。
    >     <           公式でネタにされてるくらいなんだからな。※
    |      |
    |      |


 ※「ローゼンメイデン トロイメント オリジナルドラマCD 薔薇水晶改造計画」







       ____
      /      \
     /         \
   /   _ノ   ヽ、_   \         
   |   ( ●)  (● )  |        いや、言いたいことはわかったけどお…
   \    (__人__)    /              でも、やらない夫…
    γ⌒  ` ⌒´   ⌒\
 
 








146 :名無しのやる夫さん :10/02/02 19:54:28 ID:i1kj+JEM






     / ̄ ̄\
    /ヽ、_    \
   . ((. ●)     |
   . (ノ、__)      |
    .|⌒´       |
   .  |        |          …どうした、やる夫?
   .  ヽ      /
     ヽ     /
      .>    <
      |     |
   







           _-─―─- 、._
         ,-"´          \
        /              ヽ
       /       _/::::::\_ヽ
       |         ::::::::::::::  ヽ    あんなに、お父さんのためにひとりでがんばってる子の事を、「個性が弱い」なんて…
       l  u    ( ●)::::::::::( ●)           そんなふうに悪く言うのは、なんか、抵抗があるんだお…
       ` 、        (__人_)  /
         `ー,、_         /
         /  `''ー─‐─''"´\








   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ                    おいおい、待てよ。
.  |         }          俺は薔薇水晶のことを悪く言った覚えなんて無いぜ?
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄







147 :名無しのやる夫さん :10/02/02 19:55:31 ID:i1kj+JEM






       _____     ━┓
     / ―   \    ┏┛
    /ノ  ( ●)   \  ・
  . | ( ●)   ⌒)   |
  . |   (__ノ ̄    /            悪く言った覚えが無いって…
  . |         /           いったいどういうことなんだお???
    \_      _ノ\
      /´         |
  .     |  /       |








        / ̄ ̄\
       / _ノ  ヽ、_\
      .|  (●)(●)  |
       |  (__人__)  |
      っ   `⌒´   |     わからないか? 俺は薔薇水晶のことを絶賛してるんだぜ?
     / ミ)       /            なぜなら個性が弱いってことは…
     / ノヽ      /
     | |/      ヽ
     |  | /|     | |








  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                    ̄f〈_j-'f\ ̄ ̄<:.:.:.:.:.:.`ヽ、
                    / ̄ ` ー \   \:.:.:.:.:.:.:.\
                  /        \  \:.:.:.:.:.:.:.:\
                 /  / / /     l ヘ、  ヽ:.:.:.:.l:.:.:.:ヽ
                /  /  l / .| /   l   \  ',:.:.:.l:.:.:.:.:.',
               /イ / , l /、`ト、   l l/!  l  ヽ.  ',:.:.l:.:.:.:.:.:.ト、
              / l/!  l l 个ト、l ハ /レ l 小   `ト 、_',:.:ト.、:_.,:イ
                |! |  l 代しソ !  V⌒ヽj_ノr- 、_l _ヽハ7フ"\:.:|
             rイ/ 丶jト} xx / lノ{    ∨〉 } | フ〉ヽ| |\  ゝー 、
              \!     ヽ   '   ヽ.___ノ/ , ィノ\\_| |\ヽ{    }
               }\     \ヽ   XXXイ /rヘ\ \_/  ヽ `=_'
               |  l  ,.-,.ィ::::ヽ...._... _ュ"_ ノト、 ヽ     ` ー 、\
               /  」 r フ:.:._:.:-‐ュトヽ<:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽヽ.`\      / /
              ノ // /:.r',:.'ニ´イ/ヘヽ:.',\:.:.:.:.:.:.:.:.:.\r 、ヽ、   | /
             / , '  {   !:.:.!_.ィ"〃:.:.:|\、:',:.〉:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}. ヽ ヽ、  j/\
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



            「どんな個性でもつけてやれる、ってことに他ならないだろ?」


.







148 :名無しのやる夫さん :10/02/02 19:57:30 ID:i1kj+JEM






      ____
     /      \
   /  ノ     ─\
  /    (●)  (●) \
  |       (__人__)    |                …そういうものかお?
  ./     ∩ノ ⊃  /
  (  \ / _ノ |  |
  .\ “  /__|  |
    \ /___ /








     / ̄ ̄\
    _ノ  ヽ、  \   ,.:┐ 
   .( ●)( ●)  ..| / | 
   (__人__)     .|./   / 
    i⌒ ´ .r-、  |/  / 
    {     ヽ, ',. .,/ :/',   その通りだろ! キャラクターに好きな個性をつけるのは2次創作の醍醐味だが…
    .ヽ   .|  l_/_, -‐、',    彼女の個性の弱さ… いや控えめさは、その醍醐味を存分に味あわせてくれる!
     .ヽ . |   / , --'i|  
     /   {  V , --ヘ  
     |   ヽ  L| r= | 








       「個性やイメージがガチガチに固まってるキャラよりも、はるかに自由に扱うことが出来る…」



    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                  .: : :__.. ..,,... ヽゞ/   ; ; ; ;;    `\ノ三へ<
                  .: : : : ` ̄フ=-/   l   、ヽ  、 il `K´`\、
                 : : : : : : : }{//  / /l  li   || |   | |  ヾ`{:}
               : : : : : : : : : : :{/ l|  | |ハ__||=- ト´lヘ ̄´| |  || {:}
           : : : : : : : : : : : : : : : : : :}{||  |l´|ハ_|ilヽソ、=i|-=、| |l  ||ハ {:}
           : : : : : : : : : : : : : : : : :{ハ i|ヽ l|===ト V {r-=、ソノ| |ノ  ヽ {:}
           : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ 入ト、弋゚;;ソ   `㍉∮へi | : : : : : {:}
           : : : : : : : : : : : : : : : : :.{:}lV ノトゝハヽ`   xx / i|  |l : : : : : {:}
           : : : : : : : : : : : : : : : : : :}{´ノ il` ヽ、  ` ´  /=, | l |ヾ : : : : : {:}、
           : : : : : : : : : : : : : : : : : : {:/ イ ヽ > 、 _ , /r/〃l | | ヾ   `{:}
           : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }{´ ̄※r、    ,,※`-ィ_ : : : : : : : : : : :{:}ヽ
           : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.{:}  `※r、 ,,※"   `ヽ: : : : : : : : : :`{:}、
           : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :}{    `※※"       ',: : : : : : : : : : }{
           : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :{:}  i            y !: : : : : : : : : :.{:}
           : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }{  l´: ̄  ̄"ヽ,. -- く  l: : : : : : : : : : }{:
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



             「それが、薔薇水晶っていうキャラクターの魅力であり強みだろ!」

.







149 :名無しのやる夫さん :10/02/02 20:02:04 ID:i1kj+JEM






      ___
     /     \
    /  _ノ '' 'ー \
  /  (●)  (●)  \     うーん… でも、あんまり好き勝手やっちゃったら、
  |      (__人__)    |    薔薇水晶にも悪いしファンの人に怒られそうだお…
  \      ` ⌒´   /








               / ̄ ̄\
              _ノ  ヽ、  \
             ( ●)( ●)   |
             (__人__)      | ../}
.      _       ヽ`⌒ ´     | / /    __       だから、さっき言った薔薇水晶の要素と
   (^ヽ{ ヽ      {        ./ /  . / .ノ     彼女自身のキャラクターをよく把握しておくだろ!
.  ( ̄ ヽ ヽ i      ヽ      / 厶- ´ /    俺がさっきまで上げてた要素は、あくまで基本中の基本だ!
..(二 ヽ i i |,r‐i    ノ.   ヽ /     /           
   ヽ   /  ノ  /    r一'´ ー 、   ̄ ̄ ̄)      
.   i   {   イ―イ /   .`ー―. 、__ .〈 ̄ ̄      人間関係や日常生活の描写が乏しいって言うんなら、
    ヽ. `ー '/   /           /\ \    アニメ版では描かれなかったそれらのシーンを描いてみせるだろ!
      `ー '  ̄ ̄!           |  ヽノ                
 







                      ,, -‐ 、
                     /'    ヽ
          / ̄ ̄\      ./      i
        / ._ノ  ヽ、\    /    ...........i
        |  (●)(●) |  /   ..:::::::::::::::|
        |  (__人__)  |  /  ..::::::::::::::::::l
        .|   ` ⌒´  .} ./  ..::::::::::::::::::::!
         |         }/  .::::::::::::::::::::/
         ヽ       ./   .:::::::::::::::::::/
         .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/   彼女自身についても… 基本を押さえた上で、あえて真逆の個性をつけるもよし!
      ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/         個性の弱さを逆に個性ととらえて、彼女の内面に迫るもよし!
   ..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|
   :,'      /       !.:::::::/:i..:..l                そこは作者の腕の見せ所だ!そして…
   r   、  /           !::::::::::: i..:..i         薔薇水晶は、その試行錯誤の努力にきっと応えてくれるだろ!
   l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i
   !  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i
   .! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ
   .ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
   / \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、
      `ヽ   `、  .::::\:::::::::::::::|::::::::: /,,   ,. ‐;''







150 :名無しのやる夫さん :10/02/02 20:03:25 ID:i1kj+JEM






       ___
      /      \
     /          \
   /   ⌒   ⌒   \
   |  /// (__人__) ///  |             …よっし、わかったお! ちょっと難しいけどお…
  . (⌒)              (⌒)         薔薇水晶ちゃんをかわいく描けるように、がんばってみるお!
  ./ i\            /i ヽ








         / ̄ ̄\
        /   ⌒   \
       ( へ)( へ)  |
       .(__人__)      |
        l` ⌒´    .|                    その意気だろ、やる夫!
        {          .|             お前だけの薔薇水晶を、描ききってみせるだろ!
        {       _ |
       (ヽ、ヽ   /  )|
       | ``ー―‐'| ..ヽ|                   (…そう、描いてみせるだろ…)
       ゝ ノ    ヽ  ノ
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄






  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              ´´ /./| ///!.  /  ! /   l | !    ゙iヾ、ゝ
                |/ '/i l i  /!  | l !   | | .!  l ト、|
               / / .| | !.__i !  |.メ.|   i l !  ! l i `
             / イ   ! |l  l ト 、i l ! ! ,-、!/ /  / .i .!
   .        // /   .i| ! !!_」_i,,__|`ト l 、《/レ‐-/ //
          //  /   /| !ii l|T。 Tヾ  i メrゞ=;;〈/ /〈
   .     //   /   / l |〉i i .ゞ‐'    《〈トK》 / X ヽ
       //    ./   / i |;ゝ      , ヾYイ  ' !`ト、\
      i {     /   /  ,' |', |`ヽ  -   ,/| li  | ! ‐`: 、
      l ヽ   /   /  / !ゞ..| `ト ..  イゝ ! i  / /_,-‐二ゝ
       ヽゝ / / .! .|  /⌒ヽi .ヘ    |    .i   |/   /
    .   /  / / ,'  | /     ヽ ヘ_   V     i   |  /
         / / / // /      `Vヘ` ` ̄ \ .i   |/
        / / // // i       レ  vヘヽ  、   `<、|
        i .,' // // |       i    } }ソヘ- 、` _ 、=-`、_<
        | |// //  i       ,ヘ _-'| i:: :: :: :: :: :: :: ` .:: :: :: :: ` 、 バイーン!
        | Ⅳ | |   |       / /::: :| |:: :: :: :: :: :: :: :: ヾ.:: :: :: :: :: ::Y
        〉 |  | |   |      /´:: :: ::://|:: :: :: :: :: :: :: :: :: i;:: :: :: :: :: :: !
       /∧ | | |  |     ∧::__| | |ヽ.:: :: :: :: :: :: ::,.イ ヽ.:: ::: :: ::ノ
      / / ∧Ⅵ |  !     /  ト、   Ⅵ|  ` ‐---‐ '′  、` 、-イ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


           (俺の… 俺だけの薔薇水晶を… うひひひひ…)


.







151 :名無しのやる夫さん :10/02/02 20:04:59 ID:am5/n1Nv



きめえwww


152 :名無しのやる夫さん :10/02/02 20:05:26 ID:7ME7TSAT



おっぱいか、おっぱいなんだなwwwwww


153 :名無しのやる夫さん :10/02/02 20:06:19 ID:5Ampn5Md



それは基本だろう、漢の浪漫的に考えて……


154 :名無しのやる夫さん :10/02/02 20:08:00 ID:i1kj+JEM







       / ̄ ̄\
      /   ⌒  \
      |  ミィ赱、i .i_r赱
 .     | ::::::⌒ (__人__)         (ドール中、一ニを争う隠れ巨乳の彼女…)
 .     |     トエエエイ
 .     ヽ    し`""´}          (俺色に染めてやるだろ… うししししし…)
       ヽ     ノ
        /    く








           ____
         /       \
        /   ノ     ―
      /  U  ( ●)  (●)'
      |         (__人__)  |              …や、やらない夫?
      \        ` ⌒´ /
      /       ー‐  '










    ,'  |    |丶/ヽ.|、``>一'_'ノ     ' ,     ノイ /メ/ /⌒ト、  ヽ l|
   /,' /|    |  /丶ノ、ゞく{ ̄´       ` ′ _, ィ /´l|//イX!  |   (_土--― 、
   ,' l ,' l i || ,'  _L,__ヾj{L...,、 ゝ,===-" ´ノ ,' /|f リ|l/Li /|  ,. ノ |
 . / l,'  、 l l ' /  rナヽ )``ゞ、`  ` ― _ ニ´  /イリ / ル八/|/ ナ´   ',   r
 /   |  ', l l {   fメ、 Yゝイ`l`` ‐- 、、__ , イr―メ、__ソ/ ヽj/ ,'   f'「 ̄´
    ,ト、 ', ', ', 、  | ト) l( ヾi、ヽ、:.:.:.:., - 、_j:..i:.l:./ヽ /丶、/ / /| ;    、L、
   ハ   、 、; 、|l メ、 l ヽ ヽ ゝ-‐'   ̄了:.:.:.:.:.ノ |  /、   ヽ     メ、




                「 … 残 念 で し た ♪ 」


.                      





156 :名無しのやる夫さん :10/02/02 20:11:19 ID:i1kj+JEM






             , '
             〆
           //                       _,,,....-::::,,..-;:'
           ノ /                  _, -=''""""    =--、,、`,"+`ゞ,;:
          /  i                   _,.-'^ "              ̄=.、".
          ,i  |i                  -'^               \`,`,;⌒`;・",;+
         ,'  |i                 >                    ミ`+,;:;"・ヽ` `
         i|   |i                :"  ._=__            ヽゞ,:;*ヾ"`丶 ┼
        i|   .|i               /  彡  .       -ミ、         ミ   `,;:"
        |    .i、              /〆"           \       `i       丶
        ゝ     i、                            丶      |i     +   +
     '   i|      ゝ                             ミ     .ミ
         .i|      丶                            |     |l    /  +
         .i|       \                            .i|    |i      ´
          .i|        丶   .                      .i|    |i  ゞ
          .i|        丶丶、、,,                   i|    |i  ´`  +
           i|         \ゞ`                   j|    ,/  '  /
            i|、       `\ 、、,                 .i|   ,/;:";:|;,/×
             ゝ       `丶`\ゞ                i|   ,/";:`, 、 丶
               \  ,.   ミ\丶 `               i|  ,/`,;:ノ`,
                 `;丶\丶  、`丶              .j|  /;`,;:+
                       \ 丶              / ./+``
                           \            ././  ,'
                                       /"`;丶
                                     / `,
                                     '
                                  /    ゞ


 
              「 ぎ ゃ あ あ あ あ あ あ あ あ あ っ ? ! 」


.







157 :名無しのやる夫さん :10/02/02 20:13:10 ID:7ME7TSAT



ちょwwwwww 用済みになると消すのかいwwwww


158 :名無しのやる夫さん :10/02/02 20:15:42 ID:i1kj+JEM






       ____
     /:∪::─ニ三─ヾ
   /:::::::: ( ○)三(○)\
  (:::::∪:::::::::: (__人__)::::: i|      や、やらない夫?!
   \:::::::::    |r┬-| ::::ノ  
   リ::::::::    `ー'´  ::\  










    _______________________________
   |  _ノ   :  : : : .: : .:  /l : /l r::::;=-‐ ト、 、 :.  :.  ::  ::  :    ヽ_.  |
   | ̄     .:   : :. :. .: : .: ,.ィ^ヽ._l/ ,i::iヘ l \.Lヽ幵―升、 .:  .:.  ::.    :. `ー-|
   |,ィ  . . :   .:  :. :..:、-‐√/ヽ入(゙-'y' ゙゛ "´ _,.-=半=、, `y .:  :. :.   ヾー--|
   |/.. .:     .:.   :. :. :`〈_>込y .〉v´     .:フ´!゙( )゙} /:::/ .:   :.  :.    `ヽ、|
   |:      .:   :. :..: ,iレ´乙ー'_/ l     .::::... ゝ-‐'"..:/,.イ.:    :.  :.. .     |
   |        .:     :. :. ヾ:`=ニ<^ー-、!  ..::         / / ,i:    . :.  :.. :.    |
   |      .:      :. :..、`つ::ノ     .:::::      く   i /.i   .:  :.   :. :. .  |
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


            「惜しかったね… あとちょっと、だったのに…」








    _______________________________
   |,-‐'´/   /:: : : ::/: : : :/ ,.i:: : : : : : :,イ:: ::/ l:: :/l: : ∧: : i: : : : ::\   \\.   |
   |r‐'´   _/: : : : : :/:::: ̄/≠干-ニ_.//: :/、_,l:/-刊 「゙ヘ.: :i: :!:: : : ::`ー-. _〉: :>  |
   |_,.. :-‐::´: : : : : : :/: : : :rr‐r―キニ_ /`./, ヘ,七'/ァ┘ /モ`l::|: :丶、: : : : γ",r´゙ー..-|
   |: : : : : : : : : : : ノ:: : : ::/゙! {. | ゙} ヽ`"  :i "ζ゙|./水冫 l !ヘ: :、:.`ー: -ゝ、丶._::_|
   |: : : : : :.:-―: : ::ノ/::∧::::::::.゙ー-‐'...:::      ゛、 ヾ'</ ,.くl| l丶ヾー-:.:,_: : ::.`―--|
   |: : :.:ノ´: :_ .-‐:::::/./ゝヘ::         .::    ` ‐-‐"´`) ゙メ‐´ヽ゛、::::::::: ̄`ヽ.:: :::|
   |: :´: ::,ィ´:::::::::::://::::::::::::ヽ      ..:.:::         ̄´ /:::::::::::::`、丶::::::::::::::::\ |
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


 
                       「………」



.







159 :名無しのやる夫さん :10/02/02 20:17:34 ID:am5/n1Nv



K,KOEEEEEEEEEEEEEE!


160 :名無しのやる夫さん :10/02/02 20:27:35 ID:eP5fZhKQ



あれ、終わりかい?


161 :名無しのやる夫さん :10/02/02 20:28:40 ID:i1kj+JEM






        ____
      /ノ   ヽ、_\
     /( ○)}liil{(○)\
   /    (__人__)   \              ま… まさか?! 
   |   ヽ |!!il|!|!l| /   |        ふたりとも、なんで、やらない夫を?!
   \    |ェェェェ|     /








  _Yrミx < //  / `丶_<>¬、  \   
  /r=、rヽ ゙も' ヽ    -‐¬((゙Y句⌒) 、  ヽ
  /((介光))ニ          ゙='イ トーラ、ゝィ′  
/、))///"  // l、\ \ \ ヽl X 、 ll l ト、    
/ Y//〈(ノ///l l ll、\\ \ \丶゙ー"、l l !冫   
 ∧/ / /l、/ l ((ハ '、ヽ\\ \ ヽ\丶\ l ヽ 
 l ll ハ! l/イl _L_ヾl ヽ\_」ュヽ__ \', ヽ',\.l r,ノ 
! ! V ハヽし//ン \ ',\_,ュ、、\丶l、l ハl  ヽヽ  だって… この人、ちゃんとこの子の事紹介するって言ったから
∧lヽヽ l V〈〈 〈必〉、〉  /f'愆㍉l l l l/l lハ ヽ丶`  見逃してあげたのに… 大事なこと、忘れてるんだもん…
∧ l l八 lハヾ、ゝ彡゙   ` '′ハヽl/ l! l ', 丶 ン              
/ l !:! ! ハ! ハ )ソ 、_'_    イニヽ.Vメ、', ',  丶           この子、薔薇水晶はね…
 l/ !/ハ_ :!/ ヽ丶、 ` ´ f⌒)亠、八\ l 丶\ 
/ /'/イ//∧丶\_ >.<r~'    \ \、 \\











「目的のためなら、手段を選ばない… 圧倒的な力で、薔薇乙女たちをねじ伏せてみせた…」




            /  / `ゞ、;;;;`ヽ、// /// /  / /|ヽ ̄ 、''' ー- 、
            .!  〈  | ヽ`ヾ、;;;;::ニ=‐/ i  l l  l 、 \`ヽ\ \
            |   、 ヽ ノ// / / /  l  /i i |! l、 lヽ \ \\
            ヽ   \ \ / / / /! . | |`||゙||. |'i │、 | !、 ゙、 、ヽ\
             /\    \ \/ l | l i | |,,,||,,||、| | |. ! l! |ヽ |、ヽ\ゝ`
           . / / /\    \ \{ / | | |、 |:゙ ..:;〉゙ゞ;、 |`| !l | | 、  ヽ
           / /l/   /\   ヽ\\ |l |、|V ̄`゙''-、゙ ヽ! |!ヽゞ''i  l  ゙、
           / ! / / / \  \\\ ヽ        〈 |(仆j、 |、| !
           //| / .// / ! lヽ ヽ \\、 \          j、/ソ〉 | !|、|      
           / ノ//// / l | }   !ヽヽ ヽ  ̄       ´ ̄、ノ゙、ヽ| j          ……………
            / / / / / l | l   } ヽ\ ヽ     -─-ニ  / 、\
           / | / /.// ! l |  l | l ヽ !          /ヽ  l\\_
            イ ///  / /'j  l | l .ノ/       /ヽ    ヽ `ー-、ヽ
           / |// /  //l | /  l ! |  /  __ /   \   \   | |
           / / /  //l /   l l/ /''‐-‐┴-、ノ⌒''ー'´ヽ、ヽ    \  | |
 



                  「…強力な『敵役』でも、あるんだから…」







162 :名無しのやる夫さん :10/02/02 20:35:32 ID:i1kj+JEM






        ____
      /  ノ  ヽ\
     /  (○)}liil{(○)
   /     (__人__) ヽ
   |       |!!il|l|   |
   \        lェェェl /       そ…そんな! だからって、ひどすぎるお!!
    /         ヽ                こんなひどいこと…!
    しヽ        ト、ノ
      |    __    |
      !___ノ´  ヽ__丿







 /l l |//__,,/  / , '/ ./ /  //’./i////i |
  ヾ'"" ,-ー_’''ー< / ./ ,'  ,λ/ ////i/|/
 . / ,-'"/ _  ト<二=、,,,'ノ/ /// .l |'
 .>l ,'"l ん、."ゝ l(// ,' / ///// / /i
 .( ゞl l C))//.,イ .)l .,' / / ///ー-,,/l|
  ヽ|'、 ヽ、_,,/丿/|.| .' / ///// / /"'-、
    ー;-- ,,__人ー l |/ i///  /// / /
     "'ー--' .) )     / -ー'==''-' 、
      , ー--'_丿       /’,--、ヽヽ           …さあ、やる夫さま? 約束どおり…
      ( (,          ( ((_ ,  l ',       今度こそ、誰にもジャマされずに… ふたりっきりで…
       "  '        、ヽ、__,,ノ ,l
      、、           ヾ   '"
      ヾミ 、               ,
 、      '' ミ __、           //
 ヽ                  ,,-"///
 l| \              ,,-"/////
    ヽ、_        _,,-"l//// // ,
        ̄"'''''''''''''''''   ),./// // /








    ,. -‐──────‐‐- 、
   /          ・    ヽ
.  /            ┃     |
.  |        ,人 __ ┃_    |
.  ヽ        }  ( Y )     |                    ま… 待つだろ…!
   ヽ     ノ  (;;;;;)(;;;;; )     |                 説明はまだ… 途中だろ…!
   /    く    \  /~   /
   |     \.    \__/
   |     |ヽ、二⌒)







163 :名無しのやる夫さん :10/02/02 20:42:52 ID:i1kj+JEM







          /  l/ , / / /   ! !     |  |   i| /Y ニYi i
       /   / // l/i /  l ,! ,  |   !   ||.:i 人式i| |
        /   /   ,イ /   l  )/   l  /   / l|::|! /^Y^i |
      ,/  / 1 !(( /  ,rr=' l/  /l  /  / / l::|  _ノノi |
      /  /  | |:.:〉こ二仆 l /1 / l /  / / |.:|(( _ ノ  |
    ,/ /   | |:〈{ (Y) ) )}l/ l / ─‐- 、./ / /^i^7     |
    / /     〉トト、ト、こ ニソ    r==ミ、 ヽ| ,/ / |/     ,′   あら… もう充分、紹介していただきましたけど…?
   ,/ /     // V^l/ ー‐'′     { ,fか} 〉i::/ / /   , /          だから、あなたには… もう用は…
  / /     //  l{ _)           ゞ‐‐ < :/ィイイ /   / / |
 ,/ /    //  |,.ヘ   ヽ _,      /   / /   / / .!
 ′/   人//  /(⌒) 、          ,.ィ:/   / /   / /  .:|
  / /    >イ   入L1 >‐──一<⌒/   / //!// /  . :.|
 _/    (  〉二ニ   / ⌒Y⌒ Y /   ,/ /  |/ /  .:.:::::|







         / ̄ ̄\
        /# ヽ、_  \
       (○)(< ) u |
       (__人__)    |
       (`⌒ ´  #  |        
   .     {           |
        {        ノ              …へっ! 聞かなかったら、きっと後悔するだろ!
         ヽ     ノ              なんなら、地獄まで持っていってやってもいいけどな!
        i        、\ ;
        |   !    /__} ;
       ,-| . |ー-、/ ゞノヽ
      {_ i、___,l   |    | ;
       )ソ(___i)---|    |
              ゝ-i--i´ ;
                `-゙






 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ',  / | l | |  ハ  |',.l ', ('´ | l | l  ,.ィサ「l_,_」_, ハ メl |  l,/ ,'| l|
   l ∨', | | | |,ィzx、 |八 、 f{i, l、l /', ,ィ'´ !,:',ィ:'"::::`F/l/ l |  / / l l|
   | l ',|l トl、'^ヘ、l  ヽ{li} |ヽ∨`リ .:,:'/:::::f'i}::::::::}リ/ノ l , -┼y' l|
   | /!  、N ハ. l',  {メ、 , -‐fヾ'、j ','、  _'ム:::::::`'::::; イ/ /ん/  / /}  |、 ピク…
   |,' |  ', ∨'、',| ヽ 仏メーこミ、,ヽ  ヾ:  `" ` ― '´/ソ |' /`ー;' ,'| ハl
   '/ |   '、,ト、ヾハl `l_fi,く(ン、リ7   ';,       ,' ,' ハ/   l / 、 / l|
   ,'  |    |丶/ヽ.|、``>一'_'ノ     ' ,     ノイ /メ/ /⌒ト、  ヽ l|
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                       「…ハッタリは 嫌いですよ…?」


.







164 :名無しのやる夫さん :10/02/02 20:49:22 ID:i1kj+JEM






                , '⌒ヽ、     / ̄ ̄\
            /    ,. -ヽ  ./ ノ  \ \
     __     | 、    ノ__ .|U (●)(●)#|
 /´    `ヽ._/   `ー/´  ヽ.|_  (__人__) .|          
/            \  /       / `ヽ;;;` ⌒´ |       ハッタリなものか! 説明してやるから、よく聞けだろ!
{        ,.     y′     /   /ヽ    ノ                     そう…
丶. _ .. -‐ ヘ    /       /    /   }  /
          ヽ            /    /   l  ヽ
           ` ー、               .ノ .. |
            ヽ.__         /  ... |
               丶--―‐--'´






ヽ  ! | !ヽ l__! |    ! `l | ト、  `  l  | l   l  !   !
 ヽ l l/  ∨ `7ーr‐-、ヽ l V.∧     /__,//  /  l   l
   ト!   l  /  |仆 l \`  ヽ、  .{ / 7  / / |  l
.       ! |   lノ | ./     ヽ、/トr‐t-、/ /  l /
       ゝ,ヽ  _,ノ /        |>、 ( ラ> '  ! /
        ´´ ̄ ̄            ト、r、ノノイ┐ l/
                      ヽr‐'ー-′                     ……………
                      /
                     '´ l
                      /
、                    ̄`¨  /
:.ヽ、_                   ´ /
:.:.:.:ヽ ̄`ー‐- 、          /







            「 お 前 た ち ふ た り の 、 『 関 係 』 を な ! ! 」







               '     \ト 、 \ヽ!ハ ヾ, |. !  ヽ
               / ,.   l   ヽ|\\ \ヽ\ \,!    \
              ,'′.|   |\., |\\, イ | . ヽ \     ヽ
             , ┤  |   | ヽ\|∧/!|,ハ_|ヽ|_| | \      !
            l l´|  |   | \\!! '\j/ー 、`' ヽ!    !     |
           __ ゝ=|  l   ヽ\`|!ヾ!/ハ ・ | / !   、
           ヽ | |ヾ | \ ,.=、ヽヾリヾ" `ー ', イ  |   | 、\
            l 、_ゝ! ヽ  | |ヽ |!\ヽ   `     |   | \\              ふふふ…
            ヾ `ーヽ \ ! !,_-_-、         |   |  !\\          おもしろいことを…
             |ヽ \ \V´r( _,ハ, l   .        |  |,_ l\
            /´l、 \ ゙ーゝ_ゞ__ノ_ノ_`    /  |  .|    ^7  ,
           ,イ  | \. \ ヾ`ー!ハヾ、_)  '     |  ,  /、__!  /
          ! |  |  \,   !   ハ\._    _ ' !/ イ__  ' ,
        r 、' | |  |    l´ヽ l \   ヽ\ ̄|!>/ / _,..--ォ/ //     









   【キャラ紹介 雪華綺晶&薔薇水晶 薔薇水晶編 おわり 「??????」編に続きます】  






















      /^>》, -―‐‐<^}
     ./:::::::/,≠´:::::;::::::::ヽ.            右目に眼帯をしているのがきらきーさんで
    /:::::::〃:::::::::/}::::丿ハ            左目に眼帯をしているのがばらしーさんなんですね
   ./:::::::::i{l|:::::/ ノ/ }::::::}
   /:::::::::::瓜イ-‐ ´ ‐ ,':::::ノ
  ./:::::::::::::|ノヘ.{、 ( フ_ノノイ
  |:::::::::::::::| /}`ス/ ̄ ̄ ̄ ̄/
. |::::::::::::::::|(_:::::つ/  FMV / カタカタ
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\/____/ ̄ ̄ ̄




 .レニイ.|,lト、 |、  |!、 |    ,/! ,ィ     !|
. /ノ ハ!十寸ニマT \|   /+/-!_j  ,ィ!
//!   ! _゙__ヽ--ヽ  ! ,/ナ'´ レ1 //
/ |ヽ  ヘ. 弋歹ヽ   j/ 弋歹/´7    ,.、
  ! |.\ ヾ ̄´       ` ̄ラ ィ!   ./ .}           カレイとヒラメの見分け方みたいよねぇ
 八!  i\_\     ′ _,∠_,ィ1l   ./ ./
- 、|.|  レヘゝ、  ー ァ  /  l !l  / ./_,.--ー
:::::::|.|  |:::::::\゙> __ ,イ l   |,. ‐::/ ,イ、::::_::_::_::
:::::: ',!  |::::::::::/^「介、  ! .!  l__:::/ノ / `ヽ::::::::
、:::::∧ .!:::::::/:::::レ l|:、〉-'^::|  |::::〃 ./、У./\::
::ヽ:::/\∨ヽ!::_::| lY:::i}ト、:::! ,/:::У ' Y_/ / ノ!
:::::∨:::::i\ヽト:::/!  ヾ、!>‐l| /!::::::|      ー'ーン′
:::::::ヘ:::::レ´ヾ└V!   ヽ //! |:::::::}        /




          ,ー、   __    ,ー、
        . / ヘ 〉, -´ー・ー 、 `ヽ/ ヘ 〉
         .〈〈./: : : : : : i : : : ヽ〈〈 ⌒ヽ
        i :/,: : : 人: : :ト、: :U : : : :゛: : :.i             いや、あの一応姉妹なんですし……
        !〃: :/ .ヽ :!  ヽ: : : : i、: : : |
        |レ! / ●   リ ● ル: : !┐ : : |
        |: Vl⊃ 、_,、_, ⊂⊃::/ .」|: : : : }
        /⌒ヽヘ ヘ   ゝ._)   j,./⌒i !: : : : i
      \ //:::\>,、 __, イァ.i´⌒ヽ|: : : : :i
.        //::::::::::/ `V{__}V´==.|::::/ 7.|: : : : : |
       ゛‐-- ´   .ハ    |ー-/ ; : : : : ノ





              ,. ,,,,,-;;{@};;;;-,,、
           /;;;,'''- ― - 、;ヽ丶                        別に構わないわよぉ
             /,.ri ! ト l ヾ,.ヽ lヽ ヽ
          i| !ト、ヽl、| '´!レ;=ミ | lY,‐!                        他の連中は赤い不人気、緑のツンデレ
          |l l レイ,=ミ、 ´ ゞイl ! !.:i                        黄色いデコに蒼いボクッ娘って覚えればいいのよ
          ヾヽlゝゞ'  、 __ |l l rj|
             !lヽ   <  j l |イ|,|
            | i ヽ、__`´ ,iィ !_j |       ,_,___
            | | i!ゝ>,.二=レ'  >‐-,. =、-- ‐'":::::::;;ノ___
            |_ii >-- 、   /::フニ--、j ::::::::::::::::::::::::::::::::::〆
  _, -― 、    _|,.- ィ薔7/.: .\_/.\_//!r'⌒丶rニ 、__。 :::>" ̄ ~
 ァ:::::::::::::::::丶r' '7.::..::| _j/::. .:::::::::::::::.:.: |シj{_  - ┴、--‐'´
  ´イ:::, -ャ/:::::|.::::. :「l.::::.  :..::::::::、::/ヽl//7´  ヽ、 `ーァ
   レ  / \:::::ヾ:::..ヽヽ::::..  .:::::::.l ::. ::ヽ |  ヽ._  l ̄
      ´しイ:::::::ゝ=oゝ>:::.-- ' :::::::| !:i::.:::::jヽ、_ __ , j
      ィ'::::::::::::::j.://:.. .::::::::::::. :::.!j.::::/ ! l l l ! l l |
    /- 、:::::::://ハl::::::... .:. :.:::::::.. /  ヽj ! !l j | |
     「 ̄二!〈ィ::::// !l:::::::::::::.:.___:/      丶'ヽ! ´




          ,ー、   __    ,ー、
        . / ヘ 〉, -´ー・ー 、 `ヽ/ ヘ 〉
         .〈〈./: : : : : : i : : : ヽ〈〈 ⌒ヽ
        i :/,: :U :人: : :ト、: :U : : : :゛: : :.i         そんなマルちゃんのカップ麺みたいなこと言っちゃうと
        !〃: :/ .ヽ :!  ヽ: : : : i、: : : |         他の人のファンに怒られちゃいますよ
        |レ! / ●   リ ● ル: : !┐ : : |
        |: Vl⊃ 、_,、_, ⊂⊃::/ .」|: : : : }
        /⌒ヽヘ ヘ   ゝ._)  Uj,./⌒i !: : : : i
      \ //:::\>,、 __, イァ.i´⌒ヽ|: : : : :i
.        //::::::::::/ `V{__}V´==.|::::/ 7.|: : : : : |
       ゛‐-- ´   .ハ    |ー-/ ; : : : : ノ





:::.::.|::.::.::.: /.::.:/.:: | l::.::.::.::l | :::|l::.::.:j.::.::.::.::| ::.ヽ ::.::.::ヽ::.::
::.:: |::.::.:: / |::.:|:.:: |:l l::.::.::.:l | ::l:|::.::.ハ::ヽ::.:|:.. :|. ::.::.::.:l::.:
:: :|::.:. | |::.:|:.:: |::l l::.::.::l |::l::|::.:/::.:| |::l:.:|::... |:.  ::.::.::|::
::. |:  ||::|:::. |::ヽ ヽ:l | |::|::/ ::.:j |:: | |::.::.:|__  ::.::.:|::
: .. |  ̄ 丁 ¬ ト: | ::.\  | |::|/_,,.. ィ¬ 厂::.:リ|:l ::.::.:|::
: .. l气==|‐ァ=ミメドー   \ | | 彡イ斗‐<==戸|:l ::.::.:|::           水銀党員全員集合!!!
::.. ∨ \| { li } ヾ゛         ゙´ { il } /  |:l ::.::.:l::.
ヽ. \  ̄`ー‐≦=-        -=≧=''´  //   /.::
: :.ヽ  \        i:l           //   イ::.::
  :::l\  \       ノ:|              // /.: |::.::
  ::.l::::`ヽ、\     _        ///..::::::::|::.::
   :.ヽ::::::::::\     ´ー`     ...:::::::::::::::::::::::::::::|::.::
::..  ::..\:::::::::::>        イ::::::::::::::::::::::::::::/|::.::
\:..  :::..\:::〈 ト、 `  __  ´ ノヽ::::::::::::::::::::/  |::.::






                  お呼びですか銀様!!

                   _
                  / jjjj      _
                / タ       {!!! _ ヽ、
               ,/  ノ        ~ `、  \        _
               `、  `ヽ.  ∧_∧ , ‐'`  ノ      /  `j
     ∧_∧_      \  `ヽ( ´∀` )" .ノ/    /  /`ー'
    ( ´∀`)  ̄"⌒ヽ   `、ヽ.  ``Y"   r '      〈  `ヽ
   / ) ヽ' /    、 `、   i. 、   ¥   ノ       `、  ヽ∧_∧
  γ  --‐ '      λ. ;    `、.` -‐´;`ー イ         〉    ´∀)    ,-、、
  f   、   ヾ    /   )    i 彡 i ミ/         / ノ    ̄⌒ヽ   「  〉
  !  ノヽ、._, '`"/  _,. '"     }    {         ノ  ' L     `ヽ./  /
  |   ̄`ー-`ヽ 〈  < _ ヽ.    /     `\      / , '    ノ\  ´  /
   !、__,,,  l ,\_,ソ ノ   /   /ヽ、  ヽ.     (     ∠_   ヽ、_, '
       〈'_,/ /   /   /  ノ    ヽ.   )     i  、      ヽ
           | |  イ-、__  \  `ヽ    {   f  _,, ┘  「`ー-ァ   j
        l.__|   }_  l    \ \   |  i  f"     ノ   {  /
        _.|  .〔 l  l    ノ  _>  j  キ |  i⌒" ̄    /  /_
        〔___! '--'     <.,,_/~  〈   `、ヾ,,_」       i___,,」





  |         |  |      ________________________________________________
  |         |  |_____ΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦ||ΦΦΦ
  |         |  | ̄ ̄ ̄ /|                    ||
  |         |  |   / /|TTTTTT   TTTTTTTTTT||TTTTT
  |        /\ |  /|/|/|^^^^^^ |三三| ^^^^^^^^^^^||^^^^^^^
  |      /  / |// / /|
  |   /  / |_|/|/|/|/|
  |  /  /  |文|/ // /
  |/  /.  _.| ̄|/|/|/         ∧_∧
/|\/  / /  |/ /           (___)     うぉーっ、銀様のお呼びだ!
/|    / /  /ヽ            /〔 祭 〕〕つ
  |   | ̄|  | |ヽ/l            `/二二ヽ
  |   |  |/| |__|/   ∧_∧     / /(_)
  |   |/|  |/      ( ´∀`)   (_)    ∧_∧
  |   |  |/      // /  ^ ̄]゚        (`   )
  |   |/        ゚/ ̄ ̄_ヽ         ⊂〔〔 祭 〕    乗り遅れるな、このビッグウェーブ!!
  |  /         /_ノ(_)          ┌|___|
  |/          (__)             (_ノ ヽ ヽ
/                                (_)





                      ''';;';';;'';;;,.,    ブーン・・・
                       ''';;';'';';''';;'';;;,.,   ブーン・・・
                        ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
                        ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
  やる夫板2nd   rっ        vymyvwymyvymyvy、
  からきますた   ||       mVvvMvyvmVvvmvyvmVvv、  
             |/⌒ヽ /^ヽ (^^) /^ヽ (^^) /^ヽ(^^)/^ヽ  やる夫板Ⅱからきますた
             (^ω^ )(ω^ )/⌒ヽ(^ω^)/⌒ヽ^ω^)  ( ^ω)-っ
       /⌒ \   |   _二二二つω^ )(\ ( ^ω^ )二⊃ /⌒ヽr 
   ⊂二(^ω^ )二ノ   /( ^ω^ )  ⊂二\\_/⌒ヽ二二( ^ω^)二⊃
       ヽ    | (´ ._ノ ヽ   /⌒ヽつ  \( ^ω^)  |    /
        ソ  ) \\⊂二二二( ^ω^ )二二二⊃ ⊂_) ( ヽノ      パー速からきますた
       ( < \  レ’\\   ヽ   /   i ) ノ     ノ>ノ 
        \|\|      レ  (⌒) |   /ノ ̄     レレ





                     ,zタイ       i ´`ー、_ヽ                  ,j
                , -,r'´  / /    l  i  l ド l_ , -、        /:l
                水//   i /l     ,/ _/_/l / ヽ‐z‐'- 、_     /:./
           / /イ l   lヘハ,_  /l/レ'イ__レ,i   トイ          /:.:,' / , -‐
、               l ! l  lj '´ゝ '゙    ―…' /  , li \     ,.':.:.:.i /:.'´:.:.:.:.:
:.:.:. 、    ト、       Vヘ ! __,. -'  ,      ∠. イ  l '、      ,.':.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.':..、ト丶:.:、     | ヽト,     _, - ァ     l   l 丶   ,/:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : : : : :
:.:.:.: : : : :.:.:.:.:丶:.:.:.ヽ   /ヽ  ト、      ̄‐     /|   l  ヽ /:.:.:.: : : .: : : : : : : : :          アンタ達、私は何かしらぁ?
: : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:/    \l ゝ 、     ./ ,l   l    /:.:.:. : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : :.:.:.:/   , /   / >‐-z::ニシヘ./  //   ;:-‐'´:. :ヽ: : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : //  / /:\  / l 〈二f:.ハ:. :. / , /  /:. :. :. :. :. :. :.\: : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : lイ  l /, -‐-ス、,' /:. :/  ',:./'´>xャ‐:.':. :. :. :. :. :. :. :. : . :.>、:_: :
:.:.:.:.:. : : : : : : : : : |:l  l/:. :. :. :. :. :.ヤく:. :./- ‐|:./´〈l:. :. :. :. :. :. :. :. :, -:. ´:. :. :. :./:
:. : : : : : :.:.:.:. : _, -‐'ヽ !:. :. :. :. :. :.kj   ´__ _    /ト、:. :. :. :. :. :./:. :. :. :. :. :. :/:.:.:
, -,:.'´‐ァ'´: : : l:. :. :. :.、ヾ:. :., -、:. :. ソ イ´_,_.j   iー、/ _l 丶、:.,、:. :. :. :. :. :. :. :/:.:.:.:.
   ≦:.-‐: : : ',:. :. :. :. /,父.__ Y´ i  fヘハソ , -‐ '´ {, -,、_ ソ丶、:. :. :. /:.:.:., -=
    ゝ-‐/-‐'´ゝ:. :. /ーイ    ´`'ー 、 ゞ='"/,        ノ‐- ん-、_ ` ーャヘ丶:.:.{
   /    r‐-,z:/ ,ノ         、 \//        {___   ノ __`  L.´`ー-、\
  /   r‐_-/´,/ ノ{, -‐ 、   、  \.と.// .ィ , -‐'´ /_   }__  r'ー-  ヽ:.
, '   __/j -' ノ  う   ヽ. ヾ'i 、 ヽ(/// /_    l      |   '-t‐     |:.
-':.´:. :. ,-' f   ', イ'、    \ヾャx'ー'¨´ f/ノ:.r'     /----  f―-- /-‐  /:.
:. :. :. :./  -{     ーソ |      /:ト':.:.:.ヽ,f:.´:. :. :.!    f´'ー-   }ー-  / ´  /:. :.







  闇を纏いし逆十字!   ローゼンメイデン最高傑作!   姉より優れた妹などいねぇええ!

    _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.
  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡
  (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.
   |   |     |   |     |   |     |   |    |   |     |   |     |   |
   し ⌒J.    し ⌒J.    し ⌒J.    し ⌒J.   し ⌒J.    し ⌒J.    し ⌒J





     ┏━━━┓                               ┏┓┏┓
     ┃┏━┓┃                               ┃┃┃┃   ///////
  \  ┗┛  ┃┃┏━━━━━━━━━━━━━┓┏┳┓┏┓  ┃┃┃┃   //////
\\\    ┏┛┃┗━━━━━━━━━━━━━┛┗┻┛┃┃  ┃┃┃┃   //////
\\\  ┏┛┏┛                            ┏┛┃  ┣┫┣┫ ///////        銀様はかわいい!
\\\  ┗━┛                              ┗━┛  ┗┛┗┛ ///////
\\\\                                             ////////        かわいいは正義!
\\\   ∧ ∧      ∧ ∧    ∧ ∧      ∧ ∧     ∧ ∧      ∧ ∧   //////
\\  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ///////       だから銀様は正義!!
\ ∧ ∧      ∧ ∧    ∧ ∧     ∧ ∧     ∧ ∧     ∧ ∧    ∧ ∧  ////
 ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ   ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ////
(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ )) ///
   <  >     <  >     <  >     <  >     <  >     <  >     <  >     //




       /       ′        | ',  ト、    \ ヾヽ
      /          |          |  l  l| '.    ヽ l:::ト、
.      /       |  l| |         , |  |  リ  l|   l |:::ト \
      / / |    |l | | ゙ 、    /jノ  | _厶-┼ハ   | |:::| l\\
     ′/ |    | || ヽ \    ′斗≦/__,,.. レ゙ l    l |:::| l ヽ:ヽ
    l l|  l    |_」 L,,..≧ \ {   才ヘヽ 〕/ノl   ' |:::| | ',::',          そう、私は何をしても許される
    | ハ | '、   イ´ヽ> 、弋  ヽ       ̄"''´ イ  /  |:::|  l  }:::|
    |{::∧|  \  l<⊥ゝ '"            / /| |:::|   l ノノ
   /.::/ |    \丶 "´       ヽ        /  r1  `´    l
.  /.::/ ∧   l | ト >         __,,      厶|     |   |
\{::::{ / ヽ   Ⅵ |¬         ー= ´ 彡       '  |     |  | /
: . \∨ト、  \  \ト--\        ´`       /   l     | //  /
: : : . \|: .\ |` ‐- \  /` ┌‐-、         ィ l  |    |/. :/ /. : :
: : : : : : : : : . ヽl    |  .′r┤   ,\____,、<__|__ l  |    |: ://. : : : : :
ー-  _ : : : : : :|    |  l  ||   | /⌒ヽ::.::`¬ ||   |     l /. : : : : : : :
:::::::::::::::::>_''ニ|     |  l  ∨  ノ´ / ̄ ヽニ ヽ|l   l    .'´_  -一   ̄
::::::::::://. .::.::.|     ト.⊥__〈      ´  / ⌒ヽヾ\ l   ,′:::::::::::::::::::::::::::
::::://. .::.::.::.::.:l     |::.::.::|}〉 ,         ィ{  |::.::.}::} l   厶ィニ、ヽ::::::::::::::::
::/ /.::.::.::.::.::.::.::.::l    l::.::.:|}〉 l        八_ノ二:ノ '  /.::.::.::.::. .\\::::::::::
.' /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.'、   '::.::.|}〉|         | \::.::.|}〉/  /.::.::.::.::.::.::.::. .\\::::
./.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:.\   ヽ┴‐┴- 、    |   \|}/  ∧::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.ヽ ヽ





    /// /   イ l  | |  | |   ヽ ヽ ヽ、
ィニニ〔ゝノ_ノ   / ヽ\ヽヽ  | l    |l  |l  ヽ
'´/ /| |7   r/'´ ̄ヽゝニヽ-ヽヽ  │ | | ヽ ヽ
イ/ / ! | |   ||-ャ─-,ニ、ミ‐`ヽ、ヽヽ / / /  | ヽヽ
/ / / j |   l| `ー='-ニゝヽ`   |ノメ、/l  │ l | l         何故なら私が……
./  / / ヽ   l|           ィ_ミヽ`リ ハ || |
'  / /   ヽ  l          l、'rヽj`ァ' メ | / リ
  `,´l    lヽ ヽ         /ノ `'’,イ  /イ
  /| |   |  `丶ゝ    ー、ー- 、    lノ  ,イノ
. /│|   |          ニ ´   ノ イ |
/  ! |   !  、           ィニィ | |lハ
  | !   |   _`ト_、 _     , イ    ! |ル'   ,イ
  ハ ヘ  |‐'  ̄,.ィ´ヘ` ー- イ  |    |l |    /│
ノ  ヘ ヘ   | <´ィ´ /介「`ヽヽ│   ハ l   / ノ      _,
ゞ、_ゝヽ  !  \ー´/ハ トニノノ !   / ハ ト、//,ィ _ ,.-ィ´
  ヾゝヽ.ヽ lー-、  ̄ 1 |│|ヽハ 」  / _ハ _/ イィニィ'´    <
    ヾゝヽ. l^ーィ- 、|│ ! ト、>-リ  イニィー '^ヽ、
     ヾヽヽゝ   ̄! | | lヽヾ/  /        ヽ




                          
                         
                       
                   ,. -‐ゞ"‐、、                                 出たー! 銀様の見下しのポーズ!>
                  ,イ/!lヽノレ!l ヾ;ヽ
                ‐〃ィ -‐   ‐- ゙!i 天|                        あまりに見下しすぎて、逆に見上げてるわー!>
            _ /,__rmイ ヤ 'こフ   ∠ l | l    
.              ≦三辷71l{_    ムイノ l| ,rnm        
            ≦〈:::/:::::〃{薔} 〃::∠イ_/>へァ′    
            _"/::::::::::゙=="::::::::::::' ̄::ヽ/三≧     
        √:: ̄:::::::::::::::::/!:::::::::::::::: ,イー一 '´ゝ≧    
       厶:::::::::::::::::::::/×|:::::::弋_¨´ヾ ヽ ゙`                 美しいから!!
      /::::::::/!::::::/><|::::::::::::\  /      .
   @__//l;/~|;/~~~レ、::::::::::::ヽ′    
  ∠´__ヽ:::::./         冫:::::\i\lヾ!  
 {. __儿ノ         /´::::::::/イ    
  ` ̄ ̄ ¨´        〈=r、,-〈 ̄  
               `ヾ \ @  
                  \_ソ‐







           こんなこと言ってまた叩かれたらどうすんだよ
    __
   /   \   
 /   _ノ  \
 | U  ( ○)(○)         キリッ ____
. |     (__人__)           /\   / \
  |     ` ⌒´ノ          /(ー)  (ー) \      構いません!
.  |  U      }         / ⌒(__人__)⌒   \     ウチは水銀党ブログです!
.  ヽ        }     \     |    |r┬-|      |
   ヽ     ノ       \  \   `ー'´     _/
   /    く. \         \  ノ          \
   |     \  \    (⌒二                |
    |    |ヽ、二⌒)、        \        |  |
                       泳ぐ管理人






                                次回もお楽しみに!!







関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加




[ 1648 ]

同じキャラをまた紹介したわりには面白くない展開だな。
つーか紹介スレで、俺展開入れるなよ。
[ 2010/02/03 20:44 ] [ 編集 ]

[ 1649 ]

管理人www
[ 2010/02/03 20:45 ] [ 編集 ]

[ 1653 ]

作者の独りよがりさがすごいよく出てるよな。相当このキャラが好きなんだろう。
あくまで「やる夫スレにおける登場人物紹介」スレなのに完全に「やる夫とやらない夫のローゼンメイデンキャラ紹介」になってるし。
無駄に長いだけで面白さもないし。
[ 2010/02/03 20:49 ] [ 編集 ]

[ 1654 ]

まあ管理人でチャラだなwwwww
[ 2010/02/03 21:17 ] [ 編集 ]

[ 1662 ]

やっぱ作者の違いって出るな
銀様は正義
[ 2010/02/03 23:48 ] [ 編集 ]

[ 1665 ]

この作者のキャラ紹介は「やる夫スレ」の登場人物じゃなくて「ローゼンメイデン」の登場人物紹介だな
しかも変にストーリー性があるせいですぐ脇道にそれてグダグダになるし
なにより面白くないのがなー……
[ 2010/02/04 00:08 ] [ 編集 ]

[ 1666 ]

そして管理人にスルーされてることを誰にも気付かれないピンクロリータ
[ 2010/02/04 00:11 ] [ 編集 ]

[ 1672 ]

一気に投下すれば評価されたろうになあ
初代>>1が上手かったってのもあるが

それにしても管理人がGJすぐる
[ 2010/02/04 02:51 ] [ 編集 ]

[ 1674 ]

「カレイとヒラメ」「マルちゃんのカップ麺」で噴いた
管理人のウィットに富んだボケ&ツッコミに嫉妬
[ 2010/02/04 03:27 ] [ 編集 ]

[ 1678 ]

>他の連中は赤い不人気、緑のツンデレ
>黄色いデコに蒼いボクッ娘って覚えればいいのよ

「ピンクのちびっ子」が抜けてることを誰も指摘しないのか!

アニメでの薔薇水晶の個性の薄さを逆手にとってハジけたのは
「妹達のために頑張るようです」だったなあ。
[ 2010/02/04 09:26 ] [ 編集 ]

[ 1686 ]

緑青ってさ、
イラストでは二人なのが多いのに
原作では見られないよね、そういえば。
[ 2010/02/04 20:15 ] [ 編集 ]

[ 1699 ]

一気に失速したな、見る影もない
まぁ普通の人間がこういう趣旨のスレ継ぐとこうなるっていう良い例か

薔薇乙女勢が終われば持ち直すのかね
[ 2010/02/05 03:32 ] [ 編集 ]

[ 1733 ]


普通じゃない人間ってのは何なんだよ



本スレでラスト投稿されたけど「紹介は面白いがストーリーは一切いらない」で意見一致してるように感じた。

俺も複数回で一回ってのは否定しないけどこれはヒドイ

[ 2010/02/05 22:40 ] [ 編集 ]

[ 2460 ]

クソつまらない回だったな
[ 2010/02/12 23:09 ] [ 編集 ]

[ 6015 ]

第8回だけつまらなさが突出してる。
[ 2010/07/10 23:07 ] [ 編集 ]

[ 10193 ]

ゲロ以下だな
[ 2010/10/26 12:00 ] [ 編集 ]

[ 13742 ]

みんな似たような感想だな
面白い面白くない以前に主旨を理解して無い
[ 2011/02/13 15:36 ] [ 編集 ]

[ 20165 ]

ボロクソ言われすぎワロタww
まぁ、確かにスレの趣旨と合ってないのはいただけないね。
読み物としてはそれなりなんだから、自分のスレでやればよかったのに。
[ 2011/07/12 00:17 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oyoguyaruo.blog72.fc2.com/tb.php/1449-5eb3614c


アクセスランキング アクセスランキング アクセスランキング