ブログパーツ 泳ぐやる夫シアター やる夫で学ぶ中国史  その4


















やる夫で学ぶ中国史  その4







                            【前回のあらすじ】

                 春秋時代に入り、諸侯は朝廷を無視し始め自国を拡大し始める
                 そのなかでも名高いのが、春秋五覇であり、国でいえば
                 斉、宋、晋、楚、秦の五国である。
                 本日はその五覇以降どのようなことがあったか説明しますお!







  ~ ''' ‐- . ,__              _ . .-‐ ''' "
            冫           _ - -     - - - -
 _ ,,.. -‐ '' " ,  '"         i`     - ._
       ,  '   ,'            ` 、    " - .._
    ,  '"                _,,..--'- .._ `     " - . _
 , '"   , "  /_ ___,..-'''""`、 /      ヽ   ` 、  `
     ,     (____    / ヾ、   /' 、ヾ` 、   ` 、  `
    ,     ,'  ,'    \   i ゝ○;、 ,´ ○,;  i  `
   ,     /         \ ゝ "(__人___)  /     、     ` 、
  ,        ,'  '       \|ゝ、 `⌒´  /ヾ 、    ヽ
   ,   ,'  ,    ,―――――{          ヽ  、      、
  ,   / , ,'  ,' i       -ヽ     ,,ー、_  ゙''-、   、
            ヽ、       ヽ、    i       i
              ´~"''‐- 、..,,,_     ゙-ー-----"
                    ゝ|゙、    /
                     /     /
                     /    /
                    /   /















288 : ◆oCJZGVXoGI:2010/01/05(火) 18:55:48 ID:VRc4eY3A






春秋時代の最後の五覇である楚の荘公が亡くなった後、各国は激しい戦乱の世になっていく
その楚である有名な男がいた。
荘公に諫言をした「伍挙」の子孫、「伍子胥」(ごししょ)である。







   /    /' /     / ,:'/,:
 ,:' /   ,: ' / ' / / ,:'/,   / / ,:'/,:
'  ,:   /'   / ̄ ̄∪\      /' /
' / ,'/,:   /(●)  (●).\  ' / ' /
/,:     / (__人__)      \  ,:'/,:   /'
/ ,:'/,  |   ` ⌒´    ∪    | ' / / ,:'/,:
 /    \      `       ,/' /
/  /'  /  ∪       \'/  /'
/ ,:'/,: | Y     ∪  |  |/ ,:'/,:
     ||∪       |  |

       『伍子胥』

.







289 : ◆oCJZGVXoGI:2010/01/05(火) 18:56:13 ID:VRc4eY3A






伍子胥の父、伍奢は当時の楚王「平王」の太子の教育係を担っていたが
ひょんなことから、楚王の側近に恨まれ誅殺されてしまう。
これに怒った伍子胥は楚を抜け出し東の小国「呉」に亡命する
(この呉は三国時代の呉とは別です)







   /    /' /     / ,:'くヽ/ \ ,、 ヘ  /i
 ,:' /   ,: ' / ' / / ,:'/  /\丶\ゞ」 ノ 丿
'  ,:   /'   / ̄ ̄ ;;\\へ\  ||   |/
' / ,:'/,:  /(〇)  (●);\  Y´ |ノ
/,:     / (__人__) :::::::;;;;;;;;;\  ,:'/,:   /'       無実の父が殺された…
/ ,:'/,  |;;;; ::::` ⌒´:::::;;;;;;∪;;;;;;;;;;| ' / / ,:'/,:
 /    \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,/' /             平王…絶対に許さないお…
/  /'  /  ∪ :::::::::;;;;;;;;;;;;;\'/  /'
/ ,:'/,: |::Y    ::::∪;;;;;;;|;;;;;|/ ,:'/,:           必ず復讐してやる…
     ||∪ :::::::;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;|

.







290 : ◆oCJZGVXoGI:2010/01/05(火) 18:56:39 ID:VRc4eY3A






呉に亡命した伍子胥は呉の公子の一人「光」に慕えることになる
しかし、この光公子には複雑な想いがあったのだ…







         , ‐ ´. .::::::::::::::::::::::::` ‐ 、
.       // . : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
     /. :/::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::: : \::\
.     //. :/::::::::::::i :::::::::::::::::://:::::::::::::\:\::\
    //::::::l:::::::/:/{ :::::/:::::::://:/::::!::::l:::::::ト:::::ヽ::::.
.   l:l::::::/|:::::ハ/∧:V:::/:::/::::/::::/:::/::::::/::ヘ::::l::::ハ
.    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!|
.    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||
    l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |!       伍子胥よ…本来なら私がこの呉国の国王になるはずだったんだ
.    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/
    V::l: :!::l:|い小/|:ハl:|/  `´    { }ノ´
     Ⅵ: l:::::`爪|            〈
      }:!: |::|:::l::| \            ‐ _ノ
      ぃ::|::|:::l::|   丶    __, ,/
      |:∧l\:{    \       /
      l′丶 ヽ     ト、_,ノ
     /           ,′
.  /\.____     人_
/  `-――‐‐- 、` ‐ 、  >、x‐ 、
          \     `ヽ ヽ、  | |   \
          \    \ ` ┘!  \ \

         『公子:光』

.







291 : ◆oCJZGVXoGI:2010/01/05(火) 18:57:06 ID:VRc4eY3A







     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |         そうだったのですかお?
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

.







292 : ◆oCJZGVXoGI:2010/01/05(火) 18:57:49 ID:VRc4eY3A






         ___ _
  .‐::::二´::イ:iト、‐=-`::.、_
/::://::::,:イ::i:l:i::::、:::::`:、::`:.、
:::///://:i: |:!:|:i::::丶:::: ヽ丶\
/:::/:::/´::〃ハ:l::::!:!i:::: i丶`:!ヽ:ヽ::ヽ
: /:: /::::/:i::::: ハⅣ:;、!:::: l::::ヽ!:::i:::::::::::.
/i: /:: /i::l::: /i::lヽl::丶:::l::::::ハ:i|::i: i:、::i
!:|i:i::: i:i:ll:::/∧:!:::l` 、:ヽ!:i/:::i:ハ!::l::i l        あぁ…お前は存じてないだろうが、この呉国の王位継承は複雑でな
::|l::|::::|:|::l: '/ ヽ: l   i::::!:!ト、:!::::i:ヽ! ! |
::!:|:|::::!:!: !/ィ示ヽ:!  !ハ /ヽ !ヽ:li:i:N:::!        私の父が弟に王位を譲ってしまい、その後その弟の息子が国王に
::: |:|::::ヾ:::!`ヽ::ノ_ ' /' |! .ィ、 l:!::|:!:: '
、i:|:Ⅳ:::iヽ!       !く:::ソ ! !::::!' /         即位したのだ…
: ト、!:! ヽ!         , ` ´ /|::,':/
: !i:N  `       ノ   /i:!:'/
:、:!|ハ     _       /::!:/′
小:!. ヽ       ̄ `   'Ⅵ'
::::リ.   \    `   /
Ⅵ.     ヽ、     ´
`  ー  _   T ´
、     ` ー 、
 `  、     i
. 、    \.    l








    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ           なるほど…それが今の国王「僚」(りょう)様なんだおね
 |    (●)  (●) |
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \

.







293 : ◆oCJZGVXoGI:2010/01/05(火) 18:58:15 ID:VRc4eY3A







               _,,.,_
           ,.-‐ '  ̄:lニヽ、: ̄ `::....、
          ,..::'::::/:l::::l:::::l::``ヽ:ヽ、:ヽ::::`ヽ、
      /:::::://::il:::l:|:::::|ヽ、:::::::::ヽ、:\ヽ:ヽ
     //:::::/l:i::::::::il:::l::|::::ト::::ヽ、::::::::::ヽ::::ヽ:ヽ:ヽ
    /::/:::::::/::l:i::::::::il::::::|::::|:::l::::::ヽ::::::::::::l:ヽ::::ヽヽ:'.,
   ./::/::::::::/:::l:li:::::::::l:::::l::::l::::::l::::::::l::::::::::::l:ヽ::::::::l:::l::',
  /:::::::::::::::|::::|:::l:::::::::l:::l::::l、:::::::l:::::::::::::::l::::|、:l:::::::::l:::l::l
  .l::l:::l:::l::::::l:::::|:::::l、::::::::l:::l::::::::::::l:::::::::::::::l:::|、::l:::::::::l::i:::|        そうだ…
  l::::::l::::l:::::l::l::::l、::::l:、ヽl::lヽ::::::::::::l::::::::::::::l:::|:::::l::::::::|::i|:|
  |l:::::l:i:l:l::::ト:::ヽ:l`ヽ、://::::::ヽ::::::::l:::::::::l:l::l::|::::::l::::::::!:::i:|        お前は一刻も速く、父の侮辱の晴らしたいだろうが
  |トl:::::il l、::ilヽ、:::l-‐,..-ュォ-、:::ヽ:::i|:::|:::l::l:lll|ヽ:::l:::l::::::::l:|
  | ヽ::::il kァ、 、` - ' `‐'′ /ハl:::l:::l::l:::|::l|  l:::::::l::::::ト|.        私が王位に即位しない限り、それは無理なんだよ
  ヽ ヽ、i `7     ´   //  |ト:::l/l::::::|  }:::::::l::::i| |
   ヽ  .l/            ||:/ .ヽ::l _ノl:::::::l::::i| `        わかってくれ…
      ヽ、 -          l   〉l、|:::::|i::::::l::::|
       ヽ`                /   .li:::lト:l::::l:l|
        ヽ ‐、ニ= ‐      /    lヽl-ヽl::l|
         ヽ ー       /  ,. r '´    ヽ、
             l、    ,.  '" ,.  '´        ヽ
           `ー‐ ' r1,. '´         ,. ‐ ' ´ヽ.,
            <´ i'´      ,.  ‐ ' ´,. ‐ ' ´::::::::ヽ
             lヽ|.l    ,. ‐'´,. -‐' ´:::::::::::::::::::::::::::::',
              | | l| /,. r '´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l







       ____
    /     \
   /  ─    ─\
 /    (●) (●) \
 |       (__人__)    |     ・・・・・
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||

.







294 : ◆oCJZGVXoGI:2010/01/05(火) 18:58:38 ID:VRc4eY3A






呉の複雑な王位継承問題を理解した伍子胥は、いつか内紛が起こるだろうと予感し
一度、野に下った。
そして遂に、光公子がクーデターを起こし、呉王「僚」を殺害し
自身が王位に即位し、「闔閭」(こうりょ)となる。







         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒)\          光さま、即位おめでとう御座いますお!!
    /   ///(__人__)///\
     |   u.   `Y⌒y'´    |         これは気持ちばかりのお祝い品で御座いますお!
      \       ゙ー ′  ,/
     /       __|___         お納め下さいお!!
    |   l..   /l ロリロリ   `l
    ヽ  丶-.,/  |__ 熟女モノ_|
    /`ー、_ノ / ̄ ̄ ̄ ̄/

.







295 : ◆oCJZGVXoGI:2010/01/05(火) 18:59:04 ID:VRc4eY3A







                 ____
              _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
             /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
            //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
           〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
           i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!          アハハッ!!
           l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj
           li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/          伍子胥、礼を言うぞ。
           !:l!:ト、l::l{`         !  j川/
           ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/
              Yl:ト、    ヾ==r  ノ/
             iN \.  ` ニ′/}'
                 丶、  /
           ノ ̄´"''‐ 、   `¨´
        _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |
  /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、
  |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、
 ∥ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ∥

.







296 : ◆oCJZGVXoGI:2010/01/05(火) 18:59:46 ID:VRc4eY3A






闔閭が呉王になったため、呉軍は楚攻略に乗り出す。
楚に進軍した闔閭率いる呉軍は伍子胥の他に、兵法の天才「孫武」を味方につけ
連戦連勝していった。







         ___
       /     \ キリッ
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \
     |       (__人__)   |        よし!敵が河を渡り始めたお!!
      \      ` ⌒ ´  ,/
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ      一斉にかかるんだお!!
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |

.







297 : ◆oCJZGVXoGI:2010/01/05(火) 19:00:08 ID:VRc4eY3A







               / ̄ ̄\
              _ノ  ヽ、  \            いや、ちょっと待てまだ攻撃するな
            ( ●)( ●)   |
            (__人__)      | ../}
      _       ヽ`⌒ ´     | / /    __
   (^ヽ{ ヽ      {        ./ /  . / .ノ
 ( ̄ ヽ ヽ i      ヽ      / 厶- ´ /
.(二 ヽ i i |,r‐i    ノ.   ヽ /     /
  ヽ   /  ノ  /    r一'´ ー 、   ̄ ̄ ̄)
   i   {   イ―イ /   .`ー―. 、__ .〈 ̄ ̄
   ヽ. `ー '/   /           /\ \
      `ー '  ̄ ̄!           |  ヽノ

            『孫武』

.







298 : ◆oCJZGVXoGI:2010/01/05(火) 19:00:40 ID:VRc4eY3A







       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\          なんでだお!?
  /    (__人__)   \
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |        敵が敗走し、河を渡ってるんだお?今攻めるべきだろう!!
  \    |ェェェェ|     /








              / ̄ ̄\
         rヽ  / ノ  \ \
         i !  |  (●)(●) |
      r;r‐r/ |.  |  (__人__)  |         進退が窮まれば、獣だって襲ってくる
      〈_L (`ヽ .}  |   ` ⌒´  ノ
     l` ( ``/ .  |        }         今攻撃していったら、敵は死にものぐるいで挑んでくるぞ
     ヽ   l  .  ヽ       }
      |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ

.







299 : ◆oCJZGVXoGI:2010/01/05(火) 19:01:04 ID:VRc4eY3A







        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\
     /    (__人__)   \         それがなんだってんだお!!!
      |       |::::::|     |
     \       l;;;;;;l    /l!| !        兵力は格段に我が軍が優勢だお!!
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
               レY^V^ヽl

.







300 : ◆oCJZGVXoGI:2010/01/05(火) 19:01:31 ID:VRc4eY3A







   / ̄ ̄\
 /       \      うるせーんだよくそが!!!
 |      ノ(   |
. |     ⌒   |           、  ____    ,
  |          |           `/、,:/,';;}: ;\ /
.  |         }        \ /、,:',. -‐‐-、 ; ,\ ,.   /┃・・
.  ヽ        }           /` ;ヽ|:::: ::   |ノ ,'\    ┣━  ━━┓・・
   ヽニニニニノ 、_    ‐ ― | ',`冫|::::: :: :   |イ'; 、| --┃        ┃
  /::::::::::::::::::::: ̄`ーニニ==i=┬r===| ,. -―- 、|`;、'(⌒).       ━━┛ ┃┃┃
  ヽ:::::::::::::::::::::::ーt-.._:::::::::_,. -┴一″   (      ) /i ヽ                 ━┛
   ヽ::::::::::::::::::::::::i   ̄     l___ノ // `ー,,-一' ノノ ヽ___i
                           (ヽ三/) ))
                             ( i)))

.







301 : ◆oCJZGVXoGI:2010/01/05(火) 19:02:02 ID:VRc4eY3A







      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (●)(●)/;;/
    |  (__人__)l;;,´|         いいか?敵の半分が河を渡るまで攻撃するな
    | ./´ニト━・' .l
    | .l _ニソ    }          河に入った敵兵は攻撃してこれないだろう
     /ヽ、_ノ    /
    __/  /    ノ__
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /








      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |       でもそれだと敵兵を多く討ち取れないお!
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |
   ヽ           i    丿       それでもいいって言うのかお!?
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /

.







302 : ◆oCJZGVXoGI:2010/01/05(火) 19:02:27 ID:VRc4eY3A







    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)           いいんだよ。勝負に負けても戦で勝てばな
   |     `⌒´ノ
   |   ,.<))/´二⊃          それに半数の敵兵が河を渡たりゃ、残った兵も
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉           戦うことより河を渡りきることを優先するはずさ
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|








     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \        な、なるほど…
|  u     (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

.







303 : ◆oCJZGVXoGI:2010/01/05(火) 19:03:02 ID:VRc4eY3A






こうして伍子胥と孫武が力を合わせ、遂に楚の首都を奪うことに成功する。
首都に入った伍子胥は、さっそく平王を殺害しようとするが、平王は既に亡くなっていた。
そのため、伍子胥は平王の墓を発き、平王の亡骸に300回鞭を打ったのだ。
これが「屍に鞭打つ」の語源である。







           ,!  ,!     ____ ヽ.ヽ
           ,!  .!    /     \  ヽヽ
           |  │  / /        \  ヽヽ
          │  .!   ' (●)      \  ヽヽ
              |   ! (l、__)          |   i i
              |   .!  ⌒´         /    i i
           l    !  `l         〈      i i
              l    l   l  r  、  i  \    l !
           │   l   |  ヽ  ヽ |\ \    l|
            !    l   |   〉  〉 |  \ \ /\
               !    .!  |  /  / ハ ≦(_ノ]二二フ
                !    .! / (_ノ ノ ヽ
             l   ..l,    /\   \
              l (  .l, <´    \   \
              l  \  l ヽ     \   \
               l.   >.l  }      ヾ   j
               l. ゞ、_.l´        }  ,イ
                   l    .l,        し´

.







304 : ◆oCJZGVXoGI:2010/01/05(火) 19:03:30 ID:VRc4eY3A






さて、復讐を果たした伍子胥と呉国はこの後どうなったかというと
闔閭の弟が勝手に自国に帰国し、王を名乗ったため、闔閭と伍子胥たちは楚から引き上げ
弟を殺害する。その後、隣国の「越」が侵攻して来て、闔閭は呆気なくこの世を去った。







                          ,:'.  /// // // il   l::::l::::::::
                         ,:'   // /l|| ///i l   ,'::::i.i:::::::::
                          ,'   / /  ,ソi |. i i ! l i /:llンi:::::::::
                      ,'      ; .l l l !ill !i  i:/ メ、l::::::::
                      ,'   ,:    /| i l l. ill. i  ! ,i l:::::::::
                      ,'   /    / l   l. il|i l  ∧メ !::::::::      後は任せたぞ…
                     ,'   ,'   . ,'i lハ ', i. ill    X ',、::::::::::
                   ,'f ,' ,'  i i i! ! i l  i il i   i l.l! iヽ::::::::
                    li'}  ハ: ,'i i、! ', ' ヾi  i i  i l l l ! i:::::::r^
                      i!.i ソ il ir !ミ、、 i  !、 ', ! ',l  i ', ',',::::i
                      l i ,' ハ i !! 廴ツ、ヾ  ':、 i i  i !ヽゝ::::l
                      !.li!.l|!| リ ` ェ、..ヾ ヾ、 ヽ:、 i ! ハ、!l ヾ、::l
                    ! !从      """ヾ:、ヾ: 、弌itーマ、:ヽi
                     ′ i           .:: ヽ ー`=.公、`:i
、、_                    _,r:::i     rー-‐ '''' ー ‐ --:: 、:ヽ::i
   `''''"'''ー- 、、、、、、、、、 -‐ー''''''' /:::'.     ``¨':':‐:::::::-::::::::、_  ヽ:;::l
               '"       ./" ゙:,  ゙、   ヽ、,..:::::::::::::::/ , ` 、  `
                __,      ',::、   ゙ヽ 、:_:::::::::::r ;´ ' ヽ、  ` -、
         `;;=--‐‐''''""         ',:::、  `'':::::::::::::;: '   i    ヽ、,
        i´          ,      ',::ヽ    ::::;::i  _ -t^ヽ、_   ゙`
           l          i       ヽ::`:ー ':::::i .ノ:i ノ:::::::: 〉
         '          il      ,.ゞ=ー'"メ /::::レ:::::::::::/
           i           il   _ ,ィニ´ ニヽ    ーヽ:::::::::::::::/
         i           ill ,イ:::::iニニニソ、     ヽ::::::::::/
            i       illl ´    lニニニ/ ヽ.    ',::::::::i

.







305 : ◆oCJZGVXoGI:2010/01/05(火) 19:03:59 ID:VRc4eY3A






闔閭の死によりその息子が呉王に即位する(夫差)
即位後、夫差は父の恨みを果たすべく越国に侵攻し、越王「勾践」を捕らえることに成功する







             ,. -──- 、
          // r  ヽ  `ヽ、
         , ', / / | | | \\\ \
      / / / || !| !ヽ ヽヽ  ヽヽ
       / / /  | ヽ| 、 ヽ ヽ ヽヽ i ヽ.',
     .,' ! i  |!  !. ヽ ヽ ヽ i 、|  i
     i! || l| / !l、 ト、 \\ i | l |   |         てめぇが勾践か
      || || ||/ 人 ヘ ヽ\、ヽヽil | || | | |
      !|  lV代¨o 、ヽ ゝ r o¨フ| | || | ! |         何か言いたいことはあるか?
      | ! ヽ ト  ̄     ̄  | |/ |/ |
     | !l 、 ヽ!       }   /!| | ./| | |
=== 、 | | ヽゝ ヽ、 _,`.´、   '/!l !/ // |
-─-\ヽヘヽ \ノr'T::丁:「  /ノ / / /== 、
 ̄`ヽ、   \ヽr':::l:⊥┼|‐'"</ __ イ   ̄
ニ ̄     (フヽ:」:::|::::|:」 __ノ  ̄    \
  /    (__r‐''" ̄ ̄|
 /      _|_.     |
/    _/,二 、ヽ    |

          『夫差』

.







306 : ◆oCJZGVXoGI:2010/01/05(火) 19:04:25 ID:VRc4eY3A







   :.:.:.:、    :.:.:ヽ.   l\:.:.:.   :.:.:.:.:.:i.:.:.  :.:.:.:l     ヽ、\:.:.:、:.:.:.:.:.:.:
    :.:.:.ヽ.:.   :.:.:.ハ   il  ヽ:.:.:.:.   :.:.:.:.:l.:.:.:. :.:.:.l          \ヘヽ:.:.:.:.
    :.:.:.ハヽ.:.  :.:.:.ハ. /,'   ヽ:.:.:/l:.~:.lヽ:.、:.:.:.:l            \、\:
ヽ:    :.:.:ハ、ヽ.:. :.:.:.:.:メ/ 、    /x '´:.:⌒:l ` ヽ:、`ト 、            `
:.:.ヽ:.:.  :.:.:.:i:ヽヽ、:.、//i  \l i ハ:.:.:.:.:.:.i    ',:.:iヽ 、ヽ            ,
:.:.:.:.ヽ.:.:. :.:.:.:i:.:.`.:.;.ー`´.:.i    l/  V:.:.:.:i    i/   `ヽ`丶        /
. :.:.:.:.:ヽ.:.:. :.:.:i:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:i       i:.:.:.l         ヽ 、 ヽ.    /          ・・・・・
 :.:.:.:.:.:.V:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:V:.:.:.ト、      .i:.:.l           ヽヾ、\.l /
  :.:.:.:.:.:.:V:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:V:.:.l:.:.ヽ      !/            ヽ ヽ、l/ _ - ''
  :.:.:.:.:.:.:V:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:V:.l:.:.:.:.ヽ          __、        ヽ ,, ' ''
.:.  :.:.:.:.:.:.i:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.l:.:.:.:.:.:.i        /´ /`)       ./
:.:.:.:.  :.:.:.:.:.l/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.l       /   /      /
、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:L....__   /  /      /
.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.iヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l   `ー'' ` 〈,,, 、     /
  \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l         `ヽ  /


           『勾践』







.


307 : ◆oCJZGVXoGI:2010/01/05(火) 19:04:54 ID:VRc4eY3A







           ,. r '二ヾニ=-.、
         /'´/ ,r'⌒、ヾ.、ヽ\
         ,r'//  //,r'   ', ヽ\、.ヽ
       ,r'//ン/ / /./   i }. ', ',ヾ 、ハ
      / ,' ,' / / ///,';    ,' .i ! ハ丶 ',
     ,' ,' 7,' / ./!/, '.,'   /   l i. ', , ∧
    ハ i l l ,'  i,' ,' i  ,' /   !i/i } ', 、i
    il l l | l!  i  /i ソ ./  ノ /ハ i l i!            てめぇは俺様の父を死に追いやった
    i | !| .i il  i !/_ン,.r 'ノ ン/r'ノ人 リ il li
    ! l l リ l  l代てノヽ'ン'"〃.,r'ひ~);;ソl| i l}            本来なら息をしているのも罪になんだよ
    | !i  !.',i il l `='     ::  =' ンイil l i
    l !  ', ', il !       .. :::.     リノ !リ }            そこんとこわかってるわけ?
    i i  ', ヽ ',.N     、 シ    /i ン l!
     ','  ヾ, ゝ、ト、  ーャ‐ーァ'´ , ',ノン/i リ
      ヾ、 ヽ\_辷ニ\  ヽ..心.,.インノ/ノ
        ヽ、ー ゞ「::r‐、__丶...ネ、\ニン,ォ'"
       -`ーl::::;ヾ''\~rT:、ヽ ヽ‐{. l_
        :::::::::`::- \ `ヽ<::::ヽ. N |::::゙j'''l
             ヽ:::::ヽ、 \_j  ヽ ',::::i:::l








     /: : : /: : : : : : :.:.:.:.:./.:.:.:.:.;、:.:.;、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.: : :i
     i   /     .:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:/` ´-l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.: : l
     l: : : /: : : :.:.: : .:.:.:.:.:l:.:.:.:.:/    l:.:.:.:.:i:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:. :l
     l: : .:i: : : .:.:.:. :.:.;.:.:.:.:l:.:.:.:.i     l:.:.:.:.l:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.: : l
     l: : :l: : :.:.:.:.:.: :.:l:.:.:.:.ハ:.:.:l     l:.:.:/:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:. : :l
     l: :.:.l: :.:.:.:.:.:.:.:.:.l-‐ナキ=l- ....  _ ,l:.:/_/...-l―:.:.l:.:.:.:.:. :.: : :l       ・・・・はい。
.     l: :.:.l: :l:.:.:.:.:.:.:.:.l_:.l==ヘ:.l==ミ ̄ ´l:イ',∠,,,,,,、l:.:.:./:.:.:.:.: : : : : l
     l:.:.:ハ:ハ:.:.:.:.:.:.:`l'´lひ::::`::)   l/ レ'ひ:::::ノl>:/:.:.:.:.: : : : : /
      l:.:.l l:lヘ:.:.:.:ヽ:.ヘlゝー‐'‐     =ー- '- レ:.;.:.:.:. : : :/:./
      ヘl lヘ:.ヘ:.:.:.:`i、ヘ            /:,イ:.:. : : ;イ:./
         ヘ:.|l\:.:l、\       ゝ   '-/,l:.: : : /l:l/l
          ` l:.ハ>l\    ===    イ'ニl: : /ヽ、/ l
           /´/   丶、    , - '-<__/イ \.   l
         /  l     ` 、/:::::::__::::;::ヘ     /
        /   ヘ      l::;::::'::´:::::::::::::::::/     /
 ,  ‐  '  ̄ l    ヘ      l::::::::::::::::::::::::::/     /

.







308 : ◆oCJZGVXoGI:2010/01/05(火) 19:05:27 ID:VRc4eY3A







        _.....___
       ,r' ´      ``''' - 、、
      ,ィ'/             `ヽ、
.   ,イl| i     ,  ;i     、    、 、ヽ
   / l | l     l  l l  l  l }   ; i ヽヽ
  ,'  l! !   l!  l i i  リ  } リ i !リ      まぁ、過ぎたことを悔やんでもしかたねぇよな
  l  l    i l  l | l iソ ノ ,r'´l! l }ソ
  | _..=、ェ_____!_l__l | ! |!ィ弋~lナ !ン'i       んで?お前、どんな処遇を望んでるんだ?
゙゙゙ ̄   \::ヾ::::::::::::\ l!   ̄  ゙ヽl
       l::::::ヽ::::::::::::ヾi、    ´ i´ |       お情けをくれてやってもいいんだぜ
ェ-‐ ''''''‐ェ-┘:::::::::::::::::::::、}ハ.    )┤ l! ))
   l |l ! l`'ーtェ_:::_::::::::::ヽヾ.   / i リ
  _!_弋ェ-=ゞ、ヽ\_|:::::::::入\ー ' , ノノ
 ̄      \`:: ̄::゙='。. ̄:ミニ≦、.._
         ヽ:::::::::::::::::::゚:・:。::::::::::::゙i `' ー- ....___
            l::::::::::::::::::::::::::::゚:・:。:::ヽ、      _ヽ,_...-――
            l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゚::・\---ィ:´::::::ヽ
          i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::f;.、、{:::::::::::::::\







.


309 : ◆oCJZGVXoGI:2010/01/05(火) 19:05:59 ID:VRc4eY3A







   :.:.:.:、    :.:.:ヽ.   l\:.:.:.   :.:.:.:.:.:i.:.:.  :.:.:.:l     ヽ、\:.:.:、:.:.:.:.:.:.:
    :.:.:.ヽ.:.   :.:.:.ハ   il  ヽ:.:.:.:.   :.:.:.:.:l.:.:.:. :.:.:.l          \ヘヽ:.:.:.:.
    :.:.:.ハヽ.:.  :.:.:.ハ. /,'   ヽ:.:.:/l:.~:.lヽ:.、:.:.:.:l            \、\:
ヽ:    :.:.:ハ、ヽ.:. :.:.:.:.:メ/ 、    /x '´:.:⌒:l ` ヽ:、`ト 、            `
:.:.ヽ:.:.  :.:.:.:i:ヽヽ、:.、//i  \l i ハ:.:.:.:.:.:.i    ',:.:iヽ 、ヽ            ,       私は夫差様の父を死に追いやりました
:.:.:.:.ヽ.:.:. :.:.:.:i:.:.`.:.;.ー`´.:.i    l/  V:.:.:.:i    i/   `ヽ`丶        /
. :.:.:.:.:ヽ.:.:. :.:.:i:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:i       i:.:.:.l         ヽ 、 ヽ.    /          それについては深く反省しております
 :.:.:.:.:.:.V:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:V:.:.:.ト、      .i:.:.l           ヽヾ、\.l /
  :.:.:.:.:.:.:V:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:V:.:.l:.:.ヽ      !/            ヽ ヽ、l/ _ - ''        しかし、私はこれでも一国の国王です…
  :.:.:.:.:.:.:V:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:V:.l:.:.:.:.ヽ          __、        ヽ ,, ' ''
.:.  :.:.:.:.:.:.i:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.l:.:.:.:.:.:.i        /´ /`)       ./              慈悲深き夫差様、どうか命だけはお助け下さい…
:.:.:.:.  :.:.:.:.:.l/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.l       /   /      /
、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:L....__   /  /      /
.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.iヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l   `ー'' ` 〈,,, 、     /
  \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l         `ヽ  /

.







310 : ◆oCJZGVXoGI:2010/01/05(火) 19:06:31 ID:VRc4eY3A







          // i i ヽヽヽヾ  'ヽ.
         / //  .  ii  i i ヽ\  'ヽ
         .' / ; i  l  li  '.  l  ', ヽ ハ
         / / i i !  i!  i   !   ' ヾ   ヽ
        7 7 ∥ !i  ii   i   '.   i  i   '.
         '   i l  ∥  !i  l   '.  l   l i  i
       i i !  !  i i i!   i   .!  i  ∥ i  ',
       │!  l| i  ソ i ン   /i  i   i 从 l  !i          命だけは…か
      i i  |i  乂  /   / ソ ノ  ノ ノ ノ | |   i'
      ∥ l | |  ノ /  /リ /i / / ソ || |リ i   i!         じゃぁ国は奪ってもかまわねーのか?
      ! i | | ノ/___/_ソノ | ノ //ッ''ソjリ l   .li
      i i | |  |ヽ, 'ー'ヽ、 jノ /ノ─ "  リ |  !i
       | ! |│ |i.   ̄ °         j |  i ト 、
      イi i │ 从               リ.| i  ソソ  ヽ
    /::::::', t  人        、 丿   /| | j リ/   ヽ
   / \:::::', ヽヾ,i\   、,, ,,_,.ン' /:::| ∥ /       ;
   /\◇:::::ヽ ヽ !:::丶、  `' ー " . ':::jノ:ソjノ        i
  /\  \/\◇人ゞ::::: ::丶、  /:::::::::::::::::!       i
     \/\  \:::::::::::::::::::::::Tへ :::::::::::::::::|       !
     /'、  \ /:。::::::::::::::::/\〆"''ヾ:::::::::|      |
       ' 、 /:::::::゚。::::::√\ζn....メ。ヾ::::::::|      i

.







311 : ◆oCJZGVXoGI:2010/01/05(火) 19:06:57 ID:VRc4eY3A







: : : : : : l       ヽ: : : : : ハ: : :_:/: : : : : : : : :  l ヽ l
i: : : : : :l        i: : : : :/ ,l/: : ハ: : : : : : : : :  l  !|
ヽ.: : : : :l        l: : : / .',lニ-=メ. l: : : : : : : : : l  '
: ト、: : : 」.. --==='l: : /  7//゚l l: : : : : : : :. /
: l. \'¨: ヽ __二-、  l: :/  /l 'ィノ' .l: : : ; : : : : /
: :l  > =キ¨::::::C`´  レ   '`¨´  l: : :/l: : :  /                そ、それは…
: :.l z'//`::>-:::_ノ..      l    /: :/ .l: : : /
: : ヽ   ゝ-''''¨         ヽ /:/  l: : /
: : :ヽ                'イ    l/
、: : : ヽ            ,   /
ヘ\: : \        - '   /、
ヽ\` ー -`          /} ヘ
 ヘ-` ` 、        ./ /  ヘ
  i      ` ー--- イ /    〉ヽ 、
  ∧           /      i   ヽ ` 丶 、
 v l         /       .l           ` 丶 、
 ヘ          l -,ヽ、     l                 ` 丶

.







312 : ◆oCJZGVXoGI:2010/01/05(火) 19:07:31 ID:VRc4eY3A







                  ,..、、、..__
                   /,r''´~了 、 `ヽ、
                // ,;  /"  .i 、ヽ \
                 // // /     リ  ', ヾ、 ヽ
                  ,',' ,'/ /   ,  /  、 i   |!lハ
              i  i| !  | / リ | |.ヽ |!i ',
              |i i l!   i| ' // /i! ハ i l!} i.          冗談だよwwww
               /.| l !   i l| //ノ /ソ 入_l !i |
             ./l j i|   li i|/oヽ/  /oソi | i! !          命と国は残してやる
            {i | i l!ト i  |! | ゙"''"   i ゙゙~ i!l| .!| }.
            い_!从!| |  ! l      . :!   / ! iリ          その代わり、俺様がいいって言うまで
          _,..イ:::::::``ハ! ! i {i i、  ヽ=_='" ,ィ'リ il ,ソ
         ,r''´  'i:::::::::::::::`ヾ从乂:ヽ、 _ ,/ィ'-'‐ン'゙`ヽ、         奴隷として働け。いいな?
      /     i::::::::::::::::::::::::::`:T:´::::::::::::|ノ      ゙ヽ、.
       /     `ー}:::::::::::::::::::::::::¢:::::::ノi:「:i「:!         `丶、
      i       i:::::::::::::::::::::::::::i!:::::::|「:i「:i「:|!-‐-、        ヽ、_
      !         !:::::::::::::::::::::::::::l!:::::::|「:i「:i「:|r'"゙"゙゙ヽ、        \








         ____
        /ノ   ヽ、_\    r ⌒j
      /( ○)}liil{(○)\  /   /
     /    (__人__)   \/   /   /  )          ちょっと待つお!!
    |     |i|||||||i|     /  /  /  /
    \     |ェェェェ|     /   '` ´  /             陛下、それはなりませんお!
      r´  (⌒'ー―- イ′     ´廴
     /    > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)        これは天が呉に越をくださったのですお!
    /        -、      }        (  ̄¨´
   /           ヽ._       __  \           今すぐ、勾践を殺害し、越を呉国の物にするんですお!
                `   --‐'´ `゙' 、_.)

.







313 : ◆oCJZGVXoGI:2010/01/05(火) 19:08:03 ID:VRc4eY3A







                          __....、--‐tェ- 、.._
                     , ッ7´/r⌒ヽヽ   \ ゙ヽ、
                     ,.ィ'´l | i |  i `Y ヽ 、   \  \
                 /7  i l { i l | い  ',. ',   ヽ  ヽ 
                ,r'イ i /|  ',', いi  ', ',  ', i   ヾ   ゙、                うっせーなぁ
                  ///l | i ',  ',ト ', l  i i',  ! ',.   ヽ', N,
              / / i レi!  ト、 ヾヽ い  ! ',   i    ',', い     _、、.._        越はもう滅ぼしたようなもんだろ
                  ,' l!  い  i lヽ、\ヽ\ ', l ',  い   i  ! ゙i _..‐'´:r'´
              i リ!  |ヽヽ ト !. ト、_\、\i l }  l!    _!-‐'´   :::li          老臣は黙って席をはずせ
               l,'lハ i l', i丶、iハ |\辷_ヽ、| i l   ! ,r''´::     ..:::::ゝ_
                l! !| ヽi|ハ\、゙い、if´`ー'゙ンー!l り    fヾヽ:   .....:::::::::::ミ:::
                 |  ! l lrtッミ、ヽ辷!ゝ=- '   |i! l }.   | :::ーヾ=::::_:::::::r:::::::::::::
                |i 八 i从、__ゝ`           リ.i | !   | :::::} .::::::::::::r-、:::::::::::f
              l! l|ヽ `i  ノ           l! ',|. i  {=:::::t:::::::::::リ  /:::::::::i
                i  l!   ', ヽ、 ‐        ノ |i  | ハ :::::::::::::::::{  f::::::::r'
...、j‐'´`'r-‐ヽ__..、 ,....、_,r心 i!   i\ 、 ____         |.  l リ', ::::...::::::::::| i:::::::,'-‐‐
:::/ .::::/ .:::/ .::::シ .:::リ ふr:::.、_ .いヽ/:/:::/ンー      l ソ. / ', ::::ヾ_:::::ヽl:::::j
ソ:::::::/>..::::/ .:::::::/.::::::/ _...ニーぅ::ヽ心'=-<"´    ..ィ' ,リ. '__´,..イノ::ー/ i::ニ::|`~
::::::/"::::/:::::::/:::::/ヽ、...-  ゙'ーt_トf廴ニ::` ーr :''´ ノ ンri::::::::::o::i"" ,l:::::::::l
::::::ー::::1::::::/::::::::::::::`ヽ、ヽ、  _,,.-_ニ}i:::ン'   ',   ´ _El:::::∂:::ソ:::::::::::::::::::::',
ー-'ー、:::::::::::::::::::::::::::::,..r''゙jヽ、l',ン'i")ー_|     }   ,fメ'ン:::::8::::ン:::::::::::::::::::::::::',








       ____
     /   ノ( \
   /  _ノ  ヽ、_ \          ック…
  / ノ( ●━━●   \
  |  ⌒ (__人__) ノ(  |
  \     ` ⌒´   ⌒/

.







314 : ◆oCJZGVXoGI:2010/01/05(火) 19:08:35 ID:VRc4eY3A






結局、夫差は勾践の命と越という国を残してしまった。
その後、伍子胥は国を案じながら他界する。
死後、夫差は中央に進出するために、何度も兵を派遣し、呉国の首都の守りを薄くしてしまう。
数年後には勾践を許し、越国に帰還させてしまうのである。







        _.....___
       ,r' ´      ``''' - 、、
      ,ィ'/             `ヽ、
.   ,イl| i     ,  ;i     、    、 、ヽ
   / l | l     l  l l  l  l }   ; i ヽヽ
  ,'  l! !   l!  l i i  リ  } リ i !リ         お前との遊び、飽きたからもういいや
  l  l    i l  l | l iソ ノ ,r'´l! l }ソ
  | _..=、ェ_____!_l__l | ! |!ィ弋~lナ !ン'i          さっさと国に帰れ
゙゙゙ ̄   \::ヾ::::::::::::\ l!   ̄  ゙ヽl
       l::::::ヽ::::::::::::ヾi、    ´ i´ |
ェ-‐ ''''''‐ェ-┘:::::::::::::::::::::、}ハ.    )┤ l! ))
   l |l ! l`'ーtェ_:::_::::::::::ヽヾ.   / i リ
  _!_弋ェ-=ゞ、ヽ\_|:::::::::入\ー ' , ノノ
 ̄      \`:: ̄::゙='。. ̄:ミニ≦、.._
         ヽ:::::::::::::::::::゚:・:。::::::::::::゙i `' ー- ....___
            l::::::::::::::::::::::::::::゚:・:。:::ヽ、      _ヽ,_...-――
            l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゚::・\---ィ:´::::::ヽ
          i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::f;.、、{:::::::::::::::\

.







315 : ◆oCJZGVXoGI:2010/01/05(火) 19:08:54 ID:VRc4eY3A







: : : : : : l       ヽ: : : : : ハ: : :_:/: : : : : : : : :  l ヽ l
i: : : : : :l        i: : : : :/ ,l/: : ハ: : : : : : : : :  l  !|
ヽ.: : : : :l        l: : : / .',lニ-=メ. l: : : : : : : : : l  '
: ト、: : : 」.. --==='l: : /  7//゚l l: : : : : : : :. /
: l. \'¨: ヽ __二-、  l: :/  /l 'ィノ' .l: : : ; : : : : /   クスッ…
: :l  > =キ¨::::::C`´  レ   '`¨´  l: : :/l: : :  /
: :.l z'//`::>-:::_ノ..      l    /: :/ .l: : : /
: : ヽ   ゝ-''''¨         ヽ /:/  l: : /       ありがとう御座います呉王さま…
: : :ヽ                'イ    l/
、: : : ヽ            ,   /
ヘ\: : \        - '   /、
ヽ\` ー -`          /} ヘ
 ヘ-` ` 、        ./ /  ヘ
  i      ` ー--- イ /    〉ヽ 、
  ∧           /      i   ヽ ` 丶 、
 v l         /       .l           ` 丶 、
 ヘ          l -,ヽ、     l                 ` 丶

.







316 : ◆oCJZGVXoGI:2010/01/05(火) 19:09:24 ID:VRc4eY3A






勾践が越国に帰国後、越国は復旧した。
それと同時に自身の復讐を果たすため呉国を侵略し、遂に夫差を会稽山まで追い詰めたのだ
そして…







    , -        丶 ヽ   ヽヽ
  /            ヽ ヽ   ヘ ヘ
. /      ,i`丶    、 ト、ヘ   i i
 i    、  l,ゝ' ¨\.  }ヽ. l ヽ.X. l ├--―――‐-、         呉王は以前、私の命を助けていただきました
 l i.   i  l    ヽ l `i l/、┤ l lヽ       ヽ
 l  l 、 ヽ l     ヽl /l゚ーノ_l. /l/!. ヘ        丶       ですから、私も命は助けますが国はいただきます
 ヽ ヽ 丶 \ヽ-===ノ '   ' ¨ '' l/ lノ   l
  ヽ ヽ. \ ヽパー'ノ''       ./l    l                あなたを庶民に降格し、島に幽閉いたします。
.  ヽ. ヾ 、 ` ・、ゝ'´   丶 __  / l , 、  l
    \ ヽ、、ヽヽ、_   '´  ノ l〈 ` ・ ゝ 、
        }\ ̄ ヘ ¨__ヽ、ー '   l >     ヘ l ノ
       i、  \ V ¨/`丶、 l /       `'ヽ
        ヽ、 `ヽ、  `` ー` ='          \
          l`ー--\

.







317 : ◆oCJZGVXoGI:2010/01/05(火) 19:09:50 ID:VRc4eY3A







                  ,.-ァxテこ'ー-.、
                /7//  }ヽ\ ヽ`ヽ、
             ,r' / ,' j  ノハ ヽ',ヾ \ヽヽ
                / // i | //! i ヽi iヽヽ、 '.,
               / /i7 /i l,ノ ハ Nヽ i } i ',ヽ',. ',
             ハ/リi ,' Nノ'oヾ、ゞ、`jメ リl i } ', i
           i i,' .{ |! i イト`ー =' '  、く.゚'_)!ハ. i l           貴様ぁぁぁぁぁぁあああああ!!!
            { i| i l !li       r .!  ´'.i| ! |
             | l  ! ',i l     __     リ j  i           俺はこれでも呉国の王だ
             !lN   ハ !    /-ー'┤  ソ! リ  }
           liハ ! ',', N    ´ ̄- ̄  ,r'ソ ン i l           国が残るんだったら恥を忍ぶが、国が残らないのなら
              ', ' ゝ,ヾ、_ヾ丶、    /ィノ/ji l リ
           ヽ' ,\ ゞ、`ー ::`:::ー:'::lン/ンrイノ            死んだほうがマシだ!!
          ェftャ、ヾ=ェ_ニ=ーュ  ::::l_-ン' ´'
         rえシf=‐<::::::::::::::::'k  ;::fl:`i
       ,、'ふ/ ::::==、:j ̄:):::::::::i:fl /::ソ:::}
    , - '  シ ..::::レ'''" ̄::)~.:::::::::::K !.fl:::::゚:`ー..、._
    /     i:〉-'...::::::,r‐''':ヽ゚o.::::ヾふン::::。゚:::::::::::::::i::lー- 、.
   ,'      K_ ;r‐'´.:::::::ンヽ:::゚o:::::i}Q::::。:::::::::::::::::::i::l.   ヽ






.


318 : ◆oCJZGVXoGI:2010/01/05(火) 19:10:25 ID:VRc4eY3A






呉王夫差はこの後自害する。
夫差の死により、呉国は滅亡したのだ。
仲が悪いことをよく「呉越」と例えるがこれらのことがらが語源となっている







        _.....___
       ,r' ´      ``''' - 、、
      ,ィ'/             `ヽ、
.   ,イl| i     ,  ;i     、    、 、ヽ
   / l | l     l  l l  l  l }   ; i ヽヽ
  ,'  l! !   l!  l i i  リ  } リ i !リ
  l  l    i l  l | l iソ ノ ,r'´l! l }ソ          どうせなら越王をニアにやらせろよ
  | _..=、ェ_____!_l__l | ! |!ィ弋~lナ !ン'i
゙゙゙ ̄   \::ヾ::::::::::::\ l!   ̄  ゙ヽl           それだったら勝てたのによぉ~
       l::::::ヽ::::::::::::ヾi、    ´ i´ |
ェ-‐ ''''''‐ェ-┘:::::::::::::::::::::、}ハ.    )┤ l! ))
   l |l ! l`'ーtェ_:::_::::::::::ヽヾ.   / i リ
  _!_弋ェ-=ゞ、ヽ\_|:::::::::入\ー ' , ノノ
 ̄      \`:: ̄::゙='。. ̄:ミニ≦、.._
         ヽ:::::::::::::::::::゚:・:。::::::::::::゙i `' ー- ....___
            l::::::::::::::::::::::::::::゚:・:。:::ヽ、      _ヽ,_...-――
            l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゚::・\---ィ:´::::::ヽ
          i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::f;.、、{:::::::::::::::\

.







319 : ◆oCJZGVXoGI:2010/01/05(火) 19:10:45 ID:VRc4eY3A






さてさて、呉が滅びたことによって春秋時代も終わりに近づく。
春秋時代の終わりを告げるには「晋国」の分裂を語らなければならない。
春秋末期、晋は事実上、他の有力大夫を排除して六卿を世襲するようになっていた
范氏・智氏・中行氏・趙氏・韓氏・魏氏の5氏6家系の当主によって動かされるようになっていたのだ
その中でも趙氏、韓氏、魏氏が権力を保持したのである







       ____
     /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /

       『趙氏』







    /  ̄ ̄\
  /      ノ ヽ
  |::::::     (● )
.  |:::::::::::   (__人)
   |::::::::::::::   ⌒ノ
.   |::::::::::::::    }
.   ヽ::::::::::::::    }
    ヽ::::::::::  ノ
    /:::::::::::: く
    |::::::::::::::  |
     |:::::::::::::::| |

    『韓氏』






         ____
       /     \
     / ⌒   ⌒ \
    /   (⌒)  (⌒)  \
   |      __´___     |
   \      `ー'´    /
    ノ           \

       『魏氏』


.







320 : ◆oCJZGVXoGI:2010/01/05(火) 19:11:16 ID:VRc4eY3A







ただ、この三氏を上回る権力を持っていた者がいる
それが智氏だ。







          / ノ Y ヽ
     (ヽ   /( ゚ )( ゚ )ヽ   /)
     (((i ) /::::⌒`´⌒::::\  ( i)))         でっていうwwww
    /∠_| ,-)    (-,|_ゝ \
    ( __  l  ヽ__ノ   ,__ )
        \   |r┬-|  /´
         |  | |  |  |
         |  | |  |  |
            `ー'´

          『智氏』


.







321 : ◆oCJZGVXoGI:2010/01/05(火) 19:11:44 ID:VRc4eY3A






晋国の衰退の予兆を感じた智氏が、手始めに趙氏を滅ぼすため
韓氏、魏氏を味方にし、戦争を起こす。







      / ニYニヽ
    / (●)(●)ヽ
   /   ⌒`´⌒\
 /    ,-)   (-、\       晋はそのうち滅びるっていう。
 |      l  __  l |
 \     ` ⌒´   /       滅びるなら、勢いのある勢力を殺いでおいたほうがいいっていう
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i       全ての有力な勢力が消えたら、晋の後釜はこの俺がなるっていう
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


.







322 : ◆oCJZGVXoGI:2010/01/05(火) 19:12:18 ID:VRc4eY3A







        / ニYニヽ
       / (●)(●)ヽ
      /   ⌒`´⌒\              手始めに趙氏だっていう
    /    ,-)   (-、\
    |      l  __  l |  |  ノ         やつは前々から気に入らなかったっていう。
     \     ` ⌒´   / '´_  '   _,
    ノ   ヽヽ 、  ーーく r'´ r‐' '´        でも俺一人じゃ、勝てないっていう…
  /´      /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 |    l   /‐''"_, -ヘ| ゴーヤ |
 ヽ    -一/  ´  _,,厶ヘ  オ・レ  /
  ヽ __       _,)ヽ___ /


.







323 : ◆oCJZGVXoGI:2010/01/05(火) 19:12:40 ID:VRc4eY3A







        /ニYニヽ
   (ヽ   /( ゚ )( ゚ )ヽ               ってことでwwww魏氏と韓氏さんwwwww
  (((i ) /::::⌒`´⌒::::\
 /∠_| ,-)___(-,|___         俺の仲間になれっていうwwwww
( ___、  |-┬-|    ,_  )
    |    `ー'´   /´ //
    |            /   ( i)))
                ヽ)

.







324 : ◆oCJZGVXoGI:2010/01/05(火) 19:13:05 ID:VRc4eY3A







   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \ 
 |    ( ●)(●)               くそ腹立つ顔だが、まぁいいだろう
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ               (っち、本来なら拒否したいのだが、智氏の勢力は強大…
.  |         }
.  ヽ        }                逆らってしまったら矛先をこちらに向けかねんからな…)
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \








          ____
        /     \
      /        \          わ、わかりました……
     /  \    /  \
    |    (●)   (●)   |        (悔しいですが、智氏には逆らえません…)
    \      ´   u /
    /     ⌒     \


.







325 : ◆oCJZGVXoGI:2010/01/05(火) 19:13:34 ID:VRc4eY3A






こうして趙氏VS智氏、韓氏、魏氏の戦いが始まる。
その戦いは実に三年も続き、趙軍は死に物狂いで自身の城(領地)を守った。







      ____
     / \,   /\
   / (● )  (● )、                   全軍、死に物狂いで守りきれお!!
 /  u   (__人__)  y`ー 、
 | u       ` ⌒´  /  y气    |           この城を奪われてしまったら、お前らの未来も閉ざされるお!!
 \         /   /\`ヽ, - + -
 /    ̄ ̄ ̄ ̄´    入  ヽイ   |
 |   _____/  \
 \            ヽ \
   \            ヽ \
    \               j(ミノ

.







326 : ◆oCJZGVXoGI:2010/01/05(火) 19:14:02 ID:VRc4eY3A






三年という長い戦のせいで、両軍は疲労し始めていた。
趙氏はこれを狙っていたのである。







       ____
    /     \
   /  ─    ─\
 /    (●) (●) \
 |       (__人__)    |        そろそろ韓氏と魏氏の陣へ行き、和議を申して来いお
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||








    ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /   /   \   丶
   │ u    /\     .|         降伏なさるおつもりですか?
   |    / ̄ ̄\    |
    \           /

       『臣下』

.







327 : ◆oCJZGVXoGI:2010/01/05(火) 19:14:33 ID:VRc4eY3A







       ____
     /⌒  ⌒\ ホジホジ
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\           んなわけねーじゃんwww智氏から引き裂き、こちらの仲間になってもらうんだおwww
  |    mj |ー'´     |
  \  〈__ノ       /
    ノ  ノ








   _____
 /         ( ;;;;(
/             ) ;;;;)
|   u    /   \ /;;/           そ、そんなことできますかね…?
|        /ヽ  l;;,´.|
/     ∩ノ ⊃━・'/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


.







328 : ◆oCJZGVXoGI:2010/01/05(火) 19:15:13 ID:VRc4eY3A







          ___
         /     \
       /   \ , , /\
     /    (●)  (●) \         できるお!智氏は野心化だお。私を倒した後は韓氏、魏氏も倒すつもりだお
      |       (__人__)   |
     \      ` ⌒ ´  ,/          そうなるなら、私と魏氏、韓氏で力を合わせ智氏を打ち
      ノ          \
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ         奪った領地を三氏で分けたほうが賢明だお
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /








    ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /::::::: /   \   丶           なるほど…領地を三分割するのですね
   │:::::::::  /\     .|
   |:::::::::::::/ ̄ ̄\    |            では、そのようにお伝えして参りましょう。
    \:::::::::        /

.







329 : ◆oCJZGVXoGI:2010/01/05(火) 19:15:36 ID:VRc4eY3A






趙氏の提案に、魏氏、韓氏の両氏はこれに承諾。
形勢は一気に逆転したのだ。







    /  /  /
    /  /  /
   /  /  /                 / ̄ ̄ ̄ ̄\
   /  /  /       ,/゙ ̄"'/         \
゙ ゚'X.  /  /         /   /            \                狙うは智氏の首だ!!
\ `─-、'        /    |                   |丶
/⌒'y"`ヽ.\______,,;,/ r''\  |               |. :::::\             全軍、反転し智氏の首を刎ねよ!!
/゙ヽ(_,X., ゙r、\_    | _) |                 |. : ::.:::.:.ヽ
/゙`‘,' _  /、\_,〉 . : ::| く    |   "ー、_   、_,ノ'′  ,|. : : : ::::::,r'ヽ
 ̄⌒ソ`;、i : , ': : : : : : : :!  \ |  ( ●)  ( ●)     ,|.: :: :: : ::::.::::ハ
  ,r''゙,r"⌒゙ヽ;_:_; : : : ::::|  : ::;;\}      j、        /.: :: :: .:::::::::::::.::i
::;;" /       `・、_::::|  : :;: : :,i:}  ヽ _ ノヽ___ノ  ,/ : : :: ::: :::::::::::.:::'、
_!_,r′        :ヽj : : :;;::./ ヽ   ` ⌒ ´    /: :: :: :: :: .::/ .:::::::i
 {、         _,,..,`-、;;:/   l ̄ ゙゚゙̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄”゙`'''" .:' ..::::::::::|
  `r::      ,;'" ''゙゚゙ ̄⌒ヽ、.,,__\ ,; : ; : ; : : : : :`'':; , '   ..::::::::::::j
  {: : : :              \  ̄ ̄.:'⌒゜ ̄ ゙`'': :: :/: : : ..::::::::::::::'|
   \::::::゙ヽ.      ;、 、   \ ゙' 、      ,r:: /: : : ..:::::::::::::::';;;|
    \::::゚、 ゙ヽ.   , ヽ. ヽ   ゙ヽ `・、,_   /: :/  ..::::::::::::::::::::::i








                           ,
        ,___             //
      /     \         //
     /  \   / \      //             我が軍も続きます!!
   /    (●)  (●) \   //
   |       __´___    |  //                韓氏に遅れをとってはいけません!!
   \       |il!|!il|  /.//
.   /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,)/                    智氏の首を刎ねるのです!
   |  ,___゙___、rヾイソゝ
   |            `l ̄

.







330 : ◆oCJZGVXoGI:2010/01/05(火) 19:16:11 ID:VRc4eY3A






魏氏、韓氏が趙氏に味方したことによって、智氏はあっという間に討ち取られた
こうして滅びた智氏の領地を三氏が分割し
それぞれ晋から独立することになる







         ____
        / \  /  \
       ./( _) ( ●)  \
       /   、_',__,     |          独立…
       |           .|
       \         /







  \  /                 \  /
    X   / ̄ ̄ ̄\           X
  / ∩ / _ノ   ヽ、 \        / ∩
/ ( ⊂) |  ( ●)(● ) |      / ( ⊂)      ____
     | | |   (__人__)  |         | |    /⌒  ⌒\
    トニィ'|   `⌒´   |        トニィ'. /( ●) (● ). \
    |    |         }         |   / :::⌒(__人__)⌒::::: \
    \   ヽ        }         \  |     |r┬-|      |         成功!!!
     \  ヽ     ノ           \\_  `ー'´    _/
        ン ゝ ''''''/>ー、_           ン ゝ ''''''/>ー、_
       / イ( /  /   \        / イ( /  /   \
       /  | Y  |  / 入  \     /  | Y  |  / 入  \
      (   | :、 |  / /  ヽ、 l     (   | :、 |  / /  ヽ、 l
       j  | :   | / ィ    |  |       j  | :   | / ィ    |  |
       くV ヽヘ_ ヽ  \  仁 」       くV ヽヘ_ ヽ  \  仁 」
        ー 〕   \  〉(⌒ノ        ー 〕   \  〉(⌒ノ

.







331 : ◆oCJZGVXoGI:2010/01/05(火) 19:16:33 ID:VRc4eY3A






三氏が晋から独立したのは前453年のことである
この年と、周の威烈王によって趙、韓、魏の三氏が諸侯に列せられた紀元前403年のいずれかを
春秋時代と戦国時代の区分と考えるのが一般的であるとされている
その後、晋は前378年に最後の君主である静公が退位し、ここに晋は滅亡した







   ._.. -''″     .__..__,、           -=ニ゙゙ニ--- -......,,,,,_、     .'`-┷lli..,, ,_
. ‐'″  _,,.. -ー''''^゙゙二ri'ニ.... ....、............. ...._,,,_            ゙゙゙゙̄''''lllll,,,,_
..,.. -''"゛          _,,,.. --ー''''."゙.´                       ̄''''―
    _,,,,,       ` ̄ ̄ ゙゙゙̄! ,,__      .,,,,..uuii、;;;;;;y ......,,,,_,i-............ ......,,,,
-''''゙彡'"゛    ._,,..yr‐ ._,,.. -ー''''''゙゙ ̄´ i|     i  |i       ´`゙'''― ,,,_
...ノ'"  .,.. -''',゙..r''“゙゙“´             i|  i     |i               `'''ー、、
  _..-'"゛ _..-                 i|    i  |i                   `'ゝ
'"  .,..ッr'"                i|      |i                   ヽ
.., ''ソ゛                       i|      |i
゛ l゙                     i| i      |i
 .!                    i|        |i
  ヽ                    i|   i     |i
   .`'-、、,                i|    i     |i                   _..-'´
      `''ー  ,,_           i|        |i          _,,,.. -‐''"
              ´゙'''ー . ,_      i|          |i   . _____ii;;;;;;ニ二......、
.,,_. : =i i ,,、          ,゙,゙;;;;;;;;;;; i|          |i              '''''''''''''''''''''''''''
  .`゙''''~ .`''ー .. ,,,,____ .__.`゙゙'''''~ i|          |i ー''''''''三゙゙..........---;;;;='   ._,,..
'''ー ...,,,_          ̄ ̄ ゙゙゙゙̄^.i|   i         |i .,,,,,,...... -―''''"´  . --l∋´
¬――ー`-′   . .       i|             |i       _,,.. -‐''"゛
`゙"'''―- ....,,,_     `゙`-`-二,゙", ,i|           |i  -¬''"´    .__,,,,,,,_,,,,..
'―-- 、..,,,,_、 . ̄''-.. ,,_、  ." i|       i         |i .-―ー¬''''゙゙゙ ̄´゛
        ̄ ゙゙゙゙゙゙゙゙゙̄ '''''゙゙“''  i|               |i  .、  ヽ     \
           、       i|               |i   l.    '、 ヽ  .  ..,
/  . ./    ./       i|               |i.  ヽ   ヽ .ヽ. \ \
  / /    /        i|               i   |i   l.l.  .、  ヽ. \.\
 /  ./ 、  ,/./       .  i|                   |i .、 .l.  ヽ  .ヽ .\ ヽ
″ ./  /  ./ ,i′      i|                     |i.  ..l.  .ヽ  .ヽ ヽ.
 /  /   ./ /        ,i|                     |i   . l    ヽ  ヽ .゙
'" ./   ,/ /     .、  i|          i            |i   l   ヽ    ヽ
 ./   ./ ./      / ,i|                    i    |i    .l,   ヽ \
./   ./ ./      ./ i|  i                        |i     |″ l

.







332 : ◆oCJZGVXoGI:2010/01/05(火) 19:17:13 ID:VRc4eY3A






さて、最後にこの晋の内紛時代を生きた義士の逸話をお話しましょう
その男は予譲(よじょう)といい、始め晋の范氏に慕えていた。
だが、范氏は予譲を重要視しなかったため野心化の智伯(智氏)の元に仕官し
優遇されるようになる







   /ニYニヽ
   /( ゚ )( ゚ )ヽ
 /::::⌒`´⌒:::: \
 | ,-)___(-、|             なかなか見所のあるやつだっていうwwwww
 | l   |-┬-|  l |
 \   `ー'´ _/              でっていうはお前を国賓として迎えてやるっていうwwww
. /    ∩ノ ⊃ ヽ
(  \ / _ノ |  |            感謝しろっていうwwww
..\ “  /__|  |
  \ /___ /

.







333 : ◆oCJZGVXoGI:2010/01/05(火) 19:17:43 ID:VRc4eY3A







           / ̄\
             |    |
           \_/
             |
         /  ̄  ̄ \
        /  ::\:::/::  \
      /  .<●>::::::<●>  \          主の厚き歓迎と待遇に
      |    (__人__)     |
      \    ` ⌒´    /          深くご恩礼申し上げます
       /,,― -ー  、 , -‐ 、
      (   , -‐ '"      )
       `;ー" ` ー-ー -ー'
       l           l

        『予譲』


.







334 : ◆oCJZGVXoGI:2010/01/05(火) 19:18:22 ID:VRc4eY3A






ちなみに、予譲が智氏に慕える前の「范氏」は後に滅ぼされることになるが
これの血を引き戦国時代の秦の宰相の位まで昇った者がいる。
それが「遠交近攻」説を唱えた、他でもない「范雎」である。
さて、智氏に慕えた予譲ではあるが、前に記載した通り、三氏連合軍により滅亡する
予譲は智氏滅亡後、労働者になるのである。







       / ̄\
       |     |
        \_/
        __|__
     /      \
    /   :::─:::::::─\
  /    <●>:::::<●> \        (主は、私のような凡才の男を国賓として迎えてくださった…
  |       (__人__)   |
  /     ∩ノ ⊃  /         ご恩を承った以上、それを返すのが義士である)
  (  \ / _ノ |  |
  .\ “  /___|  |
    \ /___ /

.







335 : ◆oCJZGVXoGI:2010/01/05(火) 19:18:43 ID:VRc4eY3A






         ,イ
         / |            ━┓¨
     ,r‐、λノ  ゙i、_,、ノゝ       ━┛
      ゙l   / ̄\    ゙、       ━┓¨
     .j´  |    |     (.        ━┛
      {.   \_/     /      ━┓¨
      )    |       ,l~    ━┛
       /  ̄  ̄ \
     /  ::\:::/::  \
    /  <●>::::::<●>   \         (主を打ったのはどう考えても趙氏(趙襄子)だ…
    |    (__人__)     |
    \    ` ⌒´    /          あやつだけは決して許せぬ。)


.







336 : ◆oCJZGVXoGI:2010/01/05(火) 19:19:12 ID:VRc4eY3A







         / ̄\
           |    |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \
      /   ::\:::/::::\
    /   <●>::::::<●> \        (よし…趙氏を討とう。ヤツを討てば智伯さまとあの世で
    |     (__人__)    |
    \     ` ⌒´   /         再開しても、恥をかくことはかろう…)
       ̄(⌒`::::  ⌒ヽ
        ヽ:::: ~~⌒γ⌒)
         ヽー―'^ー-'
          〉    │

.







337 : ◆oCJZGVXoGI:2010/01/05(火) 19:20:13 ID:VRc4eY3A







       / ̄\
         |    |
       \_/
       __|_
     /     \
   /::::::::::::::::    \ _          ・・・・
  /::::::::::::::::       || |
  |::::::::::::::::::::::::     ∩! ,ヽ _
  \::::::::::::::::       | ー ノ
   | :::::::::::::::    | i j  ̄ ̄ ̄|
   |  :::::::::::::    ゝ__/____i








       ____
    /     \
   /  ─    ─\
 /    (●) (●) \
 |       (__人__)    |        (うん?あやつから何やら殺気のようなものを感じるお…)
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||

    『趙襄子』






.


338 : ◆oCJZGVXoGI:2010/01/05(火) 19:20:54 ID:VRc4eY3A







           / ̄\
             |    |
           \_/
             | __
            ┴´   ``ヽ
          /::::::::::|::::::    `ヽ            何か御用でしょうか…?
         /:::\::::::::<● >   `ヽ
    ((   / <●>::::::::::⌒      )
        |  ⌒(_人__)       ノ | |
        ヽ    )vvノ:      / ノノ
          ヽ (__ン       人
         人           \








         ___
       /     \ キリッ
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \
     |       (__人__)   |           お主から何やら殺気のようなものが伝わってくる
      \      ` ⌒ ´  ,/
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ         悪いが、お主の身柄を調べさせてもらうお
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |

.







339 : ◆oCJZGVXoGI:2010/01/05(火) 19:21:21 ID:VRc4eY3A







         / ̄\
        |     |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \
      /  u   ノ  .\
    /      u <●>:::::::\               えっ…ちょ…こんなところで…?
    |         (__人__)|
     \ /⌒)⌒)⌒)` ⌒//⌒)⌒)⌒)          は、恥ずかしいですぅ~
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / / 
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /








       ____
     /⌒三 ⌒\
   /( ○)三(○)\             うぜぇしきめぇ…さっさと身柄を調べるんだお!!
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /


.







340 : ◆oCJZGVXoGI:2010/01/05(火) 19:21:43 ID:VRc4eY3A







                _
            /  |    _
              /  /|  /  |
          /    ┴-< / |
            /          |            了解であります!
        /  /  __ \〈
         | ゙゙゙   |  /´    |⌒)
        \     L/     //
          `7       /
            /        |
         〈__ノ        |
             (       /
             \     |/
              \_」

        『臣下』


.







341 : ◆oCJZGVXoGI:2010/01/05(火) 19:22:08 ID:VRc4eY3A






このとき予譲は懐に短剣を忍ばせていた。
それを趙氏の臣下に発見されてしまう。







           /∧  .      /∧
           / / λ     / / λ
.         /  /  λ   /   /  λ
      /   /   λ /    /   λ
      /    /    λ___./    λ
.   /                    \
.  /                         λ
 /          O          O    λ           殿…こやつの懐に短剣が…
./   | || | | |∥                 λ
|   | || | | |∥     | ̄ ̄ ̄|        |
|   | || | | |∥     |      |           |
|   | || | | |∥     |      |.         |
|  | || | | |       /     |         /
  \_  ||  |      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|        /
    \                       /

.







342 : ◆oCJZGVXoGI:2010/01/05(火) 19:22:33 ID:VRc4eY3A







      _____     
    / ―   \   
  /ノ  ( ●)   \ 
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /            そなたは、私を殺そうとしたのかお?
. |         /
  \_      _ノ\
    /´         |
.     |  /       |








           / ̄\
             |    |
           \_/
             |
         /  ̄  ̄ \
        /  ::\:::/::  \
      /  .<●>::::::<●>  \             そうだ…
      |    (__人__)     |
      \    ` ⌒´    /             全ては亡き智伯さまの無念を晴らすためである
       /,,― -ー  、 , -‐ 、
      (   , -‐ '"      )
       `;ー" ` ー-ー -ー'
       l           l

.







343 : ◆oCJZGVXoGI:2010/01/05(火) 19:23:10 ID:VRc4eY3A







         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \           智伯は死んだのにそれでも義を通すとはな…
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/            そなたの忠義心は実に深いとみえる。
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |            その忠義心に免じ、今回は許してやるお…
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |








   lヽ、  /  、
.  l >‐'´`   l
  ,ノ     o   ヽ
 i'.o  r┐      ヽ、            殿…それは危険です!
 l   ,!-l、      |
 ヽ        _,.ィ'.            
  `ー-、_    く´
     ,!    `!
     l   `!  `!
      l  l. l  , l
     l、_,!  し'  l


.







344 : ◆oCJZGVXoGI:2010/01/05(火) 19:23:31 ID:VRc4eY3A







     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \            かまわぬ。
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /             だが、よく覚えておくことだ…次は、ない
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /








         ,イ
         / |            ━┓¨
     ,r‐、λノ  ゙i、_,、ノゝ       ━┛
      ゙l   / ̄\    ゙、       ━┓¨
     .j´  |    |     (.        ━┛
      {.   \_/     /      ━┓¨
      )    |       ,l~    ━┛
       /  ̄  ̄ \
     /  ::\:::/::  \
    /  <●>::::::<●>   \          承知いたしました…
    |    (__人__)     |
    \    ` ⌒´    /

.







345 : ◆oCJZGVXoGI:2010/01/05(火) 19:23:57 ID:VRc4eY3A






趙氏に許しを得た予譲であるが、それでも智伯の仇を討つことをやめようとしなかった。
炭を磨り潰し、それを飲み声を潰して、漆を塗って顔を変えた。
そして再度、趙氏を討とうとするが…







 ̄ \           / ̄|
 '´\>―――< /`l |
 /         \.j |
     ○      О Y              殿!怪しいヤツを捕縛しました!
        / ̄|   |
    *    /_,」   _ノ  、人ノ
 三ニ-       ̄-_ _ ⌒)て
            「「⌒T.)








         ___
        / .u   \
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)        お前は…あの時の…
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /


.







346 : ◆oCJZGVXoGI:2010/01/05(火) 19:24:17 ID:VRc4eY3A







     / ̄\
      |    |
     \_/
     ___|__
    / _(◎)`ー-、_
  / / ::`|ll|':^‐、  \
  / /  __;::∪::_  `‐-、_`ゝ 
 / /,ィ::\:::::/:::\" ̄
ノ∠-<● >::::<● > \          ・・・・・・・・
   | (__人__)    |
   ヽ `⌒ ´   /
   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\


.







347 : ◆oCJZGVXoGI:2010/01/05(火) 19:24:59 ID:VRc4eY3A







     / ̄\
      |    |
     \_/
     ___|__
    / _(◎)`ー-、_
  / / ::`|ll|':^‐、  \
  / /  __;::∪::_  `‐-、_`ゝ 
 / /,ィ::\:::::/:::\" ̄
ノ∠-<● >::::<● > \             私の命が尽きぬ限り、お前を討つ気持ちは変わらぬ
   | (__人__)    |
   ヽ `⌒ ´   /             あの時、私を逃がしたことを後悔したか?
   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\








       ____
    /     \
   /  ─    ─\
 /    (●) (●) \
 |       (__人__)    |        後悔などしていないお。お前の義侠心に心をうたれ、それに免じて
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.         許してやったのだ。後悔などあるはずがないお…
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |        だが、今回は許すことができぬ
    >   ヽ. ハ  |   ||

.







348 : ◆oCJZGVXoGI:2010/01/05(火) 19:25:37 ID:VRc4eY3A







     / ̄\
      |    |
     \_/
     ___|__
    / _(◎)`ー-、_
  / / ::`|ll|':^‐、  \
  / /  __;::∪::_  `‐-、_`ゝ 
 / /,ィ::\:::::/:::\" ̄
ノ∠-<● >::::<● > \         …私を生かしておけば、禍が続くからな
   | (__人__)    |
   ヽ `⌒ ´   /         
   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\








         ___
       /     \ キリッ
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \         そなたを…ここで斬るお
     |       (__人__)   |
      \      ` ⌒ ´  ,/         何か言いたいことがあれば聞いてやる。
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |

.







349 : ◆oCJZGVXoGI:2010/01/05(火) 19:26:06 ID:VRc4eY3A







     / ̄\
      |    |
     \_/
     ___|__
    / _(◎)`ー-、_
  / / ::`|ll|':^‐、  \
  / /  __;::∪::_  `‐-、_`ゝ 
 / /,ィ::\:::::/:::\" ̄
ノ∠-<● >::::<● > \         一言だけ…言わせてくれ…
   | (__人__)    |
   ヽ `⌒ ´   /
   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\








      _____     
    / ―   \   
  /ノ  ( ●)   \ 
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /           申してみよ
. |         /
  \_      _ノ\
    /´         |
.     |  /       |

.







350 : ◆oCJZGVXoGI:2010/01/05(火) 19:26:29 ID:VRc4eY3A







        / ̄ \
      / <> <> \
      |  (人)  |
      \___/
          |
      / ̄ ̄ ̄ \
    / ノ   \  \
   /  <●>::::::<●>  \
   | ヽ  (__人__)  /  |   智伯さま…不忠の私をどうかお許し下さい!!
   \    ` ⌒´    /
   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \

.







351 : ◆oCJZGVXoGI:2010/01/05(火) 19:26:57 ID:VRc4eY3A







                 「 ̄!._ ._
                    |  .| | | | |
                |  .| | | | |.
                  |  !  ̄ . ̄
               |  |__
                 |   ___/
                   |   |.
               |  |
                 |   |
             └‐┘
     _____
      |____   |
         /  /
        /  <.
      / ./\. \
     .\/   \ `>

.







352 : ◆oCJZGVXoGI:2010/01/05(火) 19:27:18 ID:VRc4eY3A







         ___
        / .u   \
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)          なっ!!自身の短剣で…
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / // 
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/             自殺しおった…
|     ノ    | |  |    \  /  )  / 
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /

.







353 : ◆oCJZGVXoGI:2010/01/05(火) 19:27:39 ID:VRc4eY3A






これは一人の男が、一人の主君に一生忠義を貫き通すという義士の話であった。
この話はたちまち各国に広がり、その義侠心を心から尊敬し
また、涙を流すものさえいたという。







             / ̄\
             |     |                  |     | |     |
             \_/                   |     | |    |
            / ⌒`"|⌒`ヽ                 |       | |    |
           /,, / ̄ ̄ ̄ ̄\                   |     | |     |
          /,//::         \             |     | |    |
         ;/⌒'":::..            |⌒ヽ          | ,     | |    |
       /  /、:::::...           /ヽ_ \          |ノ    、| .|   、|
     __( ⌒ー-ィ⌒ヽ、   /⌒`ー'⌒  )         ノ_____,ゝソ___ゝ
    ━━━`ー──ゝィソノー‐ヾy_ノー─"        _ノ゙ ̄⌒^⌒} .{ ⌒^⌒}
                                'ニ===⊂⊃=} {=⊂⊃=}

.







354 : ◆oCJZGVXoGI:2010/01/05(火) 19:28:00 ID:VRc4eY3A



















                         「戦国時代の門が、今開いた…」





















.
関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加




[ 1306 ]

西施の話がなかったな。まあ特に必要でもなかったのか
[ 2010/01/11 14:46 ] [ 編集 ]

[ 1336 ]

西施って越の王が呉の王に渡した女だっけか?
[ 2010/01/12 20:57 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oyoguyaruo.blog72.fc2.com/tb.php/1320-7ca76fbf


アクセスランキング アクセスランキング アクセスランキング