ブログパーツ 泳ぐやる夫シアター やる夫がタヒチの楽園で過ごすようです  その1


















やる夫がタヒチの楽園で過ごすようです  その1





                   ,,,,,,,,,,,,, ,,,,,,,,,,,,,                                
                   lllllllllllll|..,llllllllllll|          liiiiiiiil  ≡                
                   llllllllllllll,.llllllllllllll: liiiiiiiil: iiiiiiill.lillllllllllii llllllllll: lllllllllliilllllllii,'lllllllli、,llllllll′ 
                   lllllllllllllli,llllllllllllll .llllllllll: lllllllll.'゙llllllllll゙ lllllllll: :lllllllll~lllllllll|.゙lllllllLllllllll   
                   lllllllll'llllllllllllllllllll .llllllllll :lllllllll .llllllllll  :lllllllll: :lllllllll .lllllllll .'llllllll.llllllll゜  
                   lllllllll,llllllllll!lllllllll .llllllllll llllllllll .llllllllll  llllllllll .lllllllll| lllllllll| .'llllllllllllllll   
                   :llllllll|.llllllll!:llllllll| llllllllll: lllllllll .:lllllllll: .:lllllllll...lllllllll: lllllllll: : lllllllllllllll   
                   :llllllll| lllllll`llllllll| 'llllllllllillllllllll: 'llllllllllil .llllllllll .lllllllll' lllllllll|  lllllllllllll`  
                      ゙゙゙゙゙゙゜.゙゙゙゙’.゙゙゙゙゙゙′゚゙゙゙゙゙~゙゙゙゙゙゙° ゚゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゜.゙゙゙゙゙゙’.゙゙゙゙゙゙°llllllllllll!゙    

                       ,,,,,,,,,,                iiiiiiiiiiii,,,,,,,、                     ..、__       
   _,,,,,,、  ..___ .,,,,,_    .lllllllll| .llllllllll ,,,,,,_   ._,,,,,,,,_    .lllllllllllllllllllll,  .,,,,,,,,,,_  ..,,,,,,,,, .,,,,,,,,,: ,,,,,,,,,,.,,,,,,,,, ._,lllllllll|_.,,,,,,,, ,,,,,,,,, 
 ,iilllllllllllllii,, .lllllllllllllllllllli、  .llllllllllllll:lllllllllllllllllllll, .,,illllllllllllllli,   .llllllllll .lllllllll ,iillllllllllllllli,、lllllllll .lllllllll、.llllllllll!lllllllllzllllllllllllll.lllllllll .lllllllll:
: ,lllllllll..llllllllli、lllllllll|.llllllllll   lllllllll|: llllllllll..llllllllll .lllllllll`lllllllll、  llllllllllliillllll!l゜.llllllllll llllllllll :lllllllll .lllllllll、.lllllllll|.llllllllll .:lllllllll .llllllll,.illllllll 
: llllllllll llllllllll .lllllllll| lllllllll:    lllllllll: .'lllllllll :lllllllll: lllllllllllllllllllll|   .llllllllll!!lllllllii、lllllllll :lllllllll: lllllllll| lllllllll| llllllllll llllllllll .:lllllllll  llllllll,llllllll″
: llllllllll llllllllll .lllllllll| lllllllll:    lllllllll: .'lllllllll: lllllllll: llllllllll      llllllllll .llllllllll 'lllllllll: lllllllll: lllllllll| lllllllll| llllllllll llllllllll .:lllllllll:  llllllllllllllll:
: llllllllll llllllllll .lllllllll| lllllllll:    lllllllll,: :lllllllll :lllllllll: llllllllll..lllllllll′  'llllllllll,,llllllllll: llllllllll,,lllllllll: llllllllll,,lllllllll| llllllllll llllllllll .:lllllllll,,, .llllllllllllll:
 ゙!llllllllllllll!゙`.llllllllll llllllllll   : !!lllllllll|lllllllll|.llllllllll ゙!!llllllllllll!゙′  .:llllllllllllllllll!!゙ ゙!!lllllllllll!!゙ '!llllllll!!llllllll| llllllllll llllllllll ゙!!llllllll .,,,llllllllllll′
  `””″  `: : ` : :                   ̄`              : :      :                :!!!!!!!!!゙°

               バウンティ号の叛乱   ~やる夫がタヒチの楽園で過ごすようです~














2 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:11:00 ID:1IE/7Zn.






                           -‐ '´ ̄ ̄`ヽ
             ___       / /" `ヽ ヽ  \         l⌒l l⌒l
l⌒l  __     (__   )       //, '/     ヽハ  、 ヽ      |  | |  |
|  | (__)     _/ /       〃 {_{\    /リ| l │ i|       |  | |  |
|  |          (__ \   __ レ!小l●    ● 从 |、i|__   |  | |  |
|  |  __  l⌒l_    \ │(___ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│__) |  | |  |
|  | (__) |  _)  _ 丿│  /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !     `ー' `ー'
`ー'     ( ○ _) (__ノ   \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│    ○  ○
        `─'              /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
                        `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |








       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、       タイトルを見て旅行記か何かだと思ったみなさん、はじめましてにょろ。
     / /" `ヽ ヽ  \     本作は世界海事史上に残る重大事件である「バウンティ号の反乱」について
   //, '/     ヽハ  、 ヽ    語っていくスレにょろ。
   〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|    この事件は、18世紀のイギリスの武装船バウンティで起きた艦長に対する反乱と
   レ!小l●    ● 从 |、i|    逃亡者の植民地の建設という波乱万丈の出来事にょろ。
    ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│    内容はこのテーマを扱った映画「戦艦バウンティ号の叛乱」を横目で見つつ
/⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !     史実・虚実取り混ぜつつ書いていくつもりなので、生暖かく見守って欲しいにょろよ。
\ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│    
  /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |    
 `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |     明らかに間違っているところは突っ込んでくれたら嬉しいにょろ。







3 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:11:24 ID:1IE/7Zn.






         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
        / /" `ヽ ヽ  \     なお、本作に登場する「やる夫」は史実上の人物を元に私が
     //, '/0°   ヽハ  、 ヽ    脚色した人物にょろ。
     〃 {_{\    /リ| l │ i|
     レ!小l●    ● 从 |、i|    ゆえに創作のエピソードや彼の周囲で私が創作したキャラクターが
      ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│    登場することになるにょろが、それは承知しておいて欲しいにょろ。
  /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
  \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│   それ以外は可能な限り史実に沿って進めて行くつもりにょろ。
    ./:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ | 
   `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |








           , '´ ̄ ̄` ー-、       それと、>>1はAAにはあまり詳しくないので不具合があるかもにょろが、
         /   〃" `ヽ、 \      そこらへんも生暖かく見守って欲しいにょろ。
        / /  ハ/     \ハヘ
          |i │ l |リノ    `ヽ}_}ハ
.        |i | 从 ●    ●l小N     登場するAAキャラの使われ方に不満があるかもだが、
...       |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ      これの異論は受け付けないにょろよ。
...       | i⌒ヽ j  (_.ノ   ノi|__/⌒)
       | ヽ  ヽx>、 __, イl |::::ヽ /
       | ∧__,ヘ}::ヘ三|:::::/l| |',:::::ハ
       | ヾ_:::ッリ :::∨:/ | | >'''´







4 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:11:45 ID:1IE/7Zn.






             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、           それでははじまる
           / /" `ヽ ヽ  \
     i⌒ヽ,   //, '/     ヽハ  、 ヽ   /)、
     ,ゝ  レ、〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i| .__/^)、 ,i  ┏┓┏━━┓         ┏━━┓                     ┏┓┏┓
     '‐‐、/ レ!小l●    ● 从 |、i| l、ヽ、 _/   ┃┃┗━━┛   ┏┓  ┗━┓┛                     ┃┃┃┃
       .ヽ、 /ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ /  > )'´    ┃┃           ┃┗┓  ┏┛┻┓┏━━━━━━━━━┓┃┃┃┃ 
        / 人ヘ   ゝ._)   j | ./  /      ┃┃          ┃┏┛┏┛━┓┃┃               ┃┃┃┃┃
        レ〈ヽ、 >,、 __, イ /  /、.       ┃┃┏┓    ┏━┛┗┓┗┛  ┃┃┗━━━━━━━━━┛┗┛┗┛
           .|ヽ 7ヽ7、/| / 7  ,イ\ \.     ┃┃┃┗━┓┃ ━ ┏┛  ┏━┛┃                 ┏┓┏┓
           .| | ヽ!、〈ム〉レ' 「>,.ハ \ \    ┗┛┗━━┛┗━━┛    ┗━━┛                ┗┛┗┛ 
           .| | ,イ、__ハ______,ゝ、>_ヽ、, \ \   
.           | |く_、__ハ__、__rン ノ--r、  、  >  
           .ヾ.! .7ー、___,.、___,.-‐::::`'ー| トイヾ
            /::::/::::::::::::::::::::::::::::r'" _/」
            r'く/ヽ、人__ノ\__,ノ r'ソ-、
           ゝy‐-、〉二ヽ二rニ=‐'^'〉〉 |
        ,'⌒`''く{_7〉::::::::::::::::::::::::`'ー'r'  ノ
        ヽ ̄`ヽ_Y::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'ー'







5 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:12:03 ID:1IE/7Zn.






1787年8月
英国マン島 ダグラス








       ,,,_______,,..._  ___
      ,/',/',/',/',/' ,.- 、.ヽ| |
    /~/~/~/~/~/:.:..::.:.` 、\
   ,/',/',/',/',/'/:. ___ \ヽ
  , /'/~/~/~//:: .:.├┼┼┤ \\
 'i, 'i, 'i, 'i, 'i/:.:.:::..   ̄ ̄ ̄    :\_,、
  | ̄ ̄ ̄|::..:.:...:.   , '⌒l⌒ヽ  .:.::|
  | l;;;;i;;;; l |:.:.田田 | :iili | iili |:.田田|
  | l;;;;i;;;; l |:.:.田田 | :iili | iili |:.田田|
  |:.:.:   |:.::, :,: ::;:.| :iili | iili |:. .,:.::.|
"''`"`"'''::;;.`"''',;,;;,;``"/' ̄"' ̄ヽ` "''`"`"'''::;;.`"''',;,;;,;``"'''`
       `"'''`  ,'      \ "'''`"
"'';; :;:`"`"'''::;;.`"'"'';;       ,.:;:`"`"'';; :"'''::;;.`"'''::;;.`'',;,;;,;``"







6 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:12:32 ID:1IE/7Zn.






        ____  ズルズルーーッ!!
        /     \
     /   ⌒  ⌒ \    やっぱりラーメン食って2ch見るのは最高だお
   /   ( ●)  (●) \    
    |   、" ゙)(__人__)" .)|    ___________
   \      。` ||||==(⌒)ー、| |             |
__/         ||||    \  〉| |             |
| | /    ,  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ .| |             |
| | /   /   ヽ回回回回丿     | |             |
| | | ⌒ ーnnn.ヽ___/     |_|___________|
 ̄ \__、("二) └─┘ ̄l二二l二二  _|_|__|_





∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
 やる夫・デ・ニューソク   16歳   職業:自宅警備員   いわゆる主人公
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽







7 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:12:55 ID:1IE/7Zn.






     |┃三   / ̄ ̄\
     |┃三 /  \,_.  \
     |┃  (●)(● )    |     おうやる夫、やっぱりいたか
     |┃  (__人__)      |
 ガラッ .|┃  ヽ`⌒ ´     |     そうだろうと思って遊びに来てやったぞ
     |┃   {         |
     |┃三  {        /
     |┃    ヽ     /
     |┃  .   ン    ヽ
     |┃三   /     |
     |┃(⌒二_/|   . |





∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
 やらない夫・クリスチャン   23歳   職業:英国海軍士官候補生 やる夫の親友
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽







8 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:13:19 ID:1IE/7Zn.






   / ̄ ̄\           ___
 /   _ノ  \        /⌒  ⌒\
 |    ( ●)(●)  プニ   (● )  (● ) \  
. |     (__人_(ニ~`ヽ、 /:::⌒(__人__)⌒::::: \   なんだやらない夫、帰ってきてたのかお
  |     ` ⌒´(((_⊂>ヽ|     |r┬-|      |
.  |         }    \ \   `ー'´      /  軍艦に乗り組んでいたんじゃなかったのかお?
.  ヽ        }      ゝ-|          ヽ
   ヽ     ノ        \        ヽ   \
   /    く  \        \
   |     \   \         \    
    |    |ヽ、二⌒)、          \








      / ̄ ̄\
    /ノ( _ノ  \          うるせぇ!!
    | ⌒(( ●)(●)
    .|     (__人__) /⌒l     オレにだって休暇くらいあるんだよ!!
     |     ` ⌒´ノ |`'''| 
    / ⌒ヽ     }  |  |            ____    
   /  へ  \   }__/ /           /─  ―\   
 / / |      ノ   ノ           /●))  ((●\ . ’, ・  ぐぇあ
( _ ノ    |      \´       _   /    (__人__)’,∴\ ,  ’ 
       |       \_,, -‐ ''"   ̄ ゙̄''―---└'´ ̄`ヽ/  > て 
       .|                        __ ノ /  (
       ヽ           _,, -‐ ''" ̄ヽ、 ̄ `ー'´  /  r'" ̄
         \       , '´          /       .| 
          \     (           /       |
            \    \        /







9 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:13:44 ID:1IE/7Zn.






     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)     久しぶりに顔を見に来てやれば、ニート生活かよ……
.   |     (__人__)
    |     ` ⌒´ノ     ついこの間までナントウィッチの学校に通っていたのにな
   .l^l^ln      }
.   ヽ   L     }      故郷に帰ったと思ったらこれだ
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \      まあオレもそう簡単にお前が生活を改めるなんて思っちゃいないんだがな
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ







     :   ____  :
       /      \         やらない夫の暴力的なところも相変わらずだお……
    : / ─    ─ \  :
.    /   (○)  (○)  \      あやうくこの世からおさらばするところだったお……
   : |     (__人__)    .|  :
    :.\     ` ⌒┃   /      ところで、今日はなんの用だお?







10 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:14:09 ID:1IE/7Zn.






   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)           たまの休日に親友が遊びに来てやっただけなんだがな……
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ           まあいい、確かにお前に言いたいことがあったのは事実だ
.  |         }
.  ヽ        }            ついでだから言ってやるよ
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \








                   ,, -‐ 、
                  /'    ヽ
       / ̄ ̄\      ./      i
     / ._ノ  ヽ、\    /    ...........i
     |  (●)(●) |  /   ..:::::::::::::::|
     |  (__人__)  |  /  ..::::::::::::::::::l
     .|   ` ⌒´  .} ./  ..::::::::::::::::::::!          やる夫、お前
      |         }/  .::::::::::::::::::::/
      ヽ       ./   .:::::::::::::::::::/
      .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/
   ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/
..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|      王  立  海  軍  に  入  れ  !!
:,'      /       !.:::::::/:i..:..l
r   、  /           !::::::::::: i..:..i
l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i
!  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i
.! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ
.ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
/ \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、
   `ヽ   `、  .::::\:::::::::::::::|::::::::: /,,   ,. ‐;''







11 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:14:28 ID:1IE/7Zn.






         ___
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
          イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。








          ____
        / .u   \
        ((○)) ((○))                ちょ、ちょっと待つお!
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\    /⌒)⌒)⌒)   
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //   いきなりそんなコト言われても困るお!
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/    
|     ノ    | |  |    \  /  )  /     やる夫が海軍に入るなんて無理だお!!
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /







12 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:14:56 ID:1IE/7Zn.






             / ̄ ̄\
            / ノ     ヽ
            |  (●)(●) |          無理なんてことはないぞ
            |  (__人__) |
            |   ` ⌒´   |          王立海軍の士官候補生は艦長の推薦があれば
            ヽ        }
          __,, -ヽ     ノ -、        採用することが出来るんだ
         /⌒ヽ  | \><ヘl ヽ \ .
         {:::   l  \ ヽ };;{ |   | i  }
        {:::::.. 〈;;,,  ヽ V;;;}ノ  l彡 ヽ      それにな、お前の叔父さんは戦列艦の艦長だろうが?
   _,,.-‐''" |::::::::  ヽ--、 \ >--'⌒ヽ::.  }
   || |_,,.ィ'|::::.....   }_,,.-‐''"~ヽ_,,.-し'::  )_,    十分推薦の資格はあるぞ
   || | || !::   /      .::ノ::::::::::.  ノ
   || | || _ヽ,, .;:::   _,,.-‐''"ー''--'' ̄
   _,,. -‐''"  `ー---''"







13 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:15:16 ID:1IE/7Zn.






           __   , ---- 、
         /   `rイ       ヽ、_.ィ
      ト、___{    ト、{        <
      >-     }┼⌒ヽ \  \ ヽ
     //  / | / {{   _}_|≧、   \i
    / /{  / /├‐--、___r'´  ......::ヾ    |
    l/ ! { /.ヽ!..:::::::::j⌒ヽ....::::::::::::H l  }
      ∨l/|....::::::::/j   \::::::::ノ | i__ /          ←──やる夫の叔父さん
         トr─'  〈 -`   ̄}N ̄ レ┤
         { レ!   __...._    _」  |) }
         ヽ !  '´ -- ``  \   j丿
         \ハ          メ「
             ~ヽ       //レ!
             | ヽ、  _. '"/  |
      , -─‐ァァソ''"~´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄} ̄ ̄\
     /     |_| |            〈  /|  \
   /       | | |            |//\   \
  //〉      / | |               / / \\  丶







14 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:15:36 ID:1IE/7Zn.






       ____
     /      \        いや、確かに叔父さんは艦長だけど、あの人苦手なんだお……
   / ─    ─ \
  / -=・=-   -=・=- \    いきなり「月は出ているか!?」とか叫びだしたり……
  |      (__人__)  U  |
  \     ` ⌒´     /     それにしても、何で突然やる夫を海軍に誘う気になったんだお?








        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |                  まあ、ぶっちゃけ海軍も人手不足でな……
     . |:::::::::::     |
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .   実は今度俺が乗り組み予定の艦が一隻あるんだが、
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .     これがけっこう重大な任務を帯びててな
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´...        信頼の置ける乗組員が欲しいんだよ
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´







15 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:16:16 ID:1IE/7Zn.






        / ̄ ̄\
      /       \      ____           
      |::::::        |   /      \         確かにやる夫は信頼できる人間だお
     . |:::::::::::   U |  / ⌒  ⌒  .\
       |::::::::::::::    |/  (●) (●)   \
     .  |::::::::::::::    } |    (__人__)     |       
     .  ヽ::::::::::::::    } \    ` ⌒´    _/
        ヽ::::::::::  ノ   |           \
        /:::::::::::: く    | |         |  |
-―――――|:::::::::::::::: \-―┴┴―――――┴┴――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)
                   自分で言っておきながらなんだか不安なんだがな……







   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)              せっかくだからその任務についても話してやるよ
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }                お前、パンの木って知っているか?
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \      それを運ぶのが俺たちの任務だ
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \







16 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:16:43 ID:1IE/7Zn.







     ((⌒⌒⌒)
      |    |:|      (⌒⌒⌒))
      |    |:|      |    |:|
       ̄ ̄ ̄~ll(⌒⌒⌒)..|    |:|
       (、、   ,|    |:|. ̄ ̄ ̄~
         ゞ  ,|    |:| ,,ノ~
          (.  ̄ ̄ ̄~
..゙"            |l ゝノ/l |
             |l ll 〉 |
  ゙"゙ "゙ ゙"     |,|  ノll|    ゙" ゙" ゙" ゙"
゙"゙ "゙"゙ "゙ ゙" ゙'   ノ l  ∧ |
゙ ゙"゙'     ゙"゙"" 〉ノ  |ll ヾ゙"
      ゙" ゙" ゙'"ノ し、 し ヾ" ゙" ゙" ゙"
     ゙" ゙" ゙" ゙"゙ "゙"゙ "゙ ゙" ゙゙" ゙
 \                          /
    ̄ ̄ ̄ ̄Ⅴ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ___    ━┓
    / ―\   ┏┛
  /ノ  (●)\  ・   
. | (●)   ⌒)\   
. |   (__ノ ̄  |      パンの木?
  \        /
    \     _ノ       パンが木に生えているのかお?
    /´     `\
     |       |
     |       |







17 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:17:08 ID:1IE/7Zn.






     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)       パンが木から生えてくるわけないんだが……常識的に考えて
.   |     (__人__)
    |     ` ⌒´ノ       まあ、これに関しては名前だけ聞けば誰だってそう思うわな
   .l^l^ln      }
.   ヽ   L     }        いいよ、一から説明してやるから
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \        それならお前、キャプテン・クックは知ってるか?
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ







       ____
     /_ノ   ヽ_\       キャプテン・クックならやる夫も知ってるお
   /( ●)( ●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    もう死んでしまったけど、世界一の冒険家だお
  |     (  (      |
  \     `ー'      /    やらない夫とはずいぶん違うんだお







18 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:17:34 ID:1IE/7Zn.







              /: : : :            : :     ヽ、
           , ': : : : :        : : :   : : : :      l
             /: : : : : : :     : : : : : : : : : : : : :      レ          
          {: : : : : : : :   : : : : : : : : : : ,: : ,: : : :.     /
          l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ソノ: ム: : : :.    ソ          
     /⌒}  {: : : : : : : : : : : : : : : : :>ノク≦ l: : : : :   ノ、
    ./:.:.:.:.:.l  l: : : : : : :/ : : : : : : ,x'.:./.{弋ツ >}: : : : : : ハ- 、        
    {:.:.:.:.:.:.l  ソ: : : : :,': :/: : :/:.:/i ix´  ̄ ノノ: : : : :   :}'' ハ
    l:.:.:.:.:.:.i  ノ:,' : : : :i : i : :/ゝ-/  .lゝ-≒≦: : : : : : /   ヘ       
,,, -- 、}:.:.:.:.:.:lノ'' {: : : : : : :i :: :ハ´   ''__) ,,x=¨ノ: > ''´     ヘ
:.:.:.:.:}:.\:.:.:.:ハ<´l: : : : : : : ,'.: ∧  ー ‐' _,,≦<          ヘ     
:.:_:,,-==丶:.:.:.:}ヽヽ ): : : : : : : : ,,}ヘ  フ´ニ、                   ヽ
´:.:.:.:.:.:.:.}:.:}:.:.:.l:.:.:.ソ:ノ/: : : :レリ:.`=iゝ//:.:.ハヘ           ,, - ニニ -  
:.:.:._,,> ''゙ヽ:ノ}:.:.''´:.ノ レ'ソ { }:.:.:.:}//:.:.:.:.:ヘヘ        //´:.:.:.:.:.:.`
''´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}:.:{:.:.:.:.:.:.:.:.\\ ヽ,//:.:.:.:.:.:.:.ハヘ      //:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:> ''´ヽ:.}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:> ''´'':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘヘ、   / '´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
'''':.´:.:.:.:.:.:.:.: リ:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{ {´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\二ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:,,>´: ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧ >、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:

ジェームズ・クック(1728年10月27日 - 1779年2月14日)



海軍士官にして海洋探検家。三回に及ぶ太平洋探検航海でオーストラリアに到達し、史上初めて
ハワイを訪れた欧州人となる。
また、壊血病を初めて予防した艦長としても有名。
三度目の航海の途中、1779年2月14日にハワイで原住民との戦闘により戦死。







19 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:17:55 ID:1IE/7Zn.






          _______
        /          \
      __/             \      駆け出しの海軍士官のオレとキャプテンクックを比べてもな……
    /.            、    |
    |.         ,(⌒(○)ヽ    |      そのキャプテンクックがタヒチ島という島で見つけた植物、
    l  lヽ      )>       /
   /    ヽ\   `(__,(○) / /       それが、「パンの木」だ
   |      \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  \
   |     |ヽ、二⌒)、          \







20 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:18:18 ID:1IE/7Zn.






::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::: :::::::::::::`ll,,: : : : : :::: ::: : ::,r:: : : : : : : :::::::::::::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : :
:::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::::: : :::: : : :: : : :゙l゚!liilli,,、: : : : : ;;;V;:::::: : : ::::::::: : : : : : :::::::: :: : : : : : : : : : ::: : : : : :
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : :::: : : : : : : :;'lllllllllllllii,,、: : ;;、;;;.: : : ェ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :  
:::::::::::::::::::::::::::::::::: :: ::::: ::::::: : : : : : : : `'lllllillllllllll,、;.,,,`,、;;:::,,,l%`: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
:::::::::::::::::::::::::::::::: : : :: : : ::::、:.,,,,,,_: : : : .llllllllillllllll′llllli,ヽヽ,,,,iliil丶: : : : :、::: : : : ::: : : : : : : : : : : : : : : :
::::::::::: :::::::::::: : : : : : : : : :::::゙゙llilllll!lliiii,iii,_゙゙゙l!l゙lli,l!lil,:;,lllllll,l,llllllllliil!「: : : : :_,.::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : :
:::::::::::::: ::::: : : : : : : : : : :::::: : ゙゙!!lllliiilllllllllliil,,"゙゙゙lll!l,,,ll.lllllll'lillllllll!″: :.,,ii|il"::::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : :
::::::::::::::: : : : : : : : : : : ::: :::: : : : :゙l!!llllllliillllllllii,,,l゚lll,llll!ll|:;llil!lll!゙゙丶;,,i,lll゙,l,lョ:::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : :
iiil,illllll゙''l_;;;;;;: : : : : : : ::::::゙lliiilliiii,,,,゙l!lllllllllllillllllllll|li゙l,ill,,iill!,ll\:,i,ll゙,ll;,llllll″:::: : : :: : :: : : : : : : : : : : : : : :
゚゙!!!ll!゙゙゙゙ヴ'la、,,,iiiiiiiii、: : : : ::゙゙llilllllllllllllillllll!!llllllliillll!l,'lllll!l゙lll!;: ,,lilllll!,,,|,゙!lト:: :::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : ゙゙<''゙,,illlllllllllllllii,,,,_: : : : ::゚!llllllllllllil!lllll,,゙゙llllll゙llllll゙!lllliこ.:;_,l|,illll,llillll,″: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
llliiilillla;;;;.,,llllllllllllllll!!llllllllliii,,: : : : ゙!lllllllllillllllilllll,,llllllllllllil!゙゙ll,,ll'l,lllllll,illll!lll′: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
::゚'゙!゙l゙゙゙゜;llllllllll!ll゙゙",illlllllllllllllllllliill゙;,illllllllllllllllilllll!lllil゙゙,,'llllli,lll゙l!lll!llil|lllliii!゙]:: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
::::::: : : :;,lllll!!l゙!l゙゙l゙lllllllllllllllllll!゙゙゚゙トllllllllllll!!!l゙!!!lllllil゙.;;;;lill!i゙!:;'ll,l゙l゙lli,lll゙',l′: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
::::::: ::.、,,ll!゙゜;;;;;;;;;,illlllll!!!!゙゙”;;;;;;;;;;l゙゙l!lii、;+;、;;;;゙!lllll;;;;;、'll゙lli,;;;`゚゙,il,|lll,,,,「: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
:::::'llll!゙"”lト;;;;;;;;;lllll!゙°;;;;;;;;;;;;;′;;;;;;`':"、;;;;`;;゙゙!ll,;;;;;`,li,lll|;;;;;゚,illlll!l ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : ::、: : : : : :
:::::::::::::::::::::::::: :;;l!″;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;``i、;;;;;;;;;;;;゙ll,,;;;`l!lliil;;;;;;;llllli,″: : : : : : : : :,,lllllll,,i,,,llllill,,;;;;;;;;;;;;;,!,,,、 
::::::::::::::::::::::、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、;;;;;;゙,,,,;,;゙,,,,,,lllli,,',,,l,lll;;;;;;.llllll゛: : : : : .,,,、;,iliillllllllllllllllll゙゙lllllil,,;;;、,,、゙_.,゙ll!r
:::::::::::::::::::::::`:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,iiil!!゙,,ll!llllllllllllllllll!ll,,,,,,,lll,,,,,,iily;;;;;;;;゙゙゙',il,,_l'lll゙゙llllillllllli,l,lllllll,;;゙″`,,,llll
::::::::::::::::: : : : : : :::: : ::::: : : : : : : : : : ,lllllll・“;゙lil!l!lll!lilllllllillllllill!llllllllllll;;;;;;;'゙llii,,,,lllllll!l'゙`゙llllll!!!llllilllll∵;;;;;;_゙l,,″
l,,iiiiiiiiiiii,,,,,,_: : : : : : ::: :::: : : : : : : : :,,ll!ll″: ;;;゙'l,llllilll!llllllilllll!゙;l!ll゙゙゙ll゙ll;;;;,,,,;;;;'゙!!!゙゙lllミ;;;;;;;;;;;″;;゙゚゙゙!ll,∠;;`゙;_l,″
::゙゙!!llllllllllllllllliiii,,、: : :::: : ::::::: : : : : :;lllll″: ::,,,lll|ll゙゙'":lillllllllll;;,ll゙``;;;゙゙°'゙lllr、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`゚";;,'く:゚゙°
:::::::゙!lllllllllllllllllllllii,: : : : : : : ::::::::::: : '゙`: : :.,,lll!゙”l: : : :゙ll'l,|゙!‐ll: : : : : ;、,,!!,,lllll″;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_.;;゙lllll,,、
::::::: : :゙゙゙!!llllllllllllllllli,,,,,_: : : : : : : : : : : : : :″: : ;《: : : :'ll`ll!;.,l′: : : ''!゙゙l゙゙′: : : : : : : : : : 、;;;;;;;: : :: ̄: : `
:::,,,,;;,,..,;'.il!!llllllllllllllllllllliiiiii,,: : : : : : : : : : : : : : ;'ll,: : : : :.,,:iil″: : :;・'″: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
ll!!!"```.,,iiilllllllllllllllllllllllllllllllll: : : ,,,,,,,,,、: : : : : : ;;゙l,、: : ll゙llll;、;,,,,,.`: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
::::: : .,,,iiillllllllllllllllllllllllllllllllllllllll,,,iillllllllll!!lli、: : : : : : ;'!i,_: ill,,l!゚,,,m;゙゙'l,,: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
:::: :,illllllllllllllll!l!lll!l!!l゙゙゙゙”;;,lllllllllllll!l!!llllll,,,".,,,,:.,.,,,,,lilllilllliiiiiillll,゙゜,: ;;;;;;,lllllllllllil,,,,、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: .,illlll!!ll!ll゙゚,,iil,l!l゙゙、、`;,、llllllll!llllllllllllliillll!llllllilllllllllllllllliiilllllllllllllliii,,,;;;;;;;;;;;、!,,illl!lllii,,、: : : : :_,,,,lliiiiiiiiiiiiiiii,,,,,,,_::
:,l!゙゙゙゜:,l】,,iilllll!″;;;;.,.ミ_゙゙lllllllllllllllllllllllii!llillllllllllllllii,,,lllllllllllllllllllllllllll,,、;;;;;;;'~,"゙llllllli,,,,,iiiiiilllllllllllllilllllllllllll゙゙゙゙゙゙゙′
:::::: : ,,l,ill!!゙゙’,:i、i,,ァ゙,,lf「',,illllllllllllllllllllllllillllllll゙゙゙lillllllllllllllllll!!lllllllllllllllllll,,,;;;;;;;;;;`-゚'lllllli,゙llllllllll゙゙゙゙゙,llllllllllllllllllllliiiii、
::::::::,il!!゙°: ;;;.,,ll゙从',,,,,illllllllllll!l゙llilllllllilllllllllll,,.llllllllllllllllllllllli,,llllil゙゙゙゙!l!llllll,,;;;;;;;、;`,lllllll,llllllllllllllilllill゙lllllllllllllllllllll|
::::::'゙°:::: :.,,ll゙゙″,,iilllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll,l!llllllillllllllllllllll,;、.i゙llt,;、;゚゙!;;;;;;;;_、;iillllll,llllllilllllllll!!lllllillllllllllllllllll、
:::::::::::::::::::;”: : : .,lllllllllllllllllll!l゙゙゙゚,illllllllll゙゙!llllllllllllllilllllllllllllllll!!llllll,,,;;" |`;;;``;;;;;;;;;;;,llllllll,i!lilll!ll",llllllllllll゙!!!lllllllllll
:::::::::::::::::::: : : .,,illlllllllllllllll!′..,llllllllllllll,.:lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll!l,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;gll!llllllllll!lll゙: ,llllli゙lllllllllllll,llll゙゙゙l
::::::::::::::::::::: : .,llllllllll!゙lllllll°.,illllllllllllllllli,llllllllllllllllllllllillilillilllllll゙゙゙llllll,,,、;;;;;;;;;;;;;,,,iil!llll!!゙l゙″: : '゙lllll'lllilllllllllllilllli,,
::::::::::::::::::: : : illllll!゙゜:llllllll: .:llllllllllllllllllllll:llllllllllllllllllllllll゙,゙ll~lllllli,,゙'y:゙,゙;;;;;;;;;;;,,,iillllll!!°: : : : : : :fllllll!゙!lllllllllllllllll
::::::::::::::::::: : : lllll゙`: .:llllllll: :llllllllllllllllllllll"゙llllllllllllllllllllli,llll;'l,,llllllllliill,,,,lll,lliliill!!!!゙°: : : : : : : : .゙ll,lll′゙!lllllllllllll|
:::::::::::::::::::::: ::ll!′: : llllll!`.:lllllllllllllllllllll゙.'lll!llllllllllllllllllll,あ,,'llllllllllllllllllllllllllll゜、;;;;;;;;;‐;;;、: : : : illl°: : `゙゙!!llllll
:::::::::::::::::::::: : ゜: : : : .'lll°: lllllllllllllllll!":'lllll,゙l!llllllllllllllll,ily`;;lllllllllllllllillllllll,i,,、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`、′: : : : : : : ゚゙!
::::::::::::::::::::::::: : : : : : ::゙「: : .'llllllllllllllll,,,lll!lllil,illlllllllllllllllllllレ:+,llllllllllllllllll!llllllllllllii,,;;;;;;;;`′;il,、,ll、: ::::::::: : : : :
::::::::::::::::::::::::::: : : : : : : : :  '!llllllllllllllllllllrlll,,゙llllllii,゙lllllllllll゙llllllllllllllllllllilllllllllllllllllllli,;;;;;;;;;;;;;liiiiiilllli,l,i、:::::::::::::::::::







22 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:19:01 ID:1IE/7Zn.






             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、          ここで私が簡単に解説をするにょろ。
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ       パンの木はクワ科の植物で、イチジクの仲間にょろ。
         〃 {_ ノ    `ヽリ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|       大きなギザギザのある葉が特徴で、カエデに似た木にょろ。
      バクバクl⊃。、_,、_, o⊂⊃ |ノ│
        /⌒ヽ__|ヘ /⌒l__) 。O j /⌒i | ガツガツ   その木に生る円形の果実は皮が凸凹で、ハンドボールほどの
      \ /:::::| /  /__, イァ/  /│
.       从 l||l ///ヾ:::|三/.l||l人.∧ |        大きさになるにょろ。
       ( ⌒ ) |  ヾ∨:::/( ⌒ )  |







23 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:19:22 ID:1IE/7Zn.






                ガツガツガツガツ
             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、     
             / /" `ヽ ヽ  
         //, '/     ヽハ  、 ヽ       この実はでんぷんを多く含んでいるので、採取した後
         〃 {_ ⌒    ⌒リ| l │ i|  
         レ!小l彡    ミ 从 |、i       蒸すか焼くかすればおいしく食べられるにょろ。
  .バクバクバクバクl//。、_,、_, o////  |ノ│  
        /⌒ヽ__|ヘ /⌒l__) 。O j /⌒i |       その味はサツマイモに似ているといわれるにょろ。
      \ /:::::| /  /__, イァ/  /
.       从 l||l ///ヾ:::|三/.l||l人.∧ |  
       ( ⌒ ) |  ヾ∨:::/( ⌒ )  |







24 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:19:39 ID:1IE/7Zn.






             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ       そして何よりも重要なのは、この木は成長が早い上に
         〃 {_{`ヽ    ノリ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|       一本が一年で数百個の実を付けることなのさ!
          ヽ|l⊃ r‐‐v ⊂⊃ |ノ│
        /⌒ヽ__|ヘ  ヽ ノ   j /⌒i !        一本の木があれば、一家族が一年中食に困らないと
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |       言われるほどに収穫が多いにょろ!
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |







25 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:20:08 ID:1IE/7Zn.






      / ̄ ̄\
    /     _ノ\
    |       (●)      ……とまあ、そういう木なんだ
.    |       (___ノ)
     |        ´ノ      パンの生る木というのは言い過ぎかも知れんが、
.     |         }
.     ヽ        }       原住民にとってはそう言っても過言じゃないのかもな
      ヽ     ノ








      ____
    /_ノ   ヽ_\         なるほど、どういう植物かは分かったお
   /( ●) ( ●)\
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\      でも、ぶっちゃけ普通にパンを食べるほうが美味しそうだお
 |        ̄      |
 \               /      それに、南方の植物がこのクソ寒いイギリスで育つはずがないお







26 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:20:30 ID:1IE/7Zn.






      __    
    / ~\   
  / ノ  (●)\           いいところに気がついたな、なかなか鋭いぞお前
. | (./)   ⌒)\
. |   (__ノ ̄   \         確かに俺たちがそんなものを食べる必要はない
  \          |
    \       /         それに、イギリスでパンの木を育てるのは確かに厳しいだろう
.      \  ⊂ヽ∩
      /´    (,_ \.       だが、その二つを満たす条件を持つ場所があるとすればどうだ?
       /       \. \
      ./   /       |. \ソ
    (  y'      .|







27 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:20:51 ID:1IE/7Zn.






      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |        そんな所、本当にあるのかお?
. |   (__ノ ̄    /
. |         /
  \_      _ノ\
    /´         |
.     |  /       |








        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |                 ――――西インド諸島だよ
     . |:::::::::::     |
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .  大西洋の向こうのな
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .     気候は確かに太平洋のポリネシアと似ている
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――       そして、食べさせるのは砂糖農園の奴隷黒人達だ
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´







28 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:21:16 ID:1IE/7Zn.






             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、  て
             / /" `ヽ ヽ  \ て        現代では歴史的愚行といえる奴隷貿易にょろが、
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{\    /リ| l │ i|         当時としてはその需要は大きく、批難されるものではなかったにょろ。
         レ!小l●    ● 从 |、i|
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│         奴隷貿易はその供給源だったアフリカ沿岸地域の人的資源が
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│         急激に枯渇してしまい、それに伴う奴隷の卸売り価格の上昇などから
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |         縮小に向うまで続き、1807年にイギリスでは禁止されることになるにょろ。








                       __
                      │〓.|       奴隷商人はアフリカ沿岸で武器その他と引き換えに現地有力者から
  ∧_∧..    ∧_∧     ..━━━━
  <;`Д´ >    <;`Д´ >     ミ ´_>`)      奴隷を集め、西インド諸島などに送り込んでいたにょろ。
  (  (つ(つ∝∝ (  (つ(つ∝∝∝と  
 ノ  r ヽ     ノ  r ヽ      人  ヽ       当然彼らはほぼ無給で働かされていたにょろね。
(_,ハ_,)    (_,ハ_,)    .(_ヽ_,)







29 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:21:43 ID:1IE/7Zn.






          , '´ ̄ ̄` ー-、
        /   〃" `ヽ、 \             しかし、どれほど無給で働かせようと、食料だけは
       / /  ハ/     \ハヘ
        |i │ l |リ/    \}_}ハ.           しっかりと与えないと奴隷は働かないにょろ。
        |i | 从 ○    ○l小N           
       |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ           奴隷の食料には主に現地でよく取れるバナナをあてていたにょろが、
       | i⌒ヽ j         ノi|__/⌒)
       | ヽ  ヽx>、 __, イl |::::ヽ/.        その木がサイクロンで傷んでしまえば食料にはならず、
       | ∧__,ヘ}::ヘ三|:::::/l| |',:::::ハ
       | ヾ_:::ッリ :::∨:/ | | >'''´         その場合はやむなくパンやトウモロコシなどの輸入食料をあたえたにょろ。







30 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:22:02 ID:1IE/7Zn.






             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \         いうまでもなく、奴隷にかけるコストは切り詰めたいのが
         //, '/     ヽハ  、 ヽ        
         〃 {_{       リ| l.│ i|        雇い主の心情だわさ。
         レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|
          ヽ|l ●   ●  | .|ノ│       こうした農園の主人達が偶然聞きかじったパンの木という植物の果実を
            |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |
          | /⌒l,、 __, イァト |/ |       食欲旺盛な奴隷達に与えることで経営費を切り詰めるという話は
.          | /  /::|三/:://  ヽ | 
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |        大変魅力的だったはずにょろ。







31 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:22:23 ID:1IE/7Zn.






   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)             ――というわけで、砂糖農園の農園主たちが海軍に泣きついたって訳さ
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ             パンの木の苗木を俺たちのところまで運んでくれってな
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \








              / ̄ ̄ ̄ \  ホジホジ
            / ―   ― \       苗木を運ぶぐらい自分たちでできなかったのかお?
           /   (●)  (●)  \
           |     (__人__)      |     何でわざわざ海軍に頼んだんだお?
           \   mj |⌒´     /
              〈__ノ
             ノ   ノ







32 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:22:43 ID:1IE/7Zn.






           / ̄ ̄\
         / _ノ  .ヽ、\
         |  (●)(●) |            考えても見ろ、
         |  (__人__) .|
          |   ` ⌒´  ノ            奴隷の食費を削ろうって人間がわざわざ金のかかる
  r─一'´ ̄`<ヽ      }
  `ー‐ァ   ,    )     , -'~⌒ヽ、         船を雇って自分達で苗木を運ぼうとするか?
    ノ   {.   ,ヘ    ,l. ゝ、_ .'ヽ).
  /, 、 _   /. |    . ',  . ..  .ヽ、       それなら政府の人間に献金でもして海軍にやってもらったほうが
  (/ / // / / ...|      ...|\..\\ \_)
    / // / /         . . \_\_)、_)      よっぽど金がかからなくて済むからな
    ー' {_/ノ              ."´







33 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:23:02 ID:1IE/7Zn.






    __
   /   \
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)         キリッ ____
. |     (__人__)           /\   / \     他人に儲けさせる為に働くなんて
  |     ` ⌒´ノ          /(ー)  (ー) \
.  |         }         / ⌒(__人__)⌒   \   因果な商売よのう
.  ヽ        }     \     |    |r┬-|      |
   ヽ     ノ       \  \   `ー'´     _/   海軍さんは
   /    く. \         \  ノ          \
   |     \  \    (⌒二                |
    |    |ヽ、二⌒)、        \        |  |
     ∧
/ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
 そういうモンなんだよ、宮仕えってのはよ







34 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:23:23 ID:1IE/7Zn.






.        / ̄ ̄\
     . / ノ  \ \/`i
     |  (●)(●)./  リ          とにかくそういうわけで農園主達は各方面に陳情を行った
    . |  (__人__)..|  /
      |   ` ⌒´ リ  ヒ           それに乗っかったのが、サー・ジョゼフ・バンクスだ
    .  ヽ     //  ,`弋ヽ
   __ ヽ  - ′.Y´  , `ヽ`.l       植物学者であるこの方が国王ジョージ三世に話を持ち込んで
  / :  : :介〈  `ー〈::....ノ   Vヽ
  | : : : : ::〈 「`ヽ_ー 、 `ヾ_/ //:|       そしてこの計画が決まったのさ
  | : : : : : /: | {::::} フ-、`ー┴‐- │
  | : : : 〈: :│ {::::l /. :`ー‐一′ ::|







35 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:23:41 ID:1IE/7Zn.






/.: / .: .::.::.::.::     /   /⌒ヽ/」{ / _/___」 i   \
.::. / .: .::.::.::.      /  /      `´    | |   :.. ヽ
. // .::.::.::  .:.:  /  .:/                 | l   l::.:.  ',     
// .::.::.:. .:.::.: ./  .:/    、             } l   l::.::.:. !     
/ .::.::.::. .:.: .::./ .::.∠== 、   ヽ、   ,      」 l  l::.::.:.:.{
.::.::.::.::..  /.: .::./≠=rミ、ヽ=一}/ /ー==三;{ l  '、::.::.::!     
::.::.:. . イ7. .::./` 、_{r辷frァ癶、 __′/r=≠fこ7ハ ',   ヽ::.{
::.::. /.::/.{: .::.:イ            /  `弌x少/} {\ヽ   ヾ     
.:: イ.::/.::.!: .::.::`ァ==¬       ′     / | |  {ヽ、   ヽ
/.::|::{::.::.:廴. ‐<⌒}:  ,′     {     /   } }   ', \    i    
.::.::!::|::.::/ `ヽ、 \}:. /       /    .イ   , ,′  ',   i 、、}
::.::.|::{:ノ     }ヽ、_/ /、  -‐==ァ    /ノ  //    }   } ヽヽ   
、::.:Ⅵ    _  `7/、  ヽ、ー一  . イ__  -‐ ´    / .::./ / }ハ}
. \:{ー==≠<_>ー 、'ー‐` イ´‐ァ ヽ ____  -‐ ´ .::.ノ {{ノ ノ   
:.  ヽ、  ヽヽ} `}   「⌒「  {/ /    丶、_   -‐ ´ /`二〈、
::.:.:.   ヽ、 \\|   !   i  V       ` ー‐‐r一 ´ー= ´ ヽ、
::.::.::.:..   ヽ、 ヽ} i |  |   }           i          \

サー・ジョゼフ・バンクス(1743年2月13日 - 1820年6月19日)



イギリスの博物学者、植物学者、準男爵、王立協会会長。
イギリスの自然科学において重要な位置を占めた学者。自らクックの第一回航海にも参加し、
膨大なサンプルを持ち帰る。
このときにパンの木の実を食べたことがあり、この問題に関して精通していたとされる。







36 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:23:58 ID:1IE/7Zn.






   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)              こうして国王は海軍省に対して
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ              パンの木の苗木を集めてそれを西インド諸島に運ぶために
.  |         }
.  ヽ        }               タヒチまで船を一隻派遣せよと命令を出された
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \     それが今年の5月のことだ
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \








          _____
         /       \
       i,-'´}        ヽ         ところが、海軍にはその任務に使用するための適当な
      .,-' ,‐i" _ノ  ヽ、_   i
     ./ //´l (ー) (ー)   i         艦がなくてな……
    .l  '- ' , l (__人___)    i
    l   ,〈,'   `⌒ ´    i         結局民間から「ぺシア号」という中古商船を買いとってな、
    l   i i          ,i
    /   / iヽ,        /         それを改装して使用することになったんだ
  .,、 i   .' /,‐'.l\     /l )),
  .l \  .i、 ム `‐、_` ̄ ̄´-‐'´ .ヽ       買い取り価格は1950ポンドだ







37 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:24:18 ID:1IE/7Zn.






      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \          意外だお
   /  (●)  (●)  \
   |    (__人__)    |        海軍なら艦が腐るほどあるんじゃなかったのかお?
   \    ` ⌒´.    /
   /              \








      / ̄ ̄\
    /     _ノ\         確かに艦はいくらでもあるが、問題なのはパンの木を運ぶための
    |       (●)
.    |       (___ノ        スペースが必要ってことだな
     |        ´ノ 
.     |         }        5~600個以上の植木鉢の場所と、それに水をやるための散水設備を
.     ヽ        }
      ヽ     ノ         設けられる艦なんてのは海軍にはまずないからな







38 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:24:38 ID:1IE/7Zn.






     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \         それと同時にその遠征隊の最初の隊員が選ばれた
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)        一人はクックの最後の探検に参加したこともある
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃        植物学者のデイヴィッド・ネルソン
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │        もう一人はキュー(ロンドンの王立植物館)の園丁の
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /        ウイリアム・ブラウンだ







39 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:25:08 ID:1IE/7Zn.






         /                    ヽ
        /   _,/⌒ヽ、                   ,
        , -'‐ /       \, ヘ、               ',
      /   /       /    ヽ            i
     ′    ,′   ト、  /       ',          }
    |  ,   l    }ヽ\,} jト、     }、         ,′      初めまして
    { /   |    |\ヽV//ム、    ヽ、       ′
.    V / /l    }   ヽ'′   }         ヽ、    ハ        私が今回の計画に参加する
    i ′,′     ノ         {、        ヽヘ / ノ
    |?U {   / 厶   ___\    \  }「 }  /ヽ.       ネルソンです
    Ⅵ |  / /ft㍉  ´,二二三三ヽ.   i  V l/ 〈   '.
       ヽ| {、 厶゙=1={{   ´¬tf忙ハ  }  }/} } リ   i
         ヽ| V7ハ¬}  ヾ、__ ̄ ̄´7 // /イリ/ノ / {
         / /ハ. |   ` ̄ ̄ ̄7イ / / / : : { /   !
           / /∧ \ー _____,   ,}///. : : : 7  |
        { { { vハ  iヽ、 ー一  .   ´ /: : : : /    ハ
        | i l  vハ 」 ハ、__ ィ´-‐: : ´: : -‐ ´      / ',
        | l l   vハV     .ノ -‐  ´           /   ,
       /{ 弋ー…¬ ¨ ̄´                     ',
      /   ハ } rrヘ、          _ . -‐  ´       ',







40 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:25:29 ID:1IE/7Zn.






                    _             , -/
              _>⌒ヽ∠<          ,..:::'´::::::::/
             /  .::      \      /::::::::::::::/
           //  /        :\   /::: _:::/
            // /  /|  }  } |  |/::::::::/ /
           /// /:lt.志 | /| ノ //:/::::::::/ /
            |!::/:::{ ̄ ^/r'凭ケ:::// :::::/  /          拙者が園丁の
           _|:ト::::ト、  __! メ//::::::   /
        //:::::,∠⌒\\ _/彡/:::::::/   /
      //:::/^⌒\⌒\ヒL/::::|::::::/   /             ブラウンでござる
     //;:://⌒ヽ  |  \ イ^|::::::|   /
   //:::/   ...::: |  | ::;   \}〕|::::::|  j
    //⌒ヽ__.    |::: .|      \|::::::|  |
   / /__:::::...\;:: |  | ::.::::::.   | |::::::|  |              手に持っているのは植物を手入れするための
  // ............... ̄⌒\}:::: |     .{ j!::::::{   {_
 /...:::::     ___ \_ノ:::::::: \\/ヽ  |!:::}r ニ⊇┐      ナタでござる
 |  , - ´ ̄      `――――⌒/ |\ゝ┘ノノ斤=}
 {/i                   、_>-‐イ`<ヽ}ノ       お気にされるな
 〒三二>___ _ ――――――、_ノ_」┴┘^
 ノ ⌒‘     :::::::::::::::\⌒/ ⌒/ /}ノ^〕ヾ







41 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:25:51 ID:1IE/7Zn.





      ,、    
     ヽYノ              
   r''ヽ、.|          こうして二人はデドフォードの海軍工廠に入った「ぺシア号」の改良に掛かった
..  `ー-ヽ|ヮ              
     .`|          ただぺシア号はさほど大きな艦ではないんでな、500個の植木鉢を置く場所は
    ヽ |               
 ....│ ̄ ̄ ̄ ̄│      第二甲板の船尾側のメインキャビン(大船室)しかなかった
   ├───┤           
   │.    │      これは本来艦長をはじめとする高級士官のための部屋のあった場所だ
   │.    │
   └───┘








     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \        この場所をぶち抜いて大船室を作り、これを温室に改良したんだ
   |    ( ー)(ー)
.   |     (__人__)        船室の床は鉛の被覆材で覆い、そして植木鉢を固定するための
    |     ` ⌒´ノ
   .l^l^ln      }         円形の穴を空けた頑丈な板をびっしりと並べた
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ          板の間は通路になっていて、植木鉢に自由に水をやることが出来る
   /  /    \         
  /  /       \        植木鉢から漏れた水は床に空けた穴から下のデッキで回収するんだ
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ







42 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:26:16 ID:1IE/7Zn.






     ____
   /      \         相手が植物とはいえ、すごい手間の掛かった改修だお
  /─    ─  \
/ (●)  (●)   \      でも、寒さ対策はどうするんだお?
|    (__人__)      |
\   ⊂ ヽ∩     <      海の上は暑いところばかりじゃないお
  |  |  '、_ \ /  )
  |  |__\  “  /       熱帯産の木は寒くなると枯れてしまうんじゃないかお
  \ ___\_/








       , ──.、
     / _ノ  \          確かにお前さんの言うとおりでな
     |  ( ● ●)
    . |    (__人_)         そのための対策として、大型のストーブを大船室に
      !     ⌒/
      ヽ    ノ          設置することにしたんだ
      /    ヽ、\   \
      |      ニつ、   \  また、暑くなりすぎないように空気穴を舷側に設けてある







43 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:26:33 ID:1IE/7Zn.






     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)       至れり尽くせりだお……
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´         人間より苗木のほうが扱いがいいお
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /








   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \               確かに温室を設けたせいで艦長や士官達の部屋が
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)              第二甲板中央に移され、そのおかげで兵員室の面積が
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }              かなり縮小してるからな……
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \    まあそれはともかく改良は順調にいってな、海軍省も
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \ いよいよ士官を艦に派遣し、艤装を手伝わせることになった







44 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:26:52 ID:1IE/7Zn.






         / ̄ ̄\
       / ヽ、. _ノ \
       |  (●)(●) |        そして艤装委員長に就任したのが、
       |  (__人__) |
          |   ` ⌒´  |
        |        }             ウィリアム・ブライ海尉だ!
        ヽ       }
        人_____ノ"⌒ヽ
      /           \
     /            へ  \
     (  ヽγ⌒)     |  \   \
  ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄







45 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:27:14 ID:1IE/7Zn.






      |: : : : : :   l:  ::  ./.  /  /    ./ |:   :   l      | l
      .|: : : : : :  /:  . :  /  ./  /:    //:∧;   :  :l,      | |
      .|: : : : : :  l: : : :  / / ,.イ::    イ,イ: ,l l,:   : : : |      | |
      |: : : : : : :  |: : : ,イ //.,,/ /:   /'/ |: |  l; l,、 : : :.| .|   | | l,
     ,|: : : : : : :   |: : ://:././ / ./:   /.// ,l ,l   ハ.lヘ, : : : | |  ∥ |. l,
     }イ: : |: : : : : |: :/ l:./ /./  ,l: : //./ ,l:.l    ヘヤ、: :.| ,}  ∥| ト、l,
    ,/ l:: / |: : : : : |:/~|/=t:,ト,,,..,,l:: ,/ //  l:,|__,,.-='''~ヘ,__\::|/:  / | |ハ,l,
    / l::/ .l,: ;l,: :  {ィ=テアト=-こ|::入,// ,/ソト^゛_,,==テ〒ヘ~》y':  ,∧: ハl, ヘl
   ´ ,l/  .l; { l,: : : 'l,`,,.'ヒTフc;》|::{,/ハ} / '/l'=='ヒtイフc),.X'./  /} |/  {,
    ,/    |: ヽ{: : :...'l, `~~ ̄~`'l:|イ゛  | //´ ´ ̄ ̄ ̄~` ./  /ノノ|   ヽ
    /     |: : :'|: :.\'l,      |   | /´        /  ,//|::|
         |: : ∧: :ヘ\,,.ミゞ-     ノ|        // イ: :/ |:|
         |: :/ l; : :.\\      丶     __ ,///| : ,l ∥        ごきげんよう
         }:/  l,|: : : :\`ヾ `-=―――_,.=-'´/イイ: :,ハ:. ,l  |
         /   | l; : : : :> 、    ̄ ̄´   /イ: : : :| |: |
              l; イ|: : : |::`ゝ、      _,.イ´ |: : :|:.| .l,:|            諸君!!
              |/|/( ̄ー-r->、__,. イーyーー`)/|| l,l
              l  }|ー-―| r―――--l .ト-―.イ l  ヽ
                 | ∧. |│     │ | イl |       私がこの艦の艦長予定者である!!
                 イ,ヘ|/,-,.|│      | |,-,|.|,n|
             ._/ (^)//)'| |         | .||-ヽ||`> ― 、__
 __,--――'´ ̄ ̄ ̄    ,/ |  | |      | |  |,ハ´        ̄`'ー―--





∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
 ウィリアム・ルルーシュ・ブライ   33歳   職業:英国海軍海尉   本作の三人目の主人公
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽







46 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:27:31 ID:1IE/7Zn.






           -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
          / /" `ヽ ヽ  \     艤装委員とは艦を受け取る海軍側から艦艇の艤装に立ち会う人間たちにょろ。
       //, '/     ヽハ  、 ヽ
       〃 {_{\    /リ| l │ i|    艦は戦闘に使われる道具であるから、
       レ!小l○    ○ 从 |、i|
        ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│   用兵側の見地から検討、調査を必要とするにょろ。
     /⌒ヽ__|ヘ         j /⌒i
    \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│   通常彼らがその艦の最初の主要な乗組員になるにょろね。
.      /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
     `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |







47 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:27:49 ID:1IE/7Zn.






             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \       ここで、ブライ海尉のプロフィールを紹介しておくにょろ。
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|      ブライ海尉は1754年9月9日にデヴォンシャーのプリマスという街で
         レ!小l●    ● 从 |、i|
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│     生まれたにょろ。
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│     父親は税関の監督官をしており、まずまずの家柄にょろ。
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |







48 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:28:05 ID:1IE/7Zn.






           /.::.::.::.:/.:::.::.::.::.:./.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::l.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:.|
          /イ:.,.::./.::.::.::.::.::./.::.::.::.:/.:,:.:.::,:..::.::.l.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::l.::.::.::|
         ,/.:,/./.:l.::.::.::.::.::.:/.::.::.::./.::.:./.:.イ.::.::.:/.::.∧.::.::.::.::.:、.::.::.::|.::.::.::|、
         // /.::.:l.::.::.::.:,.:/.::.::.::,/.://://.::.:/l.::.:/ ',.:ヽ.::.l.::.:l.::.::.::.|.::.::.::| ヘ
       / /  l.:::.::l.::.::.::l./.::.::.://,/ // /.::./ l.::/  ',.:lヽ.::.l.::l.::.::.::|.::.::.::ト  ヘ
       / /   l.::.::.:l.::l.::lリl.::.≠//、__ i:i /.:/ _/:/__,,,,-弋ヽ.::.:l.::.::.:リ.:::.::.:lヾ  ヘ
     /     リ.:i.::l.:l.:::.l.:|:./了_,)ヽミ/''/.:/ // _,ィ-',::ヽ、ハ,.::.l.::.::/i.::.::ト:ヽ ヽ ヘ
   /      ,/ l.::.::.i:l.::.::l.:l.ヽ弋:::::ノ' 〉/ /' イ弋"-'::ノ 〉/.::.::./lノ.::.::| ヽヽ  ヘ
  /       / `-:.、:ハ.::.::.:ト `ー--"/´  ,    ヽー=''"/イ.:/リ.::.::.、::l  `ヽ  ヘ
. /            `、ヽ.::.:lヾ、      i       /リ:/:./.::.::.:ト.:l      ヘ
. /              ヽヽ、 ゞ、     __       イ/ ,'  ̄`´ `      ヘ
  ̄ ̄ ゙゙̄-- 、          l. .ヽ     'ー--`    イ /. l            /
         `-、        l: : :.ト >  `´  , <, l. : : :l            /
        リ   `-、      l: : :.l 、ヽ `--' "  /l: : : :l          / l
       /     `-、     l: : :.l  / /  l ',/  l: : : :l         /   |
       |        `、   l: : : l /. /  l ',   l: : : :l     , ィ '"      |
       |         `、  l: : : .l/  l   l  ', l: : : : l   /         ト、





彼は7歳の時にすでに海軍籍に入っていたにょろ。
これは実際に海軍で勤務したことを意味するわけではなく、当時広く行われていた慣習で
士官への昇進に必要な軍歴を稼ぐためのトリックにょろ。







49 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:28:22 ID:1IE/7Zn.






                   _,. -─一 - 、
               ,.- '゙´:::::::::::::::::::::::::::`ヽ、           やがて16歳になった彼は、
                /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.\
                 j:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.::.:.:.:ヽ、        軍艦「ハンター」でその真の軍歴を
               l::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::..:::.:.:::.:.:.:.:.:.:l        
                /::!::l::::::::/::::/::::::/::::::::/:!:::::::::::.:.:.:.:.:.l         スタートさせるにょろ。
           /1l::::l::::::!::::/::/::/::::::::/:/1:!:::l::::::::.:.:.:.l        
          ノ !:l:::l::::::l:ノ::/::/!:::::/!:/ ヽヘ!:::::::::i:jl:.l        士官候補生の空席がなかったために
             l:!l::l:::::!:ト=zi/_l::://´,斗チ升:::::::::八ヽ、      
            l ヽヘ::゙,ヾ㌔ェァ/メ´ ィュfナアj::/1  ヽ       当初は水兵として艦に乗り組んだにょろが、
                  {ヽ、ヘ、 ̄l! l     ̄ /::ノイ
                j:>ヽ、  _`    /1:ケ:!:l,          わずか6ヶ月で正式に候補生に任命され
             _-‐'´:::::j::シ`\ - ̄/ l:/!::二ニz、
             ヽ::::::::::/´::ノ1‐`ー'´ヽf´1、l:::::::::::/        フリゲイト「クレセント」で勤務に就くにょろ。
              ヽ:::::::::ィf/´  !/   l  j:::::::::/_
             _,.-ヘ::::::::/        l/ノ:::::::::::::::`゙'─一- 、
            _,.-‐'´:::::::::::゙,:::/       j::::/::::::::::::::i!::::::/::::::::::::::ヽ
         /::::::::::::::::::::::::::l:::!  0    l/::::::::::l!::::l|:::/!:::::::::::.:.,/:l
          /:::::::::::::::::::r-、::V!     r‐'´:::::::::::::::l|:::j:!ノ::l::::::::://:.:l







50 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:28:39 ID:1IE/7Zn.






               _ ':.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.``ヽ、
             /:.:.:./:.//:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.\
            , '.:.:.:./:.//::..:.:.:.//.:.l.:.ヽ:.:.ヽ        5年の勤務を経て22歳の時に
           i:.:.i:.:/:.:.:///l:.:.:.:.:/:./|:.:.ハ:.:.:!.:.:.:.:.'.
            l:.:.|.:.|:.:.// l l|:.:.://∠/:./__',:.:|:.|:.:l:.:.',       士官任用学科試験に抜群の成績で合格した彼は
            |:.:.l:.:l:./7/|!‐|:./// 〃/‐‐-ヽl:.!.:.|:.|:l
           }:.:{:.:.|f仆ス7ミ|{/ } /´tf匁ヌヾ〉!:./:.lリ      キャプテン・クックによりスループ「レゾリューション」の航海長に選ばれ、
           /:.:.',.:.', ̄ ̄  ! i| .   ̄ ̄ ,':./:.!:.|
             /:.ハ:.:.ヽヽ     ___     ノ:/、:.|',|       クックの最後の太平洋への航海に同行したにょろ。
         /}/ '.{ヽ\   〃 ‐:. ヽ  /://}|:.} ヽ
          ノ  ヽヽ\ゝ         /イ´ノヽ       年齢を考えるとこれは驚くべき抜擢にょろね
             }l:.:.l:.:`丶、      イ:.:.l:.:/
             リ',:.|:|:.:|  ` - '´  |:.l:.|:.{          そして彼はその期待に見事に答え、
              リi:.|:r´- 、 ___,lヽ:.{:|
              /`ー -r、,--、-、-┴ 、ヽ         クックが発見したハワイ諸島の海図の作成という大任務を
              >‐'  / /  ヽ ヽ-‐<
    ______,/\ ̄/ /    l '、/)__         完璧にこなしたにょろ。
 r‐'´: : : : : : : : : : : : :\\ ∨ ,'     i  l  / l `ー--、___
 l : : 、: : : : : : : : : : : : : : ', ∨    {/    | / /: : : : : : : : : : : : ` ‐‐、
 |: : : :\ : : : : : : : i: : : : } {     (_)    l  / : : ',: : : : : : : : : : : /: : l
 |: : : : : :\ : : : : : |: : : : ヽ ヽ          .' /: : : : ヽ: : : : : : : :./: : : : |
r'‐ー─--: : : : : : ,'/ : : : : : \\      / /: : : : : : l: : : : r'´: : : : : : : :|
| : : : : : : : : : ヽ: : : : : : : : : : : : ', ',     / /: : : : : : : |: : : : !: :-‐' ̄ ̄ ̄ヽ







51 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:28:55 ID:1IE/7Zn.





三三三三三| | ̄丁 ┬─ __  ̄ ̄¬==≡二三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
三三三三=_| |_ | │         ̄ ̄_`>─、__ ̄ ̄¬==≡二三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
三三三三=,| |   | ̄|           , '´             ̄ ̄ ── __  ̄ ̄¬==≡二三三三三三三三三三三三三
三三三三=| |_ |  |         /, ‐ ´                      \ \ ̄丁 ┬─ __  ̄ ̄¬=≡二三三三三
三三三三_| |   | ̄|_     //                     、     ヽ、 \|__|   |   |   |丁  ¬── __ ̄|三
三三三三,| |_ |  |   ̄`7/   /   /       _       、    ∧\  \ | ̄ |─ |__|│   _,─ ̄`ヽ   | |,三
三三三三| |__  ̄|    / ′ , ィ′   /   /   / │ 、    l 、 │」_\  \_ |   |  | |  / / / / \ | |_三
三三三=_| |__  ̄ ¬ ,′ //  _ / / / / /   │ ト、 、 | l │ 〉 「 \  \─|__|│  |/∠/_∠ヽ 」 | |=三
三三三=,| |    ̄ ¬ ,′ /// // / イ  / /     l │| │,′l / /∧」__|ヽ、  ヽ|   |│  '∨'F、 兮/∨ | |,=三
三三三=| │        「 ∧,′/ / /ー、 / / , -‐¬ヲ / / //  |   イ  |__  ̄ ヘ  ヘ、 | |    `\ー //' | |_=三
三三三_| |         │ | │ 「 / /     / ´   //_//イ   |_ / |   |_ ̄ ̄∧  ∨┴    _「丁 ̄|  | |三三
三三三,| |          │| │ | /∧  r⌒_、     ´イ7_`\│ 」 ∨ | |  |   ̄ ̄丁  レ‐ >´ ̄7 ||_  ̄| |,三三
三三三| |          l」 │││∧ ∥ト_∧      ヽ_`'<_ノ│ l  |  | |  |     ノ / /   /  ̄厂  | |_三三
三三=_| │           ∥ ∨ト、\∧ ー │         ̄ │ イ /  | │ │  / / /    ,ィ|   ||   /| |=三三
三三=,l l                ヽl \,「∧   、            │ l/丁、   | _」/_/ /   / ||   ||   │| |,=三三
三三=| |                  `   / /\   、_ ─_7  / | ,'   | 〉─< ´ ̄ / /   /`、 ||   ∥   / | |_=三三
三三_| | ̄─_             __ / / ∧ >、    ̄ / l ,′ │/      / /   /  ヽ 〉∥  l|  イ | |三三三
三三,| |─_  ̄¬─=¬ ̄_/ / //「   \ _, <  / ∧   | ′     / /   /    ∨   l|  │ | |,三三三
三三| |_    ̄_二=─¬/ ////| │  / │ \/ /  |   |     /   /   /      |   ∥ │ | |_三三三
三=_| |    ̄ ̄    _ , ‐ ′ / / / 「 │ /   │  , ' ∧  |   ヽ-‐<   ∨   │      │ ∥ │ | |=三三三
三=,| │ __ ─¬  ̄    _,- ´ / / |  ∨    l , ' イ /\│   _  \ |    │` 、   │ ∥  |  | |,=三三三
三=| | ̄       __ , - '´ _, -'´ /  │ /   // // /   │  │  ̄¬┴- 、 /   \ │  ∥ │ | |_=三三三
三_| │── ¬ ̄  _ , - '´ _,-'´ _/ ∨   _/ // / / │   │ 、_       │     ∨___」|_,」 | |三三三三
三」  ̄ ̄ ── 二、_ ─<、_, -'´   /_,- '´ _-´ /  / /  |    │ _二>   /       ∨ ̄ ̄丁 | l,三三三三
三三二≡=__      ̄ ̄ ── <__,- '´  /   /     \_厂 ̄         /         │   │ | |_三三三三
三三三三三三三三三二≡=─__      ̄ ̄ ─┴二__ / |  >¬─   /         │    |  | |=三三三三
三三三三三三三三三三三三三三三三三三二≡=─__    ̄ ̄ ─-- 、/__       /     │ | |,=三三三三
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二≡=─__   ̄ ̄ ─⊥ __│| |_=三三三三
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二≡=─ 、_  ̄ |三三三三三
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三





そして帰国した彼は、マン島で出会った少女エリザベス・ビザムと恋に落ちて1781年に結婚するにょろ。







52 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:29:19 ID:1IE/7Zn.






             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \     しかし、有能な彼を海軍が放っておくはずもなく、
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|    新婚わずか10日で彼はフリゲイト「ベル・ポール」の航海長に任命され
         レ!小l●    ● 从 |、i|
          ヽ|l ||、_,、_ ||⊃ |ノ│   新妻と引き離されることになるにょろ。
        /⌒ヽ__|ヘ || ゝ._) ||j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│    幸いにして彼の艦隊は第四次英蘭戦争のドッガーバンク海戦に勝利し、
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |    彼は海尉に正式に進級してその他多くの艦で勤務を続けるにょろ。







53 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:29:39 ID:1IE/7Zn.






      -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
    / /" `ヽ ヽ  \         順風満帆だったはずの彼、その彼をここで人生最初の蹉跌が襲うにょろ。
   //, '/::::ノ(:::: ヽハ  、 ヽ
   〃 {_{`ヽ⌒::::: ノリ| l │ i|       1783年に当時イギリスからの独立を図って戦争を行っていたアメリカとの間に
   レ!小l⑪::::::::::: ⑪ 从 |、i|
    ヽ|l⊃ r‐‐v ⊂⊃ |ノ│       独立を承認する条約が締結されるにょろ。これがパリ条約にょろ。
/⌒ヽ__|ヘ  ヽ ノ   j /⌒i !
\ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│      なお、アメリカに与したスペインおよびフランスとの間にはヴェルサイユ条約が結ばれ、
  /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧
 `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |       これをもってイギリスが抱えていた紛争は当面無くなるにょろ。







54 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:29:54 ID:1IE/7Zn.






     〃.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
    .〃.:.:.:.:.:.:.′.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
   _〃.:.:.:.:.:.:.′.:.:.:.:.:.:.:..:′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
―´/.:.:.:.:.:.:.:.,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}
  /.:/.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..′.:.:.:.:.:.:.:.:}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト、
. /.:イ.:.:.:./|.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:/7.:.:/.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:}.:.:../.:.:.:.:.:.}.:.:.:.:.′ゝ⌒:.、
. |/}.:.:.:.:ヘ |.:.:.:.:.:.:.:.′.:.:.:.:.:..′}:/7.:.:}.:.:.:.:.:.:.:../|.:.:.:.:.:./.:.:..′.:.:.:./.:{.:.:.′´: : _: : \_____
..j' .|.:.:.:.:.:.マ|.:.:.:.:.:.:..|.:.:.:.:.:.:.:/=//、_}.:./.:.:./.:.:.:/ .}.:.:.:.:./.:.:.:/.:.:.:.:../.:.:|.:.:{.: : /: : : : : : : : : : : : : : :
  |.:.:.:.:.:.:}|.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:/-// >:/.:.:./ }.:./ , '.:.:/./}.:ソ.:.:.:.:.:.′.:ハ:.:|/: : : : : : : : : : : : : : : : : :_
  |ハ.:.:.:.:..|.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:仆 '、u/:/}.:.:/ イ./'/.:.:ィ.:.:.//./_}.:.:.:.:/.:.:/ } .1: : : : : : : : : _ ― 二 ―
  ヽ}.:小 .:',:ト、:.:.:.|.:.:.:代芝ソ外z |.:イ/.:/ /.:∠}.:./´}ム '.:.:.:.:.′/ // : : ― 二 ―  ̄: : : : : : :
  _ノ  ハ ヽ{ :.:.{.:.:.{  ¨¨¨` U.|ハ.:./ /.:/ォタ丞ア.:.:.′.:./.:.; ′´: // ̄: : : : : : : : : : : : : : : :
   ハ  ハ u.|.:.:.:ト:.:{      u }/彡イ `^¨´.:.:.:/.:.:.:./.:/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : :
    ハヽ_ ヽヘ ハvハ    U   ´ .{ U/}.:.:.:/.:.:.:./.:/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : : :
    V  T ‐‐マ ト ヾ  rェ、__  ‐_' イ: : /.:.:/.:.:.イ.:/ー――――――――――――
ハ   /   |   vハヽ  ー‐ '_ -‐´: : : : :/.:.:/.///
. ハ /    .|   } vハ ` ー ´: : : : : : : :/ハ// ./´
  ∨    1  /  ヾ./ ./: : : : : : : :/ _ノ
 /      |  .′ //i /: : : : : : /





戦争が無くなれば軍人は必要なくなるにょろね。「狡兎死して良狗煮られる」とはこのことにょろ。
かくしてブライ海尉は予備役に編入されるにょろ。
海軍士官の身分は保証されるとはいえ、給与は半分になるにょろ。家族を抱えたブライには
厳しい決定だったにょろ。







55 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:30:17 ID:1IE/7Zn.






                  ,.、r:<´:. ̄:.`>:.、
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                  /:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ           しかし、捨てる神あれば拾う神ありにょろ。
              /:.:./:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.ヘ
              ,':.:.:i:.:l:!:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:',         妻エリザベスの叔父であるダンカン・キャンベルが
                l:.:.:.:{:.:ヾ、>、,;,!;,;,、;,;イ;,ノ:.:.:.:.:.:.:.:ハ
                 l:.:.:.ノ:.:.!"´       `ミ:.:.:.:.:.:.:.:.:.i        彼を船長として雇うことにしたにょろ。
.               l:.:.:.リ:.:ノ     |      ミ:.:j:.:.:.:.:.:.l
                 ,':.:.:.:从 _____ !  _____ j:.:ノ:.:.:l:.:.:.:!         キャンベルは西インド諸島との交易を行っており、
            /:.:.:に=<;;;;;::::;〕=〔;;;;;;;:::>=こ):|:.:.:.:|
               /:.:.:.:.{{ リ:.{ `゙ー´`i;  `ー゙´ ;:.:リ,y}:!:.:.:.:',       ブライは彼の元で船長として、また交渉人として
           /:.:.:.:.:.:ムイ:.:.;   ,.__! __、   j:.:.ム,ノ:.|:.:.:.:.ヘ
             /:.:.:.:.:.:/:.:.:.j:.:.:`:.:.:.:.::,`、:.:.:.:.:.:':.:.:.リ´|l:.|:.:.:.:.:∧      再びその有能振りを見せ付けたにょろ。
.           ,':.:.:.:.:.:/:.:.:.:∧j.:.:.:.イ´ ー `ゞ:.:.:.:.:j!ヽ:リ:.!:.:.:.:.:.:∧
.          ,':.:.:.:.:./:.:.:/::::リ:.:.:.:.:.ヾ:.:.:.:イ:.:.:.:.:リ::::::::\:.:.:.:.:.:.:.:.}
          l//:.:./.:/:::::::::::ト:.:|:.:.:.:.:.:.:.: |:.:.ノノj:::::::::::::::ヽ:.:.:.:|:.:i
          |/:.:.:.l:/:: ::::\::::| `ヾw;.;.;.y/ソノ /::::::::::::::::::::∨リ:ノ
         リ|:.:.:.|!:::  ::::::::`:>:...、..    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.(;;;):.:)リ
         /!|:.:.:!、:   ::::::::::j:::::::::::::::`ヽ. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:`ヽ、
     _,、イ:.:.:.:.:リハ!:ヽ   :::::/:::::::::::::(::;;)::):.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
 .,、<´:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ソ::  ::ノ::::::::::::::::::::::::/:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
 :.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧:::  /::::::::::::::::::::::/:.:.:.:.:,、<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:






ダンカン・キャンベル:貿易商。かつてテムズ川の囚人船の管理者であり、奴隷貿易にも手を染める。







56 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:30:36 ID:1IE/7Zn.






          , '´ ̄ ̄` ー-、
        /   〃" `ヽ、 \          こうした活躍を見れば、ブライ船長を再び海軍士官として
       / /  ハ/     \ハヘ
        |i │ l |リ\    /}_}ハ.         勤務させてやりたいと思うのも当然にょろね。
        |i | 从 ○    ○l小N
       |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ         かくしてキャンベルは、ブライを海軍に戻すべく
       | i⌒ヽ j         ノi|__/⌒)
       | ヽ  ヽx>、 __, イl |::::ヽ/.      運動を始めるにょろね。
       | ∧__,ヘ}::ヘ三|:::::/l| |',:::::ハ
       | ヾ_:::ッリ :::∨:/ | | >'''´       そしてキャンベルはこのパンの木を求める航海に目をつけたにょろ。







57 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:30:57 ID:1IE/7Zn.






      / ̄ ̄\
    /     _ノ\          ……というわけで現役に復帰したブライ海尉は改装中のぺシア号に着任し
    |       (●)
.    |       (___ノ)        今月の16日に正式に艦長に任命された
     |        ´ノ
.     |         }          ただし階級は海尉のままだがな
.     ヽ        }
      ヽ     ノ








       ____
     /     \         やらない夫、ずいぶんそのブライさんの説明に気合が入っていたけど、
   / ⌒   ⌒ \
  / -=・=-  -=・=- \      何かその人に含むところでもあるのかお?
  |      (__人__)      |
  \     |++++|」_キラッ/      カマでも掘られたとか
       `ー''´ l







58 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:31:15 ID:1IE/7Zn.






   / ̄ ̄\
 /ノ( _ノ  \
 |,'⌒ (( ●)(●)           あるか―────そんなこと─────!!!!!
 |     (__人__)
 |     ` ⌒´ノ ,rっっ                    ,
/"⌒ヽ   ソ,ノ .i゙)' 'ィ´                `    ,. ____
      ゙ヾ ,,/ { ) 丿             ,  ゜;,/⌒    ⌒u:::\ 。
 ィ≒    `\ /'ニ7´     スパァァ────/(◯.;); :::::、;(;.◯));:'::::ヽ‐─────‐‐
/^ヾ      \ ./              ゚ ;i`、 ⌒:(__人__) ⌒:::::;;,´:::|   .
   }      __\___ ___   ____´_;;{   ;` j|r┬-|:;〉::,,゚, 。;;:;;|
   )ンィ⌒ ̄" ̄ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ニ≡┴‐ー-,==ー--ァ人て゜ ゚;:,::|: ゜ .
   ノ/             ≡''        ;;;;(( 三iiii_iiiiiii)))))て,,;;/  。  ;
   ヾ         _____=≒=ー────;‐‐ ̄/i'只 ̄/ ̄|Y‐-<` `
    \、   ー ィ⌒ ̄            //   > |≡| / <〃  ヽ








        / ̄ ̄\
      /       \                    ……まあ確かにずいぶん力を入れて説明したのは
      |::::::        |
     . |:::::::::::     |                   事実だな
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..      彼は俺を引き立ててくれた恩人なんだよ
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´






59 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:31:33 ID:1IE/7Zn.






            _______
           ./ /  #  ;,;  ヽ
        : /ノ  ;;#  ,;.;:: \  :        ソウデスカオンジンデスカ、ソレハヨカッタデスネ……
         /  -==、   '==-  ..:::::|
           | ::::::  (__人__)   :::::.::::| :      デ、ソノオンジンサントハドウシテシリアッタンデ?
       : ! #;;:..  l  |    .::::::/
         ヽ.;;;//;;.;`ー‐'ォ  ..;;#:::/
          >;;;;::..    ..;,.;-\








         / ̄ ̄\
       /   ⌒   \
      ( ●)( ●)  |          ……そうだな、
      .(__人__)      |
       l` ⌒´    .|          俺が彼と知り合ったのはもう5年も前になる
       {          .|
       {       _ |          あれは戦列艦「ケンブリッジ」に乗り組んでいた頃だ
      (ヽ、ヽ   /  )|
       | ``ー―‐'| ..ヽ|
       ゝ ノ    ヽ  ノ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄







60 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:31:57 ID:1IE/7Zn.






戦列艦「ケンブリッジ」艦上────








    ,.;.── ,    ρ 「う~~トイレトイレ」
   /  !、_ \   ゝ  今トイレを求めて全力疾走している僕は
  〈(● ● )  |     英国海軍で働くごく一般的な水兵
   (_人__)    |     強いて違うところをあげるとすれば
   ゙i⌒     !       士官候補生を目指してるってとこかナー
    (,    ,r'       名前はやらない夫
    ┼┬┼
 /┴┴┴┴┴ ̄\
 | │       ┤ \
 | │       │\ \
 | │       │ \ \
 | │      /│  │ │
 | │     / │  │ │
┌─ヽ       」   │ │
│ ├┴┴┴┴┤   田田
│ │  ∥   ヽ   / │
├-┤   /   /   LllLノ







61 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:32:16 ID:1IE/7Zn.






    /.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:'.:...,     
   ,r'.:.:.:..:,r'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\      ../ !、 \        座  ベ  ふ
 /.:.:.:.:.:.:,'.:.:.:l.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.    ,(・)(・ )  |          っ  ン  と
.,r'.、:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:|.:.:.,r'、,r'l.:l.7\.:\.:.:.:.:゙i.    (人_)  |          て  チ 見
 |.:|.:.:.:.:.:.:.:|.:.:l.{.:,r'ン、 |.:l|.:l:゙i.:゙i.:.:゙i.:.:.:.l     !、   ,r'        い に  る
 }.:l.:.:.:.,r'7l.:.:|.:|ミ伐fr゙il|| l.:|゙i.゙i.:゙i.:.:゙i.:.:l     `コfェエlユュ         た 一  と
 ´,'|l.:.:.:.:゙i j j.:l.:7'‐ゝ,.゙i |゙i|.:|ン、:゙i.:゙i.:.:゙i.|    /;.;.ヽ   ヽ,        人
  ,r'||.:.:.:l.:`r ゙i:ドi    !i l.:|.仆.:|.:.|.:.:.:l|    l;.;.;.;.;.|    i'、      の
 〒=⊥リ (, ゙i:゙i゙i    {',l㌣l.:.i.:.:l.:.:,'|l   '!;.;.;.;.;|     !;'!_       若
 ||     ̄\ ..-- .._ ,.' ,r'.:.:|.:.},r' ゙i    '!;.;.;.;.|    「 |||      い
 ||       \    、,r'´イ,r'},r' (,     ノ;.;.;.;..j     |,,|||      男
 ||        ||\,r'(,.:|ッ,r' ,r'       /;.;.;.;/ __三」 |||     が
 ¨キ=ミ_‐- _|| ,r' `゙i         __/;.;.;/lニl-'┴┴厂
  `>'、,     '''"´ ̄ ̄_二ヽ、 ,';';'; /  >'′ | | l`'Y'))i
  /           /    ヽ   `ー' :;:;: ,|-' 'ー'ニノノ,.,:,:,:
 ,'        ,   /      ゙、""''''''-= :,,_ /| l: : :"''|'′,.,.,.,.
          l /  __      !       / :| l: : : :.|
          l, l  く,_  、   |        /_:::| l: : : :|
 ''''ー--_  、、,,,_リ    `ヽ、ヽ, ,!     /   ̄`''ー'、
       ̄`¨`'''|!    _,,..、二,,_,〉'_ー_/    , ,、   `ヽ,
          |!   'ー''"´  '! /     /ニ''''ー ---'-







62 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:32:35 ID:1IE/7Zn.








         _,..-.,,、
        /:::::::::_::ヘ    ウホッ、いい男……
        レf/}/=リゞ
       _,>.ー,イ--、
      f::::::::::::{ }_,.l.::ヽ.
____|:::::{c::::,__:::::c}ノ:::i_____________
____,/:::::{:|:::/ __ゝ::l'{___________l
____}::::/.|:/::::/:::::::l'{____/ ̄ヽ________l
___{:::ヽ-':::::r':::::::::|:|___/::::/::::::ヽ________l
______\:::/::::::::::::::|:|___/:::::::::::l::::::::::i________l
__ ___/::-―ー:::::::}/:::::::::::::l:|:::::::::|________l







63 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:32:58 ID:1IE/7Zn.





            
                        __
    _                 / ノ \
  .'´   ヽ               |  ( ・)(・)
 ノj从/メ从ヾ               |  (_人)
 从゚д゚;<リゞ               ヽ   ノ
|⌒|⌒| ⊂)]              ⊂    つ
  ( (  ノ||               人 ヽノ
.  し'し'| ̄||         ε=ε= し(_)           ……そして俺は通り過ぎた









                   ああ、それだけだ
                  \          / 
                     ̄Ⅴ ̄ ̄ ̄ ̄   
     それだけかお?    / ̄ ̄\        
       ____      /       \      
      /      \   |        ::::::|      
    ../.  ⌒  ⌒ \  |     :::::::::::| .     
   /   (●) (●)  \|    ::::::::::::::|       
   |     (__人__)    | {    ::::::::::::::|  .     
   \_    `⌒ ´    / {    ::::::::::::::,r'  .     
   /           |   !、  ::::::::::,r'        
   |  |         | |    ン ::::::::::::゙i        
――┴┴―――――┴┴―-/ ::::::::::::::::|―――――-
              (⌒二 ,.,r'|:::::::::::::::|







64 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:33:18 ID:1IE/7Zn.






     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \          何せ当時はこっちは平水兵、向こうはバリバリのエリート海尉だからな
   |    ( ー)(ー)
.   |     (__人__)         口を利く機会があるはずが無い
    |     ` ⌒´ノ
   .l^l^ln      }          だが何せ狭い艦上、そのうちに接する機会も増えていった
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ           そしてどうやら向こうはこっちのことを知っていたらしい
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ







65 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:33:35 ID:1IE/7Zn.






                \  俺の家族とブライ海尉の奥さんの実家が親戚付き合いしてたんだよ  /
                  \                                         ./ 
                     ̄Ⅴ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   
     どうしてだお?     / ̄ ̄\        
       ____      /       \    俺の実家はマン島に領地を持ってるしな
      /      \   |        ::::::|     
    ../.  ⌒  ⌒ \  |     :::::::::::| .   海尉も多分どこかで俺のことを見たことがあったんだろう
   /   (●) (●)  \|    ::::::::::::::|      
   |     (__人__)    | {    ::::::::::::::|  .   だからブライ海尉は俺に義理のようなものを感じていたらしい
   \_    `⌒ ´    / {    ::::::::::::::,r'  .     
   /           |   !、  ::::::::::,r'        
   |  |         | |    ン ::::::::::::゙i        
――┴┴―――――┴┴―-/ ::::::::::::::::|―――――-
              (⌒二 ,.,r'|:::::::::::::::|







66 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:33:50 ID:1IE/7Zn.






          _______
        /          \        そして三年前、ようやく士官候補生になった俺だが
      __/             \       
    /.            、    |       海軍のリストラで民間に放り出されちまった
    |.         ,(⌒(○)ヽ    |       
    l  lヽ      )>       /       見かねた俺の親類がブライ海尉の奥さんのツテを辿ってな、
   /    ヽ\   `(__,(○) / /        
   |      \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  \       当時民間船の船長だったブライ海尉に会うことができたんだ
   |     |ヽ、二⌒)、          \







67 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:34:10 ID:1IE/7Zn.






                                 /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\    やらない夫くん、君の履歴書は拝見したよ
                                /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:\
                          .':.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:./:.:.:.:.:./:.:.:.:. /:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:\ ずいぶんと立派な経歴じゃないか
                           |.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:. /:.:.:.:.:.//:.:.:.: .:/ :7:.l ..:.:.:.:.:.:.:.:.l  _
                   /`ヽ、    |.:.:.:.:.:/:.:.:. :./:.:.:.:.:///:.:.:. :/ :/ l:.|: :.:.:.:.:.:.l:.:.l  `、 ̄\__
                   /    `ヽ、 |:.:.:.:.:.|:.:.: .:/!:.:.:////:.:. :.:/!: ./  l:.|: .:.:.:.:./:.:.:|   ヽヽ‐、__
                   /           `ヽ、.:.|: .∠/:∠///:.: .//: /─ー|:|:. :.:.:./:.:.:.:|     ヽヽ: : : : : : :
                  /              /:.:.l:./ニ|/二\l:.l:. :/‐//厂二_l:|:.: :./:./: :.l     ヽヽ: : : : : :
            /             /:.| .:.:.|,匕仁仆z、|,'|:.//´,ィK夊仏} >:./:./: :リ      l l: : : : : :
.             /.       , -、_   / /| :.ヽ :.',`┴¬´ ̄!.|,' i   ` ̄¬´/:.イ /:.{       l l: : : : : :
            `ヽ、_, -‐ ' ", -'´,.' / ノ´ .l l:.|:ヽ:.ヽ      ! }        //:/i:.ハ:|      l l: : : : : :
          _∠ -‐ '"´_, -' /     ' |:.l:.:ト、:.:\       !     /イ:///:.l }|         l l: : : : : :
            /   _,.-ァ< ./       ヽ|:.lヽヽ:.トヽ  __.... -- 、_, /イ__ノ:.|:.l|  !       l l: : : : : :
           / ^ <./ / `.'l |         |:.|:l l.:-\`   ー─‐   /:.:.ノ:/|:.|!       __, -l l: : : : : :
.         /  ^` - 、`丶、: | |\_____./'´i|:|l:.ト:.:.l` 、       / |:.:.:.//‐∨-───´   / /: : : : : :
        /  、 - 、 丶、 /:| |          /´|:.l }:.|_ ` 、_ , '´ __.⊥:ノソ            / /: : : : : : :
     ,.r‐/   ノ  _,ゝ / ノ: :トf           ノ´〈 ̄   ̄`>< ̄   〉           / /: : : : : : :
     ハ 〈   ノ 乙__ノ /: : :ヽ\             (二ニニ7 ̄ヽ-r─弋 ̄ ̄ ̄}        / /: : : : : : : :
.    /  ヽヽ、__,イ ' , ` ヽ: : : \\          レ─‐7 / /  ヽ }  ̄¨(         / /: : : : : : : :
   /    ` ー―ァ´ |i   \: : : \\     / ̄  /}  |/   l   |\ー=ヽ     //: : : : : : : :
.  /        /   l \   \: : : \\_ -┬´_.─/ /  |    |   |  ヽ / 〉‐‐.//: : : : : : : : :
.  /        /   | ト、\__\: : : \\::ヽ.  /  /    |   ノ   l   ',  /::://: : : : : : : : : :
 /        / __,| l  \\: : : : \: : : \\::∨   l    | ,-、/    !   l ///: : : : : : : : :







68 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:34:26 ID:1IE/7Zn.






            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)
          |     (__人__)          はっ、恐れ入ります
             |     ` ⌒´ノ
              |         }
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::







69 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:34:42 ID:1IE/7Zn.






          /: :/: : : : : : : : : : : : : /: :/: : : : : : : : : : : : : :ヽ
          /: /: :/: : : :/: : : : :/: :/: : : : : : : : : : : : : : : : :.',
.         /: /: :/: : : :/: /: :/: :/: :/: : : : : : : |: : : : : : : : .i     私と一緒に「ケンブリッジ」で勤務した
        /: /: :/: : : ://:/: //: :/: :/: /: : : : : : |: : : : : : : : :|
.       /'i/: :./: : : .///l: / /:/: :/: :/:/リ: : l: : : l: : : i : : : : :.|     時のことはよく覚えている
       / |: : :|: : |: :l l/`l/ト,|/: :/// / |'|: :.|: : /: : : |: : : : : :!
         !: : !: : |: :|'伐ドミト!:/::// ,/   | |: :|: /: : : :リ: : : : :/     君はずいぶん勤勉だったよ
         ヽ|: : l: :.|弋i伐'}i/:/∠ -/-‐‐十|: :|/: : : : /: : : :./
 ̄ ̄ ̄` ー‐- 、_l: :lヽ,;!   ̄ i/ ' /,‐=庁干〒V: : : /´V: : :V'      優秀な水兵だったことは認めよう
.          レ'   !    /      ̄ 十壬'/: :/i:.:.:.!: : :リ'
              、   l        /:.:.://` ‐.‐┴ 、_____
ヽ               、 、_       /:.:.:/' >'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
: :\             ヽ ヽ二ニ=-'´ ,i:.:.:/7:.:./:.:.:.:.__.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
ヽ: : \            i´ ', _ ̄_,,. ‐ ' |:.:.:i/:.:./:.:./´:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:, - ´:.:.:.:.:.}
  V: : :\       /≡三>-, -ー 7‐‐|:.:.:|:.:.:.i:.:.:.l:.:.:ト ── ‐ -<´V:.:.:.:./ ̄
  V: : : :.\  , -‐' 7/  /    / , `‐'l:.:.:.l:.:.:.l:.:.:i: : : : : : /   V:.:/
   V: : : : : \/  /   /     ///  ヽ:.:|:.:.:l:.:.:|: : : : /     V
\  V: : : : : : :.\/   /´/    / / _-'´ ヽ!:.:.|:.:.:l: : /      /
: : `''ー-、,: : : : : : : :\  L/     /, -‐'´: : : : : : : ヽ!,ノ、''       /
: : : : : : : :`''ー-、,_ _ >- ,_ _, -‐'´: : : : : : : : : : : : : : ヽ:.:|       ./
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `´ヽ      /







70 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:34:57 ID:1IE/7Zn.






            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)
          | ∪   (__人__)           そ、それは大変ありがとうございます
             |     ` ⌒´ノ
              |         }
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::







71 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:35:16 ID:1IE/7Zn.






                 /.:.:.:.:.:/:.:.:. :.//:.:.///:/',.ヽ: :.:.:l:.|.:.:._:..:.:.:.:.ヽ
             /.:. /:.:/ ..:. :.//:.:.///:./ ヽヽ. :.l:.|.:.:.\` ‐-- 、,
             }:. /:.:/: .: .:.//:.:.///:./ ,. -ヽヽ:|:.|. :. | ヽヽ‐- 、\        妻の口利きが無くとも、
   i         ,': / :./:.: .:.//:.:.///:.//_,rz=ミヽl:.|:. : l:.:.:.ヽヽ: : \\
   |l        /:/| イ|. :.: :.仆ー/// //ノ仆irイフ.,7,': .:/:.:.:./:.} } : : : :\\     君のような優秀な士官は
   | ',       // |.l:.|:.l:. :./,ニ≡/、〉     ̄ ̄ //: :/:.:.:.:/、.:.| | : : : : : \\
   | l |      /´ l:|:.l:.|:.:.:.ト!斗㍗〈        /イ:.:/:.:./ヽ}.:.| | : : : : : : : ヽヽ   ぜひ欲しいところだよ
   | | l        |!|:l:.ヽ:.:.ヽ    ' ,       //:./:/r`/l:.|.| |: : : : : : : : : :
   ', l |        ',|:l:.:|ヽ:.:|.' ,   ャ==─¬'イ:.,'//‐ ´i:l:.,'リ } }: : : : : : : : : :
   l | l         ヽヽ }ノ|:.l:.\   ' ̄ ̄   // l:.l:.:.|:|:.{ / /: : : : : : : : : :    よろしい、わが船に
   ヽ ヽヽ、         ´ リi|:.||,:.\     , '   .|:.|:.l|ヽ./ /: : : : : : : : : : :
    ヽ ヽヽ`ー- 、      / l| ヽ.:. ヽ、 , イ   ___ |.ノリヽ/ /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.    乗り組みたまえ
     \\\: : : :  ̄ ̄──‐/ ─|ノ.┴、, -‐'ニ二_ ̄ ̄/ /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::
       \\\ : : : : : : : : : : : :___:{/¨`‐´`ー´¨,____//::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::
        \\\ : : : : : : : : : { / / / /  / |-‐ //::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.: :
          \\\: : : : : : _{/  l _ /  / | //::.::.::.::.::.::.: : : : : : : :
           \\\: : : :l /  l| (_/  / //::::..::.::.::.: : : : : : : :
             \\\ li    l /   /// : : : : : : : : : : : :







72 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:35:55 ID:1IE/7Zn.






   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \   \
 |    ( ○)(○) \ \                あ、ありがとうございます!!
. |   o゚ (__人__)  __
  |  0   `ー'´ノ´ ̄    ̄\             これで路頭に迷わず済みます!!
.  |     /  }         \
.  ヽ   /   }          }て・,‥¨
   ヽ     ノ ___   _ノ そ¨・:‘ .
   /    く  \  YY ̄ ̄YY\  ガンガン
   |     \   \    ・; ∵ ..\
    |    |ヽ、二⌒)、       .  \









       /. : /. : :/. : . / . : : : : . : : : : : : : : : : : : : : !
       i.:::::. /.: : /. : .:: ,.′.: : :/. . : : i: : : : : : : : : i: l    ……ただし、私の船には
       l:::: /.::: : .::: .:: ./ :/. : :/. : . ://:}: : : :::. i: : : :| :l: |    
       l:::::}:::::: ::::..:: / :/. /}. : : //}::ハ: :i: ::. :}: : : | :|: {    今は商船士官の空きポストが無い
       |:::::|::::i::. !:::::/.:イ: / /: : イ:/ l::l  l: ト、::. |: : : | :|: l    
       }i::::|::::i:::.{:::イ:/_i:/ /:::./// j::{ .」斗ヘ:::}:/ : }. ト、!    だから君は水夫として働いてもらう
      イ:::ハ::|::::V十rfリミ」:::/// , //ィf≧=ヘ小/. :イ: :ハ:ト、   
       }/  lハ:::::ヽ、近Zソ|/メV/7/ーヘ北シメ/. :/ }/ }{
      ノ′ |ヽト、:::ヽ    i{   ノ′       /. :/.ィ:!  `
         |:::ハ:::ヽト\⌒´  ノ!      /: :イ: .イ:l      もちろん君に敬意を表して、
         |/ }::|::::\   、____.ノ イ: /i |/ リ      
         }!  |ハ::::::i\  `二二´ /イ:!: ハ::{         私は君を紳士として扱おう
             }从Li」 ヽ、   ∠_.」」:::{ }:l        
               ト--T r‐`´─┐|‐‐イV .リ         士官の空きポストが出来ればそれに推薦もしよう
               }_ハ_」 |: : : : : : :| L「!」          
             __ノf7/,イ |: : : : : : :| ト斗ト、‐-、__     どうかね?







73 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:36:13 ID:1IE/7Zn.






   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ○)(○)      (いまさら俺に水夫をやれだって!?
. |  U  (__人__)
  |     |r┬-|       しかし、これを逃せばもう就職先は無い
.  | ι   `ー'´}
.  ヽ     u  }       それに士官になれるチャンスがあるのなら……)
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、








                             |     | |     |
                               |     | |    |     ……その条件でも構いません
            / ⌒`"⌒`ヽ、              |       | |    |
           /,, / ̄ ̄ ̄ ̄\            |     | |     |     ぜひ雇ってください
          /,//::         \        |     | |    |
         ;/⌒'":::..            |⌒ヽ     | ,     | |    |     お願いします!!
       /  /、:::::...           /ヽ_ \     |ノ    、| .|   、|
     __( ⌒ー-ィ⌒ヽ、   /⌒`ー'⌒  )    ノ_____,ゝソ___ゝ
    ━━━`ー──ゝィソノー‐ヾy_ノー─"   _ノ゙ ̄⌒^⌒} .{ ⌒^⌒}
                           'ニ===⊂⊃=} {=⊂⊃=}







74 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:36:31 ID:1IE/7Zn.






   / ̄ ̄\                  こうして俺は西インド諸島行きの商船に乗り込んだ
 /   _ノ  \                
 |    ( ●)(●)               ……まあ、幸いにして程なく准士官の空きポストが出来てな
. |     (__人__)               
  |     ` ⌒´ノ               俺は水夫の仕事を長くやらなくて済んだ
.  |         }               
.  ヽ        }                それにブライ海尉は言葉通り俺の面倒をよくみてくれたよ
   ヽ     ノ        \       
   /    く  \        \      俺達二人はけっこう上手くやれてたんだ
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \







75 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:36:50 ID:1IE/7Zn.






               /: : : : /: : /: : / : : : /l: : : : : : : : :ヽ
.             /: l : : /: : /: : /: /:/:/∧:l: : : : : : : :ハ
            /: : ! : /: : /: :/: ://l // l:|\: :!|: : : : l       そして今度のタヒチ島への航海に際して
           ,':/: :l : l : ://:/l: イ//,l/=キi≦V | : : : ハ
            /イ: | | : |: :l/!/=l'、l'/´/,.ィ彷r) 7:/: ム l:ト|      海尉は俺を海軍へ引き抜いて再び
           ,': ,l l: : ∨r忘外 }   ̄ ̄ //: /) }从
            l:/ |:l: 、: ヽ ` ̄ 〈      //: /.ン:l        軍艦に乗れるようにしてくれたんだ
            l′lハ : \ \    __,./イィ/彳|l l
             ′!: | |:ヽ‐ヽ  ´-‐一   /ヘ: N州        艦でNo.3の海尉心得としてな
                |/l/|:l、_、:> 、     /,. -ヘl 、
               ' ' l/| ヽl: | ` ‐ '´  〉 __l  ヽ        正直、海尉には感謝してもしきれないな
                 |.:.:.|:.:.:.|∧     /彡,:.|  |
                  /.:.:_j.:.:‐¬l    , ゝ/.:.|  l-、
              /.:.:.へ :.V^ゝ  / / /.:.:.:l  /⌒'ー
           , -―//   ヽ ヽ‐.  r‐/ /.:.:.:.:.! /:.:.:.:.:.:.:.







76 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:37:08 ID:1IE/7Zn.






       ___
     /   ヽ、_ \          生活のためとはいえご苦労さんだお
    /(● ) (● ) \
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \       ニート生活が性に合ってるやる夫には
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /       したくもない苦労だお
     ゝ  ノ
   /   /








                   ,, -‐ 、
                  /'    ヽ     さあ、ずいぶん前置きが長くなったがそこで話を元に戻すぞ
       / ̄ ̄\      ./      i
     / ._ノ  ヽ、\    /    ...........i
     |  (●)(●) |  /   ..:::::::::::::::|
     |  (__人__)  |  /  ..::::::::::::::::::l
     .|   ` ⌒´  .} ./  ..::::::::::::::::::::!          やる夫、お前
      |         }/  .::::::::::::::::::::/
      ヽ       ./   .:::::::::::::::::::/
      .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/
   ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/
..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|         王  立  海  軍  に  入  れ  !!
:,'      /       !.:::::::/:i..:..l
r   、  /           !::::::::::: i..:..i
l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i
!  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i
.! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ
.ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
/ \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、
   `ヽ   `、  .::::\:::::::::::::::|::::::::: /,,   ,. ‐;''







77 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:37:26 ID:1IE/7Zn.






         ___
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
          イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。








          ____
        / .u   \
        ((○)) ((○))                だ、だからさっきも言ったお
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\    /⌒)⌒)⌒)   
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //   いきなりそんなコト言われても困るお!
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/    
|     ノ    | |  |    \  /  )  /     体力のないやる夫が海軍に入るなんて無理だお!!
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /







78 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:37:45 ID:1IE/7Zn.






   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \           そんなことは心配するな
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)          お前よりはるかにひ弱な貴族のボンボンでも海軍に入隊して
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }           数年でバリバリの士官になってたりするんだ
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  mm       鍛えようはいくらでもある
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄         それに、お前もそろそろかーちゃんのことを考えてやるべきだろう







79 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:38:03 ID:1IE/7Zn.






  γ::::::::::::::::母::::::::::::ヽ、
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
γ:::::::::人::::人::人::::人:::::::ヽ       お父ちゃんがまだ働いているからいいものの、
(:::::::::/         \:::::::) 
\:/  o゚⌒   ⌒゚o \ノ      このままやる夫が働かないままでいたら
.. |      (__人__)    |     
.. \    ` ⌒´      /       かーちゃん心配で心配でしょうがないよ……
 /          /     
 \      (__ノ
\                                                ./
 .. ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        O 。
          / ̄ ̄\
        /     _ノ\       さっきお前のかーちゃんに会ったとき、
        |       (●)
    .    |       (___ノ)     かーちゃんそう言って嘆いていたぞ
         |        ´ノ
    .     |         }      だから親友としてもそろそろお前をどうにかしてやりたいんだよ
    .     ヽ        }
          ヽ     ノ       幸いようやく俺も社会的地位が確立してきたからな、
         /    く  \     
         |     \   \      今ならお前を推薦することも出来る
          |    |ヽ、二⌒)、







80 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:38:19 ID:1IE/7Zn.






           _-─―─- 、._
         ,-"´          \
        /              ヽ      そ、そんなこと言っても
         /       _/::::::\_ヽ
       |         ::::::::::::::  ヽ    やる夫は今の生活が気にいっているお
        l  u    ( ●)::::::::::( ●)
       ` 、        (__人_)  /    わざわざ海へ出てそんな苦労したくないお……
         `ー,、_         /
         /  `''ー─‐─''"´\








     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)        …………
.   |     (__人__)
    |     ` ⌒´ノ        (まあ、予想通りの反応だな
   .l^l^ln      }
.   ヽ   L     }          俺だってやる夫が素直にこの話に乗るなんて最初から思っちゃいないが
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \          しょうがない、切り札のあの話を出すか)
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ







81 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:38:35 ID:1IE/7Zn.






        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |                 なあやる夫、俺たちがこれから向かうタヒチ島って
     . |:::::::::::     |
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .  どんなところか知っているか?
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´








         ____
       /   u \         タヒチ島?
      /  /    \\
    /  し (○)  (○) \      発見されたばかりの場所なのに、そんなところのこと
    | ∪    (__人__)  J |
     \  u   `⌒´   /      全然知らないお







82 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:38:53 ID:1IE/7Zn.






       , ──.、
     / _ノ  \          タヒチ島は南太平洋に浮かぶ小さな島だが、
     |  ( ● ●)
    . |    (__人_)          そこには並外れて美しい自然が広がる
      !     ⌒/
      ヽ    ノ           そしてそこで採れるパンの木のおかげで食料には
      /    ヽ、\   \
      |      ニつ、   \   不自由しないことは話したな








     __
   / _ノ \
   |  ( ● ●)             そしてタヒチにはもう一つ不自由しないものがある
.   |  (__人_)
    !   ⌒/             それは……
    ヽ   ノ
    /   ヽ、








       / ̄ ̄\
     /   ⌒  \
     |  ミィ赱、i .i_r赱
.     | ::::::⌒ (__人__)                   女     だ
.     |     トエエエイ
.     ヽ     `""´}
      ヽ     ノ
       /    く







83 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:39:10 ID:1IE/7Zn.






              \_            〉     ,. \_/l_,i__,r'         Y   , ヽ/ く   ヽ_/  、_〉
             /     ヽ   Y   //   /   /             7ヽ'7ヽ、}   く、     ,.ゝ
            く__ イ__/  _l   _l ̄`´ ≠-、 /   /  | ヽ   //   /  /      l___├r__l'
               | .i__  r┘       \. /  ヽ } / /   /  /         /  /
    ,. ─-、       ィ:ト┘ 〉‐' __/ /l ∧__  ヽ、__ヽ、 '"≧┴ミ.、  /  /       /  /
  ((          //:.7  / ´l // l/  V`  ∨`ヽ l"  / ハ   ヽ  / -─‐'´ヽ‐'V  /
    >-─‐-‐'´l-┴‐‐ァ‐ /l /_l/__ /   ,.l斗 l l    ! ,.ィ /lハト、  ∨  /∧ |   ヽ/
  /: : : : :/: : : : :.l: : :  ̄`ヽ/ィ| 代勿    仞}∧ ト、| !  l/ l/、  l∧ ノ 、V ィT/ | ト  〈
/: :/: : /: :/l: : :.ト、: : : ヽ、__∨l/ 弋ツ  ___ ー' lVl/l  l  lィ〒  fバl | |ヽ /ィャ l fxミ i ヽ',
: :/: : :.-l-/ /:./: l ‐ト: : : :\`ヾゝ、  (__ノ ノl/ .|ィ (|  トヒソ   ヒノ/ ̄`> 《ヒソ  代ノl〉l∧}
///: : :イ/ 'イ: :/  ト、: : :.ト、l \ \lー-r-ァ'l´ | |  l r、い ヽ  (^l ̄'   `ヽヽ-ィ_ァ ノl´ ,ヘ      _,.rへ
//: :. /lム=ァ l: / r=r,∧: :|∧!  /⌒ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ ̄  ̄〉   \   くゝァ<L/´ ‐ァ  ̄`7─「 !  ヽ
: : |: :/: :lドノ:l |/  トrl {:.| 〉:| |   /  _ ___ ___ _______r'´    /    ヽ二>   y/   ヽ<  ,.  ヽ 〈ヽ
: : l:イ^l: | 辷ノ _,__, ー'・l:l/l/ l  { "  }\\☆', l      l ,.-ァY   ヽ/    ヽ∠/  、_/    、_// l,./ /
: : : :ゝl: |、   (__ノ ィ: :| .| |  l   /`ヽミ }v∧|      |  /¨|__r、__     ト、/‐‐〉      ! ,ノ<___∧__,_{‐'
:/: : : ∧∨:T ーrァ7 |: :| .| |   ヽrイ-く ̄`´ ̄`フ、    l゙ー': : : : :l___.!   _ト.: : : :::`ヽ、ト-|___Y
: : : : :l:.:〉´ ̄  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ ̄|  `ヽ    `ヽ `>  ヽ: : : : : : :.├'一'´! ヽ: : : : : : l
: : : : :l: {   _ ___ ____ ___r‐┴‐‐'    、_/V    〉: : : : : : :|   / ノ: : : : : :〈 \
: : : : :l: |  " ト、|  ☆ |/ | |   }     /    l  ヽ  /: : : : : : : :{   / /: : : : : : : : !  ヽ
: :.!: : :!: !   /\\__∧| |   ヽ=-ァ'  /   ‐' i_l'´  /: : : : : :i: : : l / /: : : : ::........: :l l ) )
: :.!: : :!: ト-': : : : ヽ、 __./} | |   /< <   / ノ   /: : :.!: : : :.l...:: :|. /: : :.!: : : ::::!: :.| //
: :.!: : :!: :\: : : : : : : : : : | | |.  /: : : /`ーヽイ-.イ     /: : : :!: : : : l::::..:|、 {: : :/!: : : : : !: :l/
: :.!: : :!: : : :ヽ: : : : : : : : :|| | /: : : /: : : : : :.!: : l    l: : : :/l: : : : :|:::: :|`ヽ ̄「`¨ ¬┼┘





タヒチの女性はとても情が豊かでな、クック船長の船の乗組員はどこでも大歓迎だったそうだよ







84 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:39:28 ID:1IE/7Zn.






                / ,.--、 \
               r'_∠⌒ヽ  ヽ- 、
              /´     `` 、ト、`r-、
              /   /    `ヽ   V ! ├‐、
            /   //// /iト、\ヽ  Y  「7 ∧   _,. -――-
-―- ._       | |  |/// /,小、_ヽヾ!  V〃 /_ン´
      ‐-  rr、_ ! |  レ'ム/ 〃i=,ニ<」  /´ ̄       _,. '   /
 、      /イ{ `Y i  レff㍉/ ノ イfじリネ | !  `Y777ア     /
\ `ー-,.-<|| |.|'   | | ハゞ=”    `¨´ 川!   |// /´ `ヽ.  /      そして豊かな黒髪と褐色の肌を持ち
  ヽ /..、\\ー1  .!/  从   、_'_,.  ,.イ | | i| 、 にヽ/ /::V′      
    〉:::::::\\r'j  |   | >  こ ,イ!>| | .| !ミr┘:::|/:::::::::::'.       その体はとても肉感的だ
  /:::::::::::::::::`|::(_///  ∧ト、┐   rf´:::::| ! V:::!:::|:::|::::::::::::::::::'.      
  |::::::::::::::::::::|::::|`7 / ∧::ヽ::>二彡'::::::人 ヽ V:!:::|:::|::/::::::::::::::i!      
  |::::::::::::::\|:::::|/ / ∧ 二::\:こ/::/=ニ_ヽヽ. ヽ:::!:::|'::/::::::::::::j
  !::::::::::::::::ヽ|:::/ / ,. '′  ` 、__/´ ̄  iト、   V:::::!':::::::::/       何よりも彼女達は性に開放的で
   ` 、:::::::::j/ //´       、 ,       `ヽ! \:V:/ ハ       
      `ー/ //          i             V  Y // /       ちょっとこちらを気に入れば 
       / / .,'          |             Y  V / 4       
     / / / | ,.= 、       /i!        ,.=、 !   V/ ∧      すぐに体を開いてくれる
     / /,イ ∧ '.こノ       ./  ヽ      '.こノ 八  .V / .〉      
     !//| | |::\_      /     \      ,.イ:::::| i  !/ ,ム       
    //| ||  |ヽ|::::::`「 ̄  /  i´  `ヽ ` ー┬´::|::::/| |  レ' 7 }      
    / | | ||  |  |:::::::|   /   !     :   !::|::::rく / | | レ' ,イ       西洋人というだけで
    | | || | ||  |:::::::|  /    :      ;   {::::|::::/ / / / レ' j      
    | ト、! ! | ! ヽ:::::!             '.:::|:/ / / / /レ'く       どんな下っ端水兵にも 
    ! | .ト、ヽ. |ヽ  〉'                  V //// //´ く       
    ヽ | レ'ヽヽト、 V       r'        /〃// //-≦,イ       すぐに女が出来たそうだぞ
     ``ー   rく_ i             ソ. イ_/} /'´/r‐≠久      
         〈ノノ j TTT TT T TT TT j } } _レ' T::「|イ └くく
         ///7-r-'-' ⊥i__i__j_j_⊥- 7´7 j   |::| |:i   `う)







85 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:39:44 ID:1IE/7Zn.






               _____
             / '⌒ヽ  ; '⌒゙\        ─────--    ─-     /ヽヽ  ||  .||
            /        ∪     \              /    ─-   /     ||  ||
          /   /´  `ヽ/´  `ヽ   \          /...         /      ∥ ∥
         /    (    ●ll●    )    \    ヽ /          /.       ∥ ∥
       /      ヽ_   _ノヽ_  _ノ    ; \    \          /         o   o
       |  ;  ''"⌒'(    i    )'⌒"' ∪  | 
       |  ∪      `┬─'^ー┬'′ ∪    |
        \          |/⌒i⌒、|         /
         \ ∪     !、__,!    U  /
         /       、____,,      \
        /                        ヽ
        |  、                 ,   |







86 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:40:18 ID:1IE/7Zn.






      (ヽ三/) ))
       ( i)))
   / ̄ ̄\ \         嘘なんか言うものか
 /   _ノ  \ )
 |    ( >)(<)         クック船長の航海日誌に書いてあったことだ
. |  ///(__人__)
  |     ` ⌒´ノ         やる夫、これでお前も無職童貞から脱出間違いなし
.  |         }
.  ヽ        }          しかも南の島のことだから何のあとくされもない
   ヽ     ノ
⊂ヽ γ    く           俺だって女を抱き放題だぜヒャッホー!!
i !l ノ ノ    |
⊂cノ´|     |







87 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:40:40 ID:1IE/7Zn.






                   またえらく決心が早いな……
      決めたお      \                  / 
      やる夫は         ̄Ⅴ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   
      海軍に入るお     / ̄ ̄\        
       ____      /       \      
      /      \   |        ::::::|      
    ../.  ⌒  ⌒ \  | ∪   ::::::::::| .    (実際問題、女がいたからって
   /   (●) (●)  \|    ::::::::::::::|       
   |     (__人__)    | {    ::::::::::::::|  .     上手くいくとは限らないだろ、常識的に考えて……
   \_    `⌒ ´    / {    ::::::::::::::,r'  .     
   /           |   !、  ::::::::::,r'        少しは疑えよ)
   |  |         | |    ン ::::::::::::゙i        
――┴┴―――――┴┴―-/ ::::::::::::::::|―――――-
              (⌒二 ,.,r'|:::::::::::::::|







88 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:40:58 ID:1IE/7Zn.






     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \       そうと決まれば話は早い
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)      ブライ海尉と面談してもらうから、もし連絡が付くのなら
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃      艦長の叔父さんに話をして今月の末までに
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │      推薦状を書いてもらえ
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /      それを持ってデドフォードの海軍工廠に来ればいいから








     ____
   /      \
  /─    ─  \       分かったお
/ (●)  (●)   \
|    (__人__)      |     海軍工廠でその……「ぺシア号」という船に行けばいいんだお?
\   ⊂ ヽ∩     <
  |  |  '、_ \ /  )
  |  |__\  “  /
  \ ___\_/







89 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:41:16 ID:1IE/7Zn.






        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |                  ああ、言い忘れてたな
     . |:::::::::::     |
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .   海軍籍に編入された時に
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .      名前を変えたんだよ
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..         その船は
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´








      ____
    /_ノ   ヽ_\         ふーん
   /( ●) ( ●)\
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\      じゃあ、今はなんていうんだお?
 |        ̄      |
 \               /







90 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:41:33 ID:1IE/7Zn.






           ___
       ,. -'"´     `¨ー 、
     /          ヾ  ヽ、
    /             };  ヽゝ.
   /      r´   __, ..イ ト┬-、i
   ,'       L._∠,´.!___,.ノ ヾ, ̄ ヽ,
   i                 }    }     ……HMAV 「 B O U N T Y 」だよ……
   |          ヽ ,___,,ノ`ー-'ヽ,
   i                ̄ "'''"´  }
   :                    ./
   i                    ,!
   i                   !
    ',                   {
    i                   !
    .}    !               }
    i     ヽ、          i  ,'
    l      ヽ、         |. /
    /        ヽ..,,____,,..ノノ
  ノ                  {







91 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/01(金) 23:41:53 ID:1IE/7Zn.






    ._
       \ヽ, ,、
        `''|/ノ
         .|
     _   |
     \`ヽ、|
      \, V
         `L,,_
         |ヽ、)  ,、
        /    ヽYノ
       /    r''ヽ、.|
      |     `ー-ヽ|ヮ
      |       `|
      |.        |
      ヽ、      |
        ヽ____ノ
        /_ノ ' ヽ_\
      /(≡)   (≡)\
     /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
     |     |r┬-|     |
     \      `ー'´     /
     /          \
     (  |          |  )
     \|    э    |/
       (    ,,,,    ,ノ
       \  、(U)ノ ノ
         \/  /            次回へ
         /  /\            続く
      ⊂⌒__)__)













今晩は以上です。

まだ始めたばかりということで、至らぬところも多いと思いますが、思い切り指摘してくださって
結構です。
長い連載になりますが、これからよろしくお願いいたします。

















94 :名無しのやる夫だお:2010/01/02(土) 01:18:53 ID:yHTMdpkk



おれもタヒチいってキャッキャウフフしたい


95 :名無しのやる夫だお:2010/01/02(土) 03:27:11 ID:o4k9147Q



乙でした。
面白かったのですが、階級に疎いんで聞きたいことが。

下っ端                     偉い人
水兵→士官候補生→准士官→海尉心得→海尉

という順番でいいのでしょうか?



96 :名無しのやる夫だお:2010/01/02(土) 04:10:42 ID:qnlVaz.U



乙! 面白い題材を扱ってくれてありがとう
位置関係がわからない場合が多いと思うから、地図AAを活用するといいと思うよ
マン島もタヒチも西印度諸島も、場所を知らない人多いと思うし



97 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/02(土) 23:06:14 ID:hMdzgt6s






        ヽ/  ̄ヽ=-
        // ̄ ̄ヾ`ヽ、
      /         ヽ
      ∧ /   - 、     i
     (| /      ヽ   ||)
     /| | /      | |/|ヽ
    //| |リヽ_   ___ リ| | |\
  /  | |   > ̄ < ヽ | | | ヽ
 <___| |_/J ̄し\ | |__ >
 ゝ<  | |______| |_><
     ̄ ヽヽ 、    ∠/
        ̄







           __
        / ̄  ̄`ヽ、_
      /   ,  - 、  \ `   お 立∠
    //  /    ヽ  ヽ_  め 木| |
     | | //    \ | l | | ̄` て" |┬
     (| ソ ●   ● リ从|)   と  ヰ
      | |⊃  ,_,、_, ⊂ | |    っ 日月
      | |ヽ.  i__i  .ノ| |    /  | 十
      | | />ー-<、| |    。   ま
      | |/ヽ、Ⅴ //ヽ| |       し
      .| .|\───-./| .|      て
      /| |  ヽ-  /  | |ヽ
    /./リ   .> <   .リ ヽ\
  /    / J しヽ __.     ヽ
 <__∠二/ヽ、_ ノ\二>__ >
 ゝ<                ><
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄







98 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/02(土) 23:06:37 ID:hMdzgt6s






         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、        まずは第一話を読んでいただいた方にお礼を言うにょろ。
        / /" `ヽ ヽ  \
     //, '/     ヽハ  、 ヽ     本当にありがとうにょろ。
     〃 {_{'´    `ヽリ| l │ i|
     レ!小l●    ● 从 |、i|     これからも地味に続けていきたいにょろ。
      ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
  ./⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !     よろしくれば引き続き読んでいただきたいにょろ。
  \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
    ./:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
   `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |







99 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/02(土) 23:07:00 ID:hMdzgt6s






       , '´ ̄ ̄` ー-、
     /   〃" `ヽ、 \        それではここで第二話に先駆けて、一話を読んでいただいた方から
    / /  ハ/     \ハヘ
    |i │ l |リノ    `ヽ}_}ハ       質問のあった、本作内で用いられている18世紀末の
    |i | 从 ●    ●l小N
    |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ       イングランド海軍の階級/職種を説明するにょろ。
    | i⌒ヽ j  (_.ノ   ノi|__/⌒)
    | ヽ  ヽx>、 __, イl |::::ヽ /    本当はもうしばらく後でゆっくり説明する予定だったにょろが、
    | ∧__,ヘ}::ヘ三|:::::/l| |',:::::ハ
    | ヾ_:::ッリ :::∨:/ | | >'''´     前倒しして説明するにょろ。







100 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/02(土) 23:07:36 ID:hMdzgt6s






          , '´ ̄ ̄` ー-、
        /   〃" `ヽ、 \      まず以下に本作内での階級/職種呼称を
       / /  ハ/     \ハヘ
       |i │ l |リ\    /}_}ハ     現代に用いられているものと対比した表を挙げるにょろ。
        |i | 从 ●    ●l小N
       |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ     将官は現代と変わらないので略したにょろ。
       |  i  ノ、     ノi|
       |  l  x>、 __, イl |      これはあくまでも本作内でのみ通用する訳語にょろよ。
       |  l( ⌒ )..::::V::/ ( ⌒ )






 ・英語呼称              ・本作の訳語           ・現代英海軍での一般的訳語

*Commodore             代将                代将

*Post Captain             海佐艦長             大佐(Captain)

*Commander             准海佐艦長            中佐

*Lieutenant Commander      海尉艦長             少佐

*Lieutenant              海尉                大尉

*Acting lieutenant           海尉心得             (相当する階級なし)

*Midshipman              士官候補生            士官候補生

*Warrant Officer           准士官               准尉

*Petty Officer             下士官               軍曹、伍長

*Able Seaman            上級水兵              二等水兵







101 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/02(土) 23:08:01 ID:hMdzgt6s






      ,-‐ '´ ̄ ̄`- - 、         海尉心得とは、士官候補生がその必要がある際に
     〃   / "  \ ヽ
    /  | ' ノ/`   `ヽ)        艦長から任命を受けて海尉と同様の職務をこなすことにょろ。
    | (l' l  ●   ●リレ
    !  | ⊂⊃    ⊂| |l       海尉心得も士官候補生も士官任用試験に合格しない限り
    |  !  |    、_,、_, イ !i
    l  i  |ヽ __   く ̄" ̄`ヽ    その身分はあくまでも臨時のもので不安定なものにょろよ。
    l  ! l〃 ̄ ̄ ̄)`Y ̄  )
    ノ/ ゝ'((-── '   |  /    ちなみに士官候補生は准士官と同格になるにょろ。
   `' リ/ノ``' !:::|/::ノノ `-,/
                        海尉心得の制度は現代の英海軍には存在しないにょろ。







102 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/02(土) 23:08:33 ID:hMdzgt6s






           _ _
        ,r ' ´   ` ヽ、        またCommodoreが「代将」と呼ばれるのは、
      , '         ヽ,
    /   ,r  ‐ 、      l       将官が不在の小戦隊において指揮を取るために
    l/{ ,孑'   `ヽ}. リト、. |
      |W●   ●レ' レ |       最先任の海佐艦長を将官の代理に任命したからにょろ。
      |ヘ⊃ 、_、_,. ⊂l |  |
     l|. lゝ、.    ,.ィl | l |      これもあくまでも臨時の階級であり、艦長に戻ることもあったにょろ。
      l|. l/ ヾ:l三l:://! .|Y l |
     ||/ミ.l. ヾV//ミ|. トl, l |     海上自衛隊には、護衛隊群司令等に1等海佐が付いた時には
    .|l(__,jー-X-(_.,|/Y.|.ll |
    |! , く:.:./l~::~/l_:.:.:.:j |!. | |     代将旗を掲げる制度があるにょろよ。







103 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/02(土) 23:08:56 ID:hMdzgt6s






         ,. -───- 、        さて、上記の表を見て当然ながら皆さんは疑問を抱いたはずにょろ。
         /'´       `ヽ、    
         シ~ /" `ヽ ヽ `'、 ト、     「なぜ現代と同じ中佐や少佐といった階級呼称を使わないのか?」
      //, '/     ヽハ  、_Vヽ   
      〃 {_{`ヽ   ノ リ| l |、,i|     これにはちゃんとした理由があるにょろ。
      レ!小l●    ● 从 | } i|    
      ヽ|l⊃ r─ォ   ⊂⊃jノ}j|     なぜならば18世紀末のイングランド海軍においては、Commanderや
  r‐‐-、__|ヘ  '、_ノ   /|  ! |    
  { (` /:::::| l>,、 __, イァ_i  ||     Lieutenant Commanderという呼称は配置であり、階級ではなかった
   "ヽ /:::::/| | ヾ:::|三/ / //ァ||   
       ヽ< | |  ヾ∨_:/ // ハ||    からにょろ。







104 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/02(土) 23:09:25 ID:hMdzgt6s






         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
        / /" `ヽ ヽ  \      元々イングランド海軍には士官の呼称はキャプテンとレフテナントの
     //, '/     ヽハ  、 ヽ
     〃 {_{`ヽ   ノ リ| l │ i|     二つしか存在していなかったにょろ。
     レ!小l●    ● 从 |、i|
      ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│    これは中世の海軍草創期には戦争のたびに一般の船を傭船して
  ./⌒ヽ__|ヘ  弋_ノ    j /⌒i !
  \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│    そこに領主と戦士が乗り込むという形だったからにょろ。
    ./:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
   `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |    これが前者がキャプテン、後者がレフテナントという形に変化するにょろ。







105 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/02(土) 23:09:57 ID:hMdzgt6s






         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、        艦長職である"Post Captain"は18世紀末当時二つに
        / /" `ヽ ヽ  \  
     //, '/     ヽハ  、 ヽ      分かれていたにょろ。
     〃 {_{`ヽ     ノリ| l │ i| 
     レ!小l⌒    ⌒ 从 |、i|      すなわち勤務年数を三年で区切り、三年以内の勤務のものは
      ヽ|l⊃ r‐‐v ⊂⊃ |ノ│
  /⌒ヽ__|ヘ  ヽ ノ   j /⌒i !      等級の低い艦で艦長職を勤め、その階級は陸軍中佐相当とされたにょろ。
  \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
    ./:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |     三年以上になると大型艦の艦長を務める資格を得、その階級は
   `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' | 
                        陸軍大佐相当のものになったにょろ。







106 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/02(土) 23:10:24 ID:hMdzgt6s






         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、 
       / /" `ヽ ヽ  \      また、海尉という階級もその職務や勤務年数によって細分化されていたにょろ。
     //, '/     ヽハ  、 ヽ 
     〃 {_{`ヽ   ノ リ| l |、i|     戦列艦のような海尉が複数勤務する艦では、その先任順に
     レ!小l●    ● 从 |ノi|  
        | l⊃ 、_,、_,  ⊂⊃,| |     "First Lieutenant","Second Lieutenant"……というように
     __ | |丶、  __ , 、',ァ' ! |  
   rf´ r弌廴-{f⌒itく. ヾTl7! |     席次を決められたにょろね。
   `^ー'jfぶ!{_「フ癶._   ノ!!|===ュ
    /`^,コト、Y、   ̄ 「| |   |   このうち最先任の"First Lieutenant"は艦の副長として勤務したにょろ。
    }ー‐'´,.||ヘ}t `ー   }_!.|   |
     l   l || }个ーt--ェュ!|.レ'⌒ヽ   これらは一等海尉・二等海尉……という風に訳するにょろ。
     |   | ゙1f⌒`7t==L1 fヘ|
    !   `ー冖t‐' リ     !  ー゙,!
     ヽ.___,ノ  `¨´    `ー‐'′







107 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/02(土) 23:10:47 ID:hMdzgt6s






         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、       17世紀半ばごろから海軍の中で戦列艦(ship of the line)と呼ばれる
        / /" `ヽ ヽ  \
     //, '/     ヽハ  、 ヽ     主力艦に、砲の搭載数によって等級をつけるようになってきたにょろ。
     〃 {_{'´    `ヽリ| l │ i|
     レ!小l●    ● 从 |、i|     このように艦の規模が大きくなっていく中で、等級の低い艦や
      ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
  /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !    等級の付かない艦を指揮する低級の艦長職が自然と発生してきたにょろ。
  \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
    ./:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |    これがコマンダーやレフテナントコマンダーにょろ。
   `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |







108 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/02(土) 23:11:23 ID:hMdzgt6s






         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、       コマンダーは元々"Master and Commander"と呼ばれていたにょろ。
        / /" `ヽ ヽ  \
     //, '/     ヽハ  、 ヽ    "Master"とは前に述べた海軍草創期に一般の船を傭船していたころに
     〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
     レ! ┌●┬ ┬●┐| |、i|    船を指揮していた、いわゆる「船長」だったにょろね。
      ヽ|└─、_,、_,─┘ | |ノ│
  /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !    海軍のシステムが確立する中で、マスターはレフテナントと同格の
  \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
    ./::::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |    准士官で最上級の配置として定着したにょろ。
   `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |
                       一般に「航海長」と呼ばれる役職となるにょろね。







109 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/02(土) 23:11:44 ID:hMdzgt6s






       /^7_
      ,' / /                  戦列艦が登場し、海軍が自前の艦を持つようになっても
      |  //ヘ-‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
       |  /  / /" `ヽ ヽ  \      傭船制度はまだ残っていたにょろ。
   三  |   //, '/     ヽハ  、 ヽ
  / 三 .L 」 ミ{_{`ヽ    ノ リ| l │ i|    こういった船に配置されたレフテナントは、軍船としての運用に
X /   | | .レ!小l●    ● 从 |、i|
 /     | | ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│    不慣れな乗組員に代わってマスターとしての役割も果たしたにょろ。
       /´`'J __|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
. ―   ヽ._人::::| l>,、 __, イァ/  /│   こうして彼等は「マスター・アンド・コマンダー」と呼ばれるようになり、
.  ― ミ ノ ノ:::::/| /ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
   ミ (_/`ヽ< | | /ヾ∨:::/ヾ:::彡' |    やがて中型艦の艦長の職名として定着したにょろ。







110 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/02(土) 23:12:10 ID:hMdzgt6s





        _r‐v‐-、          
      ,r┤_⊥⊥___「下>、       マスター・アンド・コマンダーの役職が定着するにしたがって、
    / y'/" `ヽ ヽヾユ/ヽ      
    //, '/     ヽハ  、 ヽ/」     その名からはマスターが外れ、コマンダーと呼ばれるようになったにょろ。
    〃 {_{       リ| l.│ i|      
    レ!小l'´     `ヽ从 |、i|      こうして遂に1795年にコマンダーは正式な階級になったにょろ。
     ヽ|l ●   ●  | .|ノ│      
     |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j |   |      彼らは左の肩章に誇らしげにコマンダーの階級を示す
     | l>、 __, イァ| |   |      
    ./| |  |\_/| | | ヽ. |      金モールを取り付けるようになったにょろ。
    〈 l l┌|/ \|-l |   〉|







111 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/02(土) 23:12:33 ID:hMdzgt6s






       , '´ ̄ ̄` ー-、         海軍の規模が大きくなり、コマンダーという役職が定着してくると
     /   〃" `ヽ、 \
    / /  ハ/     \ハヘ       自然とコマンダーとレフテナントとの間にも役職が発生してきたにょろ。
    |i │ l |リノ    `ヽ}_}ハ
    |i | 从 ●    ●l小N.      つまりカッターやボムケッチといった沿岸用の小型艦の艦長にょろ。
    |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ
    |i |   j  (_.ノ   ノi|__/⌒)   海尉が小型艦を指揮するということで、いつしかこの役職は
    |i | _ノ >.、 __, イl |::::ヽ/
    | / ヽ:::::ヘ三|:::::/l| |',:::::ハ    "Lieutenant Commander"と呼ばれるようになったにょろ。
    .(⌒ ヾ_ヽ \:::∨:/ | | >'''´







112 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/02(土) 23:12:56 ID:hMdzgt6s






      r ̄`-‐ '´ ̄ ̄< ̄,二ヽ    しかしコマンダーと違って、レフテナントコマンダーは長らく
        シ~ /" `ヽ ヽ `'、//
     //, '/     ヽハ  、_Vヽ    あくまでも海尉の配置の呼称として用いられたにょろ。
     〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
     レ!小l==    == 从 |、i|    つまり、指揮を取った艦から降りればただの海尉でしかなくなるにょろ。
      ヽ|l⊃     ⊂⊃ |ノ│
  ./⌒ヽ_ |ヘ   ¬   /⌒i !      レフテナントコマンダーが正式な階級としてその階級章が設定されたのは
  \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
    ./:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |    なんと1912年にょろよ。
   `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |







113 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/02(土) 23:13:18 ID:hMdzgt6s






    /:::::::::::::::::::__:::::::\
.   /:::::::::i:::イ::/"  ゛ヽ::::ヽ、       以上長々と述べたにょろが、これで単純に「中佐」「少佐」などと
   /::::::i:::::|::.l{_l    _ i:::::::ヽ
   |:::::::|:::::{イ      `l::{::N       訳せない理由がわかったと思うにょろ。
   |:::l´|:::::| ●    ●リレリ
   |:::ヽ|:⊂⊃     ⊂l/:i|       なお、本作の訳は「砲艦ホットスパー」(セシル・スコット・フォレスター)の
   |:::::::|:::::ト _ ーー イ|;;;;;i|
   |:i|::::|::::|>´_l_ ̄/'/ ̄/ ̄/      菊池 光氏の訳を参考にしたにょろ。
   |:i|:i|:|:::N/   ̄ )  /  と)
   |:i|:i|::V|i_}--j-イ__/_/ノ       一般的な海洋冒険小説の訳とは少し違うにょろが勘弁して欲しいにょろ。
   レ|:i|:::|::| ゛イl | // |::::::::::il







114 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/02(土) 23:13:39 ID:hMdzgt6s






        -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
        / /" `ヽ ヽ  \       なお、本作に登場する主役の一人、ブライ艦長は
     //, '/     ヽハ  、 ヽ
     〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|     キャプテンではなくレフテナントコマンダーにょろ。
     レ!小l─    ─ 从 |、i|
      ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│    (海外の資料ではCommanding Lieutenantと呼称している)
  ./⌒ヽ__|ヘ        j /⌒i !
  \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│    いずれにせよ、ただの海尉に過ぎないにょろね。
    ./:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
   `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |    このことについては本編中で述べることになるにょろ。







115 :名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/01/02(土) 23:16:49 ID:hMdzgt6s





           , '´ ̄ ̄` ー-、       
         /   〃" `ヽ、 \      
        / /  ハ/     \ハヘ      第二話を掲載するのはもうちょっと後になるにょろ。
          |i │ l |リノ    `ヽ}_}ハ
.        |i | 从 ●    ●l小N     それではよろしくにょろ。
...       |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ     
...       | i⌒ヽ j  (_.ノ   ノi|__/⌒)  >>96さん、地図は用意するつもりにょろ。
       | ヽ  ヽx>、 __, イl |::::ヽ /
       | ∧__,ヘ}::ヘ三|:::::/l| |',:::::ハ    アドバイスありがとうにょろ。
       | ヾ_:::ッリ :::∨:/ | | >'''´























                                  |  \ \
    /                               |
   /     <ハ>., -- <ハ>             | ヽヽ .|\
  /      ./ l/ r  , ヘ i、      i 、、. | ヽヽ .|\   |  \
 / /    | lノi ノ)ノヽ.)l  ド ド |ヽ   |\  |    |
/ /      | [ii]メ´Д`レ' |
/ /    //⌒    ⌒\          _
       / /    /\__\      //                 というわけで映画にもなった有名な事件
二二二二(_)二二二二二(  )二二二二_二二コ              「バウンティ号の叛乱」の開幕です
       | /    / |  \/
       |/     \  |  |
       /  / \ \|  |
―    /  ん、  \ \/
――  (__ (   >  )
⌒ヽ   ’ ・`し' / /
  人, ’ ’, ( ̄ /
Y⌒ヽ)⌒ヽ、 )  |
         \_つ







              /:::::::::::\
            /:::::::::::::::::::::::ヽ
            |::::::::::::::::::::::::::::::|                海は男の浪漫だろ
            |      (__人)
            |::::::::::::::::::::::::::::ノ                常識的に考えて
                ヽ:::::::::::::::::::::ノ
             /.:.:::::::::::::::/
           _,r'゙.:.:::::::::::::.:.:.\
       ,.-‐'´.:.::::::::::::::::::::::::::::.:..`ヽ、
      /.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.\
_ __ __l.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.ヽ_ ____ ___ ____ _
_ _ _ /.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
_ ‐ _ ‐/.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|_ ‐ _ ‐ _ ‐ _ ‐ _ ‐ _ ‐ _ ‐
-_-_-/.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.L-_-_- -_-_- -_-_- -_-_-
ニ ニ. l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.ヽ ニ ニ ニ ニ ニ ニ ニ ニ ニ
二三l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.`ヽ三 二三 二 三
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
三二三 二 三二i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::「三二三 二 三二三二三
二三二三二三ニ|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\三二三 二 三二三二






         _ , -―-、
    , 'ニニニ、::::(0::::::::::ヽ、
      ̄ ̄ヽ':::::::::::::::  ヾ
         ):::  ....   \
        /    ::::::::::::::::::ヽ
        /      ::::::::::::::::::|
       /       :::::::::::::::::::|
      / ̄ ̄ ̄\ ::::::::::::::::::::::::::|                 イスラム海賊の生き様を描いた
     ─   ─  \::::::::::::::::::::::::|
    (●)  ( ●)   \:::::::::::::::::::|
    | (_人__)      | :::::::::::::::::::|                  やる夫が赤髭の海賊王になるようです
    \` ⌒´     //::::::::::::::/::::|
      | ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ /:::::::::::::::/:::::|                こちらもよろしくだお
      .|  ||      /:::::::::::::/::::::::|
      |  ||      |:::::::::::::/::::::::/
       | .||     |::::::::::::/::::::::/
       | ||     |:::::::::/::::::::/
       | ||     |::::::::{::::::::/
        | ~      .ヽ::::|:::::::/
        |       .ヽノ::::/
        λ        :::|
        ヽ        ::::|
          ト、_  |    ::::::ヽ、
         |   |~7  ::::::::::::::`ヽ、
       -‐W~フ {  ト、:::::::::::::::::::ヽ、
      z__,―' ̄Σ Z  ̄ヽ―-、_ノ
          '―z_,┴'~
         泳ぐ管理人




                                           次回もお楽しみに!!









関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加




[ 1256 ]

これまた面白そうな。
続きに大変期待です。
[ 2010/01/07 02:20 ] [ 編集 ]

[ 1377 ]

階級はフォレスター氏のホーンブロワー・シリーズから、か
作者はなかなか粋な人だな
[ 2010/01/17 17:52 ] [ 編集 ]

[ 1378 ]

ホーンブロワーの訳なら寧ろ一般的なものだろ
[ 2010/01/17 19:03 ] [ 編集 ]

[ 1438 ]

レフテナントってLieutenantのこと? あれっfもないのに。
ドラマやニュースで何十回も聞いたことあるけど、ルーテナントという発音だったし・・・
(軍隊以外に警察でも使う。例えばだが、コロンボがLieutenant なのでドラマやニュースで頻繁に耳にする)

そう思って辞書を調べたら、英式の発音だとレフテナントなのな。勉強になった。
[ 2010/01/23 22:59 ] [ 編集 ]

[ 1622 ]

セシル・スコット・フォレスターが出てきて俺歓喜w

誰かやる夫が海の勇者になる話やらないかな。
[ 2010/02/01 22:22 ] [ 編集 ]

[ 22553 ]

今夜フジ系のアンビリバボーで、バウンティ号の叛乱を取り上げますね。

#当スレ本編完結から8ヶ月近く(番外編完結だと2ヶ月半余り)たった、このタイミングで放送って事は逆算して…って、まさか、ねぇw
[ 2011/09/01 08:34 ] [ 編集 ]

[ 22565 ]

取材に3年かかったって、まさか作者って取材クルーでお蔵入りしそうだったから書いたんじゃないよね?ww
[ 2011/09/01 20:55 ] [ 編集 ]

[ 22572 ]

番組みて無性にピトケアンについて調べたくなりここにたどり着きますた

ちょっくら金ためてピトケアンに行ってくる。

いまはMangarevaから船で2日程で行けるようだし。
[ 2011/09/02 10:09 ] [ 編集 ]

[ 40484 ]

>>54
狡兎死して「走狗」煮らる だよな
まあ、みんなわかってるんだろうけど
[ 2012/07/25 04:22 ] [ 編集 ]

[ 42296 ]

作者、ハイレディンの人だったのか
向こうも面白かった
[ 2012/08/28 00:02 ] [ 編集 ]

[ 42353 ]

※42296
酉検索すれば分かるけどハイレディンの人とは別人だべ。
[ 2012/08/29 00:17 ] [ 編集 ]

[ 91008 ] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2018/03/24 14:54 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oyoguyaruo.blog72.fc2.com/tb.php/1286-ba500c8d


アクセスランキング アクセスランキング アクセスランキング