ブログパーツ 泳ぐやる夫シアター 2014年01月


















彼らが仮面ライダーをつくったようです 第1話 泣き虫プロデューサー 前編






                                _
                               l´彡゙゙゙¬
                              弋ヘ-__//\
                               \  `ー彡`ー 、
                                 /   ゙゙ートノ
                  │ /__           /     〃
                / 勺/  ヽ        /    ┌´-ヽ
                イ⌒,| イ⌒ヽ |       〈    ∥lゝ  /    __....._ヽ
                |ゝノ|p|ゝ ノ.⊿_   __ノ:;^\_ソ:;:;:;ヘト―´    /    ヾx´
                .ヘ\M/ヽ ∥i:;:;:'''彡'/:;:;:;:;:;:;ン":;:;/  __ヘィ/  /⌒゙イ/ヽ
             广'ー-lヽ丨ン广゙゙ヘ:;:;:;:;:;∥:;:;:;:;:;:;/  ̄   /:;:;:;:;廴|_ 弋__ノ/´マ
           !ー='^ ___a.._ノ´   ノ:;:;:;:;∥:;:;:;:;:;:;d´    /:;:;:;,:;:;:;/~~ヽミヽヘヘZ_ノ   _
   __        ゙―‐"/ ./廴__,,,,,,ノヘ_:;:;:;∥:;:;:;:;:;:;:;l〕   /:;:;:;:;_ノ:;:;/   `\ヽ//  ソ三ヽ
  |~~什ヘ       _/廴l ト____,ノ!:;:;;:∥:;:;:;:;:;:;:;∥ .| ̄ ̄∥:;:;/   __|  ̄|    l!  /
 └ノ  ~~─=__,,,,ノ´:;:;:;:;||__人___丿:∥:;:;:;:;:;:;:;∥ ..|  ∥:;:;/ ヽ/:;:;:;:;:;:;:;:; ̄ヽ/´ 〈´
    ̄\   ノ:;:;:;:;:;:;:;-彳 广' /´》/:;:|:;:;:;:;:;:;:;:;.;|  ∟ ヽ+llニコ/:;:;:;:;:;ノ^:;:;:;:;:;|_ /
      \ ul:;:;:;:;:;:;:;/  `\∥∟彳:;:;:;::|:;:;:;:;:;:;:;:;:;|  ∥  ヘ广´:;:;:;:;:;:;:;:;:;|:;:;:;:;:;:;:;│:;:;:;/
       .´  ̄ ̄ ̄      ∟/:;:;:;:;:;〃:;:;:;:;:;:;:;:;:;/ / ヘ,,〆:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|/´^ヽ彳:;:;/
                    `彳:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/ 彳:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ノ'  |    l广┘
                     ト:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;│  \:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;へ_ヽ   |_
                    /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ノ´   ∟:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;》   |l:;:;:;ヽ
                   /:;:;:;:;:;:;:;,ノ‐"´ _,,/ヘ  \:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;∥   ゙ヘ:;:;:;〉
                  /:;:;:;:;:;:;:;:;/ ___ノ'"  ヽ/    ー―,,──-彳______ ゙̄ヽ
                 /:;:;:;:;:;:;:;/宀'' ゙゙̄ 彳/  !             ノ⌒ ̄\/ ̄´
                |:;:;:;:;:;:;:;:;:;│    _ム__ノ          /     /
                 ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;コ_n+'"             /´   /
                 ` ̄ ̄ ̄ ̄                1  ̄    ̄'ー 、
                                         ゙ーlヽ_ ∥∥/
                                             ̄ ̄

・小田克己・村枝賢一「仮面ライダーをつくった男たち」を原作としたスレです
・この物語は、事実を元に再構成したものです





スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

【WoT】金糸雀が戦車ゲーを始めたようです 第10・5回 MODのお話







       / ̄ ̄\    一昨日は20戦18勝…
     /   _ノ/ \    
     |    (照)(●)   昨日は勝率30%か……
     |  /  (__人__)   
     |/       ノ    ムラありすぎだろ…
     |          }    常識的に考えて……
     \       /   
     /       \     ________
___/           \   .//               /
| | /    ,           ヽ //               /
| | /   ./  コロコロッ        //              /
| | | ⌒ ーnnn . _____//_,_,______,_,_/
 ̄ \__、("二) .`――――-((」II.IIニニニニニニエ!






このエントリーをはてなブックマークに追加

【WoT】金糸雀が戦車ゲーを始めたようです 第10回 タンク・デストロイヤー 後編





┌────────────┐
│ 前回までのあらすじ。   ..│
└────────────┘

              __
            / / ヽ\
             |(嫌)(○)|  すっかり負けが込んでしまい
            |ヽ(_人_)' |  やる気の無くなった
               | ソ`⌒´ |   やらない夫。
             i      |
     _______ヽ ー' /______
    |______ )ι ( ______|
    |_______ / .  . ヽ ________.|
    |_______ i iミ夫彳| ______|
    |_______ ヽ⊇⊆-' ________|
  l二二二二二二二二| l⌒i |二二二二二二二l
   | | |_|        U  U      |_| | |
   |._.|                          |._.|






                     __rくき心、__
                      /:.::.ゞニ=彡':.::`ヽ
                     /:,:.,.:,≠====、:.:.:.:、
                  / :.:/// ,    ヽ 、ヽ.:.:.:、
                   /.:.:/.イ', / l   l :} l } ヽ:}}
.                  /{_:/_ノ「レ7大ヽ. 十士大7j:}::.》  
              , }:}レ' /,灯さヽ ノ灯さ刈 |:K{   偶然居合わせた水銀燈が
               , 〈/}   {{ ´¨`   ´¨` / |:ト、}   ピンチヒッターとして
                /   !:| :{ ゞ=ァ 、 ′,. ∠ イ|:|:    ヘッツァーを駆る!
.              /   |:{ 个=イ    ̄   厶イ}|:|
           /  / ̄ ̄`ヽ\`ー‐ 个=孑刋|
.          /  厶==ミ、  } Y ̄`ヽ / / :|:ト、
.            /   {__{銀}___}}  | {.: : :.{狄}=ミ、|:} )
          /    j!__×__.〃 ハ ヽ:_,イ彡'ゞ: }}リ|
.        /  / ト、_彡' /::::}::.. } j: : (〈:.《 {:!
       /  /   !:::: ̄ ̄:::::::::人:}ノ、L_:〉ヽ}=ミ、
..        /  /   ト、:::::::::::::::/|: \:: \: : : : ヽ: :.:.ヽ
.      /  /   : \ : / :.:.:    \:: \: : : :}: : :.::}
     /  /    〉: : :Y : : : :.:|    /\::::\.:ノ_:,::::,'
.    /  /    / ヽ: : :|: : : : :.:|   /  .\::::〉__ン
.   /  /   / _ノ}: :.:|: : : : : :|:/     /:/_/〉
... /  /   . イ:::: {  |: : |: : : : :.::|   ::::.. /::.イ: :/
     ,  ´} |:::::::|  |:.::.|:: : :.:.:. .|    / /: :|: :{ |






このエントリーをはてなブックマークに追加

【WoT】金糸雀が戦車ゲーを始めたようです 第10回 タンク・デストロイヤー 中編






前回までのあらすじ。



     ____
   /      \
  /  ─   ─\   やる夫の駆逐を使って
/    (●)  (●) \  具体的に説明してくれないかお?
|       (__人__)    |  
/     ∩ノ ⊃  /   マーダー2と、ヘッツァーと、 
(  \ / _ノ |  |    III号突撃砲と。
.\ “  /__|  |
  \ /___ /





このエントリーをはてなブックマークに追加

【WoT】金糸雀が戦車ゲーを始めたようです 第10回 タンク・デストロイヤー 前編 






┏━────────┓
│ ある日の戦場  ......│
┗─────────┛


              ____                     _
            /      \              | ̄)  / i  l\  /|
          /        \  フォイアーッ!    |-く  /_|  | \/ |
ヾ       /           \            |_) /  |  |     |
 ,,)      |              |                          
 リ       r'"´          /_____                 /|      /  
 '"⌒ヾ ⌒ `ヽ'  ,、_,,.== ,,====、 ̄\    \                 /|,r'!、/         
    {巛,.、.゙、 ゙、 /l {巛巛}___::|    |     \`ー-─────────、      > 
  ヾバ           ̄ ̄/   _l二,,l _,l,|,,,,,,,  」L彡,-────────´       <  
ヾ ヾゞヾヾヾ ヾヾバ ', ── |/ o ̄ ̄/,---―┴―──- ̄、ヽ          \.  |`゙i,r' \.
ヾゞ ヾヾヾヾバヾジヾ/___l  /三三/⌒ヽ  0  0  0γ ⌒ヽ             \ミ
  ヽヾ ヾ,、ヾー、;;;; ;.,(oノ {三三{ ※ i },       {i i} ※ i
;ヾヾゞ彡 バ ゞヾ  バ:. ;::::   マ弌‐、  ソ (0(0,(0(0(0(0) ヽ__,ノ
:ヾ.:バ ヾジ:;;;;;;;`/;:;:;:ll;;、.,¨~ `¨~^¨~^¨~^¨~^¨~^¨~^¨~^¨~^¨~´






このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫がウヰスキーを造るようです 第二十話 宮城峡蒸溜所







                 __
              / -―‐- 、:丶
             〃´      \:ヽ
             {{ __       }.::}
       _, - ―‐‐┤ \ー‐――'<
      /.::_/.::.::.::.::|.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::\
______//_/____::/|.::{.::.::.::.::.::.::.::.::.ヽ::.::ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ~|lll|'.::|.::|.::.::.:|.::.::.::.::.::.::.l.::.::. ',
_             |lll「.::j.::l::.::.::l\⌒.::.::.::|.::.::.::l
│            |lll|::ハ.l:.::.:: |  ヽ.::.::.: |.::.::.::|
│            |lll|  ',.::.::.│  \.::.|.::.::. |       サントリーがギルビーブランドを所有するビーム社を
│            |lll|三 ヽ ::.:|三三7:ヽ|.::.::.`ヽ
│            |lll|"    \| ""・l.::.::|⌒l:ド、l      1兆6500億円で買収したそうですが……
│            |lll|、 ‘ー'ー'     j.::.::|-イ.:|
│            |lll|:l>ー‐rーt< リ .::|.: l :|
│            |lll|:|_j;斗<_,>/.:: /! ::.: |
│            |lll|:| >、 __/.:: / ヽ.::. |
├‐tュ‐‐┬‐tュ――|lll|:| /     /.:: /   i.::.|
│ ∥  ∥ ll    |lll|:V      ,'.::.:/   .|.::.|
│ ∥  ∥ |!____ |lll|.::ヽ    i/.:/l    |.::.|
_j ̄|! ̄`|! ̄|! /  ̄ l\{     Ⅳ /    |.::.|





      _____,|ヽ、_____
      λ,.   |     ゛`ヽ、
    ,ィ´"   ,メ}   i、  、  `ヽ、
  /      ,.ィ"|   j:|: i `ヽ.   ハ.
. / ,イ´  -‐チ|:|  〉  .| |: |ヘ‐- ヽ   }
 |メ 7 / ,∨ リ λ 〈. レ'  V、  ヽ (.      儲かってて羨ましい限りですね(白目)
  メ .|  メ,ィチ弌  `ヽ| チラ心、Vヽ )::〉
  |  |  .ハ|   {  }‐{  }  |ハ|: .|" .:{
  `ヽ|ヘ|:.:ゝ`二 ノ  ゝ 二´ノ |:. j: ::リ
     λ:.:j、   ┌─┐   ,ィ´|メ:{: :(.
    ノ :|: .:|:::`>┴─┴<´:::|::;j:: .|: :ハ
 γ´ ::ノ: :メ:,r'  マ‐-‐‐/ `ヽ:メ: :j: : 人
 ((ク :;ノ ノ;/    ヘ  /   ノ ::λ:: .j))
  ノ :;∨::/ミミヽ、  ∨  r'", :;ノ彡X:: 丿                        <この話題終了>






このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫で学ぶ鉄道模型 第34話 路線バスとバスコレのお話その1






              ┏┓                                            ┏┓
              ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
              ┏╋────────────────────────────╋┓
              ┃|                                            |┃
              ┃|        や る 夫 で 学 ぶ 鉄 道 模 型            .|┃
              ┃|                                            |┃
              ┃|       第34話 路線バスとバスコレのお話その1        .|┃
              ┃|                                            |┃
              ┗╋────────────────────────────╋┛
              ┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
              ┗┛                                            ┗┛



                      馬車からゲタまで?お客を乗せて、今日も行く

                                   路線バス

                  ____________
  __________/____/         \_________________
 ┏┳━━━━━━┳┓| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ___________________.|
 ┃┃ 三途の川行 ┃┃|___...┏━━┳━━┳━┓/_______┏━━┳━━┳━━┳━┓  |
 ┣┻━━┯━━━┻┫|| ̄|| ̄|| ┃三途┃    ┃  ┃|| || || || ||┃    ┃    ┃    ┃  ┃  |
 ┃. ∧∧ .|        ┃||  ||  || ┃    ┣━━╋━┫|| || || || ||┣━━╋━━╋━━╋━┫目|
 ┃ (゚Д゚,,)...|        ┃||  ||  || ┃ ̄ ̄┃    ┃  ┃|| || || || ||┃    ┃    ┃    ┃  ┃目|
 ┃⊆⊇⊂..|        ┃||  ||  || ┗━━┻━━┻━┛|| || || || ||┗━━┻━━┻━━┻━┛  |
 ┣━━━◇━━━━┫||  ||  |||入口| ̄ ̄ ̄ ̄.. .  .|| || || || ||出口|  都  営  バ  ス.  .|
 [|□| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  [] ||  ||  ||  ̄ ̄   ロ        || || || || ||  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |_|______|__|..||  ||  ||_,/⌒ ヽ_________.|| || || || ||/   /⌒ ヽ..          |
  |ロロロ|┌―┐.|ロロロ .|||  ||  ||_|  ∴  |___________|| || || || ||___|  ∴  |────── .|
  | ̄ ̄...└―┘  ̄ ̄ ̄_|||___||_||_|  ∵  |         .|| || || || ||___|  ∵  |         |二〕
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゞゝ ̄ノ ̄  ̄ ̄ ゞゝ___ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゞゝ_ノ  ゞゝ___ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              ̄





このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫で学ぶ鉄道模型 第32話 やる夫で学ぶストラクチャービルド その2






              ┏┓                                            ┏┓
              ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
              ┏╋────────────────────────────╋┓
              ┃|                                            |┃
              ┃|        や る 夫 で 学 ぶ 鉄 道 模 型            .|┃
              ┃|                                            |┃
              ┃|      第32話 やる夫で学ぶストラクチャービルド その2       |┃
              ┃|                                            |┃
              ┗╋────────────────────────────╋┛
              ┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
              ┗┛                                            ┗┛


━━━━━━やらない夫のマンション
                                       __________
.              ________________|__________|
              l________________|             /
       ____.\  ________________|  ̄ ̄ ̄ |__,/
         |_____.\|           _             _    |     :|   |
       \   ____|    | ̄ ̄ | |l0l|    | ̄ ̄ | |l0ll   |     :|   |
           \|    .:|    |     | | ̄|    |     | | ̄l   |     :|   |     _
             | :l´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄\    |   |______,| |_
.         l´ ̄ ̄ ̄|                            |.        \  .|   l── ‐| l,l,l,}_ ___ _
.         |     |________________,|___     \|   | _,,[ll| |lll]── ─‐─
_____,l____,`丶、┌─────────────.`ー─\      ̄ ̄ ̄|   :| |i
:::::::::::::::::::::::::`丶、┌──‐::|          _             _   :|  \       |   :| |
\::::::::::::::::::::::::::::::::|     :|     | ̄ ̄ | |l0l|    | ̄ ̄ | |l0ll   |:    \_____|   :| ┛
  l\______,|     :|     |     | | ̄|    |     | | ̄l   |     :|──‐ '   | |
  |          |  l´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄\    |   |    | ┛
  |:  | ̄ l´ ̄ ̄ ̄:|                       |.        \  .|   |    | |
\|:  |_ |     :l________________,|___     \|   |    | |,,r''"゛''"'' - ,,_,,r''
:::::::\   |_____,` ̄ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄. ̄ ̄ ̄\      ̄ ̄ ̄|_r'""| |
::::: ::::::\_` ̄ ̄l ̄ ̄ ̄:|     | ̄ ̄ |. _     | ̄ ̄ |. _    :|  \       |   :| |
:::::::::::::::: :::::::::::::::::::l      :|     |     | |l0l|    |     | |l0l|   :|:    \     .|   :| |
\____   :l      :|     |     | | ̄|    |     | | ̄|   :|      |      :|______ ___
  |       l´ ̄ ̄ ̄l´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄\  ..| l ̄ ̄l :| ̄ヽ ̄ ̄ ̄`ヽ ̄`ヽ
  |       |     |                       l      \ | l__l :|  ̄ヽ、 ̄ ̄ ̄`ヽ ̄\
.        |     |                       |          | l|      :|⌒ヽ.  l二>≡≡<コ ̄<コ









このエントリーをはてなブックマークに追加

カリブの海と海賊たちのはなし 第三話 「女海賊アンとメアリーのはなし」 その5







./        i      iト 、 _i .l`.iー-i.,,_l_i       i | ||   |           i,レi i.,i'ハ      .ミ i  i     i
'         i     .i!_  i`ーl.+- ,i,__l  i        .i..|_|.|___.|         i.i,.i.'i (_)"'' 、_  ミ i .i      .i__,,,,
         i     .fl   ̄i`ー li、__.i  l ̄i        i!| |.l  .|            i'i i_,i'ii ,.i   `'''ミ'i'''''i'''''''"""i
            i   .,( )`''' i、_i!_i ̄i`ーi          .i| | |. .|          i'i i ,ii'i i     ミ i i    i
.            i  ./i!fー- i、_.il  i ̄i`'''i          .| | |. .|           .i,i'.i i_,i,r'i!     .ミ i .i   i
 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ -i          .| | |. .|           i,i-i!i i,r'i!    ミ i i   i
 |  ふ~ん、ってことは……     |...i           |,jト|. .|          i_i_i!.t.'i .i!    ミ i i  i
  乂_____________ノ.゙,i         |{{ }  .|_  _     _.i ii_i,,i-i''"i!、_  .ミ i i  i
         /  i`''iー-‐iー-.lー-.i!、_.i、__,i     __,,.. -‐''"|.W.iii..|_` // / ̄ ̄ ̄ .i.ii i .i .i .i!   ̄ ミ'i i i
.          /  .ト.i._i_, i、_,i、_i|__,i、__,,i-‐''"´     |.| El.||| .i.|ヽ/ /         i!'i i .i .i! i!    ミ(()i
       ,.'  __i!__i.i__i!   .i!  .i!;r''i!'"_i!         |.| ハ ||| ||'/`/ .ェェ(ヽ   i=ll+∩'ll''''ll'    .ミ Y
.      ,r', 、 , ハ  .i_ , ハ ̄.lニ!~ハfl_fl___fl__fl_fl_fl_______―-- .i,ノ_/⊃{.i!i!|{ヽ   ,,ミ'l
     / ,ft===-.,r||-‐TT ,r'T ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄| |  ̄ ̄ ̄ | | ̄ ̄ ̄ ̄| | ll_l.l |,f^t.l_!i! }巛.ll},,-‐' .ミl、
.___/ /.||_`_' ,r' .|| ==l.,r'==|================================== ll  ̄  ̄.l .`lセ\`、i|___ミ'l____
 / /} l.||-.,r'{/lj.||ー,r'.} .| |l-‐''''''"=| |======| l=======.| |====i   | |- 、 ‐- 、 .l  |ミミ ミ   |ミl
'´ //.}{ .j ,r' }{_,,,,|| ,r' .}{ ,l⊥___|_|___|_|_____|_|____|_||  .ヽ|| .ノ  |lll l`、 i`、   .|ミ.、
../}./ {}/.,r'{ー.H―.,r'i―H 、ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ||ニニニ||ニ{   l { i.`,l `、EE|.ミ->
" {} /,r' .}{.―l l ,r' .}{-/|.|/ |,r―― 、――――――――‐,r ―― 、,、  ||__|| .i!   lーゝ,/{ i i}  |.lミ
三三三三三三三三ニ=- '  ||||||||||||||||             |||||||||||||||l .l .|| ̄ ̄||  .i!   iゝ ,,``、_}  .||.ミ
三三三三三三三三三三三ニ=- |||||||||              |||||||||||||||ト.| .|=====|   .i!  .i!〉シ⊃、`] .|!.ミミ
圭三三三三三三三三三三三三ニ |||||              ||||||||||||||||| .||__||   i!   i!)-‐ゝ、  .i! ミミ
圭圭圭圭三三三三三三三三三三ニ |。               ||||||||||||||||| .|| ̄ ̄||    i!    i!       | ミミ
圭圭圭圭圭三三三三三三三三三三ニ             ゚||||||||||||lllll.゚| .|=====|    i!    i!     .| ミミ,
圭圭圭圭圭圭三三三三三三三三三三ミ          |||||lllll   c| .||__||    i!   i!    |! /ミ.__
圭圭圭圭圭圭圭三三三三三三三三三ニ_          |lll     |.| .|| ̄ ̄||    .i!   .i!   .||/l .ミ .`i
圭圭圭圭圭圭圭圭三三三三三三三三三   ̄    ― == ―- !| .|=====|     .i    .i!  |.|,l l ミ  .i、
圭圭圭圭圭圭圭圭圭三三三三三三三三               `' .||__||     i     .i! |§|.| ミ  .lミ
圭圭圭圭圭圭圭圭圭三三三三三三三三                     || ̄ ̄||       .l     i!| | ミll .ミ  .lミ
圭圭圭圭圭圭圭圭圭三三三三三三三三                             l      i!C.ミl  ミ  .lミ
圭圭圭圭圭圭圭圭圭三三三三三三三三                           l      i! ミl .ミ






このエントリーをはてなブックマークに追加

【WoT】金糸雀が戦車ゲーを始めたようです 第9回 拡張パーツでパワーアップの巻 






              .  -‐===xv'⌒\ー- ..
       ,. : ´. '"¨¨ア冖‐-{: :.\: :\:. :. :. `丶、
      /: /   / . : ;. -‐;: : : :.\: :\:. :.\:. \
      ,:'゙: /   / . : /.: .: : ', : : : : : :、 : \:. :.\: `:、
    /. :/   /. : : ,:'゙: : /: : ,:.::,: : : : :i:. :\:`ヾ_:. :. :.,_:. ':,
    ,: : ,′ ,:'゙. : : : :/:i: : /: : /,:'´゙, : : : {::. : : ;>jゝ'‐く,>┴く>,_
    {: :{ ,:′:.:: : :/: :i: /: : //:/:゙:,: : : {::. : :{[i′ _,xーォ、、 マ,}
   ':,: :V:/: : i:: : : : :j/: : //.: : : : ;ハ,:. :.',:、:伝  {{,f包)`} i_,}
     `//: : : |:: : : : ; : : :′/: : ,:'゙  ゙;:.、:.':,`<公、ゝ夊ソノ)、仄i
      //{:.:. : :|::. : : :i: l: i: : : : /    `:,(\:, `<心}ー≠くニ'く′    ねぇ、やらない夫。
      {( :,::.:. :|::: : : :|/|: |: : : 厶-- 、  `  ,>'"¨゙ヽ|ニ{トrくヽニ\
      ',::.:.、::. :. :. .::|:∧ア´,. -=ミ    ィ灯ミk.|ニV^´:ハニニノ    この前、変な双眼鏡みたいなの
        ゙:,::.:.\:. :.v'|:l: :{ く「_}.::j::{       l_}:j;ソ ,lニニゝ,:゙  ̄     使ってたわよね。
          `、::.:.:\{ |ハ.: :.、弋zツ      ~´ /.:厶イ\        
        }ト、::.:. :.`ト ',:.、:\__          ,:仁¨`{、\:`、     
          >:、:_;{``ト、:\(⌒  ( ノ ._イ{´: : ``ヾi:,_,)ノ
          {:_:,/: : :``ヽ、}≧=ーr<{: : : ̄``丶、ノ´
         __{ ̄``丶、:.\:.ヽ}'ニ}{≫x}ヽ:_:_:_:_:_:.:.:}\
        √``、: `、: : : ``ヾ:.:V-「V二ヽ}>:'" ̄``/´ ̄`ヽ__
          ,′/ 廴:_;,: -‐==、ノニil:::.Vニ/{: :,: -‐‐-/{/ ̄   マ }、
       / / . . :r'´:_,: :-‐</二l|:::::|二|:{: {.:_;,. -z{ {/⌒   Vハ
          {    . : {_;/´{:[フ.:,ノニニリ:::::|二|:`~}j_}:_:_:.}ゝ{/~ r- 、}| `、
         ハ    . : ,.:'"~ ̄`メミト-'゙{:((): ̄::::::::}{: : : :`ヽjゝユ |   `  }
      / ゝ、  . { :{: :_:_: : : ::}i:::::',:::::::/::::::::_},ゞ=「 ̄´ ,:'゙{__,!  j,/j





このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫達は戦後の裏舞台を戦い抜くようです 第二部 第10話 憂国






             昭和36年(1961年) 9月上旬

                  大田区南馬込



                       f⌒i
                            |冂|
                        / ̄ \
                          |二二二|
                          |rt /ト、i|
                 冂       || | {| | |i|
.                r' |      γ'⌒ヽ!_!i|   r「|
.              _|  |____f´ (Ω) :Ⅵ___|:|:|___
           /:.:.:.|  |: : : : :/        ∨: : :|__|: : : :\
           /: : : : :. ̄: : : :.:/  Y⌒Y  ∨: : : : : : : : :.:.\
.      r‐‐/: : :.r‐‐、:.: : : : : /   |TlT|    ∨: : : : : :r‐‐、: :.\
.      |/: : : : : |i円i| : : : : /   ,.-┼ti┼-、  ∨: : : : :.|i円i|: :.: :.:\
..     /.: : :.: : :.: :|i凵i|: : : : :|  /{}|{i}| {i} |{i}{}ヽ |:.: : : : :.|i凵i|: : : : : :.:\
.  /二二二二二二二二二二レ'´  ̄ ̄ `ヽjニ二二二二二二二二二\
   |    __   ___     /  ̄ \     ___   __   |
   |   |  |  |  |  |  |      |≧_⌒_≦|     |  |  |  |  |  |   |
   |   | ̄| ̄|  | ̄| ̄|      |XYXXYX|     | ̄| ̄|  | ̄| ̄|   |
   |   |  |  |  |  |  |    r{二二二二}ト、   |  |  |  |  |  |   |
   |   |「「|「「|  |「「|「「|    |i|{i}|{i}|{i}|{i}|{i}|i|    |「「|「「|  |「「|「「|   |
   |   |二|二|  |二|二|   /≦ニ二二ニ≧\  |二|二|  |二|二|   |
   |     ̄ ̄    ̄ ̄   /   ,. -―- 、     ‘,  ̄ ̄    ̄ ̄   |
   | 匚匚匚匚匚匚匚匚 ,′ /  __  ‘,      匚匚匚匚匚匚匚 |
   |  γ'⌒ヽ   Y⌒Y     ,′/ r‐、\ :.   | γ'⌒ヽ   Y⌒Y :|
   |   | ̄| ̄|  |「_」| |  |  |┬l┬l┬| |    |  | ̄| ̄|  |「_」|  |
   |   |―|―|  |「_」| |  |  |::|::| | |::|::| |    |  |―|―|  |「_」|  |
   |   |_|_|  |「_」| |  |  |::|::| | |::|::| |    |  |_|_|  |「_」|  |
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ




このエントリーをはてなブックマークに追加

やらない夫が南北戦争を戦いぬくようです 第19回 【東部戦域】 激闘アンティータム








                               ANTIETAM
                          The Civil War's Bloodiest Day
        ┌────────────────────────────────────┐
        │、                                                          │
        │/゙''-、_                 (;;⌒) , ' ;;、                   彡ミ         │
        │::」 ,;l'ヽ、       ( ;;)     ( ´;, ;' `) ( ;;)  ( :;)          彡ミ彡ミミ      │
        │ :.l'"::,:」.:ト、,,_       (´;;) (⌒ ;':;  ヽ);; ⌒;:`) ;';   ( ;;)          彡ミll彡ミ      │
        │―――---'ニ......,,,,,,__  (´ ,:; '; ⌒);':,. `) ヽ)__,,,,,,,,........-----―――ll         │
        │三三三三二二二二―.  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ―二二二二三三三三三三         │
        │二三二三三三二二二二―――     ―――二二二二三三三三三三二三        │
        │                                                      │
        │                                                      │
        │                                ,ィ!´ ̄``i''ー─- 、、、,,_         │
        │  イ三二二ニニニゞ                    ( j〉    」´ ̄ ̄``ー-、ヽ    ., │
        │               ... ,...               ``ー─'"´  ̄ ̄ ̄ ̄           │
        │         ,ィゞ          .,.:,..:..                             │
        │             ー====-                         ー====-  │
        │  ... ,...                       .,.:,..:..                         │
        │          _,  -─‐- 、ー‐-、ー-、  ;: ;:;: :;:;: ; ;           ,ィゞ           │
        │        ,イ、,r'⌒ヾ    ヽ ヾ ``''ー- -、-‐''"´ヽ;;: :;:; ;:; :;:;  ;:  .           .,  │
        │       ,r/  (::;;:;:;;/ー-、  j  `,   _ /ィ´  ;:; :; ;:; : ;:               ,  │
        │       ヽ 「i''ー'"´   ,r-‐'ー''''"´ ̄                               │
        └────────────────────────────────────┘

               ────────────────────────────

                       やらない夫が南北戦争を戦いぬくようです

                       第19回 【東部戦域】 激闘アンティータム

               ────────────────────────────






このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫で学ぶ忍術のひみつ。 その4







                ___
      ,.、.         /::::::::::::::::::`ヽ
     く/\    /:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      \□\ 〈:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
        \□\|:::i、:::\:::::::::/:::/i:::〉   ___
         \□i:::|  ● fヽ ● |:::|一'´.::::::::::::::::::\
         / ,Xへi ⊃(__|l }__)⊂ j::::≦´ ̄\:::::::::::::/
       ヾ/ /\\  / ノ  _ノ:::::::::::::\  ヽ:::::::::〉
           /.:::::::\ヾ:| ´ ̄ヽ}:::::::::::ハ::::::::\ \::ノ
           /::::::ハ:::::::ヽノ '⌒ヽ{::::::::::{ ヽ:::::::::\
        /::r'⌒ー‐一'´   )ノ::::::::::::|  ヘ:::::::::::}
         〈::〈〈XXXXXX{ー一'´\:::::::::::〉   }::::::::,′
        ∧::ゞ'´ ̄ :::::::{ ≧{ }≦〉:::::::::〉\ ⌒V
       ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::7 ハ\ゞ'⌒{\: \
      .{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::l__|::ヽ/::}Xx|:::::ヽ: \             ┌─────────────────┐
       \::::::::::::::::::::::/ ̄〃7/:::::|Xx|:::::::::::',/,)            │   やる夫で学ぶ忍術のひみつ。   ...│
          `ー一ヘ='ヘ.   {.{ }ム::::ノXx{::::::::::::} ̄            │                         .│
              ,ゞ'"´〉|〈_,.イ´ ̄ヽ::::::::/           │ 原作:学研まんが ひみつシリーズ  ...│
            r((⌒_,ノ:人:ノ j , , , }三/                │    「忍術・手品のひみつ」        .│
            `ー‐一'゙  `ー'ー'ー '  ̄              └─────────────────┘





.

このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫は映画を一刀両断するようです 第二十七回 ジャンゴ 繋がれざる者







                 /             ヽ              _
                  ,'                   ヽ        _ , <
                  i                 ト    ヽ_,/
                {                 i   { ─ < __ _ ,
                 ',       '`ー-- 、_人_{         /          さぁ今日の映画批評の始まりだろ!
                 {   ,_ノ    ィ´● )' .Y   | キランッ!!/
                    ヽ. (. ●)    'ー " . .!  /          ,-、         今日は西部劇だそうだな!
                    ',  ̄´        、     ノ|           ,-'、 }
                      , ∧   r   ',     }    ノ        /  }/          一体何の映画なんだ?
                  _/. . \. '、_ノ=-- '′   / !     ./ .,-、'/i
              _/       >、             l i   / ./  } /
            / .         ヘ`ヽ         ./ / //  /ヽ
          ´  ,          ヘ         //  ./  /.i  !、
                 ー - '⌒ ー.    ヽ、`ヽ.    /    i'. _ ノ ' ヽ   Y
                           \ 丶     l    , /  .,!




               ____
             /      \
           / ⌒    ⌒ \
          /   (●)  (<)  \      今日はね、クエンティン・タランティーノ監督作!
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/      「ジャンゴ 繋がれざる者」だお!
         /_∩   ー‐    \
        (____)       |、 \
           |          |/  /
           |        ⊂ /
           |         し'






このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫と学ぶ野村克也 第20話 「選手兼任監督・野村克也」






                                                   ___ _ Fj___
                                                 /           `ヽ
                                                (_ _  ____ _   )
                                                 / /⌒  ⌒ヽ `rく
                  . . --- . .                           i   n  n   | l
              . . ´ : : : : : /\∨/ヽ 、                          |   U  U   Lノ
            /:. : : : : : :._|  才ヘ |_:ヽ                      (ゝ -‐ С ‐- く6)
          /: : : : : : :/  .、弋゚}゚∠ノ 二                   r、  (          }
          |: : : : : / 二ニ=  ー '{;;;;;;;ノ´, ―                   } l  「¨¨i___,    __ ノ
          |: : : : /   _ー 二二 丁  ニ |                  } |  `ー―く─‐「
          |: : : / /   `>  _|__ ノ                  「ーヽn , -‐┘  └‐-- 、
          ∨: :| |/⌒ヽ/⌒ヽ    / /                  トー l レ′          !
           ヽ:∧ ヽ _____} / /                   | 入f丿 ,       i  \
            7 三二 ー_-______/                    ト--イ  /|        「ヽ  }
           /: : : : : : : : : : : : : : /   ヽ                    {     / :|       | / /
          /: : : : : :____ 人 _ ノ                    ゝ_ノ  |        l/ /
          |: : : : : : / | ̄ ̄ ̄ 7/                           (______________,/ /


       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                           プレーイングマネージャー
          やる夫と学ぶ野村克也              第20話「選手兼任監督・野村克也」


       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫は赤い皇帝になるようです 第四十五話 破滅 後編






   ――― モスクワ、ルビヤンカ。




               \\__二二ヽ.      .┣━ ┃┃ \\_.
                 ~\\   \\     ┗━       ~\\
       .           \\_   ~ヽ\    ╋┓       ~\\ヽ\__
                  丶 ~\\  \\    ┃┃         ~\\ \\
                      ~| |     ヽ                 ~| |    ヽ
                       ||       ヽ\               ||     ヽ\
       ,;-、 ,;-、 ,;-、 , ー、  ;-、 ,;-、        ̄丶\
       l'i;;l l'i;;l l'i;;l  i!;l⌒i| l'i;;l l'i;;l    __    ヽ\
      /l三三三三三三三三三三三三l`ー'";:;;|        ━┓┃┃
      //i;:'';':;'';:;:'';':;'';:;:'';'i/:;'';;i/';:;''i/:':;;''i/ ;:;:;: :; "|          ┃
     //;:!'';':;''   ';':;'';:;iコ';':;'';: ;:'';[l] ;:' : ;';' ;' :;'';'|        ━┛
     //'' |;':;' ;':;'';:;:;':;'';:;:;':;'';:;: ';:;;':;'';:;  ;':;'';: :i! |    ,,;=‐=,,..  ┏┓
     `i'' |   ;':;'';  :;: ';:;;':;'';:;  ;':;'';: ;;:;;'  i!;:;;|    |∩;:;:;|   ┗┛
     |;':; |;':;'';:;: ';:;;':;'';:; [l];':;'';: ;';:;;':;'';:;  ;':; '';;;;: |   ,|:! i ':;:;|_
     |;':; | ;':;  '';:;: ';:;;':;'';:;  ;':;'';: ;:i!i  ,;':; '';i!;: |   i'''" ̄~`'i .   ━┓┃┃
     |;':; |;':;'';:;: ';:;;':;';':;'';:;  ;':;'';:;  ';:;  ;':;'';: ;' |  |':;'[];:;[]' ;|..     ┃
   ,_,|;:_,,|:__: __; '';':;'';:; [l];':;';':;'';:;  ';:;:i! ';:;;: ;|  !':;'';:': ;'';:|.. . .   ━┛
   |:;'';:;: '';;/| ;:;: ;:;| ;  '';:;: ';:;;';'::;'';:;  ;':;'';: ;:i!;:;'l  !':;'[];:;[]';::|      ┏┓
   |:;'';:;:;'/:;'' | ;:;': | ;':;  '';:;: ';:;;':;'';:;  ;':;'';: ;:i!i | ._!':;'';:': ;'';:|      ┗┛
   |:;'':/:;'';:; .'|:;'';:;:;:'i,__;:;__;:;:'';:';:; ;:;:'';:' ;:;:'';:;:'';:';:':'' :'| _|;:|; ;[];:;[]';::|
,.,;:;、, |/:;'';:; ;:;;;.'|:;'';:;:'';:';:;:'';:'|;:;:'';:';:; ;:;:'';:'  ;:;:'';:;:'';:';:':'' :'||;:|;`i,;:';:'';:'';;::|     ━┓┃┃
;;:;: ;'''``、;"'"''、;      :`;';___,.,._., ;:;:'';:' ;:;:'';:;:'';:';: ': ',.,;:;、 ;:';:'';:'';;|       ┃
。:;;.: ;:;:; ;;;'`、;::;;、;。; ;.:`、, :. ;'';:;:'';:';|__ ;:;:'';:' ;:;:'';:;:'' ,,;;、;。; ;:        ━┛┏┓
';: i!|''"ii''".;:|i'';:;:;:; ;;;'``、;::;; ;'';:;:'';:' ;`i,        "'` Y;:;: .             ┗┛




このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫で学ぶ靖国神社





     (~)
   γ´⌒`ヽ
    {i:i:i:i:i:i:i:i:}
   ( `・ω・´ )
    (:::::::::::::)
     し─J


みなさんお久しぶり、自民党員のゼロウィンです。
今回はマスコミ報道でたびたび政治の話題で持ち上がる靖国神社のお話です。




      (~)
    γ´⌒`ヽ
     {i:i:i:i:i:i:i:i:}   
    ( ´・ω・)
   _(::::つ/ ̄ ̄ ̄/_
     \/     /


民主党の左翼政権が国民から見限られ、衆議院と参議院の総選挙で保守政党の自民党が
圧勝し、磐石な保守政権が誕生して1年が経ちました。
毎年終戦記念日は例大祭の時期になると首相の靖国参拝の話題が報じられます。
安倍総理の靖国参拝に関してはテレビでは再三にわたって報道し、その際に中国が韓国がと
靖国参拝を批判する外国の圧力や町の声などを利用して否定的に報道しています。




     (~)
   γ´⌒`ヽ
    {i:i:i:i:i:i:i:i:}  
   ( ´・ω・)
    (::::::::::::)
     し─J  


靖国神社の参拝自体は超党派の国会議員や内閣の閣僚が毎年のように参拝しています。
しかし彼らの参拝は報道で軽く触れられる程度で大して話題にはならず、
内閣総理大臣だけが毎年の終戦の日や例大祭の時期になると参拝の話題が挙がります。
そして安倍総理のような保守色の強い政治家だと参拝する可能性があるのでより神経質になるのです。
昨年は年末ギリギリに安倍総理が靖国神社を参拝して反日マスコミや特定アジアが騒いでいます。
内閣総理大臣の靖国神社参拝は何の問題もありません。
そもそもマスコミがココまで注目する靖国神社とは何なのでしょうか?

それでは始めましょう。
なお、このスレの内容は全てフィクションであり、登場人物、組織団体、施設等は全て架空のものです。
実際の人物、団体などとは一切関係ありませんので、ご了承ください。




このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫は映画を一刀両断するようです 第二十六回 シークレット・サンシャイン






         ,イ      _
.      /:/  ,x=<: : : : : :ミ: .、
     〈: :〈 Y: <: : : : : : : :/~' \: :y=ミ;
      ー;ヾ;、:.\: : : : : V _ミyXミ〃 1{.〉
       ./ ;/゙ミ: : : : : : : :{ レx薇リ、 _ノ/
       .: :{  ,x=` <: : : ゞ"/.八 トイ:!
        l:.:.|          ̄ ̄ l」  V : |!_
        |:._|   _    ,ィチ=ミ, 〉zィ l
     γ }! 〃⌒`      XX |:! |.ノ           皆さんこんばんわ!
      } ハ  XX            从:|!
     ィ: Y: : .    r――,,   /:}: :ハ           今日は韓国映画批評かしら!
    ,.v: : ヽ:{:_\   `    ´  .ィ: : }〃:ユ
   /: :y.―ヾ.=.`   ― <   T     ヽ          さてやる夫、今日の映画は何?
   .≧/    \ x≠y ^ヽv ―ミ、
   l: /      l }7  ハ  マ /./        〉
   v       .:|_,}   Y  ト _/ |..::      /
  _丶      .:::{ j  |!  |   l:::::::.    }》、
  f マ /! .:::::::::::::::〉〈  人  ∧ /:::::::::::   ト/∧
   Y ,/.::::::::::::::/ヽ ヾ  Y  X:::::::::::::::   |彳1l
   //.:::::::::::/   }  |!  l /   >  _  V v
   l」:::::>”    }  ′ ノ′      ヾ
   У       ヽ {  l ヽ         〉
   \         l  }  /           /
     `        {! } /         /
        ー   _v vy        /




               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |      今日紹介する映画は「シークレット・サンシャイン」!
          \     `⌒´    ,/
         /_∩   ー‐    \      この映画を批評するお!
        (____)       |、 \
           |          |/  /
           |        ⊂ /
           |         し'

.



このエントリーをはてなブックマークに追加

【WoT】金糸雀が戦車ゲーを始めたようです 第8回 Lee先生の苦行教室と10榴戦車 後編






                  _,,.. -‐ 、
             γ´   /_j ` ー‐ 、
            ,イ   ∠_,、_)_   .__ !
              / j     ,. -‐≦//∧!
              / /   . 'γ" ̄`ヽ//∧    \_人_人∧从_人_∧_人_从_/
            /, '   ,. "//∧  ,>"´¨¨ヽ    )                 
           〃 //////,. `"´    _,丿   <  傾注(アハトゥング)!     
            弋."∨//,. '"     _,,∠,,,,}ヽ   <                 (
           `> ∠ __,,, -‐''¨;厂 〃ィッ { }   /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^
                い∨ 弋圭彡′ .{    }′
             ゞヾ  /(   j   )      後編ではLeeの活躍を妨げる
                `| ¨´{  `ー‐´`ー‐′      Tier3~5の要注意戦車を
                jト、 `   " , ‐  / .ト 、    一部紹介だ!!
               ,. ≦{ !=≧ ,..___/  |   \
        , -‐――/   { ∧ ヾ彡"´    /   ∧ー―‐‐- 、
      /┬――/ / 7 ∨ \/   /   /   「¨|. ∧ー―-/´`ヽ
   /  !.  ./ / ./   ∨ / / ,/ ,/  |  ! ! ∧   /    \
  /   |   / / /    .ヾ   / ,.'   .',\ー′ .∧   ,      ヽ
/   !   ! イ   ̄, イ   .ヾ. /  /      ',  \   j  ;           \
    ∨  !. └一 ´ /      ヾ.  /        ',   l` ̄´  i           ヽ
  !  ∨ .!     ,/        ∨       ',  !     .|               \
  丶. ∨i!     /       /       ∧ ,〉 j      |             ヽ
     `≧ ゝ.   ゝ.____./    i!     //j 个 !     .|                ヽ





このエントリーをはてなブックマークに追加

【WoT】金糸雀が戦車ゲーを始めたようです 第8回 Lee先生の苦行教室と10榴戦車 前編






              ┌──┐┌──┐                                          ┌─┐
    ┌────┤    ||    |                                          |  |
    |        ├──┘└──┘                                          |  |
    |        └──┐                                          ┌──┐|  |
    |              |      ┌─────────―────────┐ ┌─┐ |    ||  |
    |              |      |                              | └─┘ |    ||  |
    |        ┌──┘┌┐  └─ ∥───────────∥ ───┘    ┌─┘    |└─┘
    |        |    ┌┘└┐     ∥                      ∥  ′         |        |┌─┐
    |        |    └┐┌┘   J 从し'∠_   /          ∥ /'           └────┘└─┘
    └────┘    γ´, │、  , . ==≠==  ≪    \、    ,_ノし'L_           /\
        / ̄|\        └└┘゙≫=:: . :.. ;. :: ':: .:# ;:::\    ≫=三三三=―:.:=≪      | ̄\〉
     / /\|         ∠三三三=――::.:.、 :. : : \_∠三三=.: . . :. :’ .: .%’..\     L_/ '  , "
     〈∠_/        /三三=三 >=: .,:.: : :.)'.: %; :∠三三='’: .  .: ノ::::'’: .  ::::.\
       '  , "  ,、   ,'三三= ∠三三=――  /三三=―`:.: : ''"; : .: :..:`:.: : ''"; : .',_
                  {三= ∠三三=:  . : : '" / :三三三`:.: : ''"; : .: :..:`:.: : ''"; : .:: :..::三ニニ ==― --
            ――=':#:=::. '三三=::  .: : :' "  ′三三三::`:.: . .:  . .:   .''".: ,: .:#::.:「
                 `: ミ/三三=―― : . : : : : |三三=―,:#:.; . : .:”.:.' ,:#:.; . : .:”..':.:|         、  '
   '     " ▽   "     Vli!|三三=:: ,:'" :: :., 、;:.|三三= : ''"; : .: :..:`:.: : ''"; : .:: :..: ':'",′
                  'li!|三三=―'’: .   .: ノ:::',!|li!|l:;iζ''".: ,: .:.:  .:    、  .''".: ,:/    ∠7
            《〉     」li!',;三 ':.  ,:#:.; .  : .:”.:.' 、!|li!|l:;i: ''"; : .: :..:`:.: : ':ノ; ::: :.: ''∠_ '  , "
   ------ ―== ニ ニ二三三二 : .:  . .:    .''".: ,: ≦二二≧=――=≪      :: ::.:_三二ニ ニ ==― --------
     / ̄ ̄ ̄\      .l!li!ili!|l:;、::. . . :; ': : .:# ;: :;; :: ∠三三=.   .:”.:.'\: ''"; : .:.∠>/ ̄|
   /\        |   .....ノ∥li!lili!i!|!:;、三三. ::.  . . :;. :::/!|li;i、.  ,:#:.; . : .:”. ' :',,:#: :: ”.:.:.'/\  |
 .....,|   >‐――┤⌒=(三从llii!|li!|l:;i!ii!|l:;:;......   _!|li!_」!|li!|l: .:  . .: .''".: ,: .:# L:_’: ...:..〈 ̄ ̄\|;;´;⌒;::;`)´〃
   \_L,,__/  . (⌒;.;;. _;,;':,|li!|l:;i!ii!|li!|li!|;.⌒:.)::;:..:; . 〃;,:. );.; .;.)  :....,,,, :::''"⌒)::.....::.\_/―=:.⌒:⌒)^)





このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫と学ぶホビーパソコンの歴史 第19話 蜜月の終焉






     /||ミ
    / ::::||
  /:::::::::::||____
  |:::::::::::::::||      || ガチャ
  |:::::::::::::::||      ||
  |:::::::::::::::||      ||
  |:::::::::::::::|| ̄ ̄\ ||
  |:::::::::::::::|| ノ  ヽ_\     第19回目だお。
  |:::::::::::::::||●) (●) \
  |:::::::::::::::|| (_人_)    |   1986年に入るところってことでいいんかお。
  |:::::::::::::::||___   /
  |::::::::::::::(_____ノ´||
  |::::::::::::::(_ノ / . . . ||
  |:::::::::::::::||/    ||
  |:::::::::::::::||      ||
  \:::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
    \ ::::||
     \||



                ./ ̄ ̄\
               / ヽ、_   \     前回紹介したように、1985年末には8ビットパソコンの
              ( (● )    |
              (人__)      |     モデルチェンジが一斉に行われたわけだが、実際この頃、
             .r-ヽ         |
            (三) |        |      8ビットパソコンの勢力図がどのようになっていたのかは、
             .> ノ       /
            ./二/ ヽ     /       まだ説明していなかったな。まずはそのへんを
            //// へ>个/ <
           .|////ヽ /\///)      見てみることにするだろ。
             ̄ ̄ |\/////|



        ____
      /      \
     / ヽ、   _ノ \     話を聞かせてもらおうじゃないかお。
   /   (●)  (●)   \
   |      (__人__)     |
   \     ` ⌒´     /ヽ
    /              \
    (  ヽγ⌒)        ヘ   \
 ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          {;;;;;;;}
           L;;;;」





このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫で学ぶJリーグの旅 Jリーグ2013ダイジェスト J2編 後編






               \__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__/
                ≫                                             ≪
               ≪   やる夫で学ぶJリーグの旅 Jリーグ2013ダイジェスト―――!!     ≫
                 ≫                                            ≪
               /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\      __
                                                                  __r'yヽ´ゞ≠、___  `ヽ、
               __ 二二 _丶、                                            ,イ::ゝ≠'::::::::::::::::::::ゝ-、  \
           / / ※  ___\\                  ノ)__                    /ゝ≠ゞ≠ゝ〆≠x、_:::::::>_ ヽ
              / /  __/: : : : : : ̄\               人/  ニニ}             y'´       、  l lゝ〃{jx 》  ヽ
          / /  /: : : : : : \: : :X : : : :           r―く ̄\ \ ''フ              / /  l    llム斗-l lヾ〃ヾx、___, ヽ
        / l ※ i: : : : :ト: : : :\{: :\: : :|          / ̄ ̄`く( ∧ }/                ,' /   !     ll l/ィハレl 《  l  ̄´   ヽ
       /  ノ   |: : : :/|  \ー‐ 汽Y : /     __/::::::::::::::::::::::∨( У                  ,'  ;{  l l-、ト、 l、/ ´弋リ/イヾxl         \
      /     \   |: : :/ :|,x=    Vi |/\_,〈\´:::::::::::::::::::::::::::::::::::∨'                 l 八ト、 l ヘ'示、      "´ l  l       、 \
     (____ト. . { ! : : ィf::ハ    , }   \_|/⌒>::::::::::::::::::::::::::::::,             ヽ._ヽー 、  ヽ!ヽヽゞ',,  , ヘ  , l  !  ヽ    、 \ ヽ
            |: : \、八 : : 乂zソ    _,ィ ハ__ ※  `<__:::::::::::::::::::::::::::::::::,                 ̄二ニヽヽ ,ハ|:::::::::::、 ゝ ノ ,.' .l l ヽ_  ´`ヽ  ヽ ヽ
.          , : : : : :.\ \\>   し' ∧:::::\_     ̄ ̄ ̄\::::::::::: 〉      ヽ、_ _-ァ.:´__::.::.::.:ヽ::/::::::::::::::::::ヽ ‐- '.,<l /:::::::::::::`、     /
        /: : : : : /: : >―≒ミ_¨¨Т)/|\::::::::::::\  ※     /:::::::: /         _,._-ニ-ァ‐´ィ二;:-- 、l'.::::::::::::::::::::::゙レ'/lYミヽ{_/::::::::::::::ヽ  /
.       /: : : : : /: : /:::::::__(\/⌒Y__|  \:::::::_ノ\   /\::::::::/         ‐ ´/´ /´ ̄´/::.::.:.--ヽ:::::::::::::::::::::;fノli 斤 l|:::::::::}:::::!/:::::::::::::.
      /: : : : / : 「|:::/::::::,xヽ \__|\\___  ̄\ヽ \/   \/            /′  /-‐ァ::´::,  ヽ::::::::::::::::'.、 l」 |/ ヽl|::::::ヾ/::::::::::::::/
     /: : : / |\|//:::::/ ̄ {   |( ∨\    /: : :.                      /´ /::.::/ノ   「`'、:::::::::::::`、_r、,_,、、r、l':::´:::::::::::. ´
   / : : / : ¨¨¨¨ア:::/ ィア    l \\/\__/: : : : : :.                    /´ /イj/イ'     l::::::::.、.::::::::::::::\ ,. '´::::::::::::::::, ′
  / : : / : / ̄ ̄:::::〈//,ィ7   人__У: : : : : : : : , '_ノ 、     ___      /' イ/ // ノ     .,ハ::::::::::::、:::::::::::::::: ヽ::::::::::::::::/|
. /: : :/ : /::::::::::::::::/:::::〈/::/ /| 〈//l>く//: : : : : : : : : |( ・)(・)   / 襾 襾 \       ,. -――――一'´::::::::::::::::::::、::::::::::::::::::::::::::::/:::::::!
/: :/: : : :|:::::::::::::::/::::::::::::::::::::l_/:::\)'∧/く: \: : : : : : : | (_人_)  |  (_人_)  |     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__:::::::::rヘ.:::::::::::::::::/、::::::::::| 
:/: : : : : :|:::::::::/::::::::::::::::::::::::::::://////〈: : :\ :\ : : : :,;ゝ ´`ノ   > -し'- <:   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∠二 、_ノ.\_,>ー‐´j/´⌒j::::! 







このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫で学ぶ忍術のひみつ。 その3







                ___
      ,.、.         /::::::::::::::::::`ヽ
     く/\    /:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      \□\ 〈:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
        \□\|:::i、:::\:::::::::/:::/i:::〉   ___
         \□i:::|  ● fヽ ● |:::|一'´.::::::::::::::::::\
         / ,Xへi ⊃(__|l }__)⊂ j::::≦´ ̄\:::::::::::::/
       ヾ/ /\\  / ノ  _ノ:::::::::::::\  ヽ:::::::::〉
           /.:::::::\ヾ:| ´ ̄ヽ}:::::::::::ハ::::::::\ \::ノ
           /::::::ハ:::::::ヽノ '⌒ヽ{::::::::::{ ヽ:::::::::\
        /::r'⌒ー‐一'´   )ノ::::::::::::|  ヘ:::::::::::}
         〈::〈〈XXXXXX{ー一'´\:::::::::::〉   }::::::::,′
        ∧::ゞ'´ ̄ :::::::{ ≧{ }≦〉:::::::::〉\ ⌒V
       ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::7 ハ\ゞ'⌒{\: \
      .{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::l__|::ヽ/::}Xx|:::::ヽ: \             ┌─────────────────┐
       \::::::::::::::::::::::/ ̄〃7/:::::|Xx|:::::::::::',/,)            │   やる夫で学ぶ忍術のひみつ。   ...│
          `ー一ヘ='ヘ.   {.{ }ム::::ノXx{::::::::::::} ̄            │                         .│
              ,ゞ'"´〉|〈_,.イ´ ̄ヽ::::::::/           │ 原作:学研まんが ひみつシリーズ  ...│
            r((⌒_,ノ:人:ノ j , , , }三/                │    「忍術・手品のひみつ」        .│
            `ー‐一'゙  `ー'ー'ー '  ̄              └─────────────────┘






このエントリーをはてなブックマークに追加

やらない夫が南北戦争を戦いぬくようです 第18回 【東部戦域】 アンティータムへの道





                            MARYLAND CAMPAIGN

              ___                    _,,,...:-‐‐=-..,,,_
            /      \    、            ,r'":: ::      ::\,,..,、.,                   __,,.. -'''""
          /\  /   \  ::.`'::.、      ,,r'":: :: :...     ::: . ::; :::.`'::.、        __,,.. - ‐‐ ''''"" ..:: :: ..::..
         /(● ) (● )   ヽ ::  :::.`'::.、  ,:r'::: :: .::: ::      ::    :; ::: .:: `':.、--‐‐''''"" ::: :: .::: ...::   ..::.. ...::
        |      ´          |  :: ..:::.  ,r'":::.. ..:: ..:::. ....      :  ::  :; :: ::. ::`'::、_ ...:::  ::: ...:::..  ..:: ::__,,,,-‐
        \   ⌒      /   ヾ  ,r'"::::   ;ゞ   ゞ    '''' ''':‐-,, ,,      ::. ::`'::、_     __,, - ''"":::.. ::.
         /             \ ゞヾ; ゞ,;''ゞゞ ,;ゞヾ ,;ゞヾ''';ヾゞ; ::.. ::::... :: " ''''‐- ,..,,,...   __,,,-‐‐''''" ..:: ..::.. .:: ..::..

          ┃       ┃      ┃      ┃       ┃      ┃       ┃       ┃      ┃
          ┠       ┠      ┠      ┠       ┠      ┠       ┠       ┠      ┠
      _f三o三i||  _f三o三i||   _f三o三i||  _f三o三i||  _f三o三i||   _f三o三i||  _f三o三i||  _f三o三i||   _f三o三i||
      (´∀` , ||  (´∀` , ||   (´∀` , ||  (´∀` , ||  (´∀` , ||   (´∀` , ||  (´∀` , ||  (´∀` , ||   (´∀` , ||
      (     ○ (     ○  (     ○  (     ○ (     ○  (     ○  (     ○ (     ○  (     ○
       Y 人 |:|   Y 人 |:|   Y 人 |:|   Y 人 |:|   Y 人 |:|   Y 人 |:|    Y 人 |:|   Y 人 |:|   Y 人 |:| ))
      (__) J|_|  (__) J|_|  (__) J|_|   (__) J|_|  (__) J|_|  (__) J|_|   (__) J|_|  (__) J|_|  (__) J|_|

               ────────────────────────────

                       やらない夫が南北戦争を戦いぬくようです

                      第18回 【東部戦域】 アンティータムへの道

               ────────────────────────────




このエントリーをはてなブックマークに追加

【WoT】金糸雀が戦車ゲーを始めたようです 番外編  イギリスの素敵な 対戦車自走砲





┏─────────────────┓
│ イギリスの素敵な 対戦車自走砲。   │
┗─────────────────┛

                _,  -──‐- 、、
                入 `ヽ ̄`ヽノ二ニy‐-、
              ,r' /.::::>、.:.:.:::::::{,/⌒Y⌒ヽト、
           / /.::::/  \.::::( ,〈男〉、 / j〉 
           ,′,イ/⌒   ⌒:ゝ彡ニミノ;イ    すいませーん。
           !レイ/ (●)  (●)ヾ、 イ:::i:/
          〈川j     __´___   ゙,;;;;;;;リ      この対戦車砲で
          `ゞj!    `ー'´    i;;;;/      自走砲を作ってください。
            \    ー-    /
            /         \
       Oヽ.
        ヽ、.ノヽ      
          \\ 
            \\
             \\_______    オードナンス
             i  \,)lヽ、       |     QF 17ポンド砲
             |  と,.!、ヾ\ ;.   . |    
             |   \ ヽ,)>、)    |     お強い。
             |__|     |__|ヽ    
             |________|ニニニ;;;;;;;;;----、、、、、、=;i
              ヽ___ , ̄ ̄ ̄ヽ!ニ/       ̄ ̄""""{}-!





このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫達で辿る”太平洋戦争の軌跡” 第13話 ガダルカナルの死闘①  ~第一次ソロモン海戦~





                    _____ _
                   ,r "´.:.:.::::::::::::::::::.:``ヽ
              /.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.\
                !.:.:.::<*j::::::::::,r'"´ ̄ ``rr、;;イ
                ヽ.:.:.::::::::::/        `!ミミヾ
                jiY´ ̄ 、,,_ _       iミミミ!
               レj ,rー-、、, 、,、z‐=-、  lミミミ!.
                ゙カ! ,rェテzゞ ;ゞテェュ、  リ'^Yj
                〉!   ´彳 ;::.``   ,イ,ヘ j!
                !,j     ,j ;;:::.    j レ',イ
                  `i   ,r'゙ ー'''ヾ   ,' ,「jiリ
                 ',! .,イ,,,,,、、、、,,,ゞ i /^,!リ
                  ゙、   ー‐    ,j / / l )、
                      ,ハ、      ,イ,.'´.:.::::::゙i               ────────────
               _ _,ィ´.:::、` ー‐一'゙´/.:.::::::::::::::.:.!`.:::ヽー- 、         軍令部総長 永野修身 大将
        ,r'゙´.:.:.::::::::::::::::::::::::::::ゝ、  _,r'´.:.:.:/ !::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:ヽ    ────────────
       /.:.:.::::::::::::::::::::::.:.::::/   `Yゞ,!Λ.:.::::|/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.`,
      ,/.::r─ ‐- 、.::::::::::::j   ,イノト、,!  !.:.:::::/.:.::::,rt「仍 ー─ - .:.::::::::::::::::i
       i.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ __,_/  レ'´.:.::::::::::::::::j1{.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::|


――――――――――――――――――――z____________________


                        ___
                    ,..-‐'"//////"'‐-、
                 ,,ィ/////////////////>-,、
                ヽ////////////////////////:\
              ,-'〃、^゙゙¨¨¨¨¨`ヾ////////////////;ヽ
             / ./ j ヽ      ヾ////////////////i
                i  / /  '"', ,- 、     7///////////////7
                  i.〈 ‐- ∠i_   ,  /////////////////;i
               〉`" fiLフ '"  `゙''ー-////////////,i
                 /   `'ー        ',///--、、////;i
                 ,'              |://  i/////i
                  く                ii i,  ///////i
               フ,,,,        /  = ///////'"i
               ヾjjjjjjjj、      i    i-'"///'" ==i         ────────────────
                   〈,,  jjj、 ヽ,   i     .,'   ',, -', -‐'"|        連合艦隊司令長官 山本五十六 大将
                   j       〉  '  __ノ ,--'"      i        ────────────────
                    〈        -‐' '"      , -‐'" ヽ
                  ヽ---'"ヽ,i\      , -‐'"      \
                       \ ',  ,-'"
                            /|_,i-、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
どの組織もそうであるように、日本海軍もまた一枚岩ではなかった。
それは中央組織に当たる「海軍軍令部」と、現場組織に当たる「連合艦隊司令部」である。
作戦立案一つとってみても、軍部と連合艦隊で意見が異なり、実行には両者のすり合わせが必要であった。





このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫達で辿る”太平洋戦争の軌跡” 第12話 ターニング・ポイント  ~ミッドウェー海戦~






               ____________         l:;:;r      、丶
 \丶       \\/iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii\ ///`    |:;:;|  (   ):;:;:;:;:;:;:;:
  ゙i ゙゙゙゙ヘ     \/llllllllllllllllllllllllllllll゙l        |:;:;| (ヽ、 /:;:;:;:;:;:;:;:;:    米空母をなんとかしなければ、本土すら危うい
   ゙iエユ〉′-  lllllllllllllllllllllllllllllllllll        ∨ ) ) , ノ:;:;:;:;:;:;:;:;:;
   /  .ノ 、   llllllllllllllllllllllllllllllll/\         ヽ丿ノ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;   どうしたものだろうか…
   〈  /      \!!!!!!!!!!!!!!!/ \\`      ノ //:;:;:;:;:;:;:;/
   l  ./       ゙゙゙゙゙゙--´""    `\\     ノノ´ `ヽ _ ノ
   丶 /                  、ノ\ニニニノ   `     :
    ゙i/   i   ヘ、          (       |       ,/
     '、  ノ _ /`          ゙l      |      ,r:::::::::       ────────────────
     ` ‐ ― .. _           \         l    ,/::::::::::::       連合艦隊司令長官 山本五十六 大将
       ゙i川ミミミミミミミミミヨユ -  `〕       /   ,/:::::::::::::::::       ────────────────
        ゙i丶              /      /  /:::::::::::::::::::::::::

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
真珠湾攻撃以後、連合艦隊司令長官:山本五十六大将の懸念は、やはり撃ち漏らした米空母の存在であった。
自らが考え実行したように、米軍も機動部隊で以って日本本土に奇襲をかける可能性は高いと思えたからである。

実際、難を逃れた米空母部隊は各地に出没し、日本軍の占領地を脅かす存在であった。
その矛先がいつ本土に向いてもおかしくはない。

また機動部隊の有用性を改めて知った今、これを撃滅しなければ
米国の戦意を完全に挫くことはできないだろう──彼は空母撃滅に神経を尖らせていた。





このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫達で辿る”太平洋戦争の軌跡” 第11話 空母VS空母  ~珊瑚海海戦~






        /’
       丿
    _,,....-''./
,..-‐'广                                             ー- 、
゙ーヤ´    ノ:           グァム                                ´
 │    │1            ・                                 ハワイ
 ノ     _ヽ,,\_
´     -  -广|!             トラック諸島
     /''''冫 ̄ゝ/             ∴
  _....-'´ \__,,,,....
 ¦   /了│"´ ’ <‐t ,......_
^" `ー―-‐│ヘl   ^ ヽ..こ   `ー、  _n
ニ辷‐‐ 、 ,,ニ         1_  ,-ぃ__゙゙    ..
    ̄^  -┌‐"  _____   ^ニ  `ー`
          ...._/  │  l \
         /       ゙ー-」  ヽ           ‐    ..-
      _,,,....ノ            ゙ヽ 、
    /                  \      `‐
   │    【 オーストラリア大陸 】   ヽ
    ヽ                    |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
開戦以後、西部太平洋方面における日本軍の重要拠点・トラック諸島(現:チューク諸島)は、
危険にさらされることが予見されていた。

南方のニューギニア・オーストラリア方面から集中攻撃を受ける恐れがあり、
北にグァム、西にフィリピンと米軍の拠点に囲まれており、
東においてもマーシャル諸島以外に目立った拠点は無く、危険であった。

それは敵中において、孤立したような立地であった。




このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫達で辿る”太平洋戦争の軌跡” 第10話 青天の霹靂  ~本土空襲~






    /    /´       `ヾ、 _, \
   /     /            ∨   ヽ
 ノ ,     / ,.,.,  __ _ _         |         むぅ…いざ開戦してみれば
´:::: /  ,     // _ _     `ヽ、、     |
:::::: |::: |;:    /    ヽ`ニ==,  Yノ -‐'´ |          我が国は敗北続きではないか!
 :::|::::: |;:   /     ‐-',、ニ=、`ミ i/_-== }
 \::: |::::  /     \ヾ夕ンノ  `´rュ` /、         このままではまずいな…
   \::|::::  { ヽ         /   |::`ソ | ヽ、.
    \::::: ヽ `、       ,,    |   |:: \\       これまでの失点を挽回するとすれば
      \::: ヽ ヾ     / ` ̄''::::ノ、  /::::  \\
        `丶:::|      ,_ _ _  ` //::::::   \ \     日本本土の空襲ぐらいインパクトのある作戦でなければ
:::      r‐´ `} , , ,-‐=´-‐― ―ヽ  /::::::::::    ム、 \
ヽ::::::   〃::::::::::: }'i '   -‐´ :::::::丶 ,、}::::::::::::r-‐´ ハ  \   国民は納得せんだろう
  `ヽ:::::{::::::::::::::::/└、  /|  /\ i\l ゙イ::::::::〃:::::::::::::  ヽ   \
   r-‐ヘ::::::::::::ノ 、 `' '´ └┘  ヽ_lヽ /ヽ:::{: : : : : : : : ノ    冫      ───────────
 /    l::::::ノ r´`i ヽ、     _    l  ム、: : : : : : ノ r' ' ´ `ヽ          米第32代大統領
                                                 フランクリン・ルーズベルト
                                                 ───────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
米第32代大統領フランクリン・ルーズベルトは、早くから日本本土空襲を考えていた。
真珠湾奇襲を契機に始まった日米間の戦争は初回から失点続きであり、
米国は軍民共に戦意が低下の一途を辿っていた。





このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫達で辿る”太平洋戦争の軌跡” 第9話 日本軍、南へ  ~蘭印攻略作戦~





              lヽ、            /ヽ
               i! ゙ヽ、       /  ゙i!      ..,, .,,.;;''⌒ヽ
                l    ゝ-─‐-/'    i!  , ,__,,;'"  "';    ,ノ
             ,/"             i!''"  ....゙'';;..,,;;  ,,Y"
            ,/'              〈         'i;;- 、,,
              i'               'i,              ゙"ヽ、
 のびのびモナ… i! /     \      ,'i               ゙)
             'i,:::  ト─‐イ    :::::::  ,/          ゙",;''i,-‐'"
         ,,-‐''"ヽ、   ヽ,_ノ     ,,-‐         ,..;;;゙"
        (    ,,, ''      ,,.-‐''"       ,,'"´``´
         ヽ,..-‐''    ,.-‐''"      ノ-‐''"´
               (       ,. -'"
                 ヽ、,,.. -‐'''

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
開戦劈頭、真珠湾攻撃を成功させ、多大な戦果を挙げた南雲率いる第一航空艦隊は、
作戦終了後内地に戻り、一時の休息を得ていた。

だがその強大な戦力を遊ばせておくことは大変な損失である。
年改まって1942年(昭和17)年1月、連合艦隊は編成を終えた南雲艦隊に出撃を命じた。




このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫達で辿る”太平洋戦争の軌跡” 第8話 日本軍、南へ  ~蘭印攻略作戦~





                   ';';,..
                    '';;';';;,.,
                      ''';;';';;'';;;,.,                  ザッ
                       ''';;';'';';''';;'';;;,.,   ザッ
          ザッ                ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
                        ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
                             vymyvwymyvymyvy     ザッ
                 ザッ     MVvvMvyvMVvvMvyvMVvv、
                   Λ_ヘ^-^Λ_ヘ^-^Λ_ヘ^Λ_ヘ
     ザッ            ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λ
               __,/ヽ_ /ヽ__,.ヘ /ヽ__,.ヘ _,.ヘ ,.ヘ    ザッ
    /\___/ヽ   /\___ /\___/ヽ _/ヽ  /\___/ヽ
   /         .\/      /         \   /         \
.  |             |       |           |  |           |
.  |             |       |           |  |           |
.  |             |       |           |  |           |
   \           /\      \         /   \         /
   /`ー‐--‐‐―´\ /`ー‐-.  /`ー‐--‐‐―´\   /`ー‐--‐‐―´\

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
南方作戦とは、蘭印の豊富な戦略資源確保が主目的だった。
中でも石油は特に重要視され、最優先で確保すべき資源であった。
石油がなければ艦船も航空機も動かせないから当然である。

スマトラ、ジャワの両島は蘭印の中でも有数の石油精製所があり、
日本軍はここを可能な限り無傷で確保する必要があった。

かくしてマレー、フィリピンと並行して、蘭印攻略作戦が開始されたのだった。




このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫達で辿る”太平洋戦争の軌跡” 第7話 勇進、ビルマ作戦  ~ラングーン攻略戦~





           |:i;!;;;:;;;;;;;/!/i;/ /;/;/;;;;;/;;;/   ∨;;!;i;;;;;;i;;;;;;;;;;;!
            i:j;|;;;:;;;;;;ハ厂>-、;;;/;;;;/;;;/,、< ̄!;|;;|;;;;;|;;;;;;;;;/
           i;;;|;;;:;;;;;;iく弋歹j7メ;;;;/;;;/ <弋歹イ;|;;|;;;;;i;;;;;;;/    卑劣な手段で我が領土を奪った日本軍を絶対に許すな!
           i;;;|;;:;;;;;;;ト ¦/ /;;;;//     /ハj;;;;;|;;;;/!
            !;;;|;:;;;;;;;;ヽ   / /   |     / /;;;;;;i;/;;;|    我等の手で必ず取り戻すのだ!!
         j;;;;|;:;;;;;;;;;;;ヘ         !.    / /;;;;;;;/;;;;;;;|
           i;;;;;|;:;;;;;;;;;;;;;;ヘ      _'___   .イ;;;;;;;;/;;;;;;;;;;|
         l;;;;;|;:;;;;;;;;;;;;;;;;|\   'ー ―′ ′!;;;;;/;;;;;;;;;;;;;!
          i;;;;;;;|;:;;;;;;;;;;;;;「ゝ、:\   `´   / /;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;i      ──────────
         i;;;;;;;;|;:;;;;;;;;;;;;;|::::::::>ヽ ___ ∠´::/;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;i      中華民国総統 蔣介石
          !;;;;;;;;;;|;:;;;;;;;;;;;;|>::::、::_:::::::|::::::::_:,:イ;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;i       ──────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日米開戦以前より続く日中間の争いは、年々激しさを増していた。
中華民国指導者・蒋介石は日本軍の猛攻を受け、武漢、広東等が陥落すると重慶に政府を移し、
欧米諸国の援助を受けて徹底抗戦を続けていた。






このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫達で辿る”太平洋戦争の軌跡” 第6話 戦いの幕開け⑤  ~フィリピン攻略作戦~






                     r''' ̄`''''-....../ヽ
                    丿       ./
                    /        |
                    !         ヽ
                    1         |
                    丿         ./
                 ,-_ l         丿
                 !│_ノ       _,,../
                 1        l´
                 ヽ       _ノ
                 │       1 ,..- 、
                  l_  _..,,   `tヽ丿
                   ゙'''、丿丿   | ‐’
                    冫’    ヽt-‐'''''''''''-_ ...._
                    │rュ   _......こ  ..、 lニ」 ゙゙゙1ノ ^l
                   .--二;;;;;;;‐" ..-ム l、ヽ_   〈゙゙¦_ノ
                   `゙\   \ ゙ー-' \亅,,_`l   ユァ
                     /   │      ゙くーl-.... │
                     \   〉 ./1 ,,,,,   ゙火ィ〈ゝ上............-- 、
                 ./‐-、   !,,_,,ノ  ¦|| ー‐  / _`ー 、 |      1
                │ ,,ノ       ,,,,ニ    ./ン´゙ー入 `ー、    !
                 ∨        ーt `゙ヽ--........   ー-ィ-^lヽ   ヽ
              ノ\_           |     /   ,,, ヽ ー゛    ゝ
             │ │          │    ..-レ-_ /゙ムイ __  !―‐'⊥
             ,..ノ  ー-、        │ __,,,./’/´ 亅/ l  ''´ノ │
            丿 ..-宀‐''         ゝ" ヾ-'│  lソ │  ヘ  | f^l
          /",,......ゝ               ....-‐  // ./ニ-‐'''t ヽノlヘ││,,、
        _,,/ 丿                 l    !| lリ  __..ノ   ゙゙ア !¦!
       ノ"  ./’                   ゙‐-、 彳/ ― ̄´     ゝ ゙― 、
     ,/  /''''´                      !../ヾ!    <∟ _-│   ヽ
    /´ _/                            _....     / `'´     _ノ
   /丨´                          / ̄  1  / ̄        ゙''1
   -‐                        _,,,,,,..-/    `―’          │
                            !   ..、   ┌..,,_            \
                           丿 ノ  !/ヽ,,│  \            !
                          │ /’  "     /'"       ,,,エ 、 _ノ
                           ゙''"        │       ! `¦./
                                             ''

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
フィリピン(比島)は、米国にとってアジア地域における、軍事・経済双方の重要拠点であった。
そのため十分な軍備増強が成されており、ここを攻め落とすのは当初から至難の業であると予想されていた。




このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫で学ぶJリーグの旅 Jリーグ2013ダイジェスト J2編 中編

               \__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__/
                ≫                                             ≪
               ≪   やる夫で学ぶJリーグの旅 Jリーグ2013ダイジェスト―――!!     ≫
                 ≫                                            ≪
               /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\      __
                                                                  __r'yヽ´ゞ≠、___  `ヽ、
               __ 二二 _丶、                                            ,イ::ゝ≠'::::::::::::::::::::ゝ-、  \
           / / ※  ___\\                  ノ)__                    /ゝ≠ゞ≠ゝ〆≠x、_:::::::>_ ヽ
              / /  __/: : : : : : ̄\               人/  ニニ}             y'´       、  l lゝ〃{jx 》  ヽ
          / /  /: : : : : : \: : :X : : : :           r―く ̄\ \ ''フ              / /  l    llム斗-l lヾ〃ヾx、___, ヽ
        / l ※ i: : : : :ト: : : :\{: :\: : :|          / ̄ ̄`く( ∧ }/                ,' /   !     ll l/ィハレl 《  l  ̄´   ヽ
       /  ノ   |: : : :/|  \ー‐ 汽Y : /     __/::::::::::::::::::::::∨( У                  ,'  ;{  l l-、ト、 l、/ ´弋リ/イヾxl         \
      /     \   |: : :/ :|,x=    Vi |/\_,〈\´:::::::::::::::::::::::::::::::::::∨'                 l 八ト、 l ヘ'示、      "´ l  l       、 \
     (____ト. . { ! : : ィf::ハ    , }   \_|/⌒>::::::::::::::::::::::::::::::,             ヽ._ヽー 、  ヽ!ヽヽゞ',,  , ヘ  , l  !  ヽ    、 \ ヽ
            |: : \、八 : : 乂zソ    _,ィ ハ__ ※  `<__:::::::::::::::::::::::::::::::::,                 ̄二ニヽヽ ,ハ|:::::::::::、 ゝ ノ ,.' .l l ヽ_  ´`ヽ  ヽ ヽ
.          , : : : : :.\ \\>   し' ∧:::::\_     ̄ ̄ ̄\::::::::::: 〉      ヽ、_ _-ァ.:´__::.::.::.:ヽ::/::::::::::::::::::ヽ ‐- '.,<l /:::::::::::::`、     /
        /: : : : : /: : >―≒ミ_¨¨Т)/|\::::::::::::\  ※     /:::::::: /         _,._-ニ-ァ‐´ィ二;:-- 、l'.::::::::::::::::::::::゙レ'/lYミヽ{_/::::::::::::::ヽ  /
.       /: : : : : /: : /:::::::__(\/⌒Y__|  \:::::::_ノ\   /\::::::::/         ‐ ´/´ /´ ̄´/::.::.:.--ヽ:::::::::::::::::::::;fノli 斤 l|:::::::::}:::::!/:::::::::::::.
      /: : : : / : 「|:::/::::::,xヽ \__|\\___  ̄\ヽ \/   \/            /′  /-‐ァ::´::,  ヽ::::::::::::::::'.、 l」 |/ ヽl|::::::ヾ/::::::::::::::/
     /: : : / |\|//:::::/ ̄ {   |( ∨\    /: : :.                      /´ /::.::/ノ   「`'、:::::::::::::`、_r、,_,、、r、l':::´:::::::::::. ´
   / : : / : ¨¨¨¨ア:::/ ィア    l \\/\__/: : : : : :.                    /´ /イj/イ'     l::::::::.、.::::::::::::::\ ,. '´::::::::::::::::, ′
  / : : / : / ̄ ̄:::::〈//,ィ7   人__У: : : : : : : : , '_ノ 、     ___      /' イ/ // ノ     .,ハ::::::::::::、:::::::::::::::: ヽ::::::::::::::::/|
. /: : :/ : /::::::::::::::::/:::::〈/::/ /| 〈//l>く//: : : : : : : : : |( ・)(・)   / 襾 襾 \       ,. -――――一'´::::::::::::::::::::、::::::::::::::::::::::::::::/:::::::!
/: :/: : : :|:::::::::::::::/::::::::::::::::::::l_/:::\)'∧/く: \: : : : : : : | (_人_)  |  (_人_)  |     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__:::::::::rヘ.:::::::::::::::::/、::::::::::| 
:/: : : : : :|:::::::::/::::::::::::::::::::::::::::://////〈: : :\ :\ : : : :,;ゝ ´`ノ   > -し'- <:   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∠二 、_ノ.\_,>ー‐´j/´⌒j::::! 




このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫で学ぶJリーグの旅 Jリーグ2013ダイジェスト J2編 前編



               \__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__/
                ≫                                             ≪
               ≪   やる夫で学ぶJリーグの旅 Jリーグ2013ダイジェスト―――!!     ≫
                 ≫                                            ≪
               /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\      __
                                                                  __r'yヽ´ゞ≠、___  `ヽ、
               __ 二二 _丶、                                            ,イ::ゝ≠'::::::::::::::::::::ゝ-、  \
           / / ※  ___\\                  ノ)__                    /ゝ≠ゞ≠ゝ〆≠x、_:::::::>_ ヽ
              / /  __/: : : : : : ̄\               人/  ニニ}             y'´       、  l lゝ〃{jx 》  ヽ
          / /  /: : : : : : \: : :X : : : :           r―く ̄\ \ ''フ              / /  l    llム斗-l lヾ〃ヾx、___, ヽ
        / l ※ i: : : : :ト: : : :\{: :\: : :|          / ̄ ̄`く( ∧ }/                ,' /   !     ll l/ィハレl 《  l  ̄´   ヽ
       /  ノ   |: : : :/|  \ー‐ 汽Y : /     __/::::::::::::::::::::::∨( У                  ,'  ;{  l l-、ト、 l、/ ´弋リ/イヾxl         \
      /     \   |: : :/ :|,x=    Vi |/\_,〈\´:::::::::::::::::::::::::::::::::::∨'                 l 八ト、 l ヘ'示、      "´ l  l       、 \
     (____ト. . { ! : : ィf::ハ    , }   \_|/⌒>::::::::::::::::::::::::::::::,             ヽ._ヽー 、  ヽ!ヽヽゞ',,  , ヘ  , l  !  ヽ    、 \ ヽ
            |: : \、八 : : 乂zソ    _,ィ ハ__ ※  `<__:::::::::::::::::::::::::::::::::,                 ̄二ニヽヽ ,ハ|:::::::::::、 ゝ ノ ,.' .l l ヽ_  ´`ヽ  ヽ ヽ
.          , : : : : :.\ \\>   し' ∧:::::\_     ̄ ̄ ̄\::::::::::: 〉      ヽ、_ _-ァ.:´__::.::.::.:ヽ::/::::::::::::::::::ヽ ‐- '.,<l /:::::::::::::`、     /
        /: : : : : /: : >―≒ミ_¨¨Т)/|\::::::::::::\  ※     /:::::::: /         _,._-ニ-ァ‐´ィ二;:-- 、l'.::::::::::::::::::::::゙レ'/lYミヽ{_/::::::::::::::ヽ  /
.       /: : : : : /: : /:::::::__(\/⌒Y__|  \:::::::_ノ\   /\::::::::/         ‐ ´/´ /´ ̄´/::.::.:.--ヽ:::::::::::::::::::::;fノli 斤 l|:::::::::}:::::!/:::::::::::::.
      /: : : : / : 「|:::/::::::,xヽ \__|\\___  ̄\ヽ \/   \/            /′  /-‐ァ::´::,  ヽ::::::::::::::::'.、 l」 |/ ヽl|::::::ヾ/::::::::::::::/
     /: : : / |\|//:::::/ ̄ {   |( ∨\    /: : :.                      /´ /::.::/ノ   「`'、:::::::::::::`、_r、,_,、、r、l':::´:::::::::::. ´
   / : : / : ¨¨¨¨ア:::/ ィア    l \\/\__/: : : : : :.                    /´ /イj/イ'     l::::::::.、.::::::::::::::\ ,. '´::::::::::::::::, ′
  / : : / : / ̄ ̄:::::〈//,ィ7   人__У: : : : : : : : , '_ノ 、     ___      /' イ/ // ノ     .,ハ::::::::::::、:::::::::::::::: ヽ::::::::::::::::/|
. /: : :/ : /::::::::::::::::/:::::〈/::/ /| 〈//l>く//: : : : : : : : : |( ・)(・)   / 襾 襾 \       ,. -――――一'´::::::::::::::::::::、::::::::::::::::::::::::::::/:::::::!
/: :/: : : :|:::::::::::::::/::::::::::::::::::::l_/:::\)'∧/く: \: : : : : : : | (_人_)  |  (_人_)  |     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__:::::::::rヘ.:::::::::::::::::/、::::::::::| 
:/: : : : : :|:::::::::/::::::::::::::::::::::::::::://////〈: : :\ :\ : : : :,;ゝ ´`ノ   > -し'- <:   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∠二 、_ノ.\_,>ー‐´j/´⌒j::::! 







このエントリーをはてなブックマークに追加

カリブの海と海賊たちのはなし 第三話 「女海賊アンとメアリーのはなし」 その4






≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒

                               前回までのあらすじ

≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒


   おっす、俺様このスレの主人公!! 生まれも育ちもフランダース。生粋のフレミッシュなんだぜ!! 周りの

  連中は俺様のことを色男、色男、と囃し立てるが、別にそんなことはないと思うなあ(笑)。ところでフランダースが

  所属するネーデルラント連邦共和国(現・オランダ)は、長いことフランスと戦争しているんだ。そこでいっちょ、

  俺様も祖国の為に戦ってみっかなってことで英蘭連合軍の騎兵部隊に志願したのさ。しかし、騎兵隊のメンバーは

  変わり者ばかり。なんといっても一番変わってるのは同僚のマーク!! 十代のガキかと舐めていたら、戦場では

  縦横無尽の大活躍!! 鬼みたいに強ぇでやんの!! しかし困ったことに、コイツいつでもどこでも俺にくっつい

  てくるんだよな。どうも懐かれちまったみてぇだ……。なーんかやたらとベタベタさわってくるし、ある時なんか俺様に

  熱い視線を向けてやがった! おいおい、頼むぜ。いかにお前が細面の美少年だろうと、俺様に男の尻を撫で回し

  て喜ぶ趣味はねえっつうの。 ……と思っていたら、ある日俺様はマークから重大な秘密を打ち明けられてビックリ。

  なんとアイツは女だったんだ!! 嘘みてぇだが、部隊でも指折りの美少年騎士様は、実は美少女騎士だったのさ!

  おいおい、マジかよ。もしかしてこれ、明日から性的ハプニング満載のドタバタラブコメ始まっちゃうんじゃないの!?

  ん? なんだよ、マーク。 ……え、「えっちなのはいけないと思います」だって!? おーい、そりゃないぜ!!
                       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
\ 男女が一つ屋根の下にいたら|   うるさい、黙れ   |やふたつ、したくなるのは当たり前だろうが!         /
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \__  _____/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                           V
                                                  __ ,...。、,
                                                  l.  .   l':,
                    ィ-、-‐´ ̄ ̄ `>-、                 i .   . l. !
                  __ノ  ノ    ,. .┘└ ヽ、                 l .   . ! l
                 .ゝ_./l /.イ/ | ト、┐┌ト -'               i.   .  l. l
                    .( .! /-、_ レ /`} ハ!                l  .  .! l
                    .,-トレ. (●)  (●)| l i!   .                l .   .l l
                    _7Tヽ、  r‐ァ   リ/[]                   l .   . lj
                   ( (   ゝ  ̄ _/  ))                    l . ._,。-;ュ-ー-、
                  r-にニ!´ヽ `>く!`>ニ=、                  (1^レ"~     ヽ
                  l  ',  !  ヽ/ lV r、!  l               / .l~i   、 、    .',


.





このエントリーをはてなブックマークに追加

やらないキッチン ピーチパイの巻





:    .    ;          .            .             |;;;;|
_____________________________|;;;;|
                                           \
_______________________________ヽ
_______________________________i
―ii―i|i―ii―i|―ii―i|i―ii―i|;;;;;;;;;;;;;;: :: :::;;;;;;|          ||;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;:::::|;;;;|
  ||  |||  ||  ||/||/|||  ||  ||::        ::|ー―――― ‐||;;;;|::      ::|;;;;|
  ||  |||  ||/||/||  |||  ||/||        | ̄ ̄ ̄||| ̄━━━━━━━━━━━━
  ||  |||/||/||  ||  |||/||/|| _____.  |    /|||    キッチン 【やらないーO】
  ||/|||/||  ||  ||/|||/||  || |l―――l| .|  //|||  ━━━━━━━━━━━━
/||/|||  ||  ||/||/|||  ||  || : ||営業中l| ..|//  |||    ||;;;;|      |;;;;|
/||  |||  ||/||/||  |||  ||  || ;||.    l| |/    |||    ||;;;;|      |;;;;|
  ||  |||/||/||  ||  |||  ||  || : ;|l―――l|...|___|||__||;;;;|      |;;;;|
 ̄|| ̄||| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄|| ;;|i ̄ ̄ ̄i|...|―――'!'――-!'、|      |ヽ|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ヽ____ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄.   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




このエントリーをはてなブックマークに追加

【WoT】金糸雀が戦車ゲーを始めたようです 第7回 スキルと課金とプレミアムタンク 後編






┌────────────┐
│ 本編を始める前に。    .│
│ 急遽おまけ。        ..│
└────────────┘

            ,,、 -──r-、
          ,ィ´ , '´.   j  ヽ
         / /    , -‐' 、  !
      ./ /      l!‐十 !  |
    .  / / _ .-─'´|!ゞjiレイヽ j
   _,ィ´  '´, ィ´     \_/ .V    
  (  _,,.   _, -‐─── - 、 j    
    ̄``「_,ィニV、´ ̄ ̄ ̄ ̄ ¨`〉
       ! `ゝ、,,._        /    金弾の話でてたので
        |  (惑) ーr-、___.ン′
       !/     `  ̄  i      ちょっと触れておこう。
       ! u  (_人_)  .!        
       ,rト、    ー‐    /|
    _../ i| \       ,イ.:ト、,  ー‐‐ --
    /  i|  ゙、\    /リ.:;!:::\、_    ヽ,___
       ゙\      ̄ ̄':;: /|::::::::::\      ソ  ヽ
        |.. \      / .|::::::
     `ヽ、 | .  ーv-‐ '    |  ,-、、
          |    ∧       |
         |   /::::;\    |





このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫はアフリカで奇跡を起こすようです その21 全人種選挙






       ◎\___◎\________/|___/|
       |  ̄     | ̄ /■\        ̄      ̄|
       |おにぎり党 |  (´∀` ) お に ぎ り 党    |
       |_____|_,,,(__,,,,)__________|
      ,/        //    . | |        | | ∩     ∩|
     ,/ /■\   ///■\ | | /■\ ∩ | | /■\// |
    _.,/  (´∀` ) //(´∀` ) | | ( ´∀`)//| | ( ´∀`)/.| |
   |/,,,,,へ ⊂ ヽ .// /   ノ/ | | /      /| | |     / | |
  ,/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄//|_/ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
  |~ ゜ ̄゜ ̄ ̄ ̄~~| ̄ ̄   =。|┃       |━━━━━....|
  |______: |,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,|,,,,,,,,,,,お,,,に,,,ぎ,,,り,,,党,,,,,,,,,,,,[|
 ._|]:::::::::::::::::::[二二il:]    ,-―-、 |         |       . [|
 |====== ;...........|  /,  ̄ヽ |  |.        |  /,  ̄ヽ | {|
 ヽニ[_]ヾニニヽ''''''|―-|.(◎)|':|''''|.''''''''''''''''''''''''''''|''''''''|.(◎)|:|''/
     ゞゝ三ノ ̄ ̄ ̄ ゞゝ_ノ ̄ ̄ゞゝ三ノ ̄ ̄ ̄ ゞ_ノ  ̄
    ____∧___________________
    |
    | 南アフリカの未来のために!おにぎり党に清き一票を!
    |________________________




1993年11月、主要各党合意により南アフリカ暫定憲法案、採択。
これを受け、1994年4月27日の全人種選挙に向けて、
各党は行動を開始した。




このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫で学ぶ忍術のひみつ。 その2





                ___
      ,.、.         /::::::::::::::::::`ヽ
     く/\    /:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      \□\ 〈:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
        \□\|:::i、:::\:::::::::/:::/i:::〉   ___
         \□i:::|  ● fヽ ● |:::|一'´.::::::::::::::::::\
         / ,Xへi ⊃(__|l }__)⊂ j::::≦´ ̄\:::::::::::::/
       ヾ/ /\\  / ノ  _ノ:::::::::::::\  ヽ:::::::::〉
           /.:::::::\ヾ:| ´ ̄ヽ}:::::::::::ハ::::::::\ \::ノ
           /::::::ハ:::::::ヽノ '⌒ヽ{::::::::::{ ヽ:::::::::\
        /::r'⌒ー‐一'´   )ノ::::::::::::|  ヘ:::::::::::}
         〈::〈〈XXXXXX{ー一'´\:::::::::::〉   }::::::::,′
        ∧::ゞ'´ ̄ :::::::{ ≧{ }≦〉:::::::::〉\ ⌒V
       ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::7 ハ\ゞ'⌒{\: \
      .{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::l__|::ヽ/::}Xx|:::::ヽ: \             ┌─────────────────┐
       \::::::::::::::::::::::/ ̄〃7/:::::|Xx|:::::::::::',/,)            │   やる夫で学ぶ忍術のひみつ。   ...│
          `ー一ヘ='ヘ.   {.{ }ム::::ノXx{::::::::::::} ̄            │                         .│
              ,ゞ'"´〉|〈_,.イ´ ̄ヽ::::::::/           │ 原作:学研まんが ひみつシリーズ  ...│
            r((⌒_,ノ:人:ノ j , , , }三/                │    「忍術・手品のひみつ」        .│
            `ー‐一'゙  `ー'ー'ー '  ̄              └─────────────────┘


.



このエントリーをはてなブックマークに追加

アクセスランキング アクセスランキング アクセスランキング