ブログパーツ 泳ぐやる夫シアター 2011年01月


















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

できる夫はチェルノブイリに捜し物が有るようです  その21






┌──────────┐
│汚水処理場"屋上"    │
└──────────┘
  _______________________'
   ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||:\
   ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||::. ||\
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄____ ̄'\||:. ||\   
   ............................................................................................./      \........'\||!.:;||\   彼らは西から真っ直ぐ来ると思う?
   ......................................................................................./       ─\........'\||:.!.||\   
   ................................................................................../       (;;;◎))=.........'\||!.:.||\ それとも、Skadovskに立ち寄る?
   ..................................................................................|          (トェェ)_                _  _ .._
   ..................................................................................\     r‐┴――┴‐ニ ̄ ̄`==='-t l| ̄ ̄ ̄ ̄~|l]ニl l|三l lニ l llニ||コ
   ......................................................................................../    l /~TT´ ̄~/ ̄ ̄)rt―ri''''~゙ー' ̄ ̄│   .l l  l l  l l
   ...................................................................................../     _____/ ̄ '|l  l|       .l_./.. ̄   ̄ .. ̄
                         /       /




                               7::::::::/:::::::::::::::::::/::;:::::::::::::::::::i:::::i:::::::::::i::::::::::::::::::::::::::|
                              7:::::::7:::::::::::::::::::/::/:::::::::::::::::::i::::::i:::::::::::i::::::::::::::::::::::::::i
                              7:i:::::::i:::::::::::::::::::7::7ハ::::::::::::::::7:::::i::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::!
                             ,ィi:i.i::::::i:::::::::::::::::7_/i-‐',:i、:::::::7:::::/:::::::::::/⌒',::::::::::::::::iヤ
                                  |:ij::::::i:::::::::::::///./  __',iA:::7::::/::::::::::/ヽ ノ/::::::::::7:ハ.ヘ
                                  |:i !:::::i',::::::::7 i|  テ弋;;;ソィ〉:::/:::::::::::/ノ::::/::::::::::::,'.i| ヽ `
                              ヾ',:::i|ヘ:::::7 i!    ̄ /:::/:::::::::::/ ,--'::::::::::::::::i リ
                                  ヾ:iヽ .、′      /:::/:::::::::/ ./ j:::::::::::::::::|
      さあな。                            ヽ     イ////  / 7::::::::::::::::::i
                                    j:ハ` ‐-、  イ'" , イ  ノ7:::::::::::::::::',
      ……そいつはもう、一挺しか無い。          ′リi',    , .<     _7:/ i:iニi::::::::i
                                       ヽ- '::::ノ!  __, ...-‐'ニ〃‐'i:iヘ::::::::ヘ
      出番の前に壊すなよ。                        リハ----=i i:::::::::::::::::::::::::::ヘヾ、:ヘ
                                       __  __!::::::::::::i i::::::::::::::::::::::::::::::>、ヾ、
                                        /::::::::::::::::::::::::::::::::i i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\





スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫は鎌倉幕府を成立させたようです 巻第肆拾弐



                    /    l. l
                    /    j l
                   /   /!  l
                       /  /  `ヽ,l
                   j  、、_____   ,l
                  ノ、、 \   / '、
                  ノ__ `ヽ、 ` r'  _」
                  l-- ニニニヒニ‐t!、
                 ノ/ /||佐ぇ  ィッ刋.l.ト、、
                 // ,{| l!    i: .:::l.l.| ト、`' .、             ――仁治2年(1241年)8月20日
                ,.'//l l,|l|  __ ',:::::/|.l | l'、ヽ、`ヽ、
               ,/// l ljヘ!l|ヽ、   .:イl リl | l、ヽ ` 、 \
              / /Lト7  `| 、 `::´:/.:ヽ‐、!.l ヽ`、 `' 、 ヽ、        ――藤原定家歿。享年74。
            _,、-''7, ! {チー─|─`ー'──' j!l、 '、 ヽ、 `ヽ、
         rく´´   /イ!  T`ー‐十─┬──''゙ l.! ``''ー-`-i ヾ'、 、
         ヽ,)、 ::::::;',' |{ .::: }   l    ..:::::::::  ll ::.. :::::.....|ト、 '、'、ヽ、
         j'  ヽ:::i.! l!::: {!   ::::::::::::!::::::::   l! ::::. ::i リLヽ '、'、
         「ヽ ::::::l::!i::::::!  l       !:::::::....  ! :::: ::!/!/ | '、 iヽ
        .i! :::ヽ:::::!::i!:::   !       ::::::::::::::::::::::::::: |::/  | }! lト.ヽ
        i:! .. ::::.ヽ!:::'、   i          ..::::::::::::::::i:. l'   |`'、!ノ} ゙、'、
        l:ノ.::::::.. ::::|::::. `   !      ..::i::::::::::::::::::::::::::!::| ..  l  l:`'、 ',.}
       l//、::::::::::...!::::::...   !    ..::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::i:| l::::::!  !::::\!i






                       ,'::::;  ,
               ,'´´',     ,'::::::;   ,
               ´''''´    ,';:;:;:;:;,.,.,. ,
                      ;'´:::.:::::::::`,       ,,
                        ;::.:::...::::::::::::,     ,::´ `::,
                     ,::.::::...::::::.::::::,    ';::.  .::'
                    ,,,;::.:::::...::::::.::::::;,,,,,   `'::::::'´
                 ,,. ''" ,. ;:.:.:::::...::.:::.::::::.:,  "'' ,,
                 ',  '" ,':..:.::.::...::.:::.::::.::.:,  "' ,'        ――彼の死亡時期は、摂関藤原氏の節目でもあった。
                ,' ',  ,':.:.:..::.::..::.::....:::.::.:;   ,' ',
                ,' ', ',  ;:.:.:..:::.:::..:.:.:....::.:::.:; ',,' `',
                , '  ' ,':, ;::..::..:::.::::.:.:..:.:.::.:::.::; ,':,  ',
         ,'´´',   ,.'   , ;:::',:;:..:.:.::::.::::.:.:.::.::..:::.:::;:,'::::',  ',
         ´''''´  ,'   ,' ; :::',;:::.::.:::::.::.:.:.:::::..:..:::;',':;' ',  ' ,
             ,'     , ';'"';::::...:::::.::.:::::::..:.:::,'';::;     ',
            , '  ,  ,.::::,'',`'';、;_;_;;;_;;_;;;_;_;、;' ,'';:, ,     ' ,
           , '   ,'  ,.:::::,' ' .:,':-:-;';--;';-:-'', '' ';::., ':, ',   ',






このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫がフランス革命を生き抜きます  第27話「イタリア遠征 後編~戦術の天才~」





         ___
       /      \
      /  ─   ─ \
    /    (●) (●) \         前回のあらすじだお。
    .|      (__人__)   |    __
     \     ` ⌒/ ̄ ̄⌒/⌒   /  『乞食部隊を率いることになったボナパルト将軍だったけど、
    (⌒      / 27話 ./ 後編 /   断固たる決意を示したことでみんなのハートを
    i\  \ ,(つ     /   ⊂)    キャッチし、貴族様で構成されたオーストリア軍を
    |  \   y(つ__./,__⊆)    相手に連戦連勝の快進撃を見せたお……』
    |   ヽ_ノ    |
    |           |_          (注)ロディの戦いはフィクションです。
     ヽ、___     ̄ ヽ ヽ        ……ってなんだお。
     と_______ノ_ノ        ヤルオの活躍もフィクションかお!?








このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫は彫金作家のようです その1





やる夫が教える彫金教室  ~エッチングじゃないんだよ~





             ____
           /      \
          / ─    ─ \         この話は、初支援の時、彫金だといっているのにもかかわらず
        /   (●)  (●)  \
        |      (__人__)     |        エッチングとよばれ、さらにはエッチな人とまで呼ばれたある
        \     ` ⌒´    ,/
 r、     r、/          ヘ        彫金作家の苦悩の物語……では無い。
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |   .    何度か、学ぶスレやってみたら的なことを言われたので
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |       戯れにやってみようかと思い経った次第です。
        |                |  |
                                 そんな訳で、体験教室風に彫金について解説していきます。





このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫の楽しい性転換 その7





    __
   /ノヽ丶
   /三三三|
 <二二二二二>
  |▼▲▼|    では、ニューソクデさん
  ∧・┓┏・/\     これは何に見えますか?
  / (\_/)<_
`/7丶(⌒)/ / \
|―\ \ソ/ /―/|
|ヽ◎\ // ◎||







□□□□□□□□□□□□□■■■■□□□□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□
□□□□□□□□■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□
□□□□■■■■■■■■□□■■□□■■■■■■■■□□□□
■■■□■■■■■■■■□■□□■□■■■■■■■■□■■■
□■■■□□□□■■■■■□■■□■■■■■□□□□■■■□
□□□■■□□□■■■■■■■■■■■■■■□□□■■□□□
□□□□■■■■■■■■■■□□■■■■■■■■■■□□□□
□□□□□□□□■■■■■□□□□■■■■■□□□□□□□□
□□□□□□□□□□■■□□□□□□■■□□□□□□□□□□
□□□□□□□□■■■■■□□□□■■■■■□□□□□□□□
□□□□■■■■■■■■■■□□■■■■■■■■■■□□□□
□□□□□■□□■■■■■■■■■■■■■■□□■□□□□□
□□□□□□■□□□■■■■■■■■■■□□□■□□□□□□
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■






このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫で学ぶフットボールの歴史  番外編19 アジアカップ日本VS韓国戦分析








               ____
             /      \
           / ─    ─ \      きたお。
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \





このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫たちは大空のサムライだったようです 第ニ話「坂井家の次男」







2248年9月:あの世
キョン19歳 古泉一樹19歳


~~  バー「馬車馬」  ~~





:::;:::;|,|:::;:::;:::;:::;:::;:::;|,l:::;:::;:::;::;::;::;|,i:::;::;::l.l::;:::;li:::;ii:::;:::;::/l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::;:::;:|,|::;:::;:::;:::;::;:::;::|,l:;:::;:::;:::;::;:::;|,i:::;:::;:l.l::;:::;li::;:ii:::;::_/./
_.γ_._ヽ≡≡__γ_._ヽ≡≡γ_._ヽ_/_ヽ_.∩.∩≡l/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::;:::;:::;:::;:::li=========il|┌──┐|~~l
::;:::;:::;:::;:::liⅡ∀Ⅱ∀|i|l__l§l__l§|i||│    │| . |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::;:::;:::;:::;:::li====|i|====|i||└──┘| ./
::;:::;:::;:::;:::li∪∇∪∇|i|日Ξ日Ξ|i||____|/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
____________________,.ノ     //
 旦,,、   ,,旦_   _日_         /l/:::::::::::::::::::::::::::::::              .        i'i          .___
_______________________,/l/                    / ̄ ̄ ̄ ̄.l「il ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄./.|
________________,l/i:::::::::::::::::::         ./ヽ   /      . |l」l       日/./       //l
::::::::,┯┯、:::::::,┯┯、:::::::,┯┯、::::::::::::l/l/i_________lヽ/l__/旦       ̄       日/./______/ / |__
::::::::l││ l::::: l││ l::::: l││ l:::::::::: l/l/i ..,,;: .,;: .,;: .,,;: .,;: .,;: l l__/_____________/./ ./   . /   / l
:::::::::┳┳:::::::::::┳┳:::::::::::┳┳:::::::::::::l/l/i,'.,,;:  .,;: .,;: .,,;: .,;: .,;:: i______l"____________"i/ ./   . / .,''l ./
:::::::::: 从::::::::::::::: 从:::::::::::::: 从::::::::::::::::l/l/.,,;: .,;: .,;: .,,;: .,;: .,;: .,,;| |.i"    l     ::::::::::::::::::|::::/ ~" /____/./ l ./
:::::::┏┻┓:::: ┏┻┓:::::┏┻┓:::::: : l/.,,;: .,;: .,;: .,,;: .,;: .,;:   /i i/>     |      ::::::::::::::l::/   .i~____~__|/
.,,;: .,;: .,;: .,,;: .,;: .,;: .,,;: .,;: .,;: .,,;: .,;: .,;: .,,;:           ̄ ̄     .l        :::::::::::|/     |_____|/
.,,;: .,;: .,;: .,,;: .,;: .,;: .,,;: .,;: .,;: .,,;::                        " ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄"
.,,;: .,;: .,;: .,,;: .,;: .,;: .,,;:
.,,;: .,;: .,;: .,,;:
.,,;:





このエントリーをはてなブックマークに追加

相棒-やる夫と古泉が二人で事件を解決するようです- 第九話 赤い車とスニーカー





up6662.jpg





このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫の城塞都市物語  第十話 「城塞都市の戦士たち」  








       ┏┓                  ┏┓
       ┗╋━━━━━━━━━╋┛
       ┏╋─────────╋┓
       ┃|             |┃
       ┃|    物 城 や.    |┃             ┌────────┐
       ┃|    語 塞 る     │┃             │          ......│
       ┃|       都 夫.    |┃             │   リュコス川   │
       ┃|       市 の.    |┃             │          ......│
       ┃|             |┃             └────────┘
       ┗╋─────────╋┛
       ┏╋━━━━━━━━━╋┓
       ┗┛                  ┗┛


二ユ i二二ユ i二二ユ |二コ |
二ユ i二二ユ i二二ユ |二コ ト、     ハ            原作 「コンスタンティノープルの陥落」 塩野七生
二ユ i二二ユ i二二ユ |二コ | |     _j_j____    __ __,
二ユ i二二ユ i二二ユ |二コ |_|    | iコ | iコiコiコ |.   | iココ |iiiii|    _  -  - 、
二ユ iニf爪川ハ:     |:. f爪川ハ.    | iコ | iコiコiコ |三._|__|_iii|二) |iiiiii| / ( 。 。 )ヽ
二ユ iニ川川川:.:...r=≠t川川j八::.   | iコ | iコiコiコ |三| iココココ |ii|三三|iiiiii| ゝ(_人_) ノ
:. :. .   iハ ハir=≠爻川__z------------──────────────---------------x_
:::. :. .   || ,.彡爻__: (_)二コ仁二コ仁二コ仁二コ仁二コ仁二コ仁二コ仁二コ仁二コ仁二コ仁二コ仁
爻ミ:::.  .:,ハ==(_)=| |工工工工工工工工工工工工工工工工工工工工工工工工工工工.r爻
爻ミ「i元元「i仁仁| |仁仁}.工.,. <>┴┴<> 、工工工工工工工,. <>┴┴<> 、工工工彡爻
__ 」 -‐=≠、二ソ二ソニ|工,.</三三>'´::.:.. \>、工工工工エ,.</:.:. :. .   . .: .:.:.:.:.:.:.\>、 彡爻爻
L二L二L二_ト、\二ソ二|,.<フ三>'´:.:. :. . .     ヽ>、工工エ,.<フ´:.:. .       . .: .:.:.:.:.::::ヽ>x爻爻爻
_」_」_」_」ト、\二ソ|.V三ア´::::.:.:. :....      Vj工工エV. :. .           . .: .:.:.:.:.:::Vミ彡爻
」_」_」_」_」__ト、\^|/ア:::::::.:. :. .          V工工V              . .: .:.:.:.:.:Vx彡爻
_」_」_」_」_」__,ト、「i/::::::::.:.:. :. ..          i.工工i               . .: .:.:.:.:i工爻
」_」_」_」_」x≦三:V::::::::.:.:. :. ..            |工工{                 . .: .:.:.|工メ
_」_」_」x≦三三三7:::::::::::::. :. ..          . .:.::::::::::::::.:. .               . .:.: ̄\
」_」__」x≦三三三三 7:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
_」x≦三三三三三ア::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::






このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫と学ぶ身近な宗教 その4 アブラハムの宗教~イスラム教~






   \.   \    |   ,、   //    /
     \.          ノソi゙ヽ     /       今回はイスラム教関係ですが、
` --...._   \       <,ノ.::i __`ゝ  /
               /.:::/´   /          いわゆる五行といわれるイスラームの義務だとか、
            / .:::,/
=-         ./ .:::/     ____     そのあたりのことは、社会の教科書でやるかと思うので、
───      / .::,/        ...._
_....-       /,.:::〆     \     ` --     省略させていただきます。
     /   ,;彡;ヾ'´       \
   /   ノノ{!ヽ.     |.     \
  /    ノj|||! し.  |   |   \   \
/     Jljjiし   |.   |    \   \
    ./        ||    |      \
    / /       ||.    |      \




参考までに

五行 (イスラム教徒が行うべき義務)

【信仰告白】 「神の他に神なし」「ムハンマドは神の使徒」という二つを認めること
【礼拝】    基本的に1日5回、メッカの方角を向いて行う
【喜捨】    財産から一定の額を喜捨し、貧しい人の生活費等にあてる
【断食】    ラマダーン月の一ヶ月間、日の出から日没まで食事をとらない 夜は食べていい
【巡礼】    1年に1度、メッカのカーバ神殿に向かって巡礼する月がある
         すくなくとも一生に一度は巡礼するように、とされている

六信 (イスラム教徒が信じなくてはいけないもの)

【神】      唯一絶対の神 旧約聖書では「神は己に似せて人を作った」とされるが
         イスラム教においては一切の表象を禁じている
【天使】     神の手足として動く存在
【聖書】     旧約聖書や新約聖書も認めているが、これらは「曲解」されてしまったとしている
         アラビア語で伝えられたクルアーンが、最高の聖書としている
【預言者】    旧約聖書の預言者やキリストを含む。ムハンマドを最後の、最高の預言者とする
【来世】     キリスト教の終末論と大体似ている。死後復活し、裁きを受け、楽園と地獄に分けられる
【予定】     神の絶対性、全ては神の意思で動いているとすること





このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫がタヒチの楽園で過ごすようです  番外編 マン島余話






┌────────────────────────────────────────────┐
│                                                             .. ..  │
│                                                             ..   ..│
│                                                            ..    ..│
│          バウンティ号の叛乱   ~やる夫がタヒチの楽園で過ごすようです~         .    ..│
│                                                            ..    ..│
│                                                           ..     ..│
│                                                           .. ..    │
└────────────────────────────────────────────┘



                               マン島余話


※本作は完全な創作です。





このエントリーをはてなブックマークに追加

やらない子が遊撃士になるようです  第一章 第4話 「君がいない」






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


            やらない子が遊撃士になるようです。


              第1章 ≪消えた飛行客船≫


                 第4話 「君がいない」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
.





このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫で学ぶ本格カクテル入門(ただし、生兵法)   その5






何万年もの時をこえて・・・?






   _____________
   |                   /| ガチャ
   |  /⌒i             / |
   |-/`-イ────────-イ  |
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   _____________
   |__/⌒i.__________/|
   | '`-イ   ./⌒ 三⌒\       |
   | ヽ ノ  /( ●)三(●)\    |  や~ら~な~い~夫
   |  ,| /::::::⌒(__人__)⌒:::::\   |
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                              +   +   ☆ガチャ
                                  __ /
  _____________        ((  i´| |`i  ))   +
  |_____________/|        /⌒i|__|i⌒i、
  |           /       |  |        |  く  ン 冫      +
  |.           |    \    \ .| ____/    ̄ /)
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \     ̄        |      )/)γヽ  +
                 \            |____  )/ ̄__ノ






      |┃三 ガラッ
      |┃  ____
      |┃/⌒  ⌒\
      |┃(●)  (●) \  えへへ~遊びにきたお!
───|┃:⌒(__人__)⌒:::::\
      |┃  |r┬-|     |⌒)
      |┃   `ー'ォ     //
      (⌒ヽ・    ・ ̄ /
      |┃ノ       /
      |┃   二つ  <
      |┃  (::)(::)   ヽ
      |┃/    >  )
      |┃     (__)



      |┃
      |┃  ____
      |┃/⌒  ⌒\
      |┃ (―)  (―)\
───|┃:⌒(__人__)⌒:::::\
      |┃           |
      |┃          /
      |┃ヽ・    ・ ̄ /じょおおお
      |┃ \    ,.:∴~・:,゜・~・:,゜・ ,
      |┃ヽ_)二つ‘∴・゜゜・・∴~・:,゜・・∴
      |┃  (::)(::)  ヽ     ・゜゜・∴~゜
      |┃/    >  )     ゜゜・∴:,゜・~
      |┃     (__)     :,゜・~:,゜・゜゜・~






このエントリーをはてなブックマークに追加

できる夫と"Dolls"の泥臭くいき苦しい百年後の未来の話 二章 カゴの鳥  後編










『カゴの鳥』(後)










.

このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫で学ぶ高校数学【場合の数・確率編】 後編






                       ((,.)´)´)´))
                        |~U~゚ ̄.|゚o
      ____           .「ニ| u    | O
     /⌒  ⌒\       , っΞl!.    |
   /( ●)  (●)\   /   i L| ____ .|
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\/  ノ . ̄''──┘ やらない夫ー!遊びに来たお!
  |     |r┬-|       |  /           確率・場合の数の続きをやるお!
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /







このエントリーをはてなブックマークに追加

やらない夫先生とフェイトおねーさんの楽しくクッキング 第14回 麻婆豆腐と昆布と豚肉の炒め物の巻






     / )           / ̄ ̄\
     l  /            /  ヽ、_  \
     l l          ( ●)(●)    |
   r―j l , -┐      (__人__)      |
  〈 l 〔  )' /       (`⌒ ´     |
  /ヽニイ  〈    .     {           |      〈⌒ヽ
  ` T′!   /          {        ノ      |  l
   \  イ           ヽ     ノ \     j  ,    やらない夫と
    /  ,    ____/ヽ'    / /   r― 、 /  /
    /   l   /ヘ l     ム l/ _/ /   /ヽ   〉'  /ー、
    l   ヽ ̄ ̄ | |    //  _ > ヽ| /  | /、  /  ト、
    |     l   ヽヽ   /l/// ̄ l  | イ //  \ /  / /-、
    ヽ _   -―┬ノノ  / l   \/  l( l / /     l/ / ハ  〉
            ̄ ̄7 /        / ̄〈 \   /ー{__∠-' /
              / /      /    \_,>-、_ノー一'






          ̄二ニ=.、,  丶、  ―― __
         /     ` ー  ´       `丶、
       /      ,.へ          ー‐-、` 、
__ _,. ‐'´/      /                ヽ/ !
`ヽ、__/     /  / / / /            ヽ ∨ !
     / /  /  ,' / / / /  , ヘ、       ',   |
.    / /  /   l ,' | i_!__| |  | |__|_| !  |  i | |
    |イ  /   ' | !  ィ'∧ハ∧!  |,ハト、ノノ`ヽ  ,' | ,'|
      |   !  | .| |  N,            / / N |
     '., ト、 l  | ト、  r ‐=ミ     ィ=- 、//  ! |
.      ヽ|. \ト, |  ヽ|             7  ∧ |    フェイトおねーさんの
           | |   ',      、       /  ,'   |
.            レ∧  ハ     r ァ     /   ,   |
           / ',   ! ` 、       イ   l     !
.           |  !  |/く/ `=  - ≦=|_|  |    |
        -―――|  |/::.{  /^\.  } |  |`ー-  |_
     〃::.::.::.::.::.::.::.::.|  |::.::.::.| /\V/, |::.:|  |ヽ::.::.::.::.::.::  ̄ヽ
     ∧::.::.::.::.::.::.::.::./:| |.::.::.::Ⅳ/∧\.Ⅵ::.|  |:.',::.:.::.::.::.::.::.::./::|
     |::.ヽ_ -――/::.ヽ|:.::.::.∧く_./ ヽ._>∧:| /:.::.〉――-- _/.:.:|
    _|::.::∧ /::.::.::.:: `ヽ _/::.マ¨ ̄ ̄¨フ\}__,/ ::.::.::.::.::.::.∧:.::.|
.  〃^|::. |::.∨::.::.::.::.::.く::.::.::.::.::.::.\::.::.::./::.::.::.\ ::.::.::.::.::.::.::∨::.|.::.|^ヽ






|//i//|  i  |//i//|  i  |//i//|  i  |//i//|  i  |//i//|  i  |//i//|  i  |//i//|  i  |
|//i//|  i  |//i//|  i  |//i//|  i  |//i//|  i  |//i//|  i  |//i//|  i  |//i//|  i  |
|/'\|/'\|/'\|/'\|/'\|/'\|/'\|/'\|/'\|/'\|/'\|/'\|/'\|/'\|

      (ヽ三/) ))
       ( i)))
   / ̄ ̄\ \                       _, - ̄ ヽ=.、,  ̄'´ ̄` ヽ
 /   _ノ  \ )                     ` ーー-ァ‐ /    .     ヽ
 |    ( >)(<)                        / / | // |∧ / リ/リ.  ヽ
. |  ///(__人__)                        / l !{ レ┼l‐l   l┼| |、|  |
  |     ` ⌒´ノ                        \!ヽ| | ●   ● | |ノ.|  |
.  |         }     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ       ヽ| l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ | │ 
.  ヽ        }      | 楽しくクッキング~ |    /⌒ヽ__| ヘ  ゝ._)  | | /⌒i |
   ヽ     ノ      ヽ_  ____ _/     \ /::::::| l>,、 __, イァ/  /│
⊂ヽ γ    く         ∨      ∨ .        从 l||l| |::ヾ∧∧ :|||l人. ∧ |
i !l ノ ノ    |                         ( ⌒ ):| |:::::〈∧〉-:/( ⌒ ) |
⊂cノ´|     |

|\./|\./|\./|\./|\./|\./|\./|\./|\./|\./|\./|\./|\./|\./|
|//i//|  i  |//i//|  i  |//i//|  i  |//i//|  i  |//i//|  i  |//i//|  i  |//i//|  i  |
|//i//|  i  |//i//|  i  |//i//|  i  |//i//|  i  |//i//|  i  |//i//|  i  |//i//|  i  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





このエントリーをはてなブックマークに追加

アルテナ様のおまじない(1/27訂正)






――――――― 日曜日 夜





  。    :::::            *          * 。    :::::            *
      ::::;;::::  。       o   。       o  ゚  ゚ ::::;;::::  。       o   。
      :::::        。           。         :::::        。           。
   ゚       .   ゚    ::    .   ゚    ::    ゚       .   ゚    ::    .   ゚
 *           *    ::;;::  ゚   *    ::;;::  *           *    ::;;::  ゚   *    :
   :::   。   f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ;;;::   :::   。    ゚     ::;;;::    ゚
           | ただいま帰りましたー。   | + :: :::::        *    ::;;;:      o
 ::  ,    ;    ;廴___________ ノ  ::  ,    ;    ;  ::::; :::::        。
. 。       o  ゚       .   ゚  \ ::    . 。    __________.   ゚    ::
.              ________________|__________|  *    ::;;::
 .   ゚    ::   l________________|             / ゚     ::;;;::
   *    ____.\  ________________|  ̄ ̄ ̄ |__,/  *    ::;;;:
  ゚    |_____.\|           _             _    |     :|   |  ;  ::::;
o     .+ \   ____|    | ̄ ̄ | |l0l|    | ̄ ̄ | |l0ll   |     :|   |  ゚
         \|    .:|    |     | | ̄|    |     | | ̄l   |     :|   |     _
             | :l´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄\    |   |______,| |_
.         l´ ̄ ̄ ̄|                            |.        \  .|   l── ‐| l,l,l,}_ ___ _
.         |     |________________,|___     \|   | _,,[ll| |lll]── ─‐─
_____,l____,`丶、┌─────────────.`ー─\      ̄ ̄ ̄|   :| |i
:::::::::::::::::::::::::`丶、┌──‐::|          _             _   :|  \       |   :| |
\::::::::::::::::::::::::::::::::|     :|     | ̄ ̄ | |l0l|    | ̄ ̄ | |l0ll   |:    \_____|   :| ┛





このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫で学ぶ高校数学【場合の数・確率編】 前編





      _,,:-ー''" ̄ ̄ ̄ `ヽ、
     ,r'"           `ヽ.
 __,,::r'7" ::.              ヽ_
 ゙l  |  ::              ゙) 7
  | ヽ`l ::              /ノ )
 .| ヾミ,l _;;-==ェ;、   ,,,,,,,,,,,,,,,_ ヒ-彡|
  〉"l,_l "-ー:ェェヮ;::)  f';;_-ェェ-ニ ゙レr-{   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  | ヽ"::::''   ̄´.::;i,  i `'' ̄    r';' }   | みなさんこんばんわ
 . ゙N l ::.  ....:;イ;:'  l 、     ,l,フ ノ   | まず最初にこのスレを開いてくれたことに感謝の意を表したい。
 . |_i"ヽ;:...:::/ ゙'''=-='''´`ヽ.  /i l"  < このスレは超超超基礎~超基礎までの場合の数・確率の説明をしたいと思う。
   .| ::゙l  ::´~===' '===''` ,il" .|'".    |  まぁゆっくりしてってほしい。
    .{  ::| 、 :: `::=====::" , il   |     \________
   /ト、 :|. ゙l;:        ,i' ,l' ノト、
 / .| \ゝ、゙l;:      ,,/;;,ノ;r'" :| \
'"   |   `''-、`'ー--─'";;-'''"   ,|   \_





このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫で学ぶフットボールの歴史  番外編18 アジアカップ日本VSカタール戦分析



               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \    ひさしぶりにきたお。
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \






               ____
             /       \
           /  ⌒   ⌒  \      今回はカタール戦について解説するお。
          /  (●) (●)  \
            l    ⌒(__人__)⌒    l
          \     `⌒´     /
          /              \





このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫は鎌倉幕府を成立させたようです 巻第肆拾壱





          ___                     |  \ \
    /    / ))))                     |
   /    /_ ⊂ノ                | ヽヽ .|\       人人人人人人人人人人人人
  /   / /              i 、、. | ヽヽ .|\   |  \   <                  >
 / / \ \  Λ_Λ  ド ド |ヽ   |\  |    |      <   入道ぉ! 入道ぉ!    >
/ /    \ \(; .´Д`)                        <                  >
/ /     ヽ      ⌒\                        Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`
/       ノ      /> >
        /     / 6三ノ
       /  / \ \ ` ̄
―    /  ん、  \ \         人人人人人人人人人人人人
――  (__ (   >  )        <                  >
⌒ヽ   ’ ・`し' / /        <  一大事でございます!   >
  人, ’ ’, ( ̄ /           <                  >
Y⌒ヽ)⌒ヽ、 )  |              Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`
         \_つ





このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤラナイ・O・ハロルドの事件簿 最終回 薔薇乙女たちの鎮魂歌 真相解明編






            _______________________     ┏━━━━━━━━━━┓
            | 八 八 八 八 八 八 八 八 八 八 八 八 八 |      ┃┌────────┐┃
            |=  瓜 瓜 瓜 瓜 瓜 瓜 瓜 瓜 瓜 瓜 瓜 瓜  =|     ┃│.ブルーベリー劇場..|┃
            |   ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;   |    ..┃└────────┘┃
            |   ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;   |    ..┗━━━━━━━━━━┛
            |   ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;   |
            |   ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;   |
            |   ;:::::::::::::____:::::::::::::::::::::::Θ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;    .|
            |   ;::::::::匚__|:::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::≡:::::::;   |
            |    ;::::::::::::::|:::::::|:::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::∥:::::::::;   |
            |  /..............d.....d.......................|.............................◎............\  |
            |/.....................................................人...................................................\|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
____________| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|____________
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫が鉄血宰相になるようです   その39







              やる夫が鉄血宰相になるようです



          ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            .キッ!   / \   / \
          ___∧,、 /  (●)  (●)  \____
           ̄ ̄ ̄`'` |    (__人__)    | ̄ ̄ ̄ ̄
          ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                     第十七章

            第二次シュレスヴィヒ・ホルシュタイン戦争

               その5 デュッペル要塞攻略戦






このエントリーをはてなブックマークに追加

やらない夫の風邪のお話








 ━┳┳━━┳━━ ━┻ ━ ┳┳━ ┻    ━┻━
       |::::::::::::::::::::::::::::::::::::|                               |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
       l::::::::::::::::::::::::::::::::::::i                               i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
       i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|                            |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
       l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i                              i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l
       |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i  ttp://zoome.jp/hatahata/diary/167  i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
       |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|                             |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i     ( ⌒ヽ
        ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::シ                            匕::::::::::::::::::::::::::::::::::::シ     (    )
      丿`  ̄ ゙ ~  ̄ ` ̄ ´i                              i ` ̄ ゙ ~  ̄ ` ̄ ´\     )   )
     r´            }                             {            `ヽ  ノ  ノノ
     ト-‐ '´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄7 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`' ‐イ ∠ノ ゞ゙´、
     `────────';.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.'────────´ ザッ
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
                                  ━┳┳━━┳━━━┻ ━ ┳┳━ ━┳━ ━┻┻━┻━






このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫が風邪を引いたようです





――――――― 金曜日、夜… 

  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::__::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  |:  |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
__,.|:  |__,.,_ _ __ __,.,___,.,__, ,__,.,_ ____ __,.,_ _ _ ,.,___,.,__,, _, _,, _ __,.,___,.,__,,____ ,_.
  |:  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
  |:  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:__________:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
  |:  | :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. /\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :._,,-
  |:  | : : : : : : : : : : : : //   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ : : : : : : : : : : :|_,,-
  |:  | . : . : . : . : . :∠/      \_________\ : . : . : . : . |.i-
  |:  | : : : : : : : | ___  |    | ̄| ̄||≡|   |_ : : : : : :|.l-
  |:  |   :   :  :  : |/\   \|__|_|_||≡|_ |」___  :  :|
  |:_|          //  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ .,,-''!.i-
  || ̄|          ∠/     \______________\,:::!.i-
  ||≡|  ,;:'""':;, '""':;, '""'':;,      |___i ..| | ̄| ̄|||≡| ,;:'""':;,"'':;,"'':;,
  ||≡| i':::::::::::::'i,,::::::::'i,,::::::::'i,      |┐┐|__|::::| | _|  |||≡|i':::::::::::::'i::,:::i,::::i,
  ||≡| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   |┐┐|||| :::| └| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ||≡|::::::::              |   |┐┐|||| :::|__| | ─┐
  ||≡|::::::::              |   ├―――‐|   | |   ̄
  |: ̄|::::::::             | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
,、,.|,.、.,|、.,.,,.、.,、,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.|,、,.、.、、.,,.、.,.,,.、.,.,,.、,.,| |、.,.,,.、.,.,,.、.,、.,.,.,,.、.,、.,.,.,.,.





このエントリーをはてなブックマークに追加

できる夫と"Dolls"の泥臭くいき苦しい百年後の未来の話 二章 カゴの鳥  中編









『カゴの鳥』(中編)











━─━─━─━─━─━─話を始める前に。








このエントリーをはてなブックマークに追加

相棒-やる夫と古泉が二人で事件を解決するようです- 第八話 美少女(笑)探偵の正体






         _   .. - ..
        _l ` く : : : :`: ー ..
        /´ :|: : : : : : : `丶: : `ヽ.
     / : : : :|: :{ : : \ : : : : \: : :!
    ///: :/ l : i : : : :\ : : : : ヽ: ヽ
  --'ァ :! :_l_ i : ヽ、: : : ヽ:__ l : :!:ヽヽ
    { : | : | __ミヽ: :ヤ>≦_ヽ: ト: :|: : ト\                             _____
     、:{ヽ:{《「:心 \:V丁_:小 :|ハト: :|                              /         \
     ヽ. ト! 辷リ   ヽ 辷リ小!/}l:ハ/ <この後は、土曜ワイド劇場「やる棒」     /            \
       |{    '        ! /イ′                            /     \,      ,/     \
       |:>..._  一   _ .イイ:/                             /  /´  `ヽ   /´  `ヽ  \
        ′ ヾ,.孑不不.ハ/  ヽ                           /    (   ● l    l ●   )    \
         j|>‐リrfぅく ハ                             |     ヽ_   _ノ   ヽ_  _ノ     |
          ,小. | {O○}つ.l                             |    ''"⌒'(    i    )'⌒"'     |
          / lハ|とr‐f  ̄ }              お楽しみにだお>    \       `┌,─'^ー,,-┤       /
       / l__ |。廴_L ィ´                               \     `ー -- -一'     /
       7=|__j !。 {_ハ                                 /                 \
       ヽ!ハT^ー、 ┬T′                              / ̄ ̄ヽ;               ヽ
            ||  ト l |                               (「    `rノ                |
          l.  | l i l                               ヽ   ノ              i   |
          j_j_ / l l__|                               i´ ̄ ̄`i                 l
          ー ´  ヾニ}




                  |   l     __   _|_ _|_            ~  ゝ-.、
               _ | ─ ̄ヽ    /    /|ヽ _|_          ゞ:{ イ:::::::〉
         ━━━━     |   ノ    /⌒ヽ  | | | ._|_ ━━━━    }::t__.ゝ:〈.
                  l       _ | | | | / +\         丶-/::::::::i
                   |      (_ノ   |   十             }::::::::::}
                                                ノ::::::::::冫
                                         ,-  - 、  }::::::::::I
         ┏╋────────────────╋┓   /:::::::::::::::::ヽ  ! :::::::i
         ┃| やる夫と古泉が              .|┃ く::ヽゝ:::::::::::::::ノ  .{::::::::f
         ┃|                          |┃  \:::::::::::::::::::::_つ !:::::::::ヽ
         ┃|    二人で事件を解決するようです |┃   |:::::::::::::::〈   i::::{ヽ:::ヘ.
         ┗╋────────────────╋┛   |::::::::::::::::::ヽ  {:::::! I::::!
                                         |::/ ̄ ̄ \)f:::::; j .ノ:::::〉

                   相棒 ~警視庁二人だけの特命係~

           Pre Season2
                  「第三話:美少女(笑)探偵の正体」






このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤラナイ・O・ハロルドの事件簿 第7話 薔薇乙女たちの鎮魂歌






              :: :: :::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : ::::::::::::::::::::::::::..
 [ ̄\/ ̄]         [ ̄]: :.:.:.:.:.:.:.:..: :..:.:. . : .: .: ::: :.:.:.:.:.:.:.:..: :.:.:.:.:.:.:.:.: :..:::::...
  |       | __   ___   | |__  __  rγ rγ __   ___::::::::::::: :: :: ::::::::::: :.:::..
  | |ヽノ| | f   |  f    | . |    |. f   | .[ ].[ ] f   |  f    |:: :::::: ::::::::::::::: ::: : ::::::::.:...
  | |. .| | 二]| | | ̄| | | | ̄| | 二]| | | | | .二]| | | ̄| | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 [_]  [_]( O ヽ [__]. [__] [__]. [__]( O ヽ .L_]L_]( O ヽ [__]. [__]___:::::::::::::::::: :::: :::::::...
     ::::: ::: ::  ̄ ̄            ̄ ̄        ̄ ̄:: :: ::: :+:|lll| |lll|lllllllllllllllllll!::::::::::::::::::::::
     ::: :: :: ::: ::::: ::::[ ̄ ̄丶o:::::::: ::: :: : :干::::::::::::: :::: :::::: ::::: :::::::: :: :: :|ロ| |ロ||||||||||||||||:::::::: :::::::: :::::::
   : : : :::: ::::::::::: ::::::: | | ̄) )           _ ._  ○      ____  ||||||:::::::::::::::::::::: ::
  ::: : : ::: :::: ::: :::: :::::::.| . ̄f'' /三ヽ /二 ̄] | | | .] [ ̄| /三ヽ.f .__ __ .| llllllll!:::::::::::: ::::::::::::
 ::: : : ::: : ::: ::: :::: ::::: :: | |\ ゝ( 、―┘( ( | | | | | | .| | ( 、―┘| | .| | .| | ||||||::::::::::::::::::: :::::
::: : : :: :: :::::: :::: :::: :::::: :[_] .[_]ヽ二7 ヽ二 .| ヽ 二_] [_] ヽ二7 [__][__][__] |||||||:::::::::::: ::::::::::::
::: :.::: : : : ::::: :::: :::: : : :::::| 「 「 「 「 「 「 「 「i |i | | o:::::|┌┌┌┌┌┌┌ li|lll|lllllllllllllllllll!:o::o::::::::::+:::::
:: :::::: :::::i: :::::: :::: ::: :::::::: | 「 「 「 「 「 「 「 「i | [_] | :+|┌┌┌┌┌┌┌ li|ロ||||||||||||||||__ii_o:::::::
:: :: : :三|三::: ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━.|||||||┌┌┌┌ |:::::::
: : __i__  闇  に  翔  ぶ  薔  薇  乙  女  た  ち   |||||||┌┌┌┌ |:::::::
  |Ll Ll Ll |ii━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ |||||||┌┌┌┌ |o:::::
  |Ll Ll Ll |ii|i: :+:::: o:: | 「 「 「 「 「 「 「 「i |ii| ロロロ|o :|┌┌┌┌┌┌┌| ̄ ̄ ̄|||||┌┌┌┌ |:::::::
同|Ll Ll Ll |ii|ユ+: :o :o| 「 「 「 「 「 「 「 「i |ii| ロロロ|L |┌┌┌┌| ̄ ̄ ̄ ̄| iエ!i|||||┌┌┌┌ |:::::::
廿干 Ll Ll |ii|___ f!f!| | 「 「 「 「 「 「 「 「i |ii| ロロロ|L |┌┌┌┌|i ロ ロ ロ ロ | iエ!i|||||┌┌┌┌ |:::::::
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| コ | f!f!| | 「 「 「 「 「 「 「 「i |ii| ロロロ|L|ii ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ロ ロ ロ | iエ|三三三三|i┌ |:::::::
| iエ! iエ! iエi.| コ | f!f!| | 「 「 「 「 「 「 「 「i |ii| ロロロ|L|ii 田田田田 | ロ ロ ロ | iエ|        |l┌ |:::::::
| iエ! iエ! iエi.| コ | f!f!|合 | ̄::::: :o: ::: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄从ii 田田田田 | ロ ロ ロ |Hl‐|合     |l┌ |:::::::
| iエ! iエ! iエi.| コ |三三三| ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ミ;;:;:ミ;从   門 | ロ ロ ロ |三三三三| ̄ ̄ ̄ ̄|





【第7話】

     薔薇乙女たちの鎮魂歌

.








このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫で学ぶ昭和天皇 後編






.::::::::::. :. :.: .::::::::::. :. :. :.:::::::::::::::::. :. :. :.: ::::::. :. :                                    .: .:. :. :.:::::::::::::
.: .: .: :::::::::::::. :. :. :. :.                                       . :.: .: .: .:::::::::::: .: .: .:. :. :. :::::::::::::::.:
                    ヾミミミミy彡'′                           . :. :. :.:::. :. :. :. :.::::::. :.::::
              ヾミミミミミy彡  ``ji彡: .:. :. :. :. ::::::::::::::::::::: .: .:. :. :. :::::. :. :. :.
                 ``ji'´    ji´. :. :. :. ::::::::::::::::::. :. :. :. :. :. :. ::::::::: .: .: .:. :.
           ヾミミミミミ斗彡彡 〃                                  ヾミミミミミy彡
    . :;:;..,"'`',:'':'`::;:     ``j!´   _〃彡彡                                   ``ji'´
ニニニニニニ,', ,'ニニニニニニニニニニニニニニニ,;;;;,                               ヾミミミミミ斗彡彡
'',,.:;:;''.:.::.:;';;;V'',,.:;:;''.:.::.:;';;;'',,.:;:;''.:.;;;'',,.:;:;:;';;;;;,',_,,.. .-‐ '''""~~""'‐- 、、                 . :;;: ;.: :;``j!´;:;:;;;:;:;;;:; :;;
;;.::..〃 '.::,';;;;,'.;;.::..,,''::.:.;;.::..,,'',,''.:'',;;;'',,.:;''.,';;;;;;;;;;',   .: .:. :. :. :. :. :. :. :.: .: .: .: .``ヽ、           .::;:;..,"'`',:'':;;;:;:;;:;;;:;;:;;;:;;:;;:;;:;;:;
'`',:'':'`::;:;..,"ヾヽ、(_)~゙~゙(_)::::l!(_)~゙~゙~゙~゙(_)~゙´ .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:. ,.  -‐ ── ─── ─── ─‐- 、;;;;:;:;;:;:;;;:;:;;:;:;;:;;:;:;:;:;;;:;
;;;:.'`',:'':'`::;:;..,".:.ヾ) ‐ -i::.:.:.:i|_ -_ - - _il |;;;;;,:'':、. :. :. :. :. :.: .:,. イ ,. -‐r‐rr ────‐rr‐rrァ- ‐-、、、`ヽ  . :;:;..,"'`',:'':'`::;:
;;;:'`',:'':'`'`',:'':'`ぐ_ - _‐i::.:.:.:i|_ -_ - - _il |;;;;;;;;;;:'`ヾヽ .. イ.,. イL」.::::.:::i|::i|:i| r'´r'´r'´r'´ i|:i|:i|. r'r'.i|i|i|i|i|. :;:;..,"'`',:'':'`'`',:'':'`
;;;;;;:'`',:'':'`'`',:'':`::ヾヽーrーーrーーrーrキ7;;;;;;;;;;;;:'`ヾヽ.. イ..ji::i|::i|::::.::::.i|::i|:i|.::::::::..:t'´ r'´:i|:i|:i|,,,..,,,..i|i|i|i|i|. ..,"'`',:'':'`',:'':'`',:;;;;;;;
;;;;キ::j キ:::::::...::'`',:'':`::ヾヽ.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:|.:.:.:|:1;;;;;;;;;;;;;;;;;;'':'`'`',:'':'`',,j|::i|.:::::.:::i|::i|:i|::::::.:::::::.:::::.:::::i|:i|:i|.:::::.:::::.::',,"'`',:'':'`',:'':'`',:'':';;;;;;;;;;;;;
;;;;;';Vノ.:::::lj!.::::`',:'':'`'ノノ;;;;;;;;;;;:;:;:.:.:.,, .:.:'',, .:.:'',, .:.、;;;;;;;;;;;;;;;',:'':'`'`',゙゙.:.:.:.:.:.`゙゙゙゙゙.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`゙゙゙゙.:.:.:.:.:.:.:.:."'`',:'':'`',:'':'`',:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;ij!,,, .._jjレノ:'`',:'':ノノ;;;ニニiiニニニiiニニiニニiニニiニニii! `',:'':'`',:'':'`'`',:'':、. :. :.: .: .:. :. :. :. :.: .: .: .:. :. :. :. :. :. :. :,,,,.州州洲'`キrキ''キキ
;;;;;;;ij!::.::::〃:'`',:'':'`'`',:'':`::、;;;;;;;;;;;;;;;;;;.:.:.. ,, .:.:'',, .:.:'',, .:.:'':.:.、`',:'':'`',:'':',:           - - _ ‐ _ ,,,.州州洲>キ'''´キ'''´-‐'''"
::::::::::.:.::〃;;;;:::.:..:.:.、,, .:.:'',, .:.:'',, .:.:'',, .:.:'',, .、ニニiニニiニニiニニii!┼┼' '゙゙        - _‐ - .._ ‐,,,.州州洲r'"´     ,, .:.:.:. ,::
:
                       ┏━━━━━━━┓
                         時は大正九年
                           1920年
                       ┗━━━━━━━┛





このエントリーをはてなブックマークに追加

やらない子が遊撃士になるようです  第一章 第3話 「君の知らない物語」





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


            やらない子が遊撃士になるようです。


              第1章 ≪消えた飛行客船≫


              第3話 「君の知らない物語」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫と学ぶ身近な宗教 その3 アブラハムの宗教~ユダヤ・キリスト教~





             __,,,....,,,__
         ,. '"´      `ヽ、        やる夫と一緒に、身近な宗教について学ぶ話です
        , '            ヽ,
      「ヽ.へ!_,--───-- 、  ',     普段避けがちな宗教について、
      / ,.--イン、´ ̄`゙ー--、 `ヽ、!     少し考えるキッカケになればいいな、と思います
     く7´/:::::::::/!:::,!:::/!:::::',:::::::Y´ `ヽ.
      .! ,ハ:::::/-レ' V !ヘ-!. / !`i.>'     初心者向け、大雑把に分かればいい、というスタンスなので
    -='~リイi (ヒ_] ,___, ヒ_ン ).| .|ヽ入      専門の方には物足りないかと思いますが、
     /ノ:::ハ/// ヽ_ ノ ///  ソ!ヾ::::ゝ    間違ってる部分も多々あるかと思いますので、
     _ノ:::::::::ゝ         ソ」:::::::::::ゞ    正しい説明等サポート頂ければ幸いです
     イ,.ヘ,| 人        ,イ/ヾハ!ゝ
          ` ー--─ ´ 



今回から世界宗教方面なんですが、基本的に神道以外は門外漢故、
だいぶわやわやした感じになっております









このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫が陸上自衛隊少年工科学校に入るようです 最終回 やる夫「その後」Part2(Final)






│ 元・自衛隊生徒のやる夫。
│ 彼が歩んだその後の人生とは・・・?
| 今回は、大学生編と社会人になるまでを駆け足でお伝えしつつ、
| 色々と>>1友にインタビューした事をまとめてみたよ!
..\                                       /
....  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ,.ヘ,. ,r:ヘ,
       /:::::::V:::::::::ヽ
       /:::::::::::::::::::::::::i,     
. /7   r'ニ二二二二ニ、). _   
 i゙ !   / <●> <●> ヾ,  `ヽ、  
. l !    l         ,//,  _  `ヽ
 i, ヽ,   !     匸「  /:シ,.-ニ._
  ヽ、'ー┘       ⊂ニ二.`  )
   `' ー!        ん!ゝ  ヾ,~
      |         `~''´    i,






このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫が陸上自衛隊少年工科学校に入るようです 第89話 やる夫「その後」Part1






│ 元・自衛隊生徒のやる夫。
│ 彼が歩んだその後の人生とは・・・・・・。
..\                                       /
....  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ,.ヘ,. ,r:ヘ,
       /:::::::V:::::::::ヽ
       /:::::::::::::::::::::::::i,     
. /7   r'ニ二二二二ニ、). _   
 i゙ !   / <●> <●> ヾ,  `ヽ、  
. l !    l         ,//,  _  `ヽ
 i, ヽ,   !     匸「  /:シ,.-ニ._
  ヽ、'ー┘       ⊂ニ二.`  )
   `' ー!        ん!ゝ  ヾ,~
      |         `~''´    i,





このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫が陸上自衛隊少年工科学校に入るようです 第88話 卒業式。涙。






│ いよいよこの日がやってきた・・・。
│ 希望に燃えてハツラツと・・・高鳴る血潮を胸に秘め・・・
| ここ武山に集い来て・・・はや3年。やる夫達の旅立ちであーる。
..\                                       /
....  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ,.ヘ,. ,r:ヘ,
       /:::::::V:::::::::ヽ
       /:::::::::::::::::::::::::i,     
. /7   r'ニ二二二二ニ、). _   
 i゙ !   / <●> <●> ヾ,  `ヽ、  
. l !    l         ,//,  _  `ヽ
 i, ヽ,   !     匸「  /:シ,.-ニ._
  ヽ、'ー┘       ⊂ニ二.`  )
   `' ー!        ん!ゝ  ヾ,~
      |         `~''´    i,





このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫で読む『南北山城軍記』『兼山記』 第7話 「姫ヶ淵」




━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

             やる夫で読む 『南北山城軍記』 『兼山記』

                 ~やる夫は鬼武蔵にボコられるようです~

                   第1部 第7話 「姫ヶ淵」

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


この作品は『南北山城軍記』、『兼山記』に>>1の妄想を加えて100倍に膨らませたタイトルに偽りありな読み物です。
要するにこの作品は、超人、変態、サディストが跋扈する異世界「美濃」を描いたフィクションです。
特に人間関係は99%がた>>1の妄想の産物です。架空の人物も登場します。
龍神の神子は登場しませんが、蛇神の化身は登場します。そして鬼武蔵に食われます。(=人=)合掌

【まとめサイト】
ヌー速様
ttp://gnusoku.blog41.fc2.com/blog-category-96.html

泳ぐやる夫シアター様
ttp://oyoguyaruo.blog72.fc2.com/blog-category-247.html




このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫で学ぶ東方Project入門  第十話 東方地霊殿 其の一








  ヽ'     /    '
      ミ /____   
   幻        /    
〉     ス    /                   泳ぐやる夫シアターttp://oyoguyaruo.blog72.fc2.com/
   想      /                ,r-、   AAまとめブログttp://blog.livedoor.jp/aamatome
         〈                  イ   ' 、
 '- 郷     \              /:::  ..: l やる夫で学ぶ東方入門 第10話 東方地霊殿 其の一
 /         \         、  /::::  ::.  ',
  .最     i―   ___,r-、,./: : : ヽ ./:::::::ヽ ::    '、
 ,、       |  r'": : : : : : : : : : : : ,.l':::::::::/} .:    ';
  !. 強   ,、 ,,. -`: : : : :.,.tf、)ノー'i、/::::::/ ,イ :    ::l
  ∧   /  l: : : : : : : : :.`'i’_.  =<ヾミヽ,/::  :   :::|
 レ'  ', /   ,ゝ: : : : : : : : : : ヽ, ,....ヽ'.)ソ{:::   .ヾ;: ::::l
    .V  ,r': : : : : : : : : : : : : :.!:'::::::/ ,.人;;    :::.::/
     /{: : : : : : : : : : : : : : /::::::::t_r'":::::::;;ヾ__,,,.. -‐、‐- ..,__
     ('  `つ: : : : : : : : : : ノ,.r'´   ...`ヽ、 .>    ',    {
      ,. -''":_: : -ー 、__,.-/ .j    .::::::::...::ヾ    ......}::::::::::::!
     {: : :./       _ .,!  |   .:::::::::::::::::ゞl.....:::::::::::ノ:::::::::::;!
     ヽ/    _,,,,,,ノ::::、  ',   .::::::::::::;;::;r" `ニ-‐〈、::::;;,<
   ,,. -''.,r' `''''''"::::::::::::::::::::::ヽ ヽ,、;;:::::::/       ヘ、ヾヽ、l
   /     :::::'      ` ー`〃,.r'/    ..::'`  ヾ:::::::ヽ
  /      j::  :::''"     '´|f/  〃  ..::'  .:    `:::::',
    i     .,.ノ   ;;::、,,__,,..、   |l !/´`ヾ、   .:::     ..:::、
  lゝ  ..:::::'    ,ノ      ヽ、  l!.|' ー- ヾ  `     ;:::::ヽ、
 t'  ..:'    ,. '"        `ーゞl  、    }   ::::...   }:::::::ヽ,
  ;:::'   ./              ヽ    .j// ..::'    'l!、:::::::',
   i   ,'                 ',   /∠:::::::::::....    `;::::::::::l
      /                  〉=≠二__  `::::::::.....  '::::::::| |!
   ..,,ノ                   }ニ二,,___─        .| ';ヽ、
 :::::V                     /     ヾ::`ゝ、ヾ,    |   ';:::ヽ
 ''"                      l      ヾヽ、::::::::ヾ、ヽ .|   ';:::::`l  //
                        /      .:',  `ヽ、:::::ヾ| |    ';:::::>' 
                       /       .::::::',   `ヽ、::|     レ  
                      /       ::::::::::',             風  /
                     /        ::::::::::::',    ス      /::
                     ,!         ゙::::::::::::'、   レ    見  '´
                    ,l    .  ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄           
                    ,l        `ヽ、           開     幽  
                    |           `ヽ、     .始       
                    |       .      `ヽ,          香






このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫がフランス革命を生き抜きます  番外編『あの人たちは今!? フランス革命編』






    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  気分がなんとなく落ち込む
 iミ}ミ{@ @ミ! 
 iミ}ミ{U ー ミ! 『あの人たちは今!? フランス革命編』
 }ミ{足_〒)ヽ
  `i,J( 了´  をお送りします。
    }_ノノ
    ヒ}ノ





このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫が陸上自衛隊少年工科学校に入るようです 第87話 分隊指揮、自衛隊体操テスト






│ 少工生活3年間の集大成として・・・3等陸曹としてふさわしい指導が出来るか、
│ 自衛隊体操や、分隊教練のテストが行われるのだ。
| 
| 分隊教練とは、例えば新隊員などに、集団で動く時の動作を指導する事であーる。
..\                                                /
....  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ,.ヘ,. ,r:ヘ,
       /:::::::V:::::::::ヽ
       /:::::::::::::::::::::::::i,     
. /7   r'ニ二二二二ニ、). _   
 i゙ !   / <●> <●> ヾ,  `ヽ、  
. l !    l         ,//,  _  `ヽ
 i, ヽ,   !     匸「  /:シ,.-ニ._
  ヽ、'ー┘       ⊂ニ二.`  )
   `' ー!        ん!ゝ  ヾ,~
      |         `~''´    i,




Wikipedia:基本教練

ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9F%BA%E6%9C%AC%E6%95%99%E7%B7%B4






このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫が陸上自衛隊少年工科学校に入るようです 第86話 百人一首の審判やるお!






│ 1年生の冬にやった百人一首大会・・・
│ 3年生になると、今度は大会の運営側に回るのだ。
| やる夫はと言うと・・・・・・。
..\                                       /
....  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ,.ヘ,. ,r:ヘ,
       /:::::::V:::::::::ヽ
       /:::::::::::::::::::::::::i,     
. /7   r'ニ二二二二ニ、). _   
 i゙ !   / <●> <●> ヾ,  `ヽ、  
. l !    l         ,//,  _  `ヽ
 i, ヽ,   !     匸「  /:シ,.-ニ._
  ヽ、'ー┘       ⊂ニ二.`  )
   `' ー!        ん!ゝ  ヾ,~
      |         `~''´    i,





このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫が陸上自衛隊少年工科学校に入るようです 第85話 銃剣道、銃剣道大会






│ 3年生冬の大イベント。それが、銃剣道大会である。
│ 国内の競技人口は殆ど自衛隊関係者で、一般人は少しだけという、
| 超マニアックなスポーツ・・・それが「銃剣道」であーる。
| 
| 少工生は、3年生で必修となるのだ。もちろん、部隊に行ってからも
| 銃剣道大会等に参加する機会は多いのだ・・・。
..\                                       /
....  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ,.ヘ,. ,r:ヘ,
       /:::::::V:::::::::ヽ
       /:::::::::::::::::::::::::i,     
. /7   r'ニ二二二二ニ、). _   
 i゙ !   / <●> <●> ヾ,  `ヽ、  
. l !    l         ,//,  _  `ヽ
 i, ヽ,   !     匸「  /:シ,.-ニ._
  ヽ、'ー┘       ⊂ニ二.`  )
   `' ー!        ん!ゝ  ヾ,~
      |         `~''´    i,




Wikipedia:銃剣道

ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8A%83%E5%89%A3%E9%81%93





このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫が陸上自衛隊少年工科学校に入るようです 第84話 久里浜駐屯地での生活






│ 3年生の後期になると、機械科区隊は1ヶ月、電子科区隊は2ヶ月の
│ 基礎電子課程入校があるのだ。
..\                                                   /
....  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ,.ヘ,. ,r:ヘ,
       /:::::::V:::::::::ヽ
       /:::::::::::::::::::::::::i,     
. /7   r'ニ二二二二ニ、). _   
 i゙ !   / <●> <●> ヾ,  `ヽ、  
. l !    l         ,//,  _  `ヽ
 i, ヽ,   !     匸「  /:シ,.-ニ._
  ヽ、'ー┘       ⊂ニ二.`  )
   `' ー!        ん!ゝ  ヾ,~
      |         `~''´    i,





このエントリーをはてなブックマークに追加

アクセスランキング アクセスランキング アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。