ブログパーツ 泳ぐやる夫シアター 歴史系(世界史) やる夫で学ぶ第一次世界大戦


















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

やる夫で学ぶ第一次世界大戦  ~開戦前夜編~






                            //^7\
                           //||//:::::::::\.、 こんばんは。解説のちゅるやにょろ
                          ./ ||:::::::::::::::::::::::::ヽ. 、皆さん、第一次世界大戦って知
        ,_,,----‐‐、,,_          ,/ /\ :::::::::::::::::::::ヽ:、  ってるにょろ?
      ../ "       `ヽ、       / /  \ :::::::::::::::::::|:|  馬鹿にするなって?
     ''"´___       \     / /    \ ::::::::::::::|:|   まぁ、そうにょろね。
    '" /::/ / ヽ--、,,,,,    `ヽ、  / /      ヽ :::::::::::|:|  でも、この国の教科書
   ノ /:://, '/     ヽハヽ,     i / /        | :::::::::::|:|  ではとても扱いが
   / /::〃 {_{三三三三 リ| i、    / /.         | ::::::::::|:| 小さいから、忘れてしまっている
    ヽ:::レ!小lノ三三三`ヽ 从 i.   / /          | :::::::::|:|  人もいそうだにょろ。
     \:|l ●三三●  |  i.、 / /           | :::::::::|:|
       |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  ムi/ /            | ::::::::// 今日は、そんなマイナーな戦争の
       | l>,、 __, イァ/// /             | ::::::// 時代へ皆さんをお連れするにょろ。
       /λ.|三-'//// / /\            | :::://
       | | \─/ /  / /  \          / :://   第一夜は、開戦前夜編。
      / |   У  /  | 彡ミ、   λ       / ./
     /        / / 彡ミ、|     |\    //
    /   | \_/  / /  |::::::::|    |  \      オーストラリア皇太子が暗殺
   /    〉 _    / /   |::::::::v   |   \   されてから、開戦までの約一ヶ月間
   |  (三7   ̄7≦彡ミ  λ::::V   ,ノ     \     の出来事をお見せするにょろ
   |  ム:::/    |:ミ彡ミ / 从V   /      /
   |   V     / /  |   \_,ノ      / それでは、はじまりはじまり・・・
   λ       ,/ /   |  /          /

(ちなみにスレ立てだけ代理人だからIDが違うにょろ)








スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫で学ぶ第一次世界大戦  第二夜 「揺れるイギリス燃えるベルギー」 







                            //^7\
                           //||//:::::::::\.、こんばんは。解説のちゅるやにょろ。
                          ./ ||:::::::::::::::::::::::::ヽ.、前回は第一次世界大戦に至る
        ,_,,----‐‐、,,_          ,/ /\ :::::::::::::::::::::ヽ:、までのお話だったにょろ。
      ../ "       `ヽ、       / /  \ :::::::::::::::::::|:|
     ''"´___       \     / /    \ ::::::::::::::|:| 露独仏の総動員開始によりいよいよ
    '" /::/ / ヽ--、,,,,,    `ヽ、  / /      ヽ :::::::::::|:| 大陸の大戦争は不可避に!
   ノ /:://, '/     ヽハヽ,     i / /        | :::::::::::|:| 暗雲立ち込める中、イギリスは揺れ動く
   / /::〃 {_{三三三三 リ| i、    / /.         | ::::::::::|:|
    ヽ:::レ!小lノ三三三`ヽ 从 i.   / /          | :::::::::|:|  一方、
     \:|l ●三三●  |  i.、 / /           | :::::::::|:|  シュリーフェンプランに従って
       |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  ムi/ /            | ::::::::// ベルギー国境を突破するドイツ軍
       | l>,、 __, イァ/// /             | ::::::// その数30個師団以上!
       /λ.|三-'//// / /\            | :::://
       | | \─/ /  / /  \          / ::// 迎え撃つは、名君アルベール一世
      / |   У  /  | 彡ミ、   λ       / ./  に率いられた、わずか6個師団の
     /        / / 彡ミ、|     |\    //   ベルギー軍!
    /   | \_/  / /  |::::::::|    |  \       果たしてベルギーの運命は!?
   /    〉 _    / /   |::::::::v   |   \   
   |  (三7   ̄7≦彡ミ  λ::::V   ,ノ     \  第二夜は「揺れるイギリス 
   |  ム:::/    |:ミ彡ミ / 从V   /      /          燃えるベルギー」
   |   V     / /  |   \_,ノ      /  それでは、はじまりはじまり・・・・
   λ       ,/ /   |  /          /






このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫で学ぶ第一次世界大戦  第三夜 「イギリス参戦&国境の戦い・前編」 







                            //^7\
                           //||//:::::::::\.、
                          ./ ||:::::::::::::::::::::::::ヽ.、 瞬く間にベルギーを突破し、
        ,_,,----‐‐、,,_          ,/ /\ :::::::::::::::::::::ヽ:、 フランス国境に迫るドイツ軍!
      ../ "       `ヽ、       / /  \ :::::::::::::::::::|:|
     ''"´___       \     / /    \ ::::::::::::::|:| 対するフランスは、十七号計画
    '" /::/ / ヽ--、,,,,,    `ヽ、  / /      ヽ :::::::::::|:| を発動し、アルザス・ロレーヌ
   ノ /:://, '/     ヽハヽ,     i / /        | :::::::::::|:| の奪還を狙うにょろ!
   / /::〃 {_{三三三三 リ| i、    / /.         | ::::::::::|:|
    ヽ:::レ!小lノ三三三`ヽ 从 i.   / /          | :::::::::|:| ワーテルロー以来100年ぶりに
     \:|l ●三三●  |  i.、 / /           | :::::::::|:| ヨーロッパへ上陸したイギリス軍を
       |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  ムi/ /            | ::::::::// 待ち受けていたものとは?!
       | l>,、 __, イァ/// /             | ::::::// 
       /λ.|三-'//// / /\            | ::::// 煽り文考えるの面倒になってきたにょろ
       | | \─/ /  / /  \          / ::// とにかく、戦争がどんどん激しくなってきたにょろ
      / |   У  /  | 彡ミ、   λ       / ./
     /        / / 彡ミ、|     |\    // やる夫で学ぶ第一次世界大戦 第三夜
    /   | \_/  / /  |::::::::|    |  \      「イギリス参戦&国境の戦い・前編」
   /    〉 _    / /   |::::::::v   |   \    
   |  (三7   ̄7≦彡ミ  λ::::V   ,ノ     \   はじまりはじまり~
   |  ム:::/    |:ミ彡ミ / 从V   /      /
   |   V     / /  |   \_,ノ      /
   λ       ,/ /   |  /          /






このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫で学ぶ第一次世界大戦  第四夜 「国境の戦い・後編&マルヌ会戦」 







             r‐、,,、            _,,―┐                           
       ,,、,、   ゙'i、 ゙,!        _,,,,,,-‐′  ゙l             /'‐、            
       ヽ \   `゙゙゙゙_,,,_    .{ ̄`     ./                ヽ .ヽ            
        ゙i、 ヽ._,/' ̄`  ⌒'''i、  `'--┐   ,/          ィ'ヽ,,,,,-,丿 ―ー'''''''‐、      
     .,-、,,,,,,,) ″ ,,---―-.  ゙l   .,/`  ,/_,,,、         \  ._、 ,,,_,,,,,,,,,,,,丿      
     ‘-,,,_ _. _、 ,i´     ,/  │  .,/`   ``  ‘'-、        `゙"゙゛ |  .|`           
        ```│ .゙i、    ,i´  / ./    .,,,---. `'i、   .,,,_      .|  .|           
           l゙  ゙l  .,/._,-''"  ,i´   ._,/゛   ヽ  .ヽ   ヽ.`ー‐''''''''''''″ `''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙'┐  
              |  ゙l  `゙"`    ヽ, _/゛       ゙l  |    \,,,,,,,,,,,,,,,,,、  ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,丿  
           |  ゙l        ‘゜ .,―‐'・ヘ、、  |  .|          |   ゙l,          
           ゙l  '|、         ,i´     `'-,,l゙  l゙         ,l゙  .,..ヽ         
            |  ,|         |  .,i´゙゙゙''i、    /         ,l゙  .,l゙ヽ `'-、       
            |  .ト         ゙l  ゙=--‐゙   .,,-゙            丿  ,l゙  \ ‘'-、     
               !. |          `-、    _,,/゛        _,/  .,/`   .゙l,、 `'-,、   
                “″           ゙゙''ー'''''"`            ,,r'"  .,/     `'、、  │   
                                   _,,,,,,-''",,,,―‐'"         `'''''''"    
    ,-i、      ,,,,、                     ゙‐'―''"                    
    ヽ `i、    ,/` `゙l     .,,,_,、  /''‐,                            _,,,,、      
     .|  |   .,/`   l゙    ./  ./゜  |  ゙l         r¬┐    ./゙''i、   .〈 ̄`  `i、     
     l゙  ,|  丿    |   ./  ./   ゙l  ゙l     丿  |    /`  ,/    `''、 ./"`      
     |  | ,l゙  ,i、  │ ,,i´  /     ゙l  ゙l、   ノ   .|   ,/  .,/`     |  |        
     |  レ゜  ,i´゙l  ゙l./  .,/`      ゙l、 .゙l  .,,i´    │  ,/  /       |  ゙l       
     |     ,/  ゙l  ‘` .,,i´        |  .| ./  ,-、  | /  /       |  |        
     |    丿   |    ./′           |、 .`'′ / .|  ゙l/` .,/′       .|  .|       
     |   /    ゙l、 ./          │   .,,/`  .|    .,/`         ゙l  |       
     ゙l,,_,,,ノ     ‘゙'''"              ゙l_,/    .゙l,   /          |  .|       
      `                                ヽ--"           r‐―"  ゙冖'''''i、    
                                              ゙-,,-------、-┘ 








                            //^7\
                           //||//:::::::::\.、 
                          ./ ||:::::::::::::::::::::::::ヽ.、  
        ,_,,----‐‐、,,_          ,/ /\ :::::::::::::::::::::ヽ:、 17号計画発令とともにフランス軍右翼は
      ../ "       `ヽ、       / /  \ :::::::::::::::::::|:|  手薄なはずのドイツ軍左翼へ攻撃を開始!
     ''"´___       \     / /    \ ::::::::::::::|:| 
    '" /::/ / ヽ--、,,,,,    `ヽ、  / /      ヽ :::::::::::|:| でも、周到に準備されたドイツ軍の塹壕線を前
   ノ /:://, '/     ヽハヽ,     i / /        | :::::::::::|:|  にあっさりと食い止められてしまうにょろ。
   / /::〃 {_{三三三三 リ| i、    / /.         | ::::::::::|:|
    ヽ:::レ!小lノ三三三`ヽ 从 i.   / /          | :::::::::|:| 一方、ドイツ軍右翼の前に立ちはだかるのは、
     \:|l ●三三●  |  i.、 / /           | :::::::::|:|  フランス第五軍と盟友イギリスの大陸派遣軍!
       |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  ムi/ /            | ::::::::// 
       | l>,、 __, イァ/// /             | :::::://  のはずが、数々のすれ違いから両者の
       /λ.|三-'//// / /\            | :::://  不信感は増すばかり・・・
       | | \─/ /  / /  \          / :://  果たして彼らはシュリーフェンプランを阻止できるのか?!
      / |   У  /  | 彡ミ、   λ       / ./
     /        / / 彡ミ、|     |\    // やる夫で学ぶ第一次世界大戦 第四夜
    /   | \_/  / /  |::::::::|    |  \      「国境の戦い・後編&マルヌ会戦」
   /    〉 _    / /   |::::::::v   |   \    
   |  (三7   ̄7≦彡ミ  λ::::V   ,ノ     \   はじまりはじまり~
   |  ム:::/    |:ミ彡ミ / 从V   /      /
   |   V     / /  |   \_,ノ      /
   λ       ,/ /   |  /          /






このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫で学ぶ第一次世界大戦  第五夜 「タンネンベルクの戦い」







                          //^7\
                         //||//:::::::::\.、
                        ./ ||:::::::::::::::::::::::::ヽ.、現役最古の歴史系やる夫スレに
      ,_,,----‐‐、,,_          ,/ /\ :::::::::::::::::::::ヽ:、ようこそ!
    ../ "       `ヽ、       / /  \ :::::::::::::::::::|:|
   ''"´___       \     / /    \ ::::::::::::::|:|
  '" /::/ / ヽ--、,,,,,    `ヽ、  / /      ヽ :::::::::::|:| 今回のお話は東部戦線。
 ノ /:://, '/     ヽハヽ,     i / /        | :::::::::::|:| 歴史的なマルヌ会戦の裏で
 / /::〃 {_{三三三三 リ| i、    / /.         | ::::::::::|:| 戦われた、もう一つの決戦!
  ヽ:::レ!小lノ三三三`ヽ 从 i.   / /          | :::::::::|:|
   \:|l ●三三●  |  i.、 / /           | :::::::::|:| やる夫が実に半年振りに
     |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  ムi/ /            | ::::::::// 大活躍にょろ!
     | l>,、 __, イァ/// /             | :::::://
     /λ.|三-'//// / /\            | :::://
     | | \─/ /  / /  \          / :://
    / |   У  /  | 彡ミ、   λ       / ./
   /        / / 彡ミ、|     |\    //
  /   | \_/  / /  |::::::::|    |  \  それでは、やる夫で学ぶ第一次世界大戦
 /    〉 _    / /   |::::::::v   |   \ 第五夜「タンネンベルクの戦い」
 |  (三7   ̄7≦彡ミ  λ::::V   ,ノ     \
 |  ム:::/    |:ミ彡ミ / 从V   /      / はじまりはじまり~
 |   V     / /  |   \_,ノ      /
..λ       ,/ /   |  /          /







     l''''''''''i、   .,/'''''''>  ._,-‐'"゙'''-,/'''''''i、 ./'''''',!,,-‐'',! ./''''''',!   /'''''''i、  .,,-‐'''゙゙゙^''‐.             
     ゙l   |  ,/` / ,/  _,,,,,、   │ ,"  ゙_,,,ノ │  ,i´  │  ,i´ .,/  ,,,,,,,、  ゙'、            
     │  .゙l.,,i´ ./  ,i´  /  `'i、  ,l゙ │  ,,i´   ,i´ │  .,l゙  │ .,i´  ,i´  │  .,!             
     ゙l   ` ./   l゙  〈、 ._/ │ ,i´ │    ,i´  l゙  ,/  │ |  .゙l   _/  .,/             
      ゙l   ./    .|、  `'''"`  /  /  │    |   `'''''"  /  .゙l、  `'''''″ .,,-′             
     .,,i´ ./      `-,,,,,,,,/ミ,,,,,ノ  .く,,,,ノ     `'-,,,,,,,,,,,,-‐'′   `-,,,,,,,,,,,,-‐'"               
    ,,i´ ./                                                         
  .,-′./                                                           
  ┴―"                                                            
                ,,,,,,,,,,、    .,,,,,,,,,    .,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,    .,,,,,,,,,    .,,,,,,,,,.      .,,,,,,,,,.     
                |   |   .ノ   |   /  ,/ |   |    ,i´  |   .,″ ,i´      .l゙  /     
                  |   |   ,/`   |   ノ  .ノ .|   |   ,/`   |   ノ  .,/`      │  .l゙      
                  |   |  ,/`    |  丿  ,i´  .|   l゙  ,i´    .|  丿  ,/       丿  .,i´      
               ,l゙  | .ノ  ,∩  | 丿 .,/′  ,l゙  | .,/` .,/|  .| 丿  ,/`       ,l゙  /       
               |   l,i´ ,/` |  .レ゜ /    |   l,/` .,/ |  .レ′ ,i´        /  /       
               |    /  l゙    ,/     .|    /  l゙    ,/        │  /        
               │   /   |   .,/      .|   /   |   .,/`        ,l゙  丿        
                  '!----′   .!----′      !----′   .!----′           '---ノ  





このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫で学ぶ第一次世界大戦  第六夜 「ガリシア緒戦 ~でっていう vsクマー~」







┏━┳━┳┳━┳━┳━━━━┳━━┳━┳━┓
┣━┛  ┗┻━┻┓┗━┳━  ┃┏━┛  ┗━┫
┣━┓  ┏━┓  ┃   ┃━━┫┣━┫  ┣━┫
┃  ┃  ┃  ┛  ┃┏━┻┓  ┃┗━┓  ┏━┫
┃  ┃  ┣━━━┛.┃┏┓┃. ┃  ┏┛  ┗┓┃
┃  ┃  ┃      ┃┗━┛  ┃┏┛  ┃  ┗┫
┃  ┗━┛      ┗━━━━┛┗━━┻━━┫
┣━━┓┏━━┳━━┓┏━━┓┏━━━┓  ┃
┣┓┏╋╋┓┏┻┓┏╋╋┓┏┛┗┓  ┏┛  ┃
┃┃┃┃┃┃┃  ┃┃┃┃┃┃   ┃  ┃   .┃
┃┃┃┃┃┃┃  ┃┃┃┃┃┃   ┃  ┃   .┃
┃┃┃┃┃┃┃  ┃┃┃┃┃┃   ┃  ┃   .┃
┃┃┗┛┗┛┃  ┃┗┛┗┛┃  ┏┛  ┗┓  ┃
┗┻━━━━┻━┻━━━━┻━┻━━━┻━┛







.       ,r-.y- 、
.      ,i'''''Y-- ,゙l,   オーストリア皇太子暗殺によって
  ,r''':::::::::゙ 、刈 r;.j゙:i    ヨーロッパの火薬庫に火がつき、
 ,i':::::~':'~':::::::::`- "''':::i    天才外交官・ベルヒトルトの暗躍によって
. l:::::::::::::::::::::::::::;.........::::゙ヾ    ヨーロッパは未曾有の大戦争に突入したっていう。
. i::::::::::::::::::::::::::{.   ::::::::}
 ゙l、:::::::::::::::::;:::'  ,.::':::,-''    そしてついに天才戦略家
.  ゙-、---'   ;:::ぃ''゙;ァ      コンラート様の出番が来たっていうwwww
    ` ̄''''i  ゙;::゙l,;;;'-.ュ
       l..  ;:::゙-、;;l,....、   ,...   ,.,.、 華麗な戦略で、セルビアもロシアも
       l   ゙;:::::::::::'''i, ゙l;;;;;;゙;i l-'''"::::j 'ボコボコにしてやるっていうwwwwww
       ,l   ;,::l::::::k:l l;;;;;;;;;l .l:::::::::::;'
.      ,;''::a. r'::::x;,.:::::::゙、.ゞ::::'' ノ::::::::/
.      i、t/\゙-z:' ゙ :,:':::゙---':::::::,r'  それでは、「でっていうで学ぶ第一次世界大戦」
       ~  ゙-、   i:::::::::::::::i,,.-''   第六回「ガリシア緒戦 ~でっていう vsクマー~」
           `'''七:マ:::::::::::i      はじまりはじまりっていうwwwwwwwww
.            ,r÷,チ;;;;;;;;;;;;<
            {;;;;;(;;;;;;;;;;;;;;;;;;;) あ、やる夫には今回も出番はないっていうwwwww
            '''''ー─-=-'' 主役も脇役も解説も全部でっていう様のものっていうwwwww





このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫で学ぶ第一次世界大戦  特別編 「ゲーベン号で行く東地中海逃走劇」   その1







   :.:.:::.:::.:::.::.::(
..       :::.:::.::.::ヽ
:::::....      :::::::::`'''‐‐--''''つ
.:.:.:.:.:.:....      ::::.:::.:::.::(´
::::::::::::::::::::....         :::::::ヽ、__-‐ 、
:::::::::::::::::::::::::::....        :::::::::::.:::.:::.ノ
:::::::::::::::::::::::::::::::::....           ::.::.::.:(   ,.-
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::....            :.:` ̄: : :
    :.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::....
      _ __:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::....
:::.. :::..   `ヽ、`\:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::....
::::.. :::::::..    `ー、 ヽ,_:.:.:.:.:.:.:.:::::::::...
::::::.. :::::::::..      ,>  └―‐‐ 、:.::::::::::...
::::::::.. :::::::::::..   '‐、 「´ ̄"''ー、 \:.:::::::::..:..
:::::::::::.. ::::::::::::..    `′     `゛` :.::.:.:..:.:.:.:...
::::::::::::::.. :::::::::::::..        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.::.:.:::....
   , ⌒ヽ:::::::::::::::..      . .. ...::.:::    ____ .:::...
丶''′  / :::::::::::::::::..         __┌‐ー'´,--‐'"´ :.:.:.::....
    (   :::::::::::::::::::....     r'´_,.-‐-、''ー、 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.....
     `‐' ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.. ,ィ'´''"´    レ'"´ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::....
       丿:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::..        : : : : : : : : : : : : : : .
       ヽ___ノ´ ̄ ̄`ー、         : : : : : : : : : : : : : : .
                 ):::..        : . : : : : : : : : .
                /:::::.:.::..
               (_::::..:.:.:.::..       地中海・・・・
             :.:.:.:.:.:..:.. :.:.:.:.:.:.::..
               : : : : :::.. :::: : : : :..






このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫で学ぶ第一次世界大戦  特別編 「ゲーベン号で行く東地中海逃走劇」   その2








同日・メッシナ







、  /                ,i´           ,-,,,-}                    _,,,,,,,,,,ノ   ―ーl゙      .゙l,_,,/゛
`''v/               ゙l         r"  {,r‐.                ,--"           l゙`
  `\,、 、      ___    .ヽ._,-''ー、,、   │  `゜ ゙l、      ./''――‐'!、     ._,,,,,---│
     `゙"\、 r'"゙゙^ ヽ,,,,,_,‐'''“    │   \、   ヽ、     |     /\,,,,,,,,,,,,,,/`   .,ノ
        ゙""ン      `    ,ι |、    │   .\、  .,,,/     `'、         l          _,,,,,,.
        .,,,,-″            ,i´|  `i、    \    `''''-,,{ `'-、    l゙         ヽ、       .,,/`   `
     _,r'"゙″              | │   `'、、   \_     `'i、 `i、   |             ゙l     ._/
   /                  ゙こ     .\    `゙',i´     ゙,! ゙l、   ゙l,---,、      .,,,,ニ-/''''''"`
   l゙    .,,-. ,,-、      r'"` |      `゙゙゙゙'i、   `゙'ー-,,、  .|  ゙l,-‐''″  .,,,ミr---,,,..,/` .r┘
   ゙l  ,, ヽ,,ソ `′      ゙l  .゙l        `''i、   ,-,.`'i、 .|   |   lヽ, .,,゙l,、   ''ニ゙‐'''''''"`
 .,i´   ゙″               | 、}          ‘'i、 l′.ヽ,l゙ ヽ ,,″  ‘-"'゙'"   .l,_、
-″                ‘'"`゜    ___   │ ゙'i、    `く、   .,-|、     .ヽ
                          メッシナ \ ,",r'"      〈、 ___.゙lミ,〈ヽ、   .,-ノ
   ,,,,,,,,,_   __                l¬--,,,,,,(,/        `,―-ハッニトミ,!、   ̄'i、
¬''''゛    ゙゙゙゙̄` ゙̄''-,,,/―-i、,,,,,―-,    `'-、   .|           ゙i、  ィ〈i、  `゛    ヽ__,,,、   ,-、,,,、   ,,-
                      `''゙,!    `'-、,_│           く,-,.,゙l,、          ゙'-,,,,,,/   `'―‐'"
                      l″       ``             ``″                  ┌ー''′
                       ゙,!                           ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,、              <_,,/
                         ,,,ノ                        `゙゙"'、,,,,,/








このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫で学ぶ第一次世界大戦  特別編 「ゲーベン号で行く東地中海逃走劇」   その3








                            //^7\
                           //||//:::::::::\.、
                          ./ ||:::::::::::::::::::::::::ヽ.、
        ,_,,----‐‐、,,_          ,/ /\ :::::::::::::::::::::ヽ:、
      ../ "       `ヽ、       / /  \ :::::::::::::::::::|:|
     ''"´___       \     / /    \ ::::::::::::::|:| 頼みの同盟国もあてにならないまま
    '" /::/ / ヽ--、,,,,,    `ヽ、  / /      ヽ :::::::::::|:| 地中海に孤立した、たった二隻の
   ノ /:://, '/     ヽハヽ,     i / /        | :::::::::::|:| 「ドイツ地中海艦隊」
   / /::〃 {_{三三三三 リ| i、    / /.         | ::::::::::|:|
    ヽ:::レ!小lノ三三三`ヽ 从 i.   / /          | :::::::::|:| イギリス地中海艦隊最強の巡洋戦艦
     \:|l ●三三●  |  i.、 / /           | :::::::::|:| 「インドミタブル」と「インデファティガブル」の
       |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  ムi/ /            | ::::::::// 追撃を辛くも振り切った彼らは、
       | l>,、 __, イァ/// /             | :::::://  再びメッシナへと向かう。
       /λ.|三-'//// / /\            | :::://
       | | \─/ /  / /  \          / :://  果たしてゲーベン号は
      / |   У  /  | 彡ミ、   λ       / ./    無事にトルコへたどり着けるのか!?
     /        / / 彡ミ、|     |\    //
    /   | \_/  / /  |::::::::|    |  \         やる夫で学ぶ第一次世界大戦
   /    〉 _    / /   |::::::::v   |   \          一周年記念特別編
   |  (三7   ̄7≦彡ミ  λ::::V   ,ノ     \
   |  ム:::/    |:ミ彡ミ / 从V   /      /     「やる夫と行く地中海クルージング 後編」
   |   V     / /  |   \_,ノ      /
   λ       ,/ /   |  /          /       はじまり はじまり~








このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫で学ぶ第一次世界大戦  特別編 「ゲーベン号で行く東地中海逃走劇」   その4








──同刻 ゲーベン艦橋








                      __
            ____ ゙i ,-r''"ノ===.l
            !.,,_ ―‐~l"j ,|/::::::::i" /_
               ̄`''ーt/.r、-'" l. ,| ~`'ー-;
ー-、、,,,__    _         `ーi'| ゙''jー--、 ̄ ̄ ̄
''ー-、、.,_~,r"l::lー-、、_       |:|. 〈::::::::::::|__
.     ,イ:::::|:| ̄~~ヾ:、      /_!、-'‐''"~-- ̄~゙゙``''ヽ、,,.:-、――r
    r' l::::::|:|'l゙l-l ̄~'''i,,,r;,/"-‐''"~ //::::::::::::::::::::::::|'":::::::::゙':, ̄








         / ̄ ̄\
       / ヽ、. _ノ \
       |  (●)(●) |
       |  (__人__) | <来たか。予想通りだな。
          |   ` ⌒´  |
        |        }
        ヽ       }
        人_____ノ"⌒ヽ
      /           \
     /            へ  \
     (  ヽγ⌒)     |  \   \
  ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄








このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫で学ぶ第一次世界大戦  特別編 やる夫で学ぶ塹壕(入門編)








      |┃三 ガラッ
      |┃  ____
      |┃/⌒  ⌒\
      |┃(●)  (●) \    <助けてやらない夫ー
───|┃:⌒(__人__)⌒:::::\
      |┃  |r┬-|     |⌒)
      |┃   `ー'ォ     //
      (⌒ヽ・    ・ ̄ /
      |┃ノ       /
      |┃   つ   <
      |┃  (::)(::)   ヽ                   ____
      |┃/    >  )                /-、 -、   `\
      |┃     (__)               / |  ・|・  |- 、   ヽ
                             // `ー●ー ′ \   ヽ
                             l  三  |   三     ヽ   l
  どうしたんだい、やる夫君           (___|___    |   l
  またジャイアンにいじめられたのかい?> ヽ l    __ `ヽ  !   /
                             _ ヽ ヽ__(___)ノ /  /
                           ( __)ー━━O━━━━━く
                             \ |/ ____ ヽ /⌒i )






このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫で学ぶ第一次世界大戦  第七夜 「イープルの戦い」






                            //^7\
                           //||//:::::::::\.、    みなさん、こんばんはにょろ。
                          ./ ||:::::::::::::::::::::::::ヽ.、  今回のお話は、第一次世界大戦の
        ,_,,----‐‐、,,_          ,/ /\ :::::::::::::::::::::ヽ:、  もっとも有名な戦場のひとつ
      ../ "       `ヽ、       / /  \ :::::::::::::::::::|:|  ”イープル”での戦いにょろ!
     ''"´___       \     / /    \ ::::::::::::::|:|
    '" /::/ / ヽ--、,,,,,    `ヽ、  / /      ヽ :::::::::::|:|  マルヌでの奇跡的な逆転の後
   ノ /:://, '/     ヽハヽ,     i / /        | :::::::::::|:|  両軍は互いの側面へ回り込もうと
   / /::〃 {_{三三三三 リ| i、    / /.         | ::::::::::|:|  戦線を延長し続け、
    ヽ:::レ!小lノ三三三`ヽ 从 i.   / /          | :::::::::|:|  ついには、スイス国境から海岸まで
     \:|l ●三三●  |  i.、 / /           | :::::::::|:|  途切れることなく塹壕が続く
       |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  ムi/ /            | :::::::://  ”西部戦線”が出来上がったにょろ!
       | l>,、 __, イァ/// /             | :::::://
       /λ.|三-'//// / /\            | :::://   戦線が膠着する中、状況打破を狙う
       | | \─/ /  / /  \          / :://    ドイツ軍は、海側の突破を狙って
      / |   У  /  | 彡ミ、   λ       / ./     攻勢作戦を開始するにょろ!
     /        / / 彡ミ、|     |\    //       攻撃目標は、ベルギー領イープル!
    /   | \_/  / /  |::::::::|    |  \
   /    〉 _    / /   |::::::::v   |   \           イギリスは大国の意地を
   |  (三7   ̄7≦彡ミ  λ::::V   ,ノ     \         ベルギーは国家の存亡を賭けて、
   |  ム:::/    |:ミ彡ミ / 从V   /      /          わずかに残されたベルギー領を
   |   V     / /  |   \_,ノ      /          死守すべく立ちふさがる!
   λ       ,/ /   |  /          /
                                         やる夫で学ぶ第一次世界大戦
                                         「イープルの戦い」
                                         はじまり はじまりにょろ~






このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫で学ぶ第一次世界大戦  第八夜 「東部戦線 ~1914 冬~」







                            //^7\
                           //||//:::::::::\.、    タンネンベルクから約一ヶ月。
                          ./ ||:::::::::::::::::::::::::ヽ.、  東部戦線を統括することになった
        ,_,,----‐‐、,,_          ,/ /\ :::::::::::::::::::::ヽ:、  ルーデンドルフは、再び攻勢を
      ../ "       `ヽ、       / /  \ :::::::::::::::::::|:|  開始したにょろ!
     ''"´___       \     / /    \ ::::::::::::::|:|
    '" /::/ / ヽ--、,,,,,    `ヽ、  / /      ヽ :::::::::::|:|  攻撃目標はポーランド西部の
   ノ /:://, '/     ヽハヽ,     i / /           | :::::::::::|:|  中心工業都市・ロッヅ!
   / /::〃 {_{三三三三 リ| i、    / /.            | ::::::::::|:|
    ヽ:::レ!小lノ三三三`ヽ 从 i.   / /          | :::::::::|:|  迎え撃つはガリシア戦の勝者、
     \:|l ●三三●  |  i.、 / /               | :::::::::|:|  「鈍重ルツスキー」!
       |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  ムi/ /            | :::::::://
       | l>,、 __, イァ/// /             | :::::://   独露の緒戦の英雄が今ぶつかり合う!
       /λ.|三-'//// / /\            | :::://   果たして勝つのはどちらなのか!?
       | | \─/ /  / /  \          / :://
      / |   У  /  | 彡ミ、   λ       / ./
     /        / / 彡ミ、|     |\    //    やる夫で学ぶ第一次世界大戦
    /   | \_/  / /  |::::::::|    |  \          「東部戦線 ~1914 冬~」
   /    〉 _    / /   |::::::::v   |   \
   |  (三7   ̄7≦彡ミ  λ::::V   ,ノ     \         はじまりはじまりにょろ~
   |  ム:::/    |:ミ彡ミ / 从V   /      /
   |   V     / /  |   \_,ノ      /
   λ       ,/ /   |  /          /





このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫で学ぶ第一次世界大戦  特別編 クリスマス休戦









    ___                            ___                 =、―,=
 r‐'"´,,、`} r'ソ /'}        /´`}   /~ノ    r‐'"´,,、`} r'ソ /'}             |  |
 レ'´~/ // / ノ/ _,,、 r--、 / //ノ _,,/ /       レ'´~/ // / ノ/ ,,r‐-, ,,r'--、     |  |
  // /, ///r´r、 '}ζπ{{ /,r''"r'7/       // /, /// ,r',r´// ζπ/      |  |
  { ´'´ノ、 '´ ノ {, '‐´r´' ´{ '´, '-',、 レ レ`,      { ´'´ノ、 '´ ノ ヽ '‐´,'‐' '´ { ''7     .|  |
  `´~  `´   `'‐´   `´ `'´ `'‐'-'´          `´~  `´   `´ `‐´  `~    ='---'=

               ~やる夫で学ぶ第一次世界大戦~
                       【特別編】            *題字・本スレ269氏
                     クリスマス休戦








このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫で学ぶ第一次世界大戦  幕間短編  「がんばれ!イギリス海兵隊第一話」






    ┏─ 間幕短編 ──────────────────────────┓
       -┼、\``  /   .| -┼.``   才,_   |  
       / |      / ,-,  |   |     /|/  ) |  
      ./  J.    ι'  し' し αヽ    .|  (_  ・ 
                                           ヽ /    
          /  _|_.``|   |  ̄ ̄フ ヽ ノ──   丿    | )  ̄人 ̄   .│
        /|   _|_  |   |    /.  ヽ _|二|二|_  _匚匚_  .| )   /λ/   │
          |     |      _/  /\.  ノ  └┼┘   ノ \  |     / \  ・

                          第一話
    ┗────────────────────────────────┛




このエントリーをはてなブックマークに追加

アクセスランキング アクセスランキング アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。