ブログパーツ 泳ぐやる夫シアター マンガ・アニメ系 やる夫と赤塚不二夫のマンガ道


















やる夫と赤塚不二夫のマンガ道 第一話






この物語は「漫画に愛を叫んだ男たち」(長谷邦夫)を元に脚色したものです




       (  ,   ,  ノ
       ( )( )( )
       (ノ (ノ (ノ 
        || || ||
       /|/|/|
       | ロ ロ ロ|
     ~~~~~~~

              / ̄ ̄ ̄ \  ホジホジ
            / ―   ― \
           /   (●)  (●)  \
           |     (__人__)      |    えーと、ここの工場の裏にあったんだお。
           \   mj |⌒´     /     ごめんくださーいお
              〈__ノ
             ノ   ノ
             長谷やる夫



   / ̄ ̄\
 /   ⌒  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)    やあ、いらっしゃい
  |     ` ⌒´ノ    今同居の3人は出てるから、この六畳間は俺一人で
.  |         }     占領できてるんだ
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \
  赤塚不二夫




スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫と赤塚不二夫のマンガ道 第二話





この物語は「漫画に愛を叫んだ男たち」(長谷邦夫)を元に脚色、構成したものです





:.:.. .:. ...:..::::::...::..:: .:: : .. .. .  ..               ,,、、,,,,;;;´"
...::..:::..:::.. . ..::...::.: .: . ...                  ,;;'":::.:.....::.::...
,.,, :.. . ..::...::.: .: . ...                 ,,.r'":::.:.....::.::....::...
;;;,;ヽ、                   ,,、、-'';":`::::::.:.....::.::...:...,..::...
;;;;,';;;;ヽ;,               ,..-''"::::::.:.:.:..:....::..::...:...,..:..:....::...::...
======================,;;r''"::::::.:.:.:..:....::..::...:...,.:...:...,..:..:....::...::...
;;;ii ;;;;;ii,;;;;;,ii.;;;;;ii.;;;;;.ii .;;;;;,ii.;;;;;(  ::::::.:.:.:..:....::..::...:...,:...:...,.,,..:..:....::...:..:....::..
''_'''''_'''_'',.'''_''''_''_'''''_'',.'''_''''_''_''''',;;;"''ー-l、,,'""'゙,゙'""'"、.wiルv,iルwviw.:
__- =_≡ _- _-_=_ = - _-_ -_ =≡_-;`--_ _、., _,__  ̄`¬.,v:.:
^ _ _ -_ ^ _ _=_ -_^__ =_ - _ -      ≡         Y,.,lji,; 丱
=__-_ -__= - _-_ -_ =_ -_ ^__-_=  -ー"`゙           i ,.,...ユiW
_ -_ __ -_^__ =_ -_ ^__   _,,、。"`゙ :::   :::         ∥,,::iリv,i
_ = _ -_ _ _ = __ __,,、。-ー''"`゙:::                  」:.::.vノiVi
  _,,.,..、。v-ー''"゙~ :: ' ::: : ::: :::    ::  :::: :: :::      「;;,,;;:yハiW
`"゙  :::: :: :::' ,:: ::::  : ::: :                  /,:.;,:.;,:.ナwy



     手塚邸訪問とトキワ荘でのマンガ談義を終えると
     僕にも就職試験のシーズンがやってきた。




このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫と赤塚不二夫のマンガ道 第三話





      漫画少年廃刊から数か月…。
      ひとまず僕は製薬会社に就職していた。

                      l|             /     /
                      l|            /     /
.                      l|           ./    /  /
                       l|           /_   ./  ./
                       l|        ┌ナ |:| ̄/  /
                        l|          /  |:| / ./
.                      l|         ./  |:|/ /
                        l|        /  /|:|/
                      l|________________./____/__|:|
.                      | `丶 、/ /  / /.|:|
                      | ____/___`_メ_、/__/  |:|
.                      |--''" ̄ / / /  ̄ |:|
                   -┬┬-   / ||/ /    .|:|
                ┌┴〒 ̄〒┴┐ ||/     .|:|
                 h===|r--i|===i|.  ||      |:|
                 ||_____.||____||_____||  ||      |:|
                 |______.| i-i |______|.  ||      |:|
          .rロ、.    |.。○.| !-! |.○。|  ||      |:|     _,;;-''
-v''ヘ-、__,,、___  ゙コビ.    ゙tェェョ|===|ェェョ/__,,_||_,、_____,,、, ,|:|ノ-''=''" ::::::
:::::::::::::::::::::::::::::: ̄!-|-!~゙''"`'' ̄`''E|三三|ヨ"  :::!!::::::::::::::::::::::!:!:::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:    _,, ='' 三三三 ''= .,,_   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::: _,, =''  ̄三三三三三三三  ̄''= ,,__ :::::::::::::::::::::::::::::::::::




このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫と赤塚不二夫のマンガ道 第四話






  ┌──────────────────────────────────────┐
  │  僕の本は予定より遅れ、描き終わったのは1月までかかり       .            │
  │  2月に発売された。                                 .         │
  │  社長には、一作目からこれじゃ困ると叱られてしまう。      .             .  │
  └──────────────────────────────────────┘





   | X\                                  〃 ,;;;;,,, ~(,, ;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、 ,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   |┛X. \                               ( ,,;;;,,, ,,,;;;,, ゞ,,;;;;;;;;; ,,;;;;;;;;,,,  ,,.;;;;;;;;;;);;;;;;;;;; ,,;;;;;;;,,,,,,;;;;
,, _| .XXXX \                               ,,' ミ";;;;;,,,,,;;;;,,, "( ;;;;;;;;;  ,,,,:;;;;;;;;;;;;;ノ;;;;;;;;; ,,,,,;;;;;; (,,,;;;;;;;;;
  l  | XXXXXX.\                        〃;; ((;;;;;;;;;;;,,, ,,;;,,, "( ;;;.....;;;;;;;;   ;;;;;;;;;..;;;;;;;;;;; ,,,;;;;;;;;;;;;;
=[:l  | XXXXXXXX[] 、                       (゙;;;,,,, (゙;;;;;;;;;;;;,,, ,,;;;;;,,, ゙ゞ;;  ;;,,,;;;;;;;;   ;;,,;;;;;;;;,;;x(;;;;; ;;;;;;
  l  | XXXXXXXX|l|X\                     ゞ;,,;;;;,,,,ヾ ;;;;;;;;;,,,,,  ,,,,;;, 乂 ::;;;;,,, ,,,,;;;;;;;;;;;)::;;llir( ,,;リ;;;;
  l  | XXXXXXXX|l|XXx\                       (;;,, ,;;, ゙'、 ;;;;;;;;;; ,,,;;;;;;;;;;;;;;,,,, ヾ ,;;;;;,,,,メ;;l;;;ノlli;;;;l;;;/;/ :;;''
  l  | XXXXXXXX|l|XXx                          ゞ,,,;;;;;;,,, ゞ,,;;;;;;リ(;;;;;;;;(;;;;;,,,,,,,,ッ"ヾヽ、_l|i::;il;;レ';/'"~
  l  | XXXXXXXX|l|X   ___                      ゛ヾ_;;iil;;' ~゙ヾ;;:il;;;レ';''''''゙~    ゙ヾッ;;lli;(;;ッ'
  l  | XXXXXXXX|l|  /  ./.|                       |;;,ii!    l;;;l;ii;/        |;;li|l;;;|
  l  | XXXXXXXX|l|. | ̄ ̄|._, |                       |;;li|   |;;|i;;;|         |;;;i|;;i;;i
=[:l  | XXXXXXXX|l|. |    |イ.|                       l;;il;|   |;;;ii;;|         |;;lli;;l())
  l_|  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄! |    |  |                            l;;iil|   |;;;|i;;|         |;i;;il;;;|
   |              |    |  |                            |;;:iil    |;;li;;;|         |;;il;;ll;:!
   |.           |__|/                        l;;lil|    l;;;il;;l         l;;ii|;;l;l
   |.             │ |;.                          |;;;lil    |;;;i|ll|          |;;iill;;ll
   |                レ゛                    、r‐、::;;,,,,、ー l;;li;|ーァ、.l;;;iil;;!           l;lil;;;ll;l
   |              /                     \r'''ヽ, ll~~ll~~ll~~ll.|;;lil;;:l,        |i;;il;;;;i|
______.|           ./                           .\γ'ヽ、,`ll\~~ll|;;;lli;;|~,ll\,      l;;l|;;il;;|
l l l l |       /                             .\γ'ヽ||,;; ll~~ll~~ll~~ll~~ll     |;;lli;;;lil
l l l l |       /                                \γ'''ヽ||, ;;||;;; ||;; ;||,;; ||      |;;;|ii;l;;l
l l l l |     ./.                                      \γ⌒ヽ、 ,,   ;;;ll\~ll~~ll~|;;;li;;;;;;|~ll\
   |   /                                         \γ'⌒'ヽ、 ; ゙|| ll\,,゙||,,l;;;ll;;l;ll|,,|| .ll\
   |,/                                       .\γ´⌒`ヽ、 ,||  ll~~ll~~ll~~ll~~ll~~l
   |




このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫と赤塚不二夫のマンガ道 第五話






  ┌──────────────────────────────────────┐
  │  横山や横田の登場は、僕と赤塚に強い刺激を与えることになった。       .       │
  │  上京の順序でいえば僕らの後輩だからだ。                            │
  │  負けたくない、そう思った僕は勢いで会社を辞めてしまう。    .               │
  └──────────────────────────────────────┘

           ____
         /      \
        /  _ノ    ⌒\
      /    (ー)  (●) \
      |       (__人__)    |    ……これでようやく漫画に専念できるお。
      \      ` ⌒´   ,/
       r´           \
      /     _。_  _,,,,_  \
    . /  イrー、(  ワ }-{ cーヽ
     ヽ__アニニニニニニ弋_)ノ

          長谷やる夫





このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫と赤塚不二夫のマンガ道 第六話






       僕がSFに傾倒していた時と同じ頃、トキワ荘は徐々に
       漫画家の梁山泊としての名声を高めていた。
       水野英子もトキワ荘に入居してきた漫画家の1人である。



             /:::/:/: /    ___  \ \  ヽ \
            /::::::/:/::. /;ァ‐ 7 ¨丁 \ \ `<\ \ l  ヽ
           /―=テ^/::. /::/:::::{  {:   \ \. 丶.ヘ  Vー― ┐
             /≦≠ア/::. / ..{.......|::.  |:::.     ヽ  ヽ ハ ',  V≧、___>
         /:/ / ,'. :: l::::::l::::::::|::.  |::::::...     l:. l:.: l: l:  ∨\:ハ
         〆 /\ l::::: |::::厶:::::ハ:  i\:::::..::.  l::.. |::j;ィ|' |:.  l  > \
       / /:::::::/7|::::: l::/  ト{、小:. ! \::.::. iイl:::: /.l |::.  |メ´ l \\
       ∨:::::::::: //|:l :::: l:{ ,.ィ≠ミk\\ヽ   X´;ィ=≠く リ :  |\\ .:\!
        l::l:::::|: //_j:ハ::::::l代〃 :ハヾ ` \、  "f〃下:ハ>|:::::  |、 \\:l
        |::l:::::| { {/│:ヽ:: ', Vヘ:::j.|         |rヘ::j.リ '゙ |:::::  l、}  lヽ/!
        |::l:::::|::V !^|::::: \ヽゝ-‐'    ,    ゝ‐-'   |::::  l_ノ::.|: |: l: |
        |::l:::::l::::::: `l:::::: .::::f`      _____      ,'::::  ハ:::. l:: |: l: |
        l::ハ::: !:::::::::::l:::::::: ::ヘ     ∨     リ      /:::: /::  /::: l: l: |
        ヽ! ヽ::ヽ:::::::::ヽ::::: l.\       /   ,. ィ/:::: /::  /:::: /:/l:リ   さぁ やるぞぉ!
            \ \ゝ :::::: ヽ ::ハ  fヽ、   ー '  イ |: /::: イ::  /\/ノ リ
             X ヾ:::::::::lヘ::.ヽ l   >ー<   〃:/ l:: /  /\
          <  \\::::j リ \V l_`ヽ     x‐/イ   |〃 / /\
          { \   \V /゙\フ⌒!==、,ィ=≠/( `>ーヽ{/ /  ス′
          l  \   /  / `〈. ー-v-一/ /⌒ヽ  ∨   / }
            !:   >/ _,/   /¨ヽー-v-‐/〃 \  \_ ヽ <_ /
             |  ̄  {   _ イ  / ヽ  /⌒ヽ  `ー    }    /

                      水野英子




このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫と赤塚不二夫のマンガ道 第七話






  赤塚の「ナマちゃん」連載が始まって5年後…。
    その日、僕はいつものようにトキワ荘の近くの
     エデンという喫茶店に向かっていた。



                    ,..─- 、
             ─ニ三 /     \
                 /______', 
            ─ニ三  /  ― -\
           ─ニ三. /   (●) (●)
               /      (__人__)\
         ─ニ三  |        ` ⌒´  |            スパパン
             .  \           /
         ─ニ三    /::::::::    入l    |L             スパパン
                 |    、__`ーッ_,、||
         ─ニ三    |   ::::::::::ノ  ゙̄三:゚=ロ》/|}            プルルルルルン
               r。_{   ::::::::::ー-.rェ o`i.ヘ(\|}
           ロ>=ーEニュy∥`ー-..、:::ヽ丿_∥ヘト、 _
           /Lレ_r≦ニ//|/   .il´::ノ言=。∥ ,rヘ´i〕ト`ゝ
            /∠V⌒7/ヘ.ヽ_,/、/-単l-,)) ∥/>ィヘ||∠:ヘ
             {イ{=〔Cニ_≧≦..<__ュ___ノツ/ ||::(=‐{Eメ})=)::}
             Vト⊂(___)===―´   Vヘ∠|||ベノイ/
             `<ニ> '            丶<ニニ>'
                   長谷やる夫



このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫と赤塚不二夫のマンガ道 第八話






,.  , ,. ., ,..,.  , ,. ., ,..,.  , ,. ., ,..,.  , ,. ., ,..,.  , ,. _|
______________________,]
                  .             ::::|
        :   ,                    :::|
 . ____  .   ____       ____     |
  |i―ii―i|       .|i―ii―i|     |i―ii―i|     |
  ||_||_|| :      ||_||_||     ||_||_||     |
  ||―||―||   .    ||―||―||     ||―||―||     |             ┌────────────────────────────┐
  ||_||_||       ,||_||_||     ||_||_||     |                地下鉄中野駅を上がり、表通りに出て左側に曲がると
  '―――'       '―――'     '―――'    . |                安普請な二階建てアパートが、周囲に遠慮するように
        :   ,                    :::|                建っており、それが僕らの会社「スタジオ・ゼロ」だ。
    .                .              |             └────────────────────────────┘
,.  , ,. ., ,..,.  , ,. ., ,..,.  , ,. ., ,..,.  , ,. ., ,..,.  , ,. _|
______________________,]
                  .             ::::|
        :   ,                    :::|
_____      ____      ____     .:|
        ||  ,     |i―ii―i|     |i―ii―i|     |
        ||.       ||_||_||     ||_||_||     | \
        ||       :||―||―||     ||―||―||     |.  \   :   '
      O ||    '   ||_||_||     ||_||_||     |    \
  ===.   ||     '―――'      '―――'     | ,     \
        ||        ;;                    |        \     . :
____||_________________|       .   \
――――`i   '      .             :             \
 ̄ ̄ ̄ ̄~                                       \
             ,              '         ;            \
                                                   \
__________________________________ノ,
――――――――――――――――――――――――――――――――― '"
         :    '      .             '                :




このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫と赤塚不二夫のマンガ道 第九話






                               /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                            /  | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                          /    | |          |||||||  |||||||
                          |    | |
                , ――――――┴――――――――――――――――――
              / .|
             /  .|     llllllllll          llllllllll
           /    .|    ______   ________
          /        |   |:::::::::::::::::... .. .i|   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц  γ |~ヽ
        /    /|  |   |:::::::::... ... . ' ..|   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |  |  |
       /    /:::: |  |   |::::... .. . ''    |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||    |  |  |
     /    /...........|  |   |__..,        |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |_|_|
    /     , 1.|..,;;;, .,;;;,|  |   |;;.i|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||
  /    /:::| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; | ;;;;;;;;;||
  |.  ,,;   |......i| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц  γ |~ヽ
  |  /|  .| . ...| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |  |  |  ヾ;ゞ
ヽミゞ;;  |  .| . .| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||    |  |  ヾゞ:;ヾ
ミ ゞ;;ミゞ;;.. ;. |  ..| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |_|_| ヾ;/ゞ
ゞソミゝミゞ;;ヾ;:;;: . | | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||        ;ヾ ゞ;
ヾ;:;;:ヽミゞ;;ソゝミゞ;;. | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||      ヾ;;;ゞ ;;ゞ
ヾ;:;ミヽミゞ;;ヾ;:;   | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц   ヾ;;; ;;ゞゞ:;ヾ
;ゞゝヽミ;ソミゝミゞ;;,| | | ̄ ̄.|  |   |~''|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||     ヾゞ:;ヾ ::ソゞ
ミゞ;;;:;ソソミヾ;:;;:   | | ̄ ̄.|  |   |~''|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| ゞ:;ヾ  ゞゞ:;ゞ:;ヾソ
iソ ヾ;: ;;:ヽ_;:ゞ   | |⌒l⌒|  |   | . |      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||   ゞ:;ヾ;ヾ ゞゞ:;:ゞ;;
 ;i;:ヽ_;:ゞミゞ |    | |i.__|___|  |   |__,|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;; ヾヽ::ヾソ;;;: ;ヾ ゞゞ;.;:ヾ
;ゞil|;;;;;ヾヾヾゞ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ::ヾソ;;;:;ヾ ゞゞ:;:: ;;:ヾゞ ゞ;




このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫と赤塚不二夫のマンガ道 第十話





   冬の驚くほど静かなある日。運良く仕事が予定より早く終わった僕は、かつて勤めていた
   スタジオ・ゼロに向かっていた。


                          ____
                      /     \
                    /  ⌒  ⌒ \
                   /   (●) (●) \
                   |     (__人__)   |  ゼロのことは、結構気になってたんだお
                   \_    `⌒´  _/
                  /          ヽ(っ )
                 / /|        | / /
                ( と)  |  ___/⌒)|ヽ__ノ
                     ヽ/ __(_/ |
                      ヽ_/   |
            ///        /  /
                       く  /
       ヽ ノ             (_/

                     長谷やる夫




このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫と赤塚不二夫のマンガ道 第十一話






     少年マガジンの編集長・内田勝が、僕らの所へ訪ねてきたのは
     おそ松くんの連載が終了した直後か、そのぐらいの時期だ。



            _,. -‐‐'' ´ミ`ヾ`!Tiーr- 、
          /彡二ニ≡=ヽヽ. l i i | //゙ゝ、
         /三三三二≡=ミヽ、 l i i !//,〃ソヽ、
      /彡二≡≡≡≧ミミヾヽ. ! lj li///三ニミヽ、
      /二二ニニ====、  ヾ、ヽ!i ij/〃´,≡ニ三゙ミヽ
     l二_,,.-‐==≡≡二≧ミミヽ.jl リソ/∠二三二ミミ゙、
     {三三二二ニ≡,r'〃´ ̄`゙ヾヽvリ/ソ/‐'""´ ゙̄`ヽ、!
     l二ニ≡=≠〃´         `゙"          ミl
     !ー‐=/,/                      ミl
     l三二!/                         !l
     l三=l'       、          /::         il
     {'⌒ヽj  、     ヽ、  !   /::  /    /! .リ
     | rヘ. l   iヽ、____ \_ j|  i //    _,.イ i _l!
     !{ `ヾト、_l_;r'´:弋ラフ:`ヾリ_jソ,ィ'弋ラフ ̄`i_,.l ! ハ
      | l (. l !` ̄{l ::::::`::´:::::::!r' ̄ `il::::::::`::´::::: ノr'1i/ l    r‐、
      ! iヽリ!   ヽ ::::::::::::_ノ/     ヽ:::::::::::::::::ノノ !/ ノ    l  l
     ゙、ヽ-'|    ` ̄ ̄ ´       ` ̄ ̄ ´ /l、V    l  l
      ,.ゝ- l        /      ゙!     / l/ ノ、    l  l
    / 〉‐‐!        `ー 、   /`  ヽ / / /ヽ.ゝ>、 l  l     どうも、赤塚さん。
   r' ノ´  l    //!l ll !ll il !`‐‐´!l ll !ll il l | ノ /`ヽ ヽj )_l  l     実は連載を頼みたいんです。
  ,イハ ヽ、  ヽ、  l rー‐、-、-------─-イ / (_/  }= } ソソ、_l
    \ \   ヽ. ヽ ヽ. 丶゙ニ二二彡'´ ノ / /l    / /`ーノノヘ)、
      \ \   ヽ、 `   ──      / l  //  ゙ーtソ^` ヽ
       \ \  ヽ、            / ノ//
         \ \  ヽ、        ,.ィ´ ,.〃/
          \ \   ゙ ‐‐---‐‐'´ノ_,.イ/ /

                 内田勝




このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫と赤塚不二夫のマンガ道 第十二話





              ┌──────────────────────────────────┐
              │ 「天才バカボン」の人気により、赤塚の仕事は漫画だけに留まらなくなる。.    .│
              │ テレビ出演や、雑誌での対談依頼が、とみに増えたのだ。         ..     .│
              │ そのため、この時期から赤塚は著名人との交流が盛んになっていく。  .     .│
              └──────────────────────────────────┘




                                                    |
              从从w!                                    |
              ,ハvVvwリ                                    |
             /ルwwV.ヽ                                    |
              WwwW            ___________           |
   _______|   :::|_______/              /|_______.|
             ヽ_,ノ            [ニニニニニニニニニ/ I          丶
                          Ⅱ::::...         Ⅱ  I            \
                          Ⅱ:::::::::....         Ⅱ/

                            _________            , '⌒ i
     , '⌒i                /           /|      ( ̄ / / |
   / /  ̄ ̄ ̄`)           /           /  |    / / /    |
   i'⌒i  / ̄ ̄~, 1         /           /      / / /     |
   |  . ̄ ̄ `)/ |       /           /       /  i'⌒i     /
   |        |  /      /             /     (´ ̄ ̄ ̄   |    /
   |____|/       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|      |         |  /
                  |                |      |_____|/





このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫と赤塚不二夫のマンガ道 第十三話







           / ̄ ̄\
         /      ノ ヽ
         |::::::     (● )
        . |:::::::::::   (__人)
          |::::::::::::::   ⌒ノ          ....,:::´, .
        .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
        .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
           ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
           /:::::::::::: く         ,ふ´..
   -―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
           |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'
           赤塚やらない夫
           (赤塚不二夫)



                                        ____     
                                      /      \   
                                     /─    ─  \  
                                   / (●)  (●)    \
                                   |    (__人__)       |
                                   \  ⊂ !、∩     ∥
                                    |  | !、_ \ /  )
                                    |  |__\   ” /
                                    \ ___ \ /
                                     長谷やる夫
                                    (赤塚のブレーン)



         ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

            僕の「東海道戦争」描き下ろしの件が頓挫した事を、知ってか知らぬか
            赤塚は僕に蹴られた事には何一つ不満をこぼさず、何事もなかったかの
            ように振舞ってくれた。

            連載の打ち合わせも、以前とまったく変わらず行われていく。

         ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫と赤塚不二夫のマンガ道 第十四話







  ;;';,     √    |   ||/£/∀/li_l //    // ━┳━
       ;;   /|  |   ||В/♀/li_l //    // ::/ ┻  ワイワイ
         /:l |  |   ||/Ω/li_l //    //  /
  ;;     /  :l |  |   ||凵/l_l //    // ━┳━         | ̄ ̄|__
    ;';,; |    l |  |   ||/l_l //    // ::/ ┻           |    l  ̄
        |    l | ;; |   ||l_l //    //  /              |__|_
     × |    l |  |__|l//    // ━┳━            |l---l| l|
        |    l_,,l/    /    // ::/ ┻
  ,'.;,   |  ::::/   ./    //  /                   | ̄ ̄|
        | ::/   ,/    // ━┳━         | ̄ ̄|___|_  |  ガヤガヤ
     / ̄ ̄ ̄ ̄     . // ::/ ┻           |    |  ̄|| ̄ ̄´ __|
  #;/彡ミ 彡ミ     //  /              |__|_ ||_---l| l|
   |二 lヽ二lヽ二二二l/ ━┳━            |l---l| l| ̄      /
   |   |ヽ  |ヽ     l|  / ┻                            /
  ;; l_⊥_⊥___ll/        ザワザワ                  /
  ./  |__| .|__|





            / ̄ ̄\
           / _ノ  \ \
           |  (●)(●) |
           |  (__人__)  | 
           |   ` ⌒´   |  そいつ、まだなの?
           ヽ       │                          ___
         __,, -ヽ      ノ -、                       /     \
        /⌒ヽ  | \><ヘl ヽ \ .                     /―  ―   \
        {:::   l  \ ヽ };;{ |   | i  }                       / (●) (●)    \
       {:::::.. 〈;;,,  ヽ V;;;}ノ  l彡 ヽ                  |   (__人__)       |  もうすぐだお。
        |::::::::  ヽ--、 \ >--'⌒ヽ::.  }                 \_    `⌒´      /
       |::::.....   }_,,.-‐''"~ヽ_,,.-し'::  )_,              . / ,r' lヘ></|  ,r'⌒ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!::   /      .::ノ::::::::::.  ノ ̄ ̄ ゛''‐- .,        {  i |   | };;{ / /  l   :::}
       _ヽ,, .;:::   _,,.-‐''"ー''--'' ̄        ゛''‐_      / ミ_l   V;;;V /  ,,;;〉 ..:::::}
        `ー---''"                      ゛''‐- .,,_{  .::,r'⌒'--< / 、--/  ::::::::| ゛''‐-,,_
           赤塚やらない夫                  (  ::'し-.,,_,r'~゛''‐-.,,_{   .....::::|'ィ ,_| ||
           (赤塚不二夫)                    ヽ  .::::::::::(,::.      ゙i    :!.  .|| | ||
                                         ̄''--''ー゛''‐-.,,_   :::;. ,,r'_  || | ||
                                                 ゛''--ー´  ゛''‐- .,,_

                                           長谷やる夫
                                          (赤塚のブレーン)





このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫と赤塚不二夫のマンガ道 第十五話






,.  , ,. ., ,..,.  , ,. ., ,..,.  , ,. ., ,..,.  , ,. ., ,..,.  , ,. _|
______________________,]
                  .             ::::|
        :   ,                    :::|
 . ____  .   ____       ____     |
  |i―ii―i|       .|i―ii―i|     |i―ii―i|     |
  ||_||_|| :      ||_||_||     ||_||_||     |
  ||―||―||   .    ||―||―||     ||―||―||     |
  ||_||_||       ,||_||_||     ||_||_||     |
  '―――'       '―――'     '―――'    . |
        :   ,                    :::|
    .                .              |
,.  , ,. ., ,..,.  , ,. ., ,..,.  , ,. ., ,..,.  , ,. ., ,..,.  , ,. _|
______________________,]
                  .             ::::|       フジオ・プロダクション (赤塚の会社)
        :   ,                    :::|
_____      ____      ____     .:|
        ||  ,     |i―ii―i|     |i―ii―i|     |
        ||.       ||_||_||     ||_||_||     | \
        ||       :||―||―||     ||―||―||     |.  \   :   '
      O ||    '   ||_||_||     ||_||_||     |    \
  ===.   ||     '―――'      '―――'     | ,     \
        ||        ;;                    |        \     . :
____||_________________|       .   \
――――`i   '      .             :             \
 ̄ ̄ ̄ ̄~                                       \
             ,              '         ;            \
                                                   \
__________________________________ノ,
――――――――――――――――――――――――――――――――― '"




このエントリーをはてなブックマークに追加

アクセスランキング アクセスランキング アクセスランキング