ブログパーツ 泳ぐやる夫シアター 芸能・音楽系 やる夫フィガロの結婚


















やる夫はたわけた一日を過ごすようです  その1







           







♪        ♪         ♪  ♪              ♪            ♪
     ♪    ∧ ∧     ∧ ∧     ∧ ∧    ∧ ∧     ∧ ∧     ∧∧     ♪
 ♪    ∧ ∧(゚∀ ゚*)∧ ∧(゚∀ ゚*)∧ ∧(゚∀ ゚*)∧ ∧(゚∀ ゚*)∧ ∧(゚∀ ゚*)∧ ∧(゚∀ ゚*)   ♪
      (゚∀ ゚*)∧ ∧(゚∀ ゚*)∧ ∧(゚∀ ゚*)∧ ∧(゚∀ ゚*)∧ ∧(゚∀ ゚*)∧ ∧(゚∀ ゚*)∧ ∧
    ♪ ∧ ∧(゚∀ ゚*)∧ ∧(゚∀ ゚*)∧ ∧(゚∀ ゚*)∧ ∧(゚∀ ゚*)∧ ∧(゚∀ ゚*)∧ ∧(゚∀ ゚*) ♪
─♪──(゚∀ ゚*)|  ∪(゚∀ ゚*)|  ∪(゚∀ ゚*)|  ∪(゚∀ ゚*)|  ∪(゚∀ ゚*)|  ∪(゚∀ ゚*) |  ∪ ─♪──
       |  ∪ |.  | |  ∪ .|  | |  ∪. |   | |  ∪ |  | .|  ∪ |   | | ∪  |  |~♪
  ♪   |  | U U .|  |  U U .|  |  U U. |  |  U U .|  |  U U  |   | U U ♪
       U .U      U .U     U .U    . U .U   .  U .U    . U .U





スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫はたわけた一日を過ごすようです  その2








         _________
         || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||     /
         ||.           ||   /
         ||.           ||  /   ……………………………………
         ||.           ||
         ||.           ||  \   ・・・・・・・・・・・・だろ、常識的に考えて
         ||.        .0  ||   \
         ||.           ||     \
         ||.           ||










    r '´ ̄ ̄ ̄ ̄`¨i
    |_, -――― - L.           !
  r'´           /              やばい! やらない夫伯爵だ!!
  ヽ._, -――――‐ -'、
   / / \\ \ \ ',
   イ / > ヽ `<ヽ\l l              翠星石!僕は隠れるからねー!
    イ|  、_   | トレ'´{ー、_./ ̄l
     |l> 、\__) ィ/} _」 | ||_フノ
     と.」_|{ {_」}_} |   }ー' ̄´
       \ヽ.」._ノ_/
       / ̄l凶/   \- 、
   _    ハ   -z. __ .ノ}   ヽ
  / ヽzく.厶_/     \_.ノ
  \     }
      ̄' ┘






このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫はたわけた一日を過ごすようです  その3





                                                           ∞∞
 ΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩ ..§日§
 |~~|~~|~゙|゙|~/~//.三                                  三\ヾヾ|゙|゙~|~~|~~| §日§
 | |: | | |:/ // .三                                    三 ヾヾ| | | : | :| §日§
 | | | |:|/:// .三                                      三 .ヾヾ| | : | :| §日§
 |: |: | | ||:// 三         ♪                                .ヾヾ| | | | §日§
        ♪                 _,.、.-――       _,.、.-―-.、., ♪
       ,、-―-.、.,_             、-''´          、-''´       `'-.、,_      ♪
――-:‐''^´      `'-.、,_      _,.、-''´         ―--:‐''^ ´   ♪           `'-.、,_      _,.、-''

                         第   2   幕

  ♪           _,.、.-――        _,.、.-―-.、., ♪                 ,.、.-―-.、.,
            、-''´   ♪       、-''´       `'-.、,_      ♪      -''´       `' ♪
 、,_      _,.、-''´          ―--:‐''^ ´   ♪           `'-.、,_      _,.、-'´
.| |:|.'                                                   ヾ|:| | §日§
.| |:|                                                      || | §日§
..~~                                                      ~~  ∞∞





このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫はたわけた一日を過ごすようです  その4





    /||ミ
   / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||/ ̄ ̄\|| ガチャ
 |:::::::::::::::|| _ヽ,,,)ii(,,,ノ\
 |:::::::::::::::||( ①) (①)|            …………
 |:::::::::::::::||  (__人__) .|
 |:::::::::::::::||  ` ⌒´  |            開けるの、遅すぎだろ jk
 |:::::::::::::::||       }             鍵までかけて、何してたんだ?
 |:::::::::::::::||        }
 |:::::::::::::::||ヽ___  ノ
 |::::::::::::::(_____ノ´||
 |::::::::::::::(_ノ / . . . ||
 |:::::::::::::::||/    ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 \:::::::::::||      ||
   \ ::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
    \||





           ヽ::::::/                  ゝー 、     ヽ::::::::ヽ    _!  丶.
             ノ::/      , '           '         |      \|_ :::: |    |::|    \
           「:::/       /            l       ノ        | ` :::| ー─ -、j
             V /      '              |        ヽ ___   |:::::::::|     |
               l         '            │   ,     | ヽ__   T:::::: |  ____j!
              | |       | |!           |  |   |  |  | r''     l::::::::::K _(::::::(!:::!     ……着替えてただけだわ
              | |       | |! l       | イ   ハ  |  ' ヽ__   '::::::::::ハ   フ::!
             | |       !ハヽ|      /!//| / | /| イ  ノ  /::::::::/   /`'´|::::!     レディの部屋に来て、無粋な
            l ハ  |   、 |‐ゝハ    ィ イリ ̄j/ `jメ !/ |  |ーノ^ヽ,_/   ゝ  !:: |     詮索しないで頂戴
            ゝ ヽ N.. ハ!   ` ゝ.ノ レ'       ,イ  l  |VVr⌒ゝj   |    |::::|
               `  >| j ___ ,      、____、 u  .|  |  | {く フノトンー '   |::::|
                   / イ ´i ̄ ,      ´  ̄ ´     | ハ  Vゝー_ン^       |::::!
           ∠!⌒7⌒ ` --'、__ヽ                | !_j  |/         `|
          ノ _.| /  /   /  `ヽ、   u      .' |:::|  K            |
        (   `|  /   ,   / /    r ― - --イ 〈:::|  |            |
        イ  ⌒ゝ       /  ,..ヘ_- v'..: : : : : : : :,  /:^|  |フ              !
      /r‐!   --、ノゝ_-- ..__ _ イ_rf´_)|: : : : : : :.:. / /.:.:.:|  | \             !
    r' イ__:::|   ___ノ:>====< : :ムゞン j|! : : : : : :./ /: : :ハ  | / \.          !
    ヽ L|   ヽ ´ ヽ rフイ!: : : : : :.ゞrレ' ~ヽー: : ./ , ′: : . |  |,/   ヽ.       !
     > 〉   |ゝノ⌒イ´ ≧;: : : : : : : : : .〉 : : : :/ / : : : :.ノ |  |!    ,   \      l
 _  ''´  / ゝ _  .. :::: :: ヽ_ ノ: : : : : : : : : /: : : : :´: : : : : : :ヽ. |  |   ,.イ     ヽ   |
  \  イ    /::::::::::::::: :: :ノ | : : : : : : : : :イ: : : : : : : : l\: : : :| |  ,  / :::       !.   |
   V::::::|    l::::::::::::::::::::/ ` |: : : : : : : ノ1!: : : : : : : : :ヽ \:ノ ノ ノ / ::::::...     l    !




このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫はたわけた一日を過ごすようです  番外編





唐突ですが、キャラ紹介を始めます。

(今回はインテルメッツォ(間奏曲)なので短めですが)









                                          /ィ ,  /  /  / /             ヽ,
                                            / / / /  /  / ,.'   │     ヽ
  ちなみに解説は、この長門有希が務めさせていただく。      / / /  l  |   /   |    | ヽ  ヽ.,  、      |
                                           │ l  |   | ,∧ /、   |   \. | │ ヽ,    |
  「解説 長門」は、やる夫スレの作者と読者をつなぐ         │ ィ   |   ,ヘ、 |_,| | \  |\, | `'j、│   |   |
  対有機生命体コンタクト用ヒューマノイド・インターフェース。   レ │ ,ヘ  | _ゝ_メ._   \| _ハ,ヒ"_ヽ|   |. ! リ
                                          ヽ | _ヽ Y 行ッr`、 _ jl イ:マ丁j>   /ヽ| !
  情報知性統合体によって定められた                     ! _ヽ!、  ト、ン |´  `l.  トヘソ |  !) ルl/
  やる夫板 永遠のヒロインは、この私。                  /_-、ヽ∧.. ニ  ' ,  ゝ .ニ イ  /ィ′
                                          {/ _ ヽ`l i       _        ! ∧l
  例え、ローゼンメイデンINやる夫板といえども、            ヽ L`' ヽ.| \.    `′    , ィ' /!
  これだけは譲れない。                            \ ヽ  }!    、      / /,ヘリ
                                             l    .ヘ     ri ー ´   l/  |
                                           r'ン   /  , ィ' /j     /   ヽ
                                        r ‐' ヽ _jヽイ ::/     ,/      \
                                        /  三三三三ノ//、 ヽ.. ー /        _\
 (※シャレです。1的には、主要登場人物=ローゼン系で、    | 三三三三/ , 'ヘ \/      , ´ __ ., --ヽ
 登場人物と分ける意味合いで、解説を長門さんにお願い   /ヽ三三三三 !/    〉′      // ´  ィ´三 !
 しておりますので。念のため)                   / 三三三三三/   /      //   /:: 三三l









このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫はたわけた一日を過ごすようです  その5







  【前回までのあらすじ】

  やる夫と翠星石の二人は、婚礼を間近に控えたバカップル。 だが 二人には それぞれ横恋慕してくる相手が、
 水銀燈とやらない夫伯爵が いた。
  なんだかんだ上手いことやって彼らの攻撃をはぐらかしてはいたのだが、やる夫が水銀燈と以前交わしていた
 約束のため、二人は窮地に追い込まれてしまった。








  _     {           --_-_,,._、
, ´  `  .  丶 .,,___,,.  -‐´   -―〔{〈jト 、
        ` ー-― / /...::.::.::.::.::.:>ニく:::.:..\ヽ
        _   -‐ / //.::.::.::.::   -― ―‐ ‐-、:..\
ト 、     ´       イ //.::.::.://    ヽ ヽ   \::.ト、    /⌒ヽ
|三ト、/   /  /_j l/.::.:::/    |    ',      ヽ|ハ   /  ⌒ヽ
ヘ三ム  /  / //ヽ∨ニ V    ハ 、   l | ト |l l }ー '´  /      責任取って結婚してくれないのなら
__}三込、  / / ヽニ イ{___〉〉 | l ト|、∧ \ | | | | | ハ | ⊥、  /       ジャンクにしてやるわああぁぁぁ!
三三三≧く.__/   ノノト-r1 !弋ヨ卦ミXぃ、\j厶!イ/ }ノ厶〈  / , ⌒ヽ
二三三三三二>-<乂|| | 圦 。ミメ㏍W仏ィテ/イ{{丁ヽ〉,′/
三三三三二ニ7.::.::.::.::.:..\ l| |l ヾ三"^`ニ ^=゚=イハ い〉   ヘ ′   __
ニ二三三二ニ7.::.::.::.::.::.::.:::..\l l|       i  ` /} } |ー|‐/ |  / }                やる夫をリア充にさせて
三三三二ニ7.::.::.::.::.::.::.::.::.:::.. \|l  {{⌒二ア  // / j  |/   ノ /  ノ         / ̄ ̄\  たまるかよ、jk……
二三三二ニ|::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. ヽ\ゞ‐一' イ  / /  '  ,′ //   /     ´ }  / ─  ─ \
三三三三ニ|::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.: 〉::.:> く___lノ^ヽ/_ /  /'   ´ -‐ ''´   ノ  |  <○><○> |
二三/}三/´f ,二二ニヽ::.::.::.::.::.::.::..\ノ.::.::.::.::.::.::.: ノ/´   ヽ_/、_/ーr'    -‐ '´ .  |  (__人__)  |
三/厶イ  トに二ニ才「::.::.::.:_::.::.::>f⌒ー-、厂∨ ーヘ   |^ー'^   ー/        |   ` ⌒´  }
/      〈::.::.::.::.//}「ヽ_::.::ノ「`( ノ^ー┐ '⌒/ゝ ニ \」 , ‐  、/ . .     _ _|        l _
         |::.::./イ.::リ::.::|:::.ヽ| ノl `)'⌒Vくこー/  、__/    厶  -―- 、   / l   ヽ       /   l ヽ
        |∠ ´.::.::.::.:: ノ.::.::.:|ゝj八_  ノ (   ゙ ̄"^     _   ノ   | l     ヽ    ノ  /  |
       |::.::.::.::.::.::.::/.::.::.::.:.V⌒ヽ /(    ヽ _ ノ __,,. ´     ̄.    , -―-、    ー    l  |
    __  ノ.::.::.::.::.::.::.′::.::.::.::.∨ j⌒′  _ >一'⌒Y      .     /      l        /´ ̄`\
 ̄ ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::|::.::.::.::.::.:::.ヽ{   ∠ >'´   />'′ .   .    /    / , 、 \     _/     \
::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.|::.::.::.::.::.::.:: ト、/ 〉  } j └ヘ            l l | / / \_)  (__,ノ{ l | l  l
::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.|::.::.::.::.::.::.:::.しヘ _{ノ 厶イ r‐、ノ      .     〈l 〈 l  |  /l       l ∨ l l /l
 ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:.ヽ::.::.::.::.::.::.::〉廴]〔_ん(___〉              \ヽ{_,ノ//        \{__,ノ 丿ノ/





このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫はたわけた一日を過ごすようです  その6






      ===================i            |
      ||       |||    / ||              |
      ||      /|||       ||              |
      ||____|||________.||              |
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~             |
                  ________     |        ||\
 ||―‐(⌒⌒)---||         l\         \    |        ||  \
 |,ノ´ ̄´⌒⌒⌒`ヽ、     |  \         \  |        ||   \
  ノ          ヽ、 ̄ ̄\  ||二二二|| ̄ ̄||_|| ̄\      ||     ||
 ヾ  ノ            ヽ,    \||::  |\||    || ||   \     ||     ||
   ゝ.  「| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「|          || ̄ ̄||        \.  ||     ||
    ヽ,,ノ|」――――――|」    ┌──┐        .  .\ ||     ||
                     i二ニニ二i     /⌒⌒ヽ
                     i´ノノノヽ)))     //ゞ\※
                      Wリ゚ -゚ノリ  .   §!゚ ヮ゚ノ§
                      ⊂)_介」つΟΟ  ミ([{.∞}]ミつ
                       〈__l__〉   Χ   /(__ハ_)
                       〈_ハ_〉       `しテ




このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫はたわけた一日を過ごすようです  その7





                                                           ∞∞
 ΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩ ..§日§
 |~~|~~|~゙|゙|~/~//.三                                  三\ヾヾ|゙|゙~|~~|~~| §日§
 | |: | | |:/ // .三                                    三 ヾヾ| | | : | :| §日§
 | | | |:|/:// .三                                      三 .ヾヾ| | : | :| §日§
 |: |: | | ||:// 三         ♪                                .ヾヾ| | | | §日§
        ♪                 _,.、.-――       _,.、.-―-.、., ♪
       ,、-―-.、.,_             、-''´          、-''´       `'-.、,_      ♪
――-:‐''^´      `'-.、,_      _,.、-''´         ―--:‐''^ ´   ♪           `'-.、,_      _,.、-''

                         第   4   幕

  ♪           _,.、.-――        _,.、.-―-.、., ♪                 ,.、.-―-.、.,
            、-''´   ♪       、-''´       `'-.、,_      ♪      -''´       `' ♪
 、,_      _,.、-''´          ―--:‐''^ ´   ♪           `'-.、,_      _,.、-'´
.| |:|.'                                                   ヾ|:| | §日§
.| |:|                                                      || | §日§
..~~                                                      ~~  ∞∞





このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫はたわけた一日を過ごすようです  最終話







『そおっと静かに、彼女に近づいてみよう』
Pian pianin le andro piu presso


















       _____
    ┌<二三三三三≧
    ∨三三三三三三7     ♪
    ∨‐' ´ ̄ ̄二二ユ_
 r==ニ二ニ三三三三三二≧              こっそり そおっと、彼女に近づいてやろう
 `ヽ三斗‐〒:: ̄`::.:‐<三/
   /:: /:: | !|゙\::.、 \:. :.ヘ                無駄手間には ならないよね
   |::. i::.::.: l ⌒  ヽヽ⌒ト、ハ                                     ♪
   !::.:|:.:.从 ● }llllllll{●l小N
   |:.(|:.::⊂⊃ 、_,、_, ⊂l: i/
   ゙、:ヽ::. j  (_.ノ   j:|ソ                (Pian pianin le andro piu presso,
     ヽ ヽx>、 __, イ !//                 Tempo perso non sara.)
   /       (
   |     \/⌒) /⌒)
   |    \   /|,,.__ノ
   |    ( \/              ♪
   /   /⌒\
  |        \
  \___ノ\  l
   ノ  ノ   ) ノ
   レ´ ^    レ´
                                             /  / /    \  \   "ヽXXX ヽ  i::: /
                                            /   / /      ヽ  、ヽ. ヽ ヽXX ヽ レ´ Yヽ
   ♪           ああ、もし今 やらない夫伯爵が         /      {    |!  | |!  |!ハ ヽ  ヽX }レ∧ 乂{
               来たら?                       ′ /  / !     |!  |! |!  |! |`ー, ヽ ', ソイ  } '.
               ヒドいことになってしまうのだわ         .′ /  /  |!      |!  |! |!  }! |! |!   ト-X|  |  {
.                                         | | |!  |!   |!     i}  } |!  /_!_  | !  iXX}  |   '.
.                                          | | |!|  |!、 {! |!   // /}//孑' /イ |!  ! /XX:}. |  |
.                                          { | | { 卞ト、ハ!_  //ノノィ≦ケテ  ト  イXX .:}  |   |
              くAh se il Conte arriva adesso          ヽト、 {ヘ、从ィ升=ミノ´   /弋じ:::}  |! ! .} LX .} |  |
               Qualche imbroglio accadera!>            ヽ乂ヘ!ゞ、rゝ':{`      宀'´  } |!  .} 「 X...{  |  |
                                             }  |ヘ ^¨´  、      ililili u.イl' ! .} 「 X..{. |  |
                                             川 | 丶     r‐、       ノ  } ! {iXX .}   |   |
                                             //}  ! _≧-..、 `´ ,∠⌒<}/ 八ヘ{iXXX}  |   |
                                    ♪        // j /':.:.:.:.  .:.:.:/>=(:.:.:.:.:.:.  / />ヽ.{{XXXL  | :  |
                                            ノ ,' / /:.:.:.:.:.:....:.:__}イ夊)=-:.:.: / /:./:::::::.{XXX イ  |  |
                                          // / />ァー:. :.:.:.:`¨)´:.:.:.:.:./-ー=二{トX じv}  |:  '.
                                          〈≦__,/_/ーャ(:.:.:.:. :.: /\:.:.:.:《__∠⌒ー-'}X "XX}:ヽ|  |
                                         / ̄ ___..==':::\_:-<: : : : :\: :.:ノ:::二> }iXXXX}::::{、  |





このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫はたわけた一日を過ごすようです  解説編






 ~ポストリュード(後奏曲)~









      (ヽ三/) ))
       ( i)))
   / ̄ ̄\ \
 /   _ノ  \ )
 |    ( >)(<)    なんだかんだ色々あったけど、やる夫と翠星石はめでたく結婚できたわけだし、伯爵家も
. |  ///(__人__)     一応 平穏のうちに収まったわけだから、まあ“めでたしめでたし”で終わっただろ!
  |     ` ⌒´ノ     ・ ・
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
⊂ヽ γ    く     と言うわけで、無事終了を記念して……
i !l ノ ノ    |
⊂cノ´|     |







               .       __,. -――- 、、_
               .     ,ィ'-'"´⌒^^⌒`丶丶、         ,. -──-.. 、
     ___          〃_r冖'⌒^^⌒'ー、_`ヾ'、   .   ,.'´. : : : : : : : : : : .`ヽ
   /⌒  ⌒\        /{ノ         ) ヽ、ぃ    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
  /( ●) (●) \   .   ノ /// / /  /  /}  i`、} 、  ./.:.:/.:.:.::/.:.:.ハ.:.:.l.:.:.:.:.:.::.:.:l.:l.:.:.',
/::::::⌒(__人__)⌒:::::ヽ    \{ l i i,l+‐-/,ィ/‐リ-、 l | |l >  .l.:./.:.:.:./.:‐/、 ',.:.ト、__.:.::l.:.:l.:l.:.l.:l
|     |r┬ |  (ヽ |     | l |__l ィ=ミ´ノ ィ=ミ ノ/ , l イ . .l/l.:.{.:..レ'l/   リ `ヽ.:`T:/.:l.:.l.:l
\γ⌒=/⌒ヽ_(⌒ |/ .   从ト トi、::::  ,  :::: メ/ノ,イ lト、  . l/ N{,r==ミ   r==ヽ:l/.:/.:/リ
/ ( ^=/   /  ヽ ノ\.   / ク、下ゝ、 ー一  彳彡イl l lトミ 、   l.:ト、' ' '    ' ' ' 〉:l.:/./
| /  ,(⌒ヽ/    \   / ノ/〈`ヽ``ニ=y=<ノ`l '、 l l l \   l∧.ゝ、 ,r‐ァ _,..イ.イイノ
ヽ_ノ  ー '       ._/ノ / ,八、 ,'´  /  ヽ 入ヽヽ   .     ,.ィ´ ヽニノ <l/









   ) . .:./.:.::::/              \ \.:.::| |::::::人
.  ( . . .:.:.:::::::/       /        ヽ 入| |/ヽ `ヽ
   \.:.:.:.::::/    / ′  l      |  l 「:::| |:::::::ノ   !
      Y.:.:.′   ,′! l   |       |  }ノ..:.| |:::::ノ    |
.     ゝ┤   |  || l |    l   (. .:://.::∧    |
        l !|  _|_Lj、 l | _/|_/ l | )//.::/ l   |
        |八 l l l{\|`ヾト、l、/ ̄l/`刈Y北L.,′ |   |    …………
        | ヽヽl ´==''     ==''^ } | ヒシ''′ |   |
.      '  l / ∧    '       イ|Y´    |   |
      | j l ||丶   ‐    イ`ヽl l      |   |
.     /|  {| ! | ヽ ` rz=.、´ ノ  / lト、   |   |
     //j/. :| ! |\ l、{{r勿}}〃  //| jj:::::\  |   |
.     /./. .:.::::|   {     `゙T゙´   // l|从::::::::::ヽ.!    |
 r‐=ニ´.:::ヽー=≧ト:.r‐⊂ニニニ⊃x/ /j/:::}::::::::::::::ヽ.  |
  \::::::::::::::ゝ---/´ ミ}厂厂厂厂jr―‐ヘ/.:::j:::\::::::\_j
   \::::::::::::::::::/  ア{ i/ i/ i/ i/jゞ、ヽ`ヽ\{:::::::::\::::::::`ヽ





このエントリーをはてなブックマークに追加

アクセスランキング アクセスランキング アクセスランキング