ブログパーツ 泳ぐやる夫シアター


















やる夫は合衆国皇帝になるようです 第七話 「烽火の章」









                         7. 烽 火 の 章



                           BRIMSTONE

                               1861 - 1863











.
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫が大海皇子になるそうです 第二十一話 「くさかべ」






          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         朝倉橘広庭宮というのはよくよく考えられた土地で、
         ttp://qq4q.biz/zlkN
         半島への道である那大津への通路が確保されており、
         半島から那大津へ敵が来た場合、
         後の大宰府が置かれる狭隘後で防ぐことができる。
         __________________________


                                       ,ノ
                                      |
                                         !
                                         し-''''ー ,,_     .,..、 __r--‐'"゙L
            _                        ,,―- ..,,_  ._,,     . ´゙''''ー‐゙ `''"           !
        l゛ .l                 ,,.. -'"     '|'‐'゛ .|                    `'"゛`'‐
        !  ./                 /            /   !
         ゙'"                 /        . /    .l
                            i'゛        /     .l,            ,、
                      i‐'"゙´那大津         /       .ヽ          / .\
              ,i''''―、    l゙              l、          `''ー-z_宇佐. /     `'、
         ィ'''''"    ! ./'"ヽ              \                `{″      . |
   ,,--、    `¨¨|     `´   ゝ ..,,__           `'、            l,          }
  ./   `''''^\___「                 ゙゙̄"'ー□朝倉橘広庭宮               !      │
. /   !¨¨}                       _ノ゙''-,,,  ./   `゙''ー- ..,,,,,__    ./     . _,,ノ
.゙'―'" .i'"                          /゛    .`゙''イ              ̄ ̄´゛  ../ ''"゛
     . \             _r‐z__   /         ヽ                    廴
       .`¨¨¨ヽ           / (佐賀平野)           |    i、           `''''"大分.r-、
           `゙'';;     ./     .l           ,,,,,,,、 │   ,! \                   /
       ./'''、    .l,    \     ヽ     /   `゙''┴----″ .ヽ                \,,,、
      .i′ !    .ヽ     l     ゝ_-‐'"              l                 /
      .l  │    .ヽ  ./"       ヽ                    !                   l
       l  ゝ--- ,_,ゝ  `''''" ゙̄ヽ,    ヽ                l                `¨}

          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         後背に佐賀平野、熊本平野を控え、食料と人員の確保には不便がない。
         最悪、日田の方から大分に行けば瀬戸内海から奈良盆地に帰還できる。
         __________________________




このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫が大海皇子になるそうです 第二十話 「あさくら」






  【 斉明天皇6年(660年) 9月 額田さんち 】



         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
       <     ぬかたー。最近のかーちゃんさー。    |
         \_________________/


                              .       . -‐…・・・・…‐- .
                                    i{                }i
                                    | `   ‐------‐.:.:.:.:.´ |
                                    |:        . : : .:.:.:.:.:.:.:.: |
                                    |       . : : : .:.:.:.:.:.:.:.:.: |
                                   、    . . : : : ..:.:.:.:.:.:.:.:.: /
                              .       \::::::::::::::::::::::::::::::::::/     ←酒盞の記述が古事記にある
                              .         `'┬───┬'"
                                         `¨¨¨¨¨¨´



                                    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                    |   ん……。     >
                                    \______/





. このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫で学ぶ阪神タイガース球団史 第31話 阪神最高の助っ人コンビ





         ____
       /      \
      / ─    ─ \        やる夫で学ぶ
    /   (●)  (●)  \     
    |      (__人__)     |      
     \    ` ⌒´    ,/      .
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



             ____
           /⌒  ⌒\
          /( ●)  (●)\
         |:::::⌒(__人__)⌒::|    .
           |   「匸匸匚| '"|ィ'   阪神タイガース球団史
    , ヘー‐- 、 l  | /^''⌒|  |    .
  -‐ノ .ヘー‐-ィ ヽ  !‐}__,..ノ  ||   
 ''"//ヽー、  ノヽ∧ `ー一'´ / |   
  //^\  ヾ-、 :| ハ   ̄ / ノ |
,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)ノ:l 'ーー<.  /  |.
/    <^_,.イ `r‐'゙ :::ヽ  \ `丶、  |
\___,/|  !  ::::::l、  \  \|



        /.:.:.         \
.        /:,:.:.:  /   ヽ    \
       /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー
.      /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
     /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }  
      N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j  
       ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ   .第31話です
.          `ヘ:ゝ    .'    小/     
.            ヾ:{>、 _ ィ<}/|/        
        _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_      
      /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ   
       /  | l:l   l     l   l::l l





このエントリーをはてなブックマークに追加

やらない夫が南北戦争を戦いぬくようです 第54回 アポマトックスの再会







         .'   .;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:///\\:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;::;:;:;::;:;:;;:;:;:;::;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;;:; :;: :; ; :.
、     ,. '  ..,::;::;::;::;::;::;::;:////.::;;;:.\\;::;::;::;::;::;::;::;::;::;::;::;::;::;::;::;::;::;::;::;::;::;::;::;::;::;::;::;: :;: :; : :.
  "''''''" ...::::::::::::::::::::::::://.:://.::;;;;;;;;::.:.\\.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: :: : :.
::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ://.::;;.//.::;;;;;;;;;;;;;::.:.:..\\:: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: :: :.
:: :: :: :: :: :: :: :: : : : //.::;;./~\.:.::;;;;;;;;;;;::.: : :..\\: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: : :.
: : : : : : : : : : : : //.::;;./_;,_ ,:_._\.:.::;;;;;;;;;;;::.: : :..\\: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.
: : : / ̄ ̄ ̄//.::;;./.:;_ _;._;;,_:'_ _;\.:.::;;;;;;;;;;;::.: : :..\\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\: : : :.
: : /';.、';.、' //.::;;./_ _,:,_ {i○ ,._;i,_ _,\.:.::;;;;;;;;;;;::.: : :..\\';.、';.、';.、';.、';.、';.、';.、';.、';.、';.、';.、\: :
: /';.、';.、//.::;;./.,_ _;_ .: .   .: :;_ ,_ _;.\.:.::;;;;;;;;;;;::.: : :..\\';.、';.、∠;;;;;;/\';.'∠;;;;;;/\\
/';.、' //.::;;.∠ニニニニニニニニニニニニニニニニニ\.:.::;;;;;;;;;;;::.: : :..\\';.、\ .:|il ̄li|';.\ .:|il ̄li|;.、\
';.、//.::;;./  ;.  ':: :. .:: ::: : | ̄ ̄ ̄|:,_; _;...\.:.::;;;;;;;;;;;::.: : :..\\';.、\|li_il|';.、'、\|li_il|;.、';.、\
/イ_i}:;./_, ;._ |i ̄|| ̄i|    | [.,_,.] | _, ; _ ;.\__,,,... -ー''''"~Π ;.、';.、';.、';.、';.、';.、';.、';.、';.、';.、';.、';.、\
/.:| i/_ _; ;_, |i_||_i|    |   .::;.|:.     ,.;|:|;.、';.、';.、';.、' i | ';.、';.、';.、';.、';.、';.、';.、';.、';.、';.、';.、';.、';.、\
;;;;[肖]i============================================![肖]三三三三三三三三三三三三三/
;;i;i|:::;;:i:i⌒i:::;;:i:i⌒i:::;;:ii⌒ii:::;;:i⌒i:i:::;;:i⌒i:i:::;;:i⌒i::i:::;;:i⌒i::i:::;;:i⌒i::i:::;;:|::: ::: :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |/
;;i;i|:::;;:i:i  i:::;;:i:i  i:::;;:ii  ii:::;;:i  i:i:::;;:i  i:i:::;;:i  i::i:::;;:i  i::i:::;;:i  i::i:::;;:| i}□l□l□   i}□l□l□    {i
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|_____________|
 .::   .: .:.::.  .: .::.      . .:;::  .: :.          :. .:. ; |======================== |
__;,______;.,_,;__________;,;,_;_;__,:;| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
::::[ |,_,]::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{i○:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.▽"'[ |;_;]   ..::;.:...      .: .   . : .:.|
:::::|:|: | : : : : : :: :: :: :: :: :: :: :: : : :γ⌒i⌒i⌒ヽ: : : : :: :: : : : : : |  i|:|: |                       |
:: {|:|: | }| ̄i| ̄i| ̄i| ̄|    {|i;;;i;;;i::|::i;;;i;;;i|}  .;_,   ,_,:_: |  i|:i:: --‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐-、   :|


               ────────────────────────────

                       やらない夫が南北戦争を戦いぬくようです

                          第54回  アポマトックスの再会

               ────────────────────────────




このエントリーをはてなブックマークに追加

彡(゚)(゚)「異世界に飛ばされてもうた…ラノベ参考に立ち回るやで」







権力者「お前偉そうだからムカつくわ。死刑ね」



QtEwOVt.jpg






このエントリーをはてなブックマークに追加

彡(゚)(゚)「AV男優?ヤるだけで金が貰えるからなったろ!」





彡(゚)(゚)「まぁ短小だけど...多少はね?」

(´・ω・`)「だめです」



基本中の基本ですがAV男優は短小ではいけません。
女優が嫌がってAVにならない可能性があるからです




このエントリーをはてなブックマークに追加

彡(゚)(゚)「通してクレメンス」 横列まん者「」






横列まん者「スマホガン見究極牛歩!」

彡(゚)(゚)「追い越すゥーんだ!」

横列まん者「ヒッ…!なんなのあれ…こわっ…」

彡(゚)(゚)「なんでワイが加害者扱いなんや」




彡(^)(^)





このエントリーをはてなブックマークに追加

彡(゜)(゜)「平氏のアホ共が船の先の扇を射ってみろとか煽ってきよる……」






彡#(゜)(゜)「与一!!!!!!!!!!!!!!!」

(´・ω・`)「弓は僕のお兄ちゃんの方が上手いけど……怪我で無理? 仕方ないなあ」パスー

彡#(゜)(゜)「あのアホ共、射ったら射ったで踊って煽ってきよる……射殺せ余市!」

(´・ω・`)(『敵ながら天晴れ!』って讃えてくれてると思うんだけどなあ……)パスー

彡(^)(^)「これが戦場やで」ニッコリ






このエントリーをはてなブックマークに追加

実写邦画「もう疲れたよ…俺…」 アニメ映画「元気だしなってー…」





実写邦画「はぁ…」

アニメ映画「どうしたの…」

実写邦画「最近悩みが多くてさ…」

アニメ映画「…わ、私でよかったら相談のるよ…」




このエントリーをはてなブックマークに追加

彡(゚)(゚)で学ぶ日本の高速バス





にわかバスオタのワイが、日本全国を走っている・走っていた高速バスを紹介するだけの自己満スレ。
文章雑+北海道と四国は出てこない。すまんな。






彡()()「新幹線高すぎィ!飛行機も高すぎィ!」

彡(゚)(゚)「なんでもええから函館まで安く行く手段ないんか!?」

彡(゚)(゚)「ん?バスで函館行きの切符?アホか、津軽海峡あるのにどうやって行くっちゅーねん」

バス「港行くンゴwwwwよろしくニキーwwwww」

彡(^)(^)「なるほどなあ、港まで乗り入れて船に乗り換えるんか。こりゃ確かに便利やわ。」

彡(^)(^)「んで、ワイらが乗る船はいつ来るんや?」

フェリー松「2時間後だぞ」

彡()()「ほげっ…」




津輕号・パンダ号
運行会社:弘南バス
運転区間:東京~青森
運転期間:1989年~

昔ながらの上野発の夜行列車を思い起こさせる運転区間を行くバス。
一番の特徴は東京-函館をバスとフェリーで移動するための割引切符が設定されている事で、
その切符利用者のために青森のフェリーターミナルまでバスが乗り入れている。
この切符を使えば東京-函館を片道最安7000円で移動することができ、ついでに津軽海峡の船旅も楽しめる。
ただしバスとフェリーはそれぞれの都合に合わせた時刻設定なので、お世辞にも良好な接続というわけではなく、
特に下りの東京→函館の場合2時間半程度青森のフェリーターミナルで待ちぼうけを食らうことになるので要注意。


highway_tsugaru.jpghighway_tsugaru03.jpg








このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫と学ぶ野村克也 第30話 「弱者の兵法、弱者の戦法」






                                           //         ___
            /: _: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :        //      , - ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>,-,,,,,、
         ,イ:/   ∨:.,>─ 、 : : : : : : : : : : : : : : : : : :    //      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
        /: / \  i:, '      V: : : : : : : : : : : : : : : : :   //     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
         /: _{●   ヽ i'__,. . -‐ ' ’´ ,: : : : : : : : : : : : : : : :   //     ,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r 、;;;;;;;;,、;;;;;;;;;;;;;;∧
      7イ´ヘ,..-- 、.ノ! ●       i `ヽ、 : : : : : : : : : : :   //      ,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ノ  __    `- 、;;;;;;;}
        7   {:::::::::::::i八       ノ     ヽ┌─┐  ┌─┐     l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    - 三三ミ=  .l;l
   ー‐┼‐  乂:;::::ソ  ヽ、 __  イ    U  `.1 .「   .,7 ,f´      |;;/~ 、;;;;;;;/、   ,,=━-   `  .l;l
     _j_,.    |        ___     |  |  ,/ /'    ,──‐l;;l  l;;;;;/` 、` / ̄ - 、   ━-.ll
   '´ ̄|     |                  ̄``  |  l、,,/ /',. ‐ '二一勹~~l;l   l;;;;;}   `l.      l-‐ 、, ‐-、l
      ハ,.ィ   i         ─z_      ..|   ,/' / /´   / .\ l;;', l;;;;;}    ` ─ ‐ ´  .l   ソ
     / .    l         、   `ヽ    7:l、__/  l  .` ー 、    .`''、l ≡  ',         ト、__ノ
       ヘ   _>‐- 、_     ``ヽ、     /: : : : // ``ー-、     ./ l ≡.  |    , ´r_   l  /
          ヽ       ` ヽ、_      `   :': : : : //  _,,ノ,ノ      /. ,'  \  l  /_ __ \_/ ./ ` 、
            t:、__                 /: : ∠-- 二 - ''´      / ,'   ヽ l ./ ヽ -==--,_'    `i
       ,.ィ´ーz_:::::::≧z:::-........................イ::≦:::::::://           ,'  /    丶/.  、`-==イ /    / }
        , ': : : : : : : >:y-z___:::::γ' ⌒ヽ- //           ,' ./   l    ヽ,,   ` ‐‐´ /    /  |
      /: : : : : : : : :, イ           {======} //           / .,'    |    \       /    ,'   l
    /: : : : : : : : :/             弋__j:}_ノ.//           /  l    ',     ,` - ‐‐ ´∧  l  .  l
                              //            /   ト、        /     |;;;;∧ .l    .ト、
                         //             

       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

          やる夫と学ぶ野村克也               第30話「弱者の兵法、弱者の戦法」

       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫は赤い皇帝になるようです 第六十一話 カウント・ダウン 前編







1940年末、激動する世界情勢の中で、
ドイツとソ連は欧州における権益と勢力圏を巡り水面下において角逐していた。



             /)
           ///)
          /,.=゙''"/              人人人人人人人人人人人人
   /     i f ,.r='"-‐'つ____      <                  >
  /      /   _,.-‐'~/⌒  ⌒\    < 細けぇ事はいいんだよ!! >
    /   ,i   ,二ニ⊃( ①). (①)\   <                  >
   /    ノ    il゙フ::::::⌒(__人__)⌒::::: \   YYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY
      ,イ「ト、  ,!,!|     |r┬-|     |
     / iトヾヽ_/ィ"\      `ー'´     /

      ボリシェヴィキ党書記長 やる夫・スターリン



・・・しかし当のやる夫は肝心要の独ソ関係について楽観的な展望を持っていた。






このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫達は戦後の裏舞台を戦い抜くようです 最終章 第10話 西山事件











               









.




         _ _         _ _        _ _       _ _       _ _        _ _       _ _       _ _
        |: ||: |        |: ||: |:      :|: ||: |:     :|: ||: |:     :|: ||: |:      :|: ||: |:     :|: ||: |:     :|: ||: |
   |:\  _|:_||:_|   |:\  _|:_||:_| ..|:\  _|:_||:_|..|:\  _|:_||:_|..|:\  _|:_||:_| |:\  _|:_||:_|..|:\  _|:_||:_|..|:\  _|:_||:_|
   |:: | | ::|       |:: | | ::|     |:: | | ::|    |:: | | ::|    |:: | | ::|     |:: | | ::|    |:: | | ::|    |:: | | ::|
   /:  | | ::|    ./:  | | ::|     /:  | | ::|  ゙/:  | | ::|  ゙/:  | | ::|  ..:/:  | | ::|  ゙/:  | | ::|  ゙/:  | | ::|
  《:__| |_j     《:__| |_j   《:__| |_j  《:__| |_j  《:__| |_j   《:__| |_j  《:__| |_j  《:__| |_j
 
 
三三三三三三三三三三三三三三三三三三二ニ=- ''  ̄  | | |      .:| |           | |
ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ| ̄            | | |      ..| |         _|_|_
二二二二二二二二二二二二ニー┐ | | |              | | |  __,,,...、、⊥ --─   ̄ ̄
二二二二二二二二TTニニ| |└─ | |_| | _,,.、、 --─…   ̄ ̄ ̄   ___,,,,,,,........、、、、 -----─
ZZZZZZZZZZZZZZZ⊥-‐┴…¬冖二 ̄、、--t-──=ァ宀冖'TTT¨¨ ̄ ̄  | |           | |
二二二二二T===ニニニ二二| | ̄|i|_| |iーー─||──‐─ー─:| | |ニニニニニニニニニ二二二二二二二
王笙王王|_|_|三三i三| | :|⊥|_ |i| |-:|i丁~:|--|| ̄ ̄..||_ ̄ ゙̄| | l ̄∠ニ∠ニニ/| ̄ ̄ | | ̄ ̄¨¨| |¨¨
¨丁|~~|二二⊥|丁|‐「 |¨:|¨|⊆:i|二ニ| |:::|-‐|三「─┬r||ヽ ̄ ̄¨| | |~~|  | | ̄| |  |___| |      | |
‐┴=ニ|_| 「「|二|_刈j::| | |: |`'i´|]//|ー-⊥ー|三l___,|_|⊥┐\ _, |├广|  | |  | |  |___| | ̄ ̄¨¨| |¨
云丕竺ヲ¨¨L|┬━ニニ7/_⊥_|‐|]//|_   :|  |Πl]__|_|  |丁|_」⊥‐|:::|/[|]_|_|_| |  /___,/| ̄ ̄¨¨| |¨
  __  _└L - r<>‐::T二 ̄:: |  |  |ⅱ|¨| | | ̄r=ニ「| ̄||─/:|]:|]⊥=_)_|_| _」─‐i|「」」 ̄ ̄¨¨| |¨
‐ |\ \|\\  |::|‐|::::|:::_|_| ̄|┴ _|[]|二|_i|_|/:::: | ̄ '' =- /__|]:|](_)|ニ=- ゙ |─ ┼イ─_--=ニ| |_
 ‐\「 ̄|\匚]  `¨¨`'rく_/:l ̄|┬二ニT_|⊥-‐<::::| {``''┐_  `T ''"|    |   | :|__|/二二77_
  ニ ̄r─二二二L_   |:::::|:::::|_|⊥L二[|┘     <_| ``ー┘{_ ``''i |  |    |_ |/  /   ⌒'77:|
   ニ  ̄└ー──┘.  \|/|_||=┘。s≦⌒    .r<|     ``''''" |  |   /ニ=- ̄_ |⌒ニ=- //:/
   ニ    。s≦ ̄.:\   \|。s≦⌒       └->s。      |  | /     ⌒ニ=- __|_|/
    ニ  /\><二ニ\            -=>'゚,.ィ㌃⌒≧s。.,_ |  |/二ニ=- ,_      / // ̄
    ニ  |\/\>─へ.:.\          <。si(>'`~、  ``~、¨/|_|二二二二ニ=-  __/ / |__/
     ニ \|\/.:.:://へxへ__       r<``~、、``~、、/|/_,ァ^アis。_|⌒≧s。.,_「」 /─ '
     ‐_  \|:/<//:/ ̄.:./.: |      〕iト≧s。 ``~、/|/ _ァ^ア゚/``/`'7゚__/::::::|: ∥ ‐_‐
       ‐   xく:\/:/.:.:.:.:/.:.:.:.:.:|       ─〕iト::≧s。/|/`'''ァ'^ア゚:/  /L_::|\ L_``''i ∥ ‐_‐
       ‐_   \|/.:.:.:.:/.:.:.:.:.:/         ─‐〕iト _|/‐_‐_ア^ア゚::イ^'ァ゚‐_‐〈、、::\``Y∥ ‐_‐
        ‐_     \.:/.:.:.:.:.:/            ─‐_‐_‐_‐_‐_≧'‐_‐_≧'‐_‐_‐_<≧s。.,_|∥ ‐_‐
         ‐_      \.:.:.:/                ‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐‐ ‐_‐_‐ 〕iト |,‐_‐_‐






このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫達で学ぶ日中戦争 第2話 『中国』を取り戻せ!











                                   第2話

                               『中国』を取り戻せ!






.

このエントリーをはてなブックマークに追加

ドリフターズで学ぶ本能寺の変 第十一章 詭道編③ 中国大返し







< 元亀元年(1570年) 4月 金ケ崎城 >
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
                               龠                龠
                              臣 ィzzzzzュ、  ィzzzzzュ、   臣
                       龠       丗二二二二二門二二二二二丗
                   ___臣 ィzzzzzュ、/ lI: i li :Ij lj: lj//lI: i li :Ij lj: lI: i liム、
            ィ升㍉、‐'"´,..:'丗二二二二二二二二二門二li li :Ij ll:I:i :I:i li Ili Iム¨'ヽ龠 /゙¨'ヽ,._
_,,..'゙ ''‐--./゙¨'‐ィ升丗丗||心ュ。/lI: i li :Ij lj: lI: i li :Ij lj: lI: i l \\ムli :Ijィzzzzュ、:I ィzzzzュ、:臣,..:'´,..:'´_.'゙`''‐-.-‐'゙¨¬r-,..:'´
≧s。_,..:'´,..:'´,.:',..:'´,..:'冊冊冊串叮 爻爻xミュ爻爻xミュ爻爻ミュx 仁二二二二二門二二二二丗. -‐'゙¨'‐..:'´,..:'´,.:'´,..:'´,..-'゙`''‐-
>x'//フ7ァ‐- ...,,爻丗丗丗爻ミxミミxュ、 ィzzzzzzzzzzzzュ、爻/:Ij lj: lI: i 爻I lj/ /i li: xミュx__liムミィzzzzzzzzzzzュ、ィ'"..:'´,..:'´,.
<>x'//////////フ7ァ‐ュ圦爻爻爻爻ミ¨||¨||¨||¨||¨||:|ヨム爻爻 lニl爻x爻x、xミュ、 爻lニlイ臣iiム 升|¨||¨||¨||¨||¨||爻爻xミュ、从
|l|l|l<>x'//////////////へミ爻爻::i==i===l===l===|ュ|___ x[ニ| |zzzzzzzzzzzzz| |ニ]ヨヨ 。si||==l===l===l===!从 x从爻x
 ̄| ̄ ̄|`¨二ニ=- ュ。_//////へ㍍x|┳━┳━┳━|旦ii7爻ミ| | | | | | | | | | | | | | |zzzzハ旦||━┳━┳━┳|爻爻爻爻x
vv|vvvv|ivvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv||vvv||vvv||vvi||m||iii〒¨| |_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_| |¨〒iii||m||ivv||vvv||vvv||vvvvvvvvv
l:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:||||||||||| |___| |_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_| |___| |||||||||||:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|
l:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:||||||||||| | __| | | | | | | | | | | | | | |__ | |||||||||||:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|
l:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:||||||||||| | __| | | | | | | | | | | | | | |__ | |||||||||||:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|
l:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|jI 斗t≦¨¨¨¨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨¨¨¨≧TfisIj|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|
 T  |  ̄l,_,,/\ ,,/l ̄ |  ̄:l^i、 /ヽ_l_jI斗t≦                      マム/ヽ二,l ̄ |  T  |  ̄l,
 ,.-r_'"l\,,j  /_|/_L,,,/ ゙i,,,_l_ヽ|_。s≦´                                マム /_,j ,,/l`r-./r '"l\,,j/
 ̄  -   ̄   二 -  ̄  。s≦´                                    マム心-‐  ̄ 二  ̄ 二 ̄
三-   ̄  -  -  冂。s≦´                                        冂≧s。-  -‐-   ─ -
-   ̄   - -zzz冂≦´                                              / ̄l\- - ─    ̄
 ̄ - /l ̄\/ヽ ̄\                                                  冂/¨ヽュ二 - ‐-
二ニ=-‐' ̄  ̄ -‐  ̄                                                    ̄ /\/ ̄lヽ- -
                                                                ̄ ¨`≧s。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -




このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫で学ぶ阪神タイガース球団史 第30話 看板交代の時





         ____
       /      \
      / ─    ─ \        やる夫で学ぶ
    /   (●)  (●)  \     
    |      (__人__)     |      
     \    ` ⌒´    ,/      .
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



             ____
           /⌒  ⌒\
          /( ●)  (●)\
         |:::::⌒(__人__)⌒::|    .
           |   「匸匸匚| '"|ィ'   阪神タイガース球団史
    , ヘー‐- 、 l  | /^''⌒|  |    .
  -‐ノ .ヘー‐-ィ ヽ  !‐}__,..ノ  ||   
 ''"//ヽー、  ノヽ∧ `ー一'´ / |   
  //^\  ヾ-、 :| ハ   ̄ / ノ |
,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)ノ:l 'ーー<.  /  |.
/    <^_,.イ `r‐'゙ :::ヽ  \ `丶、  |
\___,/|  !  ::::::l、  \  \|



        /.:.:.         \
.        /:,:.:.:  /   ヽ    \
       /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー
.      /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
     /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }  
      N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j  
       ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ   .第30話です
.          `ヘ:ゝ    .'    小/     
.            ヾ:{>、 _ ィ<}/|/        
        _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_      
      /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ   
       /  | l:l   l     l   l::l l





このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫が大海皇子になるそうです 第十九話 「えみし」






          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ちょっと時間が戻って、
         斉明天皇即位の時の話である。
         __________________________



                                        ,____
                                      ,/   ヽ
                                   ,/,,〆 ̄ヽ,, ヾ
                                  ノ|/ ,/     ヘ ゝ
                                  / ' ,,"  _____   _____ヽ
                              ソ /, '-´ ̄ ̄`-ゝ、_''. .
                             ,,・ ,{           ヽ、
                               | |=─-      -─=='
                                 | {ル_\イ人レン/i イ i
                             | | | . (ヒ_]     ヒ_ン).iイリj.
                            │ | ! ""  ,___, "" !Y! 
                            { { 」    ヽ _ン   ,.'」    時空の間で遊ぶスレ。
                                  { { {.i.、       ,イ|| |
                                 ヽ ヽ`‘ヽ,.ー--一 ´ルレ
                                  ヽ ヽ`ー,./
                                   ヽ ” ̄ノ
                                     ` ̄



このエントリーをはてなブックマークに追加

【悲報】日本のサッカー雑誌、エアインタビューの捏造記事ばかりだった。






彡(゚)(゚) 「ワイは田崎健太、ノンフィクション作家やで」

サッカー批評 「バルセロナ・エンリケ監督の独占インタビュー掲載!」

彡(゚)(゚) 「ファ!?バルサの監督はインタビュー受けんことで有名やで」

彡(゚)(゚) 「裏取ったろ!」

バルセロナ広報 「そのような取材を受けた事実はございません」

彡(^)(^) 



http://news.yahoo.co.jp/feature/363




このエントリーをはてなブックマークに追加

(*^◯^*)「やった!3位なんだ!」11球団「はぁ・・・」





11球団「ハメさぁ・・・もうそんなの君らのとこ以外とっくに経験してるわけ・・・」

(*^◯^*)「!?」

11球団「優勝したんならともかく3位のなにがそんなに嬉しいんだい?」




(*^◯^*)「・・・」




このエントリーをはてなブックマークに追加

アクセスランキング アクセスランキング アクセスランキング